結標「私は結標淡希。記憶喪失です」
1- 20
774: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:51:42.00 ID:2z6G7I5Go


一方通行『コイツはあの女を傷付けやがった、痛み付けやがった、殺そうとしやがったァ!! クソみてェな理由でなァ!!』

一方通行『俺は排除しなきゃならねェ! 守るためにコイツを殺さなきゃいけねェンだ! コイツの存在そのものがあの女の存在を脅かしてンだよ! 俺が壊してやらなきゃ守れねェンだよォッ!!』
以下略 AAS



775: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:52:13.40 ID:2z6G7I5Go


 ふらふらとした足取りでも結標淡希は最短距離を進んでいく。黒い翼を持つ白い怪物へ向かって。
 視界の端にいる金髪の少年が何かを言っているようだったが、今の彼女には何を言っているのかわからなかった。
 それほど疲弊した少女は、歩きながらも考える。
以下略 AAS



776: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:52:56.78 ID:2z6G7I5Go


 結標は決意した。
 少女は自分の腕を一方通行の首へ回し、引き寄せるように身体を密着させる。
 彼の全てを受け入れるように。彼の全てを迎え入れるように。
以下略 AAS



777: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:54:11.50 ID:2z6G7I5Go




一方通行「がァああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッ!!」
以下略 AAS



778: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:55:08.49 ID:2z6G7I5Go


 独房前の通路で横たわっている二人を見て、土御門は言う。


以下略 AAS



779: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:55:52.04 ID:2z6G7I5Go


 少年院地下四階にあるエレベーター前の通路は荒れ果てていた。床や壁や天井といった通路にある全ての面はボロボロになっていた。
 巨大な彫刻刀で削り取られたような傷が、鉄球を叩きつけたようなひび割れが、ドリルでこじ開けたような穴が。
 それらのダメージが四方八方へ数多の数見られた。
以下略 AAS



780: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:56:39.73 ID:2z6G7I5Go


上条「…………」


以下略 AAS



781: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:57:35.10 ID:2z6G7I5Go


 ピピピピッ、そう思った垣根の携帯端末が音を鳴る。
 その番号は心理定規(メジャーハート)こと獄彩海美が使っている端末の番号だった。
 垣根は首をかしげる。今はスクール内の端末で常に会議モードにしており、誰とでもいつでも会話できるようになっている。
以下略 AAS



782: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:58:46.69 ID:2z6G7I5Go



垣根「ふっざけんじゃねえぞあの女ァ!! どうせ死ぬならちゃんと全部セリフ言い切ってから死ねよコラッ!!」

以下略 AAS



783: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/15(土) 23:59:39.82 ID:2z6G7I5Go


 少年院地下三階。地下四階へと繋がる階段の前の広場。獄彩海美は壁にもたれ掛かるように床へ座り込んでいた。
 彼女着ている綺麗なピンク色のドレスは、見る影もなくボロボロにされていた。
 肩紐が片方切れており、首に付けていたアクセサリーの装飾品の一部が、千切れたのか穴あき状態になっている。
以下略 AAS



784: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:01:22.36 ID:PU+Tw3fzo


 しかし、その槍は到達する前に吹き飛ばされた。黒夜の小さな体もろとも。


以下略 AAS



785: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:02:32.35 ID:PU+Tw3fzo


 海原光貴は少年院を出て、街の中の歩道を歩いていた。
 息を荒げながら、ふらふらとした足取りで、今にでも倒れそうな状態だ。
 右腕にはノコギリで削り取ったような切り傷があり、着用している白い制服を赤く濡らしていた。
以下略 AAS



786: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:03:12.68 ID:PU+Tw3fzo


 第一〇学区の少年院の近くにある路地裏。
 番外個体は一人の男の首を掴んで体ごと持ち上げていた。
 その男は砂皿緻密。暗部組織『スクール』に所属している雇われのスナイパーだ。
以下略 AAS



787: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:04:55.47 ID:PU+Tw3fzo


番外個体「――冗談っ、でしょッ!?」


以下略 AAS



788: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:05:41.30 ID:PU+Tw3fzo


 「あっ、不用意に仕事のことを言っちゃいけないんでしたよね」とステファニーはおとぼけた感じで誤魔化す。
 砂皿へ目を向けて頭を掻きながら誤魔化し笑いをしているところからして、さっきのセリフは番外個体へ言ったものではなかったのだろう。
 なにはともあれ、番外個体がやることは決まっていた。
以下略 AAS



789: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:08:02.63 ID:PU+Tw3fzo


 しばらくしてから、黒煙が晴れた。
 路地裏の通路は壁と地面の三方が焼け焦げていた。建物で囲まれているような閉鎖された空間のため焼けた臭いが充満している。
 そんな中、一人の少女が現れた。
以下略 AAS



790: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:08:45.05 ID:PU+Tw3fzo


 『メンバー』との戦いを終えた木原数多たちは後始末をしていた。
 壁や天井がボロボロに崩れて廃墟とかした倉庫の中には、コンテナだったと思われる鉄屑やスクラップと化した高所作業車が棄てられたように転がっていた。
 数多の周りには大勢の人影が集まっている。軍用のヘルメットに暗視ゴーグル、防弾チョッキといった装備を身に着けた風貌をしている者たちだ。
以下略 AAS



791: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:09:30.52 ID:PU+Tw3fzo


??「ちょっとアンタたちッ!!」


以下略 AAS



792: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:10:35.67 ID:PU+Tw3fzo


数多「正解だ。さすがは超能力者(レベル5)のガキなだけある。こんな子ども騙しくらいじゃ秒で解いちまうか」

美琴「メールに書かれていたのは座標だったわ。ここ第一〇学区のある場所を指したね。そこに行ったら打ち止めをさらったロボットを制御していた男がいた」
以下略 AAS



793: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:11:30.42 ID:PU+Tw3fzo


美琴「なっ、なによやる気ッ!?」

数多「たしかにこのガキの利用価値は高けェよ。多種多様の方面へと影響力がある。コイツを利用した実験の企画書を集めただけで、マンションの一フロアが埋まっちまうほどにな」
以下略 AAS



794: ◆ZS3MUpa49nlt[saga]
2022/01/16(日) 00:12:22.87 ID:PU+Tw3fzo
いよいよ次回で蛇足編最終回
蛇足のくせにいつまでグダグダやってんねんって話やで

次回『S11.未知の世界へ』


794Res/1641.00 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice