このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

時子「馬鹿らしくて付き合えないわ」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:11:51.51 ID:tIUzV8RG0
※複数P世界、安価スレ
エロ・鬼畜は安価下
誤字脱字・駄文・亀注意
オリジナル設定注意
(´・ω・ `)トキコサマー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432797101
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

【イナズマイレブン】円堂「コンマの強さ議論」 @ 2019/12/06(金) 12:59:42.05 ID:smzLPPz20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575604781/

変態RPGツクール @ 2019/12/06(金) 12:44:17.48 ID:Y4ybqm+qO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1575603857/

【安価・コンマ】魔王子 ダンジョン作るってよ @ 2019/12/06(金) 06:19:20.81 ID:SFh+lecL0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575580760/

【幽白】戸愚呂弟「ここは冥獄界なのかねェ」さとり「いいえ、幻想郷です」【東方】 @ 2019/12/06(金) 03:10:15.43 ID:9LNUMMUB0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575569415/

ソシャキチ!映子さん「アイドルマスターシンデレラガールズ」 @ 2019/12/05(木) 23:42:31.43 ID:i7uitGeD0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575556951/

北颪 @ 2019/12/05(木) 20:13:30.37 ID:oQ17mNM20
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1575544410/

【バンドリ】 スタッフ「コミュニケーション不足?」 安価 その3 @ 2019/12/05(木) 19:41:09.44 ID:amsgbOC40
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575542469/

【安価・コンマ】ファンタジーな世界でアマゾネスに立ち向かえ @ 2019/12/05(木) 18:28:41.31 ID:uGqz5ncj0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575538121/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:13:41.86 ID:tIUzV8RG0


珠美「珠美がお付き合いしますので大丈夫です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430959127/

悠貴「私でも付き合えますかっ?」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1431140371

星花「お付き合いしてくださらなくても……」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1431301891

翠「集中力の要るお付き合いです……」


http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1431601621

楓「気合いで付き合います」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431924556/

亜季「少々お付き合い願います」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432180036/

夕美「ローズマリーと今の付き合い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432467941/


の続きです
仲良しの82作目
制服姿に違和感があるたくみん……
制服姿に違和感がない時子様……
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 16:14:17.66 ID:3z5hoHdAO
時子さま!
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:14:32.43 ID:tIUzV8RG0
事務所



拓海「……………………」

TV「今日は猫ちゃんたちたちの可愛さ120%で\ニャー/お送りします\ニャー/。」

拓海「…………………………」

TV「ああ^〜可愛ですねぇ〜……お〜よしよし〜……\ニャー/\ニャー/」

拓海「………………ねこ……」

TV「\ニャー/\ニャー/\ニャー/\ニャー/」

拓海「………………………………」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:15:20.49 ID:tIUzV8RG0
TV「\ニャー/\ニャー/\ニャー/\ニャー/」

拓海「………………………………」

TV「\ニャー/\ニャー/\ニャ…………」ブツッ

TV「今日の子豚ちゃん(を)クッキングは…………」

時子「……………………」

拓海「…………オイ。」

時子「アァン?」

拓海「………………………………」

時子「…………………………………」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:16:16.95 ID:tIUzV8RG0
拓海「人が見てんのに何勝手にチャンネル変えてんだコラ。」

時子「何よ、文句があるのかしら?」

拓海「あるに決まってんだろ、脳細胞死んでんのか?」

時子「あなたみたいな脳に行くべき栄養が胸に行った豚と一緒にしないでちょうだい。」

TV「今日の子豚ちゃんも可愛いですねー。たっぷり可愛がってあげましょう。」

拓海「………………………………」

時子「……………………………」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:18:04.69 ID:tIUzV8RG0
拓海「……ふぅ…………時子。」

時子「何かしら?」

拓海「……………喧嘩なら何時でも買うぜ?」

時子「アァン?争いは同じレベルの間でしか生まれないのよ?」

拓海「ほう…………そうかそうか……」

拓海・時子「…………………………」

拓海「>>9
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 16:19:42.96 ID:3z5hoHdAO
…テメェも時子Pにはデレデレの立派な豚(ペット)だろうが
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 16:22:29.01 ID:dUDBhJEM0
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 16:26:48.66 ID:fPnEDN410
今日も事務所は平和です(遠い目)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:29:32.62 ID:tIUzV8RG0
拓海「…テメェも時子Pにはデレデレの立派な豚(ペット)だろうが。」

時子「………は?」

拓海「まったく、女王様が聞いて呆れるぜ。」

時子「……………………ふぅ………」

拓海「………………………………」

TV「初めて子豚ちゃんのお世話をする時はまずはベテランの人と……」

時子「………それは挑発のつもり?」

拓海「さぁな?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:38:12.10 ID:tIUzV8RG0
拓海「言われて腹が立つってえんなら、テメェでも自覚があんじゃねえのか、時子様?」

時子「…………へぇ………」イラッ

拓海「おやおや、どうしました、時子様?」

時子「………………調子に乗ってんじゃないわよ、豚が……」

拓海・時子「…………………………」

時子「……潰すわよ?」

拓海「やれるもんならやってみろよ。」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:45:40.76 ID:tIUzV8RG0
時子「…………チッ!……いいかしら、無い頭でよく聞きなさい、私が主人で豚が下僕よ。」

拓海「ハッ(笑)!」

時子「…………………」ヒク…ヒク…

拓海「それは知らなかったぜ、時子様。」

TV「ちゃんと低音ろうそくを…………」

拓海・時子「………………………」

時子「…………表に出なさい!!」

拓海「上等だ、コラァ!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 16:56:24.41 ID:tIUzV8RG0
10分後


ガチャ バタン

拓海・時子「はぁ…………はぁ……はぁ……………………」ボロッ……

拓海「………チッ……まだ…………生きてやがんのか…………」

時子「……それは………私のセリフよ…………」

拓海・時子「…………………………」

拓海「…………怪我……してねえよな……?」

時子「…………あんなので怪我する訳ないでしょう……やっぱり頭の中身が空なのね……」

拓海「………そうか…………」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 17:03:09.75 ID:tIUzV8RG0
時子「……あなたこそ……傷が原因で腐り落ちても……知らないわよ……」

拓海「……テメェとは鍛え方が違えんだよ…………一緒にすんな…………………」

時子「…あ、そう…………」

拓海・時子「……………………」

拓海「………ハァ………時子の分際でやるじゃねえか……」

時子「…………あなたこそ……少しは認めてあげるわ……」

拓海・時子「…………………………」

時子「>>17
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 17:05:43.79 ID:3z5hoHdAO
時子さまは本当にツンデレだなぁ…

本当に怪我がなくて良かった……そうだ、この後美味しいしょうが焼きを出す店を見つけたから一緒に行かない?
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 17:06:43.68 ID:fPnEDN410
ところで…最近人外が増えたって聞いたけれど戦ってみたいと思わない?
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 17:11:32.40 ID:tIUzV8RG0
時子「ところで…最近人外が増えたって聞いたけれど戦ってみたいと思わない……?」

拓海「……テメェはどうなんだよ……?」

時子「……跪まずかせてやりたいわ。」

拓海「……目的が違えじゃねえか……」

時子「……馬鹿ね……私は戦うのが好きなんじゃなくて………勝ってひれ伏させるのが好きなのよ。」

拓海「………………………」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 17:17:34.47 ID:tIUzV8RG0
時子「クックック……人以外の下僕……調教のし甲斐がありそうだわ…!」

拓海「………楽しそうだな…」

時子「当たり前でしょう?…楽しみで仕方がないわ……!アーハッハッハッハ!!」

拓海「…………コイツどんな人生を送ってきたんだよ……」

時子「女王に相応しい人生よ。」

拓海「……………………………」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 17:22:40.01 ID:tIUzV8RG0
〜〜〜


拓海・時子「……………………」

TV「今日のローカル線の旅は…………」

拓海「…………オイ。」

時子「……アァン?」

拓海「…これ見て楽しいか……?」

時子「……別に。ただの暇潰しよ。」

拓海「……何でアタシらこれ見てんだ………?」

時子「………私が聞きたいわよ…」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/28(木) 17:31:03.11 ID:tIUzV8RG0
拓海「…………時子。」

時子「……気安く呼び捨てにするんじゃないわよ。死ね。」

拓海「テメェが死ね。」

拓海・時子「…………………………」

時子「………冷蔵庫に麦茶入ってるわよ。」

拓海「…………チッ……取ってくりゃいいんだろ…?」

時子「あら、豚にしては気が効くじゃない。」

拓海「>>23
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 17:32:24.22 ID:3z5hoHdAO
たまにはいいだろ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 17:33:02.99 ID:3xA+bsJAO
(麦茶に亜季のプロテイン混ぜてやろう)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 17:37:47.48 ID:tIUzV8RG0
拓海(麦茶に亜季のプロテイン混ぜてやろう……)

時子「……何よ、早く行きなさい。それとも、胸の脂肪の塊が重くて動けないのかしら?」

拓海「あ?」

時子「アァン?」

拓海・時子「……………………」

拓海「………………覚えてろよ……」

時子「考えておいてあげるわ。」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 17:44:18.56 ID:tIUzV8RG0
〜〜〜


TV「ここの温泉は江戸時代から続いていると言われており…………」

時子「………………(温泉……熱湯………………アリね。)」

拓海「……………」スタスタスタスタ

時子「…………グズが…遅いわよ?」

拓海「悪かったな。……ん。」スッ

時子「…………何よ、やけに素直ね……?」パシッ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/28(木) 17:50:44.17 ID:tIUzV8RG0
時子「…………まあ、いいわ。」グイッ

時子「…………ぶふぉっ?!」

拓海「あははははははは!!」

時子「………………………………」

拓海「あーはっはっは!ぶふぉっ?!だってよ!ぶふぉっ?!って……あーはっはっは!!」

時子「…………この豚がぁ……」

拓海「あーはっはっはっは!今のは傑作だったぜ、時子様?」

時子「…………殺す…」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 18:06:39.51 ID:tIUzV8RG0
拓海「まぁまぁ、そうカッカすんなよ?皺が増えるぜ?」

時子「脳に皺がないあなたに言われたくないわね。こんな屈辱を受けたのは久しぶりだわ……!!」

拓海「あっはっはっは!!今のを携帯の待ち受けに……」

ヒュンッ!!バキィィィィ!!

携/帯「」

時子「…………フン。」

拓海「…………何すんだコラァ!!」

時子「>>29
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 18:07:32.26 ID:fPnEDN410
ハエがいたのよ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 18:08:24.94 ID:3xA+bsJAO
その携帯に悪霊が宿ってたわ。感謝しなさい
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 18:09:16.62 ID:3z5hoHdAO
ふん…あなたみたいな脳に皺すらない豚が人間の文明を使おうとすること自体がそもそもおかしいのよ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 18:15:59.72 ID:tIUzV8RG0
時子「その携帯に悪霊が宿っていたわ。感謝しなさい。」

拓海「吐くならもっとマシな嘘を吐きやがれ!!」

時子「鳴き声がうるさいわよ、豚。豚はただ這い蹲って私を讃えていればいいのよ。」

拓海「テメェ……この前買い換えたばっかなんだぞ?!」

時子「チッ……たかだか携帯ぐらいで…………」

拓海「あ”?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 18:24:14.38 ID:tIUzV8RG0
拓海「たかだか携帯だ?……連絡先とか分からなくなっちまったじゃねえか?!どうしてくれんだ?!」

時子「アァン?元はと言えばあなた悪いんでしょう、自業自得よ。」

拓海「ああ、分かった、分かった!!それじゃあ表に出て白黒ハッキリさせようじゃねえか!!」

時子「望むところよ!今度こそ格の違いを教えてあげるわ!!」

拓海「泣いて謝ったって許さねぞ、コラ!!」

時子「ハッ、誰が!!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 18:27:57.66 ID:tIUzV8RG0
10分後


ガチャ バタン

時子「…………大事な写真が入ってたなら最初からそう言いなさいよ……」

拓海「…………さっきの時子Pに買ってもらった服だったんだな………だからあんなに…………」

拓海・時子「…………………………」

時子「…………………悪かったわね……」

拓海「……アタシこそ…悪りぃ……」

拓海・時子「…………………………」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 18:31:45.73 ID:tIUzV8RG0
拓海「…………携帯ぐれえPに買わせれば済む…………写真だってまた撮ればいいしな…………」

時子「……私こそまた豚に買わせれば済む話よ…………下僕の扱いがなってなかったわ…………」

拓海・時子「…………………………」

拓海「…………本当……済まねえ…………」

時子「…………いいわよ…………別に……………」

拓海「>>36
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 18:35:13.61 ID:3xA+bsJAO
で、結局どうすんだよ……戦いに行くってのは……
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 18:35:49.15 ID:3z5hoHdAO
…温泉に行かない?
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 18:35:51.17 ID:fPnEDN410
そう言えば何通かお便りが届いてるぜ?
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 18:37:11.82 ID:tIUzV8RG0
安価把握

一時中断します
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 20:28:23.15 ID:Non0cJ8hO
【安価】提督「艦娘を惚れさせた後突き放して反応を見たいんだが」4周目の5
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432638530/
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:23:57.19 ID:tIUzV8RG0
再開します
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:25:11.04 ID:tIUzV8RG0
拓海「…………温泉に行かねえか?」

時子「……………………は…?」

拓海「…………いや…だから温泉に…………」

時子「……どうして私があなたと温泉になんか行かなきゃならないの……?」

拓海「……………悪りぃ……」

時子「………………………………」

拓海「……………………………」

時子「…………ハァ…………」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:27:00.80 ID:tIUzV8RG0
時子「…………何時よ?」

拓海「……………………!」

時子「…………豚に命じてその日を空けさせなきゃいけないでしょう、そんな事も分からないの?」

拓海「…………時子……」

時子「……時子『様』。……あなただって何の考えも無しに私の時間を浪費させる程救いようがない馬鹿じゃないでしょう…………行けばいいんでしょう、行けば!」

拓海「…………お、おう……」

時子「………………チッ…………」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:29:38.82 ID:tIUzV8RG0
数日後 温泉街 土産物屋



時子「豚には……これ……あの忌々しいドーナツ娘には……輪っかなら何でもありがたがるんじゃないかしら…………」

拓海「………………………………」

時子「比奈たちにも差し入れと……あと……あの腹黒看護師にはこれでいいかしら…………それからあの詐欺師紛いと半分現実に居ないようなのと…………」

拓海「………………なぁ……」

時子「……うるさい、気が散るから話しかけないでちょうだい。……えっと…………あと…………」

拓海「…………………………」

大量の紙袋「…………………」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:35:58.89 ID:tIUzV8RG0
拓海「………まだ買うのか…?」

時子「アァン?下僕は下僕らしく黙って荷物を抱えてなさい。それぐらいにしか役立たないんだから。」

拓海「………………………………」

時子「……この饅頭が10個入りだから……大体40箱買って宅配便で送って………………」

拓海「…………お前ってかなり律儀だよな…」

時子「>>46
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 21:37:51.49 ID:3xA+bsJAO
くだらないおべっかで私の期限をとろうなんて、豚にしては頭が回るわね
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 21:38:16.40 ID:fPnEDN410
↑拓海「うちの分も買っとくか…あと……最近元気なかったし夕美にも何か…」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:45:27.31 ID:tIUzV8RG0
時子「くだらないおべっかで私の機嫌を取ろうだなんて、豚にしては頭が回るわね。」

拓海「……チッ……別に世辞とかじゃねえよ。テメェの機嫌なんか取る理由がねえだろ。」

時子「……そう。よく出来たわね、ご褒美に罵ってあげるわ。」

拓海「だから世辞じゃねえって……お前って必ず土産とか全員に配るよなって思ってよ……」

時子「当たり前でしょう。女王は下僕には公平でないといけないのよ。そして、全人類が私の下僕よ。」

拓海「………………………………」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:53:04.32 ID:tIUzV8RG0
時子「…………ククッ、冗談よ。さすがに幾ら私でも一人でそれだけの豚の世話は無理よ。」

拓海「……お前はどこまで本気なんだ……?」

時子「……さあね。どうしても知りたいって土下座して私を崇めるなら教えてやらなくもないけど。」

拓海「冗談じゃねえよ…………うちの分も買っとくか…あと……最近元気なかったし夕美にも何か…」

時子「……あの子は多分もう大丈夫よ。」

拓海「ん?」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:58:24.33 ID:tIUzV8RG0
時子「下僕の状態ぐらい見抜けるわ。あなたみたいな何も考えずに暮らしてるのとは違うの。」

拓海「…………心配してたのか?」

時子「どうしてそうなるのよ…………少し気にかけてやってただけよ。」

拓海「…………ありがとな。」

時子「アァン?」

拓海「……別に何でもねえよ。オラ、とっとしろ。」

時子「言われるまでもないわ。……えっと…………あの子には…………」

拓海「………………………………」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 22:09:18.80 ID:tIUzV8RG0
温泉旅館 ある一室



時子「チッ、時化た温泉街に時化た旅館……挙句の果てには旅の連れは脳に行く栄養が胸に行った単細胞女………」

拓海「そうかいそうかい、文句があるなら帰りやがれ。」

時子「今までの非礼を詫びて私の下僕になるなら帰ってあげるわ。」

拓海「…………チッ、帰りてえんじゃねえのか……?」

時子「誰もそんな事は言っていないでしょ、あなたの耳は飾りなの?」

拓海「ああ?」

時子「……………………フン……」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 22:15:49.64 ID:tIUzV8RG0
時子「で、これから何をするつもりなの?」

拓海「…………は?」

時子「態々私が来てあげたんだから、精々私を楽しませる努力をするのは当たり前でしょう。」

拓海「……………………………」

時子「……私は気が短いの。あんまり待たせたら承知しないわよ。ほら、さっさと言いなさい。聞いてあげる。」

拓海「>>53
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 22:18:01.14 ID:3z5hoHdAO
…温泉に入った後で卓球の勝負だ。負けた方が勝った相手の言うことを1つ必ず聞くってのはどうだ?
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 22:19:05.78 ID:fPnEDN410
決まってんだろ、体勢を整えたら次は…てっぺん決めに行くんだよ、人外勢との戦いにな
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 22:23:33.85 ID:tIUzV8RG0
拓海「決まってんだろ、体勢を整えたら次は…てっぺん決めに行くんだよ、人外勢との戦いにな……」

時子「却下。」

拓海「…却下って何だよ?!」

時子「却下は却下よ、却下と言う言葉の説明が必要かしら?」

拓海「そうじゃねえよ!アタシが言いてえのは何様だって話だ。」

時子「時子様。」

拓海「…………テメェはそう言う奴だったな…………」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 22:30:11.99 ID:tIUzV8RG0
拓海「…………ハァ……時子様、何がご不満なのかアタシに教えて頂けませんか!」

時子「全部よ。」

拓海「あ?」

時子「全部気に食わないに決まってるじゃない。温泉まで来て、戦いだなんて……どれだけ頭の中まで筋肉なら気が済むの?」

拓海「テメェが最初に言い出したんだろうが……人外組と戦いてえってよ。」

時子「……あなた脳味噌何グラム?」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 22:36:16.43 ID:tIUzV8RG0
時子「これだから単細胞女の相手は嫌なのよ……少しはあなたの無い脳味噌を使いなさい。」

拓海「…………ったく…………ん…………?」

時子「…………何よ…………?」

拓海「…………………時子。」

時子「時子『様』。」

拓海「……………お前この旅行実は結構楽しみにしてたり…………」

時子「アァン?そんな訳無いでしょう。自惚れるのもいい加減にしなさい。あなたなんて私にとっては目の上のたん瘤以外の何物でも無いわ。」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 22:43:03.55 ID:tIUzV8RG0
時子「邪魔で目障りで視界に入るのも鬱陶しい、醜い脂肪の塊をぶら下げた粗暴で無知、品性の欠片も無い愚鈍な乳牛。そんなあなたとの旅行を楽しみにする理由なんか無いじゃない、不愉快すぎて笑えないわ。」

拓海「…………………………」

時子「…………とにかく…私はもっと温泉らしい事の一つでも考えなさいって言いたいのよ。」

拓海「……………じゃあ温泉にでも入るか…?」

時子「……………………………」

拓海「>>60
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 22:52:55.37 ID:3xA+bsJAO
まただんまりかよ。だったらアタシ一人で入ってくるからな!
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 22:54:31.11 ID:fPnEDN410
冗談だって…はあ、楓さんにでもこういうとこでの過ごし方を聞いとくんだったぜ…
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/28(木) 23:35:24.45 ID:mbu9eWZ7O
↑+温泉で月見酒してる楓さんと菜々さんとはーとに遭遇
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 23:41:18.96 ID:tIUzV8RG0
安価把握

お休みなさい
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 08:58:13.07 ID:FFMOv8vU0
再開します
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 08:59:11.88 ID:FFMOv8vU0
拓海「冗談だって…はあ、楓さんにでもこういうとこでの過ごし方を聞いとくんだったぜ……」

時子「…………なら行きましょう。」

拓海「ん?」

時子「……温泉に連れて行きなさいって言ってるのよ、豚。」

拓海「…………………………」

時子「…………………………」

拓海「………一々面倒な野郎だぜ…オラ、着替えと…………」

時子「…………………………」
っ洗面器・タオル・シャンプー・リンス・ボディソープ

拓海「………………(コイツ銭湯通い慣れてんな…………)」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 09:00:13.32 ID:erwryRHc0
お、きてるきてる
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:02:11.70 ID:FFMOv8vU0
温泉


拓海「……ハァ…………生き返るぜ…………」チャプ…

時子「……………………」ジー…

拓海「…………んだよ?」

時子「………雌牛が…」ギリギリギリ……

拓海「……………は?」

時子「その胸肉が目障りで暑苦しいから離れなさいって言ったのよ!」

拓海「なっ?!……んだとコラ!!それならテメェが離れやがれ!!」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:06:34.31 ID:FFMOv8vU0
時子「嫌よ、どうして私が他人から命令されないといけないの?私は常に豚に命令する立場なの。」

拓海「……チッ、一々癪に触る女だぜ!だからそんなにアタシと居るのが嫌なら何処へなりと消え失せろってんだろうが!!」

時子「アァン?いつもあなたが私の道に転がってるんでしょうが。あなたが消え失せなさい!」

拓海「あ”あ”?やんのかコラ!!」

時子「ハッ、相変わらず単細胞ね!まあ、いいわ。乗ってあげる。」

拓海・時子「ぐぬぬ…………!!」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/29(金) 09:07:43.88 ID:FFMOv8vU0
拓海「今日こそお望み通りぶっ殺してやるぜ、時子!!」

時子「返り討ちにしてやるわ、雌牛が!!」

菜々「喧嘩なら他所でやってください!!」

拓海・時子「アァン?!………あ……………な、菜々……さん…………?!」

菜々「ん……?拓海ちゃんに時子ちゃん…………?」

心「何だよー、今から面白くなりそうってところだったのに☆」

楓「喧嘩はいけんか?……フフッ…………」

拓海・時子「…………………………」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:09:14.31 ID:FFMOv8vU0
〜〜〜


拓海「悪りぃ……菜々さん、つい頭に血が上っちまって……だって時子が…………」

時子「アァン?」

菜々「……二人とも。」

拓海・時子「………………………」

菜々「……喧嘩をするのは構いませんが、するなら他の人の迷惑にならない場所でやってください。」

拓海・時子「………………………」

菜々「>>70
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 09:11:24.70 ID:oPs+UrvAO
温泉に血生臭い争いは似合わないですよ!
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 09:13:15.38 ID:erwryRHc0
↑拓海「おい、アレ…ハネ生えて大人っぽく見えるけど加蓮だよな…落ちてきてねえか⁉︎」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:18:48.22 ID:FFMOv8vU0
誠に申し訳ありませんが再安価とさせてください……シリアスが続くのは………………


再安価
>>72
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 09:22:20.02 ID:erwryRHc0
この子達だって困っちゃいますよ?
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:31:46.71 ID:FFMOv8vU0
菜々「この子達だって困っちゃいますよ?」

心「あははははは☆楓ちゃーん、熱燗お代わり☆」

楓「飲み過ぎは胃、肝臓にいかんぞう……」

拓海・時子「……………………」

菜々「………………ゴホン。」

心・楓「…………あっ……」

菜々「………美味しく飲めないと困りますよね?」

心・楓「……………はい……」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:39:44.82 ID:FFMOv8vU0
心「ま、まあ……アレだな☆巻き添え食らってつまみだされたら敵わねえ☆」

楓「……月見酒が出来なくなるのは………仲良くしてください。」

拓海「時子が……」

時子「雌牛が……」

菜々「………………………」

拓海・時子「……………………………すみませんでした…………」

菜々「………喧嘩するほど仲が良いとは言いますが…………」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:47:48.52 ID:FFMOv8vU0
〜〜〜


拓海「菜々さんもこの温泉に来てたんだな…………」

菜々「ここのお湯は肩こり、腰痛、四十肩、五十肩によく効くんです………あと神経痛にも……………はぁ…………」

時子「…………………………」

心「菜々さん…………」

楓「…四十肩が始終痛む…………ンフ………………」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 09:58:00.10 ID:FFMOv8vU0
楓「あ、時子ちゃんと拓海ちゃんも月見酒しませんか…?」

菜々「楓ちゃん、未成年に飲酒を勧めたら駄目ですよ?」

時子「………………………」

菜々「お酒は大人になってからです。」グイッ

心「あー……もうこれかなり酔ってきてんな…………」

拓海(ツッコミどころが多すぎるぜ…………)

楓「>>78
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 10:01:19.11 ID:oPs+UrvAO
ところで、あなたたちは何をしに温泉へ?
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 10:01:35.69 ID:1BSObml30
友紀ちゃんと若葉ちゃんも予定が無ければ一緒に飲めたのに
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 10:01:35.69 ID:1BSObml30
友紀ちゃんと若葉ちゃんも予定が無ければ一緒に飲めたのに
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 10:10:10.00 ID:FFMOv8vU0
楓「友紀ちゃんと若葉ちゃんも予定が無ければ一緒に飲めたのに…………」

心「しょうがねえだろ☆二人とも仕事なんだからよー………もう諦めてはぁとも飲も☆」グイッ

菜々「はぁ…………あの二人はいつも若く見られて羨ましいです…………」

心「菜々さんだって若く見えるぞ☆」

菜々「そうですか……何歳ぐらいに見えますか……時子ちゃん。」

時子「…………は?」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 10:17:32.00 ID:FFMOv8vU0
菜々「だーかーらー……ナナはいくつぐらいに見えますかって聞いてるんです!………ひっく……」

時子「………17歳。」

菜々「あっはっはっはっは!!」
バシバシバシバシ!

時子「………………………………」

菜々「二人とも聞きました?!ナナは17歳に見えるそうですよ!あっはっはっは!!」

楓・心「わぁ、すごいですねー。」

時子「………………ハァ……」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 10:23:55.67 ID:FFMOv8vU0
菜々「まだまだナナも捨てたもんじゃありませんね!時子ちゃん、偉い!よく言えました!」バシバシバシバシ!

時子「…………………………」

菜々「あっはっはっは!はぁ…………拓海ちゃん!ナナは何歳に見えますか?」

拓海「…………は?」

菜々「だーかーらー!ナナはいくつに見えるかって聞いてるんです!」

拓海「…………え、えっと……」

時子「…………17歳って答えておきなさい。」ボソッ…

拓海「………………17歳…?」

菜々「………………………………」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 10:35:11.72 ID:FFMOv8vU0
菜々「あっはっはっはっは!聞きましたか、二人とも!ナナは17歳に見えるそうですよ!」

心「それはすごいっすねー。楓ちゃんの目って綺麗だよねぇ☆」

楓「良かったですね菜々さん。あ、これ実はカラコンなんです。」

心「マジか☆」

楓「嘘です。」

時子「……酔っ払いって言うのは同じ話ばっかりするのよ。まともに相手しないで適当に流しなさい。」ボソッ……

拓海「……お、おう。…………お前いつも苦労してんだな………」

時子「………………別に。」

拓海「>>85
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 10:38:16.64 ID:odyiRLmAO
そういえば時子…様は菜々さんたちとよく呑みに行くのか?
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 10:38:54.61 ID:oPs+UrvAO
(早く帰りてえ……)
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 10:46:06.54 ID:FFMOv8vU0
拓海(早く帰りてえ……)

時子「……もう少ししたら適当に切り上げるから安心なさい。」

拓海「なっ……?!」

時子「……どうせ早く帰りたいとか考えてるんでしょう。私も何時も同じ事を考えているから分かるのよ………」

拓海「……………飲み会だと時子がストッパー役なんだろ…?しかもタクシーの手配までするらしいじゃねえか。」

時子「……誰かがやらなくちゃならないんだから仕方なくよ。」

87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 10:47:22.78 ID:erwryRHc0
ドS(親切)
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 10:52:00.14 ID:FFMOv8vU0
楓「あっ、コンタクトが……」
っ青いカラコン

菜々・心「?!」

楓(両目緑)「…………………」

菜々・心「……………………」

楓「………………………………」
っ緑のカラコン

菜々・心「?!」

楓「…………フフッ…………」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 10:59:56.53 ID:FFMOv8vU0
楓「フフッ……今日は目の色が逆だったの気付きましたか?」

心「ぷっ……うわはははは!!これは一本取られちゃったぞ☆」

菜々「あはははは!!ひぃ……ひぃ……!全然気付きませんでした!!」

楓「…………フッ…」ドヤァ

拓海(…これをやる為だったのか…………)

時子(この女は未だによく分からないわ…………)
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 11:05:40.90 ID:FFMOv8vU0
時子「……あなたたち、飲むのも程々にしなさいよ?」

菜々「はいはい、分かってますって!ウッサミーン☆キャハ☆」

心「飲まなきゃやってらんねえんだよ☆時子ちゃんも飲む?……てか飲め☆」

楓「熱燗飲まなきゃあっかん。」

時子「……………………チッ……」

拓海「…………………………」

時子「>>93
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 11:08:26.49 ID:erwryRHc0
出て来なさい、覗き見なんて趣味悪いわよ
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 11:09:46.40 ID:odyiRLmAO
(本当に早く帰りたい…)……と言いたいけど、↑留美さん
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 11:10:49.86 ID:oPs+UrvAO
ちょっと待って、豚(時子P)から電話が
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 11:11:03.00 ID:/+xxGqwdO
そういえばこの近くに家族向けの温泉の取材で薫と真奈美のレポートがあるって噂よ。
もし、偶然にも遭遇したらどうなるかしら?
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 11:23:14.71 ID:FFMOv8vU0
時子「……ちょっと待ってなさい、豚から電話が…………」

拓海「ん、電話なら脱衣所にあんだろ?何で分かんだよ?」

時子「…………うるさい!私が電話って言ったら電話なのよ!!」///

拓海「………………?」

時子「………………フン…」
ザバッ……スタスタスタスタ……

拓海「………………ん…………あ!……ははぁーん………」ニヤニヤ
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 11:31:57.57 ID:FFMOv8vU0
脱衣所



時子「…………夕飯は残飯でも食べてなさい。………チッ、冗談よ!……昼間のうちに作っておいてあげたから温め直して食べなさい。……子豚にも忘れずに食わせてやるのよ。」

時子「…………全く……豚は私が居ないと何も出来ないんだから…………何でそう言う意味になるのよ!」

時子「あなた脳味噌何グラム?…本っ当にくだらない事ばかり垂れ流す舌ね………………なっ?!…………何を急に…………?!」///

時子「……そんな訳無いでしょうが…………馬鹿……」///

時子「………………………………」///
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 11:42:24.26 ID:FFMOv8vU0
時子「………あなたがグズすぎて見るに堪えないだけよ。……あなたは良くても私が嫌なの。」

時子「…………栄養を取らなせないで下僕に倒れたりしたら私の名誉にか関わるの。いい、あなたは私の下僕なの、自覚なさい。」

時子「……………………………」

時子「…………チッ…………使えないんだから…………」///

時子「……………だ、大丈夫よ…!上手くやってるわ!」

時子「………アイツは…………その……………………」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 11:55:01.37 ID:FFMOv8vU0
時子「…………確かに……何も遠慮せずに話せるけど…………それはあの女か単細胞だからで…………」

時子「……………………………」

時子「…………もう切るわよ。次からは私に夕飯の心配なんてさせずに済むようになりなさい。…………明日にはちゃんと帰ってあげるわ。」ピッ

時子「……………………ふぅ……」

時子「…………手のかかる豚ね…」

拓海「そういや、ロケ先なんかで何時もこの時間になると……とは思ってたが…………」

時子「…………?!い、いつから…………?!」

拓海「『ちゃんと食べてる?』ぐらいからだな。」

時子「…………さ、最初からじゃない………………」

拓海「>>100
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 11:58:38.30 ID:odyiRLmAO
へへ……時子もすっかり奥さんって感じだよな。んで、帰ったら存分に甘えるんだろ?(ニヤニヤ)
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 11:58:55.29 ID:erwryRHc0
「そういや聞いたんだがよ、新入りの誰だかってのがこっちに来てるらしいな…会えねえかな」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 11:59:55.00 ID:/+xxGqwdO
↑+亜季から電話
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 12:02:30.78 ID:FFMOv8vU0
安価把握

一時中断します
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:27:59.70 ID:FFMOv8vU0
再開します
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:28:38.74 ID:FFMOv8vU0
拓海「そういや聞いたんだがよ、新入りの誰だかってのがこっちに来てるらしいな……会えねえかな?」

時子「……全部聞いたのね……?」

拓海「いやー、新入りってのはどんな奴だろうなー?」

時子「……答えなさい、全部聞いたのよね…………?」

拓海「さあ、何の事だかさっぱりだぜ?それよりも新入りの事なんだがよ…………」

時子「………………………………」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/29(金) 20:30:09.23 ID:FFMOv8vU0
時子「…………殺す。」

拓海「…………は……?」

時子「……あなたを殺して私も死ぬわ…………」

拓海「………………時子……?」

時子「クックック……こんな侮辱を受けたのは生まれて初めてよ………覚悟なさい!!」

拓海「……お、おい……!!」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:31:18.72 ID:FFMOv8vU0
温泉


菜々「ん、何だか脱衣所の方が騒がしいですね………?」

心「若いし色々あんだよ☆若いうちはあれぐらいで丁度いいんだぞ☆」

楓「若いから和解もできますしね。」

心「あはははは!違えねえ☆…………喧嘩しても仲直りすりゃいいんだよ……」

菜々「……………若さが羨ましいですね……」

楓「大人じゃないとお酒が飲めませんよ?」

菜々「むむむ………それでも若さが欲し……いや、お酒も………………う、ウサミン換算で……………?」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:32:38.78 ID:FFMOv8vU0
拓海・時子の宿泊部屋



時子「…………………………」

拓海「…………………………」

時子「…………………………悪かったわね…………」

拓海「……………………別に。」

時子「………………そう……」

拓海「………………………………」

時子「………………………………」

拓海「………次からは場所は選ばねえとな……」

時子「>>109
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 20:34:44.20 ID:odyiRLmAO
……そうね……温泉の従業員に迷惑かけたらいけないものね……
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 20:38:04.57 ID:erwryRHc0
↑…来客かしら?(件の新人が挨拶回りに)
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:44:20.11 ID:FFMOv8vU0
時子「……そうね……温泉の従業員に迷惑かけたらいけないものね……」

拓海「……何だよ、常識はあるんだな……?」

時子「………常識ぐらい豚にだってあるわ。……支配者と我儘娘は違うのよ。」

拓海「………………………………」

時子「………………何よ……?」

拓海「…………いや、時子が当たり前の事言ってんのすげえ違和感あんな。」

時子「アァン?」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:51:08.08 ID:FFMOv8vU0
時子「…………喧嘩なら買ってあげる……と言いたいところだけど…………今はいいわ。」

拓海「…………癪で仕方がねえが同感だぜ…」

時子・拓海「…………………………」

ガス……ガス……

時子「……来客かしら…?」

拓海「……来客だぁ?……時子、お前出ろ。」

時子「………………チッ……私に命令するとはいい度胸ね。」スク……
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:56:28.27 ID:FFMOv8vU0
時子「この借りは必ず返させるわよ。」

拓海「……チッ、一々大袈裟な野郎だぜ。へえへえ、分かりましたよ、時子様。」

時子「………豚が……………」スタスタスタスタ……

時子「……私の手を煩わせるなんて覚悟は出来てるんでしょうね!」
ピシャッ!

レオゴン「…………………………」

時子「………………………………」

拓海「………………ん?」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 21:03:56.23 ID:FFMOv8vU0
〜〜〜


レオゴン「………………」チョコン

拓海「…………お前が新人か……?」

レオゴン「………………」コクッ

時子「……また妙なのが……何なのよコイツは…………?」

拓海「アタシが聞きてえよ………これはまた予想外だぜ…………」

レオゴン「……………………」

時子「………………よく見たら可愛いわね……」ボソッ

拓海「ん、何か言ったか?」

時子「…………何でもないわよ。それより……どうするの、この新人とやらは…?」

拓海「>>115
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 21:05:56.91 ID:oPs+UrvAO
近くに芦ノ湖があるし、放してやろうか
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 21:08:27.47 ID:JGwd6ccNO
どうするって……飼い主を探してやるんじゃないのか?
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 21:16:23.58 ID:FFMOv8vU0
拓海「どうするって……飼い主を探してやるんじゃねえのか?」

時子「……………………チッ……」
ムンズ

レオゴン「キュッ?!」

時子「…………別にとって食いやしないわよ…」ギュッ

レオゴン「…………………………」

拓海「…………………………」

時子「……こんな不思議生物、一人で歩かせておくわけにはいかないでしょう。ちょっとしたパニックになるじゃない。」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 21:27:55.99 ID:FFMOv8vU0
時子「そんな下らない理由で休みを不意にされたら堪らないわ。……コイツの飼い主にはきっちり教育をしてあげないとね。」

拓海「……………………」ニヤニヤ

時子「……何よ、気持ち悪い。」

拓海「………動物の抱き方とか慣れてるよな?」

レオゴン「……………………♪」

時子「アァン?豚の可愛がり方ぐらい知っていて当然でしょう、本当に脳に行くべき栄養が胸に行ったのね。」

レオゴン「……………………………」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 21:35:08.52 ID:FFMOv8vU0
時子「………私の旅行鞄からタオルを出しなさい。ほら、早くしなさい。グズは嫌いよ。」

拓海「…………人使いの荒え奴だぜ…勝手に漁っていいのか?」

時子「貴女の頭は何の為にあるの?今はそんな雑事に拘ってる場合じゃない事ぐらい分かるでしょう?」

拓海「…………はいはい…勝手に漁らせていただきますよ、時子様!」

時子「許可してあげるわ。」

レオゴン「…………………………」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 21:41:17.50 ID:FFMOv8vU0
〜〜〜


時子「まあ、こんなものね。」

タオルの塊「キュ?」

時子「これで見た目は誤魔化せるわね………いい、私の許可なく鳴くんじゃないわよ?」

タオルの塊「…………………………」

時子「…………フン、どこかの馬鹿な雌牛よりは脳味噌があるようね。」

拓海「何だとコラ!!」

時子「>>121
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 21:43:07.18 ID:odyiRLmAO
それよりも、この子の飼い主を見つけないと…まぁ、検討はついてるんだけどね。
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 21:43:17.29 ID:oPs+UrvAO
(レオゴンに)この雌牛については気にしなくていいわ。さて、あなたの飼い主はどこにいるか教えてくれるかしら?
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 21:49:15.52 ID:FFMOv8vU0
時子「この雌牛については気にしなくていいわ。さて、あなたの飼い主はどこにいるか教えてなさい。」

拓海「アァン?」

時子「うるさいわね、この子が怯えるじゃない!」

タオルの塊「……………………」

拓海「………………チッ……」

時子「……で、何処に居るの?」

タオルの塊「……………………」

時子「…………哭きなさい。」

タオルの塊「キュ…………?」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 21:57:08.30 ID:FFMOv8vU0
大広間



夕美「え、えっと………大きさはこれぐらいで………緑色で……それから日光浴が大好きで………」オロオロ……

夕美P「落ち着いて、マイリトルスイートハニー。」

夕美「だ、だってぇ…………!」

夕美P「大丈夫だから、ね……?」

夕美「………………………………」

夕美P「そう遠くまでは行ってないはずだから……まずは旅館の中を重点的に探そう?」

夕美「…………う、うん……」
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 22:10:32.98 ID:FFMOv8vU0
心「えっと……名前が何だっけ…?」

夕美「レオゴンだよ!………大切な家族なの………もし……何かあったりしたら………………」

夕美P「……………………」ギュッ

夕美「…………心配だよ………………」

心「はぁ………せっかく良い気持ちで酔ってたのによ…………」

楓「…………頑張りましょう…?」

心「………仕方ねえな…☆」

夕美「…………二人ともありがとう…………」

夕美P「ありがとうございます………」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 22:15:02.55 ID:FFMOv8vU0
心「……じゃあ、はぁとはあっち側を探すから、楓ちゃんはこっちをお願い。」

楓「…分かりました。」

夕美「………………レオゴン…………」

夕美P「……………………」ギュッ …

時子「探し物はこれじゃないのかしら?」

タオルの塊「キュー!キュー!」

夕美「……………………!!」

拓海「……夕美……ひょっとしてコイツお前のか……?」

夕美「>>127
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 22:18:04.57 ID:erwryRHc0
びっくりしすぎて朝美に交代
「ちょっと夕美⁉︎…もう、しょうがないなあ…」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/29(金) 22:18:40.09 ID:oPs+UrvAO
レオゴーン!!
(回想シーン)
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 22:19:58.95 ID:FFMOv8vU0
安価把握

一時中断します
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:06:54.64 ID:Z4gF60oB0
再開します
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:07:50.69 ID:Z4gF60oB0
夕美「レオゴーン!! 」

レオゴン「キュー!!」ピョーン!

夕美「………ずっと探してたんだからねっ…!」ギュッ……

レオゴン「…………キュゥ……」
ピトッ……

夕美「…………もう……全く…………」ギュッ……

レオゴン「…………………………」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:08:49.31 ID:Z4gF60oB0
〜〜〜


夕美父「夕美、今日は僕から夕美にお土産があるんだ。」

夕美(5歳)「お土産?!新しい花の種とかかなっ?」

夕美父「あっはっはっは……ちょっと違うかな…………新しい家族、かな…?」

夕美「家族…………?」

夕美父「ふふっ、手を出してごらん。」

夕美「………………こう…?」スッ…

夕美父「…………はい。」ポン…

レオゴン(幼体)「…………キュ?」

夕美「……………………!!」///
パァァァァァ……
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:10:28.99 ID:Z4gF60oB0
夕美父「僕のお友達のところで生まれた子をもらってきたんだ。……きっと夕美の良いお友達になると思ってね。」

レオゴン「………………キュ……?」

夕美「………………!!ありがとう、お父さんっ!」///

夕美父「ふふっ……今日から君は僕らの家族だよ、よろしくね。」

レオゴン「………………キュー♪」

夕美「………………………」///


〜〜〜
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:11:54.16 ID:Z4gF60oB0
夕美「…………良かったぁ…………本当に良かった…………」

レオゴン「キュゥ………………」
ギュッ……

心「………………………………」

夕美「…………ありがとう、時子さんに拓海ちゃん………」

時子「フン、次からは逃さないようにしっかり飼いなさい。」

夕美「……うん…………うん…………」

レオゴン「キュキュキュ……………」

拓海「…………良かったな。」

心「>>135
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 12:18:54.92 ID:AemrC9ji0
んじゃ、これで改めて仕切り直せるな、婚約祝い
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 12:21:20.12 ID:mzFTiLpAO
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:27:26.46 ID:Z4gF60oB0
心「……んじゃ、これで改めて仕切り直せるな、婚約祝い。……あっ、仕切り直しだぞっ☆」

楓「しきりに仕切り直したがってましたからね。」

拓海「……婚約祝いって誰の………………」

夕美「…………………………」///

夕美P「マイスイートハニーと……僕のさ!ああ、こんな日が来るなんて、今日もまたアニバーサリー!!」

拓海「…………マジか?!」

夕美「う、うん………………」///
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:37:36.32 ID:Z4gF60oB0
夕美P「僕の愛しのスゥイートエンジェルとハネムーンの最中だったんだけど…偶然ハートさんたちと出会ってね……是非お祝いさせて欲しいって言ってもらったんだ!」

夕美「……………………」///

時子「………毎日告白しては振られていたからてっきりそう言うプレイなのかと…………」

拓海「…………お、おめでとう……?」

夕美「…………ありがと…」///

心「ったく☆そう言う事は早く言って欲しかったなぁ☆……言えよ☆」

夕美P「ハハハ、ソーリー、ミス・ハート。ハネムーンから帰って来てからゆっくり発表するつもりだったんだ。」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:48:20.11 ID:Z4gF60oB0
楓「こんな旅館で一緒になるなんて……フフッ……何だか不思議ですね………」

拓海「世の中ってのは案外狭めえな…ん、菜々さんは……?」

心「お部屋でお休みしてるぞ☆全然起きねえ☆」

楓「せっかくお祝いのお酒が飲めるのに………」

拓海(まだ飲むのか……?!)

時子「ザルを通り越してワクね……呆れて言葉が出てこないわ……」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 12:56:50.38 ID:Z4gF60oB0
時子「……さっき散々飲んでたんだからあんまり飲むんじゃないわよ。」

心「大丈夫、大丈夫☆ちゃんとした結婚式の前祝いなんだからぁ☆」

楓「おちょこで飲むから大丈夫です。」

時子「何がどう大丈夫なのよ………」

楓「………………………」

時子「………ハァ………三本までよ。」

楓「……時子ちゃん……」パァァァァァ……

時子「>>141
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 12:58:51.46 ID:mzFTiLpAO
その顔ムカつくから、やっぱり一本だけにしなさい
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 13:01:37.70 ID:AemrC9ji0
↑夕美「やっぱり隠すのはよくないよね…私のこと、話さなくちゃ」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 13:10:41.69 ID:Z4gF60oB0
時子「…その顔ムカつくから、やっぱり一本だけにしなさい。」

楓「……………!」ガーン

心「時子ちゃんのいけず☆」

時子「アァン?誰が介抱する破目になると思っているの?酔っ払い共を外に投げ捨てていいなら、いいわよ?」

楓・心「……………………」

時子「………………………」

楓・心「……………………………」

時子「あーもう、分かったわよ!三本、三本きっかりよ!」

楓・心「……………!」パァァァァァ……

時子「チッ…………」
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 13:19:40.41 ID:Z4gF60oB0
菜々「……うう………みんな酷いです……」ヨタヨタ……

拓海・時子(……うわ…………)

菜々「はぁとちゃんも楓ちゃんもぉー……どーして菜々を置いて行っちゃうんですか?!薄情者ぉー!………ひっく………」ヨタヨタ…

心「いや……だって起こしても起こしても…………」

菜々「自分たちでだけ飲もうなんて………ずるいですよ……!」ヨタヨタ…

拓海「………いいのか17歳…」ヒソヒソ…

時子「……あれはきっと……ああ言うものなのよ……」ヒソヒソ…
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 13:32:17.83 ID:Z4gF60oB0
拓海「ハァ……多分アイツら飲む理由にしてえだけだぞ…?」ナデナデ

レオゴン「キュ………♪」

夕美「賑やかな方が楽しくていいよっ♪……ね?」

夕美P「そうだね、マイスイートハニー!…ただ、もっと僕らのウェディングパーティは賑やかでワンダフォーな物になるよ。」

夕美「……………夕美Pさん…………」///

拓海「…………………………」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 13:39:03.33 ID:Z4gF60oB0
菜々「飲むぞー!」

心・楓「おー!」

時子「………ハァ…………」

拓海「懲りねえ奴らだぜ………」

夕美「…………それと……やっぱり隠すのはよくないよね………私のこと、話さなくちゃ…」

夕美P「…………ハニー……」

夕美「…………………………」

夕美P「…………………………」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 13:49:52.64 ID:Z4gF60oB0
〜〜〜


夕美「…………って言う事なんだけど………」

菜々「………夕美ぢゃん………ぐすっ………これからも困った時はナナに何でも言ってください……」ブワァ……

心「ぐすっ………歳とると涙脆くなっていけねえな…………おめでとうな……」

時子「………何よ、勿体振りつけた割には大した話じゃないじゃない。貴女は貴女、それで十分よ。」

拓海「………改めてよろしくな、夕美。」

夕美「……………みんな………」

楓「………みんな夕美ちゃんの友達
よ。」

夕美「…………………………………」

菜々「>>148
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 13:53:04.33 ID:mzFTiLpAO
ところで夕美ちゃん……

ナナは何歳に見えますかぁ?
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 14:05:37.40 ID:AemrC9ji0
このこと…凛ちゃんや花屋のみんなには?
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 14:06:11.67 ID:P8HK56bb0
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 14:13:37.21 ID:Z4gF60oB0
菜々「…この事……凛ちゃんやお花屋さんのみんなには?」

夕美「………ちゃんともう話したよ………みんな……別にそんなの気にするまでもないって………」

菜々「………そうですか………よく話してくれましたね……」

夕美「…………………………」

菜々「…………いい子たちですね……」

夕美「…………うん……」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 14:20:17.05 ID:Z4gF60oB0
心「うぉーっ……今日は夕美ちゃんたちの幸せを願って朝まで飲むぞー!!」

楓「……おめでとうございます。」
ペコ…

夕美P「…ありがとうございます……」

時子「コイツが何かしたらすぐに言いなさい、躾けてあげるから。」

夕美「う、うん…………」

拓海「……………うちの事務所はどうなってんだよ………へへっ……」
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 14:28:17.72 ID:Z4gF60oB0
〜〜〜


夕美P「……ハニー………愛してるよ…………」スヤスヤ……

夕美「………………私もだよ……」
ナデナデ……

夕美P「…………ハニー………」スヤスヤ……

夕美「………………………」ナデナデ…

菜々「……うーん………ナナのお酒がぁ………飲めないんですか……」スヤスヤ……

心「………も、もう無理ですって……」スヤスヤ……

楓「…すー………すー………」スヤスヤ……

時子「…………ハァ……」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 14:35:18.74 ID:Z4gF60oB0
時子「…………このアル中共は……豚、部屋まで運ぶのを手伝いなさい。」

拓海「アタシに命令すんな。……えっと泊まってる部屋はさっき聞いたから………」

夕美「…………時子さん、拓海ちゃん。」

時子・拓海「……何(よ?)(だよ?)」

夕美「…………さっきはこの子を見つけてくれて本当にありがとう……」

レオゴン「キュー………キュー………」スヤスヤ……

夕美「………お礼って言ったらアレだけど……もし、これから私に出来る事があったら何でも言って。」

拓海「>>155
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 14:42:30.53 ID:AemrC9ji0
それなら…早苗P達に力貸してやってくれねえか…
あいつ、最近P達と何かやろうとしてるみてえでよ…
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 14:44:47.12 ID:mzFTiLpAO
なら、今まで通りの夕美でいてくれねえか?
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 14:52:08.46 ID:Z4gF60oB0
拓海「なら、今まで通りの夕美でいてくれねえか?……何か頼む時はあるかもしれねえが、そん時はそん時だ。」

夕美「……………………」

時子「小娘の力を必要とする程落ちぶれちゃいないわ。自分の立場を弁えなさい。」

拓海「……コイツも今まで通りにしてりゃ構わねえとよ。」

夕美「…………………………」

時子「私はそんな事で調子に乗らないでって言ったつもりだったんだけど、貴女には言語能力が欠落してるのかしら?」

拓海「うるせえ、黙れ。あとついでにくたばれ。」

時子「アァン?」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 15:01:15.57 ID:Z4gF60oB0
拓海「………まあ、アレだ。別にアタシらはそう言うつもりでソイツの飼い主を探してやった訳じゃねえよ。」

時子「………チッ……そう言う事よ。音になんて着ないでちょうだい、鳥肌が立つわ。」

夕美「…………ありがとう…二人とも………」

夕美P「………大好きだよ………ハニー…………ただ居てくれるだけで…………僕は………幸せ………」スヤスヤ…

夕美「…………………………」

時子「………私は酔っ払い共を片付けたら部屋に帰らせてもらうわ。………後はその男と好き勝手にやりなさい。……行くわよ、雌牛。」

拓海「あ”あ”?!」
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 15:10:20.33 ID:Z4gF60oB0
時子「……新婚旅行に水を差すつもり?」

拓海「……………………」

時子「……飼い主には散々調教してあげるつもりだったけど興が冷めたわ。……私も焼きが回って来たわ…」

夕美「…………時子さんっていい人だよね……?」

時子「アァン?冗談じゃないわ。私はただ他の人間に下僕共の主人面されるのが気に食わないだけよ。」

夕美「……………ふふっ……」

拓海「…………邪魔者は消えるか……また事務所で会おうぜ。」

夕美「…………うん…」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 15:15:48.69 ID:Z4gF60oB0
拓海・時子の宿泊部屋



時子「……………ハァ………」

拓海「………どうした、時子Pが恋しいか?」

時子「口の利き方に気を付けなさい、豚が。」

拓海「へーへー……」

時子「………………………」

拓海「……………………………」

時子「…………調子が狂うわ……」

拓海「……ん?」

時子「>>161
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 15:21:36.83 ID:1XlcIWLcO
昔はこんなに人と触れ合わなかったから……変わったわね、私も
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 15:21:44.39 ID:I8Ms9UrAO
あんな豚なんていなくても平気なはずなのに、なぜだかすごく寂しいのよ……
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 15:27:19.17 ID:Z4gF60oB0
安価把握

一時中断します
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 20:39:46.49 ID:Z4gF60oB0
再開します
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 20:41:54.90 ID:Z4gF60oB0
時子「あんな豚なんていなくても平気なはずなのに、何故だかすごく寂しいのよ………」

拓海「……………………」

時子「………………………」

拓海「……………ンフ……」

時子「…………しまった…………」

拓海「……ククッ………成る程成る程…………寂しい……寂しいと来たか………クックック………」ニヤニヤ

時子「チイッ!この駄肉がァ………!!」ワナワナ……
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 20:43:02.60 ID:Z4gF60oB0
時子「今私が言った言葉を全て忘れなさい!貴女がしていい返事は『はい』だけよ!」

拓海「今言った言葉って何の事でしたっけ、時子様?えっと……時子Pがいねえと何だかすごく寂しい……」ニヤニヤ

時子「……………」ギリィ…!

拓海「おお、怖え怖え!ビビりすぎて今聞いた事を喋っちまいそうだぜ!」
ニヤニヤ

時子「………………」ギリギリィ…!

拓海「ん、どうしましたか、時子『様』?」ニヤニヤ

時子「…………………」ギリギリギリィ…!
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 20:43:50.50 ID:Z4gF60oB0
拓海「時子さ………」

時子「…………豚が居ないと寂しいって言ったのよ!!………これで満足かしら!!」

拓海「………………………」

時子「…………………………」

拓海「………時子ー……?」

時子「うるさい、雌牛!!…………………寂しかったら……何がいけないのよ………!」

拓海「…………お、おう……」

時子・拓海「………………………」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/30(土) 20:45:03.08 ID:Z4gF60oB0
時子「………………酷い屈辱だわ……」

拓海「あー……笑って悪かったよ。時子にも案外可愛いところがあんだなって思ってよ。」

時子「うるさい、死ね。」

拓海「…………………ハァ………」

時子「………………………………」

拓海「アタシが悪かったよ、な?」

時子「………………………………」

拓海「>>169
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 20:48:50.50 ID:AemrC9ji0
……で、なんでお前まで盗み聞きしてんだ?
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 20:58:29.03 ID:mzFTiLpAO
頭を撫でてやる
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 21:08:17.43 ID:Z4gF60oB0
拓海「……………………」ナデナデ

時子「………何をしてるのかしら…?」

拓海「見りゃ分かんだろ。頭を撫でてんだよ。」ナデナデ

時子「…………………………」

拓海「………………………」ナデナデ

時子「…………そう言う事を聞いてるんじゃなくて、誰の許可を得て触っているの、と言う意味よ。」

拓海「ケチケチすんなよ、減るもんじゃねえだろ。」ナデナデ
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 21:19:07.14 ID:Z4gF60oB0
時子「……私が不愉快なのよ。今すぐその汚らわしい手を退けなさい。」

拓海「まあまあ、な?」ナデナデ

時子「………………………………」

拓海「…アレだな、人に慣れねえ猫が気紛れで撫でさせてくれた時みてえな…………?」ナデナデ

時子「…………………………………」

拓海「……時子って髪『は』綺麗だよな。」ナデナデ

時子「『は』じゃなくて『も』よ。」
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 21:28:57.30 ID:Z4gF60oB0
時子「…………私の頭を撫でるなんて栄誉を受けられるのは豚と貴女だけよ……………」ボソッ……

拓海「ん、何か言いやがったか?」

時子「………………別に。」

拓海「……………………?」

時子「年上の頭を撫でるなんて礼儀も知らないガキね、って言ったのよ。」

拓海「…………ケッ、やっぱり可愛くねえぜ。」

時子「………………フン。」
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 21:36:43.21 ID:Z4gF60oB0
時子「…………ただ、まあ…今日は気分が良いから……特別に許可してあげるわ。その手を切り落として永久保存する事ね。」

拓海「………………今日はやけにしおらしいな……お前マジで時子か…………?」

時子「アァン?それ以外に見えるんだったら貴女の眼窩にはガラス玉が入っているのね。」

拓海「………………………………」

時子「………………………………」

拓海「……………アタシとお前の関係って何だろうな…?」

時子「豚と主人。」

拓海「…………………………………」

時子「>>175
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 21:39:48.06 ID:mzFTiLpAO
……不満なら小豚に格上げしてやってもいいわよ? 年下だし
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 21:41:06.90 ID:I8Ms9UrAO
……(でも、本当にこの数日でこの豚がすごくいとおしく思えるようになった…)私が家畜として認めてあげたのよ?光栄に思いなさい!
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 21:46:34.30 ID:Z4gF60oB0
時子「……(でも、本当にこの数日でこの豚がすごく愛おしく思えるようになった…)私が家畜として認めてあげたのよ?光栄に思いなさい!」

拓海「それで喜ぶのはテメエのファンだけだ。」

時子「なら貴女も私のファンになりなさい。」

拓海「ハッ、お断りだぜ。」

時子「口が減らない豚ね。」

拓海「口の減らねえ奴だぜ。」

拓海・時子「…………………………」
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 21:53:38.97 ID:Z4gF60oB0
拓海「ハァ…………そりゃあつまりアタシを認めてくれてると取ってもいいんだな?」

時子「…………………………」

拓海「………………アタシもお前の事はそれなりに認めてるぜ。」

時子「豚に主人と認められるのは女王としては当たり前よ。」

拓海「そう言う意味じゃねえよ。」

時子「…………じゃあどう言う意味よ?」

拓海「………………………………」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 21:57:57.17 ID:Z4gF60oB0
拓海「………………………………ダチ…………?」

時子「………………は?」

拓海「…………何でもねえ、忘れろ。」

時子「………………そう。」

拓海「……………………………」

時子「………………貴女ってやっぱり馬鹿ね。」

拓海「……何だよ、急に。」

時子「…………………………………」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:04:54.42 ID:Z4gF60oB0
時子「………どうして私を温泉に誘ったの…?」

拓海「…………………………」

時子「…………………………」

拓海「…………Pの野郎が、胸がデケえと肩が凝るだろうから温泉でも浸かってこいって旅券を渡しやがったんだよ。」

時子「…………で?」

拓海「勿論沈めてやったぜ。…ったくあの野郎は………ハァ…………」

時子「………………………………」
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:12:02.96 ID:Z4gF60oB0
時子「……それが私とどう関係が……?」

拓海「…二人分あるから……………でも誘えって言われたんだよ……」

時子「アァン?」

拓海「…………っ!!…………ダチでも誘えって言われたんだよ!」

時子「………………………………」

拓海「………………………………」

時子「…………ますます理由が分からないわ。別にそれなら私である必要はないじゃない……単細胞生物の考えは理解に苦しむわ。」

拓海「>>183
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 22:16:34.29 ID:AemrC9ji0
別に理解してもらおうとか思わねえよ、んなめんどくせえこと…
直感だ、単細胞生物の精一杯のな
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 22:18:57.03 ID:keJnUF3DO
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/30(土) 23:01:30.84 ID:x85OAGMNO
なんだか一緒に行きたいなーって思ってな
時子といるとなんだかんだ面白いからな
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:07:01.52 ID:Z4gF60oB0
拓海「何だか一緒に行きたてえなって思ってな。……時子と居ると何だかんだで面白えからな。」

時子「………………フン…馬鹿らしい理由ね。」

拓海「………嫌だったか…?」

時子「………何を今更、貴女といて不愉快じゃなかった事なんてないわ。」

拓海「……アタシもお前と居ると腹が立ってしょうがねえよ。」

時子・拓海「…………………………」
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:12:20.59 ID:Z4gF60oB0
時子「…………良い暇つぶしになる事は確かね。退屈しないのは否定しないわ。」

拓海「…………褒め言葉と受け取っておくぜ。」

時子「………………勝手になさい。」

拓海「……………へーへー。」

時子「…………………今回も良い暇つぶしぐらいにはなったわ。…………喜びなさい。」

拓海「…………そりゃ何よりでございます時子様。」

拓海・時子「…………………………」
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:17:40.11 ID:Z4gF60oB0
拓海「…………また二人で温泉でも来るか?」

時子「……………考えておいてあげるわ。」

拓海「………………そうか…」

時子「………………………………」

拓海「………次は静かに泊まりてえな…」

時子「…………それに関しては同感だわ。」
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:24:26.55 ID:Z4gF60oB0
時子「…………私はもう寝るわ。」

拓海「……じゃあアタシも寝る事にするか…」

時子「……そのまま永遠に眠りに就きなさい。」

拓海「……奇遇だな、アタシも同じ事言おうとしてたぜ。」

拓海・時子「…………………………」

拓海「………………お休み。」

時子「…………………………」ゴロ……

拓海「…………………………」

時子「……………………フン………」
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:30:55.75 ID:Z4gF60oB0
数日後 事務所



拓海「上等だ!!表に出ろ、コラァ!!」

時子「生意気なのよ、豚が!!上下関係を体に叩き込んであげるわ!!」

P「今日の喧嘩の原因は?」

時子P「法子ちゃんからの差し入れのドーナツの最後の一個の取り合い。」

拓海・時子「ぐぬぬ…………」

P「…………仲良いなあ…」

時子P「ですねー。あ、この温泉まんじゅうおいしい…………」




二人は仲良し
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:44:08.21 ID:Z4gF60oB0
ドナキチ
・・ ・・
モバP ← 時子様

(三すくみの関係)

最初に比べて時子様はデレてましたね…………
暇つぶし云々仰ってたのが、待ち合わせでお待ちしてくださるようになったんですから……………可愛い

早く時子様の美声が聞きたいです………
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/05/31(日) 00:56:28.01 ID:jhFeORVAO

シリアス編はまだ伏線を張られに来るはずだから多少はね?
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:45:34.34 ID:0e6YHmvh0
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1433061149
69.27 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)