このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【安価】ウィン「リリウム魔法学校へ! 7……ナナ?」【百合】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:14:20.39 ID:YJjCFc/jo
◆あらすじ
魔法が当たり前に存在する世界の、魔法学校のお話。
良き学園ライフを送れるよう頑張りましょう。

◆注意
スレタイにもある通り、このスレは百合スレです。
女子校のため、もちろん女の子しかいません。
苦手な人は回れ右。

◆安価について
連取り禁止。
長文安価、意味不明な安価については部分採用もしくは再安価。

◆過去スレ
【安価】生徒(♀)「リリウム魔法学校へ!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1552622193/
【安価】クロエ「リリウム魔法学校へ! 2学期よ!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1558438807/
【安価】ローラ「リリウム魔法学校へ! 3人チームを組もう!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1573654213/
【安価】ヒカリ「リリウム魔法学校へ! 4人でダブルデート……?」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1585929615/
【安価】ティア「リリウム魔法学校へ! 5回もおかわりしてる……」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1598280210/
【安価】楓「リリウム魔法学校へ! 6人で試合しよう!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1603892356/
2 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:14:51.77 ID:YJjCFc/jo
◆リリウム魔法学校のご案内◆
全寮制の女子校。現実世界での高校(15〜18歳)を想定。
寮は二人一部屋。
もちろん授業は魔法を用いたもの。

三人チームで戦う「マホリオ」という競技が存在する。
三人の中に一人大将を決めて、その大将が倒されるか降参するまで魔法で戦闘を行うというもの。
7月 学内トーナメント
10月 学外対抗戦
といった大会も存在する。

ストイックに勉強に打ち込むも良し、マホリオの大会で好成績を狙うも良し、怪しい魔術に手を出すもよし、誰かと恋愛するも良し。
どうぞ自由な学校生活をお送りください。

◆スケジュール◆
4月 入学、学内レク、部活紹介
5月 マホリオ一年生大会
6月 (結婚式)
7月 マホリオ学内トーナメント
8月 夏休み
9月
10月 マホリオ学外対抗戦、収穫祭
11月 文化祭
12月 クリスマス
1月 冬休み
2月 バレンタイン、修学旅行
3月 ホワイトデー、卒業式
※カッコの中は学校のイベントではなく、生徒の間で受け継がれてきた極秘のイベントです。
3 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:15:37.75 ID:YJjCFc/jo
◆登場キャラクターの紹介◆

【名前】クロエ・アートルム
【容姿】金髪ツーサイドアップで碧眼。体格は並だが胸は平坦
【性格】自信過剰で高飛車だが、困っている人を放っておけないなど、お人好しな面もある
【得意魔法】
・闇魔法エターナルダークフォース
一瞬で相手を周囲の空間ごと闇に包み込み、相手の視界を封じる。
また、魔力のみを展開することで周囲の魔力を探ることができる。
・闇弾【ダークボール】
闇を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・巨大闇弾【ダークネスボール】
闇を大きな魔力に乗せて放つ巨大級魔法。
・獄闇魔法【ヘル】
闇を超強力な魔力に乗せて放つ獄級魔法。
・極闇魔法【タナトス】
闇の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・暗幕【ダークカーテン】
引き伸ばした大きな闇を展開することで、空を覆う、相手の目くらましをする、などといった使い方をする。

・ハイパークロエ
ヒカリの「魔力の形を変える力」、ローラの「魔獣の力を受け入れる力」がクロエに伝播し、「あらゆる人からの魔力を受け取り、あらゆる魔法を使いこなせる」状態になる。
・始原にして終焉なる魔法【フィナーレ】
たくさんの友達から魔力を貰い、あらゆる属性を含み、無属性で、全方位かつ、一極集中した魔力を放つ。
【備考】若干の厨二病をこじらせている

主人公。
演劇部所属、演劇部部長。
「闇の試練」を乗り越え、闇魔法を使いこなせるようになった。

孤児であり、クロエという名は孤児院の先生から、アートルムという名字は高名な魔法使いであるアートルムにあやかりローラから名付けてもらった。

ローラとヒカリと三人で付き合っており、ラブラブ。

凜華、モミジとマホリオでチームを結成しており、二年生時には学外対抗戦に出場。予選を突破し、決勝トーナメントを2回戦目まで勝ち上がった。
昨年の卒業マホリオではウィンチームと試合。全ての力をぶつけ、在学中にウィンチームに勝利した唯一のチームとなった。


ークロエの魔獣ー

【名前】ティト(由来はメテオライトから)
【種族】星空のような輝きを持つ肌の狼
【特殊能力】夜空で輝く星の力を魔力に変換する。星の輝きによって得る魔力が変わる。
【備考】ステラが落とした隕石から産まれた。闇や宇宙の魔力のある星に引かれ、隕石としてその星へ落ちてくるらしい。
性別という概念が存在しないらしいが、身体的特徴は地球上の生物では雌と同等。
星の掃除者と呼ばれる魔獣で、寿命を迎えた星を食べることで生きている。
成長し宇宙で暮らせるようになるまで、どこかの星で暮らすようだ。


【名前】テネリタス
【種族】闇属性の猫のような宇宙生物
【特殊能力】
・闇魔法使いとのシンクロ
・闇による侵食
時間などの概念的なものも蝕む事ができるらしい。お互いにコミュニケーションが取れていない状態だと魔獣側に振り回されがちになる。
・悪食【アクジキ】
魔力や物質問わず食らいつく。
・暴食【ボウショク】
ありとあらゆるものを喰らい尽くす。最後には宿主すら喰い尽くすらしい。
【備考】ステラが落とした隕石から産まれた。宇宙で卵(隕石)が生まれ、孵化するタイミングになると地上に落ちてくるらしいが詳しい生態は分かっていない。
魔力の元が宇宙の力であるため、この星の魔力とはまた違った性質らしい。
4 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:16:14.94 ID:YJjCFc/jo
【名前】ローラ・リーケ
【容姿】緑髪のポニーテールで小柄で華奢な体格
【性格】気弱で引っ込み思案な性格だが、心優しい性格
【得意魔法】
・融合【シンクロ】
人間以外の生物と意思相通ができ、その生物と融合しその生物ならではの能力を使うことができる
【備考】実はかなりのお嬢様。リーケ財閥は魔獣の保護を筆頭に、あらゆる業界に会社を持つ。
クロエの幼少期からの幼馴染。
助っ人同好会所属。
クロエが大好き。

ーローラの魔獣ー
【名前】エアロ
【種族】小翼龍[プチワイバーン](肩乗りサイズのワイバーン)・風族種
【特殊能力】飛行・風属性のブレス
【融合能力】空気の流れを『観る』、透明化・飛行能力・風のブレス
【備考】最近は楓とも仲がいい。

【名前】きゅーちゃん
【種族】九尾の狐
【特殊能力】狐火を操る能力 火を壁にする・縄のように捕縛するなどなんでもござれ
【融合能力】狐火を操ることが出来るが殺傷力は薄れる(熱さは感じるのでマホリオでの攻撃や威嚇等では十分)
融合中は狐耳と小さめの九本の尾(もふもふ)が生える。性格は穏やかでおしとやかになるが同時にS度が跳ね上がる。

【名前】ユーニ
【種族】ユニコーン
【特殊能力】生物の魂の状態が分かる(ユニコーンの所謂処女関連の俗説は、魂が汚れている人間には決して友好的な態度を取らないことからきた誤解である)
【融合能力】相手の感情が分かるようになる(明確にどう考えているのかまではわからず、嘘をついてる、怒っている、悲しんでるなどの大まかな感情が分かる)

【名前】ミトラ
【種族】影獣(シャドー・ビースト)。見た目は真っ黒な子犬
【特殊能力】影の中に「潜り」姿を隠す(あまり長い時間は潜れない)
自分の質量の範囲内で形を自由に変えることができる。主に体を薄くして狭いところに入るのに使う
【融合能力】他者の影の中に「潜る」(潜っている間は水中のように呼吸ができず、長時間は潜れない)
その状態から近く(数メートル程度)の影へと移動することができる

【名前】クリア
【種族】水晶竜(の子供)
【特殊能力】空気を屈折させることで透明になることが出来る。また、取り込んだ光や熱を利用して口から閃光やビームを放つことも出来る。
空は飛べるが飛行はそこまで得意ではない。
普段は透明化能力で外敵から隠れている。
【融合能力】強力な魔力を扱えるようになり、息吹すら魔力を帯びるようになる。ただし長持ちはしない。
【備考】森の中に迷い込んで弱っていたところをローラに拾われて以来、ローラと共にいる。
人化にも成功し、成長著しい。ローラの言いつけをしっかり守るとっても良い子。

【名前】ラピス
【種族】水晶竜
【特殊能力】空気を屈折させることで透明になることが出来る。また、取り込んだ光や熱を利用して口から閃光やビームを放つことも出来る。
空は飛べるが飛行はそこまで得意ではない。
普段は透明化能力で外敵から隠れている。
【融合能力】???
【備考】クリアの親。貴重な存在のためドラゴンということは隠しているが、よく食堂で食事を摂っているところが目撃されている。
気づいたらローラに懐柔されていつも一緒にいるようになった。

【名前】ルク
【種族】不死鳥
【特殊能力】聖なる炎を司る
また血肉は万病に効く薬となる
【融合能力】???
【備考】美しく燃える羽を持った巨大な鳥。
数百年近く地下遺跡で眠りについていた
あくまで寿命が無いという意味の不死であり、かつて乱獲され不死鳥という種は絶滅したとされていた。
ローラの召喚石から自由に出入りできる。

【名前】リズ
【種族】バジリスク
【特殊能力】猛毒の牙、相手を睨むだけで殺せる
【融合能力】相手を睨むことで痺れさせることができる
【備考】卵から孵化し、すくすくと育っている。特にルクに懐き、取られそうだと感じると威嚇するなどといった行動を見せる。
ローラの召喚石から自由に出入りができる。
人化にも成功している。

なお、召喚獣からローラへの好感度は非常に高い状態です。
5 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:16:41.63 ID:YJjCFc/jo
ーその他の魔獣ー

【名前】スフィア
【種族】不死鳥
【特殊能力】敵を排除する為の邪なる炎と、人々を守る為の神聖な氷の力
【備考】ルクよりも更に太鼓の時代に生息していた真の意味での不死鳥。人々や魔獣を守護する偉大なる種族だった様だ。しかし、その不死性を恐れるようになった人類によって、悪魔化させ不死の性質を失わせることによりスフィアを除いて根絶やしにされた。
悪魔化してからは「古の怨念」と呼ばれ、ローラに解呪してもらうまでは非常に強力な悪魔として知られていた。
魔界では魔皇帝と呼ばれ恐れられていた。
解呪されるまでの記憶があるのか、ルクを気に入っている。


【名前】レイア
【種族】黒鋼竜
【容姿】身長はラピスより一回り大きい程度
いつも西洋風の兜を被っている
兜の下は思わずハッとしてしまう程の黒髪ロング美人。瞳の色は紫
ちなみに胸の大きさはラピス以上
【性格】冷静沈着な武人肌。やや男性めいた口調で喋る
しかしその実極度のあがり症で、初対面の人の前では兜を被っていないと会話すらままならなくなってしまう
男性めいた口調も緊張感から来るもので、最愛の家族であるラピスやクリア、あるいは心を許した人の前では優しい女性口調になる
【特殊能力】己の肉体を金属質に変質させる。一部分だけ変化させることも可能
本気を出すと鈍く光る黒色の兜付きプレートメイルを纏い、見た目からは予想もつかない俊敏さで動ける
【備考】ラピスのパートナーでクリアのもう一人の母親
竜族のしきたりに従い遠く離れた地でもう一人の子供を育てていたが、ラピスの事が気になりはるばる彼女の元を訪れた
黒鋼竜はその名の通り黒く輝く鋼の肉体を持つ竜で
その鱗はとても価値が高く武具の材料・芸術作品などにも利用されている
数年前に、トッププロであるヴィーネらと共に「古の怨念」と戦ったことがある。


【名前】フェリス
【種族】黒鋼竜
【容姿】母親譲りの紫の目に黒髪ツインテール クリアとどっこいどっこいのロリっ娘 普段は竜の顔を模したお面を被っている
【性格】高飛車だが実際はあまり素直になれないツンデレ系 家族のことが大好き
【特殊能力】レイアと同じく身体を金属の甲殻に変えることが出来る しかしレイアと比べてまだ未熟なので甲殻の強度は低い
【備考】レイアが産んだレイアとラピスの娘 クリアとは腹違いの双子とも言うべき関係であり、全く同じ時間に卵として産み落とされ、さらに全く同じタイミングで卵から孵った
母親以上のあがり症かつ恥ずかしがり屋でお面を付けていないと家族以外の相手とはまともに話せないほど(ローラですら僅かに話せるか話せない程度)
竜形態はクリアと同じぐらいの黒鋼竜だがところどころ甲殻が未発達な箇所がある
6 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:17:08.80 ID:YJjCFc/jo
【名前】ヒカリ・ロゥレス
【容姿】白髪ロングで背は高め。体型は着痩せしており脱ぐとすごい。
【性格】穏やかで物腰柔らか。困っている人は見捨てられない優しさを持つ。
ややボーイッシュなところがあり一人称は『ボク』
【得意魔法】実は昔から無自覚に魅了魔法を垂れ流しにしていた……が、やっと自覚するに至った。
その本質は「相手が心地よいと感じるような魔力を垂れ流す」ことで、魔力の質を意図して変えることでサポート能力を身に着けた。
・魔送【ライン】
魔力を他の人に渡すことができる。属性を変えることで、よりその人にあった魔力を渡すことも可能。
【備考】得意魔法の影響からか裏で彼女を慕う者が多いらしい。ただし魔法の件も含めて本人は全く気づいていないフラグメイカー兼フラグクラッシャー。
クロエと寮が同室。
演劇部所属。
クロエが大好き。


【名前】水津 凜華(すいず りんか)
【容姿】やや青みがかった黒髪ロング、紅い瞳。背はすらりと高く誰もが振り向くような美少女…というより美女
胸は控えめ
【性格】優しく紳士的な王子様タイプ
本人も自分が周りからそう思われていることを自覚しており、あえて男性のように振る舞って黄色い声をあげさせる事も
その実甘えん坊で甘いものと可愛いものが大好きという一面も
【得意魔法】
・氷魔法
自身の周囲の空気を瞬時に凍結させ、ダイヤモンドダストめいた小さな氷の結晶をたくさん発生させる
視覚的にとても綺麗な上に氷晶は結構固く、集中させて(凜華は発生させた氷晶を任意でコントロールできる)盾としても用いることができる
氷晶はしばらくすると溶けて消えてしまう
・氷弾【アイスボール】
氷を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・巨大氷弾【フロスト】
氷を大きな魔力に乗せて放つ巨大級魔法。
・氷晶盾【アイスシールド】
空気を凍らせ、目の前に氷の盾を作り上げる魔法。
・氷晶壁【アイスウォール】
空気を凍らせ、目の前に氷の壁を作り上げる魔法。
・巨大氷晶壁【アイスランパート】
空気を凍らせ、目の前に強固で巨大な氷の壁を作り上げる巨大級魔法。
・冷塵魔法【アイスフィールド】
空気を冷やすことで、相手の体温を下げていく魔法。
・氷礫魔法【アイスシャード】
たくさんの氷を魔力に乗せて放つ魔法。
・氷輪花【アイスフラワー】
花のような形状の氷を生み出す。実体は大きな氷の結晶で、形が似ていることからフラワーと名付けられた。
【備考】母親が高名な舞台女優で、彼女も卒業後は母と同じ道を歩む予定。
クロエとマホリオにて同チーム。一年生のみの大会で準優勝した。
二年生時には学外対抗戦に出場。予選を突破し、決勝トーナメントを2回戦目まで勝ち上がった。
舞と付き合っている。


【名前】モミジ・クレナイ
【容姿】背は低いが胸は大きいロリ巨乳 灰色の長髪と赤目
【性格】オドオドして引っ込み思案
【得意魔法】
引力や斥力を操り物体を引き寄せる・はね除けることが出来る
・重力魔法【グラビティ】
物や魔力に引力を与えることができる。
・反重力魔法【アンチグラビティ】
物や魔力に斥力を与えることができる。
【備考】自分を変えるために演劇部に入部。 部長曰く拙いが光るものがあったらしい。
徐々に自分を出せるようになってきた様子。
二年生時の修学旅行中にイオと付き合うことになった。
クロエとマホリオにて同チーム。一年生のみの大会で準優勝した。
二年生時には学外対抗戦に出場。予選を突破し、決勝トーナメントを2回戦目まで勝ち上がった。
7 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:17:35.04 ID:YJjCFc/jo
【名前】ティア・ソレル
【容姿】白の癖っ毛に青と赤のオッドアイ 体型は見事な幼児体型 いつも寝ぼけ眼
【性格】無口で感情の起伏がほとんど表に出ないが優しい良い子 少々天然のフシがある
【得意魔法】
・浮遊魔法【フロート】
生物以外の物体を浮遊させることが出来る。物体が重ければ重いほど疲れる。
魔法に使用することでその魔力に干渉し、魔法を浮かせることも可能。
【備考】ローラと同室の娘。見た目や性格から無愛想と勘違いされやすいが実際は良い子。
喋るのがあまり得意ではないので筆談で話すことが多い。ちなみに余談だが地声は透き通るように綺麗で優しい声らしいが聞いた者はほとんどいないらしい。
アルシェのことが大好き。

【名前】アルシェ・ブランカ
【容姿】銀髪ショートのつるぺた幼女体型。瞳は明るめの琥珀色
【性格】感情が乏しく、自発的に動くことは滅多にない。しかし食欲は旺盛で、食事だけは積極的に行う。
【得意魔法】
・魔力の圧縮
魔力を圧縮したレーザーやビームを撃つ。高威力だが燃費が悪く、撃ちまくるとすぐに魔力が尽きる。
・破壊魔砲【キャノン】
圧縮した超威力の魔力を放つ。獄級魔法相当。
・凝縮魔法【ビーム】
凝縮した魔力を放つ。キャノンより低威力。基本魔法相当。
・殲滅魔法【デストロイ】
圧縮した魔力を広範囲に解き放つ。破壊力にさらに磨きがかかった超高威力魔法。極級魔法相当。
・貫通魔法【スピア】
圧縮した魔力を一本の槍として固める。貫通力に優れる。
・神槍魔法・貫【ブリューナク】
圧縮・凝縮した魔力を、さらに一本の槍として固める。神の槍が如き鋭さを備えた魔力の塊を放つ神級魔法。
・穿ノ頂・神槍【ゲイボルグ】
神をも討つ究極の圧縮魔法。極限まで圧縮された魔法は、どんなに硬い盾でも穴を穿つという。頂魔法。
【備考】かなり古い魔術家系の末裔。幼少期より社会から隔絶された場所で修行をさせられてきた為、かなりの世間知らずで情操教育も不足している
常に腹を空かせている為、餌付けすれば簡単に懐く
神社仏閣の集合地にて、ブランカ家とかつて修行を共にした別の家系と遭遇。大幅な魔力のパワーアップに成功した。

クロエのクラスメイト
ティアのことが大好き。一年生時の夏休み、夏祭りの時に告白し、晴れて恋人同士となった。


【名前】ナミネ・スフィアード
【容姿】比較的長身で結構なグラマラスボディ。髪はウェーブのかかった水色の長髪。瞳も同じく水色で眼鏡着用。
【性格】礼儀正しく慈愛と包容力に溢れる(物理的にも)。その様はしばしば『大天使』と形容されるとか。ただし少々ドジっ娘なところも。
【得意魔法】
・水魔法
水を自在に操ることが出来る。
・水弾【アクアボール】
水を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・巨大水弾【アクアマリン】
水を大きな魔力に乗せて放つ巨大級魔法。
・獄水魔法【ヘルアクア】
水を超強力な魔力に乗せて放つ獄級魔法。
・極水魔法【クラミツハ】
水の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・水障壁【アクアカーテン】
水をカーテンのように展開する、防御系の魔法。炎や雷などの属性魔法は吸収できるため非常に相性がいいが、隕石や肉体強化などの物理的な攻撃にはまるで意味をなさない。
【備考】ティアとアルシェのチームメイトで、無口な二人の考えを瞬時に理解出来たりする。二人と一緒の時は『母親と娘二人』に見えるとかなんとか。
またリリィ先生と一緒にいる時は独特の癒し空間を発現する。
リリィ先生に告白、その後お付き合いを始めて今ではラブラブ。


マホリオにて同チーム。
一年生のみの大会では三回戦敗退。ベスト16。
8 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:18:04.55 ID:YJjCFc/jo
【名前】雨宮 楓(あまみや かえで)
【容姿】白髪(ポニーテール)。赤目のアルビノで肌も白い。身長はクロエと同じぐらいだがクロエ以上の絶壁。
【性格】飄々としたからかい好きで、一人称は『あたし』
胸の話題を出されるとキレる。
【得意魔法】
・風魔法
風を操ることが出来る。用途は風の刃を飛ばす、風の障壁を展開する、風を纏って移動速度を上げる、など多岐に渡る。
・風弾【エアロボール】
風を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・風斬魔法【かまいたち】
切り裂く力に秀でた魔法。高速回転する風をその場に留めることで、まるで鎌鼬が通ったかのような状態を引き起こす。巨大級魔法相当。
・極風魔法【イダテン】
風の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・風神魔法【ルドラ】
風の神が如き空気を纏った魔力の塊を放つ神級魔法。
・風加速魔法【マッハ】
風の力で箒を操り、超高速で移動する魔法。
【備考】クロエのクラスメイト。体質上日光が苦手でそれを補うために特殊な薬を貰っているらしく頻繁に保健室に通っている(薬のおかげでマホリオ含め学園生活を問題なく送れている)。
しかし普段はそんな自分の体質を嘆くことなく明るく振る舞っている。
ちなみに胸に関してはそれとは別に最大のコンプレックス。こっちはどうにかしたいらしくよく科学部や黒魔術部に顔を出しているらしいが成果は芳しくないらしい。
日光が苦手なのは吸血鬼の末裔のため。基礎能力は高めだが、体調をやや崩しやすい。


【名前】真壁 晶(まかべ あきら)
【容姿】赤髪ショート、瞳の色は翠、中性的な顔立ちで一見すると男子に見える。胸は膨らみかけ。
【性格】細かいことを気にしない大雑把な性格だが曲がったことは大嫌いな熱血漢。一人称は「アタシ」
【得意魔法】
・炎魔法
炎を発生させ操る。出せる炎の規模は彼女のテンション次第で視界を遮るほどの業火から明かり程度の小さなものまで色々と応用が効く。
なお本物の炎ではないので熱さこそ感じるが火傷は一切負わない。寒いときの暖房代わりにもなるが晶自身は暖かさを感じないので別途対策が必要。
・炎弾【ファイアボール】
炎を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・獄炎魔法【ヘルフレイム】
炎を超強力な魔力に乗せて放つ獄級魔法。
・極炎魔法【カグツチ】
炎の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・炎神魔法【アグニ】
炎の神が如き熱を纏った魔力の塊を放つ神級魔法。
【備考】クロエのクラスメイト。
実家は古武術の道場で彼女自身も習っている。
「かじった程度」とは本人の談だが少なくとも下手な不良とはケンカで負けないくらいの実力を持っているようだ。


【名前】七峯 嵐(ななみね らん)
【容姿】灰色の長髪に青の瞳。目はつり目で目付きが鋭い。ティアやアルシェとどっこいどっこいかそれ以上に背が低い。
【性格】気が強く少しぶっきらぼうなオレっ娘。しかし実際は極度のツンデレで割りと涙脆い。
【得意魔法】
・雷魔法
雷を操る魔法。手から稲妻を放ったり相手の頭上から雷を落とすことが出来る。
・雷弾【サンダーボール】
雷を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・極雷魔法【ナルカミ】
雷の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・雷神魔法【インドラ】
雷の神が如き電気を纏った魔力の塊を放つ神級魔法。
・雷壁盾【サンダーシールド】
目の前に雷の盾を作り上げる魔法。
・避雷針【ライトニングロッド】
雷をその場に留める。強い光で辺りを照らす魔法。
【備考】楓の幼馴染。楓とは喧嘩することが多いが実は常に楓の体調を気遣っている(以前楓が保健室に連れていかれた時も、クロエが退室した直後ぐらいに駆けつけた)。
ちなみに体型レベルの胸だがそれでも楓よりはある。


三人ともクロエのクラスメイト。
マホリオにて同チーム。一年生のみの大会で優勝した。
全校生徒の大会でもベスト8に入り、リリウムの一年生最強トリオとして学外対抗戦に出場。予選グループにて6勝をあげる。
二年生時にも学外対抗戦に出場し、予選を突破。決勝トーナメントを3回戦目まで勝ち上がった。

三人で付き合っており、ラブラブ。
9 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:18:31.42 ID:YJjCFc/jo
【名前】レナ・フォールン
【容姿】茶の姫カットに青の瞳 背はそれなりだがスタイルは良い
【性格】クールで物静かだが一度熱中すると周りが見えなくなることも
【得意魔法】
・盾魔法
物理的な力を反射出来るバリアを貼ることが出来る 魔法は反射出来ないが弱めることは出来る
・魔障壁【ガーディアン】
前方に非常に硬い壁を作り上げる。巨大魔法相当だが、魔法の性質ゆえに上位の魔法にも対抗できる。
・要塞魔法【ランパート】
前方広範囲に渡り、さらに硬い要塞を作り上げる。極魔法相当。
【備考】演劇部所属。クールな性格とは裏腹に演技に興味があり演劇部に入部した。
残念ながらクロエと同じく裏方スタートだが、その性分からより一層部活に打ち込んでいる。
デンとは出身校が同じ。
デンが好きで告白。お付き合いを始めた。
二年生時には学外対抗戦に出場し予選を突破。決勝トーナメントを3回戦目まで勝ち上がった。


【名前】デン・ハザード
【容姿】本来は低めの身長ながら胸はCカップで起伏もある。髪は明るい紫色のロングストレートで目はパッチリとした碧色。
中学時代のものをそのままトレースしたためか現在よりも自信や活力に満ちた顔つきになった。
【性格】魂に呪いでもかけられたかの如き劣等感の塊、他人が何を言おうがどれだけ公平な場でどんな結果を出そうが時には言いがかりそのものの超理論で自分を否定する。
闇の試練を乗り越えループを抜けたことで、中学生時代の自身のある性格に戻りつつある。
【得意魔法】
・肉体変換
自分他人を問わず、肉体を作り変えることができる。
・腕巨大化魔法【ビッグフィスト】
腕を巨大化させる。
・拳硬化魔法【アイアンナックル】
拳を硬化させる。
・身体軽量化魔法【ライトボディ】
体を軽くすることで、素早く動くことが可能になる。ただしダメージへの耐性は低下する。
・身体硬化魔法【ヘビィボディ】
体を硬化させ、直撃ダメージへの耐性を大幅に上げる。ただし動きは非常に遅くなる。
【備考】肉体変換は自分だけでなく他人の体にもできるが、今のところ他人の変換は長く保たない。
一年生の間ずっと「死に戻り」をしていた。その過程で自信をなくし、性格が変わってしまった。
今は素直で明るい子。
実はずっと前からレナのことを見ていたことが判明。告白され付き合い始めた。


【名前】イオ・ローライト
【容姿】銀のロングヘアーと金の瞳。身長はそれなりだが胸は得意魔法の如く爆発級。
【性格】臆病で引っ込み思案。人を傷付けることを嫌う。
【得意魔法】
・爆発魔法
強力だが故に制御が難しい。
・爆弾【ボム】
魔力を爆発させる。基本魔法相当の強さだが、魔力の性質ゆえに上位の魔法にも対抗できる。
・爆発魔法【エクスプロージョン】
魔力を大爆発させる。獄魔法相当。
・新星爆発【ノヴァ】
魔力をさらに大規模で爆発させる。極魔法相当。
・超新星爆発【スーパーノヴァ】
魔力を超規模で爆発させる。神魔法相当。
・破裂魔法【クラップ】
空気だけを破裂させ、大きな音を出す。
【備考】幼少期に自身の魔法で人を傷付けてしまったことがトラウマになっている。
そのため無意識に人を遠ざけてしまい、周りも彼女の性格と難のある魔法から深く関わろうとする者がいなかった。
クロエとの訓練のおかげで魔力をコントロールできるように。人助けにも使えると自信を取り戻した。
二年生時の修学旅行中にモミジと付き合うことになった。
10 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:19:54.55 ID:YJjCFc/jo
【名前】ノワール・ヴァーミリオン
【容姿】薄い青の髪で瞳は金色。背は低め
https://i.imgur.com/FS2L9iM.jpg
↑(イラストいただきました、ありがとうございます!)
【性格】冷静な性格であまり感情を表に出したがらない。しかし内心は皆と仲良くしたいと思っている
【得意魔法】
・悪魔召喚【パンデモニウム】
ランダムに悪魔を召喚。戦闘力はピンキリで強ければ強い程制御が効かない。負の感情が高まっている時程強大な存在が呼び出され、特に怒りの感情に関しては本人の意思と無関係に魔法を発動させることもある。
・悪魔送還【パラダイスロスト】
召喚した悪魔を魔界へ還す。
【備考】幼少の頃に暴走した悪魔から自身を庇った事で両親が死亡しており、それ故に魔法を使うことに躊躇いがある。
魔法をあまり使いたがらない代わりに生身での戦闘力はかなり高い。
実は極度の怖がりで夜は1人でトイレに行けない。


【名前】イリス・オーレリア
【容姿】薄いピンク髪のカールがかかったショートヘアでBカップ、ライトグリーンの瞳
【性格】基本敬語で喋るが、真面目という訳では無い。誰に対しても優しいが、敵に対しては容赦がない
【得意魔法】
・時止魔法【ストップ】
時を止め、その中で自分だけが動くことができる。時を動かすまでに触れたものには、それまでの触覚・衝撃全てが一気にやってくる。
【備考】この魔法により相手が本当にいい人かどうかを見極めて今まで生きてきた。
魔法を悪事に使ったことは無いが、思考回路を読み取った際相手の秘めている思い(恋愛感情等)も無条件で分かってしまうのが悩み。
他人の色恋沙汰を見るのは結構好きだったりする。
元は魔力欠乏症という魔法が使えない病気だったが、母親の実験により魔法を使えるようになった。
紆余曲折あり母親とも和解し、今ではごく普通に学校に通っている。

二年生時の修学旅行中に付き合い始めた。
11 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:20:21.43 ID:YJjCFc/jo
【名前】ステラ・ステラ
【容姿】紺色の髪は星空のような煌めきを放っている。スレンダーな美人さん
【性格】大人しいようで案外強気なところがある
【得意魔法】
・隕石魔法【メテオ】
空から隕石を落とす。
・双隕石魔法【ツインメテオ】
空から同時に二つの隕石を落とす。
【備考】年下に頼られるのが好き。年上には甘えたい。
クロエと同じマクベス・エクスルードハウスの出身。
ゼレスとお付き合いをはじめた。


【名前】ゼレス・ケルキオン
【容姿】低身長で幼児体型。金髪で色白な肌
【性格】丁寧な口調で話すが自分より弱い相手と馴れ合うつもりはない
【得意魔法】
・神聖魔法
天界の光のような魔法。“退ける力”に秀でており、他の魔法とは存在を画する。
ただし闇魔法とは相性が極端に悪い。
・聖弾【ホーリーボール】
聖なる魔力を放つ基本魔法。
・神聖魔法【ホーリー】
闇属性以外を一切受け付けない圧倒的な光魔法の光線を出鱈目に放出する。神聖と言っている割に魔法が発動した際の光景は外道としか言いようがない。獄級魔法相当。
・神羅魔法【セイクリッド】
聖なる光を照射する。“退ける力”が高まった光線は、他の魔法によって侵されることはない。
・聖包【ホーリーラップ】
聖なる光で何かを包む。包まれたものは神聖なる力に護られ、様々なものから身を守ることができる。
【備考】身長が低いことを気にしている。チビは禁句。
愛する者のためなら他はどうなっても構わないという危険な思考を持つ。
ステラと寮が同室。
ステラとお付き合いをはじめた。


【名前】ラクリマ・ソレル
【容姿】オッドアイじゃないこと以外はティアにそっくり(双子と間違われるほど)で、カラコンを付けたらティアにしか見えない
【性格】ティアとは真逆の性格。喋るの大好き
【得意魔法】
・転板【チェンジボード】
フィルターのようなものを最大で5枚まで展開。そこを通った魔法は攻撃方向や属性が切り替わる。自分の正面には出すことが出来ない為防御には(ほぼ)使えない。
【備考】演劇部所属。
ティアの妹。お姉ちゃん大好きっ子。お姉ちゃんが好きなものなら自分も好きなのでアルシェの事もきっと大好き。お姉ちゃんが書いた文字をお姉ちゃんの声真似で読み上げる事が出来る(本人が恥ずかしいと感じるくらいには似ているようだ)。
アイドルの卵としてスカウトされ、芸能事務所にも所属している。
ノルンと付き合っている。

三人はマホリオにて同チーム。一年生のみの大会でベスト8まで勝ち進んだ。


【名前】ノルン・サイネーラ
【容姿】金髪のおかっぱに碧の瞳。服の上からでも分かるほど胸が目立つ。
【性格】常にゆっくりと間延びした喋り方をするのんびりやの天然さん。昼寝が大好きで授業中も寝ていることが多い。一人称は『ノルン』
【得意魔法】
・睡眠魔法【スリープ】
実はねぼすけなのは自身の魔法が自身にも作用しているから(本人の性格もあるが)。
極まれに魔法を垂れ流してしまい、他の人を眠らせてしまうことも。
【備考】演劇部所属。
実は演劇部には道に迷って辿り着いていた。部活紹介の時もずっと寝ており見ていなかったのだが、部室に来てなんとなく興味が湧いたので入部してみることにした。
ラクリマと付き合っている。


【名前】紅林 御桜(くればやし みお)
【容姿】艶やかな長い黒髪と紅い瞳を持つまるで日本人形のような美人。美少女ではなく美女という感じ。
胸はそこそこある。
【性格】とてもマイペース。割と世間知らずなところがあり、たまにとんでもないことを無自覚でやらかしかけるがそこは令嬢。持ち前の愛想と機転の良さで切り抜けてしまう。
【得意魔法】
・魔力で構成された光輝く花吹雪を発生させる。
単純に他者の視界を奪う他、吹雪故にそこそこ強めの風も伴うので妨害などにも使える(風の強さや方向は彼女の意思でコントロールできる)。
あと見た目がとても綺麗。
【備考】ラクリマと同室の子。
歴史の古い名家の令嬢。姉が一人いるらしい。
身の回りの世話は殆ど使用人に任せている程の箱入り娘だったが、親の言いつけで社会勉強の為にリリウムに通うことになった。
12 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:20:48.14 ID:YJjCFc/jo
【名前】音無 舞(おとなし まい)
【容姿】黒のショートヘアーに黒の瞳で童顔。体格はやや小柄。
【性格】穏やかで礼儀正しく、初対面では人畜無害そうな印象を受ける。
しかし実は並々ならぬ執着心を持つ。
【得意魔法】
・感情増幅
相手の感情を増幅することで暗示をかける(友情を徐々に愛情へと転じさせるなど)。
なお元々ある感情にブーストをかける方式なので、全く興味を持っていない方向に暗示をかけることは出来ない(同性に全く興味の無い相手を同性愛者にするなど)。
【備考】クロエ達とは違う学校の一年生。かつて凜華の母、水津真凜に演技を見込まれたことがある。学校の演劇部とともに、宝坂への入団も両立している。
元々は大人しく引っ込み思案だったが真凜に演技の道を示されたことでそれを克服した。
そのため真凜のことを尊敬しているが、自身の魔法が無意識に自分に作用したために真凜、そしてその娘の凜華に少し歪んだ愛と執着を抱いている。
二年生の夏休みの終わり、前学校があまりにも自身に頼りきりだったことから転校。リリウムの生徒となった。


【名前】シェリル・オルゼラリア
【容姿】水色の瞳の銀髪ツインテール。やや小柄だが隠れ巨乳。着痩せするタイプ
【性格】勝気。常に前向きで、どんな事にも手を抜かない。俺っ娘。
【得意魔法】
・鏡魔法
最大10枚の巨大な鏡を出現させる事ができる。鏡は魔翌力を反射する性質を持つ。
自身や対象を鏡に映す事で分身を作り相手を錯乱させる事も可能。
※分身は実態を持たない為、分身の攻撃によるダメージは発生しない。耐久力は分身の元となった人物の能力値により左右される。
【備考】口調はやや荒い所もあるが、基本的に礼儀は良く慢心はしない。可愛いものが好きだが周りには内緒にしている。虫が苦手。
マホリオの実力も相当な物で去年の大会も準決勝まで進んだもののウィンチームに敗北していた。
13 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:21:16.90 ID:YJjCFc/jo
【名前】カーム・セレスティア
【容姿】銀髪ツインドリル、赤の瞳。身長、スタイル共に年相応。
【性格】落ち着いた性格。何かに熱中すると徹底的に極めていくタイプ。好きな事に関しては負けず嫌い。
【得意魔法】
・福音魔法【ゴスペル】
神聖魔法の亜種。敵による解除が不可能なバフを味方にばら撒く。発動中はカームの魔翌力が徐々に減っていくがその気になれば重ね掛けも可能。
【備考】
前年度の中学生マホリオ全国大会の優勝チームの一人。優勝したのは三年次のみだが圧倒的な実力とチームワークで幾度も上位まで昇り詰め、彼女が在学していた三年間は「福音時代」とまで呼ばれていた。
昨年度のリリウムの学園祭に来ており、その際に鑑賞した演劇部の作品に感動して入部を決めた(特に舞とラクリマの演技)。
マホリオ面に関しては強力無比なバッファーだが本人はバフに徹する必要がある性質上、高校でも結果を出せるかはチームメイト次第といえる。


【名前】ポメ・ラニアン
【容姿】ふわふわの茶髪ロングで背が低い
【性格】天真爛漫で好奇心旺盛
【得意魔法】
・獣化魔法【ビースト】
もふもふ。
【備考】体を動かせるのでマホリオが好き。いろいろな言葉を教えてくれるのでやよいのことも好きだが、覚えた言葉はすぐ忘れてしまう。入学試験では実技と座学、それぞれの点数が別の意味でぶっちぎりだった。


【名前】レティス・アウローラ
【容姿】肩にかかるくらいの長さのストレートヘア、地毛は金髪だが魔法染料で紫がかった色に変えている。眼のいろは透き通ったライトブルー。身長は158センチ
【性格】必要最低限の事しか喋らないため、時々話が噛み合わなくなる事がある。口数が少ないが人付き合いは好き。所謂不思議ちゃん?
【得意魔法】
・言霊
SVOCが明確な言葉を発する事でその通りの事象が発生する。ただし出来ることできないことは魔翌力量によって決まりレティス自身が何となく出来ないな、と感じる事は実現できない模様。常時発動する。普段無口なのはこの為。
【備考】
あまり多くのことを語らない謎多き少女。魔法については生まれた頃から本能レベルで理解しているので暗い過去とかは無く人と関わるのは普通に好き。諸事情で伏せられているが実はとある国のお姫様らしい。


マホリオでチームを組んでいる。
14 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:21:49.20 ID:YJjCFc/jo
【名前】白峰 やよい
【容姿】黒のおかっぱに眼鏡 身長体型共に平均的
【性格】大人しくて読書が好きだが妄想癖があり一度考え込むと止まらない面も
【得意魔法】
・意識操作魔法【フォーカス】
集中力を操ることで注意を散漫にさせたり逆に何でもないものに集中させることで隙を生むことが出来る。
実は妄想癖はこの魔法の影響もあるとか。
【備考】リリウムの新一年生。
幼い頃から夢見がちな面があり色々な本を読んではその世界に浸るのが好き。
役者や脚本の表現など演劇部と自分の趣味が繋がるのではと思って演劇部の見学に来た。


【名前】シエラ・アリッサム
【容姿】大きめの緋髪ツインテール、つり目
背は平均よりやや小さい程度で胸はまったいら(当人曰く「ハンデ」)
【性格】自分の強さに絶対の自信を持つ高飛車娘
自分より弱いものは露骨に見下している…ように見えて的確なアドバイスを送ったりと意外と親切(要はツンデレ)
【得意魔法】
・光爆弾【ライトニングボム】
小爆発を起こす光弾を発生させ操る。
敵にぶつけたりバリアのように周囲に巡らせたり、あえて足元で爆発させ勢いで高く跳躍したりと応用が効く。
【備考】海外(どこかはお任せします。架空の国でも可)では神童として高名なマホリオプレイヤー
幼い頃からなんでもできる天才肌で、それ故に他者とのトラブルが絶えなかったらしい
…実際のところは彼女のツンツンした態度が反感を招いていたというだけの話で(シエラも自身の態度が要らぬ反感を買っていると気付いていて態度を曲げなかった)
本当は気遣いのできる優しい子


【名前】ロロナ・レーミア
【容姿】髪(ショート)も肌も真っ白。眼は真紅。スラりとしたスタイルでさながら白蛇を擬人化したかのよう
【性格】おどおどしていて引っ込み思案。すぐに自己嫌悪に陥る。
【得意魔法】
・揺動魔法【シェイク】
魔法のクラスがランダムで変動する。確率的にはかなり低いが頂クラスにもなり得る。
【備考】
シエラチームの3人目メンバー。魔法の性質を評価したシエラの勧誘によって加入。魔法性質抜きにしても魔力のコントロールが安定せず、昔から苦しめられてきた。実は得意魔法は極めれば意図したようににクラスを操れるというもので、魔力消費は多いもののゼーレの頂のような芸当も可能となる
15 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:22:18.21 ID:YJjCFc/jo
【名前】樹(いつき)・ユグドラシル・リリウム
【容姿】年期を感じさせる青い三角帽とローブを纏った10歳ほどの少女
勿論この姿は強大な魔力を抑えるための自己封印であり、封印を解くと20代後半ほどの妙齢の女性となる(魔力量の影響でそこで成長が止まった)
服はどちらの姿でも問題ないように伸縮するが、大人の姿の時は見事な上乳が露になる
【性格】慈悲深く穏やか。先達として生徒達を優しく見守るみんなのお母さん
道を踏み外したもの、踏み外そうとしているものには厳しくも優しく接し正道へ導こうとする
【得意魔法】
・模倣魔法
一度見た魔法を自分のものとして使える
性質はそのまま樹自身の魔力を乗せる事でより強力な術として放てる(例外あり)ただし一度使用した術をもう一度使いたかったらもう一度同じ術を見る必要がある
【備考】リリウム魔法学校の校長先生。学校の創設者でもある。
クロエに警告したのは、かつてラミーを救えなかった後悔から。
ラミーが復帰した今は非常に仲睦まじく過ごしている。


【名前】ラミー・アルファウス
【容姿】重ための黒髪の小柄の少女 
【性格】自虐的で自分に自信がない臆病な性格 しかしそれ故に自分が守るべきと認めた相手には自分を犠牲にしてでも守ろうとする
【得意魔法】
・闇魔法
・暗黒壁【ブラックモノリス】
ラミーの護る力が強く出た魔法。非常に硬い板のようなものを前面に展開する。
【備考】かつて闇に飲み込まれた魔法使い 当時二年生
イジメや家庭内暴力によって荒んでいた時に樹によって救われ、彼女に教師以上の強い感情を持つ
最後の時も樹を救うため自らの意思で闇に飲み込まれた
闇の中で生存しており、クロエらの協力により闇から脱出。


【名前】リリィ・アンスリウム
【容姿】青髪ロング 穏やかさの中に情熱のこもった翠色の瞳 母性を感じさせる豊満な胸
【性格】生徒達を優しく見守るお姉さん属性
一方で情熱家でもあり、目標に向かって努力することと努力している人が大好き
【得意魔法】
・リラックス魔法
自身の周囲に心を落ち着かせリラックスさせるフィールドを発生させる。
【備考】教育実習生あがりの若い教師。
大家族の長女で、昔から仕事で忙しかった両親の代わりに弟妹たちの世話をよくしていた。
その関係で家事全般が得意。
ナミネに告白されてお付き合いを始め、今ではメロメロ。


【名前】峯岸 橘花(みねぎし きっか)
【容姿】白のショートヘアーに翠の瞳で眼鏡。幼モードの樹とどっこいどっこいのロリっ娘。
【性格】冷静でやや辛辣。どこか冷めているが、自分の興味を惹く分野にはぐいぐい来る。
【得意魔法】
・解析魔法【アナライズ】
魔法の仕組みや効果を解析出来る。ただし一部例外もある(エミールのパルプンテを予測するなど)
【備考】リリウムに勤める教師の一人。毎日研究室にこもって魔法の解析と研究を行っている。
年齢不詳だが、樹と同格のように会話しているとこが目撃されているため樹と同世代ではないかと噂されている。
エミールが卒業してからも、実験のために呼び出している。
16 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:22:54.47 ID:YJjCFc/jo
【名前】カーラ・ファウスト
【容姿】 金髪ショートで背は高め、修道服を着用している
脱ぐとすごい
【性格】 心配性だがしっかり者のお姉さん、人が傷つくことを極端に嫌う
【得意魔法】
・生命力譲渡
自分の生命力を他人に分け与え爆発的な治癒力で対象を回復させる(対象の損傷が大きいほど自分への反動も大きい)
死んでしまった生命を蘇らせることもできるが膨大な量の生命力と準備時間が必要
庭で育てている草花から毎日少しずつ生命力を貰って蓄えている
【備考】クロエ達出身の孤児院、マクベス・エクスルードハウスの院長。孤児達を溺愛しており、幼い頃から面倒を見ていたクロエのこともとても心配している。


【名前】ソフィア・ルナール
【容姿】透き通るような白の長髪と暗闇でも怪しく輝く金の瞳を持ち、人形のように儚い外見の少女
【性格】口数が少なく機械的な口調で無機質な印象を受けるが悪人ではない
【得意魔法】
・闇魔法
クロエのように闇を発生させるだけでなく闇を凝縮させ様々な形を取ることが出来、その応用で使い魔のようなものを使役することも出来る。
・闇凝結【ダークコンデンス】
ソフィアの闇とすら友達となる力が強く出た魔法。
思い描いた姿に闇を固めることで、魔獣のような闇を使役することができる。
【備考】深い森の奥地に存在する廃墟となった古城に一人(+闇で作り出した使い魔)で住んでいる少女(ただし年齢不詳)
人の名前を呼ぶ際は必ずフルネームで呼ぶが、相手から要望があった場合は一応それに合わせてくれたりする


【名前】ミリア・メルトル
【容姿】銀髪ショートで赤と青のオッドアイ。見た目は完全に幼女だが歴とした成人女性
【性格】困っている人は放って置けないとても優しい性格。常軌を逸した自己犠牲精神の持ち主
【得意魔法】
・闇化
闇と化す。試練の魔物に姿を変えたり色々出来る。
【備考】マホリオのプロ選手。実年齢は不明。元は魔法が使えず闇使いの素質があるというだけで闇の試練と向き合う羽目になったが、力を行使せずに闇を受け入れ一体化するという形で試練を乗り越えてしまった(この時に肉体の成長が止まった)。闇に一方的に支配されることも無く、それどころか割と仲良くやれている。しかも闇との間に子供まで生まれてしまい今年で高校一年生になる。ご飯はたくさん食べる。もりもり食べる


【名前】エルク・メルトル
【容姿】銀髪サイドテール、漆黒の瞳。肌は雪のように白い。体型は割と平均的
【性格】良いところも悪いところも引っくるめて人間が大好き。人間の為ならなんだってしてあげられる
【得意魔法】
・想起
相手の心の闇(トラウマ)を想起させることができる。
【備考】ミリアと闇の間に生まれた子。いつもニコニコしているが謎の圧があり、周りからは怖がられている
人間という存在を心の底から愛しており、母の自己犠牲精神を歪んだ形で受け継いでしまっている


【名前】セレニテ・オーレリア
【容姿】ピンク髪ロングの濁った灰色の瞳、少々痩せ気味だがガリガリと言うほどではない
【性格】とても穏やかで落ち着いた性格だが、目的のためであれば手段を選ばないところがある。娘に対する愛情は側から見たら異常な域に達している
【得意魔法】
・権能【アブソリュート】
魔力を奪ったり与えたりする。
【備考】イリスの母にして天才科学者。リリウム魔法学校出身で在学時には図書館に所蔵されている全ての書物を読み尽くしてしまった。娘が魔法を使えない事を憂いており、様々な人から奪った魔力を与え続けているが、魔力欠乏症の本質については気付いていない。
現在はイリスとも和解し、様々な人と協力しながら魔力欠乏症への対応策を研究している様子。
17 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:23:22.59 ID:YJjCFc/jo
【名前】ゼーレ・レジェンダリア・アートルム

【容姿】絶世の美少女。瞳の中に宇宙が存在しているかの如く煌く紺色の両眼と、肩から背にかけて流れるプラチナ・ブロンドの髪が印象的(普段は髪飾りで抑え付けられているがアホ毛がある)。背はやや高めで胸は巨乳というより美乳。

【性格】おとなしい性格で、自分の事より仲間の事を優先して考える。この世で最も非常識な存在であるのに反し、本人自体は常識を重んじるまともな性格。丁寧な口調で話すが親しい仲間に対しては砕けた口調になる。

【得意魔法】
・創造【クリエイション】
アートルムの固有魔法を除いた全ての魔法の起源となった原初の魔法。新たな魔法をランダムで生み出す。現代で言う魔力欠乏症の人間がこれにより生み出された魔法の使用者(記録媒体)となる(当時は魔法を使えないのが当たり前だった)
・魔文殿【アーカイブ】
現存する全ての魔法を使用できる。
・頂点【アルティマ】
使用魔法を最高位のものに変換する。

【備考】
全ての魔法の始祖とされる伝説の魔法使い。というよりこの世界においては彼女の「レジェンダリア」から伝説という意味が生まれた、まさに生ける伝説。

『創造』を用いて人々に魔法をもたらすという偉業を成し遂げた。ちなみに最初に魔法を与えたのが仲間の魔法使い二人。当時の人々からの尊敬はもはや崇拝の域に達しており神そのものであるとして神聖視する者さえいた。

固有魔法を3つも持つ生物としてみても規格外な人物。魔法法則を完全に無視したバグのような存在らしい。

彼女の『創造』が生み出した魔法の一つに悪魔化の儀式があり、それにより不死鳥達は魔界に追放された為、起源を不死鳥とする悪魔達からは憎悪の対象になっているが彼女自身は望まぬ結果であった(ゼーレ自身は悪魔化の魔法を一度も使っていない)。

時を超えてやってきたのではなく、不老の魔法を用いて現代に至るまで空かずの空間で生き続けてきた。これは魔王との戦いで負傷し、その傷を癒すことが目的。

スフィアとは親友であり、彼女だけは守ろうとしたが、自分はともかく仲間の魔法使い二人まで迫害を受けそうになった為、最終的には見捨てる形になってしまったことをずっと悔いている。

ルクが時代が違うにも関わらずスフィアについて知っていたのはアートルムがかつての不死鳥達について昔話として話していた事による。


【名前】アイリス・スノードロップ
【容姿】桃色のショートカット。瞳の色は緑で、ハートマークのような紋様が両の瞳に浮かんでいる(魅了魔法使用時に光る)
背はすらりと高く胸は平坦で、一見男性にも見える
【性格】明るく元気。初対面の人にも長年の親友であるかのように話しかけられる気さくさを持つ
一見何も考えていないように見えるが結構頭も切れる
【得意魔法】
・魅了魔法
ゼーレに授けられた魔法。「世界中全ての人と友達になりたい」という彼女の夢から産み出された。
視線を合わせるだけでちょっとだけアイリスに親しみを抱く程度から、彼女の言うことならどんなことでも聞いてしまう隷属状態にまでしてしまうことが可能だが(任意で調整可能)、アイリス自身はこの魔法を「裏技、ズル」と捉えていて、基本的には使用せず自主的に封印している。
【備考】世界中全ての人と友達になりたいと本気で考えており
そのために自分にできることをしようと現在世界のあちこちを巡って人助けに励んでいるようだ


【名前】リーケ・エターニア
【容姿】超小柄で何と140cmにも満たない。赤みを帯びた銀の長髪で、本人の身長よりも長いので、常に側にいる魔獣の背中にかけさせてもらっている。瞳の色は明るいオレンジ色で、常にジト目のように見える
【性格】ロロナや1年次のデンに匹敵するクラスのウルトラハイパーネガティブ思考の持ち主だがゼーレアイリスと魔獣たちの事は自分の命をかけてでも守ろうとする。
【得意魔法】
・魔獣領域
自分の周囲に魔獣を呼び寄せた上で魔獣たちが有利になる強力な結界を展開する。何匹集めようが一度に消費する魔翌力は変わらないというチート仕様。
【備考】
ゼーレの嫁その2。その名前はリーケ家の由来になっているが、血の繋がりはない。当時の魔獣愛護団体的な組織がリーケを崇拝してたとかで継がれていったらしい
ゼーレに魔法をもらう以前は神樹を囲む広大な森の中で魔獣たちと暮らしていたので出自は不明。人間たちに居住区域周辺の森を焼かれる形で故郷と仲間たちを失っているので後ろ向きな性格になっている
魔物を守る為の力をくれたゼーレと、そのゼーレが信頼するアイリスの二人に対しては絶対の信頼を置いている。

ーリーケの魔獣ー

【名前】トワ
【種族】星空のような輝きを持つ肌の狼
【特殊能力】夜空で輝く星の力を魔力に変換する。星の輝きによって得る魔力が変わる。
【備考】闇や宇宙の魔力のある星に引かれ、隕石としてその星へ落ちてくるらしい。
性別という概念が存在しないらしいが、身体的特徴は地球上の生物では雌と同等。
星の掃除者と呼ばれる魔獣で、寿命を迎えた星を食べることで生きている。
成長し宇宙で暮らせるようになるまで、どこかの星で暮らすようだ。
リーケに物心がついた頃にはすでに親友同士だった。地球規模で言えば寿命が存在せず、リーケ封印後も生き続けてずっと復活の時を待ち続けていた。
18 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:25:28.20 ID:YJjCFc/jo
【名前】ウィン・フォルクス
【容姿】白銀のショートボブに金の瞳の垂れ目 背はクロエとどっこいどっこいだが実はスタイルは良い
【性格】無邪気で天然ボケののんびりや よく語尾が間延びする
マホリオの時は口数が少なくなり普段ののほほんムードが消える(>>366みたいな様子)
一人称は『ボク』
【得意魔法】
・時間操作
周囲の時間の進みを僅かな間だけ極端に遅くすることが出来る(周囲からは高速移動に見える)。
負担が大きいため連続使用や日に何度も使えたりするものではなくここぞという時に使っている。
ちなみに発動時に触れているもの(生物含む)は魔法の影響を受けない(時間が遅くならない)。
・時間魔法【クロック】
極端に遅い時間の中、ウィンだけが通常の速度で移動できる。
・時神魔法【クロノス】
周囲の時間の進みを遅くし、時の神が如き時空の歪みを持った魔力の塊を放つ。相手からは突然膨大な魔力が目の前に出現したようにさえ感じられる。神級魔法。
・時ノ頂・玉響【タマユラ】
神をも止める究極の時間魔法。時が止まったかと錯覚するほど遅くなった時間の中で、クロノス以上に高密度の魔力を放てば、どんなに鋭い感覚を持っていても玉響の隙を突かれるという。頂魔法。
【備考】
普段はのんびりとしてマスコットのように可愛がられているがマホリオの時は極度の集中から様子が変わる(周囲からはそのギャップが良いという声も)。
他者に屈託なく接するので友人も多い。好物は甘いもの。


【名前】ナナ・ヴァーミリオン
【容姿】青のショートヘアーに紅の瞳。小柄な体格で胸も小さめだが絶壁組よりはマシ。
【性格】優しく礼儀正しく献身的。いつも敬語口調で基本的に他人のことはさん付け(ただしウィンのことは時々『ウィン』と呼び捨てにしているらしい)。
【得意魔法】
・魔力譲渡
自身の魔力を相手に譲渡し回復させることが出来る。発動には身体的な接触が必要かつ接触方法で魔力譲渡の効率が変化する(一番効率的なのは粘膜を介した場合だとか)。
【備考】魔法の扱いがあまり得意ではなく、魔法の精度にやや難がある。
そのため最初は校内トップクラスの実力を持つウィンに引け目を感じていたが、そんな自分に屈託なく接してくれるウィンにいつしか惹かれていった。
そして結婚式の時に意を決して自分の想いをウィンに伝え見事受け入れられた。
ちなみに恋愛面に関してはぐいぐい行く方であり普段の様子に反して彼女が攻めらしい(結婚式のキスもナナの方から行った)。


【名前】早川 時雨(はやかわ しぐれ)
【容姿】黒のポニーテールにつり目。長身スレンダー体型で凛とした顔立ち。
【性格】真面目で気難しいが結構天然。一人称は『私』で男口調。
【得意魔法】
・光る斬撃
棒状の物に魔力を込めることで光の刀身を持つ刀を精製することが出来る。
物理的な攻防以外に斬った軌跡を飛ばしての遠距離攻撃も出来る。
マホリオでは味方と同時に斬り込む・無数の斬撃を飛ばしての迎撃など臨機応変に立ち回る。
・剣戟・飛燕
斬撃を魔力として飛ばす。切れ味も鋭く、まるで燕が空を飛ぶようにさえ見える。
・剣戟・双飛燕
素早い斬撃を二つ、魔力として飛ばす。
・剣戟・朱雀
強力な斬撃を魔力として飛ばす。その力強さは南方の守護者である朱雀を窺わせる。獄級魔法相当。
・剣戟・鳳凰
非常に強力な斬撃を魔力として飛ばす。どんな攻撃や盾にも屈しないその軌跡は、伝説である鳳凰の威圧感すら感じさせる。
・剣戟・斑鳩
斬撃をその場に留め、相手の魔法を迎撃する。
・剣戟・八咫烏
非常に強力な斬撃をその場に留め、相手の魔法を迎撃する。その姿はさながら守護鳥たる八咫烏に重なる。
・居合・閃
ほんの一瞬で居合を行う。その斬撃は閃光のような速さである。
・居合・隼
一瞬で居合を行う。その斬撃はまるで、隼が襲いかかるかのような素早さと猛々しさを持ち合わせる。
【備考】実家が剣道の道場であり自身も有段者。
身体・魔法どちらも高いポテンシャルを誇る。
入学当初は普段の様子からウィンのことを軽く見ておりマホリオの実力も魔法頼りと思っていたが、一騎討ちを行い完膚無きまでに敗北したことで見直しウィンを友人及びライバルとして認める。
さらにより近くで修練を積み少しでもウィンに近づくために同じチームになった。
鍛練に明け暮れた生活を送ってきたためか様々な知識、特に性知識に乏しく未だにコウノトリレベル。
ウィンとナナが付き合っていることは知っているが、彼女達が隠れてキス等していることや結婚式のことは全く知らない。


リリウムにおいて最強のトリオだった。
19 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:26:01.99 ID:YJjCFc/jo
【名前】ヴィーネ・ケルキオン
【容姿】ゼレスを大人にしてスタイルを良くした感じ
【性格】常にハイテンションで落ち着きがない
【得意魔法】
・神聖魔法
ゼレス以上に何でもできる。
・聖弾【ホーリーボール】
聖なる魔力を放つ基本魔法。
・神聖魔法【ホーリー】
自身を包む球体を作り出す。さらにその一部を放つことで攻撃に変換することも可能。攻防一致の高難度魔法。獄級魔法相当。
・神聖・球【ザ・スフィア】
巨大な球体を放つ。退ける力を持った球体は迎撃されにくく、本人の魔力も相まって重要な決め手となる。極級魔法相当。
・天聖魔法【アマテラス】
天から聖なる光を降り注ぐ。神級魔法相当。
【備考】親馬鹿気味なゼレスの母親。マホリオのプロランキング一位に君臨するチームのリーダーで攻撃・防御・補助と何でもこなしてしまう器用万能型。固有魔法を使わずとも世界ランク2桁程度の相手なら瞬殺してしまう程に個として圧倒的な存在。性格は全く似ていないがマホリオが大好きなところだけは娘に遺伝した。

ゼレスは一人のマホリオプレイヤーとして母を尊敬している為、マホリオが絡む場面では親子としての関係ではなく名前にさん付けで呼んでいる。尚ヴィーネの方からはちゃん付けで呼び会うたびに熱烈なハグをする。


【名前】サリア・マグノリア
【容姿】鮮やかなライトグリーンの長髪に切れ長の碧の瞳、長身で均整が取れつつも大きな胸を持つ美形
【性格】冷静沈着でクールな性格 しかし実は甘いものが大好物という子供っぽい一面も
【得意魔法】
・未来予知
数秒〜数分先までの未来を見ることが出来る(より未来を見ようとするほど魔翌力消費は激しくなる)
また意図せずして数日〜数ヶ月先の未来が見えてしまうこともある
ちなみに予知の確率は100%ではないが、それでも九割方当たるほど精度が高い
・未来視【トキ】
意図した少し先の未来を視ることができる。
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。21歳。リリウムの卒業生でもある(ウィン世代とは入れ違えに卒業)。
未来予知と魔翌力の地力の高さから十全に立ち回ることの出来るオールラウンダー。
実は凄まじい方向音痴であり、固有魔法を用いて未来をいくら見ても迷ってしまうほど。チームメイトからはその件でよく叱られており、必ず誰かと一緒に出かけるように言いつけられている。が、すぐに迷う。
それらのギャップがファンからは人気との噂もあったりする。


【名前】久遠 茜(くおん あかね)
【容姿】朱色髪のギブソンタック。巨乳
【性格】
おっとりぽわぽわとしているが、良くも悪くも言いたいことははっきりと言う。マホリオになると全く喋らなくなりちょっと怖い(他のメンバー曰く暗殺者)
【得意魔法】
・自己の肉体強化
原理は不明だが肉弾戦で魔法を打ち破ったりする。
・〇〇強化魔法【ザ・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々を上昇させる。基本魔法(ただし素の力が相当高いため、上位魔法への対抗も可能)。
・〇〇進化魔法【エヴォ・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々を強化する。獄級魔法相当。
・〇〇深化魔法【ヘビー・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々を大幅に強化する。極級魔法相当。
・〇〇神化魔法【ネオ・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々をさらに大幅に強化する。神級魔法相当。
【備考】
24歳。マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。性格に反して超肉弾戦特化。肉体強化魔法を使うと赤い花びらが舞ってカッコいい。マホリオ以外でも格闘技(この世界にある奴で)の世界王者だったりする。魔法の演出も相まってビジュアル的な人気はチームで頭ひとつ抜けている。
20 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:28:01.24 ID:YJjCFc/jo
【名前】スキア・レジェンダリア・アートルム
【容姿】ゼーレと完全に一致した容姿。瞳だけはゼーレと違い虚無を思わせる漆黒の色をしている。
【性格】ゼーレ本体と悪魔達の事を第一に考えて行動する
【得意魔法】ゼーレと完全に同一であるが、彼女が人道に反するとして使用を躊躇うような魔法も平然と使う。例としては『黙示録』(隕石魔法+頂点)、『魔界顕現』(パンデモニウム+頂点)など。
・黙示録【アポカリプス】
メテオ+アルティマ。半径10kmに及ぶ範囲に無数の隕石を降らせる。
・魔界顕現【ラグナロク】
パンデモニウム+アルティマ。意図した大きさの魔界と人間界のゲートを、意図した位置に開く。
・蘇生魔法【リザレクション】
ライブ+アルティマ。筋組織を即座に再構成し、体力を回復する。
・貫ノ頂・魔槍【グングニル】
ビーム+アルティマ。神をも伐つ究極の圧縮魔法。究極まで圧縮された魔法は、どんなに硬い盾でも貫くという。頂魔法。
・盾ノ頂・不撓不屈【イージス】
シールド+アルティマ。神をも通さない究極の防御魔法。最硬度まで練り固められた魔法は、どんなに鋭い魔力にも撓(たわ)まず、屈しないという。頂魔法。
【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムが影分身に頂点を発動させることで生まれた実体のある分身。本体の意のままに動く分身としての性質を持っていたが、のちにゼーレの妹として振る舞う自我が生まれた(魔王を倒して休眠に入ったタイミング)。
自身が新たな魔王となり魔界を統率する事で人間界への侵攻を防ごうと考え実行したが、不安定な自我が魔界の瘴気に蝕まれたことによって本来の魔王同様人類に敵対するようになる。本体への回帰欲求からかゼーレだけは対象外(人類側から奪還したいと考えている)。
21 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:28:28.85 ID:YJjCFc/jo
〜前スレでの出来事〜

アートルム神社から目覚めたゼーレ・レジェンダリア・アートルムは、そのままクロエ達と行動を共にするように。

テレポートでリリウム魔法学校へ現れたり、魔力欠乏症とされていたイリスに魔法を与えるなど、規格外っぷりを遺憾なく発揮する。

卒業式、卒業試合にてクロエチームvsウィンチームが実現。

練られたコンビネーションにより勝利。とうとうウィンチームに土を付けることに成功した。

そして春休み。

ラクリマが芸能事務所にスカウトされ、アイドルの卵としてデビューすることに。

アルシェの実家で修行をして、魔界から攻め入るという魔王を迎え撃つことに。

魔王スキア・レジェンダリア・アートルムとの戦いは、ドラゴンや学外の魔法使いの強力もあり、なんとか防衛に成功。

しかし、一年後にまた来るという言葉を残して魔王は去ってしまう。

そして新学期、クロエ達は三年生に進級。

一学期を過ごす中で、多数の下級生と知り合いに。

現在は学内マホリオトーナメント。全員が死力を尽くして戦う!
22 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 00:28:56.63 ID:YJjCFc/jo
眠さが限界なので今日はここまで
本編は明日以降書いていきます
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/12/25(金) 00:29:27.97 ID:Fb9XWHexO
乙です
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 01:20:14.97 ID:j530EOfQ0
立て乙

闇属性特攻がある敵キャラを登場させる等すればエルクミリアソフィアら辺まとめて救済できそう
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 11:30:15.87 ID:9qmoPQTWO
いちょつ
ゼーレのアーカイブはハイパー状態のクロエの「あらゆる魔法を使いこなせる」設定を意識して作ったのかなって今更気付いた
26 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/25(金) 22:40:50.11 ID:YJjCFc/jo
学内マホリオトーナメント、決勝戦ーー


ざわざわ ざわざわ


樹「これより学内マホリオトーナメント、決勝戦を始めます」

樹「ティアチーム対シェリルチーム、両チーム礼」


よろしくお願いします!


ティア「たしか、二年生……」


シェリル「知ってたんですか、光栄ですね」


ティア「一年生のとき優勝して、去年も準決勝まで出てたから。強いなって……」


シェリル「去年は、まあ……ウィンさんにやられましたから。でも今年は優勝をいただくつもりです。正々堂々戦いましょう」


樹「ティアチーム、大将はティアさん。シェリルチーム、大将はシェリルさん。確認いいですね?」

樹「では、試合開始!」


ティアチームの試合結果↓コンマ
偶数で勝利
奇数で敗北
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage sage]:2020/12/25(金) 22:43:11.44 ID:djku7NRho
ほい
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 22:46:34.98 ID:1V8AP6WK0
ティアチーム優勝めでたい
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 22:51:50.49 ID:s573n2CwO
最後の年はクロエチーム優勝して欲しかったなあ……
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 22:51:53.34 ID:T77xFT7YO
>>27
あと1分遅かったらコンマやべぇことになってるなw
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 22:52:27.28 ID:s9+Uchc00
しかもゾロたあ縁起がいいね
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 00:58:24.47 ID:g4c9aW2kO
トワって狼なのね。リーケがいつも背中に髪をかけさせてもらってるって言ってたから浮翌遊する蛇か何かだと思ってた。ティトが狼だから、フェンリルとヨルムンガンド的な。
33 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/26(土) 23:17:06.18 ID:pvCRnDQfo
シェリル「鏡魔法【ミラー】!」ズラッ!

シェリル「痛い目を見る前に教えます。俺の魔法は鏡。どんな魔法でも反射しますよ」コンコン


ナミネ「厄介ですね……」


アルシェ「でも攻めないと負ける」


ティア「その通りです。……アルシェ」


アルシェ「ん!」スッ

アルシェ「破壊魔砲【キャノン】!!」ズゴオオオオッ!!


ズ……ッ!


シェリル「無駄です! 反射!」


ズオッ!


アルシェ「破壊魔砲【キャノン】!!」ズゴオオオオッ!


ドオオオオオオオンッ!!


シェリル「あれだけの威力の魔法を連発できるんですか……。でも無駄ですよ」ヒュンッ


ティア「鏡があんなにたくさん……!」


アルシェ「……アルシェ、頭よくないからあれに勝つ方法が分からない。強い魔法を撃つしか……」


ナミネ「アルシェさんの貫通力がある魔法なら、反射する前に鏡を砕けるのではないでしょうか」


ティア「ですね。あれだけの鏡で守ってる以上、ナミネさんが水を操っても防がれてしまうかもしれません」


アルシェ「じゃあ……神槍魔法・貫【ブリューナク】!」


シェリル「!!」バッ!


バキンッ!


ナミネ「割れた!」


シェリル「鏡!!」ズオッ!


バキバキバキバキバキバキバキンッ!!


シェリル「な……!?」


ズドオオオオッ!


樹「試合終了! 勝者、ティアチーム!」
34 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/26(土) 23:17:39.66 ID:pvCRnDQfo
ティア「あ、アルシェ……また強くなりました?」パチクリ


アルシェ「んーん。でも、ティアが一年目に負けて悔しがってたとき、すごく悲しかったから。だからティアのために負けたくなかった」


ティア「お、覚えてたんですか……///」


ナミネ「あらあら」ホッコリ


樹「両チーム礼!」


ありがとうございました!


ーーーーー

ーーー




樹「以上を持ちまして、今年の学内マホリオトーナメントを終了します」

樹「これからの夏休み、怪我だけはしないように。夏休み明けに皆さんの元気な姿を見せてくださいね」


「校長先生ありがとうございました。では各クラスごとに退場をします。教室でホームルームを行ってください」


ーーーーー

ーーー




先生「これで今年の一学期はおしまいです。二学期からは、さらに将来に向けていろいろ考えることが増えるでしょう。部活で最後の大会がある人もいるでしょう。なんにせよ、後悔のないよう過ごしてください」

先生「では、解散です。これからは夏休みですが、校長先生も言ったように怪我だけはしないように」


楓「夏休みだー!」


晶「さっそくはしゃぐな」


クロエ(夏休み、ね……)


わいわい がやがや


現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓〜↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

1/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 23:27:03.06 ID:KUxw+kb6O
スキア(もしくは手下の悪魔)が魔獣島をリザレクションで蘇生させ、そのまま島に住う魔獣もろとも悪魔化して支配下に置いてしまう

……を感知するリーケ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 23:37:54.67 ID:DDQnyE7cO
ティアルシェ大好きガチ勢(ラクリマやらティア親衛隊やらリリウムちっちゃいものクラブやら)によってティアチーム優勝の祝勝会が開かれる
あまり羽目を外しすぎないように、という名目でリリィ先生が監督役として来ているが、実際はティアルシェガチ勢に負けないレベルでナミネのことを祝う気満々
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:19:53.43 ID:QUBTjw7SO
イオモミ、どうやら前よりさらに大きくなったために夏休み用の水着の新調
試着室に二人で入って色々試すが、一年の時の旅行のことやら密室に二人きりやらで水着のチョイスがどんどん際どくなり二人とも変な気分になりかけていく
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 02:02:45.17 ID:LdWNuiHkO
リーケに「どうして髪を切らないのか」と問うローラ

答えは「ゼーレに美しいと褒められたその時からずっと伸ばし続けている」との事で、それを聞いたゼーレのリーケすきすきゲージが爆発。クロエやローラの前であるにも関わらず、その場ではぐっとぎゅっと
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 04:29:36.21 ID:wXFZ4EgY0
ノワールの両親の墓参りに行ってからイリスの家に帰省するイリノワ
その道中、いい機会なのでお互いの過去の話を詳しくする事に
40 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:28:21.91 ID:PXEEYX7Bo
>>32
設定レスに「ティト同様の星獣」と書いてあったのでティトと同種かと思いこんでいましたが、同種だとは書いてませんね……
このまま狼型で進めるか、種族を決めるか皆様の意見を聞かせていだきたいです
41 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:28:48.87 ID:PXEEYX7Bo
食堂ーー


「ティアちゃんアルシェちゃんナミネさん! 優勝おめでとー!」


ナミネ「ありがとうございます!」


ティア「あ、ありがとうございます」


アルシェ「これ全部食べていいの?」


「いいよー♡」


リリィ「優勝祝いはいいですが、はしゃぎすぎてはいけませんよ。校長先生も言ってましたが、夏休みだからといって何でもしていいわけではありませんからね」


「そんなこと言って、リリィ先生もナミネさんの優勝祝いのためにすごい準備に気合いれてたじゃーん」


リリィ「な、ななな……!」


ナミネ「リリィ先生……!」キュンッ


アルシェ「あむあむ」パクパク


ちっちゃいものファンクラブ「「おくちちっちゃい! かわいー!♡」」


ティア「アルシェ、がっつきすぎですよ。口のはしにソースがついてるじゃないですか」フキフキ


ティア・ソレル親衛隊「「面倒見いい! やさしいー!♡」」


ラクリマ「わかる」ウンウン


ナミネ「リリィ先生」ギュッ


リリィ「な、ナミネさん……優勝おめでとうございます」ドキドキ


ナミネ「はいっ」ニコッ


わいわい がやがや


ーーーーー

ーーー

42 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:29:18.63 ID:PXEEYX7Bo
ショッピングモールーー


モミジ「えへへ、また大きくなっちゃって……。イオちゃんと来れてよかったよ」


イオ「私もです。水着買い直さないといけなかったので……誘ってくれてありがとうございます」


モミジ「あ、ここだね水着置いてるの。見てみよっか」

モミジ「うーんと、大きいサイズ大きいサイズ……」


イオ「こっちですかね?」


モミジ「おお、あった」


イオ「でも種類は多くないですね……」


モミジ「まあ探すの楽だと思えば……。気になるのいくつか持っていって試着してみよっか」


イオ「はい♪」


ーーーーー


モミジ「う、試着室埋まってるね……」


イオ「あ、あそこ一つだけ空いてますよ。どうせ見せるんですし一緒に入りませんか?」


モミジ「いいの? 狭くないかな……」


イオ「だめだったら交代で着替えましょう」


しゃーっ


モミジ「あ、意外と広い……」


イオ「えーっと、まずはこれですね。タンキニタイプの水着です。上半身部分がタンクトップ型なので、体型が隠しやすいかと。どうでしょうか」ピタッ


モミジ「似合ってるよ! かわいい! 私も同じタイプの持ってきたけど……」スッ


イオ「似合ってます♪」
43 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:29:44.97 ID:PXEEYX7Bo
モミジ「でも、こういうフレアタイプの方がかわいさはあるかな」ピタッ


イオ「そうですね、ふりふりがついてて可愛いです」


モミジ「……イオちゃんならこういうビキニでも」スッ


イオ「わわ、体の前で合わせないでください! なんだか恥ずかしいです……!」


モミジ「えへへ、ごめんごめん。これ私が着たらどうかな?」スッ


イオ「……///」ゴクリ


モミジ「イオちゃん?」


イオ「す、すごくいいと思います……」ドキドキ

イオ「あうう、ごめんなさい。なんだかドキドキしちゃって……///」カアッ


モミジ「そ、そっか……///」ドキッ


イオ「あ、あの……これ、合わせてみてください」


モミジ「ビキニだね……。それもさっきのより布が少ない……」スッ


イオ「……///」ポー…


モミジ「///」ドキドキ


ーーーーー

ーーー

44 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:30:10.97 ID:PXEEYX7Bo
街の外れーー


ノワール「こっちこっち」


イリス「ほんとに街の外れですよね。距離的には確かにリリウムよりもカサブランカの方が近い……」


ノワール「はい、ついたよ」


イリス「ここが……」


ノワール「私の実家。で、両親のお墓」


イリス「…………」


ノワール「ママ、お母さん。今日は彼女を連れてきたんだイリス「ちょ、ノワールさんっ///」


ノワール「……イリスには話しておかないとね。といっても、初めて会ったときには考えてることはバレてたんだっけ」

ノワール「まあいいか。私の魔法は、魔界とのゲートを開く魔法。そしてその穴を通れる一番強い悪魔がやってくる。人間界は悪魔にとって美味しい感情がたくさんあるから、自分が通れるゲートができると、他の悪魔を押しのけてやってこようとするの。だからその穴を通れる一番強い悪魔が来るってわけ」

ノワール「で、昔空けた穴から暴走した悪魔が出てきたの。それで私を庇って、ママもお母さんも死んじゃった」


イリス「…………」


ノワール「だからさ、悪魔がこの世界を好きにしようとしてるのが許せないんだ。私みたいな思いをする人が増える必要はないよ」


イリス「私もです。ノワールさんが守りたいものを一緒に守りたい」

イリス「ノワールさんのママさん、お母さん、娘さんは私が幸せにします」


ノワール「ありがと、イリス」

ノワール「……じゃ、イリスの家に行こっか」


イリス「はいっ!」


ーーーーー

ーーー

45 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:30:45.58 ID:PXEEYX7Bo
ノワール「イリスは昔どんな子だったの?」テクテク


イリス「ええっと……大人しい子でしたよ。今のまま小さくなったと思ってもらえれば」テクテク

イリス「ママやお母さんの言うことは守る。そしたらママ達が喜んでくれる。だからまた言いつけを守るようになる……そんな感じでした」


ノワール「確かにママの言うことは絶対って感じだった」クスッ


イリス「い、今は違いますよ!? ちゃんと自分で考えて、自分で行動してますから」


ノワール「でもママさんのあれも、闇に心を乗っ取られてたからなんだよね。そう考えるといたたまれないな……」


イリス「今はもう別の研究にシフトしてます。お母さんは今までの技量を活かして、魔力が少ない人を助ける方法を探してます。ママはそのお手伝いを」


ノワール「そっか。魔力がない人を助けるための研究から、魔力が少ない人を助けるための研究になったんだ」


イリス「あ、つきましたよ」


ノワール「久しぶりだな、この家……」


イリス「ママ、ただいま!」ガチャッ


セレニテ「あ、イリスちゃん。おかえりなさい。ノワールさんもようこそ」


ノワール「お邪魔します」ペコリ
46 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:31:21.68 ID:PXEEYX7Bo
セレニテ「イリスちゃん達は夏休みだものね。久しぶりに会えて嬉しいわ」


イリス「私も久しぶりに帰ってこれて嬉しいよ」


ノワール「あの、セレニテさん。イリスの小さい頃のアルバムとかあります?」


イリス「な、なに言ってるの!? そんなの……」


セレニテ「あるわよー。見る?」


ノワール「見ます!」


イリス「やめてー!///」


ーーーーー

ーーー

47 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:32:25.13 ID:PXEEYX7Bo
図書室ーー


ヒカリ「あ、やっぱりここにゼーレさん達いたよ」


ゼーレ「? 何か用?」


ローラ「あの、リーケさんってなんで髪を切らないんですか?」


クロエ「確かに気になるわね。いつも周りの魔獣が持ってるけど、それなら切っちゃえばいいのに」


リーケ「だ、だって……」チラッ


ゼーレ「?」


リーケ「ゼーレが、き、綺麗って言ってくれた、から……」テレテレ


ゼーレ「な……!」キュウウン


クロエ「あらあら」


ヒカリ「素敵なポリシーだね」ホッコリ


ゼーレ「リーケぇぇ……っ」ムギュウウウウ


リーケ「わ、わ……っ///」


ローラ「わ、大胆……///」


ゼーレ「こんな可愛いこと言われて何もしないとかないよ! ああもう可愛い! 大好き!」ギュウウウッ


リーケ「く、くるしいよう」エヘヘ

リーケ「……っ!」ピクンッ


ゼーレ「……リーケ?」


リーケ「……なんだろ、これ……。どこかで魔獣が悲しんでる……」キョロキョロ


ゼーレ「そっか。じゃあ……」


アイリス「お、行くか」


ゼーレ「うん。地図だとどの辺?」


リーケ「多分ここ……」スッ


ローラ「そこ、魔獣島……?」


ゼーレ「了解!」キンッ


ヒカリ「テレポートの魔法陣……」


ゼーレ「行きますよ皆さん!」


クロエ「え、ええ!」


ーーーーー
48 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:32:52.08 ID:PXEEYX7Bo
魔獣島ーー


魔獣島「ゴオオオオオオオオオオッッ!!」


ヒカリ「な……!」


ローラ「魔獣島が動いてる……!?」


クロエ「それだけじゃないわ、魔獣島にいる魔獣も我を失ってるみたい……」


リーケ「魔獣領域【ビーストガーデン】……!」ゴオッ!

リーケ「みんな、集まって……!」


ゼーレ「あそこ! 神弾【ネオ】!」ゴギャアアッ!


サキュバス「防御魔法【シールド】!」

サキュバス「あら、可愛い子が邪魔に来たわね〜。お姉さんがいいことしてあげようかしら?♡」


アイリス「お断り! 魔弾【シュート】!」


サキュバス「防御魔法【シールド】!」


クロエ「なんであんたがいるのよ! 魔界に帰ったはずでしょ!?」


サキュバス「魔王様の命で新しい戦力を捕まえに来たの。それがこの島……いえ、この魔獣よ」

サキュバス「死体に悪魔化の魔法をかけた上で、蘇生。そしたら反抗されることもなく強力な悪魔の完成ってわけ♡」

サキュバス「あとはこの島にいる他の魔獣もついでに悪魔化して連れて帰るわ。そういうわけで大人しく見学しててねー」


リーケ「させない……!!!」ゴオッ!

リーケ「魔獣領域【ビーストガーデン】!!!」


ローラ「!!」

ローラ(す、すごい……魔獣島に残ってた魔獣がみんなリーケさんの言うことを聞いてる……!)
49 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:33:23.17 ID:PXEEYX7Bo
ぎゃう! ばうわうっ!


サキュバス「ちょっと! 邪魔しないでよ!」


リーケ「お前……許さないぞ……!!」ギリ…ッ


サキュバス「ひ……っ」ゾクッ

サキュバス「四大魔法【アルケー】!!」


ゼーレ「防御魔法【シールド】、頂点【アルティマ】!」

ゼーレ「盾ノ頂・不撓不屈【イージス】!」ガキイッ!


サキュバス「は!? この魔法防ぐとかアンタ何者よ!?」


ゼーレ「ゼーレ・レジェンダリア・アートルム。あなた達が慕う魔王の姉です」


サキュバス「アンタが……!」

サキュバス「ちっ! このデカイのだけは持って帰れって命令なのよ! 悪魔顕現【ラグナロク】!!」


ズオオオオオオッ!


サキュバス「来なさい、デカイの!」


魔獣島「ゴオオオオオオオオオオオッ!!!」


しゅううううううう……


リーケ「ま、待って……! だめ……!!」


アイリス「リーケ! 飛んで!」フワッ


ローラ「うそ……魔獣島が……」フワ…


クロエ「消えた……」


ーーーーー

ーーー

50 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/27(日) 23:33:52.44 ID:PXEEYX7Bo
校長室ーー


樹「そう……魔獣島が悪魔に……」


スフィア「……」


ゼーレ「すみません、私が行っておきながら……」


クロエ「いえ、サキュバスは死んでも悪魔化した魔獣島を魔界へ送るつもりだったはず。悔やんでも仕方ないわ」


リーケ「……」グッ…


ローラ「リーケさん、そんなに唇を噛んだら血が出ちゃいますよ……」ハラハラ


アイリス「リーケは悔しいんだ。すこしほっといてあげてほしい」


スフィア「……私だけならまだしも、私の友達に手をかけるなんてね」

スフィア「アートルム、クロエ」


クロエアートルム「?」


スフィア「私も本気で人間界の防衛に手を貸すわ。あいつのことも元に戻して、魔王も救う。それで全部終わらせるわ!」


アートルム「スフィアが協力してくれるなら百人力です」


クロエ「ええ、もちろん魔獣島も救うわ。よろしくね、スフィアさん」


現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓〜↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

2/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります

↓から↓5まで、魔獣島の名前も募集します
最高コンマのものを採用(思いつかなければ安価内容のみのレスでも大丈夫です)
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 23:43:50.49 ID:8zWhbxwLO
レナ、デンの家にお呼ばれするの巻

名前はシャリラで(元ネタはシャングリラ)
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/12/28(月) 01:36:32.14 ID:a71e4PTeO
大会に向けて演劇部の稽古
ペアの場面の稽古などでまたもやよいの妄想癖が暴走してしまうが、今回はよりによってR-18方面に振り切ってしまい稽古中はおろか部屋に戻っても悶々とした夜を過ごす羽目に
(しかもクロエ&ヒカリ&手伝いに来てたローラ、凜華&舞、ラクリマ&ノルンなど偶然にも実際に付き合っている組み合わせばかり)
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/28(月) 02:43:30.14 ID:UKkNaFRtO
トワの種族はまあ狼でいいんじゃない?

メインの安価は「島の件で落ち込んですっかりネガティブスイッチが入ってしまったリーケを皆で慰めて立ち直らせる話」

魔獣島の名前はアトモス
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/28(月) 09:19:58.12 ID:NshIYMe5O
リーケだけでなくローラも魔獣島の件で不安になっていたのでローラの魔獣達やクリアにリズ、ルクも加わってローラを元気付ける
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/28(月) 11:36:42.92 ID:33RKE0q50
(スフィアの監視の下)ゼーレ達3人で街中デート

名前はフィッシュ
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/28(月) 11:57:14.64 ID:F3ow9Ide0
フィッシュ……
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/28(月) 12:25:35.40 ID:d19G8UIZO
ゼーレの名前から伝説という単語が生まれたみたいに
・幼体が現代でいう魚に非常によく似た姿だったor現代における魚の祖といえる存在だった
・彼女の名前から『魚』という言葉が生まれた
・現代では彼女は島とみまごうほどの大きさと魚から遠くかけ離れた姿となったのでその由来は忘れ去られている
みたいな感じならアリやもしれん
58 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/28(月) 21:00:42.05 ID:cH65sSajo
今日の更新はなしです

魔獣島の名前はフィッシュに決定しました
また、トワの種族も狼で決定します
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/28(月) 22:03:50.25 ID:MYzbHdUAO
リザレクションとかいう治癒の極地みたいな魔法が存在するにも拘らずゼーレが数百年?眠る必要があったのは何故だろう

・回復魔法の類を跳ね除ける呪いを食らった
・当時は回復魔法が存在しなかった

他にそれっぽい理由あるかな
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 02:41:58.95 ID:GuFHfwzwO
https://i.imgur.com/UqTwAWw.jpg

リーケちゃんってこんな感じかなー?
下手くそですまぬー
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 10:53:45.89 ID:nK8HZhDXO
あら、かわいいじゃないの
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 18:20:29.37 ID:mvPZlT0lO
アナログ絵だ。髪の色が綺麗だな。『赤みを帯びた銀』というのがよく分からなかったけど成る程しっくり来た。
身長140弱で超小柄という容姿設定だけど他にもロリっ子が多いから飛び抜けて小さいという印象はないんだよねリーケ。というか、ローラやソレル姉妹の身長はどの程度をイメージしているのだろうか?
63 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 21:19:50.63 ID:sn1zpETto
>>60
かわいい!
ちっちゃくて華奢な感じが伝わってきます!
成長した星獣なので当然ですが、トワの方が大きいのもいいですね

自分もお絵かき上手くなりたいのですが、体さえ上手く描けないので羨ましいです……
ノワールのイラストやメイドクロエのイラストを時々見返しては、嬉しさやら感謝やらで胸がいっぱいで幸せになれます
また幸せになれるイラストが増えました!

本当にイラスト感謝です!
64 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 21:20:22.05 ID:sn1zpETto
リーケ「フィッシュ……ううう……私がだめだめなばっかりに悪魔にされちゃったんだ……」ドヨーン


ゼーレ「リーケ……」ハラハラ


ローラ「リーケさんすごく落ち込んでる……」


クロエ「目の前で魔獣を連れ去られたんだもの。リーケさんの手前顔にはださないけど、ローラだって悲しいんでしょ?」


ローラ「う、うん……」


クロエ「リーケさんにもローラにも元気出してもらわないとね。でもどうしたらいいかしら……」


アイリス「リーケは魔獣と触れ合えば元気になるよ!」


ヒカリ「ローラさんもそうだよね。魔獣大好きだもん」


クロエ「……なら魔獣のいるところに行くしかないわね」


リーケ邸ーー


ローラ「ここ、私の家……」


クロエ「お母さん達には電話で許可を取ったわ。ローラのためなら魔獣のゲージはどれを開けてもいいって」


リーケ「……!!」キラキラ


ローラ「……みんな、ただいま!」


ぴゅいぃぃ! わんっ! ぶるる……っ!


ヒカリ「わわわ……!」


リーケ「よしよし……」ナデナデ


プチワイバーン「ぎゃうぅ……♪」


ゼーレ「すこし元気になったかな……?」


アイリス「うおー、もふもふ! ふわふわー!」ナデナデ


シバイーヌ「わふ〜ん」モフモフ


リーケ「……シバイーヌはすごく人懐っこい。かわいいよね……」ナデナデ


シバイーヌ「わんっ♪」フリフリ
65 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 21:20:49.02 ID:sn1zpETto
クリア「ローラ!」テコテコ

クリア「元気だして、きっとだいじょーぶだよ!」


ローラ「クリア……!」


ルク「リーケさんも元気出してください。私達が力を合わせれば、きっとフィッシュさんも救えます」


リーケ「不死鳥さん……」


トワ「その通りだ、ご主人。だから今はたっぷり癒やされてくれ」


リーケ「……うんっ」


ヒカリ「よかった、二人とも元気が出てきたみたい」


クロエ「魔獣大好きの二人だもの。これだけ魔獣に囲まれて元気にならない訳がないわ」


ゼーレ「リーケ、もう少しここで過ごしたら外に出よっか」


リーケ「……?」


ーーーーー

ーーー

66 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 21:21:15.59 ID:sn1zpETto
街中ーー


スフィア「……」テクテク


アイリス「現代のデートしてみたかったんだー。いろいろ行ってみたいところもあるし!」


リーケ「で、でもフィッシュを助けるための作戦会議とかしないと……」


ゼーレ「今はいいの。少なくとも年度末にこっちに攻めてくることが分かってる以上、それまでは生かしておくはず」


アイリス「それに、今無理に魔界に攻めに行っても魔法使いは魔界の空気に耐えられないからね。やっぱり力を蓄えるべきだと思う」


リーケ「ゼーレもアイリスも頭いいね……わ、私やっぱりだめだめだ……」


アイリス「そんなことない! フィッシュのためを思って考えたことをだめとか言っちゃだめだよ!」


リーケ「あ、アイリス……」


ゼーレ「アイリスの言うとおり。今はデートを楽しもう?」


リーケ「うん……!」


スフィア(問題は起こさないでよ……)ハラハラ


ーーーーー

ーーー

67 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 21:21:44.73 ID:sn1zpETto
部室ーー


クロエ「じゃあまずストレッチからね。しっかりぼくすこと」


はいっ!


やよい「…………」


クロエ「ヒカリ、ローラ、お願いしていいかしら」


ヒカリ「うん、任せて」


ローラ「お手伝いするね」


舞「凜華さん、私が背中を押しますね」


凜華「うん、お願いするよ」


ラクリマ「ノルンさんやわらかーい」グイー


ノルン「あー、のびる〜……」ペターン


レナ「デン、手伝ってもらえる?」


デン「うん、もちろんだよ」


ぽわんぽわんぽわ〜ん


〜〜〜〜〜


ヒカリ「しっかりほぐさないとね」クチュクチュ


ローラ「ほら、じっとしてないと怪我しちゃうよ?」ガッシリ


クロエ「やぁっ、ひぐっ、んんぅっ!」ビクッ


舞「ああ、凜華さんのおまんこ……」ペロッ


凜華「んっ……! 私だって……!」ペロッ


ラクリマ「ノルンさんやわらかーい」モミモミ


ノルン「だめっ、むね、よわいからあ……っ!」ピクッ


デン「ちゃんとイけるように手伝ってあげるからね」クチュクチュ


レナ「はっ、あっ、〜〜〜〜っ!」ビクンッ!


〜〜〜〜〜
68 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 21:22:12.30 ID:sn1zpETto
ポメ「おーい、やよいー?」ユサユサ


やよい「はっ!?」ビクッ


ポメ「なんか部活から帰ってきてからずーっとボーッとしてたけど……大丈夫ー?」


やよい「う、うん、大丈夫……」

やよい(部活の記憶がない……。まさかずっと妄想に浸ってた……!?)

やよい(ううう……昨日読んだ小説にえっちなシーンがあったからかなあ……)モンモン


ポメ「やよい、寝ないの? 疲れてるんじゃない?」ハラリ


やよい「う……!」ドキッ

やよい(暑くて寝間着を緩く着てるから、胸元の肌色がちらりと……!)ドキドキ

やよい「そ、そうだね! 早く寝ないと……!」ボフッ


ポメ「おやすみー」


やよい「お、おやすみなさい」

やよい(ね、寝られるかなあ……)モンモン


ーーーーー

ーーー

69 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 21:22:41.42 ID:sn1zpETto
レナ「……」ドクンドクン


デン「あは、緊張してるね?」


レナ「そ、そりゃそうでしょ。デンのお母さんに挨拶するんだから……」


デン「大丈夫だよ、怖い人じゃないって」


レナ「……て」


デン「て?」


レナ「手、握って」


デン「……うんっ」ギュッ


ガチャッ


デン「ただいま!」


???「おかえりなさい、デン」


デンのお母さんのプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】〇〇・ハザード
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした。(その他付け足したいことがあれば。口調が違っても大丈夫です)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります

なお、時間軸そのものに干渉するループ魔法はかなり高度な魔法で、相当な手練でなければ使えないレベルです。
固有魔法はループ魔法や未来視に限りません。ループ魔法は魔法陣や術式を用いた魔法のため、使おうと思えば誰にでも使えます。
未来視は未来視を商売にしてる魔法使いなどもいるので、その人にデンの未来を見てもらったという可能性も十分にありえます。
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:08:15.72 ID:1E2lqCsqO
ABの天使然り、fateのカレン然り、銀髪金眼は正義

【名前】
ロゼ ・ハザード
【容姿】
黒の長いツインテ、眼はデンと同じ青(人間体)
真っ青な球体から歪な5本の腕が生えた姿(???体)
【性格】
「性格」、と定義できるものを持たないが、「優しい母親」に該当する振る舞いを学習してそれを模倣している
【得意魔法?】
願望器
他人の願いを叶える。ただし何かしらの形で反動が生じる。例えばデンの時間をループさせて欲しい、という願いを叶えた場合、デンが死ぬたびにその苦痛が願ったものを襲う。叶える願いがないと何も出来ない。ひょっとするとこれは魔法ではないかもしれない
【備考】
デンのママに好意のような感情を抱いた謎の生物。それが恋愛感情なのかは分からないが、「一緒にいたい」という漠然とした思いは間違いなく抱いていた為恋人同士となり結婚もし、デンも生まれた。デンとママを悲しませたくないので人間として振る舞えるように努めている。
未来視に長けたデンママからの願いによって、デンにループ魔法をかけた張本人。運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした(死から救って欲しい、という直接的な願いはデンママが反動で死にかねなかったので却下していた)
人間への擬態は基本的な能力として備わっているらしい
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:23:46.64 ID:CvRVO9SRO
【名前】ノア・ハザード
【容姿】紫のショートヘアーに銀の瞳 長身スレンダーボディーの美形
【性格】厳格だが慈愛に満ちている
【得意魔法】瞳魔法
未来や運命を『視る』、相手の心を『読む』など『目』に関わる魔法を行使することができる
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした。
生まれつき盲目であり普段は目を閉じているが、目を開き相手の魔翌力を映すことで相手を擬似的に視認することが出来る
本来は人の運命を変えることは禁忌とされているが、どうしても娘を見捨てることが出来なかったため『一切の助言をせずに娘自身が極限まで努力し、あがき、最後まで諦めなければループを打ち破り助かることが出来る』という厳しい条件を付け救うことを選んだ
娘だけを苦しめないために自分とデンのママにもループの魔法をかけてループを繰り返していた
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします :2020/12/29(火) 22:26:35.39 ID:sWFbUrAt0
【名前】オリヴィ・ハザード
【容姿】茶髪のショートヘアー。生気を感じさせない白い肌……がこれは化粧が壊滅的に下手なため
【性格】優しいはずなのだが見た目が怖いので好意がちゃんと伝わってくれない
【得意魔法】ループ魔法。1人までなら他人も巻き込む事ができる。魔翌力貯蔵マックスから1回で底をつく程に莫大な魔翌力を使うので術者の命に関わるヤバめの魔法
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまで共にループすることで救うことにした。美的センスが壊滅しているが、絵だけは奇跡的に一周回って高評価なものになってしまう。凄まじい値が付くのでそれで生計を立てている模様
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:37:59.30 ID:sWFbUrAt0
>>60
かわいいー。支援絵たすかる

連レス失礼
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:52:56.53 ID:U45J5IKw0
【名前】ヴァイ・ハザード
【容姿】銀髪金眼のバインバイン
【性格】常に言葉足らずで極力自分の内面を見せたがらない
【得意魔法】回復魔法
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした。
75 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 22:56:01.62 ID:sn1zpETto
1.ロゼ
2.ノア
3.オリヴィ
4.ヴァイ

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【15】を超えたキャラが???となります
本日中に誰も【15】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが???となります
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:56:36.13 ID:0NVMf6SgO
3
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:57:22.31 ID:m01VynHpO
1
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:57:32.84 ID:mSZ0n2Fv0
4
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:58:01.59 ID:sWFbUrAt0
1
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 22:59:23.74 ID:LYY5myHUO
1
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 23:02:28.54 ID:U45J5IKw0
2
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 23:05:40.71 ID:bFISY2wXO
4
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/29(火) 23:05:43.46 ID:+VG65MLZO
変形能力が遺伝したとか良さげだし1
84 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 23:14:02.55 ID:sn1zpETto
デンのお母さんはロゼ・ノワールとなりました
設定は>>70を参照
85 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/29(火) 23:24:56.67 ID:sn1zpETto
ロゼがすごく特殊な設定なので、上手く描写しきれないかもしれません
あらかじめご容赦いただけると助かります
86 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/30(水) 20:06:35.19 ID:Kf1df09jo
ロゼ「あなたがレナさんね。デンから話は聞いてるわ」


レナ「は、はいっ! 娘さんとお付き合いさせてもらってます!」


ロゼ「そうかしこまらないで。外は暑かったでしょう。中でアイスティーでも淹れるわ、入って」


レナ「し、失礼します……」オズオズ


ロゼ「……」カチャカチャ


レナ(わ……紅茶淹れてるだけなのに綺麗……)


デン「先に私の部屋に行ってよっか。お母さん、紅茶お部屋まで持ってきてもらえる?」


ロゼ「ええ、持っていくわ」ニコリ


デンの部屋ーー


レナ「……」キョロキョロ


デン「面白いものでもあった?」


レナ「……デンの匂いがする」


デン「な……!///」カアッ

デン「ち、中学の頃のアルバム見るんでしょ。ほら、これだよ!///」


レナ「ふふ、照れてる」


こんこんっ


ロゼ「はい、アイスティーとクッキーよ。よかったらどうぞ」


レナ「いただきます」


ロゼ「それで……レナさんはデンのどこを好きになったのかしら」


レナ「ぅえっ!///」ビクッ

レナ「そ、それはその……中学の頃に声をかけてもらって……それから、です……」


ロゼ「そう」

ロゼ(声をかけてもらうことで好意が発生……学習完了)


ぺらっ


デン「あ、これレナのクラスの写真だ。ほらお母さん、レナは昔こんな感じだったんだよ」
87 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/30(水) 20:07:03.83 ID:Kf1df09jo
ロゼ「……今とは雰囲気が違うのね」


レナ「昔はその……引っ込み思案なタイプだったんです。でも、デンに声をかけてもらったことが変わるきっかけになって……」


デン「それで私を追ってリリウムにまで来たの?」


レナ「追ってって言い方は好きじゃないけど、まあそうね。デンが行くならと思って勉強も頑張ったの」


デン「そしたら私が性格変わっちゃっててびっくりしたでしょ。よく今付き合えてるなってたまに思うよ」


ロゼ「それはループのせい?」


デン「そう。お母さんには話したけど、ほんとに何回も死んでたんだよ。お母さんのループ魔法のおかげでなんとか助かってるけどね」


ロゼ「……正確にはループ魔法じゃないのよ、デン」


デン「え?」


ロゼ「私の魔法は、人の願いを叶える願望器。それで、デンが死ぬ未来を知ってしまったママの願いを叶えたの」

ロゼ「『どうかデンが死なないようにしてほしい』。それがママの願いだった。でも願望器が媒介にするのは魔力じゃなくて願いの力。そんな願いを叶えたら、ママが死ぬほどの苦痛を感じることになってしまう。それは叶えることはできなかった」


デン「じゃあどうやって……」


ロゼ「ギリギリの妥協点が、デンが成長することによる死のハードルの低下だった。だから『デンが運命を打ち破る力を付けるまで時間をループさせる』という願いを叶えた」


レナ「そうだったんですね……」
88 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/30(水) 20:07:33.89 ID:Kf1df09jo
デン「そんなのどうでもいいよ! ママとお母さんが私が死なないためにやったことだもん。どんな魔法でも、どんな理由でもいい。今生きてるのはその願いのおかげ」


レナ「そうです。私からもお礼を言わせてください。デンさんが死なないよう願ってくれてありがとうございます」


ロゼ(そう……この胸の奥が暖まるような、心地良い感覚は安堵。私はデンが生きていてくれて、幸せを感じている)

ロゼ「……ううん、デンが生きてて嬉しいのは私たち親だって同じよ。デン、レナさんと幸せなってね」


デン「……! うん!」


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓〜↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

3/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage saga]:2020/12/30(水) 20:31:12.12 ID:pFRJzlDcO
橘花のパルプンテ研究(実質デート)

今回は『一部屋のみに意図的に集中させるとどうなるか』というテーマで、研究室の物などへの影響を考慮して適当な部屋を探したところ例のベッドの部屋を発見したのでそこで行うことに
他の部屋に魔力が漏れないように結界を貼ったところ『自分以外の周囲の人間を軽く発情させる』という効果が発現
普通であればリリウム全体の人間がちょっとムラっと来る程度だったがそれが全て橘花1人に集中してしまい、橘花が弱々しくエミールにすがり付いて助けを求める
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/30(水) 20:33:11.05 ID:7MJ3NrjcO
未来視で魔王の姿を見てしまった人が瓜二つの容姿のゼーレを偶然見かけてしまい、リリウムが魔王を匿っているという噂が立ち始める
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/30(水) 21:10:57.92 ID:Dc9sKhzaO
ノワール、いつも呼んでるチビ悪魔に頼んでスキアが魔界で何をしているか偵察してきてもらう(魔王様がどんな子なのか興味があるから、みたいな感じで偵察の意図はぼかす)
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/30(水) 22:19:02.03 ID:lXvFuhYn0
春休みの際は魔王の件もあってドタバタした中での挨拶になってしまった為、改めてアルシェの両親に挨拶へ向かうティア
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします [sage]:2020/12/30(水) 22:31:38.95 ID:UV4rxuhg0
ケルキオン家にお呼ばれされて、夏休みを南国の別荘で過ごすことになったステラ

ヴィーネは忙しいので合間を縫って少しだけ会いに来る
94 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/31(木) 23:57:25.05 ID:EbMBZOvXo
南国の別荘ーー


ざざーん…… ざざーん……


ステラ「……」


ゼレス「久しぶりに来ましたね、ここは」


ステラ「ここが別荘、ですか……」


ゼレス「はい。機会もないと来ませんし、ステラさんとこれてよかったです」


ステラ(プライベートビーチに、豪華な別荘……。トッププロの財力すごい……!)


ゼレス「それにここなら、ステラさんの魔法の特訓をしても誰にも迷惑がかかりませんからね」


ステラ「……!」

ステラ「すみません、私一緒に過ごしたいだけで別荘まで来たのかと……!」


ゼレス「それもありますけど、魔王との戦いにはどれだけ備えても無駄なことはありませんから。そのためなら別荘くらい空けさせますよ」


ステラ「はい! 私も特訓頑張ります!」


ゼレス「その意気です!」

ゼレス「……不本意ですが、時々お母さんも見に来るそうです。その時は特訓を手伝ってもらいましょう」


ステラ「はい!」


ーーーーー

ーーー

95 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/31(木) 23:57:52.75 ID:EbMBZOvXo
アルシェ家ーー


ティア「お、お邪魔します」


アルシェ母「ようこそ、よく来てくれたわね」


アルシェ「今日は修行じゃない」


アルシェママ「ん、分かってる」


アルシェ母「はいはい。ティアさん中へどうぞ、ゆっくりしていってね」


ティア「は、はいっ」

ティア「そ、その……お母さん、ママさん! アルシェさんのこと、絶対に幸せにします!」


アルシェママ「……ん、頼んだ」


アルシェ母「アルシェがこんなに幸せそうなの初めてなのよ。あなたのことを大好きなのが伝わってくるわ。見てるこっちまで嬉しくなっちゃう」


アルシェママ「孫の顔を見せてほしい」


ティア「ま、孫ってそんな、気が早いと言うか……!」


アルシェ「いつか見せる。絶対にティアに似た可愛い子が産まれる」


アルシェ母「あらあらあら」ウフフ


ーーーーー

ーーー

96 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/31(木) 23:58:19.54 ID:EbMBZOvXo
休憩部屋ーー


エミール「こ、ここは……?」


橘花「他から隔離された結界が張れて、なおかつそれなりの広さが確保できる部屋だ」


エミール「こんなベッドだけの部屋があったんですね……」


橘花「さて、エミールの実験だ。外に魔力が漏れないようにした上でどうなるかを観察する」


エミール「は、はあ。撃っていいんですか?」


橘花「ああ、頼む」


エミール「では……えいっ!」ピカーン


もわんっ


橘花「……っ」クラッ


エミール「ど、どうですか……?」


橘花「ああ、これ、そうか……」フラフラ

橘花「弱い催淫効果が一極集中して……くっ」ムラムラ


エミール「さいいん……えっ!?」


橘花「えみーる……」クタッ

橘花「せつない……どうしたらいいんだ、これ……っ!」ハアハア


エミール「!!」ズキューン!

エミール「橘花先生、ベッドに横になってください。優しくしてあげます」


橘花「?」コロン


エミール「ここ、わかります?」スリッ


橘花「っ!」ビクッ


エミール「ここを優しくこするんです。そしたら気持ちよくなりますからね……」コシュッコシュッ


橘花「はっ、あっ! えみーる、えみーるっ!」ブルルッ


エミール「っ」ゾクゾクッ


橘花「〜〜〜〜〜っ!!」ビククッ!

橘花「ーーはっ、はあっ、はあっ……! なんだ、いまの……」フウフウ
97 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/31(木) 23:58:47.57 ID:EbMBZOvXo
エミール「し、したことないですか?」


橘花「あ、ああ……。今のがもしかして絶頂というやつか……?」


エミール「そうです。イったんですよ」


橘花「あれが……はじめてのたいけんだ……」


エミール「体は大丈夫ですか?」


橘花「ん、あ、ああ。落ち着いたようだ。さ、今のをまとめないといけないから、さっさ出ようか」


エミール「は、はいっ」


ーーーーー

ーーー

98 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/31(木) 23:59:13.69 ID:EbMBZOvXo
空き教室ーー


ノワール「悪魔召喚【パンデモニウム】」ポンッ


「オッ? 久しぶりだナ!」


ノワール「久しぶり。実は聞きたいことがあって……」


「なんダ?」


ノワール「魔王が人間界に来ようとしてるって言ってたけど、魔王って今どんなことをしてるの? その……友達になるならどんな人なのか知っておこうと思って」


「そんなことカ! なら次来るまでにこっそり調べておくヨ! 任せロ!」


ノワール「ほ、ほんと!? お願いね!」


「おウ!」


ーーーーー

ーーー




魔界ーー


「…………」コソコソ


スキア「……見られてるな」


「!!」ビクッ


スキア「未来視か……」


サキュバス「どうしたんです、魔王様」


スキア「少し人間界に行ってくる。お姉ちゃんのことを守らないと」


サキュバス「……?」


「お姉ちゃん思いの悪魔だよナ……。すごく強くて優しい悪魔ダ」ウンウン


ーーーーー

ーーー

99 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2020/12/31(木) 23:59:40.97 ID:EbMBZOvXo
未来視屋ーー


「これは……リリウム魔法学校……!? すごい魔力の持ち主が……まわりをめちゃくちゃに……」キィィィ…ン

「リリウムはまさか魔王を匿ってる……!? リリウムに問い合わせないと!」


ーーーーー

ーーー




ざわざわ ざわざわ


クロエ「ちょっと、何ごとよ!」


樹「それが、リリウムが魔王を匿ってるって噂が出回ったらしくて……」


「魔王を出せー!」 「リリウムは危険だー!」


ゼーレ「……私が出ていくしかないですね」


ズオッ!!


スキア「魔弾【シュート】」ゴッ


ゼーレ「! 防御魔法【シールド】!!」ガキィッ!

ゼーレ「す、スキア……! なんでここに!?」


スキア「……ふん」


「お、同じ顔が二人……!?」 「あっちの人守ってくれたわよ……?」


スキア「うるさい人間は少し減らしてもいいかと思って」スッ

スキア「貫ノ頂・魔槍【グングニル】」ゴギュウウウウッ!!


ゼーレ「しまっ……!」


ラミー「暗黒壁【ブラックモノリス】!」ガキッ!


御桜「舞え、桜吹雪【サクラフブキ】」ブワッ

御桜「桜壁【サクラノカベ】!」フォッ


ナミネ「水障壁【アクアカーテン】!」ブワッ!


レナ「……すぅ」

レナ「城塞魔法【シタデル】!!」ゴゴウンッ!


ギインッ!!
100 : ◆ZOSRNJGVq. [saga]:2021/01/01(金) 00:00:12.35 ID:PPJyweXjo
スキア「……止められた。へえ」


ズオッ!


スキア「今日は本気で攻めに来たわけじゃないし……いいや、もう。また今度来るよ、じゃあね」スッ…


ゼーレ「……スキア! あなたのことも救ってみせる!」


スキア「!」


ゼーレ「だから……絶対に人間界に攻めてきなさい」


スキア「……まさかそっちから攻めてこいなんて言われることになるなんてね。でも残念。私がお姉ちゃんのことを救ってあげるから」


すう……


「消えた……」


ゼーレ「……皆さん、私はゼーレ・レジェンダリア・アートルムといいます。かつて魔王の攻撃により魔力の再生が著しく阻害され……長く眠ることでやっと現代に復活しました」


ざわざわ


ゼーレ「そして彼女は、魔王のいなくなった魔界を統治するために私が送った私自身の分身です。でも、魔界の毒素にあてられて、彼女が新たなる魔王となってしまった」

ゼーレ「私は私自身の名に懸けて、彼女を止めてみせます。ですから、どうかリリウムのことは悪く言わないでください……!」


「よくわからないけど、まあ……」 「アートルムが復活って、あの魔力は確かにすごかったけど……」


樹「信じる信じないは自由です。ですが、これまでリリウムを卒業した者たちが世界にとって不利益なことをしたことがないことは、皆さんの知るところでしょう」


「確かに……」


ざわざわ ざわざわ


樹「どうぞリリウムをこれからもよろしくお願いします。では、本日はお引き取りを」


ざわざわ ぞろぞろ……


クロエ「……なんとかなったわね……。よかった」
724.08 KB Speed:7.1   VIP Service SS速報R 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)