かな子「Pさんの背中にまゆちゃんがくっついてる」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:10:16.58 ID:PJDYpwn50
まゆ「……」ガッチリ

P「うーん」カタカタ

かな子「……どうかしたんですか? それ」

P「ん? ああ、とときら学園から菜々さんに出演依頼がきててな。年少アイドルみんなでウサミン星まで遠足をしたいらしくて、受けたものかどうか……」

かな子「やめましょうよそんな誰も幸せにならない企画……」

P「ま、そうだな。……ウサミン星の王女は現在出稼ぎで多忙のため、入国は制限されています、申し訳ありません。代わりにしゅがは星人を送ります、と」カタカタ

かな子「ってそうじゃなくて、Pさんの背中のまゆちゃんですよ。なんでそんなところに」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528823416
2 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:11:12.59 ID:PJDYpwn50
まゆ「……」

P「さあ、なんでだろうなあ。朝起きたらくっついてたから俺にもわからん」

かな子「当然のようにPさんの家スタートなんですね……」

P「最近指紋認証とか声紋認証付きの鍵について調べ始めた」

かな子「勝手にまゆちゃんのを登録されて終わりだと思いますけど……」

P「分かり切っててもオチを言うなオチを」
3 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:12:17.01 ID:PJDYpwn50
かな子「えーと、まゆちゃん、どうかしたの?」

まゆ「……」

P「朝から何も話してくれなくてな、だからこうなってる理由もわからない」

かな子「だからってそのままでいちゃうPさんも大概ですよ。もしかしてこのまま通勤してきたんですか?」

P「これじゃ車にも乗れんから、今日は電車だったよ。特に視線を集めてたわけでもなかったし、ちょっと風変わりなリュックサックとでも見られたんじゃないか」

かな子「ちょっとでも目を合わせたくないほどにヤバい人たちだと敬遠されてただけだと思いますよ」

P「そのうち離れるだろうしこのままでもいいんだが、座りづらくて仕方がない」

かな子「まゆちゃんが後ろにいるせいでPさんほとんど空気椅子ですもんね」

P「運動不足解消にもならん」プルプル
4 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:13:10.54 ID:PJDYpwn50
かな子「まゆちゃん、もしかしてPさんが何かしたの? 怒ってる?」

まゆ「」ガジガジ

P「首筋を噛むな」

かな子「えーと、否定のつもりなのかな?」

まゆ「」ペロペロ

P「首筋を舐めるな」

かな子「Pさんが何かしたわけじゃないの?」

まゆ「」ペロペロ

かな子「……意思疎通はできるみたいですよ」

P「このコミュニケーション俺の精神衛生上あまりやりたくないんだが」
5 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:14:10.90 ID:PJDYpwn50
かな子「我慢するしかないですよ。ていうか、Pさんが原因じゃないんですね、てっきり喧嘩でもしたのかと」

P「しないしない。喧嘩する風に見える?」

かな子「うーん、確かにそんなところ見たことないですけど……Pさんはもっとまゆちゃんに優しくしてもいいと思いますよ」

まゆ「……!」ペロペロペロペロ

P「ここぞとばかりに同調するな」

かな子「でもPさん、表面上はそっけないですけど、実はまゆちゃんに甘いところありますよね」

まゆ「////」ペロペロ

P「なにこれ新手の拷問かなにか?」

かな子「心当たりはないんですか? 昨日あったこととか」

P「昨日か……うーん……」
6 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:15:07.54 ID:PJDYpwn50
ちひろ「ちょっ、わ、私の仮想通貨が、あ、アッー! か、茄子ちゃぁぁん! 茄子ちゃんどこですか!? 今すぐ私と握手してぇぇぇ!」ガタガタ

菜々「こ、腰が……あ……死……」ピクピク

心「菜々パイセェェェン! 死ぬなぁぁ!」アタフタ

茄子「おはようございまーす、茄子ですよー♪」ガチャ

ちひろ「上がったぁぁぁ! ッシャァァァ!」

菜々「治りました」

心「マジか☆」

P「今日も平和だな」

まゆ「ですねぇ」
7 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:16:14.05 ID:PJDYpwn50
P「特に何もなかったな」

かな子「茄子さんきたらこれもなんとかなるんじゃないですか」

P「残念ながら茄子は今日アイドル対抗麻雀大会の収録だ」

かな子「勝負になるんですかそれ……」

P「アイドル界隈じゃ案外茄子級の人外も珍しくないもんだぞ。意外と苦戦するんじゃないか」

かな子「人材の宝庫ですねアイドル界隈」

P「他人事みたく言ってるがかな子も大概だからな?」

かな子(異次元の胃袋)「え……?」
8 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:17:31.26 ID:PJDYpwn50
P「まあ、今のは関係なかったにしても、その時には普通だったんだよなあ」

かな子「あ、そういえばそうですね。その後、なにかあったとか?」

P「他に昨日あったこと、か……あー……」

まゆ「……」

かな子「どうかしたんですか?」

P「うーん、これはいいかな。かな子、おやつにしよう」

かな子「え?」

P「ポッキーとフランどっちがいい?」

かな子「ポッキーですけど……えぇ……?」
9 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:18:07.71 ID:PJDYpwn50
P「かな子、あーん」

かな子「あーん」ポリポリ

まゆ「……!」カッ

かな子「あの、まゆちゃんがうさみちゃんばりに目を見開いてこっちを見てくるんですけど……」

P「聖徳太子の話が好きだったなあ」

かな子「正直食べづらいんですけど……まゆちゃんも食べる?」

まゆ「」ガジガジ

P「太るから食べたくないそうだ」

かな子「私も太りたくないんですけどね」モグモグ

P「最近この時間のために仕事してる感ある」

かな子「真面目に仕事してくださいよ……」

P「メリハリをつけてやってるってことだよ。……これをどうにかするのも俺の仕事だ」

まゆ「……」
10 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:19:03.09 ID:PJDYpwn50
かな子「……まゆちゃん、もしかして落ち込んでるの?」

まゆ「」ペロペロ

かな子「……そっか。じゃあ、私じゃなくてPさんの仕事かもですね」

P「そういうことだな」

かな子「まゆちゃん、もしPさんにはできないような話だったら、私に相談してくれてもいいからね? 同じ事務所の仲間で、お友達なんだから」ニコッ

まゆ「……かな子ちゃんすき」

かな子「あはは、ありがとう。それじゃあ私はレッスンに行ってきますね」

P「おう、頑張ってな。……あ、あとかな子」

かな子「なんですか?」

P「アイドル対抗☆水着相撲のスーパーシード枠で出演依頼きてたけどどうしようか」

かな子「その番組着信拒否にしといてください」
11 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:19:41.54 ID:PJDYpwn50
(一時間後)

心「うーっす☆ レッスン終わったはぁとだぞ☆」

P「お疲れさまです、心さん」

心「おー……おぉ? どしたん? そのおしゃれなリュック」

P「ちょっと早めの蝉かもしれませんよ」

まゆ「ミミミン」

心「菜々パイセンみたいな鳴き方する蝉だな☆ ……もしかして、落ち込み中?」

まゆ「」ペロペロ
12 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:20:14.25 ID:PJDYpwn50
P「よくわかりましたね」

心「はぁとも落ち込んだ時は菜々パイセンにしがみついて泣きつくからな☆」

P「あの時の菜々さんすごいウザったそうにしてますよね」

心「たまのことなんだから許せ☆ でも最近菜々パイセン仕事忙しそうだしなー、今度落ち込んだらPにしがみつくのも悪くないかも?」チラッ

まゆ「」カッ

心「まゆちゃんがうさみちゃんばりの目つきで威嚇してっからやめとこ☆」

P「しがみつく云々は置いといて、何かあったらちゃんと相談してくださいよ」

心「わかってるって☆」
13 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:21:22.35 ID:PJDYpwn50
P「今日はもうあがりですか?」

心「おうよ、なんか早苗ちゃんに先越されたらしいから、これから楓ちゃんとか瑞樹さんとかと飲みに行く予定☆」

P「え、川島先輩いんの? 俺もいきたい」

まゆ「」ガジガジ

P「駄目だそうです」

心「ま、それも仕事だろ☆ じゃ、はぁとは行くから☆」

P「あ、心さん」

心「?」

P「近々園児用スモックの採寸することになると思うんで、そんな感じで一つよろしく」

心「どうしてそうなった? 目ぇ合わせろオイ☆」
14 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:22:01.62 ID:PJDYpwn50
(夜)

P「さて、そろそろ仕事も終わりなわけだが、いい加減満足したか?」カタカタ

まゆ「……」

P「昨日のドラマ収録、確かに何度も撮りなおしくらったが、そこまで気にする必要はないぞ」

まゆ「……でも、Pさんが監督さんに何度も頭を下げて……まゆのせいです」

P「それも俺の仕事だよ。まゆならあの役をまっとうできると信じてるからこそ、それくらいのことなんでもない」

まゆ「……」

P「現に最終的には監督もOK出したじゃないか。あれは仕方なくって感じじゃなかったぞ」

まゆ「でも……」

P「でも?」


まゆ「『次々と男を乗り換えながら付き合う相手をランクアップさせていき、最後に若手社長の妻という玉の輿を狙う悪女』の役はまゆにはつらいですっ……!」ブワッ


P「……ですよね」
15 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:22:30.43 ID:PJDYpwn50
まゆ「昨日のセリフだって、『恋愛なんて使い捨てのもの。貴方との恋なんて社長に引き合わせてくれれば用済みの踏み台なんですよぉ。うふふふ♪』……気持ちが、一切、わからない……!」

P「言ってる時の眉間のしわがえげつなかったな」

まゆ「だいたい、こんな女が奈緒ちゃん演じる初心な新入社員の主人公に勝てるわけないんですよぉ。負けフラグしか立ってません」

P「恋愛ドラマにおける神谷奈緒が可愛すぎて視聴率爆上がりの引っ張りだこらしいからなあ」

まゆ「素直じゃない割に好意を一生懸命に伝えようとするところとか、好意を伝えられたときに赤面して突き放しながらも嬉しさを隠しきれずににやけるところとか、そんなの反則じゃないですかぁ」

P「相手役の俳優さんをガチ恋に陥れることで有名だからなあ。近づいてくる輩はグラサンかけた渋谷凛と北条加蓮がメンチ切ってブロックするらしいが。……あの子ら別に出演してないのに何故いつも現場にいるんだろうか」
16 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:23:07.98 ID:PJDYpwn50
まゆ「うぅ、どうしてまゆにこんな役が……」メソメソ

P「ま、まあ後半で社長に振られたまゆはその後出会った男と運命の恋に目覚めるという筋書きらしいから、その辺で本領発揮すると思われたんじゃないか?」

まゆ「その相手が代役でPさんにでもならない限り前半の苦労に見合いませんよ……」

P「流石にそうはならないだろうなあ」

まゆ「よしんばまゆが収録直前に茄子さんと手をつないでいたら?」

P「……茄子には県外での仕事入れとくか」

まゆ「」ガジガジ
17 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:24:01.76 ID:PJDYpwn50
P「とにかくだ。まゆなりの全力で挑んだのなら、失敗したりうまくいかないことがあっても、そこまで落ち込まなくてもいい。それもまた先へ進むには必要なことだ」

まゆ「……まゆも、一度も失敗せずにいられるとは思ってません。でも、それでネガティブになっちゃったせいか、今日は、夢を見たんです」

P「夢?」

まゆ「Pさんがいなくなっちゃう夢、です」

P「ベタだなぁ」

まゆ「……」ガジガジ

P「いたいいたい」

まゆ「茶化さないでくださいよぉ。まゆ、起きたとき本気で怖かったんですから。夢じゃなかったらどうしようって」

P「それで背中にくっついたと」

まゆ「そんな感じです、だから安心させてください」

P「……めんどくさ」ボソッ
18 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:24:32.35 ID:PJDYpwn50
まゆ「め、めんどくさいって言いましたねぇ!」ガジガジ

P「……そんな心配しなくてもいいんだよ。こちとら自分が見出したアイドルプロデュースしてんだ、途中でいなくなるわけあるか」

まゆ「……本当ですか?」

P「まゆがアイドル人生まっとうするまでは一緒にいるさ。むしろそれまでは絶対に離さんから覚悟しとけよ」

まゆ「……うふふ♪ そうですよね、Pさんはまゆを離さないし、まゆはPさんを離しませんから、いなくなるわけないですよね」

P「まあ、そういうことだな。わかってくれたならいい」

まゆ「はいっ、まゆ、完全に立ち直りました♪」

P「それならよかった」
19 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:25:11.26 ID:PJDYpwn50
まゆ「ところでPさん? まゆがアイドルを終えるまでは離さないって言いましたけど、アイドルをやめた後は、どうなんですかぁ?」

P「……ノーコメントで」

まゆ「まゆは離しませんけどねぇ」

P「……お好きにどーぞ」

まゆ「うふふふふふふ♪ ……そういえばまゆ、今Pさんの後ろをとってるんですよねぇ」ニヤリ

P「ん?」

まゆ「首筋じゃなくて、耳とか舐めたらどうなるんでしょう、気になりますね? Pさん?」ペロ

P「」

まゆ「うふふふふふふ♪」

P「ちょ、……いやー! 犯されるぅー! 助けてかな子ぉー!」


まゆ「……離しませんからね♪」
20 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:27:38.76 ID:PJDYpwn50
以上です。
SS3A外れましたが、ブライダル美波と晶葉あんたんしたのでちひろさん好き。
21 : ◆FPRtZdJjow :2018/06/13(水) 02:31:00.90 ID:PJDYpwn50
前作の

モバP「さく……何?」まゆ「さくマジックです♪」

モバP「かな子、ちょっとこっちきなさい」かな子「?」

などもよろしければ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 07:05:21.87 ID:jVyHFDDDO


次はまゆに爆薬背負わせて、戦車の下に飛び込みますか
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 12:23:19.41 ID:NLlqSJ99O

スレタイでホラーかと思ったら違った
12.71 KB Speed:4.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)