タイトルを書くと誰かがストーリーを書いてくれるスレ part7
1- 20
4:名無しNIPPER[sage saga]
2019/11/12(火) 23:58:35.17 ID:vd3nhIjJ0
前スレ>>979
タイトル「魔王の正体」

勇者「ついに追い詰めたぞ!魔王!」

魔王「魔王か……問おう勇者よ」

勇者「命乞いなら魔王になる前にするんだったな!」ジャキン

魔王「そう気が短いと、何も見えぬであろう。聞こえぬであろう。世界の破滅が」

ガキィィン!

勇者「させないためにここに来た!俺はこの世界の平和を築く!」

キィィィィィン!

魔王「平和……何をもって平和だ?様々な国を持ち、領土を奪い合い戦争を起こし、資源を枯渇させ、また奪う……」

勇者「戦争など過去の出来事!今はお前から世界を取り戻すためにみんなで結託しているんだ!」
 
カァァァァン!

魔王「絆?協力?笑止。所詮は体のいい言葉遊び……善意に見せる悪意の隠れ蓑よ」

魔王「ならばどうだ?魔王はいなくなった。そして人々は平和に協力し合うか?言葉も文化も違う国々が手を取り合うか?」

勇者「俺がその架け橋になるんだぁぁぁ!」

ガッキィィィィィィィィィィィィン!

魔王「勇者よ、魔王城に万里眼という万里先の事象を見る球がある。人間の悪意を止めたくば、それで見よ」

勇者「何を言っているんだお前は!」

魔王「勇者よ、魔王城に魔導扇という魔物どもを操る扇がある。もし戦争を目論む国があるならそれで力を奪え」

勇者「き、貴様……」

魔王「勇者よ、ここは人間界から離れた果ての果ての魔王城だ。人間が領土拡大(せんそう)するために邪魔な魔王(ゆうしゃ)となるならここで世界を敵にしろ」

勇者「な……まさか……」

魔王「勇者(まおう)よ、恐怖を知らない勇ましい者よ。世界の破滅の音がとまったぞ」

勇者「お前は一体……何者なんだ!」



魔王「余は、魔王。恐怖(せかい)を知った意気地なしだ」

終わり


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
969Res/310.53 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice