【fate×DB】亀仙人「聖杯戦争じゃと!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 21:18:11.66 ID:twNMBv/c0
思い付きSSです
とりあえず完結はさせたいです



----遠坂邸地下----


凛(聖遺物はないけれどもうやるしかない!!)

凛「抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!」

ドカーン

???「うぎゃあああ!!」

凛「あれ?変な手ごたえがあったけど失敗した!?」



----凛の部屋-----


???「いたたた・・・いったい誰じゃ!こんな乱暴な召喚をしたのは!!」


凜が音のした部屋に行くと、滅茶苦茶になった部屋の中に、白い髭を生やしたアロハシャツを着た老人が腰を抱えていた


凛「ああ・・・完全に失敗したわ・・・」

???「こんな雑な召喚をしておいてなにを・・・むむむ!!おぬしがワシのマスターか!?」

凛「そ、そうだけど・・・な、なによ」

???「このよく鍛えられた太ももにしなやかなボディ、おぬしただモノではないな?」

凛「あら、よくわかってるじゃない」

???「まだまだ小さいが子の胸も将来的には・・・ぬふふふ」

凛「このエロじじいが!!」バキッ

???「ぬおおお!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526991491
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 21:28:17.30 ID:twNMBv/c0
亀「・・・というわけでワシがアーチャーのサーヴァント、真名は亀仙人じゃ!!よろしく頼むぞ娘さん」

凛「娘さんじゃないわ。私はあなたのマスター、遠坂凛よ。正直期待はしてないけれどよろしく頼むわ。」

凛「ところで、亀仙人なんてきいたことないんだけど・・・」

亀「そりゃそうじゃ。ワシはこことは全く違う宇宙から召喚されたからのう」

凛「え?どういうこと?」

亀「ワシも詳しくはしらんが、ワシの弟子と破壊神の気まぐれに巻き込まれてしまっての。こんなところに来てしまったわけじゃ」
凛「破壊神とかなんとかよくわからないけど、理解したことにするわ。」

凛「ところでアーチャー、あなたは本当に戦えるの?」

亀「そうじゃのう・・・正直もう弟子たちの戦いにはついていけてないのじゃが、これも修行だと思って頑張るとするかのう」

凛「た、頼りないわ・・・私が頑張るしかないようね・・・」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 21:33:29.28 ID:twNMBv/c0
亀「ところでマスターよ、ワシは自由に霊体化してもよいのか?」

凛「もちろんよ。魔翌力の消費を抑えることもできるし、何より目立たないわ。」

亀「それはありがたい!!これで女湯を覗き放題じゃ!!」

凛「令呪をもって命ずる!!覗きは絶対に許さないわ!!」キュイーン

亀「な、なんということを!!こんなことに令呪をつかいおったわい!!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/22(火) 21:37:31.97 ID:Qc5deDGU0
亀選仙人さえ、初期でかめはめ波で月を破壊するぐらいいける……のか?
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 21:39:42.04 ID:twNMBv/c0
----翌日----


凛「学校に行くわよ」

亀「聖杯戦争中にも関わらず日常は続けるのじゃな。いい心がけじゃ。」

凛「霊体化してついてきてもらうけど・・・覗きは絶対に許さないわ。」

亀「わかっとるわかっとる。うひょ!!ムチムチのピチピチギャルがおるわい!!」

凛「・・・心配だわ」


----学校----

亀「むむ?なにやら邪悪な気がみちておるわい」

凛「ええ、どうやら誰かが結界を仕掛けたみたいね。どこのどいつかは知らないけれど、絶対に発動はさせないわ。」

亀「おぬし自由奔放じゃが、いいやつじゃの」

凛「誰が自由奔放よ!!私は常に優雅に生きているわよ!!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 21:48:01.26 ID:twNMBv/c0
----放課後 屋上----


凛「どうやら結界を解くのは難しいようね。発動を先延ばしにするのが今できる精一杯ね。」

亀「やはり結界を仕掛けている本体を倒さんといかんようじゃのう・・・」

???「なんだ?結界を壊すんじゃねーかよ?」

凛「!?」


凜が声のした方を見ると、そこには全身青タイツの男がいた。


ランサー「おっと紹介が遅れたな。俺はランサーのサーヴァント。あんたらを殺しに来た!!」


ランサーは赤い槍を携えて襲い掛かってきた。


凛「場所を変えるわよアーチャー!!着地は任せた!!」


凜は使える魔術を最大限に生かし、物凄い速さで屋上の柵を飛び越えた。


亀「おてんば娘じゃのう」


飛び降りた凜を、霊体化を解いた亀仙人が抱えて校庭へと着地した。


凛「どさくさに紛れて変なとこ触ってんじゃないわよ!!」バキッ

亀「グエッ・・・わ、わざとじゃないんじゃ!!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/22(火) 21:59:35.42 ID:5GO8j4Hq0
期待
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 22:02:02.36 ID:twNMBv/c0
----校庭----


ランサー「おいおい、漫才はその辺にしてくれよ。せっかく殺し合いに来たのによ、気が抜けちまう。」

亀「イタタ・・・これは失礼した。」

凛「あんたのせいよ!!」

亀「なかなかキツイマスターじゃわい。ところでマスター、ワシ暴れちゃってもいいのかの?」

凛「え、ええ!!あなたの力見せてちょうだい!!」

亀「承知したぞ!」

ランサー「やっと始められるな!!待ちくたびれたぜ!!」


次の瞬間、ランサーは人間の目には見えないほどの速度で亀仙人に接近していた。

ランサーの赤い槍が亀仙人を捕らえた・・・かのように凜の眼には見えた。


ランサー「残像だと!?」

亀「それ、こっちじゃ!」

亀仙人の持っていた木の杖がランサーの足を掬う。

バランスを崩したランサーだが一瞬でたてなおし、すぐさま亀仙人との距離をとった。


ランサー「っ!!じじい!!てめえただ者じゃねえな・・・」

亀「ほっほっほ!!おぬしもなかなかの手練れのようじゃの!!ランサーよ、本気でかかってこい。」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 22:15:45.39 ID:twNMBv/c0
その光景はまるで夢でも見ているようだった。

ランサーの目にもとまらぬ猛攻をアーチャーは紙一重で、最小限の動きでかわし続けていた。


亀「なかなか鋭い、早い攻撃じゃ。しかし読みやすい。これでは見えなくても避けられてしまうぞ?」

ランサー「おう、そうかよ!!じゃあこれはどうだ!!」

亀「むむむ!!」


ランサーの攻撃パターンが変わる。

突きが中心だった攻撃から、薙ぎ払いや槍の撓りを利かせた攻撃を仕掛ける。


亀「これは避けてばかりもいられないのう。」


全ての攻撃を見切って躱していた亀仙人だが、さすがに躱しきれずに防御をした。


ランサー「これでも傷一つ付けらんねぇとは・・・正直まいったぜ。」

亀「ワシに手を出させるとは、おぬしもなかなかじゃぞ?」

ランサー「誉め言葉として受け取っておくが、気に入らねえなぁ。」


ランサーは亀仙人から距離をとり、槍を構えなおす。


ランサー「じじい、悪いがここで決めさせてもらうぜ。この宝具からは誰も逃れることはできねぇ。」

亀「ほう、宝具とな?」


ランサーの槍が赤く輝き、膨大な魔翌力が集まる。


???「」ガサガサ


ランサー「だれだ!!」


ランサーは宝具を打つのを中断し、物音のした方へ走り去っていった。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 22:22:19.88 ID:twNMBv/c0
凛「あなた、滅茶苦茶強いじゃない!!見直したわよ。」

亀「おお!!ではご褒美に尻を触らせてくれんか!?」

凛「前言撤回。この糞エロじじいめ!!」バキッ

亀「ぐふっ!!よ、容赦ないパンチじゃ!!これならランサーも倒せるかもしれんぞ!!」

凛「からかうな!!」

亀「と、ところでランサーは目撃者を始末しに行ったのではないのか?」

凛「っ!!私としたことが・・・早くいくわよアーチャー!!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 22:27:14.36 ID:twNMBv/c0
----学校の廊下----


凛「・・・手遅れだったわ。よりにもよってなんであんたが・・・」

亀「知り合いか?」

凛「まあちょっとしたね。私はこの人を助けてみるから、アーチャーはランサーを追って。」

亀「ふむ、では少年は任せたぞ。」


亀仙人はランサーを追い、凜は宝石を使って士郎を助けた。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/22(火) 22:42:16.69 ID:twNMBv/c0
ちょっと中断
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/22(火) 23:20:28.73 ID:7GaX5wyU0
亀仙人だと士郎とは結構仲良くしそうだな・・・
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 00:39:52.87 ID:wKNWyKm7o
完全な不老不死の体現者とか神秘やばそう
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/23(水) 07:08:52.87 ID:c5CCcdht0
武天老師なら桜や言峰に説教してくれそう
何気に心読んだりできるしワルだった頃の天津飯改心させちゃったしな

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 07:24:01.46 ID:deqIMzBso
慢心ギルに魔封波はよく効きそうだな…
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/23(水) 07:30:29.09 ID:jHC5suwYO
令呪で煩悩を封じれば更にパワーアップできるな
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 10:05:52.31 ID:MTAXf9Ak0
宝具になりそうなのって....あぁなりそうな技は結構持ってたな。かめはめ波、魔封波は切り札だろうな。
あとはジャッキーに変装も出来る
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/23(水) 11:12:23.70 ID:deqIMzBso
筋斗雲は出せそうだけど乗れないから無意味か…
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/23(水) 17:32:44.88 ID:CjYBurjSO
カカロットが召喚された画像はよ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/25(金) 18:44:14.51 ID:S8mWxQh7O
サイヤ人は全員、星のサーヴァントでクラスは狂だな。
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/25(金) 18:46:20.03 ID:S8mWxQh7O
理由はだな、あいつら戦闘民族とかいう狂った奴らだから
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/05/25(金) 18:58:26.62 ID:UareaT7k0
ばんこくびっくりしょう
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/25(金) 19:49:09.88 ID:12ekENSK0
マキジと藤ねえ以外の女性陣には反応しそうなじっちゃん
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/01(金) 16:03:54.34 ID:YWptMtKD0
つづきまだー?
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/05(火) 17:20:31.05 ID:MPRJRf5s0
続き待ってます
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/11(月) 16:47:13.70 ID:bMa6i7y10
続きまだかなー
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 09:41:34.18 ID:zu6cDSJqo
そう言えば霊体化出来てるしジッちゃん死んでて頭に輪付き?
10.55 KB Speed:1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)