このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

姉「…ただいま、妹」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 21:57:08.76 ID:On/tKUTY0
わたしのお姉ちゃんは、心臓が弱い。

だから、いっつも体育は見学するし、学校への送り迎えもある。

わたしの部活の朝練の時には乗せてもらえないから、いつも羨ましいと思った。

同時に、少しだけ、嫉妬もした。

でも、仕方のない事だって割り切れた。

体が弱いんだもん、しょうがないよね。

でも、お姉ちゃんはいつも、その事に対してわたしに謝ってきた。

そう、お姉ちゃんは優しい。

素直だし、気遣いもできる。

病気がちであまり外出はしなかったから、肌は白い。

でも、スタイルはいい。 胸もおっきい。嫉妬した。

背はわたしとおなじくらいかな?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1355835428
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【FEH】カムイ(男)「安価で英雄達の頭を撫でる」(女)「その2です!」【安価】 @ 2019/07/20(土) 09:38:07.51 ID:X4akOiOj0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563583087/

【コンマ・安価】リキシマン「超人界の頂点にたつ」旧:キン肉マンSS PART23 @ 2019/07/19(金) 23:50:48.42 ID:/SwpkbcbO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563547848/

【安価】オルランドゥ大武術会5【コンマ】 @ 2019/07/19(金) 23:49:43.71 ID:7S9j4hnJO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563547783/

神谷奈緒「Pさんと話してたら他のアイドルが修羅場っぽくしてきて面倒臭い」 @ 2019/07/19(金) 23:48:33.86 ID:sXQY6Usto
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563547713/

唯「私たちにもなにかできることないかな? こなた「ふむ」ハルヒ「そうね」 @ 2019/07/19(金) 22:25:39.90 ID:xJXynmta0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563542739/

渋谷凛「最愛の人」 @ 2019/07/19(金) 21:00:23.71 ID:ed87VM3p0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563537621/

【モバマス】まゆ・凛「事務所の赤と青と言えば?」 @ 2019/07/19(金) 19:00:56.67 ID:Nukf4WV10
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563530456/

勇者♂「今日も始まりました」魔王♀「魔王と勇者の雑談ラジオー」[安価] @ 2019/07/19(金) 17:55:51.86 ID:8/D/9jva0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563526551/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 21:58:51.99 ID:On/tKUTY0


姉「…あのね」

妹「うん?」

姉「…その、いっつも、ごめんね」

妹「え?」

姉「……私が心臓弱いせいで、お母さんも私ばっかり構って……」

妹「あははっ、もー、気にしないでって言ってるでしょ?」

姉「でも……」

妹「でも、じゃないのっ! わたしの心配より、お姉ちゃんは自分の心配をしなさいっ」ピンッ

姉「あいたぁっ……むぅ……」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 21:59:39.27 ID:On/tKUTY0
お姉ちゃんは、ちょっとからかったりとかすると、すぐに拗ねる所がかわいい。

お姉ちゃんというより、妹みたい?

でも、お姉ちゃんらしさを見せてくれたことも、いっぱいあったけどね。

わたしが寂しくて泣いちゃったときとか、怖くて眠れなかった時とか。

ついつい怖い映画を見ちゃったんだよね。

お姉ちゃんと一緒に見てたけど、お姉ちゃんは平気そうだった。 怖くなかったのかな?

わたしはすっごく怖かった。
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:00:48.93 ID:On/tKUTY0


姉「ん、妹?」

妹「…お姉ちゃん」

姉「どうしたの?」

妹「…えっと」

姉「ふふ……怖くて、眠れなくなっちゃった?」

妹「………」

姉「いいよ……ほら、おいで? ちょっと狭いけどね」

妹「ん……」

姉「だいじょうぶ、私がいるから、怖くないよ……」

妹「ん……おねえちゃん……」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:02:20.50 ID:On/tKUTY0
お姉ちゃんと一緒にいると、心があったかくなって、すごく安心する。

もっと、ずっと一緒にいたいって思っちゃう。

……そう、私はお姉ちゃんが好き。大好き。

家族として、じゃなくて……なんて言えばいいのかな?

とりあえず、恋愛的な意味で、わたしはお姉ちゃんが好き。

でも、お姉ちゃんはそれに気づいてくれない。

一回だけ、好きって伝えたことがあるけど、『家族として』好きっていう風に取られちゃった。

お姉ちゃんは、すっごく鈍感。
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:03:19.14 ID:On/tKUTY0


妹「ねねね、お姉ちゃん」

姉「ん? どうしたの?」

妹「あのね、その……ね?」

姉「うん」

妹「わたし───ね、お姉ちゃんのこと、好きだよ?」

姉「……うん、私も、妹のこと、大好きだよ」

妹「…ほんとに?」

姉「当たり前でしょ? こんなに可愛い妹だもん、嫌いなわけがないよ」

妹「……むぅ……」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:04:19.31 ID:On/tKUTY0
お姉ちゃんの良いところを上げてくと、キリがないよ。

だって、わたしの理想のお姉ちゃんだもん。

ずっと一緒にいたい、って。

そう思えるくらい、大好きなお姉ちゃん。

お父さんもお母さんも、ちゃんとわたしのことを構ってくれてるんだよ?

いつもお姉ちゃんばっかり構っててごめんねって、謝られたこともあるよ。

だから、心配しないで。

わたしは、お姉ちゃんがいてくれれば、それでいいんだよ?

だから──────だから…………。















妹「目を………覚ましてよぉ……おねえちゃぁんっ……」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:05:32.21 ID:On/tKUTY0
妹「おねえちゃんっ……起きてよっ、おねえちゃん……っ」

妹「そんなに、わたしが嫌いなの……?」

妹「わたしから、離れたいの……?」

妹「いやだよぉっ……いっしょに、もっといっしょにいたいのにっ……ひっく……」

妹「このまま目を覚まさなかったら、死んじゃうかもしれないんだよ……?」

妹「お医者さんが言ってたもん……その時は、覚悟してください、って」

妹「……覚悟なんて、できないよ……」

妹「死んじゃ……しんじゃ、やだよぉ……っ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:06:44.83 ID:On/tKUTY0







私の妹は、とても元気だ。

いつもはつらつとしてて、明るい。

そのことを羨ましいと思うし、少しだけ嫉妬したりする。

でも、それが妹の良さだし、私は体が弱いから。

妹は、気遣い上手。

病気がちな私に、いろいろ世話を焼いてくれる。

そう、妹は優しい。

肌は私ほど白くはない、健康的な色。

胸はちっちゃい。 かわいい。

ちょっと子供っぽいところもある。 かわいい。

背は、実は私のほうが少し高い。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:07:50.83 ID:On/tKUTY0
私は、よく妹にからかわれる。

姉としてどうなんだろうって思う。

たまに妹がお姉ちゃんみたいに見える時がある。

でも、やっぱり妹は妹。

妹は怖がりなのに、ホラー映画を一緒に見たことがあったっけ。

私は平気だったけど、案の定、あのあと妹が眠れなくなって、一緒に寝たんだよね。

妹が眠るまで、頭撫でて……手を繋いで。

寝顔、かわいい。 今もケータイの待ち受けにしてる。
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:08:47.61 ID:On/tKUTY0
妹と一緒にいると、安心する。

自分が病気だって事も忘れて、ただ妹と一緒にいたいって思っちゃう。

私は妹が大好き。

家族としても………恋愛対象としても。

でも、妹は気づいてくれない。

前に、妹に『好き』って言われたこともあったっけ。

私も『大好き』って言ったのに、『家族として』っていう意味で取られちゃった。

妹は鈍感。
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:11:26.55 ID:On/tKUTY0
妹のかわいい所をあげてくと、キリがない。

私の理想の、かわいい可愛い妹。

誰にも渡したくない、ずっと、ずっと一緒にいたい。

そう思っちゃうくらい、大好きな妹。

いつもいつも、お父さんとお母さんを取っちゃって、ごめんね。

妹が寂しがってないか、すっごく心配だよ。

でもね、私が、ずっと一緒にいてあげるから。

だから……………









今、起きるよ。
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:12:27.15 ID:On/tKUTY0




妹「…………え?」

姉「……ん………」

妹「…おねえ……ちゃん……?」

姉「ん…………?」

妹「あ……ぁ……ぁ……」

姉「…………?」

妹「お、お医者さんっ、呼んでくるっ!!」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:13:43.99 ID:On/tKUTY0
医者「……うん、脈も安定してますし、意識もハッキリしています」

医者「ですが、しばらくは入院という形になるでしょう」

妹「そう、ですか……」

医者「姉さん、よく頑張りましたね」

姉「………?」

妹「よかった………ほんとに……よかったぁ……っ」

医者「では、ご両親に報告してきますので」

妹「あ、ありがとうございましたっ!」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:15:01.88 ID:On/tKUTY0
妹「……ふぅ」

姉「………おはよ、妹」

妹「…うん、おはよ、お姉ちゃん」

姉「…今、何時?」

妹「もう、夕方の五時だよ」

姉「そっか……さっきまでは、明るかったのに」

妹「…ばかっ」

姉「あはは……ごめんね、また、心配かけちゃったね」

妹「…ほんとだよ、まったく」

姉「うん……ごめんね」

妹「…いいよ、だって、また起きてくれたもん」

姉「…うん」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:15:52.37 ID:On/tKUTY0
妹「…それじゃ、わたし、帰るね?」

姉「……帰っちゃうの?」

妹「うん、お母さんに迎えに来てもらおうと思って」

姉「………」

妹「またあした、お母さんたちと来るよ」

姉「…うん」

妹「それじゃ、おやすみ、お姉ちゃん」

姉「………」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:17:28.05 ID:On/tKUTY0
姉「……………あの、待って」

妹「え?」

姉「…声が、聞こえたの」

妹「え? 声……?」

姉「暗い暗い、真っ暗な場所で……声が聞こえたの」

妹「………?」

姉「その声がね、私を起こしてくれたの」

姉「もうこのまま眠っちゃいたいって思ってた私を、起こしてくれたの」

妹「……え、え? そ、それって……?」

姉「…うん、全部聞いたよ、妹の気持ち」

妹「………!!!」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:18:21.95 ID:On/tKUTY0
妹「……わ…………わ、わ、わっ、忘れてっ!!」

姉「どうして?」

妹「だ、だって……その……あぅぅ……」

姉「嬉しかったよ?」

妹「え」

姉「理想のお姉ちゃん、なんて言われて」

妹「う、うぅぅぅ〜〜………っ」

姉「私もね、理想の妹だって思ってるよ?」

妹「………っ」

姉「そんな、そっぽ向かないでよ」

妹「……だ、だって、恥ずかしいんだもん」

姉「ふふ、もう、かわいいなあ……食べちゃいたいくらい」

妹「たっ、食べ……っ!?」

姉「うん、食べちゃいたいくらい」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:19:17.34 ID:On/tKUTY0
姉「でも、残念なことに、動けないんだよね……いろいろ繋がってるし」

妹「………」

姉「あ、今ガッカリした?」

妹「しっ、してないっ!」

姉「そっか……それはちょっと残念かも」

妹「…え」

姉「知ってる?」

妹「…何を?」

姉「私ね、妹のこと、好きなんだよ?」

妹「…………………………えっ?」

姉「優しくて、かわいくて……ずっとずっと、好きだったんだよ?」

妹「え……ええぇぇとぁのっ」

姉「なのに……全然、気づいてくれなかったよね」

妹「そっ、それはその………っていうか、お姉ちゃんだってそうだったじゃんっ!!」

姉「あ、そっか……ごめんね」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:20:47.17 ID:On/tKUTY0
姉「ふふ……でも、両想い、だね」

妹「…っ」

姉「またそっぽ向いて……私のこと、嫌い?」

妹「〜〜〜っ、好きだもん、大好きだもんっ!!」

姉「えへへ、私も好きだよ。 大好き」

妹「ぁぅぅぅぅっ………」

姉「…ね、キス、しよ?」

妹「え、き、きす、って………」

姉「うん、ちゅー、しよ?」

妹「え、ぁ、で、でも………」

姉「ほんとは私からしたかったんだけど………だめ、かな?」

妹「ぁ、ぁぅぅ……」

姉「ね、お願い……」

妹「…っ、もう、一回だけだからね」

姉「うん……」

妹「……ん……ちゅ……」

姉「ん……」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:21:56.43 ID:On/tKUTY0
妹「ん……柔らかい……」

姉「うん………ずっと、したかったの」

妹「…わたしも」

姉「妹も? ふふ、嬉しい」

妹「だって、ずっと好きだったんだもん……」

姉「……ごめんね、気づいてあげられなくて」

妹「…お姉ちゃん」

姉「うん?」

妹「もういっかい……しても、いい?」

姉「…いいよ、妹の、好きなだけ……」

妹「お姉ちゃん……すき…ちゅ……」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:22:51.00 ID:On/tKUTY0
妹「んっ……ちゅ、ちゅく……」

姉「ふぁ……んむ……」

妹「ちゅ……くちゅくちゅ……」

姉「んっ、んんっ……いもっ、と…んんぅっ」

妹「ちゅるっ、ちゅくっ……」

姉「んちゅ、ちゅ……ちゅむ……」

妹「ん、ん……ぷは……」

姉「はぁっ………やば、ちょっと夢中になっちゃった……」

妹「わたしも……」

姉「妹とのキス……すっごく気持ちいい……」

妹「…あ」

姉「え?」

妹「心電図、早くなってるよ?」

姉「あ……えっと……今、すごいドキドキしてるから……」

妹「ん、そっか……ドキドキ、してくれてるんだね」

姉「…それは、するよ。 だって、妹とキスしたんだもん」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:24:18.78 ID:On/tKUTY0
妹「あ、ほら、お姉ちゃんもそっぽ向いた」

姉「…あっ、や、今のは、その……」

妹「顔赤くしちゃって……かわいいっ」

姉「う、ぅぅ………妹のいじわる……」

妹「えへへ、お姉ちゃんがかわいすぎるのが悪いんだよ?」

姉「…私は悪くないもん」

妹「ううん、お姉ちゃんがかわいすぎるから、いじわるしたくなっちゃうの」

姉「い、いじわるしないでよぉっ」

妹「やだ」

姉「妹のいじわるっ!」

妹「嫌いになった?」

姉「……………っ、いじわるっ」

妹「えへへ、さっき散々からかわれたから、お返しー」

姉「…もう」

妹「ね、ね、またキスしてもいい?」

姉「…私とのキス、好きになっちゃった?」

妹「…うん、大好きになっちゃった」

姉「ふふっ……うん、私も、妹とのキス、好きになっちゃったから……もっと、して?」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:25:58.86 ID:On/tKUTY0
──────────────

───────

───



姉「はぁっ……ふぁむっ……ちゅるっ……」

妹「んちゅ、ちゅ、ちゅるるっ……」

姉「んんっ……んちぅ……」

妹「んっ、ぷはぁっ………はぁっ………」

姉「はぁっ………はぁっ………」

妹「はぁっ………はぅ……」

姉「…満足、できた?」

妹「…ううん、全然」

姉「ぜ、全然?」

妹「今までの分も、したいんだもん」

姉「…しても、いいんだよ?」

妹「ううん、だめ……あんまり夢中になっちゃうと、誰か来ても気付けなくなっちゃうから」

姉「そっか……そうだね」

妹「……だから、また今度」

姉「うん……すっごく、気持ちよかったよ」

妹「私も、気持ちよかった」

姉「ふふっ………って、なんか外がだいぶ暗くなってるね」

妹「…あっ、もう七時!?」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:26:35.70 ID:On/tKUTY0
姉「に、一時間ぐらい、ずっとキスしてたんだ……」

妹「だ、だって、お姉ちゃんとのキス、気持ちよすぎて……」

姉「私も、夢中になっちゃった……」

妹「だ、誰か来てたかな? 来てなかったよね?」

姉「う、うん、たぶん……」

妹「………」

姉「………」

妹「きゅっ、急に黙らないでよぉっ」

姉「い、妹だってっ」

妹「………」

姉「………」

妹「だ、だからぁっ」

姉「うぅぅっ、だって恥ずかしいんだもん……」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:27:55.31 ID:On/tKUTY0


それからしばらくあと、お姉ちゃんに心臓を提供してくれるドナーが見つかった。

その後お姉ちゃんは心臓を移植してから、再び入院生活を送った。

そして、今日がお姉ちゃんの帰ってくる日。

わたしが学校から帰ってくる頃には、もう家にいるかな?

本当に元気になってるのかな?

お姉ちゃんに会うのが楽しみで、今日の授業に身が入らなかった。
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:28:49.88 ID:On/tKUTY0


妹「はぁっ、はぁっ、ただいまっ!」

姉「…あ、おかえり」

妹「…! 〜〜〜〜っ!!」

姉「うわっ、わっ、っとっ、急に抱きついてきたら危ないよっ」

妹「よかった……よかった、お姉ちゃんだっ……!」

姉「…うん、私だよ」

妹「ずっと……ずっと待ってた……ぐすっ……」

姉「…ただいま、妹」

妹「おかえり、なさい……」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:30:50.99 ID:On/tKUTY0
姉「もうこれで、びくびくしながら生活しなくても済んだんだよね」

妹「うん……」

姉「これでやっと、したいことができる……ドナーの人には、感謝しなきゃ、ね」

妹「? したいこと?」

姉「うん」

妹「何がしたいの?」

姉「えへへ、妹とのえっち、だよ」

妹「………………!!??」

姉「ずっと我慢してたの……私、心臓が弱いから……」

妹「や、ゃっ……おねえちゃんっ、触り方がえっちだよっ」

姉「ね、いいよね? 妹も………したいよね?」

妹「………っ」

姉「ね?」

妹「〜〜〜〜〜っ、わたしの部屋で、ねっ」

姉「あっ、待ってよぉっ!」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:31:35.32 ID:On/tKUTY0
そんなこんなで、お姉ちゃんは元気になった。

運動もそれなりにするようになったし、ご飯もちゃんと食べられるようになった。

それに、よく笑うようにもなった。

学校ですれ違った時も、微笑みかけてくれる。 ドキドキした。

わたし、完全にお姉ちゃんの虜になっちゃった。

ただ…………ちょっと……っていうか、お姉ちゃんは、すっごくえっちになった。

まだ……やっぱり、恥ずかしいっていうか、ほら、まだあんまりしたことないし……。
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:32:31.79 ID:On/tKUTY0
妹「って、聞いてるのお姉ちゃんっ!!」

姉「んー? ちゃんと聞いてるよー?」

妹「ちょっ、くっつきすぎ……ふぐぅっ!?」

姉「えへへ、妹あったかーい♪」

妹「んぐぐぐぐーーーっ!!」

姉「あっ、ごめんっ!」

妹「はー……はー……おっぱいに殺されるところだった……」

姉「ふふっ、初々しい妹も大好きだよ?」

妹「う、うぅ………」

姉「顔赤らめちゃって……かーわいっ♪」

妹「やぁっ、もうっ……お姉ちゃんのばかっ」

姉「えへへ、妹がかわいすぎるのが───んむぅっ!?」

妹「ん、ちゅ………」

姉「ん、ん………」

妹「ちゅ……ぷは……」

姉「はぁっ……」

妹「……好きだよ、お姉ちゃん」

姉「………っ、ずるいよ、妹……」

妹「えへへ……♪」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2012/12/18(火) 22:33:20.22 ID:On/tKUTY0
姉「むむ……」

妹「えへへ……今日はね、私が『攻め』だからね?」

姉「え?」

妹「いっつもお姉ちゃんにいいようにされてるけど、今日はそうはいかないから……」

姉「え? え? い、妹? 顔が怖いよ?」

妹「じゃあお姉ちゃん、寝っ転がって……ううん、わたしが寝かせてあげる」

姉「ちょっ、ちょっわあぁっ」

妹「ふふー……覚悟は、できてる?」

姉「……後で、覚えておいてね」

妹「……お姉ちゃんのせいで、それすらも楽しみになっちゃってるんだよ?」

姉「…妹のえっち」

妹「…お姉ちゃんだって」








おわり
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 22:35:36.32 ID:On/tKUTY0
ありがとうございました


姉妹百合っていいよね
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/12/18(火) 22:35:47.00 ID:ewXtM2vm0
感動モノかと思ったらいささかエロ要素が強かったでござる

欲を言えば純粋に姉妹でいちゃらぶする話が読みたいけど、とりあえず乙
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 22:37:01.29 ID:i/HIfV2E0
ハッピーエンドktkr
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 22:41:43.17 ID:+GIEBoqco
松実姉妹が思い浮かんだ(KONAMI)
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 22:57:46.56 ID:53mXirLxo

姉妹百合いいよね本当いいね
こういうのもっと読みたいわ
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 23:22:15.45 ID:1wOFHtP60
たまにはこういうエロイ姉妹百合もいいな
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/12/18(火) 23:37:38.94 ID:PVovDs1Fo
おつ
19.92 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)