【ミリマスSS】P「プレイボール!!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/11(日) 20:55:37.51 ID:wYSwFMBi0

昴「プロデューサー!! そろそろ試合始まるぜ!!」

P「今行くから待ってろー」

昴「早く早く〜。大事なホーム初戦なんだから」

P「……それは昴からしたらだろう。こっちとしてはビジターだ」

昴「う〜、プロデューサーも同じ球団が好きだったら良かったのに」

P「言ってもしょうがない。好みは変えられないもんだ」

昴「でも、乗り換えるなら今がチャンスだからな」

P「誰かがそっちに移籍とかするなら考えとく、たぶん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1520769337
2 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/11(日) 20:59:18.49 ID:wYSwFMBi0

昴「……プロデューサー、考える気ないだろ?」ジトー

プレイボー

P「ほ、ほら、始まったぞ。試合」

昴「ぶ〜、話逸らすなって」

P「まあまあ。……おっ、昴の好きな投手が先発か」

昴「そうなんだよ。オープン戦でちょっと調子悪かったから心配だけど」

P「調子良かろうが悪かろうが、こっちが……」
3 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/11(日) 23:18:43.87 ID:wYSwFMBi0

ゲームセッ

P「しょうがない。今回の勝ちは譲ってやる」

昴「八回あたりで半ば諦めてたくせに?」

P「いやもう、クリーンナップが調子悪い時点で望みが薄かったんだよ。あとビジターだし」

昴「言い訳はいいけど、この後って大丈夫なのか」

P「あ、やば。志保と静香のレッスン見ないといけなかったんだ……」

昴「うわ、それ早く行かないと、あの二人にメッチャ怒られるぜ」

P「昴、助かった!! えっと、六時半から雑誌取材があるから少し待っててくれよ」

昴「おっす。待ってるからなー」
4 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/12(月) 06:38:06.56 ID:sZo87xsA0

____

ガチャッ

P「ふぅ、戻ったぞ」

昴「おかえり、プロデューサー。それで間に合ったのか」

P「ギリギリね。ぬいぐるみを買う約束とうどんを食いに行く約束で手を打った」

昴「それ、間に合ってるか……?」

ガチャッ

志保「ギリギリも何も間に合ってないです。30分もオーバーしてるんですから」

静香「プロデューサー、社会人ならきちっとしてください」

P「面目ない。思ったより試合が長引いちゃってさ」

志保「私たちをなんだと思っているんですか。大体……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/12(月) 20:53:11.02 ID:72r27MYR0
期待
6 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/12(月) 21:54:24.24 ID:doO4wmo50

P「あーあー聞こえない。……そうだ昴、俺がいなかった間は何してたんだ」

昴「ちょうどテレビで甲子園特集やってたから、それ見て待ってたけど」

P「この時期にか。珍しいな」

昴「そうなんだけど、ここ数年の隠れた名シーンとかやってて。く〜っ、メッチャ燃えたぜ!!」

P「俺も見たかっt……」

スミマセーン

小鳥「あのー、プロデューサーさん。社長からお話があるそうで……」

P「あっ、少し待っててください。昴、あとで話聞かせてくれよ」

昴「録画してあるし、それ見ながらにしようぜー」
7 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/12(月) 22:54:25.54 ID:doO4wmo50

スタスタ…

志保「ちょっとプロデューサーさん。どこ行くんですか」

静香「まだ話は終わってないです」

昴「プロデューサーは社長から話だってよ」

志保「まったく……。今日のところはこのくらいにしておきます」

昴「だったら、プロデューサーが戻るまで一緒に甲子園特集見ようぜ。何度も見たいし」

静香「ええ、大丈夫よ。志保もいいでしょ?」

志保「用もないので、いいですよ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/13(火) 03:50:33.86 ID:YsFan58g0
おつ
9 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/13(火) 19:33:19.61 ID:glBiud+N0

ツギハコノトウシュデス!!

昴「これこれ、この投手がいい味出してるんだよな〜」

静香「私にはさっきの人との違いがさっぱり……」

志保「野球って下からも投げられるのね……」

昴「アンダースローだな。え〜っと、次はこの投手のインタビュー映像だったか」

イッカイセントッパシマシタネ…イマノキモチヲ…

志保静香「……うん?」

志保「これって……。静香……」

静香「絶対そうよね……。志保……」
10 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/17(土) 10:57:00.26 ID:F3dI2Qxo0

昴「ん? 二人してどうしたんだ」

静香「昴、この投手、○○高校の人なのよね?」

昴「そ、そうだけど……」

志保「そして名前、照れる時の癖、この緩んだ表情……」

昴「……?」

志保「やっぱり……」

静香「この投手は……」





志保静香「プロデューサー(さん)よ!!」
11 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/17(土) 10:58:57.68 ID:F3dI2Qxo0

昴「え? ……えええええええっ!!」

小鳥「す、昴ちゃん、いきなり声を上げてどうしたの?」ビクッ

昴「プ、プロデューサーは!?」

小鳥「まだ社長室から戻ってきてないけど……」

志保「……小鳥さん、この人、プロデューサーさんですか」

小鳥「そうですね。って、そのことプロデューサーさん言ってなかったような……。
  ていうか、これプロデューサーさんに口封じされてたっけ」

静香「へえ……?」

小鳥「い、今言ったことは嘘です!! もしプロデューサーさんにバレたら……」
12 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/17(土) 21:57:48.28 ID:I4tx/M3X0

昴「マ、マジかよ。プロデューサーが野球やってたなんて……」

スタスタ…

P「おーい、良い報告があるぞー。今度行う765プロ運動会でm……」

昴「サイコーじゃんっ!!」

P「へえ、そんなに765プロ運動会が最高なのか」

昴「それもだけど違うよ。プロデューサーが野球やってたこと!!」

P「ちょい待ち……。なぜそれを」

ソロソロリ…

P「……音無さん。待ってくださいよ、どこ行くんですか」

小鳥「ピヨッ。ピヨピヨ、ピヨピヨ」ピヨ
13 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/03/20(火) 18:50:29.59 ID:57T0DuYB0

P「はぁ……。ま、いいですよ。無理して隠す必要もないですし。
 バレたならバレたでしょうがないことですしね」

昴「なーなー。どうして隠してたんだ」

P「絶対バカにされるからな。特に亜美とか真美とかに」

志保「バカにされることですか……」

小鳥「バカにされるというよりー。黒歴史がバレたくなかったんですよねー」

P「音無さん、それ以上余計なこと言わないでくださいよ……」

小鳥「す、すいません……」
14 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/06/09(土) 15:27:05.68 ID:YxrGFA540

静香「黒歴史……ですか」

P「あえて言うならば、この時ちょうど中二病だった」

昴「中二病って?」

小鳥「他事務所だけど、神崎蘭子ちゃんや二宮飛鳥ちゃんのような状態のことよ」

志保「でも、インタビューでは普通に答えてましたけど」

P「あー、一回戦突破のときはな。二回戦突破のときが酷いんだよ。三回戦は負けたからいいけど……」

静香「ちょっと見てみたいです」

P「お願いします。やめてください。死んでしまいます」

小鳥「プロデューサーさん。その時の映像がここに……」
15 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/06/09(土) 15:41:00.13 ID:YxrGFA540

P「見てもいいが、俺がいない時に見てくれ。そして俺にその話をせずにいてくれ」

志保「そんなに嫌なんですか……」

P「死ぬまでこの秘密を隠し通すつもりだったんだよ」

小鳥「じゃー、皆で一緒に見ましょう!!」

P「……あとで音無さんには話があります。わかってますね?」

小鳥「ピヨッ!? プ、プロデューサーさん、社長と何話してたんですかっ!?」

静香「明らかに話を変えにいったわね……」

P「あぁ、そうだった。さっきの続き話してなかったな」
16 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/06/09(土) 15:43:22.30 ID:YxrGFA540

P「あー、仕切り直し。先ほど、今度行う765プロ運動会にて、特別企画として346プロと野球対決をすることに決まった。
 もちろん346……、の奴はガチだ。こちらも最強のスタメンで迎え撃つつもりだ」

昴「ホントか!? 今から楽しみだぜ!!」

P「監督は俺が務める。絶対に奴には勝ってやる」

志保「メンバーはもう決まっているんですか」

P「これから決める。決まり次第、すぐ皆には伝えるつもりだ。はいさい、話は終わり。よし、昴、取材受けに行くぞ」

昴「おう!!」

静香「うーん。大事なこと聞けてないような……」

小鳥「プロデューサーさん。ズル賢いですねぇ」
17 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/06/09(土) 15:46:57.32 ID:YxrGFA540

____

???「ムフフ♪ プロデューサーさんの貴重な高校生の時の映像ですよぉ〜」

??「これ……。どこで……?」

???「小鳥さんが持ってたそうですよ」

??「プロデューサー、良い筋肉してるねっ!!」

??「二回戦突破の映像はこれですか……」

ハッハッハッ…ワレガカツノハアタリマエナノダ!! サダメデキマッテイルノダヨ…ショクン…

??「これは想像以上に……」

???「いえ、これはこれで新たな世界に行けそうですっ」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 00:35:55.04 ID:1BfuBok20
ウワキツ
というかこれエタってなかったのか
おつ
19 : ◆/Uf/AxpcwY [sage]:2018/06/10(日) 15:50:57.15 ID:TllrEvgy0
>>18
忘れてたんや
20 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/06/11(月) 19:08:21.42 ID:AHFoIBR30

____

765プロ運動会当日・ベンチ

P「これから野球対決が始まる。みんな準備はいいか?」

オオッー!!

P「今からスタメン発表だ。DH制で行うことになっている」

1中堅・島原エレナ 2遊撃・北上麗花 3二塁・高坂海美
4一塁・舞浜歩   5DH・宮尾美也 6三塁・佐竹美奈子
7左翼・所恵美   8捕手・篠宮可憐 9右翼・福田のり子 投手:永吉昴
※ベンチ・代表選出された残りの数人

P「記録係は音無さんにやってもらう。何か質問はあるか」

茜「おおありだよー!! なんで茜ちゃんがスタメン入ってないのかなー?」

P「安心してくれ。後になってしまうが、必ず出してやるから」

茜「約束だからね♪」

小鳥「プロデューサーさん。これ、346チームのスタメン表です」
21 : ◆/Uf/AxpcwY [saga]:2018/06/11(月) 19:09:57.29 ID:AHFoIBR30

P「ありがとうございます。……なるほど。そう来ますか」ブツブツ

昴「小鳥。なんでプロデューサーはあんなに張り切ってるんだ?」

小鳥「うーん、私にもわからないけれど。
  高校で346のプロデューサーさんとバッテリーを組んでたからじゃないかしら」

昴「えっ!? あっちもかよ!! ……面影ないな」

小鳥「今は強面だものね」

P「よしっ。作戦決まりました」

コレガ…コウデ…コウッ!!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 21:50:25.11 ID:VLRrjnFs0
姫を入れないとは…
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 21:59:11.98 ID:TcQ7WOD+O
プレイボーイ?(難聴)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/11(月) 23:23:17.86 ID:H2U6fAl4O
なぜやよいが入ってないのか
25 : ◆/Uf/AxpcwY [sage]:2018/06/12(火) 20:04:15.89 ID:Wks2LdTD0
>>22
タブン、アトデダスヨ…?
>>24
今のところAS組を出す予定はありません(予定は未定
10.73 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)