【ポケモン】ククイ「今日からクラスの仲間になる男くんだ!」男「フヒヒ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆06TGphfKDE [saga !orz]:2018/06/14(木) 19:51:16.86 ID:DS7XWgZjO
ククイ「みんな!仲良くしてやってくれ!」

サトシ、カキ、マーマネ、リーリエ、スイレン、マオ「はーい!」

男「よ、よろしく…フヒヒ」ボソボソ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528973476
2 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 20:00:57.91 ID:DS7XWgZjO
ククイ「えー……じゃあ男くんの席は……」

男「…………」

サトシ「男くん!俺、マサラタウンのサトシ!こいつは相棒のピカチュウ!よろしくな!」

ピカチュウ「ピッカー!」

男「ヒッ」ビクッ

ククイ「こらこらサトシー!男くんはまだスクールに来たばっかりで緊張してるんだ。いきなり"おどろかす"のはやめておけ」

サトシ「あっ!いっけね!ごめんな!男くん!」

男「………マヌケヅラ…」ボソボソ

サトシ「へ?」

マーマネ「サトシはまったく…」ハァ

男「………デブ…」ボソボソ

マーマネ「え?」

カキ「おい男!もう少し大きな声で話してくれ。何言ってるか聞こえないぞ?」

男「……DQN…」ボソボソ

カキ「ん?だから聞こえな…」
3 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 20:11:13.06 ID:DS7XWgZjO
マオ「もうカキー!男くん困ってるでしょ!」

スイレン「いじめはよくない!」ジトー

カキ「い、いや…別にいじめてる訳じゃ…」

男「…………………」ジーッ

マオ、スイレン「?」

男(うわっ!何この子たち!優しいし可愛い!)

マオ「うっ…何か急に寒気が……」ゾクッ

スイレン「わ、私も…」ブルッ

男(………でも…)チラッ

リーリエ「あの…そろそろ授業始めませんか?」

シロン「コン!」

男(あの子が一番可愛いな……)

男(いかにもお嬢様って感じで大人しそうだしモロタイプ!あの子と仲良くしたいな…)ジーッ

リーリエ「?」

男「フヒヒ…ヨロシク…」ボソボソ

リーリエ「は、はい…」ゾクッ

シロン「ゴァン!!」グルル

ククイ「じゃあ男くんの席は……」キョロキョロ
4 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 20:20:24.30 ID:DS7XWgZjO
放課後

ワイワイ ガヤガヤ

サトシ「でさー!その時ルガルガンがー!」

ピカチュウ「ピッカー!」

男「す、すごいねサトシくん。フヒヒ」

男(チッ!結局こいつの隣の席かよ…しかもずっと話かけてくるしウゼー!)

サトシ「男くんはどんなポケモン使ってるの?」

男「…………………」

男(ハァ……こんなバカとじゃなくて女の子たちと話したいなぁ…)チラッ


マオ、スイレン「…………………」

マオ「ねぇ、男くん。またこっち見てるよ?」ヒソヒソ

スイレン「……授業中もずっと私たちの方見てニヤニヤしてた。ちょっと気持ち悪い」ヒソヒソ

リーリエ「あ、あの…マオ、スイレン…そんな言い方は……」


男「…………………」

男「ねぇ、サトシくん」ヒソヒソ

サトシ「ん?」
5 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 20:27:02.87 ID:DS7XWgZjO
サトシ「おーい!」タッタッタ

ピカチュウ「ピッカー!」タッタッタ

スイレン「あっ、サトシがこっちきた」

サトシ「あのさ!今から俺と男くんがバトルするから見に来てよ!」

マオ「え?バトル?」チラッ

男「フヒヒ」ニヤニヤ

マオ、スイレン、リーリエ「………………」

サトシ「男くんがリーリエたちにイイとこ見せたいんだってさ!」

男(ちょ……そんなハッキリ言うなよバカ!)ビクッ

マオ、スイレン、リーリエ「…………………」

ピカチュウ「ピッカー」
6 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 20:34:25.66 ID:DS7XWgZjO
校庭

ロトム図鑑「えー……それではサトシvs男のバトルを始めるロト!」

サトシ「よっしゃー!行こうぜピカチュウ!」

ピカチュウ「ピッカー!」

マーマネ「へぇ…サトシと男くんのバトルかぁ」

カキ「さぁ、男の腕、見せてもらおうか」

男(さて、このマヌケ面にサクッと勝って女の子にカッコいいとこ見せるとするか)チラッ

マオ、スイレン、リーリエ「」ビクッ

マオ「ふ、二人ともまけるなー」

スイレン「ふぁ、ふぁいとー」

リーリエ「が、がんばリーリエですよー」

男「フヒヒ」

男「いけっ!イーブイ!」ボンッ

イーブイ「ブイ!」
7 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 20:42:07.98 ID:DS7XWgZjO
カキ「イーブイか!」

サトシ「へへへ!ワクワクしてきたぜ!」

ピカチュウ「ピカッ!」

男「よし、イーブイ!たいあた…」

イーブイ「ブイ!」

サトシ「……悪いけど……最初からゼンリョクでいくぜ!男くん!」ピカー

ピカチュウ「ピカー!」ピカー

男「………へ?」

サトシ「10万ボルトよりでっかい100万ボルト!!!いや……」ピカー

サトシ「もっともっとでっかい……俺たちの超ゼンリョク!!!」ピカー

ピカチュウ「ピカチュウ!!!」

男「え?ちょ、ちょっと……なに?」

サトシ「1000万ボルトォォォ!!!」

ピカチュウ「ピッカー!」


バリバリバリ


男「え?ちょ…

イーブイ「ブ……




ジュッ
8 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 20:49:43.10 ID:DS7XWgZjO
男「」プスプス

イーブイ「」プスプス

ロトム図鑑「勝者。サトシとピカチュウ」

サトシ「やったぜピカチュウ!」

ピカチュウ「ピッカー!」

カキ「いや、サトシ」

マーマネ「やりすぎだよ」

男「」プスプス

男(………ちっくしょー!やっぱこいつバカだ!限度ってものを知らねぇ…)プスプス

男「…………」ムクリ

男「うぅ…くそっ…」チラッ

マオ、スイレン、リーリエ「」ビクッ

マオ「え、えと…あ、あれは仕方ないよ男くん!」

スイレン「う、うんうん!男くんも頑張った!」

リーリエ「す、素敵でしたよ男さん?」ニコッ

男「………………」

男「えへへ」ニタァ

マオ、スイレン、リーリエ「…………………」
9 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 21:02:45.70 ID:DS7XWgZjO
ワイワイ ガヤガヤ

サトシ「じゃあなー!リーリエ!」

スイレン「また月曜!」

リーリエ「はい」ニコッ

シロン「コーン!」

リーリエ「さて、私も……」

男「………………」ジーッ

リーリエ(………男さんは何故こっちをじっと見てくるのでしょう……)

シロン「コン」

ブロロロロー

ジェイムズ「お迎えにあがりましたお嬢様」

リーリエ「ありがとうございます」ニコッ

男「………………」ジーッ

ジェイムズ「…………あちらの方はお嬢様のお友達で?」

リーリエ「えっと……」

男「………アノ…ボクリーリエチャンノトモダチデ」ボソボソ

リーリエ「!?」

ジェイムズ「そうですか、やはりお嬢様のお友達でしたか」

男「ハイ」ボソボソ

ジェイムズ「でしたらお車にお乗りください。お家まで送っていってさしあげます」

リーリエ「ちょ………」

男「フヒヒwサーセンw」
10 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 21:11:06.63 ID:DS7XWgZjO
リーリエ「うぅ……」

男「サッ、イコウヨリーリエチャンw」ボソボソ

リーリエ「………………」チラッ

サトシ「スイレン!そこの穴場大物釣れるって本当!?」

スイレン「うん!カイオーガが釣れる!」

サトシ「マジ!?」

スイレン「嘘です♪」テヘッ

サトシ「なんだ、嘘か…」ガクッ

リーリエ「………………」チラッ

マオ「カキー!買い物付き合ってよ!」

カキ「えー…また荷物持ちか?」

マオ「どうせ暇でしょ?」

カキ「ハァ……」

リーリエ「………………」チラッ

マーマネ「トゲデマル!またアイス食べて帰ろうよ!」

トゲデマル「マリュマリュウ」

リーリエ「!」

ジェイムズ「お嬢様、お友達と一緒にお車に…」

男「フヒヒw」

リーリエ「マーマネ!」グイッ

マーマネ「へ?」

トゲデマル「マリュ?」
11 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 21:27:53.43 ID:DS7XWgZjO
ブロロロロー

男「………………」

マーマネ「いやぁ…乗せてくれてありがとねー!ジェイムズさん!リーリエ!」

ジェイムズ「いえいえ」

リーリエ「気にしないでください」ニコッ

シロン「コーン」

男「………………」

男(……チッ!このデブ!もう少しでリーリエちゃんと二人っきりでナカヨクできるとこだったのに邪魔しやがって!)イライラ

男(まっ、いーや…どうせこんなデブがリーリエちゃんに相手される訳ねーし、このチャンスにリーリエちゃんと…)フヒヒ

男「あ、あの…リーリエちゃ…」

リーリエ「マーマネ、また帰りに寄り道してアイス食べる気だったんですか?」フフフ

マーマネ「え?い、いや…えっと…」ハハハ

男「!」

リーリエ「ふふっ、ナイショにしてもわかりますよー?」クスクス

マーマネ「ま、まぁね…」

シロン「コン」

男「………………」

マーマネ「あそこのアイス屋、バニラがおいしーんだよねー♪男くんは何が好き?」

男「ふぇ!?」ビクッ

マーマネ「あ、急にごめん!男くんは何味のアイスが好きかなーって」

男「チョ、チョコカナー」ハハハ

男(きゅ、急に話しかけんなよデブ…びっくりしただろ!)ドキドキ

マーマネ「あー、チョコもいいよねー!リーリエは?」

リーリエ「私もバニラですね」

シロン「コン」

男(し、しまった!リーリエちゃんはバニラ派か!)

マーマネ「やっぱりバニラだよねー」アハハ

男「………………」
12 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 21:41:40.69 ID:DS7XWgZjO
ブロロロロー

リーリエ「……あの、男さん」

男「!(り、リーリエちゃんが話しかけてきた!)」

男「な、なひっ!り、リーリエちゃ!ん!」

リーリエ「……いえ、男さんの家はどちらなのでしょうか、と……」

男(俺の家を気にしてる?まさか脈あり!?)ドキドキ

リーリエ「……もし家が近いのならばそろそろ降りた方が……」

マーマネ「あ、ジェイムズさん!僕ここでいいよ」

ジェイムズ「畏まりました」キィー

リーリエ、男「!」

マーマネ「じゃあありがとねリーリエ!男くんもまた月曜に!」

トゲデマル「マリュ!」

男「う、うん…マーマネくん!また月曜」ニコニコ

男(ふぅ…ようやく邪魔なデブがいなくなる…)

男(フヒヒ……これでリーリエちゃんと二人きりに……)チラッ

リーリエ「ま、待ってくださいマーマネ!」グイッ

マーマネ「へ?」

男「!」

リーリエ「ど、どうせなら家に寄っていきませんか?」ニコニコ

シロン「コーン」

マーマネ「えーと……」

男「………………」
13 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 21:48:55.89 ID:DS7XWgZjO
リーリエの家

男「………………」

マーマネ「うわぁ…リーリエの家久しぶりだなぁ」

リーリエ「ふふっ、楽しんでいってくださいね?」ニコッ

シロン「コン!」

マーマネ「うん!」

男(ま、いーや…リーリエちゃんの部屋に入れるんだ…)

男(どさくさに紛れてパンツの一枚でも………)フヒヒ

リーリエ「」スタスタ

男「………………」

男(いい匂いすんなぁ…リーリエちゃん…)クンクン

マーマネ(男くん鼻をクンクンさせて何やってるんだろ?)

男「……………」

男「あっ、つまづいた」コケッ

リーリエ「………え?」


ドサッ
14 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 21:54:01.69 ID:DS7XWgZjO
マーマネ「!男くんが転んだひょうしにリーリエに覆い被さって……!」

男「フヒヒ……ごめんねリーリエちゃんwちょっとつまずいちゃってw」ベタベタ

リーリエ「お、重いです!どいてください!」グイグイ

シロン「ゴーン!!」

男「い、いまどくよ…」ベタベタ

男(フヒヒw女の子やわらけーww)ベタベタ

マーマネ「あ、あの…大丈……」

マーマネ「!」

リーリエ「うぅ…ひっぐ…」グスッ

マーマネ「…………へ?」

男「………え?」
15 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 22:03:27.27 ID:DS7XWgZjO
男「あ、あの……」アセアセ

男(やべっ…やりすぎたか!?)

マーマネ「あの…リーリエ……」

リーリエ「もう嫌ですよぉ……」グスグス

リーリエ「………朝からずっと気持ち悪い目で見られて…」グスッ

リーリエ「無理矢理家までついてこられて…体をベタベタ触られて……」

男「い、いや……その…」

マーマネ「あのリー…」

リーリエ「私……マーマネに"助けて"ってずっとサイン出してましたよねぇ!」グスッ

マーマネ「…………ご、ごめん…」

男「……………」

男(ヤバいな…大事になる前に逃げなきゃ……)

男「あ、あの…ごめんねリーリエちゃん!俺用事を思い出したからまた……」クルッ


ドンッ

男「いでっ!」ドサッ

男「いつつ……いったいなに……」チラッ

「おい」

男「!」
16 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 22:14:13.21 ID:DS7XWgZjO
グラジオ「なんでリーリエが泣いてるんだ?」ギロッ

シルヴァディ「ヴァディ!」

男(な、なんだこいつ……)ジリッ

マーマネ「り、リーリエのお兄さん!?なんで!?」

グラジオ「………ちょっと用事があってな」

男(リーリエちゃんのお兄さん!?)

リーリエ「うぅ…お兄様…」グスグス

グラジオ「………………」

男「あ、あのですねお義兄さん!これはですね?」アセアセ

グラジオ「………………」

シロン「コン!」クイッ

男「」ビクッ

グラジオ「!」

男(こ、この馬鹿ロコンがぁ!)

グラジオ「………おい、リーリエをつれて部屋に行ってろ」

マーマネ「え?あ、ハイ…」

リーリエ「お兄様……」グスッ

男「………それじゃ僕はこの辺で……」ソロー

グラジオ「待て」グイッ

男「」ビクッ

グラジオ「その腰のモンスターボール…お前もポケモントレーナーなんだろ?」

グラジオ「少しバトルに付き合え」ニヤッ

シルヴァディ「ヴァディ!」

男「イヤソノ……ヒェッ…」ビクビク
17 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 22:23:17.19 ID:DS7XWgZjO
男「畜生……酷い目にあった……」ボロッ

男(くそっ!あのクソ兄貴…ネットで顔晒して炎上させてやる!)イライラ

「おーい!」

男「!」

サトシ「どうしたんだよ男くーん!」

ピカチュウ「ピッカー!」

ロトム図鑑「ボロボロロトねー」

男「サトシくん……」

サトシ「何かあったのか!?」

男(くそっ!こんな時に面倒な奴が……)

男「………別に何も…」

サトシ「そんなボロボロになって何にもない訳ないだろ?」

男「………………」

男(あー面倒くさ…………待てよ?)

男「……あの、サトシくん」

サトシ「ん?」

男「相談が………」
18 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 23:04:31.43 ID:DS7XWgZjO
翌日

浜辺

ザザーン

スイレン「サトシ遅いねアシマリ」

アシマリ「アウ」

「おーい!」

スイレン、アシマリ「!」

サトシ「遅れてごめーん!」

ピカチュウ「ピッカー!」

ベベノム「べべー♪」

スイレン「サトシ、遅刻!」プクー

アシマリ「アウ!」プクー

サトシ「ハハハ、悪い…」

ロトム図鑑「サトシが寝坊するからスイレンが怒ってるロト」

サトシ「えーと…ごめんなスイレン?」

ピカチュウ「ピー」

スイレン「許さない」プイッ

サトシ「え!?そんな…」

スイレン「………うーそです♪」クスッ

アシマリ「アウ」ニコッ

サトシ「な、なんだ嘘か…」ホッ

ピカチュウ「ピカー」

スイレン「サトシ、時間がもったいない!早くバルーンの練習しよ!」

サトシ「あっ、それなんだけどさ?」

スイレン、アシマリ「?」
19 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 23:12:56.24 ID:DS7XWgZjO
男「アローラー」ニコニコ

サトシ「おっ!遅いぞー!」

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「!?」

男「いやぁごめんごめんw」

スイレン「………なんで男くんが……」

サトシ「それがさ!男くんにスイレンの夢を話したら是非協力させてくれって言ってきてさ!」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「え?」

男「スイレンちゃん!」ガシッ

スイレン「」ビクッ

男「サトシくんからスイレンちゃんの夢の話は聞いたよ!素晴らしい夢だね!是非僕にも協力させてくれ!」キラキラ

スイレン「えと…その……」

男(よっしゃ!ごく自然な形で手を握ったぞ!スイレンちゃんの手ちっちゃくてかわい〜)ニヤニヤ

サトシ「へへっ」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」
20 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 23:21:14.10 ID:DS7XWgZjO
スイレン「あ、あの…そろそろ手、離してもらっていい?」

男「あっ、ごめんね?」バッ

スイレン「………………」

男(スイレンちゃん照れてるな?掴みはOKだ!)グッ

男(リーリエちゃんは失敗したけど……スイレンちゃんみたいな子はきっと押しに弱いハズだ!攻めて攻めて攻めてまくるのみ!)

男「やるぞー!」メラメラ

サトシ「へへへっ、男くんの奴…燃えてるな?」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」

ロトム図鑑「サトシは本当に馬鹿ロトねー」

スイレン「………サトシ」チョイ

サトシ「ん?」

スイレン「………なんで男くんに私の夢言ったの?」

サトシ「え!?ダメだったか?」

スイレン「………いや、ダメじゃないけど……」

サトシ「じゃあ、いいじゃん!きっとみんなで練習した方が夢に近づくよ!」ニッ

スイレン「………………」ムスッ

アシマリ「アウ」
21 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 23:30:16.19 ID:DS7XWgZjO
ワイワイ

スイレン「アシマリ!バルーン!」

アシマリ「アウ!」プワーン

男「うわぁ…サトシくんの言った通りスイレンちゃんとアシマリのバルーンはすごいね!」

サトシ「へへへっ、だろ?」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「どうも」ムスッ

スイレン(あーあ…せっかくサトシと二人っきりでデートだと思ったのに)

アシマリ「アウ……」

スイレン「………………」

スイレン「………私、やっぱり帰る」プイッ

サトシ「え!?」

男「え!?」

スイレン「いこっ、アシマリ」クルッ

アシマリ「アウ……」

サトシ「す、スイレン!?」

スイレン「」スタスタ

男(な、なんでスイレンちゃん怒ってんだ!?と、とにかくここで帰られるのはマズい!ひき止めなきゃ!)

男「ちょ、ちょっと待ってよスイレンちゃ……」

サトシ「待ってよスイレン!」グイッ

スイレン「!」
22 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 23:40:59.64 ID:DS7XWgZjO
サトシ「スイレン!どうしたんだよ?ひょっとして俺、スイレンが何か怒るような事しちゃったかな?」ギュッ

スイレン「えと…その……」チラッ

ギュッ

スイレン(手…握られてる…////)カァー

サトシ「スイレン、何かあったんなら言ってくれよ!俺、このままスイレンに帰られるのは嫌だよ!」

スイレン「/////」プシュー

男「…………………」

男(おいおいスイレン……なんだよその反応は……俺に手を握られた時と全然違うじゃねーかよ……)

サトシ「なぁスイレ……」

スイレン「な、なんでもない…////」カァー

サトシ「え?」

男(………発情期のメスの顔しやがって……!!)

男(糞ビッチが!!)クワッ

スイレン「………ごめん、サトシ!やっぱり練習の続き、しよ!」ニコッ

サトシ「スイレン……ああ!」ニッ

ピカチュウ「ピカー!」

アシマリ「アウ!」

ロトム図鑑「やれやれ……年頃の女の子というのは……」

男「つまんね、帰る」ケッ

サトシ「…………へ?」
23 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 23:50:13.80 ID:DS7XWgZjO
サトシ「お、おい!どうしたんだよ男くん!」

男「うっせーな!触んなや!」バッ

サトシ「え!?」

スイレン「………………」

男「なぁにがバルーンで海の中散歩するのが夢〜だよ!そんなお遊びの為に貴重な時間使ってらんねーわ!」

スイレン「!」カチン

サトシ「…………おい、言っていい事と悪い事があるだろ!スイレンの夢だって立派な夢だ!スイレンに謝れよ!」

ピカチュウ「ピカー!」プンプン

男「うるせーバーカ」

サトシ「この……」

スイレン「サトシ、もういい」ポン

サトシ「スイレン………」

男「あーあ、本当にくだんね。帰るわ」

男「ブスとマヌケ面でお似合い同士ナカヨクやってろや」ケッ

スイレン「!」

サトシ「…………わかったよ……スイレン、バルーンの練習に戻……」

スイレン「ねぇ」グイッ

男「あ?」

スイレン「サトシに謝って」
24 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/14(木) 23:57:03.76 ID:DS7XWgZjO
男「な、なにを……」

スイレン「サトシはマヌケなんかじゃない」

男「……ちょ……」

スイレン「サトシに謝れ!」

男「」ビクッ

サトシ「も、もういいよスイレン!お、俺気にしてないから…」ハハハ

スイレン「フーフー」

男「………………」

ロトム図鑑「サトシは情けないロトねー」

ピカチュウ「ピカピィ」

男「うるせー!知るか!」クルッ

サトシ「あっ!」

男「お前らなんかバルーンで海の中散歩してそのまま沈んじまえ!」ダッ


タッタッタ


サトシ「…………」

スイレン「もういい、ほっとこ」プイッ

アシマリ「アウ…」
25 : ◆06TGphfKDE [saga]:2018/06/15(金) 00:17:36.51 ID:TiU7PnbCO
ヤレユータンの酒場

男「うぅ…畜生……」グスッ

男「なんなんだよあいつらぁ…リア充爆発しろよ!」グスグス

ヤレユータン「ヤレヤレ」

男「うぅ……部屋で引きこもってネットとアニメ三昧で…たまたま外に出たらトラックに轢かれてよぉ……」

※彼の元いた世界にポケモンはありません

男「気付いたら変な場所で神様みたいなジジイにざっと説明されて人生やり直せとか言われてガキの姿にされて…これ持たされて…」スッ

男「なんだよこのイーブイとか言うポケモン!全然使えねーじゃねーかよ!」ブンッ

コロコロコロ……

男「何がアローラはいいとこだよ♪だよ!詐欺じゃねーか!」

男「30年間無気力だった俺が…せっかくやる気出して美少女JSに囲まれて……彼女作ってやろうと思ったのによ!」グスッ

男「何で俺がDQN兄貴にボコられた挙げ句当て付けみたくバカとブスのイチャイチャ見せつけらんなきゃいけねーんだよ!どうせならもっとチートなポケモンよこせやクソジジイ!死ね!」バンッ

ヤレユータン「ヤレヤレ……」

カランカラン

男「………あ?」グスッ

「ヤレユーターン!」

マオ「今いいかな?」ヒョコッ

アママイコ「アマー!」

男「!」

マオ「………あっ……」

マオ「………や、やっぱり今度に……」ソロー

アママイコ「アマー」ソロー

男「ま、待って!」

マオ「」ビクッ
21.69 KB Speed:5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)