白菊ほたる「お互いに『幸せ』をプロデュースしましょうね…!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:36:15.36 ID:bDGrAig70
シンデレラガールズのSS

白菊ほたる「あなたの『不幸』をプロデュースしますから…!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467035765/

後日談になります
先にお読みいただいた方がよりわかりやすいかも知れません

上記に続いて、刺激の強いシーンがありますので注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489494975
2 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:36:45.09 ID:bDGrAig70
「お疲れサマです、プロデューサーさん」

「はい、可愛い可愛いアシスタントですよ」

「…なんて、失礼しました」

「プロデューサーさんにとって、可愛いと想えるものは」

「夢中になってる、ほたるちゃんだけですよね」

「そう、ご自身の担当している、アイドルだけ…」

「私なぞ、出る幕ではありませんでしたね?」

「…ふふッ」
3 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:37:15.49 ID:bDGrAig70
「とは言っても」

「今日くらいは、良いじゃないですか」

「何と言っても、今日はバレンタインデー」

「女の子のお祭りみたいなものですから」

「…あ、いま失礼なコトを考えませんでしたか?」

「もう、デリカシーがありませんねえ」

「でも、それほどまでに、ほたるちゃんが可愛いのですよね」

「まだ13歳でしかない娘が、とっても」

「…なんて、知ってますけど♪」
4 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:37:52.84 ID:bDGrAig70
「それはそれとして」

「はい、プロデューサーさん」

「私からもチョコをプレゼントしましょう」

「大丈夫、毒なんて入ってませんから」

「今日、プロデューサーさんが貰ったうちの」

「ただ1つとしてカウントしていただければ」

「…ま、プロデューサーさんにとっては」

「蛍の歌じゃありませんが」

「こっちの水は、苦いかも知れませんね」

「なーんて、少しイジワルが過ぎました?」

「ふふッ」
5 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:38:29.36 ID:bDGrAig70
「っと、あんまり長く引き留めてもいけませんね」

「ほら、今日も」

「ほたるちゃんが、待ってくれていますよ」

「…いつもの仮眠室で」

「うふふふ…ッ」

「良くも悪くも、いつも通り、ですね」

「慣れ親しんだ日常には、まだサヨナラは早いですよね」
6 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:38:59.44 ID:bDGrAig70
「さあ、プロデューサーさん」

「早く」

「『幸せ』にならないと」

「…じゃ、なかった、ですね」

「『不幸』になるために」

「…くくッ!」

「さあ、早く」

「こんなところで前かがみになってないで」

「行ってあげてください」

「いつもの仮眠室に」

「ほたるちゃんのところに…!」
7 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:39:26.43 ID:bDGrAig70
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「…ふふ」

「お待ちしてました、プロデューサーさん」

「えへへッ」

「…今日もまた、不幸をお届けしますね」

「ほたる印の、不幸を」

「あなたのための、不幸を」

「…うふふ」

「さあ、それでは座ってください」

「いつも通りに…♪」
8 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:39:52.35 ID:bDGrAig70
「今日の、幸せだったことは…」

「…」

「…そうですね」

「今日は、バレンタインデーですね」

「プロデューサーさんも、いっぱいチョコを貰ったんですね」

「こんなに、いっぱい、…いっぱい」

「信頼も、愛情も、たくさん…」

「これは今までにないくらいの」

「『幸せ』ですね」
9 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:40:19.40 ID:bDGrAig70
「…」

「その…」

「…はい、プロデューサーさん」

「これ…」

「わ、私からも、贈らせてください」

「…」

「…チョコ」

「受け取って、…もらえます、か?」

「…良かったぁ…」

「えへへ…」
10 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:40:48.37 ID:bDGrAig70
「プロデューサーさんには、お世話になってますから…」

「それに、こんな私でも、…恩を返せるんだって」

「それが嬉しいんです」

「…何よりも」

「ふふ…」

「…それで、プロデューサーさんは」

「どう、ですか」

「私からのチョコを受け取って、…幸せ、ですか?」

「…!」

「…わあ…ッ」

「ありがとうございますッ!」

「嬉しい、です」
11 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:41:27.97 ID:bDGrAig70
「…えへへへッ!」

「お、おかしいですね…」

「プロデューサーさんが幸せにならないように」

「私の不幸で、調整しているのに」

「…『幸せ』は、『不幸』の前兆」

「登り詰めた後は、ただ墜ちるだけですから」

「だから…こうして」

「幸せの芽を、芽である間に刈り取るために」

「不幸で打ち消してるのに」
12 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:41:53.91 ID:bDGrAig70
「私のチョコで、幸せにさせちゃって」

「幸せに、なってもらって」

「…でも、それが、…嬉しくって」

「ふあッ…」

「…えへへ…やっぱり、プロデューサーさんに撫でてもらうの」

「すごく…安心できますね」

「…♪」
13 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:42:19.13 ID:bDGrAig70
「…さあ」

「それでは、そろそろ始めましょうか」

「今日は、いつも以上に幸せなのですから」

「いつも通りではいけませんね」

「私が幸せにしちゃった分も、数えて」

「そうですね…」

「『圧し掛かり』と『深呼吸』の合わせ技でいきましょう」

「それも、いつも以上に、長く、…永く」

「ねえ、プロデューサーさん?」

「ふふッ…」
14 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:42:46.70 ID:bDGrAig70
「さあ、それでは決まったところで」

「仰向けに、寝てください」

「今日も、…プロデューサーさん、あなたの」

「あなたの『不幸』をプロデュースしますから…!」
15 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:43:14.41 ID:bDGrAig70
「…」

「ふふ」

「プロデューサーさんの笑顔、私やっぱり…好きです」

「不幸の塊でしかない、私のスカートを」

「フタの開いたパンドラの箱を、ひっくり返すようにして」

「その中を見せつけても」

「笑顔を跨いで、それでも、笑顔でいてくれる」

「『女の子のパンツを見ちゃうコト』が、嫌いなあなたに」

「その嫌いなものをこんなに見せつけて、こんなに『不幸』にしながらも」

「…笑顔で」

「不幸な時ほど、笑顔で居てくれて…」
16 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:43:40.18 ID:bDGrAig70
「その笑顔で、…しっかりと受け止めてくれる」

「そんな、笑顔が」

「そんな、プロデューサーさんが」

「私は…」

「…えへへ」
17 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:44:08.54 ID:bDGrAig70
「私は、ずっと、その笑顔を見ていたいんです」

「私を想って、私に向けてくれる、その笑顔を」

「だから、そのために」

「あなたを『不幸』にするために」

「一旦、笑顔を隠しますね」

「こうして」

「…んッ…」

「パンドラの箱を、かぶせるように」

「私の、スカートの中へ…」
18 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:44:34.46 ID:bDGrAig70
「…ふふッ」

「見ちゃうだけで不幸になる、女の子のが」

「あなたの大嫌いなものが」

「…こんなに、こんなに、お顔の近くに」

「でも、まだ、ここから」

「今日の不幸のために」

「今日は、いつも以上に、…ぎゅうってしますね」

「仕方ないですよね」

「いつも以上に、幸せだったのですから」

「えい」

「ぎゅむぅぅぅ…っと」
19 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:45:02.12 ID:bDGrAig70
「…」

「…ッ」

「ぷ…」

「…ん…ッ」

「ぷろ…でゅーさーさん…!」

「…ぅ…ん…」

「…」
20 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:45:32.86 ID:bDGrAig70
「…ふふ」

「ちゃんと、深呼吸、してくれてますね…」

「わかります」

「…感じてます」

「…温かい、です…」

「うふふ…」
21 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:45:58.74 ID:bDGrAig70
「…」

「…ッ…」

「…」

「まだ…」

「まだ、かな…」

「…」

「…もっと」

「まだ、足りな…ッ」

「…ん…」

「………」

「……」

「…」
22 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:46:27.31 ID:bDGrAig70
「…ふぅ…」

「…」

「…うふふ」

「これくらい、かな?」

「ねえ、プロデューサーさん」

「不幸になってくれましたか?」

「今日も私は、不幸を届けられましたか?」

「…えへへ」

「良かったです♪」
23 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:46:54.57 ID:bDGrAig70
「でも、今日は」

「これだけじゃあ、ダメなんです」

「だって、今日の『幸せ』は、まだ残ってますから」

「一旦、立ち上がりますね」

「よいしょ…」

「それでは、プロデューサーさん」

「少しだけ待っていてもらえますか?」
24 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:47:22.55 ID:bDGrAig70
「大丈夫です、私はどこにも行きませんよ」

「私は、ずっと居ますから」

「白菊ほたるは、未来永劫、…あなたのそばに」

「…なんて、えへへッ」

「でもいまは、ちょっとだけ、準備をさせて欲しいんです」

「…ね」

「だから、座って待っててください」
25 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:47:49.35 ID:bDGrAig70
「バッグは、どこに置いたかな…」

「あ、あったあった」

「この中に…」

「…うん、良かった」

「無事に、準備できてた」

「あとは…」

「…」

「…んしょ…ッ」

「…」

「…よし」
26 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:48:17.26 ID:bDGrAig70
「お待たせしました」

「はい、それではプロデューサーさん」

「もう1度、このまま」

「スカートの、中へ」

「さあ、どうぞ」

「…えいッ」
27 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:48:44.01 ID:bDGrAig70
「…ん」

「プロデューサーさん」

「…見えます、か?」

「えへへ…」

「さっきのとは、ちょっと違うでしょう」

「さっきのが、少し派手めの、クリームとイチゴの重ね焼きなら」

「今度はシンプルなバニラ、ですね、…なんて」

「少し、変化をつけてみました」

「…味も香りも、保証はできませんが」
28 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:49:13.49 ID:bDGrAig70
「バレンタインで、愛情が込められたチョコ」

「貰うだけで、幸せになれますよね」」

「それなら」

「食べたら、また、幸せになっちゃいますよね」

「それなら、また、不幸にならないと、いけませんよね」

「…ね、プロデューサーさん♪」

「だから」

「チョコ、食べてください」

「いま、ここで」

「私の、…スカートの中で」
29 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:49:44.01 ID:bDGrAig70
「…えへへ」

「何といっても、今日はバレンタインですから」

「きっと今日は、幸せいっぱいだろうなと想ってたんです」

「このために、スカートも大きめのを履いてきたんですよ」

「プロデューサーさんが、この中で、食べられるように」

「だから、プロデューサーさん」

「私のを、間近で見ながら」

「愛情いっぱいのチョコを頬張る、その幸せを」

「この不幸で、…打ち消しながら」
30 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:50:13.20 ID:bDGrAig70
「…ふふッ」

「最初に、私のを食べてくれるんですね」

「嬉しいです」

「美味しいですか?」

「良かった」

「…へへ」
31 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:50:39.74 ID:bDGrAig70
「…」

「…んふッ…」

「…プロデューサーさん」

「ふふ…ッ」

「…」

「チョコの、幸せを」

「打ち消せていますか」

「私の不幸は」

「…」

「…♪」
32 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:51:05.31 ID:bDGrAig70
「…ぜんぶ、全員分、…食べ終わりですね」

「貰ったチョコで」

「いっぱい、いっぱい、幸せになれましたね」

「それで」

「私のスカートの中で」

「いっぱい、いっぱい、不幸になれましたね」

「へへへ…」

「今日も、無事に、不幸をプロデュースできました」

「…嬉しいです」
33 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:51:32.93 ID:bDGrAig70
「それでは」

「チョコを食べたら、お口を拭かなきゃ、いけませんよね」

「えい」

「…よいしょ、っと」

「ふぅ…」

「お口の周り、キレイになりましたか?」

「ふふ、良かった」
34 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:52:00.30 ID:bDGrAig70
「…?」

「汚れちゃった?」

「ああ、バニラがチョコマーブルに…」

「それなら大丈夫ですよ」

「…今日は、私も不幸にならないといけませんでしたから」

「プロデューサーさんに、チョコを受け取ってもらって」

「プロデューサーさんに、幸せって言って貰えて」

「私も、…幸せになっちゃいました」

「うふふふ…ッ」
35 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:52:27.11 ID:bDGrAig70
「その分、私も、幸せを打ち消さなきゃ、と」

「そう、想っていたんです」

「だから、この汚れは、私の幸せを打ち消す不幸ですね」

「洗濯しても落ちないかもしれない」

「もう履けなくなるかもしれない、この汚れが」

「これが、私に必要な、…不幸」

「…ふふ」

「良かった♪」
36 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:52:55.14 ID:bDGrAig70
「さあ、それではプロデューサーさん」

「今日はもう、帰りましょう」

「明日もまた、お仕事がありますからね」

「えへへッ」

「明日の私は、テレビ番組の雛壇、ですね」

「いろんな事務所から集められたうちの、1人に、…私が」

「プロデューサーさんが、せっかくとってきてくれたお仕事ですから」

「アイドル白菊ほたる、頑張ります!」

「なんて、へへへ…」

「はい、それではプロデューサーさん」

「また、明日に…!」
37 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:56:28.33 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「あ…」

「は、はい、お疲れサマです…プロデューサーさん」

「…」

「はい、私は大丈夫です」

「撮影も、…うまくできました」

「ミスや撮り直しはありません」

「そうですね…もうお仕事は終わりましたし」

「…帰りましょう」
38 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:56:57.75 ID:bDGrAig70
「…」

「プロデューサーさん、…あの」

「…」

「…いえ、何でも」

「あ…」

「…」

「…だ、ダメです」

「頭を撫でられる資格なんて、私に…」

「…」
39 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:57:28.50 ID:bDGrAig70
「………」

「……」

「…」

「…ごめんなさい」

「何か、失敗した…というものでは、ないんです…」

「ただ、…その」

「今回、ご一緒させてもらった中に」

「居たんです」

「私の、前の事務所で、…一緒だった子が」
40 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:58:02.14 ID:bDGrAig70
「大きなケガをしちゃって、お仕事が流れちゃった子」

「よくお仕事を一緒にさせてもらってた子」

「私が、…不幸にしちゃった子」

「…」

「あの子は、私を覚えてました」

「覚えてくれていました」

「…でも」

「…」
41 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:58:28.89 ID:bDGrAig70
「…いえ、何でもありません」

「そのことがあって、気まずかったなあ、と」

「ええ、すみません」

「心配おかけして、ごめんなさい…」

「さ、帰りましょう、プロデューサーさん」

「ね?」

「ほら、今日も早く、不幸にならなくちゃ」

「…ね?」
42 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:59:04.65 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お疲れサマです、プロデューサーさん」

「はい、可愛い可愛いアシスタント…」

「って、このくだりはもう不要ですね」

「それで、どうされたんです?」

「ほたるちゃんが帰った途端に、PCにかじりついてますが」

「そんな、無名の新参事務所や、倒産した事務所なんて調べて」

「あ、もしかして引き抜きですか?」

「とうとう、ほたるちゃんに飽きて、次をお探しに…ッ!?」

「さっきまでの不幸じゃ、物足りなくなっちゃいましたかあ…」

「…なーんて、そんなわけないですよね」
43 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 21:59:31.94 ID:bDGrAig70
「あら、それ」

「ほたるちゃんが以前に所属していたトコロ、ですね」

「不幸を乗りこなせなかった、残念な舵取りさん達の」

「もう倒産しちゃって、みんな散り散りになったようですが」

「…あら?」

「その新参事務所に居る子、さっきの、倒産した残念事務所に…」

「ということは、ほたるちゃんの同期だった子、ですか」

「へえ、頑張ってるんですねえ」

「…くくッ」
44 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:00:07.78 ID:bDGrAig70
「まさか、ホントに引き抜きを考えてます?」

「ほたるちゃんの、モチベーションのために」

「同期と意外な再会からの研鑚し合うお互いを目指して…とか」

「あら、違いましたか」

「ふーん、では…」

「…」
45 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:00:44.40 ID:bDGrAig70
「今日のお仕事が終わってから、ほたるちゃんに元気がなかったのは」

「それに関わること、…ですか」

「プロデューサーさん、ほたるちゃんから何か言われてませんか」

「…」

「そうですか」

「…ほたるちゃんが、不幸にさせちゃった子、ですか…」
46 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:01:15.24 ID:bDGrAig70
「…馬鹿馬鹿しい、とは想いますけどね」

「あの子が不幸を呼び込んだ、など」

「…」

「けど、実際、…『そう』なのですからね」

「ケガが原因で仕事が流れた、と」

「よくあることと言えば、そうなのでしょうけど」

「『不幸』の実例を見ていますし、ウソを吐く娘でもないですしね」

「何よりプロデューサーさんが、…よく知ってるかとは想いますが」
47 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:01:46.34 ID:bDGrAig70
「ほたるちゃんの考えが、そのまま具現する」

「あの子が『不幸』を想像すると、それが現実に受胎して襲い来る」

「ウソのような、ホントの話」

「…でも」

「進んで他者の不幸を望むなど、以前のほたるちゃんでは考えられませんから」

「どうしようもない、不幸を想起させる何かがあったとは想います」

「まあそれは、もちろん、いまでも」

「誰かの不幸を呼び願う、そんな娘ではないですけどね」

「健気で優しい娘ですから」

「プロデューサーさんのように、『不幸』にする正当な理由がない限りは…」
48 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:02:15.11 ID:bDGrAig70
「…まあ、そう、ですね」

「今日はもう遅いですし」

「プロデューサーさんも、いつも通り『不幸』になりましたし」

「…ねえ?」

「うふふ…ッ」

「さ、戸締りをして、帰りましょうか」

「プロデューサーさん♪」
49 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:02:51.17 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お、おはようございます、プロデューサーさん…」

「はい、今日もほたるん元気です♪」

「なんて…」

「…」

「あ、あの!」

「昨日は、すみませんでした」

「気持ちの切り替えがうまくいかなくて」

「お、お見苦しい姿を…」
50 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:03:43.75 ID:bDGrAig70
「あふん…」

「…」

「…へへ、えへへ」

「やっぱり、プロデューサーさんに、ナデナデしてもらうと」

「これが1番、許して貰えたんだって、実感できちゃいます」

「はい、今後は気を付けます」

「約束します」
51 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:04:10.80 ID:bDGrAig70
「それで、ですね…プロデューサーさん」

「今日は、これから、レッスンだけでしたよね、私」

「その、レッスンに行く前に、…おまじないと言いますか、その…」

「…」

「…1つ、お願いしても」

「良い、…でしょうか」

「その」
52 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:04:58.90 ID:bDGrAig70
「…」

「私…」

「プロデューサーさんに」

「キスしても、…良いですか?」

「…キス、させてもらえませんか?」

「…ほんの」

「ほんの、少しで良いんです」

「少し、チュッて、するだけで…」

「…ダメ、ですか?」
53 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:05:42.51 ID:bDGrAig70
「…あ、その」

「こここ、この仮眠室なら」

「しっかり、きっちり、ガードが届いてるんで」

「…スキャンダルなんかは、大丈夫とは、想うんです…」

「ですから…」

「…」
54 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:06:10.50 ID:bDGrAig70
「…」

「…ッ…!」

「い…」

「良いんですか?」

「ほ、ホントですかッ!?」

「…ゎあ…ッ…」

「んふふ…♪」

「…ありがとうございます!」
55 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:06:40.83 ID:bDGrAig70
「え、えへへ」

「想った通り…」

「こういうとき、…私が変なコト言い出しても」

「プロデューサーさんは、きっと、笑顔で受け止めてくれる」

「そうして、優しく、頭をナデナデしてくれる…」

「…」

「うふふふ…♪」
56 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:07:12.25 ID:bDGrAig70
「それでは…!」

「………」

「……」

「…」

「…ッ…」
57 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:08:10.50 ID:bDGrAig70
「…」

「あ…ッ」

「プロデューサーさん、その顔…」

「すごく、引きつった、笑顔…」

「すごく」

「すごく…」

「…」
58 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:08:38.79 ID:bDGrAig70
「…それ」

「私が、初めて」

「私の意志で、あなたに見せて」

「私の意志で、あなたを不幸にしたときの」

「あのときと、同じ…」
59 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:09:06.01 ID:bDGrAig70
「そ、そう…ですよね…私なんかじゃ…」

「いえ、言わずともわかります!」

「わかります…」

「あ…また頭を…」

「優しいんですね、プロデューサーさんは」

「…」
60 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:10:07.40 ID:bDGrAig70
「…実は、少し、心配していたんです」

「最近のプロデューサーさんは…」

「笑顔が、とても自然でしたから」

「不幸な時ほど、笑顔で居てくれるあなたが」

「きっと、私の不幸に、耐性がついてきていたんだと想います」

「見て、押し当てて、呼吸するくらいでは、もう…」

「…毎日でしたから、仕方ないと言えばそうなのですが」

「でも、ホントに、どうしようか悩んでたんですよ?」
61 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:10:33.96 ID:bDGrAig70
「…だから」

「だから、…いま、キスして」

「そんな顔をしてくれるのは、喜ばしいことなんです」

「きっと、きっと」

「…ふふ」

「まだ、お役に立てると、わかりましたから」

「それだけで、充分なんです」

「…」
62 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:11:11.61 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お疲れサマで…って、あら」

「…ふふ」

「お疲れサマです、プロデューサーさん」

「リップだなんて、女装でも始めたのですか?」

「それともまさか、新手のオシャレですか」

「うふふふッ」
63 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:11:52.09 ID:bDGrAig70
「いえ、何も言わなくとも大丈夫ですよ」

「慣れないリップ…ええ、口紅って、大変でしたでしょうね」

「でも、ねえ、プロデューサーさん」

「口紅って、そんな乱暴に使うものじゃないんですよね」

「ほら、ちゃんと鏡を見てくださいな」

「非道いお顔が映りますよ?」

「まるで」

「まるで、唇を模したスタンプを」

「何度も何度もメチャクチャに押して、押し続けて!」

「顔中をぐっちゃぐちゃにしたようなッ!」

「あははははッッ!!」
64 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:12:39.68 ID:bDGrAig70
「さっき早足でレッスンに向かったほたるちゃんに」

「何か関係あるのでしょうかね?」

「13歳の娘といっしょに、メークの練習でもされてたんです?」

「それで、その非道いお顔に笑いを堪え切れなくなって」

「真っ赤になりながらも、あんなにもイイ笑顔で…」

「というところでしょうかねえ?」

「…なーんて」

「…く、ふくくくッ…!」
65 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:13:22.74 ID:bDGrAig70
「ほら、プロデューサーさん」

「そこで前かがみになってないで、まずはお顔を拭きましょう」

「いま、来客でもあったら」

「大変なコトに、なっちゃいますからね」

「はい、タオルをどうぞ」

「…名残が惜しいかも知れませんけど♪」

「ふふ、ふふふふッ…」
66 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:13:58.86 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お待たせしました」

「お疲れサマです、プロデューサーさん」

「レッスン、すごくうまくできました!」

「プロデューサーさんのおかげで…」

「元気を、いただいちゃいましたから」

「えへへ…♪」
67 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:14:42.76 ID:bDGrAig70
「プロデューサーさんは、どうでしたか」

「今日は、もう、私が、…その」

「…キスで、不幸に、…しちゃいましたけど…」

「何か、幸せだったことは…あ」

「今日もまた、こんなに…印刷された紙に、端から端まで…」

「…いえ、私は何も問題ないですから!」
68 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:15:09.97 ID:bDGrAig70
「さあ、それじゃあ今日もまた」

「不幸にならないと」

「プロデューサーさん」

「今日も、この中で、不幸になりますか?」

「それとも」

「今日は、…キスで、不幸になりますか?」

「プロデューサーさんの、お好きな方を」

「選んで、ください…♪」
69 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:15:59.73 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「プロデューサーさん、お疲れサマです」

「はい、メークにうるさいアシスタントです」

「くく…ッ」

「まだ、リップの使い方に慣れてないみたいですね」

「はい、鏡をどうぞ♪」
70 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:16:39.58 ID:bDGrAig70
「ほたるちゃんのリップも、ずいぶんと乱れてましたしねえ」

「なかなか、大変ですね」

「でも」

「あんな非道い顔なのに、同時に、すごくイイ顔だったんですよね」

「もう帰っちゃいましたけど、訊いてみちゃえば良かったなあ」

「…いったい、どんな理由があったのやら」

「ふふ…ッ」
71 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:17:10.71 ID:bDGrAig70
「…ん、今朝とはまた違いますね」

「まるで、ぐちゃぐちゃにした後に、何かで拭いたような」

「…拭いた?」

「ああ、そういうことですか…」

「言わずともわかります」

「そうですよね」

「拭けるような布を、ほたるちゃんも持ってますよね」

「身に着けてますよね」

「プロデューサーさんの大ッ嫌いなのが、ありましたっけ…ねえ」
72 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:17:44.11 ID:bDGrAig70
「それにしても」

「ずいぶんと、大胆に出ましたね」

「プロデューサーさんも」

「…ほたるちゃんも」

「いえ、スキャンダルさえなければ、大丈夫なのですが」

「…」

「…まあ、私の介入するトコロではありませんね」

「そちらはプロデューサーさんに任せます」

「私は私で、やるべき為すべきを遂行するのみですから」

「では、プロデューサーさん」

「また、明日に」
73 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:18:38.52 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お疲れサマです、プロデューサーさん!」

「えへへッ」

「さあ、いつもの通り」

「今日の締めの、不幸になるときが、やってきましたね」

「今日は、どっちで、不幸になりますか?」

「はい、私はどちらでも大丈夫です」

「どちらを選んでも、プロデューサーさんが、不幸になれるなら」

「どちらを選んでも、私もいっしょに…」

「…うふッ」
74 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:19:06.96 ID:bDGrAig70
「…」

「…ゅ…んッ…」

「ぅむぅ…」

「…」

「…ッ…ぅ…」

「…んん…」

「…」
75 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:19:36.84 ID:bDGrAig70
「…ふふ」

「プロデューサーさん」

「私の、大好きなプロデューサーさん…」

「今日も、不幸になれましたか?」

「今日も、私は、不幸にできましたか?」

「…ふふ、良かったです」

「んふ…ナデナデ、くすぐったくて、…嬉しい、です」

「…えへへへ」
76 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:20:05.17 ID:bDGrAig70
「それが、こうして、また引きつった笑顔に」

「こんなにも、不幸にできました」

「私の、…キスで」

「ふふふ…」

「嬉しい、です」

「キス、受けてもらえて」

「プロデューサーさんが、こんなにも、不幸になってくれて」

「そして、私も、こんなにも…」

「…」
77 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:20:35.03 ID:bDGrAig70
「プロデューサーさん…♪」

「…ふふ」

「はい、私は大丈夫ですから」

「安心していてください」

「私が、ずっと」

「私が居る間は、ずっと」

「あなたの、不幸を…」

「…こう、やって」

「んゅ…ッ」

「…ふおゆーふ、…ん…、ぷろでゅーす、しまふはや…!」

「…んッ…」
78 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:21:07.51 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「おはようございます、プロデューサーさん」

「ほたるちゃんの、今日のスケジュールは」

「午前に、週刊誌用の写真撮影があるだけ、ですか」

「では、少しだけお時間をいただけますか」

「ええ、他ならぬ、ほたるちゃんのことでお話が」

「さきほど事務所から出ていくのを見ましたから」

「レッスンが終わるまでは、戻って来ないでしょう」

「…ええ、そうです」

「できれば、ほたるちゃんの居ないところでしたいような」

「そんな、お話です」
79 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:21:36.46 ID:bDGrAig70
「これを見ていただけますか」

「そう、日誌みたいなもんです」

「ほら、ほたるちゃんが以前に所属していた、例の残念事務所」

「そこで、何が起こっていたのか」

「気になることが、ありまして」

「調べてみていたんです」
80 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:22:07.64 ID:bDGrAig70
「ほたるちゃんが所属してから」

「大なり小なり、不幸なトラブルが起こっていたようですね」

「そのうちの、いくつか…」

「アイドル活動を続けられなくなるほどの、後遺症を伴う交通事故」

「作曲家の不正が発覚し、目前に控えていたCDデビューが流れる」

「関係者が舞台装置の大型歯車に巻き込まれ、社会人としても復帰不可に」

「先日に共演した子も、そのうちの1人ですね」

「この子は事務所の階段から落ちて、両足を骨折」

「そのせいで、ドラマのメインキャストから外されてます」
81 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:23:07.88 ID:bDGrAig70
「それから、こちらを」

「近隣ショップの売上品をリスト化したものです」

「ほたるちゃんが、どの時期に、どんなものを購入したか、の」

「…データの入手方法なんかは、眼を瞑っていただければ」

「まあ、そんなことはどうでも良いんです」

「ほら、ほたるちゃんが購入したものを見てください」
82 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:23:41.46 ID:bDGrAig70
「火鉢」

「炭と着火剤」

「ガムテープ」

「縄と踏み台」

「カッターナイフ」

「酸性とアルカリ性の洗剤をそれぞれ」

「…これらが、何を意味するか、…わかりますよね」

「ええ、考えたくはないですが」

「かつての、あの娘は、…命を絶とうと、していたんです」
83 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:24:14.26 ID:bDGrAig70
「それで、購入した時期なんですが」

「例の事務所で『不幸』が起こった時期と」

「ちょうど、重なるんですよ」

「もう少し言えば、…不幸が起こった、その直後なんです」

「ほたるちゃんが、これらを購入してるのは」
84 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:24:57.44 ID:bDGrAig70
「もちろん、毎回に同じモノを購入していたわけではないですね」

「例えば、ほら」

「最初は火鉢と炭と着火剤と、でしたが」

「次は着火剤と、あ、このオガクズもそうですね」

「消耗品を買い足したようです」

「カッターナイフも同じく、2回目からは替刃の購入」
85 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:25:52.37 ID:bDGrAig70
「あの娘の想像したことが、実際に起こってしまう」

「不幸を想像して、不幸が発動し、不幸に陥る」

「きっと、ずっと、試みて、…失敗していたんでしょうね」

「消耗品の買い足しがあるということは、想い留まったのではなく」

「先に進んだうえでの、失敗、ということでしょうから」

「ぶつけたり落としたりして、急にカッターの刃がダメになったりとか」

「なぜかガムテープが剥がれて、部屋が換気されちゃったりとか」

「まあ、成功しちゃってたら、ここには居ないのですが…」
86 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:26:26.40 ID:bDGrAig70
「失敗してしまう、満足に死ぬことすらできない」

「そんな『不幸』を、想像して、結果的に助かってしまったのか」

「それとも」

「…無意識の奥底で、生きていたいと願って、助かり続けたのか」

「…」

「どちらにせよ、…不憫な話ですね」
87 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:27:02.49 ID:bDGrAig70
「それに、うちに来てからも何度か購入してるようです」

「まあ、最初のうちだけ、ですけどね」

「最近に買ったものは、こういう…って」

「プロデューサーさんなら、知ってますよね」

「何せ、ほたるちゃんが購入したものを」

「直に見たり、触れたりしているんですから」

「…リスト上の文字だけで前かがみになるくらいには、ご存知ですね」
88 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:27:33.72 ID:bDGrAig70
「…話を戻しましょうか」

「プロデューサーさん」

「キスの話は、どちらから切り出したんですか」

「…何をそんなに驚いて…」

「まさか、バレてないと、本気で想っていたのですか…?」

「…」

「まあ、それは良いでしょう」
89 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:28:02.35 ID:bDGrAig70
「…」

「推測ですが」

「ほたるちゃんじゃ、ないですか」

「ほたるちゃんから、キスをせがまれたのでは、ないですか」

「…やっぱり」
90 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:28:44.62 ID:bDGrAig70
「あ、別にプロデューサーさんに、そんな甲斐性があるわけないとか」

「そんなのを根拠としたものじゃないですよ?」

「その…って、あら、電話ですか」

「はい、どうぞ出てください」

「………」

「……」

「…」
91 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:29:53.43 ID:bDGrAig70
「どうしたんです、そんなに慌てて」

「…現場で事故?」

「ほたるちゃんの撮影中に!?」

「…」

「…ひとまずは無事なんですね?」

「わかりました」

「行ってあげてください、プロデューサーさん」

「…」

「お気を、付けて」
92 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:30:35.97 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「…」

「…あ、プロデューサーさん!」

「ごめんなさい、…せっかくの、撮影なのに」

「突然、機材がガシャンと倒れてきて…」

「ええ、ケガらしいケガはしてないんです」

「なので、復旧次第にまた撮影に戻れます」

「私、がんばりますから…!」
93 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:31:29.34 ID:bDGrAig70
「…でも、少し、心苦しいですね」

「私の『不幸』で、機材をダメにしちゃって」

「ケガなんてしていないのに」

「大事をとって、車内で待機だなんて」

「いっぱい、いっぱい、迷惑を…」
94 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:31:59.48 ID:bDGrAig70
「あッ」

「…ふふ」

「…はい、頭も打ったりしてませんから」

「撫でても、大丈夫…です」

「あ、でも、撮影があるので、わしゃわしゃは厳禁…うふ」

「…♪」
95 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:32:31.96 ID:bDGrAig70
「…」

「心苦しくて」

「それでいて、それなのに」

「…嬉しい、です」

「こうして、プロデューサーさんと」

「また、2人きりで、居られて」

「…」
96 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:33:04.66 ID:bDGrAig70
「…?」

「プロデューサー、さん?」

「…私の顔に、何か」

「ッ!」

「…ゅ…ん…」

「んぅ…」

「………」

「……」

「…」
97 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:33:54.23 ID:bDGrAig70
「…ふぁ…」

「ど、どうしたんです、こんなところで、急に…」

「…は、恥ずかしいです…」

「…」

「…えへへ♪」
98 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:34:34.76 ID:bDGrAig70
「…ごめんなさい」

「実は、少し、期待してました」

「こうなったら、良いなあ…と」

「その」

「プロデューサーさんと、…キス、したいな、なんて」

「…」

「だから、いま、それが叶っちゃって」

「…叶えて、もらっちゃって」

「夢、みたいです…!」
99 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:35:12.72 ID:bDGrAig70
「…ホント、おかしい、ですよね」

「私はアイドルで、あなたはプロデューサーさんで」

「私はお仕事を続けながら、合間であなたを不幸にするだけ、なのに」

「それを越えては、いけないのに」

「身の丈に合わない高嶺の花を、こんなにも、望んでしまって」

「なのに…」

「…」
100 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:35:51.42 ID:bDGrAig70
「…あ」

「もう、撮影の準備ができたんですね…」

「はい、私は大丈夫ですから」

「お仕事に、戻りますね」

「…」

「あ、あの…プロデューサーさん」
101 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:36:39.57 ID:bDGrAig70
「…」

「も…」

「もう、1回、…だけ」

「…ん…」

「ッ…」

「…え、えへへ」
102 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:37:21.93 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お疲れサマです、プロデューサーさん」

「…そう、ほたるちゃんは無事でしたか」

「…」

「いえ、無事ならば何よりです」

「無事にお仕事が再開できたのなら、もっと良し、ですね」
103 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:37:54.15 ID:bDGrAig70
「…ところで、プロデューサーさん」

「ほたるちゃんのお仕事が終わるのも、迎えに行くのも」

「まだ、時間がありますよね」

「少しだけ、お話がありまして」

「良いでしょうか」
104 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:38:43.74 ID:bDGrAig70
「いま、ほたるちゃんと会って」

「もしかして、2人きりになって」

「キス、…しませんでしたか?」
105 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:39:22.25 ID:bDGrAig70
「ええ、ですよね」

「なんとなく、そうじゃないかと」

「…って、プロデューサーさんの方から…ッ!?」

「それは、なんでしょう」

「私が、あなたにそんな甲斐性は、なんて言ったせいですか」

「その印象を覆すためにムキになった、というわけでは」

「あ、そうではないのですね」
106 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:39:48.45 ID:bDGrAig70
「吸い込まれるように、気付いたらキスを…?」

「それ、ともすれば犯罪者のそれですよ?」

「しかし…」

「…」

「プロデューサーさん」

「『あなたが明確な意思を持って、ほたるちゃんにキスをした』」

「そうではない、…ということ、ですね?」

「…わかりました」
107 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:41:00.76 ID:bDGrAig70
「プロデューサーさん」

「お願いがあります」

「あなたにしか、できないことです」

「…」

「ほたるちゃんを」

「どうか、ほたるちゃんを、…『不幸』にしてください」
108 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:41:34.93 ID:bDGrAig70
「順を追って説明します」

「以前に何度も、ほたるちゃんは命を絶とうとしていた」

「自らのもたらす『不幸』に心を痛めて」

「でも、できなかった」

「理由はどうあれ、成功しなかった」

「そうして落ち着いて、また前を向けるようになる」

「その繰り返しだった」

「そこまでは、大丈夫ですね?」
109 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:42:02.54 ID:bDGrAig70
「それで、今のほたるちゃんですが」

「…」

「ほたるちゃん、言ってたんですよね?」

「『幸せは、不幸の前兆』と」

「幸せからの転落を間近でいくつも見たから、そう考えるに至った」

「そうですね?」

「…ならば」

「ほたるちゃんは」
110 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:42:33.14 ID:bDGrAig70
 


「ほたるちゃんは、やっぱり、…命を絶つ気でいる」


 
111 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:43:25.98 ID:bDGrAig70
「今更ですけど、あの娘、あなたが好きなんですよ」

「もちろん、知ってますよね?」

「お仕事パートナーとしてではなく、頼れるお兄さんとしてでもなく」

「ただ1人の、男性として」

「そんなあなたに、キスをせがんだ」

「あなたは応えた」

「それが、どういうことかわかりますか」
112 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:43:52.32 ID:bDGrAig70
「ええ、想い出したあなたが前かがみになれる他に」

「そう」

「ほたるちゃんが『幸せ』になるんです」

「幸せを、不幸の前兆だと忌避していたあの娘が」

「『不幸な時ほど、笑え』との教えを」

「決して幸せになるな、と曲解するほどの、あの娘が」

「いま、自ら望んで『幸せ』になろうとしているんです」
113 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:44:19.31 ID:bDGrAig70
「今日のキスも、その1つ」

「恐らく、現場でほたるちゃんが願った、あるいは想像したのでしょう」

「あなたが現場に来て、2人きりのシチュエーションで、キスをしてくれる」

「そんなシーンを」

「でも、自分に会うためだけに、突然に来てくれるハズがない」

「あの娘の自己評価では、きっと、そう考える」

「なら、どういうときにプロデューサーさんが来てくれるか」

「…現場で、トラブルが起これば良い」

「そうした思考の連鎖が、今日の出来事に至ったのではないでしょうか」

「だから、プロデューサーさんも」

「自身の意思を越えて、キスをするに至った」

「そうして、あの娘は、…幸せになった」
114 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:44:55.67 ID:bDGrAig70
「そう、きっと」

「どれだけ望んでも、命を絶つには至らない、至れない」

「だから」

「だから、幸せになって」

「『幸せ』から転げ落ちる、その『不幸』を求めれば良いと気付いた」

「それゆえ、幸せを求めるようになった」

「…私は、そう、考えています」
115 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:45:33.36 ID:bDGrAig70
「だから、プロデューサーさん」

「ほたるちゃんを、不幸にしてください」

「…あの娘が、あなたにしていることと、同じです」

「あの娘が幸せになるのを、不幸を持って打ち消してあげてください」

「不幸の断頭台に続く、幸せという階段を、先んじて崩してください」
116 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:46:05.21 ID:bDGrAig70
「どんな方法でも…とまでは言いません」

「あの娘のアイドルとしての将来、事務所の未来」

「それに、あなた自身も」

「何かを犠牲に捧げることなく、不幸にする」

「…そんな、都合の良いお手軽な不幸があるのか、わかりませんが」

「何か、心当たりはありませんか?」

「ほたるちゃんが、何を自身の不幸と認識していたのか」

「何か、聴いていませんか?」
117 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:46:33.63 ID:bDGrAig70
「…そろそろ、ほたるちゃんを迎えに行く時間、ですか」

「わかりました」

「私も、何か方法がないか考えてみます」

「…」

「プロデューサーさん」

「どうか、今度はあなたが…」

「あなたが、あの娘の『不幸』を、プロデュースしてあげてください」
118 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:47:00.80 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お疲れサマでした、プロデューサーさん」

「はい、あの後は特に問題もなく、撮影が終わりました」

「か、可愛いさに機材が嫉妬したんだよ、なんて言われちゃいまして」

「…へへッ」

「…」

「…プロデューサーさんも」

「私を、可愛いって、…想ってくれてたら」

「そしたら、嬉しいです、なんて」

「えへへへへッ」
119 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:47:59.88 ID:bDGrAig70
「それじゃあプロデューサーさん」

「今日もまた、『不幸』になりましょう」

「仮眠室の女王が命令します」

「…なんて、えへへ」

「さあ、今日は、…どっちにします?」

「と、訊かずとも答えは決まってますよね」

「以前と同じ」

「ずっと同じ」

「『どっちもだよ』、…ですね♪」
120 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:48:28.88 ID:bDGrAig70
「…」

「…んふ…ッ…」

「…」

「んん…ゅ」

「………」

「……」

「…」
121 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:48:54.72 ID:bDGrAig70
「…ぷふぁあ…ッ」

「…」

「ふふ…」

「…プロデューサーさん、私…」

「…」

「うふふッ♪」

「…ん…」
122 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:49:28.69 ID:bDGrAig70
「ぅふう…」

「…さあ、プロデューサーさん」

「次は、こっちで、ですね」

「はい、お身体を倒して、仰向けに…」
123 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:49:55.34 ID:bDGrAig70
「…それは」

「チョコ、レート?」

「時期外れの、バレンタイン、…ですか」

「…それじゃあ、仕方ないですね」

「また、この中で食べていただかないと」

「よい、しょ」

「ふふッ」
124 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:50:34.26 ID:bDGrAig70
「でも、大丈夫ですか?」

「仰向けだと、食べ辛いと想うのですが…」

「そうですよね、気管に入って、むせちゃうかも」

「…わかりました」

「じゃあ、それでお口からこぼさないように」

「私が押さえていれば、良いんですね」

「では」

「…ッ…」
125 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:51:01.22 ID:bDGrAig70
「ど、どうでしょう、プロデューサーさん」

「ちゃんと、食べられていますか?」

「んんッ…」

「か、噛むのに合わせて、お顔が動いて」

「…な、何だか、変な感じですね…」

「で、でも…キライじゃない、です…♪」
126 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:51:59.77 ID:bDGrAig70
「あ、ああッ!」

「ほら、やっぱり気管にッ」

「だ、大丈夫で…きゃッ」

「どうして何で脚を掴ん…こ、これじゃ動けな…!」

「…!」

「わ、わかりました」

「そうですよね、当初の通り」

「フタの役目を担います…!」
127 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:52:35.14 ID:bDGrAig70
「…」

「お、落ち着きました…か?」

「ごめんなさい、飛ばされないように、飛んじゃわないように」

「また、ぎゅうッてしてましたけど…」

「く、苦しかったですよね…?」

「ごめんなさい…」

「…」
128 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:53:11.03 ID:bDGrAig70
「チョコ、こぼれてはいませんよね?」

「よかった、ちゃんとフタになれました」

「…そうですね、その、いま履いてるのが」

「むせちゃった分のチョコで、ちょっと汚れちゃったかもしれません」

「…?」

「そう、ですね」

「汚れちゃった分は、私の『不幸』かもしれませんね…♪」

「でも」

「…これくらいなら、安いものです」

「どんな役割であろうと」

「ちゃんと、プロデューサーさんの、…お役に立てたのですから」
129 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:53:41.33 ID:bDGrAig70
「…だって、私は」

「私では、誰も『幸せ』にできませんから」

「せめて」

「せめて、僅かであっても、役にくらい立ちたい」

「だから、…こうして、プロデューサーさんのために」

「あなたの望む役割を、果たせる」

「それが、何より、嬉しいんです」
130 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:55:07.95 ID:bDGrAig70
「…私」

「あの日、かつての私が『不幸』にしちゃった子に」

「言われちゃったんです」

「私は…」

「『白菊ほたるは、誰も幸せになんてできない』…って」

「…仕方、ないですよね」

「私、こんなですから」
131 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:56:11.90 ID:bDGrAig70
「わかって、いました」

「わかって、いたんです」

「わかって、…いたのに…ッ」

「い、いままで、ずっと、…そうだったのに」

「眼を、背けていたんです」

「背けたかったんです」

「『不幸』にしてしまうことは、見ても」

「『不幸』に落ちてしまった、人達から」
132 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:56:59.11 ID:bDGrAig70
「…それで、私、考えたんです」

「私は、何ができるだろう」

「どうすべきなんだろう、と」

「…」

「…やっぱり、私は」

「裁かれなければ、いけない」

「いっぱい、いっぱい、みんなを、不幸にしちゃった分を」

「私のちっぽけな命をもってして、償わなければいけない」

「だから…」
133 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:57:26.67 ID:bDGrAig70
「プロデューサーさん」

「私、プロデューサーさんが、好きです」

「あなたが、…好きなんです」

「だから」

「私の唇で、チュッてさせてもらうのも」

「この中に、バサッと引き込んで、見てもらうのも」

「その顔へ、ギュッて乗っかるのも」

「すごく…すごく、幸せなんです」

「幸せに、なれるんです…!」
134 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:57:52.19 ID:bDGrAig70
「だから、せめて、ずっと一緒に居させてください」

「ずっと、あなたを不幸にさせてください」

「それで」

「それで、私を、…幸せにさせてください」

「どうか、…どうか」
135 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:58:18.93 ID:bDGrAig70
 

「私は、誰かを幸せにできなくとも」

「…こうして、不幸にできますから」

 
136 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:58:45.41 ID:bDGrAig70
「大丈夫、安心してください」

「…プロデューサーさんは、私が」

「私が責任をもって」

「『不幸』にします」

「私がもし、居なくなったとしても」

「幸せに、なってしまわないように」

「不幸にして、…いきますから」

「そばに居られる間は、ずっと、ずっと」

「ずっと、一緒に居て」

「こうやって、不幸にしますから」
137 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:59:12.50 ID:bDGrAig70
「…」

「プロデューサー…さん?」

「あッ、な、涙が…」

「やっぱり、チョコでむせたの、苦しかったんじゃないですか…!」

「すぐ、どきますッ」
138 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 22:59:42.42 ID:bDGrAig70
「ふあ…」

「も、もう…頭を撫でてる場合じゃ、ないですよ…」

「早く、飲み物か何かを…」

「…んひゅッ…!」

「ぅんん…」

「…」

「…ふぅ…」
139 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:00:15.36 ID:bDGrAig70
「…ありがとうございます」

「ふふ」

「…これでまた、私は、…幸せになれました」

「プロデューサーさんも、不幸になれましたか?」

「でも、そんなに慌ててキスしなくても大丈夫ですよ…?」

「私も、きっと、まだ、もちますから」

「私は、…どこにも逃げませんから」

「いつだって、キスだって、何だって…」
140 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:00:47.48 ID:bDGrAig70
「…?」

「…ゎあ…」

「ふふ」

「抱きしめてもらうのも、…幸せ、です…」

「あったかくて…安心できます…」

「…うふぅ…♪」

「…」
141 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:01:20.21 ID:bDGrAig70
「…」

「…えッ…」

「何を言ってるんですか、プロデューサーさん」

「私じゃ」

「私なんかじゃ、誰かを、幸せにだなんて…」

「…」

「…ぷ、プロデューサーさん…?」
142 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:01:47.10 ID:bDGrAig70
「い、いま、何て…」

「私の、聴き間違いじゃ」

「…」

「…ッ…」

「そんな」

「…そんな…ッ!」
143 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:02:13.77 ID:bDGrAig70
「ホントは、ずっと幸せだった…?」

「見るのも、触れるのも、嬉しかった…?」

「って、ことは」

「ずっと」

「ずっと、不幸に、なってなかった?」

「不幸に、できていなかった…?」

「私、いままで、プロデューサーさんを…幸せに?」

「ッッ!!」
144 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:02:40.08 ID:bDGrAig70
「な、なんで…」

「なんでそんな、ウソを…ウソを吐いていたんですか」

「ずっと、幸せにしちゃってたなんて」

「そんな、私、…私…ッ!」
145 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:03:06.69 ID:bDGrAig70
「なんでッ!」

「プロデューサーさんが、幸せになったら…」

「ダメじゃないですか!」

「だって、幸せになったら…」

「幸せになったら、不幸になっちゃうんですよ!?」

「私が…」

「私が…こんなにッ!」

「こんなに…幸せにしちゃった…!」
146 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:03:35.04 ID:bDGrAig70
「じゃ、じゃあ」

「こうして私を、抱き締めてる、いま」

「…幸せ、なんですか…?」

「…ッ!」

「だめ…!」

「は、放して…離れてくださいッ!」

「嫌…!」

「私、プロデューサーさんを…幸せにしたくないッ!」
147 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:04:01.31 ID:bDGrAig70
「お願い、離れてくださいッ!」

「私で…」

「私なんかで、幸せにならないでくださいッ!」

「お願い、します…!」

「ほら、私ですよ?」

「不幸な不幸な、きっと誰も幸せにできない、私なんですよ…!?」
148 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:04:27.17 ID:bDGrAig70
「ッ!」

「だ、ダメです!」

「なんで、また、首を突っ込んでくるんですか!」

「スカートにお顔を突っ込んだら…!」

「見ちゃダメ…ダメぇッ!」

「ダメです!」

「プロデューサーさんが」

「プロデューサーさんが、幸せになっちゃいますから…!」
149 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:04:54.92 ID:bDGrAig70
「そしたら、プロデューサーさんが…」

「不幸になって…」

「不幸…」

「プロデューサーさんの、不幸…」

「私のを、見ちゃうこと?」

「あれ、でも、ホントは幸せで、…あれ?」

「………」

「……」

「…」
150 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:05:23.71 ID:bDGrAig70
「…んゃんッ…!」

「だ、ダメ、鼻が、当たって…」

「そんなこと、しちゃったら、プロデューサーさんが」

「幸せに、なっちゃって」

「不幸に、なっちゃって」

「もっともっと、見ちゃって、幸せになって、不幸に…」

「あ、あれ…あれ…?」

「プロデューサーさ…んんッ!?」
151 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:05:52.53 ID:bDGrAig70
「ん…と、吐息が…」

「…」

「な、なんで、こんなことを…」

「んッ…!」

「プロデューサーさん…」

「わ、私は幸せで、…でも、プロデューサーさんは」

「あ…あれ…ッ?」
152 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:06:19.02 ID:bDGrAig70
「…んはッ…!」

「そ、そこは…」

「ぷ、プロデューサーさんッ!」

「…や、…ゃん…!」

「…ッ…!!」

「………」

「……」

「…」
153 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:06:46.93 ID:bDGrAig70
「…は…」

「はふ…ぅ…」

「…」

「あ…」

「…プロデューサー…さん」

「あ、ああ…ごめんなさい…」

「お顔が、こんなにも、びしょびしょに…」

「…」

「わ、私のせいで…」
154 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:07:12.37 ID:bDGrAig70
「…あ…」

「…こんな、ときも…」

「頭を…頭、撫でて…くれて」

「…」

「その…落ち着き、ます…」

「…」
155 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:07:38.46 ID:bDGrAig70
「…プロデューサーさん…」

「…」

「『幸せ』って」

「なんでしたっけ」

「『不幸』って」

「なんでしたっけ…」

「私…」
156 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:08:10.83 ID:bDGrAig70
「何が、何だか」

「わかんなく、なって」

「頭の中が、ぐっちゃぐちゃに、なって」

「それで」

「それでも」

「スカートの中に、プロデューサーさんが、居てくれる」

「それが、浮かんで」

「でも、それはプロデューサーさんの」

「不幸だと言っていたのに、幸せだとわかって」

「それを、避けたかったのに、…他に何も、浮かばなくて」
157 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:08:40.62 ID:bDGrAig70
「…プロデューサーさん…」

「幸せって、不幸って、なんでした…んッ」

「…ゅん…ん…」

「…」

「…この」

「キスも、幸せ…?」

「私は…でも、プロデューサーさんは…」
158 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:09:14.59 ID:bDGrAig70
「…」

「プロデューサーさんにも、わからないんですか?」

「…」

「わかるのは」

「プロデューサーさんにとって、何が、幸せで」

「プロデューサーさんにとって、何が、不幸か」

「それだけ、ですか…」

「…」
159 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:09:43.13 ID:bDGrAig70
「私は」

「幸せに、なりたいです」

「幸せに、ならなくちゃいけないんです」

「不幸になるために、幸せにならないと」

「…」

「プロデューサーさんを、…これ以上、巻き込んじゃったら」

「…」
160 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:10:13.49 ID:bDGrAig70
「…えッ…」

「一緒に…」

「一緒に、幸せに…?」

「私が、…私と、プロデューサーさんとで…?」

「…ダメ、ですよ…」

「私は、幸せにはできませんし」

「プロデューサーさんを、道連れには…」

「んッ…」

「…」

「…そうやって、口を塞ぐの、…ズルいです」
161 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:10:39.48 ID:bDGrAig70
「…一緒に」

「一緒に」

「幸せに、なって」

「…」

「なれる、のかな」

「私、幸せに、できるのかな…」

「プロデューサーさんを」

「プロデューサーさんと」

「幸せに、なっても、…良いのかな」

「…」
162 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:11:26.81 ID:bDGrAig70
「…あ」

「ふふ…」

「想い返せば」

「こうやって、頭を撫でてもらえる」

「それだけで」

「私は、幸せだったのかも、知れません」

「プロデューサーさんは…」

「…あなたも、私の頭を撫でて」

「幸せ、でしたか…?」

「…ありがとう、ございます…♪」
163 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:11:52.49 ID:bDGrAig70
「…」

「…プロデューサーさん」

「その」

「…プロデューサーさんの、脚の上に」

「座らせてもらっても、良いですか?」

「へへ…」

「ありがとうございます」

「…よいしょ」

「…?」

「向きが、おかしい?」

「どうしたんです、プロデューサーさん」

「だって」
164 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:12:18.59 ID:bDGrAig70
「こっち向きじゃないと」

「…ん…」

「お顔が、見えないじゃないですか」
165 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:12:44.93 ID:bDGrAig70
「こっち向きじゃないと」

「…ゅ…」

「キス、できないじゃないですか」
166 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:13:11.78 ID:bDGrAig70
「こっち向きじゃないと」

「…ッ…」

「…幸せに、なれないじゃないですか」
167 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:13:45.13 ID:bDGrAig70
「…ねえ」

「ねえ」

「ねえ…」

「ね、プロデューサーさん…♪」
168 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:14:13.75 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「お疲れサマです、プロデューサーさん」

「はい、おなじみアシスタントです」

「ほたるちゃんのCD、順調ですね」

「この分だと、今週もランキング1位を独走できそうです」

「ふふッ」

「でも、油断は禁物ですから」

「なんて、プロデューサーさんも、よくわかってられますよね」
169 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:14:51.21 ID:bDGrAig70
「じっくり、ゆっくり」

「1歩ずつ、幸せになっていかないと」

「嬉しいことは、日常の中にたくさん潜んでいますから」

「あんまり早足だと、見落としちゃうかも知れませんからね」

「少しずつで、良いんです」

「ちょっとずつ、ちょっとずつ」

「幸せに、幸せに」

「…ふふ」
170 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:15:24.90 ID:bDGrAig70
「さあ、では」

「今日もそろそろ、仮眠室へ行く時間、ですよね」

「ほたるちゃん、もう来てますよ」

「今日も、あなたを『不幸』にするために」

「…じゃなくて」

「今日も、あなたと『幸せ』になるために」

「羨ましいですね…ふふッ」

「では、あまり足止めをしてもいけないので」

「行ってらっしゃいませ♪」
171 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:15:50.92 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「あッ、プロデューサーさん」

「…えへへッ」

「待って、ました」

「ふふ」

「…んゅ…」

「…うふ♪」

「はい、私は、幸せです」

「今日も、幸せ…♪」
172 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:16:16.69 ID:bDGrAig70
「私のCD、みんな買ってくれてるみたいですね」

「な、なんだか恥ずかしい気もします」

「…なんて」

「恥ずかしい、なんて言っていたら…失礼ですよね」

「買ってくれた、みんなに」

「頑張ってくれた、プロデューサーさんに」

「…この、幸せに」

「はい、私はアイドルですから」

「…えへへッ」
173 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:16:55.41 ID:bDGrAig70
「ん…それは」

「ああ、そっか」

「今日は、ホワイトデー、でしたっけ」

「覚えてて、…お返しまで、用意してもらって」

「えへへ」

「また1つ、幸せに、なっちゃいました」

「それじゃあ、プロデューサーさん」

「一緒に、食べましょう」

「…一緒、…に♪」

「…ん…」

「チョコ…おいひいれふ…♪」

「えへへ…!」
174 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:17:23.51 ID:bDGrAig70
「…」

「ねえ、プロデューサーさん…」

「こんな」

「こんな風に、キスをしてもらいながら」

「幸せにして、もらいながら」

「あなたを幸せに、…してしまいながら」

「今更かも知れませんけど」
175 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:17:49.43 ID:bDGrAig70
「私、やっぱり、…答えが、出せていません」

「私の、幸せに」

「不幸に続くための、幸せに」

「あなたを巻き込んでしまうこと」

「これが、ホントに、良いのか」

「…」

「…でも」

「あなたが私を…望んでくれること」

「一緒にと手を取って、口付けをして、お顔を貸してくれて」

「そんな毎日を、約束してくれて」

「続いていくこと」

「それは、とても、…とても、嬉しいこと」
176 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:18:16.89 ID:bDGrAig70
「あの日、あのとき、言ってくれた言葉」

「それが、いまの私を」

「幸せにしてくれている」

「…」

「この先」

「どんな幸せが、待っていて」

「どんな不幸に、堕ちゆくか」

「わからない…わかりませんが」

「でも」

「…ずっと」

「ずっと、一緒に、…2人で…!」
177 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:18:43.77 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「…あら、こんな時間に電話なんて」

「プロデューサーさんは仮眠室ですし…」

「アシスタントでも、わかる話であれば良いのですが」

「はい、こちら…」

「ああ、…あなたでしたか」

「はい、こちらは順調ですよ」

「すべて無事にカタがつきました」

「ご心配なく」
178 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:19:09.11 ID:bDGrAig70
「ほたるちゃん、ですか?」

「あの娘は、いま、仮眠室ですよ」

「あの娘のプロデューサーさんと、一緒に」

「ええ」

「『幸せ』に、なっている最中ですね」

「…くくッ」
179 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:19:35.44 ID:bDGrAig70
「大丈夫ですよ、何も心配は要りません」

「解決もしましたし、それに」

「ほたるちゃんとも、プロデューサーさんとも」

「きっちり、お話をしましたから」

「だから」

「だから、もう大丈夫と安心しているんです」
180 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:20:26.63 ID:bDGrAig70
「…ええ、あのプロデューサーさんは、予想以上の働きをしてくれました」

「期待をしていなかったわけでは、ありませんが」

「ほたるちゃんが、プロデューサーさんを不幸にするように」

「プロデューサーさんも、ほたるちゃんを不幸にする」

「そうやって、どちらも幸せになれない」

「石を積んでその度に崩される、賽の河原のように」

「お互いに『幸せ』を『不幸』で打ち消しあう」

「…と、錯覚させ合う」

「そんな風にして、存続させていけば…」

「そう、考えていたんですけどね」

「…くふふふッ!」
181 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:21:00.47 ID:bDGrAig70
「プロデューサーさんが、まさかの、オトコを見せてくれまして」

「『誰も幸せになんて、できない』」

「…その言葉だけは、認めたくなかったとのことです」

「そして」

「ウソを吐いていた分、自身も裁かれなければいけないから」

「一緒に…」

「一緒に、幸せになろうと」

「一緒に、幸せになって、一緒に、不幸に堕ちようと!」

「そう、提案したそうです」

「…ね」

「予想以上、でしょう?」
182 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:21:26.03 ID:bDGrAig70
「それで、ほたるちゃんも、すっかりその気になってくれたようで」

「プロデューサーさんを巻き込むことに、まだ迷いながら」

「それでも、一緒に」

「…『幸せ』になろうと、していますよ」

「ふふ…健気、ですよね?」

「…くく…」
183 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:21:54.36 ID:bDGrAig70
「だから、ほたるちゃんとプロデューサーさんに」

「私から言葉を贈ったんです」

「『幸せを焦ってはいけない』と」

「一足跳びに幸せを求めていたら」

「いずれ、求める幸せがインフレを起こしてしまうから」

「日常の幸せを、大切にするように」

「すべてに感謝し、ゆっくり、少しずつ」

「『幸せ』になってください、と…」
184 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:22:24.00 ID:bDGrAig70
「そうそう、それに」

「更に訊いてみたんですよ」

「どこまで幸せになるのか、と」

「そうしたら、…ふふ、ほたるちゃん、何て言ったと想います?」

「『どこまでも、なれるところまで』だそうです」

「幸せの階段を登って、登り詰めて」

「今まで以上に、幸せになれたなら」

「そうしたら」

「想像もできない不幸が、訪れるハズ」

「いっぱい不幸にしちゃった分だけ、自分も、自分達も、不幸になるべき」

「だから、その不幸に見合うだけの幸せにまで、登り詰める」

「…そう、考えているようです」
185 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:22:50.72 ID:bDGrAig70
 


「…笑っちゃいますよねえ?」


 
186 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:23:17.86 ID:bDGrAig70
「だって」

「ふふ…ッ」

「『幸せは、不幸の前兆』」

「その前提が、まず間違っているというのに!」
187 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:23:44.96 ID:bDGrAig70
「プロデューサーさんにも、私、伝えたんですけどねえ」

「幸せが不幸の前兆というのは、ほたるちゃんがそう錯覚しているだけで」

「実際は、ほたるちゃんの想像が、現実となる」

「ただそれだけだというのに」

「過去だって、幸せを見せ付けられて」

「それが引き金となって、悪い想像をしてしまって」

「結果的に、現実に『不幸』が起こってしまった」

「ただ、…それだけだというのに!」

「当人が『幸せ』だったか否かなど、これっぽっちも関係ないのにッ!」
188 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:24:14.99 ID:bDGrAig70
「…あははッ!」

「ええ、言ったように」

「ほたるちゃんと、プロデューサーさんは、いまも」

「幸せ、ですよ」

「幸せに、なっていますよ」

「2人で、一緒に!」

「罪悪感から、不幸へ逃げるために!」

「お互い、舐め合いながら!」
189 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:25:02.52 ID:bDGrAig70
「不幸なんて」

「幸せから堕ちゆく先に、不幸なんてないのに!」

「そもそも、堕ちることさえないのに!」

「想像がそのまま現実になるのだから」

「『不幸』を想像できなければ、起こることはないのに…」

「その『不幸』を求めて!」

「…起こりもしない『不幸』が、裁いてくれると信じて!」

「そこに、救いを求めて!」

「あの2人は、『幸せ』になりますよ!」

「これから、一生をかけて、ゆっくり、ゆっくりとッ!!」

「あははははははッッッ!!!」
190 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:25:44.90 ID:bDGrAig70
「…もしかしたら」

「例えば、自身に自信を持てなかった、あの娘が」

「不幸に振り回されることなく、活動をしていたら」

「例えば同じように、自信を持てない子達が居たとして」

「一緒に、歩いていける、そんな仲間を創れていたら」

「違う結果になっていたかも、知れませんね」

「不幸に正面から立ち向かえるような、強い意志を持った娘に」

「それこそ日常の小さな幸せに、気付けるような娘に」

「そんな姿が、見られたかもしれませんね?」

「くくくくッ!」
191 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:26:16.99 ID:bDGrAig70
「まあ、でも、良いじゃないですか」

「ふふッ」

「だって」

「だって、誰も」

「『誰も、損をしていない』じゃないですか」

「ねえ」

「…うふふッ♪」
192 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:26:42.04 ID:bDGrAig70
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「ん…ッ」

「うふッ…」

「プロデューサー、さん」

「じゃあ、そのまま、寝転がってください」

「また、いままでみたいに」

「幸せに、しますから」

「幸せに、してください」

「ふふ…」
193 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:27:24.99 ID:bDGrAig70
「ん…」

「お口の周りに、チョコが?」

「…大丈夫ですよ」

「プロデューサーさんがくれたの、ホワイトチョコじゃないですか」

「ほら、見てください」

「…今日のは、白地ですから」

「それくらいなら、大丈夫です」

「それくらいなら、不幸になんて、なりませんから」

「えへへッ」

「だから、安心して、…受け止めてください」

「…えいッ♪」
194 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:27:51.70 ID:bDGrAig70
「ふふッ」

「プロデューサーさんの、呼吸が、伝わって」

「ぎゅッてして、動きも、ぜんぶ、わかって」

「すごく、すごく、あったかくて」

「…幸せ」

「幸せ、です♪」
195 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:28:23.72 ID:bDGrAig70
でも、まだ、足りません」

「いっぱい、いっぱい、幸せになるために」

「いっぱい、いっぱい、いろんなことをしましょう」

「いろんな幸せを、探しましょう」

「2人、一緒に…!」

「そうですね…」

「せっかくだから、向きを変えてみますね」

「よいしょ」
196 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:28:53.75 ID:bDGrAig70
「ん?」

「ああ、そうなんです」

「これ、後ろに黒猫さんが居てくれるんです♪」

「可愛いでしょう」

「このあいだ、雪美ちゃんと一緒に、お買い物に行きまして」

「雪美ちゃんが気に入ったみたいで、つい私も」

「お揃いなんですよ、これ」

「うふふッ」
197 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:29:27.92 ID:bDGrAig70
「…黒猫さんが横切っちゃうと、不幸になる」

「迷信でよく言われますね」

「でも、安心してください」

「この黒猫さんは、不幸を連れてきませんよ」

「だって」

「横切ったりしないで、ここに、どっしりと居座りますから」

「ほら、こんな風に、…ぎゅうううッて」

「なんて…へへへッ」
198 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:29:58.88 ID:bDGrAig70
「あ…ッ」

「私、こっちの向きの方が、好きかも知れません」

「だって」

「プロデューサーさんが、幸せになってくれてるのが」

「眼に見えるんですから」

「仰向けで、私がお顔を押さえている以上」

「…いつもみたいに、前かがみには、…なれませんからね」

「えへへへへッ」
199 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:30:27.60 ID:bDGrAig70
「ね、プロデューサーさん」

「プロデューサーさんのこと、もっと、知りたいです」

「プロデューサーさんの幸せを、もっと、もっと」

「そうして、幸せにして」

「私も、幸せにしてもらって」

「…ね、ね、プロデューサーさん」
200 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:30:54.28 ID:bDGrAig70
「これからも、ずっと」

「私は、プロデューサーさんの『幸せ』を」

「プロデューサーさんは、私の『幸せ』を」

「2人で、ずっと、一緒に…」

「ずっと、ずぅっと…!」
201 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:31:24.20 ID:bDGrAig70
 


「お互いに『幸せ』をプロデュースしましょうね…!」


 
202 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:32:10.79 ID:bDGrAig70
以上で終了です
お読みいただき、ありがとうございました

html化の依頼してきます
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/14(火) 23:35:49.16 ID:JtVYfo5Mo
乙です
これ読んで行き着く先に不幸が無いのが不幸なんだと感じました...
204 : ◆jEbRvHU8C2 [sage saga]:2017/03/14(火) 23:36:53.43 ID:bDGrAig70
以前に書いたもの

佐久間まゆ「記憶喪失のプロデューサーさん…♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440581074/

佐久間まゆ「記憶喪失のまゆと、一緒に…♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440870874/

こちらもお読みいただけると幸いです
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/15(水) 00:01:03.54 ID:W8SyRitVo
雑談スレでちらっと名前が出て、昼間に前作を読み返したばっかりだから、続きが読めて凄く嬉しい。 乙です
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/16(木) 00:08:45.62 ID:5mdJMM96o
二人は幸せなキスをして終了
76.80 KB Speed:14.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)