『VIPクラシック板』で今まで作られた1行小説の続きを『AIのべりすと』で書くスレ
1- 20
3:名無しNIPPER
2022/08/20(土) 14:17:00.89
むかしむかし・・・隆志という11才の男の子がいた。
ある日隆志はおばあちゃんのトメさん(89)の家に行った。
隆志は、その日学校で同級生の守雄に言われた事を思い出しながら、トメの両手を握った。

守雄が言うには、トメは戦時中旧日本軍の慰安施設で、一日に60人も兵隊を相手にする人気ナンバーワン娼婦だった、というものであった。

隆志「おばあちゃん、遊びにきたよー」
トメ「はぁはぁはぁ・・・」

隆志「おばあちゃんどうしたの?」
トメ「いいから入れろや!!」

隆志「うわっー!」

この続きを書こう


<<前のレス[*]次のレス[#]>>
11Res/3.71 KB
↑[8] 前[4] 次[6] 書[5] 板[3] 1-[1] l20




VIPサービス増築中!
携帯うpろだ|隙間うpろだ
Powered By VIPservice