このスレッドはパー速VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

やる夫が光武帝になるようです - パー速VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : [saga]:2008/11/09(日) 13:17:34.25 ID:MGrnU3oo

漢王朝を開いた『項羽と劉邦』の劉邦、蜀漢の皇帝となった『三国志』の劉備。
日本でも有名なこの二人に比べて、今ひとつ知名度が低い後漢王朝の祖、光武帝劉秀。

このスレは、その光武帝を主人公とした物語です。

ソースは『後漢書』、各種研究文献、通俗二十一史など。塚本光武帝は終わってから読む予定。

史実:創作 7:3くらいの「おはなし」として読んでいただければ幸いです。

【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このパー速VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

我妻善逸「禰豆子ちゃん……俺が必ず、君を守るから!」 @ 2020/10/25(日) 19:58:44.85 ID:jBGRwrs7O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603623524/

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「人から離れたカフェで」 @ 2020/10/25(日) 18:45:20.67 ID:rUepDosI0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603619120/

奈緒「晶葉がタブレット見つめてる」 @ 2020/10/25(日) 12:31:22.23 ID:/0moDbSko
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603596681/

【樹】妹達の部屋で、俺の写真を発見したんだが…?14【葉】 @ 2020/10/25(日) 12:22:44.23 ID:07Sp1w1Q0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1603596163/

スティーブ・ジョブズ「絶対売れなさそうな商品を全力でプレゼンしてみるか!」 @ 2020/10/24(土) 21:57:37.94 ID:TIMAbq6F0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603544257/

国王「勇者よ!>>2を倒すため、>>4と共に旅立ってくれ!」 @ 2020/10/24(土) 19:26:43.47 ID:eINc+FvL0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603535203/

【シャニマス】雛菜「女神の果実は罪の味」 @ 2020/10/24(土) 16:52:50.23 ID:bAY8bfVX0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603525969/

浅倉透「時をかける透明な少女」 @ 2020/10/24(土) 16:37:54.81 ID:tf0OKV0C0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1603525074/

2 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:21:54.95 ID:MGrnU3oo

太古の中国
のちに黄河と呼ばれることになる河のほとりで、農業が始まった。

              ヽ \
            ./ \ \  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧/     ̄  < エーンヤコーラ!
      (;´Д`)     i i i    \______
      /    ヽ _   i i i--、
     ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|.
    / \ヽ/| |       ノ__ノ..
   /   \\| |
   / /⌒\ し(メ    .i i i . .
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...   /ヽ
          ; "ノ・ ./∴: / )i iヽ-、_へ    ,ヘ
          '',, : :―― / / i i i iヽ . ̄ ゙― ノ /
    n_    _/;    i  .ノ / /ノ-' ̄ ゙ ― 、__ノ
  _ノ 二二二、_( _Д_ ;)-ヽ_ノ-'
3 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:22:33.28 ID:MGrnU3oo

最初の内、人々は洪水が引いた後に残される肥えた土を利用した。
年月を経ると、川から水を引いて田畑を耕すようになる。



   ,.. ,., ., .,., ,.__,._,.,.,,.,,,_,.,,.,.,,,.,,,,,|   ゝ__.,.,.,_.,.,___,.,.,.,...___,..,.,._______,.,.,...__,.,
     ;:: ,,__    ,,ノ|                  lヽ_,,  ゙"゙"゙ "゙"゙" ';::;,.
 ,...';:;'''''  /|〈,, ll~⌒ ̄|llノ                    |ll lヽ         ';:.
 ;::;  ゙" ,/|l ll|〜〜ー  ´                  ::  ::::|    ゙" ゙"゙"  :,
 ;';,  (__ノ::: :: ::                      _ノ          ,;:
 ,;,       ̄ヽ__                   /              ';
  ;: "゙"゙"゙"゙  "゙   〉::                 /               ,.:;
 ,,;.           ノl|::: ::               ::|\     _       ,;;'
 ,;'  "゙"゙      ,/llノ|:::: ::               :〈  ゝ:ーv―"  ヽ      ,;
  ;:.,,,,    _/  ノ::: ::               :::L,,     ll l ll||      ;:
4 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:23:03.99 ID:MGrnU3oo

しかし黄河は、扱いにくい水源だった。
あまりに巨大で、氾濫が起こると田畑を洗い流し、大勢の命さえも奪った……

                       。  。
                    。っつっっつっつ゚
                 __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ  ドドドドドド・・・・・
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ         . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ
5 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:23:42.46 ID:MGrnU3oo
そのため、河をせきとめ、コントロールする「治水」のノウハウが編み出された。

そうして新しく作り出された田畑が、
もっと大規模な治水工事に必要な人手を集めるためのエサになった。



      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ   水門を開こう
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,   な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /
6 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:24:02.95 ID:MGrnU3oo

大きな目的のために、人々を集め、従わせる。「国家」という権力の始まりだった。




            ,r゙'ー‐-、,
             { ; ゙ ; ミ
           _  ゙!;、`゙''デ
         ノ i`''''"ー';゙,,_
       /` ,_ r‐イ ト; |
     r" ,/ | │  li│
      ! │ ││ ,! l│
      l |  | |  ‖| l
       L」  | |  ‖ヽヽ,
      !, ヽ | │ ‖ ヽ,ヽ,_
       `゙" |_,,,」,,,_」   ゙i、_ツ
          ヽ, `イ
          ヽ, ゙ヽ,
           | ト、  ゙i,
          / ./ |  |
          / ./ │ |
        / ,l  │ |       
        ,l  l'   l  l      ,,r‐─''''''‐-、  
        l  l  /`゙''ヽ、_  /  _,,,_  ト、 ヽ,
        l  l  / /!  ミ`''゙  /   `;;;゙ ゙ーテ
        `!  | / / リ`ヽ、, ;:/ _,,、r''"1:::゙| リ::1
        [二ゞ,_/ ,,!; ト'゙,、{    _,,、-、ノ::::;l ノ::::|
        `'ー''''゙ '"`' ゙̄´ `''''''"   ゙''''''" `''''゙
7 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:24:23.56 ID:MGrnU3oo

しかし、大河全てをコントロールするにはまだ力が足りなかった。
より多くの人間を動かす力を得るために、国同士は争い、おびただしい血が流れた。
      / ̄ ̄\                          ________ 
    /      ヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ     |            |
    |                 ヽ   ヽ从从/   /     |             |        
.    |   国      /⌒l     \  \/  /て      |      国     |
     |         ノ |`'''|    煤@ヽ/  /  そ     l            |        
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |              | 
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽ       |          
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /

権力は膨れ上がり、やがて当初の存在理由を忘れ去るまでに強大になっても、さらに膨れ上がり続けた。
8 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:24:48.99 ID:MGrnU3oo

紀元前221年。

初めて中国統一を成し遂げた男が名乗ったその称号が、
以後、二千年以上に渡ってこの国最大の権力者の名前として受け継がれることになる。


       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
      イ二二二二二二二二二二イ        こんにちわ
        ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
       /              \
       :::::::::     \,, ,,/       .|    うふふ・・・ 僕の名は政。
        |::::::::::     \   /    | 
       |:::::::::::::::::    ___       |  
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   秦の『始皇帝』です。
       /                \     
       |  |             |  |
       \ \            .|  |    
    ( ̄ ̄( ヽ _)      ヽ    (___ノ\
     \ (´`ゝ         )      `) \
      \~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄ ̄    )
    
(紀元前259〜前210)
9 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:25:40.48 ID:MGrnU3oo

皇帝。


およそ2200年の長きにわたり、
約350人の独裁者が名乗り続けた称号である。

   朕は皇帝である            ''';;';';;'';;;,.,
  朕は皇帝である            ''';;';'';';''';;'';;;,.,              朕は皇帝である  
    朕は皇帝である           ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;            朕は皇帝である   
       朕は皇帝である       ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;          朕は皇帝である 
   朕は皇帝である          n n n: n.n,.n;:.n.n         朕は皇帝である
  朕は皇帝である         ,--、 ,--、 ,--、 ,--、 ,--、        朕は皇帝である
  朕は皇帝である     r―、 ---   r―、 r―、 r―、     朕は皇帝である
                   __ ;――、 __ ;――、   __チンコ
                 ,--------、  ,------- 、   ,-------、`
              r-―――、    ,:―――――、  ,:――――、
 ノ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
イ二 二二二二二二二イ イ二二二二二二二二二イイ二二二二二二二二二イイ二二二二二二二二イ    
∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵∵  ∞∞∞∞   ∵∵
/               ∵ /            \ /             \ /
                 ヽ               ヽ               ヽ
                :::::::::|               :::::::::|              :::::::::|           :
 (●)     (●)  ..:::::::::::| (●)     (●)  ..:::::::::| (●)     (●)  .:::::::::::|(●)     (●) ..::
   \___/  .:::::::::::::::::|  \___/  .:::::::::::::::|  \___/  .:::::::::::::::::|  \___/
    \/  .::::::::::::::::::::ノ     \/  .::::::::::::::::::ノ    \/  .::::::::::::::::::::ノ     \/
10 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:27:48.56 ID:MGrnU3oo
秦の滅亡後、ライバル項羽との激闘に勝利した劉邦が、漢王朝を築いた。紀元前202年のことだった。



      ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ                  
     イ二二二二二二二二二二イ        
       ∵∵  ∞∞∞∞  ∵∵
.        i   ,.>、;/ー- 、    l
       ! ∠.._;'____\   |
   ∩  ,!イi´●`> <´●`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄    |\ ヽ、
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |
      |               l ∪
       |              /
      \           ./

    劉邦  (前247〜前195)
11 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:28:11.73 ID:MGrnU3oo

多くの部分で、漢は秦の統治システムを受け継いだ。黄河の治水に関するノウハウもその一つだった。

国は、民を集めて治水工事を行い、開墾可能な土地を作り出す。

田畑を与えられた民は、収穫の半分を年貢として収める義務を負う。年貢以外にも、税金や労役の義務が課せられた。

このように、治水と田畑の供与によって成り立つ支配体系を、『斉民制」と呼ぶ。古代中国の支配の形は、この

斉民制が中心だった。

12 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 13:28:35.02 ID:7R3/znEo
雲台二十八将は何人ぐらいAAで出す?
13 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:32:59.66 ID:MGrnU3oo


けれども漢王朝の成立から約200年…このシステムは崩れはじめていた。



        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / 漢  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  漢 ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  王 l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  王 |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  朝  |       | l | ヽ,   ―   / | | l  朝  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


14 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:35:43.93 ID:MGrnU3oo


一つは、上流階層を支配し始めた儒教のせいだった。


        ◎二二)
        ◎◎二二)  
        ◎◎◎二二)
       ◎◎◎◎二二)
      ◎◎◎◎◎二二)
     ◎◎◎◎◎◎二二)



>>12
支援感謝。
顔見せだけでも全員登場させたいんだが……
正直、10人くらいは数合わせみたいなものですしねえ…
15 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:36:23.83 ID:MGrnU3oo

儒教の考え方では、徳のない皇帝が国を治め続けていると、天の怒りを呼んで飢饉や洪水などの災害が起こるとされていた。(災異説と言う)

この考え方に染まりすぎたせいで、漢王朝の支配者たちは、黄河をコントロールすることが権力の基盤になるという斉民制の大原則を忘れてしまった。

災異説では、支配者が正しい心を保ってさえいれば、自然災害は解決するということになるからだ。そのため、堤防のメンテナンスを怠り、黄河はたびたび決壊し、台無しになった田畑から大勢の難民が生まれ、収穫は減って行った…

      

              ┏━┳┳━┓
               ∫(((哀)))∫  
                 (´Д`) 哀帝ダヨー コレカラハ、洪水放置スルヨー
                 .[888888]
                /::::::つ  (つ
                |::::::/-=-)::|
           \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           \|(紀元前25〜前7)  .|
16 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:37:25.67 ID:MGrnU3oo

もう一つの理由は、貧富の差が激しくなったことである。

農民の中でも農業に成功したもの、都市でお金を蓄えた商人などは、
余った資金で自力で土地を開墾し、雇い人に耕作させて、楽をして収穫を上げられるようになった。

いわゆる「豪族」である。
                                    , -───-= 、
                                /         \
               ........        /                \
           .,. ‐ ''"´:::::::::::: ̄` ' ‐ 、.  /               ヽ     年貢をまけてやるよ
       ,. -‐/:::::::::i^ヽ、:::::::::::,. 1:::::::::::::::丶/                 ヽ
     / ./::::::::::|:::|-ー-ー-‐ーー|:::::|::::::::::::::::ヽ                    丶   だからいいだろ?
        :, '::::::,::::::::::l:::|     U  |:::::l::::::::l:::::::::::ヽ   、                l
        :/:::::::::|::::::::::,!::| U       |::::ハ::::::::!::::::::l::::i._ノ'′  `、            |     なっ?  なっ?
     :/:::::/:::::!::::::::ハ:!          !:/ ,i::::::|:::::::::l::::l● )    "ー--      /
     :, ':::::/::::::::!:::::,'丶リ、  八、  ,l/,/ i:::::!:::::::::|::::|       (● )     /
    /::/オ::::::::|:::::l ,. ,=、`     `^,=、 、 !:::l::::::::::|::::|  j   /////     /
  ー´‐'" /'|:::!:::::!::::!/ ハ_ノi      l、__ハヽ!:/::::::::::|::::|-‐'"ヽ.    )     /
      / ヽ|::::::!:::|{. N::::l.| 、  , N:::::} ! }イ:::::::::::;!::::! ` ー-`ー-一'′    /、
        :|:::::::ヽ! 弋z.ソ ,}⌒{ 弋.z,ソ , |:::::::::/!::::l ヾ              /ノ.:.\
        :|::::i::::::ト 、_ ノ   ヽ、 __,ノ !::::::/.'.i::/、             ,//.:.:.:.:.:.:.\
        :|:::ハ:::::ゝ,、  r ' ´ ̄ `i   ,. イ::::/::::::リ  `ー-= -      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.          :|::| ヽ::::::!/ ` ー ̄,二 ̄‐'7". . .|::,ヘ:::::::|::|  `ヽ      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
        ヽ! ハ::::!、 . . . . ├―‐-/ . . . .l/ , ヘ::::l.:.:`ー---‐一´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|
            !::ヾ、|、ヽ . . . .|   ,/ . . . . // 〉::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::l
           !:::::|ヽ \\. . !  ,/. . . .// / i::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::〃::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::|


彼らの土地で働かされるのは、
農業に失敗し、自分の畑では収穫を上げられなくなった貧農たちだった。

以前は国にもらった田畑で働き、年貢を納めていたのが、今度は地主である豪族に年貢を納めるわけてある。
当然、豪族の言いなりにならざるを得ず、無茶な年貢や要求に苦しむことも多かった。
17 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:38:22.17 ID:MGrnU3oo

黄河の決壊に苦しみ、土地を離れてホームレスになるか、豪族にこき使われるしかない農民たち…


                           ト-、___
                     _,,-‐‐‐‐‐‐t-:、_ `‐、、_
                __,,,-‐'´     .:. ,,:.:``‐、;:;:;ヽ_   ヒモジイ…
  ,,,_____,,..、_,,,,,-‐‐‐-、、_,,-'´    ............:.:/: .:.     ````ヽ、_
 〈=__,,,,__,,,,,,,,,,,,..::::::::::...  ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;ノ::.            `‐、、
/ .._____.. .. . `````ヽ- '--‐‐'''''~~~'`::::ヽ:.:.:.....        、     ヽ、
ヒ;-'´  ````:‐:‐:-:-.:__,,、、、、、  ....:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:,;,;,;,;.:.:.;,;...........ヽ、ヽT   ◎ ヽ、
                 ````‐--:-:‐:':´:`:`´:: :::``:..、_:.:.:.:.:.:.:.ヽ、__ ,-==,
                                 ````‐‐:-:-:-:-:‐"
18 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 13:39:39.86 ID:oYtTi1Io
期待
19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 13:40:07.41 ID:NSkv476P
見てるぜ
高校生は丁度やってるところだな
20 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:40:26.03 ID:MGrnU3oo

力を蓄え、次第に政府の言うことを聞かなくなる豪族たち…

             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ /  ごうぞく    :::::::::::::::\
  | |       /ヽ、_    __∠二、__,ィ :::::::::::::::|
  | |      |  ̄`ミl==r'´     /  ::::::::::::::|  金が余ってしょうがないな…
  | |      ヽ、_____j  ヽ、_  -'   :::::::::::::|   リーマンにでも投資するか・・・
  | |       |  (__人__丿   .....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|


漢王朝の権威は揺らぎ、社会は不安定になる一方だった。

そんな時代のこと、

荊州の南陽郡(現在の河南省南陽市)蔡陽県・春陵郷と呼ばれる土地で、
21 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:41:11.24 ID:MGrnU3oo

     .lll、                             ,,,,,iiilllllii,,,,__,,,,,,,,,,,,iiiill!!! .,,illll .llli、    __  
    ._,,ill|            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__ .__,,,,iiiiil!!!l゙゙゙゜ .゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙^ .,,,iill!゙’ ,,illl .,,iiillllll!!lllllll
 .,,,iiiil!!!゙゙’           lll!゙゙゙”゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!!llllll!   幽州          ,iiiiil!!゙° lllll゚,,iill!゙°    
.,,ill!゙゙`              llll,              llll、  .,,,、      _,,,,,,iill!゙`    .゙llliill!゙`     
lll!゙                '゙!!!lliillliiiiii,,,、           ゙゙!lli,..,illllli,、   .,iiil!!!!゙゙゙゛      l!!゙゙゜     
llli,,、   ,,,ill!!!ll,、    ,,,,,    .゙゙!lll          ゙!lllll!゙.゙!!lii,,,iiiilll!!!!li,,                 
.゙゙!llii,,. ,,,ill!゙゙ .゙llli,、  ,,ill!!ll、    ,lll           lll|   .゙゙゙゙゙’  .゙!llii,,,     .,,,iiii,,,,,,,,,_     
  .゙゙!!l!!!゙’   .゙!llii,,,_,,ill!゙゜llll、   .,ill!    并州    llll          ,,,,iiillllli,,,_   ,,iill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llll    
            ゚゙゙!!!!!゙° ゙!liii,,,, .lll!゙              lll"  冀州  iill!!゙゙゜ ゙゙゙!!!lliiiiiill!゙゜  .,,,iiill!!   
  ,,,,,,_            ゙゙゙!lli,iilll`              ゙!lli,      .lll、  青州    .,,,iill!゙゙°     
  ゙゙゙!!lliii、           ゙llllllii,,,     ,,,,,,,,,,、   .゙lll     ,,illliii,,,   .,,,iiiiii,,,,,,illl!゙°       
  ,,,iiiiiill!゙     涼州    .゙!!゙゙゙!lli,   ,ill!゙゙゙!!llii,,   lll,,,,,,,、.,,,iiill!l゙ ゙゙lll,,,,, .,ill!゙~゙゙゙llllll゙゜         
  lll ̄          `      '!ll、 _,,lll′ .゙!llil,  ,illl゙゙!llliill!゙゙゜   !lll!ll,.ill!′ .lll!゙°         
  ゙!!lliii、                lllliiil!!!!゙゙    .'!llli,,iill!llii,,,,゙゚゙゙エン州 ,,ill!.llllll!l   lll,、          
   ゙!llii,,            _,,,,,   ,,,,iiill!゙゜       ゙゙゙゙゙°゙゙゙!ll、  .,,,iill!!゙゜llll′徐州゙!lllii,,         
    ゙゙!!lliii,、      llll!llii,,,,iiill!!゙”” 司隷   、  .,ii,,,,,,,llll, .,,,,iill!!゙゜  .llli,,    .゙l!lll、       
      ゙!lli,,      'lll,,.゚゙゙゙゙”      `   .,,ill!llll゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!゙゙’    ゙!!liii,、   .゙!!lii,,       
       .゙゙llli,,,,、    .゙゙!!!liil,,,,,,_,,,,,,,,,、     .,,,illl’.゙!llii,,   予州      '!lll     ゙゙!lii,,,,     
        .゙゙゙lll|     .,,ill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!llii,,,,,,,,_ ,,iiil!!゙゙ ☆ ゙゙!lli,,      、 .,,,,,,,iiilllliiii,,,,,,,,,,,,,,,,,_,,llll!     
            ,llliiii,,,,,_,,,,ill!゙`     ゙゚゙゙゙゙゙!!!llll/ ココ .゙゙!!liii,,,、 .,,,iiiil!!!゙゙゙゙’ .゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!lllll,,,,,、   
      .,,iiiiiliil!!゜゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜          llll,,,,,、     .゙゙゙!!llii,,lll!゙″           ゙゙゙゙゙!!lli,   
      lll!゙`                     ゚゙゙llllll!          ゙゙!llll      揚州       ゙!lli   
     .lll″       益州       ,iiii,,,,,iill!゙°  荊州    ゙lll,、             ,,,,,,illl,,__  
     .lll,                    ,illl゙”””`             ゙!lliii,            '!!゙゙゙゙゙゙!!llll 
     .゙゙°                ``                  ゙゙゙′              '゙゙゙゙
22 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:42:28.81 ID:MGrnU3oo

           ,, -──- 、._  
         -"´         \  オギャーだお
        /              ヽ
         /             ヽ   
       |      _ノ    ヽ、_  .|   
        l     o゚⌒   ⌒゚o  l   
       ` 、      (__人__)   /
         `ー 、_.   ` ⌒´   /
            /`''ー─‐┬''´
            /  丶. i  |
           ./ 丶、_)|_ノ|_
           .|  ̄ヽ._  ´  ヽ  
           ヽ、 _/´`ヽ   /


後の光武帝 姓は劉、名は秀、字はやる夫 、生まれる。

建平元年(紀元前六年)、十二月のことだった。
イエス・キリストと同世代ということになる。
23 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:43:43.51 ID:MGrnU3oo

春陵郷は皇帝の一族である「春陵侯」の領地だった。
やる夫は、この春陵侯の分家筋にあたる。

9歳のときに父親を亡くしたが、あたたかい家族に恵まれ、すくすくと育った。


  

       γ⌒) ))
       /⊃ノ ___
    〃/ /⌒  ⌒\
    / /( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒) 今回のやる夫はセレブの家系だお!
    |  |:::⌒(__人__)⌒ 〃/  ノ
    |     |r┬-|   / /
  ((  \ ヽ_ `ー-´  / / ))



        γ⌒) ))
        / ⊃__
     〃/ / ⌒  ⌒\
    γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
   / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
  (  <|  |   |r┬(    / / ))  二百年後の自称セレブなだけのムシロ売りとは格が違うんだお!
  ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
                 / /     人生勝ち組!就職・結婚・思うがままだお!

24 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:44:21.93 ID:MGrnU3oo


ところが西暦8年、皇帝の一族にとって、大事件が起こる。

/    , -     -、ヽ } i   `ヽ.
 ノ  /  /   ,ヘ ソノ,  `〜ァ
-‐ '´ / _,.ィイl /ミ{ハj、ヽ._ ≦i}
 -‐''´/ ノリル' 三,ヘニゝ <リ
∠-‐'_,.ニ-' _,ノ7ノハフtセフ「 |lり'   やる夫ッ!
- r‐vフ=Fせアヽミ /ニ~`)}.|/   大変だ!
|.!.|.fヘj j∩(~ 彡 ゙_{、ヾ(( ゙|l    大変だァ
|.l lゞ=、'´ )}   _`ニ゙-、 ij l.|    ──ッ!!
!. rニ」:ヽ ((  〈-‐',ニ{  ハ二ニヽ
.ソ  \\.リ   {' ̄-‐ } ,イlj`ー=ニ \
{`ー-、 \` ‐、 }   jレ': |ハー--、\
ヘ\\`ー、 `ー、` ' ー'  : | ハ.|:::::::::::ヽ
:::::ヽ.ニ`ー- ゝ、 `'''ー‐¬/リー 、\:::
::::::::::::::::`:::ー-- ゝー----ヘニヘ::\ヽ.\

  劉伯升(やる夫の兄)




       ____
     /⌒  ⌒\ 兄上どうしたお?
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  平野綾ちゃんのハメ撮り動画でも見つかったのかお?
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ
25 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:45:10.93 ID:MGrnU3oo

/    , -     -、ヽ } i   `ヽ.
 ノ  /  /   ,ヘ ソノ,  `〜ァ
-‐ '´ / _,.ィイl /ミ{ハj、ヽ._ ≦i}
 -‐''´/ ノリル' 三,ヘニゝ <リ
∠-‐'_,.ニ-' _,ノ7ノハフtセフ「 |lり'   皇帝陛下が!帝位をお譲りになったッ!
- r‐vフ=Fせアヽミ /ニ~`)}.|/   漢王朝は!
|.!.|.fヘj j∩(~ 彡 ゙_{、ヾ(( ゙|l    滅亡したんだッ!
|.l lゞ=、'´ )}   _`ニ゙-、 ij l.|    
!. rニ」:ヽ ((  〈-‐',ニ{  ハ二ニヽ
.ソ  \\.リ   {' ̄-‐ } ,イlj`ー=ニ \
{`ー-、 \` ‐、 }   jレ': |ハー--、\
ヘ\\`ー、 `ー、` ' ー'  : | ハ.|:::::::::::ヽ
:::::ヽ.ニ`ー- ゝ、 `'''ー‐¬/リー 、\:::
::::::::::::::::`:::ー-- ゝー----ヘニヘ::\ヽ.\

 


        ___
       /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
      /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
   \   。≧       三 ==-     
      ゙ヽ, ,__    ,. -ー"ヽヽ
             
26 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:46:00.97 ID:MGrnU3oo

          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )} 漢王朝の命運は潰えたッ!
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /  これからは麻呂の王朝「新」の時代でおじゃるッ!
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /

27 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 13:46:20.86 ID:LCanF3Mo
突然だな、おい
28 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 13:47:17.10 ID:LCanF3Mo
突然だな
29 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:47:36.65 ID:MGrnU3oo

     この男の名は王莽(おうもう)。

     元々は皇帝の外戚(奥さんの親戚)として頭角をあらわした。

     長い時間をかけて権力を強化し、
     ついに漢王朝最後の皇帝、劉嬰に譲位させて、
      自らの王朝、「新」を立ち上げたのだった。


   帝位についた王莽は、元・皇帝の一族に対して締め付けをはじめた。

   やる夫もその一員である春陵侯一族への風当たりは特に強かった。
   
   王莽の即位を阻止しようと戦いを挑み、敗死した者の中に、婚姻関係を
   結んだ相手や遠い親戚がいたからだ。
   
   
   当時の春陵侯だった劉敞(りゅうしょう)は爵位を剥奪され、領地も取り上げられた。
30 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:48:21.52 ID:MGrnU3oo

<補足>                



    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ ここで漢代の爵位について説明をしておくッ!
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i 漢には二十等爵制という一種の恩賞制度が敷かれていた。 
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::! 戦争で手柄を立てた者、公務員になった者、何もしなくても
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l   皇帝の即位など祝い事のときに生きていた者には
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l ご褒美として 爵位が与えられた。
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/ これが二十段階あり、イベントの度に位が上がっていくわけだ。
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l

31 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:49:13.33 ID:MGrnU3oo

         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ         「春陵侯」の「侯」というのは、この二十等爵制で最上級の位である「列侯」のこと。
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\       この爵位は、建国の功臣や皇帝の一族だけに与えられるものだった。
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',   列侯になると「候国」という領地を与えられ、そこで収穫される農作物の、三十分の一を
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i   自分のものにできたんだ。
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::',  
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i  
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \
32 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:50:15.60 ID:MGrnU3oo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ だから列侯の爵位を取り上げられると、領地からの収入がなくなってしまう。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ




     ((              とは言っても、爵位を失った途端、落ちぶれてしまうわけじゃない。
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ             大抵の領土には、周囲に荒地や森林があり、そこを開発して田畑にすることで、
 ゝ*,,・∀・)             どの列侯も「与えられた領土以外の所有地」を持ってたからね。
  ノ  つ━━━━━━     これが、いわゆる「荘園」
 /_l 弋ゝ             
(( (/ J                とくに紀元ゼロ年当時の南陽郡は、土地の開墾が盛んなフロンティア(開発の最前線・異民族との境目)だった。
                   春陵侯は元々の領地と同じくらいの面積を開墾し、そこからの収入があったので、
                   爵位ナシでも生活には困らなかったんだ。
          
33 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:50:57.85 ID:MGrnU3oo

      メ ,, -──- 、._\ 
    メ/ u    ゚ 。 \\    勉強するしかないお……!
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
   _/((┃))_____i |_ ガリガリガリガリッ
  / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ  \




二十歳になったやる夫は、都、長安に移り、儒教の経典の一つである『尚書』を学んだ。

やる夫は官職に就くことを希望していたが、その機会は得られなかった。

春陵侯の一族はまだ王莽から睨まれていて、それが就職口を狭くしていたものと思われる。
34 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:52:02.97 ID:MGrnU3oo


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫の希望職は執金吾(宮殿の警備役)だお!
  |     |r┬-|     |   制服がかっこいいから女の子にモテモテだお!
  \      `ー'´     /



      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\     それで南陽 一の美少女、陰麗華ちゃんをお嫁さんにして、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::\    セクロスしまくりの人生を送るんだお!
  |    /| | | | |     |    
  \  (、`ー―'´,   /


 
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも新王朝はやるおを雇ってくれないお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

35 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:52:29.39 ID:MGrnU3oo

二十五歳のとき、就職をあきらめたやる夫は故郷へ戻ったのだが・・・





       ____
     /ノ   ヽ、_\       久しぶりに長安から帰ってきたと思ったら…
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   財産がめちゃくちゃ減ってるお!どういうこと?
  \    |ェェェェ|     /

36 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:53:03.84 ID:MGrnU3oo



        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/      やる夫ッ!
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´       この弟がアーーッ!
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'





       ____
     /ノ   ヽ、_\       あ、兄上!
   /( ○)}liil{(○)\    (しばらく会わないうちにえらい怖くなってるお!あと言ってる意味がわかんねえ)
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /


37 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:54:44.80 ID:MGrnU3oo


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    財産なら…
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   使ってやったッ!
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////    ウィダーインゼリーの残りカスを雑巾絞りするよーにッ!
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   徹底的になァーーーッ!
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// フハハハハハハーーー!
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     





       ____
     /ノ   ヽ、_\       フハハハハハハーーじゃねえええ!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /


38 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:55:33.74 ID:MGrnU3oo


    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ   南陽中のゴロツキやヤク●、ありとあらゆるDQNと親交を結ぶために
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"   金をばらまいたのだッ!
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._      もはや、我が家にまともな家産はないッ!
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ    
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|



       ____
     /ノ   ヽ、_\       かっこよさげに言ってるけど、最低のクズ野郎だお!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   兄上が使ったんだから、兄上が稼いで立て直せお!
  \    |ェェェェ|     /

39 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:56:01.87 ID:MGrnU3oo

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      この劉伯升が
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////    生活や家族のために
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以  働くとでも思っていたのかァーッ!
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     






       ____
     /ノ   ヽ、_\       だめだ こいつ……
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /
40 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 13:56:44.09 ID:LCanF3Mo
DIO……駄目な子……
41 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:57:17.02 ID:MGrnU3oo

       ____  
     /      \       実家に帰ったら兄上がニートになってたお。
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    やる夫も就職のあてがないお。こうなったら……
  |     (__人__)    |    
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫もニートになるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
42 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:57:52.58 ID:MGrnU3oo


      / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)    働けよ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・ タテジュンイチ!!
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

43 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:58:44.34 ID:MGrnU3oo


        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)  いきなり何をするんだお・・・あんた誰
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<−> \ 
    (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)
    ./ ||    ` ⌒|||    ,/



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     お前のイトコの來歙(らいきゅう)だよ……
. |     (__人__)     忘れるか常識的に考えて…
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


  來歙、字は君叔。やる夫の父親の姉の息子にあたる。
  やる夫とは子供のころから仲がよかった。
  來歙の生年は不明だが、ここではやる夫より数歳年上という設定とする。
44 :1 [saga]:2008/11/09(日) 13:59:23.91 ID:MGrnU3oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       お前な、何も宮仕えだけが仕事じゃないだろ常識的に考えて……
 |    ( ●)(●)      お前は皇帝の一族だが、同時に南陽に勢力を持ってる豪族の一員でもあるんだ。
. |     (__人__)      本家にでも資金をもらって、荘園でも経営したらいいだろJK……
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /         荘園の経営?
  \_    <´
    /´     `\
     |       |
     |       |
45 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:00:37.06 ID:MGrnU3oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     農地に出来そうな土地を開墾したり、
. |     (__人__)     働き手を集めたり……
  |     ` ⌒´ノ     農業だよ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  そんなの嫌だお……
  |     (__人__)    |  田舎で農業なんてダサイお。
  \     ` ⌒´     /  女の子にもてないお。
46 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:01:17.57 ID:MGrnU3oo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     お前何も知らないのな……、
. |     (__人__)     お前の大好きな陰麗華の家だって、荘園に力を入れてるんだぜ。
  |     ` ⌒´ノ     陰氏はこの五十年ほどで700頃(約30平方キロメートル)を開墾してる。南陽でも最大級の荘園主だ……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ということは、開墾を頑張ったらポイント高いってことかお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
47 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:02:01.11 ID:MGrnU3oo


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     キャーやる夫さんたら素敵!
   |    ( ー)(ー)   わたしをお嫁にもらってー!
.   |     (__人__)   ……ってなるだろjk  
    |     ` ⌒´ノ 
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   荘園やるお!
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |  
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     (単純な奴……)
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   だったら、荘園に詳しい一族のやつにコツを教えてもらえ。
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        
48 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:02:29.19 ID:MGrnU3oo



     |┃三ガラッ            .┃|
     |┃  ____          ┃|
     |┃/⌒  ⌒\         ┃|
     |┃(●)  (●) \      ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   えへへっ
     |┃  |r┬-|     |⌒)  遊びに来たお!
     |┃   `ー'ォ     //   ..┃|
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /   ... ┃|
     |┃ノ       /        ┃|
     |┃   つ   <       ┃|
     |┃  (::)(::)   ヽ        .┃|
     |┃/     >  )      .┃|
     |┃     (__)         ┃|





     |┃                  ┃|
     |┃  ____         ┃|
     |┃/⌒  ⌒\        ┃|
     |┃ (―)  (―)\.        ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\.    .┃|
     |┃           |     ┃|
     |┃          /      ┃|
     |┃ヽ・    ・ ̄ /       ┃|
     |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,|
     |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
     |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
     |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
     |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~
49 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 14:02:56.74 ID:bRtTy4so
兄上は実は出来る子w
50 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 14:03:17.33 ID:gtkb/QDO
アタック25が終わったから見てます
期待してる
51 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:03:28.21 ID:MGrnU3oo


         |┃┃|
         |┃┃|
      二三 ┃┃|
         |┃┃三=-
         |┃┃|
      二三 ┃┃|
         |┃┃|
         |┃┃三二
        三 ┃┃|
         |┃つ| ガンッ
         |┃┃|
         |┃┃|
         |┃┃|





         ____
       : /ノ  ヽ、_\ :
      : ( ○ )}liil( ○ )ヽ :
    : /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ :
   : |  ,. =ニ二ニ二ニ=、  | :
   : | 〃、;、_,i、__,!__,!__!、ノヽ  | :
   : | 〃`^' _  ._ `^}|  | :
   : |(( γ"::::::`Y":::::ヽ  》 | :
   : | ヽi'、:::::::::::: ; :::::::::::「ン  | :
    : \  ゝ!^i^i~i777ン´ / :
52 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:04:37.92 ID:MGrnU3oo



                   i .:;r''´:::::_;;:::::::::.....    :::`ヽ、 _,,,,,,,,,,_
                  /l:;r'‐''¨;r'´ ..::::::  :::::...    .::;r'ヾ''' ̄ ̄`ヽ、
                 i:..::/  /     ..:  ..:::::::::..  :. `ヾ`、     ヽ
                 ,rl;/::... /    ..::::     i    i :. ::. :::`、     `、 相変わらずですねやる夫。
                  /:.::!、`ーi   ..:/:    ..::i  i l! ::. ::.、 :、ヽ     ,!
                 `、:l:. ` l   ::/:   .: ..::/  .:::!.:/l ::i :. ::i :i::..i
                /::::!ヽ:..l   ::!: ..:: .:::/  .:::/.:/ ! :::l ::.:::l:. :l::::!     今度それをやったら宮刑です。
                 ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::! 
                  /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!
                 ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/
                 >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!  
                /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l
               /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l
               /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::!        ヽ    /:::: l l   
              ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l
                `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l
                l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !

                   劉嘉(りゅうか)
                    字は 孝孫。
              
               爵位を廃された春陵侯の甥にあたる。
             
               父親を早くに亡くし、 やる夫の父親の元で育てられたため、
               やる夫とは兄弟同然に親しかった。
               來歙とは、妹を娶っているため義理の弟になる。
53 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:05:15.43 ID:MGrnU3oo

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    なんてことするんだお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   やる夫のハトロン砲が危うくスクラップだったお!
  \    |ェェェェ|     /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     (人の家で放尿する方が悪いだろJK……)
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        
54 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:06:14.22 ID:MGrnU3oo


           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ    で、今日は何の用ですか?
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉  SMスナイパーのバックナンバーなら全部貸してあげましたし、
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く   超能力学園ZのDVDなら三回も観たでしょう?
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'


  

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     (……お前ら)
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        
55 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:07:32.67 ID:MGrnU3oo

        ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   農業を教わりたいんだお!
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |  
      \       ゙ー ′  ,/   荘園の経営って、儲かるのかお?
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


56 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 14:07:41.20 ID:BwlP632o
む、なんか面白そうなのが始まってるな

期待
57 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:08:59.92 ID:MGrnU3oo


    /´ ̄ ̄ `ヽ
   レ'´ ̄ ̄`ヽ、 `   ´  ̄ `  .
      ,   ´ ̄        `ヽ  ヽ        
   /  .        ,l   i    ヽ   ヽ
.  ,イイ/      / |   l     ト、.   ',
 /  //  // / /   !   ト、.   l ヽ   ト、
    l/  //ナレ'- 、  X´ i ̄\  l  ヽ i 〉
    i  /ili 「:::::ヽ     f::V::::ヾNヽ !\  V X      私の収入は秘密ですが、
    レ'  ill |:::::::ノ    i::::::::::::::} ヽ.ハ /\jノ 〉    
      lリ.  ̄     `ー‐‐'   i ト. メ、.イ      本家はそこそこ儲かっていますねえ。
     〈              | |ノイjー''       
     | i` ァ.  〜( 。'    __,.イレ'⌒\       
   /⌒ヽV  ` ̄ ̄ ̄ }/⌒Vi   ハ.  \      年収五億円くらいらしいです。
    乂_.ノ      r‐‐ァ7ー‐‐ ヘ  /  \/
   /⌒ヽ       {///⌒ヽ  V
    乂_.ノ    _ . - ´     i   i
     |   r '          ノ  l
    (⌒「⊥__ _.. -  ´ ̄    .| ___
     ´    /〈__ __        |´::::く
        //´:::::::::::`ー〜<./´ ̄ /
        j/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V.ーく
      //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::\
       ! 乂::_::::::::::::::::_::____::__:::ノ\ \r'´
      ゝ.__ __________,、 _)
58 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:09:25.25 ID:MGrnU3oo

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( 金)}liil{(金)\   
  /    (__人__)   \    ゴーオク!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     (目がキモイだろ……)
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


59 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:10:46.74 ID:MGrnU3oo


           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ まあ、それなりに大変なこともありますが……
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   本家のケースで良いなら、
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    いくらでも話してあげますよ?
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'
60 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:11:19.76 ID:MGrnU3oo

.       ____
      / \  /\  キリッ
.    / (ー)  (ー)\
   /   ⌒(__人__)⌒ \ うむ、感謝する
   |      |r┬-|    |  
    \__ `ー'´__/ わかりやすく教えてくれたまえ。
   /    ヾ、 //  \. ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \    態度がでかいだろ!
 |,'⌒ (( ●)(●)    
 |     (__人__)                       
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,    ウノコーイチロー!
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____        
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ

61 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:11:53.88 ID:MGrnU3oo

 

           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ ……ここから少しの間、荘園の収入について解説します。
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   「やる夫で学ぶ荘園経営」みたいですが、
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉   
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く   しばらくお付き合いのほどを……
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   数字が色々出てくるが、あくまで参考程度で読み飛ばしてもらって構わない。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '     推測が結構多いからな。
  ,,rへ、_ ` 〔´       
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

62 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:12:45.53 ID:MGrnU3oo


         r ェv-‐'‐ _
       r ,ァ´       ̄ '‐-.,__
      x/ ,   ,  ,  i  l  , ヽ ̄ ヽ,               わたしたちの住む、南陽郡はいわゆる「フロンティア」
      /j ミi  /  / ,'! ハ  :i  ヽ  〉
      〉iミ:i  i,'  〃 // / |  :| i ,ヽ.              農地開発の最前線に位置する土地柄です。
     i ト、|  ト メ レ'/ /  |  /!|  i i           .i
     Y', r┐ |レrーゝ レ'   レハ i  ハl           i   こういうところには、職にあぶれた人たちが大勢集まって来ます。
      >i !6| | ゝ⊥ノ    r'y‐レ! / !           i!  
.     / 'ヽj  !       ヽ'ソ /レ'            i!    彼らを開墾に従事させたり、
    /  ,' ヽi, |     ′  /  i|            ,|!
    〈  ,'  |'i | 、 ⊂つ  /|   j!           ,|!   出来上がった田畑を管理してもらうのが、荘園主の仕事です。
    ヽ〜‐'へヽj `ーr‐ ''´   ! /!           i|   
    , -‐〈    `''> < ヽ、_  | /             i|
   / ..  ヽ、 _∧_/<i、/ `''‐ 、           i;|
  i   ',   /   ̄ 〉 | `L__ ヘ          √レ⌒!
.  |    ,.  /   i^!ノ  ! ’ Y ^'∧        ノ 〈/__ )
.  |    ;: /   ノ `     ' |  / 'i       イ  〈/ __)
.  l    ,/    i,       / / 〉i',      」  (,∠ イ!
  i   :/    /ゝ    :/ / |! i    /へ、  ,,. ‐'´
   !  /   ,r'く   `ー‐7´  /  i  L,  / ヽ.  ̄ 〉
   | :/   /  `〜.,_,.ノ!  /   i /,レ'´      フ´
   i :/___ /       / /ー ‐ ‐| ‐''" '´     /
   |',         / /:.:.:.:.:.:.:.:.i        /
   ヽ,        /‐-<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i      ,.´
    ヽ,     ,. ;/:.:.:.:.:.:.゙' ,:.:..:.:.:.:ノ、   ,/
     \_,.-‐'´  `' 'ー〜―'' ´ヽi!`ー '´
      / ,: '            |
      /, '              |
      /,'  丶、            i
     /,                  |


63 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:13:35.42 ID:MGrnU3oo

        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """
こうした事業を約半世紀繰り返し、
  
 現在では、本家名義で300頃(約14平方キロメートル)くらい所有しています。
64 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:14:00.11 ID:MGrnU3oo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  大体、渋谷区と同じくらいの広さになる。  
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '     
  ,,rへ、_ ` 〔´       
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

65 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:14:38.38 ID:MGrnU3oo


    /´ ̄ ̄ `ヽ
   レ'´ ̄ ̄`ヽ、 `   ´  ̄ `  .
      ,   ´ ̄        `ヽ  ヽ        
   /  .        ,l   i    ヽ   ヽ
.  ,イイ/      / |   l     ト、.   ',
 /  //  // / /   !   ト、.   l ヽ   ト、
    l/  //ナレ'- 、  X´ i ̄\  l  ヽ i 〉
    i  /ili 「:::::ヽ     f::V::::ヾNヽ !\  V X      田畑をゼロから作り上げるわけですから、
    レ'  ill |:::::::ノ    i::::::::::::::} ヽ.ハ /\jノ 〉    
      lリ.  ̄     `ー‐‐'   i ト. メ、.イ      失敗する可能性が少ない、育てなれた作物を選択するのが
     〈              | |ノイjー''       
     | i` ァ.  〜( 。'    __,.イレ'⌒\       常識的です。
   /⌒ヽV  ` ̄ ̄ ̄ }/⌒Vi   ハ.  \      
    乂_.ノ      r‐‐ァ7ー‐‐ ヘ  /  \/      本家の場合、主にアワを扱っています。
   /⌒ヽ       {///⌒ヽ  V
    乂_.ノ    _ . - ´     i   i
     |   r '          ノ  l
    (⌒「⊥__ _.. -  ´ ̄    .| ___
     ´    /〈__ __        |´::::く
        //´:::::::::::`ー〜<./´ ̄ /
        j/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V.ーく
      //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::\
       ! 乂::_::::::::::::::::_::____::__:::ノ\ \r'´
      ゝ.__ __________,、 _)

66 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:15:14.80 ID:MGrnU3oo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  アワは当時の主食で、比較的育てやすい作物だった。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    
 `ー-、」    '  i_ノ  流民を労働者として使うわけだから、熟練の技術は期待できない。  
    | `ー  ̄ , '     
  ,,rへ、_ ` 〔´     そういう意味でもうってつけの作物と言える。  
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
67 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:15:57.06 ID:MGrnU3oo

                                         コク
  前漢から後漢にかけての農耕技術では、1頃の田畑で大体300斛(4500キログラム)の年間生産量になる。
 

  300頃の耕地すべてでアワを生産していたとすると、合計で90000斛。
  
  
    

  アワの相場は変動が激しく、 1斛 50銭〜150銭までの揺れ幅があった。

  最低ラインの50銭で計算すると、90000×50で、売上の総計は450万銭。


現代の穀物相場と比較した研究により、漢代の一銭は現代の180円にあたったとされる。


  450万×180で、8億1千万が畑から得られる総収入になる。
68 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:16:31.94 ID:MGrnU3oo

   ゚    ., --、     
       し __ヽ-─ヘャュ、_     
       , -'ー `   \ヽ、ヘ    このうち、三分の一が小作人の取り分になります。
      〃イ / ハ l ', ヽ ヽッ,〈    
      |/ l ト、i_ヽ、ゝイ}  トミ!>   
      ヽl.ハ ○ ` ○| l l/ヽ、   8億1千万マイナス2億7千万で、残りは5億4千万。
    ず .   !lヘ."__。,__",ィ iノ_厂
    い . ,===ッr ' ヽ戒ゾlノ"
.   っ ゝmん -ノ "__k ヽ       国家に収める年貢の量が収穫の三十分の一と定められているため、
.      ((     _,}ニテ= 、_ノ
        r'´    ヾー" ト-、
        ゝ、_,....、____">''"      5億4千万マイナス2千7百万で、 5億1千万円が取り分となるわけです。



69 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:16:59.94 ID:MGrnU3oo

     ____
   /      \ ( ;;;;(    小作人に三分の一も持ってかれるのかお……
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´    
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     反対に言えば小作人は三分の一しかもらえないってことだろ
. |     (__人__)     常識的に考えて…
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


70 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:17:40.56 ID:MGrnU3oo

      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /         それもそうだお。
  \_    <´         土地の開墾も耕作も小作人がするんじゃないのかお?
    /´     `\
     |       |
     |       |



     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      だったら自分のために開墾して、自分の土地にしてしまえば、
  |    mj |ー'´      |     収穫も全部自分のものだお。
  \  〈__ノ       /            
                     なんでわざわざ、小作人なんかになるんだお?
    ノ  ノ


71 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:18:27.59 ID:MGrnU3oo


    /´ ̄ ̄ `ヽ
   レ'´ ̄ ̄`ヽ、 `   ´  ̄ `  .
      ,   ´ ̄        `ヽ  ヽ        
   /  .        ,l   i    ヽ   ヽ 農具などのレンタルができるからですよ。
.  ,イイ/      / |   l     ト、.   ',
 /  //  // / /   !   ト、.   l ヽ   ト、 
    l/  //ナレ'- 、  X´ i ̄\  l  ヽ i 〉    たとえば鉄製の鋤(すき)や鍬(くわ)は、
    i  /ili 「:::::ヽ     f::V::::ヾNヽ !\  V X      
    レ'  ill |:::::::ノ    i::::::::::::::} ヽ.ハ /\jノ 〉     身一つで南陽に流れてきて、農業で食いつなごうという
      lリ.  ̄     `ー‐‐'   i ト. メ、.イ      
     〈              | |ノイjー''       人たちには手の届きにくい品物です。
     | i` ァ.  〜( 。'    __,.イレ'⌒\       
   /⌒ヽV  ` ̄ ̄ ̄ }/⌒Vi   ハ.  \      
    乂_.ノ      r‐‐ァ7ー‐‐ ヘ  /  \/      木や竹製の農具では農作業の効率も悪くなるし、
   /⌒ヽ       {///⌒ヽ  V
    乂_.ノ    _ . - ´     i   i           体力も消耗してしまう……
     |   r '          ノ  l
    (⌒「⊥__ _.. -  ´ ̄    .| ___
     ´    /〈__ __        |´::::く        だから私たちから農具を借り受け、
        //´:::::::::::`ー〜<./´ ̄ /
        j/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V.ーく        荘園で働くことを選ぶわけです……
      //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::\
       ! 乂::_::::::::::::::::_::____::__:::ノ\ \r'´
      ゝ.__ __________,、 _)


72 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:19:53.70 ID:MGrnU3oo

                        
    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  中国史をほんの少しでも学んだことのある人なら、
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  「鉄の専売制」という言葉を目にしているはずだ。
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i  古代中国では、かなりの期間、鉄の生産・加工・販売を
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  国が管理するという制度が敷かれていた。
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l   国有の鉱山で鉄を採取し、国が認めた業者だけに
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   鉄製品を作らせ、店を開かせる。
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l   鉄製品の価格には国に収める税金が上乗せされていて、
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/     商品が売れれば売れるほど国が潤うというわけだ。
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V    
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ      この制度のせいもあって、鉄製品は今の感覚より
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i       はるかに高価で、貧しい農民には購入が難しいものだった。
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l 
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l      
  \ \ \     ', .//  l l

73 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:20:56.54 ID:MGrnU3oo


   ゚    ., --、            もう一つ、家畜のレンタルもしています。
       し __ヽ-─ヘャュ、_    小作人は5、6人の家族単位で雇い、1頃(約四千平方メートル)の田畑を1家族で受け持ってもらいますが、
       , -'ー `   \ヽ、ヘ   家族の構成は、両親と2、3人の子供という形態がほとんどです。 
      〃イ / ハ l ', ヽ ヽッ,〈    
      |/ l ト、i_ヽ、ゝイ}  トミ!>   1頃の田畑を大体二人の労働人口で耕すわけですね。
      ヽl.ハ ○ ` ○| l l/ヽ、  これは家畜を使わなければ、とてもさばけない仕事量ですので。
    ず .   !lヘ."__。,__",ィ iノ_厂   
    い . ,===ッr ' ヽ戒ゾlノ"
.   っ ゝmん -ノ "__k ヽ      
.      ((     _,}ニテ= 、_ノ
        r'´    ヾー" ト-、
        ゝ、_,....、____">''"      


74 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:21:35.42 ID:MGrnU3oo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   ちなみに小作人の取り分が三分の一というのは、荘園主から家畜をレンタルした場合の  
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    パーセンテージだ。
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '     自前で牛や馬を用意できる一家なら、収穫の半分を自分たちのものにできた。
  ,,rへ、_ ` 〔´       
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


         ____
       /      \
      /  ─    ─\   ……なるほど。ただ単に、小作人から年貢を取り立てているわけではないんだお。
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
75 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:22:02.56 ID:MGrnU3oo

       . -- ─ - 、
    /         |l
     !      __ リ── < ト._
       . --< /    ´ ̄`ヽト. _       
    ィ7´   /      ´ ̄`ヽ \〉
    /   / / /  ヽ.  \  ヽ  V〉
.   /  l l /    i   ヽ   i  ト.〉     ここまでは大体、どの地方の荘園でもあてはまる話です。
   |  /.l ´「`! ト、  !  i   l   |/j 〉
   レハ ll〃)ヘ.N \´! ̄l`ヽl   |/j 〉     ですが、この南陽で荘園を経営する以上、
     // |{::i| ヽ、 rテ〒く j   |/jく 、
.    /⊂⊃ー'    |{;:::;:::jハ  ハノ ヽ\   特に配慮しなければいけない事柄があります。
    i /.\      ゞ== '/  /) ノi.  i  i
    |' / \  _   ⊂⊃ /イ ./   |  |
    |l/-──'>r┬‐ ´// / ノ /l    乂ノ   なんだか判りますか?
  /´ ̄\>  ,. -く /.| 〉 // /- 、/ `f´ ̄
. 〈_〈 rァ ノー'´  トー'___〉レ'  〉/   !
   |H|    /`ー‐( 〈\_/ i    .|
  (_.ー'_.)  /     `ー'-< |    !
   |i l|  /  /    \  | \  |
   |i l|  〈.  /   、   \!  \j
   |i l|.  \i  l  ヽ __ノ 、
   |=1   _t____j__Vrァ水へ
   |i l|  /水> ノ    `ヽf´  ヽ
.    ヒj  (__ __ノ       t ____ノ
        ̄          ̄

76 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:22:29.68 ID:MGrnU3oo


      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /         南陽で…気をつけること?
  \_    <´         
    /´     `\
     |       |
     |       |





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     つまり、この南陽郡の特色から導き出されることだ。
. |     (__人__)     少し考えればわかるだろ…
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 14:23:28.21 ID:Pak5tz6o
光武帝キター!
塚本ぐらいしか光武帝を扱った歴史小説ってないんだよね
だからなんかないかなーって思ってたとこなんだよ
ありがたいスレだのォ!
78 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:24:56.48 ID:MGrnU3oo


      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   南陽の特色!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  南陽は、開発の最前線、
  |     |r┬-|       | 各地から流民が集まってくるフロンティア!
  \     ` ー'´     /  





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     そうだ!
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   だったら、何に気をつけるべきだ?
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        

79 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:27:09.95 ID:MGrnU3oo

        ___
       / ⌒  ⌒\     ソープにも地方出身の娘が多いから、
      / (⌒)  (⌒) \   
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |  風土病に気をつける!
      \       ゙ー ′  ,/   
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




      / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)    違うわァ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・ チグサタダオ!!
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J
80 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:28:21.96 ID:MGrnU3oo



           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ それにも気をつけるべきですが、
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   荘園とは無関係ですね。
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

81 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:28:48.80 ID:MGrnU3oo


       . -- ─ - 、
    /         |l
     !      __ リ── < ト._
       . --< /    ´ ̄`ヽト. _       
    ィ7´   /      ´ ̄`ヽ \〉
    /   / / /  ヽ.  \  ヽ  V〉
.   /  l l /    i   ヽ   i  ト.〉     南陽にたどり着いて、まともに働けるという人たちは
   |  /.l ´「`! ト、  !  i   l   |/j 〉
   レハ ll〃)ヘ.N \´! ̄l`ヽl   |/j 〉     まだましな方なんです。
     // |{::i| ヽ、 rテ〒く j   |/jく 、
.    /⊂⊃ー'    |{;:::;:::jハ  ハノ ヽ\   よそから流れてきた人間の中には、犯罪を犯したり、税を納めずに
    i /.\      ゞ== '/  /) ノi.  i  i   逃げて来たお尋ね者も多いんです。
    |' / \  _   ⊂⊃ /イ ./   |  |
    |l/-──'>r┬‐ ´// / ノ /l    乂ノ   普通に荘園で働けない彼らが、どうやって暮らして行くかというと……
  /´ ̄\>  ,. -く /.| 〉 // /- 、/ `f´ ̄     
. 〈_〈 rァ ノー'´  トー'___〉レ'  〉/   !
   |H|    /`ー‐( 〈\_/ i    .|
  (_.ー'_.)  /     `ー'-< |    !
   |i l|  /  /    \  | \  |
   |i l|  〈.  /   、   \!  \j
   |i l|.  \i  l  ヽ __ノ 、
   |=1   _t____j__Vrァ水へ
   |i l|  /水> ノ    `ヽf´  ヽ
.    ヒj  (__ __ノ       t ____ノ

82 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:29:10.14 ID:MGrnU3oo


┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ  /|    ノ    ノ       。。

     /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、      
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ     
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ



     ____    盗賊!
   /      \  
  /  ─    ─\ 
/    (○)  (○) \    
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /    
      |ェェェェ|

83 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:29:41.49 ID:MGrnU3oo



                   i .:;r''´:::::_;;:::::::::.....    :::`ヽ、 _,,,,,,,,,,_
                  /l:;r'‐''¨;r'´ ..::::::  :::::...    .::;r'ヾ''' ̄ ̄`ヽ、
                 i:..::/  /     ..:  ..:::::::::..  :. `ヾ`、     ヽ
                 ,rl;/::... /    ..::::     i    i :. ::. :::`、     `、  彼らから荘園を守るために、
                  /:.::!、`ーi   ..:/:    ..::i  i l! ::. ::.、 :、ヽ     ,!
                 `、:l:. ` l   ::/:   .: ..::/  .:::!.:/l ::i :. ::i :i::..i
                /::::!ヽ:..l   ::!: ..:: .:::/  .:::/.:/ ! :::l ::.:::l:. :l::::!     一番効率の良い方法は小作人に自衛させることです。
                 ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::! 
                  /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!     
                 ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/       武器の扱い方、戦い方を教える。
                 >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!       こうした軍事教練も、荘園主の仕事なんですよ。
                /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l
               /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l
               /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::!        ヽ    /:::: l l   
              ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l
                `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l
                l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   何代も雇っている小作人一家に対しては、賢そうな子供を選別し、 
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    特別な教育を施すということも行っていたらしい。
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '     
  ,,rへ、_ ` 〔´       
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

84 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:30:08.32 ID:MGrnU3oo


           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ 以上で、説明は大体終わりです。
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'



      ____      勉強になったお。
     /\  /\     
   /( ●)  (●)\   開墾で土地を広げ、職のない流民に食い扶持を与え……
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  農具や家畜を与え、兵士の教育まで施す……
  |     |r┬-|       | 「荘園」というシステムに組み込むわけだお。
  \     ` ー'´     /  奥が深いお!
85 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:30:35.23 ID:MGrnU3oo



           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   やる夫がその気なら、
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    本家にかけあって、
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ   諸費用を援助させますよ?
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'


86 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:31:06.23 ID:MGrnU3oo

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   ありがとうだお!
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |  これでやる夫も荘園主になって、南陽でも一目置かれるくらいの規模になれば……
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / // 陰麗華ちゃんとセクロスしほうだいだお wwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
87 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:31:44.94 ID:MGrnU3oo



        / ̄ ̄\.
      /      \.........:::::::::::.... .......
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.  儚い夢だろ常識的に考えて………
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_   
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)  
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄    
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.     
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ    
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/
88 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:32:09.47 ID:MGrnU3oo

 こうしてやる夫は、荘園主としての一歩を踏み出した。

 働き手の募集に始まり・・・・

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \      仕事欲しい人 この指とまーれ!
      /( ●)  (●)\ )     
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


 農地に使えそうな荒地の選別など……                


     ____
   / ノ  \\    よくわからないから適当に決めるお。
  / (●)  (●)\   
/ ∪  (__人__)  \  土地にサーモンの燻製をまいて、猫が最初にとった場所を開墾するお。
|      ` ⌒´  u  |  
\   し       /   

89 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:32:46.28 ID:MGrnU3oo



 とくに力を入れたのが、盗賊対策としての軍事訓練だった。
 やる夫は長い間ニートだったが、後々の活躍から判断する限り、武術の才能はあった。

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   いまからズームパンチの撃ち方を教えるお!
     |       (__人__)   |   
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:,
      |  ,___゙____________________________=',
     |            `l ̄   びよーん


90 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:33:12.84 ID:MGrnU3oo

         ___
       /     \
      /   \ , , /\     
    /    (●)  (●) \   体中の関節をカチコチに固めるお!
     |       (__人__)   |   
      \      ` ⌒ ´  ,/  そうすれば全体重が拳に乗って、砲丸みたいな威力が生まれるお!
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,   
      |  ,___゙___、rヾイソ 
     |            `l ̄
.      |          |


         ___
       /     \     今度は逆に、全身の関節をすべて動かすことで加速を生むお!
      /   \ , , /\    
    /    (●)  (●) \   拳の先端で、マッハに達するお!
     |       (__人__)   |   
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
91 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:33:40.20 ID:MGrnU3oo

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\     これを両腕で同時に行う!
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |   右手で65キロ!左手でマッハ1・5! あわせて200万パワーだお!
      \      `ー'´     / +


92 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/09(日) 14:35:06.49 ID:6Rexx6Eo
大学のノート見直したら劉邦だった。
後漢はほぼスルーwwwwwwwwww
93 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 14:37:03.53 ID:oYtTi1Io
作者ジョジョ大好きだなwwww
94 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:38:24.10 ID:MGrnU3oo

                             熱心なのはいいが……
                   / ̄ ̄\   お前素手の戦いばっかり教えてどうするんだ常識的に考えて。
                  /   _ノ  \ 武器とかも使わせてやれよ。
                 (●)(● )  │  
          ┌ z=、._.__゙(__人__)    │───────────────、
      ___,-、|rk.| |  |\‐- |        │ _______________\
┬┬┬「!.}.}ノhコ }| |―|―― ヽ        } =」" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
 ̄ ̄ ̄Tフ-ハノト〈| |__⊥ --,‐ ヽ     ノ H}  `ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     }ニニ! ゙―゙‐'    ノ _,/::/ _/::::{. [j}    `ヽ
     ヘニニヘ、   _,、/  ┏━┬━━┓     "┬ 、   >、__
      }j、-} h-r'ハ:::ヽ ┏   ┃    ┓ ノ   >'":::;ィ‐::ヽ
       |::}::}.:.l.:l.:.ハ:::  ┃   ┃    ┃ ヽ人_ノ::/〃.:..:..:.|
       Lj::j.:.l.:l.:..:.}:::: ┃l::::l ╋`l ̄´::┃{:::::::/..:〃.:.:..:..:.;}

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  だってお金がないお。
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /
95 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:39:54.89 ID:MGrnU3oo


   / ̄ ̄\     劉嘉に頼めばいいだろ。
 /   _ノ  \       
 |    ( ●)(●)   本家から援助を引き出してくれる約束だろ?
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



96 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:40:43.38 ID:MGrnU3oo

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   そうだったお!早速たかりに行くお!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))      
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      ほどほどにしろよ 常識的に考えて……
 |    ( ー)(ー)      
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        

97 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:41:00.01 ID:MGrnU3oo


     |┃三ガラッ            .┃|
     |┃  ____          ┃|   武器おくれお!武器おくれお!
     |┃/⌒  ⌒\         ┃|
     |┃(●)  (●) \      ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   
     |┃  |r┬-|     |⌒)  
     |┃   `ー'ォ     //   ..┃|
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /   ... ┃|
     |┃ノ       /        ┃|
     |┃   つ   <       ┃|
     |┃  (::)(::)   ヽ        .┃|
     |┃/     >  )      .┃|
     |┃     (__)         ┃|

98 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:41:21.08 ID:MGrnU3oo

              __
           , '´ ̄ ̄ `丶、, -───‐- 、          やる夫?
            /    ,.  '"          `ヽ、
              / /           `ヽ  \_     あ ああ武器ですね?
               / /   / ∧     \  ヽ  \ト、
               / イ   イ / l  ト  l   l  |    l )  あげますから、あまり騒がないで…
             /イ  フト、/   l  l\ _ト_ |   !  彡|イ
              l/| l /ヽ l`   ヽ l '´ヽ! \ !   !  /| |
              | |トf-.-!    ヽ〒.-.-┬|   | /// ) 
                 ト、l !:::C       !::::::::C |   ト、ノ/く
           <    ! T `ー'       `ー‐'´|   |` }/_ノ
           /   | l 〃"       "〃 イ  / ノT
           フ   ト、 ト、     _   u ノ/ /<`ー'
           ⌒j   ヽトl`丶、_ (、 ヽ_,. ..::'"l /:::::ヽ
                     / T ̄ _ト、:/イヽ::::::::',
                     jイ´L '´  ヽ::| L:_:::」
                 , ' ´/ ィ´:}   /`丶、
                /   j/:::Τ:ヽ  /      ヽ

99 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:42:21.65 ID:MGrnU3oo


        γ⌒) ))
        / ⊃__
     〃/ / ⌒  ⌒\        武器武器武器武器武器武器!
    γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
   / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
  (  <|  |   |r┬(    / / ))  
  ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
                 / /     

100 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:42:58.95 ID:MGrnU3oo

     |  |   |   |
     _||_||__||  ||      
    (__/   `ー――       大きな声を出さないで!
   (___/  r
    (_レノ)\   ___
    ●\__/__/●
  / \_\三/_/ \ 
  |  ⌒ (_人_)∴・  |  ぐぇあ
  \ :・∵ |r┬-|      /


                ____    / / /
         ,  ´ > ´     `ヾ `ヽ. /
        /  /          ヽ.メハ
      /  , '             Vノj      やる夫  武器の所持は違法なんですよ?
.        /   . i ト.  ヽ       V !\
        i i il ll i i ヽ. __ヽ.   ト.  Vト.  ヽ
        | i il ilハ ,ィ化 ', ', l| }  } i  ハ
        | l li ト.  `~´  | i l l|ノ  ,'i li  jー'
     「 「ト、/ ハノく       リl l i|  / l li〜ヘ
    | X´ / /  \ -    リ .i|/ヽ| ん〜''
.     >、 \,.<___  ヽ\ _ ,. ヘlliリ  _レ〜ヘ
   / />、 .>、ー┤  ル'r‐‐く / ̄  /´ ̄
/´ 「.i/ / >`ーr‐‐┘ _____| 〈 )「__
  | |ト r〜 _フ メ._ il´   .|  `   ト.  /
  〉く \ヽ.  ノ.ノr'   /__7/`  ̄ V /

101 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:43:38.97 ID:MGrnU3oo

    __       __   
 : /:●))\__/((● \ :
 : |     (__人__)     | :  そういえば そうだったお…
 : \ `ー'  |r┬-| `ー'  / :
         `ー'┃  
   ピクピク  




    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  先ほど説明したように鉄製品は専売制によって管理されていた。
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  しかし包丁なんかならともかく、
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ  あからさまに反乱に繋がる武器類を
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l  
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   国営の店先に並べるかというと……
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l


     ((    
  '´ /ニ゙ヽ   並べるわけないよな
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  武器なんか売らないってことか



102 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:44:07.21 ID:MGrnU3oo


       ____
     /_ノ   ヽ_\      じゃあ皆は は ヤミ市場で武器を買ってるのかお?
   /( ●) ( ●)\    
  /:::::⌒(__人__)⌒:::: \  
  |     (  (      |  
  \     `ー'     /   



         ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   いえ。本家の場合は、荘園内で密造しています
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉   
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く   
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'




       ____
     /ノ   ヽ、_\       密造!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    そこまでやるのかお……
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /


103 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:44:33.50 ID:MGrnU3oo


       . -- ─ - 、
    /         |l
     !      __ リ── < ト._
       . --< /    ´ ̄`ヽト. _       
    ィ7´   /      ´ ̄`ヽ \〉      
    /   / / /  ヽ.  \  ヽ  V〉
.   /  l l /    i   ヽ   i  ト.〉     家族だけで製鉄を行っていたような小規模業者は、
   |  /.l ´「`! ト、  !  i   l   |/j 〉     専売制が敷かれると、弾き出されてしまったんです。
   レハ ll〃)ヘ.N \´! ̄l`ヽl   |/j 〉     
     // |{::i| ヽ、 rテ〒く j   |/jく 、    そういう人たちを、密かに保護しているんですよ。
.    /⊂⊃ー'    |{;:::;:::jハ  ハノ ヽ\   
    i /.\      ゞ== '/  /) ノi.  i  i
    |' / \  _   ⊂⊃ /イ ./   |  |
    |l/-──'>r┬‐ ´// / ノ /l    乂ノ   
  /´ ̄\>  ,. -く /.| 〉 // /- 、/ `f´ ̄
. 〈_〈 rァ ノー'´  トー'___〉レ'  〉/   !
   |H|    /`ー‐( 〈\_/ i    .|
  (_.ー'_.)  /     `ー'-< |    !
   |i l|  /  /    \  | \  |
   |i l|  〈.  /   、   \!  \j
   |i l|.  \i  l  ヽ __ノ 、
   |=1   _t____j__Vrァ水へ
   |i l|  /水> ノ    `ヽf´  ヽ
.    ヒj  (__ __ノ       t ____ノ
104 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:44:56.12 ID:MGrnU3oo


              , -──-、
            /       \
           /   ─   ─ \           ……とりあえず、剣を何本かもらったお。
         /   (●)  (●) \      ,
         |      (__人__)'    |   //    
         \、     `⌒´    /  //
         (⌒ヽ         ィヽ  //
         l\  \    ,   |  //
         |  \,,  \  |  | //
         |    \  \_ ヘ//
         |     \_r' ソイゝ
         |        r_ゝィ'〆

105 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:45:32.15 ID:MGrnU3oo


   / ̄ ̄\     タダで調達できたのに、うかない顔だな。
 /   _ノ  \       
 |    ( ●)(●)   どうした?
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

106 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:46:55.13 ID:MGrnU3oo


     ____
   /      \ ( ;;;;(    ちょっと、考えさせられたんだお。
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    土地を囲い、小作人を兵士に仕立て上げ、武器さえ自作している……
|       (__人__) l;;,´     
/      ∩ ノ)━・'/     豪族は、荘園の何もかもを支配しているお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |      
  \ /___ /

     ___     
   /      \     でも、劉氏は元皇帝の一族でもあるんだお。
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \   やる夫は国の仕事がしたくて、就職活動もしていたお。
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      そういう立場からは、豪族が好き勝手やり過ぎるのは問題じゃないかと思うお。
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 



107 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:47:18.13 ID:MGrnU3oo

     ___     
   /      \     豪族の好き勝手と、皇帝の支配は両立しないものだお。
  /  ,_   ,_\  
/    (─)゛ (─) \   そのうちぶつかり合って、大きな争いが起きるんじゃないかお?
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 | U  ( ○)(○)    
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }     ……!!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
108 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:47:45.10 ID:MGrnU3oo



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \    ……やる夫。
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   
  |   ` ⌒´  ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

109 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:48:04.78 ID:MGrnU3oo

       ____
     /_ノ   ヽ_\      來歙?
   /( ●) ( ●)\    神妙な顔してどうしたお?
  /:::::⌒(__人__)⌒:::: \  
  |     (  (      |  
  \     `ー'     /   


110 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:48:36.78 ID:MGrnU3oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       
 |    ( ●)(●)       ……もう、起こりそうだと言ったらどうする?    
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /         ナニガダオ?
  \_    <´
    /´     `\
     |       |
     |       |


111 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:49:06.05 ID:MGrnU3oo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    お前の言う、豪族と皇帝の争いがだよ。
 |    ( ー)(ー)    
. |     (__人__)   お前に荘園経営を薦めたのは、ニートを脱出させたいからだけじゃない。 
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }    自覚のなかったお前に、豪族としての立場、直面している問題を少しずつ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    学んでもらうつもりだった…… 

                   まさか、ここまで飲み込みが早いとは予想外だろ……

112 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:49:28.87 ID:MGrnU3oo

     ____
   / ノ  \\    あーのー、言ってることが判らないお?
  / (○)  (○)\   
/ ∪  (__人__)  \  (なんかやばそうな空気だお……)
|      ` ⌒´  u  |  
\   し       /   

113 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:49:45.44 ID:MGrnU3oo



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    ではやる夫。率直に言おう。 この俺も含む、南陽豪族のグループは……
 |    ( ー)(ー)    
. |     (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }    
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    

                   
114 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:52:06.80 ID:MGrnU3oo

                    ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i    
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|     近い内!
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      皇帝、王莽に対して!   
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/      反乱を起こすつもりでいるッ!    
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/          
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|            
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l           
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

115 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:52:38.60 ID:MGrnU3oo


         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

       ____
     /ノ   ヽ、_\       
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /

116 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:53:11.02 ID:MGrnU3oo

 ニートを脱出できたと思ったら、
 反政府集団に組み込まれていたやる夫の未来はどっちだ?


 第一章    「南陽豪族」終わり


 第二章   「王莽失政」へ続く

117 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/09(日) 14:53:11.09 ID:6Rexx6Eo
    _,、__________,,,、
    `y__////_jニニニニニfi
    〈_フソ ̄フ ,=-_,,,,-┴─'
    //o /rて__/
   ,//三/ / ̄"
  〈。ニ___/

武器ここに置いておきますね
118 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:53:48.68 ID:MGrnU3oo


(補足)




 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   ここまで付き合ってくれてありがとう。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! 序章の終わりに、中国史ものにつきものな登場人物の呼び方について説明したいと思う。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´        古代中国では、人の名前は、「姓」 「諱」(いみな)  「字」(あざな)に分かれていた。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


119 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:54:07.78 ID:MGrnU3oo

   ((       
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   たとえば 「三国志」で有名なこの人で言うと……
 ゝ*,,・∀・)  

            _,,. -‐‐‐‐‐‐‐- 、
           lヽ ヽ ヽ ヽ  ヽ ヽ
           l }  |  |  |  |  |
           l }  |  |  |  |  |
           |ニニ''" ̄ ̄ ̄ ̄`゙|     劉備 玄徳
           /〃'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー、
          / {.l く゛ー-- 、_   _,.ヘ ヽ
          { | | /     `"''゙゛  ヽ }
          〉| レ/`ヽ、,,_   _,.='ヘ 〉j
         {ヽ|j  ' ̄('7`  { エ'ア } l
         l 9lj    ̄     i  ̄ !'
          ヽjl        ,,.j   i
           _ll    〃_____'"_, 》 !
         /ロ{ト、   ''   ,,.  ' /
       /ロ回| \       /ト、
     __/ヽ回ロl    >---i||i'"ニンjロ\
__,. -‐''"    \回\ | {二ン ハ 厂/ロロ.|`ー、



120 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:54:36.27 ID:MGrnU3oo


     ((    
  '´ /ニ゙ヽ         劉 (姓)
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)          備 (諱)
  ノ  つ━━━━━━    
 /_l 弋ゝ             玄徳(字)
(( (/ J              
 

……がそれぞれ当てはまる。


当時、よほど親しい相手でもない限り、

諱を呼ぶことはタブーに近い行為とされていた。

皇帝の名前なんかはその最たるもので、

歴史書を書くとき、昔の人物の諱に対してさえも、

皇帝の諱とかぶる場合は、別名に置き換えるくらいだった。
121 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:54:57.18 ID:MGrnU3oo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ では その人を呼ぶときはどうしていたかというと、
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! 字や役職名を使った。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ  劉備の場合、「玄徳」と呼んだり、予州牧という地位にあったことから、
    | `ー  ̄ , '    「劉予州」などと呼ばれていた。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

122 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:55:53.95 ID:MGrnU3oo

   ((      
  '´ /ニ゙ヽ   でもこの手の物語だと出世して役職がコロコロ変わっちまうし、
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  字をいちいち覚えてもらうのもめんどくさいよな。

        というわけで、作中でもふつうに姓+諱で呼んでもらうことにするぜ!
        「山田太郎」みたいにいちいちフルネームで呼ぶのも変な気がするけど、
        横山先生の三国志とかでもそんな感じだしな!



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  ただし例外もある。          
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  やる夫の兄の劉伯升 の「伯升」は字だ。
 `ー-、」    '  i_ノ  
    | `ー  ̄ , '    これは、諱がメモ帳で使えない文字なので、楽な方を採用したからだ。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\ あと、物語中の「やる夫」という呼び名も字という設定にする。
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

              読み進めてもらう分には問題ないと思うので、気にしないでくれ。
123 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:56:21.38 ID:MGrnU3oo

 

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   創作部分を付けすぎ、
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  展開が遅くなってしまったッ!
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  「後漢書」ではまだ一ページも進んでいないッ!
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   第二章ではもう少しペースを上げるッ!
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ  
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l  
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l



  
124 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:56:42.04 ID:MGrnU3oo


         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ         
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\       
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',   今回はここでおしまい。第二章までえーー
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i  
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::',  
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i  
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \


125 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/09(日) 14:56:55.25 ID:6Rexx6Eo
>>120
習ったなぁ。誰だったか忘れたけど違う字にしたんだっけ?
126 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:57:10.56 ID:MGrnU3oo

 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘ 
  ̄                                              `v '"                 .l. /     
(さよならだ!)



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  


127 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 14:57:43.42 ID:RMZLCQwo
128 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/09(日) 14:59:00.69 ID:6Rexx6Eo
>>1

どこまでやる予定?即位あたりまで?
129 :1 [saga]:2008/11/09(日) 14:59:05.50 ID:MGrnU3oo
 
  今回はここまでです。

 見てくださった皆さん、ありがとうございました。

 大体週一くらいのペースで行けたらなと。

130 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/09(日) 15:00:56.90 ID:7R3/znEo
1乙。
131 :1 [saga]:2008/11/09(日) 15:02:24.79 ID:MGrnU3oo
>>128

 やる夫の死までやりたいですね。
 最低でも、天下統一までは。
 
 光武帝はわりと恵まれた人生なので、
 山場が少ないと言えば少ないんですけど。
 地味な帝王の話も好きなので。
132 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 15:09:40.35 ID:Pak5tz6o
乙です
続き楽しみにしてます


塚本光武帝はつまらなくはなかったよ なんじゃこりゃww と思うかも試練がww
図書館で借りるとかにしといたほうがいいと思うww
読み終わったら>>1の感想を聞かせてほしいものよのォ!

133 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 15:11:04.23 ID:7R3/znEo
光武帝のやる夫スレができて個人的には嬉しいww
あと中国史なら朱元璋、石勒が面白そうかな。
134 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 15:13:42.01 ID:LCanF3Mo
面白かった、続きを楽しみにしてるぜ!
135 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 15:17:15.78 ID:48EIyUco
1乙です
136 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 15:23:47.64 ID:Oo1v.UUo
卑弥呼でる?
137 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 15:28:48.62 ID:BwlP632o

次回、楽しみにしてるよ
138 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 15:34:14.03 ID:gtkb/QDO
乙!
139 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/09(日) 17:40:30.15 ID:ESIk2uUo
しかし雲台28将+馬援だけで29人も枠使うけどAAは足りるんだろうか
140 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 17:41:30.89 ID:tJpO2Wco
乙です。
次回も楽しみにしてます。
141 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/09(日) 18:10:52.32 ID:xE1E.6A0
乙! 子供のころに買ってもらった星座の伝説集に光武帝がチラッと出てたから、
すごく懐かしい気分!
142 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 18:41:46.39 ID:3jJr4SMo
乙!
来週楽しみにしてるぜ!
143 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 18:44:59.40 ID:FC8kCFoo

やる李斯の始皇帝と違いすぎて吹いた
AAって面白いなぁ
144 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/09(日) 23:10:41.67 ID:L8F62EDO
調べてみたらかなりの名君みたいだな。
結構楽しみだ。
145 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/10(月) 19:24:46.27 ID:3.ctpN6o
146 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/11(火) 00:23:03.59 ID:0lxjOcM0
やる夫が歴史上の人物をやるとチートになりそうなもんなのにどのやる夫もうまいことやる夫のキャラと折り合いつけてるもんだよなぁ
147 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/11(火) 00:37:51.66 ID:XKT2FKEo
光武帝劉秀は立ち上がるまで普通に大した事ないと思われてたけどな
劉邦にあこがれてヤクザみたいなというかそのものの暮らししてた兄の尻拭いしてる
大人しくて凡庸な次男坊ってのが周りからの評価だった
148 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/11(火) 12:59:00.31 ID:RnVgk0U0
ちくしょう先にやられたてたかwwww
でもこの人中々に上手いから期待。

ところでケ禹マダー?
149 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/11(火) 14:52:39.79 ID:9uc/yvso
この人笑える逸話が多いから好きだわ
でも知名度は低いな
150 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/11(火) 15:07:49.25 ID:PFpjeRMo
新の時代前後は、学校の授業だと殆ど相手にされないよな。

同時期に出現したイエスに人気が集中するのと、新の存在が一時的みたいな扱いだからだろうけど。
そういえば周も西周の頃はほぼスルーだな。
魏晋南北朝も、西晋崩壊以降は隋まで飛ばされる。
151 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/11(火) 20:08:10.32 ID:23o7SgUo
軍師格で言えば頭脳派の常勝将軍で政治家としても一流なのに控えめで目立たない馮異がケ禹より好きだな。
152 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/11(火) 22:53:28.50 ID:1tKLbQgo
劉秀の河北をおさえて天下を臨むという戦略をそのまま袁紹も使ってるな
153 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/12(水) 00:06:40.05 ID:wFOKuDMo
劉秀の頃は辺境だった荊州あたりが200年後には文化の中心になって栄えてんだよな
154 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/12(水) 00:18:33.77 ID:c21r.zwo
家康が封ぜられた頃の江戸はど田舎だったが、二百年後には世界有数の都市になったぜ?
155 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/12(水) 00:30:40.35 ID:wFOKuDMo
江戸はなんだかんだいって東国の生産性が鎌倉、室町の武家政権を経て十分に高まっていたから
単に中心地がど田舎だった江戸の町に移動しただけじゃね
荊州あたりの異民族が跋扈してるような辺境開拓地とは違ってそうだが
156 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/12(水) 01:32:35.38 ID:V4mH2F.0
江戸ド田舎説も秀吉悪役扱いと家康持ち上げのためのプロパガンダで
実際は都市とまではいかなくても関東平野奥地と江戸湾を結ぶ水運の中心だったらしいしな
157 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/13(木) 12:21:48.69 ID:NSmrVjM0
光武帝の人生ってファイアーエムブレムそのものだからなあ。期待
158 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/13(木) 22:17:06.60 ID:jVg7dt6o
次回が本当に楽しみだ。
陰麗華とケ禹をはじめ二十八宿将は誰をあてるんかな・・・
159 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/14(金) 01:33:51.42 ID:wVDtk2.0
光武帝は笑えるエピソード満載だし、統一した後の猜疑心暴走と無縁なのがいい。
陰麗華と郭聖通が誰になるのか楽しみだ
あと馬援と隗囂と公孫述も
160 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/14(金) 01:41:49.68 ID:2M35lXko
血なまぐさい呉漢が誰になるのか・・・馬武もおいしいキャラだな
161 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/14(金) 11:12:19.04 ID:AtHngPAo
二十八将の上から七番目くらいまでは、
みんなキャラが立ってて面白いよな。
個人的には耿?と馮異イカス!
162 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/14(金) 21:44:18.37 ID:GgM/wPQ0
なぜ二十八将の下のほうなのかわからない王覇も捨てがたい
敵の方も摯とか意外と楽しみなんだぜ
163 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 00:04:55.44 ID:X5OidGE0
>>159
皇帝になったやつは粛清か酒色に溺れるのが相場なのにね
あの劉邦の血を引いてるとは思えないくらい温厚だよな
(ネタバレにつき削除)の順位入れ替えなんて大胆なことやったのに反乱や陰惨な謀略も特に起こってないし
164 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 00:32:32.60 ID:E/uAF3Qo
麗華ちゃんは史書から察するに、天然系まじめ美少女。
さて配役やいかに?
165 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/15(土) 00:53:49.04 ID:dqypKlI0
>>163
見方を変えれば、粛清を敢行できるほど皇帝権力が強くなかった、とも言えるがな。

おかげで後漢王朝は豪族外戚に乗っ取られ、奪権を目指す皇帝との闘争が政治の不安定をもたらし、それは滅びるまで続いた。
166 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 01:00:46.65 ID:O4jdEqso
>>165
外戚勢力が強くなったのは途中から皇帝の早死が
多くてマトモな年齢の皇帝がいなくなったからだな
167 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 01:02:58.59 ID:ehgLSn2o
>>165
光武帝一代に関しては厳罰主義や減税・軍の縮小など、
士大夫に不評な政策を行ってるので権力が強くなかったというのは違うのでは?

その後短命な皇帝が続くと皇帝の主導権が失われたのは確かだけれども
168 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 01:04:51.05 ID:X5OidGE0
そこは更に考えて>>163なことをしても宿将や豪族たちが妙なことを起こさなかった光武帝地味にすげえってとこでは
やる夫や弟、息子たちあたりの人望や能力が優れていたから1、2代はどうにかなっただけで結局>>165の流れにはなったけど
169 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 01:34:34.91 ID:E/uAF3Qo
>>166

>>167
に賛成。

光武帝は酷吏を登用して強権発動してるし、
豪族層を弾圧して奴婢の解放してるし、
皇帝権力はぜんぜん弱くないっしょ。
170 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/15(土) 16:24:35.06 ID:dqypKlI0
>>167>>169
まず光武帝の奴隷解放については、自分達の領土から奴隷になった人を解放するというもので、
つまり対象は軍事的に破れた豪族達から、自分達のものだった人民を取り替えそうというもので、
あまり言われるような人権的なものでもない。

そしてこの時期もっとも問題になったのは、>106-111に見えるように、豪族達の土地の兼併が進み、
皇帝権力を侵害するようになったということ。ネタバレになるから具体的には避けるが、新の王莽も
その問題を解決しようとして豪族の権益を削ろうとし、反乱をおこされた。逆に光武帝たちの反乱は
豪族の利益を守るために皇帝権力に逆らったもの。そこから皇帝になった光武帝は同じく豪族の
土地兼併を抑えようとして反乱を起され、結局撤回して終わる。

光武帝一代は確かに実権を握って豪族をある程度押さえ込んだが、それは個人的なものであって、
王朝の制度としてはまったく逆に、豪族の土地支配を認める方向に進んだ。
171 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/15(土) 17:45:08.24 ID:QoaabJ60
>>164 読書好きなヒューマノイドインターフェースじゃない?
172 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 18:35:36.16 ID:PFa3w3ko
俺は水銀燈がいいね
賢い水銀燈とかマジ見たいね
173 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/15(土) 21:09:30.02 ID:gxh6tyc0
>>170

それでも、奴婢開放を命ずる詔書に「天地之性人為貴」という文言を入れただけでも(当時としては)十分人道的と思えますが。

劉秀って、唐の太宗の憧れの人でもあったし、当時の天下万民がその治世から「聖王」と呼んで慕っていたら、
「おめーら、聖王、聖王ってうぜーから、今日から俺を聖王って呼ぶの禁止な」って命令したことあったんだよな。
174 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/15(土) 21:52:43.83 ID:dqypKlI0
>>173
「天地之性人為貴」という大義名分を口実に、自分の対立勢力を弱め自分の支持基盤である豪族達に
利益をもたらそうという政略だった、とも言えますね。
リンカーンの黒人奴隷解放が、背後には南部と北部の対立があり、南部を人権という口実で攻撃する
政治的策略だったという側面があるのと一緒ですな。

光武帝個人の人格は聖人と称えられるにふさわしく、名君であることも否定しませんが、だからって
その政策がすべて理想論から実施されていたわけではなく、失策失敗がなかったわけでもない。
175 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/15(土) 22:18:40.12 ID:1BRqbdE0
俺は「やらない善よりやる偽善」
って政治スタンス、嫌いじゃないなぁ。

ウンコ味のカレーかカレー味のウンコとかの
最悪の2択が選べず破滅するのがイヤ。
176 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/15(土) 23:33:54.92 ID:XWdg.320
この時代では延岑が一番好きです
177 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 00:29:37.46 ID:kZbj86Eo
28将には略奪を繰り返すヤツとか無法者なんかもいたな
178 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 11:58:02.91 ID:AHGMhAAO
>>170
>結局撤回して終わる。

撤回はしていなかったと思うが。
欧陽歙を斬って徹底したとみるべきじゃないのか?
179 :1 [saga]:2008/11/16(日) 12:37:37.47 ID:EwCZTCgo
お待たせしました。
本日、13:30くらいから投下します。
180 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 12:41:30.39 ID:kYJN0WI0
お、後一時間か。
待ってましたよと。
181 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 12:44:57.04 ID:BWvTgDw0
おお、期待期待
182 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 13:04:02.03 ID:82bEKo2o
おー来るのか。待ってます
183 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 13:19:20.39 ID:qbBWCe60
>>178
欧陽歙を斬ったのは不正蓄財。以後朝廷は土地調査からは手を引く。結果、豪族の土地兼併という
社会問題は野放しになる。
184 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 13:22:17.59 ID:AHGMhAAO
>>183
土地調査から手を引いたという記述あったっけ
185 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 13:23:05.69 ID:AHGMhAAO
まあいいや、投下後話そうぜ
186 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:23:42.37 ID:EwCZTCgo

漢王朝を開いた『項羽と劉邦』の劉邦、蜀漢の皇帝となった『三国志』の劉備。
日本でも有名なこの二人に比べて、今ひとつ知名度が低い後漢王朝の祖、光武帝劉秀。

このスレは、その光武帝を主人公とした物語です。

ソースは『後漢書』、各種研究文献、通俗二十一史など。塚本光武帝は終わってから読む予定。

基本的に史実に沿った展開ですが、拡大解釈や記述のない部分での創作は含んでいます。


まとめサイトに掲載していただいてます。

 
やる夫観察日記様   http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

やる夫見聞録様    http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html 
187 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:24:35.01 ID:EwCZTCgo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!     また会ったな。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ    解説・進行役のブローノ・ブチャラティと……
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ




   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   ナランチャ・ギルガだよ。
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  今回は漢王朝を簒奪した王莽の政治について
         説明することにするよ!
        
         たぶん、やる夫の出番はめちゃくちゃ少ないよ!
        まだ二話目なのに、いい度胸だね!
188 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:25:13.00 ID:EwCZTCgo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l     朝廷内の権力を握り、漢王朝を乗っ取る  
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l     前後の時期から、王莽は様々な政治・外交の改革を試みている。
 `ー-、」    '  i_ノ   
    | `ー  ̄ , '        これらは大体、同時進行で行われたので、時系列にそって説明すると
  ,,rへ、_ ` 〔´        ややこしい。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_     
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\   そこで、それぞれの政策ごとにまとめて紹介する。
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

189 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:26:14.92 ID:EwCZTCgo

@  王田の制

             

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!     豪族が土地を独り占めするのはけしからんでおじゃる!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     土地の売買は禁止!たくさん土地を持ってる豪族は、
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l     親戚やご近所さんに分け与えるでおじゃる!             
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<     
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``

                 

                  ___     つ
               ,. ‐¬'´.:.:.:.::`:ー- 、   つ
              /.:.:.:.:.::;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::丶、
             /.:.:.::,.::/:/7: :..:.: .::i.::、.::、:、.:.:.:ヾ:、
          /.:/ .: / / 1 | .: .: .: .:| : ト .:i.::ヽ.:.:.:ヽ:、
            /.:/.:.::/.:/:/ !.:|.: .: .: .: !: :j i.::|.:.::l .: .: l.::i
.         ,'.:/!.:.:_レ'千⌒ヘ.:.:.:.:.:jrァ¬ャ:、」: .:.:.::! :l
          ,.:/ |.:.:.:|! ,二、ヾ、.:.::/レ' _, 」/ i:| .:.:.:.:|.::|
        !′|.:.:i:|.f' 匕ハヽ ∨/ 1J`ト、.l:!.:.:.:.::j.::l
            |.:.:|:!  じ リ      lぃリ !リ.:.:.:.:,'.:.:!
           l.:.:|:l ""   丶    ` ´""/.:.:.:.:ハ.:,'
          '、:トヾ、  ┌──-ュ    /:;ィ.::/ 〃
           ヾ\  ゝ     ノ  /イ:/イ:i
    「`¨'¬===┴─────‐--イ不1_ト、|__
    | 成人男子八人以下の家庭は         |
    |                           |
    レ ¬  9頃以上の土地を持ったらダメ! 、|
    r'′-┴、                   i⌒ヽ \
   i´  -イ  余った分は近所・親戚に分けなさい!     

190 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:28:37.94 ID:EwCZTCgo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l     これが、西暦9年、 やる夫15歳の時に制定された「王田の制」だ
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l     当然、各地の豪族たちには大打撃だった。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

                    (南陽)
             __
           , '´ ̄ ̄ `丶、, -───‐- 、          な、なんですってー!
            /    ,.  '"          `ヽ、
              / /           `ヽ  \_     本家名義の土地だけで300頃……
               / /   / ∧     \  ヽ  \ト、
               / イ   イ / l  ト  l   l  |    l )   親族だけでは、とても分け切れません!
             /イ  フト、/   l  l\ _ト_ |   !  彡|イ    
              l/| l /ヽ l`   ヽ l '´ヽ! \ !   !  /| |
              | |トf-.-!    ヽ〒.-.-┬|   | /// )    
                 ト、l !:::C       !::::::::C |   ト、ノ/く
           <    ! T `ー'       `ー‐'´|   |` }/_ノ
           /   | l 〃"       "〃 イ  / ノT
           フ   ト、 ト、     _   u ノ/ /<`ー'
           ⌒j   ヽトl`丶、_ (、 ヽ_,. ..::'"l /:::::ヽ
                     / T ̄ _ト、:/イヽ::::::::',
                     jイ´L '´  ヽ::| L:_:::」
                 , ' ´/ ィ´:}   /`丶、
                /   j/:::Τ:ヽ  /      ヽ
191 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:31:00.47 ID:EwCZTCgo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    元春陵侯の荘園が、全体的にどのような割り当てで        
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!      経営されていたかは判らない。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ    ただ、ある程度の区画を親族に割り振り、それぞれ責任を
    | `ー  ̄ , '      持たせるのが一般的なやりかただった。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    だから、土地が少なく、親族が多ければ問題はない。
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  名義を分割するだけで済むのだが…
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ



   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   後年の記録を見る限り、元春陵侯一族の男子は
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   300頃を9で割った数……33人未満だった。
         
         だとすると、血のつながりのない近所の農民に、
         土地を分けなくちゃいけないことになるんだな。
192 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:32:00.50 ID:EwCZTCgo

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     お腹いっぱい食べられません。
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、   どうしよう……
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ 
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!
      i ! ` 、__________,,/i,`′
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
193 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:32:45.27 ID:EwCZTCgo

 700頃を主有する陰氏のように、南陽だけでも、さらに大規模な荘園主が存在する。

 当たり前ながら、この政策は各地の権力者に評判が悪かった。
 あまりの不評に、即位したばかりの王莽は政策を撤回せざるを得ず、
 王田の制はほとんど実施されずに終わったとされる。

        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ.  終  了 │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛



           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ 助かりました…
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉   
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   しかし王莽のこと、権力基盤が固まれば、
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉   また政策を復活させるかもしれません。
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'
194 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:33:52.95 ID:EwCZTCgo

A  六官政策
                              麻呂は商人が嫌いでおじゃる!

        /:;:;:``丶、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l  左から右へ物を動かすだけの商人が
        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;``T;:;:ー――;:;:'';:";:´ ̄;:;|  商品の値をつり上げて暴利を得るのは納得いかないでおじゃる!
       /三'ー- 、:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:___;:;ョ――彳      
       !三、 r=ぅ` ̄ ̄,二、    _Z三三ミ'、 鉄・塩に加え、お酒も国家の専売制にする!
       ,'ミ'^   ̄      ゙ー'   -ニ,三三三;}
       lミ,! '´ ̄`゙ヾr'_ 、_,-' " ゙゙ " '  'ヾ三三ム、 それと、色々な商品の物価を国で調整するでおじゃる!
       {ミ! `、二ニ'` =キ ー‐--_;彡'  }三シT'i|   
       ヾ!    ,ィ:   :.、` ̄´     ,}三/i Y/
       l !   /(_  ,,..ノヽ      }三リ レ/
       { l,  /   `"´   ヽ     }三、_ノ
       `'、 '  fエェェェz、、 ',     彡z‐ミ、
         ヽ   ゙トミ二二≧) ;  i    シ} ヽ、
          ヽ  `'ー'-'-'‐'′ノ ,'  / / /:.ヽ
            ゝ.丶 ̄ ̄´ '" ノィ"  / /:.:.:.:.ヽー 、
         /イ`i 、 ___,. ィ゙´ヽ',/ /:.:.:.:.:.:.:.) ,}、
    _,. -―ァ' /:.:.l 丶   :.:.:.:hj.  / /:.:.:.:.:.:.:./ / 丶、
_,. - '´    { ヽ:.:.:ヽ ヽ、   } / /:.:.:.:.:._,.:-'゙ /     \





          ./    \
          .| ^   ^ |   
          | .>ノ(、_, )ヽ、.|
         __! ! -=ニ=- ノ!_
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,. -‐ '|  塩・酒・鉄          
  / :::::::::::|   山や川の産物       
  / :::::::::::::|    物価の調整       
. / : :::::::::::::|    金融と貨幣鋳造と採銅
〈:::::::::,-─┴-、 これらを国が管理するよ!                
. | ::/ .-─┬⊃                 
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: /

195 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:34:35.64 ID:EwCZTCgo

/:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l     これが、西暦10年の「六管政策」だ。
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l     豪族には都市の商売で成り上がった者も多くいたし、
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '       そうでない者も荘園の産物を街で売ることで利益を上げていたから、
  ,,rへ、_ ` 〔´        この政策も、もちろん迷惑だった。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ





  / ̄三\           ふざけてんのか……
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)       山や川から獲ってきたものまで
. |;;;;;    (__人__)   .
  |;;;    ` ⌒´ノ       自由にできないなんてどんなだよ……
.  |;;;;        }   
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ        
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)
196 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:37:26.61 ID:EwCZTCgo


B    新通貨の発行


      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|   新しい王朝なんだから、
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,  漢の時代の通貨は廃止するでおじゃる!
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i   新通貨を流通させるでおじゃる!
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i
     ノ,.-| i::i          |   i
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,
197 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:37:54.47 ID:EwCZTCgo

/:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l     それまでの中国では、五銖銭(ごちゅうせん)という貨幣を使っていた。
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l     これは、丸型の縁にミゾを入れた構造のもので、偽造が難しく、
 `ー-、」    '  i_ノ     信頼性の高いものだった。
    | `ー  ̄ , '       
  ,,rへ、_ ` 〔´        それを王莽が新しい貨幣に変えたため、どうなったかというと……
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


       ナー コノオカネ ウサンクサクネ?
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧  デモ マエノオカネハ シヨウキンシダシ
 (´‐ω‐) .∧∧) ( ∧ ∧(‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
       `u-u' `u-u'        マエノオカネト オナジカチニハ デキネーナ

     
                      チャーハンクイタイ
198 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:38:34.74 ID:EwCZTCgo

従来



                
       ,;r''"~ ̄^'ヽ,
      ./       ;ヽ   チャーハン一皿
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l     通貨十枚だぜ!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/     フゥハハハーハァー
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_                    ・゚・ 。・
 l l    ヽr ヽ | _⊂////;`)                   ・゚・ 。・゚・ ・
 ゙l゙l,     l,|     l,,l,,l,|,iノ      ((    _,,,,,,,,,---ーー・゚・ 。・゚・ ・・,,,,,_
 | ヽ     ヽ       |     __ , - ' ゙   ・゚・ 。・゚・ ・゚・。・ ゚・。・ ゚・` ` ー 、
  "ヽ     'j ヽヽ, ̄ ,,,,,,,,/" ''''''''''⊃二二ヽ、 ヽ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・ ・゚・。・ ゚・。・゚・。 ,:'  ))
   ヽ    ー──''''''""(;;)   ゙j        `=ー--、....,,,,,______,,,,,... --‐=''
   ヽ、_   __,,,,,r-'''''ーー'''''          ``" '' 'ー───‐―‐' ''' "´



現在



                
       ,;r''"~ ̄^'ヽ,
      ./       ;ヽ   チャーハン一皿
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l     通貨百枚だぜ!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/     フゥハハハーハァー
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_                    ・゚・ 。・
 l l    ヽr ヽ | _⊂////;`)                   ・゚・ 。・゚・ ・
 ゙l゙l,     l,|     l,,l,,l,|,iノ      ((    _,,,,,,,,,---ーー・゚・ 。・゚・ ・・,,,,,_
 | ヽ     ヽ       |     __ , - ' ゙   ・゚・ 。・゚・ ・゚・。・ ゚・。・ ゚・` ` ー 、
  "ヽ     'j ヽヽ, ̄ ,,,,,,,,/" ''''''''''⊃二二ヽ、 ヽ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・ ・゚・。・ ゚・。・゚・。 ,:'  ))
   ヽ    ー──''''''""(;;)   ゙j        `=ー--、....,,,,,______,,,,,... --‐=''
   ヽ、_   __,,,,,r-'''''ーー'''''          ``" '' 'ー───‐―‐' ''' "´

199 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 13:39:20.06 ID:82bEKo2o
なぜチャーハンww
200 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:39:20.49 ID:EwCZTCgo

/:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ       物価の高騰が起こったわけだ。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l     
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l     貨幣経済とは、要するに通貨と商品との物々交換。
 `ー-、」    '  i_ノ     
    | `ー  ̄ , '       通貨の信頼度が下がれば、その分交換に要する量は多くなる。
  ,,rへ、_ ` 〔´        
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_      六管政策による物価の調整も、市場の価格を完全にはコントロールできなかった。
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ



結果、王莽政権の始めには1斛50〜100銭だった穀物価格は、
政権末期には1斛2000銭にまではね上がった。

荘園の穀物を売ることで生計を立てている豪族にとっては、
昔の売上が、二十分の一にしかならないことになる。
201 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:39:45.34 ID:EwCZTCgo

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     お腹いっぱい食べられません。
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、   どうしよう……
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ 
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!
      i ! ` 、__________,,/i,`′
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´



 /   _ノ  \      (お前、どんだけ食ってんだよ……)
 |    ( ノ)(ヽ)     
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く    ___
   |     \   | |
    |    |ヽ、二⌒)
202 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:40:12.32 ID:EwCZTCgo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!    このように、王莽の諸政策は社会に急激な悪影響をもたらし、
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    とくに豪族に大不評だった。
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ




   ((     でもさあブチャラティ、ちょっと疑問なんだけどさあ…
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,-∀- )   
         
203 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:40:29.33 ID:EwCZTCgo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l          なんだ?  
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

204 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:41:00.07 ID:EwCZTCgo

wikiとか百科事典を読む限りではさ、
王莽の評価って

     ((    
  '´ /ニ゙ヽ         ■ 現実を無視した政治で社会を混乱させた
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)         ■ 姦臣・逆臣の代名詞
  ノ  つ━━━━━━    
 /_l 弋ゝ            
(( (/ J              
 

みたいに散々だけどさ……


そこまでひどくなくねえ?
現実は見てないかもしれないけど、
コイツなりに筋の通った政策を採ってると思うんだけど……
205 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:41:49.68 ID:EwCZTCgo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    確かにな。 
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    王莽については再評価が進んでいて、
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '      中国史上初の社会主義の実践者、とまで評価する向きもある。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  だから近年の研究では、王莽政権を決定的に崩壊に導いた要因は、
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ  上に挙げた内政面ではなく、外交にあったとされている……





   ((        外交って…
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ     この時代の中国が気にしてる外国って言ったら…
 ゝ*,,-∀- )   
           アレ、だよなあ…

206 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:42:24.02 ID:EwCZTCgo


          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、            そうッ!漢王朝にとって、長年の悩みの種…
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ         
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',         
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|          すなわち、「匈奴」対策だッ!
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __  
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O)  
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l

207 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:42:55.76 ID:EwCZTCgo

世界史にまったく興味がないような人でも、
「匈奴」の名前は耳にしたことがあるだろう。

匈奴は紀元前四世紀末よりモンゴル高原を中心に活躍した
遊牧騎馬民族である。

しばしば 漢の国境を侵し、大規模な略奪を行っていた。


. ━━━━O∧,, ∧━━━━ロニニ>. ━━━━O∧,, ∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(・ω・` )              ∧,,∧ (゚Д゚,, )
    /ο ・ )Oニ)<;;> 略奪にきますた   /ο ・ )Oニ)<;;> 略奪にきますた
    /   ノ lミliii|(ヾゝ             /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡       (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡 
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ            ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_         / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_| 人人(_/  ヽノ 人人    ヽニフ|_|  人(_/  ヽノ 人人
 人人人   (_ヽ   人人人   人人人人   (_ヽ   人人人
人人    人人人人    人人人人    人人人人     人人
208 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:43:26.20 ID:EwCZTCgo

漢王朝は、匈奴に何度も痛い目に遭わされている。


紀元前200年には、匈奴を撃つため親政した劉邦が、深追いをしすぎ、大敗した
あげく、匈奴を兄、漢を弟とする屈辱的な条約を結ばされている。

            ))
           ((                                
           __   (:::.:)                ちくしょー…
           |ニ |  (:::;;)(;;;::)(;;::::)
           | ニ| \ ̄ ̄ ̄ ̄/
       (ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ ̄ ̄\
      /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ / / ̄~  ̄" ー _
     /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ /  /,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、
    /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ /  /::::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ
    /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ /  /:::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ /  /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
   /※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ /  /:::::::::::::`(:::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
 /ヽ――────────────────"  /::::::::::::::::::::::::: :●::::::::::::::::::::::: : : :_>
 ヽ____________________ノ ::::::::::::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
                               -____,, ----- ―"
209 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:44:10.78 ID:EwCZTCgo

以来、歴代の皇帝は匈奴に対して消極策を採って来たが、
第7代の武帝期に到って反撃に転じる。
武帝は衛青、霍去病(かくきょへい)といった名将を起用し、
幾度も匈奴を打ち破ることに成功する。
                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、   ぶるああああああ!
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、 オール・ハイル・漢王朝おああああ!
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }        
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ        
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }        
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,         
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_         
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

武帝(前156 〜 前87)

しかしそれでも一方的に勝利を得たわけではなく、将軍李陵が降伏したせいで
司馬遷がチンコを切らされるなど、被害は少なくなかった。

第9代宣帝のときに、匈奴は漢に対して自発的に臣従を申し出た。
内紛を防ぐための後ろ盾を得る目的があったと言われる。

以来、漢は匈奴を臣下扱いしてきたが、その実力を評価し、
様々な部分で気をつかっていた。

210 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:45:02.36 ID:EwCZTCgo

    :il|仞仞l     
    |||后后|                  
    `ト、Дィ    
  ,くEl〈V〉Elー____ 
  |;ト、゚;Y;゚|||;;;; ;ん;━━━━━━   璽       
  .l;|〈;; |;;l|    
  |;|ノ;/キ-                  章
. ん!'7;;/|;;|            
   /;;/ |;;|                 印
  /;;/ /;;/
  /;;/ /;;/
. / /  | \
. `ー′   `ー'′
 その一つとして、スタンプの名前がある。

 中国の皇帝は、支配の証として配下にスタンプを与え、
 相手のランクによってスタンプの名称が違っていた。

  「璽」(じ)は国内の王に与えるスタンプ、
 「章」は周辺民族の王に与えるスタンプ、
 「印」はそれ以外の臣下に与えるスタンプの呼び名だった。

 匈奴の支配者である単于(ぜんう)に与えるスタンプは、
 普通だと「章」になるはずだ。
 ところが漢王朝は、匈奴に「璽」を与えていた。

 君の国だけ特別ですよ、と面子を立てていたということだ。
211 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:45:38.98 ID:EwCZTCgo

ところが王莽は、その「璽」を取り上げ、「章」に変えてしまう。



               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!     
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  夷狄 ごときに何をビビるか!
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l   特別扱いはやめるでおじゃる!            
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<     
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
212 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 13:45:50.09 ID:JDaPh.go
オール・入る・浣腸まで読んだ
213 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:46:13.64 ID:EwCZTCgo


加えて、匈奴の風俗にまで口出しをはじめた。


      .|_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:i;:_;:_;:_;:_;:_;:|
      |_;:_;:_;:_;:_;_:_;:_;:_;:_;:_;:_;:;i;:_;:_;:_;:_;:_;:;|     麻呂の臣下である以上、
     |=ニニミ     , 一,   、ー、 ヾミi
    /ニ三彡ゞ,. .. `""´    `"  ,iミi    中華の決まりに従ってもらう!
    ,i三ニ彡ラ".:   , -‐‐-'.   .: ー- 、.ヾi
    ゞ彡彡'. .:  ,ィ'で入 . '. ,ィ'で)'、 ‖
   ,r=ミニ彡 ::    `゙゙゙"´ノ.::  ',`゙゙゙"´ .|    匈奴の単于は、名前を中国風に改めるでおじゃる!
    ii ノ,,ゞ彡 : ::.      ' ,:::   ',     .:|
   ヽ.( 〉ヾリ : : ::...   /ゝ =、_,,r`、   ::l
    ヽ "ヾリ : : : :::.. ,'   : :   i .::l
     `卅ヾi : : : .::: :  _,ィェェェュ、 :i ::i
     ' 'ヾ| ', : : .::: i 〈-‐‐rー, i i .:/
       ヽヽ: : ::: i ヽzェェェュリ :! /
       ,、.|: :ヽ: ::.. ヽ ヽニ二ノ  /
      /i |ノ: : : ヽ: :.        /
      /:ヽ\: : : : .`゙ー- 、..,,,,,,...ノ |\,,_
   _,,/::::::::ヽ \: : :. :.  ::   / ./:::::ヾヽ、_
 ノ´\::::::::::::::ヽ \: :. :  ::.  / /::::::::::::ヽ i `` ー- 、,,
"´、  `ー-::、::::::ヽ \: : .: ./ /::::::::::::::ノ |
214 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 13:49:45.02 ID:1Pl2KbEo
頃ってどのくらいの単位?
215 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:51:27.27 ID:EwCZTCgo

匈奴にしてみれば、新王朝に変わった途端、扱いが悪くなったと感じる。


       .//:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ./:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:ト、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:| \\:.:.:.:.:.: |    おかしいなぁ…どうしちゃったのかな
     l:.イ:.!:.:.:.:.:.:./|:.:.|:.:.:.:./!:./l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:∧  | |:.:.:.:.:.:.|    新王朝には何の恩義もないのに
     l/|:.:|:.:.:.:.:/.:.|:.:.|:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/ |   | l:.:.:.:.:.:.:,    どうして新しい皇帝になった途端
       V',:.: /:.:.:.|:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:/  :|   | |:.:.:.:.:.:.:',    上から目線なの 横暴になるの
       !:∨:.:.:.:.:|:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^レ   ∨  |:.:.:.:.:.:.:.:',   もう少し 私たちを尊重してくれてもいいじゃない
        |:.:.:.:.:.:.:. |ヽ| ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;/      \. |:.:.:.:.:.:.:.:.:',  ねえ、 私の主張、そんなに間違ってる?
        |:.:.: / ̄ ̄\ヘ.    ′       /イ:.:.|/、   ___ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
        |:/      /|:.:\  ` `     / |:.:/  「|Y´     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.', 
      /       //|:.:.| \__ .. イ |,|/  l|:| |      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:',
     ./       /〈. Vリ   | \_>'′  l      |:| |         ∧:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ./       / \\  l| !ニニ}   /    ,./ |           \:.:.:.:.:.:.:',
  /.        ;' //  | |::|    /'     \ |           \:.:.:.:.|
 「 \         /  \\   .|/⌒ニニニ/      〉〉 |        /  〉:.:.:|
      うしゅりゅうじゃくていぜんう
      烏珠留若提単于(当時の匈奴の一番えらい人)
      
216 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 13:53:33.84 ID:JDaPh.go
この匈奴には勝てないww
217 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 13:55:02.55 ID:BWvTgDw0
こんな匈奴だったらアフリカに移民するww
218 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:55:30.52 ID:EwCZTCgo

西暦十年のこと。

新王朝の支配下にあった西域のある国に、匈奴が侵入した。

漢王朝の時代なら、この程度の侵略に対して過剰な反応を返すことはなかったのだが……



            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l       許せーん!
            l;:;:;:___jl|___;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
           ,イ::7´ ,r=ぅ   r- 、  ̄``i丶、;:;:l      罰として、匈奴の領土を
          /::::シ  "´    ` ~´   ィ'ミ::::`'i!    
          )::/ ,. -− 、   , -− 、  `ヾ::::::::},     十五分割にしてくれるでおじゃる!
          l:::l.:.,ィ句丶y'.:  ィ句丶、:.:. ゙i:::::::::l
          }::l:.:.` ̄,.:'´ .: : `ミ ̄.:.:.:.:.:. l:::::::ム、
          l::l   , ' ,r'  ヽ、   :.:.:. }:::/^'i l
          N!    /゙'^'- '^'゙ヽ      l::fク //
          l l!   /  ,..,_,..、 丶     l:lぅ,ノノ
          しi  i   ,イエエエ>、 ヽ    ,l:ゝ- '
           ヽ. l l l{、:.:.:.:ノ:.:.:l) l   イ::ノ
            ヾ! l ヽゝェェェァツ  }   ,/:::ヽ
              >、  `ー-‐ '" ノ ,ィ'{^~゙゙´
            /l, ト、       ,ィ" Y lト、
           _/:.:.:ヽヽ.` ‐--‐ '"´    / ハ
        ,r‐</:.:.:.:.:丶丶 ヾ ,ソ    / /:.:.ヽ‐-、
    , -‐ ''"^ヽ 丶、:.:.:.:.:\\     //:.:.:.:.:ヽ } lー-- 、、
,, - '"      丶、 `` ー- ゝ ヽ、__∠∠.:-ュ:.:.:_,:ノ /    ` 丶、
 

>> 214 4600平方メートルくらい。
219 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:56:15.13 ID:EwCZTCgo

この決定に、匈奴単于は猛反発した。


       .//:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ./:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:ト、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:| \\:.:.:.:.:.: |    
     l:.イ:.!:.:.:.:.:.:./|:.:.|:.:.:.:./!:./l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:∧  | |:.:.:.:.:.:.|   少し、頭を冷やそうか……
     l/|:.:|:.:.:.:.:/.:.|:.:.|:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/ |   | l:.:.:.:.:.:.:,    
       V',:.: /:.:.:.|:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:/  :|   | |:.:.:.:.:.:.:',   
       !:∨:.:.:.:.:|:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^レ   ∨  |:.:.:.:.:.:.:.:',   
        |:.:.:.:.:.:.:. |ヽ| ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;/      \. |:.:.:.:.:.:.:.:.:',  
        |:.:.: / ̄ ̄\ヘ.    ′       /イ:.:.|/、   ___ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
        |:/      /|:.:\  ` `     / |:.:/  「|Y´     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.', 
      /       //|:.:.| \__ .. イ |,|/  l|:| |      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:',
     ./       /〈. Vリ   | \_>'′  l      |:| |         ∧:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ./       / \\  l| !ニニ}   /    ,./ |           \:.:.:.:.:.:.:',
  /.        ;' //  | |::|    /'     \ |           \:.:.:.:.|
 「 \         /  \\   .|/⌒ニニニ/      〉〉 |        /  〉:.:.:|


 匈奴は并州に侵攻、人民を虐殺し、郡太守を誘拐するなど、
 新王朝に対して叛旗をひるがえした。
220 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:56:46.08 ID:EwCZTCgo

                      匈奴
     .lll、               ↓ ↓↓             ,,,,,iiilllllii,,,,__,,,,,,,,,,,,iiiill!!! .,,illll .llli、    __  
    ._,,ill|            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__ .__,,,,iiiiil!!!l゙゙゙゜ .゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙^ .,,,iill!゙’ ,,illl .,,iiillllll!!lllllll
 .,,,iiiil!!!゙゙’           lll!゙゙゙”゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!!llllll!   幽州          ,iiiiil!!゙° lllll゚,,iill!゙° ↑   
.,,ill!゙゙`              llll,              llll、  .,,,、      _,,,,,,iill!゙`    .゙llliill!゙`     
lll!゙                '゙!!!lliillliiiiii,,,、           ゙゙!lli,..,illllli,、   .,iiil!!!!゙゙゙゛      l!!゙゙゜     
llli,,、   ,,,ill!!!ll,、    ,,,,,    .゙゙!lll          ゙!lllll!゙.゙!!lii,,,iiiilll!!!!li,,                 
.゙゙!llii,,. ,,,ill!゙゙ .゙llli,、  ,,ill!!ll、    ,lll           lll|   .゙゙゙゙゙’  .゙!llii,,,     .,,,iiii,,,,,,,,,_     
  .゙゙!!l!!!゙’   .゙!llii,,,_,,ill!゙゜llll、   .,ill!    并州    llll          ,,,,iiillllli,,,_   ,,iill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llll    
            ゚゙゙!!!!!゙° ゙!liii,,,, .lll!゙              lll"  冀州  iill!!゙゙゜ ゙゙゙!!!lliiiiiill!゙゜  .,,,iiill!!   
  ,,,,,,_            ゙゙゙!lli,iilll`              ゙!lli,      .lll、  青州    .,,,iill!゙゙°     
  ゙゙゙!!lliii、           ゙llllllii,,,     ,,,,,,,,,,、   .゙lll     ,,illliii,,,   .,,,iiiiii,,,,,,illl!゙°       
  ,,,iiiiiill!゙     涼州    .゙!!゙゙゙!lli,   ,ill!゙゙゙!!llii,,   lll,,,,,,,、.,,,iiill!l゙ ゙゙lll,,,,, .,ill!゙~゙゙゙llllll゙゜         
  lll ̄          `      '!ll、 _,,lll′ .゙!llil,  ,illl゙゙!llliill!゙゙゜   !lll!ll,.ill!′ .lll!゙°         
  ゙!!lliii、                lllliiil!!!!゙゙    .'!llli,,iill!llii,,,,゙゚゙゙エン州 ,,ill!.llllll!l   lll,、          
   ゙!llii,,            _,,,,,   ,,,,iiill!゙゜       ゙゙゙゙゙°゙゙゙!ll、  .,,,iill!!゙゜llll′徐州゙!lllii,,         
    ゙゙!!lliii,、      llll!llii,,,,iiill!!゙”” 司隷   、  .,ii,,,,,,,llll, .,,,,iill!!゙゜  .llli,,    .゙l!lll、       
      ゙!lli,,      'lll,,.゚゙゙゙゙”      `   .,,ill!llll゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!゙゙’    ゙!!liii,、   .゙!!lii,,       
       .゙゙llli,,,,、    .゙゙!!!liil,,,,,,_,,,,,,,,,、     .,,,illl’.゙!llii,,   予州      '!lll     ゙゙!lii,,,,     
        .゙゙゙lll|     .,,ill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!llii,,,,,,,,_ ,,iiil!!゙゙ ☆ ゙゙!lli,,      、 .,,,,,,,iiilllliiii,,,,,,,,,,,,,,,,,_,,llll!     
            ,llliiii,,,,,_,,,,ill!゙`     ゙゚゙゙゙゙゙!!!llll/ 南陽 .゙゙!!liii,,,、 .,,,iiiil!!!゙゙゙゙’ .゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!lllll,,,,,、   
      .,,iiiiiliil!!゜゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜          llll,,,,,、     .゙゙゙!!llii,,lll!゙″           ゙゙゙゙゙!!lli,   
      lll!゙`                     ゚゙゙llllll!          ゙゙!llll      揚州       ゙!lli   
     .lll″       益州       ,iiii,,,,,iill!゙°  荊州    ゙lll,、             ,,,,,,illl,,__  
     .lll,                    ,illl゙”””`             ゙!lliii,            '!!゙゙゙゙゙゙!!llll 
     .゙゙°                ``                  ゙゙゙′              '゙゙゙゙ 
221 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:57:04.31 ID:EwCZTCgo

  
. ━━━━O∧,, ∧━━━━ロニニ>. ━━━━O∧,, ∧━━━━ロニニ>
     ∧,,∧(・ω・` )              ∧,,∧ (゚Д゚,, )
    /ο ・ )Oニ)<;;> レイプOK!     /ο ・ )Oニ)<;;> 残虐行為手当て出たー
    /   ノ lミliii|(ヾゝ             /   ノ lミliii|(ヾゝ
   (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡       (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡 
      ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ            ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_         / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_| 人人(_/  ヽノ 人人    ヽニフ|_|  人(_/  ヽノ 人人
 人人人   (_ヽ   人人人   人人人人   (_ヽ   人人人
人人    人人人人    人人人人    人人人人     人人

222 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:57:36.89 ID:EwCZTCgo

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!     
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  おのれ匈奴めえ!
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l          
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<     
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l  三十万の軍勢と三百日分の糧食を用意せよ!    
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′ 完膚なきまでに叩き潰してくれるでおじゃる!
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``


 西暦十一年、王莽は 匈奴討伐の動員令を発した。

 しかし、あまりに規模の大きいこの作戦に、難色を示す臣下も現れた。
 荘尤(そうゆう)という将軍もその一人だった。
223 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:57:58.80 ID:EwCZTCgo

      l
      |      /       ,       | お待ちください!
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''| 三十万て!
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l 三百日分て!
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l 無茶すぎます!ご再考を!
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
   | l!:|.:::|!         u   |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''− ̄´"7l:::'、
224 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:58:37.51 ID:EwCZTCgo

    _,,.-''-、
 ,.-''"  ',' ヽ
..|;:;_:;:_;:;;:;::l:;_;;:;;:|
.|;:;:_:;:_;:;;:;::l:;_;:;:;;:|     何ででおじゃる?
|_____|__|
|三!  =' lll '=|=l     たくさん兵を用意して、
トニl <でiン ,ィでi>l
lヒヾ ` -'7' l、ー'lイ     たくさんの食料で
.ヾソ   l,、 ,、〉 lノ   
  |.  ,ィ=t、 l     たくさん敵をやっつけるでおじゃる!
.  ヽ、 `='"ノ
   人":慈:"7、
  ヽ_〉-;-;-〈イ
   ./|.__|;;;|__.|iニ二)
    ヾ_,、___/
225 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:59:17.63 ID:EwCZTCgo

     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i       都の目と鼻の先なら大軍もよろしいでしょうが……
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i      出兵先は補給・備蓄もままならない辺境です!
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     三十万人を三百日も食わせるには
.   /j_ ̄ _λ::::::::::::.l
   |::|l` ´ い|::トv::::.i    そこまで全国から兵糧を輸送しなければなりません!
   !|(  __ u|::|r':゙;;:::.i
   |::::>−=jノ〉ュ:::゙;;::.i   その輸送人員自体に食料が必要となり、
   // ̄ ̄]~| ̄\l::.i
  |/     |   `!j;リ  莫大なコストがかかります!
 /    〃 |、    ゙i
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )   三十万なら、せいぜい百日が限界です!
226 :1 [saga]:2008/11/16(日) 13:59:43.80 ID:EwCZTCgo

      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\               そもそも戦う相手は
     .  !::::::::::::::::"、_  _,:"::::::::::\
.       i::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ー─ヽ              速攻、一撃離脱を信条とし
.    .   i::::::::::::::::_,.-‐'゙_,.-‐‐゙,.\\、
       i:::::::::::::_,.-"゙  、  ッf丁ゝ\\、            略奪を終えれば さっさと引き上げるのが常の匈奴!
       ! !! i! i!!i!ニミヾ゙ ::.   ´  \\\
.        i i!i i!! i! !`"´  , 、   i! i\\\、         三百日の兵糧を抱えては、
        i! i!!i仆i! ,.、 ,.、  ,..-、  !i! i!! i!\\\、
       .i! i!ii/‐/゙|___|"_,l,_|_____゙、 /i! i!i i! i!ii  \ \ヽ、   それだけで鈍重な行軍となり、
.       i!i:,‐'" ヽ彡ニニ;;;;;ニニツ=" /i!i i!i i i!i i!   \  \
       !i!,| ゙ 、i彡 //-<-、._,.ノ、_i! i! !i! i i!i    \  \  あまりに不利すぎます!
.      /.i" ヽ、"'''ヾ" :::,.---' ____,,,,,,|....=--‐‐‐i i!、    \
     // |、.  ヾ、 ヽ-"l|~~(フ)__,,,.....----、---=‐-...,,_  \   やるなら少数精鋭、短期決戦こそ……!
    //l  ト、ヽ. ヾ、 ヽ:::::|ヾ、:::i  丶  、 ヽ      ゙゙'''‐、
  / lシ、、 .|:::::ヽ、ヽヽ.ヽ:::| ヾ:::!      丶ヽ 、_  ヽ.、 |
227 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:00:02.34 ID:EwCZTCgo

                              
        /:;:;:``丶、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l  だまれだまれだまれ!
        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;``T;:;:ー――;:;:'';:";:´ ̄;:;|  
       /三'ー- 、:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:___;:;ョ――彳   いやじゃいやじゃいやじゃ   
       !三、 r=ぅ` ̄ ̄,二、    _Z三三ミ'、 
       ,'ミ'^   ̄      ゙ー'   -ニ,三三三;}
       lミ,! '´ ̄`゙ヾr'_ 、_,-' " ゙゙ " '  'ヾ三三ム、 麻呂は大軍がいいー!
       {ミ! `、二ニ'` =キ ー‐--_;彡'  }三シT'i|   
       ヾ!    ,ィ:   :.、` ̄´     ,}三/i Y/
       l !   /(_  ,,..ノヽ      }三リ レ/
       { l,  /   `"´   ヽ     }三、_ノ
       `'、 '  fエェェェz、、 ',     彡z‐ミ、
         ヽ   ゙トミ二二≧) ;  i    シ} ヽ、
          ヽ  `'ー'-'-'‐'′ノ ,'  / / /:.ヽ
            ゝ.丶 ̄ ̄´ '" ノィ"  / /:.:.:.:.ヽー 、
         /イ`i 、 ___,. ィ゙´ヽ',/ /:.:.:.:.:.:.:.) ,}、
    _,. -―ァ' /:.:.l 丶   :.:.:.:hj.  / /:.:.:.:.:.:.:./ / 丶、
_,. - '´    { ヽ:.:.:ヽ ヽ、   } / /:.:.:.:.:._,.:-'゙ /     \

228 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:00:50.31 ID:EwCZTCgo


 王莽は聞き入れず、当初の動員計画に固執した。

 三十万の兵に三百日の兵糧を得るためには、全国各地から徴発する必要があった。

  とくに辺境の官吏の徴発は厳しく、
   多くの住民が生活に困窮して土地を捨て、流民となった。


裕福な豪族にとっても、迷惑は変わらない。
 第一章で説明したように、農民が農業に使う牛・馬は多くが荘園主からのレンタルなので……
229 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:01:17.90 ID:EwCZTCgo
  (南陽)
            __
           , '´ ̄ ̄ `丶、, -───‐- 、         
            /    ,.  '"          `ヽ、
              / /           `ヽ  \_     荘園で貸していた牛馬を持っていかれた?
               / /   / ∧     \  ヽ  \ト、
               / イ   イ / l  ト  l   l  |    l )   軍令とはいえ、なんと横暴な……
             /イ  フト、/   l  l\ _ト_ |   !  彡|イ
              l/| l /ヽ l`   ヽ l '´ヽ! \ !   !  /| |
              | |トf-.-!    ヽ〒.-.-┬|   | /// ) 
                 ト、l !:::C       !::::::::C |   ト、ノ/く
           <    ! T `ー'       `ー‐'´|   |` }/_ノ
           /   | l 〃"       "〃 イ  / ノT
           フ   ト、 ト、     _   u ノ/ /<`ー'
           ⌒j   ヽトl`丶、_ (、 ヽ_,. ..::'"l /:::::ヽ
                     / T ̄ _ト、:/イヽ::::::::',
                     jイ´L '´  ヽ::| L:_:::」
                 , ' ´/ ィ´:}   /`丶、
                /   j/:::Τ:ヽ  /      ヽ
                                     
                      
                                    ¶       ∧彡
                                    ( `Д)  彡 ・ \
返してよぅ                             /丑/つヽ,)彡  人.ヽ.)
 ̄∨ ̄ ̄ ̄                            //丑/(三"'''--/'''" ̄
  ∧_∧                           =≡=( (**)─┘   ヽ
 ( ´Д⊂ヽ                            /  ⊇       )
⊂    ノ                            / ノ ノ ̄丶  ソ \
  人  Y                            /// /    \ ヽ\ .\
 し (_)                           《_/ 《_/      ヽ/ラ丶/ラ

230 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:01:38.75 ID:EwCZTCgo

(長安)


     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i     食料・軍馬の調達を命じた役人が
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i    各地で不正を行っているようです。
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   命令以上に物資を取り立てて
.   /j_ ̄ _λ::::::::::::.l
   |::|l` ´ い|::トv::::.i   私物化しているとか……
   !|(  __ u|::|r':゙;;:::.i
   |::::>−=jノ〉ュ:::゙;;::.i
   // ̄ ̄]~| ̄\l::.i
  |/     |   `!j;リ
 /    〃 |、    ゙i
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )
231 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:02:17.07 ID:EwCZTCgo

    _,,.-''-、
 ,.-''"  ',' ヽ
..|;:;_:;:_;:;;:;::l:;_;;:;;:|
.|;:;:_:;:_;:;;:;::l:;_;:;:;;:|     汚職は許さんでおじゃる!
|_____|__|
|三!  =' lll '=|=l     監視役の役人を新設して、
トニl <でiン ,ィでi>l
lヒヾ ` -'7' l、ー'lイ     各地を視察させるでおyじゃる!
.ヾソ   l,、 ,、〉 lノ   
  |.  ,ィ=t、 l     
.  ヽ、 `='"ノ
   人":慈:"7、
  ヽ_〉-;-;-〈イ
   ./|.__|;;;|__.|iニ二)
    ヾ_,、___/
232 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:02:34.71 ID:EwCZTCgo

   ((     お? 王莽もちゃんと対策打ってるじゃん
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ    現実みてるんじゃね?
 ゝ*,,・∀・)  
233 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:02:54.15 ID:EwCZTCgo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ それはどうかな?
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! ナランチャ、「三国志」の序盤を覚えてるか?
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '    県令になった劉備の元を訪れた、「監督役の役人」
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    がどういう行動をとったか……
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ



   ((      
  '´ /ニ゙ヽ て     あ!
  li 从ハ)ソ そ   
 ゝ*,,・∀・)  
234 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:03:11.07 ID:EwCZTCgo


(南陽)

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ 役人の横暴を監視に来てくれるのか。
 |    ( ⌒)(⌒)     
. |     (__人__)  これで無茶な取立てもなくなるだろ……
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        
235 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:03:30.31 ID:EwCZTCgo

                         ,,、ー '""~~~~~~~ ~'''-、     
                       ,-'".. /'  レ "  //<<     
                     / ::::: /ri'ノii "  (~ヽr''')    . ホホホホホ……
          .          /  ::::::: r"ツ人ン    ヽ,/    . 
                   /  ,,,、、、、;;;;ij,//~ 彡,,、-- 、,      私が中央から来た監査役です!
                  r"r'"::、、、  '""ヽツ"     ,,、    
           .       rニti 、,,,ー'''''ヽツ(,,--、 'tr''ニ"ニ彡        
                 リ, '    ̄~)::)r"   ミ":::'"        南陽の皆さん!  
                //    ;;ッ''"(,」⌒'',"~'' ,,:::::、、、,        
                r'ii    r"/,、 ヽ-z⌒",, ヽヽ'~       とりあえずお金をよこしなさい!  
              A tii    `/;;"ヽ`'=zz三zz'7" 't;;|i
 r"ヽ  ,,、       /:::::|  i     |;i ii,,ゝ、_,、-''" ,ii  |;;i       ii
. |   ヽi;::ヽ     /::::::::|  t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、
. t    ヽ;:ヽ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ  ~' 、      
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 '     ~'''''ー 、ー< ̄~
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "     '"           ~'i::'i
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii        ,、-''"      |:::|
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~' 、;;;;;;  ~'''ーー------ー'''"      ,,、-''"        i::::i:::::
   )  ''フ"" r" ii ヽ、、  ti  ~''-''、、;;;;;;;;;;;;::::    ,,,,,,,、 -ー ''''"            リ:::リ :::
,,,、-"-ー''"   i;;  ヽ,     リヽ      ~~~ """""                   リ:::リ:::::
、    /::   t;;;  `'   ノ  t                              /:::/ :::::
.リ  r":::::::   'ー、;;;;;;;;;;;;/   t.                            /:::/:::
" ,,、" ::::''"      ~"      i|                            /::::/:::::::::
~~        〃
236 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:03:59.53 ID:EwCZTCgo


      / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ    な、なんだあんたは!
    | ⌒(( ●)::(●)  
.    |     (__人__).   なんでそんなことしなくちゃならねーんだ!
     |   ` |::::::::|´ノ.  
     |    `⌒´ }.  
      |       }    
      |      ノ
237 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:04:24.53 ID:EwCZTCgo


                         ,,、ー '""~~~~~~~ ~'''-、     
                       ,-'".. /'  レ "  //<<     
                     / ::::: /ri'ノii "  (~ヽr''')    . ホホホホホ……
          .          /  ::::::: r"ツ人ン    ヽ,/    . 
                   /  ,,,、、、、;;;;ij,//~ 彡,,、-- 、,      いいのですかそんな口をきいて。
                  r"r'"::、、、  '""ヽツ"     ,,、     
           .       rニti 、,,,ー'''''ヽツ(,,--、 'tr''ニ"ニ彡        
                 リ, '    ̄~)::)r"   ミ":::'"        私を怒らせたら、中央にあることないこと
                //    ;;ッ''"(,」⌒'',"~'' ,,:::::、、、,     報告しちゃいますよ?   
                r'ii    r"/,、 ヽ-z⌒",, ヽヽ'~         
              A tii    `/;;"ヽ`'=zz三zz'7" 't;;|i     それが嫌ならお金をよこしなさい。色々な接待もね!
 r"ヽ  ,,、       /:::::|  i     |;i ii,,ゝ、_,、-''" ,ii  |;;i       ii
. |   ヽi;::ヽ     /::::::::|  t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、
. t    ヽ;:ヽ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ  ~' 、      
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 '     ~'''''ー 、ー< ̄~
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "     '"           ~'i::'i
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii        ,、-''"      |:::|
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~' 、;;;;;;  ~'''ーー------ー'''"      ,,、-''"        i::::i:::::
   )  ''フ"" r" ii ヽ、、  ti  ~''-''、、;;;;;;;;;;;;::::    ,,,,,,,、 -ー ''''"            リ:::リ :::
,,,、-"-ー''"   i;;  ヽ,     リヽ      ~~~ """""                   リ:::リ:::::
、    /::   t;;;  `'   ノ  t                              /:::/ :::::
.リ  r":::::::   'ー、;;;;;;;;;;;;/   t.                            /:::/:::
" ,,、" ::::''"      ~"      i|                            /::::/:::::::::
238 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:04:46.31 ID:EwCZTCgo


           / ̄ ̄\
          /  \_,  ノ\    ふざけんなアアアアアア!
            |  /^\ァ.:::.r/)   
           |    ̄(__人__厂|
          | ノ(   }+++ノ ノ
         | ⌒    ̄´  }
         ヽ          }
           \     ノ i |i |
         /⌒      ヽ | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \

239 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:05:02.20 ID:EwCZTCgo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ このように、腐敗防止のための役職が、
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! かえって腐敗の温床となる始末だった。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '    
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ




      ((
    '´ /ニ゙ヽ  なんかもう……
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)   グダグダだなあ……
240 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:06:11.62 ID:EwCZTCgo

          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、      肝心の匈奴対策は、さらにグダグダだった。       
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ         
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',    兵と食糧を北方へ集結させるのに一年以上かかり、
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',         
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|    その間も徴発は続いたので、全国の民はますます疲弊していった。      
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二  
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.  
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::. 
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニ 


                さらに西暦十二年、今度は高句麗との間に問題が持ち上がる。

 
                王莽は匈奴討伐郡に高句麗の兵も参加させようとしたが、
                高句麗候は匈奴と戦うのを嫌がり、新王朝の官吏と争って殺害してしまった。
                
241 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:06:36.33 ID:EwCZTCgo

               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!   高句麗までもが…麻呂を愚弄するかああああ!  
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ   眼にもの見せてくれる!  
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l          
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<    先に高句麗を討つでおじゃる! 
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
242 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:06:58.04 ID:EwCZTCgo

      l
      |      /       ,       | 匈奴だけでも手一杯なのに
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''| 何言ってんですか!
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l この時期、匈奴以外とは穏健に接するべきです!
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
   | l!:|.:::|!         u   |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''− ̄´"7l:::'、


               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!    いーーーやーーじゃーーー!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l    高句麗候の首を取って参れええ!      
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<     
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``
243 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:07:53.20 ID:EwCZTCgo


      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\            (止むをえません……ここはできるだけ
     .  !::::::::::::::::"、_  _,:"::::::::::\            コストのかからない方法で…)
.       i::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ー─ヽ              
.    .   i::::::::::::::::_,.-‐'゙_,.-‐‐゙,.\\、
       i:::::::::::::_,.-"゙  、  ッf丁ゝ\\、            
       ! !! i! i!!i!ニミヾ゙ ::.   ´  \\\
.        i i!i i!! i! !`"´  , 、   i! i\\\、         
        i! i!!i仆i! ,.、 ,.、  ,..-、  !i! i!! i!\\\、
       .i! i!ii/‐/゙|___|"_,l,_|_____゙、 /i! i!i i! i!ii  \ \ヽ、   
.       i!i:,‐'" ヽ彡ニニ;;;;;ニニツ=" /i!i i!i i i!i i!   \  \
       !i!,| ゙ 、i彡 //-<-、._,.ノ、_i! i! !i! i i!i    \  \  
.      /.i" ヽ、"'''ヾ" :::,.---' ____,,,,,,|....=--‐‐‐i i!、    \
     // |、.  ヾ、 ヽ-"l|~~(フ)__,,,.....----、---=‐-...,,_  \   
    //l  ト、ヽ. ヾ、 ヽ:::::|ヾ、:::i  丶  、 ヽ      ゙゙'''‐、
  / lシ、、 .|:::::ヽ、ヽヽ.ヽ:::| ヾ:::!      丶ヽ 、_  ヽ.、 |





    荘尤は高句麗候を上手くだまして誘い出し、その首を切った。
244 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:08:20.82 ID:EwCZTCgo

         「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」  よくやった!
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、 あと高句麗は罰として、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) / 名前を「下句麗」に改名するでおじゃる!
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /  
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /  やーい下句麗ー! 変な名前!
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、    プギャー!
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /

                ..,,,_,,,,,

   
     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i     
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i    (この人に仕えてていいのだろうか……)
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i    
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   
.   /j_ ̄ _λ::::::::::::.l
   |::|l` ´ い|::トv::::.i   
   !|(  __ u|::|r':゙;;:::.i
   |::::>−=jノ〉ュ:::゙;;::.i
   // ̄ ̄]~| ̄\l::.i
  |/     |   `!j;リ
 /    〃 |、    ゙i
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )
245 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:09:21.16 ID:EwCZTCgo


   ((     部下は大変だなあ……
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ    でも本命の、匈奴征伐はどうなったの?
 ゝ*,,・∀・)  



          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、    それが、驚くほどあっけない結末を迎えている。       
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ         
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',  西暦十三年、烏珠留若提単于が死亡したからだ。  
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',         
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|         
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川   後継者は新王朝との和親策を採った。
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二  
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.  
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::. そのため、軍を集めた意味がなくなってしまった。
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニ 



      ((      ええええええええ!
    '´ /ニ゙ヽて 
   li 从ハ)ソそ   あんなに全国に迷惑かけといて?
   ゞ;,,TДT)  
   
246 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:09:47.89 ID:EwCZTCgo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ 匈奴が完全に大人しくなったわけではなく、
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! 小競り合いは何度か起こったみたいだがな。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '    しかし、三十万の軍勢と、三百日の食糧が必要な事態は訪れなかった。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    結局大量の人員を辺境に集めただけで、待機させていた間の食糧や
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ  輸送のための費用は丸っきり無駄だったわけだ。

247 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:10:03.60 ID:EwCZTCgo


           / ̄ ̄\
          /  \_,  ノ\    王莽のビチグソウンコゲロ野郎!
            |  /^\ァ.:::.r/)   
           |    ̄(__人__厂|    
          | ノ(   }+++ノ ノ
         | ⌒    ̄´  }
         ヽ          }
           \     ノ i |i |
         /⌒      ヽ | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \
248 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:10:39.20 ID:EwCZTCgo

                ____    / / /
         ,  ´ > ´     `ヾ `ヽ. /
        /  /          ヽ.メハ
      /  , '             Vノj      家畜をとられ、働き手を奪われ、
.        /   . i ト.  ヽ       V !\
        i i il ll i i ヽ. __ヽ.   ト.  Vト.  ヽ  汚職役人にかき回されて・・・
        | i il ilハ ,ィ化 ', ', l| }  } i  ハ
        | l li ト.  `~´  | i l l|ノ  ,'i li  jー'  しかも全くの無意味!
     「 「ト、/ ハノく       リl l i|  / l li〜ヘ
    | X´ / /  \ -    リ .i|/ヽ| ん〜''
.     >、 \,.<___  ヽ\ _ ,. ヘlliリ  _レ〜ヘ  これが怒らずにいられますか!
   / />、 .>、ー┤  ル'r‐‐く / ̄  /´ ̄
/´ 「.i/ / >`ーr‐‐┘ _____| 〈 )「__
  | |ト r〜 _フ メ._ il´   .|  `   ト.  /
  〉く \ヽ.  ノ.ノr'   /__7/`  ̄ V /



 南陽を含め、各地の豪族の怒りは頂点に達した。

 
249 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:10:55.64 ID:EwCZTCgo

 (ほほう……)
 
 (そんなに王莽が憎いかッ!)

 (新王朝が許せんかッ!)

250 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:11:20.13 ID:EwCZTCgo

   / ̄三\  て
 /:::u:::_ノ 三 \ そ
 |:::::::::::( ○)(○)  
. |;::::::::::: (__人__)   .  お前は!
  |::::::::::u |r┬-|      
.  |:::::::::::  `ー'}   
.  ヽ:::::::: u   }
   ヽ:::::   ノ  
   /::::  く  
   |:::::   \  
    |::::   |ヽ、二⌒)






             __
           , '´ ̄ ̄ `丶、, -───‐- 、          
            /    ,.  '"          `ヽ、
              / /           `ヽ  \_     あなたは!
               / /   / ∧     \  ヽ  \ト、
               / イ   イ / l  ト  l   l  |    l )   
             /イ  フト、/   l  l\ _ト_ |   !  彡|イ    
              l/| l /ヽ l`   ヽ l '´ヽ! \ !   !  /| |
              | |トf-.-!    ヽ〒.-.-┬|   | /// )    
                 ト、l !:::C       !::::::::C |   ト、ノ/く
           <    ! T `ー'       `ー‐'´|   |` }/_ノ
           /   | l 〃"       "〃 イ  / ノT
           フ   ト、 ト、     _   u ノ/ /<`ー'
           ⌒j   ヽトl`丶、_ (、 ヽ_,. ..::'"l /:::::ヽ
                     / T ̄ _ト、:/イヽ::::::::',
                     jイ´L '´  ヽ::| L:_:::」
                 , ' ´/ ィ´:}   /`丶、
                /   j/:::Τ:ヽ  /      ヽ


251 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:12:12.79 ID:2gfDAu.o
これがカリスマ性の高い君主なら、あるいは今までちゃんと政治を行ってきた君主なら「まあ戦争やらなくて済んだよねよかったよかった」と、ある程度は納得してくれそうなんだけどなぁ…
252 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:12:35.85 ID:JDaPh.go
王莽様のオゥ、モーレツ!
253 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:13:11.26 ID:1Pl2KbEo
DIOくるか!!
254 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:13:26.85 ID:EwCZTCgo

        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/      ならばこの劉伯升とッ!
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´    新王朝に叛旗を翻そうではないかッ!
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´        
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'


255 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:13:46.06 ID:EwCZTCgo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     (……)
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、   
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ (……)
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!
      i ! ` 、__________,,/i,`′
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
256 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:14:01.84 ID:EwCZTCgo

    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ   
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/     な、なんだ貴様らその反応はッ!
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"   
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::  U `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._      
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ    
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

257 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:14:19.42 ID:EwCZTCgo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     (ニートがでかいこと言い出した……)
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        


   

           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ (ニートが妄想を語り始めました……)
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'
258 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:15:08.53 ID:EwCZTCgo


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-     あ、哀れむような眼をよせッ!
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      この劉伯升がNHK朝の連続テレビ小説を
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   つい意味もなく再放送まで
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////    観てしまうような
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   不毛なニート生活に
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以  染まりきっていると
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 思っていたのかァーーーー!
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/ U ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     

259 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:15:38.55 ID:EwCZTCgo


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     え、違うの?
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ 違うのですか……?
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'
260 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:15:59.63 ID:EwCZTCgo


| 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |   
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |    いいかッ!
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ    
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|     この伯升は漢王朝の一族として
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/      王莽打倒の計画を長い間練っていたのだッ!
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/       
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、       
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))       
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ

261 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:16:24.18 ID:EwCZTCgo

     \ノ⌒ ミ'/____,._,.
     /_/  .)ニ二二ニニ‐--,.-、-     王朝転覆に必要なのは何よりも兵!
    / /ヽ// ̄~フ;;フ三ミ/,、/    
   .ヽヽヽ `´  .ノ//三/ //      だが、堂々と募兵など行っていては
    ) ノ_,.,,,;'/,./ \=!//  \\  
    /<(;;;i''_,ィ''/    |/   ││   反乱を目論んでいると声高に叫ぶようなもの…
   `ヽ/ ._!''´  ノ r'´|   
   ./  .|:::::.   .(´〉|          ならば使えるのは、
  ∠,,,,,,,_ ノ     ヽ,ノ|   
  .`''‐、ノ       ./  |   //    日ごろから盗賊対策のため、戦いを教えている
   r´‐-、     ./ <_///     荘園の農民たちだろう……
   l´`~'''`  _,.,  /    //
   .フ"''''  /  `ヽ、  // /
  ./   /    _`'''''''┴-
  し‐''フ´  _,.-‐'´_二--二二二
   `フ _,. =ニ‐''´ ̄      / /
262 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:16:47.71 ID:EwCZTCgo

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_    (おや……)
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、   
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ 
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!
      i ! ` 、__________,,/i,`′
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
263 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:17:02.52 ID:EwCZTCgo


   / ̄ ̄\        (案外まともなこと言ってるだろ…)
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
264 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:18:17.54 ID:EwCZTCgo


    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V   だが問題は、農民をいくらか戦にかり出した場合、
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   警備の減った荘園をどう守るかということ…
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    そこでこの伯升は発想を逆転させた。
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   荘園を狙う山賊どもの動向が気懸りだと言うならばッ!
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   
          ヽ  | |、       //: : |川    
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|
265 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:18:36.18 ID:EwCZTCgo

        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /    その山賊どもをもッ!
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/      
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ   反乱軍の仲間に引き入れてしまえばいいだけのことッ!
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´    
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´        
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'

266 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:18:55.15 ID:EwCZTCgo


   / ̄三\  て
 /:::u:::_ノ 三 \ そ
 |:::::::::::( ○)(○)  
. |;::::::::::: (__人__)   .  
  |::::::::::u |r┬-|      
.  |:::::::::::  `ー'}   
.  ヽ:::::::: u   }
   ヽ:::::   ノ  
   /::::  く  
   |:::::   \  
    |::::   |ヽ、二⌒)



         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・


       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_    
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、   
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ 
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄U  .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!
      i ! ` 、__________,,/i,`′
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
267 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:19:16.89 ID:EwCZTCgo

| 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |   山賊といえども
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |    
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ  社会から完全に孤立して生きているわけではない。   
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|     
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/   ときには官憲の眼をくぐって街にでかけ、酒を飲み、女を買い…、   
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/    無法者同士、街のDQNや侠客(ヤ●ザ)と交わりを結ぶものだ…    
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、       
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))       そこにこの伯升は眼をつけた。
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ
268 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:19:34.00 ID:EwCZTCgo


   / ̄ ̄\     まさか伯升、
 /    \  /      
 |    ( ●)(●)  お前が家産を傾けてまで、  
. |     (__人__)      
  | U   ` ⌒´ノ  ゴロツキどもと遊びほうけていたのは……     
.  |         }     
.  ヽ        }     
   ヽ     ノ    
   /    く  \      
   |     \   \     
    |    |ヽ、二⌒)、
269 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:20:08.01 ID:EwCZTCgo
                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-      
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    そうだッ!
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      すべては山賊どもを仲間に引き入れるコネクションを
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    築くためッ!
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////     
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/    この伯升はニートに非ずッ!
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以   
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  「戦略的に」
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i    職に就かないでいただけにすぎんッ!
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      本当は働きたくて働きたくて
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|      仕方がなかったがなッ!

270 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:21:09.02 ID:EwCZTCgo

                   i .:;r''´:::::_;;:::::::::.....    :::`ヽ、 _,,,,,,,,,,_
                  /l:;r'‐''¨;r'´ ..::::::  :::::...    .::;r'ヾ''' ̄ ̄`ヽ、   そうだったのですか…
                 i:..::/  /     ..:  ..:::::::::..  :. `ヾ`、     ヽ
                 ,rl;/::... /    ..::::     i    i :. ::. :::`、     `、 (本当かなあ…)
                  /:.::!、`ーi   ..:/:    ..::i  i l! ::. ::.、 :、ヽ     ,!
                 `、:l:. ` l   ::/:   .: ..::/  .:::!.:/l ::i :. ::i :i::..i
                /::::!ヽ:..l   ::!: ..:: .:::/  .:::/.:/ ! :::l ::.:::l:. :l::::!     
                 ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::! 
                  /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!
                 ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/
                 >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!  
                /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l
               /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l
               /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::! U      ヽ    /:::: l l   
              ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l
                `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l
                l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !

271 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:21:29.49 ID:EwCZTCgo

        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/      さあどうするッ!
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´    従兄どの!御曹司!
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´        
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"   この伯升の言葉、
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-      ニートの妄言と笑い飛ばすかッ?
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'
272 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:21:50.06 ID:EwCZTCgo


   / ̄ ̄\     
 /    \  /      
 |    ( ○)(○)   
. |     (__人__)      
  | U   ` ⌒´ノ      
.  |         }     
.  ヽ        }     
   ヽ     ノ    
   /    く  \      
   |     \   \     
    |    |ヽ、二⌒)、




                   i .:;r''´:::::_;;:::::::::.....    :::`ヽ、 _,,,,,,,,,,_
                  /l:;r'‐''¨;r'´ ..::::::  :::::...    .::;r'ヾ''' ̄ ̄`ヽ、   
                 i:..::/  /     ..:  ..:::::::::..  :. `ヾ`、     ヽ
                 ,rl;/::... /    ..::::     i    i :. ::. :::`、     `、 
                  /:.::!、`ーi   ..:/:    ..::i  i l! ::. ::.、 :、ヽ     ,!
                 `、:l:. ` l   ::/:   .: ..::/  .:::!.:/l ::i :. ::i :i::..i
                /::::!ヽ:..l   ::!: ..:: .:::/  .:::/.:/ ! :::l ::.:::l:. :l::::!     
                 ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::! 
                  /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!
                 ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/
                 >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!  
                /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l
               /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l
               /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::!        ヽ    /:::: l l   
              ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l
                `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l
                l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !

273 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:22:16.02 ID:EwCZTCgo


   / ̄ ̄\     
 /    \  /      
 |    ( ●)(●)   ……俺は。
. |     (__人__)      
  | U   ` ⌒´ノ      
.  |         }     
.  ヽ        }     
   ヽ     ノ    
   /    く  \      
   |     \   \     
    |    |ヽ、二⌒)、



                ____    / / /
         ,  ´ > ´     `ヾ `ヽ. /
        /  /          ヽ.メハ
      /  , '             Vノj      私は……
.        /   . i ト.  ヽ       V !\
        i i il ll i i ヽ. __ヽ.   ト.  Vト.  ヽ  
        | i il ilハ ,ィ化 ', ', l| }  } i  ハ
        | l li ト.  `~´  | i l l|ノ  ,'i li  jー'  
     「 「ト、/ ハノく       リl l i|  / l li〜ヘ
    | X´ / /  \ -    リ .i|/ヽ| ん〜''
.     >、 \,.<___  ヽ\ _ ,. ヘlliリ  _レ〜ヘ  
   / />、 .>、ー┤  ル'r‐‐く / ̄  /´ ̄
/´ 「.i/ / >`ーr‐‐┘ _____| 〈 )「__
  | |ト r〜 _フ メ._ il´   .|  `   ト.  /
  〉く \ヽ.  ノ.ノr'   /__7/`  ̄ V /
274 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:22:35.40 ID:EwCZTCgo

 後に数万人単位に膨らむ反王莽同盟。
 
 これが、その結成の瞬間だった。
275 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:23:18.70 ID:EwCZTCgo

   ((      ここまでが、前回、やる夫が
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   南陽に戻って来る前、西暦19年までの経緯だよ!
 ゝ*,,・∀・)  
276 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:24:31.24 ID:EwCZTCgo

<やる夫家>
 
          / ̄ ̄\
        / −  − \
        |  (−)(−) |      と、まあ、そんな次第で
        |  (__人__)  |    反乱計画が持ち上がったのさ。
         |   ` ⌒´  ノ     
   r"ヽ   |         }  
  (   =‐' ヽ        }   
   ゝ-'    ヽ     ノ     _
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ
277 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:24:48.88 ID:EwCZTCgo


           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ だましていたようでごめんなさい。
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉  ですが、急に切り出すのも 
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く   ショックが強いかと思って… 
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ   土地を離れていたやる夫にも、
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/ わたしたちの生活を学んで
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉  もらい、気持ちを知って
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '   欲しかったのです。
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'
278 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:25:05.75 ID:EwCZTCgo

         ____
       /::::::::::  u\        
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      兄上が……
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   あの兄上が…
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/    
    ノ::::::::::u         \ 


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ  (ま、ショックで当然だろ…)
.  |         }    
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ        
   /    く     
   |     \       
    |    |ヽ、二⌒)、     
279 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:25:42.36 ID:EwCZTCgo

       ____
     /      \       兄上がニートじゃなかったなんて…
   /  _ノ  ヽ、_  \      
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \     先に働けるようになって、
  |     (__人__)    |     
  \     ` ⌒´     /     内心、見下してたのに……

280 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:26:56.74 ID:EwCZTCgo


      / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)    ショックの理由がおかしい!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・ アイカワキョウ!!
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J
281 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:27:14.37 ID:EwCZTCgo

            」」      」」       」」       」」
        __  |    __  |    __  |    __  |
              |          |          |          |   _|  _|  _|
        ___|    ___|    ___|    ___|



        /  ,/ / /   _,..-''
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/      ほほう…
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´    貴様 この兄を
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´        
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"   そのように
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-      見ていたのかッ!
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'
282 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:27:55.14 ID:EwCZTCgo

               ____   
              /      \      スンマセン調子乗りました
            /( ○)}liil{(○)\
           / u  (__人__)   \   スンマセン
           |   ヽ |!!il|!|!l| / u |:
           \    |ェェェェ|     / 
           /           \ 

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-      
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   ザ・殴る蹴る!
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////    やる夫の心臓よ止まれッ! 
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/    
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以   
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i    
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|      
283 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:28:11.97 ID:EwCZTCgo


\ . ,,               '// ., /
\\ . -‐- . :: .  -‐- 、 // . ,  / _ ヽ
\\( ⌒  ⌒  ´   ' .. 'ヽ..  /  ´   )
 ;: ( ⌒ )=)´_ ⌒;: ⌒ .. ) ) // ニ==-
(  ( nヽー‐'__;:  _,、__ // `ヽ    )
二` - i l  / 。 i /   ゚ ヽ   ; .)  ) .  .─-
 )( ((.ゝ',:  ヽ_ノ  、__ワ ノ  )  二=− )
ξ ⌒, ; (, __,-、_,,、   ̄  )  ) )      )
ゝ//'.. .(> >__,ノ ) )) ) =]3   二=‐-
lー-、. ; ゝ ., :   Lヽ ノ, ; .: ., ) ) ノ  ノ
 ̄, :. ,//. , ;ー─ - - '. , \\\ -'


284 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:28:28.16 ID:EwCZTCgo


  ギャアアアア

 \
       
           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ  さて、これから忙しくなりますね。
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉  
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く   
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ   
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/ 
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉  
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '   
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'


285 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:28:42.92 ID:EwCZTCgo

 
          / ̄ ̄\
        / −  − \      やる夫も含め、
        |  (−)(●) |      
        |  (__人__)  |    同士も集まってきたし、
         |   ` ⌒´  ノ     
   r"ヽ   |         |    行動の幅が広がるだろ…  
  (   =‐' ヽ        }   
   ゝ-'    ヽ     ノ     _
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ

286 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:29:00.26 ID:EwCZTCgo

            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ   ちょ、ちょっと待つお…?
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
         /  -==、   '==-  ..:::::|  やる夫は反乱なんて御免だお。
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/   仲間になんか入らないお…
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\
                         
287 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:29:15.75 ID:EwCZTCgo

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、   
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  何言ってるんです?
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′
.     i ,ト、      , ,  i ,!       やる夫に選択の余地は
      i ! ` 、__________,,/i,`′       ないんですよ?
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
288 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:29:27.32 ID:7bhVknIo
>>282
>ザ・殴る蹴る!

そのまま過ぎだろww
289 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:29:33.80 ID:EwCZTCgo


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    この伯升が、 
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   血の繋がった兄が
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   反乱を起こすのだぞ? 
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////    
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  負ければ貴様も、 
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以   
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 連座で死罪となるは  
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   必定ッ! 
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|      
290 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:29:55.74 ID:EwCZTCgo

 
          / ̄ ̄\
        / −  − \
        |  (−)(−) |     死にたくなかったら、
        |  (__人__)  |    
         |   ` ⌒´  ノ     お前も反乱軍で気張るしかないだろ
   r"ヽ   |         }  
  (   =‐' ヽ        }      常識的に考えて……
   ゝ-'    ヽ     ノ     _
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ
291 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:30:18.50 ID:EwCZTCgo

        ____      
      /   u  \     
     /   _ノ  ヽ、_.\   
   / u   (◎)  (◎)\ 
   |  ⌒ u (__人__)u |  エエエエエエエエ!!!!!
   \     |!!il|!|!l| .⌒/  
             



『後漢書』によると、やる夫は最初のうち、反乱計画には
乗り気でなかったと言う。

急激な情勢の変化に、どちらかといえば
戸惑っていたらしい。
292 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:30:50.29 ID:EwCZTCgo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    とはいえ、伯升のような「反乱の種」        
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!     は全国で育ちつつあった。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
293 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:31:13.90 ID:EwCZTCgo

     .lll、                             ,,,,,iiilllllii,,,,__,,,,,,,,,,,,iiiill!!! .,,illll .llli、    __  
    ._,,ill|            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__ .__,,,,iiiiil!!!l゙゙゙゜ .゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙^ .,,,iill!゙’ ,,illl .,,iiillllll!!lllllll
 .,,,iiiil!!!゙゙’           lll!゙゙゙”゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!!llllll!   幽州          ,iiiiil!!゙° lllll゚,,iill!゙°    
.,,ill!゙゙`              llll,              llll、  .,,,、      _,,,,,,iill!゙`    .゙llliill!゙`     
lll!゙                '゙!!!lliillliiiiii,,,、           ゙゙!lli,..,illllli,、   .,iiil!!!!゙゙゙゛      l!!゙゙゜     
llli,,、   ,,,ill!!!ll,、    ,,,,,    .゙゙!lll          ゙!lllll!゙.゙!!lii,,,iiiilll!!!!li,,                 
.゙゙!llii,,. ,,,ill!゙゙ .゙llli,、  ,,ill!!ll、    ,lll           lll|   .゙゙゙゙゙’  .゙!llii,,,     .     
  .゙゙!!l!!!゙’   .゙!llii,,,_,,ill!゙゜llll、   .,ill!    并州    llll          ,,,,iiillllli,,,_   ,,ii■■■    
            ゚゙゙!!!!!゙° ゙!liii,,,, .lll!゙              lll"  冀州  iill■■■■■■■■■   
  ,,,,,,_            ゙゙゙!lli,iilll`              ゙!lli,      .lll■■青州■■■     
  ゙゙゙!!lliii、           ゙llllllii,,,     ,,,,,,,,,,、   .゙lll     ,,■■■■■■■       
  ,,,iiiiiill!゙     涼州    .゙!!゙゙゙!lli,   ,ill!゙゙゙!!llii,,   lll,,,,,,,、.,,,iiill!l゙ ゙゙■■i■■■■         
  lll ̄          `      '!ll、 _,,lll′ .゙!llil,  ,illl゙゙!llliill!゙゙゜   !■l,■■■         
  ゙!!lliii、                lllliiil!!!!゙゙    .'!llli,,iill!llii,,,,゙゚゙゙エン州 ,■■!■■■          
   ゙!llii,,            _,,,,,   ,,,,iiill!゙゜       ゙゙゙゙゙°゙゙゙!ll、  .,,,iill!!゙゜llll■徐州■         
    ゙゙!!lliii,、      llll!llii,,,,iiill!!゙”” 司隷   、  .,ii,,,,,,,llll, .,,,,iill!!゙゜  .llli■■■■       
      ゙!lli,,      'lll,,.゚゙゙゙゙”      `   .,,ill!llll゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!゙゙’    ゙!!liii■■■■       
       .゙゙llli,,,,、    .゙゙!!!liil,,,,,,_,,,,,,,,,、     .,,,illl’.゙!llii,,   予州      '!lll■■■■■     
        .゙゙゙lll|     .,,ill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!llii,,,,,,,,_ ,,iiil!!゙゙ ☆ ゙゙!lli,,      、 .,,,,,,,iiilllliiii■■■■■     
            ,llliiii,,,,,_,,,,ill!゙`     ゙゚゙゙゙゙゙!!!llll/ 南陽 .゙゙!!liii,,,、 .,,,iiiil!!!゙゙゙゙’ .゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!lllll,,,,,、   
      .,,iiiiiliil!!゜゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜          llll,,,,,、     .゙゙゙!!llii,,lll!゙″           ゙゙゙゙゙!!lli,   
      lll!゙`                     ゚゙゙llllll!          ゙゙!llll      揚州       ゙!lli   
     .lll″       益州       ,iiii,,,,,iill!゙°  荊州    ゙lll,、             ,,,,,,illl,,__  
     .lll,                    ,illl゙”””`             ゙!lliii,            '!!゙゙゙゙゙゙!!llll 
     .゙゙°                ``                  ゙゙゙′              '゙゙゙゙ 

294 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:32:00.98 ID:EwCZTCgo

  王莽の無茶な政治でガタガタにされた全国中、
 とくにダメージの大きかったのが青洲・徐州だった。

  この地方では西暦5年頃と11年に起こった黄河の決壊により
 河の流れが大きく変化しており、黄河から水を引いた田畑は機能を
 失っていた。
 
  それなのに、王莽はとくに治水対策をうたず、ぎゃくに匈奴討伐計画
 に関わる取り立てで、追い討ちをかけてしまった。
 
  加えて西暦14年頃から19年頃にかけては飢饉が頻発している。
 
295 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:32:22.69 ID:EwCZTCgo

   /  _ノ^ーiiili,,ヽ   
  /   llii__;ilil!!!'ヽ   
  .i      〉= ミ三}  
  ト      !,.  ミ三|
  .ト | _   ._Y__ !t!   
  〉{(lili,,`) ;;;(li,,,;ili) il〉
  ヽ_`_ー;;/^ヾ`ー'ilノ
   |ili=_ ヽー' ;;/|
   !liヽHHHHH/ ;!
    \ ̄ ̄ ̄/
     `ー--'"



  財産を奪われ、食べ物にもありつけない農民たちは、ある者は
  金と引き換えに家族を奴隷商人に売り飛ばし、ある者は土地を
  離れ、ホームレスと化していた。
296 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:32:41.82 ID:EwCZTCgo

  そんな哀れな流民が、ここにも一人…



          {ヽ         /}
        |  \     /  l
        |   ヽ、  /    |
        {      r-ァ'    ト
        >、   ノ-{     /: : :`ヽ
       /: : ,ゝ、_ィ、__x---rく: : : : : : :\
      //: :´: : :/: :.ィ: : : : `ヽヽ: : :ヽ : ::.
    /: /: :./: : : :/: :/ |: :l: : :.\: :l: : : :.l : : :i
.   /: /: : /: : : :/: /  l:.:ト、: : :.:.ヽ| : : : | : : :|
   /: イ: : :.! :.:.、/l:./   !:.l \/: | : : : |: : :.:| 
   |/ l: : !:.|: : :/メ/    ヾ,_/\:.:|: : : :.!: : : |
    |: :.l: |: :./ l/ `     ヽ___ ヽl : : : | : : :|
    |:./|: !:.∧ rf云    =‐rx、._|: : : :.|):,イ:l  ううう、おなかすいた〜・・・・。
    |/ l:.:|/:`.}. 辷ノ    弋辷ノ ト: : :.l:|/ l/
.      l∧::::( ''       ''' /: :.i:.∧!
         ヽ:./≧T>‐-r'ー--‐イ : /lメ、
        Y:.:.:.:|.{   }  / |/:/^ヽ
297 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:34:15.94 ID:EwCZTCgo

                      _
                   | \      /^!
           O         |  ヽ.     /   |  o  お父さんもお母さんも
                   o  ヽ   \  /   j     お姉ちゃんたちも
                    \  ノ^Y   /     みんな死んじゃったよー!
      °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
           , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚   わたしはドレイになったけど、
.           /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \     O
         ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Y::::::::::::::|::::::::::::ヽ   ご主人様は役人に殺されちゃった…
           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ',  o
        O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i
            ,':::::::::::::W ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |      
         i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|   C  
         |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l      
         レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
.             l:∧/ '/ /)、`_ー〜ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
.             |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V
298 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:34:31.96 ID:EwCZTCgo


                  / |
                     /   |  _,.. -―ァ
               _/   l /    , '
             ,. ::': :´: :{   /'     /        
        , ' :.:.:.::: : : : :ゝ___Y´ _,.<         
      /: : : : : : : :/'´ : : : : :.` ヾ: :.\     もう、三日も食べてない……
.      /: : : : : : : : :': : : : : : : : :i:、: : 、:ヽ: . ヽ
.      ,': : : : :!: : : i/ : : : : : : : :/ !: : i: . ':, .、:\    
     i: : :| : |: : : :|: : : : ; イ: :./   l: : |、: : ',: :\;ゝ   苦しいよう、眼が、かすんできた… 
     |: .:::|: :|: : : :|: : :/:.//   !: :| ,∨:.i : : ヘ
     |:::::::| :|:. : : :|/.:.:.:-      l‐j´ !: :! : ! : !
     |:::::::ヽ|::. : : :!::.:.:..:::.:..:.:.:     !/  ,j :,' : :| : |    
     |:::::i´`!::. : : :|:.::..○..:.:.:    ○ ./:|/: : :.|ヽj     
      j∧ヽ_|:::::. : :.l::::.:::..:.:.:.:.:..,    l:.:.:.:.,ィ:.,'
      \:|::::!: : : l:::.:.:....:.:.△..::.:. ,.イ:.:.:/ i/
        ヾ、|ヽ:.:.:l`.ー-ーr.-.<´  |:.:/
299 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:34:50.71 ID:EwCZTCgo


     もう…わたし

    死ぬのかな…

    どうでもいいや…

    わたしなんか…
   
    生きてる意味がないんだ…
 
300 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:35:14.95 ID:EwCZTCgo


               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ   おーす!
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ  なんだーお前ーー?
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Y: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´ 行き倒れかー?
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
     (ヽ        {:∧{ / :{__ / //ヽ、
    (\〉r',      ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
   rー'  .:} 〉-、    ,/ Vハ: : | ′;/,/   '.
   `こ、 / : ∧-、 /   ヾヘ、:! {/,/}     ヽ
      {/ : /: ノ ∨    { \∨/ /ノ       \
      ヽこ;/   ⌒ヽ\/ > ^´<´ \      ヽ


301 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:35:33.03 ID:EwCZTCgo

            \`ー――― ――‐ - ..
                _ .. -‐ ' "´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`: .、
             ,. <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               ∠.-z/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     腹へってんのかー?
               / .:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               /.:.:.::/.:.:.:.:/.:__;イ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
.            /__/ .:.:.:.:.:,'.:.:.::/`ト/!.:.:.:.:.:.:.:/:_/|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  これ、食うかー?
.           /´   / .:.:.:/ .:.::!.:.::/_   !' |.:.:.:.:.:.://`ヽ.! :.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|
             / .:.:.:.;' .:.::::|.::/⌒iヽl |:.:.:.:.:/'´__   ト、:.:.;'.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:|
               / .:.:.:.:,i . .:.:::レ'} ト-' ::} l .:.:./,.ィ==、、∨./.:.:.:.:.:.:.:.l|:.:.:.:.:|
.             ,' .:.::/ | .:.:::::: / i.:...::;'  !:/ /、_丿.:}ヽ》'.:.:.:.:.:.:ハ:.:l|:.:i.:./
            i.:./   | :.::::⊂⊃ー' ,. ′  i .::.....:::;'//.:.:.:.:.:.:.;':∧||::.|/
            |/     | :.:::::人          ヽ._;.' /.:.:/.:.:.:.:':/}:::'i|、:'、
                 | :.::;'::::::iヽ  ,、__     ⊂つ/./.:.:.:.:::/ノ:::::l::::ト\
                l :.:::::::/|/|`//._`____ . /イ.:.:.:.:.:.::/:::::::::::::::::| `ヽ
               | :.:.::/ /. V/   Yハ   '´ | .:.:.::/\ト、 ::::::::|
                    l :.:/   //__,x<´刀    ,|.::/'ヽ、 ヽ\:::::!
                   ∨   // 川::::::::/´ ̄`ヽ/:レ'.::::::::::::.\   ヽ|
                    // /Y!::::/     /.::::;.イ三三三ヽ、
                      // { Y:::i   /.:::://       `Y
                  `'   } iY:|  /.::::// /        }
                    /  | Y! /.:// }/       /
302 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:35:49.96 ID:EwCZTCgo

                   _   .     _
             ,. '"´ ̄ .  ̄`゙ヾ´ ̄ . ̄`゙ヽ、
             / .  . . .. ..:.:.:::;:;:;;;:.:..   . . .:.:;:ヽ、
           / .  .    . ...:.:.::::;:;:;;;;,:.:.. .   . ..:.::;:;、
             i       . . ...:.:..:;:;;;;;;:.:..  .. ..:.::;:;;i
       ;'⌒ヾ__( .    . ..:.:.::::;:;:;;;;;;;:.:.. . . ..:.::;:;;!'⌒ヽ
        '、     .::`;  .  . ..:.::::;:;:;;;;;;;;:.:.  . . .:.::;:;;i . .::;i
         ;'   ..:.:.:::;ノ⌒   . ..:.:.::::::;:;:;;;;;;;;:.:.. . . ...::;:;;;!  `!
       、_ ,.イ ̄ ̄(    .. ..:.:.::::;:;:;;;;;;;;:.:..    ..:.:.:;:;;i、 _;:ノ
           !  .  .   . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:.:..  .. ..:.:.::;:;:;;!
          '、   . . ...:.:.:.:.:::::.:;;;;;;;;:.:.. .. ..:.:.:.;:;;;/
              ヽ. .. ..:.:.:.::::.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;::.:.... .:.:.:.:::;:;:;;;〆
            ヽ、::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:.'"、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;: '
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄
303 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:36:05.79 ID:EwCZTCgo

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|   え…
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !   お肉…?
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|  
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!   嘘…夢?
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
       \ |  ヽ:,-y-、_ヽ: : ̄: :_X:.:レ:.:.:.:":.:.:.\
         ヽ ,.. ┴イ-i ハ _,.-<ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
           iィ====`イ_メ:.:..:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i ト、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  \:.:.:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
304 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:36:27.07 ID:EwCZTCgo

  : : : : : : : :!: :ハ: : :!   ハ: :{ヽ: /: : : ハ: l   ヽ: : : :ハ: : : : : \ 幻覚じゃねーってヴぁ!
  : : |: : : : |:/  ∨:|    V  {: : : : :| }/    '. : : l: : ヽ : : : : : '.
  : : |: : : : |'    ∨        ∨: : :.' ′    ∨: |: : : :{\: : : :| 食わねーなら、
  : : |: : : : |  r= ¨二二_    ∨:/ ,rチ二孑ハ /: : : : l  ヽ : |
  : : ∨: : .ハ レ´            j/  ¨´   { .|′ : : : |   ヽ| わたしがもらうぞー?
   : : ∨: : ├―‐ 、            {´ ̄ ̄ヽ: : : : : |
  : : : :∨: :ハ _ ノ    ノVヽ___,    ゝ―┬': : : : : : !     /
  : : : : :∨: ハ      /      ∧      /: : : : ハ: : |  r―/  
  : :ヽ : : ∨:.ハ     {          }〃 ̄ ̄>´ ̄ >ニニニニニ|   /
  : : : '. : : ∨:.ハ    '.       ハ     ≧<¨: :| ヽ|     '.  {
   : : : :' : : :∨:.へ ._ ゝ   __ ノ ィ `ゝ―‐ 1ヽ: : ::|  }       `¨>‐
   : : : :'. : : |ヽ:.<´  ¨ ー─< ___  / .∨: :! 
   : : : ハ : : !  ヽ         ヽヽ    `ヽ   V/

305 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:36:54.76 ID:EwCZTCgo

                   | \      /^!
           O         |  ヽ.     /   |  o  
                   o  ヽ   \  /   j     
                    \  ノ^Y   /     た、食べます
      °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
           , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚   
.           /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \    食べますっ!
         ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Y::::::::::::::|::::::::::::ヽ   
           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ', 
        O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i
            ,':::::::::::::W ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |     
         i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|     
         |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l      
         レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
.             l:∧/ '/ /)、`_ー〜ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
.             |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V
306 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:37:48.56 ID:EwCZTCgo


._______________    
 |        | ̄\  / ̄\.       |    
 |      \  kュ/ ~フ~"__.      |  はぐはぐはぐはぐはぐ
 |     ,ィ´:::;>-==‐<ニ: : :`ヽ、.Ο  |
 |  O/: : : : : ::,ィヽ;: : : : : : : :: ::ヽ、   | 美味しいよう…
 |   /: :.:/,ノ´::/ |  ∨:,廴: : i:: :: ::ハ | 
 | /,イ::/: : :/|;/  |  ∨ヽ、:: :|: : : :i:.:| |  美味しいよう…
 | '"/::/: : :./゛\、 !  /" ヽ|: : : .:|::| | 
 | /:.:V7::/} ,/ ::::::::::: \、  |: :: : :|:|  | 
 | |: : : |;/::jUUr〜'⌒)UUj: : ::;/リ'  | 
 |o|人:,-‐τ'⌒゛ヽr'"⌒ヽィ´/:;ィ´    |  
 |£ニ〈〈 ( { "       Y´ ̄ヽ、.〉 O |  
 |   ~~`弋__,_,,入__,,_;人〈〈 (~,}    | 
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
307 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:38:10.15 ID:EwCZTCgo

                 , ィ
                  / |
                     /   |  _,.. -―ァ
               _/   l /    , '
             ,.∧': :´: :{   /'     /   ……あれ、でもこのお肉……
        , ' : !_ノ: : : : :ゝ___Y´ _,.<
      /: : : : : : : :/'´ : : : : :.` ヾ: :.\
.      /: : : : : : : : :': : : : : : : : :i:、: : 、:ヽ: . ヽ   少し変な感じがする…
.      ,': : : : :!: : : i/ : : : : : : : :/ !: : i: . ':, .、:\
     i: : :| : |: : : :|: : : : ; イ: :./   l: : |、: : ',: :\;ゝ
     |: .:::|: :|: : : :|: : :X //   !: :| ,∨:.i : : ヘ これ、何の動物の肉ですか?
     |:::::::| :|:. : : :|/  `ー     l‐j´ !: :! : ! : !
     |:::::::ヽ|::. : : :!            !/  ,j :,' : :| : |  
     |:::::i´`!::. : : :|  ○      ○ ./:|/: : :.|ヽj
      j∧ヽ_|:::::. : :.lxw      ,   xwl:.:.:.:.,ィ:.,'
      \:|::::!: : : l  r ―--、  ,. イ:.:.:/ i/
        ヾ、|ヽ:.:.:l`.ー`ーr.--'<´  |:.:/
         ,、へ:::.\l、___j:::::::::/∧  !/
       /ヽ:\\::::::ヘ   !::::://:::∧
       ,'  \:\\:::ヘ |::://:::/  ',
308 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:39:22.36 ID:EwCZTCgo


: : : : : : : : : : : : /: : : :イ: : : :|:l: : : : : : : : : |: : :|: : : : : : :|: : \
: : : : : |: : : : : イ, ̄ 元ー: : :|:.| : : : : : : : : | -┼─、 : : :|:.:. : :ヽ   んー?
: : : : : l: : : ´/ ハ :/ |: : : :.|:.|: : : : : : : :/|: :∧: : : `: : :|:.:: : : ヘ  
: 、: : : :|: : :/ ∧ /   |: : : :/l::l : : : : : / |:.,' ∨ : : : :∧..:.:.: : ヘ   お前、    
: :|: : : :|: :/ /: :/     |: : / ||: : : : :/   v   ∨: : : : :|\.:. : :ヘ      
: :∨: : l: :l | :/     、|:./   |:.|: : : :/       ∨: : : :|:.::.\:.:.::ヘ  ヒトの肉は初めてかー?
: : ∨: :∨ /'  __ |' ヽ  | |: : :/  /      ∨ : : |::.:.:.:| \: ヘ
: : ::∨: ヘ 乏彡≠=ミ.、  レ|: :/   _rイ三三ト∧: : :.|:.:.:.:.|   \ヘ    
: : :.:.∨: ヘ‐─ 、          |/    "´´ , ─┴、\:.|:.:.:.:.|    \   
: : : :.:.∨: ヘ.   )         ,     /    人:.:ヽ.:.:.:.|        
: : : :.:.:.:ト; : ヘ‐‐"            、   `ー─/´:.:ヽ :.:.:.:.:.|
: : : : :.:.:|:ヽ: ヘ      ヽ____ -、--'       /:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|
: : : : : :..|:.:.\:ヽ、       \\\\─‐ ´:|、:.:.:.:.:.:.:| |:.:.::.:.|
\: : : :├ <\ヽ` ー─ _ ゝ、  ノ─ 、| ∨:.:.:./ .∨:.:.:|
  \: : :l  ヽ ヽ    ノ      ∨∧    \ |: :/   l: : :|  

309 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:39:27.74 ID:c4DjKQQ0
ああ、これは……
310 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:40:09.14 ID:EwCZTCgo


                  / |
                     /   |  _,.. -―ァ
               _/   l /    , '
             ,.∧': :´: :{   /'     /   
        , ' : !_ノ: : : : :ゝ___Y´ _,.<
      /: : : : : : : :/'´ : : : : :.` ヾ: :.\
.      /: : : : : : : : :': : : : : : : : :i:、: : 、:ヽ: . ヽ   
.      ,': : : : :!: : : i/ : : : : : : : :/ !: : i: . ':, .、:\
     i: : :| : |: : : :|: : : : ; イ: :./   l: : |、: : ',: :\;ゝ ━━┓┃┃
     |: .:::|: :|: : : :|: : :X //   !: :| ,∨:.i : : ヘ       ┃   ━━━━━━━━  
     |:::::::| :|:. : : :|/  `ー     l‐j´ !: :! : ! : !       ┃               ┃┃┃
     |:::::::ヽ|::. : : :!            !/  ,j :,' : :| : |      ┛
     |:::::i´`!::. : : :|  ○      ○ ./:|/: : :.|ヽj
               .|ヘ.::.:l、 ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
          ヽ::| 。≧       三 ==-
              -ァ,        ≧=- 。
              イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
             ≦`Vヾ       ヾ ≧
             。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

311 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 14:40:16.07 ID:xEnWHxU0
uryyyyyyyyyy!!(テメーなんてもん食わせるんだコノヤロー)
312 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:40:24.87 ID:c4DjKQQ0
やっぱりか
でも中国は最近まで普通に人食いあったからなぁ
313 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:40:42.21 ID:82bEKo2o
しかしコレ読むと、
連座制って反乱の抑止力どころか拡大に寄与してるのね。
314 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:40:55.60 ID:EwCZTCgo

   ((       
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ    「三国志」のアレ、「封神演義」のアレ!
 ゝ*,,・∀・)  
          古代中国ものと言えば、やっぱカニバリズムだよなっ!


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   …………
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '     
  ,,rへ、_ ` 〔´       
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

315 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:41:16.59 ID:82bEKo2o
>>312
普通ではないんじゃねーかい?
316 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:41:25.76 ID:EwCZTCgo


                   | \      /^!
           O         |  ヽ.     /   |  o  
                   o  ヽ   \  /   j     
                    \  ノ^Y   /     ふええええええええ!
      °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
           , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚   
.           /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \    人肉?
         ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Y::::::::::::::|::::::::::::ヽ   
           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ',  ジェフリー・ダーマー!
        O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i
            ,':::::::::::::W ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |   佐川君!   
         i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|     
         |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l      
         レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
.             l:∧/ '/ /)、`_ー〜ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
.             |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V

317 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 14:41:43.68 ID:xEnWHxU0
>>314
月餅か
318 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:42:21.93 ID:EwCZTCgo


       __ , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       > : : : : : : : : : : : : \
       /. : : :,ム∧: : : :/ーヘ : : ハ   あははー
.      / / レ V⌒ {: : / ⌒ レリ|: :|
      jハ ルi { > ヽ { </: : |: :|   残さずたべろよ♪
     ●:/{ : :}⊃ rーv ⊂⊃}:八
      /⌒レ: :ト  ヽ ノ  j /⌒i: :ゝ 化けてでちゃうぞ♪
      \ /::W >,、 __, イj/  ∧/
       /:::::/ ヾ:::|三/:::{ヘ、__∧
       `ヽ<   ヾ∨/ ヾ:::彡'
319 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:42:37.45 ID:EwCZTCgo

          {ヽ         /}
        |  \     /  l
        |   ヽ、  /    |
        {      r-ァ'    ト
        >、   ノ-{     /: : :`ヽ
       /: : ,ゝ、_ィ、__x---rく: : : : : : :\
      //: :´: : :/: :.ィ: : : : `ヽヽ: : :ヽ : ::.
    /: /: :./: : : :/: :/ |: :l: : :.\: :l: : : :.l : : :i
.   /: /: : /: : : :/: /  l:.:ト、: : :.:.ヽ| : : : | : : :|
   /: イ: : :.! :.:.、/l:./   !:.l \/: | : : : |: : :.:| 
   |/ l: : !:.|: : :/メ/    ヾ,_/\:.:|: : : :.!: : : |
    |: :.l: |: :./ l/ `     ヽ___ ヽl : : : | : : :|
    |:./|: !:.∧ rf云    =‐rx、._|: : : :.|):,イ:l  うう、結局、全部食べちゃったよう・・・・
    |/ l:.:|/:`.}. 辷ノ    弋辷ノ ト: : :.l:|/ l/
.      l∧::::( ''       ''' /: :.i:.∧!
         ヽ:./≧T>‐-r'ー--‐イ : /lメ、
        Y:.:.:.:|.{   }  / |/:/^ヽ
320 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:42:44.79 ID:c4DjKQQ0
>>315
普通とまではいかないけど、食う習慣はあったらしい
>>314のとおり、個人的には水滸伝の人肉饅頭売る店が印象的だ
321 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:42:54.68 ID:EwCZTCgo


       __ , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       > : : : : : : : : : : : : \
       /. : : :,ム∧: : : :/ーヘ : : ハ
.      / / レ V⌒ {: : / ⌒ レリ|: :|
      jハ ルi { > ヽ { </: : |: :|   完食、完食♪
     ●:/{ : :}⊃ rーv ⊂⊃}:八
      /⌒レ: :ト  ヽ ノ  j /⌒i: :ゝ  おめっとさん♪
      \ /::W >,、 __, イj/  ∧/
       /:::::/ ヾ:::|三/:::{ヘ、__∧
       `ヽ<   ヾ∨/ ヾ:::彡'
322 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:43:11.88 ID:EwCZTCgo

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|   ふええ…
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !   何がめでたいんですか…?
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|  
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!   
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
       \ |  ヽ:,-y-、_ヽ: : ̄: :_X:.:レ:.:.:.:":.:.:.\
         ヽ ,.. ┴イ-i ハ _,.-<ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
           iィ====`イ_メ:.:..:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i ト、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  \:.:.:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
323 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:43:50.69 ID:EwCZTCgo

        、__ , . -<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          ̄ >:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ  人間はなー!
           / : : : : ,: : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヽ:ハ
.         /: : : : : : /: : 〃 : : : : : : : : !: : : : : :!: : : : :|: :|: :'.  本当に生きるつもりがなかったら、
         /: :.ィ: : : : /: :`メ」 : : : : : : : :∧_ : : | : : : : l: :|: : !
.        // /: : : : | : : / |ヽ| : : : :斗, ´' : : : : ! : : : : l: :|: : | どんな美味い料理でも喉を通らなくなっちまうんだぜー!
       /'  ..': : : :l: :|: :/   l: :'!: : : : //   '. : : | : : : : ト、|: : |
        |l: : : :|: :! .'   W∨: : 〃    \/: : .|: : |: :!: : !  だからヒトの肉でも食べられたってことは、
          _」l: : ./! :}ハ    _ ∨.:.'  __     l: : : :|: : |: : : :ヘ
       .' |l: ::.' .! : : :} 乏ニ彡 V'   辷二孑! : : .': : .!: : : :「` 生きることを許されたんだってヴぁ!
.      l  |l .': : l: : : :l     ,         |.: :/ : : .' : : : |
.      _r-! .|l'/ }l: : :八つ    ┌‐へ  ⊂つ|: .': : :/ : : : : |
.   r-「 .{ {. レ  .' V: : :ト > 、 _ ゞ、ノ   イ :イ}: : /: {\: : |
.   L人 _ヽ }  /  ∨: :l ヽ:|  _厂,` ー ´{⌒// l :∧: :!  ヘ{
    l       /   V :|  /:::::::/    /:::::::::ヽ}/  ヽ!
   ヽ     ノ.     ∨_.イ::::::::::::厂 ̄`/:::::::::/'_\
     }   l   __∧∧::::::::/   /::::::/:::::::::::三ヽ
      |   '.  _{    v:∧:::/   /::/:::::::::::/⌒ヽ〕
.    |    ∨::::\   v:∧:|   〃:::::::::> ´      |
      !    ∨:::::∧  }} v∧| /::::::::/  }      |
324 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:44:19.00 ID:EwCZTCgo

               _ _  _
            , -/  `゙ -.、: : : :`゙ ‐ .、
        ,. --、ム-//     \: : : : : : :`: .、
      /  、7_{_____ \: : : : : : : .:\
.     /     フ: : : : : : : : : : : :  ̄ミ: : : : : : : : :ヘ
     /   ,. ォ-':/iヘ:ヽ. 、 : \: : : : : ミ|: : : : : : : i : ハ
    イ_,. ァ'′ : |: :,' .l: :ヽ.ヽ.\:. :\ : : : |: : : : : : : |: : ',   許された…
     / :|: : : : :l: :| l: : : ー――--\ : l: : : : : : : |: : : :!
.    /: : l: : : : :i|/| : l : : : : \: : \\ヾ.| : : : : : : |: : : :|
   /: : : i: : : : :/l:|: : l: : : : : : : イ⌒/外、.| : : : : : : l: : : :|  誰に、ですか?
   ,' : : i: :i: : /|: :l:._,,: : : : : :.:.:.:.i什:::::::ハ ゝ: : : :i : l: : : :|  
   i: : /|: :', : : : l ,,イ /ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨心ノij|: : : : .:l : lヽ: : !  
   |: ,' l: : ',: : : l {i i::::::ハ:.:.:.:.::.:.:.:.:.゙ゝ--○: : : : :| : l ノi: :|
   |/  |: : :ヽ.: :トゝ弋ンj :.:.:.:       |: : : : ,': : l: ∧:!
     |: : : : ヽ:',∧:.O''"  ,       l: : : /: : /: ,' リ
.     ',: : : : :|:ヾ: i      _, -っ  ,|: : /_|: /|:.,'
.      ヽ: : : l \: ヽ 、___'‐'"´ ,. イ,|: /:.:.l:∧l,'
       \ |  ヽ:,-y-、_ヽ: : ̄: :_X:.:レ:.:.:.:":.:.:.\
         ヽ ,.. ┴イ-i ハ _,.-<ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
           iィ====`イ_メ:.:..:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i ト、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  \:.:.:.\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i

325 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:45:15.86 ID:EwCZTCgo

               .  -―――‐. -                 
               ,. : ´: . : . : . : . : . : . : . : .` . 、            
          /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : `: .、        
         /: . : . : . : . : ./: . : . : . : . : . : . : . : . : . `ー-. 、    
        /: . : /ヽ、: . :/: /: . : . |: l: . : . : . : .l : . : . :_.ノ\: . \   そりゃ決まってるだろー?
         /: . : /   `ー!:./=-: . /!: !: . : . :-=!ニ二 _   ヽ ̄   
        /: . : / /: ̄: |/: . :._,/斗:|: . : . : .}: .ハ: . : . : . ̄ヘ-ヽ   
        /: . : ,''´: . : . : .|:  ̄: /  |: !: . : . : l: メ、l: . l: . : . : . ',: .ヽ   お前がお前自身にさ、
       /: . :.:.|: . : . : . : |: . : /  .|: !: . : . /!:/ 「:¨|: . : |: . : .,ヽ: ', 
.      /: /: .:.:|: . |: . : . :|: /   .Vl: . : / .レ   !: .|: . : |: |: . | ヽ} これからも生きてくことを
    イ/:.:.:.: |: /|: . : . :|'   _ ,  l: . /    レ1: . :.|:.:|: . |    
    /: . : . :.:|∧|: . : . :ド===≠' ヽ/  、`ー   /!: . /:.:.|: . |     
  ∠: . -− .7: ハ: . : .l:|          `≠= ./:.!: /: .:.:|、:.:|    許したんだよー! 
        /: イ:ハ: . : l:|     ,、_ '     .,: .:.!/: l: .:.| ヽ!    
         /ノ レ  ', : . l:ト ..  〈`´ ノ    ..イ: . : . :l: .:.|        
            ,: . :l:!: .f;.≧  ニ  -r.≦ |:.!: . : ./|: ./        
            ヽ: . ゝ'ヽ{'   └l; ; ;`ヽ. |: . : .:/ .|:/       
              /\:ヽ; ;.l-―‐ -!; ; ; ; ;}1 . : /            .
           /ヽヽ ;ヽゝ; l     !; ; ; ;/ | :〆      
326 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:45:30.45 ID:EwCZTCgo

      lヽ
       | ヽ    __            
        ヽ   L,ァ'´ /    
       ,  >f=-<ー 、...    
    /: : :イ´: ∧ヽ 、: :.\   ……!
   /: : : :|:/:_: l/ }: |、: : !: : :ヽ.. 
    l: : : : |/´//  l:バ`:|: l: : :.| 
    |: l: : :|≠彳   !テミ: :!: ト、!  わたしが、私自身に……
    |: l: : :イ代.|     |rt:从l: :|   
    l/l: : : 弋シ     ゞ= {ノ: :|.   
    ヾ.ト、:.l、'''''  Ο '.'''イ:∧l   
      Vヽヾ7ーfァニ彳 l/     
327 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:45:46.33 ID:EwCZTCgo

               , :<¨ ̄ ̄ ̄¨>.、
           ー=≠: : : :/: : : : : : : : : : : \
           /: : : : : :{ : : : : : h: ヽ : : ヽ:ヽ   んじゃなー!
          /: :/:/: :,ム∧: : : : : |ヘ-、∨ : ハ ハ
            /:/: |: : // ', : : : }.:} ヽ: j : : i |: {
         {/ / : | : {リ  ヽ: :/j/,  Y.: : :| | :ヘ  わたし、行くわー!
            {: : :| :∧ィ=气,j/  ィ≠气 : :∧}: : :ヽ
           |:/{ Y: } :.:.   _,、, .:.} : : }: : : : ヽ、
           |{ ヘ |: :八:.   {  ヘ  ,|: //: /´ ̄´
            ヽ: : :厂fv≧ー=≦/j//∨
     (ヽ        {:∧{ / :{__ / //ヽ、
    (\〉r',      ヾ,イ{{: : : l  /: : : ;/アヽ
   rー'  .:} 〉-、    ,/ Vハ: : | ′;/,/   '.
   `こ、 / : ∧-、 /   ヾヘ、:! {/,/}     ヽ
      {/ : /: ノ ∨    { \∨/ /ノ       \
      ヽこ;/   ⌒ヽ\/ > ^´<´ \      ヽ
328 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:46:22.76 ID:EwCZTCgo

             iヽ       ,.-ァ
             |  \    /  /
             ,.   マァ'  /      あ、あの!
            / : : ≧:-┴-≦:_: `ヽ
            /:.:. : :.:´/:_: |: ト、: __: :\: :\  待って下さい!
         / : : : i: :ィ'´: :,|: | \:`: : :ヽ: :.ヽ
.         ' : :l: : | : |: :./ Vl   リ、: : : : i: :|.:! あなたは何をしてる人なんですか?
         i: : :|: : |: ,ィテミ     fテミ: : :.ト;|:..リ
         |:.:.:.|: : :!{ {トし|    |し从:.:.|: : :|
        l: :∧:.:.:i 辷ノ   .  辷ノl V:.:ト、|
           V: : ト: :ト、''''   _  '''' ノ´i:.:.!
           Y/∧!:.「>r -r- <: :./}:/
329 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:46:46.95 ID:EwCZTCgo


            ,. ‐ '' " ´:. ̄:.:``'  、
         ,.  '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
   ー=ニ二´, ‐:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   んー?
        /:.:.:.:/:.:.:.:/:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:'.,
     , ':.:.:.:.:.:/, - 、!:.:l:.:.:.:.:.:.:.:., /−、:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.,  何って言われてもなー?
    ,/:.:.:./:.:/:.′/ l`:,!:.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l
   /:./':.:.:.!:.:.:./  !/|:.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:|  あんたと同じで食いもんがねーからさー
   /'" !:.:.:.:l:.:.:/, ,ニ、、l:.:.:.:.:.:/ , ‐_丶:.:.l:.:.:.:.:.:.l、:l:.:l
  '   l:.:.:.:.:l:.:ハV ,ノ:::ヾ,:.:.::/  ,イ_,)::ヽヾ:.:./:.:.:.l:.ヽ!リ  同じような奴ら集めて、
     i:.:.:.:.:.:!:l:.:l !i:::::i.!l:.:/   l.i::::::::i.l リ:./:.:.:.:,}:.:.:.:.!
     |:.:.:ハ:.:リ:.:.i 弋‐ク l/     !,゙ー ク ,:./:.:.:.:/':.:.:.:N  金持ちや役人襲ってー、
     |:./ !:.i:.:.:.{ ,,,,,   、     ̄,,,/:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:l
     l/   !:.l:.:.:丶、   _     /:/:.:.:.:/:.、:.:.:.:.:.!  食いもん奪ったり、
        ヽl:.:.:.:.:ハ:i`'、ァ 、__,.  'エ'/i:.:.:.:ハ:.l ヽ:.:.:.:!
          丶:.:.:! リ/} }./′ ,/' ,':.:.:/.、ヽ!  ` ゙、 食いもんになってもらったり、
            ヽ:!イ..../ ,/.ト---ァ.../:.:/....._ヽ
            ,{iヾ,/ "^ヽ,、/...//../,. -_}     そんな感じかなーー?
          i ヾ/    ' , !'.....'..../// ヽ
           ! {     /7.....//,. '"   |
330 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:47:35.54 ID:EwCZTCgo

      lヽ             それなら……私も、
       | ヽ    __            
        ヽ   L,ァ'´ /      …ついて行っても…   
       ,  >f=-<ー 、...    
    /: : :イ´: ∧ヽ 、: :.\    いい…ですか?
   /: : : :|:/:_: l/ }: |、: : !: : :ヽ.. 
    l: : : : |/´//  l:バ`:|: l: : :.| `
    |: l: : :|≠彳   !テミ: :!: ト、!  
    |: l: : :イ代.|     |rt:从l: :|   
    l/l: : : 弋シ     ゞ= {ノ: :|.   
    ヾ.ト、:.l、'''''  Ο '.'''イ:∧l   
      Vヽヾ7ーfァニ彳 l/     
       Y⌒ヽ、/`ヽ      
.       ├‐┬=┬┤     
          l   !    \ .\   _
          l   !    |  \ _ ̄巛ミ
          l  .!   |      ̄
331 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:47:56.32 ID:EwCZTCgo

           _   -―― <_ノ)
        _  '" : : : : : : : : : : : : :ー一ァ
       〃: : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : <   おー、来い来い!
.     /: : : : : :! : : : : : : : : }:\: : : : : 丶
     /: : : : : : : :|:ト、: : : : :.i : i⌒ヽ : : !: : :\
    ,' : : : { i: /|i⌒\ : : i : }\厶: : i : : : :.ヽ 仲間はいくらでも
    !: : : : い : : j∨_  \ i : 爪_ハY、:i: :ト、: :.:|
    |: : i: : :\ :ル爪_`ヽ \ハ:::::jノ N: :| \|
    |: : :ゞー 、:`{八:::::ハ     ー'' {: : |    歓迎するぜー!
.     !: /{    \:\ー''  ,y‐ヘ ヽヽノ\|
    j:/レ'\   ヽ `ヽ (  .ノ イ:|
          `ト、  )  ̄`ヽ≧T∨/N
.     __ノノ`  l    }゙マー1 //!    そういや わたし、
    /´       {   ノ }\j//∧
     {     イ __ >ーく. _人ヽV/∨   まだ名乗ってなかったなー!
    `ーr='´ {     /Y { \}/}   
      ん-、_>、ー- ‐' / \   ̄l
332 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:48:50.34 ID:EwCZTCgo


: : : : : : : : : : : : /: : : :イ: : : :|:l: : : : : : : : : |: : :|: : : : : : :|: : \
: : : : : |: : : : : イ, ̄ 元ー: : :|:.| : : : : : : : : | -┼─、 : : :|:.:. : :ヽ   わたしは樊崇(はんすう)
: : : : : l: : : ´/ ハ :/ |: : : :.|:.|: : : : : : : :/|: :∧: : : `: : :|:.:: : : ヘ  
: 、: : : :|: : :/ ∧ /   |: : : :/l::l : : : : : / |:.,' ∨ : : : :∧..:.:.: : ヘ     琅邪(ろうや)の樊崇、
: :|: : : :|: :/ /: :/     |: : / ||: : : : :/   v   ∨: : : : :|\.:. : :ヘ      
: :∨: : l: :l | :/     、|:./   |:.|: : : :/       ∨: : : :|:.::.\:.:.::ヘ   字は細君!
: : ∨: :∨ /'  __ |' ヽ  | |: : :/  /      ∨ : : |::.:.:.:| \: ヘ
: : ::∨: ヘ 乏彡≠=ミ.、  レ|: :/   _rイ三三ト∧: : :.|:.:.:.:.|   \ヘ    
: : :.:.∨: ヘ‐─ 、          |/    "´´ , ─┴、\:.|:.:.:.:.|    \ よろしくなー!  
: : : :.:.∨: ヘ.   )         ,     /    人:.:ヽ.:.:.:.|        
: : : :.:.:.:ト; : ヘ‐‐"            、   `ー─/´:.:ヽ :.:.:.:.:.|
: : : : :.:.:|:ヽ: ヘ      ヽ____ -、--'       /:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|
: : : : : :..|:.:.\:ヽ、       \\\\─‐ ´:|、:.:.:.:.:.:.:| |:.:.::.:.|
\: : : :├ <\ヽ` ー─ _ ゝ、  ノ─ 、| ∨:.:.:./ .∨:.:.:|
  \: : :l  ヽ ヽ    ノ      ∨∧    \ |: :/   l: : :|  

333 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:50:03.08 ID:EwCZTCgo

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  この樊崇という人物、
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  『後漢書』には
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  読み書き計算の全く出来ない
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  無教養な者であったと記されている。
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ  
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l  だが、人を惹きつける、
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V   強烈な人間的魅力を備えていた。
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l
334 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:50:10.63 ID:kYJN0WI0
お前樊崇なのかよwwwwww
335 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:50:33.98 ID:EwCZTCgo

             樊崇の下に集った仲間は最初、

             数百人にすぎなかったが……

             数年を経て数万人単位の略奪集団に成長し、

             王莽に大打撃を与えることとなる。

336 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:51:13.68 ID:EwCZTCgo


  : : : : : : : :!: :ハ: : :!   ハ: :{ヽ: /: : : ハ: l   ヽ: : : :ハ: : : : : \    中国史上最大級の農民反乱の一つ。
  : : |: : : : |:/  ∨:|    V  {: : : : :| }/    '. : : l: : ヽ : : : : : '.
  : : |: : : : |'    ∨        ∨: : :.' ′    ∨: |: : : :{\: : : :|   「赤眉の乱」
  : : |: : : : |  r= ¨二二_    ∨:/ ,rチ二孑ハ /: : : : l  ヽ : |
  : : ∨: : .ハ レ´            j/  ¨´   { .|′ : : : |   ヽ|
   : : ∨: : ├―‐ 、            {´ ̄ ̄ヽ: : : : : |         これが、その幕開けだった。
  : : : :∨: :ハ _ ノ    ノVヽ___,    ゝ―┬': : : : : : !     /
  : : : : :∨: ハ      /      ∧      /: : : : ハ: : |  r―/  
  : :ヽ : : ∨:.ハ     {          }〃 ̄ ̄>´ ̄ >ニニニニニ|   /
  : : : '. : : ∨:.ハ    '.       ハ     ≧<¨: :| ヽ|     '.  {
   : : : :' : : :∨:.へ ._ ゝ   __ ノ ィ `ゝ―‐ 1ヽ: : ::|  }       `¨>‐
   : : : :'. : : |ヽ:.<´  ¨ ー─< ___  / .∨: :! 
   : : : ハ : : !  ヽ         ヽヽ    `ヽ   V/

337 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:51:40.11 ID:EwCZTCgo

     第二章   「王莽失政」終わり

     第三章   「赤眉大乱」へ続く



338 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:52:00.01 ID:EwCZTCgo

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  第二章ではもう少しペースを上げるッ!とか
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  ぬかしながら、
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  もっとスローペースになってしまった気がするッ!
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   あと主人公の出番が全然なかったが、
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ  
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l   次章以降から活躍するはずだ。
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V    多分だがッ!
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l

339 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:52:14.03 ID:EwCZTCgo

         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ         
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\       
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',   今回はここでおしまい。第三章までえーー
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i  
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::',  
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i  
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \
340 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:52:33.50 ID:EwCZTCgo

   

 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘ 
  ̄                                              `v '"                 .l. /     
(さよならだ!)



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  

341 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:54:19.08 ID:82bEKo2o
おつでしたん。

ところで>>1がソースにしてる後漢書は、中華書局かどッかのを漢文で読んでるの?
確か邦訳はまだなかったよね?
342 :1 [saga]:2008/11/16(日) 14:54:59.71 ID:EwCZTCgo
 
 
 今回も最後まで読んでいただき、感謝。

 なんか、前回よりスローペースになってしまいましたww

 
343 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:55:05.67 ID:2gfDAu.o
>1おつー

しかし中国って無駄に広いからまとめるだけでも大した苦労よなぁ…
344 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:55:16.84 ID:c4DjKQQ0

らきすた使うか、がんばってくれ
345 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:57:14.32 ID:kYJN0WI0
乙でした。
346 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:57:17.10 ID:Q1gPXHIo
347 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 14:57:33.31 ID:lu7.GMI0
1おつ!
追いついたら終わりとは。
残虐行為手当(@ピットファイター)には、ニヤニヤしてしまったww
348 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 14:59:18.47 ID:BWvTgDw0
>>1


>>341
>>1じゃないけど邦訳ならあるよ。
訓読済みのが岩波から。
現代語訳はまだ刊行中だけど汲古書院から。
349 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 15:00:23.83 ID:XrKZvjgo
350 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 15:01:22.75 ID:AHGMhAAO
>>1

樊崇いいなぁww
351 :1 [saga]:2008/11/16(日) 15:03:01.89 ID:EwCZTCgo
>>341
>>348
 
 わたしは邦訳を読んでます。
 
 漢文を読み下すのはきついのでww
 
 わたしは汲古書院の方を読んでます。
 図書館で借りてますが、
 一冊は買ってしまいました。
 一万円するのにww

汲古書院は日本の監修者が付けてくれる注が
めちゃくちゃ詳しいのでお薦めです。
ただしそれがウザイかもしれませんが。
352 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 15:05:02.41 ID:82bEKo2o
>>348 >>351
ありがとん。知らなかった。
奮発して買ってみるか…

次も楽しみにしてるよ〜
353 :1 [saga]:2008/11/16(日) 15:08:23.35 ID:EwCZTCgo
>>344

登場人物にどのAAをあてるかは、

大体半分ぐらい決まってます。

らきすたからは、二十八将の十位以内に
一人あてる予定です。
次章出せるかは微妙ですが。

次章に初登場のAAとしては、
長門と水銀燈を予定してます。


354 :1 [saga]:2008/11/16(日) 15:10:00.47 ID:EwCZTCgo
それでは、本日もありがとうございましたー

来週も、日曜日のこれくらいの時間にできたらと思ってます
ではー
355 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 15:32:29.45 ID:ZrtjLrco
乙乙!
ちょうど終わったところですた
しかし樊崇あいつかwwwwww
356 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/16(日) 16:34:36.27 ID:CeyyS.Y0
乙!
みさきちが赤眉の棟梁かww

そういえば陰麗華って10も下なんだよね
若い頃から目をつけてるとかこのロリコン文叔め!(AAry
357 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 16:34:53.22 ID:xic191so
お疲れ様でしたw
358 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 16:43:47.09 ID:f4Fcjo6o
乙でした
359 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 18:49:16.47 ID:clsxW5oo
陰麗華はどっちになるんやか・・・
360 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 19:19:58.79 ID:zpafArEo
>>282
このセンス好きだぜ
361 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 19:57:13.77 ID:vq2m0ggo
>>359
大人しくて控えめというタイプだから
やる夫スレのヒロインとしてはかなり珍しい型だな
というかやる夫スレでこのタイプは見てないだけに
誰になるのかは興味がある
362 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 20:02:31.25 ID:clsxW5oo
誰かが言ったように長門な気がする。

そっちよりも郭貴人をどうするんだろ?
こっちは候補になるキャラ(ハルヒあたりとか)がゴマンといそうだけど。
363 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/16(日) 23:11:58.49 ID:PS2L5wso
乙乙
364 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/17(月) 02:14:05.63 ID:Kmz9SkA0
そういや、劉秀には妹がいたはずだったな
365 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/17(月) 16:03:57.32 ID:aU/BHNU0
二人の姉もな。
つくづくリア充な奴め。
まあ、劉縯との間にもう一人兄居た気がしたけどそんなことはなかったぜ。
366 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/18(火) 00:12:04.65 ID:rklvxNA0
でも、DIOさまとやる夫の姉妹じゃあどんなのが出てくるやら
367 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/18(火) 00:16:34.67 ID:S8JXfLIo
ほしゅは必要ないんだっけ?
今のとこスレでは劉?アニキがイカすな

イケイケどんどんな賈復にも期待。

って、まとめんの大変そうやね。
368 :1 [saga]:2008/11/23(日) 14:24:11.11 ID:PhEtzAIo
1です。

本日、15時から始めます。

待ってた人いたら、ごめんなさい。

369 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 14:31:31.61 ID:DGOGgYs0
待ってました!
マイペースでほどほどに頑張ってくださいな。
370 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 14:37:24.85 ID:45/cOho0
wktkしてまってます
371 :1 [saga]:2008/11/23(日) 14:58:48.01 ID:PhEtzAIo
お待たせです。では、投下始めます
372 :1 [saga]:2008/11/23(日) 14:59:34.34 ID:PhEtzAIo
漢王朝を開いた『項羽と劉邦』の劉邦、蜀漢の皇帝となった『三国志』の劉備。
日本でも有名なこの二人に比べて、今ひとつ知名度が低い後漢王朝の祖、光武帝劉秀。

このスレは、その光武帝を主人公とした物語です。

ソースは『後漢書』、各種研究文献、通俗二十一史など。塚本光武帝は終わってから読む予定。

基本的に史実に沿った展開ですが、拡大解釈や記述のない部分での創作は含んでいます。


まとめサイトに掲載していただいてます。

 
やる夫観察日記様   http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

やる夫見聞録様    http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html 

373 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:00:08.72 ID:PhEtzAIo

 とある地方、とある城。

一人の中級役人が、仕事の合間をぬって勉学にいそしんでいた。

ヾ;;ヽ;;;;ゝヾ''          ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝ
:::ゞヾヽ;;;;ゝ;;,,. ,.,.. ... .,,. ..;ヾ;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ヾ:;;
ゝヾ;;ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾヽ;;.rヽ.  ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ:;;;:
;;ゝヾ;ゞ:::          :;;;;ゝヾ;;;;;;ゝヾ;ヽ::..\`;::;
ヾヽ;;::  /k==ー---r           "":::|i}}i!il::...
   _A:.:.:.:.:...   ゙̄ヽ、            l!i!ili!| il|""''i;::;; , ,..
   /,ヘ_ー-- -'``ー---`ー----ァ       ii!{ili|l l!l.   |!
 _ノ/彡;;:7;;:___};:ミi;:*@+:;:''了ミ/      ...:;.,::|i!i!ili| |i!::..,,.ji;;...
 `ー--、,イ.!r_tt-tt!i-tr-!|l'゙゙゙´       .,,;;ヽ;;ヾ;ヽ;;;;"":..,;,;:.:,,,,.....
:..il.ll::..  _ll|.|.||:;ii;:;ii:;!|;;:;:;;:;!|l        :;:;;ゞ::::ゞ   ;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ;ヽ
 ;:;:.._,.ィ}三三三三!l乍≡|l三三{  :;;:  ;;ゝヾ
  `i}}}l|.:|i.:_l | ._jr-!|≡≡il==-i| :;::;,;:.: ヽ;;;;ゝ
,.....,ィ/:〉:;、_rヒj:_tァに=j-一''""´ -ー---,,  """ヾ:;:: ,,.. .., ..,., ,
Zr、           _,..ィr'二ニ'==--'"
374 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:00:51.27 ID:PhEtzAIo

                      ヽー-  ._
.            /                  |     \     『孫子』はいつ読んでも面白いなー
           |    /,    / /    |      \
           l/  //′  /   /l. /   ∧ |  \  ヽ  兵法を駆使して味方を勝利に導き、
          /  〃 /  _./-ァ' |/  ,' -H.、 !  '.、 ', 
          ///' ,/  ///  j/  /   '.| :|l  | ヽ |  時には策略により戦わずして
           /' |  i´i  /:fr≠=r  | /ァ=ォ !|   |  '.|  敵を屈服させる……
  (⌒ー、      /, ´ヽ|. / N!ら、_リ  ,! ' ん, ソ' ! /,ハ ,′    
  \  {  __  / l   |/  :| ‘ー‐'   ,  ー-'/N// |/     私も一度でいいから、この知識を活かせるような
    l  ∨  y  |   'l.   |>、._  ーー'_ ノ !ル'        
    l.  './,  ,ハ  | | ヾミこ彡'ヽ|   ||        戦に参加してみたいなーーー 
    |  .f / ,.'/   ____'.   '. _/ ̄ ̄ ̄¨¨¨丶、__, ' ´ ̄ ̄〉
    /////レ'´,. -‐-'、,ノ´ v         / 7    _/.
   { ( /l/' K「 '´ ̄   ヽ.`)       / /    r'ーf

375 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:01:27.60 ID:PhEtzAIo



:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|   '. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\:.:.:.',
  |:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ′   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ∨.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \:.'.
  |:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ/ /    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|   y'.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧   ヘ.
  |:.:.:.:./.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \,′   !:.:.:.:.:.:/|:.:./,/ '.:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|   けど私、ただの地方公務員だしね……
  |:.:.:/.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./   /` ‐-‐'|:.:.:./ |ァ'´    |:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.| 
  |:.:.i.:.:./.:.:.: '.:.:.:.:.:.:.:/   ,/       |:.:.:/   ′    }.:.| :.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|  そんな機会、あるわけないかーー
  |:.:.|:./.: rヘ|:.:.:.:.:.:/:.| 三三三三三  |:./   三三三 ハ|:.:.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|
  |:.:.l〃.:{  |:.:.:.:./.:.:.|             l.'         .i.:.:.i.:.:.:∧ :.:|ヽ :.:|   
  |:.:./.:.:.:.\|:.:.:/.:.:.:.:|                '       |:.:.||:.:/  :.:.| '.:.:l   
  |:./.:.:.:.:.:.:. !:./.:.:.:.:.:.'、            ,.ー--、    }.:.:|レ′ ∨  V
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:V '´  ̄`ヽ.、            ´`¨¨{. |_.  '.:.:.:.|          
 /.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ `    . __. -r1 |:.:.:.:.:.:.:.:.|
 :.:.:.:.:.:.:, '         '. \    | _.   -┴ー──┴┐
 :.:.:.:.:./           |  \  r' |   -──────i'

376 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:01:58.58 ID:PhEtzAIo

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ


  同時期、新王朝の都、長安。

  一人のニートが、代わり映えしない毎日に不満を漏らしていた。
377 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:02:29.16 ID:PhEtzAIo

               __ __
               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/  退屈ねー
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」  何か面白いことないかしら?
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ
             , ィ ト{八::::/リj/V-、
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   /
          \|   /      ',   | /.
            ヾ_ {       }   レ′',
            `ーゝ ____」L=‐' 
378 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:02:50.98 ID:PhEtzAIo


               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、   南陽へ帰った、やる夫のところへでも
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/   遊びに行こうかしら。
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」  
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ    でも引きこもりの田舎暮らしなんて、
             , ィ ト{八::::/リj/V-、   ここより退屈でしょうしねえ……
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   /
          \|   /      ',   | /.
            ヾ_ {       }   レ′',
            `ーゝ ____」L=‐' 
379 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:03:12.46 ID:PhEtzAIo


            |i:::::::トl::ハ.     ,      ´j::::::::: l: V    まあいいわ!
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /     なんとなく予感がするの!
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}     いずれ、天下が煮え返るような
                                 大混乱が起きるって!

                                 きっとそうなる!
                                 その時がくれば……


380 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:03:34.73 ID:PhEtzAIo


           ,. - ── - 、
       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__r 、  \    この私の出番アルネっ♪
     ,.イ      ,イ    \ヽ,\rv-,   
    ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \Y <ノノ\        
    {  .ト{\ヽ',  メ __\  } ⌒ヽ }へ
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、ノ   // >=
     ノ  ト、"´,.     ー ノ ///\/ /    \
    /.  {   ゝ     /  レ//  } Y´      \
    {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、_    \  
    V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /≦__    }
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /   ̄ ̄ ̄  /
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |     _/
        /{{ |   |===|    || |   __/
381 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:03:58.51 ID:PhEtzAIo


        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """
   また、同時期の南陽。

   漂い始めた、何か殺伐とした空気を嗅ぎ取る
   地方公務員が一人……
382 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:04:56.65 ID:PhEtzAIo

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ   最近、盗賊どもがやけに大人しい。
       ' 「      ´ {ハi′          }  l   こちらとしてはありがたいが、
      |  |                    |  |   どうも気になるな。
       |  !                        |  |  
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


383 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:05:18.20 ID:PhEtzAIo


    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、   
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   だれか、財力のある奴が
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|   援助してやがるのか?
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;| 
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|   だとしたら、そいつの目的はなんだ?
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i 
 |i 、|   ' ̄"彡|         || | 
 |'. (|       彡|          |)) |   盗賊の力を借りなければできないこと…
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i  
  ヽ_|        `         .|_/   大掛かりな盗み?
   .|゙      、,.−-‐ 、,,     |     
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|    いや、まさか……
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |
384 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:06:29.23 ID:PhEtzAIo


  {  l ̄`ヽ(  ヽ ! / ,;〈
     j| /     `ヽ;;,,   ヽ   最近、ケツがヒリヒリ疼きやがる。
  / / l!        ',;    ',
  / /         |       こういうときは、
  /   l          !    l  
,.イl!    l!         /,    l!   とんでもない出来事が巻き起こる
ゞ{l       , , ,;;;ノ、,,,
r''l      ' ' ' ' ''l;;;''''''      予兆だぜ……
、 |           |;;
.ヽ!   !         |;
__」   l        |ヽ
<!  ヽ      | ヽ

385 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:06:56.38 ID:PhEtzAIo



西暦20年。
各地で盗賊が活動をはじめ、治安の悪化が甚だしい新王朝だったが、

国家の屋台骨が揺らぐほどの反乱は起きていなかった。

それでも、勘のいい者たちは肌で感じていた。
近い将来、世の中の流れを変える
大きな事件が起こるであろうことを……
386 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:07:19.61 ID:PhEtzAIo

そして、南陽のやる夫は……

                      _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. /o゚(( ○) ( ○))゚o   逃げるんだオオオオオオ!
         _/ / ヽ   /    U(__人__) \    
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |    
             /  .\     i⌒\   / 
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/  

 官憲に追われていた。
387 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:07:41.66 ID:PhEtzAIo


                    ,ィ⊃  , -- 、    止まれやああ
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }     
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |   そこのマラ頭アアア!
         ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'      
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /    お縄を頂戴しやがれエエ!
            \  l  トこ,!   {`-'}  Y       
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
        , 、      l     ヘ‐--‐ケ   }       
        ヽ ヽ.  _ .ヽ.     ゙<‐y′   /
         }  >'´.-!、 ゝ、_  ~  ___,ノ
      
 

388 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:08:00.88 ID:PhEtzAIo

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  助けてください! 助けて下さい!だお!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



389 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:08:32.77 ID:PhEtzAIo

    -=三 =-=三 / ̄\
            |    |
            \_/ヽ
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\     
             /    < ●>:::< ●>ヽ   おっ!
             |    U  (__人__) |   やる夫じゃねーか! 
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /    何逃げてんだ?
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \    
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..- . . |        赤兎馬        .|
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
390 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:08:57.40 ID:PhEtzAIo

            / ̄\
            |南陽 |
            \最強
              |         ケ奉(とうほう) 南陽郡 新野県の人。       
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<●>::::::<●>  \  やる夫の義理の兄の甥にあたる。
       |    (__人__)     |  
       \    ` ⌒´    /  
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'
391 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:09:24.59 ID:PhEtzAIo


 
   -=三 =-=三  / ̄\
            |    |
            \_/ヽ             なんだか知らねーが、
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \      俺の後ろに乗りな!
   -=三=       /     ::\::::ノ\     
             /    < ●>:::< ●>ヽ   
             |       (__人__)  |   
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..- . . |        赤兎馬        .|   キキッ!
       .二三 |                      | て
         |______________| そ
             ◎           ◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
392 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:09:39.27 ID:DGOGgYs0
お前余所のオプーナかwwwwww
393 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:09:48.06 ID:PhEtzAIo

     ___
   /      \ ケ奉!で、でもその馬車、一人乗りじゃねーかお?
  /   ノ :::::: \ \      
/   (●)::::::(●) \     
|     u (__人__)u   |     
\           /     
/          u \




            / ̄\
            |    |
            \_/ヽ              心配すんな。
                 \
                /  ̄  ̄ \      
              /     ::\::::ノ\      こいつは特別製だからな。
             /    < ●>:::< ●>ヽ   
             |       (__人__)  |    ワゴーン……
             \       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        . |        赤兎馬        .|  
          |                      |
         |______________|
             ◎           ◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
394 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:10:28.87 ID:PhEtzAIo



            / ̄\
            |    |
            \_/ヽ             
                 \
                /  ̄  ̄ \      エクスパーンション!
              /     ::\::::ノ\     
             /    < ●>:::< ●>ヽ   
             |       (__人__)  |     
             \       ` ⌒´  /         ニュニュッ      
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \             
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| て
        . |        赤兎馬                  .|そ  
          |                               |
         |____________________|
             ◎           ◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                    




       ____
     /ノ   ヽ、_\       スゲエエエ!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    でも キメエエエ!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /

395 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:11:05.02 ID:PhEtzAIo

                    ,ィ⊃  , -- 、    まてやマラヘッドお!
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }     
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |   大人しく桜の大門を
         ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'      
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /    ケツの穴に頂戴しやがれえええ!
            \  l  トこ,!   {`-'}  Y       
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
        ,        l     ヘ‐--‐ケ   }       
         .  _   .ヽ.     ゙<‐y′   /
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..- . .  |        警視庁        .|
       .二三  |                      |
          |______________|
             ◎           ◎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        
      
396 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:11:28.14 ID:PhEtzAIo



       ____
     /ノ   ヽ、_\       ちょ、何この馬車? 流行ってんの?
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /


           / ̄\
           |    |
           \_/
             |
          /  ̄  ̄ \      まずいな、追いつかれそうだぜ……
        /  ::\:::/::  \    
       /  <●>::::::<●>   \
       |    (__人__)  U |
       \    ` ⌒´    /
397 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:11:46.01 ID:PhEtzAIo


    ∩___∩   /)   クマー!
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /  やる夫、
   |  U ( _●_)  |ノ /   
  彡、   |∪|    ,/   
  /__  ヽノ   /´
 (___)     /      ここはまかせるクマー!

398 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:12:08.74 ID:PhEtzAIo

   ∩___∩
   | ノ      ヽ   朱祐(しゅゆう)  字は仲先。  南陽郡宛の人。
  /  ●   ● |   
  |    ( _●_)  ミ  
 彡、   |∪|  、`\  やる夫・伯升とは、幼なじみ。
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/  やる夫とは長安で共に学び、
 |       /   
 |  /\ \      二人で薬売りのビジネスを
 | /    )  )      手がけて失敗するなど、
 ∪    (  \      悪友・親友と言える存在だった。
       \_)
399 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:12:28.99 ID:PhEtzAIo

                    ,ィ⊃  , -- 、    
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }   なんだテメーは!  
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |   
         ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'    この俺の  
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /    
            \  l  トこ,!   {`-'}  Y      ゲットワイエン逮捕を 
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
        ,        l     ヘ‐--‐ケ   }      邪魔するんじゃネエエ! 
         .  _   .ヽ.     ゙<‐y′   /
400 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:12:34.80 ID:mbVCeRoo
てかハルピンwwww
401 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:12:46.41 ID:PhEtzAIo

  くらえっ!
  おチンチンびろーん!!
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /
  /      /
 |   _つ  /
 |  /UJ\ \
 | /     )  )
 ∪     (  \
        \_)


402 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:13:53.30 ID:PhEtzAIo



                    ,ィ⊃  , -- 、    
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }     
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |   ぐわッ! 
         ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'      
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/  ュ、 ゙、 /    まぶしッ!
            \  l   >    <  Y       
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
        ,        l   U ヘ‐--‐ケ   }       
         .  _   .ヽ.     ゙<‐y′   /
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..- . .  |        警視庁        .|  
       .二三  |                      | て  キキッ!
          |______________| そ
             ◎           ◎


403 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:14:11.13 ID:PhEtzAIo

         ____
       /      \    え、何で?アレまぶしいの?
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \



            / ̄\
            |    |
            \_/ヽ          とにかく助かった。急ぐぜっ!   
                 \
                /  ̄  ̄ \      
              /     ::\::::ノ\     
             /    < ●>:::< ●>ヽ   
             |       (__人__)  |    
             \       ` ⌒´  /
404 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:14:29.43 ID:PhEtzAIo


   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_, 
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.  
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__
405 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:14:56.25 ID:PhEtzAIo


        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \    ふう。
    /   ⌒   ⌒   \ 
    |    (__人__)     |  どうやら、上手くまいたみたいだな。
    \    ` ⌒´    / 
    /`'ー‐---‐---一'´\   
   /           ::::i  ヽ
  |   |         :::;;l  |



    ∩___∩   
    | ノ      ヽ   ここまで来れば、もう安心クマー!
   /  ●   ● |
   |    ( _●_)  | 
  彡、   |∪|      
 

       ____
     /      \ ケ奉、朱祐……
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  ありがとうだお。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /
406 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:15:15.50 ID:PhEtzAIo

              / ̄\
              |     |
              \_/
              __|_
               /     \
              (/ ⌒::::::::⌒ \
            /))<●>::::<●>  \     おめえがマッポに追われるなんて、
          | ((_(__人__)  :::  |      
            \ ’ ̄` ⌒´     /       何やらかしたんだ?
    ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
   |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::|  教えろや。
   |____/        /_______|::|
    |____/⌒ ヽ、     /______|::|
    |____しイ"i  ゙`   ,,/._______|::|
l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
 | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
 |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|
407 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:15:39.69 ID:PhEtzAIo


  ついさっきのことだお。
  兄上に会いにいったんだけど……


 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      || 
 |:::::::::::::::||      || 
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\     誰もいないのかおー?
 |:::::::::::::::||●) (●) \       
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |       
 |:::::::::::::::||___   /       
 |::::::::::::::(_____ノ´||        
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||       
 |:::::::::::::::||/    ||       
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||


  / / ̄やる夫へ  ̄ ̄ ̄  \
/  /_________ヽ \



408 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:16:01.74 ID:PhEtzAIo

       ____
       /      \
     /  ─    ─\ やる夫への手紙?
    ./U   (●)  (●) \        
    |       (__人__)    | なんだお?借金ならごめんだお。
    \      ` ⌒´   ,/     
                  
409 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:18:09.33 ID:PhEtzAIo

______________
      やる夫へ        | 
                    |      
      この手紙を見て    | 
                    |
      後ろを振り向いたとき | 
                    |
      お前は          |   
_____________ |



410 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 15:18:51.29 ID:45/cOho0
まだ名前の出てない登場人物が誰か気になるなww
特に阿部さんww
411 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:19:34.57 ID:PhEtzAIo




      捕まる




                    ,ィ⊃  , -- 、    劉・やる夫だな!
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }     
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |    ちょっと署まで来いやあああああああ!
         ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'      
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /    
            \  l  トこ,!   {`-'}  Y       
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
        , 、      l     ヘ‐--‐ケ   }       
        ヽ ヽ.  _ .ヽ.     ゙<‐y′   /
         }  >'´.-!、 ゝ、_  ~  ___,ノ
      
 


       ____
     /ノ   ヽ、_\       なんでエエエエエエエエ!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /
412 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:20:41.99 ID:PhEtzAIo


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-      
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7     やる夫へ
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////       この伯升が集めた賓客の一人が
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////     盗みで捕まったらしい。反乱の計画は知らない男だが、
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/    
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以   官憲にあることないこと喋ったらしく、
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /   俺やお前もとばっちりで逮捕されるようだ。
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i    
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''   俺はこれから身を隠す。
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|      お前も自分でなんとかするようにッ!



413 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:21:04.01 ID:PhEtzAIo

       ____
     /ノ   ヽ、_\       兄上エ!なんちゅう無責任な!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /


414 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:21:47.90 ID:PhEtzAIo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ       ちなみに「賓客」というのは
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    個人の能力を売り物にして        
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!    金持ちの家なんかにお世話になっている
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    いわば上級ニートだ。「食客」とも言うがな。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '      農作業に従事するもの・武芸に優れたもの、
  ,,rへ、_ ` 〔´       兵法につうじた者などジャンルは様々で、 
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\   伯升のように大志を持つ豪族は、
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ   こういう輩を大勢養っていたとされる。

賓客の内には素性・素行の怪しいものも少なくなかったため、

主人がトラブルに巻き込まれることも時折起こった。


415 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:22:08.65 ID:PhEtzAIo


           / ̄\
           |    |     なるほど。
           \_/
             |        あいかわらずだな伯升は。
          /  ̄  ̄ \      
        /  ::\:::/::  \    お前がとばっちり受けるのも
       /  <●>::::::<●>   \
       |    (__人__)  U |  パターンだな。
       \    ` ⌒´    /





       /      \    どうしよう……もう家にはいられないお。
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \

、     

416 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:23:06.10 ID:PhEtzAIo


        / ̄\
        | 名案|
         \_/       さしあたっては、
          |
       /  ̄  ̄ \     新野に来たらどうだ?
     /  \ /  \    
    /   ⌒   ⌒   \  お前の姉ちゃんと俺の伯父さんとこなら、
    |    (__人__)     |  
    \    ` ⌒´    / お前一人くらい匿うのは楽勝だろう。
    /`'ー‐---‐---一'´\   
   /           ::::i  ヽ
  |   |         :::;;l  |


           ____      
         /      \     もう二十代後半なのに……
       /  _ノ  ヽ、_  \  
      /  /⌒)   ⌒゚o  \  お尋ねもの生活かお……
       |  / /(__人__)     |
      \/ /   ` ⌒´     /

417 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:23:31.42 ID:PhEtzAIo

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ   
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   この辺りで、南陽の地図を載せておこう。
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   かなり適当なものだがな。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    
 `ー-、」    '  i_ノ    この物語の序盤は、ほとんどこの土地で進行するので、
    | `ー  ̄ , '      何度かこまかい地名について説明することになると思う。
  ,,rへ、_ ` 〔´       
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

418 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:24:17.52 ID:PhEtzAIo


                     河
                     南
                      lll 郡  .lll            ゙!li,,  淮陽国  
     弘農郡          ,lll,,_   ,l!`   潁川郡   ゙!li,      
                    ,,iil!゙゙゙!!llllllilll,,、             ゙lli,_     
                   ,,ii!゙゙゜     ゚゙!li,,,,、       ,iill゙゙゙゙゙llllii   
                lll°       ゙゙゙゙!!llii,      .,,l!`   .ll、  
                'll`  南陽郡   lll゙  _,,,,,,,,llll゙`    .'!i,, .,,, 
,,,_,,,,,,             ,il          'll,,,,ll!l゙゙゙゙゙゙°      ゙゙゙゙゙゙ 
゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllllllllllll,,,、    .,l゙′          '゙!lii,,             
         ゙゙゙lii,,,_、,,,ll″               ゙!l,    汝南郡        
          ,,il!゙゙゙゙゙゙゜      ■ 宛     ゙li,,            
           ,,,iil!゙°                    '゙゙l,、          
 漢中郡   ,ill゙°                    ゙゙!lii,         
          ゙゙゙゙!lllii,,         ● 新野         lll,,,,,,,、      
             ゙!!lll,,,,,,、                  ,,llll゙゙ ゙゙゙lllllll!l!i,,    
             ゙゙゙゙!!!lliiiii,,,,,,,lli,,,  ☆ 春陵郷 ,ll,       .゙゙ll,,  
               ,,,iillll!!゙”゙゙゙° ゙!li,、        ゙゙lli、         ゙lii、 
,,,,,,,,,,,,_       ,,il!゙゙`       .゙゙!ii,,        lll゜          !!li, 
”゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllllli,,,,,,,,,,,,,il!° 南郡      _,,,,llllii,,,,  .,,,,,,,,,illll!、        lll 
       `゙” ̄`            ,lll゙゙゙″゙゙゙!lllllll!゙゙゙”゛              ll 
                      ,ll゙     江夏郡              lll 
                   ゙゙゜                       ゙゙`
                     0|______|100km

419 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:24:50.32 ID:PhEtzAIo

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   ■が南陽の郡都、宛県。

          ☆がやる夫の住んでいる春陵郷。

          ●がこれからやる夫が逃亡する予定の新野県。

           ちなみに    
           中国の行政区画では、
           「郡」の方が「県」より大きいから要注意!
 
420 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:25:20.38 ID:PhEtzAIo

    新野は「三国志」で曹操に敗れた劉備が
   身を寄せていた土地でもある。


  やる夫の姉、劉元は、この地の大豪族、ケ晨(とうしん)に嫁いでいた。
  
  ケ家は代々太守(郡の一番えらい人)クラスの官僚を輩出している
  名門で、当然、地元に強力なコネを持つため、匿ってもらう相手としては
  最適だった。
421 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:25:50.73 ID:PhEtzAIo

  
        _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\  久しぶりい やる夫
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´  相変わらずイカ臭いわねえ
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ     
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ


  劉元 やる夫の次姉。

  ケ晨との間に、三人の娘を設けている。
422 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:26:16.08 ID:PhEtzAIo


      /   ─  ─\
     /    (ー)  (ー  \   姉上は相変わらず口が悪いお……
     |       (__人__) ∪|   
     \  ⊂ヽ∩     /   
      |  | !、_ \     )   
      |  |__ \   /
423 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:26:43.49 ID:PhEtzAIo

        i     /  / // ___        \tヘ    ∧ノ  イカ臭ーいおじちゃま、
        |.    / / ,イ ,/'´   `ヽ       Y、___/ソ   おひさしぶりかしら!
        |:::.   {∠_ ノ / ハ>=ミ、         ___  Y辷灯   
        l::::. / '^ヽ X_ iY^Y )1} i}           ヽ}/ /イ  
.          ',:::::〈  / 〃  |,ゝ込cク       ィ≠ミ、_ /彡'ノ  
            、:::ヽ ヽ{{   !、 ̄ `        Art' ハ.イ ̄´   
         ヽ:::::::`ーヘ/  \          ゞ゚イ 厶=.、     
            \::::/ /    >/ ̄、ァ      '廴__}}
            ゙{  '    /:ノ_`ー‐'′    人_  八_
            / ̄ ー、/:∠ヽ ヽr‐r rっ≦___  冫 ,ハ、_____
          /      Y´ ̄`∧ ' __⊥`ー=≧′           __`Y

         ケ雀(仮名)  劉元の娘。
424 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:27:01.93 ID:PhEtzAIo

       , rー: 、_
     ノ      ⌒ト、
   /         }. \
   )    , ' ⌒ : ̄: ̄`ーァト--へ、/〉
  /   /: : : : : : : く ヾ;、.  Yく    いかくさい
 (_i ./:/: | : : | : : : : : )  ヾ;.  | \
 . ( |: | |:l、: : ト、\ : : |::`r:、 |:}  〕 イ  いきものがきたのだわ!
   | |: :ト、:| \: | ヽ \: :|: :|:/ |:| (  |:|
  └|Vイト:.、 V  _,,. -<「: 「} |:|  ) |」
   _V. U::::i}   イi:::::} | V|:|__薔_.∧
 / ハヽじノ   U:::ソノ //: :}イL∧   ケ真紅(仮名)  劉元の娘その2。
/  〈 z`ー r-:、 ヽこ._  /: :イ ノ  |::ヽ  
|   | \   |  ヽ  z  ノー|‐'   .フく   
|   ヽ  `ー‐ァ--┴┬ '¬ /::|    |: : }
425 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:27:24.34 ID:PhEtzAIo

               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  おじちゃまー、
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /  おじちゃまは
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/ 
      ! | |ヽ|        -   リ   どうしてお嫁さんがいないの?
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !   どうしてそんなにイカ臭いの?
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.    ケ翠 (仮名)  劉元の娘その3。
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i    
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘
    └イ_:/ : : : : : : : : :  ̄: : : : :∧
       /:ー: :-、:_: : : : : : : : :/ : i
     ヽ: : : : : : : :丶:_:_/ : /
         丶、:_:_:_:_:_; -- ‐'´
426 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:27:26.76 ID:4tFF0nQo
この真紅攫おうぜ
427 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:27:42.30 ID:PhEtzAIo


      / ̄ ̄ ̄\       チビたちにまで……
     /  ノ   ^ヽ\      
   /  (ー)   (ー) \   やる夫はそんなにイカ臭いのかお……
   | υ   (__人__)   l    
   \     ` ⌒´   /    

428 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:27:51.83 ID:DGOGgYs0
皆してひどいwwwwww
429 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:28:17.08 ID:PhEtzAIo


             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \ 
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  コラっ!
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>    やる夫君に失礼じゃないかお前たち!
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´         若い男はなあ、
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__    イカ臭いのが常態であって、
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、 むしろイカ臭くない男は変態の類として
   \      l. ,.-‐'     : レ' ′  く !  //          /       ヾ、
      |    .ト''      ! .| r―┐  | ,//      :. l  /       `ヽ、 処罰されるべきなんだ!
     l      l、__       レ'  |  |  i/o’        :.:. ! |           ヽ、
      |     |/\     |    ̄´  / /         :.:.:.ヽ⊥_        ,.-<}
     ノ    |   ヽ.   l      {i∧         :.:.:.:.:.:.:.|\      /    \

                    ケ晨。字は偉卿。 劉元の夫で、 ケ奉の伯父にあたる。
430 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 15:28:47.93 ID:45/cOho0
その姉を下さいww
431 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:29:02.93 ID:PhEtzAIo
      ____
     /⌒  ⌒\        さすが義兄上!
   /( >)  (<)\     
  /::::::⌒(__人__)⌒::::\    元・引きこもりだけあって、
  |    /| | | | |     |    
  \  (、`ー―'´,   /    非モテの実情を良くわかっていらっしゃるお!

432 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:29:29.47 ID:PhEtzAIo


             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \      あ、あれ……?
            〉   h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   近寄ったら
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./ 
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     マジで耐え難いほどイカ臭い……
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
              レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈    ∪      'ノ::;;;>
                     ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
                     ̄ヽ  ∪   ー‐      /
                      \           _, ィ´
                       `¨ニt-  -‐' ト-┐


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    えーーー?
   /  <○>  <○>  \.
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
433 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:30:06.37 ID:PhEtzAIo



'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l        まあ、災難だったから、イカ臭くなるのも仕方ないわねえ。
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙          ウチは広いから、かくまってあげられなくもないわあ
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ     条件はチビたちの相手をしてくれること
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /      イカ臭さを現在の80%に抑えることよお
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;:::::::::::::::::::::::
::::::::::::l|   !:::: ::::::::−_天    !   |   l/´::::::/ /´ |ー-、------
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__:://  /   \::::::::::
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/  ,:'  ∨ ./\::::
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   」 ヽ/  /  /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/  |   ! 、/___/ ノ1
::::::::::V:::::::::l\ ヽ‐ト、:::/|   ヽ\!>ーl| /l::::::::::l     、 l!_/ー'-イ /
:::::::::::ヘ:::::::::l/ \ヽL.V‖    ヽ    / /!|:::::::::::l     丶     レ´

434 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:30:06.63 ID:mbVCeRoo
ジュン何言ってんだwww
435 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:30:34.20 ID:PhEtzAIo


      / ̄ ̄ ̄\      ……善処しますお。
    / ─    ─ \
   /  <○>  <○>  \.
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
436 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:31:00.06 ID:PhEtzAIo

こうして、やる夫の過酷な匿われ生活が始まったお……






        ____
        /     \
     /   ―  ― \  
   /    (●)  (●) \     
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             | 昼間はおやつを食べながら
__/          \  |__| | |             |  ネットで情報を検索するという重労働に勤しみ……
| /   ,              \n||  | |             |
| /   /         r.  ( こ) | |             |
| | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_
          カチカチ
437 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:31:23.50 ID:Si.Yy8wo
重労働wwwwwwwwww
438 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:31:43.54 ID:PhEtzAIo

        ____  ズルズルーーッ!!
        /     \               夜もろくな睡眠もとらず
     /   ⌒  ⌒ \      
   /   ( ●)  (●) \            情報検索に没頭……
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ||||==(⌒)ー、| |             |
__/         ||||    \  〉| |             |
| | /    ,  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ .| |             |
| | /   /   ヽ回回回回丿     | |             |
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/     |_|___________|
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l二二  _|_|__|_
439 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:32:05.00 ID:PhEtzAIo

        ____
        /     \
     /   ―  ― \  
   /    (●)  (●) \                       次の日も、その次の日も
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |   情報検索に従事するという、
__/          \  |__| | |             |  
| /   ,              \n||  | |             |
| /   /         r.  ( こ) | |             |    とても厳しい毎日を送っているお!
| | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_
          カチカチ


440 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:32:25.30 ID:PhEtzAIo


   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \    ただのニート生活じゃねえかア!
 |,'⌒ (( ●)(●)    
 |     (__人__)                       
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,    バタイユ!
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____        
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ

441 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:32:52.91 ID:PhEtzAIo



        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)  來歙……?
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<−> \ 
    (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::) どうしてここにいるんだお?
    ./ ||    ` ⌒|||    ,/



      / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ    俺も新野に住んでんだよ覚えとけJK!
    | ⌒(( ●)::(●)  
.    |     (__人__).   気になって来て見たらこのザマかよ!
     |   ` |::::::::|´ノ.  
     |    `⌒´ }.   元のダメ人間に逆もどりだろ……
      |       }    
      |      ノ
442 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:34:00.10 ID:PhEtzAIo


       ____
     /_ノ   ヽ_\      だってー、働けないんだから仕方ないおー。
   /( ●) ( ●)\    
  /:::::⌒(__人__)⌒:::: \    やる夫が悪いんじゃないおー。社会が悪いんだおー。
  |     (  (      |  
  \     `ー'     /   



           / ̄ ̄\
          /  \_,  ノ\    ニートのレトリックまで身に付けやがって……
            |  /^\ァ.:::.r/)   
           |    ̄(__人__厂|
          | ノ(   }+++ノ ノ
         | ⌒    ̄´  }
         ヽ          }
           \     ノ 
         /⌒      ヽ 
443 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:35:35.36 ID:PhEtzAIo

                    ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i    
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|     そんなお前に反乱計画の任務を持ってきてやった!
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l     ありがたく思え!
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!        
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     これから、この家に南陽近辺の山賊・盗賊のリーダー格を   
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/     連れて来る。親睦を深めるための宴会だ。  
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/      お前、幹事やれ!    
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|            
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l            
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

444 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:35:55.13 ID:4tFF0nQo
社会というか、兄のせいだなww
445 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:35:56.44 ID:PhEtzAIo

       ____
     /ノ   ヽ、_\       きゅ、急すぎるお!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    それに、盗賊なんか連れてきたら姉上たちに迷惑かかるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /


446 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:36:19.76 ID:PhEtzAIo



              ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ  あら、私たちなら平気よお。
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳   なぜって……
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |

447 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:36:39.74 ID:PhEtzAIo


             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \     僕も、この反乱に参加するからね。
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \      
            〉   h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./ 
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
              レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
                     ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
                     ̄ヽ      ー‐      /
                      \           _, ィ´
                       `¨ニt-  -‐' ト-┐

448 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:37:02.90 ID:PhEtzAIo

     ____
   / ノ  \\    あ、姉上の家まで?
  / (●)  (●)\   
/ ∪  (__人__)  \  
|      ` ⌒´  u  |  
\   し       /   
449 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:37:37.31 ID:PhEtzAIo

 こうして、ケ家に南陽のお尋ね者、DQN、盗賊の主だった面々が集まり、
 やる夫たち豪族との親睦会がはじまった。
         ________
       /:.'`::::\/:::::\
      /::            \  ガハハハ!
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |   金持ちん家は暖かくてええのう!
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |   あんまり気持ちいいんで、小便もらしてもうた!
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /    
.       \        /
         \____/

         ジョワー


       ____   
      /::::::::::::::::::::::\   アー、セクロスしたーい、
      /:::::: 9800円 ::::::ヽ 
     |::: ___, ,___ :::|      セクロスしたーい、
     (|:: ((・)), . 、((・)) :::|)    
      |    .、_,,    |      セクロスしたいーい……
     .ヽi ヽ , __ 、 i .|
      !、  `ニ'" ノ /  
       | ヽ__ /|  
     /|\     //\  


450 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:37:59.88 ID:PhEtzAIo

       ____
     /ノ   ヽ、_\     DQNってレベルじゃねーぞ!
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    こんなの連れて来て…
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |   姉上たちが怖がらなかったらいいけど…
     \ u.` ⌒´      /

451 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:39:21.62 ID:PhEtzAIo


                          ___              
                    ,.ィャッz、 ___ `丶、       
                  / 込tュツ---- `丶、 ヽ        天使のーようーなー♪
                ,.' //      、 `丶 ヽ ヽ __  
                / / / l   l ヽ ヽヽヽ \!_/__〉': :
    、_         ! l / l l ヽ l  | l ノノノl/| lヽ._」: :   悪魔ーの笑顔ー♪
   _\: :`ヽト-、|ヽl l」|lヽヽヽヽ.ノノ z==/l | lヽ\: : :
_/. : : : : : : : : : : : :l l ヽヽ z==   、 ::::::::: l /  ! \: :
/. : : : : : : : : : : : :/´〉、 \ヽし:::::__ ,-‐¬z、 /イ   |   ヽ:.  
. : : : : : : : : : : : : :/| ! _, - 、ー、/.::::.`ヽ  ヽ l  / ___/   
丶: : : : : : : : , ィ ´ ! l/ ヽ ヽ , イ:::::::..i_丿/l /ー、    ̄
_, -‐'´  ̄/ 」_ /l,..:'‐ヘ ヘ ∨ {:::::::::/_// イ    \  
      , _,....::‐'::´::::::::::.ゝ._ト、」〉 }-‐イ/ lヽ / ̄ヽ--、   l   
    _,..:‐:'::::::::::::::::::::::::::_;::-‐' ´ / / /l/|   ヽ」  l  l ヽ  
、 r'´.:::::::';:::::::::::_;::-‐'´、_, -‐ '´ヽ /_//」      ` ∨ハ  ヽ  
丶l」:::::_;: -‐'l´「   l_!  i   ヽノ〈´ / |          |_| i   l         
   \  | / Y   l ゝ__rー ' __」  薔〕        lノ!_   li
       ̄ \_| _」、   i   / 」 ,  /\__, --、/「 しヘ  |
           l」   |└冖'´ ̄´/  l 厶 ̄   /_ / 〉´ 、/   l
           └ T´L. --L_/|:::::::.l::::L└ーイ └ T   」    !

         \ ヒューヒュー! /

       
452 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:39:39.87 ID:PhEtzAIo

          ____
       / ―  ―\      あ、結構溶け込んでるお。
.     / (ー)  (ー)\
    /     (__人__)  \.
    |   u  ` ⌒´    |
     \           / 
    ノ            \
453 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:40:04.32 ID:PhEtzAIo


            / ̄\
            |     |
            \_/     こーの町にー♪
    ヒック…     |     
              / ̄ ̄ ̄\      
         /   _ノ ,、ヽ、_\   
       /  ;;;<ー>::::::<ー>;;\   
       |    :;:,~(__人__)";::  |   
          \、    ` ⌒′ ,/        
         /ヾ     イ" く     __     
        /⌒ヽ        \ ,、jーi
.        |\ \.      ト、 ヽソ ⊆)




 
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)   溢れてー♪
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /    いるよー♪
 \    ヽノ /
  /      /
 |   _つ  /
 |  /UJ\ \
 | /     )  )
 ∪     (  \
        \_)
454 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:40:36.33 ID:PhEtzAIo


     ____
   / ノ  \\    !
  / (●)  (●)\   
/ ∪  (__人__)  \   ケ奉と 朱祐もここにいるお?
|      ` ⌒´  u  |  
\   し       /   




    /::::::─三三─\    ということは
  /:::::::: ( ○)三(○)\  
  |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  あの二人も反乱に参加するのかお?
   \:::::::::   |r┬-|  ,/ . 來歙に劉嘉、それにあの二人まで参加したら、       
   ノ::::::::   `ー'´  \  やる夫の親しい人たちはほとんどこの計画に加わることに……

455 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:41:14.04 ID:PhEtzAIo


  
     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\     失礼しますにょろ!
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'', 劉やる夫どのとお見受けしましたにょろ!
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /  本日はこのような席に
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /  
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=    私どものような卑賤の者をお招き下さり、
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /     まことにありがとうございますにょろ!
          , '´ ̄ ̄` ー-、     
456 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:41:37.00 ID:PhEtzAIo


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \   あ…
   /  (●)  (●)  \.   
   |    (__人__) U  |  どうもですお。こちらこそよろしく……
   \    ` ⌒´    /
   /              \
     
457 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:41:46.04 ID:DGOGgYs0
ていうかなんでマッチを歌うんだwwww
458 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:42:28.45 ID:PhEtzAIo


            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  申しおくれましたにょろ。
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|  私は朱鮪(しゅい)
         レ!小l●    ● 从 | } i|
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|  淮陽郡の生まれです。
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |  「緑林軍」という盗賊団でリーダー格を務めていますにょろ。
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  || 
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ|| 以後お見知り置きをにょろ。
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||



     ___     こちらこそ、よろしくだお……
   /      \     
  /  \   ,_\    (とても盗賊とは思えない物腰だお……
/    (●)゛ (●) \   こういう人もいるのかお…)
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 

459 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:42:55.92 ID:PhEtzAIo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \     私の受け答えが盗賊らしくない……
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{       リ| l.│ i|  もしかして今、そんな風に思われたかにょろ?
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
          ヽ|l >   <  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | 
460 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:43:12.83 ID:PhEtzAIo

          ____
        /      \         あ、いいえ……ハイ。
      / (●) (●)\
     / U  (__人__)   \        
     |       |::::::|     |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /     
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

461 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:43:32.34 ID:PhEtzAIo


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   そう思われるのも無理はないにょろけど、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ     ノリ| l │ i|  末端ならともかく、
         レ!小l⌒    ⌒ 从 |、i|   
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│ 頭領格ともなれば、盗賊でもコミュニケーションスキルは 
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !  不可欠にょろよ? 
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ たとえば、あそこにいる二人……     
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

462 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 15:43:58.24 ID:45/cOho0
>>457
銀狼怪奇ファイルで「銀」繋がりじゃね?
463 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:44:11.78 ID:PhEtzAIo


このパーティの様子をブログにアップしたら100万ヒット間違いナシだな。
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) 流石だな兄者。俺らお尋ね者だけどな。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    王匡(おうきょう)と王鳳(おうほう)、我々緑林軍の頭領にょろけど、
             / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  元々は盗賊たちの間で、食糧の配分なんかの争いを
         〃 {_{       リ| l.│ i|  上手く仕切ったことから人望を得たにょろよ。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  アウトローの世界でも、人間関係を上手くさばける者が
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   出世するご時世にょろ。 
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |   
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   
464 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:45:49.17 ID:DGOGgYs0
>>462
なるほど。
どうもサンクス。
465 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:47:18.46 ID:PhEtzAIo
>>462 そこまで考えてないw 適当な選曲だったのになんたる偶然



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l  ちなみに緑林という呼び名は、彼らが本拠地にしていた江夏郡の山の名前から来ている。     
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  後の時代、「緑林」という言葉がそのまま「盗賊」の意味でつかわれるようになる
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  ほどメジャーな存在だった。
 `ー-、」    '  i_ノ  
    | `ー  ̄ , '    この西暦20年時点で少なくとも7〜8千人の軍勢に成長していて、
  ,,rへ、_ ` 〔´     江夏郡・南陽郡・南郡と幅広く暴れまわっていた。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_  
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


466 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:47:57.21 ID:PhEtzAIo



      /   ─  ─\ 盗賊の世界も人間関係……
    /    (●)  (●)\  
    |       (__人__) ∪|   
    \  ⊂ヽ∩     /   
      |  | !、_ \     )   
      |  |__ \   /



            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  ついでに、他のリーダー格も紹介しておくにょろ!
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|  あそこで飲んだくれているのが馬武(ばぶ)字は子張にょろ。
         レ!小l●    ● 从 | } i|
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|  
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||
467 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:48:20.70 ID:PhEtzAIo

              _ ,−、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . −、   ウーイ…
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )  
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';  あと1升……
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j
    !.      /  l.   '、       ヽj`ー、_ `ー、    /
    ヽ、   /     !    ヽ          `ー-'   Ο
      ` ー´      '、     


                      _f;;f三)}=-- 、
                    ,. -===‐ 、'三三弋 、
         , ── 、     / _ /      \三三:ヽヽ
         f: : : : : : :\  / ,. / /     ,/    !\三三! ゙!
         |: : : ._: : : :\'__// /    //  .イ ! !ヽ三j| |
        > '    ̄ ̄ヽー`、j|  /  l  //  }  j! ´jへ..|
  _    ノ-           ヽ / `ナメ、j / /! /ト、 \
   ` ー '   \         ∨  ニ∠ /ィ /  ! |│!\! \     負けないわよおお!
           r-、   ヽ.    |!  ´ ̄⊂⊃/廴_ノ! `ー‐| ― '
          r、.j   !   !     |!    /// / / |│ ヽ_ノ
            ヽ,  │       ノ‐、     / /::丁`    |
           !   l    ,イ !U、_.i 、 __ / /::::::|   __,, -ャ,___
       |    l_,,イ)、|\_/_ j│::: ,r─' ̄:: `\ノ-' 三三三三三ノ
       |     _><ノ:::::\ ヽL___{ .::::::::::::::::::::::::)三三三三、ミ\
       ノ    _ノ\ノ\::::::::`ーf::::: \::::::::::::::::,イミ三三\三:\ ̄
       _ ィ/`トく-く \::::::::::::::::, -、_::://|:::!  `ー--!三:::\

468 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:48:43.67 ID:PhEtzAIo

      ____
     /ノ   ヽ、_\    姉上!何 張り合ってるお!
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ     馬武はああ見えて、なかなか腕が立つにょろよ!
             /:::/ ̄`\::::::::::::::\
         ////     ヽ:、:::::::::::::、   
         ,'/:l、{\    / |::|:::::|:::::::::l  普段はただのアル中だけど、いざというときには……
         レ|、l ●   ● ハl::::::|::::|::::|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃::::|::::|::::|   
        /⌒ヽ__|ヽ   \」    |:::::|::::|/⌒ヽ    
      \ /:::::|::::l>,、___,. イ:::::|/   /
.        /:::::/|::::| 〈::l三/::::/ |::::::ト、_∠
       `ヽ{.|::| ヽ∨:/ .|::::::|::::::::/
469 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:49:24.86 ID:PhEtzAIo


              _ ,−、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . −、   
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )  オエーーーーーッ!
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';  
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j
                     ≧=- 。
                   イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
                    ≦`Vヾ       ヾ ≧
                   。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
  
   

           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |     勝ったわあ!
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|     南陽の酒豪王の名はこの劉元のものよお  
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;

470 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:49:47.17 ID:PhEtzAIo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   ……ただの、アル中にょろ……
         〃 {_{       リ| l.│ i|  
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| 
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
          | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |
             



      /   ─  ─\ ……
    /    (ー)  (ー)\  
    |       (__人__) ∪|   
    \           /   
471 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:50:09.79 ID:PhEtzAIo

  同じ場所で同じものを食べ、同じ酒を飲む。

 ありふれた親睦のやり方だが、意外と効果があるものである。

 宴会は、なかなかに盛り上がった。




            / ̄\
   \  /    |     |
     X      \_/
   / ∩     __|__       /
  / ( ⊂)  /     :::::\    X   
      | :::|  /   \ / :::::|  /  \
     トニィ |   ⌒  ⌒:::::::|
     | ::::i .|  (__人__) ::::::|   うーわさのキッスを あげーるー♪
     \ ::\ヽ  ` ⌒´  ::::::/            
      \  ーヽ   ::::::/   
         ン ゝ :::::/>ー、_
        / イ( /  /:::::::::\
        /:::::::| Y  |  / ::入 ::::\
       (:::::::::| :、 |  / :::/  ヽ、::::l
        j:::::::| :   | / ィ    | ::::|
        くV::::ヽヘ_ ヽ :::\  仁::」
         ー 〕  :::\ :::::〉(⌒ノ
472 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 15:50:24.48 ID:45/cOho0
馬武なら仕方がないwwwwww
473 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:50:26.34 ID:PhEtzAIo

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-      
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      イエイ イエイ イエイ♪
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////     
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/    
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以   
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i    
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|      




      ____
     /ノ   ヽ、_\ て      兄上! 来てたのかお!
   /( ○)}liil{(○)\ そ   
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     
474 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:51:13.65 ID:PhEtzAIo



         ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉    情熱キッスを きーみーにー
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く   
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

                   



             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \      
            〉   h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./ 
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
              レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
                     ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
                     ̄ヽ      ー‐      /
                      \           _, ィ´
                       `¨ニt-  -‐' ト-┐


                   むーなーさーわぎー  
475 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:51:40.27 ID:PhEtzAIo

   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)   
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/  (いつまでも)
.(  ヽ  |∪|  /   
 \    ヽノ /
  /      /
 |   _つ  /
 |  /UJ\ \
 | /     )  )
 ∪     (  \
        \_)


476 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:51:58.76 ID:PhEtzAIo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ     ノリ| l │ i| 
         レ!小l⌒    ⌒ 从 |、i|   
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│   
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !    
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


         さめない

     /)
  ∩ //         ∩
  |│|│      ∩/ / ∧_∧
 ∩ \ ∧_∧ .||/  (´<_` ;) 
 \\ .( ´_ゝ`) |⊂__) /   ⌒i
  (__ニつつ   ⊂__) /    | |
  (__ニつつ  / ̄ ̄ ̄ ̄/ | |
  __(__ニつ/  FMV  /_ | |____
      \/____/  (u ⊃

       (さめない)
477 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:52:19.50 ID:PhEtzAIo

       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   夢のなかーへー
  |     |r┬-|     |   
  \      `ーlj'´    / 




              _ ,−、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . −、   
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )  
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';  
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j
                     ≧=- 。
                   イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
                    ≦`Vヾ       ヾ ≧
                   。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
  

                   (夢のなかーへーオヴエエエ!)
478 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 15:52:38.98 ID:Si.Yy8wo
また懐かしい歌だなオイwwwwwwww
479 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:52:42.35 ID:PhEtzAIo



                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |     ふーっ、もう飲めないお……
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄




480 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:53:01.12 ID:PhEtzAIo



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)  こんなに旨い酒は久しぶりだろ。   
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ  やっぱり大勢で飲むのはいいな。 
.  |         }   
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ        

481 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:53:22.56 ID:PhEtzAIo

         ________
       /:.'`::::\/:::::\
      /::            \     うーーい。
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ×"    ×" |    母ちゃーーん……
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |   
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /    
.       \        /
         \____/



        _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\  寝ぼけちゃってるわあ
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´   お布団かけてあげるわねえ
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ     
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
482 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:53:46.44 ID:PhEtzAIo

         ________
       /:.'`::::\/:::::\    
      /::            \     
     /::.  /"""  """\ ヽ  母ちゃん母ちゃん母ちゃん母ちゃーーーん……
     |::〉   ×"    ×" |    
   (⌒ヽ    ∪    ∪  |)
    ( __     ( ∩∩ )    |   
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /    
.       \        /
         \____/




              ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ  ?
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳   どうかしたの……
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |
483 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:54:47.23 ID:PhEtzAIo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   あー 気にしないでにょろ
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{       リ| l.│ i|  そいつは酔っ払うと いつもそうなんだにょろ
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| 
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  奴隷に売り払った、奥さんのことフラッシュバックするみたいにょろ
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
          | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


484 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:55:08.03 ID:PhEtzAIo


         ________
       /:.'`::::\/:::::\    俺が悪いねん 年貢、払えんかって
      /::            \   もう売るもん、全部なくなってしもうて  
     /::.  /"""  """\ ヽ  母ちゃん母ちゃん母ちゃん……
     |::〉   ×"    ×" |    
   (⌒ヽ    ∪    ∪  |)
    ( __     ( ∩∩ )    |   
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /    
.       \        /
         \____/
485 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:55:28.73 ID:PhEtzAIo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   もう何年も前だから、どこに売られたかもわからない。
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{       リ| l.│ i|  取り戻すのも無理にょろね……
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| 
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
          | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

486 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:56:01.23 ID:PhEtzAIo


    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  奴隷になったものが自由になる方法としては、
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i   買主に解放してもらう
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil   買い戻してもらう
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l   等が考えられるが、
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ   奴隷の単価は成人女性で約一万銭とかなり高く、
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l   (小作農家の年収とほぼ同じ)
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/    
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V     生活苦で家族を売り払ったものが、もう一度買い戻す
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ      なんてことは絶望的だった。 
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l      高価なのは買主にとっても同じなので、よほど金持ちの買主に
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l      同情でもされない限り、奴隷が解放されることもありえない話だった。



487 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:56:19.09 ID:PhEtzAIo

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ    だったらさ、 奴隷自身ががんばって、
  li 从ハ)ソ     
 ゝ*,,・∀・)    自分で自分を買い戻すってのはダメなのか?


488 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:56:41.01 ID:PhEtzAIo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ  ありえないな。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! 奴隷は「モノ」なので与えられるのは最低限の食糧だけだ。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  給料など得られない。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

489 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:57:07.51 ID:PhEtzAIo


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ    でも、なんとか仕事の合間を縫って、金を溜め込んだりできねえかなあ?
  li 从ハ)ソ     
 ゝ*,,・∀・)    




 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ  望み薄だな。やはり奴隷は「モノ」なのだから、
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   奴隷の私有財産などありえないからだ。          
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   ただし政府の高官などの奴隷には、農民の数千倍もの
 `ー-、」    '  i_ノ   蓄財を行っていたものもいたらしいが……
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´       そういった例外中の例外を除いて、基本、奴隷が自分を買い戻すなど不可能なのだ。
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  つまり 一度奴隷に売り払われたら、ほとんどは一生抜け出すことはできない。
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
490 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:57:28.49 ID:PhEtzAIo

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    ……
  / o゚((●)) ((●))゚o \  
  |     (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /

491 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:57:51.06 ID:PhEtzAIo



     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\  今日はありがとうございましたにょろー!
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \  
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'',  いいお酒でしたにょろー!
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /

              _ ,−、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . −、   
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )  
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';   オエエエ!
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j
                     ≧=- 。               オエエエエエエ!
                   イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
                    ≦`Vヾ       ヾ ≧
                   。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
  
492 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:58:18.75 ID:PhEtzAIo


                                  
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>    この辺も盗賊が出て物騒だから
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´    
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ     夜道には気をつけてねえ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     あっはははー!
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  わたしたち その盗賊っさ!
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i| 
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│  物騒なのは わたしたちのせいにょろー!
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

493 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:58:43.72 ID:PhEtzAIo

/
シー ユー!



/
  ヴォエエエエ

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    ……
  / o゚((●)) ((●))゚o \  
  |     (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /


494 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:59:07.07 ID:PhEtzAIo



   / ̄ ̄\       さっきから黙りっぱなしだなやる夫。
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      もらいゲロでもしそうか?
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

495 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:59:35.69 ID:PhEtzAIo

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-      
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    フン……
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      大方 盗賊共の身の上話でも聞いて、
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////    この世の全ての哀しみに触れたような心地でいるのだろうよ… 
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/    
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以   甘っちょろい奴ッ!
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i    
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|      




      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  <○>  <○>  \.
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
         
496 :1 [saga]:2008/11/23(日) 15:59:57.71 ID:PhEtzAIo


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (●) (●)\     兄上ッ!
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl


               
      / ̄ ̄ ̄\   やる夫は……
    / ─    ─ \  
   /  (●)  (●)  \.   一度兄上に面と向かって尋ねてみたかったお。
   |    (__人__) U  |
   \    ` ⌒´    /   兄上は、どうして反乱なんか起こすつもりになったんだお?
   /              \


497 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:00:19.29 ID:PhEtzAIo


    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/       知れたこと……
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__      漢王朝の末裔として、
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \          帝位を簒奪した王莽に叛旗を翻すは当然ッ!
     ,. --ヾ__/ ☆    \         
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|
498 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:01:23.17 ID:PhEtzAIo

         ___
       /     \ 嘘だッ!
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \   兄上は漢王朝に恩義を感じるようなタマじゃないお!
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/   本当のところを話すお!
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄   
.      |          |
499 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:02:15.96 ID:DGOGgYs0
やる夫かっけぇww
500 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:02:51.38 ID:PhEtzAIo

    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/       ……
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__       
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__      
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \          
     ,. --ヾ__/ ☆    \         
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

501 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:03:19.88 ID:PhEtzAIo

| 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |   
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |    ……この伯升、簒奪の時、王莽を恨んだのは事実。
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ    
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|     だが、しばらくしてこう思い直した。
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/      
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/      王莽がそれなりに有能な男で、民、士大夫があるていど納得するような 
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、       
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))       まつりごとを行うのであれば、 我らのでる幕はないと……
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ

502 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:04:10.16 ID:PhEtzAIo

     ___     
   /      \     
  /  \   ,_\    (兄上、そんな風に考えてたのかお……)
/    (●)゛ (●) \   
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 

503 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:04:45.13 ID:PhEtzAIo


    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V  
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   だが王莽のやったことと言えばッ!
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     現実を省みぬ政策を民に押し付け、
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   下らん見栄で匈奴の怒りを買い、
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   汚職役人をはびこらせるという
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   呆れ果てるべき愚かさ……!
          ヽ  | |、       //: : |川    
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    正直言ってこの伯升、
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   流民や盗賊に同情を寄せるほど
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|   仁愛に溢れた男ではないが、
                               
                              それでもこう思うッ!
504 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:05:11.48 ID:PhEtzAIo

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-      
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    許されざる罪とはッ!
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   「ふさわしくない者」が
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      のさばっていることだッ!
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////    至高の権力という玩具を
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   もてあそぶことができるのは 
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以  この世にただ一人ッ! 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /  だがその王莽はッ!
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   まばゆいその宝をもてあまし、 
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  馬鹿な害毒を垂れ流すのみ……
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|    だったら我等が奪い取ってやろうッ!  

                                  そうは思わないかッ!

505 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:05:37.23 ID:PhEtzAIo



              , -──-、
            /       \
           /   \   / \     …………!
         /   (●)  (●) \      ,
         |      (__人__)'    |   
         \、     `⌒´    /  

506 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:06:31.75 ID:PhEtzAIo



      |二_  _―-、_   |、ヽ_,./ r''‐'´ヽ ヽヽ  |  |    世の中を
      | i二ニ―---、__, | | | ̄―_ヽヽ、:::::ノミ-| l /  |
     く二二ニ-‐''''''~´  \ヽ`'‐=,´  \/ \ノ  人) |   思うがままに
     |  ノ /  /二三´`ヽヽ l /ヽヽ ヽ /r‐´// |┐
     /‐'´,/ /く \-- ̄`''‐\ ヽく ||ノ、lノ,-'´// |   動かしてみたいと
    ヽ/_///く   :ヽ弋;;;;ッ-、 | |:::::-<::::-=ニ二//  /´
     Y´  .\/ ノ      ̄ ̄::::ノ/ ヽ !弋シフ´/ r‐'     そうは思わないのかッ!
     | /`i、  .V/ ヽ      ::::::lノ  __| ヽ::   | /     
     .l l | ヽ |          :::::../::::: ̄ノ   //  
     ヽヽヽ! |            \::::::/   |/  
      | vヽ |          _,. -''''ヽ-‐、   .|、ヽ  
     /.( (>、_|         !-‐''~´ `~´\!  ./'ノ   
     |/ `-i´ |.          '';;,,,,,,,,,,,,,,,;;''  /|/             
     |   |  |.           """""   / |          
_,. --、 ||||   \               | |          
    ヽ| 川|    \       ___   / |          
   | |||||      ::::::\  /:::::::::::::::\/ |          
   / | | 川|       ::::::`'''‐------‐''´:  |         




507 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:06:50.52 ID:PhEtzAIo


              , -──-、
            /       \
           /   \   / \     
         /   (○)  (○) \      ,
         |      (__人__)'    |   
         \、     `⌒´    /  



508 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:07:17.48 ID:PhEtzAIo









     / /    `ト 、',    ヽ てーんーしーのーようーなー
 \  /  /     -ト y  i   l\  
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \   うーわーさーのーキッスー♪
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'',  
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /

509 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:07:18.88 ID:4tFF0nQo
DIOのくせに悪そうに見えないww
510 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:07:40.37 ID:PhEtzAIo

なあ、本当に大丈夫なのか?
           
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) 
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
             / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   何がにょろ?
         〃 {_{       リ| l.│ i|  
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |   
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   
511 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:08:12.43 ID:PhEtzAIo

豪族共と手を組むことだよ。正直、俺は奴らを信用できない。
           
            ∧_∧ 
     ∧_∧  (´<_`  ) 兄者もそう思ったか。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | | 俺も同じだ。 俺たち、奴らの言いように使われて終わるんじゃねえか?
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

512 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:09:24.28 ID:PhEtzAIo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ __ ⊂⊃ |ノ│   
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |  


       朱鮪?
            ∧_∧ 
     ∧_∧  (´<_`  )  何だその顔。ちょっと怖いぞ。
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | | 
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃
513 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:10:05.45 ID:PhEtzAIo


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ 、 ヽ  それは当然、私も考えてるにょろ。
         〃 {_{ー'  ゛'`ー リ| l │ i| 
         レ!小l●    ● 从 |、i|  要するに、豪族たちは反乱の頭数が欲しいだけ…
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  戦いが始まれば、血を流すのは我々の方が多い…。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧

514 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:10:51.54 ID:PhEtzAIo


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \   けれども、私達は 所詮、犯罪者集団。
       / /  ハ/     \ハヘ        
       |i │ l |リ       }_}ハ 未来を手に入れるためには、南陽や中央の政府と
        |i | 从 \ '  ゛'`l小N  コネがある豪族と、つながっておくことが必要にょろよ。
       |i (|  i ●    ● li|ノ 
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|   我々の軍勢と彼らの人脈、合わせれば、少なくともこの南陽くらいは
       |  l  x>、 __, イl |   支配できるかもしれないにょろ。
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ ) 明日をも知れぬ盗賊生活から、ようやく抜け出せるっさー!

515 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:11:10.51 ID:PhEtzAIo

       未来か…
            ∧_∧ 
     ∧_∧  (´<_`  )   おれ……
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |   盗賊生活から抜け出したら、MEからXPに変えるんだ……
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃


516 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:11:37.40 ID:PhEtzAIo



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    もちろん、彼らの言いなりにはならないにょろ。
             / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ 、 ヽ  連合する中で、我らの意向と人脈を
         〃 {_{ー'  ゛'`ー リ| l │ i| 
         レ!小l●    ● 从 |、i|  少しずつ 染み込ませて行き…
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i ! 
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧


517 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:11:56.06 ID:PhEtzAIo

              _ ,−、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . −、   
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )  
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';  
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j  オヴエエエエ!
                     ≧=- 。
                   イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
                    ≦`Vヾ       ヾ ≧
                   。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
  
518 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:12:21.24 ID:PhEtzAIo


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
             / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    最終的には、
         〃 {_{三三三三 リ| l.│ i|  
         レ!小lノ三三三`ヽ 从 |、i|   こちらが主導権を握るにょろ。
          ヽ|l ○三三○   | .|ノ│  
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   そのための道具は、
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |    
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   すでにこちらの手中にあるにょろ…
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   
519 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 16:12:33.11 ID:45/cOho0
馬武自重wwwwww
520 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:13:25.37 ID:PhEtzAIo

       道具…
            ∧_∧ 
     ∧_∧  (´<_`  )   ああ……
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |   アイツのことか……
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃



521 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:14:07.46 ID:PhEtzAIo









              , -──-、
            /       \
           /   \   / \     兄上!
         /   (●)  (●) \      ,
         |      (__人__)'    |   
         \、     `⌒´    /  

522 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:14:27.43 ID:PhEtzAIo

          ____
         \ / \
      / (●) (●)\     やる夫も男の子!
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !  決めたお! 
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi    嫌々じゃなく、本腰を入れて反乱軍やるお!
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl


523 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:14:48.09 ID:PhEtzAIo

 
          / ̄ ̄\
        / −  − \   ようやくエンジンがかかりやがったか。
        |  (−)(−) |      
        |  (__人__)  |   おそいだろJK…… 
         |   ` ⌒´  ノ     
   r"ヽ   |         }  
  (   =‐' ヽ        }   
   ゝ-'    ヽ     ノ     _
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ

524 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:15:08.39 ID:PhEtzAIo


       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     いやいや、
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、    
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    着火が遅い分、
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′ 燃え始めたやる夫は
.     i ,ト、      , ,  i ,!       
      i ! ` 、__________,,/i,`′     あなどれませんよ? 
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
525 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:15:30.32 ID:PhEtzAIo


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-      
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    フン……
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      せいぜい気張って怪我でもせぬよう
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////     
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/    気をつけることだなッ!
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以   
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i    
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|      


526 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:15:54.17 ID:PhEtzAIo


       ____
     /⌒  ⌒\      やると決めたからには待ち遠しくてたまらないお!
   /( >)  (<)\   
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   蜂起の日取りとかは決まっているのかお?
  |    /| | | | |     | 
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄


527 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:16:14.20 ID:PhEtzAIo



    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/       気の早い奴ッ!
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__       俺としては、
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__      
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._       世がもう少し乱れるのを待った方が良いと考えている。
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \          
     ,. --ヾ__/ ☆    \         
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

528 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:17:11.12 ID:PhEtzAIo



   / ̄ ̄\       新王朝の権威はガタガタだが、
 /   _ノ  \     国としての形はまだ損なわれてないからな。
 |    ( ●)(●)     
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ    最後の一手、王莽に大打撃を与える
.  |         }
.  ヽ        }        決定的な何かが起こってくれたらいいんだが…
   ヽ     ノ       
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         

529 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:17:42.08 ID:PhEtzAIo



         ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ    たとえば、秦を滅ぼす きっかけになった
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉    「陳勝・呉広の乱」
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く   
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }   ああいった大規模反乱が起こってくれれば、
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/ その機に乗じることができるのですが……
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

                   
530 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:18:03.38 ID:PhEtzAIo


     ___     
   /      \     大規模反乱……
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \   そんなの、いつ起こるかわからないお?
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 


531 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:18:34.87 ID:PhEtzAIo


     .lll、                             ,,,,,iiilllllii,,,,__,,,,,,,,,,,,iiiill!!! .,,illll .llli、    __  
    ._,,ill|            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__ .__,,,,iiiiil!!!l゙゙゙゜ .゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙^ .,,,iill!゙’ ,,illl .,,iiillllll!!lllllll
 .,,,iiiil!!!゙゙’           lll!゙゙゙”゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!!llllll!   幽州          ,iiiiil!!゙° lllll゚,,iill!゙°    
.,,ill!゙゙`              llll,              llll、  .,,,、      _,,,,,,iill!゙`    .゙llliill!゙`     
lll!゙                '゙!!!lliillliiiiii,,,、           ゙゙!lli,..,illllli,、   .,iiil!!!!゙゙゙゛      l!!゙゙゜     
llli,,、   ,,,ill!!!ll,、    ,,,,,    .゙゙!lll          ゙!lllll!゙.゙!!lii,,,iiiilll!!!!li,,                 
.゙゙!llii,,. ,,,ill!゙゙ .゙llli,、  ,,ill!!ll、    ,lll           lll|   .゙゙゙゙゙’  .゙!llii,,,     .     
  .゙゙!!l!!!゙’   .゙!llii,,,_,,ill!゙゜llll、   .,ill!    并州    llll          ,,,,iiillllli,,,_   ,,ii■■■    
            ゚゙゙!!!!!゙° ゙!liii,,,, .lll!゙              lll"  冀州  iill■■■■■■■■■   
  ,,,,,,_            ゙゙゙!lli,iilll`              ゙!lli,      .lll■■青州■■■     
  ゙゙゙!!lliii、           ゙llllllii,,,     ,,,,,,,,,,、   .゙lll     ,,■■■■■■■       
  ,,,iiiiiill!゙     涼州    .゙!!゙゙゙!lli,   ,ill!゙゙゙!!llii,,   lll,,,,,,,、.,,,iiill!l゙ ゙゙■■i■■■■         
  lll ̄          `      '!ll、 _,,lll′ .゙!llil,  ,illl゙゙!llliill!゙゙゜   !■l,■■■         
  ゙!!lliii、                lllliiil!!!!゙゙    .'!llli,,iill!llii,,,,゙゚゙゙エン州 ,■■!■■■          
   ゙!llii,,            _,,,,,   ,,,,iiill!゙゜       ゙゙゙゙゙°゙゙゙!ll、  .,,,iill!!゙゜llll■徐州■         
    ゙゙!!lliii,、      llll!llii,,,,iiill!!゙”” 司隷   、  .,ii,,,,,,,llll, .,,,,iill!!゙゜  .llli■■■■       
      ゙!lli,,      'lll,,.゚゙゙゙゙”      `   .,,ill!llll゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!゙゙’    ゙!!liii■■■■       
       .゙゙llli,,,,、    .゙゙!!!liil,,,,,,_,,,,,,,,,、     .,,,illl’.゙!llii,,   予州      '!lll■■■■■     
        .゙゙゙lll|     .,,ill!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!llii,,,,,,,,_ ,,iiil!!゙゙ ☆ ゙゙!lli,,      、 .,,,,,,,iiilllliiii■■■■■     
            ,llliiii,,,,,_,,,,ill!゙`     ゙゚゙゙゙゙゙!!!llll/ 南陽 .゙゙!!liii,,,、 .,,,iiiil!!!゙゙゙゙’ .゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!lllll,,,,,、   
      .,,iiiiiliil!!゜゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜          llll,,,,,、     .゙゙゙!!llii,,lll!゙″           ゙゙゙゙゙!!lli,   
      lll!゙`                     ゚゙゙llllll!          ゙゙!llll      揚州       ゙!lli   
     .lll″       益州       ,iiii,,,,,iill!゙°  荊州    ゙lll,、             ,,,,,,illl,,__  
     .lll,                    ,illl゙”””`             ゙!lliii,            '!!゙゙゙゙゙゙!!llll 
     .゙゙°                ``                  ゙゙゙′              '゙゙゙゙ 


  最後の大打撃。それが起こったのは、西暦22年のことだった。
532 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:20:48.22 ID:PhEtzAIo


: : : : : : : : : : : : /: : : :イ: : : :|:l: : : : : : : : : |: : :|: : : : : : :|: : \
: : : : : |: : : : : イ, ̄ 元ー: : :|:.| : : : : : : : : | -┼─、 : : :|:.:. : :ヽ   
: : : : : l: : : ´/ ハ :/ |: : : :.|:.|: : : : : : : :/|: :∧: : : `: : :|:.:: : : ヘ  
: 、: : : :|: : :/ ∧ /   |: : : :/l::l : : : : : / |:.,' ∨ : : : :∧..:.:.: : ヘ   
: :|: : : :|: :/ /: :/     |: : / ||: : : : :/   v   ∨: : : : :|\.:. : :ヘ      
: :∨: : l: :l | :/     、|:./   |:.|: : : :/       ∨: : : :|:.::.\:.:.::ヘ  
: : ∨: :∨ /'  __ |' ヽ  | |: : :/  /      ∨ : : |::.:.:.:| \: ヘ
: : ::∨: ヘ 乏彡≠=ミ.、  レ|: :/   _rイ三三ト∧: : :.|:.:.:.:.|   \ヘ    
: : :.:.∨: ヘ‐─ 、          |/    "´´ , ─┴、\:.|:.:.:.:.|    \   
: : : :.:.∨: ヘ.   )         ,     /    人:.:ヽ.:.:.:.|        
: : : :.:.:.:ト; : ヘ‐‐"            、   `ー─/´:.:ヽ :.:.:.:.:.|
: : : : :.:.:|:ヽ: ヘ      ヽ____ -、--'       /:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|
: : : : : :..|:.:.\:ヽ、       \\\\─‐ ´:|、:.:.:.:.:.:.:| |:.:.::.:.|
\: : : :├ <\ヽ` ー─ _ ゝ、  ノ─ 、| ∨:.:.:./ .∨:.:.:|
  \: : :l  ヽ ヽ    ノ      ∨∧    \ |: :/   l: : :|  


  
  数年前に旗上げした樊崇の盗賊団は、飢饉の頻発による流民の増加、

  そして樊崇の吸引力によって、万単位の大集団に膨れ上がり、
  青州と徐州を中心に暴れ回っていた。
533 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:21:48.87 ID:PhEtzAIo

 しかし数を増やしても、基本的にその行動に変化はなかった。

 集落や街を襲って、食糧を強奪し、

 ときには人肉をも喰らった……


  この当時の「人肉食」について、

『後漢書』にこういうエピソードが残っている。

534 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:22:27.75 ID:PhEtzAIo

  劉平という男が、

  飢えた盗賊に捕まり、食べられそうになった。
 



         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こってる事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは母親のために食糧を探しに出たら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        何時の間にか鍋に入れられて煮殺されそうになっている』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |        頭がどうにかなりそうだ……
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        某香港映画とか
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        某大統領の伝記映画とか、
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉        そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ       もっと恐ろしいものの 片鱗を味わってるぜ……
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 

535 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:22:50.44 ID:PhEtzAIo



       __ , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       > : : : : : : : : : : : : \
       /. : : :,ム∧: : : :/ーヘ : : ハ   昼飯、昼飯ー。
.      / / レ V⌒ {: : / ⌒ レリ|: :|
      jハ ルi { > ヽ { </: : |: :|   みいとぼおるう♪
     ●:/{ : :}⊃ rーv ⊂⊃}:八
      /⌒レ: :ト  ヽ ノ  j /⌒i: :ゝ 
      \ /::W >,、 __, イj/  ∧/
       /:::::/ ヾ:::|三/:::{ヘ、__∧
       `ヽ<   ヾ∨/ ヾ:::彡'


536 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:23:16.84 ID:PhEtzAIo


                ムヾ 川 /////〃〃/// /
              タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /    ま、待ってくれ!
             タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/
            /   〃    J ミ ニ彡彡/     俺には年老いた母親が一人、
            { __{(( .._   ミ ニ 彡 /     
            }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)    家で帰りを待っているッ!
            ,'   /   ```     りノ
            !  ({ 、       ├タ<     せめて一度家へ戻り、
         /|  ィニ‐-、      /〃リ
        r'´}! }   __ ',      / r'")       
      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ      山菜を食わせる時間をくれないかッ!
    /  ハ {      ̄  /    |リ        
  _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
/´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、      頼むッ!

537 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:23:36.57 ID:PhEtzAIo

         ヽ:_:_:_ : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : ヽ.
          /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : \
         〃: . : . : . :/: . /|: . : . : . : .|、: . : . : . : . : -=キ=-
         //: . : . : . :/: . / !: . : . : . : .! l . : |: . : . : . : . :|       ……なんて親孝行な奴なんだ!
        ( /:/: . : . : /: . :/  !: . : . : . : ト |:_:l!; . : . : . : . |
         /:/: /: . : /_:_,ノ  |: . : . : |: .:| !: . :|',: . l: . : .:.:|:|    感動したってヴぁ!
        .イ/: . ! . : /|: . /    ! . : .:,/|: /  !: . | ',: |!: . : . :!:|
      /: . : |: . イ j: /     !: . :/ レ   ヽ:j Y : . : . | |
      /: . : .:|: /: },レ-  ―‐ |: ./   ー―  - |: . : . ::.|:.|
      /: . : . :j/: . l三三三三 V    三三三三j: . : . W:.|
     /: . : . : . : . ,'{    {            }     |: . l: .|:ヽ:ヽ   
     !: . :/|: . : .{ !     |   , ―‐v、  |   .|: . l:./:l: .\:ゝ
     |/  .|: . : .l、l     |   l    } │  . |: . レ: .|\:_l
        |: . : .|:.≧  . l   └─―┘ j.. <: j: . ;!: .:|
        |: . : :|!: .|  1: ア ,. ┬┬ 、: .;イ: . /|:: /ヽ:j
        ヽ: . :|\!  ∨ / f ー‐ゝ ∨.|/ l;./
          \!       /\ !  //ハ   j/
                〈\ \! /.//〉
                |ヽ_ヽ_,∨_∠ノ |
                |  / T \   |
538 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:24:07.88 ID:PhEtzAIo



                                -―‐‐- 、    
                           __, :'"::::::::::::::::::::::::ヽ  解放してやるってヴぁ!
                           >::::::::::∧:::::::}\:::ヽ:',
                          /:::/:::`メ、∧:::ム匕|::j_l:|  おふくろさんに、
                            //|:::{::ハ三 ∨三 |:::|.八
                            |:::V::j'' (⌒v ''l:::爪: ゝ
                            ∨レ个トvz ≦j:∧厂  ごはん、食わせてやって来い!
                               ヾY^V7⌒',
                                  人_人__,人
                               ヽノVVゝイ

539 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:24:32.12 ID:PhEtzAIo


     こうして劉平は家へ帰り、母親と最後の食事を済ませた。


                __.....  -- ―‐ --  ....__
                filヽ、_        _,r'il゙i
                | ll ll ll`「TT''''''TT"「 ll ll |
                |ヾ ll ll. l l ll  l l l / //|     このまま逃げ出してしまえば、
                |=rヾ ll l l ll   l l l,r''ヽ=|     命は助かる……
                |=|  ヾ l l ll  .l.l /   |=|
                |=l    ヾl ll  lレ′  |=|       しかし、盗賊たちは
                |=l      ヾ,ヅ     |=|      俺の頼みを聞き入れて一度は解放してくれたのだ。
               r、V             Vヘ      
               |ヘl(      、 li r     )lイ|       たとえ相手が盗賊であっても、
                |.ト| `r‐toッ‐ィ_}l_ノr toッ‐ァ゛|ノ|
              l.ト|  " ̄´":i  ヾ" ゙̄` |ノ|     約束を破ることは、できねえッ!
            ヾ|ヽ    { |        / |<      
              ノノll U  ', :L.     U lト,ヽ    
           f⌒>{.ll lU    ヾノ     Ul l } <⌒i
          ヽr゙ |l.| ',l   ー‐--一   l/ l.| ゙tノ
            ,r'"ヾ|   ',   ====="  /  リ`ヽ、
        /   |    ',   t=   /   |   \_
__.... -‐''"  ̄     l     ヽ________/    l    /:::::::`:`ァ- ....__
       ー-- 、      ヽ     /        /:::::::::::::/
           `ヽ、    ヽ   /     ,. -―/:::::::::::::/

540 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:24:58.08 ID:PhEtzAIo

  ___    _,〜ー―――--ヽ、     __
/⌒母 \   |ヽー、____,- !/  /   ヽ
|  さ  ) |  \ミ\ \   //  |  あ   |
\  ん /   | \ミ   \\ / /  |  ば  |
  `〜ヽゝ  |\ミ     \/ |/    ヽ よ ノ
       |\ミミ        ||    //
        |\ミ ヽ__,,ll、、_ |    ~
       //ヾ ヘσλ i ヘσく
       !ヽ、 i ヾi、~~! _ | ~~/ヽ __
   "シ彡 l⌒i !||!  __, / (~~ノ
   彡シ″ \! 、l| ||i"¬ /    ̄
  彡ノ  ノノ  ||! \____/ /()、 /()、
// ノ  |/  || |!     ,/ヽ//ヽ/
  \  /   | |  / ̄/ヽ//ヽ/ _
    ー/    |!   |   〃 〃/ ヽ

  劉平は、再び盗賊の下へ戻り、約束を果たそうとした。
541 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:25:16.99 ID:PhEtzAIo


                          
                                          ええっ!
                                -―‐‐- 、    
                           __, :'"::::::::::::::::::::::::ヽ    おまえマジで戻ってきたのかよう!
                           >::::::::::∧:::::::}\:::ヽ:',て
                          /:::/:::`メ、∧:::ム匕|::j_l:そ|  
                            //|:::{::ハ三 ∨三 |:::|.八
                            |:::V::j'' (⌒v ''l:::爪: ゝ
                            ∨レ个トvz ≦j:∧厂  
                               ヾY^V7⌒',
                                  人_人__,人
                               ヽノVVゝイ

542 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:25:39.03 ID:PhEtzAIo


         ヽ:_:_:_ : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : ヽ.
          /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : \     お前みたいな馬鹿正直なやつ、
         〃: . : . : . :/: . /|: . : . : . : .|、: . : . : . : . : -=キ=-
         //: . : . : . :/: . / !: . : . : . : .! l . : |: . : . : . : . :|      
        ( /:/: . : . : /: . :/  !: . : . : . : ト |:_:l!; . : . : . : . |    食ったりできねえよ……
         /:/: /: . : /_:_,ノ  |: . : . : |: .:| !: . :|',: . l: . : .:.:|:|    
        .イ/: . ! . : /|: . /    ! . : .:,/|: /  !: . | ',: |!: . : . :!:|
      /: . : |: . イ j: /     !: . :/ レ   ヽ:j Y : . : . | |   見逃してやるってヴぁ!
      /: . : .:|: /: },レ-  ―‐ |: ./   ー―  - |: . : . ::.|:.|
      /: . : . :j/: . l三三三三 V    三三三三j: . : . W:.|
     /: . : . : . : . ,'{    {            }     |: . l: .|:ヽ:ヽ   
     !: . :/|: . : .{ !     |   , ―‐v、  |   .|: . l:./:l: .\:ゝ
     |/  .|: . : .l、l     |   l    } │  . |: . レ: .|\:_l
        |: . : .|:.≧  . l   └─―┘ j.. <: j: . ;!: .:|
        |: . : :|!: .|  1: ア ,. ┬┬ 、: .;イ: . /|:: /ヽ:j
        ヽ: . :|\!  ∨ / f ー‐ゝ ∨.|/ l;./
          \!       /\ !  //ハ   j/
                〈\ \! /.//〉
                |ヽ_ヽ_,∨_∠ノ |
                |  / T \   |
 

   盗賊たちは劉平の正直さに心打たれ、彼を生きて帰したという……

543 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:25:59.42 ID:PhEtzAIo

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  以上、「人肉食 いい話」でした!




 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! いや、感動する話といえば、
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  
 `ー-、」    '  i_ノ    確かにそうだがな……
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

544 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:26:24.22 ID:PhEtzAIo


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!     よく考えてみろ。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  
 `ー-、」    '  i_ノ    こういう話が残されてるってことは、
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´      「それ以外のパターン」が多かったってことだろ?
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ





      (( そっかー。
    '´ /ニ゙ヽ 
   li 从ハ)ソ   ほとんどは、食べられちゃったのねー
   ゞ;,,TДT)  
   

545 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:26:47.29 ID:Si.Yy8wo
うわぁ・・・
546 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:26:54.74 ID:PhEtzAIo




               l;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、;:;:;:;l
              ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!     目障りな蝿どもめがっ!
              ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉  
              {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ     
             〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l     さっさと片付けるでおじゃるっ!        
                l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<     
              ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l      
                 l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
                l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
              ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
               丶、__, -―''"/,/
               ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
              ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
             ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
           ,∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_
     ,, - '"´ ̄/        /             /``


 当初、ただの盗賊の寄せ集めと見て樊崇の軍勢を甘く見ていた王莽だったが、


 西暦22年四月、ようやく重い腰を上げ、討伐軍を派遣した。
547 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:27:27.60 ID:PhEtzAIo

討伐軍の将は、王莽の従弟の息子王匡と……




              __,、−ニミヾ ̄´"'‐ 、、
          _,、-''":::::::::::ヾヾ::::`ミ:、::::::::`ヾ`ヽ、
        /::::/:/:::::::::::::::::::::..:..:..    ... ..:::::ヽ.
        /'´/.. ... ..  ...  .... . .::::::::::il:::l:l:i:li:::li
       /:../:...:./::..:.:...::::.:.:..::::.:.:.:::!:::l:i:..:!:::::::i::::il::l|!:li!::l|i
     /://::::::/:::::::::::::::::i:|、::::j:!l:::::i:::!:!:::i::::i:::i!:::l!:ll::|!l::|l:!
 .   /://::::::/::i::l:::i:i::::::::|ト、V/l:!:::::i:::i:i:::::::::i!::i!:::i:::!:l!:!:l:l:!
    l:::!:':!:::::ll:::i::l:::l::l::l:::::lトヾiン'i:!::::::l:::l:i::::::::l!:::l!:::l:::::!::::l:l:!
 .   l:::!:::i::::::l|:::!:|:::|!:l!:l::::l:!    ヾ;:::::l:::li::i:::::i::::l|:::i!:::::::::l:l:l
   |:::|::::!:::::!|l:|::l:::!!:lil::l:::il    __゙;、::l::li:::l:::i!:!:||::!|i::::::::l::!:l
   l:::i::::i:i:::l:i l|::|::l|::|l|::l::{,!_,=''"___l:::l:|l::::!:i::!:|」:l:|:!:::::::!:i!:l
   i::::i::::!:i::!::!‐|_l」|_| ト、__〉 ィ´tぐツ|::::l|!:::l:!:l::t |l:!::!::i|::!l:|::!
   ヽ::::、!::l:i:::i,代ト、      ´ ̄ └‐'|::::i|:|::f゙|!i:::|:i|!:|:!|:.|
       ̄|⌒Tヾ`'`´           |::::i!:|::レI|::::|:||l:l:::|!.|
       |:::::::!:::',  亅           !::::|::i:j| |!::::|:!|!i:::j|:j
      |l:::::::!::::'、  ゝ ‐        |::::l:::!゙! l|::::レ:j!::/ノ′
      |l:ト、:::'、:::゙:、、 ー ‐一'      |::::l;/ノ ノ_;ノ-'‐′
      |ト'、ヽ:::゙、:::ヾヽ、       /|_/  _,、┴┐
       |! ヽ ヽ、::::::ヽ::`' 、    /  _,.-'",,=''´,-ヘ
      ノ     `'¬`'⌒'`フf'´,.−'´,,=''´,,-''´,,=''^:、




  王匡(先ほど登場した、盗賊の王匡とは別人)
548 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:27:58.75 ID:PhEtzAIo

戦国時代の趙の名将、廉頗(れんぱ)の子孫である廉丹だった。



      i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:i
    i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:i
    ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:ィヽ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;,,-;;彡彡、
    ミミィ`゙'ー‐--、;:;:;:;:;:;:;::::--‐‐""´  ヾ彡彡彡
   ,ミミ      、二_,,, -       '彡彡彡
   ミミ    (ミリ i.  _, (三ツ      '彡彡ィ'、
   ミリ  '´,、__  `i ,     _,,,、、     '彡〃''ヽ
   iヾ  '"ー‐-=,,,iソ、,`ー-'"´,,,_`ヾ彡  彡',,ヽ./
   ヽ| 〃ィ弋'ゞ';; :i ー t ‐=でシ>、,彡  リシ;; ./
   ',ヽ"ヽ、`゙゙"´ /::   ヽ、`二;,,,ィ   /'rノ i'
    ',ヽ  `゙'''''' .::::   、`゙"´     ,, '   i  )
     いヽ    ノ::    ヾ、    '´   r''´
     `|::.    ー=、_,="ヽヽ       |
      i:::  ,彡ツ i i ヾミミ、ヽ     ,' ノ、
        ',  ( ー-'、,,-―─´ミ、     / 人
 .       '、  / `゙ー一'´   ヽ     //:::::ヽ
   ,,,,,,,,,/iヽ、、_   '''''''' 一    ''" ノ::::::::::::::::ト、、
  /,:,:,:/::::i ヽ:::::.、_  _,,,,    /::::::::::::::::/,:,:ヽ
''",:,:,:,::,ー‐、ヽ ヽ`゙ーヽ二二,,,,-一''":::::::;;;;イ'",:,:,:,:/,:,ー-、、




廉丹
549 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:28:29.92 ID:PhEtzAIo

 討伐軍の兵数は10万。
 対する樊崇の軍勢は数万単位。
 
 数の面でも、また、まともな軍隊対盗賊集団という意味でも、
 
 明らかに有利なのは討伐軍側だった。


  : : : : : : : :!: :ハ: : :!   ハ: :{ヽ: /: : : ハ: l   ヽ: : : :ハ: : : : : \
  : : |: : : : |:/  ∨:|    V  {: : : : :| }/    '. : : l: : ヽ : : : : : '.    うっひゃー!
  : : |: : : : |'    ∨        ∨: : :.' ′    ∨: |: : : :{\: : : :|  
  : : |: : : : |  r= ¨二二_    ∨:/ ,rチ二孑ハ /: : : : l  ヽ : |    すごい大軍だなー!
  : : ∨: : .ハ レ´            j/  ¨´   { .|′ : : : |   ヽ|
   : : ∨: : ├―‐ 、            {´ ̄ ̄ヽ: : : : : |        けどみんな、
  : : : :∨: :ハ _ ノ    ノVヽ___,    ゝ―┬': : : : : : !     /
  : : : : :∨: ハ      /      ∧      /: : : : ハ: : |  r―/   勝負は数の大小だけじゃねーぞー!
  : :ヽ : : ∨:.ハ     {          }〃 ̄ ̄>´ ̄ >ニニニニニ|   /
  : : : '. : : ∨:.ハ    '.       ハ     ≧<¨: :| ヽ|     '.  {
   : : : :' : : :∨:.へ ._ ゝ   __ ノ ィ `ゝ―‐ 1ヽ: : ::|  }       `¨>‐
   : : : :'. : : |ヽ:.<´  ¨ ー─< ___  / .∨: :! 
   : : : ハ : : !  ヽ         ヽヽ    `ヽ   V/
550 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:28:55.59 ID:PhEtzAIo

        . _r´―――-、: .`: . 、
      ,._r´.´: . 7: . ̄: ̄: マ: . :∧: \
    /': {: . : ._⊥ム〜 z vハ: ./  ',: . :'.,
   ,.'ハ: . /ゝ'    l}    !:{   !: . : .,    
  /:{: ヽイ      |    |乂_oノ: . : . ,    樊崇ちゃん。
  {:.lヽ{ l!   ,   ゝ┼ - 一1 : . : |: . }: . !  
.  N: . ! |,ノ      |    |: } : . |: ./: . |  
   |: .ヘ ヘ  、    〃   !/: . :.|:/: . : |   合戦の前に、
   |: . : '.,       v弌=ミ: . : .:!'-、: . |
    ,: . :ハ ィ≠ゝ    ::::〃: . : .,  ノ: .:|   気になることがあるんだけど……
     V: . :ハ:::::::      /: . : . /ー': . : :|    
     ',: . !.ヘ     マ_ フ / . : . /: . l : . : |    
     V:.!: . :≧rュ.―‐ '/: .//ヽ: .|: . : .:|
      Y|: . : .i´/フヽ:./.:/;;;;;;ハ .|: . : .:|
.       N: . : .:l、   }〃ニミ ;;;;;;;;; ',:l!: . ::.|
        | : . : };;\ ノ-‐- 、;;;ヽ;;;;;;V : . : !
.       ル1:イヾ、;;/    ヽ;;;;ヽ;;;;', : . : l
          レヘ ;;;;/      ヽ;;;;ヽ;}: . : :|
        〈  ヽ{         ヽ;;;;;!: . : :|

逢安 (ほうあん) 字は少子。 樊崇の配下で、同郷の出身。
551 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:28:57.44 ID:.23gQS2o
名将の子孫(笑)
552 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:30:12.56 ID:PhEtzAIo


          ┌-─ ´ ̄ ー-- 、
         /`ーヽ  ヽ    ヽ ヽ、
          / , レヽl、 ヽ 、    \ ヽ    皆の格好なんやけどなー。
          /  l l __ ヽヽ、 く ̄ヽ、  ヽ ヽ
         l l  l f´ ヽヽ ヽヽヽ ヽ  lヾ、」 ,、
       l l l│   ヽ、 >ヒz七、  ト、Y┤r┐ これまでに役所とか襲って防具とか奪ってるから、
        リ l N、,,三ミ `  '´´〃ヾ,、 V│ l ├、
       l|`l|  N、   '_ , -,、   l∧、|││ |│ 基本的に新の軍隊と同じ装備になってるやろー?
         l ヽ M.   {   l   レ┤ l ` ' l、 l
           ヽ l リー 、_ `ー- ' , イ | l  ヽ    l
             ヽl l|/  >、´  レlヽヘ  `   l  戦場やと、区別つかへんのと違うかなー?
             ` { ,/ ├   / ' ├'`┐ 、  lト 、
          , -_ニ''フ  |  /   l  ∧  /〉 l
          / l  //1 / \、_ l / メ' ´/  l  
            l   l / イ,/ l l   ヽ」、l l∧ /    lヽ
         ,┘  Y  <  lv'  /,   l/        N
         l    l   \ ヽ/, ´   \○     l ヽ

徐宣(じょせん) 樊崇の配下その2。獄吏(刑務所の役人)出身。
553 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:31:32.24 ID:PhEtzAIo


            \`ー――― ――‐ - ..
                _ .. -‐ ' "´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`: .、
             ,. <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               ∠.-z/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               / .:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    格好かー。
               /.:.:.::/.:.:.:.:/.:__;イ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:./!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
.            /__/ .:.:.:.:.:,'.:.:.::/`ト/!.:.:.:.:.:.:.:/:_/|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
.           /´   / .:.:.:/ .:.::!.:.::/_   !' |.:.:.:.:.:.://`ヽ.! :.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|  考えたこともなかったなー。
             / .:.:.:.;' .:.::::|.::/⌒iヽl |:.:.:.:.:/'´__   ト、:.:.;'.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:|
               / .:.:.:.:,i . .:.:::レ'} ト-' ::} l .:.:./,.ィ==、、∨./.:.:.:.:.:.:.:.l|:.:.:.:.:|
.             ,' .:.::/ | .:.:::::: / i.:...::;'  !:/ /、_丿.:}ヽ》'.:.:.:.:.:.:ハ:.:l|:.:i.:./  なにかわかりやすい目印で、
            i.:./   | :.::::⊂⊃ー' ,. ′  i .::.....:::;'//.:.:.:.:.:.:.;':∧||::.|/
            |/     | :.:::::人          ヽ._;.' /.:.:/.:.:.:.:':/}:::'i|、:'、
                 | :.::;'::::::iヽ  ,、__     ⊂つ/./.:.:.:.:::/ノ:::::l::::ト\   みんな納得するマークみたいなもの、
                l :.:::::::/|/|`//._`____ . /イ.:.:.:.:.:.::/:::::::::::::::::| `ヽ
               | :.:.::/ /. V/   Yハ   '´ | .:.:.::/\ト、 ::::::::|
                    l :.:/   //__,x<´刀    ,|.::/'ヽ、 ヽ\:::::!
                   ∨   // 川::::::::/´ ̄`ヽ/:レ'.::::::::::::.\   ヽ|   ねーかなー?
                    // /Y!::::/     /.::::;.イ三三三ヽ、
                      // { Y:::i   /.:::://       `Y
                  `'   } iY:|  /.::::// /        }
                    /  | Y! /.:// }/       /
554 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:31:52.67 ID:PhEtzAIo


           _   -―― <_ノ)
        _  '" : : : : : : : : : : : : :ー一ァ
       〃: : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : <     判りやすいのは、やっぱり色だなー!
.     /: : : : : :! : : : : : : : : }:\: : : : : 丶
     /: : : : : : : :|:ト、: : : : :.i : i⌒ヽ : : !: : :\   よーしみんなー!
    ,' : : : { i: /|i⌒\ : : i : }\厶: : i : : : :.ヽ
    !: : : : い : : j∨_  \ i : 爪_ハY、:i: :ト、: :.:|
    |: : i: : :\ :ル爪_`ヽ \ハ:::::jノ N: :| \|  赤土でも血でも何でもいいから、
    |: : :ゞー 、:`{八:::::ハ     ー'' {: : |
.     !: /{    \:\ー''  ,y‐ヘ ヽヽノ\|
    j:/レ'\   ヽ `ヽ (  .ノ イ:|      服や体のどっかを赤で染めろー!
          `ト、  )  ̄`ヽ≧T∨/N
.     __ノノ`  l    }゙マー1 //!
    /´       {   ノ }\j//∧     それが目印だー!
     {     イ __ >ーく. _人ヽV/∨
    `ーr='´ {     /Y { \}/}
      ん-、_>、ー- ‐' / \   ̄l

555 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 16:32:38.25 ID:45/cOho0
王匡確かこの時代三人か四人くらいいるよね。
樊崇も二人いたようなww
556 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:32:42.84 ID:PhEtzAIo

こうして樊崇の盗賊団は、体や衣服を赤く染めることをグループの目印とした。

 赤に染める場所としては、眉や頭に被る頭巾などが多かったと言われている。


これ以降、樊崇の盗賊団は「赤眉」と呼ばれることになる。

557 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:33:17.54 ID:PhEtzAIo




    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ   彼らがどうして「赤」を選んだかについては、
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  @青洲・徐州では「城陽景王」という漢王朝の一族をまつる祠が
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  各地にあり、それにちなんで漢王朝を示す赤の色にしたという説、
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   A 儒教大好きっ子だった王莽が、各地に孔子廟を建立しており、
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ      廟の塗装に使われていた塗料が赤だったから(つまり手に入りやすい
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l      塗料を使っただけ)という説などがある。
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l


558 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:33:36.45 ID:PhEtzAIo


                   | \      /^!
           O         |  ヽ.     /   |  o  
                   o  ヽ   \  /   j     
                    \  ノ^Y   /     うう……盗賊団に入ったら、
      °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠     
           , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚   
.           /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \    討伐されるような大事になるなんて
         ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Y::::::::::::::|::::::::::::ヽ   
           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ', 
        O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i  怖いよう……
            ,':::::::::::::W ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |     
         i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|     
         |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l      
         レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
.             l:∧/ '/ /)、`_ー〜ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
.             |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V



559 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:34:03.99 ID:PhEtzAIo



        、__ , . -<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          ̄ >:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   みんなよく聞けー!
           / : : : : ,: : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヽ:ハ
.         /: : : : : : /: : 〃 : : : : : : : : !: : : : : :!: : : : :|: :|: :'.  
         /: :.ィ: : : : /: :`メ」 : : : : : : : :∧_ : : | : : : : l: :|: : !  生きるか死ぬかの瀬戸際に追い込まれて、
.        // /: : : : | : : / |ヽ| : : : :斗, ´' : : : : ! : : : : l: :|: : | 
       /'  ..': : : :l: :|: :/   l: :'!: : : : //   '. : : | : : : : ト、|: : |
        |l: : : :|: :! .'   W∨: : 〃    \/: : .|: : |: :!: : !  パニックになりそうかもしれねーけど!
          _」l: : ./! :}ハ    _ ∨.:.'  __     l: : : :|: : |: : : :ヘ
       .' |l: ::.' .! : : :} 乏ニ彡 V'   辷二孑! : : .': : .!: : : :「` 
.      l  |l .': : l: : : :l     ,         |.: :/ : : .' : : : |  よーく考えてみろー!
.      _r-! .|l'/ }l: : :八つ    ┌‐へ  ⊂つ|: .': : :/ : : : : |
.   r-「 .{ {. レ  .' V: : :ト > 、 _ ゞ、ノ   イ :イ}: : /: {\: : |  ここにいる奴らは元々、
.   L人 _ヽ }  /  ∨: :l ヽ:|  _厂,` ー ´{⌒// l :∧: :!  ヘ{
    l       /   V :|  /:::::::/    /:::::::::ヽ}/  ヽ!
   ヽ     ノ.     ∨_.イ::::::::::::厂 ̄`/:::::::::/'_\       奴隷や、貧しい農民の生まれがほとんどだろー?
     }   l   __∧∧::::::::/   /::::::/:::::::::::三ヽ
      |   '.  _{    v:∧:::/   /::/:::::::::::/⌒ヽ〕
.    |    ∨::::\   v:∧:|   〃:::::::::> ´      |
      !    ∨:::::∧  }} v∧| /::::::::/  }      |
560 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:34:28.73 ID:PhEtzAIo


               .  -―――‐. -                 
               ,. : ´: . : . : . : . : . : . : . : .` . 、            
          /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : `: .、        役人の横暴に振り回され、
         /: . : . : . : . : ./: . : . : . : . : . : . : . : . : . `ー-. 、    
        /: . : /ヽ、: . :/: /: . : . |: l: . : . : . : .l : . : . :_.ノ\: . \   買主の気まぐれで暴力を振るわれ、
         /: . : /   `ー!:./=-: . /!: !: . : . :-=!ニ二 _   ヽ ̄   
        /: . : / /: ̄: |/: . :._,/斗:|: . : . : .}: .ハ: . : . : . ̄ヘ-ヽ    昔のあんたたちは自分で自分の命さえ
        /: . : ,''´: . : . : .|:  ̄: /  |: !: . : . : l: メ、l: . l: . : . : . ',: .ヽ   
       /: . :.:.|: . : . : . : |: . : /  .|: !: . : . /!:/ 「:¨|: . : |: . : .,ヽ: ',   自由にできなかったー!
.      /: /: .:.:|: . |: . : . :|: /   .Vl: . : / .レ   !: .|: . : |: |: . | ヽ} 
    イ/:.:.:.: |: /|: . : . :|'   _ ,  l: . /    レ1: . :.|:.:|: . |    でも、今は違うだろー?
    /: . : . :.:|∧|: . : . :ド===≠' ヽ/  、`ー   /!: . /:.:.|: . |     
  ∠: . -− .7: ハ: . : .l:|          `≠= ./:.!: /: .:.:|、:.:|   
        /: イ:ハ: . : l:|     ,、_ '     .,: .:.!/: l: .:.| ヽ!    
         /ノ レ  ', : . l:ト ..  〈`´ ノ    ..イ: . : . :l: .:.|        
            ,: . :l:!: .f;.≧  ニ  -r.≦ |:.!: . : ./|: ./        
            ヽ: . ゝ'ヽ{'   └l; ; ;`ヽ. |: . : .:/ .|:/       
              /\:ヽ; ;.l-―‐ -!; ; ; ; ;}1 . : /            .
           /ヽヽ ;ヽゝ; l     !; ; ; ;/ | :〆      
561 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:34:48.94 ID:PhEtzAIo




               ____,  -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
            /´  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \     目の前の敵をやっつければ!
               / : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                /: : : : /: : /| : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : ヽ  自分で!自分の命を守ることができるんだ!
              /: : /: :/: :{/  | : : : : : : /: : /: : : :│: : : : : : '.
          /: :〃: : :,': :.∧  |:l: : : : :./ | :ハ. : : : |: /: : : : : |
        \  /// : : /l: :/ __\ハ: : : : / j/ _,斗: : :j/: : : : :l: :| 命を!未来を!
.     ―‐-   /'´/⌒V:│;〃アf心ヾ: :Vー孑ゥ≠ミ: : / : : : : : l: |
.    --―     /    V:l小. {ト イ| ∨   f{ノ::Y ∨: : : :.j: : :| | 自分の手でつかみ取れ!
    _, -'´   {     V: : } Vヒソ     |トーイソ/: : : : ∧.:.:|: |
          ∧      '; : { ''    ' -―v` ー〃: : : : : :/ヽ'; :|: :|
          レ ヘ、   ヽ:ゝ ._  f     )′: : : : : /_ノ: V|\|
            \  j/⌒\>ゝ .. _//:.: :/∨: :/\ |
             `/     \ : : :_|厶-―< ^}/|/
           __/  /    マ'弋\ `ヽ\  ∨
          /   {  /   /  ∨ヘ    \\∧
           (____`ー{ _,/    |川     \ヽ|
                 `ーr‐ゝ、_,∠ ノ|川       ヽト,、
                  |  |   ノ//        l\\
                \ \/ //    //  |⌒\》

562 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:35:09.32 ID:PhEtzAIo


      lヽ
       | ヽ    __            
        ヽ   L,ァ'´ /    
       ,  >f=-<ー 、...    
    /: : :イ´: ∧ヽ 、: :.\   ……!
   /: : : :|:/:_: l/ }: |、: : !: : :ヽ.. 
    l: : : : |/´//  l:バ`:|: l: : :.| 
    |: l: : :|≠彳   !テミ: :!: ト、!  つかみ取る、自分の未来を……
    |: l: : :イ代.|     |rt:从l: :|   
    l/l: : : 弋シ     ゞ= {ノ: :|.   
    ヾ.ト、:.l、'''''  Ο '.'''イ:∧l   
      Vヽヾ7ーfァニ彳 l/     
563 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:35:38.64 ID:PhEtzAIo



                ワーッ!
                いいことゆーじゃんウチの大将!
                  よく意味わかんねーけど!
                 赤眉ワッショイ!
 +            \\   赤眉ワッショイ!!! //
       +        \\ 赤眉ワッショイ   !!/             +
  +                          +/■\  /■\
 +  /■\    /■\  /■\  /■\ ( ´∀`∩∩´∀` ) ∩ /■\ +
.   ( ´∀`)   ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`) (つ   丿ヽ  ⊂丿  ヾ(゚Д゚ )
 (( ( つ  ~つ )) (つ   ノ (つ  丿(つ  つ ( ( ノ  ( ( ノ ))  /   ⊃ )) +
   乂  ((⌒) )) ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )  し'し'   し'し'    0_ 〈
    (__)   /■\)し' し(/■\_)_)  /■\   ピョーン   .   `J  *
         (( n´∀`n) ))  ( ´∀` )     ( ´∀`)    /■ヽ
  /■\○   ヽ    )    と    ⊃    _ / つ つ ))  (゚ー゚*)      /■\
と(´∀`と~⌒つ (⌒(⌒)     /  ,、 ヽ  (( ( `(  Y    (( とと ヽ  と⌒~つ´∀`)つ
         /■\   ∩■\(__) /■\゙     /■\      /■\
       ( ´∀` )   | |.´∀`)   (´∀` )    ( ´∀`.)     (´∀` )
      ⊂     づ  /    ,⊃ (⊂、   づ   O    ,O゙    ⊂  ⊂ヽ
    (( ⊂,,,  ノ゙ (((  ,,_,,づ  ((⊂,,,_,, )  (( (  ,,_,,つ )  ((⊂,,__,, )))
   /■\(__/,, /■\),,    /■\(_/,   ∩ヽ_),,   /■\b (_/  ./■\
   ( ´∀`)⊃  ( ´∀`)   (´ー` )     ( ⌒つ )) ( ´∀` ) )    (´ー` )
(( と     ノ (( ( つと )  (( と と ヽ     |/■\ (( (6    ノ  (( と と  )
   ( ヽノ     )  ) ) ))    Y  )つ )) と( ´∀`)  /  /)  ) ))    ( (  ) ))
   し, /■\  (/■\   /■\し'    /■\∪  (_/■\)      し(__ノ
 (( と(∀`   ) ( ´∀`)  (´ー` )   (( ,'つ ´∀`)    ( ´∀`∩ ))  _/■\
     ヽ   つと    つと    つ ))  ヽ   へつ   ( つ ノ  (( ( (´∀` )
       Y  )つ ヽ  ) ヽ  (  、_つ    /  ,ヽ_) )) と(  Y       \ つ つ ))
       (_ノ    (__ノヽ_) ヽ__)  /■\b ノ         し'         ヽ⌒)
    /■\ _     _ /■\     ( ´∀` ) l    /■\      /■\   ̄
    ( ´∀`)' ) (( ( ( ´∀`)   と     ノ   (   ´∀)  (( (ヽ( ´∀`)   /■\ ∩ ))
  (( ( ∩  ,ノ     ヽ    つ    ヽ(⌒)   と( O  _つ )).  ヽ   へ_つ  (´∀` ) ノ
    ) ノヽ γヽ    ヽ(  )、   |l   し' l|  ノ ヽ ヽ      ( (_) ))  /    ヽ
    (_)  ヽ_ノ     (__)J           (__)(__)     (_ノ     ⊂ノ(_ヽ_)
564 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:36:02.11 ID:PhEtzAIo

                            ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__   
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
               ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙; l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
               `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;: `ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:, i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                   ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙

たまりに溜まった虐げられた者たちの不満・怒り……
       それらが、堰を切ったように溢れ出し、暴力に変わる。これが、その境目だった。

565 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:36:23.87 ID:PhEtzAIo

              /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
              /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l  盗賊の群れごとき、
               l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
              ,!;:;:;:;:;:;:;:;:__;l__;:;:;:;:;:;:;:l  十万程度で充分……
             ム;:''"´ ̄__;:;|;:;_~`丶、!
             ,{__, ィ''"´ r‐っ  ̄ r-、丶、;:;l  廉丹と王匡にまかせておけば、問題はないでおじゃろう。
            ,'ミミ:::::ゝ , .  ̄:.    ``′,}:`i!
           ,'ミミ:::/ ,. -‐- 、:.   , - 、ヾ:::l
           lミ:::::' ,:' ,ィヌニ>,:' : ィヌゝ、゙i::l
          〃ヘ:::j :.  ‐ '" ,. ヽ` ニ   !:l
          {に}ハ::, :.:.:.:..   (r:、 ,、〉    l:ハ
          ヽいjl::', :ヽ    ,' ; ヽ  ノlノ}
           丶-ltツ .:.: l:.:  ,r'ニ=ニ、 ゙i,   i_ノ
             l  、:.:.l:.:  ` ''―''" 、 /
             ト、、ヽ丶、:.:..   ノ:/
            ,(ニヽミミ=、、::.::.::.::''"/
           /:.:.:.`ヽヽ、:.:.:  ̄  ,!
   ___,,r―'‐-- 、、:.:\\:.:.:.   l、
/"´⌒丶:::::::`ヽ、``ヽ、::::::`ミニゝ丶、  八
:::::,r―-、:ヽ::::::::::`丶、`丶、::::::::::::``7=く、L,_
566 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:36:53.20 ID:PhEtzAIo


          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」   きけば盗賊の大将は、
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }   文字すら読めぬ、数すら数えれぬ無学の輩とか。
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}  そのような石ころが、我が王朝に反乱など、
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /   片腹痛いでおじゃる!
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /


  王莽は、そのように考えるべきではなかったのかもしれない。

  「文字も読めない、計算もできない人間だから取るに足らない」
   ではなく……
567 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:38:21.27 ID:PhEtzAIo


   __ 陛下!
  γ新⊥
  /_」゚Д゚)      戦況のご報告を申し上げます!
   新 (y) つ 
   ∪/ ゝ
   し"し"




      /"'-..,;;;;;;;;;;;;;`''-..,,_;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;..|   
       ト:::::::::`''- ..,, ;;;;;;;;;;;;`'' -...., . .- ''´|  む、案外早かったな。
      i:::::::::::::::::::三  `'' - ..,,;;;;;/;;;,,..-'イ;,  
     /ニ、::::::::::::::::三    、;;;;;; `"´ ,,,,, i;;;i
    { ( _',::::::::::/          "" |/
    ', '<i ヾ:::::::i  、、,,三、     ,,.-、 i   もう片付いたでおじゃるか?
     ',、ヾヽi:::::i   '-ヽソヾ   /,'ッフ、i
     ヽ__.. i::::i    、  ̄ノ  | ;ニ ノ.i
     ノ,.-| i::i          |   i
.       i,ィ''"',    /、_  ::::   /
       /',',',  ',  /   ヽ_ノ  /
.      イ',',',',', ', ', ( ,.---::;;;;、_,. } /
     / '',',',',',', ', ',- 、 ,.__`ー´ノノ
   ,.-イ  ''',',',.',', ',:',    ,ノ /、,,、
  (  {´    ',',',',', :',.','---─ '´リ  ', ヽ
''´´ヽ((''- ..,  ',',',',', .',.',ソ  ./ /   ',) }ー..,,,



  「文字も読めない、計算もできないのに軍勢を統率する力を持っている」のだと……
568 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:38:47.21 ID:PhEtzAIo

   __
  γ新⊥
  /_」゚Д゚)      ……惨敗です。
   新 (y) つ 
   ∪/ ゝ      王匡様は敗走。
   し"し"      
            廉丹将軍は討ち死にされたとのこと……



569 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:39:29.61 ID:.23gQS2o
わはは、ワロスw
570 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:39:59.28 ID:PhEtzAIo










        |_:::::::::::::::::::::::::::::l:..l;;;:::.:.:::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;|
        .l..: ̄'''' ー-''':::___i_i___,,...、、、'ェ´''''---‐|
        ,L,,,___    ..':';i i'' ::.:..     :.:.::;:;:;|
       {rミミ::l  `'‐--- !_!,,,、 ----‐‐‐-i' ̄;;:i
       |ミミ:::l   r‐‐ァ    r‐‐ゥ   _」  三|
        |ミミゝ'   . ̄       ̄   {,,,、 三|
      i´lミ: !   _,,.-_-       .-_、   :i 三|
      |:|ミ::ノ  .,,ィ'r。ァ`ュ    ィ"r。ァヽ,   | :ニ/i`l
      .!ヽ:l   . `'''''"´~ / ::. 弋''-‐.'`   |. ノi !;ノ
       i 'ゞl:::.      ./ ::   .゙‐-    i::l,,i /
         l ..|:i:::.     ;〃 ::  i,       | |';.ノ
        ~ゞ::::::::...  ''〈 _±::  .......  |├'
         |:::::::::::::..    ) (    .::::::::. ノ:ノ
          !::::::::::::::...._,,...____   ..:::.:::.  ノ/_
         `ヽ,::::::::::..{〉ヘ,__,゙iq     /!1l
             l::::::::::.八`-''フ~i    / ;;r' .i ヽ
          /|ヽ:::::: i :^‐‐' .ノ   / /  /  `!_
          .,ィ'フ .i ;;'、:: ゙ー-‐′  / .ノ ./    -〒ヽ
    __/-/  ヽ . .ヽ..,,__ / / ./     ノ  }


 







第三章「赤眉大乱」終わり



第四章「陰麗華」へ続く
571 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:40:44.71 ID:PhEtzAIo

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  すまん、前回レスでちょっと言った内容と
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  少し異なってしまった。
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!  
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ  
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l   
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V    
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l



572 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:41:02.61 ID:PhEtzAIo


         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ         
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\       
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',   今回はここでおしまい。第四章までえーー
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i  
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::',  
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i  
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \

573 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:41:21.85 ID:PhEtzAIo

 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘ 
  ̄                                              `v '"                 .l. /     
(さよならだ!)



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  


574 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:41:25.40 ID:Jnmqtvk0
>文字も読めない、計算もできないのに軍勢を統率する力を持っている
カリスマがあれば、
配下にインテリくずれが居れば参謀に、
小役人くずれに居れば主計官を
やれせればなんとかなりそうではある。
575 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:42:11.67 ID:mbVCeRoo
乙!
576 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:42:34.65 ID:3Vx/EP6o
宋の初代皇帝の劉裕や後趙の初代皇帝の石勒も無学だがら
文字が読めないってだけで馬鹿にはしないほうがいいなww
577 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:42:39.68 ID:Jnmqtvk0
乙でした
578 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:42:45.51 ID:Si.Yy8wo
乙乙
579 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:42:46.48 ID:R1x9nLQo
>>574
劉邦の事ですか?ww
580 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:43:15.00 ID:n5QakgMo
乙でしたー。
ハルヒとこなたの役は分かったけど、阿部さんは誰の役なんかな。
581 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:43:20.89 ID:DGOGgYs0
乙。
次回でようやく
やる夫は脱童貞か……
582 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:43:41.63 ID:3Vx/EP6o
乙です。
583 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 16:46:09.25 ID:45/cOho0
乙ー
祭遵が誰になるか気になるww
584 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:47:01.61 ID:PhEtzAIo
今回ここまでです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

最初に出てきた三人は、一応、誰に当たるかは特定できると思います。

「後漢書」など詳しい方もいらっしゃるようなので、クイズみたいに楽しんでもらえたらなあと。

知らない方も、普通に伏線として読んでいただければ結構です。
585 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:48:31.36 ID:PhEtzAIo
 難易度では ハルヒ<こなた<阿部さん
でしょうか。

阿部さんは、ひょっとすると複数該当者がいるかもしれません。
586 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 16:50:02.45 ID:.23gQS2o
阿部さん、ケツが疼いただけだからなぁ…
587 :1 [saga]:2008/11/23(日) 16:54:33.12 ID:PhEtzAIo
来週も、日曜日の午後にやれたらなあと思ってます。

では、またー
588 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 16:59:30.87 ID:45/cOho0
阿部さんほどのでかくていい男で南陽にいるったらあの人だな
589 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 17:07:40.77 ID:L5Acd/.0
こなた………馮異
ハルピン……ケ禹
阿部さん……岑彭

こなたはほぼ確定。馮異は孫子と左氏伝がお好き。
ハルピンはケ禹の他に陰識(陰麗華の兄)も長安に留学していたけど
コイツあんまり活躍していないからパス。
阿部さんは岑彭が南陽郡の棘陽県の県長を守したので。
590 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 18:00:12.75 ID:JbB1Q5Qo
乙です
591 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 18:22:01.75 ID:k/4OHl2o
乙!
頑張って最後まで続けてくれ
592 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 19:40:38.76 ID:I0TIHWQo
おつー 面白かったよ!
593 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 20:24:14.37 ID:chN1OaI0
乙!
オプーナを摯にしたか。こりゃ楽しみだww

>>583
俺なら渡良瀬順(はぴねす)か宮小路瑞穂(おとボク)かねえ……
ナヨっとしてそうでも芯が強いときたらこの二人かと
しかし馮異がこなたならかがみんという方向性も捨てがたい
594 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/23(日) 20:27:13.89 ID:nzjiD8co
この時代のこと全然知らんけど面白いぜ
DIO様の使い方が好きだよ
595 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 21:11:12.33 ID:nR5JL6A0
李通や李軼が誰になるのかが気になるな

一瞬阿部さんが李通かと思ったけど、公務員じゃあなかったか。親父はこの時期官に就いていたっけ?
596 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 22:38:04.77 ID:L5Acd/.0
李通は巫県の丞やってたけど下級役人の仕事が馬鹿馬鹿しくなって辞めて
この時期はニート生活に入っているはず。
パパンの李守は宗卿師として長安に在勤中。
597 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/23(日) 22:50:21.52 ID:BCyWACI0
さて、ジェノサイダー呉漢はまだのようだな
598 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/24(月) 01:33:18.18 ID:Dhy4oUso
この時代の知識まったく無いけど説明が丁寧で面白かったー
続き楽しみにしてるよ!
599 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/25(火) 07:34:57.19 ID:xDyTuSoo
マイナーな時代なので期待
600 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/25(火) 19:21:56.81 ID:Rw8ycRco
延岑の最期はしっかりやってほしいぜ
601 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/25(火) 22:02:16.96 ID:Y0etDnYo
マイナーだと思ってたけど、以外に隠れファン多いんだねww

韓信なみの武功をあげて、韓信より人間的にはずっと涼しげな、
耿エンさんが大好きでっす。

>>1さん続き楽しみにしてるよん。
602 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/27(木) 16:28:52.53 ID:hsfpK3co
今追いついたが、樊崇のキャラが熱いな。これうp主の創作? ちょっと興味わいた
この時代については寡聞なんだが、赤眉題材にした面白い小説とかあったりするかな
603 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/27(木) 16:50:32.60 ID:UcoXu3Y0
しかしそれにしてもマイナーだよな。日本でもだけど、中国でも。

隋唐演義や飛竜伝のような有名な講談小説も生まれていない。
ハッピーエンドじゃ民衆の共感を呼ばないのか?
604 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/27(木) 21:10:14.05 ID:9NMKtq.o
亡国の皇族の一人が信頼できる部下と共に国を取り戻し
若い時から一途に思っていた女性と結婚して幸せに暮らしました
めでたしめでたし
確かにこう書くと出来すぎでつまらんかもな
605 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/27(木) 21:16:21.68 ID:Wd8S0VAo
あるいはは新が一代、かつ前も後ろも「漢」だってことで、
結局ひとつの王朝の中での出来事に過ぎない、というように思われているのかもしれない
号も「〜祖」じゃなくて「光武帝」だし
606 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/28(金) 00:14:04.02 ID:oCQI1HMo
アルスラーンの元ネタだしな
607 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/28(金) 00:14:11.25 ID:pndWI8co
>>605
光武帝は世祖だよ。
あと号にも種類があって、〜帝とか〜皇帝は諡号。
〜祖、〜宗は廟号と呼ぶ。
例:漢の武帝
  孝武皇帝;諡号
  世宗;廟号

唐以降の皇帝は諡号がやたらと長いんで廟号の方で呼ぶようになり、、
明や清の皇帝は当時の年号で呼んだ。
608 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/28(金) 22:23:46.78 ID:ssekbVM0
>>602
塚本史「光武帝」
609 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/28(金) 23:07:37.48 ID:m1uo.I6o
>>608
「面白い小説」と言われてるのにあえて塚本光武帝を薦めるとはすごいわァ!
610 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/28(金) 23:11:42.89 ID:O2W3nWgo
田中芳樹がそのうち光武帝の小説書きたいみたいな事言ってたな。
611 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/28(金) 23:14:53.31 ID:m1uo.I6o
塚本光武帝の魅力について知りたい方はこちら

塚本史の小説について語るスレだわァ!
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1222515688/
612 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/29(土) 17:30:36.72 ID:Q9/Txf60
>>602
陳舜臣「続・中国任侠伝」収録「さらば眉赤き巨人」
おすすめと言うかコレしかないと言うか・・・
613 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 13:04:56.54 ID:NTcgCkgo
光武帝は強大なライバルがいないんで、物語にしにくいのかもしれんね。

>>609
おいらも塚本光武帝は全然楽しめなかった。
面白さは人それぞれだから、まるっきり否定する気はないけどね。
614 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 13:54:32.59 ID:KwzUbIUo
そろそろ来るかな?
615 :1 [saga]:2008/11/30(日) 13:59:47.64 ID:aAB102Io
お待たせしました。本日、三時から投下します。
616 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 14:08:44.08 ID:a7briGA0
き  た  こ  れ

毎週休まずに開く>>1には感動した。漫画家の某はツメの垢でも煎じて飲めといいたい
617 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 14:11:46.04 ID:XOQouqw0
いよ、待ってました!
618 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:04:43.63 ID:aAB102Io
お待たせしました。
投下します。
619 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:05:52.56 ID:aAB102Io

   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵        
  ∵∵ /   \ , , /\   ∵
  ∵ /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/   
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄   
.      |          |


漢王朝を開いた『項羽と劉邦』の劉邦、蜀漢の皇帝となった『三国志』の劉備。
日本でも有名なこの二人に比べて、今ひとつ知名度が低い後漢王朝の祖、光武帝劉秀。

このスレは、その光武帝を主人公とした物語です。

ソースは『後漢書』、各種研究文献、通俗二十一史など。塚本光武帝は終わってから読む予定。

基本的に史実に沿った展開ですが、拡大解釈や記述のない部分での創作は含んでいます。


「やる夫観察日記」様でまとめていただいてます。

 
            第一章  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

第二章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-342.html

第三章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-343.html

こちらでも 紹介されています。

やる夫見聞録様    http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html 


620 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:07:08.67 ID:aAB102Io

西暦22年。

新王朝は『赤眉』と呼ばれる大規模略奪集団に対し

討伐軍を派遣するが、惨敗という結果に終わる。

              __,、−ニミヾ ̄´"'‐ 、、
          _,、-''":::::::::::ヾヾ::::`ミ:、::::::::`ヾ`ヽ、
        /::::/:/:::::::::::::::::::::..:..:..    ... ..:::::ヽ.
        /'´/.. ... ..  ...  .... . .::::::::::il:::l:l:i:li:::li
       /:../:...:./::..:.:...::::.:.:..::::.:.:.:::!:::l:i:..:!:::::::i::::il::l|!:li!::l|i
     /://::::::/:::::::::::::::::i:|、::::j:!l:::::i:::!:!:::i::::i:::i!:::l!:ll::|!l::|l:!  すまない廉丹……
 .   /://::::::/::i::l:::i:i::::::::|ト、V/l:!:::::i:::i:i:::::::::i!::i!:::i:::!:l!:!:l:l:!
    l:::!:':!:::::ll:::i::l:::l::l::l:::::lトヾiン'i:!::::::l:::l:i::::::::l!:::l!:::l:::::!::::l:l:!
 .   l:::!:::i::::::l|:::!:|:::|!:l!:l::::l:!    ヾ;:::::l:::li::i:::::i::::l|:::i!:::::::::l:l:l 僕が、勝ちを急いだばかりに……
   |:::|::::!:::::!|l:|::l:::!!:lil::l:::il    __゙;、::l::li:::l:::i!:!:||::!|i::::::::l::!:l
   l:::i::::i:i:::l:i l|::|::l|::|l|::l::{,!_,=''"___l:::l:|l::::!:i::!:|」:l:|:!:::::::!:i!:l
   i::::i::::!:i::!::!‐|_l」|_| ト、__〉 ィ´tぐツ|::::l|!:::l:!:l::t |l:!::!::i|::!l:|::!
   ヽ::::、!::l:i:::i,代ト、      ´ ̄ └‐'|::::i|:|::f゙|!i:::|:i|!:|:!|:.|
       ̄|⌒Tヾ`'`´           |::::i!:|::レI|::::|:||l:l:::|!.|
       |:::::::!:::',  亅       J   !::::|::i:j| |!::::|:!|!i:::j|:j
      |l:::::::!::::'、  ゝ ‐        |::::l:::!゙! l|::::レ:j!::/ノ′
      |l:ト、:::'、:::゙:、、 ー ‐一'      |::::l;/ノ ノ_;ノ-'‐′
      |ト'、ヽ:::゙、:::ヾヽ、       /|_/  _,、┴┐
       |! ヽ ヽ、::::::ヽ::`' 、    /  _,.-'",,=''´,-ヘ
      ノ     `'¬`'⌒'`フf'´,.−'´,,=''´,,-''´,,=''^:、
621 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:08:47.79 ID:aAB102Io

  討伐軍の将の一人、王匡は、連戦のため兵士が疲弊した状態で無理に戦いを挑んだ。

                 /}
             /   !____
     | ̄`ヽ、_/  〈: : : : : : `: . 、
     |  赤- Y 赤 }ニニ=、: : : : : \
    , オ    r'`t---': : : :.ヽヽ: :   ヽ      
   //{   /:∧:ヽ: :ヽ: : : : : : ! : :.:.l. . .    別働隊、突撃いいいいいい!  
 / /:/: :レ': : /| ヽ:.{\:.\: : : :|: : :.:|. . !:.:!
.  /:/: : : : {: :l ヽ  \ `ニ弌ヾ| : :.:.|: /: :.|
  /:,イ: : : : :.l: :|/          l: : : |/ : :.:|   えいやあああああああ!
  |/ {: : : : : |X|          / |: : :.|⌒i : |     
   | : :l : : |.          ≠─┼: : |_ノ :.:.l     
   | : :l : : |ヽ -─‐ァ        |: : :.|x: :∧|
   |: /l : : |::.ヽ /       xx|: : :.l^}/
   |/ !: :ト:.::八 xxx   o .ィ'´|: :./ ̄歹ヽ
.     c ヽ|:.:.:∧`:.ーr:t.7T 「/ ノ/   <__}{.|
.         |:.:/ V:.:∧l./ | / /         | 
       ∨  ∨ /  /  l        |



  その隙を赤眉の別働隊に衝かれ、大敗北を喫した。
622 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:09:53.98 ID:aAB102Io

      i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:i
    i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:i
    ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:ィヽ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;,,-;;彡彡、
    ミミィ`゙'ー‐--、;:;:;:;:;:;:;::::--‐‐""´  ヾ彡彡彡  
   ,ミミ      、二_,,, -       '彡彡彡
   ミミ    (ミリ i.  _, (三ツ      '彡彡ィ'、
   ミリ  '´,、__  `i ,     _,,,、、     '彡〃''ヽ 
   iヾ  '"ー‐-=,,,iソ、,`ー-'"´,,,_`ヾ彡  彡',,ヽ./
   ヽ| 〃ィ弋'ゞ';; :i ー t ‐=でシ>、,彡  リシ;; ./
   ',ヽ"ヽ、`゙゙"´ /::   ヽ、`二;,,,ィ   /'rノ i'  
    ',ヽ  `゙'''''' .::::   、`゙"´     ,, '   i  )  ……さっさとお逃げなされ!
     いヽ    ノ::    ヾ、    '´   r''´
     `|::.    ー=、_,="ヽヽ       |
      i:::  ,彡ツ i i ヾミミ、ヽ     ,' ノ、    ここは私が食い止めます!
        ',  ( ー-'、,,-―─´ミ、     / 人
 .       '、  / `゙ー一'´   ヽ     //:::::ヽ
   ,,,,,,,,,/iヽ、、_   '''''''' 一    ''" ノ::::::::::::::::ト、、
  /,:,:,:/::::i ヽ:::::.、_  _,,,,    /::::::::::::::::/,:,:ヽ
''",:,:,:,::,ー‐、ヽ ヽ`゙ーヽ二二,,,,-一''":::::::;;;;イ'",:,:,:,:/,:,ー-、、



 もう一人の将軍、廉丹は留まって戦い、壮絶な戦死を遂げた。


 廉丹は兵士に略奪を許すなど問題の多い将軍だったが、
 将兵の心をつかんでおり、彼の戦死を知ると
 多くの部下が彼に殉じ、赤眉軍に突撃して命を落としたという……
623 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:10:44.50 ID:aAB102Io

 名将の子孫として有名だった廉丹の敗死は、新王朝に大打撃を与えた。

        |_:::::::::::::::::::::::::::::l:..l;;;:::.:.:::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;|
        .l..: ̄'''' ー-''':::___i_i___,,...、、、'ェ´''''---‐|
        ,L,,,___    ..':';i i'' ::.:..     :.:.::;:;:;|
       {rミミ::l  `'‐--- !_!,,,、 ----‐‐‐-i' ̄;;:i
       |ミミ:::l   r‐‐ァ    r‐‐ゥ   _」  三|
        |ミミゝ'   . ̄       ̄   {,,,、 三|
      i´lミ: !   _,,.-_-       .-_、   :i 三|
      |:|ミ::ノ  .,,ィ'r。ァ`ュ    ィ"r。ァヽ,   | :ニ/i`l
      .!ヽ:l   . `'''''"´~ / ::. 弋''-‐.'`   |. ノi !;ノ
       i 'ゞl:::.      ./ ::   .゙‐-    i::l,,i /
         l ..|:i:::.     ;〃 ::  i,       | |';.ノ
        ~ゞ::::::::...  ''〈 _±::  .......  |├'
         |:::::::::::::..    ) (    .::::::::. ノ:ノ
          !::::::::::::::...._,,...____   ..:::.:::.  ノ/_
         `ヽ,::::::::::..{〉ヘ,__,゙iq     /!1l
             l::::::::::.八`-''フ~i    / ;;r' .i ヽ
          /|ヽ:::::: i :^‐‐' .ノ   / /  /  `!_
          .,ィ'フ .i ;;'、:: ゙ー-‐′  / .ノ ./    -〒ヽ
    __/-/  ヽ . .ヽ..,,__ / / ./     ノ  }


/
正規軍のくせに、盗賊にボコボコにされたってよー



/
 新王朝、たいしたことなくね? 王莽って、皇帝の器じゃないんじゃね?



各地の豪族、地方長官の中には、王莽に見切りを付け、密かに独立の準備を
はじめる者も現れた……
624 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:11:40.79 ID:aAB102Io

 さて、討伐軍に劇的な勝利を収めた赤眉軍はというと……


: : : : : : : : : : : : /: : : :イ: : : :|:l: : : : : : : : : |: : :|: : : : : : :|: : \
: : : : : |: : : : : イ, ̄ 元ー: : :|:.| : : : : : : : : | -┼─、 : : :|:.:. : :ヽ    やったなー!
: : : : : l: : : ´/ ハ :/ |: : : :.|:.|: : : : : : : :/|: :∧: : : `: : :|:.:: : : ヘ  
: 、: : : :|: : :/ ∧ /   |: : : :/l::l : : : : : / |:.,' ∨ : : : :∧..:.:.: : ヘ   
: :|: : : :|: :/ /: :/     |: : / ||: : : : :/   v   ∨: : : : :|\.:. : :ヘ   大勝利♪   
: :∨: : l: :l | :/     、|:./   |:.|: : : :/       ∨: : : :|:.::.\:.:.::ヘ  
: : ∨: :∨ /'  __ |' ヽ  | |: : :/  /      ∨ : : |::.:.:.:| \: ヘ 大勝利♪
: : ::∨: ヘ 乏彡≠=ミ.、  レ|: :/   _rイ三三ト∧: : :.|:.:.:.:.|   \ヘ    
: : :.:.∨: ヘ‐─ 、          |/    "´´ , ─┴、\:.|:.:.:.:.|    \   
: : : :.:.∨: ヘ.   )         ,     /    人:.:ヽ.:.:.:.|        
: : : :.:.:.:ト; : ヘ‐‐"            、   `ー─/´:.:ヽ :.:.:.:.:.|
: : : : :.:.:|:ヽ: ヘ      ヽ____ -、--'       /:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|
: : : : : :..|:.:.\:ヽ、       \\\\─‐ ´:|、:.:.:.:.:.:.:| |:.:.::.:.|
\: : : :├ <\ヽ` ー─ _ ゝ、  ノ─ 、| ∨:.:.:./ .∨:.:.:|
  \: : :l  ヽ ヽ    ノ      ∨∧    \ |: :/   l: : :|  
625 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:12:14.21 ID:aAB102Io


        . _r´―――-、: .`: . 、
      ,._r´.´: . 7: . ̄: ̄: マ: . :∧: \
    /': {: . : ._⊥ム〜 z vハ: ./  ',: . :'.,    
   ,.'ハ: . /ゝ'    l}    !:{   !: . : .,    
  /:{: ヽイ      |    |乂_oノ: . : . ,    樊崇ちゃん。
  {:.lヽ{ l!   ,   ゝ┼ - 一1 : . : |: . }: . !  
.  N: . ! |,ノ      |    |: } : . |: ./: . |  
   |: .ヘ ヘ  、    〃   !/: . :.|:/: . : |   これから どうしましょうか?
   |: . : '.,       v弌=ミ: . : .:!'-、: . |
    ,: . :ハ ィ≠ゝ    ::::〃: . : .,  ノ: .:|   何か方針は?
     V: . :ハ:::::::      /: . : . /ー': . : :|    
     ',: . !.ヘ     マ_ フ / . : . /: . l : . : |    
     V:.!: . :≧rュ.―‐ '/: .//ヽ: .|: . : .:|
      Y|: . : .i´/フヽ:./.:/;;;;;;ハ .|: . : .:|
.       N: . : .:l、   }〃ニミ ;;;;;;;;; ',:l!: . ::.|
        | : . : };;\ ノ-‐- 、;;;ヽ;;;;;;V : . : !
.       ル1:イヾ、;;/    ヽ;;;;ヽ;;;;', : . : l
          レヘ ;;;;/      ヽ;;;;ヽ;}: . : :|
        〈  ヽ{         ヽ;;;;;!: . : :|
626 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:12:34.93 ID:aAB102Io

  : : : : : : : :!: :ハ: : :!   ハ: :{ヽ: /: : : ハ: l   ヽ: : : :ハ: : : : : \    方針ー?
  : : |: : : : |:/  ∨:|    V  {: : : : :| }/    '. : : l: : ヽ : : : : : '.    
  : : |: : : : |'    ∨        ∨: : :.' ′    ∨: |: : : :{\: : : :|   別に今まで通り、
  : : |: : : : |  r= ¨二二_    ∨:/ ,rチ二孑ハ /: : : : l  ヽ : |    
  : : ∨: : .ハ レ´            j/  ¨´   { .|′ : : : |   ヽ|    略奪→移動→略奪
   : : ∨: : ├―‐ 、            {´ ̄ ̄ヽ: : : : : |        
  : : : :∨: :ハ _ ノ    ノVヽ___,    ゝ―┬': : : : : : !     / の繰り返しでいいんじゃね?
  : : : : :∨: ハ      /      ∧      /: : : : ハ: : |  r―/   
  : :ヽ : : ∨:.ハ     {          }〃 ̄ ̄>´ ̄ >ニニニニニ|   /
  : : : '. : : ∨:.ハ    '.       ハ     ≧<¨: :| ヽ|     '.  {
   : : : :' : : :∨:.へ ._ ゝ   __ ノ ィ `ゝ―‐ 1ヽ: : ::|  }       `¨>‐
   : : : :'. : : |ヽ:.<´  ¨ ー─< ___  / .∨: :! 
   : : : ハ : : !  ヽ         ヽヽ    `ヽ   V/

          ┌-─ ´ ̄ ー-- 、
         /`ーヽ  ヽ    ヽ ヽ、          ……いい加減やなあ……
          / , レヽl、 ヽ 、    \ ヽ    
          /  l l __ ヽヽ、 く ̄ヽ、  ヽ ヽ
         l l  l f´ ヽヽ ヽヽヽ ヽ  lヾ、」 ,、
       l l l│   ヽ、 >ヒz七、  ト、Y┤r┐ 
        リ l N、,,三ミ `  '´´〃ヾ,、 V│ l ├、
       l|`l|  N、   '_ , -,、 J l∧、|││ |│ 
         l ヽ M.   {   l   レ┤ l ` ' l、 l
           ヽ l リー 、_ `ー- ' , イ | l  ヽ    l
             ヽl l|/  >、´  レlヽヘ  `   l  
             ` { ,/ ├   / ' ├'`┐ 、  lト 、
          , -_ニ''フ  |  /   l  ∧  /〉 l
          / l  //1 / \、_ l / メ' ´/  l  
            l   l / イ,/ l l   ヽ」、l l∧ /    lヽ
         ,┘  Y  <  lv'  /,   l/        N
         l    l   \ ヽ/, ´   \○     l ヽ
627 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:13:07.28 ID:aAB102Io

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  中国では、
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  王朝の変わり目ごとに
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  ほとんどお約束のように
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!  大規模な農民反乱が起こっている。
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ  秦王朝を滅ぼした「陳勝・呉広の乱」
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l   
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   『三国志』のオープニングを飾る「黄巾の乱」
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V    
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ     唐末の「黄巣の乱」等……
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i     
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l     ところが、これら諸反乱と比べても、
  \ \ \     ', .//  l l     「赤眉の乱」には特異な部分があった。

628 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:14:22.76 ID:aAB102Io

@ 指導者の無教養

       __ , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       > : : : : : : : : : : : : \   
       /. : : :,ム∧: : : :/ーヘ : : ハ
.      / / レ V⌒ {: : / ⌒ レリ|: :|
      jハ ルi { > ヽ { </: : |: :|   
     ●:/{ : :}⊃ rーv ⊂⊃}:八
      /⌒レ: :ト  ヽ ノ  j /⌒i: :ゝ  
      \ /::W >,、 __, イj/  ∧/
       /:::::/ ヾ:::|三/:::{ヘ、__∧
       `ヽ<   ヾ∨/ ヾ:::彡'

 「陳勝・呉広の乱」の指導者、陳勝は
 秦王朝に調達された人夫のグループを率いる責任者の
 役割に就いていたことから、少なくともある程度の教養を持ち、
 文字の読み書きは出来たと思われる。

 「黄巾の乱」の指導者、教祖張角に至っては、
 宦官の悪政により政府から締め出された知識人だった。
 
 「黄巣の乱」の指導者黄巣も、官吏を目指し科挙を受験している
 ことから、かなりの知識人であったことは間違いない。

 樊崇のように、「読み書き計算ができなかった」とはっきり史書に
 記されているような反乱軍の指導者は、実は中国史上でもかなり珍しい。
 第二の特徴も、これが関係していると思われるのだが……
629 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:15:32.66 ID:aAB102Io

A 「反乱」ではない
  

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ  今まで「農民反乱」という言葉を使ってきたが、
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!    この赤眉の乱、厳密には「反乱」とは呼べない。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ   「反乱」とは政府や指導者に対して転覆や反抗の意志を
    | `ー  ̄ , '     持ってはじめるからこそ そう呼ぶわけだが、
  ,,rへ、_ ` 〔´      少なくとも初期の赤眉は、食べ物に困った流民が集まり、
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_   集落や町を襲って腹を満たし、また次の町を目指して移動する
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  という、単なる略奪集団、それが大人数になっただけの存在だった。
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
               はっきりと秦王朝打倒を目指していた「陳勝・呉広の乱」、
               漢王朝打倒のスローガンを掲げた「黄巾の乱」と大きく違うところだ。
630 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:15:40.95 ID:8QhDBi.o
ほうほう
631 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:16:47.45 ID:aAB102Io
          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、            カリスマの下に高い戦闘力を誇るが
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ           基本的には食べ物のことしか考えておらず
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',          ほとんど無計画に各地を移動する
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',           大規模略奪集団……
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|          
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川          それが「赤眉」という軍勢の本質だったッ!
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __  
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O)  
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l




      ((
    '´ /ニ゙ヽ  なんかそれ……
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)   すっげえ 迷惑じゃね?
 
632 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:17:04.81 ID:54WnbFI0
政治的目的が無いなんて厄介だな
633 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:17:09.27 ID:aAB102Io

  そのころ、南陽のやる夫は……





     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (ー)  (●) \        みなさん こんにちわ 
|       (__人__)    |      
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃  やる夫だお
(  \ / _ノ    \/ _ノ 
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
   \       \
    \    \  \
      >     >   >
     /    /  / 
634 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:17:40.55 ID:aAB102Io


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     やる夫は今、南陽の郡都 宛へ向かっているお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |   やる夫の畑でとれた、穀物を売りさばくためだお!
 \              /




          ____
       /  ノ ヽ \       今年の南陽は、大飢饉が起こって、    
.     / (ー)  (ー)\      農作物の収穫量が激減したんだお。
    /   ⌒(__人__)⌒ \       
    |    J         |      どの荘園も、大打撃だったお。
     \           /       
    ノ            \    
  /´               ヽ  
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
635 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:18:02.09 ID:ytSMRYko
なんてはた迷惑な連中
636 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:18:06.38 ID:aAB102Io

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   でも なぜか やる夫の畑だけは無事だったおwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //    うはwwwww  人徳? こころがけ?
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /       他の荘園のみんな サーセンwwww
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
637 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:18:36.27 ID:aAB102Io

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))     というわけで、穀物価格は高騰してるに違いないお!
        /⌒  ⌒\ \      
      /( ●)  (●)\ )   市場に流せば、大もうけ間違いなしだお! 
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



     /_ノ   ヽ_\         やる夫ってば、人の不幸に付け込んでサイテー!
   /( >)  (<)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ∩    でも悲しいけど、これ商売なのよね、だお!
  |     |r┬-/      |/⌒l 
  \    ` ̄'´     / | `|
638 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:19:06.91 ID:aAB102Io


                     河
                     南
                      lll 郡  .lll            ゙!li,,  淮陽国  
     弘農郡          ,lll,,_   ,l!`   潁川郡   ゙!li,      
                    ,,iil!゙゙゙!!llllllilll,,、             ゙lli,_     
                   ,,ii!゙゙゜     ゚゙!li,,,,、       ,iill゙゙゙゙゙llllii   
                lll°       ゙゙゙゙!!llii,      .,,l!`   .ll、  
                'll`  南陽郡   lll゙  _,,,,,,,,llll゙`    .'!i,, .,,, 
,,,_,,,,,,             ,il          'll,,,,ll!l゙゙゙゙゙゙°      ゙゙゙゙゙゙ 
゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllllllllllll,,,、    .,l゙′          '゙!lii,,             
         ゙゙゙lii,,,_、,,,ll″               ゙!l,    汝南郡        
          ,,il!゙゙゙゙゙゙゜      ■ 宛     ゙li,,            
           ,,,iil!゙°                    '゙゙l,、          
 漢中郡   ,ill゙°                    ゙゙!lii,         
          ゙゙゙゙!lllii,,         ● 新野         lll,,,,,,,、      
             ゙!!lll,,,,,,、                  ,,llll゙゙ ゙゙゙lllllll!l!i,,    
             ゙゙゙゙!!!lliiiii,,,,,,,lli,,,  ☆ 春陵郷 ,ll,       .゙゙ll,,  
               ,,,iillll!!゙”゙゙゙° ゙!li,、        ゙゙lli、         ゙lii、 
,,,,,,,,,,,,_       ,,il!゙゙`       .゙゙!ii,,        lll゜          !!li, 
”゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllllli,,,,,,,,,,,,,il!° 南郡      _,,,,llllii,,,,  .,,,,,,,,,illll!、        lll 
       `゙” ̄`            ,lll゙゙゙″゙゙゙!lllllll!゙゙゙”゛              ll 
                      ,ll゙     江夏郡              lll 
                   ゙゙゜                       ゙゙`
                     0|______|100km



 
639 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:19:46.90 ID:aAB102Io


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ  南陽郡の郡都、宛。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   日本人には なじみの薄い地名だが、 
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   
 `ー-、」    '  i_ノ   実は古代中国の大都市として有名な
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´      長安・洛陽と並び称されるような
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\ 大都会だった。
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

              西暦0年当時の 人口は17万人。     
              
              長安の人口24万人・洛陽の人口19万人と比較しても
              見劣りのするものではない。
       
              また、地理的にも 北に洛陽・西に長安、と、
              極めて重要なポイントにあった。
640 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:20:22.51 ID:aAB102Io
                  洛陽
                   ↑

          長安  ←   宛  
                   ↓      
                   フロンティア
       


   ((      そんな交通の要衝にあったためか、
  '´ /ニ゙ヽ    製鉄の拠点でもあったんだ!
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   南陽では、漢代の製鉄作業場の遺跡が発掘されているんだよ!
641 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:20:44.46 ID:aAB102Io

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ  この時代、首都 長安は「西都」 洛陽は「東都」
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l              
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  そして宛は 「南都」と呼ばれていた。
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   
 `ー-、」    '  i_ノ    名実ともに、三大都市の一つだったわけだ。
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´      
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\ 
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
642 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:21:11.50 ID:aAB102Io


                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~   ~ 宛城~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ



         ●本日の特売品!
   

        地獄昇柱(ヘルクライム・ピラー).  60万銭

        太極磁石               90万銭

        ジャスタウェイ            80万銭
        
        永遠になったお留守番       100万銭
643 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:21:54.51 ID:XOQouqw0
ジャスタウェイたっかwwww
644 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:21:56.93 ID:0hUVJ2Eo
カオスな売り物だなww
645 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:22:12.36 ID:aAB102Io

     ___     
   /      \     久しぶりに来るけど、
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \   前より賑わってるお。
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /   見たことのない商品も、
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |     いっぱい並んでるお……
  \ /___ /    

646 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:22:22.99 ID:8QhDBi.o
お留守番はやばいwwwwwwww
647 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:23:10.35 ID:aAB102Io

                  
          
         ____        まだお尋ね者だから、一応、官憲には気をつけないと……
       /      \
      /  u   ノ  \     まあ 人も多いし、春陵郷からも遠いから
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   それほど心配はないお?
     \    u   .` ⌒/



648 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:23:31.74 ID:KwzUbIUo
逮捕フラグww
649 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:23:40.87 ID:aAB102Io


       γ⌒) ))
       /⊃ノ ___ 穀物だおー!
    〃/ /⌒  ⌒\
    / /( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒) 
    |  |:::⌒(__人__)⌒ 〃/  ノ  奇跡的に生き残った穀物だおー
    |     |r┬-|   / /
  ((  \ ヽ_ `ー-´  / / ))



        γ⌒) ))
        / ⊃__         ちょっと お高いけれど、希少品だお!
     〃/ / ⌒  ⌒\
    γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
   / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ   早く買わないと、売り切れちゃうお!
  (  <|  |   |r┬(    / / ))  
  ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
                 / /     
650 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:24:03.41 ID:ytSMRYko
売り物が半端無いwwww
651 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:24:09.29 ID:aAB102Io


             _____
           /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
            |::::::::ゝ ⌒  ⌒ |
           |::::::( ( ●)  (●)|       あれー? 春陵郷のやる夫さんじゃないですか?
     ,...-',,⌒ゞ(@  ::::⌒(__人__)⌒) ::::::::::.ヽ、        
    /::/..::::::::::::..ヽl_    |r┬-|   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、    `ー'´  .,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ      
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、     /:>:l/:::/
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐'゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\




        ___
       /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
      /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
   \   。≧       三 ==-     
      ゙ヽ, ,__    ,. -ー"ヽヽ
652 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:24:28.06 ID:8QhDBi.o
いきなりばれたwwwwww
653 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:24:32.55 ID:aAB102Io


     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ  やっぱり やる夫さんだ!
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |  以前、長安でお見かけしたことがあったんですよ!
   |:::::::〉 ( ●) (●)|
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |  やる夫さんだ やる夫さんだ やる夫さんだあ!
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\   ちょ、ちょっと あんまり大きい声は……
    / ∪  (__人__)  \     
    |      ` ⌒´    |        
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
654 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:24:59.38 ID:aAB102Io


     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ    そっかあ、ごめんなさい!
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ _ノ  ヽ、_ .|   たしかやる夫さん、官憲に追われてるんでしたよね!
   |::::::( ((●) (●)) |   
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)  やる夫さんやる夫さんて 大声で言っちゃダメでした!
    |     |r┬-|  | 
    \      `ー'´ / 




          ____
       / \  /\
      / (ー)  (ー) \    ……どちら様だお?
    /  ノ(  (__人__)  \     
    |   ⌒  ` ⌒´    |        
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


655 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:25:18.80 ID:aAB102Io


     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ  申し遅れました!
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |  僕は李軼(りいつ)と申します。
   |:::::::〉 ( ●) (●)|  
   (@ ::::⌒(__人__)⌒) 一族はこの宛で、代々商売を営んでおります!
    |     |r┬-|  |  
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


656 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:25:34.41 ID:L581MSUo
「そっかぁ」じゃねぇよwww
657 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:25:49.48 ID:aAB102Io


  
      / ̄ ̄ ̄\ 宛の李軼殿?
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.  もしかして、お金持ちで有名な、あの李一族の方かお?
   |    (__人__) U  |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


658 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:26:15.67 ID:aAB102Io


                 
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ    ご存知なら話は早い! 
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ _ノ  ヽ、_ .|   そうです!
   |::::::( ((⌒) (⌒)) |   
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)  大富豪の李一族の者です!
    |     |r┬-|  | 
    \      `ー'´ / 




          ____
       /  ノ ヽ \    (自分で言うかお……)       
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \       
    |    J         |    
     \           /       
    ノ            \    
659 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:27:14.46 ID:XOQouqw0
いく夫wwww
配役合うなぁwwww
660 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:27:19.59 ID:aAB102Io

     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ  
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|    実は、私の従兄に当たる李通が
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |  
   |:::::::〉 ( ●) (●)|   以前からやる夫さんにお目にかかりたいと
   (@ ::::⌒(__人__)⌒) 
    |     |r┬-|  |   話しておりまして……
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.  ここで出会ったのも何かの縁、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  ご都合のよろしい時に、我が家へいらっしゃいませんか?
    >   ヽ. ハ  |   ||




661 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:27:56.37 ID:aAB102Io

 <新野>




   / ̄ ̄\       で、今度、遊びに行くことになったのか?
 /   _ノ  \     
 |    ( ●)(●)     
. |     (__人__)     
  |  J  ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }        
   ヽ     ノ       
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         



       ____
     /⌒  ⌒\     そうなんだお。
   /( >)  (<)\   
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  李通さんのお父さんは長安で王莽に仕えてる
  |    /| | | | |     |  高級官僚らしいお。
  \  (、`ー―'´,    /  コネをつくっておいて、損はないお。
       ̄ ̄ ̄
662 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:28:45.12 ID:aAB102Io

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   上手くいけば 
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)  反乱に加わってくれるかもしれないお!
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /    
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
                                




       / ̄\
       |     |
       \_/
         |         やる夫。
      / ̄ ̄ ̄ \ 
    /   ::\:::/::::\    お前、伯升から聞いてねえのか? 
  /   <●>::::::<●> \   
  |  U  (__人__)    |   
  \     ` ⌒´   /   
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'
        〉    │

663 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:29:13.50 ID:aAB102Io

       _________
      /     \          
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\   何がだお?
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   
   ヽ、    `ー '   /   
     /     ┌─┐    
     i   丶 ヽ{ .  }ヽ   
     r     ヽ、__)一(_丿    
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ    

664 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:29:28.69 ID:aAB102Io


   / ̄ ̄\
 / −  − \    李通には申徒臣っていう異父兄弟がいてな。
 |  (−)(−) |     
. |  (__人__)  |   こいつが、けっこうなDQNで、  
  |   ` ⌒´  ノ     
.  |  u     }    あるとき伯升と揉め事を起こしてな……
.  ヽ       }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         
 
665 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:29:53.99 ID:aAB102Io

       _________
      /     \          
    / u ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー)\   け、怪我でもさせちゃったのかお?
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   
   ヽ、  u   u   /   
     /     ┌─┐    
     i   丶 ヽ{ .  }ヽ   
     r     ヽ、__)一(_丿    
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ    

666 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:30:45.79 ID:aAB102Io


        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\     伯升、そいつを 
      |::::::(−)(−) |    
     . |:::::::::::(__人__)|   ……殺しちゃったんだ。
       |::::::::::::::` u  |     
     .  |::::::::::::::  u }
     .  ヽ:::::::::::::: u  }      
        ヽ::::::::::  ノ   
        /ヽ三\´    
        |:::::::::::::::: \



        ___
       /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
      /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
   \   。≧       三 ==-     
      ゙ヽ, ,__    ,. -ー"ヽヽ
667 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:31:07.89 ID:aAB102Io

          ______            
        /:υ::─ニjjニ─ヾ    くぉくぉくぉくぉくぉくぉくぉくぉくぉここ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|     こーろーしーたーあー? 
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/      
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\     



         / ̄\                    
        |     |                    
         \_/
           |     非はあっちにあったってことで
       / ̄ ̄ ̄ \             
      /     丶  .\   伯升は罪に問われずに済んだんだがな。   
    /       <●>:::::::\   
    |     u   (__人__)│  
     \        .` ⌒/   家族としては、恨んでるに違いない。
     /           \    
668 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:31:26.92 ID:aAB102Io


   / ̄ ̄\     李通にとって、伯升は弟の敵なわけだ。
 / −  − \    
 |  (−)(−) |    で、その敵の弟であるお前に 
. |  (__人__)  |    
  |   ` ⌒´  ノ    会いたいと……
.  |  u     }    
.  ヽ       }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         
 

669 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:31:55.26 ID:aAB102Io

      ____
     /ノ   ヽ、_\   
   /( ○)}liil{(○)\    殺る気だお!
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  仕返しに やる夫を殺る気だお!
  \    |ェェェェ|     /     
                  あの馬鹿兄貴があー
                  どんだけやる夫に迷惑かけるつもりだお!
                  約束はキャンセルだお!


670 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:32:16.97 ID:aAB102Io


    ∩___∩    いや……
    | ノ\   ,_ ヽ  
   /  ●゛  ● |   .それは違うと思うクマ。
   | ∪  ( _●_) ミ             
  彡、   |∪|   |   李氏は何よりも「利」を優先させる家柄クマ。           
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |  むしろ、やる夫の仲介で伯升と仲直りしたいんじゃないかクマ?
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /




            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ そうなのかお?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
671 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:32:35.92 ID:aAB102Io


          / ̄\                        
         |  A  |                        
         \_/                         
           |         だったら、会いにいかねえとな。                 
        / ̄ ̄ ̄\                                     
        /        \    やる夫の言う通り、                
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ                
      |  <●>::::::::<●>u |    反乱で李氏が味方につくのはデカい。                
     \   (__人__) __,/                     
     /   ` ⌒´   \       
672 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:32:55.43 ID:aAB102Io

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     しかし、罠の可能性だってあるだろ……
 | ∪ ( ●)(●)    
. |     (__人__)   李氏が喧嘩をしかけてくるつもりなら、
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }    むしろ反乱の前、やりすごすべきだろ。
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ  mm  
   /    ̄ ̄ ̄ つノ   
   |    | ̄ ̄ ̄   

 
         ____
       /      \ そうなのかお?
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
673 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:33:23.75 ID:aAB102Io


          / ̄\                        
         |  B  |                        
         \_/       だったら、訪問はやめとくべきだよな……                  
           |                          
        / ̄ ̄ ̄\                                     
        /        \                    
     /  ::::\::::::::/::::  ヽ                
      |  <●>::::::::<●>u |                    
     \   (__人__) __,/                     
     /   ` ⌒´   \       


          ____   ____
       /:─ニ三─ヾ : ニυ::─ニjj ─ヾ ι
   ι /( ○)三(○)i 三 .: ○)三 (○) \    
    (::υ::: (__人__)::::: 三 :::: (__人__))::::  i|   
     \    |r┬-| ::::: = ::::  |r┬-| li::::/    ど、どっちを選べばいいいんだお?
     リ:::::::: `ー'´  :::: = :::: `ー ' ::::::ヽ
     /:::/::::::       )::::         \
674 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:34:02.11 ID:XOQouqw0
運命の選択か。
675 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:34:13.70 ID:aAB102Io


   / ̄ ̄\     
 / −  − \    
 |  (−)(−) |    
. |  (__人__)  |    
  |   ` ⌒´  ノ    やる夫
.  |  u     }    
.  ヽ       }
   ヽ     ノ        
 


       / ̄\
       |     |
       \_/
         |        
      / ̄ ̄ ̄ \ 
    /   ::\:::/::::\     
  /   <●>::::::<●> \   お前が
  |  U  (__人__)    |   
  \     ` ⌒´   /        
 

    ∩___∩    
    | ノ\   ,_ ヽ  
   /  ●゛  ● |  
   | ∪  ( _●_) ミ     決めるクマ        
  彡、   |∪|   |              
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |  
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /




        ____
    /::::::─三三─\    エエエエエエエエエ!
  /:::::::: ( ○)三(○)\  
  |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
   \:::::::::   |r┬-|  ,/ .        
   ノ::::::::   `ー'´  \         
676 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:34:37.63 ID:aAB102Io



;;;;;;;;;;;/         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     どうすればいいんだお……
;;;;;;;;;;;|           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;| _ノ  ヽ、_     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     やる夫、昔から
;;;;;;;;;;;\iiiiii|iii|||||iii√ ̄/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;/⌒/⌒\)/  / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     エロゲーの選択肢でも
;;;;;;;(つ/____/  /  ;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
;;;;;;(_______/.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     中と外どっちに出すか三十分迷うくらい
;;;;;/ / / \  ;_丿/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     決断は苦手だお。


李家に遊びに行くか、答えが出ないまま、数日が経った。



677 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:35:01.47 ID:aAB102Io


              ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ   やる夫、お客様がいらしてるから
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′  きてちょうだあい。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |

678 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:35:49.72 ID:aAB102Io



;;;;;;;;;;;/         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     そんな気分じゃないんだお。
;;;;;;;;;;;|           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;| _ノ  ヽ、_     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     たとえ訪問者がバオー来訪者でも
;;;;;;;;;;;\iiiiii|iii|||||iii√ ̄/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  
;;;;;;;;;;/⌒/⌒\)/  / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     会う気分じゃないんだお。
;;;;;;;(つ/____/  /  ;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
;;;;;;(_______/.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
;;;;;/ / / \  ;_丿/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     


679 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:36:18.42 ID:aAB102Io


、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:    早く来なさあい!
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:  貴方が大事にしてる萌え屏風を処分するわよお!
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://  
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /
680 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:36:19.76 ID:XOQouqw0
やる夫、中か外かなんてリアルでも無い限り
悩むことじゃあないwwww
681 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:36:34.69 ID:aAB102Io

        
        
  \\     
   \\    / ̄ ̄ ̄\
     \\/  _ノ  ヽ、_ \         それは困るお!
       / o゚⌒   ⌒゚o \       
       /    (__人__)     \    ,.r-、
     /      `⌒´       \  P{三)
    /              |\   \/\ノ
    /ヽ/^y           |  ヽ     /  今行きますお!
 \ (、、J  |           |   \_/
 \\    |           |
   \\ |            |
\    \/           7
从从   (            /
Σ  ヽ、  へ        ω/
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\  \


682 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:36:50.04 ID:0hUVJ2Eo
男なら中出しだろJK
683 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:37:00.54 ID:XOQouqw0
萌え屏風ってなんすかwwwwww
684 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:37:00.70 ID:aAB102Io


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   ……ブチャラティ。
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)   萌え屏風って何?
         
       
        

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    この下りはフィクションだ。        
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!  
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    萌え屏風を処分すると脅されて、嫌々 客人に会いにいった……
 `ー-、」    '  i_ノ    
    | `ー  ̄ , '      という事実は歴史書にはない。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


685 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:37:30.81 ID:aAB102Io


          ,r_.ェ-_、_
          /::と Z つ:::`ヽ、         ただし やる夫が美人を描いた屏風を好んで鑑賞していた
         /::::::::::::(._フ" ):::::::::ヽ         
       ':::::::/:::::::::`'''´::::::::::::tタ',       ことは事実らしい。
       l:::::::f:::(((ぅ:::l::::i:::l::::::l:::l:::',         
       l:::::::i:::::::l:_:_:|_:_凵⊥l-|:l::|          
      ',:::::::!::::::|で6ラ')ノィ5ラ川          皇帝になった後も、自らの居室に美人絵の屏風を飾らせ、
       ヽ::::i::::::l  ''"'( ::{;i::::j::リ`二ヽ-、   __  
       {ヽ::l::::::l     、.ノ::://ニ二:.eヽ ヽ‐=' O)  相談中にチラ見し臣下に怒られた……
       ハ \:::::l  ∈=':〃ニニニ::.’i }e、ヽ ̄
      ム e,\ヽドェ.、二ノ=-‐'`iニFl |  e、\   というエピソードが残っているッ!
     /ヾ〉  e、`r― - = 二⌒i lニF|e|、_e、
   /e、 ヾ〉 e、  \ _/ (r \| |-F|’| \ e、
  /  e、  ヾ〉  e、 //"   \rぅ|eF|el   \
 {e、\  e、ヾ>、/ l |l  \_.ノ´l’E|’!
  \._ `ミ>、/ ,イ[|l ll 、ヽ、.ノ, ,' 〃| l
   ヽ ,e´//e' rタ´e' `7''`r'' // (()j l
    \ /´{ rタ'´e' e'/ e、∨/ e、 ¨ l





      ((
    '´ /ニ゙ヽ  やる夫って……
   li 从ハ)ソ 
   ゞ;,,TДT)  
   
686 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:37:37.93 ID:KwzUbIUo
かぐやゲーできねえなやる夫
687 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:37:55.16 ID:aAB102Io


  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \     まったく、どこのどちら様だお?
  |┃ .      /  ( ー)  (ー ) \  
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |   
  |┃       \    ` ⌒ ´    /   
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ



688 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:38:03.57 ID:rJbjOS.o
マジかよwwwwwwww
689 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:38:16.71 ID:XOQouqw0
>>684
萌え屏風を処分すると脅されて、嫌々 客人に会いにいった……
という事実は歴史書にはない。


当たり前ですwwww
690 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:38:22.26 ID:ytSMRYko
リアルで駄目人間wwwwww
691 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:38:37.39 ID:aAB102Io


                          _ , ─ - 、
                       , -‐'´      ヽー 、
                      , .'´        ソー     ヽ
                 -≠Z´, ,           ヽ    ヽ
                   / / / / /,        、  ヽ   ヽ ……こんにちわ。
                    / イ ,' ,' .ィハ l  ! 、  、  ',   ',   !
                 /' ,'.i ! .l /l.l l  !、 l  ヽ  i  |    l
                   l' l k l l7`|'-、.ヽ lヽ. ト、 ヽ  | l l   l
                   l ハ i .{lr≠、ヽ \‐ヘ'ヽヽl-. トl !   i l
                      |' .',lx!i !|::;:}    _,r≠=、卜!' ,'.   |.!ヾ、
                      i'l ー'    !l、::::;:}》. //`y イ'|'  `
                          lヽ   '    `ー'/ .//,.ノ/ |    
             l 、    ,、   |/ ヽ、 -    /ソ /ィX.、
            r┴-'ニ< ヽ--、   ` ーz- ' ´/ィ'´ヽヽ、ヽ
             てー  _`._j弋ー' ヽ、.,r,ニ-´ー ´.     l l.l }
         , -‐y‐ '{ /´::::::、ヽ. ̄ヽy'-´ヽヽヽ       l l !'
          ,〃'´    Y´:::::::::::::}  /ー:、:::::::ヽ', ',       l l !
        {、ヽ     l:.:::::::::::::::l /:::::::::::::ヽ:::::l | l       ///
        | ヽヽ、   i::::::::::::::::l/::::::::::::::::::::i;:::l l l    ,r ニ 'l
.         | ヽヽヽ    !:::::__r/:::::::::::::::::/ノ::::l l l -_二-'´ィ´   



     ___
    /  三  \
  /  (○)(○) \  
  |      / \   |
  |     (__人__)   | ※ やる夫
  \    |r┬-|  /   
   /     ` ⌒´  ヽ
 /              \
692 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:39:10.42 ID:aAB102Io


    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ    やる夫の だあい好きな 
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ    陰麗華ちゃんを呼んであげたわよお
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ   
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l   うれしい?
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ

693 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:39:34.13 ID:aAB102Io




       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::"     _i-― ̄ヽ___ ヽ
     ノ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::i'_|_,-| ̄ |.-―:'| ̄     ヾゝ、
   -‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i--¬―‐i::| ̄:|::::::.::::::|  l、 |    `ヽ、
     ̄|:::::::/:::::::::::::::::::::i' i:::::: |  i::::|  |::::::::::::::|  |::ヽ |   |^ヽヽ、
    |::/::::::::::::::::::::::i' i:::::::::::/|  |:::::|ヽ、,ゝ-:i‐!::::|  |::::ヽ|i::!   ヽ、
    |::/:::::i !:::::::::::::i' !:::''i::::/| !::.::l  |::ヽ、i:|__!」:::|  |::::| |::|   |ヽj
   l´/:::ノ| !:::::::::::i::::| -i::/― | |::::|   |:::ャ'。=='ァi::| |::::|、| |ヽ|
 /-−'´ |!:::::::::::i!|   i!ェ=ェ、 |i::l    i:! |゚_::: i |!::::| |::::|| |  i|
       | !:iヽ::::::|  {´゚。:::゛!`i|     |  ヽ'ニィ'|:::::| |:::|iノ:::l、 |
       |i! |::::::::ヽ゛ヽれニ'ノ          |::::::::| |::| i::::lヽゝ          
       |i |::::::::::::i.ヽ.      '       |::::::::::|i:::|i:::::|  
        i| |::::::::::::::`::ヘ、     ‐-     |:::::::::::|!:!i:::::|                 
        i  |::i ヾ:::i::::::::ヽ、         ィ'|::::::::::::i:!!:::|
        | ̄`'ゝー-L_::::::::::`i:‐- 、_  _,ィ' ´::;;:|:::::::i_:i:-‐' ̄i
        ヽ       ̄ヽ、|:::iヽi|;;;;;;;;::::::::::i 」-‐' ,-―'  ̄`ヽ、
      r――`ー――-- 、 ヽ、i'i!|;;;;:::::::::,ィ"´ ニ二-―――ニ二二l、
     /_______  `ヽ、ヽ、,r-‐'  ̄_,-‐' ̄ ̄ ̄    | ヽ
    |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ r-‐' ´              | |   
    |              ヽ===='|                | |
     ,|               |   |            ..... .....|  |
    〈 |    ..............................n、 |  f^ヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |
    / |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
    |  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |::::::::::::::::::::::::::::      ::::|  |  


 陰麗華。 新野の大豪族、陰氏の娘。

  このとき17歳。

  やる夫の憧れの少女である。
694 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:39:36.15 ID:L581MSUo
うれしい
695 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:39:47.22 ID:XOQouqw0
やっぱり陰麗華はこのキャラだったか……
696 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:40:10.30 ID:aAB102Io

     ___
    /  三  \
  /  (●)(●  \て 
  |      / \   |そ  ハッ
  |     (__人__)   |
  \    |r┬-|  /   
   /     ` ⌒´  ヽ
 /              \


697 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:40:33.78 ID:aAB102Io




         |┃┃|
         |┃┃|
      二三 ┃┃|
         |┃┃三=-
         |┃┃|
      二三 ┃┃|
         |┃┃|
         |┃┃三二
        三 ┃┃|
         |┃    ピシャッ
         |┃┃|
         |┃┃|
         |┃┃|






                      _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. /  ( ●) ( ●)  逃げるお!
         _/ / ヽ   /    U(__人__) \    
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |    
             /  .\     i⌒\   / 
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/  
698 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:40:56.65 ID:aAB102Io


、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:    なあんで 逃げるのよおおお!
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:  
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://  
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /



              __
           .-´    ``ヽ     ワタナベジュンイチ!
          /  ヽー     `ヽ
         / ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ  
        / (○) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
        | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!    
          ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _  
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==
                    |
699 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:40:59.81 ID:0hUVJ2Eo
まあ中国の歴史上ではその程度なら全然マシというか・・すげえ暗君がいっぱいいるからな
700 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:41:00.82 ID:aw8vHdwo
逃げるの!?
701 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:41:21.07 ID:aAB102Io



、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:   あなたのイカ臭さを和らげてあげようと
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:    
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:   女の子を連れて来たんじゃないのお! 
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:  
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://  
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:  あなた もう 二十八歳なのよお!
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:   このまま 魔法使いになるつもりい?
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:    
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /


            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :   だって……
         /  -==、   '==-  ..:::::|  やる夫はお尋ね者だお?
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/   恋愛とか結婚なんて
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/    無理だお。
          >;;;;::..    ..;,.;-\
702 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:41:25.13 ID:XOQouqw0
どうしてwwwwww
703 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:42:36.17 ID:aAB102Io


              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /        そんなの関係ないわよお!
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //  
      /   ̄7 |l|___}〉 ‖|   | {      |   |     ∨ /  ..::/    伯升なんか
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ‖ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/      ニートの分際で
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.   結婚して子供まで作ってるのよお?
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \





      / ̄ ̄ ̄\       うう…… 
     /  ノ   ^ヽ\      
   /  (ー)   (ー) \    それを言われると……
   | υ   (__人__)   l    
   \     ` ⌒´   /    
704 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:43:14.88 ID:aAB102Io


               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ       
          // / / /      \::::::::::l  ',     幸い、陰麗華はまだフリーみたいよお。
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !     でも うかうかは してられないわあ。
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i    
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i     二人っきりにしてあげるから
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ    この機会に仲良くなっちゃいなさい。
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',      
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
        / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{:::::::::::ト、:::::、ー-ゝ  ',
         / /:::::::::::∧:::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l
       / r'::::-::、:/ {:::::::/´::::`ヽ:/ ̄:「、 レ'  !  ハ !    !
      ,'_ノ_::::__::/ ノ:/::::::::::/::::::::::::::| }/|  ,' / l |   l
      lゞ//\〈//:::、__:/:::::::::::::::::::ノ  |  /! /  l ハ  /


705 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:43:25.54 ID:L581MSUo
えらい言われようwwww
706 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:43:46.40 ID:aAB102Io


      ____
     /ノ   ヽ、_\     無理だお、無理だお!
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  二人っきりなんて、
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /  どうしたらいいか わかんねーお!

707 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:44:18.47 ID:aAB102Io

        _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\           簡単よお。
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´            まずは世間話。
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ     
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´  しばらく経ったら
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、  ウィットに富んだジョークで盛り上げる。
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ  で、頃合いを見計らって、
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ   パイ揉みに持ち込みなさい!




      ____
     /ノ   ヽ、_\     パパパパパパパパパ
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  パ、パイ揉み!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /  
708 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:44:44.35 ID:aAB102Io



            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ‖| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′     平気よお。
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \      女なんて
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー  
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \          一発キメちまえば 
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _  こっちのもの♪
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」 | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:



          ____
       / ―  ―\    同じ女の台詞じゃねーお…
.     / (ー)  (ー)\
    /     (__人__)  \.
    |   u  ` ⌒´    |
     \           / 
    ノ            \
709 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:45:17.20 ID:aAB102Io



         |┃┃|
         |┃┃|   健闘を祈るわよおお!
      二三 ┃┃|
         |┃┃三=-
         |┃┃|
      二三 ┃┃|
         |┃┃|
         |┃┃三二
        三 ┃┃|
         |┃    ピシャッ
         |┃┃|
         |┃┃|
         |┃┃|


710 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:45:34.17 ID:aAB102Io



     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    ……
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_





       _________
      /     \          
    / u ⌒  ⌒\   隣に陰麗華ちゃんが……
   /   ( ー)  (ー)\   
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    やべー、
   ヽ、  u   u   /   
     /     ┌─┐     それだけで緊張してきたお。
     i   丶 ヽ{ .  }ヽ   
     r     ヽ、__)一(_丿    
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ    



711 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:45:54.23 ID:aAB102Io


     ____
   / ノ  \\    やべー、やべやべやべー!
  / (◎)  (◎)\   
/ ∪  (__人__)  \  何か、何か 話さなきゃ!
|      ` ⌒´  u  |  
\   し       /    パ、パイ揉み? 違う、 ウィットに富んだパイ揉み!

712 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:46:19.99 ID:XOQouqw0
頑張れやる夫wwww
713 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:46:28.96 ID:NocpdVgo
どんな揉みだwwww
714 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:46:59.26 ID:L581MSUo
なんか甘酸っぱいwwww
715 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:47:22.77 ID:aAB102Io


  パイ揉み    パイ揉み  パイ揉み  陰麗華ちゃん

パイ揉み パイ揉み 
    ウィットに富んだジョーク
                     / ̄ ̄ ̄\ パイ揉み 
                   / ─    ─ \
          パイ揉み   /  <○>  <○>  \. 処女  
                  |    (__人__)    |
  パイ揉み           \    ` ⌒´    /  ナギ中古問題
                  /              \
  世間話          パイ揉み                   魔法使い  素人童貞
                  パイ揉み


716 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:48:02.33 ID:L581MSUo
思考のほとんどがパイもみwwwwww
717 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:48:17.56 ID:aAB102Io

         ____
       /   u \    落ち着けッ!
      /  \    /\   
    /  し (>)  (<)\  クールになれ劉やる夫!
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /   心頭滅却すれば
    ノ           \   チンコもクールビズだお!
                 



718 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:48:29.65 ID:xFBudcUo
パイ揉み率5割ww
719 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:48:44.76 ID:aAB102Io

          ____
       /  \ /\
      / (●) (●)\     陰麗華ちゃんっ!
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !  
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi    
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl




     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    はい。
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
720 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:48:58.80 ID:8QhDBi.o
チンコもクールビズってモロだしってことじゃんwwwwww
721 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:49:08.97 ID:aAB102Io


          ____
       / \  /\
      / (●)  (●)\
    /     (__人__)  \  やる夫と・・・・・
    |      ` ⌒´    |  
     \          /   結婚して下さいお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ  
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



722 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:49:13.90 ID:L581MSUo
「チンコもクールビズ」名言wwww
723 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:49:18.49 ID:rJbjOS.o
ちょwwwwwwwwwwwwwwww
724 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:49:27.84 ID:aAB102Io



、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:   
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:    
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:    (えええええええええ?)
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:  
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://  
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:  
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:   
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:    
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /



725 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:49:37.84 ID:L581MSUo
早いです、早すぎますwwwwww
726 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:49:52.24 ID:aAB102Io

          ____
       / \  /\
      / (●)  (●)\
    /     (__人__)  \  
    |      ` ⌒´    |  
     \          /   
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ  
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_

727 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:49:59.51 ID:aw8vHdwo
パイ揉みってレベルじゃねえぞwwwwww
728 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:50:13.88 ID:aAB102Io


     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ   ……その願いを 
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }      聞き入れることはできない。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ    
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_





          ____
       / \  /\
      / (○)  (○)\
    /     (__人__)  \  
    |      ` ⌒´    |  
     \          /   
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ  
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

729 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:50:31.08 ID:ytSMRYko
終わったwwww
730 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:50:35.77 ID:aw8vHdwo
案の定……
731 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:50:42.12 ID:aAB102Io



      _   ./ ̄ ̄ ̄\    /
    __ `ソ/ ─  ─  \/ ̄/
      \/゚ (○)。 (○)  \/ rへ,ノ   ・・・・・・
 __>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_
      .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \
          .::┘   :│   ゚



        ..     、      ,_
        ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
    ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_
    ´        /   \



         ____/ ̄ ̄
          / │ ̄\__     ゴゴゴ・・・
            /

732 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:51:00.73 ID:aAB102Io


                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \ 終わった全てが終わったんだお
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ  やる夫はこのまま百歳まで魔法使いだお
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |     
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |  そしてイカ臭さを増して
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ  自分のイカ臭さで臭気死にする人生なんだお……
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

733 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:51:01.16 ID:XOQouqw0
……それでも頑張れやる夫
734 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:51:09.67 ID:KwzUbIUo
ナギ中古問題wwwwww
735 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:51:37.71 ID:L581MSUo
さようなら、やる夫。
もう一生出てこないでねww
736 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:51:42.51 ID:ytSMRYko
B現実は非常だった
737 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:51:58.77 ID:aAB102Io


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ 
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|   ……勘違いしないで 
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |   私はそういう意味で言ったのではない。
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´    
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、



  
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \  んお?
   /  (●)  (●)  \.   
   |    (__人__) U  |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
738 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:52:19.19 ID:aw8vHdwo
む?
739 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:52:31.03 ID:Ryj6Lk2o
追いついた瞬間やる夫が玉砕してるwww
740 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:52:35.59 ID:aAB102Io


            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ    私の婚姻に関しては
  ´ ̄/   / ./                      ',   私の両親に決定権がある
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |  だから今、この場で応えることはできない
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |  
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !  そういう意味……
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー-−―r--  −'ア´        ト
       , -‐''´       `             ' |




      / ̄ ̄ ̄\   
    / ─    ─ \   そう言われれば その通りだお。
   /  (○)  (○)  \.   
   |    (__人__) U  |  結婚は家と家で決めるものなんだお……
   \    ` ⌒´    /
   /              \
741 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:52:58.11 ID:aAB102Io


、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:  (当たり前じゃない
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:   陰麗華に結婚を申し込んでどうするのよお
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:  でもキズものにしてしまえば
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:  貰い手がなくなる……!
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:   だからパイ揉みに持ち込みなさいって
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:   言ってるのよおお!)
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /

742 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:53:23.15 ID:aAB102Io



      / ̄ ̄ ̄\      でも、それじゃあ陰麗華ちゃんは
     /  ノ   ^ヽ\      
   /  (●)   (●) \   相手は誰でもいいのかお?
   | υ   (__人__)   l    
   \     ` ⌒´   /   希望とかはないのかお? 


743 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:53:45.31 ID:NocpdVgo
銀様マジ外道ww
744 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:53:52.56 ID:aAB102Io


   
                       , -‐'´      ヽー 、
                      , .'´        ソー     ヽ   ない、と言えば嘘になる。
                 -≠Z´, ,           ヽ    ヽ
                   / / / / /,        、  ヽ   ヽ  その意向を通すつもりは
                    / イ ,' ,' .ィハ l  ! 、  、  ',   ',   !
                 /' ,'.i ! .l /l.l l  !、 l  ヽ  i  |    l  ないけれど……
                   l' l k l l7`|'-、.ヽ lヽ. ト、 ヽ  | l l   l
                   l ハ i .{lr≠、ヽ \‐ヘ'ヽヽl-. トl !   i l  望むのは、
                      |' .',lx!i !|::;:}    _,r≠=、卜!' ,'.   |.!ヾ、
                      i'l ー'    !l、::::;:}》. //`y イ'|'  `「 強いひと」
                          lヽ   '    `ー'/ .//,.ノ/ |    
             l 、    ,、   |/ ヽ、 -    /ソ /ィX.、
            r┴-'ニ< ヽ--、   ` ーz- ' ´/ィ'´ヽヽ、ヽ
             てー  _`._j弋ー' ヽ、.,r,ニ-´ー ´.     l l.l }
         , -‐y‐ '{ /´::::::、ヽ. ̄ヽy'-´ヽヽヽ       l l !'
          ,〃'´    Y´:::::::::::::}  /ー:、:::::::ヽ', ',       l l !
        {、ヽ     l:.:::::::::::::::l /:::::::::::::ヽ:::::l | l       ///
        | ヽヽ、   i::::::::::::::::l/::::::::::::::::::::i;:::l l l    ,r ニ 'l
.         | ヽヽヽ    !:::::__r/:::::::::::::::::/ノ::::l l l -_二-'´ィ´   

745 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:54:04.50 ID:aw8vHdwo
>>741
銀様の思考がおっさんのソレである件について
746 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:54:26.65 ID:aAB102Io

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    ! 強さならやる夫、自信があるお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /




         ___    やる夫のズームパンチの破壊力は、
       /     \   振り戻されたムチが音速を超えた瞬間の  
      /   \ , , /\  それに匹敵するんだお?
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |   すごいお? 格好いいお?
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:,
      |  ,___゙____________________________=',
     |            `l ̄   びよーん

747 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:54:26.84 ID:rJbjOS.o
銀様自重wwwwww
748 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:54:48.80 ID:aAB102Io


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ 
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|   ……そういう強さとは、少し違う。 
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |   
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´    
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


          ____
       / ―  ―\    そうですか……
.     / (ー)  (ー)\
    /     (__人__)  \.
    |   u  ` ⌒´    |
     \           / 
    ノ            \

749 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:55:29.52 ID:aAB102Io


         , '´        ‐ 、   `ヽ
        /        /     \    \
      //   ./  :!  .:. :.:.  ヽ     ヽ   私が尊敬するのは
     /// :/ .:./ :/ |  :.l: :.:.:   ハ: ',   ヘ   心の強さ。
  __,ノ'イ / :/ .:./ .:,'  :!  :.l:  i:.:.:..  l: l  ヽヘ
     l :| .:l .:.:.j  .:{: .:|:.: ..:.l.  l、:.:.:..  !:. |:.:  l: l  動じない強さ。
     | /|.:.:! :.:.ハ_.:.∧ .:|ヽ  .:|\| \:. _ |:.:.l:.:.: :.:.|: l  感じない強さ。
     l/ l:.:.ト.:.:.「ヽ{二Nト \ l 弋二\:|:.:,'i:.:.:.:.:.|ヾ、
.      ! ヽ:{ ヘハ "ヘf_::::}`  \ ''f _:::::}ア!/:ハ:.:.!:.:l   `
        ヽ l:.:.:',. V;;ィj      V;ィリ l:.:.:ムj:.∧:l   私は両親に、
         |:.!:∧  ̄   '     ̄ i!:./:./V リ   そんな人間になるよう教育された。
         l:.!l:.:.:ゝ    ‐    ,.ィ':./|/
         リハ:.:{ヽ>,、      ィ/リ /        男の人は、人形のような女の人が好き……
             __ヽ__V_jノ_`二´_ト、/'
          /    ,ィ |「 ̄ ̄ ̄//\`ー‐- 、    私がその理想に近づけば近づくほど、
        /   /  |l     //   \    ヽ
:       ,'   /    |l   //     >   ヽ   結婚相手に優れた男の人が集まり、
       l    ヽ     |l_rx ,/メ、     //    |
       |    \ ///}∧ヽ\.  /     l   我が陰氏は より隆盛となる……
       |      // 〃Yヘ.ヽ\ヽ. /     /
       |    / / /,/ A ヽヽ  V     /

750 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:55:38.10 ID:ytSMRYko
腕がはじけ飛ぶぞwwwwww
751 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:56:00.68 ID:aAB102Io


          ____
        /      \         ちょっと待ってお?
      / (●) (●)\
     /    (__人__)   \       まるで陰麗華ちゃんは
     |       |::::::|     |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   一族の道具に頑張ってなろうとしているみたいだお。 
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /    それでいいのかお? 
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
752 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:56:20.30 ID:aAB102Io


                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\      人形を目指して来た私は、
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ   もう、自分の心がどうなのかも
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ  
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、よく判らない。
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′  
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/  
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/    
              V: :lヽ、   _     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
             /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
753 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:56:41.92 ID:aAB102Io


     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \    だから、相手を選べるなら…
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ   私と同じ、人形の心を持った人がいい。
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j   
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ     そう思っただけ。
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_




      / ̄ ̄ ̄\    (陰麗華ちゃんが、そんなことを思っていたなんて)
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \.   
   |    (__人__) U  |
   \    ` ⌒´    /
   /              \
754 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:57:02.98 ID:aAB102Io

     ___     
   /      \     (よく考えたらやる夫、
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \   陰麗華ちゃんがロリの頃から狙いを付けてたけれど、
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /  外側しか見ていなかったお。 
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |    そんな風に自分を造ってきたなんて、何だか悲しいお)
  \ /___ / 




 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ  
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |   
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_       
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ       
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´       
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
755 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:57:21.75 ID:aAB102Io

      ____
    /_ノ   ヽ_\      (でも、ひどいかもしれないけれど。
   /( ●) ( ●)\     そんな話をきいたのに、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   むしろ今までよりも……)
 |        ̄      |  
 \              /

756 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:57:40.05 ID:aAB102Io

                             ___........,,,,,,,_
                          >-''''': : : : : : : : :'''-、
                       >'''": : : : : : : : : : : : : : : :\_
                    >'''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\,
                  >'" : : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
               ,,,-'''"-'/  ::: : :: : : : : : : ::...: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                  /::: :::./ : ::: : :::: : ::: : : : ::::...: : :::.: : : : :..: : : : : 'l
                 /::/: :::::: :..  :::: : :::::.: : : : :::ヽ:..: :::.: : : ::::..: : : : :'l
                 /::/::::|:::: :::: : :. ...  :::::..: : : : ::ヽ::..:::.: : : ::::::.: : : : l
                l:::/|: ::l:::::: :/|: : ::::|: : ....l..    l ::::::: : : :::     l
                |:/ |: ::ヽ:::l:|┤: ::::|ヽ: :::l、:::::::.. : :.|::::::::: : : ::::::::: : : :|、|
                |l  |:::1ヽ:|ムヾ、:::.l ヽ、メヽ、::::..::|:::::::: : : ::::::::: :::: :l ヽ
                .'  ヽ:ト、:::lレナド.、:::l  ヾ、 ̄'-,,,l::::::::: : : ::::::::::::::::/
                   |l ヽ:::|レ|カ  ヽ . ト''''''ト,,,,, |::/:::: : :/、::::::/:/
                     l:::| " /    .トナガレ l:::|::::: : /| |::/|/
                      l:ヽ、ヽ    ''''''''' /:/::: : /.// .'  
                      .l::::|ト、 -      .//l::: /"::/
                      .l::|' \"   __,,,/:ク::: :/|/l/
                       ヾ   ''''''''l"-,,/':/:/,-l'''':ヽ


       なんだか ずっと 綺麗に見えるんだお。

757 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:58:01.49 ID:aAB102Io



     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \    不思議。
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ   こんなこと、
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    誰にも話したことなかったのに。
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ     
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_



       ____     
     /⌒  ⌒\      そうなのかお?
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫がはじめてなんて、なんか嬉しいお!
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /


       ____
     /_ノ ' ヽ_\    (興奮するお)
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |     |r┬-|     |   
  \      `ーlj'´    / 
758 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:58:27.57 ID:aAB102Io


     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   やる夫があまりに ぶしつけだから、
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ   つい、口がすべった。
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    わたしも修練が足りない……
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ     
      `ヘ:ゝ    .'    小/
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_



      ____
     /_ノ   ヽ_\     ごめんなさいだおー。
   /( >)  (<)\      
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ∩  でも どうせなら、
  |     |r┬-/      |/⌒l 
  \    ` ̄'´     / | `|  もっと色々知りたいおー



やる夫は気づいていなかった。

いつの間にか、意識せずに陰麗華と言葉を交わしていることに……
759 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:58:58.12 ID:0hUVJ2Eo
イベントその1消化してフラグが一つ立ちましたな
760 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:59:25.90 ID:Ryj6Lk2o
官となるなら執金吾
妻を娶らば陰麗華

でしたっけ?
761 :1 [saga]:2008/11/30(日) 15:59:29.37 ID:aAB102Io


          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l              あらあら 
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ            いい雰囲気じゃなあい!
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ   しつこく盗み聴きした
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>   甲斐があったわあ!
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j   
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l
     _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |
     ̄´  !..|ハ.!/、_  ヲ::::::::::::::!::::::l..| レ´l...|∨
          V:/   Y:::::::::::::l::::::::::|ノ  レ
        〈:::!   /::::::::::::::;|:::::::::{







            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ‖| } _|   l \_ヽ_ \\      今よお!
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′    今こそ
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \     パイ揉みのベストタイミングよお!
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー  
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \        
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」 | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
762 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 15:59:56.62 ID:aw8vHdwo
やる夫が動機を得たな
高みを目指す動機を
763 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:00:01.65 ID:aAB102Io



     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   やる夫は、面白い人。           \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー                           \
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ                     パイ揉み! \
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }   今日はここに来て良かった。
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ                       パイ揉み! /
      `ヘ:ゝ    .'    小/                               /
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/                              /
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_

764 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:00:15.87 ID:aw8vHdwo
銀様自重ww
765 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:00:19.78 ID:aAB102Io

                                             \  
                                               \
      ____                                     \
     /_ノ   ヽ_\     今度は陰麗華ちゃんの        パイ揉み! \
   /( >)  (<)\      お家にお邪魔したいお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ∩                       
  |     |r┬-/      |/⌒l  んでご両親にご挨拶したいお!   パイ揉み!/
  \    ` ̄'´     / | `|                             /
                                             /

766 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:00:40.21 ID:aAB102Io


       ____                                \
     /ノ   ヽ、_\    ……って うるせー!    パイ揉みよお! \
   /( ○)}liil{(○)\                               \
  /    (__人__)   \                   聞こえないのお?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /               パイ揉むのよお!   /
                                           /
                                          /

767 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:00:53.99 ID:ytSMRYko
おっさんwwww
768 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:01:16.23 ID:NocpdVgo
銀様のパイ揉み隊
769 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:01:23.14 ID:aAB102Io

<翌日>





   / ̄ ̄\
 / −  − \ やる夫。
 |  (●)(●) |     
. |  (__人__)  |   そろそろ李軼との約束の日だろ。
  |   ` ⌒´  ノ     
.  |      U }
.  ヽ       }    結局どうするんだ?
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         
 
 
770 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:01:50.11 ID:XOQouqw0
姉上様、何言ってんのwwwwww
771 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:01:50.60 ID:aAB102Io



      /   ─  ─\ 李通に会うか、
    /    (ー)  (ー)\     
    |       (__人__) ∪|   バックれるか……
    \  ⊂ヽ∩     /   
      |  | !、_ \     )   
      |  |__ \   /


772 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:02:25.22 ID:iE8e8tEo
揉むほどのパイが無い現実
773 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:02:25.89 ID:aAB102Io

     ___     
   /      \     陰麗華ちゃんが言ってた強い男。
  /  \   ,_ \  
/    (ー)゛ (ー) \  それとは違うかもしれないけど、  
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |     やる夫は…… 
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 





          ____
       / \ / \
      / (●) (●)\     やる夫も男の子!
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !   やったろーじゃねーの! 
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi    李通に会いにいくお!
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl
774 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:02:51.92 ID:aAB102Io

 そんなわけで数日後。李通宅。





            / ̄\      それじゃ、俺は外で待ってるぜ。
            |ボデイ |
            \ガード
              |        何かあったら大声を出せよ。     
          /  ̄  ̄ \
         /  ::\:::/::  \
       /  .<●>::::::<●>  \  すぐに殴りこむからな。
       |    (__人__)     |  
       \    ` ⌒´    /  
        /,,― -ー  、 , -‐ 、  
       (   , -‐ '"      )  
        `;ー" ` ー-ー -ー'




            ___      ケ奉、ありがとうだお。
       /      \
      /ノ  \   u. \   一応用心のために、
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |   袖に小刀を隠しておくお。
     \ u.` ⌒´      /
775 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:02:55.55 ID:0hUVJ2Eo
銀様がぶっ壊れたww
776 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:03:15.18 ID:aAB102Io



     |┃三ガラッ            .┃|
     |┃  ____          ┃|
     |┃/⌒  ⌒\         ┃|
     |┃(●)  (●) \      ┃|
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   えへへっ
     |┃u  |r┬-| u   |⌒)  遊びに来たお!
     |┃   `ー'ォ     //   ..┃|
     (⌒ヽ・    ・ ̄ /   ... ┃|
     |┃ノ  u     /        ┃|
     |┃   つ   <       ┃|
     |┃  (::)(::)   ヽ        .┃|
     |┃/     >  )      .┃|
     |┃     (__)         ┃|


 
777 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:03:25.45 ID:rJbjOS.o
しまえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
778 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:03:42.93 ID:aAB102Io

     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ  
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|    
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |  やあやあ、ようこそいらっしゃいました!
   |:::::::〉 ( ●) (●)|   
   (@ ::::⌒(__人__)⌒) 
    |     |r┬-|  |   
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.  
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |  
    >   ヽ. ハ  |   ||


    
779 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:03:59.56 ID:aAB102Io

               _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ はじめまして。
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!  僕が李通。
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.} 字を次元と申します。
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./   
            \!     ヾ_,.      /‐'    
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l     
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉




780 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:04:32.96 ID:aAB102Io


  このとき、李通はやる夫に握手を求め、

  やる夫もそれに応じた。

         ___
       /     \   
      /   ⌒  ⌒ \
    /    (ー)  (ー) \   よ、よろしくだお。
     |  u    (__人__)   |  
      \    u ` ⌒ ´  ,/ (やべーお……)
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,
      |  ,___゙___、rヾイソ 
     |            `l ̄   
.      |          |
781 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:05:01.90 ID:aAB102Io

   ト 、                          おや、袖に何かある……
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\   この小刀は何ですか?
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~     
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~            /
          /iヽ            .i-'
         / ヾヽ           .i
         `ー-、            /
            !  ,.-一        /
            ``!         /
              `.i       /
               i      /_
               `丶-ー ' ` ヽ、 /
                        /
                       /\
                       /  \



      ____
     /ノ   ヽ、_\   (ぎいやあああ!)
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     
782 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:05:26.50 ID:aAB102Io

           ___       こ、これはその
       /      \   
      /u  ノ  \  \   いざというときのために
    /   (○)  (○)  \ 
    |      (__人__)  u |  持ってるだけでっ……
     \    u.` ⌒´   /
                     特に悪気はないお?



783 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:05:45.50 ID:aAB102Io


               _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ ふふふ……
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl ! ご安心を。
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l! 弟のことなら、 
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.} それであなたを害するつもりはありません。 
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./   
            \!     ヾ_,.      /‐'    伯升殿を恨んでいないかといえば嘘になりますが、
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、    
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l     それよりもなお、
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',    あなた方と和解することに利益を見出しているのでね。
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉


784 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:06:03.89 ID:aAB102Io

        ____
        /  u   \  
     /   ─  ─ \
   /   ( ―)  (―) \
    |    u (__人__)   |        (助かったお)
   \      | |  u  /=3 
   /       ⌒    \ 



785 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:07:09.81 ID:aAB102Io


   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\   ところでやる夫君……
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |      君は長安で儒教を学ばれていたそうですね。
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/     
          ヾヽ  ~            /   ならば、『緯書』(いしょ)というものについで
          /iヽ            .i-'    
         / ヾヽ           .i      少しはご存知ですか?
         `ー-、            /
            !  ,.-一        /
            ``!         /
              `.i       /
               i      /_
               `丶-ー ' ` ヽ、 /
                        /
                       /\
                       /  \

786 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:07:57.92 ID:aAB102Io



     ___     
   /      \     『緯書』ですかお?
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \   やる夫の専門とは少し外れますけど
|  ∪   (__人__)  |   一応知っていますお。   
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 



                 儒教の祖である孔子が残した書物の中で、
                   
         ◎二二)    神秘的な要素……とくに予言などが含まれている部分のことですお。
        ◎◎二二)  
        ◎◎◎二二)    正直言って、うさんくせーものが多いと言うか、
       ◎◎◎◎二二)
      ◎◎◎◎◎二二)   権力者が、自分の悪事を正当化させるために捏造させる物が多いと
     ◎◎◎◎◎◎二二)   聞いていますお……
                   
787 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:08:20.32 ID:aAB102Io


               _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ  そこまでご存知なら話は早い。
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl ! 
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |  実は長安で王莽に仕えている
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!  私の父ですが、 
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}  その予言を取り扱う職場にいるのです。
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./   実は近頃、気になる予言を見つけた、と
            \!     ヾ_,.      /‐'    
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、   私に教えてくれたものがありましてね……
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l     
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',    
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉



 
  こういう一文です。

 「劉氏復起」

 「李氏為輔」
788 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:08:38.91 ID:aAB102Io



      /   ─  ─\ 「劉氏また起こり」
    /    (●)  (●)\  
    |       (__人__) ∪|   
    \  ⊂ヽ∩     /  「李氏は輔と為らん」 
      |  | !、_ \     )    と読めますお。
      |  |__ \   /

           
      劉氏が復活する……
      これは王莽の新王朝が倒れ、漢王朝の
      一族が力を取り戻すという意味ですかお?

      で、李氏がそのための補佐となる?
789 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:09:06.05 ID:aAB102Io



      /   ─  ─\
    /  ∪ (◎) (◎)\    待って下さいお?
    |  ∪   (__人__)∪|   
    \  ⊂ヽ∩  ∪  /   お父上がこの文章を重視されているということは、
      |  | !、_ \∪   )   
      |  |__ \   /      この「劉氏」と「李氏」というのはつまり……


790 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:09:27.90 ID:aAB102Io


      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|    そう!
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  君たち春陵郷の劉氏が王莽を倒す!  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__   その手助けを我々宛の李氏が担う
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    
       l   `___,.、     u ./│    /_  ということなんだよ!!
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/

                           
     
                           
791 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:09:56.99 ID:0hUVJ2Eo
こうしたいからこのAAかww
792 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:10:26.65 ID:aAB102Io



         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

       ____
     /ノ   ヽ、_\       
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /



793 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:10:32.81 ID:XOQouqw0
な、なんだってー!
794 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:11:09.95 ID:NKdRJWoo
な……なんだ、と……
795 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:11:18.65 ID:aAB102Io



     |┃三        / ̄\
     |┃         |     | やる夫!
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |          大丈夫か!
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <●>::::::<●>  \
     |┃     |  u (__人__)  u   |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



796 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:12:19.23 ID:aAB102Io



         ____
       /      \     ケ奉?
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  ごめん、今のはちがうんだお。
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/




         |┃┃|
         |┃┃|
      二三 ┃┃|    そりゃ失礼!
         |┃┃三=-
         |┃┃|
      二三 ┃┃|   
         |┃┃|
         |┃┃三二
        三 ┃┃|
         |┃    ピシャッ
         |┃┃|
         |┃┃|
         |┃┃|
797 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:12:52.98 ID:aAB102Io


            ___     
       /      \     スイマセンお。
      /ノ  \   u. \   でもまさか、そんな予言を信じるのかお?
    / (●)  (●)    \  
    |   (__人__)    u.   |  大体 劉氏も 李氏も いっぱい いるお。
     \ u.` ⌒´      /
                    どうして南陽の、やる夫たちのことだと判るんだお?


798 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:13:16.94 ID:Ryj6Lk2o
このトンデモぶりは確かにキバヤシwww
799 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:14:00.42 ID:aAB102Io

       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ 予言が本物かどうかは
.  N.ヽ`               〉  
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /   大した問題ではない。
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !  
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソノ   重要なのは、予言を
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´   利用して 
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\   国を手に入れた  
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ   前例があることです。
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |  王莽という前例がね。 
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|     
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |
800 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:14:16.58 ID:Ryj6Lk2o
と思ったら現実的なw
801 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:14:32.44 ID:aAB102Io


          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',   漢王朝の血が流れていない王莽は
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /    自らの即位を正当化するために
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /     
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /     各地から集めたり、おそらく捏造させた
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、       予言を使いました。
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /


      つまり、本物であろうとなかろうと、

      王莽が集めた予言には、皇帝の位を奪い取る説得力が備わっていることは事実……
802 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:15:02.20 ID:aAB102Io

       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ   だからその中に偶然含まれていた、
.  N.ヽ`               〉  
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /   「劉氏復起」 「李氏為輔」という
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !  予言を 今度は我々が利用する……
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソノ   
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´   
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\    
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ   
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |   
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|     
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |
803 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:15:26.22 ID:aAB102Io


               _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ  そうすれば、
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl ! 反乱を正当化することができる。
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |  
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!  密かに軍勢を集めておられる、
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}  貴方のお兄さんの行為もね……
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./   
            \!     ヾ_,.      /‐'    
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、   
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l     
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',    
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉
804 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:15:41.43 ID:aAB102Io


        ____
    /::::::─三三─\    きっ 気付いていたのかお?
  /:::::::: ( ○)三(○)\  
  |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
   \:::::::::   |r┬-|  ,/ .        
   ノ::::::::   `ー'´  \         




     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ    
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|   あはははは!
    |::::::::ゝ _ノ  ヽ、_ .|   
   |::::::( ((●) (●)) |   李氏の情報収集力をなめないで下さいよー
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)  
    |     |r┬-|  | 
    \      `ー'´ / 

805 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:15:57.44 ID:aAB102Io



   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\    やる夫君!
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/    我々宛の李氏も、
          ヾヽ  ~            /
          /iヽ            .i-'
         / ヾヽ           .i     お兄さんの反乱計画に
         `ー-、            /
            !  ,.-一        /
            ``!         /     加えていただきたい!
              `.i       /
               i      /_
               `丶-ー ' ` ヽ、 /
                        /
                       /\
                       /  \
806 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:16:22.15 ID:aAB102Io



                (これは 予想外の展開……
      / ̄ ̄ ̄\    
    / ─    ─ \   勧誘するどころか、相手から加わってくれるなんて)
   /  (●)  (●)  \.   
   |    (__人__) U  |
   \    ` ⌒´    /
   /              \

                  
     /_ノ   ヽ_\       (でも、バックれないでよかったお!)
   /( >)  (<)\    
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ∩   
  |     |r┬-/      |/⌒l   大歓迎だお!
  \    ` ̄'´     / | `|





こうして、宛の李氏が仲間に加わった!
807 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:16:54.33 ID:XOQouqw0
やったね、やる夫。
808 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:17:35.45 ID:aAB102Io

<新野>


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   よくやったぞやる夫ッ!
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      宛は製鉄も盛んな街ッ!
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////   その街の大豪族が味方につけば、
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以  密造武器の調達なども
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /  かなり 楽に運ぶッ!
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     
809 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:18:07.38 ID:aAB102Io

       ____
     /_ノ   ヽ_\     やる夫の 李斯・范雎に匹敵する弁舌の才を持ってすれば、
   /( ●) ( ●)\    
  /:::::⌒(__人__)⌒:::: \   これくらいはた易いことだおー。
  |     (  (      |  
  \     `ー'     /   




         / ̄\                    
        |     |                    
         \_/
           |        お前、聞いてただけじゃねえか……
       / ̄ ̄ ̄ \             
      /     丶  .\      
    /       <●>:::::::\   ま、訪問した勇気は買うけどな。
    |     u   (__人__)│  
     \        .` ⌒/
     /           \    
810 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:18:09.35 ID:v9pPPaEo
ディオwwwwwwww
おまえってやつはwwwwwwww
811 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:18:25.89 ID:aAB102Io

    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_   駒は揃ったッ!
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"   いよいよ
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__    「そのとき」が来たなッ!
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

812 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:18:46.17 ID:aAB102Io


       ____
     /⌒  ⌒\    どのときだお?
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

813 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:19:03.47 ID:aAB102Io


          `フ _,. =ニ‐''´ ̄      /
         | /      ヽ    /    / l  \
         ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /   今年の立秋にッ!
        / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
       /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
      /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉 我々 南陽豪族・盗賊連合は
      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  ) 王莽の新王朝に対して蜂起するッ!
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/   
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,    
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |   
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|  
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ   
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´    
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_      \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ     ヽ \_




814 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:19:20.63 ID:aAB102Io


          ______            
        /:υ::─ニjjニ─ヾ 
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|     えっ! 早っ!
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/      
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\     


815 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:19:36.35 ID:aAB102Io



          ____
        /⌒  ⌒\
      / (●) (●)\        そんなに急ぐのかお!
     / U  (__人__)   \        
     |       |::::::|     |         
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   時期を待つって言ってたから、
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /    もっと何年も潜伏するとばかり…… 
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



816 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:19:49.14 ID:L581MSUo
大丈夫なんだろか?
817 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:19:54.21 ID:aAB102Io


       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ      その「時期」が今なのです。
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    山東で発生した大規模な盗賊の群れが、
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ 
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′ 新王朝の討伐軍を打ち破ったとの情報が
.     i ,ト、      , ,  i ,!      入ってきています。
      i ! ` 、__________,,/i,`′
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
818 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:20:19.75 ID:aAB102Io


           / ̄ ̄\      正規軍が盗賊にやられたんじゃあ、
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー)   新王朝の権威は地におちたも同然だろ。
         .|     (__人__)       
         /     ` ⌒´ノ   王莽に叛旗を翻す奴らは、
       /  ヽ ⊂二二 ̄\      
     /     \  ⊂、'    ヽ これから増える一方だろJK。
    /        \_, `7  /
   /    へ     \ !/  /  そいつらにも、王莽が兵力を割かないといけない今こそが……
   |      \    Υ  /




    ∩___∩   /)   
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /  蜂起するには、最適のタイミングクマー!
   |    ( _●_)  |ノ /   
  彡、   |∪|    ,/   
  /__  ヽノ   /´
 (___)     /     
|:::::::::::::::::::::::::::::::

819 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:20:38.94 ID:aAB102Io

         ____
       /::::::::::  u\         とうとう やるのかお……
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      
    /:::::::::: ( ○)三(○)\     新王朝への反乱……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/      負ければ 一族皆殺し……
    ノ::::::::::u         \ 




          ____
       /  \ /\
      / (●) (●)\     ……いや!
     /    (__人__)   \  
     |       |::::::|     | 
     \       l;;;;;;l    /l!| !  
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi    
   (   丶- 、       しE |そ  
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl
820 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:20:56.48 ID:aAB102Io



          ____
       / \  /\ キリッ     勝てば この国の支配者! 
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \       男の子なら、命を賭けるのも悪くないお!
    |      |r┬-|    |    
     \     `ー'´   /       
    ノ            \    
  /´               ヽ  
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

821 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:21:21.57 ID:aAB102Io



        /  ,/ / /   _,..-''  
       / / ///  〃 ,r'',.-'" //     /  フンッ!
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/__,,..-/
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-''"二´‐'''~___ノ  二・三年前までニートだった
  ,) Y ノ // ,r''´‐''"  -='"―-、彡"r'" ̄´   ボンクラが……
 ,イ  リ ノ り ,=、、-ニ_~― ~''-=二 ∠"´
 ヾ,ヽ 、, , ノノ {.トヾー-~ニ_-二 ― 二ニ==-‐''"
  ゝ  ミィイィ彡`ユ.|`\ヽ丶、‐ __ヽ'''三二,,,_    幾分かマシな面構えに
 〈 `ヾべ_{::::   'ゥ)  `8-、 ヽ‐ 、ヽ`''-_=-
  ゝ_ノ⌒ヘ~"   _”\    ヽ!\ヽ、'''ー-"ニ.._   なってきたではないかッ!
 〈 (._   |∠ィ ,.ノ  /  __ハ_j!      \
  `‐''^   ,. -‐`ヾ__/ヽ. >,、く       \
       r;>-=<´ 〈 ノ_,.            ヽ \
      (l》L -―''''"~´            ヽ  ` 、
      /                `、   `、  lヽ
    /                    ヽ.   l  ||
    !                   `、   !  !|
    `、             、     |   } V,/
      ヽ             |    /  / 〃
        \           ヘ_,. -''"   / ,.イ′
        \             ヽ     l / /
         l           |      |′,'




       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     (あなたは 現・ニートですけどね…) 
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ 
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′ 
.     i ,ト、      , ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
822 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:21:51.85 ID:aAB102Io



    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   以下、伯升の反乱計画について
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  概要を説明する。
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i  この計画については、
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!  同じ『後漢書』の中でも
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   記述に食い違いがあったり
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ   
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l   不明な点が多いので、
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V    1の想像が加えられていると
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ     
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i     考えて欲しい。
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l    
  \ \ \     ', .//  l l     
823 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:21:53.88 ID:Ryj6Lk2o
「『蜂起する』…そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『蜂起した』なら使ってもいいッ!」
こうですかわかりません><
824 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:22:18.07 ID:aAB102Io

  @ 「南都」 宛城の占拠



    /  ,/ / /   _,..-''        蜂起の日取りを立秋に決めたのは、
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_   
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ   漢や新の法律では
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/  
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"   立秋の日に騎士を試験し、成績を課することに
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__     なっているからだッ!
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \         その日、宛城には 南陽軍の騎兵の大部分と、
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \      それらを統率する武官が集うはずッ!
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||     そいつらが一箇所に集まったときを見計らい、
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|      武装を解除、あるいは皆殺しにするッ!
825 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:22:46.92 ID:aAB102Io

  A 周辺地域の制圧
                      



                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   宛の蜂起と同時に、
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     春陵郷からも兵を発し、 
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////   周辺の県を抑える……
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以  計画を知らない豪族、
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /   農民への徴発も
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''   同時に行うッ!
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     
826 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:22:53.61 ID:XOQouqw0
それを言ったらおしまいですwwww
827 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:23:30.28 ID:aAB102Io

B  天下への号令




    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V     以上の手順を手際よく こなせば、
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     南陽郡は我らの手中に落ちるはず……
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   支配を確立した上で、
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   天下に向けて、王莽を皇帝として認めず、
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   
          ヽ  | |、       //: : |川    劉氏の支配を復活させることを布告するッ!
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    この状況なら、全国の劉氏、大豪族の何割かは
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   我等にならい、王莽からの離脱を図るはずッ!
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|   
                               
828 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:24:42.15 ID:aAB102Io




                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-     各地で群雄が蜂起し、
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   王莽の支配が瓦解すれば、
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   反乱の第一段階は達成されるッ!
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以  少なくとも「南都」宛を抑え、
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /  南陽各地の豪族の支持があれば、
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙'''' 我らの地方政権を樹立することはかなうはずッ!
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|   
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     

829 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:24:58.29 ID:aAB102Io



       / ̄\     地方政権か。
       |     |
       \_/     今までみたいに
         |        
      / ̄ ̄ ̄ \   中央の好き勝手に振り回されることはない。
    /   ::\:::/::::\     
  /   <●>::::::<●> \   
  |     (__人__)    |   俺たち豪族の自由にできるってことだな。
  \     ` ⌒´   /   
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'
        〉    │
830 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:25:13.71 ID:aAB102Io


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \      もちろん、それだけで満足しちゃダメだろ常識的に考えて。
         |    ( ー)(ー) 
         .|     (__人__)     各地の独立勢力と連携し、  
         /     ` ⌒´ノ    
       /  ヽ ⊂二二 ̄\    最終的には連合軍を組織して  
     /     \  ⊂、'    ヽ
    /        \_, `7  /   王莽のいる長安を討つ……それがゴールだろ。
   /    へ     \ !/  /
   |      \    Υ  /



831 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:25:38.76 ID:aAB102Io


     ___     
   /      \     
  /  \   ,_\    手順はそれでいいとして、
/    (●)゛ (●) \   
|      (__人__)    |   兵力の配分や、指揮の担当を決めないといけないお。
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |   
  \ /___ / 


832 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:26:04.26 ID:aAB102Io



       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ    そうですね。まず兵力ですが…… 
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    春陵郷のみで動員できるのは二千人程度。
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐ 
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 他の南陽の豪族や、宛の李氏が用意できる
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′  頭数を合わせて八千人といったところです。
.     i ,ト、      , ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′      
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,       
          ヽ,r`i___iヽ,/___!
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
833 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:26:23.85 ID:aAB102Io


           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ     これに、南陽周辺の盗賊が加わりますが、
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   彼らの人数は、一万五千人から二万人といった
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉   ところですね。
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

834 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:26:46.78 ID:aAB102Io


 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    南陽の盗賊、緑林軍は、        
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    この数年で急速に頭数を増やし、
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '      最大で五万人の大所帯に達したとされる。
  ,,rへ、_ ` 〔´      
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    一度は州牧(州の一番えらい人)から派遣された精兵を撃退するなど、
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  場数も踏み、戦力としてはかなりの期待ができる存在だった。
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ

835 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:27:56.15 ID:aAB102Io




                       ところが西暦21〜22年にかけて、

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、   盗賊たちの間で疫病が大流行し、半数近くが病死してしまう。
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{       リ| l.│ i|  
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| 
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |.  
          | /⌒l,、 __, イァト |/ | 
.          | /  /::|三/:://  ヽ | にょろー
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |






  感染が拡大するのを恐れ、緑林軍は軍勢を二つに分けた。
836 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:28:22.30 ID:aAB102Io


                     河
                     南
                      lll 郡  .lll            ゙!li,,  淮陽国  
     弘農郡          ,lll,,_   ,l!`   潁川郡   ゙!li,      
                    ,,iil!゙゙゙!!llllllilll,,、             ゙lli,_     
                   ,,ii!゙゙゜     ゚゙!li,,,,、       ,iill゙゙゙゙゙llllii   
                lll°       ゙゙゙゙!!llii,      .,,l!`   .ll、  
                'll`  南陽郡   lll゙  _,,,,,,,,llll゙`    .'!i,, .,,, 
,,,_,,,,,,             ,il          'll,,,,ll!l゙゙゙゙゙゙°      ゙゙゙゙゙゙ 
゙゙゙゙゙゙゙゙!!lllllllllllllllllll,,,、    .,l゙′          '゙!lii,,             
         ゙゙゙lii,,,_、,,,ll″               ゙!l,    汝南郡        
          ,,il!゙゙゙゙゙゙゜      ■ 宛     ゙li,,            
           ,,,iil!゙°                    '゙゙l,、          
 漢中郡   ,ill゙°                    ゙゙!lii,         
          ゙゙゙゙!lllii,,         ● 新野         lll,,,,,,,、      
             ゙!!lll,,,,,,、                  ,,llll゙゙ ゙゙゙lllllll!l!i,,    
             ゙゙゙゙!!!lliiiii,,,,,,,lli,,,  ☆ 春陵郷 ,ll,       .゙゙ll,,  
               ,,,iillll!!゙”゙゙゙° ゙!li,、        ゙゙lli、         ゙lii、 
,,,,,,,,,,,,_       ,,il!゙゙`       .゙゙!ii,, 新市の軍  lll゜          !!li, 
”゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllllli,,,,,,,,,,,,,il!° 南郡      _,,,,llllii,,,, ↑.,,,,,,,,,illll!、        lll 
       `゙” ̄`            ,lll゙゙゙″゙゙゙!lllllll!゙゙゙”゛              ll 
           下江軍   ← ,ll゙     江夏郡              lll 
                   ゙゙゜                       ゙゙`
                     0|______|100km
837 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:28:40.61 ID:aAB102Io

 これより南陽に進出した一派は「新市の軍」と自称し、
                
 南郡に進出した一派は「下江軍」と自らを呼んだ。
838 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:29:10.29 ID:aAB102Io


 前章で登場した




            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )    王匡・王鳳
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
             / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  朱鮪
         〃 {_{       リ| l.│ i|  
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |   
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   

              _ ,−、             
             / `i .ノ
           _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.
         /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . −、   
        /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   )  
      /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';  馬武
  .  /      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j
    !.      /  l.   '、       ヽj`ー、_ `ー、    /
    ヽ、   /     !    ヽ          `ー-'   Ο
      ` ー´      '、     


  の三人は 新市の軍の首領格として南陽に入っている。


  もう半分の下江軍は、遠方に行ったせいか、今回の蜂起には加わっていない。
839 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:29:36.71 ID:aAB102Io

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   なんか名前がコロコロ変わると覚えにくいよな……
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l   ややこしいので、このスレでは        
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   「盗賊連合」という呼び方で統一することにする。 
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '     この段階ではまだ、「豪族」「盗賊」の区別さえついていれば問題ない。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
840 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:29:55.46 ID:aAB102Io


           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐  提案ですが、
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉  私は盗賊たちと行動を共にしようと思います。
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉  
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'




     ____    ええっ?
   /      \  
  /  ─    ─\   春陵郷の兵は指揮しないのかお?
/    (●)  (●) \    
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /    
      |ェェェェ|
841 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:30:29.62 ID:aAB102Io




           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐ 盗賊たちとの連携をしっかり取るためにも、
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉 こちらの陣営から誰か一人加わった方が良いでしょう。
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉  
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    彼らを安心させるためにもね。
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }  
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ   自分でいうのも何ですが、私は元・春陵侯の甥。
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \ 
                 | i l > .    、  /|  l||\_/ その価値は高いはずです。
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉  
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

842 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:31:55.57 ID:aAB102Io


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   連絡係兼人質といったところか……
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´    
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      確かに必要な役目。
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   劉嘉、お前が行ってくれるなら
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// ありがたいッ!
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙'''' 
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|   
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     

843 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:32:13.75 ID:aAB102Io


    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V  
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   危険を伴うが、果たして欲しい役割が
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     他にもある。
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   長安の偵察だ。
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   聞いての通り、
          ヽ  | |、       //: : |川    
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|    仲間に加わった李通の父親、
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |    李守は王莽に仕えているからな。
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|

844 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:33:19.09 ID:aAB102Io
                     危険ってことは……
 
         / ̄\                    
        |     |     まさか、王莽自身に               
         \_/
           |        手を出すってことか?
       / ̄ ̄ ̄ \             
      /     丶  .\   そりゃあ、近くに仕えてる奴なら   
    /       <●>:::::::\   
    |     u   (__人__)│ ブスリと行けるかもしれねえが…… 
     \        .` ⌒/
     /           \    
                    失敗するかもだぜ?

845 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:34:10.72 ID:aAB102Io


   L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V    欲をいえば、の話だ。
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   王莽を確実に仕留めることが
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     できる状況、それでいて
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   李守が安全に逃亡できるような好機が
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   訪れたなら……実行に移してもらうのも悪くない。
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   
          ヽ  | |、       //: : |川    すでに李通が連絡係を送っているようだが……
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|    
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    これには綿密な打ち合わせが必要となる。
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |    
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|   誰か、長安に詳しいものに行ってもらいたい。


846 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:34:58.09 ID:aAB102Io

 
          / ̄ ̄\
        / −  − \     だったら俺だろ 常識的に考えて……
        |  (−)(−) |     
        |  (__人__)  |   
         |   ` ⌒´  ノ     
   r"ヽ   |         }  
  (   =‐' ヽ        }   
   ゝ-'    ヽ     ノ     _
        _/     l__   / /
   __ゝ_/         ヽノ   ノ
   \___ノ'          ノ



            來歙の父親は漢王朝の元・高級官僚であり、

            來歙自身も長安と新野を何度も往来し、長安の情勢・地理には明るかった。
847 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:36:16.53 ID:aAB102Io


   L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V    
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ   我等が蜂起した途端、
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|     反乱軍の一味として殺されかねない
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  危険極まりない役目……
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   貴様なら大丈夫だろうが、
          ヽ  | |、       //: : |川    
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|    
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    心してかかれッ!
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |    
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|   

848 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:36:58.12 ID:aAB102Io



        / ̄ ̄\.
      /      \.........:::::::::::.... .......
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.  ああ、せいぜい死なないように
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_   
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   気をつけるだろ……
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄    
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.     
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ    
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/

849 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:37:14.13 ID:aAB102Io



       ____
     /      \     ちょっと待つお。
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  劉嘉も、來歙も別働隊なんて……
  |     (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  やる夫の頼りにしてる人たちが、
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  どんどんいなくなって、ものすごく不安だお!

850 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:38:36.62 ID:aAB102Io


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   情けないことを言うな白ブタッ!
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      貴様には、最も責任のある役目、
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  即ち宛で蜂起する部隊を指揮してもらうのだからなッ!
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /  小雀のように、ピーピー寂しがっている暇はないのだぞッ!
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     


851 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:38:51.73 ID:aAB102Io


      ____
     /ノ   ヽ、_\   
   /( ○)}liil{(○)\    ンナアアアアアアア?
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     


852 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:39:17.68 ID:aAB102Io

          ____
        /   U  \
      / (○) (○)\       ちょっ……
     / U  (__人__)   \        
     |  U    |::::::| U   |         それ、一番重要な役目じゃないかお!
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /    やる夫はいやだお!
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /     兄上がやってくれお!
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
853 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:39:48.28 ID:aAB102Io

         _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ        やる夫いやなの?
         l   ⊃ ⌒_つ        んじゃオレ
          `'ー---‐'''''"         代わりに指揮していい?

        劉仲(やる夫の次兄)
         



      ____
     /ノ   ヽ、_\   
   /( ○)}liil{(○)\    仲兄い!どっから沸いて出たお?
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /     

                      
         _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ    ひどいなあ。 最初からいたってのー。  
         l   ⊃ ⌒_つ        
          `'ー---‐'''''"     あ、読者の皆さん。俺はめちゃくちゃ影薄いから、    

                     覚えてもらわなくてもいいよー。
854 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:40:23.41 ID:XOQouqw0
次兄が酷いwwwwww
855 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:41:12.88 ID:aAB102Io

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   だめだやる夫 貴様が指揮を執れッ!
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   李氏とのパイプをつないだのは貴様。
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////      貴様が適任だッ!
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   俺は、春陵郷近辺のDQNどもを率いねばならん。
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 奴らはこの伯升しか扱えんからなッ!
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     



856 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:42:09.36 ID:aAB102Io



          .........._
       /´    ヽ
      /0      .',
      {o  南陽玉 
      ':       /
       ヽ、___,.,/

         ,-',⌒~⌒}⊃
          `^|   |'
          |   │           
         |    ハ / ̄ ̄ ̄ \       心配すんなやる夫。
          〉 ヽl/}'|   ::\:::/:::: \     
         〈_|__/}~`|<●>::::::<●>  \    この ケ奉がついてるぜ!
        ' vVゞ ~   | (__人__)    |
        |      l  ` ⌒´   /
         ∧|    λー――┬ ' へ _  
         ヽヽ  ヽヽ\   / ノ ノ   ̄λ

857 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:43:11.42 ID:aAB102Io



   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  朱祐も、及ばずながら
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\  力になるクマー!
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/  
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)



          ____
       / ―  ―\        こうなったら、腹くくったお……
.     / (ー)  (ー)\
    /     (__人__)  \.
    |   u  ` ⌒´    |
     \           / 
    ノ            \

 こうして、蜂起に向かい、本格的な準備が進められた。
858 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:43:36.92 ID:aAB102Io

   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ    ところでブチャラティ、計画計画って言ってるけど、
 ゝ*,,・∀・)  
          まだ末端の兵士とかは知らないんだよな?






 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ  記録は残っていないが、おそらくそうだろうな。
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:! こういう反乱というのは、事前に知らせておく人数が
 ik:l::::i:.|    | .l:::l  多ければ多いほど、漏洩につながるからな。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '    盗賊の方はともかく、   
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_  春陵郷の農民なんかは、ほとんど知らされてないだろうな。
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ
859 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:44:19.68 ID:aAB102Io


       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ    春陵郷を出た劉嘉は、
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  盗賊連合へ合流した。
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′  
.     i ,ト、      , ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′盗賊ですか……      
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,       
          ヽ,r`i___iヽ,/___! しばらく、お腹いっぱいは食べられないかも……
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´

860 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:44:41.90 ID:aAB102Io


  
     / /    `ト 、',    ヽ      劉嘉殿、
 \  /  /     -ト y  i   l\     
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'',  こんなむさくるしいところに
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /  
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /  よく いらっしゃったにょろー!
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=    
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /     
          , '´ ̄ ̄` ー-、     


861 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:44:57.95 ID:aAB102Io


           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐ 
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉  こんにちわ。
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉   
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉  今日の夕ご飯は何でしょうか。
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く    
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }  
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ   
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \ 
                 | i l > .    、  /|  l||\_/ 
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉  
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'



862 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:45:19.35 ID:aAB102Io




            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  夕ご飯はチャーハンにょろ!
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
         レ!小l●    ● 从 | } i|  ところで劉嘉殿に、会わせたい方がいるにょろ!
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||

863 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:45:35.12 ID:aAB102Io


       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     ……私に?
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′  
.     i ,ト、      , ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′    
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,       
          ヽ,r`i___iヽ,/___! 
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´
864 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:45:55.38 ID:aAB102Io



     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\    劉玄どのー、
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'',
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,  劉嘉どのがいらっしゃったにょろよー!
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /
          , '´ ̄ ̄` ー-、

865 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:46:29.56 ID:aAB102Io


             __
           , '´ ̄ ̄ `丶、, -───‐- 、          !
            /    ,.  '"          `ヽ、
              / /           `ヽ  \_     
               / /   / ∧     \  ヽ  \ト、  劉玄ですって?
               / イ   イ / l  ト  l   l  |    l )   
             /イ  フト、/   l  l\ _ト_ |   !  彡|イ    
              l/| l /ヽ l`   ヽ l '´ヽ! \ !   !  /| |
              | |トf-.-!    ヽ〒.-.-┬|   | /// )    
                 ト、l !:::C       !::::::::C |   ト、ノ/く
           <    ! T `ー'       `ー‐'´|   |` }/_ノ
           /   | l 〃"       "〃 イ  / ノT
           フ   ト、 ト、     _   u ノ/ /<`ー'
           ⌒j   ヽトl`丶、_ (、 ヽ_,. ..::'"l /:::::ヽ
                     / T ̄ _ト、:/イヽ::::::::',
                     jイ´L '´  ヽ::| L:_:::」
                 , ' ´/ ィ´:}   /`丶、
                /   j/:::Τ:ヽ  /      ヽ

866 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:46:46.89 ID:XOQouqw0
劉玄……
ああ、あいつか。
867 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:47:00.46 ID:aAB102Io


         ___                
       / ____ヽ          
       |  | /, −、, -、l          
       | _| -|○ | ○||    エ、エヘ、ヴェヘヘヘ 劉嘉、久しぶりー    
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}        
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ         
    | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \       
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |      
      `− ´ |       | _|   


           劉玄。字は聖公。

          やる夫・劉嘉たちと同じく元・春陵侯の一族。

          賓客の一人の罪に連座させられそうになったという理由で、(やる夫と同じパターン)  
          官吏から逃れるため、春陵郷を離れていた。


868 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/30(日) 16:48:09.31 ID:s9TYE8.0
ちょっ、これはww
869 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/30(日) 16:48:31.30 ID:a7briGAo
うわぁ・・・基地外じゃないっすかwwww
870 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:48:31.37 ID:aAB102Io

       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     劉玄。あなたがどうしてこんなところに?
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′  
.     i ,ト、      u ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′    
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,       
          ヽ,r`i___iヽ,/___! 
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 逃亡したけど行くあてがなくて、
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|  「平林」という盗賊集団に匿われてたらしいにょろ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│ 今回、その平林も私たちに合流することになったので、
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ お引き合わせすることができたにょろ。
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

871 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:49:15.39 ID:Ryj6Lk2o
劉仲ってw
「劉家の次男坊」程度の名前www
872 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:49:49.04 ID:aAB102Io


         ___                
       / ____ヽ     劉嘉ー、反乱するってす、すごいねー     
       |  | /, −、, -、l          
       | _| -|○ | ○||        
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}      僕も参加させてよー。  
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ         
    | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \       
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |      
      `− ´ |       | _|   



873 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:49:58.53 ID:0hUVJ2Eo
それを言ったら高祖だってww
874 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:50:15.14 ID:8QhDBi.o
なんでラリってるんだよwwwwww
875 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:50:26.98 ID:aAB102Io


       ,r‐-、
.      ,!         _
.      i, _,r‐''''''''''''''''ヾ,_`、_
    ,r'''''''ブ、        `.、`フ     (劉玄……正直言って あんまり役には立ちませんね
  ,r' .,f'´ ,r f  .i 、 , i  i`ト、     いないより いる方がマシといった程度でしょうか)
    ,f  ,f ,'´i  ,'`、 ;`、ヽ,! .! Yi、    
    i  i i, ' ' ヽ;  ヾ,'`ヽi__ i、!``ー‐┐  
    ` i'''''i ̄ ̄    ̄ ̄ ! .! ,ト、`ヾ;┘ 
.     ! ┿━━   ━━┿ .!'  `ー′  え、ええ 歓迎しますよ……
.     i ,ト、      u ,  i ,!      
      i ! ` 、__________,,/i,`′    
      ヽ,!  .f  /人;!/  i,       
          ヽ,r`i___iヽ,/___! 
.         ,r`.、,!:.:.:レ':.:.:.:.:>-、
        ,r:i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,ゞ-ゝ
         `ー--''´`ー--‐''´



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
             / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{三三三三 リ| l.│ i|  
         レ!小lノ三三三`ヽ 从 |、i|   
          ヽ|l ●三三●  | .|ノ│  
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |   
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   
876 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:51:03.60 ID:aAB102Io


 こうして着々と反乱の準備が進み、立秋の日が近づいていたある日のこと……


      <新野>                うーん……

                       / ̄ ̄ ̄\                   \
.         ┌────── / ─    ─ \ ──────┐         \
          │        /  (ー)  (ー)  \.        │
.         │        |    (__人__)     |       │    やる夫!
.          │        \    ` ⌒´  u /        │
         ┌────────────────────┐
         │────────────────────│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│  やる夫起きろ!
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│           /
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│         /
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│
         │※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※│

877 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:51:13.94 ID:Ryj6Lk2o
むしろ居ない方がマシ…ってのは結果論でしょうか?
878 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:52:40.58 ID:aAB102Io

      ____
     /ノ   ヽ、_\    うるさいお!
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \  もうすぐ蜂起なんだから、
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /   ゆっくり寝て 体を整えたいんだお!
   

879 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:53:33.62 ID:aAB102Io



     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |    その反乱が大変なんだ!
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |          計画が! バレちまった!
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <●>::::::<●>  \
     |┃     |  u (__人__)  u   |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \





880 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:53:57.82 ID:aAB102Io



         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

       ____
     /ノ   ヽ、_\       
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /




 第三章「陰麗華」終わり



第四章「愛別離苦」へ続く

881 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:54:24.71 ID:aAB102Io

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.   
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ  次回から戦争パートに入る。
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  ということは……人死にが出るってことだ。
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i   
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!  
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  鬱展開……覚悟してくれ。
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l   
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ  
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l   
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/   
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V    
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l

882 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:55:36.70 ID:aAB102Io

         ,.  -─‐/::::/、__
      , ' >''"¨ブフ::::::i _三>.、
     /./::::::;: '",ィ´:::/       lヽ         
   / /:::::://:::::/   ___..ノ‐--、
  / /:::://:::/  >!¨:::::::::li:::::::::::::::::\       
  ,' // /:::/ >'"´  i:::::::::::l.l::::::ヽ::::::::::::ヽ
  i /   '¨´イ´..,,_    ,'::::::::;' /ハ:::::::';:::::::::i::::',   今回はここでおしまい。第五章までえーー
 .l    ./! 、_、..___¨ヽノ::::::/;'//- ';::::::i::::::::i::::::i  
  l  /l::::l . ヽ,ィフハ.>'::::::::;:':://_ニ._ \;'::::::;'::::::ハ
 〈i´/::::l::::l.    ̄/::::/  <,iノェ},フ,':ヽ:;':::::/::::',  
  lレ::::::::l::::!   /;//   lヽ. `¨´ /:::/丶ハ:::::::i  
 /¨ヽ:::::i::::i.      ヽ  j/'"   //:::/::/ リ:::ノ
 l 'ヽ V::ト、::ヽ、  ,. _`ー -、  / //;:イ_ /;/
. i |ノハiV!ヽ` ¨  ‐く `¨ヽ i    / /'´  !
  ', ヽ-、ヾ. ',   ,.、 `¨ ̄ `     /.//! l
  \__入  '.,     ̄` ー'       / ノ/ /
    ';:::::l\           ,.イ..,,__/
    ';::::l  \         ,.イ /:l
..    ';:::i   `>.‐ - ''" / /::::l
     V\   ヽ    /./::::::::\
    /ヽ::::丶、 l    /:::::::::::::::/ \


883 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:55:46.30 ID:ytSMRYko
らりってる奴が死んでも鬱にはならないさ

>1乙
884 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:55:51.72 ID:aAB102Io


 _____     
 |_____  |   ┌┐ ┌┐                           r‐--------, /,ゝ   _┌┐       _,,,..-、  | ̄ ̄|
    __ / /   || || ____      _ _,-           .|_______!l'_ゝ  | | | |     .l゙ ̄: : : : │ |  ノ
    | レ' /    || || |_____ |  __| |_|_|-   / ̄ ̄ ̄ / r‐-----------┐    | | | |   . ゝ-│: r'"  | |     
    | /    || ||         | ,---, |     ̄/ / ̄   |,,,,,,,,,,,,,,、 .,,,,,,,,,,,,,,|   | | | |   . /'''''''": .`'''''''i |  ノ   
   / /      └┘ ||         '-' ./ /    __/ /         │ │      | | | | .ハ .!,,,,,,,,,,: ,,,,,,,,/ .└┘     
   / /          //          .,-ー' /   ./____/       ,, /  /      | | | レ' /    / : ,!   ┌┐
 / /         //            `-ー'                r'" ,,/        | | |___/   ,i'": /    └┘ 
  ̄                                              `v '"                 .l. /     
(さよならだ!)



 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l            
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


   ((    
  '´ /ニ゙ヽ   
  li 从ハ)ソ   
 ゝ*,,・∀・)  


885 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:56:57.16 ID:Ryj6Lk2o
お疲れ様でしたw
886 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:56:58.06 ID:aAB102Io
1です。

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

いきなり訂正。

次は第四章じゃない。第五章だった……
887 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:57:03.08 ID:54WnbFI0
乙!
888 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:57:05.75 ID:XOQouqw0
乙でした!
来週も期待してますよ!
889 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:57:56.99 ID:L581MSUo
乙でした
890 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 16:58:54.56 ID:NKdRJWoo
乙でした
次回タイトル……あの二人ですかねえ
891 :1 [saga]:2008/11/30(日) 16:59:18.48 ID:aAB102Io
880の差し替え。



         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

       ____
     /ノ   ヽ、_\       
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /




 第四章「陰麗華」終わり



第五章「愛別離苦」へ続く
892 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 17:00:16.39 ID:8PKwueMo
乙でした
893 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 17:01:42.92 ID:wWQLe0Qo
乙です。
894 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 17:06:13.88 ID:xFBudcUo
第五章までえーー ってなんのこっちゃ
895 :1 [saga]:2008/11/30(日) 17:06:37.14 ID:aAB102Io
次回も日曜日の午後になると思います。
896 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 17:06:44.31 ID:xFBudcUo
ああ、今回が4章だったのか
897 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 17:59:47.96 ID:2lP3yVQo
キティに叛乱の話なんて教えるからww
898 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 18:15:40.12 ID:NTcgCkgo
今読んだ。乙でしたん。

読んでて思ったんだけど、確かに劉仲ってヘンな名だよね。
字が伯升→仲?→文叔ってパターンなら分かるけど。
影が薄いんで史家も本名が分かんなくなっちゃったパターンかしら?

ともあれ姉上のパイ揉みたい。
899 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 19:12:33.40 ID:XrjeI96o
次男てことはわかるが名前が分からない。だから兄弟の序列で二番目を表す仲を
代わりの名にしただけだろう。劉邦の字が季だったりすんのと変わらん
900 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/11/30(日) 19:39:02.01 ID:4Ixnx560
乙!

にしても妹マダー?と言ってよろしいかしらね?
(某HPの4コママンガを見てたからつい気になっちゃう)
901 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/11/30(日) 23:28:46.75 ID:J4n5EM6o
>>900
ん? どういうこと?
902 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 07:11:30.58 ID:/HgLaxQ0
俺も気になるぞ
903 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/12/01(月) 11:10:10.05 ID:MLnTjbw0
たぶん、誤漢書のことかな?
904 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/12/01(月) 16:27:54.92 ID:0y.FnuMo
長門でしたか。なると第一皇后・郭聖通は翠の人かな?

なんとなく李氏がこの反乱に荷担したのはやる夫がやる気になったからって
気がするなあ。
DIO伯升って、まっとうな豪族とそれに連なる人たちからは嫌われてそうだし。
905 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 18:20:56.34 ID:2Riz0Jso
>>904
キャラ的に翠よかハルヒの方が向いてそうな気がする。
906 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 18:29:34.60 ID:4W4WA1Io
後年あんなことになる郭聖通が翠なんて耐えられません・・
907 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 20:16:39.72 ID:g.uKcnMo
翠はもう出てるだろ・・・
908 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 20:34:21.40 ID:LdV/LcQo
阿部さんだったりして・・・
909 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 20:35:16.61 ID:g.uKcnMo
>>908
阿部さんももう南陽の役人で出てるだろってw
910 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/12/01(月) 20:48:16.99 ID:3y3nASw0
>>1殿乙でござる!!
911 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 22:56:18.77 ID:0y.FnuMo
>>907
あ、そうだった。銀の人の娘だった。
912 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/01(月) 23:49:39.77 ID:/HgLaxQ0
銀様(姉でした)とかハルヒとか言われてるけどローゼンとハルヒは出ずっぱりだからなぁ
ここらで微妙にマイナーでも「まさに郭聖通」なキャラで来ないものかなぁ
913 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/02(火) 07:36:47.37 ID:HM8Yb3g0
嫁を見れば翆の子蒼の子
ハルヒが来ればチートラスボスか斜め上なカリスマか
強キャラ武将は魔王様
獅子身中の虫、誠[ピーーー]
だからな

まあ、共通認識があるとその人物のことを理解してもらいやすいし
テンプレ、様式美に意味がないわけじゃない
もちろん、そのキャラが好きな人もいるわけだが(誠[ピーーー]はともかく)

ベタできてもオリジナリティできても読者は見守るのみさ
914 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/02(火) 17:47:06.64 ID:zCa3OKYo
誠は女関係がなければ割合いい奴だったと思うので
能力は高いが女癖の悪い奴なんかのAAにあいそうな気がする

いやまああの顔見るだけで死 ねとは思うけど
915 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/02(火) 19:08:14.69 ID:9fQHJTIo
呉漢、耿?、寇恂、蓋延

このあたりのキャスティングはしっかりとしてほしいのう
916 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 02:45:50.28 ID:0BKfA5w0
呉漢はなぁ
強いのは強いんだけどやってることがなぁ
  ♀
後に○とああなるのも和解できたかもしれない連中が死んじゃうのも呉漢のせいだと思うとすっきりしねえ
「なんで〜がいないのにあんたがいるのよ!」キャラだと思った
         ♀   ♀
まあ、敵は敵だし、○の件は○もちょっとキレすぎだったんだが
917 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/12/04(木) 03:01:02.55 ID:9k4DQcU0
わかる
呉漢は後年のアレの主原因もやらかすし
918 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 04:39:50.05 ID:D3DFzrEo
知勇兼備の名将なのだけれどな
一旦敵と判断したら必ず[ピーーー]という行動方針と
配下が鳥丸族の騎兵中心だったからとはいえ略奪を許したのはなあ
919 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 11:18:05.10 ID:gBkT8tA0
そう言えば陳舜臣の小説十八史略や中国の歴史とかでも光武帝ってあまり印象強くなかったなーと思って読み返してみた。
小説十八史略では王莽だけで30ページ使ってるのに、光武帝の統一は○○と○○のあれに乗じて漁夫の利を得て天下を取った、その後隴を得て蜀を望んだ、とおざなりに5,6ページ使ってるだけで、下手すると陰麗華や金印やらのほうに紙幅を割いているという。
これじゃあ印象にも残らないわな。

で、陳舜臣だとまるきり成り行きかつ棚ぼた的に天子になりました、みたいな書き方なんだが実際にこんなにあっさりした展開だったんか?
ちなみに二十八将もケ禹以外名前も出てこなかった。
920 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 11:47:36.46 ID:HjyvBuIo
割拠する群雄を一つ一つ叩き潰していったんだから、
全然タナボタじゃないと思うよ。
有名な大決戦や苦戦もあるし。

まあ>>1さんの続きを待ちましょ。
いろんな時代背景まで分かりやすく解説してくれてるから、楽しみ。は、は、は…
921 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 12:35:44.18 ID:HRI5XJ.o
河北攻略当初の苦境を考えただけでもタナボタではないだろ
延岑、隗囂、公孫述といった強敵もいたことだしな
922 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 17:04:28.45 ID:gBkT8tA0
>>921 >>922
レスthx。
ふーむ、やっぱりそうなのか。
「ちまちまっとした苦労は続いたけどダイナミックな事件はなく、重要な所で天下が向こうから転がり込んで来ました」みたいな書き方だったから気になったんだね。
まぁ小説十八史略自体殷から随の統一までって長いスパンの話だから、商業的な理由でマイナーな時代は書きたくても紙幅を割けなかったのかもしれない(正直、王莽にあれだけ紙幅を割いたのだって編集者的には許容できたのかどうか)。

んで結論としてはとりあえずあれだ、>>1さん頑張ってください期待してます、ってことで。
923 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 20:00:53.28 ID:ObrrwkYo
俺のイメージだと

陰麗華=間桐桜

郭聖通=遠坂凛


924 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/04(木) 21:25:13.07 ID:Rs3FFFwo
ググってみたら光武帝チートすぎ&善人すぎワロタ
925 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/05(金) 01:46:47.04 ID:ajfKRao0
>>916-918
全力で最低最悪に呉漢を貶すなら戦うと強いから始末に終えないそいつの中の「絶対正義」に固執するウザ敵キャラ
(他人を責める前に自分(の部隊)を引き締めろよな…)
が何故か主人公陣営の中枢にいるって感じか
某アニメの某皇帝の騎士みたいな

ただ、その手のキャラによくいる脳筋じゃなくて知将でもあるっていうのが呉漢の面白いところだな
926 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/12/06(土) 21:04:54.58 ID:ImU6v1A0
色々問題点のある人物ではあったけれど、光武帝からの信頼は揺るがなかったし、死後雲台二十八将の第二位に序列されたりと恵まれた人生を送ってるよね
927 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 06:27:46.84 ID:he74s1.0
>>922
あれ?北宋末か南宋くらいまでだったと思ったが>小説十八史略
俺も一番最後の方記憶曖昧だけど一応少なくとも神宗、王安石と司馬光はやってたような。
あと、このスレだと非常に紛らわしい名前だが寇準の話とか。

小説十八史略の光武帝はワロタww
「・・・俺も皇帝にならなきゃいけないのか・・・やだなぁ」みたいなノリでww
928 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 11:13:37.70 ID:cxBOju6o
十八史略は三皇五帝から南宋滅亡までだ
929 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 11:17:04.45 ID:CnvuKHMo
元の十八史略が南宋滅亡までなんで、
小説もそれにならったと書いておりましたな。陳先生。
930 :1 [saga]:2008/12/07(日) 12:05:35.93 ID:TaBF/sko
本日、午後三時から投下します。
931 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 12:33:16.45 ID:CnvuKHMo
おっす。待ってます。
見たい番組が丁度終わる時間だww
932 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 13:35:31.95 ID:LluzTmQ0
待ってましたよと、支援。
933 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 13:57:41.34 ID:6o0kZKYo
しかし、この時代のTVドラマが無いのが惜しいなー。
とりあえず、人形劇三国志の音楽で気分を盛り上げながら待ってる。
934 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:01:20.70 ID:Qe7KwVAo
わくわく
935 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:02:57.25 ID:TaBF/sko
それでは、はじめます
936 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:03:51.01 ID:TaBF/sko

   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  イ二二二二∞∞∞∞ 二二イ∵        
  ∵∵ /   \ , , /\   ∵
  ∵ /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/   
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄   
.      |          |


漢王朝を開いた『項羽と劉邦』の劉邦、蜀漢の皇帝となった『三国志』の劉備。
日本でも有名なこの二人に比べて、今ひとつ知名度が低い後漢王朝の祖、光武帝劉秀。

このスレは、その光武帝を主人公とした物語です。

ソースは『後漢書』、各種研究文献、通俗二十一史など。塚本光武帝は終わってから読む予定。

基本的に史実に沿った展開ですが、拡大解釈や記述のない部分での創作は含んでいます。


「やる夫観察日記」様でまとめていただいてます。

 
第一章  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-292.html

第二章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-342.html

第三章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-343.html

第四章 http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/blog-entry-382.html


こちらでも 紹介されています。

やる夫見聞録様    http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html 
937 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:05:00.86 ID:TaBF/sko

主要登場人物紹介

   劉秀やる夫  後の光武帝  漢王朝の一族。  やる夫

   劉伯升      やる夫の兄 反乱軍のリーダー  ディオ・ブランドー(ジョジョの奇妙な冒険) 

   來歙        やる夫の親戚。南陽の豪族   やらない夫

   劉嘉        漢王朝の一族  セイバー(Fate)
   
    朱祐        南陽の豪族    クマー

    ケ奉        南陽の豪族    オプーナ
     
    劉元        やる夫の姉    水銀橙 (ローゼンメイデン)
    
    ケ晨        劉元の夫 南陽の大豪族  桜田ジュン (ローゼンメイデン)

    ケ真紅(仮名)  劉元とケ晨の娘    真紅  (ローゼンメイデン)

    ケ雀(仮名)    劉元とケ晨の娘   金糸雀 (ローゼンメイデン)

    ケ翠(仮名)    劉元とケ晨の娘   翠星石  (ローゼンメイデン)

    陰麗華       やる夫の想い人 南陽の大豪族 陰氏の娘  長門有希 (涼宮ハルヒの憂鬱)   

    李通        南陽 宛の大豪族  キバヤシ (MMR)
    
    李軼        李通の従兄弟     いくお
938 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:05:34.02 ID:TaBF/sko

    朱鮪        盗賊連合のリーダー格   ちゅるやさん (にょろーん ちゅるやさん)

    王匡・王鳳     盗賊連合のリーダー格  流石兄弟

    馬武         盗賊連合のリーダー格  のまネコ

    盗賊A                        亀田興毅

    盗賊B                        二岡智宏
    
    劉玄         漢王朝の一族       のび太    (ドラえもん)

939 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:06:01.31 ID:TaBF/sko

    王莽         『新』王朝の皇帝     一条三位(水戸黄門) 

    荘尤         『新』王朝の将軍     藤原左為 (ヒカルの碁)

    廉丹         『新』王朝の将軍     菊亭左大臣(水戸黄門)
      
    王匡         王莽の親族        塔矢アキラ(ヒカルの碁)
            
940 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:06:25.22 ID:TaBF/sko

    樊崇         「赤眉の乱」の指導者  日下部みさお (らきすた)

    逢安         樊崇の配下        峰岸あやの  (らきすた)

    徐宣         樊崇の配下        黒井ななこ   (らきすた)

    ?           樊崇の配下        柊つかさ    (らきすた)

    

                                
    ?           地方官吏         泉こなた     (らきすた)

    ?           南陽の官吏        阿部高和    (くそみそテクニック)  

    ?           長安のニート       涼宮ハルヒ・哈爾濱 (涼宮ハルヒの憂鬱・北京五輪紹介パンフレット) 
941 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:06:50.88 ID:TaBF/sko

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ



   新王朝の都、長安。


   連絡役として滞在していた來歙は、

   同じく連絡役として到着するはずだった李季(李通の従兄の子)
   がまだ現れないことに疑問を感じていた。
942 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:07:07.27 ID:TaBF/sko

            ,. -─- 、._              
            ,. ‐'´      `‐、         
       /           ヽ、_/)ノ  
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   
      i.    /          ̄l 7    
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/     
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l        
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /      
      /`゙i u       ´    ヽ  !       
    _/:::::::!             ,,..ゝ!      
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /       
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /            
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /            
 .! \     `‐、.    `ー:--'´             
  ヽ \     \   /               
                李季
943 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:07:24.02 ID:TaBF/sko


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \ おかしい。 いくらなんでも到着がおそすぎるだろ。
         |    ( ー)(ー)
         .|     (__人__)       
         /  u  ` ⌒´ノ
       /  ヽ ⊂二二 ̄\      
     /     \  ⊂、'    ヽ
    /        \_, `7  /
   /    へ     \ !/  /
   |      \    Υ  /


944 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:07:50.99 ID:TaBF/sko


        / ̄ ̄\   
      / ⌒  ⌒\      まさか裏切った……?
      |::::::(−)(−) |    
     . |:::::::::::(__人__)|    いや、計画を漏らせば
       |::::::::::::::` u  |     
     .  |::::::::::::::  u }     李一族は皆殺しだ。
     .  ヽ:::::::::::::: u  }      
        ヽ::::::::::  ノ     それはありえないだろ。
        /ヽ三\´    
        |:::::::::::::::: \
945 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:08:12.20 ID:TaBF/sko

  
       / ̄ ̄\
      / _ノ ヽ、. \    ここで悩んでても仕方ねえ!
      | (● )(● ) |   
      |  (__人/,〉 .|    
      {   ´フ´ ./. _ }     李季が立ち寄りそうな
      ヽ  ./,二ニソ}     
      _ヽ/  ,-― 、}ノ     南陽→長安間の宿場を聞き込んで回るだろ! 
     /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ   
    /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:    
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\   賓客の皆さん、出番だろ!


946 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:08:32.96 ID:TaBF/sko

       /|
       |/__
       ヽ| l l│<ハーイ
       ┷┷┷

       /|
       |/__
       ヽ| l l│<ハーイ
       ┷┷┷

       /|
       |/__
       ヽ| l l│<ハーイ
       ┷┷┷

伯升と同様に、來歙も大勢の賓客を養っていた。

人海戦術で虱潰しに探した結果、
予想もつかない情報がもたらされた。
947 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:08:54.24 ID:TaBF/sko


       /|
       |/__
       ヽ| l l│< 大変! 李季さんは
       ┷┷┷   道中で急病にかかって
          
               死んじゃったらしいよ!





   / ̄ ̄\
 /   _____ノ  \
 |    ____( ○)(○) なあんだとお?
. |     ____(__人__)    
  |           |l!|li!|
.  |     ____ |ェェェ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
948 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:09:11.45 ID:TaBF/sko


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     
   |    ( ◎)(◎)   計画ってのは必ずどっかにアクシデントが起こるもんだが……
.   |  u  (__人__)   
    |     ` ⌒´ノ   これ以上ないってほどの予想外だろ。
   .l^l^ln  u   }
.   ヽ   L     }    待てよ。これってまずいんじゃねえ?
    ゝ  ノ   ノ
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
949 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:09:30.39 ID:LluzTmQ0
キテター!
今日も楽しく見させてもらいますよー。
950 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:09:38.78 ID:TaBF/sko


         / ̄ ̄\      李季が死んだとき、宿場の役人が持ち物を 検査することは
       /    ー ー\
       |   ( −)(−)    充分あり得る。その中に、計画を記した書簡か何かが 
       | u 。゜(__人__)    
         |     ` ⌒´ノ    含まれていたら?すでに反乱の情報は、王莽に筒抜けに
         |         }     なっていることに……
         ヽ        }




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     いや、バレてしまったと考えるのは早計か?
 | ∪ ( ●)(●)    
. |     (__人__)   朝廷にさぐりを入れてから判断すべきか……
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }    
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ  mm  
   /    ̄ ̄ ̄ つノ   
   |    | ̄ ̄ ̄   

951 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:09:58.81 ID:TaBF/sko


      / ̄ ̄\
    /   ゝ 、_,ノヽ    ダメだ! こういう場合、少しでも可能性があったら動くべき!
    |  (( ●)::(●)  
.    |     (__人__).   南陽の伯升たちに 連絡するだろ!
     |   ` |::::::::|´ノ.  
     |    `⌒´ }.  
      |       }    
      |      ノ



こうして南陽のやる夫たちに、
反乱計画が発覚したらしいとの情報がもたらされた。
952 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:10:12.81 ID:N77hCgQo
病死か、予想外にも程があっただろうな
953 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:11:08.45 ID:TaBF/sko


         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

       ____
     /ノ   ヽ、_\       
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \    
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   
  \    |ェェェェ|     /



 続報も届けられた。

長安で王莽に仕えていた李通の父、李守が、獄につながれたとのことだった。
やはり、計画は王莽側に漏れていたのである。
954 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:11:51.60 ID:TaBF/sko

 宛でやる夫と一緒に挙兵する手はずだった李通は、
 官憲の手を逃れ、姿を隠している。


                  _
               ,´ニ=`ー'´  ̄` ー- .
              /                 `ト、 くそっ、
           /                  ハ
            ,'                   lハ
             |                    ノ |ト、 病死なんて!
.         , ヘ、     ,                   ,リ|
.          〈 ,ヘト 、__ ,,ノ爪ハ、             /,ィ ノストラ先生でも
           ', {ュvヘヾ≧、\iヘ          彡'/
          __,ハヽ   ゝ◎`ヾミ込、ト廴_        ィァ 予想できるかっ……
, -――一ァ'´ / `!   ii^=='^r仁Y,ィ。テr=x.、_辷,彡"  
      /  /   l ij ゞ ___〈ノ  !ド=彡' ir'´
.     /   〃    ',    ` ,二´-、_込、__ 〃
    /   /,'      '、   /ー-`ニ7 `7´
.   /   / l        \  {廴__,リ〃 /
  /     l          \`== " イ \
. /       l\          ` 7T´  ',   \
/        l ` 、       |   '、   ヽ
955 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:12:38.79 ID:TaBF/sko

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l    なお、李通の行動だが、      
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!
 ik:l::::i:.|    | .l:::l    史料によって「実際に挙兵した」「挙兵前に発覚した」
 `ー-、」    '  i_ノ    「発覚したが構わず挙兵し、負けて逃亡した」などと
    | `ー  ̄ , '      記述が微妙に異なっている。
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_    李通と一緒に蜂起するはずだったやる夫についても、
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\  「発覚前に李通の薦めで春陵郷に戻った」
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ  「発覚してから逃亡し、春陵郷に戻った」と違う解釈になっている。

 
956 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:13:03.61 ID:TaBF/sko

 どちらにせよ やる夫は宛での蜂起を諦め、春陵郷へ戻った。
  このとき、李軼も同行している。

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ:::|  あわわわわ。
    |::::::::ゝ ⌒  ⌒ |  
   |::::::( ( ◎)  (◎)| いきなり失敗するなんて……
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    | ∪ヽ |!!il|!|!l| / |
    \ ∪  |ェェェェ| /

957 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:13:21.99 ID:TaBF/sko

            ___
       /      \      最初からつまづくなんて……
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \   この反乱、もうダメなんじゃないかお?
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
958 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:13:50.51 ID:TaBF/sko

    L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V   うろたえるな…
      \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   
      /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ  たしかに不運だが、
     /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     
    r'   /| `'''-\ /// /-' ミ彡//)|    不運の中でも最悪に比べればましな方だッ! 
  / ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   
/    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\  考えても見ろッ!
     人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川   
      `'ヽ | | :::::::| /||         |ーヘ川リ   反乱が露見したのに、我々はなぜ春陵郷で
          ヽ  | |、       //: : |川    
           ヽ  !_-フ       / /: : : :|      のうのうと過ごしていられるのだッ?
         /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||    
       /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
      /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ   
     /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|


959 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:14:07.99 ID:TaBF/sko

      ______.      ━┓ そういえば、変だお。
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・ 李通と手を組んだやる夫たちに
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /        
  \_    <´ 官憲の追及がないのはなんでだお?
    /´     `\
     |       |
     |       |
960 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:15:16.32 ID:TaBF/sko

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |   李通の父は
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ  「劉氏復起」 「李氏為輔」  
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/   の予言を李通に教え、   
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/    漢王朝の一族と組んで、   
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、     王莽に対し反乱を起こすようけしかけた。
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))       
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|    だが、李通と父親の間の連絡が不十分だったため、      
 |  |  !、           .| |    李通が手を結んだ「劉氏」がどの劉氏なのかは、    
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|    父親も知らなかったのではないか?   
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   | 
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_   南陽に住む劉氏は、我々、春陵郷の一族だけではないからなッ。
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
                       病死した李季から得た情報にも、その辺りは含まれていなかったとすれば……
   
961 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:15:32.86 ID:TaBF/sko


    ∩___∩    
    | ノ\   ,_ ヽ  
   /  ●゛  ● |   . 李氏の反乱が露見したからと言って……
   | ∪  ( _●_) ミ             
  彡、   |∪|   |              
 /     ∩ノ ⊃  ヽ  計画が全て水の泡にはならない、ということクマ?
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /
962 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:15:56.61 ID:TaBF/sko

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |      
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |  つまり、李氏が加わる前の計画に修正するまでッ!     
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ 
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|  南陽の各県を獲り、     
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/        
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/   じわじわと宛を締め上げるッ!     
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ
963 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:16:27.70 ID:TaBF/sko

                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   兵を集めるぞやる夫ッ!
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   鍛えた農民どもに計画を伝えろッ!
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////   
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|     
964 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:19:30.54 ID:TaBF/sko

  第一章等で説明したように、

  荘園の農民たちには山賊に対する自衛のため、
  軍事訓練が施されていた。

 ただし山賊と戦わせるのと
 反乱軍に参加させるのとでは、
 心構えがまるで異なる。

 当初、伯升が兵を募っても、農民たちの反応は鈍く、
 逃げ出すものまでいる始末だった。
965 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:21:29.69 ID:TaBF/sko

                                     
                                    
助けてー!伯升に殺されるー!                          
 ̄∨ ̄ ̄ ̄                            
  ∧_∧                           
 ( ´Д⊂ヽ                        
⊂    ノ                       
 し (_)                 
966 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:21:54.71 ID:TaBF/sko

 しかし やる夫が軍装を整えて皆の前に姿を現すと……



     |┃
     |┃三      
     |┃       
     |┃         
 ガラッ. |┃                 _,,,,.. _,.ィ
     |┃  .ノ//   / ̄ ̄ ̄,o'ニ--、二-‐'゙!
     |┃三    / ─  ,.r',.-─-、,,__,,/
     |┃     /  (●),ノレ、(Ω) 'ノヾノ 
     |┃     |    (__人 \_,ノ、o'゙
     |┃三   \   ` ⌒´  __,/ 
     |┃三    /            \
967 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:22:17.68 ID:U0aWc3ko
>>966
ちょwwwwww軍装wwwwww
968 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:22:24.98 ID:de29mSoo
ギアスかけんなwwwwww
969 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:23:00.20 ID:he74s1.0
オレンジってるwwwwww
970 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/12/07(日) 15:24:20.26 ID:i5YCZqo0
牛には乗せんのかww
971 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:24:46.69 ID:LluzTmQ0
なんでそれwwwwww
972 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:24:58.28 ID:TaBF/sko

   __         見ろよ!
  γ春⊥
  /_」゚Д゚)      あのヘタレのやる夫さんまで加わるらしいぜ!
   春 (y) つ  
   ∪/ ゝ
   し"し"

 
  γ春⊥
  /_」゚Д゚)   それならなんとかなるかもな!  
   春 (y)
   ∪/ ゝ  あの元ニートでも参加する気になるくらいなら……
   し"し"
973 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:25:18.08 ID:de29mSoo
なんか駄目な方向に納得されてるなwwwwww
974 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:25:27.62 ID:TaBF/sko

 農民の多くが安心し、反乱に加わることを承諾したという。






                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-    
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7   ほめてやろうやる夫ッ!
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´   
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////     
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!   
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´/////   
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   貴様のヘタレが、ものの役に立ったなッ!
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以 
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 / 
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i   
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''  
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|  
975 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:25:52.79 ID:TaBF/sko

          ____
       / ―  ―\ 素直に喜べないお……
.     / (ー)  (ー)\
    /     (__人__)  \.
    |   u  ` ⌒´    |
     \           / 
    ノ            \

976 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:25:56.42 ID:U0aWc3ko
ぼちぼち次スレ?
977 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:26:35.64 ID:N77hCgQo
ヘタレがプラスに働くとはwwwwww
978 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:26:45.02 ID:TaBF/sko

そして 西暦22年 11月ー




劉伯升・やる夫。春陵郷にて挙兵。


                                ,./
                             ,.:/
                           ,. '/
                       .,. ' /
                       ,. '.:./
          ____     .  ,. '.:./
        /⌒  ⌒\   , '´::/
      /(●) (●. '´ ..:.: /
     /::::::⌒(__ノ,. '´ ..:.:.: /  
     |   r-‐''´  ..:.::::: / ..|   頑張るお!
     \  >、  . : ::: ミ'ヽ、/      
      /`./ \. : :: / _>. )´      
  .   /./\ アヽ'_/  |/
    /人__ノ       |
   rミ'´/        _|
  と,>=' !__ ̄ ̄'',,. ̄ ̄ |
       L  ̄7┘l-┬┘
        ノ  ̄/  .! ̄ ヽ
      └‐ '´   `'‐-┘
そのとき やる夫は……

979 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:27:03.10 ID:LluzTmQ0
でもこれ、ほんとなのよねwwww
980 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:27:06.33 ID:TaBF/sko



牛にまたがっていた。

        _         . , _ ,
     , - '`r‐'´        ` ‐r'`''‐、
    r'ヽ./             \,- 'ヽ
   i'  /                l   i
   l, -‐l    $$$$$$$$$$$     /` ‐、,l
   |   ヽ  $$$$$$$$$$$$$$$ /\  | ンモー!
   ヽ / `-$$$$$$$$$$$$$$,rく     、/
    丶  $./ ̄ ̄| ̄ ̄\$$$\\  /
     ヽ/$|.   、Y     |$$$$ヽ, r'´
      `$| r'`‐、_,、,-─_,' .|$$$$$$$
       $|  ̄|./|_|` ̄|  |$$$$$$
       $| .| 、__,_ |  |$$$$$
       $\| `ー─‐"| /$$$$
        $$\ r‐ /$$$$
          $$$$$$$$

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | なんでえええええ?
  |     |!!il|!|!l|     |
  |     |!!il|!|!l|     |
  \    |ェェェェ|     /

         
981 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:27:26.38 ID:de29mSoo
バfッファローマンwwwwww
982 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:27:37.18 ID:kYYdkSYo
イミフwwww

983 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:27:49.99 ID:U0aWc3ko
…………うし?
984 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:28:16.61 ID:yrxkXWQo
牛かぁ
985 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:28:50.69 ID:N77hCgQo
確かに牛wwwwww
986 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:28:53.74 ID:43dOv1oo
その牛だけで10万の兵に匹敵しそうだ
……それでも足りないんだけどね
987 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:30:00.86 ID:LluzTmQ0
そろそろ次スレですかな?
988 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:30:06.96 ID:TaBF/sko


    ∩___∩   /)   
    | ノ      ヽ  ( i ))) 武具は楽勝で調達できたけど、
   /  ●   ● | / / 軍馬が足りなかったクマー。 
   |    ( _●_)  |ノ /   
  彡、   |∪|    ,/   やる夫は 牛で我慢して欲しいクマー。
  /__  ヽノ   /´
 (___)     /    

989 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/12/07(日) 15:30:13.99 ID:i5YCZqo0
光武帝といえば、やはり牛は外せんよなww
990 :1 [saga]:2008/12/07(日) 15:32:47.22 ID:TaBF/sko


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1228631363/

次スレ行きます




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  そんな、いやだお……
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /

   

         ____
       /      \    (待つお。 こんなのにまたがってたら上手く戦えないお)
      /  _ノ  ヽ__\   
    /    (─)  (─) \   
    |       (__人__)    |
     \            ,/  
    ノ           \


       γ⌒) ))
       /⊃ノ ___          (牛のせいにして、
    〃/ /⌒  ⌒\
    / /( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)  戦場では危ない場所には出ないようにできるお!)
    |  |:::⌒(__人__)⌒ 〃/  ノ
    |     |r┬-|   / /
  ((  \ ヽ_ `ー-´  / / ))
991 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:34:04.52 ID:U0aWc3ko
やる夫wwwwww
992 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:35:02.19 ID:de29mSoo
梅梅
993 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:35:53.92 ID:LluzTmQ0
宇目。
994 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:35:56.56 ID:de29mSoo
995 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:35:57.23 ID:U0aWc3ko
埋め
996 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:36:22.86 ID:N77hCgQo
997 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:36:53.65 ID:7WGcs8go
               ┌┐                                ●●●
    人          ││                              ●\  ●\
   ノ二\  ナ ゝゝ   V                 ●●●        ●\     ●\
     /   / 乙 つ  O               ●\   ●\      ●\       ●\
                  ●●●        ●\      ●\    ●\       ●\
                 ●\   ●\      ●\      ●\    ●\        ●\
       ●●\     ●\     ●\    ●\       ●\   ●\        ●\
        ●\    ●\      ●\    ●\       ●\    ●\       ●\
        ●\    ●\      ●\    ●\      ●\    ●\     ●\
       ●\    ●\       ●\    ●\      ●\      ●\    ●\
       ●\    ●\      ●\    ●\     ●\        ●●● \
      ●\     ●\      ●\      ●\   ●\           \\\
      ●\     ●\     ●\        ●●● \
     ●\      ●\   ●\           \\\
     ●\        ●●● \                              ┌┐ ┌┐
    ●\          \\\      ┣━┳┃┃      ┃          ││ ││
   ●●●\                      ┃   ┃┃┃ ┣┓ ━╋ ━╋  V   V
   \\\\                     ┛     ━┛ ┃   ┏┫ ┏┫  O  O
998 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:36:56.01 ID:de29mSoo
999 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:37:14.90 ID:U0aWc3ko
埋め埋め
1000 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2008/12/07(日) 15:37:30.83 ID:de29mSoo

       /\__/ヽ                          _____       ____
     /''''''  ''''''::::::\ |       |    | ヽヽ  ̄フ    / >│      │      │     │
     |(・), 、(・)、.::::::|.|  ーー   |  ー|ー    ∠--、 // │  月  │      │  現  │
      |,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::||       |   |     _ノ /   │  曜  │      │  実  │
     | `-=ニ=- ' .::::::|| ー─'     ノ        ○   │     │ _ril,..   │     │
  _ril  \ `ニニ´  .:::/        .        、   l_!!! ,、 ,..-ヽ     `  l_!!! ,、 ,..-ヽ     `丶--'ー--、
  l_!!! ,、 ,..-ヽ  ,,.. ' ノ`丶--'ー--、 -―--、 ’、′・    | ! !_!|  \     / | ! !_!|  \     /
  | ! !_!|i::::::::: ゙^^ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ . 、  ! ', ,|!    `    ´   ! ', ,|!   `    ´      _..---'
  ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\:::: \  、  ! ,イ             ! ,イ              |
  !、_,イ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::D:::::::/::|       \::: ヽ、_    ',  ', | |ヽ   ',    ',  ', | |ヽ   ',       l
  ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ヽ'◎ ヽ:::  ',  ',ノ ! ヽ・  ',  ・ ',  ',ノ ! ヽ・  ',  ・  ,,. !
   ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽ __ '、   ',   .|  "',''""´`""  ',   .|  "',''""´`""''''"  |
   ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'   ヽ_ ノ    ヽ.',,,',..'、  ヽ_ ノ    ヽ.',,,',..'、    |

1001 :1001 :Over 1000 Thread

 ,.――――-、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、   【呪いのパーマン Ver2.0】
  | |  (・)。(・);    このスレッドは1000を超えました。|
  | |@_,.--、_,>    このレスを見たら10秒以内に次スレを建てないと死にます。
  ヽヽ___ノ    次スレを10秒以内に建てても死にます。

パー速@VIPService
http://ex14.vip2ch.com/part4vip/

1000超えたのでHTML化の依頼をするでござるの巻
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1195554932/

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
やる夫が光武帝になるようです2スレ目 @ 2008/12/07(日) 15:29:23.78 ID:TaBF/sko
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1228631363/

アタック25 12/07 その2 大逆襲の幸運の番号は11だ @ 2008/12/07(日) 14:38:12.27 ID:YaTmiHQo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/liveany/1228628292/

アタック25 12/07 その1 大逆襲の幸運の番号は11だ @ 2008/12/07(日) 14:33:57.91 ID:8nyjwR20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/liveany/1228628037/

翠星石「桃鉄で勝負ですぅ!」 続き @ 2008/12/07(日) 13:21:55.83 ID:CwdT3KMo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1228623715/

VIP-World TRPG 灰色のくま2ch版 質問・雑談・セッション・観戦スレ419 @ 2008/12/07(日) 13:00:03.96 ID:rZtx3wco
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1228622403/


Powered By VIPService http://vip2ch.com/

762.83 KB   

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)