【安価でのわゆ】久遠陽乃は勇者である【5頁目】
1- 20
949: ◆QhFDI08WfRWv[saga]
2021/11/28(日) 23:11:17.28 ID:XMZ9arOEo

戦闘ならともかく、

こうして陽乃の体を癒す程度なら、反動はそう強いものにはならずに済む。

歌野「戦いでは極力温存するけれど、久遠さんはそもそも暫く戦わないで」

陽乃「……必要なければ戦わないわ」

移動中と違って、

陽乃と歌野以外にも十分に戦力がある。

進化型や通常個体相手なら確実に後れは取らない。

問題としては完成型だ。

その対策が他の勇者にもできれば平気だし、

そうではないなら陽乃が出る必要がある。

陽乃「私だって死ぬ気はないの。生きたいの。だから、無用な心配だわ」

歌野「……お願いね」

歌野の力は陽乃による恩恵が大きい

それがなくなれば大幅な戦力ダウンは否めないし、

きっと、歌野はそうではなくても心から案じている。

歌野「私も気を付けるから」

歌野はそう言って、陽乃の手を取る。

陽乃がゆっくりと目を瞑ると、

温かい力が流れ込んでくるのを感じられ、安らぎを覚えて。

陽乃「そうして貰えると助かるわ。苦労が水の泡になるから」

陽乃はやっぱり、少しだけきつい言い方をした。


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
1002Res/486.09 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice