過去ログ - 高峯のあ「アイドルになる」
1- 20
2: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:01:53.48 ID:vxIFxQsM0
 この世界で一体どれだけのひとが、運命の出会いというものを信じるだろうか。

 仮にそれが存在したとして、自分が巡り合える確率は、どれほどのものなのだろうか。


以下略



3: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:03:43.81 ID:vxIFxQsM0
 アイドル。それは、女の子が憧れるものの一つ。歌って踊って、ファンに夢を届ける、天使のような存在。

 前線で活躍するアイドルはもちろん、まだ表舞台に立ったこともないアイドルの卵達は、日々研鑽を積む。


以下略



4: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:06:27.01 ID:vxIFxQsM0
 あの夜のことは、いまでもはっきりと覚えている。


5: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:07:36.12 ID:vxIFxQsM0
 せっかく自分の夢を叶えられる仕事に就いた、そのはずだった。


 人気のしない夜道をひとり帰りながら、自然に溜め息が漏れる。

以下略



6: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:10:08.98 ID:vxIFxQsM0
 大手芸能プロダクションに勤めて数年、プロデューサーとしての実力も漸く身についてきた。

 担当したアイドルも、B級にまでなら安定してランクを押し上げてやれるほどには、なった。

 ここに至るまでの過程で、自分なりのアイドル育成論のようなものも確立できたし、競争の激しい業界でも、少しは名前が通るようになった。
以下略



7: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:13:14.34 ID:vxIFxQsM0
 俺は、数多存在するアイドルの中で、頂点を取るアイドルを育ててみたかった。

 いわゆる、"トップアイドル"と称されるものだ。

 そのアイドルのプロデューサーとして、一番近い位置で、頂に君臨する瞬間に立ち会いたかった。
以下略



8: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:14:02.98 ID:vxIFxQsM0

 「アイドル、とっても楽しかったんですけど、私じゃきっと、プロデューサーさんの意には沿えないから」



9: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:18:32.64 ID:vxIFxQsM0
 数時間前に聞かされたセリフがフラッシュバックする。

 担当していたアイドルに話があるといって呼び出されて、聞いてみればこれだった。


以下略



10: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:20:37.48 ID:vxIFxQsM0
 彼女をプロデュースしながら、俺は不安になった。

 だけど、たった一人、傍で彼女を支えられる俺が逃げ腰になってはいけないと思い直し、弱音は飲み込んだ。


11: ◆K5gei8GTyk[saga]
2016/03/25(金) 00:22:22.68 ID:vxIFxQsM0
 普通なら中断させるほどのペースで、彼女はレッスンをこなした。

 この娘なら、トップを狙えるかもしれない。

 そう思えたからこそ、俺はすべてをかけて彼女を応援した。
以下略



117Res/62.14 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 板[3] 1-[1] l20
このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています。
もう書き込みできません。




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice