【ゆゆゆ安価】友奈「お誕生日おめでとう夏凜ちゃん!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 19:45:00.65 ID:7I6mtT/H0

〜勇者部部室〜

友奈「ハッピーバースデー夏凜ちゃん!」

東郷「おめでとう、夏凜ちゃん」

樹「おめでとうございます、夏凜さん!」

園子「にぼっしー、おめでと〜」

風「おめでとう、夏凜。アンタもこれで一つ大人に近づいたのね」

夏凜「あ、ありがとう…///」

風「あら、夏凜が素直に『ありがとう…///』なんて、珍しいわね」ニヤニヤ

夏凜「べ、別にありがとうくらい普通に言うわよ!」

樹「ふふっ、夏凜さん、顔が真っ赤です」

夏凜「ちょっ、樹!? アンタまで私をからかうのっ!?」

樹「い、いえ、そんなつもりはないですよ」

東郷「そうよ、夏凜ちゃん。樹ちゃんは夏凜ちゃんの真っ赤な顔が可愛いくて、ついつい口に出しちゃっただけよ」

園子「そうだね〜、にぼっしーが照れてるところってなんだか可愛いよね〜」

夏凜「なっ/// ちょ、ちょっと! アンタらみんなして私をからかうのやめてよね!」

友奈「ふふっ、今日は本当におめでたいね! あっ、えっと……」ゴソゴソ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528800300
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 19:48:06.28 ID:7I6mtT/H0
友奈「はい、これ! みんなからケーキのプレゼントだよ!」ドーン

夏凜「わっ、こ、これ……」

友奈「ふふっ、夏凜ちゃんの年齢の数、ロウソクが刺さってるからね」

夏凜「そ、そう…。で、でも、火がついてないようだけど…」

友奈「…本当はね? 夏凜ちゃんが部室に入ってくる前に部室を暗くしてロウソクをつけてサプライズしようと思ったんだけど‥…」

友奈「夏凜ちゃんが部室に一番乗りに来てたから…」

風「全く、夏凜も今日は自分の誕生日だって分かってんだから、サプライズとかの可能性を考慮してちょっと遅めに部室に来ないと!」

夏凜「え、ご、ごめん……って、これ私が謝ることじゃないでしょ!」

東郷「ふふっ、今からでも遅くないですよ。、早速点火しましょう」シュボッ

樹「あ、私部屋の電気消してきます!」

かちっ

園子「わ〜、とっても綺麗だよ〜」

夏凜「ほ、ホントに綺麗…」

友奈「ふふっ、夏凜ちゃん」

夏凜「ん?」

友奈「このケーキが、ろうそくで一杯になるときまで一緒に居ようね!」

夏凜「なっ!」カァァ///

園子「お、お〜、これは新たな扉が開きそうだよ〜!!!!」キラーン
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 19:49:06.14 ID:7I6mtT/H0
東郷「ふふっ。さ、全部のロウソクに火がついたわよ」

風「それじゃ、本日の主役に吹き消してもらおうかしらね」

夏凜「任せなさい! 行くわよ…ふぅぅぅーーー!!!!」


5人「「「「「改めて、お誕生日おめでとう!!」」」」」パチパチパチパチ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/12(火) 19:50:48.70 ID:7I6mtT/H0
〜食後〜

風「ふぅ、美味しかったわねー」ゲフッ

夏凜「やっぱりケーキと煮干しはあうわね。ケーキ食べた後に煮干しを食べると、いつもよりも煮干しの味をしっかり感じられる気がするのよね」モグモグ

樹「夏凜さん、ケーキと煮干しを交互に食べてた……」ボソッ

東郷「夏凜ちゃんが喜んでくれたようで何よりだわ」

園子「今度は煮干し味のケーキを持ってこようね〜」

友奈「煮干し味のケーキ……」


風「はいはい、変な味のケーキを創造するのはやめて、お楽しみの時間に移るわよ!」

夏凜「お楽しみの時間?」

風「そうよ! お楽しみの時間……それは、お誕生日プレゼントよ!」

友奈「各々、一つずつプレゼント持ってきたんだよ!」

夏凜「そ、そうなの…?」

樹「はい!」

園子「は〜い、それじゃあ、私からプレゼントあげま〜す」

風「トップバッターは園子ね」

園子「えっと〜、私のプレゼントは…じゃじゃ〜ん、>>5です!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/12(火) 20:00:45.73 ID:FZjxdB3I0
日蓮大聖人の仏法
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 00:58:40.56 ID:wOjv/iKDO
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528712430/
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 08:02:21.81 ID:U/zncWzAO
煮干し型の巨大ぬいぐるみ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/13(水) 14:45:22.82 ID:pFyTFbkz0
すみません、>>5がよく分からなかったので、>>7で行きますね



園子「煮干し型の巨大ぬいぐるみだよ〜」

夏凜「こ、これは…!」

園子「にぼっしー、前から欲しがってたよね〜」

夏凜「よ、よく覚えてたわね」


樹「夏凜さん、本当にそのぬいぐるみ欲しがっていたんですね…」

風「にぼし教信者の考えなんて理解しようとするだけ無駄よ、樹」


園子「ふふふ〜、喜んでくれたかな〜?」

夏凜「えぇ、これはかなり嬉しいわ! このリアルなつくり…まるで、煮干しの匂いが本当に香ってくるような…」スンスン
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/06/13(水) 14:46:54.55 ID:pFyTFbkz0
夏凜「煮干しの匂いが……」スンスン

夏凜「本当に煮干しの匂いがする!」


園子「ふっふっふ〜。実はね、にぼっしーの為に、あらかじめ煮干しの匂いを染みつけておいたんだ〜」

園子「間違えて食べちゃダメだよ〜」

東郷「本物の煮干しの匂いがする煮干し型の巨大ぬいぐるみ…」

友奈「あ、あはは、夏凜ちゃんがいいならいいと思うよ」

夏凜「はぁ…これ、いいわぁ……。本当にありがとね、園子」

園子「にぼっしーが喜んでくれて私も嬉しいよ〜」


友奈「よーし、じゃあ次は私の番だよ! はい、夏凜ちゃん、お誕生日おめでとね!」

友奈「誕生日プレゼントの>>10だよ!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 17:25:16.67 ID:6tfl2GqdO
国防仮面マスク
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 01:41:18.68 ID:VYcn9ytvO
つまんね
5.93 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)