【艦これ】提督と秋雲さんがお風呂場で致すだけの話し

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 00:44:27.02 ID:JUTZ5y+d0
提督「気づけば俺も30代……童貞のまま30代を迎えれば魔法使いになれるんだっけ」

提督「メラッ!」

提督「……はぁ」

ガラッ

秋雲「あっ、提督いたいた!ちょっといいー?」

提督「どうしたんだ素っ裸で」

秋雲「そりゃお風呂入るんだから裸にもなるでしょうよ!それより大変なんだってば!」

提督「何がどう大変なんだ?」

秋雲「ちょっと湯船から出て床に寝転がって!」

提督「今はビンビンなんだわ」

秋雲「ビンビンでもしおしおでもいいから!ほらほら」

提督「ったく……なんなんだ?」ゴロン

秋雲「うんうん、これをこうして……よっと」

提督「え?」
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:37:31.03 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「いやー、今新しい同人誌描いてるんだけどね?艦娘の」

提督「マジか買います」

秋雲「んで、その作中でまぁいろいろあるわけじゃん?それがうまく描けなくってさぁ」

秋雲「色とか形は自分のを鏡で見てだいたいわかってるんだけどねー」

提督「自分のを鏡で見て研究?」ゴクリ

秋雲「で、今困ってるのが挿入シーンな訳よ」

秋雲「こればっかりは経験がないと描写がうまく描けなくてさぁ」

秋雲「だから協力してくれるよね?提督♪」

提督「当たってる!当たってる!」

秋雲「ほらほら、艦娘にマウント取られる気分はどう?秋雲さんの下のお口と、提督のコレが軽くキスしてるみたいでしょ♪

提督「……」

秋雲「キス……下の口だけじゃなくって……上の口でもしてみよっか♪」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:37:57.26 ID:JUTZ5y+d0
提督「な、なにが目的だ!?金か!?新しい画材か!?」

秋雲「そう言うんじゃなくてー……ほら、よく漫画で激しくキスした後女の子が放心状態になったりしてるでしょ?」

秋雲「あれってほんとになるのか興味あるって言うか、実際そうなら無いなら秋雲さんの漫画には不採用!みたいな?」

提督「秋雲はそういうの未経験なのか……」

秋雲「んー、このまえ長波に頼んで一回やってみたんだけど女同士じゃなんか違うっていうか」

提督「なんでその場に俺はいなかったんだ!!」

秋雲「そういう訳で提督、試しにやってみよう♪」

提督「そんな軽いノリで……だいたい俺は艦娘とほっぺたにバードキスくらいなら経験あるけどフレンチキスなんてした事無いぞ!」

秋雲「大丈夫大丈夫、今からするのはフレンチキスじゃなくてハレンチキスだから♪」

提督「あ、秋雲さん、目が怖い……ま、まって、心の準備が……あっ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 06:38:22.03 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「ん、ふっ……ちゅぶっ……んー…………」

提督「んんー!!」

秋雲「んっ……ん?…………んんー!!ぷはっ!」

提督「はぁ、はぁ……」

秋雲「提督、あのさ……キスしてる最中におっきくしないでよ。擦れて入っちゃいそうになったじゃん」

提督「こんなもん勃つに決まってるだろ!マックスだよ!!」

秋雲「さっきまでのサイズでマックスじゃなかったんだ……まぁいいや、んじゃ続きね。はいあーんしてー」

提督「ちょっ」

秋雲「べろ出して。ほらべーって。舌と舌で舐め合いっこするみたいな感じで良いのかな?なんか絡み合ってる描写が多いけど」

提督「それはキスと言うんだろうか」

秋雲「良いから早く。じゃあ秋雲さんが舌出してあげるから提督が舐めてくれる?」

提督「もう股間が痛いんだけど……」

秋雲「べー……ほら、はやく舐めへー」

提督「据え膳食わぬはなんちゃらか……ええいままよ!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 06:38:51.02 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「んっ……あはは、さきっちょばっかりちょっとくすぐったいねぇ……」

秋雲「提督、もっと根本まで舐めて良いよ」

提督「ここから先はちょっと心の準備を」

秋雲「らーめ。じゃあ秋雲さんが提督の口に突撃しまーす♪」

提督「ん!!んんっ!!」

秋雲「ぷはっ……もう一回」

提督「ちょっと待って!」

秋雲「嫌だったら口閉じても良いよ?口閉じないなら待ってあーげない♪んー…………ん、ふふっ」

秋雲「口が空いてるって事は入れちゃっても良いのかなぁ〜?」

提督「いちいち聞くな!童貞を[ピーーー]気か!!恥ずか死で!!」

秋雲「じゃあおかわりいただきまーす……♪」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:39:25.88 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「んー、ぢゅぶっ……んっ、ふぅ……んんー……」

提督「…………」

秋雲「んっ……この糸ひいてる感じえっろいなぁ……ふふっ、なるほどこんな感じで糸引くのかぁ」

提督「2.3.5.7…………」

秋雲「にしても……キスってヤバい。これクセになりそう……あっ!かがみかがみ!」

秋雲「うわっ、私この顔……あー、なるほどなるほど。我ながらこれは……完全にメスの顔だわ」

秋雲「提督、やっぱキスは激しくすると感じるみたい」

提督「そうか。それは良かったですね」

秋雲「なんで宙を眺めてるのさ?」

提督「なんとか自我を保つ為なのです」

秋雲「自我を?んまぁ良いや。じゃあもう挿れちゃうねー♪」

提督「…………」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:39:51.26 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「よいしょ」

提督「あっ……」

秋雲「こう言うの騎乗位って言うんだよね。ほらほら、提督のと秋雲さんのが引っ付いちゃってるよ〜♪」

秋雲「ん?あはは、こっちも糸ひいてる繋がってるしー……でもこれどっちが出したのか分かんないねぇ」

秋雲「私もさっきのでもうぐしょぐしょ……提督のが秋雲さんので濡れちゃったかも?」

提督「秋雲、こんな事言うのはなんなんだが……」

秋雲「んー?」

提督「挿れたら1秒で発射しそう」

提督「ちなみに挿れなくてもすでに発射しそう」

秋雲「じゃあとりあえず一回出してから色々考察していこっか」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 06:40:20.23 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「どうする?一回外に出しとく?」

提督「そうだな。とりあえず中はまずいし外」

秋雲「なーんちゃっ……て!」ズブッ

提督「ああ!!!!」

秋雲「〜ッッ!!すっご……い、これ、もう出てんの……?」

秋雲「あ、てかヤバ……これ私も、ちょっと一回……イッ…………!!や、やばっ、い、提督、これ、ヤバいかも……こんなの、指と全然違う……」

提督「俺の童貞……1秒で即死……」

秋雲「私の処女喪失から初絶頂までだって1秒くらいだったんだしおあいこって事で……はぁ、はぁ……1秒でクタクタだよ……セックスって思ってたより疲れるんだねぇ」

秋雲「そういやさ、薄い本ってよく子宮の断面図があって奥にコツコツ当たってる〜とか言うっしょ?あれ何となく分かるかも」

秋雲「今提督のが一番奥でどぴゅどぴゅってなったの感じだし……」

提督「秋雲、非常に言いづらいんだけど……」

秋雲「ん、なに?」

提督「俺のがまだ3分の2くらいしか入ってないんだが」

秋雲「ふえ?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:41:07.23 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「あ、あれ?おっかしいなぁ。もう秋雲さんの中は行き止まりなのに」

提督「秋雲、腰回りが細いな」

秋雲「あ、あの、提督?何で急に腰を掴んだの?あっ、一旦抜く?休憩?」

提督「そういえば秋雲は初めてでも痛くなかったのか?血とかは出てないみたいだけど」

秋雲「あー、艦娘には処女膜とか不要だし無いみたい。痛みも無かったし、むしろ最初から気持ち良かったって言うか……」

提督「そうか。じゃあ遠慮なく」ズズズ…

秋雲「は、ぐっ……、あ、ああ……っ、お腹、中から押されて……」

秋雲「無理……!もう無理、入らないから!提督、ストップ!」

提督「まだ少しいけそうだな。秋雲がいう子宮の断面図の最奥はココじゃなくて……こっちじゃないか」ズンッ

秋雲「かっ……ハッ、あ、ああ……うっ、な、に……」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:41:51.72 ID:JUTZ5y+d0
提督「なんか余裕がない秋雲って可愛いな」

秋雲「うう……て、提督だって童貞のくせにぃ〜!」

提督「あっ……ストップ、出そう……流石にココで出すのは……」

秋雲「んっ、んっ、んっ、んっ!」

提督「あー!こら!中をギュッギュするな!うねらせるな!!バカ、おまっ!!」

秋雲「ど、童貞督ごとき、上下しなくても膣圧だけで十分だし……搾り取ってやるんだから……!」

提督「だああ!くそっ、どうせイクなら思いっきり突き上げてピストン運動してやる!」

秋雲「ギャー!提督のあほー!!腰掴んで下から突き上げるとか反則、ぅ、あっ、あっ!」

提督「もう無理!童貞にしてはよく頑張った!よく我慢した!秋雲、奥か浅い所か──」

秋雲「奥、奥に決まってんでしょ!提督、1番深い所……ちゃんと、根本まで挿れ……イッ、クッ……!!」

提督「ちょっ……そんな中でビクビクされたら、あっ……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:42:39.98 ID:JUTZ5y+d0
秋雲「うっ……あ、余韻、すごっ……」ビクビク

提督「はぁ、はぁ……」

秋雲「…………ムカつく」

提督「ええ!?何ギレ!?」

秋雲「2秒くらい提督の方がイクの遅かったし……なーんか私がイかされたみたいで納得できませーん」

提督「確かに俺がイク前に海老反りしてたもんな。それ見てこっちまでイッたわけだが」

秋雲「でもうん……2回イッたらだいぶ落ち着いた。次は負けないし」

提督「勝ち負けはよくわからんが、こんな気持ち良い勝負ならいくらでも受けて立とう」

秋雲「じゃあ次はどうしよっか?提督が動いてみる?」

提督「それならバックから」

秋雲「でた、童貞すぐバックからやりたがる説!」

提督「そんな説が!?」

秋雲「いや今つくったんだけどねぇ。そんじゃあ……はい。四つん這い。これで良い?」

提督「秋雲……後ろから見てもエロくて可愛いな。特に尻が」

秋雲「そ、そういうの良いから!ってかおしり突き出して四つん這いとか恥ずいんだから早くしてってば」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/07/30(木) 06:43:20.07 ID:JUTZ5y+d0

提督「ではさっそく……よっ」

秋雲「ひゃっ……んんっ!!」

提督「まだ先も入ってないのに大げさなやつだな。童貞に屈した気分はどうだ!ワハハ」

秋雲「あほ!!……そっち、違うから」

提督「違う?」

秋雲「だから……挿れる穴が違うんだってば!そっちは後ろの穴!」

提督「…………」

秋雲「これだから童貞は……ちゃんとこの事も漫画のネタにしてやるんだから」

提督「では改めて……そいっ」ズブッ

秋雲「ひぎっ……うぅ……当たる感覚が全然違っ……こっちの方が、私……好きかも……」

提督「挿れる角度がなかなか難しいな」

提督「それに秋雲の顔が見えないのもなんだか……」

秋雲「こういう、のって……ハァッ、男、の人っ……は、征服してる感が、良いんっ、んっ……で、しょ?」

提督「確かにそれはあるんだけど……俺は秋雲の顔を見ながらが良いな。普段見せない表情だし」

秋雲「じゃあこういうのは……?はい、対面座位……♪」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [saga]:2020/07/30(木) 06:43:48.47 ID:JUTZ5y+d0
提督「これは……」

秋雲「繋がったまま抱き合ってキスもできるのがポイントってねー♪」

提督「最後の力を振り絞って余裕ぶる秋雲も可愛いけど……こう」ユッサユッサ

秋雲「いっ、や……っ!また、すぐ……、まっ……」

提督「ふぅ……どエロい秋雲の顔を見てたら無断中出ししてしまった」

秋雲「うっ……あっ、提督、次はさ……キ、ス……しながら、イッてみたい……かも」

提督「個人的にはこう。おでこを引っ付けて秋雲がイク瞬間を眺めたいな」

秋雲「あほ!ばか!変態!!だれがそんな、んっ……ん、ちゅ……ぷはっ、いきなりはズルイと思うんだけど……」

秋雲「ってか、提督もまたイキそうなんじゃないの?なんかだんだん分かってきたし……提督がイキそうな瞬間とか」

提督「いいや分かってないな。なぜなら俺は既に挿れたまま7回イッている!」

秋雲「私もおっきい波は7回だけど……まだまだイケそう……だけど、他の子が来ちゃうかもしれないし、今日はこれが最後ね」

提督「今日は、か」

秋雲「最後は、顔見ながら一緒に、だから」

提督「え、ちょっ、もう出そうなんだけど」

秋雲「ええっ!?まって、タンマタンマ!私もすぐだから!」

提督「あっ」

秋雲「はうっ……んんっ!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/07/30(木) 06:44:20.68 ID:JUTZ5y+d0




5分後

提督「なんか締まらない最後だったな」

秋雲「お腹重い……触手ものみたいにお腹ふまれたら精子吹き出しそう……」

提督「賢者タイムの今だから言うけど……こんな事して良かったのか?その、初めてだったんだろ?」

秋雲「これも冬コミの為……でもそうさねぇ。提督が責任とってくれるって言うならぁー♪」

提督「責任……」

秋雲「あはは、冗談冗談。そんな重い事言わないから。んまぁセフレ感覚で」

提督「いや、責任取るよ。取らせて欲しい秋雲が嫌じゃなければだけど」

提督「秋雲、俺と」


提督『結婚してくれ!!』ガバッ

曙「えっ!?何急に!?」

霞「何時だと思ってんの!?このクズ!びっくりさせないでよ!」

提督「夢……」

曙「ほら寝るわよ!」ドキドキ

霞「まったく……」ドキドキ

提督「…………パンツ履き替えてくる」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/07/30(木) 06:46:28.09 ID:JUTZ5y+d0
次はきっと長波様も混ぜて夢じゃない3p
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 10:04:44.98 ID:n0BQeies0
良き
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 11:17:24.62 ID:NA5yhlsAo

久々に>>1のR18展開が見られて良かった
13.28 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)