安価とコンマで異世界転生!その10
1- 20
94:名無しNIPPER[sage]
2024/02/25(日) 23:52:19.10 ID:9Us49Hc50
もしかして、シレッとベガバンクが目指してた偉業を達成してた?


95: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/26(月) 04:44:33.18 ID:bMfz/lah0
それから三時間ほど馬車に乗っていると、
図書の街が見えてきた


怪盗「なんですかあれ!?」
以下略 AAS



96: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/26(月) 04:46:09.56 ID:bMfz/lah0
本日はここまでです
ありがとうございました


97: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/26(月) 19:06:36.77 ID:bMfz/lah0
男「あんなもの、どうやって作ったんだ?」

御者「実は、それがよくわかっていないらしいんです」

中華「え?」
以下略 AAS



98: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/26(月) 21:19:34.09 ID:bMfz/lah0
やる気「それが、今は図書館なんすね」

御者「ええ、色んな本がありますよ。この世に存在する書物の半分は、あそこで読めるとも言われています」

ぶりっ子「あれだけ高ければ、それほどの本も収まりそうですねぇ」
以下略 AAS



99:名無しNIPPER[sage]
2024/02/26(月) 21:29:58.74 ID:TaU8vHac0
魔神を封印してる


100: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/27(火) 03:05:10.10 ID:YV+cz0bp0
御者「魔神を封印してるとか」

狙撃少女「魔神……!?」

男「もしかしてあの塔が作られた目的も、魔神の封印だったりするのか?」
以下略 AAS



101: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/27(火) 03:54:22.21 ID:YV+cz0bp0
本日はここまでです
ありがとうございました


102: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/27(火) 19:28:23.87 ID:YV+cz0bp0
塔はどんどん近づいていき、
一行はついに街に到着した


氷魔「……ポイントカードの特典で……」
以下略 AAS



103:名無しNIPPER[sage]
2024/02/27(火) 19:31:39.74 ID:7iQ7+1TBO
1、先に宿を探して観よう


104: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/27(火) 19:46:31.75 ID:YV+cz0bp0
ぶりっ子「……ここもなんか高級感ありますし、先に休めの宿探しときません?」

怪盗「賛成ですね」

狙撃少女「そうですね、じゃあその辺の方に聞いてみましょうか」
以下略 AAS



105: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/27(火) 21:04:21.62 ID:YV+cz0bp0
男「そうなんですか?ありがとうございます」

通行人「おう、公民館はすぐそこだ」


以下略 AAS



106: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/28(水) 02:28:21.84 ID:dz/w5NE+0
やる気「返却したほうがいいやつっすよね?」

受付「パンフレットですから、持っていっても構いませんよ?」

やる気「いや、ちょっと荷物増やしすぎるのもアレなんで……」
以下略 AAS



107: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/28(水) 02:33:04.81 ID:dz/w5NE+0
本日はここまでです
ありがとうございました


108: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/28(水) 19:48:47.25 ID:dz/w5NE+0
予想外に時間を取られたが、
無事自分たちにも使いやすい宿を特定できた


狙撃少女「いいところですね、それなりに自然もあります」
以下略 AAS



109: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/28(水) 20:30:58.81 ID:dz/w5NE+0
看板娘「あ、いらっしゃいませ」


居眠りをしていた彼女は扉が開くのを聞いて、
慌てて挨拶をする
以下略 AAS



110:名無しNIPPER[sage]
2024/02/28(水) 20:36:01.42 ID:FBK6E10J0
今はあいにく4室の
スイートルームしか
空いておりませんね



111: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/29(木) 03:39:00.35 ID:JCnVZ4Zf0
看板娘「今はあいにく4室のスイートルームしか空いておりませんね」

男「うっ、スイートルームか……」

看板娘「一部屋六人までなら入れますが……」
以下略 AAS



112: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/29(木) 03:44:37.28 ID:JCnVZ4Zf0
本日はここまでです
ありがとうございました


113: ◆UEqqBEVZVY[saga]
2024/02/29(木) 19:55:00.43 ID:JCnVZ4Zf0
とりあえず部屋は取り終えたので、
一行は街に繰り出すことにした


ぶりっ子「物静かでおしゃれな街ですねぇ!」
以下略 AAS



114:名無しNIPPER[sage]
2024/02/29(木) 20:00:31.62 ID:EYbun/5E0
3.本のあるカフェ 

魔神について知りたい


114Res/42.93 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice