梨沙「桃華がありすにちゅうしてた!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:00:34.53 ID:gMmmZULS0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

短め、書き溜めありです。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523106034
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:01:04.38 ID:gMmmZULS0
千枝「うん…」

梨沙「あの二人仲が良いと思ってたけど、まさかそんなことになってたなんてねぇ…」

千枝「そうだよね、千枝もびっくりしちゃった」

梨沙「う〜ん…でもそうなると、今後ももぺあべりーでやっていく上でアタシもちゃんと話を聞いておいた方が良いかしら」

千枝「そうかも、ユニットの中で問題を残しておくのは良くないよ」

梨沙「さっすがL.M.B.G.のリーダー!良い事言うわね!」

千枝「そ、そんな!千枝は別にそういうつもりじゃ!」

梨沙「わかってるって!それじゃちょっと行ってくるわ!ばーい!」

千枝「う、うん!行ってらっしゃい!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/04/07(土) 22:01:32.25 ID:gMmmZULS0
(バタン!)

千枝「普段は優しい桃華ちゃんがあんな剣幕で注意してるだなんてよっぽどだもんね…何があったんだろう」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:02:05.95 ID:gMmmZULS0
(バーン!)

梨沙「桃華!桃華は居る!?」

桃華「梨沙さん?そんなに大きな声を出さないでもわたくしはこちらにおりますわ」

ありす「どうしたんですか?そんなに血相を変えて」

梨沙「ありすも居たのね、丁度良かったわ!」

ありす「はぁ…?」

桃華「何か急ぎの用ですの?」

梨沙「そうよ!さっきアンタ達がしてたこと、千枝から聞いたわよ!」

ありす「ああ…」

桃華「それは…お恥ずかしい所を見られてしまいましたわね」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:02:41.39 ID:gMmmZULS0
梨沙「ホントよ!別にアタシは否定する気ないけど時と場所はわきまえなさいよね!」

桃華「返す言葉もありませんわね…でも、これだけは言わせてくださいまし!」

梨沙「…何よ?」

桃華「悪いのは全部ありすさんなんですわ!」

梨沙「え、そうなの?」

ありす「ええまぁ…大体は」

桃華「大体ありすさんがすぐに見境をなくすから…!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:03:26.98 ID:gMmmZULS0
ありす「好きなものを目の前にしたらそうなるのは当然じゃないですか!」

桃華「開き直らないでくださいまし!どれだけ良いか語り聞かせたり見た目の良さをアピールしたり、挙句の果てには無理やり…!」

梨沙「無理やり…!?まぁダイタン」

ありす「桃華さんだって喜んでいたじゃないですか!」

梨沙「悦んで…///」プシュー

桃華「ですから!限度というものがありますわ!だから先ほど我慢の限界が来たというのにまったくもう!」

梨沙「あ〜…二人とも?」

桃華「まぁわたくしも先ほど溜まっていたものを吐き出したのでスッキリはしましたが…あら梨沙さん、どうかされました?」

梨沙「スッキリ…///その…いつから?」

桃華「いつから…そうですわね、Near to you の時にユニットを組んで仲良くなって以降でしょうか」

梨沙「結構前ね」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:04:34.91 ID:gMmmZULS0
桃華「そうですわね、むしろそこからここまで耐えたわたくしの忍耐力を褒めていただいても良いと思いません?」

梨沙「それで変な爆発の仕方してりゃ世話無いわよ…」

桃華「それはそうですが…」

梨沙「ありすはどうなの?」

ありす「私ですか?」

梨沙「ありすはいつからなの?」

ありす「私は…やはりいつぞやの料理番組に出たあたりでしょうか」

梨沙「ありすはもっと前ね!?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:05:10.17 ID:gMmmZULS0
ありす「常々チャンスを狙っていたのですけど、最近は機会に恵まれるようにもなったのでつい」

梨沙「ついでそんなサカらないでよ…」

ありす「サカってなんて!」

桃華「いいえ、あれは盛りのついた猫みたいなものだと思いますわ!」

ありす「桃華さん!?」

桃華「暇さえあればやれあれが良いだのこれがオススメだの…」

梨沙「あ〜はいはい、ご馳走様!でもまぁさっきのことがあったんだし、今の二人は上手くいってるのよね?」

桃華「上手く…?まぁ、わたくしからは特にわだかまりなどはありませんわ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:05:44.35 ID:gMmmZULS0
ありす「じゃあまたしても…?」

桃華「あんまり頻繁にでなければ、ですわよ?」

ありす「じゃ、じゃあ是非試して欲しいものが!」ハアハア

梨沙「イキナリ!?」

桃華「まったくもう…しょうがないですわね」

梨沙「桃華も割と乗り気!?」

ありす「あっ、よければ梨沙さんも一緒にどうですか?」

梨沙「更に誘われた!?」

桃華「わたくし達だけで楽しむのも気が引けますからね、よければいかがですか?」

梨沙「いや別にアンタ達だけで楽しんでくれて全然構わないから!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:06:59.65 ID:gMmmZULS0
ありす「そういうことでしたら早速…」ゴソゴソ

梨沙「何か箱が出てきた!?」

ありす「さあ桃華さん!これは最高ですよ!是非味わってください!」

梨沙「味わう!?」

桃華「ふふっ、はしたないですけど、よだれが出てしまいますわね」

梨沙「よだれ(意味深)!?」

ありす「梨沙さん…さっきから何ですか?」

桃華「怒涛のツッコミでしたわね」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:07:41.20 ID:gMmmZULS0
梨沙「いや、だってアタシの前でイキナリおっ始めようとするから…」

ありす「???」

桃華「あっ…ありすさん、ちょっと…」コショコショ

ありす「ふむふむ…成程、ダイエット…」コショコショ

梨沙「あによ…二人で内緒話しちゃって…」

ありす「いえ、なんでもありませんわ」

桃華「ええ、そしてごめんなさいね、わたくしとしたことが気が回りませんでしたわ」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:08:16.61 ID:gMmmZULS0
梨沙「気を回さないでもそれくらい普通分かるでしょうよ…」

ありす「そうでしょうか…梨沙さんは十分良いスタイルだと思いますが」

梨沙「へっ?」

桃華「そうですわね、わたくしの目から見ても魅力的なスタイルだと思いますわ」

梨沙「えっ」

梨沙(なんでイキナリアタシのスタイルを…はっ!?)

梨沙(まさかアタシのカラダを狙ってる!?)

梨沙(ヤバイヤバイヤバイ…そりゃあ二人は友達として好きだけどそれは当然ライクであってというかアタシにはパパが)

ありす「梨沙さん?」

梨沙「ひ、ひゃいっ!?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:08:55.35 ID:gMmmZULS0
桃華「梨沙さん、わたくしたちはこの後自主トレーニングとしてしばらく汗を流そうと思っていましたの、よろしければご一緒にいかがです?」

梨沙「汗を流す(意味深)!?」

梨沙(ヤバイ…これは本当に…ヤられる!?)

梨沙「い、いや〜…アタシはエンリョしておくわ、だからアンタ達だけで…」

桃華「うふふっ、恥ずかしがらないでも良いのですわよ」

ありす「ええ、こういう事は皆で共有した方が良いですよ」

梨沙「い、いや…アタシはパパとするから大丈夫よ…」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:09:28.45 ID:gMmmZULS0
ありす「お父さん?」

桃華「…あ、成程、ご家族で励んでいらっしゃいますのね?」

梨沙「励んでらっしゃらないわよ!?アンタ人の家族を何だと思ってるのよ!」

桃華「えっ?でも今お父様とって…」

梨沙「い、いつかよ!その日が来るまで今頑張ってんだから!」

ありす「まさか…いつか梨沙さんが作っていたプロテイン入りシロップだくだくパンケーキってそういうつもりで…?」

梨沙「そういうつもりってどういう事よ!?」

桃華「…はて?」クビカシゲ

梨沙「…あによ?」

ありす「桃華さん?」

桃華「いえ…先ほどから何か違和感が…」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:10:13.96 ID:gMmmZULS0
(ガチャッ)

千枝「お疲れ様で…あっ、皆!」

桃華「あら千枝さん、ごきげんよう」

ありす「お疲れ様です」

梨沙「千枝、おはよ…」ゼェゼェ

千枝「…梨沙ちゃん、どうしてそんなに疲れているの?」

桃華「ただのツッコミ疲れだと思いますわ」

梨沙「誰のせいだと…」

ありす「それより千枝さん、よければ千枝さんもこれを試してみませんか?」スッ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:10:53.65 ID:gMmmZULS0
梨沙「ありす!千枝まで毒牙にかける気!?」

桃華「毒牙って…」

千枝「ありすちゃん、これは何が入っているんですか?」

ありす「ふっふっふ…これです!」カパッ

千枝「わぁ、黒くて良いツヤですね…!」

梨沙「くっ…守護れなかった…!」ガクッ

桃華「今日の梨沙さんは面白いですわね」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:11:21.58 ID:gMmmZULS0
千枝「じゃあ一つ…ぱくっ!」

梨沙「…って千枝!?今ナニ口に入れたの!?ぺっしなさい!ぺっ!」

ありす「梨沙さん…それはいくらなんでも失礼じゃないですか?」

梨沙「だって千枝にはまだそん…な…の…あらっ?」

ありす「…このイチゴ入りチョコが何か?」

梨沙「えっ?何かエロい物が入ってたんじゃないの!?」

桃華「梨沙さんは何をおっしゃっているのですか?」

梨沙「えっ…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:12:00.65 ID:gMmmZULS0
千枝「あ、そういえば桃華ちゃんがさっきありすちゃんを注意してたのってもう大丈夫?」

桃華「ええ、今も梨沙さんとそれについてお話していましたけど、特に問題はありませんわよ」

梨沙「ええ〜っ!?」

ありす「梨沙さん、何なんですかさっきから?」

梨沙「えっ、だってさっき千枝から『桃華がありすにちゅう…』してた…って…ああ〜っ!!!」

千枝「り、梨沙ちゃん!?」

桃華「いきなり叫んだと思ったら顔を真っ赤にしてうずくまってしまいましたわね」

ありす「そしてさっきまでの会話がおかしかった理由の察しがつきましたね」

梨沙「あうあうあ〜…///」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:12:39.01 ID:gMmmZULS0
桃華「ふふっ、それにしても注意とちゅうを聞き間違えるだなんて…ふふふっ、可愛らしいですわね」

梨沙「ふぎいいいいい!!!」

ありす「梨沙さんの頭の中で私達はいったいどうなっていたんでしょうか…」

梨沙「ぴぎいいいい!!!」

千枝「ご、ごめんなさい!千枝がちゃんと伝えられていたら…」

梨沙「謝んないでよ!ある意味それが一番ダメージキツイわよ!!!」

千枝「ご、ごめんなさい…!」

梨沙「もお〜〜!!!もお〜〜〜っ!!!」

桃華「牛さんみたいですわね」

ありす「恥ずかしさがオーバーフローしてとあえず何か声を出して発散したいのでしょう」

梨沙「レーセーに分析しないでっ!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:13:11.80 ID:gMmmZULS0
桃華「ふむ…それではこうしましょう、ありすさん?」

ありす「はい?なんですk…」

(ちゅっ)

千枝「!?!?!?!?!?」

梨沙「桃華!?」

ありす「も、ももももももモ華さん!?!?!?!?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:13:45.88 ID:gMmmZULS0
桃華「う、うふふっ、頬へのキスとはいえ、やはり気恥ずかしいものがありますわね」

ありす「それならどうしてこんな…」

桃華「梨沙さんだけに恥をかかせるわけにはいかないでしょう?それに、頬へのキスは親愛の証ですわ、わたくしありすさんは友人として大好きですわよ」

ありす「あ…あうあう…///」

梨沙「桃華…」

桃華「はい、それではこれでこの話はおしまいにして…ありすさんのチョコでお茶にしましょう♪」





……
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:14:18.76 ID:gMmmZULS0
梨沙「はぁ…まさかアタシがあんな早とちりをするだなんてね…」

ありす「梨沙さんにしては珍しいですね」

桃華「それだけももぺあべりーを大切に思っていただけているということですわね」

梨沙「バッ…べ、別にそんなことないわよ!へ、変な勘違いしないでよねっ!」

ありす「テンプレのツンデレ乙です」

梨沙「ちっが〜う!!!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:15:03.16 ID:gMmmZULS0
千枝「それにしても…ありすちゃんお菓子作り上手になってきたね」

ありす「べ、別に溶かしたチョコでイチゴを覆っただけですから」

桃華「いえ、それでも一時期の死人が出そうなシロモノに比べれば大きな進歩だと思いますわ」

梨沙「それで試食をさせられ続けた桃華に怒られてちゃ世話無いけどね」

ありす「うぐっ…」

桃華「ありすさん、先程も言いましたけど頻度を考えていただけたらわたくしは全然構わないのですからね?」

ありす「はい…」

梨沙「さすがにレッスンで動いてるとはいっても、毎日お菓子食べ続けるのはキツいわよねぇ」

ありす「はい…これから半分は三村さんに食べて貰います」

梨沙「毎日作るのをやめなさいって言われてんのよ!!!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:15:31.32 ID:gMmmZULS0
ありす「だって、ちゃんと『おいしい』って言ってもらえるのが嬉しくて…」

桃華「ありすさん、気持ちはわかりますけど…」

梨沙「まぁありすの料理がおいしくなるのは良いことよね…あむっ、これで犠牲者が……げふっ!?」

(バターン!)

桃華「きゃあっ!梨沙さん!?」

千枝「白目むいて泡吹いてるよ!?」

桃華「一体何が…!?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:15:58.01 ID:gMmmZULS0
ありす「ふむ…イチゴパスタチョコはまだ改良の余地がありますか…」

桃華「ありすさん!?あれほど安易にイチゴパスタを入れるのはダメだと…!」

ありす「料理が上達した今ならイケると思ったんです!」

桃華「その結果がこのザマではありませんか!」

ありす「うぐぐ…!」

梨沙「イチゴパスタこわい…」ガクッ

千枝「梨沙ちゃん!?梨沙ちゃ〜ん!!!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:16:31.06 ID:gMmmZULS0


……

………

ありす「…梨沙さんの最後の言葉は『もっとイチゴパスタを食べたい』という意味ですよね?」

桃華「鬼ですの!?」

千枝「落語じゃないよっ!」

梨沙「本気で死んじゃうわよっ!」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/04/07(土) 22:17:14.31 ID:gMmmZULS0
おわりです、おつきあいありがとうございました。

梨沙の声が聴きたい。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 22:37:26.54 ID:LeLzNi95O
梨沙はそのうちパパとちゅうしたいのか(ニヤニヤ)
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 00:28:04.88 ID:71EKSOYzo
選挙の中間次第では担当桃華だけど梨沙に全ツッパも考えてる
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 01:56:36.40 ID:4a1RL9BI0
友達だけに恥をかかせないレディの鑑
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 02:07:07.86 ID:0gSV0fxK0

料理スキルが上がってもイチゴパスタの味が変わる事はないな
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/08(日) 08:24:08.55 ID:uPwkXcygO

ももありはイイゾ
15.35 KB Speed:2.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)