小学生のときからずっと好きだった人に会ったんだ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 00:56:33.22 ID:goaYU7bT0
その人、今や生きてる世界が本当に真逆だったんだけど、
笑顔や、笑い方や、口下手なのにがんばって話そうとしてくれるところとか、なんだかんだ優しいところとか、全然変わってなかったんだ。

思いを断ち切るために会いに行ったのに、余計思いが増してしまった。
これからどうやって生きていったらいいんだろう。
2 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(チベット自治区) [sage]:2018/06/25(月) 00:59:48.45 ID:pMlO5BcEo
ホモスレ
3 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 01:02:40.61 ID:goaYU7bT0
さらっと現在のスペック

>>1
20歳

派遣で食いつないでる
アダルトチルドレン
非処女
引きこもって過去の事ばかり考えてるメンヘラ
昔は頭よかったけど今はバカ

相手
20歳

働いてないらしい。ヤクザ系?
家庭環境複雑(アダルトチルドレンなのかも)
非童貞
全身刺青だらけ
昔から今までずっとバカ(ABCが言えない)
4 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 01:03:05.57 ID:goaYU7bT0
>>2
ホモじゃないです…
5 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 01:04:57.20 ID:goaYU7bT0
普通ではないという点は全く同じなのに異常の方向性が真逆すぎなんだ…。
日本国内で自由に銃を手に入れられるってどういうことなの…。
6 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2018/06/25(月) 04:15:35.62 ID:6sv4LG3A0
普通に考えたらやめた方がいい相手
優しい人なんて沢山いるし、それだったら、優しくて真面目に働いてる人の方が遥かに良くね
7 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 06:59:47.46 ID:goaYU7bT0
>>6
あの人の優しいは違うの。夢も希望もなかった小学生時代に唯一と言ってもいい希望を与えてくれた神様みたいな人なの。
生年月日、血液型、星座、住所、電話番号、身長、体重、体育の記録のタイムを全部記録してたこととか、
方向音痴のくせに10回くらい迷って必死で家まで歩いて行ってうろうろしてたりとか、
席替えのたびに他の子とくじ交換してたりとか、
宿泊学習や修学旅行の写真勝手に買って保存してたりとか、
1回しか入ったことない部屋の構造覚えてた上、お土産にもらった飴の種類も覚えてたりとか、
本当は違う中学に行かなきゃいけなかったのに一緒がいいからって親に土下座してでも進路合わせたこととか、
あの人が転校した後全部だめになって学校にいけなくなったこととか、
他にもいろいろ気持ち悪いエピソード話しても、「いいじゃん、それぐらい俺のこと好きでいてくれたんだ。」って言ってくれる人なの。
口下手で不器用で寂しがりやだから暴力に訴えてしまうことが多々あるけど、それでも本当は、根本的には優しい人なの。

もう将来を考えなきゃいけない年なんだから、やめたほうがいいなんで重々承知だし、
でも、それでも好きって気持ちが止まらなくて、どうしたらいいのかわからないの。
一般的に条件がいいとされる人とのおつきあいだってしたことあるけど、その間も夢の中ではずっとあの人のことが好きだし。
8 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(愛知県) :2018/06/25(月) 10:52:07.77 ID:7HUf+GkA0
お前の漫湖はもう汚れてる
9 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(中部地方) [sage]:2018/06/25(月) 15:21:25.82 ID:kpforZoW0
ひええ……
10 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 16:15:51.04 ID:goaYU7bT0
>>8
その通りです。
でもあの人はわたしがどこまでも気にしてる汚れを何てことなくさらっと受け入れ流してくれる人なの。
別にどうでもよさそうにするんじゃなくて、本当に普通のことのように受け入れてくれる。
わたしは自分の汚さや異常さにすごくコンプレックスを抱いているんだけど、あの人の隣にいるときだけは本当に普通の女の子でいれるの。

>>9
気持ち悪いって、怖いって思ったでしょう?
そうなの、こんな一部明かしただけで気持ち悪がられる人間なんですよわたしって。
でもあの人は本当に普通に受け入れてくれるのそれが救いなの。
11 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 16:27:43.74 ID:goaYU7bT0
会った流れとしては、普通に会って、ドライブして、なんか家に泊められて、最終的にヤりました。

わたしの諸事情で今はダメだって思ったから一応拒否はしたんだけど、まあ本当はしてほしいのだだ漏れだったんだと思う。
あの人がやめようとするたび、ダメっていいながら煽った。
力づくではしなかった。わたしが全力で拒否したらやめてくれたと思う。本当に優しい人。

拒否したら、今日だけは俺のものでいろって言ってくれて、でもわたしは今夜だけでなんて止まれないって思ったから、
いやしたら好きになるって言ったんだけど、なんだろう、うまく伝わってなかったのかな?
次の日の朝には何も触れられず、そのまま帰されて、ラインブロックされてツイッターブロ解されてたから、リプ送ったら
「お前一夜だけでいいっていったじゃん」って言われちゃった…。
しかもわたしのリプのせいでなんかトラブルになっちゃったらしくて。もう連絡とるのやめようって言われて、
あーわたしの行動であの人に迷惑かけちゃったんだなあと思って悲しくて「伝わってなかったんだ、ごめんね。夢見させてくれてありがとう。さよなら」って言ったらブロックされちゃった。
まあ、ツイ垢なんて他にもいっぱい持ってるし、住所も特定したから全然繋がれるんだけどね。
何がしんどいって、わたしの軽率な行動でトラブルを引き起こしてしまったのがしんどい。迷惑かけちゃったんだなあ…。

突き放されたのはきっとね、わたしのことを思ってだと思うの。
あの日、あの人はずっとわたしに好意的だったのに、わたしがずっと「遅い」とか「タイミングが悪い」とか言っちゃったから。
やっぱ俺みたいなのと一緒にいると、幸せになれねーだろとか考えてくれたんだろうな。
あーもうなんでつまんない拒否なんてしたんだろ、なんで小学生時代で懲りなかったんだろ。
絶対こうなるってわかってたじゃん…。
12 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/25(月) 16:30:05.35 ID:goaYU7bT0
今後どうしようかなあ。

会った時、誕生日覚えてるよって話したら、「誕生日プレゼントくれるの?」って言ってくれたし、プレゼントでも送ってみようかなーって考えてるんだけどどう思いますか?
(住所は特定済みです。まだ現地に足を運んではいないので、確認しに行って確信を持ってから送る予定です)
13 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) :2018/06/25(月) 17:05:11.64 ID:UeQ+2WABO
ストーカーだね
14 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2018/06/26(火) 01:42:25.22 ID:fIRxX1Gwo
>>11
わたしのこと想ってじゃないよ
ただ一発やりたかっただけ、もうやれたから用無しになっただけ
早く自覚して目をさましな
15 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/27(水) 23:09:49.00 ID:c/FR9H8y0
>>1です。
>>14さんのレスを読んでから、いろいろと考えました。

正直に言えば、この間会ったときのことも、「わたしのことを思ってくれている」と完全に信じ切っていたわけではなく、
「ただ一発やりたかっただけ、もうやれたから用無しになっただけ」という可能性も十分に考えていました。

小学生時代も、わたしが彼のことを好きなのは、彼自身知っていたと思うし、それを知っていてからかっているんであろう行動も多々ありました。
だからその真意を知りたくて、会ってみようと思ったのがはじまりです。
結果としては、同じことを繰り返してしまったわけなのですが…。

でも、どうしても彼への気持ちが抑えられないのが、現状です。
16 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/27(水) 23:24:51.83 ID:c/FR9H8y0
わたしと彼の小学生時代の思い出だったり関係だったりをぽつぽつ書いていきます。

まず、>>3で書いたスペックにもある通り、わたしはAC(アダルトチルドレン)です。
簡単に言うと、虐待を受けていました。
両親は、小学校入学直前に離婚し、母子家庭で、三人兄弟。一番下の弟は、母が浮気して作ってきた子です。

離婚の原因は母の浮気。それまでは比較的裕福に暮らしていたのですが、離婚をきっかけに母の地元(ド田舎)に引っ越すことになり、貧困生活になりました。

引っ越してきてすぐくらいは、母の実家にいたので、質素ながらもそれなりに普通に暮らしていたのですが、
2年くらいした頃に近くにアパートに引っ越すことになり、それから徐々に生活が変わり、虐待ははじまりました。
食べ物を食べれば文句を言われ、もらえない日もあり、暴力を振るわれ、時には包丁を突き付けられたり、お風呂にもまともに入らせてもらえず、自宅には自分の歯ブラシはありませんでした。
それでも、祖母は優しくしてくれたので、ニュース等で報道される子どもたちと比べれば比較的マシだったと思います。

でも、マシだったとはいえ、辛いものは辛かった。
周りの子と自分の環境を比べて、虚しくなる毎日でした。
皆優しかったので、いじめにあったり、仲間はずれにされたりはしなかったんですけど、それでもしんどかったです。

そんなわたしの生活の、唯一の希望が彼でした。
17 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/27(水) 23:45:22.42 ID:c/FR9H8y0
彼は当時からやんちゃな子で、髪の毛染めたり、暴力沙汰起こしたり、お酒飲んだり、いろいろやらかしている子でした。
頭はクラスで一番悪いけど、スポーツ万能で喧嘩が強くて、料理や絵が上手で、とても存在感のある子。
わたしには、そんな彼がとても自由に見えて、輝かしい存在でした。

わたしはこんな環境で育ってる割にプライドが高く、友達とは同レベルじゃないととても恥ずかしくなる人間でした。
皆がもっているゲームを持っていない、皆が知っているテレビやマンガを知らない、皆がいっている場所に行けない、皆がしている最低限の生活ができていない。
そんな現状にコンプレックスを抱きながら、友人関係を築いていました。少なからずストレスもありました。

でも、片思いってそんなコンプレックスを抱かなくてよかったんです。
学校の中で思っているだけなら、その瞬間は、普通の女の子でいれたんです。
誰かとかかわるたびに感じていた惨めさを、彼のことを考えている間だけは忘れていられた。
もちろん、釣り合わないとかそういうこと考えたらしんどくもなりましたが…。

わたしは彼のこと好きになってからずっと追いかけてましたし、彼も間違いなくわたしの気持ちに気づいてたと思うんですよ。
というか気づいてました。「俺の事好きでしょ」って言われたことありました。

でも、彼は、決定的な終わりは下さないでくれたんです。
「気持ち悪い」とか「嫌い」とか「好きじゃない」とか、そういうこと言わないでくれたんです。
彼がわたしのことどう思っていたのかは、この間会って話を聞くまで知りませんでしたが、
答えを出さないでくれたっていうそれだけで、わたしはずっと感謝していました。
もちろん、もやもやもしてましたけど、結果的に考えれば、何も言わないで曖昧にしてくれたからこそ長く夢を見ていられるんだと思うんですよ。
18 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 00:01:01.97 ID:j27udWG60
そんなこんなで、小学校卒業シーズンになりました。

卒業寸前の冬休みに、母が再婚したわたしは、引っ越して彼とは他の中学に通わなければいけない状況に追い込まれました。
いや、マジ無理。

生まれて初めて母に心からの土下座とお願いをしました。メチャクソに怒られたし殴られたし血も吐きました。
でも、母も再婚するってなったからなのか機嫌が良くなっていて、彼と同じ中学に進学できることになりました。

中学進学。クラスも彼と同じ。やったぜ大勝利!!
と思ったのは束の間。小学生のときと空気が違すぎて凍りました。
皆優しくないし、彼はめっちゃ上位カーストの子と絡んでるし。
いや、今考えると彼は変わってなくて、周りが急激に変わったんです。
小学生時代は、わたしの異常さを皆受け入れてくれていたけど、中学生になって、外部の人が入ってきて、わたしは孤立した。
小学生時代がぬるすぎたのかもしれないです。

もう、そこに存在するだけで惨めな気持ちになりました。
それまでは、なんだかんだ楽しく学校に行ってたのに、そんな気持ちなくなりました。
ずっと仲良くしてた子が皆別のクラス又は他の学校にいってしまったからっていうのもありました。

でもそれでも、クラスは一緒だったので、見てはいられたし、まだ耐えてました。
英語の時間にあてられて、読めなくて困ってるの見て教えてあげたくなったり、
わざわざ遠回りして近くを通ったりして、ギリギリ幸せに生きてました。
19 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 00:21:09.92 ID:j27udWG60
カーストなんか気にせず、彼はいろんなところでちょいちょい話しかけてくれました。
小学生時代と変わらずに、わたしを扱ってくれました。
そんな彼にも救われ、わたしはなんとか夢みて生きてました。

ですが、入学して1ヶ月。5月の中頃。
彼は転校していきました。

その時の衝撃と後悔は、一生忘れられません。

転校していく数日前、わたしは彼から言われていたんです。
「俺、引っ越すんだ」って。
でも、小学生時代から彼は頻繁にそういって、結局ずっといるから、またわたしをからかってるんだと思って、
「ふーん、そう」って軽く流したんです。
でも休みが明けて、彼の下駄箱の名前も靴もなくなってて、あれって思って教室入ってしばらくしたら、彼は私服で転校の挨拶をしにきました。
彼の周りにはカースト上位の子が集まって、別れの挨拶をしてて、わたしは遠くから茫然と見ていることしかできませんでした。

教室から彼がいなくなってから、校門が見える窓まで走って行って、先生に挨拶して、彼がお母さんと一緒に車に乗り込んで、学校からいなくなるところを、泣きながらみていました。

なんで。
卒業式のときに気持ち伝えなかったの。
あの言葉にあんな返事したの。
さよならってちゃんと言わなかったの。
いかないでって言わなかったの。

いろいろな後悔と今までの思い出を頭の中でぐるぐる巡らせながら、その日を終えました。
授業中もずっと泣いたり、涙目でいたりしたんで、クラスメイトは「あっ(察し)」って感じだっただろうな…。
もうそんなの隠す余裕もなかったです。
20 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 00:39:33.35 ID:j27udWG60
数日経って、彼がいない現実を受け入れ始めました。

彼がいなくても学校にいかなければならないし、
勉強はしなくてはならないし、
家で親の理不尽な仕打ちに耐えなければいけないし、
惨めさに耐えなきゃいけないし、
生きなければいけないんだと。

地獄だ。
全部、彼がいるからしていたのに。無理だ。
その後、ゆるりゆるりと、彼がいなくなった影響が出てきました。

まず、学校を休みがちになりました。
母は学校に行くより、家で家事をやっていた方が喜ぶし、わたしも、もう学校に行く価値を感じていなかったから。
そうすると、どんどん成績が下がっていきました。
元々、真面目に勉強していたのは彼が出来ない分やってあげたいからだったので、理由が無くなったことで当然成績は下がりました。
そして、夏休みにはいる頃には惨めさに耐えられなくなり、半ひきこもりになりました。
ずっと休んでいると、担任の先生からしつこく電話がきて母の機嫌が悪くなるので、たまに登校していましたが、ほとんど行っていませんでした。

わたしが学校を休むと、母はパチンコをしにいきます。
皆が学校にいる時間、わたしは家事をやって、新しくできた兄弟のめんどうをみて、彼のことを思い出しながら、悲しくなって、誤魔化すためにプリキュア等のアニメに入り浸る生活をしていました。
21 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:02:46.68 ID:j27udWG60
2年生になると、外や他人が怖くなっていました。
母よりも、他人が怖かったです。母はうまい具合に機嫌を取ればなんとかなることを学びましたので、それほどこわくなくなっていました。
1週間から2週間、下手すれば1ヶ月に1回行く学校が怖くて、苦痛にしょうがなかった。



そして、中2の夏。
突然、彼は戻ってきました。

びっくりどころの話じゃなかった。目の前に存在するのを見てもなお、信じられなかった。
小学生時代からの男友達に「君の彼氏きたよ」なんてひやかされたとき「は???????」ってなりました。

でも確かにそこにいました。わたしが1年間、ずっと求めていた彼がそこにはいました。
話しかけれはしなかったけど、何も言いはしなかったけど、すごいひやかされたし、たぶん喜んでるのバレバレだったんでしょう。

で、ここでまたなんだかんだ幸せに生きれればよかったのですが。
わたし、ずっと学校の行ってなかったせいで、学力がメチャクソに下がってたんですね。
ただでさえコンプレックスの塊だったのに、さらにコンプレックス重ねちゃったわけです。
そのうえ人間不信にもなってたんで、あれだけ好きで勘違い女レベルに信用していた彼のことも信じれなくなっていました。

「容姿も頭脳の運動神経も最悪最底辺なのに、彼の前にいれるわけないじゃん。
ていうか、あの優しかった日々は本当に優しさだったのかな? からかってたでけでは??
本当はわたしのこと鬱陶しいとか、うざいとか思っているのでは????」
と、好きなのに怖い、信用できないという面倒臭い状態になりました。
22 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:10:37.70 ID:j27udWG60
それから、前よりは学校にくる頻度は増えたものの、彼の前で勉強ができない自分を見せるのが嫌だったり、
周りの人間がすごく怖かったりして、前のようには戻れませんでした。

その間も、彼はぽつぽつ話しかけていてくれたんですけど、
「え、なんでわたしなんかに話しかけるの、怖い。でも好き…」って感じでした。
前までだったら「ピャーーーーーー優しい〜〜〜めっちゃ好き〜〜〜〜フゥゥゥゥ〜〜〜↑↑↑↑」って感じ。

希望が持てないまま、前のようには戻れないまま中2の終わりになりました。
突然母から、家の近くの学校に転校するように言われました。

いろいろ麻痺っていたのもあって、割とすぐに「わかった」と返事をしました。

そして、わたしは彼には何も言わずに転校し、転校先の学校でも不登校をしてそのまま卒業し、通信制の高校に進学。
家の近くのファミレスでアルバイトをはじめました。
23 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:26:14.96 ID:j27udWG60
人とかかわるの苦手なくせにホールで採用され、挙動不審な接客をしてました。
あの店長は何を思ってわたしをホールにしたのか、今でも謎すぎる。


ある平日の昼のバイト中、オーダーがなったので普通にとりにいきました。
土木系のヤンキーみたいな人が3〜4人で、こわいなーって思いながらオーダーを取り、なんとなく顔見てみると、
そこには彼がいました。動き3秒くらい止まりました。

「(バレたくない…こわい…)」
「え、>>1?」
「(ファーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)」

ソッコーでバレました。
メガネかけてるからバレないと当時は本気で思ってたんですけどね、いやバレるよね。
だって別れてから2年も経ってないし、なんだかんだすごい仲良かったんだもんわかるよね…。
それでもバカなんで、知らぬ存ぜぬで通そうとしました。

「え、あ、誰ですか、それ、知らないです…」
「いや>>1だよな?」
「え〜〜〜〜」
「バレバレだし、わかるし」
「ハイ」

無理でした。

「久しぶり」
「ど、どうも…」
「元気?」
「ま、まあ…。…あの、ごっgっご注文いじょうで?」
「あ、うん」
「でっでえっでは、しょうしょうおまちくだひゃい…」

読みやすいようにマシにしてますけど、もっとカミカミだったし、声小さかったです。
そのまま逃げて、料理持っていきもせず、そのまま彼がいなくなるのを待つことにしました。
24 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:30:07.69 ID:j27udWG60
<ピンポーーーン

会計のベルがなったので、レジにいこうとすると、彼がいるのが見えたので、戻りました。
他の誰かいってくれ〜〜〜と思って。

<ピンポーーーン
>>1さ〜〜〜んwwwwww

しょうがないから行きました。
今考えればなんて迷惑な店員…。

そのままめっちゃ不愛想に(おそらく顔は真っ赤)に会計して会話なんてせず帰しました。

後悔はあったけど戸惑いとコンプレックスの強さの方が大きくて、その時はなんとか流せました。 
25 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:40:44.08 ID:j27udWG60
時は飛んで4年後。
わたしは実家を出て、あるディスカウントショップで深夜のレジをやってました。
治安が悪いことでおなじみのあそこです。

万引き被害がすごいので、入り口のところには防犯ゲートがついていて、レジ通してない商品持って通るとめっちゃうるさい音がなります。
ある日の深夜2時ごろ、その防犯ゲートが鳴りました。

たまにスタッフがロックみたいなの外し忘れて鳴ることあるんで、多分それだろって思いながら、防犯ゲートにいたお客様に声をかけました。
白いパーカーにハーフパンツ、サンダルを履いていて、ふくらはぎには刺青が入っているいかにもな輩でした。

「あの〜〜〜すみません…。もしかしたらこちらで、ロック外しわすれてたかもしれないので、商品お預かりしてもよろしいでしょうか…」
「え、いや俺何も持ってねーよ!本当に!」
「えっ、え〜〜〜と」
「マジで!全身触ってもいいから!!!!」
「い、いやそれはちょっと…(ん??なんか見覚えがあるぞ??)」
「………」ジロジロ
「(めっちゃ見てくるし、あれ、この人)」
「…なあ、お前>>1だろ?」
「エッ、な、なんで名前」
「俺! 【彼】!」
「(ヒエエエエエ〜〜〜〜〜〜〜〜)」

まさかの2回目。しかも引っ越しして市まで違うのに。
なんだーこりゃあ。
しかも防犯ゲートは誤作動だし。彼、何も持ってなかったし。
なんだこれ…・。
26 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:51:42.23 ID:j27udWG60
「ごめん、誤作動だったみたい…」
「だろ! つーかおめー元気してたか?」
「うん…まあ…」
「変わってねえな!」
「そうかな。あの…・仕事、あるから。ばいばい」

ファミレスのときよりはマシとは言えドチャクソ塩対応でレジに逃げました。
その後も彼がうろうろしてるのめっちゃ見えてたんだけど、スルーして、バイト終わりました。

これで終わりだろう。そう思ってました。
そして次の日の深夜。

彼がきてました。

しかも明らかに用事ない。買うものめっちゃ少ないし、無駄に挨拶してくれるし、行ったり来たりずっとしてるし。
わたしと話したいと思ってくれてるのか、それともわたしの反応をみて楽しんでいるのか。

ちなみにわたしの気持ちとしては、小学校卒業してから見る夢の三分の一から三分の二は彼関係の夢ってぐらいには彼のこと好きだったから、
もちろん嬉しかったんですけど、諸事情でそんな気持ちどうしても明かせなかったんです。

そしてバイトが終わり、退勤。
買い物したかったんで店内で商品選んでレジに向かうと、彼がいました。
なんかもう明らかに待ってましたって感じだった。
でもどうしても、諸事情で彼と仲良くなるわけにはいかなくて、電話してるフリして走って逃げました。
27 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:51:58.85 ID:j27udWG60
ここまでが前提です。
28 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 01:52:40.20 ID:j27udWG60
またあとで、会うようになった流れから当日まで書きます
29 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(長屋) [sage]:2018/06/28(木) 12:13:54.95 ID:LjBR37PbO
単純に長い文章書けるのすげぇな そういうの得意なの?
30 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 15:18:29.00 ID:jme2C8vN0
>>29
文章書くのは苦手なんですけど、彼との思い出を形に残すのが好きなんです。
小学生のときは、彼とわたしのの間で起こったこと漫画にしたりしましたよ。
ちなみに今でも残ってます。
31 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 15:18:47.55 ID:jme2C8vN0
その後、また彼に会ってしまうのが怖くて、すぐにレジのバイトはやめました。

それから1年後、今から約1週間前の出来事です。

わたしは半年前から、自分が自分でよくわからなくなっていました。
今までずっと、自分が思う方向に、生きたいと思うから自分なりに折り合いつけて努力して生きてきたのに、なんのために生きているのか、わからなくなっていました。
元々、自分の生に執着がないのもあって、「生きる理由が無いなら、エコ的な面で考えてもさっさと死んでしまう方が良いのでは??」とか冷静に考えてしまうくらいでした。

もちろん、実家にいるときよりはまともな生活ができています。
お風呂にも入れるし、綺麗な服も着ているし、諸事情で一部制限されること以外自由にできています。
けど、生きがいがない。希望がない。

家を出るまではがむしゃらだった。
とにかく救われたかった。辛さや惨めさから逃れたかった。
でも、それを達成してからわたしに残ったものなんて、本当にわずかなもので。わたしが夢見ていたものなんかではなかった。

家さえでれば何もかも終わりになるものだと思っていたけど、そうではなかった。
コンプレックスもついて周るし、過去への後悔も日に日に増していくし。

涙を堪えながら努力している現実に価値が見いだせなくて、夢の中の彼に縋る毎日。
あの時は楽しかった。いろいろ辛いことも多かったけど、なんだかんだ彼がずっと守ってくれていたから。

もう、全部、限界でした。

実は、1年前に会ったあの日、わたしはあるSNSで彼のアカウントを見つけていました。
つまり、連絡が取れる状態です。

ダメだとわかっていながら、わたしは彼にメッセージを送りました。
32 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 15:22:41.07 ID:jme2C8vN0
「彼くんへ

突然このような連絡をすることをお許しください。

長くなりそうなので、最初に言っておくと、これは完全にわたしの自己満足です。
わたしがあなたと関わったことで感じた感謝の気持ちを勝手にたれながすだけのものです。
気持ち悪くてごめんなさい。

彼くん、多分知っていると思うけど、わたしは小学生の時ずっとあなたが好きでした。
正確にいえば、小4から中3まで好きでした。

その間の人生はほとんどあなたのためにありました。
学校にいるときも、家にいるときも、進路を考えるときも、はじめてクラス分けがあったときも、あなたが転校していったときも、戻ってきたときも。
ずっとあなたのことを考えていました。

今思えば、あなたはわたしの気持ちをずっと知っていて、からかいの対象くらいにしか思っていなかったんじゃないかと思う。
当時のわたしはそれなりに頭よかったし、いいように使えるやつと思われていた線もあるかな。

けど、そのころのわたしは幸せ能天気女だったから、そんなこと全然気づいてなくて、ただただ幸せな乙女だったんだ。

もしかしたら気づいていたかもしれないけど、わたしはずっと虐待的なことをされていました。
母子家庭で、下の子のめんどうみたりしなきゃいけなくて、殴られたりとか、包丁つきつけられたりとかが日常で、お風呂もまともに入れなかった。
本当につらかった。

けど、彼くんのこと考えている間は普通の女の子になれた。
好きでいさせてくれて、ありがとう。いじめたり、好きじゃないとか、嫌いだとか言わないでくれてありがとう。
小学生のときの思い出は、わたしの一生の宝物です。

彼くんが転校してから、わたしは学校に通えなくなって、自分がおかれている状況を理解しはじめて、いろいろしんどい思いしたの。
けど、彼くんがくれた思い出がずっとわたしを支えてくれて、わたしをここまで生かしてくれた。
本当にありがとう。

中学卒業してすぐ、ファミレスでわたしがバイトし始めたばかりのころ、彼くんがお客さんできたときあったよね。
あの時は最低の態度でごめんなさい。
あと、1年くらい前、レジで会った時も。ごめんなさい。
いろいろ話したいことばかりで、逆にわけわからない対応になってしまいました…。
あんなんだったけど、内心とっても嬉しかったです。
わたしにあんなふうに話しかけてくれる昔の友達って、彼くんしかいなくて。
本当に嬉しかった。ありがとう。

わたしは昔から、彼くんに関わる時はいつも素直じゃないね。
いつも変な言い訳ばかりして、6年くらい好きだったのに、直接好きって言えたことないもんね。

遅すぎるけど、本当に、彼くんのためになら死んでもかまわないほどに、好きでした。
わたしの最低な人生に、少しの間だけでも、普通で幸せな時間を与えてくれてありがとう。

突然、気持ち悪い長文を送り付けてしまって申し訳ございませんでした。
これを読んで、彼くんがどう思うかは自由だけど、わたしとしては、いたって真面目に感謝のきもちをのべているつもりです。

いや気持ち悪いな、自分で抱えとけよ、って思うかな。ごめんね。
ずっとそうしようかなとも思っていたんだけど、あまりにも引きずっていて、前に進めなくて、がまんしきれませんでした。
わたし、小学校卒業してから見る夢の7〜8割が小学生時代の夢なの。
あの唯一幸せだった時代から、わたしはまったく成長できてないの。

わたしもう20歳なのに、小学校卒業したあの日から時間がずっと止まってるの。
しんどくても頑張って進んで、彼くんがくれた思い出に支えられて生きていたけど、いつも考えるのが「昔に戻りたい」で、もうどうしたらいいかわからないの。

ごめんね。
感謝のきもちは本当だけど、送り付けているのは完全にわたしのわがままで、エゴです。
本当にごめんなさい。

返事とかは、したくなかったらしなくて大丈夫です。
したかったらしてくれると嬉しいです。

それでは、本当にありがとうございました。」
33 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 15:46:40.97 ID:jme2C8vN0
ほぼ原文のままです。
このクソ長い気持ち悪いものを、いきなり送り付けました。

多分返事こないだろうな〜〜って思ってました。でも、それでも伝えたかった。

生きがいが持てないのは、今でも過去に縋っているからかもしれない。
なら過去に決着をつければいい、と自分に言い訳しながら書きました。

でも、本当の気持ちとしては、わたしの希望は、あの人しかいないから、また、夢を見せてくれるのではないかと、縋っただけのもの。
過去の彼の気持ちを知って、また思い出を深めて、今の彼に自分を刻んで、救われたかっただけ。
本当に自分勝手なものです。


そして、次の日。
彼から、返事がありました。

「そんなに俺のこと思っててくれてありがとう!

俺も>>1との思い出は今でも覚えてるから誰かすぐわかったよ!
俺相変わらず馬鹿だからさ文字うつの得意じゃないから間違ってたらごめんね!

でも本当に今でもお前との思い出は全部っていっていいほど覚えてるよ!
もっと長く俺も一緒にいたかったけどお互い引っ越しちまったけどやっとファミレスであえて嬉しかった!
けど俺も人見知りだからあいそわるくなっちまってちゃんと話せなかった、

そっからまた会えなくなって
またレジでやっと会えてすごく嬉しくて俺その後と何回も用事もねーのに行ったんだ!笑
でもどうしても話したいなって思ったからバイト終わるまで待ってたけどおまえ逃げたから喋らなかったんだ笑
やっとこうやって話せて嬉しい」

わたしが送り付けた文章よりは短いものではあったけど、彼が書いたものと考えればとても長いものでした。
というか、読むのも大変だったと思います。彼、本当に頭悪いから。
本当に、返事がきただけでも、嬉しかったのに、あの時と変わらない優しさが節々から見えていて、涙が止まりませんでした。

覚えられてなかったらどうしよう、という恐怖で名乗らなかったのに、「すぐわかったよ」っていってくれるとことか、
「長く一緒にいたかった」なんて、わたしなんかに言ってくれるとことか、
やっぱレジのときのあれは、わたしと話したくて来てくれてたんだ、とか。

生きててよかったな、って思いました。
34 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします(空) :2018/06/28(木) 15:51:00.96 ID:jme2C8vN0
それから軽くやりとりをして、会うことになりました。
本当は会ってはいけなかったんだけど、そんなこと考えられないくらいに限界でした。

彼にかわいいって思われたくて、美容室でトリートメントをしてから、会いにいきました。




思い出したらいろいろこみあげてきたので、またあとで書きに来ます。
35 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2018/06/28(木) 17:19:56.22 ID:yZTrQ7btO
悲劇のヒロインぶって長文書き連ねたところでヤリ捨てされた事実は消えない訳ですが
36 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2018/06/29(金) 11:07:52.30 ID:V3lxMGt3O
恋人未満、セフレ未満のタダマンストーカー
37 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2018/07/02(月) 17:21:10.17 ID:7AXJbEgOO
諸事情で仲良くなれなくて、ってのはその時一緒に住んでた男なり彼氏なりが居たってことよな
30.11 KB Speed:1.3   VIP Service パー速VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大4096バイト 最大66行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)