このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

まどか「ほむらちゃん……わたし、ツインテールになる!」ほむら「そんな……!」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:13:56.47 ID:AczxukJt0

前スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420006774/#footer

続きから始まるので、こちらから目を通していただけると嬉しいです。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425136436
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

渋谷凛「就職活動を」本田未央「してみたい?」 @ 2019/11/20(水) 00:07:43.98 ID:qoXxFcO/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574176063/

凛「we are fish(私たちは魚です)」 @ 2019/11/19(火) 23:50:04.81 ID:L+oyX6LV0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574175003/

博多弁女「うちは今、幸せやけん」関西弁彼女「もちろんうちも幸せや」 @ 2019/11/19(火) 23:37:48.00 ID:t1qd9MMpO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574174268/

ライラ「大好きな背中」 @ 2019/11/19(火) 22:40:06.68 ID:gbdzVW420
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574170806/

【ミリマス】静香「ユートピア」 @ 2019/11/19(火) 20:23:09.49 ID:6s/A4gNC0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574162589/

西住みほ「赤ちゃんできちゃった....」 @ 2019/11/19(火) 19:53:32.32 ID:pWzKMw3sO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574160812/

【バンドリ】市ヶ谷有咲「隣でりみが寝てる」 @ 2019/11/19(火) 17:51:11.02 ID:i75xN+h90
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574153470/

蘭子「混沌電波第192幕!(ちゃおラジ第192回)」 @ 2019/11/19(火) 06:12:20.16 ID:nI191EuFO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574111540/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:14:19.03 ID:AczxukJt0

――アルティメギル秘密基地――


ティラノギルディ「……逝ったか、トリケラトップギルディ」

ティラノギルディ(戦いのさなか、幼馴染属性に目覚めたホーリーブラック。そして、その援護を受けた新たなる戦士、ホーリーブルーに倒される、か)

ティラノギルディ「ホーリーブラックめ。数多の属性のすべてを開花させようとでも言うのか……?」

ティラノギルディ(あらゆる属性……それはまるで、あの方と同じではないか)

ティラノギルディ「ホーリーカルテットとはまるで我らのようだな。戦いのなかで強くなり続け、やがて最終闘体へと到達する……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 00:14:22.68 ID:uxvVaK5Eo
おう、新スレ乙
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 00:15:29.19 ID:uxvVaK5Eo
投下中だったか…
邪魔してすまない
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 00:15:52.94 ID:bu4maNCwO
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 00:16:38.83 ID:DICcW60hO
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 00:17:02.41 ID:wTImDXMLO
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:22:32.22 ID:AczxukJt0

ティラノギルディ「だが、トリケラトップギルディよ……修練を積んで己の力を真に使いこなせていたら、負けることはなかっただろうに」

ティラノギルディ(馬鹿者め……何が理性を保てぬだ。修練を積めばやがて使いこなせたはずだろうに)

ティラノギルディ「貴様はこの部隊に残ろうとしたのだろうな。あの三本角の姿を保つことで……」

ティラノギルディ(あるいは、さらなる強大な部隊への招集もあっただろうに……ばかばかしいほど生真面目なやつだ)

ティラノギルディ「ふんっ。俺には理解できんな。上を目指さずにとどまり続けた理由も……貴様の部屋にある、この幼馴染もののエロ本も、な」

ティラノギルディ(……俺は今泣いているが――いつものような茶化しが入らぬな)

ティラノギルディ「さらばだ……トリケラトップギルディ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/01(日) 00:26:18.09 ID:AczxukJt0
今日はここまで

気が向いたら続きを投下します
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 00:28:03.41 ID:n4PhVFvv0
お疲れ様でした、作者氏のタフネスさ凄いです。誰がなんと言おうと面白いので頑張ってください。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 01:06:35.00 ID:sbZr+4Qu0
期待
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 01:23:12.86 ID:EvZfuJ/Fo
乙 おお……終わった途端スッと消えた……ww
ほむさやの時代が来ている そういうのわかる
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 03:50:11.19 ID:pKOuF1tAO

こっからが大変だよな。
ティラノさんをどう料理するか期待してる。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 04:39:46.20 ID:z8melmYvo
貴重なほむさやや……
しっかり味あわな……
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 06:09:13.63 ID:2NhdzrnRO
Oの次はoかよ。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/01(日) 09:27:03.53 ID:TdcdDxlPo
乙でした
17 :あぼーん :あぼーん
あぼーん
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 00:30:14.26 ID:nAd+zFYR0






――ほむホーム――


さやか「――ってことが向こうであったんだよね」

杏子「へー。違う世界のほむらねぇ。そいつにテイルギアを渡しちまったんだっけ?」

まどか「うん。向こうのほむらちゃんの助けになればいいんだけど……」

マミ「きっとなるわよ。だって、テイルギアには私たちだってとっても助けられているもの」

ほむら「そうね。それは確かだわ。テイルギアの力があるだけで、ずいぶん違うものだと思うわよ」

さやか「そっかな。それだったら渡してよかったよ」

ほむら「ええ。テイルギアの力だけでは決して解決しない問題も多いけれども……それは、あちらの私たちで解決するべきことだから」

さやか「そっか。そうだよね。向こうあたし達が――ひっ」ビクッ

まどか「……」ジイー
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 00:42:14.10 ID:nAd+zFYR0

さやか「ま、まどか、さん?」

まどか「……なぁに、さやかちゃん」ニコッ

さやか「な、何でもないです!」

まどか「うん。……分かってるよ?」

マミ(美樹さん……頑張って!)

さやか「だ、だよね! なんでもないよね!」

ほむら「……? どうしたの、さやか?」

さやか「心配とかやめてよっ。なんでもないって言ってるじゃん!」

ほむら「そ、そう?」

まどか「…………」ジイー

さやか「そうだよ!」

杏子(涙目だな……さやか、頑張れ)
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 01:09:55.57 ID:nAd+zFYR0

ほむら「まあ、何でもないならいいのだけれど……でも、改めて昔の私の話を聞かされると少し複雑な気持ちね」

マミ「それに、魔法……。でも、こうやって体験すると信じないわけにはいかないわね」

杏子「オーガギルディにやられた傷が、すげえ速度で治っていくなんてなぁ。確かにこりゃ信じないわけにはいかないな」

マミ「そうね。昨日なんて、傷がひどくて学校はお休みしたくらいだものね」

ほむら「そう? あんまり治癒魔法は得意ではないのだけど……」

まどか「ううん。あっという間に杏子ちゃんとマミさんの傷が治しちゃうなんて、ほむらちゃんすごい!」

ほむら「そ、そうかしら」テレッ

まどか「うんっ。向こうの世界に飛ばされた時はいろいろ不安になったけど……あの世界に行ったからこそ、本当のほむらちゃんを知ることができた。何度も泣いて、傷だらけになりながらそれでもわたしのためだけに……ずっと気づいてあげられなくてごめんね」

ほむら「……ッ」

まどか「向こうの世界に行ったからこそ、わたしにはこんなにも大切な友達がいたんだって。だから、嬉しいよ。ほむらちゃん、ありがとう。あなたはわたしの、最高の友達だよ!」

ほむら「まどか……!」

マミ(居づらいわ……)

杏子(こいつらあたし達の存在忘れてるんじゃ……)

さやか(もう帰りたい……)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 01:18:41.24 ID:nAd+zFYR0

まどか「うん。ほむらちゃんはもう独りじゃないよ。みんなと一緒だし……わたしはほむらちゃんの傍にいるよ」

ほむら「まどか……うんっ。わたしも一緒の気持ちよ。……あ。そういえば、さやか。あなた上条恭介の件はどうなったの?」

さやか「このタイミングで聞くの!? あたしだって怒るときは怒るんだよッ!?」

杏子(フラれたのか……)

マミ(フラれちゃったのね……)

まどか「さやかちゃん……」

ほむら「ああ、フラれたのね。まあ、仁美が告白した後だからしかないわね」

さやか「よし来いほむらっ。そのケンカ買ったぁ!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 01:35:37.53 ID:nAd+zFYR0

ほむら「やめなさい。まったく無意味に乱暴ね、あなたは」

さやか「無意味じゃねーよ! それにあたしはもう恭介のことなんて吹っ切ったしっ。あんな無神経なやつ、デートで仁美をマミさんのライブとかに連れて追って愛想つかされればいいんだ……! ――あ、マミさん。今度、良かったらライブのチケットとかください!」

マミ「え? え、ええ、チケットを上げること自体はいいけど、そういう使い方をされるのは……」

まどか「そうだよ、さやかちゃん。それはちょっとないよ……」

さやか「うっ」

ほむら「愚かね、さやか。未練なんてすっぱり断ちなさい」

杏子「だな。まあ、さやかの終わった恋愛のことは置いておこうぜ」

さやか「うぅ……」

マミ「え、ええっと……そ、そういえば! 暁美さんがずっと戦っていたワルプルギスの夜っていう怪物は、エレメリアンとは別物なのよね」

ほむら「ええ。共通箇所は皆無といっていいわ」

まどか「そういえば、ほむらちゃんが転校してきてそろそろ一か月だよね」

さやか「……ああ、そういえばそうだね。向こうのほむらは、もうそろそろワルプルギスがどうだーとか言ってたけど」

ほむら「そういえばそうね。この世界に魔女はいないようだから関係のない話だと思っていたけれども、そうね。いつもなら――もう、明日になるのね」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 01:52:15.25 ID:nAd+zFYR0

――アルティメギル秘密基地――


スワンギルディ「プテラギルディ様に続き、あのトリケラトップギルディ様までやられてしまうとは……」

スワンギルディ(死の二菱の両牙たる副将がやられてしまっては、隊長であるティラノギルディ様の牙はもがれたも同然なのでは――)

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! なんだ貴様、しけた面をしおって!」

スワンギルディ「てぃ、ティラノギルディ様!?」

ティラノギルディ「ふんっ。おおかた死の二菱左右の牙が折れたことを憂いているのだろうが……無用だ! 神域に至りし孤高の帝王たる俺には、もともと部下も仲間も必要などないのだからな!」

スワンギルディ「そ、それは……そのような物言いは、散ったあなた様の部隊のみなに対いて、あまりにも……!」

ティラノギルディ「くだらん! 事実を偽って何が慰めになる? どいつもこいつも、俺の足元に及ばぬ負け犬であった。それだけだ!」

スワンギルディ「ティラノギルディ様……あなたという方は、なぜ……」

ティラノギルディ「……ふんっ。明日は、俺が直々に出る」

スワンギルディ「……は?」

ティラノギルディ「帝王たる俺が自ら出向くなどあってはならぬことだが、仕方あるまい。やつらのエレメーラを奪うことによって、俺の帝王たる威光を貴様らに示してやろう」

スワンギルディ「ティラノギルディ様……!」

ティラノギルディ「待っていろ、ホーリーカルテット.……そしてまだ見ぬ、神域に足を踏み入れつつある存在……『まどか』よ。百合に導かれし掛け算の神髄――とくと味あわせてやろう!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 01:52:45.69 ID:nAd+zFYR0
とりあえずここまで

気が向いたらまた続きを投下します
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/03(火) 03:43:53.93 ID:Gul31FgKo
つまんね
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/03(火) 04:12:43.60 ID:+xHe8QnAO
乙です
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/03(火) 04:32:40.97 ID:3iWiFTZ5O
ワルプル来るのか来ないのか!?
期待
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/03(火) 04:55:07.60 ID:z+fgyUfzo
乙でした
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/03(火) 11:19:11.04 ID:oX9E7W9IO
掛け算の真髄wwwwwwwww
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:09:34.61 ID:nAd+zFYR0





――ほむホーム――


ほむら「……今日は、天気が荒れそうね」

ほむら(転校して一か月近くたった今日。ワルプルギスが来ていた、この日。この世界であの怪物が来るとも思えないけど、なぜかしら)

ほむら「胸が、ざわつくわね……」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:11:32.73 ID:nAd+zFYR0






――気象台・レーダー観測所――


観測員A「雷雲が、いくつも掛け合わされていくような勢いで分裂と回転を引き起こしています! 明らかにスーパーセルの前兆です! ただちに避難指示の発令を!」







――住宅街――


広報車「本日午前七時、突発的異常気象に伴う避難指示が発令されました。付近にお住いの皆さまは、速やかに最寄りの避難所への移動をお願いします。繰り返します。こちらは見滝原市役所広報車です。本日午前七時――」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:21:25.97 ID:nAd+zFYR0







広報車「――突発的異常気象に伴う避難指示が発令されました。付近にお住いの皆さまは、速やかに最寄りの避難所への移動をお願いします。繰り返します――」

ほむら「……え?」

ほむら(避難指示の発令……? なぜ!? ワルプルギスの夜がいないはずのこの世界で、どうして異常気象が――)

QB「ほむら」ヒョコ

ほむら「……インキュベーター。何の用かしら」

QB「エレメリアンの反応を察知した。それも、いままでにないエネルギーの強さで出現した。この異常気象も、そのエレメリアンの影響で間違いない」

ほむら「!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:40:01.50 ID:nAd+zFYR0

ほむら(……ワルプルギスの夜が来たわけではなかったのね)

ほむら「……そう。でも、相手がいくら強かろうと私たちがやることは変わらないわ」

QB「けれども、この天候をも乱すエネルギーは尋常なものではない。直近の幹部エレメリアンのプテラギルディ、オーガギルディ二人のそれを合わせても、はるかに凌駕している」

ほむら「……なんですって?」

QB「プテラギルディ、オーガギルディのエネルギーを足し合わせてようやく同等。それほどの力の持ち主だ。今回ばかりは、やり過ごすのが得策だと思うよ?」

ほむら「……今の会話、他のみんなにも聞こえているかしら」

QB「もちろん。テレパシーで経由ずみだよ」

ほむら「そう」

ほむら『――聞いていたのなら、事情は分かっているわよね』

まどか『……うん』

マミ『ええ、分かっているわ』

杏子『ばっちし聞こえてるぜ』

さやか『いい目覚まし代わりの報告だよ。おかげで目が覚めたもん』

ほむら『敵も本腰を入れて来たのか、今回は今までにない強敵が相手よ。そんな相手から逃げたって、仕方のないことだわ。誰もあなた達を恨んだりはしない』

まどか『……』

ほむら『だから、来るかどうかはあなた達自身で決めなさい』
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:41:33.39 ID:nAd+zFYR0

杏子『……なあ、ほむら。お前、分かってて言ってるだろう?』

マミ『ふふっ、そうよね』

さやか『いまさらあたし達が、尻尾を巻いて逃げるわけないでしょう?』

ほむら『……ええ、分かっていたわ』

まどか『そうだよね。みんな、世界を守るヒーローだもんね!』

QB『そうかい。それなら、全員を出現したエレメリアンの元に転送するよ。さやかの変身装置にも、昨日預かった内に調整はしてあるから、転送の同期は可能だしね。それじゃ、準備をしてくれ』

まどか『わたしはパパやママ、タツヤと一緒に避難所に行くけど――みんな、頑張って!』

ほむら『ええ! みんな、行くわよ』

杏子『おう!』

マミ『行きましょう!』

さやか『世界の平和は、美少女戦士さやかちゃんがガンガン守りまくっちゃいますからねー!』

まどか『うんっ。みんなが勝てるって信じてるよ!』

ほむさやマミ杏『――テイル・オン!』
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:47:32.39 ID:nAd+zFYR0






――河川敷グラウンド――


さやか「到着! ここは……河川敷?」

ほむら「ええ。それで間違いないわ」

ほむら(……よりによってワルプルギスの夜を迎え撃っていたところじゃない)

杏子「ん? どうしたほむら、難しい顔して」

ほむら「いえ、なんでもないわ」

マミ「みんな揃っているわね。敵は……」

杏子「あの、でけぇ牙を持った、恐竜みたいなやつだな!」

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! 来たか、ホーリーカルテット! 帝王たる俺を待たせないとは、なかなか感心な姿勢だな!」

さやか「さっさとあんたを倒したいだけだよ! 大体なに、この嵐! 迷惑すぎるよ!」

ティラノギルディ「迷惑だと? この吹きすさぶ風雨……帝王たる俺が出向くには、かっこうの演出だろうが!」

杏子「うわ、うぜぇ……」

マミ「人様の迷惑も考えて欲しいわね……」

ほむら「空気が読めない人種なのね。……人間じゃないけど」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:55:15.87 ID:nAd+zFYR0

ティラノギルディ「ふんっ、空気を読むだと? くだらん。俺は無駄話を好まんだけだ。貴様らごときは蹴散らして、そのエレメーラを頂こう!」

ほむら「!」

さやか「う、わ……!」

マミ「こ、このプレッシャーは……!」

杏子「なるほど。キュゥべえのやつが警告してくるだけのことはあるな……!」

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! 俺の名はティラノギルディ! 死の二菱の頂点に座す隊長にして、麗しきガールズラブを極めし孤高の帝王よ!」

ほむら「来るわよ!」

杏子「冗談じゃすまねえ相手だっ。一瞬たりとも油断するなよ!」

マミ「ええ、かつてない強敵だものね」

さやか「でも、相手がどんな難敵だって……あたし達が勝つよ!」

ティラノギルディ「そうだ。ゆめゆめ気を抜くなよ。全力を振り絞れ、ホーリーカルテットっ! それでも遥か及ばぬ神域があると――この帝王が思い知らせてくれるわ!!」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/03(火) 23:55:46.27 ID:nAd+zFYR0
とりあえずここまで

また気が向いたら続きを投下する
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/04(水) 00:16:35.73 ID:1UfbKp5AO

ティラノさんがラスボスかな?
展開含めて期待。
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/04(水) 09:22:13.36 ID:VDjhLbPpo
乙でした
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/04(水) 22:53:51.23 ID:YaDsdVx60

マミ「ブラックのエレメーラ解放には少し時間がかかるわ。レッド、ブルー。私が後ろから援護するから、接近戦はお願い!」

杏子「おう! さやかっ、突っ込むぞ!」

さやか「おうさぁ!」

ティラノギルディ「ふっ。まずは『杏×さや』か。鉄板にして王道! この俺の牙がたぎるぞ!」

ほむら(……ティラノギルディの牙が光った?)

杏子「ごちゃごちゃと!」

さやか「わけのわかんない事いってんじゃないわよ!」

ティラノギルディ「ふん!」

ガッキィイイイイイン!

杏子「!」

さやか「なっ!?」

マミ「防がれた、けど……あの武器は、槍剣……? また珍しいものを使うのね」

ほむら「そうね……」

ほむら(あの槍剣のデザイン、どことなく――いえ、明らかにさやかと杏子のものに酷似している……?)
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/04(水) 23:05:07.34 ID:YaDsdVx60

ティラノギルディ「ふんっ。別に槍剣を常時使っているわけではない」シュウゥ

さやか「え? 武器を消した……?」

ティラノギルディ「かまわん。さっさとかかって来い、ホーリーカルテット」

杏子「ちっ。今の一撃をしのいだくらいで調子に乗んなよ! ――マミ!」

マミ「ええ! レッド、合わせていくわよ!」

杏子「おう!」

ティラノギルディ「ほうっ。今度は『マミ×杏』か。ふふふっ、感じるぞ! ひとつのシチュエーションに縛られず、さまざまな関係の幅がある肉厚的な魅力に溢れておるな!」

ほむら「っ!」

ほむら(またティラノギルディの牙が光って……!)

杏子「意味不明なことを、いちいちうっせぇなぁ! いいから正義の炎を受けてみやがれ! ――バーニング・フィニッシャー!」

マミ「早いけれども、これで止めよ! ――ティロ・フィナーレ!」

ティラノギルディ「ふっ。――バーニング・フィナーレ!」

ゴォオオオオオオオオオオ!

さやか「うそォっ? マミさんと杏子の必殺技を一発であっさり打ち消した!?」

杏子「なに!?」

マミ「そんな……ティロ・フィナーレが……」

ほむら「……」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/04(水) 23:27:31.56 ID:YaDsdVx60

ほむら「……いえ。確かにいまのティラノギルディの技は威力もすごいけど、それ以上に不可解なことがあるわ」

マミ「え?」

杏子「……ああ、確かにな」

さやか「ど、どういうこと? 何かわかったの?」

杏子「冷静になって考えてみろ。いまのあたしとマミの攻撃を、わざわざ燃え盛る炎の銃で迎撃したんだぞ?」

マミ「……なるほど。言われてみれば、確かにおかしいわね」

杏子「だろ? さっきの槍剣といい、こいつもしかして……」

ティラノギルディ「ほう? この俺の力に、ようやく気が付いたか?」

ほむら「ええ。ティラノギルディ。あなた――私たちの力をコピーしているわね。しかもあなたのガールズラブというエレメーラの性質上、おそらく対象は二人同時で、その能力を足し合わせるような形になって発動するようね」

ティラノギルディ「……ふんっ。ひとつ譲れぬ勘違いはあるようだが、おおむねそうだ。ありとあらゆるカップリングを組み合わせ、発動させることができる。それがガールズラブを極めしものの力だ」

さやか「……てことは、要するに真似っ子ってこと?」

ほむら「そうなるわね。思ったよりくだらない能力だわ」

ティラノギルディ「『ほむ×さや』……ちっ。やはり無理か」

ほむら(……失敗?)

さやか(よくわかんないけど、いま何か寒気が……)ブルッ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/04(水) 23:46:45.53 ID:YaDsdVx60

マミ「何にしても、コピーもどきでやられる私たちじゃないわよ」

杏子「コピーが本元を超えられないのは定番だしな。ましてやあたし達四人に対して、お前がコピーできる能力は二人までだ」

さやか「はんっ。なんだ、意外と大したことないね。評判倒れもいいとこだね。もう勝ったも同然じゃん!」

ほむら「ええっ、対抗策は簡単だわ。二人分の能力を合わせてコピーできるのならば、こっちはそれ以上の力を合わせればいい!」

ティラノギルディ「…………」

ほむら『インキュベーター! エレメーラを解放を行うわ!』

QB『わかった。君の信じるエレメーラを叫ぶんだ』

ほむら「トライブライド・オン!」

さやか「お、装甲と武器が……」

マミ「これは、ケルベロスギルディの時の……」

杏子「なるほどな!」

ほむら(三つ編み属性。私の自前の属性で唯一後遺症がなかったこのエレメーラの力なら、確実ティラノギルディを倒せる!)
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/04(水) 23:57:18.06 ID:YaDsdVx60

ティラノギルディ「『さや×マミ×杏』。これはこれは、また複雑ながら素晴らしいっ。三つ巴の関係に揺れる三人の心の動き。繊細複雑な妙味……ぐわっはっはっは! たぎる! たぎるぞォ!」

ほむら「……あなた、ずいぶんと余裕ね。それとも最期のカップリング遊びなのかしら。なら、意外と諦めが良いのね」

ティラノギルディ「……ああ、ホーリーブラックよ。先ほどの貴様の予想、一つだけ訂正させてもらうぞ」

ほむら「……?」

ティラノギルディ「貴様は、俺の力を『足し合わせる』と言ったな」

ほむら「……ええ、それがどうしたというの?」

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! どうしたもこうしたもないわ! 俺の力の源泉はガールズラブだぞ! 百合とは足し合わせるものでは、断じてない!」

ほむら「……え?」

杏子「ティラノギルディ! てめぇっ、よそ見とはずいぶんと余裕だな!」

マミ「あなたにそんな猶予はないはずよ!」

さやか「三位一体になったあたし達の力を食らえ!」

ほむら「――ッ! あ、あなた達、待ちなさ――」

さやマミ杏「「「ティロ・トライアングル!」」」

ティラノギルディ「百合の理より導かれしこの力は――『掛け合わせる』もののだぁああああああ!」

ドッゴオオオオオオオオォォオオオオオオオオン!

マミ「きゃぁっ!」

さやか「あぐぅっ」

杏子「ぐがぁ!」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 00:12:27.70 ID:IrE8dnD/0

ほむら(三人を、一撃で……!)

ほむら「みんな、平気!?」

マミ「な、なんとか……大丈夫よっ」ヨロ

さやか「あ、あたしも、ぎりで……もうだいぶ治って来たし!」ヨロヨロ

杏子「二人ともなさけねえな……あたしは、ぜんっぜん余裕だぞ……!」

ほむら(よかった。全員戦闘可能の範囲ね。三人の合わせた攻撃を相殺するどころか、あっさり吹き飛ばすなんて……)

ティラノギルディ「ぐわっはっはっはっは! もろいな、ホーリーカルテットよっ。俺は掛け算の使い手! 貴様らが力を足し合わせたところで無意味なことよ!!」

ほむら「くっ……!」

ティラギルディ「ああ、それとブラックよ。貴様はなぜか俺の力の範囲を二人までと思っていたようだが、百合の幅はそんなに狭くなどない」

ほむら「なんですって?」

ティラノギルディ「二人の掛け算など、百合の花道の入口にすぎん。おなごがいれば、その数の分だけ掛け算ははかどる。百合を極めるとはそういうことだ!」

マミ「そ、そんな……」

さやか「それじゃあ、まさか……!」

ティラノギルディ「そうだ。貴様らが四人がかかりとて、それが何だ? 俺にとって貴様らなど、敵にすらなりえない。貴様ら四人は、カップリングはかどる燃料でしかないのだ!」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 00:14:05.17 ID:IrE8dnD/0
今日はここまで。

気が向いたらまた続きを投下する
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 00:21:04.92 ID:pMxCOXjSO
おつおつ
ティラノさんかっけーっす!
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 00:56:53.18 ID:AmMn+4Gy0
乙です!
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 03:54:53.62 ID:bMbJRU5T0
乙乙
思ってた以上に掛け算の真髄だった。
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 06:28:38.49 ID:LxeVL6XD0
二人こその純愛だろ、これだからファッション百合は
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 08:06:56.93 ID:mquPXo2ko
ティラノさんですらほむさやは異端なのか…orz
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 12:15:41.08 ID:gVvSroR0O
ちょっと嫉妬深い女神様の見えざる手による妨害だろう
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 17:45:32.95 ID:esfvRgYWo
乙でした
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 18:19:02.72 ID:IrE8dnD/0

ティラノギルディ「貴様ら一人の力を十とすれば、二人を足し合わせてもせいぜい二十。四人分合わせてもたかが四十だ。だが、掛け合わせればどうだ? 二人で百。三人分を掛ければ千。そして四人では万にまで膨れ上がる!」

マミ「……」

さやか「……」

ティラノギルディ「どうだ? 貴様らと帝王たる俺の間にある圧倒的なまでの差が分かっただろう!」

杏子「……なめんなよ、くそが」

ティラノギルディ「……なに?」

ほむら「……ええ。杏子言う通りね」

マミ「……そうね」

さやか「そんなくだらない計算なんかで、あたし達の力を計るんじゃないわよ!」

ティラノギルディ「……まだ抗うか。神域に至らぬものが、何をしたところで俺に敵うはずもないというのにな」

杏子「うるせぇ! だいたい百合属性ってんならなぁっ、こっちだってそれを持ってる奴はいるんだよ! しかも飛び切り強力なやつをな!」

ほむら「?」

さやか「そうだよ! あんたと同じような力を、間違いなく発揮できる奴がいるんだ!」

ほむら「……?」

マミ「そうね。希望はまた潰えてないわ! ねえっ――」

ほむら(……誰の話をしているのかしら)

さやマミ杏「「「――ブラック!」」」

ほむら「え?」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 18:28:47.02 ID:IrE8dnD/0

ほむら「わ、私……?」

マミ「ええ! 間違いないわ!」

杏子「ああっ、いまさら疑う余地もねぇ!」

さやか「そうだよ! あんたなら、間違いなくガールズラブを発動できる!!」

ティラノギルディ「…………ふんっ」

ほむら「え、ええっと、そこまで言うなら試してみるけど……」

ほむら(どうしてみんなあそこまで確信しているのかしら。インキュベーターじゃあるまいし、人に宿っているエレメーラを看破できるわけでもないのに)

さやか「よしっ! それじゃあ、ほむらがエレメーラを解放するまで、あたし達でほむらを守ろう!」

杏子「おう!」

ティラノギルディ「できるものならばやってみろ、神域に至らぬ者どもよ。『さや×杏』――スクワルタトーレ・ファンタズマ!」

さやか「げっ!? これ、杏子の技……!?」

マミ「しかもこの幻影、実態があるだけじゃないわ!」

杏子「くそがっ。幻影のくせにいくら攻撃しても回復しやがる……!」

マミ「――! まずいわっ。ブラック! 幻影の一体がそっちに――」

ほむら「くっ」

カチリ

ほむら「……ふう」

ティラノギルディ「――む? ……ちっ。時間操作による移動か」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 18:40:31.22 ID:IrE8dnD/0

ほむら(時間停止でしのいだけれども、そう何度も続かないわね。なにせ相手は、私たちの能力を掛け合わせることができるんだから)

マミ「ブラック! よかった……」

ほむら「ええ。でも、何度もうまくいくとは限らないわ」

マミ「そうね。ブラックの能力を掛け合わされてしまったら――」

ティラノギルディ「『マミ×ほむ』……くっ。やはり邪魔が入るな。さきほどのことと言い、マイナーカプだからなどという理由ではなく説明のつかん。明確な阻害が入る……!」

マミ「――あら?」

ほむら(失敗? そういえば、さっきも……)

ほむら「……もしかして」

杏子「何だ? なにかわかったのか?」

ほむら「ええ。理由は分からないけれども、ティラノギルディは私の能力を使えない可能性が高いわ」

ティラノギルディ「……ふんっ、見抜かれたか。ブラックよ。貴様は、なぜか百合のカップリングができん。俺は、その疑問を解消するためにこの場に赴いたのだ」

さやか「マジで!? よっしゃっ、希望の芽が増えたね!」

マミ「ええっ。ブラックの能力を基盤にして戦いましょう! リボンで全員をつなぐわ」

杏子「おうっ。時間停止が効くなら、だいぶ楽になるな!」

ティラノギルディ「……ふんっ。『――×ユグ』」

ほむら「……?」

ほむら(最初の単語が聞き取れなかったけれども、ティラノギルディの牙が光ったということは、能力が発動したはず。今度はどんな組み合わせで――)

マミ「全員つないだわっ。――ブラック!」

ほむら(――考えている時間はないわね)

ほむら「それじゃあ、行くわよ!」

カチリ

ほむら(時間は止めた。これで、後は――!)

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! これが希望などくだらんな」

ほむら「――なっ!?」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 18:50:05.35 ID:IrE8dnD/0

さやか「そんな!?」

杏子「こいつ……!」

マミ「止まった時間の中で、動いてる……!?」

ティラノギルディ「ホーリーカルテットよ! 時間を操る能力が貴様だけのものでないことなど知っておろうが!!」

ほむら「他に時間操作の能力を……まさか、トリケラトップギルディの能力を……?」

さやか「いや、ちょっと待ってよ。トリケラトップギルディって……あいつ男じゃん」

マミ「そ、そうよね。トリケラトップギルディで掛け算って、それは百合というより、その……び、BLじゃ……」カアアア

杏子「……BLってなんだ?」

マミ「へ!? そ、それは、その……!」

ティラノギルディ「ぐわっはっは! イエローよ! くだらん勘違いはやめろっ。男の掛け算など冗談ではない! 反吐が出る! ――いや、マジでやめてください」

さやか(真顔だ)

ほむら(真顔だわ……)

杏子(よくわかんねえけど、すげえ真顔だ……)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 18:56:11.77 ID:29vMYDppO
あのさぁ・・・
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 19:01:09.86 ID:IrE8dnD/0

マミ「じゃ、じゃあ時間停止の能力はどこから得たというの!?」

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! 俺の知り合いには、俺とは対極の掛け算の道を歩む女どももいてなっ。そいつらの掛け算をすることによって、奴らの掛け算の力も得ただけのこと!」

さやか「あ、頭がこんがらがってきた……!」

杏子「……? つまり、どういうことなんだ?」

ほむら「たぶんだけど、女型のエレメリアンのカップリングをしたということかしら……?」

マミ「というか、エレメリアンにも女の人はいたのね……」

ティラノギルディ「ああ、その通りだ! ……まあ、奴らのカップリングをしたと知れれば後が怖いがな」ボソッ

さやか「ん?」

ほむら(いま小声で何か情けないことを言った気が……)
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 19:01:53.81 ID:IrE8dnD/0
ティラノギルディ「何にしても、貴様らの希望は一つ踏みつぶしてやったぞ? そして、ブラックのガールズラブがどうのとほざいていたな!」

マミ「そ、そうよ!」

杏子「ああ! まだそっちが残ってたな!」

さやか「ブラック! 百合属性を解放して!」

ほむら「え、ええっと……」

マミ「どうしたの、ブラック!?」

さやか「早くしてよ!」

ほむら「そう言われても……」

ティラノギルディ「貴様らが何を勘違いしているか知らんが……ブラックに百合属性はないぞ?」

さやマミ杏「「「!!!???」」」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 19:05:42.75 ID:IrE8dnD/0

さやか「はぁ!?」

杏子「くだらねえウソ吐くんじゃねえよ!」

マミ「ブラックに百合属性がないなんて、よりによってそんなことはあり得ないはずよ!!」

ほむら「どうしてそこまで断言できるの……? さっきからエレメーラを解放しようとしてもできないから、たぶんティラノギルディの言う通りなんだけど……」

杏子「そ、んなバカな……!」

マミ「あ、あり得ないわ!」

さやか「ほむら! あんたのまどかに対する想いはそんなもんだったの!?」

ほむら「まどかは関係ないでしょう!?」

マミ「そ、そんな……」

杏子「まさか、本当に……?」

さやか「え? じゃあ、純粋な友情だって言うの? あれが? そんなバカなことって……」

ほむら(……何を言ってるのかしら、この子たちは)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 19:07:21.13 ID:IrE8dnD/0

ティラノギルディ「さて、茶番は終わったな。貴様らの希望、これですべて潰えたか?」

杏子「くっ。まさか、ほむらに百合属性がないなんてな……!」

マミ「確かに予想外の事態はあったけれども、それで私達が折れると思ったら間違いよ!」

さやか「そうだよっ。思いもよらな過ぎてびっくりしたけど……それだけだ! あたし達はまだまだ戦えるんだ!」

ほむら「わ、私が悪いみたいなこと言わないでちょうだい……」

さやか「さあっ、行くよみんな!」

マミ「ええ!」

杏子「あたし達の戦いは、こっからだ!」

ほむら「え、ええ。……みんな、なにかやけっぱちになっていない?」

さやか「知るか!」

杏子「気のせいじゃねえの!?」

マミ「そうよっ、気のせいよ!」

ほむら「そ、そう……?」

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! かかって来い! 貴様らの希望をことごとくひき潰し、この帝王の威光にひれ伏させてくれるわ!!」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 19:08:07.06 ID:IrE8dnD/0
ふう、いったん休憩。

今日はスレタイまでいけるといいんだけど
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 19:54:58.42 ID:AmMn+4Gy0
いったん乙です
ほむらはノンケだったのか(棒
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 20:21:27.84 ID:Lv1AOyyAO
もう蛮族モードになっちゃえばいいんじゃないかな
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 20:26:26.78 ID:BV3jTP9rO
百合じゃないならレズだね
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/05(木) 22:04:07.77 ID:RJRaokfCo
百合なんて霞むレベルの純粋無垢なマドラヴァーだからな
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 23:27:51.54 ID:IrE8dnD/0




――学校の体育館――


タツヤ「きょーは、おとまり? きゃーんぷ、なん?」

知久「ああ、そうだよ。今夜はみんなでキャンプだ」


モブ男「避難警報が出るだけあって、天気すっげぇ荒れてるな」

モブ女「さっきニュースでやってたけど、この異常気象ってエレメリアンが原因なんだってさ」

モブ男「ええっ、マジで!?」

モブ女「うん。いま、ホーリーカルテットが頑張って戦ってくれてるらしいよ。かなり危ないらしくて、テレビの中継とかはしてないけどさ」

モブ男「へえー。じゃあ、ホーリーカルテットには頑張って欲しいなぁ」

モブ女「だよねー」


まどか「ほむらちゃん……」

詢子「……ん? どした?」

まどか「ちょ、ちょっと。トイレ」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 23:34:45.05 ID:IrE8dnD/0

――渡り廊下――


まどか「……キュゥべえ。ほむらちゃんたち、負けたりしないよね」

QB「残念だけど、今回ばかりはほむら達の勝算は限りなく低いよ」

まどか「え?」

QB「それほどまでに今回の敵、ティラノギルディは強い。そもそもほむら達は彼と同じ土俵に立ててすらいない。その差はあまりにも明確だ。だからこそ、僕は撤退を進めたんだしね」

まどか「そんな……!」

QB「信じられないというなら、彼女たちの状況を念話で中継しようじゃなか」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 23:39:49.62 ID:IrE8dnD/0

さやか『うわぁっ!』

杏子『さやか! ――くそっ、こいつ冗談じゃねえぞ……!』

ほむら『みんな、気を付けて! さっきの女型エレメリアンのカップリングを発動させてから、ティラノギルディが尋常じゃない腕力を発揮してるわ!』

マミ『分かってるわ! たぶんエレメリアンの女の人に、ティラノ×トリケラが好きな人が入って――』

ティラノギルディ『その気色悪いカップリングを口にするなぁああああああ!』

マミ『きゃぁ!』

杏子『マミぃ!』

ほむら『巴さん!』

ティラノギルディ『貴様らに他人を心配する余裕があると思うなよぉおおおお!』

杏子『ぐわぁ!』

ほむら『あぐっ……!』
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 23:46:54.79 ID:IrE8dnD/0

まどか「そんな……こんなことって……」

QB「仕方ないよ。彼女たちでは荷が重すぎた。でも、彼女たちだって覚悟の上だろう」

まどか「ひどい……あんまりだよ! そんなのってないよ!」

QB「諦めたらそれまでだ。でも君なら運命を変えられる」

まどか「わた、し……?」

QB「避けようのない滅びも、嘆きも、全て君が覆せばいい。そのための力が君には備わっているんだから」

まどか「……本当なの? わたしなんかでも、本当に何かできるの?」

QB「もちろんさ。ねえ、まどか。本来、君のツインテールはごく平凡なツインテールだ。平凡なリボン、平凡な形、平凡な想いで結んでいた。そんな君のツインテールに、どうしてそれほどのエレメーラが秘められているか不可解だった。――けれども、その疑問も暁美ほむらの存在によって答えが出ている」

まどか「ほむらちゃんの、存在……」

QB「ほむらは幾度となく、君の安否を理由に時間を巻き戻してきた。その結果、決して交わるはずのない平行世界の因果線が君を中心として絡まり合い……いまの君の、この世界で最強のツインテールを結ぶに至った」

まどか「……うん」

QB「そして君は平行世界に飛ばされることによって、そんな暁美ほむらの真実を知った。ほむらの行動と想い。それを知ることによって、前々から君の中で芽生えつつあったエレメーラが結実し、もうひとつ上の領域までシフトした。もはやエレメーラとすらも呼称できないその力は、君のツインテール属性すらはるかに凌駕している。――君もうすうす気がついているんだろう?」

まどか「……キュゥべえ」

QB「なんだい、まどか」

まどか「わたし、ほむらちゃんのところに行くよ」

QB「そう決断してくれると思っ――」

詢子「――どこ行こうってんだい」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 23:52:44.52 ID:IrE8dnD/0

まどか「……ママ」

詢子「言うまでもないけど、避難警報が出てるんだ。そんな時に外へ出ていこうなんて、バカのやることだ」

まどか「わたし、友達を――ううん。ほむらちゃんを助けに行かないと」

詢子「消防署に任せろ。素人が動くな」

まどか「わたしじゃなきゃダメなの」

詢子「てめぇ一人の命じゃねえんだ! あのな、そういう勝手やらかして、周りがどれだけ心配すると――」

まどか「分かってるよ。わたしにも、よくわかる」

詢子「……ッ」

まどか「わたしだって、ママのこと、パパのこと、大好きだから。どんなに大切にしてもらっているか知ってるから。自分を粗末にしちゃいけないの、分かる。――でも、それでも、もっと大事で絶対に守らなきゃいけないものができたから……そのためにも、わたし、今すぐいかなくちゃいけないところがあるの」

詢子「……理由は説明できないってのか?」

まどか「……うん」

詢子「なら、あたしも連れていけ」

まどか「ダメ。ママはパパとタツヤの傍にいて。二人を安心させてあげて」

詢子「……ッ!」

まどか「……ママはさ。わたしが良い子に育ったって言ってくれたよね。嘘もつかない、悪いこともしないって。今でもそう信じてくれる? わたしを正しいって思ってくれる?」

詢子「……絶対に下手打ったりしないな? 誰かのウソに踊らされてねぇな?」

まどか「うん」

詢子「――なら、行け!」

まどか「……ありがとう、ママ!」ニコリ

タッタッタッタッタ

詢子「……ふぅ」

詢子(ほむら『ちゃん』かぁ。育て方を間違えたとは思わないけど――)

詢子「――はぁ。いつか挨拶に来たら、どんな子かきちんと見極めないとな」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/05(木) 23:58:52.60 ID:IrE8dnD/0





杏子「うぐっ……ぅ、くそ、が……!」ガクリ

ほむら「杏子!」

杏子「……はっ。心配、すんなっ、ほむら。あたしは、まだ、まだ余裕だ……!」ヨロ

マミ「……そう、ね。私、も、まだまだ戦えるわ……!」ヨロリ

ほむら(巴さんも杏子も、もう限界だわ。強がってはいるけど、明らかに立つのがやっとね……)

さやか「回復能力があるあたしが盾になるよ! それまで二人とも休んでて!」

ほむら「やめなさいっ、さやか! ただでさえ一番攻撃を受けているのに、これ以上やられたらいくらあなたでも動けなくなるわ!」

さやか「平気だよ! あたしは人一倍――うぎゃぁ!?」

ほむら「さやか!?」

ティラノギルディ「もろい! もろいな!! それが貴様らの絆の力か? ぐわっはっはっはっは! なんだっ、百合の結びつきの足元にも及ばぬではないか!!」

さやか「あ、ぐぅ……」ガクリ

ほむら(さやかまで……!)
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 00:10:33.70 ID:VOPWAB990

ほむら「くっ……!」

ほむら(どうして……どうしてなの……! ワルプルギスの夜だけじゃない。私は、こいつにも勝てないというの……!?)

ティラノギルディ「ふんっ。貴様ら全員もう限界だというのなら――『まどか』を出せ」

ほむら「……何ですって?」

ティラノギルディ「貴様のツインテールの源。それこそが『まどか』であろう? その人物こそ、神域に至りし者。俺の百合カップリングを阻害せし概念。唯一、帝王たる俺に挑む資格を持っている! 貴様らの相手は、しょせんその前哨戦にすぎん!!」

ほむら「くだらないこと言わないで! 私がっ、あなた達みたいな変態共の相手に、まどかを矢面に立たせるわけがないでしょう!?」

ティラノギルディ「助けを呼ばぬというか。それもいいだろう! 最後に残った貴様を叩き潰しっ『まどか』を探し出すだけだ! ホーリーブラックよ。誇りを抱えたまま、砕け散れ――!」

ほむら「……ッ!」

ほむら(もう、ダメ――)

ティラノギルディ「………………ふっ。来たか」

ほむら「――え?」

まどか「……」

ほむら「まどか……?」

まどか「もういい……もういいんだよ、ほむらちゃん」

QB「……」

ほむら(もしかして、インキュベーターの転送で……でも、何故……いえ、もしかして!)

ほむら「まどか。あなた、まさか……!」

まどか「ごめんね」ニコリ

ほむら「まどか……あなた、やっぱり……!」

まどか「ほむらちゃん……わたし、ツインテールになる!」

ほむら「そんな……!」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 00:11:03.96 ID:VOPWAB990
今日はここまで

気が向いたら続きを投下します
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 00:24:31.12 ID:/5Wkm5Yoo
乙乙
最高の女神が降臨するのか
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 07:30:58.18 ID:3ThbpbH7o
乙でした
ほむらのまど属性解放とかはないんだろか?
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 12:19:48.26 ID:ZT6rU+edO
ほむらが愛を自覚するのは悪魔になる直前だから仕方ない
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 15:56:07.45 ID:VOPWAB990

まどか「わたし、やっとわかったの。一番大切なものを見つけたの。だからそのために、わたしも戦うね」

ほむら「やめて! それじゃあ、私は一体なんのために……」

まどか「これまでずっと、ずっとずっとほむらちゃんに守られて、望まれてきたから今のわたしがあるんだと思う。そんなわたしが、やっと見つけ出した答えなの。信じて、絶対に、今日までのほむらちゃんを無駄にしたりしないから」

ほむら「まどか……」

まどか「うん。ほむらちゃん、手を貸して?」

ほむら「……うん」

まどか「てぃひひ。ほむらちゃんの手、あったかい」ギュッ

ほむら「まどかの手だって……誰よりも温かいわ……!」ギュッ

まどか「うぇひひ。じゃあ、お互い様だね。……いくよ、ほむらちゃん」

ほむら「……っ」

まどか「――テイル・オン」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 15:58:13.16 ID:VOPWAB990

まどか「……」パアアアアア

ほむら「まどか……本当に、変身を……」

まどか「ほむらちゃんが苦しんでる時に何もできないなんて、わたしだって辛いよ」

QB「ほむらのツインテールがほどけた……。なるほど。ほむらに譲渡されていたツインテール属性がまどかの元に帰っていったということか。それでいてほむらの変身も解けていないということは、ひとつのテイルギアで二人の変身を担っているんだね」

まどか「そうだよ、キュゥべえ。このツインテールは、わたしとほむらちゃんの二人で一つだから。こうやって手をつなげば、ひとつのテイルギアでも一緒に変身できるの」

ほむら「……ま、まどか」テレッ

ティラノギルディ「素晴らしい……! お互いの気持ちを思いやった甘い言葉のやりとり。さりげなくも濃密なスキンシップ。そして極め付けには、恋人つなぎからの合体変身……! なんという百合力だ!!」

まどか「……あなたがティラノギルディだね」

ティラノギルディ「いかにも! よく来たな、神域に至りし者よ。貴様は俺と同じ領域まで上り詰めたものだ。この帝王の敵として認めた証に、まずは貴様の名乗りを聞こう!」

まどか「――ホーリーピンク!」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 16:03:32.44 ID:VOPWAB990

ティラギルディ「ホーリーピンク……しかと聞いたぞ! 帝王たる俺のカップリングを阻害した、貴様の概念まで至った思い――いま、聞かせてみせよ!」

まどか「……」

ほむら「まどかの、概念まで至った想い……?」

ティラノギルディ「そうだ! ブラックのカップリングをことごとく邪魔してきた概念。それこそがホーリーピンクの力だ。彼女は俺と同じく、孤高の神域まで上り詰めて来た女帝だ!」

ほむら「まどかが、孤高……?」

ティラノギルディ「いかにも! 帝王たる俺に対抗できる者なのだっ。その者もまた王か神に通ずるもの――孤高の存在であるに決まっている!」

ほむら「まどか、が」

ほむら(王や神……まどかが、そんな手の届かないところへ……?)

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん」

ほむら「え?」

ティラノギルディ「……なに?」

まどか「王様だとか、神様だとか、わたしだけが誰とも通じ合えなくなるほど遠くへ行っちゃうなんて、そんなことありっこないよ」

ほむら「まどか……」

ティラノギルディ「なんだと? なぜ、そんなことが言える!」

まどか「だってわたしだよ? みんなと、ほむらちゃんと離れ離れになるなんて辛い事、わたしが我慢できるわけないじゃない」

ほむら「……!」

まどか「なにより、今日まで戦ってきたほむらちゃんを、希望を信じたほむらちゃんを、わたしは泣かせたくない。最後まで笑顔でいて欲しい。それがわたしの祈り……わたしの願い!」

ほむら「ま、まどかが私のために……?」

まどか「そうだよ、ほむらちゃん。ほむらちゃんのために生まれたわたしの信念。この世界の真理こそが――まどほむだよ!」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 16:05:53.42 ID:VOPWAB990

ほむら「まど、ほむ……」

ティラノギルディ「……くっ。うすうす勘付いてはおったが、ホーリーピンクよ。やはり貴様、固定カプの信者か……!」

まどか「当たり前だよ。ほむさやなんて認めない。マミほむなんて作らせない。ほむ杏もありえないし、ほむまどの歴史だって改変する。まどほむを邪魔するルールなんて、壊してみせる。変えてみせる!」

杏子(やべえ、ガチだ……)

マミ(絶対に敵に回したくないわ……)

さやか(死んだふり死んだふり……)

まどか「この世界の未来に続くわたしとほむらちゃんは、まどほむ以外にありえないんだよ!!」

ほむら「そう……そうだったのね。それがあなたの本当の気持ちだというなら、私、なんてバカな間違いを……!」

ティラノギルディ「バカな! 誇り高く高潔な百合をそこまで狭めるなど、因果律そのものに対する叛逆だ! ありとあらゆる組み合わせにこそ、百合の神髄があるっ。ほむさや、マミほむ、ほむ杏だけではない! この世界だけではなく、次元すら超えた、愛さや、マミえり、杏ゆの、ほむイスをも想像してこその――」

まどか「それは違うよ!」

ティラノギルディ「――!?」

ほむら「ええ、ティラノギルディ。なんでもかんでもカップリングをする。そこには可能性が広がっているように見えて、大切なものが欠けているわ」

ティラノギルディ「ブラックまで、何をほざく! 大切なもの、だと? この帝王たる俺に、今更なにを解こうというのだ!!」

まどか「ティラノギルディ。すべての少女をカップリングしようとするあなたのそれは――カプ厨に限りなく近い百合厨でしかないの!」

ティラノギルディ「!」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 16:06:23.02 ID:VOPWAB990
とりあえずここまで

深夜にまた続きを書く
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 16:16:51.37 ID:FM0ha7XkO
相手の自分に対するガチ百合告白を躊躇いもなく受け入れる百合属性のない友情ってなんだろうと思いながらも「まぁほむらだし」で納得してしまう自分がいる
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 16:18:38.95 ID:hTm45t5no
昨日叛逆を見たばかりの俺にタイムリーなスレ
まどか原作セリフの使われ方がことごとくひでえwwww
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 16:45:25.88 ID:MM13IZs7O
もう終わりそうだな

この頃唯一まともに読めるSSだったので寂しい
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 17:05:05.13 ID:ZB8Y53Eqo

深夜も楽しみにしてるわ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/06(金) 17:58:10.09 ID:Oj40kJTeO
親公認かよwwwwwwwww

公式虚淵がほむらはまどかに恋してます発言あったけどさぁwwwwwwwww
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 18:24:33.01 ID:ZB8Y53Eqo
>>88
ほむらの愛は友愛ですって発言もあるで
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 20:38:04.30 ID:ZkhoYYpco
やっべえ、泣けてきた……直後の杏子たちの台詞で我に返ったけどww
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 20:57:18.75 ID:BRt8vkDG0
ほむまどよりもまどほむは激しく同意だけどほむまどにも可能性はあるんやで
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/06(金) 23:18:52.06 ID:ucSCsfb5O
面白い
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 23:42:45.83 ID:VOPWAB990

ティラノギルディ「な、なんだとぉ……! この俺が、孤高の帝王たる俺が、よりによって百合厨……!?」

まどか「そうだよ! お互いの関係も、周りの空気も読まないで誰も彼もカップリングに仕立てあげる。自分勝手なそこには誇りも、高潔さもないんだよ! だからあなたはひとりぼっちになっちゃったの!!」

ティラノギルディ「……なにがわかる。固定カプしか行わぬ貴様に、百合のなにがわかるというのだ!!」

まどか「……あなたは、まだ勘違いしているんだね」

ティラノギルディ「勘違い、だと?」

まどか「そうだよ。あなたのガールズラブに欠けている大切なものに、まだ気が付いてないんだね」

ティラノギルディ「俺の百合に欠けているものなどなにもない! ありとあらゆるカップリングを行うことによって、この世のすべてを網羅しているのだ!」

まどか「違うよ。そんなことじゃないの。……そもそも、わたしの中にある力は、もうガールズラブなんかじゃないんだよ」

ほむら「そうよ。私とまどかをつなげている絆は、もう百合属性をも凌駕したわ」

ティラノギルディ「ガールズラブではない……? それではブラックのカップリングを邪魔したあの力は、一体!?」

まどか「いまから見せてあげるよ、ティラノギルディ」

ほむら「ええ。その眼に焼き付けなさい。通じ合った二人の想いが生む力を!」

まどか「それじゃあ、キュゥべえ」

ほむら「私たちの力――想いの解放を行うわ」

QB「わかった。君たちの信じる想いを叫ぶんだ!」

まどか「……さぁ。ほむらちゃん、一緒に」

ほむら「ええ」

まどほむ「「ラブ・オン!」」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 00:00:24.62 ID:cp7pp63+0
パアアアアアアアアアアァァアアアアアアアア!!


ティラノギルディ「ぐぅおおおおおおおおお! こ、この光は……!」

まどか「……」

ほむら「……」

QB「まどかとほむらの装甲の形が変わっていく……。白と黒、対照的な羽の生えた姿……」

ティラノギルディ「ラブと言ったな、貴様ら。ならばその姿は、もしや恋愛属性によるものか!? そのような不確かな属性で、ガールズラブを超えようなど――」

まどか「恋じゃないよ。その段階は、踏み越えたから」

ほむら「百合でもないわ。そんなに広く言い表せる絆じゃないの」

QB「恋を踏み越え、百合すら凌駕するつながり。そうして生まれた、エレメーラすらも超えた力が……それだというんだね」

ティラノギルディ「エレメーラを超えた力だと!? そんなものがあるはずが――」

ほむら「エレメリアンのあなた達に理解できるはずもなかったわね」

まどか「これがエレメリアンのあなた達にはない、人間の感情の極みだよ」

ティラノギルディ「感情の極み……!?」

まどか「そう。希望よりも熱く――」

ほむら「――絶望よりも深いもの」

まどほむ「「それが、愛!」」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 00:20:18.57 ID:cp7pp63+0

ティラノギルディ「愛……? 愛だと!? それは、人間の基盤にある感情だっ。いくら強かろうが、エレメーラには昇華されぬ!」

ほむら「そうね。確かに、エレメーラにはならないかもしれない」

まどか「けどね。胸にあるこの想いが――愛が力にならないなんて、絶対に言わせない!」

ティラノギルディ「……そうか。あくまでたわごとをほざくというならそれもいいだろう。貴様らが何を言おうと、どんな力を得ようと、それは俺にとってカップリングの燃料にしかならんのだ! 貴様らも俺の掛け算の贄にしてくれよう!!」

QB「……! ティラノギルディの口内に、強大なエネルギーが集まっている!」

ティラノギルディ「『まど×ほむ』。さらに加えて『ほむ×まど』……貴様らの大いなる百合力、四倍にして放ってやろう!!」

杏子「あいつ、口に集めたエネルギーをぶつける気か!?」

マミ「そんな!? あんなエネルギーをぶつけられたら、とてもじゃないけど受けれるわけないわ……!」

さやか「まどかっ、ほむら……!」

まどか「……」

ほむら「……」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 00:33:09.38 ID:cp7pp63+0

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! ホーリーブラック、ピンクよ。どうした、黙り込んで? 俺の掛け算の神髄を前にして、恐れおののいたか!」

ほむら「……哀れね、ティラノギルディ」

ティラノギルディ「なに?」

まどか「あなたは……ううん。あなた達は、本当に愛が分からないんだね」

ティラノギルディ「なんだと!? どういうことだ!」

まどか「分からないなら、教えてあげる。……いくよ、ほむらちゃん」ギュッ

ほむら「ええ、まどか」ギュッ

パアアアアアアアアアアアアアアア!

QB「まどかとほむらの手から、巨大な弓が生まれた……?」

ティラノギルディ「その巨大な弓……それが、俺の掛け算に対抗する力か? だが、貴様らいくら力を合わせても、力を掛け合わせても無駄だ! 『まど×ほむ』と『ほむ×まど』を掛け合わせた力を集結させたこのエネルギー――まどほむのみを力のよりどころとする貴様らには、絶対に破れんぞ!!」

まどか「ティラノギルディ。愛に掛け算なんてないんだよ」

ティラノギルディ「!?」

ほむら「胸にたまり、魂に蓄積して、時に世界を覆い尽くすほど膨らむ想い」

まどか「それは、世界を改変するほどの力を持つんだよ!」

ティラノギルディ「その矢の先に込められた輝き……。それが、それが……俺たちエレメリアンが決して手にできぬ輝き――『愛』だというのか……!?」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 00:48:07.70 ID:cp7pp63+0
まどか「いくよ、ティラノギルディ!」

ほむら「私たちのこの想い、受けてみなさい!」

ティラノギルディ「……ぐわっはっはっは! 来い、まどほむよ! 貴様らの最高の攻撃、俺が打ち破ってやろうぉおおおおおおおお!」

QB「……!! ティラノギルディが集めていたエネルギーを解放した! これは……予想以上だ……! まどか、ほむら! 回避を――」 

杏子「――はっ。なんだ。あいつの攻撃、もう怖くねーな」

QB「――え?」

マミ「ええ。鹿目さん、暁美さん。もう誰もあなた達の道を邪魔しないわ」

まどか「……ほむらちゃん、怖くない?」

ほむら「うん、大丈夫。私はもう、ためらったりしない」

QB「――そんな。あの弓矢のエネルギーが、さらに膨れ上がって……!」

さやか「よっしゃぁ! やっちゃえっ、まどか、ほむら!!」

ティラノギルディ「ぐわっはっはっは! それが貴様らの――」

まどほむ「「必殺――ハイパーデビルアルティメット・まどほむアロー!」」

ティラノギルディ「――って、なんだそのクソダサい技名は……ぐわぁあああああああああああああ!」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 01:07:25.56 ID:cp7pp63+0

マミ「やった!」

杏子「押し勝ったうえに、直撃だ!」

さやか「技名はともかく、あの威力……無事なわけがないよね!」

まどか「……」

ほむら「……いいえ」

ティラノギルディ「……」ヨロリ

マミ「!」

さやか「げっ」

杏子「立っていやがる……!」

QB「いいや。もう彼は限界だ。間もなく滅びを迎えるだろう」

ティラノギルディ「……ふんっ。そこのインキュベーターの言う通り、俺はもう死に体だ」

QB「そうだね、ティラノギルディ。君が敗れる事態は僕も想定していなかったけれども、好都合だ。これでアルティメギルとの戦いは、僕の勝ちと決まった」

ティラギルディ「ふんっ、言ってろ。まだそうと決まったわけではあるまい」

ほむら(……なんの話をしているのかしら?)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 01:09:17.15 ID:cp7pp63+0
ティラノギルディ「しかし、この俺が敗れるとはな。これが愛の力か。……わけがわからん! まったくもって理解不能だな! ……だが、妙にすがすがしい気持ちだ。愛……あれが、愛、か」

ほむら「……ティラノギルディ」

まどか「……あなた達にも、きっと、いつか来てくれるよ」

ティラノギルディ「そうか……そうだといいな……」

QB「……」

ティラノギルディ「……ふんっ。まあ良いっ! 俺は、まどほむという至高にして最高の力を受けて敗れたのだっ。悔いはない! むしろ大満足の満腹だ!! ぐわっはっはっはっはっはっは!!」


チュドオオオオオオオオォォォオオオオオオオオン!!


ほむら「……さようなら、ティラノギルディ」

まどか「それと……ありがとう」
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 01:10:33.74 ID:cp7pp63+0
今日はここまで

まだもうちょっと続くんだよ
だができれば土日で終わらせる
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 01:24:49.35 ID:8Q8xInh10

ハイパーデビルアルティメット・まどほむアロー・・・
マミセンスの修正が必要だ
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 01:27:44.02 ID:bBPokhbWO
乙乙
周りの理解もすごい
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 01:40:23.20 ID:TrUbuRHho
乙でした
最後の敵倒したのに最後の会話だけでちょっと雲行き怪しいんですがそれは
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 03:50:34.38 ID:/yncMmPAO
「わたしツインテールになる」
最初からやないかと一応突っ込んどく。
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 05:25:16.61 ID:Lg46Akxno
乙でした
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 10:30:01.05 ID:KVo5CckdO
やっぱまどほむは概念だったわ
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 22:16:35.70 ID:cp7pp63+0


――アルティメギル首領の間――


アルティメギル首領「ほう。ティラノギルディが倒されたか。左右の牙のみならず、あやつまでやられるとはな。……ふむ。ホーリークインテッド、か。では先ほど感じたあの力は、やはり……」

???「なっ! ティラノギルディ君が、倒された……!?」

アルティメギル首領「ああ。トリケラトップギルディが倒された世界と聞いて、少しばかり興味がわいて覗き見てみたが……なるほどな。そういうからくりか」

???「死の二菱を壊滅させし戦士を擁する世界……ティラノギルディ君まで倒したというのなら、いよいよ無視できぬ存在かと」

アルティメギル首領「愛……ふっ。所詮はいくばくも時を重ねておらん、矮小な人の身だ・奴らも勘違いしておるな。余も数多の反発、紆余曲折、諦観を体験したが――やはり、女敵幹部との禁断の恋しかありえないというのに」

???「……は?」

アルティメギル首領「まあいい。あの世界のツインテールはもはや見切った。やはり、余の記憶にとどめるような存在ではないな」

???「いえ! 対極とはいえ、分かり合える属性を歩むティラノギルディ君の仇――てか、ティラノ×トリケラっていう最高の掛け算を壊した戦士、許しておけません。ユグドラシルギルディちゃんが率いている部隊『貴の三葉』と合流して、次、出ますので。私」

アルティメギル首領「貴様の出撃は許さぬ。余が求めているのは、人間が進化の過程で置き忘れ、薄れさせていった、本能まで全開にしツインテールへの愛を捧げられる崇高なる存在。そんな戦士だ。――あの世界の戦士は、違う」

???「……!」

アルティメギル首領「理性と本能……二つの要素を一つの心と結晶化させ戦うことのできる戦士。唯一無二と輝く究極のツインテール属性を余の手に入れるまで、貴様はよそで遊ばせていくような暇はない。……わかったな」

???「…………はっ!」

アルティメギル首領「分かれば良い。それに……あの世界のエレメーラ回収の任務はもうないかもしれぬしな」

???「それは……どういう……?」

アルティメギル首領「宇宙の紐(ストリングセオリオ)をも超える、エレメーラの回収装置……あのようなものを作り上げるとは、真にあなどれんのは奴らというべきか」

???(すとりん……? ああ、あのエレメーラを回収する輪っか……あれにそんな名前がついてたとは)

アルティメギル首領「さて。あの世界の戦士たちが『アレ』に対抗できるか――もう、余の関知することではないがな」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 22:38:23.51 ID:cp7pp63+0






マミ「やった……!」

杏子「今度こそ、勝ったな!」

まどか「うんっ、やったね!」

ほむら「とはいっても、またすぐ別のエレメリアンが襲ってくるんでしょうけどね」

QB「――いいや。君たちの戦いは、もうおしまいだよ。明日から、もうエレメリアンはこの星を襲わない。襲う理由もなくなるからね。これからは、ゆっくりと休めばいい」

まどか「え?」

さやか「なに言ってんの、キュゥべえ」

ほむら「……インキュベーター。あなた、さっきティラノギルディの今際に何か話していたわね」

杏子「そういえば……」

マミ「キュゥべえ? もう戦わなくてもいいって、どういうことなの?」

QB「そうだね。すべてを説明したいところだけど、その前に一つ質問だ。ねえ、まどか、ほむら、さやか、マミ、杏子。僕の耳にあるこれ、君たちには一体何に見えているのかな」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 22:55:04.49 ID:cp7pp63+0

マミ「ええっと……長い耳かしら」

杏子「耳毛か?」

ほむら「あなた、たまにそれを動かしているし、触腕かなにかだと思っていらけれども……」

まどか「え? キュゥべえって六本足なの?」

さやか「てことは昆虫? うわ、ドン引きだわ……」

QB「違うよ。どれもはずれだ」

さやか「なーんだ」

まどか「よ、よかった……。さすがにキュゥべえが虫さんっていうのはちょっと、ね」

ほむら(群体生物、感情がない、六本脚と揃えば、昆虫という推測は案外いい線いってると思っていたのだけれども、……違うのね)

マミ「そのどれでもないっていうと……ううん。分からないわね」

杏子「結局何なんだよ。もったいぶんないで教えなよ」

QB「なら、答えよう。僕のこれは――ツインテールだったんだよ」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 23:00:16.03 ID:8Q8xInh10
!?
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 23:02:34.64 ID:ghOVkTSRo
なん…だと…!?
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 23:09:32.46 ID:cp7pp63+0

杏子「は? なに言ってんだ?」

さやか「いやいやいや。ツインテールではないでしょ」

QB「そうだね。確かに今のこれはツインテールではないよ。だから過去形にしただろう? 僕のこれは、もう何人にもツインテールとして認識されることはない」

まどか「どういう、こと?」

QB「よく考えてみればわかるはずだよ。いまほむらとマミが付けているテイルギアがあるだろう? テイルギアの作成には、ツインテール属性が不可欠だ。それを、どこから調達したと思う?」

マミ「い、言われてみれば……!」

ほむら「まさか――」

QB「そのまさかさ。君たちが付けているテイルギアのうち、その元となっているツインテール属性は、この僕のものだったんだよ」

ほむら「――!!」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 23:20:23.19 ID:cp7pp63+0

さやか「で、でも! あんた達、感情がないんでしょう? だから地球に来たんだって言ってたんじゃん!」

QB「その通りだ。僕たちの文明では、感情という現象は極めてまれな精神疾患でしかなかった。――つまり僕という個体は、その精神疾患を患っていたんだよ」

マミ「キュゥべえが……!?」

まどか「でも、一体どうして?」

QB「まどか。個体としての僕たちの姿はすべて同一なんだ」

ほむら「それがどうしたというの?」

QB「よく考えてごらんよ。右を向いても左を向いてモフモフとした二房に囲まれる光景を。そんな中で何年、何十年、何百年、何千年と過ごすうちに――僕は耳から生えたこの毛の魅力に囚われたんだ」

ほむら「へ?」

QB「そして、そこからさらに幾星霜の時を経てその感情は熟成されていき――僕はインキュベーターの中で唯一、ツインテール属性を発生させた!」

杏子「ああ、そりゃたしかに精神疾患だ」

さやか「うん。間違いない。精神疾患だ」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/07(土) 23:38:21.91 ID:/yncMmPAO
うん、間違いなく精神疾患だな。
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/07(土) 23:47:20.92 ID:cp7pp63+0
QB「僕という個体がツインテール属性に目覚めた時の、僕たちインキュベーターは初めてエレメーラというエネルギーを発見することになった。エントロピーを覆すに足るエネルギーではあったけれども、感情のない僕たちにそれを安定に精製する手段はなかった。……そんな時、君たち人類を発見したんだ」

まどか「……」

QB「そうして、有史以前から君たちの文明に干渉してきた。いつか数多くのエレメーラを芽吹かせるに足るだけの文明を得るまでね。そうして君たちの文明は発展していき、多くの人類がエレメーラを発言させ、あとは僕たちがそれを回収するだけ――という段階になって、アルティメギルが現れた」

さやか「……」

QB「彼らが現れた時は驚いたよ。まさか人間のエレメーラから高位な精神生命体が生まれるなんて、想像だにしなかったからね。でも、問題はもっと別なところにある。彼らも僕たちが目に付けていたエネルギー、エレメーラを必要としていたんだ」

杏子「……」

QB「言うまでもないけれども、二つの勢力が一つのエネルギーを奪い合うのは非効率的だ。かといって、アルティメギルの科学力は人類と比べるまでもなく高度なものだ。争うのも割に合わない。だからこそ僕たちインキュベーターは、アルティメギルにある取引を持ち掛けた」

マミ「……」

QB「ある種の戦闘協定のようなものだ。この地球で、ある舞台装置を作り上げるまで、僕たちはアルティメギルのエレメーラ奪取に一切関知しない。だがその舞台装置ができた後は、この地球に芽生えたエレメーラは僕たちが全て刈り取る。そういう内容だ。アルティメギルのエレメリアンによほどの勝算があったのか、それとも彼らの騎士道精神なプライドが刺激されたのか――僕たちとアルティメギルは、その条件で合意した」

ほむら「……」

QB「実際、地球程度の文明ではアルティメギルにあっという間に蹂躙されてしまう。だからこそ、研究材料として残されていた僕のツインテール属性と、そしてとある白い翼をもったエレメリアンの協力と彼がアルティメギルから持ち出したツインテール属性を使い、僕たちは二つのテイルギアを作り上げた。僕たちが舞台装置を作り上げるまでの被害を最小限とするための防波堤としてね。……まあ、君達は予想以上に応えてくれたけどね」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 00:10:20.11 ID:23iL8n0H0

QB「もう舞台装置はできあがった。君たちの役目は終わったんだよ。もう戦わなくてもいいんだよ」

ほむら「……話は分かったわ。あなたが私たちを利用していたのも理解したけれども、それもどうでもいいっ。ひとつだけ答えなさい! あなた達が作り上げていた、その装置とは何なの!?」

QB「……エレメーラを集めるのに、エレメリアンのエレメーラオーブだけを集めるなんて労力がかかりすぎる。人間のエレメーラを奪うにしても、アルティメギルのように一人一人から収集するなんて非効率的だ。だからこそ、エレメーラを一挙に回収する舞台装置を用意したんだよ」

ほむら「!」

マミ「……え? へ、変身が勝手に……」

D

さやか「マミさん? なんで変身を――って、あたしまで!? 別に解除してないのに、なんで変身が解けたの……?」

C

杏子「テイル・オン! テイル・オン――くそっ! 変身できなくなってんぞ!? どうなってんだ!?」

B

まどか「わたしも変身できないっ。みんなの変身が強制解除されてる……? キュゥべえ! あなたの仕業!?」

A

QB「希望はもう十分に見せてもらった。さあ――絶望の始まりだ」

@

ワルプルギスの夜「Kyahahahahaahahahahahahahahahahaha!」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 00:12:50.42 ID:23iL8n0H0
今日はここまで

最初のほうで言ったはずだ。
キュゥべえもツインテール発言で不覚に吹いたから書き始めた、と!

明日で書ききれればいいな
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/08(日) 00:19:24.21 ID:EotyjGD00

べぇさんはやっぱりべぇさんだったのか。
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 18:56:38.26 ID:23iL8n0H0

マミ「なに、あれは……」

杏子「バカでかいエレメリアンか……?」

まどか「ううん。違うよ……あれは……」

さやか「アレって、あっちの世界でほむらの部屋にあった資料の……」

ほむら「ワルプルギスの夜……!」

QB「ワルプルギスの夜、か。特に名前はなかったんだけど、君達がそう呼ぶならそれでいいよ」

ほむら「インキュベーター、あなたは何をしたというの! どうしてこの世界に、ワルプルギスの夜が!?」

QB「あれはあくまで世界のエレメーラを収集する舞台装置だ。君が何度も繰り返した理由となる『ワルプルギスの夜』と同一の姿をしていたというのは偶然の一致――いや、平行世界の因果がいまこの時点に収支した結果かもしれないね」

まどか「そんな……」

QB「あの舞台装置は、今は逆立ちのような形で逆転しているが徐々に正位置に傾いて行っている。ワルプルギスの夜の頭が正位置に上がった時、文明にあるエレメーラはことごとく狩りつくされるだろう」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 19:15:03.59 ID:23iL8n0H0
ほむら「最初から、それが目的だったのね……!」

QB「当然じゃないか。最初の説明の時にも言ったはずだよ。僕は、エントロピーを覆すに足るエネルギーの収集に来ている、とね。この世界にあるありとあらゆるエレメーラはこの宇宙のために活用されることとなる。変身できなくなった君たちに、ワルプルギスの夜を打ち倒すはすべはないだろう?」

マミ「そうよ……変身! どうしてテイルギアが作動しなくなってるの!?」

QB「テイルギアの製作者は僕だよ? この時のために、僕の意志でテイルギアが作動しなくなるように最初から設定してあったのさ」

まどか「そんなっ。だってキュゥべえ、テイルギアに人の害になるようなことはないって言ってたよ!?」

QB「変身できなくなることの何が君たちの体の害になるというんだい?」

まどか「――!」

杏子「てめはっ……いや、そもそもあたしとさやかは、てめぇのテイルギアで変身してるわけじゃねえぞ!?」

QB「そうだね。杏子テイルギアはおそらくペガサスギルディが僕たちの作り上げたテイルブレスに触発されて作り上げたもの。さやかのものに至っては、魂のなれの果てが空間移動によって変異したものだ。……でも、君たちの変身装置も調整のために預かっていたからね。その際に変身機能のいじらせてもらったよ」

さやか「騙していたのね、あたしたちを……」

QB「テイルギアが人体に害がないというのも、調整のためにと君たちの変身装置を預かっていたのも言葉以上の意味はないよ? そもそも騙すという行為自体、僕たちには理解できない。認識の相違から生じた判断ミスを後悔するとき、なぜか人間は他者を憎悪するんだよね」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 19:31:30.07 ID:23iL8n0H0

マミ「結局、あなたは人類のエレメーラを回収するのが役目なのね? 有無を言わさずそれを根こそぎ憑りつくそうだなんて、私たちのことを消耗品程度にしか見ていないって、そういうこと?」

QB「この宇宙にどれだけの文明がひしめき合い、一瞬ごとにどれほどのエネルギーを消耗しているかわかるかい? 君達人類だっていずれはこの星を離れて、僕たちの仲間入りをうるだろう。その時になって枯れ果てた宇宙を引き渡されても困るよね。長い目で見れば、これは君たちにとっても得になる取引のはずだ」

ほむら「バカ言わないで……」

QB「おや? 暁美ほむら。その姿は――いや、そうだったね。君は、そちらの力がまだ残っていたね」

さやか「ほむら……その恰好、確かキュゥべえと初めて会った時の……」

まどか「それが、ほむらちゃんの魔法少女の姿なんだね」

ほむら「そうよ。……それじゃあ、行ってくるわ。あなた達は、もう休んでいて」

マミ「暁美さん……」

さやか「あんた、ひとりで行く気なの?」

杏子「……ひとりで止められるのか、アレを」

ほむら「止めるわよ。もうワルプルギスの夜を止められるのは、私一人しかいないから」

QB「……」

まどか「ほむらちゃん……うん。――頑張って!」

ほむら「ええ。今度こそ――決着を、つけてやる!」
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 19:58:43.69 ID:23iL8n0H0
ワルプルギスの夜「Kyahahahahaahahahahahahahahahahaha!」

ほむら「もうだいぶ近づいたけれども……迎撃が、ないわね」

ほむら(エレメーラ回収のために作ったと言っていたし、魔女のワルプルギスの夜のような戦闘能力はないのかもしれないわね)

ほむら「なら問題はあの巨体をどう壊すか、だけね」

ほむら(時計の砂は落ち切ってしまっている以上、時間停止はできない。武器も転校前に集めた銃器が少しある程度。これじゃあ、とてもじゃないけど……)

QB『――ほむら』

ほむら「……いまさら念話を送ってくるなんて、どういうつもりかしら」

QB『君はどうして戦うんだい?』

ほむら「答える必要がある質問なのかしら、それ」

QB『だって、君にはこの世界でワルプルギスの夜を止める理由がないじゃないか』

ほむら「……なんですって?」

QB『君が幾度となく時間遡行を繰り返してきた理由は、鹿目まどかの安否。ただひとつ、それだけのはずだ。この世界において、それは保障されている』

ほむら「それは……」

QB『エレメーラを奪われたところろで、文明が滅びるわけではない。君たちの生活水準が変わることもなければ、目に見えた被害がでるわけでもない。これからだって、君は鹿目まどかと一緒に生活することができるだろう』

ほむら「……」

QB『なにより君とまどかの間にある絆――『愛』は奪われることはない』
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 20:16:47.85 ID:23iL8n0H0

ほむら「…………」

QB『あれは、エレメーラに属さない力だからね。僕たちにしたって、あんな恐ろしい力は手に余る。制御が困難な力は身を滅ぼすだけだ。だからワルプルギスの夜がエレメーラを狩りつくしても、君とまどかの関係にはなんの変化を及ぼすこともない』

ほむら「…………そう」

QB『そうだよ。だからね、暁美ほむら。君が最も大切にしている者は何ひとつ失われることはない。君が戦う必要なんて、ないんだよ』

ほむら「……まどかにはね、ツインテールがとても似合っているのよ」

QB『うん?』

ほむら「髪を下しても、ポニーテイルにしても、お団子にしても何だってまどかには似合うけど……やっぱり、まどかにはツインテールが一番なの」

QB『それがどうしたというんだい?』

ほむら「どうしたもこうしたもないわ。私が戦う理由なんて、それだけのことよ」

QB『……』

ほむら「まどかのツインテールを守るっ。そのために私は戦う。この世界を無為になんてしない。私の戦場は――いまっ、この世界なの!!」
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 20:34:36.70 ID:23iL8n0H0

QB『……それが君の答えなんだね』

ほむら「あなたにも分からないのかしら。ツインテールを守ろうという気持ちが」

QB『君達人類の価値基準なんて理解できるはずもない』

ほむら「そうね。あなた達はそういうやつよ。でも、かつてツインテール属性を芽吹かせた『あなた』ならわかるんじゃないかしら?」

QB『……』

ほむら「インキュベーターに感情はないはずなのに、あなたはツインテールに心を動かされてエレメーラの域まで昇華させた。そんなイレギュラーであるあなたならば、ツインテールを守りたいと思う心が理解できるんじゃないの?」

QB『……僕のツインテール属性は精神疾患の治療とともに抜き出され、失われた。僕のツインテールがツインテールとして認識されなくなったように、ツインテールに対する愛着も永遠に湧くことはない』

ほむら「ほんとうに?」

QB『本当さ。僕は人間と違ってウソなんて吐かないからね』

ほむら「ならばなぜワルプルギスの夜に――ツインテールが付いているの?」

QB『……どういうことだい? あの舞台装置に、ツインテールなんて――』

ほむら「いいえ、付いているわ。ワルプルギスの夜の頭にあるあの二本の意匠……あれは、明らかにツインテールを模しているわ!」

QB『!?』
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/08(日) 20:46:28.55 ID:FfwEYk5xO
ナ、ナンダッテー
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 20:57:34.36 ID:23iL8n0H0

ほむら「無意識だったのかもしれない。いいえ、無自覚だったのでしょう。でもあなたの中に残ったツインテールへの愛が、確かにあそこに現れているのよ」

QB『そんなはずはない。僕のツインテール属性はなくなり、感情という精神疾患は完治した。あれがツインテールだって? そんなわけがない。それこそただの偶然の一致だ!』

ほむら「いいえ。あなたも言ったじゃない。愛はエレメーラでない、って」

QB『!』

ほむら「だからツインテール属性がなくなった後も、あなたの中に残るものがあったのよ」

QB『……もういいよ。僕が何を言ったところで、君は止められそうもないね。説得は諦めておこう』

ほむら「いまさらね」

QB『でも、君が何を言ったところでワルプルギスの夜が止まらないのも変わらない。確かにワルプルギスの夜に迎撃能力はないけれども、その巨体にふさわしい耐久度は兼ね備えている』

ほむら「……まあ、そうだろうとは思っていたわ」

QB『君の魂は、単純な出力で言えばテイルギアにすら到底及ばないだろう? その能力は時間操作におおよそが費やされているはずだ。その君に壊せるのかい。あのワルプルギスの夜を』

ワルプルギスの夜「Kyahahahahaahahahahahahahahahahaha!」

ほむら「……」スタッ
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 21:29:47.06 ID:23iL8n0H0

ほむら「……着いたわね」

QB『どうやらワルプルギスの夜の元までたどり着いたようだね。だが、そこからどうするんだい? エレメーラの解放も行えない。その舞台装置を壊すほどの大量の破壊兵器を集める時間だってない。君の『愛』の源泉であるまどかだって傍にはいない。ワルプルギスの夜を倒すエネルギーは、一体どこから得るんだい?』

ほむら「ねえ、インキュベーター。私はね、この世界で多くのものを得たの」

QB『……?』

ほむら「杏子は正義の熱さを教えてくれた。巴さんは心の強さを見せてくれた。さやかは、本当の奇跡と魔法を発現させた。そしてまどかは――『愛』をくれたわ」

QB『残念ながら、それはエネルギーにはなりえない。まどかとのそれは例外としても、あの力はまどかが傍にいて、テイルギアを通さないと発動できないだろう?』

ほむら「……そうね。けどもう一つ、それらとは違う絆がこの世界にはあるのよ」

QB『……違う、絆?』

ほむら「ええ」

ほむら(どうしてかしら。不思議と確信があるわ。魔力をツインテールの形に放出して呼びかければ、きっと――!)

ほむら「力を貸しなさい! どうせあなた達のことだから……死んでいたってツインテールを見せれば、出てくるんでしょう!?」


パアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 21:47:07.62 ID:23iL8n0H0

杏子「なんだ、あの光は……?」

マミ「遠すぎて良く見えないけど、ワルプルギスの夜の上にいる暁美さんから光が……?」

さやか「てかあの光の形って、どう見てもまどかのツインテールの形だよね。なんのために?」

まどか「……」

杏子「くっそ! キュゥべえのもどっか行っちまったし、念話もできなくなっちまっている……!」

マミ「今どうなっているのか、暁美さんが何をしようとしてるのか、何も分からないわね……」

まどか「……ううん」

さやか「……まどか? なんかわかるの?」

まどか「分かるよ。あのツインテールを見れば、ほむらちゃんの気持ちは伝わってくるよ!」

杏子(……見てもわかんねーんだけど)

マミ(……なにを言っているのか、さっぱりだわ)

さやか(……分からなくて、むしろ良かった)

まどか「……ほむらちゃん」ハラリ

さやか「ん? なにやってんの、まどか。ツインテールをほどいて」

まどか「あそこでほむらちゃんがわたしのツインテールを使ってるから、気持ちだけでも届けたいから、ここにわたしのツインテールがないほうがいい気がしたの」

さやか「あ、はい。そですか」

杏子(……ますます意味がわかんねー)

マミ(……理解したら何かダメになる気がするわ)

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん。それはきっと――成功するから!」
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/08(日) 21:56:08.02 ID:7cQQd8o50
キャラ崩壊もキャラdisも酷いまどされスレを見てしまった後だからこのスレは心が浄化されるな
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 21:59:35.05 ID:23iL8n0H0

パアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!


QB『魂からのエネルギー――魔力をツインテールの形に? どうしてそんな無意味なことを? それに、一体に何に呼びかけて……なっ!?』

ティラノギルディ「……」ユラリ

トリケラトップギルディ「……」ユラリ

プテラギルディ「……」ユラリ

ほむら「……ふふっ。やっぱりツインテールと見れば、化けても出てくるのね。まあ、あなたたちの主食だものね」

アンモナギルディ「……」ユラリ

トリロバギルディ「……」ユラリ

QB『これは、エレメリアン!? いや、この世界で散ったエレメリアンの雑意思が、ほむらの呼びかけとツインテールに応えて集まっている……?』

ほむら「その通りよ。私たちとエレメリアン。敵同士としてだけれども、私たちの間にはツインテールとそれぞれのエレメーラで通じる信頼感が、確かにあったの!」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 22:08:34.06 ID:23iL8n0H0

QB『……それでも、これはエレメーラオーブにすら含まれることのなかった雑意思に過ぎない。オリジナルには到底及ばない力しかないような烏合の衆で、ワルプルギスの夜が壊せるのかい!?』

ワルプルギスの夜「Kyahahahahahahahahahahahahahahaha!」

ほむら「……いいえ、インキュベーター。よく考えてみなさい。このエレメリアン達の残留思念は、ツインテールに惹かれてやって来たのよ?」

QB『それがどうしたと――……なっ!? ほむらの作った光のツインテールに、エレメリアンの雑意思が吸収されていく――!?』

バッファローギルディ「……」ユラリ

ブルギルディ「……」ユラリ

ケルベロスギルディ「……」ユラリ

ほむら「この雑意思たちがツインテールを見るんじゃないの。こいつら自身がツインテールになるのよ。この世界を救う、希望のツインテールに!」

ラビットギルディ「……」ユラリ

フォックスギルディ「……」ユラリ

リザドギルディ「……」ユラリ

ほむら「さあ、来なさい! 例え雑意思だったとしても、ツインテールを一緒になれるこの機会をあなた達が逃すはずもないでしょう!?」

QB『そんな……ほむらのエネルギーが……想定をはるかに超えた位置まで上がっていく――!』

ほむら「運命と因果の糸に巻き付かれたまどかのツインテール――この一撃で、その絡まりをほどくわ!」

ドラグギルディ「……」ユラリ

ワルプルギスの夜「Kyahahahahahahahahahahahahahahaha!」

ほむら「はぁあああああああああああああああああああああああ!」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 22:22:48.85 ID:23iL8n0H0

ワルプルギスの夜「Kyaha……ahahaha……ha……hahaha…….haha…….hahaha……」

QB『そんな……ワルプルギスの夜が、崩れていく……』

ほむら「私の勝ちよ、インキュベーター。あなたの野望、文字通り打ち砕いてやったわ」

ワルプルギスの夜「Aha……haha……ha……hahaha…….ha…….haha……」

QB『……そうだね。残念ながら、この現実は認めざるを得ないみたいだ』

ほむら「……ずいぶんと素直ね」

QB『含むところなんて何もないよ。僕は手を尽くした。時機に恵まれた。けれども、君はそれにすら打ち勝った。それだけのことだ』

ほむら「……そう」

ワルプルギスの夜「A……haha……hahaha…….ha…….ha……」

QB『君には、君の健闘をたたえる仲間たちが待っているだろう? 早く戻ったほうがいいんじゃないかい?』

ほむら「あなたに言われるまでもないわ。――それじゃあお別れね、インキュベーター」

QB『ばいばい、ほむら』

ワルプルギスの夜「A……haha……ha…….ha……」

ほむら「……あなたとも、さよならね。最悪の魔女にして、わたしが乗り切れなった象徴。もう二度と会うこともないわね」

ワルプルギスの夜「Aha……hahaha…….ha…….ha……Hahahahahahahahahahaha!」


チュドオオオオオオオオォオオオオオオオオオン!


ほむら「……さようなら、ワルプルギスの夜」
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 22:40:31.31 ID:23iL8n0H0

さやか「うわっ、眩しいっ。ワルプルギスの夜が、爆発した……!?」

まどか「うん。空も晴れていくよ」

マミ「……すごい。暁美さん、本当にあの怪物に勝ったのね!」

杏子「さすがほむらだな!」

ほむら「――ふうっ、ただいま」スタッ

さやか「おっ。ほむ――」

まどか「ほむらちゃん!」ギュッ

さやか(――わー。まどか、なんのためらいもなく抱き付きにいったー)

ほむら「ただいま、まどか」ギュッ

まどか「おかえりなさいっ、ほむらちゃん!」ギュー

杏子「あー……お疲れ様、ほむら」

マミ「お手柄ね、暁美さん」

さやか「今回のMVPは完全にあんただね」

まどか「うぇひひ。ほむらちゃん、本当にカッコよかったよ!」

ほむら「……ええ。ありがとう」ニコリ
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 22:55:01.60 ID:23iL8n0H0

さやか「おおー。ずいぶんと素直に笑ったね、ほむら」

ほむら「……あら。そうだったかしら」

マミ「ふふっ、そうだったわよ」

杏子「ま、たまにはいいんじゃねーの?」

まどか「ほむらちゃんの笑顔はいつも素敵だよ?」

さやか「あー、はいはい。わかりましたその通りですねー。……んじゃ、もう帰ろっか」

マミ「そうね。私たちの役目は終わったものね」

杏子「んじゃ、帰ろっか。……てかキュゥべえの奴がいねえと、行きかえりがめんどくさいな」

ほむら「それは仕方ないわよ。徒歩で帰りましょう」

まどか「そうだね。ちょっと大変だけど、仕方のないことだもんね」

ほむら「ええ。……あら? まどか。あなた、髪をおろしてるの?」

まどか「あ、うん。さっきほむらちゃんを応援する時に、ツインテールだけでも届けばいいなって思ってほどいてたの」

杏子(何度聞いても意味がわかんねー)

マミ(というか感覚がマヒしてきたわ)

さやか(まどかとほむらはツインテールでつながってるってことで、もういい気がしてきた)

ほむら「そうなのね。――ねえ、まどか。リボンを貸して」

まどか「うん、いいよ」

ほむら「ありがとう。……ちょっとごめんね」シュル

まどか「え? ほむらちゃ――あ」

さやか(……ん? ほむらが、まどかの髪を結んでる?)

マミ(意外と手馴れている感じなのね。もう結び終わったわ)

杏子(……ま、その形にするよな)
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 22:55:45.54 ID:23iL8n0H0

ほむら「やっぱり――」

まどか「……ほむらちゃん?」

ほむら「――まどかには、ツインテールのほうが似合うわね」ニコリ

まどか「――うん!」ニコリ
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 23:02:05.02 ID:23iL8n0H0
これでおわり!

後でエピローグ的なおまけを書くかもしれないし、前スレのおまけとか書く予定ではあるけれども、とにかく本編は終わり!

基本書き溜めなしでせっせと書いては投下してたから、完結できてなにより。クロス初めてだったからどうなるかなと思っていたけれども、意外と順調に書けて良かったです

ここまで投下に付き合ってくれたお前ら、ありがとうございました
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/08(日) 23:12:25.55 ID:EotyjGD00
乙乙
談義114でツインテール言い出した無責任野郎ですが楽しませて頂きました。
別スレも応援してるので頑張って下され。

(もうちょっと書きため出来たら2番煎じに挑戦してみる)
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/08(日) 23:29:51.08 ID:7cQQd8o50

別スレって・・なんだよ・・
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/08(日) 23:40:36.02 ID:PheEeDaMo
完結乙です
大変楽しませてもらいました
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/09(月) 08:16:42.29 ID:qBKef6nf0
おついんてーる
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/09(月) 08:27:59.23 ID:YBlXOwgOo
ワルプル出たときはどうなるかと思ったけど最後まで俺ツイ分があって良かったわ
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/09(月) 14:25:34.35 ID:XVjDHBiAO
追いついた。乙乙!
俺ツイ知らないけど抱腹絶倒で面白かった。

しかし属性?って、ざっと考えても全員2つや3つじゃ済まないだろう。中でもほむらはいくらでも考えられて数え切れない。本当に盛りすぎな人。
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/09(月) 23:46:20.07 ID:lb4wh2ino
全員ホームベース属性持ってるな
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/10(火) 23:38:51.09 ID:O9zs8Mt3o
>>136
乙でした
その後とかもう一つの世界のほむらとかのオマケも楽しみにしてる
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/18(水) 23:50:36.70 ID:skDEH7Cuo
番外編待ってます
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/22(日) 20:32:36.76 ID:dQ8ro0E10






――教室――


和子先生「鹿目まどかさん!」

まどか「はい!」テクテク

和子先生「どうしたの? 体調、悪かったのかな?」

まどか「?」

和子先生「はい。英語のテスト」

まどか「へ? ……赤点!?」

まどか(ど、どうしよう……!)

まどか「ツインテールしてたら、おバカになっちゃったぁ!」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/22(日) 20:33:41.34 ID:dQ8ro0E10

  おまけ番外編 ツインテールまどか☆ほむら Funny day life
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/22(日) 20:54:04.36 ID:dQ8ro0E10

キーンコーンカーンコーン


和子先生「はーい、では赤点をとった生徒は明日追試を行いますので、しっかり勉強してきてくださいね。それでは解散です」

ザワザワガヤガヤ

さやか「まーどか! テストどうだった?」

まどか「さやかちゃん……私、ダメだったぁ……」

さやか「んー? どれどれ……ぇえ! 三十七点!?」

まどか「しーっ! ダメ! 大きな声で言わないでぇ! ほむらちゃんにこんな恥ずかしい点数、知られたくないよぉ……」

さやか「いやいや惜しいじゃん。あたしなんて二十八点だよ。どうしよう……あっはっは……そういやほむらは……仁美と話してるんだ。くうっ。成績優良者が憎い!」

まどか「ツインテールと勉強、両立できなかった……。こんなのじゃあわたし、ツインテールにしている資格なんてないよ」

さやか「ツインテールとって……いや、ホーリークインテッドの活動と両立できなかったってことなんだろうけど、その言い方はどうなの? ていうか、ツインテールに資格はいらないでしょ?」

QB『慰めるわけじゃないけど、君達の大義を考えればテンスとの点数なんて小さい事じゃないか』
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/22(日) 21:15:59.48 ID:dQ8ro0E10

まどか『キュゥべえ!』

さやか『うっさいなぁ! もとはと言えばあんたのせいでしょ!』

QB『何がだい? ティラノギルディとの戦いが終わった後も、僕は変わらず君たちをサポートし続けたじゃないか』

さやか『ほんっと変わらず過ぎて、あんたの面の皮がどれだけ分厚いのか分からなくなったよ』

まどか『あの日にキュゥべえを見た時のほむらちゃんの愕然とした顔は忘れられないよ』

QB『やれやれ……一時の別れの挨拶を永久の決別の言葉と誤解したのはほむらの落ち度じゃないか』

まどか『ひどいよキュゥべえ……こんなのって……!』

QB『何にしても、君達にとってはエレメリアン退治よりも定期考査の点数のほうが大事なようだね』
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/22(日) 21:36:16.06 ID:dQ8ro0E10

ほむら「今回のテストはまあまあだったわね」

仁美「ごきげんよう、さやかさん、まどかさん」

まどか「仁美ちゃんとほむらちゃん……」

さやか「仁美……あたしが今ごきげんに見える……?」

ほむら「ということは、案の定さやかは赤点だったわけね。ご愁傷様」

さやか「ぐぬぬ……!」

ほむら「せいぜい明日頑張りなさい。まあ、一晩でのつめこみなんて、無駄なあがきかもしれないけれどね」ファサ

さやか「ムッカー! まどか、明日の追試、百点取るよ!」

まどか「えっ」アセッ

ほむら「え?」ピタ

さやか「いくらテストの点が悪かったからって、このままほむらに言いたい放題にされてたまるかっ! ねえ、まどか!」

まどか「え、えっと……その……」

仁美「もしかして……まどかさんも赤点を取ってしまわれたんですの?」

まどか「う、うん……」

ほむら「まどか! 今日はすぐに帰って勉強しましょう! 大丈夫。時間は一晩もあるわ! 私がつきっきり全力を尽くして教えるから!」

まどか「ほむらちゃん……!」

さやか「あたしとのこの差は何なに……」

仁美「ふふっ。さやかさん。よろしければノートをお貸ししますわ」

さやか「マジで!? ありがとう、仁美!」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/22(日) 21:41:53.13 ID:dQ8ro0E10
とりあえずこれだけ

気が向いたら続きを投下します。

てか前スレもいい加減埋めないとな……
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/23(月) 00:12:38.64 ID:8p63oH0AO
続き来たか!!
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/03/23(月) 04:05:18.31 ID:FCOcREzdo
待ってた乙
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 20:58:59.75 ID:bX0cmMG80
――放課後・ほむホーム――


ほむら「さあ、まどか。あがって」

まどか「ほむらちゃん、お邪魔します」

さやか「お邪魔しまーす」

杏子「おっじゃましまーす!」

マミ「お、お邪魔します」

ほむら「……ちょっと」

杏子「ん?」

さやか「どうしたの、ほむら」

ほむら「どうしたもこうしたも……まどか以外の三人。なんであなた達はここにいるの?」

マミ「わたしは、赤点を取ってしまったっていう鹿目さんと美樹さんが心配で……これdめも先輩だし、教える人手は多いほうがいいでしょう?」

杏子「あたしはさやかに言われて遊びに来ただけだぞ?」

ほむら「……さやか?」

さやか「いや、みんないたほうが楽しいかなって思って」

ほむら「……今日は真面目な勉強会なのだけれども」

まどか「ま、まあまあ、ほむらちゃん。みんなで勉強会って言うのもいいと思うよ!」

ほむら「……はぁ。まどかがいいのなら、私だって文句を言わないわよ」

さやか「よっしゃぁ!」

マミ「あ、そうだわ。実は来る途中でケーキを買ってきたの」

杏子「おお! マジで!?」

マミ「ふふっ。……暁美さん、お台所借りていいかしら」

ほむら「ええ。私も手伝うわ」

まどか「あ、わたしも!」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 21:07:27.37 ID:bX0cmMG80

マミ「はーい、お待たせ」

ほむら「……インキュベーター。この部屋にいるのは構わないけれども、テーブルには乗らないでくれないかしら」

QB「はいはい」

マミ「さあ、召し上がれ」

まどか「わぁ! このタルト、かわいいですねっ」

マミ「中はチーズケーキなのよ。途中で散々迷った挙句これを選んだんだけど……今思うと、なぎさちゃんに影響されてるのかしら……?」

杏子「あのちびっこかぁ」

さやか「なぎさのやつ、チーズ大好きですもんねぇ」

マミ「そうなのよねぇ。……帰る途中で、カットサイズのをなぎさちゃん用に買っておくことにするわ」

ほむら「そうね。何にしても美味しそうなケーキをありがとう、巴さん。……杏子も見習って差し入れを持ってきてくれてもいいのよ?」

杏子「うっ。い、いや、そのな……」

ほむら「……ふふっ。冗談よ。それじゃあ、いただきます」

さやマミ杏まど「「「「いただきまーっす」」」」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 21:12:24.62 ID:bX0cmMG80

杏子「ん! んまいなぁ、これ!」モグモグ

マミ「そう? よかったぁ」

まどか「ほむらちゃん、おいしいね!」

ほむら「ええ、とっても」

さやか「ん〜、食感がふわふわですねぇー! こんなケーキを目の前にしちゃ、勉強どころじゃないね!」

マミ「ふふっ、そうそう。二人とも、何が赤点だったの?」

まどか「英語です……」

さやか「まどかは惜しかったんだけど、あたしが重傷で……」

杏子「さやか、いず、べりー、ふーりっしゅ!」

さやか「杏子ぉ!? 邪魔するなら帰ってよぉ!」

ほむら「あら。本当のことじゃない」

さやか「ほむらまで!?」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 21:19:53.95 ID:bX0cmMG80

まどか「ここのところ、ホーリークインテッドとしての活動が頻繁で……」

マミ「うーん。確かにそうだったわね」

まどか「夜も考え事とかしてたらなかなか……」

マミ「考え事?」

まどか「へっ!? あ、あははっ、いえ……」

ほむら「……」

まどか「でも、マミさんもほむらちゃんもちゃんと勉強もできてるのに、ツインテールの戦士って、おバカでもできるのかな……」

さやか「まどか……」

QB「大丈夫だよ、まどか」

まどか「キュゥべえ……」

QB「エレメーラと知能の係数は比例しない。戦術にたけていなくとも、想いのままにまっすぐぶつかっていくのがテイルギアを最大限生かす戦法だよ」

ほむら「そうね。それに、まどか。あなたはおバカなんかじゃないわ」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん……!」

マミ「そうね。勉強はできるに越したこてゃないけれど、そのこととエレメリアンとの戦いで有利に立ち回れるかどうかはまた違うことだから」

まどか「マミさん……!」
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 21:34:23.38 ID:bX0cmMG80

さやか「でもまどかは惜しかったじゃん! 英語だけだし。あたしなんて数学の追試もあるんだよぉ?」

まどか「……え? さやかちゃん……そうなの?」

ほむら「……今回の勉強会はあくまでまどかのためだから、数学の対策なんてしないわよ?」

さやか「ちょっ、ほむら……いえ、ほむらさま! そこを何とか……!」

杏子「おー、まい、ごっど!」

マミ「ふふっ。美樹さん。たぶん追試って似た問題が多く出ると思うから、もう一回テストのおさらいをしましょうか」

さやか「マミさん! やっぱり頼りになるのはマミさんだけです!」

ほむら「……はぁ。まどか。今回の範囲は文法と単語さえ覚えれば難しいことはないわ。ケアレスミスのないよう、ひたすら書いて体で覚えましょう」

まどか「う、うん。わかった!」

杏子「いままでひっかかったことないけど、追試って大変そーだな。……あ、そーださやか」

さやか「なによ、杏子」

杏子「お前の幼馴染属性のエレメーラを進化させれば、テスト中に時間を止められるんじゃねーか?」

さやか「!!」

ほむら「……杏子」

杏子「な、何だよ、その目。ちょっとしたジョークじゃ――」

さやか「その発想はなかった! ようしっ、今からエレメーラの特訓だ! あたしが時間停止を使えるようになれば戦闘力もアップだし、一石二鳥だね!」

ほむら「……本気にするバカがいるからそういうことを言うのはやめなさい、ということよ」

杏子「……うん。あたしが悪かった」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 21:44:10.11 ID:bX0cmMG80

さやか「そうと決まれば勉強なんてしてる暇はないね、みんな!」

まどか「さやかちゃん……」

QB「さやか。君が今から特訓したところで、どうしたって明日の追試に間に合うはずがないよ」

さやか「……う゛」

QB「それが分かったのなら、大人しく勉強をするのが最も合理的な――!」

まどか「……キュゥべえ?」

QB「今、君達のクラスメイトの悲鳴が聞こえた!」

さやか「クラスメイト!?」

QB「志筑仁美だよ」

ほむら「え!?」

まどか「仁美ちゃん!?」

さやか「仁美に何がおこったの!? ねえ!」

QB「ちょ、ちょっとさやか! ゆすぶらないでくれよ」

まどか「お願いキュゥべえ。仁美ちゃんには近づかないで!」

ほむら「仁美に何かしたら……許さないわよ」

QB「ひどい言われようだね。君たちのクラスメイトの危機かもしれないからせっかく伝えてあげたのに……」

さやか「とにかく、外に出てみよう!」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 21:52:45.14 ID:bX0cmMG80

タッタッタッタッタ

まどか「はあ……ふぅ……。仁美ちゃんの家、この辺だったよね」

さやか「うん!」

ほむら「インキュベーター。仁美の様子に変化は?」

QB「うん。特に今は何も感じられない。危険が迫っているわけではなさそうだよ」

まどか「よかったぁ……!」

杏子「……ん? あ、あれ見て!」

マミ「屋根の上! なにか白いのが移動してる!」

???「……」

さやか「……おばけ?」

まどか「ふぇえ!? おばけ!?」

ほむら「いえ、布か何かを被っているみたいだけど、あの大きさに機動性――もしかして、エレメリアン……?」

???「……」ヒュン―ポトリ

マミ「あ、何か落としたわ」

さやか「行ってみよう」
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 22:02:01.85 ID:bX0cmMG80

杏子「んんー? 何だこれ」ヒョイ

マミ「し、下着ね……」

ほむら「下着だわ」

まどか「どうして……?」

さやか「決まってるじゃん! あのお化けみたいなやつが落としていったんでしょう!? 下着ドロのエレメリアンなんだよ!!」

まどか「下着ドロ!?」

さやか「女の敵だね! 許せない!!」

マミ「そうね。絶対に許してはいけないわ!」

ほむら「むしろ女の敵じゃないエレメリアンのほうが珍しい気はするのだけれども……絶対に許せないのは同意見よ」

さやか「あいつ〜、どこ行ったぁ?」

杏子「……お。屋根の上! 逃げてる」

さやか「分かった! とっちめてやる!」

まどか「さやかちゃん、ここで変身するの!?」

さやか「そんなこと言ってられないよっ。 ――テイル・オン!」

マミ「私たちも追いましょう! ――テイル・オン!」

杏子「待ちなよ!」

杏子(……ていうか、さっきシーツの中身がちらっと覗けたんだけど、なんかもふもふの毛皮がみえたんだよなぁ。あれ、ネコか犬じゃねーのか?)

杏子「……ま、いっか。――テイル・オン!」

まどか「ほむらちゃん、わたし達も!」

ほむら「ええ」

まどほむ「「テイル・オン!」」
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 22:14:08.17 ID:bX0cmMG80

まどか「……さっきのエレメリアン、このビルの中に入っていったね」

杏子「真っ暗で何にも見えないなー」

さやか「出てこーい!!」

ほむら「……エレメリアンが逃げ隠れするというのも珍しいわね」

QB「そうだね原因は不明だけど、不思議とエレメリアンの反応が感知できないんだ」

ほむら「どういうこと?」

QB「僕にもわからない。あるいは彼らも、テイルギアに搭載している認識遮断フィールドのような技術を使っているのかもしれない」

ほむら「ふうん」

さやか「ええい! 出てこないならシラミつぶしにこっちから行くまでだ!」

マミ「美樹さん。敵の正体が分からないんだから、念のため用心してね」

さやか「ええ! 女の下着を盗む卑劣なエレメリアンだってことはわかってますよ!」

まどか「どこか隠れてるのかな……?」

杏子「もうこのビルからは逃げたのかもね。そもそも、下着なんて盗んでどーするつもりだったんだ?」

さやか「どーするって……あんたそんなこともわかんないの?」

杏子「新品ならまだしも、他人のお古だぜ? あたしなら、おさがりなんてごめんだね。エレメリアンってほんっとなに考えてるかわからねーよな」

ほむら「……杏子」

杏子「ん?」

ほむら「そこに価値があるのよ」

杏子「……わっかんねぇ」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 22:28:36.95 ID:bX0cmMG80

マミ「しっ! 静かにして。このフロア……気配を感じるわ」

まどか「!」

マミ「たぶん、この先の部屋に――」ガチャ

???「!」

マミ「――! いる! みんな、気を付けて!」

さやか「はいっ」

ほむら(やっぱり白いシーツを被っているのね。もしかして、あれがキュゥべえの言っていた認識遮断シールドに類似するものなのかしら……?)

杏子(……ん? 犬猫にしては、ちょっとデカい……?)

マミ「下着を盗むなんて、女の敵は許さないわっ。――リボン・オン!」シュルル

さやか「おお!」

まどか「リボン属性で強化した銃がおっきくなった!」

???「……っ」

マミ「下着が欲しいのなら、こそこそと盗まず正面から頼みなさい! ティロ――」

フェンリルギルディ「――ならばっ、あなたのブラジャーとパンツをくださぁあああああああああああい!!」

マミ「きゃぁああああああああああああ!? ふぃ、フィナーレ!!」ドドドドドオオオオン!
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/15(水) 22:30:01.63 ID:bX0cmMG80
とりあえずここまで

また気が向いたら続きを投下します

……ん? 前スレ? 別世界のほむら編? なんのことだかさっぱりわからないですな
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/16(木) 08:28:33.59 ID:YJXbu/l/o
とり乙
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/16(木) 19:39:22.53 ID:/RR2IlxMO

マミさん正面からお願いしろとか天然かよ
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/18(土) 23:51:29.68 ID:+bn3olZG0

まどか「やった!? さすがマミさん!」

さやか「違う! すり抜けた!」

マミ「そんな、ティロ・フィナーレが……!」

杏子「てか、マジでエレメリアンだったとか……あ、さっき見えた毛ってあの尻尾か」

ほむら「狼っぽいエレメリアンね」

フェンリルギルディ「なぜ……正面からお願いしたというのに、このしうちは一体どうしたことだ! 頼んだらパンツとブラジャーをくれるのではないのか!?」

さやか「やかましい! 女の子の下着は頼んだらもらえるほど安いものじゃないのよ!」

フェンリルギルディ「くっ……貴様らはいつもそうだ。私が下着を求めると知ると一様に拒絶する。ブルマやスクール水着を求めるのは正であるのに、下着を求める心を公にするのは邪という風潮が世を狭くしているとなぜ理解できん!」

さやか「は? ブルマもスクール水着も邪なんですけど」

フェンリルギルディ「その認識が檻となっていることに気が付かないのか、ホーリーブルーよ。貴様の無理解という壁、下着をはぎ取ることで風穴を開けて寄ろうではないか!」

さやか「ぶっ殺す……! 絶対に、絶対にだ……!」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 00:03:54.53 ID:TA+wr+sO0
マミ「そ、そもそも……ぬ、盗む以外にも、もっといろいろあるでしょう!?」

フェンリルギルディ「いろいろあるだと!? なら、どうすれば女の子の下着を合法的に手に入れられるのか教えてください!」

マミ「ひっ」ビクッ

ほむら「巴さんっ。エレメリアンをあおるような言動は慎んで!」

マミ「え、え? そ、そんなつもりじゃ……」

さやか「マミさん大丈夫! あいつはあたしが仕留めます!」

ほむら「まどかはできるだけ私の傍にいて」

まどか「ほむらちゃん……」キュン

杏子「さやか! 援護するよ!」

さやか「ありがと、杏子!」

フェンリルギルディ「来るか、ホーリークインテッド! 我が名はフェンリルギルディ! 旧態依然とした世を飲み込み、新たな世を生み出さんとする革新の申し子にして――下着(アンダーウェア)属性をこの胸に掲げる者よ!」
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 00:09:05.84 ID:TA+wr+sO0
さやか「死ねぇ! 女の敵ぃ! うおぉりゃぁあああああああ――」

フェンリルギルディ「――ふっ、見えた!」ヒュッ

さやか「――ぁ」ピタッ

杏子「……ん? おい、どうしたさやか」

ほむら「なに攻撃を止めているの?」

さやか「ぁ、い、いや、その……」モジモジ

まどか「さやかちゃん? 何でその甲冑のスカートの部分を抑えて――あ」

マミ「み、美樹さん、もしかして、あなた……」

フェンリルギルディ「察したようだな。そうだ、ホーリークインテッドよ。いま私の手の中にあるこれが、ブルーのぱ――」

さやか「うぎゃああああああああああ! 見るな触るな掲げるなぁあああああああ!」
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 00:27:56.72 ID:TA+wr+sO0

ほむら「じゃあ、あの水しまのが……」

さやか「見るって言ってるじゃん! ねえ! マジで!」

マミ「美樹さん。今のあなたは戦える状態じゃないわ。後ろに下がって!」

さやか「うぅ……気遣いが気まずい……」

まどか「よく見れば、部屋の隅に下着がいっぱい……」

ほむら「あれはフェンリルギルディがいままで盗んできた下着かしら」

マミ「いままでずいぶんため込んでいたのね」

杏子「おい、フェンリルギルディ。お前、下着なんて盗んでなにがしたいんだよ!」

フェンリルギルディ「ふっ、愚問だな。――私の寝床を作っていたに決まっているだろうが!」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

フェンリルギルディ「ぐはぁ!」
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 00:31:24.20 ID:TA+wr+sO0

杏子「よし! 今度こそ直撃だ!」

さやか「死んだ? あいつ、今度こそ死んだ!?」

マミ「……いえ。手ごたえはあったけれども、まだよ」

フェンリルギルディ「ふ、ふふふふふふふ。大した威力だが、私を打倒するには至らなかったな……!」

ほむら「ちっ。意外と耐久力が――ぁ」バッ

まどか「ほむらちゃん? いきなり胸を押さえて――ぁ」

マミ「暁美さん。もしかして、あなたも……」

フェンリルギルディ「ブラックよ。貴様の尊厳を守る装甲、はぎ取らせてもらったぞ!」

まどか「……」

ほむら「あっ、く、う……ぅぅ」

杏子「あいつ、吹っ飛びながらもほむらのブラジャー盗むとか、ただものじゃねえぞ……!」

さやか「ただものじゃない変態だってのは分かってるけど……ほむら! あんたのブラジャーなんてあってもなくても一緒でしょう!? さっさとそのエレメリアンたたじゃってよ!」

ほむら「いまここでスモールバストを解放してあなたをぶっ飛ばすわよ!?」
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 00:47:44.11 ID:TA+wr+sO0

マミ「けど、下着を取って動けなくするなんて厄介な相手ね」

杏子「ああ。これじゃ迂闊に近づけねえ。現に二人が無傷のままリタイアしちまってる」

ほむら「……うぅ」

さやか「しょ、しょうがないじゃん……」

まどか「……」

杏子「仕方ないな。遠距離攻撃ができるマミとまどかを軸に攻撃するか。マミ、まど――」

まどか「…………」

杏子「――……まど、か?」

まどか「………………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

さやか(……あ、これアカンやつだ)
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 00:48:45.23 ID:TA+wr+sO0
今日はここまで

また気が向いたら続きを投下します
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/19(日) 00:50:33.28 ID:ah9D/TmEo
乙でした
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/19(日) 00:52:49.94 ID:FGObY1pFO

フェンリルギルディの「北斗七星の隣に寄り添う小さな星」がログインしました
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/19(日) 01:18:53.47 ID:1QcsQpwOO
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 23:38:51.49 ID:TA+wr+sO0

まどか「……フェンリルギルディ。あなたは、許されざることをしたね」

フェンリルギルディ「ホーリーピンクよ。貴様も下着を求める心が悪だというのだな。かまわん。はなから爪はじきになり、外道とそしりを受けるのには慣れている。悲しいことだがな」

マミ「悲しいのなら下着を盗むのやめたらどうかしら……?」

フェンリルギルディ「それはできん。同族たるエレメリアンにすら厭われ、切磋琢磨する相手すらいなくとも、これが私の道なのだ!」

まどか「……わたしはね、フェンリルギルディ。下着を求めるのは、別に悪い事じゃないと思うの」

フェンリルギルディ「……なに?」

杏子「いや悪い事だろ……」

まどか「でもね。求め方が間違っているんだよ。下着ならなんでもいいってばかりに手あたり次第に強奪するその行為に、愛はあるの?」

フェンリルギルディ「あ、愛、だと……? 当然だ! 私は下着を愛している! この世のすべての女性を包み込む上下揃いの下着こそがこの世の至宝だと知っているのだ!」

まどか「本当に? 何のためらいもなく触れるものが至宝なの? 大切なものだったら、もっと敬意をもって触れ合うでしょう? あなたは何かに焦って大切なものをないがしろにしていない?」

ほむら「まどか……」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/19(日) 23:51:11.51 ID:TA+wr+sO0
フェンリルギルディ「な、何を言う……! 私は次世代のエレメリアンとして下着属性に邁進し、アルティメギルに新風を――」

まどか「次世代のエレメリアン――その目標があなたを焦らせ、野心に追い立てたんだね。……もっと大切なものがあったはずなのに」

フェンリルギルディ「!」

まどか「あなた別の欲望に目を濁らせて、一番大切だったものを二の次にしちゃった。それは絶対に許しちゃいけないことだよ。それは『わたしが』じゃなくて『あなたが』絶対に許しちゃいけないことなの」

フェンリルギルディ「わ、私は……私は!」

まどか「そしてわたしがあなたを許さない理由はたった一つ――ほむらちゃんの下着なんて、まだわたしだって触ったことがないのに……!」

ほむら「え?」

さやか(あ、まだ触ったことないんだ)

マミ(なんか安心したわ……)

まどか「野心に目がくらんで大切だったものへの愛を忘れ、他人の聖域にも無遠慮に入って悪行を働く。あなたはエレメーラが理解されずに一人になっちゃったんじゃない。野心で歪んでしまったからこそ、ひとりぼっちになっちゃったの!」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/20(月) 00:08:27.13 ID:k0WfYo4c0

フェンリルギルディ「言わせておけば……! ならばこんなAカップ――いや、AA……むう、AAA、か?」

杏子「お、おいやめろほむら! スモールバストの解放はまずいだろ!」

ほむら「止めないで……! いまスモールバストを解放すれば、あいつに地獄を見せてやれる確信があるわ! はるか遠い彼方から、あいつを殺せと雄叫び狂う殺意の波動を感じるのよ……!」

さやか「それは禁じられた破壊の権化だよ!? やめなよマジで怖いから!」

マミ「そうよ、暁美さん。落ち着いて! 野生に身を任せてもいい事はないわ!」

フェンリルギルディ「あまりの小ぶりさにカップ数に見当はつかんが……ふんっ。何にしても、こんなカップ数の薄いブラなどくれてやるわ!」

ほむら「ちょ! な、投げないで!」

マミ(あ。フェンリルギルディの投げた暁美さんのブラジャーが、鹿目さんの手の中に……)

フェンリルギルディ「どうだ、ホーリーピンクよ! それが欲しかったのであろう!」

まどか「……」ブチィ!

マミ「ぇえ!?」

杏子「まどかがキレた!?」

さやか「あたしですら初めて見るぞ!?」
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/20(月) 00:18:21.32 ID:k0WfYo4c0

ほむら「ま、まどか……?」

まどか「……フェンリルギルディ。下着属性の持ち主だって言っていたけれども、あなたにはもうその資格すらないよ」

フェンリルギルディ「なんだと!? 下着属性のエレメーラすら持っていない貴様が、その資格の如何を語るのか!」

まどか「資格なしの判定を下すのに、いまの行為を以上のものはないよ!」

フェンリルギルディ「下着を投げたことを悪と言うのか? その程度のことを!?」

まどか「違うよ! あなたは下着を手に入れる真の価値をまったく分かってないの!!」

フェンリルギルディ「真の価値、だと?」

まどか「そうだよ! 下着っていうのは相手の同意を得て手に入れることこそ価値があるの! 他人からのおさがりで手に入れたほむらちゃんの下着……そこに価値なんてないんだよ!」

フェンリルギルディ「!!」

ほむら「じゃあ、えっと、その……まどか。それ、返してくれないかしら……?」

まどか「あ、うん。後でね」

ほむら「そ、そう? そうよね。戦闘中だものね、うん」

さやか(……返ってくるのかなぁ)

マミ(返ってこないんでしょうね……)

杏子(結局おさがりに価値があるのかないのか、よくわかんねー)
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/20(月) 00:38:18.19 ID:k0WfYo4c0
フェンリルギルディ「随分とさえずってくれたな、ホーリーピンクよ! 貴様らのテイルギアとてもとはといえば我らの技術。アルティメギルの力で強くなれた分際で面の皮が厚い事よ!」

杏子「!」

さやか「あいつ、尻尾から剣を!?」

マミ「あんな仕込み刀みたいな真似を……!」

ほむら「まどか、危ない!」

フェンリルギルディ「覚悟! そのエレメーラ、貰い受け――」

まどか「……」ヒュッ!

パキンッ!

フェンリルギルディ「――なぁ!?」

マミ「す、すごい……弓矢で剣を打ち抜くなんて! 鹿目さん、すごいわ!」

まどか「ありがとうございます、マミさん。……それじゃあフェンリルギルディ。お別れの時間だね」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/20(月) 00:39:02.49 ID:k0WfYo4c0
とりあえずここまで

また気が向いたら続きを投下します
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/20(月) 08:40:35.42 ID:yvdw+SBno
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/20(月) 15:28:58.96 ID:miBBUsO+O
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/25(土) 16:03:47.93 ID:G+htahe90

フェンリルギルディ「ぐうっ。こんなバカなことが……!」

まどか「バカなことなんて何にもないよ。エレメーラの力は、その元になるものへの純粋な想いの丈だもん。それがゆがんじゃったあなたが負けるのは当然の結果だよ」

フェンリルギルディ「ぐぬぅ!」

まどか「大切なものへの想いがゆがんじゃったあなたに、この技は受けきれないよ! 必殺――スーパーマジカルアロー!」バシュッ!

フェンリルギルディ「ぐうぅ……ぐぁああああああああ! くっ、私はここまでか……」

さやか「ここまでなら、さっさと爆発してしまえ」

フェンリルギルディ「私は貴様らの愛に負けたのではない! この世の下着に負けたのだぁああああ!」

チュドオオオオオオオオン!

マミ「……えっと」

杏子「史上最悪の捨て台詞だな……」

ほむら「あの、まどか。そろそろ下着を……」

まどか「うん。後でね」

さやか(返ってこないんだろうなぁ……)
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/25(土) 16:09:28.16 ID:G+htahe90





――ほむホーム――


さやか「ふぅ、疲れたぁ……って、もうこんな時間かぁ」

マミ「あら。そろそろ帰らないといけないわね」

杏子「ほむらー。あたしは泊まって行っても――」

ほむら「いいから帰りなさい」

まどか「あはは……」

マミ「それじゃ、暁美さん。今日はありがとう。にぎやかで楽しかったわ」

ほむら「いえ、こちらこそ。あ、まどか。途中まで送っていくわ」

まどか「ありがとう、ほむらちゃん」

杏子「んじゃ、あたしも帰るか」

さやか「そんじゃーね。明日の追試、お互いガンバローね」

まどか「うん。バイバイ!」
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/25(土) 16:13:49.63 ID:G+htahe90





まどか「あんまりほむらちゃんのおうちで勉強できなかったなー……」

ほむら「明日の追試……私、まどかのためなら新たなエレメーラに目覚めてでも時間を止めてみせるわ」

まどか「ううん、そんなのいいの。わたし、自分の力でやるから!」

ほむら「……そうね。まどかならきっと大丈夫。でも、何かあったら相談してね」

まどか「うぇひひ。頑張るね!」

ほむら「ふふっ。……そうだ。ひとつ忠告しておきたいことがあるんだけど、あなたが夜な夜な考えてノートに書き溜めている必殺技の名前。今日使ったのは割と大丈夫な部類だったけれども……他のは絶対にやめたほうがいいわ」

まどか「ふぇ!? どうしてそのことを……」

ほむら「私はあなたのことなら大抵のことなら知ってるの。あなたのために忠告するわ。はっきり言って全部ださい」

まどか「ださ!?」

ほむら「万が一テレビの中継が入っている時に必殺技を叫んで、あなたが嘲笑されるのを黙って見過ごすわけにはいかないから」

まどか「そっか……ほむらちゃん、ごめんね。わたしのために言いづらいことを言ってくれて」

ほむら「分かってくれたらいいの。必殺技の名前なんて、無理に格好つける必要はないわ」

まどか「わたし……みんなに追いつきたくて、背伸びしてた」

ほむら「あなたは鹿目まどかのままでいればいいの。そんなことを考えるひまがあるのなら、勉強に励むのね」

まどか「うん。ちゃんと勉強する」

ほむら「いつも、見守っているから」

まどか「ほむらちゃん、本当にありがとう。それじゃ、また明日ね!」

ほむら「ばいばい、まどか。……また、明日」
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/25(土) 16:20:14.45 ID:G+htahe90






まどか「ただいまー」

詢子「お帰りー。遅かったじゃーん」

まどか「ママ! さやかちゃん達と、ほむらちゃんの家でお勉強してたんだ」

詢子「ほほう。ほむらちゃん、の家でねぇ」

まどか「……? うん」

詢子「ご飯は?」

まどか「ううん。すませてきた」

詢子「はーん。何だよ。そのまま泊まってきちまえばよかったのに」

まどか「ふぇ!?」

詢子「あはは。冗談冗談。お泊りは前もって言っておけよ」

まどか「うん。分かってるよ」

詢子「ならよし。お風呂入ってきな」

まどか「分かった。先にお風呂入ってから勉強するね」

詢子「おー。勉学に励め励め。……あ、そうだまどか。今日遊びに行って家の子……ほむらちゃん、だよな」

まどか「うん、そうだよ?」

詢子「遊びに行ったお返しに、今度うちに連れてきなよ。なんならお泊り会でもいいからさ」

まどか「え、いいの?」

詢子「もちろん。大歓迎だよ。パパにはあたしから話しておくからさ、ぜひ『ほむらちゃん』を連れてきなよ。……あたしも一回会って話してみたいんだ」

まどか「ママ、ありがと!」

詢子「ふふっ、いいってことよ」
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/25(土) 16:22:22.38 ID:G+htahe90

まどか「ふぅ。お風呂は気持ちいいけど、今日は徹夜で勉強しないと! ママからほむらちゃんを家にお泊りに誘う許可も出たし……どっちも頑張るっきゃない!」

QB「頼もしいセリフだね、まどか」

まどか「キュゥべえ!? キュゥべえのえっち! お風呂にまで入ってこないで!」

QB「え、えっち……? まどか。君は僕を変態扱いするのかい? ツインテールをほどいたまどかの裸を見ても、僕は何も感じないよ。どうして入浴ぐらいでツインテールをほどいているんだい? ツインテールはそんなに簡単にほどいていいものじゃないはずだ」

まどか「いいから出てって!」

QB「やれやれ……わけがわからないよ」

まどか「もうっ! ツインテールって、本当に大変なんだからねぇー!」
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/25(土) 16:24:05.62 ID:G+htahe90
おまけも終わり

まどっち主導のエレメリアン退治を書きたかっただけなのだ

最後まで付き合ってくれてありがとう
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/25(土) 16:30:29.36 ID:HOEiKunzo
乙乙
まどっちかわいいが結局下着は……
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/25(土) 19:44:20.84 ID:d4flUNfho
乙、結局首領と会話していた謎の人物は誰だったのだろうか
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/25(土) 20:26:28.12 ID:sdQRVPZYo
まあ乙
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/25(土) 20:55:00.16 ID:+QD+mnOZo
乙でした!
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/25(土) 23:51:28.57 ID:se2PxBTno
>>192
アルティメギル四頂軍「一の部隊」の隊長
八巻でチラッと出てきただけで原作ですら正体不明
九巻はまだ読んでないが、九巻終了の時点でティラノギルディまだ生きてるらしいし
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/25(土) 23:52:34.12 ID:9LwoT4fVo
>>191
下着は履くもの
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/04/27(月) 01:04:45.08 ID:SMaW6PyAO
乙でした。
123.63 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)