このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

花陽「大変です!ラブライブ選抜チームと野球対決をすることになりました!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/29(月) 23:30:28.45 ID:RBB8NnYo0
卒業式後の部室にて――

花陽「このメールを見てください!」

穂乃果「テレビ局から!?」

海未「『ラブライブの優勝グループであるμ'sとラブライブ出場者の選抜チームが野球対決』とありますね」

凛「スポーツ対決! 燃えるにゃ!」

絵里「でも、どうして野球なのかしら」

希「分からへんけど、景品は豪華やで。ほら」

にこ「勝者は、春から始まるスポーツバラエティ番組の主題歌を担当ですって……!」

花陽「し、試合の模様もテレビで放送されるんですね……」ガクガク

真姫「無様な姿は晒せないけど、あと一週間か……時間が無いわね」

ことり「ラブライブ選抜チームは、スポーツ経験者が選ばれるのかなあ」

にこ「何をネガティブなことばかり言ってるのよ! 野球とはいえテレビに出られることが決定したのよ!?
それに、主題歌を歌うチャンスまで……これは……これは……!」

真姫「これは?」

にこ「プロのアイドルになるファーストステップよ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419863428
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

チビタナノ…のスレ パート15ナノ @ 2019/08/20(火) 21:14:29.62 ID:W4s++Dt70
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1566303269/

眼鏡娘「私は重力が嫌い」 @ 2019/08/20(火) 20:47:24.10 ID:z4mjw2N10
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566301643/

プリンス @ 2019/08/20(火) 20:36:03.36 ID:iUoWLMGJ0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1566300963/

グラン「あっ、ごめん。ファランクス矢澤の事考えてた」 @ 2019/08/20(火) 20:25:20.13 ID:8HTJAtIe0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566300319/

【モバマス】モバP「最近、ブラジャーに凝っちゃって」 @ 2019/08/20(火) 20:04:39.93 ID:rdwbLYeDO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566299079/

フローラ「夫がDQX主人公フローライチャラブエッチ同人誌を持っている…」 @ 2019/08/20(火) 19:29:16.65 ID:ruv0dWUm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566296956/

パー速ママスレ本舗7 @ 2019/08/20(火) 18:17:39.46 ID:rcVUjO6L0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1566292659/

モバP「美城プロセミファイナル」 @ 2019/08/20(火) 15:53:37.14 ID:KQrHBv7G0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566284016/

2 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/29(月) 23:32:09.91 ID:RBB8NnYo0
穂乃果「それって、これからもみんなで……μ'sでいられるかもしれないってこと!?」

絵里「プロ、ね……仮にこの試合で勝ったとして、そんな簡単になれるものなのかしら」

希「楽天的かもしれへんけど、可能性はあるやん? それにμ'sとして試合に出る以上、あと一週間は確実にμ'sでいられるし、
試合に勝てば曲の収録まで活動を続けられるってことやろ?」

ことり「まだ、みんなと一緒にいられるんだね……!」

にこ「みんな! ぜったいに勝つわよ! そして、私は宇宙NO.1アイドルとしての一歩を踏み出す!」

凛「おお、にこちゃん熱いにゃあ!」

海未「まずは練習ですね」

穂乃果「うん!練習しよう!」

花陽「でも、どうやって練習すればいいんだろう……」

穂乃果「確かに……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2014/12/29(月) 23:33:44.95 ID:N+cl7O63o
期待
4 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/29(月) 23:34:02.09 ID:RBB8NnYo0
にこ「仕方がないわねー! ここは私が」

穂乃果「海未ちゃん、どうしよう!」

にこ「聞きなさいよ! アイドル界一の野球通と言えば、このあたし! 矢澤にこに任せなさい!」

海未「落ち着いてください、穂乃果。中学の時によく、ソフトボール部の助っ人として練習や試合に出ていたので、
一通りの練習法は知っています」

にこ「」

ことり「そういえば海未ちゃん、よく運動部から助っ人頼まれてたよね。にこちゃんも経験者なの?」

にこ「ももももちろんよ!」

真姫「本当に?」

にこ「ほ、本当よ! エースで四番だったんだから!」

凛「経験者が二人も! 頼もしいにゃー!」

にこ「うっ」
5 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/29(月) 23:39:27.98 ID:RBB8NnYo0
>>3
ありがとう!
書き溜めつつ投稿しつつ、という形でやっていこうと思うので、よろしくお願いします
6 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/29(月) 23:40:48.87 ID:RBB8NnYo0
絵里「まずはどうしようか。練習をしようにも、場所の確保が必要だし」

ことり「場所は、学校裏の草野球場をとれると思うよ」

穂乃果「そっか、あの球場も学校が管理してるんだっけ」

ことり「お母さんに頼んでみるよ。でも、とれるとしても明日からかな」

海未「じゃあ今日は、野球の道具を買いにいきましょう。メールによると、道具等の必要経費は番組が負担してくれるようですし」

絵里「そうね。一応、どの程度買っていいのか問い合わせてから行きましょうか」

希「このあたりのスポーツショップ言うたらどこかなあ」

凛「凛がよく行くスポーツショップが御茶ノ水にあるよ! バットを振るスペースがあって、スイングスピードを測ったり、
体のバランスを測定できたりもするにゃーん」

穂乃果「面白そう! 行ってみようよ!」
7 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/29(月) 23:51:28.58 ID:RBB8NnYo0
御茶ノ水、スポーツショップ前――

凛「着いたにゃ!」

穂乃果「おお〜!」

花陽「このビル全部がスポーツショップなの?」

凛「うん!8階建てで、色んなスポーツの道具とかウェアが売ってるんだよ!」

海未「野球は4階と5階ですね」

絵里「じゃあ入りましょうか」
8 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/29(月) 23:56:11.65 ID:RBB8NnYo0
穂乃果「野球道具で埋め尽くされてる……!」

希「野球道具のフロアやからね」

にこ「こ、これは!!」

真姫「ショーケースに張り付いてどうしたの?」

にこ「見てよ真姫! 和田一浩選手の使用済みバッティンググローブよ! しかも西武ライオンズ時代の!」

真姫「ああ、あの髪の毛がちょっとアレな人ね」

にこ「ちょ、ちょっと! 来年、2000本安打を期待されるバッターなんだから! 髪の毛と累計安打数のどっちが多いんだろう、なんて言わないであげて!」

真姫「そこまで言ってないでしょ……」
9 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 00:02:28.62 ID:w3+Ie+1Y0
海未「先ほどテレビ局に問い合わせたところ、バットとグローブ、スパイク、ユニフォームは人数分買って良いそうです。
ボールと各種の防具は明日の午前中に送られてくるとのことでした」

絵里「ユニフォームはことりに任せていい?」

ことり「うん、分かった!オーダーメイドで作れるみたいだから、注文してくるよ」

海未「ありがとうございます。じゃあ、まずはスパイクから選んでいきましょうか」

花陽「スパイクって靴のことですよね?」

希「黒のイメージやったけど、案外カラフルなんやなあ」

凛「陸上のスパイクとは違うの?」

海未「ええ、陸上のスパイクのように針を突き刺すのではなく、金属片や樹脂をめり込ませるというイメージですね。陸上と違って、様々な方向に負荷がかかりますから」

絵里「履いてみて合いそうなものを買えばいいのかしら」

海未「基本的にはそうですが、今回は金属製スパイクではなくポイントスパイクを買いましょう」

穂乃果「ポイントスパイク? あ、貯めると良いことがあるとか!」

凛「お得だにゃー!」

海未「そのポイントではないですよ。ほら、これを見てください」

穂乃果「おお!靴の裏側が全然違う!」

海未「スパイクには金属製のものと樹脂製のものがあって、後者をポイントスパイクと呼ぶんです。金属製のほうがグリップ力はありますが、足への負荷も大きいですし、スライディングしたときに怪我をさせてしまうことがあります」

絵里「経験者向けってことね。じゃあ私たちはポイントスパイクのほうが良さそうね」
10 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 00:18:47.65 ID:w3+Ie+1Y0
海未「全員スパイクを選び終えたようなので、次はバット選びに移りましょう」

にこ「私はこの鈴木健モデルで思いっきりかっ飛ばすわ! う、重いわねこれ……よっこいせ」

真姫「そんな太いバットじゃ重くてまともに振れないじゃない。この高木浩之モデルはどう? 細くて振りやすいんじゃない?」

海未「確かに重いほうがボールに与える力は強くなりますが、しっかり振れないのでは元も子もないですよ。あと、重さと一緒に気を付けてもらいたいのが重心のバランスですね」

ことり「重心かあ。見ただけじゃ分からないなあ」

海未「値札と一緒に書いてありますよ。バットの重心が先端側にあるトップバランス、手元側にあるカウンターバランス、その中間のミドルバランスがあります。同じ重さのバットでも重心の位置によって振り心地が違うんですよ」

穂乃果「じゅう……しん……?」

海未「えーと、そうですね……では、金槌を思い浮かべて下さい。釘を打つ時、金槌の頭に近い場所を持つと狙いをつけやすくなりますが強く打つことはできません。反対に、柄の端を持てば強く打つことができますが狙いがつけ難くなります。バットでボールを打つ時も同じなんですよ。この場合の金槌の頭がバットの重心です。バットを短く持つことでボールに当てやすくなるのも同じ理屈ですね」

穂乃果「なるほど! 確かに同じ重さのバットでも持った感じが違うね」
11 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 00:37:05.62 ID:w3+Ie+1Y0
スポーツショップ内、素振りスペース――

穂乃果「えい!」ブオンッ!

花陽「穂乃果ちゃんすごい!」

ことり「今まで試したバットでは一番良さそうだね!」

――――

にこ「おりゃあ!」ブオ〜ン

絵里「バットに振り回されてるわ」

真姫「トップバランスに拘るから……」

にこ「うるさいわね! 次はマクレーンモデルを……」

――――

希「フンッ!」ブオォォンッッッ!!

海未「松井秀樹モデルを易々と!? フォロースルーも全くブレません!」

凛「体幹強すぎだにゃ!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2014/12/30(火) 00:46:10.35 ID:8qScx/QZO
スピリチュアルだからな
13 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 00:49:22.68 ID:w3+Ie+1Y0
海未「次はグローブを選びましょう」

花陽「たくさんあって、どれがいいのか悩んじゃうなあ」

穂乃果「うんうん。なんか、形が全然違うやつもあるし。これとか」

凛「凛それ知ってるよ! キャッチャーが着けてるやつにゃ!」

海未「キャッチャーミットですね」

希「グローブとミットって、何か違いがあるん?」

海未「ひとまとめに言ってしまいましたけど、正確にはグローブとミットの二種類があります。ミットはキャッチャーミットとファーストミットがあり、それ以外はグローブです。キャッチャーとファーストは球を受ける機会が非常に多いので、捕球しやすく怪我し難いような構造になっているんですよ」

穂乃果「へえ〜! そしたら、みんなミット使ったほうがいいよね。怪我が少なくなるならさ!」

海未「怪我のし難さを考えたらそうかもしれませんね。でも、キャッチャーとファースト以外のポジションは動きながら球を受けることが多いので、ミットの大きさと重さが邪魔になってしまいます。捕球がしやすいと言っても、構造的に仲間からの送球を受けやすいだけで、ゴロを捌いたりフライを捕ったりするにはグローブのほうが捕りやすいんですよ。実際、打球の処理を重視して、ファーストでもグローブを使用する人もいます。流石にキャッチャーはみんなミットですけどね」
14 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 01:15:20.07 ID:w3+Ie+1Y0
海未「ひとまず、必要なのはキャッチャーミットひとつ、ファーストミットひとつ。私は自分のグローブがありますので、あとグローブを6つ。合計8つですね。本当は外野手用や内野手用、投手用で違うのですけど、誰がどこのポジションを守るか分かりませんし、試合中のポジションチェンジもあるでしょうから、どこでも使えるオールラウンドタイプのグローブを買いましょう。問題は、誰の分としてキャッチャーミットとファーストミットを買うかですが……」

絵里「ポジションが決まっていない現状だと難しいわね」

海未「ええ。ですが、その人に合ったグローブでないといけませんし……ファーストミットはいいにしても、キャッチャーミットは必須ですし……」

にこ「私、キャッチャーミット持ってるわよ」

真姫「にこちゃん……もう見栄を張らなくていいのよ」

にこ「失礼ね、本当よ!」

希「どうしてにこっちがキャッチャーミットを?」

にこ「……小さい頃から、妹や弟とよくキャッチボールをしてたの。それでいつもキャッチャー役をやってたから、パパが買ってくれたのよ」

花陽「にこちゃん……」

凛「いいお姉ちゃんだにゃあ」

にこ「う、うるさいわね! ピッチャー役を奪うわけにいかないじゃない!」
15 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 01:16:40.13 ID:w3+Ie+1Y0
希「海未ちゃん、良いアイデアを思いついたんやけど」

海未「どんなアイデアですか?」

希「にこっちがキャッチャーミットを持ってて、海未ちゃんもグローブを持ってる」

海未「ええ、持ってますが……」

希「にこっちと海未ちゃんが持ってるのに加えて9個買えば、合計11個になるやろ? そしたらキャッチャーとファーストミットの他に9個、みんなに合ったグローブが買えるやん」

海未「なるほど、このお店で私の分としてファーストミットを買って、他のメンバーに合わせた8個のグローブを買う……いや、でもしかし……それはズルなのでは……」

絵里「うーん、微妙なところね」

希「それが一番良い方法だと思うんやけど。テレビ局の人は人数分買って良いって言ったんやろ?」

海未「そうは言いましたが、それは誰もグローブを持っていないと思ってのことでしょうし……うーん……」

穂乃果「そしたらさ、にこちゃんにキャッチャーをやってもらおうよ!」

にこ「!?」
16 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 01:30:09.18 ID:w3+Ie+1Y0
真姫「それはどうなのかしら……」

海未「そうですよ、穂乃果! キャッチャーといえば扇の要! 守備の上で一番重要なポジションです! みんなの実力を見ないうちにそう簡単に決めるわけには……」

穂乃果「だって、ずっとキャッチャーをやってたんだよね?」

にこ「キャッチャーって、妹や弟の投げる球よ!?」

穂乃果「今回の試合で投げるのは、私たちの誰かでしょ?」

海未「……確かに」

にこ「いやいやいや」

穂乃果「にこちゃんはμ'sの中で一番、アイドルに対して強い気持ちを持ってる。スクールアイドルを卒業しなくちゃいけない今、プロに続く道が見えてさ。それを掴みたいって思いを誰よりも抱いてるのが、私にも伝わってくる」

ことり「穂乃果ちゃん……」

穂乃果「私は野球のこと分かんないからさ、キャッチャーの重要性とかはピンとこないんだけど……でも、重要な役割なら、にこちゃんに任せるのが一番だと思う」

にこ「うぅ……」

穂乃果「にこちゃん。キャッチャー、やってくれないかな?」

にこ「……分かったわよ……やってやるわよ!」

凛「にこちゃーん!」ヒシッ

にこ「ちょっと! 急に抱き付いてこないでよ!」

真姫「がんばんなさいよ、ミスのフォローぐらいはしてあげるから」

にこ「あんたこそ、私の足を引っ張らないでよね!」
17 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 01:35:04.71 ID:w3+Ie+1Y0
今日はこの辺りで失礼します。続きはまた明日書いていきます。

コメントくれた方や見てくれた方、ありがとうございます!
反応いただいて励みになりました。
また明日以降も、よろしければご覧ください。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2014/12/30(火) 01:39:29.36 ID:AfbSPhyA0


とりあえず、長い文章は句読点で改行してくれると読みやすくて助かる
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2014/12/30(火) 11:06:06.64 ID:8qScx/QZO

なんかワクワクするなw
20 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 23:49:24.16 ID:w3+Ie+1Y0
再開します。また駄文をつらつらと書いていきますが、よろしければご覧ください。

>>18
途中から改行してませんでしたね……
読みにくくなってしまい申し訳ないです。次の投稿からは適宜改行していきます。

>>19
ありがとうございます!
そう言ってもらえるとめちゃくちゃ嬉しいですね。励みになります。
21 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/30(火) 23:50:10.51 ID:w3+Ie+1Y0
翌日、学校裏の野球場――

穂乃果「よしっ! 第一回目の練習、始めよう!」

海未「基本については先ほどみっちり教えたので大丈夫ですね? まずはウォーミングアップをしてから、
キャッチボールをやりましょう」

絵里「今日の練習を見てポジションを決めるのよね?」

海未「そうですね。時間が無いので、早くポジションを決めて練習しないといけません」

花陽「どこのポジションも自信ないなあ……」

穂乃果「大丈夫だよ! 私も自信ないけど、みんなで一週間練習すればきっとうまくいくよ!」
22 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/31(水) 00:11:22.36 ID:sPHDMDFq0
――――

海未「キャッチボール終了! 次はノックをしましょう」

一同「はーい!」

海未「ノッカーは私、キャッチャーはにこ、そしてファーストにひとり入りましょう。
残りは全員ショートのポジションに行って順番にノックを受けてください。ファーストは5週ごとにローテーションで回していきます」

絵里「じゃあ最初は私がファーストに入るわね」

海未「ありがとうございます。ショートは捕ったらファーストに送球しましょう。ファーストはキャッチャーに返してくださいね」

穂乃果「ショートの位置ってこんな感じかな?」

にこ「もうちょっと奥じゃない?」

海未「いえ、もうちょっと手前ですね。二塁と三塁を結ぶライン上か、その少し前でもいいです」

にこ「そうなの? プロ野球とか見てると、もっと守備位置は深めだと思うんだけど」

真姫「確かにそうね」

海未「守備位置の深さは、捕球と送球のトレードオフなんですよ」

穂乃果「とれーどおふ?」

凛「ブックオフ系列のお店かにゃ?」

真姫「どちらかを追及すればもう片方が犠牲になるってことよ」

海未「守備位置を深くとると幅広い打球に対応できますし、球の軌道をしっかり見てから捕球することができます。
ですが、打者から離れている分、捕球までに時間を使ってしまうので、送球に割ける時間が少なくなってしまいます。
プロの選手のように打球が速く、かつ守備側の肩も一定以上ある場合には深く守ることが有効ですが、
私たちが挑むのはアマチュアの女性同士がおこなう野球です。ある程度前に出ても対応できる打球スピードだと思われますし、
先ほどのキャッチボールを見る限りでは私たちの肩が強いというわけでもないので、送球に時間を残すべきだと思います。
そうすることによって、送球エラーも防止できますしね」

にこ「そ、そんなこと知ってたわよ! あえて知らないふりをして聞くことによりみんなの野球に対する理解を深めようとしただけなんだからね! 扇の要たるキャッチャーとして当然の責務を果たしたまでだわ!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2014/12/31(水) 00:14:24.30 ID:nYVjRSyd0
海未の野球の知識すげーな
24 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/31(水) 00:38:09.63 ID:sPHDMDFq0
海未「初日ですし弱めに打っていくので、まずは捕球と送球の感覚を掴んでください。では、最初は穂乃果ですね」

穂乃果「よっしゃー! ばっちこい!」

海未「いきますよ!」キンッ

穂乃果(えっと、練習前の説明で海未ちゃんが言ってたのは……)

穂乃果(まず、グローブと両足で三角形を作るようにして捕球)パシッ

穂乃果(右手にボールを持ちかえると同時にステップを踏む)スッ

穂乃果(内野手のテイクバックは小さく。素早く、かつ正確にファーストへ送球!)シュッ

絵里「ハラショー!」パシッ

穂乃果「やった!」

海未「ナイスです穂乃果! じゃあ次はことり! いきますよ!」キンッ

ことり「よしっ」パシッ シュッ

ことり「あ! 球が浮いちゃった! ごめん!」

絵里「よっと」パシッ

穂乃果「おお! ジャンピングキャッチ!」

海未「ナイスファースト! 次は真姫、いきますよ!」キンッ

真姫「オーケー!」パシッ

真姫「いくわよ!」シュッ

絵里「わっ!」パシッ

海未「大丈夫ですか?」

にこ「ど真ん中なのにそんなに驚いちゃってどうしたの?」

絵里「ううん、なんでもない! 大丈夫よ! ちゃんと捕球したし」

絵里(なんだか球が浮き上がってきたように感じたけど……みんなは何も感じてないみたいだし、気のせいかしら)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2014/12/31(水) 00:39:27.12 ID:JARE3KXvO
海未だけでなくみんな乗り気なのが和む
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2014/12/31(水) 00:47:21.07 ID:81jVCqnNO
真姫ちゃんはビヨンド使おう
27 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/31(水) 00:51:48.82 ID:sPHDMDFq0
海未「希、いきますよ!」キンッ

希「よし」パシッ シュッ

希「あ、逸れた」

絵里「オーケー!」パシッ

真姫「よくベースから離れずにあんな球を……」

凛「柔らか過ぎだにゃ!」

穂乃果「すごいよ絵里ちゃん!」

希「捕ってくれてありがとうな」

絵里「褒めても何も出ないわよ?」

海未「いえいえ、ナイスプレーでした! 次、花陽いきますよ!」キンッ

花陽「わっ、わっ! あ!」

凛「トンネルにゃー!」

花陽「す、すみません……とってきます……」

穂乃果「大丈夫だよ花陽ちゃん! まだ初日なんだから」

海未「そうですよ、落ち込まないで下さい」

花陽「ありがとう……」
28 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/31(水) 01:11:38.42 ID:sPHDMDFq0
凛「かよちんの借りは凛が返す! かかってくるにゃー!」

海未「いきますよ!」キンッ

海未「あ! すいません! 間違えてセカンド方向に……」

凛「いっくにゃー!」

にこ「ちょ、それ完全にショートの守備範囲外よ!」

凛「んにゃー!」パシッ

真姫「ダイビングキャッチ!?」

穂乃果「捕った!」

凛「絵里ちゃん!」シュッ

花陽「そして起き上がりざまの膝立ちスローイング……! かっこいい……!」

絵里「ハラショーどころの騒ぎじゃないわね……」パシッ

穂乃果「うおおおお! すごいすごいすごい!」

海未「さすがの身体能力です!」

希「プロ顔負けやね!」

凛「へっへーん!」
29 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/31(水) 01:23:31.42 ID:sPHDMDFq0
――――

海未「ショートいきますよ!」キンッ

絵里「よし!」パシッ

絵里「ファースト!」シュッ

穂乃果「ナイス絵里ちゃん!」パシッ

海未「流れるような守備でしたね! じゃあ、内野ノックはこれぐらいにしておきましょう。
あ、最後に私もショートで何本か受けたいんですけど、どなたか打ってもらえませんか?」

希「それならニコっちがええんちゃう? 経験者やし」

にこ「えっ」

海未「じゃあ打ってもらってもいいですか?」

にこ「も、もちろんよ! 鬼ノックのにこちゃんと恐れられた私のノッキングセンスを見せてあげるわ!」

穂乃果「なんだか凄そう!」

凛「にこちゃんの本気がついに見られるにゃ!」

にこ「さあ、海未いくわよ! とりゃ!」スカッ

一同「……」

にこ「もういっちょ」スカッ

一同「……」

にこ「それっ」スカッ

一同「……」

にこ「もう! なんで当たんないのよ!」こつん

花陽「あ、当たった!」

絵里「ぼてぼてのピッチャーゴロね」

凛「海未ちゃん、ショートの位置から猛然とダッシュ!」

真姫「優しいわね……」

海未「オーケー!」パシッ シュッ

凛「ランニングスローにゃ!」

穂乃果「ナイス海未ちゃん!」パシッ
30 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2014/12/31(水) 01:35:23.40 ID:sPHDMDFq0
今日はこの辺りで失礼します。
見てくれた方、コメントくれた方、遅い時間までお付き合いいただきありがとうございました! 震えるほど嬉しかったです。

次回は来年になると思います。またご覧いただければ幸いです。
それでは皆さん、良いお年を!
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/08(木) 01:24:03.12 ID:rEufvcgwo
まだかな
32 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 21:00:04.91 ID:We7J73UA0
大分日が空いてしまいましたが、続きを書いていきます
よろしくお願いします

>>31
もう誰も覚えてないかなあと思いつつ開いたのですが、待っていていただきありがとうございます!
33 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 21:01:27.31 ID:We7J73UA0
――――

海未「次は外野ノックをやります。私とにこ以外は全員センターの位置についてください。捕ったらバックホームでいきましょう」

一同「はーい!」

海未「まずは穂乃果からですね。いきますよ!」カキンッ

穂乃果「オーライ! フライだね! ってあわわっ!」

真姫「見事に頭の上を越えていったわね。いわゆるバンザイってやつ?」

凛「前に出すぎにゃあ」

ことり「愛してるばんざーいだから仕方ないよ」

海未「バットで打った球は人が投げる球よりも伸びるので、注意してください!」

穂乃果「うーん、落下点に入ったつもりだったんだけどなあ」

海未「次は真姫ですね。いきますよ!」カキンッ

真姫(よし! ワンバウンドで捕球……)

真姫「ってう゛ぇえ!」

にこ「バウンドした球が見事に頭の上を越えていったわね……ぷっくっく」

真姫「聞こえてるわよ!」

絵里「野球のボールって意外と弾むのね」

希「軟式やからなあ。スーパーボールみたいなもんやん?」

海未「次はことり、いきますよ!」カキンッ

ことり(フライかワンバウンドか微妙なところ……でも前に出すぎて後ろにそらすよりは……)

ことり(しっかり待って、ワンバウンドで捕球したほうがいいよね)パシッ

穂乃果「ナイスキャッチ! バックホームだよ!」

ことり「えい!」シュッ

ことり「ってホームまで遠すぎるよ〜」

海未「実際には中継が入るので大丈夫ですよ! 冷静な打球処理でした!」
34 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 21:16:38.15 ID:We7J73UA0
海未「次は希、いきますよ!」カキンッ

希(フライ……こっちやね)ザッ

絵里「後ろに走りすぎじゃ……」

希「おっけー!」パシッ シュッ

凛「おお! ナイスキャッチ! そしてナイススローにゃ!」

真姫「まるで球が伸びてくることを予知してたみたいね」

希「ふふ。私には、球の落ちる場所が分かるんよ」

穂乃果「ほんとに!? どうやってるの!?」

希「カードが告げてくれるんよ……と言いたいところやけど、実際のところ打球音の違いやね」

花陽「打球音?」

希「よく聞いてると、微妙に違いがあんねん。それでどの程度伸びるか予測できるんよ。ま、今回はうまく行きすぎやったけどね」

海未「なにやら希はコツを掴んだようですね。じゃあ次は絵里、いきますよ!」カキンッ

絵里(打球音では分からないわね……ここは伸びると想定していきましょう。キャッチボールの時と同じ感覚で捕ろうとすると、後ろにそらしてしまうわ。
頭の位置で捕ろうとせず、もっと下の位置で……)

絵里「オーライ!」パシッ シュッ

穂乃果「絵里ちゃんナイス!」

絵里「ありがとう! 頭の位置で捕ろうとせず、腰の位置で捕ろうとするとうまくいきそうね。
伸びなかったとしても後ろより前への対応のほうがしやすいし」

花陽「なるほど……」
35 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 21:31:11.33 ID:We7J73UA0
海未「次は花陽! いきますよ!」カキンッ

花陽(打球音!)

花陽(全然分からない……どうしよう、どんどんボールが迫ってくる……!)

花陽(頭の位置で捕ろうとするとこの場所で良い気もするけど……腰の位置で捕球だともうちょっと後ろ……)ザッ

花陽(きた!)ポロッ

花陽「あっ……もう少しだったのに……」

穂乃果「すごいよ花陽ちゃん!」

真姫「やるじゃない!」

希「二人は触れもしなかったもんね?」

真姫「つ、次は捕るわよ!」

海未「惜しかったですね! あとは捕球のタイミングだけです!」

花陽「みんな……ありがとう。でも練習しなくっちゃ」
36 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 21:49:04.13 ID:We7J73UA0
――――

凛「んにゃー!」ザザァ! パシッ

穂乃果「ダイビングキャッチ!」

花陽「凛ちゃんすごい!」

海未「さすがですね。凛の守備力は内外野ともにチームトップレベルです」

にこ「そうね。でも、外野に置いておくには少し危なっかしいわね。って、なによその顔は」

海未「いえ、まともなことを言ってるなあと……」

にこ「失礼ね! 私はいつもまともよ! 外野手がそらしたら後ろには誰もいないんだから。今だって、捕れなかったら三塁打コースよ。そうやってピンチになる場面を何度も見てきたわ(テレビで)」

海未「そうですね。凛が活きるのはやはり内野でしょうか」

穂乃果「おーい! 次は何やるのー!?」

海未「ノックはこれで終わりです! 素振りを30回やってから休憩に入ります!」
37 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 22:23:26.65 ID:We7J73UA0
花陽「野球って意外と体力使うんだね」

凛「止まったり動いたりでシャトルランみたいだにゃあ」

穂乃果「でも楽しいよね! うまく捕球できたり、ビシっと送球が決まるとすごく嬉しいし!」

ことり「そうだよね。自分のほうに球が来ると緊張しちゃうけど、うまく捕れると嬉しいよね!」

海未「みなさん聞いてください! 休憩中に決めておきたいことがあります。次の打撃練習兼投球練習で投げるピッチャーについてです。
全員では時間がないので、何人かに絞って投げてもらって、本番で誰が投げるか決めようと思います」

希「ピッチャーは海未ちゃんやないの?」

凛「うんうん。一番球速が出てたにゃ」

海未「わ、わたしですか!? そんな、無理です! ピッチャーなんて注目されるポジション、できるわけないでしょう!? 
ね!? ことり!?」

ことり「う、うん、そうだね……」

海未「ピッチャーには、ストライクゾーンに入るコントロールと注目を浴びても自分のプレーができる度胸が必要です。
私は、穂乃果か絵里が良いと思います」

穂乃果「切り替え速いなあ。って、え!? 私!?」

絵里「推薦してもらえるのは嬉しいけど……」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/09(金) 22:25:00.20 ID:PFRhnLDp0
りんぱなで二塁間守ろうぜ!
期待。
39 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 23:15:32.98 ID:We7J73UA0
海未「二人は新旧生徒会長で注目を浴びることに慣れていますし、キャッチボールや守備練習を見ていても、しっかりと送球できていました」

穂乃果「ピッチャーかあ」

絵里「責任重大なポジションよね」

海未「ひとまず、お試しと思って投げてみてください」

穂乃果「あ、そしたらもう一人、投げてもらいたい人がいるんだけどいいかな?」

海未「いいですよ。だれですか?」

穂乃果「真姫ちゃん!」

真姫「う゛ぇ!?」

穂乃果「ファーストで送球を受けたときに思ったんだけど、なんか真姫ちゃんの球だけ変なんだよね」

真姫「どういうことよ」

絵里「確かに、私も感じたわ。こう、球が浮き上がってくるというか……」

海未「なるほど……じゃあ、真姫も投げてもらっていいですか?」

真姫「し、しょうがないわね……そこまで言うなら投げるわよ」

にこ「あれ? 満更でもない感じ?」

真姫「うるさい!」
40 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/09(金) 23:40:12.06 ID:We7J73UA0
海未「休憩中にも言ったように、次は打撃練習兼投球練習です。
先ほどの守備での動きと素振りで見たスイングを元に仮の打順を組みましたので、この順番に打席へ立ってください」

穂乃果「この紙だね。どれどれ……」


1番 絵里
2番 凛
3番 海未
4番 希
5番 穂乃果
6番 真姫
7番 にこ
8番 花陽
9番 ことり


絵里「トップバッターね」

凛「2番と言えばバントかにゃ?」

希「うちが4番かあ」

真姫「6番ってどういう役割なのかしら」

にこ「にこが7番……」

花陽「9番じゃなくていいのかな?」

ことり「良かった……」

海未「いろいろと思うことはあると思いますが、ひとまず今日のところはこれでいきましょう。
みんなのバッティングを見ずに決めたものなので、試合までには当然、変わると思います。」

穂乃果「うん、練習初日だもんね。
野球をやったことない人がほとんどなんだから、まずは思いっきりやってみて、自分が何をできるか知らないと!」
41 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 00:04:14.62 ID:H2GIoSa70
海未「そうですね。あくまで仮ですので、そんなに気負わず打ってください。
練習の流れですが、ピッチャーはこの打順でバッターと勝負し、スリーアウトをとった時点で交代とします。ピッチャーの打順が回ってきた時は詰めてください。
守備は外野のみとし、打球を見て私が打撃結果の判断をします。ですので、打った後は走らなくていいですが、出塁した場合にはランナーがいるものとして次のプレイに入ってください。
もちろん、スリーアウトでピッチャーを交代する際にはランナー無しに戻ります」

穂乃果「うーんと、分かったような分からないような……」

絵里「要するに、内野手とランナーが透明なだけで、あとは普通に野球をするってことね?
で、透明な選手の動きは海未が判断する、と」

海未「そういうことです。ひとまずやってみましょう。最初のピッチャーは誰にやってもらいましょうか」

穂乃果「私やるよ!」

海未「お願いします。打順の遠い3人、この回はにこ、花陽、ことりが外野を守ってください。
他の人たちは、自分の打順が終わったら交代しにいきましょう」

一同「はーい!」
42 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 00:32:27.05 ID:H2GIoSa70
今日はこの辺りで失礼します
また書いていきますので、よろしくお願いします

読んでくれた方やレスを付けてくれた方、ありがとうございました!
43 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 21:35:34.20 ID:H2GIoSa70
続きを書いていきます!
今日もよろしくお願いします
44 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 21:36:31.07 ID:H2GIoSa70
にこ「穂乃果! しまっていくわよ!」

穂乃果「おー!」

にこ(キャッチャーって常にテレビに映ってラッキーと思ったけど……)

凛「にこちゃーん! 防具似合ってるにゃー!」

にこ(よく考えたらマスクで顔が見えないじゃない!)

にこ「なんだか剣道部の格好をした時のことを思い出すわね……」

絵里「なかなか様になってるわよ」

にこ「……ありがとうと言っておくわ」

海未「準備はいいですね? それでは、プレイ!」

にこ(まずは様子見で、アウトローのストレートから)

穂乃果(うん!)

穂乃果「いくよ!」シュッ

にこ(うわ! ど真ん中!)

絵里(よし)カキンッ

穂乃果「打たれた!?」

にこ「そりゃど真ん中だからねー」

海未「左中間を真っ二つですね。スリーベースも十分ありえますが、ツーベースにしておきましょう」
45 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 21:56:53.18 ID:H2GIoSa70
凛「よろしくお願いしまーす!」

海未「こちらこそ。ノーアウトランナー二塁よ」

にこ(試合なら足を警戒するところだけど、今は純粋な打撃のみに集中ね。凛の桁外れな運動神経は要注意よ。
まずはボールでもいいからしっかりアウトローを投げてよね、穂乃果)

穂乃果(分かったよ、にこちゃん!)

にこ(こい、穂乃果!)

穂乃果(三球で決める!)シュッ

にこ(ど真ん中……全然わかってない……!)

凛(この球なら!)カキンッ

穂乃果「打たれた!?」

にこ「そりゃど真ん中だからねー」

海未「センター前に抜けましたね。でも浅いので、ランナーは帰れないでしょう。ノーアウト1、3塁です」
46 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 22:13:02.13 ID:H2GIoSa70
凛「本当は最悪でも進塁打になる右方向を狙おうと思ってたんだけど、良い球だからついセンターに打っちゃったにゃー」

穂乃果「うぅ〜! くやしい!」

にこ「あんたがど真ん中ばっかり投げるからでしょ」

穂乃果「うわ、にこちゃん! マウンドまでようこそお出でになられました」

にこ「これはこれは。お邪魔いたします……じゃなくて! どうして構えたところに投げないのよ!」

穂乃果「えー! だってそんな小さい的に投げるなんて難しいよー。ストライクゾーンに投げるのが精いっぱいだよー」

にこ「せめて低めと高め、内と外は投げ分けてもらえない?」

穂乃果「うーん……」

にこ「ボールになってもいいから」

穂乃果「そしたらフォアボールになっちゃうよ」

にこ「カウントがきつくなったらど真ん中要求するわよ」

穂乃果「それ打たれろってことじゃ……」

にこ「練習なんだからいいでしょ。あんたの球、まだ一回も受けてないわよ? ボール球でもいいからよこしなさい」

穂乃果「……そうだね。思いっきり投げてみるよ。ありがとう、にこちゃん!」

穂乃果「って、次のバッターは海未ちゃん!?」

海未「そうですが」

にこ「気にしない気にしない! 私のミットへ放り込むことだけ集中しなさい!」
47 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 22:28:05.29 ID:H2GIoSa70
凛「審判は凛がやるね!」

海未「ありがとうございます」

海未(さて、ここまでの穂乃果ですが……逃げずにど真ん中へ入れてくる度胸は流石ですね。肩もそこそこありますし、ストライクゾーンに入れるコントロールもあります。
二者連続で初球を打たれていますが、初めてのピッチャーですからね……。甘い球ではありましたが、それを逃さず打つことのできる絵里と凛が凄いとしか)

にこ「ここよ穂乃果!」

にこ(まずは外角低め。ここをしっかり投げ切ってよ)

穂乃果「えい!」シュッ

にこ「おっと」パシッ

凛「ボール!」

海未「ナイスキャッチです! ショートバウンドをしっかり抑えましたね」

にこ「まあね」

にこ(明らかなボール球だったけど、やっとど真ん中以外を投げてくれたわね。コースも一応アウトローだし。次はインコースを突いてみましょう)

海未(にこは、絵里と凛の時も初球アウトローを要求していましたね。
確かに、外角低めは投球の基本ですし、ボールになってでも投げきることができるかという点はピッチャーの能力として非常に重要です)

パシッ ボール!

海未(アウトローの後のインハイ。対角線は配球の基本ですが、きちんと投げ込まれると打ち辛いですね。
それに、先ほどまで真ん中付近しか投げられなかった穂乃果が、にことマウンドで話した次の球からコースに投げ分けられるようになっています)

にこ「良い感じよ!」シュッ

海未(にこがキャッチャーをやることに一抹の……いえ、かなり大きな不安を感じていましたが、これは意外と……)
48 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 22:51:31.61 ID:H2GIoSa70
穂乃果「結局フォアボールかあ……」

にこ「まだ無失点なんだからいいじゃない」

穂乃果「でもノーアウト満塁だよ? 次フォアボール出したら点とられちゃうよ?」

にこ「そこは頑張りなさい」

穂乃果「辛いです……」

――――

海未「次は希ですね」

希「お手柔らかにな?」

にこ(結局、バット購入のときにトップバランスを選んだのは希だけだった。あのスイングは脅威よね。
フォアボールは出せない状況だけど、まずは外角のボール球から入るしか)

穂乃果「えいっ!」シュッ

希「フンッ!」ブオンッ!

にこ(あれ?)パシッ

海未「ストライク!」

にこ(もしかして……)
49 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 23:22:26.63 ID:H2GIoSa70
海未「ストライク! バッターアウト!」

希「うーん、当たらんなあ」

海未「今の投球、全部外角のボール球でしたよ」

希「え、そうなん? 全然わからんかったわ」

海未「希は選球眼が課題ですね。にこは分かってて穂乃果にボール球を要求したんですか?」

にこ「一球目を外した時に振ってきたから、もしかしてと思ったのよ」

にこ(次は真姫ね。低めに集めて最低でもゴロで抑えたいところだけど)

真姫「ワンアウト満塁か……」

海未「プレッシャーのかかる場面ですね」

真姫「ちょうどいいわよ。さあ来なさい、穂乃果」

穂乃果「いくよっ」シュッ

真姫「あ」カコン

海未「ショート真正面ですね。これはダブルプレーでしょうか」
50 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/10(土) 23:45:01.21 ID:H2GIoSa70
穂乃果「ふー、やっとスリーアウト……」

にこ「結局まともにストライク入らなかったじゃない」

穂乃果「うっ! ピッチャーって大変なんだね……全然思ったところに投げられなかったよ」

海未「確かに真ん中かボール球かという感じでしたが、先頭バッターの初球からど真ん中に入れてきた度胸は流石ですよ」

穂乃果「そ、それは喜んでいいのかな……」

絵里「真姫に投げた最後の一球は、ちゃんと低めに決まってたじゃない」

真姫「なんで私の時だけいい球を投げるわけ?」

海未「あれは今日一番の球でしたね。結局ノーアウト満塁から無失点で抑えましたし。なぜか窮地に陥ると力を発揮するんですよね、穂乃果は」

穂乃果「えへへ」

にこ「えへへじゃないわよ、最初から投げなさいって!」

――――

海未「次は絵里がピッチャーですね。バッターはにこなので、代わりに私がキャッチャーをやります」


海未(キャッチャーとしてのにこは、正直言って意外でした。穂乃果の荒れ球を難なく捕球していましたし、リードも的確。
キャッチボールでどれだけ上手くキャッチできたとしても、バッターが立ち、スイングをすれば捕球ミスがあって当たり前なのに、打者五人でパスボールは一球もありませんでした。
偉そうに練習を仕切っている私ですが、同じことをやれと言われてできる自信はありません。もしかしてにこは……)

にこ「よし、いつでも来なさい!」

海未(アイドルではなく野球の才能があるのかもしれません……!)

絵里「いくわよ!」シュッ

海未(まずい、甘いコースに……)

にこ「おりゃ!」スカッ

海未「あれ?」パシッ
51 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 00:18:27.59 ID:BTyuHebC0
海未「結局、にこ、花陽、ことりは三者凡退ですか」

にこ「ま、まあそういう時もあるわよ! あと一週間なんだから、今打てたって仕方がないわ。
試合にピークを持っていくのがプロというものよ」

真姫「私たちはアマチュアでしょ」

ことり「あと一週間かあ。それまでにもうちょっと打てるようにならないとなあ」

花陽「そうだよね……ボールに全く反応できなかったよ……もっと練習しないと」

穂乃果「大丈夫、私たちならできるよ!」

にこ「あんたのその自信はどこから出てくるんだか……」

穂乃果「そう思うんだもん。だってさ、落ち込むってすごいことだよ!」

絵里「すごいこと?」

穂乃果「うん! 本格的に野球の練習をやるのは今日がはじめてなんだよ? できなくたって当然じゃん。
なのに、できなくって落ち込むのは、できるようになりたいって強く思ってる証拠だよ! その思いさえあれば絶対に上手くなるよ!」

真姫「なんか無理やりな論理ね……」

海未「それが穂乃果の思考回路なんですよ」

希「なるほど、納得やね」

穂乃果「えー! ひどいよ〜」

絵里「でも、そうやってみんなの意識を無理やり前に向かせたからこそ、ラブライブで優勝できたのかもしれないわね」
52 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 00:21:30.48 ID:BTyuHebC0
今日はこれで終わります
見てくれた方、ありがとうございました!

感想等々、気軽に書き込んでもらえれば嬉しいです!

また続きを書いていきますのでよろしくお願いします
53 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 21:26:21.14 ID:BTyuHebC0
昨日の続きから書いていきます
よろしくお願いします!
54 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 21:27:18.06 ID:BTyuHebC0
海未「次は真姫がピッチャーですね。打順は1番の絵里からです」

絵里「二打席目ね。さっきのスイングでなんとなくコツは掴んだわ」

凛「確かに、穂乃果ちゃんの球は気持ちよく打てたにゃ」

穂乃果「……それ、バッティングピッチャー向きってこと?」

海未「まあまあ、気を落とさないでください。打順が回ってくるかもかもしれませんよ」

穂乃果「えっと、私何番だったっけ……?」

海未「仕方ありませんね。もう一度この紙を見てください」


1番 絵里
2番 凛
3番 海未
4番 希
5番 穂乃果
6番 真姫
7番 にこ
8番 花陽
9番 ことり



穂乃果「5番かあ。二人ランナーが出れば回ってくるってことだね! よーし、バッティングで取り返すぞ!」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/11(日) 21:36:07.37 ID:huMLYBzF0
期待
頑張って
56 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 21:46:52.97 ID:BTyuHebC0
海未「準備はいいですね? それでは、プレイ再開です!」

にこ(穂乃果の時にはど真ん中のストレートを見事に打たれてしまったわ。
真姫がどの程度コントロールできるかだけど、まずはアウトローの一択ね)

真姫「うふふ」

にこ(ってちょっと真姫、なにニヤニヤしてんのよ! ちゃんとサイン見なさいよ!)

真姫(ピッチャーって一度でいいからやってみたかったのよね。
この、世界の中心に立ったかのような感覚! みんなが私を注視しているわ! なんて快感なのかしら!)

にこ「真姫! ニヤついてないでこっちを見なさい!」

真姫「ちょっ! ニヤついてなんかいないわよ!」

真姫(外角低め。そうね、相手は絵里だし、慎重にいきましょ)シュッ

絵里(アウトローね。でもこれは低すぎるわ)

海未「ストライク!」

絵里「え? ストライク? 低めに外れてなかったかしら」

海未「いえ、低めいっぱいに入っています」

絵里「うーん、外れてると思ったんだけどなあ」

海未(確かに、穂乃果や絵里の球では低めに外れていたでしょう。しかし……)

にこ(なんとか捕球したけど、この球は……)
57 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 22:04:53.93 ID:BTyuHebC0
絵里(よし、絶好球!)スカッ

海未「ストライク!」

絵里「あれ!?」

絵里(確かに捉えたはずなのに、バットを振る瞬間、ボールが浮き上がった……)

真姫 シュッ

絵里(こんな球、どうやって打てばいいのよ……!)スカッ

海未「ストライク! バッターアウト!」
58 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 22:50:11.47 ID:BTyuHebC0
絵里「結局、」

凛「2人とも三振だにゃあ」

穂乃果「ね? 真姫ちゃんの球、なんだか変でしょ? 内野ノックでファーストを守った時に思ったんだよねー」

絵里「球が浮き上がってくるのよね」

凛「そうそう。それでバットをすり抜けていくにゃ」

海未「あれは、ボールが浮き上がっているわけではありませんよ」

絵里「そうなの?」

海未「ええ。真姫は、誰よりも真っ直ぐなストレートを投げているんです」
59 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 23:19:12.65 ID:BTyuHebC0
凛「ん? どういうことかにゃ?」

海未「地球に重力がある以上、球を投げれば落ちていき、いつかは地面に激突します。ですが、球にバックスピンをかけることでそれを軽減することができます。
審判として真姫の球を間近で見ましたが、真姫はそのバックスピンの回転数が他の人たちよりも多いんですよ」

絵里「なるほど……他の人の球よりも落ち幅が少ない分、浮き上がって見えたということね。でも何故、真姫がそんな球を投げられるのかしら」

海未「恐らくピアノの影響でしょう。指の力が相当強いのだと思います。
それに、ピアノの演奏は足先から指先までを連動させておこなう全身運動です。しっかりと体全体を使って投げることができているのも、そのおかげかもしれません」

凛「ピアノ万能説だにゃ」

海未「もちろん、ピアノをやっていればあの球を投げることができるというわけではないですが、真姫の場合は上手く噛み合ったのでしょう。音楽と野球が」

穂乃果「……音楽と野球が噛み合う瞬間って、ちょっと分かるかも」

絵里「そうなの?」

穂乃果「うん。守備でステップを踏む時とか、『dancing stars on me!』のリズムが思い浮かんだり」

海未「それはどうなんでしょう……」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/11(日) 23:22:57.43 ID:X7Um78ND0
まきちゃんが厨二スポーツ漫画の主人公みたい。
61 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/11(日) 23:29:46.07 ID:BTyuHebC0
海未「次は私の打席ですね」

にこ「真姫、ちょっといい?」

真姫「どうしたのよ、ランナーも出てないのにマウンドまで来て」

にこ「次のバッターは海未よ? 一筋縄じゃいかないわ。私に秘策があるの」

真姫「にこちゃんの秘策って、当てになるのかしら」

にこ「いいから聞きなさいよ!」

真姫「わかった、聞くだけ聞いてみるわよ」

にこ「フォークボールを投げなさい」

真姫「ちょ! いきなりそんなの無理よ!」

にこ「あんたの指の強さならいけるわよ」

真姫「今日はじめてピッチャーをやったばかりで、変化球なんて投げられるわけないじゃない!」

にこ「いいからいいから。練習なんだから思い切ってなげてみなさいよ。真姫、ピッチャーやりたいんでしょ?
試合まであと一週間しかないんだから、先送りにするだけ損よ」

真姫「うう……どうなっても知らないわよ」
62 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/12(月) 00:15:39.96 ID:Y2t5x6x/0
海未「どんな相談をしたんですか?」

にこ「フフフ、それは最後のお楽しみってことで」

海未(なるほど……私の打席で何かをやってくるということですね。口ぶりからすると初球からではないようです)

にこ(まさか海未も、決め球に変化球を使ってくるとは思っていないでしょうね)

海未(ツーストライクに追い込んだ後の決め球として、試しに変化球を使ってくるというところでしょうか)

にこ(はじめての変化球を内角に投げるのはリスクが高すぎるわね。内角でカウントをとって、決め球として外角にフォークを投げましょう。今日の初球は全て外角を指示してきたわ。ここで内角のストレートを投げれば意表を突くことができるはず)

海未(試しに変化球を投げるとすれば、外角に投げるはずです。だとしたら、カウントをとっていく際には内角球を投げ、内側を意識させたいでしょう。それに加えて、にこは私の意表を突きたいと思っているはず。今日の初球は全て外角でした。その逆を突き、更に内角を意識させたいとしたら、初球は内角のストレートを要求するでしょう)

真姫(わかったわ、にこちゃん)シュッ

海未「えっ……」

にこ(と、ここまでは海未も読んでいるはず。だから私が真姫に要求したのは……)パシッ

海未(外角のストレート!?)

海未(逆球? いえ、捕球の時にキャッチャーは外角に構えていました……)

にこ(計画通り……!)ニヤリ

海未(わ、私が手玉にとられるなんて……しかも、よりによってにこに! なんという屈辱……!)
63 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/12(月) 00:36:59.06 ID:Y2t5x6x/0
海未 キンッ

凛「ファールボール!」

にこ(これでツーストライク)

真姫(いくわよ)

海未(ボールの下を擦るのが精いっぱいですね……さて、次は何を投げてくるのか)

真姫 シュッ

海未(ストレート……?)

ストンッ!

海未(まさか、フォークボール!?)スカッ

にこ(しまった!)スカッ

凛「パスボールにゃ!」

真姫「えーと、この場合って?」

海未「私を見られても。今は凛が審判なので、凛の判断に従います」

海未(振り逃げでも、三振を取られたことに変わりないですからね……更に鍛錬を重ねなければ)

凛「えぇ!? 凛の判断!? えっと、えっと……」

穂乃果(真姫ちゃんの球、打ってみたいな)うずうず

凛「えーっと……」

希(真姫ちゃんの球、面白いやん?)

凛「穂乃果ちゃんと希ちゃんが打ちたそうなので、振り逃げにします!」

真姫「なにその理由!?」

穂乃果「やったー! 希ちゃん、私につないでね!」

希「大丈夫。穂乃果まで打順が回るって、カードが告げてるんよ」
64 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/12(月) 00:48:38.93 ID:Y2t5x6x/0
――――

希「あぁん!」ボインッ

凛「デッドボールにゃ!」

花陽「しかも……む、胸に……」

海未「大丈夫ですか!?」

希「……度胸あるやん?」

真姫「ちょ、関西弁で詰め寄られると某番長を思い出すんでやめてもらえますか……」

希「これがホンマの『当ててんのよ』ってやつ? そんなに当てたいならわしわししたろか? お?」

真姫「ひ、ひえぇぇぇー!! こっち来ないでえぇぇぇ!!!」

希「ふふ、冗談よ」

にこ「外角に要求したのに当ててどうすんのよ!」

真姫「し、仕方がないじゃない。フォークがすっぽ抜けちゃったのよ。ごめんね、希」

希「ええよ。私相手に海未と同じレベルの攻め方をしてくれて嬉しかったわ」

海未「球速が出ていなかったのが幸いでしたね……怪我がなくてよかったです」
65 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/12(月) 00:51:12.26 ID:Y2t5x6x/0
今日はこの辺りで終わりにします
またよろしくお願いします!

読んでくれた方、レスを付けてくれた方、ありがとうございました!励みになります!
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/12(月) 01:02:54.76 ID:bev5yoHZo
面白い
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/12(月) 14:48:33.42 ID:I2VtKoN00
ピアノとピッチャー・・・
レインボースパークボールとか思い出すな。
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/12(月) 15:18:14.39 ID:GLcuWLZq0
細かい事だけど希ちゃんは絵里とにこ以外はちゃん付けで呼んでない?

でも面白いしラブライブも野球もどっちも好きだから期待&頑張ってね
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/13(火) 11:41:28.50 ID:BZQHVGSTO
何で90〜00年代の西武の選手ばっかりなんですかwww鈴木健とか懐かしすぎて死にそうになったわ
70 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/13(火) 20:41:55.74 ID:s4TUiA2P0
続きを書いていきます
よろしくお願いします!

>>66
そういってもらえるとありがたいです。続きも気合入れて書いていきます!

>>67
知らない作品だったので調べてみたんですが、石ノ森章太郎って野球漫画も描いてたんですか
実在の選手がめっちゃ出てるんですね。星野仙一の声を大塚明夫がやってるのには笑いましたw

>>68
本当ですね……完全に見落としてました。すみません、次から気を付けます
激励の言葉、ありがとうございます!

>>69
小学生の頃、初めて球場へ行った時にプレーしていた方々です。野球の面白さを教えてくれたという点で、恩人と呼んでも良いかもしれません
あとは高木大成とか小関も好きでしたね。もちろん松井稼頭央も!
71 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/13(火) 20:43:44.85 ID:s4TUiA2P0
海未「ツーアウト、ランナー1、2塁。次は穂乃果ですね」

穂乃果「よーし、かっ飛ばすぞー!」

真姫「いくわよ!」シュッ

パシッ ストライク!

穂乃果「おおー! やっぱり浮き上がってみえるね!」

にこ(打席に集中しなさいよね……次はここ、いくわよ)

真姫(オーケー、にこちゃん)シュッ

穂乃果「ほい!」スカッ

海未「ストライク! 追い込まれましたね」

穂乃果「バットの上を通っていっちゃうなあ」

にこ(真面目にやりなさいよ……最後はフォークボールよ。決めちゃいなさい!)

真姫「穂乃果、食らいなさい! 私の決め球、フォークボールを!」シュッ

真姫(よし、いいコース!)

穂乃果「おりゃー!」カキンッ

にこ「!?」
72 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/13(火) 20:55:51.33 ID:s4TUiA2P0
凛「左中間抜けたにゃー!」

真姫「……」

海未「これはツーベース、いやスリーベースの可能性もありますね」

穂乃果「やったー!!」

にこ「低めに決まったフォークをあんな易々と……」

絵里「ここ一番で打つところは、やっぱり穂乃果よね」

真姫「……」

にこ「ほら、放心してないでしっかりしなさいよ。格好つけながら投げた球を打たれて立つ瀬がないのは分かるけども」

真姫「ア……アア……」

にこ「こりゃダメになっちゃってるわねー」

海未「でも、あの球を打つのは至難の業ですよ。穂乃果、どうやって打ったんですか?」

穂乃果「うーん、普通に打っただけだよ。真姫ちゃんのフォークって、あんまり落ちてないし」

真姫「うっ……」

花陽「真姫ちゃんが! 崩れ落ちちゃった!」

にこ「砕かれるほどの自信なんて元から無いでしょうに」
73 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/13(火) 21:49:51.42 ID:s4TUiA2P0
海未「私の体感ではかなり落ちているように感じましたが」

穂乃果「みんなの投げるストレートより、少し沈むかなってぐらいだと思うよ。
真姫ちゃんのストレートが伸びるから、それに対応しようとしているところに来ると落差が大きく感じるだけでさ。
フォークが来ると分かってれば全然対応できちゃうんだよね。ストレートより球威は無いわけだし。だから私は、ストレートを捨ててフォークに絞ってたんだよ」

海未「確かに私は、真姫のストレートに対応しようとしていました。
必死にストレートの軌道に合わせようとして……だから、フォークボールの落ち幅が大きく見えたんですね」

絵里「まあ、あの時はそんな変化球を投げるなんて思いもしなかったけどね」

海未「いえ、私はあの打席で何らかの変化球が来るだろうと読んでいたんですよ。それでもかすりもしなかったんですから。それはフォークというよりストレートの威力なんでしょう。
良いストレートは変化球の効果を何倍にも増幅します。それだけの直球を持っているというのは大きな武器です。
それに、変化が少ないとはいえ初日からいきなりフォークを投げることができるという器用さは、それ以上の武器かもしれません」

絵里「まあこれは決まりよね」

穂乃果「うん、決まりだね」

海未「真姫?」

真姫「え……?」

海未「ピッチャー、よろしくお願いしますね!」
74 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/13(火) 21:51:37.37 ID:s4TUiA2P0
3レス分しか書いてませんが今日はここまでとします
また続きを書きますので、よろしくお願いします!
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/14(水) 00:04:34.92 ID:retC4K+n0
おつおつ

真姫ちゃんには豊田並のフォーク覚えてもらいたい
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 16:58:31.54 ID:iamL7PDU0
はよ
77 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/16(金) 18:41:59.91 ID:DV7jwo4N0
再開します。よろしくお願いします!

>>75
豊田のフォークはキレッキレでしたね!
大好きな選手だったんですが、俺の好きな選手はみんな移籍する法則が発動してしまいましてね……
あれ以来、西武はなかなかクローザーが定まりませんよね
78 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/16(金) 18:42:41.15 ID:DV7jwo4N0
>>76
遅れてすみません、いまから書き込みます!
79 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 18:44:43.09 ID:DV7jwo4N0
にこが三振して練習終了となった後、部室にて――

海未「練習お疲れ様でした! 正直、考えていた以上に野球の練習ができて、驚いています。今日はもっと基本的な事柄に終始するかと思っていたので……偉そうに仕切っていた私ですが、みんなに追い抜かれないようにもっと精進せねばと思います。さて、今日の練習を見てみんなのポジションを決めましたので発表します」

穂乃果「おお、なんだか緊張するね」

海未「まずは……ピッチャー、真姫!」

真姫「私でいいのかしら。今日投げた中で唯一よね? 失点したの」

海未「まあそれは、真姫のピッチングに甘えてワンパターンの配球をしたにこの責任でしょう」

にこ「うっ」

海未「先ほども言ったように、真姫のストレートは他のメンバーには無い大きな武器ですし、フォークボールも磨いていけば鬼に金棒といった感じです」

真姫「……分かったわよ、やってみる。無様な投球をしないよう、当日までに仕上げていくわ」
80 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 18:54:39.11 ID:DV7jwo4N0
海未「次は……キャッチャー、にこ!」

にこ「どうやら、扇の要には私しかいないということが今日の練習で分かったようね!」

海未「いえ、扇の要としての役割は求めていません」

にこ「え」

海未「詳しくは後で説明しますが、配球を考え、捕球するというバッテリーの仕事のみに専念してもらいます」

にこ「そ、そう。なんだか釈然としないけど分かったわ」
81 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 19:20:12.53 ID:DV7jwo4N0
海未「次は……ファースト、絵里!」

凛「絵里ちゃんがファーストでいいのかな?」

真姫「確かに、絵里の守備力ならどこでも守れそうよね」

海未「私は、内野手の中で一番重要なポジションはファーストだと考えています。ただ捕球するだけと軽視されがちですが、球をしっかりと捕ることの難しさは今日の練習でよく分かったと思います。
絵里は背が高く、柔軟性があり、送球が多少逸れても捕球してくれました。この人なら捕ってくれるだろうという安心感は送球時の緊張を緩和してくれますし、それが結果的に良い送球に繋がっていくと思います。
絵里に甘えてはダメですが、信頼できるファーストというのは非常に重要です」

ことり「今日の練習でも、逸れた球を何度もキャッチしてくれたもんね」

希「エリちなら安心やね」

絵里「みんな褒めすぎよ……でも、ありがとう。みんなの送球をしっかり受け取れるよう頑張るわ」
82 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 19:34:03.63 ID:DV7jwo4N0
海未「次はセカンドですが、私が入ります」

穂乃果「え!? 海未ちゃんセカンドなの!?」

にこ「そうね、もっと球がバンバン来るところがいいんじゃないの?」

海未「確かに、セカンドはバッターから直接ボールが来ることは少ないですが、間接的にボールに関わる機会がとても多いんです。
自分が直接ボールに関わらない分、どのように守備に参加すべきか、どの位置でどのような役割をすべきかをその都度判断していかなければなりません。
いわば、守備全体のバランスをとるポジションです。みんなより多少なりとも経験のある私がやるべき仕事かと思います」

絵里「なるほど……海未にしかできない仕事だわ」

海未「ありがとうございます。もうひとつ、これは先ほどキャッチャー発表の時に言ったことです。
普通、キャッチャーがおこなうことの多い守備の指示についてですが、今回はセカンドがおこない、キャッチャーには投球に集中してもらおうと思います。
にこのキャッチングやリードには、正直言って驚かされました。しかし、初めての試合で更に全体の守備のことまで任せるとなれば、明らかにオーバーワークです。
そこは私に任せてもらって、にこにはバッテリーを任せます」

にこ「わ、私としてはどちらでもいいんだけどね。そんなに言うなら譲ってあげるわよ(よかった……)」

真姫「安心した顔で言われてもね」

にこ「そんな顔してないわよ! 残念に思っているわ! 本当よ!?」

海未「そういえば気になっていたんですけど、にこのキャッチングとリードはどこで学んだんですか?」

にこ「リードに関しては、様々な人と議論を重ねてきたからね(なんJで)」

海未「ではキャッチングに関しては?」

にこ「ま、まあ、幼少時からの訓練というかなんというか……」

にこ(弟や妹のキャッチャー役をよくやってたからね……
あの子達、めちゃくちゃな球を投げる癖に、私がしっかり捕らないとすっごく寂しそうな顔するのよね。あの荒れ球に比べたら、みんなの球なんて素直なものよ)
83 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 19:56:14.50 ID:DV7jwo4N0
海未「次は……サード、穂乃果!」

穂乃果「サード! いいのかな、そんな良いポジションもらっちゃって!」

海未「穂乃果は今日の練習中……いいえ、どんな時でも、声を出してみんなを前に向かせてくれました。サードは声が命です」

穂乃果「声が命?」

海未「ええ。例えば、ランナーが出てセットポジションとなった右ピッチャーは、サードに体の正面を向けて構えます。
ピンチの時、サードの声はピッチャーを盛り立て、ひいてはチーム全体の士気を上げます。
また、相手打線のほとんどを占める右バッターが、一番強い打球を放つことのできるサードを過度に意識すれば、それが打ちにくさであっても打ってやろうという気持ちであっても、こちらのペースに持ち込むことができます。
それに何より、ボールに対して怖がらずに向かっていける度胸が穂乃果にはあります。度胸ですよ、穂乃果! 度胸です!」

穂乃果「そんなに度胸をプッシュされても返答に困るけど……うん、頑張るよ!」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 19:57:04.67 ID:iamL7PDU0
マルティネス希の出番はまだですか?
85 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 20:28:03.01 ID:DV7jwo4N0
海未「次は……ショート、凛!」

凛「やった! ショートにゃ!」

希「順当やね」

海未「ええ。これはもう何も言うことはないと思います。チームで一番の身体能力とボールへの嗅覚の良さは、ショートに適任でしょう」

花陽「セカンドの球まで捕球しちゃったもんね」

穂乃果「あれはすごかったよね〜!」

凛「えへへ、照れるにゃあ」
86 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 20:29:53.26 ID:DV7jwo4N0
>>84
マルティネス希www
もうすぐ出番です!
87 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 20:56:50.75 ID:DV7jwo4N0
海未「次は……レフト、ことり!」

ことり「レフトかあ。フライ、捕れるかなあ」

海未「レフトは外野の中で一番、打球が来ますよ」

ことり「ふぇ!?」

海未「右打者がほとんどでしょうし、その中で意図的に流し打ちをできる人は少ないでしょうから。レフトへの引っ張った打球が多くなると思います」

ことり「そっか……私にできるかな」

海未「大丈夫ですよ。ことりには、外野手に一番必要なものが備わっています」

ことり「一番必要なもの?」

海未「慎重さです。外野手の後ろには誰もいません。ですので、ファインプレーよりも後ろに逸らさないことが求められます。
練習の時、ことりはフライかワンバウンドか迷った際にワンバウンドで捕ることを選択しました。そのような、迷ったら一歩引くという慎重さが外野手には必要なんです」

ことり「迷ったら一歩引く、か……分かった、外野手頑張るね!」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/16(金) 21:30:03.45 ID:wE/IX/GbO
にこの西武愛に草
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/16(金) 21:37:53.86 ID:Ul2XjGG40
期待
90 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 22:38:16.27 ID:DV7jwo4N0
海未「次は……センター、希!」

希「うちにも何か、選んでもらった理由があるんかな?」

海未「もちろんです。まず一つ目に、希はフライの勘が鋭いので、打球が飛んだ際などに指示を出してもらいたいというのがあります。
そしてもう一つ。全体を見渡すことのできるポジションとしてよくキャッチャーが挙げられますが、実はセンターもそうなんです。
みんなの背中を見守って、支えるのがセンターです。色んなポジションのバックアップに入りますので、どこにどんな助けが必要か瞬時に判断する必要があります。
希は今までもみんなのことを陰からしっかりと見ていて、μ'sがμ'sとなるための様々なことに気が付き、私たちをフォローしてくれました。
それが分かったのは随分後になってからでしたが、私たちをいつも背中から支えてくれていたんですよね。そんな希にこそ、センターをやってもらいたいと思います」

希「そんな大層なことはやっとらんよ。でも、ありがとうな?」
91 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 23:00:57.13 ID:DV7jwo4N0
海未「最後に……ライト、花陽!」

花陽「今日は失敗ばっかりだったから、もっと練習するね」

海未「その意気ですね。でも今日も十分良い動きをしていましたよ。先程も言ったように、外野守備で重要なのは慎重さです。
それに加えて花陽には、周りのアドバイスをしっかりと受け入れ、実行していく貪欲さがあります。
お米に対しての貪欲さはどうかと思いますが、この貪欲さは良い意味での貪欲さです」

花陽「それは素直に喜んでいいのかな……?」
92 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 23:32:44.53 ID:DV7jwo4N0
海未「明日からはこのポジションで練習していきます。できるだけみんなの適性を考えてポジションを決めたのですが、どうでしょうか」

穂乃果「異議なし!」

絵里「そうね、ひとまずこれでいきましょ」

海未「ありがとうございます。打順は当日までに決めていきますね。それでは、今日はここまでとします」

穂乃果「みんな、試合に向けて頑張ろう!」

一同「おー!」
93 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/16(金) 23:35:20.52 ID:DV7jwo4N0
今日はこの辺りで終わります
レスをつけてくれた方、読んでいただいた方、ありがとうございました!

また続きを書いて投稿しますので、よろしくお願いします!
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/16(金) 23:40:35.60 ID:iamL7PDU0
おつおつ

にこにーJ民だったのか…
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/16(金) 23:43:45.30 ID:ZZJfS37EO
外野がさほど瞬足じゃないのが不安だな…乙でした
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/17(土) 01:16:13.06 ID:XTbAuBuJ0
真姫ちゃんが若干漫画寄りのナルシストキャラなのが嬉しい
アニメも好きだけど
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/17(土) 22:51:14.24 ID:TuaBlY200
かよちんライパチかよw
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/19(月) 21:01:50.01 ID:Ovi+q33vO
遅いなー
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/19(月) 22:39:51.82 ID:GIudrwJPO
個人的に海未ちゃんは3番ショートのイメージ
坂本とかナカジのフォーム似合いそうやし
100 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/19(月) 22:51:23.16 ID:JWTwOgXs0
再開します!よろしくお願いします!

>>94
らしいっすね……アライズ板と交互に見てるんでしょうか

>>96
基本的に全員アニメ準拠ですが、真姫の内面にちょっとだけ漫画のキャラを入れてます
101 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/19(月) 22:52:28.65 ID:JWTwOgXs0
>>95
>>97

数日後、学校裏の球場にて――

穂乃果「ボールが止まってみえる……!」

海未「ティーの上に置いて打ってるんですから当たり前でしょう。ほら、早く打ってください」

穂乃果「もう、連れないなあ」

カキンッ

ことり「任せて!」パシッ

海未「フライも大分捕球できるようになってきましたね。さて、次は実戦形式で練習をしていきましょう!」
102 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/19(月) 22:55:33.49 ID:JWTwOgXs0
>>98
またもや遅れてすみません……

>>99
正直ショートとは悩みましたが、セカンドで頭脳労働をしてもらうことにしました
103 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/19(月) 22:56:30.33 ID:JWTwOgXs0
練習後――

花陽「あ、今日もちょっと用事があるから先に帰るね」

真姫「このごろ毎日じゃない?」

花陽「う、うん、そうなんだよね。じゃあまた明日!」

凛「かよちんどうしたのかな?」

ことり「なんだか忙しそうだね」

にこ「これは何かあるわね……みんなで花陽の後を追いましょう!」

穂乃果「きっと重要な用事なんだよ。それよりさ、このあとバッティングセンター行かない?」

海未「いいですね! 球場を使った練習では、どうしても守備がメインになってしまいますし」

にこ「ちょ、私が早く帰った時にはみんなして疑ったのに、対応が違いすぎるわよ!?」

絵里「だってにこでしょ?」

希「仕方ないやん?」
104 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/19(月) 23:10:12.96 ID:JWTwOgXs0
希「そういえば今日の練習の時に思ったんやけど、ウチら外野三人って特に足の早い人っておらんやろ?
外野は守備範囲が広いから、それって不利にならへんかなあ」

海未「内野の守備練習のときにも言いましたが、全体的に守備は前進気味になるので外野のポジション間も狭くなり、バックアップに走る距離は短くなります。
それでも、足がある選手が外野をやれば尚のこと良いとは思います。限られた戦力で何を優先し、何を犠牲にするかというところですよね。オーダーを決める際の悩みどころです」

希「そうやなあ。9人ちょうどしかおらんくて、全部をやることはできひんもんね」

海未「そうなんです。何を優先するか考えましたが、今回のオーダーではメンバーの性格及びプレースタイルを重視しました。
基本的にはセンターラインを固め、加えて誰がどこを守ったら輝くか想像しました。その結果、外野手の足という点は優先度が低くなりました。
広い守備範囲へ対応することより、自分のところに来た球を後ろに逸らさず前で抑えることが重要だと考えたんです。
ですが、他にもいろいろなオーダーが考えられますよね。野球でもサッカーでも最善と思うオーダーは何を重視するかによって異なるというのが面白いですよね」
105 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/19(月) 23:24:43.07 ID:JWTwOgXs0
バッティングセンターにて――

穂乃果「よーし、打つぞー!」

絵里「半分ぐらいは使用中ね」

凛「みんな快音を飛ばしてるにゃ!」

ことり「あんな風に打てたらいいのになあ」

海未「ひとりだけバントの練習をやってる人がいますね」

希「ストイックやなあ」

真姫「女の子よね? っていうか……」

にこ「花陽じゃない!?」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/19(月) 23:37:48.02 ID:L2IoVLwc0
待ってた。今はこれだけのためにここ来てるようなもんだから絶対完結して欲しい!!
107 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/19(月) 23:52:00.88 ID:JWTwOgXs0
花陽「ふう、疲れた……。ちょっと打球の勢いを殺し過ぎたかな? 今度はもうちょっと強くバットを支えておこうかな……
ってみんな!? どうしたの!?」

絵里「それはこっちのセリフよ」

希「誰にも言わずひとりで特訓なんて、水臭いやん?」

海未「そうですよ。用事があると言ってましたが、毎日来てたのですか?」

花陽「うん……実はね」

凛「言ってくれれば良かったのに! 凛も一緒に練習したかったにゃ!」

花陽「そんなの悪いよ! 一緒にいられる最後の一週間かもしれないのに、私が下手なせいでみんなに時間を使ってもらうのは申し訳ないよ……」

穂乃果「そうだよね。みんなで一緒にいられる最後の一週間かもしれない。
でも、花陽ちゃんがいなかったら、みんなで一緒にいることにはならないんだよ? 私は花陽ちゃんとも一緒にいたいよ」
108 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/19(月) 23:54:03.68 ID:JWTwOgXs0
>>106
勿体無きお言葉……
めちゃくちゃ嬉しいですね。ありがとうございます!
109 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/20(火) 00:01:28.68 ID:jaB+kfYF0
花陽「私、初日から打撃も守備もできなくて、みんなの足を引っ張ってばかりで……
だから、せめて自分に何かできることはないかって考えたら、バントぐらいかなって」

海未「バントは、そう簡単にできるものじゃありませんよ。上手く転がすのは普通に打つより難しいです」

花陽「そうなの!? うう、じゃあどうすれば……」

海未「難しいはずなのですが、花陽がいとも簡単に転がしているのを見て驚きました。ボールの待ち方やフォームも綺麗でしたし、色々と調べたのでしょう。
バント練習……考えていませんでしたが、試合で使う機会もあるかもしれませんし、ボールをしっかり見る練習という意味でも良いですね」

穂乃果「そしたらさ、花陽ちゃんに教えてもらって、みんなで練習しようよ!」

花陽「え?」

真姫「それいいわね。教えてもらいましょ」

凛「凛も教えてほしいにゃ、花陽先生!」

花陽「えぇ!?」

穂乃果「よーしっ! さっそくこれから特訓だー!」
110 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/20(火) 00:03:58.46 ID:jaB+kfYF0
今日はここで失礼します
また続きを書いていきます。コメントくれた方、見ていただいた方、ありがとうございました!
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/20(火) 00:06:45.80 ID:kgENzsWS0
乙乙!!かよちんは小関やな
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/20(火) 00:25:33.31 ID:4zFT0nA/o
かよちん慎ましい
113 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/22(木) 20:16:13.32 ID:OafdaLRt0
再開します
よろしくお願いします!

>>111
ぜひ小関のテーマで打席に入ってほしいですね!

>>112
我ながら今までの花陽の扱いは酷かったなと思います;
114 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/22(木) 20:17:10.75 ID:OafdaLRt0
試合前日、部室にて――

海未「明日に向けて、やれることはやってきました。守備も攻撃も、一週間前とは比べ物にならないほど上達したと思います」

ことり「エラーの数はかなり減ったよね」

希「そうやね。打撃も、特にボール球の見極めはできるようになったと思う」

真姫「ボールをよく見るってことに関しては、やっぱりバント練習が大きかったわよね。花陽、感謝してるわよ?」

花陽「いやあ、えへへ。でも、やっぱり一番すごいのは真姫ちゃんのピッチングだよ」

にこ「まあ、それに関してはこの私の……」

絵里「海未、オーダーはもう決まっているの?」

にこ「ちょ! 私がまだ話してる途中でしょうが!」

海未「ええ、今日までの練習を見て最終的な打順を決めました。今から発表していきますね」
115 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/22(木) 21:04:13.84 ID:OafdaLRt0
海未「これが明日のオーダーです」


1(遊) 凛
2(右) 花陽
3(二) 海未
4(三) 穂乃果
5(一) 絵里
6(中) 希
7(左) ことり
8(投) 真姫
9(捕) にこ


絵里「前の打順から結構変えてきたわね」

海未「ええ。守備位置は各ポジションに特化して練習してきましたが、打撃は共通のメニューをおこない、今日までみんなのバッティングを見た上で判断しました」

穂乃果「やっぱり一番は凛ちゃんだよね」

花陽「わ、私がこんな上位でいいのかな……」
116 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/22(木) 21:27:45.83 ID:OafdaLRt0
海未「凛には抜群の運動能力と動体視力、そして足があります。一方、花陽には選球眼とバント等の小技があります。1番と2番には打って付けでしょう。
また、1、2番バッターには偵察役という側面もあります。積極的に振っていく凛に対し、慎重にボールを選んでいく花陽を2番に置くことで、相手ピッチャーの攻め方を見ることができます。
攻撃のイメージとしては、凛が出塁した場合は花陽が繋ぎ、凛が倒れて花陽が出塁した場合には私が繋いで、得点圏にランナーを置いた状態で穂乃果と絵里に回せたらベストです。
そして残ったランナーは希の一発で返してもらいます。希に回る頃にはアウトカウントが溜まっているでしょうから、長打力が物を言います」

真姫「7番以降の役割は?」

海未「ことりの打順は上位と下位を繋ぐという意味で重要です。いわゆるビッグイニングを作るためには、ことりの出塁が必要不可欠になります。
続く真姫、にこは守備の負担が大きいので以前より打順を下げましたが、8番と9番は先頭バッターとして打席に立つ機会が多いです。塁に出れば、得点のチャンスとなります」

にこ「気を抜いて打てる打順なんて無いってわけね」

希「勝ちにいくなら当然やね」
117 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/22(木) 21:57:41.30 ID:OafdaLRt0
ことり「ついに明日かあ」

海未「ついに明日ですね」

穂乃果「ついに明日だよ。主題歌のためっていうのはもちろんだけど……なんだか、純粋に勝ちたいよね。何のためでもなく、さ」

海未「そうですね……分かる気がします」

穂乃果「野球なんて特に興味があったわけじゃないし、ルールは知ってたけどそれだけだった」

ことり「うん、まさか自分がやることになるなんて思いもしなかったよ」

穂乃果「でも、今では大好きになったよ。それはアイドルも同じなんだよね。最初は廃校の阻止っていう別の目標のための手段でしかなくてさ。
でも、μ'sのみんなと一緒に活動を続けているうちに、歌うことが、踊ることが、大好きになっていった」

海未「私もです。誘ってくれた穂乃果には感謝してますよ」

穂乃果「最初は猛反対だったくせにー」

ことり「そうだよー」

海未「ま、まあ、結局やることになったんですから良いではないですか」

穂乃果「うん、海未ちゃんは何だかんだ言って協力してくれるからね。そんな海未ちゃんのことが大好きだよ」
118 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/22(木) 22:39:40.21 ID:OafdaLRt0
海未「な、なななんですか急に!」

穂乃果「思うんだ。私、μ'sのことが大好きなんだ、って。みんなのことが大好きだから、アイドルも野球も大好きになれた」

ことり「穂乃果ちゃん……」

穂乃果「みんながいなきゃ、私、ダメなんだ。なんにもできない。でも明日はみんながいる。だから、なんでもできる」

海未「そうですね。私たち9人なら、何でもできますよ」

穂乃果「みんな、明日は勝とう! 絶対に!」
119 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/22(木) 22:42:30.63 ID:OafdaLRt0
今日はここで終わりにします
相変わらず書き込みの間隔が空いてしまって申し訳ありません
また続きを書いていきますのでよろしくお願いします

読んでいただいた方、ありがとうございました!
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/24(土) 01:37:30.67 ID:A9E6KE7A0
おつ
121 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/24(土) 20:49:58.50 ID:/NuGlCvC0
再開します!よろしくお願いします!
122 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/24(土) 20:50:35.24 ID:/NuGlCvC0
試合当日――

実況「さあ、ついにこの日がやって参りました! 前回のラブライブ!で優勝したμ'sと、ラブライブ出場者の選抜チームがなんと野球対決!! 勝ったほうには、この番組の主題歌を担当していただきます!!! どちらが勝つのか、目が離せませんなあー!!!!」

花陽「あの実況の人って……」

凛「うん、ハロウィンイベントの時とかに司会をやってた人だよね」

ミカ「おーい! みんなー!」

ヒデコ「差し入れ持ってきたよ!」

穂乃果「もう来てたの!? まだ試合開始まで3時間あるよ?」

フミコ「この時間に会場入りって言ってたじゃん? だからお出迎えしようと思って!」

ヒデコ「テレビ局のスタッフだらけでテンパらないようにねっ」

海未「ありがとうございます」

ミカ「ううん、μ'sのファン第一号なんだから当たり前だよ! 今日は私たちがばっちりサポートするから!」
123 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/24(土) 20:52:22.89 ID:/NuGlCvC0
ことり「サポート?」

ヒデコ「さっき番組スタッフの人たちと話して、バットを拾ったり、塁に出た時に防具を受け取ったりする役目を任せてもらえることになったの!」

フミコ「ボールボーイならぬボールガールって感じかな?
もともと両チームに3人ずつスタッフがついてその役割をやるみたいだったんだけど、ベンチの中にテレビ局の人がいたら、絶対に気を遣っちゃうなって思って。
私たちだったら遠慮なく何でも頼めるでしょ?」

ミカ「雑用は私たちに任せて! μ'sのみんなはプレーだけに集中してね!」

穂乃果「ヒデコ、フミコ、ミカ……本当にありがとう。いつも私たちを支えてくれて」

海未「何かお礼をしないとですね」

ミカ「お礼かあ。そしたら、μ's全員のサインが欲しい!」

穂乃果「そんなのでいいの!?」

ミカ「そんなのってことはないよ。前に書いてもらったサインは、私たちの宝物なんだから!
あ、でも、今度はちゃんと色紙におさまるように書いてよね?」
124 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/24(土) 21:03:54.06 ID:/NuGlCvC0
試合開始1時間前、ウォーミングアップ中――

にこ「相手はどんなチームなのかしら」

絵里「誰が出るのかすら聞いてないわよね」

希「まあ、お楽しみにっていうことやね」

凛「あれ、向こうから歩いてくるのは……」

花陽「アライズ!?」

ツバサ「μ'sのみなさん、お久しぶり」

穂乃果「そうだろうなって思ってました。いえ、そうであって欲しいと思ってました」

ツバサ「例え野球であっても、またμ'sと勝負できることを光栄に思うわ」

英玲奈「むしろ、野球で勝負できることを感謝している」

海未「どういうことですか?」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/24(土) 21:10:17.80 ID:6joOxBhW0
待ってた
126 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/24(土) 21:23:42.96 ID:/NuGlCvC0
あんじゅ「ラブライブの前、私達の高校に来てくれたことがあったじゃない?
あの時に言ったことは、あなた達への宣戦布告であると同時に自分達への戒めだったのよ」

英玲奈「μ'sのパフォーマンスを見て衝撃を受けた。本気で挑まなければ負けると思った。
あの時、あなた達に対等な立場として勝負を挑むことで、今までの実績に対する甘えの99パーセントは消え去った。
しかし、それでも拭い去れなかった1パーセントの傲慢さが、私達を勝利から遠ざけた」

ツバサ「でも今回は違う。野球という未知のステージは、私達から余裕を奪ってくれた。今は、μ'sに勝つことだけを100パーセント考えることができている。
だからここは、私たちにとって最高のステージよ。その最高のステージで、今度こそあなた達に勝つ」

穂乃果「私たちも負けません。そう言えるだけのことはしてきたつもりです」

ツバサ「……そう。良い試合にしましょうね」
127 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/24(土) 21:41:48.17 ID:/NuGlCvC0
試合開始30分前、ブルペンにて――

ツバサ「ストレートから」

英玲奈「分かった」

ビュッ! バシンッ!

花陽「すごい球速……」

希「綺麗なフォームやなあ」

海未「球威も相当なものですね。かなり重そうな球です」

絵里「点の取り方を考えないといけないわね」

真姫「……」

凛「真姫ちゃん?」

真姫「……別に。何でもないわよ」
128 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/24(土) 21:59:40.80 ID:/NuGlCvC0
試合開始直前、μ's側ベンチ――

海未「私たちは裏の攻撃となりました。この回、まずは守備からですね。試合は5回までなので、先制点は非常に重要となります。
相手はこちらの出鼻を挫こうとしてくるでしょう。そこを抑えて、裏の得点に繋げたいですね」

穂乃果「うん! しっかり守ってしっかり打つ! ってことだよね!」

海未「まあ簡単に言えばそうですね。なんだか気が抜けてしまいますけど」

スタッフ「μ'sのみなさーん! そろそろ試合開始となりますので、ベンチ前に並んでおいてください。審判から合図がありましたら、駆け足で内野に整列してくださいね」

絵里「はい、わかりました!」

穂乃果「いよいよだね!」
129 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/24(土) 22:14:57.94 ID:/NuGlCvC0
審判「整列!」

穂乃果「絶対勝つぞ!」

μ's「おー!」

凛(整列完了!)

ことり(緊張してきた……)

花陽(改めて見たけど、ラブライブ選抜は錚々たるメンバーです……
『Little Tokyo』に北海道の『girlish season』、福岡の『Dream』までいらっしゃる……!)

海未(関係ないですけど審判も女性なんですね)

審判「これより、μ's対ラブライブ選抜チームの試合を始めます! 礼!」

「「よろしくお願いします!」」
130 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/24(土) 22:16:42.51 ID:/NuGlCvC0
ここまでとします
今日も見てくれた方、レスをつけてくれた方、ありがとうございました!
また続きを投稿しますので、よろしくお願いします!
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/24(土) 22:44:31.00 ID:Dql045bz0
ことり「私、過去に戻っちゃったの?」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421939759/
宣伝
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/24(土) 23:54:57.12 ID:6joOxBhW0
おつおつ。是非いい試合をしてもらいたい
133 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 20:55:17.71 ID:N96PPSdp0
再開します
よろしくお願いします!

>>132
良い試合を描いていけたらと思います!
134 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 20:56:17.64 ID:N96PPSdp0
審判「ピッチング練習をはじめてください!」

真姫「……」シュッ

真姫(ツバサさんのピッチングなんて見なければよかった。美しいというのは、ああいうものを指すんだ。それに比べて私が投げている球は、なんて醜いんだろう)

にこ「ちょっと真姫、手を抜きすぎよ!」

真姫(想像してしまう。私がここで点を取られたら、この試合はどうなるのか……)

にこ「真姫! 聞いてるの!?」

真姫「……聞いてるわよ」シュッ

にこ「頼んだからね」パシッ

真姫「分かってる」

真姫(指が冷たい。いや、指だけじゃない。身体中が冷たくて、頭だけ熱く煮えてる。ピッチャープレートはどうやって踏むんだっけ? ボールは? ちゃんと握れてる?)
135 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 21:20:32.13 ID:N96PPSdp0
実況「さあ、ついに始まりました! ラブライブの優勝者μ'sとラブライブ選抜チームとの対戦です!
果たしてどちらに軍配が上がるのか!? まずはラブライブ選抜の一番、統堂英玲奈さんです!」

英玲奈「よろしく頼む」

にこ「よ、よろしくお願いします……」

にこ(キャッチャーのアングルからの英玲奈……これはなかなか……って、今はそれどころじゃないわ。さて、真姫。最初はここよ)

真姫 シュッ

にこ「え……」

実況「おーっとこれは大暴投! キャッチャーの頭を越え、フェンスに激突だー!」
136 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 21:28:53.51 ID:N96PPSdp0
――

審判「ボール! フォアボール!」

真姫(なんで、思ったところにいかないの……)

穂乃果「真姫ちゃん! いつも通り思いっきり投げよう! 打たれたら私たちがなんとかするからさ!」

海未「穂乃果の言う通りです。少し腕の振りが小さいのと、リリースが早くなってますね。思いっきり腕を振ってください!」

真姫「……分かったわ」

実況「ノーアウトのランナーが出ました! 初回から試合が動き出しています! 次は二番飯田です!」

真姫(体の震えが止まらない……ううん、切り替えないと。初回から点を取られるわけにはいかない。
大丈夫、落ち着いて、いつも通り。思いっきり投げるのよ)シュッ

カキン!

真姫「サード!」

穂乃果「よし!」ポロッ

穂乃果「わわっ」

実況「やってしまった、サードのエラー! その間に一塁セーフ! ノーアウト1、2塁です!」
137 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 21:45:36.74 ID:N96PPSdp0
穂乃果「ごめんね、真姫ちゃん」

真姫「……私に任せろとか言ってなかった?」

穂乃果「うっ……」

真姫「別にいいけど」

海未「まだ1回の表です! 切り替えていきましょう!」

実況「続いて3番ショート、優木あんじゅさん!」

真姫(ああ、イライラする。なんでうまくいかないんだろう。練習ではあんなに思い通り投げることができたのに)シュッ

審判「ボール!」

真姫(コントロールできない。ちゃんと投げてるつもりなのに……)シュッ

審判「ボール!」
138 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 21:57:25.14 ID:N96PPSdp0
審判「フォアボール!」

実況「これでノーアウト満塁です! 西木野、全くストライクが入りません!」

穂乃果(真姫ちゃんが苦しんでる……なんとかして励まさないと)

穂乃果「真姫ちゃん、大丈夫だよ! 落ち着いて!」

真姫「うるさいわね! 分かってるわよ!」

穂乃果「……ごめん」

穂乃果(そうだよね、ここまでのピンチになったのは、私のエラーが原因だ。
あそこでアウトをとっていれば、真姫ちゃんも本来のピッチングを取り戻せたかもしれないのに……)

海未(この空気はまずいですね。穂乃果までもが下を向いてしまったら、完全に相手のペースになってしまいます。
しかもよりによって次の打者は……)

実況「さあこのチャンスの場面で、次のバッターは4番、綺羅ツバサさんです!」

にこ(真姫、怯まないで。あくまでも勝負よ)

真姫「……」シュッ

ツバサ(こんなものなの? 残念ね)カキンッ
139 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 22:43:35.07 ID:N96PPSdp0
実況「打ったー! 左中間を深々と破っていきます!」

海未「バックサード! 打球は希に任せて! ことりと凛で中継二枚!」

凛「オーケー!」

真姫「そ……そんな……」

海未「真姫! 早くホームのカバーに!」

真姫「あ、えと、は、はい」

実況「サードランナー、セカンドランナーホームイン! ファーストランナーもサードを蹴りました!」

海未(ツバサさんもセカンド回った……速い……!)

海未「バックホームに変更! 中継右! 右! 右! その位置!」

ことり「希ちゃん、ここ!」

希「ことりちゃん!」シュッ

ことり「凛ちゃん!」パシッ シュッ

実況「ファーストランナーホームイン! 綺羅もサードを回っている!」

凛(間に合って……!)パシッ

凛「にこちゃん! お願い!」シュッ

実況「クロスプレー!」

にこ「とらせないわよ!」パシッ
140 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 23:50:27.25 ID:N96PPSdp0
審判「セーフ!」

実況「満塁ランニングホームラン! 初回からビックプレーが飛び出しました! ラブライブ選抜チーム、一挙4得点です!」

にこ「……」

海未「……」

真姫「……あの、その……」

穂乃果「よし、次だ!」

真姫「え……」

穂乃果「次だよ、真姫ちゃん。もし次も打たれたら、その次だよ!」

真姫「でも、そんなことしてたら、どんどん点をとられちゃう……」

穂乃果「そしたら、諦めようよ」

にこ「あんた、何を言って……」

穂乃果「みんな、諦めよう! とられちゃった4点を悔やんだって仕方ないよ。だから、諦めて次に進もう!」

海未「それは開き直りと言うのでは……」

凛「穂乃果ちゃんらしいにゃあ」
141 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/27(火) 23:57:08.18 ID:N96PPSdp0
実況「次のバッターは、5番――」

真姫(私は穂乃果のように強くない。だから、諦めきれない。この4点はあまりに重過ぎる)シュッ

審判「ボール!」

真姫(でも、なぜだろう。体の震えが治まった。まだ指先は冷たいけど)シュッ

審判「ボール!」

真姫(頭に上っていた血が、少しづつ体に流れ出していくのを感じる)シュッ

審判「ボール!」

真姫(濁っていた感覚が鮮明になって、みんなの声が聞こえる。分かる。私は今、マウンドに立っていて、確かにボールを握っている。
相手打者はバットを構えて、こちらの様子を伺っている。にこちゃんがいつものようにサインを送り、私は静かに頷いて、)

真姫(投げる……!)シュッ

審判「ストライク!」

真姫(今日はじめて球を投げた気がする。昨日まで当たり前のようにできていたのに、今日はひどく難しい。
でも、次からはまた当たり前のようにできているんだろう)シュッ

審判「ストライク!」

真姫(ホント、意味分かんない)シュッ

審判「ストライク! バッターアウト!」
142 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/28(水) 00:08:56.45 ID:gk5ApHAA0
にこ「満塁ホームランの後に三者凡退に抑えるって、全く極端なんだから」

花陽「ナイスピッチングだったよ!」

凛「うんうん、いつもの真姫ちゃんに戻ったにゃー!」

真姫「……」

絵里「真姫?」

真姫「……みんな、ごめん。初回からこんなに点をとられて。私のせいで、負けるかもしれない……」

にこ「あんた、私たちをなめるのもほどほどにしなさいよ」

花陽「ちょっとにこちゃん……」

にこ「すぐに逆転するに決まってるじゃない。みんなと一緒に何度も壁を乗り越えてきたくせに、そんなことも分からないの? 全く、呆れるわね」

真姫「でも……」

にこ「4点差もある? 相手ピッチャーを打てそうにない? また追加点を取られるかもしれない? それがどうしたって言うのよ。
いい? 私に言わせればね、こんなのピンチでも何でもない。真姫が勝手にピンチだと思い込んでるだけよ」
143 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/28(水) 00:11:14.30 ID:gk5ApHAA0
希「まだ初回やもんね」

にこ「そう! これはむしろチャンスよ! 私が逆転勝利の立役者となれば俄然注目度も高まり、宇宙NO.1アイドルへの道が」

海未「1回に1点づつとれば逆転できる点差ですから、それほど大きな点差ではないでしょう」

ことり「まずは初回だね」

穂乃果「うん! みんな、頑張ろう!」

にこ「ちょっと! 毎度のことだけど、ちょっと!」

真姫「……ふふ、そうよね。にこに言われるまで気づかないとは不覚だったわ。まったく」

真姫(まったくもって、なぜ忘れていたんだろう。一人で悩むことは簡単で、しかしそんな簡単なことをさせてくれないのがμ'sなんだ)
144 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/28(水) 00:12:32.49 ID:gk5ApHAA0
今日はここで終わります!
見てくれた方、ありがとうございました

また続きを書きますので、その際はよろしくお願いします
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/28(水) 00:50:29.61 ID:VQsWHzlKo
熱い展開
146 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/30(金) 19:59:19.47 ID:f5IhKhoE0
続きを書いていきます!よろしくお願いします!

>>145
ありがとうございます!
そう言ってもらえるとめっちゃ嬉しいですね。完結まで頑張ります
147 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/30(金) 20:01:12.92 ID:f5IhKhoE0
実況「1回の裏、μ'sの攻撃です! バッターは一番の星空凛から! 初回の失点を取り返すことはできるのか!?」

凛(真姫ちゃんがなんとか調子を取り戻してきたんだから、この回で点をとって少しでも楽にしてあげたい。そのためには凛が出塁しないと!)

実況「対するピッチャーはアライズの優木あんじゅ! どんなピッチングを見せてくれるんでしょうか。キャッチャー統堂英玲奈のリードにも注目です!」

凛(ツバサさんが投げるとばかり思ってたけど、ファーストを守ってる……温存なのかな? でもやることは同じ。来た球を打つ、それだけにゃ!)

あんじゅ シュッ

審判「ボール!」

凛(外のストレート。スピードも無いし、普通に打てそう)

あんじゅ シュッ

審判「ストライク!」

凛(内角ギリギリ。ワンストライクが入るまでは、厳しめのボールを無理に打ちにいく必要は無いって海未ちゃんに教わったにゃ)
148 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 20:01:51.78 ID:f5IhKhoE0
凛(次はどんな球かな)

あんじゅ シュッ

凛(ストレート? いや、遅い……!)スカッ

審判「ストライク!」

海未「チェンジアップですね。完全にタイミングを外されています」

穂乃果「うう、追い込まれちゃった」

凛(見事に泳がされた! 次は速い球で来る? それとも2球続けて?)

あんじゅ シュッ

凛(更に遅いスローカーブ!? ダメ、我慢できないにゃん……)キンッ
149 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 20:37:56.07 ID:f5IhKhoE0
実況「なんとかバットに当てたが、これは内野ゴロか!? ショートの田中幸子さんが捕球に入ります!」

田中「あっ!」

実況「おっとこれはトンネルだー! センターがバックアップに入りますが、当然1塁はセーフです」

穂乃果「凛ちゃん! ナイスバッティング!」

穂乃果(ちょっとショートの子の気持ちが分かっちゃうけどね……)

凛(出塁できてよかった……でも、凛の仕事はここからにゃ!)

ツバサ「コユキ、ドンマイ。次は捕ってね」

田中「は、はい!」

鳥越「よっし! セカンド来い!」

宮本「サードも頑張りますわよ!」

海未「ツバサさんのカリスマは流石ですね。沈みそうになったチームのムードを一言で変えました」
150 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 20:52:30.75 ID:f5IhKhoE0
実況「ノーアウトのランナーが出ました! 次は2番、小泉花陽です!」

花陽(私がこの打席でするべきことは2つ。まずひとつは――)

あんじゅ シュッ

凛(よし、このタイミング!)ダッ

ツバサ「ランナー走った!」

花陽(ここで少し遅めにバットを振る……)スカッ

英玲奈「くっ……」パシッ シュッ

実況「星空、二塁に滑り込みます!」

鳥越「おりゃ!」パシッ

凛「余裕だにゃ!」

審判「セーフ!」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/30(金) 21:14:05.02 ID:34BiwNMc0

まきちゃんの球って三橋のまっすぐ?
それとも渡久地の高回転ボールかな?
152 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/30(金) 21:45:00.82 ID:f5IhKhoE0
>>151
おお振りもワンナウツも面白いですよね!
確か三橋の球って綺麗なバックスピンではなかったですよね? だからこそ打ちにくいみたいな

真姫は高回転ストレートしか投げられない渡久地という感じでしょうか
彼ほどコントロールは良くないですし、低速高回転なんて球は投げられませんけどねw

真姫は渡久地のような天才であったり、三橋のような特殊な技能を持っていたりするわけではないという設定です
普通の人よりちょっとだけ才能がある、という感じです

μ'sのメンバーって、普通の人より少しだけ才能のある人の集まりのような気がします。それぞれに得意なことがあっても、きっとひとりひとりでは何者にもなれなかったと思うんですよね
でも、9人が集まることでそれぞれの能力や個性が噛み合い、奇跡的な相乗効果を生んだんじゃないかと
そんなふうに勝手に思ってますw
153 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 21:46:28.25 ID:f5IhKhoE0
花陽「やった! 凛ちゃん、ナイスランだよ!」

凛「かよちん! サポートありがとうね!」

海未「スタートのタイミングも良かったですし、花陽のスイングも効果的でしたね」

花陽(私がこの回でするべきことは2つ。もうひとつは――)

あんじゅ シュッ

花陽(よく見て、ちゃんと引きつけて……逆らわずに打つ)キンッ

実況「おっとこれはセカンドゴロ! 1塁送球でアウトです。しかしその間にランナーはサードに進みます」

海未「花陽、ナイスバッティング!」

花陽「ありがとう!」

花陽(あわよくば出塁、最低でも進塁打。なんとか2番の仕事は果たせたかな?)
154 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 22:16:23.69 ID:f5IhKhoE0
実況「次は3番、園田海未! ワンアウト3塁のチャンスでクリーンナップに入ります!」

海未(相手のミスが起点ではありますが、凛と花陽が広げてくれたこのチャンスを無駄にするわけにはいきません)

英玲奈(最悪の展開と言っていいだろう。ミスによる星空凛の出塁と小泉花陽が広げたその傷口。
ツバサのおかげで士気は下がっていないが、表の攻撃でこちらに来ていた流れが向こうにいきかけている)

海未(あんじゅさんの球は当てるだけであれば難しくありません。ですが、当てただけのバッティングでは内野ゴロが関の山です。
それでも凛の足なら1点は入るかもしれませんが、できればチャンスを穂乃果に繋げたい。なんとしても点をとり、不安や焦燥にかられる前に追い付いておきたい。
そのためにはあんじゅさんの球にタイミングを合わせないと。英玲奈さんはどのようなリードをしてくるのでしょうか……)

英玲奈(ここは1点も相手に与えてはならない場面だ。ゴロでのホーム突入を防ぐため、前進守備を敷こう。μ'sを勢い付けるのは得策ではない。
定位置で守り、1点を諦めてでも確実に海未を打ち取りにいくという考え方もあるが、いま彼女たちは『1点もとれずに負けてしまうのではないか』という不安を抱えている。
不安には点差以上の効果がある。できるだけ長く抱えていてもらいたい。
優位を保つためには、まずここで園田海未を、そして高坂穂乃果を無失点で打ち取ることが不可欠だ。先ほどの守備を見ても、チームの技術的な支柱は園田海未、精神的な支柱は高坂穂乃果だろう。
その二本の柱を折ることができれば、少なくとも序盤の優位はとることができる)
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/30(金) 22:52:42.41 ID:4Abe6Y54o
宮本、鳥越、田中とは豪華だなw
156 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/30(金) 23:04:38.48 ID:f5IhKhoE0
>>155
ラブライブ選抜ですからね、そりゃ豪華ですよ!
157 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/01/30(金) 23:05:44.72 ID:f5IhKhoE0
海未(気を付けるべきはやはり緩急ですね。しかし、逆に言えば勝負所で球速を変えてくるはず。それさえ読めれば……)

英玲奈(園田海未の頭には緩急への対応があるはず。だが、あんじゅはそれだけではない)

あんじゅ シュッ

海未(内角高めギリギリ!?)

ストライク!

英玲奈(このコントロール。これが英玲奈の真骨頂だ)

海未(凛や花陽に投げた時よりも、格段に精度が上がっている……)

あんじゅ シュッ

海未(今度は外角低めギリギリ……)

ストライク!

海未(手が出ない……)

実況「さあツーストライクと追い込まれました!」
158 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 23:08:08.98 ID:f5IhKhoE0
英玲奈(ワンアウト3塁のチャンス、試合展開が決まるこの場面で追い込まれた。否が応でもプレッシャーがかかる。
ここでストライクゾーンに来たら、バットを振るしかない)

あんじゅ シュッ

海未(アウトロー、先ほどよりは甘いコース……この球なら)スッ

海未(いえ、これはストライクからボールに抜けていくカーブ! しかしもうバットは止まらない……振りぬくしか……!)キンッ

実況「打った! ふらふらっと上がった打球はセカンド鳥越の頭上へ!」

英玲奈(しまった、前進守備……!)

鳥越「うわ!」

実況「セカンド捕れない! 頭の上をギリギリ越えて、ライト前へのタイムリーヒットだ!」

ことり「海未ちゃん! ナイスバッティング!」

にこ「よくあの球をを打ったわね!」

凛「まずは1点にゃ!」

絵里「このまま繋げていきましょう!」

穂乃果「よーし! ここから逆転だ!」
159 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 23:34:30.81 ID:f5IhKhoE0
英玲奈(ホームへの突入を防ぎ、1点もとらせないための前進守備だったが、それが裏目に出てしまった。それに……)

あんじゅ「……」ぽかーん

英玲奈(あんじゅはここぞという時の集中力は凄いんだが、それが切れるとぽかーんとなってしまう)

英玲奈「あんじゅ、しっかりしろ! 次は四番だ! ここが踏ん張りどころだぞ!」

あんじゅ「あら、英玲奈ちゃん。どうしたの? 何かあった?」

英玲奈(駄目だ、こうなってしまうと先ほどまでのコントロールは望めない……)

ツバサ「今のはしてやられたわね。でも大丈夫よ。私たちは負けない」

英玲奈「どうしてだ?」

ツバサ「アライズは負けることを許されないグループだから」

英玲奈「でもラブライブで負けただろう」

ツバサ「確かに。そこに気づくとは、さすがは英玲奈といったところかしら」

英玲奈(ツバサは何だか格好良いことをいつも言うが、実はあまり深く考えていないことが多い)
160 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/30(金) 23:57:14.97 ID:f5IhKhoE0
絵里「マウンドにアライズの3人が集まって話していますね」

希「こっからだと聞こえへんな」

花陽「何を話してるのかな?」

にこ「アライズのことだから、私たちのチームを冷静に分析して来るに違いないわ。ここから点をとることが難しくなるかもしれない」

ことり「そうだよね。3人とも凄い真剣な表情で話してる」

実況「次は4番の高坂穂乃果です! μ's、1点を返してワンアウトランナー1塁! ここからまたチャンスを作っていくことはできるのか!?」

英玲奈(あんじゅを何とか現実に引き戻すことはできた。星空凛や小泉花陽に投げたレベルのコントロールはできるだろう。
まだ1回だ。2回まではあんじゅの緩急で抑え、ツバサを温存したい。ツバサはペース配分ができず、全球全力で投げてしまうからな……)

穂乃果「よーし、打つぞっ!」

英玲奈(あんじゅの球は打ち気のバッターに相性が良い)

あんじゅ シュッ

穂乃果「あ」カキンッ

実況「これは打ち上げてしまった! ショートフライでツーアウト!」
161 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/31(土) 00:08:35.12 ID:w6poUa7E0
ラブライブ選抜チーム、ベンチ――

英玲奈(あの後、絢瀬絵里と東条希に出塁を許してしまったが、南ことりを抑えてなんとか失点は1に止めることができた。
しかし、この1点はあまりに大きい)

英玲奈「みんな。私が前進守備を指示したせいで点をとられてしまい、申し訳なかった」

鳥越(セカンド)「いやいやいや、私が捕れなかったのが悪いんだよ!」

宮本(サード)「鳥越も精いっぱい頑張ったと思うし、あの状況では前進守備が最善だったわよ」

田中幸(ショート)「元はと言えば、私のエラーが原因だよ。謝るのは私のほう」

秋山(レフト)「まあまあ。1点で済んだんだし、良いとしようよ」

飯田(センター)「そうだね。こっちがリードしていることを忘れちゃいけない」

稲葉(ライト)「まだ試合は始まったばかりよ。これからじゃない」

英玲奈「ああ、そうだったな」

あんじゅ「そうね。次の回こそしっかり抑えるわ」

ツバサ「私たちはμ'sに負けた者達の集まり。同じ苦汁を味わった仲間であり、敗北という絆で結ばれている。
勝利の美酒に酔った頭で刃を研ぐことはできないわ。負けたことで私たちは強くなった。そのことを見せつけましょう」

一同「おー!」

英玲奈(つい一週間前まで、お互いのことなんてほとんど知らなかったわけだが……。
それに、ここで勝っても次はこのチームメイト内で勝負して勝ったグループが主題歌を担当するんだよな)
162 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/01/31(土) 00:09:44.60 ID:w6poUa7E0
今日はここで終わります
またよろしくお願いします!

見て下さった方、ありがとうございました!
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 10:30:15.34 ID:Bbc5pi0KO
相手チームにバク転しそうな人がいるんですが…
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/01/31(土) 12:43:31.09 ID:XbHBnOJ3o
外野陣がハンパねえ
165 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/02/02(月) 21:24:33.87 ID:N+jxPq9P0
再開します!
今日は少しだけの投稿になりますが、よろしくお願いします!

>>163
凛ちゃんもバク転キャラなので、お相子ということで……

>>164
当然と言えば当然の選出でしょう
スクールアイドルの中でも秋山、飯田、稲葉は一目置かれる存在ですからね
166 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/02/02(月) 21:26:36.19 ID:N+jxPq9P0
真姫「……」

実況「二回の表のラブライブ選抜チームの攻撃は、8番セカンド、鳥越からです!」

真姫(私はもう大丈夫)シュッ

ストライク!

真姫(自分のこともコントロールできないで、球をコントロールしようなんて傲慢だ。
自分の内側を自分のものにしなくては、自分の外側を自分のものにはできない)シュッ

ストライク!

真姫(自分の内側をコントロールできた時に、自分の外側に影響を与えることが可能になるんだ。
例えば球の軌道や回転、コース。打ってほしいなら打ちやすい球を投げればいいし、打たれたくないなら打ちにくい球を投げればいい。
でも、全てを自分のものにはできない。例えばバッターの動き。次に投げる私の球をバッターが打つか打たないか。
できれば打たないでほしいけど、私がコントロールできることではない。私がコントロールできるのは、せいぜい私とこのボールくらいなんだから)シュッ

カキン!

実況「鳥越、打った!」

真姫(前の回ではそれさえできなかったし、今の私ではそれが精いっぱい。だから、その精いっぱいでもどうにもならないときは、)

実況「サードへの痛烈な打球!」

穂乃果「よしっ!」バシンッ

実況「1塁アウト! 強い当たりでしたが、サードが良い守備を見せました!」
167 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/02/02(月) 21:58:39.88 ID:N+jxPq9P0
実況「9番宮本も倒れ、ツーアウトとなったところでトップに戻ります。1番、統堂英玲奈!」

にこ(前の打席は配球どころじゃなかったけど、やっと落ち着いてきたわね。
真姫をこのままリズムに乗せるためにも、ここは三者凡退といきたいところだけど)

英玲奈「よろしく頼む」

にこ「こ、こちらこそ」

にこ(よろしく頼まれてしまった……! じゃなくて、一筋縄ではいかない相手だわ)

英玲奈(前の打席とは別の投手と考えて臨む必要があるだろう。ボールのキレもスピードもコントロールもまるで違う)

にこ(真姫の変貌ぶりには警戒しているはず。それを利用しない手はない。真姫、甘くていいから確実にストライクをとって)

真姫(分かったわ)シュッ

審判「ストライク!」

英玲奈(まるで力のない球……初球を見てくると踏んでか?)

にこ(好きなだけ探っていいわよ。その間にストライクカウントはもらっておくから)
168 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/02/02(月) 22:07:07.40 ID:N+jxPq9P0
英玲奈「くっ……」キンッ

審判「ファールボール!」

英玲奈(ミートしたつもりだったが、バットの上を擦っている……)

にこ(球の回転数も戻ってきたわね。このままストレートで押すという手もあるけど、ここは何としても英玲奈で切っておきたい。
クリーンナップに繋がってしまったらやっかいだわ。真姫、使うわよ)

真姫(フォークボール……!)シュッ

英玲奈(先ほど打ち損じたストレート。だが今回はコースが甘い)

ストンッ

英玲奈(まさか……!)スカッ

審判「ストライク! バッターアウト!」
169 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/02/02(月) 22:57:41.03 ID:N+jxPq9P0
穂乃果「真姫ちゃん! ナイスピッチング!」

真姫「……穂乃果、その……」

穂乃果「うん? どうしたの?」

真姫「あ、ありがとう。さっきの打球を捕ってくれて、助かったわ」

真姫(なんだか、真面目にこんなこと言うと照れくさいわね……)

穂乃果「おお!」

真姫「え?」

穂乃果「みんな! 聞いて聞いて! 真姫ちゃんから感謝されちゃったー!」

真姫「ちょ、穂乃果! なんで言いふらすのよ!」

凛「聞こえてたよ! そんなに照れちゃって、真姫ちゃん可愛いにゃあ」
170 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/02/02(月) 22:58:45.36 ID:N+jxPq9P0
短いですが、今日はここで終わります
見て下さった方、ありがとうございました!
またよろしくお願いします
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/07(土) 06:33:34.53 ID:RovnJtlko
ワッフルワッフル
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/10(火) 15:57:51.42 ID:eFrRisomo
まだかな?
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/15(日) 15:16:45.72 ID:jCYDhhvho
続きまだ?
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/21(土) 11:26:09.62 ID:cFIX7+j80
まだですか?
175 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/02/21(土) 23:20:07.34 ID:TdcXDB+S0
投稿が遅れてしまい、大変申し訳ありません。
前回の書き込み以降体調を崩し、その間に溜まった仕事が怒涛のように押し寄せてきて更に体調を崩すという負の連鎖に陥っておりました。

>>171
>>172
>>173
>>174
僕の投稿が無い間も続きを期待してくださる書き込みをありがとうございました。
また、他のサイトになりますがSSまとめ速報様に掲載されているこのSSへのコメントや評価、タグ付けありがとうございます。
とても励みになっております。

仕事と体調がひと段落してきたので、投稿を再開していきます。しかし、肝心の本文がほとんど書けていません……
書きあがり次第投下していこうと思います。間が空いてしまい本当に申し訳ありませんが、また読んでいただければ幸いです。
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/02/22(日) 01:57:09.19 ID:3A4js1vno
更新待ってるけど、くれぐれも無理ないように
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/22(日) 10:48:57.16 ID:FLBhxP+y0
ゆっくり無理しない程度でよろしく
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 23:51:55.05 ID:MR4D/SZ6o
いつまでも待ってるから
179 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/03/08(日) 16:50:18.92 ID:kNu+NBgi0
前回の投稿から一か月が経ってしまいました……
本当に申し訳ありません。続きを投稿していきます。

>>176
>>177
>>178
暖かいお言葉をかけていただき、ありがとうございます。
こんなSSではありますが、また読んでいただければ幸いです。
180 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 16:53:34.60 ID:kNu+NBgi0
前回のラブライブ!

卒業式のあと、突然テレビ局から送られてきたメール。
それはなんと、私たちμ'sとラブライブ出場者の選抜チームが野球対決をするという内容だった!
勝ったほうには、テレビ番組の主題歌を歌う権利が与えられる!

さっそく私たちは道具をそろえ、海未ちゃんを中心に一週間の練習を積んだ。
そして迎えた試合当日。エースの真姫ちゃんがまさかの大乱調。
一回の表にツバサさんから満塁ホームランを打たれ、一気に4点を奪われてしまう。

でも私たちは諦めない。裏の攻撃で1点を返し、二回の表では真姫ちゃんが相手打線を三者凡退。
上げられた反撃の狼煙。私たちの戦いはこれからだ!
181 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 16:55:14.90 ID:kNu+NBgi0
実況「4対1とラブライブ選抜がリードで迎える二回の裏、μ'sは8番、西木野からの攻撃です!」

真姫(練習でもバッティングは全然ダメだったけど……先頭バッターとして、なんとか出塁しなきゃ)

あんじゅ シュッ

真姫(当たれ……!)キンッ

真姫(ファールか……)

コロコロコロ……

海未「真姫! 走って!」

真姫(え、もしかして!)ダッ
182 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 17:02:26.03 ID:kNu+NBgi0
英玲奈(ボールがフェアゾーンに戻ってくる……)

英玲奈「サード!」

宮本「分かったわ!」ダッ

コロコロコロ……

審判「フェア!」

実況「ファールかと思われた打球がフェアとなりました! サード捕って一塁送球!」

審判「セーフ!」

穂乃果「ナイスランだよ!」

真姫(なんとか出塁できたわね……運が良かったわ)

実況「ノーアウトのランナーが出ました! ここで打席にはいるのは、9番キャッチャー矢澤にこ!」

にこ「さあ来なさい! 下位からでもチャンスを作っていく、それがμ's打線よ!」

海未「次はにこですか。まあ頑張って下さい」
183 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 17:42:06.57 ID:kNu+NBgi0
審判「ストライク! バッターアウト!」

にこ「いやー、そういうパターンで来たかー。それは頭に無かったなー、うん」

実況「バットに当たる気配がまるでありませんでした!」

にこ「おい実況」

実況「トップにかえって、1番ショート、星空凛! ワンアウトランナー1塁という場面です」

海未「次は凛ですね! チャンスを広げてきてください!」

にこ「あれ、なんだか送り出し方がえらい違うような……」

ことり「にこちゃんは、守備で攻撃分も頑張ってくれてる。それはみんな分かってるよ」

にこ「ことり……」

凛「そうだよ! だからここは、凛たちに任せるにゃ!」
184 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 18:10:59.23 ID:kNu+NBgi0
凛(ボールの速さはそうでもないんだよね。絵里ちゃんや穂乃果ちゃんより遅いぐらいかな? でも、あのゆるふわカーブが厄介にゃ)

英玲奈(μ'sのリードオフマン、星空凛。前が詰まっているとはいえ、塁に出したら厄介だ。さきほどの打席では緩急で仕留めることができたが、この打席も同じ方法が通じるとは思わないほうがいいだろう。当然、警戒してくるはず。だからこそ……)

あんじゅ シュッ

凛(初球からカーブ……!?)キンッ

英玲奈「ショート!」

凛(カーブを意識し過ぎて、思わず手を出しちゃった……こうなったらもう思いっきり走るしか!)

実況「三遊間の深いところ、ショートの田中幸子が捕った!」

田中(セカンドは間に合わない!)

実況「ファーストへ送球! しかし星空も速い! 判定は!?」
185 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 20:02:27.70 ID:kNu+NBgi0
審判「セーフ!」

実況「星空が快足を飛ばし、内野安打! これはまさに、アイドル界のシューティングスターだ!」

鳥越「実況の人、言いたくて仕方がなかったんだろうねー」

宮本「ついに言ってやったって感じだよねー」

田中「もっと速く送球できれば……」

鳥越「今のは飛んだところが悪かったよ」

宮本「そうそう。切り替えていくわよ!」

英玲奈(ツバサの声掛けがなくとも、自然とフォローし合えるようになっている。チームの状態はいい。それだけに心配なのは……)

あんじゅ「……」

英玲奈(あんじゅ……)
186 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 21:07:46.11 ID:kNu+NBgi0
実況「ワンアウト1、2塁。バッターは二番ライト、小泉花陽!」

花陽(私がこの打席ですべきことは何だろう。確実に進塁させること? でもツーアウトにしてクリーンナップに回しても大きな得点チャンスとは言えない。ここは何としても出塁したいなあ)

あんじゅ シュッ

審判「ストライク!」

花陽(ストレート……打てないボールじゃないよね。問題はやっぱり英玲奈さんのリードだ。追い込まれちゃえば余計に的が絞りにくくなる。その前に打たないと)

あんじゅ シュッ

花陽(よし、ストレート!)キンッ

実況「おっとこれはボテボテのゴロだ! サード宮本が前進! 三塁カバーへ入ったショートへ送球!」

花陽(打ち損じた……)

真姫(ダブルプレーは防がないと……!)

実況「西木野がサードベースへスライディング!」

審判「アウト!」

実況「しかしカバーに入った田中幸子、ファーストへは投げられません! ツーアウトランナー1,2塁と変わります」
187 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 21:27:51.11 ID:kNu+NBgi0
海未「ナイススライディングです! でも、ピッチャーなんですから無理はしないでくださいね?」

真姫「無理なんてしてないわよ。最低限のことをやっただけ」

海未「そうですか……」

実況「次は、三番セカンド、園田海未!」

海未(今のプレーで相手がファーストのアウトまで狙うかは微妙でしたが、真姫のおかげでダブルプレーの線を完全に潰すことができました。
繋いでくれたチャンス、何としてでも得点が欲しい)

あんじゅ シュッ

審判「ボール!」

海未(チームのみんなが思っているように、打てない球ではありません。次は打てるだろうと思える球です。しかし、だからこそ危険なのかもしれません。
5回までという短い試合の中で、あんじゅさんを打ち崩すのに割ける時間は多くありません。ましてや、後にはツバサさんが控えているんです。
この点差のままツバサさんがピッチャーとなれば、逆転は更に難しくなります。ですが、焦ってはダメです)

あんじゅ シュッ

審判「ストライク!」

海未(緩急を駆使してくるタイプのピッチャーに対しては、打ち気に逸るほど泥沼に嵌ります。バットに当てるのは難しくないんですから、球筋を最後まで見て流しましょう。ファールでいいんです。ヒットを狙うのは、タイミングが合った時だけでいい)
188 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/08(日) 23:08:59.81 ID:kNu+NBgi0
審判「フォアボール!」

実況「二回の裏、ツーアウトながら満塁となりました!」

海未(ここは点をとっておきたいところです。……いや、待ってください。これはもしかして……!)

海未「タイムをお願いします。穂乃果! 絵里! ちょっと来てください!」

穂乃果「どうしたの?」

絵里「何か作戦かしら」

海未「作戦という作戦ではないのですが」

穂乃果「うむ」

海未「この回の穂乃果と絵里の打席で少なくとも同点、あわよくば逆転してください」

穂乃果「え! もうツーアウトだよ!?」

海未「分かっています。でも、この回に追いつかなければならない理由があるんです」

絵里「なるほど……ツバサさんのことね?」

海未「そうです。今は二回の裏ですから、この回のうちにツバサさんが登板せず、例えば三回から登板となると、こちらに残されているアウトカウントは残り7個から9個となります。三回のこちらの攻撃が下位打線に回ることを考えれば、ツバサさんの登板が四回からということもあり得ます。そうなると、打者が一巡もしないうちにツバサさんを打ち崩さなければなりません」

絵里「それは苦しい状況になるわね」

海未「相手チームとしても、少なくともこの回まではあんじゅさんに投げてもらいたいと思っているでしょう。ですが、流石に同点に追いつけばツバサさんに変えざるを得ないはずです」
189 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/03/08(日) 23:09:42.01 ID:kNu+NBgi0
今日はここまでとします
また続きを必ず書いていくので、よろしくお願いします
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/09(月) 23:59:29.14 ID:c7xPyEHqo
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/14(土) 12:50:49.74 ID:E1lr42ARo
続きまだー?
192 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/03/21(土) 20:32:47.20 ID:G23QMgDM0
またもや遅れてしまい、申し訳ありません
続きを書いていきます
193 : ◆.kI.MkwgMs [saga sage]:2015/03/21(土) 20:38:45.33 ID:G23QMgDM0
絵里「状況は分かったわ。でも、満塁とはいえツーアウトから3点か……」

海未「もっと早く気付けば良かったんですが……」

穂乃果「ううん、教えてくれてありがとう。とにかく、この回に3点とって、同点に追いつかなきゃってことだよね! 私、頑張るよ!」ダッ

海未「あのタイプのピッチャーは打ち気に逸ると……って、走って行ってしまいましたね……」

絵里「まあ、穂乃果ならなんとかしてくれるわよ」

海未「ええ、私もなんだかそんな気がします」

実況「4対1とラブライブ選抜チームリードで迎えた2回の裏。ツーアウト満塁で打席に入るのは、µ’sの四番、高坂穂乃果です!」

穂乃果「よし! 絶対打つ!」

英玲奈(しっかりと球を見て冷静にカットしてきた園田海未は攻めにくい相手だった。
しかし、高坂穂乃果ならあんじゅが得意とするタイプだ。ここでしっかり抑えるぞ)

穂乃果(みんなが作ってくれたチャンス。一打席目もそうだった。ここで打たなきゃって思ったのに、結果は凡退。
もちろん分かってるんだよ、気持ちだけじゃ打てないことは。でも、私にはこれしかないんだ)

あんじゅ シュッ

穂乃果(この、気持ちしか……!)カキンッ
194 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/21(土) 20:41:38.04 ID:G23QMgDM0
実況「打ったー! ボールは左中間に落ちました!」

英玲奈(少し甘く入った……だが、タイミングは外したはず……)

秋山(それなのに、外野まで飛ばすのか)パシッ

実況「レフト秋山がワンバウンドで捕球! この間にサードランナーの星空がホームイン! セカンドランナーの花陽も三塁蹴ってホームへ向かいます!」

秋山「させないよ!」

実況「バックホーム! 肩のある秋山、これは良い送球だ! タイミングきわどいか!?」

花陽「くっ……」ザザッ

実況「クロスプレー! 判定は!?」
195 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/21(土) 21:04:54.75 ID:G23QMgDM0
実況「セーフ!」

穂乃果「よっしゃー!」

実況「µ’s、2点追加! 4対3と1点差まで詰め寄りました!」

ことり「穂乃果ちゃん、ナイスバッティング!」

凛「花陽ちゃんもナイスランだったにゃ!」

希「あと1点やね」

にこ「ええ、そしてこの私が逆転のアーチをかけるわ!」

真姫「アーチはいいから、せいぜい前に転がしてよね」
196 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/21(土) 21:28:39.08 ID:G23QMgDM0
英玲奈(1点差まで追いつかれた。あんじゅにはこの回まで抑えてほしかったが、さすがに限界か)

英玲奈「タイムをお願いします」

――

ことり「1点差だね。この回に追いつけるかな?」

にこ「流れは完全にこっちよ。このまま同点、逆転といきましょ!」

希「でも気になるんよね」

花陽「どうしたの?」

希「さっきまで、タイムをとるときにはマウンドにアライズのメンバーしか集まらなかった。でも今は、全員集まってきとるやん?」

凛「うん、外野手まで集まってるね」

希「私たちはかなり苦戦してるし、依然として負けてはいるんやけど、ひとつだけ勝っている点があったんよ。でも、試合の中でその差も埋めようとしてきているなら……やっぱりこういうのって、時間じゃないんやなあ」
197 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/21(土) 22:09:33.42 ID:G23QMgDM0
あんじゅ「いいえ、英玲奈。私が投げる」

英玲奈「大丈夫か? コントロールも落ちてきているぞ?」

宮本「肩とか痛めちゃったらダンスにも影響出るし、無理はしないほうがいいわよ」

秋山「そうね。アンラッキーが続いちゃったけど、あんじゅさんはしっかりとμ'sを抑えていたよ」

ツバサ「……」

あんじゅ「ありがとう、みんな。でもね、もうちょっとだけ投げさせてもらえないかな。まだ全然疲れてないの」

英玲奈(いいや、疲労はかなり来ているはずだ。プロの試合を見慣れていると二回なんてどうということもないイニングに見えるが、アマチュアの人間がテレビカメラとこの観衆の前で投げ続けるのは他のポジションの比ではなく消耗するはずだ)

あんじゅ「ううん、疲れてないっていうのは嘘。これは私の我儘よね。ごめん、私はここでマウンドを降りるわ。これ以上、チームに迷惑をかけられないから……ツバサちゃん、後は頼むわね?」

英玲奈「あんじゅ……」

あんじゅ「この試合はね、みんなの夢が懸かってる。アライズだけじゃない、みんなの夢。だからボールが重いの。こんなに重いものを持ったことがなかったから、物珍しくなっちゃって。それで手放し難いのかもしれないね」
198 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/21(土) 22:43:07.54 ID:G23QMgDM0
英玲奈(あんじゅが最後に我儘を言ったのはいつだろうか。大舞台に立っても緊張ひとつせず、難しい歌も振り付けも難なくこなすあんじゅなのに、他人に何かを求めようとしない。
だから私は、マウンドを降りたくないというあんじゅの言葉を聞いて、何だか無性に嬉しい)

鳥越「そうかー、あんじゅさんは全然疲れてないのかー」

飯田「疲れてないんならしょうがないわよねー」

稲葉「体力十分のあんじゅさんに、この回は任せましょう」

英玲奈(それは多分、みんなも同じなんだろう)

あんじゅ「え、でも……」

ツバサ「ほら、投げてきなさい。マウンドに立ってるのは誰なの?」

英玲奈「いくぞ、あんじゅ」

あんじゅ「……ありがとう、みんな。絶対に抑えるわ」
199 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/21(土) 23:05:46.00 ID:G23QMgDM0
実況「2回の裏、ツーアウトランナー1、3塁。バッターは5番の絢瀬絵里です!」

絵里(あんじゅさんは続投ね)

あんじゅ「……」

絵里(コントロールは落ちてきているけど、油断は禁物よ。さっきの希の言葉も気になるし)

あんじゅ シュッ

絵里(え……!)

審判「ストライク!」

絵里(内角低め、コースギリギリのストレート……全く手が出なかった……)
200 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/21(土) 23:37:28.24 ID:G23QMgDM0
絵里(落ち着こう。前のめりに打ちに行ったら相手の思う壺よ。まずはしっかりと待つこと)

あんじゅ シュッ

絵里(外へ抜けるカーブ……コースも厳しい。見逃す? いや……バットを出してみましょう。タイミングを掴むのよ)カキンッ

審判「ファール!」

絵里(ツーストライクノーボール……)

英玲奈(追い込んだ)

絵里(追い込まれた……でも)

英玲奈(ファールだったが芯で捉えている)

絵里(タイミングは合ってきているわ。あとは前に飛ばすだけ)

あんじゅ シュッ

審判「ボール!」

絵里(外へのカーブ。なんとかバットは止まったわ。次はどんな球でくる?)
201 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/22(日) 00:02:50.82 ID:dPON/VbX0
英玲奈(あんじゅ、内角高めへのストレートだ。コントロールは戻っている。これで決めよう)

絵里(この回で同点にしないとって聞いたときには驚いたけど、とうとう私の打席次第というとこまで来た。
ここでヒットさえ出れば、この試合の勝機が見えてくる)

あんじゅ(絶対に打たせないわ。大丈夫、私たちなら大丈夫よ……)

絵里(この試合の先には、私たちの夢がある。それは相手だって同じだけど、遠慮して手を抜くのはその夢を穢すことになる。
みんなが全力で追い求めている夢なんだから)

ツバサ(いきなさい、あんじゅ!)

絵里(私はμ'sのメンバー。最初はアイドル活動を否定してたのに、グループに誘ってもらえて、μ'sのみんなとかけがえのない時間を過ごすことができた。
その時間の期限を決める試合で、クリーンナップという重要な役目をもらった私が、この局面ですべきことはただひとつ……)

あんじゅ シュッ

英玲奈(打ち取れ、あんじゅ!)

絵里(私がμ'sの夢を繋ぐ!)カキンッ
202 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/22(日) 00:09:03.80 ID:dPON/VbX0
実況「打ったー! 打球はセンター前へ! サードランナーがホームイン!」

絵里「よし!」

花陽「やった!」

凛「絵里ちゃんナイスバッティング!」

海未「ついに同点です!」

希「ここで同点にできたのは大きいやん?」

ことり「そうだよね。早い回に追いつけてよかった……」

にこ「まさか私の前に打つとはね」

真姫「絵里が打たなかったらこの回終わってたじゃない」

穂乃果「みんな、ここから逆転だよ!」

一同「おー!」
203 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/03/22(日) 00:09:55.88 ID:dPON/VbX0
今日はここまでとします。読んでいただいた方、ありがとうございます!
また続きを書いていきますので、よろしくお願いします
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/22(日) 00:11:18.42 ID:s9OAfa8AO
おつやで〜
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/20(月) 00:17:47.30 ID:I4tCJ02mo
こんな面白いスレがあったとは
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/08(金) 01:20:58.00 ID:rHlA1iQVo
保守
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/11(月) 04:55:24.84 ID:tTn77txFo
捕手
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:17:12.09 ID:E2aEGDY40
保守
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:18:10.15 ID:E2aEGDY40
保守
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 20:20:18.43 ID:6nW98w9s0
長らく間を空けてしまい、申し訳ありません。

>>205
>>206
>>207
>>208
>>209
二か月以上投稿していなかったにも関わらず、書き込みを続けてこの場を守っていただき、ありがとうございます。
もう落ちてしまっているんじゃないかと戦々恐々としながら開いたのですが、保守をしてくれた方のおかげでまたこのように書き込むことができました。

見ている方はいらっしゃらないかもしれませんが、続きは必ず投稿するとお約束します。
書き始める時点で最後までストーリーは作ってありますので、投稿できる文量が出来上がり次第書き込みんでいきます。
もしもまだ読んでいただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。


話は変わりますが、去る6月13日、いよいよ劇場公開となったラブライブを見てきました。
※ここから先、ネタバレを含みますのでご注意ください。
テレビシリーズの最終話から始まる物語であるわけですが、テレビでやり残したこと、棚上げしてきた問題を解消していくような内容で、
非常に良い映画だと感じました。

最終的に穂乃果とμ'sのメンバーたちが出した結論は、寂しいけれど清々しい気持ちにさせてくれました。ラブライブが一貫して描いていたものは
登場人物たちの挫折と成長です。もちろん、継続による成長という選択肢もあるでしょう。しかし、μ'sは終わらせることを選びました。
それは、彼女たちがいつも「終わり」によって成長してきたからです。廃校から始まり、ラブライブ出場辞退、3年生の卒業、そして海岸での解散宣言。終わりを見る度に、μ'sは大きな成長を遂げてきました。そんな彼女たちが、終わりを選ぶのは当然のことだったのかもしれません。
まあ正直、エンドロールの後に花陽が「大変です!」と叫びまわってくれるんじゃないかという期待はしましたがww
過去でも未来でもない、僕らは今のなかで。今が過去になる前に終わらせて、次のスタートラインに立つのがμ'sなのでしょう。


そんなこんなで楽しませていただいた映画だったのですが、省みてこのSSはどうなんでしょう。根本から映画の思想とずれてしまっています。
どうしようかなあと少し悩みましたが、もしもμ'sが活動を続けるとしたら、というIF展開ということでお許しください。
長々と駄文を垂れ流し、すみませんでした。これからも投稿を続けていくので、よろしければご覧ください。
211 : ◆.kI.MkwgMs [sage]:2015/06/18(木) 20:22:50.34 ID:6nW98w9s0
酉を付け忘れてました。
IDが変わらないうちに、本人の証明ということで書き込みます。
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 00:11:53.79 ID:B0Yq8LwFo
期待してます
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/07/06(月) 22:53:52.13 ID:7/rZwIxE0
なんつーかグダグダグダグダ・・・もうどうでもいいわ
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/07(火) 13:55:27.51 ID:KRe3W6wqO
続きまだー?
せっかく面白いのに…
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/07/12(日) 17:21:16.03 ID:ERFE3iH60
スレの無駄
はよ落とせよ
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/25(土) 10:19:47.22 ID:K0Ri3MHr0
期待してるよ!
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/07/25(土) 21:30:59.87 ID:GYFXw1o8O
待ってるから頼むわ
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/07/25(土) 22:48:41.50 ID:5iHUFBMS0
主の自演ぽい
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/08/20(木) 01:56:23.58 ID:+A3zq4lVO
2ヶ月経ったな
220 : ◆.kI.MkwgMs [sage]:2015/09/15(火) 21:08:58.84 ID:/vh3cNo40
>>212
>>213
>>214
>>215
>>216
>>217
>>218
>>219


長らく空いてしまい、申し訳ありません。投稿を再開します。
この間にレスをつけていただいた皆さんには本当に感謝をしています。

昨年度末の投稿開始から今日まで様々な感想を寄せていただき、
それが大きなモチベーションになると同時にひとりで勝手にプレッシャーを感じてたりしてたわけですが
もうちょっと気楽にやっていこうと思います。
いや、今までのも真面目に書いてこれかよというお粗末なものでしたがww

楽しんで書いていきますので、見ていただける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。
221 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/09/15(火) 21:13:00.03 ID:/vh3cNo40
英玲奈「あんじゅ……」

あんじゅ「ごめんね。私が我儘を言ったから……」

ツバサ「やっぱりμ's相手じゃ一筋縄ではいかないわね。あんじゅ、よく投げてくれたわ。無理させてごめんね」

あんじゅ「そんなことないよ。私がもっと抑えれれば……」

ツバサ「確かに、もっと投げたいって言ったのはあんじゅの我儘よね。でも、あんじゅに投げてほしいって言ったのはチームみんなの我儘よ。
だからこれは、チーム全員の我儘の結果。だけど、スポーツって元来、我儘なものじゃない?」

英玲奈「そうだな。そもそも試合に勝とうというのが我儘な話だ。相手の勝ちたいという気持ちを力で捻じ伏せるのだから。
みんなの我儘がぶつかり合う試合中に、自分の我儘を悔いるのもおかしな話だろう」

あんじゅ「ツバサ……英玲奈……」

ツバサ「まだ同点よ。ここから1点もとられなければ、少なくとも負けることはないでしょ? ここからは私に任せて」
222 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/09/15(火) 21:20:40.37 ID:/vh3cNo40
実況「ラブライブ選抜チーム、動きがあるようです。ピッチャーの交代でしょうか」

ツバサ「さてと。英玲奈、とばしていくわよ」

英玲奈「当てないようにだけ気を付けて」

実況「さあ、ついにアライズのツバサがマウンドに上がりました! 2回の裏、ツーアウトランナー1塁3塁、4対4と同点の場面。一体どんなピッチングを見せてくれるのでしょうか。対するμ's打線、バッターは6番の東条です」

希(何を投げてくるのか分からない以上、まずは様子見やね)

ツバサ(あんじゅ、大丈夫よ。もう一点も獲らせはしない!) シュッ

希「きゃっ!」

審判「ボール!」

実況「おっとこれは大きく外れて、バッターの顔面近くにいきました! しかし物凄い球速です」

英玲奈(ツバサは確かに荒れ球だ。しかし、それを補って余りあるのが、)

ツバサ シュッ

希(速い……全く目が追いつかない……!)

英玲奈(この球速だ)バシンッ!

審判「ストライク!」

英玲奈(ボールカウントは気にするな。力で押し込んで、この流れを断ち切るんだ)
223 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/09/15(火) 21:43:19.53 ID:/vh3cNo40
審判「ボール! フォアボール!」

実況「外角低め、ギリギリ外れてフォアボール! さきほどの打席でもフォアボールを選んだ東条、素晴らしい選球眼です。ツーアウトながらランナー満塁となりました!」

希(あれは見送ったんやない、反応できなかっただけ……。あんな速い球、初見じゃ反応できひんよ。海未ちゃんの言った通り、この回で出てこなかったら詰みやったかもしれへんね)

実況「このチャンスの場面で、バッターは7番、南ことりです!」

ことり「……」

海未(ツーアウトランナー満塁。傍から見れば、ピッチャーの代わり端を叩くチャンスに見えるでしょう。しかし、綺羅ツバサは楽観視できる相手でないことを、私たちは知っています)

にこ「これはチャンスよ! ことり、ピッチャーの代わり端を叩いてあげなさい!」

海未(ただひとりを除いては……)

ことり「チャンス……そうだよね」

穂乃果「ことりちゃん、そんなに気負わなくて大丈夫だよ」

海未「穂乃果の言う通りです。楽に打ってきてください。ツバサさんをこの回に投げさせただけで私たちの作戦は成功しているんですから。点が獲れたらラッキーぐらいに思いましょう」

ことり「うん。ありがとう、海未ちゃん。ちょっと緊張がほぐれたよ」
224 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/09/15(火) 22:01:07.71 ID:/vh3cNo40
英玲奈(南ことり。今のところ目立ったプレーは無いが、堅実な守備を見せている。初回、ツバサがランニングホームランを打った場面でも、冷静に1枚目の中継へ入っていた。見た目よりクレバーなのかもしれない)

ことり(昨日のオーダー発表の時、ビッグイニングを作るには私の出塁が必要って、海未ちゃん言ってたよね。私がここで出塁すれば、3点差を逆転するビッグイニングになる)

英玲奈(初球はここだ)

ツバサ(オーケー!)シュッ

審判「ボール!」

ことり(穂乃果ちゃんも絵里ちゃんも、こんなに緊張する場面でヒットを打ったんだなあ。ううん、ふたりだけじゃないよね。初回の海未ちゃんだってそうだし、得点まで繋げたみんなの出塁もそう。μ'sのみんなはやっぱりすごいよ)

英玲奈(大丈夫だ、いくらボールになったっていい。信じて投げろ)

ツバサ(いくわよ!)シュッ

ことり(でも、すごいなって感心してるだけじゃダメだよね。だって私はμ'sとしてここに立っているんだから)
225 : ◆.kI.MkwgMs [saga]:2015/09/15(火) 22:42:50.61 ID:/vh3cNo40
審判「ストライク!」

実況「さあカウント3ボール2ストライク。次で決まるか!?」

ツバサ シュッ

ことり(当たって……!)ブンッ

英玲奈(……よし)バシンッ!

審判「ストライク! バッターアウト!」

実況「空振り三振! ツバサ、満塁のピンチを三振で切り抜けました! しかしこの回、μ'sが3点を獲得し4対4の同点に追いついています」

ことり「みんな、ごめんなさい……」

絵里「いいのよ。初対戦であれを打ち崩せるほうが驚きよ」

凛「気にすることないにゃ!」

花陽「うんうん。6球もよく粘ったよ」

海未「ええ、フルカウントまで見れたので、相手の攻め方も分かりました。ひとまずは次の回をきっちり抑えて、それから対策を考えましょう」
226 : ◆.kI.MkwgMs [sage]:2015/09/15(火) 22:44:35.82 ID:/vh3cNo40
今日はここまでにします。
また続きを書いていきますので、よろしければご覧ください。
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/09/16(水) 04:09:17.50 ID:ujUSn9mJO
東条じゃなくて東條な
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/10/11(日) 04:59:35.47 ID:MpKKNa1YO
結局エタるんか
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/16(月) 00:41:51.03 ID:6p0sdn5AO
132.37 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)