【ガルパン】博愛の通信手 -武部 沙織-

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:46:40.53 ID:UYkf1d7Vo
*一部独自解釈、設定有

*この作品はフィクションです
戦車の動作、性能等、実際のものと異なる場合があります

関連(すべて1スレ完結です)
・【ガルパン】魔弾の砲手 -五十鈴 華-
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487503185/
・【ガルパン】身魂の操縦手 -冷泉 麻子-
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488550209/
・【ガルパン】不惜身命の装填手 -秋山 優花里-
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490530764/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1499867200
2 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:47:22.08 ID:UYkf1d7Vo


〜〜プラウダ高校・演習場〜〜


ピーポー…

ピーポー…



カチューシャ「…!クラーラ!クラーラ!!」

クラーラ「ぁ…ぅ…!」

カチューシャ「嫌ぁ!!いやあぁ!!」

ノンナ「カチューシャ!落ち着いて!」

カチューシャ「だって…!私、私が!あぁぁぁ!!」

ノンナ「カチューシャ!」

クラーラ「あ…ぅ…カチュ…さま…」

ノンナ「クラーラ、今は喋らないで」

クラーラ「ぅ…」ガクッ

カチューシャ「あ…!あぁ!!いやああああ!!」

3 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:47:55.56 ID:UYkf1d7Vo

ピーポー…

キキッ


プラウダ生「救急車来ました!」

プラウダ生「私が付き添います!」

ノンナ「はい、お願いします」


救急隊員「…えー、頭部から出血、左腕の骨折…はい、はい。タンカを。ええ」

救急隊員「了解」


プラウダ生「副隊長はカチューシャ様を!」

ノンナ「ええ」

カチューシャ「あ…私…私が…!あぁああ…」ガクガク

ノンナ「カチューシャ」ギュッ

カチューシャ「あ…ノンナ…あぁ…」

ノンナ「…っ…」ギュッ


4 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:48:23.89 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜〜〜〜



ノンナ「…はい、はい。わかりました」

ノンナ「ええ。今日は解散にします。それでは」ピッ

ノンナ「…」

カチューシャ「…」

ノンナ「カチューシャ」

カチューシャ「え…」

ノンナ「クラーラ、とりあえず命に別状はないようです」

ノンナ「ただ、当分の間は入院が必要だと…」

カチューシャ「あぁ…」

ノンナ「カチューシャ。貴女のせいではありません」

カチューシャ「…でも、私が…」

カチューシャ「私が、あんなことを言ったから…」

カチューシャ「あんな…あんな戦車に近寄っちゃいけなかったのよ…!」

ノンナ「カチューシャ…」

カチューシャ「ニーナも…アリーナも…クラーラまで、私のせいで…!」ガタガタ

ノンナ「カチューシャ!」ギュッ

カチューシャ「次は…次はきっと、私たちよ…!」





Girls und Panzer
 博愛の通信手 -武部 沙織-

5 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:48:56.79 ID:UYkf1d7Vo


ザワザワ…

桃「…えー、では、本日の訓練はここまで!」


オツカレサマデシター


沙織「はぁー、疲れたぁー…」

優花里「今日は一段とハードでしたねぇ…」

華「そうですね…来週のプラウダとの練習試合もありますから」


桃「…あー、そうだ。そのことなんだが…」

みほ「河嶋先輩?」

桃「プラウダとの練習試合、中止になりそうだ」

みほ「え? 中止?」

優花里「…あ、あの、どういうことですか?」

杏「あー、そっか。みんなにはまだ連絡してなかったね」

杏「ちょっと前に、カチューシャから連絡があってね」

沙織「へぇ、カチューシャさんから…珍しいかな?」

麻子「そうだな。確か練習試合を申し込んできたのはプラウダからだったはずだ」

優花里「次こそは勝つって意気込んでいましたからね」

杏「向こうがちょっとゴタゴタしてるみたいでねー」

みほ「…あの、何があったんですか?」

杏「あー…その…」

みほ「?」

柚子「…会長、西住さんには…」

杏「…うん、そうだね。じゃあ隊長チーム…あんこうだけには伝えておこうかな」
6 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:49:28.53 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜



杏「…えっと、どこまで話したっけ?」

華「練習試合が中止になる、とは伺いましたが…」

杏「そっか」

優花里「…あの、プラウダで一体何が…?」

杏「…先週くらいから、かな」

杏「今、プラウダの戦車道は休止…というか、プラウダでは戦車道が禁止されてる」

みほ「えっ…?」

杏「まぁ、そんな状態じゃ練習試合も何もないよね」

麻子「…プラウダと言えば、黒森峰とも並ぶ強豪校だ。その戦車道が禁止とは…」

沙織「な、なんでそんな…?」

杏「さぁねー。私もそこまでは聞いてないんだ」

杏「まぁ、ちょっとワケありっぽい感じではあったけどね」

華「はぁ…」
7 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:49:56.14 ID:UYkf1d7Vo

杏「ちょっと前に、泣きそうな声で電話かかってきてさ」

杏「ワケは言えないけど、練習試合を中止してほしいって言うのと、戦車道が休止状態ってことだけ伝えらえれてね」

杏「…まぁ、隊長の西住ちゃんには伝えておいてもいいかなと思ってさ」

みほ「…」

沙織「…みぽりん?」

みほ「えっ、な、何?」

沙織「気になるんなら、行ってみようよ」

みほ「い、行くって…」

沙織「カチューシャさん達が心配なんでしょ?プラウダまで行ってみない?」

みほ「それは…」

優花里「お供しますよ、西住殿」

麻子「まぁ、私も気になるからな」

華「ええ。私も同じ気持ちですよ、みほさん」

みほ「…ありがとう、みんな」

杏「んじゃ、決まりね。かぁしま、手配よろしくー」

桃「はっ」
8 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:50:28.02 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜


カチュ―シャ「…ごちそうさま」

ノンナ「はい、お粗末様でした」

カチューシャ「…今日は、ミホーシャ達が来るんだったかしら」

ノンナ「ええ。もうすぐですね」

カチューシャ「…たぶん、あの事よね…」

ノンナ「…えぇ」

カチューシャ「ねぇ、やっぱり、帰ってもらった方が…」

ノンナ「カチューシャ…」

カチューシャ「ミホーシャ達を、巻き込みたくないもの」

カチューシャ「これは、私たちだけで解決しなきゃ…」

ノンナ「ですが…」

カチューシャ「…ううん、私だけじゃ、どうにもならなかったものね…」

カチューシャ「でも…」


プルルルル…

ガチャッ


ノンナ「はい」

ノンナ「…えぇ、はい。では、向かいます」ガチャッ

カチューシャ「…行きましょうか」

ノンナ「…えぇ」
9 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:51:00.63 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜


みほ「カチューシャさん、ノンナさん。お久しぶりです」

カチューシャ「えぇ、よく来たわね、ミホーシャ」

ノンナ「ご無沙汰しております、みほさん」

沙織「…(やっぱり、何か元気なさそうだなぁ、カチューシャさん…)」

優花里「本当に、戦車は動いていないようですね」

カチューシャ「…えぇ、今はね」

みほ「あの…教えてくれませんか?一体何があったのか…」

カチューシャ「…その…」

みほ「あ…ごめんなさい、言いにくいですよね…」

カチューシャ「違うの。でも…」

ノンナ「…カチューシャ、私が…」

カチューシャ「ううん、大丈夫よ」

カチューシャ「…立ち話もなんだし、応接室に行きましょ」
10 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:51:37.51 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜


カチューシャ「…発端は、2カ月くらい前だったかしら」

華「2か月前というと…大学選抜戦のすぐ後くらいでしょうか?」

カチューシャ「ええ。そのくらいよ」

カチューシャ「ねぇ、『幽霊戦車』って知ってる…?」

麻子「お、おばけ…?」

みほ「…いえ、私は聞いたことがありませんけど…」

カチューシャ「…これよ」スッ

優花里「この写真は…これ、T-34ですよね?」

カチューシャ「そうよ。それで、ここを見てほしいの」

華「…このエンブレムは…擦れていますが、何かのお花でしょうか?」

カチューシャ「ええ。このエンブレムの車両が『幽霊戦車』と呼ばれているわ」

沙織「これが、今回のことと何か関係あるんですか?」

カチューシャ「プラウダ高校の戦車道に、言い伝えられているの」

カチューシャ「この『幽霊戦車』には近づくなって」

みほ「幽霊って、どういうことですか…?」
11 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:52:06.18 ID:UYkf1d7Vo

カチューシャ「今から…20年前だったかしら」

カチューシャ「…戦車道の練習中に、この戦車の乗員が亡くなる事件があったのよ」

みほ「えっ…」

カチューシャ「一人で居残り練習をしていた時に、エンジンのトラブルで、戦車が動かなくなって…」

カチューシャ「外に出て調べていた時に、崖崩れに巻き込まれて…」

沙織「…」

華「…」

カチューシャ「この車両を使っていた生徒は、誰よりも遅くまで練習していたらしいわ」

カチューシャ「そのころのプラウダはまだ強豪って呼ばれる前で、あまり戦車道の履修者もいなくて」

カチューシャ「それで、居残りで練習をしていて…周りに監督する人もいなくて…」

麻子「…な、なるほど…それで幽霊戦車か…」

沙織「あれ、麻子大丈夫?」

麻子「あ、あぁ」

カチューシャ「その子、当時はあまり目立たない子だったみたいで」

カチューシャ「誰からも気にかけてもらえなくて…それが悔しくて、ずっと居残りで練習をしていたそうよ」

優花里「…なんだか、少しだけ気持ちが分かる気がします…」

みほ「優花里さん?」

優花里「私も…ずっと、一人だったことがありますから」
12 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:52:39.24 ID:UYkf1d7Vo

カチューシャ「…もう、大体わかったかしら。この戦車に、怨念が憑りついているって言われているわ」

カチューシャ「現にその後、この戦車に乗った人間がケガをしたり、急に病気にかかったりするケースがあったそうよ」

華「…怨念、ですか…そういったことがあれば、信じるしかありませんね」

カチューシャ「それで…」

カチューシャ「…ぁ…あぁ…」ガタガタ

みほ「か、カチューシャさん!?」

沙織「ちょっ、大丈夫ですか!?」

ノンナ「…カチューシャ、あとは私が」

カチューシャ「…い、いいの。私に言わせて」

みほ「…」

カチューシャ「私が…私のせいなの…」

カチューシャ「私が…無責任にこの戦車を動かしたから…」

みほ「…!」

カチューシャ「この戦車、レギュレーションに違反しない範囲で、改良が加えられているの」

カチューシャ「本来のT-34よりも、かなりスペックが良くなっているハズよ」

カチューシャ「…だから、試しに動かしたのよ。この前…」

みほ「…この戦車の危険性は…」

カチューシャ「もちろん、みんな知っていたわ。だから、私も最初は一人で動かすつもりだった」

カチューシャ「でも、みんなが一緒についてきてくれて…」

カチューシャ「あの時いたのは、ノンナ、クラーラ、アリーナ、ニーナ…それから私だったわね」
13 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:53:07.40 ID:UYkf1d7Vo

沙織「…それで、その後は…?」

カチューシャ「…最初に事件が起きたのは、この前の模擬戦の時よ」

カチューシャ「アリーナの戦車からフラッグが出ていたんだけど…」

カチューシャ「その時、正面にいた戦車が勝手に発砲したせいで、アリーナの戦車に当たって、降りようとしていたアリーナが車外に…」

みほ「…」

カチューシャ「もちろん、撃った砲手は引き金に触れていないと言ってたわ」

カチューシャ「その時、戦車が勝手に動いて…」

優花里「そんな…そんなこと…」

カチューシャ「…ニーナは、戦車の整備中に機材が倒れてきて…」

カチューシャ「それに、もう私たちだけじゃないの」

華「どういうことですか…?」

カチューシャ「ノンナがこの前、別の戦車に乗っていた時に、また勝手に砲撃が…」

カチューシャ「それで前の戦車の履帯が壊れて、坂から滑り落ちて…」

麻子「そんなことが…」

カチューシャ「もう、私たちが戦車にかかわると、誰かが不幸になるのよ…」

カチューシャ「それに、クラーラは……」

カチューシャ「…っ…! うっ…!」

14 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:53:41.90 ID:UYkf1d7Vo

・・・

数日前

クラーラ『カチューシャ様』

カチューシャ『クラーラ?』

クラーラ『…もう一度、あの戦車に乗っていただけませんか?』

カチューシャ『な、何を言い出すのよ、クラーラ!?』

クラーラ『私が相手になります。カチューシャ様』

カチューシャ『だ、ダメよ!もうあれは動かせないわ!それに、貴女も今は戦車にかかわっちゃダメ!』

クラーラ『…カチューシャ様。このままでは何も変わらないんです』

クラーラ『あの戦車の怨念を振り払うには、あの戦車に白旗を立てなければならないと、私は考えています』

クラーラ『…正々堂々と、正当な勝負の結果としてです』

カチューシャ『…また、余計な日本語を覚えたわね…』

クラーラ『その相手は、プラウダの総帥であるカチューシャ様でなければならないのです』

クラーラ『これは私のためでも、カチューシャ様のためでも、それにプラウダ戦車道のためでもあります』

クラーラ『お願いです。同志カチューシャ』

カチューシャ『……わかったわ』


・・・


カチューシャ「それで…私の砲撃が当たった後、私の戦車のブレーキが利かなくなって…」

カチュ―シャ「クラーラの戦車が、崖まで押されて、逃げるのが間に合わなくて…」

カチューシャ「それで…うっ…!うわぁぁぁっ…!あぁぁ…!!」ボロボロ

ノンナ「カチューシャ!」ギュッ

みほ「カチューシャさん…」

カチュ―シャ「ごめんなさい…ごめんなさい…!」ボロボロ
15 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:54:11.92 ID:UYkf1d7Vo

ノンナ「…申し訳ありません、皆さん。今日はお引き取りを…」

優花里「は、はい」

ノンナ「学園の食堂と、空き部屋の手配ができておりますので、よろしければ…」

華「すみません、わざわざ…」

ノンナ「いえ…」

沙織「…」スッ

麻子「…沙織…?」

沙織「ノンナさん」

ノンナ「はい…?」

沙織「私たちのことも、頼ってくださいね」

ノンナ「沙織さん?」

沙織「ノンナさんだって、怖いんですよね」

ノンナ「そんな…私は…」

沙織「カチューシャさんのこと、お願いします」

ノンナ「…沙織さん…」

沙織「とりあえず、ノンナさんに任せよっか。行こ、みぽりん」

みほ「あ…失礼します」


ガチャッ
バタン…


ノンナ「…」

カチューシャ「ぐすっ…ノンナ…」

ノンナ「…」ギュッ

16 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:54:50.11 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜



華「…ふぅ、ごちそうさまでした」

優花里「プラウダの学食は美味しいですねぇ…体が温まります」

麻子「ん…」

優花里「…あの、武部殿」

沙織「ん?なに?」

優花里「その…先ほどの、ノンナさんへの言葉は、どういうことでしょうか?」

沙織「うん…だって、もうカチューシャさんには、ノンナさんしか頼る人がいないみたいだし…」

沙織「ノンナさんは、誰にも頼れないのかなぁ…って思ったら、つい…」

みほ「…そう、だよね…」

優花里「武部殿…」

麻子「…それで、どうするつもりだ?」

沙織「ん?」

麻子「まさか、このまま放って帰るわけにもいかないだろう」

みほ「うん。このままじゃカチューシャさんもノンナさんも、プラウダの皆さんも、戦車道が嫌いになっちゃう」

みほ「私…もう、戦車道で悲しむ人を見たくない」

華「…そうですね…みほさんも、以前は…」

みほ「…うん」
17 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:55:23.96 ID:UYkf1d7Vo

優花里「でも、どうすればいいんでしょうか…」

華「私たちでは、除霊なんてできそうにありませんし…」

麻子「目的がある分、大学選抜に勝つ方がまだ楽かもしれないな」

沙織「…なんで、こうなっちゃうのかなぁ…」

みほ「沙織さん?」

沙織「なんで、誰かを傷つけちゃうんだろう…」

沙織「もし、その戦車に、死んじゃった子の意思みたいなのがあるとしてさ」

沙織「…こうやって、周りの人を傷つけることが、本当にやりたいことなのかな…って」

麻子「…沙織…言おうとしてることはわかるが…」

沙織「うん、ごめんね…今更私がこんなこと言っても、何にもならないのはわかるんだけど…」

華「…いえ、私たちにもできることが、きっとあるはずですから」

沙織「…うん、そうだよ。そうだよね」

18 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:55:58.30 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜


2日後


みほ「…みんな、おはよう」

優花里「おはようございます、西住殿っ」

麻子「ぐぅー…」

沙織「ほら麻子!みぽりん来たから!」


スタスタ

カチューシャ「揃ってるわね」

ノンナ「おはようございます、みなさん」

みほ「カチューシャさん、ノンナさん」

カチューシャ「…」

華「カチューシャさん?」

カチューシャ「あ、今日はね、ちょっと話があって…」

みほ「例の戦車の事ですか?」

カチューシャ「ええ。そのことなんだけど…」

カチューシャ「…あの戦車のことは、もう気にしなくていいわ」

優花里「はぁ…」

みほ「気にしなくていいって…どういう意味ですか?」
19 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:56:34.79 ID:UYkf1d7Vo

カチューシャ「実は昨日、私とノンナと…一部の生徒で戦車を動かしたんだけどね」

カチューシャ「…しばらくの間乗っていても、結局何も起こらなかったのよ」

みほ「…え?昨日ですか?」

カチューシャ「ええ」

華「それじゃ、今までのは…」

カチューシャ「さぁ…悪い偶然だったんじゃないかしら?」

麻子「…」

カチューシャ「いろいろ試したわ。アリーナやクラーラがケガをした状況を再現したり…」

カチューシャ「でも、結局何も起きなかったのよ」

優花里「それは…」

カチューシャ「ノンナ」

ノンナ「はい。ニーナやアリーナのケガも治りましたし、クラーラも状態は良くなっているそうです」

カチューシャ「そういうことだから、結局私たちの考えすぎだったのかもしれないわね」

みほ「そうだったんですか…」

沙織「…それ、本当ですか?」

カチューシャ「…ええ、本当よ」
20 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:57:26.40 ID:UYkf1d7Vo

みほ「それじゃあ…」

カチューシャ「わざわざ心配してプラウダまで来てもらって、悪かったわね」

みほ「いえ、そういうことでしたら…」

カチューシャ「そういうことだから、この話はもう解決したわ。ノンナ」

ノンナ「はい。わざわざ来ていただいたのですから、お土産にでも…こちら、プラウダの林檎です」

華「これは丁寧に…大洗で頂きますね」

ノンナ「はい」

みほ「…カチューシャさん、本当に大丈夫ですか?」

カチューシャ「…ええ。大丈夫よ。ミホーシャこそ、手間をかけさせたわね」

みほ「いえ。カチューシャさんが元気になってくれて、良かったです」


沙織「(…ホントに…ホントに、これで終わったのかな…)」

沙織「(…やだ…何だろう、このモヤモヤした感じ…)」
21 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:58:05.46 ID:UYkf1d7Vo

優花里「…では、私たちは帰りますか?」

みほ「うん。それじゃ、明日の朝に出発かな?」

カチューシャ「…明日はちょっと都合が悪いから、見送りはできないけど…」

カチューシャ「それじゃ、これでお別れね」

みほ「はい。それじゃあ、また」

カチューシャ「…ええ。また…」

カチューシャ「…いつか、必ず会いましょう」

みほ「はい」

ノンナ「…みほさん、沙織さん」

沙織「ノンナさん…」

ノンナ「本当に…ありがとうございました」

みほ「いえ…私たちは、何も…」

ノンナ「言葉をかけていただけただけで、励みになりますから」

沙織「ノンナさん…カチューシャさんも、本当に大丈夫ですか?」

ノンナ「はい。私たちは、もう問題ありませんから」

沙織「でも、ごめんなさい。ホントに何にもしてなくて、お土産だけもらっちゃって…」

ノンナ「沙織さん。良いんですよ」

ノンナ「…もう、済んだことですから」

沙織「…?」

ノンナ「では、失礼しますね。お元気で」

みほ「は、はいっ。それでは」
22 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:58:35.63 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜



- 同日:夜 -


カチューシャ「…ノンナ」

ノンナ「はい、カチューシャ」

カチューシャ「消灯時間は過ぎたかしら?」

ノンナ「…はい、15分前に消灯時間です」

カチューシャ「見回りは?」

ノンナ「完了しています。今、外にいるのは私たちだけでしょう」

カチュ―シャ「そう」

ノンナ「はい、問題ありません」

カチューシャ「…ねぇ、ノンナ」

ノンナ「はい」

カチューシャ「ノンナまで、来ることはないのよ…?私だけ…」

ノンナ「私も当事者ですから。それに…」

ノンナ「…カチューシャ。私はずっと、貴女と運命を共にすると決めています」

カチューシャ「…お礼なんて言わないわよ」

ノンナ「はい。当然ですから」

カチューシャ「ふふっ…」

ノンナ「…時間です。同志カチューシャ」

カチューシャ「ええ。行きましょう」

23 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:59:03.12 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜〜〜


- 同時刻 -


沙織「じゃあ、私の部屋ここだから」

みほ「うん、また明日ね、沙織さん」

沙織「おやすみー」


バタン


沙織「ふぅ…」ゴロン

沙織「(…本当に、これで終わったのかな…)」

沙織「(確かに、カチューシャさんもノンナさんも、大丈夫だって言ってたけど…)」

沙織「(…何だろ…何が引っかかってるんだろ…?)」
24 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 22:59:36.02 ID:UYkf1d7Vo


カチューシャ『…いつか、必ず会いましょう』


沙織「(なんで、あんな言い方…)」


ノンナ『沙織さん。良いんですよ』

ノンナ『…もう、済んだことですから』


沙織「(なんであんなこと…)」

沙織「(済んだことって、何が…?どういう意味…?)」

沙織「(変な言い方って言うか…何だろ…?)」

沙織「(あの時のノンナさん…何か安心したような顔だったけど…)」

沙織「(この事件が終わってホッとしてるって言うより…もっと別の何か…)」

沙織「(何か…私たちにお別れを言って…それで…)」

沙織「…っ!!」ガバッ

沙織「まさか…」

ピッピッ

沙織「…もしもし、みぽりん?」

沙織「ごめん、急いでゆかりんに連絡してくれる?私は華と麻子に連絡するから」

沙織「プラウダの戦車倉庫前に集まってほしいの」
25 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:00:11.38 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜〜〜〜


みほ「…沙織さんっ!」

沙織「みぽりん!」

優花里「武部殿、どうしたんですか…?こんなに慌てて…」

沙織「ちょっと、確かめたいことがあって…」

麻子「私たちを集めたのは、何か意味があるのか?」

華「もしかして、戦車を動かすつもりですか?」

沙織「そうなるかもしれないから…」

みほ「…?」

沙織「えっと、あと…あ、いたいた。おーい!」

プラウダ生「…あ、大洗の…武部さん。どうしたんです?こんな時間に…」

沙織「ごめんなさい。ちょっと、例の幽霊戦車を見せてほしくて…」

麻子「こんな時間にか?」

沙織「うん。どうしても今じゃないとダメだから…」

優花里「どういうことですか?」

プラウダ生「それでしたらここですね。今シャッター開けますから」ピッ


ガラガラ…


プラウダ生「…あれ?」

華「何もありませんが…」

プラウダ生「おかしいなぁ…戸締りした時にはここにあったはずなんだけども…」
26 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:00:49.25 ID:UYkf1d7Vo

みほ「沙織さん、これって…」

沙織「…うん。そうだと思う」

麻子「…なるほど、話が見えたぞ」

優花里「え?」

みほ「…たぶん、今の幽霊戦車は、カチューシャさんとノンナさんが乗っています」

優花里「え…!ちょ、どういうことですか!?」

みほ「私も、もっと早く気付くべきだったのに…」

沙織「みぽりん、今は良いから」

みほ「うん」

華「もしかして…」

みほ「はい。たぶん昼間話していたことは、ほとんど真実ではありません」

みほ「本当は何も解決していなくて…でも、このままじゃまた被害が出るし、プラウダの戦車道はずっとこのままになってしまいます」

みほ「だから、二人はあの戦車と一緒に、プラウダから去ることを選んだんです」

優花里「えっ…」
27 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:01:20.76 ID:UYkf1d7Vo

みほ「それで解決するかはわからないけど…」

みほ「…でも、カチューシャさんとノンナさんは、これしか方法がないと思って…」

みほ「それに…カチューシャさんは、プラウダにいることがもう耐えられないんだと思うから…」

華「そんな…」

沙織「…追いかけよう、みぽりん!まだ間に合うよ!」

みほ「…うんっ」

プラウダ生「あの…?」

みほ「…すみません、戦車を1台貸してもらえませんか?」

プラウダ生「は、はいっ」

みほ「麻子さん」

麻子「今、マニュアル読んでる。たぶん大丈夫だ」

優花里「西住殿、こっちに履帯の後がありますよ!あっちの門から出て行ったと思います!」

みほ「ありがとう、優花里さん」

麻子「…ここからだと…こっちを抜ければ先回りできるかもしれない。ちょっと急ぐぞ」

みほ「お願いします、麻子さん」

沙織「…必ず助けようね、みぽりん」

みほ「…うん!」

プラウダ生「戦車準備できました!」

みほ「…行きます!パンツァー・フォー!」
28 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:01:52.40 ID:UYkf1d7Vo

〜〜〜


キュラキュラ…


ノンナ「カチューシャ。そろそろ、運転を変わりましょうか」

カチューシャ「ううん、平気よ」

ノンナ「…」

カチューシャ「…やっぱり、楽しいわね。ただ、こうして戦車を動かしているだけなのに」

ノンナ「カチューシャ…」

カチュ―シャ「ううん。もう決めたもの。この戦車はウチで保管するわ」

カチューシャ「それで、私はもう戦車にかかわらないから。それで、この話はおしまいよね」

ノンナ「…」

カチュ―シャ「…?」

ノンナ「カチューシャ?」

カチューシャ「…あれ…プラウダの戦車じゃない?」

ノンナ「え?」


キュラキュラ…


みほ「…カチューシャさん!」

カチューシャ「え…ミホーシャ!?なんで…?」

麻子「やっぱりここだったか。カチューシャさんの家に向かうつもりだったんだな」

華「失礼ですが、カチューシャさんの家はプラウダの方に教えていただきました」

優花里「冷泉殿のショートカットがなければ、追い付けませんでしたね…」
29 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:02:31.30 ID:UYkf1d7Vo

カチューシャ「…」

みほ「カチューシャさん…みんな、心配しますよ。帰りましょう」

カチューシャ「…なんで…」

みほ「え?」

カチューシャ「…なんで……何で、何しに来たのよ…」

カチューシャ「…っ…!もう、関わってほしくないの!迷惑なのよ!!」

カチューシャ「もう放っておいてよ!なんで!」ボロボロ

沙織「カチューシャさん…」

みほ「…本当はやめたくないんですよね、カチューシャさん」

カチューシャ「っ…」

みほ「絶対に助けるって、みんなで決めたんです」

みほ「今はまだ、力になれないですけど…きっと助けますから」

みほ「無責任な言葉で、ごめんなさい…でも、そんなに自分だけを責めないでください」

カチューシャ「…」

沙織「カチューシャさん…ね、いったんプラウダに戻って…」


…カタッ…


みほ「…!! 麻子さんっ!! 左後方! 下がってください!!」

麻子「んっ」グイッ


ドォォン!!


沙織「きゃあっ!!」

優花里「うわっ!」
30 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:03:18.07 ID:UYkf1d7Vo


カチューシャ「え…!?」

華「今…撃たれたんでしょうか?」

みほ「大丈夫ですか?」

麻子「何とか躱せたみたいだな」

ノンナ「…」

カチューシャ「ノ、ノンナ!?なんで撃っ…」

ノンナ「…カチューシャは、関わるなと言ったんです」

みほ「ノンナさん…?」

ノンナ「ごめんなさい、みほさん。それでも、私はカチューシャの意思に従うだけです」

ノンナ「…そこを通して貰います」グッ

カチューシャ「ノンナ…」

ノンナ「カチューシャ、操縦を」

カチューシャ「…っ…!ケガしても知らないから…!ミホーシャ…!」グッ

31 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:04:15.97 ID:UYkf1d7Vo

みほ「カチューシャさん…どうして…!」

カチューシャ「私はもう決めたの!もう、私はプラウダにはいられないのよ!」

カチューシャ「なんで…なんで認めてくれないの!?なんで分かってくれないのよ!!」

沙織「…っ!!」


カチューシャ『その子、当時はあまり目立たない子だったみたいで』

カチューシャ『誰からも気にかけてもらえなくて…それが悔しくて、ずっと居残りで練習をしていたそうよ』


沙織「…そっか」

華「沙織さん?」

沙織「わかったよ、みぽりん」

みほ「え?」

沙織「そっか…なんで気づかなかったんだろう」

沙織「それだけのことだったんだ…」

優花里「武部殿…?」

沙織「麻子、ごめん、ちょっと降りるね」

麻子「沙織?どこに…?」

沙織「…ね、みんな」

沙織「これから、私がすることは…絶対に止めないで欲しいの」

華「…わかりました」

麻子「沙織…?何をするつもりだ…?」

沙織「よっ…と」スタッ
32 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:05:14.83 ID:UYkf1d7Vo

カチューシャ「…え…?沙織…?」

ノンナ「沙織さん…?戦車から降りて、何を…?」

沙織「…大丈夫、大丈夫だから…ね」


…ギギッ

カチューシャ「…え…?」

ノンナ「カチューシャ?」


キュラキュラ…


ノンナ「カチューシャ?戦車が前進していますが…?」

カチューシャ「えっ…うそっ、私、何も…!」


ゴゴゴゴ…!


優花里「…に、西住殿…あの戦車、武部殿の方に…」

みほ「えっ…?」


ゴオォッ


沙織「…」

カチューシャ「えっ…!な、なんでっ!うそっ!」

ノンナ「カチューシャ!ブレーキを!」

カチューシャ「いやぁ!!止まって!止まってよぉ!!」ガチャガチャ


ゴォォッ
33 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:06:27.02 ID:UYkf1d7Vo

沙織「…」



麻子「さ、沙織っ!!何やってるんだ!逃げろ!」

華「…麻子さん、いけません」

麻子「離せ!離してくれ!!沙織がっ…!」

華「…信じましょう、沙織さんを」


ゴォォッ


沙織「(…大丈夫、大丈夫だよね)」

沙織「…いいよ、おいで」


ゴォッ


カチューシャ「いやあ!!いやああああぁぁ!!」ガチャガチャ

麻子「沙織っ!沙織ぃっ!!」




…ギイィィィィー……!!



ギィィ…



……





34 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:07:27.17 ID:UYkf1d7Vo


沙織「…」

麻子「…え…?」

カチューシャ「…止まった…の…?」


沙織「…ずっと…ずっと一人にしちゃったよね、ごめんね」

沙織「あなたがずっと一人で頑張ってたこと、私には伝わったから」

沙織「…もう、休んで良いんだよ」


麻子「…沙織…?」

カチューシャ「え…?」


沙織「(ずっと一人で頑張ってて…)」

沙織「(きっと、誰かに認めてほしかったんだよね)」

沙織「(だから、あんなこと…)」


カタカタ…


カタ…


カチューシャ「え…?な、何の音…?」

ノンナ「沙織さん…?」

みほ「…沙織さん…今、何が…」

沙織「…みぽりん、カチューシャさん」

沙織「終わったよ…全部…」
35 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:08:23.38 ID:UYkf1d7Vo


〜〜数週間後〜〜

大洗vsプラウダ 練習試合当日


審判「…では、両校隊長、副隊長、前へ!」

ザッ

みほ「…」

カチューシャ「よく来たわね、ミホーシャ!」

ノンナ「ご無沙汰しております、みほさん」

カチューシャ「怖気づかずに来たことは褒めてあげるわ」

カチューシャ「でも、今日は容赦しないから!全国大会の時の借りは返させてもらうわよ!」

みほ「はい!よろしくお願いします!」


・・・


麻子「…それで、聞いたか?」

沙織「何が?」

麻子「あの日以来、例の戦車絡みの事件は全く起きていないそうだ」

華「まぁ…」

麻子「それに、カチューシャさんやノンナさんも、何事もなく戦車を動かせていると言っていた」

優花里「例の戦車はどうなったんでしょうか?」

麻子「たぶん問題ないが、また倉庫で保管するそうだ。今度こそ誰も触らないように管理すると」

華「そうでしたか、それなら安心ですね」

麻子「クラーラさんも、ニーナさんやアリーナさんもケガは完治したようだ」

華「ええ。本当に良かったです」
36 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:09:04.87 ID:UYkf1d7Vo

桃「全く、何だあいつらは!西住達が助けてやったというのに、礼の一つもせんのか!」

杏「まーまー、いいじゃんかぁしま。いつも通りのカチューシャだし」

みほ「…はい。私もそう思います」

みほ「カチューシャさんもノンナさんも、前みたいに元気になって、ホントに良かったですから」

桃「ま、まぁ、西住がそれでいいというなら…」

みほ「それに…」

桃「ん?」


カチューシャ「…」スタスタ

カチューシャ「…」クルッ

沙織「?」

カチューシャ「…」ペコッ

沙織「…ふふっ」


みほ「…それに、感謝の形は、言葉だけじゃないと思いますから」

桃「ど、どういう意味だ?」

杏「ほらほらかぁしま、行くよー」


みほ「…皆さん、今日はプラウダと練習試合になります」

みほ「ですが、これまでの練習の成果を発揮して、落ち着いて戦いましょう」

みほ「それでは、頑張っていきましょう!パンツァー・フォー!」



 - 完 - 
37 : ◆o8JgrxS0gg [saga]:2017/07/12(水) 23:09:51.81 ID:UYkf1d7Vo
以上です、ありがとうございました。

ちょっと無理やりなシナリオになっちゃいましたが、なんとかあんこう4人分書けてホッとしてます。
黒森峰戦の「行ってあげなよ」から僕の中の沙織株がストップ高なので、沙織さん主役は意地でも書きたいところでした。
車長編は思いつけば書きたいです。


おまけ:没ネタ供養しました。よろしければこちらもお願いします。

・【ガルパン】みほ「ちょっと真面目な短編集です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497772202/
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/13(木) 00:58:50.00 ID:hpwiq1bn0

さおりんのママ力がストップ高
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/15(土) 01:59:59.19 ID:XN+yj4iWo
TVとかで浄霊してる霊能力者みたいな
沙織の姿が思い浮かぶ
34.64 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)