タイトルを書くと誰かがストーリーを書いてくれるスレ part7
1- 20
11:名無しNIPPER[saga]
2019/11/22(金) 17:23:48.18 ID:8CbPKO32O
本を買って満足してしまう現象、あれはなんだろうか。
どうしても欲しかったはずなのに?安かったからまとめ買っただけ?
流行りでみんな持っているから?コレクターとして?
その行為はいつしか"買い専"や"積読"と称された。

ーここ日本に、世界一の積読が存在した。

日本電波塔に及ばず通信鉄塔を凌いだ高さまで天へ頁を綴っていた。

過去この塔が建った時、メディアや研究家たちがこぞって調べたものだ。
研究はなおもつづいている様子だが膨大な図書を前に困難を極めているようである。


わたしは論文のために積読の塔を徹底的に調べ上げ、ここに記した。

幅182mm,奥行128mmと所謂B6判、単行本のサイズで高さは240m。

驚いたことに本の重複はないがこの全ては一人の著者が書いていることに気がついた。

わたしは全く同じ本を図書館で借り、ネットで買い読み更けた……
全てを読み終え、一抹の感動を繰り返し、そして論文にまとめた。

冊数12,310冊、225万頁。字数はなんと10億字を超えた。

わたしは知ってしまった。
この本の最古のもので42年前……この本を作り上げるためには寝る間を惜しみ、書いたとしても秒間百幾十字以上を綴らねばならないことに……
作者はもしかしたら、人智を超えた存在なのかもしれない……


教授はわたしの書き上げた論文を読み終え、
「ふむ……実に、いや実に興味深い内容だ。僕もあの積読塔には興味を持っていたのでね」
とおっしゃった。ありがとうございます。



教授「だが君、卒論を6ヶ月で書き上げたようだが、休みもせず秒間8ページも見たのかね?」

わたしは人智を超えた存在なのかもしれない。


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
969Res/310.53 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice