このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

春香「熱血!アイドル野球!」〜私shiny strike〜 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 21:42:08.17 ID:87ALaAUHo
アイドル界に激震走る。


流行1位はボーカル? 否。

ダンス? 否。

ビジュアル? 否。


ステージをグラウンドに、マイクをグローブに持ち替え、

ファンたちはサイリウムを置き、代わりにメガホンを振り狂う。

世は大アイドル野球時代!


春香「私が4番でエースの天海春香さんです! イエイ!」

P「それじゃ、今日の試合のオーダー発表するぞ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378298528
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

シャミ子「桃分が足りない…」 @ 2019/11/15(金) 11:06:57.30 ID:5WmJBcba0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573783617/

明くる日の魔法みたいなファンタジー @ 2019/11/14(木) 22:46:22.42 ID:xu+0eOEA0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573739182/

【イナイレ安価】あなた「俺がこの手で世界を変える」 @ 2019/11/14(木) 20:46:47.42 ID:bqsYrFhHO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573732007/

オリキャラとガルパンキャラでポケモン安価 @ 2019/11/14(木) 19:23:30.56 ID:H1Q4J2+V0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573727010/

【安価とコンマ】スーパーロボット大戦WS【スパロボ】 @ 2019/11/14(木) 10:24:04.13 ID:EA8KCjBr0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573694643/

輿水幸子「電気…」白坂小梅「あんま…」 @ 2019/11/14(木) 01:05:40.19 ID:ftC0TLhn0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573661139/

🐲… 🤫しっ……3日に1度しか現れないなんJドラゴンだ… @ 2019/11/14(木) 01:01:05.74 ID:pUERSZwrO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573660865/

【安価・コンマ】鬼滅の飛天御剣流【鬼滅の刃】 @ 2019/11/13(水) 21:48:15.61 ID:oM5Gvf840
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573649295/

2 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 21:51:35.38 ID:87ALaAUHo
1番 ショート 我那覇響
2番 セカンド 水瀬伊織
3番 サード 菊地真
4番 レフト 四条貴音
5番 ファースト 三浦あずさ
6番 ピッチャー 如月千早
7番 ライト 高槻やよい
8番 キャッチャー 秋月律子
9番 センター 双海亜美



春香「……あれ?」
3 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 21:56:45.88 ID:87ALaAUHo
春香「ちょっ、ちょっとちょっと! プロデューサーさん!」

P「どうした春香? 早く移動準備しないと、プレイボールまでに十分な練習できないぞ」

春香「いやいや、私レギュラーじゃありませんからそんなに急がなくても」

春香「じゃないですよ!」

春香「このメインヒロインの春香さんが!」

春香「打ってよし! 投げてよし! スーパープレイヤーな春香さんが!」

春香「どうしてスタメン落ちなんですか!?」

P「あー……えーとな」
4 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:03:27.70 ID:87ALaAUHo
P「春香は野手だと守備位置はどこだっけ?」

春香「強打者の定位置、ファーストですよ、ファースト!」

P「うんうん、だけど春香はピッチャーもできるだろ?」

P「あずささんはスタメンだとファーストしか守れないからなあ」

春香「う……でも、あずささんは代打でも全然出番あるじゃないですかっ!」

P「そりゃまあ……でもほら、春香は控えピッチャーだろ?」

P「俺はどっちかというと春香にピッチャーとして期待してるからさ」

P「千早が安心して後を任せられるピッチャーは春香しかいない! そうだろ?」

春香「ぷ、プロデューサーさん……そこまで私のことを……!」
5 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:10:47.00 ID:87ALaAUHo
善永「ゲームセット!」

善永「765マーメイズ完封!」

善永「先発、如月千早選手の見事な完投でした!」

悪徳「針の穴を通す見事なピッチングだったな。今日は叩いてもホコリも出ねえ、商売上がったりだぜ」

千早「応援ありがとうございます。これからも皆さんの声援に応えられるよう、魂を込めて投げ続けます!」



春香「」
6 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/04(水) 22:11:29.61 ID:E8rp5y5d0
ドンマイハルカッス
7 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:27:47.71 ID:87ALaAUHo
春香「プロデューサーさん! 話が違うじゃないですかっ!」

P「お、落ち着け春香! 先発完投は理想の試合展開だぞ、今日は千早を褒めてやるべきだ!」

P「ほら、次回の試合の先発は美希だろ? 最近調子を落としてるからな、次はリリーフ陣にかかってるぞ!」

春香「そんなこと言って、本当は信用してないんじゃ……」

P「そんな訳ないだろ! 守護神春香!」

春香「しゅ、守護神!?」

P「ああそうとも! 春香が控えているからこそ先発は安心して投げられるんだ、千早の完投も春香あってのものだと言っても過言ではない!」

春香「守護神……私は守護神!」

P「そうだ春香! 765マーメイズの最後の砦! よっ、大魔神! 藤川球児!」

春香「も、もうっ、プロデューサーさんったら言いすぎですよ! よーし、美希の後のマウンドは私にどーんと任せてちゃってください!」
8 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:32:23.93 ID:87ALaAUHo
善永「5回表、ここまで好投してきた星井美希投手、捕まったー!」

美希「あふぅ……ミキ、投げるの飽きてきちゃったの」



小鳥「そろそろ電話がくるわよ! みんな、肩はあったまってる?」

春香(きた……! 春香さんの奪三振ショーの始まりですよ!)


小鳥「真美ちゃん! お願いね!」

真美「おっけ→、すぱっと抑えてきちゃうYo!」


春香「」
9 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/04(水) 22:34:52.89 ID:Eh207ibFo
永吉さんと姫川さんがこちらを見ています
10 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:37:45.37 ID:87ALaAUHo
春香「……」

小鳥「春香ちゃん? どうかした?」

春香「なんで……なんで私じゃないんですか!?」

小鳥「ええっ!? あの、起用はグラウンドからの電話で聞いてるだけだから私にはなんとも……!?」

小鳥「あっ……でもほら、うちで左投手は真美ちゃんだけでしょ?」

小鳥「きっと今日の相手は左打者が多いからよ! そうに違いないわ!」

春香「……そうですかね」

小鳥「そうよ! それに真美ちゃんは長いイニングは投げられないわ、春香ちゃんも準備して!」

春香「あ……はい!」
11 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/04(水) 22:42:17.95 ID:rZzTECRao
期待
12 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:43:31.40 ID:87ALaAUHo
善永「さあ8回裏、765マーメイズの攻撃」

善永「ここまでよく踏み留まっています、ロングリリーフの双海真美選手」

善永「さすがに苦しそうですね」

悪徳「この回に逆転しとかねえと勝利はないな」

悪徳「9回表は右打者が続くうえに、この回で双海に打順が回る」

悪徳「控えの層が薄い765といえど、ここは代打だろう」


春香「……きた」

春香「まさに私のための! 春香さんのためのシチュエーション!」

春香「打てる守護神、天海春香! 今行きまーっす!」
13 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:45:50.01 ID:87ALaAUHo
小鳥「雪歩ちゃん、真美ちゃんのところで代打お願い! 9回はそのまま任せるって!」

雪歩「ええっ!? わわ、私ですかぁ!?」



春香「」
14 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 22:54:34.38 ID:87ALaAUHo
善永「見事な逆転勝利を飾りました765マーメイズ!」

善永「ヒロインはもちろんこの人、萩原雪歩選手!」

善永「逆転弾となる2ランホームラン、そのリードを自分で守りきる大活躍でした!」

悪徳「打撃の方はマグレ当たりだろうが、最終回のフォークのキレは圧巻だったな」

悪徳「双海のサイドスローに慣れてからあの落差は、さすがに初見じゃ反応できねえよ」

雪歩「あの……あのっ、私なんかがこんな所に立ってていんでしょうか!?」

雪歩「えっ、何か一言? あっ、ありがとうございまふっ!? ああっ、こんな大事な場面で噛むなんて……穴掘って埋まってますぅ〜っ!」



春香「……」
15 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 23:03:55.54 ID:87ALaAUHo
春香「……」

春香「……落ち込んでると思うでしょ?」

春香「まさか。この程度でへこたれるようじゃ守護神やってられません」

春香「それに、次の試合は中二日」

春香「中継ぎ大回転のこの試合の後、先発予定の千早ちゃんのコンディションはスパイラル中」

春香「これは春香さん無双決定ですよ!」

春香「降板する千早ちゃん、丸まったその肩に手を置く心優しきメイン守護神」

春香『大丈夫、千早ちゃんが守ったマウンド……この私が、守護神天海春香さんが上がったからには、一塁たりとも踏ませない!』

春香「三球三振! 三者三振! はるちはわっほい!」

春香「明日のヒロインは決まりですよ、決まりっ!」
16 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 23:08:40.12 ID:87ALaAUHo
善永「不調の中、それでも8回までマウンドを守った如月千早選手」

善永「9回のマウンドを守ったのはまさかのこの人!」

悪徳「いや、天性のナックルボーラーとは恐れ入ったな。765プロにこんな隠し球が残ってたとは」

小鳥「ぜはーっ、ぜはーっ……あ、あのっもうちょっと後にしてもらっても……うぷっ」

善永「音無小鳥選手でした!」



春香「なんでや!」バシッ!!
17 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 23:23:03.45 ID:87ALaAUHo
響「やー、今日も勝ててよかったな! ピヨ子様々だぞ!」

伊織「インタビューは見れたものじゃなかったけどね……というか、実際アウトにしたのは私たちなんだから私たちも呼ばれるべきだと思うんだけど」

響「なんくるないさー、インタビューなんか受けなくたってファンのみんなはちゃんと見てくれてるぞ」

響「むしろ珍しくピヨ子が投げたんだから、お立ち台は当然さー」

伊織「それくらいわかってるわよ、別に小鳥が呼ばれたのに不満があるわけじゃないもの」

伊織「ただ、単独じゃなかったらもう少しまともなインタビュー受けさせてあげられたって、それだけ」

響「伊織は優しいなー、ちむじゅらさんさー!」

伊織「ちょっ、試合後に抱きつかないでよ! さっさとシャワー浴びちゃいましょ」


春香「はいはいはーい、そこのお二人さんストップー。通行止めですよ、通行止めー」
18 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 23:30:20.43 ID:87ALaAUHo
響「春香? どうしたんだ、こんな所に座り込んで」

伊織「私たちシャワー使いにきたんだけど。そんな所にいられちゃ入れないじゃないの」

春香「入れないんじゃありませんー、入らせないんですー」

響「え? まさかシャワー壊れちゃったのか!? 自分、こんな汗まみれのまま帰るの嫌だぞ!」

伊織「故障だったらそう言うでしょ。春香、いったい何してるのよ」

春香「見ての通りの座り込み。ストライキですよ、ストライキっ!」

伊織「ストライキも何も、あんたもともと試合出てないじゃないの」

春香「」グサッ
19 :hspXOyAE0 ◆BiyV6GeoQo :2013/09/04(水) 23:38:58.45 ID:3X669a5/0
そういえば響は156kmの剛速球なげれるんだっけ…(ネタ分かる人いるかな?)
20 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/04(水) 23:47:20.45 ID:87ALaAUHo
響「えっ、ちょっと伊織」

伊織「何よ、事実じゃない」

春香「……」

春香「……」プチッ

春香「えーえー、そうですよ! どうせ私なんて試合全然出れてませんよ! 干され春香さんですよ!」

春香「765マーメイズなのに全然私マーメイ♪ じゃない干物春香さんですよ! 765ヒラキーズですよ!」

春香「好きでカラッカラなわけじゃないの! 私だって試合出たいの! プロデューサーさん、野球がしたいです!」

春香「私の何がそんなにいけないっていうんですか、ヴぁーーーーーんっ!」


伊織「はいはい、干物の春香。だったら水に漬ければ戻るわね」ガシ

響「水分不足は体に毒だぞ? 練習とシャワーの後にはしっかり水分補給さー」グイ

春香「えっ、ここは慰めてくれる場面じゃないの?」ズリズリ


シャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<アッ チョッ ツメタイツメタイ!!  マダミズッ ヴァーーーーーーーッ
21 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 00:00:14.71 ID:GvDvc8xso
伊織「それで、気分はどう?」

春香「あ”ー……なんかどーでもよくなってきちゃったー……あ、響ちゃんそこ気持ちいい」

響「水分不足だったからって濡れたまんまにしといたら風邪引いちゃうぞ? ちゃんと乾かさないと」ゴーッ

伊織「響、ドライヤーくらい自分でさせなさいよ。別に体調不良じゃないわよ、こいつ」

春香「ちょっとちょっとー、こいつ呼ばわりはないよ伊織ー。春香さんは心が全治一週間の打撲なんだよー……あ、響ちゃんもうちょっと左」

響「お、ここか? ここがいいのか?」シャッシャッ

伊織「毛づくろいもしなくていいのよ」

春香「そこはブラッシングって言って」
22 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 00:11:41.72 ID:GvDvc8xso
伊織「だいたいあんた、なんで自分が使われないかわかってないの?」

春香「そこですよ、謎なのは!」ガバッ

響「うわっ!? 急に立つなよ、ブラシが刺さるぞ!」

春香「打てて守れて投げれて走れる春香さんが!」

春香「打席に立てば打点増産、投げれば三振の山の春香さんが!」

春香「出場さえすれば三冠王、沢村賞、アイドルアルティメイト待ったなしの春香さんが!」

春香「どうしてこんなに出場機会に恵まれてないのか皆目見当がつきませんよ! アイドル界の重大な損失ですよ!」

伊織「……」

響「うおっ、伊織の目が死んだ魚のようだぞ……」
23 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 00:20:08.29 ID:GvDvc8xso
伊織「自覚がないんじゃ仕方ないわね……新堂」

新堂「ひあ、お嬢様」サッ

響「わっ!? いきなり後ろに立たないでよっ!?」

伊織「はい、春香。これ貸してあげるわ」

春香「えっ、何これ……ノート?」

伊織「頼まれて秘密裏にやってたんだけどね……査定表よ」

響「何だそれ?」

伊織「あいつが選手起用の参考資料がほしいっていうもんだから、765プロの選手能力をうちのスタッフに査定させたのよ」

春香「なるほど! 春香さんはもちろんオールA、パワーヒッター、アベレージヒッター、ノビ○キレ○、重い球持ちに決まって」
24 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 00:24:58.98 ID:GvDvc8xso
天海春海 

ピッチャー・ファースト
右投右打

パワー D
ミート D
選球 D
走力 D
送球 D
捕球 D
対エラー F
球速 D
コントロール D

総合 D(草野球選手並み)



春香「なんでや!」バシッ!!
25 :hspXOyAE0 ◆BiyV6GeoQo :2013/09/05(木) 00:26:09.96 ID:kEPNDtgU0
過去にファミスタでアイマスとのコラボあったけど
春香さんのポジが思い出せない…
26 :>>24 春海⇒春か orz [saga]:2013/09/05(木) 00:32:07.21 ID:GvDvc8xso
春香「何かの間違いだよ! こんなのあてにならないよ!」

伊織「実際、あんた苦手なところもないけど得意なところもないでしょ」

響「あー……春香、確かにエラー癖あるしな。転ぶし」

春香「うう……だったら響ちゃんはどうなのさ!」



※水瀬式査定

A プロ級
B 甲子園級
C 高校球児級
D 草野球並み
E 運動音痴
F ひんそーでひんにゅーでちんちくりん
G 絶望的
27 :>>24 春海⇒春香 o rz [saga]:2013/09/05(木) 00:40:01.80 ID:GvDvc8xso
我那覇響

ショート・セカンド・サード・ファースト・センター・ライト・レフト
右投左打

パワー D
ミート D
選球 B
走力 A
送球 B
捕球 B
対エラー D

総合 B-(甲子園出場級)



春香「」

伊織「勝ってるところが一箇所もないわね」

響「あ、あはは……ええっと、自分、ピッチャーはできないからそこは負けてるぞ」

春香「」
28 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 00:52:34.28 ID:GvDvc8xso
響「ちょっと春香ー!? この時期に部屋の隅で毛布被って丸くなるなんて見てるほうが暑いさー!」

春香「ごめん響ちゃん、放っておいて? ごめんね、草野球の分際で甲子園夢見てごめんなさい」

伊織「フテ寝させるために見せたんじゃないわ。そんなんじゃさらに査定下がるわよ」

春香「じゃあ何のために見せたのよー……プロデューサーさんがそれを基準に起用してるってことは、プロデューサーさんの評価もそれと同じってことでしょ」

春香「メインヒロイン(笑) 守護神(笑) はるちはわっほい(失笑)」

春香「私は貝になりたい……私パールシェン♪」

響「干物の次はカビが生えるぞ春香ー」

伊織「馬鹿なことやってないでさっさと現実に帰ってきなさいよ! ほら!」バサッ

春香「ヴぁー」ゴロゴロ…
29 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 00:55:34.20 ID:GvDvc8xso
伊織「よーく見なさい、ほらここ!」

春香「うおっまぶしっ……え?」


天海春香

ピッチャー・ファースト
右投右打

パワー D
ミート D
選球 D
走力 D
送球 D
捕球 D
対エラー F
球速 D
コントロール D

総合 D(草野球選手並み)




成長性 A
30 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 01:04:22.32 ID:GvDvc8xso
伊織「いい? 人には向き不向きってのがあるわ。どうやっても成長しない、克服できない、そんな弱点だってあるの」

伊織「でも春香、あんたにはそれがない」

伊織「そりゃエラー癖はあるかもしれないけど、あんたはどの能力も伸ばせる素質を持ってるわ。羨ましいくらいに」

春香「……伊織?」

伊織「私だって、もっと色々な守備位置を守れる自信はあるわ。でもセカンドしか守れない」

伊織「肩が弱いからよ。それこそ、どんなに頑張っても人並み以下。どんなに際どい球に飛びつけたって、ファーストまで送球が届かない」

伊織「打てて守れて投げれて走れる選手? あんたならなれるのよ、本当に」

春香「……」
31 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 01:14:39.81 ID:GvDvc8xso
響「えっと、自分ピッチャーはできないけど」

響「ショートの守備は得意だぞ? 走塁も、盗塁だって教えてあげられる。自分完璧だからな!」

春香「響ちゃん……」

伊織「いい? 765プロの選手は全員あんたより優れたものを何かしら持ってるわ。そのノートに書いてある」

伊織「だから、あんたが伸ばしたいものを持ってる人と練習しなさい」

伊織「なるのよ、なりたいあんたに!」

春香「伊織……」

春香「よーし! プロデューサーさん、下克上ですよ、下克上!」

春香「絶対にレギュラーを勝ち取ってやるんだから!」
32 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 01:17:18.89 ID:GvDvc8xso


熱血!アイドル野球!


春香のI want編


-push start-
33 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/05(木) 01:32:39.80 ID:NfSNat+ho
友情タッグのフラグ作りからだな
34 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/05(木) 01:43:07.42 ID:GvDvc8xso
如月千早(ピッチャー)
精密機械 切れ味鋭いスライダー

秋月律子(キャッチャー)
IDキャッチャー リードセンス

三浦あずさ
変化球殺し 捕球センス

菊池真(サード)
選球眼 送球センス

萩原雪歩(ピッチャー)
プルヒッター 穴掘りフォーク

高槻やよい(ライト)
アッパースイング れぅザービーム

水瀬伊織(セカンド)
グラブトス バントセンス

双海亜美(センター)
飛びつき外野守備 盗塁センス

双海真美(ピッチャー)
左投手のクロスファイヤー ちんか⇒

我那覇響(ショート)
直感守備 走塁センス

四条貴音(レフト)
神主打法 バットコントロール

音無小鳥
天然ナックルボーラー 苦し紛れのパームボール
35 :>>34 あずささんはファースト、小鳥さんはピッチャー [saga]:2013/09/05(木) 01:50:53.62 ID:GvDvc8xso
・練習パートナーに選んだアイドルの水瀬式査定が公開されます。
(能力値以外にも特徴が記載されているので、響も情報が増えます)

・練習パートナーの守備位置、能力によって春香さんが育ちます。

・同じ練習パートナーでも何度も指名できます。何度も指名するとより深くパートナーの能力を学びます。

・練習パートナーの選択は5回です。5回目の選択後に試合が行われます。

・一回目の春香さんのパートナーを選択してください。
>>40

・本日はここまで。ありがとうございました。
36 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/05(木) 01:52:45.67 ID:Z30hzWWDO
ksk
37 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/05(木) 01:55:18.16 ID:sU0cKiO00

春海だと屍人の群れの中を突っ切る幼女になってしまう

安価は響で
38 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/05(木) 01:58:16.87 ID:Z30hzWWDO
ksk
39 :以下、新鯖からお送りいたします :2013/09/05(木) 02:01:18.93 ID:P8iowY4M0
ksk

40 :以下、新鯖からお送りいたします :2013/09/05(木) 02:01:23.15 ID:kEPNDtgU0
菊池真になってんぞ

安価は真で
41 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/05(木) 02:06:52.48 ID:GvDvc8xso
>>40
オーダーの時は間違えなかったのに……

大変申し訳ありませんでした。
42 :hspXOyAE0 ◆BiyV6GeoQo :2013/09/05(木) 02:13:41.89 ID:kEPNDtgU0
>>41
ただの変換ミスなことは分かってるから怒ってないよww
んじゃ、まこりん頑張ってねー
43 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/05(木) 08:22:09.34 ID:d9hruB9Yo
サクセスですよ!サクセス!!

44 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/05(木) 18:00:47.32 ID:Lz52iOWr0

満遍なく選ぶと結局可も不可もなくなる可能性もあるのか
45 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 22:31:59.53 ID:YlZkz+Koo


熱血!アイドル野球!


 春香のI want編


ニア continue 


<ネッケツ! アイドルヤキウ!  ワアアアアアア…!!
46 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 22:38:55.23 ID:YlZkz+Koo
春香「さて、気合を入れたはいいものの」ペラ

春香「誰に弟子入りするべきか」ペラ

春香「こうやって査定されてるの見てると、みんな得意なことと苦手なことがはっきりしてるんだよね」

春香「誰かから全部のことを教えてもらうっていうのは難しいみたい。ちゃんと何を教えてもらいたいか、決めて選ぶべきなのかも」

春香「春香さんは何でもできちゃいますからねー! いやー、困っちゃうなー!」

伊織「あんたは満遍なく草野球レベルでしょ」

春香「……あえて触れないであげることも優しさだと思うの、私」

伊織「別にほっといてあげてもいいけど、それはそれで見てらんない雰囲気になると思うわよ」
47 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 22:44:48.57 ID:YlZkz+Koo
春香「でも響ちゃんもそうだったけど、やっぱり全体的にレベルが高い人もいるね」

伊織「そりゃあ腐ってもスポーツだもの。やっぱり基本的な運動能力がものを言うわよ」

春香「なるほど! 春香さんは基本的に運動能力抜群だからね、だからこんなに基礎能力が高いんだね!」

伊織「……」

春香「……」

伊織「……」

春香「……ごめん、やっぱり突っ込んでもらっていい?」

伊織「もうちょっと丁寧にボケるなら考えてあげるわ」
48 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 22:53:23.10 ID:YlZkz+Koo
春香「うん。まずはやっぱり、全体的に評価されてる人に教えてもらうのが一番だよね」

響「おう! やっぱり春香はわかってるな、自分は教えるのだって完璧さ! ショートの守備のコツはね」

春香「真、君に決めた!」


菊地真

サード・ショート・セカンド
右投左打

パワー C
ミート B
選球 A
走力 B
送球 B
捕球 B
対エラー C

総合 B+(ドラフト候補並み)
49 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 22:56:54.99 ID:uIT0rFwB0
響、真でBか…
Aはいないのかな?美希はピッチャーだし…
50 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 22:59:06.87 ID:YlZkz+Koo
春香「総合も一番高いし、守備位置もファーストに次ぐ強打者のポジション、サード!」

春香「うんうん、万能選手な春香さんにぴったりな先生じゃないですか!」

春香「そうと決まれば弟子入りですよ、弟子入り!」ダッ


<マコトー! ヤキウシヨウゼー!!



響「……」

響「……コツはね?」

伊織「はいはい、セカンドにも通じるものがあるから聞いてあげるわよ」
51 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/06(金) 23:08:57.21 ID:uIT0rFwB0
なるほど…ネタ抜きって事ね理解した
52 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:09:33.12 ID:YlZkz+Koo
真「はあ……それでボクの所に来たと」

春香「そうそう、スポーツ万能な真なら野球のコツとかいっぱい知ってるでしょ?」

春香「手っ取り早く春香さんをオールCくらいに引き上げちゃってくださいよ!」

真「あのね、スポーツにもアイドル活動にも近道なんてないんだよ?」

春香「またまたー!」

真「参ったな……ボク教えるのって苦手なんだけどなあ」
53 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:17:13.01 ID:YlZkz+Koo
真「だいたい春香はどうなりたいのさ?」

春香「そりゃあもう、真のできることは全部できるようになりたいよ!」

真「そんなふうに言われてもなあ……サードの守備を教えてとか、バッティングのフォームを見てとかならまだやりようがあるんだけど」

真「ボクだって野球歴がそんなに長いわけじゃないし、元になってるのは空手の経験であって」

真「あ……空手」

春香「あ、何? すぐに上手くなるコツでも思い出したの? さっすが真!」

真「……うん、全体的にレベルアップしたいっていうんならアリかも」

真「じゃあ春香、これからボクが春香に突きを打つから。避けてみてね?」

春香「うん! ……へ?」
54 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:18:42.18 ID:YlZkz+Koo
真「それじゃ、行くよー」

春香「えっ真ちょっと待って、構えがあの、本格的すぎ」

真「まっこまっこりーん!(物理)」



ボッ!!!


55 :hspXOyAE0 ◆BiyV6GeoQo [saga]:2013/09/06(金) 23:19:51.85 ID:uIT0rFwB0
春香さんがお亡くなりになられた為このお話はこれでおしまいです
>>1の次回作にご期待ください
56 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:28:44.55 ID:YlZkz+Koo
(のヮの) 追いかけて振り逃げをして♪


( のヮ) そっと潜る私マーメイ♪


(    ) つかまえて隠し球グラブの影♪


(ヮの ) そうよ9回の裏♪


(のヮの) きっときっと「抗議」がはじまる♪
57 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:32:12.65 ID:YlZkz+Koo
春香「」

春香「」ハッ

真「あ、気がついた? ダメだよ、ちゃんと予告したんだから避けないと」

春香「えっ」

春香「いやいやいや、おかしいよね?」

春香「私今、砂浜でヘッドスライディングする走馬灯が見えたんだけど」

真「まさかー、ちゃんと寸止めしたじゃない」

春香「風圧で鼻が痛くなる寸止めって、私の知ってる寸止めと違う!」
58 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:38:50.79 ID:YlZkz+Koo
真「じゃあ次、春香の番ね」

春香「へ」

真「だから春香の番。ボクの突いてきてよ」

春香「いやいやいや、だからさっきから何言ってるの? 何やってるの?」

春香「だいたい私は寸止めなんかできないし、真を殴るなんてできるわけ」

真「寸止めはしなくていいよ」

真「それに、ボクに当てられたらサードのレギュラーは春香に譲ってあげる。これなら春香もやる気出たでしょ?」

春香「……」
59 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:44:42.53 ID:YlZkz+Koo
春香「ちょっと真、ふざけないで」

春香「私、真剣に教えてってお願いしてるんだよ?」

春香「それに、そんなのでレギュラーもらっても嬉しくない。私は上手くなりたいの!」

真「あ……」

春香「それに、いくら何でも殴ってこいなんて」

春香「いくら真が強いっていっても、万が一ってこともあるでしょ?」

春香「真は仲間だもん! 私、仲間にそんなことできない! したくない!」グスッ

真「春香……」

真「うん、そうだね。あんまりいいやり方じゃなかったよね、ごめん。じゃあちゃんと野球の練習で」

春香「隙あり!」ブンッ
60 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:47:35.79 ID:YlZkz+Koo
スカッ


春香「あれ?」


どんがらがっしゃーん
61 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/06(金) 23:54:03.81 ID:YlZkz+Koo
真「あははっ! さすが走馬灯に見るくらいなだけあって、春香はヘッドスライディング上手いね」

春香「うう……何で? 春香さんの演技は完璧だったよ、主演女優賞ものだったよ……?」

春香「しかも真、私が殴りかかる前にもう避けてたでしょ? 何で? バレバレだったの?」

真「いやあ、本当に春香に悪いことしたなって真剣に悩んじゃったよ?」

真「だから本当に隙ありだったね、春香が空手やってたら危なかったかも」

真「思わずカウンター入れそうになっちゃったから、転んでくれて助かったかな」

春香「」ゾクッ
62 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 00:02:37.34 ID:sWC7jfEQo
真「春香、汗すごいよ?」

春香「大丈夫、ちょっと生きてる喜びを味わってるだけだから」

真「そう? じゃあ、順に説明していこうか」

真「ます、正面から拳が来る。春香は目をつぶっちゃったよね」

春香「そりゃ目も閉じますよ! あんな早いパンチいきなり出されてどうしろってのよ!」

真「でも予告したよね?」

春香「私空手選手じゃないもん! あんなの見えないに決まってるでしょ!?」
63 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 00:09:57.62 ID:sWC7jfEQo
真「そう、見えっこないんだよ」

春香「へ?」

真「春香はボクならあれくらいの突きは止まって見えてるとか思ってるかもしれないけど、全然見えないよ」

春香「ええー!? じゃあそんなの私に避けろって言ってたの? ひどい、無理に決まってるじゃない!」

真「ううん、無理じゃないよ。見えないけど見えるからね」

春香「……どういうこと?」
64 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 00:18:15.84 ID:sWC7jfEQo
真「拳だけを見ようとすると反応できないんだよ」

真「でも、もっと広く見てみるとわかるようになる」

真「拳が動く前に腕が動く。腕が動く前に肩が動く。肩が動く前に足の踏み込みがある」

真「拳が動いてからじゃ反応できないけど、足が動くのを見て反応してるなら避けられる時間は十分ってこと」

春香「……じゃあ、真が先に避けてたのって」

真「春香、振りかぶっててわかりやすかったからね」

真「目をつぶっちゃったのもそう。拳だけ見てると急にくるからびっくりして目も開けてられないけど、もっと早くいつどこに来るかわかってれば心の準備はできるでしょ?」

春香「はー……なるほど」
65 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 00:26:28.67 ID:sWC7jfEQo
真「じゃ、ここからが本題」

真「拳を野球のボールとして考えたらどうかな?」

春香「!」

真「例えば打つ時、来たボールだけを見て打ってたら速い球とか変化球に対応できない」

真「でももっと前。ピッチャーの投げる瞬間、投げる前の腕の動き、投げる前の構え……そういう早いタイミングでどこに球がくるか判断できるなら」

真「あとは球が来る場所に力いっぱいバットを出すだけ。簡単でしょ?」

春香「簡単……かなあ?」
66 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 00:38:25.14 ID:sWC7jfEQo
真「守備もそう。いくら足が速くって反射神経がよくても、飛んできた球を見てから動いてたらとてもじゃないけど間に合わない」

真「もっとボールを手前で見て反応する。バッターの打ち方でどこに飛ぶかわかれば一番かな」

真「あとはどの辺りに球が飛んでくるか予想して、その近くに最初から移動しておく」

真「そうすれば、守備範囲はかなり広がるはずだよ」

春香「うーん……わかったような、わからないような」

真「あはは、頭でわかってても急には難しいと思うよ」

真「あとは意識して練習あるのみ! だね」

真「じゃあボクはこれからバッティング練習する予定だったから、春香はその打球でノックでもしようか」

春香「はっ!?」
67 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 00:45:29.24 ID:sWC7jfEQo
春香「えっ、あのっ、ノックってあれだよね、ゴロを捕る守備練習だよね?」

春香「真の打撃練習ってあの、無茶苦茶な速さのライナーばっかり」

真「まあまあ、何事も実践あるのみだよ」ガシ

春香「うっ! 春香さんちょっとまだ新しいグラブが馴染んでないからお手入れしないと!」

真「ノック100本も受ければいい感じに柔らなくなるよ、ちょうどよかったね!」

春香「ひゃっ……やだやだ、そんなのいきなり無理!?」

真「大丈夫、寸止めするから」

春香「ノックに寸止めも何も……誰か助けてーーーっ!」



カキーン カキーン カキーン カキーン カキーン ベチコォン  <ヘブッ!?
68 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 00:59:08.18 ID:sWC7jfEQo
カッキーン!


律子「深い! センター!」

真美「真美のちんか→が、打たれた……だと……」

春香「わっ……センターの頭越したの久しぶりかも」

真美「そんなっ、はるるん前までバットとボールの間30cmくらいあけて空振りしてたのに→!」

律子「練習とはいえ、確かに最近調子上がってきてるわね」

春香「前までの春香さんとは違うのよ真美! 新春香さんにかかればシンカー恐るるに足らず!」

真美「むむ〜っ小癪な! なら今度は本気でいくかんね→っ!」



真「へえ……一緒に練習した誰かが強くなるって、悪くないかも」


<ホームランッ  ブオォーン スカッ ドンガラガッシャーーーン グキッ

<ハ、ハルルーーーン!?

真「あっ」
69 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 01:02:44.66 ID:sWC7jfEQo
菊地真との練習を行いました!


天海春香

ピッチャー・ファースト
右投右打

パワー D
ミート D
選球 C ↑up!
走力 D
送球 D
捕球 C ↑up!
対エラー F
球速 D
コントロール D

総合 D(草野球選手並み)
70 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:17:22.07 ID:Z5dZhWTl0
ン?完結?
だったらお疲れ様
71 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 01:38:55.57 ID:sWC7jfEQo
・1回目のパートナー選択が終わりました。試合まであと4回。

・全体的に能力が高いからといって、教えるのが上手いとは限りません。
 逆もまた然り。

・一度に伸ばせる能力は2〜3項目程度です。

・パートナーの選択時、どんなことを教わりたいか指定できます。
 パートナーの得意分野にあった内容ならボーナスがつくかも。逆に苦手分野だと……

 例:千早ちゃん、スライダーを教えて!まっ平らに滑るスライダーを!
   あずささん、ホームランが……打ちたいです……
   真や響ちゃんがヒマワリなら、律子さんはひっそりと日本海に咲く月見草

・2回目の春香さんのパートナーを選択してください。
>>76
(アイドルたちの特徴>>34

・本日はここまで。ありがとうございました。
72 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:39:46.31 ID:OPNB/ICDO
律子
73 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:42:37.43 ID:Z5dZhWTl0
おぉ続いたか
とりあえずksk
74 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:43:08.48 ID:OPNB/ICDO
ksk
75 :以下、新鯖からお送りいたします :2013/09/07(土) 01:44:19.24 ID:Z5dZhWTl0
貴音
76 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:44:21.64 ID:x+awjEIA0
響で
77 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:44:34.78 ID:OPNB/ICDO
雪歩
78 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:48:53.56 ID:Z5dZhWTl0
響か…まぁ、展開的にはやりやすいか…
いきなり765運動得意な2人に教わるとか幸せすぎ

>>76は何教わるか指定しないといけないんじゃないの?
79 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:50:49.60 ID:XcsQCeHRo
指定できます、だから指定しなくてもいいんじゃない?
80 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 01:52:54.19 ID:x+awjEIA0
すまん、遅れた

盗塁と思ったけど…春香さんこけるよなorz
直感を生かした守備でおねがいします
81 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 02:18:55.16 ID:sWC7jfEQo
>>76>>80
響了解。
明日も時間がとれそうなので、夜に書けると思います。
82 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 11:26:14.77 ID:QqSVZ5vyo
今更だけどれぅザービームで笑ってしまった
83 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 21:23:55.02 ID:+DHPq4Ivo


熱血!アイドル野球!


 春香のI want編


ニア continue 


<ネッケツ! アイドルヤキウ!  ワアアアアアア…!!
84 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 21:29:19.32 ID:Z5dZhWTl0
がなはる期待!
85 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 21:29:57.30 ID:+DHPq4Ivo
真「はい、ラストーッ!」カキーン

春香「とおっ!」バシッ

真「OK! いい感じだね、一歩目がずいぶん早くなったんじゃない?」

春香「ふふふ……ざっとこんなもんですよ、こんなもん」

真「あははっ、生まれたての小鹿みたいに足が震えっぱなしじゃなきゃ格好ついたんだけどね」

春香「……真、ベンチまでおんぶして? 動けない」

真「急に立ち止まるからだよ。ゆっくり屈伸して、クールダウンさせないとね」
86 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 21:34:02.10 ID:+DHPq4Ivo
春香「さてさて」ペラリ

真「またそのノート?」

春香「次は誰に教わろうかなーってね」

真「そうだね……そういえば、春香ももったいよね」

春香「ん?」

真「せっかく守備も上手くなってきたけど、守備位置はファーストだけでしょ?」

真「あずささんは打つうえに、キャッチングも上手いからね。もうちょっといくつか守れるポジションが増えれば出番も増えるのにってさ」

春香「……」パタム

春香「……それだ!」
87 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 21:35:42.32 ID:+DHPq4Ivo
バターン!!


春香「というわけで、響ちゃんっ! 守備教えてっ!」


響「うぎゃーっ!? 春香、今シャワー中だぞ!? ドア閉めてよーっ!?」
88 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 21:43:59.72 ID:+DHPq4Ivo
我那覇響

ショート・セカンド・サード・ファースト・センター・ライト・レフト
右投左打

パワー D
ミート D
選球 B
走力 A
送球 B
捕球 B
対エラー D

総合 B-(甲子園出場級)


スタミナ B
メンタル D
成長性 C

・765マーメイズ1の俊足。
・キャッチャー以外の全てのポジションを守れるユーティリティープレイヤー。
・感覚でプレーしている節があり、フィルダースチョイスなどのエラーをちょいちょいやらかすのが玉に瑕。
・内野ゴロをほぼヒットにできるのが強みだが、小柄なためか強打はやや苦手。
89 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 22:03:42.60 ID:+DHPq4Ivo
響「ううー……少しはタイミング考えてよ! というか、普通はシャワー出てくるのくらい待つでしょ!?」ゴシゴシ

春香「我慢できなかった。今は反省している」

響「それに、前は自分が教えようっていうのに真の方に行っちゃったくせに……調子いいぞ」

春香「春香さんはイケメンだからね。たくさんの子とのカップリングを求められちゃってるから仕方ないね!」

春香「……いや、それにしても」

響「?」タユン

春香「最近着やせしてるなーとは思ってたけど、これほどとは」

響「ちょっ……春香? 目がなんか恐いんだけど……」

春香「ダイジョーブ、減りはしないから」ジリジリ

響「何それこわい……うぎゃーっ!?」

春香「暴れんな、暴れんなよ……!」
90 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 22:09:31.60 ID:+DHPq4Ivo
響「……はい、じゃあ練習始めるぞ」

春香「響ちゃん、顔が痛いんだけど」

響「いきなりあんなことするからだぞ」

春香「ん? あんなことってどんなことかな? 春香さん何がダメだったかはっきり言ってもらわないとまたやっちゃうかもなー?」

響「春香、最近プロデューサーと似てきたな」

春香「ちょっ、響ちゃんプロデューサーさんと何してんの!? プロデューサーさんも響ちゃんに何やっちゃってんの!?」

響「さてねー? なんくるないさー」
91 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 22:27:18.48 ID:+DHPq4Ivo
響「じゃあ、さっそくショートの守備について教えるぞ!」

春香「待ってました先生!」

響「へへっ、ショートっていうのは内野守備の要なんだ」

響「一塁から遠いし、内野の中だと一番深いところを守ってるからな。自分が抜かれたら点をとられる! くらいの意識が必要なポジションだと思うぞ!」

春香「キャッチだけじゃなくて、足の速さと肩の強さも大事なポジションだね」

響「でもなんくるないさー! あれこれ考えすぎるのもよくない、とにかく打球を止めることが大事!」

響「球がビューッときたらバシッと止めてシュパッと送球だぞ!」

春香「……ん?」
92 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 22:32:06.33 ID:+DHPq4Ivo
響「ん? 春香、どうしたの?」

春香「んー……いや、何でもないよ。ちょっと最後の方がよく聞こえなかったからもう一度お願いしていいかな?」

響「えー? ちゃんと聞いててもらわないと困るぞ。えっとね」

響「こう……グワッと球がくるから、ズワッと捕ってシュピッと送球! わかった?」

春香(アカン)
93 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 22:43:29.71 ID:+DHPq4Ivo
響「よし! それじゃあ実践練習いくぞー!」

春香「待って待って待って!」

春香「本当にそれだけ!? それだけなの!?」

響「これだけだぞ?」

春香「いやいやいや、私一塁しか守ったことないんだよ!? もっとほら、ベースカバーについてとか送球のコツとか色々あるでしょ!?」

響「んー?」

春香「えっ、何その顔……私の方が間違ったこと言ってるっけ?」
94 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 22:48:34.57 ID:+DHPq4Ivo
響「えっと……じゃあ逆に聞くけど、ファーストで大事なことって何だ?」

春香「へっ?」

春香「えっと……それはもちろん、送球をキャッチすることだよ」

春香「とにかく、他のポジションで止めてくれた球も最後にファーストが捕らないとアウトにならないもん」

響「おおっ、わかりやすくていいな! だから春香はファーストが守れるんだな!」

春香「……どういうこと?」
95 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:09:56.22 ID:+DHPq4Ivo
響「春香は考えすぎなんだぞ。ファーストもショートも同じ内野手なんだ」

響「バッターとの距離はすぐ近く。打球はすぐに、もの凄い速さで飛んでくる」

響「確かにやることはいっぱいあるかもしれないけど、考えてから動いてちゃ間に合わない」

響「守備位置についたら、自分の捕れる球を捕ることだけ考えるんだ」

響「他のことは何も考えずに、頭の中空っぽにして……とにかくバッターに集中して」

カキーン

春香「……!? 響ちゃん、危なっ」

バシッ

響「来た球を捕るだけ。わかりやすいだろ?」ニッ

春香(えっ……今、後ろからきた球なのに、振り向かずに捕った……!?)
96 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:14:32.41 ID:Pz6fy65RO
モン太かよ
97 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:20:43.42 ID:Z5dZhWTl0
響って教えるのは得意じゃなかった?
亜美真美に勉強教えたりするみたいだし
擬音語が多いのは真の特徴だね
98 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:24:05.12 ID:+DHPq4Ivo
響「あとはそうだな……あっ、一個だけあったぞ、コツ」

春香「なになに? ちょっとこれだけだと不安だから教えて!」

響「コツっていっても、頭の中空っぽにするコツだけどな」

響「ショートの一番大事なことは、周りのみんなに任せることだぞ」

春香「え?」

響「ファーストはさ、自分で遠くまでボール捕りにいったりしないだろ?」

春香「そりゃ、ファーストが塁にいないとアウトにできないからね」

響「ショートも同じ。自分以外の人が捕りにいくなら、ショートは必ずそのカバーに入らなきゃならない。ベースが空っぽだとアウトが取れないからね」

響「だから、他の人が捕れる球なら任せる」

響「仲間が必ず止めてくれるって信じるんだ。そうすれば、迷わずにカバーに走れる」

響「春香、真に何か教わったんでしょ? 前よりも周りがよく見えてる」

響「だったら、後は練習さえすれば自分のやることが考えなくてもわかるはずだぞ」
99 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:32:11.46 ID:+DHPq4Ivo
律子「次、二遊間いくわよ!」

カキンッ

春香「……!」ダッ

伊織「!」

ザッ バシッ!!

律子「OK! 伊織、さすがのフィールディングだわ! 春香もカバー早かったわよ!」


伊織「……春香。今のって結構微妙な球だったと思うけど、よくカバーに行ったわね」

伊織「普通、あそこはどっちかが合図出すものだと思うんだけど」

春香「え、だって伊織なら届くよね? 私だとたぶん、まだちゃんと捕れないと思ったから」

伊織「……へえ」
100 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:44:30.57 ID:+DHPq4Ivo
律子「ふーん……随分迷わずに動くようになったわね、春香」

響「春香ってあれこれ考えて、自分がやれる以上のこと無理してやって失敗するタイプだからな」

響「もともとあれだけ人を信じるのが得意なんだから、何も考えないくらいの方が連携も上手くいくもんさ」

律子「はあ、理論派としては理解すづらい感覚だわ」

律子「変な教え方してたってのもそれで?」

響「あれ、何で律子が知ってるんだ?」

律子「春香が半泣きで頭抱えてたからよ……グワッズワッシュピッて何なの!? ってね」

律子「あんただったらもっと上手く教えられたんじゃないの?」

響「習うより慣れろってやつさ。春香は集中すると凄いからな」

響「それと……一番手とられたから、ちょっと仕返しだぞ」


真「っくしゅん! ……ん?」
101 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:47:57.86 ID:+DHPq4Ivo
我那覇響との練習を行いました!


天海春香

ピッチャー・ファースト
右投右打

パワー D
ミート D
選球 C
走力 C ↑up!
送球 D
捕球 B ↑up!
対エラー E ↑up!
球速 D
コントロール D

総合 D+(草野球エース並み)
102 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:53:17.66 ID:+DHPq4Ivo
・2回目のパートナー選択が終わりました。試合まであと3回。

・ランクアップしなかった項目にも経験値が入っていることがあります。
 特にB→Aへのランクアップは難しいため、何段階か経験を積むことが必要かもしれません。

・パートナーの選択時、どんなことを教わりたいか指定できます。
 内容の指定は任意です。しなくても大丈夫。
 ボーナスがつく場合もありますが、逆の場合もありますので。

・響は賢い。

・3回目の春香さんのパートナーを選択してください。
>>108
(アイドルたちの特徴>>34

・本日はここまで。ありがとうございました。
103 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:54:10.54 ID:OPNB/ICDO
ksk
104 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/07(土) 23:54:32.22 ID:+DHPq4Ivo
>>101訂正

天海春香

ピッチャー・ファースト・ショート ←new!
右投右打

パワー D
ミート D
選球 C
走力 C ↑up!
送球 D
捕球 B ↑up!
対エラー E ↑up!
球速 D
コントロール D

総合 D+(草野球エース並み)
105 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:54:45.17 ID:Z5dZhWTl0
乙!安価絶対とおいって…
106 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:55:49.11 ID:OPNB/ICDO
ksk
107 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:55:59.39 ID:c8RMOd8Vo
ksk
108 :以下、新鯖からお送りいたします :2013/09/07(土) 23:56:05.35 ID:Z5dZhWTl0
器用貧乏になるのはあれだからまた真で
109 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:56:15.52 ID:OPNB/ICDO
雪歩
110 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:56:28.86 ID:x+awjEIA0
ゆきほ
111 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:58:46.47 ID:+DHPq4Ivo
真、了解です。
安価遠いか……次回からはもう少し近くします
112 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/07(土) 23:59:33.79 ID:Z5dZhWTl0
>>108
教えるのは打撃関連でなんでもいいよ
響にコーチ役とられて嫉妬してライバル心燃やした設定があったらいいなぁ〜とは思うけど…
113 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/08(日) 00:03:11.73 ID:EyIrFmxpo
ここは守備の名手なはるるんも面白い。けど普通に強いオールCが春香らしいのかね
114 :1 [sage]:2013/09/08(日) 00:14:37.20 ID:7MvkV2C/o
ちなみに捕球はこんなにすんなりBに上げるつもりはなかったです。
C+をはさむ予定でした。

当初の響練習でのパラメータUPの予定 → 走力・捕球・選球up

内容指定による補正で守備に集中し、捕球・対エラーにボーナス、ショートの守備適正を獲得しました。
115 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/08(日) 18:39:38.33 ID:CuGw3u+Mo
このまま行くと荒木井端みたいになるな
116 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/15(日) 22:26:07.32 ID:1JqHBvMDO
まだか
117 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 13:39:46.98 ID:UCx7aatgo


熱血!アイドル野球!


 春香のI want編


ニア continue 


<カッキーーン!! ネッケツ! アイドルヤキウ!
118 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 13:42:50.70 ID:UCx7aatgo
【お知らせ】

>>34のアイドルたちのリストに美希がいませんでした。
今回新規で追加したリストを作ります。
119 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 13:47:40.70 ID:UCx7aatgo
真「二遊間いくよーっ!」カキーン!!

伊織「だからノックでライナー打つなって言ってるのにあのバカ……!」

春香「ヴぁいっ!」バシィ!

伊織「!?」


律子「本当、春香の守備は見違えたわね」

響「そりゃー自分直伝だからな! 春香も飲み込みいいし!」

貴音「まこと……特に飛びついての捕球は素晴らしいですね。後ろを守る身としては頼もしい限りで」

律子「ショートが守れるようになったのは大きいわよ。内外野どこでも守れて代走もできる響こそ、うちでは控えにいてほしいんだから」

貴音「では、春香は正遊撃手になるのですか?」

響「えっ」
120 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 13:51:16.96 ID:UCx7aatgo
真「次いくよー!」ガキンッ!!

伊織「今度はショート真正面……あんた、ノッカーやるならもっと上手く打ち分けなさいよ!」

伊織「春香、イージーよ!」

春香「オーライ!」


スカッ


春香「あら?」

伊織「ちょっ……なんで飛びつくのは安定してて、真正面は捕り逃すのよ!?」


貴音「……実に美しいふぉーむのとんねるでしたね」

律子「……あのエラー癖をなんとかしないことにはねえ」

律子「それに、レギュラーをとるなら課題はそれだけじゃないわよ」
121 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 13:55:50.37 ID:UCx7aatgo
美希「えいっ」ビシュッ

春香「……」スッ

あずさ「ボールね。春香ちゃん、本当に見極め上手くなったのね〜」パシッ


美希「んじゃ、もう一球いくの! えいっ!」ビシュッ

春香(これはカーブ! 入ってくる……!)

春香「もらった!」


ガキッ


伊織「はい、セカンドゴロね」

春香「あれ〜?」
122 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:01:05.63 ID:UCx7aatgo
律子「球はしっかり見れるようになったんだけど、芯でとらえられないのよね」

律子「むしろコースの見極めができるようになったせいで、際どいコースでも当てにいって凡打が増えてるのよ」

貴音「確かに……すいんぐに乱れを感じますね」

律子「響なら内野ゴロでもヒットにできるから問題ないけど、春香はそこまでじゃない」

律子「一番打者の響を下げて代わりに使うかと言われると……悩みどころよね」

響「……なんか複雑な気分」
123 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:09:09.60 ID:UCx7aatgo
春香「ぬああああああん! どうして打てないんだもおおおおおおおん!」バシッ!

千早「春香! グラブを投げるのはよしなさい、道具を粗末に扱うのはよくないわよ!」

春香「エースピッチャーなうえに強打者な千早ちゃんにはわかりませんよーだ!」

千早「もう……それに、私はバッターとしては優秀な方ではないわよ」

春香「……まさか千早ちゃんがそんな嫌味ったらしい人だとは思わなかったなー、春香さん傷ついちゃうなー」

千早「事実を言ったまでよ。それだけうちのバッターのレベルが高いとも言えるでしょうけど」

春香「……例えば?」
124 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:14:31.04 ID:UCx7aatgo
千早「バッターとして一番バランスがいいのは四条さんだと思うわ」

千早「どんな球でも安定して当てられるし、左右への打ち分けも上手いもの」

春香「あー……貴音さんは確かに。ピッチャーやった時はどこに何投げても打たれる気しかしなかったなあ」

千早「他にも、強打者としてならあずささんが一番恐いわね。安定して飛距離が出せるうえに、変化球打ちが得意なんだから」

春香「完全にボールのカーブをホームランにされた時はどうしようかと思ったよ……」

千早「飛距離を出せる人なら萩原さんや高槻さんもいるわね。あの二人に当てられると厳しいわ」
125 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:18:34.03 ID:UCx7aatgo
春香「うーん……そういえば、あの二人に投げるのは恐かったかも」

千早「それに、巧打者としてなら一番恐い真がいるわ」

千早「際どい球も、渾身の直球もしっかり打ち返されてしまうし……足もあるからゴロでも安心できないわね」

春香「……あれ? もしかして恐くないバッターの方が少ない?」

千早「かもしれないわね。我那覇さんもバットに当てさえすればあの俊足があるし、伊織や亜美のバントの上手さも投げる方にしてみれば厄介だわ」

春香「……もしかして、一番相手にして楽なバッターって」

千早「……春香かもしれないわね」

春香「」
126 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:28:05.63 ID:UCx7aatgo
真「で、またボクのところに来たわけ?」

春香「緊急事態ですよ緊急事態!」

春香「バリー・ボンズも真っ青と言われた強打者の春香さんが!」

春香「まさか一番恐くない打者とまで言われてしまうなんてっ!」

真「毎度のことだけど、その自分に対して全力でポジティブな姿勢には感心するよ。安定感あるよね」

春香「前向きなのは主人公の特性なんで!」

真「で、どうしてほしいのさ?」

春香「マコえも〜ん、打席に入ったら全球ホームランになるようなバッティング教えて〜!」

真「……ボク、今日はもう上がってもいいかな?」
127 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:33:05.76 ID:UCx7aatgo
真「まあ、確かに春香がバッターとして恐くないってのはわかるけどね」

春香「えっ、何で?」

真「だって春香、ストライクゾーンにボールが入ってきたら全球当てにいってるでしょ?」

春香「だって当てないと三振しちゃうわけだし……みんなそうじゃないの?」

真「うーん……それは違うと思うな」

真「ボクたちバッターは三回ストライクをとられると三振になる……でも、それは二回までならストライクをとられていいってことなんだよ」

真「得意なコース、得意な球種……打ちやすいボールを待って、早いカウントでは際どいボールに手を出さないっていうのも大事だと思うよ」

春香「得意なコース、得意な球種……」

真「……ないの?」

春香「ないかも……」
128 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:38:56.07 ID:UCx7aatgo
真「んー……そういう時は素振りじゃないかな」

春香「実践練習の方がいいんじゃないの?」

真「型っていうのは大事だよ。空手でも実戦でいざという時に決められるのは何度も型の練習をした技だしね」

真「何も考えずに、振りやすいように素振りしてみなよ」

春香「まあ、真がそう言うなら……」
129 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:44:41.53 ID:UCx7aatgo
ブンッ ブンッ ブンッ

春香「……どう?」

真「見事に1スイングごとにブレてるなあ」

真「いい? 飛んでくるボールのことは考えずに、自分の一番振りやすい位置を探すんだ」

真「見つかったら、高さもフォームもそこで固定する。春香の場合、もうちょっと低い位置で振るようにしたらいいんじゃない?」

春香「えっと……こうかな?」


フォンッ!


春香「!」

真「ん、何か違った?」

春香「うん、今のはいつもより楽に振れた気がする!」
130 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:49:58.56 ID:UCx7aatgo
真(球をよく見ようとしすぎてるせいか、前傾姿勢になりすぎだったんだよね)

真(いつでもどこでも当てにいけるようにって、常に肩に力が入ってる状態だった)

真(スイング位置を低くすれば肩の位置が下がる。余分な力も抜ける)

真「うん、いい感じにフォームが固定されてきたね」

真「じゃあ、次はビデオに録って確認してみようか」
131 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:53:26.90 ID:UCx7aatgo
春香「これで何がわかるの?」

真「へへっ、律子に頼んで作ってもらったんだけどね」

真「このカメラはレンズに線を入れてもらってて、スタンドとカメラ位置を固定して録れば」

真「こんなふうに映るんだ」

春香「あ……ストライクゾーンがわかるようになってる!?」

真「だいたいの目安だけどね。これで自分のスイングを確認すれば、どの位置のボールが自分にとって一番打ちやすいかわかるでしょ?」

春香「うん、わかる……私が得意なコースは」

春香「内角低め!」
132 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 14:59:57.10 ID:UCx7aatgo
ブンッ ズバーン!

律子「雪歩……今日は球が走ってるわね」

雪歩「えっ!? そそ、そうですか!?」

千早「ええ。私じゃ当てられても力負けしそうね……フォークと投げ分けられると当てられるかどうか」

律子「なら、少し実戦形式でやってもらおうかしら……えっと、春香ー!」
133 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:03:53.03 ID:UCx7aatgo
律子「それじゃ10球! 雪歩、リード通りにいくわよ!」

雪歩「は、はいっ! 頑張りますぅ!」

春香「……」スッ


千早(あら? 春香のフォームってあんな風だったかしら)

千早(背筋が伸びて、スタンスも広くなってる……?)
134 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:07:59.03 ID:UCx7aatgo
ビシュッ ズバーン!!

律子「いいわよ! この球の走りなら、今日は先発でいくのもアリかもしれないわね!」

雪歩「そそそ、そんな!? 褒めすぎですよぅ!」

雪歩(でも、私が先発? うん……今日は肩が軽いし、フォークもしっかり指にかかってるし)

雪歩(もしかしたら私だって……!)ビシュッ


春香(……内角低め、ストレート!)グンッ


カッ
135 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:15:22.58 ID:UCx7aatgo
キーーーーーーーンッ!!!

雪歩「!?」

律子「!?」


千早(この前までのスイングスピードじゃない! 萩原さんの直球を力負けせずに引っ張るなんて……!?)

千早(あれがもし、球威に劣る私の直球だったら……)ゾクッ
136 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:20:26.83 ID:UCx7aatgo
春香「……ふ」

春香「ふふふっ」

春香「やった! やりましたよ! 春香さん打撃覚醒ですよ、覚醒!」

春香「ねえ千早ちゃん見た? 今の見た!? 春香さん恐い!? 恐いでしょ!?」

千早「え、ええ。でも何というか……そうやって調子に乗られると威厳も吹き飛んで恐くなくなるわね」

春香「えっ」


律子(選球眼にフォームがついていったか……これは、起用法にも幅が出てきそうね)

雪歩「はうぅ……春香ちゃんに打たれた……渾身のストレートだったのにぃ……穴掘って埋まってますぅ……」
137 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:24:33.35 ID:UCx7aatgo
菊地真との練習を行いました!


天海春香

ピッチャー・ファースト・ショート
右投右打

パワー C ↑up!
ミート C ↑up!
選球 C+ ↑up!
走力 C 
送球 D
捕球 B 
対エラー E
球速 D
コントロール D

総合 C(高校球児並み)


内角低めが得意球になりました!
138 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:34:32.48 ID:UCx7aatgo
菊地真選択による能力情報の追記。


菊地真

サード・ショート・セカンド
右投左打

パワー C
ミート B
選球 A
走力 B
送球 B
捕球 B
対エラー C

総合 B+(ドラフト候補並み)


スタミナ A
メンタル D
成長性 C

・総合力は文句なしで765マーメイズ1。
・動体視力・瞬発力に特に優れ、攻守に大活躍!
・低めの球を打つのが得意で強打者の素質は十分だが、打球がゴロやライナー性になりやすく、打球の方向の調整も苦手。
・唯一の弱点はメンタル面。素直で惑わされやすいので、相手によっては大きく調子を崩すかも?
139 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:49:32.77 ID:UCx7aatgo
【765マーメイズ選手リスト】

如月千早(ピッチャー)
精密機械 切れ味鋭いスライダー 鉄壁フィールディング

秋月律子(キャッチャー)
IDキャッチャー リードセンス 参謀

三浦あずさ(ファースト)
変化球殺し 捕球センス ナチュラルパワーヒッター

菊地真(サード)
選球眼 送球センス ローボールヒッター

萩原雪歩(ピッチャー)
プルヒッター 穴掘りフォーク ストロングショルダー

高槻やよい(ライト)
アッパースイング れぅザービーム ガルウィング走法

水瀬伊織(セカンド)
グラブトス バントセンス 内野連携

双海亜美(センター)
飛びつき外野守備 盗塁センス 小悪魔な小技

双海真美(ピッチャー)
左投手のクロスファイヤー ちんか→ 不屈のワンポイント

星井美希(ピッチャー)
ふるふるムービング 快眠回復 星の煌めきを感じる

我那覇響(ショート)
直感守備 走塁センス ユーティリティープレイヤー

四条貴音(レフト)
神主打法 バットコントロール 広角打法

音無小鳥(ピッチャー)
天然ナックルボーラー 苦し紛れのパームボール 音無流妄想術
140 :以下、新鯖からお送りいたします [saga]:2013/09/21(土) 15:54:34.87 ID:UCx7aatgo
・3回目のパートナー選択が終わりました。試合まであと2回。

・投下が不定期で遅く、申し訳ありません。

・レギュラーを勝ち取るのであれば、現在のレギュラーの誰かを蹴落とすアピールポイントが重要です。
 逆にレギュラーを狙わず、スーパーサブを目指す選択肢もなきにしもあらず。

・なお雪歩メンタル粉砕により、この後の試合は負けたもよう。

・4回目の春香さんのパートナーを選択してください。
>>142
(アイドルたちの特徴>>139

・本日はここまで。ありがとうございました。
141 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/21(土) 15:55:27.27 ID:+I59aAhao
千早
142 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/21(土) 15:55:42.78 ID:fq7NUKtDO
雪歩
143 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/21(土) 15:57:19.20 ID:aG1cfLvVo
貴音の神主打法が妙に納得できるな
鉄壁フィールディングもだけども
144 :以下、新鯖からお送りいたします :2013/09/21(土) 16:38:07.63 ID:UCx7aatgo
>>142
雪歩了解。
できれば投手として練習するか、野手として練習するかだけでも指定をいただきたいです。
本日中に指定のない場合、投手練習か野手練習かだけは再安価で決めます。
145 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/21(土) 17:41:30.81 ID:HbS89xNE0
面白いな期待
146 :以下、新鯖からお送りいたします [sage]:2013/09/21(土) 20:06:28.58 ID:fq7NUKtDO
野手練習で
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:01:08.34 ID:81e7NRzAo


熱血!アイドル野球!


 春香のI want編


ニア continue 


<カッキーーン!! ネッケツ! アイドルヤキウ!
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:04:54.79 ID:81e7NRzAo
ビシュッ ズバーン 

シュルル スパーン

千早「おはようございます」

亜美「お? 千早お姉ちゃん、今日は早いね!」バスッ

千早「ええ。今日は先発だから、早い時間のうちに調子を整えておきたくて」

千早「……今日は亜美と真美だけ?」

真美「ゆきぴょんとあずさお姉ちゃんは会議室の方に行っちゃったよ」

亜美「こないだはるるんに打たれてから調子が上がんないんだって。あれはじゅ→しょ→だね」

千早「美希は?」

真美「今日はやる気を上げる日なの!って言ってたよ」

千早「そう……先発とはいえ、うちは層が薄いからもしもの時のためにベンチにはいてほしいんだけど」
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:13:48.46 ID:81e7NRzAo
真美「先発二人、中継ぎ二人しかいないもんね→」ビシュ

亜美「ピヨちゃんは戦力として数えらんないしね→」バスッ

千早「……春香がいれば、もう少し楽になるんだけどね」

真美「あ→、はるるん体力はあるもんね→。打たれても長い間投げてくれるし」

亜美「いやいや、はるるんにピッチャーされると野手が8人しかいなくなっちゃうYo!」

真美「んー、確かに真美たちにも守れる位置はあるけど、控えなしはちょっとね→」

千早「チームとしての頭数が足りないのよね……まあ、ないものねだりをしても仕方ないのだけど」
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:20:00.95 ID:81e7NRzAo
千早「じゃあ亜美。悪いけれど、一段落したら私の方も受けてくれる?」

亜美「おっけ→。んじゃ真美、持ち球一通り投げたら一息入れよっか」

真美「らじゃ→」ビシュ


ガチャ


春香「おっはようございまーす!」
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:28:02.38 ID:81e7NRzAo
亜美「あれっ、はるるんじゃん!」ズバーン

真美「ブルペンに来るのは久々だよね。噂をすればってやつ?」

千早「春香……投球練習をしに来たの?」

春香「えっと、すみません……打撃練習に」

千早「打ち込みなら悪いけど、マシンを使ってもらえないかしら……今日は捕手がまだ亜美しかいなくて」

春香「いやいやいや! ちょっとアドバイスをもらいにきただけでね!」

千早「ピッチャーに打撃のアドバイスを?」

春香「うん、ちょっと雪歩にね」

亜美「oh……」

真美「ひどいタイミングですな→」
152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:36:37.51 ID:81e7NRzAo
昨夜


フォンッ フォンッ

真「春香のスイングもかなり鋭くなってきたね」

春香「うん、自分でもそう思う……けど」

真「あれ? 春香にしては珍しいね、いつもだったら調子に乗ってるのに」

春香「失礼な! 春香さんは謙虚ですよ、謙虚なメインヒロインですよ!」

真「はいはい。で、何か納得がいかないわけ?」

春香「うーん……納得いかないというか、速球打ちがね」
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:45:23.37 ID:81e7NRzAo
真「十分な上達だと思うけど?」

春香「……この間、雪歩の直球を打ったんだけどね」

春香「これ以上ないくらいのタイミングで、試合中ならきっとヒットになったと思うんだけど」

真「けど?」

春香「前に外野オーバー打った時よりジャストミートだったはずだったけど……ゴロだったの」

春香「それに打った直後はよかったんだけど、あの後手が痺れて……あれが試合だったら、裏の回でまともに守備につけたかどうか」

真「あー……なるほどね」
154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 13:52:45.52 ID:81e7NRzAo
春香「よく考えてみて、思ったの。完璧に打ち勝ったと思ってたけど、あれは力負けしてたんだって」

春香「やっぱり私は変化球より直球の方が得意だし、だったら力負けはなくしたいって」

真「うーん……ボクも打球を上げるのは苦手だからね。こればかりは教えられないかなあ」

春香「真も?」

真「そもそもボクはそんなに力を込めて打ってないからね。スイングのスピードで打ってる感じかな」

真「そういうふうにしっかり力で打ってる選手っていったら、やっぱりあずささんとかやよいになるだろうね」

春香「うん……でもあの二人って」

真「そうだね……やよいは全身を使ったアッパースイングだし、あずささんも体をひねってためを作るフォームだし」

真「二人の長打力を取り入れるとしたら、またフォームに手を入れる必要があるかも」
155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:00:51.06 ID:81e7NRzAo
春香「地道にタイヤでも叩くしかないのかなあ」

真「あはは……そういえばクレーンで吊り下げた鉄球で特訓してた漫画もあったっけ」

春香「それ大丈夫だったの?」

真「試合で一発打ったら骨が砕けてたよ」

春香「もう(練習方法が)ないじゃん……」

真「まあまあ、やっぱり地道に練習で鍛えるしか……ん?」

真「そっか……春香に近いフォームの強打者がいたよ」

春香「え?」
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/22(日) 14:08:29.15 ID:8FbZoOaAo
巨人の星だっけか鉄球のやつ。
アニメの花形の鉄球の後の打撃の迫力は凄かった覚えがある
157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:08:43.14 ID:81e7NRzAo
春香「それで雪歩なわけなんだけど」


萩原雪歩

ピッチャー・レフト
右投右打

パワー B
ミート D
選球 G
走力 F
送球 C
捕球 E
対エラー E

球速 B
コントロール D

総合 E(運動音痴)


亜美「これ、いおりんのところの評価なの?」

真美「ぼろくそじゃんYo!」

千早「まあ、わからなくもないけれど」
158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:15:26.74 ID:81e7NRzAo
春香「でもほら! パワーの評価はすごいでしょ!」

春香「基本的にピッチャーで、そんなに打撃練習もしてないのにこの査定……何か秘密があると春香さんは見たね!」

真美「そういえばこの前の試合でもホームラン打ってたよね」

亜美「あずさお姉ちゃん以外だと一番ホームラン打てるんじゃない? だいたい三振してばっかだけど」

千早「確かに、直球を打ち返す力は萩原さんが一番かもしれないわ」

千早(……当たればね)

春香「それで、雪歩はまだ来てないのかな? できれば試合前にアドバイスもらいたくって」

亜美「あ→……ゆきぴょんは今はだねえ……」
159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:24:20.26 ID:81e7NRzAo
雪歩「……」ドンヨリ

あずさ「雪歩ちゃん? そんなに落ち込まないで、ね?」

雪歩「いいんです、無理にフォローしなくって……」

雪歩「初先発でアウト1つもとれずに四球で満塁にしちゃうようなピッチャーなんて」

雪歩「3回途中で8失点もしちゃうようなピッチャーなんて」

雪歩「こんなダメダメなピッチャーなんてもうマウンドに上がらない方がいいんですぅ……ブルペン裏で穴掘って埋まってますぅ……」

あずさ「大丈夫よ、そんな一試合の不調なんて気にしないで」

雪歩「うぅ、今日も投球練習なのに3回も暴投しちゃうし……もう打撃投手としても生きていけないんですぅ」

雪歩「絶好調でも春香ちゃんに三遊間を抜かれるダメダメピッチャーなんですぅ……」

あずさ(これは重症ねえ……)


春香「たのもー!」ガチャ
160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:31:35.13 ID:81e7NRzAo
雪歩「ひぃっ!?」ビクッ

あずさ「あら? 春香ちゃん、ちょっと今は」

春香「雪歩! 雪歩に練習を手伝ってほしいの!」

雪歩「ええっ……!?」

雪歩(そんな……この前の炎上を見てこの言い草だなんて、春香ちゃん私を体のいい打撃投手だと思ってるんじゃ)

雪歩(ううん、このまっすぐな目……これは完全に獲物を狩る目だよ! 不調の私をぼっこぼこに打ち込んで、ここで終わらせにきたんだ! 私を踏み台にしにきたんだ!)

雪歩(ぐうの音も出ないほどの畜生だよぅ……っ!)
161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:36:04.32 ID:81e7NRzAo
あずさ「あ、あのね? 春香ちゃん、ちょっと雪歩ちゃんは状態が」

春香「雪歩! 私、雪歩に弟子入りしたくて来たの!」

雪歩「!?」

雪歩(弟子入り? 今弟子入りって……こんなひんそーでひんにゅーでちんちくりんな私に弟子入りしても何もメリットなんて)

雪歩(あ、ああっ……! そっか、最近野手としてメキメキ上達してきた春香ちゃんも投手としては私に負けず劣らずのダメダメ!)

雪歩(こんな私にでも教えられることがあるのかも……ううん、むしろ私に投手として弟子入りすることで、不調の私に自信を持たせようとしてくれてるんじゃ!?)

雪歩(ああっ……春香ちゃん、疑ってごめんなさい! ぐうの音も出ないほどの聖人だよぉ……!)
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:40:36.92 ID:81e7NRzAo
あずさ「弟子入りって……春香ちゃんピッチャーに戻るのかしら?」

春香「いえ、バッターとして弟子入りしたいんですけど?」

雪歩「」
163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:47:22.81 ID:81e7NRzAo
雪歩「春香ちゃん……」

雪歩(投手としての私を終わらせにきたどころか、野手としても私を追い詰めにきたんだね。そうなんだね……)

あずさ「……春香ちゃん? その、きっと今日は日が悪いと思うの。ちょっと改めて」

春香「ええー? お願い雪歩、ちょっとだけだから!」

あずさ「春香ちゃん!」

雪歩「……あずささん、大丈夫です。いいですよ」


雪歩「ブルペン裏に行こうよ、春香ちゃん。私、いつもそこで練習してるからさ……」
164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 14:58:49.23 ID:81e7NRzAo
春香「へえ、こんな所で練習してたなんて……打撃練習で見かけないはずだよね」

春香「で、雪歩のパワーの秘密は何なの? 特別な機材とか何もないみたいだけど……やっぱりタイヤ叩いたりとか?」

雪歩「特別なものはいらないよ、バットも使わないし」

春香「えっ? じゃあどうやって……」


ザクッ


春香「うわあっ!? って、スコップ?」

雪歩「ここは練習場じゃないんだよ春香ちゃん。プロデューサーが私のために用意してくれた、私の穴掘り場なんだよ」
165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/22(日) 15:02:42.00 ID:8FbZoOaAo
さすがはP
166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:04:03.32 ID:81e7NRzAo
雪歩「私に打撃のコツを教えてほしいって言ったよね、春香ちゃん」

春香「えっ? う、うん!」

雪歩「そんなの私が知りたいくらいだよ、全然バットにボールが当たらないし」

春香「へっ?」

雪歩「春香ちゃんが私に教えてほしいようなこと、たぶん私は教えられないと思う……だから」

雪歩「私が一番やってることを! つまり春香ちゃんも穴を掘ればいいと思うよ!」

春香「ええっ!?」


P「説明しよう! 萩原雪歩は耐え難いストレスを溜め込んだ時、穴掘りによってそれを解消するのだ!」
167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:11:34.69 ID:81e7NRzAo
雪歩「さあ春香ちゃん! いくよ!」

春香「えっ、いや、私はその」

雪歩「はぁーっ! 掘っても掘っても!」ザックザック

春香「早っ!? わわわ、わかったよわかりましたよ!」ザクッ

春香「うっ!?」

春香(土ってこんなに堅くて重いの? 雪歩はどうやってこんなのを、あんなプリンみたいに軽々……!)

雪歩「掘っても掘って……ちょっと春香ちゃん! なってない! なってないよ!」

春香「ええっ!?」
168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:16:23.31 ID:81e7NRzAo
雪歩「そんな前のめりでやっても腰を痛めるだけだよ! こうやって、スタンスを広くとって!」

春香「は、はい」

雪歩「腕だけでスコップを使わない! 脇を締めて、背中を使うんだよ!」

春香「はい……おおっ」ザクッ

雪歩「掘り返すときはここ! 手首を使うの!」

春香「こう!?」

雪歩「そう!」

雪歩「さあ、今日はあと5メートル掘るよ!」

春香「5メートル!?」

雪歩「返事は!?」

春香「はいっ!」
169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:19:44.12 ID:81e7NRzAo
雪歩「はぁーっ! 掘っても掘っても!」

春香「はぁーっ! 掘っても掘っても!」

雪歩「ディグダグ・ダ・グダ! ディグダグ・ダ・グダ!」

春香「ディグダグ・ダ・グダ! ディグダグ・ダ・グダ!」

雪歩「ミスミスミスタードリドリラー!」

春香「ミスミスミスタードリドリラー!」


春香(なるほど……うん、わかった!)

春香(私に足りなかったのは背中の力、それに手首の返し!)

春香(ボールを捕らえたら、背中から力を伝えて押し込まなきゃならなかったんだ!)

春香(ボールに力を伝えるために、負けない手首の返しがなきゃならなかったんだ!)
170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:27:35.60 ID:81e7NRzAo
春香「はあっ、はあっ!」

春香「ご、5メートルって長いね……でも、やりきった!」

春香(でもおかげで、今なら重い直球も打ち返せる気がする……!)

雪歩「春香ちゃん、よく頑張ったね! 春香ちゃんにも穴掘りの才能があるかもしれないよ!」

春香「あはは……うん、ありがとう雪歩。私もこの練習、これからも取り入れてみるよ!」

雪歩「本当? なんだか嬉しいかも……じゃあ、一息入れたら続きにしようか」

春香「うん、本当にありがと……って、続き? 5メートル掘ったんじゃ」
171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:34:48.17 ID:81e7NRzAo
雪歩「春香ちゃん、何言ってるの? まだ横穴を掘っただけだよ?」

春香「……まさかとは思うけど、直径5メートルとか、半径5メートルとか言わないよね?」

雪歩「まさか! そんな大きな穴、さすがに掘らないよー」

春香「そ、そうだよね! あははは……」


雪歩「深 さ 5 メ ー ト ル だ よ」

春香「え”っ」
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:39:21.31 ID:81e7NRzAo
本拠地、765グラウンドで迎えた新幹少女戦。
先発萩原は大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった。
グラウンドに響くファンのため息、どこからか聞こえる「ゆりしー大炎上」の声。
無言で帰り始める選手達の中、本来中継ぎの雪歩は独りベンチで泣いていた。
中継ぎで手にした役割、喜び、感動、そして何よりチームメイトからの信頼。
それを先発の立場で得ることは殆ど不可能と言ってよかった。
「穴掘って埋まってますぅ……」雪歩は悔し涙を流し続けた。
どれくらい経ったろうか、雪歩ははっと目覚めた。
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した。
「遅くなっちゃった、掘った穴も埋めておかないと」雪歩は苦笑しながら呟いた。
立ち上がって伸びをした時、雪歩はふと気付いた。

「あれ……? お客さんがいる……?」
ベンチから飛び出した雪歩が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。
千切れそうなほどにサイリウムが振られ、地鳴りのようにFirst Stageが響いていた。
どういうことか分からずに呆然とする雪歩の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた。
「雪歩、9回の守備よ。早く行くわよ」声の方に振り返った雪歩は目を疑った。
「り……律子さん?」  「何だ雪歩、居眠りでもしてたのか?」
「ひ……響ちゃん?」  「何よ雪歩、かってに響をベンチ扱いにしちゃって」
「伊織ちゃん……」  雪歩は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた。
ボードに並ぶ8回までのゼロ行進。6番ピッチャー萩原雪歩の文字。
暫時、唖然としていた雪歩だったが、全てを理解した時、もはや彼女の心には雲ひとつ無かった。
「やれる……私、先発でも通用するんですぅ!」
貴音からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する雪歩、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった……

試合後、ブルペン裏で泥のように眠る雪歩と春香が発見され、千早と真美は揃って炎上した。
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:49:28.15 ID:81e7NRzAo
萩原雪歩との練習を行いました!


天海春香

ピッチャー・ファースト・ショート
右投右打

パワー B ↑up!
ミート C+ ↑up!
選球 C+
走力 C 
送球 D+ ↑up!
捕球 B 
対エラー E
球速 D
コントロール D

総合 C+(高校エース並み)


引っ張り打ちが得意になりました!
174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/09/22(日) 15:50:48.92 ID:81e7NRzAo
・4回目のパートナー選択が終わりました。試合まであと1回。

・次回で最後の練習相手選択になります。
 これで春香さんの最終能力が決定します。

・最終練習が終了後、Pから希望ポジション、打順を尋ねられます。
 この時の回答によって春香さんのレギュラー合否が決定します。

例……3番・ファーストを希望。
    →ファーストレギュラーのあずささんとの能力差、3番打者としての適正によって判断。
    →結果は試合編で発表。

・なお千早&真美炎上のため、練習サボりの懲罰を兼ね、Pに連行された美希がラスト3回を7失点しながら投げきる熱い晒し投げが行われたもよう。

・5回目の春香さんのパートナーを選択してください。
>>177
(アイドルたちの特徴>>139

・本日はここまで。ありがとうございました。
175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/22(日) 15:52:18.55 ID:yDa7jA8No
あずさ
176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/22(日) 17:10:32.99 ID:EBNQPCbtO
ちーちゃんと仲良くピッチング
コントロール上がれー
177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/22(日) 18:27:17.97 ID:VIBAhY+Z0
貴音でバッティング
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/09/23(月) 19:01:19.53 ID:OwQdEV0N0
ゆーっくりまつぜ
179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/11(金) 13:16:35.89 ID:CJs0RepDO
じーっくりまつぜ
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/28(月) 10:45:18.04 ID:yKzI0QhDO
のーんびりまつぜ
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/13(水) 01:16:34.41 ID:3aneFEYpo
もうじき二ヶ月になるな
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:05:38.14 ID:B+G3OCwAo


熱血!アイドル野球!


 春香のI want編


ニア continue 


<カッキーーン!! ネッケツ! アイドルヤキウ!

183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:09:34.92 ID:B+G3OCwAo
響「……」

響「ふあ……ぬっひゃあ!」

伊織「ひゃっ!? ちょっと、こっち向いてくしゃみしないでよ!」

真「っていうか、今のくしゃみ?」

響「えうー……」ズビッ

伊織「すすらないの! ほら、ちゃんと拭きなさいよ」サッ

真「風邪? 寒くなってきたからね、体調には気をつけないと」

響「んや、大丈夫……うう、でも最近寒くって困るぞ」
184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:14:17.51 ID:B+G3OCwAo
真「もう冬も近いのか……プロ野球はとっくにシーズンオフだしね」

伊織「私たちは試合間隔は長いけど、冬だって試合はあるんだからね。体調管理は義務よ、ただでさえ人数少ないんだから」

響「わかってるさ。ちゃんとあったかくしてるし、ストレッチにも時間かけてるぞ」

真「それにしても時間が経つのは早いね。春香がはりきり出したのってまだ夏だったっけ」

伊織「そういえばそうね。試合でも結構使われるようになったと思うけど」

響「代打とかが多かったけど、スタメン出場もあったもんな」
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:21:28.49 ID:B+G3OCwAo
善永『7回表、1点を追う765マーメイズの攻撃。1アウト、同点のランナーを二塁に置いて代打はこの人!』

善永『このところ当たっています! 765の秘密兵器、天海春香!』

悪徳『ちょっとスタミナのある控え投手くらいの印象だったが……最近のバッティングは別人だな』

善永『さあバッターボックスに入り……初球!』


春香『……!』フォンッ

雪『!?』

カッキーーーーン!!


善永『いったー! 内角をえぐるような速球を豪快に引っ張ったー!』

善永『レフトスタンド、相手チームの応援団のど真ん中に放り込んだ! 雪月花ファンは騒然!』

悪徳『腕を畳むのが上手いな。初球で手を出す球じゃねえと思うが、よっぽど内角が好きなんだろう。完全に直球を狙ってたんだな』
186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:29:03.25 ID:B+G3OCwAo
真「あの試合は凄かったなあ」

伊織「ヒロインインタビューでマイク引ったくって歌い出したのも含めてね……」

響「あはは、あれからしばらく事務所の周り凄かったよね」

真「良くも悪くもね。初めて見たよ、マイク離さなすぎてブーイングされるアイドル」

伊織「まあそれでも、本当に活躍したからいいのよ。乗ってる時は追い風なんだから」

伊織「……乗ってる時はね」
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:35:42.57 ID:B+G3OCwAo
善永『7回表、1点を追う765マーメイズの攻撃。1アウト、同点のランナーを二塁!』

善永『奇しくもあの時と同じシチュエーション! しかし初球ホームランのあの時とは違い、追い込まれています!』


春香『うう……うぇいっ!』ブォンッ

スカッ ドンガラガッシャーン!!


善永『外の変化球、豪快に空振りーっ! ……いやっ!? キャッチャー捕れない! 逸らしている!』

善永『しかし天海春香、起き上がれない! 気付いていないのか!? キャッチャー余裕を持ってタッチ、アウトー!』

悪徳『簡単に追い込まれて外のスライダーにクルクル、どっかの外国人みたいだな』

悪徳『オマケに空振りでコケて後逸にも気付かないとあっちゃ、選手失格もいいところだ。いい記事になるぜ、ご馳走さん』

善永『天海春香、今起き上がってベンチに下がります! 怪我はないようです! これで五打席連続三振! 不名誉な記録はどこまで伸びるのかー!?』
188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:43:31.46 ID:B+G3OCwAo
真「活躍してたと思ったら失速までしちゃうんだからね……時間も経ったはずだよ」

響「でも取材の人たちもあんまりだぞ! あんなに春香のこと褒めてたのにさ」

伊織「良くも悪くも注目されてる時期だったもの。目立ってる時に失敗すれば評判が落ちるものもすぐってわけよ」

伊織「……で、その春香はどうしたのかしら?」

真「今日もマシン打撃やってるよ」

響「このところ毎日だよね……でも春香、バッティングが下手になったとは思えないんだけど」

真「調子は落としたかもしれないけど、好調だった時の打撃はマグレじゃないよ。現に練習じゃいい当たり連発してるし」

響「じゃ、なんで打てなくなっちゃったんだ?」
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:51:31.88 ID:B+G3OCwAo
真「そうだね……たぶん、春香が強くなったからじゃないかな」

響「ん? 強くなったら打てなくなったって……おかしくない?」

真「いや、そうなんだけど……何て言ったらいいのかな」

伊織「何にせよ、能力不足ってわけじゃないのよ。これは実戦の問題」

響「んー……真も伊織も、わかってるんだったら教えてあげらんないのか?」

伊織「私に教えられる話じゃないわ。バッティングに関しては明らかに春香の方が上だもの」

真「ボクも上手く説明できないけど……これってたぶん、春香が自分で乗り越えるしかないと思うんだよね」

真「あとは、教えられるとしたら……」
190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 17:57:13.13 ID:B+G3OCwAo
ビシュッ カキーンッ!

ビシュッ カキーンッ!

春香「……」


ビシュッ カキーンッ!

ビシュッ カキーンッ!

春香「……」


ビシュッ カキーンッ!

ビシュッ カキーンッ!

…………


春香「……あれ? 球出てこなくなっちゃった……故障かな?」

貴音「私が止めました」
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 18:04:17.98 ID:B+G3OCwAo
春香「貴音さん! どうして止めちゃうんですか、調子よかったのにー!」

貴音「春香、そう言って今日は何本打っていますか?」

春香「え? えっと……」

貴音「丈夫なのは長所ですが、闇雲に打撃練習ばかり繰り返しても成果は出ませんよ」

春香「で、でもでも! 外角の球でも打てるようになってきましたし、このままいけば!」

貴音「春香」

春香「う……」
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 18:12:46.99 ID:B+G3OCwAo
春香「わかってるんですよ、外角が狙われてるのは! 私は内角が得意だから!」

春香「だから外角打ちを練習してるんですよ、何がいけないんですか!?」

貴音「外角がくるとわかっていれば、打てて当然ですから」

春香「打てないからこうして!」

貴音「春香」

春香「貴音さんみたいに何でも打てちゃう人にはわかりませんよっ!」

貴音「春香!」
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 18:22:11.28 ID:B+G3OCwAo
貴音「私も高みを目指す道の最中の身、指導者の器ではありませんが」

貴音「思い違いをしているようですから、これだけは申しておきます」

貴音「春香、あなたは強い。強打者としては、既に私より上にいます」

春香「……」

春香「……は?」

春香「貴音さん、それ本気で言ってます? 不動の4番打者が……嫌味にしか聞こえ」

貴音「本当です。低い球を掬い上げる技術、直球をスタンドに運ぶ力……私にはないものです」

春香「……」
194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 18:29:34.21 ID:B+G3OCwAo
貴音「春香。あなたは自分で思っている以上に強く、怖い打者になったのです」

貴音「だからこそ、打てなくなった」

貴音「これはあなたの実力の変化ではなく、相手の意識の有り様の変化です」

貴音「普通の右打者ではなく、天海春香を相手にするという意識の変化」

貴音「あなたが強打者として危険視され、研究された結果です」

春香「私が、研究……」
195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 18:35:33.73 ID:B+G3OCwAo
貴音「春香。あなたはいくら内角打ちが得意とはいっても、ただ外角へ投げていれば簡単に打ち取れるような打者ではありません」

貴音「春香が最初から外角だけに狙いを絞ったなら、練習通りの大胆な踏み込みで容易に打ってしまうでしょう」

貴音「相手投手が、捕手が、指揮官が、春香に得意な内角を意識をさせたうえで、比較的安全な外角の球で勝負をさせるように仕向けている」

貴音「相手としてもけして簡単なことではありません。それだけのことをされているのです」

貴音「春香、あなたは今強打者としての壁に直面しているのですよ」
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 18:43:41.43 ID:B+G3OCwAo
春香「……」

春香「だったら、どうしたら……」

春香「だったら、どうしたら打てるようになるんですか?」

春香「今までは練習すれば結果が出ました! 今回もそうなると思って、練習してきたのに」

春香「成果が出ないって言われたら……じゃあどうすればいいんですか!?」

春香「教えてくださいよ、貴音さん!」


貴音「ええ、教えましょう」

春香「えっ」
197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 18:52:19.83 ID:B+G3OCwAo
貴音「かの天才打者、落合博満はかつて内角高めの球を中心とした攻めに苦心しました」

貴音「それに対抗するため、落合氏は内角の球を投げづらい構えと、苦手球をカットする技術を磨いたといいます」

貴音「私の目指す高みの一端……神主打法」

春香「えっと……内角に投げられないと困るんですけど。フォームを変えるのもあんまり」

貴音「話は最後まで聞くものです、春香」

貴音「落合氏の打法の肝要……それは脱力にあります」

貴音「極限まで力を抜いて構え、打撃の瞬間に力を込める」

貴音「そうすることで、すいんぐの速さが磨かれる。より引きつけて打てる。より長く球を見極められる」
198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 19:01:26.49 ID:B+G3OCwAo
春香「脱力……」

貴音「ええ」

貴音「外角高め、流しを得意とする私。内角低め、引っ張りを得意とする春香」

貴音「打者としては正反対にも思えますが……」

貴音「かつて、引っ張りが信条の強打者でありながら神主打法に学び、大成した外国人選手がいたそうです」

貴音「名をゲーリー・レーシッチ。彼という前例が、あなたの目指す形となってくれるでしょう」

春香「……」

春香「……!」グッ
199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 19:13:39.09 ID:B+G3OCwAo
善永「またしても7回表、1点を追う765マーメイズの攻撃。1アウト、同点の二塁ランナーを置き、バッターは天海春香!」

善永「復調の兆しも見えてはいますが、連続三振の悪夢も蘇ります! さあ、バッターボックスに入って構えた!」

悪徳「俺としちゃ悪夢の方が記事が書きやすくていいんだが……ん、フォーム変わったか?」


春香「脱力……脱力……」

ビシュッ ガキッ


善永「インコースの際どい直球! 得意球だけに思わず手が出てしまったか、後ろに飛んでファール!」

悪徳「ああやってカウントを悪くして追い込まれるのが悪い時の天海だが……」
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 19:18:45.53 ID:B+G3OCwAo
春香(……わかってきた)

春香(今まで、ただ投げられた球を狙って打ってきたけど)

春香(相手の人もただ投げてるわけじゃない。しっかり私を見てる)

春香(私がどんなふうに練習してきたか、何を考えてるか、見極めてる)

春香(試合で人が投げる球を打つのって、練習みたいに簡単なことじゃない)

春香(……でも!)
201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 19:23:57.71 ID:B+G3OCwAo
善永「カウントツーツー、勝負球!」

善永「さあ第5球……!」


春香 春香 ホームラン
春香 春香 ホームラン
春香 春香 ホームラン
ここで一発 ホームラン


春香(外角……遅い球、けどっ!)


ガッ! キーーーンッ!!
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 19:34:54.85 ID:B+G3OCwAo
善永「当てたっ! 当たった! 踏み込み、追いついて打った!」

善永「打球はセンター方向上がって、入るか!? 入るか!?」

善永「さすがに深い! 一伸び足りないがセンターオーバー! 二塁ランナーが還って同点、765マーメイズ追いつきました!」

悪徳「いや……よく引き付けたな。思いっきり踏み込んで、外に逃げる球なのに強引に引っ張りやがった」

悪徳「さすがに逆方向には飛ばせなかったが、これは当てたのを褒めるしかないな」


善永「二塁ベース上、天海春香選手、久々のガッツポーズ!」

善永「さあここからが怖い765マーメイズ! 3番菊地、4番四条と続きます!」


真「へえ、立ち直ったんだね春香……なら、お祝いをあげないといけないかな」

貴音「真、続いてくださいね。私も祝砲を上げさせてもらいたいので」
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 19:38:50.94 ID:B+G3OCwAo
四条貴音との練習を行いました!


天海春香

ピッチャー・ファースト・ショート
右投右打

パワー B+ ↑up!
ミート B ↑up!
選球 B ↑up!
走力 C 
送球 D+
捕球 B 
対エラー E
球速 D
コントロール D

総合 B-(甲子園出場級)


粘り打ちが身につきました!
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:06:04.70 ID:B+G3OCwAo
ドタドタドタ…!!

春香「ととと、東京ドームで試合って本当ですか!?」

小鳥「わわっ!? え、ええ……正式に決まったらしいわよ」

P「このところの好成績が認められたらしくてな。うちも強豪チームの仲間入りってことかな」

春香「凄いじゃないですかプロデューサーさん! ドームですよ、ドーム!」

春香「それでそれで、相手のチームはどこに」

バターン!!


響「伊織、ちょっと待って!」

伊織「テレビ点けなさい! 早く!」

小鳥「え? 伊織ちゃん、そんなに慌ててどうしたの急に……」ピッ
205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:14:56.11 ID:B+G3OCwAo
やよい「あれ、みんなで何見てるんですかー?」

あずさ「インタビュー? 中継かしら。こっちの二人はいつもの実況・解説の人よね?」

貴音「……」


善永『さてさて。来たる東京ドームでの決戦ですが、意気込みの方はどうでしょうか?』

黒井『先ほどから言っている通りだ。我らが961ギルティーズの相手になるチームなど存在しない』

黒井『765マーメイズなどという舞台にそぐわない弱小チーム相手ではなおさらだ』


春香「……え? この人、今」
206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:18:48.13 ID:B+G3OCwAo
善永『しかし、最近の765マーメイズの成長と勢いには目を見張るものがありますよ?』

黒井『その成長、勢いといった不明瞭な言葉が、チームの質の低さを表している』

黒井『最近の試合をざっと見せてもらったが……層の薄さはもちろん、レギュラーメンバーも欠陥品揃いとしか思えんね』


小鳥「なっ……!?」

春香「えっ、何言ってるんですかこの人……?」
207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:23:37.34 ID:B+G3OCwAo
黒井『一点のみ見れば優秀でも、選手として致命的な欠陥を抱えているもの』

あずさ・伊織「……」


黒井『たまたまポジションの被りがないだけで、身体能力はそもそも凡人レベルなもの』

律子・真美「……」


黒井「メンタル面の自己管理すら行えないもの、それをフォローできる環境すらない」

千早・雪歩「……」


黒井「さらには、打線の軸となっている選手がお笑いだ」

P「小鳥さん! もうテレビはこのくらいに」

貴音「……構いません、このまま見せてください」
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:30:57.99 ID:B+G3OCwAo
黒井『まさか、961ギルティーズを戦力外になった選手が1番と4番に座っていようとはね!』

春香「えっ!?」

響・貴音「……」


黒井『足の速さだけが取り柄で、いつになっても打撃レベルの向上が見られなかった我那覇響!』

黒井『鈍足なうえ、打ち上げてばかりの打撃以外に特に見るもののない四条貴音!』

黒井『どこぞのトライアウトで拾われたとは聞いていたが……まさかこの二人が中心に座るチームとは!』

黒井『いやいやまったく、笑い話もここまでくると笑えない……今からでも辞退した方が身のためではないかな?』
209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:36:00.86 ID:B+G3OCwAo
黒井『まあ、こんな弱小チームについているファンたちは幸運だろう』

黒井『我らが961ギルティーズという本物のチームを見て、鞍替えする機会が得られたのだからな!』

黒井『どれ、ワンサイドゲームになってしまいそうだし、試合後にはジュピターのライブでも』ブツッ


社長「……相変わらず口の減らない男だ」
210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:41:02.05 ID:B+G3OCwAo
貴音「高木殿!」

社長「もう十分だろう、このまま見ていても不快な思いをするだけだ」

真「……言わせっぱなしでこっちは黙ってていいんですか?」

小鳥「そうですよ! 抗議しましょう! あんな言い方……協会に連絡すれば出場停止にだって」


伊織「冗談じゃないわ!」
211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:45:52.07 ID:B+G3OCwAo
伊織「出場停止? そんなので逃がすもんですか! 目にもの見せてやるんだから!」

あずさ「ええ……久しぶりに面白い冗談を聞けました」

律子「思惑はともかくとして、宣伝としては優秀だと思うわ。良くも悪くも注目はされるでしょうね」

千早「……直接黙らせるべきだと思います」


P「……」

P「響、貴音。どうだ、やりづらいならお前たちは外しても……」

貴音「いえ、お気遣いなく……黒井殿にはこの手で恩返しをして差し上げなくては」

響「黒井社長には拾ってもらった恩があるぞ……でも、みんなのことここまで馬鹿にされたら黙ってらんないさ!」
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:49:52.81 ID:B+G3OCwAo
P「……そうか」

P「律子、961戦のオーダーを決めよう。会議室に来てくれ」

律子「ええ」

P「それと春香」


春香「……」

春香「……え? あ、はい!」
213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:55:47.62 ID:B+G3OCwAo
P「最近の春香の活躍は大きい。ずっと控え中心で使ってきたけど、この機会に見直すべきだと思う」

P「春香自身の希望を聞いておきたい」

P「春香はどのポジションで、どんな風に使われたい?」

春香「私は……」
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 20:58:38.36 ID:B+G3OCwAo
現在の765マーメイズのオーダー

1番 ショート 我那覇響
2番 セカンド 水瀬伊織
3番 サード 菊地真
4番 レフト 四条貴音
5番 ファースト 三浦あずさ
6番 ピッチャー 如月千早
7番 ライト 高槻やよい
8番 キャッチャー 秋月律子
9番 センター 双海亜美


先発・中継ぎ 星井美希
中継ぎ 双海真美
中継ぎ 萩原雪歩
中継ぎ? 音無小鳥
215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/30(土) 21:03:05.15 ID:B+G3OCwAo
・思いっきり間が空いたのでひっそりと投下……待っていてくださった方がいたら、申し訳ありませんでした。

・5回目のパートナー選択が終わりました。次回から961ギルティーズとの試合編となります。

・中日ファンではありませんので、間違いがありましたら申し訳ありません。

>>199の場面では2番伊織の代打で出ています。裏の守備では響→セカンド、春香→ショートに。

>>203が春香さんの最終能力となります。

・春香さんの希望ポジション、打順を選択してください。
>>218

例……3番・ファーストを希望。
    →ファーストレギュラーのあずささんとの能力差、3番打者としての適正によって判断。
    →結果は試合編のオーダーで。希望によってはベンチスタートの可能性も。

・本日はここまで。ありがとうございました。
216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/30(土) 21:06:34.12 ID:krUFtVt60
待ってたよー乙乙
7番セカンドでうっかりエラーは響にカバーしてもらおう
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 21:15:12.65 ID:ZmAiyiACo
セカンドいいな。
肩力が低いしエラーしても後逸じゃなきゃ一塁でアウトにできる可能性がある。
218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 22:44:47.04 ID:JtvVFB0DO
おつおつ!
安価なら下
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 22:45:26.88 ID:wphC2nO1o
乙!待ってた
安価なら7番 セカンド
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/30(土) 22:57:25.48 ID:B+G3OCwAo
>>219
7番セカンド了解
セカンドの守備適正を持っていないので、レギュラー抜擢時はある程度守備力にペナルティがかかりますが、よろしいか
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/01(日) 02:38:48.72 ID:E491r2zq0
適性のこと忘れてたな
やっぱエラー怖いけど捕球高めだし俺ならファースト行ってもらうかも
>>219はなんと答えるんだろうか
222 :219 [sage]:2013/12/04(水) 00:25:49.03 ID:pjhjCYXJo
>>220
それならセカンドではなく、ファーストで
223 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/05(日) 15:27:35.83 ID:5KUh8qnDO
お〜い
中村くん
224 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/16(木) 00:18:06.65 ID:gi0hdgoDO
もうこないのかな・・・・
225 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/27(月) 13:28:15.62 ID:LfPi6+fDO
まだ残ってる
96.93 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)