森久保乃々「ええっ。もりくぼ以外、もりくぼじゃないんですけど」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage]:2017/05/20(土) 01:34:54.93 ID:XLADNSTB0
ちょっと早い梅雨の日に贈るモバマスSS。
精神世界などが出てくるので苦手な人注意。
アイドルたちの独自解釈があったり、様々な点で原作と大きく乖離しているため注意。
書き溜めプロット一切なし。連載物予定。8月までに終わりたい。

作品内に登場する諸行為は真似しないでください。
少なくとも法に触れないとは思いますが、大きく健康を害する可能性があります。念のため。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495211694
2 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:35:40.15 ID:XLADNSTB0
遠い日の記憶に浮かぶのは、新入生身体測定。小学校一年生になる前の時のこと。
4月の春の陽気に桜の薄い色が映えて、とっても綺麗だったのを覚えています。
私は視力検査が怖くて、心臓ばくばくでした。

「目にちゅうしゃをするんですか?」
「ののは目がみえなくなるんですか?」

何も知らない私は、これだけは達者だった想像力と妄想力と恐怖心を最大に発揮して、先生にしきりに質問していました。
うんうん、大丈夫だからね、平気だからね、と、何も根拠のない気休めの言葉をもりくぼは本能的に信用できないでいました。
次第に恐怖が恐怖を呼び、もりくぼはパニックになったのでした。

「あくまがののの目をたべちゃう!」
「せんせいはあくまのつかいだ!」
「みんなの目をくりぬいてなべでにこんでたべるんだ!」
「みんな目がみえなくなっちゃうんだ!!!」

もはやもりくぼ以外の子も怖がり始めました。泣き出す子もいました。吐いてる子や漏らしている子ももいました。
先生はものすごく慌てていました。慌てるくらいなら、ちゃんと説明するべきだったのに、と思います。

記憶はそこで途切れていました。そこから数日の記憶がないまま過ごしていたような気がします。

いつしか私は中学生になり、アイドルになっていました。
人生とはわからないものです。人間万事、塞翁が馬……って、言うんでしたっけ。
3 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:36:20.39 ID:XLADNSTB0
〜〜〜〜〜〜〜
も、もりくぼです。
今日もまた机の下にいます。今、事務所にはもりくぼ以外誰もいません。独占してます。
照明もつけてませんから薄暗くて落ち着きます。無音で落ち着きます。ほっとします。
たまに「パキィ!」とか「ミシィ!」とかいう家鳴りがするのは本当に勘弁して欲しいですけど……

あれって、幽霊や妖怪の仕業とかではないらしいです。小梅ちゃんから聞きました。
あっ。でも、たまにいたずらしておどかしてくるとかも、き、聞きました……

あぅぅ……思い出しちゃったんですけど……むり、むぅーりぃー……
うぅぅ、怖くなってきました。こ、こういう時にはあれです。
4 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:36:58.28 ID:XLADNSTB0
「すぅー……はぁー……」

「すぅー……はぁぁーー…………」

「すぅー……はぁぁぁぁーーー………………」

深呼吸をします。机の引き出しにぶつかるかぶつからないかのぎりぎりで体を伸ばして落ち着きを取り戻します。
落ち着いたらまた体育座りします。うん、やっぱりこういう風に固まってたほうがいいです……

恐怖を追い出して自分のペースを取り戻す。
平常の心を取り戻したら、自分を癒すためにもりくぼはある場所へと行くのです。
深呼吸してるうちに目を閉じて、私は自分の世界へと深く入り込んでいきます。
机の下の肉体を離れて、私にしか行けない場所へと旅立っていく。
5 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:37:31.52 ID:XLADNSTB0
行く。行くの。行く。行く。行きたい、行きたい、行かせてほしい、着いて、早く着いて。早く、早く。着いて、着いて。早く。

そう祈りながら、私は体がどんどん軽くなっていくのを感じます。いい感じです。
私はこれからたどり着くそこのことを「もりくぼの森」と呼んでます。
もりくぼにしか行けない、もりくぼにしか見えない、もりくぼの好きなものだけが集まってる、そういう森です。

なぜ行けるようになったのかは知りません……ポエムとか絵本とか描いてたら、いつの間にか森にこれるようになってました……
行き方知ったところで、教えてもどうせわかってくれないです……たぶんもりくぼにしか行けませんから……
6 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:38:16.11 ID:XLADNSTB0
気づいたらもりくぼは黄緑で、背丈の低い草が地面を覆う広い場所に座っていました。
周りは木が覆っています。上を見上げると空が木々の枝葉の隙間から狭く見えます。

空は夕焼けと昼と夜が混じって、赤紫色と群青色の筋が、コーヒーにミルクを溶かしたばかりのようにまだら模様に混ざり合っていました。
大地はどこまでも草と木に覆われて、裸足の足元を風がくすぐっていきます。
もりくぼの森に着きました。手は……動きます。足は……伸ばせます。
立てます。歩けます。目ははっきりと見え、耳をすませば小鳥や小動物の鳴き声が聞こえてきます。

成功です。もりくぼの森に完全に入りました。
走れます。もりくぼは走れるんです。どんどん走れるんです。

もりくぼの森の中ではもりくぼは最強です。速くて強いもりくぼです。
どれだけ最強かというと、ものすごく早く走れます。
ものすごく足が速く動きます。

足と草が触れ合って奏でる音が、流水の音みたいになってきました。
7 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:38:52.21 ID:XLADNSTB0
あと、もりくぼの森にいるともりくぼは羽が生えて空が飛べます。
十分速く走った後に足に力を入れて空に飛び出します。
不思議な力を足から肩、肩甲骨のあたりに移すと、ぶわっと大きな翼が生えるんです。

もりくぼの森はとても広いですから、何処へでも飛んで行けます。
お気に入りの場所がありますから、そこから離れないように注意しないとだめですけどね。
高いところに来すぎると怖いですから、ちょっと降ります。

もりくぼが空を飛んでるうちに空は昼模様に整いました。
白い雲と眩しい太陽がどこまでも清々しい空でした。
手を伸ばすと空は掴めて、するっと引っ張ると水色のレースが手首に巻きつきました。
そのまま頭を下にして縦にくるりと一回転すると、もりくぼの翼は空のレースと編み合わさって長いスカーフのようになりました。
そのまま風を受けて、もりくぼは再び地に立ちます。
8 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:39:37.69 ID:XLADNSTB0
手のひらに花びらが降りてきました。すぅっと鼻から息を吸い込むと、鼻腔に花びらの甘く爽やかな香りが広がります。
吸った息そのままふぅっと吹きかけてやると、花びらは数百万もの花吹雪になって、もりくぼの森へと散らばって行きました。
やがて花びらが地面の草と草の間に落ちると、そこから大きな花びらを携えた花が、次々と咲き始めました。

まさに百花繚乱。そんな言葉が似合う光景でした。

両腕を広げ仰向けに倒れこむと、地面の草がもりくぼを優しく抱きとめます。
草たちはそのままたくさんの緑色の蝶々になって、もりくぼをゆっくりと、優しく、包むように空へと連れて行くのです。

ふわり、ぷかり、ゆめごこち。
きらり、ゆらり、しあわせ。

もりくぼの森は夜になる前に帰らないといけません。どういうことかわからないですけど、なぜかそうなっているみたいです。
9 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:40:04.67 ID:XLADNSTB0
今は大体……夕方の2つくらい手前です。藍子さんのように、量の指をカメラみたいな形にして空を覗くと、うっすらと文字が浮かびました。
これはもりくぼがポエムや絵本を書く時に使ってる文字ですから、もりくぼ以外には読むことも書くこともできません。

その文字たちは花のような、蔦のような形をしています。

4文字のうち右端が蛇になって、蔦になって、きのみになって……
多分時間はすぐきてしまいます。今日はいつもより時間の立ち方が早いのは、ここに来る前にちょっと怖い思いをしたからなんだと思います。

緑色の蝶々たちが雲に並んで飛んでいます。かなり高いところに来ました。もりくぼは下を見ることができません。森とはいえちょっと怖いので。
蝶々に飽きたので、下を見ないようにしながらもりくぼは蝶々から飛び降りました。
10 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:40:42.39 ID:XLADNSTB0
それと同時に、空が固まって氷のように透き通る大きな透明ガラスになったのです。もりくぼは文字通り空の上にいます。
空の上にいるようで実は空じゃないんです。さっきは木と草の森でしたけど、今は氷の森なんです。

上空を見つめると群青で雲ひとつない空に、キーンと厳しい冷たい風が通り抜けました。
寒さを感じないようにするのは難しいので、代わりにもりくぼは髪を前から後ろに撫でるのです。
そうすると火の小鳥が4羽、もりくぼの周りを飛んで、わたしを暖めてくれるのです。
そして氷の上ですることはひとつ。滑ります。当たり前です。
下を眺めると、すーっと薄い白色のもっと下に、先ほどの森が広がってるのが見えました。
11 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:41:16.03 ID:XLADNSTB0
ふと時間が気になりました。そうするともりくぼの森は敏感にそれを感じ取って、景色は一点に集約されてしまいます。

あぁ、今日は短かったなぁ。そう思いながら、白と黒の扉の前にもりくぼは立っていました。

白の扉をくぐるともりくぼの森から抜けて、真っ白の世界にとどまって、銀色の痛い光が黒く世界を塗りつぶして、現実に戻って来ます。
黒の扉はくぐったことがないのでどうなるかわかりません。
開けようとしても開かなかったので、多分飾りなんだと思ってます。

くぐる前に、私はあることをしています。
12 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:41:44.05 ID:XLADNSTB0
扉をくぐる前に、こうやって、事務所の好きな人に会うという儀式があります。
この凛さんは森の凛さんだから、本物の凛さんではないけれど……

凛「おいで、乃々」

その言葉をきっかけに、もりくぼは凛さんに抱きつきます。

あっ、でも森の小梅ちゃんとか、凛さんとかとは目を合わせられません……
いくら森で最強のもりくぼとはいえ、やっぱりそれだけはむりです。しんどいです。
でも森の凛さん達は何も言わずに私を抱きしめてくれるので、それはいいなって思います。
現実ではできないことでも、ここではできるんです。

私が凛さんの背中に手を回して、少し強く抱きしめると、凛さんは私の頭を撫でてくれます。
手に確かに感じる凛さんの体温。柔らかさ。鼻に感じる凛さんの匂い。花の香り。
ここは森だから、現実じゃないけど。でも、もりくぼにはそれで十分でした。
13 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:42:14.69 ID:XLADNSTB0
凛さんが離れて行った後、もりくぼは次に輝子さん、美玲さん、まゆさん、幸子ちゃん、小梅ちゃんに、同じことをしてもらいます。

全てが終わると、みんなは木の葉のかけらになって白い扉の周りに薄く積もります。

白い扉に手をかけました。そのままノブを回して押すと、完全な白が目の前にありました。

歩いて、歩いて、あるいて……ひたすら歩いて、そうすると、銀色の光が視界を走り始めました。
もりくぼはこのとき必ず頭が痛くなるので、「痛い銀色の光」と呼んでいるのです。

もうすぐ、現実に戻っていきます。
銀色の光が玉虫色に暗く光ると、銀の周りの色のついた部分から景色を抉りとるように白が削れていきます。
そこからだんだん本物の色が付いてきて……
14 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:42:43.45 ID:XLADNSTB0
〜〜〜〜〜〜
一瞬の意識の飛びの後、森久保は頭痛とともに目を覚ましました。頭を起こそうとして机に頭をぶつけました。
手足がじりじりと痺れます。きっと同じ姿勢を保持していたからだと思います。

誰もいないことを祈りながら、もりくぼは机から顔を出しました。
……森に行く前と変わらず、誰もいない事務所でした。
もりくぼはゆっくりと机から這い出ました。
……よかった。ちょっと暗くなってますけど、誰もいないなら問題ありません。このまま身支度を整えて帰ります。
15 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:43:17.07 ID:XLADNSTB0
帰り道、もりくぼは事務所で言われたことを反芻していました。

『そろそろ、本当に人と目を合わせられるようにならないとダメだぞ』

『インディヴィジュアルでテレビの撮影が入ったんだ』

『もちろん乃々、君のセリフや出番もある』

『やけくぼじゃダメなんだ。自然体の君が出演してくれないと』

『テレビとライブじゃわけが違う。わかるだろう?』

プロデューサーの言葉を頭の中で繰り返すたび、一言一言がもりくぼを追い詰めてきます。

いつもなら勢いに任せて、やけになってでも、時には光で全ての視界を飛ばしたりして乗り切ったライブの方法が、
テレビの撮影では使えないと悟った時、もりくぼには本当に全てが終わったように感じました。
いつもはギリギリながらでも乗り越えてきたお仕事。でも今回のお仕事は、最初からわけが違う。
16 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:43:43.21 ID:XLADNSTB0
本当に、本当に逃げ出したくなりました。
打ち合わせの時も気が気でなかったし、撮影スタッフさんとの挨拶も全くうまくできませんでした。

それを見かねたプロデューサーさんが、さっきのようなことを言ったのです。

……テレビの撮影なんて、絶対無理にきまってるんですけどぉー……

『ともかくこれはインディヴィジュアルズの大きな一歩になる企画だから、誰一人として欠けるわけにはいかないんだ。わかるよな?』

わかりますけど……

『だから最低限、目は合わせられるようになろう』

うぅ……
17 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:44:27.94 ID:XLADNSTB0
森久保は帰宅するまでずっとうつむきがちに歩いていました。
帽子を目深に被って、誰にも気取られないようにしながらも、頭の中はずっと『人と目を合わせること』ばかりを考えては、
無理だ無理だとかぶりを振り、逃れられない焦燥感とどうしようもなさに戸惑っていました。

当然帰宅してからもそのイヤな感じは消えないでいました。

テレビの撮影なんて……ライブと違って、いろんなスタッフさんが周りを取り囲んで、レポーターの人との掛け合いもやって……
そうすると確実に会話が発生するわけで……そのためには目を合わせなくちゃいけなくて。
うぅぅぅぅ……

もりくぼは自室に戻ってからも、なんだかライブの前のあのイヤな緊張のような不快感を持て余して、
部屋で机に座ることもできずうろうろとしていました。

レポーターに話題を振られて、何も答えられない私。
美玲さんと輝子さんがコメントする傍ら、何もいえない私。

全てありありと想像できました。

あぁ、企画は失敗してしまう。

むり。ぜったいむり。テレビの撮影なんて絶対無理ぃぃぃぃ……
18 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:45:05.99 ID:XLADNSTB0
でも、打ち合わせもやってしまった以上、逃げることは許されませんでした。
もう、もりくぼは企画に向かってやるしかないのです。

その段階でまず最初に障壁になるのは



人と目を合わせること。
19 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:47:24.87 ID:XLADNSTB0
〜〜〜〜〜
人と目を合わせる練習は最初は自分と目を合わせることから始めようとしました。
今私は自宅の鏡の前で立っています。目の前には鏡。と、それに映るもりくぼ自身の姿。

改めて鏡を見ると、もりくぼが鏡に映ってるのが見えます。そりゃそうです、鏡ですから。

……あぁ、自分だってわかってるのに目を合わせるのがしんどい……
20 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:47:52.88 ID:XLADNSTB0
私、ここまで誰かを目を合わせるのが苦手だったんですね。
どんどん視野が下を向いていきます。私の歯ブラシが目に留まりました。
ピンク色で、おろしたてだから毛先が開いていない新品の歯ブラシです。

歯ブラシさんはいいなぁ……口の中に入れられちゃうから、人と目を合わせなくて済むんですから。
それに、口の中って狭くて暗くて、隠れるなら最高の環境です。
あっ……だめだめ!人と目を合わせるって決めたんだから。
だめ、歯ブラシばっかり見てちゃ。

目線を歯ブラシから上へうえへとずらしていくと、もりくぼの手が見えました。
やっぱり見られてる気がして、って、当然私が見ているから見られているように感じるのは当たり前なんですけど……
たとえ自分のでも目線が当たるのを感じると怖くてつらいです。じわぁ、と手に汗が滲みます。
21 : ◆t6XRmXGL7/QM [sage saga]:2017/05/20(土) 01:48:31.19 ID:XLADNSTB0
右手を左手でつかんで、ぎゅっと力が入ります。見ている、見られてる、見られてる。
あっ、怖い……やっぱむぅーりぃー…………
手を見ているだけなのにどうしても緊張してしまって、力を込めた手のひらにはぶわーっと手汗が走ります。

「はぁっ!はぁ、はぁ……」

どーっと疲れが出てきて、もりくぼは思わず膝をつきました。
……わたし、いつもこんな感じで人と接してるんだ……

自分だけで自分を観察してるといつもは気にならないところまでくまなく目に入ってきます。
手に汗をかいた感覚、見られているという自覚。容赦なく突き刺さってきます。

そしてそんなプレッシャーに耐えられず、あっけなく屈した私のみずぼらしさ。
自信をつけるためだったのに、もりくぼはすっかり意気消沈してしまいました。
私は凛さんたちに、こんな姿を毎日、晒していたんだ……
そう考えるともうネガティヴな推測は止まりません。もしかしたらあの時、言葉にするのもおぞましい粗相をしでかしてしまったんじゃないか。
言ってはいけないことを言ってしまったのではないか。逆に、話しかけられたのに無視してしまったのではないか。
存在しないかもしれない過去を疑って反省と半数を繰り返しているうちに、もりくぼはもうボロボロになっていました。

「うぅ……」

もりくぼの自分改造計画は、前途多難でした。
22 : ◆t6XRmXGL7/QM [saga UIKeyInputLeftArrow]:2017/05/20(土) 01:51:35.66 ID:XLADNSTB0
今日の投下ここまで。次回の投下は5月25日を予定しています。
ここまで読んでくださってありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。

また、前作を読んでくださった方、今作も読んでくださって本当にありがとうございます。
今作も3ヶ月(予定)ほどお付き合いいただければと思います。

それでは。
23 : ◆t6XRmXGL7/QM [saga]:2017/05/20(土) 01:52:16.05 ID:XLADNSTB0
(なんか目欄イかれた)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 02:06:13.90 ID:p59Wf0IA0
おーお前さんか
暫く見んかったけど体調大丈夫かい

ともあれ乙ゥ
これはジサツや誘拐とはつながりがない感じかな?
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/20(土) 15:13:30.55 ID:scHQf0U30
来たか
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/21(日) 09:32:04.57 ID:QSOpsKyA0

もりくぼかわいいよもりくぼ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/21(日) 14:38:34.80 ID:nS4Q9cBx0

期待
17.09 KB Speed:5.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)