【安価でのわゆ】久遠陽乃は勇者である【5頁目】
1- 20
934: ◆QhFDI08WfRWv[saga]
2021/11/28(日) 18:45:40.09 ID:XMZ9arOEo

陽乃「それで、何をしに来たの?」

歌野「何をって……忘れちゃったの? 私がいた方が久遠さんの治りが早くなるって話」

陽乃「てっきり忘れてると思ってたわ」

歌野「忘れるわけないじゃない」

歌野はむっとして否定する。

本当はすぐにでも来たかったが、

色々と話さなければ行けないことや、

面会謝絶だったこともあって、

すぐには来られなかったのだと歌野は言う。

歌野「だから、こうやって忍び込んでまで久遠さんに会いに来たのよ。まぁ……九尾さんの力を借りちゃったけど」

陽乃「でしょうね」

歌野だけでは、ここまで来ることは出来なかったはず。

陽乃が今いる部屋に監視するためのものはなさそうだが、外にはあるはずだし。

もし陽乃のところに誰かが来ているのがばれたら、すぐに人が来るだろう。

歌野「九尾さんも、久遠さんに早く良くなって欲しいって思っているのよ」

陽乃「まさか、治るまでずっとここにいるとは言わないわよね?」

歌野「出来るならそうしたいとは思ってる」


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
1002Res/486.09 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice