【バンドリ】奥沢美咲と温泉旅行に行く話

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:39:07.44 ID:y7DK4cTeO
※弦巻こころ「愛してるゲームをやるわよ!」の『また別の話』の部分の話です


 戸山香澄「沙綾とデートしてる気分になれるCD」

 羽沢つぐみがお世話してくれるディスク

 と同じような話です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518561547
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:39:49.12 ID:tZ4okRzQ0
――高級ホテル――

奥沢美咲「ふぅ、やっと着いたね、ホテル」

美咲「うぅ……それにしてもさっむいねー……」

美咲「至るところが雪で真っ白だし、この寒さだし、なんだかスキー場に来たんだなーって実感するよね」

美咲「ちょっとテンション上がってきた」

美咲「……え? そんなにスノボ好きだったのかって?」

美咲「あーいや……話すと長くなるんだけどね……前にはぐみたちと来た時はまともに滑れなかったっていうかなんていうか……」

美咲「あーうん、そう、そんな感じ。察してくれてありがと。……ハロハピのみんなもそれくらい察しがいいと助かるんだけどね……はぁ……」

美咲「っと、ごめんごめん。せっかくの泊りがけの温泉旅行なのにため息なんてついてたらもったいないよね」

美咲「とりあえずチェックインして荷物預けちゃおうか」

美咲「……あ、荷物持ってくれるの? うん、ありがと」

美咲「しっかし……大きいなぁこのホテル」

美咲「弦巻財閥関係のとこだからこころがかなり安く紹介してくれたけど……正規料金、見た?」

美咲「……あー、見てないなら見ない方がいいよ、うん。小市民にとっては落ち着かなくなる金額だから。あたしも確認したのちょっと後悔してるし」

美咲「このホテルでもこころは『そんなに小さなところでいいのかしら?』って言ってたのが末恐ろしいよ、ホント……」


……………………
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:40:47.19 ID:tZ4okRzQ0

美咲「あ、すいませーん。あの、予約をしていた奥沢美咲と申しますが……」

美咲「ああはい、そうです。こころさんの紹介で……はい」

美咲「……ええ、そうですね。一度部屋に荷物を置いたらスキー場に……はい」

美咲「はーい、どうも……って、あれ?」

美咲「あの、鍵、一つ足りないんじゃ? ……いえ、こころさんにはシングルルームを2部屋と――」

美咲「……え゛っ!?」

美咲「えぇー……」

美咲「あー……そっか……そうきたか……」

美咲「……ちなみに他の部屋とかっていうのは……ああ、満室……」

美咲「ああいえ、大……丈夫です、ええ、慣れてるんで……はは……はぁ」

美咲「…………」

美咲「……ごめん、おまたせ」

美咲「…………」

美咲「……その、もう一つごめん」

美咲「あのさ、あたし、こころの伝手でシングル2部屋取ったって言ってたじゃん?」

美咲「その、本当に申し訳ないんだけど……こころがね? 多分、きっと、恐らく、100%善意の親切心でね?」

美咲「このホテルで一番高い、ワンベッドルームスイートをあたしたちに用意してくれました……」

美咲「……はい、お察しの通りです。他は満室、この部屋に泊まるしかありません……」

美咲「あ、お金に関しては前金で払った額のままだってさ。そもそもこころ、『美咲の頼みならお金なんていらないわよ?』とか言ってたし」

美咲「…………」

美咲「……まぁ、うん、そうだよね。問題はそこじゃないよね」

美咲「うん……名前の通りの部屋です……」

美咲「とーっても広くて豪華なお部屋にとーっても大きなベッドが……1つしか……ない部屋……ですね……」

美咲「…………」

美咲「ひ、ひとまず忘れようか、それは」

美咲「と、とにかく部屋に荷物置いてさ、早く滑りに行こう! うん、それがいい、体動かして余計なことは忘れよう!」

美咲「問題の先延ばしとか言わないでって! ほ、ほら、早くエレベーター乗って部屋に行こ!」


……………………
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:41:26.03 ID:tZ4okRzQ0

美咲「いやー、流石、一流ホテルに接したスキー場だけあったね」

美咲「雪もサラサラ、コースも豊富でリフトも貸し道具も見たことないくらい綺麗だったね」

美咲「この前の時はほぼ着ぐるみ状態だったから、雪山の風がすっごく気持ちよかったなぁ」

美咲「うん? どしたのそんな変な歩き方して」

美咲「……普段あんまり動いてないから体の節々が痛い?」

美咲「あはは、お年寄りみたいなこと言ってるねー」

美咲「んー? あたしはぜーんぜん。伊達にあのカッコでいつも動いてないって」

美咲「あ、でもそれなら温泉も気持ちよく入れていいんじゃない? ここ、けっこう有名な温泉だし」

美咲「それに部屋にも貸し切りの露天風呂が……付いて……て、驚いた、ね……」

美咲「…………」

美咲「そうだった……あの部屋に戻るんだった……」

美咲「あーもう、滑ってる時は楽しくて忘れてたのに……」

美咲「……そんなに落ち込むな、って……いやいや、だって見たでしょあの部屋」

美咲「そもそも最上階に2つしか部屋がないのがおかしいと思ったんだよ」

美咲「部屋の間取りもめちゃくちゃ広くて、貸し切りの源泉かけ流し露天風呂まで付いてるって……全然落ち着かないよ」

美咲「っていうかなにより納得が行かないのはなんでそんな広大な部屋にベッドが一つしかないのかってこと!」

美咲「ソファーとか椅子とか絶対3、4人は座れるように用意されてるじゃん! あの部屋考えた人はどういうつもりなのか問いただしたいよ、まったく……!」

美咲「…………」

美咲「……うん、まぁそうだよね。あのバカみたいに大きいベッド、2人で寝るためのものだよね」

美咲「そういう……部屋だよね……」

美咲「…………」

美咲「っ、そ、そうだ! 部屋に戻る前にご飯食べちゃおうか!」

美咲「だ、だから問題の先延ばしとか言わないで……!」

美咲「エレベーターで最上階まで行ってまた戻ってくるの面倒でしょ、ほ、ほら、だから先に食べてこ!」


……………………
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:42:15.54 ID:tZ4okRzQ0

美咲「ふぅ……」チャポン

美咲「あー……あったまる……」

美咲「夕食、豪勢で美味しかったなぁ」

美咲「この貸し切り露天風呂も眺めすごいなぁ、スキー場どころか辺りの山々が一望できるよ」

美咲「伊達に40階建てじゃないなぁ」

美咲「先に入ったあいつも『眺めがすごい、全然落ち着かない』って言ってたけど、確かにその気持ちは分かるなぁ」

美咲「…………」

美咲「……うん、ホントに落ち着かない」

美咲「実は夢なんじゃないかって思うよ……なんで一介の学生がこんなすごいとこに泊まるんだろ……」

美咲「はぁぁー……」

美咲「……確かに貸し切り露天風呂って、あたしもテレビとかで見て1回入ってみたかったよ」

美咲「でもさ、普通部屋に付いてる貸し切りって小さいでしょ……」

美咲「なんでこのお風呂、10人くらい入れそう大きさなの……」

美咲「温泉が気持ちいいのは確かだけどこんなところに1人でって落ち着くわけないじゃん……」

美咲「『一緒に入りたい』って言われたけど断んなきゃ良かったかな……」

美咲「……いやそれはない。ないなー。同じベッドに入るのも……あれだし……ねぇ……」

美咲「…………」

美咲「あー、あー……もうなんていうか……」

美咲「……あとちょっとしたら、同じベッドで寝るんだよね……」

美咲「…………」

美咲「あーやばいやばいやばい、落ち着けあたしの心臓……今からこんなドキドキしててどーすんのさ」

美咲「しょーがないことだから、いわば不慮の事故だから、ノーカウント、セーフの理論だって」

美咲「……まぁ……いずれはそーいうことするような関係……だけどさ……」

美咲「……〜〜っ!」

美咲「変なこと考えなきゃよかった……! 熱い、顔が熱い……!」

美咲「のぼせる前にもう上がろう、うん、そうしよう」

美咲「…………」

美咲「汗かいたし、もう1回、体、洗っておこうかな……」

美咲「いや変な意味じゃない、変な意味じゃないから……汗臭かったらあいつが嫌な思いするだろうから、そういうマナー的な意味だから……」


……………………
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:43:03.61 ID:tZ4okRzQ0

美咲「お風呂あがったよー……って、ソファー動かして何してんの?」

美咲「……ソファー2つくっつけて簡易ベッドにする……なるほど、その手があったか」

美咲「でもそのソファー、ものすごく重そうだけど平気? スキーやって体が痛いって言ってなかったっけ?」

美咲「痛いもんは痛いけどあたしに嫌な思いさせたくないから頑張る……ね……」

美咲「あーそうかー、あなたもそうきたか……」

美咲「……そういう行いは心臓に悪いので遠慮してもらいたかったなぁ……それを見せられたらもうあたしの覚悟も固くなるよ……」

美咲「いやいや、なんでもないよ。こっちの話、ははは……」

美咲「あーオホン。その、なんだろ」

美咲「…………」

美咲「頑張ってもらってるところで悪いんだけどさ……あたしは、へーきだよ」

美咲「何がって、それは……あれだよ」

美咲「……その、そこのベッドで、あなたと一緒に寝るの」

美咲「…………」

美咲「……いや、何か言ってってば。赤くなって無言になられるのが一番さ……ほら……ね?」

美咲「うん、分かってくれて嬉しいよ、あたしは」

美咲「で……なんだろ。ほら……」

美咲「こんな一生に一度泊まれるかどうかっていうホテルでさ、あなたをソファーに寝かせるのってやっぱ心苦しいし?」

美咲「ほ、ほらほら、このベッドすごいよ。腰かけるだけで包み込んでくれるような柔らかさが分かるくらいだよ。だからここで寝ないともったいないって」

美咲「…………」

美咲「……うん、大丈夫だよ。あたしは」

美咲「だってほら、あたしたちも……恋人同士……でしょ?」

美咲「あなたとこうするのだってさ……そりゃ照れるけど……嫌だとは全然思わないって」

美咲「……え? 理性が持つか分からない?」

美咲「いやいやいや、それはどうなの、今この場面で言うのは」

美咲「……えぇ? あたしが悪いの今の……」

美咲「不意打ちでそういうこと言われるのは卑怯? ……いや、あたしからしたらそっちの方が卑怯に見えるってばそれは……」

美咲「あーなんでもないなんでもない」

美咲「……ほら、明日も早いんだしさ……」

美咲「その……寝よ?」


……………………
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:43:55.51 ID:tZ4okRzQ0

美咲「…………」

美咲(……分かってたけど、やっぱり寝れない)

美咲「…………」

美咲「……ねぇ」

美咲「あ、ごめん寝てた? ……ああ、目が冴えて全然寝れない、ね……」

美咲「うん、あたしもだよ……」

美咲「…………」

美咲「なんか、なんていうか、不思議な感じがするよね」

美咲「その、さ。今、同じベッドで並んで寝てる……んだよね」

美咲「大きなベッドだからそんなに距離は近くないけど……ホント、変な感じ」

美咲「落ち着かないんだけど、でも居心地が悪いかっていうとそんなことないし……」

美咲「……あなたも同じなの?」

美咲「ふふ、そっか。あたしと一緒、だね」

美咲「はー、こんなことになったのもこころの余計な親切心のおかげだね」

美咲「……じゃあこころに感謝しないといけないって? なんで?」

美咲「……あー、まぁ……ね」

美咲「確かにそうかもね。あたしたち、恋人同士の距離っていまいち分かってないもんね」

美咲「もっと近付きたいけど、どの辺まで踏み込んでいいんだろ、どれくらいくっついていいんだろ……ってあたしもたまに考えるし」

美咲「……あれ、あたし今、なんかかなり恥ずかしいこと言わなかった?」

美咲「そんなことはない? あたしの気持ちが聞けて嬉しい?」

美咲「あー……そうですか」

美咲「…………」

美咲「あなたもそういうのって悩む時、ある?」

美咲「……あるんだ。意外」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:44:57.75 ID:tZ4okRzQ0
美咲「んー、いやほら……大体いっつもあなたに引っ張ってもらってばかりだなぁって思うからさ……」

美咲「でも、そっか。あたしと一緒か……」

美咲「……えへへ」

美咲「あー、なんでもないよ、なんでもない」

美咲「……うん、気持ちがお揃いなのが嬉しかったとかそういう感じの方向」

美咲「……あ、今照れたでしょ」

美咲「あはは、分かるってば。その辺もお揃いというか、似た者同士だし」

美咲「…………」

美咲「ねぇ」

美咲「あー、その、なんていうんだろ」

美咲「多分、同じ気持ちでいると思うだろうからさ……その、たまにはあたしの方からもさ、あなたに踏み込んでいきたいなって気持ちもある訳でさ……」

美咲「えーっと、まぁ……あれだよ」

美咲「……もっと傍に行っても……いい……?」

美咲「……え、いつでもウェルカムだけどその言い方は卑怯? そ、そう?」

美咲「キュンキュンして死にそう……いや、あたしもそういうのまっすぐ言われると今のあなたと同じような思いするんだけど」

美咲「まぁ……ここはお互い様ってところで手を打とうか、うん」

美咲「……ふふ。何話してるんだろう、あたしたち。へんなの」

美咲「ん……それじゃあちょっと近くに……お邪魔します」ゴソゴソ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:46:05.43 ID:tZ4okRzQ0
美咲「…………」

美咲「自分で言ってやっといてなんだけど……うん、心臓が大変なことになるなぁ」

美咲「……だよね、あなたも同じだよね」

美咲「手を繋いだり腕を組んだりとかより、距離は遠いのにね。なんでこんなドキドキするんだろ」

美咲「……うん、不思議だね」

美咲「でも……悪くはない……っていうか、むしろなんか嬉しい、かも」

美咲「多分、今までよりもあなたに近づけたような気がする……からかな」

美咲「……これ以上キュンとさせられるのは心臓に悪いからやめて欲しい?」

美咲「……んーそっかー」

美咲「じゃあ、背中と背中をくっつけて寝ないかって提案があったんだけど、それは封印した方がいいかもね」

美咲「流石に正面向いてあなたとくっつくのはまだ心の準備が出来ないけど、それくらいなら近づけるかなぁって思ったんだけどなぁ」

美咲「……それとこれとは話が別?」

美咲「……ふふ、はいはい。そんな必死になって前言撤回しようとしなくても分かってるって」

美咲「そしたら、あっちに体の向き変えてもらえる? ……ん、ありがと」

美咲「じゃあ……失礼しまーす……」ピト

美咲「わー……なんかヤバいね、これ」

美咲「あなたの心臓の音、背中越しに伝わってくるよ。すっごくドキドキしてるね」

美咲「……うん、まぁあたしもなんだけど……ね」

美咲「でも不思議と安らぐなぁ……」

美咲「今なら普段絶対口にしないこともサラッと言えちゃいそうだよ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:46:56.75 ID:tZ4okRzQ0
美咲「例えば? んー、例えば……やっぱり、あなたと恋人同士になれてよかったなぁーって」

美咲「前のあたしだったら誰かとこういうことするなんて考えもしなかったし、したいとも思ってなかったけどさ」

美咲「好きな人があたしのことを理解してくれて、その人にあたしからも素直に踏み込めて、もっと仲良くなれる」

美咲「なんかそういうの、いいなーって」

美咲「……あたしの柄じゃないけどね、今はほら、半分夢の中みたいなもんだからさ」

美咲「だから、今ならこういうの、あなたに伝えてもバチは当たらないかなって思うんだ」

美咲「……なに? 今すぐあたしを抱きしめたい衝動に駆られた?」

美咲「あー……それはほら、きっとあなたもあたしも寝れなくなるやつだからさ」

美咲「…………」

美咲「そうだね……お互い眠ってからなら……寝返りうったり、布団とか抱きしめちゃう寝相っていうのもあるよね」

美咲「ふふ……そうそう、不可抗力ってやつ」

美咲「だからさ、今はこのまま……眠りたいな」

美咲「あなたにこうしてくっついていられて……明日も楽しい思い出が作れるって思うと……とっても安らいだ気持ちになるんだ」

美咲「……うん、そう」

美咲「だから今日は……このまま……」

美咲「うん……明日もたくさん……遊ぼうね……」

美咲「それじゃあ……おやすみなさい……」


……………………
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:48:13.72 ID:tZ4okRzQ0

美咲「……ん、んん……」

美咲「……あさ……」

美咲「……はっ」

美咲「…………」

美咲「あーそっか……一緒に寝てたんだった……」

美咲「…………」

美咲「なんか昨日、すごく恥ずかしいことばっか言ってたあたしも悪いとは思う」

美咲「うん、でもさ」

美咲「まさか眠ってる間にがっつり抱きしめられてるとは思わなかったなぁ……」

美咲「……いや、あたしもあたしでいつの間にかあなたの方に寝返り打ってたんだけどさ……」

美咲「……まだ完全に寝てるよね」

美咲「まー……しょうがないか……」

美咲「起きるにはまだ早い時間だし、気持ちよさそーに寝てるところを起こすのも可哀想だし」

美咲「……あたしもまだ、こうしてたいし」

美咲「んー……ふふ」スリスリ

美咲「起きてる時だとやっぱ恥ずかしいしね……こういう時に甘えるくらいはセーフセーフ……」

美咲「……ん、あたしと同じシャンプーの匂い……ああそりゃそうか、同じお風呂に入ったんだし」

美咲「でもなんかいいなぁ、こういうの。幸せーって感じがするよ……」

美咲「……あたしも二度寝しよ」

美咲「…………」

美咲「眠ってる間の寝相に関しては不可抗力、だったね」

美咲「だから、あたしから眠ってるあなたにギュッと抱き着くのも……これは不可抗力」

美咲「ぎゅ〜っと……えへへ」

美咲「今日も一緒に、いっぱい楽しいことをしよう」

美咲「これはその英気を養うためだから……」

美咲「だからもう1度……」

美咲「……おやすみなさい」


――――――――――
―――――――
――――
……
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:49:13.21 ID:tZ4okRzQ0
――弦巻邸――

美咲「…………」

松原花音「…………」

美咲「……え、いや……え?」

花音「どうかな……『奥沢美咲と温泉旅行に行く話』の台本」

美咲「どうかなって、いや……これは……」

花音「美咲ちゃんがどうしても愛してるゲームを録音したのが嫌っていうなら、こっちでも……」

花音「というより、私としてはむしろこっちをやってもらいたいんだけど……」

美咲「…………」

花音「……ダメ、かな」

美咲「いや……花音さん……」

美咲「これだけはホントに勘弁してください……」


しかし後日こころに台本の存在を知られてしまい「次のCDのオマケはこれね!」と美咲が強引に収録させられるのはまた別の話


おわり
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 07:50:21.71 ID:tZ4okRzQ0

重ね重ね申し訳ありませんでした。

「ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!」には表題曲含め3曲も入ってるのでちょっとくらい欲張ってSS2つ上げてもハロハピファンの人は許してくれるだろうという安直な考えからの行動でしたごめんなさい。


HTML化依頼出してきます。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/14(水) 08:37:26.48 ID:FdwGoMARO

これはいいものだ…
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/02/15(木) 20:18:50.57 ID:jvZ5vtUhO
おつ
でこのCDはどこに行けば手に入りますか言い値で買います
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/20(火) 04:16:43.12 ID:ftb7dxis0
ノンケ向けバンドリいいぞーこれ
18.90 KB Speed:1.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)