このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

上条「黒いアレイスターボール・・・・・・コイツもお前の仕業か!!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:08:00.75 ID:xwFxPQJ10
上条「なんだコレ?ポケモン図鑑?」の続編です
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368206828/


諸注意

作品の世界観を大事にしたい方、

ひらがなばかりで読みにくいので無理という方はお手数ですがブラウザバックして下さい。

いろいろと中途半端なので所々に不愉快になるものがあるかもしれません。

あと遅筆なので急に振られても対応できません。

キャラ崩壊があります。というか口調が良く分かって無いキャラが居ますのでご注意ください。

面識については本編で無くても大体有るものと考えてください。

時系列は第三次世界大戦以降ですが無い物と考えてください。

ストーリーはほとんどありませんご容赦ください。

黒子が上条さんをお兄様と呼んでるので注意して下さい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370005680
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

有咲「あいつの言う『好き』の意味」 香澄「好き! 好きっ! だーいすきっ!」 @ 2019/07/19(金) 01:53:30.53 ID:fKmes0AE0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563468810/

【安価】艦娘達の愛が重すぎて屑提督が壊れる話【艦隊これくしょん】 @ 2019/07/19(金) 01:00:57.20 ID:YHI0UkeG0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563465655/

ポケモンダイパプHGSSBW2XYORASUSMPV新作予約してきた @ 2019/07/18(木) 23:07:50.21 ID:xyqhAH3j0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1563458869/

魔王「魔物使い、貴様はどのような世界を望む?」魔物使い「ほえ?」 @ 2019/07/18(木) 23:03:01.70 ID:Yz/20wypO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563458581/

【艦これ】ガンプラバトルで目指せケッコン!【安価】 @ 2019/07/18(木) 20:23:55.04 ID:eo6UBt4H0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563449034/

ぼく「よっしゃ!倫理と哲学について語るで!」生徒「はい」 @ 2019/07/18(木) 19:36:46.22 ID:M6tXEAqR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563446205/

Hide on bush  @ 2019/07/18(木) 18:29:18.76 ID:Ldzx3Wa2o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1563442158/

【Fate】聖杯を勝ち取れ!【安価とコンマ】 @ 2019/07/18(木) 18:25:34.52 ID:cuhb5NIP0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563441934/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:08:58.98 ID:xwFxPQJ10
図鑑「セーブデータを ロード しますか?」

>はい  いいえ

前回のあらすじ

上条「私こと上条当麻はもろもろの問題がようやく片付いてハッピーエンドを迎えたある日」

   「ポケモン図鑑に似たスキル図鑑を拾う」

   「次々に巻き込まれていく能力者や魔術師」

   「そして新たな道具アレイスターボールを拾ってしまう」

   「意図せず能力者を次々ゲットしてしまう上条当麻はついに最終バトルを終えて」

   「ひと段落ついたかに見えた・・・・・・」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:10:05.66 ID:xwFxPQJ10
上条「土御門の野郎・・・・・・」

上条「黒子も美琴も門限とか以外は俺の所に必ず来るんだもんな・・・・・・」

上条「幸いにも五和は家で家事やってくれてるから良いようなものの」

上条「これを使えばあと3人加えてハーレム作れるんだよな・・・・・・」ゴクリ

上条「いやいや無いわ!上条さんは紳士ですからね!そんなことしませんよ!」

上条「このスキル図鑑も良く持ってるもんだ・・・・・・」

??「偶然。私のきんのたまを貴様にくれてやろう!」

上条「・・・・・・誰だよお前!いらねえよ!」








読んでんでいる人へ 顔変えられちゃったので上条さんには彼の事が分かりませんが何故かいるあの人です。 >>1より
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:11:04.98 ID:xwFxPQJ10
アウレオルス「間然。一体いかなる思考にて私のきんのたまに異を唱えるか!」
以下アウ

アウ「私のきんのたまを受け取れ!」グイッ

上条「え・・・いや・・・」

アウ「さらば!」

上条「アイツ・・・・・・あのしゃべり方・・・・・・まさか・・・・・・いやそんなわけ無いよな!」

??「あ!アナタ!ごきげんようってミサカはミサカはお上品にご挨拶してみる」

上条「ようアレ?一方通行もいるのか」

一方「居たらわりィかァ?三下が」

打止「お姉様は出してても平気だったからあーくんも出してあげたの!ってミサカはミサカは説明してみる」

一方「あーくんは止せっつってんだろォが!クソガキがァ!」

打止「あーくん演算切って中に戻しちゃうよ?ってミサカはミサカはアナタの新しい弱みに付け込んでみる」

一方「・・・・・・チッ・・・・・・」
5 :>>1も打ち止めに『めっ!』ってされたいです [sage saga]:2013/05/31(金) 22:11:52.07 ID:xwFxPQJ10
上条「悪いけど今日はバトル出来ないんだ、すまないな」

打止「え?なんで?」

上条「これから補習なんですよ、上条さんは頭が悪いので、ついでに手持ち0だし」

一方「これだから三下はよォ」

打止「そんな事を言ったら悪いよってミサカはミサカはめっ!ってしてみる」

上条「悪いな、また今度」

打止「バイバーイ」

一方「二度と現れんな」

打止「あーくん!めっ!」

上条「今日も学園都市は平和です・・・」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:12:38.68 ID:xwFxPQJ10
―――――――――とある高校

上条「ようやく終わった!」

小萌「上条ちゃんはやればできる子なんですからちゃんと休まず学校に来てほしいのです」

上条「すみません」

小萌「ところで上条ちゃん?アレイスターボールって知ってますか?最近いろんなところで出回っているのですが」

上条「!?先生が何故それを!?」

小萌「なんか能力者をゲットできるからってスキルアウトも探しまわっているらしいので注意してほしいと言われているのです」

小萌「それとももう持ってるんですか?」

上条「いえ持ってませんよ?上条さんには関係の無い事です!」

小萌「本当ですか?」ジー

上条「先生・・・・・・」

小萌「やっぱり持ってるんですか?上条ちゃん?」

上条「これ以上俺を不幸に巻き込まないで下さい!」ダッ

小萌「え!?」

   「ちょっと上条ちゃん!廊下は走ってはいけないのです!」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:14:05.90 ID:xwFxPQJ10
――――――――――とある高校 校門前

上条「上条さんがこれを渡してしまえたらどんなに良いでしょう・・・・・・」

   「でもこの中五和とかが入るんですよね・・・・・・渡したらどんなことになるか・・・・・・」

   「上条さんの不幸は始まってるんですよ」

??「カミやん?また補習かいな?」

上条「青ピ?何してんだよ」

青ピ「何って?アレイスターボール探しに決まってるやないの!」

上条「お前もかよ・・・・・・」

青ピ「まさかカミやん持ってるん!?寄こせや!」

上条「持ってない持ってない」

青ピ「そやろな!不幸なカミやんに見つけられるわけないわ!」

上条(土御門が黒幕なのは伏せておいた方が良いんだろうな・・・)
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:14:51.34 ID:xwFxPQJ10
上条「なんで探してんだよ?」

青ピ「そんなん決まってるやないの!美少女ゲットしてハーレム作るためやないの!当たり前やん!」

上条「あーはいはい、そんな事だと思ったよ、でもあれ、レベル高いということ聞かないらしぞ」

青ピ「なん・・・・・・やて・・・・・・!?」

上条「まーせいぜいがんばれ」

青ピ「そないな情報どこで仕入れたんや!」

上条「知り合いが持ってた」

上条(レベル5ゲットしてたけど)

青ピ「噂はホンマやったんやな!!俄然やる気出てきたで!!カミやん僕は行くわ!」

上条「がんばれよ」

青ピ「見つけたらカミやんに自慢したるからな!」タタタタ
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:16:11.52 ID:xwFxPQJ10
青ピ「見つけたらカミやんに自慢したるからな!」タタタタ

上条「自慢だけかよ!」

   「もし俺の手にアレイスターボールがある事を知ったら・・・・・・」

   「あまつさえ女の子を既にゲット済みだと知ったら・・・・・・」

   「ヤツにヤられていたかも知れない・・・・・・・」

??「そこのあなた!」

上条「」スタスタ

??「そこのツンツン髪のあなたです!」

上条「え?俺?」

固法「そうです、ちょっと来ていただけますか?」ビッ

上条「ジャッジメントの方が何の用でせうか?」

固法「あなたが持っている球体についてお話を聞きたいので支部まで来ていただきます」

上条「・・・・・・」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:17:12.37 ID:xwFxPQJ10
上条(落ちつけ上条当麻・・・・・・何故ばれた!?幻想殺しによる完璧なガード体制を敷いているこの布陣で・・・・・・)

上条(ん?・・・・・・なんで左ポケットに入ってんだぁぁぁぁぁ!!) 

固法「良いですね!」

上条(この場から逃げ遂せる方法は・・・・・・ダメだ!・・・・・・このボールを使うわけにはいかない!)

上条「ワカリマシタ」

上条(とりあえず様子を見つつ・・・・・・何とかするしか・・・・・・)




―――――――――ジャッジメント177支部

初春「あ、固法先輩お疲れ様です」

固法「ええ、初春さんもおつかれさま」

初春「アレ?その人・・・・・・どこかで見た事があるような・・・・・・」

固法「ああ、そうぞ座ってください」

上条「はい」

上条(予想以上に逃げ場のない空間!絶望!圧倒的絶望!ざわざわが止まらない!)
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:18:42.46 ID:xwFxPQJ10
上条(最悪窓からか・・・・・・)

固法「ではその球体・・・・・・出していただきましょうか?」

ガチャッ

黒子「お疲れ様ですの」

初春「おかえりなさい白井さん」

上条「!?」

上条(僥倖っ・・・! なんという僥倖っ・・・!不幸なこの上条さんにあってはならないほどの僥倖っ・・・! )

黒子「ただいまですの・・・・・・お兄様!?」

上条「よ・・・よう」

固法「白井さん知り合い?」

上条(上条当麻・・・今のお前・・・・・・不幸って感じだろ・・・・?)

   (不運で理不尽で不条理だろ・・・・・・?)

   (どうしておまえが今そうなのかわかるか・・・・・・?)

   (ボールを掴んでしまったからだ・・・・・・!)

   (訳の分からない球を拾ってしまった!!・・・・・・?)

   (訳の分からない・・・・・・球?・・・・・・!?)

   (き ん の た ま !コレしかねぇ!!)

上条「あの・・・これは・・・」ゴトッ
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:19:31.39 ID:xwFxPQJ10
黒子「ええ、ゲットされましたが?なにか?」

固法「!?」

初春「!?」

上条「ノオオオオオオオオオオ!!」

固法「静かにしなさい!」

上条「あ・・・・・・スミマセン・・・・・・」

固法「ゲットされたってまさか・・・・・・」

初春「アレイスターボール・・・・・・」

黒子「ええ、あら?お兄様、どうしたんですの?真っ白になられて?」

上条「もうほっといて下さい・・・・・・あんなに考えたのに・・・・・・カイジの真似までしたのに・・・・・・」

   「・・・・・・この不幸から抜け出せないなんて・・・・・・」

黒子「カイジ?」

固法「どうしてあなたがゲットされてるの!?」

初春「そうですよ!テレポーターなのに!」

黒子「それはもちろん自ら望んでゲットされましたの、お兄様は何も悪くありませんわ!」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:20:13.21 ID:xwFxPQJ10
固法「騙されてるのね!いや言う事を聞かされてる!」

初春「そうです!そうでなければ白井さんがゲットされる訳・・・」

黒子「ありますの、お姉様もこの方にゲットされていますから」

固法「御坂さんが!?」

初春「ゲットされた!?」

固法「アナタ何をしたの!?」

初春「そうです!吐きなさい!」

上条「上条さんは襲われて・・・・・・ボールを投げただけなんですよ・・・・・・」

黒子「お兄様、スキル図鑑をかしていただけますか?」

上条「はいよ」

固法「それは?」

黒子「スキル図鑑ですの、使ってみればわかりますわ」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:21:06.50 ID:xwFxPQJ10
図鑑「ピーン」

   「このりみい すけすけのうりょく ぽけっとの なかなどを とうしできる」

   「ジャッジメント177しぶに しょぞくしている」

   「だが わんしょうを カバンに いれっぱなしにしているなど あまりやるきは ないようだ」

   「たまに だんせいの アレの アレな ときの かたちを しっかり みてしまって うろたえていたことは ないしょ」

固法「    」

初春「!?」

黒子「では」

図鑑「ピーン」

   「ういはるかざり はなだらけのうりょく したのひとは きせいされている うたがいがある」

   「したのひとは ほおんを することができ やきいもを かったときなどに べんりなのうりょくである」

   「また ちょういちりゅうの ハッカーで ゴールキーパーと よばれている」

   「かみじょう×いっぽうぼんを しょじしているのが もくげきされており ふじょしぎわくがあるが」

   「スカートを めくられて うれしそうに していることから ソッチの けも あるようだ」

   「ときに あんこくめんにおち くろはるに なるばあいがあるので ちゅういがひつよう」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:21:39.03 ID:xwFxPQJ10
初春「・・・ふふふ・・・ふふふふふふふふ・・・・・・面白い事を言う機械ですね?白井さん?ちょっとそれいただけます?」

黒子「まあ待ちなさいな、怒りはもっともですが、お兄様もこれを不用意に使うことで色々苦労されて現在に至るのです」

固法「私はうろたえてない・・・・・・・私はうろたえてない・・・・・・・」ブツブツ

初春「何を言ってるんですか?白井さん?それを渡せと言ってるんですよ?」グイッ

黒子「初春!?しまっ!!」

図鑑「ピーン」

   「しらいくろこ すごいいどうのうりょく テレポートでいどうができる」

   「みさかが だいすきで すきがあれば せいてきせっしょくを しようとする」

   「さいきんは おにいさま おねえさま ねがお しゃしんしゅうを さくせいしている」

   「ちょっといいなと おもっていた かみじょうを 『おにいさま』とよんでいる」

   「すきがあれば おねえさまを まきこんで みんなハッピーだいさくせんを じっこうしようと している」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:22:16.20 ID:xwFxPQJ10
黒子「      」

上条「」ガタガタ

初春「みんなハッピー大作戦ってなんですか?」

黒子「そ・・・それは・・・」

初春「 な ん で す か ? 」

黒子「・・・・・・」

初春「 答 え て く だ さ い 」

黒子「それは・・・」

初春「それは?」

黒子「お姉様と黒子でお兄様を[>>1規制]で[>>1規制]して[さんピーーー]することですの!!!!」

初春「そうですか?白井さんは今日も平常運転ですね?」

上条(ど・・・・・・どっちもこえええええ)ガタガタ

初春「そこ!」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:23:09.22 ID:xwFxPQJ10
上条「!?」

固法「!?」

初春「ガタガタうるさいです!」

上条「す・・・・・・すみません!!」ガタガタ

初春「さて・・・・・・じゃあなたもこれの犠牲になりましょうか?」

図鑑「ピーン」

   「かみじょうとうま むのうりょく むのうりょくだが すごいみぎてで なんでもうちけすことができる」

   「ひょんなふこうから このスキルずかんと アレイスターボールを ふこうにも ひろってしまった」

   「いっきゅうふらぐけんちくし なかせたおんなは かずしれず どんかん ヤローで あったが」

   「さいきん はーれむのかのうせいについて かんがえはじめた」

   「しゅうきょう じんしゅ こくせき みぶん まったくとわず ふらぐを たてるので げんそうごろしをこえるちからと いわれている」

   「『ふこうだー』 がくちぐせで きめぜりふは『そのげんそうをぶちころす』 はせいけいとして『ねつぼうちょうってしってるか?』がある」

   「かみやんびょうの びょうげんたい」

   「みこと くろこ マイハニーを ゲットした トレーナーなので ゲットたいしょうがい」

   「ついさっきまで どうにかして にげようとしていた」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/31(金) 22:23:21.88 ID:QBRZ+ANh0
伏字になってねえw
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:24:22.57 ID:xwFxPQJ10
上条「なんでさ!なんで毎回色々な物を追加するんだよ!!」

初春「ここいらで手打ちにしましょうね?『一級フラグ建築士』上条=三下=とうまさん?」

上条「はい・・・・・・」ガタガタ

初春「固法先輩も大丈夫ですよ!もし秘密がばれたらこの人を社会的に抹殺しておきますからね?」

   「あと白井さんは寝顔写真集を私に提出するように!」

黒子「それだけは!それだけは!!」

初春「良いですね?」

黒子「ふ・・・・・・」

初春「ふ?」

黒子「複製で勘弁して下さいまし!!」

初春「うーんまあ良いでしょう!じゃあそれで!」

黒子「わかりましたそれなら全く問題ありませんわ!」ケロッ
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:25:12.69 ID:xwFxPQJ10
上条「全然問題ありだろ・・・・・・俺だけ人質多すぎだろ・・・・・・」

ガチャ

固法「問題無いわね!」ケロッ

??「何が問題無いんですか?」

四人「!?」

佐天「どうしたんです?」

初春「さささささささ佐天さん!?」

佐天「どうしたのよ?え?何か悪だくみでもしてた?男の人巻き込んで?」ニヤニヤ

??「ソイツは何かしらに巻き込まれる奴だからねー」

四人「!?」

美琴(!?アレはスキル図鑑!!マズイ!!犠牲者がまた増える!!)

上条「御坂、落ちつけ、もう遅い・・・・・・」

美琴「あ・・・・・・そうなの・・・・・・」

佐天「何がですか?」

五人「何でも無いです(の)!!」
21 :>>18『参加する』かもしれませんよ? [sage saga]:2013/05/31(金) 22:28:19.75 ID:xwFxPQJ10
佐天「完全に私だけ仲間はずれ・・・」

五人「!?」

初春「どうしましょう!?」コソコソ

黒子「そんな事言われても・・・・・・あの様子では何があっても引いてくれませんわよ?」コソコソ

固法「巻き込んだら余計ひどい事態になるわよね?」コソコソ

上条(もうどうにでもなれー)

美琴「大丈夫よ!佐天さんが仲間外れにされたんじゃなくて!これは!!」

佐天「これは・・・・・・?」

美琴「そう!ジャッジメントの機密なの!!」

佐天「なーんだ!なんて・・・・・・どうせ私はレベル0の無能力者だから・・・・・・教えてくれないんだ・・・・・・」グスッ

美琴「違うわよ!そんな事無いわ!」

佐天「じゃあどうして御坂さんが何か知ってるんですか?」

固法初春黒子(選択ミスってる(ますの)!?)

上条「もう良いだろ御坂・・・・・・」

固法初春黒子美琴「!?」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:29:23.47 ID:xwFxPQJ10
上条「心配すんなよ!えーっと佐天さん?だっけか?」

佐天「はい・・・・・・」グスッ

上条「上条さんもレベル0の無能力者だ、しかも毎日のように補習も受けるほどの大バカなんだよ」

佐天「だからなんですかぁ?」グスグス

上条「この件に、関わればな・・・・・・」

佐天「関わると?」グスン

上条「秘密にしている事が露呈するんだ!!こんな風にな!!」

固法初春黒子美琴(自ら犠牲に!?)

図鑑「ピーン」

   「かみじょうとうま むのうりょく むのうりょくだが すごいみぎてで なんでもうちけすことができる」

   「いっきゅうフラグけんちくしヒーロー」

   〜中略〜

   「げんざいも みずから ぎせいになることで さてんるいこに ふらぐけんちく まっさいちゅう」

上条「してねーよ!!」バンッ

固法初春黒子美琴 ジトー
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:30:10.73 ID:xwFxPQJ10
上条「止めて!!そんな目で上条さんを見ないで!!」

佐天「なるほど・・・・・・スキル図鑑ですか・・・・・・つまりこれを使えばみんなの秘密暴き放題って事ですね!!」キラキラ

   「なーんて、折角上条さんが犠牲になってくれたわけですし、これ以上追及しない事にしましょう」

初春「佐天さん・・・・・・ごめんなさい!」

佐天「良いんだよ?うーいーはー・・・・・・るーーーーーーーーー!!」バサッ

上条「     」ポカン

初春「佐天さん!どうしてめくったんですか!!」

佐天「そこに スカートが あったから」

初春「どうして わたし なんですか!」

佐天「だって御坂さんは短パンだし、白井さんはめくっても喜ぶだけだし、固法さんはオトナ過ぎるし」

   「初春が一番良かった、ただそれだけ!」

黒子「お兄様?見てませんわよね?」

上条「え?」

初春「え?見たんですか?」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:31:05.71 ID:xwFxPQJ10
上条「・・・1・・・2・・・の ポカン」

図鑑「かみじょうは なにがあったのか すべてわすれた そして げんじつとうひを おぼえた」

上条「上条さんのセリフ横取りしてんじゃねえよ!!」

女子「    」ジトー

上条「やめて!!上条さんのライフはもう0よ!!」


――――――――――なんやかんやあった

固法「まあ・・・・・・事情は分かりましたしあなたは持っていても大丈夫でしょう」

上条「みんなレベルが高いから上条さんの言う事なんか聞いてくれませんしね!・・・・・・悲しくない!上条さんは悲しくなんかない!!」

黒子「門限の時間には強制的に返されてしまいますし、問題無いでしょう」

初春「かと言ってこのアレイスターボールをこのまま放置しておくと厄介なのも確かですね」

佐天「能力者を捕まえるボール・・・・・・まるでポケモンのように・・・・・・!?」

   「上条さん!私もゲットして下さい!!」

全員「!?!?」

上条「え!?なんで!?」

佐天「だって!バトルしまくって経験値ゲットしたらレベル上がるって事じゃないですか!!技マシンもあるし!!」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:31:59.35 ID:xwFxPQJ10
上条「無い!そんなの無いから!あり得ないでしょ!」

佐天「私は・・・・・・わずかな希望にすら・・・・・・すがる権利も無いんですか?」ウルウル

黒子「考え直してくださいですの!論理が破たんしてますわ!」

佐天「だって・・・・・・」ウルウル

固法「佐天さん・・・・・・あなたまさか!フラグを立てられたんじゃ!?」ジー

上条「何故上条さんを見るのでせうか?」

固法「あなたが建築したんでしょ?」

上条「いやいや、こんなスケコマシのレベル0にフラグ建てられるって言われた状況でそんなわけ」

佐天「だめ・・・ですか?」ウルウル

上条「なんだ!?この破壊力・・・・・・これが・・・・・・おっぱいの魔力!!」

美琴「アンタ私の放電より思考だだ漏れよ?」ビリビリ

黒子「お兄様・・・」ジトー

初春「とんだ危険物ですね」ジトー

固法「まったく・・・・・・」ジトー

上条「違う!誤解だ!上条さんはお姉さんが好きなんだ!決して中学生のおっぱいにうつつを抜かす男じゃないんだ!」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:32:50.64 ID:xwFxPQJ10
佐天「もー!!良いじゃないですか!!女の子が頼んでるんです!!引きうけてよ!!」

上条「収拾つかねえじゃねーか!しかも嘘泣きか!」

佐天「細かい事気にしてないで私をゲットして下さいよ!ほら!男の子でしょ!」

固法「傍から聞いてると危ない会話ね、もうゲットしてあげなさいよ上条君」

黒子「今さら一人二人増えても変わりませんの」ハァ

初春「良く分からないですけど、上条さんが佐天さんを貰ってあげればまるく納まるんですよ」ハァ

上条「アレ?おかしい上条さんが劣勢過ぎる?俺が間違ってる?」

美琴「もうどうしようもないんじゃないの?」ハァ

上条「じゃあもう飛び出してきてくれ」

佐天「やったー!これで私も能力者に!!」

図鑑「ピーン」

   「やせいの るいこが あらわれた」

上条「黒子、頼む」

黒子「わかりましたの」

佐天「これってどうすればいいんですか?」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:33:40.34 ID:xwFxPQJ10
上条「今ボール投げるからたぶんじっとしてれば良い」

佐天「はーい!」

上条「いけ!アレイスターボール!」

ボール「モゾ・・・モゾモゾ・・・」

ボール「・・・・・・」テンテレテンテレテンテレテンテレテーン♪

図鑑「やったー!るいこ を つかまえたぞ!」

   「るいこのでーたが あたらしく スキルずかんに セーブされます」

   「さてんるいこ むのうりょく」

   「エアロハンドにぞくする のうりょくのようだが ねつの いじょうなぶんぷが みられる」

   「しゅみは うわさを あつめること」

   「ちゅうがくせいらしからぬ からだつきから バストアッパーを つかったのではないかと うたがわれている」

   「だきたいおんな ナンバー1に みごとランクイン さいあいちゃんに まけず おとらず かわいい」

   「かじぜんぱん がとくいで おそらく こそだてもうまいので おくさんにすると かくじつにしあわせ」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:34:16.63 ID:xwFxPQJ10
上条「なんかデジャビュが・・・・・・」

図鑑「つかまえた るいこに ニックネームをつけましょう!」

上条「何にすれば満足するの?」

図鑑「るいこ」

上条「じゃあそれで」

ボアン

佐天「おお!私高評価!やったー!」

固法「さいあいちゃんて誰?」

初春「熱の異常な分布?」

美琴「バスト・・・・・・アッパー・・・・・・!?」

上条「じゃあ俺の役目は終わったしこれで・・・・・・」

佐天「さあ!トレーナーさん!私のレベル上げお願いします!」

上条「今から!?」

佐天「当然です!」

固法「でももうすぐ完全下校時間よ?今日は諦めなさい」

佐天「むぅ・・・・・・わかりました」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:35:02.73 ID:xwFxPQJ10
――――――――――とある大通り

美琴「アンタどうすんのよ?私経験値溜まったことなんてないわよ?」

黒子「わたくしもありませんの」

上条「だよな、都合良く技マシンなんてものはないし・・・・・・」

   「って!二人はどうしてココに居るんだよ!」

黒子「分かりませんが?どうしてここにいますし?」

美琴「私たちここにいてはいけませんし?」

上条「妖精さんかよ!!妖精の国居とけよ現人類!上条は疲弊したようです!!無駄なツッコミさせんなよ!」

黒子「では黒子に突っ込んで下さいまし」

上条(あーもうどこから説教してやろうか)

上条「門限はどうしたんだよ」

美琴「黒子がいれば門限まで1分あれば十分」

黒子「ですの!」

美琴「第一アンタ今誰もいないんでしょ?バトルになったらどうするのよ?」

上条「逃げるから大丈夫」

美琴「日常ね」

黒子「日常ですの」

上条「まーな」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:36:00.07 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――とあるマンション前

黒子「お姉様私たちはそろそろ」

美琴「そうね、遅れて寮監のお世話になることも無いでしょ」

黒子「では、お兄様失礼しますの」シュンッ

上条「なんか今日は御坂が静かだったな?」



―――――――――――――常盤台寮

黒子「お姉様?」

美琴「んー?」

黒子「今日はやけに静かでしたのね?」

美琴「んー・・・・・・」

黒子「お姉様?」

美琴「あんまりしつこく言ってうざいって言われてもしうが無いかって」

黒子「・・・・・・!?」

   「どうしましたの!?お姉様!?お熱が!?それとももっと別の!?」

美琴「話は変わるけど・・・・・・アンタ・・・・・・」

黒子「!?」

美琴「巨乳御手って信じる?」

黒子(本命はそっちでしたのね!!)
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:36:39.09 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――上条家 リビング

上条「ただいまーっと」

五和「おかえりなさいませ」

上条「・・・・・・・・・・・・」

五和「ではお荷物を」

上条「ちょっとだけ待とうか?」

五和「はい?」

上条「お出迎えまではまあ良い、ギリギリセーフだけど」

五和「はい?」

上条「なんですかその破廉恥な格好は!!裸エプロンですか!?」

   「ショーパンとキャミの上にエプロンは心臓に悪いからやめって昨日いったでしょ!」

五和「でも上条さんよろこんでいるようですし?」

上条「なにそれ流行ってんの!?かわいいなあ!畜生!」

五和「えへへ///褒められましたし?」

   「あ、それはそうと禁書目録に同行中の女教皇様から連絡がありまして」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:37:10.37 ID:xwFxPQJ10
上条「ん?神裂が?」

五和「どうもみんなでイギリスまで行って、そこで最大主教が学園都市に行くと駄々をこねたり」

   「ステイルさんが禁書目録は僕の物だって駄々をこねたり、なんか大変みたいでまだ帰れないそうです」

上条「ステイルの事はほっといても良いけど、ローラが付いて来たらヤバいだろ」

五和「必要悪の教会の総力を持って阻止しているようです」

上条「だろうなっていうかなんで好き好んで科学の街に来たいんだ?」

五和「さぁ?」

上条「分かんないか」

五和「そうですね、とりあえず」

上条「?」

五和「ご飯でします?お風呂でします?それとも・・・・・・///」

   「 /// わ た し ? /// 」

上条「上条さんはご飯『を』食べます」

五和「そんな!!」

上条「『で』という選択肢はありません」

五和「いきなり私を食べるなんて///」

上条(あの普通の女の子は一体何に毒されてしまったのでせうか)
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:38:05.19 ID:xwFxPQJ10
――――――――――――― そのころ一方通行の家

土御門「一方通行仕事だ」

一方「また下らねェ仕事じゃねェだろォなァ?」

土御門「アレイスターボールを使って遊んでる学生を排除してくれ、殺すなよ?」

一方「そんなくだらねェ事はテメェらでやってくれませンかねェ?」

   「こっちは今打ち止めとストーンと戦闘攻略してンだからよォ、それにテメェらがばら撒いたンだろォがァ!」

土御門「そういうな、海原がまた打ち止めや妹達捕獲に使おうとするかもしれないぞ?」

一方「チッ・・・・・・クソがァ」pi

打止「どうしたのってミサカはミサカはゲームをポーズにして聞いてみる!」

一方「悪ィ、ちょっと出かけてくらァ」

打止「お仕事?」

一方「あァ」

打止「早く帰ってきてね?あーくんってミサカはミサカは物分かりの良いフリをしながら涙目で答えてみる」

一方「土産買ってきてやるよ、すぐ帰ってくるからバベルタワー攻略は待ってろォ、アルカンシェルは倒しといて良いからよォ」

打止「うん分かった!自爆に気をつけて倒せばいいんだねってミサカはミサカはゼノギアスに戻るね!」

一方「おォ」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:39:08.84 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――遡ること少し前 アイテムアジト

麦野「浜面ぁ、なんか荷物届いてるわよ」

浜面「何これ?」

麦野「私が知る訳ないでしょ」

浜面「こ・・・・・・これは!?大将が持ってたスキル図鑑じゃねぇか!!」

麦野「何よそれ?」

浜面「これはいろんな奴の能力とかそういうのが載ってる図鑑で個人情報保護法何ざ、ドブに捨てたぐらいの代物だ」

最愛「浜面?何を・・・・・・それはスキル図鑑じゃないですか!超貸しなさい!!」

浜面「止めとけ、麦野に向けたら何があるか分かんねぇぞ?」

最愛「じゃあまず私に向けてどんな物か超知ってってもいましょう!」

浜面「まt・・・・・」

図鑑「ピーン」

麦野「なんか鳴ったわよ?」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:39:53.80 ID:xwFxPQJ10
図鑑「きぬはたさいあい ちっそをあやつるのうりょく ちょうかわいい」

   「ふわふわしたニットのワンピースが ちょうかわいい」

   「ワンピースのたけが みじくかなりギリギリだが かくどをけいさんしているので みえそうでみえない ちょうかわいい 」

   「あやしげなタイトルのCきゅうえいがに むちゅうなところは もんぜつきゅうの かわいさ」

   「がくえんとし230まんにんの ちょうてんに くんりんできる かわいさ」

   「かのじょを ひとことで あらわすなら こうはいした せかいに ごこうりんなされた てんし」

最愛「どうです?こういうものです」

麦野「面白いじゃん、で?浜面は?」

浜面「待ってくれ!おれh・・・・・」

図鑑「ピーン」

   「はまづらしあげ クズ どこまでも つかえない パシリ」

   「なんで いきてるの? はやく さいあいちゃんから はなれろ ブォケ さんした」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 22:40:31.47 ID:xwFxPQJ10
浜面「前より格段にひでぇ・・・・・・」

麦野「この図鑑の作成者、余程絹旗がお気に入りだったらしいな」

浜面「そうだろうな、だからお前は止めとk」

図鑑「ピーン」

   「むぎのしずり すごいビームのうりょく レベル5」

   「みためは クールな おねえさまけいだが なかみのほうは びしょうじょ」

   「しょうじき みためと なかみの ギャップが はんそくてきに かわいい」

   「ボロボロの ヌイグルミを だいていないと ねれないという かわいい ところが ある」

   「シャケべんが せんじつ たべたものと ちょっと ちがっていることに」

   「かるいぎもんを いだいたりするところも かわいい」

   「はまづらは いますぐ むぎのんと けっこんして むぎのんを しあわせに するなら ゆるしてやる」

   「だいてんし さいあいちゃんと りごうちゃんと フレメアちゃんを ペロペロするのは」

   「おれに まかせておけ あんしんしろ」

浜面「もう後半意味が分からねぇよ!!」

麦野「なんだコレ?つまりアレか?浜面とお似合いなのは私って事か?」
37 :下げてた(´・ω・`) [saga]:2013/05/31(金) 22:41:35.39 ID:xwFxPQJ10
図鑑「そのとおり こんなびじんを ほおっておく はまづらは しね」

麦野「だ・・・・・・だってよ?///」

浜面「ツッコミどころが多すぎてどうすればいいのか分からない・・・・・・」

最愛「つまり浜面は麦野と超結婚すれば良いんですよ」

滝壺「なにいってるの?きぬはた?」

最愛「滝壺さん!?・・・・・い・・・・・・いつから・・・・・・そ・・・・・・そこに・・・・・・?」

滝壺「はまづら、ちょっときぬはたとお話するから待ってて?」

浜面「お・・・・・・おう・・・・・・」

麦野「な・・・・・・なんだこのプレッシャーは・・・・・・」

最愛「イヤ・・・・・・超嫌です!!たすk」

滝壺「なにが?」

   「はまづらの彼女は私だよ?一番お似合いなのも結婚するのも私だよ!」

   「そんな事はっ!! 私が一番良く分かってる!!」

浜面「落ちつけ!俺が好きなのはお前だ!」

滝壺「はまづら・・・・・・」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:42:35.38 ID:xwFxPQJ10
図鑑「さあ はまづら   き さ ま の つ み を か ぞ え ろ!」

フレメア「何してるの?にゃあ」
以下メア決してフレ/メアにされた訳では無い

最愛「軽く修羅場というか私の超危機を回避した所です」

麦野「・・・・・・」イライラ

メア「これは何?にゃあ」

最愛「これはスキル図鑑と言って相手の能力とかが分かります」

図鑑「ピーン」

   「フレメア セイヴェルン むのうりょく だがからだも のうりょくも おおいなるかのうせいにみちている」

   「さいあいちゃんに ひけをとらない びしょうじょ」

   「ミニスカートをはいている すがたは よの しんしたちを かるがると さつがいできる」

   「いっかに ひとり ほしい というか おれがほしい さいあいちゃんといっしょに うちのこに なろう!」

最愛「もはや超願望ですね・・・・・・」

メア「大体どこの誰か分からない。にゃあ」

図鑑「にちじょうを おいだされた しんしたちは ロリコンになるしかないんだ そうだろう? はまづら」

浜面「俺をロリコンみたいに言うな!!あとビシャスに謝れ!!」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:43:54.91 ID:xwFxPQJ10
図鑑「くやしいけど おまえ ロリコン なんだな」

滝壺「はまづらロリコンなの?やっぱりあのガキ始末しないと」

最愛「浜面はやっぱり超キモイですね」

麦野「道理で私になびかないわけだ」

浜面「違う!冤罪だ!!」

図鑑「しょうしゃなど いない おとこは すべてが ロリコンなんだ」

メア「男は大体ロリコン。にゃあ」

滝壺「はまづらはやっぱりこのガキのが良いの?」

浜面「違う違うんだ!!俺はロリコンじゃない!滝壺が好きなんだ!!」

最愛「あれ?箱の中にまだ何か入ってますよ?」

麦野「何これ?アレイスターボールだってさ」

最愛「あからさまに超怪しいですね・・・・・・能力者をゲットできるボールですか・・・・・・」

麦野「おいそこのロリコン、これ使え」

浜面「なんで!?」

麦野「お前が私に投げればいいだろ?そうすれば無能力者でもレベル5でも捕まえられることが証明できる」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:44:40.14 ID:xwFxPQJ10
浜面「フレメアでも良いじゃないか!!」

麦野「やれ」

浜面「はい・・・・・・でもまずは滝壺を捕まえるぜ!」

   「ボールを投げてぶつければいいんだな・・・・・・」ポイ

麦野「甘いわ!!」シュン

浜面「なに!?割り込んできた!?」

ボール「モゾモゾ・・・・・・モゾモゾ・・・・・・モゾモゾ・・・・・・」

ボール「・・・・・・」テンテレテンテレテンテレテンテレテーン♪

図鑑「やったー! むぎのんをつかまえたぞ!」

   「むぎのんのでーたが あたらしく スキルずかんに セーブされます」

   「むぎのしずり すごいビームのうりょく レベル5」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜中略

   「よそういじょうの ワガママボディで はまづらは やっぱり けっこんしたほうがいい」

   「つかまえた むぎのんに ニックネームをつけましょう!」

浜面「え!?なにそれ聞いて無い」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:45:45.18 ID:xwFxPQJ10
図鑑「はやくつけてください ほんにんが きにいらない ばあい きゃっかされます」

最愛「麦野で超良いんじゃないですか?」

図鑑「かえてください」

浜面「じゃあ沈利」

図鑑「かえてください」

浜面「じゃあ女王様」

図鑑「かえてください」

浜面「どうしろってんだよ!!」

図鑑「むぎのんがいいと いっています」

浜面「結局ソレ!?気にいったのかよ!!」

最愛「これってどうなんでしょう浜面が麦野を超ゲットしたって事でしょうか?」

滝壺「どういうこと?はまづら?何他の女の子ゲットしてるの?」

浜面「だって割り込まれたんだ!滝壺を捕まえようとしたのに!!って言うかコレ出て来れるの?」

麦野「いやぁん浜面にゲットされちゃった///」ボアン

滝壺「はまづら?ねえ、どういうことはまづら?」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/31(金) 22:47:39.68 ID:5/+CZBv80
これはこれはwwwwwwwwwwwwww
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:47:44.60 ID:xwFxPQJ10
最愛「滝壺さんが順当に超ヤンデレになってますね」

   「というか中はどうなってたんですか?」

麦野「よくわかんないわ、入ってみたら?」

最愛「そうですね、浜面!私にも超やってみてください!」

滝壺「ダメ」

麦野「浜面、やれ」

浜面「俺はどうしたらいいんだ!」

滝壺「はまづらはまず私をゲットすべき」

浜面「いや・・・・・・でも・・・・・・危なかったりは・・・・・・」

滝壺「早くして」

浜面「はい・・・・・・」ポイ

ボール「モz・・・・・・」

ボール「・・・・・・」テンテレテンテレテンテレテンテレテーン♪

麦野「無抵抗だったわね・・・・・・」

最愛「抵抗って出来るんですか?」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:48:59.62 ID:xwFxPQJ10
麦野「多少は出来そうよ?捕まらないこともできそうだったわ」

図鑑「やったー! たきつぼをつかまえたぞ!」

   「たきつぼのでーたが あたらしく スキルずかんに セーブされます」

   「たきつぼりごう ストーカーのうりょく ちょっとシャレにならないくらい すごい」

   「かくれきょにゅうで すごくいいこ ものすごくやさしい」

   「なんでこんなに かわいいこが はまづらごとき さんしたの かのじょかわからない」

   「ホントマジで はまづら むごたらしく しなないかな だが たきつぼが しあわせなら もうなにもいうまい」

   「おれには さいあいちゃんがいる!」

   「つかまえた たきつぼに ニックネームをつけましょう!」

浜面「だから後半訳分からない・・・・・・」  

図鑑「はやくつけろ ちんたらすんな バカづら」

浜面「じゃあ滝壺」

図鑑「しねよ りごうってよべ けってい」

浜面「お前が決めんのかよ!!」

最愛「私のターンですよ!さあ浜面!超早くして下さい!!」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:49:41.73 ID:xwFxPQJ10
滝壺「しかたないからやってあげて、はまづら」ボアン

浜面「って言うかさっきから自分の意思で出られんの?」

麦野「お前のレベル低いからじゃね?」

浜面「マジかよ・・・・・・」

最愛「早くしてください!」

浜面「わかったよ・・・・・・」ポイ

ボール「・・・・・・」テンテレテンテレテンテレテンテレテーン♪

図鑑「やったー! だいてんしをつかまえたぞ!」

   「だいてんしのでーたが あたらしく スキルずかんに セーブされます」

   「だいてんし きぬはたさいあい ちっそをあやつるのうりょく ちょうかわいい」

   〜〜〜〜〜〜中略

   「マジてんし これがちじょうにいると おもうと あしたも いきていける」

   「っていうか おまえ なに おれの だいてんし つかまえてんだよ」

   「ほんと はやくにんげんやめろよ この だけん」

   「つかまえた だいてんしの ニックネームは だいてんしさまです」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:50:43.46 ID:xwFxPQJ10
浜面「既に決定してる!?」

図鑑「あたりまえだ おまえごときが さいあいちゃんのなまえを よぶのも おこがましい」

浜面「どこまで気に入ってんだよ・・・・・・」

図鑑「はぁ? そうか おまえバカだったな さいあいちゃんは ぜんじんるいに きにいられてんだよ わきまえろ」

麦野「この図鑑良く喋るわね」

図鑑「すみません くちがすぎました むぎのさま」

麦野「許すわ」

滝壺「大丈夫、バカなはまづらも、おうえんしてる」

浜面「おかしい・・・・・・味方がいない・・・・・・」

メア「私は?にゃあ」

図鑑「フレメアちゃん つかまえたら おまえ いのちないからな おれのぜんしんぜんれいで おまえ たまつぶすからな コラ」

浜面「残念・・・・・・にゃあ」

麦野「ところで浜面は誰を選ぶわけ?まさかゲットして放置は無いわよね?」

滝壺「放置なの?はまづら?」

最愛「私は放置で良いですよ?移動が超楽になったくらいにしか思ってませんし」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:51:20.48 ID:xwFxPQJ10
麦野「確かに浜面が持って歩けばいいだけだから私たち楽よね?」

滝壺「一理ある」

浜面「確かに全員でバイク一台で移動できるな」

prrrrrrrrrrrrrrr!!

麦野「浜面電話なってんぞ・・・・・・まあいいか」pi

電話「浜面仕上の携帯で間違いないかにゃー?」

麦野「テメェ誰だ?」

電話「俺は誰かなんてどうでも良いぜよ、要件は一つ冷蔵庫・・・・・・じゃなかった」

   「垣根提督についてだにゃー」

浜面「誰と話してるんだ?麦野?」

麦野「あぁ?ウゼぇ話し方してんなよ」

電話「すまないにゃー、お前らの所のじゃない垣根提督が暴れてるぜよ、なんと浜面仕上を殺すとまで行ってるにゃー」

麦野「何だと?」

電話「さらに麦野とかいうクソババァは十代とかホラ吹いてないで三十代ですってホントの事言えば許してやるとk」

麦野「おい今そいつどこにいるんだ?言えコラ!!殺すぞ!!」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:52:19.75 ID:xwFxPQJ10
電話「第七学区の中央部、窓の無いビル当たりだにゃー」

麦野「あの野郎ブチ殺す」ダダダダダダダ

浜面「おい!麦野!!ったく携帯捨てて行くなよ・・・・・・」

電話「おい浜面仕上!今麦野沈利は第七学区の中央部に垣根提督を倒しに行ったにゃー」

浜面「な!?え!?いや今は見当たらないけど垣根なら・・・・・・」

電話「そいつじゃないにゃー、昔の垣根に近い奴ぜよ、面倒だから説明省くがそいつが暴れまわってるにゃーお前たちを殺す為に」

   「お前たちだけじゃなく一方通行、上条当麻も含まれてるにゃー」

浜面「またかよ・・・・・・ってあの二人なら何とかしそうだと思うが・・・・・・」

電話「一人じゃ危険だから一緒に言ってやった方が良いぜい?じゃあ俺はこれで」プーップーッ

浜面「おいあんた一体誰だ!!って切れてやがる・・・・・・」

滝壺「なにかあったの?はまづら」

最愛「なんか超ヤバそうでしたが?」

浜面「良く分からないけど昔の垣根が俺たちを殺そうとしているらしい」

滝壺「とにかく行った方が良い」

最愛「そうですね、浜面超バイクで行きましょう、機動性もあるし」

浜面「じゃあ二人ともボールに入ってくれ!」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:53:08.74 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部北

浜面「なんか人多すぎじゃね?バイクじゃ通れなかったし」

学生「お前トレーナーか?」

浜面「なんだそりゃ?」

図鑑「がくせいが しょうぶを しかけてきた!」

浜面「なんだ!?」

学生「やっぱりトレーナーじゃないか!行け!ファイアスロアー!」

火炎「行くぞ!」

浜面「えっと!?頼む!!大天使様!!」

最愛「仕方ないですね、超高速で倒しますよ!」

図鑑「さいあいちゃんの ちっそぱんち! ファイアスロアーを ふきとばした!」

学生「ちくしょう!負けた!!」

図鑑「がくせいに かった! や っ た ね !」

浜面「戻ってくれ!走って真ん中まで行くから!」

最愛「分かりましたよ超急いでくださいね」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:54:12.34 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――上条家 夕食後

土御門「カミやん!!緊急事態だにゃー!!」バンッ

上条「!?」ビクゥ

五和「!?」ビクゥ

上条「ベランダから侵入してくるな!!なんだよ!!」

土御門「魔術師が数名学園都市に侵入をしてきたぜよ!!」

上条「何!?なんで今さら!?」

土御門「狙いはきっとアレイスターボールぜよ!」

上条「お前のせいじゃねぇか!!」

土御門「学園都市の外に持ち出した瞬間にボールは使えなくなるけど」

     「あいつ等能力者を捕獲して学園都市を潰す気かもしれないにゃー」

上条「一応の安全装置はあったのか・・・・・・」

土御門「しかも悪い事に何かのイベントだと勘違いしたかもしれない連中が悪乗りしている」

上条「その悪乗りってのはまさか・・・・・・」

土御門「そのまさか・・・・・・街中で能力者バトルが繰り広げられてる」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:54:59.09 ID:xwFxPQJ10
上条「・・・・・・何とかしろよ!!お前のせいだろ!!」

土御門「何とかしようにも悪乗りしてる奴らの中にはレベル5もいるぜよ、今一方通行が向かってるが・・・・・・」

上条「一方通行が・・・・・・」

土御門「さすがに複数相手じゃどれだけ持つか分からない」

上条「わかったよ!!」

土御門「同じくレベル5の所持者を既に向かわせてる!場所は第7学区のほぼ中央だ、分かるな?」

上条「窓のないビル・・・・・・わかった」

土御門「俺は行くがカミやんはどうする?」

上条「俺は・・・・・・レベル5を連れて後から行く!」

土御門「了解!任せた!」
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:55:36.22 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部

一方「思った以上に三下が多いなァ?」

   「あのクソガキが見たらめンどくせェ」

学生「ここにいるって事はアンタもトレーナーか?じゃあバトルだ!」

一方「めんどくせェ・・・」カチッ



―――――――――――――常盤台女子寮前

上条「まだか!!クソっ!!」

五和「上条さん落ち着いて!!」

美琴「待たせたわね!」

黒子「手間取りましたが規模が規模、あのテロを彷彿とさせる以上寮監も折れてくれましたし、準備万端ですの」

上条「巻き込んじまってすまない」

美琴「こんな状況でそんな事言わなくていいのよ」

黒子「さあぐずぐずしているとお祭りに遅れましてよ?」

上条「ああ、行こう」

   「三人はボールの中へ、向こうに着くまで体力を温存してくれ」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:56:37.94 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部中央

一方「こんなもんか」

学生「        」

浜面「一方通行!!」

一方「気安く話しかけンな三下ァ!」

浜面「そんな事言ってる場合か!レベル5相手なんだぞ!」

一方「そのレベル5の頂点はこの俺だろォが」

浜面「相手は第二位だ」

一方「あのクソメルヘン野郎ォまだ生きてンのか」

浜面「そっちはお前に任せたいんだ」

一方「てめェはどォすんだァ?」

浜面「もう一人のレベル5の所に行く」

一方「もう一人だァ?」

浜面「麦野沈利・・・・・・原子崩しの所に・・・・・・」

一方「アレもいンのか」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:57:07.32 ID:xwFxPQJ10
浜面「一も二も無く飛び出しちまったからな」

一方「そっちはそっちで勝手にしろォ、どうも俺はこの祭りの正式招待を受けちまってるよォ出しなァ?」チラッ

浜面「垣根・・・・・・提督・・・・・・」

一方「テメェはとっとと行け、めンどォなことが増えんだろォが」

浜面「お・・・・・・おぉ・・・・・・」タタタタ

一方「久ひぶりじゃねェか三下ァ」

垣根「久しぶりねえ、俺に取っちゃ『はじめまして』だ」

一方「ほォ・・・一匹見たら三十匹は居ると思った方が良いなァ白ゴキブリ」

垣根「三十?もっといるね、前の『俺』が言ったろ?常識は通用しねえってな」

一方「常識何ざァとっくの昔に瓦解してんだよ三下がァ」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:57:43.24 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――常盤台女子寮前

??「こんな時間にどこに行くのかしらぁ?」

美琴「ちっ厄介なのがまた」

上条「この子は確か前に?」

食蜂「上条さんの忘却力は本当にすごいわぁ」

美琴「良いからアンタは戻りなさいよ!アンタはは黒子と五和さんをボールに!」

上条「お・・・・・・おう・・・・・・入っててくれ」

五和「わかりました」ピュン

黒子「ですの」ピュン

食蜂「噂のアレイスターボールってやつかしらぁ?本当に人を捕まえられちゃうのねぇ」

   「ねぇ〜上条さぁ〜ん私ってそんなに信用できないかしらぁ〜ん?」

上条「いやいや、そう言う訳じゃなくって!」

食蜂「じゃあどういうことなのぉ?」

美琴「どうでも良いでしょ!早く行かないと時間が無いわよ」

食蜂「ちょっとぉ!」
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:58:21.69 ID:xwFxPQJ10
上条「・・・・・・」

上条(たしかこの子の能力は洗脳・・・・・・これは・・・・・・使える!!)

美琴「どうしたのよ?」

上条「なあ食蜂さん・・・だったよな?」

食蜂「ええそうよぉ?」

上条「俺にゲットされてくれないか!?」

美琴「!?」

食蜂「いきなりねぇ、まあどぉ〜してもって言うなならぁゲットされてあげなくもないわよぉ?」

美琴「だ!だめよ!!」

食蜂「あらぁ〜ん?どぉ〜して御坂さんが止めるのかしらぁ?」

上条「君の事が必要なんだ!」

食蜂「ど・・・・・・どうしても?」

上条「ああ!どうしてもだ!」

美琴「緊急事態に何やってんのよアンタは!!」ビリビリ

上条「御坂・・・・・・」パリィン
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:59:18.38 ID:xwFxPQJ10
美琴「な・・・・・・何よ・・・・・・」ビクゥ

上条「少し静かにしてくれないか?」

美琴「だ・・・・・・だって・・・・・・」

上条「急いでるのも、緊急事態なのもわかってる、けどな今、俺(達)にはこの娘(の力)が必要なんだよ!」

美琴「そ・・・・・・そうなんだ・・・・・・」シュン

上条「わかってくれ、今は、今だけで良い」

美琴「わかったわよ・・・・・・」

食蜂「は・・・・・・話はまとまったかしらぁ?///」

上条「ああ、今ここで君をゲットする!」キリッ

食蜂(何を考えてるのかしらぁ・・・・・・私も大概だけどぉ・・・・・・)

上条「行け!アレイスターボール!!」

食蜂「え!?」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 22:59:55.24 ID:xwFxPQJ10
ボール「モゾ・・・モゾモゾ・・・」

ボール「・・・・・・」テンテレテンテレテンテレテンテレテーン♪

図鑑「やったー!しょくほうみさき を つかまえたぞ!」

   「しょくほうみさきのでーたが あたらしく スキルずかんに セーブされます」

   「しょくほうみさき かいざんのうりょく すごいかいざんりょくで ひとを あやつることができる」

   「ただ だんせいあいてには かいざんりょくを つかわなくても じょしりょくだけで あやつることができてしまう」

   「りもこんを うばってしまえば なかみは どじっこなので かんたにんに ほかくできる」

   「ただし げっとをしても かいざんされないように ちゅういがひつよう」

上条「御坂もボールの中へ・・・・・戻ってくれ、現場に行くぞ」

美琴「うん・・・・・・」ピュン

上条「これで・・・・・・一般人をどけて本丸を叩ける!!」
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2013/05/31(金) 23:00:44.86 ID:jksdMCMz0
上条ハーレムにみさきち参戦か……………
ありがとう。
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:01:09.09 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部中央

一方「キリがねェンだよ!三下がァ!!」

図鑑「あーくんの ベクトルパンチ! しかしこうかは いまひとつの ようだ」

垣根「あれから変わって無いな一方通行」

一方「てめェもだろォが!」

図鑑「ていとくん の みげんぶしつ あーくんの べくとるそうさを むこうかした」

一方「焼き直しかァ?三下がァ!」

図鑑「あーくんの ベクトルそうさ! かぜを おこして みげんぶしつを ふきとばした」

垣根「なるほど、自分だけの現実に何かしたのか」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! あーくんの べくとるそうさを そがいした」

垣根「これでどうだよ?結局お前は後手に回るしかないんだ」

一方「クソがァ・・・・・・」

一方(結局魔術も能力も大差はねェ・・・・・・こっちの演算式に当てはめればどうとでもなる)

   (だがなンだ?野郎ォの余裕の正体は・・・・・・)

垣根「今度はだんまりかよ?一方通行?」

一方「うるせェンだよ三下がァ!」

図鑑「あーくんの ベクトルそうさ! かぜを おこして みげんぶしつを ふきとばした」

垣根「ほら、バッテリーが無くなってくぜ?それとも手詰まりか?」

   「それに、もうすぐ全ての役者が出そろうんだ、楽しもうぜ?俺様開催の未元能力(ダークスキル)リーグとでも言っておくかぁ!?」
61 :>>59こちらこそありがとう [saga]:2013/05/31(金) 23:02:31.38 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部西

浜面「見つけたぜ、むぎのん!」

麦野「やっと来たの?遅いから・・・・・・」

浜面「      」

麦野「全部やっちゃったわよ?」

浜面「じゃあもう良いだろ!ボールに戻ってくれ!」

麦野「誰に物を言ってるのかしら?浜面ァ?」

浜面「お前にだよ!むぎのん!」

麦野「つーかむぎのんむぎのんうるせぇんだよ!!なんなんだその呼び方は!」

浜面「お前が拒否しまくって結局落ち着いたニックネームだろうが!!」

麦野「だ・・・・・・だからなんだってのよ!しかなたないでしょ!」

浜面「何がだ!俺は滝壺を捕まえようとしてたのに!割り込んできたんだろうが!大体お前なら抵抗できたろ!」

麦野「そ・・・・・・それは・・・・・・」

??「楽しそうじゃないか、第四位」

浜面「な!?なんでお前がこっちに!?」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:03:24.61 ID:xwFxPQJ10
麦野「第二位・・・・・・」

垣根「俺はどこにでも何人でも存在する、俺は何人いようと俺一人、複数人でもだ」

浜面「意味が分かんねえよ!」

麦野「群体みたいなもんでしょ、この化物が!」

垣根「どうだかな、昔の漫画で究極生物を目指したキャラが出てくる話があったが・・・・・・」

   「血も必要とせず、眠りすら必要無い、俺は既に究極だ、この俺様の存在に常識などもはや存在しない!」

浜面「エイジャの赤石が無いからアイツ太陽に弱いんじゃね?」

垣根「余裕だな、最強のトレーナーにして最強の能力者であるこの俺様を前にして」

浜面「うるせぇ!そのドヤ顔をすぐにすぐに歪めてやるぜ!むぎのん!頼m痛い痛い痛い痛い!!」

麦野「あぁ?聞こえねえよ?」

浜面「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!アイツやっちゃってください麦野さん!お願いします!!」

麦野「仕方ないからヤってやんよ!」

図鑑「ていとくんが しょうぶ を いどんできた」

麦野「それよりテメェずいぶん好きかって言ってくれたじゃねぇか!誰が雑魚ババァだ!!」

垣根「見た目通りだろ?十代とか嘘ついてんじゃねぇよババァ」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:04:36.76 ID:xwFxPQJ10
図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! なにかを くうちゅうに ばらまいた」

麦野「小細工は無しでぶっ飛ばす!」

図鑑「むぎのんの はかいこうせん! しかし くちゅうで かくさんした」

浜面「!?」

麦野「チャフみたいなもんだよ、うろたえんな」

垣根「分かってるじゃないか、むぎのん」

麦野「・・・・・・ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! なにかを くうちゅうに ばらまいた」

垣根「異物の混じったこの空間で好き勝手出来ると思うなよ?」

麦野「能力がダメなら直に殴れば良いだけでしょォがァ!」

図鑑「むぎのんの メガトンパンチ! しかし かわされた」

麦野「逃げんじゃねェ!!」

垣根「趣向を変えてこうしてやろう」

浜面「ぐはっ!」

図鑑「ていとくんの つばさでうつ! はまづらを ぶっとばした」

麦野「浜面ァ!てめぇ・・・・・・何してんだ!」

垣根「ポケモンバトルじゃねぇんだ、何したって構わないだろ?それにな・・・・・・」

   「能力を持っていないほうが悪いんだよ!」

浜面「畜生が!!」

垣根「心配するな、役者が揃うまでは生かしておいてやるよ」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:05:45.19 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部南 とある24番道路

上条「ハナダの洞窟・・・・・・じゃなくて窓のないビルまでもう少しだってのに・・・・・・人が多すぎる・・・・・・」

学生「あなたもトレーナー?じゃあバトルよ!」

図鑑「ミニスカートが しょうぶを しかけてきた」

上条「たのむ!みさきち!」ボアン

食蜂「何をすればいいのぉ?」

上条「ここにいる連中に『ボールの存在』『ここでしていた事』を忘れさせて家に帰してくれ」

食蜂「しょうがないなぁ☆」

図鑑「みさきちの せんのう! すべてを なかったことにした」

学生「アレ?わたし何を?」

学生2「アレ?俺は何を?」

ナニシテタンダッケ? ヨクワカンナイナ

学生「あなたももう帰りなさいよ?」

図鑑「ミニスカートとの しょうぶに かった」

上条「戻ってくれ!また一気に進む!」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:06:38.02 ID:xwFxPQJ10
食蜂「まってぇ?わたしぃ、まだ説明聞いて無いんだけどぉ?」

上条「アレ?そうだっけ?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜説明中

食蜂「そんな危なそうな所に私を連れていく気だったのぉ?」

上条「悪い・・・・・・でも俺じゃどうにもならないんだ・・・・・・」

食蜂「良く分からない人に私の改竄力が通用するとも限らないんだけどぉ?」

上条「周りのザコだけで良いんだ!絶対危険な目には会わせない!」ガシッ

食蜂「ちょ・・・・・・ちょっとぉ」

上条「俺を信じてくれ!君の事を全力で守り抜くから!」

食蜂「ま・・・・・・まぁ危険な男も嫌いじゃないわよぉ☆///」

上条「じゃあ行こう!!君(の体)を傷つける奴ら(ザコ)を近づけたりしない、約束する!」

食蜂「は・・・・・・はい///」

食蜂(もぉ!なんなのよぉ・・・・・・なんでドキドキが止まんないのぉ)
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:07:45.31 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部南

食蜂「これで全部いなくなったわぁ」

上条「さすがみさきち(の能力)だ、(連れてきて)本当に良かった」

食蜂「それほどでもあるわぁ///」

上条「じゃあボールに・・・・・・」

??「ようやくご登場か?他の図鑑所有者は揃ってるのに随分と遅かったな?」

食蜂「どなたなのぉ?」

上条「早くボールに!!」シュン

垣根「良い判断だ、さすが救世主は判断が素早い」

上条「つーかてめぇ、なんなんだ?この騒ぎの首謀者か?」

垣根「俺は垣根提督、それ以上でもそれ以下でもない、俺が始めたお遊びには違いないがな」

上条「うるせぇ!これ以上関係ない人間巻き込んで悪乗りするっていうのなら・・・・・・」

   「―――――まずはその幻想をブチ殺す!」

垣根「やってみろよ?まずはお前の能力を調べてやるか」

上条「そ・・・それは!?スキル図鑑!!」
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:08:16.61 ID:xwFxPQJ10
図鑑「ピーン」

   「かみじょうとうま むのうりょく むのうりょくだが すごいみぎてで なんでもうちけすことができる」

   「いっきゅうフラグけんちくしヒーロー」

   〜中略〜

   「ついに みさきちを ゲットして ちょうしに のりはじめている」

   「とうやの のうりょくの れっかばんとは いわせない」

上条「もはや良く分かんねぇ・・・・・・だが俺も使ってやるぜ!」

図鑑「ピーン」

   「かきねていとく レベル5 なんだかよくわからない ぶしつをだす」

   「しろカブトの しんかけいで かつてのたたかいで ぐうぜんにも いきのこった かきねていとくである」

   「このよに にひきしか いない でんせつの のうりょくしゃである」

   「わずかにのこった あくせられーたへの ぞうおの しゅうごうたいでもある」

   「まさに きゅうきょくせいぶつ というに ふさわしい にんげんばなれを している」

   「そのからだは みげんぶしつで できているため かみじょうとうまは てんてき」

   「べつの しんかけいで きれいな かきねていとくが いる」
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:08:48.80 ID:xwFxPQJ10
上条「俺が天敵なんじゃねぇか、その割にはずいぶん余裕があるな」

垣根「お前が触れれば俺は瓦解するってのは間違いじゃない、だが、触れられなければいいんだろ?」

   「そして俺自身が戦わなくても、コイツに戦わせる」ボアン

図鑑「ていとくんが しょうぶを しかけてきた!」

??「根性ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

上条「コイツは・・・・・・」

図鑑「ピーン」

   「そぎいたぐんは レベル5 こんじょうのうりょく よくわからない」

   「だが そのパンチは くらうと すごくいたい というか たぶん しぬ」

   「いちじてきには せいじんと わたりあう くらいのつよさ」

上条「積んでるじゃねぇか!良く分からない上、喰らうと死ぬパンチってなんだよ!」

削板「根性ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

図鑑「そぎいたの すごいパンチ しかし よけられた」

上条「待て待て待て待て!上条さんに戦う意思は、うぉ!!」

削板「根性ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:09:48.98 ID:xwFxPQJ10
図鑑「そぎいたの すごいパンチ しかし よけられた」

垣根「そいつはもはや俺の言う事しか聞かないバーサーカーだ、お得意の説教で何とかするか?」

上条「ちくしょおおおおおおおお!!」

図鑑「とうまは にげだした しかし まわりこまれてしまった」

上条「意味分かんねえ!テレポートか!?もはや人間じゃねぇ!!」

垣根「逃げ回ってもどうしようもねぇぞ?」

上条(一方通行なら対処できそうだけど・・・・・・合流するには振りきるしかねぇ・・・・・・)

   (考えろ・・・・・・操られてるなら右手でぶん殴れば解決するんだ・・・・・・一撃入れる方法を・・・・・・)

削板「根性ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

図鑑「そぎいたの すごいパンチ しかし よけられた」

上条(魔術師も何とかしなきゃいけない・・・・・・その上理性なく襲いかかってくるレベル5・・・・・・)

   (偶然も奇跡も幸運だって俺には起きないんだ・・・・・・)

上条「しまっ!!」

削板「根性ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

図鑑「そぎいたの すごいパンチ とうまを ふっとばした」
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:10:35.59 ID:xwFxPQJ10
上条(息が出来ない・・・・・・だけど・・・・・・生きてる・・・・・・打ち消した感覚もあった・・・・・・)

   (右手はアイツの能力を消したんだ・・・・・・なのに・・・・・・)

上条「なんだって俺は・・・・・・こんなにもふっ飛ばされてんだ・・・・・・・」

??「げに楽しき宴を開きたるのね」

上条「・・・・・・・・・何をしてんだテメェ!!」

最大主教「色々と事情がありけるのよ、色々とな」
以下主教

上条「とにかく逃げろ!殺されんぞ!!」

主教「誰に物を言いたりけるのかしら?」

主教「我が従者よ!アレなるを排除なさい」ボアン

上条「!?アレイスターボール!?」

神裂「最大主教・・・・・・お遊びが過ぎませんか?」

上条「神裂ぃぃぃぃぃぃ!?」

神裂「な!?何故ここに!?///」

   「いやこれは違うのですよ?別に当麻に愛想が尽きた訳ではなく!!///」

   「ステイルと禁書目録の留守で気を抜いていたところを隙を突かれてゲットされてしまって!!」

   「むしろ私は当麻にゲットされたいのですが!いいえゲットしなさい!!結婚的な意味で!!///」
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:11:42.35 ID:xwFxPQJ10
上条「今そんな状況じゃないんだけど・・・・・・」

神裂「す・・・・・・すみません・・・・・・」

主教「とにかくかの者の対処をまかせるのことよ、神裂火織」

神裂「はい・・・・・・」

上条「気をつけろ!アイツ一時的には聖人と渡り合えるくらいの強さだ!」

神裂「私を心配して・・・///」

   「ではなく・・・・・・大丈夫です、私はあなたの前で敗北したりしません」

削板「根性ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

神裂「―――――七閃!!」

図鑑「かんざきの ななせん しかしこうかは いまひとつのようだ」

削板「根性ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

上条「アレ喰らって無傷・・・・・・化けもんだ、本格的に・・・・・・」

神裂「・・・・・・Salvere000」

上条「え!?まさか!?」

神裂「―――――唯閃!!」
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:12:17.78 ID:xwFxPQJ10
削板「根性ォォォォォ!?」

図鑑「かんざきの ゆいせん そぎいたの うでを せつだんした」

上条「今しかねぇ!!届けぇぇぇぇぇぇ!!」

図鑑「とうまの イマジンブレーカー! そぎいたの せんのうを といた」

垣根「誰か忘れてないか?」

神裂「あなたも切れば良いんでしょう!」

上条「俺のターンはまだ終わって無いぜ!!」

   「神裂!!俺をあの野郎の所へブチ上げてくれ!!」

神裂「分かりました!」ブン

上条「うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

垣根「甘いぜ!」

上条「神裂ぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

神裂「はい!!」

垣根「なに!?後ろに!?ぐはっ!!」

上条「舐めんなぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」パキィン
73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:13:16.53 ID:xwFxPQJ10
垣根「消えr・・・・・・・・・」サラサラ

上条「やっと倒した・・・・・・とりあえずボールを破壊しな・・・・・・黒いアレイスターボール!?」

   「まあ良い、破壊しておかないと」

主教「ようやく終わりし事ね」

上条「おい!大丈夫か!アンタ!」

削板「・・・・・・だいぶ痛いが、根性で何とかなるだろう」

上条「ならねぇよ!!早く病院に!!」

削板「いやなる!俺の根性なら腕をくっ付けられる!すまないが腕を拾ってくれ」

上条「あ・・・ああ・・・ってそんな強引にひっつけても繋がるわけ・・・・・・・」

削板「治ったぁ!!」

上条「意味が分かんねぇよ・・・・・・なんで治るんだよ・・・・・・」

削板「これが根性だ!」

主教「ジャパニーズ根性・・・・・・これはゆゆしき脅威になりたりけるわね」

上条「ならねぇよ!!こんな事根性で出来るか!!」

削板「ならお前の根性が足りないだけの話だ!」
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:14:01.12 ID:xwFxPQJ10
上条「根性で人の体細胞は瞬間的に増殖して血管や神経を繋げたりできないっつの!!」

削板「なら俺の根性はどうなるって言うんだ!?」

上条「いや、そもそも根性じゃなくて能力なんだろ・・・・・・」

削板「何!?じゃあ俺は根性無しだって事か!?」

上条「そう言う問題じゃねぇんだよ!百歩譲って痛みを消す位の事は出来ても腕はくっつかないの!」

主教「あら上条当麻、あなたの腕、生やしし事では無くて?根性で」

削板「何!?すごい根性だ!!」

上条「話をややこしくするな!このババァ!」

主教「この無礼者!このようなかよわき乙女に向かって老婆呼ばわりなど!!」

上条「うるせえ!時間も無い上侵入した複数人の魔術師ってテメェらの事じゃねぇか!このバカ騒ぎどうしてくれるんだ!」

神裂「私たちではありませんよ?今回、魔術サイドは一切からんでいません」

上条「!?じゃあなんでここに!?」

神裂「アレイスターボールです・・・・・・土御門が電話で色々と・・・・・・それで最大主教が・・・・・・」

上条「やっぱりテメェのせいか土御門ォォォォォ!!」

元春「呼んだかにゃー?」
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:15:03.76 ID:xwFxPQJ10
上条「居たなら出て来いよこのバカ野郎!!」

元春「出てった所で瞬殺だにゃー」

上条「こっちだって死にかけたよ!ふざけんな!このバカ御門バカ春!」

元春「心外ぜよ、俺はこんな事さすがに仕掛けてないにゃー?魔術師の事も警戒網に引っかかっただけでまさかねーちん達とは」ニヤ

上条「知ってただろ!テメェ!」

元春「そんな事よりカミやん、コイツを見てくれ」

上条「黒いアレイスターボール・・・・・・コイツもお前の仕業か!!」

元春「いいや、これは未元物質で構成されたものだにゃー」

上条「未現物質?そもそも、オリジナルって事か?」

元春「いいや、オリジナルは海原が作った御坂美琴および妹達捕獲装置を奪い取って再構成したものぜよ」

上条「元凶はアイツか!!あのロリコン魔術師が!!」

元春「強奪したのは一方通行、打ち止めもターゲットだったからだにゃー、解析したのは俺でばら撒いたのは結標ぜよ」

上条「テメェらはバカの集まりか!!」

元春「とにかく中央部に向かうぜよ、そこで今回のこのバカ騒ぎ、終わらせるにゃー」

上条「分かったよ!終わったら糾弾するからな!どんな手を使ってでも糾弾するからな!!」
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:15:34.35 ID:xwFxPQJ10
上条「あとアンタ」

削板「俺か?」

上条「アンタは一応病院に行け、腕は繋がってるにしてもあんな事されてんだ、他に影響があるかもしれない」

削板「根性で何とかなるだろ?」

上条「良いから行け!!根性さえあれば死なないなんて事は絶対に無いだろ!不老不死じゃねぇんだから!!」

削板「確かにそうだ・・・・・・仕方ない俺は行く、迷惑をかけたな、困ったらいつでも俺を呼べ!根性で何とかしてやる!」タタタ

上条「ようやく行ったか・・・・・・」

元春「アイツ連れて行った方が良いんじゃないかにゃー?」

上条「また捕まって敵にでもされたらどうするんだよ」

元春「なるほどにゃー」
77 :あれ?名前が元春になってる?なんで? [saga]:2013/05/31(金) 23:17:52.04 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部西

麦野「攻撃が当たらない!そもそも発動もしない!こんなのアリか!」

浜面「麦野・・・・・・」

麦野「何だよ!」

浜面「考えがある、でも・・・・・・」

麦野「でも何だ?」

浜面「正直勝てるかどうか分からない」

麦野「で?」

浜面「いやだから勝てるかどうかw」

麦野「だから!私はどうすれば良いわけ!?」

浜面「・・・・・・囮になってくれ」

麦野「時間は?」

浜面「出来るだけ長く」

麦野「無茶いうわね」

垣根「相談は終わったか?まだまだ行くぞ!!」

麦野「浜面、失敗したらブチ殺す」
78 :ちょっとタイム書き溜めた分全部元春にしてきます [saga]:2013/05/31(金) 23:19:21.52 ID:xwFxPQJ10
浜面「分かった・・・・・・」

垣根「そらそら逃げろ逃げろ!」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! みげんぶしつの やが ふりそそぐ!!しかし かわされてしまった」

麦野「ただの人間ってこんな感じなのかしらね!!」

垣根「まだまだ行くぞ!」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! みげんぶしつの やが ふりそそぐ!!しかし かわされてしまった」

麦野(避けられる?違う・・・・・・当てないようにして楽しんでやがる!!)

垣根「無様にケツを振って逃げるのがお似合いだな!」

麦野「浜面ァ!早くしやがれ!」

浜面「これで最後だ・・・・・・垣根提督!喰らえ!アレイスターボール!!」

垣根「そんなもの!当たらなければ・・・・・・二つ目だと!?」

ボール「モゾ・・・モゾモゾ・・・」

浜面「今だ麦野!奴の未元物質の影響外に出てそいつを打て!!」

麦野「これで・・・・・・終わりよぉぉぉぉぉぉ!!」

ボールの残骸「     」

浜面「こんなことで何とかなるとは・・・・・・」

麦野「とっ捕まえた状態で破壊されると中身は消し飛ぶのかしら?」

浜面「未元物質だったからじゃないか?人間にやったら中身は見るも無残な状態になって出てくるかもしれないから止めような?」

麦野「確かに、あんまり気分のいいものではないわね」
79 :再開 [saga]:2013/05/31(金) 23:27:02.76 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部中央

上条「ぶっちゃけた事言うと、これがお前の仕業だとしたら俺はお前をちょっと説教しなきゃならないんだが?」

元春「いやだにゃーカミやん、ここまで大事にするつもりは俺にはまったくなかったぜい?」

上条「結局こんな感じにしたって事かよ!!何なんだよ!!何がしたいんだ!!」

元春「さすがにアレの行動は予想外にゃー」

垣根「ずいぶんと遅いご到着だったなヒーローさんよ?俺の分身倒してから漫才でもやってたのか?」

一方「三下じゃねェか、コイツは俺が潰してやるからそこで見てろよォ」

上条「分身って事はお前がオリジナルか!」

垣根「そうだとも言えるしそうでないとも言える、つまり垣根提督がゼロにならない限り消えないんだよ!」

上条「2体しかいないって図鑑に載ってたって事はテメェで最後だろうが!」

垣根「残念だな、俺は別に2体しかいない訳じゃない、3体でも4体でも存在できるが・・・・・・俺じゃない方の垣根提督がいるって事だ」

上条「何だよそれ!無限に増えるとかガンかテメェは!」

垣根「ん?いや撤回しよう、今のところは俺で最後のようだな・・・・・・」

一方「つまりテメェをブッ飛ばしてミンチにして最後って事かァ?」

上条「一方通行!お前能力封じられてるんじゃないか?」
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:27:51.69 ID:xwFxPQJ10
一方「何だァ?テメェこの俺が能力封じられたくらいで負けるとでも思ってんのかァ?この三下がァ!」

上条「実際俺にボコられてたろうが!お前自体が無効化に弱いのは経験則で知ってんだよ!」

一方「いいねェいいねェ最っっっ高ォだねェ上条くゥゥゥゥゥン!」

   「御礼にローストしてやろォかァ?プラズマで焼くンで火加減出来なくて消し炭になったらごめんなァ?」

垣根「漫才は楽しいか?そろそろ役者が揃うからな、そしたら殺してやるよ」

上条「役者?何を言ってんだ?テメェ」

一方「バカの戯言だァ、気にすんな」
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:28:24.19 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部西

麦野「そう言えば他のメンツは?」

浜面「ずっとボールの中」

麦野「居るんだったら出てきやがれ!」

最愛「いやぁ・・・さすがにレベル5同士の殺し合いに超割って入れるほど度胸は無いですよ」

滝壺「むしろ・・・・・・・足手まとい」

浜面「正直俺も邪魔しかできなかったからなぁ・・・・・・」

麦野「そんな事ないわよ!最後だってほら!浜面が居たからやれたわけだし!」

最愛「必死に高感度を上げようとする麦野・・・・・・超怖いです」

麦野「何か言いまして?絹旗さん?」ゴゴゴゴゴゴゴ

最愛「いやぁ!麦野は相変わらず超美人ですね!」

滝壺「むしろ、むぎのは、かわいい系」

浜面「やっと倒したけどまだ中央部に居るんだよな・・・もう一人」

麦野「ふーん・・・・・・」

浜面「ふーんって・・・・・・やっぱ放っておくわけにもいかないだろ?」
82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:28:52.52 ID:xwFxPQJ10
最愛「何でですか?超放置プレイでも問題ないです」

浜面「また俺たちにちょっかい出して来ないとも限らないだろ?」

麦野「そうね、どうするにしてもウザいことには変わりないけど」

最愛「で?どこにいるんですか?」

浜面「なんか向こうの方で一方通行とやり合ってる」

麦野「第一位なら放っておいても倒すだろ?」

浜面「それでもなんか・・・・・・上手く言えないけど面倒な事になりそうって言うか」

滝壺「口下手な、はまづらも、応援してる」

浜面「・・・・・・・ありがとう、でもアレが他にもいると思ったら倒しちゃうのも躁急だった気がする」

麦野「そうね、増えるならぶち殺しときましょう」
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:29:59.61 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部中央

一方「大体役者ってなンですかァ?お遊戯会でもすンのかァ?」

垣根「お前らが愉快に踊り狂うだけだがな」

上条「演目はハーメルの笛吹き男か」

垣根「そうだな、お前ら全員の死で幕引きだ」

元春「じゃあ俺が笛吹き男を騙す役を買って出るにゃー」

上条「てめぇ!ずるいぞ!生き残ろうとすんなよ!」

元春「嘘が得意な俺にぴったりぜよ」

浜面「着いて早々に平和っぽい会話の応酬が・・・・・・」

麦野「ほっとけ、輪をかけてバカになるぞ?」

最愛「で?第二位はどこに?というかもうボールに超避難したいんですけど?」

浜面「分かったよ」

麦野「滝壺はどうしたんだ?」

浜面「走るの辛そうだからボールに入れた」

最愛「超差別です!」
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:30:42.19 ID:xwFxPQJ10
浜面「ほらボールに入れよ」

最愛「後で超酷い目に会わせてやります」シュン

麦野「で?そこの人外、お前の仕業だろ?ここで原子レベルで吹っ飛ばしてやるよ」

垣根「ようやく役者がそろった・・・・・・」

   「さあお前たちを殺して『プラン』とやらをこの世から消してやる、修復不能ではなく、消滅だ!!」

一方「何言ってンだ三下がァ・・・・・・お前に俺が殺せるわけねェんだよ!!」

麦野「やってみろ!テメェを『垣根/提督』にしてやるよ!」

上条「      」

元春「カミやんは参加しないのか?」

上条「・・・・・・俺必要かな?レベル5が2人もいるし、ビリビリと操祈もレベル5だし・・・・・・神裂いるし・・・・・・」

元春「ここは『上条△です!』ってなるセリフが必要ぜよ!」

垣根「これを見てもそれが言えるか!!」

上条「黒いアレイスターボール!?しかも多い!!」

元春「アイツがいなくて正解ぜよ・・・・・・」

一方「なンだァ?テメェらアレ知ってんのかァ?」
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:31:10.91 ID:xwFxPQJ10
上条「アレイスターボールみたいなもんだが未元物質で出来てるらしくて、詳細不明ってとこだな」

元春「アレイスターボールなら一度捕まえられた能力者を捕獲は出来んぜよ」

垣根「これはそうだな・・・・・・ダークアレイスターボールとでも言っておこうか・・・・・・行け!!」

一方「なンだァ?こンなもん反射で・・・・・」シュン

上条「一方通行ァァァァァ!!」

元春「!?」

垣根「俺のボールに常識は通用しねぇ!!」

浜面「麦野!ボールに!!」

麦野「ちょっと待てはまづ・・・・・・」シュン

垣根「無駄だ!!」

ボール「・・・・・・」シュン

浜面「ボールごと!?」

垣根「ボールごとだろうが、捕まっていようが意味ねぇんだよ!例外はトレーナーだけだ」

上条「つまり俺と浜面は大丈夫って事か・・・・・・」

浜面「俺たち二人で何とかすんの!?」
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:31:52.00 ID:xwFxPQJ10
垣根「行け!一方通行!」

一方「ククケカコクカキケケケケケケケ」ボアン

上条「降参!」

浜面「またこのパターンですよ・・・・・・」

主教「まだ私が居るのことよ!」

上条「止めろ!神裂まで持っていかれたらどうすんだ!!」

主教「神裂!あのボールを切り捨てなさい!」

神裂「分かりました!見ててください上条当麻!!」ボアン

上条「何出してんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

浜面「大将誰だよ!この美人は!!」

上条「世にも珍しい聖人様だよ・・・・・・分かんないなら図鑑でも使ってくれって持ってるのか?」

浜面「ああ、これか?」パカッ
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:32:48.58 ID:xwFxPQJ10
図鑑「ピーン」

   「かんざきかおり おんなきょうこう せいじんであるかのじょの からだは いろんないみで はかいりょくばつぐん」

   「たいへんおとなびているめんもあり しばしば ねんれいを ごかいされる」

   「だてんしエロメイドセットによって きゅうきょくたいに しんかできる」

   「およめさんにすると さいこうにハッピーになれる」

   「そのぜったいてきな おねえさんりょくで ひるも よるも そのさいこうのからだと せいかくをもって」

   「いやし いつくしみ いとなみ さいこうのせいかつを やくそくされる」

   「ただし きかいがにがてな ところが かわいいので せんたくきなどは きょうりょくすること」

   「はねるを つかわせると せいしょうねんや おおきなおともだちから ぜつだいなしじをうける」

主教「げに面白き提案ね、神裂!はねるを使いなさい!」

図鑑「かんざきは はねるをつかった」

神裂「え!?ちょっと!!」バインバイン

上条「これは!?」

浜面「何という!!天使!いや女神!!」

神裂「止めてください!!」バインバイン
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:33:35.20 ID:xwFxPQJ10
図鑑「かみじょうと はまづらの しせんを うばった じょうきょうは かわらなかった」

上条「ですよねー」

浜面「あの第一位様どうすんだよ?今にもババアぶっ殺すみたいな顔で見てるけど?」

主教「せんなきことね、あのボールを切り裂いてしまえば良きことでしょう?神裂?」

神裂「・・・・・・七閃!」

図鑑「かんざきの ななせん! ていとくんの たまを きりさいた!」

垣根「幾らでも出せるが?」

上条「あーもう無理!」

浜面「何かないのかよ!!」

元春「カミやん、俺に考えがあるぜよ」

上条「じゃあそれやって」

元春「わかったにゃー、とりあえず俺は行くぜよ!」

上条「『逃げるんだよぉ』だったらブッ飛ばすからな?」

元春「打ち止め呼べば一方通行止まるかもしれないにゃー」

上条「全力・・・・・・」

元春「了解・・・・・・」
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:34:21.76 ID:xwFxPQJ10
浜面「つまりその間俺たちだけで化物クラスを抑えろって事か」

上条「神裂!アレに捕まるなよ?信じてるからな!」

神裂「はい!分かりました!何があろうと貴方以外の男にゲットされるつもりはありません!!///」

主教(つまり神裂はこの幻想殺しが気に入りしことなのね・・・・・・これは足かせに使えそう)ニヤッ

浜面「大将!一方通行を止めるぞ!」

上条「任せた!」

浜面「なんでさ!!」

上条「俺は・・・・・・大元をぶん殴りに行く!」

垣根「それは俺の事か?」

上条「そうだよ・・・・・・みんな・・・・・・出て来い!」

美琴「えっ!?」ボアン

食蜂「このタイミングなのぉ?」ボアン

五和「私はどうすればいいでしょう!?」ボアン

黒子「状態的には詰んでますの」ボアン

上条「三人は悪いけど最悪抵抗できるように出ていてくれ・・・・・・」

   「黒子、ヤバかったらみんなを連れて逃げてくれ・・・・・・」
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:34:53.70 ID:xwFxPQJ10
黒子「・・・・・・わかりましたの」

五和「そんなことできる訳ないじゃないですか!!」

美琴「とりあえずあの白っぽいの倒して止めれば良いんでしょ」

食蜂「私はぁ〜・・・・・・応援するわ!」

垣根「ならコイツに相手して貰おうか・・・・・・行け!麦野沈利!!」

麦野「はまづらぁぁぁぁぁぁぁ!!」ボアン

浜面「すごい勢いでこっち見てる!?なんで!?」

垣根「二人とも・・・・・・奴らを殺せ!」

麦野「はまづらぁぁぁぁぁぁぁ!!」

一方「ククケカコクカキケケケケケケケ」

上条「みんな・・・・・・頼むぜ!」

垣根「来いよ!格の違いを教えてやる!」

美琴「一方通行・・・・・・勝てるわけないけど・・・・・・でも!アンタがそのつもりなら・・・・・・」ビリビリ

五和「私もこっちにつかせていただきます」

美琴「逃げた方が良いわよ・・・・・・ベクトルを操る能力者に物理攻撃は効かないわ」
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:35:29.12 ID:xwFxPQJ10
五和「魔術で攻撃すれば良いんでしょう?周りの玉コロをお願いします」

美琴「悔しいけど私の攻撃は通らないものね・・・・・・レールガンで吹っ飛ばしてやるわ!!」

図鑑「みことの レールガン! ていとくんの たまを バラバラにした!」

五和「地閃!!」

図鑑「いつわの つちのじゅつしき! あーくんの あしをはらった!」

一方「ぐァ!!」

浜面「・・・・・・どうすんだよ・・・・・・勝てるわけないだろ・・・・・・」

麦野「はまづらぁぁぁぁぁぁぁ!!」

浜面「聞いてくれ!麦野!俺はお前に勝てない!お前を殴れもしないのに!」

麦野「はまづらぁぁぁぁぁぁぁ!!」

図鑑「むぎのんの ビーム! しかし かわされて しまった」

浜面「頼む!麦野!お前を傷つけたくないんだ!」

図鑑「はまづらの だきつき! むぎのんの しこうかいろに きれつがはいった!」

麦野「はまづらぁぁぁぁぁぁぁ!!」

図鑑「むぎのんの なげとばし! はまづらを ぶんなげた!」
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:36:14.06 ID:xwFxPQJ10
浜面「グァッ!!」

垣根「無駄だ!そいつはもはや戦うための平気なんだよ!!」

上条「どこ見てやがんだ!!」

図鑑「とうまの イマジンブレーカー! ていとくんの はねにかすった!」

垣根「危ない危ない」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! はねを しゅうふくした!」

上条「そうやって人を弄んで楽しいか!」

垣根「俺が弄ばれたんだよ!!くだらない大人どもにな!!」

図鑑「ていとくんの つばさでうつ! とうまを ぶっとばした」

上条「畜生・・・・・・」

上条(右手で触ろうにも予想以上に早い上飛ばれたら勝ち目がない・・・・・・)

   (大体どうすりゃいいんだ?これじゃあジリ貧だろ・・・・・・)
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:36:41.69 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部南

元春「海原、ちょっと打ち止め拉致って来い場所分かってんだろ?」

    「そうだ、今すぐ、急げよ?」

結標「コイツで良いの?」

元春「そうだにゃー、じゃあ帰っていいぜよ」

打止「ここはどこなの!?ってミサカはミサカは憤慨してみる!」

元春「ちょっと一方通行を止めてほしいにゃー」

打止「またあの人暴れてるのねってミサカはミサカは呆れてみる、演算切っちゃダメなの?」

元春「今それをやると地獄絵図だにゃー」

打止「わかったあの人の所に連れてってミサカはミサカはあの人の事をすこし心配してみる」

元春「十分に気をつけるぜよ、今正気を保ってないからにゃー」
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:37:27.95 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部 浜面サイド

浜面「む・・・・・・ぎの・・・・・・頼むよ・・・・・・もう・・・・・・止めようぜ?」

麦野「はまづらぁぁぁぁぁぁぁ!!」

―――――麦野、そういうのは最っ高ーに悲しいと私は思う訳よ・・・・・・・

麦野「そんな顔すんなよ・・・・・・私があんたを殺したのに・・・・・・」

―――――結局、麦野はまた大事な物を自分で壊しちゃうよ?

麦野「こんなのねじ伏せれば良いんでしょうが!!」

―――――それで良いって訳よ

麦野「浜面ァあああッ!!」

浜面「まだ・・・やるのかよ・・・・・・」

麦野「ごめん・・・・・・」グスグス

浜面「何が起こった?」

麦野「また・・・・・・私は・・・・・・」グスグス

浜面「良いよ!許す!」

麦野「でも・・・・・・」グスグス

浜面「良く分かんないけどもう俺とは戦わないんだろ?だったらそれで良い!この話おしまい!」

麦野「無駄にこだわってこんなボロボロになって勝利宣言か、このバカ」グスグス

浜面「楽勝だ、超能力者」
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:38:15.72 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部中央 一方通行サイド

美琴「キリがないんだけどどうするのよコレ・・・・・・」

五和「どうするって言われても・・・・・・・上条さんが何とかしてくれますよきっと」

美琴「結局アイツ頼みになるのね・・・・・・・」

黒子「突然だと対応が遅れますわね・・・・・・」

一方「ギャハハハハハハハハハッッッエーイ!」

図鑑「あーくんの くうきほう! しかし かわされてしまった」

黒子「あのくらいモーションが大きければ楽なんですが・・・・・・」

五和「ありがとうございます・・・・・・・」

打止「良かった、ってミサカはミサカは言ってみる」

美琴「打ち止め!?どうして!?」

黒子「小さなお姉様!!」

元春「俺が連れてきたにゃー」

美琴「そ・・・そう・・・・・・」

一方「ァ?」
96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:38:43.67 ID:xwFxPQJ10
打止「大丈夫?ってミサカはミサカは手を伸ばしてみる」

一方「どうしてこンな所に居るんだァ?クソガキがァ?」

打止「ご指名なのだってミサカはミサカは嬉し・ 恥ずかし・照れ隠し!」

一方「はァ・・・・・・ちったァ静かにしろォ」

美琴「正気になんの早くない?」ヒソヒソ

五和「ですよね・・・・・・」ヒソヒソ

元春「真性のロリコンだからにゃー」ヒソヒソ

黒子「ゆるすまじアクセロリータ」ヒソヒソ

美琴「え!?アイツロリコンなの!?」

一方「何言っちゃってんですかァ!三下がァ!!」

打止「あーくん!めっ!」

一方「クソがァ!」
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:39:20.16 ID:xwFxPQJ10
―――――――――――――第7学区中央部中央 上条サイド

上条「どうやらお前の味方はこれで居なくなった見てぇだな?」

垣根「それで?俺が負けると?」

上条「いいや、違うね・・・・・・」

垣根「じゃあどうなるって?」

上条「殺してやるよ」

垣根「何だと?」

上条「殺してやるっつってんだ!お前の持ってる幻想全部!!」

垣根「なるほど、確かに俺を殺すって事だ、お前にだけは可能だな」

上条「『もしかしたら』も『だったら良いな』も全部忘れてやってやるよ!」

   「お前みたいに幻想の塊みたいなやつがいた・・・・・・でもそいつは違ってた!」

   「お前みたいに勝手に絶望して、勝手に決めつけてたけどな!お前みたいに・・・・・・」

   「全部を無しにしようとなんてしなかったんだよ!!」

垣根「だったらどうする?攻撃も当たらない、仲間も当てに出来ない、そんな絶望的な状態で俺に勝てるってか?」

   「どうせ余興だ、俺がこの世で一番価値のある究極の生物なんだよ!弱者代表のテメェは俺に喰われるしかないんだよ!!」
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:40:07.10 ID:xwFxPQJ10
上条「そうか、だったらやってみろよ?テメェみたいなセリフを吐くチート共はみんな俺の前に跪いて負けてんだよ三下が!」

一方「なンだとこの三下がァ!!」

元春「抑えるぜよ!一方通行!!」

上条「一番でも二番でもない最下層のこの俺が、お前をここで消してやるよ!!」

垣根「やってみろ!この三下が!!」

上条「行くぞ!!」

図鑑「とうまの イマジンブレーカー! しかし かわされてしまった」

垣根「無駄だってのが分からないのかね?」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! ふきとばされた いしが とうまをおそう!!」

上条「ちく・・・・・・しょう」

黒子「お兄様!!」

美琴「余所見してるとボールに捕まるわよ!!」

浜面「大将の援護に何とか!!」

麦野「このボールの群れを先に何とかしなさい!」

神裂「・・・・・・七閃!!」
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:40:46.82 ID:xwFxPQJ10
垣根「他の連中はボールで動けないぞ?どうする?あの時みたいに吹っ飛ばしてみるか?」

上条「ふわふわ飛びやがってこのメルヘン野郎!天使気取ってんのか!!」

垣根「心配するな、自覚はある」

上条「狙ってやってんのかこの駄メルヘン!一方通行とキャラかぶってんだよ!!」

一方「三下ァ!!ぶっ殺されてェのかァ!!」

打止「抑えて!キャラかぶってないよ!あの人輪っか無いもんってミサカはミサカはあなたをなだめてみる!」

垣根「輪も無ければロリコンでもないが?」

一方「いいぜェテメェら二人とも俺がぶ愉快なオブジェにしてやるよォ!!」

上条(いいぞ一方通行!そのままキレてボールを排除してくれ!!)

美琴「あんな事言う奴だっけ?」

五和「何か狙ってるんじゃないですか!!」

食蜂「この局面だと私ぃまったく役に立たないわねぇ」

美琴「アンタ!?」

食蜂「な・・・・・・なによぉ」

美琴「私たちは今能力が使えてる、つまりアンタの能力今アレに通用するんじゃないの!?」
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:41:29.37 ID:xwFxPQJ10
黒子「確かに!」

食蜂「や・・・・・・やってみるわぁ!」ピッ

垣根「ぐっ!!」

美琴「やった!?」

上条「チャンスか!?」

図鑑「とうまの イマジンブレーカー! しかし かわされてしまった」

垣根「なーんて能力封じなんてしなくても、未元物質で出来たこの俺にそんなもの効くわけ無いだろ?」

一方「圧縮・・・・・・圧縮・・・・・・空気を圧縮・・・・・・」

図鑑「あーくんは エネルギーを ためている」

一方「クカキケコカカキクケキキコカカキクココケケケコキクカクケケコカカァァァァァァァァ ァァァア!!!!」

上条「さすがにアレ喰らったら死ぬだろうな・・・・・俺も」

垣根「俺も?お前だけだろ?」

図鑑「あーくんの プラズマボール! ていとくんの たまを いっそうした!!」

上条「あれ?」

垣根「何だと!?」
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:42:00.44 ID:xwFxPQJ10
一方「三下共がァ!今そっち行くから覚悟しろォ?」ギュンッ

打止「あーくん!そっちの白いのだけだよ!!ってミサカはミサカは釘をさしておく!!」

垣根「これでどうだよ?」ニヤァ

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! あーくんの ネットワークせつぞくを そがいした」

一方「――――」ピクピク

打止「あーくん!!」

麦野「貰ったぁ!!」

図鑑「むぎのんの はかいこうせん! ていとくんを つらぬいた!」

垣根「で?」

浜面「アイツ・・・・・・不死身か!!」

垣根「どうした?終わりか?宇宙に飛ばしても俺は未元物質で帰ってくるぞ?」

麦野「化物が!」

上条「おいおい誰か忘れてないか?」

図鑑「とうまの イマジンブレーカー! ていとくんの みぎうでをけした!」

垣根「クソが!!面倒なんだよ!!」
102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:42:50.31 ID:xwFxPQJ10
図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! みぎうでを しゅうふくした!」

上条「前の奴はあんな風に触れたら全部消えたぞ?どういうことだ?」

垣根「学習して無かったら丸ごと消されてただろうが、寸手で切り離しただけだ」

一方「      」ニタァ

図鑑「あーくんは さいきょうのあかし をつかった」

一方「――――ihbf殺wq」

垣根「無駄だよ!それも知ってんだっつうの!!」

図鑑「しかし かわされてしまった」

一方「――――」ニタァ

図鑑「あーくんは さいきょうのあかし をつかった」

垣根「うぜえ!寝てろ!!」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! あーくんの さいきょうのあかしを ふうじた」

上条「考える頭が無かったらどうなるんだ?」

図鑑「とうまの イマジンブレーカー! しかし かわされてしまった」

垣根「どうだろうな?厄介なことには変わりないから避けるだけだ」
103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:43:28.62 ID:xwFxPQJ10
麦野「だったら吹き飛ばせば良いだろうが!!」

図鑑「むぎのんの はかいこうせん! ていとくんの あたまを えぐりとった!」

垣根「お前の攻撃では無駄だよ」

図鑑「ていとくんの みげんぶしつ! あたまを しゅうふくした!」

浜面「死なない怪物、頭も弱点じゃない・・・・・・」

上条「右腕で消そうにも分離される・・・・・・」

浜面「そうだ!麦野!もう一度!!」

麦野「何度でも撃てばいいんでしょ!!」

図鑑「むぎのんの はかいこうせん! ていとくんの かはんしんを えぐりとった!」

上条「そうか!美琴!アイツの羽根を撃ってくれ!!」

美琴「ダメもとだって・・・・・・やるしかないでしょ!!」

図鑑「みことの レールガン! ていとくんの はねを ふきとばした!」

垣根「クソが!!」ドサッ

図鑑「ていとくんが ちにおちた」

上条「神裂ィィィィィィィィィ!!」
104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:44:07.53 ID:xwFxPQJ10
神裂「―――――唯閃!!」

図鑑「かんざきの ゆいせん! ていとくんの くびを せつだんした!」

図鑑「あーくんの ベクトルそうさ! かぜを おこして みげんぶしつを ふきとばした」

一方「――――ihbf殺wq」

図鑑「あーくんは さいきょうのあかし をつかった ていとくんの じょうはんしんを ふきとばした!」

上条「終わりだ!垣根提督!!テメェの幻想じゃ、究極生物には役者が不足してんだよ!!」

垣根「止めろ!!ヤメロォォォォォォォォォォォォォ!!」

図鑑「とうまの イマジンブレーカー!」

上条「じゃあな、垣根提督・・・・・・テメェの敗因はたった一つのシンプルな答えだ」

図鑑「ていとくんを あとかたもなく けしさった」

上条「テメェは俺に説教させた、それだけだ・・・・・・」

   「これでようやく終わりだ・・・・・・」

一方「あァそうだな、これでテメェを殺せば全部終わるな?」

上条「いやおかしいだろ!」

一方「おかしくねェだろ?ロリコンだのキャラかぶるだのずいぶンと言ってくれたじゃねェか三下ァ?」
105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:44:37.15 ID:xwFxPQJ10
打止「あーくん!めっ!ってミサカはミサカはもう何度行ったか分からないこのセリフを言ってみる!」

一方「ちっ」

浜面「さすがに疲れたっていうか何もしてないのがいるんだが」

主教「私の事をいっているのかしら?」

上条「間違いないだろ」

主教「あんな化物を相手にこのかよわき少女が参戦するなど、かように意味のなき事もなしよ?」

浜面「大将、なんだ?このバカな喋り方?」ヒソヒソ

上条「気にするな」ヒソヒソ

元春「いやぁ、これで大団円ぜよ!」

上条「黒幕はテメェだろうが!!余計なことしやがって!上条さんの平和な日常を返せバカ野郎!!」

一方「そォかァ、テメェのせいだったのかァ」ニタァ

元春「いや待て!この展開は予想できなかった!!」

上条「こんな危険な場所に打ち止め呼んだのもコイツだ!コイツが犯人だ!一方通行!」

一方「話ィ、詳しく聞いても良いかァ?土御門クゥゥゥゥゥン?」

元春「話せばわかるぜよ!落ちついてくれ一方通行!!」
106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:45:15.37 ID:xwFxPQJ10
一方「よォし!聞かせて貰おォかァ?ついてこいガキ!」

打止「うんってミサカはミサカはみんなにバイバーイ!」

上条「じゃあな」

美琴「バイバーイ」

元春「カミやんの裏切り者!!女の子にメチャクチャにされてしまえ!!彼女を選んでな!!」

上条「彼女ってなんだよ!!」トントン

   「お前が仕組んだ罠だろうが!!」トントン

   「なんだよ!!」

五和「マイハニーですよ?上条さん?」

上条「え?」

黒子「わたくしもいますのよ?」

上条「また・・・・・・」

美琴「当然私もよ?」

上条「そ・・・そんな・・・」

食蜂「わたしはぁ?」
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:45:45.50 ID:xwFxPQJ10
上条「ふ・・・・・・増えてる」

神裂「私をゲットして下さい上条当麻!」

上条「またこのパターンですよ・・・・・・」

主教(ここで上条当麻を抑えし者が覇権を握ると言っても過言では無しなのね・・・・・)

五和「さあ!新婚生活の続きですよ!旦那さま?」

上条「してないでしょ!!家にいるだけでしょ!!」

黒子「いえ、ネットリしましょう!お兄様?うっふっふ、えっへっへっあっはーっ!!」

上条「しねぇよ!!妙な大作戦実行しようとすんなよ!!」

美琴「私はいつでも良いよ?」

上条「何言ってんだ!!」

神裂「何を冗談ばかり、私ですよね?当麻?」

上条「神裂はそもそもゲットして無いだろ!!」

食蜂「私とイイコトしましょうよぉ?」

上条「魅力的な相談だけど!たしかに惹かれるけど!!」

主教「ガキどもは引っ込んでおきなさい、幻想殺しは私と人生を歩みしなのだから」
108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:46:22.75 ID:xwFxPQJ10
上条「どっから湧いて出た!!」ダッ

コラーマチナサーイ! ニガシマセンワ!! マッテクダサイ ダンナサマ!! マチナサイ!ナナセン!! チョットォ!マッテヨォ!! オマチナサイ!!ゲンソウゴロシ!!

浜面「行っちまったな・・・・・・」

麦野「で?私に抱きついた件だけど?」

最愛「『頼む!麦野!お前を傷つけたくないんだ!』って超言ってましたね」

浜面「ダウト!!ダウトだ!!アレはそういうんじゃない!!」

滝壺「はまづら?どう言うことだったの?はまづら?」

浜面「    」ダッ

マテハマヅラァァァァァ!! ワケヲイッテ? チョウオモシロクナッテキマシタ!!






佐天「明日が楽しみだなぁついに私も能力者かぁ〜」




図鑑「 お わ り だ よ 」
109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/31(金) 23:49:01.08 ID:xwFxPQJ10
なんか珍しく坦々と書いてしまった、前回なんか良い感じだったので調子に乗って書きましたすみません

読んでくれてた人居るのかな?佐天さん・・・・・・投げちゃってごめんよ・・・・・・
110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/31(金) 23:50:22.11 ID:xlO16F3F0
面白かったです
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/31(金) 23:51:27.27 ID:a2z8eyAV0
おつおつ
佐天さんは次回に期待
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 23:52:39.12 ID:xwFxPQJ10
sage忘れるとか無いわ・・・・・・
>>18 >>42 >>59レスありがとう!
113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 23:54:12.52 ID:xwFxPQJ10
>>110
ありがとうございます

>>111
あ、やっぱり佐天さんいります?
114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/31(金) 23:54:19.87 ID:QBRZ+ANh0

どこに行けばやせいのるいこに会えるんだい?
115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/05/31(金) 23:56:18.09 ID:xwFxPQJ10
>>114
やせいのるいこは遭遇率が異常に低いので第七学区に行っても会えるかどうか・・・・・・
116 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:19:23.34 ID:q9w/9agy0
なんか思ったより短く終わりそうなので佐天さんには中学生だけど深夜に頑張って貰いますw
117 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:20:24.46 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――翌日

佐天「さぁ!今日は私のレベル上げをして貰いますよ!!」

上条「なんで!?どうして俺の家を知ってるの!?って言うかどうやって入ったの!?」

黒子「私にドアの鍵が通用しまして?」

上条「なんてこと・・・・・・」

美琴「私は止めたのよ?ホントよ?さすがに黙って入るのはどうなのかなって?」

上条「だったら最後まで止めろよ!電撃でもなんでも出来たろ!!」

五和「皆さん酷いです・・・・・・私と上条さんの素敵タイムを・・・・・・」

ピンポーン

上条「ちょっと行ってくる!!」ダッ

   「どなたさm・・・・・・」ガチャ

食蜂「きちゃったぁ☆」

神裂「ちょっと!私が先だったでしょう!!」

主教「年功序列では無くて!私を優先せし事よ!」

神裂「あなたはいい加減帰ってください!みんな困ってるんですから!」
118 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:21:15.37 ID:q9w/9agy0
主教「いやよ、帰るのならば当麻を持ち帰るのことよ?」

上条「なんでだ!!」

主教「淑女を玄関先で待たせしことなど紳士の振る舞いでは無きよ?当麻?」

上条「どうぞ上がってください、そして上条さんは旅に出るので探さないで下さい」

神裂「さあ入りますよ」グイグイ

食蜂「折角来たんだしぃ、上条さんとお話ししたいわぁ」グイグイ

主教「幸せでしょう?私の胸を堪能せんとする事など主だけなのだから」グイグイ

上条「無理やり過ぎる!!多い7人なんて入らない!!」

主教「大丈夫!痛いのは最初だけのことよ?」

上条「うるせぇよ!!ただでさえ面倒なんだから余計な事抜かすな!!」
119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 00:21:18.83 ID:HifWlfPL0
青ピは?
120 :>>119彼は未だにアレイスターボールを探している事でしょう [saga]:2013/06/01(土) 00:23:01.56 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――居間

上条「で?上条さんはどうすればいいんでせうか!!」

五和「私とゴロゴロしながら甘い会話をですね!!」

佐天「違います!まず私のレベル上げの約束です!」

神裂「私と結婚です」

食蜂「私とぉイイコトしましょぉ?」

黒子「お兄様は私とお姉様が最初にゲットされた訳ですから私たちと!!」

美琴「ほら!みんな静かに!当麻が困ってるでしょ!黒子が良い事言ってたわね!そうしましょう!」

上条「いや、結局のところ何も解決して無いし意味がないし!!」

主教「ではまず当麻の女性の好みから聴取せしかしら?」

5人「それだ!」

佐天「私はレベル上げだけで良いので終わったら呼んでください」

上条「上条さんの意見は無いのでせうか?」

5人「だからそれを聞いてるの!!」

上条「俺はやはりおt・・・・・・」

上条(いや待て!上条当麻!これは罠だ!!良く考えろ!年上なんて言ってみろ、どこぞの最大主教にメーター振り切れるぞ!)

上条(かと言って年下は・・・・・・)チラッ

黒子「私ですの!?///」

食蜂「ここはぁ、私でしょぉ?///」

美琴「私を見てたわね///」
121 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:23:45.38 ID:q9w/9agy0
上条(無いな・・・・・・どれを選んでも地雷原だ・・・・・・)

   (だからと言って年上なんて・・・・・・)チラッ

神裂「私ですか!?///」

主教「私の大人の魅力に気付きしようね」

上条(年上好きの上条さんをもってしても年齢不詳はとりあえず無い、圧倒的に無い!!)

   (やはり年が比較的近くて大型自動二輪から考えて年上・・・・・・しかも巨乳・・・・・・)チラッ

五和「やはり和装でしょうか・・・・・・でも女の子としてはウェディングドレスも捨てがたく・・・・・///」

上条(ダメだ!!どれを選んでもデットエンドかもしれない・・・・・まだ上条さんは結婚できる年齢じゃないのに式の事考えてるし・・・・・・)

上条「とりあえず今日は佐天さん・・・・・・だっけ?君のレベルが上がるかどうかやってみよう」

佐天「やったー!!」

主教(次は絶対私が戴しことよ)

五和(早くどこかに行ってくれないでしょうか・・・・・・私の昼間のお楽しみがぁ・・・・・・)

黒子「残念ですの」

美琴「佐天さん昨日から言ってたし良いんじゃないかな?」

食蜂「まぁ上条さんがぁ決めた事だしぃ二人でデートしたいから今日はぁ帰るわぁ〜」
122 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:24:39.80 ID:q9w/9agy0
上条「そうか、気をつけて帰れよ?」

食蜂「私だってレベル5だものぉ、どうにでもできるわぁ」

上条「それもそうかじゃあな!」

食蜂「次は私とぉデートしてそのあとはぁ・・・・・・ねぇ?」

上条「かかかかかかか考えとくよ」

美琴「何テンパってんのよ」

上条「ななな何が?いいいい意味分かんない事言うなよ、俺がいいいいつテンパったって?」

黒子「現在進行形ですの」

食蜂「じゃあねぇ私の上条さん」

上条「上条さんは上条さんの物ですじゃあなー」

バタン

美琴「ところで私経験知貰ったこと無いわよ?」

黒子「私もですわ」

上条「二人はほぼカンストしてんじゃね?高レベル能力者な訳だし」

五和「私も無いんですけど?」
123 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:25:29.73 ID:q9w/9agy0
上条「そもそも五和はレベルって概念無いだろ?たぶんそうだ」

神裂「じゃあ私は上限に達してる上に概念無しということでしょうか?」

上条「聖人だもんな人間のレベル超えちゃってんじゃないの?」

佐天「学習装置的な何かは無いんでしょうか!?」

上条「ありません」

佐天「じゃあ技マシン的な何かは!?」

上条「ありませn」

元春「ちょっと待つにゃー!!」ガラッ

御坂妹「そうですお待ちください、とミサカは皆さんを制止します」
以下御坂

上条「だから!ベランダから侵入すんな!!」

御坂「学習装置ならミサカは所在を知っています、とミサカは過去に自らに使われたテスタメントを思い浮かべます」

美琴「え!?いや使い方が違うでしょ!?って言うか洗脳じゃない!!」

御坂「脳に技術や知識をインストールするための装置ですのでロリコンモヤシを使用すれば」

   「あるいは自分だけの現実をより確実な形で形成する手伝いができるかもしれません、とミサカは長々と説明します」

上条「つまりどういうことなんだ?」
124 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:26:40.25 ID:q9w/9agy0
御坂「つまり図鑑の中にあるデータを基盤に自分だけの現実を構築、それをこの少女にインストールしますとミサカは答えます」

元春「図鑑の中にはありとあらゆるデータが入ってるにゃー、解析した時驚いたぜよ」

上条「お前が!・・・・・・アレ?解析?まさか海原産か?」

元春「いや、出所は分からんぜよ、海原も見た時驚いてたからにゃー」

上条「つまり出所不明の怪しい物をばら撒いてたのかよ!!」

元春「別に何か影響があるわけでもないし、悪用するにもストカーぐらいにしか使えんぜよ」

佐天「十分なくらい危ないじゃないですか・・・・・・ところでその学習装置とはどこに!?」

主教「そんな気持ちの悪し機械で覚えしよりは神裂と組み手でもした方が手っ取り早しことよ?」

上条「下手すりゃ殺されちゃうだろうが・・・・・・負けず嫌いなんだから・・・・・・同じ理由で五和も却下」

五和「そんな・・・・・・私そんな暴力的じゃないです・・・・・・」

神裂「私は確かに手加減できませんね」

御坂「ミサカはレベル2ですが電気的なダメージは強力な部類なので、と御坂も辞退します」

美琴「黒子がやっても能力使ったらまず負けないしねぇ・・・・・・私も同じか・・・・・・」

御坂「つまりここはロリコンモヤシを安全装置にして学習装置を使って見るのが一番かと、とミサカは進言します」

佐天「というかロリコンモヤシって何?といか御坂さんが二人!?」
125 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:28:33.90 ID:q9w/9agy0
上条「今さらすぎる・・・・・・」

御坂「はいミサカはお姉様のk」

美琴「妹よ!!そう双子だったの私!!」

黒子「お姉様苦しすぎますわ・・・・・・この方はお姉様の軍事用量産型クローンですの」

佐天「え・・・・・・まさかぁ!いくら学園都市とはいえそんな事・・・・・・無いですよね・・・・・・」

美琴「本当よ・・・・・・黙っててごめんなさい、でも今は普通に生きてるだけだから!もう問題無いから!」

上条「これ以上この話題は止めようぜ!とにかく何でもない、コイツの妹として接してやってくれ」

佐天「そうですね!湿っぽいのは苦手だし・・・・・・ところでロリコンモヤシとは?」

御坂「はい、ロリコンモヤシとは学園都市の頂点に君臨するレベル5の第一位です、とミサカは回答します」

佐天「学園都市の第一位・・・・・・」

上条「モヤシは止めろよ、体鍛えてるって聞いたぞ?」

御坂「そのようですがあのヒョロいモヤシがいくら鍛えても」

   「シャキッとする程度です、とミサカは本人がいない事を良い事に言いたい放題言ってやります」

黒子「とりあえずその方は今どこに居ますの?」

元春「ちょっと時間をくれい、電話してくるぜよ」
126 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:30:07.56 ID:q9w/9agy0
上条「便利屋扱いだな・・・・・・一方通行・・・・・・・」

佐天「これで私は能力者!やったぁ!!」

御坂「なれると入ってませんが、とミサカは横やりをがっつり差し込みます」

佐天「ぐっ・・・・・・でもでも何もしないよりはいいですよね!」

御坂「普通の能力開発よりはマシ程度でしょう、とミサカは予測します」

元春「話が付いたぜい?一方通行のマンションで待機させてあるにゃー」

美琴「それどこにあるのよ・・・・・・」

御坂「私が場所を知っています、とミサカは少しばかり成長した胸を張ります」

美琴「え!?どういうことよ!?」

御坂「ミサカはすでにお姉様を1cmも上回りました、とミサカは胸囲の格差を見せつけます」

美琴「あとで何したのか教えて!」

御坂「いいでしょう、とミサカは優越感に浸りながら答えます」

   「では行きましょう」

上条「そうだな」

主教「その一方通行なる人物はどれ程なのかしら?学園都市最強を謳いし者なのだからさぞかし強いのでしょうね
127 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:30:53.25 ID:q9w/9agy0
元春「アンタは待つぜよ、この電話に耳を当ててその言葉をよく聞くにゃー」

主教「何よ土御門、この楽しき時間に水を入れるのでは・・・・・・」

電話「クソババァどこに居やがる!!早く帰って仕事しねぇとイノケンティウスで年相応の骨だけにすんぞコラ!!」

五和「上条さんたちは気にせずどうぞ、あとは何とかしておきますので」

上条「悪いな、頼むわ」

主教「あらステイルそのように声を荒らげしなど紳士にあるまじき行為よ?」

電話「うるせぇババァ!!早く帰って来ないと二度とイギリスに戻れなくするぞ!!」

主教「小さき男なのねステイル。むしろこの私が居ないと何もできないの?」

電話「もういい・・・・・・土御門!!そこのババァを殺せ!死体があれば不慮の事故でカタをつける!!」

元春「まあまあステイル、落ち着くぜよ、すぐ連れて帰るにゃー」

電話「そうしてくれ、僕は堪忍袋が破裂してしまったから何をするかは分からないが」

元春「ねーちん協力してくれ」

神裂「そうですね、さすがに遊びが過ぎましたから」

主教「な!私は最大主教よ!何人たりとも私に逆らう事はああああ痛い痛い土御門元春!!その手を髪から離しなさい!!」

元春「すまんにゃー話方にイラっと来てつい手が出ちまったぜよ」

主教「あなたが教えし事でしょう!!」

神裂「とにかく帰りましょう、あと言葉遣いは私がもう一度お教えしますので」

主教「嫌ぁ!!はーなーしーてー!!まだ楽しきことが終わりてなきにつきよ!!だからいやぁだぁ!!」バタバタ

神裂「すみませんが後をよろしくお願いします、上条当麻にはまた迷惑をかけてしまったようですし」

五和「はいお任せ下さい」

バタン

五和「皆さん行きましたね・・・・・・さぁ!!お楽しみの上条さんのパンツを私の体でお洗濯しますよ!!」
128 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:31:47.18 ID:q9w/9agy0
――――――――――――― 一方通行のマンション

一方「でェ?俺になにさせようってンだ三下どもがァ」

御坂「ですからテメェの演算公式と能力使うから面貸せコラ、とミサカはモヤシを引っ張り出します」

打止「ミサカも行くーってミサカはミサカは面白そうな事にちょっとウキウキしながらアナタの腕に抱きついてみる!」

一方「妙な実験じゃねェだろォなァ?」

御坂「大丈夫ですちょっと学習装置を使って能力開発をするだけです、とミサカは説明します」

一方「誰のだァ?テメェのか?」

御坂「細かい事を気にするんじゃねぇよついてこい、とミサカは引っ張り出します」

一方「テメェ!ふざけンな!」

打止「あんまりだだこねるとボールに入れて持ってくよ?ってミサカはミサカはナチュラルに脅してみる!」

一方「チッ・・・・・・めンどくせェ」
129 :なんか尋常じゃなく重い・・・ [saga]:2013/06/01(土) 00:32:35.15 ID:q9w/9agy0
――――――――――――― 一方通行のマンション前

上条「ホントに連れてきた・・・・・・」

一方「あァ?この三下を開発すンのかァ?いいぜェ愉快な木偶人形に開発してやらァ」

上条「俺じゃない!!違う!そんな風にされてたまるか!!」

一方「じゃあ誰だなンだよ?」

佐天「私です!」

一方「レベルはァ?」

佐天「ゼロです!」

一方「俺は耳までおかしくなっちまったのかァ?もう一度聞くぜェ?レベルはァ?」

佐天「ゼロです!ナッシングです!無能力者です!」

一方「無理ィでェすゥ!レベル0の無能力者の産廃なンざ開発しても0のまンまだァ!」

   「0に何かけたって0なンですゥ!つーわけでこの話終わりだァ、帰るぞ打ち止めァ」

打止「あーくんめっ!かわいそうでしょ!女の子になんて事言うのってミサカはミサカは大憤慨!!」

   「ごめんなさいあなたに協力させるから許してね」

佐天「かわいい!何この娘!御坂さんの妹可愛過ぎ!!大丈夫だよ!気にしてないからね!」
130 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:33:34.20 ID:q9w/9agy0
黒子「当たり前ですの、小さいお姉様は天使ですもの」

上条「で?学習装置はどこにあるんだ?」

御坂「はい、それは第十学区と第七学区の境目あたりなのでここから徒歩での移動が可能です」

上条「んじゃ移動すっか」

一方「何勝手に話し進めちゃってるンですかァ?」

打止「あーくん?ボールに戻る?」

一方「クソがァ!行きゃァ良いンだろォ!!」
131 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:34:39.25 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――第十学区テスタメントのある研究所

一方「つまり詳細は図鑑内の情報を使ってこのガキに自分だけの現実を植え付けりゃ良いンだなァ?」

御坂「そのとおりです、とミサカはあなたの理解力の速さだけは認めます」

一方「詳細はァ?」

上条「アレ?図鑑どこやったけ?」

打止「ミサカが持ってるよ!ってミサカはミサカは高々と掲げてみる!」

上条「ん?俺のと形が違う?」

打止「知らない人がくれたの!ってミサカはミサカはこたえt痛い痛い痛い!!」

一方「知らない人から物を貰っちゃいけませンって言わなかったかァ?打ち止めァ!」

打止「んもう何するの!ってミサカはミサカはああああごめんさいごめんさい!」

上条「どんな奴だったんだ?アロハ着たグラサンか?」

打止「ええっと人が良い感じのウナバラさん?だったと思うってミサカはミサカは答えてみる!」

一方「アイツちょっと躾けなきゃいけねェなァ?」

上条「そうだな、追いつめるとこまで協力するから愉快なオブジェにでもしてやってくれ」

一方「いいねェ三下のくせに分かってるじゃねェかァ!」
132 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:38:03.46 ID:q9w/9agy0
佐天「ところで私はどうすれば?」

一方「しばらく待ってろォ、第三位が電源系復活させてっからよォ」

美琴「終わったわよ」

黒子「本当にやるんですの?今さらながら不安になって来たのですが・・・・・・」

上条「ここにいるのは学園都市最高の頭脳を持った一方通行だ、とりあえず危険なことにはならないと思う」

御坂「その脳みそは現在故障してロリコンになっています、とミサカは一抹の不安を覚えます」

一方「ンだとコラァ!誰がロリコンなンですかァ!」

打止「初対面の私から身ぐるみ剥いで裸にしたアナタだと思うよってミサカはミサカは言ってみる!」

美琴「アンタ私の妹に何してんのよ!!」ビリビリ

一方「あれは事故ですゥ!顔確認すンのに毛布剥ぎ取ったらァ素っ裸だったコイツが悪いンですゥ!」

御坂「それよりさっさと始めましょう、とミサカは催促します」

一方「覚えてろォテメェ・・・・・・」

佐天「ようやく私のターンですね!」

御坂「では服を脱いであの装置に寝てください、とミサカは暗に全裸になれと促します」

佐天「え?下着も脱ぐの?」
133 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:42:57.84 ID:q9w/9agy0
御坂「はやくしなさい」

美琴「ほらアンタは向こう行ってなさい」

上条「お・・・・・・おう」

打止「呼ぶまで来たらダメだからね!ってミサカはミサカはあなたを追い出してみる!!」

一方「お・・・・・・おォ」

美琴「黒子はなんか布持ってきてアレ透明だからせめて顔以外は隠しておかないと」

黒子「分かりましたわ」シュンッ




――――――――――――― ■■■■

上条「なぁ一方通行」

一方「ンだよ気安く話しかけンな」

上条「ありがとうな、付き合ってくれて」

一方「あァ?なンだァ?気持ち悪ィなァ」

上条「でもよ、お前とこうしてるのが不思議でしょうがねぇや殺し合いまでしたってのに」

一方「決着はまだついてねェぞ三下がァ」

上条「そうだな・・・・・・ところでお前男なの?女なの?」

一方「あァ?どっちでも良いだろォが」

上条「確かめてやるよ・・・・・・」

一方「止めろ三下ァ!!」

上条「お得意のベクトル変換使わねぇのか?」

一方「だったら右手を退けろよォ・・・・・・」

上条「素直になれよ一方通行?」

一方「やめてくれよォ・・・・・・」

上条「ベットの上で決着付けてやるよ・・・・・・」

一方「くそがァ・・・・・・・」
134 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:45:24.26 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――実験室内

佐天「って言う展開になってたら面白そう!!」

黒子「変なこと言わないで下さいまし!さすがに気持ち悪いですの・・・・・・」

御坂「そんな事になっても得をする人はいません、とミサカは想像しただけで反吐が出ます」

美琴「そうよ!そんな展開になる訳ないじゃない!!あり得ないわ!!」

打止「あの人が・・・・・・そんなぁ・・・・・・」

   「打ちのめされた感じで凹みつつミサカはミサカは学習装置の横で一応以上が無いか見てるね・・・・・・」
135 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:46:03.67 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――実験室外

一方「だだ漏れだっつーンだよ三下どもが」

上条「さすがの上条さんもそんなアグレッシブには行かないわ」

一方「言っとくがそんな事しやがったら殺すぞォ」

上条「だから無いって」

御坂「準備ができました、とミサカは状況を確認して安堵しつつ報告します」

上条「御坂妹?」

御坂「はいなんでしょう?」

上条「さっきの展開は絶対にあり得ないからな」

御坂「ミサカは聞かれていた事に驚くと同時にその宣言を信じますでは中へ」
136 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:48:24.51 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――実験室内

一方「おいガキ図鑑寄こせ」

打止「どうしよっかなってミサカはミサカはあああ!!」

一方「さっさと貸せェ!」

打止「ぶーぶー!!」

上条「データの閲覧からか?」

一方「いやァ、コイツのデータをぶっこ抜いてまず自分だけの現実の構築に必要な情報をデータとして入力すンだよ」

   「オイ第三位テメェがやれ」

美琴「わかったわ、アンタ手伝って」

御坂「はい、とミサカは了解しました」

図鑑「さてんるいこ むのうりょく」

   「エアロハンドにぞくする のうりょくのようだが ねつの いじょうなぶんぷが みられる」

   「しゅみは うわさを あつめること」

   「ちゅうがくせいらしからぬ からだつきから バストアッパーを つかったのではないかと うたがわれている」

   「だきたいおんな ナンバー1に みごとランクイン さいあいちゃんに まけず おとらず かわいい」

   「かじぜんぱん がとくいで おそらく こそだてもうまいので おくさんにすると かくじつにしあわせ」
137 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:57:51.19 ID:q9w/9agy0
一方「熱の異常な分布だァ?」

上条「変なことなのか?」

一方「エアロハンドってェのは所謂念動力なわけだァ、ここに簡単に言やァ手で物を掴むのと大差ねェ」

上条「そこに熱が加わるのはおかしいって事か」

一方「熱量を操る能力ってェのはァパイロキネシスなんかだろォが、念動力でやるなら分子の振動を加速させたりする訳だァ」

   「大きな違いはァ、微視的視点で可燃物を操るか、巨視的視点で気体操るかってとこだがァ・・・・・・」

   「熱を利用して風を起こすって事も出来る」

上条「え?ごめんもはや上条さんにはついて行けない・・・・・・」

一方「これだから三下はよォ・・・・・・つまり暖められた空気は上昇気流になるのと同じことだァ」

上条「つまり気体を操ってるんじゃなくて熱を操作して風を起こすって事か?」

一方「そういうことだァ、コイツはちょっと厄介だぞォ?」

上条「え?そうなの?」

一方「要ォは気体の上下移動は出来ても水平方向なんかの細かい向きまで指定できるはずがねェ」

   「なのにコイツは”エアロハンド”なんだよォ」

上条「結局風操ってんだからエアロハンドじゃないの?」
138 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:58:22.14 ID:q9w/9agy0
美琴「アンタ・・・・・・話しを一ミリだって理解して無いわね・・・・・・」

黒子「つまりガスコンロを扇風機のように使えるからおかしいとこの方は言ってますの」

上条「え!?マジかよ!!それスゲェな!!」

一方「始めからそォ言ってンだろォがァ!この三下がァ!」

   「しかも厄介な点はそれだけじゃねェンだよ」

上条「まだ何かあんのか!?」

一方「あァ、熱で風を操れるって事ァ吸熱や発熱が自在にできなきゃなんねェ」

   「このクラスの熱量操作ができるっつーのは、どう考えてもこの俺のベクトル操作類似品ってこったァ」

上条「ベクトル操作の!?」

美琴「類似品!?」

黒子「ですの!?」

御坂(お姉様が入力の役目を放棄されたようです、とミサカは会話に入りたい気持ちを抑えつつ入力作業を続けます)

一方「仮定の話だけどよォ、コイツは熱量に関してのみベクトルを変換して吸熱および発熱を促す能力の可能性がある」

上条「ええっと?」

黒子「例えるなら電子レンジであたためを押すのではなく携帯カイロのような物で温めているということですの」

上条「そんな!?時間かかるだろ!?」
139 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:58:54.12 ID:q9w/9agy0
美琴「そういう問題じゃなくて温かいところから冷たい所に熱を移すとかそういうことよ」

上条「手に持った飲み物があったまるみたいなことか?」

一方「そォ言う理解で構わねェ、テメェの能力じゃねェからなァ、それを気体に対して瞬間的に行って初めて出来ンだよォ」

上条「良かった・・・・・・」

一方「めンどォだっつってンだろォがァ!!」

上条「いやそうじゃねぇよ・・・・・・詳しい話はよく分からないけどそれって気体に対してしかできないんだろ?」

一方「能力が出来てみなけりゃァわからねェけどなァ」

上条「人間に対してそれが出来たら恐ろしい能力だろ?」

一方「!?」

   「確かにやろォとした事ァねェが人間に大量の熱ブチ込んだら一瞬で焼肉だろォし」

   「熱を奪いとりゃァ愉快なオブジェになるだろォなァ・・・・・・下手すりゃァ超電磁砲やベクトル変換より容易く人殺せんぞオイ」

上条「だろ?だから良かったって言ったんだよ」

美琴「アンタ・・・・・・言っておくけど『出来ない』なんて誰も言ってないのよ?」

上条「・・・・・・え?」

黒子「下手をすると発現した瞬間レベル5の能力ですの・・・・・・」
140 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 00:59:32.43 ID:q9w/9agy0
一方「三下の話じゃねェが愉快な事になってきやがったぜェ」

御坂「みなさん入力作業が終わりました、と丸投げしたお姉様に避難の視線を浴びせつつ報告します」

美琴「あ・・・・・・ご・・・・・・ごめん!!」

御坂「良いです気にしないで下さいとミサカは甘いケーキが食べたいなと思いつつ答えます」

美琴「帰りに買ってあげるわ!許して!」

御坂「まぁ本当ですか?とミサカは白々しく答えつつ内心にんまりします」

一方「まずはァ・・・・・・量子物理学と熱力学の知識はどれぐらいあンだァ?」

佐天「量子物理学全然ありません!熱力学に関しては中学の物理で習った程度です」

一方「オイ、量子論と熱力学のデータコイツのブチ込ンどけェ」

   「それやってる間に俺の演算式ベースにして熱に特化した演算式構築しとくからよォ」

美琴「私がやるわね!大丈夫よ!今度は丸投げしないから!」

御坂「手伝います、とミサカはお姉様がまた丸投げすればお詫びの品が増えるかもと企みつつ作業します」

上条「やることが無い・・・・・・」
141 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 01:01:11.53 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――実験室内 学習装置稼働後

一方「これで全部つっ込ンだぞォ」

佐天「本当ですか!?これで私は能力者だぁ!!」

打止「わわわわ!!急に立ち上がったら見えちゃう!ってミサカはミサカは四苦八苦!!」

一方「俺たちは出てっから着替えさせとけよォ」



―――――――――――――実験室外

一方「三下ァ」

上条「なんだよ?」

一方「おそらくこのままじゃ能力は使えねェンだが、試してみる必要はある」

上条「そうか」

一方「お前実験台な?」

上条「なんで!?」

一方「お前が実験台なら暴走しても被害が少なくて済むだろォが」

上条「ああ・・・・・・そういうことか・・・・・・」

一方「何のことはねェ、ただ万が一って事も考えとけェ」

美琴「終わったわよー」
142 :意外に早く書いたのが無くなった>>1です [saga]:2013/06/01(土) 01:03:35.16 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――実験室内

佐天「さあ使ってみますよ!!」

一方「待てこのクソガキ!!」

佐天「え?なんですか?」

一方「こんな所で万が一にも能力が暴走したらどォすんだァ!」

佐天「ああそっか!」

御坂「では表で実験をしてみましょう、とミサカは提案します」

打止「ドキドキするね!ってミサカはミサカは応援してる!」

佐天「ありがとう打ち止めちゃん!じゃあ行きましょう!」
143 :反応が無いのはやっぱりさびしい(´・ω・`) [saga]:2013/06/01(土) 01:05:11.79 ID:q9w/9agy0
―――――――――――――研究所外広場

一方「ここなら大丈夫だろォ、あと使うならこの三下に向けろォ」

佐天「じゃあ行きます!!」

上条「来るか!?」

佐天「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

上条「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

美琴「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

黒子「アレ?何も起きませんの?」

打止「どうなってるの?」

御坂「発動まで時間がかかるのかもしれません」

佐天「あれ?」

上条「え?」

佐天「演算も終わってるのに何も起きない・・・・・・」

一方「そりゃそォだァ」

佐天「え!?」
144 :反応が無いのはやっぱりさびしい(´・ω・`) [saga]:2013/06/01(土) 01:06:15.97 ID:q9w/9agy0
一方「演算式があっても自分だけの現実を完全に構築した訳じゃねェ、こォすればあァなるはずってことだけ考えずによォ」

   「なンて言うんだァ?こうなるンからこういう式が必要だって考えてみろォ」

佐天「え?」

黒子「それが起こるって事だけ考えてみれば良いですの」

佐天「えっと・・・・・・出来ない・・・・・・」

美琴「演算式間違えたんじゃないの?」

一方「はァ?何言っちゃってンですかァこの三下がァ!この俺がミスるわけねェだろォが!」

   「おいテメェちょっと来い!」

佐天「は・・・・・・はい・・・・・・」

一方「この状態で能力使おうとしてみろ」

佐天「この頭に置いた手は一体・・・・・・」

一方「良いからやれっつってんだろォが!」

佐天「はい!・・・・・・何も起きない・・・・・・」

一方「分かった・・・・・・テメェまず熱を吸収するイメージをしてみろォ、その後同じよォに能力使ってみろォ」

佐天「はい・・・・・・え?キャッ!!」ブワッ
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 01:07:46.08 ID:BbiKnMoi0
>>46
浜面「残念・・・・・・にゃあ」

きめえwwwwww



146 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 01:08:06.49 ID:q9w/9agy0
美琴「今のって!?」

黒子「成功ですの!?」

佐天「え?え?」

一方「話は簡単だァ、テメェは熱を与えて風を操る事を考えてたが実際は吸熱後に放熱する必要があンだよ」

   「おそらく対象は何でも良い動植物でも無機物でも構わねェ」

佐天「吸熱して放熱・・・・・・吸熱して放熱・・・・・・」フワッ

   「おお!出来たぁ!!やったぁ!!」

打止「やったねお姉ちゃん!ってミサカはミサカは嬉しくてバンザーイ!」

佐天「バンザーイ!」

一方「その程度ならレベル2ってとこかァ?身体測定では風を操ってますとだけ言っとけェ、面倒だからなァ」

佐天「えっとぉ・・・・・・どうしてですか?」

一方「テメェはそんなに人殺しにテメェの能力を殺人に使いたいのか?」

佐天「え?」

一方「上手く調整しながらレベル上げりゃァ殺人鬼の出来上がりって訳だァ、長生きしたかったらエアロハンドのままで居とけよォ?」

佐天「わ・・・・・・分かりました・・・・・・」
147 :浜面「キモくねぇし!乗りだろ!!恥ずかしくねぇよ!!名前間違ったりなんかして無いからな!!」 [saga]:2013/06/01(土) 01:10:36.48 ID:q9w/9agy0
上条「サンキューな一方通行」

一方「あァ?テメェの為にやったんじゃねェぞ!」

御坂「これが噂のツンデレですね、とミサカはモヤシがデレても嬉しくありません」

打止「むしろミサカにデレてよ!ってミサカはミサカは素直じゃないあなたに痛たたたたたたたた!!」

一方「オラァ帰るぞクソガキァ!」

打止「ホントに素直じゃないねってミサカh痛たたたたたたたたた!!」

佐天「ホントにありがとうございました!一方通行さん!」

一方「その能力大事にしろォ」カツカツ

佐天「はい!」

打止「一人で歩けるから引っ張らないでよぉ」トコトコ

上条「行っちまったな・・・・・・」

美琴「許せないけど良い奴なのよね・・・・・・」

黒子「お姉様、私たちも帰りましょうそろそろ門限ですし」

美琴「そうね・・・・・・じゃあ帰りましょう」

上条「おう!」
148 :ID変わってるけど>>1です [saga]:2013/06/01(土) 01:12:21.68 ID:q9w/9agy0
美琴「私もいるけど?」

黒子「今日は玄関から失礼しますわ」

佐天「私も!今日はレベル3にしてください!」

上条「どどどどどどうして・・・・・・」

神裂「ずいぶん人が多いですね?」

インデックス「とうま?またとうまは私が居ないのを良い事にこんなにいっぱい女の子を連れ込んで!!」

上条「インデックス!?まさか・・・・・・ああ・・・・・・そうですかまたですか・・・・・・」

イン「とうまー!!」

上条「おさらば・・・・・・」

ガブッ!

上条「ぎゃあああああああああ不幸だあああああああああああああ!!」




図鑑「 こ ん ど こ そ お わ り 」 
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 01:14:21.50 ID:fzoP60Zu0

この佐天さんと初春が手を繋いだらどうなるんだろうね?
150 :ID変わってるけど>>1です [sage saga]:2013/06/01(土) 01:16:32.69 ID:q9w/9agy0
今度こそ今回は終わりですよ?
個人的には禁書目録捕まえてベットで寝る上条さんが目に浮かびます
と言っても最後の一個のアレイスターボールは上手く使ってほしいですね
あと最愛ちゃんは>>1がゲットしたのであしからず


>>145
浜面「キモくねぇし!乗りだろ!!恥ずかしくねぇよ!!名前間違ったりなんかして無いからな!!」

   「つーかアレだよアレ!どうしても捕まえたかったのをフレメア風に再現したんだよ!」

すみません嘘ですまあでも面白いからいいやwww
151 :ID変わってるけど>>1です [sage saga]:2013/06/01(土) 01:19:56.98 ID:q9w/9agy0
>>149
佐天さんが吸熱する対象物に初春が触った状態なら永遠に吸熱出来るんじゃないですかね?
初春の保温能力がどこから熱を引っ張ってくるのか知りませんが
分子振動の固定だとしたら『何も起こらなくなる』だと思います
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 01:21:27.71 ID:Kh+dAIR/0

佐天さんの能力は使い方次第では便利だな
153 :ID変わってるけど>>1です [sage saga]:2013/06/01(土) 01:41:25.43 ID:q9w/9agy0
>>152
便利と言えば便利ですね

俺としては熱分布をいじくり倒して風を操るだけにしたかったのですが
結局第四波動に近い能力になってしまいました。

でもイメージ的には熱吸収して体に蓄えるのではなく
操れる熱量のベクトルをそこら辺から引っ張って来て風の制御に使うだけなので
初春のスカートをめくるとか暑い時に部屋の熱を使って外で風を使う位しか考えてませんでした
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 14:58:08.73 ID:9bGh0ZXXO

しかし熱分布を操れるのなら、原子の熱運動其の物を操る事が出来る事になるからぶっちゃけ何でも出来そう
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 23:05:58.94 ID:q9w/9agyo
>>145
熱分布を丸ごとというより分子の運動量(温度)というか

元ネタはマクウェルの悪魔ですね自分でも後で気が付きましたが
156 :今さらですが最後ミスしてたので書いておきます [saga]:2013/06/01(土) 23:06:54.95 ID:q9w/9agyo
―――――――――――――翌日

五和「上条さんそろそろ起きてください、ご飯出来ましたよ?」

上条「あ・・・・・・ああおはよう・・・・・・ってあれ?」

五和「どうかしましたか?」

上条「上条さんはどうしてベッドで寝てるんでせうか?」

五和「女の子に言わせる気ですか?///」

上条「え゙?」

ピンポーン

五和「こんな時間に誰でしょうか?」

食蜂「上条さぁん!デートに行きましょぉ?」

上条「な゙!?食蜂さん!?」

美琴「私もいるけど?」

黒子「今日は玄関から失礼しますわ」

佐天「私も!今日はレベル3にしてください!」

上条「どどどどどどうして・・・・・・」

神裂「ずいぶん人が多いですね?」

インデックス「とうま?またとうまは私が居ないのを良い事にこんなにいっぱい女の子を連れ込んで!!」

上条「インデックス!?まさか・・・・・・ああ・・・・・・そうですかまたですか・・・・・・」

イン「とうまー!!」

上条「おさらば・・・・・・」

ガブッ!

上条「ぎゃあああああああああ不幸だあああああああああああああ!!」




図鑑「 お わ り だ っ て ば 」
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/02(日) 00:10:29.16 ID:Uft8dJUro

後日談あったんかい!
何ならまだ続けても良いのよ?
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/02(日) 00:11:06.27 ID:Uft8dJUro
すまん、ミス修正だったんだな
159 :ID変わってるけど>>1です [sage saga]:2013/06/02(日) 01:41:06.02 ID:oVAa09K50
>>158
いえいえ、後日談というか次回って感じでは佐天さん成長期と一方通行の育て屋さん的な物考えてます。
まあいつになるか分かりませんが、というかポケモン要素が希薄になりそうですけどね
135.07 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)