【デレマスSS】モバP「クール系安眠妨害アイドル」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/28(木) 23:55:13.53 ID:94DbwD050
色んなクールアイドルがPの安眠を妨害するオムニバス形式のSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514472913
2 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/28(木) 23:57:10.30 ID:94DbwD050
モバP「ふぅ、疲れた」

ちひろ「お疲れ様です」

モバP「すいませんちょっとだけ仮眠してもいいですか?」

ちひろ「どうぞどうぞ、むしろ休んでください」

ちひろ「自分の担当でも手一杯なはずなのに他の部署の事務作業も引き受けてるんですから休んでしかるべきですよ!」

モバP「いえいえ、僕ができることはできるだけ僕がやりたいんです」

モバP「それじゃぁすみませんが電話の応対だけお願いします……」

ちひろ「はい」
3 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/28(木) 23:57:45.23 ID:94DbwD050
――――――――――

モバP(それにしても寝るって結構久しぶりな気がしてきたな)

モバP(ちひろさんが売ってくれるドリンクを飲むと不思議と寝なくても大丈夫なんだよな)

モバP(かといってドリンク漬けはよくないし、久しぶりに寝よう)

モバP(事務所のソファ、意外と寝心地いいなぁ)

モバP(誰が持ってきてくれたのかわからないけどクッションもあるし………………)

文香「おはようございます」

ちひろ「おはようございます。 文香ちゃん今日は早いですね」

文香「えぇ、今日は……少し早く起きましたので」

ちひろ「そうなんですか。 あ、ソファでモバPさんが寝てるのでお静かにお願いしますね」

文香「…珍しいですね……わかりました」

文香(…こちらのソファで本を読んでいましょう)

文香(…モバPさんの寝顔……少し…興味あります)チラッ

文香(……意外と…可愛らしい)チラッ

文香(これはこれで…いいですね)チラッ

ちひろ「文香ちゃん、少しの間だけ席を離れるから電話がなったら対応してくれる?」

文香「……わかりました」

ちひろ「ごめんなさいね」

文香(…………もう少し…近くで)
4 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/28(木) 23:59:49.31 ID:94DbwD050
モバP(ん、なんか人の気配を感じるな)

モバP(って事務所だから当たり前か)

文香(なんだか…嗜虐心をそそられます)

文香(………今なら……少しなら)プニッ

モバP(えっ、なんかほっぺに違和感が)

モバP(でもまぶたが重たい……)

文香(なんだか…征服感があって……ぞくぞくします)プニプニ

モバP「ん?」

文香「きゃっ!」

モバP「わっ、文香」

文香「あっ、えっ」

モバP(もしかして文香がほっぺをつついてたのか?)

文香「す、すみません。 あの……お休みの邪魔をしてしまって……」

モバP「えっ、あぁ別に大丈夫だよ」

文香「つ、つい魔が差してしまいました」

モバP「そ、そういうこともあるよね。 大丈夫大丈夫」
5 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:07:55.34 ID:ctbQh7Ax0
文香「…あの、せめて何か罪滅ぼしを」

モバP「いやほんと大丈夫だから。 ね、それじゃぁおやすみ」

モバP(なんだか気まずくなってしまったなぁ)

文香「………わ、私の頬を…同じように…お願いします」

モバP「大丈夫、全然なんとも思ってないから」

文香「でも……私の気がはれませんので」

モバP「ほんと、気にしないで……」

文香「…わ、私のためと思って……お願いします」

モバP「……うん……文香のためなら……じゃぁ……」

文香「……はい」

モバP(勢いで言ってしまったけどよく考えたら恥ずかしいなこれ)

文香「……どうされましたか?」

モバP「やっぱりやめよう」

文香「…いえ、それでは私の気が収まりませんので」
6 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:12:37.85 ID:ctbQh7Ax0
モバP「わかったよ……」プニッ

モバP(すごい…指先が埋もれていくような柔らかさだ……)

モバP(俺の硬いほっぺとは大違いだなぁ)

ちひろ「何やってるんですか!?」

モバP「わっ! ちひろさん!?」

ちひろ「いくら事務所でふたりきりだからってダメですよ!?」

モバP「ちひろさん違うんですこれにはわけが」

ちひろ「訳ってなんですか? 文香ちゃん?」

文香「えっ……あっ………」

ちひろ「ほらやっぱり理由なんてないじゃないですか!」

文香「………ましゅまろほっぺ 指先で ぷにぷに」プニプニ

モバP(えっ?俺のほっぺ!?)

モバP・ちひろ「!!!????」

文香「たのしそうに あなたが はじいて 笑う ぷにぷに……」プニプニ

モバP(なんで俺のなんだ)

文香「………こ、これでおあいこです」

ちひろ「よくわからないですけど文香ちゃんが無理やり触られてるわけではないみたいですね……」

モバP「ナイスカバーだったぞ! 今度それでCDだそう!!」

文香「///」ダダダダダッ

モバP「おい! 文香どこへいくんだー!」

この後めちゃくちゃレコーディングした
7 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:14:15.25 ID:ctbQh7Ax0
――――――――――

モバP(この前は文香にほっぺを触られてあのあとよく眠れなかった)

モバP(でもまぁ、カバー曲も売れてるしいいか)

モバP(今日こそは優雅にソファで仮眠を取るぞ!!)

泉(プロデューサー、ここで寝るのかな)

泉(仮眠室があるのに……まぁいいか。横、失礼するね)カチャカチャ

泉(やっぱりプロデューサーって寝る暇もろくにないぐらい大変なのかな)カチャカチャ

泉(プロデュースってプログラムで効率化出来たりしないかな)カチャカチャ

モバP(頭の上から人の気配とカチャカチャって音がするな……誰か来たのか……?)

モバP(………やべぇ……キーボードを叩く音って気にすると案外うるさいな……)

モバP(泉か………?)

モバP(かといってうるさいって言う訳には行かねぇもんなぁ……)

モバP(集中して寝よう)

モバP(………駄目だ、集中すればするほど音が気になる)

カチャカチャッターンッ
8 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:16:50.85 ID:ctbQh7Ax0
モバP「うおおお!!」

泉「わっ!……どうしたの?」

モバP「あ、いやすまん。 なんでもないんだ」

泉「もしかしてうるさかった?」

モバP「そんなことないぞ。 ちょっと悪い夢を見てさ」

泉「嘘。 じゃあどんな夢を見たの?」

モバP「えっ? あ〜、なんかあれなやつ」

泉「全然わからないんだけど」

モバP「なんか、驚かせてごめんな」

泉「ううん、いいよ」

モバP「それじゃぁ、おやすみ」

モバP(どうでもいいけどなんで泉はわざわざこっち側に座ったんだ……?)
9 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:29:25.00 ID:ctbQh7Ax0
泉「膝枕してあげようか?」

モバP「えっ?」

モバP(ドリンクの決めすぎで幻聴が聞こえたのかもしれないな)

モバP(寝よう)

泉「モバPさんの睡眠を妨害しちゃったし」

モバP「そんなことないよ。大丈夫だから」

泉「遠慮しないでいいよ」

モバP(なんだろう、抗えない何かを感じる)

モバP(これが濃紺-アオ-の力か………)
10 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:34:20.14 ID:ctbQh7Ax0
モバP「じゃぁ……お言葉に甘えて」

泉「そうそう、素直なほうがいいよ」

モバP(やばいな…頭の中からだめになっていく音が聞こえる……)

泉(モバPの食べてるときの顔、結構好きかも…)

モバP(なんかずっと見られてる気がする……)

泉(プログラミング、続きやろっと。今なら捗る気がする)

泉(でもこれ、結構体勢きついかも……)

モバP(お腹と胸がめっちゃ当たってるんだけど……)

モバP(でも指摘したらなんかセクハラっぽいしどうすればいいんだ……)

モバP(……眠れないな………眠れないよ…………)
11 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:35:10.01 ID:ctbQh7Ax0
――――――――――

モバP「不思議と疲れは感じないけれどなんとなくそろそろ寝ないと行けないような気がするなぁ」

モバP「よし、今日こそ寝るぞ」

モバP「今日はちょっと寒いな。とはいえ毛布はないしこのまま寝るしかないな」

モバP「おやすみ」

モバP(やっぱちょっと冷えるな………コートを布団にするべきだったか………)

モバP(あれ…………なんか身体が急に重くなってきた………)

モバP(ついに身体もおかしくなってきたか…………)

雪美(違う…………私………)

モバP(脳内に直接話かけるのやめてくれ頭がおかしくなる……)
12 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:36:16.71 ID:ctbQh7Ax0
雪美(大丈夫…………あなた………私………、魂………繋がってる………)

雪美(話さなくても……通じあえる…………)

モバP(そういわれてみると、そうかもしれないな)

雪美(モバP……………寒そう………。だから……私…………お布団……………)

モバP(それよりコートをとってかぶせてくれないか?)

雪美(これで………寒くない…ね………)

モバP(えっ、これ俺からは発信できない感じか?)
13 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:39:23.19 ID:ctbQh7Ax0
雪美(私……信じて………大丈夫…………。聞こえてる…よ…………)

モバP(コートを……とってきて…くれないか…………)

雪美(モバP…………暖かい………………?)

モバP(ああ………とても…………暖かい……………)

雪美(そう………よかった……………………)

モバP(コート…………とってきて…………どうしても…………)

雪美(モバP………一緒……………暖かい…ね……………)

モバP(雪美……好きな食べ物……何……?)

雪美(…………いちご)
14 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:41:48.89 ID:ctbQh7Ax0
モバP(コート……………とってきて……………)

雪美(………………ふふっ)

モバP(あっ、これあかんやつや)

モバP(仕方ない………寝よう………)

雪美(…………………)ムニムニ

雪美(モバP…………ほっぺ………硬い……………)

モバP(寝かせて………………)

雪美(今夜………寝かせない…よ………)

モバP(どこでそんなことば覚えたの………)
15 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:43:35.98 ID:ctbQh7Ax0
――――――――――

モバP「まぁそう何度も安眠を妨害されることもないだろう」

モバP「おやすみなさい」

ありす(モバPさんが寝てる……珍しいてすね)

ありす(お疲れなんでしょうか、静かにしておいてあげましょう)

ありす(さて、ゲームの続きを始めましょうか)

ありす(…………なかなか手ごわいボスですね…………)

ありす「わっ」

ありす(つい、声が出てしまいました)

ありす(モバPさん、起きなければいいですけど)
16 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:54:43.66 ID:ctbQh7Ax0
ありす(……今日は モバPさんが覗いてこないので捗りますね)

ありす「あっ……」

ありす(やられてしまいました)

モバP(この声はありすか……?)

モバP(あっ、とかわっ、とか一体何をしているんだ)

ありす「だめっ…」

モバP(ありすちゃん!?)

モバP(なんだか目を開けてはいけないような気がしてきたな)

ありす「えっ…うそ……」

モバP(昼間っから本当に何してるの……!?)
17 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:57:45.49 ID:ctbQh7Ax0
モバP(ダメだダメだ、好奇心はペロをも殺す)

モバP(大人しく寝よう)

ペロ(勝手に殺すにゃ)

モバP(……気になって眠れないし、目を開けよう)

ありす「えいっ」

モバP(あっ、なんだゲームか)

ありす「あっ、起こしてしまいましたか?」

モバP「だ、大丈夫だよ。続けて続けて」

ありす「そんな風に見つめられていると…集中できません…」

モバP「ごめん」

ありす「声、出てましたか?」

モバP「うん」
18 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 00:59:18.85 ID:ctbQh7Ax0
ありす「あの、このことはあんまりみんなには言わないでください」

モバP「わかった」

ありす「…変ですか?」

モバP「変じゃないよ。俺も一人のときはよく言うし」

ありす「そうなんですね」

モバP「今の立っただろ!とか投げてた!とか」

ありす「それは単純にプロデューサーさんの反射神経が鈍いだけだと思いますよ」

モバP「ごもっとも」

ありす「本当に、言わないでくださいね」

モバP「大丈夫、言わないから。言うとしても周子とフレデリカと志希だけにしとくよ」

ありす「その3人が一番イヤです!」

モバP「だろうな」
19 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 01:13:05.62 ID:ctbQh7Ax0
ありす「もう…モバPさんの邪魔になると思うので、他のところへいきます」

モバP「すまないな」

ありす「……行ってしまいますよ?」

モバP「いや、やっぱりここでいいよ。静か過ぎると落ち着かないし」

ありす「仕方ありませんね」

モバP(絶対3人に言いふらしてやろ)

ありす「………………………」

モバP(まぁ、流石にもう声を出したりはしないだろ。寝よ)

ありす「…………きゃっ…」

モバP(絶対3人に言いふらしてやろ)
20 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 01:13:52.21 ID:ctbQh7Ax0
――――――――――

モバP「ってなことがあって全然眠れないんですよ」

ちひろ「いいじゃないですか、それだけ好かれてるってことですよ」

モバP「それは嬉しいんですが、やっぱり眠い時はちゃんと寝たいです」

ちひろ「それもそうですね、私がなんとかしましょう」

モバP(ちひろさんから注意してくれれば、みんなもそっとしてくれそうだな)

モバP(ありがてぇ…………やっぱり頼れるアシスタントだ……)

ちひろ「はい、どうぞ」

モバP「このドリンクは?」

ちひろ「眠らなくても大丈夫な身体になるドリンクです!」

モバP「殺す気か!!!」

おしまい
21 : ◆yz988L0kIg [saga]:2017/12/29(金) 01:16:13.51 ID:ctbQh7Ax0
以上です。
これからも膝の上の恋人こと佐城雪美ちゃんをよろしくお願いします!

前作です。
【モバマス】ほたる(23)「雪美ちゃん、起きてください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514129730/
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 03:38:40.27 ID:Bj8kD/KaO

流石に雪美との脳内会話には笑ってしまった
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 12:10:32.90 ID:NUz+L03z0
おつ
某サイキックなアイドルより超能力の才能がある雪美ちゃんか…
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/29(金) 13:31:02.10 ID:c1NyAYc7o
乙。奏さんがないのが残念
13.98 KB Speed:0.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)