【モバマス】芳乃「わたくしの姉力を世に知らしめるのでしてー」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 21:49:21.74 ID:3xvqc3Fs0
依田芳乃ちゃんが佐城雪美ちゃんのお姉さんになろうとするお話です。
依田芳乃ちゃん、誕生日おめでとう!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530622161
2 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 21:49:52.14 ID:3xvqc3Fs0
芳乃「知らしめるのでしてー」

モバP「?」

芳乃「よいですかー」

モバP「知らしめるってどうやって?」

芳乃「それを考えるのがそなたのお仕事かとー」

モバP「無茶振りかよ」

芳乃「できないと申しますかー」

モバP「まぁそんないきなりは無理だよ」

芳乃「そなたならできるかとー、それを見込んで頼んだのでしてー」

モバP「……じゃぁ次のライブは雪美ちゃんと組むのはどうかな?」

芳乃「雪美とですかー?」
3 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 21:52:39.21 ID:3xvqc3Fs0
モバP「うん、年下と組めばお姉さんぽく見えるんじゃないか?」

芳乃「名案でしてー。わたくしの姉力をみせつけるときでしょー」

モバP「ところでなんでそんなに姉力?を見せつけたいんだ?」

芳乃「知りたいですかー?」

モバP「うん」

芳乃「このことは他言せぬようー」

モバP「わかった」

芳乃「最近小学生や中学生に間違われることが多いのでしてー」

モバP「……もうわかった、それ以上はいいよ」

芳乃「察しが早くて助かりまするー」

モバP「大丈夫だよ芳乃、芳乃は小さくても器は大きいから」

芳乃「小さくてもは余計でしてー」

モバP「すまん」
4 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 21:57:54.52 ID:3xvqc3Fs0
芳乃「ともかく、雪美とならわたくしもお姉さんに見えるでしょー」

モバP「あぁ、そうだな」

芳乃「して、ゆにっと名はどうなるのでしょー?」

モバP「どうしようかな………」

ちひろ「モバPさん、お届け物が来てますよ」

モバP「あぁ、ありがとうございます。そこに置いといてください」

ちひろ「はい」

モバP「おっ、思いついたぞ」

芳乃「ほほー、聞かせてもらいましょー」

モバP「クロネコヤマトナデシコ……どうかな?」

芳乃「そのこころとはー?」

モバP「人々が失った優しい心をその人の元へ運ぶから…かな」

芳乃「黒猫が雪美を意味するものとすると、わたくしは大和撫子でしてー?」

モバP「うん、そんな感じかな」

芳乃「よきかなよきかなー」

モバP「気に入ってもらえてよかったよ」

芳乃「これでわたくしもふぁんにその力をしらしめることができるでしょー」
5 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 21:58:21.49 ID:3xvqc3Fs0

――――――――――――――――――――

芳乃「雪美、今日はよろしくお願いしますー」

雪美「よろしく……ね……」クルッ

芳乃「わたくしの背中に何かついてましてー?」

雪美「ううん……。……よいしょ……」

芳乃「うっ…雪美、重いのでしてー。なにゆえわたくしにおぶさるのでしょー」

雪美「芳乃……髪……いい匂い……。おばあちゃんの……家の匂い……」

芳乃「ばばさまでしてー?」

雪美「うん……いい匂い……。畳の…匂い……?」

芳乃「どうでしょー。自分ではわかりませぬー」

雪美「そう………」

芳乃「重いのでしてー」

雪美「わかった………」ストン

芳乃「今日のらいぶはわたくし達くろねこやまとなでしこのお披露目。気合を入れて参りましょー」

雪美「うん………」

芳乃「緊張しているのでしてー?」

雪美「ううん……………」
6 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 22:00:33.64 ID:3xvqc3Fs0
芳乃(むむー、雪美は寡黙故考えが読めませぬー)

芳乃(なかなか手強いのでしてー)

雪美「………………………」

芳乃(口をつぐんでしましたー。どうしましょー)

雪美「今日は……二人で……にゃん…って……やろ……」

芳乃「にゃん…ですかー?」

雪美「うん……クロネコ…ヤマトナデシコ…だから……猫のまね……やる……」

芳乃「なるほどー、それは妙案でしてー」

雪美「曲の…最後に……こうやって……にゃん…って……するの……」

芳乃「にゃんっ……どうでしょー?」

雪美「うん……いいと…思う………。あとは……ヤマトナデシコ……?」

雪美「ヤマトナデシコ…って………なに……?」

芳乃「やまとなでしことはー、清楚で美しい日本の女性を表すことばでしてー」

雪美「芳乃みたいな……人……」

芳乃「わたくしはまだまだ修行中の身、やまとなでしこにはまだ遠いかとー」

雪美「そう……。でも……芳乃……せいそ…?で……かっこいい……」

雪美「和服も……似合ってる……、リボンも……。とっても……和風で……素敵……」

雪美「だから…………やまとなでしこ…って……思う……」

芳乃「ふふっ…そういわれるとおもはゆいのでしてー」
7 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 22:02:03.68 ID:3xvqc3Fs0


雪美「芳乃……やまとなでしこ…だから…、やまとなでしこの……ぽーずも……したい…………」

芳乃「やまとなでしこのぽーず…どのようなぽーずでしょー?」

雪美「…………………………………おじぎ?」

芳乃「難しい質問でしてー」

雪美「花簪の……最後の…ポーズ…は……?」

芳乃「良いでしょー」

雪美「じゃぁ……最後は……猫のぽーず……やって……一回…回って………」

雪美「それから……はんなりの…ぽーず……………。良い……?」

芳乃「よいでしょー。早速練習しましょー」

雪美「うん……………」

芳乃(あれ…わたくし今全然姉力を発揮していないのでは?)

雪美「ふふっ…………」
8 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 22:03:27.83 ID:3xvqc3Fs0
――――――――――――――――――――

モバP「芳乃、この前のライブすごいよかったぞ」

芳乃「ありがとうございますー。これもそなたを始めすたっふのみなみなさまのおかげでしょー」

モバP「特に最後のあのポーズがよかったよ」

芳乃「それは雪美が考えたのでしてー」

モバP「そうだったのか、雪美が……」

芳乃「せっかくそなたに機会を与えて頂きましたがー知らしめることは叶いませんでしてー」

モバP「そうか、それは残念だったな」

芳乃「やはり付け焼き刃で姉力を発揮するのは難しかったのでしてー」

モバP「そうだね、普段からお姉さんらしくしてないと難しいかも」

芳乃「それでは早速お姉さんらしくしてくるのでしてー」トテトテ

モバP(お姉さんらしさってそんな押し付ける感じで……いいのか?)
9 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 22:05:10.25 ID:3xvqc3Fs0

――――――――――

芳乃「雪美、何をしているのでしてー?」

雪美「熱いから……ソファで……溶けてる…………だらー……って………」

芳乃「それではわたくしが扇子で扇いであげましょー」

雪美「すごい……扇子……かっこいい……」

??「センスの良い扇子ですね、ふふっ」

雪美「ちょっと……涼しく…なった……。もう……溶けなくて…大丈夫……」

芳乃「むー」

雪美「お腹……空いた………」

芳乃「それではわたくしがおせんべいを差し上げましょー」

雪美「ほんとう……?嬉しい………」

芳乃「もちろん、わたくしはお姉さんなのですからー。どうぞ」

雪美「流石…芳乃お姉さん…………。ありがとう……」

芳乃(芳乃お姉さん…なんて甘美な響きなのでしょー。ふふふ)

雪美「芳乃…………芳乃………?」

芳乃「はっ…なんでしょー?」

雪美「ううん……なんでもない……。ちょっと……日菜子ってたから……心配…なった……」

芳乃「そ、そんなことはありませぬー。少し暑かったのでぼーっとしてただけでしてー」
10 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 22:06:12.20 ID:3xvqc3Fs0

雪美「和服……暑そう……」

芳乃「ちょっと暑いのでして―」

雪美「じゃぁ……私が……扇ぐ……、貸して……」

芳乃「できませぬー。雪美に扇いでもらってはお姉さんの名折れでしてー」

雪美「そう…………。なら……麦茶……入れて…あげる………」

芳乃「いえいえ、ここはわたくしがー」

雪美「大丈夫………任せて……」

芳乃「それでは、お願いするのでしてー」

雪美「…………うん」

芳乃(ふふふ、本当に妹ができたみたいでしてー)

芳乃(よきかなよきかなー)

雪美「おまたせ…………」

芳乃「これは…ぷりんでしてー?」

雪美「そう………プリン……」

芳乃「勝手に食べてよいのでしてー?」

雪美「おいしいから……大丈夫………」

芳乃「蓋に大きな文字で『モバP』と書いているのでしてー。おそらくは食べては行けないでしょー」

雪美「おいしいから……大丈夫……。芳乃……食べたくない?」

芳乃「そういうことではないのでしてー」

雪美「冷たくて……甘い……プリン……」

芳乃「うっ」

雪美「プリンも…芳乃に食べて欲しい…って…………言ってる…よ……」

芳乃「そ、それもそうかもしれませぬー」
11 : ◆yz988L0kIg [saga]:2018/07/03(火) 22:07:06.97 ID:3xvqc3Fs0
雪美「じゃぁ……開けるね……」

芳乃(モバP殿、この償いは必ず…)

雪美「芳乃……あーん……」

芳乃「よいのですかー?一口目をもらってもー」

雪美「うん……おせんべいの…お礼……」

芳乃「それでは…いただくのでして―」

雪美「…………おいしい……?」

芳乃「とても甘やかな罪の味がしまするー」

雪美「私も……食べさせて………」

芳乃「よいでしょー」

雪美「あー………ん。……………おいしい」

雪美「これで……共犯者…ね……。芳乃…もっと……」

芳乃「かしこまりましてー」

芳乃(ぷりんをねだる雪美の、なんと愛くるしいことでしょー)

芳乃(ひな鳥に餌をやるようなこの感覚、たまらないのでしてー)

モバP「誰か俺のプリン知らないk………」

雪美「……………………」

芳乃(これは…万事休すでしてー)

モバP「それ、もしかして」

芳乃「も、申し訳ありませぬー。わたくしが雪美可愛さのあまりそなたのものと知っていながら…」

モバP「いやいいよ芳乃、大方雪美が勝手に持ってきたんでしょ」

芳乃「そ、そのようなことはありませぬー」

モバP「本当は雪美が持ってきたんだよな。な、そうだろ雪美」

雪美「うん…………。ごめんなさい……」

芳乃「雪美…」

モバP「まぁ今回は芳乃の姉力に免じて許してあげるよ」

雪美「ありがとう……」

モバP「それにしても芳乃もとっさに雪美をかばうとは。なんだかんだお姉さんらしかったな」

芳乃「ほほー、流石わたくしの姉力でしてー。これで世にも知らしめられたことでしょー」

モバP「やっぱりお仕置きが必要みたいですね」

このあとめちゃくちゃマストレさんにしごかれましたとさ

おしまい
12 : ◆yz988L0kIg [saga sage]:2018/07/03(火) 22:10:32.74 ID:3xvqc3Fs0
以上です
改めて、芳乃ちゃんお誕生日おめでとう!
それと、これからも膝の上の恋人こと佐城雪美ちゃんをよろしくおねがいします!


前作です。
【モバマス】モバP「山椒は小粒でもぴりりと甘い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529508386/
10.69 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)