安価で西住みほの双子の弟として生きていく

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 14:02:11.28 ID:BBHnzWHo0
弟の設定

容姿>>2 性格>>3 特技>>4 姉からの愛され度>>5
その他>>6

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506661330
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:05:26.47 ID:9qYrbMX4O
見た目女
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:06:58.37 ID:gMMoMxek0
世話焼き
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:07:18.46 ID:tzgsVfRLO
触った戦車を爆発させる
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:07:52.80 ID:BlCxOu3hO
可もなく不可もなく
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:10:02.93 ID:UGoAGOYlO
開始時点では鬱に悩まされてる
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 14:32:16.71 ID:BBHnzWHo0
女らしい容姿の弟はその容姿のせいでいじめられ人間不信になるも
双子の姉、西住みほの慰めや優しい言葉のおかげでなんとか生活していた
しかしその姉が家を出て不器用な方の姉と不器用な母が残った

まほ「部屋から出てきて話をしないか?」

弟「嫌だ…話すことなんてない」

まほ「そうか…ご飯はドアの前に置いておくぞ」

弟「……」

まほ「いつまでもそうしていたってなにも始まらないぞ…」

……

まほ「くそっ!なんで私はみほの様にあいつに接してやれないんだ…」

弟の部屋

弟「俺の腕…傷だらけだな…何度も死のうとしたっけ」

次の行動>>8

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:33:03.51 ID:gMMoMxek0
とりあえず外へ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:33:19.60 ID:n4pW2ESx0
テレビを見る
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 14:37:42.95 ID:BBHnzWHo0
弟「外行くか…」

弟「長袖着ないと…」

弟「みんな寝てから行こう…」

夜の黒森峰

弟「みんなが起きる前に帰らないと…」

>>11に出会った
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:40:22.11 ID:n4pW2ESx0
ミカ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 14:48:33.15 ID:BBHnzWHo0
ミカ「どうしたんだい?そんなにキョロキョロして」

弟「ひぃ!」

ミカ「驚かしてしまったみたいだね」

弟「こっちこそなんかすいません…」

ミカ「それより一緒に星空でも眺めないかい?」

弟「え…なんで?」

ミカ「君が辛そうだったからさ…私でよければ話を聞くよ」

弟「>>13
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:49:22.70 ID:gMMoMxek0
ありがとう…
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 14:56:30.24 ID:BBHnzWHo0
弟「ありがとう…」

ミカ「気にすることはないよ」

弟「カクカクシカジカで」

ミカ「なるほど…君はお姉さんに会いたいのかい?」

弟「うん…」

ミカ「ならお姉さんを追いかけるといい…君の生きたい様に生きるのさ」

弟「そっか…」

弟「どうしよう…」

弟「>>15
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 14:58:11.83 ID:tJD4wWD/0
あそこは女子高だから、転校は出来ないからなぁ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 15:11:36.84 ID:BBHnzWHo0
弟「女子高だから転校できないし…」

ミカ「転校しなくても一緒には居られると思うよ」

弟「そっか!」

ミカ「何か思いついたのかい?」

弟「うん…ありがとう変な帽子の人」

ミカ「…うん」

弟「密航しよう!!」

弟「とりあえず荷物をまとめて次の貨物船に乗り込もう…」

>>17にたどり着いた

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 15:12:37.53 ID:1IjTn/7to
ロシア
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 15:12:51.32 ID:1EYsosPA0
継続高校
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 15:31:47.21 ID:BBHnzWHo0
再安価 ↓
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 15:32:19.83 ID:1EYsosPA0
アンツィオ高校
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 15:50:45.81 ID:BBHnzWHo0
アンツィオ

弟「ここは大洗かな?」

アンチョビ「あれ?西住じゃないか、どうしたんだこんな所で?」

弟「え…どちら様ですか?」

アンチョビ「ひどいなー私を忘れたのか?」

弟「え?」

アンチョビ「髪黒く染めたのか?似合ってるじゃないか」

弟「(あっ!この人みほ姉と俺を間違えてる…)」

弟「>>22
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 15:51:49.13 ID:OKv3E6K50
違います。それはみほ姉です
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 16:12:33.76 ID:BBHnzWHo0
弟「多分それ姉さんです…」

アンチョビ「へー西住って三姉妹だったのか」

弟「俺は男だ!」

アンチョビ「そうなのか…なんかすまん」ビクッ

弟「こっちこそすいません…」

アンチョビ「それで弟くんはなんでここにいるんだ?」

弟「カクカクシカジカで」

アンチョビ「なるほど大洗に行きたかったのか」

弟「はい…」

アンチョビ「西住みほには私が連絡しといてやろう」

アンチョビ「それで明日の船に乗って行けばいい」

弟「ありがとうございます…」

アンチョビ「明日までどうやって過ごすんだ?」

弟「>>24
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 16:14:14.27 ID:1EYsosPA0
どこか泊まれる施設ありませんか?
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 16:22:37.89 ID:BBHnzWHo0
弟「どこか泊まれる施設はありませんか?」

アンチョビ「ここを真っ直ぐ行った所にホテルがあるぞ」

弟「ありがとうございました…それじゃ」

アンチョビ「一応連絡先渡しとくからなにかあったら連絡してこい」

弟「はい…」

その頃西住邸では

まほ「母様!弟が…いなくなってる!」

しほ「なんですって…」

まほ「私がつい言い過ぎから…それで出て行ったのかもしれない…」

しほ「悔やんでもしょうがないです」

しほ「探しに行きましょう」

翌日

弟「やっぱり眠れないか…」

弟「早く大洗に行こう」

大洗

弟「着いたけど…>>26
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 16:26:31.43 ID:n4pW2ESx0
風紀委員に拘束された
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 16:42:32.87 ID:BBHnzWHo0
弟「どうしよどうしよ」キョロキョロ

そどこ「あの人とてつもなく怪しいわ」

ゴモヨ「なんか隊長に似てない?」

パゾ美「とりあえず捕まえよう」

そどこ「そこのあなた何してるの!」

弟「え…あのその」

そどこ「怪しい!確保!」

生徒会室

杏「それで触ったら気絶したと」

そどこ「はい…」

杏「西住ちゃんの知り合いぽいからとりあえず呼んでおこうか」

10分

みほ「弟くん!?」

杏「あーやっぱり似てると思ったんだよね」

そどこ「捕まえる時に触ったら気絶しちゃって…」

みほ「一度にたくさんの人に触られると気絶しちゃうんです…」

そどこ「なによそれ!?」

みほ「過去に色々あってそれで…私以外の人に触られると蕁麻疹が出たりしますし…」

杏「大変そうだねぇ」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 16:50:46.14 ID:BBHnzWHo0
弟「ここは…」

みほ「目が覚めたんだね…」

弟「みほ姉…会いたかったよぉ…」抱き

みほ「よしよし」ナデナデ

杏「なんでこの学園艦に来たか聞いてもいい?」

弟「カクカクシカジカで…」

杏「ようするに家出かぁ」

みほ「どうしたら…」

杏「とりあえずしばらくこの学園艦で生活しなよ」

みほ「いいんですか!?」

杏「なんか相当精神的に傷を負ってるみたいだし…帰すのは酷でしょ」

杏「しばらくは>>29で生活しなよ」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 16:51:20.39 ID:49D5qqMzo
女子寮のみほの部屋
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 17:03:09.58 ID:BBHnzWHo0
杏「西住ちゃんの部屋でいいよね?」

みほ「いいんですか?」

杏「きっと西住ちゃんのそばが一番安心できるんだよ」

杏「彼なら女の子に手を出すことはなさそうだし」

弟「ありがとうございます」

みほの部屋

みほ「お母さんにはちゃんと連絡した?」

弟「してない…」

みほ「一応私の所にいるってだけ連絡しておこうか」

弟「うん…」

みほ「もしもし…お母さん…うん…私の所にいるよ…」

みほ「変わる?」

弟「……」プルプル

みほ「嫌みたい…うん…大丈夫だから切るね」

みほ「心配してたよ?」

弟「うん…」

翌日

沙織「みぽりーん!弟が来てるんでしょ?」

優花里「会ってみたくて…」

麻子「眠い」

華「どんな殿方なんでしょう」

みほ「どうする…?」

弟「>>31

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:04:45.14 ID:OKv3E6K50
キチンと自己紹介する
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 17:14:20.63 ID:BBHnzWHo0
弟「西住みほの双子の弟です…よろしく」

優花里「すごい…髪が黒いのと目がちょっとキリッとしてる以外そっくりですね」

沙織「よろしくねー」

麻子「流石双子だな」

華「遺伝子ってすごいですね」

沙織「ねぇねぇ質問してもいい?」

みほ「大丈夫?」

弟「が、頑張る…」

沙織「>>33

優花里「>>34

麻子「>>35

華「>>36
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:15:28.73 ID:n4pW2ESx0
巨乳派?
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:18:49.71 ID:6wPEjf6+o
お付き合いしている人はいますか?
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:19:22.93 ID:ekJzD2MvO
彼女欲しくない?
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:19:59.64 ID:49D5qqMzo
明日甘いもの食べに行きません?
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:22:32.32 ID:8JSe+hg0o
全員駄目だこれーww
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 17:37:06.00 ID:BBHnzWHo0
弟「それ以前に人が怖くて考えられない」

沙織「なるほど…」

弟「付き合ったりするほど仲のいい女の人はいない」

優花里「ふむふむ…」

弟「別に欲しいと思わない」

麻子「そうか」

弟「ごめん…やっぱ人と出かけるの怖いわ」

華「残念です…」

沙織「これは重症だね…」

沙織「そうだ!弟くんこれでジュース買って来て」

弟「えっ…ああうん」

10分後

みほ「ごめんね…昔にイジメられてから人間不信になっちゃってるの…」

優花里「可哀想に…」

沙織「でもこのままじゃダメだよ」

麻子「つまり?」

沙織「私たちで治してあげようよ」

華「みほさんはどう思います?」

みほ「治してあげたい…昔の誰にでも笑顔だった弟君に戻してあげたい…」

沙織「決まりだね」

沙織「作戦その1 >>39



39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:39:08.31 ID:cr7iTPyPO
カメさんチームに入れる
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:39:17.96 ID:hdVxKOHTo
戦車長をやらせてみる
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:39:30.42 ID:lK3fHbNVO
普通に接する作戦
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 17:55:42.29 ID:BBHnzWHo0
沙織「というわけでお願いします」

杏「まぁいいけどなんか意味あるの?」

沙織「きっと戦車に乗れば自然と仲良くなるはず」

麻子「ガバガバだな」

みほ「頑張って!」

弟「みほ姉がそういうなら」

杏「ほら乗ってみようか」

桃「よろしくたのむ」

柚子「よろしくねー」

杏「とりあえずその辺走ってみようか」

3秒後

沙織「戦車が爆発した…」

みほ「忘れてた…弟くんは戦車にのると何故か戦車が爆発する体質だった…」

杏「あはは…」アフロ

沙織「次の作戦!>>43

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:56:20.57 ID:lK3fHbNVO
>>41
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 17:56:46.86 ID:hdVxKOHTo
生け花の指導を受ける
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 18:13:48.76 ID:BBHnzWHo0
沙織「やっぱり普通に接してあげるのが一番だよ」

沙織「一緒にケーキ食べよ?」

弟「ごめん無理!」

優花里「二人で海でも眺めにいきませんか?」

弟「それはちょっと」

麻子「膝枕してくれ」

弟「蕁麻疹でるから…」

華「大盛りチャーハン30分で食べ切れたら三千円のお店にいきませんか?」

弟「俺そんなに食えないし…」

公園

弟「あいつら…俺をどうしたいんだよ…」

杏「普通に仲良くなりたいだけだと思うよ」

弟「あっ…ども」

杏「過去に何が会ったか知らないけどさ」

杏「もうちょっと人を信じてみてもいいんじゃない?」

弟「…怖いんですよ…この人も心の中で俺を馬鹿にしてると思うと」

杏「そう思ってる人の為にここまでする?」

弟「それは…」

杏「もうちょっと心開いてもいいんじゃない?」

弟「>>46





46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 18:15:13.68 ID:OKv3E6K50
がんばって…みます…
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 18:33:18.43 ID:BBHnzWHo0
弟「頑張ってみます…」

杏「頑張れ〜」

翌日

沙織「お弁当作って来たよ」

弟「ありがとう…一緒に食べようか」

沙織「!?」

優花里「一緒に買い物に…」

弟「あ、新しい帽子が欲しかったんだ…丁度いいや」

優花里「!?」

麻子「腕枕してくれ」

弟「蕁麻疹でたらごめんね…」

麻子「!?」

華「大盛りラーメン…」

弟「見てるだけでいいなら付き合う…」

華「!?」

みほ「治ったの!?」

弟「ううん…まだ怖いけどみんななら信じていいかもなぁって…」

みほ「ゆっくり…治していこうね…」

弟「ありがとう」

翌日

弟「今日は>>48しよう」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 18:33:54.12 ID:OKv3E6K50
見学
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 18:54:01.07 ID:BBHnzWHo0
みほ「練習の見学?いいよ」

弟「ありがとう」

梓「隊長の弟が見学に来るらしいよ」

あや「男の人!?かっこいいかな?」

左衛門座「武士かもしれないな」

典子「バレー部に勧誘しよう!」

忍「キャプテン!相手は男の人です!」

そどこ「こないだのこと謝らなきゃ…」

ツチヤ「バイクとか好きかな?」

スズキ「男の子なら好きなんじゃない」

ももがー「男の子なんて久しぶりだから緊張するなり」

みほ「おはよう」

全員「!?」

弟「あっ…どうも西住みほの双子の弟です」

全員「質問!質問!」

沙織「ちょっとみんな落ち着いて!」

麻子「まるでパンダみたいだな」

優花里「質問は順番ですよー」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 18:58:15.19 ID:BBHnzWHo0
みほ「各チームの車長さんは順番に質問してください

梓「>>50

エルヴィン「>>51

典子「>>52

そど子「>>53

ナカジマ「>>54

ねこにゃー「>>55

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 19:00:58.15 ID:n4pW2ESx0
お姉さんの事好きですか?
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 19:02:55.86 ID:1EYsosPA0
バレーは好きですか!
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 19:09:24.82 ID:Rb4bzqeXo
戦車は好きですか?
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 19:12:00.29 ID:pT6BIATDo
車やレースは好きかな?
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 19:12:21.66 ID:VnNvmuM7o
ネトゲに興味は?
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 19:36:09.83 ID:BBHnzWHo0
弟「みほ姉のことはもちろん好きだよ…」

梓「仲がいいんですね」

優季「シスコンって奴〜?」

あゆみ「言い方悪いよ…」

沙織「みぽりんも満更ではなさそうだね」

みほ「……//」

弟「バレーはしたことないかな…」

典子「なら教えるから今度一緒にやりましょう」

妙子「手取り足取り教えてあげます!」

弟「戦車は爆発するから触らないんだ…」

杏「アフロはもう勘弁してよ」

桃「直すのにすごく時間がかかったんだぞ!」

弟「ごめん…なさい…」

弟「車とかは興味ないけど…バイクの免許は母さんに言われて取ったから持ってる…」

ナカジマ「なら今度ツーリング行こうよ!」

ホシノ「いいねいいね」

弟「ネトゲはThe Worldって奴を引きこもってる時にやってたよ…」

ねこにゃー「The Worldならこんどい、一緒にやろ」

ももがー「パーティーを組むなり」

弟「なんか疲れちゃったから帰るね…」

麻子「質問しすぎだ」

杏「人に慣れてないからだいぶ神経つかったんじゃない?」

翌日

弟「今日は>>57しようかな」




57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 19:36:50.69 ID:OKv3E6K50
部屋でゆっくりしよう
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 19:56:28.05 ID:BBHnzWHo0
弟「部屋でゆっくりしよう」

みほ「今日は私も休みだからゆっくり話せるね」

弟「うん…みほ姉が…いなくなってさ」

弟「俺何度も死のうとしたんだ…」

みほ「ごめんね…」

弟「ううん…謝るのは俺の方」

弟「突然押しかけたりして」

みほ「うん…」

弟「でもやっぱり実家にいるよりこっちの方がいい…」

弟「やっぱりみほ姉のそばは安心できるんだ…」

みほ「ずっとお姉ちゃんがそばにいてあげる…」

弟「みほ姉…俺もう我慢できない…」

みほ「ダメだよ…私たち姉弟だよ?」

・・・・・

沙織「ダメと言いつつもみぽりんは抵抗せず弟君はゆっくりとみぽりんの服を…」

優花里「続きは…」はぁはぁ

麻子「お前…本気で気持ち悪いな…」

華「病院紹介しましょうか?」

沙織「ちょっと酷くない?」

麻子「いやガチで引いたぞ」

華「おふざけはそれぐらいにして早くみほさんのお家に行きましょう」

沙織「今日はみぽりんのうちで>>59する予定だもんね」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 19:57:00.00 ID:n4pW2ESx0
パジャマパーティー
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 20:18:49.18 ID:BBHnzWHo0
みほの家 夜

沙織「やっぱりパジャマパーティーはいいね、女子力高いよ」

華「いつかその女子力を生かせる日が来るといいですね」

麻子「だな」

弟「ジュース買ってきたよ」

優花里「ありがとうございます!」

沙織「それじゃあかんぱーい」

30分後

みほ「zzzzzz」

沙織「なんだかとっーても楽しいよ〜」

麻子「あははは」

優花里「もっとジュースもってこーい」

弟「ジュースじゃなくてチューハイだった…」

華「みなさん酔っ払ってますね」

弟「五十鈴さんは大丈夫なの?」

華「全然酔っ払ってませんよ」抱きっ

弟「ダメだ…この人も酔っ払ってる」

弟「どうしよう…」

弟「>>61

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 20:20:28.33 ID:OKv3E6K50
水でもぶっかけてみんなの正気に戻そう
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 20:43:55.19 ID:BBHnzWHo0
弟「目を覚ませ!」水ドバァ

全員「冷たい…」

弟「とりあえずお風呂いってきなよ」

麻子「頭痛い…」

優花里「記憶が一部飛んでます…」

沙織「これお酒だったんだね…」

華「頭が痛いです…」

弟「なんかごめん」

翌日

弟「今日は>>63しよう」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 20:44:48.87 ID:n4pW2ESx0
ネットサーフィン
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 20:45:16.99 ID:aV3eXxwPo
もっと戦車になじめるように
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 20:52:45.56 ID:BBHnzWHo0
弟「久しぶりにケータイでもみてネットサーフィンするか」

新着

まほ姉 3650件
アンチョビ 2件

弟「…怖っ」

弟「アンチョビさんには返信しておこう」

アンチョビ「無事につけたか?」

弟「はい、 大洗で生活してます」

弟「うわっ即既読ついた」

アンチョビ「また遊びにきてくれ」

弟「機会があれば」

弟「さて暇だな…」

弟「>>66に会いに行こうかな」

アンチョビ「
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 20:53:25.82 ID:cr7iTPyPO
ゆかりん
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 21:05:20.78 ID:BBHnzWHo0
弟「秋山さん!」

優花里「弟殿どうかなさいましたか?」

弟「うん…少し秋山さんと話したいなって思って」

優花里「いいですよ」

弟「ありがとう…どこで話そうか」

優花里「私の家が近いでよかったら来ますか?」

優花里の部屋

優花里父「あの子は男なのか…女の子なのか…?」覗き見

優花里母「どうなのかしら…」覗き見

優花里「二人ともあっちいってて!」

優花里「すいません…父と母が…」

弟「あいさつとかしなくて大丈夫…?」

優花里「気になさらずに」

弟「(>>68の話でもしよう)」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 21:05:48.11 ID:n4pW2ESx0
みほ
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 21:15:14.37 ID:BBHnzWHo0
弟「秋山さんはみほ姉と仲良いの?」

優花里「恐れ多くも仲良くさせていただいてます」

弟「みほ姉結構秋山さんの話するからさ」

優花里「どんな内容ですか!!」

弟「基本褒めてるよ」

優花里「よかった…」

優花里「弟殿は本当に西住殿とそっくりですよね」

弟「まぁ双子だからね」

優花里「この違うのはこの黒い瞳と髪の色だけ…」

弟「ねぇ!?顔近くない?」

優花里「もっとよく見せてください」ハァハァ

弟「…!?」

弟「>>70

70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 21:17:28.87 ID:cr7iTPyPO
俺でよければ…
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 21:18:00.63 ID:YfFguXXR0
やだこわい・・・やめてください・・・
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 21:29:23.60 ID:BBHnzWHo0
弟「俺で…よければ…」

弟「俺を姉さんだと思って…」

優花里「辛抱たまりません!」

………

弟「満足した?」

弟「(なんだろう…今まで拒絶して来たのが嘘のように求められることに喜びを感じる)」

優花里「すいません…//」

弟「いいよ…またいつでも言って」

優花里「そうだ…//連絡先交換しましょう!」

弟「うん…」

弟「(俺の心はとっくの昔に壊れていたのかもしれない)」

翌日

弟「今日は>>73に会おうかな」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 21:29:42.21 ID:n4pW2ESx0
丸山
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 21:46:22.32 ID:BBHnzWHo0
公園

弟「あの子は…」

紗希「……」

弟「なにしてるの?」

紗希「ちょうちょ…」

弟「蝶をみてるんだね」

紗希「うん…」

弟「>>75

75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 21:46:55.22 ID:OKv3E6K50
僕も見てていい?
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 22:04:02.91 ID:BBHnzWHo0
弟「一緒にみていい?」

紗希「…」コクッ

弟「……」

紗希「…」

弟「…」

紗希「…」寄り添い

弟「あったかいね…」

紗希「……」コクッ

翌日

弟「今日は>>77しよう」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:04:41.22 ID:aV3eXxwPo
戦車磨き
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:05:10.50 ID:OKv3E6K50
ミカさんを探しに
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 22:10:43.12 ID:BBHnzWHo0
戦車倉庫

弟「お世話になってるから戦車を綺麗にして恩返しだ」

杏「はいはいー君は戦車に触らなくていいからね〜」

桃「爆発は勘弁だ」

弟「俺はどうすれば?」

典子「ならバレーボールを…」

桃「お前らは掃除をしていろ!」

エルヴィン「一緒に本陣を作ろう」

桃「お前らも掃除しろ!」

杏「君には>>80してもらおうかな」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:11:56.71 ID:Rb4bzqeXo
生徒会の手伝い
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:11:59.89 ID:eOJlm7msO
ホースで水をかけてもらう
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:12:04.89 ID:n4pW2ESx0
買い出し
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 22:22:57.03 ID:BBHnzWHo0
弟「わかりました」

生徒会室

杏「そうそうそこそこ…」

杏「きもちいいよ…」

弟「肩揉みが手伝いなんですか?」

杏「文句ある?」

弟「いやそれは…」

杏「誰のおかげでここにいれるのかなぁ…」

弟「精神誠意お揉みします」

30分

杏「あーきもちよかった」

弟「疲れた…」

杏「じゃあご褒美あげよっか…」

弟「ちょっ…なんで膝乗ってくるんですか!?」

杏「戸惑った顔も西住ちゃんそっくり…」ふー

弟「耳に息かけないで…」

杏「やだー」ふーふー

弟「>>84
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:23:19.77 ID:n4pW2ESx0
やり返す
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:23:57.09 ID:VnNvmuM7o
み、耳は弱いから、や、やめて
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 22:32:04.28 ID:BBHnzWHo0
弟「仕返し…」ふー

杏「ん…」

弟「ふーふー」

杏「そんなことするから切なくなっちゃったよ…」

弟「俺も…」

杏「このまましちゃおっか?」

弟「>>87
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:34:29.85 ID:OKv3E6K50
何を?
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 22:48:47.75 ID:BBHnzWHo0
弟「なにを?」

杏「それを女の子に言わせちゃうんだ」

弟「ごめんなさい…」

杏「いいよ…Hしよっか」

弟「誰か来たらまずくないですか?」

杏「大丈夫…鍵閉めたから」

………

弟「もっと…もっと愛されたい…」

翌日

弟「今日は>>89
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:49:26.10 ID:n4pW2ESx0
読書
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 22:57:23.22 ID:BBHnzWHo0
弟「読書するか…」

ケータイ

優花里「一緒に出かけませんか?」

杏「今日はウチにこない?」

弟「本よも…」

弟「犬の図鑑でいいや」

3時間後

弟「どこか出かけるか」

弟「>>91
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 22:57:47.32 ID:GySdCwV9o
杏家に
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 23:02:38.05 ID:BBHnzWHo0
杏「やっときてくれたんだ」

弟「ちょっと寝てました」

杏「ふーん」

杏「お茶淹れるからちょっと待っててね」

弟「はい」

杏「はいお茶どうぞ」

弟「ありがとうございます」

杏「ねぇ私たちって付き合ってるのかな?」

弟「>>93
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 23:02:49.48 ID:5VWrQEqRO
わからない
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 23:15:27.93 ID:BBHnzWHo0
弟「わかんない…」

杏「どういう意味?」

弟「誰かに好かれたいから求められたら応じるけど
杏さんが好きなのかはわからない」

杏「つまり私が求めたから応じたと…」

弟「はい」

杏「じゃあこれからの私を好きになるかもしれないんだね」

弟「わからないですけど」

杏「じゃあ頑張って私の虜にしてあげるよ」

弟「お手柔らかに…」

翌日

弟「>>95に会いにいこうかな」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/29(金) 23:15:44.33 ID:n4pW2ESx0
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 23:19:14.25 ID:BBHnzWHo0
弟「五十鈴さん一緒にどこか出かけない?」

華「いいですよ」

弟「>>97に行こう」

華「わかりました」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 23:21:10.66 ID:Rb4bzqeXo
ケーキバイキング
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 23:30:36.38 ID:BBHnzWHo0
華「いいですね」

ケーキバイキング

弟「すごい食うんだね…20個はあるよ?」

華「まだまだ入りますよ」

弟「俺はこれにしよ」

華「みほさんも好きな奴ですね」

弟「うん…子供の時にみほ姉の真似してずっと食べてたから」

華「子供の頃から本当に仲が良かったんですね」

弟「俺にはみほ姉しかいなかったから…」

華「……」

弟「でも今は違う…五十鈴達がいるから俺幸せだよ」

華「そう言われると照れくさいですね…//」

弟「これからもよろしくね」

華「はい」

弟「そろそろ帰ろうか」

華「ですね、またいつでも誘ってください」

翌日

弟「今日は>>99の所に行こう」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 23:31:27.43 ID:OKv3E6K50
ミカ
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 23:38:38.86 ID:BBHnzWHo0
弟「あっ!変な帽子の人だ」

ミカ「久しぶりだね」

弟「あの時はありがとうございました!」

ミカ「私はちょっと助言しただけで決めたのは君さ」

ミカ「だいぶ元気になったみたいだね」

弟「はい!俺今は幸せです」

ミカ「そうかい…でも幸せになったからと言って気を抜いちゃいけないよ」

ミカ「八方美人な態度は敵を作ることを忘れちゃダメさ」

弟「はぁ」

ミカ「私はそろそろ失礼するよ」

弟「また会えますか?」

ミカ「君が迷った時はきっと会えるよ」

翌日

弟「今日は>>101の所に行こう」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 23:39:40.63 ID:Rb4bzqeXo
柚子
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 23:46:53.99 ID:BBHnzWHo0
弟「柚子さん、こんにちは」

柚子「こんにちは今日はどうしたの?」

弟「柚子さんの手伝いしようと思って」

柚子「今日は桃ちゃんも会長もいないから助かっちゃうなぁ」

弟「ナイスタイミングですね」

柚子「じゃあ>>103でもしてもらおうかな」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 23:47:18.89 ID:bmNWuVFoo
掃除
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/29(金) 23:52:10.70 ID:BBHnzWHo0
弟「掃除ですね」

柚子「>>105さんも手伝ってくれるみたいだから」

柚子「二人でやってね」

弟「はーい」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/29(金) 23:53:06.48 ID:n4pW2ESx0
麻子
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/29(金) 23:53:06.53 ID:22czlzqkO
沙織
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 00:05:19.12 ID:zH36f/qR0
麻子「なんで私が掃除なんか…」

弟「遅刻しすぎじゃしょうがないよな」

麻子「人間が朝の7時に起きれるか」

弟「結構起きれるから」

弟「じゃあ俺向こうやってくるから冷泉さんは体育倉庫やってて」

麻子「わかった」

2時間後

体育倉庫

弟「終わったー?」

弟「跳び箱の上でぐっすりかよ…」

麻子「zzzzz」

弟「>>108してやろ」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 00:06:49.70 ID:ohY6jpbxo
マットの上で寝かしてあげる
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 00:19:11.86 ID:zH36f/qR0
弟「しょうがないなぁ」

弟「マットまで運んでっと」

麻子「んー」

弟「見てたらなんだか俺まで眠くなってきた…ちょっと寝よう」

5時間

弟「寝すぎた…!真っ暗だ」

弟「鍵かかってる…ここ学園艦の下の方だから電波届かないし…」

弟「冷泉さん!起きて」

麻子「んー掃除終わったのか?」

弟「それどころじゃなくて俺たち閉じ込められちゃった…」

麻子「なんだと!!どうするんだ!?」

弟「>>110
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 00:19:58.28 ID:oO79DVBLo
みほに助けてテレパシーを送る
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 00:20:03.95 ID:ZQLowJ0Zo
仕方ないから朝までくっついて寝よう
寒いから仕方ない
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 00:30:57.54 ID:zH36f/qR0
弟「みほ姉たすけて…たすけて…」祈り

みほ「あっ!ボコの再放送みなきゃ!」

まほ「弟のピンチな予感がする…」

弟「まぁテレパシーは無理だわ」

麻子「ふざけてる場合か」

弟「どうせ朝まで出れないし怪談でもするか」

麻子「やめろ!」

弟「昔さ今の俺たちみたいに体育倉庫に閉じ込められちゃった男の子がいたんだって」

麻子「聞こえない聞こえない」

弟「夏休み初日のことでさ…誰にも見つけてもらえなくて餓死しちゃったんだって」

弟「それから夜になるとその体育倉庫では男の子の助けたーって声が聞こえるんだってさ…今もほら冷泉さんの後ろに…」

麻子「ひゃぁぁぁぁぁ」抱きっ

弟「おっと…怖がりすぎ…(こんなに震えて本当に怖かったんだ…)」

麻子「ばかぁ…」

弟「>>113


113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 00:31:29.08 ID:wIE18Q350
手を繋ぐ
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 00:31:33.67 ID:ApNrlOsWO
ごめんね ナデナデ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 00:43:31.71 ID:zH36f/qR0
弟「ごめんな…」手を繋ぐ

麻子「許さないからな…」

1時間後

弟「泣き疲れて寝ちゃったか…」

麻子「zzzzz」

弟「手しっかり握られてて外れないや」

弟「>>116
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 00:44:27.79 ID:ZQLowJ0Zo
引っ付いて一緒に寝る
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 00:52:41.66 ID:zH36f/qR0
弟「おやすみ冷泉さん…」

麻子「zzzz」



麻子「んーよく寝た…なんで…隣で弟くんが寝てるんだ…」

弟「あーおはよ」

麻子「う、うん」

弟「そろそろ誰かが助けに来てくれるだろう」

麻子「……//」モゾモゾ

弟「どうしたの?」

麻子「と、トイレ…」

弟「>>118

118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/30(土) 00:56:25.70 ID:wIE18Q350
向こう向いてるね
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 01:03:09.64 ID:zH36f/qR0
弟「向こう向いてるから…//」

弟「そこに置いてあるバケツに…」

麻子「絶対みるなよ…」

麻子「耳も塞げ!」

…………

その後気まずい空気のまま助けにきた柚子さんに助けられた

翌日

弟「今日は>>120の所に行こう」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 01:03:56.27 ID:ShrhkJ2bO
ゆかり
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 01:03:57.18 ID:taxU66AqO
まほ
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 01:09:21.93 ID:zH36f/qR0
優花里の部屋

優花里「弟殿…//」スリスリ

弟「随分甘えてくるね」

優花里「久しぶりですから…//」

弟「そっか…」

優花里「あの…//」

弟「なに?」

優花里「私のこと…名前で呼んでくれませんか?」

弟「>>123
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 01:10:21.58 ID:eldCNrJIo
ゆかり、大好き、超可愛い
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 01:33:59.89 ID:zH36f/qR0
弟「優花里…大好き超可愛い…」

優花里「えへへ 私今とっても幸せです」

弟「喜んでもらえてよかったよ」

優花里「えへへ」スリスリ

弟「ねぇ…優花里は俺が好きなの?みほ姉が好きなの?」

優花里「え?どっちも好きですよ」

弟「そっか…」

翌日

弟「今日は>>125の所に行こう」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 01:37:05.21 ID:sp8ysJGVo
みほ
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 01:55:50.29 ID:zH36f/qR0
みほの部屋

弟「今日は一日みほ姉と一緒にいる」

みほ「うん、たまには兄弟水入らずで過ごそう」

弟「膝枕してー」

みほ「はいはい」

弟「やっぱりみほ姉の膝は最高だよ」ゴロゴロ

みほ「最近みんなと仲良くしてるみたいだね」

弟「うん…みんなすごくいい人」

みほ「そばにいるのはもう私じゃなくていいのかな…」ボソっ

弟「どうかした?」

みほ「なんでもないよ」

みほ「ねぇ…最近誰と仲がいいの?」

弟「>>127




127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 01:58:31.72 ID:ohY6jpbxo
優花里と杏さんかなあ
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 03:14:32.83 ID:nZJQZwp40
話の流れがたんたんとしてて好き
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 07:55:36.44 ID:zH36f/qR0
弟「優花里と杏さんかな」

みほ「そうなんだ…」

みほ「二人とも本当に弟くんが好きなのかな」

弟「え?」

みほ「なんでもないよ」

みほ「耳かきしてあげるね」

弟「わーい」

翌日

弟「今日は>>130の所に行こう」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 08:01:56.95 ID:nORGTFwl0
沙織さん
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 08:14:24.54 ID:zH36f/qR0
弟「武部さん」

沙織「あっ弟君、どうしたの?」

弟「武部さんと話がしたいなぁって」

沙織「いいよー私と語り合っちゃおう」

沙織「ねぇ…男の子の弟くんに聞きたいんだけどどうしたら男の子にモテるの?」

弟「>>132

132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 08:16:42.02 ID:D4U272/wO
武部さんに少しセクシーに優しくされたら誰でも落ちちゃうよ
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 08:25:12.93 ID:zH36f/qR0
弟「武部さんに少しセクシーに優しくされたら誰でも落ちちゃうよ」

沙織「やだもー」

沙織「褒めすぎだよー」

弟「本当のことだって」

沙織「もう…//」

弟「多分出会いがないだけだよ」

沙織「やっぱりそうなのかなぁ」

弟「うん」

沙織「そうだ!じゃあ君でデートの練習させてよ」

弟「俺?別に構わないよ」

沙織「本当に!? じゃあ今度二人で出かけようね!」

沙織「約束だよ」

翌日

弟「今日は>>134の所に行こう」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 08:32:16.50 ID:nORGTFwl0
麻子
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 08:40:01.39 ID:zH36f/qR0
弟「冷泉さん!」

麻子「……」ぷいっ

弟「なんで無視すんの?」

麻子「私お前嫌い…」ぷいっぷいっ

弟「こないだのあれか…」

弟「>>136して許してもらおう」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 08:48:14.31 ID:KrkmqW7Zo
ブランデーケーキ
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:02:48.28 ID:zH36f/qR0
弟「ケーキをあげよう」

麻子「一応もらっておいてやろう」

麻子「許したわけじゃないぞ」パクッ

5分後

麻子「好き〜」スリスリ

弟「……酒入ってたなこれ」

麻子「あのね?あのね?」

弟「なに?」

麻子「麻子ね…あなたに会うとこないだのこと思い出して恥ずかしくて話せないの…」

弟「そっか…」

麻子「夜になるとね…あなたに握られた手を思い出して体が火照っちゃうの…」

弟「>>138
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 09:04:29.28 ID:BAnECd+TO
じゃあ、おいで
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:10:34.98 ID:zH36f/qR0
弟「じゃあおいで…」

麻子「行く〜」

………

麻子「あれここはどこだ?」

弟「zzzzz」

麻子「なんで裸でこいつと寝てるんだ!?なんかお股痛いし…」

麻子「あっ…」

麻子「おい!起きろ!」

弟「あーおはよ」

麻子「おい…お前と私はその…したのか?」

弟「まぁはい…」

麻子「……責任とれよ?」

弟「>>140

140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 09:12:02.27 ID:egtogcn00
はい
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:15:41.49 ID:zH36f/qR0
弟「はい…」

麻子「浮気したら切るぞ」

弟「なにを…?」

麻子「男の象徴」

弟「………」

翌日

弟「今日は>>142の所に行こう…」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:16:06.67 ID:U/EjkjhIO
優花里
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:22:30.95 ID:zH36f/qR0
弟「優花里ー一緒に買い物に行こう」

優花里「はい!オトモします」

弟「このニット帽どうか?」

優花里「似合ってるとおもいますよ」

弟「おそろいで買う?」

優花里「いいんですか!?」

弟「ああ」

優花里「やった!一生大事にしますね」



弟「ご飯でも食べて帰ろうか」

優花里「はい!」

>>144に遭遇した
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 09:31:56.83 ID:BAnECd+TO
沙織
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:39:24.55 ID:zH36f/qR0
沙織「あれ?ゆかりんと弟くん!」

優花里「武部殿!」

沙織「二人で買い物?」

優花里「はい!帽子を買いに」

沙織「へー…それでお揃いの帽子かぶってるんだ」

沙織「じゃあ二人は付き合ってるの?」

優花里「それは…」チラッ

弟「>>146
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:48:00.86 ID:nZJQZwp40
麻子
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 09:53:53.42 ID:zH36f/qR0
弟「俺…冷泉さんと付き合ってるから…」

沙織「麻子!?」

優花里「え…嘘ですよね?」

弟「本当だよ…」

沙織「そうだったんだ…」

優花里「…すいません…用事をおもいだしました…失礼します」

沙織「あっ…ゆかりん!」

弟「…」

沙織「その気がないのに女の子にああいうことしたらダメだよ…」

弟「ごめん…」

沙織「私に謝ったってしょうがないじゃん…」

弟「…どうしよう」

弟「…>>148
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 09:54:48.61 ID:ohY6jpbxo
追いかける
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 10:05:21.46 ID:zH36f/qR0
弟「追いかけてくる…!」

沙織「いってらっしゃい…」

弟「待って!」手掴み

優花里「離してください…」

弟「嫌だ…」

優花里「恥ずかしいんです…付き合ってたのが自分だけだと思うと…」

弟「…」

優花里「最初はあなたを通して西住殿をみてました…」

優花里「でも最近は西住殿ではなくあなた自身をみていました…」

優花里「西住殿じゃなくてあなたが好きになっていたんです!!」

弟「>>150
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 10:07:55.70 ID:JUCi6vnLo
ごめん、俺、まだ誰を好きとかいう気持ちがよく分からなくて
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 22:25:58.98 ID:zH36f/qR0
弟「ごめん、俺、まだ誰を好きとかいう気持ちがよく分からなくて」

好きという気持ちがわからなくて〜

優花里「好きだから冷泉殿と付き合ってるんじゃないんですか!!」

二度とは戻らないこの時間が〜

弟「求められたから答えた…そしたら付き合うことを求められたから…」

その意味をあたしに教えてくれた〜

優花里「それじゃあ私が付き合うことを求めたら」

あなたと過ごした日々をこの胸に焼きつけよう〜

優花里「付き合ってくれるんですか…?」

思い出さなくて大丈夫なように〜

弟「>>152
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 22:30:17.03 ID:ohY6jpbxo
付き合うって事教えて欲しい
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 22:35:46.42 ID:zH36f/qR0
弟「付き合うってことを教えてほしい…」

優花里「冷泉殿に教わってください」

弟「え…」

優花里「もう顔も見たくありません」

優花里「さよなら」

弟「あっ…」

翌日

弟「眠れなかった…」

弟「何がいけなかったんだろう…」

弟「今日は>>155に会いに行こう…」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/30(土) 22:40:18.65 ID:nORGTFwl0
ミカ


これどうしたらいいの?
どっかでやり直せたりしないかな〜
優花里が弟に好意を持つなんて予想できなかった
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 22:41:00.23 ID:wIE18Q350
ありす
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 23:09:17.46 ID:zH36f/qR0
弟「なんでこんなことになったんだろう…」

みほ「あのね、弟くん」

弟「どうしたの?」

みほ「島田流の子なんだけどしばらく大洗の学園艦に遊びに来ててしばらくうちに泊まることになったんだけど」

弟「島田流ってあの?」

みほ「うん」

弟「俺は大丈夫だよ、居候だし文句は言えない」

愛里寿「よろしくお願いします…」

弟「>>158
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/30(土) 23:11:01.88 ID:nORGTFwl0
こちらこそ。よろしくお願いします…
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 23:14:34.17 ID:clYxW9pQO
上+ 小さいね?いくつ?
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 23:25:02.44 ID:zH36f/qR0
弟「よろしくね、小さいけどいくつ?」

愛里寿「13歳…」

弟「仲良くしようね」

愛里寿「はい…」

みほ「早く打ち解けられるといいね」

みほ「じゃあ私は晩御飯作ってくるね」

みほ「二人でお話して待ってて」

弟「>>161の話をしよう」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/30(土) 23:28:17.20 ID:nORGTFwl0
家族
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 23:33:11.83 ID:r7neq1LuO
うえ
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/30(土) 23:46:04.53 ID:zH36f/qR0
弟「愛里寿ちゃんの家族はどんな感じなの?」

愛里寿「お母様もお父様もとっても優しい」

弟「そうなんだ…羨ましいな」

愛里寿「どうして?」

弟「俺はみほ姉以外に愛されてなかったから」

弟「母さんも俺には何も言わなかった…」

愛里寿「……」

弟「ごめん重くなったね…」

キッチン

みほ「弟君が来てから仕送りが10倍になったし今日はいいお肉使おうかな…」

みほ「ハンバーグに目玉焼きも乗せちゃお」

三人で食卓を囲んだ

翌日

弟「今日も眠れなかった…」

弟「>>164と過ごそう」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/09/30(土) 23:47:00.45 ID:nORGTFwl0
ミカ
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/30(土) 23:49:25.95 ID:wIE18Q350
かりな
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 00:31:22.70 ID:kVb4WxZu0
弟「優花里…」

桂利奈「あっ!西住先輩のお兄さんだ!」

弟「君は阪口さんだっけ?」

弟「あと弟だから」

桂利奈「まちがえました!」

桂利奈「でも本当にそっくりですね」

弟「>>167
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 00:32:04.37 ID:WVBrL4wy0
昔からよく間違えられたからね
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 00:43:23.35 ID:fMClFK/SO
実はクローンなんだ
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 01:21:01.00 ID:kVb4WxZu0
弟「実はクローンなんだ…」

桂利奈「すごい!こないだ見たアニメみたい!」

弟「悪の組織からみほ姉を守ってるんだよ」

桂利奈「ビームできますか!?」

弟「変身しないとちょっと…」

桂利奈「変身してください」

弟「いや正体がバレると君にも危険が及ぶからダメだ」

桂利奈「えー」

弟「ということでさらば」

桂利奈「すごい…かっこいい」キラキラ

翌日

弟「なにしてんだろ…俺」

弟「今日は>>170と過ごそう」
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 01:22:01.93 ID:WVBrL4wy0
ミカ
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 01:22:17.17 ID:XaOK9t/Ho
柚子
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 01:43:29.49 ID:kVb4WxZu0
弟「柚子さん…」

柚子「え…どうしたのレッサーパンダみたいなくま作って」

弟「悩みがあって寝てなくて…相談に乗ってください」

柚子「うん…いいけど大丈夫?」

弟「結構やばめです」

柚子「とりあえず話してみて?」

弟「カクカクシカジカで」

柚子「なるほど…最低だね」

弟「……」

柚子「女の子って言うのは自分一人だけを見て欲しい物だし…それに君は付き合えないけどセフレでいてくれって言ってるようなものだよ?」

弟「…」

柚子「別に求められたら答えるのだけが愛されるわけじゃないよ…すくなくとも」

弟「俺は…」

弟「>>173
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 01:45:48.31 ID:cH4YfVZmO
ひどいことをしてしまった
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 01:49:25.58 ID:8axc1E4Oo
皆の好意や要望を拒否出来ない
今までと違って他の人に嫌われるのがものすごく怖くなって
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 02:09:51.93 ID:kVb4WxZu0
弟「皆の好意や要望を拒否出来ない
今までと違って他の人に嫌われるのがものすごく怖くなって…それで…それで」

柚子「そうだね…」

弟「ごめんなさい…ごめんなさい…」泣き

柚子「よしよし…これからは考えを改めるんだよ?」

弟「はい…」

まほ「おい!こういうのは姉の役目だろ!?私の出番はいつなんだ!」

しほ「いえこういうのは母の役目です」

弟「相談に乗ってくれてありがとうございました」

柚子「うん、またいつでもおいで」

翌日

弟「寝れたけど…夢でなんども優花里に罵倒された…」

弟「今日は>>176と過ごそう」
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 02:11:01.51 ID:WVBrL4wy0
安価↓
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 02:11:24.89 ID:eWUjW2xwo
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 02:19:25.50 ID:kVb4WxZu0
杏の部屋

杏「今日はなにしに来たの?」

杏「こういうこと?」抱きっ

弟「あのさ…もうやめよう…」

杏「なんで?私の体に飽きた?」

弟「そうじゃなくて…」

弟「やっぱりこんなのよくないし…」

杏「なに?なにがいいたいの?」

弟「>>179
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 02:22:28.80 ID:WVBrL4wy0
付き合っている人いるのにこんなのは裏切り行為だよ
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 02:23:07.01 ID:5mXZo7ywo
今日は謝りにきた
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 02:27:39.20 ID:kVb4WxZu0
弟「今日は謝りに来たんだ…」

杏「…うん」

弟「無責任に肉体関係もったりしてごめん」

杏「つまり私のことは嫌いになったと…」

弟「そうじゃなくて!」

杏「嫌いじゃないならさ…抱いて無責任にでもいいから…恋人じゃなくてもいいから」

弟「>>182

181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 02:29:18.56 ID:WVBrL4wy0
麻子を裏切ることになるからダメだ
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 02:46:22.54 ID:ipZJJPbt0
そんなの、駄目だよ
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 03:28:28.58 ID:3TdNO7TX0
だんだんつまらなくなったな
設定も大して生きてないし
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 05:48:20.05 ID:XaOK9t/Ho
嫌なら読むなよ
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 09:13:19.94 ID:kVb4WxZu0
弟「麻子を裏切ることになるからダメだ」

杏「いまさらなにいってるのかなー」

杏「もう裏切ってんじゃん」

弟「わかってるけど…ちゃんと謝って」

杏「それで許してくれるの?」

弟「わかんないけど…」

杏「そっか…」

杏「わかったよ…もうやめよう」

杏「早く帰って…泣きそうなんだから」

弟「ごめん…でも杏さんのことも好きだった…」

杏「最後にそんなこと言うなら最後までそばにいてよ…」

弟「じゃあまた…」

杏「うん…」

杏「………」

杏「まだ諦めないてないから…」

翌日

弟「これでよかったんだ…」

弟「今日は>>187と過ごそう」

186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 09:15:14.39 ID:wUt5YFe/o
みほ
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 09:15:29.36 ID:9gMIXqr50
宇津木
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 09:44:22.69 ID:kVb4WxZu0
優季「あっクローンの人だ〜」

弟「えっ…ああ宇津木さんだっけ?」

優季「優季でいいですよ〜」

優季「なにしてるんですか〜」

弟「暇だからぶらぶらしてるだけ」

優希「悪の組織は〜?」

弟「いやあれ冗談だから」

優希「桂利奈は本気で信じてましたよ?」

弟「なんてこった…」

優希「そんなことより暇なら遊びにいきませんか〜?」

弟「>>190
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 09:45:43.50 ID:WVBrL4wy0
いいけど、どこに?
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 09:45:58.66 ID:VJpUy+HUo
遊ぶだけなら
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 10:09:14.51 ID:kVb4WxZu0
弟「遊ぶだけなら…」

優季「じゃあ早速行きましょう〜」

優季「あっクレープ屋さんだ」

弟「食べたいの?」

優季「心が読めるんですか〜」

弟「なんとなくだよ」

優季「私も弟さんの心読んじゃお〜」

優季「ふむふむ…私にクレープを奢ってくれるんですね」

弟「まぁいいや…好きなの頼みなよ」

優季「トッピング全部のせでお願いします〜」

弟「!!」

15分後

優季「もう…食べられない〜」

弟「まだ半分しか食べてないじゃん…それ3000円くらいしたんだぞ…」

優季「お腹いっぱいだから〜弟さんにあげます」

弟「たく…しょうがないな」パクっ

優季「あっ…」

弟「なに?どうしたの?」

優季「関節キスですね」

弟「ブホォ!」

優季「アハハ〜顔真っ赤ですよ〜」

優希「あっ桂利奈達と出かける約束してたんだ」

優希「今日は失礼します〜」

優希「また二人で遊びましょうね」

弟「…俺クレープ買わされただけだ…」

翌日

弟「最近は愛里寿ちゃんが起こしてくれるようになった」

弟「今日は>>193と過ごそう」



192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 10:11:36.56 ID:rDetjUfd0
麻子
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 10:32:23.88 ID:cH4YfVZmO
うえ
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 10:38:20.47 ID:kVb4WxZu0
弟「冷泉さん…」

麻子「付き合ってるんだ…麻子でいい」

弟「うん…」

麻子「なにか言いたげだな」

弟「>>196
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 10:48:09.04 ID:VJpUy+HUo
さようなら
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 10:51:19.41 ID:vsmn9ZUPo
ごめんなさい
僕は考えが子供過ぎた
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 11:05:51.43 ID:kVb4WxZu0
弟「ごめんなさい 俺は考えが子供過ぎた」

麻子「どういう意味だ」

弟「俺は麻子以外にも二人の女の子と肉体関係にあった…」

麻子「本気か?」

弟「うん…言い訳に聞こえるかもしれないけど」

弟「人に愛されるには求められたら答えるしかないと思ってた それで求められたから答えてしまった」

弟「それでみんなを傷付けた…」

弟「だから麻子とも付き合えない…こんなの愛じゃない」

麻子「そうか…まぁ私はお酒の勢いだったからな…」

麻子「私も忘れるからあの日のことはお互い忘れよう」

弟「ありがとう…」

麻子「お前と私はそれ以上でもそれ以下でもないただの友達だ」

弟「うん…」

麻子「ただ1発殴らせてくれ」

翌日

弟「頬がヒリヒリする…」

弟「今日は>>199と過ごそう」

198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 11:06:50.57 ID:WVBrL4wy0
優花里
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 11:10:34.15 ID:eu89NR58o
そど子
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 11:30:54.13 ID:kVb4WxZu0
そどこ「あんたは…」

弟「こないだの…」

そどこ「久しぶりね…」

弟「そうだね…」

そどこ「……」

弟「……」

そどこ「こないだはごめんなさい…」

弟「いいよ…俺も怪しかったし」

そどこ「今度お詫びにご飯でも奢るわ…」

弟「いいよ別に」

そどこ「私の気がすまないの!いいから奢られなさい」

弟「は、はい」

翌日

みほ「合同合宿?」

杏「うん、うちとグロリアーナ、サンダース、プラウダ、黒森峰、アンツィオ、島田愛里寿で7泊8日ぐらいでやろうって話になってて」

みほ「弟君は…」

杏「部屋別だから大丈夫でしょ なんなら女装させて戦車乗せる?」

みほ「それは可哀想なんで…」

杏「冗談冗談」

みほの部屋

弟「それまほ姉もくるじゃん…」

愛里寿「行かないの?」

弟「行きたいけど…うんー」

みほ「大丈夫!お姉ちゃんは最悪縛って部屋に放り込むから!」

弟「じゃあ行こうかな」

3日後

弟「行きはバスみたいだ」

弟「>>202の隣に座ろう」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 11:34:07.50 ID:WVBrL4wy0
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 11:36:02.24 ID:ml4li4OrO
優花里
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 12:14:38.50 ID:kVb4WxZu0
弟「優花里の…隣きまずいな…」

優花里「・・・・・」

弟「(でもニット帽かぶってくれてるんだ…)」

沙織「二人とも盛り上がってる?大洗バスカラオケ大会次はゆかりんと弟くんの番だよ」

おりょう「丸山さんのウルトラソウルには感動したぜよ」

弟「え?歌わなきゃダメなの?」

沙織「だめだめ!曲入れちゃうよ!」

弟「ちょっと…しゃーない歌ったらぁ!」

三年目の浮気

弟「馬鹿いってんじゃないよ お前と俺は
喧嘩もしたけど ひとつ屋根の下暮らして来たんだぜ」

弟「馬鹿いってんじゃないよ お前のことだけは
一日たりとも忘れたことなど なかった俺だぜ」

優花里「よくいうわ いつも騙してばかりで
私が何にも知らないとでも 思っているのね」

典子「いいぞー」

忍「二人ともめちゃくちゃ怖い顔して歌ってる」

合宿所に着くまでとても気まずかった

杏「やぁやぁ久しぶり」

ケイ「やっときたわね!ってなんでみほが二人いるのかしら」

杏「黒い方が弟だよ、双子なんだ」

カチューシャ「本当にそっくりね」

ダージリン「紅茶はお好きかしら」

アンチョビ「ひさしぶりー」

まほ「ちゃ、ちゃんとご飯食べているか?」

エリカ「隊長…すごい汗」

ケイ「みほの弟…とても興味があるわ!質問タイムを設けるべきね」


204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 12:16:24.82 ID:kVb4WxZu0
ケイ「順番に質問しましょう」

ダージリン「>>205

ケイ「>>206

アンチョビ「>>207

カチューシャ「>>208

まほ「>>209
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:17:00.51 ID:SryDp3rcO
こんな格言を知ってる?
運命は浮気者、不利な方が負けるとは限らないわ。」
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:20:13.85 ID:wUt5YFe/o
大洗で一番好きな娘は誰?
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:21:39.61 ID:9gMIXqr50
好きな食べ物は?
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:27:39.47 ID:S1ppBr5Jo
今度は黒森峰に来ないか?私の部屋に泊まるといい
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:36:50.27 ID:DaIQbCOl0
私のセリフがとられた!?
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 12:39:37.76 ID:J8v0gKwA0
修羅場となる気しかしない
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 12:46:25.71 ID:kVb4WxZu0
ダージリン「こんな格言を知ってる?
運命は浮気者、不利な方が負けるとは限らないわ。」

弟「ちょっとわからないです」

オレンジペコ「この人ちょっとおかしいんで気にしないでください」

弟「はぁ」

ケイ「ねぇねぇ!大洗では誰が一番好きなの?」

弟「みほ姉かな…」

アンチョビ「好きな食べ物は!」

弟「マカロンかなぁ」

まほ「ふむふむ」カキカキ

エリカ「なにメモってるんですか!?一緒に住んでたんでしょ」

カチューシャ「今度プラウダに遊びにこない?私の部屋にとめてあげるわ」

ノンナ「変なことしたら息の根をとめて差し上げます」

まほ「セリフ取られた…」

エリカ「同じようなこと聞くつもりだったんですか!?」

杏「これで質問コーナーは終わり!みんなで海で遊ぼう」



弟「>>212と過ごそう」
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:46:51.00 ID:DaIQbCOl0
優花里
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/01(日) 12:47:17.19 ID:9gMIXqr50
ペパロニ
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 12:54:27.29 ID:kVb4WxZu0
弟「優花里…」

優花里「すいません!西住殿が呼んでいるので」

30分後

弟「優花里!」

優花里「ケイさんが呼んでいるので…」

弟「明らかに避けられてる…」

弟「>>215

215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:56:38.63 ID:9gMIXqr50
海の家で何か買って食べよう
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/01(日) 16:40:21.79 ID:J8v0gKwA0
久しぶりにまほ姉と話そう
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 00:19:04.66 ID:m+XUoVi10
海の家

ペパロニ「いらっしゃいませー」

弟「屋台ってアンツィオがやってるのか」

アンチョビ「修理費を貯めないといけないからな」

ペパロニ「だから弟君もなにか買っていってよ」

弟「じゃあ焼きそばで」

カルパッチョ「席に案内するからついてきて」

カルパッチョ「相席になるけどいいかしら?」

弟「大丈夫です」

席にいたのは>>219
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 00:19:39.01 ID:50QQgjwH0
ダージリン
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 00:25:37.70 ID:fZ7Z45K/o
まほ
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 00:34:53.46 ID:m+XUoVi10
まほ「ひさしぶりだな…」

弟「うん…」

まほ「大洗はどうだ?」

弟「実家よりは全然マシ」

まほ「確かに私や母様はお前との接し方がよくわからずに不器用になってしまったがそこまで言うか…」

弟「家にも外にも親身になって話を聞いてくれる人がいないってつらいんだよ…」

まほ「すまん…」

弟「>>222
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 00:35:42.66 ID:50QQgjwH0
まあ、今日は楽しもう。辛気臭いのも嫌だし
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 00:47:04.73 ID:h4ZY/pVS0
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 10:47:34.17 ID:m+XUoVi10
弟「今日は楽しもう…辛気くさいのもやだし」

まほ「わかった…」

弟「……」

まほ「……かき氷一口食べるか?」

弟「いらない」

まほ「……」

弟「俺食い終わったからそろそろ行くわ…」

まほ「ああ…」

弟「>>225と過ごそう…」
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 10:49:06.61 ID:xCAQLDXTo
ケイ
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 10:59:24.82 ID:6sdJyIdK0
ダージリン
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 11:12:11.33 ID:m+XUoVi10
ダージリン「ごきげんよう」

弟「どうも」

ダージリン「いまお暇かしら?」

弟「はい」

ダージリン「オイル塗ってくださらない?」寝転び

弟「俺でいいんですか?」

ダージリン「もちろん」

弟「わかりました…(すごく真っ白で綺麗な肌だな…)」

ダージリン「見惚れるのはいいけど早くしていただけるかしら」

弟「すいません…失礼します」塗り塗り

ダージリン「…もっと全体に広げるように…」

弟「こうですか?」

ダージリン「そうそう」

ダージリン「まほさんが羨ましいわね…」

弟「どうしてですか?」

ダージリン「私もあなたみたいな弟が欲しいと思って」

弟「>>228
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 11:19:59.28 ID:ziHSQeyIO
僕でよかったら今後も相手になりますよ
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 11:27:57.16 ID:6sdJyIdK0
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 11:28:38.10 ID:6sdJyIdK0
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 11:36:50.55 ID:m+XUoVi10
弟「俺でよかったら今後も相手になりますよ」

弟「ダージリン姉さん…」

ダージリン「可愛い…」抱き

弟「んー!んー!」

ダージリン「この子は聖グロにもって帰りましょう」

オレンジペコ「なに言ってるんですけ!?」

アッサム「苦しそうなので離してあげたほうが…」

ダージリン「あっ…」

弟「死ぬかとおもった…」



部屋

弟「今日も一日疲れたわ…」

>>231が訪ねてきた
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 11:54:02.04 ID:ziHSQeyIO
優花里
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 12:00:36.91 ID:m+XUoVi10
優花里「………」

弟「優花里…」

優花里「昼間みたいに話しかけるのはやめてください…」

弟「なんで…」

優花里「私はあなたが嫌いなんです…」

弟「本当にごめん…でも俺…」

優花里「それじゃあ…」

弟「>>233

233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 12:29:09.89 ID:6sdJyIdK0
男はそれなりに
浮気もするけど 本気になれない可愛いもんだぜ
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 12:44:02.70 ID:m+XUoVi10
弟「男はそれなりに 浮気もするけど 本気になれない可愛いもんだぜ」

優花里「最低です…」

弟「行っちゃった…」

廊下

優花里「嫌いなはずなのに…弟殿のことばかり考えてしまいます…」

エリカ「ねぇ…あんた弟と仲良いの?」

優花里「普通に…友達です」

エリカ「じゃあ私とアイツの仲を取りもってくれない?」

優花里「逸見さんは弟殿が好きなんですか?」

エリカ「小学生の時からね…//」

エリカ「昔、道でいじめられてる私を助けてくれて…今日会ってあの人だなって気がついたの」

優花里「なるほど…わかりました…協力します」

エリカ「よろしく頼むわよ!」

翌日

弟「布団変わると中々眠れないな…」

弟「>>235が訪ねてきた」
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 12:47:12.51 ID:fbIIHbLZO
優花里
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 12:47:21.06 ID:6sdJyIdK0
みほ
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 12:47:46.51 ID:6sdJyIdK0
みほ
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 13:11:24.17 ID:m+XUoVi10
優花里「おはようございます…」

弟「…優花里と逸見さんだっけ?」

エリカ「エリカでいいわ、よろしく」

弟「ああ…よろしく」

優花里「三人で朝ご飯に行きませんか?」

弟「いいけど…」

食堂

エリカ「私のこと覚えてなかった?」

弟「言われるまで全然気がつかなかったよ」

エリカ「あの時は本当にありがとう…」

弟「どういたしまして」

優花里「…私はちょっと気分が悪いんで部屋に戻ります」

弟「大丈夫…?送ろうか?」

優花里「結構です…失礼します」

エリカ「気をつけてもどりなさいよ」

エリカ「ねぇ食べ終わったら買い物にいかない?」

弟「優花里…大丈夫かな」

エリカ「………」

弟「なにか言った?」

エリカ「…終わったら買い物に行かない?」

弟「>>239



239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 13:15:38.61 ID:OelbB/RRo
よろこんで
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 13:27:26.88 ID:m+XUoVi10
弟「よろこんで」

エリカ「しっかりエスコート頼むわよ」

服屋

エリカ「どう?似合うかしら」

弟「うん…可愛いよ」

エリカ「…//じゃあ買っちゃおうかな…」

カフェ

エリカ「弟のチョコレートケーキも美味しそうね」

弟「一口食べる?ほらあーん」

エリカ「あーん…//」

露店

エリカ「この指輪いいわね、お揃いで買わない?」

弟「>>241







241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 13:32:09.62 ID:wy3uVOvZo
ごめん、大洗でいろいろあってちょっと精神的に今辛くて
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 13:44:38.79 ID:m+XUoVi10
弟「ごめん、大洗でいろいろあってちょっと精神的に今辛くてお揃いはちょっと…」

エリカ「えっ…もしかしてイジメ?」

弟「違うよ…俺が悪いんだ」

エリカ「……」

エリカ「なにか辛いことがあるなら私に言いなさい…相談にのるわ」

弟「ありがと…暗くなってきたし帰ろうか」

エリカ「そうね」



弟「>>243が訪ねてきた」

243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 13:47:51.40 ID:OelbB/RRo
みほ
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 14:04:00.10 ID:m+XUoVi10
みほ「ちょっといいかな?」

弟「なに?」

みほ「落ち着いてね聞いてね…お母さんが明日ここに来るらしいの」

弟「え!?なんで?」

みほ「弟くんのためになにかするらしいよ…」

弟「……」

みほ「嫌な予感がするね…」

……

しほ「弟のお嫁さん決定戦を開催して可愛い許嫁を用意してあげれば」

弟「母さんありがとう!母さん大好き!」

しほ「こうなるはずよ」

弟のお嫁さん決定戦開催迫る

出場者
>>245 >>246 >>247 >>248 >>249
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:18:30.45 ID:wy3uVOvZo
みほ
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:18:52.73 ID:3wFjDOwGo
会長
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:19:31.21 ID:BEM7QHeno
柚子
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:20:13.70 ID:+eNWLsHOo
まほ
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:20:39.56 ID:Vnn6FYX2o
エリカ
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 14:43:08.96 ID:YN6M9aP4O
2/5が近親者なんですがそれは…
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 14:47:00.62 ID:RBAsbiaS0
なんでこの人は余計な事をしようとするんですかねえ・・・
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 15:06:45.53 ID:m+XUoVi10
翌日

沙織「さぁ始まりました、弟くんの嫁選手権!」

沙織「実況は私武部沙織!解説は西住しほさんでお送りします」

しほ「よろしくお願いします」

沙織「この大会は全5種目で勝負し審査員に最低してもらい 一番特典の高い人が優勝です」

しほ「そして商品は私の息子の嫁になる権利です」

沙織「それでは早速選手を紹介していきましょう」

沙織「弟くんの実の姉 西住みほ選手だー」

ダージリン「初っ端から血の繋がりった子が出てくるなんてこの大会は終わってるわね」

みほ「弟くんの好き人は弟くんが自分で決めるべきです!」

沙織「なんて弟思いの姉だー」

しほ「自分だけ仲がいいからって…いまにみてなさい」

沙織「次の選手は大洗の生徒会長 角谷杏選手だぁぁ」

杏「頑張るよー」

沙織「生徒会からもう一人 小山柚子選手!」

柚子「頑張ります」

沙織「そして姉弟その2 西住まほ選手だぁぁ」

まほ「だから式場は洋式がいいっていっているだろ!…母様の好きにはさせない!弟のために頑張るぞ」

沙織「結婚する気マンマンのセリフが聞こえましたが気のせいでしょう」

沙織「そして最後は黒森峰から逸見エリカ選手」

エリカ「絶対勝つ…」

沙織「なお審査員は>>253 >>254 >>255の3名です」
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 15:13:43.26 ID:xCAQLDXTo
麻子
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 15:15:10.05 ID:50QQgjwH0
ダージリン
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 15:39:04.70 ID:Vnn6FYX2o
ゆかり
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 15:49:21.63 ID:m+XUoVi10
麻子「眠い…」

ダージリン「私も参加すればよかったかしら…」

優花里「…頑張ります…」

沙織「おっーと審査員のテンションが軒並み低いぞー」

しほ「しっかりしてもらいたいものです」

沙織「ちなみ商品の弟くんは縛って閉じ込めてありまーす」

沙織「それでは第一種目 >>260です」
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 15:52:51.28 ID:7tFsumZ6o
料理
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 15:56:26.95 ID:RBAsbiaS0
制限時間1時間での料理対決(2品)
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 15:57:00.96 ID:ks6M2VPqO
ksk
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 16:06:45.42 ID:ziHSQeyIO
料理
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 16:08:15.98 ID:ziHSQeyIO
ごめん。>>258で
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/02(月) 18:02:52.34 ID:YN6M9aP4O
絶対ハンバーグとカレー作ってきそうなやつらがいますね…
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/02(月) 18:12:49.47 ID:RBAsbiaS0
>>262
カレールーと挽き肉は使用禁止材料にしたらいいんじゃないかな?
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 01:34:52.23 ID:oSTUO8eW0
沙織「料理対決です」

しほ「一時間で2品作ってもらいます」

沙織「審査員が食べて点数をつけます」

一時間後

沙織「それでは料理を見せてもらいましょう」

沙織「まずは西住みほ選手」

みほ「あんまり自信ないけど…」

麻子「これは卵焼きとプリンだな」

みほ「これが一番得意だから…」

沙織「それでは試食して点数をどうぞ」

麻子「普通にうまいな 7点」

ダージリン「プリンはお茶菓子に丁度いいわね 7点」

優花里「最高の味です!文句なしの10点で」

沙織「西住みほ選手は30点中24点です」

しほ「みほは卵料理が得意なのですね」

沙織「それでは次の選手 角谷杏選手」

杏「味噌汁と肉じゃがだよー」

沙織「これは家庭の味で攻めてきましたね」

しほ「男心を掴みにいってるわね」

沙織「残念ながら審査員は全員女です」

麻子「本当うまい 10点」

ダージリン「洋風な物なら完璧でしたわ 9点」

優花里「まずまずですね 5点」

沙織「30点中24点でみほ選手と並びました」

265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 02:09:27.96 ID:oSTUO8eW0
柚子「炒飯と酢豚です」

麻子「普通だな 5点」

ダージリン「普通ね 5点」

優花里「普通です 2点」

沙織「30点中12点これはだいぶ離されましたね」

しほ「普通なら仕方ないです」

沙織「お次はまほ選手です 妹のみほ選手が高得点なだけ期待が持てますね」

しほ「西住流はなんでもできるのです」

まほ「カレーとキュウリのきゅうちゃんだ!」

沙織「明らかに一品買ってきた物なのですが…」

まほ「しょうがないだろ!料理なんかしたことないんだからだがカレーは自信作だ!私が美味しいと思う物を全部入れてみた」

麻子「紫だし刺激臭がすごいんだが」

ダージリン「アンモニアのようなにおいかしら」

優花里「スプーンが溶けました…」

沙織「………」

しほ「……」

沙織「それでは採点の方に行ってみましょう」

麻子「無理だ食えん…0点」

ダージリン「きゅうちゃんは悪くないわ 1点」

優花里「流石にこれは…0点」

まほ「くっ…戦車ばかり乗っていたツケが回ってきたか…」

沙織「では最後はエリカ選手です」

エリカ「ハンバーグとパンよ」

沙織「一体どうやって一時間でパンを…」

エリカ「料理対決を予想して昨日の夜からパン生地を寝かしておいたのよ」

しほ「なんと用意周到な…」

エリカ「さぁ挟んで食べてちょうだい」

麻子「アイデアはいいけど味は普通だな 5点」

ダージリン「紅茶には合わないわね 3点」

優花里「アイデア込みで10点で」

沙織「逸見選手!アイデアで3位にくい込みました!」

しほ「一人を除いて中々接戦ね」

沙織「次の種目は>>268



266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 06:33:02.80 ID:M3rorRsEo
武芸
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 06:45:17.49 ID:M3rorRsEo
裁縫
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 07:21:34.63 ID:fy29RbkVo
水着&ファッション審査
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 10:53:10.11 ID:oSTUO8eW0
沙織「水着審査です」

しほ「女性らしさをアピールしてもらいたいです」

沙織「まずはみほ選手」

みほ「…」

沙織「ピンクのチューブトップです」

しほ「可愛さを押してきましたね」

麻子「よく似合ってる 8点」

ダージリン「流石みほさんね 8点」

優花里「文句なしの10点です!」

沙織「次は杏選手です」

杏「やーやー」

沙織「おっーと黒のマイクロビキニで登場だぁ!」

しほ「完全に痴女ですね」

沙織「あの貧相な体格でなぜあれを選んだのか不思議です」

杏「……」イラッ

麻子「きわどい…みてるこっちが恥ずかしい 4点」

ダージリン「どこで買ったか教えていただきたいわ 8点」

優花里「あんなの襲われても文句言えないですよ4点」

沙織「ちょっと攻めすぎたみたいですね」

しほ「当然です」
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 11:21:16.18 ID:oSTUO8eW0
沙織「次は柚子選手です」

柚子「あんまりみないでください…//」

沙織「白のビキニです」

しほ「スタイルもいいですし清純派って感じですね」

沙織「お腹の肉が少し気になりますが」

柚子「……」イラッ

麻子「沙織はこの大会が終わったら暗殺されそうだな 9点」

ダージリン「私も白は好きよ 8点」

優花里「まずまずですね 5点」

沙織「では次はまほ選手です」

まほ「どうだ!」

沙織「まさかのスク水です!」

しほ「………」

まほ「これが流行っているんだろ?」

麻子「流石にキツイだろ…1点」

ダージリン「擁護できないわ…1点」

優花里「危ないお店みたいですね 0点」

まほ「……」

沙織「気を取り直しエリカ選手行きましょう」

エリカ「あんまりジロジロみるんじゃないわよ…」

沙織「黒のパレオですね」

沙織「中々いいんじゃないでしょうか 同じ黒森峰の誰かさんとは違いますね」

まほ「戦車なら負けないもん…」

麻子「攻めすぎずでいいな 8点」

ダージリン「黒も悪くないわね 8点」

優花里「とても似合ってます! 9点」

沙織「またしても誰かさんを除いて大接戦です!」

沙織「次の種目は>>274です」











271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 11:25:16.79 ID:4qMAVC37o
愛の告白
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 11:31:30.56 ID:Whn4urtG0
どれだけ弟君のことが好きか
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 11:42:54.55 ID:XttkLbiWo
自己アピール
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 11:43:56.92 ID:rExp/NCvo
夜伽
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 13:45:15.61 ID:oSTUO8eW0
沙織「夜伽ってこれ大丈夫なの?」

しほ「早く孫の顔がみたいので」

小梅「弟さんを連れてきました」

弟「んーんー」

しほ「目隠しと猿轡を取ってあげて」

小梅「はい」

弟「はぁはぁ…なにこれどうゆうこと?」

しほ「あなたの許嫁を決める戦いです」

弟「母さん…また勝手なことを…」

みほ「ごめんね…止められなかったから私が優勝して阻止しようとしたんだけど」

弟「ありがとう…みほ姉」

まほ「わ、わたしもだぞ」

弟「………」

しほ「可愛い女の子が嫁にくればあなたもうれしいでしょう?」

弟「母さんはいつもそうだ…俺の話なんか聞かない癖に俺の為俺の為って勝手なことして…」

しほ「……」

弟「>>277
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 13:45:59.13 ID:Whn4urtG0
うんざりなんだよ!
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 13:53:09.55 ID:zhPtnWjWO
ファッキューババア!
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 14:06:29.72 ID:oSTUO8eW0
弟「ファッキューババア!」

しほ「!?」

弟「じゃあ俺部屋戻るからこんな大会中止な!」

弟「じゃあな!」

沙織「あとでちゃんと謝ったほうがいいですよ」

麻子「でもあの感じじゃ謝っても無駄だろうな」

みほ「とりあえず帰ってください」

部屋

弟「母さんのばかやろう…」

>>280が訪ねてきた

279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 14:09:29.39 ID:M3rorRsEo
しほ
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 14:10:12.59 ID:yg06JlMco
みほ
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 14:10:27.56 ID:Whn4urtG0
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 14:28:22.78 ID:oSTUO8eW0
みほ「ちょっといいかな…」

弟「みほ姉と母さん…」

しほ「謝らせてちょうだい」

しほ「私はあなたをたとえ血がつながってなくても本当の息子のように育てようと頑張ってるつもりでしたでもその一人よがりな考えがあなたを傷つけていたのですね」

弟「えっ?」

みほ「えっ?」

しほ「本当にごめんなさい」

弟「ごめんちょっとまて」

しほ「どうしました?」

みほ「血がつながってないってどういうこと?」

しほ「0歳の時に島田流から来た養子って話はしてませんでしたっけ?」

弟「はぁ!?こんなにみほ姉に似てるのに!?」

しほ「でも目元は島田流の家元そっくりでしょ?」

みほ「え?え?え?」

弟「>>284
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 14:31:50.86 ID:LdBNTNkJo
もう、わけがわからないって……
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 14:38:47.52 ID:M3rorRsEo
じゃあ姉さんと結婚出来るの?
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 14:59:18.76 ID:oSTUO8eW0
弟「じゃあ姉さんと結婚出来るの?」

みほ「えっええー//」

しほ「大丈夫よ」

弟「そっか…//」チラッ

みほ「……//」チラッ

弟「ていうか…俺は愛里寿ちゃんの実の兄なるのか…」

みほ「そうだね…」

弟「会ってみたい…本当の母親に」

しほ「あなたが望むなら島田本家に行くといいわ」

弟「>>287

286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/03(火) 15:09:24.78 ID:/U0U+tjXO
うん。行くよ!
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 15:10:52.91 ID:NuNmRBsMo
ありがとうお母さん
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 15:21:29.96 ID:oSTUO8eW0
弟「教えてくれてありがとう…母さん…」

しほ「初めて母親らしいことをしてあげられた気がします」

みほ「お母さん…」

しほ「それじゃあ失礼するわね」

みほ「弟君…」

弟「みほ姉…」

みほ「私はたとえ姉弟じゃなくても弟くんが大好きだよ…//」

弟「>>290
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 15:24:04.90 ID:/U0U+tjXO
俺もだよ…
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 15:24:35.27 ID:zhPtnWjWO
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 18:51:01.63 ID:oSTUO8eW0
弟「俺もだよ…」

みほ「弟君…」

弟「俺と付き合ってほしい」

みほ「よろしくお願いします…//」

翌日

電車

弟「ごめんね…合宿の途中なのに帰ることになって」

愛里寿「いいよ…えっとお兄ちゃん…」

弟「>>292
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 18:53:40.00 ID:Whn4urtG0
無理しなくてゆっくりでいいんだよ、愛里寿
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 19:18:39.73 ID:oSTUO8eW0
弟「無理しなくてゆっくりでいいんだよ、愛里寿」

愛里寿「うん…//」

島田邸

弟「緊張するな…」

愛里寿「ただいま」

千代「おかえりなさい…あなたは?」

愛里寿「お兄ちゃんだよ」

弟「>>295
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 19:25:37.55 ID:Whn4urtG0
いきなりそんなこと言われても混乱するだけだよ

初めまして、0歳の頃から西住家に養子に出された弟です!
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 19:29:32.69 ID:k5LhYYOeO
お兄ちゃんでした
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 20:00:41.24 ID:oSTUO8eW0
弟「いきなりそんなこと言われても混乱するだけだよ
初めまして、0歳の頃から西住家に養子に出された弟です…」

千代「ごめんなさい…」抱きっ

千代「幼いあなたを売るような真似して…」

愛里寿「……」

弟「母さん…いいんですよ…そのおかげでみほ姉…いやみほに会えましたから」

千代「積もる話は家の中でしましょう…」

弟「はい」

一時間後

千代「ねぇ…西住流からうちに戻ってこない?」

千代「姉弟じゃないならみほさんとの同居も多分無理でしょう」

弟「>>298








297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 20:01:40.48 ID:Whn4urtG0
……考えさせてください(みほ姉と離れたくない…)
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/03(火) 20:08:10.72 ID:WlEqJYpu0
血がつながってなくても・・・彼女は俺の姉だ
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 20:40:06.50 ID:oSTUO8eW0
弟「血がつながってなくても・・・彼女は俺の姉だ」

千代「そう…なら大洗の学園艦に一室部屋を借りてあげるからそこに住みなさい…流石に年頃の男女が一緒に暮らすのはみほさんに迷惑がかかります」

千代「それならみほさんとはいつでも会えるでしょ?」

弟「でもそんな…悪いですよ」

千代「いいの…私にも母親らしいことの一つくらいさせて」

弟「…ありがとう母さん…」



弟「今夜はここに泊まって行くことになった」

愛里寿「お兄ちゃん…」

弟「どうした?眠れないのか?」

愛里寿「一緒に寝てもいいかな…?」

弟「>>300

300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 20:41:23.78 ID:Whn4urtG0
いいよ。おいで
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 21:06:05.89 ID:oSTUO8eW0
弟「いいよ…おいで」

愛里寿「うん…//」

愛里寿「私お兄ちゃんがずっと欲しかったの」

弟「そうか…これからは沢山甘えていいんだぞ」なでなで

愛里寿「うん…//お兄ちゃんといろんな所行きたい」

弟「あぁジャスコでもイオンでもどこでも連れていくよ」

愛里寿「動物園とかがいいな…」

弟「わかった」

翌朝

弟「じゃあ…失礼します」

千代「またいつでも遊びにいらっしゃい」

弟「はい」

千代「これが新しい部屋の住所よ」

弟「ありがとう…母さん」

弟の部屋

弟「とりあえず引っ越したことをみほにメールして」

愛里寿「おかえりなさい」

弟「なんでいるの??」

愛里寿「お母さんにお兄ちゃんと一緒に居たいって言ったら一緒にすみなさいって」

弟「え?学校は?」

愛里寿「私、飛び級で大学生だから大丈夫」

弟「なんだと…」

翌日

弟「そういえば俺今無職じゃん…」

弟「>>304のバイトでもするか」
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:07:39.73 ID:Whn4urtG0
聖グロリアーナ女学院でメイド
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:07:41.18 ID:WlEqJYpu0
役人の補佐
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:09:25.14 ID:h7wcPhYIo
牛乳配達
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:09:42.21 ID:1jhgKkL1o
聖グロでお茶係
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 21:25:34.06 ID:oSTUO8eW0
弟「牛乳配達だな」

弟「母さんに取らせられた免許がここで役に立つとわ…」

弟「朝4時に出て朝7時に配り終わるから」

愛里寿「昼間暇だね」

弟「もう一つ>>308で働くか」
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:25:55.06 ID:Whn4urtG0
>>305
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/03(火) 21:26:16.04 ID:WlEqJYpu0
役人の手伝い
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 21:49:02.25 ID:oSTUO8eW0
役人「黒い噂が絶えずついにクビになった役人です」

役人「いまは退職金で大洗の学園艦で喫茶店をやっています」

役人「お客は全く来ません…」

弟「すいませーん、バイトの面接にきたんですけど」

役人「あっどうぞ」

役人「即採用なんで明日からきてください あっ私店長です」

弟「早っ!」

翌日

弟「おはようございます」

店長「早速仕事なのですがお客が来ないのでお客を呼ぶ作戦を立てましょう」

弟「>>311
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:49:43.71 ID:Whn4urtG0
……姉さんたちを呼ぶか
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 21:50:52.66 ID:nKSJGurXo
執事喫茶的な感じでやってみよう
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 22:07:08.34 ID:oSTUO8eW0
弟「執事喫茶的な感じでやってみましょう」

役人「なるほど、急いで執事服を用意しましょう」

弟「メイド喫茶的なオプションをつければ人気が出るかも」

役人「ふむふむ」

役人「とりあえず執事服を着て呼び込みに行ってください」

弟「かしこまりました!」

弟「おっとあそこをあるいているのは>>314だ…声かけてみるか」
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 22:09:00.43 ID:Whn4urtG0
桂利奈
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 22:09:20.28 ID:65/7CpITo
エリカ
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 22:09:26.71 ID:5ZfTnwQSO
常夫さん
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/03(火) 22:09:31.05 ID:WlEqJYpu0
あゆみ
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 22:21:19.72 ID:oSTUO8eW0
エリカ「弟に会いに大洗まで来てみたけどどこにいるのかしら」

弟「こんにちは、お嬢様」

エリカ「お嬢様って…あんたなにしてるの!?」

弟「執事喫茶でバイト、ちょっと寄って行ってよ」

エリカ「そこまで言うならいってあげるわ」

喫茶メガネ

弟「お客様連れて来ました」

役人「注文は私が作るから対応は任せました」

弟「さぁお嬢様…ご注文をどうぞ…」

エリカ「執事の甘い囁きを聞きながら飲むブラックコーヒー 1500円!? 」

エリカ「他にもいろいろあるわね…//とりあえず>>319で」
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 22:22:56.81 ID:Z93MlKW2O
ここからここまで全部
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 22:24:00.95 ID:Whn4urtG0
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 22:43:56.17 ID:oSTUO8eW0
弟「大丈夫…?お金ある?」

エリカ「最悪カードを使うわ…」

弟「店長!メニューの奴全てお願いします」

弟「さぁお嬢様…コーヒーです」ふーふー

エリカ「頂くわ…」

弟「ケーキをどうぞ」あーん

弟「お口にクリームが付いてますよ」ヒョイ、ぱくっ

エリカ「…//」

その後も腕枕や膝枕などを堪能した

弟「お会計…15万円になります」

エリカ「カードで…また来るわ」

部屋

弟「ただいまー」

愛里寿「おかえりなさい」抱きっ

弟「愛里寿は本当に甘えん坊だな」ナデナデ

弟「お土産にケーキがあるぞ」

翌日

弟「お客さんこないですね」

役人「そうですね」

>>322がお客としてやってきた
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 22:44:53.96 ID:nKSJGurXo
優花里
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 22:45:25.67 ID:Whn4urtG0
優花里
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/03(火) 22:45:41.94 ID:WlEqJYpu0
クラーラ
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:08:36.30 ID:oSTUO8eW0
優花里「こんにちは…」

弟「いらっしゃいませって…優花里」

優花里「とりあえずコーヒーで」

弟「かしこまりました…」

弟「どうぞ…」

優花里「西住殿と血が繋がってなかったらしいですね」

弟「うん…なんで知ってるの?」

優花里「西住殿から聞きました…ちなみ西住殿のお姉さんはそれを聞いてあなたと付き合うと暴走したのであの合宿にいた全員でなんとか押さえ込みました」

弟「ごめん迷惑かけた…」

優花里「それで西住殿とはどうなったんですか?」

弟「みほとは付き合うことになった…」

優花里「そうですか…」

優花里「私もそろそろあなたを許すことにします…友達に戻りましょう」

弟「優花里…」

優花里「その代わり西住殿を泣かせたら絶対許しませんから」

弟「もちろんだよ」

優花里「それじゃあコーヒーおかわりください」

弟「かしこまりました」

しばらくして喫茶メガネは大洗女子の間で大人気になりました

左衛門座「この執事の膝に座って飲むブラックコーヒーをくれないか//」

梓「あの…この抱きしめられながら味わうチョコケーキを…」

ナカジマ「私はこの甘い囁きとロールケーキを…」

弟「かしこまりました!」

部屋

弟「今日は>>326するか」


325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 23:09:58.91 ID:Whn4urtG0
バイト代でみほとデート
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 23:11:07.76 ID:WlEqJYpu0
図書館に行く
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:30:29.37 ID:oSTUO8eW0
愛里寿「雨が降ってて暇だね」

弟「傘さして図書館でもいこうか」

愛里寿「私お料理の本借りたいな」

弟「なんで?」

愛里寿「お兄ちゃんにご飯作ってあげたくて…」

弟「ありがとう楽しみだな」

図書館

愛里寿「これとこれと」

弟「沢山借りるなぁ」

愛里寿「いろいろ作ってあげたいから」

帰り道

子猫「にゃーん」

愛里寿「子猫ちゃん震えてる」

弟「拾ってくださいってこれ捨て猫だな…」

愛里寿「ねぇお兄ちゃん…連れて帰ってもいい?」ウルウル

弟「そんな目されたら断れないな…動物病院によってから帰ろう」

部屋

子猫「にゃーん」

愛里寿「可愛い…」

弟「よかったな、病気とかなくて」

愛里寿「うん…飼ってもいいの?」

弟「いいよ、名前はどうしようか?」

愛里寿「>>328

328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 23:33:25.36 ID:Whn4urtG0
チェシャ
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 23:33:43.56 ID:CnVLAcnd0
ティーガー
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/03(火) 23:40:27.70 ID:oSTUO8eW0
愛里寿「チェシャにする」

弟「よろしくな、チェシャ」なで

チェシャ「シャァァー」

弟「うわっ!」

愛里寿「こら!チェシャ、めっだよ!」

チェシャ「みゃー」

弟「なんか嫌われてるみたい」

翌日

弟「今日>>332しよう」
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/03(火) 23:43:55.83 ID:/U0U+tjXO
ミカにあいに
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/03(火) 23:45:06.20 ID:WlEqJYpu0
筋トレ
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 00:06:24.22 ID:OD1sODMA0
弟「筋トレするか」

弟「腹筋するから足押さえて」

愛里寿「うん」

一時間後

弟「もうダメ…」

愛里寿「お兄ちゃん体力なさすぎ」

弟「そういう愛里寿の腹筋はどうなってるのかな!」サワサワ

愛里寿「ん…はぁ…」

弟「ちょっと変な声だすなよ」

愛里寿「ごめんなさい…」

弟「>>334
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:07:10.80 ID:/t2IgYF+O
俺も悪かった
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:11:20.57 ID:MSYKe2rX0
あんまり筋トレ詳しく無いけど1時間ぶっ続けで腹筋出来るのってすごく無いですかね…押さえてるアリスも凄いけど
安価した
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 00:15:57.60 ID:OD1sODMA0
弟「俺も悪かったよ…」

愛里寿「お兄ちゃん…私の身体触りたい?」

弟「いやいや」

愛里寿「嫌なの?」

弟「嫌じゃないけど…」

弟「(選択次第では道を間違えそうな気がする…)」

弟「>>337
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:19:53.96 ID:zckbfV/rO
まだ幼い妹の体を触ってもな(笑)
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 00:25:39.96 ID:OD1sODMA0
弟「まだ幼い妹の体を触ってもな(笑)」

愛里寿「馬鹿にしないで…」 手を持って胸へ

弟「ちょっと…」

愛里寿「最近ちょっとずつおっきくなってるもん」

弟「おう…」

みほ「弟くんー新居見に来たよ」

みほ「………」

弟「これは違うんだ!」

みほ「説明して」

弟「>>339
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:26:16.88 ID:QYq1kF+AO
筋トレしてただけなんです…
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:26:50.10 ID:KfSeMvPa0
ハチが飛んできてな、追っ払ったんだ
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 00:35:03.21 ID:OD1sODMA0
男「筋トレしてただけなんだ!」

みほ「愛里寿ちゃんの胸筋を鍛えてたの?」

愛里寿「これは私がムキになったから…」

男「変なことはしてないから」

みほ「これは嘘ついてない目だね」

男「よかった…」

……

みほ「二人で住んでるんだね」

愛里寿「うん」

男「猫もいるぞー」

チェシャ「にゃー」

みほ「仲良くてよかった…今度は二人でデート行こうね」ボソッ

男「おう…//」

愛里寿「???」

翌日

男「今日は>>343するか」

342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:46:22.96 ID:zckbfV/rO
みほ姉とデート
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:47:26.36 ID:/t2IgYF+O
ミカと会う
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 00:55:36.37 ID:OD1sODMA0
弟「やべぇ…寝坊した!遅刻したら店長に廃校にされちまう!」

ミカ「ひさしぶりだね」

弟「へんな帽子の人!」

ミカ「………」

弟「何の用?急いでんだけど」

ミカ「妹を大事にするんだよ」

弟「そんなの言われなくてもわかってるよ」

弟「今度ゆっくり話さないか?」

弟「あそこの喫茶店で働いてるから暇なら来てくれ」

ミカ「わかったよ」

翌日

弟「今日は>>346
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 00:58:39.75 ID:3XsfyYHE0
>>342
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 01:01:13.04 ID:qEt6JcfQo
デートのネタ探し
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 01:13:58.76 ID:OD1sODMA0
弟「デートのネタ探しか」

喫茶メガネ

弟「女の子とデートするならどこにいけばいい?」

左衛門座「城めぐりに行きたいが君と一緒ならどこでも…//」

典子「バレーがしたいです!」

ナカジマ「バイクでツーリングとか…でもバイクじゃなくて私に乗って欲しいかも…//」

弟「なるほど」

翌日

弟「今日は>>348しよう」

348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/04(水) 01:16:23.74 ID:tnl7XrRTO
みほデート
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 01:47:56.91 ID:OD1sODMA0
みほ「今日は誘ってくれてありがとう」

弟「俺もみほとデートできて嬉しいよ」

弟「バイクの後ろ乗って」

みほ「うん…弟くんの背中ってこんなに大きかったんだね」

弟「俺も腐っても男だからね」

みほ「どこに行くの?」

弟「>>351
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 01:50:15.44 ID:3XsfyYHE0
安価↓
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 02:31:26.67 ID:qEt6JcfQo
遊園地
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 10:21:14.67 ID:zckbfV/rO
ボコランド
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 10:45:32.33 ID:OD1sODMA0
遊園地

みほ「懐かしいね…昔家族できたっけ」

弟「うん…まほ姉がお化け屋敷で漏らしたのは鮮明に覚えてる」

みほ「あの時はまだ小さかったから…」

弟「そうだね…まず何乗ろっか?」手を繋ぐ

みほ「手はよく繋いだけどこういう恋人みたいな繋ぎ方は初めてだね…」

……

みほ「どうかな…?」猫耳カチューシャ装備

弟「似合う似合う」

・・・・

みほ「お弁当作ってきたんだ」

みほ「あーん」

弟「あーん」

夕方 観覧車

みほ「夕日綺麗だね」

弟「うん」

弟「あのさ…おれバイトでケーキとか作ったりしてるんだけどさ」

みほ「うん」

弟「それで思ったんだパティシエになりたいって」

弟「それでさ…俺がパティシエとしてしっかり給料も貰えるようになったら…おれと結婚してくれないかな?」

みほ「>>355

354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 10:47:36.53 ID:3XsfyYHE0
うん!わかった。待っているからね!
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 11:36:40.43 ID:QqMh87BVo
了承の証しとして大人のキスをする
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 11:50:03.88 ID:OD1sODMA0
みほ「ん…ん…」

弟「ん…!?」

みほ「これが答えだよ…//」

弟「…//」

みほ「まってるからね」

弟「ああ」

みほ「浮気したら…どうなるかわかってるよね?」

弟「……」

弟「(その時のみほ姉の笑顔はなんだかとても怖かった)」

翌日

弟「暇ですね」

役人「そうですね」

弟「>>357
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 12:18:30.10 ID:nyD29heQ0
どうしてあんな廃校にこだわったんですか
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 12:43:23.24 ID:OD1sODMA0
弟「なんであんなに廃校にこだわったんですか?」

役人「結果を残してあの世界でのしあがりたかったんですよ」

役人「結局クビになりましたが」

弟「なんかすいません」

役人「今は喫茶店でのしあがることしか考えてません」

役人「喫茶店の世界で一番になってやろうそう考えてます」

弟「店長…」

ガラガラ

典子「こんにちはー」

弟「さぁ常連さんのお出ましですね」

役人「今日も最強のサービスを提供しましょう」

翌日

弟「今日は>>360するか」
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 12:50:14.18 ID:3XsfyYHE0
実家に帰る
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 12:53:24.57 ID:nJ+hWwJwO
役人レイプ!野獣と化した弟
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/04(水) 12:57:19.48 ID:OD1sODMA0
ホモはちょっと… 安価↓
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/04(水) 12:57:59.17 ID:xnbf4S56O
みほといちゃつけ
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 01:10:37.41 ID:3fQQzyYP0
部屋

弟「みほ〜」

みほ「膝枕本当にすきだよね…//」

弟「みほの足は本当に柔らかくて寝やすいんだよ」

みほ「…//」

愛里寿「お兄ちゃん…抱っこ」

みほ「いま膝枕の途中だからダメだよ」

愛里寿「みほさんには関係ない…」

みほ「私のことは義姉さんでいいよ?」

みほ「……」バチバチ

愛里寿「………」バチバチ

弟「>>365
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/05(木) 01:18:06.69 ID:kEqlVciq0
喧嘩はやめ!やめないと2人とも嫌いになるよ?
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 01:19:53.56 ID:cgc+cWblo
こちょこちょ
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 15:46:12.65 ID:3fQQzyYP0
弟「……」こちょこちょ

みほ「ふふ…くすぐったいよ…//」

愛里寿「私も!」こちょこちょ

30分後

みほ「ん…はぁはぁ」

弟「30分間くすぐり続けたらなんかエロい感じになってしまった」

弟「>>367
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 15:47:58.32 ID:np6jZcsto
島田流の秘技を使うか
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 16:27:57.38 ID:3fQQzyYP0
弟「泊まった日に倉の奥で見つけた島田流の秘技をつかう!」ツボ押し

みほ「ひゃ…//」

愛里寿「なんでそんな物が島田流に…」

弟「おらおら!」

みほ「はぁ…もうらめ…好きにして」

弟「やりすぎたな」

愛里寿「寝かしておいてあげるね」

翌日

弟「今日は>>340するか」
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/05(木) 16:28:43.00 ID:kEqlVciq0
愛里寿と共にミカと会う
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 18:13:25.29 ID:G7ahPOQ6o
執事喫茶を1日貸し切った生徒会チームの接待
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 18:31:03.94 ID:3fQQzyYP0
愛里寿「今日のご飯はカレーだよ」

弟「やったー」

ミカ「やぁひさしぶりだね」

弟「あぁひさしぶり」

愛里寿「誰?」

弟「時々現れて俺に助言してくれる変な帽子の人だよ」

愛里寿「へー」

ミカ「妹と仲良くお買い物かい?」

弟「あげないぞ!」抱き

愛里寿「苦しいよ…お兄ちゃん」

ミカ「別に取らないよ…」

弟「そっか」

ミカ「うん、じゃあ私は失礼するよ」

弟「またな」

ミカ「愛里寿ちゃん」

愛里寿「はい?」

ミカ「お兄ちゃんを大切にしてあげるんだよ」

愛里寿「はい」

ミカ「あとどんなにツライことがあっても負けちゃダメだよ」

愛里寿「???」

ミカ「じゃあね」

弟「なにか言われた?」

愛里寿「よくわかんない」

翌日

弟「>>373するか」
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 18:37:19.33 ID:kEqlVciq0
>>370
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 18:41:25.25 ID:Np5BhyMyO
鰻を焼く
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 18:51:28.34 ID:3fQQzyYP0
みほの部屋

弟「今日はみほが鰻を焼いてくれるらしい」

みほ「いらっしゃい、ご飯できてるよ」

鰻丼 すっぽん鍋 赤まむしドリンク

弟「………」

みほ「今夜は寝かさないよ…//」

弟「愛里寿…お兄ちゃんは今日は帰れそうにありません…」

翌日

弟「こ、腰が…」

弟「>>376
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 19:02:18.39 ID:iloyLIZBo
まほが遊びに来た
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 19:07:36.19 ID:kEqlVciq0
今日は家でゆっくり休むか
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 20:05:16.29 ID:3fQQzyYP0
弟「寝て過ごそう」

弟「目を閉じて30分立つけど寝れない…」

愛里寿「お兄ちゃん…寝てるの?」

弟「(寝たふりしてみよう)」

愛里寿「寝てる…」ピタッ

弟「(頬を触ってるな…)」

愛里寿「お兄ちゃん…//ん…//ん…」

弟「(キス!?しかも深い方…最近の子はすすんでるんだな…)」

愛里寿「プハァ…お兄ちゃんの味がする」

愛里寿「もっと味わいたいよぅ…//」

弟「(なぜ…ズボンを脱がす!?)」

弟「(このままじゃやばい…>>378)」

378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 20:11:24.93 ID:yXraCO1Mo
でも起きても気まずいし意地でも寝たふりでやり過ごす
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 20:24:59.91 ID:3fQQzyYP0
弟「(寝たふりだ…ここで起きてしまったら愛里寿はショックで命を絶ってしまうかもしれない!)」

愛里寿「はむっ」

15分後

弟「………」

愛里寿「もったいない」ペロッ

愛里寿「お兄ちゃん起きる前にシャワー浴びなきゃ…」

弟「(みほよりテクニシャンだ…ってことは初犯じゃないな…)」

弟「(比べるなんてよくない!)」

弟「…………(明日からどんな顔して接すればいいんだ…)」

翌日

弟「今日は>>381しよう」
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 20:25:48.92 ID:kEqlVciq0
お店の手伝い
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 20:32:23.20 ID:mS0Wo12vo
>>370
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 21:29:39.41 ID:3fQQzyYP0
役人「今日は貸切だから接待頼むよ…」

弟「え…あっはい」

弟「しつれいします、お嬢様」

杏「やーやー」

桃「やっときたか」

柚子「今日は接待よろしくね」

弟「え?なんで?」

杏「ここの店長の弱み握っててね」

杏「ちょっとお話したら貸切にしてくれたんだ」

杏「ということで君は今日一日私たちの執事だからよろしくね」

弟「はぁ」

杏(ドS)「とりあえず足舐めてよ…靴下はしっかり口で脱がせてね」

杏「二人もやってもらったら?」

柚子(M)「そういうのはちょっと…」

桃(ドM)「私も遠慮します…」

弟「>>384

383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 21:31:35.36 ID:kEqlVciq0
逆にやるならいいけどするのは……(S)
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 21:33:43.77 ID:Rexu7kyro
いえいえ遠慮せずにどうぞ
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 21:48:41.07 ID:3fQQzyYP0
弟「いえいえ遠慮せずにどうぞ」

杏「なにご主人様達に意見してるの?」

弟「え?」

杏「君は黙って言われたことしてればいいんだよ」

杏「ほら靴下脱がせて」

弟「はい…」

弟「はむ…(ちょっとしょっぱい)」

杏「そうそう…上手上手…」

弟「(もう片方の足で撫でられてるけど悪くないかも…しんない)」

杏「ほら舐めて…」

弟「……」ペロペロ

杏「ん…いいねその表情たまんないよ…」

杏「指の隙間もしっかり綺麗にしてね」

弟「はい…」ペロペロ

次の行動>>387
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 21:49:56.52 ID:kEqlVciq0
足からどんどん上へ舐める位置を変える
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 21:50:49.09 ID:7xBJ63t00
思わずスカートの中をみてしまう
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 21:51:33.44 ID:bFJQsWX0o
↑+そして、杏の乳輪の手前で
「はい、そこまで」と声がかかる
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 22:07:29.42 ID:3fQQzyYP0
弟「(パンツ丸見えじゃないか…しかも黒とか人は見かけによらないな)」

杏「舌がとまってるよ…」

杏「パンツ見てたでしょ?」

弟「………」ふるふる

杏「罰与えなきゃね…」

杏「ほら上むいて口あけて」

杏「ん…どう?唾のお味は?」

弟「美味しいです…」

杏「もっと欲しい?」

桃「……//」

柚子「帰ろう…見てるのも恥ずかしいよ…//」

弟「>>392

390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 22:08:40.43 ID:kEqlVciq0
お二人さんが望むでしたら、僕のできる限りはしてあげられますよ?執事ですから
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 22:09:07.14 ID:WDJjEG8Jo
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 22:10:11.20 ID:Q7iqcAyEo
お二方もどうぞ望みのままにご命令ください。どんな命令でもご奉仕させていただきます
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 22:31:35.37 ID:3fQQzyYP0
弟「お二方もどうぞ望みのままにご命令ください。どんな命令でもご奉仕させていただきます」


柚子「だ、だ、大丈夫です」

桃「し、しつれいするぞ…//」

杏「行っちゃったね」

杏「あの二人にsっ気はなかったか」

杏「ほら早く私の質問に答えて」

杏「もっと欲しい?」

弟「>>395
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 22:32:44.84 ID:kEqlVciq0
お嬢様のお好きなように…
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 22:34:18.58 ID:97WL+sEho
(股間を膨らませながら)ほ、欲しいです
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 23:36:30.26 ID:3fQQzyYP0
弟「ほ、欲しいです」

杏「へーじゃあまた裏切っちゃうんだ」

杏「西住ちゃん泣いちゃうかもね」

弟「あっ…」

杏「それでもいいなら私はしてあげるよ?」

弟「>>398
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 23:40:58.23 ID:SIE6bqE5O
裏切ってるわけじゃなくて今日一日は貸し切りでだから生徒会の人達なら裏切ったことにはならなくて…
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 23:43:50.64 ID:kEqlVciq0
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/05(木) 23:53:31.49 ID:3fQQzyYP0
弟「裏切ってるわけじゃなくて今日一日は貸し切りでだから生徒会の人達なら裏切ったことにはならなくて…」

杏「………」

杏「じゃあしちゃおっか」

・・・・・

杏「ここまで行為は隠しカメラで録画してたんだけど」

杏「西住ちゃんに見せていいかな?」

弟「ごめんそれはやめて」

杏「いいよ…」

杏「その代わりに定期的に私を抱いて」

弟「>>401

400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/05(木) 23:54:47.85 ID:kEqlVciq0
わかった…人にばれない場所でお願いするよ
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/05(木) 23:55:14.08 ID:Rexu7kyro
おっ勃てながらコクコク頷く
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 00:11:17.31 ID:F8hcQNmH0
弟「わかった」

杏「体は正直だなぁ」

弟「うるせぇ」

杏「とりあえず今日は帰るから」

弟「うん…」

翌日

弟「今日は愛里寿が実家に行ってて一人かなにしよう」

弟「>>404

403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 00:16:38.88 ID:r0mqoUosO
アルバムでも探す

ミカとの関係はいつ明らかになるのだろう
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 00:20:42.01 ID:9mgtOVST0
ゲーム
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 00:34:17.11 ID:F8hcQNmH0
弟「よしゲームでもやるか」

弟「愛里寿のDSを借りよう」

弟「電源をつけて」

弟「友達セレクション…友達の分身を作って生活させるゲームか」

弟「なになに不思議なマンション可愛いらしい名前じゃん」

弟「住人は…3人…俺、愛里寿、チェシャ…」

弟「一匹猫だし…」

弟「ナカジマとか典子とか紹介してやろう」

弟「とりあえずこれは見なかったことにしてドラポンクエストあるじゃんこっちやろ」

弟「愛里寿のセーブデータ見てやろー」

弟「仲間キャラに友達の名前とかつけたっけ」

弟「どれどれ…アリス、おにいちゃん、おにいさん、おにい…」

弟「ほぼ俺じゃないか…愛里寿…お前友達いないんだな」

夕方

愛里寿「ただいまー」

弟「愛里寿!」抱きっ

愛里寿「な、なにどうしたの?」

弟「お兄ちゃんがずっとそばにいてやるからな!」スリスリ

愛里寿「よくわかんないけど…嬉しい…」

翌日

弟「さて今日は>>407するぞ」

406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 01:19:42.03 ID:CzUm6mS4o
西住家に遊びに行く
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/06(金) 01:21:55.49 ID:A1fs9pmr0
おかえしに夜寝た愛里寿に悪戯
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 02:19:35.48 ID:F8hcQNmH0


弟「よっしゃ愛里寿に悪戯してやるぞ!」

弟「あの愛くるしい妹の二の腕をハムハムしたり」

弟「抱きしめて髪の匂いを嗅いだりするんだ!」

愛里寿「…zzzz」

弟「しめしめ」

チェシャ「シャァァァァァ」

弟「チェシャめ…飼い主に牙を剥くとは…」

弟「やってやるぜ!」

チェシャ「シャァァァァァ」

30秒後

弟「強すぎ…」

チェシャ「にゃー」

翌朝

愛里寿「どうしたの?そんなに傷だらけで…」

弟「ヤスリの上で寝っ転がったらこんなになっちゃった…(チェシャにやられたとはいえない)」

弟「全身が痛いけど今日は>>409しよう」
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 04:51:56.74 ID:il7F15syo
出張執事 in聖グロ
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 07:14:20.98 ID:F8hcQNmH0
役人「事業拡大のために出張執事をやってみることしました」

弟「で?だれが行くんですか?」

役人「君に決まってるじゃないですか」

弟「俺がいない間の店は!ぶっちゃけ店長の顔じゃお客さん呼ぶの無理ですよ!!」

役人「ナカジマさんと磯部さんを執事として雇いました」イラッ

役人「だから君はとっとと聖グロリアーナに行ってこい!」

弟「出張だとみほや愛里寿に会えないしなぁ」

役人「秘伝のケーキレシピつけますよ」

弟「行かせていただきます!」

聖グロリアーナ

弟「よろしくお願いします」

ダージリン「本当に来たわ!」

弟「はい、お嬢様」

ダージリン「さっそくこのチョーカーをつけて」ガチャ

弟「なんですかこれ?」

ダージリン「私がこのボタンを押せば体の自由を奪うくらいの電流が流れるチョーカーよ」

弟「>>412
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 07:31:37.61 ID:yW5sqMxJ0
いや、色々おかしい
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 07:35:52.79 ID:OU9ma6dhO
そんなもの必要ないですよ(足の甲にキス
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 07:48:59.25 ID:F8hcQNmH0
弟「そんな物必要ないですよ、お嬢様」

ダージリン「貴方の言葉は軽すぎて信用できないわ」

ダージリン「大丈夫、私から離れなければ害はないわ」

ダージリン「ずっと私のそばにいるのよ」

弟「(隙をみて逃げないと…)」

2週間後 客室

弟「チョーカーの鍵はダージリンがもってるし…」

弟「三日目に無理矢理外そうとして感電したし…」

弟「ボタンも予備が何個もあるから奪っても無駄だし…」

弟「詰んだな俺…」

アッサム「……」ガチャ

弟「君は…」

アッサム「チョーカーは外しましたわ…脱出口まで案内します」

弟「いいの?バレたら君も」

アッサム「いいんです…貴方の寂しそうな眼差しを見てたら居ても立っても居られなくなってしまって…」

弟「ありがとう」

地下道

弟「あの光が出口か!」

アッサム「……」手刀

弟「う…なんで…」バタッ
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 07:52:47.83 ID:OH5J+PqUo
う、羽毛…
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 08:01:03.02 ID:F8hcQNmH0
拷問部屋

弟「ん…ここは」

弟「木製の椅子に手足をベルトで固定されてる…」

アッサム「目が覚めまして?」

弟「どういうことだ!助けてくれるんじゃ…」

アッサム「私は助けるなんて一言もいってませんわ」

アッサム「貴方の寂しそうな眼差しを見てたらどうしても苦痛で歪めさせたくなりまして」

弟「俺…君に嫌われるようなことしたっけ?」

アッサム「いいえ…どちらかと言えばこれは好意ですわ」

アッサム「苦痛に歪む貴方の顔が愛おしいのです」プスッ

弟「痛っ!なんで針を…」

アッサム「今から貴方の身体にちょっとずつ針を刺していきます…」

アッサム「……」プスッ

弟「痛っ…」

アッサム「そうです…その顔です、もっと私に見せてください」

二週間後

弟「拷問のショックで髪が白髪になってしまった…」

弟「ベルトは取られたけど手を釘で木製の椅子に打ち付けられてるし…足の腱も切られた…」

弟「>>417
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 08:07:17.61 ID:yW5sqMxJ0
逆にやり返してやる
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 08:11:39.95 ID:OH5J+PqUo
どうしてこうなった

安価は前テレパシーに反応してたっぽいまほに助けを求める
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 08:16:11.62 ID:yW5sqMxJ0
俺達の安価じゃなくて>>1が書いた内容でこうなったから>>1が悪い
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 08:40:54.31 ID:F8hcQNmH0
弟「(まほ姉…助けてくれ)」

まほ「弟に呼ばれた気がするが私はキッズウォーの再放送をみるのに忙しいだ」

弟「(マジで拷問されてんだって…)」

まほ「じゃあ助けたらキスしてくれるか?」

弟「(する!絶対する!)」

まほ「ディープだぞ!」

弟「(わかったから…はやく)」

アッサム「ご機嫌いかがかしら?」

弟「いいわけないだろ」

アッサム「その鋭い目つき最高ですわ…今日はそれを永久保存しようと思って」

弟「やめろ…その手を近づけるな…」

アッサム「左目…いただきますわ」グリッ

弟「あぁぁぁぁぁぁぁぁ」

ガチャ

まほ「助けに来たぞ!」

弟「遅いよ…」ガクッ

病院

弟「あれここは?」

まほ「目が覚めたか」

弟「まほ姉…俺助かったのか…」

まほ「左目を抜かれて気絶してる間に病院に運んだんだ」

弟「アッサムは…」

まほ「安心しろ…しっかり警察にあけ渡した」

弟「ああ死ぬかとおもったよ…」泣

まほ「泣きたいならお姉ちゃんの胸で泣くといい」

弟「>>421



420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 08:43:51.74 ID:yW5sqMxJ0
うん…今回はそうさせてもらうよ……
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 08:52:20.71 ID:il7F15syo
ありがとうまほお姉ちゃん
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 08:57:19.65 ID:F8hcQNmH0
弟「ありがとう…まほ姉」

まほ「ああ…そ、それよりお礼のき、キスは?」

弟「怪我治ってからでもいい?」

まほ「わかった待つ…」

弟「これからしばらく病院暮らしか」

入院二日目

>>424が訪ねてきた
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 08:58:59.19 ID:il7F15syo
みほ
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 08:59:18.38 ID:AkwgjAUko
しほ
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 11:53:01.48 ID:F8hcQNmH0
しほ「大丈夫ですか…?」

弟「母さん…」

しほ「話は聞きました…聖グロの生徒にやられたんですね」

弟「うん…」

しほ「全身傷だらけで目も…」

弟「失明だって片目って案外つらいね」

しほ「してほしいことがあったらなんでも言いなさい」

弟「ありがとう…母さん」

しほ「聖グロ…潰す」ボソッ

翌日

>>426
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 12:00:17.48 ID:jz9H3nh1O
しほ「聖グロは学園艦ごと沈めました」
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 12:39:47.35 ID:D1PB1VtDO
有言実行ママさん
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 12:50:51.86 ID:F8hcQNmH0
しほ「聖グロは学園艦ごと沈めました」

弟「こんな目にあわされたら流石になんにも思わないな…」

しほ「またお母さん失敗したかとおもったわ」

弟「ありがとうでいいのかな…」

どっかの浜辺

ダージリン「脱出用のティーカップがなければ即死でしたわ」

オレンジぺコ「これからどうします?」

ダージリン「弟くんをなんとしてでも手に入れるわ」

病院

みほ「弟くん!」

愛里寿「お兄ちゃん!」

弟「二人とも久しぶりだね…」

弟「>>430


429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 12:57:24.97 ID:il7F15syo
来てくれて嬉しい
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 12:58:35.26 ID:AkwgjAUko
みほ姉、アリス、お、俺、こんな、こんな身体になっちゃったよ
一人で立てないし、目も見えないみすぼらし
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 13:15:55.02 ID:F8hcQNmH0
弟「みほ…愛里寿…俺こんな体になっちまったよ…」

弟「左目はみえないし…足が完治するまで車椅子だ」

みほ「大丈夫だよ…私が貴方の目になるから」

愛里寿「私は足に!」

弟「ありがとう」

みほ「それに白髪も結構似合ってるよ」

愛里寿「クールな感じがする」

弟「じゃあこのままでいいかもな」

翌日

>>433
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 13:19:51.16 ID:yW5sqMxJ0
元聖グロの少女たちがしほによって賞金を懸けられて探される
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 13:20:51.62 ID:OH5J+PqUo
ブチ切れゆかりん
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 13:39:24.78 ID:F8hcQNmH0
優花里の家

優花里「はぁ…」

エリカ「どうしたのよ?溜息ついて」

優花里「私最近出番なくないですか?」

エリカ「そうね…最近は二人でジェンガばかりしてるからかしらね」

優花里「私も弟殿を拉致て拷問すればいいですかね?」

エリカ「やめときなさい…聖グロのように消されるわよ」

優花里「出番が欲しいです!出番が欲しいです!」ジタバタ

エリカ「>>436でもしてみたら?」
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/06(金) 13:42:33.28 ID:yW5sqMxJ0
弟君にやさしくして
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 13:43:15.81 ID:jz9H3nh1O
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/06(金) 13:56:07.02 ID:F8hcQNmH0
エリカ「弟くんに優しくしてみたら?」

優花里「なるほど!」

優花里「じゃあさっそくいってきます!」

エリカ「行っちゃった…」

優花里母「エリカちゃーん!今日もご飯食べてく?」

エリカ「いただきます」

病院

優花里「というわけで優しくしに来ました」

弟「>>439



438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/10/06(金) 13:56:39.59 ID:yW5sqMxJ0
具体的には?
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 14:00:53.43 ID:sUkmgyTao
ざまないだろ、この姿
きっと今まで酷いことして色んな人を傷つけた報いだ
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 14:10:54.00 ID:hxESwNeC0
エリカ優花里と友達になったんか
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 19:31:46.07 ID:nVeJA6eSO
安価で話をつくる>>1の癖を俺たちが見ていく
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 01:18:09.18 ID:yC2FJmAF0
弟「ざまないだろ、この姿 きっと今まで酷いことして色んな人を傷つけた報いだ」

優花里「確かにあなたはヤれそうな人がいると即合体してそれでいろんな人を傷つける脳とチンコ直結やろうですけど…これはやりすぎです」

弟「俺のことそんな風に思ってたのか…」

優花里「冗談ですよ!」

優花里「さぁどうして欲しいですか?」

弟「並大抵のことはみほと愛里寿がやってくれるし」

弟「>>444
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 01:26:57.13 ID:mJvkxAC80
ジェンガするか
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 01:38:19.91 ID:CD7NIupSO
事務的に性処理して
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 02:10:32.43 ID:yC2FJmAF0
弟「事務的に性処理を…」

優花里「えぇ…」

みほ「なにを話してるの?」ゴゴゴゴ

愛里寿「私もききたいなぁ」ゴゴゴゴ

弟「いつからそこに!?」

みほ「事務的に性処理の辺りから」

優花里「これは弟殿のピンチです!」

優花里「>>447して助けましょう」
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 03:20:16.84 ID:k3yzLmy8o
弟といっしょに病院から脱走
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 03:23:39.01 ID:9m316KYUo
限定ボコグッズをたくさん二人にあげて誤魔化す
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 16:40:16.62 ID:yC2FJmAF0
優花里「二人ともこれを受け取ってください」

みほ「これは徳川家康が着ていたと言われる幻のボコtシャツ!」

愛里寿「私のは伊能忠敬が測量に使ったと言われる幻のボコ巻尺!」

みほ「きっとなにかの聞き間違いだよね」ニコニコ

愛里寿「うん」ニコニコ

優花里「ふぅメルカリで買っておいて正解でした」

みほ「今日は愛里寿ちゃんとケーキ作ってきたんだよ」

愛里寿「うん」

・・・・

みほ「はい、あーん」

愛里寿「こっちも食べてあーん」

みほ「彼女の私の方から食べるよね?」

愛里寿「妹の私だよね?」

弟「>>450
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 16:41:59.77 ID:BwovhuvJ0
そこ!喧嘩はダメ!
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 16:50:39.27 ID:UiWl8fjDO
空気の読めない不器用なまほが乱入
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 17:01:22.74 ID:3R4D9GEio
台詞安価だよね?

両方同時に食べる
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 17:28:44.84 ID:yC2FJmAF0
まほ「ここは私がほら」ひょい

弟「おぼ!」

みほ「お姉ちゃん!!」

まほ「ほらほらもっとたべていいぞ」

みほ「やめて!」

・・・・・

みほ「お姉ちゃんは優花里と近所のつぼはちち行きました」

愛里寿「やっと静かになった」

翌日

弟「今日は>>454しよう」



453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 17:31:01.33 ID:BwovhuvJ0
釣りに行こう
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 17:47:49.76 ID:JKBBtL7io
会長の相手
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 17:49:21.98 ID:G/mwXq+n0
↑+みほに車イスを押してもらって
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 17:51:56.02 ID:G/mwXq+n0
ゴメン
>>453に+で
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 18:06:00.98 ID:yC2FJmAF0
夜中

弟「夜中って暇だな」

杏「診察にきましたー」

弟「杏!?どうしたのその格好」

杏「病院ならこっちの方が盛り上がると思って女医のコスプレしてきた〜メガネも似合ってるでしょ?」

弟「まぁ似合ってるけど…しかもとっくに面会時間すぎてるのに…」

杏「忍びこんじゃった、ほら一ヶ月ぶりに気持ちよくなろ?」

弟「エロエロですね…エロ会長」

杏「否定はしないかな」

>>459

杏「忍びこんじゃった
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 18:27:22.01 ID:MM37PuQx0
でも今自分じゃ動けなくて
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 18:28:37.50 ID:UiWl8fjDO
あまりの痛々しい姿に会長の母性愛が目覚める
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:09:20.86 ID:yC2FJmAF0
杏「(なんかほっとけない感じ・・)」

杏「(すごくキュンキュンする)」

杏「ほら気持ちよくなりまちょうね〜」

弟「なんで赤ちゃん言葉なんだよ…」

翌朝

杏「じゃあ私は帰るからまた甘えてね」

弟「ああ…うん…//」

……

弟「今日は>>462しよう」
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 19:10:02.69 ID:BwovhuvJ0
みほに車イスを押してもらって、釣りに行こう
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 19:10:40.01 ID:8eQ1AR8lo
本当のお母さんと今後についてお話し
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:34:16.12 ID:yC2FJmAF0
千代「弟くん!」抱き

弟「母さん…苦しいよ」

千代「こんな身体になって…」

弟「心配かけてごめん…」

千代「いいのよ…こんな身体のあなたを愛里寿と二人で生活させられないわ…愛里寿と実家に戻ってきなさい……」

弟「ちょっと考えさせて欲しい」

千代「わかったわ…明日には返事をちょうだい」

弟「うん」
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 19:41:24.76 ID:yC2FJmAF0
午後

弟「突然散歩に行こうなんてどうしたの?」

みほ「大事な話があってね…」

弟「どうしたの?かしこまって」

みほ「退院したら二人で一緒に住もう…」

みほ「私が君を守るから…もうこんなことにならないように」

弟「みほ…」

みほ「絶対守るから!」抱き

弟「ありがとう…」

弟「返事は少し待ってくれないか?」

みほ「…わかった」

翌日

弟「さて…家族を取るかみほを取るか…」

弟「>>467

465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 19:41:59.97 ID:BwovhuvJ0
ミカに相談だ
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 19:45:16.78 ID:nT2bRvGCO
みほに嫁入りしてもらうのはどうだろう
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 19:56:52.94 ID:9LCO0zN6O
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 20:40:19.21 ID:yC2FJmAF0
弟「みほ…話があるんだ…」

みほ「うん」

弟「これ受け取ってほしい」

みほ「指輪…もしかして//」

弟「こんな身体だけど君と一緒に歩んで行きたい家に嫁に来てくれ」

みほ「はい…//」

病室

弟「というわけなんだ…//」

千代「そうあなたが選んだ娘なんですもん…」

千代「構わないわ、よろしくね みほさん」

みほ「お願いします…義母さん…//」

一ヶ月後

結婚式場所

弟「ドレス似合ってるね」

みほ「弟くんもかっこいいよ」

優花里「おめでとうございます」

みほ「ありがとう優花里さん!」

エリカ「おめで…ヒクッ…とう…グスッ」

弟「え?なんで泣いてんの?」

エリカ「うる…さい…グスッ…さっさといけ」

弟「あ、ああ」

優花里「行っちゃいましたね…帰りつぼはちで飲みましょうか」

エリカ「グスッ…うん」

沙織「みぽりんに先越された…」

麻子「しっかり幸せにしてやれよ」

杏「ふーんまぁ幸せが来るといいけどね」

新婚生活1日目

弟「さて>>471







優花里「おめでとうございます!」

エリカ「

469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 20:43:03.25 ID:8eQ1AR8lo
新婚旅行に温泉へ
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 20:52:52.53 ID:BwovhuvJ0
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 20:59:59.56 ID:E46rzmRCO
杏changと浮気セクロス気持ちよすぎワロタァw
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 21:13:19.28 ID:yC2FJmAF0
弟「杏…ごめん出る!」

杏「いいよ…たくさんだして…」

・・・・・

杏「結婚式の翌日にこんなことしていいの?」

弟「みほは実家の用事でいないしひまなんだよ」

杏「ふーんだからって浮気相手の部屋にきちゃうんだ」

杏「溜まってたの?」

弟「いやそうじゃないけど…みほは基本マグロだから色々してくれる杏のが気持ちいい…」

杏「へー西住ちゃん、マグロなんだ」

弟「なぁもっかいいいかな?」

杏「いいよ…ほらおいで」

・・・・・・

翌日

弟「>>474しよう」
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 21:14:10.04 ID:BwovhuvJ0
まほ姉に会いに行こう
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 21:15:14.82 ID:2leQAYgq0
銭湯に行く
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 21:15:24.49 ID:wGEb8gC7o
優花里と飯食いに
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 22:05:26.73 ID:yC2FJmAF0
銭湯

弟「たまには銭湯も悪くないなぁ」

弟「ぼーとしていよう」

島田邸

千代「みほさん掃除は終わりました?」

みほ「はい、いま終わりました」

千代「……」スッー

千代「まだ埃が残ってますね…やり直してください」

みほ「はい…」

銭湯

弟「やっぱり銭湯のあとはイチゴ牛乳だなぁ

島田邸

みほ「お料理できました…」

千代「味が濃すぎませんか?」

みほ「そうでしょうか…」

千代「作り直してください」

翌日

弟「さて今日は>>478

477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 22:06:12.11 ID:BwovhuvJ0
みほの様子を見に行く
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 22:06:45.12 ID:wGEb8gC7o
うえ
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/07(土) 22:45:20.99 ID:yC2FJmAF0
弟「島田家には慣れた?」

みほ「うん…」

弟「俺なんてまだ全然なのに順応はやいなぁ」

みほ「そうかな…」

弟「なんか元気なくない?」

みほ「そんなことないよ…」

弟「ならいいけど…」

弟「みほが心配だな…>>481
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 22:46:17.21 ID:BwovhuvJ0
誰かに様子をうかがってもらうか
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/07(土) 22:50:15.43 ID:2leQAYgq0
↑丸山ちゃんに頼む
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/08(日) 11:13:55.40 ID:YZpNqUkE0
弟「諜報員を呼んで調べてもらおう」パチン

紗希「……」シュタッ

弟「みほを調査してくれ」

紗希「……」コクッ

2日後

紗希「……」

弟「調査終わった?」

紗希「……」ボソボソ

弟「なに!?姑イビリだと!!」

紗希「……」コクッ

弟「そんな昼ドラみたいなことになっていたなんて…」

弟「>>484するしかないな」


483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 11:20:15.32 ID:YHyNmX5FO
一緒に旅行で仲直り作戦
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 11:41:34.81 ID:WbtDdfBGo
みほを慰め、母親を証拠と共に糾弾
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/08(日) 12:48:02.04 ID:YZpNqUkE0
弟「ごめんね…気づいてあげられなくて」

みほ「ううん…義母さんも私を思って言ってくれてると思うから」

弟「つらくない?」ナデナデ

みほ「大丈夫…花嫁修行だから」

弟「母さん…」

千代「なにかしら」

弟「>>487
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 12:51:10.75 ID:yn08k3fT0
姑イビリなんて歳にして陰湿なことやめろよ
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/08(日) 13:08:50.62 ID:0p4PJnat0
↑そんなの今どきドラマでも見ないぞ
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/09(月) 00:59:40.01 ID:RC4kjC3h0
弟「姑イビリなんて歳にして陰湿なことやめろよ」

弟「そんなのドラマでもみないぞ!」

千代「島田に相応しい嫁になるための花嫁修行であってイビリではありません」

みほ「私もちょっと落ち込んだだけで大丈夫だから!」

弟「でももうちょっと優しく…」

千代「あなたの願いでもそれは聞けません…島田の嫁に来た以上仕方ないのです」

みほ「大丈夫だよ…ちゃんと頑張るから」

みほ「お腹の子にも立派なママだと思われたいから…//」

弟「お腹の子…?もしかして…」

みほ「…//」コクッ

弟「>>490
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/09(月) 01:01:42.23 ID:8/ARbfFY0
なら、なおさら見過ごせねーよ。お腹の子のことも考えろよ!(千代に向かって)
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 05:27:07.77 ID:03r+l/MR0
うえ
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/10/09(月) 10:15:39.12 ID:RC4kjC3h0
弟「なら、なおさら見過ごせねーよ。お腹の子のことも考えろよ!」

みほ「いいの!私頑張るから」

弟「みほ…」

みほ「義母さん…私なら大丈夫ですから」

千代「その意気でがんばってください」

みほ「はい」

翌日

>>493
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 10:57:47.91 ID:8/ARbfFY0
ミカと島田家で出会う
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/09(月) 11:21:13.26 ID:uk4W97SJO
みほと一緒に修行
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 12:20:37.80 ID:2pR/jR1No
待ってる
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/17(火) 13:53:39.41 ID:vVQMsJzj0
舞ってる
143.75 KB Speed:27.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)