小町「うちの兄のアレ…ほんとにヤバイですけど大丈夫ですか?」【俺ガイル】
1- 20
1:名無しNIPPER[sage]
2020/04/10(金) 09:11:59.75 ID:vQqvtMDgo
というのを神が書いてくれるスレですw


2:名無しNIPPER[sage]
2020/04/10(金) 18:21:05.98 ID:tvy81Pjyo
失せろ


3: ◆9pp7qon/u2[sage]
2020/05/18(月) 01:50:16.80 ID:AmHmCrpVO
>>1
神も仏も書いてくれないので俺が書く事にした


4: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/06/07(日) 14:22:02.93 ID:b4YIC1tLO
 比企谷八幡は自室で恋人の雪ノ下雪乃と一緒に全裸になっていた。
「もう。そんなに大きくして。まだ服を脱いだだけなのに」
 ペニスを逞しくさせている八幡をからかうように言う雪乃。
「お前の裸がエロ過ぎるのが悪い」
 頬を赤くしつつ椅子に腰かける八幡。
以下略 AAS



5:名無しNIPPER[sage]
2020/06/07(日) 19:21:48.80 ID:TO4mXlin0
このスレは誰にも見向きされないまま半年以上の間、更新されなかったスレの焼き直しです。
今後、クソ以上のモノにはならない可能性が極めて高いです。


6: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/06/14(日) 07:42:33.22 ID:5KlQjyc1O
「握った途端にもっと硬くなったわ」
うんうん、と力一杯頷くしかない。
「思いっきり楽しんでくださいね」
 そう言って、ぎゅっとペニスを握って扱き始める。
「はぁっ、はぁっ……雪ノ下の手……気持ちいい……いいぞぉ!」
以下略 AAS



7: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/06/14(日) 08:36:37.13 ID:5KlQjyc1O
「もっと言って。もっと聞かせて」
 五指が淫らに動いてペニスを撫でる。
「はうっ……柔らかくてすべすべな手に扱かれて気持ちいい!」
 雪乃の美しい手が上下すると白い指に包まれた赤黒いペニスが見え隠れするのがまたとてもいやらしく見えて、その光景に更に興奮を覚えるのである。
「おちんちんが気持ちよさそうに私の手の中でぴくんぴくんって悶えているものね」
以下略 AAS



8:名無しNIPPER[sage]
2020/07/01(水) 19:00:48.23 ID:l8eIct3gO
 その膨張を感じてか、雪乃は腕の動きを止めて、今度は両方の掌で扱く。
「これはどうかしら?」
「んんっ! すげー気持ち良い!」
「もっと気持ち良くしてあげるわ」
 そう言ってペニスに唇を近づけて透明な唾液をとろとろと垂らしていく雪乃。


9:名無しNIPPER[sage]
2020/07/01(水) 21:09:20.94 ID:4zdhyTrTO
オリジナルが書けない主のコピペ後の改編ミスだな、タマ姉



10: ◆9pp7qon/u2[sage]
2020/07/02(木) 06:52:25.48 ID:zPHqzgSMO
ミス。>>8も俺だ


11: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/09(日) 19:19:05.65 ID:cfWPFLb8O
――くちゅ……くちゅ……。

 唾液を浴びたペニスは扱かれる度に卑猥な水音を立てる。
「ほら、よく滑るようになって、おちんちん、さっきより断然気持ち良くなったでしょ?」
 コクコクと頷く八幡。


12: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/09(日) 19:34:17.49 ID:cfWPFLb8O
「比企谷くんのおちんちん、また大きくなったわ」
 雪乃が指摘した通り、八幡のペニスは彼女の掌でスタート時より一回りも二回りも成長していた。
「気持ち良い? 私の手淫、気持ち良い?」
 しなやかな五指でおちんちんを扱きあげる。
「はぁっ、もうイクっ! 雪乃っ! もうイクよっ!!!」
以下略 AAS



13: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/10(月) 19:39:48.86 ID:52ZApPf5O
 握ったペニスの鈴口を自分の胸に向ける雪乃。
「うっ!」

――びゅるる! びゅくびゅくぅっ!

以下略 AAS



14: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/16(日) 22:02:26.56 ID:K1XccJBDO
「ふぅ……出た出たぁ……」
 満足げな顔の八幡。雄々しかったペニスは元のサイズへと戻ろうとしていた。
「ん、ん、んん、ん……」
 柔らかくなりつつあるペニスを扱き続ける雪乃。もはや揉むと言った方が正確か。
「あ、ふぁっ! 雪ノ下、そんなにしたら……イッたばかりなのに、また……っ!」
以下略 AAS



15: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/16(日) 23:03:22.01 ID:K1XccJBDO
「はぁっ、はぁっ……」
 熱に浮かされたように雪乃は手でペニスをしごきあげる。
「雪ノ下の手コキ、マジでサイコー」
 恍惚の顔で語る八幡。
「喜んでもらえて何よりだわ」
以下略 AAS



16: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/17(月) 01:39:54.42 ID:TmvGg4rdO
 雪乃の笑顔にときめいた八幡がペニスを射精時のサイズにまで膨張させる。
「あら。おちんちんがいきなり大きくなったわ」
「雪ノ下の笑顔が可愛過ぎてイキそうだ……」
 ビクビクと震えるペニス。八幡の精子が精液を纏って飛び出す時は迫っていた。
「それではラストスパート」
以下略 AAS



17: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/17(月) 01:53:03.80 ID:TmvGg4rdO
 間断なく押し寄せる快楽の中、ついに八幡は二度目の絶頂の時を迎える。

――びゅぱぁっ! びゅびゅびゅぅっ!

「きゃっ……」
以下略 AAS



18: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/17(月) 01:58:57.00 ID:TmvGg4rdO
「すごいわ。またたっぷり出してる♪」
 嬉しそうに胸や顔に飛び散った八幡の精液を指で掬いとって口に運ぶ雪乃。
「ふふ。ホント、こってりした味ね♪」
 そう言って妖艶に微笑む雪乃を前に八幡の理性がノックアウトした。


19: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/17(月) 19:01:11.20 ID:jkHdFJ/vO
「雪ノ下ぁ!」
「きゃあっ!?」
 前回よりも速く回復したペニスに脳を支配された八幡が雪乃を仰向けに押し倒して跨る。
「何するのよ!」
「悪い。精液まみれの雪ノ下を見てたら……」
以下略 AAS



20: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/08/26(水) 19:16:34.33 ID:/pvmYJ2NO
「雪ノ下のおっぱい、すっげー気持ちいい!」
 雪乃の胸の上を縦横無尽に滑る八幡のペニス。
「こういうのもパイズリというのかしらね」
「かもな」
 ひたすらに腰を動かしてペニスを擦り付ける八幡。
以下略 AAS



21: ◆9pp7qon/u2[saga]
2020/09/05(土) 22:48:32.41 ID:dZ+KzJD4O
「雪ノ下、またイクぞ! また出すぞ!」
「出して! 受け止めるから!」
 雪乃に励まされた八幡のペニスが三度目の射精を始める。

――びゅるる! びゅるる! びゅるる!
以下略 AAS



69Res/28.28 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice