このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

俺の妹がこんなに可愛いわけがないSSスレ Part.14 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/01(木) 22:17:25.71 ID:Q7EtrJOMo
■前スレ
俺の妹がこんなに可愛いわけがないSSスレ Part.13
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1342276525/

■まとめwiki
http://www43.atwiki.jp/vip_oreimo/

・鬱、エロ、NTR、オリキャラ、クロス作品の場合は、投下前に断り書きをしましょう
・完結させてからの投下が望ましいです。3回以上中断する場合は別スレを検討しましょう
・やむを得ず中断させた場合は、再開時に前回のものをアンカーで知らせてください
・前の作者の投稿から3時間程度の間隔をあけるのが望ましいです。無理な場合は一言断りましょう
・被り、苦情防止のために事前に投下時刻とカップリングを宣言しておくのもオススメ
・SS作家さんには惜しみない賞賛を
>>980 を踏んだ人が次スレを立てましょう

感想や雑談などご自由に

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1351775844
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

▼ 萠龍会 ▼ @ 2020/06/06(土) 16:28:38.26 ID:inmiqiqd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1591428518/

穂乃果「雨があがったら」 @ 2020/06/06(土) 16:13:29.98 ID:C64DeSw80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591427609/

VIP落ちた @ 2020/06/06(土) 13:16:44.58 ID:b/JHwZ200
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1591417004/

【モバマス】恋はストロベリームーン @ 2020/06/06(土) 10:43:55.99 ID:hHwqlfVDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591407835/

【イナズマイレブンGOクロノ・ストーン】天馬「皆ともっと仲良くなりたい」【安価】 @ 2020/06/06(土) 09:57:57.66 ID:eJzzjP+H0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591405077/

【リトバス】理樹「ストーカーに狙われるようになった」 @ 2020/06/06(土) 01:34:01.19 ID:3998YRn80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591374840/

【イナイレ安価】クロス・オリオン @ 2020/06/06(土) 00:14:53.35 ID:EA/3YXpu0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591370093/

月を見るたび思い出す @ 2020/06/05(金) 22:46:05.37 ID:2b6aeKr40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591364765/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/01(木) 22:17:52.44 ID:Q7EtrJOMo
■関連SSスレ
○【俺の妹】高坂京介は落ち着かない
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1296372251/
○沙織「京介先輩」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1305915497/
〇京介「ポケモン?」あやせ「はい」桐乃「その4!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1333506723/
〇【俺妹】高坂家に親戚の幼女がやってきた
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1351436829/
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/02(金) 10:53:32.15 ID:Qf+ETlZDO
>>1

前スレ埋めネタの3レス、読んでてなにやら得体の知れない恐怖を感じた。
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福島県) [sage]:2012/11/02(金) 13:33:03.87 ID:enb1t0Tno
俺もだ…
二人の奇妙なやりとりが彩度を抑えた映像で脳内再生されてた
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/02(金) 14:04:26.73 ID:bT9rJLXr0
あやせ+スコップ+穴掘り=恐怖
という図式が残念ながら俺達の脳味噌に刷り込まれてしまっているみたいだな
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/02(金) 14:14:24.61 ID:Qf+ETlZDO
>>4>>5
だよなぁ。
なんつーか、サイコっつーか・・・新耳袋みたいな怖さっつーか・・・とりあえず、俺はあやせがサイコパスにしか見えなくなったぜ・・・。
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/02(金) 14:52:34.40 ID:bT9rJLXr0
>>6
そんなあやせが10巻edで告白 → 11巻で華麗にスルー → 京介の気持ちは桐乃or麻奈実で決まっている風
となったらSS職人さん達も書き辛いよな
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/02(金) 23:02:59.48 ID:7MvEJdV/0
パラレルワールドなら問題ないさ!
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/11/04(日) 19:37:59.18 ID:uzFaew97o

京介「……」

あやせ「空なんか見上げてどうしたんですか?」

京介「SSが落ちてこねえかなと思ってさ」

あやせ「……お兄さん! あのキラキラ光っているのは何なんでしょうか!?」

京介「……あれは……そうだ! 蜘蛛の糸に違いねえよ!」

あやせ「あれが、伝説の蜘蛛の糸……」

京介「おう! これで俺たち、助かるかもしれねえ……どぇー!」

あやせ「お兄さん、お先に失礼します」

京介「くそ! この馬鹿女! 裏切り者!」

あやせ「何とでも仰ってください。この蜘蛛の糸は一人乗りなんです。さようならー」

京介「……あやせは行っちまったか……。SSも落ちてこねえし……」

あやせ「……お兄さん、元気出してください。わたしは、お兄さんを置いて行ったりしません」

京介「あ、あやせ……おまえってやつは。……蜘蛛の糸が切れたんだな」

おしまい
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/04(日) 23:11:15.72 ID:8YmZzcIt0
桐乃「なにあんたたち間抜け面して空見上げてんの?」

京介&あやせ「桐乃!?」

桐乃「上向いて口開けて、なんか金魚みたいなんですけどww」

京介「……しょうがねーだろ、降ってこないか期待しちまうんだから」

桐乃「ばっかだねー、上ばっか見てるから大事なもの見落とすんじゃん」

あやせ「どういうこと?」

桐乃「ホラ、見てよ、足元を見渡してよ。13個もあるじゃん。見なおしてみなよ」

京介「もう、古くなっちまってるだろ」

あやせ「いえ、待って下さい。確かに今見ることで新鮮な発見があるかもしれません」

桐乃「そうそう、せっかくきれいに整理されてるんだし……あれ?」

京介「……この一番新しいの、埋まったまんまだな……」

あやせ「埋めた覚えは無いんですけど……」

桐乃「後から来た人の為にも、片付けなくちゃなんないね」

あやせ「そうね、このままじゃ見つけにくいし」

京介「掘り起こして、並べなおす――まずはそこからかな」



というわけで頼むわ
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/05(月) 00:36:18.15 ID:MuWzCcZDO
>>10
?13個って、なに?
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/11/05(月) 04:48:18.73 ID:0zVQ8hgZo
>>11
スレタイ見れ
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/05(月) 06:45:59.01 ID:2Iwoorzo0
>>10
良作はその都度取り出して並べているよ
http://www43.atwiki.jp/vip_oreimo/
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/05(月) 17:52:50.58 ID:+YV2XFrF0
13スレ目に良作は無かったと申すか…
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/05(月) 22:10:18.76 ID:0AhFND5T0
>>14
まとめwikiの編集は俺みたいな善意の編集人がやっているんだけど
完結していなかったり改行がなかったり読み手の評判が悪い作品は
どうしてもまとめ辛いんだ

それから基本編集はやり方さえ解れば誰でも出来るから折角編集しても
アンチの誰かに削除されちゃったりするんだよね

13スレ目にも良作はあったけど何となく編集し辛い作品が多かった
関連SSは結構まとめていたけど打ち切りが相次いで未完も多いしね
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/05(月) 23:51:24.35 ID:5uA4eOAso
前はどんなのでもwikiにまとめてくれる人がいたけど、2,3スレくらい前からいなくなったな
それからは自分もしくは善意でまとめるしかなくなった
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) :2012/11/10(土) 08:23:12.67 ID:QpFulcrV0
すげぇ、久しぶりに見に来たらまったくレスされてなねぇ。
なんだか悲しくなってきた。
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 22:04:17.03 ID:0fL16hpDO
まあ、まとめないと言われたら書く気も失せるわな。

俺は失せた。
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 23:17:28.85 ID:4/ywHrm+o
誤字や脱字を修正するついでに自分で編集して載せちゃえば?
やってみるとそれほど難しい作業じゃないし、自分で書いたSSなら苦でもないし

>アンチの誰かに削除されちゃったりするんだよね

SSによってカウントが変な動きしてるのはそういうわけか?
誰かが悪意で削除 → その後、誰かが善意で再掲載 みたいな
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 23:46:49.76 ID:0fL16hpDO
>>19
やだよ。
ただでさえ、自分の妄想書き出してここにアップしてんのに、その上まとめwikiにまで、自分で編集とかドンだけナルシストだよ?ww
あーゆーのは、誰か見知らぬ人がひっそりとやってくれて、それを見つけたとき、『ああ、読んで気に入ってくれたんだな』って、しみじみ感動するのが書き手の楽しみなんだ。
自分でなんて恥ずかしくてできるかい。
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/11(日) 00:12:55.41 ID:FZhoZUZ2o
>>20
SSなんか書いてる時点でナルシストだろうが。恥ずかしがらずに認めろよ

>『ああ、読んで気に入ってくれたんだな』って、しみじみ感動

7巻前後のまとめwiki覚えてるか? SS投下した直後から編集が始まってたじゃねえか
20レス近く投下して、次の瞬間開いたらもう更新履歴に見出しが載っててさ
思わず心の中で思ったもん。「読んでないだろ」って
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/11(日) 00:57:07.52 ID:IOwtsYaDO
>>21
俺はスレ13デビューなんでな。その頃はわからん。
が、その頃は読んでなくても編集人がいたんだろ?
まだよかったじゃねーか。
少なくともまとめられてんだろ?あんたの作品。
今は読まれてもまとめられない、まとめるのがめんどくさいっつー流れで、なら自分でまとめろだと?
いくらナルでも、やりたくねーものはやりたくねーよ。
まとめは、あくまで『他人』が『善意』でやってくれるものだっつー、今までの経験があるからな。

それが嬉しかった思いがあるから、自分でなんて絶対しねーよ。
だから今は書く気も失せてるって話だ。端からな。
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2012/11/11(日) 01:26:38.79 ID:f9R8eGwb0
前スレで面白いとか言ってた奴ってまとめる作業するのは
何で躊躇してんだろ
別に称賛するのは全然イイんだが、あんな雰囲気にするなら
まとめに載せるくらいしてやれば良いのにな
面白いかどうかは読んだ奴がそれぞれ判断すれば良いこと
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/11(日) 11:30:29.43 ID:TxSwZ8KEo
俺は最近スマホでしか2ch見てないから環境的にwiki弄れないっつーのはあるな
フリーライダーですんませんorz
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 06:44:13.96 ID:RjovJjR+0
ならファンがパソコンで編集するか
そういうファンが居るんだから
もううp主が自ら編集するかで良いんじゃねぇ?
ファンじゃない奴にやれって言っても無理だしな
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/11/12(月) 14:45:07.92 ID:mDaoHreF0
>>15
同意

投下されたSSを読ませてもらって
     ↓
誤字や脱字を訂正して各レスのヘッド部分を削除して
     ↓
行間や改行を見やすい様に調整して
     ↓
長文の場合は何章かに分割して
     ↓
それを作者別・カプ別・投下順に分けて
     ↓
善意でまとめwikiに編集したものを
     ↓
悪意のある奴に一晩で消されたら

そりゃヤル気も起きなくなるさ
俺も経験あるもん
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/12(月) 22:30:41.56 ID:7fNhXHWdo
東京MXで『俺妹』の再放送やってんのな。全然気付かなかった
それはそれとして、『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』はなかなかだね
だけど、SSにはしづらいかも、アニメの中ですでに妄想を超越してる気がする
お兄ちゃん×妹のパターンって、ほんと次から次へと出てくるもんだ
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/13(火) 00:43:11.42 ID:5IdL12LSo
桐乃「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよね」

アカン、初っ端からデレてる桐乃なんて桐乃じゃない
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/13(火) 00:49:51.44 ID:biZggFU+P
しかし11巻を読む限り、態度や言動はともかくとして
麻奈実に忠告されるまでの幼き頃の桐乃は内心そんな感じだったんじゃなかろうか
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/13(火) 06:55:46.21 ID:TMuAjsOh0
京介に思いっ切り感情移入すると最初っからデレまくっている桐乃のSSというのは
完全な俺得なんだけど誰か文句ある?
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) :2012/11/14(水) 11:31:15.23 ID:yIy9SujJ0
最近SSと原作が頭の中でごっちゃになってる
SSが結構読めるぐらいいい作品あるからww
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 12:11:51.92 ID:XT8vz2MC0
>>31
特に個スレを立てている作品には良いものが多いよな
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 18:20:37.34 ID:WX5qUrVRo
>>31
あるある過ぎてね
原作で見覚えのあるシーンがSSなのか俺妹Pなのかごっちゃになって混乱する
俺妹Pもしかり
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) :2012/11/14(水) 21:08:42.84 ID:gAeQ9nfl0
まとめの編集、やり方が分からないorz
編集の仕方さえ教えてくれればやってもいいのだが…。

誰かバカな俺にやり方を教えてくれる心優しい方はいらっしゃらないか?
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 21:19:35.73 ID:R4DR3Quzo
まとめwikiの編集の仕方なんかさ、やり方自体は簡単だから説明してやるよ
明日の夕方5時に、あやせの家に集合ってことでOK?
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 21:38:48.48 ID:L6znZ8bi0
>>34
まとめwikiのトップページにやり方が書いてあるからやってみれ(下記参照)
コピー元とまとめ先のウィンドウを2つ開くとやり易い

コピペする時にレスのヘッド部分→「34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) :2012/11/14(水) 21:08:42.84 ID:gAeQ9nfl0」
をひとつずつ丁寧に外すと親切だし読み易い

SS追加方法

掲載順のページにおいて、左上の「編集-このページを編集」をクリック

編集モードに変わるので、既存の形式と同様に「タイトル:○スレ目レス番号」と記述し、ページ保存

リンクが新たに追加されているのでクリックし、リンク先にて「@wikiモードで作成する」をクリック

SSのレスをコピペしてページ保存

作者別、カップリング別の一覧ページにも、追加したSSを記載して頂けると助かります。 ← ココ重要
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 21:42:35.59 ID:BCev3JUDO
>>32
落ちる恐怖と戦いながら書くのが、どれだけのプレッシャーかと言いたい。
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/14(水) 22:44:17.38 ID:WX5qUrVRo
個別スレ立てたことあるから言うけど、速報でやる分には2ヶ月放置しなけりゃゆっくり書けるから言うほど落ちることへのプレッシャーってないと思うんだが
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/15(木) 19:06:01.64 ID:Y4HV9UBh0
>>28
pixivにそんな感じのがあったで
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/15(木) 21:54:23.14 ID:7Cfm5ieBo
>>39
久々に渋開いて確認してみた
作者で敬遠一発だった

あの人のはなにがどう悪いってわけじゃないんだが、肌に合わない
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/15(木) 23:56:50.64 ID:9GrhBQLDO
>>40
行き方がわからん。
できたらURLを貼ってくれまいか?
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/16(金) 00:04:03.76 ID:YYic9mKjo
普通にpixivで俺の妹がこんなに可愛いわけがないでタグ検索すりゃ出てくる
一応うrl
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1655205
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/16(金) 00:30:42.49 ID:jA+3Kf4jo
『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』ってさ
10月から始まったTVアニメの方のことかと思った
姫小路秋子にハマると、高坂桐乃? あぁ……残念、みたいな
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/16(金) 00:59:18.72 ID:rJop950DO
桐乃「何であんた黒いのといるの?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352993737/
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/16(金) 01:05:28.66 ID:wXVt2PdDO
>>42
ありがてえ!
いや書いてアップくらいはできるんだが、如何せんネットには暗くてな・・・って55ページ!?
はぁー・・・長編書ける奴は書けるもんだねぇ・・・(;゚д゚)
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/11/18(日) 11:23:45.77 ID:knrw4NSt0
赤城「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」
47 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 22:44:37.79 ID:6u88Hyna0
このスレ最初のss投稿という名誉をいただいてもよろしいか?
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/18(日) 22:53:31.38 ID:ZtkYUXSDo
どうぞ!
49 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:01:03.92 ID:6u88Hyna0
それでは、失礼して次レスから投下。
50 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:01:36.55 ID:6u88Hyna0










ビバ・夏!!

なんて素晴らしい季節なのだろうか、夏というのは。
熱い砂浜、青い海。そして、セクシーな水着のお姉さん!!

素晴らしい!!!

俺は思わず太陽に向けて万歳をしてしまった。
そう、今俺は海に来ている。勿論一人では無い。桐乃と黒猫と沙織が一緒だ。
どうしてこんなリア充みたいな事をしているかというと、桐乃の奴が言い出したせいだ。

桐乃が言うには、今日ここでコスプレのイベントがあるらしいのだ。
それに参加して桐乃はメルルの豪華商品をゲットという魂胆らしい。

ちなみに桐乃はEXモードのメルルのコスプレをするみたいである。
メルルは全体的にようぢょしか出ないので桐乃に勝ち目は無いのではないのでは、と思うのだがそのおかげでこんな良い思いを出きるのだから追求はしまい。

うんうんと頷いていると、着替え終わったらしい。皆がこちらに歩いてくる。

「はぁ何故私がこんなところに来なければならないのかしら。ここは天使の光(エンジェルズフォール)が強いから余り来たくないのだけど」
「紫外線ね。厨二病乙」
「まぁまぁお二人とも、まずはこの水着姿で京介氏を悩殺いたそうではござらんか」

……oh
やられた、やられたよ。

俺は鼻血が出ないように鼻を手で押さえる。

お前ら、分かってるじゃねぇか。ここでマニアックなスクール水着とか着てきたら俺は帰るところだったぜ。
よかった、全員ビキニでよかった。

特に沙織。お前の体系はビキニじゃないといけ無ぇ。そのまさにボンキュッボンッな体系はビキニが一番映える。
それに加えて黒だからな。エロ杉だろ常考。

黒猫、お前も分かってるじゃねぇか。ビキニはビキニでも子供が着ていそうなミニスカビキニを選んでくるとは。お前の凹凸の少ないスマートな体系にはそういう可愛い水着が似合うんだぜ。

そして最後に桐乃。我が妹ながらなんとも我侭なボディーだろうか。そりゃ沙織には負けるがそれでもたわわに実った果実が胸元にあった。
キュッとくびれた腰に、柔らかそうな太もも。そしてそれを隠そうとするパレオ。うん、完璧じゃないか。

ブッ!!

おっと、ついに限界が来たらしい。

「ちょっ! 兄貴!? なに鼻血出してんの!?」
「せ、先輩!? 大丈夫!?」
「ふふん、京介氏は見事に我々の水着姿に悩殺されたようでござるな」

あぁ、駄目だ。鼻血とまんねぇ。
本当きてよかった。これだけで重たい荷物を運ばされたかいがあったってものだ。
俺は念のために用意していた3箱のティッシュを一箱取り出すと二、三枚取り出して鼻に詰め込んだ。

ふぃー。あとは寝転びながら桐乃達がキャッキャウフフするところを眺めるだけだな。

ビーチパラソルを立てて、シートの上に寝転ぶ。

「ちょっと俺は休んでるわ、お前らは遊んでてくれ」
51 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:02:04.09 ID:6u88Hyna0

そう言って皆を浜辺へと促す。桐乃達はなんの躊躇いも無く頷くと、俺を置いて砂浜を駆けた。
さぁ、俺の天使達よ、遊んでくれ。揺れる胸を見せてくれ。肌を滴る雫を見せてくれ。

なんて事を思いながら桐乃達を見ていると、隣から話しかけられた。
内心で舌打ちをかますと、渋々振り向く。

誰だよ。邪魔すんのは。

「よっ、こんな所で何やってんだ?」
「……加奈子か、俺は妹のお守りだよ。お前こそこんな所で何やってんだ?」
「加奈子はちょっと仕事でな」
「……あぁ、コスプレか」
「なんで知ってんの!?」

いや、それが目的で来たしね。今日は。
俺は完全に加奈子の方に向くと、改めて水着を見た。

ボーイッシュな感じの水着だ。上はスポーツブラに近い感じで、下は普通の水着に短いジーパンを合わせた感じ。
ここまで男みたいな態度の奴だと、とても似合っている。二つに括っている髪の毛もぴょこんとしていてとても可愛らしかった。

「な、なんだよ」

おっと、ジッと見つめすぎたらしい。俺は慌てて視線を外すと、一応礼儀として水着を褒めた。

「水着、似合ってんじゃねぇか」
「ば、バッカ当たり前だっつの!!」

何故か怒って加奈子は顔を真っ赤にする。
このバカは自分が似合っているのは当たり前だろう、と言いたいらしい。ふむ、確かに一理ある。悔しいが認めるしかあるまい。加奈子はなんだかんだで可愛いから結構なんでも似合うのだ。

「あぁ、悪かったよ。仕事はいつからなんだ?」
「んーと、まぁ後一時間ぐらいで仕事開始かな」
「結構時間有るじゃねぇか、ここで休んでいくか?。ジュースぐらい奢ってやるぞ」
「ひひ、分かってきたじゃねぇか、クソマネ」

加奈子は奢ってもらうのが嬉しいのか、頬をピンクに染めながらはにかんだ。
まぁジュースぐらいでこんな顔が見れるなら安いものだ。

ちょっと可愛く思ってしまい、頬をポリポリとかく。

「じゃ、売店まで行くぞ」
「おーう!」

子犬みたいについてくる加奈子に思わず笑ってしまったのだった。








   ・・・・

52 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:03:43.11 ID:6u88Hyna0







30分後。


俺と加奈子は特になにもせずノホホンと寝転がっていた。
たまに持って来たお菓子を二人で食べたりするが、それも寝たままだ。

あぁ、ぐーたら最高。

「なぁクソマネ、喉渇いた。ジュース取って」
「へいへい」

ぬるくなると嫌なので、クーラーボックスにしまっておいたジュースを取り出すと、加奈子に投げる。
加奈子は寝ながらでも華麗にキャッチすると起き上がって飲む。

「ぷはぁ、生き返るぅ」

加奈子はオッサンみたいな飲みかたをすると、これまたオッサンみたいな反応をした。
風呂上りのビールを飲んだオッサンかお前は。

ま、それにしてもこいつは、なんで微妙なものばかり飲むのだろうか? ドロリッチにしたって、喉が渇いたときに決して飲みたいとは思わないのだが。
今回にしたって、こいつはヤシの実オレンジという、ひじょうに微妙な商品に手を出した。どっちだ、ヤシなのか、オレンジなのか。
つっこみどころが多すぎる。

でもどうだろうか、加奈子のやつはそんなジュースをむちゃくちゃ美味しそうに飲んでいるではないか。
意外と美味いのだろうか?

人間一度気にしだすと、いけない。気になって気になってしかたがなくなる。
なので俺は、加奈子にジュースをもらおうと声をかけた。
53 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:04:08.41 ID:6u88Hyna0

「おい、加奈子。それ美味いのか?」
「おうよ。やっぱ夏の海に来たならこれ飲まないとな!」
「へぇ、そんな美味いのかよ。じゃ、ちょっと一口くれね?」
「……へ?」

加奈子は俺の言葉を聞くと、口をポカンと開いて間抜けな面になった。
ん? なんだ?
と思っていると、どうだろうか。今度は顔が真っ赤になりはじめたではないか。

「お、おい。大丈夫か?」
「お、おおお、お前ぇぇ!! いきなり何言い出すんだよ!?」

俺が心配して声をかけると、それをきっかけに加奈子は何故かキレた。
顔をトマトのように真っ赤にしながら怒り狂っている。

「いや、どんな味するか気になったから…」
「お前分かってんのか!? お、おま、これ加奈子が飲んだやつなんだぞ!?」

? なにが言いたいんだ? ばっちぃって言いたいのか?

「あぁ、大丈夫大丈夫。そんなの俺気にしないから」
「か、加奈子が気にすんだっつの!」

ふむ、年頃だな。じゃぁしょうがない。面倒だが口元のところを拭いて飲むとしようではないか。

「分かった。それじゃぁ拭いて飲むよ。ならいいだろ?」
「い、いや、わざわざそんな事する……ことはねぇよ。分かったから普通に飲めよ」

俺がせっかく折衷案をだしたというのに、どうしたことか、加奈子は普通に飲んで良いと言い出したではないか。
どっちなんだよ! とツッコみたかったものの、今そんな事を言ったら最悪飲ませてくれない可能性も出てくるので、なんとか文句を飲み込んだ。

まぁ本人からお許しをもらったんだ。普通にのもうではないか。

「じゃ、もらうな?」
「おおおおう」
54 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:04:40.70 ID:6u88Hyna0

おたけび?

加奈子の返事に内心ツッコみをいれながら、俺は加奈子のジュースに手を伸ばす。
ペットボトルの蓋を開き、俺はジュースを飲んだ。

「っど、どうよ?」
「……微妙」

うん、とにかく微妙だ。
オレンジの風味もするし、ヤシの風味もする。どっちつかずの味だ。
どうしてこんなものを飲まないと夏の海じゃないのだろうか、やはり俺は間違っていなかった。やはりおかしいのは加奈子の方であって、俺ではなかったのだ。

「えぇ? 結構美味いと思うんだけどなぁ」
「いや、これはマジで微妙だぞ…」

加奈子が赤い顔で、俺の感想に文句を言ってくるが、これは譲れない。こんな味で夏の風物詩など語らせてなるものか。
この後、加奈子が俺の舌がおかしいなどと言ってきたが、それを言ったらお前の舌だろう、と俺が反論して口喧嘩になった。まぁ永遠に平行線で決着がつくはずもなく、俺達はそれ程時間を置かずに結局もとの位置に戻っていた。
レジャーシートの上でノンビリと寝転ぶ、最初の位置に。

しかし、それから何分過ぎたぐらいだろうか? 加奈子は欠伸をもらしながら立ち上がった。

「じゃ、加奈子今から仕事だから。じゃぁなクソマネ」
「ん? もうそんな時間なのか?」
「まぁ用意とか色々あるかんね。なに? もしかして加奈子が居なくなって寂しいの?」
「バーカ、んなわけあるかよ」
「ニシシ、まぁ気が向いたら仕事終わりに会いに来てやるよ!」

加奈子は最後にそういうと、思い切り笑って会場に走っていった。


ふむ、加奈子にはああ言ったがうるさい奴がいなくなると寂しいもんだな。
欠伸をもらす。
55 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:05:07.43 ID:6u88Hyna0

すると、いつのまに帰ってきたのだろうか。バッグの中からバスタオルを取り出す桐乃達がいた。

「ん? いつ帰ってきたんだ?」
「いや、別にぃ? あんたが自分の妹の友達とイチャイチャしていたところからだけど?」
「やっぱりようぢょが好みだったのね、呆れたわ」
「ふむ、今の時代それはいかがなものかと。二次元ならまだしも現実でそれはタイーホでござるよ?」

何気なく質問しただけなのに何故か返ってきたのは剣の有る返事だった件について。
まぁとりあえず否定だけはしとかなければ。

「いや、なに勘違いしてんだよ。今日あいつは仕事で来てんだっつの。それでたまたま見つけた俺に話しかけたんだろ」
「「「鈍感」」」

何故か全員がハモって俺に同じ事を言ってきた。鈍感? 俺が鈍感?
全力で否定したかったが、話がややこしくなるだけだと理解しているので自粛する。

「ま、いいよ。で? なんかとりに来たのか?」
「いや、何言ってんのよ。もうすぐ大会でしょ?」

あぁ、加奈子が行ったってことはそうなのか。
景品は何か知らんが頑張ってもらいたいものだ、勝てなくて参加賞だけだとか目もあてられないからな。
まぁ参加賞があるかどうかも知らないのだが。

「ま、頑張って来いよ」
「? 何言ってんの? あんたも参加するに決まってんじゃん」
「は? 俺が? いやいや、女装とかマジ勘弁だから」

メルルに男キャラなんかいないだろうが。

「先輩、何を勘違いしているのか知らないけれど今回の大会はなにもコスプレはメルル限定じゃ無いわよ」
「ふむ、確か拙者の記憶では 星くず☆うぃっちメルル と MASCHERA 堕天した獣の慟哭 と 妹めいかぁEXシリーズ の作品のどれかのコスプレが可能だったと思うでござる」
「はぁ!? じゃぁなんで景品がメルルのしか無いんだよ!?」
「そっちこそ何言ってるわけ? あたし達は一度も景品がそれだけとか言ってないじゃん。副賞にはマスケラのフィギュアだってあるっての」
「まぁ何故副賞なのかは疑問に思わざるをえないけれど」

黒猫は不満そうに頬をふくらませる。
っていうかちょっと待て!? じゃぁ何か? 俺も参加する感じになってるのか?
無理だって、マジで。お前らと違って俺は並の見た目なんだよ? もうちょっと俺の事も考えようよ。

「ちなみに拙者はタナトス・エロスで参加するでござるよ」
「ま、そう言う事だから。あんたは当然漆黒の衣装ね」
「当然ね、先輩には本来の姿に戻ってもらうわ。私の生涯の敵である漆黒という真の姿に」


もう夜魔の女王になり切っているのか、黒猫は頬を紅色に染めてうっとりとしていた。
やべぇどうにかして逃げたいがどうにも退路を断たれているらしい。どうしよう。

どうにかして逃げようと必死に考えていると、手遅れらしい。俺は桐乃に手を取られると無理やり会場に向けて歩かされた。
畜生。
56 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:05:37.32 ID:6u88Hyna0






会場前。やはりどこででも沸くのだろう大きなお友達がむさくるしくひしめき合っていた。
夏のビーチだというのに全員がなにかしらのアニメがプリントされた服を着ているというのだから精神を疑わざるをえない。

だが、非常に理解しがたいが、この会場の懲りようからしてこの大会は結構大掛かりな部類に入るらしい。証拠に仕事で来ている加奈子もいたし、カメラマンらしき人達もいる。

なんて考えていると、とうとう大会が開かれた。司会であろう人が出てくる。

「こっんにっちわー!! メルルだよぉ!!」
『わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ』

……加奈子だった。
加奈子の奴、俺はてっきり大会に参加するのかと思っていたが、どうやら司会らしい。

「今日は来てくれてありがとぉ!! 楽しんでいってねぇ!」
『わぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁ』

加奈子がウインクをしてそう言うと、会場に居た何人かが咳をして倒れた。
大丈夫なのかよ!?
とか思っていると大会の関係者なのだろうか、なにか腕章をした人たちが倒れた人を連れて行った。

その光景を見てると、とてつもない不安が襲ってくる。
警察沙汰にならない事を祈るばかりだ。

「よぉぉし、最初にOPとしてメルルの踊りを見てねー!」
『わぁぁぁぁぁぁぁぁ』

加奈子が大声でそう言うと、会場に音楽が流れ始めた。言わずも知れたメルルの主題歌である。
メールメルメルメルメルメルメ、という電波的、表現を柔らかくしても特徴的が限度の音楽だ。聞いていると頭が痛くなるのはこの場では俺だけらしい。
加奈子の奴ももう何度も踊っているのだろう。冷静さが慣れているのをかたっていた。

そんなメルルも主題歌が終わると、もう会場のテンションは最高潮まで上り詰めていた。歓声が耳に痛い。

「皆ー!! ありがとー!! じゃぁ次からは本命のコスプレ大会だよ!! それでは一番の方、どうぞー!!」

加奈子がそう言うと、パーン!! と会場のあらゆるところからクラッカーが炸裂した。それと同時に加奈子が引っ込み、一番にコスプレを披露する人が出てくる。
この大会では、三つの段階をふむらしい。まずは特技を披露する『特技タイム』 二つ目は司会の人の質問に答える『質問タイム』 三つ目は会場の皆に向けて挨拶する『挨拶タイム』だ。

この三つの段階を終えて、次の人に変わる。

やっぱり大会の規模だけはあって、しっかりとした内容になっているらしかった。
けれど、何故か参加者は少ないらしかった。合計でたったの30人らしい。
大会の規模に臆したのだろうか? まぁなんでも良いが、俺達には好都合だ。
早く終われるし、景品もゲットしやすい。
さらに桐乃達はモデルになれるくらい可愛いのだ、最早ほとんど景品をゲットしたも同然だろう。

うんうんと頷く俺。そんな事をしていると、どうやら桐乃達の出番がもうすぐらしい。俺以外の皆は大会の係員さんに連れられてどこかに行ってしまった。
ちなみに俺の出番は28番。かなり後ろの方なので、まだまだ待つ事になりそうだ。
57 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:06:12.14 ID:6u88Hyna0

「ではお次の方! 13番の方お願いしマース!」

加奈子のそんな声に続いて、黒猫が会場に姿を現した。俺にはいつものゴスロリにしか見えないのだが?
だが俺のそんな感想に反して、会場は沸く。

『わぁぁぁ!!』

よく見ると、黒猫とほとんど同じゴスロリ服を着ている方もいらっしゃるではないか。
まぁなにはともあれ、黒猫のコスプレが認められて俺も嬉しい限りだ。

「ではまず始めに、特技を見せてくださーい!!!」

「ふふ、そうね。でも司会の人? 私の特技には人の協力が必要なのだけれど、どうすればいいのかしら?」
「ふむー、そうですねー。審査員さーん! 会場の人たちに協力してもらうのは、いいのですかー?」

加奈子がそう審査員に聞くと、審査員は数瞬もしないうちに、OKサインを下さった。

「オーケーだそうでーす! では会場の人たちに協力してもらって、アプローチしてください!」
「了解したわ。では、下僕達? PSPのスト4が得意な人がいたら出てきなさい。何人でも良いわ、アピールタイムの内に何人でも相手してあげる」

黒猫は有名どころのゲームを二つ持ち出し、会場の大きなお友達を挑発した。すぐに何人も手をあげる。
会場のカメラマンはすぐに会場上の黒猫の手元を映す。その映像はすぐに会場の上についたモニターに、映し出された。

「さぁ、かかってきなさい」
「ははっ! 俺がどんだけやりこんだと思ってんだ。いくら可愛いからって……、俺が勝ったらデートしてください!!」

なにを考えているのか、黒猫に向かってデートを頼む野郎。
だがそんな光景を見ても、俺が焦る事は無い。
何故なら、俺は知っているからだ。こいつがゲームでは誰にも負けないと。

「さぁ、次よ」

ほらな、余裕だろ?

さっきのデートを申し込んだ奴は一瞬で蹴散らされ、すごすごと会場を降りていく。
それからも次々に挑戦していくが、勝つどころか攻撃を当てる暇もなく倒されていく。

アピールタイムは最大十分。
なんと黒猫はわずかなその時間内で、10人以上を蹴散らし会場が歓声でつつまれた。

「ふむむむ! すごかったですねー! メルルも思わず見入っちゃいました!! よし、では次の質問タイム、いってみよー!!」

会場から何人も手が上がるが、順番的に審査員がやはり上なのだろう。審査員さんを指差し加奈子が声を張り上げる。

「ではそこの審査員さん! 質問いってみよー!!」
「ふむ、そうだね。ではまずは絶対に聞いとかなければならない質問をしようかね」

腕を組みながら、妙に勿体つけて話す審査員。どうでも良いから早く質問しろや。とか思っているのは俺だけではあるまい。

「君。勿論彼氏はいるまいな?」

……なんか変なこと気にしてるんだけどぉぉぉぉ!!!

「えぇ、残念ながら居ないわ」

審査員の妙な質問に律儀に答える黒猫。ここは無視しても全然大丈夫だっただろうに。そんなに景品が欲しいのだろうか?
そう思っていると、黒猫が質問に答えてからしきりにこちらをちらちら見ている事に気がついた。どうしたのだろうか? 腹痛か?
まぁここで舞台から降りると次には進めないだろう。だから俺は応援する事にした。

俺は舞台横から黒猫にサムズアップした。頑張れ、黒猫。
58 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:06:39.35 ID:6u88Hyna0

「あぁ、先輩。絶対また勘違いしてるわね。あの顔はそういう顔だもの。折角私が彼氏居ない事を教えてあげたのに、あの反応はちょっと流石に傷つくわ」

黒猫マイクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!
黒猫の俺に対する愚痴(まぁこの際何故俺が愚痴を言われているのかは問うまい)はマイクを通して、会場に大音量で漏れていた。
審査員の顔がみるみるうちに変わっていく! 真っ赤に変わっていく!

そして、会場と審査員の声がハモって会場に木霊した。

『こいつ彼氏は居ないけど好きな奴いるぞぉぉぉぉぉぉ!!!!』

全員が怒り心頭のようだ。なんちゅうしょうもない連中なんだ……。
俺は呆れる気持ちと一緒に何故か流れてくる涙が止められなかった。だってしょうがないだろう? 俺だってモテた事無いんだから。黒猫の好きな奴、か…。殺したいね。

「はい、次は挨拶ね、早くして降りてくださーい」

審査員が冷たい目(詳しく言うならオタクがリア充を見る目)で黒猫を見て促す。
ぶっ殺してやろうか。

「ふむ、そうね」

そんな皆の目に気付かずに黒猫は堂々と次の挨拶へと移行する。

「下僕達? 我を真なる闇の王の玉座へと導きなさい! これは願いではなく命令よ!」

こうして、黒猫の出番は終わった。
まぁあの様子なら次には進めないだろうが、どうか落ち込む事が無いようにとだけ願っておこう。どうにかできるならしてやりたいが、どうにもできそうにない。
なので大会が終わったらあの審査員をぶっ殺してパンツ一丁にして外に放置してやる。

さて、次は誰だ?

会場を見ていると、お次に出てきたのは桐乃の奴だった。
黒猫の時より控えめな声援が聞こえてくる。やはりファンからしたら桐乃がメルルをやるのは無理があったのだろう。
しょうがない、だってあのアニメを見ているのは大体ようぢょが好きな変態なのだから。

俺から見たらまだガキんちょでも、あのメルルファンからしたらかなりふけて見えるのだろう。

特技はオーソドックスに歌。
メルルの主題歌を歌った。きょぬーになど興味は無い! っと豪語する連中も、やはり男なのか大きく揺れる胸に視線が行っていた。
まぁメルルのコスであんな踊りをしたらそりゃ揺れるだろう。俺も男だ、妹だからって胸が揺れているのなら見てしまうのだ。これは男の性だ。しょうだ無いに違いない。

反応はまさに微妙な感じ。あれはメルルの大人verだ! という脳内保管する奴も居たが、やはり受け入れられない奴も多いらしい。

続いては質問タイム。
審査員が当然のようにあの質問をしたが、桐乃は清清しく「いません(ニコリ)」と答えた。まさにモデルの営業スマイルだったが、会場の皆様は見事に騙され歓声を上げる。
哀れな連中だ。桐乃がどれだけモテるのか知らないだろうに。こいつが彼氏を作ろうと思えば今この瞬間から30分もあれば作れるだろう。
桐乃がどんだけリア充だと思っているのやら。オタクが皆非リア充だと思ったら大間違いだぜ。

俺が呆れて溜息をつくと、桐乃は最後の挨拶を行っていた。

「お兄ちゃん達! だいちゅき!!」

桐乃いわく、かむのがコツだそうだ。
狙い通り挨拶は好評で、アピールタイムよりも質問タイムよりも大きな歓声が会場を揺らしたのだった。
59 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:07:07.03 ID:6u88Hyna0


さて、ここからはしばらく俺達には関係無い人たちの出番だ。
俺は一息つこうと、近くのベンチに腰掛ける。

それにしても、ヤバいな。見た目が良けりゃ勝てるだろ、とか思っていた俺をぶん殴りたいぐらいだ。
やはりオタクはいらないプライドがあるのか、黒猫も桐乃もあまり良い結果が得られていない。黒猫は特にだ。もう景品は得られないも同義だろう。

桐乃は好評っちゃぁ好評だったのだが、やはり他の人に比べてパッとしない。その前の人たちも見ていたが、やはり歓声の大きさや、審査員の印象も劣っていると思われる。
残るは沙織と俺だけなのだが、俺は論外と言っても過言ではない。やはり沙織に頼るしかないだろう。

欲しい景品は少なくとも二つ。どうにかならないものか、と考えるも、良い考えが浮かぶ事もなく沙織の順番が来た。
沙織の出番は16番なので、もう大会も後半に突入だ。

さて、沙織の奴はどんな特技を見せてくれるのだろうか。
ちょっとだけ興味がある。

沙織は会場に出てくると、会場横に用意していたのだろう射的の的らしきものを運び込んでいく。これで大体の奴が分かっただろう。
ふむ、佐織らしいな。

オートマティックの銃を二丁。名前は知らないが赤黒い外装の銃を二丁、両手に持って構えるその姿は、思わず見とれるほど格好良い。メガネも取っているのでまさに美女戦士というのが相応しい容姿になっていた。
会場は一瞬静寂につつまれて、そして箍がはずれたように皆叫んだ。

タナトス・エロスの格好で銃を持つ格好良さがウケたのだろうか、分からないがこの歓声は今までのどの歓声より大きい事は確かだった。

構えているだけでこれだ、これから沙織が見せる特技を見たらどんな反応がかえってくるのか。。

そう思っていると、沙織が「行きます」と言って一気に弾けた。
両腕を一気に左右に開き、左右の的の顔面を撃ち抜く。続けて発砲、今度は胴を打ち抜いた。ここまでの発砲数は4発。聞こえた発砲音は合わせて二回。その意味が成すところは、両腕で持った銃の発砲間隔が限りなく零に近いということだ。

結構な威力なのか、ペイントが弾けたと思ったら的自体倒れていく。だが完全に倒れる瞬間、沙織が後ろも見ずに銃口を背に向け連射する。的が倒れた音が一切聞こえず、代わりに嵐のような発砲音が耳に届く。沙織の背にあった的が倒れる前に撃ち続けられ壁に叩きつけられた。それでも尚撃ちつづける。

やがてマガジンが空になり、沙織はマガジンを排出して銃をホルスターにしまい、一瞬で新しいマガジンを懐から二つ取り出すと空中に放り投げる。
もう一度銃をホルスターから取り出したと思うと、なんとマガジンを空中で銃に装填した。

ガシャリと男心くすぐる音がマイクを通して会場に響く。
沙織は最後だ、と言わんばかりに空に向けて新しいマガジンが空になるまで撃ち続けた。

終わって、佐織はスカートを掴むと、軽く会釈した。
会場の最初の一人が呻き声をあげる、そして、一気に熱気が溢れかえった。

『『『うおぉぉぉぉおおオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオおオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ』』』

俺も雄たけびを上げている一人だ。
すげぇ、すげぇよ沙織! 鳥肌やべぇことになってんだけど!!
なんて事を思っていると、加奈子が喋り出した。

「うぉぉ、すっげぇなお前!」

って加奈子! 素が出てんぞ!
60 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:07:34.71 ID:6u88Hyna0










    ・・・・







その後、質問タイム、そして挨拶も無事に終わり。沙織は見事優勝(ほとんど)確定の状態となった。
そしてどんどんと順番は流れて、とうとう俺の番が回ってきた。

これで俺が準優勝とかできれば良いのだが、やはり世の中そう甘くはあるまい。
俺は諦め半分になりながらも、一応頑張りますか、と会場に出る。

キャラになりきるためにクールを気取りながら。
会場の中央につくと、マントを翻してボソリとマイクに向けて呟く。

「漆黒だ……。よろしく頼む」

そして会場は、静寂に包まれた。
沙織の時なんて比じゃねぇぐらいの静寂が。

あぁ、やっぱり駄目か…。すまねぇな、黒猫。景品はゲットできそうにねぇよ。
冷や汗をかきながら、内心で黒猫に謝っていると、どうしたことだろうか、会場がとんでも無く大きな大歓声に包まれた。

『ほ、本物の漆黒よぉぉぉぉぉおオオオオオオオオオオオオ』
『か、かっけぇぇぇぇぇぇぇえええええええええええええ』

一瞬ビクッとなってしまったが、なんとか外面をととのえる。何故歓声が生まれたのかは疑問だが、これならば準優勝ぐらいはできるかも知れん。
特技の件でも沙織がとっておきを用意してくれてる。これはもしかしたらもしかするかもだ。





    ・・・・







その後、質問タイム、そして挨拶も無事に終わり。沙織は見事優勝(ほとんど)確定の状態となった。
そしてどんどんと順番は流れて、とうとう俺の番が回ってきた。

これで俺が準優勝とかできれば良いのだが、やはり世の中そう甘くはあるまい。
俺は諦め半分になりながらも、一応頑張りますか、と会場に出る。

キャラになりきるためにクールを気取りながら。
会場の中央につくと、マントを翻してボソリとマイクに向けて呟く。

「漆黒だ……。よろしく頼む」

そして会場は、静寂に包まれた。
沙織の時なんて比じゃねぇぐらいの静寂が。

あぁ、やっぱり駄目か…。すまねぇな、黒猫。景品はゲットできそうにねぇよ。
冷や汗をかきながら、内心で黒猫に謝っていると、どうしたことだろうか、会場がとんでも無く大きな大歓声に包まれた。

『ほ、本物の漆黒よぉぉぉぉぉおオオオオオオオオオオオオ』
『か、かっけぇぇぇぇぇぇぇえええええええええええええ』

一瞬ビクッとなってしまったが、なんとか外面をととのえる。何故歓声が生まれたのかは疑問だが、これならば準優勝ぐらいはできるかも知れん。
特技の件でも沙織がとっておきを用意してくれてる。これはもしかしたらもしかするかもだ。
61 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:08:17.68 ID:6u88Hyna0

さて、正念場だ。ばっちこいや。
と構えて加奈子を見る。だが、いくら視線を向けても加奈子が反応しない。
何故かボ〜っとしている。

『く、クソマネかっけぇ……はっ! な、なな、何言わすんだてめぇ!』
「……お前が勝手に言ったのだろう」

いつものノリで返しそうになるが、どうにかキャラを保ち答える。
加奈子も冷静になったのか、どうにか営業スマイルを取り戻すと声を上げた

『よぉし、じゃぁはじめに特技をみせてもらっちゃおぉう!』
「ふむ、特技…か。なら、刀術でも見せようか」

俺は会場横に用意してある、模造刀と『細工』をした丸太を一本取って来る。
ここからはただただ演技があるのみだ、どれだけ観客を騙せるか。気を落ち着けるように深く深呼吸をする。
腰を落とし、刀に手を添える。

会場もあわせたように静まりかえる。頬を伝う汗の感覚がひどく鬱陶しい。
もう一度だけ、と深呼吸をすると、俺はついに刀を抜いた。唾なりの音が甲高く響く。そして俺は数瞬もしないうちに刀を鞘に納めた。

それと同時に、丸太が五等分され床に崩れ落ちた。

そして、デジャヴのような感覚が俺を包む。沙織の時のように、会場を大歓声が覆ったのだ。
良かった……なんとか騙せたかな……。

安心すると、ドッっと疲れが襲ってくる。俺は本当は切ってなどいない、ただ、切る『ふり』をしただけだ、丸太は最初から『切られていた』 それを表面を接着剤で簡単にくっ付け、そしてある一箇所を叩くだけで崩れるようにしておく。あとは演技をするだけだ。

まぁあまり自信は無かったのだが、どうにか騙せたようでなによりだ。
俺は後の質問を軽く答え、そして最後に挨拶をする

「……また、俺に会いたいか? 俺はまたお前達に会いたい。会いたいやつには願おう。会いたくない奴には命じよう。俺をもう一度壇上に登らせろ!!……分かったな?」

そこで俺はかるくウインクしてマントを翻して壇上から降りた。直後にまたも歓声が聞こえてきた。
俺は裏に戻ると、一人ガッツポーズをした。

なんかいけた気がするぞ!
多分これだったら準優勝できたんじゃねぇの!?

充足感が満ちてくる。これで黒猫に景品を上げる事が出来るかもしれん。
まぁどれもこれも沙織のおかげなのだが。今度沙織にはお礼をしなければ、どっか食べにでも連れてってやるとしよう。

俺はニヤニヤと笑いながら会場を後にしたのだった。






   




    ・・・・

62 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:08:50.18 ID:6u88Hyna0











 その後。俺達は帰りのバスで揺られていた。
加奈子も一緒で、俺以外の皆は寝こけてしまっている。

大会の結果は見事俺は優勝をはたした。完璧に沙織に負けていると思っていたのだが、どうしてかは分からないが俺が優勝してしまった。
それでも沙織は準優勝で、俺達は欲しかった景品を全部手に入れたのだ。

その証拠に、桐乃の奴は俺があげたメルルのフィギュアを大事そうに抱きしめている。そう、抱きしめているのだ。言っていることが分かるだろうか? 抱えているのではなく抱きしめているのだ。そう、桐乃が抱きしめているのはあの伝説の等身大フィギュアと呼ばれる物なのだ。
沙織の話ではそのフィギュアはレア物どころの話ではなく原作者が直々に書き上げたイラストをそのまま作り上げ、そして世界で通用しているフィギュア師が直々に作り上げた唯一無二のものらしいのだ。売れば車の新車が買えるらしい。

俺だったら即効で売るね。

ふと溜息をついて外を見る。夕焼けが眩しく、海がキラキラと輝いていた。
体を動かしたいが、そういうわけにも行かない。左の肩には桐乃が寄りかかっていて、右の肩には加奈子が寄りかかっているからだ。
黒猫の奴が大層ご機嫌斜めだったが、仕方あるまい。加奈子は桐乃の表の友達だからな。裏の友達としては気に入らないのだろう。

その時の事を思い出して俺はまたもや溜息をついてしまった。
あの時は「あら、随分とオモテになるのね? 先輩?」なんて事を喋っていた口も、今では沙織と肩を寄せ合って眠り、何も喋らない。

静かなものだ、と景色を眺め続ける。海岸沿いを走り続けていたバスも、とうとうその道を外れた。
景色が段々と見慣れたものになっていくのに、俺は一末の寂しさを覚えた。
夏が終わりってわけでもないのに、悲しくなってくる。

俺はそんな気分を紛らわすように首をふるが、すこしも紛れる事は無かった。
どんどんと気分が沈んでいく中、俺の周りの皆がうなり声を上げる。

それに続くように寝言を言い出す。

「ふみゅぅ、よぉし次はスイカ割りだクソマネぇ……」
「なに言ってんの……次は海の家でやきそ、ば、…」
「ふみゃ、わたし、は、アイスを…望む、わ…」
「まぁまぁ、皆様ったら…食いしん坊さんです、ねぇ」

お前らは夢の中でつながってんのか? というぐらいリンクしている。思わず俺は噴出してしまった。
うん。そうだよな。これからだよな、夏は。

沙織に礼もしてねぇし、まだ皆で秋葉にも行ってねぇ。加奈子達の荷物持ちもしてねぇし(まぁやりたくは無いのだが)あやせのお願いも聞いてねぇ。
第一にまだあやせの水着を、見てねぇ。

俺はそこまで思い浮かべると、アンニュイな気分も無くなって口元には笑みを浮かべてしまった。
まだ目的地には時間がある。そう考えると、俺の体は疲れを思い出したのか瞼が急に重くなってきた。

心地良く感じるようになったバスの振動も手伝って、俺はすぐに眠りについてしまったのだった。
63 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:09:43.20 ID:6u88Hyna0



駅に到着。皆寝ていたせいか、顔が寝起きだ。加奈子なんかはしきりに欠伸をしている。
沙織と黒猫はここから電車なのでお別れだ。

「よし、それでは拙者達はここで失礼するでござる」
「そうね、そろそろ良い時間だものね」

そう言うと、二人は名残惜しげも無く改札口に向けて歩き始めた。

「おい! 今日は楽しかった、サンキューな!」

俺がそう言うと、二人は振り返っていつものように笑った。
そして互いに手を振って別れる。



「よし、俺達も行くか」
「いや、加奈子はここで良いよ、家近いし」
「そうか?」
「おう、でもさ」

加奈子は俺の袖を少しだけクイッと引っ張る。夕焼けのせいで赤くなった顔で上目遣いをしてきた。
うぐっ、か、可愛いじゃねぇか

俺は少し動揺しながらも、なんとか聞き返す

「な、なんだよ」
「今日さ、ほとんど遊べなかっただろ? だから今度さ、一緒に遊びに行かね?」
「なんでだよ」
「なんででも!」

ほとんど強制な加奈子の態度。でも、そんな加奈子に誘われて嬉しがっている俺がいるのもまた真実だった。
だから俺は苦笑いして、仕方なくっていう体をしながらも了承してしまった。

「分かったよ、仕方ねぇな」
「へへ、絶対な! 絶対だかんな!」

そして加奈子は、帰ったらメールする、と言ってダッシュで帰っていった。
仕方ねぇ奴だな…と思いながら帰ろうと桐乃を振り返る。


かなり怒っていました。


なんで怒ってるんだ、と聞く暇も無く桐乃俺の頬に一発紅葉を散らしてくれると、ずんずんと歩いていく。

「それ、ちゃんと家まで運んでよね」

桐乃はちょっと振り返ると、地面に置かれた荷物を指差してそう言った。
そこには当然等身大のメルルフィギュアもある。

「ま、待て桐乃。これを俺が運ぶのか?」
「当然でしょ。さっさとしてよね、早く家に飾りたいから」

それから桐乃は俺の、待ってくれという言葉に耳をかさず、さっさと歩いていってしまった。

「結局俺が運ぶんかぃぃぃぃ!!!」

帰りに俺がどんな視線を向けられたかは、各自の想像に任せる事とする。









fin
64 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/18(日) 23:10:37.30 ID:6u88Hyna0
60間違えた…orz
気にしないでもらえたら嬉しい。
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2012/11/18(日) 23:57:56.38 ID:xcpTqgsKo
ほえー京介かっけえー
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2012/11/18(日) 23:58:36.67 ID:8gVdVCCEo
いいね。おもろいww
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2012/11/19(月) 00:14:33.76 ID:+65MIb+AO
乙にゃー

左舷誤字多いよ、はいいとして…
桐乃たち三人娘より京介の漆黒のがウケるのが、ありありと思い描けて笑えた。
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 11:50:10.42 ID:Yej1ZlpZo
久しぶりに俺妹で面白いの読んだな
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 20:14:54.63 ID:LzieH71M0
>>64
時間が出来たら編集しようと思うので間違い箇所をkwsk
70 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/19(月) 20:41:43.74 ID:GCAM+Cie0
編集サンクス
>>60
同じ文をリピートしてしまってる。
71 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/19(月) 20:45:03.45 ID:GCAM+Cie0
編集サンクス
>>60
同じ文をリピートしてしまってる。
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 20:50:57.32 ID:eKnJDS9DO
訂正もリピート
大事なことなので
73 : ◆k4qYXRI5uY :2012/11/19(月) 21:12:30.99 ID:GCAM+Cie0
もう恥ずかしくてお嫁にいけないっ!
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/19(月) 23:27:07.27 ID:LzieH71M0
>>73
編集したぞ

それから13スレを編集した人
乙だけど>>36が言っているみたいに作者別・カプ別も編集しようず
一度手を付けたら最後まで責任を持つ事
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) :2012/11/20(火) 00:25:59.61 ID:lJ8f/bVz0
>>74

編集したのは乙だけど、作者のとこ間違えてんぞ?
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/20(火) 06:16:40.44 ID:itAZlszB0
>>75
スマソ直した
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県) :2012/11/20(火) 20:35:29.66 ID:lJ8f/bVz0
>>76

いや、俺が言いたかったのはこの作者単発投下の人じゃないぞ、ということなんだ。
すまんな、ちゃんと言っとけば良かったよ。
編集してもらってるのに文句ばかりではなんなので直しといた。

なんか空気悪くしてすまんかった。

それと>>64乙。ひさしぶりにドタバタ系の良作を見れた気がした。
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 21:52:14.02 ID:V8Lb3/Fuo
『俺妹』ファンにとって明日は、きっと特別な意味合いのある日だと思うんだが…
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 22:13:50.08 ID:UsppdXvU0
>>78
新嘗祭だが何か?
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 22:18:22.25 ID:PiB5sLrio
何があるんだ?
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 22:26:03.98 ID:V8Lb3/Fuo
>>79 >>80

わざとだとはわかってるんだが……でもあえて言っておこう
11月22日は、『いい夫婦の日』だ。それなら、明日の11月23日は何の日?
さあ書き手の諸君! 妄想を膨らまそうじゃないか
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東) [sage]:2012/11/22(木) 22:29:00.60 ID:Jg5/1idAO
!!

良い文の日か。
京介がほうぼうから呼び出しをもらいまくりですねわかりますん
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 22:46:25.78 ID:PiB5sLrio
ああ、そういうことか
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/22(木) 23:55:11.74 ID:UsppdXvU0
良い日産
カルロス・ゴーンの誕生日(大嘘)
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/23(金) 03:58:03.28 ID:Yc0DsBiKo
いい夫妻

10年後のそれぞれのカプとかでいのよ?(チラッチラッ
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/24(土) 19:53:53.14 ID:o8LDri8Y0
あれっ? 勢いが止まっているぞ
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/24(土) 20:40:20.98 ID:cxN3n2JOo
>>86

あやせ「お兄さん、勢いが止まってるって言われてしまいました」

京介「人がいないんだからしょうがねえだろ」

あやせ「お兄さんがあっちこっちの女の子に手を出した結果がこれなんですよ!」

京介「そうかもしれねえけど……。俺にだっていろいろ事情ってもんが……」

あやせ「ブツブツ言ってないで、少しは反省してください!」

京介「反省してます! だから俺の腹にローソク垂らすのやめてくれ、ほんと熱いんだよ!」
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/26(月) 02:48:42.49 ID:wES/15jJo
京介×桐乃 【「いい兄さん」の日】
http://www43.atwiki.jp/vip_oreimo/pages/31.html

2年前の1スレ目にあったんだな
感慨深い
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/26(月) 20:12:07.84 ID:mwJhiOp00
>>88
紹介サンクス
雑な編集で読み辛かったから手を入れて来た

新規SSがなかなか投下されない現状では過去の良作の掘り起こしも良いかも知れない
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/28(水) 21:07:54.07 ID:WigDTyGt0
無風だな・・・
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/29(木) 00:31:33.21 ID:3ZB/ryBdo
だから風力発電なんか当てにならないんだよ
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/30(金) 02:37:27.91 ID:iLrCWlu3o
ちょっと面白かった
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/30(金) 07:53:36.73 ID:Od6nieMDO
無風になる所には設置しないから
事前に調査するから
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) [sage]:2012/11/30(金) 12:45:32.99 ID:EtpA60J30
無風だな・・・
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/30(金) 20:03:33.77 ID:AlkOMGR5o
ぶつ森かと思った
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/30(金) 21:31:28.29 ID:n2JHvKTfo

「そんなに風がないっていうなら、俺が自力で起こしてやる」シコシコシコシコ

「あ、あんた、みんなが見てる前で何やり始めてんのよ!?」

「……私が最後まで見届けてあげるわ、兄さん」

「おっ、お兄さん! わたしにお手伝いさせてください!」

「きょ、きょ、きょ、きょうちゃん! そんなことしたら風邪引いちゃうよ〜」

「なあ桐乃、みんな集まってるけど、何やってんだ? ……あれ?」
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/04(火) 17:03:08.40 ID:VeK/rJ4DO
>>96の小ネタ?の意味がわからない…。
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/04(火) 23:28:44.05 ID:w518+mG6o
無風と自家発電を掛けたんじゃないかと
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/05(水) 14:33:30.29 ID:YVjpK6ZDO
>>98
??京介なんで二人いるの?
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/05(水) 17:17:34.21 ID:KwWta2xvo
>>99
初めか最後のどっちかが、京介に化けた沙織の変装なんじゃないの
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/05(水) 19:34:22.28 ID:NfpIwTxyo
最後は加奈子だろ、たぶん
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/05(水) 22:48:25.71 ID:SijwM6li0
「なぁ桐乃ぉ〜、みんな集まってるけどぉ、何やってんだ? ……あれ?」
こんな風に小文字混ぜたら加奈子っぽくね?
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/06(木) 15:52:00.45 ID:m+xNMKJU0
>>102
おまいは正しい
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/06(木) 19:35:24.33 ID:/onGLxRA0
ネタはあるが全然書けん
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/06(木) 21:01:19.47 ID:2yBDZ5Lwo
執筆代行はよ
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/07(金) 10:45:17.30 ID:tn1Z0dlQ0
導入を書いてみたが出来なかった
続き丸投げはアリですか
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/07(金) 15:19:28.32 ID:drSVW7Oj0
>>106
責任取らない男はあやせたんが成敗しちゃうぜ
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/07(金) 19:03:00.74 ID:yDd1nCiAO
共同作もありだと思われ
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/07(金) 22:12:54.54 ID:tn1Z0dlQ0
よし、とりあえずやれるとこまでやってみる
110 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/07(金) 23:14:57.89 ID:kYdgp/fDO
>>109
その意気だ。
それまでの場繋ぎくらいはしとくから。
さて、新スレにははじめて投下。
原作9巻『突撃・乙女ロード!』の続き。
次レスよりいきます。
111 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/07(金) 23:18:14.47 ID:kYdgp/fDO

「ねえ・・これみて」

せなちーとの通信を切ってすぐ。
あたしは京介の部屋に行くと、さっき教えてもらったURLを京介のパソコンに打ち込んだ。

「・・・なんだこりゃ?」

ディスプレイを見ながら呟く京介。
そこにはさっきせなちーに見せられたのと同じホモ系イラスト・・・京介が桐乃くんとやらに襲われているシーンがデカデカと映し出されていた。

『突撃・乙女ロード!after』
112 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/07(金) 23:20:27.53 ID:kYdgp/fDO

「・・・お前はこれを俺に見せてどーしろと言うんだ?」

呆れたような声音で言う京介。
・・・まったくおんなじリアクションだあたしと。
ま、まあそうだよね。
べ、別に疑ってたわけじゃないよ、うん。
セ、せなちーがあんまりにも断言してくるもんだから、ちょっとね。
ちょっとした確認みたいなものよ、うん。
まっさかせなちーのお兄さんとなんて・・・。

「・・・なんかおぞましいこと考えてないかお前・・・?」
「べ、別に!?」

あぶなーい!
どうやら顔に出ちゃってたらしい。
ドン引き気味な表情の京介から視線を逸らし、そっぽを向いて動揺を隠す。
・・・大丈夫だよね、京介?

「あの、さ・・・」
「ん?んだよ?」
「・・・せなちーのお兄さんとは・・・」
「なんか怪しいと思ったらやっぱりか!!なんもねーよ!?」
「だ、だよねー・・・あ、あたしは信じてるよ?」
「なにまだ少し疑ってます的な空気出してんのお前!?ホントに何もないんで勘弁してください!!」

ああ・・・このツッコみ具合は本当だ。
よかった・・・。
ウチの兄貴は、まだそっちにいってなかった。

「まだ健全だね・・・兄貴・・・」
「なんで泣いてるの!?俺はずっと健全だよ!?とりあえず戻ってこよーか妹!?」
「だって・・・せなちーがあんまりにも自信満々にゆーから・・・」
「あの女の脳みそは腐ってんだから信用するなよっ!!」
「だって・・・赤×京は世界を救うって言うし・・・」
「それで救えるのは腐海に沈没した特殊な世界だけだから!!てか、お前もそっちに行っちまってんじゃねーだろなっ!?」

本気で京介が心配してきたので、それはないと強く念を押しておいた。
・・・少しだけ興味があることは黙っておこう。
113 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/07(金) 23:23:51.34 ID:kYdgp/fDO

「・・・まあいいや。んで?」
「え?」
「この不快なイラストはどーゆーことなんだよ?」

ピッと親指でディスプレイを指しながら京介が聞いてくる。

「ふ・・・不快って?」
「とぼけんな。これ・・・受け側どーみても俺だろ!?」
「うえっ!?」

京介の指摘に、あたしは思わず身構えるような体勢で一歩引き下がった。
す、するどい・・・。
思わずゴクリと喉が鳴る。
初めて見るホモ画像。
その片割れが自分だと見抜くなんて、とても普段のこいつからは考えられない鋭敏さだった。
・・・そう。
今あたしは、とても恐ろしいことに気づいてしまった。
あたしはざっと引いた姿勢のまま京介にとりあえず聞いてみた。

「あ・・・あんた」
「んだよ?」
「なんでそんな簡単にホモ画像の自分を受け入れちゃってるわけっ!?」
「うおお、しーまったーっ!!!」

あたしの指摘に、頭を抱えながら明らかに動揺する京介。
その反応に、あたしの中の疑惑が確信に変わっていく。

「やっぱ・・・あんた・・・」
「違う!落ち着け!!これには深いわけが・・・!!」

ぶんぶんと必死に手を振りながら否定する京介に、あたしは・・・精一杯の優しい笑顔を浮かべた。

「ううんいいよ・・・京介。もういいんだ・・・」
「なにがもういいんだ!?てゆーか受け入れるなマジで!!とりあえず、その慈愛に満ちた泣き笑いの表情やめてください!!」

その後すったもんだあった挙句、どうにかあたしは京介の説明に納得がいったのだった。

「へえ。ガチホモRPG ねえ・・・」
「そーだ。そこで一回俺は、自分がモデルになったおぞましいイラストを見せられてるんだよ・・・」

聞けばあたしの留学中の話で、ゲー研にて黒いのとせなちーが、お互いに企画を出して競い合った時のことだとか。

「ちなみにどんなイラストだったの?」
「聞くな」

即答した京介は、なにやら頭を抱えてがたがたと震えている。
・・・どうやら相当なトラウマになってるみたいね・・・。
とりあえず、時折聞こえてくる「肉○器・・・輪○・・・」などの単語は華麗にスルーしとこう。うん。

「なるほどねー」

あたしは京介のベッドに倒れこみながら、今までのいきさつをようやく理解していた。
・・・しっかし、あんの腐海女子。人の兄貴になんてことしてくれてんのよ。
今度会ったら、それなりの目にあわせてやる。
具体的にはメル×アルのガチレズ本をこれでもかと読ませる。
決定。
114 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/07(金) 23:26:31.58 ID:kYdgp/fDO

「・・・でよう?」
「うん?」

あたしが密かにせなちーへの復讐を企ててると、ようやく立ち直ったのか、京介が再び声を掛けてきた。

「なに?」
「結局・・・このイラストはどーいうことなんだ?」
「あ」

そういえばそうだった。説明がまだだっけ。
んー・・・なんかもう面倒くさくなっちゃったなー。
せなちーのフォロー入れるのもなんか癪だし、とりあえず洗いざらい吐いちゃおう。

「いや実はね・・・」

あたしはせなちーが、乙女ロードで嬉々として話した、京介の人物像(腐女子補正有)についてとつとつと語ってみせた。

「なんだよ凄まじいまでの受けオーラって・・・ネコ耳着けたいとか、あいつの脳内で俺、どうなってるんだ・・・」

案の定京介は、ぐったりと疲れたように肩を落としてうなだれていた。
精神的にかなりキタのだろう。
幾分やつれたように見えた。
もしくはコーナーでぐったりと座り込んでる、ダウン寸前のボクサー。

「いやーホントあんたって後輩に恵まれてるよねー」

しかしあたしはそのまま追い打ちをかける。
なんでって?
楽しいからに決まってんじゃん。

「ああ・・・お陰様でな・・・」

応える声にも力がなく、あたしは益々ヒートアップ。

「邪気眼電波に腐れ脳の巨乳だもんねー・・・次あたり、高慢ちきな勘違いお嬢とか来るんじゃない?」

にやにやと笑いながらあたしはからかうように京介を嬲る。
ああ楽しい。
しかし京介はあたしの言葉に、

「・・・」

と、無言で視線だけを向けてきた。

「・・・なにその目?」
「いや別に・・・」

京介はなにやら意味深に、ため息交じりに呟いてから言葉を続けた。

「・・・あと、少し病み気味のモデルとタメ語上等のちんちくりんもいるな」
「あー確かに。いやーホントあんたって一癖も二癖もあるのばっかり周りにいるねー」

あたしはバタバタと足でベッドを叩きながらケラケラと笑った。
笑い過ぎて涙まで出てきた。
その時、ここぞとばかりに嬉々として京介をいじり倒しているあたしに、ぼそりと呟く声が聞こえた。

「・・・まあでも」
「ん?」
「全部お前の友達だけどな」
「うぎ!」

思わぬところからの反撃に、あたしは笑顔から一転、渋面を作る羽目になった。
うう・・・素で気づかなかったよ。

「そ・・・それはそうだけど・・・」
「良かったじゃないか。いい友達に恵まれてて」

ニヤリ、と笑って重ねられた言葉に、あたしはますます渋面を深くする。

「ぐ・・・あんた、さっきの仕返しね?」
「さあな」

あたしの反応に満足したのか、京介はもうすっかり元通りになっていた。
うー、くやしい!
もう少し弄りたかったのにっ!
115 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/07(金) 23:31:35.26 ID:kYdgp/fDO
「しかしほんとに何してくれてんだろなあの腐れ姫は」
「腐れ姫?」
「赤城のこと」
「へーせなちーってそう呼ばれてんの?」
「いや直接じゃなく、ほかの部員の間での通り名みたいなもんだ」
「ああ。黒いのの邪気眼厨二みたいなもんね?」
「それはお前しか使わないし、お前は直接言ってるけどまあ概ねそんなもんだ」

兄貴はそう言うと、マウスを操作して件のイラストにカーソルを当てる。
しかし腐れ姫か。
なんというか、付けた人GJ.。

「しかしこれ、赤城の絵にしちゃ上手すぎないか?」

京介の言葉にあたしもイラストに視線を向ける。

「ああ。なんか凄腕絵師さん巻き込んで描かせたみたい」
「マジで?・・・意外にあいつのネットワークも広いのか?」
「まあ同好の士ってのは意気投合したら仲良くなるの早いからね」
「ああ・・・それはよくわかってるよ」

一瞬だけ兄貴が、優しげな眼差しであたしをみつめてきた。
その意図に気づいて、あたしはわざと大袈裟にそっぽを向いた。

「ま、まあ一般的な話だけどねっ!!」
「そうだな」

クスクスと笑いながら兄貴はあたしの言葉を軽く流す。
むー・・・なんかしてやられた感があって釈然としないんですけど?

「んでこれ消させたのか?」
「へ?」

あたしの返事に京介は言葉を重ねてくる。

「いやだってこれネットだろ?誰かに見られる前に消さねーと」
「あーそれ無理だって」
「な!?なんで!?」

落ち着いた様子から一転、ガタガタと椅子を蹴倒して京介が振り返る。
ああ・・・あたしも同じリアクションしたなー。

「んーなんかね?一旦ネットに流出しちゃうと、もう独り歩きして多岐に亘っちゃうんだって言ってた」
「ま・・・マジで?」
「マジで」

あたしがコクリと頷くと、京介は絶望したように頭を抱えた。

「あ・・・あんの雌ブタ・・・なんてことを・・・」
「まーどうせこれ見たって皆京介のこと知らないし平気じゃん?」

とりあえずありきたりの慰めの言葉を掛けてみる。
正直、今回こいつは理不尽な被害者なわけだし。

「そ・・・そうだよな。知り合いに見られることもまずないだろうし・・・見られても気づかないよな?」
「そういうこと。いくらこれが京介に似てたって、すぐそれって気づくのはよっぽどのことがない限り有り得ないって」
「だ、だな!腐った知り合いは赤城しかいないし、なら大丈夫だよな!」

ふー焦ったぜー、と安堵の息を吐きながら笑う兄貴。
その顔を眺めながら、あたしはにんまりと笑う。
なんだかほっこりとした気持ちを感じながら。

「まーね、あたしだってあんたと一緒のイラストに乗っかるのは嫌だけど、そこはまあ我慢するし」
「・・・はい?」
「ん?」

見ると、きょとんと京介があたしをみつめていた。

「・・・なんのことですか?」

「へ?いやだからコレ。あんたと一緒にいるイラストが流失なんて嫌だけど我慢するって」
「・・・」
「?どうしたの急に黙って?」
「・・・桐乃さん・・・」
「へ?」
「この俺を襲ってる相手・・・もしかしてお前なのかっ!?」
「ああああっ!!しーまったーっ!!」

あたしは思わぬ自爆に頭を抱えながら、どこかで聞いたような叫びを上げた。

NORMAL END
116 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/08(土) 08:24:22.09 ID:RpFtNPNDO
最後まで貼っちゃうか。

>>115の続きその1

「お・・・お前まさか・・・俺に対してこんな・・・?」
「ち、違う!勘違いすんな!!こ、これはあたしの意思じゃなくて、あの腐った脳みその妄想だって言ったじゃん!!」
「に、にしたってよ・・・なんであいつが、俺を襲うお前なんてのに行きついちゃってんだ?しかもホモ画像に加工して・・・」
「そ・・・それは・・・」

ここであたしはぐっと言葉に詰まった。
だって言えるわけない。

『いやー実はせなちーとさーどっちの兄貴がよりシスコンか対決してさー延々京介のシスコンエピソード聞かせちゃったんだよねーwえ?どっちが勝ったかって?そんなのあたしに決まってるじゃーんwせなちーったら泣きながら『お兄ちゃんに言いつけてやるんだから!』なーんて捨て台詞残して逃げ帰っていったよーwきりりんだーいしょーりーっ!!www』

・・・むり。
無理無理無理無理ぜったい無理。
絶対言えない死んでも言えない。
てゆーか言ったらあたしが死ぬ。
もう絶対に恥ずかしさで悶死する。
今更ながらに思う。
なんて危険なブツを抱えてしまったんだろう。
これは墓場まで持っていかないと・・・。

「おい・・・」
「え?な、なにっ!?」

不意にかけられた言葉にはっと我に返る。
いけないちょっとの間トリップしてたみたい。
落ち着け・・・落ち着けあたし。

「なにじゃねーよ・・・そこで言葉に詰まるってことはお前・・・やっぱり赤城に頼んで、これ描かせたんだな?一体どういうつもりで・・・」
「ち、違うっての!!」

思いも掛けない濡れ衣に、思わずカッとなる。
117 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/08(土) 08:26:50.51 ID:RpFtNPNDO

「こ、こないだせなちーと池袋行って、そんときにせなちーが『あたしのお兄ちゃんがシスコンで困るー』みたいなこと言いだしてきたの。うれっしそーにノロケ話添えて。そしたらあたしも『ウチの京介のがシスコンだけどねー』とか返すしかないじゃん?事実、そうなわけだし。そしたらさせなちーが『ウチのお兄ちゃんに比べたら先輩なんかシスコンじゃない』とか言い出すわけ!そうしたらこっちだってカチンとくるわけじゃん?『京介の方が絶対にシスコンだよ!』って言ってやったわけ。そーしたらあの腐女子なんて言ったと思う!?『お兄ちゃんは桐乃ちゃんのお兄さんみたく、他の女の子にふらふらしないであたし一筋だもん!』だって!!まあ、あんたが?あちこちフラフラしてるのは事実だし?それはあたしにも正直イライラしてるけど、それとこれとは話が別じゃん!?あんたがあたし好きなのなんてわかりきってるし?黒いのには悪いけど、あれでもうわかっちゃってるし?でもそんな言われ方したらカチンとくるってのよねえ!?だから言ってやったのよ!『兄貴、あたしがいないと死んじゃうって言ってアメリカまで迎えに来たんだよ?』って。あ、あとこないだ夜這いされかけたのも。そーしたらせなちーさー、涙目になって『お兄ちゃんに言いつけてやるー!!なんつって、泣きながら逃げ帰っていったわけ。チョー受けるw京介のシスコン舐めんなっての!ねえ!?・・・あれ?どうしたの京介?手で顔覆っちゃって?」
「お前・・・」

そう言ったっきり、京介は耳まで真っ赤にしながらあたしから視線を逸らした。
ん?耳まで真っ赤・・・?
・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・あ。

「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!」

そうしてあたしは本日2度目の絶叫を上げたのだった。


118 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/08(土) 08:29:39.34 ID:RpFtNPNDO

30分後

「・・・よーするにだ、これは、お前が俺のシスコンネタをさんざ赤城に暴露したことによる弊害ってわけだな?」
「うん・・・」

京介とあたしは、ベッドに並んで座りながら状況を整理していた。
て言っても、端にあたしが洗いざらい喋っただけだけどね。

「・・・はあ〜・・・」

隣の京介が大きくため息をついた。
うう・・・嫌だなあ。
怒ってるのかなあ・・・。
あたしはどうしていいかわからず、チラチラと京介の顔色を横目で伺う。

「あ」

そんな事を繰り返してると、不意に京介と目が合った。
うう・・・睨まれてる気がする・・・。

「あ、あの・・・ごめん・・・」
「ったく・・・」

京介は不意にあたしの手を取ると軽く引っ張るように自分へと引き寄せた。
そのまま軽く持ち上げられて。
ポスン。
気が付けば、あたしは京介の膝の間に座っていた。
後ろから京介の手があたしの腰に回された。
お腹の辺りで組まれると同時に、頭の上に京介の顎が乗せられる。
京介が最近いつもしてくれる抱っこだ。

「京介?」
「・・・あーあー、明日っから俺どんな顔して赤城に会えばいいんだー?」
「う・・・だ、だってせなちーが自慢してくるから・・・その、あたしも・・・」

もじもじと両手の指を絡ませていると、京介が顎で頭をぐりぐりとしてきた。

「にしたって限度ってもんがあるだろー?お前まさかあたしの為に彼女と別れちゃったとか言ってないだろーな?」

すいません。言っちゃいました。

「桐乃・・・」
「わ、悪かったと・・・思ってる」

京介が頭の上でまた、ふうとため息をついた。
ううう・・・いたたまれないよう・・・。
でもそこで、不意に京介の声が柔らかくなった・・・気がした。

「そこまでしても・・・」
「え?」
「負けたくなかったってか?」
「・・・うん」

あたしは京介の言葉に素直に頷いた。
そう。あたしは負けたくなかった。
京介が今まであたしにしてくれたことは、世の中のどんな兄貴でもかなわないくらい凄いことなんだって言ってやりたかった。
・・・ちょっとやりすぎちゃったけど・・・。
119 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/08(土) 08:30:07.26 ID:RpFtNPNDO

そのまま会話が途切れ、あたしはどうしていいかわからず、とりあえず頭の上の気持ちいい感触を味わってると、不意に京介が吹き出した。

「京介?」
「いや・・・」

京介の顔が頭から離れた。
どうしたのかと見ようとしたら、今度は左の肩口に京介の顔が見えた。
その顔はもういつもの見慣れた京介の顔で、あたしはさっきまでの落ち込んだ気持ちなどどこへやら。あっという間に吹き飛んでいたりして。
そのまま京介はあたしの肩に顎を乗せると、少しだけ抱きしめる手を強くした。

「兄妹揃って同じようなことしてんなーって思ってよ」

耳に吐息がかかるくらい至近距離から言われて、ちょっと首を竦める。

「くすぐったいよ」
「ああ悪い」

言いながらも京介はあたしから離れず、あたしも安心して京介に寄りかかる。

「で?同じって何?」
「ああほら。こないだお前に写真送ってもらったじゃん」
「あー・・・あんたが負けたやつ」
「負けてねーよ。ツーショットプリクラすげー羨ましがられたし」
「あんまり見せびらかしてないでしょうね?」
「大丈夫。自慢したいけどグッと我慢してる」
「ばーか。・・・あたしまで貼ってるのせなちーにばれちゃったよ。かま掛けられて」
「あー・・・そりゃまた顔合わせづらい話が一個増えたな」
「まあせなちーにも、ほっぺにチュー話でお返ししといたからおあいこなんだけどね」
「はは・・・じゃあ、アレはばれないようにしないとな。ばれたら反撃どころじゃすまない」
「あんたが見せない限りばれないっての」

そうしてあたしは少し身をよじって携帯を取り出す。
ピピピと弄っていると、京介が声を掛けてきた。

「まさか待ち受けにしてないだろうな?」
「するか。もししてたらあんたもうこの世にいないし」
「・・・相変わらずですかあやせ様は・・・」
「むしろ悪化の一途を辿ってます」
「・・・俺、日々命がある幸福を噛み締めて生きていこう・・・」
「あたしが傍にいるんだから、それだけで超絶に幸せでしょうが」
「それが俺の命を危うくさせてるんですけどねえ・・・」
「確かに」

そうして二人で吹き出した。

「まあなるようになるか」
「まあなるようになるよ」

そう言って近づいていくあたしと京介。
そのあたしの手の中では、携帯のレンズをそれぞれ左右片方の目で見つめながら、今と全く同じことをしているあたしと京介の画像が画面いっぱいに表示されていた。

HAPPY END
120 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/08(土) 08:36:19.28 ID:RpFtNPNDO

>>115の続きその2

「お前!これはいったいどういうことなんだよっ!?お前が描かせたのか!?」

そんなあたしに向かって京介が詰め寄ってくる。

「さすがに看過できねーぞ、これ!?」

京介が怒るのももっともだ。
いきなり見せられたのが自分が襲われているホモ画像。
そしてその相手が、よりにもよって実の妹であるあたし(男性化)。
それは心中穏やかじゃないだろう。
全く本当に余計なことをしてくれる。腐れ脳みそめ。
・・・まあそれはそれとして、ここはきっちりと対応しなくちゃだ。
『今後の為』にも。

「知らないわよ」
「はあっ!?」

あたしはベッドから立ち上がると、ゆっくりと腕を組んでフンッと鼻を鳴らせた。

「知らないって言ったの」
「おまっ・・・現にここにこうして証拠がありますけど?」
「はあ?」

殊更小バカにする響きを含ませてあたしは応える。

「なんでそれがそこにあるだけであたしの所為になるわけ?そんなもの、あんたの後輩の腐れ姫の妄想の産物でしょ?あたしに関係なんか一つもないじゃん」
「ぐ・・・お、お前が何か言ったりしなけりゃ、こんなことにはならねーって言ってんだよ。そもそもお前が男として描かれている時点でおかしな話じゃねえか」
「はん?腐女子の脳内なんか理解できるかっての。大方あんたがあたしの下僕なのにインスピッちゃったんじゃないのー?」
「そ、そんなもん、赤城が知るはずないじゃねーか!」
「さあ?あたしそんなに接点ないからねー。案外あんたが自分で言っちゃったんじゃないの?僕は妹の下僕です、って」

ケラケラと笑いながら言うあたしの目の前で、京介の体がプルプルと震えだす。

「ん?心当たりでもあんの?まあねーあんたが口滑らすなんて日常茶飯事だもんねー。それをあたしの所為にされてもねー。どうせならもっとはっきり言っちゃえばよかったんじゃないの?」

あたしは一歩京介に近づくと、ひょいっと顔を覗き込むようにして言った。

「僕は毎晩妹に虐められて喜んでるドMの変態兄貴です・・・ってさ」
「んな自殺もんのカミングアウト誰がするかよっ!!」

言いながら京介は頭を抱えてぶんぶんと左右に振った。

「うああああああ!!!なんであいつ・・・俺がお前に攻められてるの知ってるんだよーっ!?」
121 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/08(土) 08:37:03.27 ID:RpFtNPNDO

そうなのよね。
せなちーのイラストは、実のところまったくの正解。
あたしと京介は『そういう関係』なのだ。
攻受の類いも含めて全て。

「・・・ほんっとーに、バラしたりしてないのね?」
「・・・当たり前だ」

あたしの問いかけに答えてくる京介。
だとするとさっきせなちーがスカイプで言っていた通り、こないだのあたしとの会話でインスピッただけってことか。恐るべし腐海人・・・ん?

「京介?」
「なんだよ?」
「・・・さっき、なんで間が空いたの?」
「?」
「あたしが本当にばらしてないのね?って聞いた時」
「・・・あ」

そう。なんか変だった。
ばらした覚えがないなら即答すればいいはずなのに、さっき京介は明らかに逡巡した。

「い、いや・・・その・・・」
「?」

あたしがジト目で睨むと、京介は作り笑いを浮かべて視線を彷徨わせる。
んー?なーんかおかしいなあ・・・ん?ははーん・・・。
あたしはニヤリと口元を歪めると、京介に体を摺り寄せるようにして密着する。

「お、おい桐乃・・・?」

その言葉を無視してあたしは京介の耳元へ唇を寄せながら、人差し指で京介の顎をなぞる。

「もしかして・・・期待しちゃったんだあんた?・・・どうした方がより一層虐められるかって?」
「!?そ、そんなことは・・・」

京介が喋ってる間に、フッと耳に吐息をかける。
瞬間、京介の体がゾクゾクっと奮えたのが伝わってくる。
そのまま囁くように言葉を紡ぐ。

「言い訳なんていらないよ・・・京介?」
「っ!!」
「・・・今夜は寝かせないから・・・ね?」
「お・・・はい」

恥ずかしそうにはにかむ京介の顔を見て、あたしの背筋にもゾクゾクとした快感が上ってくる。

「じゃ、とりあえず・・・あたしの部屋いこっか?」
「はい・・・」

従順に従う京介。
その姿を見ながら、あたしはペロリと唇を舐めると、今日の攻め方を色々と模索しだしたのだった。



「ん?桐乃ちゃんからメール?なになに・・・『せなちーGJ!!』・・・なんで?」

ADULT END
122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/08(土) 08:37:34.51 ID:RpFtNPNDO
以上です。
123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/08(土) 13:01:58.17 ID:0EfwmiPYo
乙。
ハッピーエンドのデレりんかわええーって思ってたらアダルトエンドで不意打ち食らったww
こんな感じのコメディ風桐×京SSもっと読みたいですww
124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/08(土) 19:21:25.74 ID:PAcGl8ba0
面白かった!!乙!
125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/08(土) 21:43:18.93 ID:8IK3Nfw20
可愛いなと思ったらまさかのアダルトエンドwww
乙です!俺も頑張ります
126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/08(土) 23:14:08.43 ID:KqdqRHyAO
アダルトエンドwwww
きりりん愉悦ww>>122は乙
127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/09(日) 02:59:57.84 ID:n29ZHRvDO
京介「高坂桐乃 エロ画像っと」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354981056/
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/09(日) 12:49:15.16 ID:OfR32UDI0
別のネタ(コミュメンバー物)が思いついて書いてるが迷走してる
とりあえず載せて続きはアドバイス貰ってもいいか?
129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/09(日) 17:42:27.11 ID:2xh4uDDDO
>>128
どうかな?
途中までここに書いて、あとでアドバイス基にした続きだけ、もしくはまた最初から全部書くのって意外に興醒めだぜ?
やっぱ、書き手が書いたのを、一気に読んで感想書きたいもんさ。
俺なんかは、詰まったら他になにか書きはじめて、ふと思い付いたときに書き足していってる。
今回のも、はじめはノーマルしかなかったのを塩漬けにしておいたら、アダルトとハッピーが書き足されたんだ。
慌てることはないから、じっくり悩んでみるのもアリだと思うよ。

てなわけで、感想くれた方多謝多謝。
本当はもうひとつ、TRUE ENDがあったんだけど、書き忘れたし今更感ありありだからお蔵入りさせたのは内緒w
130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/09(日) 18:52:22.57 ID:LPO7GYvEo
>>128
外したら外したでいいじゃないか
とりあえずゴールまでたどり着いてから載せるんだ
131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/09(日) 19:51:05.75 ID:OfR32UDI0
>>129 >>130
ありがとう、了解した
三ネタ同時進行だからのろのろだが、とにかく完結させてみる

こういうところに投下するのも初めてだからちょいと緊張してるww
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 00:23:44.50 ID:X2ppiNFVo
待ってるぜ
133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 22:06:42.00 ID:UPvfgiJ20
同時進行させてたら小ネタ物がまとまってしまった三連投下します
キャラ崩壊注意 という発言で保険をかけておく
134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 22:07:10.66 ID:UPvfgiJ20
「ふへへ、あやせちゃんは可愛いけど京介君はかっこよかったなぁ」

「あやせちゃんとは何もないって言ってたし、あたし京介君にアタックしてみようかな」

「お、あそこにいるのはまさしく京介君!おーい、京介くー…ん?」

「そんなあなたのことが好きです」

「!?」
135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 22:07:52.55 ID:UPvfgiJ20

「うへへ、京介君かっこいいなぁ」

「真剣にパソコンに向かって何してんだろ」

「まさかあたしのサイトみてくれてる!?」

「……うへへへへ」

「お兄さんまたえっちなサイト見てるんですね
 あぁ、もう。言ってくれれば私が協力したのに」

「あ、あやせちゃん!?」

「!?」
136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 22:08:29.46 ID:UPvfgiJ20
「やっばー、あたしとしたことが京介君見失っちゃった」

「すみません、こういう人見ませんでしたか」

「おや、これは京介氏ではござらんか
 実は今待ち合わせをしているので一緒に待ちましょうぞ」

「先輩…また手籠を増やしたのね」

「え、あの」

「おう、待たせたな
 あれ?紗也佳ちゃん」

「兄貴、知ってるの?」

「あぁ、ちょっとな
 そうだ携帯出してくれるか」

「え?うん」

「よっと」ピローン

「こ、これ、電番とメアド…?
 まさか!」

「それ、あやせの番号な
 誤解も解けたんだしあやせと遊んだりしてみたらどうだ?」

「えー…」
137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/10(月) 22:11:13.63 ID:UPvfgiJ20
以上三つです。とにかく紗也佳ちゃんを動かしてみたくて仕上げてみました
あんまり紗也佳ちゃんのキャラが掴めてなかったかもしれない
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/11(火) 00:51:45.87 ID:1JOZrq910
紗也佳って小学生なのが免罪符になってるよなあ
てか京介なら>>136は普通にやりそうwwwwww
139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/11(火) 19:05:26.47 ID:FSDwvwUDO
黒猫「…パチスロに行くわよ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355218262/
140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/11(火) 22:58:57.29 ID:mFTlvLUn0
俺、高坂京介は普通の高校生である
しかし俺には人には言えない趣味がある
そう……俺は少女の大泣きした顔にたまらなく萌えるのだ

しかし、善良な生活をしてきた俺にとって人を大泣きさせる方法など思いつくはずがない
という訳でここにいるみんなにどんな方法を使えば大泣きさせる事が出来るか案を出してもらいたい



こんな話が見たいです
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 00:19:23.21 ID:sRPmQV6DO
>>140
少女が大泣きした顔が好きなのに、大泣きさせる方法がわからないとかwwww

とりあえず少女くくりが、見た目なのか実年齢なのかハッキリさせて持ってこいよ変態。
142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 00:46:50.70 ID:gyiA54sg0
>>141
作者が現実問題でそうなんだよねwww

少女って言っちゃったけど、欲丸出しすれば
桐乃 黒猫 沙織 あやせ 加奈子 麻奈実 瀬菜
ブリジット 日向 珠希 フェイトさん
と、まぁ、要するに全員大泣きさせたいのです
143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 00:54:09.44 ID:sRPmQV6DO
>>142
作者ってあんた?
アイディア、他人から貰おうって時点で作者じゃないケド?
144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 00:56:48.18 ID:wUjNnqLho
どこぞの畜生スレに紛れ込んだのかと思った……

泣かせるんならたっぷりの幸せで泣かせたい
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 01:01:49.91 ID:gyiA54sg0
>>143
ごめん、いつもの癖で使ってしまった
146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 01:11:10.59 ID:I82qq7gfo
なんでお前らは喧嘩してんだよ
今は知らんけど、ここまでエロパロみたいに殺伐とした雰囲気にしないでくれ

>>140
そういうネタでやっても良いけど、vipか個別スレでやってくれ
少なくとも総合スレでやる話じゃない
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 01:33:21.93 ID:naoH7PWSO
>>146
ごめん、自分の失言が原因だった

解った
ちゃんと気を付ける
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 12:31:56.31 ID:uXyKjB390
なんか暖まって来たな良い傾向だ
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/12(水) 14:54:53.62 ID:LG2/obbq0
いやいや、リクエストは以前からあったと思うし、それ自体は別に悪くないと思う
単に言葉の間違いと、あと>>143はきりりん風に返したらキツくなっちゃっただけかとww
まぁ、変に突っかからずに緩くいこうぜ
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 01:55:56.81 ID:dWaxnPtfo
なかよくな
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 22:39:31.23 ID:9K1PfGTz0
思うままにキーボード叩いてたらなんか完成しちゃったZE
京介とベッドの下の段ボールモノ
今回もキャラ崩壊って保険を言っとく
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 22:40:24.91 ID:9K1PfGTz0
今は親父もお袋も桐乃もいない
窓を少し開けてカーテンを閉める
そして…ベッドの下から段ボールを引き出す!

そう、この前買ったばかりの実用書を読むのはこのタイミングしかない

「やっとMee−Ganeの最新刊が読めるぜぇ」

今なら桐乃に「何ニヤけてんの。キモッ」と言われても納得出来るな
それはともかく御開帳だ

「そうそう、やっぱりラブリー・マイ・エンジェルあやせたんは可愛いなぁ」

…って

「なんじゃこ…りゃあ…」

窓開いてたのを忘れて叫びそうになってしまった
いや、まぁ、それは、まぁ、いいんだ
問題なのは、段ボールの一番上に[あやせの写真集]がある事だ
何故、いつ、誰が、何のために入れた?
いや、考えても答えは出なさそうだ
これは写真集だし後でも読め…じゃなかった後で犯人を考えよう

「気を取り直してMee−Ganeを…」
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 22:40:58.71 ID:9K1PfGTz0
「おぉ、沙織凄いな
 これが脱いだらもっと凄いんです。か…って」

なんでこんなもんがあるんだよ!
しかもあやせのと違ってこれ売ってるような代物じゃないぞ
って事は自前か!?ならこれを入れたのは沙織?
いやいや、考えるのは後だ!早く目的の物を
……いやしかし、ちょっとくらいなら

「おぉ…後半は槇島モードか」

素顔は恥ずかしいとか言っておきながらこんな格好も出来るんだな

「ん?最後のページに何か」

[こんな姿見せるの、京介氏だけでござるよ]

不覚にも顔が赤くなってしまった
なんて破壊力のある事をいいやがってくださりやがりますんだこのバジーナさんは

「…沙織のだけ読むのはほら不公平だよな。うん」
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 22:41:31.81 ID:9K1PfGTz0
はっ!こんな読み耽ってしまった
もうここまで来たら本来の目的はいいんじゃあないかって思うかも知れないが
しかし、まだ誰も帰って来てない上に目的を達成してない以上ここで止める選択しはない!

「ふむふむ、ろりっこくらぶか
 これは中々興味深いな…」

誰だこんなん入れたのは!
なんか妙にツインテールの娘が多いし!
だいたい、俺はロリコンじゃねぇっつーの!

「と、言いつつ読んじゃうのは一体何故だろうね」

これなんか加奈子に似てる気がするな
…………
妹の親友に当てはめてみるとか俺は変態か!

これ絵だからいいが本当の少女だったら大問題じゃないか?
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 22:42:09.44 ID:9K1PfGTz0
ここまで来るとまだ何か入れた覚えのないものが入ってそうだな
しかしまだ誰も帰ってこない。意外と遅いな

「次は何が入ってるんだ」

脳内でドラムロールを流しつつ一番上の本を取…重っ!
なんだこれ、やけに分厚いぞ
表紙を見るとどうやらマスケラの同人誌のようだ
漆黒と夜魔の女王が抱き合ってる絵…これは黒猫の絵だな
これ読むのは苦労しそうだな

「でも読んじゃうのは一体何故だろうね」

若干流し読み気味だが簡単に言えば表紙の通り漆黒と夜魔の女王の恋愛物らしい
こうして見てみると俺って漆黒にそっくりだよな
黒猫は夜魔の女王にそっくりだし
あれ?夜魔の女王ってこんなに背が低かったかな

最後は二人が契り(性的な意味で)を交わして終わった
そういうのを描いたことがないと言ってたが中々上手かったじゃないか

「あまりにも似すぎて俺と黒猫のそういうのに見えなくもなくなってるな」
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 22:42:59.65 ID:9K1PfGTz0
よし、次だ次
やっつけになってきたとか言うなよ

「さて、これは
 いもうと☆ぱらだいすか。これは完全に桐乃の仕業だな」

紙面では様々な妹たちが俺に向かって笑いかけてくれる
いつか桐乃が言ってたな
『二次元と三次元を一緒にしないでよ。ありえないから』
って
なるほど、確かにこんなに可愛い妹と実際の妹を一緒にしてはいけないな。うん
落語のオチにもあったよな。やはり妹は二次元に限るって
いや、桐乃は可愛いけどな

しかしなんでだろうね、なんだか懐かしい気分になってきたよ

よし、さっさと次行こう

「おっ、これは」

ようやくお目当ての本、念願のMee−Ganeだー!
感動のあまり高く掲げて…

「あ、なんか落ちたぞ」

[きょうちゃんへ 今日の特集の子は私ににてるね 麻奈実]

「麻奈実さーん!」
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/13(木) 22:44:28.29 ID:9K1PfGTz0
以上です
オチも含めて全体的にインパクト弱かったかもしれんがやれることはやりました
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 00:30:00.79 ID:SfohHOeAO
乙。
これは絶対に監視カメラが撮ってるよな
賭けてもいいww
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 00:53:52.08 ID:ERU7YtqDO
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 05:26:02.68 ID:MQxAONPVo
乙!
これで最後にドアが開いて覗いてた全員が登場とかだったらオチもきれいに付いたと思うww
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 12:14:29.36 ID:UtZJUky/0
全力で実用を邪魔しとるwwwwww
162 : ◆odaAq0EgoE [sage]:2012/12/14(金) 13:58:11.73 ID:ERU7YtqDO
>>140
やっつけで書いたけど、やっぱ苦手だわ。
とりあえず貼る。
ちょいパラレル補正あり。
次レスより投下。
163 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/14(金) 14:01:10.99 ID:ERU7YtqDO

「うえええあああ・・・うえええええん」

こわいよう。
こわいよう。
あたしはまわりをきょろきょろとみまわした。
おとうさん・・・おかあさん・・・。
どこにもいない。
どこにもいないよう。

「・・・うえ」
「どうしたどうした?そんなに泣いてちゃ、可愛い顔が台無しだぞ?」

また大声で泣き出しそうになったその時、その声はひどく優しくあたしの耳に届いた。

『あの人は・・・』
164 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/14(金) 14:03:14.43 ID:ERU7YtqDO

「おとーさーん・・・おかあさ−ん・・・」

てくてくと歩きながら、あたしは自分の手をじっと見つめた。
さっきまで握っててくれたお母さんのあったかいのが残ってる手。
えれべーたーとかいうのにのるときにはなれちゃった。

「おとーさーん・・・おかーさーん・・・」

今日はお父さんが久しぶりのおやすみで、朝からでぱーとに遊びに来ていた。
おとうさんとおかあさんとあたし。
・・・おにいちゃんは、なんか一緒に行きたくないとか言ってこなかった。
おとうさんが仕方のない奴だとかいって、そのままでてきた。
少しさみしかったけど、でぱーとの屋上はすっごく楽しかった。
おうまさんにのったり、ゆらゆらうごくおふねにのったりした。
おとうさんがいっしょうけんめい写真を撮ってたので、あたしは楽しくて大声で笑った。
そのあとれすとらんにいって、はたのついたお子様らんちをたべた。
お子様らんちはここに来た時だけのとくべつだったから、あたしはすっごくすっごく嬉しかった。
なんどもおいしいねおいしいねっていってたべた。
それから・・・それから・・・。

「おとーさーん・・・おかあさーん・・・」

あたしはまた立ち止まってまわりを見回した。
でもしらないひとばかり。
こんなにたくさんひとがいるのに、あたしのしらないひとばかり・・・。

「う・・・」

学校ならたくさんひとがいても、あたしのしってるひとばっかりなのに。
先生にらんちゃん、かなちゃんにあやちゃんにいわおくん。
みんなみんなだいすきなおともだち。

「う・・・うう・・・」

でも・・・ここには・・・ココニハ・・・。

「うわああああん・・・おとうさーん・・・おかあさーん・・・」

こわいようこわいようこわいよう。
だれもしらないよう。
だれもみたことないよう。
たすけておとうさん。
たすけておかあさん。
たすけて・・・おにいちゃ・・・。

「どうした?泣いてちゃ可愛い顔が台無しだぞ?」
「おにいちゃ・・・!!」

ふいにかけられた声におどろいてとびついた。
いまの声は、ぜったいにおにいちゃ・・・。

「おいおいどうした?」
「・・・え?」

だきついた体の大きさにびっくりした。
これは・・・おにいちゃんじゃない。

「・・・」

おどろいたまま顔を上げると、しらないひとがにっこりと笑っていた。

「いきなり抱きつくとか積極的だな」

そういって片目をつぶるそのひと。

「・・・」

あたしはすこしの間その顔をみつめて。

「うわあああああん!!!」
「え!?なんで!?どうした!?」

さっきよりも大声で泣き出した。


165 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/14(金) 14:07:03.91 ID:ERU7YtqDO

「そっかー。お父さんたちとはぐれちゃったのかー」

おにいさんの言葉に、あたしはこっくりとうなづく
あの後おにいさんは、泣きわめくあたしの手を引いてここまで連れてきてくれた。
しらないひとについていくのはこわかったけど、なんでかおにいさんはこわくなかった。
そこでは、なんかてーぶるがいっぱいあって、いろんなひとが座ってて、やきそばとかほっとどっくとかを食べてた。
おにいさんはちょっと待ってなっていうと、近くのおみせにむかっていった。
ちょっとだけ、またひとりになっちゃうのかなっておもったけど、おにいさんはすぐにもどってきてくれた。
そうしてあたしはさっき買ってもらったここあに口をつけた。

「んー・・・どこではぐれたかわかるか?」

おにいさんの言葉にあたしはぷるぷると首をふった。
いろいろうろうろしちゃったからわからないっていうと、おにいさんは少しだけこまったような顔をした。
あたしはなんだかまたこわくなってなきそうになった。
そんな時、おにいさんが頭をぽん、てなでてくれた。

「泣きそうな顔するなって」

そのままくしゃくしゃってされた。
なんだかくすぐったくて、あたしはちょっとわらっちゃった。

「お、初めて笑ったな。やっぱ泣き顔よりずっとかわいいぞ」

おにいさんがにっこりとわらいながらかわいいって言ってくれたので、なんだか少し恥ずかしくなった。

「そういうの、ろりこんていうんでしょ?」
「うおい!?」

てれかくしにあたしが最近おしえられたことばをいうと、おにいさんがせいだいにずっこけた。

「おま・・・その年でそんな言葉どこで覚えてくるんだ?」
「このあいだあやちゃんがおしえてくれた。『世の中にはロリコンて言う私たちみたいな小っちゃい子を弄ぶ変態がいるんだから気をつけなきゃだめだよ?』って。もてあそぶってなに?」
「お前はまだ知らなくていい言葉だ。ったくこの頃からかよ・・・」
「?」

おにいさんはなんか大きくいきをつくと、おれは違うからあんしんしろっていった。
よくわかんないけどわかったってこたえた。
そしたら、いい子だってまた頭をなでられた。
166 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/14(金) 14:11:47.83 ID:ERU7YtqDO

「今もこれくらい素直だといいのにな・・・」
「なにが?」

あたしが聞くと、おにいさんはなんだかじーっとあたしの顔をみてきて、それから一回はぁって息をはいた。

「んー・・・実はお兄さんにも妹がいてな、その妹がお前くらい素直だったらいいなって話」
「すなおじゃないの?」
「まーな・・・顔見るのも嫌らしい」
「そんなことないよっ!!」

おにいさんの言葉に、あたしはおもいっきりおおきな声をだした。

「おにいちゃんが嫌いなこなんていないもん!あたしおにいちゃんだいすきだもん!!」
「・・・今は、だろ?大きくなったら嫌いになるかもしんないぞ?」
「そんなことないもん!あたしは大きくなってもおにいちゃんがだいすきだもん!!ぜったいぜったいだいすきだもん!!」
「・・・そか」
「うん!!」

おにいさんは、なぜか照れくさそうに笑って、またあたしの頭をなでてくれた。

「だから、おにいさんの妹さんも、きっとおにいさんのことがだいすきだよ!」
「・・・ありがとな」
「なんでおれいいうの?」
「嬉しかったからだよ」

そういっておにいさんは顔をあげた。

167 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/14(金) 14:13:21.72 ID:ERU7YtqDO

「さて・・・そろそろかな」
「?」

おにいさんがあたしの後ろのほうを見たので、あたしもおんなじように見た。
・・・なにもないよ?

「どうしたの?」
「お迎えだ」

おにいさんがそう言ったので、もう一回さっきのほうを見た。

「・・・あ!」

そうしたら、すっごい遠くのほうで、お父さんとお母さんのすがたが見えた!

「おとーさーん!おかあさーん!」

あたしが泣きながら大声でよぶと、おとうさんが先にきづいて、すごいいきおいで走ってくるのがわかった。

「おにいさん!おとうさんとおかあさんだよ!」

そでをひっぱりながらあたしはぴょんぴょんと跳ねる。

「みつかったよ!!」
「よかったな」

おにいさんはそういって、ちいさく笑ったみたいだった。
あとでわかったことだったけど、おにいさんがまいご・・・なんとかせんたーとかに連絡してくれたんだって。
それでおとうさんたちも、あわててむかえに来てくれたんだって。

「さて、じゃあ俺は行くわ」
「え?」

おどろいて顔をあげると、お兄さんは小さくひらひらと手をふっていた。

「どうして!もうすこしここにいてよ!あたしおにいさんにたすけられたよっていいたい!」
「いやいいよ」
「どうして!?」
「ん?んー・・・娘命のお父さんがおっかないから逃げる」
「え?」
「はは。冗談だよ。じゃあな」

そういっておにいさんは後ろをむくと歩きだした。

「あ・・・ね、ねえ!」
「ん?」

なんだかまだおにいさんと別れたくなくてあたしはなんとか声をかける。

「も、もうあえない!?」
「ん?そうだな・・・」

おにいさんはたちどまって、あたしのほうを向いた。
そうして手をのばして、

「・・・またお前が今日みたいに困ってるそん時は・・・やれやれ。しょうがねーから俺に任せとけ。きっと助けてやる。また迷子になったらそん時は・・・」

そういって、今までで一番やさしく頭をなでてくれた。


168 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/14(金) 14:14:28.52 ID:ERU7YtqDO

「・・・懐かしい夢見たなー・・・」

あたしはベッドに半身起こした姿勢のまま、寝ぼけた頭でそう呟いた。
目を擦り、二三度頭を振ってから、枕元の時計に目を向ける。
朝の5時。
ちょうどランニングの時間だ。
鳴るまであと30分あるタイマーを切ると、あたしは大きく伸びをした。

「・・・今日も快晴!」

ベッドから降り、カーテンを開ける。
手早くトレーニングウエアに着替えると、寝て凝り固まった体をほぐすために柔軟をする。
入念なストレッチを30分かけて行い、ようやく体が温まった。

「そういや・・・あのお兄さんとは結局会えなかったな・・・」

屈伸をしながら何とはなしにそんなことをつらつらと思う。
あのあと、何度もあのデパートには連れてってもらったけど、あたしはあれっきり迷子になることはなかった。

「困ってる時は・・・か」

お兄さんの言葉を思い出して思わず苦笑する。
なんだそれは。
そもそもあたしが困ってるなんて、どうやって知るってんだか。

「やっぱあれだよねー・・・子供に対する大人の対応ってやつだよね。無責任だよなー」

それでも・・・とあたしは思う。
あの当時のあたしは、そのおにいさんの言葉に「うん!」と大声で答えた気がする。
だってとっても嬉しかったから。
今はもう忘れてしまったけど、あの大きな手で撫でられた頭の感触。
当時の私はどれほど嬉しかっただろうか。

「好きだったのかなー・・・」

そうだとしたらとんでもなくませたガキだ。
自分の事だというのを度外視して笑ってると、先に止めた時計が目に入ってきた。
現在5:47。
ヤバいずいぶん時間を無駄にした。

「急がなきゃ」

慌てて部屋を飛び出す。
途中にあるドアに、恒例のキックを1発入れて階段を下りる。

「げ」

はずだったのだが、階下から上がってくる姿に思わず声が出た。

「なんだよ、げ、って」

今まさに蹴りを入れた部屋の主が、相変わらずの不景気面で上がってくるところだった。
169 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/14(金) 14:16:41.07 ID:ERU7YtqDO

「な、なんであんたこんな早く起きてるのよ?」
「お前が朝までにゲーム一本終わらせろって言ったんじゃねーか。眠気覚ましのコーヒー淹れてきたんだよ」
「へえ感心じゃん。で?終わったの?」
「いや・・・まだ」
「はあ!?なんでよ!?」
「大声出すな!・・・途中で寝落ちしてさっき起きたんだよ。・・・なあ?残りは今日学校帰ってきてからでよくねえ?」
「ダメに決まってんじゃん」
「ですよねー・・・」
「あたし走ってくるから、帰ってくるまでに終わらせとくこと。わかったね」

そう言い捨てて、横をすれ違おうとしたその時。
ぽん。
ふいに頭に温かい感触があった。

「おう。気を付けて行って来い」

それが頭を撫でられたのだと気付くのに数秒かかった。

「な・・・なななな・・・」
「迷子なんかにならねーようにな」

ひらひらと手を振りながら階段を上がっていく背中に、ようやく硬直が解けてあたしは怒鳴りつけた。

「なるか!こんな近所で!!」
「そうか?ならいいけどよ」

なんでもないような言い方に、なにやら頭にきてあたしはまた怒鳴りつける。

「そもそもなに気安く触ってんの!?チョーキモいんですケド!?大体あたしが迷子になったからって、あんたに何ができるっていうのよ役立たず!?」

あたしはそれだけ言うと、少し乱暴に階段を下りた。
なにあいつ!?最近調子乗ってない!?
そりゃあ・・・少しばかり助けられちゃいるけど・・・。
あたしはついこないだ起こったばかりの、お父さんやあやせとの諍いを思い浮かべる。

「・・・」

役立たずは言い過ぎだったかな・・・。
そんなことを思いながら玄関を開けて外にでる。
そして、ドアが閉まるその時、あいつの声が聞こえた。

「約束したからな。話し相手になって、ココアぐらいは買ってやるさ」
「・・・え?」

ゆっくりと振りむいた視線の先。
閉まりかけたドアの隙間から見えたのは、確かにあの懐かしい笑顔で―――――

END
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 14:18:09.17 ID:ERU7YtqDO
以上です。

あ、そういえば先の投下作、まとめwikiに入れてくれた人感謝です(^人^)
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 19:28:00.66 ID:G57sMDLt0
>>170
乙です!&ありがとうございます
ろりりんめっちゃ可愛いww
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 20:18:57.30 ID:d4zcM9lro
>>170
乙です!
こういうほっこりするパラレルネタもいいですね。
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 20:33:16.67 ID:ERU7YtqDO
>>171
完全に履き違えてるけどな(苦笑)

基本的にドSの心情がわからんので、女泣かせて快感とかまず書けん。
悪いが、泣いた幼女が居たくらいで勘弁してくれ(;´д`)
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 21:05:23.98 ID:djLsPsYDO
桐乃「ねぇ、クリスマスなんか予定あんの?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355479401/
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 21:49:37.52 ID:G57sMDLt0
>>173
マジですか!
これは恥ずかしい
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/14(金) 23:30:27.68 ID:ERU7YtqDO
>>175
別に個人の趣向だから恥ずかしがることはないさ。胸張れ胸張れ。

たしかまとめに、鬼畜京介とドM加奈子のSSがあったから、一度読んでみたら?
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/15(土) 20:26:18.89 ID:q/i+p7mb0
>>176
そ、そうですか!
なればででんっと張ったります!

読んでみました
なんと言うか…凄かったですぜww
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/16(日) 08:25:19.10 ID:Q5XgoZGDO
小ネタ落とし忘れた。
12/14だと思ってくれ。

京介「(今日は12月14日…赤穂浪士討ち入りの日か…)おい桐乃」

桐乃「なに?」

京介「今日はなんの日か知ってるか?」

桐乃「12月14日?」

京介「ああ」

桐乃「12…『良いにーにー』」

京介「……は?」

桐乃「14…『良いシスター』」

京介「……おい」

桐乃「つまりにーにーとシスターがいいことする日ね!?(ガバッ!)」

京介「うおい強引すぎっ!!」
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 00:45:08.07 ID:ALWAdBW90
>>178
きりりん無理やりすぎwww
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 08:55:55.19 ID:0Yr0qkwF0
来年の4月までこんな調子かな?
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 09:09:17.14 ID:qy8smSxDO
>>180
いや?ガンガン落としてくよ?
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 11:06:19.08 ID:ALWAdBW90
>>180
クリスマスまでには間に合わせます
183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/18(火) 14:50:04.49 ID:NFWTq4aL0
京介「桐乃、今年ももうすぐ終わりだな。なんだかあっという間だったような気がするぜ。」

桐乃「ん、そうだね。この1年、アタシはともかく、あんたも少しは頑張ったんじゃない?」

京介「はっ、お前のせいで柄にもなく色々振り回されちまったからな。」

桐乃「楽しくなかった?」

京介「そんなわけないだろ。お前とまた仲良くなれて嬉しかったよ。」 ポン

桐乃「このシスコン・・」カァー

京介「桐乃、ありがとな。俺と一緒にいてくれて、すごく幸せだったよ。」

桐乃「お、お礼を言うのはこっちのほうだよ、兄貴。アタシのことずっと見守ってくれててありがとう。」デレ

京介「来年もよろしくな。」

桐乃「うん。」ニコッ

あやせ「という夢をみたんですが、お兄さん説明してください。」
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (青木ヶ原樹海) [sage]:2012/12/18(火) 17:44:41.64 ID:0Yr0qkwF0
>>183
あやせブレねぇなぁ
185 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 18:48:20.87 ID:NFWTq4aL0
過疎ってるみたいなのでゆっくりとSS書いてみます。

設定
・オリキャラ登場します。時系列としては、
あやせと喧嘩別れする前辺りからスタートします。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがないに登場人物が一人追加されるわけがない。」

↓本編

ある日の午後・・

私こと高坂桐乃は親友のあやせとショッピングにきていた。

「桐乃ー、今日買いたい物ってそれで全部かな?」

「うん。しっかし、こんなに多くなるんだったら、あの馬鹿つれてきたらよかったな。」

「あの馬鹿って、もしかしてお兄さん?」

「あ、うん。あいつすっごいシスコンだからね。あやせは近づいちゃだめだよ?」

「優しそうな人に見えたけど?」

「んー、まぁ本当に極々稀に優しい時もあるんだけどね。でも基本あいつ私のこと無視してくるし。」

「アタシもあいつとは・・って冷た!」

「あ、雨降ってきちゃったね」

「そんなの聞いてないし!」

「多分、にわか雨だと思うよ?」

そうだね・・そう返事をして、あたしは親友とたわいのない会話を続けていた。

それから30分・・・

「なんで雨やまないの!余計ひどくなってきてるし!むかつく!むかつく!」

「桐乃・・落ち着いて」

「それに・・あの馬鹿電話に出ないし!妹のことが心配じゃないのかっての!」
せっかく傘持ってきてあげさせようと思ってたのに・・
電話に出ないとなると図書館で地味子と・・
あれ・・なんでアタシこんなにイラついてるんだろう?
186 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 18:48:46.35 ID:NFWTq4aL0
「お兄さんが来てくれなくてさみしいんだ?」

「そんなわけ無いじゃん!ただこの辺コンビニ無いし、このあたしが雨なんかで待たせれるかと
 思うとムカつくわけ」

「天気予報では晴れだって言ってたしね。でも私は桐乃とこうやっておしゃべりできて嬉しいな。」

「桐乃は私といて楽しくないの?」

「わ、わたしもあやせとおしゃべりするのは楽しいよ!」

「ふふっありがと桐乃♪」
あやせに抱きつかれる・
あやせってたまにテンションがおかしくなるから怖い・・

「それにしてもはやく止まないかな。」
メルルまでには帰りたいのに・・そんな風に考えていると
突然後ろから声をかけられた。

「もし良かったらこの傘使ってください。」
いきなり声をかけられてしどろもどろになる。

「え、あの・・」

「あ、待ち合わせ中とか?」

「いえ・・急な雨で雨宿りしているところです。」
あやせが答える。

あやせってしっかりものだな・・なんて思っていると

「じゃ、この傘どうぞ。」

「貴方はどうするんですか?」

「僕は折りたたみがあるから」

そういって私達に今しがた使っていた傘を手渡して

走り去っていった。

「あ、名前・・」

「いっちゃったね・・」

私たちは一緒に走っていく金髪が揺れる後ろ姿を見送っていた。

そんな彼と思わぬところで再会するのはちょっとだけ未来のお話

「まぁ、せっかく傘かしてくれたんだし!帰ろっかあやせ♪」

「そうだね、桐乃〜」

私たちは家路につくのであった。

続く
187 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 19:02:11.19 ID:NFWTq4aL0

「ふぁ〜眠ぃ〜」

俺の名前は高坂京介。どこにでもいるような高校2年生だ。
好きな言葉は平穏・・なのだが・・最近俺の妹様のせいで
その平穏が脅かされている。


「人生相談があるの。」

その言葉を聞くたびに俺は、妹に振り回され、
オヤジに殴られたり、妹の親友には変態呼ばわりされ
散々な目にあっている。
まぁその奮闘記については、また機会があったら話してやるよ。

しかし。それでも・・その後の嬉しそうな顔を見ると
「悪かねぇな」なんて思っちまうわけよ。

いままでお互い無視し合って暮らしてきたのになんでこんな風に
思っちまうのかね?これも兄貴の性ってやつなのだろうか。

昨日も深夜までシスカリとかいうゲームに付き合わされて
眠いったらありゃしない。
しかも、
「こんなに可愛い妹が相手してあげてるんだからアンタもっと喜びなさいよ!」

なんて言って来やがる。

「誰が喜ぶか!」

っていったら、

「えー?アンタ、シスコンで、アタシのこと、大、大、大好きなんでしょ?この変態!」

変態呼ばわりされるのはお前のせいだろ!なんてことは言えず、結局朝の5時まで相手をさられたわけだ。 
188 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 19:13:20.30 ID:NFWTq4aL0
187 一番下の行「さられたわけだ⇒させられたわけよ」

今日はそんな妹様も朝から仕事に出かけて家にはおらず(あいついつ寝てんだ)
両親は二人でデートなんだとさ。
そんなわけで、現在俺は一人家で勉強中。(ぼっちってわけじゃないからな。知り合いはみんな用事があったんだ。)

「一息入れますか」

そう思ってリビングにおり、冷蔵庫を開けた時に事件が発生。

「む、麦茶がない!」(そこ、何が事件だなんていうな!俺にとっては大事件だ)

「仕方ない買いに行くか」

俺は財布をもって、コンビニへと向かった。

コンビニに向かう途中、通りがかった公園から
綺麗な音色が聞こえてきた。

「コンサートでもやっているのかね。」

そう思って俺は公園に足を踏み入れた。

しばらく歩くと公園のベンチに一人の少年が座っているのが見えた。

きれいな金色の髪をした少年は銀色のフルートで美しい音色を奏でていた。

俺は向かいのベンチに座り、その音色にしばらく浸ることにした。
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 19:14:18.01 ID:urNTsqtyo
いくら過疎っているとはいえ、書きながらの投下は……どうなの?
190 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 19:33:35.54 ID:NFWTq4aL0
しばらくすると音色が止んだ

少年が俺に気がついたようだ。

「僕の演奏いかがでした?」

「え、いや、なんというか心に響く音だったよ」
俺は慌てて返答する。正直俺は音楽ってのがよくわからない
いまの答えで大丈夫だろうか・・なんて思っていると

「ふふ ありがとうございます。」
どうやら正解だったようだ。

もう一曲聞かせてくれないか。そう言おうとする前に彼の表情が変わっていく。

「あれ・・もしかして・・京介さん?」

「あぁ・・俺は京介だけど、どこかであったことあったっけ?」

「やっぱり、京介さんか。ちょっと昔と雰囲気が・・いや、なんでもないか。」

「ん?」
最後の方が聞き取れなかったけど、どうやら向こうは俺のことを知っているようだ。

「僕のこと覚えていませんか?」

改めて彼のことをよく見てみる。

髪は金色で、背は桐乃やあやせよりちょっと高い位か。
昔、赤城の家でゲームしてたときに見た
テイルズシンフォニアに出てくるミトスのような感じだな。

このこと会った事って・・
俺は頭の中を検索していく。

・・・・・・

・・・・・

・・

「僕・・・一人ぼっちなんだ・・」

・・・・

俺が・・

・・・

「俺がついててやるからな。サコ・・」

サコ?サコシ・・

「お前・・・もしかして、あの、サコショーか?」

「思い出してくれたんですね。」

「えらく久しぶりだな。元気だったか?」

「はい。本当にお久しぶりです。京介さん・・」
191 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 19:55:04.56 ID:NFWTq4aL0
彼の名前は佐古下翔。
年齢は俺の一つしただけど、一緒に遊んでいたっけな。

色々あって彼は俺になついていた。・・それからまた、
いろんな事情で確か遠いところに・・

「それで、ようやくこの街に戻ってくることができたんです。」

あのあと、一旦分かれて俺は麦茶を勝手自宅に戻っていた。

そのあとややあって彼は、俺の部屋へやってきた。

そこで、俺たちは近況報告をしていたわけだ。

「それで、今、京介さんは充実してるわけですね」

「どこをどう聞いたらそうなる。」

「だって、京介さん、いやいや言ってましたけど、すっごく楽しそうじゃないですか?」

「へっ。まぁ、あいつのおかげで新しい知り合いもできたわけだが。」

「まぁ、一般的に言うオタクって偏見もたれていますけど、いろんな人がいますからね。」

「そうなんだけどな。でもオタクを嫌ってる人が多いのも事実なんだよな。」
世間がこうも騒がなければ、桐乃も趣味を大ピラにできただろうに・・
そうすれば俺が首を突っ込むこともなかったはずだ。

俺が憤りを感じていると

「全く、馬鹿みたいですよね。実際に見たこともない癖に、世間の報道を当たり前に受け入れて」

「自分の考えをもたず、凶弾する奴らを見てると不快に感じます。」
話を聞くと彼自身はそういう趣味はないようだが、自分で考えずに悪とレッテルを
貼る行為を好かないようだ。

「確かにその通りだな」
全く、あやせに聞かせてやりたいぜ。
192 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 20:12:40.88 ID:NFWTq4aL0
話もおいおいにして、
彼がもってきたゲームをすることになった。

「カルドセプト」っていうカード(ボード?)ゲームなんだが
これがなかなかどうして面白い。

気がついたら夕方になっていた。
勉強?まぁ一日くらいサボったって問題ないだろう。
一応専用の家庭教師が付いてるおかげで俺の成績は悪くはないんだ。

「えっと・・サコ、そろそろいい時間だけど、今日はこれで終わりにするか。」
ゲーム中にお互いの呼び名の話し合いがあって、
俺は昔の呼び名と違って呼びやすいようにサコと呼ぶことにした。
ただ、サコの方は、目上だから親しき仲にも礼儀ありとのことで
俺の呼び方は変えないようだ。

「そうですね、終わりましょうか。」

「そういえば、京介さん、今日ご両親帰ってこないんですよね」

「夕食はどうするんですか?」

「妹の分とお金もらってるから、弁当でもかって食べるつもりだけど?」

「良かったら僕が何か作りましょうか?」

そう言って彼はリビングへと降りていった。

「おい、いいぜ、そんなに気を使わなくても」

「別に気なんか使っていませんよ。僕がしたいだけです。これでも料理好きなんですよ?」

「でも食材あったかな」

「実はここにくる途中かってきて、ここの冷蔵庫に入れておきました。
そういえば来たときしたで物音がしてたな。

「お前なぁ・・人のうちの冷蔵庫勝手に開けるなよ」

「ごめんなさい。でも、そのかわり美味しいもの作りますから。」
そう笑顔で言われると、これ以上文句を言うわけにはいかない。

「じゃ、一つよろしく頼むよ」

「はい、楽しみにしててください」

俺はリビングのソファーで完成を待つことにした。
193 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 20:24:05.36 ID:NFWTq4aL0
サコが料理をはじめてからしばらくして、玄関の方が騒がしくなる。

・・じゃまします。

いいの・・親いなく・・馬鹿しかいないから・・

そうなん・・二人・・

あれ・・知らない靴が・・
バン!
と、そこでリビングの扉が開く。
そこから件の妹様が顔を覗かせる。

「お、おかえ・・「玄関に知らない靴があったけどアンタ誰か連れ込んでるの!」

「もしかして地味子?家に誰もいないからってキモ!」

「地味子いうな!それからあいつじゃねえよ、俺の昔のダチがきてるだけだ」

そんな言い合いをしていると、もう一人入口から顔を覗かせる。

「こんばんは。変態のお兄さん。」

「あ、あや・・いや新垣さん。こ・・こんばんは。」
妹の親友新垣あやせ

いろいろあって俺のことを近親相姦の鬼畜変態兄貴と思っている。
そんなこともあって、俺はこいつのことが苦手だ。

「あやせでいいですよ?お兄さん。それともなにかやましいことでもあるんだすか?」

「今日、桐乃と二人きりだそうですね。もし、桐乃に手を出したら私お兄さんのことをぶち○しますよ?」
怖ぇー 怖いっすよ あやせさん・・
194 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 20:39:15.26 ID:NFWTq4aL0
「いや・・なにもありませんよ・・あやせ・・さん?」

「本当ですかね?」
目が怖いです。

「で、こ、こんな時間にどうしたんだ?」

「今日、桐乃から両親がいないって聞いて、それなら私が夕食作ってあげるよって話になったんです。」

「あやせの料理ってかなり美味しいんだ。」
あの容姿で、家庭的ときたか。これで性格ももうちょっと改善されたら
素敵なのにな・・なんて思っていたら

「なにか失礼なこと考えてませんかね?本当にぶち○されたいんですか?」
なんで俺はこんなに心を読まれるんだ?

「あんたの顔に出やすいからね。馬鹿じゃん!」
そりゃぁお前もだろうがよ・・

「まぁ、それでせっかく作るわけですし、お兄さん一人だけ仲間はずれにするのもいじめてるみたいですし」

「一緒に食べるのは嫌ですけど・・この前のお礼も兼ねてお兄さんの分をつくってあげます。」
そう言うとあやせは食材を取り出し始めた。
でも今の話の中で一つ気になることが、お礼ってあやせまさか俺の嘘に・・

とそんなことを考えていると、

「あれ、桐乃だれか台所つかってるみたいだよ」

「え、お母さんはいないし、まさか泥棒?」
195 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 20:57:18.54 ID:NFWTq4aL0
そうだ、サコのことを忘れてた。

「いや、さっき言った俺のダチだ。今日両親いないっていったら、晩飯つくってあげるっていわれたからさ」

「やっぱり!女連れ込んでんじゃん、この変態!」

「ちげーよ、男だ男!」

「お兄さん、桐乃に相手されないからって男の人に手を・・」

「そいつもちげーよ!」
そんな風にさわいでいると、台所の方からサコが顔をだした。

「京介さん、誰か来てるんですか?」

台所の方から声がして桐乃とあやせが振り返る。
そして、
「「あっ」」
二人して声をあげた。
そして・・・

「へぇー、じゃあ前にサコに助けてもらったのか」

「うん、でも、まさかあんたの知り合いだったなんてね」

今リビングには手前に俺とサコ、奥に桐乃とあやせが座っている。

机の上にはサコとあやせが作ってくれた料理がならんでいる。

「んー♪このハンバーグ柔らかくて美味しい〜」

「ホントだうめぇ。これはサコが作ったのか?」

「はい。喜んでくれてうれしいです。あ、こっちのサラダもドレッシングの風味が効いてて美味しいですね。」

「こんなのうちじゃ絶対食べられないね!これはあやせが作ったの?」

「うん。新垣家秘伝のドレッシングなんですよ」

「このスープも美味しいし、新垣さん、本当に料理お上手ですね。」

「いえいえ、佐古下さんこそ、それから私のことは あやせ でいいですよ?」

「ごめんなさい。いきなり馴れ馴れしく呼ぶのはどうも苦手なんです。」

196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 21:09:07.85 ID:86xz5T4DO
いつまで続ける気なの?
書き溜めてから投下じゃマズイのか?
197 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 21:10:31.81 ID:NFWTq4aL0
「まぁ無理にとは言いませんが・・」

「まぁ、僕は呼びたいように呼ばせてもらいます。お二人も僕のことをサコショーとか
 好きによんでくれて構わないですよ?」

なんて話をしていると、急に俺に火種が飛んでくる。

「それにしても佐古下さんがこのバカ兄貴となんで仲いいか不思議だな。」

「ええ、全くです。」

おいおい本人目の前に二人してその言い方はないだろう・・
俺だって泣いちゃうよ?

「そんなことないですよ。京介さんはすごく素敵な人です」

「素敵〜?こいつがぁ〜?まじありえないんですけど〜」
そう言うと桐乃は憎たらしく笑い出した。

俺コイツのこと殴っていいかな?いいよね?

「それに僕は京介さんに救われたんです。」
そういうと・・さこは懐かしいものを見るかのように天井を見上げた。

それから食事も進み、片付けも終わった頃、テレビでも見ようかと
リモコンを手にとった。
この行動がこのあとの小さなトラブルに巻き込まれることとなる。
198 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 21:12:00.31 ID:NFWTq4aL0
>>196
ごめんなさい。
書き溜めてから投下します。
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 21:37:41.75 ID:CypVmtCAO
>>185
短編じゃないのは久しぶりなので期待。

一人のセリフが連続するときは空行はさまないほうがいいのでは?

あと、意図的に書き別けているんでなければ、桐乃の一人称三種類は多すぎでしょww

難癖つけるばかりに思われてもあれなんで…
続き、楽しみにしてます。
200 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 23:18:04.78 ID:NFWTq4aL0
グダグダで読みにくくて済みません。

一旦話が切れるところまでかけたので投下します。
続きの構想はあるので時間があるときに後日投下します

テレビをつけると、丁度ニュース番組がやっていた。

「本日秋葉原でナイフを持った・・」

あやせにでもみられてはまずい。俺は慌ててリモコンを手に取る。

焦っていたのだろう。リモコンを落としてしまった。

その音にみんなが反応する。一瞬ひやっとしたが、

いまテレビに写っているものはドキュメンタリー番組どうやらチャンネルは変わっていたようだ。

ほっとしたのも束の間、番組の内容を見て愕然とする。

・美少女ゲームにハマりすぎて引きこもりになった少年にせまる
・実録「オタクに襲われて心に傷をおった女の子」
・専門家による「・・・ゲームが精神に及ぼす影響について」
etc

簡単に言うとオタクを非難するドキュメンタリーだった。

リモコンを広いチャンネルを変えようとするが

「待ってください」
あやせの冷たい声が響いた。

「ど、どうしたの・・あやせ・・?」
桐乃がたどたどしく尋ねる。

「ねぇ桐乃?一緒に見ようよ?」
いつかのような光彩を失った瞳で答える。

「えと・・」
桐乃は返答に困った様子で、流し目で俺を睨みつけてくる。
助けろということか。

俺は決心してあやせに声をかけようとするが、

「お兄さんは黙っててください」
あやせに一蹴される。

そんな雰囲気の中、サコが俺に向かって、

「折角だし、京介さんも一緒に見ましょ?」
なんて声をかけ椅子を差し出してきた。
201 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 23:18:52.85 ID:NFWTq4aL0
20分ほどで番組が終わり、俺は一息をついた。
どうやら相当緊張していたようだ。
だって番組中誰も喋らないんだぜ?

「やっぱり・・こんな汚らわしいもの存在してはいけないんですね・・」
ふと、あやせがそう呟く。

「桐乃、やっぱりあんなのやめようよ?お願いだから」

「で、でも・・てか、あやせ納得してくれたんじゃなかったの?」
あやせと桐乃が再び険悪な雰囲気になる。

「おいちょっとまて、あやせ、あれは俺の・・」

「そうでしたね、あれはお・に・い・さ・んのものでしたね!!」
「あんなもので桐乃を汚して、さっさと処分してください。お兄さんができないのでしたら私がお兄さんと一緒に処分してあげます!」

あやせが鬼の形相で迫ってくる。どうする俺・・考えろ・・考えろ・・

その時、

「どうして捨てないといけないんですか」
サコがきょとんとした顔であやせに尋ねる。

「どうしてって・・貴方もあの番組をみたでしょう?あんな汚らわしいものをもってたら桐乃も犯罪者になってしまいます。」
「親友の暴挙を止めるのは当然でしょう?」

「でもさ?番組では断言してなかったよね?確かにああいったものと犯罪に関連性はないってことは僕には言えないけど」
「絶対に関連してるとまでは言えないんじゃないかな?」

「でも、犯罪を犯す人ってああいういかがわしいモノに興味があるって」

「だったら、ほかに共通点があるかもしれないよ?例えば皆野菜を食べてると思うよね」
「新垣さんはもし、野菜を食べることと犯罪性に関連があるかもしれないって言われただけで野菜を食べないの?」

「それとこれとは話が違います!」

「それとさ、君自身はああいうことで被害にあったことはあるの?」

「それは・・ないですけど・・でも!」

「それにさ、君は自分で判断したの?ああいうものを読んだりとか触ったりとかして」

「そんなの触れるわけないじゃないですか!この変態!やっぱり変態のお兄さんのお友達なことはありますね。」

「変態かぁ〜そうだね、僕は変態なのかもしれないね。でもそういう君はあれだね、思い込みの激しい妄想気○い女さんだね」
場が凍りついた。それからぷっつんと音がなった気がした。

「だ、誰が妄想気○い女ですかぁ!!!」
そう叫ぶとサコに飛びかかり、ハイキックを繰り出した。

「あ、あやせ!」
桐乃が叫ぶ。
202 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 23:20:06.26 ID:NFWTq4aL0
「あやせ、まて、はやまるな」
俺は慌てて止めに入ろうとしたが、一足遅くあやせの蹴りがサコに命中した。

俺はとっさにサコ倒れるであろう場所に移動し受ける体勢を取る。

しかしサコは倒れてこない。

恐る恐るサコに目をやると、サコの手があやせの足を抑えていた。

「くぅ・・」

「なかなかいい蹴りみたいだけど、ごめんね、これでも僕合気道とか武術やってたんだ」

「は、離してください!」

「わかった。でもさ、これだけは覚えておいて欲しい、結局さ、なにをやるにしても判断するのはその人自身なんだよ?」
「君の親友はさ、ああいったものくらいで、犯罪に走るような子なの?」

「桐乃が・・桐乃が・・桐乃がそんなことするわけないじゃないですか!」
あやせが泣きながら答える。

「あやせ・・ありがと」
桐乃が微笑む。

「あ、さっき言ったことごめんね?ちょっとかっとなっちゃった。」

「私もごめんなさい。いきなり飛びかかっちゃって」
こうして今回は俺が出るまでもなく解決の方向に向かっていった。

そして、
「おじゃましました」

「おう、サコまたな」
サコはこの後、用事があるからといって帰っていった。

「じゃあ、私も今日は帰るね」

「うん、またね、あやせ」

「気をつけてな」

「お兄さん、桐乃になにかしたら承知しませんよ。」

「わかってるって・・」
もう2度とあやせ様を怒らせないようにしないとな。

「そういえばさ、あんたあの時しゃがんでたじゃん。」

「あぁ・・サコを受けようと思ってな。」

「ふーん・・でもあんたさなんかちょっと顔赤くなかった?」
やばい・・この流れはまずい・・

「お・に・い・さ・ん?もしかして私のスカートの中見たりしてないでしょうね?」

「み、見るわけないじゃないか・・」

「そうですか・・それはよかったです。お兄さんに今日はいている赤のレースのパンツなんか見られたとしたら」
「どうしようかと思いました。」

「え・・赤のレース?・・白っぽかったような・・」
あ・・俺のバカ!

「お兄さんやっぱりみたんじゃないですか!この変態!」

「あんた!ひとの友達になにしてくれてんのよ!」
このあとどうなったかはご想像におまかせするぜ
203 :串に刺さってタンゴ :2012/12/18(火) 23:20:43.86 ID:NFWTq4aL0
その夜・・・

「痛ててて・・あいつらちょっとは手加減してくれても・・」
「はぁ・・今日はもう寝るか」

その時携帯電話からメールのお知らせが届く。

だれだ・・?ってサコか

佐古下

件名:今日はありがとうございます。

本文
京介さんへ
今日は久しぶりに京介さんと遊べて
楽しかったです。また、今度一緒に
遊びましょう。
             佐古下

そうだな・・また一緒に遊ぶか。
あいつのことだ、俺や桐乃の友達とも仲良くなれるだろう。
今度は黒猫や沙織もまぜて秋葉原にでもいこう。
・・・

またひとり、俺の物語に登場人物が増えたな・・

ふと、そんなことを思いながら眠りにつくのであった。

続く
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 23:55:01.02 ID:qy8smSxDO
>>203
まぁまぁ読ませるじゃん。
ルールさえ守るなら続き待ってる
205 :串に刺さってタンゴ :2012/12/19(水) 21:41:14.59 ID:ZQjIbqoh0
203の続き投稿します。(前よりかはかなり短めです。)
本当に書きたい話はもっと後の話なのですが、
設定がいきなりすぎるので、時系列の沿って進めていきます。
(原作の時系列は可能な限り周到したいと考えています)
あまり文章が得意ではないので、たどり着くまでにグダグダしちゃうかも
しれませんがご了承ください。

あと 佐古下 翔の 設定について簡単にまとめます。

年齢 京介の一つ下

性格 基本的には天真爛漫(平常時、話すときは常にニコニコしてる感じ)
   自分で考えて意見をいうが、他人に考えを押し付けることを嫌う。

容姿 テイルズオブシンフォニアのミトス(子供VER)

身長 167センチくらい

両親 父親:アメリカ人 母親:日本人のハーフ

好きなこと:ゲーム(ただし、あまり上手ではない)、料理、音楽等


↓では本編です。

「俺の妹の親友と俺の親友との出会い(前編)」

俺の名前は高坂京介、現在俺は今、桐乃の裏の親友、黒猫、沙織と一緒にマクドナルドにいる。
もう2月にも差し掛かろうとしているため、室内でも結構寒い。

サコと再会してからもう4ヶ月近くが立つ。
ただ、まだ黒猫や沙織と彼は顔を合わせていない。
なんでかって言うと、俺の家でひと悶着あってから数日後、彼から連絡があり、どうやら、急遽アメリカへ
行くことになったようだ。どうも彼の父親はアメリカ人らしく(金髪なのはその所以)
父方の親戚のもとへ向かったようだ。

そんな彼が今週戻ってくるとのことで、その帰国祝いと黒猫達の紹介も兼ねて、
簡単なパーティーを企画しようと集まっているわけである。

「パーティーはいいのだけれども、あの女はどうしたの?」

「あいつ、この前まで体調くずしてただろう?その遅れを取り戻すんだって張り切っちゃってさ。」
「家に全然いないんだよ。」

「そう、まぁ元気になってよかったわね。兄さん。」
そう言うと、黒猫は微笑みながら顔を近づけてくる。

「ふ〜むぅ〜、京介氏と、黒猫氏はラブラブですなぁー、拙者焼いてしまいますぞ。」
沙織は口をωとしながら茶化してくる。

「も、もうあの件は解決したんだ。お前ら、そうやって俺をからかうのはよせ。」

あの件というのは、ここ数ヶ月で起きた、「妹空」にまつわる事件のことだ。
桐乃とクリスマスに渋谷で取材したことから始まり(デートじゃないぞ)、
桐乃は体調を崩すわ、盗作事件は起こるわと一騒動が起きた。

それについては、黒猫や沙織の協力もあってこの前、ようやく終止符が打たれたわけだ。

「まぁ、今回のことに関しては二人にとても感謝している。桐乃の分を含めて礼をいわせてもらうよ。」
まぁ、あいつには真実を伝えてないけどな。

「ふむ、感謝には及びませぬ。きりりん氏のためでしたら、拙者、一肌でもふた肌でも脱ぎますぞ。」
沙織はそう言って微笑んだ。全く出来た人間だぜ。

「あら、私は私のやりたいようにやっただけよ。礼を言われる筋合いなんてないわ。」
黒猫はそう言うと、顔を横にそらす。心なしか顔が赤く染まってるように見える。
ホント、素直じゃねぇな。
206 :串に刺さってタンゴ :2012/12/19(水) 21:43:46.32 ID:ZQjIbqoh0
「ふっふーん、その様子ですと、京介氏に褒められて、相当うれしいようですなぁ」

「な、何が言いたいの?」

「いえいえ、黒猫氏は本当に素直じゃありませんなぁ〜といったところでござる。」
沙織がはやし立てる。ただ俺に褒められて嬉しいってのはありえないだろ。
大方、親友のためになにか出来て嬉しいってとこなんだろう。
桐乃はいい友人をもてて羨ましい限りだ。

「な、なにを馬鹿なこといっているのよ・・そんなわけないじゃない(ゴニョゴニョ)」
黒猫の顔がますます赤くなる。そんなやり取りを見つめていると

「なにをそんなニヤニヤした顔で見つめているのよ。嫌らしい雄ね。」
「そもそも、今日はパーティーの打ち合わせをしに来たのではなかったのかしら。」
そうだった、今日はその打ち合わせに来たんだった。まぁ話をおったのは黒猫本人だけどな
なんて野暮なことは言わねぇよ。

「京介氏、その佐古下氏という方は、いつごろ戻ってくるのですか?」

「あぁ、次の日曜日には帰国するって話だ」

「それでしたら、拙者達次の日曜日にきりりん氏のお宅にお邪魔する予定になっているゆえ、合わせてやりましょうぞ」

「え、お前ら家くんの?」
そう言えば桐乃も含めて全員で集まるのも随分久しぶりだな。

「ええ、昨日あのビッチがチャットで私に喧嘩を売ってきたのよ」

「喧嘩?」
ふと、あやせと桐乃のいざこざが頭によぎる。
まぁ、こいつらに限ってそれはないか。

「まぁ、喧嘩というか戯れあいみたいなものでござるよ」
そういうと沙織は事の顛末を教えてくれた。

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:え、あんた、まだメルルの良さがわかんないの?信じらんないww
                :さすがはあのマスケラとかいう超つまんなくてダサいアニメみてるわけだわ

千葉の堕天使黒猫        :貴方こそ可哀想ね、幼稚なビッチにはあのアニメの崇高さが理解できない
:みたいね。
                :それにダサいですって?あなたの目は腐っているのかしら?
                :まぁ私のような真の魔翌力を秘めた瞳は無いにしても、一般人が持つ
                :瞳すら持っていないなんて哀れだわ。

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:はいはい、邪気眼乙。あんたこそさっさとその中二病直しなさい。
                :それこそ哀れよ。

沙織(管理人)         :お二人共、気持ちはわかりますが、折角こうやってお話しているのですから、
                :もっと冷静に話しあましょう?

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:えぇー?私は冷静だけど??ww 黒いのが勝手に騒いでるだけじゃんww

千葉の堕天使黒猫        :あら、私の記憶ではあなたからふっかけて来たと思うのだけど?

沙織(管理人)         :はぁ、全く、しょうがないですわね。それでしたらこの前の続きということで
                :またアニメ鑑賞会なんていかがでしょう?

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:あ、それだったらさ、今度の日曜日うち親出かけてるから、うちに集まれば?

千葉の堕天使黒猫        :たまには現世のものと戯れるのも悪くはないわね。

沙織(管理人)         :じゃあ次の日曜日ということで。この前はわたくし、
                :所用で参加できませんでしたので、楽しみですわ。
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/19(水) 21:46:02.00 ID:ZQjIbqoh0
「・・とまぁ、こういうやり取りがあったわけでござるよ」
とりあえず桐乃のハンドルネームは置いておくとして、
ふ、これが喧嘩だなんてバカバカしいぜ。
これは桐乃と黒猫なりのコミニュケーションの取り方なんだろう。
てか、ほんと、こいつら仲いいよな。

「なるほどな、その日はお前らの再会パーティーをやるってわけだったのか」

「むふふぅーんω。なにを他人行儀なことを申しておりますか京介氏。」

「もちろん、京介氏も、おたくっ子集まれのメンバですから当然参加いただきますぞ」

「俺もかよ。てか俺に決定権はないのかよ」
俺はそのどっちのアニメにも特に興味はないんだが・・

「あら?嫌なの?兄さん?」
黒猫が意地悪そうな顔で見つめてくる。

「はぁ。わかったよ。参加する。参加させてもらいます。」
サコのパーティーの件もあるしな。

「了解でござる。したらば、拙者日曜日にむけていろいろと準備しておきまする。」

「私も家に帰って魔翌力を貯めておくことにするわ」

「ああ、楽しみにしてるよ」
そういって俺たちは別れ、次の日曜日を待つことになった。

(続く)







208 :串に刺さってタンゴ :2012/12/19(水) 21:48:37.03 ID:ZQjIbqoh0
すみません。チャットログだけずれちゃったので
貼り直します。

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:え、あんた、まだメルルの良さがわかんないの?信じらんないww
                :さすがはあのマスケラとかいう超つまんなくてダサいアニメみて
                :るわけだわ

千葉の堕天使黒猫        :貴方こそ可哀想ね、幼稚なビッチにはあのアニメの崇高さが理解
                :できないみたいね。
                :それにダサいですって?あなたの目は腐っているのかしら?
                :まぁ私のような真の魔翌力を秘めた瞳は無いにしても、一般人が持
                :つ瞳すら持っていないなんて哀れだわ。

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:はいはい、邪気眼乙。あんたこそさっさとその中二病直しなさい。
                :それこそ哀れよ。

沙織(管理人)         :お二人共、気持ちはわかりますが、折角こうやってお話している
                :のですから、もっと冷静に話しあましょう?

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:えぇー?私は冷静だけど??ww 黒いのが勝手に騒いでるだけ
                :じゃんww

千葉の堕天使黒猫        :あら、私の記憶ではあなたからふっかけて来たと思うのだけど?

沙織(管理人)         :はぁ、全く、しょうがないですわね。それでしたらこの前の続
                :きということでまたアニメ鑑賞会なんていかがでしょう?

きりりん@最近あの馬鹿がうざい件:あ、それだったらさ、今度の日曜日うち親出かけてるから、
                :うちに集まれば?

千葉の堕天使黒猫        :たまには現世のものと戯れるのも悪くはないわね。

沙織(管理人)         :じゃあ次の日曜日ということで。この前はわたくし、所用で
                :参加できませんでしたので、楽しみですわ。
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 22:13:10.57 ID:UNR7NW1DO
なにこれ?
連載っぽくされるのウザい。
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 22:46:52.15 ID:wfgyRqOYo
一気に全部投下するか、個別スレ立てた方がいいかもね
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 23:28:30.44 ID:TBO2vfuJo
長編になるなら個別スレを希望します
このままだとレスしづらいっていうか、タイミングがうまく取れないし
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/19(水) 23:46:02.31 ID:4Xm7A8FPo
とりあえずオリキャラって時点で読んでないけど、長くなるなら一気に全部投下するか個別スレ立ててそっちでやって欲しい
投下してくれること自体はありがたいが、こんな感じでされると他の話がしづらくなる
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/20(木) 06:50:52.06 ID:DHwfHa990
>>208
賛否両論あるが最低限個スレは立てるべきだと思うぞ
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/20(木) 10:02:50.94 ID:1/WoMnc7o
オリキャラェ…
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/20(木) 19:50:23.12 ID:9EDcrz6do
桐乃「クリスマスに京介を落としてみせる」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355998808/
216 :串に刺さってタンゴ :2012/12/22(土) 20:32:39.55 ID:3MVSkQp60
>>209〜214
不快な思いさせてしまって申し訳ございません。

書き溜めて別スレで書くようにします。

すみませんでした。
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/23(日) 14:07:20.63 ID:Z9IAocjO0
完結まで書き上げて(書き溜めて)ならこのスレに投下して
書きながら投下なら個別スレ立てて
218 :串に刺さってタンゴ :2012/12/24(月) 01:39:48.09 ID:C9tkabDq0
217>>個別スレ立てました。

俺の妹SSアナザーストーリー(オリキャラ注意)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356280468/
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/24(月) 20:28:32.04 ID:AAKPZHYDO
あやせ「お兄さん!耳そうじをしてください」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356346401/
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/24(月) 21:43:35.02 ID:4LCo69020
くっ、クリスマス物間に合わなかった…
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/25(火) 00:11:21.62 ID:u2or1D6DO
>>220
あきらめたらそこで試合終了ですよ。

ほらまた明日もあるよ。
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/25(火) 02:16:10.13 ID:BsXQ0CBho
>>220
クリスマスはこれからじゃないか
223 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 21:54:50.92 ID:u2or1D6DO
タイトル『忘れられないクリスマス』
↓「クリスマスねえ・・・今日も今日とて受験生には関係ない話ですよっと」

高校最後の冬休みに入って数日。
世間様は、今立川に住んでるとかいう神様のお祝いとやらで大はしゃぎだ。
かくいうウチも例外ではなく、お袋は夕方からご近所の奥様方とクリパ(BBA 無理すんな)だとか言ってカラオケに繰り出して行ったし、親父は年末の警戒強化だとか。
桐乃はもちろんというか、さすがに人気者らしく、クラスでのパーティー・読モ仲間でのパーティーなど引く手数多だ。
要するに、多少毛色は違うのも混じるが、ウチの中もクリスマス一色なわけだ。
俺以外。

「・・・はあ」

椅子の背もたれに体重を預けながら小さくため息をつく。
・・・俺だって何も好き好んでこうなったんじゃねーや。
ただ・・・悉く振られただけだ。
思い出すだけで泣きたくなる。
以下こんな感じで断られた。

○黒猫「あなたとは1度形とはいえ別れているわ。そんな二人が一緒にいるのはおかしいでしょう?」
○沙織「いやー申し訳ござらん京介氏。その日拙者、槇島の方のパーティーに出なくてはいかんのでござるよ」
○麻奈実「ごめんねー京ちゃん。今年はおじいちゃんがケーキ売りまくるんだーってすっごくやる気なの。だからお手伝いしなきゃなんだー」
○あやせ「何故私がお兄さんと?ありえません」
○加奈子「おまえばっかじゃねーの?その日、加奈子はメルルのクリスマスパーティーLIVEの真っ最中だっつの」
○赤城「おう悪い高坂。クリスマスは瀬菜ちゃんとデートなんだ」

「・・・赤城にまで振られたのが地味に痛え・・・」

なんだか友達が一人もいないボッチの気分だよ・・・。
224 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 21:57:03.14 ID:u2or1D6DO

またため息をつきそうになってあわてて頭を振る。
あーいかんいかん。
気持ちが落ちたらやる気も落ちる。
せっかく勉強すると決めたんだから、こんな気分じゃ意味ねーじゃねーか。
ちらりと卓上の時計に目をやると夕方6時。
よし。
確かお袋が夕飯代だと言って置いて行った金がリビングにあったな。
クリスマスだから奮発したのかその額5千円。
桐乃もいると思ったのかもしれないが、残念だな。俺の一人占めだ。
よし、それで滅多に食べないピザなど頼んじまおう。
普段は高すぎて手が出ないが、あいにくとこれは泡銭だ。
パーッと使っちまうに限る。
おお、そういえばたしかクリスマスセットなるものもあったか。
ピザにチキンにドリンクまでついているなんとも豪勢なやつだ。
あれにしよう。あれに決めた。
よしよしなんだか楽しくなってきたぞ。
そこまで来たら、親父等の寝室にある親父愛飲のブランデーも少しいただいちまうか。
なーにほんの少しだわかりゃしねーって。
皆どうせ帰ってくるのは遅いんだからその前に寝ちまえばいい。
酒の匂いなんぞ気づきゃしねって。

「うしっ!せっかくのお祭りだ。俺も少しは味わわせてもらうぜ!」

そうと決まればさっそくピザ屋に電話だ。
俺は携帯を取り出してかけようとしたが・・・。

「・・・っと。先にチラシで確認しとくか。クリスマスセットのやつ」

頼んでもし『そんなのありません』じゃちょっと恥ずかしいしな。
俺は一旦携帯を閉じると、部屋を出て階段を降り始めた。
古新聞は確かキッチンにまとめてあるはずだからっと・・・。
リビングのドアに手を掛けカチャリと押し込む。

「え?」
「電気電気っと」

俺は手さぐりで電気のスイッチに指を掛けた。
カチッと言う軽快な音とともにパパっと23度瞬いてから電気が付く。

「・・・は?」

そこで見た光景に思わずマヌケな声が漏れた。

「い・・・」

なにしろ眼前には。

「いやーーーーっ!!」

ほぼ下着姿の女が何人もいたのだから。
225 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 21:59:10.32 ID:u2or1D6DO

「な・・・ななな?」

い、いかん!あまりの事態に頭がパニックだ。
だがしかしそこは男の性。
状況は理解できなくても、状況を凝視してしまうことはできるのだ。
お・・・おお・・・。
なんだこのレパートリーに富んだ肢体の数々は。
肉付きの良いのからほっそりしたしなやかなボディ。
中にはツルペタまでいるじゃないか。

「おおお・・・」
「っ!いつまで見続けてんのよ!?この変態っ!!」
「え?その声桐・・・」

はっと我に返って目を向けた先。
そこには視界いっぱいに広がる拳が見えていた。
そのあとリビングから叩きだされた俺は、桐乃が声をかけるまで正座といいつけられて、くそ寒い廊下で震え続けた。
どれくらい経ったか、歯の根が合わなくなってきたぐらいにようやく声をかけられた。
部屋に招き入れられた俺は、思わず『おおっ』と感嘆の声を上げた。
なにしろそこには、大小さまざまな美少女サンタが俺を出迎えてくれたんだからな。

「な・・・なんだよこれ・・・」

思わず呆然と呟いた俺の背後。いきなり肩を掴まれた。

「なににやけてんのキモい」
「き、桐乃?」

振り返って見た俺は一瞬思考停止してしまった。
見慣れているはずの妹が、全くの別人のように見えた。
首に結ばれた赤いチョーカー。
肩を大胆に露出した半袖のサンタ服。ご丁寧にヘソチラ付きだ。
そしてすらっとした足を、惜しげも無くさらけ出す超ミニスカ。
動いたらパンツくらい見えそうだ。
とにかく、普段とは見紛うばかりの超絶美少女サンタがそこに立っていたんだ。
呆けるくらい普通だろう

「な・・・なにじろじろ見てんのよ・・・」
「京介さんは、きりりんさんの可愛らしさに見惚れていたのですわ」
「えっ!?」
「んな!?」

誰だそんな本当のこと暴露してくれやがるの・・・は・・・。

「さ・・・沙織・・・さん?」
「はい」

小さく小首を傾げながらニコッと微笑んだのは、紛れもなく沙織・バジーナこと槇島沙織だったのだが・・・。
226 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:03:22.37 ID:u2or1D6DO

「お・・・うおおおおおっ!!」

こ、これはヤバい!!
なにがヤバいってまず胸元!
ちょうど胸の谷間が見えるあたりが大きくハート形に切り取られているデザイン!!
そこにこれでもかと主張する双丘の膨らみ!!
なまじ体にフィットさせる造りなのがよりその胸を強調している・・・。

「は・・・半端ねえ破壊力・・・」
「お・に・い・さ・ん?」
「うおわっ!!」

いきなり視界に飛び込んできたもの。
それは左の頸動脈に当てられた、鈍く光る・・・ナイフ 。

「あ・・・あやせ・・・か?」
「・・・今・・・破廉恥なこと・・・考えてませんでしたか?」
「か、考えてない!全然まったくこれっぽっちも考えてないぞ!!」
「そう・・・ですか。それならばいいんですけど?」

その言葉と同時にスッと首筋から感触が消える。
やべえ。別の意味でやべえ。

「拙者の胸はそんなに魅力ないでござるか?」
「う・・・お・・・目の前で寄せて・・・」
「お兄さん?」
「いいえなんでもありません!!」

死神の目の前で俺を弄ぶなオッパイ女神!!

「いやいやほんと。これっぽっちも・・・」
「?どうしました?」

振り返った瞬間思わず呟いたね。

「・・・ラブリーマイエンジェル・・・」
「っ!!お、お兄さん!?も、もうからかわないって言ったじゃないですか!?」
「すまねえ・・・マジ本心から出た言葉だ・・・」
「泣いた!?」

いやだってよ・・・本当に天使に見えたんだもん。
ノースリーブのサンタ服から伸びる柔らかそうな腕。
チラチラ見える脇がまた艶めかしい。
両手を覆う真っ白な手袋は、あやせの純潔の表れだろうか。
なんにせよ、死神なんて思ってごめん。
あやせたんマジ天使。

「ありがとうございました」
「な、なんでお礼を言うんですか!?も、もう相変わらずですね・・・」
「ははすまん。でもマジで可愛いよ」
「あ、ありがとうございます・・・」
「あらあら。元恋人の前で見せつけちゃってくれるわねえ・・・」
「く、黒猫!?」

ぎくりとして声の方に振り返る。
227 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:05:32.53 ID:u2or1D6DO

「まったく節操のない雄だこと」
「・・・」
「?どうしたの?」
「・・・は!わ、悪い!・・・見惚れてた・・・」
「なっ!?ま、またそんな調子のいいこと言って・・・」

いや・・・本当に見惚れてた・・・。
今日ばかりは黒猫もみんなと同じサンタコスだ。
だが・・・基調が赤と白でなく、黒と白なのだ。
しかしそれが・・・黒猫に実によく似合っていた。
他の皆と違い、極端に露出の少ないコス。
首から手首、膝上まで全くと言って肌は出ていない。
しかしそのきっちりと包み込まれてる感が、黒猫の雰囲気に実に合っていた。
俗な言い方になるが、拘束されているように見える。
そのなんとも言えない背徳感のような雰囲気を助長させているのが、手首に嵌められた大きめの鉄枷だ。
そこからジャラリと地面まで伸びる鎖が、なんというか・・・。

「い、今あなたから邪悪な雰囲気を感じ取ったわ!」
「え?そんなわけないじゃナイカ」
「く、口調が怪しくなっているわよ・・・?」
「きのせいダロ?さあとりあえずそのくさりをおれににぎらせるんダ」
「ひいっ!!」
「目がヤベーよオメー」
「う」

突然腹に蹴りを入れられた。
そちらに目を向けると・・・ちんまいサンタが立っていた。

「・・・子供?」
「加奈子様だ!!ばっかやろー!!」

いや分かってるけどさ、この辺はお約束じゃん。
いや・・・それにしても・・・。

「見事にツルペタだなお前」
「んなっ!?」

まあ正直、一番際どいサンタだよお前。
胸は幅の広いリボン一本でか結ばれてるのみ。
肩から手首までかけて赤い袖で包まれる逆ノースリ。
可愛いお腹も華奢な肩もあけっぴろげに露出されてる。
それにスカートは見せパンなのか、思いっきりのマイクロミニ。
さっきっから見えまくりだ。
しかし・・・なあ?

「お前ホントに凹凸ないのなー」
「っ!!」
「もういっそ小学生ですって言った方がいいんじゃないのか?乗り物も映画も安く済むぞ?誰も疑わねーし」
「・・・な・・・なんだよ・・・そんなに・・・加奈子、駄目なのかよぉ・・・」

あーあ泣きやがった。
・・・予定通りに。

「う・・・か、加奈子だって・・・頑張ったんだぞ・・・きょ、京介に・・・喜んでもらいたくって・・・」
「わかってるよ」
「・・・え?」
「ほら・・・こい」
「え・・・あ・・・」

躊躇してる加奈子を強引に引き寄せ抱きしめる。

「・・・お前があんまり可愛いからよ、ちょっと意地悪したくなった」
「っ!・・・ほ、ほんとに悲しかったんだぞ・・・バカ」
「悪い。でもな、泣き顔が可愛いお前が一番悪い」
「・・・バカ・・・」
「・・・あれどういうことなんですか?」
「・・・なんかね、加奈子のイベントで、あーやって二人で楽しむことがよくあるみたい」
「・・・ドMなのね・・・」
「黒猫氏と一緒ですな・・・」
228 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:08:48.95 ID:u2or1D6DO

「京ちゃん!」
「うおっとっ!!」

やっべ。今完全にイベント気分だった。
いかんいかん。今日は殺戮の天使が降臨してるんだった・・・って。

「・・・麻奈実?」
「うん、そうだよ」
「・・・」
「な、なんでそこで黙るの!?」

いやだって・・・なあ。
麻奈実ももちろん格好はサンタコスだ。
しかしいかんせん・・・地味だ。
オーソドックスな街中でよく見かけるようなサンタ服。
その上にいつもの幼馴染の顔が乗ってるだけ。
なんつーか・・・・変わり映えしない。

「・・・お前はいつもと一緒だな」
「な、なんで!?ほ、ほらほらサンタなんだよっ!?」
「うんまあ。それ含めて普通って言うか・・・」
「ええっ!?」

途端に悲しそうな顔になる麻奈実。
それも見慣れたもんだ。

「なんで泣きそうになってんだよ?」
「だ、だって・・・加奈子ちゃんじゃないけど、あたしもがんばって・・・」
「ああそれはそうだな。だから普通だなって」
「・・・え?」

お前が頑張ってるのなんて俺が誰より知ってるじゃねーか。

「どんな格好してたって麻奈実は麻奈実だ。いっつも俺の隣にいてニコニコ笑ってるバーさん、それがお前じゃねーか。ちょっとくらい変わった格好したくらいで見る目なんて変わらねーよ。だから、普通だよお前は。俺のよく知ってる・・・俺を誰よりよく知ってくれてる、俺の大切な幼馴染だ」
「京ちゃん・・・」
「それにお前のイメチェンは、以前の前髪事件で懲りてんだ。ホントあの時は泣きたくなったんだからな?もう二度とすんなよ?」
「う・・・うんっ!わかった!えへへ」
「よし」

頭を撫でてやりながら互いに微笑みあう。

「・・・な、なんですかあの熟年カップルのようなやり取りは?」
「・・・昔っからあーだよ。ほんっと頭くる」
「さ、さすがはベルフェゴール・・・ラスボスなだけはあるわね・・・」
「京介氏があれほどリラックスしているのを拙者初めて見ましたぞ」
「師匠パネェ・・・てゆーかそこのでかいの。口調がさっきからオタクになってんぞ」
「あら失礼」
「あーもう!いつまで二人の世界作ってんの!?」
「うわっ!お、おい桐乃」

急に桐乃が俺と麻奈実の間に入ってきて引きはがした。

「ほらそれじゃサクサク始めるよ?」
「い、いやちょちょっと待ってくれ」
「ん?なに?」
「いや、なにじゃなくて・・・今までお前らの姿に驚いてたけど・・・これって結局なんなんだ?」
「はあ!?ばかじゃん!?」

いきなりキレるなよ。普通聞くだろ誰だって。
誰もいないはずのリビングに、着替えてる女が6人もいて、そんでいきなり始めるよって・・・どんなカオスだよ一体?

「そもそもお前らなんでここいんの?みんな用事があったんじゃなかったか?」

それで俺振られてボッチマスしようとしてたんだよな。
あ、あやせだけは普通に振ったんだっけ。

229 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:13:08.31 ID:u2or1D6DO

「桐乃。クラスと仕事のパーティーは?」
「もちブッチ」
「はあ!?な、なんで!?」
「い、いいじゃん別に!」

いやいやいやよくねーだろ!!
仕事してない俺でも仕事相手との会合をブッチしちゃいけないことぐらいわかるよ!?

「お、お前・・・後で問題になるぞそれ・・・」
「うっさいなーあたしがいいって言ってんだからいいの!」
「い、いやしかしなあ・・・」
「大丈夫ですよお兄さん」
「あやせ?」

気が付けば、あやせが桐乃の肩を掴んで背後に立っていた。

「あたしの事務所の社長に頼んで、桐乃の事は伝えておきました」
「え!?あやせそんなことしてくれたの!?」
「そうだよ桐乃。もー駄目だよ?無断でお仕事サボるなんて」
「だ、だって美咲さん・・・離してくれそうにないもん・・・」
「それでもだーめ。ちゃんと手順を踏んでお休みしなきゃだよ。わかった?」
「うん・・・ありがとあやせ」

あやせに素直に礼を言う桐乃。
なんだかんだであやせは本当に桐乃の姉ちゃんみたいに優しく見守ってるよな。

「俺からも礼を言うよ。ありがとな、あやせ」
「べ、別にお兄さんの為にしたわけじゃないですから・・・」
「それでもだ。これからも桐乃のこと頼むな」
「い、言われるまでもなく当然です!」

真っ赤になってそっぽを向くあやせ。
本当に桐乃はいい親友を持ったよな。
230 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:14:29.00 ID:u2or1D6DO

「おい京介」
「なんスか加奈子様?」
「オメーちっと加奈子にも礼言えよ」
「はあ?」

いきなり出てきて何ふざけたこと言ってんだこのクソガキャ?

「なんで俺がオメーに礼言わなきゃなんねーんだよ?」
「それが・・・言ってあげてくださいお兄さん」
「へ?なんで?」

あやせまで困ったように笑いながら言ってきたよ。
こいつに俺なにもしてもらってないよ?

「実は・・・あたし達3人が今ここにいられるの、加奈子のおかげなんです」
「3人・・・てお前と桐乃と加奈子?」
「はい」
「へっへー。実はそーなんだよな」

得意気に加奈子が言うには、なんでも、桐乃だけならまだしも、さすがに3人共がいなくなるのは困ると上の人が渋っていたのを加奈子がきれいに纏めたとか。

「嘘はいいからほんとのことを言え」
「なんだとー!?ほんとだっつーの!!渋る社チョーに『社チョー。明日のメルルLIVE、加奈子ずっと出ずっぱりでい良いからお願い』つって頼み込んだんだよ!!」
「・・・マジで?」
「はい」

驚いて聞くと、あやせがコクリと頷いた。

「おま・・・出ずっぱって・・・どんだけ大変かわかってんだろ?」
「たりめーじゃん」

手を頭の後ろに組んでいつものようにニヒヒと笑う加奈子。

「確かに6時間ずっとはキッチーよ?でーもよー、ダチが目の前で困ってんのに比べたらどーってことねーって」
「おまえ・・・」

俺はゆっくりと抱きしめると、小さくお礼を言った。

「ありがとうな。ホント男前だな・・・お前は」
「お、おう・・・へへ。明日はいい席用意すっから見に来てくれよな?」
「ああ必ず行く。なんならまたマネージャーとしてコキ使ってくれてもいいぞ」
「マジで!?よーしあとで社チョーに聞いてみる!」
「ああ」
「・・・今回は目を瞑る」
「・・・わたしも」
231 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:15:46.76 ID:u2or1D6DO

ひとしきり抱き合った後、今度は沙織に向き直る。

「沙織はどうしたよ、槇島のパーティーは?」

あっちは上流階級のパーティーだから、そう簡単に抜け出せるとは思えないんだが。

「いえ・・・実は今年は姉さんが帰ってきてまして・・・」
「げ!?あの破天荒姉ちゃんの香織さんが!?」
「はい・・・」

そう俯き加減で答えた沙織の肩がプルプルと震えている。
お、おい・・・握り拳まで震えてるぞ?

「さ・・・沙織さん?」
「まったくあの人は・・・ふらりと帰ってきて『今年は私が出るからお前は好きにしな』などとかるーく言い出しやがりまして・・・まったく私の苦労など何も知らないくせにほんとにかるーく・・・うふふ・・・」
「お、おいおい待て待て怖い怖い!!」
「うふふ・・・後で覚えていやがれですわ・・・うふふ・・・」
「ヤベー。槇島家に血の雨が降る」
「でもそれって、沙織さんのためを思って言ってくれたんじゃないかな?」
「え?」

不意にかけられた声に沙織が振り向くと、そこには麻奈実がニコニコと笑っていた。

「いいお姉さんだよねえ。沙織ちゃんがここに来たがってるのがわかって、急に代役を買って出てくれるなんて。たしか外国に住んでるんでしょ?わざわざ妹さんのために帰国するなんて、京ちゃんに負けないシスコンさんだねえ」
「そ、そんな!そんなことはありません!第一私がこちらのパーティーに来たがってるなどと、離れてる姉さんにわかるはずがありませんわ!」
「そんなことないよう。だって私が伝えたもん」
「・・・え?」
「・・・へ?」
「・・・」

一瞬ここにいる全員が黙り込んだ。
今・・・とんでもないこと言わなかったかこいつ?

「ま、麻奈美?」
「ん?なに京ちゃん?」
「お前・・・香織さんの連絡先知ってるの?」
「え?あ、うん」
「どどどどうして!?」
「んーと、ある日急に香織さんから電話がかかってきて、私は沙織の姉だー。もしよければ沙織のことを見守っててくれないかーって」

ニッコリと笑いながら言ってるが・・・とんでもねーぞこれ。

「まあ・・・あの人なら麻奈美のこと調べるのくらい訳ねーか・・・」

なんたって俺の事も事細かく調べ上げてたもんな。

「姉さんが・・・そんなことを・・・」

沙織がギュッと胸の前で両手を握りしめる。
よかったな、お前の姉さんはお前のことをいつでも思ってくれてたな。

「へー良いなあ沙織。加奈子なんかさーホント放任主義だもんよー」

あたしもそれくらい思われてみてーよ、とぼやく加奈子。
たしかにお前の姉ちゃん、下手したらお前より子供だもんな。

「そんなことないよ加奈子ちゃん」
「へ?」

そんな加奈子にまた麻奈実が声をかける。

「彼方さんからも私頼まれてるんだー。かなちゃんはまだ中学生だから、遅くても11時には帰してねって。責任重大だよー。だから送っていくからちゃんと帰ろうね?」
「・・・」
「・・・」
「・・・麻奈美?」
「ん?なあに?」
「お前・・・ここにいる奴等の身内、一体どれくらい知ってんの?」
「えーそんなに知らないよー」

そういいながら麻奈実は、んーとと前置いて指折り数えて羅列していく。

「まず京ちゃんのお父さんお母さんでしょ?あとあやせちゃんのお父さんとお母さん。黒猫さんのお母さんに妹の日向ちゃん。沙織ちゃんのお姉さんにお母さん。あと加奈子ちゃんのお姉さん。せいぜいこれくらいだよー」
「そんだけ知ってりゃ立派過ぎるわっ!どこで手に入れたんだよその濃密連絡網!?」
「えへへ秘密ー」
「・・・初めてお前を恐ろしいと感じたわ・・・」

俺の幼馴染マジパネェ!
232 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:25:50.11 ID:u2or1D6DO

「ま、まあいいや・・・それで、黒猫は・・・」
「わ、私は・・・その・・・」
「あたしが誘ったのよ」
「桐乃が?」
「そ」

桐乃は黒猫の前に回るとギュッと抱きしめた。

「こ、こら離しなさい」
「こいつさー、最後まで頑固でさー」

相変わらず話は聞かないのなお前。
まあ黒猫もまんざらではないようだしまあいいか。

「頑固ってなんだ?」
「んー実はさ、この集まりって、京介にサプライズパーティーをプレゼントするって企画だったんだよね」
「え?」

ちょちょっと待て。
え?なにがなんだって?

「それでこの黒いのも誘ったんだけど、こいつったらまだ夏のこと気にしててさ、今回は遠慮するわ・・・とか言っちゃって。まったく素直じゃないってゆーか。そんであたしがちょっと強引に引っ張り出してきたってわけ」
「いきなり車に乗せて、有無を言わさず沙織の家まで連れて行くのをちょっとで済ますのねあなた・・・」
「まあそこまでやっちゃえばこいつも観念するじゃん?だから・・・って聞いてんのあんた?」
「あ、ああいや・・・すまん。ちょっと頭が追いついてってないっつーか・・・」
「はあ?」
「いや・・・俺にプレゼント?サプライズパーティー?」
「だからそー言ってんじゃん」
「きりりんさん。京介さんはあまりに意外過ぎて驚いてらっしゃるのですわ」
「え?なにが?」
「京介さん?」
「あ、な、なんだ?」
「これは紛れもなくきりりんさんがあなたの為に企画したプレゼントなのです」
「ちょ!それいうなって言ったじゃん!!」
「でも言わなければ、京介さんはずっと固まったままでしてよ?ね?京介さん?」
「あ・・・ああ」

たしかに俺は意外過ぎて頭が回らなかった。
桐乃が?俺にプレゼント?
エロゲ以外に?
あまりにも現実離れし過ぎていて信じられなかった。
233 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:26:36.07 ID:u2or1D6DO

「・・・桐乃が『あいつさーあたしと離れるのが嫌でA判定〓ぎ取ってくるぐらいシスコンじゃん?だっからさーあたしからなんかもらったら泣いて喜ぶと思うんだよねー。エロゲん時みたいに?だからさ、あんたも協力してよ』なんて言ってくるものだから、私もこうしてここにいるのよ」
「ちょ!あんた!!」
「なにかしら?本当の事しか言ってないはずだけど?」
「う、うぐぐ・・・」

桐乃が黙った。
てことは本当の事ってことかよ・・・。

「それでわたしも社長に頼んでお休みを頂いたんです」
「加奈子の犠牲でな」

おまえら・・・。

「それで私も沙織ちゃんのお姉さんに頼んでこの日を空けて貰ったんだー。一緒にお料理したんだよね?」
「はい。麻奈実さんにはいろいろとお世話になりました」
「師匠ー、加奈子も手伝ったじゃんよー」
「そうだね。加奈子ちゃんすっごく料理上手になったもんね」
「え、えへへ照れるッスよー」

本当に俺のために・・・。

「んで、仕上げに沙織に用意してもらったサンタコスしてあんた呼ぼうと思ったらさー・・・ほんと空気読めないよね?」
「・・・いやでも・・・これ・・・俺悪くねーんじゃ・・・」
「はあ?どの口が言うわけ?だいたいあんた・・・は・・・」
「・・・京介さん・・・」
「・・・まったく、変わらないわね。あのときと一緒だわ」

そう言って黒猫は静かにポケットからハンカチを取り出すと、優しく俺の目元をぬぐってくれた。
そう・・・。
俺は感極まって・・・泣き出していた。

「あーあったく、大の男が泣くなよな京介ー」
「さっきは加奈子が泣いてたけどね」
「良かったね京ちゃん」
「う・・・ぐっ・・・ご、ごめんっ・・・あ、ありがとな・・・おまえら・・・」
「・・・なに言ってんの。まだパーティーは始まってすらないんだよ?ほらあんたはソファに座ってあたしたちの可愛いサンタコスを堪能してなさい!」

パン!背中を叩かれてたたらを踏む。
これが桐乃なりの照れ隠しなのはもうわかってる。

「・・・桐乃、さんきゅな・・・」
「い、いいって・・・」
「プレゼント・・・今度買いに行こうな」
「っ!ま、まあ!あんたがどうしても貰って欲しいってんなら行ってやってもいいけど!?」
「ああ。ぜひ貰ってくれ」
「う・・・わ、わかった・・・」

桐乃が消え入りそうな声で答えてくるのを聞いて、今度はどんなに高くてもこいつの欲しいものを買ってやろうと固く心に誓った。
234 : ◆odaAq0EgoE [sage saga]:2012/12/25(火) 22:27:04.49 ID:u2or1D6DO

「あ、あのさ・・・」
「ん?」

不意に桐乃が小さな箱を出してきた。

「なにこれ?」
「あ、あとで渡そうと思ったんだけけど・・・」

そういいながら箱を開ける。
中には小さなシルバーのリングが入っていた。

「これは?」
「ちゃんとしたプレゼント。パーティーは結局みんなも楽しめるから。京介に買ったプレゼント」
「桐乃・・・」

どんだけ泣かせるつもりだこいつは。

「ありがとな」
「さ、サイズたぶんあってると思うけど、もし違ってたら直さなきゃいけないから今ちょっと嵌めてみて」
「・・・おう」

涙をぐっとこらえて、桐乃のくれた指輪を嵌めにかかる。

「・・・」
「・・・」
「・・・桐乃?」
「なに?」
「・・・これ、左手の薬指にしかあわねーんだけど・・・?」
「よしぴったり」

・・・満足そうに頷いたよ・・・。

「いや、ぴったりじゃねーよ!!結婚指輪かこりゃ!?」
「ちなみにそれペアリングだから」
「んなっ!?」
「あー!桐乃が抜け駆けしてるーっ!!」

俺が驚きに口が塞がらないでいるとき、準備をしていた加奈子が俺をビシッと指差してきた。
その声に、一斉にみんなの顔がこっちに向く。

「ズルいよ桐乃!プレゼントはあとで皆で交換会って言ったじゃない!!」
「そっちのもちゃんとあるよーだ。これは京介に買ったんだもん」
「いやはや油断も隙もありませんな」
「く・・・ビッチと二人きりにするなんて・・・。この聖なる夜はやはり私の魔力に影響を及ぼしているわ・・・」
「なあ野良猫、いい加減そーゆーのキメエ」
「お兄ちゃんへプレゼントカー。よかったねー京チャン」
「お、お姉さん・・・え、笑顔が怖いです・・・」
「なんとでも言えばー?きりりん大勝利ー!!」
「は・・・はは・・・」

ドタバタと駆けずり回る6人の美少女サンタ。
そんな光景を見ながら、俺は知らず笑い出していた。
全くお前ら本当に最高だよ。

「飯にありつくのはこの騒ぎが収まらないとだな・・・」

さてそれじゃあそれまで、このリアルシスカリ・クリスマスバージョンを特等席で楽しませてもらうか。
俺はゆっくりとソファに腰掛け、深く身を沈めた。
どこからか聞こえてくるジングルベルをBGMにしながら・・・。

END
235 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/25(火) 22:27:35.50 ID:u2or1D6DO
以上です。
236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/25(火) 22:33:13.44 ID:dhMGkbB1o
おおー全員登場でサンタコスのパーティーとはww
いいクリスマスプレゼントになったよ、ありがとうww
237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/26(水) 01:04:11.80 ID:XOactBT00
これは素晴らしいクリスマスwww
ありがとうございます!

そして俺のは間に合わなかった…
238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/26(水) 04:01:02.51 ID:TfV4DVjDO
イイネ・
239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/27(木) 06:43:06.03 ID:YPy6I9ZI0
乙乙!
加奈子カッケー!
240 : ◆k4qYXRI5uY :2012/12/27(木) 15:55:22.15 ID:V+Z1sDp10
クリスマスとは関係ないけど、ssを書いたので次スレから投下。
桐乃×京介。
241 : ◆k4qYXRI5uY :2012/12/27(木) 15:58:08.24 ID:V+Z1sDp10



同居室。






学校から帰り、俺は自分の部屋へと歩を進める。いつもどおりに、階段を上り部屋へと向かう。
途中の道で何故か桐乃の部屋から色々な家具が出ていたが、模様替えでもしているのだろうと気にせずに自分の部屋の扉を開けた。
たてつけが悪くなってきたのか、何故か俺の部屋の扉だけきしむ。

ギギ……

この音を聞くと、何故だか悲しくなってくる。親父達は桐乃の部屋がこんな状況になったら一瞬でなおすのに、俺の場合だと軽く一年ぐらいは待たされる覚悟をしなければならないのだ。
ふっ、とかるく息を吐き出して何時も通りの質素な自分の部屋を視界におさめる……。

……?

「……」

桐乃が俺のベッドで俺の枕に顔を埋めていた。
扉の音で気付いたのだろう、振り返った桐乃と目があう。

驚愕して、大きい眼を目一杯に開いてこちらを見ている。

……うん、よし。

パタン。

思わず扉を閉めてしまった。
……いやいや、おかしい、ありえない。うん、ありえないよな。昨日は夜更かししちまったし、きっと疲れて幻を見てしまったんだろう。
だって俺の部屋に桐乃が居るんだよ?。おかしいだろjk

俺はふっと笑うと、深呼吸してもう一度扉を開いた。

今度は桐乃が床に正座していた。
静々とお茶を飲んでいる。

うん、やはり見間違いだったらしい。っておかしいのはそこじゃねぇだろ!!

俺は思わず心の中で一人ノリツッコミをしてしまった。
おかしいのはお前が何をしているかじゃねぇんだよ、お前が俺の部屋にいる事なんだよ!

勝手に俺の部屋に入り、好き勝手していた妹に軽く殺意が沸くが。まぁここはあれだ、内心だけで抑えるべきだろう。
俺は一応兄貴だからな。なんで俺の部屋に居たのかも大体見当はつくし。
どうせ自分の部屋の模様替えに飽きて、休憩がてら俺の部屋に来たのだろう。

でも一応は男なので、そんな俺の部屋で寝ているのかはどうかと思うね。

俺は盛大に溜息をつくと、ベッドに鞄を投げると桐乃に問いかけた。

「…で? 何で俺の部屋にいる? っていうかなんで勝手に入って勝手に人のベッドで寝てんだ」
「……勘違いじゃない?」
「んなわけあるか! どうせ自分の部屋の模様替えに飽きて休憩とかそんなだろ!」
「違う違う、ついいつもの日課……っ!?」
「日課?」
「じゃなくて!! うん、そう! 兄貴が言った理由! いやぁばれちゃったかぁ!!」

ふん! 隠す事もなく堂々と認めやがって。少しは反省しやがれ

「はぁぁぁぁ、飽きるならやるなよなぁ。で? なんで急にこんな事やろうって思ったんだよ」
242 : ◆k4qYXRI5uY :2012/12/27(木) 15:58:39.47 ID:V+Z1sDp10
まぁ別に理由なんて無さそうだが…。一応言い訳は聞いといてやろう。

「いや、こんな事態になったら兄貴の部屋に泊まれるかなぁ……っ!?」
「ん?」
「いやぁ!! なんとなくだよお!!」

やはりか、やっぱり思いつくままだったか。
俺は何度目か数えるのも面倒になった溜息をもう一度つくと、桐乃をジロリと見る。

「で? これからどうするつもりだ?」

もう夕方である。この調子だと桐乃の部屋はめちゃくちゃであろう。それこそ寝る場所すらないくらいに。
で、問題になるのは桐乃の寝る場所である。
桐乃のことだ、どうする事も出来なくて俺を頼ってくる可能性が大きいのだ。

だから俺は最初に断りを入れることにした。

「う〜ん、それなんだけどさぁ、この調子だと寝るまでに間に合わなくてさ」
「桐乃、俺は手伝わないからな。」
「まだなにも言ってないんだけど!?」

当たり前だ。言われてたまるか。

「良いじゃん! 手伝ってよ!!」
「やだね、自分のケツくらい自分で拭きやがれ」
「むむぅ」

桐乃はうなってくる。
だが俺はいくら頼まれようと聞き入れるつもりは無い。これまでは仕方がなく。そう、しかたがなく手伝ってきただけだ!
これからは断固として兄の威厳を取り戻す!

「分かった。手伝わなくていいよ。でも知らないからね? 兄貴の今日の寝床はリビングのソファだよ?」
「何故に!?」
「いや、だってお母さんに部屋の事話したら兄貴のベッドを貸してもらいなさい、って」
「あんのくそお袋ぉぉぉぉ!! 貸さん! 俺はベッドなんぞ貸さんからなぁぁぁぁぁ!!」
「……じゃぁ兄貴はあたしが下のソファで寝て、震えながら寝て風邪引いても良いって言うの?」
「むむむむむむ」

くそぉ! こんな時だけ泣きそうな顔しやがって!
俺は桐乃が下のソファで震えながら寝ているところを想像して、頭を振った。

どうやら今回も俺の負けらしい。
手伝うしか俺に選択肢が残されていなかった。

「……わぁったよ!! 手伝えばいいんだろ!? 手伝えば!!」
「ニシシ! さぁっすが兄貴! 信じてたよ!!」

俺がやけくそになって叫ぶと、桐乃は待ってましたといわんばかりな声を出した。
勿論さっきまで泣きそうな顔だったが、今は満面の笑顔である。

きぃぃぃ! 悔しい! でも感じちゃう!!

最近、変にオタクに染まってきたなぁ、俺。
咄嗟に出てきた脳内の言葉に俺は俺自身に呆れてしまった。

まぁそれはさておき、桐乃の部屋の片付けである。
そろそろオタクコレクションが多くなりすぎて、整理もしなければいけないし、という理由ではじめたらしいこの模様変え。
今でもなんで俺が、とは思うものの、この寒い季節にリビングのソファに寝るぐらいなら手伝ってやろうではないか。

「よっしゃ、じゃぁどれから移動させるよ?」
「う〜ん、今考え中、ちょっと待ってて」

……考えてなかったのかよっ!
思わずそうつっこみそうになるが、すんでのところで堪える。
沸々とした怒りがこみあげてくるが、ここで文句を言えば余計に時間をくうこと必定だ。なんとか我慢して出来るだけ早くこの面倒な事態を解決しようではないか。

なんて思って待つ。
…待つ。

……待つ。

………待つ。


―――――1時間経過――――――

「って待ちきれるかぁぁぁぁ!!!!」
「うわっ、びっくりしたぁ。なによ兄貴、きゅうに大声だして」
243 : ◆k4qYXRI5uY :2012/12/27(木) 15:59:25.74 ID:V+Z1sDp10

そりゃ大声だすわ、どんだけ考えてなかったんだよ。おかしいだろ。
待ってもう一時間だぞ。待ちきれるかボケ。

「もう知らん。俺は部屋に戻るからな」
「えぇぇ? なんでよ、もうちょっとで閃きそうだからここにいてよ」
「そのもうちょっとが異常にながそうだからやだ」

っていうか、もうあれだよ? もうすぐ夕飯だよ? どうすんの、これどうやっても間に合わないんじゃねぇの?

嫌な予感に顔をひくつかせていると、予想通りにお袋から夕飯の声がかかった。

現在時刻。7時である。









11時。。

夕食後。桐乃はうんうんと唸って考えて、なんとか模様変えの考えを纏めたらしいがいくらなんでも遅すぎた。

やはり俺の予想通り桐乃の模様変えは間に合わなかったのだ。
夜もふけ、もう真夜中と言える時間に突入している。俺は眠気眼を必死にこすりながら桐乃を手伝ったが、時間的にやはり無理があった。

最終的に俺は諦めて、桐乃に声をかける。

「おぉい桐乃、もう無理だ。俺は下で寝るからお前は適当に俺のベッドで寝てろや」

まぁしょうがないだろう。ここは俺が下で寝るしかあるまい。これで風邪でも引かれたら寝覚めが悪くて仕方がないからな。
溜息を吐きそうになるが我慢して下へと歩き出す。

だが、その歩みは意外にも桐乃の奴によって止められた。
歩き始めた俺の手の袖を、ちょこっとつまんで止めたのだ。振り返ってみると、桐乃がそっぽを向いて下を睨みつけていた。
顔が赤いのは俺の勘違いだろうか? もしや手遅れか? もう風邪引いちまったのか?

俺は不安になり思わず桐乃のおでこに手を伸ばしてしまう。ふれたおでこは熱くなく、風邪ではないようでホッと胸を撫で下ろす。
その間桐乃といえば、目をキュッとつむり下を向いていた顔は何故か上を向いていた。熱は無いのに顔は更に赤くなっているように見えるのは何故だろうか?

まぁいつまでもこうしていてもしょうが無い、と思い桐乃に用事を尋ねる。
途端桐乃は不機嫌になるが、それも数瞬もしないうちに萎れた顔に戻ってしまった。

「なんだ? 早く寝ないと明日も学校だぞ?」
「あ、あのさ……。あんた、下で寝るの……やっぱり嫌?」

珍しく歯切れが悪い桐乃。
溜息をついて俺は返事をする。

「嫌に決まってんだろ。でもま、お前が風邪をひくよりはよっぽど良いとは思うから、俺は下で寝るよ」

安心させるように笑いかけ、俺はもう一度歩き出そうとする。だが桐乃は俺の袖から手を離そうとしない。

「あんだ? まだなんかあんのか?」
「な、ななな、ならあたしと一緒にね、ねねねね、寝よう!?」

……?
こいつ、今なんて言った? 一緒に寝ようって言った?
信じられなくて思わず聞き返す。

「わ、わりぃ桐乃。上手く聞こえなかったわ、もう一度言ってくれ」
「だから! い、一緒に寝てあげるっつってんの!」
「ば、バッカ野郎! んなことできっか!」
「じゃぁいいもん! 兄貴が一緒に寝てくれないならあたしが下で寝るから!」
「いや、駄目だ! 俺が下でねるんだ!」
「ぜーったいにやだ! 兄貴が一緒に寝るって言わない限り絶対にベッドで寝ない!!」

むむむむむむ! なんて頑固な奴なんだ!
244 : ◆k4qYXRI5uY :2012/12/27(木) 16:00:11.46 ID:V+Z1sDp10

頭に血が上ってくるが、ふと考えてしまった。
なんでこんな事になっているのかを。

だって、そうだろう? 俺達はどっちも【下のソファ】で寝たがっているんだぞ?

こんなアホな話があるか? いや、無いね。
俺は、言うのは嫌だがこんな風になったのは桐乃に風邪をひいてほしくないからだ。
だったら桐乃は? なんで下で寝たがっているんだ?

そんなの、決まってる。俺が、風邪をひいてほしくないからだ。

俺は、そこまで考えるとおかしくなって笑ってしまう。現在怒り心頭な桐乃はそれを見てさらに怒っているが、そんな桐乃に俺は笑いかけて言った。

「よし、じゃぁ一緒に寝るか、今日は」
「……へ?」
「いや、一緒に寝るんだろ?」

桐乃は最初、何を言われたのか理解していなかったが、俺が二度目を言うと満面の笑みを浮かべて首をたてにふった。

「うん!!」






――――桐乃side――――

INベッド。


あたしは必死に目を瞑る。眠れない。
兄貴の体温、兄貴の匂い、兄貴の体、兄貴の息、兄貴の髪、兄貴の服。

兄貴の、全てが私の意識を持っていく。風邪でもないのにボーッとしてしまう。

あたし達は背中合わせ。ピッタリと合わさった背中から兄貴の心臓の音が伝わってくる。
優しく、優しく。

「兄貴、寝てるの?」

返事は無い。もう寝てしまったのだろう。
あたしは思わず頬をふくらませてしまった。なんで寝れるのよ、あたしが緊張して全然寝れないっていうのに。あたしは後ろから兄貴の脚をこつんと蹴る。
もうちょっと、意識してくれてもいいのに。
245 : ◆k4qYXRI5uY :2012/12/27(木) 16:00:57.74 ID:V+Z1sDp10

そうだ、兄貴はいっつもそうだ。妹として扱ってくれて、とても優しくしてくれるけど、ひとつも女の子として扱ってくれないんだ。
いくら妹と言ったって女なんだよ? しかもモデルしてるくらい可愛い女の子なんだよ?
でもしょうがないか、兄貴だもんね。

あたしはくるりと向きを変えて兄貴の背中に抱きつく。さらに鼓動が早くなって心臓がはちきれるんじゃないかと思うくらいうるさいが、それすらも心地良く感じた。

鈍感、低脳、唐変木、服のセンスも無ければ、顔が特別格好良いわけでもない。
だけど、とってもとっても優しくて、そんな甘い蜜に女の子が集まってくる。ちょっとツンデレ成分が入っているのも女の子にとってはツボだろう。

でも。
兄貴は誰にも渡さない。絶対。

体で表現するようにあたしはもっと強く抱きつく、頬を摺り寄せる。

「兄貴、大好き。絶対に誰にも渡さないから、あたしだけの兄貴だから」

いっそ、どこかに閉じ込めて、一生一緒に暮らそうかな?
そうだな、別に広くなくても良いから、この部屋くらいでいいかな? 大切に大切に閉じ込めて、ご飯もあげて、衣服もあげて、娯楽もあげて、快楽もあげて。
あたしの全部、あげる。

ちょっと背を伸ばして、兄貴の髪に顔を埋めた。
サラサラしてて、良い匂いがする。
きっとこんな事をするのも思うのも本当は逆の立場なんだろうけど、あたしはこうするのが大好きだ。

絶対、絶対に誰にも渡すもんか。この匂いの一万分の一もくれてやるものか。
兄貴の口はあたしと喋るためにある。兄貴の耳はあたしの声を聞くためにある。兄貴の目はあたしを見つめるためにある。兄貴の匂いはあたしが嗅ぐためにある。兄貴の声はあたしが聞くためにある。

兄貴の全てはあたしのもので、あたしの全ては兄貴のものなのだ。

あたしは落ちてくる瞼に逆らわずに目を閉じる。
深いまどろみに落ちる前、あたしはあらためて決意した。


いつか、絶対に作ってやる。あたしと兄貴の、完璧で完全な【同居室】

246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/27(木) 19:53:43.17 ID:OfcC9b4M0
>>245
終わりだったら<おわり>って入れようぜ
247 : ◆k4qYXRI5uY :2012/12/27(木) 20:28:31.15 ID:V+Z1sDp10
>>246

すまそ、忘れてた(^^;;
これで終わりだから( *`ω´)
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/27(木) 22:51:58.51 ID:tAFV6agJo
素直じゃない桐乃の行動がいちいちかわいいww
と同時に桐乃の心情を思うと切なくて、いい桐乃SSでした。乙。
249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 00:20:28.22 ID:0eqpOBabo
桐乃が京介を「兄貴」って呼ぶのに激しく違和感ww
面と向かってだと「あんた」じゃね?
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 13:58:29.76 ID:xIEpTl8DO
>>245
やべぇよ…やべぇよ…
251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 17:35:49.15 ID:xcIMwDUDO
この相手、イニシャルほんとにK.Kか?A.Aだったりしないか?
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 22:01:20.82 ID:OxJdDpjO0
でもきりりんも微妙にだがヤンデレ化する要素は無いとは言えないんだよな

あやせたんのほうが「らしい」がwwwwww

2828をありがとう
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 23:04:22.58 ID:xcIMwDUDO
最近俺妹のラジオをみつけて、そればっかり聞いてるから、もう桐乃と黒猫のキャッキャウフフ以外のシチュエーションしか思い浮かばない。
そーゆーのって、需要あるのかね?
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 23:07:20.87 ID:xcIMwDUDO
間違った。

もう桐乃と黒猫のキャッキャウフフのシチュエーションしか思い浮かばない。

だ。
書いていいものかね?
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 23:19:54.83 ID:Vpu24tuXo
俺妹SSは、ラブラブ展開とかニヤニヤ展開というのが王道なんだろうけど
たまには殺伐としたストーリーがあってもいいんじゃね、とか思う

たとえば、やたらとひがみっぽく陰気な桐乃とか、腹黒くて小賢しいあやせとか
フナの解剖が三度の飯よりも好きな黒猫とかが登場するSSを読んでみたい
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 23:20:17.96 ID:OxJdDpjO0
>>254
注意書きつければいいと思うよ。
ルールを守るなら、書いて投稿するのは自由なんだから。
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/28(金) 23:46:28.90 ID:xcIMwDUDO
>>255
それ性格変換しちまい過ぎて、すでにオリキャラじゃねーかww

>>256
あんがと。
機会があれば投下してみる。
258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/29(土) 04:42:21.25 ID:uPtrimrso
ヤンデレ化した桐乃はゲームであったな…。
259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/29(土) 17:08:29.12 ID:dy6eRL+F0
ようやっと仕上がったけどイヴSSまだ間に合うかな?
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/29(土) 17:31:10.38 ID:FtoGqawg0
>>259
流石仕事が早いな
2013のイブまで1年以上あるぜ

冗談はさておき投下頼むぜ
261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/29(土) 21:03:29.98 ID:sKf98n8j0
俺の妹のオープニングを聞いているとどうしてもあやせのことが頭に浮かんでしまう。

そんなことを考えていたら思いついたSSです。

「あやせでオープニング」

(お兄さん、私にこれ以上優しくしないでください)

私、お兄さんにどんな顔をすればいいかわからなくなります

お兄さんが私にかけてくれた言葉がどこまで本気なのでしょう?

嘘か本当か、私にはお兄さんの本心が見えてこないのですから

私はいつもの公園でお兄さんを待っています。

お兄さんが来るまでの間、お兄さんとの思い出を振り返る。

(お兄さんと一緒にいるのは嫌いではないはずなのに、素直になれない私)

(素直になるための心の鍵はお兄さんの前に来るといつも見つからないままで)

(会うといつも、辛辣な言葉を投げかけてしまう)

「はぁ。」

どうして、意地を張ってしまうのだろう?疲れるだけなのに。

(本当は気付いている。お兄さんには私をみてほしいのに)

(お兄さんは私を妹の親友としか見てくれないから)

(お兄さんとの関係は桐乃を通じてそれなりに近しい関係なのだろう)

(しかし、それは桐乃がいないと成立しない遠い存在)

(あと少し踏み出せれば私とお兄さんだけの関係が築けるのかな)

(でも、お兄さんは私のことを見てくれるのだろうか)

「よ、待たせたな。あやせ。今日も綺麗だな」

お兄さんがやってきた。また、そんな風に私に優しい言葉をかけて

勘違いさせないで欲しいな。

「またそんなこと言って、セクハラです。通報しますよ?」

そんなこと思っていないのに、つい傷つける言葉を吐いてしまう。

(お兄さんとの関係はお兄さんが吐いた嘘からはじまって)

(私がそれを嘘と気がついているのに、その嘘を信じている振りをしていることで続いている)

(だけどその嘘が私を踏み出せなくさせている)

「悪い悪い、で相談ってなんだ?また、桐乃のことか?」

本当はただ会いたかっただけ。でもお兄さんにあう口実が上手く見つからない。

だけど・・今日は一歩踏み出してみようと思う。

「いえ、それはもう解決しまして、それで、お兄さん」

私は決心して、手に隠し持っていてた毛糸のマフラーを

お兄さんの首に投げかけた。

そして・・・彼の唇に私の唇をそっと重ねる。

「あ・・あやせ?」

戸惑う彼に、私は振り向きざまにこう叫んだ。

「メリークリスマスですよ?お兄さん。プレゼントです」

それからもう一つ、私は彼に、最高の笑顔を送ったのでした。

〜Fin〜

262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/30(日) 00:34:37.12 ID:Ni2HA69i0
>>260
ありがとう、励みになったよ
ちょいと立て込んでるからまた後で投下する
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/30(日) 00:44:30.04 ID:6wk4aG2DO
>>261
へえ、毛色の違う作品だね。珍しくていいね。

さて書けたから便乗して俺も落とそう。
百合注意。苦手な人読んじゃダメ。

『桐乃と黒猫・その1』

「だーかーらー、メルルのDVDの売上見ればわかるっしょー。マスケラなんかより上なんだって!」
「なにを言ってるのかしら?視聴率で悉く負け続けた惰弱アニメのどこがどう上なのかしら?よかったらご教授願いたいわ」
「たっだいまー・・・あれ?この声・・・」
「まーた視聴率きたよこれ。あんたそれしか言うことないワケ?ワンパターン乙」
「く・・・あ、あなただって厨二病厨二病言うだけで具体的な指摘なんてないじゃない。それでよく人のこと言えるわね?」
「やっぱりキリ姉だ!キリ姉ひっさし・・・ぶ、り・・・」
「あ!おかえりひなちゃんっ!!ふひひ今日も可愛いなあ、もう!!」
「・・・」
「あなたいい加減うちの妹にそんな風に接するのやめて頂戴。日向もどう反応していいかわからなくて固まってるじゃない」
「えーそっかなあ?久し振りにあたしに会えて、感動で固まってるだけじゃん?」
「よくまあそう前向きに捉えられるものね。そこだけは感心するわ」
「そこだけってどういう意味よ!?もっとほかにも感心するとこたっくさんあるっしょ!?」
「はいはい・・・日向?どうしたのあなた?本当に固まっているみたいよ?」
「・・・あのさ・・・」
「ん?」
「なに?」
「・・・なんでルリ姉・・・キリ姉に抱っこされてんの?」
「「寒いから」よ」だよ」
「・・・その頬スリスリは?」
「「乾布摩擦」」
「それでごまかせると思うなよっ!?」



『その2』

「だから厨二病台詞羅列しまくりのマスケラなんかより可愛い女の子満載のメルルのが断然上なんだって!」
「あんなサイコキラーが主人公のアニメのどこが上なのよ?少なくとも親友を笑顔で極太レーザーでフッ飛ばすキ○ガイという時点で放送禁止にすべきよ」
「たっだいまー」
「言ってくれんじゃん!!マスケラだって、契りとか言って夜魔の女王と漆黒がいやらしいことしてる時点で18禁でしょ!!」
「その辺はきっちりボカしてるわよ!小学生が露出狂の方がよほど問題よっ!!」
「・・・まーたやってるし。まーた抱っこだよ」
「あ、ひなちゃんおかえり!」
「ただいまくらい言いなさいな日向」
「言ったっつーの。そっちが聞いてないだけだっつーの。んで?今回もまたメルルとマスケラ?」
「そーなの!聞いてよひなちゃんっ!」
「いや、もう前回でお腹いっぱいだし。もう関わりたくないし」
「こいつったらね!京介似の漆黒とイチャイチャするのがいいとか言い出すんだよ!?ひどくない!?」
「人の話し聞こうかキリ姉!?」
「そ、そんなこと言っていないでしょう!?あなたこそ、親友のあたしを極太でフッ飛ばすのがいいとか言い出してるじゃない!!」
「うあー・・・やーな単語が出てきたなあ・・・」
「そ、そんなの・・・今夜のこと考えてたら、ちょっと口に出ちゃっただけじゃん・・・察しろバカ・・・」
「うーわー!やっぱお泊りか!?やっぱ同衾か!?」
「ば、ばか・・・い、妹の前なのよ?もっと自重しなさい。・・・あなたのことは誰よりもわかっているから・・・」
「瑠璃・・・」
「あ・・・桐乃・・・」
「さすがに居間で始めるのはやめてくんないっ!?」

ラジオの花澤と竹達のイチャツキぶりがマジパネェw
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/30(日) 07:18:46.83 ID:rLr3CRR00
乙乙!
『その3』『その4』はよ
265 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:05:59.79 ID:AWayVSAp0
全然スルーされて構わない前置き

アホみたいに長くなったし 続きっぽいモノの構想も考えてるが
一応これで完成で、ネタ的にギリギリなんでいそいでうp


最終的に黒猫、麻奈実報われ√の可能性は原作に普通にありそうだし
カナカナは守備範囲じゃないし、アキちゃんは好きだけど
一番体よくキャラ変えられちゃった、あやせを書くことに


あやせと密室○○が多分一番需要があって、書くのも楽だが
今回は敢えて外メインで書いてみた


※他のキャラの同士のカップリングあり

結局最後の最後まで

京介×あやせ


266 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:07:19.82 ID:AWayVSAp0



今日は12月24じゃなくて×31日


だからこれはちょうど一週間前の俺のクロニクルと言うことになる



               ***

"プロローグ"


例えば俺が子供の頃の話

クリスマスケーキとアイスケーキなら断然アイスケーキの方が食べやすいし
好きだとか
あの極道面の親父がサンタの格好してたのがクリスマスって言うよりコント
みたいだったとか
例の冷戦で疎遠だった時ですら、 桐乃はクリスマスは何となく楽しそうだったとか


またクリスマスが別の大きな意味を持つのはやっぱ思春期からであって

バレンタインデーとならんで、世の中の男共が一喜一憂するイベント
希望を頂いて期待した結果、別に何も起こらず 絶望して意気消沈するイベント

『俺たち別にキリスト教徒じゃねぇからwwwww
ってか本場の奴らは家族で過ごすもんだろ?
日本人なのに、 愚かな西洋被れのにわか乙wwww』
とうそぶいてみる奴とか

色々拗らせちゃった結果 どこぞの死ね死ね団に所属して、
クリスマスを滅ぼそうと画策してる奴とかもいる。


この俺はと言うと、 まともな彼女が居た時期なんて夏場のキリギリスの命みたいに
本当の短期間だったし、
その前はずっと、 クリスマスの天敵と思われる和菓子屋の娘の幼馴染みとパーティー
なんかをやってて恋人と○○やりましたー的な思い出は正直ひとつもない。

あ、そういやひとつだけ思い出が有ったっけか
去年の今頃 妹とラブホテルに入っていたんだ
でも間違ってもあの時は、 ラブラブ in ラブホテルじゃなかったよな?


今年はそもそも俺は受験生なんだからクリスマスなんて関係ないんだ
―――――――――――――なんてことも実は無かったりする。


今日、 出かける前にテレビで見た天気予報じゃ、
関東一円大荒れの模様なんて言ってたが電車の窓から見上げる空は、
俺の内心と一緒で馬鹿がつくほどのいい天気だった。

流石に真っ昼間だからネオンの灯なんてものは見えなかったけど
町中至る所、見渡す限り赤と緑と白のクリスマスカラーの仕様で彩られ
四方八方から催眠音波よろしく流れてくるクリスマスキャロル

『たまにもこういうのも悪くねぇな』なんて結局 思ってる俺。
こんなコトを考えちゃう俺はもちろん 浮かれちゃってるわけだ。


―――――――――――――本当は色々な意味で浮かれちゃダメなんだ。


でも結局、 俺の浮ついた気分は消えることがなく
自然と早足になった俺が約束の待ち合わせの場所に到着した時には
すでに"彼女"はそこに立っていた。

そして彼女を見た途端、 さっきまでの考えをすっかり忘れる俺
267 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:08:52.72 ID:AWayVSAp0


燃える(萌える)ような紅いコートに
雪のようにフワフワ透き通った袖口と襟の白いファーを纏い

コートの下から微かに覗かせるデニムのショーパンに
大胆に出した長い足の黒いストッキング 
足下には空でも飛べそうなコットンのショートブーツ

それはまるで絵本から飛び出てきた妖精のようで、
もちろん一_の文句もつけようがなく、 俺にとって(おそらく誰にとっても)
100%な美少女だった。

もちろん服装だけじゃない
本当は見慣れた筈の―――――――――
今日の服装によく馴染んだ均整の取れた身体と、
最近少し大人っぽくしたアッシュ入りの明るめのブラウンの髪と、
プロ顔負けなシックな化粧と
そんな完全武装の強襲型にも関わらず、 隊長機のアンテナみたいなトレードマーク
である例のヘアピンはちゃんと装備されていた。

しかも何か すげぇ真っ赤だし……………今日は通常の三割増くらい可愛い気がする。

ああ、 やっぱ俺の妹はこんなにも可愛いわけである


「よっ! 桐乃、 待った…………………か?
ちょっぉ―――――――――――――――じゃなかったあぁぁっ」

ってぇ何でおまえがあの場所にいるんだよ?!
あっヤベ こっちに気付いた。

――――――――――そもそも今日の俺の待ち合わせの相手は妹では無かった。

今日の俺の妹は

『ちぇっ、、あたし、、クリスマスなのに仕事あるんだよねぇ。
それにさ、今日は、、ちょっと遅くなるかもしんないしさぁ。
あんたが、、もし暇なら迎えに来ることを許可してあげても良いケド?』

とか言ってたわけで

俺だって『受験生には盆も正月もクリスマスもねぇんだよ』とか言ってたわけで

会話の最後は妹の

『あっそ、、じゃぁさ ちゃんと家で勉強しときなよ?
真面目に頑張ってたら、、、、あたしがお土産買ってきてあげる』

で終わっていた。


妹の許可がなきゃ、 クリスマスに出かけちゃいけないわけじゃないが
(それだと奴隷だ)これはどう考えても相当にバツが悪い。
と言うか妹に嘘吐くのって何でこんなに罪悪感あるんだろう……………?
俺にとって永遠の謎である。

何とか隠れようとしたが、 真っ正面で仁王立ちしていた妹に見据えられてちゃ
もう全てが手遅れだった。

案の定、 俺は妹にメチャクチャ怖い顔で睨め付けられていた。

「あ、あのさ………………えっと、あの………………その」

桐乃は怒った表情の顔を ますます赤らめて、
最後には目にたくさんの涙を溜めてうつむいてしまった。

これはどう考えても相当ヤバイ
まさかこの日、この場所で、こんな形で
俺の究極奥義を披露することになるなんて思ってみなかったね 

はい―――――――――でましたよ 必殺★クリスマス土下座 


周りに居たカップルや家族連れは何事かとこちらを眺めている。

おい! おまえら携帯広げて写メ撮ったり、 つぶやくんじゃねぇ!
み、見せ物じゃねぇんだぞ……………と内心思いつつ

しかし今はそんなコトを気にしてる場合ではないんだ
268 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:10:35.29 ID:AWayVSAp0

地面から見上げると桐乃は身体を前後に振るわさんばかり震えていて
何かに耐えた様な本当に苦しそうな声で俺に訊いてきた。

「わ、、あたしのコト・・・すき?」

「え?」

「・・・・き、きらいなの?」

俺らの周りの野次馬は、 この一連の流れの結末を固唾を飲んで見守っていた。

「お、俺は………………」

「フ、、ぷっ・・・・・アハっハハハ」と突然堰を切ったように笑い出す妹

「ぇ?へ?」

桐乃以外の人間 
俺と俺を含めた周りの人間は頭に『?』マークを載せて一瞬固まった。

桐乃はそんな周りの空気などまるで気にする様子もなく
ゆっくり俺に近づくと腰を下ろして

「・・・・・行きましょう?」 と言った。

俺らは 円陣になっていた黒山の人だかりを突っ切ると
そのまま街中に紛れるまでただ、 ひたすらに全力走った。

お互いに全力で走ってるように感じるのに、
この俺でも妹の足取りに追い付けてるのはかなり奇妙で不思議な感覚だった。

「………………おまえ足遅くなった?」

「・・・・いいえ、 ぜんぜん」



「俺はてっきり、 てっきり――――――――――ってっきり あやせ!?」

「ハァー・・・・やっとですか。まったく お兄さん ちょっと気付くの遅過ぎ」

「どっ、どうして!?」

「それは・・・・・わたしがデートのお誘いして、
お兄さんがOKしてくれて、 あの場所で待ち合わのお約束をしたからですよね?」

俺が言ってるのはそういう意味じゃないんだが


「あのさ……………質問して良いか?」 「はい どうぞ」 

「何、 その格好っ?」  「趣味・・・・です」

「あ〜なるほど、 なるほど
桐乃のコスプレするのが あやせの趣味なんだなぁって…………納得出来るかよ!」

「普段から わたしと桐乃でお揃いのお洋服買ったりだとか
時々 お互いに色々交換したりもしてるし・・・・・だから別に普通だと思います」

「だったらその髪は何だよ?」

そりゃそうだ
『黒髪の美少女』ってのが俺があやせを形容する時の言葉なんだ。
『茶髪の美少女』じゃ本当に、 あいつと区別が付かなくなっちまう。


「気になります?」 「気になる」 「本当に?」 「もちろん」

「これは・・・・」  「こ、これは……………?」

「あなたには教えたくないです」  「―――――っんだよっ、それ」


「どうしてそこまで、 わたしの髪の色が気になるンです?
あなたは――――お兄さんは、 別にわたしの彼・氏・で・も・な・い・・・のに」

「そう…………だったな」


269 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:12:32.32 ID:AWayVSAp0

俺だってあやせの行動理由に確固たる確信を持ってるわけじゃない
何故なら思い当たる節が有りすぎて、 逆に何が本当の原因かがもう分からなく
なっちまってるからだ。

それはヒントが多すぎて余計に答えが分からなくなって
解けないなくなっちまってる 『なぞなぞ』 を出されてる気分に似てた。


単純に言っちまえば

俺はあやせに告白された。 

でも俺らは付き合ってない。

あやせのお願いで、俺らは最後にクリスマスにデートすることになった。

その場所へ桐乃みたいなあやせがやって来た。

つーことだが、 俺らがこの先どんな『↓』へ続くのかなんて検討もつかない。


「とにかく・・・今日のわたしの気分はこうなんですっ」

「そ、そうか」

「せっかくだから、 どっか誰かのシスコンさんの好みに合わせてみちゃいました。
今日のわたしって・・・・・お兄さん的にはいかがです?」

俺は何と言って良いのか分からず黙ってしまった。
今日のあやせが特別可愛いのか? もしくは別の理由によるものなのか?
俺の好みって結局どういうものなのかって自分で分からなくなってた。


「ねぇ、 こういう質問された時って答えはもう決まってるって思いません?」


「俺はあやせならどんな服や髪型でも、 そんなのに関係なく可愛いと………思う」


「あーあ、 女の子のお洒落を全否定とか・・・・・
これからデートしようする男の風上にも置けませんねっ。
ってことで、 相変わらず全然ダメ・・・・だから0点」

でも大して怒った風もなくあやせが言った。

「ふむ」


「ねぇ・・・お兄さん、 お手々を出してください」

「手錠か?」

「っふ・・・もちろん用意してますけど どうします?」

あやせは、 おそらく今日の服装に合わせたであろう 
これまたサンタの袋の様な真っ白のバックから金属特有のピカピカと光った
物体を俺に見せた。


「あ、あるのかよっ! つーか、 それも俺に解答権があんのか?」


「もちろん そんなのある・・・・・と思ってます?
でも・・・・・今日はもう一度だけ特別にチャンスあげても良いですよ」


「では……………これで宜しかったですか? お嬢さん」


今までならこういう場合は

『刑事さん わたしがやりました』って両手を突き出すの一択だった

でもさ、 好きと言われた後で、 警察24時ごっごなんてやってたらコントだからな

270 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:14:17.63 ID:AWayVSAp0

「ふ、ふ〜ん、 そうなんだ・・・これで本当に合ってるって思ってます?」 


「ああ、 もちろん」



「うん・・・・よろしい♪」

そう言った時の 俺の妹を格好した 妹の友達はやっぱり可愛かったよ。




一応、 俺は受験勉強で忙しい(と言いつつこんな時期にデートしてっけどな)
ってことで今日のデートコースはあやせにお任せだった。



「・・・・見える、 わたしにも敵が見える!」

「え? どこ どこ?」

「数は10 10時の方向 あの丘陵地帯  距離は150 右から左に移動
装備 AK 8 いや7 SVD 2 RPG 1
お兄さん! よそ見しないでちゃんと狙ってっ!!!」

「あ?はっはいぃ。あれ、弾が出ねぇぞ」

「リロード!」

「よっしゃっ! げっ………………や…………られた」


「甘く見てるからそうなる・・・・だから油断するなと言った
ここは自然の摂理だけ支配する世界 弱い者から死んでいく それが戦場の唯一の掟」

って おまえは誰だよ………………


「ごめんね――――――そして、バイバイ
あなた達もわたしの前にさえ出てこなければ死なずに済んだのに」

あやせは芝居じみた台詞を呟きながら
的確なヘッドショットを連発していき、 どんどん脅威を排除していった。



「あ〜マジで惜しかったな」

あやせに案内された最初のデートコースは意外にもアミューズメントパーク
の中のゲーセンだった。


俺らはそこで開催されていたクリスマス カップル限定のアーケード FPSゲーム

『二人で駆けめぐる 愛と勇気・戦場のクリスマス』

って相当に意味不明な組み合わせのイベント大会に参加していた


「俺が下手だから足ひっぱっちまったな。すまん」

あやせは獅子奮迅の活躍だったが、 カップル限定である以上ペアで戦うので
最後は多勢に無勢、 それでも準優勝はしたのだから俺は素直に感心した。


「でもあやせがこんなにゲーム上手いなんて知らなかったぜ」

「驚きました? 実は黒猫さんが教えてくれたんです♪」

あ、だから一々所作が芝居じみててキャラぽかったわけだ。


271 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:15:27.78 ID:AWayVSAp0

「でも……………いつのまにか おまえら仲良くなってたんだな」

「色々誤解してしまったけど・・・わたし、 黒猫さんのこと好きですよ」

「そうか」

「・・・・・・はい。 わたしの大切なお友達です」

なんだか、それを聞いて俺も嬉しくなったよ。



準優勝の商品は俺らがやったFPSに登場していたマッチョな軍曹のフィギュアだった。
ひげ面の巨大なおっさんで半裸な上に 胸毛から腹毛まで繋がっていた。

「あやせ………………これ非売品のレアモノらしいけどいる?」

「・・・・い、いいえ」

ったくよ
こんなの誰が欲しがるんだよ、ってかクリスマスもカップルぜんぜん関係ねぇし
何の嫌がらせだ、コレ?

俺らが軍曹の扱いに困惑していた時、 後ろから声が聞こえてきた


「………………ちょっと や、辞めましょう」

「何を言ってるんですか、 せんぱい!
どうしてこのイベントに参加したのか分かってますかっ?
わたしが欲しかったのはアレキサンダー軍曹だったんですよ!
家に居るゴルードバーグ少佐だけじゃカップルが成立しないじゃないですか!」


あれ?
この声、この内容………………つーかこの腐臭はどこかで

「すいませーん、 あなた達って準優勝した人達ですよね?
もし良かったらなんですけどぉ………………優勝賞品と交換って出来ま
あっ あれ? あなたはセクハラ先輩じゃないですか?」

「だれがセクハラ先輩だ、 こら」

「あれ? 高坂先輩じゃないですか?お久しぶりです」

俺に話しかけてきたのは なんと赤城瀬菜と真壁くんだった。
そうか、 真壁くん…………………頑張ったんだな。

「よぉーす、 真壁くん―――――――」

俺は何だか嬉しくなって真壁くんの肩を抱くとヒソヒソ話をする要領で

「"――――――――でかしたぜっ、 おまえは大した男だよ
ついに瀬菜とデート出来たんだな! おめでとう
今度から真壁くんのコトを腐海を救った伝説の英雄と呼んで良いか?"」


「アハハ………………やめてくださいよ、僕 照れるじゃないですかぁ〜」

でもまんざらでも無い様子の真壁くんだった。


「ちょっと、 真壁せんぱい! 高坂先輩とイチャイチャしたら部長が泣きますよ!」

ぜんぜん救えてませんでした


「高坂先輩もまさかクリスマスにデートですか? うちのお兄ちゃんが泣きますよ。」

俺の方が泣きそうだよ


すると瀬菜はあやせに気付くと

「あっーひさしぶり」と言った。

し、しまった……………知り合いに遭遇する可能性考えてなかった。

272 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:18:03.76 ID:AWayVSAp0

「・・・・?」

声を出さずにニコニコしてる桐乃(あやせ)を不思議そうに見ている瀬菜
今度はあやせに、ヒソヒソ話の要領で言った。

「"こいつら桐乃の知り合いなんだ"」

あやせは、 『コホコホ』と大げさに咳をするとペコリと頭を下げた。
風邪で声が出ないってポーズなんだろう。

でも何故か次の瞬間、 あやせは俺の肩に身を寄せて 俺の腕に自分の手を回した。
そりゃ何のアピールなんだよ?!

………………あやせが何をしているのか まったく意味が分からん俺

「え?
あ゛――――――――桐乃ちょっと風邪気味で調子悪いんだ」



「そうなんだ。桐乃ちゃん……………お大事に」

真壁くんは若干引き気味だったが、瀬菜は多少の心配の感情以外は
別段何の感慨も抱いてない様子だった。


「確か…………な、何か用が有ったんだよな? おまえら」

「あ〜忘れてた。
そうなんですよー 先輩達がゲットしたアレキサンダー軍曹とこのチケット
交換してくださいよぉー」

「でも、 高坂先輩達もアレキサンダー軍曹が欲しいかも知れないですから
無理を言ったらダメですよ、 瀬菜さん」

いや アレキサンダー軍曹はどう考えてもいらないんですけど


「で優勝賞品って何だったんだ?」


ババーン★

『カップルで過ごす 真夜中の戦場(の)メーリークリスマス!
高級ホテル 夜景の美しいスイートルーム ご宿泊券』

な……………んだと


「いやでも、 高坂先輩ってアレキサンダー軍曹のファンでしたよね? ね?」

真壁くんの必死な説得、 あ〜そういうことか
でもいくらなんでも腐海の女王様が一回デートしたくらいで落ちるわけないけどな。
と言うか、 そんなことしたら赤城に ぶっ殺されるだろう 間違いなく


っつーても、 もちろん俺が使う予定も全くねぇんだけどさ


「――――――――――やった♪」

結局、 瀬菜に押し切られる形で物々交換をした俺。
別れ際に 真壁くんの恨めしそうな顔を見た時はちょっと悪い気がした。


「ちょっとそれ見せてください。
―――――――ふーん、素敵そうな場所・・・みたい」

あやせに引ったくられる様にチケットを渡した。

273 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:19:20.12 ID:AWayVSAp0


「と、ところで……………さっきのアレはちょっとビックリしたぜ」

「あ・・あれはですね・・・・・えっと作戦? ですから」


何の作戦?
って聞いても結局、秘密って言われちまった。

でもあんな事したって、 事情を知らない奴には
イチャイチャしてる兄妹の痛いガチカップルにしか見えないと思うんだが、
あやせの極秘作戦は俺にはしっかり隠匿されていた。



次に俺らはクレーンゲームコーナーに居た。

あやせはディープな深夜アニメキャラには全く興味がない様だが
メジャーなアニメの 『例のネズミ』や 『ビーグル犬』や 『魔女の黒ネコ(黒猫!)』の ぬいぐるみは好きらしく まぁ、そこら辺は普通の女の子って言うコトだな。

あやせは取らなくて良いと言ったのだが、 男なら格好いい所を見せたいと思うの
当然だよな?


………………いくらやっても と、取れない。
あーあ、情けないな俺って、 こういうのくらいスマートに出来たら良いのにな。

するとあやせは近くに居た男の店員に何事か話しかけた。
両手を合わせ 片目を閉じてウインクして 首を傾げ、ブラウンの髪を振るわせて
(息が詰まりそうなくらい)コケティッシュに笑った。
その姿があまりにも可愛くて店員だけじゃなくて、見ていた俺まで赤くなってしまった。

店員はあやせの魅惑の魔法 チャームやらテンプテーションでもかけられた様に
クレーンゲームの中を開けると、 取りやすいように落ちるか落ちないかの位置に
ぬいぐるみを置いてくれた(しかも3回ほど)。

あやせは例の白いバックにぬいぐるみを入れる。

そんなにバックは大きく無いのに、 その3匹のぬいぐるみはちゃんと
あやせのバックに収まった。

女の子のバックってどういう構造なんだろう?
女の子って色々と謎である


「お兄さん・・・ありがとございます♪」

「ほとんど、 あやせが自分で取った様なもんだけど…………な」

せっかくあやせが礼を言ってくれてるってのに……………
俺ときたら、 さっき店員へ笑いかけてるあやせに対して
変にモヤモヤって気がして素直に喜べずにぶっきらぼうに言った。


「まさか・・・・・・・・ゼンゼンですよぉ」

「そうか? 俺はやっぱ女の武器って強力だなって思うぜ」

「だから・・・・そんなことないですってばっ」


「でもさ―――――――」

「あのね―――――――お兄さん、知ってました?
今のあなたって、 まるで駄々こねてる子供みたいに見えるって・・・こと」

あやせはクスクス笑いながら言った。


「……………………………」

何となく俺の真意を言い当てられた気がして俺は黙ってしまった。



「・・・・・・こっち来て」

握ってる手を引っ張られて連れて行かれた先は
274 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:20:28.40 ID:AWayVSAp0

「……………プリクラ?」


そういや、本物の桐乃とデートした時もプリクラ撮ったっけ?
今日のあやせの見た目が見た目なだけに、 俺は強烈な既視感に襲われる


「フレームは何にします?」

「……………………ああ」

さっきのコトを思い出して急に気恥ずかしくなって気の無い返事を返す。


「ハァー まったく、 あーんもうっ!
本当にお世話の焼きがいがある・・・・・・・・・・しょうのない人。
ほら これ―――――――だったら?」

「…へ?………え?!」

あやせはプリクラの仕切りの中で周りから隠れるようにして
さっき瀬菜達の前でやったように、否 もっと強く身体を密着させた。
 
そしてプリクラのカメラがある正面じゃなく、 俺の方に身体全体を向けると
俺の顔には自分の顔を、俺の目には瞳を、俺の感情には意識を
――――――パズルのピース同士がカチって音を立ててハマったみたいに重ねて
俺の記憶にその後ずっと焼き付くくらい魅惑的な表情で微笑んでみせた。

「……………ぁ、 あやせさん?」

「これで少しは機嫌直りました?」


「な、何でこんな………」


「だ・か・ら・ ・・・ご機嫌いかがです?って聞いてるンですけどぉ、 わたし」

あやせは俺の質問はスルーで更にたたみ掛けてくる

「もう…………(かなり)な、直った」


「彼氏でもないのに―――――――普段はフラフラしてる癖に
こういう時だけ、 すごく独占欲が強くて 嫉妬しちゃう本当にお子様・・・ですね。
困った僕(ぼく)ちゃんは、 少しは反省してます?」

「は、はい」

もう完全にガキ扱いされてる俺である


「お兄さんの大切な人が相手の場合は、 今のわたしみたいなコトにならないように
・・・・・絶対にそうならないように―――――――――
お兄さんがその人のことを、 ちゃんとしっかり掴まえててあげてください。 ねっ?
――――――――――こんな風につまらない嫉妬なんてしなくて良いように」

あやせの何かを諭すような台詞は、
さっきの表情とシンクロして俺の心に刺さった。


「お、おい………………プリクラは良いのか?」

あやせはそれだけ言い終わると、 振り向いて歩き出した。


「もし撮りたいなら、 また――――――」

「え? 何か言ったか?」

「――――――・・・・いいえ、 なにも。さぁ行きましょう」

手を引かれてる俺には、 前を歩いている あやせが
その時どんな表情だったか窺い知ることは出来なかった。

275 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:21:48.44 ID:AWayVSAp0


あやせに連れられて電車に乗り移動して 俺らは池袋にやってきた。


「こっちに何かあんのか?
つーか お兄ちゃん、 お腹が空いたよ…………あやせたん」

そろそろデートにも馴れた俺は、 段々楽しくなって
何となく親密な気持ちにもなって、 あやせにちょっとおどけてみせた。


「あと少しでお昼にしますから・・・良い子にしててくださいね。
あっ そう言えば―――――――」


「どうした?」

俺の右手を左手で引っ張って、 ついでに注意も引く
俺があやせを見た時、 あやせも下から見上げる格好で言った。


「―――――さっき交換したチケットのホテルってこの近くにある・・・みたい」

あやせは右手で例のチケットを、 俺の目の前でひらひらさせて言った。

「う、うん?!」


「な〜んてね、 言ってみただけだよ・・・・お兄ちゃん♪」

「グハっ」

あやせに見事に一本取られた俺

あれ? あやせってこんな子だっけ?

冗談って分かっちゃいるが 今日の色々(俺得)な累積で何か
俺自身も変なスイッチが入りかけてないか自分で自分が心配になってきた。

今まであやせが可愛いってのはデフォルトの事実として頭の隅には有った。
でも『セクハラ』とか『通報』とか言われ続けて萎縮してたんだが
今日はその台詞をまったく一回も言われてない事によって、
俺のアレな気分は確実に助長し拍車をもかけさせていた。


俺らは大きなビルの開放されている中庭のベンチに座って食事することにした。
もう真冬も良いところだが、 ポカポカ陽気の小春日和で幸いそれほど寒くなかった。
天気予報じゃ、 今日は大荒れとか言ってたのに良い方に外れて良かったよ。

あやせは例のバックからランチパック、水筒、ぬいぐるみ3匹を順番に出した。
俺は不思議な気分でその様子を眺めていた。

「あやせのバックって四次元ポケットみてぇだな」

「そ、そうですか?」

「だって沢山もの入ってるしさ。
相当に重いんだろ、それってさ? 他にどんなモノ入ってるんだ?」

俺は本当に無意識で(と言うか、 今日は何しても怒られない気がしてて油断して)
あやせのバックの口を広げて覗き込もうとした。

             ―――――ピッシャっ!

「あっ痛ッ」

「―――――な、何をやってるんですか、 あなたは!」


「いや……………あの」

あ、ヤバ 調子に乗りすぎてマジ怒りさせちまったのかも
せっかく良い雰囲気だったってのに、 ぶち壊すなんて間抜け過ぎんぞ、 俺

普通なら必殺 THE 土下座のところだが、 何だか今日だけは―――今だけは
平身低頭で謝罪したり、 あやせに『ブチ殺す』とか言わせるのはどうしてもイヤだった。

「いい加減にしないと、 ぶち――――――」
276 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:23:08.29 ID:AWayVSAp0

俺はぬいぐるみの中で、 白黒のネズミのやつを取ると身振り手振りを交えて

ネズミ『――――――やぁ ぼく ミッ○ーだよ。』

「・・・え?」

ネズミ『あやせちゃん、 あんまり怒ると可愛いお顔が台無しだよ』


一種の賭け………否、 はっきり言って単なる悪ふざけである。
火に油を注いで、 油田火災からの大災害にならないとも限らなかった。

「・・・・・・・・」

あやせは思いっきり拳を振り上げた――――――や、やってもうった。
俺は目を瞑って歯を食いしばり衝撃に備えて―――――――たのだが


イヌ『お兄ちゃんが悪いんだよ。女の子の持ち物を勝手に見るなんて最低だよ』

あやせは振り上げた手を俺の頬じゃなく、 ビーグル犬の方に伸ばして
手に取ってから俺と同じように動かした。


ネズミ『………………お兄ちゃんも悪気は無かったんだよ、 きっと』

イヌ『でもバックが重そうって思うのに持ってもくれないんだワン』

ネズミ『………………そ、それは悪かったチュウ』


「ちょっとぉ、 ○ッキーの語尾が『チュウ』なんて・・・・絶対におかしいです!」

「俺だってさ、 このネズミ野郎がどうやって話すのなんか知らねぇんだよ!
いや、それ言うならさ………そのス○ーピだってワンって語尾じゃねぇだろう、確実に!」


一瞬顔を見合わせて あやせに背中を叩かれた

             ―――――パッしっ!

「ぷっ!――――――――ッアハハハ」 

あやせは俺の背中に背中を合わせて、肩を振るわせて



「………………………」

ああ、そっか  こいつって やっぱ笑ってたほうが―――何倍も



「どうかしましたか? ちょっと顔が赤いみたい」

「………………な、何でもねぇから。
せっかくあやせが作ってきてくれたんだ。食べようぜ! いただきますー」

俺は誤魔化すように、 あやせの作ってきてくれたおにぎりを口に入れた。
これはあやせが世話を焼いて作ってくれた時に作ってくれた あの料理の味だ。
俺は懐かしい気持ちになりながら舌鼓をうった。

考えてみれば、 俺はあやせの世話になりっぱなしだった。

お袋に理不尽な理由でいきなり追い出されてアパートで暮らした時も、
身の回りの世話から 今食べてるみたいな美味しい料理まで至れり尽くせりで、
そのお陰で、 あの大切な時期に何とか勉強に集中する事が出来て、
路頭に迷わずに済みそうなんだ。(もちろん、 他のみんなにも感謝してもしきれない)


「これ美味しいな。――――――ってあやせ、 どうした?」

何故か、 あやせはビルに囲まれた周りの狭い空を遠いを目をしながら眺めていた。


「そう言えば―――――わたし 昔はこんな風に 一人でよく人形遊びしてた
のを思い出して」

あやせはさっきのイヌを抱き締めながら言った。
277 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:24:22.53 ID:AWayVSAp0

そういや、 桐乃が今よりずっと小さい時は人形遊び とかままごと
とかに付き合ってやったことも有ったっけな………………。

『あたし、 将来 ぜったいにお兄ちゃんのお嫁さんになるもん』

みたいな萌アニメのテンプレな台詞だって聞いたことが有った気がする


「その当時はお父さんもお母さんも忙しくって、 わたしも人見知りだったから
あんまりお友達も出来なくて―――――」

「なんか少し意外だな」

「そう?」

「うん」

俺は肯く
俺の中のあやせのイメージは優等生でクラス委員的な美少女だったからだ。

「・・・・・お兄さん、 筧さんって覚えてますか?」

「あやせのスト(ーカー)じゃなくて、 ファンだったよな」

「見てください」

そう言うと、あやせは携帯を俺に見せた。
そこには仲の良い姉妹のような表情のあやせと沙也佳ちゃんが笑顔で写っていた。

「あの後、 何度か会ってお話をして・・・ちゃんと仲直りすることが出来ました」

「そっか…………本当に良かったな」

俺も階段から落とされたり、スネを蹴られた甲斐が有ったよ。


「わたしって――――――この前の時はすっかり忘れちゃっていたけど
小学校の卒業文集では、 保母さんになりたいって書いてたんですよ」

「いが………いや、何でもない」

「意外ですよね・・・ふふ、 確かに自分でもそう思います。
でも自分が一人っ子で淋しかった分、 あの頃のわたしは小さな子に優しくしたり
親切にしたいって思ってたのかも知れませんね」


「そっか………あやせは小学生の時からちゃんと考えていたんだな。
俺なんか小学校の時は『世界皇帝になる!』とか言ってたぜ」

死にも至りそうな勢いの若気の至りである


「世界皇帝・・・・なれると良いですね♪」

「……………いや、い、今は流石に思ってないから」

本当だよ?


「わたしも今はもう・・・思ってないですよ」

確かに…………小さい時の夢と今の夢が違うなんてよくあることだ。
俺の妹だって陸上から目標を変えて 今はモデルを一生懸命に頑張っている。

黒猫や麻奈実もちゃんとした夢があるみたいだ。

考えてみたら俺の周りの人々は、 これって結構 凄い奴らって言えないだろうか?
俺なんか今は受験のことで精一杯で、アワワってなってるもんな。
そして何にも増して、 こいつらに俺は世話になりっぱなしなわけだ。

でもさ

そんな俺でも、 こいつらが夢を叶えたり、 望む道を進んで行けるように
――――――――ずっと応援してやりたいって思うのは
―――――――それが俺の一生の夢だって心の中で勝手に決心してるのは
世界皇帝の夢は諦めて 自分の受験勉強で凹んだりする残念な俺だけど
こんな俺にしちゃ 結構悪くねぇな って最近思うようになったんだ。


278 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:26:34.26 ID:AWayVSAp0

「まぁそうだよな、今のあやせは 泣く子も黙る超A級美少女モデルだからな。
でもさ――――」

「?」

「―――――案外、 似合ってるんじゃねぇの?
幼稚園とか保育園のあやせ先生」

「♪」

俺が正直に思ったことをあやせに言った時、
あやせは…………ただ微笑むだけで、 結局何も言わなかった。


「あやせさ…………―――!」

俺があやせに何事か言いかけた時にメール。
妹からだった。
添付されている写メには、 ここからそう遠くない場所にある会場で
煌びやかな衣装を纏った俺の妹のバッチリな絶品ショット。

俺はついメール と目の前にいるあやせ を何度か交互に見比べたりした。
そして着信 当然、桐乃からだった。

『写メ見た?』

「ああ…………見た」

『感想、、聞いてあげるから言ってみぃ』

「へ?」

『感想早く言えっての』

「……………か、可愛いんじゃねぇの」

『、、、、そんなの知ってるしぃ♪』

でも何故かご機嫌な様子の桐乃
あやせとも目が有ったが普通に、 口元を押さえてくすくすと笑っていた。


「最近忙しいみたいだし、 身体に気を付けて無理はしないで頑張れよな」

『うん、、年末のはすごい大きいイベントでさ。
人も全然足りないみたい。
しょうがないからあたしが無双してんの、 だからアンタもさ―――――――』

桐乃はここ何日か朝早くに出かけて、 門限ギリギリに帰ってきていた。
モデルの仕事を頑張ると決めた桐乃の面目躍如って所だろう。
 
またあやせと目が合う
あれ…………何かすごく大事な事を忘れてないか、 俺?


『――――――――でね、、聞いてんの?』

「聞いてる、聞いてる」

『そか、、あんたも勉強頑張ってるんだ、、、うん』


ごめんな、桐乃 実はサボってる。
でも俺は桐乃に対して嘘を吐いている罪悪感は有っても、
あやせの為に"最後に"時間を作ってやることに対しては一_の後悔もなかった。

桐乃との電話を切った後、 俺はまたあやせを見た

ってか俺が嘘を吐いてる以上は、
あやせのこの行動も桐乃には秘密なのだろう。
別にあいつが俺の彼女で、 浮気してるってわけじゃないのに
急にドキドキしてきちまった。
279 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:27:51.25 ID:AWayVSAp0

でもさ、 このドキドキも もう少しで終わりなんだ。
今日だけの話じゃない、 もう二度とあやせとこんな風に過ごすことは無い。

今日だけが特別、 俺たちは賞味期限が一日だけの恋人みたいなもの。

残り少ない時間が――――そう考えれば考えるほどに
余計にその時間そのものを俺にとって愛しいものに感じさせていた。



でも同時に俺は訝しくもを感じる―――――――――

「桐乃は何て言ってました?」

「大きなイベントで頑張ってるらしい」

「そっか・・・・うん。やっぱり桐乃は凄いですね」


―――――――俺はこいつの"今の夢"をちゃんと応援出来てるのかな?
ってさ



「あやせは忙しく――――っつーか じ、時間は大丈夫なのか?」

「あっ―――――――なんですゥ?
桐乃とお話したから、もうお家に帰りたくなっちゃったんですねっ?」


「ち、ちげぇ…………そういう意味じゃなくてだな」

「そんなに心配しなくても・・・・きっと、 すぐに会えますよ」


「へ?」

そりゃ、今日帰ったら会えるだろうけどさ


「それにしても、 ちょっと肌寒くなってきましたね」

「そうだな」

確かにさっきまで雲一つ無かった空は、いつのまにか冬特有の重くて分厚い雲が
これまた冬特有の弱々しい太陽の光を幾分遮り始めていた。


そして あやせは後片づけをして立ち上がったのにも関わらず
俺を見つめたまま微動だにしない。

「………………あやせ?」

ぬいぐるみ「・・・・・・」

バックのわずかな隙間から 例のヤツらが顔出していて、つぶらな目でこちらを見ていた。ぬいぐるみってよく見ると ちょっと怖いんだよ


「あやせ、 俺がバック持つぜ―――っ」

お、重っ。
何が入ってるんだ、これ?


そして俺がバックを持ったにもかかわらず、 首を傾げて佇んだままで
あやせは歩きだそうとしなかった。

「どうした?」


あやせは両手で水を掬うみたいな形を作ると、 自分の白くなった息を吐きかけて
俺を ジィー(音が出てそうなくらい)と見た。
280 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:30:28.56 ID:AWayVSAp0

「うん?」


イヌ「・・・・きっと、 あやせちゃんは寒いんじゃないか?ワン」

(追加攻撃/小声で)『本当に鈍くて救いがたいヤツだワン』


ネコ「この人・・・デートしてるのにすぐ帰りたがるし最低だニャン」

(追加攻撃/小声で)『デリカシーがないヤツは死ねばイイニャン』


ネズミ「まったくぅ・・・・これだからシスコンの童てっぅう゛――――――」



「――――――だぁぁ……………よし行くぜ!!!!」


色々な意味でこの状況に恐怖した俺は、 これ以上の追加攻撃を避けるべく
あやせから『セクハラ』とか言われることなど もはやまったく意に介さずに
あやせを自分で両手でガッシリ抱くとそのまま歩きだした。


「…………………………」

半ば予想していたことだが、 あやせに正義の鉄槌を下されたりはしなかった。


「・・・・・暖かい(ワン)」

実は―――――――色々な意味で俺の方が熱くなってたのは内緒な



暫く歩いていて、 ビルの大きな吹き抜けになっている屋内へ

周りはカップルで溢れてるとは言っても、
彼女を挟み込んで抱きつきながら歩いてる痛い奴なんて流石に誰一人居なかった。

「も、もう・・・・大丈夫」

「お、おう。 それで次は何処に行くんだ?」

抱きつくのを辞めて、 自然にあやせと手を繋ぎ直しながら俺は訊いた。


「・・・・・一緒にお星様を見に行きしょう♪」


俺たちが進んだ先に有ったのはプラネタリウム

そっか、 デートって普通はこういう場所に行くもんなんだ。
俺の中のデータベースにそういうクエリ(発想)は皆無だった。

デートって言葉を思い浮かべて "あいつ"とこんな場所に来たらどうなるのかな?
なんて妄想するのは、 今日のあやせ相手じゃ やっぱ失礼かも知れない。


当然、 男と女 男と女 男と女 男女♪って歌えるくらいの規則的な並び
カップルじゃなきゃ入場資格なぞ無いとばかりの構成の集団の中で暫く並ばされる。

ふと見た時 男女 男★! 男女
野郎がポツンと立っていた

281 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2012/12/31(月) 23:32:33.83 ID:AWayVSAp0
ちょい、休憩
282 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/31(月) 23:45:20.87 ID:M+8XOMPDO
>>281
あやせという時点で既に読んでない。
休憩など挟まず早く投下ヨロシク。
283 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/01(火) 00:11:13.71 ID:UI2X1tKB0
>>281
積極的なあやせっていいですね。
続きまってます。

284 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:22:23.06 ID:yCNjNKpU0
あけおめ
再開↓
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ってか、 ちょぉwwww あれ部長じゃねぇーかっ!

そう言えば、受験どころか卒業が危うくて
『高坂よ、
もう一度 俺と一緒にハイスクールライフを満喫してみる気はないか?』とか言ってたな

その原因も
ようやく出来た彼女(沙織)と遊びまくったのが原因らしく

『兄弟よ、 ALL I need is Love(愛こそすべてだ) 
俺はクリスマスに世界の中心でアイを叫ぶつもりだからな!
ついでに夜はビースト・モードになるのだ!フハッハッハッ』とか言ってたし

でもアレじゃ世界の中心で"哀"を叫んでる、 まるで"哀戦士"じゃねぇか

多分、沙織と喧嘩でもしたんだろう
沙織もああみえて、 意外に強情な所があるからな


本当ならこんな厄介には首を突っ込んでる場合じゃないんだが
それでもいつもの癖で俺は部長に沙織との首尾をメールして聞いてみた。

返信メール
――――――――――――――――――――――――――
件名 兄弟よ マヤの予言を知っているか?(死)

本文
クリスマスなぞ、 俺が滅ぼす(呪)
明日のニュースを楽しみにしておくことだ (髑髏マーク)
――――――――――――――――――――――――――

ってか部長、テロでも起こさんばかりの形相じゃねぇか!?
しょうがなく、俺は沙織に電話してみる

挨拶もそこそこに 部長の名前を出したら、速攻で切られちまった。

沙織のあまりの拒絶ぶりに
まさかと思うが部長がストーカーとかにでもなってるのかと危惧して、
その旨をメールで聞いたら『そうではござらぬ』から『ですの』で締められた返信。
そっか、やっぱ要するに単なる痴話喧嘩ってわけだ。


興味深そうに俺の無謀な努力を眺めていたあやせは

「まったく・・・お兄さんって本当にお節介な人」

「自分でもそう思う」

「でも・・・お兄さんに色恋の問題なんてどう考えても荷が重いようですね」

「自分でもかなり…………そう思う」

そりゃそうだ
俺なんか他人どころか 自分自身のコトだってちゃんと出来ないんだからさ。


あやせは つかつか と部長の前まで俺と二人で歩いて行くと

「あなたに大切なお話があります」

「ど、どちら様ですか?
あっ! 兄弟じゃないか!
し、しかも兄妹そろってクリスマスデートとは、 この俺を笑いにでも来たのか!」

兄弟と兄妹で韻を踏みつつ、 その内容は被害妄想に溢れた素敵な台詞の部長である。
そして…………ここでもぱっと見で桐乃と思われているあやせ。

「ちょっと落ちつこうぜ、 なっ 部長」

285 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:24:16.88 ID:yCNjNKpU0

「良いか 高坂よ、 よく聞くんだ!
リアルの女なんて苦労するだけだぞ。

整合性のある選択肢が出るわけでもない。
分かり易いフラグがあるわけでもない。

そのくせ、 オチのない無い話を延々聞かされたあげく、
こちらが善意で一生懸命に考えた内容をアドバイスでもしようものなら、
そんな意見は必要無い、 だだ自分の話を聞いてくれたら良い、
あなたの意見なぞ聞きたくはない―――――とくるんだ。

あれならゲームの方がよっぽどインタラクティブだぞ、 冗談抜きでそうなんだ。
だから敢えて言おう、 リアル恋愛など不毛なカスゲーをやってるようなモンである
と」

「そ、そんなことねぇと思う………………けど」

俺は意外に思った。
俺の知ってる沙織はどっからどう見てもエンターテイナーのそれで
"普通"の女の子みたいな我が侭な部分がどうしても上手く想像出来なかったからだ。


        ――――――――パチンっ!


「「え?」」

殴られた部長も それを見ていた俺も状況が飲み込めずに間抜けな声が漏れる。


「あっ―――――(やせ)、おまえ何やってんだよっ!!!」


「説明………あるんだろうな?
年下の女だから手こそ出さなかったが、 兄弟と違って俺は叩かれて喜ぶMでもなければ
笑って済ますほど人間も出来ちゃいない」

部長がメチャクチャ キレてるのが分かる。
そりゃそうだ、知り合いの(一応ここでは)妹とは言えほぼ初対面の女に
いきなり理不尽に殴られたら、 俺だってMじゃねぇから普通怒るよ。


『わ・た・し・は・こ・の・人・が・好・きぃい! ! ! !』


その声はきっと、俺が桐乃とあやせを仲直りさせようとして芝居した時の声
――――――"あの時の声"よりも、 ずっと大きかった。



「……………え? マジで?」

部長はさっきの勢いは何処にやら完全に戦意を失っていた。
俺だって息をするのも忘れて茫然とあやせを見ていた。

もちろんそれは俺らだけじゃない、
クリスマスに素敵なプラネタリウムデートをしようとしていた
無関係の善良なカップルのみなさんもドン引きである。


あやせの周りで 静寂で、清浄で、神聖な空間がいつのまにか展開されていた。

286 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:25:29.97 ID:yCNjNKpU0

『わたし達は・・・・誰にも祝福されない』


あやせは さきほどとは うって変わって
とても静かに優しい声で言った―――――――――――――


・・・・・でもあなた達は違うでしょう?


お互いに好き同士で、 みんなに祝福されてるなら何の問題があるの?

あなたは知ってますか?
本物の神様は、 あなたが思ってるほど優しくも無ければ 慈悲深くもないってこと


でも今はすごく――――――す・ご・く・幸運なことに

あなたの愛する人は、 あなたの大切な友達が 好きな人 なわけではない。

あなたの愛する人は、 あなたが尊敬してやまない人が 好きな人 なわけでもない。

あなたの愛する人は、 あなたが自分自身よりも大切と思う人が 好きな人
なわけじゃない。


自分の心の中だけが敵なら・・・・そんな下らない心 ぶっ飛ばして、ぶち殺して、
ちゃんとその人を掴まえて、 今のその好きって気持ちを大切にして


残酷で、 きまぐれな神様が、 そんな神様が あなたに与えてくれた 奇蹟が

絶対に 壊れないように
絶対に 無くしてしてしまわないように
絶対に 消えてしまわないように
絶対に 失わないように

―――――――――――――と


「ね、わかりましたか?」

あやせは、 優しく母親が子供を諭すように言った。


「………………う、うん………………う゛ぅうん」

部長は奇蹟を体験した人が、 神様の御使いの天使の前で跪くように泣き崩れていた。


「だったら・・・・・・・さぁ 早くお行きなさい」

「うぉぉ――――――――――」

泣きながら、 明日へ走り出す部長

         ―――――パチッパチッパチッパチ!

まわりから拍手喝采されている俺たち


「おまえさ………………」

「何です?」

「い、いや………………何でもねぇよ
――――――――――――うぉっとぉ ビックリした!」

俺が何と言って良いか分からなくなっていた所
号泣しながらの部長が戻ってきた。


「高坂 貴様に良いモノをくれてやろう! 妹殿を大切にしておけよ
では御免」

と言って部長は全速力で、 視界から明後日の方向へ消えた。

287 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:27:30.11 ID:yCNjNKpU0

これはまた完全に……………誤解されちまったな。
でも全然悪い気分じゃなかった つーか、 悪いどころの話ではない。
色々なコトが起きってけど、 俺はこのクリスマスデートを結構満喫してるよ。


「今日のお兄さんとわたしって、 何だか色々なアイテムをゲットする日みたい♪」

確かに、 さっきの赤城瀬菜と真壁くんとは わらしべ長者的に
どう考えても いらん『アレキサンダー軍曹』と、
どう考えても使い道がない『ホテル宿泊券』を交換した。

今回のは、 あの部長だからロクでもない可能性もあるが、 何の変哲もない小さな包み。
俺は 取り合えず爆弾解体でもやってるつもりで、用心しながらその包みを開いた。


ババーン★

『恋人達に永遠の愛を ペアリング 引換券』

な……………んだと
って他人のペアリングなんか要るわけねぇだろ、 部長の野郎 トチ狂ってやがるっ!


さっそく、 部長に抗議のメールをすると――――――――――――

ペアリングは御鏡(御鏡がゲーム部に訪ねた以来の懇意の仲らしい)
に頼み込んだ友情価格なので、 その辺 心配ご無用とのこと

部長はアホなので、 ペアリング(まさか ペアの意味を理解していなかった)
を一組じゃなく、 二組頼んだので(御鏡もさぞ困惑したことだろう)
沙織へのクリスマスプレゼントについても 懸念ご無用とのこと 
 
リング自体は真っ新の状態なので、
奇文、珍文、猥文、呪文、ヒエログラフ、ルーン文字、ポエムetc etcを
このビルの内にある受け取りの店で、 自由に刻印すれば良いとのこと 

可愛い妹と宜しくやれとのこと  (`・ω・´)キリ


兄弟よ、 ALL I need is Love(愛こそすべてだ)とのこと (`・ω・´)b


敬具(クリスマスのツリーっぽい記号) 

―――――――――――――だった。

「どうするよ?これ」

「ねぇ、 お兄さん・・・桐乃に何かプレゼント用意してます?」

俺は『みんな! オラに元気を分けてくれ』って言うポーズから
ラジオ体操みたいに両手を思いっきり横に広げつつ 首を絶妙に 斜め四十五度に捻った


「あの人って意外に、 ちゃんと女の子が欲しいものを理解してるみたい。
クリスマスデートするのに手ぶらの誰かさんなんかよりも、 ずぅーと」

「………………」

どうやら俺の男子力って、 あの部長未満らしいですよ?


「桐乃にちゃんとしたクリスマスプレゼントが用意出来て良かったじゃないですか?
――――――きっと喜びますよ、 女の子だったら誰でも」


誰でも………………か


「…………なぁ プラネタリウムが始まるまでに 後 どれくらい並ぶんだ?」

「まだ、30分くらいはあると思いますけど・・・・」


あやせはなるべく良い席で見たいらしく、 俺らは最前列の前から2番目に
ならんでいた。
そしてさっきの部長と遭遇したってわけだ。

288 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:30:57.38 ID:yCNjNKpU0

「ちょっと、トイレ行ってくるっ!」


―――――――――俺は必死で走った


「ぜぇぜぇぜぇ…………勉強ばっかしてるから完全に運動不足だな、こりゃ」


「何処までおトイレ行ってたんです?」


「はい、これっ!」

俺はあやせに、 御鏡製のペアリングの片割れを渡した。

そのリングは 俺が考えるアクセサリの漠然としたイメージと違って
パッと見はシンプルそのものな形なのだが、 よく目を凝らしてみると
細かい細工が、 至る所細部にまで施されていた。

実際に買おうと思ったら洒落にならないくらい高いらしい。
御鏡って本当に良いヤツなんだなとしみじみ思う俺だった。


「あーペアリング取りに行ってたんですね・・・後で、 ゆっくりでも良かったのに。
『K・K』、 うんとっても素敵」


「あ、 それ俺のだ―――――あやせのはこっち な、 ほい」

俺は『A・A』と刻印されたリングをあやせに渡す


「・・・・え?」

「だ、だってさ………イニシャルだと『あやせ・新垣』だろ?
普通に『新垣・あやせ』でも一緒で、 ってそれは俺も同じなんだけどさ」


「・・・・・・・」


「これはイニシャルだけじゃなくて、 実は俺的なダブル・ミーニングで
『あやせたん・Angel』(キリッ) これってどうよ?」


「・・・・・・・・・・・・・・・・ナンデ」


「……………もしかして気に入らなかった?」


「わ、わたし―――――ってスカスカじゃないですか これ!」


「そりゃ、 部長が沙織専用に作ってるからそうなるわな」

男子用のは部長サイズだから俺もほぼピッタリなのだが
女子用はあやせにはどう考えても装備不可 規格外の大きさだった。


「あーあ・・・やっぱり結果 すごくお兄さんらしいプレゼントですね、これって」

あやせに苦笑される俺。
確かに これだといつもの勝手知ったる残念でアレな俺で終わっていたかも知れない。
しかし、 今日の俺は ちょっぴりだけ違ってたりする(聖なる夜の奇蹟的な意味で)







289 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:32:41.90 ID:yCNjNKpU0

「まぁまぁ そう言わないで ちょっと貸してみぃ…………これをこうして、こうしたら。
はい、 あやせ―――――」

下着やら、ぬいぐるみやら、アクセサリやら、アクセサリやら色々
色々な女の子に色々なモノを送ってきた俺だけど
そいつらの人生相談にものってきた俺だけど
それは全部、 相手に喜んで欲しくて、 笑顔になって欲しくてやってきたことだった。

そして今の俺は、 どうしてもあやせに喜んで欲しいと思っていたんだ。


「―――――え? キャァー-ー な、何をするんです?!
お兄さんっ ひ、人前ですよ・・・待ってっ みんな見てるからっ ダメェだからっ!」


「――――痛てて。 あやせたん、 ハッピー メーリー★クリスマスつーことで」

俺はあやせに抱きついて(流石に今回は衆人監視の下だったから結構殴られました)、
あやせの首筋に手を回すと、 ネックレスに通したリングを着けてやった。

「これって・・・?」

「さっきのぬいぐるみ件も このペアリングも―――これは部長の好意だけど
俺自身は、 結局 今日あやせの為に何もしてやれなかったからさ。
だから、せめてチェーンくらいは 俺が買ってプレゼントしたいって思ったんだ。
ペンダントにしたら リングの大きさも関係ないだろ?」

ペアリングの主な素材らしいパラジウム(レアメタル/貴金属)ってのは
単なる(しがない)受験生である俺には全然買えず

タングステン(レアメタル/何とか語で重い石って意味)のチェーンを
急遽 間に合わせで買った。

俺にしちゃ、 なかなか悪くないアイデアだと思うんだが…………どうだろう?


「お兄さん・・・・」


「"ペアリング"ならぬ、 "ペア?のリングとリング・ネックレス"になっちまったけど、
どうかな?」

「わたし・・・・お化粧直してきます」

あやせは顔は下に向けると、 そのまま いそいそと歩いていった。
喜んでくれるって期待してたのに……………ちぇ ダメだったか。


暫く経って、 そろそろプラネタリウムが開演しそうなのにもかかわらず
あやせはなかなか戻ってこなかった。
俺は心配になってメールしようと思っていたところ


「ハァハァハア・・・・・・」

美少女が息を切らせて走ってきた。

「あやせ………随分遅かったけど、 大(だい)――――痛って。
おまえ、 何すんだよっ!?」

「お兄さんの馬鹿 バカっ! もうっせっかくの気分が台無しじゃないですか!
女の子に 何てことを聞いてるンですかっ!?
この変態ッ! へんたいっ!ドォ へ・ん・た・いッ!」

「意味分かんねぇよ! 『大丈夫だった?』 って言おうとしただけだろ?」

そもそも気分って何だよ?って話だが


「?――――っ!」

「え? なになに?」


「だ、大丈夫じゃないですっ・・・・・」

290 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:33:48.08 ID:yCNjNKpU0

「お、おい……………あやせ? 人前だぜ、 良いのかよ?」

つーか、"人前"じゃなきゃ俺とあやせは抱きつく仲ってわけでも無かったよな?多分
今日、 散々抱きつき 抱きつかれて…………段々感覚が麻痺してきていた。

「指輪・・・・・してないんですね?」

「ああ………そうだな」

考えてみたら俺がアクセサリなんてどう考えても柄じゃないし
装備したら追加アビリティーが無いどころか、 逆に能力値まで下がりそうな気がする。


「あーあ、 お兄さんがどうせ身に着け無いンだったら
わたしは 桐乃とお揃いの方が嬉しかったのになぁ・・・・・・このリング」

あやせはペンダントヘッドのようになったリングを触りながら言った。

「そう…………そっか、 そうだよな ハハハ」

そりゃそうだ、 あやせは桐乃の格好で出掛けるくらいに桐乃好きだもんな。
確かにイニシャルが『K・K』なら桐乃にプレゼントしても良いわけか



      いいや 違う―――――――そうじゃねぇだろ 俺



今のあやせの言葉の内容をそのまま100パー真に受けて
曲がりなりにも『好き』って告白されたコト 抱きつかれた今の状況を
コロっと忘れるとか―――――俺って『本当に鈍くて救いがたいヤツだワン』だぜ。


「桐乃には 何か別のモン買おうかって思ってるから、
これは………………このままで良いんじゃねぇの?」

「だ、 だったら、 これは本当に お兄さんとわたしのペアリングってことで
本当に良いンです・・・ね?」

「もちろん」


「うん・・・・・・・そっか、
ねぇ だったら、 これからはちゃんと身に着けててください」

あやせはそう言うとニッコリ笑って、 自分がしていた『あやせたん・Angel』
のペンダントを首から外して、 何故か俺が買ったタングステンのチェーンも
同時にリングから外して抜いた。

そしてポケットから真新しい高そうな別のチェーンをリングに通してペンダント型
にすると俺に身に着けさせた。

「へ? おまえ、一体何を………………」

「ほら、 次はあなたのリングをかして」

「あ、うん」

「・・・・・これをこうして、こうしたら。
――――――――はい、 お兄さん」

あやせは、 もう一方の『K・K』と刻印された方のリングに
さっき外した(俺が買った)タングステンのチェーンを通してペンダントにする。

そのリングをあやせから渡された俺は―――――――――――
あやせが一体全体何をしたいのかさっぱり分からなかったが、 一連の流れから想像して俺はその『K・K』のリング・ペンダントをあやせの首にかけてやった。

「このリングに刻印されてるいる『K・K』は・・・・・・・・
桐乃じゃなくて、 お兄さんのイニシャル『京介・高坂』ですよね?
わたしの言ってるコト、 ちゃんと合ってます?

「お、おう。 それで正解」

「そしてあなたの首にあるのは―――――」

「『あやせ・新垣』(あやせたん、天使 マジで)だよな?」

291 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:35:13.09 ID:yCNjNKpU0

「お兄さん、 ご存知でしたか?
ペアリングって、 相手の名前を刻印した物を自分が身に着けるって・・・・こと」

「…………………え?え゛ぇぇ?」

自分用のペアリングの刻印って自分の名前じゃないのかよ!?
……………あっ 考えてみれば、 そりゃそうだ。
もし自分の持ち物に自分の名前を刻印するんだったら、
それは小学生が自分の玩具に名前をマジックで書いてるのと変わんねぇもんな

俺って全く部長のこと笑えない
しかも間抜けにも女子用のリングに自分の名前を刻印してるとか
しかも沙織(の指のサイズ)のお陰で、 大きさ的にはむしろ男子用で
合ってるってまったく、 変な気分だぜ。


「お兄さんのプレゼント・・・・・わたし すごく大切にします」

俺がさっきからずっと待ち望んでいた、あやせの喜んでる顔…………やっと見れたよ。
それはもちろん嬉しかったけど、 何か色々な意味で複雑な気分でもあった。

「あやせがペンダントにしたこのチェーンって………………」

まかさの"パラジウム素材"である。

「はい、 わたしのプレゼントです♪」

「あやせの気持ちは、すげぇ有り難いんだが…………なんつーか」

俺の男のプライド的なアレである。


「どうしても、 わたしのプレゼントがそんなに気になるンだったら、
来年のクリスマスには、 同じモノ
その次の年には、 プラチナ
その次の年は、 純金のチェーンを改めてプレゼントしてください」

「あやせさん…………ま、マジですか?」

「ふふ・・・・冗談ですよ、 冗談♪」



その時、 俺がふと想像したことは――――――――――

もし あやせに(冗談じゃなく)本気でおねだりされたら、俺は一体どうするんだろう?

――――――――――ってことだった。



抱きつき状態がデフォルトなった俺らはやっと、 プラネタリウムの中に通された。

その時、 俺らより前に並んでいた最前列の感じの良さそうな初老の夫婦の人達が
俺らの身の上(さっきのあやせの演説と俺らのやり取り)を観察してて

『いや………若いって良いですね。君たち頑張ってください』と言って

握手を求められ 最前列を譲ってくれた。


「ここ・・・座りましょうっ!」

「お、おう」

俺らが座った席は入り口から一番遠い奥の隅っこで何故か
他のシートは横並びで青いのに、 俺らの席だけが赤くて2席だけ独立していた。

292 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:36:11.46 ID:yCNjNKpU0

なんつー The カップルシートなんだ、これ………………。

しかしクリスマスのプラネタリウム 、ビックリっすよ。
満天の星空そっちのけで、 目の前のカップルはイチャイチャ抱擁し始めてるし

「あ、あやせ…………何かすごいな、ここ」

「お兄さん、 綺麗ですねぇ・・・・ねっ♪」

「確かに、 綺麗な子だとは思うが――――」

「―――――ふふ、 お兄さんが綺麗なキラキラお星様になっちゃいますぅ?」

あっ、 北斗七星の隣に見えるあの星は…………死兆星!


「すんません、 軽い冗談のつもりだったんです。
だから………………どうか命だけは」

「って言うか・・・・と、隣に居る子は可愛くないンですかァ?」

「隣の可愛い子ってよく見えないじゃん」

俺らの真っ正面の真ん前でチュッチュしてるカップルの
隣の子は位置的に暗くて見えなかった。

「あー確かに、 ここからは死角になって見えません――――って正気ですかっ?!」

「うほえす、 じぉふうじゃんでふ はよせはぁまぅ
(嘘です、 冗談です。 あやせさま)――――痛てて」

思いっきし両方の頬を抓られ引っ張られちまった。

「良いですか、 お兄さんっ!
まず第一に、 デート中に他の女の子を見てるなんて万死に値するってコト、
ちゃんと肝に銘じておくようにっ!」

「は、はい」

「大体、 お兄さんは色々気が多くて色々目移りするし 浮気性のエッチで――――」

「悪かった、悪かった。
つーかさ、 どう考えても…………今、 俺の隣・に・座・って・る・子・が
今日 俺が会ったり見た中で断トツに可愛かったぜ」


「ふぅ〜ん、 ふふ――――だったら 桐乃に言いつけちゃおうっかな?」

「………………く」

「う・そ・――――お兄さん、 なんて顔してるンですか・・・もう」

「………………」

俺は一体どんな顔をしてたんだろう?


「だ、だからデートする時はその相手だけを見てあげてくださいね、わかりました? 」

「へーい。
ってかさ 何か今日のあやせって本当に先生みてぇだな」

つーか、 今の俺ってデート指南受けてる幼稚園児の悪ガキの気分だぜ


「・・・・アハハ、 案外当たってるかも知れませんよ?」


「なぁ、 あやせのその格好ってさ………………もしかしたら」

こんな俺でも そろそろあやせの極秘『作戦』の全容が
何となくだけど分かっちまってきていた。
同時に、 そのせいで罪悪感やら何やらが一気に俺の心の中を占領しようとしていた。

293 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:37:31.75 ID:yCNjNKpU0

俺は何とかあやせの表情を読み取ろうと、 あやせの方に向こうとした時

「せっかく、 プラネタリウムに来たんだから ちゃんと見ましょうよ」

「…………確かに、 そうだな」

俺はしょうがなく言われたとおりにする。

「・・・星ってやっぱり綺麗」

「うん」

「わたし、 冬の空って大好きですよ。
オリオンのベテルギウスとリゲル それに一番キラキラしてる、おおいぬ座のシリウス」

「あやせって若いのに物知りだな」

「小さい時は絵本、 小学生になったら本を読むの好きだったから」

その頃は、 『世界皇帝』とか言ってた男 高坂京介


「俺なんか自慢じゃねぇけど 中学になるまでサンタを信じてたし
どう考えても天動説の方が説得力があると思ってたし
それに雪だるまって―――――いや」

「・・・・雪だるまって?」

「いや、恥ずいから…………やっぱ良いって」


「わたし聞きたいです。 お兄さん・・・教えてください。 ね?」

プラネタリウムでカップルシートに座った時点で かなりの密着状態だったのに、
今は、真っ正面のイチャついてるバッカプルと比較しても遜色ないほど
―――お互いの服がシワになるくらい、 俺はあやせにくっつかれていた。


「ゆ、雪だるまって 当たり前の話だけど雪転がして作るだろ?
そしてバケツを帽子にしたり、 ほうきで手を作って………………
外国のだったら、 鼻はにんじん刺したりして」

「・・・うん」

「で、 目は丸い炭で 口は木炭とかだよな……………?」

「そうですね、 わたしもお父さんに作って貰ったことありますよ」

「俺ってさ、 ああいうのって全部空から降ってくると思ってたんだわ」

「雪だるまの目と鼻とか手のパーツが、 ってことがですか?」

「そう、 だから冬の空って すげぇ良い奴だなって思っててさ。
そりゃ、 みんな当然の如く雪だるま作るよなって考えてた。
―――――――日本と外国の雪だるまの違いも空とか気候の違いみてぇな話」

そういや、『冬将軍』ってアレキサンダー軍曹みたいな見た目の
実在の将軍もガチで居ると思ってたよ、 俺

『世界皇帝』VS『冬将軍』……………とかね

不思議なんだけど、 今日のあやせと話していると忘れていた過去をよく思い出した。


「ふぅん・・・お兄さんって凄くロマンティストだったんだ」

「桐乃にもドヤ顔で言ってたなぁ…………ああ、恥ずい」

多分、麻奈実やロックにも言ってたな。

294 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:38:46.39 ID:yCNjNKpU0

「わたし――――そういうお兄さん 嫌いじゃないから・・・・・
わたしの前だったら、 そんな風に恥ずかしがらなくても全然 大丈夫ですってば」

あやせは 俺の黒歴史を、一生懸命に元気づけてくれてるような
でも同時にそんな俺の過去を、本当に受け入れてくれてるような
まるで愛しいって(何か色々恥ずくて俺には判断出来ない)感じで言ってくれた。


「あ、ありがとう…………あやせがちゃんと聞いてくれて、
そんな風に言ってくれたから、 何か昔の俺もそんなに悪くない気がしてきたぜ」

幼馴染みの家で 俺と桐乃と麻奈実と鼎談してた時には話すことが無かったけど
これもやっぱり 紛れもない俺の過去だった。
――――――高坂京介って言う名前の遠い遠い昔の話。

そして俺は気付くと、 三年前の――――"櫻井秋美"との過去の出来事も
結局、 あやせに話していた。

そんな俺の話をあやせは ただ黙って聞いてくれた。


「お兄さんがせっかく過去のお話してくれたから
わたしも特別に、 昔話しちゃいますね

わたしの初恋のお話―――――――――――――」


その話は…………あやせも俺と同じように、今 突然思いついたのか
それとも今日………俺と会う前からずっと考えていたことなのかは
今の俺には分からなかった。

あやせの話は 初めての『恋』の話であるのと同時に、
初めての『夢』の話でもあった。

そして、 あやせの失った恋と夢の話は淋しくて、 切なくて、 救いがない話のように
俺は聞こえた。


『本物の神様は、 あなたが思ってるほど優しくも無ければ 慈悲深くもないってこと』


それでも結局俺も あやせの話を ただ黙って聞いていることしか出来なかった。



桐乃はわたしが初めて会った時から、今の桐乃で・・・優しくて 親切で、
一生懸命な努力家でわたしは、 そんな桐乃をすぐに好きになって 同時に憧れました。

―――――桐乃のお陰でちょっぴりだけモデルとして自信が出てきた時に
・・・・そんな時に、 わたしはお兄さんと出会ったんです。

桐乃に大好きなお兄さんが居ると分かった時、 すごく羨ましくて ちょっぴり嫉妬して
わたしにも、 あなたみたいなお兄さんが居たら
もしかしたら桐乃みたいになれるのかな? なんて考えたりもして

お兄さんのことを"お兄さん"って呼んだり、 こんな風に好きになったのも
きっとそういう理由もあったのかも知れません

だから わたしなんかが もう二度と お兄さんをシスコン呼ばわりなんて
出来ないですよね ふふ

そしてだからこそ、 わたしには 桐乃の気持ちってよく分かるんです


今まで色々なことがあったけど

桐乃や加奈子に出会えて、 今のお仕事を始めるようになって
そして お兄さんやお姉さん、 黒猫さんや沙織さん
―――――――――沢山の素敵なみんなと知り合えて

たかだか中学生の分際で 大げさって言われるかも知れないけど、
わたしが生きてきた中で、 一番大切で 一番幸せな時間だって思ってるから


だから――――――――――わたし・・・・・・・

295 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:40:07.04 ID:yCNjNKpU0


俺はあやせの言葉の続きを ずっと待っていた。
でも………………いつまで待ってもあやせの言葉は出てこなかった。
そして……………あやせが泣いてるのは分かっていた。


同時に、 俺は思った
―――――――――――――人と人との思いの差って、 何なのか? 
ってことを


それは俺の無自覚で派手だった あやせへの好意と、
対照的な、 あやせの静かで確かだった 俺への好意のことだ。

例のストーカー騒動の時
沙也佳ちゃんは 過去のあやせのイメージを、 無理矢理 現在のあやせに押しつけて
あんな騒ぎを起こした。
確かに、 あれは沙也佳ちゃんの思いこみって部分が大きかった。

それでも、 あやせの昔の沙也佳ちゃんへの優しさが全部嘘で勘違いとは
きっと言えないと思う。

みんながみんな、 他人を自分の思いこみや願望で見ているから
誤解したり勘違いしたりすることはしょうがないって、
あの時の俺は一応納得していたんだ。


でもさ………………俺とあやせの場合もそれと一緒と言えるのかな?


俺がふざけて『好きだ』とか『結婚しよう』なんて、 ちょっかいをかけなけりゃ
あんな風に散々煽って 勘違いさせなければ…………あやせに思いこませなければ
こんな風に、 あやせを泣かすことも きっとなかった。

そして、何よりも―――――俺はあやせが桐乃に遠慮して、 板挟みになり
苦しんでた事にすら、 今の今まで気付いてなかった。

そして今更――――――今頃、 それは櫻井の時も同じだったと気付く
これじゃ、 俺の頭と心はまるで 石ころみたいに からっぽじゃねぇか


後輩を泣かせ、 同級生も泣かせ、 幼馴染みを心配させ、 妹をも不安にさせた挙げ句
周りを散々振り回して、 今は妹の親友を悲しませてる

告白してきた女の子を――――――結果的に俺が振ってしまったその女の子と
今日みたいに楽しく一日デートすれば、 二人の間に良い思い出さえ作れば
その後は笑って友達になれるなんて思うのは、100%俺の欺瞞と偽善だった。

俺ってヤツは みんなに良い人と思われたいだけだったんだ。
誰にも嫌われたくなくて、 必死でみんなに良い顔をしていただけだったんだ。


俺は身勝手な最低の……………―――・・・・・・わたし、 お兄さんのそういう所も大好きだったから



        ―――――あやせは俺の頭を優しく撫でた

296 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:41:27.54 ID:yCNjNKpU0


わたしも同じ  桐乃にも、 お兄さんにも、 誰にも嫌われたくなかった

だから お兄さんは悪くない ぜんぜん 悪くない

わたし お兄さんに出逢えただけで 嬉しかったから すごく すごく嬉しかったから

だから もう良い 

わたし、 お兄さんのこと ちゃんと 分かってるから

だから 全部 全部 もう・・・良いから 

わたしは大丈夫・・・だから 

だから・・・お兄さんも ほら

・・・ね? 


結局、 俺は自分が振った泣いてる妹の親友の胸の中で 優しく抱き締められて
ただ――ただ、泣きじゃくった。

そんな俺のせいで、 あやせは泣きながら こんな俺の為に微笑んでくれた。


               ***


"Air"


俺達がプラネタリウムを見終えて、 外に出た時の 心の晴れ晴れしさとは
対照的に どんよりと重い雲が完全に、 冬の早い黄昏の空を覆っていた。

俺とあやせのデートも、 もうすぐ終わろうとしていた。
多分、 時間的に考えると次が最後だろう。
でもあやせが望むなら、 門限だろうが何だろうが今日の俺は気にしないつもりだった。

「あやせ、 次はどうする?」


「もう少しだけ・・・・お時間大丈夫ですか?」


「もちろん。 良いに決まってんだろ」


あやせと過ごす一分、 一秒がもの凄く短く感じて、 時間は止まらなくても
せめて 時間が遅く進めば良いのになんて――――無駄なことを
誰に頼んで良いのかも分からずに、 願いたい気持ちになったり
何度も何度も、 携帯で時刻を確認してみたり

考えてみれば
俺とあやせは もう二度と会えない運命の遠距離恋愛中のカップルと同じだ。

少なくとも 俺達は お互いのことを憎からず想っている。

このデートの瞬間を、 その一瞬一瞬を愛おしく思いながら 過ごしている。

でもこのデートが最初で最後 

賞味期限が一日の恋人の俺たちはこのデートが終わったら……………
恋人として再会することは、 二度ない。


「・・・すごく綺麗」

辺りが暗くなった分、 駅前のクリスマスツリーや 通りのイルミネーションは
輝きを増して 俺たちに幻想的な風景を見せていた。

でも、 そんな風景すら 引き立て役のおまけに思えるほどに…………………
今のあやせは 俺の目には美しく見えた。

297 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:42:47.98 ID:yCNjNKpU0

「あやせ、 二人で写メ撮らない?」

「良いですよ・・・・もちろん」

時間を遅くすることも、 ましてや止めることも出来ないなら
せめて、 この瞬間を切り取って何かの形に残しておきたかった。

俺って女々しいよな、 本当にそう思うよ

通行人にお願いして撮って貰う。
そして、 あやせが受験勉強中の俺へ 息抜きになるようにと送ってくれた写メが
何枚もファイルされているフォルダに保存した。

女々しい上に―――――節操もない俺

「こんなお願いしてごめんな、 あやせ」

「わたし 言いましたよね? お兄さんのコトはちゃーんと分かってるって。
乗りかかった船ですし、 だから最後までしっかり応援します。
お兄さんがダメって言っても、 それがダ・メ・ですよ?」

「マジで有り難う……………色々とさ」

「気にして頂かなくても結構です、 だって わたしがイヤなんだから。 
どうしても お兄さんのコト、 やっぱりほっとけないですし
やっぱり駄目な子を相手している・・・幼稚園のあやせ先生みたいな?
感じです・・・・ふふ」

そう言ってあやせは笑った。


そんな笑顔のあやせを見ていて、 言葉に出来ない葛藤が俺の心を駆けた。

いっそ、このままあやせと逃避行…………なんて
(女々しい上に――――節操もなく)、ついでに勇気も度胸もまったく無い
俺には…………絶対に無理な話だった。


「ほらっ・・・・そんな顔しないの!
今日はせっかくのクリスマスなんですよ、 お兄さん」

「うん、 そうだな」


「わたしが お兄さんの為に 特別なクリスマスプレゼント、
この後に用意してますから・・・・・ものすごぉ〜く 期待してて良いですよ♪」


「マジか…………何だよ?
滅茶苦茶気になるから、 俺にあやせのプレゼント 早く教えてくれよ」

でもあやせは

『ふふ――――――今はダ〜メ、絶対に教えてあげない』 と言った。

いくら、 頭が悪くて鈍いアレな俺でも もう分かっていたよ。
あやせの言うプレゼントが 何―――――誰(だ・れ・か・)かってことは、
とっくの昔にさ。
298 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/01(火) 00:44:18.49 ID:yCNjNKpU0

『あーあ、 俺って本当に駄目なヤツだ』――――――って後ろ向きな事を
考えるのは もうこれで辞めにしよう

おそらく 俺と待ち合わせる前から…………あやせが決めていた企みに
まんまと乗って驚いたフリをして………………あやせに礼の一つでも言えば
今日のことは全て終わる。

こんな俺でも、 あやせは出会って良かったって言ってくれたんだ。

だから 明日からは 俺はあやせのことを今までみたいに、
いいや 今まで以上に応援してやろう

それが、 このお節介で心優しい美少女に 俺がしてやれる唯一のことなんだ。


               ***


でも
その日 俺が あやせのクリスマスプレゼントを受け取ることはなかった。

そして、 結局 また俺はずっと一晩考えることになる
―――――――――――――人と人との思いの差って、 何だろう?ってことを



それは……………おそらくあやせが 俺のプレゼントの為に
妹と電話して 何事か話終えた直後に起きた。
なぜか あやせは全ての表情を無くして 突然 崩れるよう俺の肩に寄りかかってきた。


  『わたしの夢・・・消えちゃった――――』


あやせがそう呟いた時、 あやせの頬に大きな雨粒が落ちてきた。
俺は無意識にあやせを身体を抱き締めながら、
暗い色だけの絵の具で塗り潰したような どす黒い空をずっと見ていた。

雨が音もなく、 あやせの髪やコートを濡らしていった。
俺の首筋も雨粒を感じたと思ったら、 それはあやせの涙だった。


さっきあやせがプラネタリウムで 俺にしてくれたみたいに………………
俺があやせの濡れた髪をいくら撫でても、 赤く上気して潤んだ頬をいくら撫でても


あやせは、 (二人でホテルに行くまで)絶対に 泣き止まなかったし


降り出した冬の冷たい雨も、 (俺たちが 朝、帰り道の路地裏を歩くまで)
一瞬も止むことはなかった。






おわり
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/01(火) 00:56:49.20 ID:2pylnJDWP
最後の最後まで京介が屑だったでござるのまき
300 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/01(火) 00:57:59.10 ID:UI2X1tKB0
私も一つSS投下。新年にちなんで年越しSS

京介×桐乃 です。

題名:「高坂兄妹の年越し」

ごーん・・・・・・・・ごーん・・・・・・

「除夜の鐘がなっているな。今年ももう終わりかぁ」

「ねぇ、あんた知ってる?除夜の鐘って煩悩を振り払うために行うんだって」

「それくらいは知ってるぞ。除夜の鐘を108衝くのは108の煩悩を滅するために行うんだっけな」

「あんたのその怠けた感じとか、だらけた態度とか一緒に滅してもらったら?」

「お、お前なぁ、そういうお前こそ煩悩の塊じゃないか」

「な、何むきになってんのよ?妹相手に、バッカじゃないの」

「てか、あんたさ、あたしの煩悩、滅したいわけ?」

「はぁ?お前なにいってんだよ、そりゃあ、今年一年お前の煩悩に振り回されたけどさ、
 でも、お前言ってたじゃないか。そういうのも全部引っ括めて私だって」

「それにさ、俺自身、変わらないことを望んでたようで、実は変化することに躊躇していただけ
 なんだって、お前を見てて思い知らされた。実際お前に振り回されて、俺の周りで色々な変化が起きて、
 それはそれで、結構楽しかったりするんだぜ」

「だから、その、うまく言えないんだけど、そう言う所も引っ括めて俺はお前の・・桐乃のことが好きだよ」

「・・・何妹に好きとか言ってんのよ、キモ、このシスコン」

「うっせ。お前がそう仕向けたんだろう」

「はいはい、てかさ、わたしも普段情けないくせに、ピンチになると頼りになるところ・・
 結構好きだよ。ううん・・普段だらしないからこそ、頑張ってる姿が格好良いっていうか・・
 なんというか・・だから、私も、ありのままの、全て引っ括めたあんたの・・兄貴の・・京介のことが好きだよ」

「お、おう、てか、お前、人にキモいとか言っといてお互い様だろう・・」

「私はいいの、妹だから、あんたはダメなの、兄貴だから」

「まぁ、取りあえず、今年一年ありがとうな、桐乃」

「どういたしまして、京介、私の方からも、兄貴あんがとね」

「俺は俺のしたいようにしただけだよ」

「たまに思うんだけど、あんたって素直じゃないよね」

「おまえほどじゃねぇよ」

「それよりさ、今年はあやせと喧嘩したり、留学したり、あんたが黒いのと付き合って、
 分かれてさ、その度に私たちは少しづつ仲直りして、仲良くなってきたけど、
 来年はどうなるのかな?」

「それは・・神(作者)のみぞ知るってとこか」

「何わけのわからないこと言ってんのよ」

「でもさ、来年もこうして、桐乃と仲良く年を越したいな」

「ん、私もこうして兄貴と一緒に迎えたい」

来年も俺と桐乃とその仲間を巻き込んで、楽しいことも、時には辛いことも待ち受けているのだろう。
でも、それは今の俺たちにはわからない。未来はいつだってたくさんの選択肢に満ち溢れていて、
きっとそこには答えなんてないのだから。

0時になった。俺たちはまた新しい物語を紡いでいかなければならない。
その最初の一歩はとても大事だ、だから俺は笑顔でこういうのだ。

「あけましておめでとう、桐乃」

「京介、あけましておめでとう」

「「今年も一年よろしくな(ね)」」

〜fin〜
301 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/01(火) 00:58:27.40 ID:UI2X1tKB0
(おまけ)ホモ嫌い注意

「赤城兄妹の年越し」


ごーん・・・・・・・・ごーん・・・・・・

「へぇ〜今年はお兄ちゃんが除夜の鐘をついてるんだ」

「おう、瀬菜ちゃん、お兄ちゃんの勇士、しっかりと見ておいてくれよ?」

「はぁ・・でも、もう今年も終わりかぁ、お兄ちゃんも本当は高坂先輩と一緒にいたかったんだよね?」

「何を言うか、瀬菜ちゃん、お兄ちゃんはこうして瀬菜ちゃんと一緒にいられるだけですごく嬉しいぞ」

「こうなったら、私の脳内だけでも・・はぁ・・はぁ・・なんだか除夜の鐘が高坂先輩に見えてきました。」

「せ、瀬菜ちゃん?」

「お兄ちゃんが後ろから高坂先輩のことをどんどんついて、その度に高坂先輩があられもない声を」

「瀬菜ちゃん、瀬菜ちゃん、戻ってきて!除夜の鐘様、俺の妹の煩悩を消し去ってくれぇぇぇぇぇぇぇ!」

駄文失礼しました。

本当に終わり。

302 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/01(火) 01:17:06.78 ID:5qB5o96DO
>>298
これ…年跨いでまでやるネタか?

新年早々胸糞悪いもの見たぜ。
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/01(火) 15:56:28.03 ID:MZbrSW9S0
>>300-301乙。
せなちーが平常運転で笑ったwwwwww
304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/01(火) 22:32:33.78 ID:vnFYSbEl0
>>298
誤字大杉
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/02(水) 19:12:16.11 ID:oyzYkGCDO
年末とか新年ネタとかないのな。
俺もないけど。
306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:47:57.57 ID:XRWd0PSM0
新年ネタじゃないけれど、SS一つ投下。(感情がうまく表現できないorz)

京介が勉強や運動を頑張らなくなった原因がもしも、
妹のためだったら、そんなことを想像して書いたSSです。


初期設定
・高坂家の母親は仕事の関係で数年ほど家にいない
・父親はリタイアしています。
・原作とは大きく異なります。

「SS:あたしの兄貴はすごいやつ」

あたしの名前は高坂桐乃、才色兼備で、運動もできて、
モデルまでこなす、超可愛いい女の子、それがアタシだ。
両親に無理をいって、私立中学校に入学させてもらったこともあり
自他共に認めるくらい、毎日頑張っていると思う。

「おーい、夕食できたぞー」

今声をかけてきたのは、高坂京介、一応私の兄貴だ。
近所の公立高校に通っているみたいだが、
勉強も運動も可もなく不可もなくといった感じで、
趣味らしい趣味も内容でどこまでも平凡なやつだ。

昔は頑張っていたはずなのに、いつからだろうか、
あいつは頑張ることをやめてしまった。
(親がいないので家事はしてくれているんだけど)

そんなあいつのことを見ていると無性に腹が立つ。

「あたし、今日友達と食べにいくから、ご飯いらない」
今日はあたしは用事があるのだ。

「おい、桐乃・・・」
あいつが何か言ってるような気がするが気にしない。

今日はアタシが以前陸上の選抜に選ばれたということ、それから
誕生日だということで、親友のあやせと加奈子がお祝いをかねて食事に
誘ってくれているのだ。私は急いで友達のところへ向かった。
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:48:38.80 ID:XRWd0PSM0
あやせや加奈子と食事したりショッピングなんかをしていて、
家に帰った頃には23時を回ろうかとしているところだった。

家に帰るとあいつがやってきた。

「遅くなるなら、連絡の一つも送ってこいよ。心配するだろう?」

あやせたちと遊んでいるときに、何度かあいつからメールが来ていたのを
思い出した。親の代わりでも果たそうとしているのだろうか?正直ウザイ。

「チッ」
私は軽く舌打ちをして、その場から立ち去ろうとした。

「おい、ちょっとお前待て・・」
と、あいつが何か言いかけたとき、ちょうど家の電話が鳴った。

「はい・・すみ・・のう・・ねがい・・」

どうやら、あいつあての連絡だったらしい、内容は
断片的にしか聞こえないが、まぁ関係のないことだ。

あたしは自分の部屋がある2階へと向かった。
自分の部屋へ向かう途中、あいつの部屋から光が漏れている、
アタシは何の気なしに部屋の中を覗いてみた。

どうやら光源はPCの画面のようだった。
しかし、その画面には、Hなアニメ画像が映し出されていた。

(ち、あいつ、最近夜ふかししているとおもったら、
 こんなもの見ていたわけ?それで成績とか落として、ばっかじゃないの)

そんなことを思いながらアタシは部屋に戻るのだった。
(まぁ、私にも人には言えない趣味があるんだけどね
308 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:49:07.42 ID:XRWd0PSM0
「・・ってわけなのよ。」
翌日の学校で、アタシは昨日見たことを報告していた。

「あの、お兄さんが・・ですか」
「へぇ〜、あの地味顔のやつがねぇ」

加奈子もあやせも以前私の家に遊びに来た時に、あいつと
顔をあわせていた。その時は、アタシが釘を刺していたこともあり、
ぼろを出さないように接していた。
でもそれが、かえって二人(特にあやせ)には好感を持たれていたようだった。

まぁ、でも、これで二人の評価も下がっただろう。
あんな奴と曲がり間違って、もし付き合うことになったら
申し訳ないしね。

「あの優しそうなお兄さんだしさ、何か事情があったんじゃないかな?」

「いやいや、そんなことないって、桐乃の兄貴はぁ〜変態なんだって」

「変態?」
変態というフレーズを聞いて、あやせが豹変する。

「ねぇ?桐乃、もし、お兄さんになにかされたら私にすぐに連絡してね?」

「う、うん、すぐ連絡するよ・・」
少しあやせが怖い。

「私何があっても桐乃のこと守るからね?その時は私、お兄さんのことを・・」

光彩の消えた目をしながらくすりと笑う、なんだか背筋が寒い。

「まぁ、でもさ、健全なら、男ってさぁ、そんなもんなんじゃねぇの?」
そんな様子を見かねたのか加奈子がフォローを入れてくれる。

二人と話をしていると、突然大きな声が聞こえてきた。

「高坂さん、高坂さん」

先生がアタシの事を呼んでいる。
血相を変えてどうしたのだろう?

「はい、先生、どうかしましたか?」

「あ、高坂さん、よく聞いてちょうだいね」

「今病院から連絡があって、あなたのお兄さんが倒れて、
 運ばれてきたって・・」

それから程なくしてアタシはあいつが運び込まれた病院へ向かった。
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:49:40.21 ID:XRWd0PSM0
アタシは今、病院の一室で、担当医から説明を受けている。

どうやら無理な生活をとっていたことによる、
疲労と睡眠不足と栄養失調が原因だそうだ
一週間も入院すれば退院できるとのことだった。

そのあと病室を訪れてみたが、あいつはすやすやと眠っているようだ。

顔を見ていると昨夜の光景が頭に浮かんできた。
(どうでもいいことで、体調崩して、入院して、馬鹿じゃないの?)
近づくとあいつが目を覚ました。

「う・・ここは」

「病院だよ、アンタ、体調崩して運ばれてきたってわけ」

「・・・そうか」

「てかさ、アンタ昨日も夜遅くまで、あんな変なもの見てるからこんなことに
 なるのよ」

「お、お前、俺の部屋覗いたのか?」

「たまたま部屋空いてたから、見えただけだし、
 てか、こんなことで呼び出されて正直迷惑なんですけど」
あたしは怒りにまかせて叫んでやった。入院したのはこいつの自業自得だしね。

「・・・悪い、心配かけて済まなかった」

あいつが申し訳なさそうに頭を下げる。

「別に・・心配なんかしてないし」
そう言って、アタシは病室を後にした。
310 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:50:09.93 ID:XRWd0PSM0
病室を出てから、携帯が鳴っていることに気がついた。
お母さんからだ。
病院からお母さんにも連絡がいっていたのだろう、
あいつのことを心配してかけてきたみたいだ。

「もしもし?桐乃、京介は大丈夫?」

お母さんとはここ数年顔を合わせていない、仕事が忙しいみたいだ。
こうして話をするのも随分と久しぶりな気がする。

「あー、あいつなら大丈夫、1週間も入院すれば退院出来るって先生が言ってた」

「そう、それなら良かったわ。あの子にも色々無理させてたのね」

「お母さんのせいじゃないよ。あいつの生活態度がなってなかったのが原因だし」

「あらあら、そんなこと言わないの」

「だって、本当のことだし」

「・・ねぇ、桐乃、本当にごめんなさいね、本当は貴方達と一緒にいたいんだけど
 仕事が忙しくってどうしてもね、それに本当はもっと贅沢させてあげられたいん
 だけど」

「ううん、そんなことないよ?お母さん、お父さんがなくなってから、頑張ってあた
 し達の事育ててくれてさ、すごく感謝してるんだから。それから無理言って、
 私立にだって入学させてもらえたんだし」

お母さんには感謝してもしきれないほどの恩義がある。
いつか恩返ししなきゃいけないな。
そう思っていると、お母さんから予想もしない反応が返ってきた。

「あれ?桐乃って公立中学校に通っているんじゃなかったの?
 京介からはそう聞いていたんだけど」

「え、だって、あいつがお母さんがいいて言ってたって」
この食い違いはなんなのだろう・・
お母さん達お金を出してくれていないって・・
でも私はこうして私立に通っている。
じゃあ、そのお金って・・

「ちょっと桐乃?桐乃ー」

ふとあいつを思い出す。そういえばあいつが勉強や運動を頑張らなくなったのって・・

「ごめん、お母さん、落ち着いたらまたかけ直す」

あたしはハッとした思いで、病院を飛び出した。

自宅に着いた、急いで2階にあがり、あいつの部屋に入る。

あいつの部屋は本当に素っ気ない。
ベットと机とタンスと・・それからパソコンが置いてあるだけだ。

さっき、以前あいつが自分の机に通帳をしまっていたのを思い出した。

アタシはあいつの机に向かい、引き出しを開く。
そこには通帳と、それから、手帳が入っていた。

通帳を見てみる。
そこにはお母さんからの仕送り以外に入金の記録が載っていた。
もう一冊の手帳を手に取り中を覗く。そこには・・・
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:50:40.06 ID:XRWd0PSM0
結論から言うと、私立のお金はアイツが出してくれていたようだ。
あいつは数年前から小説を書いたり、フリーのプログラマーの仕事をして
お金を稼いでいたようだ。

それでも、中、高生が稼げる金額なんていうものは限界があったようで、
同じく手帳に書かれていた家計簿を見ると精一杯切り詰めて捻出して
くれていたようだ。

あいつ、あたしがモデルやってること知らなかったのかな、
言ってくれていたらお金くらいだすのに・・
そんなことを考えながら、アタシは引き出しを閉じた。

引き出しをしめた振動だろうか、机の上から1冊のノートが
落ちてきた。手にとって中身を見てみる。

そのノートにはたくさんの料理のレシピが書かれていた。
さらにそのノートには、事細かに、栄養分やカロリ―
それからそのカロリーを抑えるテクニックなんかがメモしてあった。

あいつはアタシがモデルをしていることを知っていた。
モデルをやる上で、体型維持はすごく大事だ。

あいつは陰ながら私のことを支えてくれていたんだ。
そう思うと目頭が熱くなる。

しかし、モデルをしていたのを知っていたのなら、
どうしてあいつは相談してくれなかったのだろうか・・

ふと机の上に目をやると、写真立てが置いてあった。

最後に家族みんなで撮った写真だ。

写真を見ていると、なんだか昔の記憶が蘇る。
そう、あれはお母さんが仕事で家を出ていく前日のことだ。

「お母さん、お母さん、淋しいよ」

ちっちゃいアタシが泣いている。

「ごめんね、桐乃、お母さんどうしても仕事でここを離れなきゃならないの」

そんなアタシを見かねてお母さんが困っている。

すると、そこにちっちゃなアイツが現れる。

「心配しないでよ、母さん、桐乃は俺が守るから」

「桐乃、俺が父さんと母さんの代わりになってやるからな」

「ほ、ほんと?」

「ああ、約束だ。だから泣いて母さんを困らしちゃダメだぞ?」

「わかった。私、泣かないよ」

そうか・・あいつは・・兄貴は、両親がいないアタシのために、
必死で両親の代わりを努めようとしてくれていたのだ。

アタシも忘れていた、アタシとの約束を守ろうとして、

働く父親のいない代わりに自分が働いて、家事をする母親のいない代わりに
自分が家事をして、

ずっと守られて、面倒見てきてくれたんだ。なのに・・なのに・・アタシは・・

ふとノートが湿っているのに気がつく。

知らないうちにアタシの頬から熱いなにかが滴り落ちていた。
312 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:51:13.99 ID:XRWd0PSM0
辛くとも、お腹がすくものだ。
1階におり、冷蔵庫をあけると、中にはすき焼きの用意が入っていた。
(すき焼きはアタシの好物だ)

おそらく、昨日、あいつが用意していてくれたものだろう。

一緒にメモ書きもおいてある。

『―桐乃へ―
 陸上の選抜決定おめでとう。これは俺からのお祝いだ。
 こんなものことしかしてやれないが許してくれ。
 お肉は冷蔵庫のしたに入れてあるから、俺がいなかったら
 それを煮込んで食っておいてくれ。あと、もう一つ、誕生日
 おめでとう、こっちのプレゼントは今の引き出しに入れてある
 から取っておいてくれ。』 

冷蔵庫には結構値のはるお肉が置かれていた。
それから引き出しには可愛らしいミトンの手袋が用意されていた。

さっきの家計簿を見る限り、こんなものを買っている余裕なんて
なかったはずなのに・・

もう一度あいつの部屋へ向かい、手帳を見る。
すると、最近アイツの仕事量が増えていることに気がつく。

最近、あいつが夜遅くまで起きていたのは、遅くまで仕事をしていたから
だったのだ。しかも、それはアタシのために・・

それなのに・・アタシ勘違いして・・

「うぐ・・兄貴・・兄貴・・ぇぐ・・」
(アタシ、なんてバカなことしてたんだろ・・)
アタシはただただ泣いていた。

それからあとのことはよく覚えていない。
313 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:52:18.84 ID:XRWd0PSM0
次の日、いつもどおり学校へ行った。

よほどひどい顔をしていたのだろう、1日中あやせと加奈子が心配してくれていた。
あいつに何かあったのかと聞かれたけれど、別にそういうわけじゃない。
だから、アタシはただ、大丈夫だからと強がっていた。

放課後になった。いつもなら授業を聞くだけで理解できるけど、
今日は何一つ頭にはいっていない。

そんな様子を見かねたのかあやせが声をかけてくる。
「桐乃?本当に大丈夫?顔色全然良くなってないよ?」

「えと、大丈夫だよ?へへ・・」

「でも桐乃、この後のモデルのお仕事、今日は休んだほうが良いよ?」

そうか今日は撮影があったんだっけ。
でもこんな状態で行けるわけがない。

「わかった、そうするよ」

「うん、わかった。じゃあ私、伝えておくね。今日は私が桐乃の分まで
 頑張るから、桐乃はしっかり休んで元気になってね」
そう言うとあやせは仕事場へ向かっていった。
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:52:45.20 ID:XRWd0PSM0
親友にまで気を使わせて、今のアタシってだめだめだな。

「桐乃ぉ〜、お前さぁ、やっぱ兄貴となんかあったんじゃねぇの?」

今度は加奈子が声をかけてくれる。でも今はそっとしといて欲しいな。

「そ、そんなことないから、うん」

「そうか〜?それならいいんだけどさぁ」

でも、どうしてそう思うのだろう?

「か、加奈子はどうしてそう思うわけ?」

直接聞いてみることにした。

「んー、いや、なんとなくなんだけど、今の桐乃、なんだか加奈子にそっくりだなぁって」

「そっくりって?」

「桐乃んちって、今両親いないじゃん?加奈子もさぁ、今、親と不仲で、
 姉貴とふたりで暮らしてるんだけどさぁ、たまに喧嘩とかしたり
 するわけよ」

「・・・ふーん、で?」

「でさぁ、きついこととか言ったりしっちゃったときはさ、
 結構後悔することもあるんだ。姉貴は加奈子の生活費とか
 出してくれているのに何言ってんだって」

「・・・」
加奈子の言葉が胸に刺さる、痛い。

「そこで悩んだりするんだけど、加奈子、馬鹿だからなーんも
 思いつかねぇんだよな」

今のあたしと同じ状況だ。

「・・・で、どうしたの?」
恐る恐る聞いてみる。

「だからさ、そういう時は思い切って自分の感情を思いを・・気持ちをさ
 姉貴にぶつけてみたんだ」

アタシの気持ち・・?

「そしたらさ、思ってたよりも簡単に仲直りできたんだよね、
 姉貴への感謝とかさ、姉貴へ思いとかさ、不器用だけど、それでも
 姉貴には伝わったと思う。でも、そういう思いってさ相手に伝えて
 初めて意味のあるものになると思うんだ。」

「まぁ、悩むことも大事だとは思うけど、悩んでばかりじゃ前に進めないじゃん?
 だから、そういう時は何もかも投げ捨てて、ぶつかっていくのも大事なんじゃない
 のかって、加奈子思うんだよね」

目からウロコがおちるってこういうことをいうのかな?

「加奈子って、案外すごい奴なんだね」

「当然だろ?てか、今頃わかったのカヨ。
 まぁ、っつってもこの話は桐乃には関係ないんだろ?」

「あ、うん・・そうだね、あ・・でもさ」

「ん?」

「・・加奈子・・あんがとね」

アタシは加奈子に救われた。
アタシの今進みべき道がようやく見えたのだ。 

「おう、感謝してぇなら、いつでも奢られてやるからな」
そう言うと加奈子はニヒっと笑う。

「うまくいったらね」
アタシはそう言葉を返す。今は行かないといけないところがある。

「まぁ、親友、ガンバレヨ」

「うん、頑張ってくるよ」
アタシは、あいつが、兄貴がいる病院へ向かうのだった。
315 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:53:39.35 ID:XRWd0PSM0
病室につくと、兄貴は起きていて、窓の外を眺めていた。

「あんた、起きてて大丈夫なの?」
できるだけ平然を装って話しかける。

「あぁ、昨日よりは大分とマシになったよ」

よし・・ここからが本番だ。

「あ、あのさ、昨日のことなんだけど・・」

「あ、あぁ、悪かったな。変なもの見せつけちまって」

(違う違う・・どうして兄貴が謝っているの?兄貴は悪くないのに)

「いや・・その・・」
本当は言いたいのに声が出ない。

「本当、最低だよな、俺って、あんなもんみてて、挙げ句の果てに体調まで崩して」

(うそだ・・うそだ・・兄貴が体調を崩した本等の原因は・・)

『思い切って自分の気持ちをぶつけてみる』
加奈子の言葉が蘇る、アタシは意を決して叫んだ。

「えとね・・あの・・兄貴・・ごめんなさい」

「き、桐乃?」

「兄貴が・・兄貴が・・倒れちゃったのってアタシのせいなんだよね?」

「な、何を言っているんだ・・?」

「あたしさ、兄貴の部屋にあったさ、手帳、見ちゃったんだ」

「・・そうか・・お前、あれ見ちゃったのか」

「うん、それで、一昨日みたあの画像プログラミングの仕事だったんだよね?」

「あぁ・・そうだよ」

「ねぇ?どうして、本当のこと言ってくれなかったの?謝って、嘘なんか付いたりして」

「それは・・お前に心配かけたくなくてだな・・」

「ねぇ、どうして心配しちゃいけないの?アタシは・・アタシは・・あんたの妹なんでしょ?」
涙が溢れてくる・・どうしよう・・止まらない・・

「今回だって、アタシのためにこんな手袋買おうとして、無理して、倒れて、
それであたしが喜ぶとでも思ったわけ?」

「桐乃・・すまん」

「謝んないで・・ひぐ・・あやまら・・ないでよ・・謝って欲しいわけじゃない」

アタシは兄貴を困らせてばかりだ。ほんと、情けなくなってくる。
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:54:33.67 ID:XRWd0PSM0
「アタシが中学に入る前あたりから、兄貴さ、運動とか頑張らなくなって成績とか
 おちて、親いなくなって何だらけているんだろうと思ってた」

「でもさ、本当は違ったんだよね、兄貴はあたしのために、自分の時間まで削ってくれて
 精一杯努力してくれてたんだよね」

今までのあたしは・・ちょっと考えれば気づけそうなことすらわからないままでいて、
それを当たり前とおもって、拒絶して、ずっと兄貴にわがままを押し付けていたんだ。

「桐乃、それは違うぞ」

「違わないよ!アタシは・・アタシはアンタの未来を奪っちゃったんだよ」

本当だったら、兄貴はもっと勉強だって出来ていたはずだ、運動だって・・
もっと自由に生きられたはずだ・・
 
「アタシって産まれてこなければ良かったのかな?産まれてこなければあんただって・・」

「馬鹿なこと言ってんじゃねぇよ!」

兄貴が叫んだ。否定してくれてありがとう、それでも・・一度考え出すと負の感情が止まらない。

「だってアタシがいたせいで、アタシが妹だったせいで、アンタのこと縛ってたじゃん!」

「俺は、俺は・・俺は俺のしたいようにしただけだ!一度だってお前のためにしたことなんてねぇよ!」

「え?」

兄貴の言葉に耳を疑う。アタシのせいじゃないって・・?

「俺だってさ、お袋がいなくなってすっごくさみしかったんだ。
 でもな、俺にはお前が、桐乃がいてくれた。」

「桐乃がいてくれたから、俺は寂しさなんて消えちまったし、頑張ろうって
 思えたんだ。」

「だけど・・だけどぉ・・」

ポンっと兄貴の手がアタシの髪の毛に触れる。

「もうなにも言うな。それに、俺はさ、お前が何を言おうと、
 何があってもお前の兄貴をやめるつもりなんかねぇよ。文句なんて言わせないぞ」

兄貴の言葉を聞いて心が軽くなる。

「兄貴ぃ・・あに・・きぃ・・」
アタシは兄貴の腕の中でひたすら涙した。
317 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/02(水) 23:55:09.52 ID:XRWd0PSM0

「今後はさ、アタシだってモデルして稼いでるんだから、ちょっとは頼ってよね兄貴
 ・・また倒れられても困るしさ」

「桐乃・・」

「だって、あんたがいないとさ、いったい誰が家事やるわけ?」

「お前なぁ、俺の感動を返せ」

「だって、アタシ料理とかできないし、だからさ」

「兄貴が退院したらさ、ちょっとずつでいいから、料理とかお掃除とか教えてくんないかな?」

「・・はは、任せとけ。だけど俺は厳しいぞ?」

「アンタ、あたしを誰だと思ってんのよ?」

「へいへい、才色兼備でなんでもこなせるスーパーな妹様でしたね」

「「ぷっ」」

あたし達は何だか可笑しくなり、二人して笑っていた。

(こうやって二人で笑ったのも何年ぶりかな?)
なんてことも頭によぎったけれど過去を後悔しても仕方がない

今はまっすぐ未来(まえ)へ進まないと

「兄貴、これからは一緒に進んでいくんだからさ、もう無理しないでね?」

「あぁ、わかったよ。でもさ、桐乃。俺はお前の兄貴だ。
 ちょっと位妹にいい格好しようとして何が悪い?」
兄貴はそうおどけてみせた。

「・・・格好つけすぎだよ・・馬鹿・・」

それから、面会時間も終わり、私はひとり家に帰った。

そこで、私は自分の部屋にある、自分の趣味のものを全て埋めることにした。
兄貴はずっとアタシのことを思って頑張ってくれていた。それがわかったから、
これらのものはもう、アタシには必要ない。

それに、これはけじめでもある。これから心機一転アタシが頑張るためのケジメ。

だから、これまでのアタシはここに封印して、
アタシはこれからもっともっと頑張る。(兄貴に恥じないように)

そして、頑張って頑張って頑張り抜けたら、
その時アタシは兄貴にこういうつもりだ。

「兄貴、いままでお疲れ様」って

(その時は、アタシが兄貴のことを絶対絶対、楽させて、幸せにしてあげるんだから)

アタシはそう心に誓うのであった。

それから、アタシと兄貴が、お父さんのお墓に幸せな報告をしに行くのは、
ちょっとだけ未来のお話。

〜fin〜
318 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 00:48:48.74 ID:NeeeJCzAO
力作乙。
こんなダイナミックな改変ができるとは……
相当の思いきりがいったでしょう、マジで乙
319 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 11:15:05.02 ID:lSybhCv20
>>308
曲がり間違っても×
まかり間違っても〇
320 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 11:21:52.59 ID:E4QRM7ooo
321 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 11:35:17.96 ID:lSybhCv20
>>306
父親はリタイアって書いてあったからどんな状態で話に絡んで来るかと思っていたら
>>317で死亡確定って・・・
母親が長期不在の理由ももう少し詳しく書いた方が良いんじゃないか?
322 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/03(木) 11:45:09.45 ID:mrxO2Zig0
>>321

こまけぇこたぁ(ry
323 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/03(木) 13:07:17.19 ID:eyg37Te60
>>321
父親が死んで母親が出稼ぎに出てるって感じだったんですが、

子供残してどうするんだとか、ツッコミどころ満載ですが

創作物なのでご愛嬌ということで許してくださいな。
324 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 19:30:26.89 ID:FpX8jTo60
>>321
匿名掲示板のSSにどんなクオリティ求めてんだよ?ww
担当編集かお前ww

>>323

325 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/03(木) 20:43:12.35 ID:5ymE6to+o
桐乃の語りで小ネタを一つ投下

『呪いのDVD』

あやせからDVDを貸してもらったの。それも、ずっと昔に流行した『呪いのビデオ』のDVD版。
もちろんあたしだって見てみたい気持ちはあるんだけど……。
でもなんていうか、はっきり言ってやっぱ怖いじゃん。
こういうときに打ってつけなのが、あたしの三つ年上の兄貴。つまり高坂京介っていうわけ。

「ねえ、今忙しい? ……ていうか、お正月だからって、いつまで寝てんのよ!」

「何か用でもあるのか?」

「別に寝ながらでもいいんだけどさ、あやせがDVDを貸してくれたのよ」

「それを俺に見ろってか? あやせが貸すようなDVDなんて、見たってろくなことがねえだろ」

「そんなこと言わないでさ、とにかく一度見てから、あたしに感想聞かせてよ」

ブツブツ文句を言う兄貴に無理矢理DVDを押し付けて、あたしは自分の部屋に戻ったの。
まあ、二時間もすれば見終わるだろうし、感想を聞いて怖そうじゃなかったらあたしも見ようと思ってね。

◇◇◇

もういいかなって思って、あたしは兄貴の部屋へ行ったの。
一応声を掛けてみたんだけど、中からあいつの返事がないのよ。
思い切ってドアを開けたら、そこには全身から生気を抜き取られたような兄貴が横たわっていたの。
……まさか、『呪いのビデオ』って本物なの!?

「ねえ! 大丈夫!? やっぱ、あの『呪いのビデオ』って本物だったの?」

「き、桐乃……か? あ、あれは危険だ! お前は絶対に見るんじゃねえぞ!」

「どういうことなの!? あのDVD、何が写ってたの!? ねえ!」

あたしが兄貴の正気を取り戻そうと、身体をゆさゆさ揺すってたときなの。
階下で、あやせの声がしたのよ。

「桐乃? いる?」

あたしは急いで兄貴の部屋を飛び出して、階段を転がるようにして駆け下りたわ。
だって、あやせもこのDVDは見たって言ってたし、兄貴がこんなふうになった原因もわかるかもってね。

「あ、あやせなの? あいつが、あいつが大変なことになっちゃってるの!」

「桐乃? どうしたの慌てちゃって。あ、それよりも、さっき貸したDVDなんだけど……」

「そのDVDが問題なの! あの『呪いのビデオ』っていうDVD見た後、あいつがぐったりして変なのよ!」

「お兄さんが変? でもあのDVD、『呪いのビデオ』じゃないよ。わたし、間違って桐乃に渡しちゃたみたい」

「『呪いのビデオ』じゃない……? じゃあ、あれは何のDVDだったの?」

「ほら、去年の夏休みに、お仕事で水着の撮影したでしょ。あのときのメイキングビデオなんだけど……」

あたしがあやせの話を聞いて愕然としていると、兄貴がそそくさと階段を下りてくるのがわかったの。
何となく気まずそうな顔してるのがはっきりわかったわ。そりゃそうでしょうとも。

「どこ行くつもり? 買物とか?」

「あ、ああ……。ティッシュがなくなっちまってな、ちょっとコンビニまで買いに」


おしまい
326 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 20:49:33.31 ID:lSybhCv20
賢者タイムwww
327 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 22:12:20.51 ID:RHBKmNo9o
これはwwww わろたwwww
328 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/03(木) 22:15:36.50 ID:+dXEHuqDO
ちょっ!それ俺にも一枚焼いて!ww

329 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/05(土) 00:32:02.08 ID:h3w5m9Or0
>>325の方の作品読んでたら、なんかギャグっぽいSS書きたくなって
書いた作品。とりあえず京介にツッコミまくらせてます。

毎度gdgdですが投下します。

カプ? 京介×黒猫 (恋愛模様はございません)

「RPG]


黒「先輩、ゲームを作ってみたのだけれど、良かったらまたプレイしてもらっても
  よろしいかしら?」

京「お、じゃあ早速今からやろうぜ。で、今回のはどんなゲームなんだ?」

黒「ふ、今回のは古典的なRPGよ。某ド○クエ風のね」

京「なるほど。しかし、黒猫ともあろうものが、よく一般的なゲームなんて
  作ろうとおもったんだな」

黒「ふん、ほんと貴方は察しが悪くては困るわ。一般的なものと言うのは
  世間に認められた物のことを指すときに使われるわよね。だから、私は
  世間に受け入れられるものがどういったものなのかを知るためにこれを
  作ったの。いわば踏み台ね」

京「はぁ」(ド○クエを踏み台よばわりかよ)

黒「まぁ、いずれこの経験を私の作品に取り入れて、ものすごく独善的で、
  みんなにも受け入れられて、あの女もヒィヒィ言うようなすばらしい
  ものを作ってみせるわ。だから期待していて頂戴」

京「わ、わかった。お前の崇高な理念はよーくわかった。
  だからさ、さっさとゲーム始めようぜ」
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/05(土) 00:32:37.47 ID:h3w5m9Or0
俺はゲームを起動した。
パソコン画面にタイトルが表示される。

   『シスコンクエスト』

京「待て待て待て待て、おい、黒猫、このタイトルはなんだ?」

黒「あら?『シスコンクエスト』と書いてあるはずなのだけど
  貴方字も読めないのかしら?」

京「字くらい読めるわ!というか、お前言ったよな?古典的な一般受けする
  RPGを作ったって」

黒「ええ、そう言ったつもりだけど、理解できていなかったのかしら?」

京「じゃぁ、なんだよ?このタイトル、なんで一般受け=シスコンなんだよ!
  てか、シスコンに一体何をさせる気なんだ?シスコンは世界を救うとでも
  言いたいのか?」

黒「全く、タイトルぐらいでぎゃあぎゃあ言って、ほんと躾のなっていない雄ね。
  弱い犬ほどよく吠えると言うけれど、あなたはどうなのかしらね?」

京「ぐっ、まぁ良い、タイトルはまぁいい、百歩譲って許そう、だがこれは何だ?」

黒「何?ってそこは主人公の名前を決定する画面よ」

京「で、なんで名前の決定が選択式なんだ?」

黒「あら、某ポ○モンの主人公だって名前だって選択式よ?
  お気に召さなかったかしら?」

京「まぁ、選択式なのもいいだろう。だがその選択肢が
  京介・先輩・お兄さん・兄貴・きょうちゃん・京介氏・クソマネ・ロリコン・
  変態・鬼畜野郎・・・って全部俺じゃねぇか!てか後半ただの悪口だろ!」

黒「あら?自覚はあったのね」

京「うぐ、お前さっきから俺をからかって楽しんでるだろ?」

黒「ふふふふ、さて?どうかしらね」

京「お前なぁ」

黒「まぁ、なんであなたの名前ばかりかというと貴方にプレイさせるために
  作ったっていうのがまず一つ。それからシスコンといえば京介、
  京介といえばシスコン。言わばこれはもはやこの世界の定理なのでしょう?」

京「どんな定理だよ!シスコンは俺の代名詞じゃねぇよ!もういいよ、
  名前選ばなきゃゲーム始まらないんだろ!京介でいいよ、京介で」

黒「ふ、やっとゲームがスタートしたわね」

京「誰のせいだよ!?」
331 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/05(土) 00:33:07.13 ID:h3w5m9Or0
〜〜ゲームの中〜〜
京介、京介、貴方は18歳になったら世界中の妹を助けるために
旅に出なければならないの。そして、貴方は明日18歳の誕生日
明日、この市の市長にあって、旅立ちの許可をもらってきなさい。

京「へぇ、つっこみたいところは満載だが、まぁ始まりは普通だな」

その日の晩、

『パン!』京介は10のダメージを受けた。

京「いきなりなんだよ!」

黒「そんな焦らないで、続きを勧めてご覧なさい」


突如、頬に痛みが走り、目が覚める。

「起きて」

目を開けると、そこには妹の姿があった。暗いせいか、表情はよく見えない。

俺は妹に、

A・いきなりなにすんだよっと、蹴飛ばす

B・痛てぇなと文句を言いたいのを我慢し、相手の出方を伺う


京(お、選択式か、まぁ、せっかくのRPGなんだし、普段はできない選択肢を
  選ばせてもらうとするか)
  俺はためらわずAを選択する。

「いきなりなにすんだよ」『ドカ』

「あ、あんた、何いきなり人のこと蹴ってくれてるわけ?
 わけわかんないですけど!」

『ドガ』京介は反撃にフライングニードロップを食らった。
京介は30のダメージ、京介は死んでしまった。
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/05(土) 00:34:14.38 ID:h3w5m9Or0
京「黒猫・・これは一体なんだ、なんでストーリー始まる前に
  主人公が死んでんだよ!」

黒「あら?これは『シスコンクエスト』なのよ?
  シスコンらしからぬ行動を取ったらBADEND直行に決まっているじゃない」

黒「貴方は、貴方らしく、素直に妹の下僕として演じなさい」

京「・・わーったよ」(俺ゲームの世界ですらこんな扱いを受けるわけね)

今度は先ほどの選択肢でBを選択した。

「・・・」

「・・なによ?その眼、死んだような魚の眼で睨んできてさ?ムカつくんですけど」

タララララララララララララッラーン←(戦闘開始音楽みたいな奴)

『生意気なビッチが1匹現れた』

京介 HP 5

戦う

特技

逃げる

京「ちょっと待って、なんでいきなり戦闘始まるんだよ!」

黒「あら?RPGといえば戦闘で始まるのが基本ではなかったかしら?」

京「旅立ちの許可もらう前から戦闘なんかしねぇよ!それになんだ、
  俺のHP低すぎじゃねぇか?」

黒「それは、貴方が妹にひっぱたかれてダメージを受けたからでしょう?」

京「あれ、回避不可イベントだったじゃねぇかよ!」

京「それから・・最後にだ。なんでいきなり妹とバトんだよ?それに
  なんだこの名前は!」

黒「やっとその質問をしてきたわね。あなたのことだから最初に聞いてくるもの
  だと思っていたのだけれども?」

京「ツッコミどころが多すぎなんだよ!」

黒「ふ、まぁ、今回はお試し版ということで、最初に戦闘を体験してもらおうと
  思ったのよ。どんなに面白いストーリーでも戦闘が糞だと、やる気も失せる
  でしょう?名前は私のイメージよ」
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/05(土) 00:34:49.32 ID:h3w5m9Or0
京「わかったよ、やればいいんだろう?やれば」

(さて・・「攻撃」・「特技」・「逃げる」か特技を選んでみるか)

⇒特技

土下座

京「なんで特技が土下座なんだよ!」

黒「ベルフェゴールから聞いた情報によると、貴方所構わず土下座して
  クラスメイトからは土下座してってからかわれているそうじゃない?」

京「ま、真奈美の奴、余計なことを・・」

黒「だからもうこの世界では土下座といえば貴方、貴方といえば土下座の法則
  が成り立っているとも言えるわ」  

京「土下座も俺の代名詞じゃねぇよ!」
 
(はぁ・・さっさと進めるか、土下座は使えない、
 逃げるじゃ話にならないし、ここは攻撃一択か)

京介の攻撃、生意気なビッチに3のダメージ

生意気なビッチは魔法を唱えた。

『クンカクンカ』

生意気なビッチは兄パンを嗅いで悦に浸っている。
生意気なビッチのHPが全快した。

京「誰だよ!こいつは!?さっきまで険悪なムードだったじゃねぇか!
  なにいきなり兄貴のパンツ嗅いでんだよ!」

黒「それは、いわるゆツンデレというやつね」

京「こんなツンデレいねぇよ!それになんでHP回復するんだよ!」

黒「あら?貴方の妹はアメリカで意気消沈していたけれど、
  貴方に会っただけで万全な体調に戻ったそうじゃない、
  だったら、クンカクンカすればHPだって回復するわよ。」

京「どんな理屈だよ!!」(てか、そもそもあいつはそんなことしねぇけどな)

黒「ほら次のターンが来たわよ」
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/05(土) 00:35:27.48 ID:h3w5m9Or0
京「わかったよ」もう一度攻撃ボタンを選択する。

生意気なビッチは仲間を呼んだ。

(仲間・・?)

光彩の消えた堕天使が現れた。

京「次はこいつかよ!」

京介の攻撃、生意気なビッチに1ダメージ

光彩の消えた堕天使はカウンター魔法を唱えた。

『ぶち殺しますよ』

「私言いましたよね?桐乃に手を出したら容赦しないって」

京介は死んでしまった。

黒「あら、死んでしまったわね。ほんと、貴方ってゲームが下手糞ね」

京「「あら、死んでしまったわね。」じゃねぇよ!
  なんなんだよ!このゲーム、てかリアルにありそうで怖ぇよ!」

京「てか、全然楽しくねぇじゃねぇか」

黒「私には結構楽しそうにしているように見えるのだけれど」

京「どこがだよ!」
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/05(土) 00:36:42.90 ID:h3w5m9Or0
黒「まぁ、貴方がどうしてもこの子達と戦いたくないというのなら
  こんなモンスターを用意したわ」


『スイーツ(笑)1号 2号 が現れた』

京「おま、名前変えただけじゃねぇか!」

黒「そう?某ド○クエだって同じ画像の使い回ししたモンスター
  たくさんいるじゃない」

京「そういうことは言うなよ!」

黒「しかし、貴方、やはり新生のシスコンね」

京「ど、どういうことだよ」

黒「だって、貴方、兄のくせしてあんな出しゃばっている妹に手も
  出せないんでしょう?」

京「お、俺だってそれくらい、本気になれば手だって・・出せるぜ・・」

黒「あら?何を言っているか全然聞こえないわ」

京「だから手くらいだせるって」

黒「もっと高らかに宣言したらどうなの?」

京「あぁ、言ってやるよ。俺は桐乃に手を出してやる!」
  (あれ、俺今とんでもないこと口走っちゃった・・?)

黒「ふふ・・あなたの覚悟しかと見届けたわ、じゃ、私はこれで
  失礼するわ」

あれ?黒猫、帰っちゃうの?なんだか背筋が寒いんですけど・・

あ「お兄さん♪」

振り返るとあやせが立っていた。その瞳にはあるべき光彩が宿っていない。

京「あ、あやせ、ひ、久しぶりだな、い、いつからそこにいたんだ?」
  (まずい・・この展開は・・)

あ「そうですね、黒猫さんが帰るちょっと前くらいからですかね。
  ところでお兄さん」

京「は、はい、なんでしょう?あやせ様」

あ「なんだかその呼び方気持ち悪いです、お兄さん、反吐が出ます。
  それで、さっきの叫びなんですが・・私言いましたよね?」

京「違う・・違う・・違うんだあやせ!」

あ「何が違うんですか?お兄さん、覚悟はできてるんでしょうね?」

結局こうなるのかよ!人生にリセットボタンってないんですかね?

〜fin〜

終盤ネタギレ。orz
336 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/05(土) 01:27:19.11 ID:3CASerPvo
>>335
激しく笑かしてもらいましたww
オチもこう来るとは思わなかったww GJ!
337 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/05(土) 19:37:54.25 ID:a3pO344AO
すまんが、>>298はどういう事?
桐乃にバレたって事なの?
誰か教えて
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/06(日) 13:03:28.21 ID:g1kKP36DO
台本形式はやめろ
339 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/06(日) 14:19:47.75 ID:xTeVHYQDO
>>338
どれに対する批判だよ?
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/06(日) 14:49:18.24 ID:Z0H475UD0
俺はどっちでも構わないんだが台本形式がキライな人も
多いみたいだから投下時に一言断っておく必要があるな
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/06(日) 17:50:06.77 ID:ETglTGg9o
ホラー系の短編を一つ投下

『部屋』

冬休みに入ってからというもの、俺の周辺では奇妙なことが立て続けに起こっていた。
消したと思った部屋の電気ストーブがついていたり、閉めたはずのカーテンが開いていたことも。
一度や二度の事なら俺の勘違いで済まされる。だがこうも続くとそうも言っていられねえ。

「桐乃はどう思う? やっぱどう考えてもおかしいよな」

「そういえばこの前なんだけど、お母さんが変なこと言ってた」

「お袋が、何て言ってたんだ?」

「最近、二階から変な音が聞こえるって。それも、あたしもあんたもいないときに限ってだって」

怖い物好きな連中は、それをラップ音だとか何だとか言って、すぐに幽霊と結び付けたがる。
家が軋んで音がするのは不思議なことでも何でもねえし、建ってから年数が経てばよくあることだ。
しかし、俺も桐乃もいないときに限って、という言葉が妙に引っ掛かる。

「俺が最後に風呂に入ろうとしたら、お湯が抜かれてたこともあったな」

「あのときはお父さんが酔ってて、知らずに抜いちゃったってことになったんだよね」

「親父は絶対に違うって言ったのに、お袋に言われて渋々そういうことに落ち着いたんだ」

「そういえばさ、こういうことに詳しいヤツがいるじゃん」

「もしかして、黒猫の事か? あいつ、黒魔術とかやってそうだもんな」

俺と桐乃が黒猫の話をしていると、階下から桐乃を呼ぶお袋の声がした。
どうも桐乃に来客らしい。しばらくすると、桐乃があやせを伴って俺の部屋に入って来た。
来客というのはあやせだった。しばらく顔を見ていなかったが、あやせはいつ見ても美人で可愛い。

「お兄さん、桐乃から一通りのお話は聞きました。何だか怖い感じがしますけど、大丈夫なんですか?」

「まあな。それでさ、黒猫がこういうことには詳しそうだし、相談してみるかって桐乃とも話してたんだ」

「わたしも黒猫さんとは何度かお会いしたことがありますけど、確かに詳しそうですよね」

それまでずっと黙ってあやせを見つめていた桐乃が、俺をチラリと見てから不意に口を開いた。
俺もあやせを見たときから、その異様な出で立ちを奇妙に思っていたんだ。

「ところでさ、あやせが背負ってるディバックって、かなり重そうだけど何が入ってるの?」

「ああ、これ? 着替えとか食料とか……いろいろ入ってるよ」

「着替え? 食料?」

「もう、桐乃もお兄さんもどうしたんですか? 不思議そうな顔しちゃって」

「いや、不思議にも思うだろ。キャンプでもするつもりかよ」

「こんな時期にキャンプなんかするわけないじゃないですか。変ですよお兄さん」

俺が言ったことなど冗談だと思ったのか、あやせはまったく意に介さない。
桐乃はこの状況がまったく理解できない様子で、さっきから口を半開きにしたままだ。
あやせは背負ったディバックを胸に抱えなおし、俺に笑い掛けながら言った。

「わたしも何かお力になれるといいんですが、こういうことには詳しくないので……」

「いや、別にあやせにどうこうしてくれって話じゃねえから、気にしないでくれ」

「そうですか、では黒猫さんが来たら教えてください。それじゃあ、わたしはこのへんで失礼します」

あやせは俺にもう一度笑い掛けると、ディバッグを抱えて俺のベッドの下へと潜り込んだ。
冬休みに入ってからというもの、俺の周辺では奇妙なことが立て続けに起こっていた。
消したと思った部屋の電気ストーブがついていたり、閉めたはずのカーテンが開いていたことも。
ふと思い出して桐乃を見ると、桐乃は気を失って床に転がっていた。

おしまい
342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/06(日) 18:31:11.84 ID:xTeVHYQDO
>>341
最初と最後に同じ文章をもってくるブラックなんて、阿刀田高みたいだねw

乙乙。
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/06(日) 19:30:29.48 ID:i3gmKM6Co
1行目であやせたん余裕でした
344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/06(日) 22:29:29.80 ID:hNDBGNiso
乙!
あやせたんホラーはもはや風物詩だなww
345 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/06(日) 22:56:08.83 ID:ETglTGg9o
調子こいてもう一本だけ投下

『児童公園の怪』

それは、予備校での冬期講習を終えた帰り道での出来事だった。
一緒に参加している麻奈実を家まで送り届け、自宅へと向かって歩き出したときだ。
俺の靴音にぴったりと重ねるようにして、もう一つ別の靴音が聞こえる。

俺をストーキングしているわけでもあるまいし、たまたま同じ方向へ歩いているだけだろう。
それにしても、やけに歩調が合っている感じがする。
いや、俺の歩調に向こうが合わせているといってもいいくらいだ。

「誰だ!」

「おっ、お兄さん!? びっくりするじゃないですか」

「何だ、あやせだったのか。俺はてっきり……」

「てっきりって、何ですか?」

「いや、別にいいんだ。それより、何でこんなとこにあやせが?」

「お買物の帰りなんです。すっかり遅くなっちゃって」

買物帰りだとい言う割には、あやせは手ぶらで何も持っていなかった。
それに買物帰りというのが本当だとしても、この近くに商店街なんか一つもない。

「買物って、何を買ったんだ?」

「え!? えーと、買おうと思ったんですが……お金を持って来るの忘れてしまって」

「そういうことかよ。じゃあ、俺が缶コーヒーでもおごってやるよ」

「いいんですか? わたし、ちょうど何か飲みたいと思ってたんです」

近くの自販機で缶コーヒーを買ってやると、あやせは立ったまま飲むのは恥ずかしいと言いやがる。
俺は缶コーヒーを地面に叩きつけたい衝動を抑えて、仕方なくあやせに従って児童公園へと向かった。
日も暮れかけた冬の児童公園に、缶コーヒーのプルトップを開ける音が響く。

「お兄さん、暖っかい缶コーヒーって、こういう寒いときにはぴったりですね」

「まあな。俺のは冷たい缶コーヒーだけどな」

「ごめんなさい。わたし、間違って押しちゃったんです」

「いいよ……。冷たいのなんか、これ一種類しかねえのに間違ったんだよな」

凍てつくような寒空の下、身も心も震え上がっていると、ポケットの中の携帯が鳴り出した。
この時間に掛けて来るような奴といえば、麻奈実か桐乃くらいなもんだ。
携帯のフラップを開きつつ、俺は誰から掛かって来たのか確かめもせずに着信ボタンを押した。

「……はい」

「あ、お兄さんですか? あやせです」

「あやせ? ていうかお前、今ここにいるじゃねえか……。って、あれ?」

「はあ? あの、お兄さんが何をおっしゃっているのか……」

慌てて横を振り向くと、そこにあやせの姿はなく、缶コーヒーがポツンとベンチに一つ置かれていた。
缶のプルトップを開けた様子もなく、そっと手で触れてみるとまだ暖かい。
受験勉強の疲れがこんな形で出るとは……。それにしても、何であやせなんだ。

「お兄さん? どうかしたんですか?」

「いや、何でもねえよ。最近どうも疲れているせいか、ちょっと不思議な体験をしたっていうか」

こんな体験は俺も生まれて初めてだが、今俺の身に起こったことを正直に話すわけにもいかない。
あやせのことだから、また俺のことを変態だの死ねだのと言って罵倒するに違いねえ。

「そうなんですか。……ところで、わたしの生霊がお兄さんのところへ行ってませんか?」

「何だって?」

「ですから、わたしの生霊がお兄さんの所へ飛んで行ったはずなんですが……」

「生霊だったのかよ!? そんなもん飛ばすくらいなら本人が来いよ!」


おしまい
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/07(月) 08:37:40.46 ID:83Si0JyDO
>>345
生き霊って、死ぬほど会いたい人のとこに飛ぶってゆーよね。
乙。

しかし個人的には、前スレラストの3レスの方が何倍も怖いw
347 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/08(火) 04:34:54.84 ID:ETRHq+dRo
>>321
リタイア=退職ではなく、人生リタイアとか斬新すぎるよなwwwwww
348 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/08(火) 10:46:11.11 ID:PhE6yOpE0
>>324
それは間違い

いくら匿名掲示板のSSだからと言ってスレのルールを守らなかったり
キャラ名の表記を間違えたり雑な投下をされると萎えるぞ
349 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/09(水) 22:30:37.20 ID:Ub5CoWxY0
12月で俺妹の再放送も終わり、今日から
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるが始まるのか〜

一体麻奈美と誰が修羅場なんでしょうね(すっとぼけ)
350 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/10(木) 09:35:04.90 ID:PDfA5ZbJ0
一編のSSも書かないでROM専の俺が言うのも何だが…

最近あやせのブラック面を強調したSSが多いので
あやせの意外な一面とかブラックあやせになってしまった経緯とか
そのあたりをネタにしたSSを誰か書け下さい
351 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/01/10(木) 19:33:26.72 ID:xpRknUoDO
>>263
続き書けた。
毎度ながら百合注意。
苦手な人は読んじゃダメ。↓
『桐乃と黒猫・その3』

「・・・こうして、勇者さまは最後の決戦に挑んでいったのです」
「たっだいまー。あれ?キリ姉なにしてんの?」
「あ、おかえりー。今珠ちゃんに絵本読んであげてるんだー」
「おかえりなさいおねえちゃん」
「うんただいま。へえ。そんでルリ姉は?」
「しんない。自分の部屋に閉じこもりっきりだよ」
「んー?なんかキリ姉機嫌悪くない?」
「そんなことないよ。さ、珠ちゃん、続きいきましょうねー」
「はいっ!!」
「んー・・・まあいっか。ん?キリ姉それ・・・手書き?」
「あ、きづいた?そーなのふひひ」
「へーすごい!ちょっと読ませて・・・へえ!わかりやすくて面白いじゃん!!」
「まーねー!伊達にミリオン作家はってないってーの」
「はー、ほんとにすごいねキリ姉。スポーツ万能、容姿端麗、学業優秀、そこへきて文才もあるなんて、男の人だったらあたしきっと惚れてるねー」
「別に今すぐ嫁に来てもいいんだよっ!ひなちゃんっ!!!!」
「いや・・・あたしノン気だし・・・てゆーか近い近い近い!!ほ、ほら!珠希が続きを待ってるよ!!」
「あ、そーだったそーだった。おまたせー珠ちゃん」
「おねがいしますー」
「ふひひはーい・・・そして勇者は魔王の待つ城へと入っていったのです・・・」
「あぶねー・・・まだ胸がドキドキいってるよ。あの顔マジ反則。思わずうんていっちゃいそうになるよ・・・」
「・・・そこで勇者は信じられないものを見たのです」
「ふう、落ち着いた。ん?お話もクライマックスかな?」
「それは囚われの姫が魔王と仲良く肩を並べて帰宅しているシーンでした」
「ちょっと待てーっ!」
「ん?なにひなちゃん?今ちょうど佳境なんだけど?」
「落ち着いたのに思いっきりツッコんじゃったじゃんかっ!勇者、魔王の城に乗り込んだのに魔王が帰宅するシーン見るってどういうことさ!?つか、姫囚われてないじゃん!?普通に歩いてるじゃん!」
「細かいところが気になるお年頃なんだねー。あたしもあったからよくわかるよ」
「細かくないよ!?かなりの衝撃の展開だよ!?てゆーかなにそのシュールな絵面!?ファンタジーから一気に学生の帰宅風景になっちゃったよ!」

襖バンッ!

「うわビックリした!・・・ルリ姉?」
「・・・だからあれは、部活帰りにたまたま歩いていただけだといったでしょう!?何度言えば分るの!?」
「ん?な、なに?」
「はん!どーだか!?少なくとも、あたしにはちょーぉ楽しそうに見えたんですケド!?」
「ん?ん?」
「あなたねえ・・・下衆の勘繰りも大概にして頂戴。田村先輩とは何もやましいことなんてないわ」
「げ!?これもしかしてまた・・・」
「ほーら馬脚をあらわした。あたし別にやましいことがあったんじゃないのー?なんて一っ言もいってないんですケドー?」
「うーわーやっぱり痴話喧嘩だよ・・・」
「言わなくても態度でわかるわよ!田村先輩とは本当にそんなんじゃないんだから!」
「地味子を親しげに先輩なんて呼ぶなっ!!そしたらなんであんなに楽しそうだったのよ!?」
「子っつったか・・・相手も女の人か・・・お花畑かキリ姉の頭ん中・・・」
「おねえちゃん・・・姉さまたち喧嘩してるんですか?」
「ん?あー違う違う。あれはねー仲良くじゃれてるだけ。さ、少しだけお部屋に行ってようか。次に来たときには仲良くなってるから、ね?」
「・・・ほんとうですか?」
「ほんとほんと。お姉ちゃんが嘘ついたことある?」
「ないです」
「でしょ?さ、今度はあたしが絵本読んであげるからお部屋いこ?」
「はいっ!」
「・・・30分もすれば平気か・・・」

30分後

「・・・いいえ、私が悪いのよ桐乃。あなたをこんなに悲しませてしまったのだから」
「ううん、ううん!あたしが勝手にやきもち焼いて、こんなに瑠璃を傷つけたの!ごめん。ごめんね・・・」
「ああ・・・そんなに泣かないでちょうだい桐乃。あなたの可愛い顔が台無しよ?ほら・・・いつものお日様のような笑顔を見せて。お願い」
「あ・・・瑠璃・・・」
「・・・ん。桐乃・・・」
「珠ちゃん今すぐ回れ右!仲良くなりすぎて逆にヤバいからっ!!」

シュガがゲスト回の竹達のやきもちがパネェw
352 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/10(木) 23:40:52.45 ID:FHjWiXKF0
>>351
乙乙!
お互い好きな(性的な意味では無く)癖に罵り合う桐乃と黒猫が
素直になり過ぎて一線を越えるとこうなるんだね分かります
353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/12(土) 21:59:12.52 ID:H9WjeD0Y0
>>350

政治家がお父さんって言うからには
表向きはニコニコ人あたりがよく、裏では腹黒いのは
必然だったのかもしれない
354 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/12(土) 22:51:29.53 ID:8NASmNBDO
>>353
それを書いてくれっつってんだろ>>350はww

例えば、親父さんの裏金受けとるとこ見て幻滅し、悪は決して赦さない、その為には手を汚すことやむ無しって考えるようになったとかな。
355 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:02:10.86 ID:iI4haO2p0
色々な意味で全然スルーして良い前書き

別に名指しされてたわけじゃないが何か上で書いてるリクエストに
合ってたんで、前に書いてたヤツの続き

(あくまで個人的な感想だが)今の原作の流れが大好きって奴も居るだろうけど
SSのあやせがダークって言うなら原作の11巻の最後で好きな男取り合うのに
みんなで笑ってるのとか自己啓発セミナーかよと思ったり
黒猫に踏まれてアンアン言ってるあやせは暗黒じゃねぇんですかいって話

(あくまで個人的な感想だが)あやせの最後が黒猫にオルグされた結果
サブカル守る為に都合良く政治家とかなってたらもう焚書レベル

(あくまで個人的な感想だが)あやせ恋人エンドはほぼ駄目なんだから麻奈実恋人エンド希望

(あくまで個人的な希望だが)誰か上手な人・・・麻奈実の良いやつ書いて欲しい



新年そうそう批判満載(笑)だった"Air"のつづき
過去編だから当然、名も無きオリキャラ満載


京介×あやせで
356 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:07:23.56 ID:iI4haO2p0

―――――――――――――あの日の、 すべての子供たちへ




これは、物語が終曲へ導かれる直前で 奏でられることになった

"変奏曲"




                "<Da Capo>"


「ごめん、 あやせ 俺好きなやつがいる」


「それは桐乃のこと・・・・ですか?」


「………………………………」


「答えてっ・・・・・お兄さん、 ちゃんと答えてください」


「桐乃には告白するつもりだ――――――でもきっと俺は振られちまうかもな」


だったら、その時はわたしのこと考えてくれますか?
・・・・・・・・・・・・・なんて死んでも絶対に言えない

その誰かが わ・た・し・ じゃないこと だけは分かっていた・・・から
たとえ桐乃じゃなくても 別の誰かということだけはもう知っていたから

だから最後に、 わたしは自分の為じゃなく・・・・友人のために訊ねる



『だったら・・・・・・・もし桐乃がそのつもりだったら?』



「その時は世界中を敵に回しても――――――――――――」



『世界中を敵に回しても――――――――――――』


357 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:09:23.72 ID:iI4haO2p0

                 ***


<数年前>


「世界中を敵に回しても、君とデートしてあげるから」

「お兄ちゃんのうそつきー!」

「お兄ちゃんじゃなくて先生だよ、新垣さん」

「新垣さんじゃなくてあやせだよ、お兄ちゃん」

「あのね、あやせさん」

「あのね、あやせだよ」

「あのね、あやせちゃん」

「あのね、それでいいよ」


「あのね、 あやせちゃん。
先生はね、 あやせちゃんがピアノのレッスンを真面目にやってくれないと
君のパパとママからクビにされて路頭に迷っちゃうんだよ」

「路頭に迷ったら、うちの おうちにお婿さんに来たらいいよ
 結構お金持ちだよ」

「悪いけど、 僕はまだ結婚したくないんだよ」

「お兄ちゃん、 ちょっとわがままだよ」

「あのね、 こうやってレッスンする様になって結構経つけど、 ビックリすることに
僕は君がまともにピアノに触れてるのをまだ見たことがないんだけどな」


「レッスンなんて必要ないもん」

「わかった わかった。
だったらこの楽譜の曲を――――僕が最初に会ったとき君に聞かせた曲を
あやせちゃんが完璧に弾きこなしたら、次のレッスンの時にでも
君のパパとママに結婚のお願いをすることにしよう。
これでどうかな?」


                 ♪♪♪


「…………か、完璧」

「うちのパパって礼儀正しい人が好きだから、挨拶する時はちゃんと正装してきてね
お兄ちゃん♪」

「驚いたな。もしかして、 他の人にもレッスン受けてる?」

「ぶぅ〜! あやせ、お兄ちゃんひとすじだよ! 浮気なんてしないもんっ」 

「………………参ったね。 僕、 自信なくしそうだよ」

「お兄ちゃん、 すごく自信持って良いと思うよッ!
それと・・・・・あやせは、 新婚旅行は国内でいいからぁ」


「と、取り合えず結婚の前に、もっとお互いを知り合う為にデートしよう?」


358 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:11:02.01 ID:iI4haO2p0

「ぶぅ〜! これのどこがデートなの!
お兄ちゃん、 今日はクリスマスだよ、 恋人がホテルでお泊まりする日なんだよ?」

「僕はここでデートしたかったのさ。
どうしても、 あやせちゃんにここを見て欲しかったからね」

「ぶぅ〜〜!
しかも、 何であやせが子供達相手にピアノなんて演奏しなくちゃいけないのぉ?」

「あやせちゃん、それ ピアノのペダルじゃなく僕の足だから踏まないで。
と、とにかくさ そう言わずに、 これが夫婦の初めての共同作業みたいなものって
言うじゃない?」

「ゼンゼン意味わかんなーい」


「僕は小さな子供たちが音に触れて楽しんでくれると嬉しい。
だから…………時々こんな風にして、 みんなの前で演奏してるんだ。
あやせちゃんがお手伝いしてくれると、 僕としても助かるんだけどな」

「ふぅーん、でもこの子達ってだぁれ? 何でパパとママが居ないの?」


「この子達は僕の家族。そしてここは僕の育った家」

「家族ってなぁに?」


「あやせちゃんにはまだ…………ちょっと難しいかな
とにかく、 僕はこの子達のことが大好きなんだ
もちろん、 あやせちゃんのことも同じくらい大好きだよ」

「お兄ちゃんって、 ろりこんさん?
あやせ、 子供じゃないよ! もう大人のれでぃだよぉ」

「そうか…………そうだったね、ごめん。
でもね、 僕はどうしてもこの子達に君の音を聴かせてあげたかったのさ
だって………………僕は君の弾くピアノが大好きだから」


ちょっと前まで、 わたしはピアノなんて大大大嫌ッいだった。

わたしの両親はその当時忙しくて、わたしの演奏をちゃんと
聴いてくれることはただの一度もなかった。

本当に聴かせたい人に聴かせることが出来ないピアノは
わたしにとって、自分は孤独だと確認させるだけの冷たい黒い箱でしかなかった。

次々にレッスンにやって来た家庭教師のピアノの先生たちは、
生意気で心を開こうとしないわたしに、 ピアノを心から憎んでいるわたしに、
最初は戸惑い 最後は苛立って結局やがて来なくなった。



―――――そして最後にやって来た先生が彼だった。


「おまえは可哀想なやつだな、 よしよし」

彼は最初に来た時から変な人だった。
わたしへの挨拶も そこそこにピアノを撫でて一人で喋り始めた。


「ピアノに話しかけても、 お返事が返ってくるわけないよ」

「そうかな?
 僕にはピアノが君に嫌われて悲しいって言ってるように聞こえるよ」

「バカみたい」

「バカかどうかはやってみれば分かるさ。いくよ、 相棒」


「・・・・・それで本当に先生?」

彼の演奏は小学生のわたしが聴いても(多分誰が聴いても)酷くて
おまけに、 ところどころ音まで外していた

359 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:12:33.57 ID:iI4haO2p0

「実はさ……………僕って褒められて伸びるタイプなんだ」

「・・・・・・頑張って、 おじさん」

「こ、これでも……………ギリギリ10代なんだけどなぁ」

今度は間違えなかったけれど、全く心のこもってない演奏だった。
しかもそれはさっきの間違った音よりも、 わたしを何倍も不快にさせた。


「もう良いよ、 辞めてっ!」

「う〜ん、 やっぱりダメだな。
これは僕よりも相棒が原因かもしれないな」


「・・・・なぁにそれ」

「君はどうしてピアノを両手で弾くか知っている?」


「・・・・旋律と伴奏で色々な和音やリズムを作るため」


「残念、 それだと半分しか正解じゃない」

「ふ〜ん・・・じゃぁ、なぁに?
きゃぁ――――」

おもむろに近づくと、 彼はわたしの手を片手でギュっと握ってきた。

「――――――なにするのぉ! ママに言いつけるからっ!!!!」


「こうすると…………暖かいよね?」


「だ、だからっ?!」


「こうすると…………もっと温かいよね?」

更に彼はわたしの手に両手を重ねて撫でた。
彼の触り方があまりに自然だったから、 わたしは彼の手を振り払うことが出来なかった。

「・・・・・(ぷい)」


「僕の知ってるピアノ達は、 みんな寒がりで寂しがり屋ばっかり」


「・・・ピアノはピアノだもん」


「そんなことないさ…………ピアノにだって心がある。
だから僕じゃなく、 やっぱり君が撫でてくれた方がこいつの機嫌が直ると思うな」

「・・・・・・・」



「………………ピアノが怖いかい?」


「別に・・・・・・どうでも良いだけだよ」

でもわたしは、 結局・・・彼の挑発に乗って撫でた。



不思議な音色だった。
本当にピアノが喜んで笑っているような音だった。

とても優しい音色だった。
今思えば(おそらくその時だって)彼の演技だということは分かる。
でもそんな下手なお芝居ですら、 信じてしまいそうになるくらい素敵な調だった。


360 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:13:49.41 ID:iI4haO2p0

そして何より彼が楽しそうに弾いている姿は、あれほど憎かったピアノへの
わたしの中の憎しみをきれいに消してしまった。



本当はピアノだって、 ずっとずっと一人で練習してたんだ・・・・・
誰かにちゃんと聴いて欲しかっただけ

―――――寒がりで寂しがり屋なのは、 本当はピ・ア・ノ・じゃなかった。



そして・・・その時を境にして苦痛でしかないレッスンの時間が
いつの間にか本当に待ち遠しくなった。

わたしが一番嫌だった時間が、 一番愛しい時間に変わった。


先生の演奏をずっと聴いていたくて、色々理由をつけてはほとんどの時間を
彼の演奏を聴く時間にした。

先生が帰った後は先生が弾いてくれた曲を何度も何度も練習した


先生と過ごす時間は、 ずっと幸せな夢を見ている気分だった。

ピアノとちゃんと仲直りして、 好きになれた自分が誇らしく思えた。
そう思わせてくれた先生がもっと好きになっていた。


彼がわたしの初恋の人だった。


        彼とずっと一緒にピアノを奏でいたい


―――――――――結局、 それが叶えられなかったわたしの夢だった

361 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:14:31.71 ID:iI4haO2p0

                 ***


「―――――――――ゆめ?
あなたはこの反転した高次元の存在であるわたしの夢を訊きたいと言うのね?」

ダメ・・・ですか?


「人間の分際でまったく……………身の程知らずも甚だしいわね。
でも良いでしょう、 これをお読みなさい。そして感想を聞かせなさいな」

え? わ、わたしの感想ですか?


「そうよ、私は率直なあなたの意見を必要としているの」

そうですね・・・う〜ん、 さっぱり意味が分からなかったです


「っぐ、 よくお聞きなさい…………スイーツのあなたは日本語の記号としての
表層の文だけしか追ってないから、 私の高位な文脈の流れと高等な行間との
相克する意味がまだ素直に受け止められてないのよ」

えー?・・・・わたしは率直に意見を言っただけなンですけどぉ


「ふっ ま、まぁ良いでしょう、 スイーツ向けに甘ったるい内容も書いてみたから
こっちもお読みなさいな」

アハッハハ・・・・黒猫さん わ、わたし・・・・お腹痛いです


「あらあら、 そんなに顔を歪ませて笑ったら可愛いお顔が台無しよ」

すみませんでした、 わたし 黒猫さんのコトを見くびってました


「まだ頭は下げなくて良いわよ。 だってそれは未完成の不完全品なのだから」

え? こんなに面白いのに・・・?


「それはあの女との合作なのよ」

でもでも、 これは桐乃だけの力じゃないですよね?
それに桐乃は親友なんだし・・・・・・・だったら、 気にする必要なんて


「そうね……………例えば、新垣あやせは 高坂桐乃とセットじゃなければ
モデルとして成立しないと言われたら、あなたはどう思うかしら?」

・・・・・・


「私は決めているのよ。
私を認めないこの世界の愚鈍な奴らに必ず私の実力を見せつけて、
完膚無きまでに叩きつぶし鉄槌も下し、 最後は必ずひれ伏せさせる事を、 ね。
そして………………これがあなたが私に訊ねた質問の答えよ」


「そして………………この夢は友情とは関係ない。
いいえ、違うわ―――――――全然(ぜ・ん・ぜ・ん・)違うわね。
私が一番認めさせたいのは他の誰・で・も・な・い・高坂桐乃という存在なのだから。
友だからこそ譲れないことが、 何があっても絶対に譲ってはいけないことがある」


・・・・・黒猫さん、 ごめんなさい 


「フフ 本当に良いのかしら、 オタクや中二病患者は嫌いだったのではなくて?」


本当に、 本当にごめんなさい

362 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:15:51.48 ID:iI4haO2p0

「こちらこそ…………わ、悪かったわ。
これで引き分けということにしておきましょう。
……………それに私の方こそ、 あなたを少しだけ見直したわよ。
個人的にはモデルなどには何の興味はないのだけど、滅多に他人を褒めない
あの女が珍しく、 あなたの事を自分に匹敵するモデルだと褒めていたわ」



  それが・・・ "わたしに唯一残った夢"
               


「う〜ん………………夢かぁ 夢だよね。
そうだねぇ…………難しいことはよく分からないけど
わたしはね、 わたしが作ったお菓子を食べてくれた人が喜んでくれて
それで笑顔になってくれたら嬉しいなぁって思ってるよ。
こんな答えだとダメだったかな?」


「―――――――これは誰にも話したことなかったんだけど
実はね、 きょうちゃんなんだ…………………。
わたしに お菓子屋の娘に生まれて本当に良かったって思わせてくれたのって
わたしに そのことを分からせてくれたのって、 きょうちゃんだったの。
ああ…………わたしって本当はお菓子が 自分の家族が大好きなんだってこと。」


「小さいときは、 わたしって『お菓子なんて大嫌いッ!』て言ってたんだけどねぇ。
あやせちゃんには想像出来ないかも知れないけど………………昔のわたしって
すごくおてんばで女の子らしいことよりも、 男の子に混じって外で遊んで
身体を動かすことの方が好きなような子だったんだ」


「でもある日、 わたしが親と大喧嘩して家出した時
わたしのことを一生懸命に探してくれて、 一晩中ずっと一緒に居てくれて、
それから一緒に親にも謝ってくれて…………そして、こんな風に言ってくれたの
『麻奈実はお菓子みたいだって、 派手じゃないし目立たないけど
一緒に居るとホッとして温かい気持ちになれる』って」

「だから わたしはきょうちゃんがヒーローなんかじゃなくっても
ダメな男の子でも別に全然良かったんだと思うな………ううん、そうじゃないね 
ずっと ずっと、きょうちゃんはわたしのヒーローだったんだね、 きっと」


「でも もうそんなこと
きょうちゃんは忘れちゃってるかも知れないけどね…………ふふ」



あのね・・・・・桐乃にお願いされたら、 お兄さんの為なら
モデルのお仕事のことなんて・・・・自分の夢のことなんて
本当にすっかり忘れちゃう、 わたしって本当にダメな子なんだ


桐乃にお兄さんのお世話をお願いされた時だってそうだったんだよ?


でもね、 これからは桐乃を目標にして頑張るから、桐乃がちょっぴりでもライバルと
思ってくれるように 認めてくれるように一生懸命に頑張るからさ

それにね わたしは黒猫さんと違って桐乃とセットでもすごく嬉しいんだ
全然イヤじゃないの

だから、 これからは精一杯頑張るからさ 桐乃に負けないように頑張るからさ 
だから桐乃が海外に行ってもわたしのこと忘れないでね



・・・・・・・これがわたしの大切な夢だから




363 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:17:16.57 ID:iI4haO2p0

"それに・・・・・・"

"わたしが桐乃とお兄さんのことを応援してあげる"

"だってお兄さんは―――――――――――――"



『世界中を敵に回しても――――――――――――』


                 ***


「・・・・分かりました。 お兄さんに好きな人がいることは」

「本当にすまない」

「謝らないでください。
 ・・・・・その代わり最後に、 わたしのお願いひとつ聞いて欲しい」

「言ってみてくれ。俺に出来ることなら何でもするからさ」


「お兄さんがお時間取れる時で良いから・・・・わたしに一日付き合ってください」


「………………分かった」


「そんな顔しないで・・・・・ください。
わたしはお兄さんと出会えて本当に良かったって思ってますから、 ねっ♪
本当に――――――心から本当にそう思ってますから」

「………………あ、ありがとう」

「ハァー、まったく・・・何で振ってる方のお兄さんが泣いちゃうんです?」

「ごめん」


その時は 不思議ともう わたしの瞳から涙が流れることはなかった。
もっと泣いて、 号泣して、 慟哭してしまうかもしれないなんて考えていたけど
こんな風に振られることに覚悟が無かったわけじゃないから・・・



「おはよう、 桐乃」

「おはよう、 あやせ。あっれ〜嬉しそうだね、、、なんか良いことあった?」

「ううん・・・・そんなことないよ」

「、、、そ、そっか」


だから、
わたしはこの泣き虫のお兄さんとあの素直になれない妹の為に
何かしてあげたいと思った。

この優しくてお節介な・・・わたしの大切な兄妹に、
わたしが叶えられなかった『あの時』と『この時』 の夢を託そうと思った。


「あのね・・・・・わたし 桐乃に贈り―――――」

「ちーす、 桐乃に、 あやせ。
 加奈子さぁ………………宿題してねぇから写させてくれョ」

364 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:18:46.30 ID:iI4haO2p0

「こらっ、 加奈子っ!
わたしはちゃんとお勉強しないとダメだよって言ってるよね?
中学3年生を2回するつもりなの・・・・・・? あなたはっ!」

「あやせ様……………どうか加奈子にお慈悲をォ、
ってかさ、 あやせ おまえ……………ソレどぉったの?
あーもしかして失恋でもし―――ぁった(パチン)痛ってぇな!
なんで………………桐乃が加奈子を殴るんだよ?!」

「加奈子、、余計なこと言わなくて良いから勉強するよ。
このあたしが直々に、 あんたにレクチャーしてあげるからさ。
感謝しなさいよね、、わかった?」


「加奈子の夢は最強のアイドルだっつーの。
アイドルは、 ちょっとくらいお馬鹿な方がキモヲタ共には受けが良い――――――」


「加゛・奈゛・子゛!
夢があることは・・・・すごく良いことだよ。でもお勉強は別だからねっ!」

「ひぃ…………でも加奈子勉強したくないでござる 勉強したくないでござる」

「「あっ―――逃げた」」


「桐乃追っかけてっ!」

「おっけ!」

「ハァハァ…………こ、こっち来んナ!!」


「「アハハ」」


これが―――――お兄さんに告白して断られた後、
桐乃達と過ごした何気ない日常で――――同時に、 わたしにとっては大切な日々。

『わたしは・・・・もう大丈夫』そう心の中で何度も自分に言い聞かせたんだ。


お兄さんは受験生だから、もちろんスケジュールは合わせなきゃいけいないのは
わたしの方だった。


だから深い意味なんてないつもりだった、
単にお兄さんの予定を聞くだけの電話のつもりだった。


なのに――――――それなのに


『もしもし、 あやせ』

「こんばんは、 お兄さん・・・・ちゃんとお勉強して――――――――」

涙はこの時、 溢れる様にとめどもなく出た。
カッコつけても、 平気なふりしても、 わたしってやっぱりダメな子なんだ。


『ど、どした?』

「・・・・・・ゴホゴホ、 ご、ごめんなさい、、咳で」

滑稽にも涙声を誤魔化す為に大げさに咳き込んでから一旦電話を切った。
メールしようとしたら画面に涙が落ちてきて、 手間取ってわたしが送信する前に


『後で、こっちからかけ直すから』

とメールが届いた。
しばらく経ってからまたメール


『今、 かけても良いかな?』

―――――――――この人は気付いてるんだと直感的に分かった。
365 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:20:02.67 ID:iI4haO2p0

本当にいつもは超がつくくらいに鈍い癖に、
こんな時は誰よりも優しくて思いやりのある人なんだ。


結局、 その日はとりとめの無いお話をして、 お互いに少し笑って電話を切った後
またわたしは泣いた。


<次の日>


「Whatever fate may befall all I know is
that the gift of love is the greatest gift of all」

『う〜ん、 愛の運命は過酷な贈り物ってこと?』


「あーあ、お兄さん、 英語は嫌いでもちゃんとお勉強してくれないと困ります。
って言うか、 この時期になっても この程度も分からないなんて絶望的ですよ」

『さーせん』


「お兄さん、 覚えてますか?
わたしがお仕事を休んで、お世話したことを・・・・・。
わたしの時間を無意味になんかしたら――――――――」

本当は全然違う
お世話することが、 お仕事よりも何よりも楽しかったんだ。

もしもわたし達が一緒に暮らしたら・・・・こんな感じなのかな? なんて
自分でも滑稽で笑ってしまう妄想をしてた

お兄さんのアパートへ行く時は、いつも小躍りしてスキップしながら歩いていた。
帰る時は、 いつも後ろ髪引かれる思いだった。


用事もないのにアパートの前で、 お兄さんの部屋の灯りをずっと見ていたこともある。


絶対に無理だと分かっていた。
でもずっとずっと この日々が続けば良いと思っていた・・・・願っていたんだ



―――――――――――でもそんなわたしがお仕事を休んでる間に桐乃は

留学していたブランクなんか全く感じさせず、 この時期に海外へ行く話が
持ち上がること自体がもちろんその証拠でもあるのだけど・・・・

桐乃が陸上だけに打ち込んでた間、
こんなわたしでも、 自分のお仕事に多少の自負はしてたつもりだった。
桐乃の分まで、 密かにわたしが頑張るという決心もしていた。


だけど、 そんな決心なんて おこがましい・・・
わたしの独りよがりでしかなかったと認めざるを得ないほど
たった一ヶ月の間で周りを納得させ、 わたしも納得させ

―――――――――わたしの本当の目標が誰だったのかを否が応で思い出せた


たとえ絶対に桐乃には勝てなくても、 本当はわたしの方こそ
今の残された時間を・・・・・全力で頑張らなくちゃいけなかったんだ


366 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:21:19.11 ID:iI4haO2p0

"でも・・ね"


<また次の日>


『どうだ?』

「―――――――全問正解です」

『やったぜ!』


"お兄さんに取っては、 こんなこと受験勉強の息抜き以外の意味はないことなんて
他には何の意味もないことなんて・・・誰よりもわたし自身が一番よく知ってるよ"


「頑張ったお兄さんに・・・・・・ご褒美あげる」

『あやせ………………この写メ?』


「わたしは推薦でもう高校は決まってるし、 今の時期は比較的時間も取れるし
だから・・・・しょうがないから時々相手してあげます。
お兄さんのお世話したことが無駄になっちゃったら、 わたしが一番イヤだから」


"でも今はまだ良い・・・・・・よね?
こんなことしても、 わたしだって何処にも行けないのは、 ちゃんと分かってるから"


                 ***


お父さん、 お母さん・・・・お話があります

こういうものが全部悪いもの・・・じゃないの

これはわたしのお友達にとっては、 すごく すごく大切なものなんだ

だから、 わたしにとっても・・・これはもう汚いものじゃない


わたしの話・・・・ちゃんと聞いて

ねぇ、 お父さんとお母さんは覚えてる?

わたしがピアノを弾けなくなったときのこと

わたしが笑えなくなったときのこと

わたしがずっとずっと泣いていたときのこと

あの時、 わたしを助けてくれたのは・・・・わたしを笑顔にさせてくれたのは
このお友達なんだ


わたしが尊敬する・・・わたしの何よりも大切なお友達なの


367 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:22:08.31 ID:iI4haO2p0

                 ***


<再び 過去>


「コンクールってなぁに?」

「ピアノの上手な子の天下一武道会みたいなこと」

「お兄ちゃんってオタクさんなんだ。
お父さんが大人にもなって漫画やアニメを見てる人には近づいちゃダメって言ってた」

「それは す、すごい偏見だな。
まぁ…………と、とにかく出てみない?」

「あやせ、 興味なーい」

「う〜ん……………残念だな。
僕のツテでもう一人くらい予選を受けさせてあげることも出来たんだけどね」


「ほかの人ってだぁれ?」「え?」「・・・・女でしょう?」 「え゛?」

「お兄ちゃんのうわきものっ!ぶぅ〜!」

「違う、違う………………僕の妹だよ」




「ふぅ〜ん、この子がお兄ちゃんが教えている子供?」

紹介された女の子も先生のことを"お兄ちゃん"と呼んでいた。
そして ひと目見た時からこの人も先生が好きなことはすぐに分かった。

「・・・・・」

「でもこんな小さい子が、 本当にコンクール出る意味あるのかな?」

「新垣さ………あやせさ…………あやせちゃんは
僕が教えてる子の中で一番弾ける子だと思ってるけどねっ、 ね? あやせちゃん」


わたしは黙ったままピアノの前に座ると、 いつものように優しくピアノを撫でてから
自分が弾ける曲で一番難しいものを選んで一気に演奏した。

先生の妹が驚いた顔を見て、 わたしはとても愉快だった。
わたしの先生への思いが、 今日会ったばかりの彼女に負けているとは
その時のわたしは微塵も考えてなかった、 きっと思いつきもしなかった。

わたし達はこうしてコンクールの予選に出ることになった。
コンクールに出場出来る年齢制限の中で、 わたしが最年少で彼女は最年長だった。

彼女は何年も連続でコンクールに出ていて、それでも本選へ通過出来たのは
一番最初に出場した年の時だけだった。


先生の前で二人が課題曲を練習している時、 彼女だけがよく詰まった。
わたしが器用に演奏すればするほど彼女は初歩的なコードで躓いた。


ある日、先生が用事で居なくなって二人っきりになった時に言われた

「アンタには夢があるんでしょ?」

「あたしから全部取らないで!」

「あたしからお兄ちゃんまで取らないでっ!」

368 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 01:22:20.29 ID:YG51SH5DO
>>355
ダメだやっぱお前。
すまん。年跨ぎに否定したけど、やっぱお前ダメだわ。
読むな的な注意書きくれ。
正直気分悪い。すまん。
369 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:27:23.31 ID:iI4haO2p0
ってか投稿してる時に、割り込まれると邪魔なんだが
疲れたのでついでにちょい休憩
370 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 01:41:19.64 ID:YG51SH5DO
望まれてないのに投稿頑張るとか凄いなあんた。
がんばれと無責任に言いたくなった。

がんばれ。
371 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:51:22.61 ID:iI4haO2p0
意見、批判、雑談はうpが終わった後で好きにしてくれ
つづき
372 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:54:27.45 ID:iI4haO2p0

後で分かったことは
先生がいずれ海外の音楽学校に留学する予定であること
彼女も同じ道を歩けるように一生懸命に努力していたこと

彼女はその奨学金を得る為に、 コンクールで全国大会まで勝ち進んだ上で
入賞するする必要があったこと
そして、 その年が彼女の最後のチャンスだったということ


あの時、
彼女がピアノを弾いている時の顔は先生に出会う前のわたしの顔に似ていた。

先生が側に居るのにそんな顔になってしまう彼女を見て
わたしは子供ながらに気の毒に思い始めていた。


「お、お姉ちゃん・・・ピアノ撫でてあげたら、 ピアノはちゃんと応えてくれるよっ」


「………………アンタって、 良い子なんだね。
あやせちゃん………………初めて会った日のこと、ごめんね」


「ううん・・・あやせ 気にしてないから、 だいじょうぶだよ」


先生の妹は本当はすごく優しくて、 そして・・・とても繊細な人だった。

だからわたしは、 いつの間にか先生のことを"お兄ちゃん"と呼ぶのを辞めた


「お姉ちゃんって・・・お(兄)、 先生の妹なんだよねぇ」

「うん…………そう」

「でも でも 兄妹は結婚できないよぉ?」

「ふふっ……………あたし達は出来るの。
あやせちゃんの方こそ お子様は結婚出来ないんだよ?」


「で、出来るもん あと、4ねん か5ねん後には・・・・」


「おいおい君達、 お願いだから真面目に練習してくれよ? 
頼むから……………ちょっとは推薦してる僕の身にもなって欲しい」


「「……………アハハ」」



ある日、 先生の"家族"の前で演奏した帰り

「先生、 わたし・・・・・わたしね
わたしと同じ子供なんて嫌いだっだけど、今は好きになれたよ」

「あの子達も、 あやせちゃんのことが大好きだよ」


「・・・・だからわたし、将来 保母さんになりたい。
淋しそうな子が居たら、 わたしが笑顔にしてあげるつもり!」


「あやせちゃんなら、絶対に素敵な保母さんになるさ。
だって…………僕がもし子供なら君に教えて貰いたいくらいだもの」

・・・・きっと、 筧沙也佳さんが好きだった『新垣あやせ』はこの頃のわたし

373 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:55:35.26 ID:iI4haO2p0

「あっ、
 でもその前にお兄ち・・・ ダーリンのお嫁さんになるんだけど、ねぇー♪」

「だ、ダーリン?
 は、はは……………確かに そ、そうだったね」


本当はもう"お嫁さん"の夢は半分以上諦めていた。


彼と同じくらい彼の妹が凄く好きになっていたから・・・・・・・
だからどんな関係でも"この兄妹"の側にずっと居られるなら
それだけで良いと思っていたんだ。



<そして数ヶ月後>


「おめでとう! 二人共予選通過してたよ」

「やったね! お姉ちゃんっ♪」

「………………うん、 あやせちゃんもおめでとう」

本選に彼女が選ばれたと聞いた時は、 自分が選ばれたと聞いた時よりも
何倍も嬉しかった。

きっと その頃のわたしはピアノそのものよりも、
ピアノを通して出逢ったこの兄妹の方が大切になっていたから。

だからハッキリ言えば初めから、自・分・の・結・果・には興味が無かった。

自分よりも他人のことを思いやる・・・言葉にすれば、美しいことだった。
でもわたしのそれは結局、美徳であるのと同時に彼女への同情であり優越感だった。

今考えればよく分かる、でも子供だったわたしにその区別なんて無かった。


大して思い入れの無いコンクールに適当な気持ちで出場して
簡単に予選を通ったわたしは、 もうピアノを撫でることはなく
一人で黙々と練習することに対して煩わしさを感じていた。



そんな傲慢だったわたしに、神様は一番残酷なやり方で罰を与えた



<コンクールの本選当日>


確か・・・・あの日もこんな風に雨が降っていたクリスマスだった。


その選考の厳しさと格式の高さで名を馳せていたコンクールのジュニアの部で
本選に選ばれたのはわたしを含めわずかに数人。
もちろん、その中の一人がお姉ちゃんだった。

本選は予選の成績順らしく演奏の順番は一番最後がわたし、 その直前が彼女だった。

技術と言う点ではきっとわたしは彼女の足下にも及ばなかったに違いない。
わたしと彼女の年齢の差はもちろんのこと、 普段の練習だって彼女は命を削る様に
真摯にピアノの前に向かっていた。


――――――それでも超えられない何かがあるとすれば・・・・・・


コンクールでの彼女の演奏が終わったとき、 このままなら彼女の優勝に
違いないと確信出来るほど、 その日の彼女の演奏には鬼気迫るものがあった。
今までわたしが彼女の演奏を聞いた中で、 一番上手く完璧に弾きこなしていた。

374 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:57:05.61 ID:iI4haO2p0

そして最後に、 わたしの演奏の順番になった。
馴れないドレスに身を包んで、 会場の最前列にいる両親を一瞥すると
久し振りに、 ピアノをゆっくり撫でてから演奏を始めた。

両親が聴いてくれていると思うとやっぱり嬉しかったし、 ホールで多くの観客の前で
――――生まれて初めての晴れ舞台で弾く状況はわたしの気分を高揚させた。

純粋に楽しんで、 何も考えずに演奏が出来た―――――その筈だった。


だってこの曲を間違える筈がない、 なぜならこの時わたしが弾いていた曲は
先生が初めてわたしに弾いてくれた曲だったから。



でも、 彼女に同情していたわたしは・・・・・傲慢にも――――――――
曲の最後の最後 "<Coda>"の部分で、 一瞬だけ分かり易く故意にテンポをずらした。



ずっと一緒にレッスンしていた先生とお姉ちゃんはわたしの行動に気付いていた。
それでも彼女が優勝出来れば、 全て丸く収まるとわたしは思っていた。

子供だったわたしは、 自分の行動がどんなに残酷なことなのか、
どんなに相手を傷つけることなのか・・・最初から全く考えもしなかった。



そして
コンクール本選の最優秀賞受賞者発表と全国大会への出場資格者が発表された時
わたしの名前が呼ばれ、 彼女の名前は呼ばれなかった。

両親は心から喜んでくれて、 名前もよく知らない親戚の人たちも褒めてくれた。
でも、 その時のわたしにはもう何の意味も無いことだった。


彼女の完璧な演奏よりも、 わたしの手心を加えた中途半端な演奏の方が
勝っていたという現実を前にして、 わたしはようやく自分の愚かな行動に気付いた
――――――――でもその時には全てが手遅れだった。


会場でわたしが彼女を最後に見た時

『もう………………ピアノの声聞こえないんだ』

と人目も憚らず泣いていた。


先生は泣きやまない彼女をずっと抱擁していた。

結局、 わたしが何を望んでも―――――何を望まなくても、
わたしが何をしても―――――何をしなくても
最初からずっと・・・先生はお姉ちゃんのものだった。

先生にとって彼女こそが

『――――――世界中を敵に回しても』守るべき存在だった

最初から、 わたしにはピアノしか残されていなかったんだ。



先生との最後のレッスンの時

先生は一言もわたしを責めず
ただお姉ちゃんの分まで、わたしに頑張って欲しいと言った。

『あやせちゃんの手は、 色々な人の思いと心で繋がっているんだよ。』


『だから――――優しい今の君のまま、 これからもピアノを続けて欲しい』



ずっと―――ずっと後で、彼女がピアノを捨てたことを知った。

・・・・・そして先生が彼女の為に留学を取りやめたことも

375 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:58:05.25 ID:iI4haO2p0


ピアノさえあれば、またあの楽しい気分を思い出せると、わたしは思っていた

でもダメだった。

いくらピアノを撫でても、もうそれは前以上の冷たい箱でしかなくなっていた。

そして・・・あの親密で優しい音色を二度と取り戻すことはなかった。

それがわたしの才能の限界だったのかもしれない


でも たとえ、 どんな結果になろうと、 わたしがあんなことさえしなければ


先生が自分の夢を諦めることも

彼女が永遠にピアノを失うことも

わたしが永遠にピアノとあの兄妹失うことだって


この出来事が、 本当にわたしの行動が原因かどうか・・・それは問題じゃない。

―――――わたしは、 わたし自身の欺瞞がどうしても許せなかった


                 ***


結局、わたしはどうしようもない子供だったんだ。

何かを、 誰かを好きと言う気持ちを、 ちゃんとした形で持ち続けることが出来ない

簡単に周りの状況に流されて、 自分のしっかりとした強い意思が持てない。

本当に自分の大切な物を最後まで理解出来ない・・・・そして守ることも出来ない

――――――――だから平気で誰かの大切な物を傷つけることが出来る



この時から自分が子供であることを、 わたしは何よりも呪うようになった。


そしてわたしは・・・笑えなくなった。

いつも、 いつも・・・・泣いていた。


そんな時 桐乃に・・・・そしてお兄さんに出逢ったんだ。


あれから・・・・色々なことがあった。
楽しいこと、 辛いこと、 葛藤したこと、 笑ったこと、 泣いたこと
でもそのひとつ――――ひとつが、 今のわたしには愛しい大切な記憶。

だから今度こそ、 わたしの大切なものを失わないように
余計なお節介ということは分かっていても、 何かわたしに出来ることをしてあげたい。


桐乃が本当にお兄さんのことが好きなのは分かっている。
だから今度こそ間違えない―――――間違える筈がない。


今度こそ、誰かの大切なものを守れるように
今度こそ、誰も傷つけずに済むように

376 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 01:59:30.49 ID:iI4haO2p0

                 ***



<再び 12月24日>


そして
――――――――あの時の、桐乃との電話


                 "<Vide>"


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
あのね、、あやせにだけは本当のことを言っとくね
あたし、 今のまま負けたままだと悔しい、、、だからリベンジするつもり
もう一度だけ陸上を真剣に頑張ってみる。
今度はあ・い・つ・の為じゃなくて、自分自身の為に自分の夢の為に挑戦する。
だからあやせは、、あたしの分までちゃんとモデルの仕事を頑張ってね
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


・・・・わたしの夢――――わたしと桐乃の夢・・・・



                       
          ち が う           
                       



これは・・・・・・違う、 これは桐乃の・・桐乃だけの夢だ



わたしの夢なんて別に・・・・・最初から桐乃は
はじめから・・・・これはわたしの夢じゃなかったんだ


ああ、そうか・・・・・・・そうだった


桐乃はわたしとは・・・違う。 
桐乃はどんな逆境も困難も必ず乗り越えていく。
いくら挫折してもいくら落ち込んでも、 最後には必ず自分の力で立ち上がる。


自分の夢や未来のことを、 誰・か・の・せ・い・にしたりなんかしない


わたしなんかじゃ
―――――絶対に敵わない
―――――隣に並ぶことはおろか、 同じ道にすら立てない
―――――最初から居る場所も、 見ている場所だって違ったんだ



『友だからこそ譲れないことが、 何があっても絶対に譲ってはいけないことがある』

そしてわたしは、 きっと黒猫さんともお姉さんとも・・・・違う。


わたしは独りよがりに勝手に空想して・・・また自分の夢を他人に重ねて
他人の夢の中へ逃げようとしていただけ

自分の絶対に叶・え・ら・れ・な・い・夢に、 体良く言い訳を予め作っていただけ

『あの時』の自分と結局、 何ひとつ変わってなかった。

377 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 02:02:26.56 ID:iI4haO2p0


――――――わたしの夢・・

『――――――わたしの夢・・・・消え』

「――――――わたしの夢・・・・消えちゃった」


「――――――………………やせ、あやせ?、おい! あ・や・せ・!」

「・・・・・」


「………………あやせ?」




わたしのゆ・め・――――――そうだった

―――――――わたしだけ・・・・・わたしだけの本当の夢は



『お兄さんを諦めず、 桐乃の友達であることも辞めない・・・諦めない』


アハハハ

何て・・・なんて、 わたしは傲慢で
どうして、 いつも―――いつも・・・・・こんなにも愚かなんだろう? 

だったら、
わたしはお兄さんを失っても、 今まで通り都合の良い友達のままで居られた?


ニコニコ笑って、 わたしじゃない別の誰かとお兄さんを心から祝福出来たの?


―――――わたしの思いはその程度だったの?


そして―――――――桐乃の・・・・黒猫さんの・・・・お姉さんの
――――――他のみんなの思いは、その程度(と思っていたの?)



嘘が嫌いだった、 何よりも・・・・・・

でも

『嘘』と言うなら・・・・・自分にもう嘘は吐けない 絶対に吐きたくない



ねぇ 先生――――・・・・お兄ちゃん 

  『この二つの手は何の為にあるの?』

メロディとコードで、和音と倍音を紡ぐため?

誰かの左手と自分の右手を繋いで、違う誰かの右手と自分の左手を繋いで
みんなで仲良くお手々を繋いで、 お友達になるため?

自分が繋いだ誰かの手―――――その誰かが果たせなかった夢を繋ぐため?

378 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 02:03:37.43 ID:iI4haO2p0

ちがう――――――自分の大切な夢がこぼれ落ちないように
何が遭っても・・・・しっかり抱き締めて守るため

気まぐれで残酷な神様から―――――わたし以外の誰か(だ・れ・か・)から
絶対に奪われないようにするためだったんだ



・・・・・・だから もう、 わたしの手に
あなた以外の何も(な・に・も・)、 誰も (だ・れ・も・)
触れられなくなってしまってもいい


これから先、 ずっと 誰かに卑怯者だと蔑まれ続けても良い

これから先、 一生 誰かに嘘吐きだと罵倒され続けても構わない

これから先、 全ての人に軽蔑されて・・・二度と誰からも相手にされなくても

そんな些細(さ・さ・い・)なことなんて、 最初からどうでも良かったんだ



「もっと・・・・・ギュってして」

「…………………………」

"お兄さんは、 何も言わなかった。"

"でもちゃんと、 わたしのことをしっかり抱き寄せて抱擁してくれる"


"そして・・・優しくわたしの髪を撫でてくれる"



わたしの ふ・た・つ・の・手・は ・・・指先は―――――
わたしの髪の毛からつま先まで わたしの身体のすべて・・・ あなたに捧げる

"彼の気を引くために、 イヤイヤするように何度も首を振って甘える"



もっと あなたに・・・触れたい  わたしに、いっぱい触れてほしい

"わざと泣き顔をジッと見せて困らせて、 もっとわたしの言いなりにさせる"


"彼は泣きやまない・・涙で濡れたわたしの頬を、 温かい手でゆっくり優しく触れた"


              だから
          他には・・・・・もう何もいらない 



わたしの心は・・・・今までの――――これからの記憶も、感情も、意識も
ぜんぶ・・・・・あなたに献げる

"わたしは彼の掌を取ると、 コートを開いて
無理矢理その手を・・・わたしの胸に押しつける"



もっと あなたを知りたい わたしのことだけ見て欲しい   

"どんなに手を動かしても、 手を振り払おうとしても・・絶対に許してあげない"


              だから
         もう・・・絶対にこの手を離さない


379 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/01/13(日) 02:04:55.90 ID:iI4haO2p0




                 "<Coda>"
                 

「ねぇ――――お兄さん、 ホテル・・・・行きましょう?」


「―――――あや………………」



「プレゼント・・・・お兄さんへのクリスマスプレゼントに―――――」


「………………せ?」



『―――――――・・・ わ・た・し・を・あ・げ・る・』







                 "<Fine>"


 
           
   たとえ、 ―――――世界中を敵に回すことになったとしても


                 








おわり
380 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 02:20:11.81 ID:8w3gzfpfP
つまり舌の根も乾かないうちにと言った具合にやっぱり結局京介が屑で馬鹿でアホなだけか
手を出したもん勝ちの安物件になっちまったのな
381 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 17:34:18.68 ID:XMz37JIIo
結論はうーんと思うけど乙

>>368
癖のある文章だけど俺としては最後まで読みたい
お前が気に食わないからって投下途中で割り込むなよ
そっちの方が気分悪いわ
382 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/13(日) 17:35:07.86 ID:qswm32Rr0
いままでROMだったものです。
皆さん乙です。楽しく読ませていただいてます。

ところで
このスレの流れ的には、ヒロインと結ばれるSS(少なくとも恋愛要素があるSS)以外は投下しちゃまずいですかね?
383 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 20:20:23.08 ID:yxVJmVqE0
>>382
そんなこたぁねぇよ

>>1 に書いてある通り基本何でもアリだが
どエロいSSは専用スレがあるからそっちに投下した方がいいな
エロパロスレ=http://www15.atwiki.jp/fushimi_eroparo/pages/1.html

他にも桐乃・黒猫に特化したSSスレがあるぞ
桐乃スレまとめ=http://www44.atwiki.jp/kiririn/
黒猫スレまとめ=http://www45.atwiki.jp/kuroneko_2ch/

特にキライな人が多い凌辱・オリキャラ・クロス物なんかは
投下前に宣言しておいた方が良いな
384 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 20:52:12.41 ID:Gjewykc60
>>381
なんか自演くせーな。

てかこいつ>>216と同じ奴じゃね?
無駄な前書きとかオリキャラ登場とかww
385 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 21:23:25.42 ID:qswm32Rr0
>>382です
とりあえず仕上がったんで投下してみます
こういうSSはまだ二度目(一度目は別作品のSS)ですがよろしくお願いします
エロ、鬱、NTR、オリキャラ、クロスオーバーはないです
京介すら出ないので2828とか期待しているならぜひ読み飛ばしてください
多分3〜4レスで終わります
次レスからはじめます
386 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/13(日) 21:25:12.18 ID:qswm32Rr0
「あたしの友達がこんなに変人なわけがない」



あたしは五更日向。二つのお下げがトレードマークの、小学四年生である。
超かわいい妹と、優しく不器用な姉に挟まれた、三姉妹の真ん中。
それ以外には…あんま言うべきことはないかな。千葉県在住の、わりかし普通の女の子です。はい、自己紹介終わり。
でもって、そんなあたしが今どうしているかというと、

「微妙だなぁ…」

そう。少し落ち込んでいた。あたしにしては、かなり珍しいんじゃないかなと思う。

「もう少しイケたと思ったんだけどなぁ」

手元には赤いペンでいくつかの○と×と△、そして75と書かれた紙がある。
いくら紙を睨んでいても、75と書かれたその数字は変わったりすることはない。
そんなことはわかっているけど、あたしはそれを見つめ続けることしか出来なかった。

踏ん切りをつけてその紙を引き出しにしまうことも出来ず、またしょうもない独り言が口から漏れそうになったときだった。

「フヒヒ…」
「っ!?」

キモ…もとい、変人、じゃなくって、えっと、その…
うん、まあそんな感じの声を聞こえてきた。ストーブの近くの席なんだけど、その効果を上回る寒気を感じたね。
恐る恐る声のするほうを窺うと、あたしの隣の席の沙也佳ちゃんが、
『お見せできないよ(^^;』な感じの表情で同じ算数のテストを見ていた。

「あやせちゃん…待っててね。あと少しで…フヒ、フヒヒ…」
「あの、沙也佳ちゃん?」
「うわっ、ひ、日向ちゃん!」
「どしたの?テストの点悪すぎて頭がおかしくなったとか?」
「ち、違うって!ほら、今回のテスト100点だもん!」

そういって彼女は自分の解答用紙をこちらに見せてくる。
確かに右上には100と書かれている。すぐ下には「よくできました」の文字が添えられていた。

「どう?すごいでしょ?」
「うわ、ショック。まさか沙也佳ちゃんに負けるとは」
「ちょ、それどういう意味?」

彼女は筧沙也佳ちゃん。あたしのクラスメイトで、友達である。
名前が両方「カ行」で始まることもあって席はいつも近い。家も近いし、去年からは登校班も一緒なのでいつも一緒にいる。
ときどき自分の世界に入ってさっきみたいな感じになっちゃうけど、あたしの姉も同じようなところがあるので気にならないかな。
でもだいぶ系統が違うか。ルリ姉は気持ち悪いというよりイタ…
ゴホン。話がそれちゃったね。あたしの姉は気が向いたら紹介するよ。
まあ、沙也佳ちゃんは自分から登校班の副班長を引き受けたりする前向きな女の子だ。
昔はそうでもなかった気がするけどなぁ。なんか原因があるのかな?

387 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/13(日) 21:26:39.31 ID:qswm32Rr0
さて、彼女の紹介はこれぐらいにして、『沙也佳ちゃん100点事件』の解明に戻りますか。

「ごめんごめん、冗談だよ。でも沙也佳ちゃん算数得意だったっけ?」
「算数は大っ嫌いだけど、あともう一回100点取ればお父さんがカメラ買ってくれるって言ったからね」
「へぇ、カメラ欲しかったんだ?」

カメラが欲しいというのは、あたしの中の彼女のイメージと少し違う。

「なんか理由あるの?」
「えと、その…憧れの人がいて」
「ほう、憧れの人とな」

面白そうな匂いがぷんぷんするぜ。そんなの誰だと聞いてくれと言ってるようなもんだよね。
それに女の子として、友達のそういう情報は抑えておきたいじゃん?

「それって男の子だよね?沙也佳ちゃんも隅に置けないねぇ」

ここは無理やり聞き出すが吉とみた。

「違うよ、どうしてあんな奴らの写真なんか撮らなきゃいけないの」

およ?この反応はホントにそういう話じゃないのかな?あたしはおとなしく引き下がることにした。

「うーん、それもそっか」

沙也佳ちゃんはなんとなく年上の人に憧れを持っていそうな気がする。
この学校はあまり上級生と知り合うチャンスがないし、学校外の人かね?

「それじゃ、その人どんな人なの?」

男の子じゃないとしても、気になるものは気になる。

「そ、それより、日向ちゃんもどうしたの?いつもテストの点なんて気にしてないでしょ?」

沙也佳ちゃんはごまかしただけのつもりだろうが、痛いところを突いてくるな、沙也佳ちゃんのくせに。

「うん、まあいつもはね。今回はルリ姉が勉強手伝ってくれたからいつもより自信あったんだけど、点数いつもどおりだったから」

今回はルリ姉が勉強を見てくれた。自分も遅くまで頑張ってるのにもかかわらず。
受験で忙しい姉が、自分の時間を削ってまで手伝ってくれた勉強、75点という数字はそれにふさわしいとは言い難い。
あたしがこんなこと気にするのはキャラじゃないと思うんだけどね。

「でもほら、あたしの解答と比べても、ほとんど大きな間違いないんじゃない?これならお姉さんにも怒られないよ」
「うん、そうだね」

ルリ姉は多分怒らない。でも、いつもあたしたちに優しくしてくれる姉に、たまには報いとなることがしたかった。

「日向ちゃんが落ち込んでるの、らしくないよ」

沙也佳ちゃんの気遣いがとても温かい。友達を心配させるとは、ダメだねあたし。

「えへへ、そうだね!ガラじゃないか」

とかいいつつも、次は少し頑張ってみようと思った。



388 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/13(日) 21:27:56.48 ID:qswm32Rr0
そして二週間後、再びあたしは算数のテストと向き合っていた。

「うん、さすがあたし!」

右上には100という数字と「よくできました」の文字。
いやぁ、あたしの才能の賜物だね。まあ、前回のが悔しくて確かにいつもより少し勉強したかもしれないけど。
ホントに少しだけだからね。
ときどきは取れる100点だが、今回は格別な気がする。頬が緩んでいる気がするのは気のせいってことで。

ん?そういえばテストといえばなんかあったような。ふとそんな気がして前のテストのことを思い出そうとする。
何気なく右のほうに振り返ったとき、全てを思い出した。

「沙也佳ちゃん…?おーい。うん、こりゃもうだめっぽいな」

軽く呼びかけて手を振ってみたが、返事がない。ただの変人のようだ。
彼女の性格を理解していようがいまいが、あれを見て彼女に近づく人はいまい。賭けてもいいね。
遠目で観察し続けていると、何かを小声で言い続けているみたいだった。怖いもの見たさで耳を澄ませその声を聞き取る。

「あやせちゃん可愛いね…あやせちゃん綺麗だね…あやせちゃん愛してる…」

怖っ!沙也佳ちゃんマジ怖いよ!
友達に対して失礼かも知れないけど、これが正直な感想だったね、うん。

「起立」

いつの間にか授業が終わり日直の号令がかかる。しかし隣の友達には変化がない。

「沙也佳ちゃん、号令かかってるよ!戻ってきて!」
「うひゃ、あ、え?」

沙也佳ちゃんが素っ頓狂な声を上げながら慌てて立ち上がる。先生は不審そうな顔をしていたがお咎めはないようだ。

「気をつけ、礼」

全員が頭を下げて、少し長めの休み時間となる。男子たちが活気を取り戻し外へと駆けていった。
あたしは正気を取り戻した沙也佳ちゃんに話しかける。

「テスト、大丈夫だったみたいだね」
「うん、ほら」

彼女の解答用紙にも100という数字が堂々と刻まれている。沙也佳ちゃんの笑顔は心の底からのものに違いなかった。

「日向ちゃんはどうだったの?相変わらずダメだったの?」
「ふっふっふっ、このあたしを甘く見てもらっては困るね!」

あたしも自分の解答を堂々と突き出す。沙也佳ちゃんの毒舌も今はスルーしてやろうじゃないか。

「おお、またお姉さんに勉強見てもらったの?」
「ううん、今回は自分で頑張った」
「どうしたの?熱でもあるの?」
「定番のコメントありがとう」

今度からもう少しまじめキャラになろうと決意した瞬間だった。ちくしょう。

「ごめんごめん、日向ちゃん。いじけないでよ」
「はいはい、どうせあたしは不真面目キャラですよ」
「ごめんってば。よかったね、お姉さんも喜んでくれるよ」
「べ、別にそんなこと考えてないってば」

といいつつもルリ姉のことを考えると頬が緩むのが抑えられない。沙也佳ちゃんもそれに気づいているようだった。

「うんうん、そうだね、わかったわかった」

沙也佳ちゃんに適当にあしらわれる。
くっ、あたしとしたことが沙也佳ちゃんごときにここまでされるとは。いじり役としてのプライドが…
389 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/13(日) 21:30:41.93 ID:qswm32Rr0
なんとかイニシアチブを取り戻そうと考えを巡らせる。

「ん?ここ答え4800平方メートルだっけ?」

反撃の機会を生み出そうとしていると、沙也佳ちゃんの解答用紙に違和感があった。
自分の解答と見比べる。うん、あたしの解答は5800平方メートルだ。あたしが間違えたのか?
問題は変な形の土地の面積を求めるというものだ。長方形の面積の求め方を応用して解くやつ。

「式は『70×100―(70−40)×(100−60)』だよね?」
「ううん、あたしは『40×100+60 ×(70−40)』」

どうやら沙也佳ちゃんと答えを求める過程が違ってるっぽい。どちらも間違いではなさそうなんだけどな。
ほかの人にも聞いて見ようと思ったが、みんな遊びに行ってしまったので仕方なく二人で計算しなおす。
あたしがもう一度筆算した結果は、やはり5800平方メートルだった。

「どうなった?」

結果を聞こうとして振り返る。その瞬間にあたしはこの出来事の大きさを察した。
そう、沙也佳ちゃんの顔はこの世の終わりのようだった、大げさじゃなく。今にも泣くんじゃないかと思えた。
唇を噛みしめ、吐き出すように彼女は言った。

「あたしが計算しても5800平方メートルだった」

まだ、確定ではないが答えはやはり5800平方メートルっぽかった。先生の採点ミスはよくあることだ。
けれど沙也佳ちゃんにとって今回のテストはカメラを買ってもらえるかどうかが懸かっている。
そっと、彼女を出来るだけ傷つけないように話しかける。

「まだ、採点ミスとは決まってないんじゃない?」
「でも、あたしも計算して答え違ってたし…」

沙也佳ちゃんはさらに塞ぎ込んで暗くなってきてしまっている。その姿が見ていられなくて、無理やりでも話をつなごうとした。

「お父さんにカメラ買ってもらう約束だったんだっけ?」
「うん、あたしが算数苦手なのお父さん知ってたから、算数のテストで3回連続百点取ったらカメラの本体買ってくれるって」
「お年玉はどうしたの?」
「お年玉だけじゃ足りなくて、一緒に望遠レンズも欲しいし。そもそもカメラ本体はお年玉と貯金合わせても足りないし…」

つまり、今回のテストが100点でなければカメラはしばらく買ってもらえなくなるということだ。
自信満々に解答を見せてくれた沙也佳ちゃんの笑顔を思い出す。
思い込みが激しくって、表情がころころ変わる彼女でも、あんな笑顔はそう見ない。

「いま計算して正しい答え出せたんだし、今回はいいんじゃないかな」

もちろんいけないことだってのはあたしもわかっている。
けれど、今にも泣き出しそうな彼女を見たら言わずにはいられなかった。
あたしの慰めに沙也佳ちゃんは少しの反応も見せない。自分の無力さを悔しく感じた。

「あたしね…」

沙也佳ちゃんはうつむいたままだった。それでもゆっくりとしゃべり始める。あたしはその言葉に耳を傾けた。

「カメラ買って、憧れの人を撮りたかったんだ」
「うん」

二週間前のやり取りを思い出す。確かに気持ち悪い以外の感想はなかったけどさ。
何かに対して本気のときの気持ちって、多かれ少なかれみんなそんなもんで、
それってなにがあっても馬鹿にしちゃいけないものだ。あたしはそう思う。

「その人はいつも優しくて、いじめられてたとき、あたしのこと助けてくれて、恩人で…」

ゆっくりと言葉が吐き出されていく。
彼女はそのときの憧れの気持ちを思い出し、そのまま言葉にして喋り続けているようだった。

「その人がモデルデビューしたの、たまたま知った。まだ中学生なのに、どんな人よりも輝いてるあの人が写真に写ってた」

あたしにその人のことはわからない。けれど、沙也佳ちゃんの言葉を嘘と思える馬鹿げた頭は持ってないつもりだ。

「あたしは、あの写真みたいに輝いてるあの人を撮りたいと思った」
「うん」

そう話す彼女の目は真っ直ぐだった。沙也佳ちゃんはさらに言葉を紡ぐ。

「カメラは、絶対欲しいよ。もっとあの人を見ていたい。でもね…」

彼女の言葉がそこで詰まる。あたしは彼女の言葉を待った。
顔を上げたとき、沙也佳ちゃんは笑顔だった。

390 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/13(日) 21:32:36.37 ID:qswm32Rr0
「もし、あたしがその人だったらさ、ちゃんと先生に言うと思う」
「うん」
「だからね、あたしも先生に言ってくるよ。点数直してもらってくる」

そう彼女は言い切った。沙也佳ちゃんはすごいと思う。ここまで真っ直ぐにひとりの人に憧れるって、きっと難しい。

「そっか。ならあたしも一緒に行くよ」
「うん、日向ちゃん、ありがとうね」
「それぐらいどうってことないよ」

あたしは、この友達の横にいれることを、誇らしいと思っただけだから。
職員室に行き算数の先生を探し出す。テストを見せ、事情を伝えると○に二重線が引かれ、△が付け足される。
そして100という数字も消され、95という数字が新たに書き込まれた。
笑顔で95という数字を見つめる彼女を見て思う。
沙也佳ちゃんは憧れの人に一歩近づいたんじゃないかな、なんてね。



週明けの月曜日、あたしの右隣の机には変人がいた。
カメラの説明書を読みながら、やはり何かに憑かれたようにつぶやいている。
その友達を見ながら、あたしは思わずにはいられなかった。

「あたしの友達がこんなに変人なわけがない」



<fin>
391 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 21:35:59.97 ID:qswm32Rr0
予告どおり終わってませんねww すみません
日向と沙也佳が同い年だったので、もしかしたらこういうのもあるんじゃないかと思って書きました
笑いなし、2828なしのお目汚しでした
読んでくれた方はありがとうございました
392 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/13(日) 21:41:46.98 ID:XMz37JIIo
いやいや、珍しい組み合わせが読めて良かったよww
乙でした!
393 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/14(月) 08:38:21.51 ID:36TZe8bu0
>>391
乙っっ

>>381
同意。激しく自演臭がするのは君だけじゃないはずだ。

394 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 10:42:12.63 ID:1NB6ypYT0
>>379
こいつ健気にも自分でまとめwikiにうpしていて吹いたwww
395 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 20:19:54.49 ID:cDyvvrm2o
書き手が自分でまとめwikiに載せて何が悪い? 吹くほどにおかしなことか?
別に書き手を持ち上げるつもりはないが、SSあってこそのSS速報なんじゃね
こんなんじゃ、ますます書き手が減っちまうよ
396 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 20:21:59.12 ID:QsuuzzlTo
俺妹wikiに関してはもう何スレも前からwiki更新してくれる人がいないから自分でやるしかない状況だったのに今さら自演とか言われてもねぇ
397 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 20:37:10.13 ID:KY6fsMC4o
自分でまとめなきゃならんなんて自分のサイトで公開するのと変わらんな
398 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/14(月) 21:22:04.02 ID:x3tkLjLDO
>>396
そうなのか?俺は他人がまとめてくれたけどな。
>>397の言う通り、自分でまとめるなら渋にでも書くさ。

と言って、自分でまとめるのを否定してるわけじゃないからな。
自分でやらないばかりに、まとめて貰ったのより貰ってないのがはるかに多いし。
まあ、書いたやつの雛形はPCに入ってるから、いくら落ちてもまぁいっか程度に考えてる。
それに他人にまとめて貰うのは、単純に嬉しいしね。
399 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/15(火) 07:09:19.64 ID:qO6O/KJd0
>>398
まとめwikiの管理人が変わってから編集人のメンバー登録が承認されなくなっちゃったんだ

俺も登録されていた時は順番にまとめていたけどメンバー登録されていないと手順が面倒で
まとめられなくなっちゃったんだ
400 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/16(水) 08:46:40.60 ID:BwCLv19DO
書き手のうpをあざ笑ってる奴は当然まとめ作業をしてくれてる人なんだよね?
まさか何も貢献してないのにホザいてるなんてことないよな
401 : ◆6U1bthnhy6 [sage]:2013/01/16(水) 19:57:10.16 ID:LHHC3hlDO
>>399
ああそうなんだ?
なら前スレの幾つかと、このスレの乙女ロード纏めてくれた人には感謝だな。ありがとう。
もし希望が叶うなら、日向シリーズとこのスレのクリスマスは纏めお願いしたい。
クリスマスは久し振りに楽しく書けたやつだし、日向シリーズは自分でお気に入りなんだww
俺は携帯なもんで、纏めにいっても携帯じゃできませんてはじかれるんだよねww
出来る方、是非ともお願いします(^人^)

さて、お願い書くだけじゃスレタイに反するから、次レスより一本投下。
確か無印の極悪桐乃ルートで、京介が一人でエロゲ買わされに行くのがあったなーと不安な記憶を元に書きましたww
402 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 19:59:14.42 ID:LHHC3hlDO

「は、はなしてください!」

あたしは掴まれた手を振り払うようにぶんぶんと振った。
しかしがっちりと掴まれた手首はびくともせず、あたしは今更ながらに後悔していた。
エロゲを買いに行っている兄貴が帰ってきたとき、隠れてて驚かしてやれなんて思わなきゃよかった、と。
『極悪桐乃ルート・if』
403 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:01:33.21 ID:LHHC3hlDO

今あたしは、店から少し隠れた路地裏で、3人の男に絡まれていた。
最初はナンパだと思い無視していたのだが、そのうちの一人がいきなりあたしの手首を掴んできた。
驚いて振り返った視線の先、そいつらが所謂ヤンキーと呼ばれる人種だと初めて気が付いた。

「はなしてくださーいだって。かっわいいの」

金髪に髪を染めたスカジャンの男が茶化したようにあたしのマネをした。
瞬間、カっと頭に血がった。

「ちょはなせって・・・言ってんでしょこのキモ男!」
「・・・あん?」

やばい!
頭にきて言っちゃいけないこと言っちゃった!
こういう奴らは人はバカにするくせに、自分がバカにされると途端にキレる単細胞だ。
小学生の頃それで一回失敗してるあたしは、そのことを身をもって知っている。
404 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:03:34.34 ID:LHHC3hlDO

「手前ぇ・・・いま、なんつった・・・?」
「ひっ!」

案の定男の視線が変わった。
さっきまでの小バカにした目から、鋭く尖ったものへ。
それは・・・暴力を躊躇なく振るう奴の目だ。

「あ、あの・・・その・・・」
「なんつったって・・・聞いてんだろ、らぁ!?」
「ひっ!!」

掴まれてる方の手と逆の手が振り上げられて、思わず身を竦ませる。

「へ。ビビってんじゃねーよ糞アマ」

あたしの反応に溜飲が下がったのか、男はそれ以上威嚇してくることはなかった。
その代わりに、強引に腕を引っ張られた。

「とりあえず場所変えんぞ?そこでみっちりさっきの話の続きといこうや」
「い、いや・・・」

あたしは涙目になりながら力なく首を振る。
足を踏ん張って必死に抵抗する。

「あー・・・まーだ立場わかってねーか?」

その行為がまた男の神経を逆なでする。

「仕方ねーな・・・やっぱ2・3回殴ってから連れてくか」

なあ?と、男が自分の仲間に声を掛ける。
そいつらの下卑た笑い声を耳にしながら、あたしは必死に祈っていた。
助けて。助けてあに・・・。

「あのー・・・」

え?
その時耳に届いた、聞きなれたダルそうな声。
あたしはこのときの声を一生忘れない。

「そいつ俺の連れなんで・・・離してもらっていッスかね?」

涙で少し霞んで見えるそいつは、ポリポリと頭を掻きながら目の前に立っていた。
405 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:05:52.89 ID:LHHC3hlDO

「なんだてめえ!?」

殊更大きな声をだす男。
こういう人種はとかく威嚇から入るのだ。

「いやだからこいつの連れで・・・」
「あーん?聞いてねーんだよそんなこたあ。いいからどっか行っちまえよ」

・・・なにこいつ?
自分から聞いておきながら聞いてないとかって・・・ヤバい。
こいつ、下手したら薬くらいキメてるかもしんない。

「いやーそーゆー訳にもいかなくて。一応こいつの兄貴なんで」

そんであんたはなんでそんなゆるっゆるなままなのよ!?
ヤバい雰囲気くらいわかるでしょ!?

「兄貴だあ?・・・はん。お兄ちゃんならちょうどいいや。今お前の妹がよ、俺等にちょーっと悪さをしてな、今からその詫びに一緒に遊びに行くとこなんだ。わりーけど、親御さんには心配しないように言っといてくんな」
「なっ!?」

男のでたらめな言い分に、一瞬目を向ける。

「そーだろぉ・・・なあ?」
「ひっ!」

でも、ねめつける様な眼光に、あたしは怯んでしまう。

「ホントか?桐乃?」

あたしは瞬間的にぶんぶんと首を振った。
途端にあたしを見ていた男の目が眇められて、あたしは小さな悲鳴を上げる。

「てめえ・・「妹が違うっつってんで、手え離して貰えないッスかね?」

そいつがあたしを怒鳴るよりも早く、兄貴は男に向かって言った。
男の意識がすぐに兄貴へと向き直る。

「なんだって?」
「違うらしいんで、手、離して貰えないッスか?」

困ったように笑いながら、兄貴はあたしの手を指差す。

「なんだぁ?身内びいきってやつか?そんな簡単に妹のこと信用しちゃだめだぜ?どーせ嘘言ってんだからよ。それに多数決じゃこっちのが勝ってんぜ?なあ?」

言いながらまた男が仲間たちを振り返る。
そこに同意を示す声が重なる。
・・・悔しいよ兄貴。
こいつら・・・完全に兄貴をバカにしてる。
あたしは涙をこらえるようにギュッと目をつぶった。
406 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:07:55.91 ID:LHHC3hlDO

「なあ?みんしゅてき国家のこの国じゃ「ぶっは!!」

その言葉に噴き出すような笑いが重なった。
え?
あたしは俯いていた顔をガバッと持ち上げた。
見ると兄貴が大声で笑っていた。

「ぶはっはっーはぁ・・・いやー自分の妹より赤の他人を、信じるって方が普通にあり得なくないッスかね?それにしても・・・ぶくく。民主国家とかマジうける」

意味わかって使ってます?
兄貴はへらへらと笑うようにしながら男に言った。
ちょ・・・ダメだって!
こいつらにそんな言い方したら・・・!

「てめえ・・・ケンカ売ってんのか!?」
「いえいえそんな」

兄貴は慌てて両手を振って否定を示す。
ただそのあとに続く言葉が最悪だ。

「ただまあ・・・そう思うってのは、あんたが単細胞だからなんじゃないスか?」

ちょっと!
やばいってほんとに!!
あたしの目の前で、男は明らかにキレていってるのがわかる。
頬を引くつかせ、こめかみに血管を浮かばせ、顔はもう真っ赤になっていた。
やばいやばいやばい!
このままじゃ兄貴がボコボコにされちゃう!

「兄貴逃げて!逃げて警察とか連れてきて!あたしそれまで頑張るから!」

あたしが必死に叫ぶ中、あたしの手を握っていた男が乱暴にあたしを地面に投げ捨てた。
痛みをこらえて見上げると、男は壮絶な笑みを浮かべてあたしを見下ろして言った。

「もう遅えーよ。どっちも逃がすかよ・・・一緒に拉致って、お前の目の前でゆっくりあいつボコボコにしてやるよ」

俺を怒らせたんだからよ・・・。
最後の言葉に、ソクリと背中が震える。
こいつが本気で言ってることがわかって。
407 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:11:03.97 ID:LHHC3hlDO

「テメーも覚悟決めろや?もう泣いて謝っても遅ーぜ!?俺は頭にきてんだから・・・よっ!!」

言い放つや否や、男はダッシュで兄貴へと躍り掛かった。
汚い!
不意を衝いて一気に決めちゃうつもりだ!
あたしが絶望に顔を真っ青にしかけたその時・・・。

「桐乃!立って俺の傍まで走れ!!」

兄貴の力強い声があたしの耳に届いた。
反射的にあたしは男の後を追うように走り出していた。
そのあたしに、今度は小さな呟きが聞こえてくる。

「頭にきてる・・・だあ?」

それは、ともすれば聞き逃しそうな小さな声だったけど、あたしは確かにその声を聞いた。

「うらあっ!!」

そしてあたしの数歩前を行く男が右拳を振りかぶり、ダッシュの勢いのまま兄貴に打ち下ろした。
瞬間。

「頭にきてんのは俺の方なんだよっ!!」

408 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:12:20.10 ID:LHHC3hlDO

兄貴は怒鳴り声を上げると同時に、体を屈ませながら男の体に対し左に半回転した。
半身、男の目標からずれるようになったので、男の拳が空を切る・・・かに見えたのだが、男の拳には、いつの間にか兄貴の左手が添えられていた。
その手首を掴み、一気に前にひく兄貴。
必然的にバランスを崩す男。
ザアッと踏ん張るように兄貴が足を広げたかと思うと、その男の腰が、屈んでいた兄貴のそれと重なる。
次いで兄貴が空いていた右手で、男の後ろ腰のベルトを握ったと思った瞬間。

「っらぁあああ!」

二人の体は一回転し、そのまま折り重なるようにして地面に転がっていた。

「う・・・あああいてえええええ!!」

一拍おいて、男の悲鳴が路地に響く。
一体何が起こったのかあたしはわからなかった。
ただ急いで兄貴のもとへ駆けつけてみると、男は兄貴の下敷きになって大声でわめいていた。
409 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:13:57.26 ID:LHHC3hlDO

「いってえええええ!いてえええよおおおお!」
「るっせーな・・・痛えように投げたんだから、当たり前だろーが」

男の上になりながら、兄貴は何事もなかったかのように呟いた。
一緒になって倒れていた割には、兄貴に痛むところはないらしい。
どうやらすべての衝撃は下の男がクッションになって受けていたようだった。
よっと一声上げて立ち上がると、兄貴はあたしの方に目を向けてきた。

「怪我ねーか?」

あまりにもいつものように言われて、あたしはただコクコクと小さく頷いた。

「そっか」

いつものように締まりのない笑顔でそう言うと、兄貴は踵を返してまだ倒れてるままの男にに近づいていった。
男の仲間たちは、今の出来事に驚いたのか、その場で動けずにいるようだった。
410 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:15:29.38 ID:LHHC3hlDO

「いてえ!いってえええ!」
「おい」
「いてええよお!!」
「うるせえ!」
「ぐふ!!」

地面を転がりながら喚き散らしていた男の脇腹に、兄貴のつま先がめり込んだ。
よほど痛かったのか、今度は声も出せずに悶えていた。

「話してんだ。ちったぁ静かにしろ」
「あ・・・う・・・」

男が恐怖に青ざめているのがわかる。
あたしの位置からは兄貴の背中しか見えないから、一体どんな顔をしてるのかはわからないけど。

「まだ騒ぐようなら、もう一回蹴んぞ?わかったか?」

男がコクコクと頷くのが見えた。
それから兄貴は動けないでいた男の仲間2人も呼び寄せると、その場で正座させた。

「まず免許証出せ」

開口一番、兄貴はそう切り出した。

「え?」
「3人共だ。早くしろ」

いきなりの命令に男たちは渋っているようだったが。

「うあっ!!」

兄貴がさっきの男の太ももあたりを踵で蹴ると、慌てて全員が免許を差し出してきた。

「桐乃」
「な、なに」
「それ、写メとっておいてくれ」

言いながら兄貴が免許証を放ってくる。
あたしはそれを受け取ると、一枚一枚写メを撮り始めた。
その様子を確認すると、兄貴はもう一度男たちに向き直った。

「さてと。これでお前らの素性は知れたわけだ・・・なあ?」

『なあ?』で、声に凄味が増したのがわかった。
男たちの顔がより一層青ざめたからだ。
しかしそんなことは意に介さず、兄貴は正座している男たちと視線を合わせるようにしゃがみこんだ。
411 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:17:53.97 ID:LHHC3hlDO

「さてと・・・だ」

兄貴はさっき投げ飛ばした男に視線を合わせると、ゆっくりと口を開いた。

「ここからちょっとわかりやすい話をしようか」
「は・・・はい・・・」
「いやいやそんな硬くなる話でもねーんだ。俺等はよ、今後もちょくちょくこの辺に遊びに来るってー話なんだ」
「は・・・はい」
「んでまあだ。んー・・・そんときさ、お前らみてーのが目の前をうろついてっとほら、不快なわけだ。・・・わかるよなあ?」
「あ・・・う・・・」

兄貴は言いながら男の肩に手を置いただけだ。
それなのに男は恐怖で口もきけないらしい。

「それでもまあお前らがまだここにいて、もし会っちまったら・・・そりゃ仕方ないよな?」

兄貴はやれやれといった風情で軽く肩を竦めた。

「なにが・・・ですか?」

男の中の一人が兄貴に問いかける。

「ん?んー・・・」

兄貴は一旦そこで言葉を切ると、一人一人をゆっくりと見てから言った。

「まぁ、連帯責任、だな」
「・・・え?」
「全員・・・家まで迎えに行くからな?」

覚悟決めとけ。

「!!」
「・・・わかったな?」
「ひいっ!!」

もう一度兄貴が男の肩に手を置いた途端、男達はさっきまでのあたしみたいな情けない声を上げて這う這うの体で駈け出して行った。
412 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:20:05.81 ID:LHHC3hlDO

「ったく・・・胸糞悪い連中だぜ」
「あ、あんた・・・」

吐き捨てるように呟く兄貴の背中に声をかける。

「ん?おお。ホントに大丈夫か桐乃?痛いトコとかないか?」
「う、うん平気・・・」
「そっか」

振り向いた兄貴の声は、あまりにも日常そのものだった。

「しかし桐乃。なんでまた路地裏なんかに居るんだよ?おかげで探しちまったじゃねーか」
「あ、あんた待ってる間、た、退屈だったから、か、隠れて驚かしてやろうって思って・・・」
「なるほどねえ・・・まあ、運が悪かったな。今回のことはきれいさっぱり忘れっちまえ」
「・・・怒らないの?」
「?どこに怒る要素があるんだよ?今回完全に被害者じゃねーかお前」
「う、うん・・・」

兄貴の声はどこまでもいつも通りで。
あたしもだんだんと緊張が解けてきて・・・。

「うえ・・・っく・・・」

気が付けばあたしは震えながら泣きだしていた。

「こ、こわっ・・・こわ、かった・・・よう・・・」
「桐乃・・・」

あたしは今頃になってガクガクと膝が笑いだした。
そう。
本当はずっと怖かった。

「つ、つれてかれちゃって・・・もう、あ、兄貴とも・・・会えないのかもって・・・」

それが怖かった。
本当に本当に怖かった。

「こわ・・・かったよぅ・・・」
「ちょっと待ってろ。あいつら殺してくる」

不意に兄貴が物騒なことを言いつつ立ち上がった。
え?え?

「え!?ちょっ!?兄貴っ!?」

放っておけばあいつらが逃げ去った方へ、今にも駆け出していきそうな兄貴を必死で引き止める。

「い、いいから!あたしは平気だからっ!!」
「平気なわけあるか。お前がこんなに怖がらされたんだ。あいつらに地獄くらい見せてやらねーと釣り合わねーだろ」
「い、いいからお、落ち着いて!そ、それより・・・」

あたしはまたさっきの恐怖を思い出して、ポロポロと涙が溢れてきた。

「い、今は・・・そばにいてよ・・・」
「桐乃・・・」

兄貴は一言、すまんというと、あたしの手を握って歩き出した。

413 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:24:00.69 ID:LHHC3hlDO

「ほらもう泣くな」

そう言って兄貴はあたしに缶コーヒーを差し出してきた。
さっきの騒動のあったところからとりあえず離れようって兄貴が言って、あたし達は近くの公園まで移動した。
その間兄貴は、あたしの手をずっと握って、ゆっくりと歩幅を合わせて歩いてくれた。

「どうだ?落ち着いたか?」

兄貴も自分の分のコーヒーを開けながら、あたしの隣に腰を下ろした。
あたしはというと、泣きはらした顔を見られたくなくて、無言で俯いたまま頷く。
ああもう。
こういうところが自分でも嫌になる。
まだちゃんとしたお礼も言ってないってのに・・・。

「そっか」

でも兄貴は気にした風もなく、安心したように息をついた。
当たり前か。
普段のあたしの態度を見てればこれくらいなんともないよね。
ああもう、ますます落ち込む・・・。

「・・・あのさ?」
「ん?」

沈黙が耐えきれなくて、あたしはとにかく何か話題を探して話しかけた。

「あんた・・・強いよね?」
「そか?そうでもないだろ」

なんでもないことのように答えてくる兄貴。
よし。このままの流れで『ありがとう』って・・・。

「・・・なんでもっと早く助けてくれなかったの?」

なに言ってんだあたしは。
助けてもらった上になんだこれ?
そもそも兄貴を驚かそうなんて考えて路地裏に隠れたのが原因なのに・・・。
今まで素直になれなかったツケがこんな時に出てくるなんて。
ああもう本当に嫌になる。
あたしはこんなこと言いたいわけじゃないのに。
素直じゃないこの体は、もはや反射的に憎まれ口をきいてしまう。
もう穴があったら自分を埋めてしまいた・・・。

「ごめんな」

不意に頭に柔らかい感触があった。
それが優しく乗せられた兄貴の手だと気付いた時・・・あたしは涙を流していた。

「・・・な、んで?」
「ん?」
「なんで・・・あんたが・・・あやまるのよ・・・?」
「お前に怖い思いをさせたからな」
「そんなの・・・あたしの自業自得じゃない」
「そんなことはないさ。少なくとも、お前の言う通りもっと早く助けてやれなかったのは俺の責任だ」

言いながら兄貴の手はあたしの頭をずっと撫で続けてくれてる。
その感触が優しくて、手のぬくもりが嬉しくて、気が付けばあたしは兄貴の胸に縋り付いて泣いていた。
414 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:24:58.12 ID:LHHC3hlDO

「う・・ええええ・・・うええええん」
「お、おい桐乃?どうした?さっき怖かったの思い出しちゃったのか?」

いきなり泣き出したあたしに、兄貴はひどく慌てた様子だった。
おろおろとあたしの背中を撫でたり、頭を抱きしめて撫でてくれたり、大丈夫だぞって耳元で言ってくれたりしてくれた。
あたしはすごく申し訳なくて謝りたかったけど、その手が・・・やっぱり嬉しくて。
抱きしめて撫でてくれるのが幸せで。

「・・・兄貴・・・」
「ん?なんだ?」
「・・・大好き・・・」
「・・・えっ!?」

思わず告白しちゃったけどごめんね。
でもね。

「・・・本気にした?」
「んなっ!?」

あんたに気持ちを伝えるのはもう少し後にしておきたいから。

「きっも。妹に告白されてドギマギするとかどんだけシスコンなのあんた?」

今は精いっぱいの強がりでいさせて。

「おおおお前なああ!!」
「この状況で告白とか有り得ないし。どんだけエロゲ脳なのあんた?」
「お・・・お前って奴はよう・・・はあ。全部お前の影響だろーが・・・」

疲れたようにうなだれる兄貴。
その手を・・・自然だよね?そっと握ってみる。

「しっかたないから手ー繋いで帰ったげる」
「・・・ありがとよ・・・」

もはやツッコむ気力もなさそうな兄貴。
あたしは降って湧いたご褒美に、表面平静ながらウッキウキで手をギュッと握る。

「そーいやあんたホント強かったねー」
「そうか?あれくらい普通だろ」
「投げ技とか習わないとできなくない?」
「ああ。実はな・・・」

夕暮れにかかる街中。
手を繋いで帰るあたしたち二人。
それを見てるのは、北の空に浮かびあがった一個目のお星さまばかり。
お願いね。
もう少しだけ内緒にしていてね?

END
415 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/16(水) 20:26:18.72 ID:LHHC3hlDO
以上です。
416 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/16(水) 21:48:40.32 ID:i5oGM9ebo
乙!
京介がこうやってカッコ良く桐乃のために体張る話って意外に少ないかも。
しおらしい桐乃もいいねww
417 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/16(水) 22:11:51.77 ID:AMIhlbht0
確かにあの親父の元で育ってたら「ヤバイ」と思うことはあっても「怖い」と思うことは少なそうだ
418 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/01/17(木) 00:27:11.21 ID:PuiOIguDO
>>142
はげど
つかむしろそれが普通になればいいのに
419 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/19(土) 01:17:26.82 ID:H1mDZFHDO
>>416,417
感想サンクスw
因みに後日譚。

「そういやあんた、本当に強いよね?何かやってるの?」

あれからしばらくたったある日、桐乃がそんな風に聞いてきた。
相も変わらず俺のベッドを我が物顔で占拠してくださった状態で。

『極悪桐乃ルート・if・after』
420 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/19(土) 01:19:28.68 ID:H1mDZFHDO

「ん?なに言ってんだ?俺昔っから道場に通ってたぞ?」
「嘘!?知んないよそんなん!!」

あれそうだったか?
・・・そういや言ってないか。

「まああんまり一緒に遊ばなくなってたからなあの頃はもう」

懐かしいっちゃ懐かしいな。
冷戦のはしりだったからなあの頃はもう。

「ねーねーいつからいってんの?」

そんでなんでそんなに興味津々なんだお前。

「あー・・・小3」
「えー!?マジで!?」

・・・驚き方半端ないな。
そんなに意外だったかね。

「まあ正確には行ってた、だな。高校入学まで。親父が本部長になってからは行ってない。これからは相手できないって言われてな」

あの時は残念なの半分。
ホッとしたの半分だったっけ。
とかくうちの親父のしごきはきつかったからなー・・・。

「へ?・・・ごめん話が見えないんだけど?なんでここでお父さんが出てくるの?」

・・・なぜ頭にはてなが浮かぶ?

「親父の行ってる道場だからに決まってるだろう」
「ええっ!?お、お父さんも道場通ってるの!?」

・・・なるほど。話がかみ合わないわけだ。
421 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/19(土) 01:21:13.99 ID:H1mDZFHDO

「・・・あのな桐乃、うちのおやじは警察官だぞ?」
「うん知ってる」
「警察官には武道を習う義務があんだよ」
「あ、そか」
「んで俺は、そんな親父に頼み込んで週に何回か稽古をつけて貰ってたんだ」
「へ、へー。どーりで・・・あれ柔道技でしょ?そういえばオリンピックとか警視庁所属とかって肩書きの代表の人いるもんね」
「まあそういうこった。もっとも俺は主に逮捕術の方を習ってたんだけどな」
「逮捕術?柔道じゃなくて?なにそれ?」

んー・・・この辺の説明はちょっと面倒くさいんだよな。

「んー・・・簡単に言うと総合格闘技、かな?もっともこっちのは殴り合いとかをするんじゃなくて、怪我させないように取り押さえるのがメインだけどな」
「・・・よくわかんない」

だよな。
俺もどんだけ説明下手だよって思ったもん。

「まあ殴る蹴るもするし、投げたり極めたりもするけど、それは怪我させるのが目的じゃないってこった」

だいぶ端折ったけどこれでもういいや。

「・・・こないだのあいつはすごく痛そうだったけど・・・?」

うぐ・・・嫌なこと覚えてんのなお前・・・。

「あーあれなー・・・」

うーむ・・・一旦言葉を切って考えてみたものの、桐乃は興味津々だし、うまいごまかしスキルも持ってねーしなー・・・。
しかたない。正直に言っちまおう。
422 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/19(土) 01:22:42.36 ID:H1mDZFHDO

「実はあれ、親父に禁じ手にされてた投げ方だったんだよ」
「へ?」
「地面に俺もろとも転がってたろ?あれは巻き込み技って言って、自分の体重を下にいる相手に思いっきり乗せる危険な技なんだよ、実はな」

ましてや路上だったしな。

「そんなに危険なの?」
「うまく投げると骨の1・2本は確実に逝く」
「げ」

ちなみに下手に投げるともっと折れる。

「だから親父には、絶対に道場以外では使うなって言われてたんだ」
「へえ」

そーなんだよなー・・・。
これハッキリ言ってヤバいレベルなんだよなー。
万が一親父の耳に入ったりでもしたら、俺明日の朝日を拝めるか自信ない。

423 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/19(土) 01:24:17.93 ID:H1mDZFHDO

「ただなー。あのときはなー・・・」
「ん?なに?」

やべ、声に出てた。

「・・・なんでもない」
「うそ!今なんか隠した!い・い・な・さ・い・よ」

くそ!なんでこんな時だけ察しがいいんだよこいつは!?

「うぐぐわかった!わかったから首絞めんな!!」
「よし。で?」

・・・なんで偉そうなのお前?

「・・・お前が怖い思いさせられてたから、よ・・・」
「・・・え?」
「思わず、カッとなっちまって・・・気が付いたら思いっきりブン投げてた」
「・・・」

ほらやっぱりそんな反応になるだろ?
だから言いたくなかったんだ。

「・・・そこで黙んなよ。なんか気まずいじゃねーか」
「・・・」
「・・・真っ赤になって俯くのもやめてくれ。俺まで赤くなる」
「・・・」
「・・・無言で袖握るとか・・・俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
「・・・さっきからなによ?」
「照れくさいから茶々入れてるだけだ。気にするな」

ああもう本当に照れくさくて困る。
424 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/19(土) 01:25:24.88 ID:H1mDZFHDO

「にしてもそっか―・・・ふひひ、シスコン」

まあそれでもお前が・・・こんなに嬉しそうにしてるんならもういいや。

「自覚してるよ。そもそも武道はじめたのだってお前が理由だ」
「へ?な、なんで?」
「お前はもう覚えちゃいないかもしれないけど、俺が3年の時、近所のガキ大将にお前が泣かされたんだ。そん時も向かっていったんだけどよ・・・コテンパンにのされちまってな。そんな俺に大丈夫?大丈夫?って泣きながら聞いてくるお前が口惜しくってな。その夜親父に直談判した」

あの時の忸怩たる思いは、今でも忘れたりしねえ。

「くや・・・しい?」
「・・・兄貴として妹を守れないどころか、逆に心配かけて泣かせちまった自分自身が、な。情けなくて口惜しくて許せなくて、その夜は一晩中泣いたもんさ」
「・・・ばか」
「それも自覚してる」

本当にな。
いつからか俺は妹の為なら何でもやる超シスコンのバカ兄貴になっちまってた。
425 : ◆6U1bthnhy6 [sage saga]:2013/01/19(土) 01:25:58.67 ID:H1mDZFHDO

無自覚なころから含めると、俺の人生の大半はそんなもんだ。

「俺はまったくどうしようもなくシスコンのバカ兄貴だよ」

それが俺の人生の大半を作ってるんだから、それはもう俺自身と言って差し支えねーよ。

「ずっと。今までも、これからもずっとな」
「・・・ばかじゃん」
「ああそうだな」

言いながら寄り添ってきた桐乃のことを抱き締める。
この間、ふとしたことから俺たちは血の繋がらない兄妹ということが判明した。
親父たち自身から聞いたから間違いない。
ただ俺自身は、この高坂家の家族だと今でも思っている。
親父たちも心からそう言ってくれた。
あの時程親父の『このバカ息子が』が嬉しかったことはねーよ。
ただ桐乃は・・・桐乃だけはなぜか不安を抱え込んでしまった。
もしかしたら俺が本当の親を探しに出て行ってしまうんじゃねーかなんてのも言いだした。
そんなことは絶対にないと何度言い聞かせても、桐乃は頑としてそれを信じようとはしなかった。
それからだ。
桐乃がことあるごとに俺とスキンシップをとるようになってきたのは。
用もないのに俺の部屋に入り浸ったり、リビングのソファでぴったりと横にくっついてきたり、出かける時も可能な限り俺のあとについてくるようになったり、ちょっと異常なほどに俺に執着しているような気がする。
でもそれは俺にとっては何の苦でもない。
それで少しでも桐乃の不安が薄れるなら、俺は喜んで桐乃の好きにさせてやる。
なんたって超シスコンのバカ兄貴だからな。

「・・・今日さ。また・・・簡単なお仕事してもらってもいい?」
「・・・善処する」

これだけは慣れないけどな・・・。

END
426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 01:27:14.78 ID:H1mDZFHDO
以上です。

昨日・今日、鯖落ちしててマジ焦ったww
427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/19(土) 08:15:48.02 ID:rldo3/T8o
あー桐乃スレで聞いてた人かww
回答した人ですww

やっぱ京介さんカッケー&しおらしい桐乃かわいいww
428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/20(日) 08:05:37.95 ID:Mcv18PZDO
>>427
おお、その節は。
DAT落ちかと一瞬ハラハラしたけど、あれで安心できたよ。ありがとう。

感想コメも減って、ヤル気と根気の減退甚だしいが、やっぱり読んでもらえるのは嬉しいね。
俺は桐京オンリーじゃないけど桐京メインなんで、よかったらまた読んで下さいな♪
429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/21(月) 13:10:58.81 ID:vpskyVrSo

シスコン自覚系は好きだわ
430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/29(火) 22:39:11.00 ID:HmPa7CbLo
さてと、バレンタインデー目前だが、SSの仕込みは進んでいるかな?

431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/01(金) 23:07:24.96 ID:qP6XroTS0
もう恋なんてしないを聞いていたら
脳内変換でこうなりました。

5巻 桐乃アメリカ出発後の京介の心情に変換してみました。

「日本に妹はいない」

君がいないと何にも
できないわけじゃないと

シスカリを手にしたけれど
対戦相手が決まらない

ほら 休日はのんびりするね
だけどあまり楽しくない
君がいたのならわがままも
いくつか聞いたのに

一緒にいるときは
生意気だと思うけど
やっと平穏手に入れた
俺はもっと不自由になった

アメリカへ行った君の
気持ちはわからないけど
いつもより静かな夜
隣の部屋に とまどってるよ

もし君に 1つだけ
強がりを言えるのなら
もう 妹可愛い なんて
言わないよ 絶対

2つ並んだPSPも

1つ片付けてしまおう

君の趣味でもらったパソコンも
もったいないけど閉じてしまおう

"君らしく 頑張ってね”と
ベッドで考える俺は
他のだれから見ても一番
センチメンタルだろう

こんなに いっぱいの
君との思い出集めて
オタクの趣味に付き合って
暮らすのも幸せと 知った

君あての友人が
自宅訪ねてくるうちは
かたすみで考えてる
体調を思って 心配だけど

もし君が 不安や
悩みで泣きそうな時は
君がどこに行ようと
助けてみせるから

本当に 本当に
君が大好きだったから
もうシスコンと呼ばれたって
平気だよ 絶対

〜fin〜
432 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/02(土) 08:21:15.37 ID:94LAKBOV0
>>431
乙です
433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 13:12:11.64 ID:ISoTRuiP0
バレンタインに向けて皆力を蓄えているようなので場つなぎに投下
最近忙しかったので下調べだけが手厚くなって、無駄に長くなってしまってすみません

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

タイトル「white」



「ホント、あんたらしいよね〜」
「やかましいわね、あなたたちのようなブルジョワジーのように買い物をしてたら身を滅ぼすわ」

冬休みのとある日、俺はいつもの面子と一緒にアキバのゲームセンターに来ていた。
桐乃がanimateに行きたいといってはanimateに行き、沙織がメロンブックスで新しい同人誌が出ると言えばメロンブックスに行く。
俺は意見を言う権利さえ与えられず、黒猫の意見を聞いてここにいるってわけだ。
まあ、いつものことっちゃいつものことだし、それが楽しいんだからいいけどよ。

「フッ…。私の力をせいぜいその目に焼き付けるといいわ」

そういいながら500円玉を両替機に入れる黒猫。どうやら自分のホームグラウンドに来て調子が出てきたらしい。

まあ、そのあと俺がやってたことと言えば、黒猫が片っ端からアーケードゲームのランキング1位を勝ち取っていくのを応援するだけだった。
桐乃がときどき勝負を挑んでいたが、結果は見なくてもわかるってもんだ。見てるだけだと暇なのはわかるが、わざわざ黒猫に勝負をかけなくてもいいだろうに。
てか、なんであいつ『太鼓の達人』下手なのに勝負しようとしたんだ?

「あ〜、もう、また負けた!」

トイレから戻ってくると、桐乃が『jubeat』でダブルスコア負けしていた。本当に負けず嫌いだな、こいつ。

「人間風情が私に敵うわけがないでしょう」
「くっ…。つ、次はあれ!あれで絶対勝つ!」
「愚かね。これだけの力を目の当たりにして、まだ私に挑もうと言うの?」
434 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 13:15:46.95 ID:ISoTRuiP0
桐乃が指差したのは『Dance Dance Revolution(以下DDR)』だった。やっぱあいつ馬鹿なんじゃねーの?

「ったく、あいつも懲りないな」
「いや、これはわからないでござる」

ボソッと言った俺の言葉に反応して、いままで俺と同じく見守る側だった沙織が二人に聞こえないように耳打ちしてきた。

「確かに黒猫氏はどんなゲームも達者でござるが、それは黒猫氏の解析力とコントローラ捌きの影響が大きいでござる。
DDRは置いてあるゲームセンターの数が少ないですし、そもそもこのDDRX3は新しい筐体でござる。
黒猫氏も経験がないでござろうし、このゲームは足の動きも大切でござるが上半身を支えるバランス感覚が重要でござる。
きりりん氏の運動神経が生かされれば勝機はあるでござるよ」
「へえ、そうなのか」

沙織の解説を聞くと、俺も黒猫と桐乃の勝負に興味がわいてきた。二人は早速4つの矢印がついたゲーム機の上にのってコインを入れている。

「曲と難易度はあなたが決めて構わないわ」
「その余裕マジムカつく…」

そこで挑発に乗ってイラついても黒猫の思う壺だろうと思ったのだが、言ってもきっと桐乃の耳には届かないだろう。おとなしく行く末を見守る。
桐乃はこのゲームをやったことがあるとは思えないので特に曲を選べるメリットはないと思うんだが。

「ところであなた、このゲームのルールはわかっているのでしょうね?」
「なめんなっての。友達がやってんの見たことあるからそれぐらいわかるって」

いや、それだけかよ!大した自信だな、プレイしたことねえのによ。

「あ、コネクトあるじゃん!神曲キター(°∀°) てか、まずClariSがネ申!」
「うるさいわね、さっさと決めなさい」

どうやら知っている曲があったようで、桐乃は迷わずその曲を選択した。

「ふむ、やはりその曲を選ぶでござるか」
「有名な曲なのか?」
「この曲はClariSというデビュー当時中学生だった二人組みのグループが歌っている有名なアニソンでござる。
今度reunionという曲が新アニメのOPになるので、タイムリーなアーティストでござるな」
「へえ、そうなのか」

曲が決まると、今度は難易度を選ぶ画面に移る。まあ、普通ならBASICぐらいがちょうどいいんだろうが…

「フフッ、あなたにはせいぜいBEGINNERがお似合いよ」
「…くっ」

といったお決まりのやり取りを経て、桐乃は一番下に表示されている難易度のCHALLENGEを選ぶ。ったくこいつは…

「おまえな、そんなの選んで…」
「恭介氏、CHALLENGEは難しくないですぞ」
「え、そうなのか?」
「ええ、CHALLENGEという難易度は曲によってバラバラなのでござる。今見たのですが、コネクトのCHALLENGEは『足7』、
きりりん氏はこの曲をよく聞いているようですし、クリアできる可能性がある難易度です。」
「『足7』ってなんだ?」
「おっと、これは失敬。『足』というのはDDRにおける難易度を表すものでござる。現在は最高が20で、基本的に9以下ならそれほど難しくはありませぬ。
 といっても、足7を初めてプレイする人がクリアするのは難しいでござるが…」
「やっぱ難しいんじゃねえか」

ま、全く歯が立たないって感じじゃないらしいし、お手並み拝見とするか。

「ふっ、この程度、私にとっては戯れ同然ね。愚かな人間にハンデをくれてやるわ」
「このっ……。ふん、せいぜい調子こいてろっての」

そう言って黒猫は設定画面をいじり始める。どうやら黒猫にとっては「この程度」らしい。

「なあ、あいつ何やってんだ?」
「ふむ、どうやらSPEEDを上げてSUDDENを加えたようですな」
「……わかるように説明してくれねえか」
「これは実際に見たほうがわかりやすいでござる」

桐乃は特に設定を変えていないようだ。二人ともボタンを押して曲が流れ始める。確かにどっかで聞いたような曲だな。

「せいぜい足掻くがいいわ」
「うっさい!」
435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 13:22:22.37 ID:ISoTRuiP0
このゲームは画面を流れてくる矢印に合わせて、足元の対応するボタンを踏むゲームのようだ。画面上に表示されているゲージがなくなるとゲームオーバーらしい。

「なあ、あの白い横に繋がった矢印はなんなんだ?」
「あれはSHOCK ARROWと言って、あそこはボタンを踏んではいけないのでござる。
あと、黄色で縦に長いのはFREEZE ARROWと言って、ずっとボタンを踏んでいなくてはなりませぬ。
また、普通の矢印の色にも意味があって、赤は4分、青は8分といったように色分けされているでござる」
「へえ、よく考えられてんな」

この曲はほとんどが赤と白の矢印だから、リズム自体は4分がメインでシンプルってことか。

「恭介氏、二人の画面を見比べてくだされ」
「ん?……黒猫のほうは、矢印が見づらいし、速くなってるな」

桐乃の画面は画面全体に矢印が表示されているし、ゆっくり流れてくるのに対し、黒猫の画面は下3分の1ぐらいの矢印が消えていて、矢印の流れが異様に速い。

「これが最初の設定の違いでござる。SPEEDは矢印の流れる速さを変える設定、SUDDENは矢印が画面の途中から現れる設定でござる。
SPEED8倍にSUDDEN、譜面を覚えていないとしたら、いくら簡単な曲だとしても普通はクリアできますまい。さすがは黒猫氏といったところでござるな」
「ああ、それは俺でもわかる」

黒猫のほうは矢印が出できてから0.3秒ぐらいで過ぎていくような感じだ。
黒猫はミスなく踏み続けているようだったが、ホント人間業とは思えんな。あらためてこいつの凄さを思い知らされたって感じだ。
やっぱりことゲームにおいて黒猫相手じゃ勝負にならねえか。

「ふむ、きりりん氏もクリア出来そうですな」
「あいつもほんと意地張ってんな」

黒猫があまりにすごかったので忘れかけていたが、中盤でそこそこのコンボを重ねて今のところ桐乃のゲージは7割ぐらい。
なんだかんだいってクリアは出来そうに見える。あいつの負けず嫌いが導いた結果だろう。意地を張って本当に結果を残しやがるのが桐乃の桐乃たる所以だからな。

曲がサビに差し掛かった。メロディに合わせてほんの一瞬だけ矢印が流れてくるタイミングがずれる。

「え、う、うわっ!」
「…っ!あ、あなたなにやって、きゃ!」

桐乃がそれに無理やり合わせようとしたせいでバランスを崩し、黒猫のほうに倒れ込む。
ゲーム中の黒猫がそれを支えられるわけもなく、二人ともドミノのように折り重なって転ぶ。
世界がスローモーションに見えるなんてこともなく、あっという間の出来事だった。

「きりりん氏!黒猫氏!」
「おい、大丈夫か!」

なにが起こったか理解すると同時に慌てて駆けつけると、桐乃が立ち上がりながら黒猫を見やる。

「…あ、あんた大丈夫?」
「え、ええ、問題ないわ。あなたこそ平気なのかしら?」
「うん、あたしも大丈夫」

どうやら二人とも怪我はないらしい。思わずため息が漏れた。やれやれ、心配かけさせやがって。

「ところで黒猫氏」

まだ倒れている黒猫に手を貸そうとすると、沙織が口をω←こんな風にしながらとんでもないことを言い放った。

「その体勢だと恭介氏にパンツが丸見えですぞ」
「ちょ!」「なっ!(///)」

反射的に黒猫の足元を見る。言っとくが、決して黒猫のアレを見ようとしたわけじゃないな。
これはその、あれだ。「あ、UFO!」と言われると、宇宙人の存在を信じていなくてもそっちを見るのと同じ、見ようとして見たんじゃなかったんだ。
そりゃさ、はっきりと見ちまったよ。けどさ、しょうがなくね?俺は純粋にこいつらを心配して…

「……っ!」
「…!桐乃!ま、待て、俺は、」
「…このっ、ヘンタイ!」

桐乃の怒りのこもった視線に気づいたときはもう手遅れだった。ためらいなく放たれたボクサー顔負けの右ストレートは俺の鼻っ柱にクリーンヒット。
背後ではDDRの画面にCLEARDの文字がでかでかと表示されていたが、俺がその画面を見れる状態じゃなったのは言うまでもない。
ん?何色だったかって?言えるわけねーだろそんなもん!



D.C.
fine

あるときふと浮かんだ妄想を書き連ねましたww
気づけばやたら音楽関係の話題が多いですが別に意識したわけではないです
まともな作品とはいえませんが、読んでくれた方はありがとうございます
436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 15:30:07.75 ID:0VxjOoYDO
…二時間経過してるんだが…まさか書きながらなのか?
437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 16:46:04.30 ID:cwVLG/Kw0
>>436
fineって書いてあるじゃんか
438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 17:28:49.08 ID:ISoTRuiP0
>>436さんへ
すみません。fineは音楽記号で「終わり」を表す記号
D.C.は「最初に戻る」を表す記号です
一応アレを全て読んでからタイトルに戻るとタイトルの意味が通じるようにしたつもりで、投下したのはアレが全てです
私の実力の至らなさが誤解を生んでしまい、ご迷惑をおかけしました
心よりお詫び申し上げます
439 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/03(日) 18:31:54.73 ID:cwVLG/Kw0
>>438
乙乙!
導入はちょっと解りにくかったけど楽しく読めたよ
最近投下が少なかったから心配だったんだ
良いタイミングで投下してくれてありがとう
440 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/04(月) 00:46:42.54 ID:YXtLhCVIO
>>438
乙です
なるほど、黒猫は白パンツと。
441 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/04(月) 09:12:07.40 ID:/kNS2/pso
>>438
なるほど、そういうことかww
オチがきれいにタイトルに繋がってうまいねww
乙!
442 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/05(火) 14:12:24.48 ID:Oiyio2Qb0

キャラの名前は間違えないようにしようぜ
上の奴もfineだのd.cだの書いてたが
音楽の話が流行ってるのか?ここ
443 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/05(火) 17:33:37.18 ID:SzAiM+Gi0
>>442さんへ
京介間違ってますね、うん、これはひどい
ちょっと縄買ってきます
444 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/05(火) 23:24:36.91 ID:zmWAI+buo
麻奈実はよく間違われるけど京介も時々あるね
445 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/06(水) 07:29:15.18 ID:yN01d6Ep0
俺のPCは「麻奈実」と「桐乃」だけ調教した
他はわざわざ教えなくても変換できた
446 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 03:41:05.76 ID:d2ldwiA6o
※暇つぶしなのでお気軽に

「なぁ、あやせ……」

「何ですか?」

俺は、砂浜で横に並んで座っているあやせの顔をチラリと見てから独り言のように呟いた。

「世界が終わるときって、こんな感じなのかもな」

あやせは、その可愛らしい口元から小さな吐息を漏らすと、一呼吸おいて俺の言葉に頷いた。

「……かもしれませんね」

目の前に広がる海は、俺の記憶とは程遠く、まるで赤潮で覆われたように真っ赤だった。
あの日、あやせと二人で歩いた海岸線も、今では激しい波の侵食によって国道近くまで後退していた。
サードインパクト――。それが世界のすべてを変えちまいやがったんだ。

「お兄さん、憶えていますか?」

「何を?」

「この海岸でお兄さんが、わたしに告白してくれたことです」

「忘れるわけねえだろ」

遥か彼方の水平線に視線を留めながら、あやせは昔の想い出を語り始めた。
あやせにとって俺がどんな存在だったか、その優しげな彼女の語り口がすべてを物語っている。
出会った当初は衝突することもあった。しかし、それも今では懐かしい想い出のひとつだ。

「……あのホテル、まだあるんですね」

「半分崩れちまってるけどな」

「どうしてあのとき、何もしなかったんですか?」

「……壊したくなかったんだと思う」

「わたしとお兄さんとの関係をですか? それとも桐乃との関係?」

俺はなんと答えていいのやら分からず、あやせの視線から逃れるように背後に視線を転じた。
そこには、完全に廃墟となったファミレスに並んで、かつてあやせと一緒に入ったラブホテルが建っていた。
あやせの視線が俺の後頭部に突き刺さる。しかし、決して俺を責めているわけではなかった。

「な、なぁ、あやせ。……寒くねえか?」

「わたしの質問をはぐらかそうとしてますね。ま、いいですけど」

はぐらかすに決まってるじゃねえか。
たとえ同じ質問を何十回、いや何百回とされたところで、俺はその都度はぐらかすしかねえんだよ。
この世界で生き残った人類が、俺とあやせの二人きりっていう状況じゃ尚更だ。

「別にそういうつもりで言ったんじゃねえけど、なんか寒いんじゃねえかと思ってな」

「……多分ですけど、地軸の傾きが変わってしまったんだと思います」

「地軸の傾きが変わったんならしょうがねえか……。取り敢えず、今日燃やす薪を調達しねえとな」

「そうですね、暗くならないうちに。でもほんと、松林が残っていてよかったです」

こんな常軌を逸した世界の中にあって、あやせの明るさは、俺にとって唯一の救いだった。
それにしても、なぜあやせがこんなにも明るく楽しげでいられるのか、俺には不思議でしょうがない。

「何度も言うようだけどさ、以前と比べるとほんと寒くなったよな」

「そうですね。でも、もっと寒い場所だってあるんですから、そこと比べたらまだいい方かもしれませんよ」

「ここより寒いところって、一体どこのことを言ってるんだよ」

「わたしたちがいる世界とは別のところです」

「それってもしかしたら……」

「お兄さんも気付いたようですね。そう、このスレです」


おしまい
447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/12(火) 11:35:05.41 ID:Dur9vpxt0
もうそこで俺は凍え死んでるよ。

でもバレンタインでハワイ並みに暖かくなる事を信じてる。
448 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/12(火) 23:16:30.36 ID:7JzCwK2b0
4月には本当の意味での春が来ると信じたい(遠い目…)
449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 00:48:01.84 ID:7lsLOxcDO
だったらもっとコメくれよ。
意外にキツいんだぜ?
妄想垂れ流し放置は(苦笑)
450 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 15:44:14.13 ID:xz5zbNRDO
京介とあやせは、いつラブホへ行ったんだ?
451 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 16:53:10.96 ID:skRrzD3m0
おっ!? なんか良い流れ
452 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 21:09:08.55 ID:8KGOWD7io
>>449
その気持ち、よーくわかるわ
観客のいない舞台で一人芝居をしているようなもんだもんな

明日、このスレが何事もなく平穏であることに100ペリカ
453 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/13(水) 23:48:57.08 ID:RG2zQa2ko
そろそろみんな投下の準備を始める頃だな
454 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/15(金) 15:58:45.95 ID:mHl7Niveo
2/15
455 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/15(金) 16:56:34.45 ID:1zupYuuDO
昨日鯖落ちしててどうしようもなかったなぁ(棒読み)
456 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/15(金) 17:25:15.98 ID:RDrv1WDko
こんなオチになるなんて…
457 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/15(金) 19:04:37.18 ID:YwF4x8Gi0
             /:::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::.. /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::::::::::|:::/::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::.....    ,. r ' ´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : l
          ー― '´/::::::::l /:::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::,.r ' ´    /::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
             /:::::::://:::::::::::::::::::::::/ /:::::::,..- '´       /::::::::/   ゙、::::::::::::::::::::::::::::: __::::: : |
            /- '´ ヽ| |::::::::::::::::::/ヽ、/::,/          /::::::::/    `、       l .l`l  |
                | |::::::::::::::::/ _  // \         /:::::/      ゙、:::::::::::::::::::::::|  |:::::::|
                { |::::::::::::::イ   |`ヽ 、_  \      /:/        ゙、::::::::::::::::::::::|  ヽ::::|\
                Y::::::::::/ |  ヽ、 {' `>-、.\   /:/          ゙、::::::::::::::::::::ヽ  ヽ|ヽ、} これがお前らの
                 |:::::::/ヽ.|    ``ー' ___ l   /   ――― 、______  |:::::::::::::::::::::/    }| /  現実だよ。理解したか?
               / |:::::/.ゝ |           /     ´______   ̄` |::::::::::::::::::/    /:| /
            __ /  /l:::/\ .|          '゛        < {° `チ- 、_/::::::::::::::::/   /:::../
         ,..r '´/  / : ゙::|   |                     `=='  //::::::::::::::::/   <:::::::::|`ヽ、
       /     //:::  |   l            /            /::::::::::::/l::/    ヽl>、|   `ヽ、
    ,/     ,.-/   :::::     l           /           /:::::::,./   '      / ヽ      \ 
   /     /     .::::      ヽ          l          /::,...- '/         /   \
 /    /      .:::::      ヽ                  '´  /         /     \
/    /        .:::::       | ヽ     、              /         /         \
  , - '´         .:::::       | \    `  、          /         /           \
/            .:::::::        |  `、      `       , イ         /
             :::::::::        |   \       ___,..   '  /{       ,..- {
             ::::::::         |     ` ー  ´      / |         |
             ::::::::         |`ヽ、         /  /  |         |
458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/15(金) 22:10:44.48 ID:XJuzAm7K0
昨日何故かアクセス出来なかった…完成はしていたのに
459 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/15(金) 22:27:58.02 ID:cnEZ97WDO
何故かって恒例の鯖代未納だろ
恒例なんだから理由にはならんな
460 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/15(金) 23:11:56.23 ID:1zupYuuDO
>>458
んなわけで今日は目出度く繋がるんだ。
心置きなく投下しなさいな。
461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 03:35:16.58 ID:AJMifTyBo
待ってるぜ!
462 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/02/16(土) 04:29:11.95 ID:iCG81q13o

あやせ「お兄さん、これを見てください」

京介「こりゃあ鯖じゃねえか。どうしたんだよこんなもの」

あやせ「昨日、道端に落ちてたんですけど……」

京介「うわっ! 臭ぇええええ! 腐ってるじゃねえか!」

あやせ「てへっ。わたしからのバレンタインチョコです」

京介「鯖だろこれ!? それも腐ってるヤツ」

あやせ「わたしがチョコだと思えば、誰がなんと言おうとこれはチョコなんです」

京介「あやせは相変わらず思い込みが強ぇよな。だけど、誰が見ても鯖だからな」

あやせ「それじゃあ受け取ってくださいますね」

京介「俺の話を聞けっつーの!」

※誰かがSSを投下するまで、永遠に一行目へ戻る
463 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/16(土) 10:11:00.68 ID:bFTsBGe00
>>458 さぁ、投下するんだ。さぁさぁさぁ!!
464 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 16:30:29.08 ID:dOyDbolE0
ありがとう!期待させておいてって思うようなクオリティかもしれないけど自分としては頑張りました!
小ネタものですどうぞ!
465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 16:32:59.32 ID:dOyDbolE0
「ねぇあやせ髪切った?」

「え?そ、そうかな」

「隠すことないじゃん
 前よりちょっと短くなってる」

「ま、まぁそうだよね」

「で?そっちの箱は?」

「こ、これはお兄さんにあげるチョコだよ
 い、いいでしょ私はお兄さんが好きなんだから」

「それはいいけどさ
 あやせこの前黒いのから黒魔術の本借りたってね」

「ドキッ」

「自分の一部を食べさせるとかだっけ?
 あやせまさか」

「あれ?どうして桐乃も知ってるの?」

「ぐっ…」

「それに桐乃…指の絆創膏多くない?」

「そっ…ほら、あたしって料理だけは下手だし?」

「桐乃まさか」


(それは本来私がやるネタじゃないかしら)

――――――――――
466 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 16:34:10.61 ID:dOyDbolE0
「やぁやぁ京介氏、本日はお越しいただき誠に感謝ですぞ」

「おう、お招き感謝するぜ
 で、何か用か?」

「何かと申されますか! 
 どうやら京介氏は今日が何の日か知らないご様子でござるな」

「今日?…あ〜、バレンタインだっけ?」

「そうでござる!では拙者のような美少女がうら若き男子を呼び出してとはなんでござろう?」

「…もしかして」

「ご名答!拙者から京介氏に愛の貯固冷凍を差し上げましょう!」

「まだ何も言ってないしなんで漢字表記なんだ?」

「まぁまぁ細かい事を気にしてはいけませんぞ」プチプチ

「おいおいお前何を!」

「何と申されましても拙者の熱い気持ちを」トロー
「あ、熱い!!熱いです京介さん!」

(本当に何やってんだろう)
467 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 16:34:39.96 ID:dOyDbolE0
―――――――――――――
「ふぃ〜、バレンタインライブもようやく終わったぜぇ」

「お疲れ様、かなかなちゃん。はいこれ」

「あぁ?…ブリジット、オメーまさか」

「?」

「いや、まさかな」

「あっ、かなかなちゃんも持って来たの?」

「違ぇぞ、これオメーんじゃねぇからな」

「知ってるよー。マネージャーさんのだよね」

「……うるせー!行くぞ」ゲシッ

「痛い!なんで」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 16:35:12.66 ID:dOyDbolE0
「ね、ねぇ、本当にここなの?」

「なんだヨ、加奈子を疑ってんのか?」

「そうじゃないけど」

「尺がねぇんだから行くぞ」ピンポーン

『はい』

「「!?」」

『どちら様ですか』

「あ、あの、か…私達、桐乃さんと京介さんのお友達でして」
(誰だよこの声!)

『解りました。今行きます』

(怖ぇヨ、チキショー)

(ふぇぇ、かなかなちゃぁん)

ガチャ
「お待たせしました」

「g!?い、いえ!あのこれお二人に渡しに来たんですけど」

「生憎ですが桐乃も京介も外出していまして」

「じゃ、じゃあ!加奈子とブリジットからとおお願いします!」

「確かに承りました」

「はいぃ!お手数おかけしました!さようなら!」

「さようなら!」

「ゼィゼィ」

「はぁはぁ」

「怖ぇってんだヨ、チキショー!」

「痛い!なんで!」
469 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 16:36:39.78 ID:dOyDbolE0
久々に書いたからなんか色々掴めていないと言い訳させてください
ありがとうございました
470 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/17(日) 07:11:17.24 ID:dgHhZMZf0
>>469
超乙!
そして良い流れ
471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/17(日) 14:03:46.89 ID:jTBy0HSLo
>>469
乙!ありがとう!
さっぱりして読みやすかった
472 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/17(日) 20:35:34.33 ID:zWaM/MODO
>>469
ラストがよくわからないんだけど、あれ誰?
473 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/17(日) 20:57:28.88 ID:dD9XQ5gb0
>>470 >>471
乙ありがとうございます
これで流れが出来たなら幸いです!

>>472
三本目は加奈子とブリジット。そして京介達の父親です(大介さんだよね?)
わかりにくくてすいません
474 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/28(木) 10:35:23.87 ID:vZDdjwyDO
うお、停滞してんな。

そーいや、サコとかいうオリキャラ出るやつどうなった?
完結したのか?
475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/28(木) 19:32:05.34 ID:9SJ9C0eH0
>>474
そんなのあったっけ?
476 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/28(木) 20:28:15.35 ID:LNSrpbHAO
>>474
[俺の妹]で板検索くらいしてやれよww
完結はしてない。というか停滞している。
477 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 03:20:58.08 ID:PTb7GEeKo
湘南ベルマーレのFWキリノが昨日の開幕戦で2ゴールを決めたぞ

2期にちなんできりりん氏張り切ったな
478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/03(日) 23:42:11.56 ID:9kI2omrxo
まとめwikiの雰囲気が変わったね。なんかいい感じになってる
過疎ってるのは相変わらずだけど
479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/05(火) 03:33:37.65 ID:1MEqMbUH0
オレンジっぽくなった
スマホより
480 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/05(火) 23:40:16.37 ID:PVmDrCxDo
PCで見てるけど、ピンクなんだが…
何となく春らしくていいかなって思った
481 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/07(木) 00:04:14.37 ID:Cxx4emn1o
―― 1レス劇場 ――

人生最後の食事には何が食べたいかと、一時期そんな話題が流行ったことがある。
俺の頭に真っ先に浮かんだのは、情けないことにお袋が作るいつのもカレー。
何気に桐乃にも訊いてみたが、しばらく悩んだ挙句、やはりお袋のカレーだと言う。

こうなったら、あやせにも訊いてみたくなるのは世の常。いや、俺の常だ。
しかし、同じ質問をしてみたところで面白くもなんともない。
そこで俺は、内容を少し変えてあやせに質問してみた。

「あやせ、人生最後の日には、誰と一緒にいたい?」

「そ、それは……」

「他のやつには言ったりしねえから、俺だけに教えてくれよ」

「人生最後の日ですよね? それでしたら、お……」

「お?」

「恥ずかしくて言えません!」

あやせは顔を赤らめて俯く。
だが、確かに『お』って言い掛けたよな。こうなったら、どうあろうと訊かずに帰れるかってもんだ。

「いいじゃねえか、言っちまえよ。誰にも言ったりしねえよ」

「お……」

「お?」

「お……」

「お?」

「おひとり様がいいです、わたし」

俺はあやせの脳天めがけて空手チョップをおみまいし、お返しに左側頭部にハイキックをもらって家路についた。


おしまい

P.S そのうち真面目に書いたSS持ってきます
482 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 06:59:42.93 ID:SNVeMjiD0
>>481
不覚にもワロタ
大作に期待しつつ待ってる
483 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 10:37:21.69 ID:5Mv4Zh3DO
>>481
吹いたwwラスト最高wwww
484 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/07(木) 23:54:40.96 ID:wH7nrm0Ao
>>481
ラストのテンポがいいなww
485 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/08(金) 22:21:26.66 ID:ArsGoKmAo
―― 1レス劇場 ――

それは、夏祭りの出来事だった。
自治会が有志を募り、それに応じた桐乃とあやせがやぐらの上で太鼓を叩くことになった。

祭りが行われている地元の神社まで、俺ん家からさほど離れているわけじゃない。
夕飯を食い、太鼓の音が聞こえ始めてから家を出ても十分に間に合う。

「俺も一緒に叩けば良かったかも……」

そんな独り言がつい口をついて出てしまう。
神社に着くと、やぐらは境内にしつらえてあり、それを囲むように提灯が煌々と灯っていた。

「桐乃もあやせも顔が真っ赤じゃねえか」

二人とも湯上りかと見紛うようほど顔を火照らせ、玉のような汗を額に浮かべていた。
この日のために、二人が練習に練習を重ねていたのは俺も知っている。
その成果が今試されているわけだ。

「お兄さん、受け取ってください! わたしのおもい――」

あやせが太鼓を叩きながらやぐらの下に視線を移し、俺に向かって叫んだ。
二人の勇姿を見ようと、無意識にやぐらの下まで歩み寄っていた俺に気付いたようだ。

「おお、任せろあやせ! おまえの俺への想いはいつだって受け取ってやる!」

「お願いします! 受け取って! わたしの重いボーリングの球!」

医者の診断を待つまでもなく、俺の両腕は脱臼していた。


おしまい


時間稼ぎにこんなもんばっか書いてると、そのうち怒られるな
486 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/09(土) 08:41:43.35 ID:OheA9J7G0
>>485
怒ったりはしないぞ

1レスでも投下があって読んでいる俺がいれば
このスレが生きているって安心できるだろ?
487 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/10(日) 14:41:52.48 ID:Vi93XF9I0
>>485
なぜボーリングの球ww
4月に活気も戻るだろうから今はこういう小ネタもいいんじゃないか?
488 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/11(月) 01:47:59.34 ID:lLnuzc1Ro
俺は好きだぞ
489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/12(火) 23:21:36.99 ID:A2/YJx0Xo
―― 1レス劇場 ――

俺が足で桐乃に勝てなくなったのは、一体いつの頃からだろう。
桐乃自身も認めているように、小学生の頃のあいつは他のヤツと比べても足は遅かった。
それが今じゃどうだ、県内でもトップレベルの選手になっちまいやがった。

「おまえは天才型っていうよりも、むしろ努力型の選手なんだろうな」

「死ぬほど練習したもん。……悔しい思いもしたしね」

「兄妹なのに、こんなにも違うもんなんだな」

兄貴の俺が言うのもなんだが、桐乃は美人でスタイル抜群、頭は県内トップクラス。
学校中の誰もが憧れるスーパースターのような存在だ。
しかし、桐乃が陰でどれほど努力していたかを知るやつは少ない。

「あんたがどんなに頑張ったってさ、あたしを抜くことなんて出来ないって」

「そんなこと、やってみなきゃ分かんねえじゃねえか」

「だったら試してみる? あたしは、いつだって相手してあげるケド」

「いや、とりあえず俺一人でやってみるよ。明日の朝にでも結果は教えてやる」

大見得を切った以上、俺はなんとしてでも抜かなきゃならない。
家族が寝静まってから朝までに抜けばいいんだから、時間は十分過ぎるほどあるってもんさ。
桐乃で抜くなんて簡単なこと。そう、俺の倫理観を捨て去ればいいだけじゃねえか。


おしまい

やっぱ、エロいのはだめだな。話が続かないや
それにしても、春になったらここも賑やかになるのかね
490 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/13(水) 01:32:29.79 ID:/Im1FWvDO
>>489
これはNG。
あんたちょっとやり過ぎ。

でも、前みたいのならやってもいいんだからね!!
491 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/13(水) 06:35:45.91 ID:/UDfem25o
>>489
俺は別にNGじゃないしやりすぎでもないから
もっとやっていいぞ
492 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/13(水) 12:34:09.43 ID:4NIGXGu3o
「・・・お兄さん。桐乃で抜く?、とか、まさかそれ、桐乃をいやらしい話の題材にしてるんじゃないでしょうね?
もってのほかですよ! 今すぐ止めないとわたしも抜きますからね!?」
「・・・あやせ? いや、俺がお前で抜くのならわかるが、女のお前が抜けるもんなら抜いて・・・」
「お兄さん、覚悟ーっ!」
「うわーっ、待て! 待てっ、落ち着けっ! 抜くな、それを抜くんじゃなーいっ!」


2年振りだな、ここ
493 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/13(水) 13:13:32.11 ID:R2cy5g7l0
>>489
おまわりさんこっちです
でも乙
494 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/14(木) 01:52:04.82 ID:fO2m/GS4o
今日はバレンタインの日の3倍のSSが投下されるらしい
495 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 07:56:07.70 ID:N1xJcHXDO
>>494
…ああ。バレンタイン、投下0だったから、×3しても0ってオチか。
気づかなかった。
496 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 09:58:20.34 ID:uotaL8/h0
電撃文庫公式サイトの新刊情報に俺妹の情報載っていないぞ!
497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 10:18:48.06 ID:CBKYCfJwo
最近1レス型の方があっさりしてて好みになってしまった
498 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 10:19:44.62 ID:CBKYCfJwo
ネタ投下

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の英語参考書、中経出版から
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/04/news092.html
499 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 19:14:44.11 ID:BFJt1QSJo
―― 1レス劇場 ――

俺の妹、桐乃の親友であり、俺にとっても何かと気になる存在の後輩。
それが黒猫だ。本名を五更瑠璃という。
しかし、本人曰く、あくまでもそれは人間としての仮の名だそうだが。

「桐乃は、私がハリポタを原書で読んでいるのが、そんなに羨ましいのかしら?」

「ふん、原書だからって何なのよ! 英語の勉強でもするつもり?」

「それもあるわ。……でも、海外の優れた作品は、やはり原書で読むべきなのよ」

「あんな魔法学校がどうのこうのなんて話、中二病のあんたには本当にお似合いよね」

「……あなた、今の発言は聞き捨てならないわ。世界中のハリポタファンを敵に回すつもりかしら?」

桐乃と黒猫の間で激しい言葉の応酬が続く。
いつものことだが、よくもまあお互いに罵りの言葉が溢れてくるもんだ。

「あんた、英語の勉強がしたいんならさ、バイリンガルのあたしが教えてやるっつーの」

「バイリンガルが聞いて呆れるもんだわ。あなた、留学したってすぐに帰ってきたじゃない」

「な、なんですって!」

その言葉は地雷だぞ黒猫。
二人の間で雲行きが怪しくなる前に、この辺でやめさせねえと。

「まあまあまあ。桐乃も黒猫もそれくらいにしておけって、な」

「あんたはよく判ってるわよね、あたしの英語力は」

「先輩? 桐乃が劣勢と見て、助け舟でも出そうっていうのかしら?」

「いや、そういうつもりじゃ……。おっと、携帯が鳴ってる、ちょっと待ってくれ」

『お兄さん、あやせです』

「おう、どうした?」

『お兄さんは邪魔をしないでください。それと、桐乃に頑張ってと伝えてください』

「あ、あやせ……? おまえ、今どこにいるんだ?」

『左側の方に、大きな時計がある建物が見えますか? その建物の屋上です』


おしまい

>>498 こんなもんでいいですか?
500 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/16(土) 21:31:03.19 ID:AtNJfl6yo
あやせたんスナイパー説がこんなところにもww
501 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/17(日) 15:18:36.24 ID:vRaAZI4G0
ふぅ・・・

このスレも丁度折り返し点に来たんだな
502 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/03/18(月) 01:12:49.44 ID:jM/KxdSEo
>>501 これもネタとして使っていいのだろうか

―― 1レス劇場 ――

なぜこうも日本人は、マラソンが好きなんだろう。
俺の住む千葉市でも毎年この時期になると、恒例の市民マラソン大会が開催される。
桐乃にしても、何事も挑戦だといって今回の大会に参加することにした。

「ねえ、あやせ見なかった?」

「いや、俺は見てねえけど。そういや、あやせも応募したんだったよな」

「うん。昨日も一緒に練習したんだけど……」

「あいつはもともと陸上向きじゃねえし、もしかしたら怖気づいたんじゃねえか」

「あやせに限ってそんなことない。……でも、どうしちゃったんだろ」

桐乃が心配するのも無理はない。
たとえ土壇場になって欠場するにしても、何の連絡も寄越さないのはあやせらしくない。

「とにかく、おまえはレースに集中しろ。俺もそろそろ準備しなきゃいけねえし」

「うん。もしあやせが見つかるか連絡があるかしたら、あたしが通過するときに教えて」

「おう、まかせとけ」

今回の市民マラソン大会には、俺も運営ボランティアとして参加していた。
市が用意した車に乗せられ、運営ボランティアがコース上へとそれぞれ散って行く。
俺の仕事は、折り返し点を過ぎたところに設けられた給水所での給水係りだ。

「それにしても、本当にあやせはどうしちまったんだろ……」

マラソンスタートまでは、まだかなりの時間がある。
俺は、折り返し点を示す地点に置かれた大きなカラーコーンを眺めながら考えていた。
出場選手は携帯を持っていないし、こうなったら俺の方から捜してみるか……。

そうこうしているうちにスタートが切られ、その後の状況は無線で給水所にも入ってきていた。
今さら持ち場を離れるわけにもいかねえ。

レースが始まって一時間が経過した頃、先頭集団の選手が折り返し点を回って給水所に近づく。
先頭集団が通過してしばらくすると、ようやく桐乃の姿が見えた。
短距離と長距離じゃ勝手が違うだろうに、やはりそこは頑張り屋の桐乃だ。
第二集団に必死に喰らいついていた。

「がんばれ! 桐乃!」

思わず俺は我を忘れて叫んだ。俺の妹が必死で走ってるんだ。
出来ることなら駆け寄って応援したいくらいさ。

桐乃が折り返し点のカラーコーンを通過したそのとき、俺は信じられない光景を目の当たりにした。
大きなカラーコーンがゆっくりと傾き、そして地面にバタリと大きな音を立てて倒れた。
走っている選手はもちろん、沿道から声援を送る観衆もレースに夢中でまったく気付かない。

「あ、あやせ……? なんて所から出て来るんだおまえは!」

俺は桐乃に水を渡しながら、あやせも取り敢えず参加していると告げるのが精一杯だった。
桐乃から少し遅れてあやせが給水所へ到着する。

「あやせ! おまえは何をやってるんだ! 何であんなとこに隠れてたんだよ!」

「お、お兄さん……と、取り敢えずお水をください。……の、喉がカラカラなんです」

「ほら、水だ。ゆっくり飲めよ。……おまえヘロヘロじゃねえか」

「あの中、思ったよりも暑いんです。それに息苦しくて……」

とてもこの状態で走れるわけがない。俺はあやせが嫌がるのも構わず、負ぶって救護所へ連れて行った。
救護所で待機していた医師の診断によると、危うく熱中症になるところだったという。

「何でそうまでしてマラソン大会になんか出たんだよ」

「桐乃と……桐乃と走りたかったんです。出来れば一緒にゴールしたかったんです……」

いつだったか、桐乃があやせのことを一番の親友だと言ったことがある。
泣いているあやせの頭に手を載せながら、俺はそんな桐乃の言葉を思い出していた。


おしまい(80行の制約の中ではこれが限界。ネタがあればどんとこい)
503 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 07:20:37.19 ID:2JMy/gGX0
>>502
乙乙!
>>501だけどこんな風に料理して貰えるとは思わなかったよ
504 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 10:28:55.24 ID:YCRIF9G60


微妙にエロいかもしれないので苦手な人注意してください


 ―― 1レス劇場 ――(今までの人とは別人です)


「ルリ姉〜、お腹痛い」

「昨日用意した薬は効かなかったかしら?」

「そうっぽい」

「不可解ね、同じものを食べている珠希は特に問題も見受けられないし…。どういう痛み方なのかしら?」

「なんかこう、キリキリ痛むってかんじかな」

「そう、なら…」

「なら?」

「生理、かもしれないわね」

「うぇ、う、嘘でしょ!?」

「あなたはもう11歳なのだから、始まっても特に不自然ではないわ」

「そ、そっか…。うぅ、恥ずかしい」

「あなたが人間ならばそれは運命(さだめ)よ。恥ずかしがることはないわ」

「それはそうかもしれないけど…」

「フフフ、それにしても人の体とは面倒なものね。闇の眷属である私には…」

「いや、そういうのいいから。そういえばさ、生理ってことは、胸も大きくなるかな?」

「一般的にはそう言われているわね」

「ならあたしの胸のサイズがルリ姉をこえる日も…」

「今日の夕飯は、ピーマンとニンジンをメインにしようかしら」

「うぎゃあぁぁぁぁぁ!!それだけは勘弁して!」


おしまい  駄文ですみませんでした

追記
俺これから面接なんだ…。(就活とか重要な面接ではないけど)
もし面接成功したら、今まで書いてきた真面目なやつあげるんだ…
505 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 11:23:59.49 ID:2JMy/gGX0
>>504

俺たちの楽しみのためにもおまいの健闘を祈る
506 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 11:49:41.11 ID:1XhrZdhdo
急募)>>504のフラグをへし折り、続きを書かせる方法
507 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/18(月) 21:36:24.10 ID:YCRIF9G60
>>506
どうやら手遅れだったようです
今まで書いていたやつのデータがオワタ\(^0^)/
CUI慣れしようとした結果がこれだよ!
まさか自分でフラグ回収するとは思わなかった

>>505
ありがとうございます
ほぼ出来レースなんでおそらく結果は大丈夫

お騒がせしてすみませんでした
508 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 20:27:11.84 ID:/xLhOOdDO
祝日だし、何か落ちて来るかと期待してたけど
静かに明日が来るんだろうな
509 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 20:42:41.45 ID:5CUFX2lDO
>>508
そしてまた、平穏だが退屈な日々が続くわけだ。
510 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/20(水) 23:13:16.56 ID:OJBiB59W0
電撃文庫の来月の新刊紹介に俺妹12巻の紹介がまだないんだが大丈夫か?
511 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 00:04:40.13 ID:6d7bLRy2o
次かその次あたりで最終巻だからアニメ2期放送終了に合わせるんじゃないか?
アニメ2期放送前に最終巻とか普通はしないだろ
512 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/21(木) 01:12:57.51 ID:hc6r7gkAO
9月か10月かと真しやかに言われてるな…
513 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/24(日) 19:31:51.60 ID:HmSKBZqjo

各地で桜が満開になった春休み真っ只中、俺の携帯にあやせから着信があった。
一瞬嫌な予感が頭をよぎったが、無視するわけにもいかない。

「はい……」

『ワレ ワレ ハ ウチュウジン デス』

「われわれって、おまえの他にも誰かいるのかよ」

『ワタシ ト オニイサン ガ ウチュウジン デス』

「そうか、俺が宇宙人だったなんて知らなかったよ。教えてくれてありがとうな」

いくら春休みで暇だからって、こんな馬鹿に付き合ってなんかいられねえ。
世間じゃ桜が満開だが、あやせの頭の中にも花が咲いているらしい。
一体何の花が咲いてるのかは判らんが……。

『サクラ ガ マンカイ ニ ナリマシタ』

「おう、朝のテレビでもやってたよ」

『サクラ ガ マンカイ ニ ナリマシタ』

「だから俺もテレビで見たって」

『サクラ ガ ……』

あんまり意地悪するのも悪いよな。

「俺さ、暇なんだよ……。もしよかったら、一緒に桜でも見に行かねえか?」

『はい! 喜んで〜!』

おまえは、居酒屋の店員かっての。


おしまい
514 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/25(月) 18:52:00.68 ID:urUHWVGH0
>>513
乙!
賛否両論あるけど1レスでサクッと読める小ネタもいいなぁ

こうして場を暖めておけばそのうち長編も投下されるさ
515 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/27(水) 22:05:10.00 ID:8gxBlmS40
>>513
乙!!
一連の1レスシリーズで一番好きだわww
あやせたんマジでエンジェル(*´Д`)ハァハァ
516 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:01:32.62 ID:yZY5RDem0
久しぶりに投下。
517 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:02:25.04 ID:yZY5RDem0

『中心にいつも居るのは……。』







桐乃side


そろそろ、兄貴の授業が終わる時間。
あたしは開いてるパソコンに集中できなくなってくる。そわそわ、そわそわと時計を気にしてしまう。

なんでかなんて知らない、知りたいとも思わない。

そわそわ、そわそわ。きっと今のあたしは他人が見たら病院を薦めてくるぐらいおかしい。

とうとう、我慢できなくなる。
あたしは服を着替えて外に飛び出した。
読モや部活でいつもは行けないけれど、たまにこうして我慢しきれずに兄貴を迎えに行く。

ちょっと小走りをしながら考えるのは、やっぱり兄貴のことで、自然と顔が赤くなった。
もうそろそろ校門かな? でも兄貴トロいから、もしかしたらまだ靴箱かも。ならもうちょっと長く兄貴と居られるな。

なんて考えているのは、きっと兄妹の範疇をもう超えているのだろうけど、でも止まらない。気持ちも体も、頭の命令なんて完璧無視だ。

もしかしたら、まだ靴箱にも行っていないかもしれない。
流石に教室まで迎えに行くのは恥ずかしいけれど、でも、行ってあげても良い…かも。
でもそんな事すると兄貴が恥ずかしがるかな? でも良いや、兄貴の赤い顔を見るためならちょっとぐらい恥ずかしくても行ってやる。

ふふふ、と漏れる自分の笑い声を、気のせいだと自分で自分を誤魔化した。

あぁ、早く会いたいな。




518 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:02:54.60 ID:yZY5RDem0





麻奈実side


私は今日も、きょうちゃんを誘う。何時も通り、今日も、きっと明日も。
HRが終わり私はきょうちゃんの方に向かう。

でも、そこには私の想像していた光景は無く、もぬけの殻になっているきょうちゃんの机だけがあった。
いつもなら私が行く頃はまだ用意しているのに、なんで今日はこんなに早いのだろう?

ぷくっ、と頬を膨らませると、私は話しかけてきた赤城君を無視して緩慢な足取りで教室を出た。
こうなったらきょうちゃんに一言いってあげないといけないね!

私は肩を怒らせながら、ふんふんと鼻息荒く歩いていく。

きょうちゃんはいつも私のことを年寄りくさいとバカにしてくるけれど、それはきっときょうちゃんも一緒だろう。あんなに傍にいて安心できるのは、きょうちゃん以外に私は知らない。
どこまでも、どこまでも受け入れてくれて、けど甘すぎず、時にきつく。そんなきょうちゃんにしかない雰囲気がきょうちゃんにはある。
一度それを味わうと、きっともう駄目なんだ。

罪なほど、深い深い優しさ。それがきょうちゃん。

とくんとくんと揺れる心臓の上に手を置いて、ふぅ、と一息ついて前を向く。

すると、どうしたのだろう、きょうちゃんの妹の桐乃ちゃんが校門に居た。
きょうちゃんを迎えにきたのかな? なんて思って、声をかけようとすると、桐乃ちゃんもこちらに気付いたのだろう。
一瞬でムスッとした顔になると桐乃ちゃんは踵を返して帰ろうとする。

きっと私を見て桐乃ちゃんはきょうちゃんが先に帰ってしまったって分かったんだ。
私は桐乃ちゃんに声をかけて後についていく。

無視されちゃったけど、まぁ良いや。桐乃ちゃんの家はきょうちゃんの家なんだし、きょうちゃんに会えれば、それで良いや。

あぁ、はやくきょうちゃんに会いたいな。


519 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:03:23.49 ID:yZY5RDem0



黒猫side


駅を降りる。ここはあの小生意気なスイーツが住んでる街。そして、お兄さんが住んでいる街。

兄さん? 貴方は今、どこでなにをしているのかしら。迷子の親探し? それとも家出少女の面倒を見てるの? それとも、お婆さんの荷物でも持ってあげてるのかしら。
兄さんはどうしてそんなに面倒事に巻き込まれるの? と質問したくなるほど、いつも誰かの面倒を見ている。

それは言うなれば、どこかの幻想を[ピーーー]右腕を持っている人のごとく、言うなれば超人的な幼なじみを持つめだかなボックスの主人公のごとく。
そろそろ、兄さんも何かの能力に目覚めるかもしれないわね。

なんて、冗談めかして自分で笑う。ふふっ、と漏れる笑い声と共に私は兄さんの家に向かって歩みを進めた。

私も、面倒を見てもらった立場でなんだけど、もうちょっと兄さんは自重したほうが良いわね。これ以上ライバルを増やされるのは困るわ。
兄さんは自分で自分をモテてないと思っているみたいだけど、実際は違う。
きっと学校だけで数えても、かなりの人数に惚れられているだろう。自覚してくれないかしら、と思うけれど、きっとそれは無理だろう。どんなに過激なアプローチをされても兄さんは振り向かなかった。
いや、気付いてすらいなかった。

その過激なアプローチ(頬にキス)をしたコンビニの店員である女の人は頬を引くつかせていたものである。
最後に「サービスよ」と言ったのが間違いだったようだ。兄さんはその言葉を普通に信じて、店員さんに向けてこう言ったのだ「そんなサービスはやめたほうがいいですよ、店長に怒られるし勘違いされます」と。

鈍感ここに極まるって感じね。

そんなに鈍感なら、優しさを振りまかないでちょうだい。そんな笑みを女に向けないでちょうだい。女に向かって可愛いなんて言わないでちょうだい。お節介をやかないでちょうだい。

なんて、思う今日この頃。
でも、私にだけはその全てを向けてほしい、なんて考えているのだから私も重症ね。

まぁ、なにはともあれ、まずはあの鈍感大魔王を探しましょうか。
私は目の前にいるスイーツとベルフェゴールを見て、ふぅ、と溜息をついた。


520 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:04:00.61 ID:yZY5RDem0




沙織side


つきましたね。
電車を降りて、あの人の居る街の空気を吸い込む。

さて、今日はなにをしましょう? 皆さんは、なにをしたら喜んでくださるでしょうか?
また一緒に秋葉原に行くのもいいですね、京介さんの家に遊びに行くのも良いですし。

ふふっ

本当、最近は凄く楽しい。
京介さんは私によく「いつも悪いな」と仰いますけど、それはきっと私が言うべき言葉ですわね。
桐乃さんと黒猫さんの間を取り持つのも、私はとっても好きです。

けど、なによりもきっと好きなのは、桐乃さんと黒猫さんを見ている京介さんの顔でしょうね。
瞳は優しさで溢れ、細める。口元も笑みを浮かべ、くすりと漏れる笑い声。そんな、優しさが溢れたあの顔が私はとってもとっても大好き。
そのお顔を見つめるのは、私だけの特権です。

京介さんはきっと、私が見つめていることにすら気付いてないでしょうけど。

でも、良いんです。この関係を崩したくないですし、それにきっと貴方は、気付いたら苦しむから。とても苦しむから。
私を選ばないと、私が悲しむ。だけど、私を選んだら桐乃さん達が悲しむ。
好意には気付いていないでしょうけど、きっと私達が悲しむ事を本能で理解しているのでしょうね。

私達が悲しむのを、自分の事以上に悲しむ貴方だから。

だから私は貴方に言いませんよ? この胸に秘めている感情は。
きっと貴方は苦しんで最後には選ぶのでしょう。たった一人を。私は待ちます、貴方が選んでくれることを願いながら。

私は桐乃さんと、黒猫さんと、麻奈実さんの後姿を見て、ぐるぐる眼鏡をかける。これで準備おkでござる!
きっと楽しくなるであろう今日を思って笑った。




521 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:04:36.14 ID:yZY5RDem0





あやせside


いつもの公園に向かう道を、私は気まぐれで歩く。
お兄さんに色々な相談をしたあの公園。

お兄さんは、一体どのように思ってこの場所まで来てくれるのでしょうか? また呼び出されたと落胆して? それとの私と会えると喜んでくれているのでしょうか?
きっと後者でしょうね。いや、正直に言うとこれは私の願望です。
お兄さんが私と会うのを楽しみにしてくれていると良いな、なんて思っている私の願望です。

だって私は、とっくに気付いているのですから。お兄さんが最初に会ったとおりの、優しいお兄さんだって。

妹のために必死になって走り回る、最初に出会った優しいお兄さん。
私と桐乃の仲を取り持つために自分を偽るお兄さん。嫌そうな顔をしながらも、毎回相談にのってくれるお兄さん。お風呂のときは体から洗うお兄さん。小六までお漏らしをしていたお兄さん。自分は普通だと言いながらも、桐乃や黒猫さんや沙織さんと離す話題の為に自発的にアニメを見ているお兄さん。最近の自慰行為は三日前のお兄さん。

色々な、私の優しいお兄さん。

けれど、桐乃はともかく最近お兄さんの周りの女性が多いですね。
お兄さんの女たらしにも困ったものです。今度ちょっとお仕置きしなきゃですね。

私はふぅ、と溜息をつくと目の前を歩く桐乃達に合流しようと、歩調を速めたのだった。


522 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:05:18.63 ID:yZY5RDem0




加奈子side


よーっし! 今日もクソマネんとこ遊びに行くぞブリジットォォ!!
加奈子はブリジットの手をとって走り出す。クソマネ、クソマネ、クソマネ、クソマネ。

今日はなにすっかなぁ。クソマネにお姫様抱っこさせてそこらへん歩き回るのも良いなぁ。ニシシ、ここらへんの女にこいつは加奈子のだかんな、って見せ付けるんだ。

ん? なに? ブリジットにもわけてほしい? 駄目駄目。あいつはつま先から頭の髪の毛一本一本までぜんぶぜ〜んぶ加奈子のなの!
まぁお前は加奈子の妹分だからな、たまにおんぶされるまでなら許してやる。お姫様抱っこは駄目だぞ?

それは加奈子の特権だからな!
ずるいったって知らないね! クソマネの全ては加奈子の物なんだから!

あのふわふわそうな髪の毛も、意外と筋肉質な体も、あの優しい声音も、あの優しい輝きを灯す瞳も、ぜんぶったら全部加奈子のもんだ!
桐乃の奴が妹のくせにクソマネを好きなのも気付いているし、あやせがいつもクソマネを見てるのも知ってる。桐乃のオタク友達の黒いのがいつもクソマネに構ってもらってるのも知ってるし、グルグル眼鏡ののっぽな奴が兄貴を見つめているのも知ってる! 

だけど加奈子は絶対、ぜったぁぁいに負けないもんね! 何度でも言ってやる、クソマネは加奈子のもんだぁぁぁ!

ふっふぅ、よし、気合はいった。ブリジット、行くぞ!

ブリジットの手を取りながら、加奈子は進む。あやせや桐乃や桐乃のオタク友達に向かって。


523 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:05:49.55 ID:yZY5RDem0




ブリジットside


今日も、かなかなちゃんはマネージャーさんの所に行く、と言って私の手を引いていく。
内心でやったぁ、今日もマネージャーさんに会えるんだ。と喜びながらかなかなちゃんについていく。

前でかなかなちゃんが、「よっしゃ、今日はクソマネにお姫様抱っこさせるか!」なんて言いだした。

ずるい、私だってマネージャーさんにお姫様抱っこしてもらいたい!
そうかなかなちゃんに伝えるも、返ってきたのは期待はずれな言葉だった。

いいもん、かなかなちゃんが許してくれなくったってマネージャーさんに頼んだらきっとしてくれるもん。

いくらかなかなちゃんでもマネージャーさんは絶対に渡さないからね!

気弱な私をいつも引っ張ってくれるかなかなちゃんだけど、これだけは譲れない。
私はマネージャーさんと結婚して、庭付きの一軒家を建てて、庭にお犬を飼って、揺れるお椅子を置いて、そこに座りながら子供を膝に座らせて絵本を読んであげるんだから。
そして優しい声音でマネージャーさんは言うの、「こらこら、そんなところでご本を読んでもらって、眠たくなっても知らないよ?」そして皆で笑うんだ。心地良い日なたで三人の笑い声が重なるんだ。

私はそこまで想像して笑う。ふふっ、楽しみだな。
そんな事を考えていると、かなかなちゃんが皆を見つけたようだ、騒がしい音が近づいてきた。


わぁ、皆大集合だね!


524 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:06:33.40 ID:yZY5RDem0







      ・・・・








ALL side






そこは、とある公園、どうしてこんなところに居るの? と疑問に思うけど。仕方無いかな。
だってあの人なんだもん。

どんな事を思ってこんなところに来たのか、どんな経路をたどってこんなところに来たのか。

分からないけど、そこにいた。
優しい木漏れ日の中、小さなベンチに腰掛けて、貴方はすやすやと眠っていた。





近づいて、寝顔を皆で覗き込む。

ふふっ、可愛い。

皆して笑いあう。まだ時間はあるから、皆で抱きついた。
思い思いの形で貴方に寄り添う。

一人、また一人と寝息をたてはじめる。
おきたらきっと貴方は驚くんだろうな、自分がなにかやったのか、って思うんだろうな。

違うのに。そんな理由じゃないのに。

そんな理由じゃ、決してないのに。




皆様々な事を思って、様々な行動をして、ここにいる。
だけどやっぱり中心に居るのは貴方。

貴方を中心に集まって、貴方を選んでここに来て。

貴方が好きでここに居る。






私達の中心は、いつも貴方。好きで、好きで、大好きな貴方。















fin
525 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/28(木) 22:08:42.94 ID:yZY5RDem0
中々ネタが思いつかない。
音楽でネタとか考えるタイプなんだけど、最近はなんか駄目だな。

けどなんとか一作品作ってみたので久しぶりに投下してみた。
526 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/28(木) 23:36:11.31 ID:J0iWV6q8o
おつ


もっと投下しても良いんですぜ?
527 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/29(金) 07:08:46.22 ID:lCOUNOtp0
>>525
激乙!
燃料が供給されないこの時期に投下できるなんておまいさんスゲーよ
528 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/30(土) 09:17:52.63 ID:NVUoNFMc0
すげぇ、そろそろレスしてくれたかな、なんて思って見てみたらほとんど丸一日放置とか鬼畜過ぎだろjk
こりゃ書き手も減るわけだww 全盛期が懐かしいですorz
529 : ◆odaAq0EgoE [sage]:2013/03/30(土) 09:54:24.45 ID:Wq7dMDuDO
>>528
だろ?やる気なくすよな。
今投下するなら桐乃キャラスレかな?
あそこは今一番盛り上がってる。
けど、桐京以外書けないから意外に縛りが厳しいww
530 : ◆k4qYXRI5uY :2013/03/30(土) 11:20:54.20 ID:NVUoNFMc0
>>529
桐乃×京介も好物だけど、基本ハーレム好きの自分にはちと厳しいなwwww
でも桐京を書いたらそっちに投下する事にする。情報サンクス。
はぁ、感想が2レスって……。ちと辛すぎだろ。
orz
orz
531 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/31(日) 10:06:21.97 ID:E6IWBl7ko
>>529-530
長いこと桐乃スレの住人だけど、他のカプリングでさえなければ色んなキャラを出す分には歓迎される印象だよ。
ハーレムは厳しいだろうけどドタバタコメディなら行ける気がするww
桐乃と表組の絡みも好まれてるしね。

てか感想できなくてすまない(´・ω・`)
仕事で疲れ果ててスマホを開くのが精一杯orz
2期開始で人戻ってこないかなあ…
532 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/31(日) 22:01:06.80 ID:wq6fW1/60
>>◆k4qYXRI5uY
>>◆odaAq0EgoE

愚痴なら他所でやれよ
人数は少ないけどお前達の事評価している人達に失礼だとは思わないか?
533 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/01(月) 00:44:17.44 ID:J7w4r2TDO
>>532
失礼だとは思わないか?←お前が何を言ってるのかわからない。
534 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/01(月) 01:36:28.89 ID:IvsOgjf6o

『お兄さん、あやせです。あの、どうしてもお聞きしたいことがあるんですが……』

「おう、俺に聞きたいことってどんなことだ?」

『あの……電話ではちょっと……。もしよかったら、いつもの児童公園まで来ていただけますか?』

もちろん俺は二つ返事でOKした。電話では聞けないようなこと……か。

あやせが俺との待ち合わせ場所に指定したのは、児童公園の奥にある桜の木の下だった。
今年の桜は例年よりも開花が早く、この公園の桜もすでに満開を過ぎていた。

「あやせはまだ来てねえか……」

桜の木に向かって歩きながら辺りを見回したが、あやせの姿はまだ見えなかった。
こんな所に呼び出してまで、あやせが俺に聞きたいこととは一体なんだろうか。

溢れるような妄想と格闘しながら桜の木に近づくと、木の根元に一通の手紙が落ちていた。
俺がそれを拾おうと一歩足を踏み出した瞬間、俺の片足が地面に吸い込まれた。
落とし穴だった。

「くそ! 誰だこんな所に穴なんか掘ったヤツは!」

片足を落とし穴に突っ込みながらも俺は手紙を手に取り、それを開封してみた。
几帳面な性格がよく現れたあやせの文字だった。

『お兄さんへ 今日は何月何日でしょうか?』


おしまい


P.S. 部屋を暖めておけば、いつか人も戻ってくるんじゃないのかね
535 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 03:31:13.35 ID:qQo+Lza2o
>>534
あなたの短SS好きよ
536 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 06:56:58.89 ID:8yjNDsW00
>>534
同意
俺文才が無いから役に立たないけど宜しく頼む
537 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 12:11:08.34 ID:/G4ggfMU0
>>534
どSwwwwww
538 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 13:53:30.03 ID:/G4ggfMU0

「はぁ!?『妹婚(シスコン)』の続編発売延期ってどういうこと!?」

春休みのある日、リビングでのんびり麦茶を飲んでいると桐乃が突然そう叫び始めた。
どうやらケータイでエロゲ関係のサイトを見ていたらしい。別に叫ぶほどのことじゃねぇだろうに。

「中止じゃねぇならいいじゃねえか」

ガッ!
……ってぇ!
こいつ、実の兄に向ってリモコンなんぞ投げやがって…

「あんた、あの神ゲーをいち早くやりたいって気持ちがないの!?」

あるわけねぇだろ、と言ったら今度はコップが飛んでくるんだろうな。おっかない妹様だ。

「い、いえ、あります。今すぐにでもやりたいです」

自分でもわかるぐらい棒読みだった。顔も引きつってる気がする。けど本当にどうでもいいとしか思えねぇんだよなぁ。
幸い桐乃は俺が棒読みだったことを気にしていないらしい。

「いい、今度はシスコンエロゲーマーとして正しい反応すんのよ」
「お、おう」

誰がシスコンエロゲーマーだ、誰が。と内心言い返したくなる。だがここで我慢するのが年上の反応ってもんだ。
そんな俺の様子を気にかけることもなく桐乃はまたケータイをいじり始める。
数秒の間をおいて初めと同じ台詞を叫んだ。

「はぁ!?『妹婚(シスコン)』の続編発売延期ってどういうこと!?」
「え、ウソ!?マジで!?」

茶番って言うのは多分こういうのを言うんだろうな。
しかしまあ、これならちゃんとご希望通りのリアクションをとったんじゃないだろうか。

「……」
「…桐乃?」

桐乃は急に黙り込んだ。コップが飛んでくるのを警戒してガード体勢をとりつつ様子を伺う。

「くっ…、んふ、ふははっ…。だ、騙されてやんの。ばっかみたい」
「はぁ?」

こいつエロゲのやりすぎで頭おかしくなったんじゃないのか?という俺の心配をよそに桐乃は腹を抱えて笑っている。

「今日はエイプリルフールだっての。ふはは、『え、ウソ!?マジで!?』だって〜。さっすがエロゲーマーの鑑。マジキモいんですけど〜」

桐乃はひたすら俺のことを笑い続ける。
しかし怒りは湧いてこない。呆れ過ぎたせいか、なんかもう、ため息しか出なかった。

おしまい



PS   やはり桐乃はうまく書けない。 orz
     キャラ愛が足りてないんだろうか。
     少しでも燃料になってることを祈る。
539 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/01(月) 16:32:53.61 ID:j3KQFFad0
>>538
乙乙!
いい感じに暖めてくれてありがとう

ガルパンに触発されたのか千葉モノレールも本気になって来たね
http://otanew.jp/archives/7015253.html
540 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 00:53:00.81 ID:Isj2m+oJo
いいぞいいぞ
541 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 16:57:01.63 ID:JkbZSXu30
原作12巻の発売はやっぱり2期終了後の7月かな?
542 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 18:40:47.60 ID:jfqObgGDO
>>541
6月って発表されたってよ。
543 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 20:21:25.24 ID:TTiJZIN20
桐乃「黒猫ルート?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364818738/

久々に新スレ見かけたので
レズ物っぽいから注意して見てね
544 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/02(火) 21:08:48.45 ID:QDaIKDXo0
>>542
サンクス
待ち遠しいね
545 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 15:29:31.26 ID:rBRpgBMy0
>>504です
面接受かりました
皆さんありがとうございました

誤って消したSS復活させました(と言っても>>504を真面目にしただけ)
微エロ、微グロ注意です
このレス含め4レス予定です


             ○                  ○                  ○


「「「いただきます」」」

見慣れたちゃぶ台の上には美味しそうな香りを漂わせて存在を主張する炊き込みご飯ある。
その横にはあさりのお味噌汁、そして主菜の揚げだし豆腐が並んでいた。
ルリ姉が作った晩ご飯はどれもきっと美味しいし、間違いなくいつもなら三回はおかわりしていたと思う。
しかし今日のあたしはそうしなかった。できなかったという方が正しいけど。

「どうかしたのかしら?」
「なんかちょっとおなか痛くて」

そう、めったに風邪もひかないあたしなのだが、今日は珍しく体調が悪い。
食欲が無いというわけじゃないんだけど、おなかがキリキリ痛くて食事を楽しむどころじゃなかった。

「風邪かしら。人の体とは不便なものね。夕飯は無理して食べなくて構わないから、薬を飲んでおきなさい」
「ありがと、ルリ姉」

あたしたちを気遣ってくれている姉の言葉はいつもと同じく温かく、本当にいくら感謝してもしきれない。電波入ってるのが残念だけど。

そして事件は夕食後、あたしとたまちゃんが早めのお風呂に入ろうとしたときに起こった。

「日向、体調が悪いなら珠希とお風呂に入って早めに寝なさい」
「うん、わかった。たまちゃん、お姉ちゃんとお風呂入ろうね」
「はい」

ルリ姉にそう言われ、他に何かする気にもなれなかったので素直に従うことにした。箪笥からパジャマとバスタオルを取り出してお風呂場に向う。

「日向、ついでに洗濯機に洗剤を入れてスイッチを押しておいて頂戴」
「はいはい。たまちゃん、先入っててね」

茶の間から聞こえてきた声に返事をしながら棚から洗剤が入った箱を取り出す。箱を手に取ったときの感触がものすごく軽かった。
蓋を開けてみると案の定洗剤はほとんど残っておらず、正確な分量を取るのに悪戦苦闘すること1分。
あたしもやっとお風呂に入れると思いながら髪留めをはずし始めた。
今思えばこの間にたまちゃんが先にお風呂に入っていてくれてよかったと思う。

「ん?」

下着を脱ぎ終えたときのことだった。とっさに感じた違和感から洗濯機に脱いだものを入れようとしていた手を止める。

「……へ?」

自分でも素っ頓狂な声だったと思うけど許して欲しい。むしろびっくりして失神しなかったのを褒めてもらいたい。
あたしがそのとき目にしたのは、絵の具の赤と茶色と黒を水で薄めずに混ぜて乾かしたようなものが付いた自分の下着だった。

「こ、これは……」

少し色が変な気がするが多分間違いない。この下着に付いているものは自分の血だ。ということはつまり……

「生理……だよね?」
546 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 15:30:35.47 ID:rBRpgBMy0
生理。正式には月経。また初めての場合は初潮、初経という。古くなった子宮内膜が剥がれ落ちる現象。
一般的に約28日の周期で起こり、3〜7日続く。個人差があるが、10〜15歳のときに始まることが多い。
生理前は腹痛・頭痛・不安感・イライラするなどの状態をひき起こす。

………………
…………
……

「いや、だから?」

学校の授業はもう少し役に立つことを教えるべきだと思う。
初めて自分の知識が足りないことを心の底から後悔した。

「…………」

どうしようどうしようどうしようどうしよう……
うん、このときのテンパリ具合はあたしの11年の人生でベスト3に入る勢いだったね。
心の中で何度も「落ち着けあたし」と言い聞かせ少しでも冷静さを取り戻そうとする。
とりあえずこの下着は水で軽く洗ってから洗濯機に入れよう。そうそう、落ち着けばやることなんてわかるって。
んで、そのあとはそう、ナプキンを用意……

「だからそんなもんあるわけないじゃん!」

落ち着いてなかった。わかってたけど。
今回初めて生理を経験するあたしがそんなものを都合よく持っているわけがない。
というか持っていたとしても、服を脱いでしまったので脱衣室から出られない。
あと、お風呂ってどうするの?このままだと汚れちゃうんじゃない?
疑問は次から次へと湧いてくるがそれに対する答えは一切見つからない。
友達でも始まったという話は聞いた事がないので、役に立ちそうな記憶はいくら掘り起こしても見つかりそうになかった。

「日向、なにかあったのかしら?」
「うっ!?あ、ル、ルリ姉、あの、その……な、何でもないよ」

間の悪いことにルリ姉が近くにいたらしい。扉越しに話しかけられる。別に隠す必要とかないんだけど、本能が先に誤魔化すことを選んだ。

「……その言葉を誰が信じるというのかしら」

誤魔化せなかった。所詮あたしもルリ姉の妹ってことだろうか。

「こ、高坂くんとか?」

苦し紛れに切り返す。なんというか、信じてくれなくてもわざと騙されてくれそうだよね、あの人。

「…………」

あ、黙った。やっぱルリ姉もそう思うんだ。
けれどこれだけでスルーしてくれる姉でもない。

「それはいいとして、どうしたのかしら?正直に話せば闇の眷属の力を無闇に使うこともないのだけれど」
「えっと、その……」

よくよく考えて見ればチャンスなんじゃないのか。いくらなんでもルリ姉は始まっているだろうし、ナプキンも持っているだろう。
この状況における的確なアドバイスがもらえるはずだ。
……うん。まあ確かにそうなんだけどさ。でもね、みんなわかってくれるよね。これ、想像以上にハズい。

「ルリ姉、その……」
「なにかしら?」
「わ、笑わないでね」
「……? ええ、わかったわ」

もうごまかせないのだし、助けてもらえるのだから正直に話すに越したことはない。
それでも切り出すのにかなりの勇気が必要だった。もしかしたら声が裏返っていたかもしれない。

「せ、生理用の、ナプキン…あったら貸してくれないかな?」
「…………」

返事はすぐには返ってこなかった。気まずいからなんか言って欲しいんだけど。

「ル、ルリ姉?」
「……くすっ」
「わ、笑わないでって言ったじゃん!」
「ふふっ。ええ、そうだったわね。待ってなさい。今取ってくるわ」

そう言ってルリ姉はすぐさまナプキンを取ってきてくれた。扉をほんの少し開けてそれを受け取る。
隙間越しに見たルリ姉の表情はもう笑っていなかった。
547 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 15:34:18.46 ID:rBRpgBMy0
「使い方は分かるかしら?」
「うん、多分……」
「なら問題ないわね。嫌かもしれないけど今日はシャワーだけにしときなさい。あと、珠希のこともよろしく頼むわ」
「わ、わかった」

顔から火が出るほど恥ずかしくて、つい早口になってしまった。
そのままそそくさとお風呂に入ると、たまちゃんが頭に疑問符を浮かべて表情でこちらを見ていた。

「お姉ちゃん、何かあったのですか?」

そう尋ねてくる妹に私はただ慌てて「なんでもないよ」と繰り返し言うことしか出来なかった。

結局よく体を洗ってすぐにお風呂を出た。不思議がるたまちゃんをひたすらごまかし続けるのは精神的にきつかった。

「うぅ、歩きづらい」

ルリ姉に渡された例のブツを装着してからパジャマを着ると、歩くたびものすごい違和感が襲ってくる。
これからこんなことを毎月しなきゃいかんのか。

「ああ日向、ちょうどいいわ。これをあなたに授けましょう」
「なにこれ?」
「痛み止めよ。人の体では耐え難い苦痛でしょう」

ああなるほど、いままでのおなかの痛みはいわゆる生理痛か。慌てててそんなこともわからなかったとは。

「もう二、三日はナプキンを着けときなさい。こまめに取り替えるのよ。あと、辛かったら薬を飲みなさい。
少し運動したほうが痛みは和らぐから、体育はなるべく見学しないほうが好ましいわね」

もう何度も同じ経験をしてきたのだろう。ルリ姉は当然のことのようにそう言った。

「ルリ姉は、いつ始まったの?」
「私も早かったわ。あなたほどではないけど。最初から重かったのもあなたとそっくりね。血には抗えないということかしら」

恥ずかしがることもない堂々とした言葉。今のあたしとは大違いだ。もちろんルリ姉の年なら当然のことなんだろう。
それでも彼氏の話をして顔を赤らめ恥らう女の子とは違う、いつもあたしたちを見守っていてくれる姉としてのルリ姉は、やっぱり頼もしいと思う。

「今度手帳を買ってあげるから、いつ来たのかを書き記すといいわ。安定するまでは体温も記録しておきなさい」
「そこまでしてくれなくてもいいよ。手帳はお小遣いで買うから」
「フフッ、構わないのよ。あなたの成長を祝うためのものなのだから。それに、赤飯を炊かれるよりはマシでしょう?」
「うゎ、お赤飯はちょっと……」

なんかいかにもって感じがして想像しただけでも耐えられそうにない。あたしの顔はもう真っ赤だろう。
ルリ姉は何かを懐かしむような表情をしながら、こっちを見て小さく笑う。

「私も初めは恥ずかしかったし、お赤飯を炊こうとする母が疎ましかったわ。でも、不思議なものね。今ならその気持ちも理解できる気がするわ」
「ルリ姉……」
「成長すれば誰だって経験することよ。なにを恥じる必要があるというのかしら」
「そ、それはそうかもしれないけど……」

なんと言われようとやはり恥ずかしいものは恥ずかしい。そんなあたしを見ながらルリ姉がそっと口を開く。

「それに……」
「……?」
「少なくとも私は、あなたの成長が見られてうれしいわ」

そう言いながらルリ姉は微笑む。その笑みはいつもとなんら変わりない。
でも、その笑みの温かさをあたしは一生忘れない。恥ずかしさは、確かにある。けれど、姉がいてよかったって、心から思った。


  終わり


p.s.
イチャイチャ抜きで姉としての黒猫が書きたくて書きましたが、出来たのは駄文でした orz
いろいろ勝手に騒いでおいてこんな結果になってしまい申し訳ございませんでした
548 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 15:50:19.97 ID:qQKjkKOG0
いいね!
549 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/03(水) 21:51:44.91 ID:TFusAfq7o
いやいや、ほっこりしたよ。おつおつ。
550 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/04(木) 07:03:44.38 ID:KUN67Txh0
>>545
激乙!
そして面接突破おめでとう!
551 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/04(木) 22:45:03.60 ID:Cl8xCeTDO
桐乃キャラスレに書いたやつをこっちにも投下しよ。
やっつけで書いたから短いです。

タイトル『ぺたん娘と聞いて』
552 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/04(木) 22:49:01.29 ID:Cl8xCeTDO

「なあ桐乃」

ある日のリビング。
二階から降りてきた京介がいきなり話しかけてきた。

「・・・なに?」
「お前に言っておかなきゃならないことがあるんだ」

ちらりと目を向けると、いつになく真剣な顔であたしを見ている。
やめてよ照れるじゃん。

「どうせくだらないことでしょ?」
「結構衝撃的かもな」

真剣な顔のままそう切り返してくる京介。
なにその前振り?
真剣な顔して衝撃的な言葉なんて・・・え!?嘘!?ま、まさか!?

『ぺたん娘と聞いて』
553 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/04(木) 22:50:18.90 ID:Cl8xCeTDO

「ちょっ!ちょっとタンマ!!」
「なんだ?」
「あ、あんた・・・な、なに言うつもり?」
「あー・・・まあちょっとした告白かな」
「告白!!」

予想はしていたけど、まさかなって思っていただけに今のはキタ!
やばいやばいやばい。顔がすっごく熱くなってきた。

「こここここ告白って、あ、あたしに?」
「まあな」

キッター!!
なにこれなにこれ!?
ねえねえここエロゲ?あたしの持ってる妹ものエロゲ空間!?
いつから仮想空間は現実を脅かすようになったの!?
い、いや今はそんなことどーっでもいい!
京介の告白とやらを早く聞かなくっちゃ!

「ふ、ふーん。ま、まあどうせくだらないことなんだろうけど、ま、まあ聞いてあげるから言ってみ?」
「ああ、悪いな」

そんなことないです!!
あたしは居住まいを正しながら、ばっくんばっくん鳴っている心臓を落ち着けるように一回深呼吸した。
・・・よし、オーケー!

「さ、さあどうぞ!」
「ああ。実はな・・・俺、女なんだ」
「・・・・・・・・・・・・はい?」
「だからな?俺、男じゃなくて女なんだよ」
554 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/04(木) 22:51:42.80 ID:Cl8xCeTDO

えーと・・・なにこれ?
告白って聞いてめっちゃ焦って、その結果がこんな陳腐な冗談?
・・・もしかしてからかわれたのあたし?

「あんたここまでひっぱっといてそんな冗談・・・」
「いや、いたって真剣」

言いながら京介は困ったように眉を寄せた。
そこに嘘や冗談を言っているような影は微塵も見えない。
・・・え?ホントに?

「お、女?」
「ああ」
「だ、誰が?」
「だから俺が」
「あんたは男でしょ?」
「いや違うんだ」
「だってその格好・・・」
「親父の趣味だ」
「あ、あんた胸無いじゃん」
「言うなよ気にしてんだ」
「せ、背だって高いし・・・」
「沙織見といてなに言ってんだ」
「・・・ほんとに?」
「ほんとに」

頷く京介を見ながら、正直頭の中はグチャグチャだった。
なに?京介が女?兄貴じゃなく姉貴?お兄ちゃんじゃなくてお姉ちゃん?
なんの冗談だ?いや冗談じゃないって?なんなんだわけわかんな・・・。

「だからさ」
「え?」

混乱する頭を抱えつつ見上げた視線の先。
京介はそれはもう嬉しそうにニッコリと笑って言ってのけた。

「これからは、京子お姉ちゃんて呼んでくれよな」
「い・・・っ!」

555 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/04(木) 22:52:25.52 ID:Cl8xCeTDO

「いやーーーーーーーっ!!」
「うおびっくりした!!」

あたしは絶叫とともに、ハアハアと荒く息をつきながらリビングのソファから立ち上がった。
途端にクラリと眩暈がして、そのままソファに腰を下ろす。

「う・・・」
「お、おい・・・」
「あ、頭いた・・・」
「いきなり立ち上がるからだバカ」

かけられた声に視線を向ける。
見ると京介が心配そうな顔で覗き込んでいた。

「え?・・・あたし、今?」
「ソファで転寝してたんだよお前。そしたらいきなり悲鳴あげて起き上がったんだ」

言いながら京介は安心したように息を一つついた。
そっかあたし寝ちゃってたのか。
そんであんな・・・っ!!

「京介!!」
「おわあ!?」

あたしは起き上がるやいなや、覗き込んでいた京介の襟首をひっつかんで引き寄せた。

「ちょっ桐乃!?苦しい離せって!あと顔近い!!」
「うっさい!今からあたしの質問に正直に答えろ!」
「なんだよ質問て!?」

焦る京介を尻目に、あたしはすこし躊躇しながら質問を口にした。

「あんたは、お、男よね!?」
「・・・は?」
「お、女じゃないよね?あたしの・・・お姉ちゃんなんかじゃないよね!?」
「・・・一体どんな夢見たんだお前?」

呆れたような京介の顔を見て、あたしは体から力が抜けていくのを感じた。

556 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/04(木) 22:54:15.84 ID:Cl8xCeTDO


「なるほど、俺が女ね」

クックッと笑いを堪えてるのが丸わかりの京介の声音に、あたしはますます渋面を深くした。

「そんで確認してみたわけか」
「うっさい。寝起きで混乱してたんだからしょうがないでしょ」
「にしてもな」

そこで言葉を切ってプルプルと小刻みに震えている京介の脛に蹴りを入れてやる。
いい加減笑うのやめろ。

「てて。いやーそれは災難だったな」
「うっさい」
「安心したか?」
「うっさいっての」
「へいへい」

言いながら京介は立ち上がると、そのままリビングの出口へと足を向けた。

「ま、眠りが浅いと変な夢見るって言うからな。気をつけろ」
「大きなお世話」
「そりゃどうも」

いつものやり取りに少しだけ安心する。
はあ。今日ばっかりは京介に感謝ね。
絶対言ってやらないけど。

「まあ」
「ん?」
「お前の方が年上なんだから、しっかりしてくれよな姉貴」
「はいはい」

パタンと閉まるドアに向かいひらひらと手を振ると、あたしはンーッとひとつ大きく伸びをした。

「はあ・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」

END

キャラスレの>>964がぺたん娘(桐乃フィギュア)発言→電撃公式俺妹四コマ(3/27発売)の1本目のぺったんな男の娘→そこに出てきた京介男の娘Verと、流れるように想像して勢いで描いた。
後悔はしてないが反省はしている。
557 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 08:48:41.40 ID:+Zgeuwwa0
>>556
いいぞいいぞ!
558 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 17:31:01.13 ID:+Zgeuwwa0
SS職人も負けていられないぞ ↓

http://livedoor.4.blogimg.jp/himarin_net/imgs/7/d/7d06fa1c.jpg
559 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 19:50:50.10 ID:dOMDwdnro
うん、余裕で負けていられるわ・・・
560 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/05(金) 23:53:49.29 ID:q2eI2M+60
>>558
バカヤロウ
こんなん勝てるわけねぇだろ…
561 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/06(土) 02:20:35.90 ID:6UI8ZVNQo
別に勝ち負けじゃないだろ。
楽しめればそれでおkなんだから。
562 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/06(土) 17:56:31.50 ID:9rODNPT/0
いよいよ今晩2期開始だな

原作のエンドにリンクしているらしいからココのSSも捗るんじゃないか?
563 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/06(土) 22:07:02.56 ID:5ojfbj8bo
☆番組の途中ですがCMです☆

1レスネタに詰まったので、個別スレ立てちゃいました

あやせ「お兄さん、約束は守ってくださいね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365252791/

スレタイに難があるかも……
564 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/07(日) 00:35:12.43 ID:VQ6kMBqpo
面白かったぞ!
いまからテレ玉でも見るわ!
565 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/07(日) 00:36:33.84 ID:VQ6kMBqpo
つかCMで知ったけど次でラノベの方は最終巻なのか
566 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/07(日) 09:38:11.78 ID:++YrHFoDO
あやせ「わたしが一番じゃなきゃイヤ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365224215/
567 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/07(日) 23:01:57.78 ID:rmc5IceNo

夕暮れの児童公園であやせを見かけた。
誰もいない遊具のそばで、何かに取り憑かれたようにスコップを振り回すあやせ。
思わずそのまま立ち去ろうとも思ったけど、やはりそうはいかなかった。

「何をやってんだ、あやせ。もう日が暮れちまってるじゃねえか」

「あ……お兄さんでしたか。わたし、穴を掘っていたんです」

「穴を? 穴なんか掘ってどうするつもりなんだ?」

「お兄さんは知らないんですか? アニメの二期がやっと始まったんですよ」

あやせに言われるまでもなく、それについては俺も既に知っていた。
しかし、そのこととあやせが穴を掘ることに一体何の関係があるって言うんだ。

「お兄さん、見ていてください。もうすぐこの穴、一気に埋まりますから」

「あやせが埋まるって言ってるのは穴じゃなくて、このスレのことじゃないのか」

「スレ? スレって何のことですか? うふふ、変なお兄さん」

やはり声をかけるべきじゃなかった。
絶対この女、どこか狂っているに違いない。

「ま、あやせの好きなようにしてくれ。俺はそろそろ帰るわ」

「ちょっと待ってください。お兄さんは手伝ってくれないんですか?」

「まさか、俺にも穴を掘れって言うんじゃねえだろうな」

「いやなんですか?」

光彩の消えたあやせの瞳は、俺をその場に凍りつかせた。
俺が断わろうもんなら、手にしたスコップで一気に俺を――この女なら十分にあり得る。
適当に一つか二つ穴を掘ったら、隙を見てこの場を逃れるしかない。

「ところでさ、あやせ……。おまえの足元なんだけど」

「どうかしたんですか?」

「そこって、もう何か埋まってるのか? 埋め戻したような跡があるけど」

「お兄さんは、知らない方がいいと思いますよ」

余計なことは聞くなという暗黙の威圧感が、あやせの瞳から漂ってきていた。
そういや、麻奈実と沙織の顔(キャラスレ)をしばらく見てねえな……。


おしまい
568 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/07(日) 23:56:43.69 ID:vp3Q80bM0
>>567
加奈子とブリジットと日向と珠希のロリ・カルテットも見ていないぞ
569 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 00:13:27.15 ID:wMQEhycdo
麻奈実のキャラスレは一応存続してるぞ
570 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 00:31:37.37 ID:E6hj1Fa0o
>>569
すまない。確認ミスだった
571 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/08(月) 01:38:26.86 ID:J3R0fsWDO
>>567
お前あれだな!?
前スレ埋めネタ3レスの奴だな!?
怖えよ相変わらず!
あやせ別スレ二つ建った今、お前のお陰で恐ろしくなっちまったじゃねーか!!
文章上手ぇなコノヤロー!
好きだよお前の作品!w
572 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 02:24:55.25 ID:MK0zMGTl0
ここの住人って、他の投稿サイトって見たりすんの?
573 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/08(月) 22:52:12.00 ID:E6hj1Fa0o
ここはすでに廃墟で、住人なんて一人もいないよ
投下されるSSもレスも、実はPCによる自動生成なんだ
574 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 06:40:48.90 ID:mqY8bE5p0
>>573
マジかよ!?
575 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 19:13:52.08 ID:QNOFR4Q10
京介「ん、何!? これ酒かよ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365480757/
576 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 20:09:05.57 ID:YkIBBj+u0
>>573

あやせ「お兄さん、世界五分前仮説って知ってますか?」

京介「ああ、ラッセルの思考実験で、世界は5分前に5分前の状態で作られたってやつだろ(ドヤァァァァ)」

あやせ「お兄さんのくせに物知りですね(イラッ)」

京介「んで、それがどうしたんだ?」

あやせ「わたし、世界がどうできたかなんて重要じゃないと思うんですよ。
    それより、ここにある作品を楽しんでいる自分がいることが大切じゃないですか?」

京介「ああ、確かにそうだな。けど…」

あやせ「けど…?」

京介「それってどちらかというとラッセルよりデカルトの『我思う、ゆえに我あり』って感じじゃないか?(ドヤァァァァ)」

あやせ「お兄さんはホントに無駄に物知りですね。死にたいんですか?(ニコッ)」



数日後

麻奈実「きょうちゃん、今日の倫理のテストどうだった?」

京介「(ガクガクブルブル)」

おしまい



やはりとっさの思いつきはあまり面白くまとめられん orz
577 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 22:09:33.93 ID:jLhirtBB0
>>576
すまん俺の知能では理解できなかった
578 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/09(火) 23:39:26.93 ID:YkIBBj+u0
>>577
すまん、こちらこそわかりづらいもん書いて申し訳なかった
心からこんなものを書いて投下してしまったことを後悔してる

他の書き手さんが俺の屍を踏み台に頑張ってくれることを祈る
579 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/10(水) 00:11:54.02 ID:dU2q+wgqo
>>576
高校のとき「倫理」の授業があったけど、まったく記憶に残ってないや
「地球を指で押すと〜」みたいな話があったがなんだったんだろう

さてと、真夜中の「あやせホラー劇場」を投下します
今回は1レスで収まらなかったので2レスで
580 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/10(水) 00:12:38.57 ID:dU2q+wgqo

厳しい猛暑が続いていた八月中旬のある日のこと。
桐乃は朝から部活で家にはおらず、お袋もご近所の奥さんの所に入り浸ったままだ。
俺の昼飯なんかどうでもいいってことかよ。

何か残り物でもないかと冷蔵庫を漁っていると、ふいに玄関でインターフォンが鳴った。
どうせ宗教の勧誘かなにかだろうけど、俺も暇なもんで出てみることにした。

「はい、どなた……。なんだ、誰かと思ったらあやせじゃねえか」

「……お水を……ください」

「どうしたんだよ、桐乃なら部活で学校へ行っていねえぞ」

「お水を。……どうか、お水を飲ませてください」

俺の目の前に立っているのは確かにあやせなんだが、どうもその様子が尋常じゃない。
顔は炭でも塗りたくったように真っ黒だし、着ているセーラー服もかなり時代遅れの代物だった。
そのうえ、所々焼け焦げた痕まである。

「何なんだよその格好。仮装大会でもやってんのかよ」

「お水……」

「わかったって、今持って来てやるから」

再び冷蔵庫を開け麦茶をコップに注ぎ玄関まで戻ると、そこにあやせの姿はなかった。
念のため門の外まで出てみたが、あやせどころか猫の仔一匹見当たらない。

俺が玄関に戻ろうとしたそのとき、ドアの前に妙な物が落ちていることに気付いた。
何となく懐かしく、どこかで見覚えのあるそれは……。

「いまどき防災頭巾かよ? 何でこんな所に……。それに、何で焼け焦げてんだ?」

「……お兄さん、それ、わたしの防空頭巾です」

背後の声に驚いて振り向くと、そこには全身焼けただれた無惨な姿のあやせが……。
そして、ふと寂しげな表情を俺に見せると、かき消すように消えてしまった。
俺はそのときになって初めて、今日が八月十五日、終戦記念日であることを思い出した。
581 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/10(水) 00:13:37.09 ID:dU2q+wgqo


「どうよ、こんな感じなんだけど。俺が作ったホラーの感想は」

「それって、わたしが戦争で焼け死んだ女の子っていう設定ですか?」

「つまんなかったか?」

「イマイチどころか、イマサンくらいですね。……それにしても、桐乃遅いですね」

俺ん家のリビングで麦茶を飲みながら、あやせが桐乃の帰りを待っていた。
桐乃がまだ帰宅していないと知って帰りかけたのを、俺が無理やり引き止めたわけだ。

「もうすぐ帰ってくるさ。二人で買物にでも行くのか?」

「ええ。そろそろ秋物の服が出てきたので、駅前のデパートまで」

「そっか、もう夏も終わりなんだな。……麦茶、もう一杯どうよ」

「いただきます。あ、でもその前に、お手洗いをお借りしてもいいですか?」

「おう、場所はわかるよな」

「はい。それじゃあ、ちょっと失礼します」

どうもあやせはホラーには興味がないようだし、正直言って俺もホラーは苦手だった。
トイレに立っている間に、何かあやせが好きそうな別の話題を考えねえと。
このままじゃ、俺がホラーマニアかなんかだと思われて帰っちまうかもしれない。

桐乃が帰るまで場を持たせようと四苦八苦していたそのとき、運よく俺の携帯が鳴った。

「おう、桐乃じゃねえか。部活は終わったのか? 遅いじゃねえか」

『今あやせと一緒なんだけど、駅前のデパートで買物してから帰るってお母さんに伝えといて』

「あやせと一緒だって!?」

『うん。それがどうかしたの?』

じゃあ今この家にいるあやせは、一体誰なんだよ。


おしまい
582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 06:21:18.09 ID:SVLg97BN0
あやせってホラー作品に欠かせない存在だよね
583 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 09:24:50.45 ID:3qiLx++DO
>>581
「あやせと一緒だって!?」

『うん。それがどうかしたの?』

「あ、いや…なんでも」

『ん?まぁいいや。んじゃよろしくね』

ピッ。

「……」

…じゃあ…。

「ん?お兄さん、電話ですか?誰から?」

「ああ、いや…間違い電話だ」

じゃあ今この家にいるあやせは、一体誰なんだよ…?

ちと加筆。
584 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 14:18:45.42 ID:nYyAvXFb0
投下してる人って他のサイトでもやってんのかな?
俺は他でSS書いてるからここに投下していいのか悩む。
585 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 17:09:34.66 ID:8IAqAhKw0
>>584

投下してもいいじゃん
少なくとも俺は読んでいるよ
586 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/10(水) 20:05:10.29 ID:o2ny0fwdo
最近は全く書いてないけど、以前はここで書いたのを誤字脱字を見直して渋にも載せてたな
587 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/11(木) 02:39:52.16 ID:6wmlhGt00
桐乃「あいつの知らない物語」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365613969/

スレ立てたので暇だったらどうぞ。
588 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/12(金) 05:54:45.83 ID:EtZ2WmR80
>>587
面白かったありがとう
589 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/04/14(日) 01:34:13.13 ID:+/+L6Lkmo
※今回も2レスで……

「あやせの様子がおかしいって? いつものことじゃねえか」

「いつもとは全然違うんだって」

「どう違うっていうんだよ」

「何か悩んでることがあるみたいなの」

「それで、俺にどうしろっていうんだよ」

「あんたに出来ることなんて、人生相談くらいしかないじゃん」

桐乃に押し切られ、どういうわけだか、俺があやせの人生相談に乗ることになった。
待ち合わせ場所には、あやせの方からいつもの児童公園を指定してきた。

「桐乃から聞きましたけど、お兄さんが相談に乗ってくれるそうですね」

「俺でも協力出来ることがあるなら何でも言ってくれよ」

「わたしにとっては真剣な悩みなんです」

「とにかく話してみなよ」

「わたし、名前がひらがななんです」

「帰ってもいいか?」

「お兄さんも内心では、わたしのこと馬鹿にしてるんですね」

「誰も馬鹿になんかしてねえだろうが」

「わたしも来年は高校生なんです。それなのに名前がひらがなだなんて」

「ひらがなの何がいけないんだよ。それに、『あやせ』なんて可愛い名前じゃねえか」

「『あやせ』っていう名前もイヤなんです」

「わけがわかんねえよ。少なくとも俺は可愛いと思ってるよ」

「もしわたしが、将来『綾瀬』っていう苗字の人と結婚したらどうなりますか?」

「そりゃあ、『綾瀬あやせ』ってことになるんじゃねえのか?」

「何なんですか、そのふざけた名前は!」
590 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 01:34:53.33 ID:+/+L6Lkmo

俺に文句を言われたって知るかよ。そんなことを言い始めたら、パンダはどうなるんだ?
あやせが『綾瀬』って男と結婚する確率なんか、殆どゼロに近いじゃねえか。
桐乃のたっての頼みとはいえ、相手があやせだということをもっと考えるべきだった。

「だったら、将来は俺と結婚すりゃあいいじゃねえか」

「イヤです! お兄さんと結婚するくらいなら、わたしはまだ『綾瀬あやせ』の方がを選びます!」

「ああそうかよ。おまえの悩みは難しすぎて俺なんかじゃ無理だわ、すまなかったな!」

売り言葉に買い言葉とはまさにこのことだった。
俺がついうっかり強い口調で言ったもんだから、急にあやせは黙り込んでしまった。
女子中学生を相手に、高校生の俺が大人気なかった。

「ごめん、俺が悪かった。ちゃんと相談に乗るから許してくれ」

「真剣にわたしの相談に乗ってくれますか?」

「もちろんだ」

俺は、あやせの悩みと正面から向き合うことにした。
あやせが納得するまで、俺はいくらでもあやせに付き合ってやろうと覚悟を決めたんだ。
それから数時間後、あやせの顔に笑顔が戻って、俺もすっきりとした気分で帰途についた。

「あやせはどうなったの? ちゃんと問題は解決したんでしょうね」

「当たり前だろ。あやせの悩み事なんか、俺にかかれば簡単なもんさ」

「ふーん、あんたでも役に立つことがあるんだ。でも、よく解決できたよね」

「まあな。ところでさ、今日から俺、『高坂きょうすけ』になったからよろしくな」


おしまい
591 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 02:04:43.64 ID:JJX4xTXHo
乙乙
オチがよく分からなかった…

あやせが小田急ユーザーになる話も作れそうだな
綾瀬行きあるしww
592 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/14(日) 02:08:36.79 ID:JJX4xTXHo
アニメの2話はドラマCDのやつなんだね

あれ見て思い出したんだが、ラブタッチネタ使ったSSなかったっけ?
あやせと京介が桐乃に恋人できたんじゃないかと疑う話だったんだが、Wikiで検索しても見つからん
もう一度読みたいんだがまとめブログだったかな・・・
593 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 10:33:29.95 ID:+um1ddEs0
なんか作画が変わったような
デレデレ顔が諸星あたるみたいな口になってて違和感あったわー
594 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/15(月) 15:08:48.54 ID:BMpD1oRz0
アニメの製作会社って変わったっけ?
595 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/16(火) 02:12:22.83 ID:zQyMHeifo
制作会社は一緒だけど、作画監督が1期にはいなかった人になってる
その影響かな
596 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/16(火) 02:14:10.50 ID:zQyMHeifo
>>592
なんか読んだ覚えはあるけど見つからん・・
特徴的なヒントくれ
597 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/16(火) 06:50:26.94 ID:cFclF8dy0
やっぱ2期が始まるとスレの雰囲気も良くなるね
598 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/19(金) 20:15:43.07 ID:awZiIx+a0
予想ものとしてはまあまあ
http://morikinoko.com/archives/51841790.html
599 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/19(金) 22:44:18.45 ID:KrIiT0H+o
>>598
まとめじゃなくてスレタイで教えてくれよ

スレタイ
京介「俺の妹は、世界一可愛い」
600 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/22(月) 04:00:36.67 ID:VK7tPuts0
なにか面白いSSはないかのぉ?
601 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/04/24(水) 23:47:31.95 ID:xQ9xZM1go

ある日のこと、いつもの児童公園まで来て欲しいとあやせが連絡してきた。
しかし、やめときゃ良かったと今になって後悔している。

「受験勉強の最中だったんですよね?」

「いや、少し休憩しようかと思ってたところだし、ちょうど良かったよ」

「それならいいんですけど……」

「俺になんか用でもあったのか?」

「マカンコウサッポウって、お兄さんは知っていますか?」

「ピッコロの必殺技だろ。……あ、もしかして、ネットで話題になってる例のあれか?」

「お兄さんも知っているのでしたら、話が早くて助かります」

「話が早くてって……。まさか、あやせもここでやろうってのか?」

「これから準備しますから、お兄さんは待っていてください」

俺の言うことなんか聞いちゃいねえ。
あやせは手にしていた紙袋からデジカメと三脚を取り出し、勝手に準備を始める。
仕方なく俺も準備運動をして体をほぐす。

「じゃあお兄さん、セルフタイマーで撮りますから。……用意はいいですか?」

「な、なぁ、ちょっと距離が近過ぎるんじゃねえのか?」

「大丈夫です。それに、あまり離れたら届かないじゃないですか」

「届かないって、何が届くんだよ!?」

「あっ、もうすぐです! 覚悟はいいですか! えいっ!!」

「ぐはっ!!」

俺が意識を取り戻したとき、児童公園の中にあやせの姿はなかった。
あれはマカンコウサッポウなんかじゃねえ。
大地を背にして見る夕焼け空がやけに目にしみる。

「あれ? 俺、泣いてるのか……」

数日後、あやせのTwitterに掲載された画像を見て、再び俺は泣いた。


おしまい
602 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/25(木) 08:14:00.48 ID:aPHceNkDO
>>601
微妙に意味わからん。
オチはないのか?
603 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/25(木) 22:34:33.63 ID:P8cr8wA70
>>601
スマン折角投下してくれたのは有難いんだが京介×あやせのカプを
何でも暴力描写で落とすのはそろそろ止めた方が良いんじゃないか?

あやせも11巻ラストでデレ始めているんだからその路線で行こうず
604 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/26(金) 08:44:20.97 ID:gZdSdTqwo
俺は時系列的にいつごろの時期という設定さえ付加してくれたら
暴力描写自体は否定しない。

知識はアニメのみという新参者にとっては
あやせに暴力描写が無かったら逆に違和感あるだろうし。
605 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/27(土) 17:20:41.08 ID:BsXZtQh80
アニメから俺妹好きになった人にとってはあやせと暴力はイコールだろうね

俺は麻奈実だとか加奈子が好きなんであんまり考えた事無いけど
あやせが本当に好きな人って度々あやせが暴力女として描かれるのって
どんな風に思っているのかな?
606 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/27(土) 21:22:09.12 ID:C+6NO6Eso
いわゆる漫才におけるハリセンチョップだと思ってる
誰相手に負傷させる目的のものではなく、
数少ない気の置けない相手(舎弟分の加奈子と、何をしてもちゃんと
受け止めてくれるお兄さん)へ自分の気持ちを伝える為のコミュニケーション
607 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/27(土) 21:53:37.23 ID:mWnsk1Ido
京介×あやせのカプで、純愛路線って面白いんだろうか?
過去のSSでもあんまりなかったような気がするけど
608 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/27(土) 22:41:09.77 ID:iDhFxFu6o
>>607
あやせに京介と桐乃を攻略させるというコンセプトでスレを建てたことがあります(震え声)
なお、当時は自分のSSを読み返すという行為が恥ずかしくて尻切れトンボになったことに気付かないまま完結宣言して落としてもらいました
609 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/27(土) 23:42:52.60 ID:KoeZWUG+o
>>607
まとめwiki内では、
あやせの初恋
9巻(偽)あやせの家庭教師
とかは良かったと思うが(どちらも失恋エンドだけど)
あと、タイトル忘れたが、夏祭りのも良かった
610 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/01(水) 11:08:50.68 ID:lf/hUfxa0
>>607
何処だか忘れたけど過去のまとめに京介×あやせの純愛ものが集中投下されていて
その後叩かれまくってオチの無いまま自然消滅していったのがあったっけ
611 : ◆k4qYXRI5uY :2013/05/02(木) 21:43:33.33 ID:fX9GbziC0
話の流れに沿わず、黒猫×京介だけど投下。
612 : ◆k4qYXRI5uY :2013/05/02(木) 21:44:37.11 ID:fX9GbziC0
黒猫との暇な一日











特にやる事も無い、暇な一日。桐乃はモデルの仕事。母親は近所のおばさん達と飯を食べに行った。
当然飯を作っていってくれてはいるが、やはりカレーだ。どうもあの母親は勘違いしているらしい。世の中の全てのやつらがカレーを好きだと。
確かに世の中のガキ共はカレーが大好きなのだろうが、俺はそうでもないのだ。いや、確かに最初の頃はカレーのたびに大喜びした思い出はある。あるのだがこうもカレーカレーカレーカレーの毎日だと嫌気がさすというものだろう。

そのせいか、朝からなにも食べていないのだが腹は減っていない。多分体が拒否反応をおこしているのではなかろうか。

ふっ、と溜息をつく。
俺はなにをするでもなく、ベッドに寝転びながら欠伸をひとつもらした。

しょうがない、もう一眠りするか、と思い瞼を閉じる。
するとどうだろうか、一体どこのどいつが俺の眠りを邪魔するのか、チャイムが鳴った。どうやら神様はよほど俺が嫌いらしい。

俺は仕方なくノソノソとベッドから這い出ると、玄関に向かった。

今日は桐乃がいないので桐乃の友達の線はなくなる。ということは桐乃の奴が買った宅配物かなにかだろうか。
ガチャリと鍵を開けて「はーい」という声と共に扉も開く。

……黒猫が居た。

「あー、えっと、どした?」

無言でこちらを見上げてくる黒猫。その雰囲気に負けて俺は黒猫に声をかけた。

「ふん、多大な時という檻が私を閉じこめようとしてきたから、それを防ぐためにこうして魔の空間に足を運n」
「簡単に言うと?」
「暇だから遊びに来たわ」

――――同類だ。
暇だから遊びに来たって……。

「俺が居なかったらどうするつもりだったんだ?」
「貴方は暇人だから居ない可能性のほうが少ないもの」

……。さいですか。

「言うとくけど、桐乃はいねぇからな」
「そうでしょうね、あのビッチの気配がしないもの」

シン、と静まっている家。黒猫も桐乃が居ないことを分かっているらしい。
という事は俺と遊ぶってことか。

ま、良いけどね。暇だったし。

「ま、とりあえず上がれよ。特になにもねぇけど」
「そうさせてもらうわ。いつまでもこんなキツい天使の光(エンジェリック・フォール)をあびていたら身が焼けるもの」
613 : ◆k4qYXRI5uY :2013/05/02(木) 21:46:59.77 ID:fX9GbziC0

日の光がキツいから早く入りたいそうだ。

「俺の部屋に先に入っててくれ」
「ええ」

黒猫は手馴れたもので、俺の言葉を聞くと階段を勝手に上がり部屋へと向かう。
俺はキッチンに入ると、冷蔵庫を開いて麦茶を取り出し、コップに注いだ。コップを二つ手に持って自分の部屋に向かう。

自分の部屋の扉を蹴る、すると中から扉を開いてくれた。

「サンキュー」
「何を言っているの、貴方の部屋でしょう」
「ま、そうなんだけどよ」

呆れたような目になると黒猫は肩を竦めた。その後は俺のベッドに勝手にボフンと寝転ぶ。
ホコリが舞った。

「ケホケホ」

可愛らしい咳をする黒猫。
咳が終わると、黒猫は俺を半目で見てきた。

なにやら攻めるような視線だな。俺なにかしたか? ていうか勝手に寝転ぶ黒猫も黒猫だろ。自分の部屋ですかこのヤロー。

「貴方、布団を干したのはいつなのかしら?」
「…………一ヶ月ぐらい前?……ぶっ」

枕を投げられた。

「貴方、最低ね。掃除もしていない部屋に女子を入れるなんて…」
「その部屋に来た女子が勝手にベッドに寝転ぶのは最低じゃないのか?」

それとも襲っても良いサインか。そうなのか。

「貴方は私の下僕でしょう。なにを気にする必要があるのかしら」

いつの間にか俺は黒猫の下僕になっていたらしい。
下僕が主人に反旗を翻す王道の同人誌を再現してやろうか。

「ちったぁ気にしやがれ、襲うぞこの野郎」
「ふふっ、貴方にそんな勇気ないでしょう?」
614 : ◆k4qYXRI5uY :2013/05/02(木) 21:51:13.68 ID:fX9GbziC0

………。
まぁ確かに。

「まぁ良いわ、今日はどうせ暇なのだからこの部屋を掃除しましょうか。私の下僕の部屋が汚いなんて耐えられないわ。第一、掃除をしなさすぎよ。どうすればこんなにベッドにホコリが積もるというの? 晴れているのだからちゃんと干しなさい」
「……はい。母さん」
「誰が母さんよ!」

ふぅ、黒猫が部屋を掃除してくれるらしい。まぁ暇だしありがたい。

というわけで掃除を始める。黒猫は早速ベッドの布団を窓から干し始める。
俺は床に散らばった漫画を棚に戻し始めた。

掃除といっても俺の部屋は物が少ないので、そんなに時間はかからない。布団を干して、本棚に少量の本を戻して、ペットボトルや紙パックをゴミ箱につめて、床を掃除機で吸えば終わりだ。
こういう時、趣味が少ない(というより無い)人はとても楽である。

そんな事を考えて今一度欠伸をする。ふわぁ、と目を細めて黒猫の姿を捉えると、俺は思わず咽た。

「ぐほっ、げほっ、く、くくく、黒猫さん!? 貴方はなにをしているので!?」

黒猫は俺のベッドの下のエデン(楽園)の箱を開いていた。中には俺の性癖がバレる門外不出の参考書がたくさんある。
まぁ自分で言うのもなんだが、俺のエロh…参考書の中身はかなり偏っている。そんなつもりはないのだが何故か、何故か! 眼鏡をしている女の子が多いのだ。

あくまでこれは偶然の産物なのだが、この参考書達を見れば女の子は勘違いする可能性が多分にある。
それは黒猫もしかりである。なので今俺の参考書達を見ている黒猫は変な勘違いをしている可能性があるのだ。

「黒猫、それはな……」
「先輩?」
「は、はい!!」

重厚な黒く淀んだ目で黒猫がこちらに振り向く。

「この参考書はもう使わないわね? 捨てても良いかしら」
「そ、それは」
「す・て・て・も、良いわね?」
「……はい」

えも言えぬ迫力に圧倒された。
黒猫は無言で俺の参考書を紐で括っていく。表紙の眼鏡っ娘達が涙目で俺に救いを求めているように見えるが、俺に救う手立ては無い。

涙目で見送った。ごめんな。





    




     ・・・・
615 : ◆k4qYXRI5uY :2013/05/02(木) 21:52:40.30 ID:fX9GbziC0







あの偏った趣味の終末(ロフィデッド・ジ・エンド)で掃除は終わり、私達は特にする事も無く部屋でボーッとする。
窓から差し込む柔らかい光を浴びて日向ぼっこ。

布団は私が干してしまったので床に寝そべる。先輩は欠伸をもらして床で丸くなっている。思わずクスリとわらってしまった、猫みたいな人。
掃除が終わると先輩は寝転び、すぐに寝息をたてはじめてしまった。私も隣に寝ながら目を細める、ときせつ先輩の髪を手ですく。サラサラと流れていくような髪。

そんな事をしていると、違和感を感じたのだろうか、先輩は身じろぎをした。
「ん、んぅ」と呻き声を上げながら眉を顰める。起きるのだろうか、まぁ起きるのだったらそれもいい。目を真っ直ぐ見つめながら寝起きにこう言ってやろう「あら、お目覚めね。さっきはとても激しくて気持ちよかったわ」と。
先輩はとても狼狽するんだろうな。

ふふっ、とまたも笑みがこぼれる。

先輩は結局目覚めずに、身じろぎしただけだった。
ちょっとだけ残念に思いながら、立ち上がって布団に向かった。一月も干されていなかったのだ、三十分に一回は叩かないと中のホコリまでは出て行かないだろう。
先輩に頼んで持ってきてもらった布団叩きを手に、パンパンと布団を叩く、ホコリがたくさん舞った。思わず苦笑してしまう。
ほんとに、適当な性格なんだから。ちょっとは自分で家事できるようになってもらわないと、将来私が困るかもしれないでしょう?

なんて、一人で思って赤面する。

大体の箇所をたたき終わると、私は再び先輩の隣に寝転んだ。
先輩は起きる気配を微塵も感じさせず、すーすーと規則正しい寝息をたてている。

そんな姿を見ながら、私はふと思った。今の状況って、家族みたいだ、と。
616 : ◆k4qYXRI5uY :2013/05/02(木) 21:53:47.52 ID:fX9GbziC0


駄目な旦那は、休みの日になるとぐうたらし、私が無理やり叩き起こすの。
最初に窓から日を浴びて寝ている旦那を、充分に目に焼き付けてからだけどね。

「貴方、たまの休みぐらい掃除したらどうなの?」

私がそう言いながら、布団を剥ぎ取ると旦那はこう言い返してくる
寝癖がついた髪が、いくつになってもかわいい。

「たまの休みだからこうやってぐうたらしてるんだろ?」

屁理屈こねて!
私は手に持っていた布団叩きで旦那の顔をぺシン!

「ほら、お掃除しますよ!!」
「……はい。母さん」
「誰が母さんですか!」



そんな風景を想像して、私は顔を紅潮させた。
目の前の顔に我慢できず、おでこにキスする。それでも我慢できずに、何度もキスをした。おでこだけど。

チュッ、チュッ、チュッ。

自分がキスしているのだけど、聞いていて恥ずかしい。
もう、貴方可愛すぎよ!
顔を抱き寄せて髪をモフモフする。可愛い。

私が先輩の髪を楽しんでいると、突然玄関が開く音が聞こえた。

………残念。もう終わりのようね。仕方無しに先輩を離すと、立ち上がった。

親が居なく、二人きりになれるから、と早めに帰ってきたであろう義妹に会うために先輩の部屋の扉を開いた。



ふふっ、先輩。楽しかったわ、また二人きりになれるときを見計らって会いにくるとしましょう。
義妹がいて、沙織がいて、先輩がいて、私がいる。そんな楽しい空間も大好きだけど、先輩と二人きりの時間も、とても楽しいものね。

目の前で、私を見て怒り出した義妹を見て、私はよりいっそう笑みを深くしたのだった。











fin
617 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/02(木) 22:13:17.37 ID:E7Igoawx0
>>616
激乙!
最近投下が無くて心が枯れかかっていたんだよ
おかげで復活出来たありがとう

原作は来月発売の12巻でどんな結末を迎えるんだろうね
618 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/04(土) 06:10:52.61 ID:0nP3bpVAO
地の文で桐乃を義妹扱いな黒猫かわいいwwww
>>616


久々に発症しちまったぜ
落着点(オチ)を決めないまま投下を始めたい病が…
でも、それで未完にしてる先達が沢山いる以上二の轍は踏めないよなぁ
ただでさえそんな状態なのに更にあやせスレと設定が被っているという、お蔵入り目前\(^o^)/
619 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/08(水) 09:55:25.24 ID:azRyJrab0
>>618
投下しちゃえばいいじゃん

もう来月には原作エンドなんだし個スレたてて投下しながら
原作のエンド読んで着地点決めても良いと思うよ
620 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/09(木) 00:38:34.00 ID:U9jU+yp0o
黒猫のサークルで出した同人誌に掲載されてた桐乃の小説がツイッターで晒されてた。
621 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/10(金) 15:41:59.05 ID:4NnkbQLKo
2期が始まっても大して変わらないな
622 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/10(金) 20:04:33.38 ID:QqG5WjhDO
アニメだけ見て書くようなにわかはいないだろうしな
最終刊出たときにどうなるかだな
623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/13(月) 17:46:36.62 ID:SYh4OnpO0
そういえば公式に12巻の表紙とあらすじ出てたね

あれだけフラグ立てまくってどんなエンドになるのか楽しみなんだけど
全員が納得するエンドには絶対ならないよね
624 : ◆k4qYXRI5uY :2013/05/13(月) 22:05:58.65 ID:tzH9sHy30
>>616

久しぶりに来てみたら投下されてて嬉しかった。

>>623
お前達が俺の翼だendけてーい
625 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/14(火) 01:21:49.31 ID:WDYw62XU0
>>624
突っ込みづらいボケはやめろ。それとも本気と書いてマジなのか?
626 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/14(火) 01:41:19.44 ID:KxtrUpPQo
あげるな下げろ。
627 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/14(火) 01:53:22.69 ID:uxzaVUBDO
過疎だからって書き手頑張りすぎだろww
自演してまで盛り上げようとするとわww
628 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/14(火) 06:21:36.94 ID:WDYw62XU0
>>627
あまりつっこむな。また書き手減るだろが
629 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/14(火) 07:53:56.83 ID:CqrRAMoCo
どっちみちもうこの酉では書けないだろ
630 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 00:23:12.94 ID:8yYZ8DG50
基本、雑談か投稿しない奴の自分語りばっかりだからな
ちゃんとうpする奴はどんな奴でも偉いと思うぜ

つーか、反応だけが欲しいなら、桐乃×ロックor御鏡で反応
いっぱい来るだろうにww
631 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 03:31:44.90 ID:FqPYovTIo
>>630
負の反応が多くなる悪寒。
632 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 06:52:31.97 ID:CuCKFCfH0
>>630
コーヒー吹いたじゃねぇか!
633 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 07:55:13.85 ID:8yYZ8DG50
原作のロックと桐乃のあの僅かな絡みで拒否反応の多さって
読む分には、ワンパターンよりはよっぽど刺激が有って面白そう
別にこのスレのルールには違反しないんだから
誰かうpしてくれたら俺は喜んで読む

単純な桐乃叩きの為じゃなくて、
出来れば真面目な純愛もので書いてくれたら更に良い

後、どうせ書き手が自演しなきゃ負の反応ばっか
なんだから反応の善し悪しなぞ気にする必要ないよな




634 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 08:10:40.59 ID:Bb+Fu50Jo
また自演か
635 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 08:12:28.52 ID:T32HWaYbP
ゲームやらなにやらでガチガチに固められてる桐乃の心情歪めるなら
相当回りくどく丁寧にしつこくしないと到底納得されなさそうだし
そのあたりが桐乃の扱いにくさのゆえんであるわけだが

加えて反応の良し悪し気にするなって言うのは読む側だから言えることかと
実際いつだったかあやせSSで桐乃と御鏡をくっつけたの見たことあるが、
結局ここだけに留まらず桐乃スレにまで飛び火して叩かれてたし
それで作者も相当凹んでたはず

そこまでされても書こうって言う気概のある作者がいるかどうか
636 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 20:43:42.02 ID:GAQsoP3Go
べつに凹んだわけじゃないけど、あーそういう捉え方もあるんだなって
637 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 21:10:20.21 ID:BPA2sGpDO
>>624
今までIDで自爆するのは何度も見てきたけど、酉で自爆したのは流石にはじめて見たww

この人今まで色々書いてくれてたのに書かなくなったら残念だな。
酉変えて書いてくんねーかな。
638 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 21:16:18.37 ID:gGHUkJqDO
酉変えても書き方でわかる場合があるから余計なことせず開き直ってこれからも書き続けて欲しい

まさか酉バレじゃないよね?
639 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 22:18:31.94 ID:BPA2sGpDO
>>638
それはないんじゃね?
バレてたら、面白がった成り済ましが書き込みしまくるだろーし。

そうか書き方でバレるか。
なら、開き直ってもらった方が望ましいかな。
640 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:25:26.19 ID:sRzvFBRh0
桐乃の心情のとらえ方とか人それぞれ
原作でロックとくっつくとは思わんが
SSの描写まで口出す権利があると思ってるなら
相当痛い連中だな

桐乃に限らず他のカップリングが有っても良いだろう、別に
641 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 22:30:34.51 ID:rVS7YZf5P
良くないっす
642 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:34:58.46 ID:sRzvFBRh0
>>641
スレのルール変えたいならおまえが個人的に別のスレを立てるべき
いや、マジで
643 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 22:35:41.03 ID:T32HWaYbP
別にダメなんて誰も言ってないと思うが
ただ、そういうのには過敏な連中がいるのは確かだから、
前置きなりで注意喚起はしとかないとどんな感想来るかわからんよって話
マンセー以外の感想書くなっていうのも変な話だし
644 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/16(木) 22:37:55.76 ID:Bb+Fu50Jo
何故カプ宣言等が推奨されているのかその意味を考えましょう
645 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/16(木) 22:45:36.26 ID:sRzvFBRh0
だからカップル宣言して書けば良いんだろう
おまえは一体何の話をしてるんだ
カップル宣言せずに書いても良いって俺は一言も言ってないのに
何で関係ない話を持ち出してるのやら

それと、人は結構いるんだなww
自演じゃなければだがな!


646 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 06:26:41.84 ID:A+mNOh/I0
>>617-645
久しぶりに来てみたら結構話が捗っていた
流れが良く解らないんで誰か三行で頼む
647 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 12:07:02.45 ID:h4YH2b0wo
要は、京介が誰とくっつこうと気にならないが
桐乃が京介以外とくっつくんなら宣言しとけってことだろ
いつだったかも同じような議論があったよ
648 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 13:49:27.30 ID:h2rZfxqBP
桐乃だけってわけじゃなく女性キャラ全般じゃない?
まあ妹って縛りがあるせいで何かと桐乃ばかりが他キャラとくっつけられがちだから
桐乃がってなるんだろうけど
以前にはあやせ×ロックとか部長×黒猫とかもあったし、本編でない組み合わせなら
キャラが誰であれ宣言しておいたほうがいいかと
649 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 16:58:47.46 ID:ZQWr26zX0
>>647
サンクス

前にも同じ議論があったよね
>>1 にも書いてある通り基本のマナーなんだけどね
650 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 18:33:02.34 ID:h4YH2b0wo
二次SSでカプをあらかじめ宣言しておく効用ってのは理解してるんだけど
ストーリーによっては逆効果という場合もあるんだよね

例えば、京介が黒猫と麻奈実のどちらを取るかというストーリーがあったとして
最後の最後にあやせが京介をゲットするオチの場合なんか
あらかじめ「京介×あやせ」なんて書いておくと……もう台無しだもん
651 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 18:36:23.98 ID:o+I8VC6+o
どっちみちオチで台無しじゃん
652 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 18:51:28.00 ID:xyDOzGvTo
だから京介は誰とくっつこうが大して気にされないだろうけど(当然アッーな展開は別)
ヒロイン勢が京介以外とくっつくなら宣言しておけって話だろ?
>>650だったら結局のところあやせが京介とくっつくんだからそこまで問題ないだろ

これが最終的に麻奈実×赤城とかあやせ×ロックとか桐乃×御鏡とかになったら荒れまくるだろうけど
653 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 20:06:22.09 ID:u25feHcTo
おもしろければなんでもいい
654 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 20:58:50.78 ID:K9Co2z4C0
>>650-653
解った!

京介は置いておいて他のヒロインが京介以外の誰かと
カプになりそうな場合は『【閲覧注意】京介以外の
誰かとくっつきます』って書けばいいんじゃね?
655 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 21:26:34.32 ID:B68TVqkBO
ふと思ったけど、桐乃の恋愛感情を兄妹愛とか言ってた層消えたな
今頃なにしてんのかな
656 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/17(金) 21:47:18.84 ID:mhOK6nrk0
普通に兄妹愛もしくは兄妹愛に落ちつく課程
にしか思えない
自分が兄妹愛と思えないからって他人まで
それを押しつけるのは間違い
657 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 22:24:04.16 ID:JJtzd5v3P
何言ってんだこいつ
658 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/17(金) 23:06:58.87 ID:OMgSqigDO
雑談になると途端に湧いてくるな頭のおかしい奴が。
659 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 14:14:43.68 ID:C5KNMf0to
ランちんを題材に何か書こうかと思ったが
今のスレの雰囲気的にやめた方が吉かな。
660 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 17:21:28.92 ID:2+AdcITLO
>>656
11巻読んでから言いましょうね
661 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 17:26:26.02 ID:+jH7GfIvO
>>656
こいつのわるいところは11巻で桐乃が京介に男性として恋愛感情をもってることが確定したにもかかわらず読んでないかもしくはアスペなところ
662 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 18:41:52.88 ID:xQuUsrrGo
中学生くらいだと、特に女子は、年上の異性に憧れることは普通にあるんじゃないの?
同級生の男子なんか子供っぽくて相手にしてらんない、みたいな
桐乃の感情もそれと同じで、兄妹愛というよりは、むしろ恋愛感情なんだろうよ

でもそれって、成長するにつれて一般的には薄まっていくのが普通でしょ
結局のところ『俺妹』って、多感な年頃の妹(桐乃)と
そんな妹に振り回されながらも温かく見守る兄(京介)の物語だったのです
なんてな

二人の成長の軌跡に残るのは、原作者に裏切られ発狂した桐乃ファンの屍のみ
京介と桐乃が結ばれたら、千葉モノレールも困るだろうし
663 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 18:46:24.59 ID:1hmCcSc5o
モノレールキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
664 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 20:04:40.60 ID:+jH7GfIvO
>>662
※注
桐乃は遅くとも小学3年にはすでに京介に恋心を抱いていました。
成長するにつれて一般的には薄まって行くという仮説は当てはまりません

あともう一言
モノレールキターwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
665 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 20:08:14.77 ID:+jH7GfIvO
あれ、最低小学6年の時かな?
麻奈実に畜生発言された時も考えて
まあどっちにしても前からの気持ちだよ
666 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 21:18:50.33 ID:xQuUsrrGo
小学生時分の恋心って、いわゆる大人の恋愛感情とは一線を画すでしょ
幼い女の子が、「将来、あたしはパパのお嫁さんになるの!」って言ったとしても
真に受ける者はいないし、それを恋愛感情とは見做さないでしょ

そのこが成長して、「わたし、卒業したらお父さんと結婚します。お母さんとは別れてください」
なんて言うヤツは多分いない……と思う。いや、いないことを願う

なお、最終巻はタイアップ先に配慮し、公序良俗に反しない範囲で煙に巻いて終わり(残念)

おっと、>>666といえば、悪魔の子ダミアン
667 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/18(土) 22:27:45.55 ID:C5KNMf0to
タイアップ先だけでなく世界相手にも配慮しないといけないんだよな。
世界同時配信って事らしいから。
668 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/19(日) 00:24:25.10 ID:tJVH9HAy0
ついに、桐乃厨がここを荒らし始めたか
何で自分の意見をゴリ押しするんだろう
桐乃の恋愛感情の正否は別にしても
他の場所でも意見は割れてるのは事実
はスルーなんだな

まぁ全くSSに関係ない話題なんだけどな
669 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 01:36:23.75 ID:aYTjxN0No
ここでマジレスすんのもどうかと思うが、
桐乃って兄離れを極端な形でしようとしたわけだからややこしいことになっているんやろ。

それについて健全じゃないと思っているのがとりあえず3名ほどいて、
完全にアカン言う娘が2人、地道に解決していこうという娘が1人という感じっしょ。
670 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/19(日) 02:29:52.05 ID:tJVH9HAy0
だから作中じゃなくて
ここのみんなの意見が桐乃の感情が恋愛感情っての以外
絶対に認めないってのがアホかって話なだけ

勝手に妄想して自分でそう思ってる分には一応問題ない
それに異論を挟んだり、議論する場所じゃねぇから
ここ
桐乃が恋愛感情あるSSもそうじゃないSSもSSなら
歓迎されるし、そうあるべき

上で暴れてるような奴らは気に入らないと
叩きそうだから困る

671 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 19:26:13.52 ID:vcqGTd6fo
二次創作は、原作の中での人間関係や背景に準拠しなくちゃいけない、って考えがあるんでしょ
それと、自分の推しているヒロインが主人公以外とカプになる話は読みたくない、ってのも
『俺妹』に限らず、そういった考えは他の二次SSでも見られるみたい(大抵荒れるけど)

SSなんてサイドストーリーの意味もあるわけだし、もっと自由なもんだと思うけどね
カプもストーリーの一部だと思うんだけど、どうもそれが読む読まないの判断にも使われるらしい
でもさ、そんな読者様は、総合スレのSSなんて読まずにキャラスレ行けよっ!
と、思うことがなきにしもあらず
672 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 19:59:50.23 ID:tFyuqNawP
原作に準拠しないなら2次じゃなくて1次でしょ
キャラだけ使って人間関係全部無視した話書くならオリジナルでしろよってなりかねないし

SS読みにSSスレきてるのにキャラスレいけってのも変な話じゃね
それにキャラスレいけって言うけど、キャラスレでSS投下されるような場所ってそれほど多くないでしょ
まあ文句言うような人間の層がほとんど限定されてるから、そういう人らに対して言ってるんだろうけどさ

あと、読みたい読みたくないがあるのは当たり前でしょうに
好き嫌いなく全部食べろっていう食事なわけじゃあるまいし

書き手がどういったカプでどういったストーリーを書くのも自由
けどそういうので余計なイザコザが起きないようにするためのテンプレでしょ


673 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 21:26:15.03 ID:WpB50WnDO
まあ、深く書き込まれた男性キャラが少ないってのも原因の一つだと思うけどね。
とらドラなんかは、北村と大河がくっついても荒れないし。

要は、ヒロイン任せても納得できるキャラが居ないっつーことじゃね?
674 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 21:49:08.64 ID:ey/7DZ5AO
部黒はかなり良かったと思う。
…続き待ってます
675 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 22:18:54.71 ID:mm6ghg9Lo
『とらドラ!』は、脇役一人ひとりの描写が丁寧に描かれているから
読者によって多少の好き嫌いはあっても、みんな応援したくなるのもわかる

原作に描かれたイラストはあくまでも脇役、内容で勝負の『とらドラ!』と
題名とイラストだけで読者をつかんだような作品と比較するのが間違いだと思う
○○信者みたいな変なのも沸いてくるし
676 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/19(日) 23:16:05.47 ID:fKq2lnEy0
この流れ、2ch大規模規制に巻き込まれてる奴が多いんだろうなってオモタ
677 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/20(月) 01:09:03.22 ID:crfoRi7DO
>>676
ちと待て手前ぇ。
なにか?
『俺妹』は内容無いって言いてぇのか、おい!?
678 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/22(水) 12:49:09.66 ID:RdRtx1zAO
アニメ効果かわからないけど
あやせスレすごいな……数がww
679 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:24:08.90 ID:7ipQRA2L0
全然スルーされて構わない前置き
※何か知らんが、うp中に割り込んじゃう
お茶目でアレな人は頼むから読んでくれ

良い感じで過疎ってるのでうp

あやせたんが大人気で誠に嬉しい
アニメのあやせんたんは本当に可愛い

絶対に諦めないあやせたんの続きも書きたいが
今回は別ので

※オリキャラがあり
680 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:28:22.20 ID:7ipQRA2L0
―――Boy Meets Girl Again―――


"過ぎ去りし遠くの日々への前奏曲"



「留学―――って何だよ?!」

俺は深夜、妹の部屋に居た。
最初に人生相談を受けてから随分時間が経ったと思うが
本当に俺達は色々な経験をして、色々な人達と知り合うことが出来た。
でも流石に―――今はそんな感慨に浸ってる余裕は無かった。


「だからそのままの意味」

「何で―――何でだよ!
おまえ、こっちで自分が出来ることを頑張るって言ってたじゃねぇか」


「やっぱり………気が変わったの」


「お、俺は―――」


「な、何………?
あんたが言いたいことがあるなら聞いてあげても良いけど………さ」


俺は例の
―――何でもひとつだけ俺の言うことを聞いてくれると言う
『約束』を思い出した

―――けど

「………………」

結局、舌の先からでかかった言葉を呑み込む


「ふぅ〜ん
じゃ、あたしの話を終わりだから、部屋から出てってくんない?」


「お、俺は………」

「良いから………もう出てって」


別に何か物を投げられたわけじゃない
機嫌が悪い時みたいに叩かれたわけでも、蹴られたりもしてない
そして張り上げるような大声を出されたわけでもない

でも―――桐乃が静かに言ったその言葉は、普段のどんな行動よりも
俺がこれ以上何かすることを拒絶するのに充分な説得力が有った。

「………桐乃、俺は」

「おやすみ………京介」

―――バタン

俺は暫く妹の部屋のドアの前で茫然と立ちつくす。

つーか、この事を親父達は知ってるのか?
おふくろはともかく、親父はもう桐乃が遠くに行く事を
絶対に許さないんじゃねぇのか?

だから………俺が心配なんてしなくても
桐乃はもう何処にも行かないんじゃねぇのか?

いいや―――
でも………あ゛ぁぁー、俺は一体どうしたいんだ?

桐乃を止めたいのか?
それとも―――

681 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:30:52.83 ID:7ipQRA2L0

結局、俺は自分自身の気持ちの整理はつかず
(整理をつける方法も分からずに)
でも、とにかく何とかしたくて親父達の部屋に向かった。

麻奈実や黒猫に相談しようかとも思った。
でも俺自身で(どうしたいのかも分からずに)とにかく何とかしたいと思った。
―――いつまでも他人に頼ってばっかじゃ成長が無いだろう。



――――――でも
親父達の部屋に行って戻った後、俺は更にややこしい状況に陥った。

自分の懸念を解決しようと思って、意を決して両親に話そうとしたのに
その前に、悩みが単に一つ追加された形になった。


―――いいや、決して悪いことじゃない
これは本来喜ぶべきことなのだから


しっかし、何で色々な事が、こう立て続けに起きるんだ
ああぁ―――………………………やっぱダメだ、俺には無理だ

そして

『もしもし麻奈実―――』

あーあ、結局はこのザマである。
でも―――今回ばっかりは
どうしても麻奈実に話を聞いて欲しかった。

次の日
夕方、話があると予め言っておき早く帰宅した親父に向かって、
俺は思いきって切りだした。


「なぁ、親父………桐乃の留学を認めてやってくれ!
確かに前の時は、最終的にあんな結果になっちまった。
でもあの時はこの俺が―――俺自身が心配でほっとけなくて無理矢理
桐乃を―――妹を連れ帰ってきたんだ。
だから桐乃が半端で適当な気持ちで留学したわけじゃね!!
あいつは、あいつなりに考えて決めた事なんだよ!!!」

俺は一気に切りだした。


「話は分かった。
京介………おまえの言いたいことはそれだけか?」


あーあ、極道面が見る――見る、赤くなるのが分かる。
やれやれ………俺、また殴られるのか?
まったく、アクティブな妹を持つ兄貴は大変だぜ



―――と思っていたら

682 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:32:21.91 ID:7ipQRA2L0

「お父様―――たかだか高校生の分際で
しかも他人の私がこの様に差し出がましい真似をしてすいません。
でも京介が―――先輩が言う様に
桐乃が―――お父様の娘が中途半端な気持ちで留学を決意したとは
私には絶対に思えません」

「わたしも彼女と同じ意見です。
桐乃はわたしの学校でも優しくて親切で、みんなの信頼も厚くて
わたしはそんな桐乃に憧れてました。
桐乃は―――わたしの親友はちゃんとした考え方を持った女の子です。
お願いします………桐乃をどうか信じてあげてくださいっ」


何故こういう話の流れになったのか?の詳細はハッキリ覚えていない。
でも昨晩、麻奈実に電話した結果―――それが黒猫とあやせにも伝わって、
今は俺が親父を説得する際の援軍になっていた。


「………………………………………」

親父はずっと黙っていた。
俺たちも暫く黙っていた。

流石に、親父がどんなに怒り狂っても
黒猫やあやせの目の前で、俺が殺されることはねぇと思うが


そんな事を考えていた時

―――『ただいま』と桐乃の声がした。

………しまった。
本当なら、本人関係無い所でサラリと問題を解決して
桐乃に余計な心配をかけねぇつもりだったのに

「ただいま
って言うか………な、何であんた達がお父さんと一緒にいるの?!」

「ハハハ」

親父が突然大声で笑い出した。
娘が心配過ぎて、ついに壊れちまってねぇだろうな?
このおっさん

「桐乃、おまえは本当に良い親友を持ったようだな」

「え?
う、うん………もちろん!」

「「「あの………」」」

俺と黒猫とあやせは困惑して、俺の親父と妹を見ていた。


「桐乃………おまえから兄とお友達に、ちゃんと話なさい」

桐乃の話はこうだった。
親父は予想通り最初は大反対だったが、桐乃の真剣な説得の結果
留学のことを、すでに認めているということ
そして両親は前回のこと反省して、金銭面から留学先まで自分達が全面的に
サポートする予定ということ

「な、何だ、そうだったのかよ………」

俺は桐乃を見た。


「何か文句でもあんの?」

「いや、俺が言う事は何もねぇよ」

………そっか、こいつはもう俺に人生相談をしてた頃のガキじゃないんだ。
俺が出しゃばらなくても、ちゃんと自分で親父達を説得して
自分の夢に向かって歩いて行ける。
そうだ桐乃は
―――こいつは何時だって、よっぽど俺よりも出来た妹だっただろ?

683 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:33:44.18 ID:7ipQRA2L0

「ところでさ、何で黒猫やあやせ達がいるの?」

「そ、それは………ねぇ黒猫さん」

「え、ええ………ねぇ先輩」

「お、おう………えっとな、用事の半分はすでに片付いたんだが―――」

「はぁ?あんた何を言ってんの?
まぁせっかくだし、黒猫もあやせも夕ご飯食べてく?」

「ええ………有り難う、そうさせて貰うわ」

「う、うん………そうしようかな」

親父への説得は見事成功したのに
俺たちの間には微妙な空気が流れていた。


「ところで、お母さんは?買い物か何かなの?」


「桐乃ちゃん、おかえり♪みんなご飯出来ましたよぉ」

まるでタイミングを見計らった様に
麻奈実はダイニングからリビングへ顔を出した。


「え゛えぇぇ?
な、何で………麻奈実さんがうちの台所に立ってんの!!!
ちょっと母さんはどうしたのっ?!」

「う〜んとね
それはわたしの口からは言いにくいので―――」

「―――まさか、うちの親が離婚して、
お父さんと再婚するとかじゃないでしょうね?」

「な、わけあるか!!!」

そんなの俺が絶対に許すかよ!
親父は関係なく―――相手の男が誰であろうと………だ


「桐乃、母さんはだな………………」

親父は何となく言いにくそうだった


「まさか、お母さんに何か遭ったの?!」

桐乃は心配そうな顔をして言った。


親父もこういう事にはだらしなかった。
しょうがないので、俺がこの一家の長男らしく宣言する

684 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:35:14.05 ID:7ipQRA2L0


「そうだ、母さんに
―――俺ら家族のみんなに、とても良い事があった。
桐乃、喜べ………おまえに妹か弟が出来る」

「は?」

だよな、俺も昨日の夜
親父達に聞かされて、まんまその反応したよ

「おまえは、もうすぐお姉ちゃんになる」

「えぇぇぇ?」

「おふくろは、つわりが酷くて今夜は大事を取って病院に泊まるらしい。
でも安心しろ、明日にはちゃんと帰ってくるから」


まぁ、ギネス級の高齢出産も良いところだからな


「だ、だから?」

「だからきょうちゃんのお母さんとお話して
今夜はわたしが夕食作ることになったんだ」

麻奈実はニコニコしながらそう言った。

黒猫とあやせが微妙な雰囲気だったのはこのせいだ。
流石に、高坂家の明るい家族計画を聞いても
普通は何と反応して良いか分からないだろう

「そ、そうなんだ………お父さんおめでとう♪」

「………う、うむ」

まぁ驚いたけど
―――これは高坂一家の慶事には違いなかった。
俺は桐乃が麻奈実がうちの台所に居て食事を作ることに
もっと難色を示すかと思っていたが、赤ちゃんのことで
そんな事を忘れたかの様に終始ご機嫌だった。


「何だかとても不思議な気分ね―――この光景を見ると」

「はい考えてみれば、本当に不思議ですね
わたしが黒猫さんやお姉さんと、桐乃のお家でお夕食を食べてるなんて」

「確かに、あんた達が二人そろってうちの食卓に居るって
ちょっと………シュールで面白いんですけど」

「まぁ、良いじゃねぇか、食事は大勢で食う方が旨いしさ」

「ふふ、きょうちゃん―――みんなもお代わり沢山してください
はい、おじさん―――お酌どうぞ」


「麻奈実ちゃん………ありがとう
それにしても今日は、まるでおまえの妹が増えたみたいで賑やかだな?
なぁ―――京介」

「おう、確かにそうだな………親父」

俺には今日の親父が
ただの気の良いおっさんにしか見えなかった。

ついでに俺はどんな奴に見えてたのだろうか?

685 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:36:56.21 ID:7ipQRA2L0

その後、
酔っぱらって眠りこけた親父を寝室に運んだ後

そういや、親父も最近は酒にめっきり弱くなった気がする。
もう若くはねぇもんな―――でも夜はお盛んの様だが
うおぉ………変な想像しそうになって、必死にそのイメージを消した。

普通どう考えても―――エロ×家族=嫌悪しか出てこない。


「んじゃ―――俺はみんなを送ってくるわ」

「わたしはお片づけが残ってるから、
きょうちゃんは黒猫さんとあやせちゃんを送ってきてあげて」

「ちょ、ちょっとお待ちなさい!」

何故か納得のいかない様子の黒猫が異議を申し立てた。


「ほら、良いから―――帰りましょう、黒猫さん♪」

「あ、あなた―――ちょっと」

あやせは黒猫の腕を組むと無理矢理ひっぱる様にして
玄関から外に出た。


「お邪魔しました、桐乃またね♪」

「うん、今日は超楽しかったよ
二人共………バイバイ」


帰り道
まずは黒猫を駅に送る事になり
俺達は三人で駅に向かって歩いていた。

「新垣あやせ、あなたは一体どういうつもり?」


「ねぇ、黒猫さん―――今日はわたしのおうちにお泊まりません?」

「は、はい?
あなたは何を言ってるのかしら?」

「おまえらマジでメチャクチャ仲良しになったんだな」

俺は二人のやり取りを見つめながら、少し感慨深く感じてそう言った。



「お兄さん、ごきげんよう」

「せ、先輩―――また明日」

「おう、またな」


俺は黒猫をあやせの家に送り届けた後、帰路についた。


                   ***
               

686 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:38:33.87 ID:7ipQRA2L0


「あなた、説明は―――してくれるのでしょうね?」


「お友達がお泊まりに来るのは久し振りだから
今日は、トコトン二人の親睦を深めましょうよ………黒猫さん♪」


「だから私はそんな話を今してるわけじゃないわ
何故、ベルフェ―――田村先輩をあの家に残そうとしたのかを
聞いているのよ」

「やっぱり怒ってますか?」

「事と次第によっては
裁きの雷があなたに落ちることになるでしょう」


「ふふ、そうですね………
今からわたしが話すのは独り言です
だからそのつもりで聞いてください」

「ええ、まぁ………良いでしょう」



わたし、黒猫さんのことが大嫌いでした
―――でも今は凄く好きですよ
桐乃や加奈子と同じくらい大好きになれました

何故だか分かりますか?

黒猫さんの本当の気持ちがよく分かったからです

お兄さんと黒猫さんがお付き合いして
突然別れたのって桐乃の為だったんですよね?
それは、予め―――あの兄妹を素直にさせる為の作戦だった


「そ、そうよ。あなたの言う通り―――」


―――本当は全然違いますよね?

本当は好きで好きでしょうないから
自分の心に逆らえなくて告白しちゃって、
でも桐乃の辛い顔が見ていられなくて別れた



「………」


もしお兄さんとまたお付き合い出来たら
今度はどうするんですか?

他人の辛い顔はもう見馴れたから、今度こそ平気ですか?
黒猫さんだって
―――あなた自身好きな人があの時よりも増えた
それは同時に―――自分が自覚して傷つけてしまう人が増えてしまった
ってことですよね?


「だ、だから
それは………私は桐乃もあなたも
みんなをちゃんと納得させて上で―――」

687 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:40:00.72 ID:7ipQRA2L0


―――それは絶対に不可能ですね

人間って嫌いな事を
―――嫌いな人を好きになることはきっと出来るんです
………それが素敵な物であればあるほど、誤解してたり偏見で
嫌ってる場合が多いから

わたしが桐乃の趣味を、何とか認められたように
黒猫さんや沙織さんとちゃんとお友達になれたように

でも好きな人を
そんな都合よく好・き・じゃ・な・く・はなれない

好きなこの気持ちを
簡単に忘れて、無かったことになんて出来ない


違いますか?


「いいえ………違わないわね」


だったら、他人が泣いても苦しんでも構わないから
自分の為に誰かを傷つけたとしても手に入れるしかない

黒猫さんは優しいから―――凄く優しいから
きっと、それは無理だと思います

だったらいっそ、みんなで仲良くお兄さんを共有しますか?


「………そ、それは」


「今、あの人達は―――あの家族は
お兄さんも桐乃も、お父さんやお母さんも、凄く幸せなんでしょうね」

「あ、あなた………何を言ってるの?」


幸せの形って本当はそんなに多くはないってコトです

人の気持ちを簡単に分けたり、共有することなんて
絶対に出来ない

あの家族を見ていて凄く―――凄く、羨ましかった
わたしもお兄さんとあんな風になりたかった

そしてわたしは黒猫さんほどお人好しじゃないから
本当は何が有っても―――誰が相手でも
絶対に………諦めつもりは な・かっ・た・ んです


「あなたは―――新垣あやせは、その言葉を過去形で言うのね?」


688 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:45:23.37 ID:7ipQRA2L0


そうです………わたしはもう
―――――あ・の・話・を・聞・い・て・し・まっ・た・か・ら・


他人をどんなに傷つけても構わないから

自分自身もどんなに傷ついても構わないから

本当の自分は、永遠に忘れ去れても構わないから

自分だけは絶対に結ばれなくても構わないから

彼の幸せだけを願う―――傲慢で独りよがりで身勝手な愛


そんな愛情を貫けるのは
この世界で………たった一人しか居ません


そしてそれは―――――………………



                   ***


「おかえり、きょうちゃん♪
ご飯に―――あっ、ご飯は食べたよね〜
だったら、お風呂にしますかァ?
そ・れ・と・も・………♪?」


「うん、じゃぁ一緒に風呂でも入る?」

俺はずっと前に麻奈実にからかわれたことを
思い出して、意趣返しのつもりで言った。

「えー?本当にー?」

「馬鹿、冗談に決まってんだろ
最近のばあさんは色気づいて困るぜ」

「もうっきょうちゃんの馬鹿
わたしだって冗談だったんだからねっ
ぷんぷん」


「あんたら相変わらず仲良いみたいね
つーか、家まで乗り込んでやるって………
ぷ、アハハ」

「げっ」


「ハァー?
"げっ"て………何よ?げってさっ!
あたしが相当機嫌良いフリしてあげてんのに
本当に、あたしが微笑ましいなって思って笑ってるとでも思ってんの?」

「………ぐ」

やっぱり普通に
ご機嫌はナナメだったらしい。

この前、麻奈実の家で昔話の鼎談をしたが
俺の妹と幼馴染みの関係は冷戦から熱い戦いに変わっただけ
の様な気が今更ながらしてきた。


「ふふ、もうわたしは帰るから
またね………きょうちゃん、桐乃ちゃんも」

苦笑しながら麻奈実は言った。

689 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:47:47.88 ID:7ipQRA2L0

「いや、俺が送って行くって」

「ううん、大丈夫。そろそろ―――」

―――ピンポーン

「よぉーす
ガーディアンのロック様がお迎えに参ったぜ」

「よぉーす
なるほど、おまえか。ちゃんと元気にしてたか?」

「おうよ
俺は元気だぜ、あんちゃん
つーか、この家もなかなか久し振りだ………ぜ」

暫く、我が家の内観を眺めていたロックだが―――

「げっ」

―――ロックは桐乃と目が合うと
さっきの俺の様な奇声を上げていた。

「あん゛?
裏切りもんの分際であんたが、あたしに何か文句でもあんの?」


「ひぃー、………姉ちゃん、速攻で帰ろうぜ」

「もう、ロックったら。じゃぁね、二人共」

「アディオス、あんちゃん!
あ、あんちゃんの妹のおまえも………な」


「ふんっ、もう二度と来んなつーの!」

やっぱ………色々な意味で
昔の様にはいかないんだと俺はしみじみ思った。


「うん?………う〜ん?」

「何だよ………ロック、どうかしたか?」

「そういやさ、超古代の大昔に
このうちで俺って結構色々なゲームさせて貰ったよな〜
って思ったんだけど―――あれ?
でもそれって、あんちゃんの部屋だっけ?」


「「「………………!」」」


「ほ、ほら………良いから帰るよ」

「ラジャー
じゃあ、マジでアディオス!」


麻奈実達が帰った後も
俺達兄妹の間には、時間を凍らせた様な冷たい沈黙がずっと横たわった。


「………」

「………」


おそらく
俺たちは二人共―――まったく同じことを考えていると
俺は感じる。


690 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:50:07.45 ID:7ipQRA2L0


「ねぇ………話があるから、後であたしの部屋に来て」

暫くして桐乃はとてもゆっくりと静かに
―――しかし強い決意をした表情で俺に言った。


「………ああ」


俺は桐乃の部屋に行く前から
桐乃が何をこれから話すのかが直感的に分かった。


新しい命が生まれると分かった祝うべき今日この日
まさに、今この瞬間こそ(だけ)が
―――俺達兄妹の間に決して消えることなく燻っている
まだ『名前』のない(正体もハッキリ分からない)この不可思議な感情に、
ケリをつける最初で最後のチャンスかも知れない。


『俺達はお互いをどう考えているのか?』

『俺達はどうなりたいのか?』


本当は無理に決着も名前もつ・け・る・必要なんて、
その必要なんて全く無いのかも知れない―――このまま曖昧なままにして
二人の現在の関係を時が自然に、何かに変えてくれるのを待つ方法だってある。


名前を付けようとしなければ、その気持ちを俺達が言葉で呼ぶ必要はなくなり
決着を着けようとしなければ、その気持ちを否定も肯定もする必要はない

何かを望むいうことは
―――同時にその何かを失う可能性を、自ら作り出すことと同じだ。


桐乃………おまえはそれでも、俺に答えを求めるのか?




その夜
桐乃は―――前回留学へ旅立つ前夜、俺が見ることが出来なかった
あの『アルバム』の中身を俺に見せてくれた。





―――そこには俺がかつて本当に好きだった初恋の女の子が写っていた。


691 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:52:41.47 ID:7ipQRA2L0

"僕のビアンカ"



俺様の名は高坂京介
人は俺のことをこう呼ぶ―――北関東のハイエナ



ハイエナは狙った獲物は絶対に逃さない

「キャァー」

「うりゃ―――よし苺のパンツか」

狙った同級生の女子のスカートは必ずめくる
それがハイエナの掟(お・き・て・)

「フフハハハ………これで後一人―――って痛ってぇ」

後頭部を思いっきり蹴られる俺様

「何すんだ!誰だっコラ?!」

「高坂
―――アンタこそ何をやってる?」

「ゲッ………団子」

俺が『団子』と呼ぶ―――俺様の頭にケリをいれた不届きな奴
怖い物なしの俺にすれば唯一の天敵だった。

みたらし団子の様な髪の色に
みたらし団子のような団子を頭の上に乗っけたような髪型に、
長い足に―――これ見よがしの短いスカート
クラス委員で、クラスの中心にいつも居る、クラスのまとめ役

集団行動の群れた羊共のリーダー、否、猿山のメスボスザルなんだ。
要するに

一匹ハイエナである俺様はもちろん群れるのを好まない
――――独りで生きていけない権力に屈した羊共はもちろん俺様に
逆らったりしないのだが、この団子だけは別だった。
そして、クラスで俺様がスカートめくってないのもこの男女だけだった。

「誰が団子?
高坂、ちゃんと名前で呼ぶ」

「………………………………う、ぅるせぇ」

「えー?何か言った?
全然聞こえない」

「な、な、なんもねぇよ。
俺は先を急ぐからよ。アディオス―――あっ」

「待って
―――こっちの話は終わってない。高坂くん!」

団子は、威圧的に俺の名前を君付けした。


「こっちはねぇんだよ!」

「口で話出来ないなら、こっちで訊くしかない?」

『ボキボキ』と
団子は俺を威嚇するように首や拳の関節を鳴らした

692 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:54:12.36 ID:7ipQRA2L0

「す、スカートめくって、本当にすいませんでした」

結局、団子に凄まれて――脅されて何度も何度も土下座をさせられた。


「も、もう大丈夫だから―――私はこれでっ」

最期にはスカートをめくられた当の女の子の方が恐縮していた。


「これに懲りたら少しは反省する
良(よ)い?高坂―――」

俺が土下座の格好ままで下から団子を見上げていた刹那

「―――甘いぜ、団子っ!
大将討ち取ったりっ―――ってあれ?」

記念すべきコンプリートのパンツは密かにこの小生意気な同級生と
決めていた俺様だったのだが、ヒラヒラしている短いスカートを
いくら強くめくってもお目当てのパンツは見えなかった。

「こ・う・さ・か!!!」

鬼の形相の団子を放置して俺は一目山に走って逃げ出した。
逃げ足だけには自信があるつもりだった

―――しかし団子は簡単に追いつくと思いっきり俺を蹴り飛ばして

「アンタ、少しは足速いみたいだけど、わたしほどじゃない」

「く、くそ………なんで、いつも負けんだよ!
それにスカートめくれねぇし」

「これからは覚えておくと良(よ)いよ!
―――これはキュロットスカートって言う
そして、やっぱりアンタってバカ、バカ、バカ、バカ高坂!」

と言って
『バカ』のかけ声に合わせて何発も何発も俺の頭を踏み砕いた。

「………グハ」

693 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:55:09.79 ID:7ipQRA2L0

「痛てて………あの男女覚えてろよ!」

「もうきょうちゃんって、ホントにおバカだね」

おっとりした口調で彼女が言った。


「痛いって………ちょっと手当するなら、もう少し優しくしてよ」


「そんなにパンツが見たいならさ、わたしがいくらでも見せてあげるのに♪」

「え?」

「ふふ、あっれ〜?本気にしちゃった?」

彼女はショートカットの髪を振るわせながらニッコリと笑った。
そして彼女が振るえるように笑うと大きな胸も一緒に揺れた。


「そんな ふとましい太ももとか、そんなパンツとか別に見たくねぇって」

俺は何となく恥ずかしくなって軽口を叩く


「ぶーもうっ、きょうちゃん、ちょっと言葉が過ぎるぞ ぷんぷん
親しき仲にも礼儀ありだからねっ?」

怒ってるのか笑ってるのか分からない
―――俺が好きな優しい微笑みを浮かべながら、
幾分芝居がかった口調で(でも自然な表情で)頬を膨らませつつ
彼女は言った。

―――本当にどんな時も全然変わらないなと思う。
こんな風に話しているだけで、俺は何となく落ちついた気分になれるんだ。


「はいはい」

「ところで、きょうちゃんって女の子のスカートめくって何が楽しいのー?」

「別に楽しくねぇよ、暇潰し」

「でも大人達に怒られるんだから、もう辞めた方が良いと思うよ」

「そういや、最近親父に殴られてないや」

「そのお団子ちゃんが一緒に謝ってくれてるから、めくられた当の女の子も
先生や親に言ってないのかも知れないね」

「そっか、だから
帰りのホームルームで問題になったり、親父に殴られたりはしてねぇんだ」

でもあの男女に殴られてるなら一緒じゃねぇかと俺様は思った。


「でも、もうしちゃダメだよ?
次にしたら、わたし本当に怒るから、分かりましたか?
きょうちゃん」

「はい、はい」

同じ女は二度狙わないのはハイエナの掟だ。
そしてあの団子の野郎が例の絶対防御(キャロットスカート)を装備してる限り
俺の狩り(スカートめくり)が成功する確率は一_もない!

この狩りは暇潰しで始めたんだし、(当然)誰に褒められるわけでもない
でも何となく、このミッションがコンプリート出来なくて悔しい気持ちと
―――同時に、(エロい意味ではなく)何がなんでもやってやろうって
ワクワク感が俺様の中に拡がった気がした。

そう―――ハイエナは狙った獲物は絶対に逃さないんだ。

694 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 22:56:56.08 ID:7ipQRA2L0

「ねぇ、きょうちゃん………わたしのお部屋でゲームする?」

「するする、ドラクエやりたかったんだ」



『うかんだぞ!
トンヌラというのはどうだろうかっ!?』


「うげぇ………どっかで見たことある顔だな、これ。
ってかさ、俺一人でやってても良いの?」

「うん♪
わたしはきょうちゃんが遊んでるの………見てるだけでも
楽しいから」


『あなた、だあれ?
え?お父さんといっしょに旅してるの?
わたしもお父さまといっしょに来たのよ。
海ってなんだか広くてこわいのね。』


『ちょっとあなた。
勝手に入ってこないでくれる?
ここは私の部屋なの。
わかったら早く出て行って。』


『ねえ、
大人の話って長くなるから上にいかない?
わたしはビアンカ。
わたしのことおぼえてる?』

『きまったわ!
今日からあなたはチロルよ!』


次の日、学校


「えっと、今日は運動会のリレーの選手を決めたいと思います」

自習の時間に団子が教壇の前に立って、何やら話している。
あの男女………今日はズボンかよ、くっそ


「誰か立候補する人はいる?他薦でももちろん良いよ」

運動会のリレーなんぞ俺様にはどうでも良いんだ。
本当に何が楽しいんだか。
あーあ、こいつらマジで下らねぇな。


『委員長が良いと思います』

と誰かが言った。


『確かに一番足速いし、賛成』

『俺も賛成』

クラスの羊共がこぞって団子を推薦している。
そりゃ、あの男女の足が速いのは俺様が一番知ってるさ。

「他に誰かいる?居ない?」


『おまえ、やれ』 『無理無理』

などクラスの男共は言い合っていた。

全く、群れたがる羊はひ弱なモヤシが多いらしい。
その後、団子がいくら問いかけても最期の一人の選手が決まらなかった。

695 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:00:18.13 ID:7ipQRA2L0


俺は完全に興味を無くして窓から見える空を見ていた。
今頃、俺の妹は病室の窓から、この空を見てるのだろうか?


「―――が良いと思う」

少し眠くなりながら窓から教壇に目線を戻した時、
何やら大勢の視線を感じた。
教壇にいる団子は笑顔で、他のクラスの奴等は困惑気味に俺の顔を見ていた。


「わたしは高坂くんが良いと思います。どうかな?」

「は?」

「だから、わたしはリレーの選手に高坂くんを推薦してる。」

『………………』

さっきまでとうって変わって、クラスの中が気まずい雰囲気に包まれる。
そりゃ、俺様を前にすりゃ羊共は畏怖して、ビビるよな、当然だ。

「断る!
なんで俺様が、この愚民共の為に走らなきゃいけねぇんだよ
参加者が居ないとか知るか、走る奴がいねぇなら棄権でも何でもしろよ」

『………………』

一瞬、氷の様にクラスの羊共の顔が固まったのが見えた。
俺は本当に良い気分だった。
何で俺がおまえらの為に何かしなきゃいけないんだよ。
知るか―――トロい奴が参加してボロ負けしちまえば良いんだ。
へへ………ざまぁみろ

『……………………………………』


「う〜ん、困った―――困った」

その雰囲気の中、団子はただ一人だけ場違いな感じで
『困った』と言いつつも、ニコニコ笑顔を崩さずに続ける


「ちょっと………高坂くん、お話があるから来てください」

と言って
教壇から最後尾にある俺の席までステップでも踏んでるかの如く
飛んでやってくると、団子は俺の手を無理矢引っ張った。

そして俺は教室を出て、誰も居ない廊下に連れ出された。


696 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:02:03.78 ID:7ipQRA2L0

「ちょ………おまえ」

「あれ?
どうしたの………高坂、アンタ顔が赤い」

「う、うるせぇ!一体どういうつもりだよ!」

「いや、だからリレーの選手になってくんない?
わたし達、困ってる。
アンタって逃げ足速いじゃん、今度はリレーでそれ使って欲しい」

「だからイヤだって言ってるよな?」

「冷たいこと言わない
アンタ………女の子がこんなにお願いしてる」


「し、知らねぇし
………俺には、おまえらがどうなろう関係ねぇだろ」

教室の廊下側の窓からクラスの奴等が奇異の目で俺等を見ている。
俺は思いっきり睨み返してやった。

「関係ないわけない。
だって、高坂はうちのクラスなんだから」

「俺はおまえらとクラスメートになったつもりなんか………ねぇ」


そして―――それは俺だけじゃない


       お・ま・え・ら・だって、そう思ってるんだろ?


俺はおまえらが嫌いだ、だからおまえだってそれは同じだろう。


「出席番7 高坂京介くん 住所は千葉県―――で、
趣味はパズルと植物観賞。尊敬する人は………………」

「だぁぁ………何で俺のトップシークレットを知ってるんだよ?!」

「これくらいの情報はクラスメートなら当然知ってる」

「………………」

俺はクラスの奴等の情報なんて
それどころか―――名前すらあやふやだった。
当然、相手だってそうだと思っていた。

「アンタにそのつもりないって言われても、わたしは困る。
―――わたしは普通にクラスメートと思ってるし
何よりも実際、高坂はわたしと同じクラス。
アンタ、何をワケの分かんないこと言ってる?」

「………………う、うるせぇ、とにかく知るか」

俺は団子の言葉に動揺していた。

こんな風に一方的に関わってくる、こいつが相手だと
どうしても、俺様のペースはかき乱されちまう。

「あー、逃げる?」

「は、はぁ?
おまえ………何言ってる―――」

「だ・か・ら・わたしはアンタをクラスメートと思って頼んでる。
うんって早く言ってくんない?」


俺は思わず、団子から目を逸らした。


697 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:03:25.96 ID:7ipQRA2L0

教室の奴等は俺に冷たい目を向け居た。
俺が、おまえら羊共と同じクラスなわけがねぇだろ。
そうだ、俺がこいつらの為に何かするなんて絶対お断りだ。

団子の野郎もきっと同じだ。
―――こいつは優等生だから点数稼ぎで色々俺に構ってくるだけだ。
ただそれだけだ―――そうに決まってる。

「―――くれたら、良いぜ?」

どうせ、おまえもあいつらの仲間なんだろ?

「………?」

「おまえのパンツ、見せてくれたら
走ってやっても良いって言ってるんだよ!」

「………」

俺らのやり取りを見ていたクラスメートが一斉に騒ぎ始めた。
―――知ってるさ、ワザとやってやったんだ。
おまえらがいくら騒いだって痛くも痒くもねぇさ。


「…………………ふぅん」

「おまえこそ逃げるのかよ?」

ほら、早く正体見せろよ?
おまえは所詮、あいつらの中の一人に過ぎないって事をな


「アハハ………高坂ってやっぱり面白い」

団子の反応は
―――俺の予想と違う大きく違うものだった。
何で、おまえはあ・い・つ・ら・と一緒に、俺を糾弾しないんだよ?

「ふ、ふざけるな!
誤魔化してるんじゃねぇよ、無理なら無理って言え!」

俺は尚も諦めずに団子に迫った。


「いいよ。見せてあげる」

「え゛?」

「その代わり、高坂もパンツ見せる。良(よ)い?」

「はぁ?
お、おまえ一体何を言って―――」

「―――だ・か・ら・
アンタが見せてくれるなら、わたしのも見せてあげるって言ってる」

「何でおまえが俺のパンツ見たがるんだよ?」

「高坂と同じ理由かもね?」

「う、うそつけ
俺がやらないからって脅してるんだな?」

「さぁ?どうでしょうね」

「おまえ、ふざけるなよ………やってやるさ」

「っ………!」

流石の団子もこの時ばかりは驚いた顔で、茫然と俺のパンツを見ていた。
ほら、どうだ!ふん、これで俺の勝ちだ

クラスの奴等に笑われたのはシャクに障るが
団子の野郎が、大嘘吐きであいつらの仲間だって分かっただけでも
俺様の大勝利に違いなかった

―――その筈だった
698 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:04:14.68 ID:7ipQRA2L0

「よし、うん分かった。
ほら………今度は、高坂よく見る」

団子はズボンのベルトを外すと、一番上に止めてあったボタンも外した。


「ちょっと………待っ」

「ほら注目―――」



「―――このバカ野郎!
何、本当にズボンを降ろそうとしてるんだよ!!!!!」

俺はとっさに団子に飛びついて、こいつが降ろそうとしていたズボンを
―――そのズボンを、降ろそうとしていたこいつの両手もろとも無理矢理
思いっきり上に引っ張り上げた。

こいつの一連の行為がズボンを降ろす振り(ふ・り・)で
してなかったことは明らかだった。
何故なら、俺が団子の両手を握って引っ張りあげた時
その手の力のベクトルは確かに下の方向に向いていたからだ。

しかも教室の奴らには、角度的には見えてないかも知れないが、
俺には下着の生地の一部が色だけだが少しだけ見えていた。

「あれ?
見なくて良(よ)いの?
アンタはちゃんと見せてくれたのに、わたしはちゃんと約束は守るつもり」

「バカ野郎!おまえは女だろ!」

「高坂、いつも女子のスカートめくってるじゃん」

「今はクラスのほとんどの男共も見てるんだぞ!」

「高坂………顔真っ赤かだ」

「う、うるせぇ」

「何で、アンタが照れてる?
それにアンタが邪魔するから脱げなかったじゃん」

「と、とにかく………もういい」

「何が良(よ)い?」

「わ、分かったから
―――おまえの気持ちは分かったから、ズボン下げんなよ」


「高坂ってさ―――」

団子は俺に近づくと、ヒソヒソ話の要領で俺の耳元に―――………

「―――実は優しい」


………―――と言った。

699 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:05:33.97 ID:7ipQRA2L0

「う、うるさい!うるさい!」

「別にうるさくはない。わたしは小声で言ってる」

「………」

俺は絶句して、もう何も言えなかった。
目を逸らして教室の方を見るとクラスの奴らも静まり返っていた。

「とにかく高坂には約束守って貰う」

「へ?」

「だって、アンタが見せなくても良いって言ったんだから
今更、ナシとかはナシ」

「………く」

「高坂はちゃんと走る、わたし達はリレーで勝つ。
うちの組が優勝する、結果めでたし――めでたし」

「………くそ」

「あと、リレーの選手は練習あるから、ちゃんと来る。
良(よ)い?」

「ちいっ」

「返事聞こえない」

「あーあー」

俺は両耳を両手で押さえて、奇声を上げた。


「返事」

『ボキボキ』と関節を鳴らして団子が問いかけた。
悔しいが、今はこいつの言う事の方が正論だった。
賭けをして負けたのに約束を反故にするのは、俺様の流儀に反する。


「ちぃ分かったよ!やりゃ良いんだろやりゃ」

「うんうん、期待してる。
他のクラスには速いの多いからね。
わたしはアンタの逃げ足だけが頼りです♪」

こいつが周りの状況・雰囲気・流れ、
そんなの完全無視で、ニコニコと笑ってるのを見ていると、
俺は腹立つより呆れて、それ以上何か言うのが面倒くさくなってしまった。


―――本当にいつも、いつもそうだったんだ。

700 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:06:58.00 ID:7ipQRA2L0

「ちくしょう、ちくしょう!
あの団子のやろう、まんまと俺をハメやがって!」

「きょうちゃん、リレーの選手になったんだ、凄い凄い」


「マジで………最悪過ぎる」

「でもお団子ちゃん、結構な策士の女の子だね
わたし、ちょっと会ってみたいかも?」

「単なる変わり者なんだ、あいつ
―――俺にいつもちょっかいかけやがって、マジで腹立つ」

「きょうちゃんのことが好きなの………かもね?♪」

「じょ、冗談キツ過ぎる」

「全然………冗談じゃないよ」

「何で分かるの?」

「女のカン………かな?」

「そのカン大外れだよ、絶対
大体、女のカンって………適当過ぎる」

「適当じゃないよ
わたし、きょうちゃんの事なら何でも分かるもん」

「何で分かるの?
ってそれも女のカンで、以下無限ループで―――」


「―――わたしはね、きょうちゃん好きだから♪」


「なっ………」

「これは将来、大惨事が起きるかもね
お団子ちゃんと、わたしできょうちゃん取り合いかぁ
―――わたし、二人が付き合っても別れて欲しいとか言ったりして」


「ハァ
まったく………何をワケの分からないことを言ってるんだよ」


「とにかく大会の時はわたし、応援しに来るね
お団子ちゃんにも会ってみたいし、きょうちゃんの活躍も見たいし」


「こ、来なくて良いよ」

「お弁当作ってくるからね♪」

「何で、俺よりはしゃぐのさ?」


「あのね………きょうちゃん、よぉ〜く覚えておきなさい
女の子はね、自分が好きな男の子が頑張る姿にはしゃぐ生き物なんだよ」



―――そして、俺よりはしゃいでる女の子がもう一人居た。

701 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:08:35.78 ID:7ipQRA2L0

「わぁーお兄ちゃん、
リレーに出るのすごぉい、すごぉい」

「ふふ、クラスの奴らがどうしてもってお願いしやがったからな」

「えぇー?
そーなんだ………みんながおねがい したんだぁ!
みんなに、たよりにされてるんだねー」

「俺ってさ頼られたら、断れないからな
―――まったく、北関東を守護するハイエナは苦労が多いぜ」


「キリちゃん、ぜぇ〜たいっおうえんに行く♪」

「うん、でもその前に早く良くなれよ?
そしたら、俺様の超絶スペシャルな活躍が見られるからな!」

「うん!
はやく よくなって………ぜったいぃみにいく!」

「でもキリちゃんごめんな、
俺、その練習で放課後とかあんま来れなくなるかも」

「う、うん………………だいじょうぶだよ
―――でもぜったい、ぜったい一番になってね、お兄ちゃん♪」

「ああ、当日はキリちゃんの為に走ってやるからな」

「うん♪ぜったぁいやくそく!」


俺の妹は病気だ
物心ついた時から、ずっと入院していた。

だから両親は当然、俺の妹につきっきりで看病。
と言うよりも、家族の優先順位は常に妹の事で占められていた。

そして家族の中で、
―――何故か一番妹に懐かれてる俺は(たかだか小学生だが)
何を犠牲にしても、妹に会って看病したり、あやしたり、話し相手になったりした。


そう………俺には、あの羊共の様に群れたり連むダチは居なかった。
あの通り、学校では一匹ハイエナだし―――俺は孤高の存在なんだ。

別に、弱っちぃクラスの羊共と連みたくなんて無いから
それは別にどうでも良いが
でもあの団子だけが突っ掛かってくるから、話がややこしくなってる。

俺は入院生活で辛い思いをしている妹が少しでも喜んでくれたら嬉しいだけ。
出来ればその笑顔のまま、病気を乗り越えて欲しいと思っているだけだ。

だから現実の学校での俺様と、妹に今話してる俺に、
ちょっとばかりギャップが有ったって別に何の問題も無いさ。


それに学校ではあんな俺でも
家に帰れば、俺のことをちゃんと待っててくれる人が居る。

だから不平なんてない―――不満なんて無い。
俺はこのままで良い―――絶対に変わるつもりなんて無かったんだ。


「ほら、きょうちゃん、お紅茶煎れたから。それにお菓子もどうぞ」

「うん、有り難う」

『こんな私でいいの?
フローラさんみたいに女らしくないのに。』

『私は守ってもらうことしかできない女ですのよ。
それでも私を選んで下さるの?』


『なにしてるの?早く私を選びなさいよ。』

702 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:10:43.36 ID:7ipQRA2L0

「結構、きょうちゃんゲーム結構先まで進んだね。
きょうちゃんの人生最大の選択かな?」

「何か、滅茶苦茶………選びづれぇな」


『なんとこの私が好きと申すか!?
そ、それはいかん!もう1度考えてみなさい』

「ふふ………何回それやってるの?
もう、きょうちゃんったら♪」



"しかし選んだ花嫁にプロポーズせずここを出てゆけば
皆をがっかりさせることになるだろう"


―――逃げ出したくても"ルーラ"は肝心な時には使えないって事
と合わせて
何となくこの言葉が、その後 俺の心の中にずっと引っかかった。



俺の学校での生活は相変わらず
でも、前にもまして団子の奴が色々話しかけてきやがる。
ったく あの女、面倒くせぇったらありゃしねぇ。


いつもの様に、妹の見舞いを終えて帰ろうとしていると
何故か、団子が突き当たりの病室の前で困った顔をしていた。

俺は興味本位で、その様子をしばらく遠くから眺めていた。



団子が病室へ入っていった後、部屋から声が聞こえる。

「わし、薬とかいらんし飲まんからね」

「お爺さん………我が侭を言ったらいけませんよ。
これはお医者さまが―――」

「―――大体、医者なぞ病院なぞ来たくは無かったんじゃ」

どうやら、団子のじいさんが我が侭を言って、家族を困らせてるらしい。

何でだろう?
学校でいつもちょっかいをかけられていたから
その意趣返しのつもりだったのか?
それとも別の理由だったのか?

大好きな祖父母のことを思い出しながら
俺は本当に何の躊躇もなく、病室の入り口から団子に挨拶した。


「よっ!
こんな所で会うなんて随分奇遇じゃねぇか?」


703 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:11:43.28 ID:7ipQRA2L0

「誰じゃ、この小僧は?」

「こ、高坂――アンタ、ここで何してる?」

「何じゃ、わしの孫娘の友達か
とにかく、わしの可愛い孫はおまえにはやらんぞ」

このじいさんは陽気なタイプのようだ。
こういうじじいの転がし方は、大体分かっている。

「お爺さん、そう言わず是非、僕にください
絶対に幸せにしますから」

「小僧、マジか?」

「嘘だよ、じいさん」

「クク………面白い坊主じゃな。茶でも飲んでくかい?」

「おう、玉露で良いよ」

全くの他人で初対面にかかわらず
俺とじいさんは、普通にうち解けて茶を飲んで世間話をした。


「じいさん、何だから知らねぇが薬は飲んだ方が良いと思う」

「だって苦いし不味いし、嫌じゃ」

子供か、このじじい


「じゃ、勝負しねぇか?じいさん
将棋やって、俺が勝ったら素直にじいさんは薬を飲む」

病室の机に置いてあった将棋盤を指差しながら、俺は言った。

「小僧が負けたら、どうするんじゃ?
わし、薬飲まされるだけの勝負とか受けるつもりはないぞ」

「団子と―――じいさんの孫と結婚するのは
泣く泣く諦める」

「ほう………気に入った、よし勝負じゃ!
でもわし強いからハンデをやろうかのう」

「そんなのいらないぜ」

「―――ふむ、その意気潔し!! 」

「いざ………尋常に」

「「お願いします」」

俺は自慢じゃないが、ガキにしては結構 将棋強い方だと思っていた。
でもこのじじい、とぼけてる割りに滅茶苦茶強い。

「ほらほら、どうした王手、飛車取りじゃぞ」

こんな所にノコノコやってきてボロ負けしちゃ
俺の格好つかねぇんだよ。

………………………!


まぁ………このじいさんなら洒落は分かるよな

704 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:13:05.63 ID:7ipQRA2L0

「あっ、じいさん………窓、窓にUFO!!!」

「え?!
何処じゃ?何処にも見えんぞ」

―――この隙に将棋盤をそっくりひっくり返して


「あれ?どうやら俺の勝ちみたいだぞ」

「あーわし負けとる」

「いや、良い勝負だったぜ」

俺は、団子と団子のおばあさんにウインクして、
じいさんに見えない様にピースサインを出した。

「わたしが優勢だった筈なんじゃが、何でかのう」

本当にボケてないだろうな?
………このじじい

「とにかく、約束守って貰うぜ」

「しょうがないのう」

じいさんは約束通り、薬を飲んでくれた。


「じいさん、早く良くなれよ」

「うむ、また遊びにおいで」



「高坂、あんがと
うちのおじいちゃんって頑固だから、本当に助かった」

「俺は、年寄りあしらいはプロ級なんだぜ
暇なら、また茶でもご馳走になるわ
んじゃ、帰るわ―――」

「―――あの高坂………」

「アディオス!」

「ちょっと待ってくれる?」

「な、何だよ?」

「アンタさ、お菓子好き?」

「おまえんち、菓子屋だったのかよ。
マジでイイよな、菓子食い放題でさ………羨ましいぜ」

その後、俺は何故かこいつに連れられて団子の家に案内された。
考えてみりゃ、俺って女の子の家なんて上がったことなかったな。
つーか、友達の家なんて随分行ったこと無かった。


「わたしの予想通りの高坂らしい発想
でもわたしは和菓子よりも、洋菓子の方が好き」

「おいおい………おまえ酷いな
それでも和菓子屋の娘かよ?」

「ふふ
だったらアンタ、ここの子になる?」


「毎日、菓子食えるなら結構良いな、それ」

705 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:14:16.39 ID:7ipQRA2L0

「ふぅん
本当に美味しそうに食べてる
お茶飲んで、お菓子食べてる姿がうちのおじいちゃんにそっくり」

「あんま嬉しくねぇな、それ
ところで、物陰に隠れてるガキに、俺、睨まれてるんだけど?」

「あれはね………わたしの弟。こら、挨拶は?」

「逃げやがった。
おいおい、躾けと教育がなってねぇぞ………ここの家は」

「アンタがそれ言う?」

「そりゃ………そうだな」



  『アハハハ』  『クク……フハハ』


その後、俺らは何が面白いのかも分からず
ずっと二人でクスクス笑っていた。


俺がこんなに無邪気に笑ったのは―――………

"姉ちゃん"や妹と話してる時以外で、

………―――俺がこんなに笑ったのは、どれくらい前だっただろう?


「高坂の妹って入院してるね?」

「何で知ってるんだよ?」

「だって、うちのおじいちゃんも入院してるから
アンタって妹のお見舞いに何度も――何度も行ってる」

「おまえ 見てたのかよ………?」


「ちゃんとお兄ちゃんしてて偉い。
アンタが早退したり、学校来なかったりする原因って
やっぱり―――」


ああ………そっか。
だからこいつは、そんな俺に同情してただけ だったのか。

何故だか、俺はさっき一緒に笑っていた自分が無性に恥ずかしくなった。


「別に、そんなんじゃねぇよ」

「わたし、高坂と走るの楽しみにしてる
アンタがスカートめくって逃げるのを追っかけるよりは
バトンを渡す方が絶対に良(よ)いよ。
うんうん♪」

「………あっそ」


「何?
高坂、どうかした?」

「俺、帰るから」

「ちょっと待って―――」

団子が何か言うのも聞かずに
俺はなるべく早く、この場から立ち去ろうと駆けて外に飛び出した。

俺は一体、これ以上………この親切なクラスメートに何を期待してたんだよ?
こいつは他の奴らとは違う。
それで―――それだけで、もう充分じゃねぇか?

706 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:16:10.30 ID:7ipQRA2L0

無性に姉ちゃんが恋しくなって、
俺は脇目もふらずに家路に向かって出鱈目に走った。


俺は思った。
―――あのドアを開けたら、またいつもの俺に戻れるんだ


「ハァハァハァ………もうっ高坂!
―――だから、わたし ちょっと待ってって言ったでしょうに」


「な、な、何で、
おまえは………俺の家の目の前まで追っかけてくるんだよ?!」

「挨拶」

「あ、挨拶………?」

「忘れてる」

「え?」


「高坂、またね」


「お、おまえ………」


「高坂、リレー頑張ろう」

「………」

「返事」

「あ、ああ………やろうぜ!」


夕陽に照らされた、こいつの顔を見ていると
何故か、ポカポカと暖かくて懐かしい気分になって
俺は何の気も衒わず―――本当に素直な気持ちになって、そう答えていた。


「高坂、アディオス♪」

とニッコリ笑って団子がそう言ったかと思うと
まるで背中から羽根でも生えてるみたいに
本当につむじ風の様に―――団子は俺の視界から消えていった。


気付くと俺は
いつまでも――いつまでも、団子が見えなくなっても手を振っていた。



あーあ、俺って何………青春してんだか


その時、俺の頭の中で
何故か、ゲームの場面が再生される。

『きまったわ!
今日からあなたはチロルよ!』


北関東のハイエナだろうが、"地獄の殺し屋"だろうが
―――こうなっちまったら、もう形無しだ。

「………………………ったくよ」

―――本当に、最近の俺ってバカみたいだ


俺はそう自嘲しながら、もう暫くの間
―――団子が居なくなった路地を、家のドアの前で
ずっと――ずっと、見つめていた。
707 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/24(金) 23:21:53.42 ID:7ipQRA2L0
おわり


切りが良いのでここで一端切り
クリックするのに疲れた
708 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/24(金) 23:25:41.09 ID:LAGq4+Mbo
>>707
大分県と熊本県の県境に、『一目山(ひとめやま)』という標高1,287.4mの山があるけど
京介はその山へ走って逃げたわけね。うん、わかるわかる
709 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/24(金) 23:53:53.88 ID:r3ljB4gHP
>>707
乙、といって言いのどうかはわからんがとりあえず乙
感想は全編投下後にでも
710 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/25(土) 00:34:42.53 ID:2V71of5so
>>707
秋美じゃないとはそれはそれで。
711 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/25(土) 14:43:14.42 ID:uXoIyhvDO
>>707
これ『俺妹』でやる意味あんのか?
712 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/25(土) 14:49:31.86 ID:HY6A6iOho
長くなるならスレ立ててくれ
713 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/25(土) 16:08:01.04 ID:xkTE+OVn0
>>707
過疎っている所に投下されたから有難く頂くけど
長くなりそうだしオリキャラも出て来るから個スレ
を立てた方が良いね
714 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/25(土) 21:08:51.87 ID:K4SosQjuo
一文字違うだけで大違いっていうSS

―その1―

京介「あれ? 二人ともどっか出かけるのか?」

桐乃「うん。包丁が錆びちゃったから、新しいの買いにホームセンターまで」

京介「なんだそうか。……あやせはその付き添いってわけか」

あやせ「いいえ。わたしは、盲腸が膿んじゃったので病院へ」

京介「だったらとっとと行けよ! 脂汗流してなに笑ってんだよ!」

―その2―

京介「あやせは俺の天使だ! 大好きだ!」

あやせ「本当ですか!? わたしもお兄さんが大介です!」

親父「呼んだか?」

―その3―

桐乃「ねえ。先週あたしがフリマで買ったヤツ知らない?」

京介「おまえのブルマなら俺が穿いてるぞ」


……不作でごめん
715 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/26(日) 01:11:19.37 ID:vPs0BN+70
読み飛ばして貰って良い、出来れば読んで欲しい前書き
アレで厄介な人はむしろ読み飛ばしてくれ


確かにここで何度もクリックするのが苦痛なんで
その行為をディスられても御自らまとめにあげとく

個人的に
アニメは麻奈実が流石に出なさすぎ
幼馴染みの髪型はシニヨンに限る件
麻奈実の名前は麻奈美でも魔名魅でもないのでネタにした
けいおんはあんま知らんが"高坂"の呼び方は律ちゃんな感じ
原作では一応まだ大本命と思ってる


以上


716 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/26(日) 01:33:13.08 ID:scGaDfdho
717 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/26(日) 04:35:28.14 ID:DOdNFTINo

ほんとに意味がわからない
718 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/26(日) 05:17:26.47 ID:sf1yn6YeO
なにを言ってるのか割とマジでわかんないけど、地味子は11巻からある意味活躍するからええやん
719 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/26(日) 07:09:35.17 ID:Hrpas3tAO
前書きだけ書いて寝落ちとか…新しいな!
720 : ◆36m41V4qpU [sage saga]:2013/05/26(日) 09:43:14.34 ID:vPs0BN+70
ってか反応欲しくて自演する人もいる中で
特に求めてないのに(断り書きも有るのに)
わざわざ色々反応してくれて、やっぱり特に何の感慨もない

前書きだけ書いて寝落ちって
まとめに書いたってのは完全にスルーなのか
または、ここで全部書くべきって意見なのか知らんが

ttp://www43.atwiki.jp/vip_oreimo/pages/618.html
ttp://www43.atwiki.jp/vip_oreimo/pages/619.html


麻奈実を書き終わったら
次は原作で、個人的にもう一方の大本命と思う黒にゃんを書くのが良さげ
本当は黒猫好きな人がもっと書けば良いと思うけど







721 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/26(日) 10:57:53.86 ID:hV4Sd7dNo
>>720
前書きって書いてあって読み飛ばしていいよって言われて、読み飛ばすところにまとめに落としましたって書かれてても
投下あるんだなーとは思うがそれは
投下あると思えば投下終了まではおとなしくしようとマナーだと思うのです

で、読んでみたんだが、姉のキャラがよくつかめない。1話目抜きにして読むと幼少期ifとしておもしろいんだが、
1話目入れると話の前後がどうもしっくりこない
722 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/26(日) 15:19:04.90 ID:Hrpas3tAO
>>720
>>721が言ってくれた通り
読み飛ばしていいとあるその先に、まとめに直接投稿した旨が書いてあってもわかりづらいってのww

読みやすかったし、先が気になるが、俺妹のプレストーリーとしてしっくりくる帰結になるかは今のところ疑問
…ということで掴みは上手くいってると思う。
ここからどんなジャイアントスイングをして本編に繋がる体裁を整えるのか期待。
723 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 23:03:01.01 ID:ys2LUs/ro

あやせ「何だかとっても静かな夜ですね」

京介「……」

あやせ「そろそろ防腐剤を買ってこないと……」

京介「……」
724 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 23:59:38.02 ID:uKsgyNX2o
>>723
怖すぎ乙
725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/02(日) 01:02:26.86 ID:ahwulAWn0
>>723
怖いってば!
726 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/02(日) 11:15:24.35 ID:8fb/uWsDO
>>723
ブハァ!(;゚∀゚)∴∵
いきなり強烈だな!!ww
727 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/02(日) 11:41:53.43 ID:uoWw35az0

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ハッピーエンド

発売日 : 2013年9月26日
●メーカー : バンダイナムコゲームス
●機種 : PS3
●ジャンル : SLG
●価格 : 7,480円
●年齢区分 :

待ち遠しすぎる!!!
728 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/02(日) 22:03:52.73 ID:8fb/uWsDO
>>727
あれでもこれ、妹アイドルをプロデュースしよう!ってゲームだろ?
楽しみか?
729 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/03(月) 12:56:56.80 ID:EjC4uFIG0
>>728
同意
どれだけ需要があるか疑問だし9月までもつのか?
730 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/03(月) 13:18:52.88 ID:pbTSE/DxP
あまりに時期が微妙なので、スピンオフ的なものが出る可能性が微レ存?
731 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 02:10:10.73 ID:oie/Pl4Io
>>723
嫌いじゃないww
732 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 11:27:13.92 ID:HW/OO4FN0
>>730
それはゲームに合わせてラノベが出るってコト?(期待)
733 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/04(火) 21:04:54.26 ID:C2PoVmKyo
『それぞれの想い』

○桐乃編

桐乃「ねえ、クッキー焼いてみたんだけど……」

京介「おまえが? へー、けっこう上手くできてるじゃねえか」

桐乃「味、どうかな? ちょっと失敗しちゃったかもなんだけど」

京介「うーん、もう少し甘くてもいいかな……」

桐乃「あたしも少し甘みが足りないかなと思ったんだよね」

京介「でも、俺はこの味好きだよ」

桐乃「ありがと。……やさしいんだね」

京介「なんか言ったか?」

桐乃「ううん。(よし! もっと練習しなきゃ!)」

○黒猫編

黒猫「先輩? 何だか眠たそうな顔だけれど……」

京介「もうすぐおまえの誕生日だろ」

黒猫「……それが、どうかしたのかしら?」

京介「いや、何を贈ったらおまえが喜んでくれるかなって、な」

黒猫「……まさか、それを考えて寝不足になったとか?」

京介「うるせえよ。俺も初めてだからいろいろ考えちまうんだよ」

黒猫「ありがとう。……やさしいのね、先輩って」

京介「なんか言ったか?」

黒猫「……。(私は、先輩がそばにいてくれるだけでいいのよ)」

○あやせ編

あやせ「いけない、もうこんな時間……。お母さんが帰ってきちゃう!」

京介「……」

あやせ「どうしたら……どうしたらいいのかしら……」

京介「……」

あやせ「せーの! よいしょ!(お、重い……)」

京介「……」
734 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 21:43:54.09 ID:VPiXhYGAO
あやせ編一行目でオチ余裕でしたwwww


近頃メガネ子を見なくなったなー…ラスボスなのに存在感がいまいち…
と思ってたらバレスレで躍進?していた件
735 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/04(火) 21:55:36.81 ID:v+nCpJMg0
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21027555
ジャージの黒猫
736 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/04(火) 22:29:57.12 ID:TO+9aXMMo
>>733
乙ww
あやせさんの通常運転ぶりwwwwww
737 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/05(水) 00:44:03.46 ID:mAPvBQ2i0
「オレイモロンパ」

青い空、白い雲・・漂う熱気、溢れかえる人々。
観光地として有名な秋葉原のコミケに遊びに来た
高坂一同であったが、制作者の都合によってコミケに閉じ込められてしまう。
コミケの脱出を条件に、高坂一同はアイシアイ、そして婚約者を決定する結婚裁判を強いられる。
ハイスピードでテンポよく展開する結婚裁判は、
デートパートで集めた言質や証拠を弾丸としてトリガーにセットし、
相手の主張の矛盾を打ち抜くことで進行していく。

渦巻く策略。飛び交う罵声。極限状態の中、進化した結婚裁判が始まる。


登場人物

@超高校級のシスコン

 高坂京介

 本作の主人公

A超高校級のブラコン

 高坂桐乃

B超高校級のデザイナー

 御鏡光輝

C超高校級のお嬢様
 
 槇島沙織

D超高校級の中二病患者

 黒猫

E超高校級のヤンデレ
 
 新垣あやせ

F超高校級のメルル

 来栖加奈子

G超高校級のシスコンその2

 赤城浩平

H超高校級の腐女子

 赤城瀬菜

I超高校級の小説家

 来栖彼方

J超高校級のランナー

 リア・ハグリィ

K超高校級の幼馴染

 田村 麻奈実

L超高校級の変態

 三浦 弦之介

20XX年4月1日 5980円 発売予定

お見逃しなく!
738 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/05(水) 01:45:08.42 ID:wDYEvkoto
>>737
秋葉原のコミケ?
739 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/06(木) 22:19:25.04 ID:w5BaKfKgo

『運命の日』

あやせ「明日が来ませんように。明日が来ませんように……」

京介「……どうしたあやせ? 呪いの呪文か?」

あやせ「お兄さんは、明日がどんな日か知ってて言ってるんですか?」

京介「明日といやあ、例の本が発売される日じゃねえか」

あやせ「そうなんです。ついに運命の日が来てしまったんですよ」

京介「やっぱ、新しく登場した常盤さんがこれからのキーパーソンだよな」

あやせ「は? 常盤さん……ですか?」

京介「そうだよ。でもさ、仲村さんと佐伯さんはどうなったんだろ」

あやせ「あの、何のお話をしてるんですか?」

京介「何って、明日発売される『悪の華 8巻』に決まってるじゃねえか」

あやせ「……」

京介「あれ? もしかして、あやせは何か勘違いしてんじゃねえのか」

あやせ「どういうことですか?」

京介「あやせが言ってるのは、多分あの本のことだと思うけどさ……」

あやせ「そうじゃないんですか?」

京介「あやせだから正直にいうけど、実は俺、8巻までしか読んでない」

あやせ「8巻って……随分と前じゃないですか」

京介「まあな」

あやせ「それでよく平気な顔してSSなんか書いてましたね」

京介「それはさ、俺にとってあやせは……」

あやせ「お兄さんにとって、わたしは……何なんですか?」

京介「俺にとってあやせは……」

あやせ「お兄さんにとって、わたしは……。その先を聞かせてください。刺しちゃいますよ」

京介「俺にとってあやせは、天使なんだよ……って、少し刺さってるじゃねえか」

あやせ「ご、ごめんなさい! 嬉しくてつい」

京介「おまえは、嬉しいと人を刺すのかよ!」

あやせ「大丈夫です、少ししか刺さっていませんから。……でも、本当に嬉しいです」

京介「あの本の結末がどうなろうとも、俺はあやせ一筋だから心配すんな」

あやせ「わたし、お兄さんを信じています」

京介「ありがとな……って、刺すなよ!」

あやせ「じゃあ、お兄さんとわたしのSSもずっと続くんですね?」

京介「その件に関して言えば、常盤さんがどうでるかにかかってる」


ししまい
740 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/07(金) 00:17:00.28 ID:BHJhPpWDO
最終巻ネタバレが出回り始めたな
スレを開くのが怖い
741 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/08(土) 00:43:09.59 ID:o5PlWjeEo
いやーバッサリいったねえ
742 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/08(土) 01:06:58.48 ID:GHi9JC0bo
日付が変わる前から読みだして今読み終わったんだが、これで終わりかー
俺妹を読み始めたきっかけが思い出せないが、好きな作品が終わるって淋しいな

久々に俺妹で書きたいがネタが浮かばない
しばらくは読み返してネタ考えるかな
743 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/08(土) 13:33:01.02 ID:4Z0yMboso
草津温泉に黒猫を探しに行った兄妹がいつの間にかザスパ草津のサポーターに…

無理か
744 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 01:57:31.57 ID:q5gD/IIAO
SS増えるかなーと思ったがそんなことはなかったぜ(´・ω・`)
745 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 02:13:01.74 ID:eYCN+4y+o
なあ >>744さん、昨日、個スレのひとつが消滅したな
何か感想はないかね? 俺はあるんじゃないかとお見受けしたが
勘違いだったらスマン
746 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 02:28:01.51 ID:q5gD/IIAO
>>745
そのうちまた性懲りもなく立つんじゃないかなぁ
と思うます

ここに投下するより個スレを立てて、と推奨されるようなスタイルでしか書かないなら
書く→投下→書けない→投下なし→期限切れで落ちる→立て直し
という見苦しいサイクルにならざるを…
747 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 09:02:06.02 ID:a0w8EvBDO
貴重なかな子スレ落ちちゃったのか、残念
748 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 09:08:04.48 ID:ONXuDMV+0
アレ作者が望んだ結末らしいけど俺的にはスゲー後味悪かった
ふさたんの過去作に比べてもダントツの後味の悪さだね

SSもまた盛り上がってくれる事を望んだけどアレじゃ無理だ
8巻あたりまでは現実世界にもありそうな展開だったけど
最期は腐れSFになっちまった

京介が誰も選ばないっていう結末が誰からも支持されると
思ったのかも知れないが批判はあっても桐乃以外の誰かを
選ぶべきだったんじゃないかね
749 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/09(日) 10:03:05.00 ID:6sC/2XXfo
いや、桐乃を選んでもいいんだろうけど、あんなママゴトみたいな軽い近親愛に持っていくと興醒めだな

散々黒猫好きだとか言っておきながら、他の娘からの告白を断りながら、期間限定で普通に戻るとか、なんか愛と言うものが軽過ぎるんじゃないか?

桐乃で〆としても、もっとやり方があっただろうに
750 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 11:40:55.80 ID:w9Q9hmyDO
>>748
小説のタイトル嫁。

桐乃一択しかねーよ。

SSはあらゆるCPありだけど。
751 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/09(日) 13:48:02.04 ID:/vzSWiHE0
フランス書院に行かずに済ますにはアレしかなかったんじゃない?

個人的には一番大切なもののためにがむしゃらに頑張る!みたいな「らしい」京介さんを見たかったけど。
752 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 15:09:39.36 ID:q5gD/IIAO
最終巻で描かれてない「こういうのが見たかった」が噴出すれば
SSに繋がる気運も高まりそうなものだけど

自分なんかは
最終巻が出た、で一編
最終巻の中身を踏まえて一編
最終巻の予想されるその後を絡めて一編
書きたくなるくらいには刺激的だった

問題は…それを全て単一の独自京介視点からしか書けそうにないってところが
自らハードルを上げ門戸を狭めているってことかな


>>751
対峙・説得までいくと、
がむしゃらに…どうすりゃいいの?っていう京介のらしさを活かせない状況に陥りそうだったからでない?
メタな意見だけど、
その限界は京介も何巻か前に自覚してた憶えがある
753 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/09(日) 15:36:40.49 ID:/vzSWiHE0
>>752
それでもあの兄貴なら……と、思わずにはいられないんだよなww
まあ無理ですよね。

メタな視点で行くと「タイトル詐欺を回避したかっただけじゃねーか?」とか思わなくもない。
754 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 18:22:27.80 ID:ONXuDMV+0
>>750
おまいの言いたい事は解る
俺は桐乃以外の誰かとくっ付いた上でエロゲ上等の桐乃を俯瞰する
京介の台詞としてのタイトルであって欲しかった訳よ

>>749も言っているけど薄っぺらな近親愛に持って行ったからみんな
不満に思っているんじゃねぇの?

何か1期アニメ化が決まってからメディアミックスが酷くなってさ
それぞれの望む結末はゲームや円盤の特典小説でどうぞみたいな
ところが気に食わないのさ
755 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 19:02:08.24 ID:w9Q9hmyDO
>>754
なるほどな。
しかし俺は今祭り真っ最中の桐乃スレ住民なんでなww
もはやあの終わりからの考察で大盛り上がりなのさww

不満?あるわけないだろ大勝利だww
756 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/09(日) 19:20:33.94 ID:Ng8PYky40
原作のままでいくと
まだサークルで仲良くしている

桐乃と京介の現状を報告(もしくは悟られる)

黒猫さん再び加熱(もしくは新加入メンバーor沙織さんと・・)

桐乃ちゃん 嫉妬で暴走(兄妹なんだからいいでしょって色々と・・

っていつもどおりののりになりそうな気もしなくもないかなー
757 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 19:47:29.00 ID:yks6Ug0wo
恋愛やり始めたあたりから覚めた目で見てた
758 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 19:48:17.51 ID:q5gD/IIAO
京介は心を決めたわけだし、よほどの波乱がないと
他ヒロインからちょっかい出してきたり桐乃が妬いたりは…なさげじゃね?


今頃ふさ三木はホクホクなのかとと思うとちょっとイラつくがwwww

本スレをはじめ各所で反響大きく盛り上がってるのは悪くないよねって

……黒猫派麻奈実派と当人はそっとしとくよりほかねーのかしらと、
雑な言い方をすれば同情を禁じ得ない
759 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 20:45:20.27 ID:ONXuDMV+0
>>756
それやっていると終わらなくなるwww

>>758
俺麻奈実派だからスゲー凹んでる
10巻11巻で思わせぶりな展開にしやっがて…
760 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 20:49:52.22 ID:T+jaiTx7o
サブの可能性は徹底的に叩き折られたからなあ
761 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 20:56:22.92 ID:q5gD/IIAO
>>759
頑張ったんだけどな…
いわゆるラスボスとしてだけじゃなく、
京介の未来と幸福を思うヒロインとして破格だった
報われなかったのは痛ましい

その渦巻く情念をSSにして麻奈実派を励ますよろし
762 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/09(日) 21:39:39.97 ID:Ng8PYky40
そういえば あやせが 黒猫の
冬コミ参加する話とかも
サイドストーリー的なのでするのかな?
763 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/09(日) 21:57:22.09 ID:eYCN+4y+o
あやせと冬コミって、なんかイメージしずらいな
それよりも地元のフリーマーケットかなんかで爺さん達に混じって
古武器でも売ってた方が似合うような…

ミニスカ穿いて正座して、可愛い顔なのに眉間にしわ寄せて
肩からポシェットを斜めに掛けて、「お客さん、その鎖鎌はとってもよく切れますよ」
みたいな感じで
764 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/09(日) 22:09:46.71 ID:Rn9Pjcr00
表紙が二人とも後ろ向きなのは
内容もそうって暗喩だったんだな
近親なら近親で良いからもっと
どぎつくて誤魔化さない方が良かった



765 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/09(日) 23:23:26.59 ID:ONXuDMV+0
>>764
児ポ云々があるから近親はダメだろ?
12巻の内容だってマズイと思うぜ
アニメ化したってその辺りはバッサリ切られるよ
766 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 02:18:05.63 ID:OhxS/Bo+o
やっぱり「隠れオタクなリア充妹と世話焼きな兄貴」っていう設定がベースで、
そのネタを使い果たした時点で作品としては終わってた。
そこから恋愛やらハーレム化やらで延命して、妹だけ兄の恋愛蚊帳の外にするわけにいかず、
近親ルートひた進んで、いろいろブレた挙句に収束のためのこの終わり方。
うーんこの
767 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 06:25:06.62 ID:xhGPJBCP0
桐乃の留学の時アンケートはがきで読者の意見聞いた事があったが
今思えばあの頃からおかしな方向にブレちまったんだな
三木も斬新な方法だと思ったんだろうが糞な選択だったよ
768 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 12:15:12.63 ID:I1WSE9m10
>>766
まったくその通りだよな

「ねこシス」も「13番目のアリス」もガッツリ恋愛に行かず
ドタバタ風味を残しているのがふさたんの持ち味だったのに
恋愛に持って行くとこうもダメになるのか…

次回作は…



あんまり期待出来ねぇな
769 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 16:27:29.59 ID:plTq1SHr0
>>766
まさにそんな感じ
桐乃が「京介」と呼ぶようになった辺りで色々キツかった…

あと、京介にはヲタ化してほしくなかったな
極端なヲタの行動を非ヲタの視点から見てるから滑稽で面白いし、感情移入できるのであって、
ゲー研とかコミケとかがっつり参加されるとすごく内輪な感じになってしまったな。
770 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 17:48:08.40 ID:I1WSE9m10
>>769
同意

本当はここSSスレなんだが心の整理がつくまでしばらく愚痴ろうぜ
771 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 18:25:16.55 ID:EatLOGRTo
やっぱり4巻までだよなぁ面白かったのは。
ダブルヒロイン()とか言い出してから駄目になった。
772 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 18:39:00.50 ID:VNZhtiiYo
2期始まればSS増えるとは何だったのか?
773 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/10(月) 18:55:18.30 ID:xQmYpeE+0
最期まで何故京介が恋愛的に桐乃が好きか謎エンド
途中で語り部とか言い出してるのも言い訳がましい
結局このエンドにするなら8巻でケリつけるべきだった
何よりも無意味に参戦したあやせたんがカワイソス
774 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/10(月) 19:05:55.92 ID:IypGqws00
きりりん→京介 わかる
京介→きりりん !!!???
775 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 19:08:14.62 ID:pT9Jlnpp0
ふさは三木に殺されたも同然
776 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 19:12:22.89 ID:Jsf61lfzP
お前らその想いをSSにぶつけろよ
777 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 19:43:10.45 ID:pT9Jlnpp0
>>776
すまん心が折れたわ

今まで書き溜めた物も12巻発売後の構想も
もうどうでもよくなって全部処分した
778 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/10(月) 19:46:45.68 ID:IypGqws00
>>777
理不尽なキャラ改変の被害者たちを救済してください。お願いします。俺には書けないんです。
779 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 19:54:13.13 ID:RFVT+CWAO
十人十色である。
ttp://n2.upup.be/zm5QzppFBl

>>778
リクエストしてみれば…?
780 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 19:54:45.54 ID:pT9Jlnpp0
>>778
すまん当分書けないと思う
今にして思えばこんな糞エンドを迎える前に出しておけば良かった
781 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 21:47:29.73 ID:8dJWo+z+0
「ツンデレブラコンの妹が兄貴を攻略するストーリー」だったと考えれば糞エンドではないだろう
782 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 22:41:36.73 ID:WWcBXU7PO
どう読んでも近親になるフラグや伏線は沢山散りばめられていただろうに…
783 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/10(月) 23:20:32.92 ID:X0Qk7TOlo
近親はもっと世間体と背徳感に怯えながらコソコソドロドロした関係になるか、
法律も何もかも突き抜けて開き直るかのどっちかでないと面白く無い気がするんだよな

他のヒロインを切ってもう逃げない的なこと言ってる一方で、
予防線張りながら最後にキスして帰ったら人生相談とか、
結局ぬるま湯のモラトリアムみたいな関係を桐乃とだけは続けるのかよって感じで
非常にモヤモヤする
784 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 01:00:56.71 ID:HfMr2eOgo
>>782
近親ぽさを匂わせて、でも一線は引いてますてのが俺妹らしさだったと思うのよ
一線は越えないだろうという信頼みたいなものがあるから匂わせる部分を純粋に楽しめてた
最後にうっちゃりをかますなら、いままでの匂わせてた部分はフラグでも伏線でもなんでもなくただの転覆でしかない
785 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 01:06:30.13 ID:IBWVXKDGP
もうそんなに愚痴愚痴いうなら俺の考えたさいこーの俺妹投下してくれよ
なんかSSきたかと期待してきた俺がバカみたいじゃないか
786 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 01:10:16.83 ID:waW1UDNDO
俺のイメージと違う!

じゃあSSで書けよ

書く気失せたから^^
787 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 03:33:01.34 ID:sQXKEuyrO
>>784
匂わせてたってことはするってことなんだよ
その時点で読むのを辞めなかった方が文盲なんだ
788 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 07:00:21.14 ID:RuosRKWN0
あ〜あ
ふさ三木のせいでスレが荒れちゃった

全部見ている訳じゃないけど他もこんな感じなのかい?
789 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 09:58:59.54 ID:j/ciY1KDO
>>788
いや。
桐乃スレは普通に祭り。
5日目突入ww
黒猫スレは普通にお通夜。
5日間泣き通しww
790 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 10:12:53.41 ID:euqNEz8g0
>>789
サンクス

麻奈実スレが意味不明になっているのは確認したww
791 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/11(火) 10:43:34.54 ID:Ef5ugxjC0
>>789
黒猫エンドをやらかした並行世界のスレも観測してみたいなww(勿論本編も)
792 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 10:57:12.56 ID:tcIBvsVpo
なおアニメスレは完全に原作スレと化している模様
793 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 11:35:33.88 ID:924V7DTYO
悲しいのは、黒猫スレで未だに
まだ黒猫に目がある!とか
アニメでは黒猫ルート!とか
原作は桐乃との恋愛はふっきれて完全に兄妹に戻ったから黒猫勝利!とか
これから黒猫に告白する後日談が出る!とか
言ってる黒猫派が結構居て泣く
794 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 12:10:35.24 ID:evDbU/rU0
>>787
どうでもいいけど、匂わせてる事をちゃんと把握してるなら文盲じゃないのでは?
それをフラグや伏線と認めるかどうかの認識の違いが争点なんだから。
むしろ>>784の文章を理解できてない>>787が文盲くさい
795 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 12:11:57.61 ID:evDbU/rU0
>>793
黒猫推しが幅を利かせたのが作品壊れた原因なのになww
796 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 12:18:45.08 ID:21Au3HQ1o
仲間内から犯罪者まで出してしまった桐乃信者は、やはり言うことが違うね
797 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 12:30:41.66 ID:euqNEz8g0
>>793 >>795
その黒猫推しの原因を作ったのは桐乃留学の時
原作本についていたアンケートはがきだよな

三木の発案だと聞いた事があるが作者に読者の
顔色を窺わせるような下品な手法を使った事が
すべての敗因だと思う
798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 12:45:35.19 ID:wIQYlxbmO
実際の評判なんて信者目線じゃない外部の板のスレでの反応や最終巻が発売されたっていうのに投稿ひとつない現状でお察しよ
799 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 12:55:14.87 ID:YFw1cJPAO
SSスレで黒桐闘争するよりは
希望を文章化したりあるいは要望したほうが建設的ジャマイカ

まぁ、確かに、各キャラスレには良くも悪くも読むべきところがあるけど

二次創作の基本的な利点って、原作の全部を認め踏まえる必要はない事だし
この要素はとる。その要素は除く。
あの設定は活かす。どれそれの展開は改変する。
原作で腑に落ちない、不満な箇所を取っ払いーの、
より自然な、妥当な…または単に自分が見たい話に置き換える。
なにも難しいことなんてなかろうなのだぁ〜

※ただし原理主義者はその限りでない
800 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/11(火) 16:25:37.08 ID:eNTzNEEC0
小ネタ:昼下がり


桐乃「ねえ、ちょっと良い?」

京介「……zzz」

桐乃「……寝てるし」

桐乃「おーい」

京介「んー……」

京介(咄嗟に寝た振りをしたけど、どうすっかな)

桐乃「折角新作のエロゲー持ってきたのに、むっかつくなあ」

京介「……」

京介(またかよ! つい一週間前も持ってきたじゃねえか!)

桐乃「……本当に寝てるよね?」

京介「……」

京介(な、なんだ。 桐乃が近づいてきた?)

桐乃「……よし」

桐乃「疲れてたのかなあ」ツンツン

京介(何してんだ桐乃の奴! 俺の頬を突付いてるのか!?)

桐乃「……いつもありがとね」

京介(やべえ、これ聞いちゃって良いのかな)

桐乃「兄貴ぃ……」

京介(だ、抱きついてきやがった……)

桐乃「……うう」

京介(良い匂いするな、こいつ……って何考えてるんだよ俺は!)

桐乃「もう少し素直になれればなぁ」

京介(……桐乃)

桐乃「いつもごめんね、ありがとね」

京介「……おう」

桐乃「……へ?」
801 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/11(火) 16:26:12.01 ID:eNTzNEEC0
京介「……えっと」

桐乃「な、なななな! 起きてたの!?」

京介「……い、いや。 今起きたところだ」

桐乃「……っ!」

桐乃「もしかして……き、聞いてた?」

京介「いいや、俺は何も聞いて無い」

桐乃「……そ、そう」

京介「それより、なんか用事だったか?」

桐乃「用事って程でも無いけど……ほら、あんたが楽しみにしてた新作エロゲー」

京介「別に俺は楽しみにはしてねえけど!?」

桐乃「本当はやりたかった癖に、見栄張っちゃって」

桐乃「これ貸してあげるから、感謝しなさいよね」

京介「はいはい、やっときゃ良いんだろ?」

桐乃「次の休みまでにコンプしておくこと! これ絶対だかんね」

京介「へいへーい」

桐乃「……ふん。 もしやってなかったら死刑だから」

京介「分かった分かった。 んで、用事はもう済んだのかよ」

桐乃「はあ? 何その態度。 チョーむかつくんですけど」

桐乃「あたしと話せるだけ、光栄に思いなさいよ」

京介「……そうですか、とても光栄です」

桐乃「チッ……んじゃあ、あたしは部屋戻るから、宿題しっかりやっといてね」

京介「……」

京介「……なあ、桐乃」

桐乃「は? 何よ」

京介「……どういたしまして」

桐乃「……!」

桐乃「ば、ばかじゃん!」


おわり
802 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/11(火) 16:55:03.16 ID:gDOC5epl0
黒猫大和の宅急便
803 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 19:07:27.19 ID:j/ciY1KDO
一応改変で書いてみたんだけど、これ黒猫スレに書いても平気かね?

タイトル『12巻if―黒猫編―』
804 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 19:14:55.21 ID:j/ciY1KDO
「やめてくれ!」

京介は思わず黒猫の手を取っていた。
一瞬驚いたように目を見開いた黒猫だったが、すぐさま頑強に抵抗を始める。

「離しなさい!!」
「だめだ離さない!」
「ふざけないで!あなたに止める権利はないわ!!」

ボロボロと泣きながら黒猫は大声で京介に言葉を叩きつける。
まるでそうしなければ心が折れてしまうかのように。

「私はもう敗れ去ったの!けじめをつけなければいけないのよっ!そうじゃなきゃ…そうじゃなきゃ…」

不意に黒猫の手から力が抜けた。
そのまま力尽きたかのように膝から地面に崩れ落ちる。

「…私は前に進めないじゃない…」

降りしきる雨の中。
その雨に負けないほどに涙を零す黒猫。
そんな彼女の耳に…一言の呟きが届く。

「ごめん…な」

その言葉に顔をあげる黒猫。
その目が京介の顔に釘付けになる。
京介の顔が…慟哭に彩られていたから。

「ご…めん、な…ごめん。ごめん…瑠璃…黒猫…」

嗚咽を上げながら、しゃくりあげながら、京介はただひたすら黒猫に謝っていた。
支離滅裂に。
呼び名さえも混同しながら、京介はただ泣きながら謝っていた。

「悲しませてごめんな。俺たちの我儘に巻き込んじまってごめんな。待っててくれたのにごめんな。ずっと俺たちを大切にしてくれてたのに…泣かせてごめんな…」
「京介…」
「ごめ…う…」
「…好きよ、京介」

そうして語られたのは悲しい告白。

「ずっと、ずっと好きよ」

ゆっくりと立ち上がりながら黒猫はニコリと微笑んだ。
滂沱の涙をたたえたまま。

「今生も、来世も…未来永劫、あなたが好きよ」
「る…り…」

立ちすくんだまま、ただただ涙を流す京介に、黒猫はそっと近づいた。

「あなたがあの子を選んだのならそれでもいい。それでも覚えていて…」

そうして呪いは上書きされることなく解かれる。
掛けた時と同じ行為で。
少しだけ違う行為で。

「私があなたを好きだということを」

重ねた唇を離しながら黒猫は、今までで一番きれいな笑顔で最後に告げた。

「さよなら、先輩」

そうして二人は別れ、そのまま二度と会うことはなかった。


805 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 19:16:44.50 ID:j/ciY1KDO

そうして月日は流れ…。



「ふいー今日もあちいなあ…」

ある公園のベンチ。
木陰のかかるその場所で、京介はネクタイの結び目をグイッと緩めた。

「夏の外回りは堪えるよなあ…」

言いながらさっき自販機で買ったペットボトルのお茶をごくりと飲む。
冷えた液体が喉を通る感触が心地よく、思わず京介が大きく息をつく。
もう一度口に含もうとボトルを傾けた時、照りつける陽光が目に入った。

「…」

目を細め眩しさを堪えていると、不意にポケットの携帯が鳴った。

「っとメールか…」

お茶をベンチに置き、ポケットをまさぐって携帯を取り出す。
液晶にタッチし、メールの文面を呼び出す。

『よう兄弟!今日はそのまま直帰していいぞ。お疲れさん』

「社長…だから名前で呼べって言ってるでしょいつも…」

思わず苦笑が漏れる。
周りにケジメが付かないからと、何度言っても変えない変わり者のあの人。
学生時代と変わらぬ呼び方にふと過去のことが思い出される。
806 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 19:19:12.93 ID:j/ciY1KDO

結局京介と桐乃は、あの後恋人同士になったまま今に至る。
桐乃が高校生のうちは両親にバレないようにと、京介は一人暮らしを始めた。
そうして、極力会わないよう桐乃に言い聞かせた。
渋る桐乃に京介は『けじめだ』といい、『在学中に他に好きな奴ができたら俺のことは忘れろ』と言い含めた。
3年という月日をほぼ会わないで暮らすこと。
それは自らの気持ちを再確認すると同時に、桐乃にも選択の幅を与える意味も含めていた。
そして…。

「…」

あの夜、微笑みながら別れてしまったままの、今でも大好きな彼女へのささやかな贖罪でもあった。
結局桐乃は京介への恋慕を絶やすことなく、大学進学を機に京介のアパートへと転がり込んでくることになる。
京介もそこで腹をくくり、大学卒業から2年経った今も両親とは冷戦中である。

「…ったく。傍から見たらキモいよな」

実妹と暮らすために実親とガチ喧嘩。
それどんなエロゲ?と言われても仕方ない。
そんなおり、就活中に一本のメールが来たことが今の現状に繋がっている。
差出人は三浦絃之介。
かつて高校時代に在籍していたゲー研部長からだった。

『ゲーム会社を作った。手伝わないか兄弟』

この誘いに京介は一も二もなく飛びついた。
正直就活に行き詰っていたのだ。
807 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 19:20:35.54 ID:j/ciY1KDO

と言って、就職先がなくて困っていたわけではない。
むしろ就職先に困っていたのだ。
最初に提示されたのが桐乃から、自分の専属マネージャーとして美咲さんに売り込んだということ。
快諾してくれたということだったが、京介は速攻でこれを断った。
理由は二つ。
桐乃のコネということと、まるで自分が桐乃のヒモのようだと思ったこと。
次にオファーが来たのがアイドルKANAKO のマネージャー。
本人たっての希望ということだったがそれも断った。
理由は言わずもがな。
それからも、槇島の関連会社への極秘内定だとか、新垣衆議院議員の秘書だとか、とにかく高校時代のコネが色々と用意されて辟易していたのだ。

「…俺ってそんなに一人じゃ何もできないように思われてるのか?」

当時は本気で悩んだものだ。
そんな折に来た絃之介からのメール。

『手伝わないか兄弟』

この文言が京介に決意させた唯一の理由だった。
早速承諾のメールを返し、その数日後には会社のフロアがあるオフィスビルへと歩を向けた。

「よう4年振りだな兄弟!!」

そう言って歯を見せて笑う絃之介は少しも変わっていなかった。
しかしそこに意外な人物がいて、少々京介は驚いていた。

「久し振りだね京介君」

ニッコリと柔和に笑いながら、そいつ…御鏡は京介の手を握った。
話を聞くとこの状況に得心がいった。
この会社は御鏡が出資して立ち上げたこと。
理由が自分好みのエロゲを作ることというのだからすごい。
そこでかねてより親交のあった絃之介を社長に据えたこと。
これは何もなあなあな理由ではなく、彼の高校・大学時代における人をひっぱる能力、所謂牽引力・統率力を見込んでとのこと。
そして今回京介が誘われた理由は一つ。

「兄弟はなぜか周りをその気にさせちまうんだよな。それが欲しいんだ」

そうしてそのまま会社に入り、もう2年経った。
その間にかつての部活仲間、真壁夫妻の入社でジャンルも多様化し、今ではちょっとしたブランドになっている。
808 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 19:21:40.44 ID:j/ciY1KDO

「会社自体が高校の時のノリだもんな…」

呆れたような笑みを浮かべながらピッとメールを閉じる。
そうしてベンチの背もたれに体重を預けながら目を閉じる。
そう。
たしかにメンツは高校の部活と同じ面々が揃っている。
…ただ一人を除いて。

「…黒猫…」

あの夜を境にどこかに行ってしまった彼女。
誰にも行先を告げず、連絡先すら変えて消えてしまった彼女。
まるで死期を悟った猫がひっそりと姿を消すように…居なくなってしまった彼女を、ふとした拍子に思い出すのはもはや日課みたいなものだった。
元気でいるか?
友達はできたか?
俺のことは…忘れたか?

「…どの面下げて心配なんかできんだよ糞が…」

思い出すたびに、京介の中に自嘲じみた気持ちが湧き上がる。
それは自己嫌悪などと言った生易しいものではなく、本気で自分自身を殺してしまいたくなるような激しい憎悪。
一時期などは本気で自傷行為にはしったものだ。
桐乃が『それはあんたの自己満足だから。その気持ちはそんなことで消していいもんじゃないから。…あたしも同じもの背負ってるから』と言ってくれたときは、二人で一晩中泣き明かした。
そうして今京介はこうしてここに生きている。

「…直帰でいいなら、たまには土産でも買って行ってやるか…」

言いながら立ち上がるころには、照りつける太陽もいささか柔らかくなっていた。


809 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 19:25:17.93 ID:j/ciY1KDO

「さて、新作のエロゲは…と」

もはや行きつけになっている『あにしょっぷ秋葉』。
あれから6年も経とうというのに、桐乃のゲーム熱は冷めるどころか益々ヒートアップしていた。
多忙なモデル業の合間を見つけてはゲーム三昧。
時折、これ夫婦の営みより時間多くね?と京介が思うとか思わないとか。
しかしそんな桐乃を受け入れた京介には、それがもはや日常であり、生活の一部分なのも確かだった。
だから今日は、自社製品のマーケティングがてら久し振りにプレゼントを買って行ってやろうということにしたのだ。
店内を歩きながら壁に貼られている販促用のポスターを眺めていく。
大概の自信のある新作はこうして壁に貼られている。
ゲームも本も。

「…数はあるけど、妹物はねーな…」

ひとしきり眺めた後、平積みの棚へと目を移す。

「…………え?」

一瞬だけ視界を横切った書籍の平積みの棚。
そこに信じられないものを見た気がして、慌てて視線を戻す。
そうして京介は、そのまま固まったように立ち尽くした。

「は…はは…」

どれくらい経ったろう。
不意に思わず漏れた笑い声。
小さく掠れたそれは、流れ落ちる涙の所為であった。
しかし京介はそのことに気付かないかのように、一冊の本を見つめ続けた。
いつまでもいつまでも。

「…どうかなさいましたか?」

そのうち店員が、泣いている京介を不審に思い声をかけてきた。
その声で、不意に呪縛が解けたかのように我に返る。

「な、なんでもないです」

慌てて涙を拭きながら、なおも止まらないそれに苦笑をもらす。

「…どこかお加減でも?」
「い、いえ本当になんでも。それよりこの本…2冊貰えますか?カバーはいりません」

もう止まらない涙をあきらめて、泣き笑いの顔で店員に伝える京介。
やや戸惑いながらも、店員はその本を持ってレジへと京介を誘導する。
それに従いながら京介は、一度だけ振り返って先の棚をみつめた。
そこにある、懐かしい名前のタイトルの本を。

『運命の記述〜ある兄妹と一匹の黒猫の物語〜』

END
810 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 19:26:02.82 ID:j/ciY1KDO
以上です。
811 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 19:49:52.81 ID:evDbU/rU0
乙!
まだ読んでないけど帰りの電車で読むぜ
812 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 20:19:56.37 ID:YFw1cJPAO
>>810

良かった。とても。
ただそれを黒猫スレに書きに行く…だと…

>>801

わりと初期の兄妹風景かな、和むねえ

>>790
麻奈実スレのどこが、草生やすほど意味不明だと思たのか
差し支えなければお聞かせ願いたい
813 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 20:33:09.11 ID:924V7DTYO
>>810
よかったけどこれ黒猫スレに書き込んだらゾンビ増えるぞwwwwww
814 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 20:40:24.59 ID:g/ANmb4oo
>>810
乙。
どっかのゲームで見た話に似てるけどご愛嬌っしょ。
815 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 23:13:27.48 ID:q6W7xW8N0
>>810
乙!
だが黒猫スレに投下するSSじゃねーだろこれは
816 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 23:17:27.15 ID:j/ciY1KDO
そうかい?
一応黒猫スレ民救済を名目に書いたんだけどな…。
あとこんなんも書いてみた。
タイトル『負け猫たちの密談』
817 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 23:19:01.43 ID:j/ciY1KDO
「しっかし結局桐乃かよ〜・・・」

ポリポリとおかきを口に運びながら加奈子はあぐらのまま後ろにひっくり返った。

「加奈子お行儀悪い」
「今日ぐらい見逃せよ〜」

マジへこんでんだからよ。
そう加奈子が言うと、あやせもそのままグッと押し黙った。

「・・・気持ちはわかる」
「だべ?正直敗けると思ってなかったしよー・・・」

その自信はどこから湧いてくるんだ?
居合わせた全員がツッコむのをかろうじて堪えた。

「まあねえ。加奈子ちゃんのはいんぱくとあったよねえ」
「でっしょー師匠!」
「・・・確かにあれで断るのは勇気がいるわね・・・」
「だべ野良猫」
「黒猫よ」

きっちり名前を訂正して黒猫は続ける。

「でもそれだけに、衆目の前で振られたメルルもどきを想像すると、私の溜飲も少しは下がるというものだわ」
「加奈子だつってんだろ!」
「ああおかしい。自信満々にステージの上から告白。大勢の観衆の前で叫ばれるスマン。よく最後まで歌い切ったわね?」
「ぐぬぬぬぬ・・・」

調子に乗ってドS 全開でからかう黒猫。
加奈子は目に涙をためながら、いきなり麻奈実の胸に飛び込んだ。

「ししょー!あの野良猫がひでーよ!」
「うーんそうだねえ。すこーし言い過ぎかなー・・・ね?黒猫さん」
「ひっ!」

ニコリと麻奈実に笑顔を向けられた途端に硬直する黒猫。
もしも尻尾が生えていたなら足の間に挟んでいたかもしれない。

「そ、そうね。す、すこしいいすぎたわ。ごめんなさいね来栖加奈子」

少し早口気味にまくしたてると、黒猫はそのままあやせの隣に座りなおす。

「・・・黒いのはあなたで慣れたつもりだったけど、あの人のは桁が違うわ」
「そうですよね・・・って!私が黒いですって!?いくら黒猫さんでもぶち殺しますよ!?」
「・・・ぶち殺すって単語が日常化してる人ってあまりいないと思うわ・・・」

ぼそぼそと囁き合ってると、いつのまにか元の位置に戻った加奈子がケロッとした表情で声をかける。

「おいそこの盛大に振られた二人組」
「「一緒にしないでちょうだいっ!!」」
「おーこわ。まー落ち着けよ。どうこう言ったって、あたしらみんな同じ穴のムジナなんだからよ」

ケラケラと笑いながら、さっき泣いたカラスはニヤリと牙をむくように、いつもの笑顔を浮かべる。

「話はこれから先、だべ?」

その言葉に残る3人の顔がピリッ!と引き締まる。
そう。
今この田村屋二階の麻奈美の部屋に集まった4人は、この先の話をしに集まっていたのだ。
詳しく言えば『件の二人が卒業後』の話を。
818 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 23:20:14.24 ID:j/ciY1KDO

「・・・でも本当はどうかしら?結局別れないなんてことになったりしないかしら?」

黒猫のもっともな意見に、あやせがさらりと答えてくる。

「あら、その時は、二人を埋めてしまえばいいんですよ」
「私の親友を埋めないでちょうだい!!」

黒猫の高速マッハのツッコミにあやせはキョトンと首を傾げる。

「なに言ってるんですか黒猫さん。誰が桐乃を埋めるなんて言いました?」
「え、だ、だって今二人を埋めるって・・・」
「ああ。ですから加奈子と黒猫さんの二人を・・・」
「「埋めんなよ!!」ないでよ!!」

ぜえはあと荒い息をつく黒猫と加奈子。
それを不思議そうな顔でみつめるあやせ。

「だ、大体なんで私たちが埋められなくてはいけないわけ?」

全くこっちの剣幕が伝わらない相手に、業を煮やして黒猫が問いかける。

「まったく関係ないでしょう?」
「えー・・・とお・・・」

んーと暫し虚空をみつめ考えるあやせ。
そうしてとてもいい笑顔で答えてきた。

「八つ当たり的な?」
「「あたるなよ!!」」
「あはは面白いね3人共」

クスクスと笑いながら目の端を擦っていた麻奈美は、脱線はそこまでとばかりに話を元に戻す。

「黒猫さんの意見はもっともなんだけど、あの桐乃ちゃんが一度決めたことを破るってあんまり考えられないんだよねえ」

京ちゃんの事でわかるでしょ?
そう言われて押し黙る3人。
たしかにあそこの兄妹は、自分がこうと決めたら他人がどう言っても変えない頑固なところがある。
そうすると、卒業までと期限を決めた恋人関係も、あながち本当なのかもしれない。
互いに視線を交わして頷きあう麻奈美以外の3人。
しかしそこに麻奈実がまたも鋭い一言を差し込んできた。

「でもね、一回別れたーって言って、またくっついちゃうのはあるかなーって思うの」
「「「!!」」」

三人の目が大きく見開かれて麻奈実に集まる。

「確かに卒業したら普通の兄妹に戻るって言ってるみたいだけど、それってずーっとって言ってないんだよね」
「た・・・確かにそうね・・・明言してないわ・・・」
「元の兄妹に戻りました。約束果たしました。じゃあこれでまたふりだしね・・・桐乃なら言うかも・・・」
「うへえ、えげつねーなあ」
「ね。だからここは、ほんとーに別れた直後にしかチャンスはないとみていいと思うの」

麻奈実の言葉に全員が頷く。

「そうね。それが確かに確実ね」
「わかりましたお姉さん」
「誰が勝っても恨みっこなしだぜ?」

ニヒヒと笑う加奈子に対し、残る3人も不敵な笑みを浮かべる。
819 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/11(火) 23:20:49.72 ID:j/ciY1KDO

「ふん。元カノを甘く見ないでちょうだい。京介は私の元に戻ってくるわ。なぜなら私たちは前世より結ばれた魂の持ち主なんだから」
「厨二病乙。京介は加奈子が大事に養ってやるからお前は電波の海へ帰れよw」
「あらあら。この数か月、お兄さんの世話をしていたのは誰かわかってます?お兄さんは絶対に私を選びます」
「それでこっぴどく振られたのだから救いがないわねえ」
「なっ!あ、あなただって号泣したじゃないですか号泣!!」
「わ、私のは演出よ演出!く、クリスマスにあの二人に呪いをかけるって崇高な・・・」
「『泣きじゃくる黒猫さんを慰めるのに苦労しましたわ』」
「!?」
「へっへーん。沙織に聞いてっぜ〜泣き虫ルーリちゃん」
「あ、あのデカ女・・・今度会ったら最大の呪いをかけてやるわ・・・」
「まーまー喧嘩しないしない。・・・所詮幼馴染には敵わないんだから(ぼそっ)」

黒っ!!
口中で3人のツッコミが見事に一致していた。

「あ、あれでもししょー告白どうすんの?」
「あ、うん。だからね・・・」

コソコソと話し合う4人。
その話し合いは夜中まで続いたとか。

「みんなであの二人を真人間にもどそー!
「「「おー!!」」」

卒業式はもう目の前に迫っていた。



「うお!」
「どしたの京介?」
「いやなんか今背中に悪寒が・・・」



その後二人だけの結婚式を覗き見ていた4人が、キスのくだりで発狂したとかなんとか。
それはまた別のお話。

END
820 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/11(火) 23:21:39.30 ID:j/ciY1KDO
以上です。
821 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 00:00:41.36 ID:pJsK6wf/o
>>820
あ〜乙乙

黒猫好きな俺としては、『俺妹』は7巻で終わってるから
その後の展開がどうなろうと気にしない。桐乃END? よかったよかった
それよりも、『あやせのホラー祭り』が近日開催されるらしい
822 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 00:56:44.97 ID:53BAKbnDO
黒猫スレ住民だけど、ゾンビです
823 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 01:02:31.90 ID:06t9I93Po
そんな流暢に喋るゾンビがいるか
824 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 01:05:23.56 ID:zIOMYcRz0
桐乃スレ住民じゃないけど桐乃好きです
っていうか最終巻読んで今ここに来たけどこのスレ読んでて桐乃スレの住民にはあの最終回で好評なのかってことがわかってびっくり
もっと誰ともどうにもならないふわふわしたエンドだと思ってたよ……
最終巻がでたからそりゃそうなんだけど、あの最終巻からそれだけじゃない真のコンテンツの終わりを見た気がしたよ俺は
825 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 06:45:13.81 ID:lZBCgN2i0
>>820
激乙

最終巻が出たタイミングで確かにスレが盛り上がって来たけど
桐乃派があの内容で満足しているって事に泣けてきた
826 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/12(水) 08:48:59.96 ID:AcTbQiHDO
>>825
そうか?
桐乃スレでも書いたけど、こうなるって補完してるから満足してる。

桐乃「人生相談があります」

京介「ああ知ってる。昼間言ってたしな。んで?」

桐乃「あんた約束守る気ないでしょ?」

京介「なにを言う。俺は分別つける男だ。約束は守るぜ?」

桐乃「キ、キキキキキスしといてどの口が言うか!?」

京介「兄妹のスキンシップだ。別段不思議じゃない」

桐乃「あ…あんた、それで何もかも済ませる気じゃないでしょうね?」

京介「ん?ああまあな」

桐乃「?」

京介「この後一緒に住むのも、ずっと一緒にいるのも、時折キスするのも、兄妹なら仕方ないよな?」

桐乃「〜〜〜っ!?な、なに言って…!?」

京介「『どこにも行くな。俺と結婚してくれ』」

桐乃「!?」

京介「言っただろ?『はい』って答えたよなお前?」

桐乃「そ、それは卒業までは恋人でって約束で…!!」

京介「恋人じゃねえ。夫婦だ」

桐乃「!?そ、そんなの屁理屈…!」

京介「嫌か?」

桐乃「嫌なわけないじゃんっ!!」

京介「そっか。はぁ。安心したぜ」

桐乃「…バカ。ほんとバカ。変態。シスコン」

京介「うるせえ。いいから左手出せ」

桐乃「?」

京介「…よし。これが前に返された婚約指輪で、これが今日買った結婚指輪な」

桐乃「…結婚指輪、メルルのこれ?」

京介「あとでちゃんとしたの買ってやる。とりあえずそれで我慢しとけ。よし、じゃあ桐乃」

桐乃「ん?」

京介「末長くよろしくな」

桐乃「っ!し、幸せにしなさいよね!!」

HAPPY END
827 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 11:46:24.33 ID:2pPx+0reO
うん、納得してるよ

だって名目上恋人じゃなくなっただけで、前までの兄妹に戻ったわけじゃないからな

いちゃいちゃしてもキスしても
兄妹だから問題ない となる
828 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 12:18:44.46 ID:AtTk6bs60
>>826
乙乙

他のスレと比べて桐乃スレの住民は十分満足している様に見えるんだがなぁ
俺の勘違いか?
829 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 12:28:08.58 ID:B2aU9sdAO
桐乃派も一枚岩じゃないから…
桐乃派≠桐乃スレ住人
あの終わりかたに満足した桐乃派もいれば、
不満な桐乃派も、落胆した桐乃派も、今後を憂える桐乃派も、そりゃいるでそ
(マイノリティかもしれんけど)
830 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 17:42:26.76 ID:K0lWbcjoo
一年、よりもっと前だったかな?
桐乃スレ民兼任してたときに、うかつにも家族的兄妹愛エンドを主張したら集中砲火を浴びて追い出されたわw
あそこは過激派しか居ないから穏健な桐乃派は流浪の民だな
831 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 18:20:32.59 ID:++McOn4oo
そりゃあ桐乃の失恋を望むならフルボッコされるだろ
832 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 18:59:34.84 ID:AcTbQiHDO
アニキャラ個別のことなら、今はかなり落ち着いてるぜ。
勝ち組笠にきて他キャラスレに凸る奴もいないしな。
黒猫スレの連中にゃ、さんざっぱら煽られたけどな。
833 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 19:17:52.21 ID:w1gMdFbzo
あやせSSで、あやせと桐乃を産婦人科の検診で鉢合わせさせたら
思いっきり叩かれた記憶があるわ
設定としては、それほど違和感があったとも思えなかったんだけどね
834 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 19:30:25.49 ID:++McOn4oo
そういう話は上の方でやってるからループさせないでね
835 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/12(水) 22:16:32.61 ID:E8qMB0/Yo
>>830
いつぞやの書き手さんかな?
まあ桐乃スレも人口多いから、穏健派もいれば過激派もいるからね…
あの時は桐乃スレの一ROMとして申し訳なく思ってた。

まあ、今は気持ちに余裕ができてるしスレ内も落ち着いてると思うよ。
836 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/13(木) 00:07:53.37 ID:fd5Aj/7qo
なんだかんだでSSがくるようになって嬉しい
837 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/13(木) 03:55:33.55 ID:plJBu2T7o
>>835
いや、残念ながら自分もssは読者側ですわ
時々スレタイ語呂合わせに参加して採用されたりはしてたけどね

桐乃スレはヒートアップしやすいのを除けば、SSもイラストも充実してるのが良いところだね
久々に覗いてみようかな
自分の本拠地のあやせスレなんて基本ペロペロしてるだけだからwそれがいいんだけどね
838 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/13(木) 21:28:34.35 ID:3aj6dSZDO
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371123155/
839 : ◆ujax056cpU [sage saga]:2013/06/14(金) 14:21:03.72 ID:lpi+9CMDO
うーん…12巻改変また書いてみた。
また黒猫スレ狙い。

タイトル『妹猫の暴走』
840 : ◆ujax056cpU [sage saga]:2013/06/14(金) 14:21:45.97 ID:lpi+9CMDO
「ルリ姉!?どうしたのさ!?」

あたしはたった今帰宅したルリ姉の姿を見て悲鳴を上げた。
いつもと同じ黒いゴス服。
見慣れたその姿が、今は見るも無残なものになっていた。

「なんでも…ないわ…」

小さな声でそう呟くルリ姉。
その様子がどこか既視感のある絵としてあたしの頭に蘇る。
そうだ…これ…。

「…高坂君、と…なにかあったの…?」

あのお祭りから帰ってきた時のルリ姉と同じだった。

「…」

あたしの言葉にルリ姉は何も答えなかったけど、あたしはそれだけで理解した。
高坂くんが何かひどいことをルリ姉にしたんだ。

「そう…なんだね?」
「…」

ルリ姉はあくまで何も言わない
でもあたしは怒りがふつふつと沸いてきた。
あの野郎!あたしの大事なルリ姉を泣かせたな!!
ギリッと思わず奥歯を軋ませる。
多分今私は珠ちゃんに見せちゃいけない顔をしているだろう。
それほどに怒りで頭が真っ赤だった。
…信じてたのに…。
信じてたのに信じてたのに信じてたのに!!
優しそうな人だと思った。
ちょっと情けないかなって思うこともあった。
気が付けば普通に家族のようにあたしたちの中に溶け込んでいた。
そして…あのルリ姉がずっと笑顔だった。
嬉しくて楽しかった。
それを…それを全部踏みにじったんだ。
なにがあったなんて知らない。
でもこのルリ姉の様子を見れば十分だ。
それだけで十分すぎるほど怒りがあたしを支配していた。

「許さない…」
「え?」
「ルリ姉…仇はあたしがとってくるからっ!!」
「え、ちょっ…日向!?」

ルリ姉の制止の声が聞こえたけどあたしは振り返らず、そのまま雨が降りしきる夜の中へ飛び出して行った。



数時間後。

京介・日向「つきあうことになりました」
黒猫「なんでっ!?」

END
841 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/14(金) 14:24:22.43 ID:NhwBhmb8o
お前は黒猫スレをなんだと思ってるんだ
842 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/14(金) 14:27:47.72 ID:gtjjGOYSO
まさに黒猫スレ向けだな
843 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/14(金) 15:12:31.30 ID:Yfbx/HZAO
こ…これは黒猫スレ向け
844 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/14(金) 19:42:03.74 ID:76HnumNyo
確かに、京介をぶんどると言う意味で仇はとってるな
845 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/14(金) 21:54:10.92 ID:V17jTVw5o
ちょっと質問

原作の中で、京介がメイドカフェでオムライス食べるシーンなんてあったっけ?
それと、桐乃たちがオフ会で食べたケーキの詳細なんて記述されてた?

今日のロケットニュースというサイトに載ってるんだけど……

http://rocketnews24.com/2013/06/14/340704/
846 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/14(金) 21:59:11.98 ID:V17jTVw5o
連投スマン

アニメでの話か……
847 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/14(金) 23:19:09.09 ID:TPLrdWC1o
原作だと桐乃たちがオフ会で食べていたものについての言及は無かったですな。
京介が食べたのもいもうとの手作りカレー・ざらき味だったし。
そういえばその時京介はよりによってザラキ味とかヤバそうなのとか言っていたが
ドラクエについての知識はあったのかね?
848 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/15(土) 01:33:42.84 ID:YgSxdHIDO
作者のネット吹いたww
黒猫厨泣き踊れww

いやでも、最終巻前までお前ら黒猫厨に煽られてた俺ら桐乃厨だから、同情せずせせら笑ってやるがwwwwww
849 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/15(土) 02:07:11.04 ID:9QbJ3QADO
京介「正直めちゃくちゃ気まずい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371206184/
850 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/15(土) 09:05:42.30 ID:ZsyvKPUro
>>848
勝手にお前なんかと一緒にするなよ
851 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/15(土) 19:18:52.30 ID:R2K2f13zo
ここはただのSSスレだからね
俺みたいな加奈子厨しかいないだろうね
852 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/15(土) 23:40:15.30 ID:+4L6A6GI0
完全なる桐乃エンドだとよ 他ヒロイン完全に終わったな
853 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/16(日) 00:45:00.47 ID:1mQJXzU0o
>>845
どっちも1期の2話
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4275803.jpg
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4275801.jpg

オフ会やったメイドカフェが実在のメイドカフェをモデルにしてて、こっちにも情報あるよ
http://www.curemaid.jp/?page_id=5955
854 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/16(日) 00:59:40.51 ID:+snjgYmUo
原作の題名からして、桐乃エンドは既定路線でしょ
○○厨とかいうごく一部の過激派を除けば、それを承知でストーリーを楽しんでたんじゃないの?
まあ、過激派の思考は一般人と違って、仮想と現実の区別がないから理解不能だけど

それに原作は原作、SSはSSとして、自由に書けばいいだけじゃん
桐乃おめでとう! 黒猫おめでとう! あやせ包丁持たない! 麻奈実おめでとう!

>>853
情報サンクスです
ロケットニュースで掲載された写真よりもアニメの方が旨そうなのはこれいかに
855 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/17(月) 03:39:21.97 ID:hB2Tf85AO
夜は空想が捗るものの
眠気をおして打ち込まないと
朝には綺麗さっぱり雲散霧消してこまる

眠い。
寝ればいい、寝るべき。
でも何となくもう少しだけ起きていたい。
……これだけでゲロ甘SSの一本も書けそうだが
脳には言葉を選び文章を整理する余裕がないのも事実

いつかそのうち試してみたい
オヤスミ
856 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/18(火) 19:56:52.53 ID:ERWQ9kfvo

『告白』

京介「俺は、あやせが大好きだ」

あやせ「わ、わ、ワンナウト!」

京介「頼む、俺の彼女になってくれ」

あやせ「つ、つ、ツーアウト!」

京介「そんなに俺のことが嫌いなのか?」

あやせ「す、す、スリーアウト! バッター交代です」

京介「……代打、高坂京介……18歳」


ししまい
857 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/19(水) 02:10:19.92 ID:qIiheLXGo
>>856
3アウトならバッター交代じゃなくて攻守交替でいいんじゃね?
858 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/19(水) 03:10:34.52 ID:cE/f0+9x0
SSを書こうとキーボードに向かう
    ↓
インスピレーションを得ようとネットを見て回る
    ↓
そのまま一日が終わる
859 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/19(水) 08:14:58.65 ID:qsmGxSLDO
>>858
おい待て仕事ww
860 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/19(水) 10:57:08.63 ID:yOlGZSop0
>>858
わかるww
861 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/21(金) 05:24:32.52 ID:A/2AiL0u0
ここはニートばかりなのか・・・。
京介見習って努力しろよ。
862 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/21(金) 08:04:29.73 ID:lvhl9e8bP
書こうと思って書けるもんでもないだろ。
床の間で目をつむるまでに浮かぶ、始まりから終わりまでの一連の妄想。
エロシーンを起点とした前後の人物の流れ、心情の動き。原作を最大限尊重しつつ自分の性癖を盛り込むバランス。

勝手に無意識が整合付けてくれた「それ」を、意識が落ちる直前だろうと起き出して「メモできるか」どうかが境目になると思う。
俺はそこまで情熱を持てないから、翌日に抜け落ちた記憶を頼りに「書く」から半端な作品しかできない
863 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/21(金) 18:06:12.25 ID:YG2uOaxm0
寝る前のエロ妄想をわざわざ起きてメモするのは、確かに色々と大変だな
864 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/21(金) 23:23:37.65 ID:x/bEXjxAO
えろくなくても寝る前はヤバイ。

純然たる空想なだけに文章化する手間もない、
つまり自分の表現力や構成力の不足からくるギャップに悩まされず、
粗がでないから満足感は大きく、後押しされるかたちでそして安眠へ…
865 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/22(土) 00:04:23.84 ID:YYCw1B/DO

『買い物』

京介「よう、誰かと思えばあやせじゃねえか」

あやせ「まだ生きてたんですか、お兄さん」

京介「悪かったな。買い物か?」

あやせ「ええ。電マを買いに」

京介「で、電マ!?」

あやせ「何を驚いているんですか? 桐乃から頼まれたんですよ」

京介「き、桐乃が電マ頼んだのかよ!?」

あやせ「ええ、見ますか?」

京介「見せてくれ!」

あやせ「はいこれ。桐乃に頼まれた、電撃マガジン」
ししまい
866 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/24(月) 02:00:43.41 ID:XKW7MFWbo

電マ自体ももともとは健全な商品なんだがなw
867 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/24(月) 18:25:30.35 ID:QtC5k+ZBo
乙。
最初なんで京介が動揺してるのか分からなかった。
モデルだし陸上選手だし、疲労もそれなりにあるわけで
電動マッサージが欲しくなっても不思議じゃなくない? と素で思っていた。
868 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:15:53.95 ID:/FFl4YwyO
今からSS投下します。

京介視点・桐乃視点・黒猫視点を何度かいったりきたりします。
869 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:20:16.76 ID:/FFl4YwyO
ーこれは、自分勝手な兄妹が残した一瞬の恋物語。と、ほんの少し先の物語ー

※京介視点


「ー帰ったら人生相談だかんね!」

俺が妹に不意打ちのキスを食らわせたあと

俺たちは約束通り、『オタクっ娘あつまれー』のオフ会へと足を運んでいた。場所はいわずもがな、例のメイド喫茶である。

そこには大尉と女王(この店ではそう呼ばれている)が既に俺たちを待っていた。

「おー、これはこれはきりりん氏!京介氏!お久しゅうござる!」
「別に大して久しぶりでもないじゃない。いちいち大げさなのよ」

らしい言葉で出迎えてくれる大尉と女王。

「いやー、待たせちまったな。というより、何でお前らいつも早いんだ?」
「当たり前じゃん。黒いのは私たちしか友達いないんだから、会いたくて仕方なかったんだよねー」

神経を逆撫でする猫撫で声で話す桐乃。こいつ、相変わらず黒猫にはあたりが強いんだな。

あんなことがあったあとでも・・・前と変わらないと言えば微笑ましいけどな。

「ふん、勝手に言ってなさいな。この泥棒猫」
「はあ?猫はあんたでしょ?」
「まあまあお2人とも」

そう、俺たちの仲はいつもこんなもんだったよな。と、言ったところで

「なあ、沙織。新しいメンバーってどんな奴だ?」
「ふむ、もう少しでいらっしゃると思いますが・・・」

カランカラン・・・
870 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:21:27.59 ID:/FFl4YwyO
丁度その時入ってきたのは俺と桐乃にも馴染みのある顔だった。

黒い長髪、スラっとしたスタイル、天使のような美少女・・・

「「あ、あやせ!?」」

俺と桐乃が絶叫したのも無理はないだろう。

「あ、そこにいらしたんですね。」

俺たちの絶叫を聞いてこちらに向かってくるあやせ。

「さ、沙織!?新メンバーってあやせのことか?」
「ええ、冬コミも黒猫氏のサークルを手伝って頂きましたし・・・黒猫氏が是非に、と」

そういってωというお決まりの笑顔を決める沙織。

むー、なんというか・・・黒猫といい、あやせといい・・・

気まずいなあ・・・

「あ、お兄さん!お久しぶりです。まだ生きていたんですか?」
「え、あ、ちょ、あ、あやせ?」

あやせの輝くような笑顔が吐き出す毒にさすがの桐乃も驚いてる。

「はは、変態シスコン鬼畜野郎のお兄さんが塀の外を歩けるなんて、日本って甘いですね?」
「全くだわ、実の妹と付き合う兄貴なんてクズよね。まあ、付き合う妹の脳味噌も沸いてるけれど」

瑠璃先輩まで便乗だと・・・な、なんだこの集団。俺をいたぶる集会かなんか?

「私の胸まで見た癖に。責任も取らないで実の妹に手を出すなんて気持ち悪いです。」

天使の表情で悪魔のような告白をするあやせに黒猫も桐乃もあっけに取られている。

「ちょ、ちょちょちょあんた・・・わ、わたしにはそんなこと何にも頼まなかったじゃん。なんであやせには・・・」
「わ、私の胸を触る勇気もなかったのにまさかあやせの胸をみていただなんて・・・」
「待て待て待て〜!」

黒猫と桐乃に完璧に誤解された上に、沙織ですら笑顔が引きつってるじゃねえか!

にしても・・・黒猫、あやせのことを名前で呼ぶようになったんだな。

「事実ですけど?私が身も心もあなたに穢されたのは本当です。」
「そういう問題じゃなえ!あれは事故!事故なの!ってかあやせ!お前は何でいつもいつも語弊を含んだ言い方をしやがる!」

でも、この感じ。この空気は・・・俺たちが元の関係へと収まっていけるような、そんな予兆なんじゃないか。

沙織の仲裁もあってひとまず冷静さを取り戻した俺たちだが、あやせの爆弾発言によって場の空気は壊滅状態であると言えよう。

「いやあ、京介氏がきりりん氏に手を出したこと自体驚きでしたが、我らが新メンバーにも既に手を出していたとはドン引きでござった」

よりにもよってそこから話を始めますか大尉。しかしまあ、沙織のこうした状況をまとめる手腕は折り紙つきだ。この場は任せるとしよう。

「しかし、それも全て過去のこと。今は京介氏ときりりん氏は恋人同士なのでござるから、こうしたことは2人にお任せして。5人で集まる時は皆仲良しお友達ということには参りませぬか?」
871 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:22:19.19 ID:/FFl4YwyO
そっか、こいつらまだ俺と桐乃が付き合ってると思ってるんだな。

ちらっと桐乃に目をやると、桐乃も俺と同じことを考えていたのかこちらをちらちら見ている。

言うべきか言わざるべきか。迷っているのはお互い様だ。

そんな俺たちに気付いたのはやはりこいつだった。

「目線で会話をしないで頂戴、そこのイチャイチャ兄弟。何か言いたいことがあるなら、ハッキリ口に出しなさいな」

またしても見つめ合う俺と桐乃。

「どうする、言っちゃう?」
「良いんじゃねえの。隠すことじゃないし。」
「じゃあ、あんたから言って。」

まあ、すぐにバレるしな。俺たちの口からスパッと言った方が良いのかも知れん。

「黒猫、あやせ、沙織。大事な話がある。」

「俺と桐乃はな、卒業と同時に別れた。今は付き合っていない。だからその、もうこういう話はなしにしてくれないかな・・・」

「ごめんな、いきなりこんな話をして。でもお前らにはちゃんと知っておいて欲しかったんだ。わがまま勝手を言っているとは思う。でも俺たちが出した結論なんだ。分かって欲しい。そして図々しいけれど、今まで通り俺たちの友達でいて欲しい。」

一瞬の沈黙。考え事をしているような沈痛な表情の黒猫と、単に驚いた表情のあやせと沙織。

「イヤよ。」

沈黙を破ったのは黒猫だった。

「全くこけにされたものだわ。私もあやせもあなたに振られた挙句、その理由も実妹を好きになったっていうトンデモナイ理由だった」

「でも私たちはあなたが、桐乃が幸せなら。後ろから支えていたいって心の底から思ってた。」

「なのに、別れましたなんて軽々しく言わないで頂戴。私があなたを諦めることがどのくらいの苦痛だったかあなたに分かるの?」

「あやせがあなたを想っていた気持ちの辛さもあなたには分からないのでしょう?」

「どうしようもなく自分勝手な理屈を並べ立てるのね。全くよく似た兄妹よ。普段は気遣っているようで、人の気持ちを最後の最後で踏みにじることに関してはあなたたちの右に出るものはいないでしょうね」

「不愉快極まりない話よ。申し訳ないけど今日は失礼するわ。」

黒猫は荷物をまとめるのもそこそこに、席を立ち顔を真っ赤にしながら立ち去る。

「ちょ、ちょっと待て!」

慌てて止めるも俺の言葉を聞く気もないのだろう。黒猫はまっすぐ店外へと出ていった。

「お兄さん、今日はいつにもまして最低ですね」
「返す言葉もねえ」
「黒猫さんと少し話してきます。後を追うので失礼します。」
「待って!」
「桐乃?」
「私もあの黒いのに話がある。それとあやせ、あんたにもね。」

桐乃は立ち上がるとあやせの手を掴み走り出す。

「き、桐乃?ちょっと!」
「いいから!黒いのを見失わないうちに急ぐよ!」

黒猫に引き続き、あやせ・桐乃も店外に出ていった。

「仕方ありませんわね。」
「申し訳ねえ、俺があんなことを言ったばかりに。」

ため息をもらしている沙織に俺は謝ることしか出来なかった。

「仕方ないですよ、色恋を挟めば男女の仲は少なからずこじれますから。」

「今は京介さんが関わるだけもめるでしょう。でも、私たちの仲はこんなことで壊れたりしませんわ。2人きりになってしまいましたし、今日は私とのデートに付き合って下さいますか?」

微笑む沙織をよそに、俺は怒った黒猫のことを思い浮かべていた。
872 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:23:14.34 ID:/FFl4YwyO
※桐乃視点

「い、いた!」

店を出た時にはもう黒いのは見えなかったけど、もしかして?と思った場所にあいつはいた。

最初の二次会、私と黒いのが初めて話したあの某ファーストフード店。そこに1人でポテトをかじる黒いのがいた。

「き、桐乃〜。走るの早すぎ。わたし、もう少しで転びそうだったよ〜」
「あやせ、よく私についてこれたね。陸上始めたら?」

実際、あやせは何かとてつもないパワーを秘めてると思う。

「あ、あなたたち・・・どうしてここに」
「あんたが来るとこなんてお見通しだっつうの。」

そう言ってあやせと一緒に黒いのと同じ席につく。

「ふん、何の話かしら?」
「あんたとはここで全部ケリつけないとなって思ったから来た。」

深呼吸して想いを口にする。

「私はまだ京介が好き。多分これからもずっとあいつが好きだと思う。でも、あいつとはもう付き合えない。」
「らしくないわね。あなたたち兄弟にとって、何が障害だというの?」
「ばっかじゃ〜ん?普通兄弟で付き合ってるなんて人に言えるかっての。そんなうちは私たち幸せになれないから。だから卒業したら別れるって決めてたの。最初からね。」
「それがらしくないと言っているのよ。私と京介が付き合っていた時の辛そうな貴方を私はもうみたくないわ。あなたたちはいつもむちゃくちゃな理屈で何もかも強引に押し通してきた。そうでしょ?今回はそうはいかないの?」
「それは私も思うな」

静観していたあやせも話し出す。

「桐乃は好きなものを絶対に諦めないよね。私のこともちょっとエッチなゲームのことも諦めなかった。らしくないと思うよ。桐乃ならお兄さんのことを諦めないで、色んな問題を解決しようとするんじゃないかな?」

そうだ、私は今まで努力すれば絶対に好きなものも好きな人を失わずに済むと思っていた。

京介が黒いのと付き合った時も。私が我慢すれば、京介も黒いのも幸せでいられるし、私も2人の中に溶けこめると思っていた。
873 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:24:56.92 ID:/FFl4YwyO
「私にはね、頑張り続けることなんて出来ないの。」

あの時のように。あの時私は。大好きな親友の為に頑張ることが出来なかったのだから。

「京介のことに関しては。私があいつといると、私以外の誰かが傷付いちゃう。」

そう、私は結局何かを諦めなきゃいけない。

「私と付き合っても周りは誰も認めてくれないんだよ?あいつの為を思ってくれる、超スゴイ子が何人もいるんだよ?その子たちといた方が、あいつは絶対に幸せになれる。」

黒いのも、あやせも、加奈子も、あのくまさんの着ぐるみの人も、麻奈実さんも。私に負けないくらい京介のことが好きなんだから。あいつは誰と付き合っても幸せになれる。妹である私以外となら。

「それは桐乃が決めることじゃないんじゃないかな?お兄さんが桐乃が一番だって言うのなら、お兄さんを幸せに出来るのは桐乃しかいないと思う。」
「かもね。」

でも決めたんだ。

「あいつもきっとそう言うと思う。でも、私が耐えらんないの。あいつには私よりもっと素敵な人が相応しい。あいつの横に私はいちゃいけない、って私が思うの。」

「兄貴と付き合って思ったんだ。私は兄貴の一番じゃなくて良い。だって妹だよ?もともと特別なんだからさ。」

元の兄妹に戻る。たった1人の兄貴。たった1人の妹。それだけ特別ならあとは望まない。そう、兄貴にも伝えるつもりだ。

「だから私たちは別れたの。お互いに話し合った上だし、未練はない。黙っていたのは謝る。ごめんね。」

本当はちょっとあるけど・・・兄貴と一緒にいられればそれで良い。

「そっか・・・なら、それで良いんじゃないかな。黒猫さんもそう思いませんか?」

あやせは静かに目を閉じて話を聞いていた黒いのに話をふる。

「そうね。お互いに未練がタラタラなのは目に見えているけれど。覚悟だけは伝わってきたわ。」

ふっ、とらしい笑みをもらしながら

「でも、あなたたちが別れたからといって私には関係ないことよ。ただ、黙っていられたのが少しイラついただけ。」
「相変わらず嘘が下手くそですね、黒猫さん。」
「な、なんですって?」
「また自分にチャンスが来たんじゃないか?って内心少し喜びつつも、桐乃の覚悟を聞いて素直に喜んではいけないと自制しているように見えますけど?」
「お、大きなお世話よ。だいたい貴方も同じではないの?」

切り返す黒いのに

「いや、私はお兄さんは諦めましたから。だって、私は桐乃にもお姉さんにも黒猫さんにもかないませんから」

仕方ないよね?っとさみしげに微笑む。

「それに、今ちょっと気になる人からアタック受けてるのよね〜」
「え?誰?」

思わず聞いてしまった。

「お兄さんほどじゃないけど超の付くシスコンで、なんていうか。そういう所お兄さんに似ているのよね。今度デートするの。」

そう言ったあやせの笑顔はどこか儚くて、それでも希望に満ち溢れている。そんな気がした。

「だから、私はもうお兄さんを狙ってないです。ライバルが減りましたね?黒猫さん。」

あやせはまたしても黒いのに振る。まるで、黒猫から大切な言葉を引き出そうとするかのように。今度は私の番だ。

「ねえ、あんたさ。京介に謝らせるから何も言わず許してやってくれないかな。」
「えっ?」
「あんたと付き合ってた時のあいつ、すごい幸せそうだったからさ。あいつ、あんたと仲良くしていると嬉しそうだし。あいつの幸せは私の幸せ。」

それにさ

「あんたらが付き合ってるの、私が邪魔しちゃったわけだし。もう、私は大丈夫だからさ。あんたさえ良ければ、あんたより私を選んだあのバカの目を覚ましてやってよ。」
874 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:25:43.58 ID:/FFl4YwyO
※京介視点

結局あのあと沙織と一緒にいたわけだが、気が気でない俺を気遣って沙織が早めに切り上げてくれた。せっかく新メンバーと遊ぶ予定だったんだろうに、また迷惑かけちまった。

それにしても

桐乃、結局あいつらと何を話したんだ?門限ギリギリに帰ってきて、それから部屋に閉じこもりっぱなしだ。

しかし話しかけるのも気まずい。仕方ねえ、今日は寝るか・・・

ー数時間後ー

バシッ!

い、いてえ!なんだこの夜中に?

「き、桐乃!?まさか夜這いに・・・」
「う、うっさい!お父さんたち起きるでしょ!人生相談あるって言ったじゃん。」
「あ、ああ」
「良いからサッサと起きて私の部屋に来る。」

全く・・・扱いが2年前に戻ったみたいだぜ。

数分後、俺は桐乃の部屋にいた。

「で、なんだ。今度の人生相談は。」
「なんだじゃない。私たち別れたよね?」
「お、おう。」
「じゃあなんでキスしたの?」
「兄妹だから良いだろ。」

バシッ!

き、桐乃のやつまた面を叩きやがった!

「なんだよ!」
「は?妹に無理やりキスしておいてまだ口利いてもらえるだけありがたく思いなさいよ。」

そ、そんなに怒ってんのか?

「私、もうあんたと付き合ってないし。次あんなことしたらタダじゃ済まさないから。」
「へっ、分かったよ。」
「それからもう1つ。」
「なんだよ?」
「私のことまだ好きなら迷惑だからやめてくれない?私、あんたのこともう好きじゃないからさ。」

ズキンと胸が痛んだよ。「あんたのこと好きじゃない」。何ヶ月か前ならなんてことなかった台詞なのに。今ではそれが無茶苦茶キツイ。

「大体兄妹なんだからさ。恋愛感情持つことが間違いなわけ。」
「そ、それは・・・」
「いい、京介?」

いつになく真剣で、教え諭すような桐乃の声に思わず押しとどめられる。

「私たち、別れるって決めたでしょ?理由は覚えてるよね?」
「ああ」
「私たちはね、好き合ってちゃいけないの。兄妹での恋愛は現実じゃタブーなんだからさ。」
「でも・・・」
「良いから聞いて。あんたと付き合った3ヶ月くらいは超幸せだった。でもね、それじゃいけないから別れたんでしょ?」

だからね、と優しく言葉を紡いで

「あんたは私を好きじゃダメなの。私はあんたを諦めた。2人きりの兄妹なんだよ、一生特別な人なんだからさ。それで十分じゃん。それで満足しよ。」

「だから私を諦めて他の、私が認めるくらいあんたを想ってくれる人と幸せになりなさい。」

良いね?っと俺の頭を撫でる桐乃は。俺が見たなかで一番素敵な桐乃だったよ。どことなく麻奈実に似てたけどな。

「分かった。ごめんな、桐乃」
「許さない。許して欲しかったら1つだけ私のお願いを聞いてくんない?」
「なんだよ?」
「今すぐ電話して黒いのに今日のこと謝って。それから・・・あんたが黒いのと付き合ってた時、どんだけ幸せで、今からあいつとどうなりたいか言ってやって。私はもう、わがまま言わないからさ。」
875 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:27:54.57 ID:ulqqr78iO
※黒猫視点

夜中の2時。私は携帯を握りしめ彼からの電話を待っていた。

「絶対今晩、あいつに電話させるから!寝るんじゃないよ!」

全く強引なのだから・・・

プルルッ!プルルッ!

発信者『京介』。ついに来たわね・・・

「も、もしもし」
「黒猫か?こんな夜中に悪いな」
「ふん、どの面下げて私に電話などかけたのかしら?」
「今日の昼は悪かった。本当に申し訳ない。」
「もう良いわ。で、用件はなにかしら?」
「単刀直入に言う。俺はお前が桐乃の次に好きだ。麻奈実より、あやせより、加奈子よりはるかにお前が好きだ。」

な、何よ突然。突拍子もない言葉に驚いたが努めて冷静を装う。

「ふっ、ありがとう。でも、桐乃の次なのでしょう?」
「ああ、お前はぶっちゃけ二番手だ。だがな、俺はお前が好きだ。」

バカ正直な男・・・全く少しも変わらないわね。

「ふっ、二番手だから何よ。何が言いたいの?」
「桐乃にこっぴどく振られてな。二番手のお前に俺と付き合ってもらいたくて」
「ふざけないで!」

二番手呼ばわりして付き合ってくれ?頭のネジが5、6本抜けてるんじゃない?呪うわよ。

「お前がブチ切れる気持ちはよく分かるが、俺はいたって真面目だ。」
「真面目にそんなことを言えるなんてあなたの良識を疑うわ。」
「大いに疑ってくれ。大好きな彼女と妹を天秤にかけて、妹を取るやつは大抵脳味噌が腐ってる」
「その通りよ。自覚があるならこんな下らない電話をかけないでもらえるかしら?」
「だが言わせてもらうぜ!お前と付き合ってる時な、俺は最高に幸せだった!お前が大好きなんだよ、瑠璃!お前をずっと好きでいたかった!確かに桐乃も好きさ!あいつのことをお前より好きになっちまった!でも、お前を好きだった時の気持ちは今でも俺の中で残ってんだよ!俺はもう1回お前とやり直したい!お前をもっともっと好きになりたい!ひでえ理屈だってのはわかってる。でもな、俺が幸せになるにはお前といるしかないんだ!お前と一緒にいさせてくれ!」
876 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:29:08.50 ID:ulqqr78iO
なんて無茶苦茶で自分勝手な理屈なのかしら。あの時のように一気にまくしたてる、暴走した彼こそ。今、私に最低な理屈を並べている彼こそ。私の初恋の人。

「私を好きになってくれるのは構わないけれど。私をもっと好きになってから付き合って欲しいと言ったらどうなの?」
「いやだね、お前が他の男に取られたらどうする?」
「だ、だからって!好きでもない女に付き合ってなんて言わないで頂戴!」
「だーかーら!お前が大好きだって言ってんだろ!」
「桐乃の次って言ったじゃない!」
「あー、今はな。だがじきにお前は桐乃を超す」

思わず目頭が熱くなる。この数ヶ月、私の心を覆っていた闇に光が射し込みつつ・・・いや、流されてはいけないわ。

「なら超してから連絡して頂戴。そしたら考えてあげるわよ。」
「本当か?」
「ほ、本当よ。私とあなたは魂で結ばれているのだから、私があなた以外の男と結ばれると思うの?私のボッチスキルをなめないで頂戴。」
「自慢されるとそれはそれで心が痛むんだが・・・お前はまだ俺を好きでいてくれるのか?」

そ、そんなこと・・・もう我慢出来ない!

「当たり前でしょ!来世まで貴方が好きよ!」
「ありがとな、黒猫。ひどいことばかり言っちまったのにな。」
「ふっ。感謝しなさい。私が浮気者を許す寛容な女であることを。」
「ありがとな。本当に。夜遅くにごめんな。おやすみ。」
「ま、待って?」
「お、なんだ?」
「やっぱり、その・・・あなたは私を好きなのね?」
「もちろんだ。何度言っても良い。」
「今は桐乃の方が好きでも、私をもっと好きになってくれる?」
「ああ、お前をもう2度と泣かせはしない。」

その言葉は。今にも嬉し泣きをしそうな私を奮い立たせた。

「良いわよ、そう約束してくれるなら・・・私と付き合いましょう。」
「ほ、本当か?」
「本当よ!今は二番手で構わないし、桐乃といちゃいちゃしたって構わないわ。最終的に貴方が私の下にくるならば・・・今は妥協しましょう。」

そう、私は決めたのだ。何度潰えようとアカルディアを築くのだと。その為にはいかなる忍耐もすると。

「もう何があっても離さないでよ・・・あなたは私のもの。私もあなたのもの。これからはずっと一緒よ・・・」

嬉し涙を流しながらー

私と京介は再び結ばれた。
877 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:30:30.14 ID:ulqqr78iO
※桐乃視点

廊下に出ると京介が自分の部屋で大声を出して訳の分からないことを叫んでいるのが聞こえる。

分かっていたのだ、私といる時よりも黒いのといる時の方があいつは無邪気にはしゃいでいられるのだと。

私は大切なものを手放さなければならない。

腕に抱いているのは私の宝物。私のアルバム。

これを。お父さんに返す日がきた。

今日一晩かけて私の心に焼き付けた大切な思い出

今はまだ寝ているだろう。今のうちに元あったところに戻そう。

私たちが元の兄妹に戻ったように。

高坂京介。私のたった1人の、大切な兄貴。

これからは妹として。兄貴を好きでいるからね。

バイバイ、私の初恋。でもこれは、決してバッドエンドなんかじゃない。

明日もまた兄貴に会える。それだけで良い。私たちは兄妹なのだ。

いつまでもいつまでも、それは変わらない。憧れの人の背中をいつまでも追っていられる私はこれからもずっと幸せでいられるだろうから。

<終>
878 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:32:18.09 ID:ulqqr78iO
ご感想・批評お願いします。
879 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 19:55:33.74 ID:gEO5sMWRo
原作終了時点から恐らく最もありえる展開でから無難だなーと。まあ追加メンバーはあやせさん1人だけのようだけど。

ただ原作では照れ隠しに書かれていた分、マジ切れする紀梨乃に少し違和感があったぐらい。
あとあやせを出した意味があんまないんじゃないかなー。ライバル関係にしといた方が賑やかになったんじゃないだろうか。

以上、乙でした。
880 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/25(火) 22:14:12.47 ID:7/L2H79K0
何か書きたくなった
881 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/25(火) 22:32:10.01 ID:ghdRkGEAO
>>878
桐乃の心理描写に胸を打たれた
桐乃派だけど、この展開はある意味ハッピーエンド。あると思います。

おつ
882 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/25(火) 22:52:34.89 ID:sw6uiMP2o
>>878
乙。
だいたい自分が12巻の内容取り込んだ上でやって欲しかった理想の展開で良かった。

黒猫派でまだ12巻の内容を消化試みている人になら、GJもらえる…ハズ。
少なくても自分はそう。
883 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/25(火) 23:36:41.88 ID:BA1qaLuTo
いや、ねーだろ
預言書を破った黒猫の覚悟がぶち壊しじゃん
884 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/25(火) 23:49:38.10 ID:gEO5sMWRo
オーケイ、他人の意見を強要されたくないという意見はよく分かった。
その点はまったくもって正しいから矛を収めてくれ
885 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/25(火) 23:54:42.20 ID:O1cfJR5hP
カプ厨ってくっつきさえすれば何でもいいんだな
886 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/26(水) 12:13:33.37 ID:qiBzZV2MO
桐乃、これ自分に言い聞かせてるだけだな…
悲恋やんけ
887 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/26(水) 14:37:38.55 ID:X/9f+lcuo
桐乃のキャラがおかしくなってるのと京介の決意が何故か簡単に崩れてるのと
12巻の黒猫の想い・覚悟が台無しになってるのを除けばいい感じなんじゃないかな
黒猫スレだと喜ばれると思う
888 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/26(水) 15:21:38.61 ID:W1R8l65io
そこら辺がしっかりしてないと黒猫スレでも受け入れられないと思う
889 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/26(水) 19:06:50.51 ID:fkyvaosDO
悪くない。
もう少し長めにとって、個人個人の葛藤と決意をなんとかすれば。たとえば桐乃に言われて黒猫に電話するまでの間に、京介視点のモノローグ差し込んだりとか。

しかし個人的には、兄妹が兄弟になってるとこが多々あって、桐乃くんがちらついて困った。
890 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/27(木) 00:07:16.51 ID:7/EHHVAD0
SSだから好きに書けば良いわな
それに言い訳が羅列してる原作見ると
京介の気分が変わったとか余裕でおkな気もする
デスノはもう一回書けば良いだけ
問答無用で黒猫エンドのSSが有っても良いよな
黒猫の心境は最期の最期まで理解出来ないから俺は書けないが
891 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 00:33:19.99 ID:hRdDgyczo
別エンドにしたいなら素直に12巻以前の時間軸から書いた方がいいと思う
892 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/27(木) 03:09:19.00 ID:jd3v1q8FO
>>869です。

皆様ご批評ありがとうございます。

原作エンドではサブヒロインへの可能性がズタボロにされているので、反発心もこみで敢えて原作から繋げさせてもらいました。

京介と黒猫の心情の変化に関する描写が少なすぎ、イマイチ伝わりづらい文面になっていたこと、反省しています。

原作での黒猫の反応は京介への好意を失ったものとして解釈していません。

また、これはかなり特異な解釈だとは思いますが、京介の黒猫への恋愛感情が完全には昇華していないのではないか?と考えます。

京介は黒猫を振る時に黒猫のことを「大切な人」と表現していますし、黒猫との恋人期間への一抹の未練を伺わせる描写もあります。

そういった心境の変化や黒猫の心がどうほぐれていったかの描写に欠けているという前述のご指摘は全くその通りだと思います。

基本的にはあやせ派なので、原作エンドからあやせに強引につなげられないか思索してみます。出来ればロックを使いたいのですが、そうすると麻奈実編になりそうですね。

また案を練ります。

ご感想と批評、ありがとうございました。
893 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 03:47:41.95 ID:OUaBPS82O
昇華って言葉を俺妹で使うやつは総じて筆頭にしか見えない
894 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 03:48:25.64 ID:OUaBPS82O
昇華って言葉を俺妹で使うやつは総じて筆頭にしか見えない
895 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 03:48:52.67 ID:OUaBPS82O
連投すまん
896 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 04:49:32.31 ID:2wFMrJoFo
SSスレにもID:OUaBPS82Oみたいな臭い奴がいるのか
897 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 04:50:40.95 ID:tdg5DVGBo
>>892
反発心込みであえてやるなら仕方ないけど
作者が完結させた物語のその後をねじ曲げて(言葉が悪いが)まで書こうというのだから
そこの描写をしっかりとして、読んでる人が納得出来るほどの作品にして貰いたいかな

そこでの感情の動きが理解出来ないと、これはやはり別物だとわかってしまうから
これ作者が書いたんじゃないの?というぐらい違和感ないのを期待したいね

親の問題、サブヒロインのその後など作者が正直逃げたと思われる作品に負けないような
892さんなりの解釈での俺妹を見せて欲しい

長文&何か上から目線っぽくなってすまない
898 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 04:56:32.26 ID:lnx1u/kqo
自分でも強引って分かってるならやめろよ
痛々しくて見てらんないぞ
899 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 04:56:40.82 ID:Q4uIE9SvP
素直に>>891の言う通り12巻を自分で描くのが早いんだろうけどね
言ってる事が嘘だらけの京介なんで何とでも描けるだろうし
900 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/27(木) 06:07:21.79 ID:PuktGWk6P
こちらとしては読みたいのは作品であって、所信表明はどうでもいいというのが本音。
批評頼むって書くからここまで伸びたけど、本来なら「嫌なら見るな」で終わりだからね。

オリキャラを含まないのであればどんな作品でも歓迎する。
ただし反省と考察は自分の中で済ませてくれ。
901 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 06:11:20.26 ID:9lA4szH7o
バッドエンドにしか見えん
902 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 13:36:36.56 ID:FJtU0tyJ0
>>878
これこそがわたしが見たかったエンディングだ...T_T
903 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/27(木) 14:47:23.56 ID:GPaxNNsZ0
アニメの超展開やばいな

原作見てても唐突すぎる

原作知らない人から見るとなんだこりゃだな・・
904 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 17:59:10.75 ID:OxRXov7F0
作者3度にわたるインタビューでとどめ刺しまくってるな やっぱり桐乃以外なら時間軸は11巻時点からやった方がいいな
12巻後の京介が他に動くとは思えない
905 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 18:06:40.47 ID:lnx1u/kqo
もう12巻後やりたいなら桐乃が事故で死んだとかにすればいいんじゃないかな
906 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 18:18:28.95 ID:vzJfccQCO
作者が今度はレールガンでのコラボ小説のインタビューで追加でとどめさしてきたぞ

俺妹のキャラに言いたいことは、って質問に

京介には、「ちゃんと妹を幸せにしてやれよ」と言ってあげたいですね。僕にできる手助けはすべてしてやったので、あとはお前次第だ!

桐乃には「幸せになれてよかったね」と、祝福してあげたいです。

だって
虐殺やん…


907 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/27(木) 22:00:52.63 ID:4LbD6R2F0
後輩読むと黒猫派が発狂した理由がよくわかるな
恋愛モノにNTR持ちこんだらそりゃ荒れるわ
908 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 22:04:54.93 ID:HOqpgiDxo
>恋愛モノ
え?
909 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 23:22:35.39 ID:IFSoA6nOo
>>906
幸せって概念がよくわからなくなるな
恋愛って家族愛の上位互換だったっけ?
910 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/27(木) 23:46:44.48 ID:WplojPPQP
幸せなんて結局本人がどう感じるかだし、定義するだけ無駄じゃね
何が何の上だとかいってるとろくなもんが残らんと思うぞ
911 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/28(金) 01:02:17.75 ID:l9BYzSW+o
いや、俺が言いたいのはそういうことな訳で……
疑問と言うより反語

何時の間にか、俺妹も恋愛で結ばれるか否かが大事な話になっちゃったなーと
912 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/28(金) 01:30:26.26 ID:Kp4jz4a4o

盛り上がっているところ申し訳ない。超短編SSのために1レスだけ下さい
913 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/28(金) 01:32:39.70 ID:Kp4jz4a4o

すまん、コピペの半分が消えてしまった。雑談をどうぞ
914 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/28(金) 01:47:20.98 ID:Kp4jz4a4o
急ぎ修復しました……

『好敵手』

京介「ほら、頼まれたケーキ買ってきてやったぞ」

桐乃「みんなバラバラのを頼んだけど、間違えなかったでしょうね」

京介「当たり前だろうが。桐乃は、モンブランだったよな」

桐乃「うん」

黒猫「私が頼んだガトーショコラは、ちゃんと買えたのかしら?」

京介「おう、これでいいんだろ?」

黒猫「ありがとう」

桐乃「あやせは何を頼んだの?」

あやせ「わたしは、イチゴの……」

京介「ほらよ、あやせはイチゴのパンツだったよな」

あやせ「え!? あ……ありがとうございます」

桐乃「ブッー、ゲフンゲフン……」

あやせ「あの……お兄さん」

京介「なんだよ、せっかく買ってきてやったのに不満なのかよ」

あやせ「いえ、そうじゃなくて……。この前も同じようなことがありましたよね」

桐乃「この前って、『うまか棒』を買ってきてもらったときのこと?」

あやせ「うん。……あのときも、わたしだけ『突っ張り棒』だったじゃない」

黒猫「そういえば、地震に備えてとか言われてたわね」

あやせ「他にもまだあったじゃないですか」

黒猫「いつのことだったかしら?」

あやせ「お兄さんがタコスを買ってきたときも、わたしだけ酢ダコだったし」

黒猫「でもあなた、ちゃんと持って帰ってたじゃない」

あやせ「捨てようかと思いましたけど、お兄さんが悲しい目でわたしを見るから……」

桐乃「もしかして、あやせの気を引くためだったりして」

京介「それは断じてない」

黒猫「なんだか、元も子もない言い方をするのね」

あやせ「お兄さん、わたしをいじめて楽しいですか?」

京介「ああ」

あやせ「わたしのことが、そんなに嫌いなんですか?」

京介「好きだよ。大好きさ。……でもな、この前の礼はきっちりさせてもらう」

桐乃「この前の礼? って、何のこと?」

京介「あやせがこの前、体に良いから飲めって栄養ドリンクをくれたんだよ」

桐乃「そういえば、先々週だっけか、なんか飲んでたよね。そのあとのた打ち回ってたけど」

京介「その栄養ドリンクが問題なんだよ。……何が入ってたと思う?」

あやせ「ふん。お兄さんて、見かけによらず器のい小さい男だったんですね」

黒猫「あなた、一体何を入れたの?」

あやせ「……正露丸」

ししまい
915 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/28(金) 07:46:36.68 ID:6Yl2EQ870
   ,────、
 ⊂从从从从⊃______
  ソ(●父●) |从@人@人:\
  l王l王l王l王l.从人@人@人|
  ヽ───‐‐'人@人@人@.|
  | @人@人@人@人@人. |
  |__人__人__人.__ |
  ||||| ||||| ||||| |||||
  ||||| ||||| ||||| |||||
 ∠二l ∠二l  ∠二l ∠二l
916 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/28(金) 10:44:56.50 ID:dDt9Qp2DO
>>906
桐乃派の俺にはもろ手挙げるだけだけどな。

つか負け戦の奴等が未だに希望持ってるとかあり得ねーだろww
917 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/30(日) 01:24:07.77 ID:27meI6sAO
アニメがああいう形で終わった以上、
8月の配信まで原作未読派の創作モチベにはならないっぽい…?

逆に言えばこれからの俺妹SSは
書き手も読み手も完結してる原作の内容を知ってることが暗黙の前提になるともとれるのか

俺の解釈
俺の好み
俺の主張
が否応なく編み込まれ前面に出たSSばかりになると思うと胸熱
918 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 02:40:05.38 ID:vXfg1GsDO
べつに京介が黒猫と付き合い始めてすぐ桐乃が素直になって、
3人仲良く、そして紗織も乱入

とかやっても良いんじゃね
919 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 03:07:02.17 ID:HWAe2MOao
8巻の黒猫エンドifなんて書き尽くされてるんじゃねえの?
920 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/30(日) 04:17:10.14 ID:qDMSvLJX0
それにしても、アニメの展開は原作読んでいないとついていけない気が・・・SSスレで書くことじゃないけれど

原作エンドからだと桐乃エンドを覆すのは難しいから、これを期にSSを書く気はなかなか起きづらいよね。

なんとか原作エンドから頑張れないかな・・・
921 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 06:51:14.21 ID:27meI6sAO
>>920
いくらでも覆せばいいとおも
差し障りなければ……どこに苦戦を感じてるの?
12巻京介のキャラ?
それともまさか書こうとしてるのが麻奈実さんSSとか…
922 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 09:42:22.59 ID:HWAe2MOao
じゃあ君が説得力のある12巻後別エンドを書いてみてくれたまえよ
923 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 09:49:43.93 ID:G4WUQcKDO
>>920
いくらでもあるべよ?
だって京介、実は大学受かってる描写ないんだぜ?

大学落ちる→桐乃愛想つかす→予備校通い→他キャラとLOVE。

ほれ。
924 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 10:15:43.95 ID:BCAEvt2Wo
そのゴミみたいな設定で一本書き上げて来いよ
925 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/30(日) 10:36:35.55 ID:7ut5cM3q0
SSなのに
俺の解釈
俺の好み
俺の主張
が無いって思う方がどうかしてると思うが

後、個人的にはあの原作の言い訳羅列したエンドこそ
本当にSSぽかったし、桐乃厨は納得しないだろうけど
言い訳羅列すれば黒猫エンドとか余裕だよな

京介は気分が変わりましたで済む
926 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 13:54:29.13 ID:v9MnZY7Wo
その気分が変わりました。を上手く書ければいいんじゃないかな
原作があんなだからSSでも説得力いらないだろ?とかはかっこ悪すぎるし
書く人なりの俺妹を見せれくれりゃいいよ
927 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/30(日) 14:29:22.15 ID:T70rSsojo
やはり桐乃に死んでもらうほかあるまい
928 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/01(月) 02:34:36.80 ID:rjVCKhYCo
盛り上がってきたところで、志ある方の超凄い[田島「チ○コ破裂するっ!」]に期待
929 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/02(火) 21:54:30.12 ID:Y2ubxArN0
京介「なあ、桐乃」 桐乃「なによ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371103358/

カプ 京×桐
930 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/07(日) 23:23:23.58 ID:7407UtTXo
京介「その左手に、もう一度」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373193494/
931 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/07(日) 23:53:56.73 ID:KkCBHRYVo
やっぱ本編完結後IFってのが多いのかな
932 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/08(月) 00:26:37.97 ID:6OVql5EAO
あの終わりかたは「俺ならもっとこう書くのに」心理をくすぐるんじゃなかろうか
だから延長よりも改変の側面が見えやすい気がするけど
いいぞもっとやれください。大好物です。

ここに名前の挙がってないスレなんか特にww
933 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/08(月) 22:30:21.19 ID:JBlyjuaZ0
>>932
当ててやる
ハーレムENDのやつだろ!?
934 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/10(水) 01:18:52.17 ID:g/VwKv+AO
時間さえあれば…

>>933
そうそう。あれは特異性が凄いよな
ツッコミ入れるのも野暮かと思うくらい突き抜けたSSは珍しい
935 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/10(水) 09:42:12.26 ID:c7pi3nzDO
タイトルplz
936 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/10(水) 10:12:54.98 ID:g/VwKv+AO
>>935
バッドエンド
937 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/10(水) 11:36:01.39 ID:CBFvbCVCo
あれ面白いけど作者が痛い
938 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/07/11(木) 17:53:25.17 ID:pbs/p0n7o

『あやせの数え歌』

あやせ「♪いっぽんでーも ニンジン、二つに分けても お兄さん!」

京介「すまん、俺が悪かった」

あやせ「♪惨劇後ーの 死体! 死体だかーら 五体バラバラ」

京介「助けて……」

あやせ「赤巻紙 青巻紙 黄まきまき……」

京介「わかってる、今までのことは全部巻き戻すよ!」

あやせ「目標をセンターに入れてスイッ……。ありがとうございます」

ししまい
939 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 13:46:33.10 ID:5NxbhWJv0

今からSS投下。
初めてだからお手柔らかにお願いします
設定としては原作の11巻途中まで。麻奈実との話し合いが終わって櫻井には会ってない。
会ったとしても告白されてないことに。
11巻収録のプロローグもなし。
後は基本的に原作に準拠
では次から投下
940 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 13:58:20.76 ID:5NxbhWJv0
風呂から上がった俺は、髪を拭きながら自室のベットに寝っ転がる。
今日も疲れた…とは言っても土曜で学校が休みだったから1日中受験勉強をしていただけだが。
今日は12月の15日。今年も残り2週間とちょっとだ。
世間では10日後に迫ったクリスマスと、それに続く正月に向けてお祭りモードだ。
しかし受験生である俺には関係ない。
か、彼女がいないからじゃないからね!?
世間の受験生様たちは腹がキリキリするような時期だろう。俺も例外ではない。
もっとも、今現在俺は受験以外にも抱えている問題のおかげで腹だけではなく頭も痛い。
つまり、あやせの告白をどうするか、だ。
11巻では丸々無視しちまったからな。
告白された日、俺はすぐに返事をすることができなかった。そんな俺に対してあやせは罵倒するでもなく、暴力を振るうでもなく優しくこう言った。
「お返事はすぐでなくても構いません。いえ、頂けるなら今すぐ欲しいところなんですが…
お兄さんが受験勉強『とか』で大変なのは分かっています。だから、落ち着いてからお返事を下さっても構いません」
俺はそんなあやせの優しい言葉に甘えることにした。
941 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:03:44.63 ID:5NxbhWJv0
全く俺ときたら黒猫の時といい、いざというときには腑抜けてしまう奴だ。
しかしいつまでも先延ばしできる問題でもない。
今は単なる『猶予期間』なのだから、いずれは『その時』が来てしまうわけだ。
だから、俺は『その時』が来てもいいように考えなければならない。
942 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:08:52.03 ID:5NxbhWJv0
思えば今まで語ってきた俺の物語は、いつも受動的だった。
妹からの人生相談を受けてオタク趣味を共有できる友達を探して、
親父からオタク趣味を守って、
あやせと仲直りさせたり、
去年のクリスマスには一緒に小説の取材をしたっけか。
他にも桐乃がアメリカに行く前にはエロゲー買いに行かされたり、
「スカトロ*シスターズ」を見せつけられたりもしたし、
彼氏のフリをしてデートもさせられた。

他にも、あやせからは桐乃へのプレゼントを相談されたり、
加奈子のマネージャーごっこを依頼されたりもした。

勿論、俺が能動的に動いたこともあった。
桐乃が書いた「妹空」が乗っ取られてそれを取り返しに黒猫と出版社に乗り込んだり、
黒猫がうちの高校に入学したときには、勝手に世話を焼いて友達を作ってやろうとした。
あとは、加奈子のライブを見せるために痛チャリに桐乃を乗っけて暴走したり、
家に帰れるかどうかが係った重要な模試の日にあやせのストーカーと対決したり…
943 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:15:49.33 ID:5NxbhWJv0
けど、俺は妹や黒猫達のために、能動的に動いたにすぎない。
もっとも、それは俺がやりたいから勝手に世話を焼いただけだが、
『他人のため』であることには変わりない。
依然として、俺は自分のために能動的に動くことはあまりなかった。
だが、そろそろ俺も自分のことをしっかりしなければならない。
黒猫と別れたときや、麻奈実がそっけなかったときのように、
いつまでもヘタレて妹に泣きついている場合じゃない。
944 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:22:40.56 ID:5NxbhWJv0
俺は俺に『人生相談』をする。
『お前はどうするのが一番いいと思う?』
「…分かんねえ」

『あやせと付き合うのか?』
あやせはちょっと思い込みが激しいが友達思いで、
何事にも真剣で、真摯で、
可愛くて俺にはもったいない子だ。

『黒猫はどうするんだ?』
黒猫もあやせに負けず劣らず友達思いで、
優しさにあふれていて、
時折魅せる表情が蠱惑的で、照れた表情が可愛い子だ。

『どっちを選ぶんだ?』
選ぶだなんて偉そうかも知れんが、
現に俺はあやせに告白されているし、
黒猫とも喧嘩別れしたわけではないから、
付き合おうとすればどちらかとは付き合えるはずだ。
黒猫、あやせ、2人の顔が交互に俺の脳裏によぎる。
2人とも俺にはもったいないくらい魅力的でいい子だよな。けど、俺は選ばなきゃなんねえ。
「…どっちも選べねえ」
はっ、本当に俺はヘタレだぜ。
だがな、俺はこの『人生相談』を中途半端に終わらせるわけにはいかねえ。
分かんねえじゃ駄目なんだよ。
945 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:38:01.29 ID:5NxbhWJv0
どのくらいそうして考えていただろうか。
拭く手を止めていた髪の毛も、自然と乾いていた。
「…決めた」
俺は1つの結論を出した。
『後悔しないのか?』
後悔?ありまくりだ馬鹿やろう。
できるならあやせとも黒猫とも付き合いてえよ。
でもよ、現実はそんなんじゃ通用しねえ。選ぶなら1人だ。
『そうか、なら』
「やるしかねえな」
俺は腹を括った。
今年の汚れは今年の内に、今年の内に解決できる問題は今年の内にやっとくべきだろう。
946 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/12(金) 14:42:10.68 ID:hDc30W79P
書きながら投下してんのか?
947 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:43:02.79 ID:5NxbhWJv0
「やっと今週も学校が終わったねえ〜」
「ああ、そうだな」
今隣には麻奈実がいて、俺達は学校からの帰宅途中。
今日は12月の20日。
あの決断をしてもう5日も経っていた。
いや!?別にヘタレたわけじゃないよ!?
俺は受験生だし、黒猫もあやせも同じ学校じゃないから呼び出すのは平日じゃないほうがいいと思っただけだって。
…本当だよ?
「きょうちゃん。明日はどうする〜?図書館で勉強会にする?」
「いや、すまねえ。明日はちょっと用事があるから勉強会はまた今度な」
「そっか〜頑張ってね?」
…こいつ、俺が明日なにやるか御見通しなのか。あり得るから怖い。
「ああ、まかせろ」
948 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:46:55.70 ID:5NxbhWJv0
帰宅して自室に籠ること2時間。
勉強もせずに携帯片手に熟考をしていた。
だがここにきて悩むのも馬鹿らしい。
俺はこの問題を今年中に片づけると決めたし、そのための結論も出した。
あとはそれを実行するだけだ。
『明日の昼2時に、あの場所で待っている』
俺は携帯の送信ボタンを押した。



>>946
すまん、見落としてた。
違う、もう書ききって投下してるだけ、遅いのは許してくれ
949 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:49:36.93 ID:5NxbhWJv0
「まったく、私に闇の力が無かったらあなたの居場所を割り出せずに出会えず仕舞いだったわよ」
待ち合わせ場所に現れた瞬間に、俺を見下すような目線で黒猫は言った。
「いや、お前ならちゃんと来てくれるって信じてたよ」
闇の力なんてなくてもな。
そう、待ち合わせ場所は黒猫から『呪い』をかけられた校舎裏のベンチだ。
俺たちで「あの場所」って言ったらここしかないよな。
現に黒猫も待ち合わせ時間に間に合ってるし。
そして黒猫は場所だけじゃなくて、ここを指定したことで俺が今日なにをしようとしているかも察しがついてるはずだ。
950 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:54:07.87 ID:5NxbhWJv0
「それで、ここまで呼び出したのはどういう用件なのかしら?
もしかして世間話をするためでもないのでしょう?」

いつになく攻撃的な口調だな。いや、分かってる。
こいつが精一杯の虚勢を張っているってことはな。
「まあそんなに急ぐなよ。ちょっと昔話に付き合ってくれないか?」
そう言って俺は座っていたベンチの右隣を叩く。
黒猫は躊躇するように目線を彷徨わせたのち、俺の右隣に腰かけた、拳4つほどの距離を空けて。

「それで昔話とは何かしら?もしかして『堕天した獣』の頃の記憶を取り戻し…」
「いや、ねえよそんな記憶。そうじゃなくてよ。色々あったよな、今年の夏は。」
「…ええ。そうね」
黒猫は恥ずかしそうに目を伏せる。
俺たちは別れてからこの話題に触れることはなかった。
意識的にか無意識的にかは分からないが、
その話題に触れることがなかったから、なんとなく俺たちの間では‘禁忌’のようになっていた。

「お前が神猫の姿で現れたデートしたり、一緒にプールにも行ったな。
他には、黒猫ん家に呼ばれて日向ちゃんや珠希ちゃんにも会って…
逆に俺ん家にも呼んで。付き合ってからはほとんど毎日会ってたよな」
「…ええ」
「楽しかったよな」
「…」
951 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 14:59:18.01 ID:5NxbhWJv0
黒猫の方を見ると、膝の上で拳を握りしていた。
こいつは頭の回転も早いし、俺のこともよく知ってるから、なんで今さら昔話をしてるのか分かったのかもな。
「そんで、花火も見に行って…そして俺たちは別れた」
「そうね。それが私たちの短い恋人同士だった思い出。それがどうしたと言うの?」
キッと黒猫が俺を睨む。両目は赤く充血していた、今日はカラコン入れてねえのに。
「お前と付き合ってた今年の夏は本当に楽しかった。それだけは嘘じゃねえ」
今は12月の冬真っ盛りなのに、ここだけが夏のようだった。
セミの鳴き声、
抜けるような青空、
汗でべたついた素肌…
まるで質量をもって今も存在しているようだった。
けどこれは幻で、今は冬だ。あの頃の楽しかった思い出は夢で、夢はいつか覚める。
952 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:03:55.21 ID:5NxbhWJv0
「けどよ、黒猫。…すまねえ、お前とは付き合えねえ」

黒猫が顔を伏せちまったから、泣いているのかは分からない…
分からないけど、泣いてるんだろうな。
「…理由を聞かせてもらってもいいかしら?」
「…さっきも言ったけど、お前と付き合ってたあの時は本当に楽しかった。
それに、俺がお前のことを好きだってことも嘘じゃねえ」
「ならっ、なら何故!」
黒猫はつっかえながらも、もどかしそうに言葉を紡ぐ。
「正直に言うと、俺は浮かれちまってたのかも知んねえ」
本当はここまでぶっちゃける必要なんてない。
桐乃が言った「兄貴に彼女ができるのなんて絶対にイヤ!」という、あの言葉で誤魔化し続けることだってできた。
けど、そんなことはできない、真摯に俺と向き合ってくれた黒猫に対してそんなことは。
だから、俺は言葉にするのが困難な、できるかも分からない心の中のゴチャゴチャとした感情を黒猫に吐露する。
953 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:09:32.66 ID:5NxbhWJv0
「俺さ…初めてだったんだよ、女の子に告白なんてされるの。
すっげえ嬉しかった。なんて言うか…生まれてきた意味があったって言うか、
この世界に居ていいような気持ちになれた。
それにさ、アメリカまで桐乃を迎えに行く前、お前がキ…『呪い』をかけてくれたよな?
あの『呪い』もさ、生まれてはじめだったから、寝ても覚めてもお前のことで頭一杯だったよ」
俺はふう、と一息吐く。
黒猫の瞳は俺を写していた。
表情から察するに、今のところちゃんと俺の気持ちは伝わってるみたいだな。

「けど、今になって冷静に振り返ってみると、あれは本当だったのかって考えちまうんだよ。
『本当に俺は黒猫のことが好きだったのか?』
『それは恋愛感情としてか?』
ってな。
勿論、俺はお前が友達思いの良い奴で、優しくて、照れ屋で可愛い奴だって知ってる。
けど、今になって分かったんだよ。
俺は恋に恋してたんじゃないかって。
こんな使い古された言葉で申し訳ないけど、やっぱり俺は恋することに舞い上がっちまってたんだよ」
954 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:13:29.68 ID:5NxbhWJv0
「じゃああなたはもう、私のことが好きじゃないのね」
「…少なくとも、異性として一番って意味ではな」
俺が伝えたいことは言い切った。
俺は黒猫に視線を合わせる。
さっきみたいに顔を伏せたままで、肩を震わせている…
泣き続けてるんだろうな。
クソ!俺はこんないい奴を悲しませて

「…ククククク」
…あれ?黒猫さん!?
「ハーハッハ!滑稽だわ。
キスをしただけであんなにも狼狽して。
ねえ?私があなたのことを好きなのか気になって夜も眠れなかったでしょう?
私のことで頭がいっぱいで他のことなんて手につかなかったでしょう?
童貞を御すなんて容易だったわ。
私のことを意識させて、ちょっと私が気のある素振りをすれば野良犬のように食付いて。
あとはタイミングを見計らって告白すれば、結果は火を見るより明らかだったのよ。
フフフ。どう?私の掌の上で踊らされていた気分は?」
あれ?黒猫がなんか覚醒したぞ!?なんだこれ!?これが闇の力なのか…!!
955 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:19:33.15 ID:5NxbhWJv0
「ええ、そうよ。
こんなものは茶番でしかなかったのよ。
私が人間の男1人なんかに本気になるわけないじゃない。
でも…」
けど、そこで不意に鼻声が混じる。
「でも、そうね。
あの夏の日、別れていなかったらあなたは今でも私の掌の上で踊っていてくれたのかしら?」
黒猫の泣きはらした真っ赤な目が、縋るようにこちらを見る。
あの時別れなかったら、か。
そうだったら多分、俺は今でも黒猫に夢中で、
別れるとか、本当に好きなのかとか考えたりもしなかっただろうな。
「いえ、今さら『〜たら〜れば』の話をしても仕方ないことね。
一番滑稽なのは…私でしょうね」
自嘲するような黒猫の表情は今まで見てきた中で、
一番無防備で、そして一番可愛く、また綺麗でもあった。
956 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:25:04.36 ID:5NxbhWJv0
「あの茶髪なんて放おっておいてあなたと付き合っていれば良かったわ。」
そんな黒猫の呟きに、俺はどうしても言っておきたかったことを言う。
「けどよ、お前が『儀式』を遂行してくれなかったら、
俺は桐乃の本当の気持ちも知ることはなかった!
知らないままだったら、多分俺たちは今でもすれ違ったままの兄妹で終わってたよ。
俺はあのおかげ桐乃の気持ちを知ることができた!!
兄妹をやり直そうと思えた。
だから…ありがとう」

これは心からの言葉だ。

「ふん、桐乃のことはことのついでだったのよ。それなのに肝心のあなたを失うようでは本末転倒でしかないわ」

そこで黒猫はスッと立ち上がる。

「私は狂気の街、千葉(せんよう)に舞い降りた堕天聖黒猫。黒猫は東洋では不吉の象徴とされている存在。
私がすぐにあなたを諦めるような尻軽女と思わないことね」


あれ?勇気出して黒猫と話し合ったのに、あんま変わんなくね?
しかも「付きまとう=不幸にしてやる」とか悪化してね?
957 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:32:37.62 ID:5NxbhWJv0
言いたいことはもうないとばかりに黒猫はそのまま立ち去ろうとする。
「ちょ、黒猫!」
「なにかしら」
「また、また俺たちで、沙織と桐乃と4人で集まれるよな!?」
これはどうしても確認しておきたかった。
俺が黒猫を振ったせいで4人の仲がバラバラになれば、
俺は沙織からサークルクラッシャー男という不名誉な称号で呼ばれることになっちまう。

「勘違いしないで頂戴。私があの4人で集まっていたのは先輩のためじゃないわ」
そう言って黒猫はこの場から去っていった。
へ、そりゃそうだ。
あいつは桐乃や沙織と遊びたいからあいつらと会ってるんだよな。
だったら、俺が黒猫を振ったところで俺たちの関係が壊れるわけないよな。
958 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:41:28.45 ID:5NxbhWJv0
黒猫との話合いから帰宅後、俺は携帯でメールを作成していた。
昨日のように悩むこともあるまい。
もう黒猫には話を付けたし、この勢いのままもう1人とのケリもつけちまおう。
『明日の昼12時に、いつもの公園に来てくれないか』
「送信っと」
959 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:45:33.96 ID:5NxbhWJv0
「すみませんお兄さん、遅れてしまいまして」
そういってあやせは小走りにこちらに駆け寄ってくる。
アウターは真っ白なダッフルコート、
下は膝丈の真赤なプリーツスカートに黒のニーハイのレースアップブーツ。
首元には上品なライトグレーのマフラー。
雑誌から飛び出したような可憐な姿だ、まあ本当にモデルなんだが。

「いや、待ち合わせ時間には間に合ってるよ」
「それでもお兄さんをお待たせしてしまったことには変わりありません」

その理論でいくと、あやせは待ち合わせ時間に関係なく俺より早く着いてないといけないんだよな。
俺があやせより遅れたら…考えただけで背筋が凍っちまうぜ。

「それにしても、待ち合わせ場所はなんでここなんですか。他の場所でもよかったのに」
この公園のすぐ裏には交番がある。
あやせは俺のことを『近親相姦上等の変態鬼畜兄貴』と思い込もうとしていた。
けど今はもうそうじゃないことを知っている。
だから、あやせは交番が近くにないところでもよかった、と言っているのだろう。

「いや、そうだけどよ。けど、俺たちと言ったら『ここ』だろ」
「ふふ、確かにそうですね」

あやせは懐かしむように公園を見渡す。
俺もあやせに倣って公園を見る。
『妹が、大ッッ…好きだぁぁぁぁぁぁぁーっ!』
と言ったせいで近親相姦上等野郎になったのもこの場所だったよな…諸悪の根源だな。
今さらながらもっと雰囲気のいい場所にしとけばよかった。
960 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:53:00.57 ID:5NxbhWJv0
「それでお兄さん。今日呼び出したのは?」
「ああ。先日の告白の返事をしにきた」
「…そうですか」
あやせも勿論そのことを覚悟していたのだろう。
さほど動揺は見られない。
気を引き締めるように胸元に手を置き、一呼吸置いてから言った。
「では、お聞かせください」
あやせの真剣な目をみて俺も決心が固まった。
だからストレートに自分の気持ちをぶつける。
「すまん、あやせ!
お前と付き合うことはできない!」
あーあ。言っちまった。
もったいねえ。
「…どうしてですか?」
いつもの光彩を欠いたレイプ目じゃなく、うっすらと涙の膜をはった上目遣いで俺を見る。
やめろ!そんな目で見られたら俺の鋼の心(当社比1.4倍)ですら砕けちまう!
でも、ここで「やっぱやめた!付き合おう!」なんて言えるわけもねえ。
俺はあの晩に出した結論をそのままあやせに伝えることにする。
961 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 15:58:35.18 ID:5NxbhWJv0
「俺さ、あやせのことを真剣に考えたんだ。そしたらさ」
『私はあなたの妹の代用品ではないわ。莫迦にしないで頂戴』
はっ、確かにその通りだ。
ここにきて黒猫の言葉が効いてくるなんて、これもあいつの呪いなのかね。
いや、違うな。これは別にあいつのせいじゃねえ。
単に俺が不誠実だっただけだ。

「俺はあやせのことを妹と思ってる」
「なっ!それは…新しい告白ですねこの変態シスコン野郎!!」

違げええええ!!!!!
確かに俺の言い方も悪かったけど、お前も曲解しすぎだろう!
「いや!ちょっとタンマ!そうじゃねえ、そうじゃなくて。
俺はお前のことが好きだ、これは間違いねえ。」
「そ、そうですか」
「けどよ、その『好き』が何なのかって考えたら…
それは異性として好きってのじゃないんだ。
多分、俺はお前のことを妹のような存在として接してきてたんだと思う」
「…妹ですか」
ふう、誤解は解けたようだ。
とりあえず生命の危機は脱したな。
「そうだ」
「なぜですか?」
そりゃそうだ。
血も繋がってないのに兄妹なんてのは、エロゲー御用達の義妹か
はたまたお金を払ってそういうプレイをしているとか…
例えが悪りいけど、まああんまりあることじゃないしな。
962 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:03:52.18 ID:5NxbhWJv0
「まず1つ目の理由は、お前が桐乃の友達だったからだ」
「友達だから?」
「そうだ。お前も、桐乃と一緒で俺とは3つ歳が離れてるだろ。
だから俺の中では妹っていうポジションに座るのにそれほど違和感はなかったんだよ」
「でも、お兄さんより年下なら皆お兄さんの妹であっても違和感はないですよね?」
「まあ極論すればそうだな。だから歳はそんなに重要じゃない」
「他にも理由が?」
「ああ」

あー言いたくねえ。俺は告白よりも恥ずかしいことをしようとしてる。
けどスイッチが入っちまった俺は誰も止められねえ!俺自身でもな!人はそれを暴走とかキ○ガイとか言う!

「あー…ぶっちゃけると、お前が理想の妹に見えたんだよ」
「理想の?」
「ああ。桐乃って茶髪だろ?俺、あれ嫌いなんだよ。
その点、お前は綺麗な黒髪のストレートで、一目見て『いいな』って思ったよ」
「そうですか」
嬉しそうなあやせたん(←マジ天使)

「他にもあるんですか?」
「ああ、あるぜ。
あやせと初めて会ったとき、あやせは俺と桐乃の仲をフォローしてくれただろ」

『だけどっ、本気でお兄さんのことを嫌ってるわけじゃないと思うんですよ!』ってな。

「その時、『あ、こいつ優しい奴だな』って思ったんだよ。
他にも桐乃のために一生懸命になってるところを見て、
お前が友達思いで、優しくて、一生懸命の頑張り屋で、真面目な奴だなって思った」
「…そこまで言われると照れてしまいますね。
でも、なんでそんな印象から妹に?」
963 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:08:41.86 ID:5NxbhWJv0
「あやせももう知ってるだろうけどさ。
俺と桐乃って3年前くらいに喧嘩しちまって全然喋らないくらい仲が悪くなっちまったんだよ」
「それは…はい、知ってます」
「そんでさ、あやせと初めて会ったのは去年の7月くらいだったよな。
そん時くらいから丁度妹と話すようになったんだよ。
けど仲直りしたわけじゃねえから、あいつの口の悪さに超イライラしてさ」
「桐乃はお兄さんの前では素直じゃないですからね」

昔の俺だったら『いやいやあれがあいつの素だから!』って突っ込んでただろうけど今はそうじゃない。
あいつが俺のことをどう思っていたのかを今はもう知っている。

「そうかもな。そんで、そんなときにあやせみたいに可愛くていい子が現れたから『桐乃もこんくらいいい子ならいいのになあ』って思っちまうわけよ。
そんであやせは俺に何度か相談してくれたことがあっただろう?
あんときにも妹に頼られてる気がしてさ、桐乃に優しくできない分あやせを猫っ可愛がりしちまったんだ。
で、そういうことを何度かしてるうちに、俺はお前のことを『妹みたいな可愛い奴』と思ってたみたいだ」
「そうだったんですか…」
ほっ、誤解なく伝わったようだな。
けど伝わったからって問題がないわけじゃないよな。
964 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:15:27.06 ID:5NxbhWJv0
「でもお兄さん、私に
けっ…結婚してくれ、とか大好きって言ったり。
いっつもエッチなリアクションばかりしていたじゃないですか」

確かにそうだ。俺はこいつに会うたびに気のあるリアクションをしていたな。
確かに俺は嘘は言っていない。こいつはマジでかわいいし、マイラブリーエンジェルだ。
それに結婚してくれとかは本当に言っちまってるし。
けどよ、俺だって全てを包み隠さずお前らに言ってきたわけじゃないしな。
嘘は言っていないけど、黙秘はしてるってわけだ。
「確かにそういうことも言ってきたけど、お前だってちゃんとそれが冗談って分かってたじゃねえか」
「そうですけど、けど!」
「あー待て待て、んじゃ仮に今までの冗談が本心だとしてもだ。
俺は妹みたいなもんとしてお前を見ているんだぞ。それでも付き合うのか?」
「それは…」
「それに、だ」
965 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:20:50.77 ID:5NxbhWJv0
本当は「妹みたいにしか見ていない!」でケリを付けたかったんだが…

「お前だってそうじゃないのか?」
「私はっ!私は今までお兄さんにエッチな冗談なんてしていません!」
「そうじゃなくてよ、『お兄さん』だよ」
「はい?」
「呼び方だよ、お前の。
お前は初めて会ったときから今まで一貫して俺の呼び方は『お兄さん』だったろ。
それに前、お前は俺のことを『優しそうなお兄さんでいいな』って思ったって言ってたよな。
お前も俺のことを一人の男じゃなくて兄貴みたいな存在として見てたんじゃないか?」

「それは!…お兄さんとは『桐乃のお兄さん』として初めて会ったからそう呼んでいただけです!
呼び方を変える機会もなかったですし、年上の人に『さん』付けで呼ぶのも恥ずかしかったですし」

「だったら麻奈実はどうなんだ?『お兄さんのお友達』になるんじゃないか?黒猫や沙織も『桐乃の友達』だろ?」

「それは屁理屈です!麻奈美さん達は同性ですし、『さん』付けで呼ぶことにも抵抗がなかったですし…」
966 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:24:19.76 ID:5NxbhWJv0
まあ屁理屈っちゃあ屁理屈だわな。

でもよ、本当にあやせが俺のことを男として好きにしろ、
ちょっとは兄に対する憧れみたいなもんが混じっちまってる気がするんだ。
桐乃もあやせもしっかりしてるし、
モデルとして仕事もとしているから勘違いしちまいそうになるけど、
こいつらは中学生で、まだまだ餓鬼だ。

こういう年頃の奴らは恋愛に対して貪欲で、好きな奴がいて当たり前みたいな風潮になってやがる。
そのせいか、周りに足並みを揃えるためにも、無の状態から有を作り出すみたいに、
無理矢理好きな奴を作ろうとする。
女の方が精神年齢の成長が早い分、その傾向も強いだろう。

いうなればあやせの俺への感情は『麻疹』みたいなもんだ。

俺が言えた義理じゃないが、
相手の真実を見通せず、恋してる自分に浮かれて、恋に恋して、空回りして…
けど、それもいつかは醒めちまう。
別にそれが間違いとかじゃなくてもな。
だから、俺は卑怯な方法に出る。
別にきっぱり、あやせを拒絶して必要以上に傷付けることもないだろう。
967 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:31:22.70 ID:C+5VSJ76P
おつかれ
968 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:35:34.42 ID:5NxbhWJv0
「じゃあな、あやせ。俺とお前は、一体なんだ?友達か?」
「それは…」

これは俺が一人暮らしを強要されていたとき、
あやせが黒猫に問われた質問でもある。
そのとき、あやせは
『セクハラの被害者と加害者の関係』
とか言ってたけど、実際俺もあやせとの関係はなんて呼称すべきか迷った。

友達と言うほど近しくもないが、顔見知りというほどそっけないもんでもない。
…なんだろうな、この関係って。

「俺たちは友達って言うにはちょっと違う気がするんだよ。
それなのによ、一足飛びで恋人同士って無理じゃね?」

世間では友達からステップアップせずに、いきなり恋人から始まる関係もあるだろう。
別にそれを否定するわけじゃないけどよ、俺はそういうのは苦手だ。
ちゃんとそいつの為人を知って、二人の関係を強固にして、
それで恋人同士になっても耐えきれるだけの愛情と関係性を築いたうえで次に進みたいんだよ。
これはあやせも同意してくれるだろう。なんてったって見るからに奥手で潔癖そうだし。

「確かに、それはそうかもしれませんが…」

渋々ながら同意を得られた。
ふー、ここまでくれば後は簡単だ。

「じゃあさ、妥協点としてとりあえず友達にならないか?」
「友達、ですか?」
「ああ、俺はあやせのことを妹みたいに思っちまってるしさ、現状お前と付き合うのは無理だ。
けどよ、友達としてお前のことをもっと知れたらって思うんだ」

別に全くの嘘っぱちってわけでもねえ。
俺は桐乃を介さずともあやせとの関係性を持ちたかった。
それに、友達として関係を続けていけばあやせが俺に失望する可能性もあるし、
何より麻疹が治ってる可能性もある。
そうすりゃあやせを傷つけずに穏便に事が済む。


レベルが足りなくてスレ立てが無理です。誰か980を踏んでいただけないでしょうか
969 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/12(金) 16:40:50.21 ID:Tk2O64KGo
えっ980行くまで続くの
970 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:41:55.35 ID:5NxbhWJv0
「…お兄さんの言い分は分かりました。
そうですね。
ではとりあえず私達は『友達』という関係からスタートさせたいと思います」
「そうか、それじゃ今後ともよろし…」
「でも、お兄さんのことを諦めたわけじゃないですよ。
好きな気持ちを持ってても友達同士でいることはダメじゃないですよね?」
「まあ、駄目じゃないが」
「そうですか。
それじゃ、私はいつかお兄さんを振り向かせてみせます」

全く、なんていい女なんだよこいつは。
早くも振り向かせられちまってるよ。

「じゃあ『京介さん』。行きますよ」
「…どこに?」
「決まってるじゃないですか。遊びにですよ。


友達なんですから」
971 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 16:43:45.24 ID:5NxbhWJv0
>>969
今で半分くらいなんでいくかと

もう辞めた方がいいでしょうか
972 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/12(金) 16:49:35.96 ID:ZjGduxn8o
これで半分なら専用スレ立てたほうが良くね
973 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/12(金) 16:51:42.27 ID:Tk2O64KGo
SS速報には忍法帳ないからレベルなんてないし60レス近くだと個別のスレ建てた方がいいだろ
974 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 17:01:23.30 ID:5NxbhWJv0
無知で申し訳ありません
個別スレを検討してみます。
無駄にレスを消費してしまいすいませんでした
975 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 18:30:09.69 ID:C+5VSJ76P
んーでも原作途中の独自設定だと客来ないよ?
作品発表の意図が明らかなら、荒らし認定で規制されることもないし多少強引にでも続けることを勧める。

ただ鳥はつけたほうがいいと思う
976 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/12(金) 23:38:11.01 ID:nF5jog6AO
14スレも何だかんだで1年を待つことなく使いきるとは目出度い

原作が完結した
個スレが総入換えになった
ししまいに占拠されつつある

…ぐらいか、押さえとくポイントは
977 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/13(土) 09:27:58.00 ID:y8TB9z9DO
SS速報ってこのくらいの長さでも個別スレ立てろってなるのか……
知らなかった

知らないSSは多いし一覧は見にくくなるわけだわ
978 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/13(土) 15:24:15.85 ID:Ej7s5+LAO
>>977
SS速報がってより、この俺妹SS総合スレならではかもしれない。
かつては書き手の人数も頻度も今より多かったから、
ながら投下や中断が他の人の邪魔になって……という経緯よね
>1の注意書ができたのは

と主な元凶の自分が言ってみる。
お詫びにとゆーか
次スレテンプレ用の関連スレ一覧を後で用意するお

現状7つ…かな…?
979 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/13(土) 16:07:23.59 ID:AzzgxYzWo
流石にSSの途中で次スレ立ててとか言い出すのはどうかと思います
980 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 01:12:07.94 ID:5h38pyuDO
完結したものを投下するだけならここでいいんじゃないかなあ
次が必要になるってわかるのも完結してるからだろうし
981 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 01:13:45.54 ID:5h38pyuDO
>>978を待って次スレ立てるね
まあ>>978が立てちゃっても良いけど
982 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 02:49:52.90 ID:ho3yoGHAO
テンプラだけ置いてく


■関連SSスレ
○京介「ただいま」桐乃「おかえり」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373702134/
○京介「その左手に、もう一度」(完結)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373193494/
○上条「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372402011/
○小鳩「あんちゃん」樟葉「お兄ちゃん」桐乃「!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372089922/
○京介「俺のバッドエンドに救いがあるとは思えない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371982235/
○京介「安価であやせを手懐けたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371905091/
○桐乃「間違ってあやせに18禁のゲーム貸しちゃった…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367917905/
983 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/14(日) 07:10:44.06 ID:Iys3NvvEP
>>982
クロスはどうでもいいけど、一番上以外でバッドエンドってやつは未確認だった。
さんくす
984 :980 [sage]:2013/07/14(日) 12:54:33.69 ID:HieYlpOHo
たてたよ

俺の妹がこんなに可愛いわけがないSSスレ Part.15
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373773951/
985 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 14:28:32.58 ID:i1+v4f/Po
>>984


上手くスレを回すことが目的なんだから、柔軟に対応すればいいんじゃないかなぁ
986 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:55:18.03 ID:/qObhKCH0
たておつ
987 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:55:47.95 ID:/qObhKCH0
たておつ
988 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:56:16.37 ID:/qObhKCH0
埋め
989 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:56:43.25 ID:/qObhKCH0
埋め
990 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:57:11.27 ID:/qObhKCH0
埋めるぜーーーーー超埋めるぜーーーーーーー
991 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:57:37.38 ID:/qObhKCH0
埋めるぜーーーーー超埋めるぜーーーーーーー
992 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:58:03.86 ID:/qObhKCH0
うめ
993 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:58:29.77 ID:/qObhKCH0
埋めるぜーーーーー超埋めるぜーーーーーーー
994 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:58:55.75 ID:/qObhKCH0
埋めるぜーーーーー超埋めるぜーーーーーーー
995 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:59:21.41 ID:/qObhKCH0
4649
996 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 18:59:48.34 ID:/qObhKCH0
893
997 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 19:00:14.71 ID:/qObhKCH0
998 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 19:00:41.97 ID:/qObhKCH0
999 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 19:01:08.39 ID:/qObhKCH0
マジ
1000 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/07/14(日) 19:01:35.34 ID:/qObhKCH0
うんこ
1001 :1001 :Over 1000 Thread
                  ヽ人人人人人人人人人人人人人人人ノ
         / ̄(S)~\  <                      >
       / / ∧ ∧\ \<  嫌なら見るな! 嫌なら見るな!  >
       \ \( ゚Д,゚ ) / /<                      >
         \⌒  ⌒ /  ノ Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Yヽ
          )_人_ ノ  
          /    /
      ∧_∧ ■□ (    ))
     (   ; )■□  ̄ ̄ヽ
   γ⌒   ⌒ヽ  ̄ ̄ノ  ノ       SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/

1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
はーるーるーん・アッラシード「もうだめだ。プロデューサーさん拉致る」 @ 2013/07/14(日) 18:53:53.32 ID:cz9IKxUP0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373795633/

セフレ化したい女がいる @ 2013/07/14(日) 18:49:31.88 ID:yPqNR1rQ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1373795371/

男「ときどきあなたを見てました!付き合ってください!!」女「ときどき?」 @ 2013/07/14(日) 18:16:55.00 ID:cGFX1EcG0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373793414/

ヒモになりたい @ 2013/07/14(日) 18:16:05.30 ID:JqHq/SyfO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1373793364/

ゲームは一日一時間 @ 2013/07/14(日) 18:14:01.21 ID:EnRHzSex0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373793241/

シンジ「うああああッッ!!」 @ 2013/07/14(日) 17:32:03.45 ID:WZC5eBSoo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373790723/

サシャ「料理大会?」 @ 2013/07/14(日) 17:28:50.72 ID:sCFsPJek0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373790530/

一夏「わらしべ長者」 @ 2013/07/14(日) 17:20:33.61 ID:7icLrEk40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373790033/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

705.93 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)