このスレッドは製作速報VIP(クリエイター)の過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

やる夫で学ぶ柳生一族(製作速報VIP版) - 製作速報VIP(クリエイター) 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :1 [saga]:2010/07/19(月) 00:18:06.82 ID:i.6f7HA0
              ---┐
            ,,イ 二 ´ 、           ,,、1コ1
         __,,........'´( 「! 」ヽ〕\____ 、   _,-''フ ..''、riヽ 、
     _..‐'''´       ’‐    _..-: 彡―''"´  ゙" │「ゝ’―‐‐-....__
   ..r''´           _-‐'ニ-''′                  ゙''ゝ、
  /            /ン''´       _____          `\
  ―'''''''' ̄ ̄´卩厂 ̄ ̄ ユニ---' 亡二 ̄ ̄ ....、 :ォ'、 -r厂 ̄ コ冖ー---...._ヘ、
         ーゝ、_      / r ヘヘ_  ヘ ゙'、 ヘ '、ヘ 1 _ノ/′  _r'丿  "'′
           `゙‐ゞ- ,....--'彡''′  `'辷、_ `'<ゝ '┤ ゙ ン' /  _..r彡′
            _-'彡‐'''''三       `''⊂ェj火く ゝ、コ..ィ; ⊃''´
          ..r'ン′   '' ヽ          ´’  フ广 丁ゝ、
           `       ''′           ''‐′  ゙ー┘

 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレの
製作速報VIP版でアリマス。

 【前スレ(やる夫で学ぶ柳生一族(やる夫板U版))】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272123615/
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、この製作速報VIP(クリエイター)板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

眼鏡探査計画 @ 2019/12/15(日) 01:17:50.18 ID:kvk7Fqp3o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1576340270/

【ゆるゆり】結衣「イマジナリー」 @ 2019/12/14(土) 17:38:20.21 ID:Tr3X7Zex0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576312699/

ひまなおっさんの全レス @ 2019/12/14(土) 12:28:08.39 ID:nNDSfWlxO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1576294088/

【ほとんど安価】オリロンパ【ほとんどコンマ】 @ 2019/12/13(金) 18:32:29.26 ID:Zevzws+A0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576229548/

ゴンベッサこと先原直樹とかいうガチで頭逝ってる奴wwwwwwwwwwwwwwww @ 2019/12/13(金) 15:22:42.89 ID:nJ86tYxF0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576218162/

【モバマス】雪美「いちごをつかった、いちばんおいしいすいーつ」 @ 2019/12/13(金) 09:30:08.40 ID:c3v9AjJDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576197008/

ことり「にこちゃんに大事なお話があるの」 @ 2019/12/12(木) 21:19:52.01 ID:QE9S0rVHO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576153192/

【ガルパン】しほ「西住流が多額の負債を抱えてしまった…」 @ 2019/12/12(木) 18:00:02.53 ID:PUEemGB50
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576141202/

2 :1 [saga]:2010/07/19(月) 00:18:26.74 ID:i.6f7HA0
■ 基本的に毎週金曜の夜に予告、日曜夜21:00投下開始のペースです。
 無理そうな時は別途報告を入れます。

■ 基本、史実ベースではありますが、史実においても意見が分かれていたり、
 当方の知識不足などにより、若干の創作が入ることもありますので、
 「大体こんなもん」程度に捉えて頂ければ重畳ー。

■ 以下、過去のまとめを載せて頂いてるサイト様です。
 ありがとうございます。

 【多元 - 「やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ」】
  ttp://tagenmatome.blogspot.com/2009/07/blog-post_06.html
 【『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ】
  ttp://yagyuo.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/
 【やる夫観察日記-「柳生」】(その19まで)
  ttp://yaruokansatu.blog44.fc2.com/?q=%CC%F8%C0%B8

■  あと、以下は>>1が別にやってる歴史伝奇紹介用のスレです。
 こちらもご覧頂ければ重畳ー。

 【やる夫で紹介する歴史伝奇(本スレ)】
  ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240743842/l50

 まとめ:【多元 - 「やる夫で紹介する歴史伝奇 まとめ」】
  ttp://tagenmatome.blogspot.com/2009/06/blog-post_9780.html
3 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:40:19.41 ID:h1ybojQo
スレ立て乙〜
4 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:41:27.62 ID:i.6f7HA0
 こうして引き取った一行を、当然の事ながら、池田家は歓待した。

      -- ── -- 、
   /          ヽ
  /    ⌒  ⌒     ヽ      オー!数馬!
  |     /\      l     ユーはよくやったYO!
  |    /──\    |     よくぞ亡き殿の無念を見事晴らしたくれたYO!
  |  /      \    |   
  |    _/ヽ_     |      事が成った以上、
  /|    \   /     lヽ     もうユーを浪々の身になんてさせないYO!
 レl     //\l     l\)    帰参の暁には、元通り千石を与えよと殿の命サ!
   | ━━━━━━━━ |    

       , ──-  、
    ゝ/______\
    /  |  / , − 、 − 、l
     l   |  /     l     l     ご家老様、ありがとうございます!
     l  |─|   ^|^   |    これで僕も武士の面目が立ちました!
      Y⌒  ` ─  ヘー ヽ
     ヽ_   |`───┘ノ
  ∩    ヽ、_ヽ__//    ∩
 ┘`ー┬─´\/\/ー┬─´ └-、
 _ __|_ ノ     |_|___三
        |        |
5 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:43:11.53 ID:i.6f7HA0
      -- ── -- 、
   /          ヽ
  /    ⌒  ⌒     ヽ     
  |     /\      l     そして又右衛門殿!
  |    /──\    |    ユーにも千石を与え、
  |  /      \    |    是非当家にて召抱えたいとのお達しだYO!
  |    _/ヽ_     | 
  /|    \   /     lヽ     あと、ユーの門弟の孫右衛門にも
 レl     //\l     l\)    終生五十俵十五人扶持を与える、とのことサ!
   | ━━━━━━━━ |    

        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ
    // `ー●ー ´   \   ヽ
   /^ 三 /  三     ヽ    l     ご厚遇、感謝致します。
   ヽ.__ /     __  l    |    そのお話、有難く受けさせて頂きます。
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l   
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /     早速、妻子を呼び寄せますね。
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l

 数馬は帰参を許され、千石を(これは元々千石だったとも言うが)。
又右衛門も千石での召抱え、孫右衛門も五十俵十五人扶持を得ることとなったという。
6 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:43:39.77 ID:p/RRDxUo
千石、
で何故か役所広司が数馬役になるのを想起した。
7 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:44:36.45 ID:i.6f7HA0
 だが…

       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',    数馬くん…数馬くん。
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
   VV  {   )  ̄      / /
    ヽ/ `ー'_____,//
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \

           __
      __ , -/___ヽ,- 、 __
    /´  /  i / ヽ | j   |   `   ううん…?
   /   /  (  ^   )  j      なんだよ、マタえもん…こんな時間に…?
  /_/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\_
. /´  _ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_
/  /
8 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:46:18.87 ID:i.6f7HA0
          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\
      /  /  `ー ● -   ヽ     なに、こうして、君が元通り帰参できて、
      | / , 二   |   二、ヽ   僕もようやく安心できるなあ…と思ってさ。
      | | | ─    |   ─ ||
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ

           __
      __ , -/___ヽ,- 、 __
    /´  /  i / ヽ | j   |   `    …ムニャ…何を今更…。
   /   /  (  ^   )  j       これからは、一緒の家中で働く身じゃないか……
  /_/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\_
. /´  _ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_
/  /
9 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:48:11.63 ID:i.6f7HA0
        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐     ふふっ。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_    そうだねぇ…。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\     でもね、数馬くん。
    ヽ  X        ̄ ̄   /      .君も一家の主なんだから、
     /、二二二二二二二二 く        .いつまでも僕に頼っていちゃダメだよ…。
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

           __
      __ , -/___ヽ,- 、 __
    /´  /  i / ヽ | j   |   ` 
   /   /  (  ^   )  j         …なんだよ…またお説教かい…?
  /_/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\_     …またあとにしておくれよ…
. /´  _ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_
/  /
10 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:49:41.04 ID:i.6f7HA0
         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ      でも、君なら大丈夫だよ。
   / /   `ー ●ー    ヽ     あの時、ちゃんと一人で仇が討てたんだしね。
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l       だから、これからは
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_      自分の力で頑張るんだよ。
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /


           __
      __ , -/___ヽ,- 、 __
    /´  /  i / ヽ | j   |   ` 
   /   /  (  ^   )  j        …わかってるよ…マタえもん…
  /_/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\_
. /´  _ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_
/  /
11 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:51:00.06 ID:i.6f7HA0

                             / ̄ ̄ ̄ ヽ
                __           /ヽ)―- 、   l
           ,―γ ___ヽー、       q`´ハ ミ ヽ  }
       | ̄ ̄|  | |(/),(ヽ)|    | ̄ ̄|   <_))_,  |  /
      |   ヽ  (6  ー  )  ノ    |    ヽ ___/_ノ
      -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――-    (t) ̄ ̄ ̄|
     |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |    (/_ )/ / |
     |  |                |    |  ( ) ○    |-o
     |  |                 |    |   `ー―― ´
    |  |                  |    |
   |  |                   |   |
12 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:52:05.74 ID:i.6f7HA0

                __
           ,―γ ___ヽー、
       | ̄ ̄|  | |(/),(ヽ)|    | ̄ ̄|
      |   ヽ  (6  ー  )  ノ    |
      -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――-
     |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |
     |  |                |    |
     |  |                 |    |
    |  |                  |    |
   |  |                   |   |
13 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:53:33.12 ID:i.6f7HA0
 





       ──そして、数馬達一行が鳥取に着いて、

          わずか十七日後の八月二十八日。

          池田家は「荒木又右衛門の急死」を公表した ──





 
14 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:53:36.93 ID:JcDy6ks0
あぁ…
15 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:54:39.28 ID:DBsD9rgo
へ?
16 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:55:05.76 ID:i.6f7HA0
           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}      …どういうことだ?
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ     急死だと?
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    ええ、文字通りの「急死」です。
  |    `⌒´   |    しかも、死因は明らかでは無いまま、
.  |           |    ただ、死亡したことのみが池田家から公表されたんです。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

     ____
   /      \ 
  /   _ノ ヽ、_.\     旗本衆の復讐による暗殺説、
/    (●)  (●) \   あるいはそれを怖れた池田家による毒殺説、
|       (__人__)    |   または、暗殺から又右衛門を守るため、
/     ∩ノ ⊃  /    わざと死んだと公表した偽装説、
(  \ / _ノ |  |     はたまた、急病で死んだという病死説など、
.\ “  /__|  |     色々説はあるんですけど…真相は不明なんですお。
  \ /___ /
17 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:55:34.87 ID:p/RRDxUo
なんとまあ
18 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:57:12.52 ID:.zvQAd.o
え、じゃあ又右衛門って仇討ちしか活躍してないの?
19 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:57:14.43 ID:i.6f7HA0
        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |    世を騒がせた仇討の立役者、
     . (人__)      |   その本人が、預かりの身から解放され、
     r-ヽ         |   .これから、というところでの死ですからね。
     (三) |        |
     > ノ       /     しかも、死因が不明とあれば、
    /  / ヽ     /     色々と憶測が出るのは仕方ないでしょう。
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    ちなみに、又右衛門が呼び寄せた妻子が
/    (─)  (─ /;;/   九月に鳥取に着いた頃には、既に埋葬も終わっていたそうですお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/      これじゃあ、何かがあったんじゃないか?と勘ぐるのが
(  \ / _ノ´.|  |      当然ってもんですお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
20 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 00:57:53.15 ID:p/RRDxUo
やっぱりここは、
「表の顔を捨て、裏柳生として」というのがいいなあ。

ってか尻一つをマタさんがさくっと暗殺してた漫画見たが、
あれ年代的におかしいのか。
21 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 00:59:29.20 ID:i.6f7HA0
         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i      ふむ…。
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i     では、お前達はどう考えているのだ?
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ


      __    
    / 〜\            正直言って、これが正しい!と言えるほど
  / ノ  (●)\         決定的な物証がないので、断言はしづらいですね。
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \       ただ、池田家が暗殺した、というのであれば、
  \          |      そもそも召抱える事自体変ですし、
    \       /      (それこそ元の大和郡山藩に帰参させれば済む)、
.      \  ⊂ヽ∩      旗本が手を下したというには、
      /´    (,_ \.     池田家側の動きがまるでないのが不自然です。
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ    そのことを踏まえると、
    (  y'      .|      本当に急な病死だったんじゃないかな、と。


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       先にも書いた通り、
     / .イ '(●)  .(●)\    荒木家は娘が婿養子を得て、池田家に仕え続けてますお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   何か遺恨の残るようなことがあれば、
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |   それこそ、もうひと悶着あってもおかしくないですお。
  . \ ヽ           /
22 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:01:00.70 ID:DBsD9rgo
池田家には消す理由無い罠
23 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:01:16.93 ID:i.6f7HA0
              iヘ\ヽ |,‐-"、-‐‐-、 `i
             /´/_,>//''i‐`-、  `゙i |
             /才'"// i | ヽヘ ベ'、  | |
             〉"/ /   / |  i ヘ ヘ ゙i | |
            / / / / i   i  i  ヘ i i |.|    如何に剣豪といえど、病には勝てない…か。
         _,,ノ`''''ゝ / i i  i i  i  i  i i | |   儚いものだな。
        ''‐ッ, . _‐''"‐、i,,、 | ノi  i,、,,,,l,,-‐'〈 i |;
        _iソリ/´=゙-、,, //ヘ /゙ヘ''''  ヘ  ヘノi | ヘ
      ,,;;≡ニニニ/`,'‐-=、 l",、 ハ ヽ i i リヽ、,リ\
    ,, -'"    | / / / i" ト'""'| リ l l  i iリノ゙`   \
   l        |'、  '  ゙ .|,  .リiノ lリ i リノ        `゙''‐、
   |    ヽ  :.: | ヽ     ';i '"ソノノ リノ"i           ゙i
   ゙;    ヽ、 ゙:| : i:、    ヘ,  彡リ'i | |           |
   i   '、;  : .|  .| ゙'、   ノ_, -'" | i | |           |
   〉、_,,  `'、  | :. : :| ,/    ;'"   |.i | |           |
  / ヘ  ‐-  \ ,/´、,_  /、  : : | i/ |            |
 i  : :.|,      ゙7 |  `゙''‐、」 ,,ソ|ノ i `i.          |
 ヽ  : i     : / ゙''‐-、,,()/7フ‐"/ i i  |          |
  `i  : ヽ  : : : ./ .: : : : : :`/ ゙彡/ 〈 l ,〉       |  |
   |   |  _;./  . : : .():/   〈  ヽ ヽ        .|  |
   |  : : i r´/    .: : ::/     ) ) ノ         i  `゙‐、,


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    そうですね。
  |    `⌒´   |    そして、この物語も、終わりを迎えますよ。
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

         ____
        /― ― \      この物語の主役…
      /(●)  (●) \    渡辺数馬のその後に移りますお。
     /   (__人__)     \
      |     .`⌒´      |
      \           /
        /         \
24 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:02:25.22 ID:i.6f7HA0
 さて、又右衛門急死の報に対し、
渡辺数馬がどのように動いたかは定かではない。


     / ⌒` ─ 、
    /        \   …マタえもん…。
     |          ヽ   
    |          |
    (\  , -── 、/ノ
     ` /⌒ヽ ̄ ̄`ヽ、
      |  |       i
       |  |       |
       |  |        |
        |__|, ──── 、)
      /_ノ        |
     /´ __|_,− 、___ ノ、
      ヽ、_|__    )_.ノ
25 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:03:26.39 ID:i.6f7HA0
==================================
        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐     
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_     君も一家の主なんだから、
    |  / \./     |  ー-./ !     いつまでも僕に頼っていちゃダメだよ…。
    、 ' l. /\_   | _/ /\    
    ヽ  X        ̄ ̄   /      
     /、二二二二二二二二 く       
    /      /  ( 〒)\ ヽ
==================================

     / ⌒` ─ 、
    /        \
     |          ヽ   ………。
    |          |
    (\  , -── 、/ノ
     ` /⌒ヽ ̄ ̄`ヽ、
      |  |       i
26 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:04:24.05 ID:i.6f7HA0
==================================
         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ      でも、君なら大丈夫だよ。
   / /   `ー ●ー    ヽ     あの時、ちゃんと一人で仇が討てたんだしね。
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l       だから、これからは
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_      自分の力で頑張るんだよ。
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /
==================================

     / ⌒` ─ 、
    /        \
     |          ヽ   ………。
    |          |
    (\  , -── 、/ノ
     ` /⌒ヽ ̄ ̄`ヽ、
      |  |       i
27 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:05:22.47 ID:i.6f7HA0
         , ── 、
      /__     \
      l⌒ヽヽ_|     ヽ
      |‘  |-| |     l
     c、 __ノ lノ、    ノ   
     .l       \ヘ/
       ヽ、 _     l
        i|||∠ニ二二l
          /      |  スッ
         .l─ |     |
         .|   |   i|| |
28 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:06:01.75 ID:i.6f7HA0
     !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ゙i::::::::::::::::::/   |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、 -:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|    あら、あなた。
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'    …またですか?
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,
 (/´/::::::::::::::::/`\,      ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `      \`\:::::::::゙i `
                数馬の妻

        , ──  、
    / ______ヽ
  ゝ/   |/ / ⌒ヽ ⌒ヽ
   |   | |   ‘|‘  |
  . v‐、l ̄ヽ __ ノ 、__ ノ    ああ…出かけてくるよ。
   l )       ^  l   すまないね。
   `ー 、   ──┘ノ
      ` ー──、´
       /|/\ / ヽ
        l l     |  |
       | |     |  |
29 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:06:55.53 ID:i.6f7HA0
       ___
    ゝ/____ヽ
     / | / − 、−、! 
     | __|─|  ・|・ |   (…この道も、随分慣れちゃったな…)
     (    ー o−| 
      \   _⊃ノ 
       >──- ´  
      / \/ヽ|ヽ  /⊃_  
     /  /   |  ̄|  ∋, 
    /ヽ/    | ̄
    (__ ノ───! 
     |___/\
      |  |  \ /ヽ/^ヽ 
   , -/ヽ/    \   / 
  |   /       `- ′ 
  \_) 
30 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:07:51.67 ID:i.6f7HA0
          , ─── 、
       ゝ/_________\
      /  | / / ⌒ ヽ ⌒ヽl
       l   |─|   ‘|‘   |     ああ…着いた着いた。
      Y⌒   ` ー  oー ヽ  
      ヽ_     ___   ノ
          \   \ __ / /
         ,-` ー── <
       / __l/l ,-、-く ヽ
      /  // ̄ ヽノノノ  |
31 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:08:23.33 ID:i.6f7HA0
                 __
              / ̄   \
              |    秀  :::|
                |   誉  :::::|
              |    行  :::::|
             |    念  ::::::|
             |     定  ::::::|
             |    門  ::::::|
               |    墓  :::::::|
               |       :::::::::|
              |  ∬      ∬:::| 
               |  ii ,,≦≧、 :ii :::::|
            _ |  旦‖===‖旦::::::| _
    -W-----┘二二二二二二二二二└--ff---\--

       ___
   ゝ/____\
    / | //⌒ヽ⌒ヽ!
  . l __|─|  /| ヽ |   また来ちゃったよ…マタえもん。
    (    `ー oーヽ
     ヽ        ノ
      >ー──、 ´
     / \/ \l ヽ
     |  |    | |
     |_|    | l
     /  ヽー─/ ̄ヽ
    /UUノ ̄ ⌒ヽUUノヽ
    `ー┴─、  |‐┴ ′
           `ー′

 又右衛門は鳥取の玄忠寺に葬られた。
戒名は秀誉行念定門。享年四十一歳。

 なお、平成の現在も又右衛門の墓は現存しており、
また、仇討時に使用したという鎖帷子や太刀も保存されているという。
32 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:09:49.56 ID:i.6f7HA0
          , ─── 、
       ゝ/_________\
      /  | / / ⌒ ヽ ⌒ヽl
       l   |─|   ‘|‘   |    …今日は、お別れにきたんだ。
      Y⌒   ` ー  oー ヽ   
      ヽ_     ___   ノ    君も言ってくれただろ?
          \   \ __ / /    「僕に頼るな」「自分の力で頑張れ」って。
         ,-` ー── <
       / __l/l ,-、-く ヽ      だから…少しさびしいけど、
      /  // ̄ ヽノノノ  |     ここに来るのは、もう終わりにしようと思うんだ。
    , ┴‐ 、ヽ  __ / |
   /    /  ̄ `\      |
    |──|/       \‐──|
    |   /  ̄ ヽ/     |    ノ
    |  /    / \_ノ   /
33 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:10:44.11 ID:i.6f7HA0

   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄-――――――--
   |  マタえもん、君がいなくなったら、心ががらんとしちゃったよ  ヽ
   |           でも……いつか慣れると思う           |
   |              だから………                 |
   \_           心配するなよマタえもん     ____/
       ̄ ―――――――――――――――― ̄ ̄
                          
                       __   
                   /  ̄ __\ 
                    | /,二 ,二Τ 
                    |_|__|  /| ヽ|  
                 (6  `- っ- ´}) 
                   / \`――`ノ  
                   ノ /^ /⌒l ~)_) 
                  |  `、_^^ ノ  | 
                /__/⌒l |  | 
          XXXXXXX|     |― | | ̄ |_  
      XXXXXXXXXXXX` ― - |  | |     ) 
    XXXXXXXXXXXXXXXXXX|   ̄)  ̄  
             XXXXXXXX` ― ´     

 ── その後、渡辺数馬は寛永一九年(1642)十二月二日まで生きた。
    享年三十五歳。
34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:11:49.61 ID:JcDy6ks0
数馬も早死になのな
35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:12:19.86 ID:IQilmcU0
こっちもこっちで、早世だわ……
36 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:12:44.73 ID:i.6f7HA0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;; ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....     :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. (   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....       ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....          :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .


    こうして、日本の歴史に名を残す「伊賀越の仇討」の物語は終わりを迎えた。

   又右衛門も、数馬も、あまりに早くに終わりを迎えた生であった。

   だが、この仇討を描いた一つの作品の中で、その死はこのように説かれている。

 
37 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:14:37.10 ID:i.6f7HA0
 





 ──『鍵屋ヶ辻で数馬対又五郎の真剣勝負にあたり、熱するを抑えて静かに、
     数馬が亡君の遺命を遂行し終わるまで、およそ五時間、剣を掲げて監視した。

     この海の如く広く深く、山の如く高く強く、花の如く美しい有情の五時間が、
     又右衛門の生命を害ったのである。』                         ──

                                 長谷川伸 『荒木又右衛門』






 【やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4 「伊賀越の仇討・鍵屋の辻の決闘」(完結編)】 完
38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:15:17.06 ID:tgXswgwo
と言うか、この流れだとマタえもんが墓の中から這い出してきそうだww
39 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:16:06.45 ID:i.6f7HA0
【外伝その4の新規登場キャラ】

 渡辺数馬         .: のび太(ドラえもん)
 荒木又右衛門保知    : ドラえもん(ドラえもん)
 岩本孫右衛門     .....: AIBO
 河合武右衛門     .....: ファービー

 河合又五郎       ...: ジャイアン(ドラえもん)
 河合半左衛門     .....: スネ夫(ドラえもん)
 河合甚左衛門     .....: ブタゴリラ(キテレツ大百科)/波乱万丈(無敵鋼人ダイターン3)
 桜井半兵衛       ...: ゴンスケ(21エモン)/ダイターン3(無敵鋼人ダイターン3)
 桜井半兵衛付の小者  : モンガー(21エモン)

 渡辺源太夫       ...: 桂文珍(さんまの名探偵)
 おみね          ...: 羽川翼(化物語)
 おまん          ....: ヌクヌク(万能文化猫娘)
 平之丞           .: コンボイ(トランスフォーマー)
 数馬の妻         .: 源静(ドラえもん)

 池田忠雄         .: Q太郎(オバケのQ太郎)
 勝五郎(池田光仲)    : O次郎(オバケのQ太郎)
 荒尾志摩         .: ドロンパ(オバケのQ太郎)
 加藤主膳         .: ハカセ(オバケのQ太郎)
 津田豊後         .: 先生(ドラえもん)
 岩佐作兵衛       ...: 黒ベエ(ジャングル黒ベエ)
 遠山才兵衛       ...: ポコニャン(ポコニャン)
 野間八左衛門     .....: 小池さん(オバケのQ太郎)
 池田長幸         .: 怪物くん(怪物くん)
 池田家賄役       ...: オオカミ男(怪物くん)
 蜂須賀家政(蓬庵)    : 沖田艦長(宇宙戦艦ヤマト)
 蜂須賀家家臣     .....: デスラー総統(宇宙戦艦ヤマト)
 伊達越前守忠宗      : ブロッケンJr.(キン肉マン)
 萬屋の主人       ...: チンプイ(チンプイ)
 加納藤左衛門     .....: マルコ(シャーマンキング)
 彦坂嘉兵衛       ...: ファウスト8世(シャーマンキング)
 戸波又兵衛       ...: 麻倉葉(シャーマンキング)
 藤堂家重臣1      ...: ジャンヌ(シャーマンキング)
 藤堂家重臣2      ...: 道潤(シャーマンキング)
 藤堂家重臣3      ...: ウルティモ(機巧童子ULTIMO)
 松平忠明         .: セワシ(ドラえもん)

 安藤治右衛門正珍    : 魔太郎(魔太郎が来る!)
 又五郎の若党     .....: ドラえもんの脇役二人(ドラえもん)
 他の旗本たち        .: 見物人たち(最強伝説黒沢)

 解説役           .: ダダ(ウルトラマン)/バラライカ(ブラックラグーン)
40 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:16:33.97 ID:h1ybojQo
乙乙!
41 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:17:26.90 ID:JcDy6ks0
乙です。
42 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:17:59.07 ID:nCFQfh.o
乙でした〜
43 :やる夫で学ぶ柳生一族 外伝その4(完結編) [saga]:2010/07/19(月) 01:18:05.30 ID:i.6f7HA0
 どもども、お疲れ様でした。
今回も遅くまでお付き合いくださってありがとうございます>ALL

 さて、ようやっと「伊賀越の仇討、鍵屋の辻」の話が終えられてホッとしました。
この話、始める前にも御指摘があった通り、その気になって作ると、
これ単体でもやる夫スレが成立するくらいのボリュームがある題材なので、
これでも小ネタ(決闘前に又右衛門が御釣を細かく清算したとか、
決闘中、声を掛けられた時、「仇討でござる。手出し無用」と返事を返したとか)を
ある程度削ってるのでアリマス。
(まあ、テンポの問題もあったのですけど)

 事件そのものの異説や、創作版(十兵衛と師弟になってる話とか)についても
もう少し補足しても良かったかな、と思わなくもなかったのですが、
それをすると、多分、もう1話か2話くらい増えそうだったので、断念しました。
柳生関連スレ、ということであれば、講談の「伊賀の水月 鍵屋の辻」あたりは
書いておいた方がいいかなあ、とも思ったのですけどねー。
あと、安藤治右衛門と宗矩の絡みの話とか。
とはいえ、本スレの方も、そろそろ続きを書きたいところでしたので。

 なんにせよ、「赤穂浪士の仇討」と比べれば、比較的知名度に劣るものの、
三大仇討の一つとして、こういう話があったということ、
そして、荒木又右衛門という剣士がいたということが少しでも知ってもらえたなら、
書いた甲斐があったというものでアリマス。
まーあんまり柳生は関係なかったんですけど、それはそれで。

 てなわけで、今回はこんなところで。
次回は本編に戻る予定です。

 ではではー。
44 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:18:05.97 ID:DBsD9rgo
おつー
ドラのび合ってたの
45 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:18:09.90 ID:p/RRDxUo
乙でした。
なんというか、さよなら[たぬき]のAAは反則だよなあというか……。
生き抜いたというか、果たし終えたって感じなんですかねえ。
46 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:20:57.90 ID:/0j9wxs0
早世の理由は伊賀で四年間引きこもってたストレスのなかなあ
47 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:21:25.33 ID:JcDy6ks0
ググッたけど11月7日は渡辺数馬の慰霊祭で子孫の方もいるみたいだぞ。
http://www15.plala.or.jp/tottori-shrine/AnnualEvent.html#%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%95%B0%E9%A6%AC
48 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:33:31.01 ID:IQilmcU0
乙でした
今も残っているなら、行ってみようかな
49 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 01:58:39.32 ID:loEqdUEo
乙。又右衛門は敵討ちの前から病んでいたのかもしれませんね。
敵討ちの内容だって、旗本と外様大名のいざこざが複雑で、余人には手をつけられないものだったし。
だったら、残りの余生、大いに武名をあげてやろうじゃないか、と奮起したのかも。憶測ですが。
50 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 02:12:56.84 ID:hVkp5n.o

二人とも早いんだな・・・
51 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 02:19:27.40 ID:9btPWRoo
52 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 04:58:59.45 ID:IpbGHYso
昭和の時点でも、30代40代で結構人が死ぬんだよな。
http://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wpdocs/hpaz197801/img/fb1.1.5.gif
昔の寿命観ってどんな感じだったんだろう。
53 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 10:15:35.21 ID:oBYEDB6o
乙でした。
54 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/19(月) 11:23:51.94 ID:weUsk..o
ろくなもの食ってないから死にやすいんだろう
将軍ですら何人か脚気で死んだって話だし
栄養学とかも未熟だし、そもそも下級武士とかだと食い物の確保で精一杯かも
55 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:26:07.49 ID:7ct4GDYo
全体的な栄養状態の問題は兎も角
脚気は「将軍だからこそ」白米ばっかくってたからっぽくねぇか
56 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 00:40:39.46 ID:Y9BtHyM0
食い物もだけど、医療らしい医療が無い。抗生物質はおろか消毒滅菌の知識も無いから
感染症でバタバタ死ぬ。戦争で死ぬにしても戦死より戦病死の方が多かったりする。下痢とか。

今みたいに大事に使えば80年持つって命じゃないから、死生観は違うだろうね。
柳生の庄を取り戻すって時に「一緒に腹切って」ってムネリンが言うのも、現在だったら
ありえないもんね。
57 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 01:14:34.03 ID:WNo.pk6o
>>56
細菌の存在は知らなくても、消毒の知識と必要性は知っていたわい
経験則による知の蓄積を舐めたらいかんよ
58 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 04:10:29.01 ID:7PHuwtwo
衛生観念は一度城攻めにあったら嫌ってほど分かるしね
周辺の村々から逃げ込む人大杉で糞尿の処理が追いつかず地面が嫌な臭いがする泥になっちまうそうな
それプラス食糧不足ですぐ疫病蔓延するからね

だから可能な限り衛生面でで気をつけて
平時に城を見に行った宣教師が馬小屋に馬の糞が無いって驚くほどに清潔にしてるそうな
59 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 07:52:33.54 ID:ra/kdaco
BJ、絶望した! 秀忠の頼りなさに絶望した!
あれでは、「お主、父御は好きか?」と言ってくれそうもない。

しかも三成と淀殿の扱いが酷そうだし。
本宮先生は敵方の人物の描写に容赦ない能。
60 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/20(火) 20:36:41.03 ID:Z7szIqk0
マタえもんの死亡偽装説の中には、あんまり松平家が返せ返せとうるさいから
池田家が「あいつはもう死んだから返しようがないよ!」と嘘ついたというのもあるみたい。

大人気だなマタえもん。
61 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 15:53:23.66 ID:94NpF72o
植木鉢の受け皿にぼうふらが沸いていた。
じっとみて水を捨てた。

剣理は悟れそうにないと思った。
62 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/21(水) 21:56:42.66 ID:b4Wq0yA0
>>52
50でババア
63 :1 [saga]:2010/07/23(金) 23:57:36.03 ID:WWwBalo0
 どもどもです。
梅雨明け宣言も出たようで、なんか今週から無闇に晴れて暑いですが、
皆様如何お過ごしでしょうか。

 さて、次の更新なのですが、
現状、いつも通り明後日(7/25)の21時から、ここで投下しようと。
こないだで無事外伝その4も終わったので、次回は、

 【やる夫で学ぶ柳生一族(その35)】

 というところで。
今んトコの予定では、久々に十兵衛がメインになるかもしれません。
では、よろしゅうですー。
64 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 00:05:27.31 ID:2OhrQ3Io
あいさー
65 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 00:12:42.88 ID:zJley92o
了解です
66 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 00:30:48.23 ID:Vc602MYo
おお、十兵衛ひさびさだー
67 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/24(土) 00:37:59.16 ID:u15nu2Uo
おお。

そういえば、忠興様の次男がむーさーしーむーさーしーと
武蔵をストーカーする話がはじまったでげすよこんちこれまた。
なんか武蔵が微妙に脇役面でちょっとがっかり。

あと、よく「ガラシャ譲りの美男」とか言われるが、
あの次男、忠興とガラシャじゃなくて、
忠興が侍従に産ませた子じゃねえかなあとか思わなくもなし。
68 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/24(土) 22:18:57.55 ID:rhyGeN20
>>63
> 今んトコの予定では、久々に十兵衛がメインになるかもしれません。
なあ、十兵衛ってサブ主人公なんだよな、一応。

それはさておき(工エェ、楽しみにしております。
69 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 01:26:49.81 ID:M0WFjKw0
>>63
兵庫オプさんメインの話はいつかまたしますよね?
最近はずっと江戸柳生メインだったので。
70 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 05:19:14.62 ID:utQ6a3Yo
シベリア柳生は……
71 :1 [saga]:2010/07/25(日) 20:52:39.79 ID:0ne7VFk0
 どもども、お疲れ様でアリマス。
いつものことになりつつあって、どうかと思うところですが、
まだ仕上がってないので、今少しお待ち頂ければ…。

 22時過ぎくらいになれば、投下できるかと。
すいませぬ。
72 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 21:14:22.50 ID:T6VDuRIo
りょうかーい。

竹島御免状借りてきたよ!
73 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 21:38:07.00 ID:YbSZTaoo
了解
74 :1 [saga]:2010/07/25(日) 22:04:05.73 ID:0ne7VFk0
 どもども、お待たせしました。
それではこれから投下します。
タイトルは予定通り【やる夫で学ぶ柳生一族(その35)】で。

 では、始めます。
75 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:05:40.44 ID:0ne7VFk0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
            : 柳生十兵衛三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     柳生家の嫡男、
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    柳生十兵衛三厳だお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈 `ー´   _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄
76 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:06:36.59 ID:0ne7VFk0
■ 基本、史実ベースではありますが、史実においても意見が分かれていたり、
 当方の知識不足などにより、若干の創作が入ることもありますので、
 「大体こんなもん」程度に捉えて頂ければ重畳ー。

■ 次回のスレ立て告知については、現スレで行います。
  基本的に毎週金曜の夜にしております。

 【現スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(製作速報VIP版)】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279466286/l50

■ 以下、過去のまとめを載せて頂いてるサイト様です。
 ありがとうございます。

 【『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ】
  http://yagyuo.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/
 【多元 - 「やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ」】
  http://tagenmatome.blogspot.com/2009/07/blog-post_06.html
 【やる夫観察日記-「柳生」】
  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/?q=%CC%F8%C0%B8

■ あと、以下は>>1が別にやってる歴史伝奇紹介用のスレです。
 こちらもご覧頂ければ重畳ー。

 【やる夫で紹介する歴史伝奇】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240743842/l50

■前スレ
 【やる夫で学ぶ柳生一族(その34)】
  http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1263/12634/1263408000.html
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272123615/


 では、はじめます。
77 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:07:14.78 ID:0ne7VFk0
>>1からのお願いコーナー】
 毎度お馴染み、今回も次回(その36)の解説役を投票で決めたく。
ルールは以下の通りでアリマス。

 ・ 支援の際、以下の条件を満たすキャラについて名前なりAAなりを挙げて頂いた後、
  集計を行い、投票数が最も多かったキャラを次回の解説役にする。
  (例:支援。○○(キャラ名)とかでOK。作品名もあると更に吉) ※一応、1人1票でお願いします。

 【条件】
 ・ 女性キャラ。または外観が女性のキャラ(女装美少年込み)
 ・ AAが複数ある(できれば20行以下のバストアップAAが3種類以上があると嬉しい)

 既出キャラ有りなので長門なり翠星石なりも投票数次第で再登場可でアリマス。
でもできれば作中の登場人物に割り振り済みのキャラはややこしいのでご勘弁をば。

 ちなみに、票が同数のキャラが複数いた場合、恐縮ですが、その中から>>1が使いやすいキャラを
選ばせていただく所存(AAの使い勝手がいいとか、そのキャラを知ってるとか)。
あと、解説役の相方は>>1が適当にチョイスします。
よろしゅうですー。

 【過去、投票で決まった解説役(今回含む)】
  その13 : マシロくん(舞-乙HiME)                    その31 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※3回目
  その14 : 渡良瀬準(はぴねす!).                   .     : レベッカ宮本(ぱにぽに)
  その15 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)                その32 : 閻魔あい(地獄少女)
  その16 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!).           .     : 輪入道・骨女・一目連・山童・きくり(地獄少女)
  その17 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる)          その33 : ドロッセル(ファイヤボール)
  その18 : 菊地真(THE IDOLM@STER)                      .: ゲデヒトニス(ファイヤボール)&AA色々
  その19 : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣).              その34 : ゆの(ひだまりスケッチ)
  その20 : ドリィ&グラァ(うたわれるもの)                     .: 宮子・ヒロ・沙英・吉野家先生(ひだまりスケッチ)
  その21 : 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく).                その35 : 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
  その22 : 大佛はずむ(かしまし)                         .大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
  その23 : マコ(みなみけ).                         
  その24 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目.           
  その25 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※2回目             
.       : シモン(下妻市非公式マスコット)               
  その26 : 藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)               
.       : 須王環(桜蘭高校ホスト部)                
  その27 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる) ※2回目  
.       : 菊地真(THE IDOLM@STER) ※2回目..         
  その28 : ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)          
  その29 : 草薙素子(攻殻機動隊)                  
.       : タチコマ(攻殻機動隊)                   
  その30 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※3回目             
.       : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣) ※2回目         
78 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:08:37.26 ID:0ne7VFk0
【寛永十一年(1634)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬────┐         |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳      友矩     宗冬      .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛).  (刑部少輔)  .(主膳)
           |                   (幼名:七郎)   (左門) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)
79 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:09:16.00 ID:0ne7VFk0
【第1部(その1〜11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12〜24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25〜34)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
その後、六千石への加増、「惣目付」への就任など
更なる立身を遂げた宗矩は、実直に役目を果たし続けるが、
寛永十一年(1634)、家光親政下の一大イベント「御世替の御上洛」の際、
次男・友矩が、家光より従五位下・刑部少輔に取り立てられる事態が発生する。

 友矩のこの立身によって、謹慎中の嫡男・十兵衛との関係、及び、
衆道的寵愛による立身に対する周囲の反発など、また新たな悩みが宗矩に降りかかるのであった…。
80 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:10:05.33 ID:0ne7VFk0
 寛永十一年(1634)、「御世替の御上洛」を無事に終え、
家光、及びそれに随身した宗矩・友矩も江戸に帰還した。

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ
81 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:11:23.79 ID:0ne7VFk0
 そしてこの頃、家光は、
自身が目指す新たな体制作りのために様々な手を打っていた。
(これについては次回以降また述べる)

                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙ ''‐.、
           ,.‐_  -───-   _:::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.,  '´           `ヽ:::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
        /                 \:::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,./                    ヽ::::::::::/               .:゙‐、
     ,./ __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ/~                  :`、
      ," ' 「      ´ {ハi′          }  l´                     ゙、
    ,". |  |                    |  |                         ゙、
    /  |  !                        |  |                          ゙;
   ,'  | │                   〈   !  __                    ゙;
  ,'   | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ::::::/                    :,
  ,i  /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !   ─ 寛永十一年          .i
  i   ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |::|    俺は天下(セカイ)を変革(かえ)る ─
  |  | | /ヽ!        |            |ヽ i ! ̄                     .i
  .l  ヽ {  |           !           |ノ  /                      .;
  :   ヽ  |        _   ,、            ! , ′   ., --、   i´!⌒!l  r:,=i      :
  ゙:    \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'.     .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 )     :'
  丶    `!                    /.      .i´|.ー‐' |   |    |. !   l      .,"
   ゙,     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |.     |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;/
   丶      |\      ー ─‐       , ′ !     i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
     `、.     |  \             /   |    │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
     ヽ_ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-.|__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |   \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
       \....:.:.:  .:.:.: 徳川家光.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../
        ゙ ‐、.:.:.(とくがわ いえみつ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.......:.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:../
          ゙ヽ、.:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.,.''"
             ゙ ‐、.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,..‐'"
               ゙ ‐:::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,.:-''"
                  ゙ ‐-  ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,. -‐'''"
                       ゙""'''''''‐‐‐'''''''""~´

 宗矩もまた、そのために働いていたと思われる。
82 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:12:51.19 ID:HILgF2oo
アイマス2発表記念で真くんに入れとこうかなー
83 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:13:31.91 ID:0ne7VFk0
 だが…

        _,. ----- 、
      /:::::::::::::::::::::::::ヽ ´_
     /:f`ヾ,,/' ̄):::::::::::ヽ
     {:::ト、  __,ヘ{:::::::::::::::::ヽ       …これは父上。
     ゙i:トta゙ ィ=tデ;:::;r‐、::::::::ヽ 
     ll`¨:i   ̄´l::::{b゙ノ:::::::::::ヽ
     l:', L    i:::トi゙´::::::::::::::::::ヽ
     l:::',  ー-  ll:::l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll:::lヽ--イ :ll::::',l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ll::::l ヾ‐'"´',i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     ',::::',f´j__,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',_,.-'゙
        ∨='7/:::::::::::::::::::::::::::::::::::_:r'"二´='"´
       /-'/:::::::::::::::::::: :: :: ::(__ ゝ-‐,"彡
.     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ ̄´:::::∧
    / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(二二、ー─''")::: ::
.   //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) r彡-'': :: ::
   レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ニ´彡::::::::::::::::::::::::
  {:::::::::::::::::::::::::::( ̄´r‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
.  }:::::::::::::::::r‐二-‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        柳生刑部少輔友矩
   (やぎゅう ぎょうぶしょうゆう とものり)


         / ̄ ̄\
       /  ノ  ー\
       |  (●) (●)|
.       | u (__人__) .|    左門…いや、刑部。
        |    `⌒´  |   …今から上様のところか?
.        |        }
.        ヽ       .}
         ヽ     ノ
         /     }
         |      |
          |      |
84 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:16:26.55 ID:0ne7VFk0
        ,,.ィ''' ~~゙゙ ''''' - 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: へ ::;:::::`i
   /:::::::::::::::::::::::;:- 、:::::::/     \/
  /::::::::::::::::::::::::/ {ヽソ::::::|--- 、   |
./::::::::::::::::::::::::::::l 。`/::::::r'゙''x;;;:::::\_,. l
:::::::::::::::::::::::::::::::::`t'´::::::|   ~””“` {     はい。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i゙::::::::|       _,|     これから中奥(※)の方へ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::|      __,.'´     
::::::::::::::::::::::::::::::/=!:::::::::::|     i´       
:::::::::::::::::::::::::::/=、,|::::::::::::lェ,,,___,l
::::::::::::::::::::::::/=、,ヾ!:::::::::::|
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::|

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (− ) .   |
     . (人__)     |    …刑部。
     r‐-、    .u.  |   わかっておるとは思うが、気をつけよ。
     (三))   .   |   .山城守殿(酒井重澄)のこと、肝に銘じるのじゃ。
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

 ※ 江戸城における将軍の居住空間。
  大奥に行かない場合、ここで将軍は寝起きする。
  そこに友矩が行くというのは…まあ、つまり「そういうこと」です。
85 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:18:29.81 ID:0ne7VFk0
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
         ./: : : : : : : : : : : :≧=≦: : : : : : : : : : : : : : : : i
       /: : : : : : : : : : : 〈     `ヽ: : : : : :,r‐'"ヽ: : ::l
        /.: : : : : : : : : : : : :l       \;:/   /: : : l
      ./: : : : : : : : : : : : : ノ__          _/: : : :/
     /: : : : :/二ヽ: : : :/__≧、_,,  、_/__i: : : /
    ./: : : : ::i r‐ハ l: : ::l ¨=廴ゞ='¨ヽヽ  ィt_ッ¨ブ/ノ      心得ております。
   /: : : : : ::l {r‐! l: : : l     ̄ ´   | ̄ ̄ /: i     では…。
  ./: : : : : : : ヽ、ヽj:: :: :l            |     /:: :l
  /: : : : : : : : : : :`¨´::: ::ll           、l   /:::::::l
. /.: : : : : : : : : : : : : : : : :jl            /   /: : : :l
/: : : : : : : : : : : : : : : : : /i \     ̄二¨   /: : : :/j
: : : : : : : : : : : : : : : : : //  ` 、        /-、_: //
: : : : : : : : : : : : : : : : // `ヽ、   ` ー‐ァ‐'"    ` ー 、_
: : : : : : : : : : : : : : : //    ` ーァ‐≦ト、         `ー 、_
: : : : : : : : : : : : //l      /   ハ l ',                `ー 、_
:: : : : : : : : : ://  ハ      {   } l  ',        _,.-‐'" ̄


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. | u.   (__人__)     …うむ。
  |     `⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
86 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:20:33.93 ID:0ne7VFk0
        _____
       /    .r┐ヽ「|
     /  r-、  | .| ./ l l゙l
   . / .__,ノヽ ゙、_,ノ '-' .|,,/ |
   |   (−)ヽ     ノ ´/    (十兵衛の奴と違い、左門ならばそう間違いはなかろうが、
    | u.     〉      〈_,,.-、   しかし、上様の勘気はいつ起こるかわからぬからな…。
    .|    (__人{         .r''´   周りの事もあるし、この先、どう対処したものか…)
    .|      ´⌒|    _,.-i'´
   . .{       l-‐'''''''ーl }
    {   .   |´ ̄ ̄``l }
     {      .|     |.}

 家光の、友矩に対する寵愛は相変わらずであった。
従来であれば、禄も低く、無官の身でもあったため、さほど問題にはされなかったが、
従五位下・二千石の身ともなれば、話はまた変わってくる。

 宗矩の悩みは増すばかりであった。
87 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:22:15.97 ID:0ne7VFk0

 そのようにして寛永十一年の夏は過ぎ、既に季節は秋になっていた。
そんなある日…

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
88 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:24:18.01 ID:0ne7VFk0
          .、'''ー'`'''''"`"`'ー、 
        /   ,,  ,,,// ィ ,,,rr )  
        {   |从 lll",,," llllj '' `'ー、r
       { 从从´´´从从从iiiiiii lll从 ll ,
       { 从从ll|||'''从从:::''''""/"jj  }
      {、-、|lllll|、,,, l|||l从;;;;/''"'彡シ   }   
      (ミ'ミ   ゙゙''' 、ィヽ)ヽ::  u '彡:シ }     殿、失礼致します。
      ミッ|      リノノ:::::::  ィ彡,,ノ,、}    先ほど、沢庵和尚よりの使いを名乗る者が参りました。
      { ミ}r 、_ {  "彡::::::''" ,,゙'' 、::j´、',  
        }::l|ー-、ヽ}_ O'"_,,、-''イ::ツ }jリ, リ     その…通してよろしいでしょうか?
        ヽ',シミ゙'、;;ヶ、ili、ィ;ィ;;乏彡ミ /ノ''/|,,,,__
         '、 `""´: | ''''''::::: ̄  /イ,,/:::}
     ,,、- '''"ヽ   ,l,,  、:::::::   /リ:   } | ̄
 ,,、-''"      ヽ  `'-''´  ッ::  j::   レ
'"(         :ヽ  ー-ー ''´:::   ノ::: ヽ/
  ヽ,,,,,, 、-、    ::ヽ  '''''''"ツ:::: /:::   /
        ヽ  ri::::ヽ   レ' /:::::  /
゙' 、      ヽ/ t::::::::'、,,_,,/::::::  /
 ̄`'' -、     ゙' 、ヽ、::::::::::::::::: ::::/      ,,
          村田与三久次
       (むらた よぞう ひさつぐ)


           / ̄ ̄\
         /    ⌒ ⌒  ´_
         |    ( ●)(●) 
         |     (__人__)     ほう、和尚から使者とな。
         |      `⌒´ノ     構わぬ。通すがいい。
          |         }
          ヽ        }      (    「ははっ…では」
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !
89 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:26:09.46 ID:0ne7VFk0
              ,..-'' フi''‐- 、 
             ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
            ノ/ ''―‐ 丶―U|
            :〃 ´`゚ ′ 「 ゚` "|'、   但馬守様、わたくしが
            |ル  丶- ..-   │   和尚様の豚…もとい使者でございます。
            │   -=一、  〃
             、  ̄   _丿 
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
     ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         l''、     `
    /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
   丿  _ ..ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、 、   .|
   丿   ノ广;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
   ゝ   │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ 卜;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   !
  l 、   卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   │
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    |    |
          沢庵和尚からの使者


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ○)(○)
         |     (__人__)
         |      `⌒´ノ
          |         }
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !
90 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 22:28:31.03 ID:HILgF2oo
ちょwwwwwwwwwwwwww
91 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:28:48.50 ID:0ne7VFk0
              ,..-'' フi''‐- 、 
             ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
            ノ/ ''―‐ 丶―U|
            :〃 ´`゚ ′ 「 ゚` "|'、  和尚様より、手紙を預かって参りました。
            |ル  丶- ..-   │  こちらでございます。
            │   -=一、  〃 
             、  ̄   _丿  
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
     ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
     ..'´     /丿         l''、     `
    /      /,'     ヽ     !'l       ヽ


   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (○)(○)
. |    i||(__人__)       う、うむ…。
  | u   ` ⌒´ノ ) ;;;;)   ご苦労であったな。
.  |         }  .) ;;;;)  (こやつ、この格好で江戸まで来たのか?)
.  ヽ        }  /;;/ 
   ヽ     ノ  .l;;,´     どれどれ…。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
92 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:29:16.17 ID:0ne7VFk0
               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\    ええと、なになに…
             |  (●)(●) |   『元盛罷下り候。愚老江戸に在るの時分…』
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__) u |
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ
93 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:29:30.78 ID:T6VDuRIo
ブタのAAなんてあったのかww
94 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:30:13.14 ID:0ne7VFk0
=以下、手紙意訳=
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   そちらに使いにやった奴は、
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .俺が江戸にいた頃使ってた豚だッ!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   丹後守殿も認めた名豚ゆえ
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .これからも下僕として使ってくれるわー!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
                 沢庵宗彭
              (たくあん そうほう)

 『元盛(※)罷下り候。愚老江戸に在るの時分、用の義ども申し、又は召し連れ参り候。
  其の時の如く相変らず御懇成され下さるべく候。
  殊に堀丹(堀丹後守直寄)目を掛けられ候間、彼所に逗留致すべく候。
  丹州用の儀とも申して参るべく候。いよいよ御入魂成され下さるべく候』

 ※ おそらく沢庵からの使者の名と思われる。
95 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:31:56.72 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    『…さて、話は変わるが、江戸に戻ってから以降、元気にしておるか?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     とにかく体に気をつけ、養生するのだぞ』
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『一、御下り以後、御気どもつき御煩なく候や御心元なく候。
    御身の用心養生、此外別して有る間敷候』
96 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:33:54.79 ID:0ne7VFk0
                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !    『俺の方は、お前らが江戸に帰った後、
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !     即刻田舎に帰るつもりだったが、
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |     あれこれ引き止められて、
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l     .御水尾院のところへ参上する羽目になったわ。
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l   
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !     その後、田舎(但馬国出石入佐)に帰る事にしたが、
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|    .その辺は元盛に聞けば、詳しく話すだろうよ』
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./
        ',   .,'  `'、   `''" ̄ ̄ .,!      /
        !  .i',    ゙'y.     .._.. !     /
        |  ./ ヽ    ゙',゙'---ッ'"  !     /
        | /  ..l.   ..l, /    .l    ./
        l ,i',    l    .li′   .!    ./
        // \  .!    !    l   ./
       〃   ヽ. !   !    :!  . /
       l′    ヽ|   .l    | ./
       .゛          !     ! /
                      l′

 『一、愚老事、先書にも申候。還御以後、即刻田舎へ参るべく候処、
    南光(南光坊天海)以下、御暇乞仕るべくと少しく延引候へば、
    院参申候へと、勘定の由、勧修殿(勧修寺家)より表むきの仰せにて、
    板防州(板倉周防守重宗)へも御内証苦し間敷かの御尋迄成さるなどとの事に候間、
    院参申す儀堅く斟酌申し候へ共、重ねて少しの間なりともと勅定の上、
    申し断り難く候て、両度参り候て、其の後京都を引退申候。
    但州入佐の旧房にとしを暮らし申すべき心中にて、元盛くわしく申すべく候』
97 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:35:40.03 ID:0ne7VFk0
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′  『お前と立慶に頼まれていた絵に
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ    俺様からの褒めの言葉を書き入れてやったわー!
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l    .これも元盛から受け取れい!』
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

 『一、立慶、貴殿御両人御頼成され候絵二幅、讃語加へ元盛に渡し申し候。
    慶法印へ御心得候て下さるべく候』
98 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:35:39.62 ID:Ou1FdcEo
けいおんの律っちゃんでひとつ4649
99 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:37:19.63 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   『…貴様には世話になっているのは忘れちゃおらん。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    「忘れてない証」なんてものがない以上、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    こんなことをわざわざ言わにゃならんのもナンだがな』
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『一、数年の御懇意共、忘れ難く存じ候。
    然れども忘れざるしるしこれ無く候へば、申すも曲なく候』
100 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:37:52.14 ID:T6VDuRIo
毎度恒例佐々木さんに一票。
101 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:38:41.40 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |    『…そうそう、御上洛の後のことだが、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     京の連中はやたら将軍家をありがたがってる。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      堺の連中もそうだな。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     金を撒いたのが効いたってわけだ』
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『一、還御以後、今に諸人忝がり申候。どめき申候事限りなく候。
    京中にて日々に悦事仕り、方々へ酒もたせありき慰め申す由に候。
    堺も上下有難き由わめき申し候』
102 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:40:15.59 ID:0ne7VFk0
                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈    『だが!そもそも金なんざやらんでも、
              /   /    夢     ', ヽ    )    皆がおごりを捨てれば、
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く     世の中なんぞ、どうとでもなるわー!
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ    金にこだわって、食うものも作らずにいたら
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )    そりゃ腹も減るに決まっておろうが!
            /    /     ,,   ,,      ',    〈     そのことを弁えておけば、金なんざ撒かなくとも
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃    世間はどうとでもなるわー!』
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V // 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V / 
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      <へ/`ー ヘ、\
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\    <へ/ ((_))   \_\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋 <へ / ((_))       ( _(
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  / ((_))    ((_)) //<
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ) /    ((_)) //へ〃
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム/// _((_))  //へ〃
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | | ./////   //へ〃
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/ .ノ⌒i//////>⌒` ̄
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  /(_ ノ//////
   // /   /    |/ /      /////(´`Y //
  .// /   /    V   〉   '"´ ///(´ヽ(`ヽi.  i/
      /    /  〈   _ -<///, \ ヽ ヽ ノ
                   ////( `ヽヽ_人_ノ
                 //////ゝノ

 『一、おごり一つをさへ御禁制候はば、世上は銭金下されずとも、くつろぎ申すべく候。
    上下おごり故、貧に成り申し候。
    是一つ、銀山をやめ候事、是れ一、たばこ地に作り申すにて米穀不足し、
    銀山に人多く入り、田はば作らず、米穀を食い費し候故、世上つまる故申候。
    (中略)斯様の御分別候て、折々仰せ上げられ候はば、金銀下されず候共、
    世間はゆるゆると成るべく候(後略)』
103 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:41:31.18 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/   …これは御政道への批判にもなりかねぬの…。
. |   (__人__) l;;,     確かに、金を撒けば良いというものでもなかろうが、
  | u.  ∩ ノ)━・'    .わし以外がこれを読んだらどうするつもりなのじゃ。
.  |   /  ノ´ } 
.  ヽ  / /    }      というか、わしとて上様の側近なのじゃぞ…。
   ヽ/ /   ノ 


           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  ⌒   ⌒ ."|'、   それだけ、但馬守様を
         |ル  丶- ..-   │   信頼しておられるということでございますよ。
         │   -一-  〃 
          、 .-   _丿     あと、次もご覧ください。
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
104 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:42:53.24 ID:T6VDuRIo
相変わらずロックですな和尚
105 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:42:57.34 ID:0ne7VFk0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│     『なお、但馬国で大雪が降ったら、
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|      この俺が直々に柳生谷へ降臨してくれるわー!
      ././       / ///      ゙‐''゙⌒.! ',
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _   ///.|  .l      …べ、別に大雪で難儀しそうだから、
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ    お前のところで泊めさせてもらえたら嬉しい、
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \  というわけではないのだぞ!』
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

 『一、但州は大雪国にて候。雪に迷惑申し候はば柳生谷へ参候て居り申すべく候。
    此事又元盛申すべく候。恐々謹言』
106 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:44:39.92 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(⌒)(⌒)  |
. |  (__人__)  |         ははは…。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   和尚と言えど、雪には勝てぬか。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/     構わん構わん。
   ヽ     ノ   .l;;,´     代官には指示を入れておくでな。
. /    ∩ ノ)━・'      好きなだけ滞在してくれと和尚にお伝えしてくれ。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  ⌒   ⌒ ."|'、   
         |ル  丶- ..-   │   ありがとうございます。
         │   -一-  〃 
          、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
107 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:45:07.66 ID:.u99KQY0
デレたーww
108 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:47:45.34 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',      『最後に一言。
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |      .これからも貴様とは付き合っていきたいので、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       長生きするよう、健康には気をつけろ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      .胸が痛いとか言ってたけど、そりゃタバコを吸うからだ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      .禁煙しろ禁煙。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      タバコなんざ吸ってたら他の連中みたいにガンになるぞ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       わかったな? by沢庵』
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『尚尚、毎時々々御目に懸り度き計りに候。
  .御床敷存候。寿(ことぶき)の延び申す様に御分別然るべく候。
  たばこ御やめ候はずば、むねのいたみやみ申す候間敷。
  .たばこにて、かく(癌)に皆皆成り申し候。

  十年七日 宗矩公
  沢庵(花押)』
109 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:48:51.89 ID:6r5dDu.0
豚の反応がマトモすぎて笑えるww
110 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:49:22.14 ID:.u99KQY0
こんな時代からタバコ吸ったら癌になりやすい事が知られてたんだ。
111 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:49:23.29 ID:0ne7VFk0
>>108で日付部分が間違ってたので以下差し替えお願いします。

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',      『最後に一言。
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |      .これからも貴様とは付き合っていきたいので、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       長生きするよう、健康には気をつけろ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      .胸が痛いとか言ってたけど、そりゃタバコを吸うからだ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      .禁煙しろ禁煙。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      タバコなんぞ吸ってたら他の連中みたいにガンになるぞ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       わかったな? by沢庵』
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『尚尚、毎時々々御目に懸り度き計りに候。
  .御床敷存候。寿(ことぶき)の延び申す様に御分別然るべく候。
  たばこ御やめ候はずば、むねのいたみやみ申す候間敷。
  .たばこにて、かく(癌)に皆皆成り申し候。

  十月七日 宗矩公
  沢庵(花押)』
112 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:50:00.52 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (−)(●)
. |     (__人__)       むう…禁煙か。
  | u    `⌒´ノ ) ;;;;)   ちょうど吸ってるところにこれとは…。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/    まあ……善処することを前向きに検討したく
   ヽ     ノ  .l;;,´    思案する方向で進めたく、とでも言っておいてくれい。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃 -・-   -・- ."|'、    …はあ。
         |ル  丶- ..- u .│    
         │   -一-  〃     (こりゃダメだ。
          、 .-   _丿       絶対止めないなこの方)
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
113 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:52:02.96 ID:0ne7VFk0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´     しかし…和尚が柳生庄に来るかも知れぬか…。
  |     `∩_ノ)━・'    十兵衛の奴も、和尚に感化されて
.  |     |_ノ       少しはマシになってくれればいいのじゃがのう。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃.  −   − "|'、    
         |ル  丶- ..- u .│    (ほら、読んだ直後から吸ってるし)
         │   -一-  〃     
          、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
114 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:54:00.07 ID:0ne7VFk0
 そして、それからしばらくして、
寛永十一年の年の瀬もそろそろ近付きつつある頃、
柳生庄…。

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v
115 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:54:47.46 ID:PQD99RQo
けいおんの律っちゃんはいいかもなー
116 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:55:23.87 ID:0ne7VFk0
        ____
       / ─  ─\
     / (●) (●)\      皆さん、如何お過ごしでしょうかお。
   /    (__人__).   \   久々の出番がやってきた柳生一族最大のヒーロー、
    |      .`⌒´     .|   柳生十兵衛三厳ですお。
   \             /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
117 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:57:17.36 ID:8xFhkf2o
やる夫、マジ久しぶり
118 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 22:57:52.85 ID:0ne7VFk0
         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\      でも、この間、手紙が来て、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    左門が従五位下刑部少輔に叙爵して、
    ヽ   L   |r┬-|    |    二千石の身に成ったって書いてあったんですお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


        ____
      /      \
     /  ─    ─\      それに比べて、
   /    (●)  (●) \    今の十兵衛は無位無官で部屋住み同然の
    |       (__人__)   |    謹慎八年目の身だお…。
   \.      `⌒´   /     気が付けば、もう歳だって二十八だし…。
   ノ            \    
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ      「後から来たのに、追い越され」なんて言うけど
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)   このまんまじゃ廃嫡されても文句言えねーお!
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //   でも、何をどうすりゃいいのかさっぱりわかんねーお!
| :::::::::::(⌒).    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|      .ノ     | |  |   \   /  )  / 
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ
                               ン
119 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:59:10.85 ID:T6VDuRIo
なきたくなければ さーあどーてー
120 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 22:59:45.41 ID:Om52eGEo
じゃあけいおんから憂で
121 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:00:19.81 ID:0ne7VFk0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとは柳生家の嫡男として立派に振舞いたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \      `⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも江戸ではきちんとお役目を果たせる者しか相手してくれないお…
  |     (__人__)    |  
  \      `⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから故郷で剣に専念するお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
122 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:00:54.28 ID:8xFhkf2o
剣の学歴難民になるぞww
123 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:02:02.65 ID:d3iPBR.o
一つ間違えば、オプーナ兵庫と同じ道を一直線だなww
あ、案内役は化物語の駿河で。
124 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:02:10.17 ID:0ne7VFk0
         , (⌒      ⌒)
       (⌒  (      )  ⌒)
      (             )  )
        (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
 ,r'ニニニヾヽ、.      | || | |      //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))   ノ L,l ,|| |、l、   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!    …なんて言って、故郷で新陰流に専念してもう八年だお!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!   十兵衛の謹慎は一体いつになったら解けるんだお!?
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /   
  \  \l     i|    |!     l/  /     もうこれ以上待ってられないお!
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l   
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。
125 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:03:28.52 ID:OXG3s66o
兵庫と違って発端は自分の愚行だからな
というか、将軍相手に酔っ払って稽古とかその場で殺されてお家断絶でもおかしくないレベルだ
126 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:04:59.10 ID:0ne7VFk0
        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(−)     でも、江戸に行っても、どうしようもないんだお…。
   |         "`(__)   かと言って、他の家に仕えるなんて無理にも程があるし…。
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |


         ____
       /     \
.    /       \      それに、家業の新陰流を調べようと思ったら、
.  / /) ノ '  ヽ、 \    今のところ、一番都合がいいのはこの柳生庄だお…。
  | / .イ '(ー) (ー) u|   謹慎の身で尾張に顔も出すわけにもいかないし…。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
127 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:06:47.15 ID:0ne7VFk0

       ___
      /     \
    /        \  
    /::::::           ヽ    …結局、このままここ(柳生庄)で
    |:::::          i   新陰流の研究を続けるしかないのかお…。
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)
128 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:08:36.74 ID:0ne7VFk0
     ,. -─一……ミ、____
     ´ ̄ ̄>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...、 ___
       ..:.´:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.∨ 
     ./:/:.:.:./.:.:/.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:ヽ.:. /
   /.:.:/.:.:.//.:/ |.:∧.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:∨ 
  /´7.:.{:∠ /:/ __j/__j:Vl.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     …あの、キョージュさん。
   ._/.:.:/笊} {:/ 笊行えx |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.   誰ですか、これ…?
   / |.:./イ:::/ / んしイ}}V.:.:.:.:|:.:.:. |    
  ./ |/ { ン⌒/   {ix:::::ノ八 |.:.:.:.:.l∧:人
  .{  {"" /  {    ゞーく }|.:.:.:.:.|⌒V.:.\
  `_ム_ノ  丶     ""丿|.:.:.:.:.|⌒ }.:.:.:/:.rー─r一'′
   |∧  −  .ー一. ´.u|.:.:.:.l_/:./.:/l.:.:.:.:.:.:|
   .|.:.:.\         /.:.:.:./:.:.∠:.:イ.:.l.:.:.:.:.:.:|
    ',:.:.:.:.:.:ト ..___ ィ  /.:.:.:.:/ ̄   |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
     \.:.: |       } /.:.:.:/ ̄]ヽ  |.:l.:.:.:.:.:.:|
      \|  仄ヘ ̄_/.:./-─ ┴く.  |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
        //::介「 //: : : : : : : : : ヽ|.:l.:.:.:.:.:.:|

                                 ./::::::::://、:::::::::/:::/  ヽ::::::::::::::::ヽ::::::::::: !::::',
                                 i::::::::::i∧::ヽ\:::/      \:::\::: |::::::::::::|::::::|
                                 |:::::::::l∧ヽ:::>⌒      ─‐‐、::::ヽ:!::::::::::::!::::::!
  柳生十兵衛三厳。                     |:::::::::|::::/            \:::|::::::::::::|::::::|
 江戸柳生家きっての剣の天才と言われた男だ。   .|:::::::::|:/___ミ、      ィ___、|::::::::::::|::::::|
                                    |:::::::::| l! !::::::::::::|      |:::::::::::::::ll!!::::::::::::!::::::!
                                    |:::::::::| l! !:::!:::j:::|      |.イ:::::::j:::!l|::::::::::::ト:::::|
                 .           , -、    |:::::::::| ヽ弋_):::ソ     弋_)-:'::ソ/|::::::::::::| l:::|
                      __.     !  l  _.  !:::::::::!     ̄  .     `ー'  |::::::::::::レ::: !
                     ,.-l \   |  l / l  !::::::人                   |::::::::::::|::::::|
                     ! ヽ.  \ !   l  l  i:::::i::::!:>     __         ,'::::::::::: |::::::|
                 .    \ \  ´   丿 l  |:::::!:::|::::| |::>   ´     .ィ┐::,'::/::::::::::,::::: !
                        \    ...,   ヽ |:::::!:::|::::| |:::::::|:ノ T 千,  彡 ∨:/::::::::::∧:::::!
                    r───'   :::l    l !::::|::::!::::! ィ彡 /_/Yi.      /L!::::::::::∧:::::::!
                    `ー─‐‐、   ::ノ    j ´|::::|::::| / /  ! /\ ./  /::::::::/ ≧ト、
129 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:09:16.80 ID:8xFhkf2o
柳生庄という超絶剣術大学院から出られず、就職も困難(;ω;)
130 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:10:48.95 ID:0ne7VFk0
    、     __
    >ー ´     、 `ヽ
  /           \  ヽ
 /'  ̄/  /{  (  、 、ヽ__,ム-‐
.    /  /∧  ',\ノ\ \ ',  V⌒ヽ  
   /  / l| V ハ笊丐ミハノ }  },    \      でも、その、白まんじゅうな外観はともかくとして、
    | / l | 笊V ヒ以ツ}|/\ /|{⌒ 、 \    なんかすごく「らしくない」というか…。
    |/{  ! { ヒり⌒{   } |/__ノ/小   丶   \  剣豪なのにこんな風に鬱々とするなんて。
   l \|人_} _`ー‐'ノ∧\ 八 \   \   \
       | |>-rr‐≦≠‐トー‐  丶 \   \   \
       | |/ {氷_/ ̄⌒ヽ、   \ 丶   \  丶
       |从/// /        \    \{ \      ヽ
     // 〈/ { { {     /二二二二ヽ ー─ミ、 ',
.   / / ///八 V{ 、   / / \  //      \}
,ィ⌒ーz { >'´ ̄ ̄ ア\ / /    く/ \
 ̄ ̄/7- ´     二二ゝ  Y /、     \ |
   { {___ __入\ヽ   /| {/ \     \|
_O Oヾ_/ |  く )ノヽ) //| |  /\     O\
  ̄ ̄  ノO O\\/ /  jol/   \    O\

                                .      ..:.:´:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
                                    /:.:.:.:.:.:.:.:、..:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:..l:..:..:..:.\
                                   /..:..:..:..:.. ⌒\:..:..へ:..:..|:..:..:..:..|:..:..:..:..:..:.ヽ
                                 〃.:.:.:.:.:./      \.:.:.:ヽ.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
  剣豪である事と、性格に関係などなかろう。  ....../:∧::.:/        \::.:∨ :.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.l
 キサラギ殿が言ってるのは、イメージに過ぎん。  |::K::∨         ̄ ̄ ̄\:|::.::.::.::.|::::::.::.::.::.::.::.::|
                                .|::|:∨ ̄              |::.::.::.::.|::::::::.::.::.::.::.::.|
  単純に状況だけで推測すると、            |::∨        ィ尓六卞TT::.::.::.: |:::::::::.::.::.::.::.::|
 この頃の十兵衛は、相当複雑な心境だったと  .. |::.:| rf広h     |i:.:.:.:.i:| | |::.::.::.::.|::::::::::::. .::.::.: |
 思われる。                       . |::∧| |i:.:.i|     {i:.:.:.:りノ |::.::.::.::.|- 、:.::.::.:. i:.|
                                |::.::.|| |i:.:.i|      ー‐'′|.::.::.::.|ハ |::.::.::.::. i:.|
                                |::.::.| ー‐ ′         |::.::.::.::.|ノ |::.::.::.::. i:.|
                                |::.:.{                |::.::.::.::.l__/::.::.::.::.::.i |
                                |::.::.:\    -       j::.::.::.::.l::::::::::l.::.::.::.::.:!:|
                                |::.::.:::::::丶         /::.::.::.::.l::::::::::.l::.::.::.::.:i:.|
                                |::.::.:::::::::| {>  __  ≠::.::.::::::人:::::::::.l::.::.::.::.i:.|
                                |::.::.:::::::::|  \:::::::::::| /::.::.::::::/  ∨::::::l.::.::.::.:i:.|
                                |::.::.:::::::::|   >-‐'.::.::.:::::::/     V::::.l::.::.::.:i:.|
                                |::.::.:::::::::|  /::.::.:::._:: -<      ∨::l.::.::.::.i |
                                |::.::.:::::::::l/::.::.::.∠ -─-          ∨l::.::.::.:i:|
131 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/25(日) 23:11:00.06 ID:/KpSnCU0
マライヒに一票
132 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:12:09.37 ID:0ne7VFk0
       /  .:./  / .:. /       .: :';::.:.:. ヽ  \
      ./  .:./  / .:. / .:./   .:.::.:::.:.|:::.:.:.│  ',ヽ
     / :/.:./ :./.:.:.:/ .: /| . :.:.:::::j.:::.:.|:::.:.:.│:  }: '
    .,′:/.:.,′:.///|⌒/│. : .:::::,'|⌒ハ :.:. |.:.  l:: |
      j.:.:.l  :.::.: / -=ミ |. :.:.::::/ |.:/  ';:::.:.|::.:.  |:.i|
    i .:.|.:.:.| . :.i: /, ィ尓  !.:.:.:::/ レ示ミ '::: |:::.:. : |:.リ
    | .:/|.:.:.|.::.:〃ん//}ハ ハ.::::/ んノ'/ハ ∨|:::.:. jV
    |.::i│/|.: /i{ {∧.::ノ ト、 ∨  {∧::ノ }、}} |:::::.: .ハ     どういうことですか?
    |.::|:八_|:.;'八弋辷(ノ ヽ─/ 弋ーry ノY:::::.:∧:.',
    ∨ .:.:::|:{ハ         } {    ̄   /|::::: ′\:、
    ./.:./:.:::|:.::小、      / c 、     厶:!::.;′   \
   /.:./:.::::::|:.:: 乂> _/    \  /,/|::.i
   /.:./:.:::::xヘ:.:::::|∧  丶、 ___.. ,.r< ̄ヽ |::.|
  /.:./:.::/   ::.:::|  \   \/ | ∨   }│:|
  !.:/:.厂     \{.    \ /凡 /   〉  ノ│:|
  |/∨      \ }    /∨:トイV   /∨ { │:|
  | {      ∨   / / /|│l\く /  } |:/   _/`ヽ
   ,>       \\/ 〈 /| |│|\}//    ∨ _/(_...ィ {
   く\      \\. ∨| N. | // /⌒づ´     |/⌒)


                               .....       -―――- 、
  上で十兵衛自身が言っている通りだよ。       .    ´:::::::::::::::::::::::::::::::⌒\
 自分が謹慎している間に、               .  /::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::',
 妾腹の弟に、地位でも石高でも               |/{_  -――――-、〉:|
 圧倒的な差をつけられたんだ。               |/\_/ ̄ ̄ ̄`丶_jー|
                               .....  |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
  悟りきった坊主でもあるまいし、           .  |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
 弟に追い抜かれて平然としていられるとは考えづらい。.|::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
 ましてや、十兵衛は嫡男なのだからな。          |::ゝi: i│       /:::i:::|
                               .....  | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|
  だが、謹慎の身の上である以上、            |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|
 十兵衛にはそれを挽回する手段がなかった。        | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|
 しかも、その謹慎の解ける目処も立たないとくれば、   |:::/|:::::|/ /「ト、 Y:::i ハ::|
 そりゃ鬱々もするだろうさ。                .   |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
                                    |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |
                                    |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |
                                    |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|
                                    |:::|   |」___| |_|_|/  |::::|
133 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:14:52.42 ID:0ne7VFk0
           ___
         ´: : :-─: : ⌒丶、_
        /: : /: : : : : : : : : : : : : : \
      ,': : /: : : :./:./|: :/ : {: : : :ヽ ̄    なるほど!
       |: :/: : : :.//丁:| : ∧_j: : : ',    現代に例えれば、
     /| : /| :: 〃x示|/|: /厶:|: : :.lハ 
      |: :.V/_|: : {_ん ィ} |/ んィ} : :|│    『自分が会社で問題起こして停職になってる間に、
      |: 八{ (|: : 代::::ソヽ-、V::リト: :∧|     .弟が同じ職場で役職付きになって年収一千万オーバー。
      | : : ;ゝヘ: :|    rノ┐{  j: :,'       .でも自分は収入ゼロの実家ニート八年目で
      |/∨:.:/入ト、__/、ノ ゝイ /       .転職先の当てもないまま、再来年には遂に三十路突入』
      |: 厶lrヘ〈_>iく乏ト.、 |/      
      |/^ヽ| <イrト\| ∧         というわけですね!
        イ   :| | |:| ゚|:|Y/ }        それならあの鬱々具合も納得できます!
.        l \| | l」 ゚l」 | ハ 
.       〈  ゝ|__|__|_|_レ'´二}}
_______.〔 /    / /  ー} |___
 ̄ ̄ ̄`└ー──‐--ゝ-─┴' ̄ ̄ ̄

                                 ......        -――‐-
  …キサラギ殿も結構容赦ないな。                  '´         \_
 現代に例えると異様に生々しくなるからやめてやれ。     /             _|  ヽ
                                 ....    /  :/\/_   _二-‐┘、
  フィクションだと、この時期の十兵衛は        ....     / ̄∧ ̄≫'"´  \ヽ:|:: |
 諸国を巡る隠密行の最中だったり、              l  ≫≪|=/ ̄u.    --Y:: |
 別人の身体で疋田新陰流を学んでいたりと       .   |   l:| ::|rァ=‐┬    _ ';|:: |
 とかく「剣に生き、剣に死す」といった展開が多いが、   │ xー| ::|{.| {::::j|     「l :!|T!  |
 実際のところは、この鬱々たる状況の中で、         | ( _| ::|代::(ソ    {.{::リノ|:: |
                                 ......  | :::\| ::|      .  ` ´ i:: |
  「他にどうしようもなかったから、            .....  | ::::::: | ::l、             イ|: │
   (より一層)新陰流の研究に没頭した」         .  | ::::::: | ::|r`ト ._  ¨ _ <:: i:|: │
                                 ......  | :::::::::| ::||  ̄>下「:::::/::::/|:|: │
 というところだったと思われる。                 | ::::___| ::|L_/ ィ公ハ_/::::/ :|」: │
(無論、元々好きで研究しているというのがあるにしても)  |/ヽ | ::| ∨ /|o|ハ ヽ\   |: │
                                     |{  `| ::| /{_{. | :| ∨  ハ |: │
134 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:16:11.92 ID:T6VDuRIo
生々しすぐるからヤメテ
135 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:17:20.87 ID:0ne7VFk0
     ,. -─一……ミ、____
     ´ ̄ ̄>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...、 ___
       ..:.´:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.∨     ヽ
     ./:/:.:.:./.:.:/.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:ヽ.:. /
   /.:.:/.:.:.//.:/ |.:∧.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:∨   
  /´7.:.{:∠ /:/ __j/__j:Vl.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    …でも、
   ._/.:.:/笊} {:/ 笊行えx |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  これからどうなるんですか、この人?
   / |.:./イ:::/ / んしイ}}V.:.:.:.:|:.:.:. |  .このままじゃ本気でダメ人間一直線ですよ?
  ./ |/ { ン⌒/   {ix:::::ノ八 |.:.:.:.:.l∧:人
  .{  {"" /  {    ゞーく }|.:.:.:.:.|⌒V.:.\
  `_ム_ノ  丶     ""丿|.:.:.:.:.|⌒ }.:.:.:/:.rー─r一'′
   |∧  ^ヽ  ー一 ´ |.:.:.:.l_/:./.:/l.:.:.:.:.:.:|
   .|.:.:.\         /.:.:.:./:.:.∠:.:イ.:.l.:.:.:.:.:.:|
    ',:.:.:.:.:.:ト ..___ ィ  /.:.:.:.:/ ̄   |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
     \.:.: |       } /.:.:.:/ ̄]ヽ  |.:l.:.:.:.:.:.:|
      \|  仄ヘ ̄_/.:./-─ ┴く.  |.:.:l.:.:.:.:.:.:|
        //::介「 //: : : : : : : : : ヽ|.:l.:.:.:.:.:.:|

               .                /::::::::://、:::::::::/:::/  ヽ::::::::::::::::ヽ::::::::::: !::::',
                                 i::::::::::i∧::ヽ\:::/      \:::\::: |::::::::::::|::::::|
                                 |:::::::::l∧ヽ:::>⌒      ─‐‐、::::ヽ:!::::::::::::!::::::!
                                 |:::::::::|::::/            \:::|::::::::::::|::::::|
                                 |:::::::::|:/___ミ、      ィ___、|::::::::::::|::::::|
  まあ、そこはこれからの話だ。             |:::::::::| l! !::::::::::::|      |:::::::::::::::ll!!::::::::::::!::::::!
 では話に戻そう。          ...           |:::::::::| l! !:::!:::j:::|      |.イ:::::::j:::!l|::::::::::::ト:::::|
              .           , -、    |:::::::::| ヽ弋_):::ソ     弋_)-:'::ソ/|::::::::::::| l:::|
                   __.     !  l  _.  !:::::::::!     ̄  .     `ー'  |::::::::::::レ::: !
                  ,.-l \   |  l / l  !::::::人                   |::::::::::::|::::::|
                  ! ヽ.  \ !   l  l  i:::::i::::!:>     __         ,'::::::::::: |::::::|
              .    \ \  ´   丿 l  |:::::!:::|::::| |::>   ´     .ィ┐::,'::/::::::::::,::::: !
                     \    ...,   ヽ |:::::!:::|::::| |:::::::|:ノ T 千,  彡 ∨:/::::::::::∧:::::!
                 r───'   :::l    l !::::|::::!::::! ィ彡 /_/Yi.      /L!::::::::::∧:::::::!
                 `ー─‐‐、   ::ノ    j ´|::::|::::| / /  ! /\ ./  /::::::::/ ≧ト、
136 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:18:20.94 ID:0ne7VFk0
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                   _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐-~""''' ‐- ...,,__'''""~


       ___
      /     \
    /        \  
    /::::::           ヽ    …………。
    |:::::          i   
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)
''"'"' "'''.'''"'"' "'''.'''"'"':"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..
137 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:19:10.97 ID:0ne7VFk0
ん-ト、        |_彡 j 二ト、 }-|    |   ヽj-''
   ヽ/    /    {    / |    |     l
    ヽ   /    レ、   |  |    レ-、  /
     `-- ´--、__  j ヽ  j  |  ./', |  `丶{
             ̄|  ', / ̄| /  ij
             ',   〉{   |./   l|
              ',__,r' }  .|k   j
               ',   |   |`丶、r'    ザッ
               ',  |  |   j
138 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:20:00.71 ID:0ne7VFk0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 何を黄昏ておるかッ!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .この白まんじゅうめがぁッッ!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
139 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:21:22.42 ID:0ne7VFk0
                      へっっ!?
         ___   て     お、お前誰だお!?
        / .u   \ そ    (な、なんだおこの変な爺!?)
      /((○)) ((○))\    
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│      俺は沢庵!
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|     今、この瞬間、
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',     .柳生庄にKENZANしてやったわー!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'
140 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:23:33.59 ID:0ne7VFk0
         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・
141 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:24:12.33 ID:0ne7VFk0
       ____
     /ノ   ヽ、_\      お、お前が「あの」沢庵和尚とか冗談にも程があるお!
   /( ○)}liil{(○)\    当代随一の傑僧で、父上も帰依してるってお方が、
  /    (__人__)   \  お前みたいな怪人なわけねーお!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      ほう…ならば、問おう。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     では、貴様は一体何者だ?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
142 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:25:37.45 ID:0ne7VFk0
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu    バカにすんじゃねーお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    我が名は柳生十兵衛!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    この地を治める柳生但馬守が嫡男だお!!
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     フン。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    なら、それをどうやって証しする。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    .貴様のような白まんじゅうが、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    「あの」剣豪、柳生十兵衛などと誰が信ずるか。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
143 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:26:33.77 ID:d3iPBR.o
まぁ、怪人だよなww
144 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:27:10.50 ID:0ne7VFk0
        .____       
     ;/   ノ( \;       こ、この爺…。
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;    人が何か言えば、すぐ言い返すとか、
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;   .やりにくいったらありゃしねーお…!
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;  
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;   (いっそぶった切ってやりたいけど、
                     謹慎中だし、万が一ってこともあるから…ぐぬぬ)


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |      どうした、もう終わりか。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     では、俺を屋敷まで案内するがいい。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     そうすれば、俺も貴様も
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    お互いの素性を証明する奴に逢えるだろうよ。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
145 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:28:23.46 ID:0ne7VFk0
                     _____
           r⌒ヽ、     /:::::::::  u\
          / \  \ / ノ└ \,三_ノ\      なら、ついてくるがいいお!
         _/ / ヽ   /::::: ⌒( ●)三(●)\   嘘だったら、きつく仕置きしてやるお!
        〈__/  . |  |::::::::::::::: :⌒(__人__)⌒ .|
             /  . \:::::::::    `⌒´   ,/
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ ̄.\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/
146 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:28:56.56 ID:0ne7VFk0
=柳生庄・柳生屋敷=

 ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||          ||          ||
        ||_____||_____||
        ||_____||_____||
        ||O ※※※※||※※※※※||   < ドタドタドタ
        ||※※※※※||※※※※※||
____||※※※※※||※※※※※|| ____
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   / ̄\   
  |  ^o^ |   としのせも ちかづいて
   \_/   あいかわらず いそがしい です
   _| |_
  |     |
 柳生庄代官
147 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:30:48.45 ID:0ne7VFk0
  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \     代官!
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \   今すぐ確認して欲しいことがあるお!
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |   すぐ来てくれお!
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ


   / ̄\     もう むらのむすめは
  |  ^o^ |   ぜんいん かくにんした はずです
   \_/   
   _| |_     あきらめましょう
  |     |
148 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:31:51.47 ID:T6VDuRIo
ひどすぎんだろ代官ww
149 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:32:06.37 ID:0ne7VFk0
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     そっちじゃねーお!
     /    (__人__)   \   今回は怪しい怪人がとんでもねーホラを吹くから
      |       |::::::|     |   .お前からもバシっと言ってやってほしいんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl


   / ̄\  
  |  ^o^ |   かいじん ですか
   \_/   はて
   _| |_  
  |     |
150 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:33:17.46 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        邪魔するぞ、代官殿。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )    コラ!勝手に入ってくるなお!
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /    代官!こいつが例の怪人だお!!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)
151 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:34:48.70 ID:0ne7VFk0

   / ̄\ 
  |  ^o^ |    これは これは たくあんおしょう
   \_/   もうおつきになられたの ですか
   _| |_ 
  |     |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     うむ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    予想通り、雪が深まりそうだったのでな。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ     少し早めに但馬を出たのだ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      すまんが、春まで厄介になるぞ。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
152 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:36:08.49 ID:0ne7VFk0
       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    ………………へ?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


   / ̄\   
  |  ^o^ |   わかが おしょうさまを
   \_/   あんないされたのですか
   _| |_    おつかれさま です
  |     |
153 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:37:28.76 ID:0ne7VFk0
                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !     クックック…
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !    流石は柳生十兵衛。
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |    .剣客なだけに、大した足であったわ。
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l 
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l     さて、長旅で足も汚れた。
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !    井戸はどこだ?
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./


   / ̄\   
  |  ^o^ |   おしょうさまが いかれずとも
   \_/   すぐに だれかに もたせます
   _| |_   
  |     |
154 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:38:52.67 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      なに、構わん。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     己の足くらい、己で洗うとも。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     十兵衛殿。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      貴様も一緒にどうだ?
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    お、お付き合いしますお…和尚様。
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /
155 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:40:12.86 ID:0ne7VFk0
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三l =====(((()=== l´.l三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三||.l三三三|| \ 三 l |三三三三三三三三三三三三三
三三三三三||.l三三三||三 \ l |三三三三三三三三三三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||,l.-‐=テ||= ‐ - l | ̄ ̄ ̄ ̄
          l ‐- 、- ==-v‐‐. l
          |           彡|        
          |           彡|         
          |           彡|         
       "´ ‐- 、-    - ‐‐."`        __


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::      お、和尚様!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::    大変失礼しましたお!
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::  どうか、お許し下さいお!
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |     フン、細かい事を気にする奴だな。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    俺の名前が分かったからといって、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    別に俺自身が変わったわけでもあるまい。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    ほーれ、相変わらず怪人だぞ、怪人。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
156 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:41:51.83 ID:0ne7VFk0
       ____
     /      \       もういじめないでくださいお!
   /  _ノ  ヽ、_  \     見た目で判断した十兵衛が悪かったですお!
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |    見た目とか評判に関係無く、
  \      `⌒´     /   和尚様は和尚様ですお!


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       わかっておるではないか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     貴様の悩みも、要はそういうことよ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
157 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:43:39.71 ID:0ne7VFk0
                  ━┓
         ___    ┏┛
      /)/ノ ' ヽ、\   ・    
     / .イ '(○)  .(○)\     じゅ、十兵衛の、悩み…?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´⌒`  u.  |
  . \ ヽ           /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     わからんか?
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    柳生家がどうとか、刑部殿がどうとか、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    口に出して愚痴っておったであろうが。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    あれも同じ事だと言っておるのだ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
158 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:45:05.57 ID:0ne7VFk0
         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \      あ、あれを聞かれたとか…不覚っ…!
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ     恥にも程がある…武士失格っ…!
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ      この上は腹掻っ捌くしかっ…!
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ
159 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:46:18.53 ID:0ne7VFk0
                           
                ,. '"´三二二三`ヽ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   _\ ..               _
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ `ヽ ...         --'ー 二厂'┐
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ   )         │ エニコゝ、||  丿
            /    /     ,,   ,,      ',    \ )  _ ___x一 、_、 .>一│ 丿
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\....''[ ̄__、 . 丿 ! `ー亡ニ__丿
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /  │ 1__ノ /’ 丿 厂`___==―-、
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,) .... ヘ ゙ニ--┘ / ''辷ニ-一-┐ 〕
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )     '一′  /'´ 'lこ" _.._、 │ 亅
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .       jl「ノ'L ―''ニ..-┘ │ 亅
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  ..     ´   || エ ニ-l''┐ ./  /
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    .         'ー――‐''’丿 ノ
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  .            -'fナ'''´ 丿
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"             ゙'t'、丿
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\  `"’
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|   V
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
160 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:47:38.70 ID:0ne7VFk0
          / | \  ; / /.|  |/    ; / | \
         / / | |  ;| | .|  |     ;/ / | |
         | |  \\ ;.\\/\/\  ;| |  \\
         \\  / /:  /\/\/\\ ;\\  / /
           \\/ / ; / /|  |  //;  \\/ /
            \| |  ; \\  | //  ;   \| |
            ο..| |\;  \\|./   ;    //\
             //\;  /| \\   ;  // \ \
             | |  |; | ||  ,|\\  ; //   //
             | ヽ/'; .\\ .|//  ; | |   //
               ./\\; // .|/   ; \\ // ズコーン!!
            //  | ; | |  |    ;  / /| |
             | .|ο| ; .\\ .|   ;   \\ /
            \\/ ;  /\\   ;    /\\
              \/ ,;; / // /  ;   /// /
         ○。   | ||;; | || \\ ;  / /  | | ○
       。  \   . | ||/| || // ; // ///
     ○  从\从O从从/从//|/# ; /  / //。 ○ <<
   。  \ 从O从从/   ∧∧//∧∧ / //。 ○ <<
               <´ ____ `> 从O从从
       从O从从 <´ // ̄ ̄\\ `>
    ○       <´//, '⌒ l.r‐-、.ヽ\ `> 从O从从
 。  \      <´/;;/ (;;;;;;;;;八;;;;;;;;;) ヽ;;\`>
     从O从从 <´|;;;;(   ー-'  `ー-'  ノ;;;;;| `>
           <´ \;;;;;ー┐ (_八_)┌-';;;;/  `> 从O从从  ○
   。  \    <´ /`;;;;;;;`ー┐┌┘;;;;;;;;\  `>       /
  ○  从O从从<´ /;;;-======| |=====-;;;;;;;\`> 从O从从
          <´(__/l;;;;;-====| |=====- |丶、__)`>
    。  \   <´  |;;;;;;;;;;-==| |==-;;;;;;;;;.|  `>
    从O从从  <   | / ̄三__三 ̄\ | `>从O从从   ○
           <´  \\//\;;\// `>        /
            <´  ノ;;;;;/   .  !;;;;;ヽ  `>
  ○  从\从O从从/从└‐ '´      `-┘从O从从/从 ○ <<
     O    ○ 从从从从从从乂从从从从从 ○ 。
161 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:48:21.78 ID:0ne7VFk0
            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :
         /  -==、   '==-   ..:::::|      な、なんだお今の…?
           | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :
       : ! #;;:..  l  |     .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
          >;;;;::..     ..;,.;-\


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      気合だ!!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     それより貴様、何を心得違いをしておるかッ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
162 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:49:45.56 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ○ゝ イ○ノ| |    俺が言っているのはな、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   親父や弟と比べて、己が劣っておる事に
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|   いちいち劣等感を持つその性根の事を言うておるのだ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\   そんなものに何の意味がある!
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \      そんなこと言われても、
  / o゚((●)) ((●))゚o \    実際、弟にこれだけ差をつけられたら
  |     (__人__)     |   兄としての面目丸潰れですお!
  \     ` ⌒´     /
163 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:50:50.67 ID:0ne7VFk0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |       わからん奴だな!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      では、仮に刑部殿が今すぐ死んだとしたら、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      それで貴様の面目は取り戻せるのか!?
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\      そんなわけなかろうが!
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\    
    /   (○)  (O)  \    じゃ、じゃあ、十兵衛は一体どうすれば…?
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./
164 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:52:15.42 ID:fbbdaEYo
柳生十兵衛三厳改めて厨兵衛にでもしたら
165 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:52:54.64 ID:0ne7VFk0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )   それは貴様が己自身に聞けい!!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   俺に頼ってどうするかッ!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
166 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:53:23.31 ID:0ne7VFk0
         ___ 
        / .u   \    ハ、ハイですお!
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
167 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:53:58.27 ID:0ne7VFk0
           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ   (お、己自身…ど、どうするべきか…?
      / _ノ (>)三(<) \ `、   今の十兵衛にできること…できることは…?)
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://
168 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:55:07.50 ID:0ne7VFk0
 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __                                --
     二           カッ            = 二
   ̄                                 ̄
    -‐                            ‐-
    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \
169 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:55:38.95 ID:0ne7VFk0

===================================
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / ::::::::::::::::::::::::\      …なら、決まってますお!
     /    (__人__)   \    それがしは、もっと剣を極めたかったですお!
     |       |::::::|     |    柳生家の当主とか、新陰流の正統とか、
     \       l;;;;;;l    /l!| !   そんなの関係なく、剣を使いたかったですお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl
===================================
170 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:56:23.50 ID:9ZflS3ko
お爺ちゃん……ホロリ
171 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:56:43.47 ID:0ne7VFk0

===================================
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\     もっと剣を!剣術を!やりたかったッッ!!
     /    。::::::::::::::::::::::::。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   …もう、もう、役目のことで苦労するのは嫌だお!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜   もしやり直せるなら、剣術を好きなだけやりたいお!
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。   家のことなんかなーんにも考えずに、ただ剣だけに集中したいお!!
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
===================================
172 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:58:04.34 ID:0ne7VFk0
           ___   て
       /      \ そ
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

         ____
        /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
173 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/25(日) 23:58:50.38 ID:fbbdaEYo
そんな親父だから宗リンが苦労するんだよ
174 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/25(日) 23:58:51.95 ID:0ne7VFk0
      ____
    /      \
   / ─    ─ \    (な、なんだお、今のは…?
 /   (○)  (○)  \    身に覚えがないけど、いつか言ったような…?)
 |     (__人__)  u. .|
 .\     `⌒´   ,/


     ____
   /      \
  /         \  
/ U  _ノ    ヽ_  \  (で、でも……でも、一番、すとんと心に落ちたお…。
|     (一) .(ー)   |   やはり、この十兵衛にあるのは…)
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
175 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:00:26.80 ID:MTMUcY.0
         ____
       /     \
      /     ノ  \
    /       (●)  \     …お、和尚様。
    |         (__人__)|
     \         `⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     どうした。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
176 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:02:00.59 ID:MTMUcY.0
          ___
         (⊃     \
       (⊃ _ノ  ヽ、_ \   
     (⊃  (ー)  (ー) u.\    …色々考えたけど、
    /|     (__人__)    |   結局、十兵衛がやりたいことはひとつだけでしたお。
  /  \____` ⌒´    /   
 (               \
  \_ |            \
     ヽ|          ト、  ヽ
      ヽ         | >   )

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     言ってみろ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
177 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:03:04.18 ID:MTMUcY.0

          ── それは、剣ですお。

              柳生家の嫡男とか、将軍家指南役の後継とか、

              そんなの関係無しに、ただ、十兵衛は剣が好きなんですお。──


             _____''l,l__________________
             |;;();;();;();;();;()|;|                           \
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l'l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      /   ,..':::::::>   ___  ... く::::::::::
                 /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
                  /    ,.∩     / (●)  (●)\.`、  \∩
              /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
          /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
           /      , '      | ヽ \     .`⌒´    / / j    \
       /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
      ./       , '           \              /   `、    \
178 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:05:07.16 ID:MTMUcY.0
         ____
       /⌒  ⌒\      第一、どう足掻いたって
      /( ●)  (●)\    十兵衛では父上や左門のようになるのは無理ですお!
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |   なら、それで無駄に卑下して悩むよりも、
    \      `ー'´     /   己の分の中で励むだけですお!
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......
179 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:06:10.32 ID:MTMUcY.0
                             
                ,. '"´三二二三`ヽ   
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ  
              /   /    夢     ', ヽ 
            /   /::(         ノ:::)  ヽ
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   . それで良し!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . 
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
180 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:07:56.34 ID:MTMUcY.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',          ようやく吹っ切れたようだな。
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |          それでいい。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|          できもせぬことで悩んだり、
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ          かといって、それを無責任に放り出すでもなく、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\         ただ、己の分の中で励むのだ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、        『昨日の我に、今日は勝つべし』
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ    石舟斎様の遺訓にもある通りだ。
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \      お爺様の遺訓を今になって悟るとか、
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )    我ながら未熟にも程がありましたお!
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /  
    ヽ|     |r┬-|     |/       まったく、まだまだこれからですお!
      \    | |  |     /       「他にやることがない」なんてとんでもなかったですお!
          | |  |          
           `ー'´
181 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:09:23.37 ID:MTMUcY.0
        ____
      /      \
     /  ⌒   ⌒ \
   /    (⌒)  (⌒). \     和尚様!
   |       (__人__)    |    是非ともこの冬の間、
    \       `⌒´   /     十兵衛を善導頂きたくお願い致しますお!
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ

                 .rニYニヽ       
   |レ               //_夢_ j |        フン…いいだろう。
   !!_           イ t` !_,` } |       なら、俺の本気の禅を見せてくれるわ…!
   ゙- '´ ,、       /j ト ‐=' レj       
      -''´   ,r'´ ̄`゙} |二二j l|rニ二ト、  
           〉─7-'´l|jト、`}-イl;|`--l一〈  
     __ii__    |   レ ルリ-ト、|州リ   |  .|  
     イi    j  j ,,  ヽヽ |/     |  ', 
      `  , イ  ハ ヒ、 ト、 |     j   ', 
        ノ  }  / }、 ヽ} ヽヽ|    ノ ',  | 
      /   イ  } {ニ二ニニ}´7二ニニ}  ',  |
    //  / l  | ',ニ二ニニi |ニ二Y   ', |
.  //  /   l  } ヾニ二ニi |ニ二イ   ', ',
/ /    l    レミj   {ニ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{    {三i
 / i   /    } ヶ / `丶、 _, -'´ |    } ヽ
ん-ト、        |_彡 j 二ト、 }-|    |   ヽj-''
   ヽ/    /    {    / |    |     l
    ヽ   /    レ、   |  |    レ-、  /
     `-- ´--、__  j ヽ  j  |  ./', |  `丶{
             ̄|  ', / ̄| /  ij
             ',   〉{   |./   l|
              ',__,r' }  .|k   j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j
182 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:10:58.72 ID:MTMUcY.0
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)   .ロ日  ロ日  ロ日
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈   .  匂 . 匂  . 匂
              /   /    夢     ', ヽ    ノ    ロ日  ロ日  ロ日
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く  ..  匂 . 匂  . 匂
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ   . ロ日  ロ日  ロ日
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )  .  匂 . 匂  . 匂
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{   . ロ日  ロ日  ロ日
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃  .   匂 . 匂  . 匂
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //  .. ロ日  ロ日  ロ日
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   .  匂 . 匂  . 匂
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ     . ロ日  ロ日  ロ日
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\     .  匂 . 匂  . 匂
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋  .... ロ日  ロ日  ロ日
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ      匂 . 匂  . 匂
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ... ロ日  ロ日  ロ日
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム .....  匂 . 匂  . 匂
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,) ... ロ日  ロ日  ロ日
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.    匂 . 匂  . 匂
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ ... ロ日  ロ日  ロ日
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.  ... 匂 . 匂  . 匂
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ ... ┃┃
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ ... ・ ・
183 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:11:56.97 ID:MTMUcY.0
           ____
         /_,r'  ' !、\       すげえお!
       /(≡)   (≡)\     これが伝説の1秒間に10回「喝」発言…!!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
    y |     |r┬-|     |⌒)   ゴートゥーTKAN!
    l \_   `ー'ォ     //    ゴートゥーTKAN!
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)


   |
   | ̄\ 
   |^o^ |  (わかも げんきになれたようで
   |_/   なにより ですね)
   || |_
   |   |


 こうして、十兵衛と沢庵和尚の縁が始まったのであった…。
184 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:13:43.34 ID:MTMUcY.0
       /  .:./  / .:. /       .: :';::.:.:. ヽ  \
      ./  .:./  / .:. / .:./   .:.::.:::.:.|:::.:.:.│  ',ヽ
     / :/.:./ :./.:.:.:/ .: /| . :.:.:::::j.:::.:.|:::.:.:.│:  }: '
    .,′:/.:.,′:.///|⌒/│. : .:::::,'|⌒ハ :.:. |.:.  l:: |
      j.:.:.l  :.::.: / -=ミ |. :.:.::::/ |.:/  ';:::.:.|::.:.  |:.i|
    i .:.|.:.:.| . :.i: /, ィ尓  !.:.:.:::/ レ示ミ '::: |:::.:. : |:.リ
    | .:/|.:.:.|.::.:〃ん//}ハ ハ.::::/ んノ'/ハ ∨|:::.:. jV
    |.::i│/|.: /i{ {∧.::ノ ト、 ∨  {∧::ノ }、}} |:::::.: .ハ      キョージュさん。
    |.::|:八_|:.;'八弋辷(ノ ヽ─/ 弋ーry ノY:::::.:∧:.',     これ、実際にあった事なんですか?
    ∨ .:.:::|:{ハ         } {    ̄   /|::::: ′\:、
    ./.:./:.:::|:.::小、      / c 、     厶:!::.;′   \
   /.:./:.::::::|:.:: 乂> _/    \  /,/|::.i
   /.:./:.:::::xヘ:.:::::|∧  丶、 ___.. ,.r< ̄ヽ |::.|
  /.:./:.::/   ::.:::|  \   \/ | ∨   }│:|
  !.:/:.厂     \{.    \ /凡 /   〉  ノ│:|
  |/∨      \ }    /∨:トイV   /∨ { │:|
  | {      ∨   / / /|│l\く /  } |:/   _/`ヽ
   ,>       \\/ 〈 /| |│|\}//    ∨ _/(_...ィ {
   く\      \\. ∨| N. | // /⌒づ´     |/⌒)

                            ..           イ  ´: : ̄ ̄ ̄: : : ヽ、
                                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                     /: : : : : : :::/: : : : : : : : : /: : : : :`ヽ
                                  , ′: : : : : ::/: : : : : : : : : :.:/:: : : : : : : ハ
                                   /: : : :, : : : / : : : : : :/ヽ : : : : : : : : : : : : ',
                                  i : ,: : :|:::_i! : : : ::/   \: : : : : : : : : : : i
                                  { :i: : 、|::: ̄i!\∠     ___ヽ : : : i: : .:.:.:.|
  いや、この出会いや会話自体は        ....  | .|::_i!::.:.:.::/           \: |: : : :.:.|
 >>1の創作だ。                   ......   i: .i::: ̄i\:/―‐- 、     ,-―‐  ヽ: : :.:.:.|
                              ..  |:. {: : :/Γ丁笊ミ      ィ爪笊丁l/: | : : |
  ただ、十兵衛が沢庵和尚と面識を持ったのは   |: :|: : :i| | {..i::::ノ:i}      {l..i::::ノi} 川:iヽ :i
 この時期が最初だった可能性はある。      .  |: :|: : |}:,ヽ⊃:::ソ       弋::::⊂ ノi : :|ノ::.|
                                 }: :|: : |:::i          ,       从::}: : :{
  次に、二人の動向を時系列表にしよう。       i: :∨.i:人             イ : : |: : :,'
                                  }: ::∨:::i:::ヽ      ´`    イ:::| : :i: : :i
                                  |: :.:.:|: ::|:::::::::`>   _  <´ :i:::::| : :| : :{
                                  |: :.:.:|: ::|:::i:::::::/i´ ‐-、,-‐`〈:::::::|:::::|: : |: : |
                               / _`ヽ: |: ::|:::i:/ /  川    } ヽi ::::|: :/: : i
                              /   _`ヽ|: ::|:::|  ', /.{__} \ノ   |::::::}: | :::::{
185 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:16:05.30 ID:MTMUcY.0

【十兵衛・沢庵和尚の動向時系列】

          .       【十兵衛】                 【沢庵和尚】
慶長十二年  | 柳生庄で誕生(1歳)※        .| 大徳寺第一座になり
(1607)      |                     .| 徳禅寺に住む(35歳)
         .|                     .|
慶長十四年  |                     .| 大徳寺百五十三世住持に(37歳)
(1609)      |                     .| 直後、南宋寺に戻る。
         .|   <<この頃には江戸に>>    .|
元和元年    |                     .| 大坂の陣で南宋寺焼失(43歳)
(1615)      |                     .| 再建のために働く
         .|                     .|
元和二年    | 江戸で秀忠に拝謁(10歳)    ....|
(1616)      |                     .|
         .|                     .|
元和五年    | 家光の小姓として出仕(13歳)  ...|
(1619)      |                     .|
         .|                     .|
元和六年    |                     .| 鬱病を起こし、和泉山中で保養(48歳)
(1620)      |                     .| その後、出石の投淵庵で隠遁
         .|                     .|
寛永三年    | 家光の勘気に触れ致仕(20歳)  |
(1626)      | 年の末には柳生庄に。     .....|
         .|                     .|
寛永四年    |                     .| 紫衣事件のため(55歳)
(1627)      |                     .| 大徳寺へ帰還
         .|                     .|
寛永六年    |                     .| 江戸へ出府(57歳)
(1629)      |                     .| その後、上山へ配流
         .|                     .|
寛永九年    |                     .| 大赦により江戸へ帰還(60歳)
(1632)      |                     .|
         .|                     .|
寛永十一年  | まだ謹慎は解けず(28歳)      .| 京に戻る。(62歳)
(1634)      | 柳生庄に留まり続ける。    ......| この年、柳生庄へ?

 ※ 数え年なので0歳は無し
186 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:16:19.85 ID:qIBdgLEo
けいおんのむぎゅうで
187 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:17:40.79 ID:FYz.p7Mo
そうか、じいちゃんの精神に触れたのか。
188 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:18:47.29 ID:9y.iVb.o
ここはけいおんのあずにゃんと書けと言われた気がした。

なんか5人解説になりそうな悪寒が・・・
189 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:19:01.56 ID:MTMUcY.0
                                .              ,. - :‐-. 、、
                                         ,. '´    :.  ::...  ` 丶 、
 この表を見ての通り、十兵衛と沢庵和尚は、               /    ..  :::, .:::::..      ヽ
この寛永十一年まで、ほぼすれ違いを起こしており、        , '   ...: .:::::、:. ::::i. ::::::::..    ::.. `、
接触している可能性は低いんだ。                   ,.'  .  ..; .:::/;:;:;:`、:::::! ::::::!:::.  :. ::..  、
                                 .     .'  .:: .;..::::/ \;:;::::`、:l ::::::l、:::. :. ::.`、::.. 丶
 無論、この寛永十一年にしても、                ,'  .::i. .;'::::/   ヾ;/>l ::i:::|;:':;::..:::..:::::.`、::. `.
和尚が柳生庄に滞在した確実な証拠はないが、 ......   ,  .::;l:.:;':::/ ,.、-‐''"゙'く:::.! .::l::;:!;:;:;':;..::::';:::::::.`、:. :.
自ら「行きたい」と宗矩に告げている以上、     ....    ;  ::li::.;':/  ´ ,.ィ,__」、| .::j::;:!;:r-、:;..::::':;:::::::..゙、:.:.
可能性としては十分有り得ると思う。          .    i .::ィ'⌒    ,;彳´ ゙̄!.リ| ::l:::{ ,r 、ヾ;..:::::':;::::::::`、:.
                                .   ゙、::::V,ィミ、 " ゙、 ∠,, j ::l:::::K、ノ ,!;:';.:.::::::':;::::::::.`:.
 まあ、幼少時、十兵衛が柳生庄にいた頃に   ......     `、::::':;λj}   -゙ー'" l ::l::::.レ'-' ∧;:;:', .::::. :':,::::::::`:、
和尚が顔を出していた可能性はあるかもしれんが、......    丶.:::i} /       .i ..::l:::.:.:ト-;:ヘ;:::':';:;';..:::::.:.:.':::;:: :.:.` 、
そちらだと、十兵衛の方は覚えてないかもな。     .       `、:!、゙'       ,' .::;':;:::::l;l';:;:;:;:':;::::':';:';.:.::::::.:. : ' .,:.: : 丶、
                                         i .:::丶、 ゙`    /.:::;:::;':::::lヘ;';';:;:;:;':;::::::':;':;.:.:.:.:::.:.:. :`: 、:.:.. 丶
                                      l ::::;:l:i:;`;:;‐-;:;:ク.:::;'::;'::::::j  !';';:;';:;:;:';:;:::::':;':. .:.:.:.:.:.:. : . ` :、:. ` 、 :
                                          | ::::;:|:l:'{:l;|:!|:i/.:::;'::;'::;:::::l∠L[_;:;:;:';:;:;:;':;::::':';,:.:.::::::.:.:. : : : . ` 、 丶
                                      l :::::i::!:;::!_>'/..:::;':;;'':;;'::::;!    ``ァ;:;:`;:;゙::;::::'::;:::.:.:.:.:.:. : : : : . ` 、`、

           -−¬ー─−- 、
       -‐'´            `丶、
    ∠ -‐7   //               ヽ、
        /  ///    八   !        ハ
.       //  /7ハ   /⌒\ l    ヽ    ト、
     //  ///、|  / _,,__ Vl   ト、ト、  |小      なるほど〜。
      l | l' {/,イi| l/ 'f7TバYハ   l    l l l    でも、十兵衛が
      | | l l |:::||/   |::::i::::| } |  |    /  l l    沢庵和尚に師事したというのは
      レl,ィ=T ヒメ.__,. -匕扛ト、 |   |    /   l l    .実際にあったんでしょうか?
        | l {  '} {       ! ,l   l  /l |   l l
        | l ト、 /f' ̄}      | l   ム'´  | |   l l     宮本武蔵と和尚の関係みたいに、
      l ノ\ >゙ニ´ 、____,/ l ,/    | |   リ    実は創作でした、とかそういうことは…?
       {ヽ` {\    /  j/,.二>、レ'lU /
       ヾY  〉 ヽ,∠匸瓜斤{ {,ィニ7_} | レ′
        ヽ   ∧  ノノTl l`i l     |イ
          \ /  ヽ { {.⊥! ! ! !     | i|
.            /     | | l l| | | |    | i|
           {/  ,  | | l l| | | |    | i|
           { /  | | l l| | {_li}┌‐┐l i|
           ∨     | | l l| ト'イー乏乏トイ
190 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:21:26.70 ID:MTMUcY.0
                                          -――‐-
                                       '´         \_
                                      /             _|  ヽ
 ああ、その件は史実だ。                      /  :/\/_   _二-‐┘、
後の話になるが、十兵衛は自分の最初の伝書     .     / ̄∧ ̄≫'"´  \ヽ:|:: |
『昔、飛衛といふ者あり』を書いた際、              l  ≫≪|=/ ̄     --Y:: |
和尚に校正加筆を得たと明記しているし、         .  |   l:| ::|rァ=‐┬    _ ';|:: |
その後も、随所で和尚の言を引用している。      .  │ xー| ::|{.| {::::j|     「l :!|T!  |
                                    | ( _| ::|代::(ソ    {.{::リノ|:: |
 というか、この寛永十一年を過ぎると、         .  | :::\| ::|      .  ` ´ i:: |
次に十兵衛と和尚の接触があるのが、             | ::::::: | ::l、             イ|: │
この伝書を書く頃(寛永十四年)になるんだ。      ....  | ::::::: | ::|r`ト ._  ¨ _ <:: i:|: │
                                    | :::::::::| ::||  ̄>下「:::::/::::/|:|: │
 いくらなんでも、逢って殆ど経ってない相手に     ..  | ::::___| ::|L_/ ィ公ハ_/::::/ :|」: │
こうも頼るというのは少し違和感がある。           |/ヽ | ::| ∨ /|o|ハ ヽ\   |: │
そう思うと、前々から十兵衛と和尚には接点があり、    |{  `| ::| /{_{. | :| ∨  ハ |: │
だからこそ、十兵衛も和尚を信頼したと考える方が  ...  || / | ::|く.  L」 :|,__」〉∨ } |: │
自然ではないかと思われる。                  ||   | ::| \ ヽo}/ .〉 |  | |: │
                                    |l´   | ::|   \ ∨ / :| .:〉|: │
                                   ‖    |ー┘     ∨/   :| :Y:__|

           ___
         ´: : :-─: : ⌒丶、_
        /: : /: : : : : : : : : : : : : : \
      ,': : /: : : :./:./|: :/ : {: : : :ヽ ̄ 
       |: :/: : : :.//丁:| : ∧_j: : : ',  
     /| : /| :: 〃x示|/|: /厶:|: : :.lハ 
      |: :.V/_|: : {_ん ィ} |/ んィ} : :|│     
      |: 八{ (|: : 代::::ソヽ-、V::リト: :∧|     親子揃って頼られるというのは、
      | : : ;ゝヘ: :|    rノ┐{  j: :,'      .よほど和尚は信頼されていたんですねえ…。
      |/∨:.:/入ト、__/、ノ ゝイ / 
      |: 厶lrヘ〈_>iく乏ト.、 |/  
      |/^ヽ| <イrト\| ∧ 
        イ   :| | |:| ゚|:|Y/ } 
.        l \| | l」 ゚l」 | ハ 
.       〈  ゝ|__|__|_|_レ'´二}}
_______.〔 /    / /  ー} |___
 ̄ ̄ ̄`└ー──‐--ゝ-─┴' ̄ ̄ ̄
191 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:24:11.20 ID:MTMUcY.0
                              ....        -―――- 、
                                    ´:::::::::::::::::::::::::::::::⌒\
                                  /::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::',
                                  |/{_  -――――-、〉:|
 ちなみに、和尚と十兵衛の出会いについては、     .|/\_/ ̄ ̄ ̄`丶_jー|
                              ....   |:::::l ::|/_ ̄`  ´ ̄ |:::|::|
  『発狂した十兵衛を、               .....   |:::::|:::斤::::卞   'T::::カ|:::|::|
   沢庵和尚が精神治療した』           .....   |::'^|:::| ヒcソ    ヒrリ ::::i):|
                              ....   |::ゝi: i│       /:::i:::|
 のが縁だとする話もあるんだが、           .   | :::::i:::::ト   -  イ:::::i::::|
この時期、鬱々としていたであろう十兵衛の心を     |:::::::i:::::|::::/`L._爪::::/::::/::::|
和尚が禅の見識で以って救った…なんてのが        | ::::::|:::::iヘ/{_}\/'7:::/、:::|
その元ネタになってたらどうだろう、というのが      .|:::/|:::::|/ /「ト、 Y:::i ハ::|
今回の話なんだ。                    .    |::|丶|:::::|/| |。| |∨|:::|/ l |
                                   |::|  |:::::|  l.」。l.」│|:::l:  | |
                                   |:〈  |:::::|   | |  | |:::|: ノ |
                                   |:::| :L::」   | |  | |::」 } :|

                    _
             _,  -‐'''´. . . ` ⌒` ー-- 、____,,
         ー==´ァ. . /. . . . . . . .: :: :: :: :マ ̄ ̄ ̄
             ,/ , ':. . . /. /: : : : : : : : 、: :ヽ
         /,/://: . . ∨ ィ/‐-/|: : : :|: :|: ::'  、
      _,/ ´_,|// ,: ∨/ :/ | / |  '´| ̄| 、 , :i:ハ
    iヘ   /´// イ: : / :/,,-|:/、 .|: : ::/|: :ハ: : l: |: ハ
    l 'ヘ ∧: ノ/ ∧: /: //_´_Vi` | : / =|:|、' i: |: |: : |
    j  '∧ :// /ヘ,i: :l/´i: : : : iヽ | :/ i'´Vヽl|: |: |: : |
   /   ', ∧/ ハ 〈 l :l |、弋_ノ レ-'v'i´:  ̄jヽ l ||,: :|    まあ、出世した親や弟と、自分を引き比べて、
   /     i ∧:: : ヽl弋、      ノ_  | ヽ- ' ハ:/ハ:|    劣等感に悩む十兵衛、っていうのは
.  /  , -‐|  ∧: : ∧ハゝ、 __, イ  `入    .,' ノ/j Y    やっぱり「らしくない」ですしね。
  i /   |   ∨ |: :|>`i 、` ´  >- ,´/
  レ'      |     ∧ ∨|__/ ̄ ` =,ー、´  / /        じゃあ、話に戻りましょうか。
 \       i    ∧〉ヘ〈    /^ヽヘ`ー/:/、
   ハ    l       \ \ ./ /\'、//   ヽ
  i l:|、\  l         \.ヘゝ'`ーヘ ヽノ  ヽ,  ヘ_
.  i |:| \`>、|        \l  ノハヘ_ ヽ ハ_彡 ハ
  | |::` 、 .\ ! 、       , ァ=="、_ヽ _ハ、    \ _
  | l|: : : iヽ  \` ヽ 、  ィ_´__,, ィ ´`_  ` 、`ヽ、 ` ー ―` ヽ
  | ||: : : |: ::|ヽ  \  ヽ  メ´, ィ ´ _ェ   ヽ ヘ        \
.  !:ハ: : : |: :| `lヽ、 \  \`T-‐ 't'´ ,ィ-、  l  ハ         〉
  !:i 、: : |,: |   l j ヽ ゝ、. \    ̄ \ヾ゙ノ   ハ. .. : : : : : : : :/
192 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:26:30.01 ID:MTMUcY.0

 その後、冬の間、
十兵衛と沢庵和尚は様々に言葉を交わし、親交を深めていった。

       ____
     /      \       和尚様!
   /  _ノ  ヽ、_  \     一度は悟ったような気がしたけど、
  / o゚((●)) ((●))゚o \   やっぱこのままじゃ廃嫡されちゃうかもしれないお!
  |     (__人__)     |   .それは嫌だお!
  \     ` ⌒´     /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     なあに、禅の教えに
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      『働いたら負けかなと思ってる』
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     という言葉がある。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      気にしない気にしない。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、  (注:ありません)
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
193 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:28:03.11 ID:MTMUcY.0
  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \.i||i/  \      和尚ー!
  |┃ .      / o゚((>)) ((<))゚o\    十兵衛も今年(寛永十二年)でとうとう二十九だお!
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |    このままじゃ来年には魔法剣士爆誕ですお!
  |┃       \    `|::::::|´    /    .なにかいい智慧を授けてくださいお!!
  |┃        /ゝ   l;;;;;;l   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /      `ー'       \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ

                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)    案ずるな!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 世の中には二次元というものがある!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . 「○○は俺の嫁!」と日に百回唱えるのだ!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
194 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:28:02.70 ID:qJkZ7uco
おいタクアンww
195 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:31:09.96 ID:MTMUcY.0
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\    二次元とか冗談言ってる場合じゃないですお!
     /    (__人__)   \  ことは柳生家の存続に…!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ほれ!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    近隣から見つけてきた貴様の同志だ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
196 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:32:38.14 ID:MTMUcY.0

   柳生家の御嫡男が我らの同志とは
  心強い限りでござる。

      ノソ,ィ,ィ,'ノハ)、ヾ゙!                ,. -一ー- 、     な、仲間が増えて、
     リソ{゙" '"'´   `})j               / <@`ヽ、 \   とても嬉しいんだな。
      ゞイニ,ニ`=='ニ,+k=ュ            _,'-一──==、  ゙i
      (i` ̄´, .` ̄j{{{.ェ`!         __ rjミ/==''─゙=='Tz / ,ヘ
      `ト  .::Y::. イ'ヾ゙! |            r、ヽ|!6 <●〉 〈●> 9i / /、
       ヽ -=- /  }/ヾ.        く ヾ !ィヽ ""ィ、.,ヽ""u !// / '>
           }、 ,.{  〈 /ヽi        ヽr'/ /') lu `i⌒i´  ノ///`〉
      _r./\`´/!、_ i  ゝ       ,ィ'j' j イv|、  ゙=''  /ヽ._!/コ
   _イ「i /∧  X  / jヾ!  丶     /ヽl   jー `==´ , -‐-、`ヾ、
  ,ィ´ |! //  `' ! `´   ゙|   ヽ   zヾ. ノ  r'     r==:、ゝ゚-゚ν  .i
 .| ヽ |//    i゜  _iユ_ |    !  / ./  !     (´ヮ`/7uu !.|ソ i
 i|,  、|'/    i。 r=、_ 。 l,``   i /-ァ'   /      ccソ ∧∧ i |   i
 !リ  !,i  ノ  i ノ〃/ァ、゛ i     | i /    /          リ゚ヮ゚) ヾ    |
/ヾ  /|'"´  ィヾヽ_/ ◎〃、  ,イ. |  ry、./           cuu  ヽ. _j
  ヽ、)ィ一"´} !._ノiト、ュ゚/〃  ̄ i !ヽ,ィ |/':.                .:i'´|
/ ̄     ト/ fr──'‐'───゙ー''┴|::...                ...::| |
      _/  i゜ i|              |              o O   i .|
、_ ィ‐i'´    !  |            |             Oo◎  ,! .|
 ,。/ /z      }゜ |             .|、               リ /   |
/ ソ゚ツ゚ゞ、 __ --- |              | f=、ー---        --_j'ヽ.  |
     近隣の豪族・縦              近隣の豪族・横


  i     i  i  i  i i i "'' ヾ ,,_彡彡彡彡彡彡
  i  i   i i i i ii  i | i      ヽ,,彡,"‐、彡彡
  i!  i   i i i i !i !ii_i__,.. -‐''"  ∨/´ヽヽ彡
   i  i   i i i/iノ ii ii l,.二ニ=-‐'´  / ゝ'//〃
   i i   i i k‐、、 iハパ))_,,. '  _N'   r'_,'〃    ククク…いやまったく、
    ヽiヽ iヽ.i i Y^Y 」_Y⌒ ,_,,/  __  /´ヽ{    これで我らの野望も前に進むというものだ!
      ヽi   .y'´.ノ `ー '    ,ノ ` /   〉、   ようこそ我が同志!
          / /` 、_,,.. -‐ ''/   /   ,'
           / / \\ー‐‐/ /    ,'
.         //⌒ヽ. ヽ ̄´ /\   ,'
           近隣の豪族・眼鏡
197 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:34:09.31 ID:XbrNMqEo
まて、和尚wwwwwwww
まあ、たしかに出家した坊さんはそういう普通の意味では働かんけどもさww
198 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:34:18.35 ID:MTMUcY.0
              |  |、
            _,..-j  ソ
      -=二フ ̄ ̄`  ´ー-._ __
     _,..=ニ-j   _,        ̄`三ニ=-
        ムこ´厶_/^Vレ'\j`ー、iー-、_っ
      //,    ̄``ー-! _∠...-―‐-!
      ji//  -‐て_j-、_   __,......__  |
     ハijフ   `ー--―  、´_ `ー'_  i,      いやまったく
    i ijレ          '、~ ̄   i_`、    ようこそ やぎゅうじゅうべえどの
   f^Vj、        .   j      i弋!
   |_Li i`、       ̄`        ,i=/     われら「大和二次元党」は
   キ=j_ノ   ./ ・… _・‥,   ∠_    きでんを こころよくむかえますぞ
    E三'´  , /-=ニ二__...二j !   /~
    `、        ー    ;   ノ      さあ めくるめく ゆめのせかいへ…!
     `ー-、___,,__,_,__,_,.../
       ///i    / /\
      //,ヘ 川  / / / \
    ///  \ソi|、/ /  /   \
   ///     \|jv'  /     {
  j//       //` /      '、
  //        // /        `、
       近隣の豪族・落書


          ____
       / ノ  \\        な、なにするお!?
      / (○)  (○)\      ど、どこに連れて行くつもりなんだお?
    / ∪  (__人__)  \    .お、和尚、お助けくださいおっ!!
    |       `⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
199 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:36:06.64 ID:MTMUcY.0

      : __,,,,、     .,,,,,,,、                 ._
  .l""^゙⌒  .゙|     |  ,|           ,,,,,,,,、-:--ー‐'''"゙゙`l
  .┴'っ  .,('_ .   |  :|        ( .. .,,,,,,,,  ,,r=''''
..,,,-―'"      /   .|  l            ゙" ̄ ,r゛ ,,/
: |._,,,,,,,,,,, ,,r'''"~~`   │ . |    ,/ヾ,     .," /     ○   ○   ○
 ″  / .,l″       |  l:    ,,┘ ,/     l  .|
    i、 _,,,,,,,、    l゙  ヽr-''" .,,,丿     ゙l、 ゙'ー-、
    ゙ヽ,,,,,,,,,,,,,:|     .゙l_ ._,,,;,,/          'ヽ,,,,,_,ノ

200 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:36:31.15 ID:qIBdgLEo
素晴らしいなwwwwww
201 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:37:42.86 ID:whqXzo.o
犬威?
202 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:39:59.28 ID:MTMUcY.0
                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \       和尚!
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(○)  (○) \    十兵衛は悟ったお!
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \   二厘の確立で二次元世界に旅立てるなら
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |   .一歩進むのが武士の心得なんだお!
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/   
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ 


                 .rニYニヽ      
   |レ               /    j |      
   !!_           イ     } |        うむ、そうか…。
   ゙- '´ ,、       /j      j      
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、   (…やり過ぎた)
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |

   / ̄\  
  |  ^o^ |   こまりましたね
   \_/  
   _| |_  
  |     |

 十兵衛の悩みに対し、和尚は助言を与えて善導し、
十兵衛も様々に得るものがあったと思われる。
203 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:42:15.00 ID:MTMUcY.0
 そして、冬が明け、春も近付いたある日…。

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     和尚…名残惜しいですけど、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   今までありがとうございましたお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     なに、これが永久の別れというわけでもあるまい。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    いずれまた縁があれば逢えるものよ。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    貴様も達者でやるがよい。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 元々、雪を凌ぐ為、ということで柳生庄に寄っていた和尚は、
春を迎えたことで、再び故郷に戻ることにしたのである。
204 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:43:35.72 ID:MTMUcY.0
                            
                ,. '"´三二二三`ヽ  
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ 
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)    では…いずれまた
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . この地に降臨する時を、
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ    待つがよいわー!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)     さらばだ!!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
205 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:45:14.47 ID:MTMUcY.0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    …行ってしまわれたお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   / ̄\  
  |  ^o^ |  そうですね
   \_/  
   _| |_  
  |     |
206 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:46:08.03 ID:MTMUcY.0

..      ____
     / ―  -\       和尚に逢えて、よかったお。
.  . /  (−)  (−)      流石、父上が帰依される程のお方だお…。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    この十兵衛も、より一層励まなくてはならないお。
.  \           /    先はまだまだ遠いお。
.   ノ         \
 /´            ヽ


   / ̄\  
  |  ^o^ |   では どうされますか
   \_/  
   _| |_  
  |     |
207 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:47:27.75 ID:MTMUcY.0

       _____
      / \ / \          ._
     / (●) (●) \       //  
   /     (__人__)   \    .//    決まってるお!
   |       `⌒´     |  .//
   \              / //      今の十兵衛がするべきは、
    (⌒ヽ、       ィヽ.//       家伝たる新陰流を極める…ことだお!
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ            やってやるお!!
    |    \ , '⌒く/ /  
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /

 こうして十兵衛は心機一転し、
あらためて柳生庄にて新陰流の修行に精を出すのであった…。
208 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:48:25.99 ID:MTMUcY.0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|            \ヽ, ,、
_   |             `''|/ノ
\`ヽ、|              .|
 \, V"          _   |
   `L,,_          \`ヽ、|
    |ヽ、) ,、         \, V"
   /  ヽYノ            `L,,_
  / r''ヽ、.|             |ヽ、)   ,、
  | `ー-ヽ|ヮ           /    ヽYノ
  |    `|           /   r''ヽ、.|
  |.     |          |    `ー-ヽ|ヮ
  ヽ、   |          |       `|
   / ̄ ̄\          |.       |
 /  _ノ ヽ_ \        ヽ、     |
 |  (≡)(≡) .l          ヽ____ノ
. |   (__人__) |          /_ノ ' ヽ_\
  |   ` ⌒´  |       /(≡)   (≡)\
.  |        }       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
.  ヽ       }      |     |r┬-|     |
   ヽ     ノ        \      `ー'´     /

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その35)「十兵衛と沢庵」】 完
209 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:49:13.13 ID:MTMUcY.0
【その35、新規登場キャラ一覧】

 近隣の豪族・縦    : 縦王子鶴彦(こみっくパーティ)
 近隣の豪族・横    : 横蔵院蔕麿(こみっくパーティ)
 近隣の豪族・眼鏡  : 九品仏大志(こみっくパーティ)
 近隣の豪族・落書  : 右太衛門様(十兵衛ちゃん)

 解説役(その35)1 .....: 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
 解説役(その35)2 .....: 大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
210 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:50:49.41 ID:XbrNMqEo
乙乙
211 :やる夫で学ぶ柳生一族(その35) [saga]:2010/07/26(月) 00:51:33.02 ID:MTMUcY.0
 どもども、お疲れ様です。
今回も遅くまでお付き合いありがとうございました>ALL

 今回、久々に十兵衛メインの話が出来て重畳ー。
実を言えば、いつものように書いてたところ、
また宗矩が江戸に戻ってからの話がやたら続いて、
十兵衛の出番がなくなりそうだったので、
今回は意地でも十兵衛メインにしてくれようとしてみた次第。

 実際、この時期の十兵衛については、
既に書いた以上の記録はあんまりないのですが、
沢庵和尚と十兵衛の出会いは存外に書かれてないので、
和尚から宗矩への手紙にかこつけて、ひとつ作成してみたでアリマス。
まあ実際、謹慎生活が8年も続いたら、十兵衛だって色々思うところはあったでしょうしね。

 てなとこで、次はまた江戸に話が戻るかと。
年代が寛永十二年に入るので、いつもにも増して
政治寄りの話が増えそうですが、できるだけ簡潔にまとめたいところで砂。
ふむう。

 あと、次回(その36)の解説役投票結果発表ー。

 2票 : 田中井律(けいおん!)
 1票 : 菊地真(THE IDOLM@STER)
     佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)
     平沢憂(けいおん!)
     神原駿河(化物語)
     マライヒ(パタリロ!)
     琴吹紬(けいおん!)
     中野梓(けいおん!)

 というわけで、次回はけいおんの律で砂。
では、次回もよろしゅうですー。

>>69
 兵庫助メインというより、厳包も含めて
尾張柳生家全体の話になりそうですが、尾張柳生の話は必ずしますのでご安心を。
ただ、島原の乱にも絡む話になるので、まだ少し先になりそうでアリマス。
すいませぬ。
212 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:51:42.94 ID:qIBdgLEo
乙!

次回も楽しみにしてるぜ〜
213 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:52:06.44 ID:LptYBlEo
乙ー

お、律が受かったか
214 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:53:30.06 ID:RlLSfc.o
乙でした〜
215 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/26(月) 00:56:24.30 ID:INv8hEk0
お疲れ様ですたー
216 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 00:58:27.08 ID:FYz.p7Mo
乙でしたー。

やばい、竹島御免状、
いきなり烈堂さんが
「うむ、魔界転生については著作権の問題があって詳しくは語れないのだが」
(ちょさくけんは当て字で●●剣とかふざけてんのか)
とかまじめな顔してのたもうてるんですがボスケテ。
開始10数Pで不意打ちで腹筋がヤバイんですが。
217 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 03:54:14.98 ID:L9fL5GQo
乙でした。次は、おお、けいおん!か。ぜひとも元気の良い律ちゃんをよろ!
218 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 05:33:10.36 ID:NEVG8rko
>168-171
まあ、ぶっちゃけ伝奇的な捏造以外の何物でもないんだけどもwwww
この流れは燃えるな〜
219 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 12:29:34.75 ID:MzRrZc60
乙です。
十兵衛の魔法剣士カウントダウンが目前に迫ってきてるのがww
しかも二次元ってwwww

でも>>133の例がマジで生々し過ぎ。
剣に生きるとか言ってる場合じゃないだろ十兵衛。
宗矩はどうするのかな。
220 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 12:37:40.99 ID:1bF0cFMo
乙です。

>>219
いやでも「俺は弟より上の役職に就く(キリッ」とか言われた方が、
むねりん的には困るような……。

答え@ハンサムな十兵衛は突如復権のアイデアがひらめく
答えA親父がきて助けてくれる
答えB復権できない。 現実は非情である。
221 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/26(月) 20:28:08.35 ID:J79NrmU0
あらゆる伝奇作家が十兵衛の20代の頃を脚色するわけだ。
こんな濃いキャラを柳生庄に引きこもらせるのはもったいないわ。
222 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 13:38:44.27 ID:KmV2v.Ao
むしろひきこもりニートな作品が狙い所な気もする
>>1あたりが出版社に持ち込めばベストセラーもありかも
223 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/27(火) 15:02:01.60 ID:f/o43CA0
>>221
そこでY十Mですよ。
224 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 17:28:21.96 ID:OYDubO.o
ああ〜 書き下ろし文庫時代劇あたりで
「元祖ひきこもり、柳生十兵衛!?」
とか何とか帯に書かれてるのが目に浮かぶようだww
225 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 19:05:29.23 ID:85MfeSco

いい話だったww
226 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/27(火) 19:47:20.63 ID:KmV2v.Ao
帯はぜひ「史上最強の自宅警備員 柳生十兵衛!?」で
227 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 02:55:42.12 ID:vr16kn2o
「十兵衛 対 兵庫助 柳生自宅警備員頂上決戦!!」
とかでどうか
228 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:39:45.10 ID:6MVaW5s0
同じ自宅警備員でも、嫁が二次元になりつつある十兵衛と比べて、
1回り以上年下の娘と恋愛結婚してる時点で兵庫助が10馬身くらい圧勝してるんじゃね?
229 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 20:51:08.85 ID:9QKKdjkP
関係あるようなないような話だが、
当時の「衆道」において、寺院でのそれにいわゆる「アナルセックス」があったのは確実なんだが、
武家のそれにアナルセックスが存在したかどうかは定かではないらしい。

当時アナルセックスをするには、嫌な話だが高度の専門性が必要で、
武家にそう言う「専門技術」があったとは考えにくく、性行為が介在したとしても
口か素股が殆どだったんじゃないか?ということらしい。

間々「尻一つ」という話題が出てたので書いてみた。
230 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/07/28(水) 21:19:35.15 ID:6vo0wUco
>>229
今でも、必ずしもケツ使うわけじゃないしねぇ。
まわりでも、実はケツ使うの苦手っての、結構いるし。
231 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:33:15.37 ID:.tp/X1.o
尻ません
232 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/28(水) 21:55:50.11 ID:1Add.3Uo
やおい穴ですねわかります
233 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/31(土) 00:24:42.82 ID:7JfcwzUo
>>230
貴殿の生活環境が気になってきたんだが。
234 :1 [saga]:2010/07/31(土) 00:45:28.42 ID:zwzF3YY0
 どもども、お疲れ様でアリマス。
毎度ながら次回の予定なのですが、いつものように
明後日の日曜(8/1)の21時からの投下を目処にしようかと。
タイトルは、

 【やる夫で学ぶ柳生一族(その36)】

 になります。
舞台は再び江戸に戻り、今度は家光メイン(というか幕府メインというか)の話になるかと。
よろしゅうですー。
235 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/31(土) 01:30:27.35 ID:Hv0UNcco
ぅぃぅぃ
236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/31(土) 01:33:18.03 ID:O05QsgIo
了解
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/31(土) 01:40:10.63 ID:PKzuKcAo
オス雄
238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/31(土) 20:20:41.84 ID:3z1WVU.0
了解です。

前々回に取り上げられた渡辺数馬と荒木又右衛門のお墓に行ってきました。
数馬の墓所は静かな立地、又右衛門の墓所は住宅街の真ン中。
又右衛門墓石の横には略歴があって、
「兵庫助から印可を受けて後大和郡山の指南役になる」ということになっており
Oh…Oh……と言う感じでした。
239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/31(土) 21:32:34.11 ID:37eO12.o
今日の昼間、図書館で偶然見つけた荒山先生の「柳生大戦争」を一気読み。
本日投下の話と時期が重なってることに気づいて、Oh…Oh……って感じです。

240 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/07/31(土) 21:44:09.07 ID:EQkyA.Yo
こっちは先週の投下の直後に竹島御免状を読んで
Oh……Ohマタエモーン、著作権がいじめるようって感じです。
241 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 21:02:18.21 ID:9nhF7Fg0
さて発泡酒を持ってスタンバイ…
ビール飲みたいorz
242 :1 [saga]:2010/08/01(日) 21:09:58.40 ID:TW/TVWY0
 どもどもです。
今日の投下なのですが、
都合により、書ける状況ではなくなったので、
今回の本編投下は無しになります。
申し訳ない。

 …で、代わりといってはナンですが、
空いてる時間で作った一発ネタが、もうちょいで仕上がりそうなので、
そっちができたら投下しようかと。
大体、10時くらいから投下できるかも。

 では、よろしゅうですー。

>>238
 それは驚きで砂。
ちなみに、当方も京都に戻った時、大徳寺に行ったのですが、
そこで沢庵和尚が住持を務めていたという大仙院のパンフに、

 「七世沢庵和尚は宮本武蔵との関係で有名である」

 とか書いてあって、(ノ∀`)アチャーとなったり。
243 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 21:15:45.34 ID:9nhF7Fg0
ありゃ、まあ仕方ないか。

>>238>>242
パンフや石碑の文を書く人は別にプロの歴史家じゃないから
伝奇と実際と混同しているのはよくあることだお。
244 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 21:16:49.67 ID:hJmILsYo
だとしても創作物の威力はすげえなあ、と思う。
245 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 21:19:37.86 ID:c3OJYAko
観光資源って意味もあるしねえ
246 :1 [saga]:2010/08/01(日) 22:03:46.89 ID:TW/TVWY0
 どもども、お待たせしました。
モノはできたので、これから投下しまする。
タイトルは【やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」】で。

 では始めます。
247 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:05:54.41 ID:TW/TVWY0
 ─ 某所… ─
               __,,.. -‐¬ニ三 ̄l__
           _,,.-‐=ニ´‐¬⌒´ ̄l    |、ハ
      __,,.イ´-‐'i"´ ! __,,..!-‐_ニ"l´ ̄┘! }Λ
      }ニイ´! __, -rァi´   ! l__| |    | ヽΛ
.   /レ' ,.イ丁  | ゙┘|  _|__,,,,...斗--ー‐j‐┴┴┐
   /ヲ1 l´ |└' _,,.l-‐''T二斗ェェァ7圷己己己己刊
.  ∨! |」レ‐'',.斗ァ'T圷下己f不己Τヲ<¨フ=ミ | |、
   }j/イ下匕f弌「ハ. l⌒l.l l´ ゙!.! !  | |   | | |ハ
   j.イn'゙ハ、Π.| 「゙|::||  |.| |   |.| |____」 |__|_|_|ハ______ ┌r‐--=....,,,__
   〈1「!:|'|::| |::| L..!└┘_二_j_`二] !_二二j_二二エニニニニ辷^┴‐┐lコ : : : ̄`>、
    |j」l‐'_¨ 三ェ七托己下己!下己'斤己己下二工二二下r┐ーー‐|: : Π┬i: n: :_:|
   必斥f斤Π i'゙`l l⌒l f⌒l」 l⌒゙l」 l´:::`l l.「:::`l | 「:::::`l|Y/⌒! Y┘Lj└' '='」|
.  'l|「lΠ|::| |::| | :::| |:::::| | : :|.| | :::::|.l |::::::::| |」::::: | | |::::::: || Y::::::| Y} l^lΠn┐!|
   jj」,!L!'=' '-'└‐'_'ニ´_二´i_`二].j_¨二´_l,,¨二工¨二¨T二二刀ー亠‐┐|_||_!_!_||
  幺赱赱赱赱云冗己子己l子己冗己己刀二.工二二工二二Y〔ニニニ}.ニ ニ゙ニ`!
  `「「ll^l´l l´゙l.l´`Ll⌒l f⌒l.i l⌒゙i l l´:::`l l.f⌒゙l l l/⌒',.」_/⌒l_||Yl⌒l 〈!Π「!「!「|
  r比ll_」l:j | ::|.| :::| |:::::| | : :|.l | : ::| l |::::::::| |.|::::: | l |::::::: | | |::::: | || Y::: | |.|:j !j.lЦ!
   `¨¨`¬'ー'='ニ゙,,辷,j_辷_|」_!::::::| l |::::::::| |」::::: | l |::::::: | | |::::: | llーヘ二l一'¨¨ ̄
                         ̄´ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄`ー‐'‐'‐'ー‐''´ ̄´
248 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:07:30.20 ID:TW/TVWY0
 



              /\     /|  /゙i
      \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
        \)'                    '(
        /                     \
      ヽ,)                       (,,r'
      /       代が変わったら       \
      ヽ                         ,r'
      _)       またおいでッッ!!    (_
      ,)                          (,
      /-、                      、-\
        /ヘ '"                   ヘ
      /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
            /   V | ,l ヽ|   V   ゙i



 
249 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:08:50.86 ID:TW/TVWY0
              |
  天体の位置を    {        ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj
 表し十二黄ッ!!  ゝ       ‐=、´ 一年を月で隔てて
              (          ) 十と二月ッ!
へwへイへwへイへwイ        , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!y


人__从人_人_从人__从人人
  天・地・日・月、     >
  八方を守護する神を  >    \_人_人∧从_人_∧_人_从
  十二天ッ!        >      )   釈尊を護りし神が   
⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒      <   十二神将ッ!     
                       ^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^


         |\     /\     / |   //  /
       _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
       \     基督に選ばれし弟子   /
       /_    十二使徒ッ!     _\
        ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
         //   |/     \/     \|

250 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:10:18.30 ID:TW/TVWY0




               ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
             j`‐'             ‘ーィ
           、- '              L_
           _ )   そして今ッ!     く
           )    柳生家を護る    (_
           ´)  十二名の但馬守が ,ニ=-
            )  ここにいる!!   (_
            )              (
           ⌒)-、 ,. 、         〈
               ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「



 
251 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:11:46.64 ID:TW/TVWY0
                     |                  /          ,,.  . /     /
                     |                  /         ../   _/     ./
                  、   .|, |                 / ,>       ,./″ /      ./
                   リ、  .|.l .|              /.〃  .rリ  .,, |/ /       /
                 lヽ  .l l |                | l/ ,ノ./  ,,ノンン゛         /
     `ュ、    \,     .l.ヽ .! l.!                / / ./ ., '゙,iシ'゛         /   ._..v
       ゙'ミ'-、  .゙.l、、   .l, ヽ .l ゙ト            / / l ,///″       /  _..-'ソ゛
        .ヽ. \   .ヽ''、,  .l ヽ.! .゛           /./  l,〃          /.,..-'" /
         ヽ `'-、.ヽ .\ .l ゙.ll,      ,、   ,、            ,.;;シ'" ,/゛
             ヽ  .`'-,ヽ `'- l .'1  ト、  / \/ ',  /|          ,ir!'´  ,, '"
          、 .ヽ.   `'ヽ、  `'   | ``''       ''´ │       '"  ,/゛  _,,.
          ゙ミ、,ヽ        、─‐┘             └─‐ァ  ,..'',゙.. -'''ニゞ_
            `'ミ''ゝ      ヽ.                 /  ‐“´._,, =!二`-゛
              ゙'-、    ,. -'     入  イ旦      `丶、  ,゙,, -'"゛
      .''`-ニ, ̄ ̄ ̄ ̄    く                    /   ゙“''二ニ`-'“゛
             `゙'ニニr       ヽ      場   馬        <    `゙゙''”゙,゙,゙,゙二二ニニニ==─
   _,, ---ー'''''"゙´        /                    \ 二二二二======────
────―--___     `丶、     !! 守       ,. -''´      二二二二=====────
    ───===二二二    /´               ´、 ̄ ̄ ̄ ̄´
       .  ̄───フ′    /__               \
               ,/           , |   ,、         ,、  「 ̄ ̄ \
             ,/ .,、       .//レ '´ ヽ , へ   / \|   .'-,,, .\
        .,∠-''゙/      / .,i゙/ .| || `'    ゙‐'ヽ 、      .`!ミ-,,\
      ,..-“゛ /      /  ,iゞ   .!l !  .!    .゙.li\.     ..、\`''
        ./         /  ,i″    | !  !     ゙ヽ.\    ゙'i-、\
      . / _ν .,y  ./   .'゙       l  .|       ." .\゙'i、  ヽ~!i、'、
    .,,‐ン''゙/ // /               l  |             ` |ミ-.  ヽ,`'"′
   .,;;シ'" ,ノ゙./ / /              l l゙            ゙ヽ\. ヽ
  -″  ,ノ./ ,//                  | .l                \, \
    ,iシ゛ ..i/"                   | !                  `-,\
   .,iシ′  .i!′                    |.!                    ゙''ミ
  .,/’                          l!                      `
                             !
252 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:12:44.84 ID:wukikwQo
柳生が沢山入場かと思ったら全員宗矩wwwwww
253 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:12:58.96 ID:TW/TVWY0
                     (_
 深作 但馬守ッ!           (,
  映画「柳生一族の陰謀」ッ!   、_\|
                       ヘ
 /\、 /\ /\、 /\ /\、 /\ /゙i
./   V   ゙i   V   ゙i   V   ゙i
          ,.. -─ '''''' ─- .、,         マ   咸    __/_ヾ     十   フ          l7
          /,.、,_ヽヽl l / /_,. 、ヽ       了   心    / 、ノ    9   ´o) ・ ・ ・ ・ ・ o
        / / -、`''ー─'''´,. - ', ',
       / / ``ヽニー_ ‐_',ノ´´ ', ',
       /‐;‐==、、,,_ 、..__.  _,,、、==‐;‐',      この戦いに勝てば‥‥
.      i l,   ___``   "´___   .,! li
     f⌒ll _.._-‐。-、 i i ,r‐。‐-_.._ ll⌒i      わしは到達するだろう‥‥‥!
.     !(`!| ヾ三≡" | | `≡三'" !l´)!
       ', `lj ,r '_,ノ  | |  '、._ー 、 lj"/       齢‥‥
      / |ゝ''l, /´  r_ | | _ッ  ヽ ,!'"i\
    /  ! i. l, ゞ=ェェェ三ェェェ='″,!i ,'  \    76年間の最高地点‥‥‥
  ∠-'''"! i  il,    __    ,! /l,``'''- 、_
'"´    / |  i ! \   ニニ   /,'// l,    `
    /  |   ト、 \ ' ' ` / ,! '/  l,     __  、 _        _
    /   l  | r\   ̄ ̄  ,イ.//    l     ム  ス ロ  / Tヽ Fl _ツ__ 日 日 | -‐      l7
    \  リ, l 、))r\_ _/レノ/   /      土   l 田  '、ノ ノ .[]'タヰ′| 日 | . レ `ー ・ ・ ・ o
    /   |ヘヘ、\ゝ))r ||、ノr) 〃 |   \     し   ふく       と    き

【柳生一族の陰謀】
 http://www.amazon.co.jp/dp/B000V9FS5M
254 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:15:03.26 ID:TW/TVWY0
   , ‐'´ _                         _`‐、     __,ノ
 ∠ -‐'' /     l||   l||      l|l    ||l      `‐、 ̄ ......   ) .
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ  ....-=ニ   五味 但馬守ッ!
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ  .  ,)   小説「柳生武芸帳」ッ!
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!    ⌒ヽ
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |   ..    ノ-、
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||          ⌒ヽ, -、/^ヽ「`ヽ, -、/^ヽ「`
.    |  / :l lll /─|/‐-l/、 l/   ,. -─ヽ!ー` ヽ |ll  |ll |
   l ll /  | r:、 /         `    '´          ヽ  ,r‐、 |
   ! ./  |/| |ll|.====。==    ==。==== |l|l|'-、 l !
   |/    | | |  ` ー--‐ ' | :   ー--‐ ' ´   | !` i | ||         ククク・・・面白い。
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !        狂気の沙汰ほど、面白い・・・。
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \ 
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :|
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |
    |         :|:::::::::::::::::::::::`ー:'::::::       |           |
.    |            |::::::::::::::::::::::::::          |            !
    |            |:::::::::::::             |         |
.   |      _,.. -‐' ヽ               | `` ‐- 、.     |

【柳生武芸帳(五味康祐)】
 http://www.amazon.co.jp/dp/4167335131/ref=pd_sim_b_1
 http://www.amazon.co.jp/dp/416733514X/ref=pd_sim_b_1
255 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:16:14.04 ID:K12qibko
そういう趣向かwwww
256 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:16:36.38 ID:TW/TVWY0
                >
 小山 但馬守ッ!      >
  漫画「あずみ」ッ!   >
                >
Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!       世間の大人どもが
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!       本当のことを言わないなら
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!       俺が言ってやる・・・
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!       権は剣より重い・・・!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"        そこの認識をごまかす輩は
             /!.  / -──────--! .|、         生涯地を這う・・・・・・!!
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-

【あずみ(小山ゆう)】
 http://www.amazon.co.jp/dp/4091835414/ref=pd_sim_b_2
257 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:18:21.22 ID:TW/TVWY0
                             )
                             )  山口 但馬守ッ!  
                             )   漫画「シグルイ」ッ!
                            ⌒)-、 ,. 、         
          _     _              ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「'⌒
       , -─ゝ `ヽr'´    `>
     ∠   -─- ミ   二 ´ ̄ >     どうなさいました………?
    , '   ニ-‐ r─ ミ  -‐    、\    読者様……
   / /    | r;ニV三、 ヽ ヽ.  l  \  さあ さあ お気を確かに……!
.   l /       :|     |    l  | ヾ`
  │    /    l |     :|. トi     |    (私の出番のなさに)
  │   / / ,1 L_    :!│l ト、ヾ |   がっかりするには及ばない……!
.   ! !   / / レ'  `ヽ   ゝ!´ヽ! \ 、|    原作の未消化分はまだまだある……!
.   | |   ノヾ、二raニ   ('ra二フ"レ′
    |  _,、イ|            `ー-;  :|      まだまだ……
   |  ヾニ|:|           - /   |     連載再開…再登場の可能性は残されている…!
   | | |  |  ヽー----------‐ァ :|
    | |  |  |   ` ー-------‐´  ト      どうぞ……
.   | l/ヽ. ヽ     ー一    / |     存分に夢を追い続けてください……!
  _レ':::;;;;;;;;ト、 l.\           ,.イ , l      私は……
 ̄:::::::::::;;;;;;;;;;| ヽ. l l ヽ、..__.// |ル^::ー-    その姿を心から
:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|.  \!         , ' :|;;;;;::::::::::     応援するものです……!
::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    \   /  :|;;;;;;;;;:::::::

 【シグルイ(山口 貴由 (著), 南條 範夫 (原著) )】
  http://www.amazon.co.jp/dp/4253230431/ref=pd_sim_b_2
258 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:19:01.29 ID:pvpbyV2o
シグルイは無理だろうww
259 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:21:01.27 ID:TW/TVWY0
                         (_
  本宮 但馬守ッ!              ,ニ=-
  漫画「猛き黄金の国 柳生宗矩」ッ! _(
-、 ,. 、                    〈
  ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒/⌒ ヽ「
.      /´                `ヽ、
      /                  \
     l               ∧         l、
.     |           /l / . |. ト、i、.   ヽ、!
    │        /| /.| /  .|.| .l.,|_l.,ヘ   l.
     |   __  /|/゙|/`|/、u  | /l l Wヽ|      打ち切りの漫画っていったら…
     |  ./‐ヽ | ==== __  ,''===== |       つまりその…
..    |  || ~)| |  ` ‐-゚‐' ''' /:.‐゚-‐'´ |        誰にも認められず……
    │ || 6|.| u      `‐-;    l        アンケートは取れず、掲載順は後ろになり、
.      |  ヽゝレ            / v l        話が最後まで続けられない…!
.   /|   /':\   ⊂ニニニ⊃   /         そして「俺達の戦いはこれからだ!」エンド…
  _/==|  /   ::\    __    /         そんな漫画ってことでしょ………!
''´ l====| /      ::::\   ̄ v  /  
::::::|====|/        ::::\   /_           どこがいいっていうんですか…?
::::::|====|\        :::::\/=l::::`..‐、       .そんなのの……!
::::::|====|  \        :::::::|===l:::::::::::::`..、     そんなハメに陥るくらいなら……
::::::|====|   \       /|===|::::::::::::::::::      まだ今の回想展開の方が…
::::::|====|.      \   /  |===|:::::::::::::::::      まとも…っていうか…
::::::|====|l       \/    |===|:::::::::::::::::      それなり…っていうか…!
::::::|====|.|       ∧.     |===|::::::::::::::::: 
::::::|====|:::l       /lOl、   |===|┌── 
::::::|====|:::::l    /:::| |:l.  .l|===|::|: Youn

 【『猛き黄金の国 柳生宗矩』(本宮ひろ志)】
  http://bj.shueisha.co.jp/manga/mune/
260 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:21:44.20 ID:vS30OPQ0
シグルイの連載終わってたの、今知ったわw
261 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:23:26.43 ID:TW/TVWY0
           , -──────- 、    .....     ).
        /        ,. -‐-.、 `‐、   .     ヽ    津本 但馬守ッ!
       /./`::‐ 、.__,...‐'::´::::::::::::::::ヽ  ヽ  ..     厶,   小説「柳生兵庫助」ッ!
.        /./::::::、:::::::::::::::::::;:::‐'::::::::::::::::::::l.   !   .       ヽ
      //  :::::`:ー-‐::'::::::::::::::::::::::::::::::::l  i       .   レ、⌒Y⌒ヽ
.     |' ̄`~`'‐、:::::::::::, ‐''"~´ ̄ ̄ :::::::!   |       
       l.  ─‐- :::::::::::-──  :::::::/   |       
      │===。=, :::::::==。=== :::::| l⌒i |   将軍家指南だから・・・
     │ ` ‐-‐/ jv :::ヽー--‐ '  :::::|.|,ヘ |. |
.       l. ー-‐/  u:::::ヽー--‐'  u::::|ト、 l |
.      | ,r‐'〈__,、_,、_〉 `ー-‐ 、::::|!_ノ  !    うちの家(江戸柳生)は・・!
        |/ ,,,;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;,,,,,  l::::|ヽ  |\
       l 匚匚匚匚匚匚匚匚匚lヽ::::|:: ヽ |::::::\
      | `┴┴┴┴┴┴┴┴┴':::::!::  ヽ|::┃::::i`‐-
.      !、    =====  ::::::::::::::/::   ゝ::┃:::::|:::::
      ,. ‐'`i'‐ 、   :::::::::::, ‐ ' ´::::   /;|:::┃:::::|::::
   ,. ‐'´┃:::::|:::┃::`i ‐ ' "´:::::::::::::    /;;;;;;|::::┃:::::|::::
  :::::::::::┃:::::|:::┃::::::ト、:::::::::::      /;;;;;;;;;;;|:::::┃::::::|:::

 【柳生兵庫助(津本陽)】
  http://www.amazon.co.jp/dp/4167314177
262 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:26:25.92 ID:TW/TVWY0
                ,. -''´
 山田 但馬守ッ    ´、
 漫画「へうげもの」ッ! \
  ,、         ,、  「 ̄ ̄
'´ .ヽ , へ   / \|
  |      `'    ゙‐'∨  ∨  ∨  ∨ ∨:::ヘ、:::        :::::|
.. |      :/: ∨:::/               ::∨ヘ,::::     ::::::|     出 最
. |    :::/|/: <::::::<                  :::'vヘ、    ::::|       番 近
 |   :/|/::   \:::::\                   ::ヾヘ::   :::|    . な 
...|  :::/  ─    \::::::::\                 ─ :::|::::   ::|  . . し 
. |  ::/      ̄─_>:::::::::::::>          _─ ̄   ::::|,:::: ::::|    . ・
...|  ::|:       /::─_/        _─        ::::|  :::|       ・
 | :::::|:      <:::::::::::::::< ─      ─           :::|  :::|      ・
/⌒|: |:   _______       _______  :::/ /⌒\   .!
/⌒:|::::|::    ̄ ̄ ̄ ̄O ̄ ̄/≡  ≡:: ̄ ̄O ̄ ̄ ̄ ̄  ::::|::::|/⌒l |
::::_|::::|  /::::\____/::::::::| | ≡\____/    :::|::::|  ::| |
.\:: | | <::::::::::::::::::::::::/  :::::  :::| |::  ::::::         ::::::| |/⌒l| |
  \:::| \:::::::::::::::<   ::::::::   :::::| |::::   :::::::::       / ̄ ̄\:::|
:    \ /::::::::::::::::::::>      ::::::| |::::::           /       ̄ ̄\
 :    \:::::::::::::::/       ::::::::| |:::::::          /
::\:::    \:::/  /     :::::::::| |::::::::         /      |
  \::::    ,): .//      :::::::::| |:::::::::        /       :|
    ):::::_,,,///:::/    (:_::::| |::::_:)       /       :|
_//:::   :/⌒\:       ∨          /       ::|
::  /::  ://\  |────────────/      ::|
::: /   / \_/ ./                 /     ::::/|
 /丶_ノ:\___//::::     ___     //      ::::/::|
ノ:::::::::    /:::       ::::::    /::::(ミ::   ::::::::::|
:::::::    /\:::       :::   (ミ :::::\   :::::_/|
::::     /   \:::           \  ::::: ̄ ̄ ̄\|ミ

 【へうげもの(山田 芳裕)】
  http://www.amazon.co.jp/dp/4063724875/ref=pd_sim_b_9
263 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:26:44.63 ID:pvpbyV2o
荒山はまだか
264 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:28:46.34 ID:K12qibko
へうげの能面但馬だなwwww
265 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:29:38.74 ID:TW/TVWY0
                     ≫
                     ≫  戸部 但馬守ッ!
                     ≫ 小説「幻剣蜻蛉」ッ!
       ,r'ニニヽ、 ノ三`ヽ.    /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\
.      //,.三ニ`ニ´ ニ三 ミ }    
.     {〃 r;三ミ、 〃彡ミ(_
       )リノ,ィ,イr';リ"`〈ぃヽミ゙ヽ             わしは潔白っ
    r,=' 彡〈でサく::v:::::`r}ヒ7 ミ(              ‥‥‥‥‥!
.     l〃r;=:、} r;==ミ ij~,〃=、゙ミヾ.)
    ノ,リハY^i|:{{  e l:v i e j}|.|:(
   (.(((. {に|! `ミ='|:: ド=''|.| ))             天地神明に
    ) ))`フl ,コ_⊂、u,⊃,[ K((              誓って潔白っ
  _,∠-‐'T´| l.|[゙T'テ=三=テ']l|_リ))               ‥‥‥‥‥!
 : : : : : :│: l :l.|l.`' ┴┴‐'´l|| :`¨''ー- .._
 .: : : : :.|: : ト、::l.|lエエエエエl|.!: : : : : : : : : lヽ.        富田流に…
  : : : : : |: : :|::::ヾ.二二三二ン:| : : : : : : : : | : :l        なんら含むところなどないざんすよ…!
 : : : : n , ‐_''ニつ\ /::|: : :|: : : : : : : : | : : ト、
 : : : /.ノ' r´',二ニ⊃^\::::|: :⊂ニ'_‐.、∩: : /: :}
  : : _レ′' "_二ニ⊃__/::ヽ|:⊂ニ二_`;:.\l: : : : :ハ
 /「l   '´ ,.ニニ⊃! |:::::::|⊂ニ二_` ヽ ト、: :/: :;〉
 : : ヽ\_-r ´l::::::::::::|. |:::::::l:⊂ニニ_` `  ノi:}\: :"ヘ.
 : : : : `フ′: |:::::::::::|  |:::::::| : : | : :`ト- 'ノノ : : \ : \

【幻剣蜻蛉(戸部 新十郎)】
 http://www.amazon.co.jp/dp/4396328001/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1280669084&sr=1-1
266 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:31:30.09 ID:TW/TVWY0
                    (,
   荒山 但馬守ッ!     、-\|
  小説「十兵衛両断」ッ!   ヘ
                  /
 /\、 /\ /\/\、 /\ /\
./   V   ゙i     V   ゙i`ヽヽー-、
       /                \ 、
.      ,'                    1 
      l      ,.へ、             ,、  | 
        |    /   `' ‐.、      / .ヽ  | 
        |    /        `‐、  /    ヽ.!
.      |   /     u      ノ'リヽ      ヽ
.      |    \ __      ´       ___!
.      |  ,r‐、 .|    ̄``ヽ      '´ ̄   :| 
        | l r 、| |.  ==。== __ / =。===|     「十兵衛両断」版かよ!
        | ! ト、| |   ` ー--‐ '゙゙ \ ー--‐ ' !    せめて「柳生黙示録」…いや、「徳川家康(トクチョンカガン)」版なら、
       | | l.__|.|     U      l     |     この戦いでも…くっ!
       |. ヽ、_||  ヽ      r __   l  u   !
      |    /ヽ   |        `´     .!      なんというかませ臭…ッ!
      |  /  :ヽ     /´ ̄ ̄ ̄ ̄~゙ヽ !   
.     /! /    ::ヽ.  /  ,.-────‐'、!
   /::|:::|/     :::ヽ. / ,.    _____!、     
-‐''´|:::|:::|:::|       ::::〉 / , '´         ヽ.!`ー-  
_;::::‐|::::!:::|:::|       ./ ,/ /    , -───‐'、!:::|:::::|: 
:::::::::|::::|::::|:::l       /  ,/          ノ !| ::!:::::!::
:|::::::|::::|:::::|::::!    ./            `i ̄ヽ ノ |:::|:::::|:::

【十兵衛両断(荒山徹)】
 http://www.amazon.co.jp/dp/4101210411
267 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:33:29.91 ID:pvpbyV2o
トクチョンカガンだと、
ほとんど友景ばりの、純白無敵超人なのにww
268 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:34:56.55 ID:wukikwQo
戸部先生は富田のためなら誰でも容赦なくジャガるので印象(ノ∀`)
269 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:36:06.79 ID:TW/TVWY0
             /|  /|  /|    ..... `丶、              
        /! ///|///|///,|     .   /´   劉 但馬守ッ! 
       /| |.|//// .///  /// |/|       /__  同じく小説ッ!「影武者徳川家康」ッ!
      /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ       |   ,、         ,、    ,、         ,
     /! | | | ! l l //ヽ.///   / |   .     レ '´ ヽ , へ   / \ '´ ヽ , へ   / 
.     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!           `'    ゙‐'       `'    ゙‐'
.    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|
    l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .| 
.   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.! 
.   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
   !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l       お前(荒山版)なんか選べるだけまだいいだろ!
    `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!      .李海王ポジなんだし!
      l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l      俺(隆慶版)なんか何処から出ても一緒の上に
      ! ゙-‐           ,.lト‐'   l      範海王ポジだぞ…!
.     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!
       !、 ___     /   ヽ,.‐'´\     
       ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\  
        ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、
         ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','
               |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','
           /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
          /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
            //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','

【影武者徳川家康(隆慶一郎)】
 http://www.amazon.co.jp/dp/4101174156
 http://www.amazon.co.jp/dp/4101174164
 http://www.amazon.co.jp/dp/4101174172
270 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:36:54.07 ID:wukikwQo
×ジャガるので印象
○ジャガる印象

両断宗矩が何したか思いかえしてみた。泣いた
271 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:37:03.33 ID:9XFSZXIo
隆慶宗矩はトリを勤めるかと思ってたが違ったか
272 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:38:17.14 ID:TW/TVWY0
                      \
  石川 但馬守ッ!        ,. -''´
 漫画「魔界転生(石川版)」ッ! >
__                  \
  |   ,、            ,、「 ̄ ̄
  レ '´ ヽ , へ   / \|
     _ `'    ゙‐'                 ヽ
     フ                       |゛
    ´Z,. ,ィ ,.,.,., ,r'ナノ''v'"'7   /`ソ'-ァ_         |
  <´ `<〃 〃 〃 u ./  ./ u   `>     N
   \  \  i |   /  /〃´`l    〉     .|
    / \  \ U  ./  /〃  .|   / .r'⌒'i   |    「そうか…!そうだったのか…!」
   / {´\\  |i  .i| ./〃   l  l .|⌒i l   |    「わかる…今こそわかるぞ…!」
.  /  l.   \\|!  .!レ'〃    .!l.   l .|⌒| |   l   
  \  l    \    /     !!l.   l |⌒l l    l     言っちゃうか・・・?
    \ ゝ __o/   ゞo _ ノ〃   l .|_ノ /    l 
.     )ミ三|     三=彡´ _u_  リ__ノ     ゝ     そんな事も・・・・・・!
.   /   /  .|j   --、 -‐'´,r‐、` |\       \
.  (  .|j /         )  /ヽ,イ] .|  \        \      ...
   ヽ  ./     ==   /ヽ/∧! |   \           \      .
  _ ) ( __,、    .U_..、ィ´`>´ ,、ヘ/ |     \__        \    .
  ` ‐┬‐┬ ''T''''T´ | __.ゝ'´,、へ冫 ノ .|     /|::::::" '' ‐ 、 .._ \  .    /    彡 彡 /ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.    └‐┼┬'=,='-〒‐r‐ヾ__ゝ'´u~ .|     / l:::::::::::::::::::::|::|::::::::: ̄  .    ヽ      彡/ ::    <
  f . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〜U   .|    /. ,'::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::   .     \___/ / :     .|  ・・・・
.  l  U   J             |    / /::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::   .       |ー。(( ヽー-。─′    |  
  l            ,  ,  i  l   |    / /:::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::: ....    /⌒| 一::|  ー ─´::/   \_____
_..、-l   l  l  !  '  '  u      |   / ./:::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::: ....  /  |  |  ::|      :::/ ( 
:::::::::::l      |j    __ ... 、 --‐ '' ´   /  /:::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ::::/  ) 
::::::::::::::l __ .. 、 -t‐ ''ヾ,            /  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::   ./  /   (      \== 
::::::::::::::::::::::::|::|:::::ヽ   \          / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::  ....       /ヽ─┐) |\ | 
                                          :          ( / / (/ 

 【魔界転生(石川賢(著), 山田風太郎(原作)】
  http://www.amazon.co.jp/dp/4062604469
273 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:38:39.71 ID:hJmILsYo
確かに隆慶先生の宗矩は一貫してブレないww
274 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:38:49.87 ID:vp/7n/k0
隆慶宗矩は、秀忠と合わせて元和ビッグボンバーズと言うかなんと言うかww
275 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:39:08.76 ID:hJmILsYo
なんだ、後ろの竜はww
276 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:39:40.80 ID:9XFSZXIo
アレは原型止めてないクリーチャーじゃないかww
あれでも割と山風リスペクトなネタが入ってるのが石川先生の怖いところだww
277 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:40:14.49 ID:TW/TVWY0
                                )
                                )  山岡 但馬守ッ!
                                )  小説「柳生宗矩」ッ!
                               ⌒)-、 ,. 、        
              _          _             ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「
        _,. -‐-`' ``'‐、,.‐'"´,. =ニ`       やり直そうな……
        ,.‐'"´           __`ヽ
       /               ``''‐、    もし首尾よく
.      /                 `''‐、   勝って”柳生但馬守”の名を名乗れたら
       i            , /i  、     ヽ‐-ヽ  オレもおめえらもやり直そう……
.      !       /| /| / ! .!ヽ..ト、  、.ヽ
     |       /''l/、l/_, l/ _,.ゝ' ゝ、 iヽ!    もう今までのような
      |      ノ`''‐ 、._/   /_, ‐'´ !.\!    陰謀だ裏柳生だ………
     !  ,.-、 r' =。=== _  ,=。===,!       そんな 血にまみれた
     /   { ‐、!|  ` ー-‐' ''  \--‐' !       毎日から抜け出して………
.    /    !( r||.        r __  \./|
   /.  ,、 ゙ー'|!、  ,..-‐───; 7゙│       なんて言うか………
  /_,./ l    │\ `ー-----‐'´/!\i       もっと価値のある暮らし………
  ̄ .!  1    l  ヽ、   ー一 ./ |  |`'‐、
    |    i、   l.    ヽ、    / |  .|   `'‐、  ……うまく言えねえが………
.   |    ヽ  i       ヽ、.イ │  |      ともかく………
.    |    |ヽ  !.       | !  !   .|      今までとまるで違う
   |      |. ヽ. i、        | W1  │     人生を漕ぎ出そう…!
    |  ,. ‐'´\|ヽi.ヽ、    ノ|/`‐、  !
    !.‐'´      |     `'ー-‐' .|     \!      ………今度こそ……!

 【柳生宗矩(山岡荘八)】
  http://www.amazon.co.jp/dp/4061950614
278 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:40:28.19 ID:pvpbyV2o
石川がオチ担当かww
279 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:41:25.52 ID:wukikwQo
山岡白いwwwwww
280 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:42:37.22 ID:TW/TVWY0
                 ,. -''´
 ここに集いし十二名ッ!´、
_               \
|   ,、         ,、  「 ̄ ̄
レ '´ ヽ , へ   / \|
    `'    ゙‐'              ヽ人_从人__从_从人__从人_人
                       <                 
                      <  慣例とはいえ許されるのか!?
                      < この最前線に加わりますッッ!
                       <                 
                         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒
  ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
j`‐'             ‘ーィ
  正真正銘      (_
   本物ですッッ!  (
)-、 ,. 、         〈
   ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「

               ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
            j`‐'             ‘ーィ
          、- '              L_
          _ )                く
          )     前・柳生但馬守!  (_
          ´)                ,ニ=-
           )               (
          ⌒)-、 ,. 、         〈
              ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「
281 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:43:26.98 ID:wukikwQo
前wwwwwwww
282 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:44:16.48 ID:TW/TVWY0
           (_
  但馬守中の    (,
  但馬守ッ!!  、-\
           ヘ
 |\、 /\ /\゙i
.ヽ|   V   ゙i            ./|     ./|
               /|  ./  |   ./  |
              / .l /l   |  //  |   /|
             /.|   l/,l l   |/.//   | /  |          ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
            /| | |   ,l l l    ///    ,!'  /|  /!    j`‐'             ‘ーィ
         / .| | |   l l l   .///    .//|/  |   、- '              L_
         ./!  | | |   ,l l l   ///   .///   .|/ _ )                く
          /|||  | | |  ,l l l   /,.-‐、 ///      /  )     柳生石舟斎    (_
        l ‖/`i、.|  l l l  ,.‐'´  ::`i、"/      ,. /_,.  ´)    その人ですッ!   ,ニ=-
       l  /  `i、. l l l,.‐'´      :::i'、    ,. ‐'´,. ´/,   )                (_
      lミ/   _  `-‐'´ _,,       ::::i、,. ‐'´,. ‐'´,. ‐'/   )               (
       .l /    ``‐-‐'"´_,        ::::i、‐'´,. ‐'´  ./  ⌒)-、 ,. 、         〈
       l/‐- 、 `` ‐-‐'"´ _,. -‐'"´ ̄ :::::::::〉‐'´     /       ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「
.      |    `ヽ、   /       ::::/  ,. -‐'"´/  
      |.=====、  __ ========::::|"'i⌒ヽ‐'二 /    フフ…私もいい歳ですからね
.      | ` ‐--‐゚/,::: '''' ` ‐---゚‐ ' ´  ::|ミ|⌒i |´  ./
      | 、.__ /,::::::::   、     _ノ :::| |⌒l |  /      もう 家をまとめたり ヘタをすると
.      |  ::/,:::::::::::::      ̄ ̄ ̄  ::::|,|6ノノニ'/        立ち合ったりしかねない仕事は
.        |././,:::::::::::__:::)   \__   :::::::||、_ノ─/     
.         l.(_::          , \::::::::/l   ./\       みーんな 次の「柳生但馬守」に
.         l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  :::ヽ/:: l、三l   \      任せちまおうと思ってるんですよ
           l、   ___     ::::::/:  l、 l'    l.‐- 
.          _,/l、   ̄ ̄    :::::/::    .l l'      l、      そろそろ楽しないと
      _,. -' /   !.        ::::/:::      l        l、      体がもちませんしね…
       /   ヽ、     :::/:::      ./|.        l、
.      /      ヽ、  ::/:::     ./::::::|       l
     /       ,l::ヽ/:::       /::::::::::::|.       l 
      /       l::l:::::     /::::::::::::::::::|        l
.    /       ,l:::::l.      /::::::::::::::::::::::::|.         l
   /       l::::::::l.    /::::::::::::::::::::::::::::::|         l

 【宮本武蔵(吉川英治)】
  http://www.amazon.co.jp/dp/406196514X
283 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:44:49.40 ID:hJmILsYo
確かに宗矩とは一言も言ってないっ!wwwwww
284 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:46:02.88 ID:vp/7n/k0
ゲーッ、先代様!
285 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:46:15.79 ID:hJmILsYo
つーか吉川武蔵に石舟斎って出て来たっけ。流石に十数年前だから色々記憶がww
286 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:46:54.25 ID:TW/TVWY0
                ,ニ=-
  そして急遽柳生家が (_
 参戦を認めた三名ッ!/
)-、 ,. 、          〈
    ′/⌒'^´ヽ'⌒ヽ/「

             _.z='':`':`':`:`:`ヾトyレL
           ,ィ'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く`          ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
          ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦       j`‐'             ‘ーィ
           }::::::::::::::::::::::トlililィ|:::::::::::::::::::::::ぐ     、- '              L_
           }::::|.||:|:||:||:||    |}:||:|:||:||:::::::く`    _ )                く
          }:::ト| | | | | |   | | | | | |イ:::::ト     )    津本 兵庫助ッ!   (_
         「^|| ニ'==、  ,.=='二 ||^´lー-、  ´) 小説「柳生兵庫助」ッ!-
         人 '| `┴'┴′   `┴'┴' | ノ:::::::::::ヽ  )                (_
   _.. -‐'''¨::::::::iゝl             .lイ::::::::::::::::::}  )               (
. ‐''"::::::::::::::::::::::::::ト、:\    、_,.    .へ:::::::::::::::::|::| ⌒)-、 ,. 、         〈
:::`ヾ:::::::::::::::::::::::::::|::ヽ::::ヽ、  -―-  ./√{:::::::::::::::j:::|      ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「
::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::i::::ヽ、:rへ、___,. イ::/::::::::::::::::::::/:::|
:::::::::::::ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   |/:::::::::::::::::::::イ::::::|
287 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:48:46.14 ID:TW/TVWY0
              (_                          //::::/:::::::  ..::/:::i:::..       \
 田畑(余湖) 友矩ッ! ,ニ=-                       //:::::::/:::::::/ ..:::/::::::i::::::.        ヽ
 漫画「SAMON」ッ! (_                        / (:::::::::/:::::::/ :::::/:::::::::!::::!:::.   :. :.  :.
-、 ,. 、          〈                       /  /    /  / ///   !::::!:::i::.  ::::. ::::.. :::.
    ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「                        / ../....::::::::i:::::i:」::::{::::!....:::::::::!::::!:::i:::!..:|:::::|::::::i::::i
                                   /.:::::/::i::::::i::::i:::「i::::`ハ::i::::::::::::::!::::!::ハ!:::l::::ノ:::...l::..|
          ,. - ――‐ 、                       ̄/ ̄i::::::i::::i ァ≠ミ八!:::::::::l:::|::::|::厂iメイ::::::::::::::|
        /     ノ ___>'⌒   .                       i::::::i::::〈 r':::::::}ヾ\:::::|八八テメ、/リ::::::::|:::::i
.      /こフ ,.ーr< _)          `ヽ                   i::::从:ハ 弋シ′   ヽ{   r':::::::ハi/:::::::从:::′
       ゝ.. ノ/ヽ._____,,. -‐く     |      __           |イ八:i:{ ,,,        弋,シ /::::/::::ハ′
    , -― < /      //        「ハ ≦´  `ヽ、       ___ 八       '       ,,,  /:/:::::::/
.    {     ,\   ∠∠..       /   Vハ Vハ      ̄ ̄`ヽ彡'⌒ヾヽ::::\    ー        イ:::ノハ,′
    ` ー-〈   ヽイ ⌒ヽ `ヽー<     Vハ Vハ         V´ ̄  \\:::\       . .イ:/
.         ヽ._ノ人               }::::} }::::::}ヽ              }ト、\:::` ー‐= 7く´j/
           \  ̄`丶        /::://:::::/⌒ヽ               リ \\i    /i:::::ヽ_
            \    \     /::://:::::/             〉     /    iヽ \_____!:::::::::::`ヽ_
               ` ¬´ ̄` ー―ァ':::://:::::/             ,′   ,′   |::::::\\ j:::::::::::::::::i ト、
                    | : : : : : : /::::://:::::/                       、:::::::\ヽ.:::::::::::://l ヽ
                   \: : : ∠:::::/.::::/         /  / /      \:::::::\ヽ:::::/// jト、|
                       ̄ ̄ ̄` '<         ∠..、 / /         \::::::≧彡'イ ノ⌒ヽ
                         ` ー―┬‐<     \.イ            丁丁 r‐ュ.{    i、
                             └───-=ミV| : : .           フ:i:{    |    \
                                        Y : : : .          /.:::|:|     |     \

【柳生非情剣SAMON(隆 慶一郎(原作), 田畑由秋/余湖裕輝(作)】
 http://www.amazon.co.jp/dp/410771487X
288 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:51:12.18 ID:TW/TVWY0
        /\     /|  /゙i
\ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   //
  \)'                '(
  /                 \
ヽ,)  イシカワ十兵衛ッッ!    (,,r'
/                    \
ヽ    漫画版「魔界転生」ッ!   ,r'
/-、                  、-\
  /ヘ '"              ヘ
/  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\i
      /   V | ,l ヽ|   V         /   !  ヽ/´ ̄¨ミヽ、
                          /    !、 ミ!   _    \__,.
                          /    /ミヽ ミ! /,ハ  ミ  ヾミ三ニ
                     __,,. - ´ // ,/ミミミ:ヽ l ///∧    `ー=ニ
                  二ニフ   /ミミヾゞヾミ V ///,ハ
               r-―‐''¨ // / 三ミミミ,,yZM州!!宀冖''ミ\
                `ス=、_ミくく 三三ミ''`        _ {ミ ` ー―‐
                 \_ミ三_ゝミ、彡 !      i !  _∠_´ ヾミ 三 彡
                  ーr=彡巛T { ,rェ=ェ、」 V/'宀¨ ` 「ヾ、 三彡   待たせたな…!!
                   _\彡ヾミミ\ `二`λ h      ノ トソミミ≧=
                      /L」.}_,. >-ミ ミZニ__  ! ! :      |ミミヾミ`
                   /__ ///`ー'フ 彡ミミ=' r'._,. ┘ヽ    jミミ三ー
                / ̄/7´ γ´彡ノソハ   /, -―-._ 、 / Vハ「
                「゙ヽ/''=ナ/¨`!/,.rー T¨ヾ彡llト ., ¨二 ̄-' !/   V`
                / ! /  !ノ  〃 ,.-ニ二_`ヾ|  >、__,./ ̄¨¨ ‐r-、
            | !「  r   7  〃ヽ _,ノ _⊥‐'´  /:.\       \
               | /l   !  〈  ノ  厂 ノ!     /:.:.:.:.:.:.:\       |
            | _!        「  / ///  ./ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ\    |
               |               「,','//,ハ  /   〉―ー┬'    \ //
           」              |,','//,//| /    /:.:.:.:.:.:.|    ////
         / ̄ ̄ 〉           /,','/,///ハ     /:.:.:.:.:.:.:.|  //////
      /,',',',',',∧         /,',' /////ハ  /::.:.:.:.:.:.:.:.| ////////
    /,',',',',/,'\\      _/,',', /,/////∧ /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:|/////////
   /,',',',','/,',',',',','\\   γ,',',',',' く////////V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://////////
289 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:52:19.73 ID:wukikwQo
それたぶん連れて来ちゃ駄目な人ォー!
290 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:54:56.46 ID:TW/TVWY0
               \
                ,r'
 以上十六名による   /
 大柳生賽ッッ!!   (,
            、-\|               __,ノ 
           , ヘ                   ) . 
 /\、 /\ /\゙i                  -=ニ   一代に一度の
./   V   ゙i                i::::::wn||   ,)   ワン・デイ トーナメント!
       /                  丿 /' '  ⌒ヽ
       /                 ///,-'''    ノ-、
      /       /         /// l  ,      ⌒ヽ, -、/^ヽ「`、,,...>、
      /     /    ,、      ヽ ノ-‐i'`、,,...--`、    /
     /     /     ヽヽiijj、    \ `')`,'二二ヽ    /
     /   /     / ゝヽヽiiijjlii     )つ'//ヽ  ヽ/.  ,-‐-、
    /  /     /  /  iiijjliijli、    (/////|   |   ノニ、,、l
    / /      |,  /__丿 iiijjliijliijl,へ、 /////ノ   |   '、ヽ==ヽ_
   //       `' `)_,' ヽ=======ヽ(ヽ/:::::::::/ l   |   / (/(  >
   /              ノiiijjliijjliijijliiiillゝ--ノ/  l   |   、 ,,,,,,/ ノ,
/ /               iiijjliijjliijjjlijjiillliili、 /=======lニ二 ,ヾヽヽiijjli、
  /               ノiiijjlii jjliij jjl jjllll/ニニニニヽ  / ゝヾヽiijjlii、
 /         ,、、、  .ノjjiijjlii"li  ,-'' ̄'''-、ニニニニヽ/   / ijjlijlil
../-----―――ー〈rァ;ー /  jj   ノ-ヽ(⌒、 >、二二二ヽl ヽ/,__丿ijjlijlili
/       ヘ   l < ト、     (`ー-、(⌒(彡>/   / `‐'、_/ ヽjijilii
>   ヘ / ◎\/  l川リト、    '、、〈/⌒ヽK、    |  \     ヽjil
ヽ/ ◎\/ <7/ ,'ー─-川川リト、.   `ノ/ミミミ/ ヽ  |   ヽ     ヽ
  ヽ<7人、/=ヽ / /ヽ、   川リト、,,,, -`/ミミミ/   |  |    ヽ_,,,...-
ヽノ  l`、l`、  / ゝ ""'''''__,,-‐''"",、 ‐'ミミミ/    |_,,,...-,. ‐'''' ̄''ー 、
  ヽ  ゝ  iiijjliilii、ゞ,,‐'''"/ヽ-‐' ゙==二) ミ/    |  / / l  l ヽ ヽ
   /ゝ   iiijiiijj liiijl、 /ヽ'-====二,,),,ノ     | / / l  l ヽ  ヽ
            【盛り上がる柳生家家臣の皆さん】
291 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 22:55:37.53 ID:c3OJYAko
てゆーか、ナニで勝負するんだよww
292 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:56:58.47 ID:TW/TVWY0
              (_
                (,
 組み合わせ…ッッ! 、-\|
               ヘ
 /\、 /\ /\゙/\i/
./   V   ゙i  /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //                           |
    . /  //                            .|
    /  //  .                          |
    /  //                      /\     /|  /゙i       
   ./  //               \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、// 
  /  //                  \)'                    '(  
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、              /                     \  
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽヽ,)      マv                (,,r'
          `ヽ,.._,ィ''´      /      /ェェX......三|三   | |      \
                     ヽ        ノ |_, イ `<  ||       ,r'  
                      _)            ̄    .・ ・      (_ 
                     /-、                      、-\
                       /ヘ '"                   ヘ
                     /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
                           /   V | ,l ヽ|   V   ゙i

                   【やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」】 完
293 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 22:58:27.92 ID:TW/TVWY0
 どもども、お疲れ様でした。
本日もお付き合いありがとうございました>ALL

 今回はこれで終わりでアリマス。
なんというか、「俺たちの戦いはこれからだ!」な感じの終わり方でしたが、
元々のもそういう感じだったので、その辺はご容赦頂ければー。

 ネタとしては、前にやった「全剣客入場ッ!」の
柳生オンリー版というか、大擂台賽版も作りたいなあ、と前々から思ってたものの、
なんとなく作ってなかったのですが、
今回、本編を作るには厳しいけど、こういうのなら作れるだけの間があったので、これ幸いと。
どっちかというと、伝奇スレネタかもしれませんが、
まあ、キャラの柳生率がほぼ100%状態だったのでこっちに。

 ともあれ、今回はすいませぬ。
次回こそは本編をやりたいところ。
あと、それはそれとして、今回のネタも結構悩んだ末、
入れられなかったキャラもいたので、またいずれなんぞやってみたいで砂。

 それではでは。
294 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 23:01:55.09 ID:c3OJYAko
乙ー

まー、あと、途中参加の二人とかいますし?ww>入れられなかったキャラ
295 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 23:02:39.43 ID:TW/TVWY0
 ちなみに、後で郭海皇ならぬ石舟斎がやられまくる但馬守に
業を煮やして呼び出すのはこの二人。

池田 又右衛門     |
映画「伊賀の水月」  |
─────────┘-───‐- 、
           ,.‐'´         `'‐、
          /    ,.‐ 、.          ヽ
         i    /   `'‐、.    /\ヽ
            l  ./.ァ.、._     `'‐- '     ゙!,   あんた狂っちゃいないが
.           |  ./ `''‐、. `''‐ 、..__,   _,. ‐'´ィ゙   その分ボケてる  平和ボケ
         |   ヽ、  `''‐ 、.._/   /_, ‐'´ |
         │ ,.-、`! =。=== _  ,=。===l   今ここは仇討の場…
    ,. -‐- 、 ,|. { r‐l.l.  ` ー-‐' ''  \--‐' l    喰うか喰われるかという場だ
. -‐''´     ( |. l ヒ |l        r __  \ i
         ./|  `ー;ll   、______,~ /    それなのにあんた(甚左衛門)ときたら
. 、._   _,/:::::|  / ヽ   `'ー-----‐´ ./     普通の日常………
 -‐~''"´::|::::::::::| /   .ヽ      ー一  /、    その延長のような意識
  :::::::::::::::| :::::::::|/     ヽ         /|:::`''‐
  :::::::::::::::!:::::::::::|ヽ.      .ヽ.._____/:::|:::::::::
 ::::::::::::::::|::::::::::::|;;;;ヽ.         /|:::::::::|:::::::::   ずれまくっている……!
  ::::::::::::::| :::::::::::|;;;;;;;;ヽ.       /;;;|:::::::: |::::::::
  ::::::::::::::!:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ.     /;;;;;;|::::::::::|::::::::

 【伊賀の水月 剣雲三十六騎(池田富保監督)】
  http://www.amazon.co.jp/dp/B000ZIL07E


 _ -─…‐-ゝ::::::::\   _ -─ァ   ......|  一龍斎 宗冬
   ̄>:::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::∠...._    |  講談「柳生二蓋笠」
 /::::::::::::> >::::Z ::::::::::: <::::::::::::<`  └─────────
:::::::::::::::::´フ└z__::’‐'レヘハ「`::〈 Z_::\
:::::::::::::::::::´Z:-っノ:::::::::::::::::::::_r┘く::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::,:::::;ィ:::::ハ::::::::レヘ(`:::::::N
/::::::::::::::::,ィ /:l::/:|:::/ ヽ::ト、::::::::::::::::::|     譲ってくれ
. /:::::::::::/'l/ニレュ:|:/ ┌'_ヘレヘト、::::::::::|     オレに‥‥!
//:::::::::メx===ミ゙′ ゙彡===ッX:r‐〈
 /イ /ヘ:|  .,,_ f9    f9 _,、  |:|う |      家督!
  lイに|:l     ̄_ノ|   ̄   |:|_,リ
  _,ゞテl:|:    ヽ;|        |;しヘ,,__
 ̄:/ /:::lヘ ヽ二ニニニニ二ソ 八.  ヽ::: ̄
::::/ /::::::N\\ーーr‐一/ ,.イノ::ヽ   〉,:::
::〈:、{:::::::::::ト、 \ `二二´ ./ |::::::::l //:::::::
:::::\>、::::::|:::\. \   / /:|::::::::|//:::::::::
:::::::::::`:<:、|\::::\. `ー'′/::/|:::/.':::::::::::::
───‐Y::::::\::::: ̄ ̄::::/::::::Y,:'´───
: : : : : : : |:|:::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::|:| : : : : : : : :

 【柳生二蓋笠(五代目一龍斎貞丈)】
  http://www.nicovideo.jp/watch/1250225059
296 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 23:04:32.49 ID:nl6JG5ko
乙です。しかし、どの柳生も福本伸行作品せいぞろいなのがかえって面白いですww
やっぱり斬った張った、常に綱渡りな生き方が似ているからでしょうか。
297 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」 [saga]:2010/08/01(日) 23:06:33.13 ID:TW/TVWY0
 あと、黒沢さん(ドリアンポジ)の後ろに出てましたけど、
オリバさん相当の人はこの人です。

             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::l                 ・
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::;'               ・
            ヽミ:::::::::::::::::::::::::;r=:;;、_::::::::::::::::::::::::彡ミソ                ・
              `'ミ;;:::::::::::::://彡`''-`ニ;;三彡''" ゙!ミソ                あ
                !';;i''':.'=il!"           : l.リ                ン
            _,,.、、ィ、l! ゙=il、、_      _,.、、、:' l,;!''-、、,, ) )            た
      _,,.、-‐''"´  /  i,  弋ltッ-,`ッ‐‐ 、f‐tッ‐ァ' .!!:::::::',:: 〃 `''‐ 、     剣   `
  ,、‐''"´       /   ',    ,、 '"_ ヽ, `゙ミ,''‐-、,'′::::::!:(',;     ヽ    が
,/ ':,            ,'    l ':,,.、 '"    ヽ, \   ` 、 ヽ,:::: l _;;リ      ':,   煤
   ヽ',          i   ,、 '"    、    \ ヽ,_  ヾ二二で)″      !  け
     ':,         ! ,r"  :.      ンー' 、  ゙! },,,ヽ,  ':、'、〉  //    l  て
  _    ',.        /     :.   /     !  ! !  ヽ ;ヘ  〃;/     l  る
 ‐、ヽ   ',.     /        ン、、..,,,__,,.. -{ r/ l‐--‐' ゝー' 〃/      l  ぜ
   ヽ ヽ. ',.   /        /,       `! __,'      f,'"_,, - ''    !   °
 ``' '- ミ、 !  /       / ':,         ゞ-'       i!´        l

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 山田 十兵衛
 | 「魔界転生(原作版)」
 \_________

 【魔界転生(山田風太郎)】
  http://www.amazon.co.jp/dp/4062645424
  http://www.amazon.co.jp/dp/4062645432

 この人をイシカワ十兵衛にして、勇次郎ポジに千葉十兵衛を入れようかと悩んだのですが、
まあ、この辺りはお約束ということで。

 では、あらためてこれにて。
298 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 23:08:12.85 ID:vp/7n/k0
乙です。福本キャラが高いと、喰うか喰われるか感が割り増しにッ…!
299 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/01(日) 23:08:26.33 ID:hJmILsYo
ああ、そうかそうか、オリバさんかww>竜
300 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/02(月) 03:57:17.05 ID:uolbxWco
あー成程、福本キャラだから緊張感があるのかww
乙でした
301 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/02(月) 17:07:54.20 ID:QRbgfVYo
乙でしたww
302 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/02(月) 19:24:28.57 ID:NHX2Z0Q0
なんだこりゃww
乙wwww

しかしこれ、誰が誰なの?
303 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/02(月) 22:07:15.25 ID:/xhqyi20
乙ー。
これだと宗矩抜かして十兵衛が但馬守になるなww
304 :1 [saga]:2010/08/07(土) 01:38:39.87 ID:ZOw1cbo0
 どもども、お疲れ様でアリマス。
さて、今週末なのですが、仕事が詰まって
今の時点ですら更新の見込みは絶望的でゴザイマス。
申し訳ない。

 せめてと言ってはナンですが、
ちょこちょこ書いてた大柳生賽の補足を適当なタイミングで上げておきまする。
更新というほど大した物ではないので恐縮なのですが。
むむむ。
305 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/07(土) 01:43:30.95 ID:sWjMTvEo
あら、残念。お盆もお休みは取れそうでしょうか
306 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/07(土) 13:31:30.86 ID:V47LbZIo
りょーかいです

頑張って下しあ
307 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/08(日) 21:42:08.21 ID:egiC5Ko0
今日はプログレ三昧してるから問題なかったぜ
308 :1 [saga]:2010/08/10(火) 01:48:12.68 ID:F6odVyA0
 どもどもです。
斯様な時間ですが、今から投下する所存ー。
内容は前の予告通り、「大柳生賽」の補足というか、おまけというところで。

 では始めます。
309 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 01:49:11.72 ID:F6odVyA0
 さて、突発でやった「大柳生賽」ではありますが、せっかくなので補足というか、おまけを。
まず、>>302でもご要望ありましたが、キャラ一覧表でアリマス。

【キャラ名】        【対応キャラ】 【AAキャラ】                      【出典】
深作但馬守      .: 劉海王   .: 鷲巣巌/「アカギ」                .: 映画「柳生一族の陰謀」(監督:深作欣二)
五味但馬守      .: 烈海王   .: アカギ/「アカギ」                .: 小説「柳生武芸帳」(作:五味康祐)
小山但馬守      .: 孫海王   .: 利根川幸雄/「賭博黙示録カイジ」      .: 漫画「あずみ」(作:小山ゆう)
山口但馬守      .: 楊海王   .: 一条/「賭博破戒禄カイジ」         ....: 漫画「シグルイ」(作:山口貴由)
本宮但馬守      .: 陳海王   .: 井川ひろゆき/「天 天和通りの快男児」   : 漫画「猛き黄金の国 柳生宗矩」(作:本宮ひろ志)
津本但馬守      .: 除海王   .: 坂崎孝太郎/「賭博破戒禄カイジ」      .: 小説「柳生兵庫助」(作:津本陽)
山田但馬守      .: 毛海王   .: 工藤涯/「無頼伝 涯」             .: 漫画「へうげもの」(作:山田芳裕)
戸部但馬守      .: サムワン : 村岡隆/「賭博堕天録カイジ」       ......: 小説「幻剣蜻蛉」(作:戸部新十郎)
荒山但馬守      .: 李海王   .: 矢木/「アカギ」                  .: 小説「十兵衛両断」(作:荒山徹)
隆 但馬守       .: 範海王   .: ニセアカギ/「アカギ」             ..: 小説「影武者徳川家康」(作:隆慶一郎)
イシカワ但馬守     .: ドリアン   : 黒沢さん/「最強伝説黒沢」         ...: 漫画「魔界転生(石川賢版)」(作:石川賢)
山岡但馬守      .: 寂海王   .: カイジ/「賭博黙示録カイジ」        .....: 小説「柳生宗矩」(作:山岡荘八)

吉川但馬守(石舟斎) : 郭海皇   .: 森田鉄雄/「銀と金」             ....: 小説「宮本武蔵」(作:吉川英治)

津本兵庫助      .: アライJr. .: 哲也/「哲也 雀聖と呼ばれた男」       : 小説「柳生兵庫助」(作:津本陽)
田畑/余湖友矩   ....: 刃牙  ......: 宮永咲/「咲 -saki-」               : 漫画「柳生非情剣SAMON」(作:田畑由秋/余湖裕輝)
イシカワ十兵衛     .: 勇次郎   .: 小泉ジュンイチロー/「ムダヅモ無き改革」 : 漫画「魔界転生(石川賢版)」(作:石川賢)

池田又右衛門    ...: 龍書文   .: 平井銀二/「銀と金」             ....: 映画「伊賀の水月」(監督:池田富保)
一龍斎宗冬      .: 郭春成   .: 宇海零/「賭博覇王伝 零」         .....: 講談「柳生ニ蓋笠」(講談師:一龍斎貞丈)
山田十兵衛      .: オリバ ......: 竜/「哭きの竜」                ...: 小説「魔界転生(原作版)」(作:山田風太郎)


 基本、「海王=但馬守」で福本キャラとなります。
なので、但馬守じゃないキャラは、宗矩以外のキャラ&福本作品以外のAAで。
なんか「最強雀士決定戦」チックにも見えま砂。

 なお、十兵衛が二人いるのは、片っぽは実は満厳だった(山田風太郎原作ですし)とか、
次元の壁を越えた(なんせケン・イシカワですから)とか、まーそんなもんだとでも。
310 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 01:52:11.77 ID:F6odVyA0
 で、残るは試合組み合わせをAAで。

【第1戦目】
         /./                   | |
      _/ /-─'''"~~ ,.二.フ->      ! ,'
    / ./, '-─‐ '" ̄  / '´\\    ,' /
.  / // ニ二u__,/ // u,__ヽ 〉- 、//
  {//-===:、     |.! /  / { | r‐ノ/         /     バカなっ・・・!ありえんっ・・・!
  /,.イ u   __\、;;;||/ @ 〃,.-;=´イ,ヽ        //     わしがっ・・・!この但馬がっっ・・・!!
. //ヾ.\ /   @ フ''| |: ミ≡彡' / _\ヽ |       ,' ,'     
/ i´r\ヽu`≡==彡v{ .{._,.ノ/u,ノ u_ \!\     / /        こ・・・これは夢っ・・・!
  ヽ.ヽrヽ.} r,ラ',ニニ二´-‐''´、 ̄ ./ヽ/ヽ.ヽ ` ー-/ ./        夢じゃ夢じゃ夢じゃ夢じゃっっ・・・!!
    \`、レ',.イー' ( __ } | - ’,. ‐ヘ /  ,| |  _//       
.     `//_| rーrー┬ゝィ‐''1´ ,レ'´  /ン ! /、'´ ̄    
     //  ! l‐┴‐┴‐┴‐ '"´  /ヽ/ u |、//  `丶  ../ //  彡/                           \ミヾミ、ミ|
  ,r‐' /   \ヽ.r‐┬‐┬ ''1´.工 -‐'´u  |//\       .彡     / |  l        /                     ヾ、ミミミ|
 / /  /|   \` ┴‐''' ´ ̄ ==''___/// ヽ       __/ミヾ|   l         ,'           _,,.           ヾミ|
/ /  ̄ ̄|   |    `ー、'''"~~´ ̄ ̄   //          . く≪ミミヾヾ:|   ゙v       l       _∠ニ-一-         lミ|
./    |   |      \-───‐- 、//           ミ  `゙ーミ、ヾミ|   ヽ  、\ |    _,. =r''¨___             ljj|
                                 ......  ¨゙ミ、   ヾ{/,こニ'`v‐->_>'ー=<_/r<二 ラ¨ ̄          lj|
                                        \ヾ 、\ =ラ}⌒/⌒ 、     ―- _                li|
                                        }ミ、   |   / /    ヽ                ,....'::    l|
      いや…貴様の負けだ。深作但馬!        \、__/ノ/ 川{   / /    /            ,....:::::     j|
    新陰流…「国士無双十三面(ライジングサン)」! 厂\ ̄二   ハ / /    /              ,.....':::::       /|
                                    ヽーミ三三彡',ノ∨ /     /          ,:'            |
                                     \    =彡/      _           '               |
                                      ヾ、ー=三∧__      〉 _                        |
                                       `ミ三ニ三弋ヽ  ` ̄    \                 /|
 深作但馬守   : 映画「柳生一族の陰謀」(監督:深作欣二)
  VS
 イシカワ十兵衛 : 漫画「魔界転生(石川賢版)」(作:石川賢)

 原作(バキ)だと瞬殺展開でしたが、劉海王の実力自体は
出場海王の中でも上の方の筈なので、まーここで勇次郎を当てた時点で、
板垣先生がこの話をどういう方向にするかが確定したと言っても過言ではないで砂。

 というわけで、この劉海王相当のキャスティングは歴代宗矩の中でも、
最強クラスの一角である萬屋宗矩であり、AAも鷲巣でアリマス。
初代劇場版「魔界転生」の富山但馬守とどっちにするか大いに迷ったのですけど、
魔界転生が多過ぎるので陰謀の方に。

 とはいえ、相手が転生済みのイシカワ主人公であり、
AAも月でスーパーアーリア人相手に打っちゃうようなキャラなので、
流石にどうしようもないわけですが。
311 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 01:53:09.72 ID:F6odVyA0
【第2戦目】
             _.. -‐'⌒\_     消えるっ……!
         ___ノ´        \
       ノ´      /⌒ヽ     l    消えるっ……!
     / r‐-、___..-''" /∩ \   \
     |ノ ヽ `ヽ._// / / | u  } _ |   消える勝ちの目っ…!
      | (\\ヽ._ノ / ,ノ  { u ノ /__`!|
      .|u' ) \\, ノ 〈@   》〉( {ノ ,}|ヽ_    新陰流後継の座………!
     |  (_ @Y  u.ヽし'=彡'゙,.-\ヽ_} |  |   `ヽ、       _
     \ { 八.u  └-、、_ノノ~ , ヽ.V  ヽ    \ ̄ ̄ ̄
       }r゙ ノ /  J  r‐'  ,;:=''"__ uヾ\____\    |
        (_;_ノ `ーl"iー'゙;;=''"__,.-く._L> ヽ    /ト、   \                ,  -──‐=ミ }} 〃_
        〉,,,;;:=し'  /ヽ__>ー'゙ .イ} ヽ.u / | ヽ    ヽ     .....       /::::::::::::::::::::::::::::::゙V/
       /〉u' __,. ィ" >‐'゙   ,.へ/  ノ  / |  ヽ    ヽ    ......      ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;=<
      / 'ー'"[__.ト‐'´  _,. イ_>' /  / |   l、     \           |.:.:.:.:.:.:.:.:./^vヘ:.:.:.:.:.:.K⌒
    /        >匚L -''" u .ノ u' /   |   | |      >   .      Kリヘハ川j^^^^lレ'川从}
  /ヽ       {____ u' _,.-''"    /   |   ||    <_  ...      {Y |弋辷ァ  r七才仆、  そんなゴタクを並べる奴は…
 /    \        l.__/ | | \ U /   |   |   |      |  .      ヽ.」     |    ム'  剣士とは呼ばねぇぜ。
ノ       \       |    \ヽ \,/    |   |   |       |    , -─ヘヘ    ヽ_ノ    /
                                          /: : : : : : : :`ーヘ. -─‐¬, '
                                          i: : : : :,r‐¬'⌒ヽ -- イY
                                          {彡:/   ト、__,ト、   |: }\
                                          !: :/ i  |  |二Y: :\ レ' : : \
                                          V:{  |  |  |__j): : :ヽ|: : : : : :}i
                                          ヽヽ_'., L..厶<: : : : : |: : : : : :リ
                                           i: : : `´: : : ヘ: :\.: : :!: : : : : :ト、
                                           |: : : : : : : : : :ヽ: : \: : : : : : :!: :ヽ
                                           } : : : : : : : : : : \: : : : : : : : |: : : :\
 津本但馬守 : 小説「柳生兵庫助」(作:津本陽)
  VS
 津本兵庫助 : 小説「柳生兵庫助」(作:津本陽)

 まーこの試合も完全に海王側がかませ前提なので、キャスティングもそのままに。
「柳生兵庫助」の宗矩は、良くも悪くも普通の人(「求道者」ではない、という意味で)なので、
作中だと俗物扱いで兵庫助と相性悪いのですが、妙に愛嬌があるので坂崎さんを。
まー坂崎さんじゃ哲也には勝てんよなー、と。
312 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 01:54:28.80 ID:F6odVyA0
【第3戦目】
     ミ::::::、:::ト、lVヾ.i/        _
    .ミ:\、|ヽ!   | ,、   /  \  |  電 宗 こ
〃}ハ「ヾ::::::ゞ     ∨ `ー '´       |  流 矩 こ
:::〈{::::|L__ミ       /     ,.u.-─ │ .走 に. で
:::::::〉::: ̄:>     /`ヽ、  r'´     / .る
:::〃::::::::三__      l== 、  _. ==== °
:::{[:::::::::::>      l ー゚-ノ  " ー゚-‐ '   |. |_.| |  |   .       /:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
v/∠::::∠_     l./   v      __  |.|_// │  .      /: : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. : :
  ≦::::::∠._      /  __-,  ij  j「   |し'   |        イ:. : : : : : : : :.:.:.::::::::::::::::::::.:.:: : : : :
1ィトヽ::::::::/    ‘ー             /:l.   |  .... -≠ z:.:./: : :/: : l: : :.:.:l:.:.:.:ハ:.:.:.:.:ヽ:.:.: : :
く:::::::::::∠ -ァ'´       l (二ニ二つ    /: l.   l  .....   /::.:/:.:.:./:.: : l: : : : l: : :l ',: l:.:.:.l:.l.::::::
/::::::::::::::::::フ.ィ      l  __   u   /::  :l  ,'\  .   ′:;::.:. /:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:ト : 「 丈l:ト}、l:::::::
L_::::-:=-:三, ,.ィ     _」    ̄     /::   :l /: : :   .   l:.:.:l:.:.:.l:.ィf 「下、:.:.:.:l >ァ弍lノlハ:::::
√´::::::::::::://レL -‐'7¨ /l     u   /:::    :l/: : :/ ....   |:.:.:|:.:.:.|:.k≠气 \:l.  { ::::::::小 :l::::
_ゝVレ/∠ -‐:7: :/: :/: :/: :`ァ┬─‐::':::      /: : :/:      |i.:.:|:.:.:.|:.仟 :::ji}.     V :::ノ ハ l::::
>:-‐:7: :/: :/: :/: :/: :/: : :/ : :|::::::::::::     /: : :/:    .   |l:l:.|:l:.:.|:.|弋xツ      ー‐く  ノノ
                                   リハj:l.i:.|:.|    ,      ::::    彳
                                   _从从! ::::              ノ
                                  /  `ヽ \    r 、     イ
                                . /  入  l   > .     ,  '  :l
                                 l    っ レ     > r<    l
                                 |  た.  |        __l        l_
                                 ゝ  _ ,ノ    _ /:.:.l    /´:.:.:
                                      ィ:.:.:.´:.:.:.:.f  ̄ ' r-‐/:.:.:.:.:.:.:
                                     /:.:ll:.:.:.:.:.:.:.:厶-─- /:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                .    ∧:.:ll:.:.:.:.:.:.:/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 荒山但馬守   .: 小説「十兵衛両断」(作:荒山徹)
  VS
 田畑/余湖友矩....: 漫画「柳生非情剣SAMON」(作:田畑由秋/余湖裕輝)

 毒が裏返ったりする試合で砂。
これまた仕合の前から海王の負けが確定してる仕合であり、
こんなのが三試合連続とかいう時点で、既に海王のステータスが
ムエタイや巨漢やロシア人同然なわけで、なんともはや。

 ちなみに荒山世界の宗矩は、作品によって全然キャラが違うのですけど、
ここは隆慶コンパチ気味な十兵衛両断版で。
「徳川家康(トクチョンカガン)」版なら優勝だって夢じゃないところだったのですけど、
まー両断版宗矩じゃ劉補正MAXの上に、作画補正まで入ったSAMONに勝つのは無理の無理無理で砂。
313 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 01:57:03.23 ID:F6odVyA0
【第4戦目】
         /'⌒ミヽ
   /⌒゙ミ - '::::::::ミミ゙'=- 、
   i:::::::ミミ:::::::::::::::::ミ::::::ミ,!
  ,,.-':::::::::::::::::::::::;へヘ、_;:::゙=- 、     /"'' ー ''" ̄
. (:::::::::::;;. !i⌒ヾ.メ.゙>-=、i.|⌒i::::i     ヽ,
 ヾ、::::/.{!ヾ、 ,/ /   ii.||;;コ|ミヽ、     (  がぎぐっ・・・・・・!
   ):::::il⌒\゙ " !  ◎》.||_」|:::::::::゙ミi    ノ
  く:::::::{i ◎ ヽu i,,__,,ノ'/ヾ.ノ:::::::::::::::i  〈   げっ・・・!
   ):::::《_  _(  し┐ !, =、!゙i:::::::::ミミヽ、)  げっ・・・!
  /:::::::::!.ミ''" ゝu ,-',ノi' iコi | ゙'=;;:::::::::::<    げっ・・・!
  '-=,,_::゙'i ! ゙''ニ=' イ レ" || |  /!=-r''"〉             ....     l\|\ト、,、        又右衛門…… 逃げる気だな……!
      !;:ヽ((_|__!-'"~_,ri.|.|  /::|  | ,.(    ごごごっ・・・・!  .   ト、| lll   ||| l\     この仕合、もうとっくに終わっている…
     ゙''-ゝヾ、 ,r<>┴┘!.| /::::| .| 7 )            ......  l`ミ、、  !!!  ||| ||| \    今たかだか一合二合、
         ヽ.i<>ソニ ̄ ゙"ノ ./:::::| .| i   ̄ヽ、          ..  |=_、 ゙ミシべ⊥l」」_ッヽllヽ   ひっぱってどうする……?
         ヾ''" ,,./"\/::::::::| | ヽ、 ./  ゙'',⌒ ̄       . l` ヾミ/    ==== ヽli   そんな少しの時間を稼いでも、
         ヽ-''"     !ヽ;:::::| |   ゙〈   /           |===/ ──- 、  , -─゙|   その後がねえだろ……?
                                  ...     !=;r‐、ゝ ===j= ,,,r ==j=}
                                  ...    l={ r=ト|  `二´  \二´/   恥を晒さないためには……
                                  ..     l=l E」|   , -‐ r__ \/   町にも出ずに…… ひっそり隠れて
                                  ..   /:l=`ー/\ / ー──‐7′   暮らすしかねえんだ……
                                  ..-‐''"|   !=:/   \   = /      落ち着いてから一発
                                  ..-‐''"!  ∨       \.  /\     仕官しようとして思っても……
                                  ..  │   |\      `r1  |`ー-  お前はもう出来ないんだぜ……
                                  ..   |   |;:;:;:;\     /;:;|   |`ー-  立身の機会は生涯手に出来ない
                                  ..   !   |;:;:;:;:;:;:;:;ゝ k;:;:;|.   |     つまり 剣士として
                                   .  |.    l;:;:;:;:;/;:;| l;:ヽ;!    |     お前は死んだも同然……!
 戸部但馬守      .: 小説「幻剣蜻蛉」(作:戸部新十郎)
  VS
 吉川但馬守(石舟斎) : 小説「宮本武蔵」(作:吉川英治)

 まーそれでなくともかませと化した海王で、しかもムエタイでしたし喃。
相手が海皇というのを差っ引いても、もう死亡フラグの権化としか言いようがないじゃないか、という感じで。
(しかも日に二度敗れてるわけで、きっとこの後、更にイシカワ十兵衛に蹂躙されたのであろうと)

 なお、戸部作品の宗矩は他にもまして自分で戦わずにタバコばっかふかして陰謀した挙句、
富田一放に刺客斬られて不機嫌面になってまたタバコふかすようなキャラなのですが、
ここまでくると、これはこれで味わい深い、という感じですな。
なんかこればっかりですけど。
314 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 01:59:16.96 ID:F6odVyA0
【第5戦目】
       、--ヽーv─;z.._ 
     ,≦ , , ..、、 、、 ≧          .│││
.     ∠/,. -┬,-、┬‐-ヽ. ゝ     ナ ゝ  └┼┘
      イ∠-─┴゙ー゙┴─‐-ゝ!       cト  ...│││
     ll∠二二l! u fi二二ヽl l      l  、   .└┴┘.
    __| |  r==   r==、 | |__    V  ’    -┬´ 
    {fニ|.|. し、゚_, // 、゚ 〈 |.|`i }     -‐-、  ..ー米一            _     _
   l.L_||[○]U l l ju ~U´v ||_フ.!      -‐' ... ノ .| \ ....       , -─ゝ `ヽr'´    `>
   `ァ< r一 ヽ|_|/ ー-  |!-イ    o   ..  l王l  ....     ∠   -─- ミ   二 ´ ̄ >     どうなさいました………?
    ノ .|「匚匚匚匚匚匚l`i.|  !    o         ....    , '   ニ-‐ r─ ミ  -‐    、\    但馬守様……
   イ _ノl‐r‐r‐r‐r‐r‐r‐r ヲ|  ヽ     o    ナ ゝ ......   / /    | r;ニV三、 ヽ ヽ.  l  \  さあ さあ お気を確かに……!
.   イ ! u  ̄ ̄二二 ̄ ̄v |\_ ヽ           cト  ......   l /       :|     |    l  | ヾ`
 _,,./-1ヘ._!__!__!__!__!__!__!_ノ! :|l`''ー-  n         ...  │    /    l |     :|. トi     |    がっかりするには及ばない……!
  -‐''||   | |::::::::::::::::::::::: / |.  ||`'''ー- |!      |/``  .  │   / / ,1 L_    :!│l ト、ヾ |   あなたの石高は
     ||.   | ヽ.       / l.   ||     o     (__    ..   ! !   / / レ'  `ヽ   ゝ!´ヽ! \ 、|   まだ三千もある……!
.    ||   |,へ\‐-‐/へ/   ||               ..   | |   ノヾ、二raニ   ('ra二フ"レ′
                                ......   |  _,、イ|            `ー-;  :|     まだまだ……
                                     |  ヾニ|:|           - /   |     立身の可能性は残されている…!
                                     | | |  |  ヽー----------‐ァ :|
                                     | |  |  |   ` ー-------‐´  ト     どうぞ……
                                  .   | l/ヽ. ヽ     ー一    / |     存分に夢を追い続けてください……!
                                    _レ':::;;;;;;;;ト、 l.\           ,.イ , l      我々は……
                                   ̄:::::::::::;;;;;;;;;;| ヽ. l l ヽ、..__.// |ル^::ー-   その姿を心から
                                  :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|.  \!         , ' :|;;;;;::::::::::   応援するものです……!
                                  ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    \   /  :|;;;;;;;;;:::::::
 イシカワ但馬守   : 漫画「魔界転生(石川賢版)」(作:石川賢)
  VS
 山口但馬守    : 漫画「シグルイ」(作:山口貴由)

 まあ、イシカワ版の転生前なので、という風に。
原作版魔界転生の宗矩は何気に創作宗矩の中でも相当に強い方なのですが、
(というか、正面から立ち合って兵庫助を倒す宗矩とかこれくらいな気が)
イシカワ版だと転生前に忍体ごと切られた挙句、触手系の怪物になって終了でしたし喃。

 なお、シグルイ版宗矩は、そのまんまだと残念な感じでしたが、
最後の方では割といつも通りの暗黒面だったのでボチボチかなー、と。
315 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:00:01.11 ID:F6odVyA0
【第5戦目(その2)】
           __
           /´    `ヽ ,r'"⌒`' 、
          /       ヾ¥r     \
        /        ヾf r        ヽ
       /          f゙゙゙''''"""1     ヽ
     /          |:::u:::::::::::::::|     ヽ
    l       ,イ l| .ト、:::lj":::::::::::l  |l    ヽ      消えられない・・・・・・
    |       ノ:/ノl l:::::ヽ::::::::::::::::::| .|:|      ヽ  
   |     f´r=",、レ::::::::::ヽ::::|j:::::::::l|:::|. r、     l     こんな地位で消えられない・・・・・・
   |  /|  |U   ヾ_、.._:::::l::::::::::::,r'''"レ'「´l   |
  |  lに| .|:U    ``ヾ::::::::::::;r,====ッ   l
  |   | し| |::::::ミ、◎    :::::::::/´    ,、リ  ノ     オレにはあるんだっ・・・・・・!
. /   ヽ、| |::::::: `ヾ=‐='"::u::/◎  _..ノ:/_. -'´      未来が・・・・・・
/   /|   |::::::  |j    |j:::::ヒ≡三= /          輝かしい未来が・・・・・・!
  /:::|   |:::::___ U  u   ::::::`''ッ  l ......
/:::::::||   .| f⊥⊥T‐r、__  r'::/ u /  ...
::::::::::::| |   ト、`┴'┴±±r干,コ'ェn /   ..   (        r───  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::| |   |:ヽ   _   ̄`'┴'‐'リ    ..   )     /⌒ lll lll lll | 
::::::::::|  |   |:::::ヽ u ≡三≡ u /        (     /≡≡ヽ.lll lll lll | ・・・・・時の刻みは
:::::::::|ヽ |   |:::::::ヽ u    _.、 ‐ヘ    ......   「`   /≡≡ 人__  | あンただけの
:::::::::|  ヽ|  N :::::::\_.. ‐''´ /::::::::::::\   ...    \ゝ(ヽ≡≡/      | ものじゃない
:::::::::|   ヽ |   :::://  /::::::::::::::::::::::\      (二 v  \ノ        | 
                         ...   <⌒  ノ  \//      \______
                              ( \⊂   | ∧     
                               ` ヽー   | ’‐、     /:::::::::::::::
                                  |    |  \i^-'-/::::::::::::::::: 
                                  .|    |     /:::::::::::::::::::  
                                   |   |    . /::::::::::::::::::::::
                                  . |   「⌒\/:::::::::::::::::::::::
                                   | /::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   ヒ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
                                     ヽ  _        
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  
 山口但馬守 : 漫画「シグルイ」(作:山口貴由)
  VS
 山田十兵衛 : 小説「魔界転生(原作版)」(作:山田風太郎)

 というわけで、第二戦目であり、やっぱりかませと化す海王であり、
まあ、ドリアン登場時のコマにオリバがいた時点で、こうなるのは皆予想してたよねえ、という期待通りに
真正面からのかませ展開でしたな。

 なお、映画版の十兵衛(つまり千葉十兵衛)にするかどうかで結構迷ったのですけど、
原作版を出さないのもなあ、ということでオリバさんは原作版十兵衛でアリマス。
316 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:01:41.18 ID:F6odVyA0
【第6戦目】
       -:‐- 、, -─;z_     仕合で敗北っていったら…
    _. -─ゝ  ′     `>    つまりその後は…
.     ,>              \  誰にも認められず……
.  ∠ -‐     ,          ヽ   軽んじられ 疎まれ
  ∠-ァ   ,.ィ ./ l ト、i_、    :l  嫌われる…!
   /イ.,イ,ヘl/ v ヘ.「ヽ| \   |   軽蔑や貧窮…
    l/ i=。=lニl =。==H r‐、 :| そんな人生ってことでしょ………!
     ヽニニリ ヽニニノu|.|ニi.|│ どこがいいっていうんですか…?
.       l 「    v   ||_,.リ :ト、  そんなのの……!
.        l I三三三三! u lー'  |:::\    そんなハメに
.      ヽ  ==  , '/::\. |::::::::l`''ー-  陥るくらいなら……
    _,.. -‐ゝ, , , , '/:::::    >|:::::::::|:::::::::: まだ今の…他流仕合禁止の方が…
  ,.イ:::::::::::::::::l:ヽイ、:::::   / |::::::::::|:::::::::  まとも…っていうか…
  /::|:::::::::::::::::|::::::: | \ /   |:::::::::::|:::::::: それなり…っていうか…!

     __.」|_       __─-..、 __               ┼_レ'カ
      二||二     >ー:::`:::::::'´::;∠.._         o   _レ|_,>     但馬殿‥‥‥ 大丈夫‥‥!
.     ̄|| ̄     /::::::  ::::::::::: :::-<      o   ヽ -ソ-  .... 仕合なんか負けたって‥‥
      ===     イ:::::::::::::..... ::::;、 .:::::::\      o   フ lニニl   ......あんたにはこんな立派な地位があるんだ‥‥!
    ==ぅ>   |:::::::::::::;ィ;イ:/ \::::::::ヾ       o    _> lニニl 
       〃    |:::::::::::ノクへ> <.ヘハ::N        o   ` ̄ ̄´     大丈夫‥‥!
    ==       !にリ大。_ラ' 〈。_ラハ!      o    l ‐¬     但馬殿なら大丈夫‥‥!きっと立ち直れる‥‥‥‥!
    ___,ィ    八_jノ  , ,、 r_ `く/        o     | 、_     .
    ̄ ̄     /::::::::ト.人_ー─‐ァ7′         o   i    、    . だから‥‥‥
    O   ,∠:r‐:ヘ::::|`Y⌒¨二´/:\          o   ∨  ! 
    o  / ...:{:::::: ヽ:ヽ \ ,.イ::::::::::ヽ      o    `¬  
   o /  ....::::::\::::::ト:ミ\./「:|::|::::::::::::::}            、__  
   /'´ ̄:\:::::::::::::\| l l l |/|/:::|::::::::::::::ヽ       n    ー  
   :l::::.. ..::::::ヽ:::::::::::::::|/////|....::|::::: ..::::::::\   l/     '´ ゙̄)
   |:::::::::::::::::::::|::::::::...../'/////|::::::ト、 ..::::::::::::::::ヽ  o       /

 本宮但馬守 : 漫画「猛き黄金の国 柳生宗矩」(作:本宮ひろ志)
  VS
 山岡但馬守 : 小説「柳生宗矩」(作:山岡荘八)

 まあ、特に原作にしたというわけではありませんが、オリジナルとコミカライズという印象で砂。
「宮本武蔵」と「バガボンド」みたいな。

 山岡但馬の配役は、天でもよかったかな、と思ったりもしたのですけど、
まあ、元が寂海王なのに天はないよなー、ということでカイジに。
317 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:04:26.40 ID:F6odVyA0
【第7戦目】
.  | | |j~    //"'\/         うおっ・・・・・・!
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\       ぐうっ・・・・・・!
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /  バカなっ・・・・・・!
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /  
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´    どうして 「敗北」 っ・・・・・・!?
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\     どうしてっ・・・・・・!?
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__   どうしてっ・・・・・・!?
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::         、─- 、  __
-'´,、-.リ   '、__       u  /::::      ,_ -─-ヽ   '´   ,∠.._
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|:::::::::      ,> " " " ゙  、、 <`     まだまだ
::::::::::::::|  \               /|:::::::::    ∠_ " "  "  ヾ  、、ヾ     終らせない…!
                       .....   / ″, ,ィ /ヘ i、 ヾ ヾ !
                         .  /イ ,ィ ./l/‐K   >!ヘ|\ ゙ |     地獄の淵が
                            |/ レ|==a= . =a== |n. l      見えるまで
                         .     | l  ̄ ´|.:   ̄  :|fリ,'
                              `ヘ   、l.レ    :|"ハ     限度
                         .      /ヽ.  ̄ ̄ ̄ /|/  :!_    いっぱいまで
                              _/   l\  ̄ / ./   |-¨二   いく…!
                         -‐ _''.二/    l:::::`‐:'´  /    |
                         ¨´   l    ,ヽ:::::   /,へ   |    どちらかが
                             |   /o |_   _,/   \ |     完全に
                         .    |./   |_.二../      `    倒れるまで……
                                 r_'.ニニ'' \
                         .        とニニ''_.   ヽ       勝負の後は
                               /  ,. -、 \   \      骨も残さない
                              /   / | o\)`ァ、  \:‐┐    ………!
 小山但馬守 : 漫画「あずみ」(作:小山ゆう)
  VS
 五味但馬守 : 小説「柳生武芸帳」(作:五味康祐)

 あずみの宗矩は隆慶宗矩から味わいを抜いたようなキャラなので、正直も一つで砂。
同じかませにしても、なんというかこう、もう少し…という感じで。
でもまあ、一応作中では実力がある方の扱いなので、AAも利根川を。
とはいえ、萬屋宗矩すら越えるガチ最強格である五味宗矩相手では
まさしく格言に言うところの「勇次郎の前の末堂」。
そーいやアカギと利根川と言えばこんなネタ(↓)があったのを思い出したり。
(【アカギ「いいだろう…渡ってみせよう、その鉄骨」】http://hamusoku.com/archives/706174.html

 きっと死合中の会話でも、

  「どうした…。これは貴様の領域(暗殺)だろう」
  「但馬守のレベルも…堕ちたものだ」

 とか散々に言われたに違いなかろうなのです。
318 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:05:48.65 ID:F6odVyA0
【幕間】
             , -‐、   , -.、
           /   ノ  ノ   ノ
          / 、_.ノ ./ 、_.ノ´
            /  ノ /   .ノ  ,,-‐'⌒i       出
.           / __ノ / /⌒ii´ /、_  .ノ´.      番
          l.   `iノ /  / |/  ,.'~´  .      の
           |   ,,,|./ ``´.丿 、_ノ ,-‐'´⌒)       為
.         l.    |``''' /  .ノ ./ 丶,-‐'´     に
        |  ,___l    |、. / / 、,,/        挙
.         |   ノ     | `` '´-、 ,ノ            手
         | _/    |` ‐、__   )          っ
            | /     ヽ-、 _ ̄`|            ・
         | .      ヽ::::.` 、,|           ・
            | :.       |::::  |          ・
             | ::       |::::  |.            ・
          λ:::      ノ:: 丿          ・
         /      , ::::::'/            ┃
        /      :/:::::::::/            ・   一年 もぐってな!
       /      ::/:::::::::/               
     _/       :::::::::::::/_              . オレが必ず
 , -‐´ /       ::::::::::::::/   `‐- 、           .浮かぶチャンスをやる………!
(,    /       :::::::::::::/       )          待てっ……!(←根拠無し)
 ` ‐- _      :::::::::::/   _ -‐'´          ..         ______ _ ノ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ____ ノヾ、L!「、〃ハ  |/
                                ....三ミ/:::::: .   、_  _ ,ヽ/ リ 
                                ....― 〈:::::::: .   ―-二-‐ ヾ.
                                ....三ニヽ:::::: ̄`゙ヽ、   ,-―i
                                 Y¨ヽ=|::::::==。=-,,,   ‐=。=|
                                 .| .ヒE|::::::`ー-‐ '''  〈‐-‐ '|
                                 .| l__F|:::::::`ー-‐  :::::\ー|
                                 .ヽ._F|::::::: .      r::_:::::\!
                                 ヽ=,Y::::::: . / ,――――、´
                                 ヾ、/\:::::/   ̄ ̄二 ̄ ,'
                                  /,' :::\:::::: .     ̄  ,'
                                   '   :::\::::::: .    /

 山田但馬守      .: 漫画「へうげもの」(作:山田芳裕)
  VS
 吉川但馬守(石舟斎) : 小説「宮本武蔵」(作:吉川英治)

 出ませんねー。
へうげの宗矩は、キャラの立ち位置的にも
いずれ古織と対峙するキャラとして描かれるようになると思うのですけど、
今の調子だと、次の出番はマジで来年以降になるかもで砂。
むむむ。
319 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:08:06.40 ID:F6odVyA0
【幕間(その2)】
     ________________________
     |     ヽ>;;,;;,;;,;;,ソ       、i      _=、ヽヽ;;,;;,;/   わ.   ! !
     |   受 そヽ;;,;;,;;,;;,| j  __  i  ヘ、_,,==r ->、ヽ   !;;,;;|  .  か  | |
     |   け の |;;,;;,;;,;;i彳" ,イ‐ゞヾ、 _/ヽヽ ̄´ ノ     |;;,;!    っ... .| |
     |   よ 話 i>;;,;;,;;,;;,!   二´/ト-   `  ̄<´    .i;;,,|    た   | |
     |   .う    |;;,;;,;;,;;,;;,|、    /./ヽ        ー /  .i;;,ヽ、       ..| |
     |        ノ ̄ヾ;;,;;,;;,!ヽ    /  i        /    |;;,l7ヽ     | |
     ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     |   i  フ         !;;:::_:::::::"´:::::::::::::::>:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;!.::!.|
     |   |/ ー や ! i         `):::::,, -‐'ク":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/-イ::.|.|
     |         ´         `ヽ`v'":::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ!iヽ:.::.:|.|
_________|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.|
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,r 、/    ヽ ||
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,/  5   | .||        _、‐-、, -‐z._
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,,ヘ/   対   | .||       > ` " " ′.<
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;/;;;,;;|   5   | .||      / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,;;;,/;;;,;;;,;;;,|   か  ./ .!!      7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
;;;,;;;,;;;,;;;,/ ̄ ̄"/"    "ミ、     /  ||      ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
;;;,;;;,;;/    /"       / ` ー ヽ   .||      | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
;;;,;;;/|    " ̄ヾ、   |   i /;;;,;;;,;;;,ヘノ . ||      |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ   ククク…
;;;,/. i       r-ェ-y-'、 y=';;;,;;;,;;;,;;;,/.. ..||      | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
;/、 ! , -- 、  `  ゛ / .ヽ|;;;;;,;;;,;;;,;/. . .||      r'ニニヽ._\. ¨/           ;;     面白い………
'  ヽ./   ヾ、       、;;;,;;;,/    .||     r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、   この仕合…受けるか。
ハ  /  よ  |ヽ    ,>   y;;;<       .||   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
;,ヘ. i .  か  ! /  "- l/フ'.        ||.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ   では、5対5だ。
/ ヽ!  ろ   | / ______l |/;;;,/_ _ |/__//!  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 ヽ|   う . i  -"―--ノr−‐7/ // コ| ||.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
 ヽヽ、   ノ⌒ " ̄!/  ̄| |"  ̄   ̄ .||   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
`\  ー '"ヽ____/  /" /         ||.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
`ヽ `ヽ、    |      ̄  .  . .    ||   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/
     【「但馬守連合」VS「その他柳生軍」による五対五のチーム戦を
       申し出る五味但馬守と、それを受けるイシカワ十兵衛の図】

 ちょうどあったので改変。
しかしこのルール変更は普通なら「そりゃねーよ」なのでしょうけど、
「でも勇次郎がいる時点で結果は一緒なので無問題」というのがなんとも。
320 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:09:18.17 ID:F6odVyA0
【チーム戦:第1戦目】
          ,. -─‐- 、
         ,∠ニ二,二ニニニゝ、        十兵衛殿。
.         /ニ三≦二工二ニ:」        オレのしてることって
        /ニ'_┐ i-‐_.''ニフ _」::::::|        なんですか……?
        l==。 _゙==。= :|:r_、:::|
.         l ー/ ` ー '   ||_,リ:::|         オレが頑張ることによって
.       l / _┐   u  |レ':::::L,__       得をするのは
        l `⊂ニニ⊃  ハ:::::::N::::`ヽ._     結局 柳生家で……
.        l   一    /  ヽ;::|: :\_::::::::ラ
.       _,,.⊥.____/  v  ソ : :│: ``'''‐ 、.._   そのあげく
_,. -‐'''"´: : : :| : |::::::::::::    /: : : :| : : : : : : : : :  助けたい人間
: : : : : : : : : : :│:├-、 ,. -─:/: : : : ;' : : : : : : : : :  引き上げたい人間
: : : : : : : : : : : |: : :|  ,.     /: : : : / : : : : : : : : : :  一人 助けられない……
: : : : : : : : : : : | : : | :l    /: : : : / : : : : : : : : : : :

    /    彡 彡 /ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ      彡/ ::    <
     \___/ / :     |  ・・・・あンた 
       |ー。(( ヽー-。─′    |  煤けてるぜ 
    /⌒| 一::|  ー ─´::/   \_______
  /  |  |  ::|      :::/ (    
 /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ::::/  )          
/  /   (      \==    
       /ヽ─┐) |\ |       
          ( / / (/        

 池田又右衛門 ..: 映画「伊賀の水月」(監督:池田富保)
  VS
 山田十兵衛   : 小説「魔界転生(原作版)」(作:山田風太郎)

 原作でも結構いい勝負になってた仕合だったので、AA的にもそれなりのキャラを。
しかし、かつては武蔵と並ぶくらい有名だったと言われていたのに、
最近は微妙にマイナーになりつつあるのが寂しいところで砂>荒木又右衛門
321 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:11:36.99 ID:F6odVyA0
【チーム戦:第2戦目】
             ̄_テ''¨ ̄= ニ-=   ミ ミ ヾ ソノ           え?
           , -'"     ̄≧ =_  -= ミ
         ∠ -―‐ァ  -=三二   -≦ <         ノ   ええっ!?
\            , ⌒} _, -ァ     彡ソ,リ,        ヽ
  ヽ          , 'ノ.y/>´      ノ/ ,ノソiハ ヾヽ  =    馬鹿なっ‥‥‥!
   ` 、       /ヘ/ ノ  ̄T''T''lフ     /!ルリ'iヾ,ヽ  ミ ミ
     `ヽ _   ( ソ" ,' ,'⌒.|l l/_,.ノ           ハヾヾ   どうして‥‥‥?
        `>ァ'"_ι '、 ヾ-'' リ !'∠二7      ノリ〃M !゙`ヽ
        /, '/ ノ ヽ`iι` -‐ァ  -==//l    〃 /' ' 、      有り得ない
  r-― '"´ ノ.,'(\ `、ヽム‐'" / ,'⌒../' ヽl         ハ
ヽ〈    _,彡 ,'. \`ヽ \\.  ヽヾ-''_, '"ノ    _ ,. ァ /  ソ   有り得ない‥‥‥‥!
ヽY"'' ¨ ̄ /  { ι \ヽ、 \ヽ、ι . ̄ , -="ヌ_, - '¨  / '´ 
ヽ'-‐ヾ´ ̄!   ` ‐- 、 `ヽ\ ,)ノ _, ッ<ノノ _ノ               /: : : : : : : : : : : /: : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ
.! i  i !  {_ ι    `>-`ニ ''¨, -ヽ - ' ´       .          /: : : :/ :, /: : : , : i: : : i : : : :、: :、: : : : : : : :ハ
.ヽヽ ヽヽ  ヽ ___ , ´彡''¨ .ラ¨´                      /: : : : :i :i : i: :__ i.:/|: : : :|i li : :|i : _ii_ :i : : : : : : : !
  \ 、 Lヽ _,//   /{              .        /: :/ : :i : i : l : : l: :| |:i: : : ! リ! : :ハ: :| !: :|: : |: : |: : :|
、   ; ゙,  >' ´/    /  ヽ            .....       /  /|:.| : l: :lヽ lヽ:.l ゝハ: :i丶 ヽハ::l l/ ! :|: : :l: : :l
ヽヽ ヽヽ ハ⌒ヽ、   ノ    ヽ           ....       /// |: :{: :l :lゝ´;;;;;;ヽ、 ヽヽ  ィ;;;;;;;ハ丶! i : : l: : :l  
 〉- '" ̄ヽヽ',丶 ヽ_ /       ' 、          ..      ´  /  l: : ゝ:l:彳i::::::::::リ i   ヾ ii:::::::::リ`; ,}: : /: : :|    終了です。
                              ......           i: : l'ヽ; ;ヘ,ワ;;;ソ        ヽワ;;ノ ノ/ノ / : : :|
                              ......           l: : l  i  xxxx    、   xxxx /;イリ: : :リ
                              ......           l:/l:i{ヽ,l         `       ´/ノ.:./'
                              ......   /~~`、    '  リヾ.::ゝ     ー −     /: :/
                              ...... ,‐i   iノ丶⌒ヽ     ヽ!ヘ          /i/|/
                               / リ_ ノ /,  ハ      ヽ `卜 、    , イ:/ ' '
                              ,i'  /、_,ノ−,.|   ハ    _,,,....,,__ |  `~ ´  ,|´
                             / ) 卜──:イ i ,ー, l し〆´    )ヽi       ト‐、
                            / /-j :|     | ,ゝニノ      ,_ イ  ヽ_    _`;  ヽ 、
                          〆 丶ニノlニニニニl/     ∠"~\\   i___,,,...=...,,,__リ    ~ ー 、_

 一龍斎宗冬   .: 講談「柳生ニ蓋笠」(講談師:一龍斎貞丈)
  VS
 田畑/余湖友矩....: 漫画「柳生非情剣SAMON」(作:田畑由秋/余湖裕輝)

 まあ、多分、この宗冬は修行前なのかなー、と。
原作(バキ)の方でもそりゃねーよ、といわんばかりの瞬殺っぷりでしたが。
こやつが戦前は十兵衛より評価高かったというのは、ある程度記録を見ていても、
「うそくせーなんかうそくせー」と感じるところで砂。むむう。
(流石に剣術剣豪系の本だと、十兵衛の方が評価は上っぽいのですけど…)
322 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:15:03.43 ID:F6odVyA0
【チーム戦:第3戦目】
       |:::::           ::::/::::|:           ::::::|    あ.  .大
      |::::::        ::::::/|::::/:::::::|  :| ::::       ::::::|  .   ん    し
       |::::::      :::/l :/ |:::/:::  ::|::::| | :iヘ::::      :::|    た.   た
.      |::::      ::::/ | / |:/::::  :::|:::|:: |: |: \:::     :::| . . ・   悪
.       |::::    ::/|::/\:|/ :|/::::  U :::|::|: |:|/\::    :::::|     ・   党
.      |:::    :/:|/:\:|:\:/::::      |:/::|/::\::    :|    ・   .じ
        |::    ::/::|::  :::\::::\    /::::/   :::\:::  :::| . . ・    ゃ
       |::   ::/ _____::::||  ||::::_____::::|:   ::|   . ・    .な
      |:l⌒l::::| :  ̄ ̄ ̄O ̄ ̄/: :::: ̄ ̄O ̄ ̄ ̄:::::|:: l⌒l|    ・    .い
       |:|∩|:: |:  \___/::| :: \___/  ::| |∩|| . . !   .か
      | :|∩|:: |:::        :::|..|::       / :::|:: |∩|:|         ・
     |  |l.0|:: |::         ::::|..|:::::     /   ::|:::|0 l|:::|  .        ・
     |:::  |U|:: |:::::::      ::::|..|:::::::   ./ v   ::|: |U | ::|       ・
     |:::   ヽ人 |::::::   U   :(__ :|..|::::__): ./     :::|:人ノ::: ::|        ・
.   |::  /|:: ::ヽ::::::::: _     ∪     ._  ::/:::   ::|\:::::|      ・
    |:: / |:::  :::|\::::::\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ :/|::::  ::| \:::|       ・
   |:::/  |::::: ::::|::::\:::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::|::::  :|   \:|  .  !
  |:/  ::::|:::   :::|::::::::\::::::   ___      /::::::::::|:::  :|     \
  /   ::::::|::  :|::::::::::::::\:::::  ::::::   /:::::::::::::::|::  :|:     \


 ∠ -‐'' /     l||   l||      l|l    ||l      `‐、 ̄
    , '   l||          l|l  ,    l|l           ヽ
.    /      l||    l||   ,ィ  /l/|       ||l    、ヽ
   /   l||      ,イ ./!  / |  /  | lll ト、  ||l    |l  l\!
.  ,' ,.イ    l||   / l ll/ l |l/ | ll/   l  | l     ||l     |
 / | lll  /|   / | / | /  | /    ヽl !.ヽト、      ||
           | | !          ::| :          | .|ヽl l !
       /l |l|       :::| :          |ll!_ノ.,' !\    ─ 柳生武芸帳
      /  `i|         r_::| : _,         :| |_ノ ,'  \
    _, イ       ヽ   、     ー'       ,   ,|,! ll ,'    ト    無法の未完……! ─
-‐' ´  .|        ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:|  /       !
  -‐' ´|         |;;ヽ     ___     ./:: :| l /       :| 
.     |        |;;;;;;;\    ̄ ̄    /:::  │/       |
     |        !;;::::::::::\       ./::::     |/         :|
.     |          l;:::::::::::::::::\    /:::::       |         |
    |         :|:::::::::::::::::::::::`ー:'::::::       |           |

 山岡但馬守 : 小説「柳生宗矩」(作:山岡荘八)
  VS
 五味但馬守 : 小説「柳生武芸帳」(作:五味康祐)

 個人的にもこの組み合わせの結果は気になるところで砂。
AA的にもそうですが、宗矩主役の話の双璧であり、黒白最強格同士の戦いでありますしね。

 ちなみに、この山岡版「柳生宗矩」は、大河ドラマ「春の坂道」の原作になるわけですが、
そこでの宗矩役は、陰謀版宗矩でもあるところの萬屋錦之介だったりするので、
何気に黒白両方の宗矩をやってる意味でも、萬屋錦之介は創作柳生を語るに外せない人物でありま砂。
(上の仕合を陰謀版宗矩と春の坂道版宗矩の同役同キャラ対戦として見るのもまた一興かと。
 どっちが2Pですかねー)
323 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:17:59.69 ID:F6odVyA0
【チーム戦:第4戦目】
             /|  /|  /|
        /! ///|///|///,|
       /| |.|//// .///  /// |/|
      /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ
     /! | | | ! l l //ヽ.///   / |
.     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!
.    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|
    l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .|    ふ、ふざけるな……!
.   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.!
.   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
   !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l   こんな仕合、受けるわけねえだろ…!
    `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!
      l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l
      ! ゙-‐           ,.lト‐'   l  
.     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!     ......              _.z='':`':`':`:`:`ヾトyレL
       !、 ___     /   ヽ,.‐'´\    .....            ,ィ'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く`
       ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\                ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦
        ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、             }::::::::::::::::::::::トlililィ|:::::::::::::::::::::::ぐ
         ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','              }::::|.||:|:||:||:||    |}:||:|:||:||:::::::く`
               |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','  ..           }:::ト| | | | | |   | | | | | |イ:::::ト    裸になってもらうぜ…但馬殿
           /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',              「^|| ニ'==、  ,.=='二 ||^´lー-、
          /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',             人 '| `┴'┴′   `┴'┴' | ノ:::::::::::ヽ
            //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','        _.. -‐'''¨::::::::iゝl             .lイ::::::::::::::::::}
                            ...... . ‐''"::::::::::::::::::::::::::ト、:\    、_,.    .へ:::::::::::::::::|::|
                               :::`ヾ:::::::::::::::::::::::::::|::ヽ::::ヽ、  -―-  ./√{:::::::::::::::j:::|
                               ::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::i::::ヽ、:rへ、___,. イ::/::::::::::::::::::::/:::|
                               :::::::::::::ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   |/:::::::::::::::::::::イ::::::|

 隆 但馬守  .: 小説「影武者徳川家康」(作:隆慶一郎)
  VS
 津本兵庫助 .: 小説「柳生兵庫助」(作:津本陽)

 なんというか、AA的に出た瞬間かませが確定するというのは愉快で砂。
原作の方だと、名前が「範」なだけに、アライJr.に圧倒されつつも何かあるかと思ったのですが、
本当にただ圧倒&瞬殺されただけだったので、却って吃驚したという思い出が。
なんだったんでしょうかね、あれ。
(その後のアライJr.の運命を思うと、尚更趣き深いところ)

 さて、そんな「現代における黒宗矩のスタンダード」ともいうべき隆慶宗矩ですが、
最近だとまた変わってきつつあるようで、これも時代の流れなのかなあと。
こないだまではタイムボカンの悪役ばりに負けまくるかませ役が多かったのに、
最近は強さの差こそあれど「一筋縄ではいかない人物」という扱いが多いですし喃。

 一応、当方が最初に意識した宗矩は、この隆慶宗矩タイプなので、
寂しいような、少し嬉しいような、微妙な感じでアリマス。
324 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:20:43.37 ID:F6odVyA0
【チーム戦:第5戦目(最終戦)】

                 勝ち続ける・・・。
                灰になるまで・・・・・・!

/              //            ||  | ||::                /   !  ヽ/´ ̄¨ミヽ、
              //,ハハハ           ||  | ||::               /    !、 ミ!   _    \__,.
             // 〈l| || |l〉         ||  | ||::             /    /ミヽ ミ! /,ハ  ミ  ヾミ三ニ
           //  __)=='(_         ||  | ||::        __,,. - ´ // ,/ミミミ:ヽ l ///∧    `ー=ニ
           // /l´     l     `lヽ    ||_| ||::        二ニフ   /ミミヾゞヾミ V ///,ハ
二二二二二二二二二ハ|    |    |,ハ二二二二二二     r-―‐''¨ // / 三ミミミ,,yZM州!!宀冖''ミ\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/´: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ......    `ス=、_ミくく 三三ミ''`        _ {ミ ` ー―‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ト、 ̄ ̄ ̄ ̄  ...     \_ミ三_ゝミ、彡 !      i !  _∠_´ ヾミ 三 彡
            l |___________,| |        ..      ーr=彡巛T { ,rェ=ェ、」 V/'宀¨ ` 「ヾ、 三彡
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ___________ノ ̄ ̄ ̄ ̄    .      _\彡ヾミミ\ `二`λ h      ノ トソミミ≧=  いや・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |               | ̄ ̄ ̄ ̄  .....     /L」.}_,. >-ミ ミZニ__  ! ! :      |ミミヾミ`  勝たせてもらおう!!
             |                   |        .....     /__ ///`ー'フ 彡ミミ=' r'._,. ┘ヽ    jミミ三ー
            `ー――――――――‐ '              / ̄/7´ γ´彡ノソハ   /, -―-._ 、 / Vハ「  
                                   .. 「゙ヽ/''=ナ/¨`!/,.rー T¨ヾ彡llト ., ¨二 ̄-' !/   V` 
                                    / ! /  !ノ  〃 ,.-ニ二_`ヾ|  >、__,./ ̄¨¨ ‐r-、  
                                    | !「  r   7  〃ヽ _,ノ _⊥‐'´  /:.\       \
                                    | /l   !  〈  ノ  厂 ノ!     /:.:.:.:.:.:.:\       |
                                   | _!        「  / ///  ./ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ\    |
                                   |               「,','//,ハ  /   〉―ー┬'    \ //
                                   」              |,','//,//| /    /:.:.:.:.:.:.|    ////
                               / ̄ ̄ 〉           /,','/,///ハ     /:.:.:.:.:.:.:.|  //////
                             /,',',',',',∧         /,',' /////ハ  /::.:.:.:.:.:.:.:.| ////////
                            /,',',',',/,'\\      _/,',', /,/////∧ /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:|///////// 

 吉川但馬守(石舟斎) : 小説「宮本武蔵」(作:吉川英治)
  VS
 イシカワ十兵衛     .: 漫画「魔界転生(石川賢版)」(作:石川賢)

 というわけで最終戦でアリマス。
まあ、海皇爺様も相当頑張ったわけですが、勇次郎が相手という時点で
勝敗という意味では話が終わってしまっているのが難儀なところ。
そして、イシカワ主人公はやはり反則だよなあと。
それでなくとも強いのに、「死んでも転生すればいいじゃない」で済まされたらそりゃ勝てんわと。
(なお、イシカワ世界の住人同士の場合は、「攻撃し続ければいつかはくたばる」ので無問題)

 あと、ムダヅモはどーなるんでしょうねあれ。
一回死んで魔界転生とかそういう展開になったら愉快痛快なのですけど。
325 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:21:48.64 ID:F6odVyA0
【最終戦おまけ】
    ,':.:.:.:.:': :.:. :.:.| , イ:.l | ̄`丶:.|:.: .|  , -‐-、 | |  :i:.:.:.:.:\
   ,' : : :! :.:.:.:.:.:/:.:.:.:!',| |:.:|__|:.:.:.j:.:.:j|:.:.:.:.:|:.:.|:.:\:|:... i     ヽ
   ! : :.:.:.| :.:.:.:.: !:.:!:.:.:.:| i| ヽ| j:.:./|:./ !:.:.:.;'j:.,'|:./ |:.|:.:.:.:.|:.:.    i
   ! .:.:.:.:.| : :.:.:.:.', |ヽ:.:ヒニ三≠/ j/ j:.:.///_j/ j/|:.:.:.:' i:.:.:. .  i
   | :.:.:.:.:.! : .:.:.: ヽイ X::::::::ハ `  / ///"ィハ,`ヽ f:.:.:/:.:i` 丶 、i   ち、父上…? というか、但馬守殿!
.   !: :.:.:.:.:!:.:.:.:.:.\{{ {: {:::::::kd       i{::::::r! }} /:.:/:.:.:i|      あ、あの石舟斎様の動きは一体?
   !:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:.:.:!ヽ.マOイ ソ         Y) イ!.ノ//:.:.:.:.:i
.   ;.:.:.:{{  \:.:.ヽ  `¨¨´         、 `¨´  {:.:.:.:.:.:.:.:i
    ',:.:八   `丶\ ゙゙゙゙゙             ゙゙゙゙゙ l:.:.:!.:ト、:. i
     ヽ|ヽヽ.      u.               !:::ハ| ヽl         、‐- 、 ,. -- _
.        \.ー\        ⊂ニ  つ     .イj/  !  |      ,ゝ ̄ `  ′゙,∠.._    
        ヽiヽ::}丶    , ---- 、    <    .       /´ " " " ゙ ゙ ゙ .<`    
.          ヽヽl    ./   /\ \イ             7 " " " " , ゙ ゙ ゙  、\
            l    / / , ヘ.Y´       ..      i " " " ゙,.ィ / \ ゙ ` ゙ \  
            ,xへ|   // / ,.へ.\       ..        | " " ,ィ/‐l/、  ,ゞト、゙ 、゙ヽl  
                                    | r=、 l.=。==._ ,。==ゞ ゙ N   
                              .      | {にl l ` ̄  _ \´ハN      何を寝惚けたことを・・・。
                                    ,l ヾ=lノ  __ ‘ ‐  ゝ       柳生石舟斎がやっているんだ。
                                 _./:l "./ ヽ. ..二ニ7/        
                              ‐''"´:/::::::| /    \   一 /、         柳生新陰流以外の何物でもないっ・・・!
                              ::::::::: !::::::::l′     \ ,イ:::::\
                              ::::::::::l::::::::::l         /:`:::l::::::::::::\    
                              ::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l::::::::::::::::::\  
                              ::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l:::::::::::::::::::::ハ
                              ::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::::::::::::/::::l  
                              :::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`:::::::::::::/::::::::l 

 まー実際、開祖の石舟斎がそう言ったら、
少なくとも「柳生新陰流」についてはそうだよなー、でアリマス。
新陰流だと色々揉めるかもですが。
326 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:24:49.85 ID:F6odVyA0
【戦いその後】
      Nミ || ||| ||| _,、彡 彡  }
    N、/ \|||,, - '" ヽ ,彡 彡ノ
    |ミ/  ー--‐    ヽ彡 彡7   フフ・・・・・・
    |/‐- 、 ー‐ , -ー‐  〉彡 ノ   この石舟斎に勝ったんだ・・・。
`ー、  |-==。=、  _=。==- |r、彡7
-、 ヽ  | `ニニ',| ~`ニニ  ||ヨ=ノ   遠慮なく名乗るがいい。
  'i ) 'i,.r‐' ,斗ャ、 `ー、  i!ノ=/   なあ・・・
__'、'_∧/_,x '`x'─' '/| /ト--
__`寸・托7, / イ  / ,|' |─    『柳生但馬守三厳』よ
    〈  / / / |/  /;|  'i,   
      |   ' / /   /;;;;|  | 
.     |     /   /;;;;;;;|  'i,
    ∧    /i   /;;;;;;;;;;;|   |
   ∧;;`,- _ /;;;;|  /;;;;;;;;;;;;;;|   'i,         ./ rミ''^'''〃      ノ
                 ...          / / 「  /「 \     `{
                 ...         く_└ }ト┴'  /::¨ヾフ  '┐    フッ・・・遠慮しておこうか。
                 ...           `'y,j    l::  l\  -<    その名は俺が預かるものじゃない。
                              く_       l! |\ー'チ
                             └'`'〒´  _, r'  ノ::_,>く_
                                └ュ''_r一''´ _,.-―
                                 _ノ/`ヽ  /
                              _,「 ̄ / {__,ノУ
                            /´ _> // | /   _,.-''
                          /   く  //  |/   /
                          L  、  | |/  / /
                          ノ  | | | /  /
                         /   」   ||/ /
                         /   /   | |//
                         /   〈  _,.オ7′

 ラストはこれで。
実はこの存在しなかった呼び名(「柳生但馬守三厳」)を書いてみたかった、というのも
これをやってみた動機の一つだったり。

 若干先の展開になりますけど、十兵衛は結局最後まで官位を受けず、
また自称もしなかったわけですが、もし仮に受けることがあったとすれば、
「但馬守」を名乗る可能性はあったのかなー、という想像からのネタということで。
327 :やる夫で学ぶ柳生一族 一発ネタ「大柳生賽」(補足) [saga]:2010/08/10(火) 02:26:03.62 ID:F6odVyA0
 てなとこで終了でアリマス。
なんか思いつくままに書き散らかした感はありますが、
こういうのも一度はやってみたかったので満足至極。

 ただ、それでもまだ個人的に出したかった宗矩やら十兵衛やらもいたわけで、
ざっ思いついた分で挙げてみると、

 ・映画版「魔界転生」の宗矩(富山宗矩)
 ・同じく十兵衛(千葉十兵衛)
 ・せがわまさき「Y十M」の十兵衛
 ・宮本昌孝「風魔」の宗矩
 ・隆慶版の石舟斎、宗章、新次郎、宗冬、義仙、荒木又右衛門(いわゆる「お館さま」)
 ・荒山版の宗章、久三郎
 ・そして当然のように友景
 ・「子連れ狼」の烈堂(そういやこの場合、萬屋錦之介は拝一刀で砂)
 ・五味版の連也斎(とみ新蔵版も可)
 ・「鬼武者」の十兵衛(一応、松田十兵衛とでも)
 ・サムスピ十兵衛(この十兵衛は養子という設定というのをこないだ知って驚愕したり)
 ・十兵衛ちゃん

 とりあえずこんな感じで。
なんだかんだで柳生は創作によく使われてるよなー、としみじみと。
やっぱ面白い一族でありますよ、ホント。

 なお、創作に絡めてですが、今月末の8/28(土)、
再び荒山先生が池袋ジュンク堂本店に降臨し、トークショーを行なうことに相成った次第。

> 【ジュンク堂書店・池袋本店-トークセッション情報】
>  http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-ikebukuro.html#talk-ikebukuro

>  8月28日(土)19時〜
>   荒山徹(作家)×細谷正充(文芸評論家)
>   「百済・新羅−石田三成(ソクチョン・サムスン)を巡る軸−」

>☆お申し込みは池袋本店1Fサービスカウンターで承ります。(電話:03-5956-6111)
>★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。

 とりあえず当方は速攻で予約してきました。
まだ席は残ってるそうなので、興味のある方は参加されると愉快かもで砂。
今度は一体何を言い出してしまわれるのか楽しみでアリマス。

 それではではー。
328 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/08/10(火) 02:29:45.30 ID:iIee.9Ao
乙でした。
329 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/10(火) 02:44:44.55 ID:cLgVb0co
おつです

> ・「子連れ狼」の烈堂(そういやこの場合、萬屋錦之介は拝一刀で砂)
> ・五味版の連也斎(とみ新蔵版も可)

これはツボだ、流石心得てらっしゃるww
(烈堂は夏八木勲verでも可)
330 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/10(火) 04:11:01.17 ID:2vUZ11so
乙です。

そう言えば、菊地秀行先生の「からくり師・蘭剣」シリーズは、
江戸城をもう一つ作ったカラクリ師を死んだはずの友矩が追うんですが、
その中で石舟斎と友矩の対決があるんですよね。
331 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/10(火) 16:28:37.23 ID:M9A9GuQo
乙でしたwwww
332 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/10(火) 19:21:09.89 ID:Cq8clxAo
乙でした。隆慶但馬守がオチ担当かと思ったけど、最近はムダヅモなんですねぇ。
まぁ、あの麻雀漫画という名の伝奇作品には勝てないww
333 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/10(火) 19:59:28.86 ID:Pqquh5g0
乙でした。
バキネタは使い勝手がいいですよねww
ところで>>1さんは今年のコミケはどうされるので?
334 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/13(金) 01:11:41.92 ID:7NK.ETI0
>>309
ちょいと訂正宣言。

×吉川但馬守(石舟斎)森田鉄雄/「銀と金」)
×池田又右衛門(平井銀二/「銀と金」)


○吉川但馬守(石舟斎)(平井銀二/「銀と金」)
○池田又右衛門(森田鉄雄/「銀と金」)

で修正お願いします。
335 :1 [saga]:2010/08/14(土) 01:13:51.15 ID:YJeeKgE0
 どもどもです。
今週末ですが、できれば今度こそ更新したいところ。
やるとすれば、日曜(8/15)の21:00からで。
お題は「やる夫で学ぶ柳生一族(その36)」をば。

>>329
 つか、連也の場合、
「柳生烈風剣連也」も一瞬考えなくもなかったのですが、
昔連載中にちょっと読んだだけなのでうろ覚えであり残念。

>>330
 「石舟斎VS友矩」!
そんな展開もあるのか!(ゴローちゃんばりに
菊地先生といえば「柳生刑部秘剣行」を入れ忘れててぎゃふん。

>>332
 なんかスーパーアーリア人2人とかエラい展開になってますし喃。
この先、ASIMOが追加パーツと合体してグレートASIMO GXとかになっても
「さもありなん」で砂。

>>333
 とりあえず日曜は毎度の如く颯田さんのところでお手伝いでアリマス。
「3日目西し-18b はらぺこ王国」で砂。

>>334
 ご指摘頂いて今気づきました。ぎゃふん。
ありがとうございます。
まとめの際に入れ替えて頂けますと重畳ー>まとめサイトの方々
336 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/14(土) 08:58:55.04 ID:bod/VtUo
…買いに行く予定だわww>はらぺこ王国
337 :1 [saga]:2010/08/15(日) 21:09:38.07 ID:5ERlGQw0
 どもども。
お疲れ様でアリマス。

 実は今、目が醒めたところなので、脳が回っておりません。
なので、もうちょっとだけお待ちを。
21:30から投下しまする。

 ただ、やっぱ時間なかったので、今回は途中までで。
すいませぬ&よろしゅうですー。
338 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:18:31.19 ID:P5UQzDw0
お疲れ様です、ご無理なさらずにー。
339 :1 [saga]:2010/08/15(日) 21:31:26.03 ID:5ERlGQw0
 どもどもです。
では今から投下します。
タイトルは「やる夫で学ぶ柳生一族(その36)」で。
よろしゅうですー。
340 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:32:59.25 ID:5ERlGQw0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
341 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:34:14.61 ID:5ERlGQw0
■ 基本、史実ベースではありますが、史実においても意見が分かれていたり、
 当方の知識不足などにより、若干の創作が入ることもありますので、
 「大体こんなもん」程度に捉えて頂ければ重畳ー。

■ 次回のスレ立て告知については、現スレで行います。
  基本的に毎週金曜の夜にしております。

 【現スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(製作速報VIP版)】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279466286/l50

■ 以下、過去のまとめを載せて頂いてるサイト様です。
 ありがとうございます。

 【『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ】
  http://yagyuo.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/
 【多元 - 「やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ」】
  http://tagenmatome.blogspot.com/2009/07/blog-post_06.html
 【やる夫観察日記-「柳生」】
  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/?q=%CC%F8%C0%B8

■ あと、以下は>>1が別にやってる歴史伝奇紹介用のスレです。
 こちらもご覧頂ければ重畳ー。

 【やる夫で紹介する歴史伝奇】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240743842/l50

■前スレ
 【やる夫で学ぶ柳生一族(その35)】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279466286/75-211


 では、はじめます。
342 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:36:12.88 ID:5ERlGQw0
>>1からのお願いコーナー】
 毎度お馴染み、今回も次回(その37)の解説役を投票で決めたく。
ルールは以下の通りでアリマス。

 ・ 支援の際、以下の条件を満たすキャラについて名前なりAAなりを挙げて頂いた後、
  集計を行い、投票数が最も多かったキャラを次回の解説役にする。
  (例:支援。○○(キャラ名)とかでOK。作品名もあると更に吉) ※一応、1人1票でお願いします。

 【条件】
 ・ 女性キャラ。または外観が女性のキャラ(女装美少年込み)
 ・ AAが複数ある(できれば20行以下のバストアップAAが3種類以上があると嬉しい)

 既出キャラ有りなので長門なり翠星石なりも投票数次第で再登場可でアリマス。
でもできれば作中の登場人物に割り振り済みのキャラはややこしいのでご勘弁をば。

 ちなみに、票が同数のキャラが複数いた場合、恐縮ですが、その中から>>1が使いやすいキャラを
選ばせていただく所存(AAの使い勝手がいいとか、そのキャラを知ってるとか)。
あと、解説役の相方は>>1が適当にチョイスします。
よろしゅうですー。

 【過去、投票で決まった解説役(今回含む)】
  その13 : マシロくん(舞-乙HiME)                    その31 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※3回目
  その14 : 渡良瀬準(はぴねす!).                   .     : レベッカ宮本(ぱにぽに)
  その15 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)                その32 : 閻魔あい(地獄少女)
  その16 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!).           .     : 輪入道・骨女・一目連・山童・きくり(地獄少女)
  その17 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる)          その33 : ドロッセル(ファイヤボール)
  その18 : 菊地真(THE IDOLM@STER)                      .: ゲデヒトニス(ファイヤボール)&AA色々
  その19 : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣).              その34 : ゆの(ひだまりスケッチ)
  その20 : ドリィ&グラァ(うたわれるもの)                     .: 宮子・ヒロ・沙英・吉野家先生(ひだまりスケッチ)
  その21 : 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく).                その35 : 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
  その22 : 大佛はずむ(かしまし)                         .大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
  その23 : マコ(みなみけ).                         その36 : 田中井律(けいおん!)
  その24 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目.                  秋山澪(けいおん!)
  その25 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※2回目             
.       : シモン(下妻市非公式マスコット)               
  その26 : 藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)               
.       : 須王環(桜蘭高校ホスト部)                
  その27 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる) ※2回目  
.       : 菊地真(THE IDOLM@STER) ※2回目..         
  その28 : ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)          
  その29 : 草薙素子(攻殻機動隊)                  
.       : タチコマ(攻殻機動隊)                   
  その30 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※3回目             
.       : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣) ※2回目         
343 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:37:32.79 ID:5ERlGQw0
【寛永十二年(1635)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┐       |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬    .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)
344 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:38:19.89 ID:TjWDzq20
待ってましたっ!
345 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:38:40.10 ID:5ERlGQw0
【第1部(その1〜11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12〜24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25〜35)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
その後、六千石への加増、「惣目付」への就任など
更なる立身を遂げた宗矩は、実直に役目を果たし続けるが、
寛永十一年(1634)、家光親政下の一大イベント「御世替の御上洛」の際、
次男・友矩が、家光より従五位下・刑部少輔に取り立てられる事態が発生する。

 友矩のこの立身によって、謹慎中の嫡男・十兵衛との関係、及び、
衆道的寵愛による立身に対する周囲の反発など、また新たな悩みが宗矩に降りかかるのであった…。
346 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:40:25.35 ID:5ERlGQw0
─ 前回の話 ─
                          r 、 パアアアァ・・・☆
       ,..-‐ '' '' ¨ ゙ ゙  ̄ ゙ ¨'' - .   ヽ、゙ヽ
    ,.<      ,  ,ィ        .ヽ   ヽ  .ヽ、     二次元最高だお!
  /    ー-一''"´ ,ィ彡f,ィ"´: : .     ヽ   .}   ヽ、  梓こそ拙者の正室なんだおー!
 /         ,ィ彡彡f゙. : : : : : :      ゙;  ,'     } 
.,'  . i      _彡".‘ : : : : :        } ,/     .}
{    ,l       ¨゙''=、            ,!'      ,'
{   /  ,,       ,ィ’、         /       '
',  ,ノ  ,ィ彡x!   r‐'"ゝ' \       /
.',  . ,ィ彡彡"、  ,イ、ゝ"   \
. ',  彡彡''"´ `¨ヽ<       ゙i
 ',  ". : : : : :    .\     ノ
  ',  : : : : :       ゙ー-‐''"
  '、 : : :
   ヽ
    \       /
     `==-==ィ'
r- ._     _.<
゙ヽ、 ¨''‐-‐''"
  ` ._       _ .
      ` ‐- '' ¨
            柳生十兵衛三厳
        (やぎゅう じゅうべえ みつよし)

              |  |、
            _,..-j  ソ
      -=二フ ̄ ̄`  ´ー-._ __
     _,..=ニ-j   _,        ̄`三ニ=-
        ムこ´厶_/^Vレ'\j`ー、iー-、_っ
      //,    ̄``ー-! _∠...-―‐-!
      ji//  -‐て_j-、_   __,......__  |
     ハijフ   `ー--―  、´_ `ー'_  i,
    i ijレ          '、~ ̄   i_`、    はっはっは。
   f^Vj、        .   j      i弋!   さようでござろう。
   |_Li i`、       ̄`        ,i=/
   キ=j_ノ   ./ ・… _・‥,   ∠_    ちなみに 唯はそれがしのそくしつなので
    E三'´  , /-=ニ二__...二j !   /~    とったら ただではおかぬ
    `、        ー    ;   ノ
     `ー-、___,,__,_,__,_,.../
       ///i    / /\
      //,ヘ 川  / / / \
    ///  \ソi|、/ /  /   \
   ///     \|jv'  /     {
  j//       //` /      '、
  //        // /        `、
       近隣の豪族・落書
       (大和二次元党員)

 柳生十兵衛三厳は二次元に開眼しました。
魔法剣士まであと一年。
347 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:40:58.71 ID:BhXaVWko
お暑い中ご苦労様です。
渡良瀬準にゃんに一票
348 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:43:21.79 ID:5ERlGQw0
            |
            |  ....   / ̄\   
            |  ....  |  ^o^ |    …というありさまでございます。
            |  ....   \_/    いかが いたしましょうか』
            |  ....   _| |_
            |  ....  |     |
            \   柳生庄代官
             \
   / ̄ ̄\      ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /   _ノ  \      |   ./
 |    ( ○)(○)     .|   /
. |     (__人__)     |  ./
  |     `⌒´ノ    ...| /
.  |         }     ∨ __
  \      } / ̄ ̄⌒/⌒  ./
  (⌒\    /     /    / ←代官からの書状
  i\  \ ,(つ    /   ⊂)
  .|  \  y(つ    /,__⊆)


      / ̄ ̄\ ´_
    /  ─  ─\
    /   (●) (●)ヽ    父上、それは柳生庄からの書状ですね。
   .|    (__人__) |    兄上はお元気でしょうか?
   .|      `⌒´  |
   ヽ         /
   /   ヽ     ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /
    柳生主膳宗冬
(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)
349 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:43:50.71 ID:TjWDzq20
剣豪そしてダメ人間としてのレベルが爆ageしてるなこの十兵衛
350 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:45:24.66 ID:5ERlGQw0
   / ̄ ̄\
 /  _ノ  \\
 |  (●)(●)│
. |   (__人__) │     …主膳、お前、
  |   .`⌒´  }    「二次元党」なる集団は知っているか?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ      |\    /|
  /   /⌒ノ  \/ ( )
  |    / / |      |


    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ    ……はあ、まあ、そういう集団がある事は
 .| u.  (__人__) |    一応存じてはおりますが…。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /
351 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:46:25.97 ID:DJf2.Yso
若い妾持ってるリア充のあんたが女性関係で息子にどうこう言える立場かww
352 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:47:28.64 ID:5ERlGQw0
   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        どうもな…十兵衛の奴が
. |  (__人__)  |       件の連中と付き合い始めたらしくての。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)
.  |        |    .) ;;;;)  問題のある集団であれば、
.  ヽ       }   /;;/  .すぐにでも手を打つ必要があるのじゃが…。
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

           / ̄ ̄\
         / ─  ─ \
         /  (●) (●) .ヽ     えー、それは心配いりません。
        .|   (__人__)  |    ただただ物語の女人に真実の愛を見出した数寄者達です。
        .|     `⌒´   |    何の害もありません。言うなればマジ紳士。
        ヽ         /    
 r、     r、/ ヽ       ノヘ    …と私の知人がそのような噂を聞いたと申しておりました。
 ヽヾ 三 |:l1            ヽ
  \>ヽ/ |` }           | |
   ヘ lノ `'ソ            | |
    /´  /            |. |
    \. ィ               |  |
        |               |  |
353 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:49:36.38 ID:5ERlGQw0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノ ヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/    何を言っとるのかよくわからんが、
. |    (__人__)  l;;,´    公儀に歯向かう不逞の輩などではないのじゃな?
  |     `∩_ノ)━・'     ならば、まあよい。
.  |     |_ノ       
 /ヽ    |  |_         謹慎も九年目に入っておるのだからな。
 |  \_/ ノ ヽ        その程度の息抜きくらい、大目に見てやるか…。
 \     /_|  |      
 | \ /  _/


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ     それがようございます。
 .| u   (__人__) |    ええ、ようございます。
 .|      `⌒´  |    (…助かったー)
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ ← 実は江戸二次元党員
354 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:50:12.62 ID:P5UQzDw0
紳士ってガラだろうか?ww

投票は喰霊-零-の諌山黄泉でひとつ。
355 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:50:40.05 ID:TjWDzq20
>…と私の知人がそのような噂を聞いたと申しておりました。

その知人は宗冬自身だろww
356 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:51:26.03 ID:DJf2.Yso
宗冬いつのまにか語尾がでしゅじゃなくて普通の敬語になってるww
357 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:52:18.59 ID:5ERlGQw0
           / ̄ ̄\
         /  _ノ  \\
         |  (●)(●) .|    …最近の若い者の趣味はよくわからんが、
         |    (__人__) |   主膳、お前もほどほどにするのじゃぞ。
         |     `⌒´  .|  
          |         }    なんじゃお前の部屋のあの絵巻物の山は。
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


     / ̄ ̄\ 
   /    ─ ─
   /    (○)(○)
  .|  u.   (__人__)   (バレテーラ)
  .|       |r┬| |
  ヽ      `ー'./ 
  / ヽ       ノ 
  /        く  
358 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:53:24.14 ID:r2nk3iwo
世の中には
「あ、あ、姉上ぇぇぇ」とか自家発電する十兵衛とか書いちゃう
恐れ知らずもいましてな……

とりあえず毎回恒例佐々木さんに一票。
359 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:55:35.66 ID:5ERlGQw0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(●)            まあ、和尚がいる間に起きた事じゃし、
.   |     (__人__)           どちらにせよ、大した問題でもなかろう。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )      そんなことより、
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)   明日もまた評定か…忙しないのう。
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ
360 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:57:19.20 ID:5ERlGQw0
 さて、ここからは「御世替の御上洛」以降の幕府の話に移る。

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }       雅楽頭(酒井忠世)が抜けた後、
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }      大炊(土井利勝)、讃岐(酒井忠勝)だけでは
    |! ,,_      {'  }      幕政も回らんからな。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ     頼んだぜ、お前達。
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    三代将軍・徳川家光

     「ククク…承知した」         「ホントに私で大丈夫なのかしら…」    「上様…今宵も刑部なのかい?」

   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|    ..//  / / ,ィ l /l  / /! / /,イ     .  - '´/./     l     |、 '、  '. ┛┗
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \ ....../イ  /ヶ/.ム,i/l/|/ /  /__瓜!,_  ..    {/  / / ,| ,i  //| ヽ、'、 '.┓┏ヽ
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }  ' l   / / / i' !'ヾ! // /´/ / |        / i /i  !/ |i.| //,.ir‐_.エ_、 | '. . l `
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /  . ,!   ,/-たアな、/ /ノ_;ァィスェメ  /     /.ィ | /! /|_.⊥| ri|´ィf´弋ソ`i !i|ヘ | !
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //  ... | / /V/`、辷以     {rち'タゝ  / .. ィ´ |  ! { | 「レ' 'i,ソ/ ヽ       lレリ !.|
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /   . l /l .!            ̄ /,イ /      | /|i| i l∧ ´ | l _     ,レ' |リ
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /     !/ ! i. ! u.         // !/       V ハ.ト |. ヘ   `_...,    /! ト{ 
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |     ..!'  l ,'/ヽ    `     /' / ,'  /       リ .}l ,ヘゝ.      ./|リ|iト.| 
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |   ....   !/ //l\   、 ._     ,ィ´/ /          /ヘ! V ` ,.、   /. ト{ノ ハ
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽        シ' ,! ./\   -   /i'//イ/             レ」/_| ` ´ .' !‐ 、
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽       ...     /,/ //,个ー ' ´  l//   ..        ,. ‐'´  |   .'  ,>' ヽ、
       松平伊豆守信綱                阿部豊後守忠秋               堀田加賀守正盛
 (まつだいら いずのかみ のぶつな)     (あべ ぶんごのかみ ただあき)      (ほった かがのかみ まさもり)

 まず、寛永十一年(1634)閏七月、将軍家光は、
六人衆のうち、松平信綱、阿部忠秋、堀田正盛を従四位下に引き上げ、
元々年寄であった信綱だけでなく、忠秋、正盛にも年寄並として奉書に加判することを命じた。
361 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 21:58:19.32 ID:TjWDzq20
女性抜きの三角関係か…
362 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 21:59:25.55 ID:5ERlGQw0
 これは、年寄の一人であった酒井忠世が、
上洛中の江戸城西の丸炎上に関連し、出仕を禁じられたこともあり、
ほぼ入れ替わりの形になった。

       _.. -= ' ´  ̄ ` - .,_     
     ,r'",,;;  ,;;;; ,,;;;  ,;;;;;;;;;;,,ヽ、   
    / ;;;,  ,,   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;; _ ;;;;;, ヽ  
   ./;; r- ...,__  ,.. -y ヽ  ̄`i ;;;;;;,,ヽ, 
  ,i ;;; l  / ノ ~l;'~       l ;;;;;;;;;; i 
  i ;;;; i __, ...、 ! ,.- ., ___  .v ;;;;;;;; l 
  !, ;; i'-,- '''ヾヽ  ~`r' ー=-~` i r- 、i     どんどん若い奴が入ってくるねえ…。
   ヽ、i 'rーu-,i l   t'~"uー,.   l,lr' ll    俺達の出番もそろそろ終わりかな?
    i, i ヽ、_,/,i   ヽ, -'"   リ j i 
     i     l :::.      ..::::  ,/ 
      l    i_ ヽ     ..:::::: r'"-.,_ 
     i   ..,__ _ _、 ::::::::: i ヾ\~"ヽ
     ,._,-'"-' ~`二  '"  :::::: ,y ,i ヽ, 
     ~_.ヽ    ''    ..::: ,-'" i   /i 
  _,.-=' /, ヽ、      ,.-' ,'  ,r  ,y l 
- '"   / i l丶,-ヽ- ='"  ,'  /  ,'  i 
       土井大炊頭利勝        
   (どい おおいのかみ としかつ)   

       / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.|
     〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.|
     /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ!
    ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧
     !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ
     !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ      まだまだ彼らは若い。
     !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.    我らが隠居など考えるの早いでしょう。
     { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ    .これから諸々教えねばならんのですからな。
    `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ
.        レ!::∧         `    ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::},
         {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l
       l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::!
          {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::!
          `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::!
             \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:|
                ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \
               }    !l   ´¨//-、__,...__      \
             酒井讃岐守忠勝        
        (さかい さぬきのかみ ただかつ)   

 これにより、年寄の中で家光の子飼とも言える「幼少の頃から仕える同年代の側近」の過半数を占め、
結果、年寄の世代交代に拍車をかけることとなる。
363 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:01:42.27 ID:5ERlGQw0
 次いで、江戸に戻った後、九月には
日光東照社(この頃はまだ”東照宮”ではない)の大造替を命じた。

                  . -‐=⊆二三三二⊇=‐-,.,, .
             ,. <______________)'(::::)'く_`>r‐-、,
            /////////////////////////////∧人  ゝヘ
        rァ<`</////////////////////////////∧ ≧=彡、
.       /⌒○:::::::::::::`二ニ============┴=ニ≦::::::ヽ
    r乞{  {:::/⌒i::○:::/⌒ヽ::○::/⌒ヽ:::::○::::'⌒ヽ:::○:::i⌒ヽ:::○::∩∩乞、
.    /r乞ニ弌{   j;;;;;;;;;;!   j;;;;;;;;;;!   i;;;;;;;;;;;;;i    !;;;;;;;;;;;!   jニ二匸フ二乞i
   {/ゞニ乂{{r乞ニニ弌 ∠二> |  |「 ̄l .!   i r‐‐vl.  ノ二二テく ̄\j
.   {/´    |`广ゞ二乂厂込jj八  j. {「 「}人  ノ 辷テ「!イ三>'⌒ヽ. Y
.           |/       | /      ̄ ̄| 厂  ̄ ̄ ̄ヽ 厂´       V
                     |,'        ∨       ∨
                     東照宮(旧)

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     御爺様の…いや、神君様の社が、
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    この程度のものだなんてあんまりじゃないの。
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i      東照大権現の名に相応しい社に建て替えるぜ!
  ヽ_|        `         .|_/
   .|゙      、,.−-‐ 、,,     |
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |
364 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:02:11.13 ID:r2nk3iwo
世代交代もあるし、周り全部寵童で固めるというか……
365 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:03:38.96 ID:5ERlGQw0
       ァ-、,,                                               ,,、-,
     てl lヌ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ィフ,
      `ノ
     _、:''                          __r',´_`、__                         ゙' ;、
__,,、-‐'"                        _l;;;;□;;;l_                         "''''
================================ 、-'''"゙_,,,,,,,,,,、、,,,,,,,,,_゙"'''‐、=================================
~"' ーl ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,r'" ,,-''''"_,,,,,,, ,、、,,,,,,,_ "''''-,,"- , ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  !
   l_____________l'" ,r' ,,-''''"  r'''"゙゙"'、 、,"''''- ,, 'ヽ、"'l ____________l
'' ゙ ~  ,,,,,,,,             ,、ィ'" ,r' l < , フ;r'"'ii'"、';、, l >  'ヽ、 "'''- 、,,
________ ,、ィ    、ー''''''" . 、ィ'''゙ 、> ノ`;;;;ノレ'ァ <'、l;;;;'< レ : '  ''‐- 、 ,"'''''ァ      、______
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '"ー―――'', 'lー'――――――――――――――――――'l ,/――――`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::l l::::::::::::::li il::::::::l l:::::::::::::::::::ー|レ' 二二二二二二二二二二二二二二二二二 、l|‐'゙:::::::::::::::::l l::::::::li il:::::::::::::::::l l
:::::::l l::::::::::::::li il::::::::l l::::::::::::::::::::::|  |l;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;|; .|l l l l l l l l l l l l |: :|;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;l|  |::::::::::::::::::::::l l::::::::li il:::::::::::::::::l l
:::::::l l::::::::::::::li il::::::::l l::_____,|  |l;;l ̄ ̄ ゙̄|; .|l l l l l l l l l l l l |: :| ̄ ̄ ̄'l;;l|  |_____,:;!.l::::::::li il:::::::::::::::::l l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l,       |  |l;;l そ`ァ |; ;「'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: :| ィ'乃 ,l;;l|  |      l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                l,       |  |l、l___,|; ;|______,,,」: :|___,l;;l|  |      l
________;-, 、.――|  |l .l;;:::::::l   |; ;|::::l:::::::l:::::::l:::::::l:::|: ;|   l:::::::;;l`l|  |―― , 、‐;________
l::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::: ,/;:::;l、:::::::l |  |l .l;;:::::::l   |; ;|::::l:::::::l:::::::l:::::::l:::|: ;|   l:::::::;;l .l|  | l:::::::_l::;;:'l,::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::
l::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::: ゙、::::ノ゙:::::::!.|  |l .l;;:::::::l   |; ;|::::l:::::::l:::::::l:::::::l:::|: ;|   l:::::::;;l .l|  | l::::::ゝ:::;;,/:::::l l::::::::::::::::::::::::::::::
l::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::: l.l::::;l::::::::::l |  |l .l;;:::::::l   |; ;|::::l:::::::l:::::::l:::::::l:::|: ;|   l:::::::;;l .l|  | l:::::::: l:::;:l l::::l l::::::::::::::::::::::::::::::
l::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::: l.l::::;l::::::::::l |  |l .l;;:::::::l   |; .l:__l_;:__l:_:__l_:_:_l;:,|: ;|   l:::::::;;l .l|  | l: :::::::l:::;:l l::::l l::::::::::::::::::::::::::::::
ニニlニニlニニlニニll:;;;;lニlニニlニニ_,,、 ィi' " l、|::::::::::::::::::::::::::::::| ィl '' - 、,,_ ニニlニニlニl:;:::llニニlニニlニニlニニ
コ-ロ-ロ-ロ-ロ-ロ-ロ-ロ l;;;;:lロ-_,,、 ィi'' "l _ ,,、ィ '' " 三三三三三三 " '' ‐ 、 ,,l " '' ‐ 、 ,,_,ロ-l;;::;lロ-ロ-ロ-ロ-ロ-ロ-ロ-ロ
..::;::.:;:;::::..;:;:;:;::..::;::.:::;_l;_:_l_"__ ,,、 ィ '' "  三三三三三三三三三三三三  " '' ‐ 、 ,, __"_l;_:_l_.:;::.:;:;::::..;:;:;:;::..::;::.:::;
;::::;:;:.;::::;:;:;:::::..;:;:..;::゙i!:...::.::::;::..:|;;l   .三三三三三三三三三三三三三三三三    .l;;|:...::.::::;::.. i!;::::;:;:.;::::;:;:;:::::..;:;:..;::
                             東照宮(新)

 これにより、日光東照社は二年の歳月と、金五六万八千両、銀千貫目、米千石の費用をかけて大改築され、
現在にまで残る豪華極まりない社殿となった。
366 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:06:40.02 ID:5ERlGQw0
 そして、大規模な土木事業は、これだけではなかった。
十一月十七日のこと…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
367 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:07:15.07 ID:P5UQzDw0
存外にまともだ……規模からすると、突貫工事だったのかな?
368 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:09:09.24 ID:5ERlGQw0
         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ     やあ、山中殿。
    l|   ヾ|   /ン′    |/    いつもお世話になっており申す。
   .r=丶   ⌒ _. ⌒      lゝ、
   |/' /     '―         l r.〉    但馬守様にお取次願えますかな?
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;;r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|
     毛利家江戸御留守居役
     福間彦右衛門尉就辰
 (ふくま ひこえもんのじょう なりたつ)

      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ    おや、福間殿。
   |     /\    |   お元気そうで何より。
   ヽ   / ̄\  /
 ,,.....イ.\       /     殿なら在宅中ですので、
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、  少々お待ちを。
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||
     柳生家家臣
     山中忠兵衛
  (やまなか ちゅうべえ)
369 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:11:09.72 ID:5ERlGQw0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//   
/     
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     待たせたの。
   |      (__人__)   京で会うて以来か。
.   |        ノ 
    |      ∩ ノ ⊃    さて、今日は何用かの?
  /     ./ _ノ 
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ     お久しぶりでございます。
    l|   ヾ|   /ン′    |/
   .r=丶   ⌒ _. ⌒      lゝ、    本日は、我が殿より
   |/' /     '―         l r.〉   但馬守様にお贈り致したき進物がございまして…。
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;;r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|
370 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:11:55.53 ID:O21tq/6o
アニメ化記念でイカ娘でよろしくゲソ
371 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:13:30.44 ID:5ERlGQw0
      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\      …はて?
. |   (__ノ ̄   \    この時期、わしに進物を送るようなことが
  \          |    何かあったかの…?
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩     もしや、また長門守様(毛利秀就)と
      /´    (,_ \.   安芸宰相様(毛利秀元)の間で何か起こったのかの?
       /       \. \.
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l      め、滅相もない!
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|     そのようなことなどござりませぬ!
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i     
      /  ( |   i ェァ    イソ  u |ヾ/|`ヽ.
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、
   ,ィ´`ヾ       ∧ {7‐‐‐‐‐ ヽ /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \ヾ、ュュュ ノノ .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (⌒)(⌒)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    ははは…そう慌てずともよい。
  |     `∩_ノ)━・'    毛利ほどの家で、そう頻繁に面倒が起きる方がたまらぬしの。
.  |     |_ノ       何も無いなら、それでいいのじゃ。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ       ちなみに…
 \     /_|  |
 | \ /  _/
372 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:16:32.00 ID:5ERlGQw0
   / ̄ ̄\
  / ⌒   ⌒ \
 | -=・=--=・=- |
. |  (__人__)  |          「どこで」「何を」聞いたかは知らぬが…
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    今、何を渡されたところで、わしは何もできぬぞ?
.  |        |    .) ;;;;) 
.  ヽ       }   /;;/  
   ヽ     ノ   .l;;,´ 
. /    ∩ ノ)━・' 
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/      いえ、この度は、
   .r=丶  ⌒ _ ⌒      lゝ、    あくまで日頃の誼のもの…「常之進物」でございます。
   |/' /     '―     u.   l r.〉    (…鋭いなあ)
   ゙‐|       ----       ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|
373 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:19:18.66 ID:5ERlGQw0
     / ̄ ̄\
   /    − −
   |    ( −)(●)    日頃の誼のう…。。
.   |     (__人__)    .ちなみに、品はなんじゃ?
    |     ` ⌒´ノ     
   .l^l^ln      }       
.   ヽ   L     }        );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

               ,、,'l/`ヽ._
              /::::::;、:::::::::::``´〉、
          ヾゞヽ':::,、,::'`八::::::::::::::::::::::ヽ
           |:::::::;:':::::::::::;:::::`´::`ヽ::::::::::l       
.            ヽ!:::,ゞ´フノl/`´ ̄`ー-、、 :::::l        はっ、羅紗三間でございます。
              l 〈   、       ィ^  |:::::::::|       (三間=約5.4m)
         , -‐‐!ハ   \ { ゝ´   '´Y´`i      . 
      /  ( |   ⌒    ⌒     |ヾ/|`ヽ.    
      / _  ヘ|     '`゙  "   ノ/ |l//` 、    
    ;´ ̄       ∧   ___   /  .レ    >、  
   ,ィ´`ヾ       ∧         /l   /-‐─‐、 ∧
  / \  \    /  \       .乂,ィ´`ヾ.        ',
. 丶、       !{⌒ヽ}ヽ\ 二 ≦ / / \ V^;     l
   ∧  l ヘ  l`    .l|ヾ=─- ィ二`ヽ   ∧ lヽ 、     l
.\  ∧ノl     l    〉〉   ./\ `ヽ 丶  l l 丶l ,   l
 ∧  〉.l    / !    // ヾ /_へ  >、|  \l   l /   l
   ! /   >' |   // ./⌒)  \  >、 ヽ  ./  /!
.  ノ_/ー'-イ  /  /,ィ´(__/      \   ヽ ) / //
          / ,'//   ' l       l.',  ノ /// イ
          //  |  ./ ∧      ノ」レ'._/_//  |  _
       /l   j  l ィ .〉  _ -‐ '_ノ  ̄l`ー‐'´  _/,イ:::::::
  ,ィfて二/ 人 /  ,'_ l l/_ "´ /::::::::l|   l      /::::::::::::::
    _ヽ、 ヾ   l l´ .l 〉 .l     /:::::::::::l| ー l.    /:::::::::::/:::::::
  /::::::::::::\  ノ/ / ( ノ   ノ::::::::::::::l|  | ィ´/:::::::::::/::::::::::
374 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:21:38.35 ID:5ERlGQw0
   ./ ̄ ̄\
 ./   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    
. |  U  (__人__)       羅紗三間じゃと?
  |     |r┬-|  ) ;;;;)  お主、それを常之進物というには、
.  |     `ー'´}  .) ;;;;)  いささか過ぎはせぬか…?
.  ヽ       }  /;;/  .おそらく、長崎で仕入れた上物であろうに。
   ヽ     ノ  .l;;,´ 
. /    ∩ ノ)━・' 
 (  \ /|_ノ ヽ     ※羅紗=羊毛の厚手の布。
. \  ""  /_ノ  |          当時は輸入品でかなり高価。
   \ /___/          . 保温性が高く、羽織の裏などに使われた。


         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/     いや、これがたまたま格安で手に入りまして…。
   .r=丶   ⌒ _. ⌒      lゝ、   せっかくなので、殿が但馬様にもお裾分けをと。
   |/' /     '―         l r.〉   これこの通り、進物の書状に殿の花押もございます。
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;;r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|
375 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:25:11.60 ID:5ERlGQw0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (●)(−)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´     …確かにこれは長門守様の花押…。
  |     `∩_ノ)━・'    では、本当に長門守様よりの常之進物ということで
.  |     |_ノ       よいのじゃな?
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ 
 \     /_|  |
 | \ /  _/

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   ン′    |/      勿論です!
   .r=丶    > ._ く       lゝ、    これからも、末永く御厚誼を賜れれば…。
   |/' /     '―         l r.〉    では、拙者はこれにて。
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;;/ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|
376 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:28:57.38 ID:5ERlGQw0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    ………、
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)           まったく、どこから話を聞いてくるのやら…。
.   |     (__人__)          あくまで「常之進物」と言い張られては、
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ     毛利家への手前、こちらとて断りづらいではないか。
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)  …あやつも知恵をつけてきおったのう。
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

 こうして宗矩は、この日の毛利家よりの「常之進物」を受け取った。
(※常之進物=日常での普通の贈り物)
377 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:32:06.56 ID:5ERlGQw0
 そしてそれからしばらくし、年の瀬も迫った頃…。

             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|     ふう…今日もいい汗をかいたぜ。
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|   ご苦労だったな、但馬、刑部。
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'   u.  '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !   u.        リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト     u.       ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、   U.  !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    はっ!
         |     ` ⌒´ノ   
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

        ,,.ィ''' ~~゙゙ ''''' - 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: へ ::;:::::`i
   /:::::::::::::::::::::::;:- 、:::::::/     \/
  /::::::::::::::::::::::::/ {ヽソ::::::|--- 、   |
./::::::::::::::::::::::::::::l 。`/::::::r'゙''x;;;:::::\_,. l
:::::::::::::::::::::::::::::::::`t'´::::::|   ~””“` {
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i゙::::::::|       _,|      ははっ…!
:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::|      __,.'´     
::::::::::::::::::::::::::::::/=!:::::::::::|     i´       
:::::::::::::::::::::::::::/=、,|::::::::::::lェ,,,___,l
::::::::::::::::::::::::/=、,ヾ!:::::::::::|
      柳生刑部少輔友矩
(やぎゅう ぎょうぶしょうゆう とものり)
378 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:34:56.16 ID:5ERlGQw0
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      ところで但馬よ。
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }     例の件、さっき年寄から上がってきたのを承認したからな。
    |! ,,_      {'  }     あとで使いが行くから、話を進めておいてくれよ?
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |


         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ⌒)(⌒)
       |     (__人__)      承知仕りました。
         |     ` ⌒´ノ     御同輩は将監殿、民部殿、式部殿の三方(※)ですな。
         |         }
         ヽ        }       「ああ、そうだ」
    /  ⌒ヽ    '´(      
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.  ※ 佐久間将監実勝、加々爪民部少輔忠澄、堀式部少輔直之
379 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/15(日) 22:36:20.77 ID:5ERlGQw0
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !     この江戸城の総構(外堀)を仕上げる天下普請だ。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |    よろしく頼むぜ、但馬。
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_



            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//::       \      ははっ!
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

 寛永十一年の末、宗矩は、二年後にはじまる天下普請…
江戸城総構大増築の普請奉行となることが決まったのである。
380 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:36:53.36 ID:AHagTN2o
贈り物外交は善意の押し売りの応酬どすなあ
381 :1 [saga]:2010/08/15(日) 22:40:32.02 ID:5ERlGQw0
 てなとこで、今回は一旦終了でアリマス。
本日もお付き合いありがとうございました>ALL

 今回はいつもにも増して途中であり、すいませぬ。
分量的にも、話的にも中途なので、次回は再開宣言とか抜きにして、
そのままベタで続きを投下して、まとめて一話とさせて頂きたく。
よろしゅうです>まとめサイトの方々

 それではではー。
382 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:43:18.11 ID:TjWDzq20
乙です。
383 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:44:29.14 ID:P5UQzDw0
おっと、お疲れ様でした。
この進物が鍵になるのかしら。
384 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:46:29.35 ID:AHagTN2o
了解です。また来週をお待ちしています。
385 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:46:34.40 ID:DJf2.Yso
386 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:51:28.80 ID:O21tq/6o
乙乙!

次回も楽しみにしてま〜
387 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 22:58:47.87 ID:r2nk3iwo
乙でした。
388 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/15(日) 23:27:00.39 ID:BhXaVWko
乙。
389 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 01:08:09.66 ID:iGuaMsA0
寛永11年(1634年)末・・・って、>>1さん、
翌年には宗矩は・・・。

前フリ何にも無しで「アレ」出すつもりか?

390 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 12:56:32.18 ID:QA37bIk0
一体寛永12年に何が・・・
391 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/16(月) 19:57:49.84 ID:eYh2u2Io

また苦労が始まりそうだなww
392 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/17(火) 11:44:54.76 ID:rs5qre2o
乙です。

前回の役といい、人使いと注意深さが試される役が続きますなあ。
将軍家はそういう点でむねりんを評価してるんでしょうか。

しかし、福間就辰は有能ですなあ。
彼がいなかったら毛利は割れてるんじゃないでしょうか。
まあ、これまでの経緯からいって毛利の江戸留守居役は有能でないと務まらないのでしょうが。
393 :1 [saga]:2010/08/21(土) 00:39:04.83 ID:pnLvkSU0
 どもどもです。
さて、先週は途中までしか投下できませんでしたが、
今週末は残りを投下して終わらせたいところ。
今んトコ、いつも通り日曜(8/22)の夜21時から、その36の続きを投下する所存でアリマス。
よろしゅうですー。

>>389
 寛永12年で宗矩絡みの「アレ」というと、ひとつ思いあたることがありますが、
それについては解説も含めて今週末にお話できるかとー。
(とかいうと実は全然違うネタだったりするオチがあるかもですが)

>>392
 既に既読かもですが、福間彦右衛門&毛利家関連については、
「江戸お留守居役の日記(山本博文)」がネタ元なので、
もし福間彦右衛門のことを更に知りたければ、そちらを読まれるのもお薦めです。

 つか、今更ではありますが、
当初、このやる夫柳生スレ、参考史料/資料を最後に一括公開する所存だったのですけど、
気が付けばもうそろそろ二年経つ有様であり、どーしたものやらと。
当方個人としてもお薦めしたい本が色々あったりするので、
いずれどっかのタイミングで紹介したいところでアリマス。
394 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/21(土) 13:05:23.14 ID:plU.HnAo
りょかーい
395 :1 [saga]:2010/08/22(日) 20:50:04.36 ID:jJSHAio0
 どもどもです。
なんか恒例になってしまっておりますが、まだ仕上がっておりません。
一応、目処は立っているので、22:30くらいからの投下を目指したいところ。
すいませぬ。
396 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 20:53:03.76 ID:Q93SnTMo
了解、待機
397 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 20:55:17.33 ID:X1mR2tso
把握にて候
398 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 21:35:04.61 ID:.DrqA820
おっと、了解しました
399 :1 [saga]:2010/08/22(日) 22:32:31.66 ID:jJSHAio0
 申し訳ない。
もうちょい。あと30分。
すまんです。
400 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 22:34:32.77 ID:Mh1M4Bo0
分かりますた。
401 :389 [sage]:2010/08/22(日) 23:01:27.43 ID:Fe/yJY20
今帰宅。
まだ始まる前か・・・ワクワク(ww
402 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:02:09.72 ID:jJSHAio0
 どもども、お待たせしました。
それでは、今から投下しまする。

 前の続きになるので、>>379のすぐ続きになります。
では、始めます。
403 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:03:55.42 ID:Mh1M4Bo0
おk把握
404 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:07:26.43 ID:jJSHAio0
 なお、この時、この総構の普請奉行になった者達の役職(&石高)は、
宗矩(六千石)が惣目付、加々爪忠澄(九千五百石)が北町奉行、
堀直之(九千五百石)が南町奉行、佐久間実勝(二千石)が作事奉行である。

               _,, - ‐'''‐ 、
             r-- 、--     ヽ
             }   `ヽ  ヽ、    ',
             !'、 ,、___ ',  i、  i ',  
             ','、'´tj‐ -.i  /)', /- ) 
             ',ノ ヾ、  i /iv',/ /  
              `'、-‐' レ .ノ ! __!-,
               ' _ , -'´ //i:::::::!、
             _, ‐'::::::::!  ! //::::/: :',- 、
             ´ フ::::::/ /,, !/./:::/-、__!: : :` -. ._
┌‐────┐ _, - ': <:::::l   ! /:::/: : : 7: : : : :, -─、
│ カガツメ .|/: : :r': : i::::::', /::! !:::/: : : : /: : : : :/: : : : :i
            加々爪民部少輔忠澄
        (かがつめ みんぶしょうゆう なおすみ)

              _,:-=====‐-、
               /''二 ̄   ) ゙ヽ
             ir'"r-__,,,,,,.:-'"  ヽ
            r_,,r''"´`i'''ヽ r‐:、 l
           /"r'.!__..-'  `'";'ノ,! ,'
           ヽ_,r'i゙    、  'r:< ,'
            ヽr‐=''''` ,!. 丿, `i
             `(  _,,-‐'" l _,.!>、__
              `'''".)、i ,.:-:'" ,.:'  i. `'''ー--,-.、
                ,.:|.i゙''ヽ  /   .|    r'"  `:、
┌────┐     ,:r' |,!,ノ.ヽ/_    |    ,'     i
│  ホ リ  |    ,-'"/ ,ィ゙i |  ,' `‐<"   ,'      .|
              堀式部少輔直之
         (ほり しきぶしょうゆう なおゆき)

  ./ニ    - 安 全 第 一 -   二l
  ヽ、      _______      ',
   .、._`フ‐r-r'"r- 、:::::::l';ヽ::::';ヽ:::', 二ーr-r‐'´ 
    .プl rl l:;' ', (イソヽト ヽ::i 入「スソ ヽ',l、ヾ
    /', l l ` ‐-‐ !  ヽ!  ‐-‐' / l  
   ノ リヽl l        i      /人
       l ヽ\ :: .     '   :::  /ト  
       l \\  --─── /
      /   \\''   ̄  /l      
      /     `‐`-==〃 ト、
     ./        ',  ̄ ̄ ,' ト、',‐-、_      
         佐久間将監実勝
      .(さくま しょうげん さねかつ)

 直参旗本の中でも高位の者達が、このように複数任命されたのは、
この総構の普請が「天下普請(諸大名を召し出して従事させる工事)」であり、
普段から諸大名との付き合いがあり、交渉ごとができる者が必要だったからと言える。
405 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:08:51.63 ID:jJSHAio0
 また、この総構の普請に先駆けて、江戸城二の丸の拡張が来年(寛永十二年)から、
更に、総構普請の翌年(寛永十四年)には本丸(天守閣・御殿)普請も行なわれる事になっていた。

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|      なあ、お前達。
          N| "゚'` {"゚`lリ     俺のための普請手伝を や ら な い か。
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、 
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

                                    ____    、ミ川川川彡
                                  /:::::::::::::::::::::::::""'''-ミ       彡
                                 .//, -‐―、:::::::::::::::::::::三  答 .や 三
           __,                    巛/    \::::::::::::::::三.  え  り  三
         /   ヽ        _-=三三三ミミ、.//!       l、:::::::::::::三  .よ  ま  三
       ,/:: : : : : : : : :\    ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\::三   .う  す  三
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : \    /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ三   .が .と  三
     ,ノ'''=',_⌒ヽ::;,:;,:;,:;,:;,:;,:;:;:\  !             | /          三   ね  し  三
ウホー…./  ニ__, ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ|‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U   三.   え  か .三
     k_,-' L'-'ノ  ヽ:::::U:::::::::::::::: |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-        三   .:    .三
    ノ><ニ,) ̄   ヽ::::::::::::::::::::::::: | /           ヽ ""        ,. 三.  !     三
    | Y   ヽ    '!::::::::::::::::::::::::: | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"  三         三
    |ノ'Y''yェ、 \   :|:::::::::::::::::::::::: | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"三       三
    {_.ニニ,_\__>/:::::::::::::::::::::::::: ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄      彡      ミ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~             彡川川川ミ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 厂|  厂‐'''~      〇
/:::/⌒''i、_,ii''''''''⌒'''''''\::::::::::::::::::::::: | ̄\| /
                        大名衆

 このような大規模な普請は、秀忠の代に行なわれた江戸城大修築以来であり、
当時(元和六年)の秀忠の普請が「御代替之御普請」と呼ばれたのと同様、
これも、家光が諸大名に自身の威信を示す為の「御代替之御普請」だったと言える。
406 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:10:30.08 ID:jJSHAio0
 ちなみに、威信を示すという点では、
寛永九年(1632)から造船を開始していた御座船「安宅丸」も、この年に完成している。

                                 .......:::::::::::::::::::::::::_n_n/ミ;:::::::::::..
                             ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/// ∠ ト、::::::::::::..
                           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;仁)_∠ヲ/`ソ::::::::::::::
                          :::::::::::_ヾ 、 ::::::::::::::::///; '∠∠ヲ / _A:::::::::::::::::
                          :::::::==j_ゝ、 ::::::::::::::::///、__ /  //  ゙、::::::::::::::::
                            ::::::::::i´__ ン゙、::::::__::/_//'   //   ヽ::::::::::::::
                         :::::::::::i´__i r <´/ ,ヘ _/'_  _ノ'     ヽ:::::::::::
                         ..:::::::::::::|´__i ヾシニ// , ' 、`y'       ,ハ:::::::::.
                      ......:::::::::::/!´ i  'r ン  , ' 、 ,.'      , '/:::::::::::
                    ....::::::::::::; '   ヽニ>  トミ , ' 、  ,     / +)7ヾ:::::::::::::::::
                   ...:::::::::; '    /fニフ/  , ' 、  ,.'    /- ‐7 リ::::::::::::::::::
                  ...::::::::::i    / ‐ ┐'"  , ' 、   , '    /- '‐λ ,':::::::::::::::::::
                ...:::::::::::∠∠ ̄//ノ //    フヽ  ,.' __     ,' /:::::::::::::::::::
               ...::::::::∠ _  //777 レ'   _/  >/ /  /    / 尸i::::::::::::::::::
             ....:::::::; ' ///イイイ/  _/   /,.'  /  /   / ノ  !:::::::::::::::
           ...::::::::::::/    / / - -、  /`  、 / , '       , '_/i‐ -〈::::::::::::::
         .....::::::::::::/   / //ノ ///  _, - , ヘ , '       //::ヽニゝ ,':::::::::::
      .....::::::::::::::::::/   / //777 レ/ _,. '´ , ' `,,.'        //:::/ェ=ェ、 ,':::::::::::
   .....:::::::::::::::::::::; '    / /:イイイ/ /- 、 , '  ,./         ' ,':::冫‐-、r':::::::::::
 ......::::::::::::::::::::; '     / /:/ ̄ ̄//   , ' ,. '/          ' '::::::!   ,':::::::::::
::::::::::::::::::::::::/     / /::::/ _ / /_   , '  '. /           //:::::::iIエェ,'::::::::::
:::::::::::::::::::::,'    / /::::::;ィ 二 ィ/   ` 、'  ' /      , ' /::::::::::゙ら,':::::::::
:::::::::::::::::::/    / /::::::∠∠∠∠       , ' , ' ,. /    ,  ' , ..':::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::,'  / /:::::::∠∠∠∠     , ' 、.' , ':/   , '__ </:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::,' / /:::::::_∠∠∠∠     , ' ., ',. ':::/ ,  ' , (= )ノ::::::::::::::::::::::
:::::::::/レ  /::::::/    /   /`ヽ  /, ':::::/ ' ,  '::://:::::::::::::::::::
:::::::::::::::ヽ..':;:ヘ; - - - - '     //::::i/ / ':::::::::ヽ::' :::::::://:::::::::::::
::::::::::::::::::/f/   /  / ,ハヽ / , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::i , '_  ̄_ ̄   / /_,ヘ_i/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::; '// //   /  , ' -、 /:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::; '二二二二、 ヽ  /:::::::::j ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::/_/_//_/__  ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::/____ `` /::::::::::::::::::::::::::::::
:::::// / / / >'::::::::::::::::::::::::::::::
::::`ー..ー..ー..ー.':::::::::::::::::::::::::::
                         安宅丸
407 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:11:24.91 ID:.DrqA820
何処に攻め込むのよ?ww
408 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:11:56.22 ID:qqfERXoo
潜水するのか宇宙へ行くのかw
409 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:12:36.71 ID:NrCP.b.o
お前の力を信じる〜?
410 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:12:41.18 ID:jJSHAio0
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !    どうだ但馬。
    ヽ {  |           !           |ノ  /    まさしく日本一の船…俺に相応しい船だろう!
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    はぁ…まあ、確かに凄い船ではございますが、
. | u   (__人__)   さっきからほとんど動いてないような…。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  (大き過ぎるのじゃな…これでは船とは呼べぬのう)
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

 安宅丸は翌年の六月二日に品川沖で家光が試乗し、以後、江戸深川に係留されたという。
尤も、当時の船としては大き過ぎ(全長60.6m、全幅22m、天守までの高さ20m)、重過ぎ(排水量1700t)、
二人漕ぎの大櫓百挺でもろくに動かせないため、船というより、一種の海上要塞というべき存在であった。
(当時の船は、幕府の法度により五百石積(排水量で100t程度)が上限)

 ただ、その巨大さ、装飾の絢爛さから、後に解体されるまで江戸の名物の一つとなり、
「日本一の御船」と称され、幕府の威勢を印象付けるものであったのは間違いない。
411 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:14:09.88 ID:jJSHAio0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//      / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/       /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
        |    (─)(─)  /;;/
       . |    (__人__)  l;;,´   
         |     `∩_ノ)━・'    天下普請、か…。
       .  |     |_ノ      この間の御上洛もそうじゃが、
        /ヽ    |  |_      .上様の御自身の天下確立に向ける熱意は
        |  \_/ ノ ヽ     .相当なものがあるのう…。
       \     /_|  |
       | \ /  _/
412 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:15:37.89 ID:jJSHAio0

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)    御上洛から戻られて以来、
         |     (__人__)   御前会議も増えてきておるし、
         |      `⌒´ノ    .来年には、また皆が騒ぐ事になりそうじゃの…。
          |         }
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !
413 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:17:27.62 ID:jJSHAio0
 そして年が明け、寛永十二年(1635)。
宗矩は惣目付としての役目の他、天下普請の奉行としても働く事になり、
自然、仕事が増えることとなった。

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\          当たり前じゃが、
             |  (●)(●) |         目を通さねばならぬ書状の数が
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__) u |         .また増えたのう…あ、これ長門守様からじゃな。
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉   会わねばならぬ者たちも増えたし、
        / ⌒ )        /         /   これでは体がいくつあっても足りぬわい…。
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ


     |┃       ____
 ガラッ. |┃     /      \
     |┃    /   /   \  ヽ   
     |┃三  |     /\    |    殿、また次の御使者が参られました。
     |┃    ヽ   / ̄\  /   
     |┃  ,,.....イ.\       /     「も、もう来たか。あとちょっとだけ待て…!」
     |┃三:   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、 
     |┃三   |  \/゙(__)\,|  i |
414 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:21:54.36 ID:jJSHAio0

        / ̄ ̄\
      /    u \     そして、花押をいくら書いても書状が減らぬ…。
      | u \i||i/   |    わしは花押書きのからくり人形ではないのだぞ…!
      |  (◎)(◎) |   
      |  (__人__)  |      あ、でも、ちょっと積みが減ったかも…
    .  ヽ  `⌒´  ノ     頑張れワシ、あともうちょい…
      ´ ヽ     ノヽ   
   /´           `\ カキカキ…
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   |  - --  | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


      |┃
      |┃三
      |┃ニ
      |┃
───|┃
      |┃   ガラッ
      |┃
      |┃
      |┃
      |┃三
      |┃ニ
      |┃
      |┃
415 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:23:51.07 ID:.DrqA820
宗冬も、まだ手助けができる程にはなっていないのね……これは負担大
416 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:24:53.77 ID:jJSHAio0

          但馬守様ー!
         次はこちらをお願い致します!

.       ∧_∧    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
       (;´Д`)    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
  -=≡  /    ヽ    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○     まだまだおかわりあるよ!
.      /| |   |. |    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○    たくさん読んでね!
 -=≡ /. \ヽ/\\_  ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○              ( ̄○
    /    ヽ⌒)==ヽ_)=( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○        ∧__∧   ( ̄○
-=   / /⌒\.\ ||  || .( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○   -=≡ ( ´・ω・)  ( ̄○
  / /    > )| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     /ヽ○==○( ̄○
 / /     / / .|______________| -=≡ /  ||_ ||( ̄○
 し'     (_つ  ̄(_)) ̄ (.)) ̄ ̄ ̄ ̄ (_)) ̄(.)) ̄    し' ̄(_)) ̄(_)) ̄(_))


         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ / 
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ

 更に言えば、この公儀の御役目の他にも、柳生家の当主として、
将軍家指南役として、柳生新陰流(江戸柳生)宗家として、様々な勤めが宗矩にはあったのである。

 忙しくならない方がおかしい。
417 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:27:07.22 ID:jJSHAio0
 そしてそれは、主君である家光や、年寄衆を始めとした幕閣たちも同じであった。
寛永十二年に入り、家光の御前会議の数は増え、年寄達も日々夜々会合を繰り返していた。

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::    ふう…すまん、刑部。
     〉゙゙`'''ニ二 ̄  ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   今日はこれまでだ。
.    /    ""   U  }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::    これ以上ヤったら、
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::   明日の会議に差し支えるからな…ゴホッゴホッ
.     'ーr‐-        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

             _,. ------- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         .〈::f `ヾ;;/ ̄ `):::::::::::::',
          〉ヽ::、 _;;;ヘ {:::::::::::::::::',       …承知致しました。
         ,'::| ゞta゙ ィ=tテア;::::;r‐、::::l      
         .,'::::! `¨:i   ̄´ l::::{b゙ノ::::':,     (上様がたった3回で…!?
        .,':::::::', 〈   u  ll:::トi:::::::::::::,      .どうも風邪気味のようだし、
        i:::::::::::、 _   ,!:::l:::::::::::::::::、     これは相当疲れておられるな…)
        i::::::::::::::ヽ ̄ _,.ィ' |:::j::::::::::::::::::::\
      __l:::_::::::::::ヾ---'"´=-----‐‐‐‐-、
418 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:29:52.67 ID:jJSHAio0
      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l     やれやれ…
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::|    年寄の数が増えて、楽になれると思ったのにねえ。
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/    ホント、上様は次から次へと…。
   ヾ::::::)  l     u. i ー-‐'ヾ:::::::く
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´


              ,. -──¬ー、-- -- 、
           /厂:::: ':::::::,::::`ト、:::: 、:` 丶
           /;--:::/::::::::::、:::::: l::::::: ヽ:::ヽ:: \
         /::::´::::::/::::,::::::|l::::l::i::::: l::::::ヾ:::\::',:`:ヽ
     /´ヽ/:::::´::::::/::::::|:::: |l:::l::ハ:::: li::::::::ヾ::゙::,:::::::`, ト、
     ´::::::〃:`丶::/::::::: |:::: |l`y l、;:ヽ::::::l};:::ハ::`ト、:::、:ヽ
   /厂:::/イ:ヾ:::::::イ::::i::: |l::: |.lL'−ヾ;;;::`:::::!ヽ;:::l:::::iト:::ド::`,
   |:〆::/:ハ|;;:::::\/-、l:::: |l::::: ィ勹Tヾ ヾ;:`:i-‐ヾl::::l|::;i`ヾ:l
   |:!::;::ト::l l;l|::代:::l -' l:::: ト、::lゞユソ   ヾィTjlヾ小:|l::::!  l:l    まあ、そう言わずに。
   |i:::〃;:l l;;l|:{|::ミ;! { !:::: i ヾ!        ! `−´l'l|::::|i:::!  リ   これが仕上がれば、幕府の礎も固まりましょう。
   |:::li';::::l l;;;;l|;ヾ;;`、__ l::::::il        丶 ヾ !;;::::小;| ´    もうひと働きですよ。
   |:::|l;:::::l l;;;;;/ミ::::;;ヽ、 !;:: }il         ′ ';;;,:::l::| !
   |:::|ヾ:::l l;;;;/ハlト:::::::|  `゙     , =ァ /;;/!:::l:;|
   l|::|:::::::l l:/;少;j};;ゞ/          ̄  ′   `゙
  j}::::|,::::::l li´;;;;;;'|!;;/      ` 、     イ
  イ;::::,!`::::l |!;_√ ー--、      ` ー ´
 ´::::;;ハヽソ        \     /
/:::,´_,-ーヘ         ヘ,   | \
|l;/iミミミミミ\     /ミj\ \ \
419 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:30:03.25 ID:Fe/yJY20
体調悪いのにそれでもSAMONと一緒にいるってのは、尻一つを通り越してるようにも見えるな。
420 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:30:57.67 ID:Mh1M4Bo0
長男:柳生庄で引きこもり
次男:別家を立てたばかりでそれどころじゃない
三男:まだまだ若造
そりゃあ宗矩がまだ経ち続けるしかないよな。
421 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:31:17.77 ID:jJSHAio0
 そして、時が過ぎ、寛永十二年六月二十一日。
全ての大名は登城を命じられた。
                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、 _,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ〜v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^〜v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ〜vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、
;;|,-r‐'y';_rllr======V´)、_}ーv'´ヽil~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐スj〜シ'_ノ`iへヽ}v'ケ^〜v、
I;l; _i; ,.t`i、;ll;r======k^〜v__ゝ;く,i|k'_~T"v~「^j,´)、_}~ス、く,ノ_,ク~-{`y´K´ナv^ーヌ_{ソ\ヽく,ノ~i´ナ,、
422 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:36:41.02 ID:jJSHAio0
                                    ____   
                                  /::::::::::::::::::::::::""'''-v
    ガヤガヤ                         .//, -‐―、:::::::::::::::::::::::
           __,       ザワザワ         巛/    \:::::::::::::::;;;:
         /   ヽ        _-=三三三ミミ、.//!       l、::::::::::::: '   「年賀の挨拶でもないのに、
       ,/:: : : : : : : : :\    ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\::::    江戸城に大名全員集合とか…なんだろうね?」
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : \    /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ:::   
     ,ノ'''=',_⌒ヽ::;,:;,:;,:;,:;,:;,:;:;:\  !             | /          :::::
     /  ニ__, ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ|‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U        「今日は何か話があるらしいが…
     k_,-' L'-'ノ  ヽ:::::U:::::::::::::::: |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-             さっぱりわからん!」
    ノ><ニ,) ̄   ヽ::::::::::::::::::::::::: | /           ヽ ""        ,.  
    | Y   ヽ    '!::::::::::::::::::::::::: | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"      
    |ノ'Y''yェ、 \   :|:::::::::::::::::::::::: | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"    「ウホー…」
    {_.ニニ,_\__>/:::::::::::::::::::::::::: ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄  
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~       
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 厂|  厂‐'''~      〇   
/:::/⌒''i、_,ii''''''''⌒'''''''\::::::::::::::::::::::: | ̄\| /             
                   大名の皆さん

      _,..--------..._
     ;(         );
     | `` ------- '´´.|    何をごにょごにょ言ってんだ。
     |⊂⊃  ⊂⊃  |   あと一刻もせずにわかることだろうが。
((__))  ,|、__     _,...--'7
 ||  / `--`-v--'´--''´~\   ほれ、年寄衆が出てきたぜ。
 ``=|,,,,,;;       ;;;;;;;;; ;;; >
   └'´|;;;;  O   ;;;;;;;;;;;|`'||
423 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:38:56.10 ID:jJSHAio0
                    _,,. ..,,__
                ,.-‐':´:::::::::::::::::`ヽ、
               /:::;;-、_::_::::::::_::_::-、::ハ
                 l:::::i  ' ゙|"´) !  ';::ハ
               !::;',,.-、_  ,,.-‐-、 ';/     えー皆さん、御苦労様。
               〉l ´ ┰゙ ゙!  '┰` y、     本日、お集まり頂きましたのは、
               { !、 ` ´ |  ` ´ イソ     .新しい法度を仰せ下すためであります。
                ヽl     L     i´
                ,,..ハ   __ _   ハー、
            ,,、-'´:.:ハ 丶   ‐  / !:.:`≧。-、
        ,,..-f´-゚‐´:.:.:.:.:.:.l  、ヽ、_ /  i:.:.:.:.:.`ー':.:L`ヽ、.
      /゙〈"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ▽,〈;;;;;〉、 ▽/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7´::ヽ
     /::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ヽ' 「;;;i `",':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::ハ
     !::::::::::::::ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l]]|    |;;;;;!  ,'l]]:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::ハ
      !:::::::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!  l;;;;;;;|   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::|
     ,':::::::::::::::::::::ヽ:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ!;;;;;;;」 -´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::::::l
    ノ -':::::::::::::::::::::ヽ:|_:.:.:.:.:.:.:.:.,.‐´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┌ヽノ::::::::::::::::::::::`i
    〉::::::::::::::::::::::::::::゙| o├--――‐:.''':.´ ̄ ̄「| o |ヾ::::::::::::::::::::::::::!
    /::::::::::::::::::::::::::/ヽ. /:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:`":.:.:ヾ:::::::::::::::::::::: ハ

                   __,..__
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!     今ある武家諸法度…
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1    これを当代の時世に合わせ、
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!    .改定したものであります。
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!    以後、これに従うよう、心がけ頂きたい。
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1  
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|    では、林殿。
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }

 そうして集められた大名達の前に幕府重臣達が現れ、
そこで、従来の「武家諸法度」が、家光によって改定されることが伝えられた。
424 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:42:58.39 ID:jJSHAio0
                             __
                       _r─=ニニ ̄`¬、__
                   __     r仁二ニ ¬、 `丶、 ト、_
                '⌒ハ(´ _/`¨^ヽ  `ヽ、 、 、\ l└t、
           -=ニ ヽ r'人)'⌒'<⌒ヽ `ー、 ! 、  } ハ ゙l 、 ,八
               > 〉{し'⌒ミヽ ト、 ヽ _乂ー'^¨¨ヽ、i} |l i} }}
               〃 〈 〈 (⌒ヽノ ィヽ \ 广´   ::   ´ヾル1 l 〃
                {辷卞-`ー‐く^Y ハ ト\f″   :::        `"^^i  
               '´ ̄廴r==ミ、|{ (_j Lハ l   ;:::             '  
             /⌒ト-'_/´ ̄ハ ヽ'   H、 ヽ、   ::j} u   /  
                   _>┬ンミノヽ  / へィ^>;、 y' ノ /:' !   
              f´   l l     ' ! i ニ{ {ー'ノ }K__,ィ斗孑;′   ええ、私の出番ですねぇ…。
              ,  '´|     l l    |   ハ」___`二フ' 7¨7辷ソ/    では、皆さんに新たなる法度を
         /   |   l ゙.   ∧ {  ‐r_‐  r_ゝ'__∧_/     .披露致しましょうか。
.       /      l    ! 、 ′ \  ト卞;、_ヽ-'/´      .ククク…。
     /       '    l  ヽ     ヽ ヽ` ┴'‐'フ′ 
.    /     ::::::::::::... ,     l  \.ィ'了ヽ、 `  ̄/ 
   '        ::::::::..  ,     l  /く /l  l`  ̄ヽ  
 /            :::::::.  l    l/::;;j|′l   l    ハ  
./           :::::::.   l    l::::::::|  l   !     l 
             :::::  |    l:::::::|   l      l
 ─− -   _     ::i  l      l::::::l  |      l
 ̄ `       Y   l |  |      l::::::l  |     l
                   林羅山
                (はやし らざん)
425 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:45:01.53 ID:jJSHAio0
           ,         __ ,-、__  __
      ,イ   / { /|,..⊥-く`Y^ | 〃 {7´rヘ
        | ヽヘ. l| ソ‐く._ _,>='''""``''=<,,/,フ7'ヽノ} ノ|,イ
  /|l i.ハ ∧   r'⌒ヽ / ,. ィ''"´ ̄「丁` ''‐ 、`ヾ、/r:=_<ノ ノイ   ,
  |l | l、ヾ;、.イ ,二'7/ /ヽ. l     | {    ,ノ`ト、 ヽ',.-、,| / / _,イ/イ
  |!  '、`'=,ル'⌒/;' ,'   | ヽ.  j !  /  /.:.::゙, ;;Y=ニユ,彡',/ ,ノ.,ィ
  |ヽ \_/ ´ ̄l;;;! ハ.   l ,. -;_Y、,..ヽイ_ ,ノ:.:.:.:,ハ ;;i二ニ-、!_,,.イノ:,'
.\.l、`'' / /,r三;];;l ,' .\.:.:.:`|.{i;/、 , i  ヾi; Y:.:.:/ :i ;l三ニヽ. !/ //       ハイッ!
 `'ー'"´|/ {-;rヘ|;;l |  ヽ\.:::ヽ;、. x'、iY_ノノノ// ::| ;|/^!\`Y-;彳'       .これが、新たなる法度ですッ!
`ヾ;三ニ'|   |,ハ |;;l |::   `ヽ{_二I,><r'ニ´-'´   ::| ;;|イ ト.',.ヽ|'´ _/      それでは読み上げますからねェ〜。
 \`ニ-1  |.! ゙||;;l |::      >-‐i| (U) |!-〜     :,' ;ハ| 川| /_`,ニィ' /    
、\、二ア .八V:|!;;l ト- ..__..=テ7〉><゙Yヽ=、,  _;ノ /jノ,ハ ,!{'ー '´∠イ     一つッ!
 \_.二´,ノY |;;;i Y^ヽ、_>'//.:::「l!|:::.|.い/ ̄ / //,.仆;ミ、.二´∠イ     「文武弓馬ノ道、専ラ相嗜ムベキ事ッ!」
 //ヽ--‐イ^`|!;;;'、 ヽ⌒'ー'='二:j l |ニ ヾ` .:/ ,イ/K\ヽ、..二 -'/\
  /     ,/  l l::::ヽ.` ‐- .__ _ノ .:! ヽ._.. - ´ / ,/ j 「`'ー― '「     ヽ    一つッ!
../     / /   l l:::  `` ‐- .._ ̄ ̄_,,.. -‐ ´ / /  |     ヽ       「大名・小名在江戸交替相定ムル所ナリ。
/     / /     ヽト、v;---- .._ _  ̄ _ __.. -―v彡′ |       l        毎歳夏四月中、参勤致スベシ。従者ノ…」
      / ,'        \ニr_=_=,、ハト--仆;r_=_=;ァ'ラ′  |         |
    ,'  i           ヾ‐t,_'´ィく| ̄|,ハ``_ァア´     |       |
    i   |             \``'ヘ[,,]/'"´/         |         |
       |            ヽ----;イ         |       |

                  ____    、ミ川川川彡
                /:::::::::::::::::::""'''-ミ 三      彡
               //, -‐―、::::::::::::::::::::::三  い  ま  三
               巛/    \:::::::::::::::::三  い .ず  三
    _-=三三三ミミ、.//!       l、::::::::::::::三  か  い  三
 ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\:::三   、  :   三
    /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ三   .ま  ど  三
    !             | /           三.  る  .う  三
   |‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U   三.   で  返  三
   |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-        三   わ .せ  三
   | /           ヽ ""        ,. 三   か .ば  三
   | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''" 三   .ら     .三
.    | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'三   ん    三
    ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄       彡. !    ミ
    ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~             彡川川川ミ
      厂|  厂‐'''~      〇
    | ̄\| /

 そして、新たなる法度を林羅山が読み上げ、その内容を諸大名に聞かせた。
426 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:47:55.64 ID:jJSHAio0
 そして羅山が法度を一通り読み上げた後、
家光が出座し、諸大名に法度を守るよう、あらためて命じた。

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ       皆、今、羅山が読み上げた法度は聞いたな?
             ト.i   ,__''_  !       今後は、この法度に従うんだぜ。
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、   これからは…天下はこの俺の決めた法度(ルール)で動くんだ…!
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|

         _.. -‐‐- .._
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` - .._
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` '"~` ‐- .._
       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      ';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,、-‐‐‐- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      \:.:.:.:.:.:.
         ` ‐----/         =ャ:.:.:.:.
   -‐‐‐--- ..._   i!           ヽ:.:
   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、i!             ヽ!    ヒソヒソ
   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!    /  /      |   (なあ…さっき林殿が読み上げた法度、
   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!  ,、/- く-='''フ         理解できたか…?)
   、.:.:.:.:.:.:,、 '"  ̄ `i!≡リ"'"゙´ `‐ '"     
   ` ‐/       i!"/
     /        i! ヽ _..._     し       ボソボソ
    i!、  ,、_,、___   i!  `               (いや…実を言えばさっぱりだ。
    〉= "" ゙-"‐゙"  i!   ,、= 、           後で年寄衆に使いを出さねえとな…)
   i!ノ            i! ヾ-‐== )
   i! ヽ- '"    u   ヽ └‐ '""´
   i! 'r‐-、        ';, """´        /
   i! ゙"""        ';          /
   .i! ""゙         '',,,      ..::: /
    i!            >- ........:::::::::/     /
    .ヽ .. .........::: ' '    /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヾ      /
      `'''Y'´    /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.',  /
              大名衆

 尤も、大名衆たちも、この法度をすぐには理解できず、
後に、年寄に内容を問い合わせたり、法度の文面を写し、国元へ送らせるなどしている。
427 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:50:07.71 ID:jJSHAio0

 ただ、その後、家光はこのように続けている。

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     実を言えばな…最近体調が良くない。
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |    俺には子供がいないし、養子も考えねばならんかもしれんが、
 |'. (|       彡|          |)) |    その間にも命が尽きてしまうかもしれん…。
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/      だから、この法度を俺の遺言とでも思って、
   .|゙      、,.−-‐ 、,,     |       必ず守るようにしてくれよ?
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |

 事実、この時点(32歳)でも、相変わらず家光には世継ぎどころか実子自体一人もおらず、
また、この年の四月頃から風邪を引き、五月半ばまで物もろくに食べられない日が続いたという。

 そのような危機感が、このような一種気弱な言葉を出させたと思われる。
428 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:51:07.53 ID:Fe/yJY20
ああ、参勤交代か。
そういえば、これが義務化になったのって今回からだっけか。
429 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:53:14.62 ID:jJSHAio0
/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     _,r==\-ヾヽ、/∠=-、ノ
.(子がいないって) |    /彡=⌒`ミミ゙ヽi;!!/''彡ノ;;、_
  そんなん    |ヽ、 _,彡'´彡;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;; /ミ‐-、;;;;;ミ、
  アタリまえ    |ヾミ三'/彡'' 彡;;;;; ;;;;; ヽ ミ‐-;;;;;ミ
  じゃんッ     |ノ;;;;;  彡'  .ィ;;;;;;;;;;i il ヾ\ \、、ミ=彡
           |//iキ// /彡;;;;;; ノ;;i/;;;;;;ヾ、  \、ミ=、、
ヽ、___ __ノ 彡ミi//ノソ クノゝ/;∧;;;;ヽ、ヽ ミキッヘ
      ヾ=-    彡/ノ彡iゝ=彡 ノノ ヽミ=ヽヽ-《;;;くキノ
         ./⌒/ノ/(゙'i ゝ ‐-、ヽ''´゙ヾ=二`ヽ´ .!!、,ミヽi、ヽ
        /   !' i リゝ!ヽ (゚_)' ,   ',。、`ヽ ノ / ノリノ`\
       /.     /`リリ|    .i    ゙ー'‐ '  ./‐イ' 'ヽ
      ./    /  ´'' i  、_ (_,,    .   /  |  i,
     /    /, -、  ! ``ー―‐=ニヲ  ./  .ノ::  ヽ
    /    '´´   `ヽヽ ヽヽ`ニ彡/ ./ ./:::   \   
    /          ノ \. ヽ二´ '´    /r-=ヘ、__  ノ
              `ヽ  ヽ ー‐'´ /  ,/  i::      ノ
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒○⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
                     ○
      -=ニヾヽ:Y:::::彡‐---- 、  。
    彡´:::::::::.......::!:..:. ...::::::::::::::::ミ、。
   ノ彡.. .:::.. .. .::::::::::::::::::::::..... ::::.. ::.:::ミ
   |':::...:::::::::.. .: .::.:::. !:. :.:. :::::::::::....::::.:::ヾ
   !:..::::::::.:.::/::::;:::l!:::!:::::ヽ,.-‐:: :... :::::::::ヽ-'
   ノ: ..::::::/!:::/}:::!!::/ヽイ、ヽ、_:::::::::....::..::ヽ
  !:::::::l:://〃/ノl://,イ○`ヽヾ`` :::::::.::ト、
  :: ::!リ``≧、、 /' `  ー ''"´ ノ!:!|:.|:. ::::!   (…ってツッコミてェ〜。
  ヽ:.::l イ´○ノ`i         リノ:;、:::..:::}    風邪はともかく、あんだけ衆道一直線じゃ世継はなァ…)
 ヽ:::l:::::ト``´  ,}...        /イ) 〉:::::リ
  ソ!::l:.ヽ   ヽ._ ,.-    lj '´ !'/::::::ト、_
   ノノ'!:::{ヽ     __.._ ・     /`i::::::::`Y
    イ:::`'ヽ   イ_ .. -゙'     , '  ヾーr=
    ノイ:::::::::\   ー '    ,.イ    |! ',
   ´  ヾヾ、::::`ト、       / i     /,! !
        ノノ:::,ト、` ー-‐ '  |   //  |
         -イ{ ',  ヽ   i /  i  | |
         /i l !、  ヽ._ /   !   ! |
          / { | !、__,..ノ´      !  ゙'
      ,.イl   l ト-- ‐ '´      !
          細川越中守忠利
    (ほそかわ えっちゅうのかみ ただとし)

【以下、その時の事を記した細川忠利の手紙(原文)】
 「上意には、何も存知のごとく御直子御座なく候、明日にも誰々によらず御養子なされ候か、
  また、その内御大事も御座候はば、御遺言にも仰せ置かるべく候この儀、
  相守るべき由、仰せ出され」
430 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:54:43.15 ID:voJ.cAQ0
豊家と違って成人に達した血縁者が豊富で
いくらでも代わりがいるってのはてぇしたモンだ。
431 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:56:31.08 ID:jJSHAio0
::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l
.{ i、               l    |     (だが、これで俺の…徳川の天下を固める仕事はまず一段落だ…。
 、 `                   |   |      この法度が徹底される限り、幕府の権威は揺るがん…!)
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l
:::| ` ー,                 ´     ,'
/    、      `- -‐─‐- ′. /
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-

 しかし、この時改定された武家諸法度…即ち「寛永令」の各条文、
特に、新たに追加された

 ・ 大名の参勤交代の制定
 ・ 幕府の許可なく軍を出すことの禁止
 ・ 各種儀礼や建物の造作を簡略化
 ・ 各大名が私的な関を設けることの禁止
 ・ 諸藩の法度より幕府法度を優先すること、及び、そのことの諸人への周知徹底

 これらの条文により、「武家諸法度」は、幕藩体制の土台となる条文たることを確たるものとし、
以後、更なる改定を経て、幕末に至るまで生命力を保ち続ける事になるのである。
432 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/22(日) 23:58:55.46 ID:.DrqA820
後の世のために、今命を削ってと。
……これが、子作りと並行されていたら、云うことなしだったんですが。
433 :1 [saga]:2010/08/22(日) 23:59:13.09 ID:jJSHAio0
                           /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                           (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
                           .l `'^'´ ..: :.: :. }::::::::::::::::::i
                           ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|    幕府の頂点はあくまで将軍家だ。
                           !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|   それはハッキリさせておかないとな。
                           .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ::::::|
                           ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、:::::l
                               i==-  .:..:.:イ   ヾヘv
                              , ゝ...:.  _,.ィ  i ,.'  }  ` 、─────────┐ 、
                             , ´  ゙'ーイシ″ ,  /.:. .  `  .///////////////}||ll\
                         ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                       /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ///// }||ll|ll|}
                         /  _,. イ      ヽ / -‐              '/////}||ll|ll|}
                       /    /  ,                  、         '////:}||ll|ll|}
                     /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.///}||ll|ll|}
                         /     / /       ,′              ,::..         V//}||ll|ll|{
                      /      ′:′        ′           /;ハ:.:.        ∨/||ll|ll|{
                    /     .::' ..:.:{       .:i         ..:.:.:/:.:..:ヘ:.       ∨||ll|ll|{
                     , ′     .:.;:.:.:..:.':..         ‘       ...:..:.:.:./..:..:.:.:∧:.       'l||ll|ll|{
                  ′     .:.:j:..:..:/ !   ::...        ¨"´  ..:..:./..:.:.//∧       l|l|ll|{
                    .: .:..:.:;'.:.:; ′}   /    \       .:..:..: '.:.:://///ヽ       'l||ll|{
                   ‘.  .:..:..:://   }  /  .:'    ヽ      ..:.::'´..:.://///// ヘ __    'l|l|{
                 } ..:.:.:.:∠   -─}          }      ..:.:.:.::///////,.. ´  `ヽ  'l|l{
     ,.. . _      r─…   `ー‐匕.    -─,      }:.            .:.::_;厶 -‐ ''"´          'l{
  /    ` '   L._::{f¨ ̄三三三三三三,′    !:.:.        .:.:/                 j
 /                  ` <こ三三三三ン    .::/       !     , ′   .:}. -──…… ' 二二|
./                       `   、/  {     ′       j  / /   / / ̄ ̄三三三三三三|

 また、後の話になるが、この年の後半に行なわれた幕府機構の制度改革により、
家光は、新たな職(寺社奉行、勘定奉行、留守居など)が設置した。

 また、それらの職には複数名を任ずること、及び、一月交代の当番制の制定などにより、
特定の人物への権力の集中を防ぎ、また将軍家が自ら直轄できる体制をも作り上げている。
434 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:01:35.74 ID:SCGW.X.0
                       _ .............. _
                  ,:::´:::::::::::::::::::::::::`:::.、
               /::::::::::::::::j´ ``^~'Yy:::〉
                 {:::::/¨Y:イ =ミ、、ノリY
               i::〈そミソ セオこ` ,rj
               l::::ヽ)          {j′   (権現様…家光は二世権現として
                  从:八     、_ ーイ     存分に働いておりますぞ…!)
               〃"   ヽ   `こ´ /
               _/      .:\    /
           ,.イ.:       :≫≠ー-く
          //             ヽ
          / .:/  :.              ',
       /.:  ;′ :..             i
       ,'.:.:  i   :.:.              l
.      i   l      :.:. ヽ   :.:    .:.:.ハ
.      l   l :.:.    :.:.. }      .:.:/ :}
.      l   l  :.:.:..    l         .:j  i
.      ハ:.  ';   :.:.:.:.:.. /l        ;  ;
.      ' ヘ   :.  :.:.:.   l       八:ノ
.      ′ : ヾ:.:.. ヽ:       l       .'  i
    ,′  .:.Y .:j     l      .′.:.!
.    ;.:.    .:i       ;  l     Y   .:j
.    i:.    :∧  ;.  ;:. l     ヽ .:i

 こうして、250年に渡って江戸時代を支えることになる「幕藩体制」は、
この時、家光によってその礎を更に強固なものにしたのであった。
435 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:03:13.43 ID:SCGW.X.0
               ____
            ,. :´r=ニニニ=x `: . 、
             /: :/ : :_____ : : ∨ : :ヽ
           /: : :/´ ̄        ̄`∨: : : ',
        /: : : ;'             ∨ i: : :!         というわけで、随分後になっての登場だが、
         /.: /: :| / ̄`    ´ ̄ \|: :|: : :l        私らが今回の解説役だ。
          |:.:.:| : :|  __、    / __  |: :|: :∧     
          |:.:.:| : :| ,f'´テメ    ,f ヤメ |: :レ'、: :\       …これだけ長々とやってるのに、
        ∠|:.:.:| : :| 弋zソ    弋_メ |: :|.:人: :「`      この話にけいおんキャラが出るのは
          ∨:| : :ト、、、、、   '  、、、、 |: :|'.:.:.:ヽ|       これが初めてなんだぜ?
        ,r´〉, :从      ,、    小 |´ ̄ `ヽ   
      r'´` ヽ∨」_>_      イ |: :|::::::::::::::: }      そういや、先輩格のらきすたのキャラも、
    /二   ./´::::::::::::::::::::: ̄`¬=ー┴┴―-- ミ卜、   まだ一度も出てないんだよな。
.    /´:::::`ゝ、. {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::: ハ  


                       .....      ,.  ´ ̄ ̄     、
                              /            \
                             ´    l         l ヽ  ヽ
 まあ、それは話の都合だろ。         /   l  l  |       | |  ハ
この>>1は、男性の人物に女キャラを    ′  l | | |    | |   l |  i
当てはめるのは苦手だし、         . l l  l l l 八ト   l | |   | |  |
柳生一族の話には、           ... l |  | l |/ | `ヽl | |   | |  |
殆ど女性が絡んでこないからなあ。  .... | L 丁ノノト  l  ´]_丁 |  }ノ  |
                       ..... |  |V 灯仍     f広刃!  ハ l  |
 まあ、柳生に限らず、歴史系は      |ハ  込リ     込り |/|}   |
比較的女性キャラ少なめの傾向が  .....    | ∧""   ,    "" |  lノ l  |
あるけど…。               ......    | ∧     __      j|  | l  |
                       .....    | l  ト 、     イl |  l l  |
                             | |  |  }>r-< /V  ノ l  |
                             | |  |_ム∧r-く  / /、  l  |
                            ィ´ /,/ 〃´ ||.  ∨ /  ト<  |
                          / |   {/ {{  ||  /  /  |   `  、
                         ノ  |  /ヽ ゞーァ介ァ  / r-┘     }
436 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:06:01.83 ID:SCGW.X.0
             __
           ´      `
       /  ィニニニニニニト、 \
.     /   〃 /_  ll  ⊥_ ヽ  \
     /  / レ'´  ` ̄´    `ヽ|   ヽ
    ,  /   |             Y   l
    i    |                |  . |    
    |    |´ ̄`ヽ    '´ ̄` |  l |       ま、その話は別にいいや。
    | l.   | ,ィ≠r    r≠ミ |  l |      今回の寛永令の事で、一つ補足があるから
    | l l  | 《 {_ノ}     {_ノ} 》|  l |      私らの出番が来たわけだしな。
    | l l  |  辷ツ     辷ツ |  _r v、
    ノイl l 从 ""   '   "" 从 |l || | 、     そのお題は…「参勤交代」だってさ。
     ノハl  |、    { ヽ    |   | | || |||
      ハ  | > 、  `¨    く| 「l | | || |||
        \|ハ rl` ー‐ ´ハ ノ|ノl {ノ     !
            イ \   / | ト--| 、   / |、
      _. - 7 | ,ィ夲く | l  ∧ ヽ ′ ハ ヽ
    ,.'´   /  |〃 }{ ヾ. | | /{ ゝー‐く } }
.   /      〉 .|{{   l!  }}|〈 〈 ヽ 二二 ノ /

                                   ___
                                ,イ:. :. :. :. :. :. :. :. .、
                              /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : 、
 参勤交代か…。.                  /:. :. :. :. :. :. :. :. :. : i:. :. :. :. :. :ヽ
確かに、この寛永令の特徴としても   .    ,:. :. :. :. :. :. :./:. : : : l' 、:. :. :. :. : :ヽ
よく引き合いに出される事項だが        ,:. :.i :. :. : : : /!:. :. /! ! ii、: : ヽ:. : : '.
それだけで話をしろと言われてもな…。     l: : l:. : : i:. :/_l:._:_/イ:.!  !_'.: :. '.: :i:. :l
                            l: : l:. : : ll / l: :/ l/l  j j:ヽ:l : ll : l
 じゃあ、まず話の取っ掛かりとして、 ...   l:. :r! l: : ll/了不  '   ,r‐弌':l: /!: :l
参勤交代がどういうものか、       .   !:. :!l :ヽ: l `弋ノ     lr'j '/ヾ': !、:l
ひとまず言ってみてくれ。             l: : `!:. : `l、  ~        `' /:. :l、l、/|
                        .   l:. :. :l:. : : l       `   ,':. :. ! l ' j
                           l: :l:. :l:. : : lヽ   ‐- ‐  /:. :. :l j
                        .  !: :l:. :l:. :. : !、 > _ イ: : l:. :. :!'
                          !: :ll:. :l:. :. : l ヽ  .'ヽ: :/!: : !:. :. l
                        . /: : ll/l : : ll:l、.  `ゞ'、l.ヾ、l:.:/!:. :. !
                        . //!/  l:. :. ll:l '、 /〉'/R、 ヾ、 !:. : l
437 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:08:15.72 ID:SCGW.X.0
            .. ---. . .._
          , イ´: : : : ----- : ミ: . .、
      /: : : :/'´  ___  \ :\
      / : : : : :/ィ ´ : : : : : : }: : `ヽ.`Y: :\
    ,ム: :/: : :|: > --ミ、}:.ノ: : : :, ノY: : : : }
   /1: : ′: : :|⌒     `´ ´ ̄ ` ー|: : :i /
  /′ ! : i : : : : | u              |: : :|廴__
     |: }:|.. : : :|\        ノ  |: : :|    
     |:/ !: : : : :| -__≧ー'‘ー≦__-  } : :,{       ええと…確か、
    i! :ハ: : :i: :|弋j:_歹   弋j:_歹} .′:小.      大名が江戸と領地を行き来して…
    }'.人': :∧:{ ー '    , ` 一 ' {リ:/ |: :\
    /.:.:,:ハ: : :ト '''         ''' イ:. : トー‐`    …それでどうなんだっけ?
  /イ ノ彡'. : |> . (  ̄ ` ⌒)  ...ィ:.: : :厂`
       }ヘ: {:.:.:./下、 ブ爪::::::.:|:.: :.ん、
       {:.:∧|:.:〈:.:.|,ィr'く i::::.:{:.:.: |: :/:.:.:.:}
      |:{:.:ヽ:.:.〉:l/,Yi. ト.!:./:.:.:.|/:.:.:.:.〈
         }:.:ヽ:.:.:/:./ { |l! | |ヽ:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:}
         |:.:.:.:}:.:.|:.:ト、人_j |:.:.〉:.i:./:.:.:.:.:.:./
                             .               -──‐-
                                     ,. ´: : : : : : : : : : : : `   .
                                     /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ
 諸大名は隔年…つまり一年おきに     .        /: : : :.〃:. : : : : :.:.:.|: : : :.ト、: : : : ' ,
江戸に赴き、将軍家に挨拶すること。       ..      /: : : : /:i: : : : : : :.:.:,'i:.:. : :.l ト、: : : ::',
上洛後は幕府の指示に従い、                l: : : :.:.l:.:|: : : :|:.:.: ,'7T /ヽ:l }__',:.}: : ::.
決められた勤めを果たすこと。           .     |: : : :.:.|:.:|: : : :r=vv _j/ /′   jハ:.}: ハ
                             .     |: : :.::._|:.:l_{: : :}仔不ト    ,ィfテアjノ: }:::.
 大雑把に言えば、これだけだ。        ....     |: : : :{ |: : ::\代辷ソ     ,以}/ ハ: :.ト、}
条文にもあるだろ?                ..     |: : : :,ゝ: :.::::::|`         , `¨ {:::「¨
                             .     |: : : i:::| : :.:::::|       _    ,′|
【武家諸法度(寛永令) 第二条】        ...     |: : : l:::|: : :.::::ト、    ` ′  イ:.:.:.|
                             .     }: : : l:::|:. :. :.::| `  . __ < : :|:.:.: |
『一、大名・小名在江戸交替相定ムル所ナリ。      /: :. :.j:::|:.: : :..:ト、    i:ノ}  ',: :|:.:.: |
   毎歳夏四月中、参勤致スベシ。       ..    / : :. :.ハ::|: : :.:.:.|    >{〔´   i }: : :|
   従者ノ員数近来甚ダ多シ、             /: :/>''´ |: : :.:.:.ト、 ./`¨7_`ヽ ムイ:.:.: |
   且ハ国郡ノ費、且ハ人民ノ労ナリ。     ..  ,. ´     |: : ::.:::lハ/  /i iiヽ ハ>ヽ::ノ
   向後ソノ相応ヲ以テコレヲ減少スベシ。 ......  ,′-     |: : ::.:::|>`Y´│ト、.', }   `ヽ
   但シ上洛ノ節ハ、教令ニ任セ、      ....  l     ヽ   |: : :.::::ト、   \jイ ハ V  │ i
   公役ハ分限ニ随フベキ事。』        ..  {       ',  {: : :.::::{ \   l i ', V V .}
                             .. /j       ',  ',: :.::::ヽ   \. j | .j_,}  ヽ{
438 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:10:42.78 ID:SCGW.X.0
            ___ _   て
            イ/===\`丶、 そ
         /: : :リ´ヽ`´/ ヽ: く
.         j: : : :|ァぇ   ィぇ.ト: :',      あ!思い出した思い出した!
        <: _| : 代リ  ヒリ |: :│     あと確か嫁さんと子供は江戸に
       ∠ い: :.ゞ r‐┐" 八 :|     人質として置いておくんだったな!
         |ハ: ト ゝノ イ/ V
              /ヽ{\又「:^ヽ   /    江戸の生活費や毎度の往復にも金が掛かるから、
.           \{:::::::: ̄ ̄\:::〉 /    これで大名を金欠にして、
           j\ーッ-、::::::/^フ      幕府に逆らえないようにするって話だったよな!
          /::::::(⌒}}_>ヘ‐’
            /:::::::::::〉く丁::::::|

                               ____
                              ´::::::::::::::::::::::::::\
                                /::::::::::::::::::::::::::、::\ :::ヽ
 そうだ。          .              '::::/::|::::::::\_::::::| :: |::::::::',
それが参勤交代の                |::::|::丁::::::::´|\::|:::::| :::::: |
一般的な説明になっている。 .         |::::|::::| \_:斗ぅチ| :::ト、::::::|
                           |::::Vrテト  弋::リ::T_ノ::::::|
 ただ、当時の記録を見る限り、           ヽイ 代リ      |::::|:::::::::::|
どうもその解釈だけでは  .....            |:人   、  |::::|:::::::::::|
収まらない部分もあるようなんだ。          | ::::::≧ーr</|::/ ヽ::::::|
                              |:::::/Y V双/〉|::|  }:::|
 その辺りの事を補足してみようか。       /:::/ f7<V⌒|::|  /:::::|
                              |::::{ `{_  ⌒゙|::|/ ::::::|
                              |::八___>─ |::|::: |:::::::|
                              |::|: /       |/∨|:::::::|
439 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:12:54.61 ID:RRe/6Oco
ほほう
440 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:13:35.47 ID:SCGW.X.0
                             ....           , - ‐ ̄ ̄ ̄ ` :-.、
 まず、                    .    ....         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             ....        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 「諸大名の力を削ぐ為に、        .    ....       /:::::::::::::::::::::::::::::::〃|:::::::::::::::::::::::::::i
  参勤交代を制定した」                .       |::::::::::::::::::/ |::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::|
                             ....       |::::::::::::::::::|::::|:::::::::|  i::|\::::::::::::::::::::|
 というが、これだけを見ると、            ..      |:::::::::::::::::|_.|::::::::| ´|:| ̄}:::::::::::::::::::|
この法度が出たことで、                .      |:::::::::::::::::|  |::::::::|  .V ,_,,;vi::::::::::::::|
初めて諸大名が参勤するように                  |:::::::::::::r ,ィ=x、ヽ"   ィ'んハミ'.}::::::::|ヽ:|
なったようにも読めるが、              ...      |:::::::::::::}" んハ     弋::ソ |:::::::| 〉|
それは正しくない。                  ...      |::::::::::::::i 弋:ソ         .|_::::::|/::::{
                             ....      ∧::::::::::::i      .      / |:::::|:::::/ }‐- 、_
 実際には、家康存命中の時点で、         .     { {:::::::::::::ハ          .| |::::|:::/ /:〉./.} 〉
既に諸大名達は江戸に妻子を置き、       ...    _ィ  |:::::::::::::::::ゝ.    ‐   ./:| |::::|/ ./::i/ /  }
頻繁に江戸と所領を往復しているんだ。         〈 |  |::::::::::::::::::::` ≧ _  < |::::| |:::/ ./‐/ /  /_
                             ....    { |  |::::::::::::::::::::::::::::|_     |::/   "‐' / //
 そういう意味では、                  .    ゝ |  |::::::::::::::/ ̄ .ゝ`ヽ_  /       ゞ/、
この法度は、現状の追認に過ぎないと言える。      { ヽ  i:::::::::::|── 、 \  ̄        /ヽ ヽ
事実、この法度が制定される前から、      .....    ゝ  \ |:::::::::|ー-_    ヽ         /|  |  |
「江戸へ挨拶に来なかった」という理由で、   ......    /\  \i:::::::|     ̄ ̄''' \      / | | .|  |
松平忠直は改易を受けているわけだしな。   ......   /   \  |::::::|         |:::ー‐ --ー' //   }
                                /  |  ∧ 八::::|         {:::|ゝ>-</    /

                     ,.ヘ..,, -‐…‐- .、_
                    / 厶ヘ、 ̄ ̄`ヽ,,i \
                 /   /^´ ``´´´ ^ |  ヽ
                  /   / \、  , / | /
              / . : i ァ=ミ     ィ=ミ、l / i  !
               i  : : |〈 r':::}    r':::} 〉′i !|       じゃあ、なんで法度に記載したのさ?
              /  : :| ゞ゚′ '  ゞ゚'' / i ! 八      あってもなくても参勤してくるし、
                / . : : : ハ ""      "" ,′ i |): :.\    こなかったら罰するっていうなら、
                ,′{: : V八   `  ´  从 i | : .\一   わざわざ法令化する必要ないんじゃね?
            {  乂: :〉 /`ト 、      .イハ | く⌒ヽ
               X´ ̄`¬≠\ ー  i´: :{⌒ヽi⌒
              /       ハ  \  √`ヽ  丿
          /      /  } /ヘ/∧
        /        > |く  /介ト、',
       /        八  |  //ハ V`ヽ、
      /           \| '.〈/ ハ 〉 i| ヽ
.   /             | ヽ/ j j リ  }
441 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:13:43.73 ID:/rDdAJso
そこまでマジメにやるんならまず女を抱けと。

このあたり、細川親子で手紙山ほど往復(すぐ返事しないと親父がスネて怒る)
してるから、妙に細かい所の記録があるんだよね。
442 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:16:01.36 ID:SCGW.X.0
                            ..             ....':::::::::::::::::::::..、
                                        ,.'::::::::::/|:::::::::::、::::::ヽ
                             .          /::/::;イ! |::ト、::::::|:::::::::',
 それが実は逆なんだよ。             .          ;::::|:::ハ  N _ミ、::|::::::::::|
どうも記録を見る限りだと、                      |:::::|<チc   't'゚ソ|::::|:::::|
                            ...         ト、:::} ゝ' 、  ¨´ム:リ::::|
 「参勤自体はいいけど、              .           |:λ   _    |::::|::::::!
  いつ出て、いつ帰ればいいかわからないから、           |:::::>    .ィ:::::|::|::|
  そこら辺をはっきりさせてくれ」        ...            |::::::::::::::「´ __.」:::::|::ヽ|
                            ...          |:::::::::::_∧/ ノ::::/::::::ヽ
 という大名からの要望が             .           」::::/-ノ |〉}/|::::/` ー‐`、
かなりあったから、法令化されたようなんだ。  .        / }:::| |ノ|,X__/::/   ,-┤
                            ..        | /:/ j/ノ  >::/    /  |
                            ..         |/::j // //::j      j|

              , x z −−ェ 、
            ィ ´z ニニ二ニニz、x `ヽ
.         /  f´_ヘ_xz 、L z .、ノヘ  \
.        /  T´         ´ Y   ヘ
       /    !            i !   .ハ
.       !     !             ! !    !
       |  i.  |  _ ..ノ  ヘ、___ |.!    |
       |  !  | ´           .リ  ! .|
       |  !  |  ,.. ニ     ̄─-- .|  |  |       なんだそりゃ。
       |  i  |ィ´_,...--    ヽ ̄ニ ゙┤  ! .|      じゃあ、大名は自分から
       |  !  |             .!/ |Y j      .参勤したがってたってことか?
       Y ハ ヘ !      ′     /ノ |ノ |
       ノ 人| トゝ           ノイ  /  ゝ
      ノ  Yヘ iヘ    ,, ---.,    /! /|ミヽゝ
         ゝハ .| > 、 ` −´ , < .| /
           , >! ! .ハ`>- < / ! Y〈h、
         /   ド .|  \  /  !ノ〈  \
       /   /  |   rミv´ァ   |  ヘ   .\
443 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:18:32.74 ID:SCGW.X.0
                          ...         -―――-
 そんなわけないだろ。             .      ´/ : : : : : : ヽ : : : : \      
参勤に金が掛かるのは事実なんだから。     // .:.i:.:.:.:.:.|:i:.:.:.i:.ハ.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ     
                          ...   / :i:::::∧:i::::::|:i⌒:ト:::i::::::::::::::::::::Y⌒ヽ
 ただ、当時は参勤の為のルールが     .  ′:::i::‐ト |i::::::N_:: 」ヽ|::::::i|::::::::::::|:::::::::i 
まるで決まってなかったから、            |:i:::::L::」 |i/斗f卞ア|::::::リ::::::::::::|:::::::::| 
江戸に行く時も、逆に帰る時も、          |:i:::::{{下ハ   Vソ |:丁`ヽ::::::,′:::: | 
いちいち年寄に伺いを立てて、         .  |:レイ:i vソ,   ´   |:::|_ノノ::::イ:::::::::: |
判断を仰ぐ必要があった。           .    |:::          u |:::|::::/ | ::::::::: |
                          ...    |:::ゝ   っ    .|::i厂   | ::::::::: |
 これは時間も掛かるし、          .....    |::i|  >:-‐r< ノ::j|   │ ::::::: |
大名達も緊張を強いられる。        .....    |::i|     厶ニフ::ノヘ.  │ ::::::: |
だから、                     ...     j::リ__x勹//   'ヽ  | ::::::::: |
                          ...     //《 ̄/厂/〃    │ }  | ::::::::: |
 「せめて、いつ来て、いつ帰るべきか、      // }∠イ //{     V   | ::::::::: |
  キッチリ決めてくれ」             .   // 〃  ∨::i八      {   | ::::::::: |
                          ...  // 彳   :|::::| ヘ    ハ.  | ::::::::: |
 という声が上がったわけだ。        .. .. /:: {{八    |::::|  ∧   /∧ │ ::::::: |
                            i:::|   〉   :|::::| /〈   / ハ | ::::::::: |

            .. ---. . .._
          , イ´: : : : ----- : ミ: . .、
      /: : : :/'´  ___  \ :\
      / : : : : :/ィ ´ : : : : : : }: : `ヽ.`Y: :\
    ,ム: :/: : :|: > --ミ、}:.ノ: : : :, ノY: : : : }
   /1: : ′: : :|⌒     `´ ´ ̄ ` ー|: : :i /
  /′ ! : i : : : : | u              |: : :|廴__    うわぁ…面倒臭い話だな。
     |: }:|.. : : :|\        ノ  |: : :|       じゃあ、幕府の方は何でそれをOKしたのさ。
     |:/ !: : : : :| -__≧ー'‘ー≦__-  } : :,{
    i! :ハ: : :i: :|弋j:_歹   弋j:_歹} .′:小.       諸大名が緊張して、参勤のたびに
    }'.人': :∧:{ ー '    , ` 一 ' {リ:/ |: :\     幕府の顔色を伺うっていうなら、
    /.:.:,:ハ: : :ト '''         ''' イ:. : トー‐`    そっちの方が却って都合がいいだろ。
  /イ ノ彡'. : |> . (  ̄ ` ⌒)  ...ィ:.: : :厂`
       }ヘ: {:.:.:./下、 ブ爪::::::.:|:.: :.ん、
       {:.:∧|:.:〈:.:.|,ィr'く i::::.:{:.:.: |: :/:.:.:.:}
      |:{:.:ヽ:.:.〉:l/,Yi. ト.!:./:.:.:.|/:.:.:.:.〈
         }:.:ヽ:.:.:/:./ { |l! | |ヽ:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:}
         |:.:.:.:}:.:.|:.:ト、人_j |:.:.〉:.i:./:.:.:.:.:.:./
444 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:21:12.49 ID:SCGW.X.0
                                          ,.  ´ ̄ ̄     、
                                         /            \
                                        ´    l         l ヽ  ヽ
 いや…それがな。                ......         /   l  l  |       | |  ハ
幕府の側も、年寄の仕事が増えすぎて、    ....        ′  l | | |    | |   l |  i
いちいち「その程度の事」で            ...       l l  l l l 八ト   l | |   | |  |
仕事を増やされたくない、というのが      ......       l |  | l |/ | `ヽl | |   | |  |
あったようなんだな。                        | L 丁ノノト  l  ´]_丁 |  }ノ  |
                                     |  |V 灯仍     f広刃!  ハ l  |
 というわけで、                             |ハ  込リ     込り |/|}   |
大名の都合と幕府の都合、            ...           | ∧""   ,    "" |  lノ l  |
両方の都合が合わさって出来たのが、     ....           | ∧     __      j|  | l  |
この「参勤交代」というシステムの成文化だったのさ。  .....    | l  ト 、     イl |  l l  |
                                         | |  |  }>r-< /V  ノ l  |
 そもそも参勤交代は「大名の力を削ぐ」事が             | |  |_ム∧r-く  / /、  l  |
目的のシステムじゃないんだしな。         .         ィ´ /,/ 〃´ ||.  ∨ /  ト<  |
                              .         / |   {/ {{  ||  /  /  |   `  、
                                      ノ  |  /ヽ ゞーァ介ァ  / r-┘     }
                              .     /  / / / |//l l/  /  |     ,     l

               ____,  -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
            /´  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               / : : : : /-―――――‐--:、 : : : : \
                /: : : : /:,.厶-―――――‐--: :|: : : : : : ヽ
              /: : /: :/: ::/::::\Z\/ }/Z : : : :|: : : : : : : '.
          /: :〃: : :,': :./_> ̄         ゙̄丶:| : /: : : : : |
        \  /// : : /l: :/ __\      _,斗ー |:j/ : : : :l: :|     ちょっと待て!
.     ―‐-   /'´/⌒V:│;〃アf心ヾ  ー孑ゥ≠ミ: : / : : : : : l: |    じゃあ、何のために
.    --―     /    V:l小. {ト イ|     f{ノ::Y ∨: : : :.j: : :| |    わざわざ参勤させてんだ?
    _, -'´   {     V: : } Vヒソ     |トーイソ/: : : : ∧.:.:|: |
          ∧      '; : { ''    ' -―v` ー〃: : : : : :/ヽ'; :|: :|     それだと、
          レ ヘ、   ヽ:ゝ ._  f     )′: : : : : /_ノ: V|\|
            \  j/⌒\>ゝ .. _//:.: :/∨: :/\ |     「参勤交代は、
             `/     \ : : :_|厶-―<:::^}/|/         大名家の力を削ぐ為に
           __/  /    マ'弋\: : : : : : : :∨          制定された制度である」
          /   {  /   /  ∨ヘ: : : : : : : : : ∧
           (____`ー{ _,/    |川: : : : : : : : : : :|          っていう最初の説明が
                 `ーr‐ゝ、_,∠ ノ|川: : : : : : : : : : :ト,、        成り立たなくならね?
                  |: : : |   ノ//: : : : : : : : : : : : :\
445 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:23:44.34 ID:SCGW.X.0
                                          .. -─ ・・・   ‐- ..
                                       . ´                ` .
                                    /                     \
                                    ′                    \    \
 いや、無論、大名家の力を削ぐ事も  .....           /                     、   丶 ヽ  ヽ
計算のうちに入っていただろうさ。     ..          ′                 |ヽ    '.      '.
でも、それは普請事業を任せることでも  .        l      ::        ||  i|  ハ! |ハ _ i   '  ハ
代替できる。                  .        | |    :.!      ||  T X/  l!' ハ !   |:.:..| i!
                                   | |   .:!       || /|V /   !/_j-:|  .:|:.:.:|〃
 参勤交代で肝心なのは、          .        | |     ハ     |レ:ニ ミ    ィjラハj_/:::|:.:|
                                   | |    ハ     下ハノノj       トv /:..:.: ト、ノ
 「諸大名が将軍家に挨拶に来る」              | | |    :∧     | 弋zン       `  :.:.:.:.: |
                                   | | |   :|∧ \ ゝ        '   |:::ト ノ
 ということ…即ち、                       || |    弋_ノ`ー ゝ             ハ/
大名が将軍家に挨拶する(=臣従する)事なんだ。   .| |     | ハ   \    `   ´ . ':.:/
そしてそれを法令によって成文化したことで、      ||     |  |      \    ィ´:.:.:/
                         ....       ||     | |  |:  \  \¨ |:::: /:|
 「将軍家は、                .....       | |    | |  |\   \  \j:.:. |
  諸大名の上に立つ存在である」              | | !:   | |  |_ノゝ   \  \:. ノ
                                   | | |:   | | |: : : `…ー` ー‐ ` 一 、
 ということが、                 .         | | |:    |    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
あらためて法によって定められたことが、....      /| | |:   |    ノ: : : : : : : : : : : : : : : :: :/: : i
この制度を定めた寛永令最大の特徴ってことだ。  '.:| | |:   .'    /: : : : : : : : : : :: : : : : : :'': : : : :i
                               l: :| | |:  /     | : : : : : : : : : : : : : : : : :; ー -く
                               |: : | | |.: /   |   |: : : : : : : : :/: : : : : : : : :: ー:、ノ
                               |: : |i 从 V     |  |: : : : :ヽ /:: : : : : : : : : : : : : :ヽ
446 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:26:09.41 ID:SCGW.X.0
                                  .      /                `ヽ
                                        /            |            ヘ
 その意味では、                       ....    /   / \     |  |l|//    ハ
「幕藩体制と将軍家の権威の確立」を目指した       .   /   ∧ヽ  く⌒  | l   | l|///       l
家光…ひいては、徳川家の目標は、            .         ハ ヽ \ ヽハ」 l   | l|////     l  
この制度の確立を以って、ほぼ完成したと言える。   ...   l   l l | V´ヽx≧=ァ| l  |从////      l
                                  .   l 从八|   〃 んハ「| l  |⌒ヽ//       l  
 家光自身にとっても、                   .....   l/| i| ヘ.     弋シ | j ノ|/ l }'//      |
自身の定めた法度によって                ......    レ'Li|l )  ''"´ 〃jイ  i| ノ ノ//       |
天下を治める事になるわけだから、             .        爪        ′ 广爪///      |
これでようやくひと段落、という気持ちになっただろう。        i/ハ く  フ   ,′   ∧/////     |
                                  .       l //∧     ,′ / /  V////      |
 そういう意味で、                      .....       |   /∧ _ イ  / /    V///     |
この「寛永令」という法度は、                        |  ///「  /  /_厶-‐…ヘ///     |
幕府にとっても、家光にとっても、              .       |  ///| ///        ∨//     |
ひとつの区切りとなる法度だったということだな。    ....       |  ///l //            V///    |

                ___
              ,  ' ´ :.:.:.:.:.:.:__:.`  、
         /,:.:.:.:.:./´,, ̄ ---- ,,`ヽ:.:.丶
        /:.:/:.:.:.:.:/´ __ヽ:.:.//__ `ヽ:.:.:.:ヽ
       ,/:.:/:.:.:.:.:/´       ̄   ` i:.:.:.:.:.:ヽ
      /:.:/:.:.:.:.:.,′             |:.:.:.:.:.:i:.',
      ,′:i.:.:.:.:.:.:!    ,   、     |:.:.:l:.:.:|:.i
      i:.!:.:|:.:.:.!:.:.|  -‐ ´     ` ー   !:.:.:!:.:.:|:.|
     /,′!:.:.:.|:.:.!   ー 、     r -  |.:.:.,!:.:.:!:.|     なるほどねぇ。
     //:.:.:|:.:.:.:|:.:li‐r==ミ    ,r ==ァf:.:./:.:.:.:!:.|    でも、まだもう一波乱ありそうな気がするけどな〜。
   //:.:.:.:i.:.:.:.:l:.:|゙弋zソ       ヒzソ {:,イ:.:.:.:.:!:.!
  ∠ィ/:.:.:.:.;ハ:.:.:.ヽ{. 〃     ,   〃 |/l:.:.:.:.:.!:,′     ま、とりあえず話を本筋に戻そうじゃないの。
  /:.:.:., /イ:!:.:.:.:.{ヽ     __      l:.:.:.:./:i
 ー-‐ ´ /:.;ハ:.:.:.:.ヽ    (`7「lフ, 、   /!:.:.:./:.:{
      ` ̄  ヽ:.:.:.:.:.丶、  / l !/ /、イ、l:.:.:/、_:.\
        _,、 _\:.:.:.:.:.r'、7 ! l' / ,ハ:! l:.:./    ̄
        /´ ̄ ヾ=ニ,= ! /    /  l/
      /      ',ヘ: V       !ーr、__r 、
     i         iく:: ヽ    /_{_l::::::;i. } ̄ ヽ
      |       !ノ:::: ハ   ,!   ハ:::::::V   i
447 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:29:01.85 ID:SCGW.X.0
 さて、ある日の事…

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    なあ、但馬。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|    ようやく一段落したところで、
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    一つ思い出したことがあるんだが。
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)      はっ…。
         |     ` ⌒´ノ     なんでございましょう?
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
448 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:30:11.95 ID:SCGW.X.0
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      ほら、上洛中に挨拶に来た沢庵だが…
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }     あいつを江戸に来させることはできないか?
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |


         / ̄ ̄\   て
       /    \ /\  そ
       |    ( ○)(○)
       |  u.  (__人__)     和尚を江戸に、でございますか?
         |     ` ⌒´ノ
         |         }   
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
449 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:32:29.48 ID:SCGW.X.0
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !     ああ、あいつの話はなかなか面白かったからな…。
    ヽ {  |           !           |ノ  /     懸案の法度制定も一段落したし、
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′     またあいつの話を聞いてみたいんだが…どうだ?
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( −)(−)    それは…不可能とは言いませぬが、
  | u    (__人__)    何せ和尚はあのような性格…一筋縄ではいかぬかと。
  |         .ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /
450 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:33:40.71 ID:SCGW.X.0
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      なあに、男は度胸!
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }     何でもやってみるものさ。
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、     但馬、頼んだぞ。
    ヽ ‐'  /   "'ヽ   
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |


            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//::       \
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ     ははっ!
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━
451 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:35:53.46 ID:SCGW.X.0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//       / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/        /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
        |    (─)(─)  /;;/
       . |    (__人__)  l;;,´    …上様にはああ言ったものの、
         |     `∩_ノ)━・'    和尚のことじゃ。嫌がるに決まっておるしのう。
       .  |     |_ノ       どうしたものやら…。
        /ヽ    |  |_
        |  \_/ ノ ヽ
        \     /_|  |
        | \ /  _/
452 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:38:18.68 ID:SCGW.X.0

        / ̄ ̄\       .とはいえ…上手く転がれば、
      /       \    上様にとっても、和尚にとっても、
      |::::::        |   .そして、わしにとっても、良い結果になるかもしれぬ…。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |    やってみる価値はある、か…。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

 こうして、政治の流れに一区切りがついたところで、
物語は、新たな展開に繋がるのであった…。
453 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:39:45.77 ID:SCGW.X.0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|        
_   |        
\`ヽ、|        
 \, V"       
   `L,,_       
    |ヽ、) ,、    
   /  ヽYノ    
  / r''ヽ、.|     
  | `ー-ヽ|ヮ    
  |    `|     
  |.     |     
  ヽ、   |     
   / ̄ ̄\    
 /  _ノ ヽ_ \  
 |  (≡)(≡) .l  
. |   (__人__) |  
  |   ` ⌒´  |  
.  |        }   
.  ヽ       }  
   ヽ     ノ    

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その36)「武家諸法度」】 完
454 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:40:31.58 ID:/rDdAJso
乙でしたー。
参勤交代は意外でした。
というか毎回よく調べはる。
455 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:40:35.04 ID:SCGW.X.0
【その36 新規登場キャラ】

 堀式部少輔直之    : 亜内武文(逆転裁判)
 佐久間将監実勝    : 工具楽我聞(こわしや我聞)

 安宅丸         .: ブルーノア(宇宙空母ブルーノア)

 解説役(その36)1  ..: 田井中律(けいおん!)
 解説役(その36)2  : 秋山澪(けいおん!)
456 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:40:40.57 ID:1/VxSB.0


いい感じに江戸っぽくなってきたな
457 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:43:21.46 ID:WrmDVlM0
乙でした。
挨拶に行く行かないは、戦国の頃(もっと前?)から揉め事に絡んでますね。

最後、今度は和尚も易々とは出てくるとも思えないですが、どうやって引っ張り出すのかしら。
458 :1 [saga]:2010/08/23(月) 00:45:14.59 ID:SCGW.X.0
 えー、最後の後書きを投げる前なのですが、
もしよろしければ、解説役への投票をお願いしたくー。

 現状、1票キャラ4人並列で決めづらいので、
適当に投票頂けると幸いでアリマス。
〆は短いですが、01:00までということで。

 【現状投票状況】
 1票 : 渡良瀬準(はぴねす!)
     諌山黄泉(喰霊-零-)
     佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)
     イカ娘(侵略!イカ娘)

 では、お願いしまする。
459 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:47:10.76 ID:WrmDVlM0
オス、では諌山黄泉へ一票入れておくです。
460 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:54:07.24 ID:s3fjRDk0
乙です〜。
461 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 00:55:08.95 ID:d/s/yC.o
おつおつ

んだらばイカ娘がいいんじゃなイカ?
462 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 01:01:05.73 ID:556Vty.o

じゃあ、自分もイカ娘で
463 :やる夫で学ぶ柳生一族(その36) [saga]:2010/08/23(月) 01:02:34.99 ID:SCGW.X.0
 どもども、お疲れ様でした。
今回はいつもにも増して遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
こんな時間までお付き合いくださりありがたい限り>皆様

 今回は、寛永十二年当時の情勢について、簡単ながら触れてみました。
今後の話にも絡みそうですし、背景という形でこの辺の話はしておいた方がいいかなあ、と。
つか、突っ込んだ話をしようとすると、それこそ、柳生どころの話では無く、
当時の幕府政治史に手を突っ込む事態にもなりかねなかったので、流石にそれはパスで。
まあ、ざっくりと「この頃、政治的に結構でかい動きがあって、宗矩もバタバタしてた」ということを
ご認識頂ければひとまず大丈夫でアリマス。

 さて、次はまた沢庵和尚の出番になるかと。
ただ、来週は荒山先生のトークショーがあるので、更新できるかどうか微妙でアリマス。
申し訳ない。

 そして、次回の解説役投票結果をば。

 2票 : 諌山黄泉(喰霊-零-)
     イカ娘(侵略!イカ娘)

 1票 : 渡良瀬準(はぴねす!)
     佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)

 お手数をお掛けしましたが、ご協力ありがとうございました。
では次は黄泉かイカ娘の方向で行こうかとー。

 つか、なんか名前欄がおかしいなあ、と違和感感じてたのですが、
名前欄にタイトル入れるの忘れてた…。
ぎゃふん。

 そんなわけで、最後だけでも入れてからお別れをば。
ではではー。
464 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 01:03:03.34 ID:RRe/6Oco
乙でした〜

次回も楽しみにしてま〜
465 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 01:03:45.48 ID:/rDdAJso
毎度恒例佐々木さんに一票入れてお休みなさい


図書館にソクチョンサムソン入ったから通勤電車で読むぞ。
466 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 01:06:10.64 ID:556Vty.o
乙です〜
467 :1 [saga]:2010/08/23(月) 01:07:23.16 ID:SCGW.X.0
 あらま、なんぞ追加票が。
では最終はこれで。

 3票 : イカ娘(侵略!イカ娘)
 2票 : 諌山黄泉(喰霊-零-)、佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)
 1票 : 渡良瀬準(はぴねす!)

 では、イカ娘で砂。
ではではー。
468 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 01:14:28.26 ID:I6.H4rQo
乙です。今回は阿部家光ががんばってたなぁ。
469 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 14:09:11.72 ID:MYlfFawo
乙〜
470 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 20:53:40.53 ID:o8hv2G60
乙です。

宗矩が普通に過労死しそうな勢いなのに
一族見渡しても、どいつもこいつも役に立ちそうにないってのが気の毒すぎる。
もう宗矩って還暦越えた爺さんなのにな。

一族の中で一人だけ「世を渡る術」を持っているばっかりに、
苦労を全部背負い込まされてる感じがする。
471 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 22:08:43.37 ID:34vpOsYo
でも、それがなけりゃ柳生家が復活できたかどうかっつーとなあ
472 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/23(月) 23:36:16.27 ID:s3fjRDk0
十兵衛「剣術(と2次元)に生きたいので」
左門「上様のお傍にお仕えできるだけで十分なので」
宗冬「学問と能(と2次元)だけでいいので」
3人「働きたくないでござる!」

宗矩「駄目だこいつら何とかしないと・・・」
沢庵「お前のせいだろうJK」

という電波を受信した。
473 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/24(火) 18:48:22.33 ID:jJVRBiEo
乙です

そういやこれはご存知でしたっけ?
ttp://mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=eva&all=10546&n=0
474 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/24(火) 22:46:37.54 ID:imKc/XE0
ってーか復活するだけなら宗矩抜きでもできたかもしれんよなあ。
家康との接点は石舟斎の無刀取りだし、
柳生家再興も後方行動の報酬だから宗矩でないと駄目ってこともないだろ。

ただ、その後の柳生の繁栄が宗矩抜きでできたかというと・・・まあ無理だわな。
もし兵庫助あたりが宗矩の代わりに仕官してたら、
良くても3000石のまま、悪くすれば浪人に逆戻りしかねん。
475 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [saga]:2010/08/24(火) 23:56:31.42 ID:BCOtfbs0
柳生庄だけだったら二千石のはず。
どちらにせよ、その後の歴史が色々変わってそうだ。
476 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/25(水) 06:34:11.81 ID:jseVOkwo
裏柳生が過疎柳生に
477 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/25(水) 09:33:30.05 ID:6zmedv6o
同じ指南役の小野家を見ると 2千石も無理だろ。
2百石くらいもらって、柳生庄の世襲代官くらいじゃね。
478 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/25(水) 12:49:28.16 ID:ToVk5ys0
2千石は一族での関が原の軍功だからもらえるんじゃね?
でも、それも石舟斎が家康に味方したらの話で、
あの爺さんだと悪くしたら島左近に加勢して、ますますドツボにはまりそうな絵が浮かぶので困る。
そもそも将軍家指南役になれるかどうかすら怪しいし。
479 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/25(水) 13:11:29.39 ID:fNrklWoo
>>478
兵助だと平然と珠を正妻にした上で大阪の陣をボイコットして知行召し上げとか普通にありそう。
ゲヒ殿みたいに切腹までは行かないだろうけど。
480 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/25(水) 21:50:09.53 ID:ToVk5ys0
兵庫助だと小野忠明に挑発されたら普通に受けて立ちそうな気がする。
勝っても負けても牢人になりそうだ。
481 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/25(水) 22:06:05.38 ID:fNrklWoo
宗章さんも理より情で動くタイプだから、
坂崎騒動は上手く対処出来なかっただろうしなあ。

石舟齋早めに隠居で厳勝さん当主で武将として頑張ってもらう?
482 :1 [saga]:2010/08/28(土) 00:40:43.77 ID:bM0A84M0
 どもども、お疲れ様でアリマス。
さて、今週末の更新ですが、明日が荒山先生のトークショーなので、
そっち次第で更新できるかどうか。

 まあ、なんとかなりそうなら、いつも通り日曜(8/30)の21時を目処にしたいところ。
タイトルは「やる夫で学ぶ柳生一族(その37)」で砂。
沢庵和尚が江戸にKOURINしたり、宗矩に対し、
「もげろ」「爆発しろ」という類の呪いの念が飛び交ったりするような話になりそうな気が。
よろしゅうですー。

>>歴史のif「もし宗矩がいなかったら?」

 なにやら面白ゲな話が色々と。
鍵は、柳生家と徳川家の関係、特に「宗矩×家光」に匹敵するほどの関係を
他の柳生一族(宗矩抜きなのでその子の十兵衛・左門・宗冬も抜き)が構築できるか、というとこで砂。
(将軍家指南になること自体は石舟斎の力もでかいので、他でもそこまでは就けると仮定して)

 まあ、率直に言って、今までも書いてきた通り、家光という人は結構難儀な性格をしてるので、
宗矩並に空気が読めないと普通の剣術指南役以上には持ち込めなさそうな気が。
無論、将軍家指南役なので、結構な格なのは間違いないのですが、
あくまで「諸芸の将軍家指南役のうち一人」で終わってしまいそうです喃。
難儀なところでアリマス。

 こうして思うに、やはり宗矩最大の「力」は、
「空気を読む」ことにあったのであるなあと。
つか、兵法家伝書でも

 「相手の動きや心を読んでベターな対応をしろ(手字種利剣/表裏)」
 「でも、動きは転変しても”自分”は流されるな(平常心)」

 と言ってるわけですし。
兵法家伝書における「大なる兵法」は、心法の重要性を説く方便とも見られがちですが、
案外、宗矩にとっては本当に、兵法も政治も根は一緒だったのかもで砂。

>>473
 おお、再開してま砂。
エヴァと柳生のクロスオーバーというのはなかなか珍しいものだなあと
面白がって読んでたのですが途中で止まって残念だったのですよ。
続きが気になりま砂。
483 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/28(土) 18:21:01.46 ID:lOHZDlgo
りょかーい
484 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/28(土) 23:02:03.54 ID:dYRmwtw0
>>482
なるほど、とうとう降臨するか・・・「アレ」。
沢庵も話には絡んでるし。
485 :1 [saga]:2010/08/29(日) 21:39:03.53 ID:w/dAVKY0
 どもどもです。
予想はしてたのですが、やはり昨日の荒山先生トークショーと、
そっちのまとめやってたら今回の更新までは手が回らず断念。
申し訳ない。

 なお、トークショーの様子は以下の通り。

【荒山先生トークショー再び 〜やっぱり荒山先生は荒山先生だ〜】
 http://d.hatena.ne.jp/hisane/20100829

 前のトークショーが相当に濃かったので、今回はどうじゃろ、と
内心思ってたのですが、

> 「(作品内に怪獣が出てくるのは)文化の所産です」

 とか、

> 「昔韓国で「日本は韓国だった!(イルボンハングギドラ)」という本が出てまして、
>  それを見た瞬間、「これだ!」と」
> (その後、作品内に「ハングギドラ」という怪獣が登場。勿論複数首の竜型。当然飛ぶ)

 とか、

>「今、講談社創業100周年記念出版で1本書いてます。舞台はフランスとイギリス。
> 朝鮮は一切ゼロです。十兵衛は出ますが。
> タイトルは『友を選ばば柳生十兵衛』です」

 とか、斯様な発言が目白押しで、心配なんかいらんかったんや!という有様。
いや、楽しかったでアリマス。
(つか、本来なら伝奇スレネタなのですが、更新してなかったら過去ログになっててギャフン)

 とりあえず来週は普通に更新する所存ー。
ではでは。
486 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/29(日) 21:46:00.78 ID:b.Tp0qk0
お疲れ様です。
>友を選ばば
このスレ見ていると、選んでいいものか悪いものかww
487 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/29(日) 21:46:51.96 ID:OwWhOIw0
トークショー参加&まとめお疲れ様です。
荒山先生のような独特な発想ができてこその小説家なんだろうな。
488 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/29(日) 21:55:21.94 ID:8yVeUI6o
乙です〜
489 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/29(日) 23:28:28.90 ID:/CrtlhAo
友(景)が(使い走りを)選ばば柳生十兵衛

という気もしないでもない。
490 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/30(月) 03:44:44.94 ID:5ValId6o
先生がラヴクラフト読んでるってヤヴァイな。
ユゴス柳生とかルルイエ柳生とか出るんだろうか。

「馬鹿め、十兵衛は死んだわ」
491 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/08/30(月) 08:53:29.83 ID:nEKnN/Io
十兵衛が未知なるカダスに強敵を求めて旅立つんですね
492 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/01(水) 19:19:32.91 ID:j5GvNXko
暗黒柳生が、冒涜的な角度の剣筋からワンちゃんを呼び出すと聞いて浮上してきました。
493 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/02(木) 10:40:52.37 ID:ih7XKW6o
「今さらのインスマウス面、お止めなされませい」
494 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/02(木) 20:32:22.24 ID:yjc0K8Eo
>>493
どうしてもシグルイのがまを思い出してしまって……
495 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/03(金) 19:07:54.05 ID:P7Qfjd.o
「フジウルクォイグズムンズハーは韓人なのじゃ」
496 :1 [saga]:2010/09/03(金) 23:16:33.83 ID:wQ8yp5.0
 どもども。
お疲れ様でアリマス。
先週は荒山トークショーでフィーバーな趣でありましたが、
今週は更新しておきたいところ。

 内容的には先週書いた通り、
「やる夫で学ぶ柳生一族(その37)」でアリマス。
時間はいつも通り日曜(9/5)の21時を目処にしたく。
よろしゅうですー。

荒山徹・ミーツ・ラヴクラフト>
 「邪神VS十兵衛」も大概と言えば大概ですが、
どっちかというと邪神柳生とか書きかねないというか、
荒山先生だと可能性がゼロとは言い切れないところが底知れぬ大威力で砂。
497 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/03(金) 23:42:21.25 ID:GeL9ksso
あいさ〜
498 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/04(土) 17:26:42.57 ID:VsOhUXw0
じゅうべえくえすと。
499 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 20:56:04.60 ID:9riJtN.0
朝鮮産ビールとつまみを持ってスタンバイ完了。
500 :1 [saga]:2010/09/05(日) 21:02:10.08 ID:G/K9p0.0
 どもども、お待たせしました。
それではこれから投下しまする。
タイトルは「やる夫で学ぶ柳生一族(その37)」で。
501 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:03:57.97 ID:G/K9p0.0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
502 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:05:44.47 ID:G/K9p0.0
■ 基本、史実ベースではありますが、史実においても意見が分かれていたり、
 当方の知識不足などにより、若干の創作が入ることもありますので、
 「大体こんなもん」程度に捉えて頂ければ重畳ー。

■ 次回のスレ立て告知については、現スレで行います。
  基本的に毎週金曜の夜にしております。

 【現スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(製作速報VIP版)】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279466286/l50

■ 以下、過去のまとめを載せて頂いてるサイト様です。
 ありがとうございます。

 【『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ】
  http://yagyuo.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/
 【多元 - 「やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ」】
  http://tagenmatome.blogspot.com/2009/07/blog-post_06.html
 【やる夫観察日記-「柳生」】
  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/?q=%CC%F8%C0%B8

■ あと、以下は>>1が別にやってる歴史伝奇紹介用のスレです。
 こちらもご覧頂ければ重畳ー。

 【やる夫で紹介する歴史伝奇】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240743842/l50

■前回
 【やる夫で学ぶ柳生一族(その36)】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279466286/340-463


 では、はじめます。
503 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:08:00.35 ID:G/K9p0.0
>>1からのお願いコーナー】
 毎度お馴染み、今回も次回(その38)の解説役を投票で決めたく。
ルールは以下の通りでアリマス。

 ・ 支援の際、以下の条件を満たすキャラについて名前なりAAなりを挙げて頂いた後、
  集計を行い、投票数が最も多かったキャラを次回の解説役にする。
  (例:支援。○○(キャラ名)とかでOK。作品名もあると更に吉) ※一応、1人1票でお願いします。

 【条件】
 ・ 女性キャラ。または外観が女性のキャラ(女装美少年込み)
 ・ AAが複数ある(できれば20行以下のバストアップAAが3種類以上があると嬉しい)

 既出キャラ有りなので長門なり翠星石なりも投票数次第で再登場可でアリマス。
でもできれば作中の登場人物に割り振り済みのキャラはややこしいのでご勘弁をば。

 ちなみに、票が同数のキャラが複数いた場合、恐縮ですが、その中から>>1が使いやすいキャラを
選ばせていただく所存(AAの使い勝手がいいとか、そのキャラを知ってるとか)。
あと、解説役の相方は>>1が適当にチョイスします。
よろしゅうですー。

 【過去、投票で決まった解説役(今回含む)】
  その13 : マシロくん(舞-乙HiME)                    その31 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※3回目
  その14 : 渡良瀬準(はぴねす!).                   .     : レベッカ宮本(ぱにぽに)
  その15 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)                その32 : 閻魔あい(地獄少女)
  その16 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!).           .     : 輪入道・骨女・一目連・山童・きくり(地獄少女)
  その17 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる)          その33 : ドロッセル(ファイヤボール)
  その18 : 菊地真(THE IDOLM@STER)                      .: ゲデヒトニス(ファイヤボール)&AA色々
  その19 : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣).              その34 : ゆの(ひだまりスケッチ)
  その20 : ドリィ&グラァ(うたわれるもの)                     .: 宮子・ヒロ・沙英・吉野家先生(ひだまりスケッチ)
  その21 : 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく).                その35 : 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
  その22 : 大佛はずむ(かしまし)                         .大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
  その23 : マコ(みなみけ).                         その36 : 田中井律(けいおん!)
  その24 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目.                  秋山澪(けいおん!)
  その25 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※2回目              その37 : イカ娘(侵略!イカ娘)
.       : シモン(下妻市非公式マスコット)                     諌山黄泉(喰霊-零-)
  その26 : 藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)               
.       : 須王環(桜蘭高校ホスト部)                
  その27 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる) ※2回目  
.       : 菊地真(THE IDOLM@STER) ※2回目..         
  その28 : ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)          
  その29 : 草薙素子(攻殻機動隊)                  
.       : タチコマ(攻殻機動隊)                   
  その30 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※3回目             
.       : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣) ※2回目         
504 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:09:13.02 ID:G/K9p0.0
【寛永十二年(1635)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┐       |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬    .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)
505 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:10:17.47 ID:G/K9p0.0
【第1部(その1〜11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12〜24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25〜36)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
その後、六千石への加増、「惣目付」への就任など
更なる立身を遂げた宗矩は、その後も実直に勤めを続けるが、蟄居中の嫡男十兵衛に続き、
今度は妾腹の次男友矩が家光の寵愛を得て、従五位下刑部少輔に任じられるなど、
悩みは尽きなかった。

 かくして、多忙な中、悩み多き日々を過ごす宗矩に対し、
家光は、沢庵の召し出しについて相談を仕掛けてきたのであった…。
506 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 21:10:56.30 ID:ezUMXoQo
実写化記念でハーマイオニーでよろろ
507 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:11:18.65 ID:G/K9p0.0
 さて、寛永十二年(1634)の春、
沢庵和尚は故郷である但馬国出石に戻り、再び隠棲の生活に入っていた。

..;;;;;;;;;;;;;;;;;.    ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.     .;;;;;;;;;;;;;;;;;.     ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.
゙''ー---‐'"   ゙''ー---‐'"   ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'"
;;;;;;;..   ;;;;;;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;
-‐'"   ゙''ー--‐'"   ゙''ー--‐'"   ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'"
 .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;;;;;.   .;;;;;;;;;;;;;;.     .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;
   .;;;;;;;;.      .;;;;;;;;.     .;;;;;;;;.      .;;;;;;;;.      .;;;;;;;;.
.;;;;;.   .;;;;;.      .;;;;;.       .;;;;;.       .;;;;;.      .;;;;;
   _,,.-ー''''"゙゙`゙''ー-、,,,,-‐'゛:、丶、     ,,,,.,.、;;.     .;;;;;.      .;;;;;.
,,,,-‐'゛:::....::::::........ . :::~゙"'ー- _,,.--ー''''''"゙゙: ;: ;: ``'‐.、_,,.;:-−''"´`丶、
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :,,,,-‐'゛ :: :; : ;: ;: ;: : ;: ;: ;: ; ::; ゙''、,,:::::::::::::::::::::::``'‐.、
;: ;:  ; ::; :  ;:; :,,,,-‐'゛ :: :; : ;: ;: ;: : ;: ;:;: ;:  ; ::; : ;:; :,,,'::''"'"~''``'‐.、::::::::::::::::
゙''、,,_;: ;:  ; ::; : ;:: :; : ;: ;: ;: : ;: ;:::;_,,''''''"゙゙.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:::::::::;;.:;,~゙"'゙"'''''--
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;゙''、,,_,`:;,':,:;.,:;.:;: ;:  ; ::; : ;:; :,,,,:: :;
508 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:13:20.86 ID:G/K9p0.0
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)   
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   . 観自在菩薩!行深般若波羅蜜多時ィッ!!
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ    照見五蘊皆空!度一切苦厄!舎利子ィッ!
        .',_/       / !                /..l_)   色不異空!空不異色!色即是空!空即是色ィィィィィッッ!!
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)    受想行識…!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~
            沢庵宗彭
         (たくあん そうほう)
509 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:15:12.85 ID:G/K9p0.0
                             
                ,. '"´三二二三`ヽ   
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ  
              /   /    夢     ', ヽ 
            /   /::(         ノ:::)  ヽ
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  …真実不虚!故説般若波羅蜜多呪!即説呪曰ゥッ!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .  羯諦!羯諦!波羅羯諦!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ     波羅僧羯諦ィッ!!菩提薩婆訶ァッ!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)     般・若・心・経ォォォォォーーーッッッ!!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
510 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:17:10.40 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       うむ、これで今朝の勤めは終わりだ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|   
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      …さて、待たせたな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   |:::::::::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::/ |:::::/
   |::::::::::::::::::::::::/    \::::::::/  |::/
   |:::::::::::::::::::::/.      `'''´   |
   |::::::::::::::::::/i"'''‐- ..,,      ,,..-''"i     
   |:::::::::::::::〈 "'''‐-..,  "''i   i ,.-'"|
   |:::::/⌒Y〒〒-====‐-‐====-i
   |::::| ( `|:::|  ||||||||||||||||!‐‐‐|!|||||||||!    いえ…それほどでも。
   |:::.!, じ.|::|.   !||||||||||||!|   .|!|||||||!
   |::::::'‐-|::|      ̄ ̄ |   .|  ̄ |     
.  , -|::::::::::/||:       L .__ j  |
. /::::::|:::::::/ :::ヽ     -‐‐‐‐‐‐‐‐- |,,, __
/::::::::|:::::/  ::::ヽ       ━    |::::::::::"''
::::::::::|::/    ::::ヽ            |::::::::::::::::
:::::::::|〈      ::::::ゝ _________ ノ:::::::::::::::::
::::::::| \     :::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::
   京都所司代・板倉重宗の使者
511 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:19:23.14 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       …で、所司代の使者がこの俺に何用だ?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      今の俺は一介の禅僧に過ぎん。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\      赦免の件では既に御礼も済ませたし、
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |       ただの坊主の俺にもう用などなかろう。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │      (和尚がただの坊主…?冗談じゃない)
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 | 
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |        いえ、和尚。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│       それが、どうも違うようで…
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、      .これが周防守様からの書状です。
    !   --     / ヽ !:::\     .
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::
512 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:21:31.00 ID:G/K9p0.0

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //     沢庵和尚へ              |
      /  //                            |
    . /  //       参府して、               .|
    /  //  .     再び御前に参られたし。       |
    /  //                             .|
   ./  //              板倉周防守        |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ
             板倉重宗からの手紙

 寛永十二年の春、京都所司代・板倉周防守重宗から、沢庵に対し、
「参府(江戸に出る)し、家光の御前に出てはどうか」という手紙が届けられたという。
513 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 21:21:31.61 ID:9riJtN.0
ただの坊主ではないなwwどっちかと言えば怪僧だよなww
514 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 21:21:45.47 ID:8wBNp420
ロックな坊主ww
515 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:23:52.60 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       …なんだこれは。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      また俺に江戸に出ろというのか?
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   |:::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::/ .|:::::/
   |::::::::::::::::::::::::/    \:::::::::/   |:/
   |:::::::::::::::::::::/.      `'''´   |
   |::::::::::::::::::/i"'''‐- ..,,      ,,..-''"i
   |:::::::::::::::〈 "'''‐-..,  "''i   i ,.-'"|
   |:::::/⌒Y〒〒-====‐-‐====-i
   |::::| ( `|:::|  ||||||||||||||||!‐‐‐|!|||||||||!       その通りです。
   |:::.!, じ.|::|.   !||||||||||||!|   .|!|||||||!       なんでも去年、御礼の際のお話が
   |::::::'‐-|::|      ̄ ̄ |   .|  ̄ |       .御意を得られたようなので…。
.  , -|::::::::::/||:       L .__ j  |  
. /::::::|:::::::/ :::ヽ.    ⊂ニニニニニ⊃ |,,,, __
/::::::::|:::::/  ::::ヽ       ━    |::::::::::"''
::::::::::|::/    ::::ヽ            |::::::::::::::::
:::::::::|〈      ::::::ゝ _________ ノ:::::::::::::::::
::::::::| \     :::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::
516 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:26:07.67 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',      
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     . だから、あの時は天海様や但馬・掘丹後の両名に
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      強く言われて断りきれんかっただけで、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      本来、一介の坊主に過ぎん俺が
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     御前に出るなどあり得ねえんだよ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |       周防守殿にもそう伝えておいてくれ。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、  
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : : :u. : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/      お、和尚。
;;;;;;;/;i  / u.  ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ      ではやはり出られる気はない、と…?
/ ;;;i      ヽ    ヽ ~'''''イ
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /        (一介の坊主って、アンタそれ
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  / /           自分からそうしてるだけだろうがっ…!)
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/  
  ;;;i:    ''''-,,, ''''-,ノ /
  ;;;i     'ミ     /;ヽ、
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、
517 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:28:56.00 ID:G/K9p0.0

                ,. '"´三二二三`ヽ   
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ  
              /   /    夢     ', ヽ 
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /  当たり前だッ!
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  この俺のを誰だと思ってやがるッッ!!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  ..
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ    俺 は 沢 庵 宗 彭 だッ!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    さあ、一服したら帰れ帰れッ!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

 この指示に対し、沢庵和尚は、
「自分は御前に出るような身の者ではない」と辞退した。
518 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:31:19.33 ID:G/K9p0.0
その後、京にて…

  ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
  ヽ/ヽ_,,-''川川 |
  ,イベ, i 川 | /ヽ ) |
 i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
  {≡  '''二'''≡ ,イi  )
  ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ       というわけで…
   iヽ cUっ  r l レ |      やはり和尚は江戸に出られる気はないとのことです。
   .i r==≡=='''ヽ 人 |  
   i L二エ二,,フ/ i |       私からもお願いはしたのですが…。
    | u 平   /  i |      申し訳ございません。
    L___ /__,-''',''ヽ、
      \__,,-''' / ≡ヽ
      K~  /≡≡≡≡ヽ
      |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ
      |//≡,,-'''≡~ヽ、≡ヽ
      /≡ /  '≡≡ ヽ≡ i
     /≡≡≡r''~~~~~'''-,,, i≡ i


        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|      
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |      なに、俺もあの和尚が
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !     一回で首を振るとは思ってねえよ。
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、      .lノい/:〈       まだ「上意」をお伝えしたわけじゃねえんだ。
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ     あくまで俺の一存を断られたってだけで、大したことじゃねえ。
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ    気にすんな。
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ   
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V
       京都所司代・板倉周防守重宗
      (いたくら すおうのかみ しげむね)
519 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:32:58.03 ID:G/K9p0.0
         __   ,. -;z_
        __ヽ. `'    `ヽ.
         ,> `         l            じゃあ、このことは江戸に伝えてくれ。
      ∠-    ,.ヘ、、     |          .和尚を動かすには、俺よりも
.       /イ./ ,4/ュ r_ニゝ、_ |          適任の奴がいるんだからよ。
         lイ/l=。ァ f'。 ラ|fr} |    .     頼むぜ。
          l:`/ _、二ノ |レ' ヽ.   
          ハヾニニフ ,イ |\_ヽ        「はっ」
      ,、-‐ '"7ヽ. ー ./ l /  l `''ー- 、.._
.     / l   / トヽイ  レイ l   l       ハ
    /  l  / _⊥.|:ヽ.__,ノ:|⊥._ l       l ヽ
    〉   !   ̄  o.l::::::::::::::| - ,二..___  !  l、
.   / \ l       |::::::::::::::|  l L_o_」 l| | / ヽ
   j.\  `|    o|:::::::::::::::l - 「 ̄  ̄l !   /.l
.   l   \ |     l:::::::::::::::::l.  \___/ |/   ヽ
   L.____ハ   o|::::::::::::::::::ヽ.-      |___,.. イ
.   |  _ l }     l:::::::::::::::::::::::\ __    |     |
  │´  `lー'   oノ、._____,.> ,、.__/´ ̄  :l
  ,.ゝ    |─-<` ー----|H|--‐ '´: : :/- 、   /-.、
 /: : :ヽr;==! : : : : : : : : `ヽ.l | /: :r',´` ‐   ,ゝ'´ : : : : ヽ
. |: : : : : :r'^'^´ヽ:` ‐ 、: : ‐-:、ヽ l./: :Ll._| l ら´: : : : : : : : : :|
 ヽ.: : : : !_l_」⊥.} : : : : ` ‐ 、: :\{: ,. ‐:`ー' ̄: : : : : : : : : : :./
.   \: : : :‘ー': : : : : : : : : : >':´: : : : : : : : : : : : : : : : :/

 こうして、沢庵参府に絡む最初のやり取りは終わった。
520 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:34:22.45 ID:G/K9p0.0
=江戸=

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
521 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:36:13.06 ID:G/K9p0.0
    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |      
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |      …以上が、周防守様からの連絡でございます。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│     詳しいことはこちらの書状に…。
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --     / ヽ !:::\ 
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::


   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |          うむ、わかった。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    こちらでも準備を進める故、
.  |        |    .) ;;;;)   .時期がきたら連絡するでな。
.  ヽ       }   /;;/    では、周防守様によしなにの。
   ヽ     ノ   .l;;,´  
. /    ∩ ノ)━・'        「はっ」
 (  \ /|_ノ ヽ 
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
522 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 21:37:07.05 ID:Ro.cZmgo
柳生ミーツラブクラフト……

とうとう邪神復活をたくらむクトゥルフ柳生、
秩序の守り手ギリシャ柳生の聖闘士の対決が現実化するというのか。
胸熱(ry

とりあえず毎度恒例佐々木さん(涼宮ハルヒの憂鬱)にいっぴょう。
523 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:37:29.22 ID:G/K9p0.0
    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |      
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |      …以上が、周防守様からの連絡でございます。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│     詳しいことはこちらの書状に…。
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --     / ヽ !:::\ 
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::


   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |          うむ、わかった。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)    こちらでも準備を進める故、
.  |        |    .) ;;;;)   .時期がきたら連絡するでな。
.  ヽ       }   /;;/    では、周防守様によしなにの。
   ヽ     ノ   .l;;,´  
. /    ∩ ノ)━・'        「はっ」
 (  \ /|_ノ ヽ 
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
524 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:38:23.75 ID:G/K9p0.0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//      / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/       /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
        |    (─)(─)  /;;/
       . |    (__人__)  l;;,´   
         |     `∩_ノ)━・'    …まあ、最初はこうなるじゃろ。
       .  |     |_ノ      肝心なのは次からの動きじゃな。
        /ヽ    |  |_      .
        |  \_/ ノ ヽ      さて、誰に話したものかの…。
       \     /_|  |
       | \ /  _/

 ※>>523間違えました。こちらに差し替えをば…
525 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:39:39.03 ID:G/K9p0.0
 そして時は過ぎ、季節は春を過ぎ、また夏も過ぎた九月上旬…。


      ある日、和尚のところに
       手紙が届きました・・・

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


526 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:42:19.82 ID:G/K9p0.0
` 、` 、` 、` 、` 、` 、/:::::::::::/   ヽ、::::::::::::::::::::::::/
` 、` 、` 、` 、` 、` .!::::::::/      `゛ ー- ::::::/ .召 .上
.` 、/ ̄ ̄ ̄`ヽl::::/  ,,,,,.-   - 、,,,,,,,,,,,,,,_|   し 様
   く ワ な.  l::::| ''"二 _     , -――‐┤ 出 か
    る ク ん  |::::f'"´    `l=={       |  .し .ら
.   で ワ だ  |::::l       l   ヽ     |   : の
   し ク か  |::::|ヽ____ノ   ヽ、__,.ゝ    ノ
   ょ し    |::::l//////人_、__,-_人//////`)ノ´|::
   う て     > ',   ノ{|i!||l|li|l|}|l|iヾ、    ノ  |::
   !?       /!:::lト,   /ーt―――‐ァ{    /  /|::
, "\____/ |:::!|:::',     `ー一'"´          ノ
, ", ", ", ", ", " "ヽ:ハj >、   `ー一       /
, ", ", ", ", ", ", ",. "/:.:.:`ゝ、      _ノ - '´/ ,. -
, ", ", ", ", ", ", "/:.:.:.:.::.l:.|\` ̄ ̄´,. - '"´´/:.:.:.
              小出大和守吉秀
          (こいで やまとのかみ よしひで)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /                /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     …まあ、一度で諦めてくるとは思わんかったがな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    面倒な話だぜ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 知己の出石城主・小出吉秀から、
また参府の話が出てきているという噂を伝える手紙が届いた。
527 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 21:43:49.19 ID:FEKMpi6o
リアルタイム初遭遇

ジャンプで絶賛出産中の羽衣狐さまでよろしく
528 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:44:57.49 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |      とりあえず、俺の本音って奴を
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     小出殿には伝えておくか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     『態飛脚被成御上、貴礼之趣、具再見三…(サラサラ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 この噂を伝えてくれた吉秀に対し、
沢庵は礼も兼ね、自分の心情を吐露した手紙を返している。

 以下、かなり長い手紙なので、全文では無く、
いくつかかいつまんで紹介する。
529 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:47:22.50 ID:G/K9p0.0
=沢庵から小出吉秀への手紙=

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        春に周防守の使いが来たが、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       上意だとは一言も言ってなかったぜ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|        しかし、江戸でそういう噂が出てるって事は、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ        どうも上様の意向を受けての話だったようだな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\ 
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |        ちなみに前に断ってから、周防守からの使いは来てねえな。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、    
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『上意無之候を、上意とは被申間敷とは存候へは、
 ヶ様之仔細にて候はゝ、内證可有之儀と存心御座候。
 自防州春御状給候て、参府申候へかしと御書にて候へ共、
 其返事には、具に理申候故、其通り候はゝ、不及是非とて、
 一往相済候而、其巳後ハ重而不承候間、
 此度も、今日迄ハ防州御使も無之候』
530 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:50:06.53 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ 
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',       春は気分が上がらんし、夏は暑いし、
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     .秋は雨のせいで湿ってたまらん。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      病人も多いし、俺たちも煩って参った。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、| 
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      それに、俺は一介の坊主に過ぎん。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     御城に上がる為の用意を揃えるなどできんわ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、    お前ら、そのことは知っているのか?
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ 
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『我等事、第一段春気不調、其上ニ去夏之極熱、秋後之雨濕気、
 殊の外病人多御座候。其敷ニ我等も痢病相煩、散々困窮仕候。
  (中略)
 人馬相調候とても、在府仕、御城なとへ入出可仕風情には立不申候。
 か様之様子は、誰も無御存儀候』
531 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 21:50:48.81 ID:tSNyNgYo
羽衣狐さまはいいねえ
「この程度も知らぬとは、ぬしはほんに愚かじゃのう」
とか見下されて蔑まされながら叱られたいです
532 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:53:47.42 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      無論、上意となれば、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      無視するわけにもいかんとは思う。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      しかし、俺はさっきも書いた通りの理由で、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     とても参府などできるものではない。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      またそのうちということで考えてくれ。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
_______ ___________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『それとても、上意にて候へはなと、わきからの御心得として、
 下候て可然な思召候分にては、罷下候儀いかゝと存候。
  (中略)
 先我等事、當病之儀候、罷下候とても、急々には成不申候間、
 其内又様子も聞候て申し候間、以其上分別可仕候』
533 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:55:33.53 ID:G/K9p0.0
                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |     それに…紫衣事件の一件は全て赦免となり、
         /   .l ゙l \           !           l゙     本寺の長老連中も戻ったんだ。
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !     なら、俺は元通り山寺で一介の坊主に戻って
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !     引籠もりライフを満喫してるんだ。
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |     .ククク…いわゆる「働いたら負けだと思ってる」ってやつだ。
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l     あと、大徳寺北派の件なら、玉室、江月の二人に頼むぜ。
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !    あいつらが言ったことなら、俺も文句は言わねえよ。
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./
        ',   .,'  `'、   `''" ̄ ̄ .,!      /
        !  .i',    ゙'y.     .._.. !     /
        |  ./ ヽ    ゙',゙'---ッ'"  !     /
        | /  ..l.   ..l, /    .l    ./
        l ,i',    l    .li′   .!    ./
        // \  .!    !    l   ./
       〃   ヽ. !   !    :!  . /
       l′    ヽ|   .l    | ./
       .゛          !     ! /
                      l′
________ _______________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『万事御赦免の上、本寺の諸長老、前々の如く本寺出仕別儀なく相済み申し候得ば、
 我等儀、又昔の山家坊主独師に罷り成り、引籠もり申し候へば、本寺の事一円も存ぜず候。
  (中略)
 北派の事は、玉室、江月両人参府申され候間、万一申し上げられ候はば、
 両人申され候如くと思し召し、馳走成され道はされ候はば、我等に於ても忝く存じ候』
534 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 21:59:05.90 ID:G/K9p0.0
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.     そもそも、今の世の中ってのは
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.   本音を話す奴には用がねえってもんだ。
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′  事実を曲げて話すような奴ほど目立ちやがる。
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ    そんな所に出るのは御免だぜ!
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !    脱退、坊主ってのは本来山林樹下のもんだ!
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|           そんな奴が御前にのこのこ出て行ったら
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/            そっちの方が恥晒しだろうが!
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
________ _________________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『当世は有様正直を申して、用に立ち申す儀にて御座無く候。
 まげ度程まげ申せば、それには光さし申す世にて候間、
 中々我等躰の者罷り出て、世に逢い申す儀にて御座無く候。
 今日今日と存じ、死を待つばかりにて御座候。
  (中略)
 僧は山林樹下の者にて候に、
 官家の人も重宝がらぬにさし出で申し候から、
 恥をあく程かき申すと存じ入り候』
535 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 21:59:24.52 ID:QM36Lz2o
羽衣狐さま
おれもそれでww
536 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:01:16.63 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    …恐々謹言 九月十日 小出大和守殿』…と。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      ま、こんなところか。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |  
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
537 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:02:53.06 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     …いや、そうそう。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    ひとつ書き忘れておったわ。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    『来年御普請奉行…(サラサラ
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
538 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:04:01.20 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',         但馬の奴が来年普請奉行になるらしいから、
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        丁場(工事の際の受け持ち箇所)のことなんかを
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |         お前(吉秀)に聞きにくるかもしれん。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|        この辺については元盛が行くかもな。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\         元盛の奴は、但馬や掘丹後守殿のところにいるから、
  /  / / ! \| |      ./!  ! |         この書状を見せてやってくれ。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、      .ついでに、但馬と堀丹後殿にも見せて構わんぞ。
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ _________________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『来年御普請奉行柳但馬被仕由候。自然丁場なとの儀御尋被成、
 御請合有度事共候はゝ、元盛其地へくたり申候。
 但州へいつも我等めしつれ参候。
 但州心安被存候間、元盛をめしよせられ、元盛ニ可被仰遺候。
  (中略)
 元盛ハ掘但州(※)ニ居可申候。
 此状も元盛迄可被遣候、乍慮外、如此右内衆迄可申候へ共、此躰ニ御座候』

 ※ 「掘丹後(堀丹後守直寄)」と「柳但州(宗矩)」の混ざった書き間違いかと。
   どちらでも有り得るので、どちらかの確証なし。


 こうして、この返事は、江戸の吉秀の元へ向かっていった。
539 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:06:17.78 ID:G/K9p0.0
=江戸=

` 、` 、` 、` 、` 、` 、/:::::::::::/   ヽ、::::::::::::::::::::::::/
` 、` 、` 、` 、` 、` .!::::::::/      `゛ ー- ::::::/ .ど .和
.` 、/ ̄ ̄ ̄`ヽl::::/  ,,,,,.-   - 、,,,,,,,,,,,,,,_|   う 尚
   く ワ な.  l::::| ''"二 _     , -――‐┤ で の
    る ク ん  |::::f'"´    `l=={       |  す 返
.   で ワ だ  |::::l       l   ヽ     |  ? .事
   し ク か  |::::|ヽ____ノ   ヽ、__,.ゝ    ノ
   ょ し    |::::l//////人_、__,-_人//////`)ノ´|::
   う て     > ',   ノ{|i!||l|li|l|}|l|iヾ、    ノ  |::
   !?       /!:::lト,   /ーt―――‐ァ{    /  /|::
, "\____/ |:::!|:::',     `ー一'"´          ノ
, ", ", ", ", ", " "ヽ:ハj >、   `ー一       /
, ", ", ", ", ", ", ",. "/:.:.:`ゝ、      _ノ - '´/ ,. -
, ", ", ", ", ", ", "/:.:.:.:.::.l:.|\` ̄ ̄´,. - '"´´/:.:.:.


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ⌒)(⌒ ) |
. |  (__人__)  │    ははは…ワクワクはともかく、
  |    `⌒´   |    相変わらず和尚らしい返事ですな。
.  |           |
.  ヽ       /     お伝え下さり、ありがとうございます。
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
540 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:06:31.39 ID:pEoVbw2o
オプーナ兵庫といいやる夫といい宗矩は引きこもりニートの世話を焼くことが妙に多いなww
541 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:07:35.82 ID:G/K9p0.0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//      / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/       /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
        |    (─)(─)  /;;/
       . |    (__人__)  l;;,´    …まあ、大体「予想通り!」といったところじゃな。
         |     `∩_ノ)━・'    こちらも落ち着いたし、そろそろ次の手を打つ頃かの。
       .  |     |_ノ      
        /ヽ    |  |_      .
        |  \_/ ノ ヽ    
       \     /_|  |
       | \ /  _/
542 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:09:08.93 ID:G/K9p0.0
 そして、吉秀への返事を書いてしばらくした九月下旬のある日…。

                 .rニYニヽ      
   |レ               /    j |       さて、そろそろ昼の勤めを…
   !!_           イ     } |      
   ゙- '´ ,、       /j      j                      和尚!>
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j
543 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:10:18.39 ID:Ro.cZmgo
ほんっとにフリーダムだな和尚ww
544 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:10:23.29 ID:G/K9p0.0
                        , -‐…‐- 、               /ヽ._ノ
                       /{三三    ハ                 /
                          /   `'ー-----‐'゙ ',                 }   フ l    貴
                   l`ート、_       __ノ!一'/    フフフ… .〉   ナ レ   様
                      /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ        /         :
                //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \    〈      r┐   !
               / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ    '.   日 |ニ|
                  /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }    }    丿,」
              !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__}
           / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j     l7 l7
         /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \   o o
      /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
       /                    {(O<二                     Y⌒ヽ/
      ,'                    /\
     ,'           ┌─────────────┐
      |              │       諸葛亮(孔明)       │
      |              └─────────────┘
545 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:12:41.12 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       何の用だ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      あと、いい加減貴様の本名を教えんか。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      僧の分際で、孔明(仮名)はなかろう。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     僧衣も妙な風体にしおってからに…。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


                    , -‐…‐- 、             
                   /{三三    ハ                
                      /   `'ー-----‐'゙ ',              いや、今回はお使いです。
               l`ート、_       __ノ!一'/        板倉周防守様から、
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ     参府の件で話を聞いて来るようにと…。
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   .あと、僧衣については和尚に言われたくないです。
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ  
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二                    
        沢庵のところに出入りしている僧:孔明(仮名)
546 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/05(日) 22:14:53.01 ID:jgA3KnE0
途中まではマトモな文章だったのにお前と言う禅モンスターは・・・ww

ちなみにハルヒのみくるちゃんに一票。
547 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:15:55.88 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |       周防守殿が…?
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      どういうことだ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

                    , -‐…‐- 、             
                   /{三三    ハ                
                      /   `'ー-----‐'゙ ',                  周防守様も、
               l`ート、_       __ノ!一'/            かなり慎重になっておられるということですね。
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ     
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   .    前の御使者が断られてますし、
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ     本来なら周防守様が所司代として書状を書いて、
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }     幕府からの指示とするべきなんでしょうけど…
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__ 和尚、そんなことしても断るでしょう?
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二                    
548 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:17:58.58 ID:G/K9p0.0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     まあ、既に使者からの話で断ってるからな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    同じ相手からの返事を変えるのはおかしかろう。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

                    , -‐…‐- 、             
                   /{三三    ハ                . だからなんですよ。
                      /   `'ー-----‐'゙ ',               所司代の周防守様が出した幕府の指示で、
               l`ート、_       __ノ!一'/          和尚が従わないということになったら、
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ       また揉め事になるかもしれないでしょ?
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \     
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ    だから、普段から出入りしている私に、
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }    内々で和尚に参府の話をしてくるようにと。
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二                    
549 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:19:44.73 ID:G/K9p0.0
                    , -‐…‐- 、  
                   /{三三    ハ  
                      /   `'ー-----‐'゙ ',
               l`ート、_       __ノ!一'/           実際、また断ったとしても、
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ       多分、周防守様は諦めないと思いますよ?
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \ 
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ    というか、問題は、周防守様ではなく、
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }   その上の御方の御気持ちなわけで…。
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二                    


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     …そういう噂は聞いておったが、やはりそうか。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     これは諦めてくれそうにないな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     では、孔明(仮名)、周防守殿に
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    参府の件、承知したと伝えよ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、 
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
550 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:21:09.22 ID:G/K9p0.0
                    , -‐…‐- 、 て
                   /{三三    ハ そ
                      /   `'ー-----‐'゙ ',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/         
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ       ええっ!?
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \    和尚!言っておいてなんですけど、
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ   本当にいいんですか!?
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二                    


                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !    クックック…俺に二言は無い。
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |   安心しろ、参府はするさ。
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l   ただし…
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./
        ',   .,'  `'、   `''" ̄ ̄ .,!      /
        !  .i',    ゙'y.     .._.. !     /
        |  ./ ヽ    ゙',゙'---ッ'"  !     /
        | /  ..l.   ..l, /    .l    ./
        l ,i',    l    .li′   .!    ./
        // \  .!    !    l   ./
       〃   ヽ. !   !    :!  . /
       l′    ヽ|   .l    | ./
       .゛          !     ! /
                      l′
551 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:21:50.30 ID:ezUMXoQo
ただしwwwwww
552 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:23:20.08 ID:G/K9p0.0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .俺は病身故、
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ    
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .参府は病が癒えてからにしてくれるわーッ!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)  
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
553 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:23:47.87 ID:9riJtN.0
なんかすごい事言いそうな気が…ww
554 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:25:06.43 ID:G/K9p0.0
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /   病が癒えれば参府するっ・・・!
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)   .
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )     しかし!病がいつ癒えるかは・・・知らんっ!
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ    10年後・・・20年後・・・
        .',_/       / !                /..l_)   もしかしたら、死ぬまで癒えぬこともあるっ・・・!
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)    だが、病さえ癒えれば参府するのは約束してやるぜーッ!!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~
555 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:25:44.72 ID:9riJtN.0
ぴんぴんしてrunあ
556 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:25:46.95 ID:UElx9JQo
和尚様wwwwww
557 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:28:14.22 ID:G/K9p0.0
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′   以上だ!
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ    孔明(仮名)、この事、周防守殿に伝えるがいい!
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l 
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !    . ではさらばだ!
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|            ハハハハハ!!
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

                    , -‐…‐- 、 て
                   /{三三    ハ そ
                      /   `'ー-----‐'゙ ',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/          そ、そんな!
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ      そりゃあんまりですよ和尚ぉっ!
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \    
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ   …って、和尚、どこ行くんです!?
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  和尚っ、和尚ぉぉぉーーーっ!!
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二                    
558 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:29:44.94 ID:UElx9JQo
あ、ぬらり繋がりでつららで一丁よろしく
559 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:29:57.86 ID:dTawLOAo
羽衣狐さまに一票
560 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:30:34.53 ID:G/K9p0.0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│      やかましい!
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|     次のKOURINを楽しみに待つがよいわー!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l     「ここはアンタの庵でしょうが!」
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ 
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'


 かくして沢庵和尚は、参府すること自体は承諾したのである。
561 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:32:09.55 ID:G/K9p0.0
               ______
              /´      ヽ
            ./´       、   `.
           . '   ___  `、   ヽ
  _____ /,,‐: ':´: : : : : : : :¨''‐\   ヽ
  | ____/: ::/i/',: : ::/i/ |: :: :\   》
  | |      .|: :/   ',/     l/|: : : :ヽ/ノ     …解説の出番がいっこも無かったゲソ。
  | |      ∨ ○       ○  /: :::h、_|      どうなるんだゲソ?
  | |      /           U /::: :i: :リ: :|
  | |      !    ┌┐    'イ: :|: :|: : :\
  | |____ 丶_   ̄ __/|: :|: :| 、:\::\
  └___/ ̄ ̄ ̄        |: :|: :|: :\:\:::\ __
  |\    |             |: :|: :| 、: :、::\ : : : : `\ 
  \ \  \___        |: :|ヽ-、.\.\:::\  ̄`\\

     .   , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /: l:::::l::::|:::: | :ハ::::::::::i::::: |:::::::::::::l
      ,':::::|:::::|: ハ:::::l |  |::||::::|::::::|:::::::::::::|   
.      , l::::|:::::|::| |::::||:| 」::l|::::||:::::|:::::::::::::|
      j イ :|:::::|z‐|::::ヒリ  j7L::ヒ|:::」:::::::::::::|   
     ,'/ | :|:::: 代5フヽ  ' 弋フ7|:::::::::::::|   知らないわ、そんなの。
     /´ |::| :l ', `        ´ ,'::::::::::::::|    
       | | :|:::',    !     /:::::::::::::: |   
       | | :|;ヽゝ   ___  ∠,イ:::::::::::|   
       | | :|;;;;;\  ´ − ` イ;;;;;|:::::::::.イ   
       | | :|;;;;;;;;;;} 丶、 _  '" |;;;;;;|:::::: ,' |   
       | | :|;;;;;;;;;;|        |;;;;;;|:::: ,':: |   
       | }| レ'" ,'       |;;;;;;|:::::l:::::|   
.     _ノ‐イ::l  〈       | ヽ|:::::|:::::|   
   / く    l::|  \―-、 _」  |::::ト、 |   
  / `ヽ\  ',:l    \    |  |::/   「lヽ 
  |   \\ ヽ|     \  /  レ'   | |, } 
  |    }\\       \/      l |l | 
  |    l  \ヽ――‐- 、___\-―=ニ 」l |  .__ __¨ ./
  |    |    ̄ ̄ ̄`゛ ――- ニ、     { |    _)  _) \
562 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:33:05.64 ID:Ro.cZmgo
そんな元気な病人がいるかww
563 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/05(日) 22:37:15.50 ID:G/K9p0.0
 というわけで今回は終了でアリマス。
いつもながらお付き合いありがとうございます>ALL

 今回というか、今日で和尚の参府まで一気にやるつもりだったのですが、
途中で終わって残念無念。

 そして申し訳ないのですが、
当方来週は北海道に行ってるので、この続きは再来週以降になるかと。
すいませぬ。

 ちなみに、>>552-554での和尚の言ですが、
流石に10年後、20年後云々はともかく、この時、病を患ってるので
参府はそれが治ってからにして欲しい、と言ったのは本当のようでアリマス。
(まー実際に身体の具合が良くなかったのかもしれませんが。なんせもう63歳ですしね和尚)

 あと、話変わりますが、
今度出る「週刊新マンガ日本史」の「刊行順」を見ると、
なんとその中に宗矩が!

 【週刊新マンガ日本史】
  http://publications.asahi.com/manga2/

 順番で行くと、28号目でアリマス。
しかし…武蔵を押しのけて宗矩が入るとか、一体どういうことなんでしょうかね。
(前のシリーズで土方がいるので、剣豪最初ではありませんが、
 戦国時代の剣豪だとトップバッターで砂)

 当方は嬉しいし、これを機に史実宗矩の認知が広がるといいなあ、とか思うものの、
こう扱いがいいと、なんかろくでもないしっぺ返しがありそうで戦々恐々と。
これって被害妄想なんじゃろか…?
とりあえず蓋を開けたら、「秘闘・裏柳生!柳生十兵衛・隠密旅日記」とか
「”柳生三代記”で宗矩より石舟斎と十兵衛の話の方が多い」てな感じのオチで
当方しょんぼり、てな展開が待ってそうな気も…。

 とりあえず作家が誰になるかは気になるところ。
イシカワ先生が御存命なら勝ったも同然なんですが喃…。

 それではでは。
564 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:39:29.23 ID:pEoVbw2o


実際の事跡が色々怪しい武蔵と違ってはっきり何をどうしたか残っているからではないかと<宗矩
565 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:40:21.94 ID:Ro.cZmgo
乙でした。


いっそナポレオンの長谷川氏なら。

昔HJで伝奇侍もの書いてたし。
566 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:43:22.47 ID:O0OMm6Q0

イカ噴いたww
567 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:46:27.84 ID:tSNyNgYo


>>563
あれだ、真田三代でお兄ちゃんがハブられるように、
柳生三代とかいって石舟斎、兵庫、十兵衛で特集が組まれるんだよ!
568 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:52:46.86 ID:9riJtN.0
乙でした。再来週楽しみに待ってます。
569 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:53:47.81 ID:8wBNp420
乙でした
ススキノイッテラー
570 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:54:26.19 ID:UElx9JQo
乙でした〜

次回も楽しみにしてま〜
571 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 22:56:57.65 ID:S0Fl6aMo
乙乙〜

イカちゃんww
572 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 23:00:10.27 ID:QM36Lz2o


イカ出番ねーーwwww
573 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/05(日) 23:16:50.83 ID:lYKSMj.o
佐々木さん・・・羽衣狐も捨てがたい
574 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/06(月) 01:01:17.27 ID:mRIyIHQo
乙でした。ムネリンの普請奉行っていうのも気になるなー
575 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/06(月) 20:56:29.02 ID:ZDxc7jUo
監査役の上に土建! また官僚人生大きな局面を迎えてますな。
576 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/06(月) 21:53:08.19 ID:zEtIhRE0
乙です。黄泉が相方で採用されて嬉しい限りです。

新マンガ日本史は「登場するのは読者の選んだ好きな日本史人物50位」と言う所が味噌かも。
知る切欠は隆慶的なアレだったとしても、調べてみたら非常に興味を引く人物だったという流れ……だといいなぁ。
577 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/07(火) 19:41:42.01 ID:CV33CPYo
新関ヶ原スレにも宗矩がチラッと出てきたけどグリフィスかよww
裏柳生の皆さんが蝕で捧げられそうだww
578 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/07(火) 19:45:29.95 ID:fFYTiWUo
あれ、宗章さんがガッツだからか。
兵庫と石舟齋のキャスティングが読めぬ。
579 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/11(土) 18:03:54.65 ID:E4MNxcso
ハングル板が落ちた影響でスレが消えたので、新スレを立てました。
朝鮮伝奇小説家・荒山徹を語るスレ8
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/korea/1284113451/
580 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 00:06:52.56 ID:wf./.EMo
あっ、いまさら不備に気づいたが、荒山スレの新スレという意味です。
混乱を招いて済みません。
581 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 00:14:35.37 ID:Qiw5yjU0
新日本史は26号の「真田幸村」が試金石か。
内容で「実は幸村はこう言う理由でそうなって本当の名前は信繁」とかが入れば勝ち。
何にもなしで昨日夜NHKでやってた内容のようなうっすいまんまと、十勇士出てきたら負け。

こう言うのって基本同じ出所から依頼受けて漫画家さんたちは書いてるはずだから、
幸村でコケたら、宗矩見るまでもなくアウトっぽく感じますがね。
582 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 21:06:45.88 ID:mHtVods0
今頃北海道か…涼しいところうらやましい…
583 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 22:50:28.48 ID:YH3UnQwo
でも東北大雨だし、北海道も天気悪かろう。
あまりいい状況ではないんじゃなかろか。
584 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/12(日) 23:01:37.73 ID:0ZtXunw0
リアルで天海 VS 崇伝 VS 沢庵の変則無制限一本勝負実現して欲しかったな。
585 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/12(日) 23:39:36.93 ID:Qiw5yjU0
じゃあ、それに加えて西の筆頭、安国寺さんと、西の副将、本願寺さんを交えて
バトルロイヤル形式で1つ。
586 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/14(火) 21:33:10.73 ID:dGGP6vY0
林羅山がアップをはじめました。
587 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/14(火) 23:05:48.98 ID:CSh68dE0
天草四郎さんが仲間に入りたさそうにそっちを見ている!
588 :あぼーん :あぼーん
あぼーん
589 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/16(木) 07:34:27.30 ID:SKJIzdgo
尻一つで5万円だとおっ!
590 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/16(木) 09:10:11.85 ID:dpCAPfAo
かなり高い方だが十三万石に比べるとなあ。
当時の一石が三十万円(でよかったっけ)で、
四百億円か? うわーそりゃ超ベラボー。
ムネリンも発狂するってもんだ。
591 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/16(木) 13:24:13.63 ID:pDhqlnA0
っつーか宗矩でなくても譜代の連中が黙ってないだろこれ。
老中筆頭格の酒井忠勝でも12万3,500石なのに尻一つで13万石じゃあなあ。
592 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/16(木) 18:45:59.15 ID:SKJIzdgo
まあ、穏便にいくなら、友矩が宗矩並みに有能で、
大目付と柳生家継いでどこからも文句が出なけりゃ
それが一番だったんでしょうなあ。

可哀想な長男は放置するとして。

まあ、家光死んだら殉死しなけりゃならんかもしれませんが。
593 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/17(金) 02:33:16.19 ID:XVih3OYo
やはり当時の評価は2000石で、
それでも妥当というかかなり高い方ですよねー、という。
594 :1 [saga]:2010/09/18(土) 01:17:51.75 ID:iswUNbI0
 どもども、お疲れ様でアリマス。
北海道は実にナイスであり、久々に近代建築を堪能できて満悦至極。
次は函館に行きたいところですが、雪の季節にまた札幌・小樽、というのも乙なところ。
北国はそれがあるのが嬉しいです喃。

 さて、次回ですが、
今週はいつも通り、日曜(9/19)夜の21時からを目処にしようかと。
内容は前回の続きでアリマス。
孔明(仮名)の前からダッシュでどっか行った和尚はさてどうなったか、ということで。
よろしゅうですー。

新マンガ日本史>
 気になったので他のシリーズとかを見てみたら、
しみじみと宗矩が出番レスであり、>>567のネタがネタになってねー有様でアリマス。
ぎゃふん。

【週刊江戸11 武家諸法度の陰に柳生あり】
 http://deagostini.jp/edo/backnumber.php?id=10867&issue=11

【真説 歴史の道 22 柳生十兵衛 剣豪の里 剣の道】
 http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_2632108110

 まー今度は一応メインのようですし、もうちょいマシな扱いだといいんですが喃。
あと、武家諸法度と宗矩の関係性って、昔NHKの「その時、歴史は動いた」でも出たネタで砂。
あれは宗章が柳生の手の者呼ばわりされてたりして結構微妙な塩梅でもあるのですが、
「宗矩がいたから江戸時代260年は成立したんだよ!」という超結論になって当方も吃驚。
どうしてそうなった。

普請奉行宗矩>
 天下普請については、調べるほどに宗矩のみならず、
当時の武士の役人としての側面が見えてくるのが面白いところ。
この辺は次回「その38」で扱おうかと。

新関ヶ原スレwith宗矩>
 まあ、アレですよ。

 「わかったぞ…あの配役は”宗矩は後に転生しますよ?”という新関ヶ原さんのメッセージなんだよ!
  つまり、「魔界転生」は史実だったんだ!!」
 「な、なんだ(ry」

 というところで。

超坊主大戦L>
 そして降臨する宗匠withへうげ版。
そーいやへうげには和尚出てません喃。

友矩>
 友矩も調べてみると色々妄想が湧いてくるナイスガイなので面白いで砂。
そのうち友矩メインの話にもなりますので、その時にでも。
595 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/18(土) 12:03:20.81 ID:5TFUyl2o
あいよ〜
596 :1 [saga]:2010/09/19(日) 21:02:19.15 ID:NyjSphs0
 どもどもです。
今回もどーにか間にあったので、これから投下しようかと。
内容は、その37の後編(前は前編って書き損ねましたが、まあ、前後編ということで)でアリマス。

 では、はじめます。
597 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:04:49.12 ID:NyjSphs0
                      , '  ´ ̄`   、
                   /     __    \
                  / /  , . : ´: : : : : ` : . 、  \
                 /  /. : ´ :|: : : : : : : :|: : : :\  \    前回は出番がなかったけど、
               〈  / : : : :_/:|_: : : : : : : :ハ:_:}_ : : \  〉  今回こそイカ娘がこのスレを支配するんだゲソ!
                  ∨: : : : :´/|;人:`: : : :/'´|:∧:`: : : :∨
                /イ: : : : :/ ,x:=ミ、;/ ,x:=ミ、 :,: : : : :人
         ____/: ´:人: : : ハ 〃んハ     んハ Yハ : : } : .\____
       /: :___;/ /:ヽハ: :i 弋:り     弋:り   ,ハ__/、__ : : : : : : : : : \
.      /:/´,ゝ‐/⌒> ´ ̄ {_|: :| .:.:.:.:. _'_ .:.:.:.:. /´  `⌒ヽ.\ー―‐-、: : 〉
      〈 :〈   と.ィ{ ‘ーッ― x _|: :ト、   {    }  /   /     }  :,   〈: 〈__
    ┌' : :〉     `ーァ': ,:ノ  |:/|: :| {` ..` __ ´. イ{  /   /  ヽ }\  |: : : |
    | : :|    /:/   / j: :j     {{ー   ‐}} ,ハ `ヽ.__,/   / //\: ヽ  ̄
      ̄    /:/    / | ./: /\   \__,//: :/⌒ヽ人__/ // _〈: :〈
.        く: :く      _|O| {: :{   `ー     /: :/    丶`二 イ  |: : : :|
       ┌:': :/     {_:|  、 ヽ :、__  \_  { : {     }O} ヽ└┐  ̄
        |__|        '、  \|:_|      _): :)    / ,' └‐┘
                 \   \      |_:{   / /
                     \ O 丶. ___ .  ´ /
                     `   . O___O.  ´
                       ( し') `ー'′
                        ‘ニ'

     .   , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /: l:::::l::::|:::: | :ハ::::::::::i::::: |:::::::::::::l
      ,':::::|:::::|: ハ:::::l |  |::||::::|::::::|:::::::::::::|
.      , l::::|:::::|::| |::::||:| 」::l|::::||:::::|:::::::::::::|
      j イ :|:::::|z‐|::::ヒリ  j7L::ヒ|:::」:::::::::::::|
     ,'/ | :|:::: 代5フヽ  ' 弋フ7|:::::::::::::|    はいはい。
     /´ |::| :l ', `        ´ ,'::::::::::::::|   さ、話を再開するわよ。
       | | :|:::',    !     /:::::::::::::: |
       | | :|;ヽゝ   ___  ∠,イ:::::::::::|
       | | :|;;;;;\  ´ − ` イ;;;;;|:::::::::.イ
       | | :|;;;;;;;;;;} 丶、 _  '" |;;;;;;|:::::: ,' |
       | | :|;;;;;;;;;;|        |;;;;;;|:::: ,':: |
       | }| レ'" ,'       |;;;;;;|:::::l:::::|
.     _ノ‐イ::l  〈       | ヽ|:::::|:::::|
   / く    l::|  \―-、 _」  |::::ト、 |
  / `ヽ\  ',:l    \    |  |::/   「lヽ
  |   \\ ヽ|     \  /  レ'   | |, }
  |    }\\       \/      l |l |
  |    l  \ヽ――‐- 、___\-―=ニ 」l |
  |    |    ̄ ̄ ̄`゛ ――- ニ、     { |
598 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:06:47.89 ID:NyjSphs0
 和尚に逃げられた孔明(仮名)は、ひとまず京に戻り、和尚の言を板倉重宗に伝えた。

          -、─- 、  , -─;-
     ,. -─-ゝ  Y  ∠.._
     ´_ ニ=-            `ゝ
  ∠´.___             \    
.   ,. ‐''"´    , , 、       ヽ
 ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |   
.  /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
  // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ     で、和尚は逃亡した…だと?
   l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \
.       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、  
      / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._
     /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
   _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |  
       / l   \/::: u  |  ,/    |
.      /  l   |::::      | ,.イ |     | 
     /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 | 
.    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|
    "´   ()) |;';';';';';';';';';';';'|

                    , -‐…‐- 、 
                   /{三三    ハ 
                      /   `'ー-----‐'゙ ',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/         
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ      ええ。
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   そしてそのままいずこかへ…。
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ  
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二   
599 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:08:10.24 ID:NyjSphs0
                    , -‐…‐- 、 
                   /{三三    ハ 
                      /   `'ー-----‐'゙u',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/         
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ      それに、庵に戻ってこられたとしても、
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   「病が治ってから」と仰ってましたし…
           / 〈三く. l    ≠===\   , /:::::ノ  ヽ  あの調子では「治った」とは仰りそうにないですな…。
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二   

 ヽ.\    \           ノ ノ ィ
   \ `'<_ ̄ `          {. ( /-─:ァ
    ,> 、_ ヽ、              \ヽ. ∠.__
.    / ./   \\| ,イ  ,.ィ      ヽヽ <
   |,イ ,   ,〃ゝ.ニ'_ー<.丿.ト、    l l  ヽ`
ヽ   |,イ __ /{ |/l,イハV「iヘヽ∧ヘ.ト、   l l トノ
| l.   f´ _{{u〉   o レ, Vrヘ\  ソ〉、j ル'
ヽヽ.   ヽ.( iひ‐'^uく<::::) o ヽ.`くr' /ト{{        〜〜〜〜〜っっ!!
 ヽ.\   l |‐||. v (^ソ )‘ー'ひ‐ヘ. Vソ.ハ.ヽ.
─-;>、ヽ.Lニ!Lrェェミュ' J,.ィT゙「フ,ハ V  \ヽ.
::/:::::::::::`7⌒TlTエヽ`く_」⊥Lレ }Tヽ.\  ヽ.\
:{::::::::::::::::ノ  | ヽl_.Ll>、ヽ⊥」ノ .く. ゝ \ヽ
:ヽ::::::::::::イ  _,.>、 v -‐ヽ i-  ijv )\. ヽ.\
ー-ゝ、:_:::レi く: :/ `ー 、_ u } l  rく´{. トゝ  \ヽ
-─‐-..二ニ''.Y\   _7rヘ`く  l:::`:-ゝ.._
:::::::::::::j::/ : : l l:::::::;>:': :ノ::| \\|::::::::::::::::: ̄
:::::::::::::ソ: : : :ヽ`'く : :/:::::::Vヽ!\ヽ、::::::::::::::
600 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:10:19.01 ID:NyjSphs0
       .、-―-..,,_  /:: ̄;;Z
        ゙>::::::::::::V::::::::''"::::;;;;>  
      ∠;;;:::::::: .:::::::::::::::.... :::::::\
      /:::::  ::::::::::::::::::::::  ::::::\ゝ
     〃:::::::::  ::::::::::::::::::::  ::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::........::;:;;::::::::::::::::::::::::::::i
     |:::::::::::::::::::/!:/ ヽヽ:::::::::::::::::::::|
      レ!::::::::::::::/V/ ij' ヽヾ:::ヘ;::::::::::!           どうすんだよおい!
       」::::/|/>、゙':.、 /;:ヘヽ\;:r''、          .それじゃ約束はしたけど、
     i r.i:|ヽ"''‐、ヽ、! .i/ ‐''゙゙゙7|:ヒ'i }          実質、参府しねえと言ってるようなもんじゃねえか!
.     ヽ'ニi:iヾ、 o\i i< o  ノ' i:ヒ7/  
      ヘ,,_|! ゙'=u='"'|.| ゙=u=" /|!_,/-、
   ,, ‐''" |:::ヘ u   , .|.| 、 .,,//::::!.  ゙''‐ 、..__
    ,.┼/!:::::ヘ.iエェ.ヽ!.レ'‐rエi/::::::! ヽ‐- ,,_  ゙'' -  
   i┼i‐|/‐!:::::::ヘrェェェェェェェノ::::::::!‐| ヽ┼i┼i‐- ,,_
   i┼i /‐i‐!;:::::| \ ‐=‐ ./.}:::::::!.i┼i.ヽ‐i┼i┼i┼i 
   i┼/.|‐i‐ .!::::|  \_,/  /::::/‐i┼i‐ヽ.i┼i┼i┼  
  .i‐|/.┼i┼ |ヘ|ヽ,,___,,/|W .|‐i┼i┼ヽ..‐i┼i┼i

                    , -‐…‐- 、 
                   /{三三    ハ 
                      /   `'ー-----‐'゙ ',
               l`ート、_   u.   __ノ!一'/         
                  /\ !ヾニニ`ヾ , 、/´二フ/|/\ヽ      それを私に言われましても…。
            //.:: ノ|  `ー‐'/ iハ`ー'゙  |\_:::::ヽ \   
           / 〈三く. lu.   ≠===\   , /:::::ノ  ヽ  
              /   ヾ三`∧ /{iー‐一 !}`ヾ/'´.::::/     }  
          !     \⌒j八{       ,イ{'.:::/       ∧__
     / ̄ ̄ ̄\  、___ ̄ ̄ヾー―一'゙.:::::/   , '´ ̄ /    j  
    /  、___ \__        / ̄ ̄    / _/     \ 
  /               ̄``≧=/ / ̄ ̄ ̄             \
  /                    {(O<二   
601 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:14:42.28 ID:NyjSphs0
                ____
     -=ニ"`' ,   , ' "  ,," '
     ______\ ` , , '    '-ー ̄二=-   
  ∠二__  ~`           ""'ー、   
   , - ~                 ヽ   
  , '  , ,                  ヽ  
  / /, '                   `, 
  i/ /          /|           'i 
   ,' ,    /:i /:i |:::| |',          | 
   i /i /' /::::| |::::i |::uヽi::`,`ヽ       | 
   i/ i/ i /ー-ヒ--`|u|--エ--ー\  ___   |      普通、上様から召されるって時点で、
     i i/|二ニ=ニ~  二=ニニニ,:::| |─i`.  \    .相当な名誉なんだが…和尚にはそういう欲がねえ。
       .,|ヽ_゚_./:::::"ヽ_゚_, イ/:|.|─| | |`┬ー-   金や女で釣ろうってのも無理にもほどがある。
      / | ==:/:::u:::  u ~/':::|.|ニノノ |  |ー--   権威で脅そうにも、そんなものに屈しないのは
 __;;-ー''"~~.λu:/:::::::_::i   /'::::u::|.|ー'  /  |     紫衣事件の時に証明済みだし…。
 __;;-ー''"~'/| .| (_,-  u   ::u:::::/|   ||   | 
      | !i .| <__ __-ー''ー:-:::/::|   |.|   |      但馬の奴…どうするつもりなんだよ、これ?
      .|  | .|x--二_____:::::/:::::|  ./ .|   .|    
      |   |/~ニ二\\ 'i/::::: |  |  |   .|    
     .|  ,r┴'---, ̄\',  |::u |  |.  |   |
     | </ ̄ ̄\こつ  i  /  .,|  .|    |   
     !-ーC' ̄ ̄`こつ    | / /!/,/ \   .|   
        | ̄ ̄ヽ、      | / /| -    ` , |
602 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:16:32.12 ID:NyjSphs0

 さて、その頃、但馬国出石…。

     .:::.. ... :.    .::::::       ::.... .:::       :..... .       ..:::..    ... ....::::. .
.: .:::..... :. .:|::  : .|::./:... / .::ゞ: |.... ...:::.. ... .. ..::::. . .. :. .::: :  : :.. .::|::...... ..:l. :|、. |_|:.. . .. | :. .:::: ::....
;;ゝゞ ; ヽヾ|   |/`ー/;;ヾ;;;;;;;;|_,|ヽ;;;;ゝ  ;|ヾ;;;;''"   ゝゝ;;;|;|;; |_|;ヽ、ヾ|ーl  |_|ヾ ゞ | |...
;;...:... .. . ヽ;lー一'| : ./;;ヾ;; . . ..l.:.|  . ゞ. . ||;;;;:,  :...:... .. .'''ヽ|;lヽ|_|;ヽ ヾ;;|ー|、_,|_|;ヽ;;ヾ| |. .  .
;;ヾ;;;; ; ゝゞ|   |-/:l|ヾ;;;;;;;;ゝ|_,|;.ゝ;;;;; |,|| :  .   :  .  |;lゝl.:|;;; .:.. .. ー|. : . |.  .: ;| |
"''ヽ、; 、;;l;;;|   |/:|-|:ヽ;;ヽ;;;,;|_,|    |,||. ...:.: ... .. .  : .|;|' ;|_|;;;;ゝ;ゞ|ー|、_,|_|   | |
ゞヾ ;;"ヽ;;|   |ゞ|-|;;;;;ヽ..:...::...|.. ...:..::...i. ....:: :::. .. ...:   :   |;| |_| . : :: |ーl  |_|...:. : ... |..
.. .:...:. .... |.:ー..:'|ゞ|:...:... .. . .;|_,|    |,||          |;| |_|. .   |ー|、_,|_|   | |
     /:|   l;;;;|-|; ゝ;;ゞ |_,|.. .:. :. . |,||    .... ...:.: . ....|:l  _|.   : |ーl  |_|   | |
 . .  . /` |   | |-|. :     |_,|    |,||          |;| |_|    |ー|、_,|_|   | |
l   /   | .. . .|. .l-l  . : . . |_,|    |,|| . .      ... . |;| |_|...:.: ...|ーl  |_|   | |
l.  /`ー/ lー一'| |-|      |_,|    |,||          |;| |_i   ..|ー|、_,|_|   | |
l  /  / :|   | |-|      |_,|''" '' ' |,||          |;| |_|    |ーl  |_|   '"''"
 /`ー/  |   | |-|      |_,|    |,|''            ''"' |_|    |ー|、_,|_|
./  /: :: |   | |-|      |_,|  ,; ''"''"              |_| ''   |ーl  |_|
`ー/    :lー一'| |-|      |_,|                   |_|    |ー|、_,|''"
, /   :: |   | |-|      |_,|                   |_|    |ーl  |
/l     |   | |-|      |_,|                 '""'';;'   |ー|、_,|
      |   |'"''"''    |_,|                      "''''l  |
      lー一'|         |_,|                          |、_,|
603 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:18:33.49 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        ふん、やっと帰りおったか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|       こんな坊主一人を呼ぶのに、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ       大層なことをしおるわ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
604 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:19:53.33 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |         だが、この調子ではまた来るであろうし、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |         これ以上、俺が突っぱねるだけでは、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|        .らちもあかん。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\         …ひとつ、但馬の奴に相談してみるか。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、        『上意之由、防州被申候を…』 サラサラ
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
605 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:23:13.30 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       『…九月廿四日 宗矩公
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|                         宗彭』…っと。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\       うむ、これでよし。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |        では頼むぞ、元盛。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― U|
            :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、    お任せ下さい。
            |ル  丶- ..-   .│ 
            │   -=一、  〃
             \ 、  ̄  ._丿 
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |
               元盛

 こうして、重宗からの話を断った後、和尚は宗矩に手紙を書き送った。
606 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:25:06.74 ID:NyjSphs0
 そして江戸…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
607 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:25:34.50 ID:HPEjVd60
彼は何で大胸筋強制サポーターしてるん?
608 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:27:41.84 ID:NyjSphs0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /
//      / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/       /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
        |    (●)(●)  /;;/
       . |    (__人__)  l;;,´   
         |     `∩_ノ)━・'    ふむ、これが和尚からの手紙か。
       .  |     |_ノ      どれどれ…
        /ヽ    |  |_  
        |  \_/ ノ ヽ      『上意之由、防州被申候を…』
       \     /_|  |
       | \ /  _/
609 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:27:43.47 ID:8EV1EQo0
おぉ、ついにきっちりとした名が……
610 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:30:10.10 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ 
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',      
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |       周防守殿から(参府せよとの)上意の件、伺った。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       しかし、今、俺は病気なんでな、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      治るまで延ばす事はできんだろうか?
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\       無論、病さえ治れば、
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       如何に俺とて、上意を嫌とは言わん。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、    
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ 
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『上意之由、防州被申候を、いや罷下儀成間敷とも被申候。
  今當分者煩申候間、延句ハ可被申候。
  とけてハ、上意をいやとハ、いかなるはちひらき坊主ニても不被申候儀候』
611 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:32:19.62 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',         とはいえ、俺は世間的には身上のあるような者ではないのだから、
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        参府するにしても、品川あたりにまで出てくれば、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        御意に背いたことにはならんだろう。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|        あと、仮に遅れたとしても、病人ということで許してもらいたい。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\         とりあえず、俺の様子については元盛の奴に聞いてくれ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |         もし、お前のところにいなかったら、このことをあいつに伝えた後、
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、      .堀丹後守殿にもこれを見せてくれ
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『さてわか身ニ取りてハ、公界罷成身上ニて無之候へ共、上意にて候はゝ、
  しな川邊まて、かゝみ申候ても、御意をハ背申さぬにて候。
  少罷下事之ハやきをそきハ、病者之上を御ゆるしも可有之候。

   とかくの事、元盛可得御意候間、被成御聞、万事様子可被仰聞候。
  元盛万一其元ニ居不申候はゝ、元盛へ遺候状之趣、掘丹州御両人御覧候て、
  御合被成可被下候』
612 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:33:09.90 ID:VigY/2so
実は面倒なこと全部宗矩に押し付けてないかこれww
613 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:36:01.54 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',         この間もな、周防守殿からの話だといって、
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        ウチに出入りしてる出家が来おった。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        本来なら、周防殿が直に状を出すところ、俺が何考えてるわかんねえし、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|        もし、断られたら次の話がしづらいから、ということだと。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\        用件は紫衣事件の時に出した俺の抗弁書について
  /  / / ! \| |      ./!  ! |         上様が俺から直に話が聞きたいから参府するように、とか言ってたな。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、     
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
________ __________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『態以飛脚申候。先日書状進候。此廿四五日日ヒハ、相届可申存候。
 愚老事、其元へ罷下候様ニト 上意思召候通、板防州御物語候を、
 當庵へ出入仕候出家、京都罷下内證申候。
 防州直ニ状をも可給候へ共、我等心中難計候間、先彼出家能々語申、
 江戸へ下申様ニ申候へ、貴殿より、上へ御上候書物之心持、直ニ御聞被成度思召にて候。
 只今周防状を可進候へ共、罷下儀不成由、返事申候へハ、次テ申事難成候間、
 先其方参、罷下候而、可然之由、周防申分をも、沢庵へ能々申入候へとの儀ニ付、彼出家下被申候』
614 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:38:16.78 ID:NyjSphs0
                           
                ,. '"´三二二三`ヽ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /   というか、周防殿に来てる話なら、
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   貴様が知らん訳なかろうが!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ     俺の事情は書いた通りだから、
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)    その辺りを踏まえて
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    三行で返事をよこすがよいわー!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
________ _________________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『元盛方迄、委以書中申候間、被聞召届、貴殿思召通、御内意返事承度候。
 防州へ被仰付候程ならは、貴殿へ可被成御諚儀ニ候。
 干今其儀無御座候哉、前後之儀委承度候。
 元盛可得御意候間、書中不具候。恐々謹言。

   九月廿四日
   宗矩公                                    宗彭』
615 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:40:27.66 ID:NyjSphs0
   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (⌒)(⌒)
. |     (__人__)       …ははは。
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)   流石に和尚も気づくかの。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― U|     そりゃまあ、そもそも上様が
            :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、   和尚様に興味を持たれたのは
            |ル  丶- ..-   .│    但馬守様がきっかけですから…。
            │   -=一、  〃   
             \ 、  ̄  ._丿     但馬守様が絡んでないと思う方が変でしょう。
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |
616 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:42:29.48 ID:NyjSphs0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (●)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´     まあ、そりゃそうなんじゃがな。
  |     `∩_ノ)━・' 
.  |     |_ノ        では、元盛。
 /ヽ    |  |_       これから和尚宛に返事を書くでな、
 |  \_/ ノ ヽ      ご苦労じゃが、それを和尚のところへ届けてくれい。
 \     /_|  |
 | \ /  _/

              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― U|   
            :〃  -   - `|、    わかりました。
            |ル  丶- ..-   .│  
            │   -=一、  〃    (但馬守様は和尚を参府させたいのだろうが、
             \ 、  ̄  ._丿     …でもあの和尚をどうやって動かすつもりなんだろうか?)
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |
617 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:44:05.11 ID:VigY/2so
宗矩って本当に「メンドクサイ人々」の空気を読んで、
彼らを動かすことばっかしてきたような。

武芸者というかやっぱりコーディネーターだよなあ。
618 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:44:43.67 ID:NyjSphs0

 そして再び出石。

     .:::.. ... :.    .::::::       ::.... .:::       :..... .       ..:::..    ... ....::::. .
.: .:::..... :. .:|::  : .|::./:... / .::ゞ: |.... ...:::.. ... .. ..::::. . .. :. .::: :  : :.. .::|::...... ..:l. :|、. |_|:.. . .. | :. .:::: ::....
;;ゝゞ ; ヽヾ|   |/`ー/;;ヾ;;;;;;;;|_,|ヽ;;;;ゝ  ;|ヾ;;;;''"   ゝゝ;;;|;|;; |_|;ヽ、ヾ|ーl  |_|ヾ ゞ | |...
;;...:... .. . ヽ;lー一'| : ./;;ヾ;; . . ..l.:.|  . ゞ. . ||;;;;:,  :...:... .. .'''ヽ|;lヽ|_|;ヽ ヾ;;|ー|、_,|_|;ヽ;;ヾ| |. .  .
;;ヾ;;;; ; ゝゞ|   |-/:l|ヾ;;;;;;;;ゝ|_,|;.ゝ;;;;; |,|| :  .   :  .  |;lゝl.:|;;; .:.. .. ー|. : . |.  .: ;| |
"''ヽ、; 、;;l;;;|   |/:|-|:ヽ;;ヽ;;;,;|_,|    |,||. ...:.: ... .. .  : .|;|' ;|_|;;;;ゝ;ゞ|ー|、_,|_|   | |
ゞヾ ;;"ヽ;;|   |ゞ|-|;;;;;ヽ..:...::...|.. ...:..::...i. ....:: :::. .. ...:   :   |;| |_| . : :: |ーl  |_|...:. : ... |..
.. .:...:. .... |.:ー..:'|ゞ|:...:... .. . .;|_,|    |,||          |;| |_|. .   |ー|、_,|_|   | |
     /:|   l;;;;|-|; ゝ;;ゞ |_,|.. .:. :. . |,||    .... ...:.: . ....|:l  _|.   : |ーl  |_|   | |
 . .  . /` |   | |-|. :     |_,|    |,||          |;| |_|    |ー|、_,|_|   | |
l   /   | .. . .|. .l-l  . : . . |_,|    |,|| . .      ... . |;| |_|...:.: ...|ーl  |_|   | |
l.  /`ー/ lー一'| |-|      |_,|    |,||          |;| |_i   ..|ー|、_,|_|   | |
l  /  / :|   | |-|      |_,|''" '' ' |,||          |;| |_|    |ーl  |_|   '"''"
 /`ー/  |   | |-|      |_,|    |,|''            ''"' |_|    |ー|、_,|_|
./  /: :: |   | |-|      |_,|  ,; ''"''"              |_| ''   |ーl  |_|
`ー/    :lー一'| |-|      |_,|                   |_|    |ー|、_,|''"
, /   :: |   | |-|      |_,|                   |_|    |ーl  |
/l     |   | |-|      |_,|                 '""'';;'   |ー|、_,|
      |   |'"''"''    |_,|                      "''''l  |
      lー一'|         |_,|                          |、_,|
619 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:48:14.69 ID:NyjSphs0
              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― U|   
            :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、   和尚様、只今戻りました。
            |ル  丶- ..-   .│   こちらが但馬守様よりのお返事でございます。
            │   -=一、  〃  
             \ 、  ̄  ._丿    
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
   丿   __...ァ'冖'"‐ゝ、_ ./!i 、 ,,,uャ〃'ゝ、、、    .|
   丿   ノ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^'゙┬ー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ゝ′   .|
  ./    │;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ゞ   .!
  l    .卜,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__..ニ- 廴;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.丿   .│
  !    │ `'''''''''''''''"´    `''''‐‐―''''´│   │
  ,'    ノ                    .|    |

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     おお、ご苦労だったな、元盛。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    では、早速読むとするか。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
620 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:50:22.41 ID:NyjSphs0
           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //           .諦               |
    . /  //            め              .|
    /  //  .           ろ               |
    /  //         宗                   |
   ./  //          .矩                  .|
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ
                 宗矩の返事
621 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:51:08.67 ID:HPEjVd60
三行ですらねえwwwwww
622 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:51:15.99 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、−ゝ  イ−ノ| |  ━━┓┃┃
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ┃   ━━━━━━━━
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     ┃               ┃┃┃
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ                        .┛
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /! ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
  /  / / ! \| | |。≧       三 ==-
 , /  / / |┐ \ -ァ,        ≧=- 。
 / /イ | ハ! |==、  ̄イレ,、       >三 
 , ' / イ 川ハ、o | `≦`Vヾ       ヾ ≧
  / 人 リヾ `ー、 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。〉
623 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:52:07.87 ID:VigY/2so
簡潔すぐるww

624 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:53:48.45 ID:NyjSphs0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|     元盛ィィィッ!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',    なんだこれは!!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― U|   
            :〃  -    -  ."|'、   いやだって和尚でしょ?
            |ル  丶- ..-  u │   返事は三行って仰ったの…。
            │   -一-  〃  
             \ 、  ̄  ._丿     要約するとそういうことだそうです。
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
625 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:56:17.72 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     …フン、縦に三行とか芸がないわ芸が。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     で、補足はどうなっておる。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    どうせ言伝されているのだろうが。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


              ,..-'' フi''‐- 、
             ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
            ノ/ ''―‐  -― U|     ええ、勿論。
            :〃  -   .- ."|'、   それでは、但馬守様の言伝をお伝えします。
            |ル  丶- ..-   .│   
            │   -=一、  〃  
             \ 、  ̄  ._丿    
         _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
      ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、  
     ..'´     /丿         .l |     `
    /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
626 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:57:36.03 ID:gRYAtrQo
縦に三行かよwwwwwwww
627 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 21:58:17.17 ID:NyjSphs0
=宗矩からの伝言=

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |         和尚、結論は手紙に書いた通りじゃ。
. |  (__人__)  |        おそらく、今度は周防守様よりも更に上から
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  .お話が来るであろう。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/    このままではお互いキリがなかろう。
   ヽ     ノ   .l;;,´    
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
________ _________________
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
628 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 21:58:28.69 ID:HPEjVd60
そうきたかwwww
629 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:00:01.27 ID:NyjSphs0
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
         |     (__人__)          なら、和尚。
         |      `⌒´ノ          ここは逆に考えてみてはどうかな?
          |         }          
          ヽ        }      (    「参府しない方法を考える」のではなく、
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )   「参府してこそ得られる何かがないか」とな。
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !
________ _________________
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
630 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:02:26.96 ID:VigY/2so
坊主に「もっと柔軟になれよ」と説くというのもすごいな
631 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:03:54.93 ID:NyjSphs0

    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\       そう…例えば、
  |:::::::::(●)(●)|      結局、そのままになっておる
 . |:::::::::::(__人__)|     .大徳寺法度についてなどの…。
   |::::::::::::` ⌒´ |
 .  |::::::::::::::    }       ちょうど、その一件でお主に話が聞きたいと、
 .  ヽ::::::::::::::    }      .上様も仰っておられるではないか。
    ヽ::::::::::  ノ       お主が出れば…何か動くかもしれんの。
    /ヽ三\´      
    |:::::::::::::::: \
________ _____
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..- u. │   
         │   -一-  〃    
          、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
632 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:06:04.23 ID:NyjSphs0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)             まあ、それはそれとして、
.   |     (__人__)             そう難しく考えずとも良かろう。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )        江戸にいる間は
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)    わしの屋敷に泊まってくれればいいのじゃ。
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)    虎ノ門の上屋敷が気詰まりなら、
   /  /    \       ./;;/    麻布の下屋敷でも構わんぞ?
  /  /       \     .l;;,´     久々にのんびり茶でも飲むのもいいかもしれんの。
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ
________ _________________
            ∨
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  -   .- ."|'、 
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ
633 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:08:00.16 ID:NyjSphs0
           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  -   .- ."|'、   …というのが、但馬守様からの言伝です。
         |ル  丶- ..-   │   
         │   -一-  〃    
          、 .-   _丿     
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     …………。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
634 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:09:37.00 ID:NyjSphs0
             .rニYニヽ      
               /    j |      
            イ     } |        …フン、あやつめ。
          /j      j       最初からこの落とし所を狙っておったな。
       ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
       〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈   
       |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
      .j  |           |  |,
     ., イ  |     |      |  |
    ノ  }        |         |
  /           |          |

           ,..-'' フi''‐- 、
          ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
         ノ/ ''―‐  -― U|       そうでしょうね。
         :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、     実際、但馬守様の仰ることにも
         |ル  丶- ..-   .│      一理ありますよ。
         │   -=一、  〃      
          \ 、  ̄  ._丿        大徳寺法度の件を、直接将軍家に
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_     訴えることが出来るわけですから。
   ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         .l |     `
 /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
635 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:11:01.69 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        わかっておる。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|       俺の唯一の欲とも言える部分を
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ       上手く突いてきおったわ…。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |        
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


           ,..-'' フi''‐- 、
          ./,' ヽ‐- ` --゙lヽ
         ノ/ ''―‐  -― U|      
         :〃 ` ゚ ′ .` ゚´ `|、      では、参府されるのですか?
         |ル  丶- ..-   .│     
         │   -=一、  〃      
          \ 、  ̄  ._丿       
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_    
   ,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         .l |     `
 /      /,'     ヽ     ! l       ヽ
636 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:13:58.47 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |      …いずれはな。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      確かに参府の断りにも使ってはいたが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     .ここ最近、具合がよくないのは事実だからな。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     春頃になって、落ち着いたら
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      参府する、といったところか。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

           ,..-'' フi''‐- 、 
          ./,' ヽ‐ -` -- ゙lゝ
         ノ/ ''―‐ 丶―U|
         :〃  -   .- ."|'、     わかりました。
         |ル  丶- ..-   │     では、但馬守様にはそのように。
         │   -一-  〃    
          、 .-   _丿       「うむ、頼んだぞ」
      _....-‐','n:こ-コっ::コ: :什‐-..,,_  
  ,,,,-‐´   l丿 ^´‐―‐ ̄’ ゙lゝ  ``ー、
  ..'´     /丿         l''、     `
 /      /,'     ヽ     !'l       ヽ

 こうして沢庵和尚は、あらためて江戸への参府を決めたのであった。
637 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:15:22.35 ID:NyjSphs0
          , へ、
        //   \         /\  ))
       / /     \       | 「
     / /        ヽ\      | |   
    く   厶 -───‐-、 〉\   | |   
     >仏イ/}ノ∨∨\jN|/   | |    …上手いことやるもんだゲソ。
   //| |u \   /  | ト-─ー-l |   このイカの触手のような搦め手を使いこなせば、
  / //| | ●    ● | ト-─‐、j j   イカ娘の世界征服が一歩進むかもしれぬでゲソ?
-‐/ /  | | '''     '' | ト、___ノ ハ
//   | |\__ 口 _ノ| ト、_____ノ |
/  _ノ! | / i「 ̄7`ヽ| |       | |
  / _ノ| /}!  \/   j{\!     | |  
_,/ /   / __A⌒ー--<⌒ハ    _| |_
/ /   〈    _>ー- ..,__  ̄_ノ     \/ ))
/   _,ノ| ̄「        丁 |
                              .    / :/ ::/   :イ ::i  .:;     ..:::::::::::ヽ
                              .   / ::/ ::/  イ / .| ::l  ::i  ..:i   ....::::::::ヽ
                                 i  ::| .::リ .::i.|:::| | :リ  .:::|  ..::i    ..::::::::::::l
                              .  |  :| ::|| ::| l::|  l :リ  :::リ .::::l|     .::::::::|
 あなたじゃ無理に決まってるでしょ。       .  | .i |,__|'| ::| .l:|  リ l .::/l :::::リ     ..::::::::::|
それに、この和尚への返事の内容は       .  l./| :::k‐ュト,,|  リ / ::/ム_:/|     ..:::::::::::|
>>1の創作よ。                        ノ |  ::|ヽ{;;C ./  ̄''´c..;;;::::>l i   ..:::::::::::|
                              .    |  :l  "" .     ヽ;;C´ l :l   ..:::::::::::::|
 和尚からの手紙に対し、               .   | ::::|   /      """"/ ::/   ..:::::::::::::|
宗矩が返事をしないというのも不自然だから、     |  :ハ   `        / .:/  ...:::::::::::::::|
何かしら返事は書いたとは思われるけど、     .   ノ_,,, :ハ  ,_       ノ ..:::/ ..::::::::::::::::::::|
その内容は今のところ明確ではないの。           l :::::;;>./`"       ̄ フ ..::::::::::::::::::::::|
                              .    | ;; /ヽ.        / ..::::::::::::::::::::::::|
                              .     レ/|.   ヽ--ャ-‐'''" / .:::イ:::::::::::::::::::::|
                              .   , /:::::|       |   ./ .::/ l::::::::::::::::::::::|
                               , / | ::::|      .|  ./ ..:::/   l::::::::::::::::::::|
                              /   .| :::|      ,,,ィ  / ..::/    ,,入:::::::::::::::|
                                  .| ::|   _,,,ャ''" ノ / ..:/ _,,,ィ''"::::::::::ヽ::::::::::|
638 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:16:46.30 ID:gJvYv3U0
相手の反応を読み切ってベストなタイミングで落しどころを提示するとか…柳生の心法マジパネッス
639 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:18:47.73 ID:NyjSphs0
           \   〉
  _ ______ \/
/: : : : : : : : : : : : : : :  ̄\
: : : /|: ;ヘ: : : :./|: :ハ: : : : :ヽ
: /ニ=|/ ヘ: :./ |:/ _,.ゝ: : : : :!       ぐぬぬ…。
イ´ん,心`  ∨ 'イ.心 ヽイ^'       じゃ、じゃあ、この話の根拠は何でゲソ?
  込::::ノ       l::'''::l ;': :l        創作にしても、根拠があるから書いたはずだゲソ!
.::::..  ̄        `ー´ /: :/   ./\ )) 
:::::::         '   .::::. |: :{.   ¨|: :「
            人: ヽ   \:ヽ
\   ⊂==っ , イ: :|. ヾ: \.  ): )
                       .                    _
                                      ,  "      `  .
                                 /            \
 そうね。                  .          /                    .
これは>>1の推測というのを                /       ,ハ           .
踏まえて読んで欲しいんだけど、  ......       ′       | │  ト、    |   '
この時期、和尚を動かそうと思ったら         | . |   「|. | | | l. |.| |_j  |   |
                     .            ルi |  _トL」_| リ|_ 「L⊥|  |ヘ. ′
 「大徳寺法度の件で、        ....      / | |  「rrァ=y ′ 代゚ジ'|  | 》′
  和尚が家光に話をすれば、     .            | |  | ヾニ゚       |  | /
  状況が好転する(かもしれない)」   .         ル |  |,     i       |  |「
                      .           リ  |ヘ.   `  _.  ム  !
 という点くらいしかなさそうだったのよ。        .│ ト-へ、  ̄   /! l |
                                      | |   〕: . ._.. イ │ | |
                                     l |    」      乂| |
                                    | ! ,rf八.       │|//7ァ .
                                  _,.| !///|          | |///////7ァ .
                       .        ,.ィf///| |///|       ____リ/////////// 7、
                             ,.ィf///////| |///ト―、  ´  |/////////// /  \
640 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:20:38.70 ID:NyjSphs0

 度重なる幕府からの圧力に耐えかねた、という  .       /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
見方もあるかもしれないけど、             ..     ,'.:.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::i.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:|: : :.:.:|: :.:. ',.
今までの和尚の行動を見る限り、         ......     i.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.: |: : : :i:.:.:.:.:!..:| |:.l |.:.:.:.:|: : :.:.:|.:.:.:.: i:.、
それを理由とするのは少々違和感があるわ。   .     l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|: : : :|:.:.:.:.l .:| |:.| |.:.:.:.:|: : :.:.:|.:.:.:.: |:.:i
そんなものに屈するくらいなら、                 |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|: : : :|:.:.:.:.l .:| |:.| |.:.:l_.L: : .:.|.:.:.:.: |:.:|
そもそも配流なんてされなかったでしょうし。   ......     |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:l‐一:ト--ミ、| |:.| |.:.:|.:.| ..:.:.:」 :.:.:.:.|:.:|
                                     |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.」.:.: ノ{ :.:.」 ノ |.:lィiで丁了l.::.:.:|.:.:.:ト、
 かといって、和尚には世間的な欲…        .     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : :.:.:.:.:│ィ'で「う`ヽ、       ト::.)゚} ノ│:.:.:|.:.:.:|
例えば、地位や権威、金や女、           ....     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.|.:l弋::.) リ        弋ソノ |:.:.:.:|.:.:.:|
あるいは様々な名物など、そんなものを             |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : .:.:.:.:.:l´`ー''          :      |:.:.:.:|.:.:.:|
欲しがる様子はまるで伺えないしね。        ..     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.:.:.|               :      !:.:.: | ̄
                                     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.:.:.|          /    ,':.:.:.:.|
 「金もいらぬ、名誉もいらぬ、                  |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :.:.:.:.:.|              /厂 ̄
  命もいらぬ人は始末に困る」          ......     |:.:.:.:.:.:.:.:.|: : ...:.:.:.:.ト.|        --一' ′ /.:.{
                                     |:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ヽ、            /..:.:.:.:i
 相手が違うけど、沢庵和尚もこの言葉が    .....     |:.:.:.:.:.:.:.:.| .::l.:.:.:.:.: |    > 、    イ....: :.:.:.:.|
そのまま当てはまったであろう人物だったわけ。       l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:l:.l .:.:.:.|         Τ´.:.:|.:.:.l.:.:.:.:.|
                                     l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:| | .:.:.:.|        ∧.:.:.:.:l.:.:.:|.:.:.:.:|
 そんな人を動かそうと思ったら、         ......     /:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:| |.:.:.:.:.|         { \.:.l.:.:.:|.:.:.:.:|
その人にとっての「大義」に訴えるしか        .    / .:.:.:.:. 〃 |:.:.:| |:.:.:.:.:|        i   \.:. l.:.:.:.:|.
方法はなかったでしょうね。             .....   /.:.:.:.:. /   \| |.:.:.:.:.|        {    \.:.:.:.:|

               _____
               /´   \  `  、
              . '       '.   》
            //: : : : !\:_:|:_: \/ハ  ☆       人間の癖に大した奴じゃなイカ。
          〃: : :!、: : :|/∨ヘ : : !ヽ|      +    まるでイカ娘のような大人物だゲソ!
  *         f: : |斗-\| '下ハミV h: :!   *
  + ☆   / |: : ハ      マり |: :リ、: \ .        で、その「大義」が、和尚の場合、
☆    ii ,、ノノlハハい == , . へ   |: :l: 、\: \ __    「大徳寺法度」の件だったってことかゲソ?
*   / 彡^(´    }ハ   く{  }/|: :|\\\: : : : `\  .
  *  /⌒ヽ  /;|: |>r--rf  |: :l- 、\\\ ̄`\\ +
641 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:23:04.73 ID:NyjSphs0
                               .                              ,  -――- 、
                                                            イ:::::::::::::::::::::::::::::::>、
 そういうこと。                                                 /::::::::::i:::l::::::::::::::::::::::::::::::\
あと、冗談は程々にしておかないと…斬るわよ?   .....                      .,イ::::|:::::|::ハ::|:::::‖:::::|::::::::::::::::::ヽ
                               .                        / :|:::ィ::::ハ:| |:||:::::| |::::‖:::::::::::::::::::ヽ
 まあ、それはともかく、                ... ̄ ̄``゛¨ ¬―- _,ィ'^l'^h        |::::|:::|」::|_|! / L:::|-L::」::::::::::|:::::::::::::}
和尚にとって、大徳寺の寺法を守ること…      ._,.....、__,......__,....._/ } | | .i_       .|:| Lィ_ニミ   チfラ"ア:::::::::ハ:::::::::::::\
より正確に言えば、                  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. / | | .|二¬‐- z=ナ〈|: ハヽヒ’ハ    `¨冫:::::::j `'⌒l::::::::::\
「世俗に対し、仏法の独立性を守る」事は、    ......-―― ¬'¨´ ̄ ̄ブ / / , ト 、二 ‐-ニ>〈ヾl|ハ   〈     /:::::::::/ レ'ノl、::::::::::}
ほぼ唯一と言っていい欲…執着だったと思うの。  .         /     / /   `¨¬‐-| |||:::::',   `    /:::::::::/ 人,イ仆!::::::::::|
そのために徹底抗戦したのが、           .....  _,,  -―/       / ――‐r 、_」 l||::::::ヽ  -― └ァ::::/  |::::Y:Y::::::::::: |
「紫衣事件」なわけだしね。                ̄       .l       ノ      ヾミL_ノヶオ!:::::\      /:::/   .L_」|:||: |:::::::::|
                               ..         |     /            ̄ ~|!::::::::::>、_ /:::/ -―'";;;;;;\:{|:::::::::|
 そして、この寛永十二年当時、            .        |  _ /__             ||:::::::::_;;; ―┴‐',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:|:::::::::|
「紫衣事件」の原因となった「大徳寺法度」は    ..     __」-<;;;;;;;;;;; |              |!>'- 、 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | |:::::::::|
以前のまま、手付かずだったのよ。                |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|            /  ,,,,;;;;\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |::|:::::::::|
                                     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           /  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|:::::::::|

        ,へ、
       〆 ヽ\
     //    ヽ \
   / /       ヽ \     (…こいつ、千鶴並に怖いでゲソ)
  〈 厶 -───‐-、〉 /〉
   仏イA∧A/∧カ\  |      じゃ、じゃあ、
   ||  \,, ,,/    |N|    和尚が参府を決めたのは、
   || (●) (●)||| | |    この法度をなんとかするためで、
   ||  / ̄⌒ ̄ヽU | |     和尚を参府させるために、
   ||  | .l~ ̄~ヽ |  | |    宗矩はそこを突いたのでは…ってことかゲソ?
   ||U ヽ  ̄~ ̄ ノ  | |   
   ||    ̄ ̄ ̄   | |   
642 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:25:30.23 ID:NyjSphs0
                            .        ′: /: : : :h ,' ; : ', : : i゙. : ::| :│ : | : : : : : : : : : : ' : : : : : .'
                                     l : : i : : :/:│:|  ': : ゙. : : :い- | ::T :_」 : : : : : : : : : : .| : : : : : |
 そうではないか、というのが>>1の推測ね。         | : : | : : |l : | :|  ゙、 : ヽ: 」 l _」コ孑ァ | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
                            ..        | : :│: :」| -| :|    \//フ「;;心]ノ | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
 実際、この問題を解決するためには、   ....         | } :│ : |l:_」L」        ゞ:::。ノ、 | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
法度を撤回させる必要があるけど、       .       l:ハ └゙‐弋´トrう.        ¨´    | : : : : : : : : : : :| : : : : : |
前将軍たる秀忠の命によって下された     .      リ l : : : ∧ 弋;ン ,            | : : : : : : : : : : :l::. : : : : |
この法度を撤回できるのは、唯一同格の存在… ....... 〃  l:ハ : : : , ′ ′             リ :│: : : : : : : .::::. : : : : |
即ち、現将軍たる家光以外いなかったでしょうし。         }| l: : : '    丶         / :│: : : : : : .:::::::: : : : : |
                            .           リ |: : : :ハ     _,.  -‐=j    厶 -┤: : : : .: .:::::::::. : : : : |
 そうして考えると、家光に招かれて、               |: : : | : 、   ∨    ,′     | : : : : : .:::::::::::. : : : : |
直接その話ができるのは、チャンスなの。   .          |: : : |: : :\   ヽ__,ノ        イ : : : : .::::::::::::::. : : : : l
当初は、玉室、江月の二人に任せると言ってたけど、      .L -┤: : : : 丶、 `      / | : : : : |:::::::::::::::: : : .::. l
自分が話せば、好転する可能性があるとすれば…             | : : : : :.::::::|` .,__ .   '     | : : : :::|::::::::::::::::: : : :::. l
和尚が参府する可能性は出てくる、というわけ。               .| : : : : :.::::::l:::::: |        | : : ::::,゙|::::::::::::::::: : :.::::. l
                                             | : : : : : i::::l:::::: |         l : .:::/ .|::::::::::::::::::.:.::::::.. l

          _____
          /´   \  `  、
       . '       '.   》              ふむ…つまり、
.       / ,. -――- 、 l   〃
      //: : : : !\:_:|:_: \/ハ               【家光】 : 沢庵和尚の話が聞けて嬉しい
    〃: : :!、: : :|/∨ヘ : : !ヽ|
    f: : |斗-\| '下ハミV h: :!               【沢庵】 : 大徳寺法度を撤回させられるかもしれない。
    |: : ハ      マり |: :リ、: \
    lハハい == , . へ   |: :l: 、\: \ __         .【宗矩】 : 家光を和尚に帰依させられるかも。
       }ハ   く{  }/|: :|\\\: : : : `\             あと、身近に和尚がいると嬉しい。
     /;|: |>r--rf  |: :l- 、\\\ ̄`\\
    ///:/ ̄〃|! __,ハ: !.〃\゙ハ\.\   Y      こんな感じになるわけかゲソ?
.   〃 ./:/ 厶  |!,/  V《    ヽーー⌒つ       いわゆる「WIN-WIN」ということかゲソ?
    |___--⌒   /      Vマヽ、       \      うまいことやったもんじゃなイカ!
. 辷⌒ヘ ヽ  /   |     ハ:.}/ `ーノ ̄ヽ、乂ゞ
 ./   ノ- ─    '、    |:|ヽrァ 7´:〈
 〈,クケ' くノ〈:〈__   二.   {:{ ヾ  \/
643 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:26:37.15 ID:VigY/2so
これが新陰流の「後の先を取る」というヤツである(違います)
644 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:28:43.43 ID:NyjSphs0
                                        ____
                                    _,‐''".:.:.::::::::::::::::.:..`丶、
                                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 (イカのくせに「WIN-WIN」とか言うなんて…!)  .....  ./://.::::/:{:::::、:::::::::::::::::::::::::::',
                             ..    /:,':::/.:::::/ |l|:::::||::::}l:|:|::::l:l::::::::|
 まあ、そういうことね。                    l::l:::|.::::/  |l|:::::||::::||:|:|::::|:|:::::::|
実際、宗矩ならこの辺りの事を                |::!:::L./ヽ リ  └ 斗ヒ''::/:::::::|
心得ていたでしょうし、幕閣の中で             |/|:::l-=・=-   -=・=- イ:::::::::|
和尚と一番縁があるのも宗矩だしね。        ....  |:::l⊃       ⊂⊃ |::::::::|
この辺りの差配をしていた可能性は十分あるわ。  .  ヽ    r_,、_v   ∠::::::::|
                                   |::|::>'う _, r<|::|:::::|   l
 さて、それじゃ話に戻りましょうか。           .   レ'  ./i\  ソ:::://::|::|\|
                                  ./  /ヘヽ::\/:::://::::|/::::::ヽ
                                  /ヘ._ /:::::::ヽ\ヘ=ソ:::::/::::::::::::ヽ

                      _,. -‐   ̄ ̄`\
                   .    ´  /        \
                   /     /            '. ヽ
                   \   ,.   ´ ̄ ̄ ̄`  、  i  .
                  ヽ/: : : /| : : : : : : : : : : \ |  ',
                   / : : : :,\|:/! : : : : ;.ヘ: |: : \    ',
                 ̄∧: :/,x≠ミ、| : : /_l厶-: :|  |   合点承知だゲソ!
                 /: ∧〃んィ} |;/,r≠ミ、 |: : : |__,!   では、イカ娘が新陰流を修めて、
     r―――――一:´: /j: :|{ 弋:り    んィ} Y|: ∧|      イカ新陰流を創始する話を始めるゲソ!
  /`ー┘┌―――‐一ァ'⌒マ: :,!      ,   弋:り  ノイ: : !
  \/ ̄ ̄  _,. -‐ ´   /: :/ \ 「` ー‐┐   / /: : :|       「そんなわけないでしょ」
         / >―‐ 、 __/: :/   |l丶. __,ノ_ . ィ': :/ \|
        / /: : : ,.―┴'―〈.    |l\ __/  ! : !__   ヽ
       〉、i: : : /       l }、   ヾ、__,/   | : ||: :l:Y  |
     _,/: ∧: : :`ーr、    }_ノ}  ̄ ̄  、___ /| : ||: :| | ∧
   __|: :r_′ `ト---ゝ--イ__ノ \\__ / |∨ | : |l: f´l_/ヽ:\
   \;/ _」´: ;.イ                  | V| : ||: :〉--r' 、 : \
        / : : :_|  、          /     /  |'| : ||: し_,/   \: : \__
       \;/ \   \    /          lノ: :ハ: : \__   \__ : :!
           \(O)\ ____      /\:\.\__ : |      /: :\
            〈 \ _____(O)\_,/_/: :/   /: :\   \/
.               { ̄´//   /\    |: : : : |   \/
               ̄  /  /     \__/|__|
                    /   /
                 /   /
            __/   /
              f´:〈__ .ィ′
.             ハ : : : ;ノ
            /  `7´
          /    /
.          {     /
          `ー‐'′
645 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:31:22.00 ID:NyjSphs0
 さて、こうして春頃に参府する方向で考えを固めた和尚であったが、
幕府は和尚を放っておかなかった。

 寛永十二年十一月、出石…。

    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |      和尚、御無沙汰しております。
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |     この度は周防守様より和尚へ書状を届けるようにと…。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --     / ヽ !:::\
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      今度はなんだ?
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     病が治れば参府すると周防守殿には
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     既に伝えておろうが。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     同じ話されても同じ答えしかできぬわ。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
646 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:33:36.37 ID:NyjSphs0
       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓    いえ…和尚。
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|    今回は、周防守様よりの書状では無く、
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ    土井大炊様よりの書状と、
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ     幕府御年寄衆連署の添状でございます。
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /       内容は…「理由を問わず、すぐ参府するように」と。
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、−ゝ  イ−ノ| |  ━━┓┃┃
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ┃   ━━━━━━━━
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     ┃               ┃┃┃
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ                        .┛
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /! ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
  /  / / ! \| | |。≧       三 ==-
 , /  / / |┐ \ -ァ,        ≧=- 。
 / /イ | ハ! |==、  ̄イレ,、       >三 
 , ' / イ 川ハ、o | `≦`Vヾ       ヾ ≧
  / 人 リヾ `ー、 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。〉
647 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:35:42.37 ID:NyjSphs0
    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|        沢庵殿、悪いんだけどさ、
    代・} 弋・フ / ^}リ        病で行けないっていうのは、ちょっと聞けないんだわ。
     ';::.:L .:::  {  r〈    
     ';t‐ェェタ  イ >、_       これ以上先延ばしにされるのも困るし、
      i:::二  / // \    理由はどうあれ、もう江戸に出てきてくれないかな?
       `ー</ /o\  \
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         W   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{
          土井大炊頭利勝
      (どい おおいのかみ としかつ)
________ _________________
          _∨___
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    土井利勝からの書状

 利勝よりのこの書状自体は所在不明であるが、
この後、和尚が小出吉英に宛てた手紙で、その内容は以下の様に書かれている。

 『従御年寄衆御連署給候。御添状□土井大炊頭殿御文寫、従板周防守殿持せ給候。
  ”愚老儀相煩候共、被寫召候間、罷下候へとの儀候”』
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
648 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:38:21.44 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      一介の坊主を呼び出すのに、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     年寄筆頭の大炊頭殿の書状に、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     年寄衆連署の添状か…大層なもんだな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


  ヽ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ,二 |
  ヽ/ヽ_,,-''川川 |
  ,イベ, i 川 | /ヽ ) |
 i''''-,,,_\ /_,,,,,-ッ'-i
  {≡  '''二'''≡ ,イi  )    (一介の坊主だったら年寄衆がこんなことしねえっての!)
  ヽ≡;ノl lヽ≡ノ i i ヲ  
   iヽ cUっ  r l レ |      和尚…具合が実際に良くないのは承知の上ですが、
   .i r==≡=='''ヽ 人 |     どうかお願いします。
   i L二エ二,,フ/ i |     .これ以上は…流石に洒落になりません!
    | u 平   /  i |
    L___ /__,-''',''ヽ、   どうかっ・・・どうかっ・・・・・・!!
      \__,,-''' / ≡ヽ
      K~  /≡≡≡≡ヽ
      |ii入/ ≡≡≡≡≡ヽ
      |//≡,,-'''≡~ヽ、≡ヽ
      /≡ /  '≡≡ ヽ≡ i
     /≡≡≡r''~~~~~'''-,,, i≡ i
649 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:38:45.60 ID:gJvYv3U0
イカ新陰流…後のルルイエ柳生である。
650 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:40:45.57 ID:VigY/2so
だが西欧では悪魔の柳生と恐れられたイカ新陰流も、
大和柳生の前では、酒の肴となるのであった。
651 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:41:16.49 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      …わかったわかった。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     どうせ行くと決めた身だ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     今から準備をして、年内には江戸に着くようにする。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ  
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      それならよかろう?
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、    /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ      あ、ありがとうございます!
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7     それならば、なんとか…!
/  | /::: :ヽ    (_ _:ノ   ,'
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\
652 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:43:34.45 ID:NyjSphs0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|      では、今すぐ支度を手伝いがよいわー!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',     SITAKUせよ!SITAKUせよ!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

                      ,'''-,,,
                     // ヽ,''''-,,,
                    r/''-,,ヘヽ___,,'''x
                   ,イ/ { ヽ ,,,_,-'''/
        ___,,,,,,,,,----''' イ 7''-クイ ~フ
       /≡ヽ  ≡≡≡≡/ i zx λッ~7~     わ、わかりました・・・っ!
      i  ≡≡}  ≡≡≡iヽ, i ~'''='x/
      イ   ≡/  ≡≡≡i ヽ ~''''-,,,/'''-,,,
     i iヽ  ≡i  ≡≡≡レ'~ξ''''エ,, ≡ λ
     i≡   ≡) ≡≡≡i/ з-'''''-,,{ ;; / l
    i≡iヽ  ≡レ_,,,-'''  ≡ヽへ    i/ ≡l
    i ≡i    ノ≡   ≡≡ノ ≡( _ ノ' ≡l
   i ≡i      ≡,≡-'''/ ≡ヽー''~ヽ  ノi
   j  ≡ヽ   ≡≡,-'''  ≡≡≡/i ≡ \≡
  /   ≡ ''---''~   ≡≡≡/  i ≡≡\i
653 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:45:08.06 ID:NyjSphs0
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !   
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,  
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l 
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.     フン…流石にこの急かしは但馬だけではなかろうが、
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'    元はといえば、あやつが事の発端…!
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ    こうなれば仕返ししてやらねば気が済まんわ!
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !    待っておれよ!但馬!
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|            今から行って貴様をSATHUGAIしてくれるわー!
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

 こうして和尚は、その年の十二月五日には但馬を出立したのであった。
654 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:47:28.58 ID:NyjSphs0
 そして、年の瀬も近付いた十二月二十五日。
江戸、麻布の柳生家別邸…。

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;
655 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:48:06.21 ID:8EV1EQo0
な、なんの隠喩だろうww<SATHUGAI
656 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:49:30.94 ID:NyjSphs0
            _____
      ,. 一<´          `  、  ┏━┓
     / : : : : : : : : : .` 、        !\  ┏┛
   /イ: : : : :l. : ::|: : : : : :.\      i  . ┃
     |: : :/┼/、|: : :,.イ: : : \  /   i ・
     |/| __.、l/`ー|、:メ: : : :'. /    !     あれ?
     |:.ilrテ示   __.、| : : : :V___|    柳生屋敷といえば、
      i : j  ヒソ   rテ示7イ : /:iア´ ̄     場所は道三河岸じゃなかったのかゲソ?
      |: :{   ,    ヒソノ, :.! イ : |
      |: :i\   ,___     ! :.|_ノ: : !
      |: :l f ` 、`ー‐` _ .イ| : | : : : |
       j: :i!.| / }  ̄   ,l : l! : : : \

                                      ____
                                 _,‐''".:.:.::::::::::::::::.:..`丶、
                                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                               ./://.::::/:{:::::、:::::::::::::::::::::::::::',
 それは最初の屋敷の事ね。          .... /:,':::/.:::::/ |l|:::::||::::}l:|:|::::l:l::::::::|
タイミングが悪くて書き損ねていたのだけど、   l::l:::|.::::/  |l|:::::||::::||:|:|::::|:|:::::::|
この頃の宗矩は、                 .... |::!:::L./ ヽ リ  └ 斗ヒ''::/:::::::|
                              |/|:::l  ●    ●  イ::::::::|
 上屋敷:虎ノ門                     |:::l⊃  、_,、_, ⊂⊃ |::::::::|
 下屋敷:麻布(実際には目黒)             ヽ   ゝ._)   ∠::::::::|
                                |::|/⌒l,、__ , r<|::|:::::|
 という具合に場所を替えていたの。           レ'  ./i\  ソ:::://::|::|\|
あと、下屋敷は別に与えられたわけよ。       ./  /ヘヽ::\/:::://::::|/::::::ヽ
                               /ヘ._ /:::::::ヽ\ヘ=ソ:::::/::::::::::::ヽ
657 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:50:34.73 ID:VigY/2so
さすがに僧侶がSATSUGAIと言い切るわけにはいかないから、
サデュガイぐらいにごまかしていたりとか。
658 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:52:01.29 ID:NyjSphs0
                                      .        ____
                                          _,‐''".:.:.::::::::::::::::.:..`丶、
 基本的に、当時の武士の屋敷は全て               .   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
将軍家から下賜されるものだったから、             ...  ./://.::::/:{:::::、:::::::::::::::::::::::::::',
タイミングとしては、                            /:,':::/.:::::/ |l|:::::||::::}l:|:|::::l:l::::::::|
                                      . l::l:::|.::::/  |l|:::::||::::||:|:|::::|:|:::::::|
 寛永六年(1629):従五位下但馬守叙爵時           ... |::!:::L./ヽ リ  └ 斗ヒ''::/:::::::|
 寛永九年(1632):加増による六千石&惣目付就任時      |/|:::l-=・=-   -=・=- イ:::::::::|
                                      .  |:::l⊃       ⊂⊃ |::::::::|
 このどちらかの時だと思われるの。                  ヽ    r_,、_v   ∠::::::::|
その辺りがはっきりはしないのだけど、              .   |::|::>'う _, r<|::|:::::|   l
今まで出なかったのは、単に>>1が書き忘れていただけよ。     レ'  ./i\  ソ:::://::|::|\|
恥ずかしいったらありゃしない。                   .  ./  /ヘヽ::\/:::://::::|/::::::ヽ
                                        /ヘ._ /:::::::ヽ\ヘ=ソ:::::/::::::::::::ヽ

             あ゛〜〜〜〜〜     , -==- 、
              ___         /::::::::::::::::: \\
             |\ヽ、` `丶、    /  :::::::::::::    、 、
             i.  \ `ヽ、 ゙ヽ___:   :::::::________   ゙ ゙
             i    \  ゙ ! .|::::ヽ γ⌒ヽヽ:::::::::ヽ::: }: }
             |     \ ii/:::::l´ i   :}: }::::::::: }:::: |: }
              i      /::!/^ ::::::ゝ,_,,ノ_ノ_____ノ:::: }: }      アホな話だゲソ。
              /ヽ___-::´:::/:|.| : :::::::::::  :::|:::::|::::::::/ / 〃    ちなみに、この屋敷はどれくらいの
             /:::::::::::::::::::::::::/:::!'  、::::::::::   ::|:::::|:::: / / 〃    広さだったんだゲソ?
            /::::::::::::::::::::/::::/⌒.!  ヽ::::::::   |:::::|//       「海の家・れもん」より広いのかゲソ?
              /::::::::::::::::::::/::/i|  i    ` -==+ ' |
         /:::::::/:::::::::::::::/::/.i|  i         .l.__.|
       /::/:::::/::::/:::/:::/::/ |  i        .|`"'´|
      /::::/::::/::://:/::/ i:::::i/|  i          |   |
    /:://:::://:::///::/ .i:::::i   i   l         |   |
   /::::/.//::://::/ /:::/__,|::::|,,_ !  :| _. ,. - ─ ─|   |- ,,_
   |::::|./ /:://::://::/ /:::/   `i  :|(.    o o o`""´   `ヽ
  〈::〈 i/:::/〈:::〈_.〉::::〉 .ヽ::ヽ=ニ ./l,__,l、゙ ー=、,,,_____,,,、= "
  く::::X:::〈 く::::/::::/、_,'⌒く::::>/{;:_:_:_:)"^ヽ.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /:::::,く::::> く::::::X::::::> //´   `ー--'^"
 !_,_,_ノ `´` ̄`´ /::::::./
             (.juuuノ
659 :1 [saga]:2010/09/19(日) 22:53:43.43 ID:NyjSphs0
>>655
>>657
 その正体は打ちミスでアリマス>SATHUGAI
「SATSUGAI」に直しておいて頂ければー>まとめの方々
ぎゃふん。
660 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:54:14.26 ID:i9bb2e.o
おーいww>打ちミス
661 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:54:42.24 ID:NyjSphs0
                              .....     .   , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       /::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                       /: l:::::l::::|:::: | :ハ::::::::::i::::: |:::::::::::::l
                                      ,':::::|:::::|: ハ:::::l |  |::||::::|::::::|:::::::::::::|
                                .      , l::::|:::::|::| |::::||:| 」::l|::::||:::::|:::::::::::::|
                                      j イ :|:::::|z‐|::::ヒリ  j7L::ヒ|:::」:::::::::::::|
 海の家と比べてどうするのよ。           ....     ,'/ | :|:::: 代5フヽ  ' 弋フ7|:::::::::::::|
あのね、当時の武家屋敷…それも数千石格の    .     /´ |::| :l ', `        ´ ,'::::::::::::::|
大身旗本の屋敷となれば、その敷地は        .       | | :|:::',    !     /:::::::::::::: |
普通に千坪(約3300u)程度はあったのよ。             | | :|;ヽゝ   ___  ∠,イ:::::::::::|
                              .....       | | :|;;;;;\  ´ − ` イ;;;;;|:::::::::.イ
 現代日本の建売一戸建てだと、          ....       | | :|;;;;;;;;;;} 丶、 _  '" |;;;;;;|:::::: ,' |
三十〜四十坪(約100〜132u)くらいが平均らしいから、     | | :|;;;;;;;;;;|        |;;;;;;|:::: ,':: |
ざっと30倍以上というわけ。               .       | }| レ'" ,'       |;;;;;;|:::::l:::::|
                                .     _ノ‐イ::l  〈       | ヽ|:::::|:::::|
 家によっては、三千坪(約10000u)以上の敷地を    / く    l::|  \―-、 _」  |::::ト、 |
得た事もあったらしいから、大したものね。        / `ヽ\  ',:l    \    |  |::/   「lヽ
勿論、大名家だとそれ以上になるわけだけど。     .|   \\ ヽ|     \  /  レ'   | |, }
                                  |    }\\       \/      l |l |
                                  |    l  \ヽ――‐- 、___\-―=ニ 」l |
                                  |    |    ̄ ̄ ̄`゛ ――- ニ、     { |

            ;´ ̄ `   、
          ;ノ        \;:
        / /        .\\;
     .;/ /   ______\\
     <  ./ / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..\/;
     ;\/ / :.u::.l/‐-/  l.:/ -',ハ/;
      ; レ.'.:>‐l .:>-o-:::::u::::-o-V ;         よ…世の中は不公平だゲソ…!
        {.u |.:./{ ト-j:::::::::::::::ト‐j:|         やっぱりこのイカ娘が世界を征服して
.    _;_八__|:::|_u `´    u`´j:|;        世の中を変えてやらないといけないゲソ!
  ;_/ _/::/:|::::\ r‐=‐   ノ:::|   _t 、;
 _i_,/::::_/::|:::::|:_〕    r≦ |::::|\/_  >   「はいはい」
 |::::::::::://::/:::::::i:::::i ヾ  //  i::::l\/\ ';;   
 i__l /::/:::::/.|:::::|  丶//   |::::lヽ ):::::):;
662 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:56:34.86 ID:NyjSphs0
 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   ヾ@ノ |:::|     |:::|  |  |:| O        |:|:|        O |:|
 |  | |  | (ヾ/,ノ) |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |  ミ)Y´ノ  |:::|___|:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   i ̄ l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |__| .::|______ |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |/´ └‐┘             |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |:|_______,|:|:|_______,|:|
 |  |,.' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|───────┴───────|_
/ ̄ 

   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   …ふう、やれやれ。
  |     `∩_ノ)━・'   来年からの普請の準備も、
.  |     |_ノ      ひとまず一休みといったところかの…。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ      息抜きができるのは久しぶりじゃ。
 \     /_|  |
 | \ /  _/

               fミ.、
               ミ;;、:\
      ミ:\       };; ';.: ヽ
      ミヽ: :` 、 , -‐─L;;_ ';: : ヽ、
      ';. ヽ/´: : : : : : : 、: : ヽ: :ヽ` 、
       ゝ´: : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ: : : :ヽ
      //: : /: : :ハ: : l: : : l:ハ : : :ヽ: : : ハ
      /イ: ://: :/ }:i: l: : :i:l: :}: : : ハ: : : : i
      |:l{: l:{:l从i  jハノjハi从:} : : : !:!: : : : !     まったくでありんす。
      i!li::从lrぅ示  ´f示テァ: : : |:|: : : : l    今年は年中仕事ばかりで、
      j!|リ: :ハ込ソ   弋zソ|:: : : |:|: : : : :!    ろくにゆっくりできなかったしのう。
      l: : : :ハ  〈      i: : : :j:|: : : : ::|
      |: : : :l人  マ ̄ノ  j: :,´⌒ヽ: : : ::l
      l: : : :||: :l>、`   イ: : i  , -┴─、!
      |: : : :|: : |: : :`ニ彡/: : 」'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:!
      l: : : :l: : :|:, ‐7´-/: : : |:.:.:.r‐──〈::i
      l: : : :|: : :f 〃 /: : : イ,'"´    /:::|
             お藤
663 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 22:58:23.07 ID:NyjSphs0
   / |   |L| |_||__| || ||L| |__|L|L|  |  |
  /  |   |=====ニ_〜  〜 ニ=====、|  |  |     そのおかげで、
  /  |   ', 弋__ノ  ~ '´弋__ノ |  |  |    ろくにわっちにも逢いにこれなんだしのう。
 |   |   ',〃              〃 /|  |  |
 |   |    ' ,      =@     / |  |  |     柳生庄を離れて一人、
 |   |    |ゝ_   / ̄\   ,.イ  |  |  |    子もおらぬ身で、殿だけを想うて過ごすわっちに
 |   |    |  ` ‐ _ ̄ ̄ ̄,. '  |   |  |  |    この仕打ちはあんまりではないかや?
             ` ‐ '


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ⌒)(⌒)
     |     (__人__)      ははは…まあ、そう言うな。
     |     ` ⌒´ノ      じゃからこうして、一段落したところで
       |         } \    すぐにこちらに来たではないか。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )   待たせてすまなんだの。
  /        .   | _/  わしとて逢いとうてたまらんかったわい。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
664 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:59:05.96 ID:8EV1EQo0
>打ちミス
いや、てっきり迷う心の(SATSUGAI)的に何かの教授とかそういうのかとばかり……

千坪ともなると、どれくらいの人数が出入りしていたんだろう
665 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 22:59:30.32 ID:gRYAtrQo
なら、とりあえずもげてもらおうか
666 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:00:15.84 ID:VigY/2so
息子の魔法使いののろいが父親に届きますように
667 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:01:45.32 ID:NyjSphs0
                .|
                .人
       / ̄ ̄\   ̄.Y  ̄
     /   ⌒  \   |
     |  ミィ赱、i .i_r赱         しかし、お前の言ももっともじゃ。
.     | ::::::⌒ (__人__)        故に、今宵は久々にわしの夜の新陰流を
.     |     トエエエイ        存分に披露してくれようぞ!
.     ヽ     `""´}    
        ヽ     ィ、   ∩て_     一重、二重では終わらぬぞ?
    ;'⌒ヽ        ヽ、{三)(   いずれさびしくもならぬようになるわい。
   /              . `/     ふふふ…。
   (  _/       l\、 ;′
    \, `ヽ.       i    ̄


 ∨> : : \\/::::/::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:.:.:.:. \/: : : <∨
  ∨> : : :.У::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. :.:.:.:. ハ  \: : <∨
  ∨>: ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::l:.:.: l:.:.:.... `<∨
   ∨!;/::7::::/二ニニ=|==: ハ====ニllニl::.  ∨ヘ
   ∨ /:.:7:::::::7:::::::::: l:::::::|::| |:::::::.|::::::|::.:.:リ:::::!:::..  .|:::|
   / ∧ :{:.:.:.7 ::::::: /|:::::::|::|:. |::::::::|: |:从レ'!:::::|.:.:.:.:.. |:::|
   |:::/ ::::::::|.:.:ハ::::::: / .|:::::::j::|:. |l::::::il:::|:|ハ:::i|::V.:.:.:.:.:.: !:::|
   |:::{:::::::::::|.:.:ト::Nメ、 l::::::リ | |i川斗七~V:|/.:.:.:.:.:.:.:.l::::|
   |:::|:::::::::::::YリV ̄>-ト_.  -リvィチう寸.!:.:.:.:.:.:.:.:l::::|     これっ!
   ∨!:::::::::::::::|ト/才たうァ、    ´V辷rリ ノ !:. |:.:.:. : l ::|    まだ日も暮れておらぬうちから
    ∨:::::::::::::::|∧_弋_ク'    ,    ー─'′|:: |::.:.:.:. |:::|    そのようなことを言うでないわ!
    ∨ ::::::::::::|    ̄´    l     /// |:: |::.:.:.:. |:::|
     ∨:!::::::::::ハ .///       , -‐v、    .l::::}::.:.:.:.:.l:::|     それに、
     |:::l::::::::::::∧     /    ハ  ./::V::::.::.:.:.:!::|    もう少し風情というものをじゃな…!
     |:::|::::::::::::|::!:\   /      .j/ :|::::リ:::::l.:.:.:..l::|
     |:::|::::::::::::|::l::::::`:>ト、     / Ll__j:イ.!:::::|.:.:.:.:|∧
     |:::|::::::::::::|::l:::::::::|:::_| ` ー '′ .| ̄7 .|:::: |::.:.:.:|::∧
     |:::|::::::::::::|::l:..;-フ/}       \∧:.|::::::l:.:.:.:.|::::∧
     |:::|::::::::::::|<´./ ,イ  ノ        ∧ .!:::: | :.:.:.|::::::∧
668 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:02:17.84 ID:tdaLIdUo
うぜぇwwwwwwww
669 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:03:49.05 ID:NyjSphs0

                        はっはっは、そう照れずともよい。
                       お前の事を考えるだけで、ほれ、この老体がこの通りじゃ。
           / ̄ ̄\      
           /ノ ヽ、_   ヽ       おお…まるで四十は若返ったような心持!
          (≡)(≡)    i     それもお前を想うてこそ故よ!
            (人__) /// ,∧     出来る!出来るのだ!(色々と
            |⌒´    /,ハ   
          |      , '" { ` ̄ ̄`ヽ、.._
          ヽ_ / \ ',      人 ゙ヽ、
             |\   , `ヽ.   ノ´r‐''''ヽ、} ヽ
          /', `ヽ_リ,__,,... ゝ- '´ ,ノヽ   i   }
            /´'´ ̄7´ `/  /   ,'      }  ,{
        /    }   人  !    :      ,∧ノ ゙i
          {   _,ノ -‐‐-}-- 、   {     , '"´、 ∨, }
       /!,.ノ`ヽ.     {   ヽァ-、,/i    ヽ∨!
        / ,      }\   ヽ   i r'´  } ,.-‐'" ',.}'
     ,∠',{     リ, /`‐-イ `ー--i._,.ゝ- 、     /|
   /   ∨ ,..-‐-、ノ   ゙i‐‐-/´     ',   / |
   八    リ 〉   `ヽ`ー‐‐''''''''",,... -‐‐‐-.ノ  /   |
  /,....-、.._  ヽ、 >/..__ `ー‐--.. -‐ ''"´,. .リ ,...ノヽ
  (ー- '"Y  ノ \_>―--=、._      ,..-‐'"´ヽ.  ',
  ( ニ二'ノ/           〉ー---‐'" / ノ   ',  }
   ヽ--'′              / 〉 、"´ /′/     ', }

     レル' レ、. .<, .| :::::::::レ-| ::: ::/.| : :/| ::::|             :::::::::
     ./ .!' ::::/レー‐‐|/|从ノ ̄|::ハ::ノ .|:::ノ .| .::::|             ::::::::
    /  .:::::/ `::::::::|'   i!:  |:ハ/ :|ル':::::| ::::|             :::::::::
    .|    ノ    _+---- ._,,.、´:  ::::::::: :|ル:|             ::::::::::
   /_,...-'´::   フ,二,ニ,彡''´   ::: ::  ::::/             ::::::::::::
.┌‐":::::::::::::     ´ ´ ´         ::::/             ::::::::::::::      し…知らぬわ!
. { ::::::::::::::::::    ///////         ::/             ::::::::::::::::     このようなところで脱ぐなど…
..ヽ ::::::::::::                   |             :::::::::::::::::::    .気が早すぎるのじゃ!
  }  ::::::                   }             :::::::::::::::::::::  :
 ノ                      }            ::::::::::::::::::::::::: :::   せめて、
  ヽー-、                   }            :::::::::::::::::::::::::::: .:::  寝所まで我慢せぬか!
  |〈                    / ./          :::::::::::::::::::::::::::::::::
  | .)::                ..:::::} ./          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  | .}              ...:::::::::::::| ./          .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .|.}           ...::::::::::::::::::::::::| ./         ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .リ       ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ./         .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .1"‐-.....,__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /         ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   {    ::::::`"''‐‐-...,__:::::::::::::::::::::::/ /        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヽ、  :::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;:::::::/ /        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
670 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:05:51.91 ID:NyjSphs0
゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |      よし!
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |       ならば、今すぐ寝所に行くぞ!
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚      もう辛抱たまらぬ!!
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|    ふふ…ふはははははははは!!
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o

             /   / :. :. :./ :. :. :. :. : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : ;ヽ
            / ,.  ''/ :. :. :./ :. :.| :. :. :. :l :. :. :.| :. :. :. :| :. :. :. :. :. :.J=.,_''  ヽ
           彡-ー=ヽ| :. :. :./ :. :. || :. :. :.| :. :. :.|| :. :. :. | :. :. :.l :. :. :.| :. :.`‐、 ',
            / :. :. :.| :. :. :. / :. : | | :. :. :| :. :. :.| |:| :. :. :| :. :. :| :. :. : | :. :. :. :.ヽミ
            / :. :. :. | :. :. :./ :. :. || | :. :. | :. :. :| |:| :. :. :| :. :. :| :. :. : | :. :. :. :. : |
           / :. :. :. : | :. :. :. || :. :.| |:| :. : || :. :. |. ||| :. :. :| :. :.:.| :. :. : | :. :. :. :. :. |
          / :. :. :. :. :.| :. :. :. | |.==、.,_ | :. || :. : |   ||| :. :. || :. :.|| :. :. :.| :. :. :. :. :..:.|
         / :. :. :. :. :. | :. :. :. |' f´;;;;;;`。=., | :. |   || | :. :| | :. :| | :. :. | :. :. :. :. :. : |
         | :. :. :. :. :. :| :. :. :. |  l: : :;;;;; ゚l       ,.=‐'"´~。lヽ、 | :| :. :. :. :. :. : |
         | :. :. :. :. :. :| :. :. :. | `ゝ_:_:゚ノ         ' l.: : ;;;;: :゚l   | :.| :. :. :. :. :. :. |
         〜Zw.,_ :. :.| :. :. :. | /////////     l  ゝ_;;;;゚.ノ   l| : | :. :. :. :. :. :. |
         : : : : : : ;''〜"f ̄ Y" Y""l--   ノ  ノ| /////// / _,. +zー :. :. :. :. |
         : : : : : :'',,   |  |  |  |  |  `,.ノ ノ、___,.=-‐';' ´ ,. -ミ :. :. :. :. :.|
         : : : : : :''.,,   ヽ__|  |  |  |〜''"  ,.'´     ,. '"´,.'"    _____
         : : : : : : : : ;''   ''ヽ__ll_/ し'ミ,, '          ,.' ,"''  /
         : : : : : : :;''        "    ""       ,. '",," |ヽ
         : : : : : :'';                    ,  ,,'" / 
         : : : : : :'';                 , '  ,.'" /   や…優しくしてくりゃれ?
         : : : : : : '';                   ,.''   |
         : : : : : : : ;''             ' ' ' ",,''.,,  |
671 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:06:21.30 ID:VigY/2so
こりゃ魔界転生でよみがえったとき、
十兵衛にバッサリやられるわけだわ
672 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:09:22.51 ID:NyjSphs0
   \       .\    ヽ.    ..l.  ..l      │      l       . /      ,/      . /
     ゙'-、      .\    .ヽ    .l,   !      !      l       ./     /      . /
       `'-、     \.   ヽ,   ...l   !      !      l      /     ./     . ,/゛
`'‐、、      ゙'-、     \   .\   ヽ  .l,     .|     l      /    ./     ,, '"      _..-''
   .`''-..、     `'-、   .\   ヽ,  .ヽ  l.    :!    ./     /    /    . /      _..-'″
      .`''-、、    `'-、   `-.  ヽ  ヽ .l.    :!    !    /    /    . /     .,..-'"
- ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、 ヽ l.   ,!   /    ./   ./   _/゛   ._..-'″
   .`'''ー ,,_    ___                                           __、  ___   _,,
     _jf''┐  ゙‖゙‖                                         :ll´ 卜 |l⌒'、゛
    _rfニyl┘____‖ 'ヤ?ョ、          ____..v一 ̄'‖                      ll  ll │ ‖
‘'''' '''冖"]!゙''、'ゞー'、:ll二ニv-.. 、   ..y-+‐亡ヌ='fllヒy4‐~~       E┐       ___      |l |l’ ll |l   _,,
    _〃_jlムャョヒニ..广l┴―亠   "゙'―~~  /'ア′         ‖ l|       '亡ゝ、   ‖|l′ |l ‖゛
   _l厂 ll゙゙'゙゙二 _..フ └'‐ぅ 、        ./‖           '、卜  _ 、    ヽ ゙   |lr卜  l| ル
_..ョll4'│|l 'サil三―'''、|l ̄~~          l| l'、           1 廴jl手     ゙'、 |l、  |l ll   l||l__
  "  |l ∫  ゙'に ゙ll l| │            'll ゝ、            ゙ゝ二|l′     ゙`ー′  ムト  ll‖
    |l ,,|l    ニ二l'、l|             "ゝ ゙゙'ゝ、           ̄′          _.... 、 _-_
..... --ー廴|l     ''丈  l′             "'ゝ、_ナ                      'll_]〉 ll_]l!
     ~~      ゙ー「                                          ~~´  `~~ ..,,,_
    _,,, ー'''"゛     ,.. ‐'"    ,/  ./ ,i'  ./    .l ..l.'、  .、 . \ .`'-..、  `''ー ..,,
-‐''"゛       ._.. ‐'"     . /    ,./  ./    .!  .l   .l  ヽヽ \  `'-、 `''-、,   `゙'ー .._
       ._..-'"´      . /    ./  /    ,!  ,!   l  .ヽ.ヽ  \   `''-、 `''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´       . ,/゛    ./   ,/    l   :!    l  .ヽ ヽ.  \    `'-、  `'-..、     `゙''- .
.. -'"             /      ./   /      !   !    l   ヽ ヽ  \    `'-、   .`'-、、
             /      ./    ./      !   .|    ..l   ヽ ヽ.  .\     . \     `''-、、
        /       ./    /       l゙   │     l    ヽ .ヽ   .\.      ゙'-、     `''-、
      /        ./     ./       !    ,!      !    ヽ  .ヽ.   \       \
   . /         ,./      /        ,!     !      l    ヽ  ヽ    \       . \
673 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:10:13.55 ID:NyjSphs0
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)   澤庵宗彭!
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  .只今江戸にKENZANしてやったわー!!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . これ以上のリア充展開は
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   この沢庵がおる限りできぬと思い知れい!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  
674 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:12:02.12 ID:tdaLIdUo
和尚様wwwwwwww
675 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:12:29.70 ID:NyjSphs0
. /                  \       ノ
/     U                    \     /
             _,,,,..,,_       そ, イ     u
          ,. -''"´    `゙''-、       .
        ,."          `ヽ.  ヽ\  .  U
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ●       l  i         /.:.:.:.:. . . . .
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .     げ…げえっ!
  u    丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :     お、和尚ッ!?
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .      i.:.:.:.:.:.:.:. . .
      /      `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
       /                             ゝ.:.:.. . .
.     |                   /
      !                   /,
        ヽ                  /.:.:.:. .
        ヽ             / i.:.:.:.. . .
          `ー― ― ――――′  ゝ.:.:.. . . . .

|  |    |:/,,,,,≦三三三三三三三三三三≧ミ、   .ハ   .ハ: : : : : : : : : : : : :
|  |    |壬三三ニ=‐''''"´ ̄ ̄ ̄¨:.:ー=ニ三三≧:.、 .ハ    ハ: : : : : : : : : : : : :
|`ヾ、   |才''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ/;:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ニ三≧、ハ:.     ハ: : : : : : : : : : : :
l   \  |:.ト;.:.:.:.:.:;.:.;.:|:l.:;.:.;.:.:.:;'::: ハ:!/!.:.:.l:|.:;:.:.:.:;.:.:.:.!:ヘニ三ヾ::.   ハ : : : : : : : : : : : :
l     \|:.|:l:.:.:.:.;'!:/!|:l:.ト;::、:.:l::/::ハリ::!.:.:.l:|:.、:.::.:|;:.:.:|:.:.:.:.:\ニハ:::.   .ハ: : : : : : : : : : : :
l       |:.|::!:.:..;':|;'_リ∧l‐;:∨:|::  !:::|.:.:ム!:ハ:i:.|ヽ:.!:.:.:.:.:.:.:.:\|::::.   .ハ   . : : : : : : : /:::ヽ
|`ヽ、   |..l::';.:/;ィァ=;-ミ、リY::  l:/|:!/-リ三从「l:|:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:ト;::::..  r┴ 、 . : : : : : : :l:::::::::} __
|  | `丶」リ::::l:::!l'.{lr':O:::l}ヽ ;ヾ   !' |/ィ'7¨;:ミト、リ!:.:.:;i:.:.:.:.i:.:.:|':::::::.  、::::::::` ー-- : ._ {:::::://:::}
|  |    |::::::::W ゞz_:シ           {l`:O:::l}ヽl:.:.:.!|.:.:.:.:|!.:.|:::::::  人:::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄  ̄
|  |    ||::::::::l  ミ彡         ー`--イ '∧:.:l:|.:.:.:.:|l:.:.!::::: /  `ー─ 7::::::::::::〉:
|  |    |!:::::::::!        ;       ミ彡 ∧:.:.:l:|:.:.:.:.||:.:|:::: ,イ . : : : : : : : j::::::::::/: :   また出たかや!
|  |    |::::::::/i          i            リ.:.:.:.l::!:.:.:.:l:|::.|/  . : r──-'::::::::/: : :  この糞坊主ッ!!
|  |    |';::::::|:.ヽ     ,、__._ ;.、     ./:.:.:.:.:!::!:.:.:.:|::!:.|   . : : :  ̄`ー─ '´ {ヽ
|  |    |';:::::::!:.:.:ト、  Vニニ'ーi-ァV    //l:.:.:.:.|::|:.:.:.:.|zl:.|   . : : : : : : ト-- 、{_) ー'    フーッ!!
|  |    |:ヽ::::l:.:.:∨\  ' ̄  ̄`ヾ/  イ:|:| |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.!≧∨   : : . : : : `ー、:}: : : .
|  |    |ヽ:ヽ:|__:,:∨. ` ,     _,...<:::::: ||..|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:|<:ハ  、__: : : : l二ノ: : : .
|  |    |,斗'''"´` <  `ー-<:::::::: :     !l |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.:|'´::::ハ \::::::`ヽト、{ヽ: : : .
|  |    / ,=―ー一 `丶            l| |:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.!ヽ:::::ハ   ̄}:::::〉´: : : : :.
|  |   々'´  __,, -   ∨       ,、シ::リ:|:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.|:::ハ:::::ハ ヽ二..ノ: : : : : : . .
|  |ギリッ!/ / ___,,,,,,   ∨   ,、zゞ'":::::::::::|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:.|::::::!:::::::|:  . : : : : : : : : : :.
676 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:12:30.85 ID:8EV1EQo0
ゲーッ、出石の怪人!?ww
677 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:12:42.28 ID:i9bb2e.o
沢庵「最高のタイミングで横合いから思い切り殴りつける!」
678 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:15:15.70 ID:NyjSphs0
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)   
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   . 何を驚くか但馬ッ!
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ   
        .',_/       / !                /..l_)    ここに来いと言うたのは、
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)    貴様であろうが!!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)   そ、そりゃそうなんじゃが、
     |      ` ⌒ノ   よりにもよってこのタイミングはなかろう…!
      |        }
      ヽ u      }     和尚、あと少し…あと少しだけ自重してくれい!
       ヽ     ノ    このままでは…生殺し…っ!
      ノ     \
     /´        ヽ
679 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:16:16.60 ID:gRYAtrQo
これがやる夫の呪いか!!ww
680 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:17:49.64 ID:NyjSphs0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│    何を言うかッ!
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|    せっかく参府したのだから、
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',   これから挨拶に廻ってくれるわー!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ   次は天海僧正のところにKENZANしてくれるわ!
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \ 但馬!付き合え!!
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /
       l \ .,キ呪カ'/ /  
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ
681 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:18:30.79 ID:VigY/2so
ざまをみやがれとしか言いようがないww
682 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:19:59.23 ID:NyjSphs0
   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ  ))
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|    ……さてと、客人が来たからには、
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|   わっちは退くとするかの。
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /  ))
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |
  | / i  l  l .| .|                  |


        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ _____   :::::::::::::_____    l
  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |
  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │    え!?…あの…お藤…。
  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │   いや、お藤さん…その、どちらへ?
  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |
683 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:22:07.08 ID:NyjSphs0
 :.:. :.:. :.:. :. :. :. :. :. :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. :. :.| |:.:..| :.|  | :. :/ //   .| ┛┗.
 :.:. :. :. :. :. :. :. :. :| :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. :. :.l |:.:..| :.| / :./   __  .| ┓┏:
  :. :. :. :. :. :. :. | :.| :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. : / / :. | :.| // / ̄ ヽ 7| :. :. :.
  :. | :. :. :. :. :. :l :.| :. | :. :. :. :.| | :.| :. :. / / :./|:/  /::::;;;;;;;。   l  | :. :. :.
  :. | :. :. :. :. :. :l :.| :. ト : :. :. :.| | :.|/| :/ //   /○:::::;;;;;;;; 。.l  | :. :. :.
  :. | :. :. :. :..| :.| :.| :. |ヘ:. :. :.:.|/|/ |/     / ゝ;:::::   ,./   | :. :. :.     殿が招いた客人が、
  :. | :. :. :. :..| :.| :.| :. | ヘ :. :.|         / ‐-   _ ‐''´    | || :. :.    泊まり先の屋敷に来たのであろ?
 .:. :.\ :. :.:..| :.| :.|\|  ヘl\                    l l.| :. :.    なら、泊まりの準備をせねばの。
  :. : : |\ :. | :.|ヘ| ̄ ̄`゛                      l l | :. :.    他に何かあるのかや?
  :. : : |  \lヽ|   ,. -―- 、                   ||.| :. :.
  :. : : |\    /○:::;;;;;;゚ | ',                  | | | :. :.     わ っ ち は 忙 し い の じ ゃ が ?
 \ :. | :. :.\ /  ゝ;::::  o,.!  ,                 || | :. :.
  :. \| :. :. :. :.ト= __ ‐/   ;                 |l .| :. :.
  :. :. :. :. :. :. :. :. :.`、        ;                 || .| :. :.
  :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ       ,'                 |l | :. :.

     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………ナイデス、ハイ。.:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \
684 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:22:14.62 ID:Pp/87Xwo
もげろww
685 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:24:09.17 ID:NyjSphs0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |     さあ但馬!
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    約束通り、当分ここ(柳生下屋敷)で厄介になるが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    よろしく頼むぞ!
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\ 
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


          ., ―――- 、            あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
         /     u' ヽ、           
         .|  ヽ_{ル{_ノ  |           『わしはお藤に夜の立ち合いを挑もうとしたら、
       _.| {(○{liii{(○.))u|            いつの間にか和尚の相手をしていた』
     ./´  {  u(_人__)  .|
     /'    .{   `⌒´   |            な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
    ,゙  / ) {       u /ヾ、        わしも何をされたのかわからなかった…
     |/_/.  {       /V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7__u'_/u'/:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐ T '"´ /::::/-‐  \      剣法だとか禅法だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   そんなまともなもんじゃあ断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...      イ    もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
686 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:25:44.67 ID:NyjSphs0
           卜、                  /i^}
             ト、_>、    ____     / / {/
           Vi\  >'´: : : : : : : : : : : `<  / {V
           V} >'.:. : / : : : : : : : \: : :`く {V
               ∨.:. : :/: : :/ : : : : : : : : ヽ: : :∨
               ,':.:.:.: /:. : /:/ : : l: : : | : : : : : ヾ\
           |:.:.:.: :|l: :/|: { : : j:|:. : :|: : l: | : :小⌒
           |:.:.:.: :|l:/<ハ: : ハ: :/|: /|: |:.: : リ
             /|:.:.:.: :|レ‐z必Y j斗z孑∨:.: :│    さ、とっとと行くがよい!
             ,': |.:.:/゙)lヾ弋rソ  :! 弋rソイl:.: : :│   もう今宵は帰ってこずともよいからの!
.           l.:.:∨ ( |   ̄   ′  ̄´ |:(ヽ八
.           _j/    ̄¨ニマ⌒¨¨⌒rV-┴-ゝ ヾヽ _
       __/│     _ト、`ー─‐一'才7      `く \_
    _「 ̄    {____/|- 个 、__, イヽ∧      │    |‐-- 、
-一''´ |      ∨  |:.:.:. ト、      _ /.:.:.`‐ァ┬‐-/   │   \
    \    /l  |:.:.:.:.l==┐ r=≦《|.:.:.: :/  L∠._   /      \
     __>ー'´ 厶 ∧:.:.:.ト、 └='   │.:.:.,'   /  `ー'^ー-、     ヽ
二ニ -――ァ¬./.:.:.:| ∧:.:.| \      |.:.: :|  ∨ー─<_    \    〉
.      /.:/.:,'.:.:.:.:.| / l:.:.|         |.:.: :|  |  \  \ー─ ---一'´


     //            //  そんなっ…!
    / / __,‐⌒ヽ、       //  バカなっ…!  バカなっ…!
   / / /   '─ \    / /   常識外なっ…!  ありえないっ…!
  //ノ ノ-、 (○つ\  / /    こんな…!  こんなことがっ…!
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l    どうして……  夜の新陰流が…
/   ヽ Uヽ__,,,トー'i   )| |  あってはならない……! 常識的に……!
      ノ    ` ⌒''  ノ | |  どうして… お藤の機嫌が…
    (           } ノ ノ  こんな… 今宵の楽しみが…
     ヽ         //  こんな…
      ヽ      //      こ ん な こ と が っ … … !
687 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:27:45.46 ID:NyjSphs0
                 .rニYニヽ      
   |レ               /    j |       さあ行くぞ但馬!
   !!_           イ     } |      この沢庵が江戸にKENZANしたと
   ゙- '´ ,、       /j      j      しかと思い知らせてくれるわ!
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j


  _,冖__ ,、  __冖__   / // ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /          ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /           ヽ
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ      _⌒  ⌒\
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//      ミィ赱、i .i_r赱
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /          ::::::⌒ ィ'。_。ヽ
   n     「 |      /.        .i' i ''"     `ヽ
   ll     || .,ヘ   /         i'   ノ_二二'ァ,/
   ll     ヽ二ノ__  {       i'    /'! !,..!!,..!/
   l|         _| ゙っ  ̄フ.    ;:   !''"´  i {
   |l        (,・_,゙>  /      ;:   !    i {
   ll     __,冖__ ,、  >  > '   ;:   !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l  ; . |     |
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !. ;   | ,. -、,..、|:l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l  ;  i ___ ___ | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l ;: |!,..!!,..!{j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ;:i `''''ー‐-' .}
. n. n. n        l  |   ::.   \      ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.    ノ`ー- '
  o  o  o      ,へ l        く

 かくして、沢庵和尚は江戸に参府し、
麻布の柳生家下屋敷に寄宿することとなったのであった…。
688 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:29:01.15 ID:NyjSphs0
  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|        
_   |        
\`ヽ、|        
 \, V"       
   `L,,_       
    |ヽ、) ,、    
   /  ヽYノ    
  / r''ヽ、.|     
  | `ー-ヽ|ヮ    
  |    `|     
  |.     |     
  ヽ、   |     
   / ̄ ̄\    
 /  _ノ ヽ_ \  
 |  (≡)(≡) .l  
. |   (__人__) |  
  |   .`⌒´  .|  
.  |        }   
.  ヽ       }  
   ヽ     ノ    

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その37)「沢庵和尚、再び江戸へ」】 完
689 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:29:55.93 ID:NyjSphs0
【その37、新規登場キャラ一覧】

 板倉重宗の使者            : 黒服(賭博黙示録カイジ)
 沢庵の庵に出入りしている出家  : 孔明(仮名)(ピューと吹く!ジャガー)

 解説役(その37)1          ..: イカ娘(侵略!イカ娘)
 解説役(その37)2          ..: 諌山黄泉(喰霊-零-)
690 :やる夫で学ぶ柳生一族(その37) [saga]:2010/09/19(日) 23:31:32.66 ID:NyjSphs0
 どもども、お疲れ様でアリマス。
本日もお付き合いありがとうございました>ALL

 先週の北海道行きで一週間が開いてしまいましたが、
沢庵和尚、再びの江戸入りでアリマス。
こういう言い方するのもナンですが、和尚も大概面倒臭い人で砂。
ちなみに、>>640で紹介した言葉の元ネタは山岡鉄舟に対する西郷隆盛の評で砂。

  「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、
   そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」

 が全体でアリマス。
なお、和尚参府に関する一連の推測ですが、
「流石に面倒臭くなってきた」とか「段々情が湧いてきて気の毒になったので」というのが
実情だった可能性もあるかもですが、それだと話が微妙になるのでこの辺りで。

 さて、次回(その38)は宗矩が土木関連の公共事業案件で
バタバタする「天下普請編」になるかと。
できれば来週だけで完結させたいところで砂。
というのは、
 
 【第1回 鹿島神宮奉納 日本古武道交流演武大会】(10/3(日) 10:00より鹿島神宮にて)
  http://bubunken2011.blog135.fc2.com/blog-entry-3.html

 【第7回伝統武術演武大会】(10/3(日) 13:30より埼玉県川越市市民会館にて)
  http://bubunken2011.blog135.fc2.com/blog-entry-4.html

 斯様に面白そうなイベントがあるのであり、要するにこの日は更新できなさそうなので砂。
しかし、この二つのイベント、同じ日なのに場所が全然違うので参加するからどっちかという状況に。
むむむ。

 あと、次回(その38)の解説役投票結果は以下の通り。

 4票 : 羽衣狐様(ぬらりひょんの孫)
 1票 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!)
     佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)
     雪女(及川氷麗)(ぬらりひょんの孫)

 というわけで、次回は羽衣狐様(当然現代版)でアリマス。
なお、みくるは作中キャラ(お振)で既出なのでご容赦をば。

 それではではー。
691 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:31:51.38 ID:ZTNbHUso

鮮やかな報復w
692 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:33:00.70 ID:VigY/2so
乙でした。
沢庵和尚やっぱりめんどくさい人だww
693 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:37:54.10 ID:8EV1EQo0
乙でした。
たしかにこれはある意味SATSUGAIだww
694 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:44:31.53 ID:gRYAtrQo
おつー
695 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:52:23.52 ID:IHMlN9oo
おつー
696 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/19(日) 23:53:03.93 ID:Eyx0//Eo
乙。たしかに沢庵は面倒くさい人だww
697 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/20(月) 00:09:59.45 ID:0YKBnWY0
乙です。

和尚は「リア充の宗矩を(キャッキャウフフ出来ぬ様に精神的に)SATSUGAI」しに江戸に降臨したわけですね。

あと宗矩はもげろ。
しかも徹底的に。
698 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/20(月) 01:05:21.08 ID:mtvGPXMo
乙でしたww
699 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/20(月) 02:09:57.13 ID:iFwsfOUo

そしてもげろww
700 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/20(月) 02:17:07.29 ID:mo5zAa.o

跡取り候補の器が全然無いこの状況で胃が痛いそうだから
もげろは言わない
701 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/20(月) 11:30:07.52 ID:k4Rr81oo

天罰だwwwwww
この後皆さんお待ちかねの尻一つの件がまだ控えてるのにww
702 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/20(月) 22:10:27.50 ID:aTXXY3k0
Wikiに沢庵が晩年に変節したとか家光に懐柔された説もあるとかって書いてあるけど
>>1はその辺のところどう折り合いつけてる?
703 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/20(月) 22:19:07.73 ID:dFziJ3go
家光に○○されたのか……
704 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/21(火) 21:52:40.54 ID:AoP0A.E0
>>690
> 4票 : 羽衣狐様(ぬらりひょんの孫)

何気に様付けwwww
705 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/22(水) 18:22:05.67 ID:sGtjpGM0
そういえば和尚もとっくに30越えてるわけだが魔法使いになるのか。
706 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/22(水) 20:48:10.93 ID:U5oRNOko
和尚は魔法使いを通り越して、大魔王様になりましたとさ。
707 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/22(水) 21:30:41.05 ID:ku.BGdAo
魔王なら既に荒山ワールドでは友景の関係者で元天皇だった人がいるじゃないか
708 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/23(木) 14:08:20.46 ID:wPOt.iIo
>>704
次週、いよいよ公開出産!

>>707
でも今は日本の守護神に方針転換してるぜ
朝○人の恨に辟易して憎しみを捨てたと仰せになってたぞwww
709 :1 [saga]:2010/09/24(金) 23:30:20.02 ID:W3xIWiI0
 どもどもです。
昨日の雨から急に気温が下がって、ようやく秋らしくなってくるのかねー、という趣ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
とりあえず、次回の更新については、
いつも通り日曜(9/26)の夜21時からここに投下しようかと。
お題は、

 「やる夫で学ぶ柳生一族(その38)」

 というところで。
前に書いてた通り、「宗矩、公共事業に関わる」という塩梅で砂。
よろしゅうですー。

>>702
 その辺の経緯や、
及び、実際のところはどうであったかなどについては
今後の話で書いていく所存なので、気長にお付き合い頂ければー。

>>704
 淀殿の時と比べると、一気に化けたなあと。
ガンダムで言えば、キシリアがハマーンになったような塩梅でアリマス。
そりゃ「様」をつけるしか。

>>705-708
 まーその辺もあってのクラウザーさんAAですし。
大悟して”沢庵”の号を与えられたのも32の時なので、大体時期的にも合ってますし喃。
そういう意味では、もし「ドスペラード」のエイジのAAがクラウザーさん並に豊富だったら、
そっちになってたかもしれませんが。
710 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/25(土) 06:57:13.23 ID:whEWavEo
了解wktk
711 :1 [saga]:2010/09/26(日) 20:57:54.26 ID:YXM5/260
 どもどもです。
もうちょっとなのですけど、まだ仕上がってないので、
10時スタートにさせて頂きたくー。
すいませぬ。
712 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 21:10:34.72 ID:/4268XU0
りょ〜かい
713 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 21:22:51.53 ID:hcIZBxE0
待ってるよん
714 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:02:46.88 ID:YXM5/260
 どもども、お待たせしました。
それではこれから投下します。
タイトルは「やる夫で学ぶ柳生一族(その38)」で。
715 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:03:18.08 ID:YXM5/260
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        柳生家の当主にして幕府惣目付、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
716 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:05:06.94 ID:YXM5/260
■ 基本、史実ベースではありますが、史実においても意見が分かれていたり、
 当方の知識不足などにより、若干の創作が入ることもありますので、
 「大体こんなもん」程度に捉えて頂ければ重畳ー。

■ 次回のスレ立て告知については、現スレで行います。
  基本的に毎週金曜の夜にしております。

 【現スレ:やる夫で学ぶ柳生一族(製作速報VIP版)】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279466286/l50

■ 以下、過去のまとめを載せて頂いてるサイト様です。
 ありがとうございます。

 【『やる夫で学ぶ柳生一族』まとめ】
  http://yagyuo.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/
 【多元 - 「やる夫で学ぶ柳生一族 まとめ」】
  http://tagenmatome.blogspot.com/2009/07/blog-post_06.html
 【やる夫観察日記-「柳生」】
  http://yaruokansatu.blog44.fc2.com/?q=%CC%F8%C0%B8

■ あと、以下は>>1が別にやってる歴史伝奇紹介用のスレです。
 こちらもご覧頂ければ重畳ー。

 【やる夫で紹介する歴史伝奇】
  http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1240/12407/1240743842.html

■前回
 【やる夫で学ぶ柳生一族(その37)】
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1279466286/501-690


 では、はじめます。
717 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:05:53.91 ID:YXM5/260
>>1からのお願いコーナー】
 毎度お馴染み、今回も次回(その39)の解説役を投票で決めたく。
ルールは以下の通りでアリマス。

 ・ 支援の際、以下の条件を満たすキャラについて名前なりAAなりを挙げて頂いた後、
  集計を行い、投票数が最も多かったキャラを次回の解説役にする。
  (例:支援。○○(キャラ名)とかでOK。作品名もあると更に吉) ※一応、1人1票でお願いします。

 【条件】
 ・ 女性キャラ。または外観が女性のキャラ(女装美少年込み)
 ・ AAが複数ある(できれば20行以下のバストアップAAが3種類以上があると嬉しい)

 既出キャラ有りなので長門なり翠星石なりも投票数次第で再登場可でアリマス。
でもできれば作中の登場人物に割り振り済みのキャラはややこしいのでご勘弁をば。

 ちなみに、票が同数のキャラが複数いた場合、恐縮ですが、その中から>>1が使いやすいキャラを
選ばせていただく所存(AAの使い勝手がいいとか、そのキャラを知ってるとか)。
あと、解説役の相方は>>1が適当にチョイスします。
よろしゅうですー。

 【過去、投票で決まった解説役(今回含む)】
  その13 : マシロくん(舞-乙HiME)                    その31 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※3回目
  その14 : 渡良瀬準(はぴねす!).                   .     : レベッカ宮本(ぱにぽに)
  その15 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)                その32 : 閻魔あい(地獄少女)
  その16 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!).           .     : 輪入道・骨女・一目連・山童・きくり(地獄少女)
  その17 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる)          その33 : ドロッセル(ファイヤボール)
  その18 : 菊地真(THE IDOLM@STER)                      .: ゲデヒトニス(ファイヤボール)&AA色々
  その19 : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣).              その34 : ゆの(ひだまりスケッチ)
  その20 : ドリィ&グラァ(うたわれるもの)                     .: 宮子・ヒロ・沙英・吉野家先生(ひだまりスケッチ)
  その21 : 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく).                その35 : 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
  その22 : 大佛はずむ(かしまし)                         .大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
  その23 : マコ(みなみけ).                         その36 : 田中井律(けいおん!)
  その24 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目.                  秋山澪(けいおん!)
  その25 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※2回目              その37 : イカ娘(侵略!イカ娘)
.       : シモン(下妻市非公式マスコット)                     諌山黄泉(喰霊-零-)
  その26 : 藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)               その38 : なし
.       : 須王環(桜蘭高校ホスト部)                
  その27 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる) ※2回目  
.       : 菊地真(THE IDOLM@STER) ※2回目..         
  その28 : ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)          
  その29 : 草薙素子(攻殻機動隊)                  
.       : タチコマ(攻殻機動隊)                   
  その30 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※3回目             
.       : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣) ※2回目         
718 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:06:37.32 ID:YXM5/260
【寛永十二年(1635)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├─────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                     妹
  (新左衛門)                                                    .|
   (石舟斎)                        【江戸柳生】                  <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                        |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                       友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                     .|
    |                            (但馬守)                       |
    |   【尾張柳生】                   |                         |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┐       |
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬    .友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)
719 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:07:21.93 ID:YXM5/260
【第1部(その1〜11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12〜24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25〜37)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
その後、六千石への加増、「惣目付」への就任など
更なる立身を遂げた宗矩は、その後も実直に勤めを続けるが、蟄居中の嫡男十兵衛に続き、
今度は妾腹の次男友矩が家光の寵愛を得て、従五位下刑部少輔に任じられるなど、
悩みは尽きなかった。

 そんな多忙な中、将軍家に招かれた沢庵和尚が上府し、
麻布の柳生家下屋敷に寄宿することとなるのであった…。
720 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:07:54.94 ID:YXM5/260
【前回のあらすじ】
 リア充爺のところに正義の仏法大将・沢庵和尚がKENZANしてパツイチ食らわした。

                                 Y  
                ,. '"´三二二三`ヽ      _ノ   G  リ  還
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈    .E  ア  暦
              /   /    夢     ', ヽ    ノ    K   充  越
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く   ..I   爺  え
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ    .T  な  .て
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )   .O   ど  孫
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{    .T   豆  程
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃.   .S   腐  度
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //   ..U   の  の
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /    .し  .角  娘
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      .て  に   と
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\      .氏     乳
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋   ....ぬ      繰
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ     が      .り
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ   ...よ      .あ
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム  .....い      .う
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,)  ...わ
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.    │
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ  !!
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.   ...
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ  ...
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ  ...
                 澤庵宗彭
              (たくあん そうほう)


        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;':::::::::::U:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::u:::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 l
  │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|
  │           :;:;:;:           │   ギャー!
  │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳│
  │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
  │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;::::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;    l ←今年(寛永十二年)で65歳。
  │  .;:::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;     |
721 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:09:57.23 ID:YXM5/260
 ─ そのごのむねのり ─

         (⌒⌒)
          |il|
       /L..____ /i
       ノイ ,  ヽ ヾ!
.      / !/ !イi」」、i ハ    
     (i_i从 O` ´O小!  
     (⌒゙|⊂⊃ ^ .ノY^)
.      /マ´Y{ i`  <|!|Y
     ili∧/ `ヽ`X´ jij/
         お藤

            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//:: u.     \
         ;/⌒'":::..   u     |⌒ヽ
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━
722 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:09:59.10 ID:3qQQf3Yo
じゃあもう一回ハヤテくんでよろろ
723 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:10:39.73 ID:hcIZBxE0
アイマス2記念で三浦あずささんで・・・うぅ・・・
724 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:11:06.97 ID:YXM5/260
         / ̄ ̄\
       /    _ノ \
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)
         |   u. ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

     ::::/  ,_____________.、   ' ,
.    ::::7三三三三三三三三三三三三三三ヽ   乂、
    ::::.  '''''''''''´ ̄ ̄ ̄⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''''''''''''ヽ     ヽ
   :::/: : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : :: : ::.|: : \
   :::,': :i: : i: : :.,: :i: : i: : :./ i:.:i: : i: : : ',: : :.:!: : : :.l: : : : へ
\ :::. :.:.:|: : l: :.:.l:.:.|: : |: : .| l:.:|: ::|: : : :|: : :.|: : :,' |: : : :|三丶
.  ゝ:.:.:.:.|: : |: :.:|: :|: : |: : :| l: |:.:.|: : : :|: :.:. |: : :i: |: : : :,'//ヽ
   i: : : l: : |: : .L_∧::.!: : .', リ: :/ : :.∠:_:斗|: :. :|: !:.:.:|////
   |: 7: |: :.|:: : 彡≧=ュ、:i  /,ィ禾=-x.  |:.:.:.|: : :.:.|: : :
   l:.:|: :|: : !: :,'  7:::心、    '  f::::心`  !: : : : :|:.:|: : :
   レ.|: :|: : :´ i  弋;;;ノ      弋zり  .|: : : : : :.:|: : :
     ゝ|: : : : ,  `"゙´    j     `"゙´   .l: : : : : :.:|:',: :
.       |.':.,: : : , /!/i    `    /i./  .|: : : : : :.,': ::', :
.      |: : \: !、              |: : : : :/: : : :丶
.     |: : : : `: :' 、   _ _       ム: : : /: : : : : : ::':,
       |: : : : i: : : : .ゝ   - `    /   ,': : :/: : : : : : : : :丶
      |: : :.:.:|: : : : /:.: `  __  ィ     /: : :/_: : : : : : : : : :.:.\
.       l: : : :.|: : : : i::.::.::.::.::.::.:_/      i: : :///∧__: : : : : : : :\
.      |: : : :.|: : :.:.:|===≠/|     |: ://///////ゝ、: : : : : : \
       |: : : :.|: : : /////////       /|: :,'///////////X : : : : : : : \
725 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:12:07.87 ID:YXM5/260
           /::\.    〈: : : : : : :\
           |\::::\.   ∨⌒\.: : :\
           |\\::: `ー─ヘ   \ : : :\___
           |  〉 >ミ: : : : :\__: ::ハ: : : : :\: : :\
           |/ ''"..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
            .〉/: : : : : : l: : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : :\
          //: : : /:.:./: :|: : :|: : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
            //: : :.∧:./: : :|: : :|: : : : : :|: : :.l : : : : : : : : : : : : : :∧
            ,'/|: : : {: : :|: : : |: : :|: : : : : :|: : :.l: : : : : : : : : : : : : : : ∧
        ,',' .!.: :..|: : :|: : : |: : :|:\: : : l: : : |: : : : : : : : :.:.|: : : : : : :|
        |!  |: : ::|: : :L: : :l:: : |: : :ヽ..:.!: : : }: : : :.l: : : :|: :|: : : : : : :|
        |!  |: : ::|x'´lヘ: : |:ヘ:: `ー|=:|=-/|: : : :.| : : :.|: :|: : : : : : :|
        |!  |: : :.从l」 \!小从l」小L__l/l : : :.:|: : : :|: :|: : : : : : :|
        |!  ∨::ハイ示ミ!     ィ才乍ミぅxl.: : : | : : ::|: :|: : : : : : :|
        ll   〉\ 圦トィ}     {、トryメ.l:|: : : | : : :.|::∧..:.: : : : |
        ヽ .∧: ::ハゝン       弋こソ .!:!:: :.:.| : :/:|:..:.:|.:.: : : : :|
            /: : / : :| ゝ      / / / / .l:|: : :/ :/:./:.:.:.:|: : : : : :|
         /: : /: :/人   _        /:l: :./ /::.∧.:.:.:.l: : : : : :|
           /: : /:.://: : :\._ヽ)_____,. / l::/: : ::/:::ハ.:.:. l.:..: : : :.|
        /: : /: ://: / ̄⌒ ̄ __∠,イ: : :l/: : :/⌒`ヽ、:.|.:: : : : :|
       ./:.: l⌒l⌒l⌒ゝ      ̄∠/: : : :  /     ハ|.:: : : : :|
      /: r-{  |  | /    __  /  . . . .// ̄ ̄\ハ:: : : : :|
       /: _ハ \ ヽ. |‐'    /____\/ : : : : : :/       ∧ : : :.|
     ./''´   \)‐'‐′   〈____/: :./: : : :/             ',.: : :|
   ./            〈__/: : /: : : :/ }      ___,∧: :|
   /              `ー/: : /: : :/{ /    ./   ./ ',::|
   {/∨l__             /: : : :/:.:/〉 ∨   /   /   }::|
   {   /l        /: : : : ::// /   ヽ  /   /    /:::|

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |
726 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:13:50.49 ID:YXM5/260
゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


 …結局上手いこといった様子。
727 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:15:01.05 ID:YXM5/260
 ともあれ、そうこうしているうちに年は明け、
寛永十三年(1636)となった。

          ,へ                      \     |    /     ,ハ百
         \ \                   \   |  /      ム.只
         /へ/)                    ./ ̄\
    ∧_∧∩  )(            ‐ ‐ ‐−──( ゚ ∀ ゚ )──−‐‐  =夫=_
    .(*・∀・)7   (  !      ______ノ'""ゝ. \_/        フi三iヽ
   ゚ .冂つム゚_」   Y       (_   ____)    ':;  |  \       '─'
  ゜ ム_」」」」ゝ   人    ___) (__∠__   \|    \
   (,_,,ノ `ー´   (  ';   (__________)   ~':;,,.     \
   ,' . / .'     ヽ (_        ,,;::'~            ~':::;;,,,_
  / / '        \ヽ.  __,,,,-‐''"~     ∧_∧   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   '0      __,,..l⊂Z_).⊃!         ( ´∀` )    ̄ ̄ ̄ ̄) (二二二二二......  0
  0Π0- ‐‐'''""   |;;:.:. ヮ . .:::;|        ,べヽy〃へ  ( ̄ ̄ ̄             0Π0
  HΠH       ∩.∧_∧∩    ∧∧/  :| 'ツ' |  ヽ  ̄λ_λ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧∧ ̄ HΠH
 EEE      匸(´∀`;)フ   (,゚Д゚,). o |=宗=! o |  ( `ー´) ヮ    (゚ー゚*) EEE
  |l|lil|ili|        瓜ゞッ=Lく   ,くリ=ッ=[ゝ.__」「「「「L_.」  厂〉=ッ冂づ ヌ Oヮ⊂[]ヨ  |l|lil|ili|
,,.<卅卅ゝ.__.,.,.,___.__.,.,.,(__)ヾZ)'_.,.,_じ(ノルハ)Jつ」」」」」⊂ソ.,_.,_.(入ム]つつ.__,L!__. (_」つ.,<卅卅ゝ,,.,,
728 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:15:46.36 ID:EB.OIaY0
仲直りはしたのかww

らきすたのかがみんへ一票
729 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:18:22.58 ID:YXM5/260
 そして…       __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    さて、年も明けた。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    正月の挨拶が終わったら、早速始めるとするか。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′    頼むぜ、お前達。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_   「「「ははっ!」」」」
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
      三代将軍:徳川家光
       (とくがわ いえみつ)

               _,, - ‐'''‐ 、           ......              _,:-=====‐-、
             r-- 、--     ヽ          ......             /''二 ̄   ) ゙ヽ
             }   `ヽ  ヽ、    ',                        ir'"r-__,,,,,,.:-'"  ヽ
             !'、 ,、___ ',  i、  i ',                      r_,,r''"´`i'''ヽ r‐:、 l
             ','、'´tj‐ -.i  /)', /- )        .....           /"r'.!__..-'  `'";'ノ,! ,'
             ',ノ ヾ、  i /iv',/ /         ....           ヽ_,r'i゙    、  'r:< ,'
              `'、-‐' レ .ノ ! __!-,                      ヽr‐=''''` ,!. 丿, `i
               ' _ , -'´ //i:::::::!、                       `(  _,,-‐'" l _,.!>、__
             _, ‐'::::::::!  ! //::::/: :',- 、                     `'''".)、i ,.:-:'" ,.:'  i. `'''ー--,-.、
┌‐────┐    ´ フ::::::/ /,, !/./:::/-、__!: : :` -. ._   ┌────┐        ,.:|.i゙''ヽ  /   .|    r'"  `:、
│ カガツメ .| _, - ': <:::::l   ! /:::/: : : 7: : : : :, -─、 .... │  ホ リ  |     ,:r' |,!,ノ.ヽ/_    |    ,'     i
            加々爪民部少輔忠澄        ....              堀式部少輔直之
        (かがつめ みんぶしょうゆう なおすみ)   .         (ほり しきぶしょうゆう なおゆき)

       / ̄ ̄\        .  ./ニ    - 安 全 第 一 -   二l
     / \, ,/ \       .  ヽ、      _______      ',
     |  (●)(●) |      ..   .、._`フ‐r-r'"r- 、:::::::l';ヽ::::';ヽ:::', 二ーr-r‐'´ 
    . |  (__人__)  |     .....    .プl rl l:;' ', (イソヽト ヽ::i 入「スソ ヽ',l、ヾ
      |   .`⌒´  ノ     .....    /', l l ` ‐-‐ !  ヽ!  ‐-‐' / l  
    .  |        }     ......   ノ リヽl l        i      /人
    .  ヽ       }              l ヽ\ :: .     '   :::  /ト  
       ヽ     ノ              l \\  --─── /
       /    く        ..      /   \\''   ̄  /l      
       |     \       ...      /     `‐`-==〃 ト、
                              佐久間将監実勝
                           (さくま しょうげん さねかつ)
730 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:18:30.37 ID:/4268XU0
723が可哀想なので俺もアイマスのあずささんで
731 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:18:35.67 ID:xGyaAc20
そうかよかったな宗矩

では凄くもげろ
732 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:19:25.04 ID:QA3qolwo
>>723
お前は今泣いていい
自分も三浦あずささんに一票
733 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:19:44.88 ID:YXM5/260
             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|     この天下普請で、
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!     神君様以来のこの江戸城の惣構は完成するんだ。
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|     この俺の代でな…!
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

 こうして正月早々、「天下普請」と呼ばれる江戸城の普請が始まろうとしていた。
734 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:20:56.86 ID:YXM5/260
 さて、ここで少し話は変わる。
お題は「江戸城普請の歴史」についてである。

              __
             ̄   __ "'''‐、
         / -┐   >米<   |
         /    レ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      //   /_ __       |
      |  ///////ヽ-、r≧ヽ ./
      | //V////彡'^V//∧}/
      rニV|、 `─ '´、  |トV//j
      {{ヽ ヾ  ,ノ`⌒ ゙ヾ. ̄〉      俺が道灌だ。
      \ゝ)  / __ _|V/      俺の若ぇ頃の江戸城はなあ…!
       |川ハ  ! '”´ __ ⌒'/|       (以下、半日話が続く)
        ヾ| \.      ̄   /
        |    、. __ /
        |  \    ̄ |_
        _ .|     _/イ   {
      ∧ 「|    イ ア |  ./┐
   _ / |/ハ\/ .| //:!/ ノ } ̄ ̄
       太田 道灌(備中守資長)
(おおた どうかん(びっちゅうのかみ すけなが))

. ________
 | 関係者以外    |
 |               |
 |  立 入 禁 止  |
 |               |==-                ,!==-                   /ー―---------―/ー-
.  ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄「|                   |Z|                /ー―---------―/ー--
 ――――ァ―――‐┐                      |Z|               ┌───────‐:!──
 ――――l――――.|=┐                      |Z|               ┌=|────────l──
 ××××l××××.| | |                      |Z|               | | |××××××××l××
 ××××l××××.| | | .______________|Z|_ri________ | | |××××××××l××
 ××××l××××.| | |  / ,rrrァ   ,rrrァ   ,rrrァ   ̄_ rrr、   rrr、  rrr、 | | |××××××××l××
 ××××l××××.| | |rrr'‐┬‐┬‐┬‐┬―┬┬rrrrr!rrr!i┬‐┬‐┬‐┬‐┬―| | |××××××××l××
 ××××l××××.| | | ̄    ̄r―.r──:r:┐ ̄ |r―r rrr:!  ̄┌┬─‐┬┐─| | |××××××××l××
 ××××l××××.| | |┸──┴‐┴─‐┴┴─┸‐┸─┸─┴┴─‐┴┴─| | |××××××××l××
 ××××l××××.| | |            ,,.. ''""´               ``゙゙ 、、    | | |××××××××l××
 ××××l××××.| | |     ,,.. ''""´             ゙ :、        ``゙ | | |××××××××l××
 ××××l××××.| | |,,.. ''""´        ,,;::''"         ゙` :、         | | |××××××××l××
 ××××l××××.| | |      ,,;::''" ,,;::''"                 ''::;,,,      | | |××××××××l××
                            道灌の江戸城

 まず、徳川家によって築かれた江戸城以前にも、この地に「江戸城」は存在した。
古くは源平の時代、十二世紀中頃の時点で、江戸氏(江戸重継)の手で館が築かれ、
また、戦国時代には、上杉家の家臣であった太田道灌こと太田資長によって
この地に江戸城が築かれている。

 後に天正十八年(1590)、秀吉によって関東に移封された家康が入ったのは、この道灌の江戸城であった。
この時、家康が入城した八月一日(八朔)は、徳川家の祝賀行事のある重要な日となっている。
735 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:22:41.73 ID:YXM5/260
 道灌の築いた江戸城は、小規模ながらも堅城と讃えられたというが、
関東二百四十万国を治める徳川家の城としては、流石に不足であった。

             ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  |   ホホホ…。
         \_      ゛゛Y""     __ノ  |  この城も悪い城ではありませんが、
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   |  この私には物足りませんねえ…。
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ   <  皆さん、やっておしまいなさい!(再構築を
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´       |  
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _ \_________
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i    i    i
            初代将軍:徳川家康
            (とくがわ いえやす)
736 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:23:34.28 ID:Agtj2Coo
よし、俺もあずささんに入れてやるよ・・・
737 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:24:28.91 ID:4XnbSG20
寛永13年になっちゃった。
宗矩どうするのよ・・・忘れ去られてる「アレ」・・・。
738 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:27:13.76 ID:YXM5/260
/ヽ/   ヽゝ                                              ,,,,,,,     ,,=ニ、ヽヽ
  l ,‐ヽニ                   _/\/\/\/|_               l//ノl    l"|、‐'ヽ、_lミ|
、/l/レ,.-‐二ヽ                  \          /        ,-二= ̄-‐ | ̄.|-==、 l'"/ヽゝ─
/、-r/フ‐、,,ノ‐- 、    ,-‐、、─==、     <  ははっ!! >       lヽ、、ヽニ/''ヽ|--.|、/__,,,,--‐== ̄
=二ニゝヽ--‐二二<二-‐、;;;;;///ヽ     /          \       |」」」ヽ""''''ゝ|;;;;;;|ヽ─'''''"ヽヽ /‐-、
;;;;;;;;;;;;ヽ=======''"'ヽ、─,,,,/-‐、|、    ,,,, ̄|/\/\/\/ ̄    、、、 /l ヽ |    ミ;;;;|\\\\、///
;;;;;;;;;;;;;;、|//////‐二‐./ て /、ヽ-、,,/彡|              ヽヽ/;/l|  ノノ   ヽゝ;|、ヽ、\\ヽ|-‐ ヽ
;;-‐''''''"|/ / / / / //‐;;;;;;;;;;;;ヽニノ\\|  l |     ___    ,.-,.-/'''/|/ヽ=/,-、ノノノノl|;;/;;;;ヽヽヽ-/,-==、ヽ/
    \/ / / / //| |;;;;;;;;;;;;;;|''''''"ヽ/ヽ=-\゙''ヽ、-/ゝ|r、ヽ、-'"/|l//  ヽ、;;;;;/ ヽ‐、''ワ)-‐/;;;;;;;;;;| |;;;;;;;|/;-| |ヽ、/
/,-‐''''''ヽ.|\、/ ////;;;;;;;;;;;;;;ヽ___ノ/ ‐-、ヽ、| lヽ/ レ、|〉ゝヽノ'"l |//、   ノ‐''"ヽヽ、;;;;;;;";;;;|| |;;;;;;;;;;|ノ─''|/、|、|ノノ
_| ,‐|ヽ、、|   /////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ- 、   ヽ || | | lヽ、‐、|,ヽ_/l| |'''ヽ/r --‐'"===、、/"''''--''/、|;;;;;;/   l|‐''ノ、,,ノ
.、/|‐|‐|‐|l   /////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、__ ヽl|;;;;;|ヽ-、=‐[=]ノノ|;;;;;;/;;ヽ/"====‐、;;;;;;;ヽ,,,、--ヽ/;;;;|    ゙''''"''"
\|へヽ‐| ̄"/////--''''ミヽ;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ/ \ /|ヽ;;;;\ヽ 曰 ノ/;;/、/;;|/   ノ,    \;;;;;;;;;;;;;;|/;;;;;;;|
  ヽ--‐'"  |///  /--//lニ─、/ ̄ ゙゙̄"\;\;;;_ヽ-'"'";;;/;;;/   ヽl      ゝ‐‐'"‐'|---、l
        |/ // | |;;///、==,,=、      ゝ、;;;;/三三三、;;;;/ノ\    ゙''''、  、/--、;;;;;;;/ ‐,-‐゙゙ヽ
        ヽ/イ ヽ |;/=ゝ‐‐'' ヽ゚ノ   /\ヽ、ヽニ二ニ‐',///\    ゙゙'''ヽ‐|   ヽノ-/ヽ /
          ./ l‐/"ヽ ソ__,,,-‐-‐'ニ/\ヽ‐,イ‐;;;;──'";;ゝ、ヽ//ヽ、      / |  /|ヽ"  /|
          .〉  /ヽ,.ヽ‐''" ヽ‐'''"l、/ヽ‐'''‐'"  \;;;;;;;;;;;;/  ゙'''ヽ=-、,,,,ヽ    ヽ .|  〉| l,,‐";;;;;;;|
         // /三、ヽ"/"";;;;;;;;/|‐フ'"   / ,.‐''‐-‐''''、   \   ヽ      ノ l_/l、|l"'l、;;_;;ノ、
        /''''‐‐|三二ヽ‐、--‐"ニl //  /  /      .\   ヽ-,,,, |     / ヽl ||ヽ" |     |
        /   |=二二l|___/‐/ / ‐'",.--''"、         >‐-   ヽ    /ヽ--| |   |    .|
        |  /;;;;;__;;;;;;;;;;;─‐/ ヽ、l ヽ、 //;;;;;ヽ、__,,,,/フヽ,.-'" /     |   / ヽ--ヽ、__  .ヽ
                    築城のポーズをとる徳川家臣団の皆さん

 そこで家康は、入城したその年から江戸城の再構築に乗り出した。
この時、家康によって城の敷地が広げられ、文禄元年(1592)には西の丸が一応完成、
また、道三掘の開削、神田上水の設置、城下町の整理なども行なっている。

 この時点での江戸城普請は、まだあくまで「徳川家による普請」であった。
739 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:28:19.48 ID:YXM5/260
         ______
       ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     < 
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ|||||||||
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||    さあ、お前達には、
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄|    これから天下普請を命ずる!
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   /    クックック…。
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_  将軍となったからには、
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/  もう今までのように優しくはないぞ…!
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─

 そして、関ヶ原の決戦を経て、征夷大将軍になったその翌年・慶長八年(1603))、
家康は、「天下普請」として、諸国の大名に江戸城普請を命じた。

 この時、それまでの本城の区画を大幅に拡張、
本丸をはじめ、二の丸、三の丸、西の丸などや、それに伴う掘・石垣の大幅増築が行なわれた。
また、神田川の開削、及び、その際に出たものや堀を掘った際の土を用い、
城の近くまであった日比谷入江を埋め立てるなど、江戸の地形自体の改造も行なわれた。

 当然、これほどの規模の普請が1年で終わるはずも無く、
この普請事業は、慶長十九年頃(1614)まで断続的に行なわれたという。
740 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:29:42.93 ID:YXM5/260
 そして、家康没後の元和四年(1618)、
二代将軍秀忠により、再び「天下普請」が諸国の大名に命じられた。

////////|   /ヽ              /       ヽ
////////|  |  ヽ            /          ヽ               /\
////////| |    ヽ         /            ヽ     |\       /  \
////////| |      ヽ       /              ヽ    |  \    /     \
//////// |        ヽ    /            |    |    |   \  /       \
///////  |          ヽ  /          / \!    |    |    \/         \
/////// | /\        V          /     ヾ、∠___|
/////// ∠   \               /    _-― ̄`\
//////// | ̄ -ヽ  \           /  /  ̄|       \
//////// |  |  \ \    |   /  /   /       /  ハーハッハッハ!!!!
/////////|   ヽ、_  (\\_  |__/ /◯ _,.-'        /
///////// | ._  ` ‐-‐' ヽ!.l|, l__/ヽ‐-‐‐'´   __,.   /      さあ、俺の天下の始まりだ!
//////////|   ̄=≡/ =i i= ヽ≡=== ̄     \
////////// |         | 「       -┐        \    天下普請に参加しやがれ!!
////////// |       /|       , ヘ        /ー \
///////////|    __ヽ| ヽ    / /|       /  /
/////////// |    |‐--二二二二 =-イ  /       /  /     /|
/////////// |    Y´         `、/      /  /    /   |    /\
//////////// \   |          /     /  /  /      |   /  \
//////////////\  |         /     /  / /        |  /    \
///////////////ヽ  !二二二二/    / /  //          | /      \
////////////////ヽ   ━==    /   /              |/        \
/////////////////\_____/    /
////////////////
                       二代将軍:徳川秀忠
                        (とくがわ ひでただ)

 秀忠による天下普請も、家康の時と同じく断続的に続けられ、寛永六年(1629)までの間で、
家康時代より続いていた神田川の整備、外堀の拡張、天守の建て替えなどが行なわれている。
また、これまでの間に地震などが発生したため、その修復作業も追加されている。

 なお、この時の秀忠の命による天下普請は、「御世替之御普請」と呼ばれ、
天下の実権が家康から秀忠に移った事を示す為のものでもあったと言われている。
741 :723 [sage]:2010/09/26(日) 22:30:03.02 ID:hcIZBxE0
おまいらありがとう・・・柳生2.5次元党員の心の暖かさ・・・忘れないお・・・
742 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:31:23.39 ID:YXM5/260
 かくして、天正十八年(1590)から45年の歳月を経て、
徳川家は、江戸城を「天下人の城」として造り上げて行ったのである。

【慶長七年時点(天下普請前)の江戸】 線の部分が堀(or石垣)         /::
             ヽ,                                 /::/
              ヽ,                               /::/ 隅
              │                            ./::/ 田
               ヽ                          /::::丿 川
             ┌] [┐                              {::::r'´
              j.........`ヽ、,,__                         |::::|
                〈....................}...ヽ   ※ 凸 : 江戸城本丸      {::::|
             j、_〉ヽ;........_,,,ゝ┬'゙                     ヽ::ヽ.
           fー、....ノ...........{ 凸..ヽ、                    ヽ::::\
  .           ソ...................\........l....)\                   )::::::) 
            { .......................)...._l_チ-ォイ ̄ ̄ ̄フー-――z____/::::::/
             〉....................Yー'゙   ノ    //      \:::::::::::::::::::::::::::/
            `ヽ、............../     /     //         ヽ__.:::::::::::::::/
               ヽ_j トマ   /    / ..ヽ─丶      /:::::::::::::j´
                   .ヽ、__j'__./::::::::::::::::::::ゝ   . _j::::::::::::::j´ 
.                     ` `ヽ.::::日比谷:::::::/     {:::::::::::::{
        { し'(               /:::::::::::入江:::|     .ノ:::::::::::ヘ
        `ヽ, ヽーy'           /,::::::::::::::::::::::::::|     /::::::::::::::(
           )_ノヾ、/´ヽ、__      |::::::::::::::::::::::::::::ヽ,__丿::::::::::::::::`}、
                     .`ヽ、イ_ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                      ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::江 戸 湊:::::::::::::::::::::::::::
743 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:31:57.92 ID:EB.OIaY0
何だか懐かしい顔ぶれが続く……
これだけ読んでも、結構な大工事のように思うけど更に?
744 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:32:34.10 ID:YXM5/260

【寛永十二年時点の江戸】                                   /::
                ノーイ`ー──-、___                         /::/
           メ              L_                      /::/ 隅
         丿                 `ヽ、神田川           /::/ 田
        /                      `ー──、___   ./::::丿川
      /      ┌] [┐                           `ヌー{::::r'´
     /        j.........`ヽ、,,__                         |::::|
                〈....................}...ヽ、__                         {::::|
            j、_〉ヽ;........_,,,ゝ┬'゙ `ー                    .ヽ::ヽ.
          fー、....ノ...........{ 凸..ヽ、                       ヽ::::\
  .           ソ.................\........l....)                      )::::::)    
            ヽ......................)...._l_チ-ォイ ̄ ̄ ̄フー-――z       /::::::/
             〉....................Yー'゙   ノ     /     .ノ\    /:::::::::/
            `ヽ、............../     /           /   \__/ヘ:::::::/       
               ヽ_j トマ   /          /    ノ´   /::::j´       
                    ヽ、__j'         /   ノ   _j::::::j´ 
.       ヽ}             `}             /    ヽ、_  {:::::::{
        { し'(   l         {_/    .,;へ./ー――‐┤} .ノ:::::::ヘ、
        `ヽ, ヽーy'           ゙.    /    ____}::`´,-ャ:::::(
           )_ノヾ、/´ヽ         /   /::::::::::::::::::::::::ノ゙゙ 丿:::::::`}、
                        イー、__/   /:::::::::::::::::::::::::::::{_丿::::::::::::::::`ヽ、
                        人__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         /~~´::::::::::::::::::::::::::江 戸 湊::::::::::::::::::::::::::::::::::
745 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:33:14.34 ID:/4268XU0
>>741
気にすんな。さすがにあれは同情する。
746 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:33:55.17 ID:YXM5/260
 なお、余談の上、嘘かまことか怪しい話ではあるが、
江戸の都市計画には様々な呪術的要素が盛り込まれ、
天海僧正がその指揮を取ったという説がある。

             _,. -―,.、
          _,. '" .:.   ヽト-、_
       _,. -'´   .:     丶、_ ``ー_ッ'" ̄`丶、
    _, '´    〃 >ー'""丶ソ ` ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:......:.`ヽ、
  ,. "   丶.: "":.   /彳ニ=彡'ヾミ、.:.:.:.:.:.:.:   :.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ
 /    . '.:.:.:.:.:.:.:. 、,l /r'',二,_,.、ti} .:.:.:.:.、          l
 l     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.v':,(ヾ'、r。ュ;;t,。ッf7:.._.:.:ノ    、ヽ.   l| l    
 {   .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. し! `゙ラ、_)゙´l|':.:.:.:.:.:.:.:z、  _  ヽ ,トシr'   まあ、どの程度信憑性があるかは
 '、  .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.,. - /,ヘ '卞= 'ライ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}   丶  :.:./   はっきりしないんですけどね。
  ヽ .:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:{ヽ` ー-彡イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ-、   / :./    私の素性と同じですな。
   l:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.|:.:>‐。‐f´:.|:.:.:.:.,、_:.:.:ヾ"'  _,ィ":.:.l
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/:.:|。:.:|:.:.:|:i:.:.:. t::.ヾ::.  .:.:.:.:.:.:.:/
   `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:{。:.:.!:.:ノ:l:.:. r- ニ..:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:|:.:.从__|/:.:.l:.:.、ヾ:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     ヽ、:.:.:.:.:.:  /:.:.:ヽノ「l:.:|:.:.:.:',:.:.:.、___,,. ィ"
     /`丶、:.:,イ:.:.:.'、;.:.:.lニ ニl!:.:.:.:.',:/ |:.:.....   ',
     !:.:.:.:.:.:`´:ト-、_',:.:.:.:l」:.:L_ノ:. ノ!:.:.:.:.....  」
     「 ̄ ̄``l:.:.:.:.:.:.:` ̄ ̄`T'ー:.'"´ L.:-‐.:'´..l
              南光坊天海
          (なんこうぼう てんかい)

 その詳細についてはここでは述べないが、
この件について、一点、柳生と微妙に関わる点がある。
747 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:35:10.34 ID:YXM5/260
 それは、この呪術的都市計画に、
陰陽師として幸徳井友景が関わっていた、という話である。

           x - ─ z 、
       ,. z=イ         ヘ
      イ       .YMヘ     ヘ
      l     ィ i i リリ ̄ ヤリリ ヘ l!
       {   .ノイイ.イ`   ≠イソ. ノ     やあ皆様、ご無沙汰してます。
    ー≦斗イzi!´ ̄`YY´ ̄`iイ=z    但馬守殿の従兄弟で朝廷の陰陽頭、
     Y   .i jl ヘ _ ノ .、 _.ノヤ}    従五位上の幸徳井友景です。
     ヘ _ z ゝイl!   r - ァ 込ン、    今年で53歳ですよ、早いもんですねぇ。
     Y  .{! j!、  ヽ / /イハリ
.     ゝ z.込ソj ヘ   ¨ イ込ン._
   ≦≧z´ ̄r 、≒r > <z≧Yイ,:::ヘ´ ̄ ><
.     ::::::::::::::::::ヘ.∧::::xz._    jイ::::::ヘ` ≠=イ
    ::::::/:::::::::::::: ',7ハz≠y、 ̄ ¨´::::::::::::〉 0
   :::/:::::::::::-:-::ヤ/////,ヘ:::::::::::> イz、 _ ,. 斗
    イ:::::: ̄:::_ ,: zj/////.ハ’_ >"><:::::::::::::
   :::> " ´ ヽ ,'/////.j!ー ¨  ̄.j.○.レヘ:::::
            _.//////7´    \∧フ! /ヘ
   ヘ   ,. ィ .V/////7 _        .j、Y
   /ゝ / /、ヘ // j!     ̄ ー  .i ,.ィzzz
   :::::::ヘ  ヘ  >.7o         j//////
   ::::::/:ヘ   >ー ’z{二二二≒z  ノ/////
           幸徳井友景
         (こうとくい ともかげ)

 尤も、友景は当時の陰陽師としては最高格の人間ではあるが、
朝廷の陰陽頭である友景が、幕府の普請のために協力したのかというと疑問ではあるし、
また、史料的裏付けがあるわけでもない(>>1もネットでたまたま目に入っただけ)ので
信憑性は皆無と言ってもいいが、ネタとしては愉快なので紹介しておきたかった今日この頃。
748 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:37:10.28 ID:YXM5/260
 さて、話は戻る。
ここまでで説明した通り、江戸城はこの時点でかつての大坂城すら超える巨城になっていた。
だが、実は未だ未完成なのである。

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }       正確に言うと、江戸の街自体が広がった分、
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      それに合わせて新たに堀や石垣を作る必要が出たのさ。
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }    
    |! ,,_      {'  }       見ての通り、今のままだと備えが穴だらけじゃないの。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、      これじゃあ攻めてくれと言ってるようなもんだぜ。
    ヽ ‐'  /   "'ヽ    
     ヽ__,.. ' /     ヽ     (↓以下、地図の※が家光の言及箇所)
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ

【寛永十二年時点の江戸】                                   /::
                ノーイ`ー──-、___                        /::/
           メ              L_                     /::/ 隅
         丿                `ヽ、神田川            /::/ 田
        /                     `ー──、____   ./::::丿川
      /     ┌] [┐                            `ヌー{::::r'´
     /       j.........`ヽ、,,__                          |::::|
                〈....................}...ヽ、__                        {::::|
            j、_〉ヽ;........_,,,ゝ┬'゙ `ー                   .ヽ::ヽ.
          fー、....ノ...........{ 凸..ヽ、    ←※                ヽ::::\
  ※⇒         ソ.................\........l....)                     )::::::)    
            ヽ......................)...._l_チ-ォイ ̄ ̄ ̄フー-――z       /::::::/
             〉....................Yー'゙   ノ     /     .ノ\    /:::::::::/
            `ヽ、............../     /           /   \__/ヘ:::::::/       
               ヽ_j トマ   /    ←※   /    ノ´   /::::j´       
                    ヽ、__j'         /   ノ   _j::::::j´ 
.       ヽ}             `}             /    ヽ、_  {:::::::{
        { し'(   l         {_/    .,;へ./ー――‐┤} .ノ:::::::ヘ、
        `ヽ, ヽーy'           ゙.    /    ____}::`´,-ャ:::::(
           )_ノヾ、/´ヽ         /   /::::::::::::::::::::::::ノ゙゙ 丿:::::::`}、
                    ↑  イー、__/   /:::::::::::::::::::::::::::::{_丿::::::::::::::::`ヽ、
                   ※     人__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         /~~´::::::::::::::::::::::::::江 戸 湊::::::::::::::::::::::::::::::::::
749 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:38:34.83 ID:/4268XU0
友景もそんな年齢になったのか。
750 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:38:35.58 ID:YXM5/260
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |      そこで、今回の普請で、
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !     堀、そして石垣を完成させ、
    ヽ {  |           !           |ノ  /      江戸城の惣構を仕上げるんだ。
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'        あと、見附桝形や橋も作っておかないとな。
    |    `!                    /         
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |       (↓以下、地図の”・”付き部分が今回の普請箇所。
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !          あと、☆は見附桝形(または橋)の築造箇所)
    |       |  \             /   |

【江戸城惣構完成図】
            \                                      /::
                ノーイ☆──-、___                         /::/
           ☆             L_                     /::/ 隅
          丿                 `ヽ、 神田川        ./::/ 田
         / .                   ☆ー──、___  . /::::丿川
       / .     ┌] [┐                           ☆ー{::::r'´
      ☆ .       j.........`ヽ、,,__                         |::::|
    /・           〈....................}...ヽ、__・・    .                  {::::|
    ノ・        j、_〉ヽ;........_,,,ゝ┬'゙ `ー、_                 ヽ::ヽ.
   |・        fー、....ノ...........{ 凸..ヽ、  ・・・・`ヽ,               ヽ::::\
  ☆・          ソ.................\........l....)     ・ }              )::::::)    
  〈・           ノ......................)...._l_チ-ォイ ̄ ̄ ̄フー-――z       /::::::/
  \・          〉....................Yー'゙   ノ   ・ /     ノ\    /:::::::::/
   彳・        `ヽ、............../     /   ・/     /   \__/ヘ:::::::/       
    |___☆.      ヽ_j トマ   /    ・/     /    ノ´   /::::j´       
    ・・・ヽ{__・            ヽ、__j'  ・/     /   ノ   _j::::::j´ 
.       ヽ}             `}   .・/.       /    ヽ、_  {:::::::{
        { し'(   l         {  _/   .,;へ./ー――‐┤} .ノ:::::::ヘ、
        `ヽ, ヽーy'  ・・・・  ・`ソ☆   /    ____}::`´,-ャ:::::(
           )_ノ☆、/☆ヽ☆・・ ノ   /   /:::::::::::::::::::::::::::ノ゙゙ 丿:::::::`}、
                     `ヽ、イー、__/   /:::::::::::::::::::::::::::::{_丿::::::::::::::::`ヽ、
                        人__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         /~~´::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     /::::::::::::::::::::::::::江 戸 湊
751 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:39:16.92 ID:xGyaAc20
おお!仏教呪術に陰陽柳生!

あとは朝鮮妖術があれば光と闇と恨があわさって最強に見える。
752 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:40:18.85 ID:YXM5/260
              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j     さっきも言ったが、
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i    これで、神君様以来、五十年近くに渡る江戸城普請も、
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!    .ようやく完成するわけだ…この俺の代で!
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!      しかも、父上が亡くなられて以来、
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/     .初めて俺自身で命を下す天下普請…!
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ      これこそ、この俺の「御世替之御普請」に相応しい普請じゃないの。
          i、       ー一        / i/   
          |`、                /  'i       胸が熱くなるぜ…!
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;

 家光が将軍になった後も、天下普請は続けられていたが、
(例えば、寛永四年(1627)や寛永六年(1629)にも江戸城の普請は行なわれている)
それらは大御所秀忠の存命中に指示されたものであり、
家光自身が「天下普請」を命ずるのは、これが最初であった。

 そのため、家光にとってもこの普請は意気込みの入った事業であったであろうと思われる。
753 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:41:45.09 ID:YXM5/260
 さて、そのような普請事業の奉行に命ぜられたのが宗矩たち4名であるが、
流石にこれほどの事業となると、命じられてすぐに始められるはずもなく、
かなり手前の段階で準備が始められている。

  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                         :; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |===|::::   天下普請のお知らせ     . ! ||===-3
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::            土井大炊頭   | .||
 |∵∴∵|::::           松平伊豆守   i .||
 |∵∴∵|::::           阿部豊後守   .; ||
 |∵∴∵|::::            堀田加賀守   .| ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    、_彡 ////// ,ィ ///! / 、\ ミ三ミヽトノ
      〃彡'/ ,//// .| // .| /.| /ヽ ミ 、 ヽ }__,
      |/ // ,∠//=、{  |{ {∠{.|=| l ト、 \ ヾ三彡'   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      从{ /´彡′_\ Y  リ \{ ヽミ ,ト、 } ヽ.   |   ウチ(細川家)は石垣担当かァ〜。
       }∧ ,/弋_ラ、 |` ヾ、 代__テ=、 } リ、レ' } }   |  で、奉行には但馬殿や民部殿と…。
    、_ノ_ノ| `ー一´ /     `ー一 ´,/イ /ヽ 从,ィ ∠  …聞いてた通りだ。
       ̄|/|   r‐'‐、     、_フ_ノイ ミ三彡'   \_____
        { ,/!    ゝ ‐   .     ̄ /\_> }リ ,
     、_ノ .|  ‐-r─-、__,、    ./_,ノ、ミ三彡′
       ̄ ̄ヽ    こ二´      ,イ /∨`┬ ´
           ヽ          . < /..:.∨}ノ
          r{ヽ     . <  ,/..:::::::/  ̄ \
          _ト.\`ー一 ´ _/.:::::::::::/.::::::::::::::. `ー-、__
       /..:::::ト、::  ̄「| 「「 ̄ ::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            細川越中守忠利
     (ほそかわ えっちゅうのかみ ただとし)

 まず、寛永十一年(1634)、諸大名のところに十一月十九日付の年寄連署奉書が届けられた。
その内容は、

 @ 再来年(寛永十三年)に江戸城普請の手伝いを命ずる(&各家の大まかな作業連絡)。
 A そのための資材置き場などは江戸と伊豆に与える。
 B 公儀普請奉行には、宗矩をはじめ四名が就いたので、何かあれば彼らに相談する事。

 というものであった。
この将軍家の意思を伝える奉書が諸大名に届けられたことで、
宗矩たちは正式に公儀普請奉行として就任する事になった。
754 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:44:03.70 ID:YXM5/260
            ヽ、ー=ニ''´::... ::::::: : :: ..::::`'''´く  、)ー'
             ,r‐`゙゙´::.....  ::::::::...:.: ..::::::::::::::`ヽ_,.)        
         、_ _/'´::.. ...:::::: ::........::::::::::::.......::::::::....::':,゙つ       
          `7:::::::::::::::::: .....  .......:::::::::::::::::::: ::... ::::::<          
          ,:':: :::::::::::: .. ...:::: :::::::::::::::.......::::.. :::.. :::::::::)        
         i::::: .:::::::: .:: .::::::.  .::::: .::::::::::.....::: ::. ::... :. :::::',       
           ;l:::::::: .: .:: .:::::::::..:.:::: : .::: :,-、;'゙゙',:::.::ト、:::...  /    すぐに石材の確保について公儀に相談ッ!
           !!::::::: .::: .::::::::: :::::::: ::: : :l ::: ,':: ::l !::ド、ー、   それに、ウチの普請役を決めるぞッ!
           ',!:::: :: ::::: : : .::::: :.::: :.::::) /:ィ:::,' /;/,=,!:.::,|  
           ゝ:: ..::: .: .::::::/!.::::,'!::::::,' ノ'´/:/ィ'" O':::/ !      
            /,:::::::: .::::: .:::ノ:,':ィ,:'/イソ、 i /ノ' ー''´':/!,.)       
        '"´,'::::: :::::::イ!´フ'r'''ァ´Oゞー '´ !  /'´ /'|'´`ヽ       
             !::. :..ヽ、:::ヽ、_`''ー''"´ '´   _', '  '、 !   ヽ    
           !',::::::::::/ー、'´.. ..   .     ( _)_,..、・ !/     ,!    
          ヽ',:::::::`丶、!、ー-、_ ::   , -- ''´-'_,.) ;!   ,.ノ'´`!   
           ノ::::::. : ::::::! '、::..  ',  /´`ニニ´''゙゙)ニ! ,!',/   ノ'´`),、,_ 
           フ,:::::..:. :.:,'  `丶、ヽ ヾ、ー--_ ニ´'ノ ! ':,      '´ /,.,、,.、 _
          '"´ ヽ::::::::,:'!    l`丶、 ゙ ー‐ ''´ ノ  'i'''ー- 、   /´    ' ヽ
            ,.ニ´‐''´' ∧::   !   ` 'ー--- '´    ,' `、 ノ!゙丶、
     __ _,... __. '´!、_  / ∧   :. ',        / ::::./ !   r' |   >‐''゙゙゙゙丶
  ,. ''´ゝ '゙   ゙''ー、 ヽ   ノ  ',   : ヽ      /  :/ !     ,.. '゙  ト´

 この奉書を受けて、各大名家は各自の作業の為に、早速準備を始めた。

 例えば、石垣普請を命じられた細川家の場合、早速この奉書への返答として、
江戸と伊豆に与えられるという作業場(伊豆での石切り場と、江戸の石揚げ場)について相談し、
また、国許へも指示を出し、普請体制を整えている。
755 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:45:44.60 ID:YXM5/260
 なお、天下普請は「将軍家が諸大名に命じて普請をさせる」もののため、
必然的に、多数の大名家が集まり、一つの作業に取り掛かることになる。
そのため、その作業体制は以下のような構造になる。

 【天下普請における作業体制図】

 ■全体図
            ■←幕府
  ┌┬┬・・・┬┬┼┬┬・・・┬┬┐
  □□□   □□□□□  □□□←諸大名

 ■内部体制
 ┌── .【幕府】. ──┐
 │             .|
 │    将軍家   .....|
 │      ↓     ...|
 │    年寄衆 .←───┐┌─【大名家】─┐(← ※大名家は100家以上)
 │      ↓     ...|   │..|         ...|
 ┣━.(実務者の壁).━┫ ┌┴──→藩主    |
 │      ↓     ...| │  ..|    ↓   .....|
 │  公儀普請奉行 ←─┴┬─→普請奉行  |
 │     ↓      .|   │..|    ↓   .....|
 │  公儀普請下役 ←──┴─→普請下役  |
 │             .|    ..|    ↓   .....|
 └────────┘    |   足軽     |
                   ..|         ...|
                   └──────┘
                        ↓
                      .日雇人足

 現代に置き換えてみると、「天下普請」とは大型公共事業のようなものと言える。
そのため、上記の各役職は、以下に置き換えると、イメージ的に近いものになると思われる。

  【幕府】       → 【官公庁】
   将軍家     → 総理大臣
   年寄衆     → 大臣
   公儀普請奉行 .→ 官僚(管理者)
   公儀普請下役 .→ 官僚(現場担当)

  【大名家】     → 【ゼネコン】
   藩主        → 社長
   普請奉行    → 部長
   普請下役    → 課長
   足軽        → 現場社員

   日雇人足    → バイト
756 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:47:36.64 ID:YXM5/260
 事業としての天下普請の開始が年寄衆から通達された後は、
基本、この件についての幕府側責任者は公儀普請奉行となり、
各大名家の責任者たる普請奉行と各々実務と交渉を重ねながら、普請事業を進めていくことになる。

 そのための会所も用意されており、寛永十二(1635)年三月頃には、
既に公儀・大名家の普請奉行が日々寄合を繰り返していたという。

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)      細川家への普請場所の割り当てについては、
  |         ノ    公儀としては○○を…。
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

::::::::::::::::::::::::::メフ人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::ノ /  / |;|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::ノ ノ   / |i   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::ヒ_/ __ノ   \   ~ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::/          \    \::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::ヒ,,,,,;;;'''''ヽ    /;;;;;;;;,,,,,,,,,,  ヽ::::::::::::::::::/
\::_|____i    ______'''';;;;_フ_/::/:/
 ヽ{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;k__i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;,;;;;ヽ;;;;;//ヽ
  |;|' ̄ ̄ ̄フ;;;i;;;;;i;;| ̄ ̄ ̄ ̄|;;;;;;;;;;;;//ヒ|     いえ、我が家としては
  ||     /'/~ ~|'|      |'| ̄~  >))'/     是非××をお請けしたく…!
  ヽニ====ソ    Lヽ=====-!    い /
    |   /    入          人_ノ
    ヽ  (    ,_ノヽ       /Y
     !  /ヽ__ノ   \     //kヽ
     |  |  _ ___ i   // ヽ;:\
      \ /ヽ____/ ヽノ //    |::::::|ヽ
      /::::ヽ  ー     / /      |:::::|::::::\_
ー−‐'''/::::::/ヽ______/ /      |:::::|::::::::::: ~ ̄ー−―
::::::::::::::/:::::/   \     /       /:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/:::::/     \_/       /::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    細川家普請奉行:佐藤安右衛門
        (さとう やすえもん)
757 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:49:28.75 ID:YXM5/260
 寛永十三年の普請開始に向け、
寛永十二年は、そのための準備作業の年であった。

::::::::::::::::::::::::::メフ人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::ノ /  / |;|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::ノ ノ   / |i   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::ヒ_/ __ノ   \   ~ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::/     u    \    \::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::ヒ,,,,,;;;'''''ヽ    /;;;;;;;;,,,,,,,,,,  ヽ::::::::::::::::::/
\::_|____i    ______'''';;;;_フ_/::/:/
 ヽ{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;k__i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;,;;;;ヽ;;;;;//ヽ
  |;|' ̄ ̄ ̄フ;;;i;;;;;i;;| ̄ ̄ ̄ ̄|;;;;;;;;;;;;//ヒ|   『 私達、普請奉行が二人で、
  ||     /'/~ ~|'|      |'| ̄~  >))'/    御公儀と折衝をしております。
  ヽニ====ソ    Lヽ=====-!    い /     朝から日暮れまで会所に詰めっぱなしで、
    |   /    入     u.    人_ノ     藩邸に帰れば、今度は殿に就寝まで御報告…。
    ヽ  (    ,_ノヽ       /Y    
     !  /ヽ__ノ   \     //kヽ       正直、かなり疲れますね。
     |  |  _ ___ i   // ヽ;:\     あ、このことは他言御無用で』
      \ /ヽ____/ ヽノ //    |::::::|ヽ
      /::::ヽ  ー     / /      |:::::|::::::\_
ー−‐'''/::::::/ヽ______/ /      |:::::|::::::::::: ~ ̄ー−―
::::::::::::::/:::::/   \     /       /:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/:::::/     \_/       /::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 これは細川家の普請奉行、佐藤安右衛門が国元の家老へ宛てた手紙の一部である。
この時点で、各藩の担当者たる奉行たちは忙しく働いていたことがわかる。
758 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:50:52.28 ID:EB.OIaY0
請け負う場所にも、何かあるのかな?
759 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:51:01.36 ID:YXM5/260
 必然的に、彼らを取りまとめる立場にある公儀普請奉行たる宗矩達も、
多忙な日々を送っていたであろうことは想像に難くない。

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |   ××家の石船(石垣用の石を運ぶ船)が沈んだじゃと?
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).u. |  代わりの船の空きはあったか…?
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

              _ ,, -  、
           , - ´‐''''     ヽ
         i''''''''''''ヽ''''''-     ヽ
         }、     `、  、    ',     こちらは…○○家の石置き場が足りない?
         ! '、 '、- _, =__',  ',,   ',    そんなはずないだろ、どうなってるんだ?
         ! !-、 、´tjフ i   ,'.',  ,i ,'
          ',. !,!ヾヽ u. .l ,'__ノ、/ ,'-、
          ヽヽ `゙  .レ ノi / ノ、: :`- 、_
            '`二-'  , .' レ /:::::i: : : ',: : :`: :‐‐---,,,,,_
            ,,'.、__, - '   K:::::::::::!--=ニ__: : : : : : /: : : :ヽ
          _,/: /:::::::::ヽ   l' ヾ:::::!__: : : : ;': : : : : ,': : : : : : ',
┌‐────┐: : : :i- 、_:::::i__ i  l i_i/:::::/: : : ;': : : : : :i: : : : : : : :',
│ カガツメ .| : : : :i: :/:::::! `- l/i::::::::/: : : : i: : : : : :.i: : : : : : : : :i` i
├───‐─┴────────────────────────
760 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:52:02.86 ID:YXM5/260
                   ,.イイ
                 /二 ゙゙̄ヽ、
                ,.へ ー-、  )ヽ
               __l___!__,.r===ァ'<ミミ  
              |   jハ、___ノ ヽミ}      □□家と☆☆家の人足同士が喧嘩ですと!?
              `┬プ ゚ー、 u.  ノ/))     両家の奉行は何をやってるのですかッ!?
                i ヾ===、  }  rノ ,._'フフ  こちらにすぐ来るように言いなさいッ!
           ,. ‐--、_ ゙、} /γ} }  ィj,.-''"ノノ
     ,.r-=ニ二二ニ=ー---L`==',.-‐''" -'',-'
   ,.-''"              ̄! |  _-'_ノ--っー--、-、
  r'                | |_ノ  ,r‐''"~、   `i `!
┌────┐     O O  { し`ー´  j  ヽ    | ヽ
│  ホ リ  |          _Y" |:::::| ノ-、∠     |  \
├────┴─────────────────────


 ./ニ    - 安 全 第 一 -   二l
 ヽ、      _______      ',
  .、._`フ‐r-r'"r- 、:::::::l';ヽ::::';ヽ:::', 二ーr-r‐'´ 
   .プl rl l:;' ', (イソヽト ヽ::i 入「スソ ヽ',l、ヾ
   /', l l ` ‐-‐ !  ヽ!  ‐-‐' / l      ◎◎家の担当箇所が崩れただと…?
  ノ リヽl l   .u    i      /人     なんで掘ってもいないのに崩れるんだよ!
     l ヽ\ :: .     '   :::  /ト  
      l \\  --─── /  
     /   \\''   ̄  /l      
     /     `‐`-==〃 ト、
    ./        ',  ̄ ̄ ,' ト、',‐-、_  

 なにせ今回の普請は、石垣方に西国大名六十一家、堀方に東国大名五十二家、
合わせて百十三家、総石高にして一千万石を越える大名家が参加し、
その取りまとめを宗矩たち四人で行なっているのである。

 無論、補佐役もいたであろうにせよ、多忙にならない方がおかしい。
761 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:53:15.11 ID:YXM5/260
< ギャーギャー
< ワーワー

        / ̄ ̄\    
      /      \  
      |   \i||i/ u..|     …よし、これで○○家の分は終わりじゃ。
      |  (◎)(◎) |    後、どれほどあるのじゃ?
      |  (__人__)  |  
    .  ヽ  `⌒´  ノ
      ´ ヽ     ノヽ  
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | '''. --  - | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,| カキカキ…


      |┃
      |┃三
      |┃ニ
      |┃
───|┃
      |┃   ガラッ
      |┃
      |┃
      |┃
      |┃三
      |┃ニ
      |┃
      |┃
762 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:54:37.26 ID:YXM5/260
          但馬守様ー!
         お待たせしました!

.       ∧_∧    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
       (;´Д`)    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○
  -=≡  /    ヽ    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○     まだまだあるよ!
.      /| |   |. |    ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○    全部返事お願いします!!
 -=≡ /. \ヽ/\\_  ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○              ( ̄○
    /    ヽ⌒)==ヽ_)=( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○        ∧__∧   ( ̄○
-=   / /⌒\.\ ||  || .( ̄○ ( ̄○ ( ̄○ ( ̄○   -=≡ ( ´・ω・)  ( ̄○
  / /    > )| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     /ヽ○==○( ̄○
 / /     / / .|______________| -=≡ /  ||_ ||( ̄○
 し'     (_つ  ̄(_)) ̄ (.)) ̄ ̄ ̄ ̄ (_)) ̄(.)) ̄    し' ̄(_)) ̄(_)) ̄(_))

         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ / 
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ

 こうして幕府と各大名家は実作業と調整を繰り返しながら、
来るべき普請に向けて、準備を進めていったのである。
763 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 22:55:27.91 ID:Agtj2Coo
終わらねえwwwwww
764 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:56:03.28 ID:YXM5/260
 なお、このように幕府と各大名家の利害や面子、その他様々なものが関わる状況になると
当然のように様々な駆け引きが発生し、自然、飛び交うのが「進物」である。

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/      ちなみに、前に但馬守様たちに
   .r=丶   ⌒ _. ⌒      lゝ、    羅紗をお届けしたのは十一年の十一月十七日。
   |/' /     '―         l r.〉    奉行就任を告げる奉書が来たのが十九日でしたから、
   ゙‐|     丶-‐--‐      ,ムノ     まさしく紙一重でしたな。
  ._r''''\            ,/  `--、
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;;r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|
      福間彦右衛門尉就辰
 (ふくま ひこえもんのじょう なりたつ)

 以前、萩藩毛利家の江戸留守居役、福間彦右衛門が、
宗矩たちのところへ進物を届けたのも、そのひとつと言える。
(その進物で何が得られたかは不明瞭ではあるが)
765 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 22:57:53.92 ID:YXM5/260
 だが、家光が賄賂を嫌い、禁止令を出したこともあったため、
幕府側の重臣衆は、進物についてかなり慎重な態度を取るようになっていた。

         ,__r'へ_
       r,,-‐'__ __  `-、
      〆 -‐"   `′  `'ー.._`'ハ
     / /          `ヽ ゙ヽ
    !/  く\    /フ    ヽ.ソ
    l|   ヾ|   /ン′    |/        でも、十二年二月二十三日、
   .r=丶    - _. -    u  .lゝ、      但馬守様が自宅の普請をするということで、
   |/' /     '―         l r.〉      合力金二百両を進呈したら、
   ゙‐|       ----       ,ムノ       翌日に礼状添えて返されたんですよ。
  ._r''''\            ,/  `--、    
 广    ゙ゝ、       ,.‐l′     `ヽ,
-′  _,,..,,/ ヽ、____,-'"_>-、     /‐-、
....r-‐''^;;;;;ヾこ=ニニニニニ=,ソ;;;;;;;;;;;;;´''''ヽ___亅;;;;;;;ゝ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ,      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´;;;;;;;;;;;./ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,      _ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;.|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||    j|;;;;;;;.r ..ニ '' ヽ、;;;;;;;;;;;;;ゝ、;;;;;;;|

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |         この時期、立場的にそんなもの受け取れるわけないだろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)   禁令的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/    まあ、好意だけは受け取らせて頂くということじゃな。
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

 普請事業中、公儀普請奉行への進物などは、
「賄賂」と看做される可能性が極めて高かったので、この時の宗矩の態度は当然と言える。

 ともあれ、このように直接普請に関わること以外にも、様々な動きがあったのである。
766 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:00:21.41 ID:YXM5/260
        / ̄ ̄\
      /       \    で、普請奉行をやってるからって
      |::::::        |  惣目付の役目を休んでいいわけでもないんだよなー。
     . |:::::::::::     |  .上様の御相手や、門弟の面倒を見る必要もあるし…。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     で、その間に俺を呼ぶ算段もつけていたのか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    還暦越えてよくやるぜ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 かくして、寛永十二年は普請の準備のために過ぎていった…。
767 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:01:18.89 ID:YXM5/260
 さて、時は戻る。
寛永十三年一月八日、まず石垣方の諸大名六十一家のところへ
普請開始を伝える年寄奉書が届けられた。

  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                         :; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |===|::::   普請開始のお知らせ     . ! ||===-3
 |∵∴∵|::::   (石垣方の皆さんへ)       ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::            土井大炊頭   | .||
 |∵∴∵|::::           松平伊豆守   i .||
 |∵∴∵|::::           阿部豊後守   .; ||
 |∵∴∵|::::            堀田加賀守   .| ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この奉書を受けた大名家は、早速、普請開始のための鍬初めの儀式を執り行い、
ここに、寛永十三年の「天下普請」が始まったのである。
768 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:02:37.32 ID:YXM5/260
 天下普請は、まず、石垣の築造から始まった。
また、一部国持大名達は、それに加えて見附桝形の築造も行なう事になった。

ーv'´ヽ^{~フ〜v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~ーv'´ヽ^{~フ〜v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~ーv'´ヽ^{~フ〜v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^〜v__ゝ;~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^〜v__ゝ;~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^〜v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ〜vレン、ヽフv_,r`}ヽ
,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、
~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐スj〜シ'_ノ`iへヽ}v'ケ^〜
k'_~T"v~「^j,´)、_}~ス、く,ノ_,ク~-{`yk'_~T"v~「^j,´)、_}~ス、く,ノ_,ク~-{`yk'_~T"v~「^j,´)、_}~ス、く,ノ_,ク~-{`y´K´ナv^ーヌ_{ソ\ヽく,ノ~i´ナ,、
jント、~i_イ^j_Y~i´ゝ‐`メ_ヌ~i´K´y'jント、~i_イ^j_Y~i´ゝ‐`メ_ヌ~i´K´y'jント、~i_イ^j_Y~i´ゝ‐`メ_ヌ~i´K´y'ト-ナv^ーヽ~‐`ー^‐゛゛'゛'';"‐'~
'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~":'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~":'、::'':;''^;:~-^:"゛゛:;゛::'';;"、‐;':~;^::'~":,;゛^゛:'~''^’::"''":;゛""゛

         御普請ワッショイ!!
      \\   御普請ワッショイ!! //
 〜     \\  御普請ワッショイ!!/  〜
        __      __     __    〜
       |\ _\    |\ _\    |\ _\
   〜  ( \|__| ). ( \|__| ) ( \|___| )  石を運ぶモナー
       ( ´∀`∩  (´∀`∩   ( ´∀`)
 〜 ((  (つ   ノ  (つ  丿   (つ  つ ))
       ヽ  ( ノ   ( ヽノ     ) ) )    〜
       (_)し'   し(_)    (_)_)
769 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:04:05.34 ID:YXM5/260
               /       _,,> - <,,_       ヘ
              /       ,,.≦" {     }::`ヘ、     ハ、
             /     /,,_}::::::ヘ、   ノ::::::::::::::ヽ     ヽ
            /     // }_:::::--≧≦--::::::::::::::::ヘ     ヘ
          /    // /- ''"  ̄   ̄`'' -ミ ,,_.}      ハ
          |    //  /             `-={_      |
          {  //   イ  _,, --‐‐‐‐‐‐-- ,,,,__  __ ノヽ    |
          /  , ' / }'"´:.:.:.:.:.:.:.: :// /r弋又リ/`´: : :ヽ    }
        /  ,, ; / ,,- '´: : : : : : : : /:: // "''  ̄ /: : : : : : :}_,,.....ノ      報告します!
       /     / /: : : : : : : : /: / ,X| :   `''= ノ: : : : : : ヘ、 ,,ッ     我が家は、開始翌日九日には
  _,,,_  /      / }: : : : : : : :/'{: { ´  |   ,,,___/: : : : : : : : :=''´      担当の一番丁場に一間半の石垣を築き、
< r ''    , '   / /: : : : : : : {  レ'    ;|    `二フ: : : : : :,,,_:_ヘ,,ノ     .また、三日目で見附桝形の土台設置を
:: :: :{  ;;  , '   ノ /: ト ,,_: : : : :≧      ;|:    "'''/: : : : : _ソヘ. ̄      .完了しました!
:: :: ::|  ;;    // {ヘ: |  >-.._三.ソ  --_--    /,,r- '''"   }
:: :: :: }  ;; /- " / ヽ  { /iii}} (\   '' ̄''  / } { {ii} }    ヘ
:: :: :: :ヽ ソ    /     | |iiiii| | ゝ`'ゝ,_   _,/"~} | |iiii| |     ヽ
:: :: :: :: ヘ':.ヘ.....,,={ }      | |iiiii| |>|   }  ̄ /   |''| |iiiiii| |      ヽ,,_
:: :: :: :: :: ヘ:::}:: :: ヘヘ     //iiiiii| | |   |  /     レ |iiiiiii| |     .//  `''
:: :: :: :: :: :: ゝ:: :: :: ヘヘ、   //iiiiiiii| レ    }、./ ,'    } |iiiiiiiiiヘヘ   .//:: :: :: ::
:: :: :: :: :: :/:: :: :: :: ::ヘヽノ /iiiiiiiiiiii| |    ヘ.     //iiiiiii :: ヘヽ、ノ/:: :: :: :: ::
:: :: :: ::/:: :: :: :: :: :: :: ::ヽ "iiiiiiiiiiiiiヘヘ     ゝ   //:: :: :: :: :: :ヽ,,ノ:: :: :: :: :: ::
:: :: /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::iiiiiヘヘ、       //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :iiヘヘ、__.... - 彡:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ;;,,::. --‐‐ 二二二二´- '''''´´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :
:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::{ r''''´::  ̄:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::| |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::: :: :: :: ::
                  蜂須賀阿波守忠英
              .(はちすか あわのかみ ただてる)

 普請状況については、概ね順調に進んでいたようで、
開始後の状況について、蜂須賀家当主・忠英は、祖父・蓬庵に向けて
上記のような報告を行ない、その後も順調に仕上げていった記録が残っている。

 なお、忠英はこの普請についてかなりの意気込みを見せており、
ほぼ毎日、普請現場へ顔を出していたという。
770 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:05:30.17 ID:YXM5/260
 尤も、何もかも順調というわけでは無く、
例えば一月二一日には大雨が降り、そのせいで細川家担当の石垣が崩れている。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||| く ず れ た ・・・ |||||||||||||||
   __      _        __
  |\ _ノ、    |\_ヾ, 、    ,冫 _ \
 ( \|_`:、; ) ( \|_;'; ', ) (.;`;ヾノ__| )
  ( lll´A`∩  ( lll´A`∩   ( lll´A`)   また積み直しだモナー…
  (∪   ノ   (∪   丿   (∪  ∪
  | │ |     | │ |     | │ |
  (__)_)゚。∴(__)_)。・゚,.゚(__)_)

            _ュ,ヶィ、j、
            彡ミ巛三ミ、ィ
         `ラ彡彡 ミミ三ミ く,
          i彡彡ミミミミミミミリヽ、    上様の御検分があると思ったらこれかよ…。
         ナ彡ィ川ミミミミジヽ  〉‐‐-、 
         /´ .入`)`ー' ,/.i  レ′   ヽ
       __,{   { ,. ヽ=</,ノ‐'´`ヽ.    リ
     ,ノ´  〉⌒ l    Y       >‐、,/}
    ,ノ   ,.---く\_  ノ、  _,ィ′ /.∧}
   i i´ ̄`く  、  \弋´ /´ ̄ヽl、_ !  ノ
    { ゝ-、 V ∧   `\ソ  ,>'´__ノ {
   ヽヽ ヽ n>‐--、 _/,.ィ´ フ´.   ,.イ
    `7‐-l'/ソノ `ヽ)))_,. =-r‐‐‐'´){::.
     { ,/ ゝ! / ∠ イ 7´ / , リ__/:.|:::::.
     Vl、 i `Y´ .\|∧ / / ,ノ:.:.:.:.:.:.:.:ノ::::::::::
      } i .|  | )) ).|′/ ./ /ヽ、_,.イ:::::::::::::
     V | !  //) リ/ / / /::::::::::::::::::::::::::::::::
      l. !  /¨ `´.,′// /::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      |.  !   :::| / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ト、__,| ...:::::| ′/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
     .人_,{:::::::::::ト-‐/::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
   /´   ,ノ::::::::人.__j:::::::::::.:.:.:.:.:.
  /    /´.:.:/   .{:::::.:.:.:.:.:.:.
 レ//./ イ.:.:.ノ/./  ノ:.:.:.:.
 U l リ ノ i´_( l    j
  `ヾ-'´  しUUuu'´

 尤も、大勢には影響は出なかったようで、家光検分の一月二十七日までには
積み直しは完了していたという。
771 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:06:41.68 ID:YXM5/260
 そして一月二十七日、家光による普請現場の検分が行なわれた。
この家光検分の時点で、既に蜂須賀家は担当分の石垣をほぼ積み上げ、
見附桝形についても、そのうちにはできる見込みの状態だったため、家光は満足し、
出迎えた忠英以外に、現場で指揮を取っていた家老や組頭、鉄砲頭などにまで満足の意を伝えたという。

     / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /  .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::::::::::::::::::::::::::'.,
    l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::::::::::::::::::::::::::',
     Y           ,!ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::}
      |          くミ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.     |、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::!     よくやってくれたじゃないの…!
     ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::::::::;    この調子でガンガン頼むぜ?
      ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::::::::j
      /              i  ,  /|::::::::::::::ノ     それによく見れば
     〈´ ,,.._          i  't-'゙ |:::::::::::リ      こいつらもなかなかいい体してるじゃないの。
      ヽ,,、'~`        ;   l    ヽ:ゝj、     お前達も頑張ってくれよな?
       ゙,_,-、_,ノ`         /!   /  \
 |/      ゙,`'" ,,y       /;   /
 |/  彡  ゙、-'       / ;   /
   /|/     ゙、       / ;;','   /
    /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  ノ
    |          ヾ_、=ニ゙、、,,_
    |        ,、-'´

                   _
                  / jjjj      _  光栄ですモナ!
                / タ       {!!! _ ヽ、              ┼
     ┼         ,/  ノ        ~ `、  \        _
 恐悦ですモナ!     `、  `ヽ.  ∧_∧ , ‐'`  ノ      /  `j
     ∧_∧_      \  `ヽ( ´∀` )" .ノ/    /  /`ー'
    ( ´∀`)  ̄"⌒ヽ   `、ヽ.  ``Y"   r '      〈  `ヽ
   / ) ヽ' /    、 `、   i. 、   ¥   ノ       `、  ヽ∧_∧  お任せ下さいモナ!
  γ  --‐ '      λ. ;    `、.` -‐´;`ー イ  ┼     〉    ´∀)    ,-、、
  f   、   ヾ    /   )    i 彡 i ミ/         / ノ    ̄⌒ヽ   「  〉
  !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"     }    {         ノ  ' L     `ヽ./  /
  |   ̄`ー-`ヽ 〈  < _ ヽ.    /     `\      / , '    ノ\  ´  /
   !、__,,,  l ,\_,ソ ノ   /   /ヽ、  ヽ.     (     ∠_   ヽ、_, '
       〈'_,/ /   /   /  ノ    ヽ.   )     i  、      ヽ
           | |  イ-、__  \  `ヽ    {   f  _,, ┘  「`ー-ァ   j
        l.__|   }_  l    \ \   |  i  f"     ノ   {  /
        _.|  .〔 l  l    ノ  _>  j  キ |  i⌒" ̄    /  /_
        〔___! '--'     <.,,_/~  〈   `、ヾ,,_」       i___,,」
                          `ー-‐'
                    普請衆の皆さん
772 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:08:20.31 ID:YXM5/260
 その後も普請は順調に進み、
翌月の二月九日には牛込桝形が土橋も含めて完成したという。

        ,〜-,〜-,〜,
   十    |_牛込桝形|     + + +
       _|_~~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|  
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~  (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|       +
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''ーiー-トi|'"|_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|"'''l -i .r''|i"□_| ~!"|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'.|'"|_._|__|~.''|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|   |_~"'l'''' iー-i-.ニL.|" ___ ^.|
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l'' ーiー-ト|'"|_._|__|~''i|  +  
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|"'''l -i . r'|i"□_| ~!"l
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'"|'"|_._|__|~''i|          
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i .r i'|"|_._|__|~''i|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| ---^^  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 牛込桝形は、見附桝形の中では一番最初に完成しており、
また、他の桝形についても、それを追う形で順次仕上がっている。
773 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:10:11.10 ID:YXM5/260
 その二日後、二月十一日には幕府年寄衆が普請場を巡検している。
この頃には、他の藩の担当分も含めて、石垣・見附桝形ともほぼ完成し、
残すは後片付けなどの残作業のみとなっていたようである。

   , -‐―- 、        , -― - 、          , - ― - 、
  /:: :: :: \ヽヽ、    r'´::::::::::::::::::::::::ヽ、     //:: :: :: :: :: ::ヽ
  .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、  ./::l´,ゝ-┌、‐´`i:::l   ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
  ヾ:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`‐l:::ノ_,---ヽ--、__ヾ:l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: :/   おーおー、見事なもんじゃないの。
   ヾ:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: ::l::i  f・ソ,. 、f・.>`):|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/   二月も掛けずにこれとは、やるねえ。
   l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: ::ilト、 ` ,  `  レi:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: :::/
   ヾ:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ヾi !  ゙ ‐'   /レソ;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: :/     これなら石垣は、
    l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ=l   r┐  /__,/´ヽ:: :: ::l::|:: ::/:: :/     後片付けに入ってもらってもいいでしょ。
    ヾ!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》ヽ、. i ./-‐| ヾ、 ヽ;; :: |::l:: /:: :/     お疲れ様でした。
     ヾ|:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽソZ二Zゞ,ノ!:. :. v:. :ヽ:: l::|::/:: /
      i:: :::l:: /:. :. :. :.ロ:∧‐、_ヾ::/ `‐/l:ロ:. :. :. :ヾ!::l::l:: /
      l:: :::|::/:. :. :. :. :./  ` /::l /   l:. :. :. :. :. iノ:l::/
      ヾ;: :レiヽ、:. :. :.〈   ./::::l ´  ,-└:. :. :., -|、::/
       ∨ lO) `ヽ _ ` ヽ.」:::;;;レ' ´  _, -―lol:.Y
        i:. /「ヽ:. :. ;._ >‐'´_ , -―´ l:. :. :. :./l:. :.|


             , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : レi
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ
         l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ       ありがとうございます。
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ、: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: }      
       ノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : :`:''. - ':ソ
    ヽ二三ノ{: : : :i : : : : : : : : : : : : : :ノ:/ _,,,,_=二ヽ; : : : : : : :ヽ; : : : : : : : /
         l: : : :i : : : : : : : : : : _,;_,/:/ '''"´_ィ心7`}: : : : : : : : : \: :_:,,;ノ
         丶: : :i : : : : : : : .:t弋゙タ//i :    て_,,ノ: : : : : :_:_:_:_: ヽ:ヽヽ,
          ヽ: :ハ: : : : : : : { `''' {:{ l    ヾ; : :/三ヽ ̄     レ' リ l
          }: ノ l: l: : : : : : ヘ   ヽj    ミ_; //:.:l l            l
          ノノ  l: l: : : : : : :丶  ´ ,,_   _, 'l l:.:.:.l l           ヽ、
             ゝ;ヽヽ; : : : : :.\  ー‐ ´  l l:.:.:.:.l l            ヽ
              ヾ=- ヽ,,,: : : : ヽ、  ̄  l l:.:.:.:.:l l       .._, - =' -`
              /二ヽ ̄  }: :ノレ'丶...... -'_l l:.:.:.:.:ヘヽ    , ' , '´
              { l:.:.ヽヽ /ノ  ´  「.「l´ l l:.:.:.:.:.:ヽヽ ノ ,,/
              l l:.:.:.:.l l        l 「l  l l:.:.:.:.:.:.:.:ヽ/
              l l:.:.:.:.:l l      _,,..l 「」  //
             //:.:.:.:.:ヘヽ    /  // //
774 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:11:34.50 ID:YXM5/260
 そして二月二十日には、石垣担当の大名衆に将軍家より御菓子が下され、
同日、蜂須賀家では普請衆達に帰国の準備を始めさせている。

             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : l: : : :_; : ト、
         |: : : : : : : : : : : ハ: : :l: : : : : : : : : : : : : :ゝ;_;_; イ:}
 .        {: : : : : : : : : : / {: : :ト、: :ヽ: : ヽ: : : : : : : : : : }:|
         l: : : : : : : :/  ヽ; :ヽヽ、: :ゞ:_:ヽ、: : : : : : :/:l
         }: : : : : : / '''ニ=-xゝ_ >,,-=_ゝ;,;___;, ノ: :}      お前達、よくやってくれたな。
         /: : : : : : { <_{゙::ラ_i ヽ  / ´,,{゙::ラ_ヽ {: /`}: /     .褒美については後でまとめるとして、
         {: : : : :「ゞ゙,,,.   ̄   i i    ̄   }:.}f |:/      皆、帰郷の準備を始めるがいい。
         ∨: : : { '' i       l        /:/ノ/ヽ_,,.     
         l: : }: : ゝl 、     i       ,,_/: }/: : : : 彡ァ
            {: :{ゝ;_: : : }     丶      ミソ: : : : : :_:_イ
          レ', ィ'" {: ヘ    ー__−'    人: : : :ヘ,,_=ノ
         /  ヽニ,,/\         /ノノレ:/_  ̄ }
        /二ヽ   ´ |f`"ヽ\     /-<´  {/ ri }.  |
        i i:.:.:i i    /l   ',  `''''''''''´  , i  .i /:.:l l  l
        l l:.:.:.l l  / l    ,      ,' ,  lノ. l l:.:.:l l   ヽ
        { }:.:.:.l l  { l  ;       , ,   ヘ l l:.:.l l   \

 *     +    巛 ヽ  終わったモナ!
            〒 !   +    。     +    。     *    。
      +    。  |  |    イヤッホウウウウウッッ!!
   *     +   / /   +    。     +    。 +    *
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +  ./ 》〉   。     +    。   *    。
      ,-     f    | | ∧_∧  帰れるモナ!
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ ´∀`)_    。     。
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ          〉
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +      ○ノ
       ./  ,ヘ  |       |   |         <ヽ |
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || |||ガタン i!i/, |i!ii ガタン
―――――――――――――――――――――――――――

 その後、二十六日には桝形担当の大名衆には樽・肴も下されており、
その後も決算などの事務処理があったものの、実質、石垣普請については、二ヶ月内で終わった。
775 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:13:05.50 ID:YXM5/260
=二月末、柳生家下屋敷=

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)          ふむ…。
.   |     (__人__)         思ったよりずっと順調に行っておるのう。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ    有難い話じゃ。
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    そのために去年、忙しく働いておったのだろうが。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|   まあ、報われて何よりであろう。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
776 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:13:56.40 ID:YXM5/260
   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (−)(−)        ただ、まだ堀がこれからなんじゃよ。
. |     (__人__)       石垣と比べると、資材の準備なんかが軽く済む分、
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)    開始も遅かったし…些か不安ではあるの。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     今更不安がってどうなるものでもなかろう。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    せいぜい働くがよいわ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ                  スッ>
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
777 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:15:13.60 ID:YXM5/260
                 |                           ヽ   \
                 |  ..../                   ヽ.     ヽ
                 |..::::/   __,,,..-==ニ三ニ=-..,,,_      ハ.   ハ
                 |:/,,,,,≦三三三三三三三三三三≧ミ、   .ハ   .ハ
                 |壬三三ニ=‐''''"´ ̄ ̄ ̄¨:.:ー=ニ三三≧:.、 .ハ    ハ
                 |才''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ /;:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ニ三≧、ハ:.     ハ
                 |:.ト;.:.:.:.:.:;.:.;.:|:l.:;.:.;.:.:.:;'::: ハ:!/!.:.:.l:|.:;:.:.:.:;.:.:.:.!:ヘニ三ヾ::.   ハ
                 |:.|:l:.:.:.:.;'!:/!|:l:.ト;::、:.:l::/::ハリ::!.:.:.l:|:.、:.::.:|;:.:.:|:.:.:.:.:\ニハ:::.   .ハ
                 |:.|::!:.:..;':|;'_リ∧l‐;:∨:|::  !:::|.:.:ム!:ハ:i:.|ヽ:.!:.:.:.:.:.:.:.:\|::::.   .ハ
                 |..l::';.:/;ィァ=;-ミ、リY::  l:/|:!/-リ三从「l:|:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:ト;::::..   .〉
                 |リ::::l:::!l'.{lr':O:::l}ヽ ;ヾ   !' |/ィ'7¨;:ミト、リ!:.:.:;i:.:.:.:.i:.:.:|':::::::.  ./
                 |::::::::W ゞz_:シ           {l`:O:::l}ヽl:.:.:.!|.:.:.:.:|!.:.|:::::::  /   …………。
                 ||::::::::l . .:.:::::.:. .          ー`--イ '∧:.:l:|.:.:.:.:|l:.:.!::::: /
                 |!:::::::::!.: :.:::::::.:.:.:    ;    . .:.::::::.:. . ∧:.:.:l:|:.:.:.:.||:.:|:::: ,イ
                 |::::::::/i . .::::::: : .    i   . : :.:.::::.:.: : リ.:.:.:.l::!:.:.:.:l:|::.|/
                 |';::::::|:.ヽ            : :.::::::.: : ./:.:.:.:.:!::!:.:.:.:|::!:.|
                 |';:::::::!:.:.:ト、    ‐ -       //l:.:.:.:.|::|:.:.:.:.|zl:.|
                 |:ヽ::::l:.:.:∨\           イ:|:| |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.!≧∨
                 |ヽ:ヽ:|__:,:∨. ` ,     _,...<:::::: ||..|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:|<:ハ
                 |,斗'''"´` <  `ー-<:::::::: :     !l |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.:|'´::::ハ
                     / ,=―ー一 `丶            l| |:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.!ヽ:::::ハ
                々'´  __,, -   ∨       ,、シ::リ:|:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.|:::ハ:::::ハ
                     / / ___,,,,,,   ∨   ,、zゞ'":::::::::::|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:.|::::::!:::::::|

         / ̄ ̄\  ´_
       /  ⌒ ⌒\
       |  (●) (●)|
.       |   (__人__) .|     おお、どうした、お藤。
        |    `⌒´  |    そのようなところにおらず、入ってくればよかろう。
.        |        }
.        ヽ       .}
         ヽ     ノ
         /     }
         |      |
          |      |
778 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:15:24.27 ID:Ab0jBsgo
細川家は細かい記録残してるから、そこらへんよく分かるんか。

いつも佐々木さんに一票なんだが、今回は
>>723さんにのっかってあずささんで。
バンナムもひどいことするよなあ。
779 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:16:28.09 ID:YXM5/260
                   |┃┃
                   |┃┃
                 ニ .|┃┃
                   |┃┃
                   |┃┃
                 三 |┃┃
                   |┃┃
                   |┃┃
                   |┃┃
                   |┃┃ ピシャッ!
                 三 |┃┃て
                   |┃┃ て
                   |┃┃
                   |┃┃

         / ̄ ̄\ 
       /  ⌒ ⌒\
       |  (○) (○)|
.       |   (__人__) .|  
        |    `⌒´  |  
.        |        }
.        ヽ       .}
         ヽ     ノ
         /     }
         |      |
          |      |
780 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:17:56.16 ID:YXM5/260
         / ̄ ̄\
       /  ノ  ー\
       |  (●) (●)|
.       | u (__人__) .|    な、なんじゃあれは…?
        |   ` ⌒´  |   わし、また何か気に障ることをやったかの?
.        |        }
.        ヽ       .}
         ヽ     ノ
         /     }
         |      |
          |      |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      …ふむ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     但馬、貴様に一言言ってやろう。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ   
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
781 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:19:06.79 ID:YXM5/260
                               
                ,. '"´三二二三`ヽ     
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ    
              /   /    夢     ', ヽ   
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 胸によく手を当てて
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .己の所業を思い返すがよいわー!!
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . このリア充がッッ!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__)  |   (…あれ?わし、なんで説教食らってんの?)
. |        |    
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |
782 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:19:21.89 ID:Ab0jBsgo
MO・GE・RO
783 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:20:36.70 ID:YXM5/260
 ともあれ、三月に入り、今度は掘方の普請開始が幕府から命ぜられた。
三月一日には、掘方の大名家が鍬初めの儀式を行なったという。

  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                         :; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |===|::::   普請開始のお知らせ     . ! ||===-3
 |∵∴∵|::::    (堀方の皆さんへ)        ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::            土井大炊頭   | .||
 |∵∴∵|::::           松平伊豆守   i .||
 |∵∴∵|::::           阿部豊後守   .; ||
 |∵∴∵|::::            堀田加賀守   .| ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 石垣普請は、主に西国大名が担当していたが、
堀普請については、主に東国大名が担当する事になっていた。
784 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:21:01.53 ID:EB.OIaY0
わかるけど、和尚あんだけ散々インターセプトしといてww
785 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:21:52.51 ID:YXM5/260
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     はい、では条目の説明はしましたので、
  |     ` ⌒´ノ    これから各藩の丁場割を行ないます。
.  |         }     籤取りで決めた後、調整をしますので、
.  ヽ        }      順番に引いていってください。
   ヽ     ノ   
   /    く__,-ュ__  
   |    ___ 三)  
    |    |       ̄  

       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'
              【寄合中の各藩普請奉行】

 この掘方の丁場(堀る場所)の割り振りは、
先立つ二月二十九日、籤取りで決められている。

 なお、この時、各藩が普請中に守るべき条目として、
予定外の作業が発生した場合の対応、捨て土や水替えなど全体に関わる問題についての対処、
現場の騒ぎについてよく監督し、喧嘩口論は防ぐこと、他の藩と協力することなど、
十九箇条に渡る条目が説明されている。
786 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:23:08.87 ID:YXM5/260
 鍬初めの儀式後、実際の普請が三月九日から始められた。

              _____     !
              ||: ̄|| ̄ ̄i|
   *   ((       / /||(0)/\             掘るよ!
       \     / / /\\  \  ((     (゚∀゚)
       Σ  ミ / / / ▽\\  \  ●⊂●⊂__ .)]]__
         Σ  ./ /__/、〃 。 \\  \_| | //   ,ハ: | |ΞΞ||
     ヽ ノ   | ̄ ̄; ◎) /|    \\./ ̄/ ̄|⌒ノ ).| |ΞΞ||
   `ヽ⊂) Σ ||   |i`´L、フノ,,  〔Ξ二二二|三同]┌┘|____/
         ヽ ||  _i|、_ .\ <  ___〕´ `,二_|三三三三〔__
  ▽⌒  ミ Σ\___二_> (二((ト---(二(◎◎◎◎◎◎◎) ))
        / フ*゛;゛'゛;'゛;゛゛'゛' ` ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ▽    ヘ/∨∨∨\(\


    -―――――-  ∽∽∽∽∽   ───────
   /  ̄ ̄ ̄// ̄ ̄.|| |∝∝∝∝∝∝
  /運ぶよ!// 運ぶよ!∞∞∞∞∞ ────────
[/_____ヾ(゚∀//[ ](゚∀゚ )シ|∞∞∞∞∞∞
.||_    ___|_| ̄ ̄ ̄|.| || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ────────
.lO|--- |O゜.|____|.|_|ニニニニニニニl.|
|_∈∀∋ ̄_l_____l⌒ l.|_____ _| l⌒l_||  ─────────
  ̄ ̄゛--' ̄ ̄゛ー'  ̄ ̄ ̄゛--'  ゛ー'
             【堀開削に励む普請衆の皆さん】
787 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:24:17.24 ID:YXM5/260
 だが、開始早々、工事量が想像以上のものになることが判明し、
早速、各藩は人足を増やす事となった。

    ,.-─ …‐-、 _
   く  ,.ィ彡__   \ ̄¨ ー- ..___    _,,. -、
    V ノ   \  \         ̄ ̄    _}  
.      \  ____\  \           ,. </  
      ヽ´oヽ   `>‐--丶、 _   _,.イ\ /   
          \>/ ト、jノ<二二..__ ̄ `ヽ  |     
         |::::::::::/`ヽ彡   -‐   ̄二ニ =ヘ、      命じられた分の賦役では、
           ;:::::::;:',ィフ=、ー-r‐'  彡'⌒ヽ__,.   ヽ    とてもではないが担当の丁場を
        /:::/// , =ァ''   \ニ/ /¨ヽi  `ヽ   '.    .仕上げる為の人足が足りんッ!
        //::l U ,fュ/      i `'  i'^ソ/`ヽ     i 
..      レ/ `ヽ/ ソ     /    i_/\     l    よって、我等で人足を増やしたいが、
   .       ,'  _i.,,_           l   丶、   i   それでも遅れるかもしれぬことは、
          i  __}             !     `ミ、W   御公儀にも御承知頂きたいッ!
            └‐´r' __          |      ヽ  
              ,.-┴r'_‐ノ          l
         _⊥、 \'       /
.           {   \' _}    ,. <
.          /\   \_,.ィ
        \ \ /ヽi. 人
.           f\ ノ丶、ノ
         ヽ `>‐く
             `ー─'
             伊達陸奥守政宗
          (だて むつのかみ まさむね)

 例えば三月十五日、仙台藩伊達家から、
人足の追加と、それによる普請の遅延、及び、そのようにならざるを得なかったことについて
半ば抗議に近い形での申し入れを、宗矩たち普請奉行に行なっている。
788 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:24:27.33 ID:/4268XU0
おい時代が違うぞww時代がwwww
789 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:26:30.95 ID:YXM5/260
 そのような状況だったため、現場もまた荒れ気味であった。

           \      ∧_∧ てめ       /
.       ボコ   \     ( ・ω・) どこ藩だよ  ,/    てめ
   ∧_∧      \   (っ  つ :(;゚゙ω゚`):  /       どこ藩だよ
ミ ○( ・ω・)ノノ      \, /   )  :(´`つo:./´ `       ∧_∧
  ヽ ∧○∧        \/ ̄∪   し'、ソ/  つ /⊂≡⊂=(・ω・ )
  ノ ( ・ω・)<てめ     \∧∧∧∧/ /⌒⌒ヽ   ⊂=⊂≡ ι)
  ( / (====) どこ藩だよ  < ど て > \  ̄ ノ ババババ (   λ
     (_フフ         < .こ め >    ̄         ∪ ̄\)
 ――――――――――― .< 藩    > ―――――――――――――
 てめ       /    /| .<. だ.   > ∧_∧  てめ どこ藩だよ
 どこ藩だよ  (・ω・`)///< よ    > .( ・ω・)     ;,
      ∧∧(^(^u// /   ∨∨∨∨ \(っ⊂〓二二二⊃  lヽ,,lヽ
      ノ⌒ヽ) .// ,/    ∧_∧    \  )        (ミ   ) やめて
   /( ( ノ // /     (    ) てめ  \j        と.、   i ))
   |/_ノノ> |/ /(⌒⌒ヽ  /  、つどこ藩だよ \        .しーJ
    ̄レ'゙ . ̄  / ( ブッ!! ゝ(_(__ ⌒)ノω・`)      \
        /   丶〜 '´  ∪ (ノ_ノu         .\
             【揉め事の多発する普請現場】

       ,-┐
 ,ィ─、ri´^-─- 、 .┌f^f^f^f^f^f^f^f^f^┐
く  / , ,'   ヽ ヽ| ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~│
 `<' / ,'レイ+tVvヽ!ヽト 【注意】 .   │
  !/ ,' i |' {] , [}|ヽリ   喧嘩すんな .|
  `!_{ iハト、__iフ,ノリ,n     お前ら   |
   // (^~ ̄ ̄∃_ア____n_____|
 _r''‐〈  `´ア/トr──!,.--'
<_>─}、  `」レ
'ヽ、   ,.ヘーァtイ
   Y、.,___/  |.|
    |  i `ー'i´
 幕府普請下奉行

 例えば、先ほどの仙台藩の場合、
人足を増やしたことに伴う普請現場における秩序の乱れについて、
幕府普請奉行から注意がなされ、普段は米沢藩・秋田藩の現場を監督する
幕府普請下奉行から、仙台藩の普請奉行に対し、一札入れられている。
790 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:27:51.19 ID:YXM5/260
 とはいえ、一度人足を増やして後は、概ねどの藩も普請が進んでいったようである。

                 掘り堀りワッショイ!!
 +            \\  掘り掘りワッショイ!! //
       +        \\ 掘り掘りワッショイ!!/             +
  +                          +/■\  /■\
 +  /■\    /■\  /■\  /■\ ( ´∀`∩∩´∀` ) ∩ /■\ +
.   ( ´∀`)   ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`) (つ   丿ヽ  ⊂丿  ヾ(゚Д゚ )
 (( ( つ  ~つ )) (つ   ノ (つ  丿(つ  つ ( ( ノ  ( ( ノ ))  /   ⊃ )) +
   乂  ((⌒) )) ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )  し'し'   し'し'    0_ 〈
    (__)   /■\)し' し(/■\_)_)  /■\   ピョーン   .   `J  *
         (( n´∀`n) ))  ( ´∀` )     ( ´∀`)    /■ヽ
  /■\○   ヽ    )    と    ⊃    _ / つ つ ))  (゚ー゚*)      /■\
と(´∀`と~⌒つ (⌒(⌒)     /  ,、 ヽ  (( ( `(  Y    (( とと ヽ  と⌒~つ´∀`)つ
         /■\   ∩■\(__) /■\゙     /■\      /■\
       ( ´∀` )   | |.´∀`)   (´∀` )    ( ´∀`.)     (´∀` )
      ⊂     づ  /    ,⊃ (⊂、   づ   O    ,O゙    ⊂  ⊂ヽ
    (( ⊂,,,  ノ゙ (((  ,,_,,づ  ((⊂,,,_,, )  (( (  ,,_,,つ )  ((⊂,,__,, )))
   /■\(__/,, /■\),,    /■\(_/,   ∩ヽ_),,   /■\b (_/  ./■\
   ( ´∀`)⊃  ( ´∀`)   (´ー` )     ( ⌒つ )) ( ´∀` ) )    (´ー` )
(( と     ノ (( ( つと )  (( と と ヽ     |/■\ (( (6    ノ  (( と と  )
   ( ヽノ     )  ) ) ))    Y  )つ )) と( ´∀`)  /  /)  ) ))    ( (  ) ))
   し, /■\  (/■\   /■\し'    /■\∪  (_/■\)      し(__ノ
 (( と(∀`   ) ( ´∀`)  (´ー` )   (( ,'つ ´∀`)    ( ´∀`∩ ))  _/■\
     ヽ   つと    つと    つ ))  ヽ   へつ   ( つ ノ  (( ( (´∀` )
       Y  )つ ヽ  ) ヽ  (  、_つ    /  ,ヽ_) )) と(  Y       \ つ つ ))
       (_ノ    (__ノヽ_) ヽ__)  /■\b ノ         し'         ヽ⌒)
    /■\ _     _ /■\     ( ´∀` ) l    /■\      /■\   ̄
    ( ´∀`)' ) (( ( ( ´∀`)   と     ノ   (   ´∀)  (( (ヽ( ´∀`)   /■\ ∩ ))
  (( ( ∩  ,ノ     ヽ    つ    ヽ(⌒)   と( O  _つ )).  ヽ   へ_つ  (´∀` ) ノ
    ) ノヽ γヽ    ヽ(  )、   |l   し' l|  ノ ヽ ヽ      ( (_) ))  /    ヽ
    (_)  ヽ_ノ     (__)J           (__)(__)     (_ノ     ⊂ノ(_ヽ_)
                 【掘の開削を進める人足達の図】

 なお、この際に投じられた人足は、仙台藩伊達家が五千七百人(+日雇が不定数)、
米沢藩上杉家が三千人、秋田藩佐竹家は千三百三十三人などになっている。
791 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:28:40.83 ID:Ab0jBsgo
政宗って「こんなんやってたら伊達家潰れる!!」って
泣き言を公議に書状送ってなかったっけ。
792 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:30:29.15 ID:YXM5/260
 こうして、ひとまず掘方についても軌道に乗りだしたところで、
五月、宗矩は酒井忠勝と共に、家光から一つの命を受けた。

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::    讃岐、但馬、
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   お前達にひとつ頼みがある。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

       / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.|
     〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.|
     /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ!
    ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧
     !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ
     !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ
     !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.     なんでしょうか?
     { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ
    `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ
.        レ!::∧         `    ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::},
         {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l
       l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::!
          {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::!
          `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::!
             \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:|
                ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \
               }    !l   ´¨//-、__,...__      \
             酒井讃岐守忠勝
         (さかい さぬきのかみ ただかつ)

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    なんでございましょう?
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
793 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:33:35.07 ID:YXM5/260
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{     伊達の爺のな…見舞いをしてきてくれないか。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

                   __,..__
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1    陸奥守殿の…。
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }


         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)    見舞い、ですと…?
         |   u. ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
794 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:35:25.89 ID:YXM5/260
 寛永十三年五月、仙台藩伊達家当主、伊達政宗は
体調が相当悪化していたが、先年に定められた武家諸法度(のうち参勤交代)を守り、
江戸へ上がってきていたのである。

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::     ああ…この間、
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::    俺に謁見しに来た時、
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     もう相当身体を悪くしていたみたいでな…。
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::     気になるから、お前達で様子を
    /..             "´ 2ノ/ l:::::     観てきて欲しいんだ。
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::   
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::   
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !


       / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.|
     〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.|
     /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ!
    ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧
     !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ
     !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ     承知致しました。
     !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.
     { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ
    `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ
.        レ!::∧         `  u. ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::},
         {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l
       l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::!
          {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::!
          `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::!
             \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:|
                ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \
               }    !l   ´¨//-、__,...__      \


            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//::       \      同じく。
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ   (…かなり具合が悪いと聞いていたが…。
       /  /、:::::...       |ヽ_ \  それほどまでになっていたのか…)
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━
795 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:36:43.29 ID:YXM5/260
 こうして、家光の命により、忠勝と共に、
宗矩は、将軍家よりの見舞いの使者として伊達家に出向いた。
                   __,..__
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!     陸奥守殿、この度は…。
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }

         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    身体の方は如何なものですかな…?
         |    . .`⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
796 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします :2010/09/26(日) 23:37:31.19 ID:xjixO4Y0
BLACK LAGOONのヘンゼルとグレーテル
797 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:38:16.13 ID:YXM5/260
     ゞ'""゙゙ ̄`i' ̄ ̄ ̄``````````````''シ
      ヾヾ    ii|  ,.彡          /;
        ヾヾ   iiレ'彡彡.....       /
       ヾE二i,二.ji_ri==r `ヾ彡    /     フフフ…!
        E_/>'三7/,__,,... iミ.   /     何を聞くかと思えば…!
        r^ヽ>{i_ 〃ラ_,....__;´ {ミへ /;
        ロ  ||==o'´┴゚'-`; └' h }      我が身体の頑健さはァァァアアア
        ヽ_〃 l ;;  ~~ ̄` ;   、_'_ノ;     日本一ィィィィィイイイイ!!
          |  | .;;    u   ; / |:|
          | `=='''    、 .; |  |:|;
          .l `r====ィ` .| |:: |;
         ヽ. ヒ二二.ソ u  /::: |
             ヽ` ー--‐  _ィー―┴r―
           ____,.>-;;;  -'"/ヽ-‐' ̄ /
          ∧ ;; ;;;;;;; | :::::: /ヽ  ,.-‐' ̄
         / ヽ ;;;;;;;; | ::::::/;;;;;;; ̄

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   陸奥守様…。
  |    `⌒´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
798 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:39:47.79 ID:Ab0jBsgo
全国制覇に20年遅れてきた若い竜も、
次の世代の中ではそろそろお年なんだよね。
799 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:40:11.44 ID:YXM5/260
     ゞ'""゙゙ ̄`i' ̄ ̄ ̄``````````````''シ
      ヾヾ    ii|  ,.彡          /;
        ヾヾ   iiレ'彡彡.....       /
       ヾE二i,二.ji_ri==r `ヾ彡    /;    
        E_/>'三7/,__,,... iミ.   /     
        r^ヽ>{i_ 〃ラ_,....__;´ {ミへ /;     
        ロ  ||==o'´┴゚'-`; └' h }     …………。
        ヽ_〃 l ;;  ~~ ̄` ;   、_'_ノ     
          |  | .;;    u   ; / |:|;
          | `=='''    、 .; |  |:|
          .l `r====ィ` .| |:: |;
         ヽ. ヒ二二.ソ u  /::: |;
             ヽ` ー--‐  _ィー―┴r―
           ____,.>-;;;  -'"/ヽ-‐' ̄ /
          ∧ ;; ;;;;;;; | :::::: /ヽ  ,.-‐' ̄;
         / ヽ ;;;;;;;; | ::::::/;;;;;;; ̄


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (− ) .   |
     . (人__)     |     だいぶ…よくないようですな。
     r‐-、    .   |    上様も御懸念でございましたぞ。
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|
800 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:41:40.46 ID:YXM5/260
         _  -‐ニ二 ̄ニ ニ ‐---=--‐一ニ
       ,.ィ´
     _ -
  ーニ、  __                 ,__.ムィ/
     \  ヽ\ーr-- 、        _,.ィフ´〃///
      V  ト、 ヽ\\l`li ト、vテブ//// ,.'   …フフフ、但馬よ。
       ',  ト、V¨\\ヽlii l l///,,/ァ'〃/
         i  } {  _,,.>‐'~´`゙"フ¨ ノ  }/ ,'    人間の偉大さは
        l_ j }_/  u.  )  ノ /   V_/     ──恐怖に耐える
      / V/,.ィニー-- 、f´ヽ-、,. ニニコヘ      誇り高き姿にある──
      〈 i^ハ!  ,.-tッテミ\_ノ_ノ ,ィモテ、 レ |
      ∧ヽヒi  ´冖¨ / ̄i lヽ  `¨´ / /     …どこの誰かは知らぬが、
.     ///ヽ)、       ,'  │ l  〉   /_/l     昔、南蛮の話を聞いた時、
.    巛/  ::i       ,.{___! ノ   ,'!ノ│    このように述べた者がいたという。
.     //   .:::l        ヽレ'  u. :.!  i
     /   : :::!       _,.、_,. __ ,  ,!=く:
     l   .: :::::\    こ_`ニ´ィ  ./ \ `ヽ:
    │     : ::::::::ヽ          /\ /::\_ \
.     !  l  : : ::::::::::\.      _/  ./¨ヽ/ 

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   ………。
  |    `⌒´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
801 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:43:32.82 ID:YXM5/260
                        /⌒ヽ
                       ノ_: :-- 、\
                       __/人〉==入: ヽ     ならば!
          ,.-、_  __/.、ヽYフ┬役ァト、:ノ    伊達男と称されたこの俺が!
         _ノ : ∧ ', ̄  _,X_,ノ| ,._-_、、|ノ´     死に際し、見苦しい様を見せるわけには
       ,.ィ´: : : : : ∧ ',__/-、   {! `⌒´ ノ!〉     いかんだろうがァーッ!
.   , :´ : : : : : : : : : : 〉'\゚ ・ 。\| ` ー‐:' l_lヽ
.   ,:': : : : : : : : : : ,.ィ´/: : \ l´_/____,. < __ト、     上様には何ら不具合なし!と
  /: : : : : : : :,: :'": : /: : : : : : :`レo: :! 〔__/ | 。\   お伝え頂きたいッ!
  \: : : : : :/: : : : /¨\: : : : :/: ヽ: |__/: : : :\ ・ `。ー-、   
   \: :/、: :/://\ : 〉: :ノo: : : ,へ : : : : : />--. ._/、
     ´ ̄`¨´ ̄|: :/`:|: / : : : : /\ `): : : : /: : : : : : : : ハ
             lV__:/:シo: : : : :ト、:o:\: : : : :i: : : : : : : : : : |
            ヽ: : : i: : : : : : :l :`¨:丁 : : : :l: : : : : ,:-:─:、|
            ゙、: :{\ : : : : \:_:_j : : :-‐ヘ: : : : : : : : :- \
            ハ: i: : : : :\ : : : : : : : :/ :ヽ : : : : ;. -─ : :\
             〈: : :ヽ : :_: : :`ヽ: : : : : : : : : : \: :_: : : : : : : : : :ヽ
            `¨「::::/バ¨Tヽ/_: : : _;>'"¨´_}ニ二 ̄`丶: : :ハ
             _/ヽ:L__ノ:l」:::::::::::::::::::::::人  _/: : : : : :`ヽ   \: 〉
         /: : : : : /: : : |: :\::::::__/:´: ̄ : : : : : : : : : : \  ノ
           /: : : : : : /:ヽ/ :l : : :  ̄:,.‐--く¨ヽ: : : : : : : : : : : : : : >'
       ∠='⌒¨´\:/ : :l : : : : /    ', V: : : : : : : : _;>'"
      /: : : : : : : : : : :ノニニi : : : :ヽ    /',__V_,: -‐ ¨
     /: : : : : : : : : : : :| : : : :\_ : :`ー ' : : : : : :i

        _rf´ ̄ ̄`´ ̄ ̄:ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : ,' : : ; : : : 、: :ヽ: : : ヽ,
     /: : : ; : :,' : : : ! :!: : :l: l: :l 、: : : ',
     /:.:.:.:/:.;:.:l:.:.;:.:.;.l:.:l:.:.:.:l:.:l:.:l:.:!:.:.:.:.:}
    ,'.;:.:.:/:.:.l:.:l!:.:l:.:{:.l:.:l、:.:.:l:.:l!:.l:.!:、:.:.:.!
     {!:l::::l:::l::M;M=ュ`;l:::l llィMMl:l::::}:;:::}
    l人:::!::l:{ 《弋;ゾ `、l."弋;ソ》 }:::lハノ    …分かり申した。
    `、 `||从 ´ ¨   `   ¨ '` l:リ´
.      ||:∧`           ,' ト、
      /||:::::ヘ    ` '    ./:l!| ,》
.     《》|ハルト\.  ‐'ニ ‐ /イルl《》
     ノノ /;;;ノル;;;l`. 、__, ィヾ、:ヽ`、f }
.  ,r‐‐ii"‐―‐、{::{ ト、::;::||:::::;イ`}:}`ゞー―‐-、
 /::) ||     }:}.  `ー ‐'´ 〃/      (:::ヽ

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( −)(−)
       |     (__人__)    …承知致した。
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
802 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:44:55.04 ID:YXM5/260
 …そして

   /l | / //   _ヾ: : |(r、ヽl : :ヽ
  /ミヽ、! l |へ   /,) ヾく ̄iノノ : : ミヽ、     仙台黄門
 ノ三ヽヽ/゙Y゙〉 r'゙,.tラ   ゙l  l/ ゙'ーミヽヽヽ    伊達陸奥守正宗は
/彡ニ,. -へ、〈 |、! ゙Y´    ゙  ヾ::   \_,.-⌒
|//   r'~レr、k='        l::   /      所領たる仙台に
l/   | / ゞ=;i ,...、 ノ    /:::::/   _,.-'´  帰還することなく
    /゙"〉‐<l ゙"、''_/ ,:   /::/'´>>/
     | ,|  ::|.   \-<  //ヾ/--―-、    寛永十三年、
  _ l゙´」=ラ:|      \_/r'/´ ̄_ -- 、_    江戸伊達屋敷にて
r''7゙  | r┴-=L、    ,.-'二 ノ ̄
l |  ミトゞ=、__ノノ|    l゙/´       _,. -‐'"´   大藩・仙台伊達家の主として
!,. レ, ヾ::::::ノ''"ヾ|   //      _,. -'_,. -‐ラ   大往生を遂げる。
ヾ \  Y´  ノノ  ||   ,.-'" ,.-'´ /,.-‐'"

 戦国時代、奥州に覇を唱えた「独眼竜」伊達政宗は、
寛永十三年五月二十一日、その生涯を終えた。
享年70歳。

 法名は瑞巌寺殿貞山禅利大居士。
803 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:44:59.67 ID:EB.OIaY0
最後の最後まで伊達者だ
804 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:45:44.39 ID:Ab0jBsgo
さらば独眼竜。
死に際「は」立派だと思うんだ。
805 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:47:04.12 ID:YXM5/260
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      …讃岐、爺のために、
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙    江戸で七日、京で三日、服喪するように民に伝えろ。
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /       いいな。
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

                   __,..__
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1     …ははっ。
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::! 
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }

 政宗の死を悼んだ家光は、
江戸で七日、京で三日、人々に喪に服するように命じたという。
806 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:48:14.23 ID:YXM5/260
   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,     …のう、和尚。
  |    ∩ ノ)━・'    人とは、儚いものじゃな…。
.  |   /  ノ´ }    
.  ヽ  / /    }    
   ヽ/ /   ノ

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     フン、らしくもないことを言いおって…。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ            スッ>
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
807 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:48:43.39 ID:hcIZBxE0
独眼竜乙。
前にムネりん休ませろって幕閣に言ってくれたよね。
まぁホント伊達男だわ。
808 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/09/26(日) 23:49:00.35 ID:Ab0jBsgo
独眼竜は儚くなかったような気がする……
809 :やる夫で学ぶ柳生一族(その38) [saga]:2010/09/26(日) 23:49:09.90 ID:YXM5/260
                 |                           ヽ   \
                 |  ..../                   ヽ.     ヽ
                 |..::::/   __,,,..-==ニ三ニ=-..,,,_      ハ.   ハ
                 |:/,,,,,≦三三三三三三三三三三≧ミ、   .ハ   .ハ
                 |壬三三ニ=‐''''"´ ̄ ̄ ̄¨:.:ー=ニ三三≧:.、 .ハ    ハ
                 |才''"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ /;:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ニ三≧、ハ:.     ハ
                 |:.ト;.:.:.:.:.:;.:.;.:|:l.:;.:.;.:.:.:;'::: ハ:!/!.:.:.l:|.:;:.:.:.:;.:.:.:.!:ヘニ三ヾ::.   ハ
                 |:.|:l:.:.:.:.;'!:/!|:l:.ト;::、:.:l::/::ハリ::!.:.:.l:|:.、:.::.:|;:.:.:|:.:.:.:.:\ニハ:::.   .ハ
                 |:.|::!:.:..;':|;'_リ∧l‐;:∨:|::  !:::|.:.:ム!:ハ:i:.|ヽ:.!:.:.:.:.:.:.:.:\|::::.   .ハ
                 |..l::';.:/;ィァ=;-ミ、リY::  l:/|:!/-リ三从「l:|:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:ト;::::..   .〉
                 |リ::::l:::!l'.{lr':O:::l}ヽ ;ヾ   !' |/ィ'7¨;:ミト、リ!:.:.:;i:.:.:.:.i:.:.:|':::::::.  ./
                 |::::::::W ゞz_:シ           {l`:O:::l}ヽl:.:.:.!|.:.:.:.:|!.:.|:::::::  /   …………。
                 ||::::::::l . .:.:::::.:. .          ー`--イ '∧:.:l:|.:.:.:.:|l:.:.!::::: /
                 |!:::::::::!.: :.:::::::.:.:.:    ;    . .:.::::::.:. . ∧:.:.:l:|:.:.:.:.||:.:|:::: ,イ
                 |::::::::/i . .::::::: : .    i   . : :.:.::::.:.: : リ.:.:.:.l::!:.:.:.:l:|::.|/
                 |';::::::|:.ヽ            : :.::::::.: : ./:.:.:.:.:!::!:.:.:.:|::!:.|
                 |';:::::::!:.:.:ト、    ‐ -       //l:.:.:.:.|::|:.:.:.:.|zl:.|
                 |:ヽ::::l:.:.:∨\           イ:|:| |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.!≧∨
                 |ヽ:ヽ:|__:,:∨. ` ,     _,...<:::::: ||..|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:|<:ハ
                 |,斗'''"´` <  `ー-<:::::::: :     !l |:.:.:.:l:::!:.:.:.:.:|'´::::ハ
                     / ,=―ー一 `丶            l| |:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.!ヽ:::::ハ
                々'´  __,, -   ∨       ,、シ::リ:|:.:.:.:!::|:.:.:.:.:.|:::ハ:::::ハ
                     / / ___,,,,,,   ∨   ,、zゞ'":::::::::::|:.:.:.:|::|:.:.:.:.:.|::::::!:::::::|

   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●)
. |     (__人__)        …なんじゃ、お藤。
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)   今日は流石に何をせぬぞ。
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/    ここ最近、様子が変じゃが、
   ヽ     ノ  .l;;,´     何かあったのか…?
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/
810 :