雄山「この料理を作ったのは誰だあっ!」カワサキ「えぇ〜」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/27(火) 20:08:56.04 ID:EnLxA2lZ0

味描写は全然です


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498561735
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 20:14:33.63 ID:1cm+4jWNO
カービィかな
3 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/27(火) 20:23:23.64 ID:EnLxA2lZ0

デデデ「不味い!不味いぞZOY!!」

デデデ「まともな料理は出せんのかっーー!!」ポーイッ!!

エスカルゴン「しかし陛下、この城に美味い料理を作れるコックはいないでゲス!」

デデデ「ここは本当に城かZOY!?もういい!ホーリーナイトメアに頼むZOY!」

エスカルゴン「ホーリーナイトメアに?」



カスタマー『ほっほっほ、それで私めに』

デデデ「美味い料理を作れる魔獣はいないのかZOY!?」

カスタマー『お値段ははりますが、ぴったりなのがございます』

デデデ「それを頼むZOY!」


ビビビビビ…チュドーーン!!!


カスタマー『これぞ料理の天才魔獣、「海原雄山」でございます』

雄山「…」ドーン!

デデデ「何だか気味の悪いおっさんが来たZOY…」ボソボソ

エスカルゴ「あんたも人のこと言えないでしょうが…」ボソボソ

雄山「食ってみろ…!」スッ…

エスカルゴ「これは…雑炊のようでゲスな」

デデデ「ふん!こんな味が薄そうな物でこのデデデ大王様が…」ズズズ…

デデデ「う、美味いゾーーーーーーーーーーーイ!!!!」

デデデ「雑炊の旨さが骨身に染み渡るZOY!!」

エスカルゴ「え!?陛下!私にも一口!!」

デデデ「お前は自分を食っているがよいZOY!!」ガッハッハ!!

4 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/27(火) 20:34:34.72 ID:EnLxA2lZ0

エスカルゴ「陛下、こいつを使えば…」ボソボソ

デデデ「!!、それは名案ZOY!!」


「「あっはっはっはっはっはっはっは!!!!!」」



レストランカワサキ

デデデ「今日は料理の専門家を連れてきたZOY!!」

エスカルゴン「海原先生の怒りを買わないように気をつけるんでゲス!!」

カワサキ「ほへぇ〜ご注文は?」

雄山「適当に」

カワサキ「ただいま〜!」タッタッタ


ブン「料理の専門家…?」ボソボソ

フーム「怪しいわね…」ボソボソ

カービィ「?」


カワサキ「お待ち〜『カワサキ特製 苺と辛子の味噌汁』だよ〜!」

雄山「ふむ…」ズズッ…

雄山「!?」ペッ!

ブン「ティッシュに吐き出した…」

雄山「これは何だ!?言ってみろ!!」

カワサキ「え、だから苺と…」

雄山「違う!!これは廃棄ゴミだ!!」

カワサキ「ええっ〜〜!!!???」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 20:45:13.66 ID:1HcBX/ejO
残当
6 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/27(火) 20:49:47.44 ID:EnLxA2lZ0

雄山「組み合わせも駄目だがまず食材だ!!」

雄山「貴様は酸味の強い苺を使っている!!」

雄山「それが味噌汁の味を悪くしているのだ!!」

フーム「それ以前の問題じゃ…」

雄山「貴様はゴミ製造機だ!!料理人として恥じろ!!」

カワサキ「そんなぁ〜!」

フーム「さっきから聞いていれば偉そうに!!」バッ!!

フーム「何なら貴方が作ってみなさいよ!!」ビシッ!!

雄山「良いだろう小娘…いつの日か私の店に来るがよい!!」

ブン「私の店?」

エスカルゴン「その通〜り!!海原先生は明日から『美食倶楽部』を設立するでゲ〜ス!」

「「美食倶楽部〜!?」」

エスカルゴン「貴様ら貧乏人には味わえない極上の味…!天下一品の料理が待っているんでゲス!!」

デデデ「そういうわけZOY!!カワサキ、店の片付けをしとくがいいZOY!!」

「「なっはっはっはっは!!!」

フーム「…変なことになっちゃった」

ブン「面白ぇや!!明日行こうぜカービィ!!」

カービィ「ポヨ♪」ピョンピョン


翌日…

タゴ「部楽倶食美…?」

ガス「バーカ!左から読むんだよ!」

レン村長「とりあえず入ってみますかな」

ハナ「ええ、あなた」

7 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/27(火) 21:00:22.93 ID:EnLxA2lZ0
ガスの台詞の「左」は「右」の間違いです

エスカルゴン「いらっしゃいでゲース!」

ハナ「まぁ!随分と和風な店ですこと!」

エスカルゴン「和の文化を入れた最高級の店でゲス!」


ガス「出て来たぞ!」

タゴ「どうだった?」

レン村長「それが…感動する程の美味しさなんじゃ〜!!」

ハナ「文化の深みがある味…それがたったの5デデンなんです!」

「「「5デデン!?」」」

ボルン署長「私も入るぞ!」

メーベル「私も!」

オレモ ワタシモ!!

カワサキ「あ〜どんどん客が…!」


デデデ「がっはっは!!愚かな人民共はすぐ流されやすいZOY!」

エスカルゴン「本当でゲス!」

エスカルゴン「海原先生!どんどん頼むでゲス!!」

雄山「ふん…!」
8 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/27(火) 21:14:12.63 ID:EnLxA2lZ0

カワサキ「店に客が来ない…」ドンヨリ

フーム「落ち込まないでカワサキ、貴方の料理の不味さを理解する人は必ずいるわ!」

ブン「姉ちゃん…」

フーム「私も!あの海原って人は気に入らないの!!」

カワサキ「気に入らないのはこっちだよ…」

ブン「めっちゃ美味しかったよな〜カービィ」

カービィ「ぽよ!ぽよ!」ピョンピョン


デデデ「ぐはっはっは!!上手くいったZOY!!」

エスカルゴン「住民共に今までの魔獣の代金を搾取するでゲース!!」

カスタマー『代金を支払って下さるのなら、私めも大いに協力させて貰います。ところで…』

カスタマー『ワープシステムを使って魔獣がそっちに逃げこんだと思うのですが…心当たりは?』

エスカルゴン「魔獣?」

デデデ「そんなの知らんZOY!」

カスタマー『失礼いたしました。これからもご贔屓に…』ウィーン

デデデ「この調子でいくゾーイ!」


???「…」

???「雄山め…!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/27(火) 21:20:03.92 ID:2q5VMKgv0
?????「美食倶楽部?…ええい!ここだ、入っちまえ」ガラガラッ
10 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/29(木) 17:54:19.44 ID:kGg/QgoM0

ワイワイガヤガヤ ザワザワ

カワサキ「あ〜どうしよ〜!客が来ないよ〜!」ジタバタ

フーム「もう打つ手はないの…?」

「いや、まだある!」ガタン!!

フーム「貴方は…?」

士郎「俺は山岡士郎、君達に協力する者だ」

ブン「ヤマオカ…?」

フーム「待って、どうして私達に…?」

士郎「あの海原雄山は俺が倒さないといけないんだ!!」ギリッ!!

フーム(あの目つき…あの人と何か関係が…)

カワサキ「所で、打つ手って何〜?」

士郎「ああ、カワサキさんでしか作れない料理を出すんだ」

フーム「カワサキにしか…」

ブン「作れない料理?」

カービィ「ポヨ?」


士郎「ああ…それは…ゲテモノさ!」


フーム「ゲテモノ?」

士郎「ゲテモノは、虫や昆虫など、気持ち悪い物で作る料理、外見の気味悪さが人気なんだ!」

ブン「む、虫〜!?」

士郎「カワサキさんは普通の料理においててんで駄目だけど、その不味さを活用するんだ!」

フーム「例えば?」

士郎「そうだな、カワサキさん、一つ虫を使って料理を出してくれないか」

カワサキ「虫〜?何の〜?」

士郎「何でも良い、味が悪くても食べられればいいんだ」

カワサキ「わかった!やってみるよ〜!」
11 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/06/29(木) 18:07:54.16 ID:kGg/QgoM0

数十分後


カワサキ「できた!!『カワサキ特製 幼虫とコオロギのスープ』だよ〜!!」

フーム「」

ブン「」

フーム「な、何よこれーー!!!」

ブン「うえぇ…気持ち悪い…!」オエッ

士郎「これでいい!これがいいんだ!」

フーム「ど、どこがぁ!?」

士郎「一口頂こう…」ズズッ

ブン「うげぇ…飲みやがったぞ…!」

士郎「君達も飲んだらどうだ?」

フーム「え、遠慮しておきます…!」

士郎「まぁそう言わず」グイッ

フーム「きゃーー!!やめてーー!!」

ブン「姉ちゃん!!」


アムッ


フーム「…美味しい?」

ブン「えぇっ!?」

カワサキ「えぇっ!?」

士郎「そうだ、この料理は外見が気持ち悪い。だから人間は見た目だけで味を想像してしまうんだ」

士郎「カワサキさん、調味料は?」

カワサキ「え、塩だけだよ〜」

フーム「嘘でしょ!?塩以外の味も感じるわ!」

士郎「当然見ただけで味は分からない。だから、口にしてみた時の味と想像していた味に差ができて、舌が大袈裟に感じるんだ」

士郎「塩だけでも美味しいようにね…」ニヤッ

士郎「ブン君も、目を閉じて食べてみると良い」スッ…

ブン「そ、そこまで言うなら…」アムッ

ブン!!、本当だ!!うめぇ〜〜!!」

士郎「これが…『カワサキ流 ゲテモノ料理』さ!!」

カワサキ「わかった!この料理で客を掴んでみるよー!!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/29(木) 19:09:52.16 ID:HXzPq8h4o
なるほどわからん
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/01(土) 21:11:33.81 ID:njxzi8qq0
なんで木に組み合わせを思いついたのか
14 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/07/03(月) 20:33:56.27 ID:9GqaTSiV0

数日後

カワサキ「おまたせ〜『カワサキ特製 猿と犬のステーキ盛り』だよ〜!」

ビブリ「おぇええええええ!!!こんな気持ち悪いもん食えるか!」

カワサキ「まぁまぁ」グイッ

ビブリ「アムッ…美味い!」

サモ「こんなに気持ち悪いのに何でこんなに美味いのだろう〜!」

サト「どんどん口に入ります!」

フーム「大繁盛ね!」

士郎「だから言ったろ」ニヤッ

カービィ「ポヨ〜♪」モグモグモグモグモグモグ

士郎「…そこの桃色のボールはよく食うな…」



デデデ「うぬ〜!カワサキめ!せこい手段を使いよって!」

エスカルゴン「海原先生!こっちもゲテモn…」

雄山「馬鹿を言うな!味を誤魔化しているだけの料理を真似しろというのか!」バンッ!!

デデデ「そんな事を言っている場合じゃないZOY!!」ジタバタ

雄山「黙れ!私の調理場から出て行け!デブペンギン!!」

デデデ「な、何を〜〜!!」

エスカルゴン「まま、陛下落ち着いて…」スタコラ

デデデ「どうするZOY!このままでは負けてしまうZOY!!」

エスカルゴン「これを使えばいいんでゲスよ」つ小瓶に入った桃色の液体

デデデ「そうか!その手があったZOY!!」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/03(月) 23:50:10.53 ID:2ZaT+A09O
村人に躊躇なく麻薬を守る大王の屑
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/07/04(火) 07:02:01.39 ID:B2KEeNq7o
>>15
その程度この大王なら平気でやるから別に何も
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/04(火) 11:15:18.19 ID:rzHdvZZSO
>>15
普通じゃないのか?
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/09(日) 12:49:47.43 ID:N+X4J1yv0
アニメ版デデデはオリジナルとは別物と考えるべし
19 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/07/16(日) 17:06:16.21 ID:INO4s+gz0

雄山「料理ができたぞ!早く運べ!」

ワドルディ「…」コクッ

ワドルディ「…」スタスタ

エスカルゴン「ちょっと貸すでゲス」ポイッ


スッ…ピトッ


エスカルゴン「これでいいでゲス!」


ボルン「おや?今日の料理はいつもより美味しいな」

メーベル「本当だ。何だか癖になる味ね」

タゴ「俺おかわり!」


オレ!! ワタシモ!! オカワリ!!


デデデ「ぐふふ!この調子ZOY!」




フーム「美食倶楽部に並んでいる人が変?」

ブン「そうなんだ!見てくれよ!」


ハヤククワセロ--!!! マチキレナイゾ--!!


フーム「何よこれ!?殆ど暴動じゃない!」

エスカルゴン「はいはーい、開店でゲス!」


ワーーーイ!!!!  ゾロゾロゾロゾロゾロゾロ!!!!


カワサキ「ああ!殆ど向こうに行っちゃった!」

士郎「これは一体…?」

20 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/07/16(日) 17:12:40.06 ID:INO4s+gz0

フーム「敵情視察よ!ブン!」

ブン「わかった!」


ガツガツモリモリモグモグ!!!!

フーム「狂ったかの如く食べているわ…!」

ブン「まるでカービィだ…!」


「もっと食わせろ!」「おかわりまだか!?」「早くしてくれよーー!!!」


フーム「ブン、この料理、持って帰るわよ」

ブン「え?何で?」

フーム「気になることが…」


フーム「やっぱり!」

士郎「どうしたんだ?」

フーム「あの料理には強い快楽と中毒性を出す薬が入ってたの!」

ブン「何だって!?」

士郎「だからあんなに荒れていたのか…」

フーム「まったく、あの雄山って人もデデデと同じく卑怯だったのよ!」

士郎「いや、それは違う」

フーム「え?」

士郎「あの男は人間としては最悪だけど、自分の料理を芸術品のように扱っている。自分の作品に薬を入れるような男じゃない」

フーム「…やけに詳しいのね」

士郎「……まぁな」

フーム(この人と雄山には…深い関わりがあるようね)
21 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/07/16(日) 17:24:08.46 ID:INO4s+gz0

フーム『この店は料理に薬をいれているの!!皆食べちゃ駄目!』


「うるさい!」「嘘をつくな!」


エスカルゴン「これ以上やるなら名誉毀損でゲス!」

デデデ「裁判なしで死刑ZOY!!」

フーム「何て横暴なの!?」

デデデ「皆の衆、この女に惑わされてはいけないZOY!!美味いのは正義ZOY!!」


オオオオオオオオオオオオオオ!!!!


フーム「駄目だわ…完全に中毒の掌で踊らされている…」

「フーム、心配する必要は無い」

フーム「メタナイト卿!」

メタナイト「もうすぐ向こうから崩れるさ」

フーム「え…?」



雄山「これは一体どうゆうことだ!!」バンッ

エスカルゴン「で、ですから私達がもっと客を入れる為…」

雄山「私の料理に不純物を入れよって!」

デデデ「ふん、お前には期待してないZOY!」

雄山「何だと!?」

エスカルゴン「その通りでゲス!貴様のような爺なんぞいらないでゲス!」

雄山「貴様…!」

デデデ「薬によって踊らされる人民共が愚かZOY!」

エスカルゴン「そうでゲス!私らは何も悪くないでゲス!」


「今の会話、聞かせて貰ったわ!」


デデデ「き、貴様は!」

エスカルゴン「フーム!」

フーム「本性を現したわね!」

デデデ「ふん!それがなんZOY!」

エスカルゴン「中毒狂いになった今の住民の耳には届かないでゲス!」

フーム「そうかしら?」

デデデ「何!?」

22 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/07/16(日) 17:32:06.63 ID:INO4s+gz0

レン村長「今のはどういうことですかな!?」

ボルン署長「陛下、署でお話を!」

フーム「貴方の言葉はテレビ放送されているわ!」

デデデ「何ぃ!?」

フーム「貴方の口から直接出た証拠!言い逃れできないわよ〜!」

デデデ「くっ…逃げるZOY!」タッタッタ

エスカルゴン「あっ陛下!お待ちになって〜!」タッタッタ


雄山「…礼は言わんぞ士郎」

士郎「ふん、早くこの星から遠のくことだな!

フーム「貴方達…まさか…」

雄山「私の息子はもういない!私は帰る!中川!」

中川「はっ!」

中川「では若、これにて」

士郎「ああ」


ブゥウウウウウウン!!!


士郎「…俺も帰るか」

フーム「待って!お父さんとは仲直りしないの?」

士郎「もうあいつは俺の親父じゃない!」

士郎「だけど…お前らは親を大切にしろよ」

フーム「…ええ!」

ブン「ああ!」

カービィ「ポヨッ!」

士郎「お前さんの食いっぷりには驚いたよ、またな!」

カービィ「…ポヨッ!」バイバイ


23 : ◆bfn/Aps7v2 [sage saga]:2017/07/16(日) 17:35:16.17 ID:INO4s+gz0

後日

カワサキ「できた!『カワサキ特製 クーとトッコリの唐揚げ』だぁ!」

フーム「カワサキ、もうゲテモノブームは去ったのよ…」

カワサキ「いいや!俺の芸術を味わって貰うんだ!」メラメラ

フーム「当分カワサキの店には近づかないでおこう」

ブン「俺達もそうしようぜ!カービィ!」

カービィ「…ポヨ?」






24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/19(水) 12:20:11.90 ID:W+lKHp/iO

とってつけたようにクーぶっ[ピーーー]のやめろ
16.39 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)