雪乃「観覧車に」菜帆「乗りましょう〜」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/06/10(日) 22:35:51.88 ID:0wrFEpZQ0
・モバマスの海老原菜帆と相原雪乃のSSです。


前作

モバP「サンドウィッチP」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507517773/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528637751
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:37:27.00 ID:0wrFEpZQo
P「え〜と、誰が乗るの?」

雪乃「もちろん、私たち3人でですわ」

P「そ、そもそもどうして突然観覧車が出てきたんだ?」

菜帆「この間、朋さんが担当のプロデューサーさんとロープウェイのゴンドラに
乗ったという話を聞きまして〜」

雪乃「私たちも何かしたいと……ゴンドラ繋がりで観覧車に乗ろうという話になりましたの」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:38:32.81 ID:0wrFEpZQo
P「そ、そうか……」

P(まずいぞ、俺には乗れないというか乗りたくない理由が……)

P(きっと正直に話せば、2人とも分かってくれる。ただ……)

P(プロデューサーとして、2人をがっかりさせるわけにはいかない!)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:39:54.58 ID:0wrFEpZQo
P「分かった。一緒に乗るよ」

雪乃「嬉しいですわ、プロデューサーさん」

菜帆「ありがとうございます〜」

P(……言ってしまった手前、もう後には退けないな)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:41:15.11 ID:0wrFEpZQo
<観覧車 ゴンドラ内>

菜帆「わあ〜、どんどん高くなっていきますね〜」

雪乃「素敵な眺めですわね、プロデューサーさん」

P「……」

菜帆「プロデューサーさん、どうしたんですか〜?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:42:48.44 ID:0wrFEpZQo
P「え、いや、何でもないよ」

雪乃「……それならどうして、目を閉じているのですか?」

P「それは、その……」

菜帆「なんだか少し、顔色が悪い気がしますよ?」

雪乃「プロデューサーさん。隠し事はしないで、教えて下さいませ」

菜帆「お願いします〜」

P「わ、分かった。正直に言うよ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:44:04.74 ID:0wrFEpZQo
P「俺は、高いところがダメなんだ。いわゆる高所恐怖症なんだよ」

雪乃「そんなに大切なこと、なぜ黙っておられたのです?」

菜帆「その事を知ってたら、観覧車になんて誘いませんでしたのに〜」

P「ああ。でも、せっかくの雪乃と菜帆からの気持ちを無下にしたくなくて、つい
強がってしまったんだ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:45:46.32 ID:0wrFEpZQo
雪乃「もう……本当に困ったお方ですわ」

菜帆「まったくです〜」

P「う……面目ない」ムギュッ

P「ん!?」

菜帆「こうやってそばにいた方が、少しは安心できると思います〜」ギュゥゥ

雪乃「怖さが和らいでくれればいいのですが……」ギュゥゥ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:47:24.22 ID:0wrFEpZQo
P(左右から、2人に抱きしめられてしまった)

P(そのおかげか、確かにさっきより恐怖は収まってきた)

P(でもそれ以上にまずいことが)

雪乃「向こうに見えるの、何の建物でしょうか?」ムギュッ

菜帆「ええっと、どれですか〜?」ギュゥッ

P(目を閉じてるせいで、抱き付かれてる感覚にいつもより意識が行ってしまう……!)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:49:12.59 ID:0wrFEpZQo
P「も、もう落ち着いたから、離れても大丈夫だぞ」

菜帆「でも、そろそろ一番高いところですよ〜?」

P「え……そうなの?」

雪乃「このまま下に戻るまで、こうしていた方がいいと思いますわ、菜帆ちゃん」

菜帆「私もそう思います〜。雪乃さんと2人でしっかり支えてあげますから〜」ムギュッ

雪乃「安心してくださいませ、プロデューサーさん♪」ムギュッ

P「あ、ありがとう……」

P(頼む、もってくれ俺の理性)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:50:32.64 ID:0wrFEpZQo
P(結局終始2人に挟まれながら、観覧車は終わった)

P(これで一安心のはずだったのだが……)

雪乃「プロデューサーさん、大丈夫ですの?」

菜帆「しっかりしてください〜」

P「うぅ……すまない……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:51:39.15 ID:0wrFEpZQo
P(やっと地面に立てて安心したのと、2人の胸の感触に理性を失わないよう
耐え続けたのが解放された結果)

P(腰が抜けてまともに立てなくなり、観覧車を降りてからも雪乃と菜帆に支えられて
よろよろと帰ることになったのだった)

P(その様子をちひろさんに見られ、事情を知った彼女に呆れられたのは言うまでもない)


終わり
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/10(日) 22:53:17.90 ID:0wrFEpZQo
雪乃と菜帆が揃って出演したとあれば書かざるを得ない。
マイ・リトル・ブーケというユニットでも一緒になったし、
2人だけのユニットはよ
4.93 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)