このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

久 洋榎 春 胡桃「また4人で、ここで打てたらいいのに」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:07:18.00 ID:2xwDmhDu0
-Bブロック2回戦 中堅戦終了

久「みんな、戻らないの?」

洋榎「もうちょっとここにいたい気分なんや」

春「・・・・みんなも食べる?」ポリポリ

胡桃「いただきます。うん、おいしいね」ポリポリ

洋榎「せやな。これ食べとったら、うちがもっと稼いでたで!」ポリポリ

久「ないない」

春「・・・・」コクリ

胡桃「そういうのいいから、食べかす落とさないで!」

洋榎「あ、はい」

久「あはは。さて、名残惜しくはあるけど、そろそろ行きましょうか?」

久 洋榎 春 胡桃(また4人で、ここで打てたらいいのに・・・)

パアアアア

洋榎「ん、いま卓が光らんかったか?」

胡桃「そんなことあるわけない!」

春「・・・・」

久「・・・・春、何かした?」

春「・・・・」フルフル

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1352516837
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

▼ 萠龍会 ▼ @ 2020/06/06(土) 16:28:38.26 ID:inmiqiqd0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1591428518/

穂乃果「雨があがったら」 @ 2020/06/06(土) 16:13:29.98 ID:C64DeSw80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591427609/

VIP落ちた @ 2020/06/06(土) 13:16:44.58 ID:b/JHwZ200
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1591417004/

【モバマス】恋はストロベリームーン @ 2020/06/06(土) 10:43:55.99 ID:hHwqlfVDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591407835/

【イナズマイレブンGOクロノ・ストーン】天馬「皆ともっと仲良くなりたい」【安価】 @ 2020/06/06(土) 09:57:57.66 ID:eJzzjP+H0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591405077/

【リトバス】理樹「ストーカーに狙われるようになった」 @ 2020/06/06(土) 01:34:01.19 ID:3998YRn80
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591374840/

【イナイレ安価】クロス・オリオン @ 2020/06/06(土) 00:14:53.35 ID:EA/3YXpu0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591370093/

月を見るたび思い出す @ 2020/06/05(金) 22:46:05.37 ID:2b6aeKr40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591364765/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:07:59.38 ID:2xwDmhDu0
シリーズ化はしないつもりですが、とりあえず前作

咲 穏乃 淡 恭子「また4人で、ここで打てたらいいのに」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1351436591/



あと別のスレで長編してますので、宣伝

照「清澄にも麻雀部はあるのか・・・」【咲-saki-】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1343752471/289-
289からの「tell you that I love ...」が照×宥メイン、女子キャラ同一校設定にて連載中です
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:08:50.03 ID:2xwDmhDu0
-3月
-清澄

咲「卒業おめでとうございます」

久「ありがとね、みんな」

和「先輩がいなくなると、寂しくなりますね」

優希「東京に行っちゃうなんてさびしいじぇ・・・」

久「まあ、たまには遊びに来るわよ。そのときには、ちゃんと麻雀部残しておいてよ?」

まこ「さすがに全国優勝したんじゃ、来年にはすごい大所帯になっとるじゃろ!」

久「ふふ、だといいけどね」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:13:31.05 ID:2xwDmhDu0
-4月
-姫松

久(・・・・・・・・・どういうこっちゃねん、これ)

久(ああいけないわ、思わず下手な方言を使ってしまった)

久「姫松高校主将、竹井久?」

久(4月になったら、なぜか私は姫松高校の3年生になっていた)

久(何を言っているかわからねーと思うが・・・っていうテンプレはさておき。どうにも、そういう風に世界は回ってしまっているらしい)

久(両親の離婚をきっかけに中学卒業から大阪へ引越し、そして姫松高校に通っていたということになっているみたい)

恭子「主将、どないしたんですか、そないなところでつったって。部活始まりますよ?」

久「ああ、ごめんなさいね、恭子。ちょっと考え事してて」

絹恵「主将、こんにちわー」

久「ああ、絹ちゃんこんにちわー」

久(そうよ、洋榎がどうしているのか聞かないと。だって、妹の絹ちゃんだけ姫松にいるっておかしいでしょ?)

久「絹ちゃん、あとでちょっと話があるんだけどいい?」

絹恵「別にええですよ?」


久「鹿児島!!」

絹恵「ええ、両親3年位前に離婚しまして・・・・。お姉ちゃんはお父さんの実家の鹿児島に一緒に行ってもうたんです。でも鹿児島でもお姉ちゃん麻雀ですごく活躍してるから」

久「それで、サッカー部をやめて麻雀部に入ったのね」

絹恵「そうです。だから絶対に全国に行きたいんです」

久「ところで、お姉さんの高校って・・・」

絹恵「永水です」

久(やっぱりかー)
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:34:53.61 ID:2xwDmhDu0
-4月
-永水女子

霞「洋榎ちゃん、いい加減この巫女服着てくれないかしら?」

洋榎「断固拒否や、そんなもん着れるか!」

霞「六女仙が1人欠けちゃってるから、ぜひ洋榎ちゃんになってほしいんだけど。麻雀強いし」

洋榎「麻雀強いのと巫女となんの関係があるっちゅーねん!」

巴「麻雀とこの霧島神社は古くからですね(うんうんかんぬん)」

洋榎「そんな解説聞きたいわけやあらへんねん!」

初美「まったく、わがままで困るのですよー」

洋榎「つうか、巫女服ってこんなに着崩してええもんなんか! 巫女の品格とか無いんかい!」

小蒔「そんなに巫女服ってダメなんでしょうか」ウルウル

洋榎「いや、ダメってわけやないけど」アワアワ

小蒔「みんなでお揃いの服で試合に出たいです」ウルウル

洋榎「ぐっ・・・・・。でも、恥ずかしいもんは恥ずかしいんやって」

初美「赤信号みんなで渡れば怖くない、ですよー」

洋榎「お前はちょっとは恥を知れ!」

洋榎(春ぅぅぅ。お前どこ行ってもうたねん!!)
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:35:56.65 ID:2xwDmhDu0
-4月
-宮守女子

春(家の都合で、なぜか岩手に引越し・・・・)ハァ

春(黒糖がすぐに手に入らないからストレスがたまる・・・・・)ポリポリ

春(多分この変な世界は、神様のいたずら・・・。そのうち元に戻るかな・・・・)

春(とりあえず、麻雀してれば全国に行く機会もあるかもしれない・・・)

春「こんにちわ」

塞「こんにちわー。もしかして、入部希望?」

春「・・・・」コクリ

豊音「やったー、これでついに団体戦のメンバーがそろうよー」

白望「気が早いって・・・・。打てるかどうか見ないと。ダルイけどそれは大事」

エイスリン「サッソク、ウツ!」

塞「その前に、せめて自己紹介くらいしようよ。気が急くのは分かるけどさ」

春「・・・滝見春です」

塞「私は部長の臼沢塞」

豊音「姉帯豊音だよー。よろしくね、春さん」

春「・・・呼び捨てでいい」

豊音「そう? じゃあよろしくね、春」

春「うん・・・」

エイスリン「I'm Aislinn Wishart」

春「え。あ・・・。まいねーむいず、はるる、たきみ」

塞「噛んだ・・・・はるるって」

白望「かわいいからそれで」

豊音「はるる、イイネ!」

春「ううっ・・・・」///

塞「エイちゃん、聞き取りはできるから大丈夫だよ。しゃべる方はまだちょっと苦手みたいだけどさ」

エイスリン「ヨロシクネ、ハルル」

白望「よし、じゃあ私見てるから、打っていいよ」

塞「抜けるのは私だよ、シロは見てる振りしてダラけるでしょうが! っていうか自己紹介をダルがるな!」

白望「小瀬川白望、よろ。ダル・・・・」

塞「手間省きすぎ!」

豊音「よーし、打とう打とう!」

春(胡桃は、いないのか・・・・・。後で聞いてみるかな・・・ダルいけど)
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:37:03.40 ID:2xwDmhDu0
-4月
-清澄

胡桃(宮守以上にやばいって、ここ!)

まこ「今年は部員が入るとええけどのぉ」

胡桃(部員が私とこの2年1人ってどういうことなの・・・・。よくこれで全国出られたよね、感心するよ)

和「すいません、麻雀部はこちらでしょうか?」

優希「どーん、優希ちゃん推参! 入部してあげるじぇ!」

まこ「ほう、これはこれは生きのいい1年じゃの。もしかしたらもしかするかもしらんな、部長」

胡桃「そうだね・・・・」

胡桃(宮永咲がいない・・・・。自分から入部してきたわけじゃないのかな?)

京太郎「こんにちわー。麻雀部ってここであってますか?」

まこ「そうじゃ、入部希望か?」

京太郎「ええ、初心者でもよければ」

まこ「来るもの拒まず、な、部長?」

胡桃「そうそう、よろしくね!」


胡桃(結局普通の入部期間内には、宮永咲は来なかった・・・・。久はどうやって勧誘したのかな・・・)
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:37:57.82 ID:2xwDmhDu0
-電話中

久「洋榎、そっちはどう?」

洋榎「無理やり巫女服着せられたぁぁ。もううちは終わりや・・・うちの骨を絹のところに届けてくれ」

久「分かったわ。後でその写メを送ってちょうだい」

洋榎「誰が送るかい!」

久「あら、冷たいのね?」

洋榎「それより本題に入るで!」

久「うん。どうやら3年生をやり直してるSFチックな展開に巻き込まれたってのは間違いないとして・・・」

洋榎「どうやったら元に戻れるか、やな」

久「むしろ、永水の方が得意分野じゃないの? 神様がいたずらしたとか」

洋榎「それとなく聞いてみたけど、時間が戻るとか何言ってるの状態やったんやけど」

久「聞き方が悪かったんじゃないの?」

洋榎「うちの話術にかかればどんな犯人からも自供を得ることが可能やっちゅうねん」

久「・・・・自白の強要は後で問題になるわよ」

洋榎「ええかげんにせんかい!」

久「で、一通りボケたところで」

洋榎「大阪のノリが身についてきたやん」

久「まあ、でないと生き残れないしね・・・」

洋榎「で、真面目にどないするん?」

久「ねえ、全国の2回戦で戦い終わったとき、卓が光ったの覚えてる?」

洋榎「ああ、それがどないしたん?」

久「その直前、何を考えてた?」

洋榎「またここで4人で打てたらええなぁと思った」

久「・・・私もよ」

洋榎「それで、神様のいたずらって言う話なんか?」

久「すでにオカルト展開なんだし、そんな話があってもいいのかなって思ってるのよ」

洋榎「じゃあ、もう1回、全国の場で打てば元に戻れるかもしれんってことか」

久「多分ね・・・。ところで、春とは連絡取れそうなの?」

洋榎「多分な。聞いたら、中学のときに岩手に引越しとるんやと」

久「・・・・じゃあ今は宮守にいる可能性が高いわけだ」

洋榎「そうすると、今度は鹿倉胡桃が宮守から姿を消しとる可能性が高いやろうな」

久「清澄、か・・・・」

洋榎「おそらくな」

久「まずいわね・・・うまくやらないと、咲が部活に入ってくれない可能性があるわよ」

洋榎「そうなん、あの宮永妹むっちゃ強いのに麻雀部に入らんのか?」

久「まあ話せば長くなるけどね・・・。とにかく咲が部活に入らないと清澄は団体戦に出られないし、全国だって無理。他はたぶん問題ないと思うけど」

洋榎「うちが率いる永水は安泰やで!」

久「姫松も戦力は十分だし、宮守も多分大丈夫。やっぱりネックは、清澄か」

洋榎「胡桃に早いとこ連絡とらなかんな」

久「私も長野のつてが無いわけじゃないから、なんとか接触してみるわ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:38:39.01 ID:2xwDmhDu0
-5月
-清澄

胡桃(春や久から連絡が来て、おおよその状況を知った私。そして久のアドバイス通り、なんとか宮永咲の勧誘には成功した)

藤田「久の知り合いっていうのは、お前か?」

胡桃(っていうか、藤田プロと知り合いとか、ほんと底が知れないな、久は・・・)

胡桃「そうです。ちょっとウチの後輩を鍛えてほしくて」

藤田「久が大阪に行ったときは長野も退屈になるなと思ったが。その後輩とやらには期待していいんだね?」

胡桃「ええ、これからどんどん伸びますよ」

藤田「分かった、じゃあ手はず通りに」

胡桃(ふう、緊張した・・・・。さて、合宿の準備もしないと・・・)

胡桃「はぁ、一人って大変・・・。塞の偉大さが身にしみるよ」

胡桃(はやくみんなと会いたい・・・)
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:39:32.44 ID:2xwDmhDu0
-8月
-全国大会 抽選会

久「ようやく会えたわね。清澄の部長さん?」

胡桃「もう、いろいろしんどかった・・・・」

久「そう? 楽しんでもらえると思ったんだけど」

塞「胡桃、こんなところで会えるなんて思わなかったよ!」

胡桃「塞、私も会いたかった!」

塞「お、おお。胡桃がすごい素直だ」

胡桃「何その言い方!」

塞「はは、その方が胡桃らしいよ」

『続きまして、宮守女子高校』

塞「じゃあ、引いてくるね」



『宮守女子高校、2番』



久 胡桃「え?」

塞「うわー、白糸台の真下かぁ・・・」

久 胡桃「ええええええ!?」

久「ちょっとどうするのよ、永水と白糸台、逆サイドにいるのよ・・・」

胡桃「決勝で会いましょう、的な?」

久「それしか無いっちゃ無いけど・・・」

胡桃「とにかく、こうなったら千里山と臨海にそれぞれ当たるようにくじを引くしかない。それで決勝で再選」

久「いっきにハードル上がったわね」

胡桃「いたずら好きなんだよ、麻雀の神様はさ」ハァ
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:40:47.59 ID:2xwDmhDu0
-全国大会 決勝戦
-中堅戦開始前

久「みんな頑張った、すごい頑張った! やればできる!」

洋榎「ほんまなや、宮守に反対側引かれたときにはさすがにあきらめかけたで」

春「清澄のいない次鋒戦なら、エイちゃん圧勝!」

胡桃「それをさも自分の手柄のように言わないっ! こっちは阿知賀と千里山に囲まれて大変だったんだからね」

洋榎「ま、とにかく楽しもうや」

久「よく似合ってるわよ、その服」

春「・・・・」コクリ

胡桃「馬子にも衣装」

洋榎「うるさい、そこ!」

久「でも、さすがにスルーはできないわよねぇ、その巫女服は」

胡桃「まったくもって」

春「大丈夫、永水のみんなにお願いして、写真は保存してもらってる」

久「春、GJ!」グッ

春「それが自慢」ニッコリ

洋榎「そんな自慢せんでええ! あいつら、どこでそんな写真撮っとるんや、全部破棄せな・・・・」

胡桃「それより、そろそろ始めるよ」

洋榎「ああもう、全員ぶちのめしたるからな。覚悟しとけよ」

久「そんな簡単にはいかないわよ。あと、一応手順の確認ね」

春「対局が終わったら『また4人で打とう。どこかの卓で』って願いを上書きする。そうすればこの変な世界からは開放される・・・・」

胡桃「それ、ほんとに大丈夫なの?」

久「ま、それしか方法がないんだしね・・・」

洋榎「ええから打つで、全員に後悔させたる」

久「後悔したら、またループしちゃうかもよ?」

洋榎「ええから、はよ打たせてくださいお願いします」

胡桃「しょうがない、じゃあ始めようか」


久 洋榎 春 胡桃「じゃあ、よろしくお願いします」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:42:03.34 ID:2xwDmhDu0
-全国大会 決勝戦
-中堅戦終了

洋榎「あー、やりきったー」

久「さすがに強いわね・・・・」

春「しのぐので精一杯・・・・」ポリポリ

胡桃「疲れたー」

洋榎「ふっ、永水の大エース、愛宕洋榎とはうちのことやで。ま、この名乗りも今日でおしまいかな?」

久「だわね。まあ、違う世界が見れて楽しかったわ」

春「岩手、いい所だった・・・」ポリポリ

胡桃「私はもう清澄はいいよ、一人じゃ疲れる」

久「そこまで苦労してたつもりもないんだけどな・・・」

春「人それぞれ・・・・」ポリポリ

洋榎「じゃあ、せーので願うで。せーの!」


久 洋榎 春 胡桃「また4人で打とう。どこ 春「あ、黒糖が切れた」


パアアア.......
シュウウウウウウン


久 洋榎 胡桃「ええええええええ!!」

春「どこかの卓で!」

久 洋榎 胡桃「間に合ってない!!」





-4月
-清澄

春(・・・・・・宮永さんの勧誘とか、うまくできるかな?)

春「・・・・無理かも」ポリポリ


カン!
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) [sage]:2012/11/10(土) 12:48:19.36 ID:amaYX20q0
はるる、、、、


面白かった 乙やで
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 12:48:55.45 ID:2xwDmhDu0
思った以上に短かった
さすがに前回と同じネタにはできなかったので、こんな感じにしてみました

また思いついたら短編も書きたいと思いますので宜しくお願いします
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 13:43:37.62 ID:yRK4arQso
乙です。tell youの人だったのか。
そして今回も超ダイジェストですな。
もうちょっと話を膨らませて欲しいような、これはこれでいいような。
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 15:32:35.83 ID:CoVorw3DO
次は阿知賀サイドの準決の先鋒組を見たいな
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/10(土) 18:00:15.15 ID:2xwDmhDu0
レスありがとうございます

>>15
あんまり長いと長編に差し支えるのでコンパクトを心がけて圧縮しすぎるようです・・・
いい塩梅というのを身に付けたいです

>>16
もうループさせるものが思いつかないんですが、2番煎じでもいいんでしょうか?


あんまりにも短かったので、隙を見ておまけを書こうと思います
1周目を掘り下げるか、2周目の一部を書くか(春が咲を勧誘するとこ、とか)そんな感じで
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/11/10(土) 18:02:14.51 ID:2xwDmhDu0
sageにしてなかった
すいません
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 20:06:43.26 ID:CoVorw3DO
今までの趣旨とずれるけど同じチームに入るのも面白いかも
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 21:18:59.06 ID:yRK4arQso
よく考えたら、今回のはまだループを終わらせてないな。
やはりちゃんと2周目でループを終わらせる展開が見たい。
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 21:41:23.13 ID:D5Pg7MRGo
大将戦の面子も含めて入れ替えよう(提案)
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/11/10(土) 23:13:06.70 ID:g+vXx0ySO
乙、いいSSだ
さっき立った咲SSよりも面白い
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/11/13(火) 18:26:16.63 ID:j7PopvvC0
1です
とりあえずこっちは、tellyouの方の大将戦開始まで持っていけたら書こうかと思います
あとオーラスだけなのでそんなにはかからないと思いますが・・・

また上がってたら読んでいただければ幸いです
24 :久 洋榎 春 胡桃「また4人で、ここで打てたらいいのに」おまけ [saga]:2012/11/18(日) 14:48:05.58 ID:24vMVysc0
-2周目

-4月
-清澄


春「・・・・ここが麻雀部、か」

シーン

春「誰もいない・・・」

春(久、1年の時は自分以外は全員幽霊部員だったって言ってたっけ・・・・。それで久がいない清澄じゃ、部員がもういなくなっても不思議じゃない)

春(私が、久の代わりに0から始めないといけないのか・・・・。・・・・無理かも)

咲「あ、あの・・・」

春(・・・・宮永咲)

春「・・・何?」

咲「図書室って、どこですか?」

春(うーん、この噂に違わぬ迷子っぷり。ここ、旧館なんだけど・・・)

春「少なくとも、ここは麻雀部の部室」

咲「・・・・・麻雀部」

春「入らない?」

咲「いえ、私は麻雀は・・・・」

優希「およ、誰かいるじぇ!」

和「麻雀部に部員はいないと聞いていたのですが・・・」

咲「いえ、私は部員じゃないです」

春「いえいえ、この子は部員です」

咲「え?」

春「もし本当に麻雀が嫌いなら、こんなところには迷わない」ニコ

咲「うっ・・・」

優希「なんだかよく分からないけど、4人揃ったのなら打つべし打つべし!」

和「そうですね。もしよろしければ、お話しながら少し打ちませんか?」

咲「いえ、だから私はっ」

春「一半荘だけ。終わったら図書室に案内するから」

咲「・・・・分かりました」

和「ところで、卓は動くんでしょうか?」

優希「なせばなるじぇ!」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/18(日) 14:49:27.13 ID:24vMVysc0
和「さて、では一通り自己紹介が終わったところで、打ちましょうか。時間もないので東風戦ということで」

優希「ふっふっふっ、東風戦なら私の独壇場だじぇ」

咲(・・・・どうしてこんなことになってるんだろ)

春「・・・ひとつ、ルールを付け足したい」

優希「ん、なんだじぇ?」

春「ウマを有りにしてほしい。10・20で」

和「・・・構いませんが?」

咲(ウマ有り? それだと±0にするには、20000点前後の2位か、40000点前後の3位。40000点の3位なんてありえないから、20000点前後の2位しかない・・)

春(ちょっと意地悪だったかな? ただ自分だけを30000点前後にすればいい訳じゃない。周りを調整して、自分を2位にしないといけない。しかも東風戦で)

咲(この人・・・・)

春「・・・食べる?」ポリポリ

優希「食べるならタコスに限るじぇ!」ウマー

咲「とりあえず黒糖をいただきます」ポリポリ

和「ではルールも決まったので、始めましょうか」

和(ただ一回打つだけなのに、なぜウマが必要なのでしょうね?)ハテ?
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/11/18(日) 14:50:42.12 ID:24vMVysc0
優希「ツモ、親っパネだじぇ!」


和「ロン、12300」

優希「や、山越しとは卑怯なり!」

和「トップ直撃狙いです」


優希「ロン、2000!」

春「親、流れちゃった・・・」

和(逃げ切るつもりですね・・・)

咲(・・・・次は私の親か、どうしようかな)


咲「その西、カン」

和(大明カン!?)

咲「ツモ、嶺上開花ドラ3。12000」

和「な、なんですかその上がり・・・」

和(役無し、嶺上開花でなければこの手は上がり目が無くなるのに)

春(・・・・本領発揮、か)ポリポリ
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/11/18(日) 14:51:39.04 ID:24vMVysc0
-東3局1本場

優希 32700
春  17000
咲  31000
和  19300

春(・・・咲はあと11000点捨てないといけない。それも振り込みは片岡さん限定。私や原村さんに振り込めば、20000点2位ができなくなる)

春(ならその差し込みを狙いたいところだけど、私の位置だと頭ハネができない・・・)

春(まあ、なるようになるか・・・・)ポリポリ

優希「ポーン!」副露:東-東東

優希(東ドラ2で速攻で流してやるじぇ!)

咲「カン」

和(また西を、今度は暗カン!?)

春(・・・・ん、上がったら2位が遠くなるのに?)

優希「おおっ、カンドラ表示が北だじぇ!!」

和「つまりカンドラは東。満貫確定ですか・・・」

春(ああ、そういうこと・・・)

咲「ツモれず・・・」

優希「ローン、東ドラ5。咲ちゃんのおかげで跳満になったじぇ!」

咲「はい、12300点」

優希「まいどー」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/11/18(日) 14:52:44.71 ID:24vMVysc0
-東4局

優希 45000
春  17000
咲  18700
和  19300

春(±0までは、残り900点から1800点のあいだ。どんな条件つけても、結局こうなるのか・・・)

咲「ポン」

優希「およ、また西なのかー?」

和(また西、まさか?)

咲「カン」

和(西を加カン!?)

咲「嶺上開花のみ。400、800」

和「また嶺上開花っ」

春「・・・・おつかれさま」

優希「ふっふっふっ、我最強だじぇ!」

和(こんなのって・・・・)

和「もう一回打たせてくれませんか!」

咲「でも、1回だけだって」

春「また、明日にしよう」

咲「え、明日?」

春「だって今日はこれから、図書室に行くんでしょ?」

咲「そもそも私は・・・・」

優希「また打とうぜ、咲ちゃん!」

和「お願いします」

咲「う、うん。分かったよ。今日はもう遅いから帰るね」タタタ
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/11/18(日) 14:53:47.30 ID:24vMVysc0
和「滝見さん」

春「・・・・何?」

和「なぜウマを付けたんですか? 宮永さんとはお知り合いなんですか?」

春「・・・・咲とは初対面だけど、咲の知り合いの人から話を聞いてて。咲はいつも±0にするって」

優希「おお、そういえばさっきのも、ウマを入れると±0だじぇ」

和「そ、そんなの偶然です」

春「実際に体感して、どう思うかは人それぞれ。少なくとも私は、あれは狙ってやったと思う・・・・」

和「・・・・・失礼しますっ」タタタ

優希「行っちゃったじぇ」

春「じゃあ、私たちも帰ろうか・・・・」ポリポリ

優希「なあ、その咲ちゃんの知り合いって、私やのどちゃんのことも知ってるのか?」

春「・・・・なぜ?」

優希「のどちゃんのプライドのくすぐり方が上手いじぇ。それに、私のために東風にしたんじゃないかなってね?」

春「・・・ご想像にお任せ」ニコ

優希「よーし、じゃあ一緒に帰るか。タコスの美味い店を紹介して、春ちゃんもタコス教の信者にしてやるじぇ」

春「・・・黒糖に勝るものなし。その勝負、受けて立つ」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/11/18(日) 14:55:29.81 ID:24vMVysc0
-roof top

春(その後、原村さんと宮永さんのわだかまりもなくなり、1年生4人で麻雀部は動き出す。そしてあと一人、染谷まこに勧誘に向かい、出された条件は・・・・)

和「メイド服、アリですね!」

咲「ううっ、恥ずかしいよ・・・」

優希「こういう服もいいものだじぇ!」フリフリ

春「・・・・なんで私まで」ハァ

まこ「麻雀部に入る条件でうちの手伝いするって言ったのはそっちじゃろうが。まあ、お客さん相手に打つのも部活の一環と思いんしゃい」

まこ(麻雀部か。私が入った時にはもう誰もおらんかったから諦めとったが・・・・。この4人がどれほどのものか、見極めさせてもらおうかの)


咲「ツモ、嶺上開花」

和「ロンです、12000」

客1「お嬢さんたち、強いねぇ・・・」


優希「ローン、親っパネだじぇ!」

春「・・・・チー」

客2「一発消しかい?」

春「ロン、2000」

客2「俺の親リーが潰されたか・・・」


まこ(ふむ、なかなかやりおるようじゃの・・・・)

カランカラン

まこ「いらっしゃいませ」

良子「打てますか?」

まこ「久しぶりじゃの、帰省中かの?」

まこ(これはこれは、あの1年たち心が折れなければええけどな)

良子「いつもの、お願いシマス」

まこ「もりそば、じゃな」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/11/18(日) 14:57:17.93 ID:24vMVysc0
春「・・・・良子っ」

良子「これはこれは、ベリーキュートだね、春」

春「どうしてここに?」

良子「それはこちらのセリフ、鹿児島にいるんじゃなかった」

春「・・・・引越し」

良子「そう・・・。久々に打つ?」

春「まだ接客中だから・・・」

まこ「戒能さん、こっちの卓空きましたよ」

良子「また今度ね」

春(・・・・咲と和の卓)

優希「戒能さんって、もしかしてあの戒能プロのこと?」

春「」コクリ

優希「のどちゃんと咲ちゃん、大丈夫か・・・」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage saga]:2012/11/18(日) 14:58:57.88 ID:24vMVysc0
良子「ツモ、6000オール。これで原村さんのトビですね」

良子「ロン、12000。今度は宮永さんのトビですね」

和(プロリーグ新人王、戒能良子・・・・。まったく歯が立たない)

咲(何この人、お姉ちゃん以上だよ・・・・)ブルブル

和「今のままでは、全国には・・・・」

良子「全国? 大会に出るつもりデスか?」

咲「はい、そうです」

良子「今のままでは無理デスネ」

咲「そんな、それじゃあお姉ちゃんに会えない・・・」

良子「お姉ちゃん・・・・宮永・・・・。まさか!」

咲「はい。私の姉は、宮永照です」

良子「なるほど。宮永照、あれはすごいモンスターですよ。私が高3のとき、彼女は高1。個人戦で戦ったことがあるけど、あのときもよりもさらに宮永照は進化している」

咲「それでも、私は勝ちたいです」

良子「・・・ここに春がいるのも、ここであなたと出会ったのも何かの縁かもしれません。私は1週間滞在予定です。また放課後、ここで特訓してあげましょう」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [saga]:2012/11/18(日) 15:01:02.93 ID:24vMVysc0
-8月
-全国

春(良子の協力もあって長野県予選を勝ち上がった私たち。永水・姫松・宮守も勝ち上がってきた)

洋榎「ひっさしぶりやなー」

久「ほんとねー」

胡桃「・・・・・・・・・・・」

春「・・・・何か言いたいことは?」

胡桃「いや、責められる流れになってるけど、不可抗力だよね!?」

洋榎「そんなこと言われてもなぁ」←宮守中堅

久「まったくよねぇ」←永水中堅

春「・・・・でも、明日は我が身かも」←清澄中堅

胡桃「そうだよ、春だって姫松に来たら中堅になんてなれないんだからね!」←姫松【次鋒】

洋榎「まあそんときは、うちらが合わせたるわ。次は清澄部長やろ、立場を乱用したるで」

久「私も次の宮守なら順番を変えてくれるくらいしてくれそうだしね」

春「みんなありがとう。頑張って姫松でレギュラー取る」ホロリ

胡桃「ちょっと、だったら今回だってなんとかなったんじゃないの!」

久 洋榎 春「いや、知らんし」

胡桃「くそーー!!」


とりあえずカン!
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県) [sage]:2012/11/18(日) 15:19:01.60 ID:24vMVysc0
というわけで2周目の春・清澄編でした
うーむ、イマイチ動かしにくかった・・・・まあおまけということで勘弁してください

3週目は気分次第ですね、はい



嘘予告
照 怜 玄 煌「また4人で、ここで打てたらいいのに」


煌「前年度個人戦チャンピオン松実玄、白糸台のドラゴンロード?」

玄「・・・・私には、お姉ちゃんなんていません」

怜「どういうことや、玄はループした記憶を失っとるんか!?」

照「・・・玄は、私が止めるっ。そして思い出させてみせる」

近日公開予定無しっ
まあ少なくともtellyou終わらせてからですね・・・
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海) :2012/11/18(日) 17:53:10.24 ID:4qOsr+OAO
おつおつ
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank) [sag]:2012/11/20(火) 12:25:54.42 ID:hPVAFKfb0
かれかれ
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/20(火) 16:30:35.21 ID:tNfYl+UU0
縺繧縺繧
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2012/11/22(木) 07:14:09.77 ID:9Xuoy/Yu0
39 : ◆oeEeLVGR7U [sage]:2013/01/04(金) 13:42:20.11 ID:S4QHHTCv0
続きを書けるかまだ分かりませんが、とりあえず保守します
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/01/04(金) 18:33:13.13 ID:7YUMSAVbo
3周目期待してます。
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/09(土) 03:04:16.55 ID:LCH8nk+bo
保守
42 :久 洋榎 春 胡桃「また4人で、ここで打てたらいいのに」おまけ ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:26:16.13 ID:MnW4O2L/0
-3周目

-6月
-姫松

郁乃「インハイのレギュラー、発表すんで〜」

先鋒:真瀬由子
次鋒:滝見春
中堅:上重漫
副将:愛宕絹恵
大将:末原恭子

郁乃「以上。頑張っていこうな〜」

春(なんとか姫松のレギュラーになれた・・・。あとは、他のみんなが次鋒に合わせてくれればいい・・・)
43 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:27:33.71 ID:MnW4O2L/0
-6月
-清澄

洋榎「よし、じゃあインハイのオーダーを発表すんで!」

先鋒:片岡優希
次鋒:愛宕洋榎
中堅:染谷まこ
副将:原村和
大将:宮永咲

洋榎「どや、完璧やろ?」

和「お言葉ですが部長。部長が次鋒というのはどういう意図でしょうか? 先鋒や大将の方がよろしいのでは?」

洋榎(流石に春に合わせましたとは言えんし、ハッタリかましたらなかんな!)

咲「わ、私が大将で大丈夫かな・・・」

洋榎「しゃあないな、背中で語るのがウチの流儀やけど、解説したるわ!」

洋榎「まず咲。大将戦は点差を意識した打ち方をせんとあかん、トップまで何点とかな。そういうのは咲が一番得意や。だから大将は咲に任せる!」

咲「は、はい。頑張ります!」

洋榎「次に副将の和。ここも大将戦と似たようなもんや。県予選は1位にならなアカン。負けていれば1位から直撃を狙ったり、僅差やったら2位のやつを突き放したりな。副将もそういうのが求められる」

和「ですが、獲得素点は部長の方が私より高いはずです」

洋榎「データ上はせやな。だからこそ、ウチが次鋒におる」

優希「どういうことだじぇ?」

洋榎「先鋒優希、ぶっちゃけお前は不安定や」

優希「・・全部東風だったら負けないのに」

まこ「ルールは決まっとるんじゃ、嘆いてもしょうがないぞ」

洋榎「まあ、龍門渕とか風越あたりと戦うまでは東風で稼いだ分で充分逃げ切り可能やろ。そこでウチがドンと突き放す。正直、ウチは制約の少ない次鋒中

堅あたりの方が好きやねん」

まこ「自由が利くからこそ、和よりも高い獲得素点を活かせるってわけじゃの」

洋榎「ま、そういうこっちゃ。まあ、まくりが苦手ってわけでもないけどな」

和「おっしゃることは分かりました。ですが、それだったら部長が先鋒で優希を次鋒にしたらいいんじゃないですか?」

咲「和ちゃん・・・」
44 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:28:46.64 ID:MnW4O2L/0
洋榎「こだわるな。その勝利への追求心、嫌いやないで」

和「絶対に全国優勝しなければならないんです、納得できないオーダーは通せません」

洋榎「なるほどな。つまり、お前は優希には先鋒を任せられないちゅうわけや」

和「そ、そんな言い方しないでください! ただ、優希より部長の方が実力があるのは誰もが認めるところじゃないですか」

洋榎「それは否定せん。まこ、あれ出したってや」

まこ「ほれ、これ見んしゃい」

和「・・・優希の点数グラフ?」

咲「あの時のですか?」

和「あのとき?」

洋榎「和、二日ばかり休んどったときあったやろ?」

和「ええ。それが何か?」

まこ「その時に4人でハンデを付けて打ったときのグラフじゃ」

洋榎「優希はマイナスからスタートするとスタートダッシュが遅れる。逆にハンデなしやプラススタートやとスタートダッシュが加速する」

和「確かに、その傾向が見られますね・・」

洋榎「つまり、優希を次鋒にすると、先鋒がコケた時には次鋒までコケる。2人がいきなりコケよったら、巻き返しはかなり難しくなる」

咲「だから優希ちゃんが先鋒なんですね」

洋榎「優希は前の人間の結果に左右されずに自分の力を出せる先鋒に向いとるんや。それに、いくら先鋒がエース区間でも、並みのエースやったら返り討ちにしてくると、ウチは信じとるで」

和「・・・分かりました。局数が少ないので完全なデータとは言えませんが、おっしゃりたいことは理解しました」

洋榎「じゃあ、これで決まりでええな」

全員「はいっ」

洋榎「じゃあ、まずは県大会突破を目指して、頑張んで!」

洋榎(上手いこと次鋒に収まったで。胡桃、久、ちゃんと次鋒で出てこいよ!)
45 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:29:41.37 ID:MnW4O2L/0
-6月
-永水

霞「じゃあ、オーダーはこれでいいかしら?」

先鋒:神代小蒔
次鋒:狩宿巴
中堅:鹿倉胡桃
副将:薄墨初美
大将:石戸霞

胡桃「あ、あの」

霞「何かしら?」

胡桃「できれば次鋒にしてくれると嬉しい」

霞「・・・理由を聞いてもいいかしら?」

胡桃「どうしても、戦わないといけない人達がいるから」

霞「どうしてもなの?」

胡桃「どうしても!」

初美「胡桃がそこまで言うなんて、なかなかのなかなかですね」

小蒔「巴さんさえよければ、私はいいと思います」

霞「姫様がそう言うなら・・・・。巴ちゃんはどう?」

巴「私は中堅でも問題ないですよ」

霞「まあ、次鋒の方が楽とかそんな消極的な理由だったら却下したところだけど。そこまで真剣に戦いたい相手がいるのなら、しかたないわね」

胡桃「ありがとう。絶対に全国に行こうね!」

胡桃(さあ、今回はみんなに合わせられるよ・・・。あとは全国に勝ち上がるだけっ)
46 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:30:32.67 ID:MnW4O2L/0
-6月
-宮守

先鋒:小瀬川白望
次鋒:エイスリン・ウィッシュアート
中堅:竹井久
副将:臼沢塞
大将:姉帯豊音

トシ「いろいろ考えたけど、これで行こうと思う」

久(やっぱそうなるかぁ・・・)

久「お言葉ですが」

トシ「ん、なんだい、久?」

久「私と、エイスリンさんを交代していただくわけにはいかないでしょうか?」

トシ「・・・・理由は?」

久「そうしないと後悔する、そんな予感がするからです」

トシ「予感ね・・・・。あんたがそういう時は、まるで未来を見てきたようによく当たるからね・・・」

久(そうやって最初にごまかしたのも、先生が来た時だったわね・・・。もっとも、そういう記憶があるだけで、実感はないのだけれど)
47 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:31:27.53 ID:MnW4O2L/0
-昨年、冬

久「何見てるの、塞?」

塞「いま、電車が通ったでしょ?」

久「あら、なにか気になった?」

塞「校長の馴染みとかなんとか、新しい先生が来るって言ってたでしょ。あの電車に乗ってるんじゃないかって」

久「そうだね、そんな予感がするわ」

塞「久も予感がするんなら、間違いなさそうね」

久(やっと宮守の時間が動き出すのね・・・)



白望「ダル・・・」

久「あら、シロが席に座ってるなんて、やる気ね」

白望「座ったら動けなくなった」

塞「あんたねぇ・・・」

トシ「ここが麻雀部かい?」

久(聞いていた通り、おいでなすったか・・・)

塞「新しい先生?」

トシ「来週から赴任する、熊倉トシです。よろしくね」

久「お時間があれば、少し打ちませんか?」

白望「え、ダルい・・・」

トシ「ふふ、じゃあお言葉に甘えようかしらね。悪いけど、手加減はできないよ」

久(初見では毎局全員トビだったようだけど、胡桃から打ち筋は聞いてる。一矢くらい報いないとね)
48 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:32:46.08 ID:MnW4O2L/0
久(とはいえ、実際に打ってみるとここまで実力差があるとはね・・・)

トシ「ツモ、これで竹井さんと臼沢さんのトビだね」

久(なんとか、シロのトビを防ぐので精一杯。まだこの頃は塞は誰かを塞ぐみたいなことはできないみたいだしね・・・)

トシ(この竹井って子、まだ実力を抑えている感じがするね・・・)

白望「久・・・」

久「どうしたの、シロ」

白望「好きに打ちなよ。折角の4人打ちなんだし・・・・。差込とか、気持ちが重くてダルイ」

塞「差込?」

久「・・・・それもそうね」

トシ(ふふ、全員トビだけは避けようと差し込んでいたってかい? 舐められたもんだね)

久「じゃ、本気出しちゃおうかしら」

トシ「今までが本気ではなかったとでも言うのかい」

久「少々、雑念にとらわれていたようで。でも、次の局、あなたの驚く顔が見れる、そんな予感がするんです」

トシ「ほう、じゃあ鏡でも用意しておいてもらおうかね」


久「リーチ」

塞(きた、久のリーチ。この先生を驚かせるってなら、きっと悪待ちのはず。赤ドラの5ピン切りだし、ね)トン

白望(・・・・めんどくさいから、久に任せる)トン

トシ「赤ドラ切りかい。一見染まっているように見えるねぇ」

トシ(マンズは脂っこいところを切っておいて、ピンズもちらほら、でもソウズは1枚も切れていない。字牌の切りも遅い。ソウズの染手かい?)

トシ(なんて、そう見せかけたいだけだろう。こっちは3ソウと4ソウが暗刻、さらに川には4ソウが1枚切れてる。ソウズに染まっていたとしてもいい待ちではないだろうね)

トシ(マンズやピンズでのスジ引掛けってところだろう。あるいは、まだ4枚切れのない国士の方がまだ現実的だよ)

打:3ソウ

塞(あの久の捨て牌に、それ!?)

久「ようやく、直撃が取れましたね。ロン!」

トシ「おやおや、通らなかったかい」

久手牌:3888七七七ABCEEE

久「リーチ一発、タンヤオ三暗刻。・・・裏3、倍満です」

塞「相変わらずだねぇ・・・」

白望「それでこそ、久・・・」

トシ「5面張を捨てて、なおかつ出にくいだろうソウズの単騎待ち、ねぇ・・・。なるほど、それは確かに驚きだね」

久「鏡、持ってきましょうか?」

トシ「いいよ、これからも驚かせてもらうだろうからね」クス
49 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:33:43.30 ID:MnW4O2L/0
-6月
-宮守

トシ「豊音を初見にして対応したときも、予感で済ませてくれたしね」

トシ「今度こそ驚いてくれると思っていたのにさ・・・」

久「そんなこともありましたね・・・」

トシ「けれど、友引や先負には対応したのに、赤口や大安には対応できなかったんだから、よく分からない子だね。ほんとにあなたは・・・」

久(赤口は試合で見てないし、胡桃からも聞いてなかったからねぇ・・・)

トシ「まあ、久が次鋒がいいって予感がするのなら、乗ってあげてもいい」

久「先生、ありがとうございます」

トシ「荒れることの多い中堅にエイスリンってのはちょっと不安が残るけど、ちゃんとフォローするんだよ」

久「もちろんです」
50 : ◆oeEeLVGR7U [saga]:2013/02/15(金) 23:35:14.97 ID:MnW4O2L/0
-8月
-全国大会 2回戦
-次鋒戦開始前

久「待ち焦がれた、全国の舞台ね」

洋榎「3年生として全国来るのはこれで4回目やけどな・・・。ほんとやったらもう成人しとるで」

胡桃「早く元の世界に帰りたい」

春「次にはちゃんと戻れる、はず・・・」

洋榎「今度は黒糖切らすなよ」

春「問題無い、箱買いしてある」

胡桃「・・・まさか箱ごと会場に持ち込むとは思わなかったけど」

春「代行が根回ししてくれた」

洋榎「マジか、代行にそこまでの影響力があったんか!?」

春「ふふ、今や姫松はみんな黒糖の虜・・・」

久「あら、恭子もそうなの」

春「今では私より詳しいかもしれない・・・」

洋榎「それは、なかなかになかなかやな・・・」

胡桃「そんな話はいいから、そろそろ打つよ!」

洋榎「せやな。今度こそちゃんとやるで!」

久「みんな、私に付き合わせて、ごめんね」

洋榎「ん、なんや突然?」

久「思うのよね。一番この全国大会の2回戦をやり直したかったのは、私だったんだろうなって。それでこんなことになったんじゃないか、とかさ」

胡桃「最初の見せ牌とか、あまりのことに注意しそこなったしね」

洋榎「ウチはやり直したいなんて思うような打ち方はしたことあらへんけどな」

春「・・・私も、いつも通り打つだけ」

久「そうね・・・。私もそうやって初めからできたらよかったんだけどね」

洋榎「ま、悔やんでもしかたらへん。こうやってやり直しできるんや、その奇跡に感謝して、今度こそ気合入れて打ったらええ」

洋榎「ただ、ま。それでも勝つのはウチやけどな!」

胡桃「させない!」

春「・・・・私は、みんなに繋げられれば、それでいい」

久「ふふ、どんな結果になっても、私は全力を出し切るだけ!」

久「じゃあ、始めましょうか」



久 洋榎 春 胡桃「また4人で打とう。どこかの卓で」


カン!
51 : ◆oeEeLVGR7U [sage]:2013/02/15(金) 23:39:19.28 ID:MnW4O2L/0
長らくほったらかしでございましたが、これにて3周目も完了です
>>2で宣伝してる長編の方も終わりが見えてきましたので、そちらもよろしくお願いします

今度からはちゃんと書き溜めして投下しよう、そうしよう
それでは、またどこかのスレで!
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/15(金) 23:44:36.82 ID:J57/+knbo
おお、久々すぎる投下
乙でした。次回作も期待してます!
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 18:38:54.68 ID:JcIo5UiW0
おつおつー
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/02/16(土) 22:40:16.88 ID:TKyLNv+Jo
乙でした。
41.49 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)