【安価でのわゆ】久遠陽乃は勇者である【5頁目】
1- 20
948: ◆QhFDI08WfRWv[saga]
2021/11/28(日) 22:38:01.02 ID:XMZ9arOEo

陽乃「貴女、少しは自分のことも考えるべきだわ」

歌野「どういうこと? 久遠さんに食べられちゃうとか?」

陽乃「ある意味ではそうね……私の力で貴女の魂が食い殺される可能性があるんだから」

歌野「命を大事にしろってことね」

陽乃「ええ」

分かっているならと陽乃は思ったが、

歌野はやっぱり、首を振る。

陽乃が言えたことではないからだろう。

大移動の時のように戦闘で傷つくわけでもないし、

それと比べれば影響は軽い方だ。

歌野「久遠さんには言われたくない」

陽乃「……でしょうね。けれど、だからって命を捨てられても困るのよ」

歌野「私は捨てる気なんてないわ。ここまで来たんだもの。全力で生きたいと思ってる。でも、それには久遠さんの力が必要不可欠だわ」

陽乃「方便ね」

歌野「かもしれないけど」

陽乃「私への当てつけなの?」

歌野「そんなつもりはないわ。でも、そう思うなら、久遠さんも大事にして欲しい」


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
1002Res/486.09 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice