【Fate】聖杯を勝ち取れ!【安価とコンマ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 07:34:02.63 ID:YsWItoPX0

FateのSSです。
基本的に安価、コンマで主人公である「貴方/貴女」を操り聖杯戦争を生きていきます。

1程悪く、9ならば良い結果になります。
0は特殊と扱い、あらゆる補正を受けません。

連取りはコンマは許可しますが、安価の場合は下を採用します。
また、雑談なども下にします。
※場合によっては>>1の判断で再安価や安価下となる場合があります。
  ご了承ください。



戦闘時のコンマ表

0、特殊判定・クリティカルと同じ効果
9、クリティカル・成功大の効果に合わせ三連続取得で追加+3
87、成功大・相手が失敗以下で追加+1
65、成功・特になし
43、失敗・特になし
2、失敗大・相手成功以上で追加−1
1、ファンブル・失敗大に合わせ三連続取得で追加−3


Wiki:https://www2.atwiki.jp/katitore/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1519857242
2 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 07:34:33.71 ID:YsWItoPX0
先代
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509270318/#footer
3 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 08:05:38.84 ID:YsWItoPX0
セイバー 8、ランサー 1
赤雷:+1
判定:+12【勝利】


再開は18時から。
4 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 18:44:12.70 ID:YsWItoPX0
セイバー 8、ランサー 1
赤雷:+1
判定:+12【勝利】



セイバー「おらぁぁ!」

ランサー「っきゃぁぁ!?」

肩から腰までを剣で切り裂かれ、斜め体を裂かれる。

ランサー「おぼえて、なさいよぉ……!」

止めを刺される寸前、令呪によってランサーは撤退する。

サンクレイド「素晴らしいデース、セイバー」

背後から拍手とともにやって来たマスターを見て、そして一つため息を溢す。

セイバー「クソ、まだ耳がおかしい……」

鬱陶しそうに兜を叩きながら、双子館へと戻っていく。



.
5 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 18:47:12.07 ID:YsWItoPX0


執筆判定
コンマ分だけ進む、現在:1
>>下コンマ 全裸疾走:+3
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 19:02:34.48 ID:GQqUcLIZO
ほいさ
7 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 19:46:48.79 ID:YsWItoPX0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/01(木) 20:02:29.28 ID:4JEBTNRpO
9 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 20:33:54.59 ID:YsWItoPX0


2人の兄の代わりに自分は産まれてきたらしい。

ならば自分はその代わりになろうと心に決めた。

自分は臓硯の代わりにはなれないのだと察する。

ならば自分はその夢の力になればいいと思った。

自分や兄弟よりも臓硯は強い希望を持っていた。

それを忘れているのならば突きつけなければと。

意思は固く、想いは強く、ひたすらに建設的に。

成長がないのならば、障害を与えねばならない。

その為の踏み台になるなら、喜んで屍を積もう。

重ねた屍による救われぬ者の為希望を与えよう。

その為に臓硯は生きて、生き長らえてきたのだ。

自分ができる親孝行は、屍となった臓硯も喜ぶ。

それがきっと希望なのだから、そうに違いない。


10 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 20:37:16.91 ID:YsWItoPX0
3日目、朝



最悪の目覚めをキャスターは迎える。

霊的に繋がっているサーヴァントとマスターは高いの記憶を夢として共有することがある。

だから今回は彼の夢や思想なのだろうが……。

キャスター「……ちっ……無機質な言葉の羅列ほど鬱陶しいものはないな!」

腹を立てつつ、 すでに置かれていたコーヒーに口をつける。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、宗蓮
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 21:15:46.26 ID:U2aZTKgI0
1 キャスター
12 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 21:43:46.62 ID:YsWItoPX0

貴方「朝食だよ、言われた通り凝ってみたけど……どうかした?」

示し合わせたかのようなタイミングで現れた彼にキャスターは微妙な顔をする。

キャスター「お前に文句を言いたかったが今ではない!」

貴方「そうなんだ、じゃあ改めて来るよ」

キャスター「そこにいろ、不満をため込む趣味はない」

そう言われ彼はおとなしく床に座る。



会話候補
キャスターか貴方視点で
下3
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 22:26:21.59 ID:U2aZTKgI0
キャスター
米に味噌汁に漬け物の盛り合わせだけ……お前の食生活はどうなってるのか。
いや、無駄に食い潰すだけの妖怪に成り果てた愚か者しか家族が居なければそうもなるか。
お前はもっとまともな人間と触れ合え。
でないと、お前の言葉は誰にも響かない空虚なままだ。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 22:34:57.32 ID:r/YG/Wgc0
キャスター
お前は起源覚醒者になる気はないのか?、あの荒耶とか言う捻くれた坊さんだが正直者だ
どんな起源なのかは知らんが覚醒させれば今後の戦いの力なるのではないか?
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/01(木) 22:51:14.00 ID:GOxxABCR0
貴方「うん、ありがとうキャスターこんな僕みたいクズの事を心配してくれて
   後起源覚醒の事はキャスターがそこまで言うなら少しは考えて置くよ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 23:08:21.00 ID:4iILVRWZ0
寧ろこの貴方、起源覚醒なんて興味無さそうじゃなかった?

キャスター
お前は「希望」を信仰でも見出しているようだが、やめておけ
「希望」なんてものは「呪い」と何も変わらん
ある意味、俺のこの体を蝕む火傷や凍傷etcはお前の言う「希望」の産物だぞ?
こんなものに救いがあると思うか?
17 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/01(木) 23:18:03.03 ID:YsWItoPX0

眠たいのでちょっと寝ます。

再開は明日の夜、21~22:30くらいでしょうか。

おやすみなさい。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 23:43:26.38 ID:4iILVRWZ0
乙でしたー
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 08:39:49.78 ID:h7YlijcQo
20 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/02(金) 22:11:47.94 ID:gPNCJ7IL0

今帰ったので今から再開
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 22:32:49.99 ID:BOLJ2Cq40
ok
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 00:00:11.25 ID:7r/9QLGE0
遅いな、もしかして寝落ちしたの
23 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/03(土) 00:16:34.00 ID:eM46vtSA0

キャスター「……米とみそ汁に漬物か……お前の食生活はどうなってる」

箸でそれらを食べながら文句をぶつける。

キャスター「いや、無駄に食い潰すだけの妖怪に成り果てた愚か者しか家族が居なければそうもなるか。お前はもっとまともな人間と触れ合え」

箸で彼をさし、厳しい目つきで彼を糾弾する。

キャスター「でないと、お前の言葉は誰にも響かない空虚なままだ」

その言葉を聞き、彼は胸を打たれた様子で強くうなずく。

貴方「ありがとうキャスター、屑の僕でも少しだけ勇気づけられたよ!」

キャスター「……自己評価が低いのは構わん、だがな……お前は「希望」を信仰でも見出しているようだが、やめておけ「希望」なんてものは「呪い」と何も変わらん」

冷たく、キャスターは言葉を紡ぐ。

キャスター「ある意味、俺のこの体を蝕むものはお前の言う「希望」の産物だぞ? こんなものに救いがあると思うか?」

貴方「あるよ、アンデルセンの作った童話は希望を産んで、守って、作った……偉大な希望だよ!」

心底そう思っているかのように、彼の瞳はキャスターを見つめていた。

心底嫌そうにキャスターは顔を歪ませる。

貴方「英雄一人の体にまで及ぼす力があるって証明なんだよ、キャスター!」

キャスター「ええい! いちいち距離が近い!」

押しのけると同時に、部屋から追い出す。



24 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/03(土) 00:22:41.08 ID:eM46vtSA0

感情判定
5以上で成功
貴方 >>下コンマ
キャスター >>下2コンマ
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 00:25:55.21 ID:eWKpHQ/So
ほれ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 01:09:44.23 ID:7r/9QLGE0
ほい
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 06:26:24.25 ID:XEdmxQfGO
えい
28 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/03(土) 18:52:39.01 ID:USdre3wvO

帰ったら再開します
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 19:10:49.78 ID:ggZM6c3aO
ok
30 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/03(土) 21:14:57.28 ID:eM46vtSA0
3日目、昼



彼は自室で慎ましく昼食を済ませる。

血の滴るような焼き加減で、傍にはコーヒーが一杯だけ置かれている。

貴方「……キャスター、今回のも文句言ってたなぁ……改善していかないといけないんだけど……」

苦笑しながら、汚れた食器を片づける。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、宗蓮
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 21:19:37.38 ID:7r/9QLGE0
1 荒耶
32 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/03(土) 22:08:54.28 ID:eM46vtSA0

貴方「調味料が足りないんだろうか……」

戸棚の貧相な品揃えを思い出しながら、彼はまずスーパーに寄ろうと家を出る。

……不意に足を止め、ウンザリした顔で息を吐く。

貴方「……なにかな?」

宗蓮「…………」

わき道からゆっくりと、宗蓮が現れる。

……空気は少しだけ重くなったように感じ、緩慢な動きで振り返る。



会話候補
宗蓮か貴方視点で
>>下3までで候補
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/03(土) 22:36:26.19 ID:cLOXaIDH0
荒耶「安心しろ今日は起源付いての話ではない、戦争の話だ(そう言いながら手の甲に刻まれた令呪を貴方に見せる)
   紹介しよう私のサーヴァントのライダーだ(ライダーが霊体化を解除して姿を表す)
   短刀直入に言う、私と手を組まないか? これは同盟の誘いだ」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 00:30:17.12 ID:qtsRNfRbo
貴方「対価は何かな?正直言うと君の様な人間が素直に対等関係を求めるとは思えないんだよね。起源なんて悍ましいものを蒐集して俯瞰し続けてるくらいだし。これは勝手な予想だけど君は僕の横に並ぶフリをして僕を観察したいんだろう?はは、僕みたいな塵芥を観たってなんも意味もないのにね」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/04(日) 01:24:18.40 ID:DRrK7osc0
キャスター「ふむ、なら間を取って不戦と言うのはどうだ? 期間は最後の二組になるまでか 聖杯戦争の最終日が訪れるまでで良い
      この当たりが落とし所だとおもが
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 02:06:14.76 ID:h+Oviap10
貴方
もう少しまともな会話文を考えてから出直してきてよ。
そんな陰鬱態度かつ文章並べただけな言葉は何にも響かないよ。
僕の知ってる立派な偉人みたいに一日中机と向かい合って、希望が少しでも湧く物語を書いて練習してみたら?
まぁ最も、アンタじゃ何年何十何百年掛けても、希望のきの字すら湧かなそうだけど
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 03:07:10.63 ID:zemxmMngo
会話で流れまで決めようとすることのはどうなんだろう
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/04(日) 03:07:13.75 ID:z94ECSGWO
荒耶「……生憎だが性分だ。気に食わぬなら遠慮なく断ればよい。その返答も我が予想の内ではある。……一つ問うが、貴様の言う希望とは何か?挫折からの立ち上がりか?報われぬ屍を救うためのものか?」
39 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/04(日) 16:41:22.44 ID:SRCFhLxn0

ちょっと朝まで帰れないので今日は再開なしです
明日の18時から再開
40 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 18:07:06.08 ID:0gaDu1R40

荒耶「……そう警戒するな、今日は起源についての話しではない」

貴方「……聞こうかな?」

体勢を少しだけ楽にし、続けるように指示する。

貴方「ただまあ先に対価は聞きたいんだよね、君みたいな人間が素直な対等関係は結べるとは思わない。特に僕みたいな塵芥にね」

自虐か、それとも正当な自己評価か。

彼のその非難するような目は、真っ直ぐに荒耶を見つめる。

荒耶「戦争の話しだ……クラスは伏せさせてもらうが、これが私のサーヴァントだ」

そういい、荒耶の隣にサーヴァントが実体化する。

ライダー「よろしく、どこぞのマスター」

貴方「初めまして」

礼儀正しく頭を下げ、その後いつもの様に荒耶に視線を向ける。

荒耶「短刀直入に言う、私と手を組まないか? これは同盟の誘いだ」




行動選択
1、同盟
2、不可侵
3、拒絶
>>下
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 18:54:38.20 ID:7Gt1qXyP0
1.かまわないがなぜ無価値でしかない僕にそうまでこだわる、もしかすると他のマスターのほうがより君の興味をひく起源を秘めているのかもしれないのだぞ、
42 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 19:39:40.32 ID:0gaDu1R40

貴方「構わないよ、君に狙われるよりは隣に置いた方が安眠できそうだし」

皮肉満載に、彼はそう言い捨てる。

貴方「……それにしても、僕にこだわる必要が分からないんだけど……他にも参加者には面白い起源を持っている人がいるんじゃない?」

荒耶「…………話は終わりだ」

貴方「……やれやれ、話したい事だけか、自分勝手だなぁ」

自分の事を棚に上げ、呆れた様に肩を竦める。


43 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 19:44:43.05 ID:0gaDu1R40

感情判定
5以上で成功
貴方 >>下コンマ
荒耶 >>下2コンマ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 19:45:31.24 ID:uZG4+Rv+0
やあっ
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 19:45:48.25 ID:rqazlv13o
46 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 20:59:10.63 ID:0gaDu1R40

荒耶→【興味(大)】

「……興味深い男だ」
47 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 21:20:15.30 ID:0gaDu1R40
3日目、夜



貴方「うーん、中々だね」

調味料棚に詰まった調味料を見て、彼は満足気に頷く。

静かに戸を閉め、そして困った顔を浮かべる。

貴方「どう使えばいいんだろうなぁ」



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、宗蓮
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 21:21:51.58 ID:uZG4+Rv+0
49 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 22:23:18.32 ID:0gaDu1R40

蔵から蟲を拝借し、庭に撒く。

……ウゾウゾと緩慢な動きで土に潜り、街中に散っていく。

羽の生えた蟲も、音も無く夜の空に消えていく。

貴方「……さてと……」

水晶を取り出し、使い魔たちの様子を見る。



使い魔判定
5以上で成功
>>下コンマ
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 22:26:20.72 ID:rqazlv13o
ほれ
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 22:38:52.08 ID:9kjO+loU0
うーむ
52 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 22:53:09.45 ID:0gaDu1R40

貴方「………………」

音沙汰も無く、蟲達は何の魔力にも反応しない。

貴方「……仕方ないか……」

使い魔たちの魔力を斬り、庭から出ていく。

貴方「お腹減ったな……何か調達するかな……」



53 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 22:57:53.72 ID:0gaDu1R40
3日目、イベント


陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 23:00:55.57 ID:LljRXgNFO
55 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 23:03:04.24 ID:0gaDu1R40

状況判定
9〜7、イベント
6〜4、戦闘
32、捕捉
1、襲撃
>>下コンマ
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 23:07:59.69 ID:9kjO+loU0
ほい
57 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 23:26:44.18 ID:0gaDu1R40

イベント判定
9〜7、戦闘
6〜4、負傷(大)
3〜1、襲撃
>>下コンマ
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 23:35:30.48 ID:9kjO+loU0
えいや
59 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/05(月) 23:49:30.31 ID:0gaDu1R40

陣営判定
9〜7、セイバー
65、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 23:50:27.73 ID:kOmIRduFO
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 23:51:41.38 ID:elnkWhTPo
はい
62 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/06(火) 00:11:38.41 ID:k/F8MPPB0

眠いので今日はここまで。

えー、三日目のイベントまでは確定で生き残ります。

が、負傷は三日残るのでランサーは五日目のイベント判定まで負傷によるマイナス補正が入ります。

金時が相手だと結構きつい気がしますねー。

まだまだ前スレのスキルは募集しているので、そっちもヨロです。

再開は18時から。

おやすみなさい
63 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/06(火) 18:54:08.23 ID:k/F8MPPB0

ランサー 筋力C 耐久D 敏捷B 魔力A 幸運D
バーサーカー 筋力A+ 耐久B 敏捷B 魔力C 幸運C

筋力差 発生
耐久 +12、−15で決着
魔力差 発生

ランサー
拷問技術 成功大以上で追加+1
戦闘続行 決着判定時好影響
竜の息吹 補正+1
千界樹(黒魔術) 相手のコンマが4以下ならば失敗大として扱う

バーサーカー
怪力 成功大以上で追加+1
天性の肉体 耐久増、補正+2


ランサー >>下コンマ 龍の息吹:+1
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 19:30:16.98 ID:0MBgaxNz0
どりゃ
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 19:48:10.66 ID:8yhtKZtfo
66 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/06(火) 20:27:00.50 ID:yC3WSRVMO
ランサー 9、バーサーカー 9
拷問技術:怪力で相殺
判定:【拮抗】



ランサー「やぁ!」

バーサーカー「おらぁ!」

槍と斧がぶつかり合い、そして二者は距離を取る。

ランサー「……ちっ……」

凄まじい打ち合いで、ランサーの傷が開く。

……長期戦になれば、勝ちの目は薄くなるだろう。



ランサー >>下コンマ 龍の息吹:+1  負傷:−1
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2 筋力差:+1
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 20:31:27.11 ID:EpbTpwyl0
ギュッ
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 20:51:23.74 ID:sW9aS3c40
せい
69 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/06(火) 22:37:47.87 ID:k/F8MPPB0
ランサー 1、バーサーカー 7
怪力:−1
判定:−9【劣勢】



大きく、バーサーカーの右腕が振り上げられる。

寸前で避けることもできず、残像すらとらえられぬ速度の斧の振り下ろしをその身に受ける。

バーサーカー「おぅらぁぁ!」

ランサー「く、ぅぅ!」

完全にセイバーとの戦闘で受けた傷が開き、夥しい血が流れる。

バーサーカー「っは、やっぱし手負いか? だが手加減はしねえぞ!」

ランサー「隙、だらけよ! 『竜声雷鳴(キレンツ・サカーニィ)』ッッ!」



ダメージ判定
9、−8
8〜6、−4
5〜2、−2
1、0
>>下コンマ
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/06(火) 22:51:39.93 ID:m5F1IzuJo
そら
71 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/06(火) 23:15:30.43 ID:k/F8MPPB0
耐久のところ逆でした
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 03:16:05.32 ID:ltsLOhYZO
よし
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 03:16:57.03 ID:ltsLOhYZO
間違えた…
74 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/07(水) 18:03:57.46 ID:p6HT9p/60
ダメージ:+2
判定:−7【不利】



バーサーカー「うぉぉ!?」

咄嗟の防御が間に合わず、バーサーカーはまともにランサーの攻撃を食らう。

バーサーカー「……ぐぉぉ……いいもん、もってるじゃねぇか……」

ランサー「この、なんで、立ってんのよ……」

だが思っていたダメージは無い、ランサーの不利は未だ動かない。



ランサー >>下コンマ 負傷:−1
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2 筋力差:+1
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 18:05:21.41 ID:V0bh6RoEo
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 18:15:33.74 ID:iw/UC0wTO
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 18:20:18.07 ID:Gk7C6P6NO
エリちゃんコンマ神に見捨てられたかの如く連続低コンマ
78 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/07(水) 18:25:06.53 ID:p6HT9p/60
ランサー 1、バーサーカー 7
怪力:−1
判定:−12【敗北】



ランサー「この―――」

バーサーカー「おらぁ!」

反撃に出ようとしたランサーに、バーサーカーは大上段からの振り下ろしを行う。

斧の衝撃で土煙が舞い、衝撃の地点から蜘蛛の巣状に亀裂が入る。

だが…………。

バーサーカー「逃げやがったか……」

寸前でランサーは令呪により撤退し、バーサーカーの恐るべき行動を寸でのところで回避できた。

しかし、あの傷では暫くは動けないだろう……そうバーサーカーは考えながら鉞を担ぎ霊体化する。



.
79 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/07(水) 18:26:16.01 ID:p6HT9p/60

執筆判定
コンマ分だけ進む、3以下で……
>>下コンマ
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/07(水) 18:37:04.85 ID:5QD4RVcR0
ほい
81 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/07(水) 19:14:34.64 ID:p6HT9p/60

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/07(水) 19:15:48.43 ID:5QD4RVcR0
ほい
83 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/07(水) 19:26:09.21 ID:p6HT9p/60
4日目、朝



薄く目を開け、異臭に気づく。

貴方「ああ、ごめん、起こしちゃったかな?」

キャスター「………………」

濃い血の匂いに嫌悪の眼差しを向ける。

貴方「本当にごめんね、これだけおいて出ていくから」

本当に申し訳なさそうに、自分のマスターは部屋から出ていく。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、宗蓮
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 19:27:13.93 ID:J/tEa1+u0
1 宗蓮
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 19:27:23.41 ID:mcu4Rf+30
86 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/07(水) 20:11:18.08 ID:p6HT9p/60

彼はごみを捨てるために外に出る。

ガラガラと音が鳴り、静かな朝を破壊する。

……だがその数後には、いつもの静けさが戻る。

貴方「よし、と」

懐から蟲を取り出し、ごみ袋に投げる。

するとそれは発火し、ごみ捨て場にあるすべてが跡形もなく灰になり、やがて風に吹かれ消えていく。

……処理を終えた彼が振り返ると、その一部始終を見ていた人物が立っていた。

貴方「待たせたかな?」

荒耶「…………」



会話候補
荒耶か貴方視点で
>>下3までで候補
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 21:04:36.01 ID:W3H8/Wx90
貴方
ところで、君は聖杯で何を望むんだい?
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 21:14:35.98 ID:J/tEa1+u0
荒耶
お前が気にしてた遠坂の次女……確か桜と言ったか、あいつはこの聖杯戦争が始まる前にエーデルフェルトという家に養子に行ったそうだ。
お前の家に行った所で貴重な才能を潰してくだらん胎盤にされるのが関の山だが、あの家なら優秀な魔術師に育つだろう。
お前が唱える希望とは違う行動の結果、お前の考えより良い結果が産まれた訳だが、さてお前はどう思う?
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 21:28:36.13 ID:/KwIar/y0
貴方「しかし皮肉だな荒耶宗蓮、毎回根源に挑んで抑止力の英霊に惨殺されてきた君が
今度は英霊と仲良くしながら共に聖杯に、根源に挑もうというんだからねこれは君とっては皮肉そのものだろう
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/07(水) 21:29:39.00 ID:aCDqQQ0XO
貴方
希望の礎になる気もないのに付き纏ってぐだぐだと言わないでくれるかな?
91 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/08(木) 00:01:41.32 ID:uR0/y2390

荒耶「お前が気にしていた遠坂の次女……」

貴方「桜ちゃんのことかな?」

荒耶「……エーデルフェルトに養子にいったそうだ、あの家なら優秀な魔術師に育つだろう。貴様の家に迎え入れられるよりはな」

その言葉に、興味なさげな顔をする。

貴方「それで、何が言いたのかな?」

荒耶「貴様の唱える希望とは違う行動の結果、その考えよりも良い結果が生まれた。これを貴様はどう思う?」

その言葉に、彼は落胆したような表情を浮かべる。

貴方「見解の相違だね、根源に向かうのが魔術師達の希望ってだけだろう? 人類への希望になりえないなら、それはもったいないことだろう?」

呆れた様子で、荒耶を見つめる。

貴方「君も同じだよ、どうせ聖杯に根源へ連れていってくれだなんて言うんだろうけど……礎になる気がないならグダグダと言って欲しくないな」

そういい、彼はうんざりしたと言った表情で門へと向かう。



92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/08(木) 00:09:37.74 ID:i0Gr5DlT0
まあ、一人の人間としてもエーデルフェルト行き(アポクリファ時空)のほうが幸せな育ち方するというね。
93 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/08(木) 00:10:06.57 ID:uR0/y2390

感情判定
貴方 >>下コンマ
荒耶 >>下2コンマ
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/08(木) 00:13:02.57 ID:i0Gr5DlT0
こいつら何で同盟組んでるんだ?
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/08(木) 00:31:06.65 ID:Dh2t5RYl0
ほぼ一人のせいな気がする
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/08(木) 15:03:48.75 ID:pqZn5UQHO
アンデルセンだから組める同盟は組んだ方がいいし感情判定の結果(そもそも選ばれる回数も多いんだけど)荒耶が執着してるから間違ってはない
97 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/08(木) 16:54:25.34 ID:kLXr8/l+O
今日はちょっと体調悪いのでなしです、すみません
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/08(木) 17:55:46.26 ID:4/myqrErO
いや、いつ空中分解してもおかしくない会話してるし。
とはいえ今回の貴方はまともに会話出来る相手がこいつくらいなのも事実。
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/08(木) 18:46:47.07 ID:PqN3Zf2j0
こんなところで茶釜の恩恵にあずかるとはな
100 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 18:08:45.37 ID:wJaqcFUQ0

貴方→【嫌い】
「戦闘にだけ手を貸しさえすればいい」

荒耶→【執着】
「……面白い」

を取得しました。
101 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 18:17:21.08 ID:wJaqcFUQ0
4日目、昼



キャスター「…………」

首を鳴らし、肩を回す。

空気を入れ替える為に窓を開け、冷たい空気を部屋に取り込む。

キャスター「さて……」

少しだけ、意識を執筆から戦争へと向ける。

キャスター「他の陣営と組んだと言っていたが……どんな奴か……」



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 18:26:13.81 ID:Akf0f8YfO
2
103 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 18:46:44.61 ID:wJaqcFUQ0

ごみ捨てを終えた彼は蟲蔵に潜る。

……いつもと変わらない、悍ましい風景に対し彼は顔色一つ変えない。

否、変えたことがない。

貴方「この辺りかな?」

適当な虫を見繕い、庭に放つ。



使い魔判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:−2 キャスター:+1
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/09(金) 18:58:36.20 ID:2ol0DQX70
hoi
105 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 19:11:17.39 ID:wJaqcFUQ0

特殊判定
9〜7、戦闘
6〜4、第九陣営
3〜1、襲撃
>>下コンマ
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/09(金) 19:11:55.69 ID:2ol0DQX70
hoi
107 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 20:08:55.40 ID:wJaqcFUQ0

陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
54、アーチャー
3、ライダー
2、バーサーカー
1、アサシン
>>下コンマ >>下コンマ二桁目
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 20:09:49.42 ID:niSw7Iyx0
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 20:16:04.07 ID:2s/xTYsB0
鮮花vsトッキ−か両者共に炎使いの戦いになるな、まあ魔術として技量はトッキーほうが上だと思うけど
110 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 20:43:40.65 ID:wJaqcFUQ0

鮮花「っ、バーサーカー!」

バーサーカー「応!」

迫る炎を斧で叩き潰し、警戒を続ける。

……本命のサーヴァント、それがまったく姿を現さない。

バーサーカー「……離れんなよ……」

鮮花「え、ええ……わかった」



111 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 20:46:45.78 ID:wJaqcFUQ0

バーサーカー 筋力A+ 耐久B 敏捷B 魔力C 幸運C
アーチャー 筋力C 耐久D 敏捷B 魔力C 幸運A

筋力差 クラス補正で無効
耐久 +13、−15で決着
幸運差 発生

バーサーカー
怪力 成功大以上で追加+1
天性の肉体 耐久増、補正+2

アーチャー
神の加護 成功以上で補正+1
治癒の竪琴 判定−以下で追加+2
宝石魔術(時臣) 補正+1、追加+1、耐久増


バーサーカー >>下コンマ 天性の肉体:+2
アーチャー >>下2コンマ 宝石魔術:+1
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 20:48:13.93 ID:2s/xTYsB0
ほい
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 20:59:29.26 ID:2s/xTYsB0
えい
114 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 21:30:21.98 ID:wJaqcFUQ0
バーサーカー 5、アーチャー 7
神の加護:−1 宝石魔術:−1
判定:−4【不利】



木の陰から、高速で投石が放たれる。

バーサーカー「おらぁ!」

それを裏拳で弾き、そして追撃を迎撃する。

アーチャー「おっと、流石!」

杖を斧で受けられ、アーチャーは口笛を鳴らす。

だが……。

バーサーカー「うおぉ!?」

眼前に輝く宝石に、もろに体を焼かれる。

アーチャー「うん、いい感じだね」

懐から取り出した宝石を眺めつつ、もう一度距離をとる。



バーサーカー >>下コンマ 天性の肉体:+2
アーチャー >>下2コンマ 宝石魔術:+1
115 :960 [sage]:2018/03/09(金) 21:30:49.03 ID:niSw7Iyx0
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 21:35:18.57 ID:hKFF4Q4q0
ほい
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 21:44:38.73 ID:J/wY06uYo
宝石を投げるアーチャー
118 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/09(金) 23:32:38.11 ID:wJaqcFUQ0
バーサーカー 5、アーチャー 8
宝石魔術:−1 神の加護:−1
判定:−9【劣勢】



アーチャー「椀飯振舞だよねぇ、マスターは」

預けられた宝石の残りは6つ。

囮にも牽制にも、目晦ましにも攻撃にも使える。

アーチャー「さて……確実に行こうか」



バーサーカー >>下コンマ 天性の肉体:+2
アーチャー >>下2コンマ 宝石魔術:+1
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 23:42:07.46 ID:hKFF4Q4q0
てい
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/09(金) 23:51:51.07 ID:2s/xTYsB0
ほい
121 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/10(土) 00:16:28.25 ID:IFQQFi1O0

眠いので今日はここまで。

一瞬逆転か!? と思いましたが、名前欄で撹乱されてました。

四日目なので、もしかしたらどっちかが脱落か……?

再開は19時から。

おやすみなさい
122 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/10(土) 19:40:25.05 ID:IFQQFi1O0

帰ったら再開。
123 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/10(土) 21:48:45.87 ID:IFQQFi1O0
バーサーカー 8、アーチャー 8
怪力:神の加護で相殺 宝石魔術:−1
判定:−10【劣勢】



バーサーカー「ちぃっ!」

焦げたシャツを投げ捨て、額の血をぬぐう。

バーサーカー(やべぇな……ヘビーな状況だ……)

自由に動ければ多少の接戦はしていただろうが……今回に限って言えば失策だ。

バーサーカー「ぐぉ!?」

落ちてあった宝石が閃き、その直後側頭部に投石を受ける。



バーサーカー >>下コンマ 天性の肉体:+2
アーチャー >>下2コンマ 宝石魔術:+1
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 21:52:13.00 ID:frD3ICiJ0
ほい
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 22:03:23.76 ID:CZYuDGMI0
mの
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 22:12:49.31 ID:frD3ICiJ0
00が出るとは、これが本当の逆転勝利と言う奴か
127 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/10(土) 22:54:08.53 ID:IFQQFi1O0

バーサーカー「―――っはん、俺らしくねえ」

豪快に笑い、鮮花に向き直る。

鮮花「え、なに……ひゃぁ!?」

バーサーカー「舌噛むなよぉっ!」

自分のマスターを背負い、林を駆ける。

罠を踏みつぶし、待ち伏せを振り切り、挟撃をぶっちぎる。

アーチャー「なん―――!?」

バーサーカー「―――『黄金(ゴールデン)…………ッッ!」

彼の持つ鉞が、金色に光を放つ。

バーサーカー「衝撃(スパーク)』ッッ!!」

轟響かせ、敵をせん滅する。



128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/10(土) 23:25:18.56 ID:YvmxQuPG0
まさかの遠坂家序盤敗退
129 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/10(土) 23:57:24.38 ID:IFQQFi1O0



貴方「へぇ?」

あの戦い方には覚えがある、宝石に魔力を込める魔術。

その魔術の使い手なぞ、この街でなら思い浮かべるのは一人で良い。

貴方「遠坂が敗退したか……しかも、倒したのは普通の女の子がマスター……」

手に持っていた武器からは察しはつきにくい、だが消去法ならば妥当なのはバーサーカーか。

貴方「凄いなぁ英霊は、本当にその時代の希望なんだ……! 魔術師なんて、立ちはだかりもできない!」

熱病に浮かされたように、彼は興奮で紅潮し始める。

貴方「残念ながら希望は1つ減ってしまった! だけど! ああ! その希望を倒したのも、希望! 素晴らしい! きっともっと強く希望として輝いているんだ!」

興奮のまま衝動で水晶を砕き、壁を破壊する。

貴方「……はぁ……はぁ…………ぁあ……」

狂気的な笑みを浮かべながら、心底嬉しそうに部屋に戻る。



130 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/11(日) 00:05:00.13 ID:ygNVov8q0

帰り遅れて申し訳ない!!!

それはそれとしてアーチャー脱落!

まあ、昨日もう少し夜更かししてたら書ききれたかも。

それはそれとして明日は病院、ので月曜から再開でーす。

おやすみなさい
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 00:18:57.44 ID:kX5gp0Mp0
乙でしたー
無理なさらずに体を大事に
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/11(日) 19:48:17.27 ID:Z0JZ0HMN0
聖杯使って人類滅亡させようぜ。
それで生き残ったやつが最強の希望な。
133 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/12(月) 18:43:23.78 ID:/d4XR68y0
4日目、夜



廊下をぶらつきながら、キャスターは破壊痕を見つける。

貴方「やあ、散歩かな?」

キャスター「……空き巣でも来たか?」

貴方「うっかり壊しちゃったんだ」

補修道具を抱えた彼はそう返答し割れた窓に板を打ち付ける。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 18:48:27.25 ID:3M9/FRc10
1
135 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/12(月) 18:56:50.43 ID:/d4XR68y0
誰と会話する?
>>下
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 19:17:51.82 ID:CBy44wy/O
キャスター
137 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/12(月) 20:13:20.59 ID:/d4XR68y0

貴方「……どうだい、良いものは書けそうかな?」

キャスター「さあな、良いものかは読者次第だ」

貴方「そっか……一番最後でいいから、読んでみたいな」

心底楽しそうに、彼は笑う。

貴方「……君は僕が思う、一番多くの人に希望を抱かせた英霊だと思ってるよ……」

そっと、小さな肩に手を置く。

貴方「だから、素敵な……希望に満ちた物語になると思うんだ」

心の底からの、裏表のない言葉をキャスターに彼は紡ぐ。



会話候補
キャスターか貴方視点で
>>下3までで候補
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 20:33:14.11 ID:ZdVuezYD0
キャスター
そうか、お前が組んだ同盟相手も中々のロクデナシらしい。
ただ、そいつの言う事も一つだけ正しい。
桜という娘、この家に養子に来たら才能どころか希望も幸福もあの妖怪に食い潰されるのがオチだろう。
何!?そうなった彼女を助ける希望が生まれるだと?
馬鹿が、希望は自分で見いだすもので誰かがお膳立てして産まれるものでないと良い加減理解しろ。
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 20:58:29.42 ID:ORi6sn3i0
貴方「昼にサーヴァント同士の戦闘が合った、残念だけど遠坂陣営は脱落したよ、爺さんの話だと時臣は監督役の爺さんとも密かに裏でつるんでたらしいけど
まあ、 無駄な努力ご苦労様て感じだよね、」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 21:03:25.91 ID:MOAQBMNX0
キャスターに肩に置いた手を払いのけられてから
貴方「ははは、手厳しいね。でもこればっかりは僕にとっての絶対の希望の持論だから変えられないな、君が君である事をやめないのと同じように。僕は本当に感謝しているんだ、この
聖杯戦争という希望に満ち溢れた舞台で君という最高のサーヴァントに巡り合うことができて。この先一体どれほどの奇跡が起こるのだろうと思うとどきどきして仕方がない。」
141 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/12(月) 22:41:29.93 ID:/d4XR68y0

キャスター「そうか、お前が組んだ同盟相手も中々のロクデナシらしいな。ただ、そいつの言う事も一つだけ正しい」

その言葉に、笑みを崩さぬまま小首を傾げる。

キャスター「桜という娘、この家に養子に来たら才能どころか希望も幸福もあの妖怪に食い潰されるのがオチだろう。それをお前は是とするのか?」

その問いに、彼は少し困った顔をする。

貴方「その時はしょうがないよね、希望になれる人、希望の踏み台になれる人、希望に立ちはだかる人……何者にもなれない人…………」

一転、彼は晴れやかに笑う。

貴方「だから、僕はせめて踏み台になろうと思うんだ!」

強く握ってしまったのか、キャスターに手を払いのけられる。

キャスター「馬鹿が、希望は自分で見いだすもので誰かがお膳立てして産まれるものでないと良い加減理解しろ」

貴方「……ははは、ははは、手厳しいね。でもこればっかりは僕にとっての絶対の希望の持論だから変えられないな、君が君である事をやめないのと同じように。僕は本当に感謝しているんだ」

優しく笑いながら、彼はキャスターの瞳を見つめる。

貴方「この 聖杯戦争という希望に満ち溢れた舞台で君という最高のサーヴァントに巡り合うことができて。この先一体どれほどの奇跡が起こるのだろうと思うとどきどきして仕方がないんだ!」

キャスター「……そうか」

呆れた様子で、いつのまにか再び肩を掴んでいた手を払いのける。

貴方「ああごめん……そうそう、遠坂が脱落したんだ、どうやら監督役と組んでいたらしいんだけど……キャスター」

キャスター「そろそろ寝る、飯はいい」



142 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/12(月) 22:44:17.02 ID:/d4XR68y0

感情判定
5以上で成功
貴方 >>下コンマ
キャスター >>下2コンマ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 22:51:04.39 ID:MOAQBMNX0
hoi
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 22:52:26.46 ID:pPiABN2C0
ほい
145 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 18:19:11.56 ID:5lO/4EZq0

貴方→【親愛】
「いい人だ」

キャスター→【嫌い(微)】
「そりが合わん」
146 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 18:32:34.10 ID:5lO/4EZq0
4日目、イベント


陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
54、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 19:01:50.19 ID:dFlvYbTLO
えい
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 19:02:15.26 ID:Xuji6wSX0
ほい
149 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 19:06:56.70 ID:5lO/4EZq0

状況判定
9〜7、イベント
6〜4、戦闘
32、捕捉
1、襲撃
>>下コンマ
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 19:08:45.25 ID:Xuji6wSX0
ほい
151 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 19:20:08.78 ID:5lO/4EZq0

陣営判定
9〜7、ランサー
65、ライダー
43、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 19:24:31.67 ID:dFlvYbTLO
そいや
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 19:39:10.88 ID:Xuji6wSX0
エリちゃん傷は癒えたのかな
154 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 20:00:15.20 ID:5lO/4EZq0

サンクレイド「またデスカ……こりませんネー」

呆れた様子で、接近するランサーを察知する。

セイバー「はん、それならぶっ潰すだけだ、何度でもな」

サンクレイド「ハハハー、流石デース! それではお任せシマース」

その言葉を言い終わらぬうちに、セイバーは窓から飛び出していく。




155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 20:03:45.34 ID:dFlvYbTLO
何度も出てきて恥ずかしくないの?
156 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 20:07:56.87 ID:5lO/4EZq0

セイバー 筋力B+ 耐久A 敏捷B 魔力B 幸運D
ランサー 筋力C 耐久D 敏捷B 魔力A 幸運D

筋力差 発生
耐久 +12、−16(15)で決着

セイバー
直感 1、2をそれぞれ一度だけ3として計算
魔力放出(赤雷) 補正+1、成功大で追加+1
不貞隠しの兜 耐久増、宝具発動後補正消失
代行者 相手補正−1、補正+1

ランサー
拷問技術 成功大以上で追加+1
戦闘続行 決着判定時好影響
竜の息吹 補正+1
千界樹(黒魔術) 対魔力で封印
負傷 1ターンごとに補正−1


セイバー >>下コンマ 赤雷:+1 代行者:+1 筋力差:+1
ランサー >>下2コンマ 龍の息吹:代行者で相殺
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 20:11:08.25 ID:r9FI4M/V0
はあっ
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 20:12:37.19 ID:dFlvYbTLO
そう
159 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 21:03:49.54 ID:5lO/4EZq0
セイバー 8、ランサー 9
赤雷:+1 拷問技術:−1
判定:−1【拮抗】



ランサー「やぁぁ!」

セイバー「おらぁ!」

刃を交え、剣と槍が激しく火花を散らす。

セイバー「……は、傷増えてんなぁ? 舐められたもんだ」

ランサー「ふん! あんたなんかこの程度で十分なのよ!」

セイバー「抜かせ!」



セイバー >>下コンマ 赤雷:+1 代行者:+1 筋力差:+1
ランサー >>下2コンマ 負傷:−1
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 21:23:01.23 ID:a+maRAS2o
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 21:36:20.84 ID:Xuji6wSX0
ほい
162 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/13(火) 22:15:36.15 ID:5lO/4EZq0
セイバー 6、ランサー 3
判定:+2【拮抗】



体から血をにじませながら、ランサーは槍を振るう。

ランサー「っく……」

セイバー「その程度かぁ!?」

ランサー「五月蠅いわね!」

懸命に槍を振るい、セイバーの猛攻をしのぐ。



セイバー >>下コンマ 赤雷:+1 代行者:+1 筋力差:+1
ランサー >>下2コンマ 負傷:−2
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 22:18:10.50 ID:wOfsX9iX0
せい
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 22:39:03.95 ID:yUOmMKRYO
はい
165 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/14(水) 00:22:26.42 ID:XkhBmW6wO
あ、投稿失敗してた
今から書きます
166 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/14(水) 00:30:09.17 ID:XkhBmW6wO
セイバー 10、ランサー 3
赤雷:+1
判定:+11【優勢】



────一瞬で空気が変わる。

魔力の渦が、セイバーを中心に渦巻く。

その空気の変わりようにランサーは即座に宝具だと理解する。

ならば、選択肢は……。

ランサー「────ッ!?」

負傷が足にきたのか、一瞬力が抜ける。

セイバー「終いだ────」



宝具判定
9〜7、+11
65、+9
43、+7
21、+5
>>下コンマ
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/14(水) 00:33:00.38 ID:kD+ZqfId0
hoi
168 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/14(水) 00:45:42.77 ID:XkhBmW6wO

一条の光が夜の空を照らし、ランサーを消しとばす。

……その様子を見ていたサンクレイドは、嫌悪感を剥き出しにして舌打ちをする。

サンクレイド「もどかしいですネー、無駄にプライドを持ってるせいで好き勝手できまセーン」

黒鍵を数本取り出し、そのまま窓の外に投げる。

……短い悲鳴がかすかにここまで響く。

サンクレイド「まあ勝ちは勝ちデース」

そう言い、セイバーの帰還とともに残虐性を潜めさせる。

サンクレイド「流石デース、見事デシタ」

セイバー「はっ、あんなの余裕だ!」


169 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/14(水) 00:48:28.59 ID:XkhBmW6wO

そんな感じで今日はここまで。

4日目になった途端二騎脱落。

このペースだと後2日ですネー。

明日は訳あって再開できないので明後日再開。

おやすみなさい
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 13:26:49.15 ID:ViA8qIzK0
キャスターの宝具の進行状況はどうなっているのですか?
171 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/15(木) 17:20:46.62 ID:4K/BULcx0

前回の奴に書き忘れてました、一応判定だけ、再開は18時から


執筆判定
コンマ分だけ進む、3以下で次回補正、現在17
>>下コンマ
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 17:40:44.06 ID:3izdWWV00
hoi
173 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/15(木) 18:13:34.98 ID:4K/BULcx0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 18:22:34.88 ID:3izdWWV00
toi
175 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/15(木) 18:57:03.34 ID:4K/BULcx0


呼吸する度に罪悪感が増し、その度に決意する。

鼓動する度に嫌悪感が増し、その度に覚悟する。

自分は最低限すら為せないのなら塵芥同然だと。

そして、望まれていることは自分では力不足だ。

ならば自分ができる事は希望の糧となる事のみ。

希望に全てを捧げよう、その為に命を捧げよう。

育む手伝いをしよう……鍛える手伝いをしよう。

必要ならば敵をつくろう……障害にでもなろう。

何故ならこの命は希望の為に産まれたのだから。

覚醒する度に多好感が増し、決意はさらに強く。

思考する度に使命感が増し、覚悟はさらに強く。



176 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/15(木) 19:00:04.59 ID:4K/BULcx0
5日目、朝



貴方「………………」

薄く笑い、そして身を起こす。

短い睡眠だ、だがそれで十分だった。

貴方「………………」

笑みは絶やさない。

貴方「はは……良い朝だ……希望の夜明けだ」

笑みが希望に近い気がするから、彼は笑みを絶やさない。

夜明けは希望を想起させるから、彼は朝を毎日たたえる。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 19:54:46.83 ID:3izdWWV00
2
178 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/15(木) 20:38:44.94 ID:4K/BULcx0

貴方「さて、頑張ってね」

蟲を放ち、彼は自分の食事を済ませることにする。

貴方「……蔵にまだあるよね」

無ければ朝の分を抜くだけだが……。

貴方「なかったらどうしようかなぁ」



使い魔判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:ー2 キャスター:+1
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/15(木) 21:45:00.86 ID:3izdWWV00
俺しかいない?
180 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/17(土) 18:17:17.93 ID:JMgomOeI0

陣営判定
9〜7、セイバー
6〜4、バーサーカー
3〜1、アサシン
>>下コンマ
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 18:39:36.17 ID:IFM7Skxz0
hoi
182 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/17(土) 18:56:16.57 ID:JMgomOeI0

情報判定
9〜7、居場所
6〜4、クラス
32、マスター
1、襲撃
>>下コンマ
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 19:05:20.98 ID:IFM7Skxz0
えい
184 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/17(土) 19:42:16.92 ID:JMgomOeI0

貴方「……神父……監督役の……人とは少し違うかな?」

神父服を着た見た事のない人物、この状況下で聖杯戦争には関係ない存在とは考えられない。

十中八九マスターだろう。

貴方「教会は嫌いだな……」

特に、教えと神に妄信的な者。

この類は、執着的に根源を目指している魔術師とそう変わらない。

希望となり得る生産性が無いと、彼は考えている。

貴方「……英霊の方を期待しよう、きっと素晴らしいに違いない」



185 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/17(土) 19:47:31.11 ID:JMgomOeI0
5日目、昼



貴方「ああ、お爺さん」

人懐っこそうな笑みを浮かべ、彼は手を振り近寄る。

貴方「アーチャーは脱落したみたいなんだ、あとライダーと組んだよ」

臓硯「知っておる、戦争はもう中盤に入ったが……勝てるだろうな?」

貴方「きっと素晴らしい結果になると思うよ!」

疑いのなく力強く答える。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 19:49:59.27 ID:Yhq0Elw00
1臓硯
187 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/17(土) 20:17:49.34 ID:JMgomOeI0

貴方「……ああ、そう言えばアーチャーは遠坂だったよ」

臓硯「そうか、今回参加の御三家は残るはお前だけだ」

貴方「任せて、きっと聖杯を勝ち取って見せるよ」

優しく笑いかける彼に対し、臓硯は冷たいまなざしを向ける。

臓硯「……お膳立てが必要ならば言うが良い……」

貴方「はは、嬉しいな……僕なりに全力を尽くすよ」



会話候補
臓硯か貴方視点
>>下3までで候補
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 20:36:27.64 ID:IFM7Skxz0
臓硯 「遠坂といえば、娘の一人は結局外国へやったと聞いた・・・胎盤になる良い者だと思っただけに惜しいな・・・お前がいなければ、ひょっとしたら間桐に来ていたかもしれんのに・・・」
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 20:39:40.12 ID:Vkrar8pF0
臓硯「それと此度の小聖杯はお主という同盟をして組んでいる荒耶が持っておる、アインツベルンは荒耶と手を組んだのからじゃあ
本来なら魔術師殺しの衛宮と言う男がマスターじゃったそうじゃが、聖杯戦争に参加する直前あの荒耶という言う男が
名乗りあげたそうじゃあ、魔術師殺しより自分を雇え、とな
アインツベルンの頭首アハト翁は両者が殺し合い、勝った方にマスター権を譲ると言いおった
そして勝ち残ったのがあの男という言う訳じゃあ、」
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/17(土) 21:14:21.02 ID:IFM7Skxz0
貴方 「そう言えば僕は喰種だからそろそろ誰か食べないとなぁ。お爺さんは大丈夫?僕が希望を探し当てるまで、死なないでね」
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/18(日) 01:26:41.24 ID:l8hFmR/do
会話で背景設定決めようとするのはきつい
192 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/18(日) 14:12:46.40 ID:FQMMcry50
今日は再開できなくなりました
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/18(日) 14:53:03.86 ID:oiIBuaqe0
ok
無理なさらずリアル大事に
194 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/19(月) 16:07:24.90 ID:Nfgm32mY0
22時くらいから再開します
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/19(月) 17:58:12.16 ID:r7uLjdQ7O
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/19(月) 20:19:44.11 ID:TUqLj0n00
ok
197 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/19(月) 23:10:03.98 ID:Nfgm32mY0

臓硯「遠坂といえば、娘の一人は結局外国へやったと聞いた……胎盤になる良い者だと思っただけに惜しいな……お前がいなければ、ひょっとしたら間桐に来ていたかもしれん」

貴方「……そうだね、だけど安心してほしいな……聖杯を手に入れて、きっと希望を成就させてみせる」

満面の笑みで、彼は喉を鳴らす。

貴方「だからお爺さん、僕が死ぬまで死なないでね」

影を揺らめかせながら臟硯の少し先を歩く。

貴方「僕の命なんかよりもずっと価値があるんだから」

心の底からの言葉に、彼は臟硯が嬉しそうにしているのに心地よい達成感を覚えた。

……満足気に彼は蟲蔵へ漁りに行く。

臟硯「ふん……相変わらず気持ちの悪い奴だ」



198 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/19(月) 23:10:49.52 ID:Nfgm32mY0

感情判定
5以上で成功
貴方 >>下コンマ
臟硯 >>下2コンマ
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/19(月) 23:13:51.25 ID:UMevDYih0
成功しろ
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/19(月) 23:34:00.77 ID:2cKzyip20
hoi
201 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/19(月) 23:48:05.57 ID:Nfgm32mY0

貴方→【親愛】
「生きる意味を与えてくれる」

臟硯→【好意】
「使えるうちは好きにさせる」


今日はここまで。

本格的な再開は次回。

再開は18時から。

おやすみなさい
202 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/20(火) 18:11:34.39 ID:Bn4f8bKG0
5日目、夜



とっぷりと夜が暮れ、キャスターはあてもなく館を歩く。

キャスター「……ち……」

貴方「ああごめんね、休憩中なのに僕みたいな屑を見かけたら気分が悪いよね」

キャスター「俺を気遣うならせめて卑屈な言葉遣いは止めろ、耳を塞ぐのは面倒だからな」

貴方「……分かったよ、気分を害したならごめん」

以上に素直に、彼は頷く。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 18:36:58.10 ID:XlVr+VBeo
3
204 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/20(火) 18:58:06.00 ID:Bn4f8bKG0

キャスター「……街でも索敵するか?」

貴方「そうだね、まだキャスターに案内もしてなかった」

ニコニコと笑いながら彼は身支度を済ます。

貴方「……あ、ライダーはどうしようか?」

キャスター「そう言えば組んだんだな……」



索敵方法
1、同行(補正−2、1ターン目から合流)
2、別行動(判定を2回行う、合流判定発生)
3、待機(合流判定+2)
>>下
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 19:02:11.67 ID:SfzOYjB60
206 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/20(火) 21:00:17.52 ID:Bn4f8bKG0


貴方「それじゃあライダーさん、僕たちは新都側を索敵するよ、一時間後にね」

にこやかに笑い、二人は新都の方向へ消えていく。

ライダー「……相変わらず嫌われてるねぇ、荒耶」

荒耶「……どうでもいいことだ」

そう言い切り、残った二人も深山の町へ降りる。



索敵判定
5以上で成功
キャスター >>下コンマ
ライダー >>下2コンマ
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 21:04:47.59 ID:4ZKaGr5M0
星君
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 21:30:15.46 ID:na23zQ8b0
hoi
209 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/20(火) 21:45:27.74 ID:Bn4f8bKG0

※被った場合下の安価にずらします

陣営判定
9〜7、セイバー
6〜4、バーサーカー
3〜1、アサシン
キャスター >>下コンマ
ライダー >>下コンマ二桁目
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 22:03:44.33 ID:cLmk2POL0
a
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 22:04:59.41 ID:na23zQ8b0
ei
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 22:05:43.74 ID:na23zQ8b0
コンマ被っているためもう一度
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 22:07:26.65 ID:cLmk2POL0
更新がんばって
214 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/20(火) 22:23:39.43 ID:Bn4f8bKG0



貴方「……キャスター、ライダーさんが他の陣営と……」

キャスター「来るぞ、構えておけ」

その言葉と同時に、彼は投擲されたダークを視界に入れる。

……それは影から現れた何かに弾かれ、少し息を吐く。

貴方「初めまして……ええっと、クラスはアサシンかな?」

アサシン「…………」

キャスター「前に出ろ」

貴方「任せて、頑張るよ」



215 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/20(火) 22:40:37.19 ID:Bn4f8bKG0

キャスター 筋力E 耐久E 敏捷E 魔力EX 幸運E
アサシン 筋力B 耐久C 敏捷A 魔力C 幸運E

筋力差 クラス補正で無効
耐久 +12、−12で決着
敏捷差 クラス補正で無効
魔力差 発生

キャスター
高速詠唱 判定差補正を無効
翅刃虫 補正+1
霊鹿 耐久増、相手耐久減
喰種 補正+2、生存判定に好影響
希望の僕 相手宝具を一度だけ無効

アサシン
自己改造 耐久増、補正+2
投擲(短刀) 8までをクリティカルとして計算


キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 22:48:42.48 ID:SfzOYjB60
若干有利か
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/20(火) 22:56:58.36 ID:cLmk2POL0
主人公勝て
218 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/20(火) 23:08:32.03 ID:Bn4f8bKG0
キャスター 9、アサシン 8
魔力差:+1
判定:+2【拮抗】



影が揺れたかと思うと、次の瞬間にはアサシンの肩を掠っていた。

……現れ出たのは、黒い毛並みの牡鹿だった。

アサシン「……魔獣か……」

貴方「いい子だろう? 僕の賛同者なんだ」

鹿の陰から蟲を放ちながら、アサシンには近づかぬように立ち回る。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/21(水) 00:36:00.41 ID:dKjSEtGG0
じょ
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/21(水) 01:49:02.12 ID:7mvxl6vAo
はい
221 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/21(水) 19:32:52.99 ID:8x1yRjwxO
出先からの更新なので頻度落ちます
222 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/21(水) 19:40:20.96 ID:8x1yRjwxO
キャスター 4、アサシン 4
魔力差:+1
判定:+3【拮抗】



アサシン「…………っ!」

ダークを投げ牽制しながら、敵マスターへと距離を詰める。

だがそれは霊鹿がカバーに入り、アサシンの追撃を阻む。

そしてキャスターの支援を受けたマスターが尾の様なものでアサシンへと攻撃をする。

アサシン「ふんっ!」

寸前でダークで切りつけ攻撃を防ぐ。

貴方「凄い、凄いよ……さすが英霊だ……っ!」

碌にダメージは無いのか、それとも感じないのか彼は笑みを崩さない。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/21(水) 19:42:24.89 ID:ZrLwV0Xw0
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/21(水) 19:43:30.28 ID:dKjSEtGG0
225 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/21(水) 19:54:06.61 ID:8x1yRjwxO
キャスター 9、アサシン 9
魔力差:+1
判定:+4【有利】



アサシン「ぬおぉ!?」

一瞬で視界から消えた霊鹿が、アサシンを背後からその角をもって攻撃してきた。

……そのまま霊鹿は再び影に潜り込む。

貴方「それっ!」

今度は側面からの攻撃にアサシンは素早くダークを振るうが……。

アサシン「なにっ!?」

声の正体は彼から生えていた尾の様な器官からであり、本命の攻撃であるキャスターの魔術がアサシンの体勢を崩す。

アサシン「ぐぉっ!」

宙に浮かされたアサシンを、影に潜り込んでいた霊鹿が角で突き上げる。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/21(水) 20:00:40.02 ID:+qAfWMHo0
ていっ
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/21(水) 20:31:50.29 ID:BDoUQjjF0
はい
228 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/22(木) 19:34:43.53 ID:xqLqvQkyO
キャスター 5、アサシン 9
魔力差:+1
判定:+2【拮抗】



形勢はアサシンが丁寧に対処し始め傾きはなくなる。

想像よりは彼らは上手く立ち回っているが、英霊との差は埋め難い。

アサシン「…………っ!」

組み合わさった骨の様な尾の攻撃を避け、鋭い霊鹿の角を直撃の寸前に身を捻り躱す。

アサシン「……なかなかやるが、こちらとて簡単にやられる気は無い……」

貴方「そうでなくちゃ……っ!」



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 19:35:43.07 ID:sLOEQ8T90
a
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 19:51:11.13 ID:3CxGVIWf0
z
231 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/22(木) 19:59:11.23 ID:xqLqvQkyO
キャスター 9、アサシン 5
魔力差:+1
判定:+7【有利】



貴方「それなら…………っ!」

服の裾から惜しみなく翅刃虫をばらまく。

アサシン「っ!?」

嵐の様な密度に突っ込むのは危険と察したアサシンは後ろに大きく跳ぶ。

だが―――。

アサシン「―――ぐぉっ!?」

足元を這っていた骨の尾から生えた骨の腕に掴まれ、そのまま虫の群れに放り込まれる。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 20:01:21.30 ID:Qc9bN0220
いよっ
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 20:35:44.19 ID:hakrkXsRo
ほれ
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/22(木) 20:37:07.19 ID:xT0Ee4it0
たあ
235 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 00:00:32.11 ID:FM+iY9zE0
キャスター 10、アサシン 9
魔力差:+1
判定:+9【優勢】



今日はここまで。

明日はちゃんと18時から再開します。

おやすみなさい
236 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 18:25:40.03 ID:FM+iY9zE0
キャスター 10、アサシン 9
魔力差:+1
判定:+9【優勢】



骨の尾から生え出た腕はみるみるうちに太く強くなっていく。

アサシン「くっ!」

拘束されていない足で腕を叩き潰し、そのまま身を捻りねじ切る。

その間にも虫の攻撃に晒され無数の傷を作る。

……だが致命傷にはほんの少し届かない。

アサシン「……強いな……」



特殊判定
9〜7、???
6〜4、合流
3〜1、魔力不足
>>下コンマ
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 18:41:42.31 ID:RK7cyhj0O
そい
238 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 18:50:47.83 ID:FM+iY9zE0


アサシン「……ぐ……」

身体にかかる重圧に、アサシンは魔力不足を感じる。

……この状況、アサシンは己の敗北が脳裏に過る。

アサシン「…………」

目の前の敵のマスターは無傷、霊鹿も同様に修復していた。

アサシン(厳しいか)



思考判定
9〜7、???
6〜4、逃走
3〜1、続行
>>下コンマ
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 18:55:41.36 ID:/siG5Kie0
決着つけろ
240 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 19:29:27.01 ID:FM+iY9zE0

不利と判断しアサシンは撤退する。

貴方「―――困ったな」

先ほどの使い魔の連絡によれば、ライダー側も接敵している。

……通常なら迷うことなくライダーを救援しに行く場面だが……。

貴方「困ったな……はは」

頭を掻きながら、見捨てるかどうかを思案する。



行動選択
1、追う
2、追わない
>>下
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 19:30:44.97 ID:5AfS25mo0
1
242 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 19:44:18.97 ID:FM+iY9zE0

霊鹿を、そしてキャスターを見る。

貴方「追おうか」

背にまたがり、キャスターを霊鹿に乗せるため手を差し伸べる。

キャスター「いいのか?」

貴方「希望の淘汰だよ、食い合って最後にはさらに強くなった希望に成長している」

決して荒耶の事は気にしていないかのように彼は薄く笑う。




キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 20:00:14.64 ID:o/d+RNHb0
えいっ
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 20:20:03.01 ID:btaFRVll0
かれ
245 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 20:35:38.94 ID:FM+iY9zE0
キャスター 7、アサシン 3
魔力差:+1
判定:+12【勝利】



決着判定
9〜7、令呪
6〜1、撤退
>>下コンマ
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 20:37:10.08 ID:SEvrNuI/0
せい
247 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 21:08:55.90 ID:FM+iY9zE0

バキバキと音を立て、黒い霊鹿に白い尾が巻き付いていく。

それは外骨格のように白く鋭い刃を作る。

アサシン「―――っ!!」

直撃の寸前、アサシンは令呪によってその場から転移する。

貴方「……逃しちゃったか……やっぱり僕じゃあダメだね」

悔しさなど微塵も感じられぬ顔で彼は笑う。

貴方「……さて、ライダーを助けに行こうか」

霊鹿にまたがったまま、腰のあたりから生えている尾をしまう。



合流判定
10−コンマ分経過
>>下コンマ 別行動:−2 戦闘:魔獣使いで相殺
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 21:22:18.68 ID:SEvrNuI/0
でい
249 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 21:51:45.67 ID:FM+iY9zE0

ライダー「来たみたいだよ」

荒耶「分かっている……」

バーサーカー「……おうおう、やる気は十分だなぁ?」

鉞担いだ偉丈夫が二人の前に現れる。

凄まじい緊張感に、一触即発の雰囲気の中、ライダーとバーサーカーが同時に武器を振るう。

バーサーカー「おらぁ!」

ライダー「行くよ荒耶ぁ!」



250 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 21:55:50.05 ID:FM+iY9zE0

ライダー 筋力D 耐久C 敏捷B 魔力E 幸運EX
バーサーカー 筋力A+ 耐久B 敏捷B 魔力C 幸運C

筋力差 発生
耐久 +14、−15で決着
魔力差 発生
幸運差 発生

ライダー
嵐の航海者 3以下で追加+2
星の開拓者 特殊コンマ表使用、ステータス不利一つ無効、追加+1
三重結界 耐久増、低ダメージ無効

バーサーカー
怪力 成功大以上で追加+1
天性の肉体 耐久増、補正+2


ライダー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2 筋力差:+1
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 22:02:15.96 ID:SEvrNuI/0
ふい
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 22:25:14.26 ID:btaFRVll0
253 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 22:48:30.54 ID:FM+iY9zE0
ライダー特殊コンマ表
98、クリティカル・9として計算
76、成功大・7として計算
54、成功、5として計算
3〜1、失敗・3として計算
254 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/23(金) 23:16:57.72 ID:FM+iY9zE0
ライダー 7、バーサーカー 9
怪力:星の開拓者で相殺 三重結界:小ダメージカット
判定:±0【拮抗】



バーサーカー「っるるぁぁ!!」

大上段から振り下ろされた斧がアスファルトの叩き砕く。

ライダー「うおっ!?」

重量を無視した横薙ぎの二の太刀が礫を弾き、ライダーに襲いかかる。

荒耶「……!」

前に出た荒耶の結界がそれらを弾き、バーサーカーに主導をにぎらせない。


ライダー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2 筋力差:+1
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/03/23(金) 23:21:13.79 ID:l8qe0LQP0
ほい
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/23(金) 23:22:01.63 ID:SEvrNuI/0
hoi
257 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/25(日) 18:41:30.53 ID:I3JMyyEk0
ライダー 9、バーサーカー 6
星の開拓者:+1
判定:+4【有利】



バーサーカー「おぅっらぁあぁ!」

再び振り下ろされた斧は、凄まじい粉塵を巻き起こす。

バーサーカー「んな!?」

ライダー「食らいなぁ!」

紙一重で躱したライダーが斧を足で踏みつけ、ほぼゼロ距離で銃を乱射する。

バーサーカー「ぐ、ぉ!?」

ライダー「っち、タフだねぇ!」



ライダー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2 筋力差:+1
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 18:43:36.91 ID:ZSy43def0
てい
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 18:50:25.28 ID:iYPWZAP1o
はい
260 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/25(日) 19:03:52.69 ID:I3JMyyEk0
ライダー 1、バーサーカー 9
怪力:星の開拓者で無効 嵐の航海者:+2
判定:−4【不利】



バーサーカー「調子、のるなぁ!!」

ライダー「なぁ!?」

赤色に染まっていく腕を振るい、ライダーを吹き飛ばし斧を再び手にする。

バーサーカー「おらぁぁ!!」

吹き飛んでいるライダーに一度の跳躍で追いつき、追撃の斧を振るう。

ライダー「ぐ、ぉッ!?」



ライダー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2 筋力差:+1

261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 21:15:36.25 ID:yvbeIyak0
てい
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 21:16:16.60 ID:Xd2P+Y/+0
とあっ
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/25(日) 22:41:55.00 ID:ZSy43def0
260のライダーの値って1で良いの?
特殊コンマ表で3で嵐の航海者で+2で5にはならない?
264 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/26(月) 15:54:48.63 ID:J4cuQG/z0

ややこしいシステム作って実装者が追い付けないと言うグダグダさ。

正しくは以下

ライダー 3、バーサーカー 9
怪力:星の開拓者で無効 嵐の航海者:+2
判定:−1【拮抗】


今日は家にいないので再開は無しです。
265 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/27(火) 18:57:01.07 ID:X48ru4at0
ライダー 5、バーサーカー 10
怪力:星の開拓者で無効
判定:−6【不利】



バーサーカー「おうらぁぁぁ!!」

斧が稲妻を散らしながら徐々に徐々に魔力を渦巻かせる。

ライダー「ちぃッ!」

バーサーカー「無駄だぁ!」

紅蓮に染まっていく腕は止まらない、止められない。

バーサーカー「―――『黄金(ゴールデン)…………ッッ!」

彼の持つ鉞が、金色に光を放つ。

バーサーカー「衝撃(スパーク)』ッッ!!」



宝具判定
コンマ+3ダメージ
>>下コンマ
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 19:01:58.21 ID:1BWAxOLUO
ほい
267 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/27(火) 19:46:23.64 ID:X48ru4at0
ダメージ:−4
判定:−10【劣勢】


荒耶「―――ッッ!」

三重結界内の荒耶でさえ、その衝撃を受け吹き飛ばされそうになる。

ライダー「が、く、おぉ……! 効い、たぁ……!」

ボロボロになりながらも、ライダーは直撃だけは避けダメージを最小限にする。

貴方「ごめんね、遅くなったかな?」

黒い霊鹿に乗った彼が確認する様にライダーに尋ねる。

ライダー「っは! 丁度いいところだよ! 辛うじてまだくたばらない!」

貴方「……はは、流石英霊だね……」



268 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/27(火) 19:50:39.49 ID:X48ru4at0

騎術同盟 耐久C 敏捷B 魔力EX 幸運EX
バーサーカー 筋力A+ 耐久B 敏捷B 魔力C 幸運C

筋力差 無効
耐久 +13、−17で決着
魔力差 発生
幸運差 発生

騎術同盟
嵐の航海者 3以下で追加+2
星の開拓者 ステータス補正一つ無効
高速詠唱 判定差補正を無効
翅刃虫 補正+1
霊鹿 耐久増、相手耐久減
喰種 補正+2、生存判定に好影響
希望の僕 相手宝具を一度だけ無効
三重結界 耐久増、低ダメージ無効
同盟 補正+1、耐久増

バーサーカー
怪力 成功大以上で追加+1
天性の肉体 耐久増、補正+2


判定:−10【劣勢】からスタート


騎術同盟 >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 19:54:19.20 ID:1BWAxOLUO
きっついスタート
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 20:01:23.27 ID:IoUQMoXd0
貴方の思考的に直前にライダーを見捨てるかどうかの安価を取った方が良かったのでは?
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 20:07:53.83 ID:u1IngB23O
どうせなら索敵で相手に会った時、友好的又は敵対的に接触するかの安価と
会話安価を挟むとかしてくれれば物語に厚みが出ると思う。
272 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/27(火) 20:14:58.43 ID:X48ru4at0

オー……なるほど、少しお待ちをば。

ちょっと書き直してみます。
273 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/27(火) 22:26:28.12 ID:X48ru4at0
ダメージ:−4
判定:−10【劣勢】



貴方「……ははは、流石だ、二人とも」

うっとりとした声音で、宝具のぶつかった様子を観察する。

キャスター「……ふん、それでどうする気だ?」

貴方「どうしようかな、助けてあげる義理は無いんだよね……義理で動いたことなんかないけどさ」

そういい、霊鹿に跨る。

貴方「……ようし、決めた」

笑みをたたえながら霊鹿を走らせる。



行動選択
1、ライダーと合流
2、バーサーカー側に寝返る
3、静観
>>下
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 22:34:54.67 ID:aY40bsJV0
3 生き残ったほうこそ希望たりえる
 
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 23:05:33.59 ID:IoUQMoXd0
↑流石
276 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/27(火) 23:23:29.82 ID:X48ru4at0

貴方「希望は炎だ、聖火なんだ……くべればくべる程煌々と燃える」

薄く笑いながら彼はそう呟く。

貴方「希望は命だ、生物なんだ……食らえば食らう程強大に育つ」

目を細めながら彼はそう紡ぐ。

貴方「希望を倒せる希望こそが、人類の希望により近い! 相応しい! 尊い! 素晴らしい!」

呵々大笑、喜色満面に彼は喉を鳴らす。

貴方「見せてほしいな荒耶、魔術師の希望は……英霊に食い下がれるのかどうかをさ」



277 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/27(火) 23:32:48.77 ID:X48ru4at0

荒耶「……まだか…………」

もしや、と最悪の予感がよぎるが即座に振り払い戦闘に集中する。

ライダー「このっ!」

バーサーカー「おらぁ!」

戦闘は揺らいでいた天秤が宝具によって完全にバーサーカーに傾いた。

……逆境には違いないが、こちらにも宝具はある。

そのタイミングを、ライダーは虎視眈々と狙っている。



ライダー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 天性の肉体:+2 筋力差:+1
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 23:34:03.54 ID:OYEwuUbN0
ほい
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/27(火) 23:51:05.87 ID:zVCjoXEU0
はい
280 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/28(水) 19:59:05.47 ID:VC+zunaUO
今日再開できません
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 22:01:54.65 ID:J49bwHbC0
真名:比企谷 八幡
穂群原学園2年A組。第五次聖杯戦争アサシンのマスター。
代々魔術師の家系で遠坂家とは親しい仲である。
魔術の師匠は遠坂時臣で凛と同時期に師事を受け始めた。腕は凛に少し劣るがなかなかのもの。
体術の師匠は兄弟子の言峰綺礼で体術は凛よりも上。
そのため時臣が死んでさらに葵の意識がおかしくなった時も自分は堪えなんともないようにふるまっている凛を支えつづけた。(八幡は時臣の死の真実を知らない)
気配遮断はアサシンもビックリする影の薄さでクラスの存在感は無しとは言えない。
なぜなら凛が同じクラスなので同じ師匠を持つ二人は時々話したり一緒に下校したりするから。
それに士朗という親友がいるため。
原作と変わらず目は腐っている。理由は幼少期の時凛と一緒にいて嫉妬でよく男子にリンチされていた。
綺礼には体術も習っていて追い返すこともできたがそれにより凛に矛先が向かないためにいじめられつづけた。
所属部活も奉仕部だったが京都のできごとの後冬木市へ引っ越す。士朗とは親友だがコミュ症は未だ治らず。
あと士朗に劣らずたらし。普段の戦闘時来ている服は対魔翌力で少しの魔術なら効かない。
第五次聖杯戦争では凛・士朗と共闘している。
※冬木市は千葉県で千葉市から毎日通える近さ。だから毎晩通っていた。

魔術回路:メイン36本 サブ22本

魔術属性:火・水・風

魔翌力量:750
282 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/28(水) 22:37:41.89 ID:VC+zunaUO
そこまで独自設定あるなら元キャラの設定は足枷にしかないと思うからオリ主でやった方が自由に書けて楽しいのでは?
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 22:56:13.19 ID:G67hCZVE0
誤爆かな?
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 23:01:32.85 ID:zY9UZeAm0
中学生が考えた黒歴史ノートみたいだなwwww
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/28(水) 23:08:45.41 ID:BhxgNnrLO
安価スレなら一目惚れからのバカエロで十分
ダラダラ設定を捏ねくり回すのは童貞の証拠である
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 04:52:35.04 ID:ATpUrWJvO
もう遅いけど荒らしがどっかのサイトの小説コピペしてくるとかもあるから構わない方がいい
287 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/29(木) 18:38:13.07 ID:Kyl9zuFvO
出先なので亀更新
288 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/29(木) 18:43:13.84 ID:Kyl9zuFvO
ライダー 5、バーサーカー 9
連続クリティカル:−3
判定:−15【劣勢】



決着判定
9〜7、令呪
6〜1、脱落
>>下コンマ
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 18:50:29.70 ID:2a41bZ1i0
えい
290 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/29(木) 19:33:55.61 ID:Kyl9zuFvO

バーサーカー「オラオラオラァ!」

激しい連続攻撃を、ライダーはついに避け切ることができなくなる。

ライダー「ちぃっ!」

バーサーカー「るらぁっ!」

反撃ももはや焼け石に水、バーサーカーの鬼の如き攻勢は揺るがない。

バーサーカー「トドメだぁッ!!」

ライダー「――――――!!」

鉞が電光を放ち、あたりに粉塵が立ち込める。

……その最中、立っているのは一人。


291 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/29(木) 19:38:22.55 ID:Kyl9zuFvO

バーサーカー「……ちぃ……」

二つに叩き割った砲塔を一瞥し、即座にライダーを探す。

……空に浮かぶ複数の船が頭上に見え、逃げられたと察する。

四方に散っていく船達はそれぞれ別の場所に向かい、追跡できぬよう逃げる。

バーサーカー「中々やるじゃねえか」

首の骨を鳴らしながら、静かにバーサーカーは霊体化する。
292 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/29(木) 19:56:19.33 ID:Kyl9zuFvO

……静かな夜の町に、控えめな拍手が消えていく。

貴方「流石だ……素晴らしい……」

一つの物語を読了したように、一つの歌劇を鑑賞し終えたように、彼は両者に感謝の念を込め賞賛する。

貴方「鎬を削り、切磋琢磨し、互いを高め合う……正しい希望の在り方だよ!」

貴方「ああっ、あああああ!! きっと、きっと次はもっと激しいんだろう! もっと強くなるんだろう!」

貴方「幸せだ、僕みたいな塵芥があの力の礎になれるかも知れないなんて!」

狂笑しながら、霊鹿を走らせ拠点へ戻る。
293 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/29(木) 21:16:53.40 ID:Kyl9zuFvO

???判定
5以上で何もなし
>>下コンマ
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/29(木) 21:18:14.81 ID:TGN+moMw0
いけえ
295 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/30(金) 20:06:57.53 ID:SxuISff70

貴方「――――――…………ぁ、う……」

全身の発熱と、凄まじい悪寒に襲われる。

……霊鹿の背から滑り落ち、頭からアスファルトに叩き付けられる。

貴方「……うあぁ……っ!」

身体の内部で、強大な何かが暴れているのを感じる。

貴方「は、はっ……はぁっ……く、ああ……!」

何とか身を起こしながら、彼は熱い息を吐く。

キャスター「……おい」

貴方「大丈夫、まだ、君のマスターの役目は果たせるから……」

滝の様に汗を流しながら、笑みを浮かべキャスターに返答する。



296 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/30(金) 21:40:19.72 ID:SxuISff70
5日目、イベント



陣営判定
9〜7、セイバー
65、ライダー
43、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/30(金) 22:08:12.73 ID:AkRsATAW0
298 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/03/31(土) 18:30:15.02 ID:PR69FqhH0

状況判定
9〜7、イベント
6〜4、捕捉
3、戦闘
1、奇襲
>>下コンマ
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 18:47:20.95 ID:NI0ijUkp0
はい
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/31(土) 18:52:50.90 ID:gNs8V6e5o
301 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/01(日) 19:06:09.26 ID:nrb9Vo/IO

陣営判定
9〜7、セイバー
6〜4、ライダー
32、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/01(日) 19:34:56.25 ID:F+IuFqd7O
えい
303 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/02(月) 16:55:15.19 ID:9+Z35C+MO
連日の花粉症で酷い体調なので今日は休みます、明日から再開。
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/02(月) 19:51:42.72 ID:ycUD7i5eO
ok
今年は本当ボロボロになる人多いからな花粉で
305 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 18:33:57.59 ID:nwL1kZWp0

鮮花「……見つけた……ライダーよ」

バーサーカー「おお、そいつはラッキーだな」

当然の様に襲撃しようとしているバーサーカーに、彼女は静止する。

鮮花「まって……今は無理……魔力の消耗が……」

バーサーカー「……っと、そうだったな、すまねえ……宝具をきって倒しそこなうとは……」

悔しそうに、眉根を寄せる。

鮮花「……大丈夫……次の機会に倒しましょう」

バーサーカー「……おう!」


306 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 18:47:26.96 ID:nwL1kZWp0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 18:48:07.41 ID:B/Aro4Dm0
成功しろ
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 18:52:51.17 ID:MMfsongco
どうでも良いけど最近>>1の成長が見えてきて嬉しい
頑張って
309 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 18:53:19.81 ID:nwL1kZWp0

執筆判定
コンマ分だけ進む、3以下で次回補正、現在23
>>下コンマ
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/04/03(火) 18:56:39.95 ID:d/CAWPW10
ほい
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 19:02:47.09 ID:B/Aro4Dm0
一回はカルナ自鯖にしたいな
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 19:14:48.13 ID:cQ8XcLC10
いくつになったら完成なんだっけ?
313 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 19:31:39.85 ID:nwL1kZWp0
6日目、朝


……激しい痛みに襲われつつも僕は普段どおり、朝を称え笑みを浮かべる。

当たり前だ、僕の苦痛などこの朝に何も関係がない。

夜明けという素晴らしい出来事を称え、いつも通り笑う。

それになんの支障はない……嬉しい事に、まだ辛うじて耐えることはできる。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 19:32:14.13 ID:MAtkzxGz0
2
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 19:32:33.05 ID:cQ8XcLC10
4執筆の手伝い
316 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 19:41:25.98 ID:nwL1kZWp0

蟲蔵に適当な蟲を拝借し、使い魔として街に放とうとする。

貴方「……この辺りかな……?」

そう思い手を伸ばすと、思わず身体を支えきれずに床に倒れる。

貴方「…………日常動作にも、神経を……使わなきゃ……」

大きく息を吐き、彼は蟲を手に取る。



使い魔判定
5以上で成功
下コンマ 日中:−2 キャスター:+1
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 19:44:02.84 ID:gfKSQM/T0
いよっ
318 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 20:17:22.94 ID:nwL1kZWp0

貴方「…………」

彼の不調が移ったのか、蟲達も碌な成果は得られなかった。

貴方「しかたない、か……」

大きく、気だるげに息を吐きその場から立ち去る。

……ふらつきはするが、彼は足を止めない。



319 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 20:19:20.80 ID:nwL1kZWp0
6日目、昼



ベッドから身を起こし、時間を確認する。

貴方「……ふぅ…………」

頭を振り、顔を洗うために洗面台に行く。

……徐々にだが、この気だるさに慣れてき始めた。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:23:10.95 ID:cQ8XcLC10
4執筆の手伝い
321 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 20:40:46.31 ID:nwL1kZWp0

彼はキャスターに呼び出され、彼の部屋にやってくる。

貴方「……僕はどんな事をすればいいかな」

キャスター「今考えている」

その言葉を聞き、彼は口を噤みキャスターの行動を待つ。

キャスター「……楽な格好をしろ、堅苦しくてかなわなん」

貴方「分かった、そうするよ」

キャスター「そうだな……少し俺の質問に答えろ」

貴方「キャスターがそうしたいなら、僕も出来るだけ応えるよ」



会話候補
キャスターか貴方視点で
>>下3までで候補
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:42:32.69 ID:gfKSQM/T0
キャスター「親に死に別れたことはあるか?」
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:45:37.67 ID:cQ8XcLC10
キャスター「お前は近接戦闘・遠距離戦法・デバフorバフでできるようになるとすればどれがいいか?」
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 20:50:39.68 ID:GlW52T5HO
キャスター「お前自身が希望となるか、他の誰かを希望とする為の絶望になるか選べ」
325 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/03(火) 22:57:27.32 ID:nwL1kZWp0

キャスター「……お前、親はどうした?」

貴方「死んだって、母体として僕を産んで、そのまま蟲の養分だって」

別段興味なさげに彼は答える。

貴方「僕に二人兄さんがいるけれど、それは同じだと思うよ」

キャスター「そうか……お前は……例えば戦闘ではなれるとすればどんな役割がいい」

貴方「……考えたことないなぁ、できることをしてただけだし……全部かな、僕はそうしなきゃだめだ」

あっけらかんとした答えに、少しだけキャスターは頷く。

キャスター「……最後に聞くが……お前は、お前自身が希望となるか、他者を希望とするための絶望……選べ」

いつもよりも真剣なまなざしで、キャスターは自分のマスターを見つめる。

貴方「…………どっちに、なりたいか、かぁ…………難しいな……」

いつもより少しだけ困った様子で、だが何かが揺らいだ様子もなく彼は答える。

貴方「絶望になるよ」

キャスター「……何故だ?」

貴方「一番輝いている姿を最期の最期に記憶に、心に、魂に刻み付けて死ねるからかな」

顔色の悪い顔は、そう答えたときのみ赤みが出てきた。

貴方「だから、なれるなら絶望になるよ……絶望がなくなって、人々が希望を忘れるなんて見なくて済むならね」

キャスター「ああ……そうか」

……普段の毒舌ぶりは鳴りを潜め、キャスターは小さくうなずく。



326 : ◆KC4Ah12O6u1H [saga]:2018/04/03(火) 23:02:08.77 ID:nwL1kZWp0

感情判定
5以上で成功
貴方 >>下コンマ
キャスター >>下2コンマ
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 23:03:56.57 ID:gZ0+F3Lt0
hoi
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/03(火) 23:11:44.04 ID:B/Aro4Dm0
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 00:06:47.35 ID:uIRZ1dcC0
キアラみたいな感じになるのかねぇ
330 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/04(水) 00:32:55.79 ID:QKvGikym0

貴方→【敬愛】
「僕を、素晴らしい作品の役立たせてくれる」

を取得しました。


再開は明日の18時から。

おやすみなさい
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 03:48:41.46 ID:UzbSHiAmo
332 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/04(水) 18:39:26.19 ID:QKvGikym0
6日目、夜


……熱をもった瞳を冷やす為に顔に置いていたタオルをとる。

充血はひき痛みも抜けたが、疲れは抜けていない。

貴方「……これは……気力的な物だ……大丈夫、大丈夫……」

不調の全てをその言葉で切り捨て、仮眠から目覚める。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 18:47:44.19 ID:QAVNICSvO
1 荒耶
334 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/04(水) 19:19:33.74 ID:QKvGikym0

荒耶「死んだものだと思ったがな」

貴方「……はは、嫌味かな?」

珍しく刺々しい態度に、彼は面白そうに笑う。

……そんな彼に、荒耶は目を細める。

荒耶「随分浮かれているな」

貴方「…………そうでもないよ」

しかし笑みを崩さぬまま、嘲弄するように否定する。



会話候補
荒耶か貴方視点で
>>下
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 19:32:02.42 ID:Kv9NcsHL0
荒耶視点:何故希望にそこまでしがみつくのか聞く
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [ sage]:2018/04/04(水) 20:56:47.80 ID:RJNoUFiJ0
貴方「そう言えば君の駒の1人である白純君は元気?、彼は君に言われるがままに起源を覚醒して今や人を食らう食人鬼だからね」
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 21:27:25.41 ID:UzbSHiAmo
貴方「僕が何故希望にしがみつくかって?僕は信じてるんだよ、僕以外の人間を。人間が一番強くなれるのはいつか。そう、人間が希望の光そのものになる時はいつか。それはね、荒耶。人間が絶望という試練を与えられた時だ。神々が世を席巻してた時代に数多の英雄が産まれたのは、神々という理不尽な存在が居たからだ。生きるために戦って。薪に希望という火をくべ続けた。今の人間には無かった鮮烈な生き方だけど、僕が絶望そのものになって人類を刺激すれば、きっと輝かしい未来が待ってる。そのためなら僕は、僕という屑を喜んで贄にしよう」
338 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/04(水) 22:03:35.49 ID:QKvGikym0

貴方「……そう言えば君の駒の1人である白純君は元気? 彼は君に言われるがままに起源を覚醒して今や人を食らう食人鬼だからね」

明確に敵意を剥いてくる彼に、荒耶は明確に認識する。

今、彼はとても浮足立っていると。

何故かはわからないが、明確な隙だと荒耶は認識する。

荒耶「奴は好きに動いている……それよりも、何故そこまで希望に縋る」

貴方「………………?」

まるで無知を嘲弄するかのように、彼は口の端を歪ませる。



判定
5以上で成功
>>下コンマ 意識朦朧:+2
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 22:07:45.06 ID:BE4goNum0
やあっ
340 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/04(水) 23:06:08.88 ID:QKvGikym0

貴方「僕が何故希望にしがみつくかって? ……僕は信じてるんだよ、僕以外の人間を。人間が一番強くなれるのはいつか」

喉を鳴らしながら彼は語る。

貴方「そう、人間が希望の光そのものになる時はいつか。それはね、荒耶。人間が絶望という試練を与えられた時だ」

感情が肉体を凌駕し、身振り手振りが止まらない。

貴方「神々が世を席巻してた時代に数多の英雄が産まれたのは、神々という理不尽な存在が居たからだ」

笑みは絶やさず、視点は定まらない。

貴方「生きるために戦って。薪に希望という火をくべ続けた。今の人間には無かった鮮烈な生き方だけど、僕が絶望そのものになって人類を刺激すれば、きっと輝かしい未来が待ってる」

荒耶「そうか……なるほどな……」

貴方「そのためなら僕は、僕という屑を喜んで贄にしよう」

……一通り彼の言葉を聞いた荒耶は、じっと熱で血走った瞳を見つめる。

荒耶「お前が希望をどう捉えているかは分かった……では、何故自らを薪とする?」

…………初めて訪れた静寂ののち、大分感情が沈静化されかれは少しずつ言葉を紡ぐ。

貴方「代償行動だよ、僕は……憎しみすら向けてくれない」

熱を持った瞳から、血がにじみ出る。

貴方「感情の正負なんて関係ない、報われるためなら無価値な命を全力で投じたい」

珍しく饒舌に、らしくなく多弁に彼は言葉を紡ぐ。

貴方「僕の始まりの願いに、希望に……」

血の涙が、笑みで歪んだほほを伝う。

貴方「…………希望になれなかった、なら……代わりに、希望の為に僕のすべてを……捧げて、その喜びの中で、僕は滅びたい」

そう言い、彼は漸く息を整える。

貴方「……ごめん…………もう、寝るね」

フラフラと、自室に戻っていく。




341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 23:09:27.69 ID:UzbSHiAmo
それでもアンデルセンなら…アンデルセンならきっと何とかしてくれる(AA略)
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/04(水) 23:13:21.86 ID:uIRZ1dcC0
アンデルセンは嫌いな相手でも、最後まで付き合ってくれるだけで、救ってはくれないぞ(真顔)
343 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/06(金) 18:54:21.11 ID:ZkC1MZsw0

出すの忘れてた

感情判定
5以上で成功
貴方 >>下コンマ
荒耶 >>下2コンマ
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 18:57:26.45 ID:hY6Kp+sO0
a
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 19:07:54.01 ID:07kMMFddO
えい
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/04/06(金) 19:08:22.16 ID:qbYdZndi0
hoi
347 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/06(金) 19:19:43.63 ID:ZkC1MZsw0

貴方→【嫌い(小)】
「…………少しうっとうしい」

を取得しました。
348 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/06(金) 19:21:26.74 ID:ZkC1MZsw0
6日目、イベント


陣営判定
98、セイバー
76、ライダー
54、バーサーカー
3、キャスター
21、アサシン
>>下コンマ
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 19:22:24.98 ID:hY6Kp+sO0
a
350 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/06(金) 21:15:10.58 ID:ZkC1MZsw0

状況判定
98、イベント
7〜5、戦闘
4〜2、捕捉
1、襲撃
>>下コンマ
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 21:15:44.61 ID:hY6Kp+sO0
fgo
352 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/06(金) 21:36:38.69 ID:ZkC1MZsw0

襲撃判定
5以上でダメージ判定発生
>>下 工房:−1
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/04/06(金) 21:37:15.16 ID:qbYdZndi0
ほい
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/06(金) 21:37:16.55 ID:WZ72RRWw0
はあっ
355 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/07(土) 19:21:53.17 ID:FbQFq9e+0

セイバー「ここにふんぞり返ってやがったのか、御三家って奴は」

挑戦的に笑いながら、剣を担ぐ。

セイバー「で、ここでおっぱじめてもいいのか?」

サンクレイド「ええ、既に人払いは済ませマシタ」

そう笑うマスターを見て、セイバーは満足気に鼻を鳴らす。

狙うはキャスターの陣地、だがセイバーには微塵も不安要素は無かった。

セイバー「んじゃ、いっちょ潰すか」



ダメージ判定
コンマ−1ダメージ
>>下コンマ 陣地:−1
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 19:55:06.60 ID:xr96LrXL0
はい
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 20:02:38.96 ID:Vr8o/pMoO
グエー!
358 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/07(土) 20:10:23.93 ID:FbQFq9e+0

貴方「……流石だ……半分消し飛んじゃったよ」

背に突き刺さった木材を引き抜きながら、彼は称賛を欠かさない。

貴方「それにしても……綺麗だったな……ははは」

体調は最悪にもかかわらず、戦闘を前にして彼は高揚感に浮かされ不調はどこかに消えた様に感じる。

貴方「……君もなのかな……?」

黒い霊鹿は以前よりも大きく、角は更に鋭くなっていた。

貴方「じゃあ、行こうか」



合流判定
10−コンマ分ターン経過
>>下コンマ 直前行動:−3
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 20:15:20.97 ID:Vr8o/pMoO
ほい
360 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/07(土) 20:21:51.88 ID:37XTTXVqO
−じゃなくて+でした
ごはん食べるので遅れます
361 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/07(土) 21:46:44.77 ID:FbQFq9e+0

騎術同盟 筋力D 耐久C 敏捷B 魔力EX 幸運EX
セイバー 筋力B+ 耐久A 敏捷B 魔力B 幸運D

筋力差 無効
耐久 +16、−15(14)で決着
魔力差 発生
幸運差 発生

騎術同盟
嵐の航海者 3以下で追加+2
星の開拓者 発動せず
高速詠唱 判定差補正を無効
翅刃虫 補正+1
霊鹿 耐久増、相手耐久減
喰種 補正+2、生存判定に好影響
希望の僕 相手宝具を一度だけ無効
三重結界 耐久増、低ダメージ無効
同盟 補正+1、耐久増

セイバー
直感 1、2をそれぞれ一度だけ3として計算
魔力放出(赤雷) 補正+1、成功大で追加+1
不貞隠しの兜 耐久増、宝具発動後補正消失
代行者 相手補正−1、補正+1


判定:−10【劣勢】からスタート


騎術同盟 >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2  同盟:代行者で相殺
セイバー >>下2コンマ 赤雷:+1 代行者:+1
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 21:48:54.11 ID:PCwNBVJn0
たあっ
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 21:49:49.12 ID:OBi+jc8Zo
364 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/07(土) 22:41:11.88 ID:FbQFq9e+0
また間違えてました

耐久は+15(14)の−16です
365 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/07(土) 23:10:24.74 ID:FbQFq9e+0
騎術 4、セイバー 5
直感:3として計算
判定:−11【劣勢】



ライダー「ったく! 景気がいいこった!」

セイバー「おらぁぁ!!」

弾丸を切り裂き、そのまま背後から迫った霊鹿を殴り飛ばす。

セイバー「はんっ、んだぁ? 歯ごたえがねえなぁ!」

挑発的に笑いながら、霊鹿とライダーを睨む。

セイバー「ま、手早く死ね!」

ライダー「うおぉ!?」



騎術同盟 >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
セイバー >>下2コンマ 赤雷:+1 代行者:+1
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 23:14:13.58 ID:2PU01alf0
かて主人公
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 23:16:47.56 ID:2PU01alf0
連続コンマ取りだったらすみません
365では嵐の航海者は付かない?
368 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/08(日) 00:16:15.31 ID:u8JeSdYJ0

正確には
コンマ1、2を3
判定3以下の時+2追加

つまりコンマは補正なし、判定は補正こみの数字です
369 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/08(日) 00:20:02.97 ID:u8JeSdYJ0

今日はここまでです、再開は月曜日
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 01:35:42.82 ID:qcYdF2RH0
解説ありがとうございました

前から思ってたけど>>1は型月作品全部網羅しててすごいよね
これからも更新頑張って
371 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/08(日) 22:11:59.54 ID:VKChFV73O
そうは言ってもアリストテレスは半分以上忘れてるし月姫は引っ越したせいで起動しないんで振り返れないんで、抜けてるとは思います

月曜は深夜再開になるかもしれません
372 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/09(月) 22:32:22.16 ID:krSViQMP0
騎術 9、セイバー 8
魔力差:+1 赤雷:−1
判定:−9【劣勢】



セイバー「おらぁぁぁ!!」

貴方「っっ!!」

背後からの完璧な奇襲はセイバーの一太刀で無に帰す。

二股に裂けた尾を引っ込めながら、嬉しそうに笑う。

貴方「はははっ、気はそらせられたかな?」

セイバー「っぐぁ!? ちぃっ!」

小さな隙だが、彼はこの隙を作るのに自分の命を省みない。

貴方「まるで銃弾一発ごとに褒められてる気分だ、やる気が湧くね……」

霊鹿を撫でながら、次の機会を待つ。



騎術同盟 >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
セイバー >>下2コンマ 赤雷:+1 代行者:+1
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/09(月) 22:42:35.34 ID:gmBxHEm20
how
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 01:09:40.68 ID:O2KLdrtV0
主人公かて
375 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/10(火) 18:56:34.49 ID:f3yufF/L0
騎術 7、セイバー 9
魔力差:赤雷で相殺
判定:−11【劣勢】



セイバー「おらぁぁ!!」

大上段からの切りおろしを、ライダーは受け損ない傷を負う。

ライダー「ぐ、ぁ!?」

即座に骨の尾がカバーに入るが、傾き始めていた形勢はセイバー有利に戻り始める。



騎術同盟 >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
セイバー >>下2コンマ 赤雷:+1 代行者:+1
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 18:58:52.00 ID:bKe5Gis40
q
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 19:02:00.50 ID:f8d/NySO0
おりゃ
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 19:04:02.63 ID:O2KLdrtV0
00なら特殊勝利来るか!?
勝利じゃなくてもなんか特別な展開来るよな
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 19:47:28.92 ID:kkB6J1KGO
…マジかよ
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 20:19:27.04 ID:K6ofVJD5o
会話安価なら任せろー(バリバリ
381 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/10(火) 21:33:45.39 ID:f3yufF/L0




次の一撃、ライダーはセイバーに切り伏せられる。

貴方(……さて、困ったな……助けるべきか)

この危機的状況でもなお、彼は希望の取捨選択を行う。

彼にとっては凡人の為の百の希望よりも、たった一つの人類の希望を迷わず選ぶ。

希望と希望が食い合い、燃やし合う戦い……己を一戦力として数えるかどうかを考える。

貴方(まあいいや、僕の命なんだし)

自分に倒されるならライダーはそこまで削ったということ、自分が死ぬのならセイバーは順当に勝つ。

希望が勝つのは変わらない。

―――霊鹿に飛び乗り、セイバーへと突進させる。

セイバー「来るだろうなぁ! 甘ぇ!」

即座に方向転換し霊鹿に向かう。

貴方「だよね、素晴らしいな」

骨の尾を纏った霊鹿の上で、彼は嬉しそうに笑う。

セイバー「死ねぇぇっ!」

貴方「うん! 死んであげよう!」

その言葉とともに、今の今まで隠していた蟲が骨の隙間から大量に飛び出る。

視界が黒に染まるが、蹄の音は羽音の隙間から察知する。

セイバー「―――っらぁぁぁぁ!!」

蟲の陰から現れた霊鹿を横薙ぎに叩ききる。

セイバー「なんっ!?」

鎧のように纏っていた骨だけがバラバラに砕ける……背には密集した蟲の塊。

貴方「ライダー……あなたの勝ちだ」

頭上に跳んだ彼が優しく笑い、視線を頭上に誘導し……影に潜行していた霊鹿が鎧を貫き、背まで角が貫く。



382 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/10(火) 21:39:39.31 ID:f3yufF/L0

???判定
5以上で成功
>>下コンマ
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/10(火) 22:01:36.10 ID:K6ofVJD5o
384 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/11(水) 23:59:42.23 ID:i+flt90N0

……血を浴び月光を反し、雄大にたたずむ。

血を吸うたびに角は鋭く、大きく、広く、太くなる。

貴方「よし、よし……良い子だ」

艶めく黒毛を撫で、薄く笑う。

霊鹿に白い紋様が浮かび上がり、そして消える。

それを脈動のように幾度か繰り返し、やがてその白い紋様は定着する。

……ほぼ同時に、彼の内に強大な何かが入り込む。

貴方「ぁ……ぐ……っ」

煮えたぎる溶岩が全ての血液と入れ替わったかのように感じる。

……膝をつくが、彼は苦痛を外に出さない。

ただただ、嬉しそうに彼は笑う。
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 12:29:25.64 ID:F/JCDjCQ0
貴方ってアーチャー・ランサー・セイバーの三騎取り込んじゃってるのか
386 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 18:18:02.52 ID:Ntad3bjw0

執筆判定
コンマ分だけ進む、3以下で次回補正、現在28
>>下コンマ
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 18:38:08.31 ID:F/JCDjCQ0
アンデルセン、主人公を救ってくれ
388 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 19:34:46.72 ID:Ntad3bjw0

……キャスターは帰路の途中、ふと思案に暮れた。

詰まる所、彼の望む終わり方だ。

キャスター「……良いように誘導されるのは好かんな」

彼のひねくれた性格がそんな言葉を口走らせる。

キャスター「なら、捻りをいれなければな」

難しい顔をしたまま、彼は屋敷へと帰っていく。
389 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 19:39:12.87 ID:Ntad3bjw0

夢判定
5以上で成功
>>下コンマ
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 19:40:54.84 ID:wq4X4bdF0
えい
391 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 21:23:13.48 ID:Ntad3bjw0
7日目、朝



……固い床の上で、彼は目を覚ます。

自室の床は引っ掻き傷がいくつも刻まれ、そして血の痕が点々と規則性なく床を染めていた。

貴方「……ははは、ひどい寝相だ」

脂汗をぬぐいながら、へらへらと口だけを吊り上げる。



行動選択
1、会話 ※キャスター、臓硯、荒耶
2、使い魔
3、索敵
4、自由選択
>>下
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 21:25:28.42 ID:eJE1DxnA0
393 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 21:31:04.36 ID:Ntad3bjw0

使い魔を飛ばし、荒耶を呼ぶ。

貴方「ど、っこい、しょ……」

熱を持った目を指で押さえながら、大きく息を吐く。

……少しずつ、体が崩壊していくように痛みを感じなくなる。

貴方「……さて、どんな風に索敵しようかな……」


索敵方法
1、同行(補正−2、1ターン目から合流)
2、別行動(判定を2回行う、合流判定発生)
3、待機(合流判定+2)
>>下
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 21:34:53.96 ID:wq4X4bdF0
2
395 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 21:53:04.29 ID:Ntad3bjw0

それぞれ別に、新都と深山を索敵する。

深山側のキャスター達は、ゆっくりと町を歩く。

貴方「…………寒いね……冬は、ここは暖かいんだけどね」

薄く笑みを浮かべながら、足を引きずるように歩く。

キャスター「……お前」

貴方「戦うときは動けるんだ、目障りかもしれないけど……許してほしい」

……暖かい日差しの中、凍えるように身を震わせながら歩く。



索敵判定
5以上で成功
キャスター >>下コンマ 日中:−1
ライダー >>下2コンマ 日中:−1
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 21:54:01.39 ID:eJE1DxnA0
いよっ
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 22:04:35.85 ID:F/JCDjCQ0
398 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 22:08:59.16 ID:Ntad3bjw0

陣営判定
9〜5、バーサーカー
4〜1、アサシン
>>下コンマ
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 22:23:49.54 ID:tqP0/D2eo
ふむ
400 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 22:45:17.46 ID:Ntad3bjw0

貴方「おお、っと―――!!」

即座に霊鹿の反撃を視界に入れ、戦闘態勢に入る。

アサシン「…………」

貴方「久しぶりだね、アサシン……」

霞んでいた眼はピントを合わせるように鮮明になり、止まりかけていた心臓は漸く脈動を安定させる。

貴方「……生きてるって素晴らしいな……」

死の傍にあったという絶望から、活力あふれる状態という希望を彼は心の底から尊ぶ。

貴方「ありがとうアサシン……それじゃあ、燃やし合おうか」

骨の尾を伸ばし、喉を小さく鳴らす。



合流判定
10−コンマ
>>下コンマ 別行動:−2
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 22:46:03.85 ID:X8jmP5ot0
ほい
402 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 23:02:39.34 ID:Ntad3bjw0

キャスター 筋力E 耐久E 敏捷E 魔力EX 幸運E
アサシン 筋力B 耐久C 敏捷A 魔力C 幸運E

筋力差 クラス補正で無効
耐久 +12、−12で決着
敏捷差 クラス補正で無効
魔力差 発生

キャスター
高速詠唱 判定差補正を無効
翅刃虫 補正+1
霊鹿 耐久増、相手耐久減、追加+1
喰種 補正+2、生存判定に好影響
希望の僕 相手宝具を一度だけ無効

アサシン
自己改造 耐久増、補正+2
投擲(短刀) 8までをクリティカルとして計算


キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:02:54.51 ID:3wA6D9dq0
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:03:59.78 ID:wq4X4bdF0
ほい
405 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 23:20:09.24 ID:Ntad3bjw0
キャスター 4、アサシン 9
霊鹿:+1
判定:−4【不利】



アサシン「はぁっ!」

投げる前の挙動も、投げたダークも認識できず額に突き刺さる。

貴方「―――は、ははははははははは!! 目が覚め、さ、覚めたよ!」

眉間からナイフを引き抜き、狂笑を上げる。

血は流れず、凄まじい新陳代謝で傷が塞いでいく。

貴方「は、あはっ、あは、あはははは!」

熱病に浮かされているように、彼は紅潮させ笑う。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/12(木) 23:29:04.17 ID:rtZoLPpf0
うーんこの狂人枠
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:33:35.35 ID:F/JCDjCQ0
主人公が幸せになれればいいね
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:53:55.01 ID:tqP0/D2eo
直接的な救いにならずともアンデルセンが本人にとってより良い結末を迎えられるように導いてくれるのを待ってる
409 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/12(木) 23:54:44.13 ID:Ntad3bjw0
キャスター 9、アサシン 7
霊鹿:+1
判定:−1【拮抗】



早く、強く、鋭く。

霊鹿は以前よりも数段力強くなっていた。

それこそ、霊獣の枠を超える程に。

アサシン「ちぃっ!」

弾丸よりも素早い霊鹿は、アサシンの肩を抉り影に潜行する。

……郊外の森、ここには霊鹿の潜行しやすい影にあふれている。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:58:44.49 ID:tqP0/D2eo
ほれ
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/12(木) 23:59:01.43 ID:F/JCDjCQ0
はい
412 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/13(金) 00:10:30.45 ID:lTG0n0220
キャスター 9、アサシン 5
霊鹿:+1
判定:+4【有利】



貴方「行けっ」

その言葉とともに、蟲たちが飛ぶ。

アサシン「…………!」

逃げ場を無くすように飛び、囲むように範囲を縮めさせる。

……視界は最悪になり、また羽音で音も掻き消される。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 00:14:52.53 ID:OUvoo34X0
約束された勝利の蟲
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 01:30:31.45 ID:63UTg+fxo
そら
415 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/13(金) 19:14:49.73 ID:lTG0n0220
キャスター 6、アサシン 7
霊鹿:+1
判定:+4【有利】



鋭く白い骨の棘が目の前に迫ってくる。

即座に対応するが、木を回り込んで伸びて来た別れた尾が絶え間なく迫る。

アサシン「……っく!」

油断なく対処はするが、それでもなお手数の優位でアサシンは押される。



キャスター >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 19:25:57.32 ID:w1vqsYtHO
えいや
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 19:29:52.33 ID:63UTg+fxo
ふむ
418 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/13(金) 19:57:54.94 ID:lTG0n0220
キャスター 6、アサシン 5
霊鹿:+1
判定:+6【有利】



アサシン「ッ!?」

側面からの銃撃に脇腹を抉られる。

ライダー「待たせたねぇ」

ニヤニヤと笑いながら、ライダーが蟲の群れの中から現れる。

貴方「……良いね……希望の食い合いだ」

大量の脂汗を流しながら、嬉しそうに口角を歪ませる。
419 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/13(金) 20:06:33.15 ID:lTG0n0220

騎術同盟 耐久C 敏捷B 魔力EX 幸運EX
アサシン 筋力B 耐久C 敏捷A 魔力C 幸運E

耐久 +13、−17で決着
魔力差 発生
幸運差 発生

騎術同盟
嵐の航海者 3以下で追加+2
星の開拓者 ステータス補正一つ無効
高速詠唱 判定差補正を無効
翅刃虫 補正+1
霊鹿 耐久増、相手耐久減、追加+1
喰種 補正+2、生存判定に好影響
希望の僕 相手宝具を一度だけ無効
三重結界 耐久増、低ダメージ無効
同盟 補正+1、耐久増

アサシン
自己改造 耐久増、補正+2
投擲(短刀) 8までをクリティカルとして計算


判定:+6【有利】からスタート


騎術同盟 >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2 同盟:+1
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 20:12:10.03 ID:V3qnYoa40
やあっ
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 20:18:30.81 ID:63UTg+fxo
負けるな主人公
422 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/13(金) 20:59:46.33 ID:lTG0n0220
騎術 7、アサシン 3
霊鹿:+1 魔力差:+1
判定:+12【優勢】



彼の攻撃に足りなかった威力が、ライダーの加勢によって補われる。

ライダー「そらそらぁ!」

アサシン「っ!」

圧倒的な手数に、英霊の攻撃。

もはやアサシンは詰みに陥っていた。



騎術同盟 >>下コンマ 翅刃虫:+1 喰種:+2 同盟:+1
アサシン >>下2コンマ 自己改造:+2
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 21:08:51.75 ID:UMzlRNyXO
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 21:11:08.30 ID:V3qnYoa40
425 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/13(金) 21:53:50.28 ID:lTG0n0220
騎術 9、アサシン 10
霊鹿:+1 魔力差:+1 希望の僕:宝具無効
判定:+12【勝利】



決着判定
9〜7、令呪
6〜1、敗退
>>下コンマ
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/13(金) 21:55:15.48 ID:euXBB3g60
はい
427 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/16(月) 19:45:42.28 ID:NrJV7J770

銃弾がアサシンの額を穿つ直前、アサシンの姿は消える。

貴方「……令呪か……」

緊張の糸が切れた彼は、五体が崩れる様な痛みに襲われる。

熱を持った身体は急速に熱を失い、吐き気を催す。

ライダー「おいおい、ぶっ倒れちまいそうだねぇ」

貴方「……大丈夫……大丈夫……」

濁り始める視界で、ただ声のする方向に顔を向ける。




昏睡判定
5以上で回避
>>下
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 21:26:01.22 ID:tWO01QUf0
高コンマこい!
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 21:31:04.30 ID:hXbLqp2T0
多分ここでゾロ目は効果ないよね…
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/16(月) 22:34:41.41 ID:tWO01QUf0
なんか申し訳なかった
主人公暫く動けないなら代わりにアンデルセン動かすのかな?
それとも黒桜みたくラスボスルートか?
431 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/16(月) 23:26:14.24 ID:NrJV7J770

脳が煮える様な熱に、彼はついに意識を手放す。

体内の熱とは反対に、心臓は止まり始める。

ライダー「ッ、おいおいおい……」

異変に気付いたライダーは駆けよるが、霊鹿によって阻まれる。

霊鹿は静かに角で彼を宙に放り、背に乗せる。

そのまま、霊鹿は屋敷へと走っていく。



432 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/17(火) 22:33:18.29 ID:KGkfaXn4O
明日の18:00から再開します
433 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/18(水) 18:38:53.31 ID:3wDhmsMc0
7日目、昼



……止まりかけの心臓、浅い息。

死んだように眠り、死んだように生きている。

キャスター「……ち……っ」

未だに魔力の供給は途絶えない……どころか、過剰にも思えるほど流れてくる。

キャスター「面倒なことになったな……」



行動選択
1、執筆
2、接触 ※荒耶、臓硯、霊鹿
3、会話 ※貴方
4、自由安価
>>下
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 18:43:20.51 ID:esze+AM50
1
435 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/18(水) 18:57:44.27 ID:3wDhmsMc0

キャスター「………………」

自分に何ができるか、そんなことを一々考えるキャスターではない。

出来る事、したい事をしている、それは生前から変わらない。

キャスター「……追い込みに入るか」

エンドマークは近い、だがどう終えるかと言うのはその作品を決定づけるほど重要だ。

百里を行く者は九十を半ばとす……彼はここからが本題だと意気込む。




執筆判定
コンマ分だけ進む、現在29
>>下コンマ 前回補正:+3
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 20:09:23.07 ID:vGc6IQaAO
はい
437 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/18(水) 20:32:59.88 ID:3wDhmsMc0

……気が付くと辺りは暗くなっていた。

だが、執筆はまだ終わっていない。

キャスター「……くぅ……はぁ……」

大きく息を吐き、肩や首を解すように回す。

疲労を抜く為にカップに手を伸ばすが、その軽さに今気づく。

キャスター「…………」

コーヒーを淹れる為に、一度机から離れる。



438 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/18(水) 21:48:06.23 ID:3wDhmsMc0
7日目、夜



貴方「……………………」

数分ぶりに息を吸い、数秒の後息を吐く。

緩慢な生命活動は、徐々に感覚が開いていく。

貴方「……………………」

燃え尽きる寸前のロウソクのように、彼の体はひどく熱を放っていた。




行動選択
1、執筆
2、接触 ※荒耶、臓硯、霊鹿
3、会話 ※貴方
4、自由安価
>>下
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 22:06:25.60 ID:opuEF+gs0
1
440 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/18(水) 23:04:52.46 ID:3wDhmsMc0

息を吐き、パソコンの前に座る。

もう少し時間はかかるだろうが、書かなければ進まない。

キャスター「ふん…………っ」

小さく鼻を鳴らしながら、数分ぶりの寝息をに腹立たしそうに睨む。

……しばらくの静寂の後、キーボードの音が静かに部屋を包む。



執筆判定
コンマ分だけ進む、現在39/50
>>下コンマ
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/18(水) 23:50:10.55 ID:IWw0evXC0
高コンマ
442 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/19(木) 19:19:13.69 ID:/IXYePfG0

キャスター「…………」

目を抑えながら、キャスターは手を止める。

……物語は完結が見えて来た。

後は、そこまでの道程を丁寧に書いていくだけ。

キャスター「……駄目だな、集中が切れた……」

静かに、床に倒れ込む。
443 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/19(木) 19:20:21.91 ID:/IXYePfG0
7日目、イベント


陣営判定
9〜7、ライダー
6〜4、キャスター
3〜1、アサシン
>>下コンマ
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 20:10:24.27 ID:dz2tvT3Xo
445 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/19(木) 21:13:38.47 ID:/IXYePfG0

状況判定
9〜7、イベント
6〜4、戦闘
32、捕捉
1、襲撃
>>下コンマ
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 21:14:12.36 ID:0gCBSQ6q0
たあっ
447 : ◆VM1BXrkk7PfX [saga]:2018/04/19(木) 21:47:45.39 ID:/IXYePfG0

9〜5、バーサーカー
4〜1、アサシン
>>下コンマ
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/19(木) 23:38:54.59 ID:ln8S2pKT0
hoi
121.42 KB Speed:8.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)