【安価】魔物娘「契約切れです♪」男「なっ...」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 08:28:33.19 ID:km7Rol1/0
〜過去〜

男「遂に俺も幻覚が見えるようになってしまったのか...」

魔物娘「何を言いますか!私は此処に居ますよ」

男「いやいやあり得ないだろう」

男(こんなかわいい子が部屋に居るなんて)

魔物娘「煩いです。何と言おうと私は此処に居るのです」

男「そうか。じゃあ尚更警察にでも通報しなきゃな」

魔物娘「待って!私は契約しに来たの」

男「最近の業者は家にまで入って来るんですね」

魔物娘「違う!私との契約だよ!」

男「...どんな?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1508023712
2 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 08:43:44.14 ID:km7Rol1/0
魔物娘「ここに泊めて?」

男「そんな金は無い」

魔物娘「大丈夫!」

男「何?金持ってんの?」

魔物娘「いや、無いですけど魔法とか使えますよ」

男(何言ってんだコイツ...?)

男「じゃあ見せてみてよ」

魔物娘「えい!」カッ

強い光を放つ!

男「...まぁいいか、契約だ」
3 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 08:55:56.87 ID:km7Rol1/0
その後、俺達は楽しく過ごしていた

一緒に遊んだり、出かけたりした

それだけに、この言葉へのショックがでかかった

男「お前、何を言って...」

魔物娘「だから、契約切れですよ」

魔物娘「貴方は騙されていたんですよ」ポワッ

男「ッ!?」ガシャン

自由に身動きが取れない

魔物娘「さて、これから貴方は絶対服従です」

魔物娘「手始めに...そうですねぇ...」
4 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 08:56:57.21 ID:km7Rol1/0
下2>>魔物娘の行動(命令)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 08:57:08.84 ID:VXVlXDrJo
寝る
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 08:57:19.20 ID:hq23K++nO
私の服を買ってきなさい
7 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:01:32.15 ID:km7Rol1/0
魔物娘「私の服を買って来なさい」

男「...分かった、行ってくる」

魔物娘「逃げようだなんて思わないでね?」

魔物娘「逃げたらどうなるか...分かってるよね?」

男「分かってるよ」ガチャ
8 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:02:38.90 ID:km7Rol1/0
下1、2>>買ってきた服
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 09:03:06.62 ID:+oI699DmO
黒のプラグスーツ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 09:03:22.17 ID:vbf7rDFIO
ワンピース(白)
11 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:20:04.01 ID:km7Rol1/0
男「買ってきたが」

魔物娘「良いでしょう、見せなさい」

男「これ」

プラグスーツを見せる

魔物娘「不思議なデザインの服ですねぇ」

魔物娘「動きやすそうです」

男「あとこれ」

白のワンピースを見せる

魔物娘「お、良いじゃん」

魔物娘「他人を騙すような奴に白のワンピースを送るとはね」
12 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:22:45.73 ID:km7Rol1/0
魔物娘「良くやってくれました」

魔物娘「買い物でお疲れでしょうが、次です」

男「もう諦めた。なんとでも言え」
13 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:25:13.79 ID:km7Rol1/0
下2>>魔物娘の行動(命令)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 09:28:49.98 ID:ubDHGbhF0
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 09:28:54.18 ID:WW9Dxyk1o
男の奢りでご飯に行く
16 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:43:57.30 ID:km7Rol1/0
魔物娘「じゃあご飯食べに行きましょう」

魔物娘「勿論貴方の奢りで」

男「良いけどそんな洒落た店知らんぞ」

魔物娘「元よりそんな事に期待して無いわ」

男「そうか。なら良いが」
17 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:54:34.16 ID:km7Rol1/0
〜帰宅〜

魔物娘「散々迷った挙げ句ステーキハウスに連れて行かれるとは」

男「旨かったろ」

魔物娘「まぁね」

魔物娘「さて、お腹も膨れたしご褒美をあげましょう」
18 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 09:56:57.34 ID:km7Rol1/0
下2>>ご褒美
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 09:57:31.32 ID:VXVlXDrJo
添い寝
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 09:57:43.48 ID:4nqAgpkW0
胸さわっていい
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 09:57:43.87 ID:2AiOwfuHo
なでなで
22 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 10:04:21.82 ID:km7Rol1/0
魔物娘「む、胸触っていいわよ...///」

男「え」

魔物娘「不服!?」

男「いや、喜んで」ガシッ

魔物娘「はぅ///」

男「...」モミモミモミ

魔物娘「ちょっ!揉んで良いとまでは...んひっ!ああぁ...」
23 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 10:07:36.72 ID:km7Rol1/0
〜しばらくして〜

魔物娘「くっ...」ハァーハァー

男「大丈夫か?」

魔物娘「煩い。図に乗りすぎよ」

男「しょうがないだろう?」

魔物娘「いきなりで悪いけどお仕置きよ!」

男「理不尽な...」
24 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 10:08:33.02 ID:km7Rol1/0
下2>>おしおき
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 10:09:03.50 ID:s2XeAJsLO
誘拐
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 10:09:13.67 ID:AA45NgE7O
男を下僕にする
27 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 10:14:31.65 ID:km7Rol1/0
魔物娘「貴方は私の下僕よ!」

男(さっき迄とそう変わらんだろうに)

魔物娘「返事は!?」

男「はい」

魔物娘「宜しい、では男に下僕として最初の命令よ」

魔物娘「心して聞きなさい」
28 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 10:15:48.61 ID:km7Rol1/0
下2>>命令
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 10:19:50.08 ID:ubDHGbhF0
私の足の裏を嗅ぎなさい
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 10:19:58.53 ID:UUfEpOgXO
お風呂を沸かしなさい
31 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 14:40:09.72 ID:km7Rol1/0
魔物娘「お風呂を沸かしなさい」

男「あいよ」ピッ

魔物娘「...」

男「...」

魔物娘「そうね」

男「いや何これ」
32 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 14:50:48.48 ID:km7Rol1/0
男「...」ハァ

魔物娘「どうしたの?溜め息つかれると此方が気分悪いわ」

男「どうも気楽で宜しいですね」

魔物娘「...相談しなさい。これは命令よ」

男「いやぁ、家を占拠されたから何処で寝ようかなって」

男「そこらのホテルでも良いけど流石に財布が苦しいし」

魔物娘「何そんな事?それなら家で寝れば良いじゃない」

男「...良いの?」ウルウル

魔物娘「あっ泣かないで...じゃない」

魔物娘「そんなしみったれた顔されたら寝覚めが悪いのよ」

男「そうか。変な所を見せて申し訳なかった」
33 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 14:55:24.18 ID:km7Rol1/0
男「風呂、沸いたぞ」

魔物娘「一緒に入る?」

男「けっ、所詮童貞ですよ」

魔物娘「そんな斜に構え無くても良いのに...」パタン

男「じゃあごゆっくり」

男(...アイツの価値観おかしいだろ)

男(自分を卑下しないと立場を忘れるぞこれ)
34 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 15:04:00.89 ID:km7Rol1/0
〜風呂上がり〜

男「ふぅ」

魔物娘「では命令です」

男「唐突だなおい」
35 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 15:04:48.43 ID:km7Rol1/0
下2>>魔物娘の命令
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:07:34.20 ID:ubDHGbhF0
足のマッサージをしなさい
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:07:54.75 ID:1qn/Rr6h0
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:08:00.24 ID:4nqAgpkW0
体拭いて
39 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 15:17:21.26 ID:km7Rol1/0
魔物娘「足のマッサージをしなさい」

男「分かった」モミモミ

魔物娘「んんっ、んあ...」

男「...」グリッ

魔物娘「あっ、あああ...」

男「...」グリグリ

魔物娘「ふっ、んふぅ...んー」
40 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 15:24:31.98 ID:km7Rol1/0
〜揉み終わり〜

魔物娘「さて、そろそろ寝よう」

男「おやすみー...」バタン

魔物娘「今日はソファで寝ないで」

男「主人がベッドで寝ずにどうするんですかね」

魔物娘「煩い。命令だベッドを使え」

魔物娘「その、私も一緒に寝るから...///」

男「えー」

魔物娘「さっさと寝ろ!」
41 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 15:27:24.70 ID:km7Rol1/0
男「」スースー

魔物娘(初めて見た...これが男の寝顔!)

魔物娘「...ん?」

魔物娘(今なら好き放題できる...?)
42 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 15:28:11.26 ID:km7Rol1/0
下2>>魔物娘は何をするか(しないも可)
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:31:30.95 ID:U+pHMcQj0
口にキス(その後に耳元で愛の言葉を言う)
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:31:35.87 ID:WW9Dxyk1o
腕にしがみつく
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:31:44.99 ID:wyv+RNG20
抱き枕にしてねる
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:32:03.91 ID:4nqAgpkW0
顔を舐めまわす
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 15:33:12.99 ID:owFqFN/eo
顔以外をスライムに埋もれさせる
48 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 15:49:40.10 ID:km7Rol1/0
魔物娘「ふふ」ガシッ

男「んぅ...」

魔物娘「おやすみなさい」
49 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 16:00:31.97 ID:km7Rol1/0
〜翌日〜

男「ああ、良く寝た」

男「ん...?」

そこには、男の腕にしがみついて寝る魔物娘が

男「はは...」

男「悲しいよなぁ...こんなに可愛いのに...」

男「俺の事を所詮下僕としか思っちゃいない」

男「もっと格好いい魔物か何かに生まれてればなぁ...」
50 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 16:09:10.51 ID:km7Rol1/0
魔物娘「それは違うよ」

男「なっ、お前いつから起きて」

魔物娘「最初からずっと聞いてたよ。でももう止めだ」

男「そうだよな、こんなおこがましい事」

魔物娘「私にとって君は愛し過ぎるんだ」

男「...」

魔物娘「もう何でも良いから君と離れたくない」

魔物娘「この意味が分かる?」

男「分かった」
51 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 16:09:59.27 ID:km7Rol1/0
下2>>男の返事
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 16:11:09.06 ID:VXVlXDrJo
全部よこせ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 16:11:17.75 ID:u6LadEYP0
貴女と合体したい
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 16:11:26.09 ID:1+VSdQnVO
君のすべてを俺にくれ
55 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/10/15(日) 16:24:18.32 ID:km7Rol1/0
男「貴女と合体したい」

魔物娘「それだと永遠に契約は切れませんよ?」

男「当たり前だ」

魔物娘「解約なんて...させませんからね♪」

GOODEND!!
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 18:34:06.07 ID:18TRm8TyO
優しい世界
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/10/15(日) 18:49:46.38 ID:WB9ZN7NC0
おわるの早くない?
もっとなにか色々しようよ
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/15(日) 19:05:08.73 ID:OgIaX2dto
どうせ長々やってもキチガイ安価で台無しになるからこれぐらいでいい
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/16(月) 19:19:40.87 ID:KQYfhYAdO
長々やると長文野郎に私物化されるからな
11.59 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)