ギャル「はい、次は君ね♪」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :saga :2018/07/06(金) 02:25:40.29 ID:4ZcduzH30

ギャル「う〜ん、なんかおもしろいことないかな〜」


ヤンキー女「今日カラオケでも行くか?」


ビッチ「私ネカフェでダーツやりたい」


ギャル「そうだね〜……」チラッ


根暗「……」


ギャル「……」


ヤンキー女「じゃあカラオケ行ってからダーツ行くか」


ビッチ「え〜、先ダーツがいい」


ギャル「ねぇねぇ、アレ見て」


ヤンキー女「ん?」


ビッチ「……」


根暗「う〜ん……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530811540
2 :saga :2018/07/06(金) 02:27:48.83 ID:4ZcduzH30

ヤンキー女「アイツがどうかしたのかよ」


ビッチ「勉強、してる」


ギャル「暇だからちょっかいだしてみない♪」


ヤンキー女「おっ、いいねぇ」


ビッチ「私しゃべったことない」


根暗「この問題よく見るな、テスト出るかな」
3 :saga :2018/07/06(金) 02:29:19.06 ID:4ZcduzH30

ギャル「根暗く〜ん」


根暗「!!」ビクッ


ギャル「なにしてるの?」


根暗「えっ……あっ」


ぞろぞろ、、


ヤンキー女「キャハハ、なんだよその顔wwwwww」


ビッチ「……動揺しすぎ」クスっ


根暗(な、なんでギャルさんたちが)
4 :saga :2018/07/06(金) 02:30:00.02 ID:4ZcduzH30
ギャル「数学?おもしろい?」


根暗「いや、別に……」


ヤンキー女「てゆーか休み時間まで勉強してんの?wwww」


ビッチ「すごい、尊敬する」


ギャル「ねぇねぇ、ちょっとしゃべらない?」


根暗「えっ、ぼぼ僕とですか?」


ギャル「うん、僕とですww」


ヤンキー女「キャハハ!!、なんでちょっと怯えてんだよ」


ビッチ「反応、おもしろい」クスクス
5 :saga :2018/07/06(金) 02:31:14.93 ID:4ZcduzH30

ギャル「てゆーか根暗くんてさ〜、いっつも一人だよね。友達いるの?」


根暗「!!」


ヤンキー女「攻めるね〜ギャル」


根暗「えっ、そんなに、いないけど」


ギャル「そんなにってなにwwちょっとはいるの?」


根暗「うん」


ギャル「誰?連れてきて紹介して」


根暗「えっ……」


ギャル「僕の友達で〜すって」


根暗「そ、そんなのできないよ」


ギャル「なんで?友達いるんでしょ」


根暗「いるけど……」


ビッチ「ギャル、いじめすぎ」クスクス


根暗(やりづれぇ……早くどっか行ってくんないかな)
6 :saga :2018/07/06(金) 02:32:24.05 ID:4ZcduzH30
ギャル「まぁいいや、あとさ〜聞きたいんだけど」


根暗「……」


ギャル「ぶっちゃけ童貞でしょ?」


根暗「!!」


根暗「な、なに言ってるんだよ//」


ヤンキー女「キャハハ、どストレートすぎwwww」


ビッチ「声裏返ってた、かわいい」クスクス


ギャル「どうなのよ、ねぇ」ズイッ


「おい、根暗がギャルたちに絡まれてるぞ」


「マジで、おもしろそうじゃん」


根暗(誰か助けろよ)
7 :saga :2018/07/06(金) 02:33:04.42 ID:4ZcduzH30

ギャル「いいじゃん、クラスメイトでしょ」


根暗「……」


ギャル「誰にも言わないからさ」


根暗「……」


ヤンキー女「おっ、こいつ無視してやがる」


ギャル「ねぇーねぇー、そうなんでしょ〜?」ニタニタ


根暗「くっ……」


ビッチ「……」
8 :saga :2018/07/06(金) 02:34:22.68 ID:4ZcduzH30

ビッチ「ねぇギャル、私やる」


ギャル「ん?あぁアレね」


ヤンキー女「キャハハ、どうなんだろ♪」


根暗「?」


ビッチ「私さ、ちょーのーりょく使えるの」


根暗「は!?」


9 :saga :2018/07/06(金) 02:35:10.43 ID:4ZcduzH30

ビッチは根暗のカラダを少し押し込み、机との間に少しの隙間をつくる

そしてー


ビッチ「んっ」


根暗のひざの上に乗り抱き着くようなかっこうになる


根暗「!!」


ビッチ「ねぇ……」


根暗「あっ……ちか」


ビッチ「根暗くんって、女の子とえっちしたことある?」


根暗「……!!」ゴクリ
10 :saga :2018/07/06(金) 02:35:56.30 ID:4ZcduzH30

「おい、アレ見ろよビッチが根暗を!!」

「えーー!!アレやばいでしょ」


ザワザワ、、


根暗「はぁ……はぁ……」


根暗(いい匂いがする、やべぇ)


ビッチ「ちゃんとこっち見て、目合わせてよ」ズイッ


根暗「うっ」


ビッチ「ねぇ、根暗くん」


ビッチは根暗の頬をもてあそぶように撫で回す


根暗は催した劣情を感じ取られまいと

首をそむけてささやかな抵抗をする


しかし、経験値の差で言えば赤子同然の根暗が
この状況を切り抜けられるはずもなく


ビッチは止まらずたたみかける


ビッチ「えっち、したことあるの?」


根暗「う、うわああああああああああ」
11 :saga :2018/07/06(金) 03:13:19.86 ID:4ZcduzH30

ビッチ「えっ」ビクッ


ビッチ(これって)



キーンコーンカーンコーン♪


ギャル「あっ、チャイム」


ヤンキー女「いいとこだったのになー」


ギャル「でももう分かったっしょ、ビッチ」


ビッチ「うん、100%チェリー」


ヤンキー女「やっぱそうだよな」


ビッチ「てゆうか、まぁいいけど」


ヤンキー女「どした?」


ビッチ「ん、別に」


ギャル「後で聞かせてよ」ニヤニヤ


ビッチ「おk」


ヤンキー女「なんだよもう」


根暗「はぁ…はぁ……」





12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/06(金) 09:45:29.79 ID:wIyWQvgio
はよ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/06(金) 11:49:46.63 ID:JZ7Db/kSO
sagaって名前なのか新しいな
14 :saga :2018/07/06(金) 16:55:52.78 ID:4ZcduzH30

先生「はいこの前の続きからいきますよ〜」


先生「日英同盟を理由に、日本はー」


根暗「……」


先生「おい根暗、お前それすごい汗だぞ」


根暗「え……」だらだら


先生「どうした、体調悪いのか?」


根暗「い、いえ。大丈夫です、はい」


先生「そうか、無理はするなよ」


根暗「はい」


ギャル「根暗く〜ん、だいじょぶ〜?」


ヤンキー娘「先生、この教室暑ぃからだよ。クーラーつけてよ」


ビッチ「……」


根暗(体が熱い、頭がボーッとする)
15 :saga :2018/07/06(金) 16:56:24.73 ID:4ZcduzH30

ー昼休みー


ギャル「あれ、根暗は?」


ヤンキー女「そう言えばいねぇな」


ビッチ「さっき、出てった」


ヤンキー女「う〜ん、ねぇ誰か根暗どこにいるか知らない?」


「根暗は学食だよ」


ヤンキー女「は?あいつ学食で昼飯食ってんの」


ギャル「生意気じゃん」


ビッチ「なに食べてるのかな」

16 :saga :2018/07/06(金) 16:57:01.00 ID:4ZcduzH30

ギャル「つーかビッチ、さっきアレやった時なにかあったの?」


ヤンキー女「あっ!そうだそれ聞こうと思ってたんだ」


ビッチ「うん、あのね」


ビッチ「根暗くんあの時」


ビッチ「勃起してた」


ヤンキー女「マジ!?キャハハwwww」


ギャル「まぁ童貞だからね〜根暗は、刺激強かったんじゃない?」


ヤンキー女「それなwwwwww」
17 :saga :2018/07/06(金) 16:57:27.52 ID:4ZcduzH30

ビッチ「でもね、すごいんだよ」


ビッチ「根暗くんの、かなりデカい」


ギャル「え、マジ」


ビッチ「デカくなったの、ズボンごしに私の股のところに入り込んできて
ちょっと感じちゃった」


ギャル「ちょ」


ヤンキー女「キャハハwwパねぇwwwwww」
18 :saga :2018/07/06(金) 16:58:01.26 ID:4ZcduzH30

ギャル「まぁぶっちゃけアレ対面座位だったよね」


ヤンキー女「ほぼセックスじゃねぇかwwww」


ビッチ「あ、思い出したらこーふんしてきた」


ヤンキー女「お前、マジかよ」


ギャル「それじゃあさ、放課後またあいつ捕まえようぜ」


ヤンキー女「ついでに脱がすか」


ビッチ「うん、生で見たい」


ヤンキー女「問題はどうやって人気のない場所に連れ込むかだな」


ギャル「学校でどっか使えそうな場所あったっけ?」


ビッチ「う〜ん……」


ヤンキー女「パッと思いつかねぇな」


ギャル「まぁいいや、あと2時間あるし考えとくわ」


ビッチ「おk」


ヤンキー女「キャハハwwww最高ジャン!」

19 :saga :2018/07/06(金) 16:58:45.07 ID:4ZcduzH30

ー放課後ー


根暗(帰ろ)ソソソ


ガシッ


根暗「!?」


ギャル「根暗く〜ん、もう帰るの?」


根暗「ぎゃ、ギャルさん……」


ギャル「う〜ん?なにその顔」


根暗「え、別に」


ギャル「あんたってすぐ目そらすよね」


根暗「え」


ギャル「ほら、目合わせないじゃん」


根暗「あ、えと……」


ヤンキー女「なにオドオドしてんの?ん?wwwwww」


根暗「くっ」


根暗(ほんとなんなんだこいつら)
20 :saga :2018/07/06(金) 16:59:22.43 ID:4ZcduzH30

根暗「あの、僕もう帰るから」


ギャル「え?」


ヤンキー女「ウケるwwwwなんかウチらに宣言してんだけどww」


ギャル「まぁまぁ、もうちょっといいじゃん。ゆっくりしていこうよ」


根暗「いしがしいから」ダッ


ギャル「よっと」


ギャルが雑に出した右足に根暗の足がかかる


根暗「うわっ」


根暗はバランスを崩し、無様に転倒してしまう


根暗「うぅっ……」


ギャル「うおっ、いった」


ヤンキー女「キャハハwwwwギャグ漫画かよwwwwww」

21 :saga :2018/07/06(金) 16:59:54.22 ID:4ZcduzH30

根暗「な、なにするんだよ!!」


ギャル「あ、怒った」


ヤンキー女「wwwwww」


根暗「君たちはいったいなんなの!?さっきから僕をバカにして」


ギャル「なんなんでしょう?」クスッ


ヤンキー女「お、やるか?」シュッシュッ


根暗「ふん」


根暗「ふざけんなよったく」

22 :saga :2018/07/06(金) 17:00:32.30 ID:4ZcduzH30

ギャル「どうしたの?そんなに怒んなくてもいいじゃん」


ヤンキー女「ガチでキレてんじゃん」


ギャル「こわ」


根暗は怒っていた


確かに自身の容姿は努力しようとも思えないほどひどい


周りを楽しませたりするどころか、関わった人ほとんどが嫌な気分になるような性格


勉強、運動の能力全てが芳しくない


しかし、それがなんだ


なぜ今日までまともに関わったことのないやつにここまで馬鹿にされなければならないのか


根暗はそれまで伏し目がちだった視線を上げ、ギャルとヤンキー女を睨みつける


その目にはハッキリと闘う意思が宿っていた


ヤンキー女「ちょ、な、なにマジになってんのよ」


ギャル「……」


根暗「……」


根暗のただならぬ雰囲気を感じ取ったのか


ギャルとヤンキー女の勢いが削がれていく
23 :saga :2018/07/06(金) 17:01:15.42 ID:4ZcduzH30

流れが変わった


根暗はそれを理解した


スポーツ中継の解説者がときおり使うこの言葉


それは得点のように目に見えない、しかし勝負の世界で最も重要であるとされる


主導権の獲得


今流れは完全にこの手の中にあるのだ


これでイケる、目の前の敵に勝てる


最後に一言


この悲しいバカ女どもに捨てゼリフを吐いて、すぐにこの場から離れるのだ


根暗はおもむろに1歩、2歩と歩みを進めた


ギャルとヤンキー女は反射的に半歩後ずさる


もう完全に勝った


根暗が勝利宣言を口にしようとしたその時、、、


ビッチ「……」


ビッチ「ねくら、くん」二ヘラ〜


悪魔が現れた
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/06(金) 18:35:44.99 ID:JZ7Db/kSO
20: ◆Jzh9fG75HA[sage]
2018/06/30(土) 11:52:47.75 ID:OmN9ZfLoO
>>14つまりss書いた上で自分が同じことされても何も感じないで素直に従うと言いたいんですね。それはその、何というか…すみません。返す言葉もないです。
あっ、自分がそんなことされるわけもない大作書いたから言ってるわけですね。何を書いたかは貼らないで下さいね。そんな大作の読者の夢が壊れますから。
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/10(火) 19:15:47.62 ID:i9S2HYDa0
はよはよ!
13.05 KB Speed:1.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)