このスレッドはSS速報VIPの過去ログ倉庫に格納されています。もう書き込みできません。。
もし、このスレッドをネット上以外の媒体で転載や引用をされる場合は管理人までご一報ください。
またネット上での引用掲載、またはまとめサイトなどでの紹介をされる際はこのページへのリンクを必ず掲載してください。

【安価・コンマ】ファンタジー世界であれこれ【バトル?育成?5スレ目?】 - SS速報VIP 過去ログ倉庫

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:20:54.41 ID:+3KBuzegO

 5スレ目
 ひとりめの主人公モニカは王国を憎み、とうとう悲惨な末路をたどった…
 ふたりめの主人公シリウスはトレジャーハンターとして世界を歩み、どんな宝にもまさるものを手に入れ、旅を続ける
 さんにんめの主人公スピカは人の悪意が跋扈する現実で大切なものを失いつつ、誰もが手と手を取り合える理想の世界を信じた
 よにんめの主人公ヨダカは見下している人間と一蓮托生の呪いを受け、

 どんな結末も安価とコンマ次第!
 愉快犯罪に手を染めるゲスプレーもよし、見知らぬ幼女を引き連れる聖人プレーもよし!
 どうにかこうにか悪堕ちすまいとがんばるもよし、自由きままに振る舞ってもよし!



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434630054
【 このスレッドはHTML化(過去ログ化)されています 】

ごめんなさい、このSS速報VIP板のスレッドは1000に到達したか、若しくは著しい過疎のため、お役を果たし過去ログ倉庫へご隠居されました。
このスレッドを閲覧することはできますが書き込むことはできませんです。
もし、探しているスレッドがパートスレッドの場合は次スレが建ってるかもしれないですよ。

後輩「ハーレム、作ってみたくないですか?」 @ 2018/10/19(金) 01:03:52.54 ID:qYinvkx/0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539878632/

荒木比奈のジュブナイル @ 2018/10/19(金) 00:01:19.61 ID:TYKVB7XU0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539874879/

【モバマス】未央「目の数なら28つ」凛「怖いね」 @ 2018/10/18(木) 23:00:07.31 ID:D7Jz/k2d0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539871204/

茶柱「世界で一番可愛いのは夢野さんです!!」逆蔵「いやちげえ、宗方だ!!」 @ 2018/10/18(木) 22:44:15.06 ID:ErGFB+j1O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539870255/

【少女歌劇SS】華恋「リビングで皆とゲーム!」 @ 2018/10/18(木) 22:10:58.78 ID:j0UbndGP0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539868258/

真美「ひびきんとドッキリ」 @ 2018/10/18(木) 21:16:23.23 ID:sYwv3Xnr0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539864982/

シャア「かかったな、アムロ!アクシズ落としはブラフだ」 @ 2018/10/18(木) 18:46:32.40 ID:6uixh08K0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539855991/

荒木比奈「今日も来ちゃった…ッス」 @ 2018/10/18(木) 18:20:14.43 ID:7cQkgdHk0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539854414/

2 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:21:16.78 ID:+3KBuzegO

 過去スレ
 1 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432114338/
 2 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432459818/
 3 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433240160/
 4 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434113061/

3 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:32:03.75 ID:+3KBuzegO

レイド「…甘やかすとは、どういう意味だ?」

シャニ「やたらと飴を与えたり、まるで馬のように背へ乗せていたりだ」

レイド「違う。これは…」

シャニ「これは?」

レイド「………あれだ」

シャニ「だから何だ?」

レイド「子どもは自主性を重んじないといけない。何をどう考えているのかは、つきあってやらないと分からない」

レイド「だから俺はこうして、いいように使われているだけだ。甘やかしているのは仕方がないことだ」

シャニ「つけあがるだけだと分かりきっている」

レイド「それは決めつけにすぎない」

シャニ「お前には関係がないだろう」

レイド「…」

シャニ「そういうわけだから、降りろ、ヨダカ」

ヨダカ「命令するな」ペッ

レイド(いいぞっ)

シャニ「…やはり、変態の類か…」ボソッ

レイド「っ!?」

シャニ「ん?」

レイド「…」パッ

 ステンッ

ヨダカ「おいっ! 急に放すな!」

レイド「………て、手が滑った」

レイド(尻餅をついたことで、M字の格好に…! いいぞ、これは…)ゴクリ

シャニ(やっぱり変態か…?)

フランソワ「…あの…」

レイド「……………服が汚れている。すすをおとしてやる」

 パンパン

フランソワ「あ…ありがとうございます…」

レイド(こっちは大人しくてかわいいっ…! こいつめ、こんなかわいいのを一人占めするつもりか、けしからんっ!)

シャニ(何なんだ、こいつ…?)


 【安価下1】
 1 結局、レイドがいついたままです
 2 シャニとレイドが何となく、剣呑
 3 で、お前何なの?ってヨダカがぶっこんだ

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:32:59.00 ID:RaTBWlkYo
1
5 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:36:51.25 ID:+3KBuzegO

フランソワ「夕ご飯…できました」

シャニ「ありがとう」

ヨダカ「…ひんそーだな」モグモグ

レイド(いちいち、食材の一口サイズが小さい…。これが、このコの一口、か…)ゴクリ

シャニ(どうしてこいつ、ちゃっかりいついてるんだ…)

フランソワ「お口に、あいますか…?」

シャニ「あ、ああ…。………もう、薬は盛ってないよな…?」

フランソワ「はい…」

シャニ「あ、いや、一応だから、そう落ち込むな」

レイド「例え薬が盛られていようが…味に変わりない。これはうまいものだ。胸を張るといい」キリッ

フランソワ「…はい」ニコッ

シャニ(こいつ…)

ヨダカ(具がすくねー…味薄いし…まずっ)


 【安価下1】
 1 コミュ
   ※相手も併記
 2 シャニに話があるって呼ばれた
 3 その他、自由行動

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:37:33.84 ID:1OI7WAszo
2
7 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:42:39.64 ID:+3KBuzegO

 パチパチ…

フランソワ「Zzz」

レイド「…」ジィッ

シャニ「………ヨダカ、ちょっと」

ヨダカ「……んだよ?」

 スタスタ

シャニ「あの男…どう思う?」

ヨダカ「ただの人間」

シャニ「…」

ヨダカ「…」

シャニ「お前に意見を求めた俺がバカだったな…」

シャニ「自然とついてきているが…何だか、怪しい感じがする」

シャニ「身の危険というより…こう…人間としての、漠然とした…拒否感というべきか…」

ヨダカ「人間のことなんか知らない」

シャニ「…」

シャニ「とにかく、俺はあいつのことが分からない」

シャニ「小児性愛者なのか、ペドフィリアなのか、小さいものを愛でるのが好きなのか、単なる子ども好きか…あるいはその全部か…」

シャニ「もしくは、そのどれもではないのか…はっきりしなくて落ち着かないし、ともにいるのは不安だ」

ヨダカ「で?」

シャニ「お前から探りを入れてくれ。…ほら、2つやるから」

ヨダカ「よっしゃ」パクッ

ヨダカ「モゴ…まかせとけ…モゴモゴ」

 トトトッ

ヨダカ「おい」

レイド「…どうした?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 この変態め。ほしいものを言ってみろ
 2 …(会話嫌い発動
 3 その他、自由台詞

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:43:49.58 ID:hkgvbYQBo
9 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:50:26.69 ID:7aoAeEVUO

ヨダカ「この変態め。ほしいものを言ってみろ」ペッ

レイド「!?」ゾゾゾッ

ヨダカ「…?」

ヨダカ(こう尋ねれば良かったんだよな…?)

レイド「…へ…変態ではない…」

ヨダカ「…ほしいものは?」

レイド(くっ…この眼差し…すごく…いいっ…!)

レイド(だが、ボロを出すわけにもいかん…否定せねば…)

レイド「…特にない」

レイド「だが…お前や、彼女のような幼い子が元気ならそれでいいだけだ…」

ヨダカ「…」

 スタスタ

レイド(もう終わりかっ…!?)

 スタスタ

ヨダカ「俺やあのチビみたいなのが元気ならそれでいいって」

シャニ「…単なる、子ども好き…か…? もっと詳しく聞いてこい」

ヨダカ「…何を」

シャニ「何でもいいから、仕事とか…名前も聞いてないではないか」

ヨダカ「…」

 スタスタ

ヨダカ「おい」

レイド(きたっ!)

レイド「何だ?」

ヨダカ「名前と仕事と、あとてきとうに」

レイド「…名はレイドだ。仕事は…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 レイド「…………旅人、だ」
 4〜6 レイド「………………………ない」
 7〜9 レイド「暗夜王国の騎士だ」ヨダカ「あんやおーこく…?」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:51:40.41 ID:Ff5aJidJ0
11 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 21:54:17.75 ID:7aoAeEVUO

レイド「…………旅人、だ」

ヨダカ「…で?」

レイド「…特に目的も宛てもなく、気のままに放浪をしている」

ヨダカ「…」

レイド「…あとは何を明かせばいい? 質問をしてくれ」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 じゃあもういい
 2 …自分で考えろ
 3 その他、自由台詞で質問してええんやで

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 21:56:34.70 ID:1OI7WAszo
1
13 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:03:04.29 ID:7aoAeEVUO

ヨダカ「じゃあもういい」

レイド(何ぃっ!?)

 スタスタ

レイド(待てっ…いっぱいあるはずだ、よく考えろっ…!)

 スタスタ

ヨダカ「――だって」

シャニ「ふむ…そうか」

シャニ「旅人で、特に何の宛てもない…か」

シャニ「誰でもそう偽れるような自己紹介だな…」

シャニ「………しばらくは、様子見をしておくか…」

ヨダカ「甘いのよこせ」

シャニ「さっきふたつやっただろう。虫歯になるぞ」

ヨダカ「むしば…?」

シャニ「歯が痛くなるぞ。控えめにしないとな」

ヨダカ「死ねハゲ」

シャニ「俺はふさふさだ。お前こそ、調子に乗るな、チビ」

ヨダカ「…」ジロ

シャニ「…」ジロ

ヨダカ・シャニ「「ふんっ」」


 【安価下1】
 次に辿りついたのは…
 1 城塞都市
 2 草原の村
 3 鍛冶の町


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持品:柄付きブーメラン 金塊

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:保護した少女 おとなしい

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:03:25.95 ID:RaTBWlkYo
1
15 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:12:58.32 ID:7aoAeEVUO

 ――バイス王国・城塞都市――

シャニ「ふぅ…やっと、ここまで来られた」

フランソワ「……おっきい、です」

シャニ「ああ。ここは――」

レイド「城塞都市。この町が丸ごと、国の奥地を守る砦となっている都市だ」

レイド「北東方面からバイス王国の首都へ向かうには、ここは避けて通れない」

レイド「そこで、ここに砦を築いて敵からの進攻へと備えている。バイス王国の要所であると言える」

フランソワ「…?」

レイド(よく分かってないきょとん顔かわいい…!)

シャニ「俺の説明を…」

ヨダカ(……人間が多い…。兵士も多い…)

シャニ「宿を取ろう」

レイド「!?」

レイド(ヨダカ…フランソワ…どっちだ、どっちとの相部屋を狙えばいいっ…!?)

レイド(ヨダカは…恐らく添い寝はムリだが、シャニの目を遮って好きなだけ甘やかせる。親鳥にエサを求める小鳥のように口を開くこと請け合い!)

レイド(フランソワは恐らく、強引にいけば…よしっ、フランソワの方が勝算が高い――!)


 ――バイス王国・城塞都市・宿屋――

シャニ「ヨダカ、フランソワを虐めるなよ」

ヨダカ「…」プイッ

シャニ「フランソワ…何かあったら、壁を叩け。すぐにいく」

フランソワ「は、はい…」

レイド「……何故、お前と相部屋なんだ?」ズイッ

シャニ「…宿賃を出せるのか? それなら、1人部屋をとってくれ」

レイド「」

シャニ「ヨダカ、俺は少し、出てくる。……戻ったら、甘いのをやるから、俺に叱られるだろうと予測できることはするなよ?」

シャニ「それと、前に叱ったことはもう忘れてはいまいな? トリ並の頭だとは思っていないが、失望させるなよ?」


 【安価下1】
 1 城塞都市をぶらつく
   ※行き先とかの希望あったら併記してみて
 2 コミュ
   ※フランソワorレイドから選択併記してね
 3 その他、どうする?

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:14:35.48 ID:hkgvbYQBo
1武具屋
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:14:55.11 ID:1OI7WAszo
1 城
18 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:18:50.22 ID:7aoAeEVUO

 ――バイス王国・城塞都市・武具屋――

*「いらっしゃい」

 ワイワイ

ヨダカ(人間の兵士が多い…)

フランソワ「…よ、ヨダカ」クイクイ

ヨダカ(何でついてきるんだ、こいつ)

フランソワ「…ヨダカ…?」

ヨダカ「…」チラッ

フランソワ「あれ、何?」

ヨダカ(………爪だろ)

フランソワ「……ご、ごめんね…」

ヨダカ(何がだし…)

*「お、お坊ちゃん、それにお嬢ちゃん、お買い物? でも、ごめんねえ、あと5年もしてからまた…」

ヨダカ「…」ジロッ

*「……ま、まあ…見てくだけなら、構わないんだけどね…」


 【安価下1】
 所持金:0G
 1 金塊をぶつぶつ交換をする
 2 見るだけ

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:19:42.11 ID:1OI7WAszo
1
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:20:01.99 ID:lcaHpEIr0
2
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:24:09.11 ID:UGKsIqHso
シャニから100ゴールド貰ってなかったっけ
22 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:29:00.33 ID:0laFWqbGO

 >>21 完璧に忘れてた! すみません。でも…100Gじゃ、買えるものないっす…

―――――

ヨダカ「…おい」

*「ん? 何かな?」

 ゴトッ…

*「こ、これっ…!?」

ヨダカ「交換しろ」

*「交換…ぶ…物々交換…で…?」

ヨダカ「…」ジロ

*「そ、そうですよね…そ、それで…どれと…?」

フランソワ(金だ…すごい…)

ヨダカ「うーん…」


 【安価下1】
 1 炎のブーメラン
   投げるとたちまち、炎に包まれます
 2 鋼のブーメラン
   とっても硬くて重量もあるので、威力を見込めます
 3 見習いの短剣
   兵士見習いがよく使う、短めの剣。取り回しやすいです
 4 その他、どんなのがいいん?
 5 やっぱやーめた

 ※物々交換のため、金塊より価値がないものと取引をしてもおつりなどは発生しませんのでご注意を
  ここで物々交換をするよりかは、換金をした方がきっとお得です

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:30:06.87 ID:RaTBWlkYo
2
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:30:45.98 ID:Ff5aJidJ0
5
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:32:05.39 ID:hkgvbYQBo
炎のブーメランの方がまだ価値があったかな
26 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:35:00.90 ID:xF/2tBVoO

ヨダカ「…これ」

*「鋼のブーメランでございますね…?」

*(丸儲けだ!)

フランソワ「それと…この金…同じ…なんですか?」

*「えっ…? あ、あー…そ、そうですねぇー…」

*「換金してみないと分かりませんけど…ま、まあ…このサイズですし…等価じゃないかと…」


 【安価下1】
 1 は? これだけのはずないだろ
 2 嘘をついたら…って脅す
 3 じゃあこれ(鋼のブーメラン)もってくから、ばいびー、って
 4 態度が怪しい…。やっぱなしで
 5 その他、どうにかするなら併記してちょんまげ

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:35:32.97 ID:lcaHpEIr0
4
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:35:35.70 ID:DZbmDDR/O
金塊手放すのはもったいないな
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:35:48.22 ID:UGKsIqHso
フランソワも欲しいの貰えばって
30 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:39:25.18 ID:9+iTzAJeO

ヨダカ「…やっぱいらない」ポイッ

*「ああ、商品がっ…!」

 バッ
 パシッ

ヨダカ「…」スッ ←金塊取った

 スタスタ

フランソワ「あ、ヨダカ…」トトトッ

*(折角のカモが…!)


 【安価下1】
 1 換金しよう
 2 何でついてくるんだよ、ってフランソワを威嚇
 3 宿に帰った
 4 その他、自由行動


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:100G
 所持品:柄付きブーメラン 金塊

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:保護した少女 おとなしい

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:41:01.67 ID:DZbmDDR/O
32 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:42:43.52 ID:9+iTzAJeO

 ――バイス王国・城塞都市・よろず屋――

*「ほほう…」

*「これはこれは…なかなか…」

フランソワ「いいの…?」

ヨダカ…」

*「そうですね…。このサイズなら…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 5万G
 4〜6 7万G
 7〜9 10万G
  0  20万G!

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:43:31.45 ID:hkgvbYQBo
34 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:46:49.90 ID:9+iTzAJeO

*「7万ゴールドでお引き取りいたします。よろしいですか?」

ヨダカ「…それで」

*「はい、どうも…」

 ジャラッ

 所持金:100G→7万100G

ヨダカ「…」スタスタ

フランソワ「大金…。あ、待って、ヨダカ…」トトトッ

*「どうもありがとうございました」


 【安価下1】
 1 再び武具屋?
 2 買い食い
   A フランソワ無視
   B フランソワが物欲しそうな顔でこっちを見ている! ………分けてやった
 3 ぶらりと散策
   ※行きたい場所あれば併記
 4 その他、自由行動

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:47:26.08 ID:hkgvbYQBo
2B
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:47:40.95 ID:1OI7WAszo
3
37 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:52:48.99 ID:9+iTzAJeO

<わた飴だよー!

ヨダカ「…」クンクン

フランソワ「あまいにおい…」クンクン

 フラフラ…

<お、食べるかい? ひとつ、10ゴールドだよ!

ヨダカ「…」つ10ゴールド

<まいどっ!

ヨダカ「おお…」パクッ

ヨダカ「!?」

ヨダカ(甘い…ふわってして、甘くて、とける…!? 何だ、これ? なにこれなにこれ、ヤバい、ヤバいヤバい…)ハムハム

フランソワ「…」ダバァ

ヨダカ「…?」チラッ

フランソワ「ハッ…」グシグシ

ヨダカ(よだれたらしてた…)

ヨダカ「…チッ」つ10ゴールド

フランソワ「ぇ…いいの…?」

ヨダカ「…」ハムハム

フランソワ「………ありがとう、ヨダカ」ニコッ

<はい、まいどー!

フランソワ「…」ハムッ

フランソワ「〜っ…おいし♪」ハムハム

ヨダカ「…」ハムハム

 所持金:7万100G→7万80G


 【安価下1】
 1 わたあめを堪能して宿に帰った
 2 さらにぶらつく
   ※行きたいとこあれば併記
 3 おや、シャニが建物から出てきた
 4 その他、自由行動

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 22:53:59.88 ID:RaTBWlkYo
2
39 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/18(木) 22:58:52.31 ID:dJqQPr0BO

 プラプラ

フランソワ「おいしかったぁ…」

ヨダカ「…」キョロキョロ

フランソワ「…今度は、どこいくの…?」

ヨダカ「…」スタスタ

フランソワ「あ、待って、ヨダカ」トトトッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 甘いのを探しては食べ歩いた。所持金:7万80G→6万9800G
 4〜6 ばったりレイドと出くわして、たんまり甘いのを買わせてむさぼり食った。満足
 7〜9 (外見的には)ちょっと年上っぽく見える少女に、珍しい武器持ってるからって声をかけられた


―――――

 本日はここまでです
 ありがとうございました

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 23:01:19.05 ID:hkgvbYQBo
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/18(木) 23:01:21.54 ID:Ff5aJidJ0
乙です
42 :じん ◆XWVTnloNXc [sage]:2015/06/19(金) 18:20:07.22 ID:7AQlueBXO

王子「再開だよ!」

王子「さてさて、今日はどうなるんでしょうね」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 さよならフランソワな事態からスタートです
 4〜6 キナ臭いお話を聞いちゃったシャニ
 7〜9 首都いくんとちゃうん?

43 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 18:21:05.43 ID:7AQlueBXO

王子「age忘れを深くお詫びするそうです」

王子「これは判定に数えないので、コンマお願いします」

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 18:31:30.58 ID:Yv99OgZyo
45 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 18:39:29.91 ID:7AQlueBXO

 ――バイス王国・城塞都市・屯所――

シャニ「任務…ですか?」

上官「そうだ」

シャニ「しかし、私は…」

上官「単独行動での任務となる。軍内においても行方の知られていないキミが適任だ」

シャニ「…」

上官「任務内容について、口外はしないように」

シャニ「どのような任務です?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 上官「天使を探せ」シャニ「…天使…?」
 4〜6 上官「天使の贋作というものを知っているか?」シャニ「…いえ」
 7〜9 上官「裏切り者を探し出して、捕縛。もしくは…抹殺をしろ。裏切り者の名は、カレン」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 18:40:35.68 ID:RaqHs3+no
47 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 18:44:14.62 ID:7AQlueBXO

上官「裏切り者を捜して、捕縛。もしくは…抹殺をしろ。裏切り者の名は、カレン」

シャニ「カレンって…」

上官「…知っているか? お前と同じく、バイス王国軍隊長であった女だ」

シャニ「何をしたのですか…?」

上官「…裏切りだ」

シャニ「…ですから――」

上官「これ以上を知る必要はない」

シャニ「…」

上官「いいな」

シャニ「……任務を、拝命いたしました」


 【安価下1】
 1 一方、ヨダカは宿で寝ていた
 2 一方、ヨダカはレイドとフランソワを引き連れて撞球にいそしんでいた
 3 一方、ヨダカは大量の綿あめをレイドに買わせて宿で夢中になって食べていた

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 18:45:00.16 ID:Yv99OgZyo
2
49 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 18:51:57.49 ID:7AQlueBXO

 ――バイス王国・城塞都市・宿屋の娯楽室――

ヨダカ「…」

 シュバッ
 カコンッ
 コトッ
 ポトッ

ヨダカ「っし…」

レイド(真剣なまなざし、いい…)

フランソワ「また、落としちゃった…」

ヨダカ「…」スッ

ヨダカ(あそこでクッションをして…)

 シュバッ
 カコンッ
 コスッ…

ヨダカ「ああくそっ!」

レイド「フランソワの番だ」

フランソワ「は、はい…」

 スッ

レイド「…こう、構えた方がいい」

レイド(華奢な手…いいっ)

フランソワ(鼻息があらい…)

 ガチャッ

シャニ「…ここにいたか」ツカツカ

ヨダカ「…」チラッ

シャニ「……レイド、教えるなら正しいやり方を教えるべきだ。フランソワ、そうじゃない」

シャニ「いいか、キューをこうして持ってだな…」

フランソワ「はい」

レイド(余計なことをっ…!)

 カコンッ
 カツンッ

フランソワ「あ、当たりました!」

シャニ「ああ。――っと…遊んでる場合じゃなかった」

シャニ「フランソワ…キミのこれからについてなんだが」

フランソワ「…はい…」

シャニ「…あー…キミがこれから暮らす場所を探してやりたいのはやまやまなんだが、そうもいかなくてな」

シャニ「明日から、しばらくキミの面倒を見てくれる者が来てくれる。だから、ここでさよならになるんだ」

レイド(何、だと…)

ヨダカ「【安価下1】」

 1 …(興味なしの無言
 2 …は?
 3 その他、自由台詞

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 18:52:57.18 ID:BgmxZdK3o
2
51 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 18:56:52.80 ID:7AQlueBXO

ヨダカ「…は?」

シャニ「…何だ?」

ヨダカ「それ、手放すの?」

シャニ「…それじゃない。人間をもののような言い方するな」

シャニ「大体、手放すとは何だ。それこそ所有物のような――」

ヨダカ「戦利品だろ、だって」

フランソア「…せんりひん…?」

シャニ「…ヨダカ、ちょっと来い」グイッ

 ズルズル

シャニ「いいか…ここは、お前のいた魔界じゃないんだ。意味の分からないことを言うな」

ヨダカ「戦って勝って、手元に残ったのは自分のものだろ」

シャニ「だから、彼女は物品じゃない」

ヨダカ「物だろうが生きものだろうが土地だろうが権利だろうが、勝者のところに残ったら勝者のものだろ」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 それを捨てるとか…これだから人間は…
 2 大体、不本意だけどあれは俺とお前で得たものなのに、お前が決めるな。お前がいらないなら俺がもらう
 3 その他、自由台詞

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 18:59:25.01 ID:RaqHs3+no
53 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:04:03.58 ID:7AQlueBXO

ヨダカ「大体、不本意だけどあれは俺とお前で得たものなのに、お前が決めるな。お前がいらないなら俺がもらう」

シャニ「何を身勝手なことを…。彼女は、彼女だ。誰のものでもない」

シャニ「そもそもだ。もらう、とはどういうつもりだ」

ヨダカ「そのまま」

シャニ「じゃあ、お前が彼女に食事を与え、服を与え、住居を、居場所を、役割を、全て与えるというのか?」

シャニ「自分自身のことさえどうにもなっていないのに。今、お前は完璧に俺に依存して衣食をまかなわれているんだぞ?」

シャニ「それにこのまま彼女を連れていっても、足手まといにしかならない」

ヨダカ「…」

シャニ「肉の盾にでもして扱おうものなら、俺が許さんぞ」

シャニ「彼女のためにも、彼女が自分でどうするのかを選ばねばならないんだ」

シャニ「それは、このまま俺達が連れていってはできないことだ。ひとところに腰を据えて落ち着けないとならない」

シャニ「それでもお前は、そのふざけた魔族の考えで彼女を縛ろうというのか?」


 【多数決】↓5まで
 1 それでも連れていく
 2 あきらめる

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:06:03.96 ID:BgmxZdK3o
2
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:06:19.70 ID:/mtj3+vqO
2
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:06:32.37 ID:Yv99OgZyo
1
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:07:39.84 ID:6CWqYtS9o
1
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 19:07:46.81 ID:9CnQGXOmo
59 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:15:24.98 ID:X7+AymKQO

ヨダカ「…」

シャニ「…確かに俺だって、このまま彼女を放り出すように誰かへ委ねるのは、正直心苦しい」

シャニ「だが、そうも言ってられないだろう」

ヨダカ「…」ペッ

シャニ「…」

 スタスタ

フランソワ「あの…」

シャニ「すまないな、フランソワ…。だが、もう怯えなくてもいい生活を送れるようになるはずだ」

フランソワ「…はい」

シャニ「…ごめんな」

フランソワ「いいえ…。短い間だったけど…ありがとうございました」ペコリ

シャニ「ああ、こちらこそ。キミの作ってくれた食事はおいしかった。毒を盛られていた時のもな」ポン

フランソワ「あ、あうっ…ごめんなさい…」

シャニ「ははっ、いいんだよ」

レイド(何だ、何故、そうまで自然に頭ぽんをできる…?)

シャニ「それに明日までは一緒なんだ。遠慮することはないから、わがままでも何でも言ってみてくれ」

ヨダカ「甘いの」

シャニ「お前に言ったんじゃない」

フランソワ「あの…」

シャニ「うん?」

フランソワ「じゃあ…これ、一緒に…」

シャニ「……撞球か…。俺は、強いぞ」キリッ

レイド(そうだ…。ここで、俺への尊敬の念を取り戻させれば…)

ヨダカ(俺は、強いぞ? ぷぷぷっ…あんな遊びの何たるかも知らなそうな顔して…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニが無双して、ヨダカとレイドは揃ってorzになった
 4〜6 ギリちょん負けた。クソクソクソ!
 7〜9 遊び人ヨダカ&レイド? シャニは赤っ恥になった。ざまー!

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:16:30.28 ID:Yv99OgZyo
61 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:21:23.22 ID:X7+AymKQO

ヨダカ「っしゃあっ!」

レイド「っし、っし!」

シャニ「」

フランソワ「…俺は強いぞ…?」

シャニ「くっ…」

ヨダカ「俺は、強いぞ」キリッ

レイド「俺は、強いぞ」キリッ

ヨダカ「ぎゃーっはははっ! ざまー!」

レイド「俺の方が強かったな」ドヤァ

シャニ(こいつらっ…!)

フランソワ「ふふっ…」クスクス

シャニ(……まあ…いいとするか…)


 【安価下1】
 1 コミュる
   ※シャニorフランソアorレイドから選択併記してね
 2 さあ、出発だ。さらばフランソワ
 3 その他、自由行動
   ※夜です


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:保護した少女 おとなしい

62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:22:14.01 ID:YyI1IsTOo
1 レイドに脱げって言う(唐突)
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:26:58.89 ID:jzBzfou2o
3 フランソワ連れて飛んで逃げる
64 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:32:08.29 ID:X7+AymKQO

ヨダカ「…」

レイド(ヨダカ発見…。湯浴みをして、鏡の前で自分の顔を見ている…)

レイド(あの自分のかわいさを完璧に理解して悦にひたって、自分の外見チェックをしている様子…萌える!)

レイド(だが、欲を言えばもっと露出が…風呂上がりならパンツ一丁…いや、年齢を考えれば全裸だって…)

レイド(ぽっこりお腹もいいが、ショタなのにああしてムダがなく引き締まった筋肉に包まれているのもまたいい…)

ヨダカ「…」チラッ

レイド「……何をしている?」

ヨダカ「脱げ」

レイド「!?」

レイド(脱げ…? 脱げ!? 何だ…まさか、まさか、見抜かれて…その上でっ…!?)

レイド「…」ゴクリ

レイド「………り…理由だけ聞いておこう…」

レイド(罠か…。罠にかけようとしているのか…? ここで、俺が、タガを外して、その瞬間に…?)

レイド(だが…この機会を逃していいものか…?)

ヨダカ「ちょっと筋肉のつき方見るだけ。…何その顔?」

レイド「良かろう」

 パサッ
 ムキィィッ

ヨダカ「…もういい」

レイド「何でだ…!? まだ正味1秒も…!?」

ヨダカ「…」スタスタ

ヨダカ(やっぱ俺の筋肉は完璧)


 【直下 コンマ判定】
 裏切り者のカレンを追うことになったシャニ…
 1〜3 手がかりがないんだよなあ…
 4〜6 闘技城都市で最後に目撃されているらしいから、そこへ向かうことに
 7〜9 手がかりはないけど、手がかりの手がかりはあるらしい

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:33:51.33 ID:RaqHs3+no
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:34:01.22 ID:Yv99OgZyo
67 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:39:46.26 ID:X7+AymKQO

シャニ「…さて、フランソワも送り届けたところで」

ヨダカ「…」

シャニ「人探しをしなくてはならないんだが…手がかりがない」

シャニ「どうしたものか…」

ヨダカ(知るかよ、ばーか)

シャニ「うーん…」

ヨダカ「ふわぁぁぁ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 レイド「ふわぁぁぁ…」
 4〜6 シャニ「……ん? そう言えば、レイドがいつの間にか…」
 7〜9 レイド「人探しならば、いいところがある」シャニ「……何故、まだいるんだ」

68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:40:56.56 ID:RaqHs3+no
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:42:05.15 ID:YyI1IsTOo
70 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:47:11.83 ID:X7+AymKQO

シャニ「……ん? そう言えば、レイドがいつの間にか…」

ヨダカ(あ、ほんとだ…)

シャニ「…まあいいか、せいせいする」

ヨダカ(ちっ、俺の奴隷が…)

シャニ「それに…何となく、またひょっこり出てきそうな気がする…」

ヨダカ「…」

シャニ「…とりあえず、行くか」

ヨダカ「どこに」

シャニ「探し人は、訓練兵時代に同期だったんだ」

シャニ「だから、彼女の故郷にでも足を伸ばそうと思ってな」

ヨダカ「故郷って?」


 【安価下1】
 1 山岳の町
 2 高原の村
 3 雪に閉ざされた村

71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:48:30.56 ID:N9StfUL/0
2
72 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 19:56:52.59 ID:X7+AymKQO

シャニ「高原の村」

シャニ「行ったことはないんだがな…」

ヨダカ「…」

シャニ「手がかりがあるかどうかも分からないが…何もない状況だし、仕方がない」

シャニ「さ、出発だ。早く行こう」

ヨダカ「だる…」

シャニ「…ほら」ポイッ

 パシッ

ヨダカ「甘いやつ…!」パクッ

ヨダカ「♪」モゴモゴ

シャニ「きびきび歩けよ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 途中に立ち寄った村で…
     1 魔族が現れて、村の女を献上させているらしい。意外と魔族もこっち来てるなあ
     2 神隠しが起きてるらしい。見過ごせないシャニが首を突っ込んだ(白目
     3 村人がものすごく対立してるらしい。シャニがまためんどくさいことを…
 4〜6 街道が大雨で氾濫した川のせいで通れなくて、迂回していくことに。迂回路は…洞窟ですか…
 7〜9 途中、何の変哲もない村に立ち寄ったけど、丁度、収穫の時季でおまつりをしてた

73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 19:57:29.14 ID:wLYj2WZHO
74 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:02:21.15 ID:X7+AymKQO

 ――バイス王国・迂回路の洞窟――

シャニ「……随分とこう…」

ヨダカ「生き埋めになりそうな洞窟」

シャニ「……だな」

シャニ「これしか道がないとは…税金をもっと有効に使ってもらいたいものだ…」

ヨダカ「だったらお前みたいなの全部クビ。干上がれ」

シャニ「そうなれば、お前も甘いものを食えなくなるぞ」

ヨダカ「…」ガルルル

シャニ「うなるな」

シャニ「さ、行くぞ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 よくトラップにひっかかる2人ですね(白目
 4〜6 なかなかに複雑な洞窟だなあ…
 7〜9 意外と中は補強とかされてるっぽい。何でだ? って思ってたら、人がいた

75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/06/19(金) 20:02:50.28 ID:n7mmEeCo0
ho
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:02:54.58 ID:wLYj2WZHO
77 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:05:52.02 ID:X7+AymKQO

シャニ「…中は意外にしっかりしてるな…」

シャニ「ところどころが補修されているし…」

 スタスタ

ヨダカ「…」スタスタ

ヨダカ(つまんねー…)

シャニ「ん…? 明かり…?」

シャニ「誰かいるのか…?」


 【安価下1】
 新キャラだよ!
 お名前+性別おなしゃす

78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:06:33.20 ID:YyI1IsTOo
ゼノビア 女
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:06:49.65 ID:wLYj2WZHO
ブレヴィア
80 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:16:28.41 ID:7xp5laT3O

ゼノビア「…?」

シャニ「…どうも」

ヨダカ「…」

ゼノビア「あら、珍しい。こんなとこを人が通りかかるなんて」

シャニ「街道が川の氾濫で通れなくてな。仕方がないから、こっちに来たんだ」

シャニ「だが…不思議と補修もされているし、こんなところに女性がいるなんて俺も驚いている」

シャニ「俺は王国軍隊長のシャニだ。こっちはヨダカ。…連れだ。あなたは? こんなところで何を?」

ゼノビア「わたしはゼノビア」

ゼノビア「こんなところで口説かれるなんて、思ってもなかったわね」

シャニ「口説いてるわけじゃないんだが…」

ゼノビア「はいはい、知ってるわよ。どうせ、こんな行き遅れ、あんたみたいな若いのには興味ないでしょ」

シャニ「…」

ヨダカ(めんどくさそうな女…)

シャニ(この、ちょっと面倒臭そうな感じは…何となくヨダカっぽいかも知れない…)

ゼノビア「どうせ面倒臭いとか思ってるんでしょ?」

ゼノビア「仕方ないじゃない。周りは結婚、出産、嫁姑争い…」

ゼノビア「ふんっ…いいのよ、わたしはわたしで、楽しくやってるんだから。余計な世話ってやつなんだから」

シャニ(聞いてもないのに語りだした…)

ヨダカ(めんどくせー…)

ゼノビア「それなのに、人のこと指差して行き遅れとか、本人が一番分かってることを言ってきたりして…」

ゼノビア「自覚くらいしてるんだからそっとしておくのがやさしさ、ってもんじゃないの? そうじゃない?」

シャニ「あ、ああ…それで――」

ゼノビア「大体、何で嫁にいかないんだとか言うけど、じゃあ何、女の幸せって嫁入りすることだけ?」

ゼノビア「古い、古い…。古臭すぎる価値観よ、そんなの。ばっかみたい」

シャニ(話を聞いてくれない…)

ヨダカ「おい…行かねえの?」

シャニ「そうだな…行くか…」ヒソ

 ソソソ…

ゼノビア「ちょっと!」

シャニ「っ…な、何だ?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ゼノビア「話しかけてきたのはそっちでしょ? 最後まで聞いていきなさい」
 4〜6 ゼノビア「この先行くなら連れてってくれる?」シャニ「…何故だ?」ゼノビア「いいから、ほらっ」
 7〜9 ゼノビア「隊長さんだっけ? じゃあ、剣の腕には自信あるの?」シャニ「……ああ、それなりにやる方だと自負している」

81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:18:08.58 ID:RaqHs3+no
82 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:22:59.61 ID:7xp5laT3O

ゼノビア「隊長さんだっけ? じゃあ、剣の腕には自信あるの?」

シャニ「……ああ、それなりにやる方だと自負している」

ヨダカ「俺は、強いぞ」キリッ

シャニ「黙れ」

ヨダカ「俺は、強いぞwwww」

シャニ「っ…」

ゼノビア「何漫才してるの? 元ネタ知らないからつまらないんだけど」

シャニ「漫才じゃない。それで、何だ?」

ゼノビア「………そうね…」

シャニ「…?」

ゼノビア「わたしね、ちょっと困ってるのよ。助けてくれない?」

シャニ「…構わないぞ。国民を守るのは使命だ」

ゼノビア「そう、頼もしいわ」

シャニ「だが…荒事か? 何があった?」

ゼノビア「荒事って言えなくもないんだけど…どこかの誰かが、バカみたいなことしていっちゃって」

ゼノビア「出口のとこに、ゴーレムがいるのよ」

シャニ「ゴーレム…」

ゼノビア「魔法が効かないの。弾き返されちゃって。わたしじゃお手上げだったのよ」

ゼノビア「だから、一緒に出口まで行って、それをやっつけてくれない?」

シャニ「ああ、分かった」

ゼノビア「助かるわ、隊長さん」


 【安価下1】
 1 ゼノビアについて
 2 興味ない。さっさとゴーレム倒すべ

83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:23:28.09 ID:RaqHs3+no
84 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:31:25.23 ID:NCwfBq53O

ゼノビア「いやー、助かるわ」

ゼノビア「ここを出て、街道から迂回しようかとか考えたんだけど増水でしょ? ここに留まっててほんとに良かった」

ゼノビア「もう何日もお日様浴びてないから、そろそろ水浴びとかもしたかったし」

ゼノビア「ねえ、隊長さん、知ってる? 首都の大通りに百貨店があるでしょ? あそこのオーナーの娘が、駆け落ちしたらしいわよ?」

ゼノビア「その相手がどこの誰とも知れない田舎者で、オーナーがかんかんになってたら、そのまま怒りすぎちゃって泡吹いたんだって!」

ゼノビア「信じられる? 今時、そこまでキレられるとか才能よね」

ゼノビア「そう、才能って言えば嫉妬ってうざいわよね。自分ができないのを、できてる人間が才能あるからだなんて決めつけて」

ゼノビア「ああ、おぞましい。でも、自分が無能だって声高に叫んでるようなもので笑えちゃうこともあるわよね」

 ペチャクチャ
 ペチャクチャ

シャニ(…よく喋る人だな…)

ヨダカ(うるせぇー…)

ゼノビア「はぁー…久しぶりに人と話すといい気分転換になるわね」

シャニ「久しぶりに…?」

ゼノビア「ええ。半年くらい、ここにこもってたの」

シャニ「半年? 何故だ?」

ゼノビア「ちょっと、そこのおチビさん? そっちの道は行っちゃダメよ、こっち」

ヨダカ「チビって言うな」

ゼノビア「かわいくないお子様ね…」

シャニ「いやだから、用事というのは…?」


 【直下 コンマ安定】
 1〜3 話が取り留めなくて問い質せなかったシャニ
 4〜6 ゼノビアはお仕事で、ここにいたらしい。何の仕事かは次の話に流れちゃって聞けなかった
 7〜9 ゼノビアは学者をしているらしい

85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:35:06.82 ID:jzBzfou2o
シジョーサイキョージョオー
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:35:15.99 ID:RaqHs3+no
87 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:41:06.92 ID:NCwfBq53O

ゼノビア「ガキは愛想だけ振りまいときゃいいんだから、あんたもそうしなさい?」

ヨダカ「は?」

ゼノビア「うわ、最近のって、すぐそうやって…。世も末ね」

シャニ「おーい、用事って…」

ゼノビア「あんたがしっかり教育しないからじゃないの? 軍人とか偉ぶってて、子ども1人も躾けられないとか…」

ヨダカ「誰が誰に躾けられるって?」

ゼノビア「じゃああたしが、あんたのこと躾けてやろうかしら?」

ヨダカ「はあぁ〜?」

ゼノビア「何よ?」

ヨダカ「…」ガルルル

シャニ「はぁ…」

ゼノビア「うわ、唸った…。どこの山育ちよ…。あんた、他人事みたいにため息ついてる場合じゃないでしょ?」

シャニ「いや、別に俺はそいつの保護者とかいうわけでもなく…」

ゼノビア「責任転嫁? 近くにいる年長者の務めでしょ、教育って」

ゼノビア「過保護すぎるのよ、最近のは…。あたしが小さかったころなんて、隣の家の頑固ジジイにビンタで躾けられたってのに」

ゼノビア「大体ね、最近の子って…ガキじゃないわよ? あんたくらいのも含めてだからね?」

シャニ「ああ、うん…」

ゼノビア「やる気がないって言うか、妙に個人主義って言うか…打てば凹んで、響かないどころか腐って落ちる感じ」

ゼノビア「多少の理不尽なんかつきものだっていうのに…あ」

シャニ「うん?」

ゼノビア「ゴーレム来るわよ、よろしく」

シャニ「は?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ゴーレムの奇襲攻撃!
 4〜6 ゴーレムの奇襲攻撃! ぎりちょん、防げた
 7〜9 ゴーレムの奇襲攻撃! ゼノビアももうちょい早く言ってくれれば良かったのに

88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:42:15.89 ID:RaqHs3+no
89 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:45:00.78 ID:NCwfBq53O

 ズドォォォォッ

シャニ「っ――上からっ…!?」

ヨダカ「養殖か…」チャキ

ゼノビア「よろしく。そいつ、魔法効かないから気をつけて」

ゴーレム「ガゴゴゴゴ…! ゴォォォォオオオオオオオオオオ―――――――――――――――――――――ッ!」

 ドドドドッ

シャニ(このサイズ…まともに正面から受け止められんな…!)バッ

ヨダカ(あー、だるい…)


 【安価下1】
 1 ブーメランを使ってシャニの援護に回ろう
 2 ゼノビアのそばで傍観。だって関係ないもーん
 3 その他、どーする!?

90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:46:06.88 ID:Yv99OgZyo
1
91 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:49:31.79 ID:NCwfBq53O

シャニ「ヨダカ、援護を頼む…!」

ヨダカ「…」ペッ

シャニ「頼んだからな…!」ポイッ

ヨダカ「甘いの!」パクッ

ゴーレム「ゴォォォオオオオオオオオオ――――――――――――――――ッ!」

シャニ「こっちだ、デカブツ!」

 ギィィィンッ

シャニ(硬い――!)

ヨダカ「でぇえええいっ!」モゴモゴ

 ブゥゥゥンッ
 シュルルルッ
 ズドォォッ

ゴーレム「ガゴ…」

ヨダカ(ダメージ薄っ…これ、硬いな…)

シャニ(長丁場になりそうだ――)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ゴーレムが思った以上に手強かった
 4〜6 有効なダメージがなかなか与えられない
 7〜9 見兼ねたゼノビアがアシスト?

92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:52:01.04 ID:uTsj3aMR0
93 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 20:58:17.75 ID:NCwfBq53O

ゴーレム「ガゴゴ…」

シャニ「ぜぇえええええいっ!」

 ガィンッ

シャニ「ぐっ――」

ゴーレム「ゴォォォォオオオオオオオオ―――――――――――――――ッ!」

 シュルルルルッ
 ドゴォォンッ

シャニ「助かった、ヨダカ…!」

ヨダカ(攻撃魔法は反射されるけど、魔法付与ならその限りじゃないっぽいな…。養殖だからか)

ヨダカ(風纏を付与させたブーメランなら着弾と同時に爆散する風でゴーレムの姿勢を崩せる…けど、やっぱダメージには至らない…)

ヨダカ(でも…養殖なら、養殖らしい弱点もありそうなもんだけど…)

シャニ「でぇええええいっ!」

 ズドォッ
 ピシィィッ

ゼノビア「やるじゃない、隊長さん」

ゴーレム「ゴォオオオオオオオオオオオオオオオ――――――――――――――――――――――――ッ!」

 ブゥゥゥンッ

シャニ「しまった――」

 ドッゴォォオオオオオオオッ

シャニ「が、は――」

 ドサァッ

ヨダカ(まだ呪いが反応するほどじゃないけど…)

シャニ(こいつの一撃…重すぎる…!)ムクッ

ゴーレム「ガゴゴ…」


 【安価下1】
 1 シャニが僅かにヒビを入れた箇所を重点的に攻撃していこう
 2 シャニがゴーレムの攻撃を受けないようにアシストした方がいいかな?
 3 その他、どーしよ?

94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 20:59:17.99 ID:v3k8Ogu5o
1
95 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:05:58.42 ID:zW7H8m6BO

ヨダカ(あのヒビ――胸部の下…中央よりやや左…)

ヨダカ(あいつが不釣り合いなデカすぎる腕を振った時じゃないと狙えそうにないな…)タタッ

シャニ「ヨダカっ…!?」

ヨダカ「左右から囲い込んでヤツの攻撃を分散させる。で、その隙にあのヒビを狙え。いいな」

シャニ「…いいだろうっ!」ダンッ

ゴーレム「ガゴゴ…」

ゼノビア(ふぅーん…あのお子様、意外なことに戦えるのね…)

ゼノビア(それに場慣れしてるし…何なのかしら…?)

ゴーレム「ゴォォオオオオオオオオッ!」

 ブゥンッ
 ドッゴォォォォォォォッ

ヨダカ「そらよぉっ!」ブンッ

 シュルルルルッ
 ズドォォォォッ
 ピシピシ…

ゴーレム「ガゴゴ…!」

シャニ「こっちだ、デカブツ!」ダンッ

 ギィィィィンッ

ゴーレム「ゴォォォォオオオオオオオ―――――――――――――――ッ!」

ヨダカ「そら、もう一丁っ…!」

 ブゥゥゥンッ
 シュルルルルルッ
 ズドォォォォォッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 なにっ…自動修復…!?
 4〜6 ヒビ割れたところが広がって、ゴーレムの核部分が露出した!
 7〜9 ゴーレムの各部分に突き刺さった!

96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:08:09.04 ID:v3k8Ogu5o
さいせー
97 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:12:24.95 ID:zW7H8m6BO

ヨダカ「よっしゃ!」

 ピシィィッ
 ボトボトッ

シャニ「胸部が禿げた――」

ゴーレム「ガ、ゴゴゴ…」

ゼノビア「核が露出したわね。あれがゴーレムの心臓部よ」

ゼノビア「あれを砕くとかして破壊すれば機能は停止するから、そうしてちょうだい」

ヨダカ「楽勝じゃん」

ゴーレム「ゴォォォオオオオオオオオオオオッ!」

 ブゥンッ
 ドッゴォォォォォォォォォッ

ゼノビア「でも、ただの魔物と違ってゴーレムに痛覚とかはないから、核を傷つけても、破壊に至るまで動きが鈍ったりしないわ」

ゼノビア「気をつけて」

シャニ「その割に…破壊力は増してると思うぞ…!?」バッ

ゼノビア「防衛レベルが上がったのよ、核の露出で。凶暴になるから気をつけて」

ヨダカ「面倒臭いなっ…!」


 【安価下1】
 1 ブーメランを投げて核を破壊すりゃいいんだろ!
 2 こうなったら、ブーメランを投げず、直接仕留めにいくぜ!
 3 シャニ、早くやれよ
 4 その他、どーしよ?

98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:14:05.13 ID:wLYj2WZHO
3
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:14:12.68 ID:RaqHs3+no
100 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:18:32.26 ID:zW7H8m6BO

ゴーレム「ゴォォオオオオオオオオオオ―――――――――――――――――ッ!!」

 ブンッ
 ドッゴォォォォォォォォッ

ヨダカ「あぶねっ…!?」

ゴーレム「ガゴ、ゴッ!」

シャニ「うおっ…!?」

 ドゴォォォォンッ

ヨダカ「さっさとやれ!」

シャニ「あれだけ派手に暴れてるんだぞ、そう簡単に懐へ飛び込めるか! お前のブーメランでやれ!」

ヨダカ「いいとこ譲ってやるって言ってるんだよ、ばーかばーか! 死ね、ハゲ!」

シャニ「ハゲじゃない!」

ゴーレム「ガゴォォォォオオオオオオオオオオ――――――――――――――――――ッ!」

ヨダカ・シャニ「「うおおおおっ!?」」ダンッ

 ドッゴォォォォォォォォォォンッ

ゼノビア「いいからやってくれない?」

ヨダカ「早くやれっ!」

シャニ「命令される覚えはないっ…!」ダンッ

ゴーレム「ゴォォォォオオオオオオオオオオオオオ―――――――――――――――――――――ッ!!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニがしくじりやがった…。呪いがががががが
 4〜6 よーし、命令通り
 7〜9 シャニの攻撃は入ったけど核が壊れるに至らなかった。でも、そこをヨダカのブーメランが破壊した。いいとこどり完了。ざまー!

101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:19:45.42 ID:RaqHs3+no
102 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:23:53.13 ID:zW7H8m6BO

シャニ「でやぁあああっ!」

 ギィィィンッ

シャニ(このまま、受け流して――)

ゴーレム「ゴォォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ―――――――――――――――――――――――――――――ッ!!」

シャニ「っ――!?」

 ズドォォォォォォォォォォォッ

シャニ「が、ふ…」ドサァッ

ヨダカ「あだ、だだだっ、げ、が、ががが――」ドサァッ

ゼノビア「ちょ、ちょっと!?」


 【安価下1】
 1 死力を尽くしてブーメランを投げる。核さえ破壊すれば…!
 2 シャニをゴーレムから遠ざけて応戦
 3 その他、どーしよ?

103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:24:28.91 ID:RaqHs3+no
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:24:34.29 ID:Yv99OgZyo
2
105 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:30:22.97 ID:zW7H8m6BO

ヨダカ「クソ、がぁっ…! 風・浮遊魔法!」

 ビュォォォォォォッ

シャニ「ぁ…ぐ…」フワッ

ゴーレム「ゴォォォオオオオオオオオオオ―――――――――――――――――ッ!」

ヨダカ「こっちだ、デク人形!」

 ブゥゥンッ
 シュルルルルッ
 ガツンッ

ゴーレム「ガゴ…」クルッ

ヨダカ(やっべえ…呪いで…一気に体が、ガタついた…)

ゼノビア(マズいわね…肋骨が折れてる…。内臓までやられてるんじゃ…!?)

シャニ「っ…ぅ…」

ヨダカ「ほんっと…もう…死ね…!」ギリッ

ゴーレム「ガゴォォォォンッ!」ドドドドッ

ヨダカ「四足走行…!?」バッ

 ガリィィィッ

ヨダカ「ギッ――!?」

ヨダカ(掠めただけでっ…!)ゴロゴロ

ゴーレム「ゴォォォォオオオオオオオオオ――――――ー―――――――――ッ!」

 ブゥゥゥンッ

ヨダカ(クソっ、動きが速くなってる…!)

ヨダカ「だけど…お前の懐には入ってんだよぉっ!」チャキッ

 ズドォォォォォォォォッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 でっどえーん…
 4〜6 また呪いがっ…! って、シャニがムリして剣を投擲したからどうにかやられる前にゴーレム倒せた、せふせふ
 7〜9 ぎりちょん、仕留められる前に仕留められた

106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:35:04.90 ID:RaqHs3+no
107 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:39:13.77 ID:zW7H8m6BO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 ゴーレムを仕留めて喜んだ! そしてゼノビアに告げられたのは…
 奇数 よっしゃ、核をぶっ刺した! と、思ったら…いつの間にか修復してただとぅ!? アカン…
 ※0は偶数扱いなんやで

108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:39:59.24 ID:C3gTYETko
はあっ
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:40:14.53 ID:RaqHs3+no
110 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:49:11.45 ID:zW7H8m6BO

ゴーレム「ガゴ――」シュゥンッ

ヨダカ「っふぅー…………ざまーみろ、ばーか!」ゲシッ

シャニ「っ…ぐ…」

ゼノビア「動いちゃダメよ、あんたは。重傷なんだから」

ヨダカ「てめえのせいで、また俺が――」

ゼノビア「にしても…すごいわね、作ったわたしにも手に負えなかったゴーレムをちゃんと倒せちゃったなんて」

ヨダカ「は?」

シャニ「な…に…?」

ゼノビア「あら、言ってなかったかしら? わたし、これでも魔法道具職人なの」

シャニ「…あの…ゴーレム…は…」

ゼノビア「ここに篭って、半年間かけて作った傑作よ。強かったでしょ?」

ヨダカ「自分で…どうにもならないのを…?」

ゼノビア「ちょっとしたシステムエラーよね。魔法で制御するはずだったけど、魔法反射能力つけたら、それも効かなくなっちゃって」

ゼノビア「このまま放置するわけにもいかないし、って思ってたのよ。助かったわ」

ゼノビア「……割と大怪我までさせちゃったし…何かお礼しなきゃいけないわね」

シャニ「…」クラッ

ゼノビア「あら…ほっとしたの?」

シャニ(呆れて…力が抜けただけだ…)

ヨダカ(モノホンのアホがいる…!)

ゼノビア「…ここを出ればすぐそこに村があるから、そこで療養しなさい。体が治るようにはからってあげる」

ゼノビア「あ、でもそれをお礼に換えるなんてケチなマネしないから安心していいわよ」


 【直下 コンマ判定】
 ゼノビアの職人としての腕は…
 1〜3 すごいんだけど、今のゴーレムみたいに抜けたとこがある
 4〜6 バイス王国内でもかなり高名な職人。だけど性格が性格だからあれらしい
 7〜9 国内どころか、他国にも名前が知られてる凄腕らしい
  0  モノホンの天才職人さんだったの巻き。色々はかどるかも?


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:保護した少女 おとなしい
 ゼノビア:妙齢女性 魔法道具職人

111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 21:52:25.85 ID:wKU3SEftO
ほい
112 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 21:57:33.86 ID:M/7sQfchO

 ――バイス王国・とある農村・宿屋――

ゼノビア「この光は治癒力を増大させて、色々と促進してくれるの。眩しいけど我慢して」

 コトッ
 ピカァァァァッ

シャニ「目が…眩みそうなんだが…。これでは、寝るのも…」

ゼノビア「我慢して。治りは早くなるから」

シャニ「…」

ゼノビア「あんたは何ともないの?」

ヨダカ「…」フイッ

ゼノビア「ならいいわよ」

ヨダカ「何も言ってないだろ!」

ゼノビア「何かあれば言うだけでしょ? 言わないならそういうことじゃない。かまってほしいの? めんどくさっ」

ヨダカ「お前に言われたくない…」ガルルルル

ゼノビア「お姉さんを捕まえておいて、お前とか言うんじゃないわよ」ジロ

シャニ(怪我人がここにいるんだが…)

ゼノビア「失礼なガキね…。まあいいわ。お礼なんだけど…」


 【安価下1】
 1 甘いのよこせ
 2 興味ねー
 3 おまかせ
 4 どんながええんや? 併記してごらん?

113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:03:52.33 ID:RaqHs3+no
すっげえ強くて高性能なブーメラン
114 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 22:13:44.03 ID:M/7sQfchO

ゼノビア「チビちゃん、面白い武器よね、それ」

ヨダカ「チビちゃん言うな」ペッ

ゼノビア「チビはチビでしょ」

シャニ「…」

ゼノビア「…ちょっと時間くれれば、お礼にそういうの作ってあげてもいいんだけど」

ヨダカ「献上するならもってやる」フンス

ゼノビア「……ま、いいわ、この際」

ゼノビア「で、隊長さん。あなたにも…すごい剣でいいかしら?」

ゼノビア「それとも、あたしみたいのが作る武器じゃ信用して使えない?」

シャニ「……いや…気が済むように受け取っておきたい。どうせ、治るまで足止めだ…」

ゼノビア「そう。じゃ、あたしは作業に取りかかるから」

ゼノビア「気長に待ってなさいね」

 バタムッ…

シャニ「はぁ…」

ヨダカ「あの女、めんどくせー…」

シャニ「お前がいうか…?」


 【直下 コンマ判定】(興味津々で乗り気:+3)
 ヨダカのブーメラン
 1〜3 回転しただけ、長くなってリーチを伸ばしていくブーメラン。手元に戻ると長さも元に戻る
 4〜6 回転しただけ、周囲の魔力を取り込んで鋭く、頑丈になっていくブーメラン。戦闘中は威力が増大し続ける。戦闘後リセット
 7〜9 暗夜王国の騎士が持つ剣と同じく、魔法の威力増大効果+魔力を介して軌道をある程度操れる+4〜6の効果
  0  確定で、すごいよ?

 【下2 コンマ判定】
 シャニの剣
 1〜3 暗夜王国の騎士が持つ剣と同じく、魔法の威力増大効果
 4〜6 魔力無消費で中・爆裂魔法を使えちゃう
 7〜9 魔力を斬撃に変換して飛ばせちゃう優れもの。威力も高いよ
  0  確定で、すごい

115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:14:15.42 ID:C3gTYETko
そらっ
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:16:00.54 ID:RaqHs3+no
117 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 22:24:31.77 ID:M/7sQfchO

ゼノビア「これが、お子様ブーメラン」ゴトッ

ヨダカ「だからぁっ…!!」

ゼノビア「くるくる回転してる間に、周囲の魔力を取り込んで刃は鋭く、ブーメランそのものはより頑強に強化されていくの」

ゼノビア「とりあえず投げてるだけで名だたる名剣クラスなら余裕で切れ味超えるはずよ」

ヨダカ「何っ!?」ガバッ

ヨダカ(これが…? そんなに…?)

ゼノビア「で、こっちが隊長さんの剣」ゴトッ

シャニ「…見たところ、特別ものは…」

ゼノビア「ここに核があるでしょ? これは常に周囲から魔力を吸収していくの。人体には無害よ」

ゼノビア「で、溜め込まれた魔力を消費して、爆裂魔法が使えるようになるわ」

シャニ「何…?」

ゼノビア「以上」

シャニ(…腕は確かなのか…)

ヨダカ(マジでこれ…そんなになるの…? マジで…?)

ゼノビア「それでね、まだちょっとお願いがあるんだけど」

シャニ「………まさか…また、手に負えないゴーレムを…?」

ゼノビア「同じ失敗なんかそうそうしないわよ。あんた達が何しようとしてるかは興味ないんだけど、同行していいかしら?」

シャニ「…………何故だ?」

ゼノビア「その武器の性能、ちょっと自分の目で見ておきたいの。それじゃダメ? アフターケアもしたげるけど」

ヨダカ(でもめんどくさそう…)

シャニ(これだけのものを作れるのなら…恐らく、魔法の腕もかなり確かなのだろうが…疲れそうなのがな…)

ゼノビア「あんた達、露骨に関わりたくないなんて顔してるわね?」ジロッ

シャニ「あ、いや――」

ヨダカ「たりめーだろ」

ゼノビア「なんですって?」

ヨダカ「ああ?」

シャニ「やめてくれ…頼むから」


 【安価下1】
 ゼノビア…連れてく?
 1 もち
 2 えー?

118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:27:16.94 ID:uTsj3aMR0
1
119 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 22:31:49.22 ID:M/7sQfchO

ゼノビア「大体ね、ガキのくせに生意気すぎんのよ、あんた」

ヨダカ「女のくせに色気なさすぎなんだよ」

ゼノビア「ぶっ飛ばすわよ」

ヨダカ「上等…」

シャニ「やめろっ! ったく…分かった、ゼノビア、同行をしてくれるなら、してくれ。何かと心強そうだ」

ゼノビア「欲情するんじゃないわよ?」

シャニ「しない」

ゼノビア「ならいいわ」

シャニ「はぁ…よろしく頼む」

ゼノビア「ええ」

ヨダカ(来るのかよ…)

ゼノビア「きっちり、あんたのことも躾けてやるから覚悟なさい」ギロッ

ヨダカ「…」ガルルルル

シャニ(大丈夫だろうか…?)


 【安価下1】
 1 シャニの回復を待って、村をうろついた
 2 コミュる
   ※相手も併記やで
 3 ゼノビアが酒を飲んでいる


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:妙齢女性 魔法道具職人

120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:32:57.42 ID:RaqHs3+no
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:33:25.65 ID:RaqHs3+no
あっ、ごめん連取り
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:34:23.72 ID:GTNTmCnsO
3
123 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 22:37:31.43 ID:vCivPry0O

 ――バイス王国・とある農村・宿屋の食堂――

 ゴクゴクゴクッ…
 ドンッ

ゼノビア「ぷはっ…おかわり〜」

*「大丈夫ですか、そんなに飲んで…?」

ゼノビア「平気よ、こんな程度…」

ヨダカ「ふわぁぁぁ…」トコトコ

ゼノビア「ん? ちょっと、チビっこ?」

ヨダカ「…」ガルルルル

ゼノビア「唸るんじゃないわよ…。来なさい」

ヨダカ「…」スタスタ

ゼノビア「…」

ヨダカ「…」ジロッ

ゼノビア「女がひとりで酒飲んでるのよ? 黙って近くに座って、話に耳を傾けんのがマナーでしょ? おすわりっ」

ヨダカ「…」ペッ

ゼノビア「…」カチンッ

ヨダカ「…」

ゼノビア「いい度胸じゃない…」

ヨダカ「やんのか?」

ゼノビア「弱いもの虐めにならないか心配しちゃうけれど、あんたがその気なら、きっちり教育してやるわよ?」


 【安価下1】
 1 勝負!
   A 飲み比べ(フィクション世界だし、ヨダカは実年齢が18だから問題はないよ!)
   B 腕相撲
   C その他、簡単な何か
 2 ザコとやる趣味はない。ペッ!

124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:38:18.04 ID:C3gTYETko
1B
125 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 22:41:17.50 ID:vCivPry0O

ヨダカ「…」スッ

ゼノビア「腕相撲…? いいわよ、女だからって甘く見ないことね」

ヨダカ「そっちこそ…」

ゼノビア「超・強壮魔法」ボソ

 ギュゥゥィィィィィィィンッ

ゼノビア「ふんっ」スッ

 ガシッ

*「………で、では…スタート――」

 ドッ
 グググッ

ヨダカ(こいつ…意外と…!)

ゼノビア(っ…魔法でドーピングしてるのに…ここまで張るの…!?)

 グググッ
 ミシミシッ

*(うちのテーブルが…!)


 【直下 コンマ判定】
 1〜4 負けた…
  5  テーブルが壊れた…。引き分け
 6〜9 勝ったぁー!

126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:42:30.90 ID:RaqHs3+no
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:43:57.51 ID:6zjyqO5l0
追いついた!0来た!
過去の>>1のスレをひたすら読み続けてやっとここまで来た…
128 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 22:46:55.36 ID:vCivPry0O

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 腕相撲を引き分けて、あっちむいてホイも、ポーカーも引き分けた。そして、飲み比べに入ったら打ち解けちゃって結ばれた友情(イイハナシカナ?
 奇数 引き分けを連発してヒートアップしすぎて、とうとう宿屋を半壊させちゃって2人揃ってシャニにめちゃくちゃ叱られた。犬猿の仲に
 ※0は偶数扱いよ

129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:47:26.91 ID:C3gTYETko
はあっ
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:47:28.41 ID:6zjyqO5l0
せい
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/19(金) 22:47:52.85 ID:uTsj3aMR0
132 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/19(金) 22:55:17.67 ID:vCivPry0O

 グググッ
 ドゴォォンッ

*「うちのテーブルがっ…!?」

ヨダカ「…チィッ」

ゼノビア「やるじゃない…。ちょっと、主人、樽の蓋とかない?」

*「へ…? あ、あそこの空樽のでよければ…」

ゼノビア「次は的当てで勝負よ。ここにある食器を投げて、より中心に近い方の勝ち」

*「あのー…お客さん…壁にそれかけたら…外れちゃったら、うちの壁が穴だらけに…」

ヨダカ「おらぁっ!」ブンッ

 ズドォォッ

ゼノビア「…やるじゃない。でもっ…!」ブンッ

 ズドォォッ

ゼノビア「さあ、あんたの番よ」

 ・
 ・
 ・

*「あの…食器はもう、これ以上…」

ゼノビア「だったら魔法弾でいいわ。これを指にはめなさい。魔力を込めれば発射されるわ」

ヨダカ「おらあっ!」

 シュバァッ
 ズドォォォォンッ

*「うちの壁がぁーっ!」

ゼノビア「的がなくなったんなら、威力勝負よ! はぁぁぁぁ……………せぇええええいっ!」

 シュボォォッ
 ズッドォォォォォォォオオオオオオオオンッ

ゼノビア「ふっ…」

ヨダカ「うぉおおおおおおりゃあああああああああっ!」

 シュボォォッ
 ズッドォォォォォォォォオオオオオオオンッ

ゼノビア「まだまだぁっ!」

ヨダカ「どりゃああああっ!」

*「やめてくださいぃぃいいいいいいいい――――――――――――――――――っ!」

 ・
 ・
 ・

シャニ「……………何をしているんだ、お前ら…?」

ヨダカ「…」フイッ

ゼノビア「いやね…レディーにそんな顔――」

シャニ「反 省 し て い る の か ?」

ゼノビア「…」

ヨダカ「たかが壁だろ」

シャニ「宿の壁、3面をぶち抜くとはどういうつもりだぁっ!?」

 ヨダカ と ゼノビア は シャニ に むちゃくちゃ 叱られました ▽
 ヨダカ と ゼノビア は 犬猿の仲 に なりました ▽

――――――

 本日はここまでです
 ありがとうございました
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 08:00:22.09 ID:MwLR1iTMO
おつ
134 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 15:23:19.58 ID:CSpmJ6/b0

王子「18時くらいからにする?」

王子「今からにする?」

王子「それとも…こ、の、お、れ?」

王子「…」

王子「言ってみたいじゃない、何かこう…こういうの」

王子「お風呂? ご飯? それとも、わ、た、し? みたいのさー…こう…さー、あるじゃん」

王子「でもって…えーと、誰かいますかー?」


135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 15:31:04.59 ID:hVCAL+Bho
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 15:36:37.46 ID:VMdvIyKaO
んじゃあ王子で
137 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 15:42:27.96 ID:CSpmJ6/b0

 >>135

王子「いた!」

王子「ちょっと寂しがってたけど、いた! 稲中卓球部読んでる間にきてた!」

 >>136

王子「え、俺? マジで言ってる?」

王子「俺…俺かぁー…」

王子「……言いたかっただけで、中身考えてなかったんだけど…」


 【安価下1】
 1 ふつーに更新しようか?
 2 番外編やさしい世界の小さな冒険?
 3 前スレで、キミも王子とコミュ!
   ※「1」ってことでとります

138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 15:43:47.10 ID:hVCAL+Bho
139 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 15:49:10.50 ID:CSpmJ6/b0

王子「ですよねー」

王子「あ、今の安価は、割とどうでもいいことだったから、次の安価をとっておkね?」

王子「これに限っては連取りとか気にしないでね!」

王子「じゃ、始めるよー!」


 【安価下1】
 1 目的地の高原の村へ到着!
 2 宿場町へ立ち寄った
 3 収穫祭をしてる村に立ち寄った

140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 15:55:55.81 ID:hVCAL+Bho
141 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:01:02.93 ID:CSpmJ6/b0

 ――バイス王国・よくある農村――

 ワイワイ

ヨダカ(人間が多い…? こんな小さい村なのに…)

シャニ「何やら、人が多いな…」

ゼノビア「収穫祭じゃない? これくらいの時季だもの」

シャニ「ああ…なるほど、そう言えば…」

ヨダカ(しゅーかく…さい…?)

シャニ「ついでだから、少し寄っていくか」

ゼノビア「おいしいのにありつければいいわね…」

ヨダカ(何だ…しゅーかくさいって何だ…!?)


 【安価下1】
 1 とりあえずシャニと一緒に行動
 2 ひとりでぷらっと散策する
 3 宿にひきこもる
 4 その他、自由行動

142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 16:06:36.64 ID:hVCAL+Bho
誰も居ないようなので
143 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:13:48.97 ID:CSpmJ6/b0

 5分くらい、誰も取らなきゃ連取オーケーなので、その調子お願いします

―――――

 ワイワイ

ヨダカ(広場にあるのは…献上品…? 農作物…。それともうひとつ…木を組んだ大きい焚き火…)

ヨダカ(それを取り囲むように人間が輪になって…)

ヨダカ(何かの儀式…?)

 タタタッ

ヨダカ(こっちの角度からだと見やすい…)

ヨダカ(何であんなに人間どもは笑ってるんだ…?)

<〜♪

ヨダカ(音楽…手と手を握り合って…)

ヨダカ(変な動き…あれは舞踊…?)

ヨダカ(輪を保ったまま、焚き火の周りを踊りながら移動…)

ヨダカ(あれは…何かの召喚儀式!? そっか…あんなによわっちい人間が、何でこんな繁殖してるか謎だったけど…)

ヨダカ(きっとああいう召喚儀式で守り神か何かを…? あれ、でも人間って女神信仰してたような…)


 【安価下1】
 1 とりあえず遠目からの観察をやめて、会場入りした
 2 観察続行。勘違いも続行
 3 その他、どうする?

144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 16:14:06.94 ID:kvJis7O+O
1
145 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:19:42.53 ID:CSpmJ6/b0

 スタスタ

ヨダカ「…」キョロキョロ

ヨダカ(一体、何が召喚されるんだ…? これといった特別なものは感じない…)

ヨダカ「…」クンクン

ヨダカ「いいにおい…」フラフラ

*「お、旅人のぼっちゃん? いい時にきたね、ほら、カモの肉の串焼きをあげるよ」スッ

ヨダカ「…」パシッ

ヨダカ「…」ハムッ

ヨダカ「うまっ…!?」モグモグモグ

*「ははは、まあ、楽しんでいきな」

ヨダカ「うまうま…」モグモグ


 【安価下1】
 1 食べ放題か、食べ放題なのか!? あちこちで、金も出さないで飲み食いしてるヤツらがいる! 食らうしかない!
 2 (見た目は)同年代の子ども達にモテたヨダカ。ダンスを申し込まれた
 3 シャニ発見
 4 ゼノビア発見
 5 その他、自由行動

146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 16:20:51.68 ID:hVCAL+Bho
147 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:26:54.04 ID:CSpmJ6/b0

*「麦に砂糖を混ぜて蒸し焼きにしたお菓子だよ」

ヨダカ「うっま、あっまっ!?」ムシャムシャ

*「年に一度のごちそうだからな。おいしいだろう?」

ヨダカ「もっと!」

*「はい、どうぞ」

ヨダカ「うんめえっ…! あっちにも何かある」トトトッ

*「これはパンをミルクと、溶いたタマゴに染み込ませて焼いたものだよ。甘いよ」

ヨダカ「あむっ…うんめええっ!?」ムシャムシャ

ヨダカ「あ、あっちにもある!」タタタッ

 ・
 ・
 ・

ヨダカ「ふぅ…食った…」ゲフッ

ヨダカ「満足…」ポンポン


 【安価下1】
 1 シャニに声をかけられた
 2 ゼノビアにからまれた
 3 (見た目は同年代の)子どもにダンスを申し込まれた
 4 うん? 何か変な感じがする…。何だろう?

148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 16:27:44.18 ID:Oj7R5SewO
1
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 16:27:58.29 ID:VMdvIyKaO
3
150 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:40:50.20 ID:CSpmJ6/b0

シャニ「ヨダカ」

ヨダカ「…あ?」

シャニ「随分と駆け回っていたようだな。気に入ったのか?」

ヨダカ「うまいもんはうまいだけだ」

シャニ「そうか」

ヨダカ「…何を召喚するんだ、この儀式…」

シャニ「召喚?」

ヨダカ「隠すのかよ…」

シャニ「いや…何を誤解しているか知らないが、召喚なんてしない。これは収穫祭だぞ?」

シャニ「収穫した農作物や、狩りで得られた食物…大地の実りに感謝をして、また来年も同じようにたくさんのものを恵んでくれという祈りだ」

シャニ「そして、それをともに生き、ともに暮らす村人の全員で共有をしようという場が、この収穫祭なんだ」

ヨダカ「…」

シャニ「…何だ?」

ヨダカ「そんなことを人間はするのか…。バカみたいだな」

シャニ「……魔族の風俗がどうか知らんが、人間は自分達が…個々人が、弱いというのを知っている」

シャニ「だから助け合っていかないとダメなんだ。こういう収穫祭は、そんな繋がりを再認識して、またともに未来を歩こうという約束事みたいなものだ」

シャニ「むしろ、人間の知恵と言うべきだと俺は思っている」

ヨダカ「…てっきり、人間はよわっちいのを自覚してないと思った」

シャニ「魔族はないのか? 皆で集まって騒ぐようなイベントが」

ヨダカ「ある。殺し合いをして、その流れた血を魔王に捧ぐ大会とか」

シャニ「ちなまぐさすぎる…」

ヨダカ「同時にそれは魔族が、魔族として自分の実力を披露する重大なイベントだ」

シャニ「だが、死人が出てしまうんだろう?」

ヨダカ「弱いのが悪いだけだ。魔族は強さが誇りだから、弱いことが一番罪深い。強ければ何でも手に入るし、思い通りになる」

ヨダカ「だから競うように殺し合って、自分の実力と存在を認めさせる。この闘争を魔族はもっとも重要視している」

シャニ「……なるほど…。さっぱり理解ができないことだけ、理解した…」

シャニ「お前が人間嫌いな理由も…何となく分かった」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 俺は人間好きだけど? 何言ってんだ、お前? 分かった風なこと…ぷぷっ…恥ずかしいやつ…
 2 人間がよわっちいからそう思うだけだ
 3 その他、自由台詞

151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 16:42:10.56 ID:hVCAL+Bho
152 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:54:37.42 ID:CSpmJ6/b0

ヨダカ「俺は人間好きだけど? 何言ってんだ、お前? 分かった風なこと…ぷぷっ…恥ずかしいやつ…」

シャニ「なっ…好き? お前が? 冗談はよせ」

ヨダカ「何で冗談なんだよ」

シャニ「あんなにいつも見下してるような態度を取るだろう」

ヨダカ「見下してるのと嫌いは同じじゃないだろ」

シャニ「…ろくに話もしようとしなかった」

ヨダカ「誰かと話すなんて嫌い」

シャニ「はあ?」

ヨダカ「何だよ?」

シャニ「いや……意味が分からん…」

ヨダカ「…ばーかばーか」

シャニ「っ…」

ヨダカ「ぶわぁぁぁぁぁあああああああああか」

シャニ「じゃあ、お前、人間のどこが好きだって言うんだ?」

ヨダカ「メシがうまい」

シャニ「は?」

ヨダカ「…」

シャニ「それだけか?」

ヨダカ「…今んとこ」

シャニ「…それだけで?」

ヨダカ「何が変なんだよ」

シャニ「……本当のことか…?」

ヨダカ「何で嘘つくんだよ」

シャニ「つくづく…お前のことを知るほど、お前のことが分からなくなってくる…」

シャニ「それに、お前の好きって…軽くないか?」

ヨダカ「重いも軽いもあるのか?」

シャニ「あっさり好きになるんじゃないんだろうな…ということだ」

ヨダカ「……そんなにあっさり、何かを好きになるか、ばーか」

シャニ「…メシは、そんなに大事か?」

ヨダカ「はあ?」

シャニ「はあ、って何だ。こっちだ、それは

ヨダカ「人間はほんとにバカだな」

シャニ「お前ほどじゃないから安心しろ」

ヨダカ「魔界は…魔族のルールは、力だけが絶対だ。腕力で、武力で、知力で、同胞を殺して、殺した数だけ尊敬されて、賞賛される」

ヨダカ「畏怖されることがステータスで、そのためにあちこちで殺し合いをして、自分を高めていく」

ヨダカ「でも人間はそうじゃない。色んなことをするヤツがいて、色んなメシを作って、色んな考えを持ってる」

ヨダカ「人間同士の争いはあっても、それだってたった1人で何かをしないで、徒党を組んでるのがほとんどだった」

ヨダカ「そうして、角のない頭をつっつき合わせて暮らすから人間は色んなことをするんだと俺は思ってる」

ヨダカ「これが多様性に影響して、多様な思想が、コミュニティーの中で伝播しあって広がって、さらに新しいものが生まれていく」

ヨダカ「そういうことができるのは、武力よりもすぐれるものになるかも知れない。だから俺は人間が好きだ」

ヨダカ「何百年も、何も変わらない魔界なんかより、未来がある。停滞は衰退だ。波乱は革新だ。人間は常に革新しようとしている」

ヨダカ「そんな非現実的なことを意図することなくやっている人間だから、俺は好きなんだ」
153 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 16:57:22.14 ID:CSpmJ6/b0

シャニ「…」

ヨダカ「…」

シャニ「…お前、そんなにたくさん、喋るんだな…」

ヨダカ「…くだらない誰かの言葉なんか聞きたくないけど、考えたことは口に出す。当たり前だろ」

シャニ「意味が分からん…」

ヨダカ「…」フイッ

シャニ「だが…」

ヨダカ「…」

シャニ「……お前に対する見方が、何となく変わったような気がするよ」

シャニ「…そんなに俺達を好きでいてくれるんなら、頼むから困らせたりしないでくれ」

シャニ「すぐにものを壊したり、悪戯したり…」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 お前は嫌いだからいいんだよ
 2 調子に乗るな。人間が好きでも、個人は嫌いだ、ばーか!
 3 その他、自由台詞

154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 17:04:04.08 ID:hVCAL+Bho
1+馬鹿にした言い方で
155 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 17:11:25.25 ID:CSpmJ6/b0

ヨダカ「はぁぁ〜?」

シャニ「何だ…?」

ヨダカ「お前みたいなバカは嫌いだからいーんだよっ」ペッ

シャニ「…」カチンッ

ヨダカ「調子に乗るなっつーの! 口利いてやってんのは、甘いのもらうためだから。勘違いすんな、ばーかばーか!」

シャニ「ああ…今ほど、自分を愚かだと思ったことはない…」

シャニ「一瞬でも見直しかけた俺が、大バカだった!」

シャニ「お前なんか俺も嫌いだ、クソ生意気なチビのくせに!」

ヨダカ「チビ言うんじゃねえ!」

シャニ「チビはチビだろうが!」

ヨダカ「ああっ!?」

シャニ「呪いなんかなければ、決着をつけるところだ」

ヨダカ「俺の台詞だ、ばーか!」

シャニ「お前の方がバカでチビだ!」

ヨダカ「俺がバカでチビなら、お前はアホでマヌケで危機管理もロクにできないクソミソだ!」

 ギャアギャア

ゼノビア(ん? あっちで騒いでる…)

ゼノビア(男って、バカねえ…)


 【直下 コンマ判定】
 そして、高原の村に辿り着いた一行…
 1〜3 カレンの手がかりどころか、カレンのことを知っている人間さえ、いない…?
 4〜6 カレンはずっと身寄りさえもなかったらしく、特に親しいような人間もいなかった
 7〜9 カレンからけっこう前に手紙が届いていたらしいとのことを、彼女の親代わりの婆さんから聞いた


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:妙齢女性 魔法道具職人

156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 17:14:25.55 ID:hVCAL+Bho
157 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 17:26:33.11 ID:CSpmJ6/b0

 ――バイス王国・高原の村・カレンの空家――

シャニ「身寄りもなく…これといった親しい人物もなく…」

シャニ「これでは、完璧にムダ足になってしまったな…」

ヨダカ「…」

ゼノビア「何、女探し?」

ゼノビア「どんな関係よ? 恋人?」

シャニ「……元同僚…といったところだ」

ゼノビア「ふうん? 現役の兵士が、元同僚を追っかける…ねえ…。個人的な事情ってわけじゃなさそうね」

シャニ「…詮索はよしてくれ。大きな声で言える任じゃない」

ゼノビア「あら、それはごめんあそばせ」

ゼノビア「でも…協力してあげないこともないけど」

シャニ「何? 本当か?」

ゼノビア「ええ。実は研究費とかも、カツカツで資金不足だったの。だから…ね? あとは言わなくても分かるでしょう?」

シャニ「金、か…」

シャニ「経費で落とすことはできなくもないが、あまり高額でもな…」

ゼノビア「じゃあ、上に口利いてくれないかしら? あたしが協力なら、隊長さんクラスで動かせる金じゃどうにもならないはずよ?」

シャニ「…」

ヨダカ「…」

ゼノビア「ま、別にいいわよ? あーあ…無駄足じゃなくする方法もあるのに…」

シャニ「本当か?」

ゼノビア「ええ。…ま、あんたがどう足掻いたって、手がかり見つけるのは大変でしょうけど」

シャニ「…分かった、頼む」

ゼノビア「後で請求書を作って一括請求するから」

シャニ「ああ…」

ゼノビア「じゃ、やりましょうか」

シャニ「どうするんだ?」

ゼノビア「地利魔法って知ってる? 探してるものの位置を地面に映し出せるの」

シャニ「ああ…そう言えば…あったような、気はする…。知識としてだけ、知っている」

ゼノビア「探し物と縁深いものを使えば、その精度も上がるの。で、あたしは魔法道具職人。探し人の位置だけを特定するものを作ってあげる」

シャニ「そんなものが…」

ゼノビア「あたしと出会えたことに感謝するのね。請求書と別に特別手当とかつけてもいいから、それも検討なさい」

シャニ(いくらかかるんだ…?)

ヨダカ(人間ってヘンテコな魔法考えるな…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 げえっ、バイス王国にいないじゃん…
 4〜6 おいおいおい、割と遠くにいるよ…
 7〜9 あれ? 首都におるぞ…?

158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 17:27:56.35 ID:hVCAL+Bho
159 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 17:28:55.86 ID:CSpmJ6/b0

 判定把握です
 ちょいと休憩さしてくだされ

 再開予定は30分〜60分後くらいです

 ありがとうございました

160 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 18:21:44.82 ID:mvPLOp5XO

ゼノビア「――出たわ。地図を貸して」

シャニ「すごいな…。こんな板きれに…」

ゼノビア「地図と同じ縮尺にして…こんな感じね。で…この上に地図を置いて、浮かび上がってくるのが…」

シャニ「ここは…」

ゼノビア「ちょっと遠めね…」

ヨダカ「どこだ、ここ?」

シャニ「湖畔の都のそば…だな」

ゼノビア「あら、丁度いい」

シャニ「丁度いい?」

ゼノビア「一応、あたし、そこに籍があるの。学生じゃなくて、教える側だけど」

シャニ「…本当にすごいんだな…」

ゼノビア「信用してなかったの?」

シャニ「いや…そういうわけではないが…」

ヨダカ「今度はここ? 今どこ?」

シャニ「現在地は…ここだな」スッ

ヨダカ「…遠い」

ゼノビア「まあでも、端から端に行くような距離じゃないわね」

シャニ「ああ」

ヨダカ(だりぃー…)

シャニ「さあ、出発といこう」


 【安価下1】
 1 道中でコミュったりする?
 2 寄り道なしで直行する?
 3 寄り道しておく?
   ※この選択肢が採用された場合、その安価でコンマを判定
    1〜5 城塞都市を経由
    6〜0 首都を経由
    ※別に、どっちの方がいいイベントが起きるとか、悪いことが起きるとかはない判定です

161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 18:23:06.94 ID:AxxPQXOWo
162 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 18:29:17.02 ID:mvPLOp5XO

 ――バイス王国・湖畔の都――

ゼノビア「はあ…遠かった…」

シャニ「だな」

ヨダカ「一瞬じゃん。5分前に高原出たみたいな」

シャニ「お前の体感はいかれているな」

ゼノビア「あたし、ちょっと学院に顔出してくるわ。…地利捜索盤だと…都の中に潜伏をしている、ってわけでもなさそうね」

ゼノビア「山狩りにでもなるのかしら?」

シャニ「そうなりそうだな…」

ゼノビア「じゃあ、やるのは明日になさい。疲れてるから。1日くらいいいでしょ? 逃げたって追えるし」

シャニ「あのな…」

ゼノビア「それとも? あたし抜きで、これ使えると思ってるの?」

シャニ「…」

ゼノビア「じゃあ、そういうことだから」


 【安価下1】
 1 都を散策
   A 学院へ
   B 教会へ
   C ぷらっと
   D その他、目当てがあれば
 2 宿でまったり
 3 シャニとコミュ
 4 その他、自由行動


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授

163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 18:37:20.21 ID:2vPC82+Uo
1A
164 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 18:41:10.21 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ「…」スタスタ

ゼノビア「…」スタスタ

ヨダカ「…」スタスタ

ゼノビア「…ちょっと?」ピタッ

ヨダカ「…」スタスタ

ゼノビア「ちょっと、チビ! 無視するんじゃないわよ」

ヨダカ「は?」

ゼノビア「何でついてくんのよ、とことことことこ…」

ヨダカ「偶然同じ方向なだけだろ」スタスタ

ゼノビア「何て、生意気な…」

ヨダカ(でっけー建物…)

ヨダカ(人間も多いし…)


 【安価下1】
 1 ゼノビアの後ろについて(本来は関係者以外立入り禁止のところにまで)いく
 2 風・透過魔法で姿を消して学院で悪戯をしまくる
 3 人間観察
 4 その他、どうする?

165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 18:48:38.90 ID:hVCAL+Bho
166 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 18:54:31.12 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ「…」キョロキョロ

<講義つかれたー

<カフェテリア行きましょう

<ヤバい、講義に遅刻するー!

<おーい、スピカー

<あ、セーブル。どしたのー?

<釣りしてたんだけど、たくさん釣れたから自慢にきた!

<ふっ…あんな程度の内容にもついていけない自分が恨めしい…

<ゼノビア教授が戻ってきたらしいぞ!

<マジでか! 急いで講義予約行こうぜ!

<ごめんセーブル、大急ぎの用事できたから――あいたっ!

<だ、大丈夫か、スピカ…? 鈍いのに慌てて走るから…

ヨダカ(若いのが多いな…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あれ、殺気…?
 4〜6 何となく、学院が何してる場所なのか分かったヨダカ
 7〜9 人間の歴史の講義に紛れ込んで勉強をしたヨダカ

167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 18:57:15.95 ID:AxxPQXOWo
168 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:01:47.93 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ(ふむふむ…)

ヨダカ(ものを教えてる場所…っぽい?)

ヨダカ(人間のコミュニティーはこうやってものごとを学習して力にしていくのか…)

ヨダカ(これだけの人間がそれぞれの専門的なことを学んで、そこから個々人がさらに発展させて、それもまた教えていくことで知性が底上げされる…)

ヨダカ(なかなかやるな、人間…)

ヨダカ(でも頭がいいだけじゃ、大したこともできないはず…。こういうとこがよわっちい原因か)

ヨダカ(魔界じゃ生きてればてきとーに分かってくるけど、ここならそういうことをしないでいられるから死の危険性がなく進化できる…)

ヨダカ(一長一短…? いや…このシステムの方が種を存続させたがる人間的には合理的なのか…)


 【安価下1】
 1 観察をやめて、学院内をぶらつく
 2 別のとこ行こう
   A 教会
   B 宿屋
   C その他、目的地あれば併記
 3 その他、自由行動

169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:11:12.96 ID:hVCAL+Bho
2A
170 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:14:51.69 ID:mvPLOp5XO

 ――バイス王国・湖畔の都・教会――

ヨダカ「…」

ヨダカ(…………腹の底が、何となく…重くて痛くなってくる……)

ヨダカ(何の建物だ…?)

 ソソソ…

ヨダカ「…」キョロキョロ

ヨダカ(変な空気…)

ヨダカ(椅子がいっぱい…奥にあるのは…女…と、でっかい十字架のモニュメント…?)

ヨダカ(………………あれって、女神…?)

ヨダカ(ここ…女神を信仰してる場所か…。ああ…道理で、何か嫌な感じがするわけだ…)


 【安価下1】
 1 体に合わないからさっさと出てく
 2 それでもきょろきょろ見て回っちゃうあたり、ヨダカってけっこう好奇心旺盛よね
 3 その他、自由行動

171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:15:28.01 ID:W4iKRmhKO
1
172 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:17:59.49 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ(やだやだ…)

ヨダカ(女神だの天使だの、あんなの関わっても得しないし…)

 スタスタ

ヨダカ「ふぅ…」

ヨダカ(でっけえ水たまり…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 視線を感じる…。それにこの感じは、体質的なところじゃなくて…敵意…?
 4〜6 湖にボートを出して釣りをしてる少年(ヨダカの実年齢よりは少し下くらい)がいた
 7〜9 市街地の方へ足を運んだ

173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:18:56.41 ID:hVCAL+Bho
174 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:20:18.41 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ(…何だ、この感覚…)

ヨダカ(女神のせいじゃない…)キョロキョロ

ヨダカ「…いた」ジィッ

ピース「…」ジロッ

ヨダカ(何だ、あいつ…?)

ヨダカ(じっとこっちを見てる…)

ヨダカ「…」


 【安価下1】
 1 無視した
 2 無言で睨み続ける
 3 その他、どうする?

175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:21:35.68 ID:FaH+cHxVo
1
176 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:23:06.47 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ「…」フイッ

ヨダカ(まあいいや…)スタスタ

ピース「…」

ヨダカ(別に何かしてくるわけじゃないし…)

ヨダカ(ああいうのはシカト…)

 スタスタ

ヨダカ「…」

 スタスタ

ヨダカ「…」

 スタスタ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ヨダカ(ふっかけろよ!? 無視するなって、こっちに来るとこだろ!? でなきゃ、仕掛けるとこだろ、仕掛けろよ!?)
 4〜6 気づいたらいなくなってた
 7〜9 そのまま宿に戻ってきた

177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:31:14.10 ID:hVCAL+Bho
178 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:37:07.53 ID:mvPLOp5XO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 香ってきた、うまそうな香りにふらふらと釣られていったら、今まさに焼き魚を食べようとしてたセーブルに出会った
 奇数 ヨダカが魔族の感じとして、仕掛けてこいよ、って内心で憤ってたら、ほんとにそうなった
 ※0は偶数扱いやで

179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:38:51.36 ID:hVCAL+Bho
180 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:45:04.51 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ「…」クンクン

ヨダカ「…この香り…」クンクン

 フラフラ…

ヨダカ「…」フラフラ

 パチパチ…

セーブル「あっち、あっち…そろそろ、いいのかな…?」

ヨダカ「…」フラフラ

セーブル「あれ?」

ヨダカ(これかっ!)

ヨダカ「…」チラッ

セーブル「…見ない顔だな。腹減ってんのか?」

ヨダカ(気安く話しかけるな!)スッ ←座った

セーブル「魚食いたいのか? 多分、もうちょっとで火が通るはずだから、待ってろよ」

ヨダカ(早く焼けろ早く焼けろ早く焼けろ早く焼けろ…)

セーブル(どこの子だ…?)

ヨダカ「…」ジュルリ

セーブル「…ま、いっか。早く焼けろ〜」

ヨダカ「…」

セーブル「……もうちょっと火に近づけた方がいいのか…? いやでも、遠火でって言ってたしな…」

セーブル「焦れったいな…」ブツブツ

ヨダカ「…」ソワソワ

 ・
 ・
 ・

セーブル「…焦げた…」

ヨダカ「…」グゥゥゥ

セーブル「…ま、いっか…。ちょっとだし、大丈夫なはず。よし、食えよ」つ焼き魚

ヨダカ「はむっ…」パクッ

 モグモグ

セーブル「どうだ?」


 【直下 コンマ判定】(セーブルの料理:−2)
 1〜3 地上にきて初めて、ヨダカはちょっとだけ故郷の料理を思い出した。……そんな味だった
 4〜6 期待したほどおいしくなくてがっかりした
 7〜9 そこそこの味だった
  0  ふつうにおいしくできてた

181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:46:31.27 ID:hMTEoVBTO
この世の食べ物じゃない
182 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:47:49.98 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ「…」ムシャムシャ

セーブル「…お、おーい」

ヨダカ「…」ゴクン

ヨダカ「…」スクッ

セーブル「あれ? おい、一口しか食べないでいいのか?」

ヨダカ「…」


 【安価下1】
 1 文句言っとく
 2 ヨダカはクールに去るぜ
 3 その他、自由行動

183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:48:50.24 ID:AxxPQXOWo
184 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:51:27.97 ID:mvPLOp5XO

ヨダカ「…」スタスタ

セーブル「あ、おーい…」

 スタスタ

セーブル「行っちゃった‥」

セーブル「…そんなにマズかったか…?」パクッ

セーブル「…………………あ、塩ふり忘れてた」

 パッパッパッ
 パッパッパッ
 パッパッパッ
 パッパッパッ

セーブル「こんなもんか」パクッ

セーブル「うへぇ、しょっぱぁっ!?」

セーブル「しょっぱいから…今度は砂糖でバランスを…」

 パッパッパッ
 パッパッパッ

セーブル「よし」パクッ

セーブル「おえっ…」

セーブル「………料理って…むずいな…」



 【安価下1】
 そして宿に戻ってきたヨダカ
 1 シャニとコミュ
 2 ゼノビアが宿まで訪ねてきた
 3 さっさと寝よう
 4 その他、自由行動

185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:52:45.00 ID:hVCAL+Bho
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:52:46.49 ID:jLV25Ayzo
3
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/20(土) 19:53:25.56 ID:W5iP0QYl0
2
188 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 19:55:58.26 ID:mvPLOp5XO

 ――バイス王国・湖畔の都・宿屋――

<コンコン

シャニ「はい」

 ガチャッ

ゼノビア「やっほー」ヒラヒラ

シャニ「どうしたんだ?」

ゼノビア「学院にも寝場所はあるんだけど、あそこいると周りがうっさくて…」

シャニ「ああ…それで…?」

ゼノビア「あんた、18よね?」

シャニ「そうだが」

ゼノビア「ちょっと、酒場行くからつきあいなさい」

シャニ「いや、俺は酒はたしなまないんだが…」

ヨダカ(シャニは酒を飲まない…? てことは…すぐに潰れる…?)

ヨダカ(バカにするチャンス…!?)ガバッ


 【安価下1】
 1 いや、でもいいや…。だるい。留守番
 2 さあ行くぞ!

189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 19:57:03.32 ID:FaH+cHxVo
2
190 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:01:02.45 ID:RrIz3IruO

 ――バイス王国・湖畔の都・酒場――

ゼノビア「かんぱーい♪」

シャニ「1杯だけだぞ…?」

ヨダカ「ん」

 ガチャンッ

ゼノビア「って、何であんたまで酒なのよ? お子様はミルクでもすすってなさい」

ヨダカ「黙れ雌犬」

ゼノビア「はあ? じゃああんたなんかチビ猿よ」

ヨダカ「ああ?」

ゼノビア「何よ?」

シャニ「喧嘩をするな…」

ヨダカ「じゃあお前が飲め」ズイッ

シャニ「いや、そうは言っても…」

ゼノビア「何よ、偉そうなことを言っておいて。ここは酒場よ?」

ゼノビア「飲まなきゃ発言権はないの。お分かり?」

シャニ「…仕方のないやつらだな」ゴクッ

シャニ「うっ…苦い…」

ゼノビア「いーっき、いーっき」

ヨダカ「のーめ、のーめ」

シャニ「クソっ…だが、さんざん、軍でアルハラを受けてきた俺をなめるなよ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニが酒を飲まない理由:さっぱり酔わないウワバミだったから
 4〜6 すぐに酔っ払ったシャニが変貌した!!
     4 絡み酒
     5 泣き上戸
     6 笑い上戸
 7〜9 いい具合に酔ってきてる…ちょろいぜぇっ!

191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:02:32.98 ID:jLV25Ayzo
192 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:07:36.52 ID:MQ2Kjo5QO

シャニ「ングッ…ングッ…ぷはぁっ」ドンッ

シャニ「ふぅ…はぁぁ…」

ゼノビア「意外といい飲みっぷりじゃない。ほらほら、まだあるわよ?」

ヨダカ「俺が注いでやるから飲めよ」

ゼノビア「あら、いいわね。あたしにも注ぎなさいよ」

ヨダカ「…ちっ」

ゼノビア「ありがと、おチビさん」

ヨダカ「…」ガルルルル

シャニ「お前ら…喧嘩をするなと…あと、唸るな…」

シャニ「ちょっと…手洗いに…」

 フラッ
 ヨタヨタ…

ゼノビア「けっこうきてるわね…」ニヤリ

ヨダカ(ぶっつぶすぅぅぅうううう―――――――――――す!!)

 チラッ

ゼノビア「…あんたも、その腹づもり?」

ヨダカ「…だったら?」


 【安価下1】
 1 どっちがシャニを酔わせて恥ずかしい弱味を引き出せるかの勝負!
 2 どっちがシャニを飲ませて酔い潰せるか勝負!
 3 結託して、シャニをとことんいじり倒そう
 4 その他、自由

193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:10:01.61 ID:jLV25Ayzo
3
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:10:07.87 ID:AxxPQXOWo
195 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:16:23.29 ID:MQ2Kjo5QO

ゼノビア「あの、善人の面の皮被ったような隊長さんを一緒にいじくり倒すっていうのはどう?」

ゼノビア「互いに互いをうっとうしく思っちゃいるけど、そんなの愉快なことの前には無意味でしょ?」

ヨダカ「…乗った」

ゼノビア「協定締結ね」

 ヨタヨタ…

シャニ「ふぅ…」

ゼノビア「おかえり、隊長さん。ほら、杯にちょっと残ってるわよ。飲んじゃいなさい」

ヨダカ「飲めよ、注いでやるから」

シャニ「そんなに飲ませてもな…好きじゃないんだ、正直…」

ヨダカ「ぷっ…飲めねえとか…だっさwwww」

シャニ「…」カチンッ

ゼノビア「そうねぇ、レディーを前にして見栄を張ることもできないとか…隊長なんて肩書き、こんなもんだったのね」

シャニ「…」カチンッ

シャニ「いいだろう、飲んでやる…飲めばいいんらろ!」

ヨダカ・ゼノビア((呂律が回らなくなり始めてる!))

 ゴクゴクゴクッ…
 ドンッ

シャニ「これでいいのか…」

ゼノビア(そろそろ…判断能力が低下してくるころかしら…?)

ゼノビア(ちょっと恥ずかしいことを言わせて、後でからかうのが定番っちゃ定番よね…)

ヨダカ(どうしてやろうか、こいつ…)ニタニタ

シャニ「大体、お前らは…」


 【安価下1】
 どう、からかう? いじる?
 1 とりあえず、恥ずかしい話を聞き出そう
 2 シャニのお説教に屁理屈だけで言い返しまくっていじる
 3 その他、アイデアをおくれ

196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:18:22.48 ID:BgNSSWw3o
1
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:18:32.39 ID:FaH+cHxVo
1
198 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:26:52.48 ID:padvL/3CO

ゼノビア「あ、そうだ、ねえ、隊長さん」

シャニ「何だ…?」

ゼノビア「あたしが学院で教えてた時の話なんだけど、講義中に突然、すごい音鳴ったのよ」

ゼノビア「ブビブブブブブッ、て。もう、ほんと、それであたし、講義してたとこも一瞬忘れちゃって」

ヨダカ「何その音ww」

シャニ「…?」

ゼノビア「誰かのオナラだったのよ、オナラ。ブビブブブブッて」

シャニ「ふふっ…はっはっはっ、オナラか…。それで?」

ゼノビア「でね、まあ…生理現象だしって流そうとしたんだけど、その音の発生源の学生が弁解始めたの」

ゼノビア「今のは自動的に楽器を奏でる魔法道具の暴発です、って!」

ゼノビア「ふふっ…あの必死な赤い顔…暴発って、それはあんたのお腹でしょって、くふふっ…」

シャニ「はははっ…」

ヨダカ「オナラの暴発w」

ゼノビア「隊長さん、そういうのないの?」

シャニ「そういうの…? ああ…ヨダカはよく、鏡の前でポーズ取ってるな…。ナルシストだから」

ヨダカ「俺はかわいいし美しいんだ」

ゼノビア「かわいいww うwつwくwしwいwwwww」

ヨダカ「何だよっ…!?」バンッ

シャニ「ああ…まあ…失敗っていうんなら、そうだなあ…」


 【安価下1】
 シャニの恥ずかしい失敗…
 1 ○○が苦手
   ※何が苦手書いて…
 2 >>1が自分で考えろよ
 3 その他、何かでっちあげて…ごめん…

199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:29:32.59 ID:hVCAL+Bho
上司の目の前で酔って裸踊りをした
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:29:34.10 ID:AxxPQXOWo
1母が苦手
201 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:34:17.62 ID:padvL/3CO

シャニ「そう言えば…俺はそんなことした覚えないんだが…」

シャニ「前もこうして、タチの悪い軍の先輩と飲んでて、しこたま飲まされて…ふふっ…」

ヨダカ「何?」

ゼノビア「ひとりで笑わないで言いなさいよ」

シャニ「裸踊り…」

ヨダカ「裸踊り?」

シャニ「俺が、俺が裸踊りとかww ないのに、したとか言い出して、頭のおかしい先輩だったんだ…」

シャニ「生憎と覚えてなかったから糾弾できなかったけど…それから、裸踊りのシャニとか吹聴されてな」

シャニ「俺が…す、る、か! はっはっはっ、ばっからしいよなあ!」

ゼノビア(するんじゃないかしら、この勢いなら…)

ヨダカ(そんなに面白くねえよ…)

シャニ「あーっはははははっ!」

ゼノビア(あー、これ、きてるわね、意外と…)

ヨダカ「飲め」トクトク

シャニ「あっはっはっはっ!」ゴクゴク


 【安価下1】
 1 よし、じゃあ裸踊りするまで飲ませよう。ゼノビアはそれを魔法道具で記録できるらしいし! これで弱味を握れる
 2 よし、先輩の悪口言った〜ってからかいまくろう。普段の生真面目なシャニとしては否定するとこだけど…どうなるか…
 3 もう飽きた…いいよ、もう。適当に潰れろ

202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:36:43.27 ID:FaH+cHxVo
1
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:36:54.51 ID:AxxPQXOWo
204 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:40:09.13 ID:padvL/3CO

ヨダカ「…」チラッ

ゼノビア「…」コクッ

シャニ「俺が裸踊りなんかしたら、全裸であの湖を泳いで横断してやるwww」

ゼノビア「じゃ、これサインして」スッ

シャニ「サイン〜? するする、どうせしないんだから」サラサラッ

ヨダカ「じゃあ飲めよ」グイッ

シャニ「飲んでやる。お前も、いつもそれくらい俺に尽くすなら、可愛気があるんだがなあ…」ワシャワシャ

ヨダカ「俺は何もしなくてもかわいいんだよ、ばーか。いいから飲め」

シャニ「へいへい…」ゴクゴク


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 しまった、飲ませすぎて裸踊りの前に潰れた!
 4〜6 裸踊り始めたけど、裸剣舞だった。記録装置がぁーっ!!
 7〜9 きっちりシャニの裸踊りを記録した。もう酔っ払いに用はないから放置した。さて、明日の朝、シャニは全裸でどこで目覚めるやら…

205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:41:48.28 ID:hVCAL+Bho
206 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:46:12.10 ID:padvL/3CO

シャニ「あっつぅいなー!」ヌギッ

ヨダカ「きたっ!?」ガタッ

ゼノビア「記録装置、稼働…!」

シャニ「ヨダカ、ほら、踊ろうぜ」ヘラァッ

ヨダカ「ひとりで踊れ。おーどーれ、おーどーれっ!」

ゼノビア「ほらほら、踊りなさいよ、観客がいっぱいいるわよ?」

 ザワザワ

<ひどい酔っ払いだ…

<よっぽどストレス抱えてるんじゃないか?

<お客さん、ちょっとー!?

シャニ「あーら、よいよーい」ヘナヘナ

ヨダカ「何だその踊りwww」

ゼノビア「きもいわねぇ…」

シャニ「あっはっはっ!」

ヨダカ「記録は?」

ゼノビア「できたわ」

ヨダカ「じゃあもういいや」

ゼノビア「そうね…。本番は、素面に戻った時だものね…」

ヨダカ・ゼノビア「「ふっふっふ…」」ニタニタ

シャニ「おおーい、無視するなよぉ〜」

ヨダカ「どっか行け」

ゼノビア「全裸で絡まないでくれる?」


 【安価下1】
 1 で、シャニを放置したまま宿に帰った
 2 ゼノビアとおしゃべり
   A コミュ(自由内容で3つ)
   B 自動話題
 3 その他、自由

207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:46:47.09 ID:jLV25Ayzo
1
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:48:32.98 ID:hVCAL+Bho
なんだかんだこれでゼノビアと仲良しになってそう
209 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:49:56.78 ID:padvL/3CO

 ――バイス王国・湖畔の都・宿屋――

ヨダカ「ふわぁぁぁ…」

ヨダカ「…」ムクッ

ヨダカ「…寝よ…」ポフッ

ヨダカ「Zzz」

 ・
 ・
 ・

<ガンガンガンッ

<ガンガンガンッ

<開けろ、ヨダカ、開けろ!!

ヨダカ「んぅ…」ムクッ

 ヨロヨロ…
 ガチャッ

シャニ「お、おい、何がどうなっているんだ!?」

ヨダカ「………何が…?」

シャニ「俺の服はどこへ消えた!? 何で俺は、教会で、女神像にキスしながら寝てたんだ!?」

ヨダカ「女神にキス…? ぷっ…愛されろよ…」

シャニ「おいっ!? 説明をしろ!」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 がなるなよ、裸踊りのシャニちゃぁーん?
 2 後でな…
 3 その他、自由台詞

210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:50:33.15 ID:AxxPQXOWo
211 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 20:54:19.07 ID:padvL/3CO

ヨダカ「後でな…」ニタァ

シャニ「なっ…おい、おい!?」

ヨダカ「ふわぁぁぁ…服着たら…? 露出狂」

シャニ「違う、何者かの陰謀だ!」

ヨダカ「はいはいはい…」

シャニ「何だその態度はっ…!?」

ヨダカ「今ムリ…雌犬来てからな」

シャニ「はああっ!?」


 【安価下1】
 1 そして、二日酔いで、住民にひそひそ声で囁かれるシャニは任務のためにカレンを探しにいく
 2 全裸で湖を泳いで横断してもらおうか(ゲス顔
 3 まだ任務に行かずにまったりタイム?
   A コミュ
     ※相手も併記
   B でかける
     ※目当てがあれば併記
   C その他、自由行動


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…?
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手

212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:56:09.47 ID:hVCAL+Bho
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 20:56:11.89 ID:jLV25Ayzo
3B 
214 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:02:44.71 ID:padvL/3CO

 ――バイス王国・湖畔の都・湖の畔――

シャニ「い、一体、何だ…? こんなところで…」

ヨダカ「裸踊りのシャニ…」ボソッ

シャニ「何で…そんな不名誉な俺の渾名を知っている…?」

ゼノビア「だって昨日、バカな先輩に…って言ってたじゃない」

シャニ「は? 俺が? まさか…」

ヨダカ「これ、お前の字?」

シャニ「…え、ああ…俺のサイン…。何だこれ、誓約書…?」

シャニ「酒に酔って裸踊りをした場合…全裸で、湖を対岸まで泳ぎきることを誓います…?」

シャニ「…何だ…何なんだ、これは…?」

ゼノビア「で、これが証拠」ゴソゴソ

装置『ヨダカ、ほら、踊ろうぜ』ヘラヘラ

装置『あーら、よーいよい』ヘナヘナ

シャニ「」

ゼノビア「…あなたのサインなのよね、これ?」ピラッ

ヨダカ「全裸で泳いでもらおうか」ニタニタ

シャニ「な…こ…こ、こんなの…こんな、得体の知れないもので…何で、こんな箱の中に俺がいるんだ…? しかも…全裸で…」

ゼノビア「得体の知れないって失礼ね。このあたしが、作った魔法道具よ?」

シャニ「」

ヨダカ「泳げよ? なあ、約束違えていいのか? 裸踊りのしゃーにーちゅわぁぁーん?」

シャニ「…あ、いや…そんな、はず…そんなはず…」

ヨダカ「んんん〜?」

ゼノビア「あら、王国軍の隊長ともあろう人間は、自分の言動に責任を持てないのね」

シャニ「か…勘弁してくれっ…!」


 【安価下1】
 1 気が済んだ。へっへっへっ
 2 んんー? 約束はぁー? 勘弁するも何も? 約束を果たしてほしいなー、ってだけなんだけどー? ってスタンス
 3 その他、どうしてやりたいんだ…?

215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:07:55.31 ID:hVCAL+Bho
216 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:11:39.20 ID:zRED4hv0O

ゼノビア「はあ? 勘弁?」

ヨダカ「何を?」

シャニ「だからっ…こんな、誓約書、無効――」

ヨダカ「無効も何も、契約は契約だろ。守れよ、遵守しろ」ギロッ

シャニ「ぐっ…」

ゼノビア「それに、別に何かを許すとか、許さないじゃなくて、隊長さんの威厳についての話でしょう?」

ゼノビア「ただ裸になって湖を泳ぐだけ、っていう約束も果たせないの?」

ゼノビア「どう思う? チビ猿」

ヨダカ「厳密…。あーあー、もうちょっとまともだと思ってたのに…。あとチビ猿言うな、雌犬」

シャニ「っ…」

ヨダカ「なあ?」

ゼノビア「ねえ」

ヨダカ・ゼノビア「「泳がないの?」」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 記録装置を壊された! 証拠を隠滅して、なかったことにしやがった、こいつ!
 4〜6 誓約書を丸めてのみこみやがった! ヤギか、こいつめ!?
 7〜9 ヤケになってシャニは湖を泳ぎ始めた。それを3分くらい爆笑したら飽きたから放置した

217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:12:07.59 ID:hVCAL+Bho
218 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:15:24.26 ID:zRED4hv0O

シャニ「泳げばいいんだろうがぁあああああああ――――――――――――――――――――っ!」ヌギッ

シャニ「うわぁあああああああああ――――――――――――――――――っ!」ダダダッ

 バシャンッ
 ザバザバッ

ヨダカ「マジでやった! あーっははははっ!」

ゼノビア「ふふっ…あははははっ! ほんとに、やるの!?」

シャニ「覚えてろ、このバカどもがぁあああああああああ――――――――――――――――――――――っ!」ザバザバ

ヨダカ「ふぅー…もういいや」

ゼノビア「そうね…」

<うわぁああああああああ―――――――――――――――――っ!



 【直下 コンマ判定】
 1〜3 冷たい湖を全裸で泳いで、鼻をすするシャニ。さあ、仕事の時間だ。山狩りだぞ
 4〜6 ものすごく恨めしい眼差しを受けつつ、山狩り
 7〜9 屈辱に肩を震わせるシャニと一緒に山狩りへ

219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:19:42.67 ID:hVCAL+Bho
220 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:24:24.82 ID:zRED4hv0O

 ――バイス王国・湖畔の都付近の山――

 ザッザッ…

ゼノビア「山歩きって、しんどいわね…」

ヨダカ「…遅れてるぞ、ネイキッドダンサー」

シャニ「くっ…」ワナワナ

ゼノビア「あら、どうしたの? そんなに震えて? 寒かったのかしら? まあ、この時季の湖だし」

ヨダカ「ざっけぇー」

シャニ「いつか見ていろ…」

ヨダカ「お前の全裸なんかもう2度と見ねーし」

ゼノビア「全くもってその通りね」

シャニ「〜っ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 そして、よく罠にかかるヨダカ達
 4〜6 それにしても、なかなか深いとこにいて、遠いなあ…。何日かかかりそう
 7〜9 お、そろそろ近くに来られたかも

221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:26:35.97 ID:x7Mg2u6Eo
うりゃ
222 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:31:27.93 ID:33E+r6ETO

 ガササッ

ヨダカ「…」

ゼノビア「そろそろ…近くまではきてると思うんだけれど…」

シャニ「方角は?」

ゼノビア「あっちね」

シャニ「そうか…」

ヨダカ(からかうの飽きてきたし…何か退屈…)

ゼノビア「ところで…元同僚さんと会って、何をするつもりなの?」

シャニ「部外者に口外できない」

ゼノビア「黙ってるわよ。それに…場合によっては協力できるかも知れないでしょ?」

シャニ「…俺も知らされていないことだ。対象を捕縛する。場合によっては、手にかける」

シャニ「荒事になることだけは、頭に入れておいてくれ」

ゼノビア「そう…」

ヨダカ「…」

 ガサガサ

ヨダカ「……何かある」

ゼノビア「こんな山の中に…建物…?」

シャニ「あそこか?」

ゼノビア「……そうね。あそこにいるみたい。でも…」

シャニ「ああ…追われて潜伏している場所にしては、どうも急ごしらえといった感じはない」

シャニ「気を引き締めろ」

ヨダカ「お前はいいよな、湖で身が引き締まってるから、楽そうで」

ゼノビア「そうね。行きましょ」

シャニ「お前らなあっ…!」

ヨダカ「引き締めろよ」

ゼノビア「そうよ、大声出すとか何考えてるの?」

シャニ「…クソ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 見張りがいる…
 4〜6 生活感がある…何人かいそう
 7〜9 建物へ侵入をしてみた

223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:31:55.53 ID:BgNSSWw3o

224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:32:20.34 ID:hVCAL+Bho
225 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:38:02.26 ID:33E+r6ETO

見張りA「…」

見張りB「…」

見張りC「…」

見張りD「…」

 ガサッ…

シャニ「……どういう、ことだ…?」

ゼノビア「ねえ、あの鎧兜…って…」

シャニ「王国軍だ…」

ヨダカ「…」

シャニ「だが…裏切り者と聞いていたのに、これは…?」

シャニ「もしかして…カレンだけでなく、複数人が造反しているということか…?」

ヨダカ「人間はいっぱいいるからな…」

ゼノビア「そうね…。いくら王国軍と言っても、一枚岩になれるはずないわ」

シャニ「…だが…あの人数を考えると…」

ゼノビア「そこそこ、大勢が仲間みたいね」

シャニ(そうか…。だから、行方不明状態の俺に…。どこに裏切り者がいて、情報が流れているか分からなかったから…)

シャニ(だが…これじゃ、人手不足――いや、やるしかない…)

シャニ「声を出させずに、一瞬で制圧をする。できるだけ、殺さないようにだ。ゼノビア、頼ってもいいか?」

ゼノビア「ええ…。特別料金ね」

シャニ「ヨダカ…頼むぞ」

ヨダカ「甘いの」

シャニ「ほら」

ヨダカ「♪」モゴモゴ

シャニ「同時にかかる。俺は右、ヨダカは中央、ゼノビアは左だ。もっとも先に無力化した者が、奥の残りをやる」チャキ

シャニ「――かかれ」


 【安価下1】
 1 風刃で首をはねる
 2 ブーメランで首をはねる
 3 あ、殺しちゃいけないんだっけ? 風纏を使ったパンチで仕留めとこう。死にはしないはず…
 4 その他、どうしよ?

226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:40:00.00 ID:x7Mg2u6Eo
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:40:02.45 ID:hVCAL+Bho
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:40:57.87 ID:hVCAL+Bho
コンマ判定だったらヤバかった
229 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:44:08.95 ID:33E+r6ETO

 コンマが超やべぇ…何も反映されないけど

―――――

ヨダカ「とうっ」

 ブゥンッ
 シュルルルルルッ
 ガサァッ

見張りA「ん――?」

 ストォォォンッ…
 ブシュゥゥゥッ

見張りA「」

見張りB「何…!?」

シャニ「はあああっ!」ズドォッ

見張りB「ぐっ――」

シャニ「落とさせてもらう」グッ

見張りB「が、ふ――」ドサッ

見張りC「くっ――」

ゼノビア「中・凍結魔法」

 ビュォォォォッ
 ガキィィィィィンッ

見張りC「」

見張りD「なっ、だ、誰か――」


 【直下 コンマ判定】(裸踊りのシャニ:−2)(湖で全裸遊泳:−1)
 1〜3 向かってるのがバレてた☆テヘペロ
 4〜6 警戒だけされてた。こっそりいくのは断念…
 7〜9 きっちり始末した。バレてない

230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 21:52:20.63 ID:U7Od3N80o
231 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 21:59:29.24 ID:JxAItYhtO

ヨダカ「風刃」

 ヒュバァッ
 ストォォォンッ
 ブシュワァァァッ

見張りD「」ドサァッ

シャニ「ヨダカ…! 殺すなと――」

ヨダカ「できれば、だろ?」

ゼノビア「今ので気づかれるはずないわ。でもチビ猿、あんまやらないことね、そういうの」

シャニ「っ…後回しだ、気づかれないように侵入をする」

 シュバババッ

ヨダカ「矢――!?」ブゥンッ

 シュルルルルッ
 ストトトトッ

ゼノビア「この位置取り…バレてたんじゃないの?」

シャニ「何っ…!?」

 シュバババババッ

ヨダカ「キリがないっ…!」

シャニ「あの岩陰に身を潜めろ!」

ゼノビア「まどっろこしいわね…! 大・爆裂魔法!」

 カッ
 ドッゴォォォォォォォォォォォォォッ

ゼノビア「これで、射手はやれたはずよ…。命は保証できないけど…まあ、こっちが死ぬよかマシね。正当防衛」

シャニ「何故バレているんだ…?」

ヨダカ「お前がネイキッドダンサーだから」

ゼノビア「そう言えばそうかも知れないわね。軍内じゃ有名なんでしょ? 裸踊りのシャニさん?」

シャニ「お前らがさせたんだろうがっ…!」

 バンッ
 ゾロロッ

シャニ「ちぃっ…完璧にバレてるな…。フル装備とは…」

ゼノビア「どうするの?」


 【安価下1】
 1 出てくるなら倒して進むだけ
 2 可能な限り戦闘を避けて、あしらったりしつつ進んでいく
 3 その他、どうする?

232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 22:00:12.41 ID:x7Mg2u6Eo
233 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 22:02:22.26 ID:JxAItYhtO

シャニ「仕方がない…。どうせ、位置は掴めるんだ。倒しながら進む」

シャニ「だが、ヨダカ、いきなり殺そうとするな。どうにもならなければ…仕方がないが」

ヨダカ「…」チャキッ

ゼノビア「じゃ、やりましょうか」

シャニ「造反したことを恨むんだな、お前ら…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 割と手強い。これが王国軍か
 4〜6 ヨダカ達の安定感もなかなかよね
 7〜9 快進撃で建物内部へ突き進んでおります

234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 22:03:22.02 ID:AxxPQXOWo
235 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 22:07:02.32 ID:JxAItYhtO

兵士A「かかれぇっ!」

シャニ「でやああっ!」

 ギィィィンッ

ヨダカ「めんどうくさいな…! 風縛!」

 ビュォォォォォッ

兵士B「ぐっ…!?」

ヨダカ「どりゃあっ!」

兵士C「させるかっ!」

 ギィィィンッ

兵士B「助かる…!」

兵士C「やるぞ…!」

ヨダカ(だるい…!)

ゼノビア「うじゃうじゃと…中・火球魔法!」

兵士D「中・濁流魔法!」

兵士E「中・雷撃魔法!」

ゼノビア「ああもうっ…!」


 【安価下1】
 1 殺さないようにするとか言ってる場合じゃない。急所を攻撃して、積極的に殺しにかかっていく
 2 シャニに抗議。不殺とか言ってるとこっちがヤバいんだけど!
 3 がんばって殺さないように応戦
 4 その他、どーする?

236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 22:07:26.31 ID:U7Od3N80o
237 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 22:11:21.01 ID:dxgDHw2+O

ヨダカ「おい、ネイキッドダンサー! このままじゃ、こっちが…!」

 ブンッ
 シュルルルッ
 ギィィィィンッ

ヨダカ(防がれた…!)

兵士B「隙ありっ…!」

ヨダカ「まだ予備がある…!」チャキッ

 ギィィィンッ

兵士C「それでも…!」

ヨダカ「風縛!」

 ビュォォォォォッ

シャニ「クソっ…! 固まって応戦するぞ、連携していく!」

ゼノビア「はあ? 連携っ!? バカ言うんじゃない――このっ、中・爆裂魔法!」

 カッ
 ドッゴォォォォォォンッ

ヨダカ「こら、雌犬! 破片がこっちに…!」

ゼノビア「仕方ないでしょ、我慢なさい!」

シャニ「いいから俺の言う通りにしろ!」


 【直下 コンマ判定】(犬猿の仲:−2)(悪だくみした仲:+1)
 1〜3 ヨダカ達のチームワークはぐっだぐだだった…
 4〜6 急ごしらえの連携がどうにか形になった
 7〜9 割とかっちりはまるらへん、場慣れしてる面々

238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 22:16:48.39 ID:hVCAL+Bho
239 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 22:22:56.48 ID:kuWIo+MuO

シャニ「俺とヨダカは背中合わせだ! ゼノビア、俺達の間に入れ!」

シャニ「俺とヨダカで近づいてくる敵を撃破! ゼノビアは魔法でぶっ飛ばせ!」

兵士A「そんなバラバラで、何ができる…!」

兵士B「でやああああああっ!」

ヨダカ「風縛!」

 ビュォォォォォッ

ゼノビア「中・氷柱魔法!」

 ズドドドドドドッ

兵士B「ぐおっ…!?」

兵士C「このぉ…!」

シャニ「その程度か、鍛錬が足りないぞ!」

 ギィィィンッ
 ガッ
 ズバァァァッ

兵士D「うおおおおおおおおっ!」

ゼノビア「次から次へと…! 中・火球魔法!」

 シュボボボボッ

兵士D「ぐぅっ…!?」

シャニ「そこだっ!」

 ズバァァァッ

ヨダカ「てめえ、脇甘いんだよ! 風刃!」

 シュバァァァッ

兵士E「こいつらっ…!?」

シャニ「互いをフォローし合え! ヨダカ、お前だって視野が狭いぞ! 中・土槍魔法!」

 ズドドドドォォッ

兵士A「ぐおおおっ…!?」

ゼノビア「残り1人!」

ヨダカ「俺が――!」

シャニ「いや俺だ!」

ゼノビア「しゃしゃるんじゃないわよ!」

兵士A「何っ…!?」

 ズドォォォッ
 ズバァァァッ
 ドッゴォォォォォォッ

兵士A「かは…」ドサッ

シャニ「ふぅ…どうにかなったな」

ゼノビア「…バラバラよかマシって感じね…」

ヨダカ「めんっどくせー…」

シャニ「さあ、まだまだ出てきかねない。中に入るぞ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ぎょうさんおる…
 4〜6 まあ、そこそこ出てくる
 7〜9 でもヨダカ達の方が強かったから大した苦戦はしなくなった

240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 22:26:18.58 ID:AxxPQXOWo
241 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/20(土) 22:27:38.37 ID:kuWIo+MuO

 判定、把握です

 そして今夜はここまでです
 どうもありがとうございました

242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/20(土) 22:28:31.83 ID:U7Od3N80o

今日はまあまあコンマが良かったな
243 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 20:17:17.03 ID:hLs/nH9u0

 タタタッ

シャニ「深いな…!」

ゼノビア「山の中をくり抜いてるのかしら…?」

ヨダカ(人間がんばるな…)

シャニ「出ていくのも、なかなか大変そうだ。…2人とも、見てみろ。この階段」

ゼノビア「行くつもり?」

シャニ「それが仕事だ」

ヨダカ「めんどくさい…」

シャニ「降りる分にはまだいいだろう? 嫌なのは上りだ」

ヨダカ「俺、飛ぶし」タタタッ

ゼノビア「あたしも飛ぼうかしら」タタタッ

シャニ「お前ら、ずるいぞ…!?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 変な魔物が出てきた。つおい
 4〜6 変な人間が出てきた。つおい
 7〜9 変な部屋があった。何だろ?

244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 20:17:56.27 ID:xQk0VYkQo
245 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 20:27:08.09 ID:hLs/nH9u0

 ギィィィィ…

シャニ「…何だ、この部屋…?」

ゼノビア「研究室…っぽい感じはするわね…」

ヨダカ(………何で、こんなヤな感じするんだ…?)

ヨダカ(…腹の底が、何となく…)

シャニ「ヨダカ、どうした?」

ヨダカ「…別に」

ゼノビア「………ねえ、隊長さん…」

シャニ「どうした?」

ゼノビア「裏切り者を追ってたのよね…?」

シャニ「ああ」

ゼノビア「でもこれ…この研究って、前にあたしも軍から依頼されたやつよ」

シャニ「何?」

ゼノビア「人間の手で、天使を作り出す研究…」

シャニ「天使を、作り出す…?」

ヨダカ(道理で嫌な感じがするわけだ…。サイテー…)

ゼノビア「ここにあった資料を読む限りは…だけど」

ゼノビア「軍から依頼されたのは確か。で、それをここは研究してる。しかも裏切り者までいる?」

ゼノビア「これっておかしくない?」

シャニ「…軍内も一枚岩じゃない…。だが、こういう事情だとはな…」

ゼノビア「派閥ぐらいあるんでしょ? あんたはどっち派なのよ?」

シャニ「どっちにも肩入れはしていない。中立だ」

ゼノビア「ふうん…。でもこれ、あんたの追ってる元同僚の裏切り者が絶対に関わってるでしょ?」

ゼノビア「ちゃんと報酬もらえるんでしょうね? 逆にあんたが造反者にされたら、報酬もパーでしょ?」

シャイ「そんなバカな話があるか」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あった(白目
 4〜6 とりあえず人探し優先
 7〜9 その後も捜しまわっていく内に、最奥部へついちゃったぜ

246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 20:28:18.72 ID:KDmx6PkMO
247 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 20:46:14.98 ID:hLs/nH9u0

 ガラララッ
 バァンッ…

シャニ「っ…」

ゼノビア「ちょっと…?」

ヨダカ「上から檻が降ってきた…」

シャニ「……いや、まさか…」

 ザッ…

カレン「………来たのか、シャニ」

シャニ「カレン――! お前を捕縛しにきた。大人しく捕まれ」

カレン「……状況が分かってないのか?」

ゼノビア「この檻、魔法じゃ壊せなさそうね」

ヨダカ「あー、ダメ…何かこれ…力抜けてく…」ヘナヘナ

カレン「それは天使研究の産物で作り出された檻だ。力ずくで脱出することは不可能になっている」

カレン「バイス王国に仇なした裏切り者のシャニ、――貴様をここで捕縛する」

シャニ「何っ…!?」

ゼノビア「あーあ…やってらんないわね」

シャニ「待て、カレンっ…! 裏切り者は…!」

カレン「証拠は上がっている。魔族と結託をして、暗夜王国の使者と密会し、悪だくみをしていたんだろう?」

シャニ「何をバカなことを…!」

カレン「そこの小僧は魔族だ。だから、天使の檻で力が発揮できなくなった」

シャニ「俺は任務を…!」

カレン「言い訳は必要がない。…シャニ、これは冤罪だ。千年帝国樹立のための、礎のひとつなんだ」

ゼノビア「あーあー…最悪の展開…」

シャニ「い、意味が分からん…何を言っている…!?」

カレン「城塞都市に貴様が姿を現した時点で、貴様に罪を被せると確定した」

カレン「魔族と、暗夜王国の使者まで伴っていたんだ。それだけでもう、お前を悪人に仕立て上げるのに都合が良かった」

シャニ「暗夜王国の使者など俺は知らん!」

カレン「…レイド、と名乗る旅人は知っているはずだ。その男は、暗夜王国の一つ星騎士だ。知らなかったのか」

シャニ「嘘だ…」

カレン「本当だ。シャニ、お前は実に熱心な兵士だった。だから、そのまま死んでいけ」

ゼノビア「あたしもどうにかされるのかしら?」

カレン「……ゼノビア、か。どうせ、どこで野垂れ死んでも不思議でない人間…。ついでに死んでしまえ」

カレン「おい、お前ら。反逆者シャニと、その仲間を捕縛しろ――」



 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士?
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚

248 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 20:56:53.08 ID:hLs/nH9u0

ヨダカ「この枷、だりぃー…」グッタリ

シャニ「クソっ…ハメられた!」ジャラッ

ゼノビア「最悪ね…。これじゃ、タダ働きの上に処刑じゃない。どう責任取るつもりよ?」

シャニ「冤罪であると証明をする」

ゼノビア「証明って…こんな状況で? 分かってる?」

ゼノビア「両手両足、鎖で壁に繋げられてんのよ?」

レイド「鎖に繋がれる美少年…イイ…」

シャニ「大体、レイドが一つ星騎士? 暗夜王国の使者? 次に会ったら問いつめてやる…」

ゼノビア「誰よ、それ?」

シャニ「変態だ。そこに繋がれてる男みたいにヨダカを舐め回すようにいつも見て――見て…いたような…」

レイド「普段の生意気さとのギャップが素晴らしい…」ブツブツ

シャニ「レイド!」

レイド「…何だ?」

シャニ「何故ここにいる?」

レイド「捕まった。城塞都市で」

シャニ「…お前は、暗夜王国の人間なのか?」

レイド「そうだ。一つ星ということになっている。バイス王国には天使の贋作を作っているとの情報を確かめるためにきた」

シャニ「…俺がバカだった…。もっと注意深くしていれば…お前の同行を認めなければ、こんな冤罪をふっかける材料には…」

シャニ「いや――ヨダカのことが、何故バレているんだ…?」

レイド「気づかない方がおかしい」

ゼノビア「薄々…って感じよね…。口にゃあ出さなかったけど、ただのガキに見れるはずないじゃない」

シャニ「バレていた…だと…?」

ヨダカ「だーるーいー…これダメ…腹減ってくる…死にそう…」ゲッソリ

シャニ「……ま、まあいい…。とにかく、ここをどうにか脱出しなければ…」


 【安価下1】
 1 機会をうかがおう
 2 それぞれ、思い思いの方法で枷を壊そうとしてみた
 3 その他、どうする?

249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:01:32.78 ID:xQk0VYkQo
250 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 21:18:51.06 ID:hLs/nH9u0

ヨダカ「うええ…」

シャニ(と、言うか…こいつら、ヨダカが魔族と知ってもさっぱり驚いたりしないんだな…)

ゼノビア「脱出なんてできるのかしらね…」

シャニ「やらねば死ぬ」

レイド「見張りは2人組だ。騒ぎを起こせば、止めに中へ入ってくる」

シャニ「だが、手足が繋がれた状態で騒ぎと言ってもな…」

ゼノビア「この枷、魔法で壊すのは難しいけど、魔法が使えなくなるっていうものでもないのよね…」

シャニ「つまり?」

ゼノビア「王国軍は魔法使いを制圧する時はどうするのかしら?」

シャニ「気絶させるのが手っ取り早いな」

ゼノビア「じゃあ、そうしにきたところをやる?」

レイド「いいだろう」

シャニ「…荒っぽいやり方だ。見張りが来たら、行動を起こすとしよう」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 失敗しちゃった☆テヘペロ
 4〜9 うまくいっちゃった☆

251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:19:21.65 ID:x/C/858ao
mj
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:19:23.85 ID:aiojtD8Do
やあっ
253 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 21:28:10.42 ID:hLs/nH9u0

シャニ「中・土槍魔法!」

レイド「中・氷柱魔法!」

 ズドドドドォォォォッ

見張りA「何をしている…!?」

見張りB「やめろ、貴様ら!」

ゼノビア「アホね…。風縛」

 ビュォォォォォォォォッ
 カランッ…

見張りA「ぐっ…」

見張りB「何ぃっ…!?」

シャニ「小・土槍魔法!」

 ドスッ
 カチンッ

レイド「掴めた。これで…」

 カチャカチャ

シャニ「早くしろ」

ゼノビア「中・凍結魔法」

 ヒュォォォォォッ
 ガキィィィィィンッ

見張りAB「「」」カチン

 ガチャンッ…

シャニ「よし…どうにかなった。ヨダカ、平気か?」

ヨダカ「きもちわるい…死ぬ…死ぬぅ…」グッタリ

レイド「俺が背負って運ぶ」グッ

シャニ「いや、いい。お前は信用ならん」

レイド「」

ゼノビア「て言うかチビ猿、やわすぎない?」

ヨダカ「るせえ…雌犬ぅ…あれ…体に合わない…」

シャニ「脱出だ、脱出!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 天使の檻効果はしばらく保つらしい
 4〜6 ちょっとしたら治った
 7〜9 割かし速攻で治った

254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:29:05.01 ID:aiojtD8Do
はあっ
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:29:17.41 ID:n4D5tLHSo
ほい
256 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 21:34:51.78 ID:hLs/nH9u0

ヨダカ「揺らすな…」

シャニ「文句を言うな!」

ゼノビア「あーあ、結局、階段なのね…」

レイド「…階段が嫌なら、壁でも壊せばいい」

ゼノビア「あら、あんた冴えてるじゃない」

シャニ「待て、壁を壊すって…もしも失敗したら、閉じ込められ――」

ゼノビア「極大・爆裂魔法っ!」

シャニ「」

レイド「予想外だ」

 カッ
 ドッゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 それなりの被害を受けつつ、外に出れた
 4〜6 死ぬかと思ったけど外に出れた
 7〜9 いいショートカットでした(白目

257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:35:43.57 ID:x/C/858ao
77
258 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 21:40:40.10 ID:hLs/nH9u0

 パラパラッ…

ゼノビア「あら、珍しく外が晴れてるじゃない」

ヨダカ「すぅー……………はぁー…………」

ヨダカ「復活」シャキンッ

ヨダカ「下ろせ、ばか」

シャニ「こいつ…」

レイド「逃げるなら今の内だ」

ゼノビア「さっさと行きましょ」

ヨダカ「ネイキッドダンサー、早くしろ」

シャニ「…ええいっ、もういちいち呆れたりするか、お前らに!」


 【安価下1】
 1 とりあえず、外国行きの船も出てる港町まで大急ぎで逃げていく
 2 こうなった原因はレイドにもあるんだから、責任とって暗夜王国に匿ってもらおうか
 3 このまま首都へ行って事実関係をはっきりさせてやる

259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:41:38.46 ID:aiojtD8Do
260 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 21:47:18.32 ID:hLs/nH9u0

 ザザザッ

レイド「追手が来ている…」

ヨダカ「大・竜巻魔法っ!」

 ビュォォォォォォッ

ゼノビア「そのまま維持なさい! 中・氷柱魔法!」

 ヒュォォォォォォッ
 ズドドドドドドドドォォッ

シャニ「このまま南東へ向かう!」

ヨダカ「南東?」

ゼノビア「外洋の港?」

シャニ「レイド、お前が身分も明かさず、勝手についてきたからこうなったんだ」

シャニ「暗夜王国で匿ってもらえるんだろうな?」

レイド「いいだろう」

ゼノビア「いい待遇でよろしく」

シャニ「三度の食事に甘いおやつをつけておけ」

ヨダカ「甘いのあんのか?」

レイド「注文の多いヤツらだ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 追いつかれて戦闘
 4〜6 どうにか船に乗れたぜぃ…
 7〜9 暗夜王国に到着!

261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 21:47:44.88 ID:xQk0VYkQo
262 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 21:56:42.87 ID:hLs/nH9u0

 ――暗夜王国・水の都市――

 ザザ----ン

ヨダカ「…別に大差ないな」

シャニ「あったかいな…」

ゼノビア「そうね」

レイド「ここは本来、外国から直接、入港できる場所ではない。騎士の特権を使った」

レイド「俺はこれから王都デーモンに戻って、騎士団本部に任務の報告をしなければならない」

レイド「お前達も来い」

シャニ「遠いのか?」

レイド「半日ほどで到着する」

ヨダカ「甘いのあるか?」

レイド「ある」

ゼノビア「酒は?」

レイド「ある」

シャニ「よし、じゃあ行こう」

レイド「マイペースなヤツらだ…」


 【安価下1】
 暗夜王国の王都に着いたけど、レイドに待ってて言われた
 1 コミュ
   ※シャニorゼノビア
 2 散策
   A 武具屋
   B 騎士団本部
   C その他、目当てがあれば
   ※シャニorゼノビアと一緒がいいなら併記。3人で行動も可
 3 その他、自由行動

263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 22:01:09.13 ID:xQk0VYkQo
コミュゼノビア
264 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 22:05:08.52 ID:hLs/nH9u0

 ――暗夜王国・王都デーモン・噴水広場――

ヨダカ「…」キョロキョロ

ゼノビア「はぁ…」

ヨダカ「…」ソワソワ

ゼノビア「何そわそわしてんの? ガキはこれだから…」

ヨダカ「ああ?」

ゼノビア「いいわよねえ、何がどう転んだって…大した問題にならないって身分なんだから」

ヨダカ「…」フイッ

ゼノビア「ちょっと、こういう時はお喋りするもんでしょ? 何か言いなさいよ」

ヨダカ「めんどくせー女…」

ゼノビア「文句あんならハッキリ言いなさい」

ヨダカ「雌犬」

ゼノビア「このチビ猿」

ヨダカ「…」ガルルル


 ↓1〜3 ゼノビアとのコミュ内容
 ※なければ「なし」でおkっす

265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 22:06:40.00 ID:xQk0VYkQo
動物型のゴーレムって作れるか?
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 22:14:23.10 ID:eH6jc1CYo
人間の女みんな美しいから結婚したい的な恋愛相談
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 22:14:54.90 ID:Z00pexgQ0
これからどうするの?
268 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 22:18:13.96 ID:hLs/nH9u0

ゼノビア「すぐ唸って…獣じゃあるまいし」

ヨダカ「ふんっ…」

ゼノビア「すぐ黙らないでくれない? あたしが退屈するじゃない」

ヨダカ「…お前、ゴーレム作っただろ?」

ゼノビア「ええ、それが?」

ヨダカ「動物のも作れるのか?」

ゼノビア「作ってどうするの?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 お前に関係ない
 2 俺の眷属にする
 3 その他、自由台詞

269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 22:24:37.23 ID:xQk0VYkQo
2+強そうなのを作れ
270 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 22:29:18.32 ID:hLs/nH9u0

ヨダカ「俺の眷属にする。強そうなのを作れ」

ゼノビア「何ほざいてんの?」

ヨダカ「は?」

ゼノビア「何であたしがあんたのために作んなきゃいけないのよ、バカにして」

ヨダカ「お前が何か言えって」

ゼノビア「そうじゃないでしょ?」

ゼノビア「何で命令されんのがお喋りなのよ。頭わいてんじゃない?」

ヨダカ「死ね」

ゼノビア「あんたが死ねば?」

ヨダカ「………じゃあ何を話したら満足するか言ってみろ」

ゼノビア「何を…? 退屈しなきゃ別にいいわよ…。何かないの? 惚れた腫れたとか?」

ヨダカ「惚れた腫れた?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 そう言えば人間の女って、どれも見た目はいいな。お前も上の中には入れてやる
 2 お前はないのかよ?
 3 その他、自由台詞

271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/21(日) 22:35:09.30 ID:xQk0VYkQo
272 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/21(日) 22:40:48.43 ID:hLs/nH9u0

ヨダカ「そう言えば人間の女って、どれも見た目はいいな」

ヨダカ「お前も上の中には入れてやる」

ゼノビア「チビ猿のくせに偉そうな…」

ヨダカ「チビ猿言うな、雌犬」

ゼノビア「大体、その上から目線、腹立つわね」

ヨダカ「俺が上だ」

ゼノビア「へえー? 見上げるしかできないのに上なの? へえー?」

ヨダカ「…」ガルルルル

ゼノビア「すぐ唸る。それって、負けのサインなの?」

ヨダカ「…」フイッ

ゼノビア「で、だんまりね、はいはい…」

ヨダカ「…」

ゼノビア「…にしても…まさか暗夜王国に来ちゃうとはね…」

ヨダカ「…これからお前は何するんだ?」

ゼノビア「別に居場所にこだわる必要はなかったし、これからも魔法道具の研究と、製作をするだけね」

ゼノビア「となると、さっさと工房なりを見つけておきたいわね…。でもこの国、情勢不安定だし…めんどくさいわね…」

ヨダカ「めんどくさいのはお前だ」

ゼノビア「あんたもね」



 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士?
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚


―――――

 短いですが、今日はここまでです、すんません
 どうもありがとうございました

273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 07:04:43.09 ID:pXe0p4MDO
おつー
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 17:21:38.21 ID:UyLwuRsTO
何故かしばらく繋がらなかったから数日ぶりに来たら結構いい感じに進んでた。00奇数とかなってたらどうしようかと
ゼノビアさんいいキャラだな。何気に今までいなかったタイプのヒロイン
275 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:23:52.60 ID:Q0ji+rA8O

 ――暗夜王国・王都デーモン・騎士団本部――

レイド「…ここは暗夜王国の騎士団の本部で、多くの騎士が色々している」スタスタ

シャニ(敵国ではないものの…暗夜王国は、我が国の脅威のひとつ…。その主戦力でもある騎士の詰所に来てしまうとは…)

ゼノビア(能書きはいいから、どんな待遇かをさっさと教えなさいって…)

ヨダカ(騎士って兵士と何が違うんだ…?)

レイド「これからお前達には、簡単な事情聴取を受けてもらう。悪いようにはしないはずだ」

レイド「個別の部屋で、それぞれに本当のことを喋ってもらう」

シャニ「黙秘権は?」

レイド「……隠しごとはしたってかまわない。だが、上層部はスパイではないかと疑う声もある」

レイド「心象が悪ければ、お前達の保護にも不都合が生じかねないということを理解しておけ」

ゼノビア「ふうん…」

シャニ「個別…か…。ヨダカ」

ヨダカ「ん?」

シャニ「ほら、甘いのだ。分かってるな?」

ヨダカ「…うん」パクッ

ヨダカ「♪」モゴモゴ

レイド「さあ、それぞれ部屋に入ってくれ」


 【安価下1】
 1 何もかも(魔族ってことも)ぺらぺらとしゃべっちゃう
 2 会話嫌い発動。全てに黙秘した
 3 事実をもとにしたフィクションをでっち上げて、シャニを悪者にしたてあげる。だって、魔族って言っちゃいけないんでしょー?って
 4 その他、どこまでどう喋っちまおうか?

276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:26:06.96 ID:UyLwuRsTO
魔族ってことは隠しつつ、最低限のことだけ言って会話嫌い
277 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:33:33.58 ID:RiuW0r0qO

ヒヒイロ「なーんで俺がこんなチビっこから事情聴取するんだか、もぉー…」

ヨダカ「…」

ヒヒイロ「……ふてぶてしい顔…」

ヨダカ「…」

ヒヒイロ「まあいいやな…。さーて、名前と生まれをまずは言ってもらおうか?」

ヨダカ「ヨダカ」

ヒヒイロ「生まれは?」

ヨダカ「…」

ヒヒイロ「…まあいいや。んで? あのバイス王国の軍人のあんちゃんと、妖艶なお姉ちゃんとはどんな関係なのよ?」

ヒヒイロ「兄弟? 姉妹? 親の仇? 誘拐された? それともー…そうねー…」

ヨダカ「俺が面倒見てやってる」

ヒヒイロ「………ほぉーん? まあいいや、面倒をみてやってる…と」

ヒヒイロ「あと何かやましいことは?」

ヨダカ「…」

ヒヒイロ「やましいことなし…っと。はい終わりー。ご苦労さーん」

 ガチャッ…
 バタムッ

<終わったぞー

<ちゃんとやってください

<やったやった、はい終わりー。俺はあっちの美女の聴取したかったなぁ〜

ヨダカ(人間ちょれえ…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 騎士に監視される自由のない生活…だと…
 4〜6 騎士団に監視されつつだけど、とりあえずは平和っぽい生活を送ることに?
 7〜9 とりあえず王都内なら好き勝手暮らしてええで〜ってことらしい

278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:35:03.96 ID:VOqyBKQOo
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:36:43.73 ID:UyLwuRsTO
なんやかんやでサリーが久々に出ないかな…元気かなぁ…
280 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:37:58.33 ID:RiuW0r0qO

 ――暗夜王国・王都デーモン・下町居住区――

レイド「とりあえず、この家を好きに使って構わない」

シャニ「狭いな…」

ゼノビア「ちょっと、あたしもこいつらと一緒なの?」

ヨダカ「出てけ雌犬」

ゼノビア「るさい、黙ってなさい」

レイド「分けたら監視の目を増やさなくてはならない」

シャニ「監視?」

レイド「そうだ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 新米騎士が監視役にあてがわれた。たよりなさげ…
 4〜6 レイドが監視だと…? 何かなぁー
 7〜9 おっさんが監視なんだって

281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:39:04.83 ID:VOqyBKQOo
282 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:41:25.46 ID:RiuW0r0qO

レイド「こいつが、お前達の監視役だ」

新米騎士「こ、ここっ、この度はっ! あなた方に被害が及ばぬよう、そして、え、ええと…あなた達に不審な行動がないかを――」

 ポカッ

レイド「それは教えることじゃない」

新米騎士「はいぃ…」

レイド「…」

シャニ(新兵か…?)

ゼノビア(うわぁ…たよりなさげ…)

ヨダカ(ちょろそう…)

新米騎士「とにかくっ、よろしくお願いします! 【安価下1】と言います!」ビシッ


 【安価下1】
 新米騎士のお名前

283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:41:39.90 ID:VOqyBKQOo
ハレー・コメット
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:41:53.12 ID:Wbu4zTcQo
ブレイ 
285 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:42:41.62 ID:RiuW0r0qO

 あ、すまん
 名前+性別だったんだ…

 こう、男か女かね、どっちでもいいんじゃね?的なお名前投下でこうしてまた安価とるのがあれだから…って…
 ごめんね、手間をかけさせてしまいまして

 【安価下1】
 ハレー・コメットは…
 1 男
 2 女?

286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:43:14.04 ID:IJFMBNOr0
2
287 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:47:45.78 ID:RiuW0r0qO

シャニ「新人か?」

ハレー「そうです」

シャニ「……正直、この国の騎士と呼ばれる者の在り方をよく知らないが」

ハレー「はい?」

シャニ「何だ、その気の抜けた顔は? 国を守る人間なら、シャキッとしろ」

ヨダカ「ネイキッド」

ゼノビア「ダンサー」

シャニ「っ…」

レイド「………ハレー、何かあったらすぐ知らせろ」ヒソ

ハレー「あ、はい、了解です」

レイド「そしてヨダカの入浴時間には必ず、仔細な観察をして、それを俺に報告――」

ハレー「何故ですか?」

レイド「…」

ハレー「あ、あの…先輩?」

レイド「………………………………上の命令には、盲目的に服従しておけ」

ハレー「は、はい…」


 【安価下1】
 1 コミュ
 2 王都散策
   ※目的地があれば併記
 3 その他、自由行動


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士?
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士

288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:48:52.38 ID:Wbu4zTcQo
2
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:53:48.71 ID:UyLwuRsTO
ハレーも星の名前キャラか
290 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:54:16.88 ID:RiuW0r0qO

ヨダカ「〜♪」

ハレー「ヨダカくん、お出かけ?」

ヨダカ「…」チラッ

ハレー「?」

ヨダカ「…」フイッ

 スタスタ

ハレー「あ、待って待って! 監視をしなきゃだから…!」トトトッ

<ちょっと、ヨダカくーん!

シャニ「………マヌケか、あれは?」

ゼノビア「そうみたいね。で…何か企んでるの?」

シャニ「あんなでも監視だから、念を入れて、バレないように準備をしておくだけだ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 甘そうな香りに誘われて、買い食いを楽しもうとしたけどハレーに止められた。おやつはおやつの時間にたべましょう、だって。ペッ
 4〜6 ところどころ、ぶっ壊れた町並みがあった
 7〜9 ふらふらとうろついてたら、少女に声をかけられた

291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 18:56:36.56 ID:olBZYs2a0
292 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 18:59:38.83 ID:RiuW0r0qO

ヨダカ「…」ジィッ

ヨダカ(あの区画…燃えて、打ち崩されたみたいになってる…)

ヨダカ(地上ってどこもそれなりに綺麗だったのに、あそこは何となく…)

ハレー「あそこは、テロがあった時に酷い被害を受けたところ」

ヨダカ(聞いてねえし!)

ハレー「騎士団本部も全壊だったんだけど、どうにか直って…。そのころはまだ騎士になってななかったんだけどね」

ヨダカ「…」

ハレー「あれ? …瓦礫の上に人がいる…」

ハレー「おーい、キミー。何してるの、危ないから入っちゃダメだよー」トトトッ

ヨダカ「…」


 【安価下1】
 1 今の内にハレーを振り切ってさっさと行く
 2 眺めてる

293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:00:54.12 ID:lOV+0ySWo
2
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:01:22.32 ID:olBZYs2a0
2
295 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:07:19.55 ID:gvz12K8NO

ハレー「ほら、ダメだよ。こっちに来て?」

少女「…指図しないでくれる?」ジロッ

ハレー「いや…でも…」

少女「騎士なんて嫌いなの」

 ストッ

ハレー「…じゃあ、とにかくここからは離れるんだよ?」

少女「…」フイッ

少女「……ん?」

ヨダカ(目が合った…)

 スタスタ

少女「…面白いもの持ってるわね。それ、ブーメランでしょ?」

ヨダカ「…」

少女「…ちょっと、答えてくれてもいいでしょ?」

ヨダカ「…」

少女「ムカッ…見せてったら」

ヨダカ「…」スッ

少女「それでいいの♪」

少女「ふぅーん…柄があるから、投げるだけじゃないんだ、使い方が…」

少女「こうやって振るのかな…? でも、ブーメランだから曲がってて、ただ振るんじゃダメ…? その場凌ぎって感じ…?」

ヨダカ「返せ」

少女「もうちょっとだけ」

ヨダカ「やだ」

少女「やだ」

ヨダカ「…」ジロッ

少女「何よ?」ジロッ

 バチバチッ

ハレー「こらこら、喧嘩はダメでしょ? 見せてあげれば――」

少女「引っ込んでて、騎士は」ギロッ

ハレー「…」

ヨダカ「早く返せ」

少女「ちぇっ…分かったよ、はい」スッ

少女「…ねえ、それ売って?」

ヨダカ「やだ」

少女「ケチ」

ヨダカ「…」

少女「じゃあもう1回見せて」

ヨダカ「やだ」

少女「じゃあもういいもん。ふんっ、きらい」スタスタ

ヨダカ(何だったんだ、あいつ…? ん? ………あの腰にぶら下げる筒…何だろ…?)


 【安価下1】
 1 ブーメラン見せるか、腰のそれ見せろって
 2 まあいいや、次に行こうっと
 3 その他、自由行動
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:10:40.31 ID:olBZYs2a0
1
297 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:15:10.08 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「おい、見せてやる」

少女「ほんとっ?」クルッ

ヨダカ「だから、お前の腰のそれ見せろ」

少女「これ…? ………まあ、いっか。はい、交換」

 スッ

ヨダカ(何だこれ…?)

少女「先っぽは騎士の方に絶対向けておいて。あとは好きにいじっていいから」

ハレー「先端なんか怖いからやめて…」

ヨダカ(うーん…?)

 ガチャガチャ

モニカ(ふぅーん…ふんふん…)

ハレー(何かこの2人…似てるような、そうでないような…?)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 じっくりじっくり観察し合って日が暮れてさよならした
 4〜6 何となく少女と打ち解けた…かも?
 7〜9 少女にお願いごとされた

298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:16:10.59 ID:IJFMBNOr0
いつの間にかモニカに変わってたw
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:18:14.11 ID:HqKx7kLfO
モニカの銃ってシリウスに渡った後どうなったんだっけ
300 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:21:25.31 ID:gvz12K8NO

モニカ「あのね?」

ヨダカ「…」ガチャガチャ

モニカ「お願いしていい?」

ヨダカ「…」ガチャガチャ

モニカ「…聞いてる?」

ヨダカ「ここが…」ガチャガチャ

ハレー「ヨダカくん? 女の子を無視は可哀想だよ?」

モニカ「騎士はどっか行って。邪魔」

ハレー「」

ヨダカ「…あ、できた」ガチャンッ

ヨダカ「…ここに詰めたのが、ここを通って…」

モニカ「もう分かっちゃったの?」

ヨダカ「…ここで圧がかかって…」ガチャガチャ

モニカ「ねーえー」グイグイ

ヨダカ「…飽きた」ポイッ

モニカ「投げないでっ…! もうっ! あと、騎士はどっか行け!」

ハレー「………ヨダカくん…夕飯までに帰ってきてね…」トボトボ

ヨダカ「うるさい」

モニカ「だって無視するんだもん」

ヨダカ「…」

モニカ「お願いがあるの。ねえ、聞いてくれる? 聞いてね?」

モニカ「あのね、ゲルニカっていう馬がいるはずなの。ここのどっかに。そのコを探してくれない?」

ヨダカ「やだ」

モニカ「何で?」

ヨダカ「…」フイッ

モニカ「…お礼してあげる」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 どんな?
 2 ……甘いの?
 3 その他、自由台詞

301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:22:21.98 ID:h2szt7Xz0
3.No, Thank you!
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:22:39.93 ID:IbZpUywLo
脱げ
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:22:47.35 ID:UyLwuRsTO
304 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:25:29.67 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「ノーサンキュー」

モニカ「何で?」

ヨダカ「興味ない」スクッ

モニカ「むっ…」

ヨダカ「ブーメラン返せ」

モニカ「…」スッ

ヨダカ「…」スタスタ

モニカ「ねえってば…」スタスタ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 隙を見せて甘いもの好きを見抜かれた。今まで1番おいしい甘いのを食べさせられた。馬探し開始…
 4〜6 ひたすら無視したら、へそを曲げてどっかに行った。解放されたぜ
 7〜9 隙を見せて甘いもの隙を見抜かれて、今までで1番おいしい甘いのを食べさせられたけどそれはそれで無視しておいた

305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:26:39.23 ID:h2szt7Xz0
こんこん
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:30:22.97 ID:UyLwuRsTO
脱がせられれば誰でもいいのか
安価なら下
307 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:32:21.08 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「…」クンクン

ヨダカ「…」フラフラ

モニカ「…?」クンクン

モニカ「あ、いい香り…」フラフラ

ヨダカ「ここ、か…」ゴクリ

モニカ(お菓子屋…なるほど…)

モニカ「ねえ、甘いのが好きなの? すぅ……………ごく、甘くておいしいの、知ってるんだけど食べてみたくない?」

ヨダカ「すっごく…?」

モニカ「食べてみたくない?」

ヨダカ「………食べさせろ」

モニカ「じゃあ、ゲルニカ探ししてくれる?」

ヨダカ「…」

モニカ「あーあー…ほっぺが落ちちゃうんじゃないかってくらいおいしいのに…。あれを食べないで甘党気取るなんて、にわかなのに」

ヨダカ「っ…」

モニカ「…」チラチラッ

ヨダカ「………まず食べさせろ。それから、馬探しして、見つかったらまた食べさせろ」

モニカ「契約成立ね♪ わたしはモニカ。あなたは…ヨダカだっけ?」

ヨダカ「早く食べさせろ」

モニカ「もう…食い意地張ってるんだから…」


 【安価下1】
 ヨダカの大好物の甘味が決定されました! それは…
 1 甘酸っぱいイチゴと、甘い生クリームのハーモニー…王道のショートケーキ
 2 パイの中のぷるぷるレモンカードと、爽やかな甘さ…レモンパイ
 3 コクと香り、まったりと広がるたまらない甘さ…チョコレート



308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:33:04.54 ID:Wbu4zTcQo
1
309 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:36:09.12 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「何これ…? 白い…」

モニカ「ショートケーキ。…食べたことないでしょう、ケーキなんて」

モニカ「とってもおいしいんだから。ほらほら、食べてみて」

ヨダカ「…」ハムッ

ヨダカ「!?」

ヨダカ「っ…」ガタガタ

モニカ「おいしいでしょ?」

ヨダカ「おいしい…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 モニカから「ちょろいヤツ」認定をされた…吉と出るか、凶と出るか…
 4〜6 特に何もないよ
 7〜9 ヨダカは幸福感に満ち満ちた
  0  ヨダカからモニカへの好感度が大幅に上昇しちゃった

310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:37:44.41 ID:olBZYs2a0
ぞい
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:42:33.80 ID:UyLwuRsTO
怖いなぁ…
312 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:44:51.79 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「…」モッキュモッキュ

ヨダカ「はぁ…」ウットリ

モニカ(ちょろい…)

ヨダカ「♪」

モニカ(…使えるかも…?)

モニカ(あのブーメラン、なかなか使い込まれてたし…この国とはちょっと違う服装だし…)

モニカ(こんな簡単に釣れるんなら、いい感じに使えそう…。実力がともなってれば…だけど…)

モニカ「ねえ、ゲルニカ探しのことなんだけど」

ヨダカ「♪」モグモグ

モニカ「聞いてる? …聞いてるよね?」

ヨダカ(うめえうめえうめえうめえうめえうめえうめえうめえうめえうめえーっ!)

モニカ「…どこにいるかは分からないけど、きっとここにいるはずなの」

モニカ「ゲルニカはね、わたしの唯一の家族なの。でも、色々あって…離ればなれになっちゃったから、早く見つけたいの」

モニカ「聞いてる…?」

ヨダカ(この赤い果実と、白い甘いクリームがまた…)

モニカ「………捜しまわってたんだけど、あとは貴族街だけなの。でも、貴族街はちょっと、行けない事情があるから代わりにいってきて?」

モニカ「…ねえってば、聞いてるの?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 貴族街だろ? 聞いてるっつーの、いちいち確認すんな、ばーか
 2 聞いてる。ショートケーキって言うんだろ。これは確かに食べないと損する…
 3 その他、自由台詞
   ※脈絡なく、変なのぶっ込んでもズレこむ可能性高いからね? 自由とは言え、あれよ? 破綻しない限りだからね?

313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:47:52.49 ID:lOV+0ySWo
1
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:47:59.12 ID:UyLwuRsTO
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:49:45.73 ID:UyLwuRsTO
悪事に荷担しない程度に付き合って好感度上げれば大丈夫かな…
316 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:50:56.94 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「貴族街だろ? 聞いてるっつーの、いちいち確認すんな、ばーか」

モニカ「っ…」カチンッ

ヨダカ「はぁ…これうまい…」モグモグ

モニカ「…貴族街は貴族と、そいつらに用事のある人間しか基本的に立ち入らないの」

モニカ「だから、その格好じゃ不審がられるかも…」

ヨダカ「…」モグモグ

モニカ「できそう?」

ヨダカ「【安価下1】

 1 余裕。ばかにすんな、ペチャパイ
 2 そんなに不安ならついてこい
 3 その他、自由台詞

317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:52:16.95 ID:vQrTleRfo
おかわり
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:52:39.55 ID:h2szt7Xz0
3.無理だ、やめよう
319 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:54:38.16 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「おかわり」

モニカ「ダメ」

ヨダカ「じゃあやらない」

モニカ「じゃあ、もう食べられないね、ご愁傷さま」

ヨダカ「っ…」

モニカ「何?」

ヨダカ「…お、か、わ、り」

モニカ「だ、めっ!」

ヨダカ「…」

モニカ「…」

ヨダカ「…」ガルルルル

モニカ「…」フシャァ-ッ


 【安価下1】
 1 あ、もう夕方だ。明日からやるから。ばいびー
 2 レイドのツケにしておかわりした。モニカにも食わせてやった
 3 まあいいや、このお願いを聞いてやった後でまた食わせてくれるらしいし。そうと決まれば、早速、貴族街へゴー!


320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:55:13.76 ID:h2szt7Xz0
2
321 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 19:57:56.33 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「♪」モッキュモッキュ

モニカ「♪」モグモグ

ヨダカ「うめぇ…」

モニカ(この店だけは残しといてやろうかしら…? いや、レシピだけもらっておいて…)

店員「あのー…ほんとに、騎士様が払ってくださるんですか…?」

ヨダカ「客だぞ」ジロッ

モニカ「そうよ、そんなのも知らないの?」ギロッ

店員「すみませんでした…」


 【安価下1】
 1 馬探しは明日からね。帰った
 2 さて、腹も膨れたし、馬探しと参りますか

322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 19:59:26.72 ID:olBZYs2a0
1
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:01:01.55 ID:LcFrhegLo
小動物コンビ
324 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:02:41.01 ID:gvz12K8NO

ヨダカ「〜♪」

ハレー「おかえり…なさ、い…ヨダカく…ん…」グググ

シャニ「何だ、そのひ弱な体…? こんなのが暗夜王国の守護者なのか? 聞いて呆れる。腕立て、あと100本」ビシッ

ハレー「はいぃぃっ…」プルプル

ゼノビア「あら、チビ猿…晩酌つきあいなさいよ」

ヨダカ(こいつら自由だな…)


 【安価下1】
 1 コミュ
   ※シャニorゼノビアorハレーから選択
 2 さて、寝るかーって時にレイドが血相を変えてやってきた
 3 さっさと寝た
 4 その他、自由行動

325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:09:33.45 ID:lOV+0ySWo
3
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:12:16.36 ID:UyLwuRsTO
ハレーコミュ
327 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:14:19.71 ID:gfJxqsKQO

 ――暗夜王国・王都デーモン・貴族街――

<おほほほほ

<おかしいざます?

ヨダカ(変なかっこのヤツらばっか…)

ヨダカ(動きづらそう…。いきなり襲われたらどうなるんだ…?)

ヨダカ(馬の特徴は聞いたけど…どうやって探すか…)


 【安価下1】
 1 とりあえず、貴族っぽく変装して歩き回ろう
 2 風・透過魔法で姿を消して歩き回ろう
 3 モニカにどうすればいいんだよ、って言ってみる
 4 その他、妙案求む


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士
 モニカ:騎士嫌い(?)の少女

328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:14:43.93 ID:Wbu4zTcQo
3
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:15:06.25 ID:2QaI0TtCo
330 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:17:37.85 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「どうすればいいんだ?」

モニカ「昨日、さんざん、大丈夫なの、って聞いたのに…」

ヨダカ「早く教えろ」

モニカ「もう…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 どこからどう見ても(見た目だけは)貴族の子どもっぽいコーディネートにされた。窮屈で動きづらい。武器も似つかないから取り上げ
 4〜6 風・透過魔法で姿を消すことに
 7〜9 貴族コーディ。心配されてモニカも同行することに。一緒にゲルニカ探し

331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:18:58.50 ID:IbZpUywLo
332 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:20:50.80 ID:gfJxqsKQO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 モニカ「そんなことだろうと思って、色々用意してて良かった…。はい、これ着て」
 奇数 モニカ「…あそこの屋敷に、これ、持ってって」ヨダカ「何で俺が」モニカ「いいからやって」
 ※0は偶数扱いやで

333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:21:07.43 ID:VOqyBKQOo
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/22(月) 20:21:23.23 ID:lblKEZiq0
はい
335 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:27:24.38 ID:gfJxqsKQO

モニカ「…あそこの屋敷にこれ、持ってって」

ヨダカ「何で俺が」

モニカ「いいからやって」

モニカ「はいっ!」つ小箱

ヨダカ「……何なんだ、これ?」

モニカ「誰でもいいから押しつけて渡したら、全力ダッシュで戻ってきて」

ヨダカ「…?」

モニカ「でなきゃ、巻き込まれるから」

ヨダカ「…巻き込まれる…?」

モニカ「早く行って」

ヨダカ「…」

 スタスタ

ヨダカ「この家か…」

 ガチャッ

ヨダカ「…」キョロキョロ

使用人「何ですか、あなたは?」

ヨダカ「…」スッ

使用人「…何です?」

ヨダカ「…」グイッ

使用人「ちょっと…!」

 タタタッ

使用人「…一体、何だ…? この小箱も…一体…?」

 カッ

使用人「は――?」

 ドッゴォォォォォォォォォォォォォォンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 騎士がぞろぞろ出てきおった。モニカもいない。あれれ?
 4〜6 モニカさんにいいように利用されていくぅーっ!
 7〜9 モニカが楽しそうに大笑いしてる。パニックに陥った隙に片っ端から厩舎を覗いて探すらしい

336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:27:38.18 ID:UyLwuRsTO
ヤベェな…
337 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:31:13.44 ID:gfJxqsKQO

<ドッゴォォォォォォォォォォォォォォンッ

ヨダカ「うわっ…!?」

モニカ「あははははっ! 燃えた、燃えたっ! ねえねえ、すごいでしょ?」

ヨダカ「…あれ、何…?」

モニカ「ほらほら、ほじくったアリの巣みたいに人間が出てきてる!」

モニカ「貴族なんて自分が1番かわいいから、逃げてくの。ほら、あそこの女の子が転んだけど、誰も助けないし、踏まれてく!」

モニカ「あのまま生き残っても、あれってトラウマだよね」

ヨダカ「…」

モニカ「じゃ、人払いされてく間に片っ端から見て回ろう?」

モニカ「ゲルニカ、元気にしてるといいけど…」

ヨダカ「…」

モニカ「…どうかしたの?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 …別に
 2 お前は人間が嫌いなのか?
 3 その他、自由台詞

338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:32:01.17 ID:lOV+0ySWo
2
339 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:39:51.92 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「お前は人間が嫌いなのか?」

モニカ「何その質問? 嫌いじゃないけど?」

ヨダカ「…じゃあ何で」

モニカ「この国の人間が、大っ嫌いなの。ここで生まれて、この国でのうのうと生きてる人間全て」

ヨダカ「何で嫌いなんだ?」

モニカ「見捨てられたから。この国の全員に。誰も助けてくれなかったの」

モニカ「口じゃ綺麗ごとを言って、それを賛美するのにいざとなったら誰も何もしなかった」

モニカ「それで、ゲルニカ以外の家族は全部失ったから、大っ嫌いなの」

モニカ「それだけ」

ヨダカ「…」

モニカ「何? もしかして…正義漢ぶって、わたしのことを止めるとか言い出すの?」

モニカ「ヨダカってそういうキャラじゃないでしょ? 別にヨダカに害はないんだからいいじゃない。行こ?」

ヨダカ「嫌いだから…ああいうことをするのか?」

モニカ「だって、むしゃくしゃするんだもん」


 【多数決】↓1〜5の最多獲得選択肢を採用
 1 モニカのいびつさに気がついて、哀れんだ
 2 モニカの行為が何となく魔族チックな気がして、むしろ好意を抱いちゃった

340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:40:21.80 ID:12BVxpe+o
1
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:40:31.65 ID:Wbu4zTcQo
2
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:41:00.71 ID:IbZpUywLo
2
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:41:10.91 ID:lOV+0ySWo
2
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:41:24.33 ID:7wyyDBhMO
1
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:41:32.62 ID:/Rz6wNFAO

346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:42:04.92 ID:UyLwuRsTO
好感で悪いことするのも嫌だけど、哀れんでモニカがキレてヤバいことすんのもなぁ…
あえて2
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:43:52.47 ID:UyLwuRsTO
さぁどうなるか…バッドルートは避けてくれよ…
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:45:05.90 ID:IbZpUywLo
1 モニカの胸のうすさに気がついて、哀れんだ
349 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:45:31.64 ID:gfJxqsKQO

モニカ「ねえ、早くしてくれない? 騎士がきちゃうの」

ヨダカ「…」

モニカ「……それとも…嫌いになった?」

ヨダカ「…逆だ」

モニカ「逆?」

ヨダカ「お前のこと、好きになりそうだ」

ヨダカ「人間はどいつもこいつも、本音とか建前ばっかり先行して面倒臭いことばっかり」

ヨダカ「でもモニカはそうじゃないから…気分がいい」

モニカ「…変なの」

ヨダカ「馬探しだろ? モニカ、空飛ばせてやる。風・浮遊魔法!」

 ビュォォォォォォォォッ
 フワッ

モニカ「きゃっ…えっ…!? すごい!」

ヨダカ「めんどくさいだらけだから、さっさとやった方がいいに決まってる。思いきりがあるのはいいと思う」

モニカ「ヨダカ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 モニカ「………飛べるのはすごいけど、スカートが見られちゃうから下ろして!」
 4〜6 モニカ「ふふっ、わたしもヨダカとは仲良くできるかも」
 7〜9 モニカ「っ…ほ、ほんとにそう思う…?」ヨダカ「うん」

350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:45:56.23 ID:12BVxpe+o
」:
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:46:11.01 ID:2QaI0TtCo
はあっ
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:48:00.36 ID:qq/dU6kvO
パンモロから始まる恋も…ある?
353 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:48:52.17 ID:gfJxqsKQO

モニカ「………飛べるのはすごいけど、スカートが見られちゃうから下ろして!」

ヨダカ「…チッ」

 トッ

モニカ「もうっ…それに厩舎の中を覗くんだから、飛んでも意味ないでしょ?」

モニカ「時間食ったら騎士来ちゃうのに…ただでさえ貴族街だし…」

 ダダダッ

モニカ「来たし…」

ヨダカ「…」チャキッ

モニカ「待って、ゲルニカが先なの! あんなの相手にしないで、早く探そ」

ヨダカ「分かった」


 【安価下1】
 1 じゃあ、足止めで、極大・烈風魔法
 2 風・透過魔法で姿を消しておこう
 3 その他、どうしたい?

354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:50:24.16 ID:olBZYs2a0
2
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:50:36.31 ID:VOqyBKQOo
356 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 20:55:11.23 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「風・透過魔法」

 ヒュォォォォォッ

モニカ「うわっ…何、何これ、透けて…」

ヨダカ「行くなら行くぞ」

モニカ「ヨダカ、どこいるの? わたしのこと見えてる?」

ヨダカ「分かってる」

モニカ「じゃ、じゃあついてきて! 離れないでよ、絶対だからね!」

 タタタッ

モニカ「ここじゃない…」

モニカ「あっちかな…?」

 トトトッ

モニカ「ここにもいない…」

モニカ「ゲルニカー! どーこー?」

 タタタッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ヒヒイロ「風魔法で姿を消した…ねえ…。じゃ、あぶり出すか。消化の準備しとけよ? ――極大・劫火魔法」
 4〜6 ヒヒイロ「あぶり出すか、めんどくせえな…」レイド「待ってください、ヒヒイロさん。…もしかしたら…」
 7〜9 モニカ「ゲルニカ、ここにいてっ…!」バンッ ゲルニカ「ヒヒン」モニカ「げ…ゲルニカっ!」ギュッ

357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:57:05.48 ID:UyLwuRsTO
いい方に転べ
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 20:58:28.37 ID:IbZpUywLo
おっさんはバーにいる
359 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:02:53.16 ID:gfJxqsKQO

モニカ「ゲルニカ、ここにいてっ…!」バンッ

ゲルニカ「ヒヒン」

モニカ「げ…ゲルニカっ!」ギュッ

モニカ「良かった…良かったぁ…。ごめんね、いなくなって…。ゲルニカ…」

ゲルニカ「ブルル…」スリスリ

 スゥゥゥ…

ヨダカ(透過魔法の効力が切れた…)

ヨダカ「…」スッ

ヨダカ(ここから見える限りで、騎士が1…2…3…いっぱい…)

モニカ「ヨダカ、ゲルニカがいた」

ヨダカ「見てるから知ってる」

ヨダカ(どれくらい強いか分からないけど…あれだけいると、厄介かも知れない…)

ヨダカ(透過魔法を馬にまでやるのはちょっとあれだし…見つからないように出てくのは…)

モニカ「見てないじゃない。どこ見てるの?」

ヨダカ「外」

モニカ「…どう?」

ヨダカ「いっぱい」


 【安価下1】
 1 風・浮遊魔法で飛んで逃げるか
 2 強攻突破かな
 3 どうする、モニカ
 4 その他、妙案求む

360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:07:46.65 ID:VOqyBKQOo
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:08:58.75 ID:UyLwuRsTO
その辺の布とか板かなんかで体を覆って1
362 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:14:01.03 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「…飛んで逃げるか。風・浮遊魔法」

 ビュォォォォォッ
 フワァッ

モニカ「ちょっ…だから、スカートがぁっ…!」バッ

ゲルニカ「ヒヒンッ!」バタバタ

ヨダカ「行くぞ」

 ヒュォォォォッ

騎士A「子どもと馬が空を…!」

騎士B「魔法で撃ち落とせ! 中・氷柱魔法!」

 シュドドドドドッ

モニカ「させるもんかっ…!」チャキィッ

モニカ「スプレッド…!」カチッ

 パァァァァンッ
 ズドォォォォォッ

騎士A「何だ、あれは…!?」

ヨダカ(弾が弾けて、増えた…?)

モニカ「狙い撃ちにされるのは、そっちなんだから…!」

 カチッ
 パァァァァァンッ

騎士A「がっ――」ドサッ

騎士B「あ、頭が、いきなりっ…!?」

モニカ「もう、1発!」

 パァァァァァンッ

騎士B「」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ヒヒイロ「あーららら…レイドもまた、めんどくさいのを連れてきちまったなあ…。極大・火球魔法、っと」
 4〜6 レイド「あれは…ヨダカ…!? くっ…何てことを…!」
 7〜9 モニカ「はぁーっ…スッキリした! ゲルニカも無事に連れてこられたし…」

363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:18:48.19 ID:VOqyBKQOo
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:19:12.50 ID:UyLwuRsTO
7〜9でお願いします
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:21:12.98 ID:pEvef+EuO
主人公の頃の不運が嘘みたいにモニカのコンマがいいな
366 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:21:41.97 ID:gfJxqsKQO

 ――暗夜王国・王都デーモン付近――

 トッ…

モニカ「はぁーっ…スッキリした! ゲルニカも無事に連れてこられたし…」

ゲルニカ「ヒヒン」

ヨダカ「ショートケーキ」

モニカ「分かってるってば」

ヨダカ「♪」

モニカ「でも…」

ヨダカ「何だ」

モニカ「………顔がバレてたら、王都戻ったら捕まっちゃうかも…」

ヨダカ「…だから何だ?」

モニカ「捕まったらケーキだって食べられないでしょ?」

ヨダカ「…」

モニカ「ちょっと? そこまで考えてなかったの?」

モニカ「まあ、身を潜めてしばらくしてから…かな?」


 【安価下1】
 1 でもそんなの関係ねー。今すぐ食わせろ
 2 ちっ…約束だから忘れんなよ
 3 その他、どうしてやりたいの?

367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:22:23.40 ID:UyLwuRsTO
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:23:33.08 ID:IbZpUywLo
お前が作れ
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:25:19.64 ID:UyLwuRsTO
爆破で捕まらなければモニカ好感度アップでいい結果ではあるんだが
370 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:28:42.63 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ(確かに、顔がバレてる状況でのこのこ引き返すのは得策じゃない…)

ヨダカ「………ちっ」

モニカ「何その舌打ち」

ヨダカ「約束忘れるなよ」

モニカ「うん」

ヨダカ「…」スタスタ

モニカ「え? ちょっと?」ガシッ

ヨダカ「何?」

モニカ「どこ行くの?」

ヨダカ「帰る」

モニカ「………話の流れ、分かってる? 顔がバレてるかも知れないのに、王都に戻るつもり?」

ヨダカ「…え?」

モニカ「え?」

ヨダカ(あれ? これ…バレたらどうなるんだ…?)

ヨダカ(シャニに叱られて、雌犬に嘲笑われて…)

ヨダカ「……………………」

ヨダカ(何だ、それだけじゃん)

ヨダカ「別に問題ないだろ…」ザッ

モニカ「あるでしょ!?」グイッ

ヨダカ「何が?」

モニカ「だって…捕まっちゃうかも知れないのに」

ヨダカ「捕まったらどうなるんだ?」

モニカ「………閉じ込められちゃう」

ヨダカ「……………それはそれで…いやでも、呪いが発動したら…」ブツブツ

モニカ「?」

ヨダカ「…………………別にいい」

モニカ「良くないでしょ」


 【安価下1】
 1 無視して帰った
 2 じゃあどうしろってんだよ?
 3 その他、どうする?

371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:30:29.01 ID:VOqyBKQOo
372 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:35:22.16 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「…」スタスタ

モニカ「え? ちょ、ちょっと…!」

ヨダカ「…」スタスタ

モニカ「…もう…」

ゲルニカ「ヒヒン」スリスリ

モニカ「……どうなっても、知らないもん…」プイッ

モニカ「…」

モニカ「………知らない…もん…」



 【直下 コンマ判定】
 さてさて…どうなるヨダカ!?
 1〜3 ヒヒイロ「やあやあ、少年。早速だけど…拘束さしてもらうから抵抗すんじゃないぞ?」
 4〜6 レイド「…待っていた。お前には貴族街でのテロ行為、強盗幇助、殺人幇助などの嫌疑がかかっている」
 7〜9 シャニ「おかえり、ヨダカ。何か、騒ぎがあったそうだが…まさか、関わってないだろうな?」

373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:36:45.29 ID:vQrTleRfo
免罪
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:36:50.63 ID:IbZpUywLo
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:37:42.90 ID:UyLwuRsTO
積極的に闇に葬っていくスタイル
376 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:38:52.55 ID:gfJxqsKQO

 ――暗夜王国・王都デーモン・下町居住区――

シャニ「おかえり、ヨダカ。何か、騒ぎがあったそうだが…まさか、関わってないだろうな?」

ヨダカ「…」

シャニ「おい」

ヨダカ「何?」

シャニ「関わってないだろうな?」

ヨダカ「関わってたら?」

シャニ「マズいことになるんだ…。少し考えれば分かるだろ?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 ちょっと家が爆発して、馬とってきただけだろ
 2 ちょっと死んだくらいで? ないない…
 3 関わってないし
 4 その他、自由台詞

377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:40:40.95 ID:VOqyBKQOo
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:40:59.59 ID:UyLwuRsTO
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:44:07.60 ID:IbZpUywLo
(漠然としてて何だか分からないけど)関わってないし
380 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:45:04.00 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「関わってないし」

シャニ「そうか。ならいいんだ」

 トトトッ

ハレー「ひぃ…ひぃ…下町居住区…10周…走ってきました…」

シャニ「表へ出ろ、次は剣の稽古だ」

ハレー「ひぃぃぃっ…!」

シャニ「さ、来い」ガシッ

 ズルズル…

ヨダカ(…マズいこと…?)

ヨダカ(ま、バレなきゃいいだけだし)

<踏み込みが甘いぞ、それが騎士かっ!

<バイス王国って、スパルタだぁーっ!

<早くかかってこい。来ないなら、こちらからだっ!

<うぎゃーっ!

ヨダカ(うるさいヤツら…)


 【安価下1】
 1 コミュ
   ※相手も併記やで?
 2 ゼノビア主導で、今夜は酒場で食事だそうです
 3 ゼノビアが何かしてた。覗き込んでみた
   ※採用された場合、コンマ判定で1〜3が大したことないこと、4〜6がふーん、ってこと、7〜9がおおっ、てことになります
 4 その他、自由行動

381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:45:33.07 ID:Wbu4zTcQo
3
382 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:47:55.73 ID:gfJxqsKQO

ゼノビア「こんなもんかしら…」

ヨダカ「…何してるんだ?」

ゼノビア「あら、帰ってたの?」

ヨダカ「何それ? 粉?」

ゼノビア「ちょっと舐めてみなさい? ほら」

ヨダカ「…」ペロッ

ヨダカ「甘いっ…!」

ゼノビア「暇だからお菓子作ってるのよ」

ヨダカ「何…だと…?」ガクガク

ゼノビア「何でそんな戦慄してるのよ?」

ヨダカ(この雌犬…甘いのを作れたのか…?)

ゼノビア「ちょっと?」


 【安価下1】
 1 食べてやるから、たくさん作れ!
 2 無言でひたすらゼノビアの菓子作りを見守る
 3 俺にも教えろ
 4 その他、どうする?

383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:48:33.18 ID:lOV+0ySWo
3
384 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:50:52.51 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「…」

ゼノビア「…まあいいわ…」

 ガシッ

ゼノビア「……何よ? 袖掴まれたら作業できないでしょ?」

ヨダカ「お…俺にも教えろ」

ゼノビア「……手伝ってくれるの? いいわよ。じゃ、手え洗ってきなさい」

ヨダカ「分かった」

 トトトッ
 ゴシゴシゴシ

ゼノビア「んで、これかき混ぜまくって」ドンッ

ヨダカ「分かった」シャコシャコシャコ

ゼノビア「混ざったら教えてちょうだい。待ってるから」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 すぐに飽きた。ヨダカは食べる専門だった
 4〜6 すぐに飽きたけど、甘いのが食べたい一心でがんばった
 7〜9 ヨダカはお菓子作りにめざめかけ?

385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:51:11.08 ID:IbZpUywLo
1
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:51:46.37 ID:IbZpUywLo
やっべ、制御効かなくなるぞ
387 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:54:23.95 ID:gfJxqsKQO

ゼノビア「お菓子作りは、計量が命よ。寸分の狂いも許さずに計量して、それを混ぜ合わせるの」

ヨダカ「…」←超真剣

ゼノビア「あとはレシピ通りに作るだけ」

ヨダカ「…できた」

ゼノビア「…………そんな、粉の一粒まで見極める勢いはいらないんだけど…」

ヨダカ「次は?」

ゼノビア「…あんた、熱心ね」

ヨダカ「早く次を教えろ」


 【直下 コンマ判定】
 果たして、ヨダカの初めての菓子作りの成果は…!?
 1〜3 要所要所に、魔族的なこだわりが散見されて、失敗しちゃった☆テヘペロ
 4〜6 見た目はともかく、甘いのができてご満悦
 7〜9 こだわりにこだわって、超厳密に作ったことでデキもすごくいい感じ

388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:56:04.47 ID:olBZYs2a0
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:57:46.35 ID:UyLwuRsTO
おいおい誰かコンマ神と寝たか
390 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 21:58:54.05 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「お、おおっ…」

ゼノビア「初めてにしてはすごくいい感じじゃない?」

ヨダカ「でき…た…」

ゼノビア「ほら、試食しなさいよ」

ヨダカ「…熱い…」

ゼノビア「できたてなんだから当然じゃない」

ヨダカ「…」ゴクリ

ヨダカ「………」パクッ

ヨダカ「………………」モグモグ

ヨダカ「……………………グスッ…ヒック…」

ゼノビア「ちょっ…何でいきなり泣くのよ?」


 【安価下1】
 1 あまりの自分の完璧さが素晴らしくて泣いちゃった
 2 お菓子作りって…何だかすごくイイ…
 3 ゼノビアに謝った。今まで色々とみくびりすぎてたことを。お菓子作りを教えてくれたから全部チャラにして『やる』と泣きながら誉めた

391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 21:59:55.94 ID:IJFMBNOr0
2
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:00:11.62 ID:Wbu4zTcQo
3
393 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:04:29.82 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「だって…」

ゼノビア「だって?」

ヨダカ「こんなおいしいの…俺自分で作れて…ヒック…」

ヨダカ「これ作るの…すごく、嬉しい…」グスッ

ゼノビア(何この謎の感動…? 理解不能ね…)

ヨダカ「うまいぃぃ…」ポロポロ

ゼノビア「あーそう…良かったわね」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 そんな感動のタイミングで、ずかずかと騎士がやってきたぜ…
 4〜6 もそもそもそもそと、大事に大事に、自分で作ったお菓子を食べた。幸せだった
 7〜9 ヨダカの趣味に「菓子作り」が加わった!


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 菓子作り技量:Lv5
 所持金:7万80G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士
 モニカ:騎士嫌い(?)の少女

394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:06:29.29 ID:IJFMBNOr0
菓子作り技能が加わってる
395 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:11:13.98 ID:gfJxqsKQO

シャニ「にしても…平和だな…」

ゼノビア「そうね…。割と不安定な情勢とかって聞いてたけど、バイスほどじゃないのかしら」

シャニ「…それは俺へのあてつけか?」

ゼノビア「ここに来てから、何か危険なこととか、あった?」

シャニ「……ないな」

ヨダカ「〜♪」モゴモゴ

シャニ(ヨダカにも、菓子を与えておけば問題はなさそうだし…)

シャニ(ハレーはしごきまくって、監視という役割を忘れさせつつある…)

シャニ(行動を起こすのなら…そろそろか)


 【安価下1】
 1 コミュ
   ※相手も併記やで
 2 菓子作り
   A 50G消費で、ちょっとしたものを
   B 300G消費で、ちょびっと手の込んだものを
   C 1000G消費で、そこそこ手の込んだものを
   D 5000G消費で、大作を作り上げるぜ
 3 王都散策
   ※行きたい目的地などあれば併記
 4 その他、自由行動

396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:11:53.09 ID:lOV+0ySWo
2C
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:12:36.95 ID:UyLwuRsTO
ハレーコミュ
398 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:16:14.02 ID:gfJxqsKQO

 所持金:7万80G→6万9080G

ヨダカ「〜♪」

ゼノビア「…また何か作るつもり? でも…あたしが教えたやつじゃなさそうね」

ヨダカ「パン・デ・ローだ」

ゼノビア「……何それ?」

ヨダカ「タマゴと砂糖を焼く」

ゼノビア「……まあ…好きになさい…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 失敗しちゃった☆テヘペロ
 4〜6 むりやり、成功…ってことにしといたけど…失敗気味…
 7〜9 もしかして:菓子作りの才能あり?

399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:19:22.11 ID:olBZYs2a0
いける
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:21:01.94 ID:UyLwuRsTO
出費は控えめに
401 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:23:07.96 ID:gfJxqsKQO

 プスッ…
 グチャァァ…

ヨダカ「」

ゼノビア「ちょっと、焦げ臭いんだけど…うわ、何それ…?」

ヨダカ「…」

ゼノビア「………焼きすぎ?」

ヨダカ「…」

ゼノビア「あんた、菓子作り初心者なんだから、そういうのはもっと上手になってからやんなさいよ」

ヨダカ「…グスッ…俺のわくわくが…」

ゼノビア「あーあ…これ、どんだけ材料使ったの?」

ゼノビア「こんなにタマゴのカラ…大損ね」

ヨダカ「…」

 菓子作り技量:Lv5→Lv6


 【安価下1】
 1 まだしばらく、平和な時間を…
 2 そろそろ、動き出そうか



 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 菓子作り技量:Lv6
 所持金:6万9080G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士
 モニカ:騎士嫌い(?)の少女

402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:24:00.47 ID:Wbu4zTcQo
2
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:25:30.87 ID:UyLwuRsTO
404 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:28:20.82 ID:gfJxqsKQO

シャニ「2人とも、ちょっと――って、何だこれ…?」

ヨダカ「…グスッ…ヒック…」

ゼノビア「何よ?」

シャニ「……失敗したのか…」

シャニ「いや、まあいい」

ヨダカ「良くねえよ…」ギロッ

シャニ「いいから、聞いてくれ。行動を起こそうと思う」

ゼノビア「あら、何するのよ?」

シャニ「バイス王国へ戻り、何が起きているかを突き止める。そして、俺やゼノビアにかけられている冤罪を晴らす」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ハレー「――じゃあ、とりあえずヨダカくんはこちらで身柄を拘束しますね?」シャニ「!?」
 4〜6 ハレー「――ダメですよ、そんなの」シャニ「!?」
 7〜9 ゼノビア「冤罪を晴らすって、どうやって?」シャニ「直属の部下と、密かに連絡を取って内情を探らせていたんだ」

405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:29:02.34 ID:VOqyBKQOo
406 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:34:33.27 ID:gfJxqsKQO

ハレー「――ダメですよ、そんなの」

シャニ「!?」

ゼノビア「………あら、いつの間に?」

シャニ(今…気配を感じなかったぞ…?)

ハレー「何のための監視だと思ってるんですか?」

ハレー「レイド先輩の嘆願で、あなた達はここで平穏無事に暮らせてるのに…」

ハレー「もしも、あなた達が何かをしてバイス王国の侵略の矛先がこっちに向いたり、大義名分にされたりしたら不利益になるんですけども…?」

ハレー「大人しくしてくださいよ」

シャニ「…お前…本当は相当やるのか…?」

ハレー「相当やるも何も、ただの新人ですけど」

シャニ(新人…ね)

ヨダカ「…」

ハレー「バカなことは考えないでください。レイド先輩には報告だけしますけど…変なことしなきゃ、安全ですから」

シャニ「いいや…俺はこのまま、冤罪をかけられたまま、逃げ隠れているだけなんてできないんだ」

シャニ「一戦交えることになったとしても、退くことはできない」

ゼノビア「…平和な時間は終わりみたいね」

ヨダカ「…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ハレー「……じゃあ…仕方ない、ですね」チャキッ
 4〜6 ハレー「……じゃあ、仕方ない、です――」ヨダカ「風縛!」シャニ「すまないな、ハレー!」
 7〜9 ハレー「……………お願いだからやめてくださいってばー!」ガシッ シャニ「放せっ!」

407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:35:56.99 ID:VOqyBKQOo
408 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:39:37.27 ID:gfJxqsKQO

ハレー「………………お願いだからやめてくださいってばー!」ガシッ

シャニ「放せっ!」

ハレー「ほんとにお願いしますよ、ねっ!?」

ハレー「新米なのに監視してた人らが勝手なことして、大惨事なんてことになったら、この先の色々がー!」

ハレー「実績とか作るまでは1度の失敗でもやってけなくなっちゃうくらい厳しい仕事なんですからぁーっ!」

ゼノビア「何か…悲痛な訴えね」

シャニ「そんな事情は知るか!」

ハレー「ひとりの騎士道をムダにする気なんですかっ!?」

シャニ「騎士道なんか俺には関係ない!」

ハレー「そんなことは言わずにぃぃぃ…!」


 【安価下1】
 1 知らないふりとかしちゃダメなん?
 2 うるさいから気絶さしとこう
 3 その他、どうするー?

409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:42:26.56 ID:VOqyBKQOo
410 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/22(月) 22:48:08.79 ID:gfJxqsKQO

ヨダカ「知らんぷりしたら?」

ハレー「ダメダメダメ、そんなのお前は騎士としての自覚ないのかって!」

シャニ「めんどくさいやつだな…」

ゼノビア「いっそ、ぶっ倒しちゃえば?」

ハレー「それもダメぇーっ! 騎士のくせに負けるとは、って!」

シャニ「騎士のくせに、をつけたら何でも悪くなるのか」

ハレー「やりづらい業界なんですぅー!」

シャニ「………だったら、一緒にこい」

ハレー「はいぃぃっ!?」

シャニ「監視が役目なんだろ? 監視をしてればいいわけだ。違うか? ついてきて監視すればいい」

ハレー「なるほど…」

ゼノビア(あ、バカなのね、このコ)

ヨダカ(アホか)

シャニ(扱いやすいバカだな)

ハレー「よし、じゃあさっさと終わらせて、さっさと戻ってきて、何もしてませんってスタンスで! 決定!」

シャニ(ムリだろ)

ゼノビア(さっさと終わるはずないじゃない…)

ヨダカ(アホだな)

ハレー「さあ、出発ですよ、出発!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 そうはいかんぜ、とレイドが立ちはだかった
 4〜6 密航しようと港で船に潜り込んで一息ついてたら、レイドがいつの間にか一緒にいた
 7〜9 バイス王国へ戻ってきたぞ!


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 菓子作り技量:Lv6
 所持金:6万9080G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士
 モニカ:騎士嫌い(?)の少女


―――――

 今夜はここまでです
 どうもありがとうございました

 ヨダカの安定感はシリウス以上?
 でもって地味にコンマ神に好かれてるっぽいね

411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 22:49:25.46 ID:7wyyDBhMO
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/22(月) 23:09:23.84 ID:IbZpUywLo
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/06/23(火) 00:06:07.36 ID:DjiA9xHu0

コンマ神はショタコン
414 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 00:37:52.29 ID:W9ix0EdY0

王子「こんばんは、皆の王子です」キリッ

王子「…」

王子「何かね、今夜の更新分で、奇妙なフラグが立ちかけててね?」

王子「ヨダカ編のゴールが、現状ではどうなってるか…っていうのをさっくり、大事なとこを隠して?」

王子「とりあえずだけ想定されてるものだけご紹介してみようかな、と。で、少しでもお望みの結末に向かってほしいなあって」

王子「そういう趣旨でやってきましたー! いやー、モニカちゃんの存在があったからね、おやおや、って部分が出てきたんだよね」

王子「バッドを目指してもいいし、ハッピーエンドを目指してもいいし!」

王子「こう…中途半端に、とりあえず終わっちゃったよー…ってのは、ジ・エンドってなっちゃうからね」

王子「少しでもこう…いい感じに? ゴールを目指してほしいなー、とそういう俺からの気持ちです!」

王子「そんなわけで…現在、想定される終わり方を大事なとこを隠してまとめてみましたー! フリップ、どーん!」

 THE END:これからもヨダカは【内緒】だぜ! エンド
 SWEET END:ヨダカの大切なもの。それは…【内緒】エンド
 BITTER END:ヨダカは【内緒】を手に入れた。それを幸せと呼べるかどうかは、当人達にも分からないエンド

王子「…」

王子「何となくは…分かるかなあ…?」

王子「現状だと、ハッピーエンドルートも出てきてないね」

王子「ハッピーエンドの条件は、困難や苦難を乗り越えて、充足感と多幸感に包まれてのエンド…かな?」

王子「ヨダカはこれといった自分で抱えている問題とかがないから、まずはそれを作り出すなり、見つけるなりしないとダメなんだね」

王子「ヨダカって精神値は低いけど、現実主義的な割り切り方ができて、魔族的価値観も相まって絶望への耐性が高くなってるのね」

王子「だから、あんまり精神的に追い詰められることってないんだよ。もちろん、切り口が変われば絶望しやすくはあるんだけど、可能性は低め」

王子「ハッピーエンドに至るにはね、V字回復が必要。一旦、めちゃくちゃどん底まで落ちて、そっからの復活劇!」

王子「だからヨダカは一回、落ちなきゃこれは達成できそうにないです。コンマが良すぎるのも弊害っちゃあ弊害かなあ?」

王子「ジ・エンドは…まあ、順調にいけば達成可能っぽい感じ。安定したまま終わっちゃうよねー」

王子「スウィート・エンドは…察することができると…思います。まあでも、スウィートとはついてても、そんなに良くはない終わり方かな」

王子「で、ビター・エンド。これは今夜更新分で新たに発生したとこだね。バッド・エンド寄りです」

王子「でもこれは、コンマ次第で発生しててもさっぱり手つかずのまま…っていう可能性も高めっちゃあ高めだね」

王子「ただ…ここに進んだ場合はね、うーん…苦い結末かなあ…?」

王子「苦味がいいんじゃないか、ってものもあるけど…ねえ? 苦くて、苦いまま終わりってのもさ? ね?」

王子「そんな感じだから、シャニに振り回されつつも存分に振り回してあげてください」

王子「シャニに従順なら波風は立たないんだけど、時に反発をして、喧嘩をして…あれ、よくしてる…?」

王子「……こう…大事なとこでね? いや、絶対に大事なとこでシャニと対立しろ、ってわけじゃないよ? それはTPOなんだけど…」

王子「ああ、難しいね…。うん、仲良し集団ってだけじゃ得られないものもある…って感じかな?」

王子「雨降って地固まる、が理想的? ヨダカもシャニも、互いに噛みつきはするんだけどあんまり心を開き合ってる感じじゃないよね」

王子「シャニとの関係性次第でベターな終わり方とかも出現していくから、気が向いたらトライしてみてね」

王子「ゼノビアとは何だかんだで仲良しになりつつあるけどね。ヨダカとゼノビアは喧嘩するほど…な感じになりつつあるし」

王子「レイドはー…あー…まー…うん…。別にどうでも、って感じかな? 悪い人間じゃないしね」

王子「ハレーはいかんせん、キャラがまだ定まりきってないこともあって、何とも言えない。ただ、主要なポジションのキャラじゃないね、まだ」

王子「それで、モニカちゃんとはね…うーん…あ、そうそう。多数決で、哀れむか、むしろ好意か、ってあったじゃない?」

王子「僅差で好意が選択されたけど、哀れんでたらモニカ救済ルートも一応は生まれてたかも。ヨダカは性格的に他人に踏み込まないんだよね」

王子「ヨダカに理解しがたいことでも、基本的にはそういうもんか、って済まされちゃうの。だから哀れんでもモニカ逆上とかはなかった」

王子「解説は大体こんなもん…かな? まあ、どんな終わり方にせよ、安価とコンマ次第! 安価で少しでもお望みのエンドに向かってください!」

王子「ではでは、おやすみなさい! 皆の王子様でした!」


415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 06:50:40.83 ID:LDcgQFyhO
とりあえずコミュするなりして仲間を理解してった方がいいかな。少しは人間全体をいいと思ってもらわねば
ちなみにゼノビアとハレーのおっぱいはなんぼのもんですかね
416 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 18:14:49.73 ID:W9ix0EdY0

 >>415

王子「主に後者についてのためだけに、出てきたよ!」

王子「みんな、おっぱい大好き? そんなにサイズ大事?」

王子「いや、うん、まあ、大事なのは分かるけどさ? こう…何?」

王子「まあいっか、仕方ないよね! 男はおっぱい好きだもんね、基本的に!」

王子「フリップ、どーん!」

 ゼノビア:D
 ハレー:C

王子「…こんな?」

王子「発育はいい感じですね。まあ、ゼノビアは大人の女性なわけだけど…ハレーって、いくつだろ、設定してないや」

王子「まあ、ティーンエイジャーではあるけど…後半なのは確か」

王子「うーん…モニカちゃんの嫉妬の対象者ではある領域だね!」

王子「さあ、今日も元気おっぱいで、がんばろうね!」

王子「もうちょびぃっと、待っててね」




417 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 18:29:30.72 ID:W9ix0EdY0

 ――貿易船の船倉――

シャニ「これで、バイス王国に着く…」

ハレー「密航なんて大犯罪…」

ゼノビア「あら、この積み荷って酒? 着くまでにいっぱいやりましょうよ」

ヨダカ「コップない」

ゼノビア「そう言えばそうね」

シャニ「飲もうとするな…」

ヨダカ「暇」

レイド「…」つ飴

ヨダカ「ん」パクッ

ヨダカ「♪」モゴモゴ

ゼノビア「て言うか、あんた、いつもそんなの持ち歩いてるの?」

レイド「当然だ。いつ、どこで、甘いものに釣られるかわいい少年少女と出会うか分からない」

ハレー「先輩って、ほんとに小児性愛者なんですか? 騎士団内で噂ですよ」

レイド「…………そんなことはない。その噂話をしていたヤツの名を教えろ」

シャニ「おい、何でちゃっかりとお前がここにいる?」

ハレー「ハッ!? そう言えばいつの間に!?」

ゼノビア「あら、言われてみれば」

ヨダカ「…」モゴモゴ

レイド「……それは俺の台詞だ。何故、ここにいる? これはバイス王国行きだ。そんな許可を出した覚えはない」

シャニ(こいつ、抜け目がない…。騎士というのはどいつもこいつも、ダメそうに見えて意外とやるやつなのか…?)

ハレー「あ、あの、えーとですね、そのぅ…」

シャニ「邪魔をするなら、振り払わせてもらうぞ」チャキ

レイド「…そのつもりはない」

シャニ「いいのか…?」

レイド「ただし、同行はさせてもらう」



 【安価下1】
 1 船内でコミュ
   ※相手も併記
 2 バイス王国に到着したぜ

418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 18:32:21.67 ID:f4xHATXGo
ハレーコミュ
419 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 18:35:09.54 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「ふわぁぁぁ…」

ハレー「おねむですか、ヨダカくん」

ヨダカ「…」グシグシ

ハレー「え、無視?」

ヨダカ「…」スゥスゥ

ハレー「寝ちゃうの? ねえねえ、ちょっと?」

ヨダカ「…」パチ

ヨダカ「…」ジロ

ハレー「えー…? そんな、眠いのに何話しかけてくるんだよ的な眼差し…?」

ハレー「退屈ならお喋りとかしようよ、ね?」


 ↓1〜3 ハレーとのコミュ内容
 ※なければ「なし」でおk

420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 18:39:19.46 ID:3z5BPO+CO
レイドについて聞く
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 18:39:47.80 ID:f4xHATXGo
お前強いのか?
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 18:48:56.25 ID:f4xHATXGo
ゼノビアとハレーの胸を見比べる
423 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 18:53:07.44 ID:W9ix0EdY0

ハレー「ヨダカくん?」

ヨダカ「…」ジィッ

ハレー「?」

ヨダカ「…」チラッ

<1杯くらいいいでしょ?

<ダメだ

ヨダカ「…」ジィッ

ハレー「おーい」

ヨダカ「…」チラッ

ハレー「さっきから、どこ見てます?」

ヨダカ「おっぱい」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 えっちぃのは嫌いなハレーだった
 4〜6 ゼノビアと自分のを見比べて、しゅんとしたハレーだった
 7〜9 顔を真っ赤にしたハレーに叱られた

424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 18:54:53.88 ID:f4xHATXGo
425 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 18:58:11.12 ID:W9ix0EdY0

ハレー「えっ!?///」

ハレー「あ、あうっ、だ、だだ、ダメですよぅっ!?///」バッ

ハレー「ま、まだヨダカくんはあの、えと…あれ、でも…あの、あれ?」

ヨダカ(何を勝手に思い直してるんだ、こいつ…?)

ハレー「とにかくダメですよ、もうっ!///」プンプン

ヨダカ「お前、強いのか?」

ハレー「はい?」

ヨダカ「強いのか?」

シャニ「強くはないぞ」

ハレー「むむっ…横から口を挟むとはシャニさん…。わたしの真の実力は知らないようですね」

レイド「弱いぞ」

ハレー「レイド先輩ぃ〜…」

ヨダカ(弱いのか…)

ハレー「グスン…騎士だもん…弱くはないもん…。最低限はあるもん…」

ヨダカ「…レイドって、何なんだ?」

ハレー「何なんだ…と言うと?」


 【安価下1】
 1 変態なのか?
 2 ほんとにあれって騎士ってやつなのか?
 3 その他、レイドについての質問

426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:02:33.51 ID:bV8dOqbZO
2
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:02:54.61 ID:3z5BPO+CO
428 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 19:07:09.74 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「本当にあれは、騎士ってやつなのか?」

ハレー「そりゃあもう、星までもらってるようなすごい騎士ですよ」

ヨダカ「すごいのか?」

ハレー「レイドさんは若手騎士じゃ、実力も功績もダントツのナンバーワンですから」

ハレー「若手って言っても、レイドさんのキャリアはえーと…5年以上はあるはずなんですけどもね」

ハレー「いくつから騎士やってるかは忘れちゃったけど、20歳にも満たない年齢で星を授与されたのはレイドさんだけですよ」

ハレー「単独での任務が多くて、ふらふらしてて、いつもどこで何してるかはよく分かってないですけど…」

ヨダカ「…」

ハレー「まあ、でも、すごいんですよ」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ハレー「どうも、ペドフィリアじゃないかって噂はあるけど…」
 4〜6 ハレー「…具体的なエピソードはさっぱり知られてないけど…」
 7〜9 ハレー「噂じゃ…何でも、国に仇成す大勢の逆賊を単身で殲滅・撃破して星を授与されたとか聞きましたけど…本当だったらヤバいですし」

429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:08:35.18 ID:f4xHATXGo
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:10:31.70 ID:OQK87eTWo
ハレーのしっぽには猛毒がある
431 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 19:11:55.21 ID:W9ix0EdY0

ハレー「噂じゃ…何でも、国に仇成す大勢の逆賊を単身で殲滅・撃破して星を授与されたとか聞きましたけど…本当だったらヤバいですし」

ヨダカ「どれくらいだ?」

ハレー「どれくらい…って…うーん…」

ハレー「…………単身での戦闘能力は…騎士団内でもトップクラスってことにはなりますよね」

ヨダカ(あいつ、そんなに強いのか…?)チラッ

レイド「…」キリッ

ヨダカ(何で視線を向けた瞬間…あんな顔するんだ…?)フイッ

レイド(もっと俺を誉めておけ、ハレー!)


 【安価下1】
 バイス王国に戻ってきたぜぃ!
 1 早速、行動開始だ!
 2 その前に色々と準備とか?
   A 武具準備
   B 道具?
   C その他、懸念材料あれば併記してみて



 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 菓子作り技量:Lv6
 所持金:6万9080G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士
 モニカ:騎士嫌い(?)の少女

432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:24:27.17 ID:3z5BPO+CO
2B
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:24:33.64 ID:IirfGALd0
2B
434 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 19:32:00.87 ID:W9ix0EdY0

 ――バイス王国・外洋の港町・万屋――

シャニ「必要なものがあれば、今の内に揃えておけ」

ヨダカ「小遣い」

シャニ「自分で買え」

ヨダカ「チッ」

シャニ「…」

ヨダカ「…」キョロキョロ

ヨダカ(レイドもいねえし…自腹か…)


 【安価下1】
 1 型抜きセット:500G
   お菓子作りに役立ちそう…ジュルリ
 2 A級魔鉱石:5万G
   魔鉱石を道具に組み込んで、加工をすれば魔法道具のできあがり。要:技術と経験だけど…?
 3 聖水:2000G
   魔力をある程度回復できる飲み薬。教会で製造されている
 4 若草色のローブ:800G
   気分は自由な旅人。草笛が似合いそう。すっぽり体を隠せる。フードつき
 5 傷薬:300G
   傷口に塗り込むタイプの軟膏。染みるけど治りは早くなるはず
 6 その他、どんなのが欲しいか書いてみて

 ※複数選択可です

435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:33:30.41 ID:rPCJjbsM0
1 4
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:34:25.59 ID:OQK87eTWo
6 携帯型の音楽再生する何か

あと↓
437 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 19:36:15.30 ID:W9ix0EdY0

 所持金:6万9080G→6万7780G

ヨダカ「これとこれ」

*「はい、まいど」

シャニ「何だそれ?」

ヨダカ「型抜き」

シャニ「…それに、ローブ?」

ヨダカ「いいだろ?」バサッ

ヨダカ「…さすが俺、こういうの着てもかわいい」ニィッ

シャニ「…」

ヨダカ「何だよ?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニ「いや…何でもない」
 4〜6 シャニ「…一応、これも持っておけ」
 7〜9 シャニ「……万が一のためだ。これを持っておけ」

438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 19:49:01.51 ID:S7dAnpwMO
439 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 19:55:52.39 ID:W9ix0EdY0

シャニ「いや…何でもない」

ヨダカ「〜♪」クルクル

シャニ「さて…行くぞ」

ヨダカ「どこ行って何するんだよ?」

シャニ「暗夜王国にいる間、こっそり直属の部下に情報を探らせていたんだ」

シャニ「どうやら王国軍は王室にも従わず、独自行動をしているらしい。クーデターも起きかねない」

シャニ「だから、そんな事態になる前に野望をくじく」

ヨダカ「どうやって?」

シャニ「ゼノビアが誘われた研究というのがあっただろう。天使だとか、何とか」

シャニ「あれが軍の暴走のきっかけになっているらしい。研究機関も軍と結託をしているとか」

シャニ「だから、そこを叩いて、利用しようとしている技術を抹消する」

ヨダカ「…天使…ねえ…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 合流しようとしていたシャニの部下が…!
 4〜6 港を出ようとしたら軍が検閲中ですか…いきなりだなあ
 7〜9 さあ、出発やでー!


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 菓子作り技量:Lv6
 所持金:6万7780G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン 型抜きセット 若草色のローブ

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士
 モニカ:騎士嫌い(?)の少女

440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:02:14.63 ID:f4xHATXGo
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:04:38.68 ID:fh02b3RM0
a
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:10:19.00 ID:3z5BPO+CO
昨日とはうってかわって低コンマか
シャニとコミュして色々関係深めた方がいいかもね
443 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 20:17:37.54 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「何ここ?」

ハレー「………倉庫…? 密輸?」

シャニ「部下と合流をすることになっている」

シャニ「人目につかない場所を選んだんだ。中へ――いや…」

レイド「…血痕があるな」

ゼノビア「…しかも、まだ新しめね…」

ヨダカ「…」

ハレー「え、え? 皆さん…何か、一斉にそんな空気を変えて、何事…?」

シャニ「警戒しろ。いきなりだが、荒っぽくなりそうだ…」チャキ

ヨダカ「…」

レイド(……警戒して目を細めたヨダカの表情もまた…)ゴクリ

ハレー(レイドさんが生唾を…! そんなに緊迫した状況!?)

ゼノビア(めんどくさいわね…)

 キィィィ…

シャニ「…」スタスタ

ヨダカ「…」

レイド(ローブのチョイスもなかなかいい…。ローブからちらりと覗く素肌の瑞々しさ…滑らかな肌…イイ…)

ハレー「…な、何か静かですね…?」

シャニ「黙れ…」

ハレー「…」パシッ ←自分の口を自分でおさえた



 【直下 コンマ判定】
 1〜3 待ち伏せだぜぃ!
 4〜6 シャニの部下じゃない人間がいる…まだ気づかれてないっぽい
 7〜9 無数の死体が…

444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:18:33.82 ID:f4xHATXGo
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:21:51.63 ID:OQK87eTWo
キャラが着々と確立してるな、アホの子として
446 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 20:22:26.02 ID:W9ix0EdY0

シャニ(中は特に変わったところはないように見られる…)

ヨダカ(静かすぎる…? 誰もいなきゃ当然だけど…)

レイド(ふむ…状況的にここまで静かだというのは…)

ゼノビア(なんだ、誰もいないじゃない…)

ヨダカ・シャニ・レイド(((待ち伏せの可能性もあり――)))

 シュバババッ

ヨダカ「やっぱ来た!」

 ブンッ
 シュルルルルッ
 ストトトトトッ

シャニ「中・爆裂魔法!」

 カッ
 ドッゴォォォォォッ

 シュタッ

レイド「逃がさん。――大・凍結魔法」

 ビュォォォォォォォッ
 ガッキィィィィィィィィンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 罠だと!?
 4〜6 ぞろぞろ出てきた…
 7〜9 一瞬で終わったね

447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:23:28.19 ID:f4xHATXGo
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:23:51.49 ID:OQK87eTWo
追跡・撲滅・いずれも
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:24:46.47 ID:f4xHATXGo
>>448
マッハァーッ!
450 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 20:30:36.54 ID:W9ix0EdY0

レイド「ふんっ…」

シャニ「ひーふーみー…この程度の人数か」

ヨダカ「バカだなこいつら」

ゼノビア「いや、あんたらの容赦のなさがかってるでしょ」

ハレー「ほえー…カチンコチンになっちゃってる…」ツンツン

シャニ「だが…恐らく、ここで落ち合う予定だった俺の部下は…」

レイド「…だろうな」

ヨダカ「それ以上に問題なのは、ここに来るって情報がバレてたことだろ」

シャニ「俺の部下がつけられたか…俺の部下の中にまで敵が紛れていたか…」

ヨダカ「…で?」

シャニ「本当はここで合流して、一気に叩くつもりだったが…そうもいかなくなりそうだ」

シャニ「この面々で攻め込むしかない」

レイド「場所は分かっているのか?」

シャニ「ああ」

ゼノビア「ていうか、よくよく考えたらあたしまでくる必要なかったわよね?」

シャニ「ああ、そうだな。感謝している」

ゼノビア「けっ…」

シャニ「…5人、か」

ハレー「皆さん強いし、大丈夫でしょ?」

シャニ「……だといいな。仕方がない…。このまま行くとしよう」


 【安価下1】
 1 道中の描写はいるん?
 2 このまま突撃まで一気にいっちゃうかい!?

451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:33:08.01 ID:f4xHATXGo
452 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 20:38:22.11 ID:W9ix0EdY0

 ――バイス王国・街道――

 パチパチ

ハレー「Zzz」

レイド「…」ウトウト

ゼノビア「あら…もう酒なくなった…。しゃあない、寝るか…」ゴロン

ヨダカ「…」

シャニ「…」

 パチパチ

シャニ「…ヨダカ」

ヨダカ「ん?」

シャニ「寝ないのか?」

ヨダカ「うん」

シャニ「いつも朝弱いくせして…。夜更かしをするからだぞ?」

ヨダカ「…考えごとしてるんだから邪魔するな」

シャニ「ったく…」


 【安価下1】
 1 よし…ようやく考えがまとまった。型抜きセットを使って、新たな焼き菓子にチャレンジするぞ!
 2 ていうかシャニだって何で寝ないんだよ
 3 その他、自由話題をシャニに降ってもおkよ。1つだけね

453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:40:06.39 ID:/T3lYRp80
3.なんか労農革命とか起こしたい
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:43:27.30 ID:rPCJjbsM0
なんか無理やり過ぎないかね…
455 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 20:46:49.03 ID:W9ix0EdY0

 >>453

王子「ごめんね、折角安価取ってもらったんだけど、学がなくって…」

王子「ぐぐったりもしたんだけど、やっぱり学がなくって…」

王子「だから再安価になるよ」

王子「ごめんね、>>1の頭が悪いばっかりに」


 【再安価下1】
 1 よし…ようやく考えがまとまった。型抜きセットを使って、新たな焼き菓子にチャレンジするぞ!
 2 ていうかシャニだって何で寝ないんだよ
 3 その他、自由話題をシャニに降ってもおkよ。1つだけね

456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:47:35.62 ID:f4xHATXGo
457 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 20:54:13.17 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「そもそもお前だって寝てない」

シャニ「俺はいいんだ」

ヨダカ「何が?」

シャニ「夜番だ」

ヨダカ「そんなの必要ない」

シャニ「何があるか分からないだろう」

ヨダカ「ない、って言ってんのに…」

シャニ「……それに、眠れない」

ヨダカ「は?」

シャニ「………部下のことを、どうしても考えてしまう」

ヨダカ「…よわっちいから悪いんだろ、死んだのは」

シャニ「……今さら、お前と同じ価値観を持とうとは思ってはいない」

シャニ「それでも言わせてもらうが…人間は、弱いからという理由で諦めをつけるような考え方はしない」

シャニ「弱くてもいいんだ。…そのために人間は助け合う」

ヨダカ「だから結局、個は弱いんだろ。個に特化するはずの種の力が、集合に特化しようとして個の力が弱くなってるんだ」

シャニ「その方がいいんだ。突出した力は人間に混乱をもたらす。…今のバイス王国だってそうだ」

シャニ「人造天使――。こんなものを作ろうとしなければ、作られなければ、軍が暴走することさえもなかったはずなんだからな」

シャニ「…弱いから俺の部下が死んだのは事実だろう。だが…俺にはあいつらを守ってやる責任があった」

シャニ「それを果たせなかった」

シャニ「……責任ある者として…俺はそれが悔しい」

ヨダカ「だから眠れないのか?」

シャニ「………そうだな…。目を閉じたら、あいつらとの思いでばかりが脳裏に浮かぶ。それが…今は苦しい」


 【安価下1】
 1 ふうん…
 2 けっ
 3 ばーか

458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 20:58:11.64 ID:bCkfbSYno
1
459 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 21:23:48.25 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「ふうん…」

シャニ「どうせお前には理解できないんだろう?」

ヨダカ「…さみしいんだろ?」

シャニ「……まあ、端的に言えばそれもあてはまるような…?」

ヨダカ「それくらい分かるっつーの、バカにすんな」

シャニ「…」

ヨダカ「人間はバカだよな」

シャニ「お前も大概だがな」

ヨダカ「自分以外が死んだりしてもそんなこと思うんじゃ、やってらんないだろ」

シャニ「…魔族は自分以外がどうなってもかまわないのか?」

ヨダカ「当然だろ」

シャニ「…親兄弟はいないのか?」

ヨダカ「いるけど」

シャニ「…だったら、親兄弟が死んでしまったら――」

ヨダカ「それまでだろ。どうせ誰だって死ぬんだから」

シャニ「…淡白なんだな」

ヨダカ「殺して、殺されて…なんて当たり前なんだよ」

ヨダカ「だから魔族はいつだって後悔しないように生きる」

ヨダカ「やりたいことをやって、やりたくないことはやらない」

ヨダカ「生まれた対立は戦いで解決をする。地上なんかよりよっぽど、魔界は命の価値が軽い」

ヨダカ「それでも、どうしても失敗しちゃって後悔する時はあるけど…」

シャニ「……その場合、魔族はどうするんだ?」

ヨダカ「………むしゃくしゃした原因のものをぶっ壊す」

シャニ「……野蛮そのものだな…。尋ねた俺がバカだった…」

ヨダカ「それもできなきゃ…」

シャニ「ん?」

ヨダカ「月を眺める」

シャニ「……魔界に月があるのか」

ヨダカ「月を眺めてると、何となく落ち着く」

シャニ「…地上では、月に魅入られて発狂する…なんて話もあるが…」

ヨダカ「…」

シャニ「……なるほど…月を眺めるのも、いいかも知れないな」

ヨダカ「…月を眺めて、むしゃくしゃを全部、眼光に込めて射抜く。そうやって、月が欠けるようになったって言われがあるから実践するのみ」

ヨダカ「それが魔界のストレス発散法のひとつ」

シャニ「……いい話風に思ったじゃないか…」

ヨダカ「いい話だろ。あんな手の届きそうにないものを壊せるかも知れないんだぞ」

シャニ「…」


 【安価下1】
 道中…
 1 指名手配はダテじゃない! 追手です(白目
 2 城塞都市を通過しなければならん…
 3 湖畔の都付近のあのアジトをちょっと覗きに行くことに

460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 21:28:52.44 ID:S7dAnpwMO
461 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 21:33:58.74 ID:W9ix0EdY0

 ――バイス王国・城塞都市付近――

シャニ「…こうして見ると、入口は衛兵で固められて、迂回しようにも険しすぎる山…」

シャニ「向こうへ行くにはこの城塞…。突破するのは骨が折れそうだな」

ハレー「何でそんなこそこそするんですか?」

レイド「いいものをやる」つ手配書

手配書のシャニ『ほら俺極悪非道っぽく見えるだろ? 軍人を200人虐殺してやったんだぜ! ひゃはははっ!』

手配書のシャニ『俺のこと捕まえたら30万ゴールドやるから、お前ら、かかってきやがれ!』

ゼノビア「うわ、何この似顔絵…?」

ヨダカ(かっけえ…)

シャニ「全然似てない…」

ハレー「ひえっ…犯罪者…」

シャニ「冤罪だ」


 【安価下1】
 1 顔を隠して、こそこそ行こう
 2 突破するだけだ。一気に突き抜けよう!
 3 その他、妙案求む

462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 21:34:19.97 ID:bCkfbSYno
1
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 21:35:23.73 ID:KwkYMfF5O
風魔法で透明になればいいじゃん(いいじゃん)
464 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 21:37:10.98 ID:W9ix0EdY0

 ――バイス王国・城塞都市・入口――

シャニ「…」ソソソ

ヨダカ「…」スタスタ

ゼノビア「…」スタスタ

レイド「…」スタスタ

ハレー「ほえー…」キョロキョロ

 ジャキンッ

衛兵「現在、警戒中だ。顔を見せろ、そして名乗れ」

シャニ(やっぱりムリだった…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 シャニ「かくなる上はっ、強攻突破だ!」
 4〜6 ゼノビア「………撹乱魔法」
 7〜9 シャニ「かくなる上は――」?????「あ、お、お兄ちゃんっ…!」ギュッ

465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 21:43:52.22 ID:69tjDyYm0
466 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 21:47:08.11 ID:W9ix0EdY0

シャニ「かくなる上はっ、強攻突破だ!」

衛兵「お前っ――」

レイド「はあっ!」

 ドスゥゥゥッ

衛兵「かは…」ドサッ

<何事だっ!?

ヨダカ「ばーか」

ゼノビア「あーあ…」

ハレー「うわ、いっぱい来た!?」

シャニ「バカとは何だ!? そもそも、お前が得意の風魔法で――」

ヨダカ「こんな大人数にできるか」

ゼノビア「あれってけっこう繊細なコントロールいるのよねー」

 ドドドッ


 【安価下1】
 1 分散して、各自、突破しろ!
 2 一丸となって強攻突破だ! 出てくるヤツは吹っ飛ばせ!
 3 その他、妙案求む

467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 21:47:44.83 ID:f4xHATXGo
468 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 21:54:43.31 ID:W9ix0EdY0

シャニ「固まって一気に突破するぞ!」

ハレー「足並みを揃えるってやつですね!」

シャニ「分かってるならいちいち聞き返――」

 ガシッ
 ギュゥッ

シャニ「おい、何故、俺の足とお前の足を結ぶ?」

ハレー「え? こう、二人三脚的なノリで…5人だから、五人六脚?」

*「もらったぁっ!」ブゥンッ

シャニ「くっ…!」ギィィィンッ

シャニ「その程度か――あっ」

 ズルッ
 ドサァッ

ハレー「痛ったい…ちょっと、シャニさん!」

シャニ「お前が文字通りに足を引っ張ったんだ!」

ヨダカ(アホがいる)

ゼノビア(死にかねないバカって、死んだ方がいいわよねー)

レイド(あいつは何故、騎士になれたんだ?)


 【直下 コンマ判定】(城塞都市:−2)
 1〜3 おふざけは関係なしに敵が多すぎィ!
 4〜6 やべっ、出口が塞がれてる!
 7〜9 もうちょっとで出口だ! 突破できるか!?

469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 21:57:09.24 ID:f4xHATXGo
470 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:03:46.66 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ(兵士多すぎ…)

ゼノビア「だっるいわね…」

レイド「…」

シャニ「ここに常駐してるのは通常時で200人程度だ。それが、警戒中となれば…」

ハレー「シャニさん、何でこんなとこ通る気になったんですか? バカなんですか?」

シャニ「お前に言われたくはない。黙ってろ」

 ジリジリ…

シャニ(このままだと、どんどん兵が増えるだけだな…)

シャニ(一旦、バラバラに離散して敵も分散させるか…? しかし、不安も伴う…)


 【安価下1】
 1 全員倒せばいいや、な発想
 2 2組に別れて別々に突破しようぜ
 3 全員、バラバラになって突破するか
 4 その他、妙案求む

471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:09:45.09 ID:69tjDyYmo
3
472 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:12:54.37 ID:W9ix0EdY0

*「大・濁流魔法!」

レイド「大・凍結魔法!」

 ザッバァァァァァァッ
 ビュォォォォォォォォッ
 ガキィィィィィィィンッ

シャニ「全員、個別に城塞都市を突破しろ!」

ゼノビア「マジ?」

シャニ「大マジだ!」

ハレー「了解でーす!」

レイド「いいだろう」

ヨダカ「だるい…」

シャニ「散開しろ!」

 ダッ

 タタタッ

ヨダカ(ま…追っかけてくるか…)

ヨダカ(どうするかな…)


 【安価下1】
 1 そうだ、姿を消せばいいじゃん
 2 ぶっ飛ばすか
 3 その他、妙案求む

473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:14:44.07 ID:f4xHATXGo
風系の攻撃魔法とブーメラン投擲
474 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:20:54.66 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「普通にぶっ飛ばすか…」タッ

衛兵A「止まったぞ!」

衛兵B「油断するな!」

ヨダカ「でやあっ!」

 ブンッ
 シュルルルルルッ

衛兵A「ブーメラン…!」

 ギィィィンッ

ヨダカ「風刃!」

 ヒュバァァァッ

衛兵B「任せろ!」

 ギィィィィンッ

ヨダカ(めんどくせっ…!)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 地味に強くて数が多くてすこぶるめんどい
 4〜6 極大・竜巻魔法をぶっ放してみた! よし、今の内
 7〜9 でも倒せた。あんまりこっちに来なくてラッキー

475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:22:23.59 ID:f4xHATXGo
476 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:26:10.35 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「風刃、風刃、風刃、風刃、風刃っ!」

 ヒュバァァァッ
 ヒュバァァァッ
 ヒュバァァァッ
 ヒュバァァァッ
 ヒュバァァァッ

ヨダカ「大・烈風魔法!」

 ビュォォォォォォォォォォォォッ
 ズッバァァァァァァァァッ

ヨダカ「でもって、トドメぇーっ!」

 ブゥゥゥンッ
 シュルルルルルルッ
 ズバァァァァァァッ

ヨダカ「ふんっ」パシッ


 【安価下1】
 1 あとは姿を消して出ていくまで
 2 ローブで顔まですっぽり隠して、こっそりまた綿あめを買い食いにいくんやで〜
 3 飛んで上から逃げるんだぜ

477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:28:55.93 ID:Ywzbl0ZQ0
1
478 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:31:11.80 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「風・透過魔法」

 ヒュォォォォッ
 スゥゥ…

ヨダカ「よしっ」

 トトトッ

ヨダカ(あー、だるい…)

ヨダカ(外からどかーんって魔法でもぶつけりゃいいようなもんを…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ぐふっ、久々のの、のろ、呪いがががが…
 4〜6 1番乗り! だけど外にまで城塞都市の兵士が出てきてた…何これ、ひとりで食い止めてろってやつ?
 7〜9 1番乗り! まったり待ってた

479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:32:36.64 ID:iM1KKIACo
いよっ
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:32:51.00 ID:f4xHATXGo
481 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:36:27.93 ID:W9ix0EdY0

 トトトッ

ヨダカ「よし、到着――ん?」

兵士A「…」キョロキョロ

兵士B「…」チャキ

ヨダカ(いるし…)

ヨダカ(何これ…何これ、いるし…?)

ヨダカ(見つかってないけど…何これ…どうしろって…?)

ヨダカ(………下手に1番乗りしたのが、逆にあれだったかも…)


 【安価下1】
 1 …………知らんぷり。全員集まって、あの兵士をどうにかしたら合流しとこうっと
 2 仕方ないな、掃除しといてやるか…
 3 その他、どうしてやろう?

482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:40:05.57 ID:f4xHATXGo
483 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:44:02.18 ID:W9ix0EdY0

ヨダカ「チッ…掃除しといてやるか」

ヨダカ(今のとこは少ないし…見つかってないし、このまま仕留める…!)

 ブンッ
 シュルルルルルッ
 スポ-----ン

兵士B「何っ…!?」

兵士A「」ブシュゥゥゥ

ヨダカ「隙あり、風刃!」

 ヒュバァァァッ
 ズバァァァァッ

ヨダカ「よし、一丁上がり――」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 だと思ってたのぃっ! 別のとこにもいやがった…! 不意打ちされてもうた
 4〜6 油断して透過解除したら、応援がきて鉢会わせちゃった(白目
 7〜9 問題なく対処できたぜ!

484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:49:29.49 ID:Ej8jmFrTO
ほい
485 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/23(火) 22:51:51.82 ID:W9ix0EdY0

シャニ「ヨダカ!」

ヨダカ「遅い」

シャニ「お前が早いんだ。さあ、ここを死守して、全員を待つぞ」

ヨダカ「じゃあ頼んだ」

シャニ「おい」

ヨダカ「もう俺やったから」

シャニ「いいから手伝え」

ヨダカ「甘いの」

シャニ「ほら」つ綿あめ

ヨダカ「おおっ!?」パシッ

ヨダカ「ハムッ…あまい…うまい…ふわふわ…♪」

シャニ「しっかりやってくれよ」


 ――個人情報――
 名前:ヨダカ 武器:ブーメラン 職業:無職 属性:風
 習得魔法:極大〜小・竜巻 大〜小・烈風
      風縛 風刃 風纏 風・浮遊 風・透過
 菓子作り技量:Lv6
 所持金:6万7780G
 所持品:柄付きブーメラン 吸魔のブーメラン 型抜きセット 若草色のローブ

 ――知人――
 シャニ:バイス王国軍隊長
 マルベル:悪魔 呪いをかけた
 レイド:かわいいもの好き…? 暗夜王国一つ星騎士
 フランソワ:おとなしい少女
 ゼノビア:魔法道具職人 バイス王国王立学術院教授
 セーブル:料理下手
 カレン:シャニの元同僚
 ハレー:暗夜王国新米騎士
 モニカ:騎士嫌い(?)の少女


―――――

 今夜はここまでです
 ありがとうございました

486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/23(火) 22:56:57.06 ID:OQK87eTWo
おつ
487 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 18:29:58.71 ID:LW/QbcgGO

王子「そろそろ、始めていいですか?」

王子「いいよね? ダメって言われてもやるんだけど…」

王子「じゃあ、始めるよ!?」

王子「判定をやってみてね! そう言えば、昨日は0が出てなかった…よね?」


 【直下 コンマ判定】(実力派揃い:+2)
 1〜3 ハレーが敵に捕まりおった…
 4〜6 城塞都市は突破でけた
 7〜9 そして一行はとうとう、暴走するバイス王国軍部のアジトに到着した

488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:30:34.00 ID:S7/hO1DO0
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:35:24.67 ID:XYiSflqdO
フラグ回収速すぎ
490 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 18:37:31.09 ID:LW/QbcgGO

王子「ファッ!?」

王子「昨日、0が出てないよねー、って気楽に発言したばっかりに…いきなり…?」

王子「果たして、吉と出るか、凶と出るか…」

王子「もうちょっとヨダカ編が続くものだとばかり思ってたけど…急展開もあるかも…?」

王子「いやでも、地味にコンマ神はヨダカが好きっぽいし…偶数とか出る…?」


 【00】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 暴走するバイス王国軍のアジトに乗り込んだ! すごい出会いがあるかも…?
 奇数 バイス王国はとうとう、とんでもないものを作り出してしまった…
 ※0は偶数扱いです

491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:40:38.24 ID:XYiSflqdO
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:50:09.31 ID:PpydOHbYO
まだまだ続くよ!
493 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 18:51:56.03 ID:LW/QbcgGO

 ――バイス王国・王国軍の古城――

シャニ「あれは現在は使われていない、古い時代の城だ」

シャニ「魔法技師がたっぷりトラップを作ってるはずだし、状況を考えれば手練もごろごろいるだろう」

レイド「…目標は?」

シャニ「天使研究の技術の破壊、投棄。ついでに、あの城も丸ごと壊したっていい勢いだ」

シャニ「だが死者は出したくない。手段が悪いだけで、考えが明後日にいきすぎただけで、国を守るという志をともにする者達だ」

ゼノビア「殺しにくるのに?」

シャニ「可能な限りだ」

ヨダカ「ふーん…」

ハレー「でも…大きなお城ですね」

ゼノビア「研究だの何だのをするんなら、きっと地下ね」

レイド「根拠は?」

ゼノビア「魔法技師だの、魔法道具職人だのは根暗が多いの。地下の方が勝手がいいのよ」

シャニ「…理由になってない気もするが…」

ゼノビア「別にいいわよ? あたしだって絶対だなんて言い切るつもりないから」

シャニ「……二手に分かれるか。地下へ行くグループと、城を制圧するグループだ」

シャニ「もしも地下が空振りでも、制圧グループが天使に関する何らかの研究室なりに到着すればいい」

レイド「敵の数も多いと予想されるのに分散していいのか?」

シャニ「負けなければいいだけのことだ。違うか?」

ヨダカ「違わない」

シャニ「珍しく意見が合ったな」


 【安価下1】
 1 城の制圧へ
 2 地下へ

 【採用安価のコンマ判定】
 ヨダカと一緒のグループは…
 1〜3 シャニのみ
 4〜6 シャニ&ゼノビア
 7〜9 シャニ&レイド
  0  ハレーのみ(白目

494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:53:18.00 ID:cuBXZjeso
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:53:47.06 ID:v4oVmF1Ro
ファッ!?
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:54:09.99 ID:cuBXZjeso
ファッ!?
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:57:20.21 ID:PpydOHbYO
これはハレーがすげぇやつっていう
498 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 18:58:14.70 ID:LW/QbcgGO

王子「ファッ!?」

王子「…」

王子「………どうせよ、と…?」

王子「…………………………まあ、いっか」


 【00】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 謎の(自称)美少女傭兵ちゃん(推定Aカップ、ツインテール)が現れた! ヨダカ&シャニ&謎の(ryちゃんと一緒に行動
 奇数 ヨダカ達に気づいて、試用実験で起動された人造天使が襲いかかってきた。超ヤバいよ?
 ※0は偶数扱いなんやで〜

499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:59:08.25 ID:cuBXZjeso
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 18:59:47.30 ID:PpydOHbYO
00相殺
501 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 19:05:44.21 ID:LW/QbcgGO

シャニ「では、地下突入組はヨダカとハレー」

シャニ「制圧組は俺とレイドとゼノビアでいこう」

ヨダカ(何でこのバカと)

ハレー「了解です!」

レイド(ハレーめ…俺を差し置いてヨダカと2人きりだと…)ワナワナ

ゼノビア(あの2匹で平気なのかしら…?)

シャニ(…………破壊活動だけならと思って、ヨダカとハレーにしてみたが…こうしてみるとかなり不安だ…)

 ブワァァァァァァァッ

ヨダカ「っ…!?」

シャニ「ぐっ、な、何だ…この感覚!?」

ゼノビア「魔力――いや、これって…」

レイド「………嫌な感覚だ」

ハレー「はいはい、わたしも、何かこう…いやーな感じすごくします!!」


 【安価下1】
 とうとう現れちゃった人造天使様のお名前おなしゃーす
 ※天使なんで、一応は…性別的な概念がないというか、そんな感じっす

 【直下 コンマ判定】
 1〜3 超圧倒的な上に、天使的な力もあるからヨダカは超弱体化…これあかんやつやで…
 4〜6 超圧倒的な上に、天使的な力もあるからヨダカは弱体化…きっついでぇ〜
 7〜9 圧倒的な上に、天使的な力もあるからヨダカは弱体化…どうにかなるかのう?

502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:07:37.43 ID:PpydOHbYO
ララ
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:08:35.00 ID:cuBXZjeso
ハレーが実は本当に強いという展開は無いのでしょうか…
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:09:06.25 ID:v4oVmF1Ro
ふたりはリリララ
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:09:58.09 ID:PpydOHbYO
さっきの00補正なきゃハレー死んじゃうて…
506 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 19:15:11.54 ID:LW/QbcgGO

 バサァァッ…

ヨダカ「出てきた――」

シャニ「白い翼…」

ゼノビア「あれって、天使…?」

レイド(無表情だがかわいい…)

ハレー「な、何かこう…ちょっと、怖くないですかね…?」

ララ「…」ジロッ

ヨダカ「あああああああっ…」

シャニ「ヨダカ、どうした?」

ヨダカ「ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ…俺、ああいうの、すっげえムリ…ダメ…」

ララ「…殲滅対象確認」

ララ「行動開始」

 バサァッ
 ヒュバババババババッ

ゼノビア「羽根…!?」

レイド「大・凍結魔法!」

 ビュォォォォォォォッ
 ガッキィィィィィィンッ

レイド「止めきれ、ないっ…!?」

 ズドォォォォォッ
 ズドドドドドドドォォォォッ

シャニ「ぐぅっ…!?」

ゼノビア「きゃあっ…!」

レイド「羽根を飛ばしただけで、この威力…!?」

ハレー「うぎゃああああっ!?」

ヨダカ「ムリ…ムリムリ…」ガクガク

シャニ「ヨダカ、しっかりしろ!」

ヨダカ「ムリだっつーのぉ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ララの攻撃! 5人全員に超大ダメージ! 瀕死手前(白目
 4〜6 ヨダカは逃げ出した!
 7〜9 ヨダカはおそれおののいている!

507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:15:41.75 ID:cuBXZjeso
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:18:39.05 ID:PpydOHbYO
持ち直せるかこれ…
509 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 19:21:19.81 ID:LW/QbcgGO

ヨダカ「あんなの、ムリぃっ…!」ダッ

シャニ「待て、ヨダカ、どこへ――」

ララ「極大・爆裂魔法」

 カッ
 ドッゴォォォォォォォォォォォォォォッ

 ダダダッ

ヨダカ「やだ、やだやだむりぃっ…!」

ヨダカ「あんな、あんなの、関われるか、死ぬ…! 生きてた方がマシだっ…!」

 ヒュォンッ

ララ「追いついた」

ヨダカ「っ――」

ララ「極大・重力魔法」

ヨダカ(死ぬ――)


 【多数決】↓1〜7までの最多票獲得選択肢を採用
 1 ベテル「人間如きが天使を作り出すなんて、看過できることじゃない」
 2 地盤が崩落した! その先にあったのは…?
 ※【00】の偶数によるものです。どっちを選んでも、【00】偶数並みです

510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:22:33.86 ID:cuBXZjeso
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:24:59.87 ID:l44Lezlzo
2
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:25:09.60 ID:8EmvzdYwO
2
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:27:35.27 ID:PpydOHbYO
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:28:56.20 ID:v4oVmF1Ro
2
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:29:58.26 ID:PpydOHbYO
2にしたけど、1選んでたらモニカ味方サイドに回ってたか…?
516 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 19:40:48.18 ID:wN4jK6TwO

 ギュォォォォ…
 ドッゴォォォォォォォォォッ

ヨダカ「が、あが――」

 ズズ…
 ドッゴォォォォォォォォンッ

シャニ「ヨダカ…!」

ララ「目標喪失。残り4名の殲滅行動へ以降」クルッ

ハレー「はわわわわ…」

ゼノビア「ちぃっ…何なのよ、もう…!」

レイド(かわいいのに恐ろしく強い…)



 ――バイス王国・王国軍の古城・地下洞穴――

 ドゴォォォンッ…
 パラパラ…

ヨダカ「ぅ…ぐ…」

ヨダカ「はぁっ…はぁっ…何だ…落ち、た…?」

ヨダカ「痛っ…」ズキッ

ヨダカ(ダメだ…もうダメだ…)

ヨダカ(このまま死ぬんだ…シャニがぶっ殺されてって、呪いで悲鳴あげながら、こんなとこで死ぬ…)

ヨダカ(死ぬ…死ぬっ…)

ヨダカ(あんな…天使もどきでも…天使っぽいの…太刀打ちできるかよ…)

ヨダカ(俺はただ…人間みたいに…つまらないくらい平和な生き方、したかっただけなのに…)

ヨダカ「っ…グスッ…ぅ…」

ヨダカ「ああああっ…ああ…クソ…ちきしょう…」

ヨダカ「もうダメだ…終わりだ…。助かるはずない…天使なんかに勝てるのは、悪魔か魔王だ…」

ヨダカ「俺なんかが…人間なんかが勝てるはず…」

 パァァァァ…

ヨダカ「……?」モゾッ

ヨダカ「……何だ、この感じ…? あっちの方から何かが漂って、きてる…?」

ヨダカ「………何かが…ある…」ヨロッ

 フラフラ…

ヨダカ「こんなとこに…一体、何が…?」

ヨダカ(何があったって…どうせ、あんなのに勝てるはずない…)

ヨダカ(でも…何かがある…。何か分かんないけど…万が一の、何かなら…)

ヨダカ(………でも…そんな非現実的な…こと…)

 ヨロヨロ

ヨダカ(あるはず…)


 【多数決】↓1〜5の最多獲得選択肢を採用
 1 天使に勝てるのは、悪魔か、魔王だけ? だったら、勝てるやつが来ればイイじゃないか
 2 天使に勝てないのは、天使の力が魔族にはものすごい毒みたいな感じで弱体化させられてしまうから。だったら?
 ※ヨダカ自身の力で戦わないと意味がないじゃないか!て場合は2の方がいいかも

517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:42:51.73 ID:PpydOHbYO
ならば2
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:46:08.15 ID:SZccX901o
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:46:08.22 ID:8EmvzdYwO
1
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:46:58.97 ID:BoDjri5Zo
1
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 19:52:03.63 ID:8F9YSzL/O
2
522 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 19:58:51.61 ID:wN4jK6TwO

 ゴォォォォォォォォォォ…

ヨダカ「これって…まさか…深魔の穴…?」

ヨダカ「……こんなとこに…」

ヨダカ「けど…漏れてくる瘴気が薄い…何かで蓋がされてる…?」

ヨダカ「…」

ヨダカ(この上に天使がいるんなら、瘴気が噴出すれば一時的にあれの力も弱まるはず…)

ヨダカ(それに瘴気が充満してれば俺だって…魔界にいたころと同じくらいの力は発揮できる…かも…)

ヨダカ「…こうなったら…深魔の穴をこじあけて、ぶっ飛ばす…」

ヨダカ「覚悟しやがれ…天使野郎…!」

 ブワァァァァァァッ

ヨダカ「瘴気よ、地上に出てこいっ!」

 ズォォォォオオオオオオオオオオッ

ヨダカ「でやぁああああああああああ――――――――――――――――――――っ!!」



 【直下 コンマ判定】
 1〜6 さあ、反撃開始だぜ!
 7〜0 一緒に何か飛び出てきちゃってぶつかった。痛い

523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:01:05.28 ID:v4oVmF1Ro
524 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:05:14.18 ID:wN4jK6TwO

 ズォォォォッ
 ゴスッ

ヨダカ「痛って!?」ステン

ヨダカ「っ…何だよ…何…何だ、これ…?」

ヨダカ「………タマゴ…?」

 ピシッ
 ピシピシッ

ヨダカ「うわっ、孵った…!?」

 パカァッ

幼竜「…くぅ」ペロッ

ヨダカ「…………竜…?」

ヨダカ「………………………何でだ…」

幼竜「…?」キョトン

ヨダカ「……いいや、お前を眷属にしてやる」

幼竜「くぅ」

ヨダカ「…瘴気も溢れてきたし…傷なんか、気合いで治して…!」グッ

 ジュワァッ…
 ポコポコ…

ヨダカ「〜っ………よし、治った!」

ヨダカ「行くぞ、【安価下1】!」


 【安価下1】
 運良く眷属にしちゃった孵り立ての竜の幼体のお名前おなしゃす

525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:06:09.79 ID:SZccX901o
サン
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:06:42.51 ID:l44Lezlzo
タツタ
527 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:09:01.51 ID:wN4jK6TwO

ヨダカ「風・浮遊魔法!」

 ヒュォォォォォッ
 フワァッ

サン「くぅ、くぅ」パタパタ

ヨダカ「飛べないのかよ…」ガシッ

サン「くぅ」

ヨダカ「行くぞっ!」

 ビュォォォォォォォッ
 バッ

ララ「極大・劫火魔法」

ヨダカ「極大・烈風魔法!」

シャニ「っ…ヨダカっ…!?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 瘴気の後押しがあってもまだ、ララのがつえー
 4〜6 勝気の後押しでどうにかこうにか、互角…?
 7〜9 勝気の後押しのおかげでちょい優先かも?

528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:12:14.46 ID:q1qoaRNA0
529 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:16:29.32 ID:wN4jK6TwO

 シュボォォォォォォォォッ
 ビュォォォォォォォォォォォッ

シャニ「ぐっ…!」

ゼノビア「て言うか、また変な――これ…瘴気っ…!?」

ハレー「しーぬぅー!」バタバタ

レイド「すぐには死なん」

ハレー「いずれ死ぬぅーっ!」バタバタ

ゼノビア「るっさいわね、この騎士…」

 ドゴォォォォォンッ

ヨダカ(互角っ…!? 天使もどきのくせにっ…!)

ララ「魔族を目視確認。優先排除に移る」

ヨダカ「チィッ…!」チャキッ

シャニ「ヨダカ、これはどうなってる…!?」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 人間は引っ込んでろ! 瘴気で死ぬぞ
 2 喋れるなら手伝え、ばーか!
 3 その他、自由台詞

530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:17:46.16 ID:l44Lezlzo
1.
531 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:20:39.98 ID:wN4jK6TwO

ヨダカ「人間は引っ込んでろ! 瘴気で死ぬぞ」

シャニ「っ…」

ララ「…」

 バサァッ
 ヒュババババババッ

ヨダカ「また、あの羽根…! これで、どうだっ!」

 ブンッ
 シュルルルルルッ
 ズドドドドドッ

ヨダカ「落としきれな――」

サン「くぅっ!」

 シュボォォォォォォォッ

ヨダカ「よくやった、サン…!」

ララ「…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 物量攻撃を仕掛けてきた
 4〜6 割と壮絶な感じに戦います
 7〜9 がんばれヨダカ

532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:21:35.92 ID:8F9YSzL/O
がんばえー
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:22:22.81 ID:F4Ou9jXz0
a
534 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:26:22.16 ID:wN4jK6TwO

ララ「…」

 バサァッ

ヨダカ「バカの一つ覚えかよっ…!」

ララ「戦闘区域の範囲殲滅開始」

 シュゴォォォッ

ヨダカ「何この密度――」

 ドッゴォォォォォォォォォォォォォッ
 ドサァッ

ヨダカ「ぐっ…!?」バッ

ララ「第二撃、発射」

 シュゴォォッ

ヨダカ「またっ…!?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あかんあかんあか――――んっ
 4〜6 引っ込んでろって言ったのに!
 7〜9 ララを地下洞穴まで誘い込んでいった!

535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:27:49.01 ID:l44Lezlzo
mm
536 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:30:08.38 ID:wN4jK6TwO

 ドッゴォォォォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「ぐっ…ふうっ…はぁっ…」

ヨダカ(いくら、瘴気で傷を治すにしたって…限度があるのに…!)ズズズ

ララ「第三撃――」

ヨダカ「ゴリ押しかよぉっ…!」


 【安価下1】
 1 強引に羽根の弾幕を突破して攻撃する!
 2 全速力で飛んで羽根を振り切ってみよう
 3 その他、どうしてやろう?

537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:32:49.96 ID:q1qoaRNA0
2
538 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:35:37.07 ID:wN4jK6TwO

ヨダカ「風・浮遊魔法っ…!」

 ビュォォォォッ

ヨダカ「逃げきって、やるっ…!」

 ビュンッ
 ズドドドドドドドッ

ヨダカ(追っかけてくる…!?)

ララ「第四撃――」

 シュゴォォォッ

ヨダカ(しかも、追加っ…!?)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ララちゃんつよすぎ(白目
 4〜6 古典的に追っかけてくる軌道上にララを入れてみて被弾させる作戦に出たけど、ダメージないだと!?
 7〜9 古典的に追っかけてくる起動上にララを入れてみて被弾させる作戦に出たけど案の定ダメージがなかったから、その勢いで追撃してみた

539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:37:26.51 ID:PpydOHbYO
ララ戦終わってもヨダカ編はまだ続いてほしいな
540 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:41:20.02 ID:wN4jK6TwO

 カッ
 ドッゴォォォォォォォォォォォンッ
 ドサァッ

ヨダカ「が…あ、ぅ…」

ララ「トドメ」バサァッ

ヨダカ「ちっきしょ…」

ヨダカ(いけると…思ったのに…)

ヨダカ(何なんだよ…クソ、クソっ…!)

ヨダカ「こんな…ところで――」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 DEAD END
 4〜6 まだ続くんじゃよ
 7〜9 ヨダカには理解しがたかったものを、初めて実感として理解できた

541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:42:03.34 ID:jdXhxMG4o
この戦いが終わったら略
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:42:13.34 ID:DpVU6eHE0
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:42:58.38 ID:dKggOv1R0
はい
544 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:51:20.77 ID:wN4jK6TwO

シャニ「今、借りを返してやる! 受け取って、おけぇっ!」

 ズバァァァッ

ララ「っ…!?」

シャニ「中・土槍魔法!」

 ズドドドドォォォッ

ララ「…」バサァッ

ヨダカ「おま、え…」

 ザッ

シャニ「瘴気だと? 笑わせるな…」

シャニ「瘴気で死ぬ前に、お前が死にかけると呪いのせいでひどい苦痛だ…」ギリッ

シャニ「さっさと立て。それとも…お前は諦めるのか?」

ヨダカ「っ…ふざけろ…」ムクッ

ヨダカ「人間なんかに…よわっちいお前らなんかに、助けられてたまるか…」

シャニ「だったら踏ん張れ。今、ゼノビア達が天使を止める手段を探して、城の中へ突入した。それが見つかればどうにもなる」

ヨダカ「見つからなかったら…?」

シャニ「俺達で自力で倒すまでだ」チャキッ

ヨダカ「……………ばーか」チャキッ

シャニ「自覚しているが、お前ほどじゃない」

ヨダカ「俺はバカじゃない。…お前の方がよっぽどバカだ。勝てない相手に…勝つなんて言うくらい…」

シャニ「勝てないなんて、誰が決めた?」

ヨダカ「俺」

シャニ「じゃあ、やっぱりお前の方がバカだ。無駄口を叩けるなら、まだ戦えるな?」

ヨダカ「…お前より断然やれる」

シャニ「上等だ。どっちがトドメを刺せるか、勝負といくか?」

ヨダカ「………いや…」

シャニ「怖じ気づいたか?」

ヨダカ「…俺もお前も…あの天使もどきに比べたら弱い。弱い人間は…群れるから強くなれるんだろ?」

ヨダカ「だったら…それを踏襲するだけだ」

シャニ「いいだろう。頼むぞ、相棒」

ヨダカ「相棒じゃない」

ララ「…」バサァッ


 【安価下1】
 1 とにかく2人で連携して攻めよう
 2 瘴気が濃い方が力が出るから、洞穴にララを誘い込もう。シャニにはつらんだろうけど
 3 その他、どうやって戦ってやろうか?

545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:51:51.96 ID:cuBXZjeso
546 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 20:58:14.65 ID:wN4jK6TwO

ララ「…」

シャニ「…」

ヨダカ「…」

 バサァッ
 シュゴォォォォォッ

シャニ「数を減らして叩き落とす! 土壁魔法!」

 ズドォォォォォォォッ
 ドッゴォォォォォォォォォォンッ

ヨダカ「でぇええええいっ!」

 ブゥンッ
 シュルルルルルッ
 ズドドドドドドドドドッ

サン「くぅっ!」

 シュゴォォォォォォォッ

ヨダカ「またくる!」

シャニ「可能性は片っ端から試すか――。ヨダカ、姿を消して仕掛けろ! この壁で目くらましにして、俺はここで凌ぐ!」

ヨダカ「風・透過魔法!」

 ヒュォォォォォッ
 スゥッ

シャニ「今度は、三重だっ! 土壁魔法っ!」

 ズドォォォォォォォォォッ
 ズドォォォォォォォォォッ
 ズドォォォォォォォォォッ

シャニ(これでも、壊れる――!?)

 バッ
 ドッゴォォォォォォォォォォォォンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 姿を消しての攻撃もみぬかれてーら
 4〜6 ぎりちょんで勘づかれたけど、掠った
 7〜9 意外といけた! やったね! この感じでいけるといいね

547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 20:59:33.18 ID:cuBXZjeso
548 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:03:40.75 ID:wN4jK6TwO

ララ「…?」

ヨダカ「よそ見してるんじゃねえよっ!」

 ブンッ
 ザシュゥゥゥッ

ララ「!」バサァッ

ヨダカ「逃がすかっ、風縛!」

 ビュォォォォォォッ

ララ「っ」ググッ

シャニ「大・土槍魔法!」

 ズッドォォォォォォォォッ

ララ「がふっ――」

ヨダカ「風刃!」

 ヒュバァァァッ
 ブワァァッ

ララ「っ…」バサッ

ヨダカ「ちっ、逃れられた…」

シャニ「この調子でいくぞ…」

ヨダカ「お前…体が…呪いが、ビリビリきてる…」

シャニ「お互いさまだ…」

ララ「攻撃パターン変更――」

 カァァァッ
 チャキィッ

シャニ「っ…何だ、光の…剣…?」

ヨダカ「………ヤバそうな予感がする…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 予感通りにヤバかった
 4〜6 ひえっ
 7〜9 でもがんばるもん

549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:08:40.63 ID:cuBXZjeso
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:08:49.71 ID:DpVU6eHE0
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/24(水) 21:11:00.46 ID:F4Ou9jXz0
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:12:02.27 ID:PpydOHbYO
ザニアの悪夢が
553 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:16:08.13 ID:7jmWwf9aO

ララ「…」

 バサァッ
 ヒュオンッ

ヨダカ「は、空振り――」

 ズォォォォッ

シャニ「いやっ…!」

ヨダカ「分かったっつーの、離れろ…!」

 ドッゴォォォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「あっぶね…」

シャニ「何が起きた…?」

ヨダカ「あいつ…斬ったんだ。目には見えないけど、空気とか魔力とか…そういうもんを」

ヨダカ「斬られて開いた隙間になだれ込んだそういうのが、一気に爆発までした」

シャニ「直接斬られたら?」

ララ「…」バサァッ

ヨダカ「真っ二つで爆散。受け止めるのも不可!」

 バッ
 ヒュオンッ

 ドッゴォォォォォォォォォッ

ララ「…」バサァッ

 シュゴォォォォォォォッ

シャニ「しかも、またあの羽根まで…! 土壁魔法!」

ララ「…」ヒュオンッ

 ズズズッ

ヨダカ「バカ!」

シャニ「しまった――!?」

 ドッゴォォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「はぁっ…はぁっ…」

シャニ「っく…」

ヨダカ(マジでヤバい…)

シャニ(恐らく…互いに呪いのせいで苦痛が体を蝕んでる…。どちらかがこれ以上、ダメージを受ければ…)

ヨダカ(文字通り…道連れで死ねる…)

ララ「…」

ヨダカ(正攻法であいつを倒すのは…どう考えてもムリだ…。分が悪すぎる…)

ヨダカ(正攻法以外だと…ゼノビア達…。だけど、時間がかかる…。残された手は――)

シャニ「ヨダカ、何か考えはあるか…?」

ヨダカ「…」

ヨダカ(成功すればあの天使もどきは多分…どうにかなる…。でも…そうしたら、俺は…)

シャニ「ヨダカ!」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 ある。でも、覚悟決めろよ…
 2 ………ない。手詰まりだ…

554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:18:10.76 ID:BoDjri5Zo
2
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:18:39.82 ID:PpydOHbYO
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:21:16.30 ID:E5ERy6ok0
天使もどきは4体だけやろなぁ…そして完成体一人がいる…はず(ラ行を見ながら)
557 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:24:55.43 ID:HL4zvk5zO

ヨダカ「…………ない。手詰まりだ…」

シャニ「……そうか」

ヨダカ「お前は?」

シャニ「ない」

ララ「…」バサァッ

ヨダカ「……終わりだな」

シャニ「そうだな」

ララ「…」チャキッ

ララ「対象を、抹殺する――」

ヨダカ・シャニ「「でもまだ、諦められない!」」

 ヒュオンッ
 ドッゴォォォォォォォォォッ

 ズザァッ

ララ「っ…」バサァッ

 シュゴォォォォォォォォッ
 ドッゴォォォォォォォォォォォォンッ

シャニ「でやぁぁぁっ!」

ヨダカ「死ね、天使ぃっ!」

ララ「…」ヒュオンッ

 ドッゴォォォォォォォォォォッ

シャニ「がっ――!」

ヨダカ「ぐっ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 あーもうダメぽ…精根尽き果てた…ほんともうね、リトライできないデッドエンドコースが見え隠れ…
 4〜6 ララちゃんがほんとにもうつよすぎ…。満身創痍ですよ…。でもヨダカとシャニは意地の張り合いで諦めないよ
 7〜9 満身創痍でララの翼を1枚、もいだ

558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:25:28.85 ID:PpydOHbYO
手詰まり選んだらシャニが死ぬとかろくなことにならない気がして避けたんだけどどうなるやら…
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:29:49.74 ID:cuBXZjeso
最終決戦は常に微妙なコンマに翻弄されるのか
560 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:32:52.59 ID:HL4zvk5zO

 ドッゴォォォォォォォォンッ

ヨダカ「…はっ…はっ…」ググッ

シャニ「っ…ぅ…クソ…」ググッ

ララ「…」

ヨダカ「…」ムクッ

シャニ「はぁ…はぁ…」ムクッ

ララ「…」チャキッ

ヨダカ「…おい…」

シャニ「何だ…?」

ヨダカ「………勝てねえのに…何で、立つんだよ…?」

シャニ「お前にそっくりそのまま言い返してやる…」

ヨダカ「…お前より…可能性あるんだよ…」

シャニ「そうか…じゃあ…お前が死にかけるだけ…俺も辛いから…悪化させないためだ…」

ヨダカ「とっととどっか行けよ…瘴気で死ぬぞ…」

シャニ「お前も逃げろ…。さっきみたいに…」

ヨダカ「…」

シャニ「…」

ヨダカ「……お前なんか…嫌いだぞ」

シャニ「俺もだ…安心しろ…」

ヨダカ「あーあ…お前みたいのと一緒に死ぬなんて…サイテー…」

シャニ「観念するんだな…。因果応報だ…」

ララ「…トドメ」チャキッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 DEAD END
 4〜6 シャニ死亡。ヨダカは呪いでショック死。DEAD END
 7〜9 ヨダカ「……手詰まりって、言ったろ。あれ…嘘。感謝しろよ。俺が、お前らのこと…助けてやるから…多分」
  0  持つべきものは…

561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:35:09.15 ID:cuBXZjeso
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:35:59.38 ID:PpydOHbYO
リトライ出来るデッドエンドならいいのさ…
563 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:37:45.20 ID:HL4zvk5zO

 バサァッ

シャニ「悪いな、ヨダカ。先に逝ってる――」

 ズドドドドドドドッ

シャニ「」

 ドサァッ…

ヨダカ「っ――あ、がぁあああ、ああああああああああっ…!」

ララ「…もう、1人」バサァッ

ヨダカ「ああああああああああああ――」

 シュゴォォォッ
 ドッゴォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「」ドサッ

ララ「…残り、3人」バサァッ



                                        ―――――― DEAD END

564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:40:09.01 ID:cuBXZjeso
慈悲はないのか
565 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:41:50.23 ID:HL4zvk5zO

王子「……………ララちゃん、つえー…」

王子「ぶっちゃけね、正攻法で勝つのはムリ! ってくらいに強いです」

王子「ほんともうね、この感じは詰んでます」

王子「だけどね…やっぱこう…死んじゃって終わり、って寂しいし…ヨダカのこと、俺好きだし」

王子「でも…詰んでます…」

王子「………あと2回、デッドエンドを迎えたら…ヨダカ編は、デッドエンドのまま終わりです」

王子「…………でもなあ…うーん…コンマ神に賭けるか…ヨダカの秘策を使うか…って感じ…」

王子「ぶっちゃけ、この秘策を使っても良い方のエンドにはならない…っぽい…かも…です…」

王子「コンマ神に祈りつつ、がんばってください!」


 【安価下1】
 1 >>553
 2 >>557
 3 >>560
 ※残機:2

566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:43:32.45 ID:cuBXZjeso
567 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:44:23.03 ID:HL4zvk5zO

ララ「…」

 バサァッ
 ヒュオンッ

ヨダカ「は、空振り――」

 ズォォォォッ

シャニ「いやっ…!」

ヨダカ「分かったっつーの、離れろ…!」

 ドッゴォォォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「あっぶね…」

シャニ「何が起きた…?」

ヨダカ「あいつ…斬ったんだ。目には見えないけど、空気とか魔力とか…そういうもんを」

ヨダカ「斬られて開いた隙間になだれ込んだそういうのが、一気に爆発までした」

シャニ「直接斬られたら?」

ララ「…」バサァッ

ヨダカ「真っ二つで爆散。受け止めるのも不可!」

 バッ
 ヒュオンッ

 ドッゴォォォォォォォォォッ

ララ「…」バサァッ

 シュゴォォォォォォォッ

シャニ「しかも、またあの羽根まで…! 土壁魔法!」

ララ「…」ヒュオンッ

 ズズズッ

ヨダカ「バカ!」

シャニ「しまった――!?」

 ドッゴォォォォォォォォォォォッ

ヨダカ「はぁっ…はぁっ…」

シャニ「っく…」

ヨダカ(マジでヤバい…)

シャニ(恐らく…互いに呪いのせいで苦痛が体を蝕んでる…。どちらかがこれ以上、ダメージを受ければ…)

ヨダカ(文字通り…道連れで死ねる…)

ララ「…」

ヨダカ(正攻法であいつを倒すのは…どう考えてもムリだ…。分が悪すぎる…)

ヨダカ(正攻法以外だと…ゼノビア達…。だけど、時間がかかる…。残された手は――)

シャニ「ヨダカ、何か考えはあるか…?」

ヨダカ「…」

ヨダカ(成功すればあの天使もどきは多分…どうにかなる…。でも…そうしたら、俺は…)

シャニ「ヨダカ!」

ヨダカ「【安価下1】」

 1 ある。でも、覚悟決めろよ…
 2 ………ない。手詰まりだ…

568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:45:39.06 ID:PpydOHbYO
00偶数がまるでなかったかのような絶望
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:47:12.67 ID:PpydOHbYO
すまん1
連投扱いで無理なら安価下
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:48:03.34 ID:BoDjri5Zo
1
571 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 21:52:25.62 ID:HL4zvk5zO

ヨダカ「ある。でも、覚悟決めろよ…」

シャニ「……覚悟…?」

ヨダカ「…呪い、耐えきれよ」

シャニ「……ヨダカ、何を考えてる?」

ララ「…」バサァッ

ヨダカ「風・浮遊魔法っ!」

 ビュォォォォォォォッ
 フワッ

ヨダカ「深魔の穴がある!」

 ヒュォォォォォォッ

シャニ「深魔の穴!?」

ヨダカ「今そこから溢れてる瘴気で、俺は一時的にドーピングしてる!」

ヨダカ「天使は魔族の天敵だけど、瘴気は天使の毒だ! その中にあの天使もどきを突っ込めば…!」

シャニ「押し込むのか!?」

ヨダカ「お前が深魔の穴に突っ込んでも、瘴気に毒されて死ぬだけだから、俺が押し込む! サポートをしろ!」

ララ「逃がさない」バサァッ

ヨダカ「追ってきた…!」

 ストッ

シャニ「瘴気っ…これは、近くだと…!」

ヨダカ「呪い耐えた後に瘴気で死ぬみたいな、バカなマネすんなよ!」

ララ「…」チャキッ

ヨダカ「きたっ…!」


 【安価下1】
 1 土魔法で洞穴を狭めてもらって、深魔の穴まで囲い込む
 2 ゴリ押しで押し込むぜ!
 3 その他、妙案求む

572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 21:54:48.40 ID:PpydOHbYO
ごり押しは無理だろ
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:00:48.55 ID:DpVU6eHE0
1
574 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 22:01:00.07 ID:HL4zvk5zO

ヨダカ「お前の魔法で、ここ狭くしろ!」

ララ「…」

 バサァッ
 シュゴォォォッ

シャニ「無茶を言う…! 土壁魔法!」

 ズドォォォォォォッ
 ドッゴォォォォォォォンッ

ヨダカ「壊されてるんじゃねえよ!」

シャニ「俺は魔法は、そこまで得意じゃないんだよっ…! 大・土壁魔法!」

 ズドドドドドドッ

ララ「…」バサァッ

ヨダカ「逃がさねえよ、ばーか!」

 ブンッ
 シュルルルルルッ
 ザシュゥゥッ

ララ「っ…」バサァッ

ヨダカ「風縛!」パシッ

 ビュォォォォォォォッ

シャニ「これでっ…最後の魔力だ! 極大・土槍魔法っ!」

 ドッゴォォォォォォォォォォォォッ

ララ「!?」

 ドゴォォォォンッ

ヨダカ「よし、深魔の穴に押し込まれる!」

シャニ「行っけぇええええええええ――――――――――――――――っ!」

 ドドドドドッ

ララ「極大・爆裂――」

ヨダカ「させるかぁっ!」ブンッ

 シュルルルルルッ
 ズドォォォォォォォッ

ララ「っ」ヨロッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 往生際の悪いヤツめ。……仕方ない
 4〜6 あとはゴリ押しでいくぜぇーっ!
 7〜9 深魔の穴から漏れる瘴気をガンガン取り込んでくぜぇー!

575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:01:37.43 ID:cuBXZjeso
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:03:26.38 ID:PpydOHbYO
絶対高コンマ出す
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:05:12.65 ID:PpydOHbYO
ぐぅう…モニカほど極悪非道してないしシャニとも友情築いてきたのにバッドエンドはマジで嫌だぞ…
578 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 22:11:11.93 ID:UK5axnncO

ヨダカ「風纏!」

 ビュォォォォッ

ヨダカ「でやあああっ!」

 ブンッ
 シュルルルルッ

ララ「っ…!」バサァッ

 ブワァァァァァッ
 ドゴォォォォォォォッ

シャニ(まとわせた風が、衝撃とともに爆散する魔法…! 人造天使が、深魔の穴に…!)

ヨダカ「落ちやがれっ…!」

 バサァァッ

ララ「!」

シャニ「まだ、ダメなのか…!?」

ヨダカ「っ――風刃!」

 ヒュバァッ
 ギィィィィンッ

ララ「…」グググ

シャニ(俺じゃ…あそこには近づけない…あと少しなのに、これじゃ…!)

ヨダカ「………………仕方ねえな…」

シャニ「ヨダカ?」

ヨダカ「これだからよわっちい人間ってのは! もっと強けりゃいいのに! 風・浮遊魔法!」

 ヒュォォォォォォォッ
 フワッ

シャニ「ヨダカ、何するつもりだ!?」

ヨダカ「――感謝しろ、人間」

ヨダカ「弱いお前らを、この強い俺が救ってやる」ビシッ

シャニ「待てっ、お前、あそこに体当たりでもして押し込むのか!? そんなことしたら…!」

ヨダカ「だから言ったんだろ、呪いでショック死なんかするんじゃねえ、って。覚悟決めたろ?」

シャニ「ダメだ、ヨダカ! 行くな!」

ヨダカ「あれするな、これするなって、お前はうるさいから嫌いなんだよ! 大人しく、俺に感謝して、尊敬して、甘いのを供えとけ!」

ララ「っ…」グググッ

ヨダカ「でもって、お前はさっさと死ね、天使もどきぃいいいいいいいいい――――――――――――――――――――――っ!」

 ビュォォォォンッ

シャニ「ヨダカっ!!」

 ドゴォォォッ

ララ「っ…!?」ガッ

ヨダカ「俺を押し返したってムダだ!」ブンッ

 シュルルルルッ

ヨダカ「ぐ、ぐぐっ…! ブーメランは、戻ってくるんだぜ!?」

 ドゴォォォォォッ

シャニ(戻ってきたブーメランで、後押し――)

 ズォォォォォォォッ

 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ヨダカ「………じゃあな、相棒」
 4〜6 ヨダカ「一緒に逝ってやる、天使ぃっ!」
 7〜9 ヨダカ「あーあ…何で俺、あんなに人間のこと好きになっちゃったんだろ――」
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:12:13.15 ID:PpydOHbYO
助けてー
580 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 22:14:16.20 ID:UK5axnncO

ヨダカ「一緒に逝ってやる、天使ぃっ!」

ララ「!?」

 ズォォォォォォォォッ

シャニ「ヨダカぁ――――――――――っ!」

 ギュォォォォンッ…

シャニ「っ…穴が…」

シャニ「ヨダカ…待て、おいっ…!」

シャニ「…」

シャニ「……おい…」

シャニ「…」

シャニ「ヨダ、カ…」


581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:19:12.31 ID:PpydOHbYO
最近ずっとコンマ良かったのに重要なとこで微妙なコンマばっか出るのなんなんだよ…
582 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 22:20:48.92 ID:UK5axnncO

 ――?――

 ズォォォォォ…

ヨダカ「――ん…?」

ヨダカ「…………瘴気の、中…?」

ヨダカ「天使は……溶けて消えたか…? ざまーみろ…」

ヨダカ「…」

ヨダカ「これ…魔界に着くのか…?」

ヨダカ「それとも…永遠に…ここをさまようだけ…?」

ヨダカ「…」

ヨダカ「あーあ…」

ヨダカ「あー…あー…あー…」

ヨダカ「…………バカかよ、俺…」

ヨダカ「カッコつけすぎた…」

ヨダカ「どうせ人間なんて数十年も生きれば死ぬような種族なのに…」

ヨダカ「何で…あんな、たかだか数人の人間のためだけにこんなこと…」

ヨダカ「ばっかみてー…」

ヨダカ「……あのバカのバカが移ったか…」

ヨダカ「ばーかばーか…」

ヨダカ「…」

ヨダカ「……」

ヨダカ「………言い返せよっ!?」

ヨダカ「…」

ヨダカ「………ムリ、か…」

ヨダカ「…まあでも…」

ヨダカ「甘いのいっぱい食えたし…それでいっか」ニッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 ヨダカ編 SELFーSACRIFICING END
 4〜0 んなわけないっしょ?

583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:22:13.20 ID:cuBXZjeso
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:23:15.13 ID:PpydOHbYO
出たー!!ラストで何故かいつも出る0ーっ!!
585 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 22:27:28.44 ID:UK5axnncO

ヨダカ「あとは…どうなるかは運任せ――」

 モゾッ

ヨダカ「………ん?」

 モゾモゾッ
 ズイッ

サン「くぅ」

ヨダカ「……いたのか、お前」

サン「くぅ」パサッ

 パタパタ

ヨダカ「お前、羽根…」

サン「くぅ」パクッ

ヨダカ「こら、ローブ噛むな、お気に入り…」

 パタパタ
 グイグイ

ヨダカ「っ…お前、ちょっ、ここ、動けるのか…?」

ヨダカ「何なんだよ、おい…?」

サン「くぅっ!」パタパタ

 ズォォォォォ…

ヨダカ「っ…え、ここ…」

サン「くぅ」

ヨダカ「………俺の眷属にしてやっただけ、あるじゃんか」ナデ

サン「くぅっ」パタパタ

ヨダカ「戻るぞ、地上に! 命を助けてやったんだから、山盛りの甘いのが献上されてしかるべきだ!」

ヨダカ「特別にお前にも、分けてやろう」

サン「くぅ」

ヨダカ「シャニにたかって、雌犬に酌をさせて、レイドにもたかって、バカ女は…どうでもいいや」

ヨダカ「人間どもめ、俺の帰還にひれ伏すがいいっ! あーっははははっ!」

 ズォォォォォォォッ

586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:30:49.92 ID:DpVU6eHE0
きたー
587 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 22:42:23.32 ID:UK5axnncO

 ――バイス王国・王国軍の古城・地下洞穴――

シャニ「――そして…深魔の中へ…」

ハレー「ヨダカくんが…」

レイド「…そん、な…」ガクッ

ゼノビア「………感傷にひたってる暇なんかないわよ、この深魔の穴、不安定なんだから。早く閉じないと瘴気が広がるわ」

ゼノビア「ここにいられると作業の邪魔になるから、出てってくれる? 手伝うなら別だけど」

シャニ「…いや…手伝おう…」

ゼノビア「………使い物になるの?」

シャニ「…問題ない…何かしていた方が、落ち着きそうなものだ…」

レイド「…」

ハレー「あ、あれ? レイドさん、レイドさーん?」ペシペシ

レイド(ヨダカがいないヨダカがいないヨダカがいないヨダカがいないヨダカがいない…)

ハレー「おーい?」

ゼノビア「……じゃ、完璧に閉じるわよ」

 ズォォォォォッ

ゼノビア「隊長さん、そっちの――」

<はっはっはっ…

ゼノビア「……ん?」

シャニ「……何だ…この声…?」

ハレー「ま、まさか、ここから魔族が攻めてきたり…!?」

レイド「何?」チャキッ

ハレー「復活早いっ!?」

<はーっはっはっ!

シャニ「魔族というのは、どいつもこいつも…似たような高笑いなのか…?」

ゼノビア「……そうじゃないんじゃないかしら…? 往生際が悪いというか、悪運が強いというか…」

シャニ「………じゃあっ」

 ズォォォォォォォォッ
 シュタッ

ヨダカ「何て面してんだよ」

シャニ「…よ…だか…?」

ハレー「あわわわわっ…」

ゼノビア「あら…」

シャニ「っ…この、バカがっ!」

ヨダカ「うわっ…」

シャニ「何て紛らわしいやり方だ、このバカが! どうせ、そんなことだろうと思っていたが、戻るのが遅いから閉じるところだったぞ!」

シャニ「そもそも、呪いが消えたわけでもないのにまだズキズキしてる時点で生きてるのは分かっていたが、それにしてもだな――」

ゼノビア「完全に憔悴してたじゃない」

シャニ「」

ヨダカ「俺がそう簡単に死ぬわけないだろ、ぶぁーかっ!」ニィッ

サン「くぅっ!」


                                  ヨダカ編 ――――― GOOD FRIENDSHIP END

588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:45:46.69 ID:PpydOHbYO

もうちょっとヨダカ編やりたかったが、いいエンドでホントに良かった…
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:48:44.53 ID:v4oVmF1Ro

よかったよかった
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:49:12.03 ID:E5ERy6ok0
モニカからまだ報酬貰ってないじゃん!会わなきゃ!(使命感)
591 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 22:49:57.42 ID:UIwMzD8nO

王子「一時はどうなるかと思ったけど…」

王子「かなり、いい感じに終わったんじゃないかな?」

王子「いやー…出てて良かった、【00】偶数! 選ばれて良かった、多数決!」

王子「サンがいなかったら、自己犠牲エンドだったからね…」

王子「にしても…ヨダカ編の最終パーティーの安定度だよ」

王子「シリウス編…ていうか、シリウスにはすごい安定感あったけど、それを上回っちゃったんじゃないかな?」

王子「ヨダカも強いし、シャニもやるし、レイドは強いし、ゼノビア強いし、ハレーは…うん…」

王子「ハレーに活躍の場があったらね、毒針とか出してきたんじゃないかな? 0が出れば即死攻撃」

王子「1/10で即死攻撃できるとか、確率的にはすごく強いと思います。10回持ちこたえて毒針やれば勝てちゃうかもだしね」

王子「あ、そうそう。強いヤツを連れてくればいいじゃん! って、あの選択肢あったでしょ?」

王子「僅差で選ばれなかったけど、あれが出てたらね、なんと、俺が、本編に登場してたんだよ! 惜しかったね」

王子「でも、この立ち位置気に入ってるし、これで良かったかなって思います」

王子「ヨダカ編の友情エンド、やったね! でも、魔族主人公はめんどくせー、ってなったでしょ?」

王子「しばらく、キャラメイクで魔族を選ぶのはなしね? あ、そうそう。次のキャラメイクは…今日は少なくともないです!」


592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:53:25.75 ID:PpydOHbYO
ハレーは次以降の主人公の時に成長して活躍するかもだし
ていうかハレー主人公にしよう。星の名前だし(唐突)
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 22:56:56.60 ID:v4oVmF1Ro
ハレーは割と一番好き

あと、ララちゃん生き残ってそう
594 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 23:03:35.89 ID:UIwMzD8nO

王子「あーあーあー、事務連絡です、事務連絡です」

王子「この度、えー、4人目の主人公が無事に終わりを迎えられましたので…」

王子「本編の合間に! 何かこう…お楽しみ的な、何か? やってもいいかなー、と思うのですが…」

王子「とりあえず、企画中のものをまとめたフリップどーん!」


 ○やさしい世界の小さな大冒険!
  ・えげつないことや、汚いことのおきない、やさしい世界でスライムを育てて戦わせて、スライムのチャンプを目指そう!
  ・主人公は天真爛漫な男の子と、心優しい女の子のどちらかを選べます
  ・終了条件:敗北or優勝
  ・負けても次回があれば、また優勝を目指して挑戦できるかも?

 ○ザ・バトルロイヤル!
  ・登場した名ありキャラなら、誰でも参戦可能! 死亡してても関係なしのパラレル時空
  ・5人で繰り広げられるバトルロイヤル! 最強は誰だ!?
  ・一部キャラが登場すると、ムリゲーになりかねません
  ・モニカやスピカみたいな、そんなに強くないまま主役の座を降りた主人公達の成長も見られるかも
  ・終了条件:プレーキャラの敗北or優勝

 ○モニカとヨダカのスイーツ大作戦!
  ・ショートケーキをまたご馳走すると約束したモニカだったが、やっぱり王都デーモンへは戻れない…
  ・食材を集めて、2人でわきあいあいとしながら甘くておいしいお菓子を作り上げよう!
  ・終了条件:スイーツを作り上げて、試食すること


王子「こんな具合だよ!」

王子「………別にいらない? どうだろ?」

王子「あと、ハレーが何でそんなに人気なのか、よく分かってない>>1がいるよ。何か、この人、困惑してるよ」


595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:04:03.23 ID:PpydOHbYO
そういや歌唱力を完全に持て余したね
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:09:12.90 ID:BoDjri5Zo
バトルロワイヤル楽しみ

私にもなぜハレー人気か分からない
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:09:29.77 ID:PpydOHbYO
個人的にはバトロワかスイーツ大作戦かな
本編でめっちゃハラハラしてるから、少しはモニカとほのぼの出来るならスイーツの方がいいかも
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:09:38.68 ID:DpVU6eHE0
やさしい世界希望。
前前作や前作に比べてエグい展開が多いのは、世界が優しくないからなのかな…
ビターなのは嫌いじゃないけど、あんまり続くとたまには甘いのも…と。
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:11:23.71 ID:PpydOHbYO
やっぱりスイーツ>やさしい世界>バトロワで
ほのぼのしたい
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:11:26.41 ID:v4oVmF1Ro
やさしい世界を書けるんですか!?(暴言)
どれも面白そうでいいですね
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:11:54.14 ID:XIYf2X1M0
天然が好きなんじゃない‥かな?
個人的にはスライム行きたい
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:13:46.68 ID:R5/9komRo
好きって言ってる人の一人はいつも星の名前付けてる人だから名付け親として気に入ってるんだろ
人気かはわからん
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:15:50.32 ID:6REoRQ4KO
シャニも星の名前なのに…姓は関係ないけど
604 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/24(水) 23:17:58.44 ID:K+4df6HUO

王子「おっ、意外と好感触」

王子「>>600の発言に>>1はきょどりましたよ」

王子「……やさしい人間を自称してるんだって、リアルでは」

王子「まあ…うーん…とりあえず、明日にでも多数決だけとって、決定かな?」

王子「ほのぼのしたいなら、やさしい世界か、スイーツ大作戦かな?」

王子「やさしい世界は一応、勝負事になるからね。まあでも、スポーツ感覚? 悪役がいても、すぐ改心すると思われます」

王子「スイーツ大作戦は小動物系とどこかで言われたモニカとヨダカがわいわいきゃっきゃする程度」

王子「バトロワはね、表示されてない主人公補正とか消えるから、場合によっては速攻で脱落するよ!」

王子「あと、何か質問とかもあれば受けつけるからねー!」


605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:26:14.14 ID:PpydOHbYO
前作は10人全員一応ハッピーエンドだったから、今作のシビアが際立つのよね
オマケの候補として、ハレーが一人前騎士目指して色んな怖い上司に振り回されたりして成長頑張るストーリーなんてどうだい
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:44:12.62 ID:omIkG2BRO
先生!スイーツ大作戦の一部始終を写真に収めたらレイドにいくらで売れますか!?
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/24(水) 23:56:06.43 ID:G1/qNAO9O
ハレーは人気というより
メインキャラっぽい感じなのに何かする前にエンディングになっちゃったからもっと見たいってだけじゃないの
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 00:53:52.34 ID:YiAesjAe0
ヨダカ、瘴気吸ったけど強化とか見た目が成長とか起きてる?
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 00:54:22.80 ID:DBnbuXt2o
これまでの星まとめ
モニカ 小惑星
ポラリス 恒星 こぐま座の星 北極星
マルティナ 小惑星
シリウス 恒星 おおいぬ座の星 冬の大三角の一つ
アリア 恒星 へび座の星
ベテルギウス 恒星 オリオン座の星 冬の大三角の一つ
デネブ 恒星 はくちょう座の星 夏の大三角の一つ
ヴァーゴ おとめ座
スピカ 恒星 おとめ座の星
ザニア 恒星 おとめ座の星
オライオン オリオン座
ヘカー 恒星 オリオン座の星
ノヴァ 新星
スバル プレアデス星団の和名
ゲンジ 小惑星エロスのクレーターの名前の一つ
ヨダカ よだかの星(宮沢賢治の童話)
シャニ インド占星術における土星を神格化したもの
ゼノビア 小惑星
ハレー・コメット ハレー彗星
610 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 00:54:33.87 ID:fcvyDWfA0

 >>605

王子「なになにー? ハレーが一人前の騎士を目指して? 色んなこわーい上司に振り回されたりして? がんばる成長譚?」

王子「…んー、却下です」

王子「あ、いやね、ハレーが嫌いとかじゃなくてね?」

王子「一人前の騎士って、すごくなるの大変なの。1年や2年や3年じゃないの。それくらいかけて、ようやく、いっぱし?」

王子「そこからね、すごぉーく頑張って手柄を立てたり、上司の悪いことに荷担して評価を上げたり?」

王子「そういうことをしていかないと一人前にはなれないんだよ。ぶっちゃけ、暗夜王国の騎士団は黒いです」

王子「年功序列的なところもあるしね。そういう理由で、さらっとやるオマケじゃあ終われなくなっちゃうんだね、この提案は」

王子「提案自体はね、一体ハレーは何を起こすんだろうって気になるところもあるかもなんだけど…ごめんね」

 >>606

王子「これはいい質問ですねぇ」

王子「レイドにこの商談を持ちかけたら、撮りまくった写真を全部まとめて20万ゴールド…か」

王子「こっちからセレクトした萌え萌えスナップを小出しにして、1枚ずつの値段を釣り上げていくか…そういう手法が取れますね」

王子「もちろん、萌え萌えスナップの数が少ないんなら、全部まとめた金額の方がいいかも知れません」

王子「だけど、絶妙な奇跡の1枚が何枚かあるんなら、交渉次第で総額20万ゴールドを取れるかも知れません」

王子「ちなみに…そうだなあ…。ヨダカのへそちらスナップで1000ゴールドはいくかな? 半裸で3000ゴールド?」

王子「モニカとヨダカが仲良く寄り添うようなお昼寝写真とかあったら、それだけで5000ゴールドとかいいくんじゃないかな?」

王子「ただし、注意点がひとつ! えっちな写真を撮っちゃうと、児ポ法の単純所持にあてはまって処罰されちゃうから気をつけて!」

王子「これは芸術です、子猫の写真集と同じく癒しのものです、って言い逃れられる範囲でやろうね!」

王子「標語はイエス視姦、ノータッチだよ! ただし、覗いてる姿が不審者にならないように、あとルールとマナーを守ろうね!」

王子「皆の王子様と約束だよ!」

 >>607

王子「ふむふむ? そういうものなのかな?」

王子「まあ、立ち位置的には主要キャラじゃなかったんだけどねー…」

王子「ほらほら、監視役で出てきたでしょ? あの当時は、あの当時は、に限定するけど実はやり手で…みたいなことがありえたんだよ」

王子「行動を起こそうとしたヨダカ達の前に立ちはだかって、暗夜王国ってこえー…みたいなね?」

王子「でもコンマ判定の結果、吹き飛びました」

王子「だから立ち位置がビミョーなとこになっちゃったんだよねー…」

王子「……うん、まあ、うん…。コンマ神に振り回されるのはいつも通りだからね」

王子「そんなこんなで、また明日! 以上、皆の王子様でした!」

611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 01:04:41.17 ID:df2DNANwo
ゲンジは源氏星のイメージだったけど日本語だと他と合わないしまあそれでいいや
612 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 01:06:22.21 ID:fcvyDWfA0

王子「おっと…寝ようと思ったら、知らぬ間にまた来てた…」

 >>608

王子「見た目の変化はないです」

王子「瘴気っていうのはね、うーん…魔界に満ち満ちてる、良くない感じの空気みたいな認識でいいかな?」

王子「魔族はこれが栄養源みたいなところもあるんだよ。でも人間や、天使みたいのはそれが毒でもあるのね」

王子「だから魔族からは元気の源、他のからしたら毒扱いで、人間の住んでる地上に瘴気はほとんどないんだよ」

王子「深魔の穴、っていう地上と魔界が繋がってるものがあってね、ここからは瘴気が噴出してくるの」

王子「だから、ヨダカは薄かったこの瘴気を取り込んで、本来の魔族的な力を強めてみたんだね」

王子「人間とか、動物、あと地上にいる魔物なんかがたくさん瘴気を吸い込んじゃったり、取り込んじゃうと異形化することもあります」

王子「でもヨダカは元々魔族なので、そんなことはありません! オーライ?」

 >>609

王子「こんなに…だったんだ…」

王子「ていうか、スピカとザニア、って地味に同じ乙女座で合わせてくれてたんだね。初めて知りました」

王子「ザニアはなぁー…みんなに嫌われちゃってたみたいで軽くショックでした…」

王子「思い詰めちゃったらすぐころりとしちゃうけど、それ以外はふつーにスペックが高くていいコな風にされてたんだけど…」

王子「ちょっとやりすぎちゃったねー、あはははー…はぁ…同じ王子だったのに…」

王子「それにしても…お星様のお名前が思った以上に登場しててビビった」

王子「しっかし…その内、超マイナーなお星様のお名前とか出てきたりして…。登場人物の数だけ、お星様に詳しくなれそうな気分」

王子「別に…こだわらなくても、大丈夫だからね? お星様縛りとか、ないからね?」

王子「あ、ダメとも言ってないから、気分で、やってみてね!」

王子「その内、なんとか卿とか出てきて、名前がミルキーで、ロード・ミルキー…なんてことになったり?」

王子「………………ごめんね、オヤジギャグで!!」

王子「でもほら、そろそろ暑くなってくる季節だしいいでしょ? ひやっとしてね!」

王子「でも、扇風機つけたままとか、クーラーかけたままで寝ちゃって、お腹冷やしたりはしないように皆も気をつけてね!」

王子「今度こそおやすみなさい!」

613 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 17:16:00.57 ID:fcvyDWfA0

王子「やっほー、王子だよ!」

王子「18時半くらいになったら、多数決を取るから、何がいいか考えておいてね!」

王子「選択肢は以下の4つで、同率になったら決選投票にもつれこんでいくよ」

王子「考えておいてね!」


 ○やさしい世界の小さな大冒険!
  ・えげつないことや、汚いことのおきない、やさしい世界でスライムを育てて戦わせて、スライムのチャンプを目指そう!
  ・主人公は天真爛漫な男の子と、心優しい女の子のどちらかを選べます
  ・終了条件:敗北or優勝
  ・負けても次回があれば、また優勝を目指して挑戦できるかも?

 ○ザ・バトルロイヤル!
  ・登場した名ありキャラなら、誰でも参戦可能! 死亡してても関係なしのパラレル時空
  ・5人で繰り広げられるバトルロイヤル! 最強は誰だ!?
  ・一部キャラが登場すると、ムリゲーになりかねません
  ・モニカやスピカみたいな、そんなに強くないまま主役の座を降りた主人公達の成長も見られるかも
  ・終了条件:プレーキャラの敗北or優勝

 ○モニカとヨダカのスイーツ大作戦!
  ・ショートケーキをまたご馳走すると約束したモニカだったが、やっぱり王都デーモンへは戻れない…
  ・食材を集めて、2人でわきあいあいとしながら甘くておいしいお菓子を作り上げよう!
  ・終了条件:スイーツを作り上げて、試食すること

 ○キャラメイクへ
  ・5人目の主人公で本編スタート


王子「あと、それぞれに質問とかあったら、答えるからあれば投げといてね!」

王子「それじゃあ、だいたい1時間後にまた会いましょう!!」


614 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 18:21:42.51 ID:4Ez+1vdMO

王子「そろそろ、あと10分くらいしたらかな?」

王子「多数決をやるけど…準備はできてますか!?」

王子「…」

王子「…まあ、準備ができてません、って言われちゃってもどうにもならないんだけどね…」

王子「ごめんね」

王子「もうちょっと待っててね!」

615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:28:12.47 ID:1iWNPJWvO
たいき
616 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 18:30:12.25 ID:4Ez+1vdMO

王子「じゃあ、やりますよー」

王子「以下の選択肢から選んでください」

王子「同率になったら、決選投票になります」

王子「それでは、スタート!」


 【多数決】↓1〜7
 1やさしい世界の小さな大冒険!
  ・えげつないことや、汚いことのおきない、やさしい世界でスライムを育てて戦わせて、スライムのチャンプを目指そう!
  ・主人公は天真爛漫な男の子と、心優しい女の子のどちらかを選べます
  ・終了条件:敗北or優勝
  ・負けても次回があれば、また優勝を目指して挑戦できるかも?

 2ザ・バトルロイヤル!
  ・登場した名ありキャラなら、誰でも参戦可能! 死亡してても関係なしのパラレル時空
  ・5人で繰り広げられるバトルロイヤル! 最強は誰だ!?
  ・一部キャラが登場すると、ムリゲーになりかねません
  ・モニカやスピカみたいな、そんなに強くないまま主役の座を降りた主人公達の成長も見られるかも
  ・終了条件:プレーキャラの敗北or優勝

 3モニカとヨダカのスイーツ大作戦!
  ・ショートケーキをまたご馳走すると約束したモニカだったが、やっぱり王都デーモンへは戻れない…
  ・食材を集めて、2人でわきあいあいとしながら甘くておいしいお菓子を作り上げよう!
  ・終了条件:スイーツを作り上げて、試食すること

 4キャラメイクへ
  ・5人目の主人公で本編スタート

617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:30:26.99 ID:1D7lyk/xO
1
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:30:50.83 ID:KR9ulSh1O
2
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:30:53.51 ID:YiN1nkh8o
2
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:31:19.64 ID:BmUSl2Lwo
2
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:31:25.50 ID:QXxGzZSP0
1
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:31:45.14 ID:jnuo5GC5O
3
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:32:01.50 ID:WMk8aROr0
3
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:32:25.77 ID:914sLltmO
3
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:33:16.51 ID:UFGzisbV0
1
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:34:17.44 ID:1iWNPJWvO
目を離した好きにやさしくないバトロワに…!!
627 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 18:37:39.59 ID:4Ez+1vdMO

王子「集計!」

 3票:ザ・バトルロイヤル
 2票:やさしい世界 スイーツ大作戦

王子「バトルロイヤルに決定しましたー!」

王子「どんどんぱふぱふ〜!」

王子「さて、じゃあまずはプレーキャラの選択にいくよ!」

王子「シンキングタイムでもとろうか?」

王子「さあ、何がいいか考えちゃってくださーい!」

王子「参考資料もぺっとしておきまーす」


 戦闘能力
 S ベテルギウス ララ
 A ヒヒイロ ベス ピース スバル ゲンジ
 B サリー シリウス パルミラ セーブル ザニア ヨダカ シャニ レイド ゼノビア
 C スピカ モニカ ポラリス ハレー
 D デネブ


王子「プレーヤーキャラ決定後に、参戦キャラを決めてくからね!」

王子「さくっと考えてみてくださーい」

王子「あと、これは現段階で、判明している戦闘能力だからそっくりそのままあてはまるとは言えないよ!」

王子「一部キャラはさっぱり描かれてないとこで、ランクが変わってたりもするからね!」


628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:38:19.11 ID:jnuo5GC5O
ふむふむ
629 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 18:46:40.45 ID:TSbrT5/UO

王子「バトルロイヤルのルールをまとめてみましたー!」

王子「ざっくり、こんな感じです」


 ザ・バトルロイヤル
 終了条件:優勝or敗北
 行動:朝→昼→夜で1日3回行動ができます
    行動内容は基本的には自由だけど、あんまり突飛だったり、それ関係なくね?なものはズラされる可能性高いです
 行動内容:偵察→敵の居場所を探します。逆に見つかると迎撃されることもあります
      襲撃→発見した敵に攻撃をかけます。看破されると迎撃されたり、罠が張られたりする可能性も。成功すると奇襲
      戦闘→襲撃をした場合、もしくはされた場合に発生します。戦って勝ちましょう
      その他にも、見つけた敵と一時的に手を組んだりするのもあり!
      逆に同盟を組まれてやっつけられたりすることもあるかも。性格的な相性もあるので、裏切りや、不審感による連携不良もあります
 特性:キャラに応じて、特別な技能やスキルを持っています。状況次第で有利な戦況に持っていけるかも


王子「バトロワはね、敵を自分で全部やっつける必要はないよ!」

王子「最後まで生き残ってたらオーケー! でも、全員穴熊決め込んだら進まないね…」

王子「そこら辺はどうにかなるかもでーす」

王子「あと、本編とはパラレル時空ですので、ここで禍根や絆が生まれても反映はされません」

王子「さてと…じゃあ、プレーヤーキャラの選択に移りましょう!」

王子「範囲で安価を出すよ! その中で、コンマ二桁がもっとも大きかったキャラを採用です」

王子「00は100扱いだから、1<100ってことになります! オーケー?」

王子「じゃあ、使いたいキャラを書いてね!」


 【安価下1〜3で、コンマ二桁でもっとも高かった安価を採用】
 名前を書いてくださいね

630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:46:52.47 ID:jnuo5GC5O
ヨダカ
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:47:10.69 ID:BmUSl2Lwo
ピース
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:47:47.16 ID:YiN1nkh8o
シャニ
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:49:48.45 ID:jnuo5GC5O
ピースか
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:50:48.32 ID:QXxGzZSP0
ピースさんのAってスピカ編内ですかね。終了後は……
635 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 18:54:06.03 ID:TSbrT5/UO

王子「はい!」

王子「プレーキャラは、ピースになりました!」

王子「ピースの詳細情報は、こんな感じです! どーん!」


 名前:ピース 年齢:33 武器:大剣 属性:火
 攻撃力:A 防御力:B 敏捷性:B 経験:A 魔力:E 総合:A
 特性:凄腕傭兵/傭兵としての経験から、奇襲や偵察を看破しやすくなる
    裏切り者/そこはかとなく漂う、何となく信頼したくない空気感。同盟時に不審を抱かれやすい
    隻腕/左腕がないため、攻撃力:A、防御力:C、総合:Bに変更される

王子「……この、この感じね…うん」

王子「弱体化されてます…。しかも、もともと、魔法は不得手です」

王子「うーん…強かったんだけどなあ…」

王子「はい、じゃああと4人の参戦キャラを決定しますよー!」

王子「これはまとめていくからね! 被ったら、どんどん下にズレてくよ! 色違いとか、ヴァージョン違いとかないからね!」


 【安価下1〜4】
 参戦キャラ
 ※被った場合はズレこんでいきます

636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:54:13.18 ID:jnuo5GC5O
ヨダカ
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:54:24.08 ID:YiN1nkh8o
モニカ
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:55:34.08 ID:DBnbuXt2o
オライオン
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:56:02.21 ID:1iWNPJWvO
スバル
640 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 18:57:43.62 ID:TSbrT5/UO

王子「あー…んー…」

王子「オライオンは、そもそも戦うキャラじゃないから…」

王子「名ありキャラなら、とは言っちゃったけど…ほら、戦える人じゃないから、ごめんね…?」

王子「もう1人だけ、改めてどうぞ」


 【安価下1】
 さいごのひとりはだーれ?
 ※戦える人、もしくは戦闘描写があったキャラでおなしゃす。ごめんなさい

641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 18:58:18.29 ID:BmUSl2Lwo
レイド
642 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:05:22.54 ID:TSbrT5/UO

王子「決定しましたー!」

王子「プレーキャラはピース! ライバルは、ヨダカ、モニカ、スバル、レイド…の4名です!」

王子「それぞれ、こんな具合です」


 名前:ピース 年齢:33 武器:大剣 属性:火
 攻撃力:A 防御力:B 敏捷性:B 経験:A 魔力:E 総合:A
 特性:凄腕傭兵/傭兵としての経験から、奇襲や偵察を看破しやすくなる
    裏切り者/そこはかとなく漂う、何となく信頼したくない空気感。同盟時に不審を抱かれやすい
    隻腕/左腕がないため、攻撃力:A、防御力:C、総合:Bに変更される

 名前:ヨダカ 年齢:18 武器:ブーメラン 属性:風
 攻撃力:B 防御力:B 敏捷性:A 経験:B 魔力:B 総合:B
 特性:会話嫌い/他人と口を利かない。同盟時、不審を抱かれやすい
    魔族/重傷を負っても戦闘能力の劣化が少ない。また、傷の治癒が早い

 名前:モニカ 年齢:15 武器:マスケット&リボルバー 属性:土
 攻撃力:B 防御力:C 敏捷性:B 経験:C 魔力:D 総合:C
 特性:復讐者/暗夜王国の出身者とは、絶対に同盟を組めない。暗夜王国の出身者を発見した場合、即座に奇襲をかける
    魔弾/唯一使える土属性魔法で、土から弾丸を作り出す。射出時も魔法を使い、発射してから様々な弾丸に変化させられる

 名前:スバル 年齢:23 武器:剣 属性:火
 攻撃力:A 防御力:A 敏捷性:B 経験:B 魔力:A 総合:A
 特性:ー

 名前:レイド 年齢:18 武器:剣 属性:水
 攻撃力:B 防御力:A 敏捷性:B 経験:B 魔力:B 総合:B
 特性:かわいいものマニア/見た目の愛らしいものを攻撃できない
    一つ星騎士/騎士としての武功の証明。気秋矢偵察を看破しやすくなる


王子「こんな感じでーす!」

王子「……うーん…下2人がつえー」

王子「さてと、じゃあ初めていくけど…何か質問とかはありますか?」

王子「ないなら開始だよー!」

643 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:09:44.04 ID:TSbrT5/UO

王子「ないね?」

王子「ないっぽいよね?」

王子「じゃ、始まるよー!?」

644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:10:08.36 ID:jnuo5GC5O
GOGO!
645 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:11:50.88 ID:TSbrT5/UO

 ――ザ・バトルロイヤル

ピース「…」

ピース「さて、どうしたもんか…」

ピース「敵は4人…。遮蔽物の多いとこだと、獲物が活かせねえな…」

ピース「開けたとこにいた方がいいか…。もしくは、積極的に敵を捜していくか…」


 【安価下1】
 1 索敵索敵ぃっ!
 2 自分に有利な場所を探そう!
 3 その他、自由行動

646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:14:30.70 ID:QXxGzZSP0
2
647 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:17:33.11 ID:TSbrT5/UO

ピース「んーと…」

ピース(発見されづらく、こちらからは発見しやすく…)

ピース(獲物を振り回しても邪魔にならないようなところ…)

ピース「んなもん、そうそうないわな…」

ピース「……俺は別だけど」


 【直下 コンマ判定】(凄腕傭兵:+1)
 1〜3 襲撃されちった
     1 ー
     2 スバル
     3 ヨダカ
 4〜6 おっとっと? 運良く敵を発見しちゃった
     4 スバル
     5 レイド
     6 モニカ
 7〜9 いい感じの場所を見つけられた

648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:21:20.89 ID:jnuo5GC5O
649 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:24:09.33 ID:TSbrT5/UO

ピース「よぉーし」

ピース「完璧だな、ここなら」

ピース「あとは、待ち受けるなり、何なり、ゆるりと構えりゃいいか…」

ピース「奇襲をかけるなら、夜の方がいいか…。となりゃ、この具合に索敵するヤツも多い…か?」

ピース「鉢合わせる可能性も高そうだな…」


 【安価下1】
 1 気楽に待つよ
 2 …ブービートラップでもしかけるかな
 3 索敵に出かけようかな
 4 その他、自由行動
 ※昼ターン

650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:24:55.84 ID:jkmh86aAo
2
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:25:15.49 ID:BmUSl2Lwo
1
652 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:29:14.42 ID:TSbrT5/UO

ピース「…」

ピース「ただ待ってるのも、退屈だな…」

ピース「一丁、ブービートラップでも仕掛けてみるか…」


 【安価下1】
 1 お手軽に作れて、量産できるけど、バカかマヌケくらいしか引っかからなそうなトラップ。つまづかせて、ついでに音が鳴る仕掛け
 2 量産はできないけど労力はそんなにかからないトラップ。上からただの投網がどーんと落ちてくる
 3 手の込んだトラップ。もちろん量産不可で1つしか作れない。ひっかかると、あめあられと石が降ってくる。矢も降る
 4 その他、どんな具合のトラップがええのん?

 【直下 コンマ判定】(凄腕傭兵:+1)
 1〜3 トラップをしかけてたから、偵察されたのに気づかなかった
 4〜6 トラップをしかけてたら偵察されてるのに気づいた
 7〜9 特に何事もなく、無事にトラップをしかけられた

653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:32:58.33 ID:BmUSl2Lwo
1
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:33:13.15 ID:jkmh86aAo
4 2レベルの括り縄

でも連続なんで↓
655 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:34:45.90 ID:TSbrT5/UO

 ゴソゴソ

ピース(ん…?)

ピース(……誰かに覗かれてんな…)

 ゴソゴソ

ピース(さーて、どうしてやるか…)


 【安価下1】
 1 さりげなく、顔くらいは確かめるか
 2 逆にこっちから仕掛けてやるか
 3 まあいいや。今夜にでもくるだろうし
   A 待ち受けててやんよ
   B 覗き見してるヤツがいなくなってから、罠の内容変えちまうか。位置も
 4 その他、どうしてやる?

656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:35:53.37 ID:jkmh86aAo
3B
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:36:15.00 ID:QXxGzZSP0
3B
658 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:39:40.86 ID:TSbrT5/UO

ピース(………気配が消えた…)ゴソゴソ

ピース(どっか行ったな…)

ピース(よっし…じゃあ、罠の中身と場所を変えちまうか…)

ピース(夜までに間に合うか…?)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 膝下くらいまでの落とし穴を量産しておいた。引っかかると片足でずぼっと落ちて思わぬ体勢になることうけおい
 4〜6 膝下くらいまでの落とし穴を作った。落とし穴の底には泥を混ぜ込んで、足を抜くのがちょいと苦労する
 7〜9 落とし穴をいくつか作った。穴の底には竹槍。落ちれば痛いよ

659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:41:21.31 ID:jkmh86aAo
660 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:44:12.61 ID:TSbrT5/UO

ピース(大したもんはできなかったな…)

ピース(だが、縛り縄にばっか注意してたら引っかかりそうなもんか)

ピース(とっぷり日も暮れて…サバイバルの夜って感じになってきやがった…)

ピース(明日のことを考えりゃあ、体を休ませてもおきたいが…襲撃の可能性も高めだからな…)


 【安価下1】
 1 がっつり待ち受ける
 2 傭兵スキル:浅い眠りを発動! 体を休ませつつ、敵に供える。一挙両得。でもどっちも中途半端かも?
 3 がっつり休む
 4 偵察にでも行くか
 5 その他、自由行動
 ※夜ターン

661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:46:58.54 ID:QXxGzZSP0
2
662 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:49:37.43 ID:TSbrT5/UO

ピース「…」

ピース「…」

ピース「…」ピクッ

ピース(………異常なし…)

ピース「…」スゥ


 【直下 コンマ判定】(凄腕傭兵:+1)(浅い眠り:+1)
 1〜3 トラップをかいくぐって奇襲をかけてきやがった。でも対応できた
 4〜6 トラップに誰かかかりやがった。さあ、戦闘だ!
 7〜9 そのまま朝を迎えた

663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:51:42.73 ID:fzNSEHRUo
9
664 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:53:32.41 ID:TSbrT5/UO

 ガササッ…

ピース「…」ピク

ピース(誰か、きやがったな…?)

ピース「…」

ピース(さーて、罠にひっかかれ――)

ピース(お前が昼に見たのとは、ちょいと違うぜ)

 ズボッ

ピース(かかった!)

 バッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 スバルだった
 4〜6 レイドだった
 7〜9 モニカだった

665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 19:54:05.54 ID:fzNSEHRUo
3
666 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 19:58:44.07 ID:TSbrT5/UO

レイド「くっ――」

ピース「よう、色男!」

レイド「何!?」

 ブゥンッ
 ギィィィンッ

ピース(篭手で受けたか、だが――!)

 ヒュオンッ
 ザシュゥッ

レイド「ぐっ…!」バッ

ピース(とりあえず一撃は入った…)

ピース(割とやりそうな雰囲気じゃあある、が…まだまだ若えな)

レイド(隻腕…つけいるのは、そこか…? だがこの雰囲気はただものじゃない…)ジリ

ピース「お前から仕掛けてきたんだ、今さら撤退なんざするんじゃねえぞ!」ダンッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 凍結魔法で地面を凍らされた。これじゃ仕掛けた罠も使い物にならないし、地味に滑る。やりづらい
 4〜6 やりやがるな、意外に
 7〜9 初撃を入れたのと、周囲の落とし穴を警戒しているので、レイドの動きが鈍い。もらった!

667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:06:07.62 ID:QXxGzZSP0
668 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:10:16.82 ID:TSbrT5/UO

レイド「撤退をするつもりは、毛頭ない! ――大・凍結魔法!」

 ビュォォォォォォォッ

ピース「どこを狙って――って、そういうことか…!」

レイド(勘づくのが早い…!)

ピース「まあいい、ぶった斬ればしまいなんだよっ!」

 ブゥンッ
 ギィィィィィンッ

レイド(重い――! 片腕でこれか、大剣そのものの重量もあるが…!)

ピース「受けてしまいか、若造がっ!」

 ヒュォォォッ

レイド(この剣裁き…片腕でこれか…!?)

 ギィィィィンッ

レイド「だが…!」

 グッ

ピース「っ――」ツルッ

ピース(思った以上に、足元が…!)

レイド「負けはしない…!」


 【安価下1】
 1 足元を荒らしながら攻撃! 雑な攻撃に見せかけておいて、足元の氷を砕いて滑らなくしていくんだぜ
 2 浅く作っておいた落とし穴を逆に利用して、氷の上から踏み抜いて足場にしつつ応戦
 3 その他、どうしよう?

669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:12:57.93 ID:DBnbuXt2o
670 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:18:22.58 ID:TSbrT5/UO

 ギィィィンッ

ピース「クソったれめ…!」ザッ

 ブゥゥンッ

レイド「大振りだな!」

 ギィンッ
 ズバァッ

ピース(さっさと、足場を戻さねえとな…!)

 ヒュバッ
 ヒュオンッ
 ギィィンッ

 ズシャアッ
 ズォォォッ
 ギィィィィンッ

レイド(焦りか、それとも何らかの思惑か――)

レイド(やたらと大振りだが、力強くて捌くのも苦労する…!)

ピース「だらぁぁっ!」

 ブゥゥゥゥンッ
 ギィィィィンッ

ピース「お前こそ、踏ん張りが利いてねえぞ? 腰入れろ…!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 足元をならしていく中で、粒状に砕かれた氷に足を滑らせちった。そこを思いきりやられた
 4〜6 足元をならし終えた。これでイーブン
 7〜9 ならし終えた足元で、思いきり重いのを見舞ってやった。不意を突かれて直撃したレイド

671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:19:10.62 ID:DBnbuXt2o
672 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:21:27.13 ID:TSbrT5/UO

 ガィンッ

レイド「しまった――」

ピース「もらったぁっ…!」

 ダンッ
 ズルゥッ

ピース「!?」

 ダッ

レイド「もらったのは、こちらだ!」

 ブォォォンッ
 ズバァァァァァッ

ピース「が――」

レイド「もう、一撃っ!」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 GAME OVER
 4〜6 相討ちでGAME OVER
 7〜9 痛み分け…戦闘終了

673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:22:04.84 ID:fzNSEHRUo
ティウンティウン
674 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:25:00.11 ID:TSbrT5/UO

ピース「させる、かぁっ…!」ブンッ

 ヒュォォォッ
 ズドォォォォォッ

レイド「押し切る――!」

 ズゥゥゥンッ

ピース「っふ…」

レイド「ぐ…くっ…」

 ドサドサッ


             ザ・バトルロイヤル/初日・夜/ピース、レイド、相討ち ――――― GAME OVER


675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:26:55.05 ID:QXxGzZSP0
途中からコンマが悪すぎや……
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:27:39.62 ID:YiN1nkh8o
まさかの相討ち
677 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:29:56.81 ID:TSbrT5/UO

王子「いやー…相手が悪かったね」

王子「それにピースは片腕がなくて弱体化してるから…」

王子「ぶっちゃけ、レイドの実力はAランクにすごく近いBだからね。B+くらいはあるんじゃないかな?」

王子「こういうのやり始めるときりないから、ざっくりBって表示だけども」

王子「それにピースは魔法を使えないのを剣の技量だけでまかなってたから、隻腕だとね、もう…ほんと、凄腕傭兵というか、元凄腕というか…」

王子「すごい左腕だったんだね…ピースの左は。幻のレフト・アームだね」

王子「でも、相討ちでレイドを倒せたのは、ピースの実力の現れ…かな? ま、意地だね」

王子「第一回のバトルロイヤルは、こんな幕切れになりましたー!」

王子「撃破数は1! です!」

王子「……あとさ、相談なんだけどね?」

王子「地の文なしで、半角の擬音だけでなんとなーく…やってたんだけど…地の文入れてもいい?」

王子「何か…よく分からないんじゃないかなあ…って思って。……いいよね?」


678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:30:58.21 ID:DBnbuXt2o
いいですぞ
679 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:38:50.88 ID:TSbrT5/UO

王子「いい? ほんと? やったね!」

王子「じゃあ、了承を得たということで…」

王子「…えーと…番外編はね、連続してやるものじゃないと思うのね」

王子「だから、キャラメイクに入ろうと思います! では、従来のテンプレートを、どーん!」


 名前:テンプ・レート
 性別:男
 年齢:15
 種族:魔族
 容姿:品の良さそうな温室育ち系男子
 性格:ヘタレで純真でお調子者
 職業:王子
 家柄:00/国どころか世界を丸まる1つ治めてしまっているクラスの血筋に連なる
 悪癖:調子にのると余計なことをしでかす
 属性:火
 武器:双剣
 身体:6/並より少し上
 頭脳:6/並より少し上
 精神:4/打たれ弱い
 魔力:7/多い方
 夢(行動指針):嫁探し


王子「ちょっとね、やり方を変えてみようかなあと思います」

王子「夢(行動指針)の項目なんだけど…キーワードをいくつか拾って、それを繋ぎ合わせる…みたいな?」

王子「まあ、バックグラウンド的なものだね。それを決めて、そこから、じゃあ…どう行動しようか、っていう風に決めようかと」

王子「なもんで、新しいテンプレートが、こうなります」


 名前:テンプ・レート
 性別:男
 年齢:15
 種族:魔族
 容姿:品の良さそうな温室育ち系男子
 性格:ヘタレで純真でお調子者
 職業:王子
 家柄:00/国どころか世界を丸まる1つ治めてしまっているクラスの血筋に連なる
 悪癖:調子にのると余計なことをしでかす
 属性:火
 武器:双剣
 身体:6/並より少し上
 頭脳:6/並より少し上
 精神:4/打たれ弱い
 魔力:7/多い方
 夢(行動指針):嫁探し
 背景:父親が姉を溺愛してたが、嫁いでしまった。娘がいない恋しさから、嫁を探せと命じられる。義理の娘をかわいがりたい模様


王子「こんな具合に背景が追加されます」

王子「キーワードは単語ごとで、例えば…『暗夜王国に憎しみ』だとか、『天涯孤独』とか、そういうキーワードが入ればモニカっぽくなるね」

王子「背景に応じて、性格もある程度変わりそうだから…性格は後回しになるかな」

王子「大体、こんなもんかな?

王子「キャラメイクに入っていいですかー? それとも、質問とかありますかー?」


680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:42:44.30 ID:DBnbuXt2o
魔族って竜人族とかそういうのはあるんですか?
681 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:45:31.93 ID:TSbrT5/UO

 >>680

王子「あるよ!」

王子「でも、キャラメイクで選択はできませーん」

王子「あとヨダカ編をやったから、今回は魔族主人公はなしです。人間になります」

王子「まあ…割とメジャーな、亜人的な種類なら、大体はいる…ような世界観です」

王子「エルフはちょっと、どうしようかなーって考え中だからしばらく登場予定はないけどね」

王子「竜人とか…獣人? あとは何だろう…? まあ、そこら辺はオーケーです。キャラメイクでは選べないけどね」

王子「他に質問とかあります? ないですか?」

王子「キャラメイク、始めちゃうけどいいですか?」

682 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:50:23.15 ID:TSbrT5/UO

王子「反応がない…けど、まあ、いるよね?」

王子「ダメ、って声がないってことは、いいんだよね?」

王子「じゃあ、始めていくよ? オーケー?」

王子「一応、シンキングタイムって扱いでこんなに念押ししてるんだけど、お名前と性別はもう決まった?」

王子「一発目はお名前と性別を安価でとるよー! 2、3分後に安価出すよー!」


683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:50:56.95 ID:fzNSEHRUo
はーい
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:51:02.91 ID:DBnbuXt2o
おk
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:51:27.92 ID:LLg0AlQqo
(待機してるからレスできなかったんだよ)
686 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:53:17.73 ID:TSbrT5/UO

王子「あ、待機中だったから…なのね、そっかそっか。ごめんね」

王子「で、これが決定する項目でーす」

王子「この項目の通りに決定していくわけじゃないから、注意してね」

 名前:
 性別:
 年齢:
 種族:
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:
 悪癖:
 属性:
 武器:
 身体:
 頭脳:
 精神:
 魔力:
 夢(行動指針):
 背景:

王子「じゃあ、いくよ!」


 【安価下1】
 5人目主人公の名前+性別

687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:53:20.63 ID:jnuo5GC5O
エル 男
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:53:29.44 ID:LLg0AlQqo
ルンペルシュティルツヒェン 男
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:53:30.54 ID:DBnbuXt2o
ガルナ 女
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:53:31.51 ID:LZMpPRQ3o
ハマル・カイン
691 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:54:45.50 ID:TSbrT5/UO

王子「はえぇーっ!!」

王子「相変わらず、超はえーっ!」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:
 悪癖:
 属性:
 武器:
 身体:
 頭脳:
 精神:
 魔力:
 夢(行動指針):
 背景:


王子「じゃあ、次は年齢だよ! 上限は22歳ね!」

王子「では、お願いしまーす」


 【安価下1】
 エルの年齢

692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:54:58.30 ID:DBnbuXt2o
23
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:55:03.12 ID:YiN1nkh8o
21
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:55:05.10 ID:LZMpPRQ3o
13
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:55:18.93 ID:fzNSEHRUo
22
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:55:46.35 ID:DBnbuXt2o
しまった22が上限か
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:56:50.32 ID:LLg0AlQqo
忍者
698 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 20:57:01.95 ID:TSbrT5/UO

王子「惜しい…。上限は22だからね…。ズレます」

王子「にしても、年齢高いなー。21歳か…」

王子「ま、いいんだけど…」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:
 悪癖:
 属性:
 武器:
 身体:
 頭脳:
 精神:
 魔力:
 夢(行動指針):
 背景:


王子「さてさて、さーてと…」

王子「じゃーあー…先に、各種能力値でーす!」


 【直下 コンマ判定】
 身体

 【下2 コンマ判定】
 頭脳

 【下3 コンマ判定】
 精神

 【下4 コンマ判定】
 魔力

699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:57:15.90 ID:jnuo5GC5O
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:57:18.12 ID:LZMpPRQ3o
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:57:20.22 ID:DBnbuXt2o
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:57:37.36 ID:LLg0AlQqo
今回は補正なし系?
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:58:44.96 ID:DBnbuXt2o
頭が悪くて精神低くて身体能力超高い
ハワードかな?
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 20:58:49.75 ID:1iWNPJWvO
頭脳と精神が…
705 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:01:03.77 ID:TSbrT5/UO

王子「しまった、補正忘れてた!!」

王子「…」

王子「……後で、職業と獲物を選択した時に、最低値で底上げします」

王子「ある意味、救済措置になったり…? でも、最低値が、つくだけで大幅な強化にはなりませんのでご注意を!」

王子「………補正ないままだと、何なんだろう、この人…?」

王子「頭とメンタルの弱い…超脳筋…? 魔力もそこそこあるし…。何なんだろう、この人」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:
 悪癖:
 属性:
 武器:
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):
 背景:


王子「えーと、えーと…家柄の判定いこうか」

王子「お願いしまーす」


 【直下 コンマ判定】
 家柄

706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:01:16.32 ID:DBnbuXt2o
タンクトップにダブダブのズボン
頭に鉢巻き巻いた色黒のマッチョ
腕に刺青
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:02:50.59 ID:1iWNPJWvO
精神に補正かけるならどうすりゃいいんだろ。僧兵とか?
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:02:56.33 ID:LZMpPRQ3o
先読みで書き込みすなwwwwwwww
家柄2か
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/25(木) 21:03:38.28 ID:zVPSJSXT0
(容姿じゃなくて家柄だった
710 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:05:22.55 ID:TSbrT5/UO

王子「油断したな! 連続で判定だったんだぜ!」

王子「そして…家柄が…」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:
 武器:
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):
 背景:


王子「……ふむむ…」

王子「…………多分、生活苦で精神が荒んでいった感じなのかな…?」

王子「どうなんだろう…?」

王子「じゃあ…背景を決めようか!」

王子「範囲安価を出すから、そこにキーワードを書き込んでいってね!」

王子「貧乏人の家に生まれて、すごく恵まれた肉体で、頭はかなり悪くて、精神も悪い…と」

王子「これに追加される要素だね。例えば…うーん…怪しい組織に拾われたー…とか? そんな感じのことを書いてもオーケーです!」

王子「決め打ちだろうな、って思われるものはズラしていくからね!」


 【安価下1〜3】
 背景キーワード

711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:05:47.05 ID:YiN1nkh8o
放浪
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:05:52.32 ID:1iWNPJWvO
医療
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:05:57.05 ID:DBnbuXt2o
神父に拾われた孤児
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:06:09.11 ID:LLg0AlQqo
密偵
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:06:22.85 ID:BmUSl2Lwo
力を求めて
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/25(木) 21:06:25.80 ID:zVPSJSXT0
双子
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:10:12.51 ID:LLg0AlQqo
竜の乗り手
718 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:11:59.59 ID:TSbrT5/UO

王子「…………ふむふむ…」

王子「…こねくり回した結果、こうなりました!」

 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた

王子「貧乏の理由はお高いお薬とかを買っては、それを無償で他人のために使っていたからだね」

王子「定まったところに暮らしていたはずもなく各地を放浪する極貧生活」

王子「だけど不幸な事故で両親は他界して、神父さんに拾われて育てられた…と。だけど、その教会も貧乏まっしぐら!」

王子「…………うーん、この…」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:
 武器:
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「じゃあ、この背景を鑑みて…エルの行動指針とは!?」


 【安価下1】
 1 身を削ってまで他人を救い続けた両親や、女神の教えが理解できない。何故、そこまでして善行をするのかという疑問の答えを見つける
 2 誰かのために生きるなんてクソ食らえ。自分のためだけに生きて何が悪い。自分の力だけでこの残酷な世界を生き抜く
 3 その他、背景に見合った感じで書いてみて

719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:12:19.54 ID:BmUSl2Lwo
1
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:12:30.47 ID:zVPSJSXT0
…流石に遅すぎないかな>>717
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:12:35.64 ID:1iWNPJWvO
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:13:03.68 ID:zVPSJSXT0
…流石に遅すぎないかな>>717
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:14:35.57 ID:zVPSJSXT0
連投すみません
安価なら下
724 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:15:01.60 ID:TSbrT5/UO

王子「ほいほい、了解!」

王子「うーんと、うーんと…短くまとめると…何だ?」

王子「……………………善行の理由を知る、でいいかな? いいや、これで」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:
 武器:
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「さてと…じゃあ、次は…」

王子「属性いってみようか! 5人目だけど、ここまで見事に属性被り出てないね」


 【安価下1】
 エルの属性
 火・水・風・土・雷のいずれかから選択

725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:15:21.63 ID:YiN1nkh8o
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:15:59.69 ID:DBnbuXt2o
火が選ばれる火は来るのだろうか
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:16:12.33 ID:1iWNPJWvO
被らず火
728 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:16:44.08 ID:TSbrT5/UO

王子「火じゃないのか…」シュン

王子「まあいいんだけどね」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:水
 武器:
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「じゃあ、今度は…武器、いってみよう!」


 【安価下1】
 エルがメインで使う武器は?

729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:16:56.59 ID:jnuo5GC5O
短刀
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:17:02.47 ID:LLg0AlQqo
トランプ
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:17:05.17 ID:DBnbuXt2o
チェーン
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:17:40.26 ID:zVPSJSXT0
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:18:09.51 ID:1iWNPJWvO
短刀に氷とか水まとわせてリーチ伸ばすとかかっこいいよね
734 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:19:10.62 ID:TSbrT5/UO

王子「短刀だの、トランプだの…パワー系に似合わないものを…」

王子「まあいいんだけどね。短刀だね! ……………短刀…短刀、か…」

王子「………カタナ、ってあんま普及してないから、短剣ってとるね?」

王子「でもって、短剣って言っても、色々あるね。ちょっと掘り下げよう」


 【安価下1】
 1 大きめのナイフ程度
 2 刃渡りの短い、扱いやすい長さの剣
 3 その他、ある?

735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:19:23.34 ID:i+bl0jknO
1
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:19:35.67 ID:BmUSl2Lwo
1
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:19:42.21 ID:DBnbuXt2o
普段は十字架
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:20:04.06 ID:1iWNPJWvO

あわよくば二刀流
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:21:31.37 ID:6TDYdA200
>>737
ワンピースのミホーク想像した
740 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:21:47.99 ID:TSbrT5/UO

王子「了解!」

王子「まあ…うーんと、反りもあって、刃そのものは割と大振りだけど、リーチは短剣くらい…ってな具合? かな?」

王子「そういうことで!」

王子「短剣だと、補正はないね。あっても身体能力値は最高だから上がらないんだけど…」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:
 性格:
 職業:
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:水
 武器:短剣
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「じゃあ、お待ちかねかな? 容姿をいってみよー!」

王子「かっこいいと、いいよね! ムキムキでもいいけど、シリウスと被るからね!」

王子「ざっくりお願いね!」


 【安価下1】
 エルの容姿・外見

741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:21:52.21 ID:jnuo5GC5O
ツンツンブロンドヘアーの美青年
紫のローブに身を包み割と大きな十字架のネックレスをかけている
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 21:22:17.23 ID:1iWNPJWvO
長身だが勝ち気な女性とみまごうほどの美しい顔立ちと高い声
赤髪ロングで目付き悪い
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:22:18.19 ID:LLg0AlQqo
2mを越える巨漢、百貫[ピザ]の筋肉ダルマ、歩く姿はダンプカー
まるでスモウ・レスラー

744 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:24:42.54 ID:TSbrT5/UO

王子「お、おおう…何かこう…FFにいそうかも? ごめん、美青年のイメージだけで語った」

王子「FFやったことないんだ…ドラクエ派なんだ…。何から手をつければいいかも分かんないし…」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:ツンツン金髪美青年 紫ローブ+十字架ネックレス
 性格:
 職業:
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:水
 武器:短剣
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「さて、じゃあ…職業いってみよー!」

王子「21歳だから多分、教会併設の孤児院的なとこも追い出されてるしね!」

王子「果たして、まっとうな職についているんだろうか…?」


 【安価下1】
 エルの職業とは!?

745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:24:44.33 ID:DBnbuXt2o
黒いタンクトップにダブダブのズボンの色黒のマッチョ
ドクロの指輪をはめている
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:25:06.24 ID:BmUSl2Lwo
魔剣士
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:25:06.97 ID:LLg0AlQqo
ぼうしや
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:25:25.39 ID:DBnbuXt2o
あ、すまん書き送れた
安価下
749 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:26:22.86 ID:TSbrT5/UO

王子「魔剣士…」

王子「………んー、と…」

王子「んー…そうだなあ…」

王子「これって…どういった意味合いの、魔剣士?」


 【安価下1】
 1 魔に魅入られた、剣士
 2 剣と魔法の両方を扱う、剣士
 3 その他、どんな解釈?

750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:26:43.61 ID:YiN1nkh8o
1
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:26:43.84 ID:rwRJGhRIo
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:26:51.11 ID:1iWNPJWvO
全然とれないからせめて容姿だけはとりたかったが、5秒じゃ勝てねえよ…
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:26:59.86 ID:LLg0AlQqo
まけないってこと
754 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:29:58.13 ID:TSbrT5/UO

王子「はい、了解」

王子「魔に魅入られた…って、おいおい、この人、ハイブリッド?」

王子「聖人君子のような医者の両親がいて、多分まっとうな聖職者の神父に育てられておきながら?」

王子「魔に魅入られちゃった…って…しかも、行動指針が、善行の理由を…あっ」←察した


 【直下 コンマ判定】
 偶数 心根は善人だけど、両親の末路や貧困にあえぐ神父や孤児院を目の当たりにしたせいで、善行を信じられなくなっている系
 奇数 心根は善人だったけど、両親の末路や貧困にあえぐ神父や孤児院を目の当たりにしたせいで、善行を否定してやろうと思っている系
 ※0は偶数扱いやで

755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:30:30.51 ID:BmUSl2Lwo
どっち
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:30:40.87 ID:0wRyn8gp0
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/25(木) 21:30:45.58 ID:zVPSJSXT0
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:31:00.11 ID:1iWNPJWvO
魔法剣士のが良かったのかな
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:31:03.76 ID:DBnbuXt2o
>>752
異能の時は安価↓2とかだったけど今早い者勝ちだもんな
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:32:25.38 ID:LLg0AlQqo
よかった、もう堕ちてるなら豆腐メンタルでもいいや(モ並感)

残る問題はアホってこと
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:33:07.94 ID:1iWNPJWvO
やだぁ…モニカの後味の悪さは嫌だぁ…
762 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:34:08.18 ID:TSbrT5/UO

王子「善行否定派だね」

王子「モニカ以来の悪人寄り主人公…かな? 善行を完全論破するために、理由を探るのかな?」

王子「まあでも、悪人って決まったわけじゃないよ!」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:ツンツン金髪美青年 紫ローブ+十字架ネックレス
 性格:
 職業:魔剣士
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:水
 武器:短剣
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「職業:魔剣士、によって普通は人間に害悪なものである瘴気で、パワーアップできます。あと天使にも弱いです」

王子「だけどまあ、諸刃の剣っぽい部分もあるし、そもそも瘴気も天使も、そうそう出てこないのでご注意を」

王子「補正は…ないね」

王子「さてさて…じゃあ、性格やろうか?」

王子「悪人寄りです。お人好しとか書かれても、サイコパスになりかけますので、ご注意を」

王子「勝手にそういう、悪人寄りな部分がつけ加えられちゃいますので、ご自由に!」


 【安価下1】
 エルの性格は?

763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:34:11.69 ID:q2eMeRm9O
弱みを見せまいと常にクールに振る舞おうとする
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:34:20.64 ID:DBnbuXt2o
表向きは明るく元気な奴(ただしアホ)
裏は極悪非道(ただしアホ)
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:34:48.99 ID:1iWNPJWvO
なんやかんやで正直
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:35:40.34 ID:DBnbuXt2o
3秒で取るとか凄いな
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:36:31.01 ID:1iWNPJWvO
3秒て
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:36:51.12 ID:LLg0AlQqo
書き込みに10秒くらい掛るからね
769 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:37:40.34 ID:TSbrT5/UO

王子「なるほどなるほど…」

王子「強がって見せる系だね。実際、実力はある方だけど…まあ、いかんせん、頭脳がお粗末だからねぇ…」

王子「あれだ。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。これができない感じ」

王子「分かった風にカッコをつけておいて、いざやるぞ、ってなったらとんちんかんなことをしでかす…と」

王子「うわー、めんどうくせぇー…」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:ツンツン金髪美青年 紫ローブ+十字架ネックレス
 性格:強がりクール
 職業:魔剣士
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:
 属性:水
 武器:短剣
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「さあ、残るは悪癖!!」

王子「アホ、っていう割と致命的な欠点はあるけど…まあ、いいよね!?」

王子「じゃ、エルの悪癖をお願いね! 最後だから、裏をかいて安価は下3でいくよ!」


 【安価下3】
 エルの悪癖とは!?

770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:37:53.93 ID:LLg0AlQqo
何かを企むとすぐ悪人面になる
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:38:07.78 ID:DBnbuXt2o
人を傷めつけるのが好き
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:38:11.26 ID:YiN1nkh8o
暗所恐怖症
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:38:37.31 ID:BmUSl2Lwo
諦めが早い
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:39:02.73 ID:LLg0AlQqo
>>772
こいつ魔剣士むりやわwwwwww
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:39:18.11 ID:q2eMeRm9O
洞窟ダンジョンに入れない…
776 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:40:09.58 ID:TSbrT5/UO

王子「暗いとこがダメな悪人って…」

王子「…………悪だくみに向かなそう…」

王子「あ、もともとアホだから向かないのか」

王子「あれ、そう言えば…あれ?」

王子「……………ふと気づいた」

王子「特技、ヨダカの時は決めてたね…? テンプレに忘れてたけど…」

王子「じゃ、特技を最後にいこうか! 今度は、下2でいこうか」


 【安価下2】
 エルの意外な特技とは!?
 ※意外じゃなくても、いいです

777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:40:39.56 ID:BmUSl2Lwo
ダンス
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:40:40.55 ID:q2eMeRm9O
走ること
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:40:49.59 ID:1iWNPJWvO
女装すると凄い
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:40:51.00 ID:oP2pDrfh0
kskst
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:40:54.07 ID:DBnbuXt2o
魚をさばくのだけがうまい
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:41:42.20 ID:LLg0AlQqo
あやとり
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:41:50.40 ID:BmUSl2Lwo
アホの子みたいだ
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:42:24.69 ID:1iWNPJWvO
モニカよりはコメディ系の善堕ち出来る悪になれそう
785 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:42:53.71 ID:TSbrT5/UO

王子「肉体派だ」

王子「走るのが得意。かけっこ大好き」

王子「…………………こいつ、実はいいヤツなんじゃね…?」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:ツンツン金髪美青年 紫ローブ+十字架ネックレス
 性格:強がりクール
 職業:魔剣士
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:暗所恐怖症
 特技:走る
 属性:水
 武器:短剣
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「さて、こんな具合になりましたぁー!!」

王子「あ、ごめん、最後にひとつだけ、判定です」


 【直下 コンマ判定】(両親は医者:+1)
 1〜6 何もないよ
 7〜9 ないしょ
  0  すごいけどないしょ

786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:42:55.28 ID:YiN1nkh8o
最高の肉体で走ることが特技ってどうするんだ
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:45:15.61 ID:DBnbuXt2o
最高の肉体で走ることが特技って事は逃げ足はS級か
788 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:45:17.48 ID:TSbrT5/UO

王子「ますます、魔剣士っぽくない…」

王子「まあでも…うーん…これが活かされる時がくるといいね」

王子「裏設定にこの【内緒】は追加しておきまーす!」


 名前:エル
 性別:男
 年齢:21
 種族:人間
 容姿:ツンツン金髪美青年 紫ローブ+十字架ネックレス
 性格:強がりクール
 職業:魔剣士
 家柄:2/最底辺の家柄。これ以下は奴隷
 悪癖:暗所恐怖症
 特技:走る
 属性:水
 武器:短剣
 身体:0/最高級の肉体
 頭脳:2/かなり弱い
 精神:2/もろい
 魔力:6/並より上
 夢(行動指針):善行の理由を知る
 背景:両親は医者。各地を渡り歩いては無償で傷病者を癒していたが、ある戦場で死亡したことで神父に拾われた


王子「じゃあ、始めてもいいかな!?」


 【安価下1】
 1 いいよ!!
 2 早くしろ!
 3 ダメ!
   ※選ばれても始まります

789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:46:04.74 ID:YiN1nkh8o
1
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:49:14.20 ID:1iWNPJWvO
多分自称魔剣士なんだよ
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:50:38.79 ID:DBnbuXt2o
魔剣(少しでかいナイフ)
792 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:54:51.78 ID:TSbrT5/UO

 ――?・某所――

神父『――あなたの瞳は、魔に魅入られています』

神父『それはいずれ、あなたを滅ぼしかねない危険なものです』

神父『…どうしてそこまで、信じることができないのですか?』

エル『この目で見た』

エル『お前の話なんか、俺は分からない』

エル『100回聞くより、1回見た方が真実なら…俺はその真実を何度も見てきた』

エル『信じることができないのが悪いんなら、お前が悪いんだ』

神父『待ちなさい、エル! あなたは…!』

エル『…もう、お前の顔は二度と見ない』

神父『エル、エル…!!』

 ・
 ・
 ・

エル「っ――」パチッ

エル「…………夢、か…」


 【安価下1】
 1 食い扶持を探さないと…
   A でも面倒臭いから、狩りをすればいいや
   B ギルド(職業斡旋所/ハローワーク)にでもいくか…
 2 路地裏で今日も恐喝して金をまきあげよう
 3 その他、自由行動


 ――個人情報――
 名前:エル 武器:短剣 職業:魔剣士 属性:水
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結 中〜小・氷柱
       水牢
 所持金:7万80G
 所持品:ナイフ

793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:55:29.14 ID:rwRJGhRIo
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:55:34.32 ID:DBnbuXt2o
1A
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:56:24.30 ID:0wRyn8gp0
1B
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:57:13.79 ID:1iWNPJWvO
いきなり悪いことしちゃうか…
797 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 21:57:51.46 ID:TSbrT5/UO

エル「…」スタスタ

*「…」キョロキョロ

エル(………ここの人間じゃない…はず…)

 ドンッ

*「痛っ…す、すみませ――」

 バンッ

*「えっ…?」

エル「有り金全部、置いていけ。それとも、ここで死ぬか?」チャキッ

*「ひえ、は、はいぃーっ…!」

 ダダダッ

エル「…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 エル「………しけてるな…。貧乏人め…」
 4〜6 エル「200ゴールド…大金だ…」
 7〜9 エル「500ゴールドも…?」ガクガク

798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:58:19.06 ID:YiN1nkh8o
ウハウハ
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 21:59:11.14 ID:0wRyn8gp0
800 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:01:55.63 ID:TSbrT5/UO

 >>792で所持金だけ、コピペしてまんまで消し忘れてました、ごめんなさい

―――――

 所持金:0G→200G

エル「200ゴールド…大金だ…」

エル「…」キョロキョロ

エル「…よし」

エル「これで10日は食べられる…」

 スタスタ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 しかし、ここは王都デーモン。騎士に通報されて、追っかけられた(白目
 4〜6 騎士に通報される前にそそくさと逃げた
 7〜9 しかし、ここは軍内部のいざこざでいまだにガタガタのバイス王国。この程度の犯罪行為は日に数十件は起きている

801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:02:54.70 ID:DBnbuXt2o
802 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:06:08.15 ID:TSbrT5/UO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 貴族のガキがひとりで路地裏をぷらぷら歩いてるのを見つけた。大金を稼ぐチャンスだぜ。ついでに早速新キャラだぜ
 奇数 すぐ通報されて、騎士にとっ捕まった上、これで10度目なので強制労働に科せられた(白目 僻地へ送られた…
 ※0は偶数扱いやで

803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:06:27.71 ID:DBnbuXt2o
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:07:34.83 ID:0wRyn8gp0
きゃー
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:09:04.95 ID:YiN1nkh8o
なんという…いきなりこんな目に遭うなんて
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:09:48.01 ID:LZMpPRQ3o
恐喝したんだし残当
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:11:16.74 ID:1iWNPJWvO
つらい…
808 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:14:02.51 ID:TSbrT5/UO

<あっちだ! お前は回り込め!

<はいっ!

エル「もう…? ちっ、運が悪い…!」ダッ

 タタタッ

エル(だが、俺の足には追いつけるはずもない…!)

騎士A「いたぞ! 止まれ、そこの男!」

エル(誰が止まるか…!)タタタッ

エル(あの角を曲がれば――!)

 ザッ

騎士B「またお前か!」

エル「何っ…!?」

騎士B「いつもいつも、同じルートで逃げようとするなんて、どれだけ頭が粗末なんだ?」

エル「黙れぇっ…!」チャキッ

ヒヒイロ「はいはい、黙るのはそっちねー?」シュタッ

エル「なっ――!?」

 立ちはだかった騎士Bにナイフを向けた瞬間、別の騎士が上から降ってくる。
 素早く刃が閃き、ナイフが鈍い金属音を立てながら吹き飛ばされた。

 ヒュバァッ
 ガィンッ

ヒヒイロ「大人しくなさいよ?」チャキッ

 喉元に剣を向けられ、エルがたじろぐ。
 だが、背後には追いかけてきていた騎士Aがすでにいた。

エル「っ…」

ヒヒイロ「んじゃ、後よろぴく〜」

騎士A「はっ!」

 ガシャンッ

騎士B「これで何度目だ?」ジロッ

騎士A「お前みたいなのは、僻地送りにしてやるよ」

ヒヒイロ「そういうことあんま言わないの、ったく…。騎士なら、口には気をつけろっちゅーのに…」

エル「クソが…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 不夜の町で、酷暑の中を強制労働…
 4〜6 暗夜王国の僻地にある、未開拓の地で強制労働…
 7〜9 僻地の小さな町で、街道を整備する強制労働…

809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:14:26.61 ID:DBnbuXt2o
810 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:19:32.87 ID:TSbrT5/UO

 ――暗夜王国・不夜の町・復興区域――

*「そこ、手を抜くんじゃない!」ピシッ

労働者「も…ムリ…だ…。こんな…暑いのに…水を――」

*「貴様らのような者に与える水はない! 便所の小便で喉でも潤すんだな!」

エル「はぁ…はぁ…」ズシズシ

*「そこの新入り、とっとと資材を運べ!」ピシッ

エル「ぐっ…! クソ、が…」

エル(こんな鉄球つきの枷をつけて…こんな重いものを…しかも、こんな砂漠で…?)

エル(ふざけやがって…!)

 ・
 ・
 ・

*「よし、今日の労働はここまでだ! そのまま野ざらしで寝ろ!」

*「脱走を試みれば、容赦なくムチを打つぞ!」

エル「はぁ…はぁ…」

労働者「死ぬ…死ぬぅ…」ゼィゼィ

エル(…ここにいるのは全部…同じようなやつらか…)

エル「チッ…」


 【安価下1】
 1 むしゃくしゃするから、配給された僅かな食料を他の労働者から奪い取って腹におさめた
 2 むしゃくしゃするから、大暴れしてやる…。見張りは5人。とりあえずやるだけやる
 3 その他、どうしよ?

811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:20:19.30 ID:BmUSl2Lwo
1
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:20:23.47 ID:1iWNPJWvO
他の労働者と会話してみる
813 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:26:24.94 ID:TSbrT5/UO

*「メシ…メシぃ…」

エル「寄越せ」

*「何言ってる…やるもんか…!」

エル「だったら、力ずくだ」

 ゴッ

*「あがぁっ…!?」バタッ

エル「…這いつくばってろ。どうせ、お前なんかすぐに野垂れ死ぬだけだ」ペッ

*「メシっ…メシぃっ…!」バッ

エル「触るな…!」

 ゲシィッ

エル「お前みたいなのが、俺に、触るな! この、クズがっ!」

 ゲシィッ
 ゴッ
 ドゴッ

*「あがっ…ごっ…や…すみませ…すみません、すみませんっ…!」

エル「ふぅっ…ふぅっ…ふんっ」

エル(マズいメシだな…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 暴行を目撃されてて、ムチ打ちされた(白目
 4〜6 強制労働されてる人達から怖がられるようになった
 7〜9 おい新入りぃ…って古株っぽそうなのがやってきた。ああ? やんのか? ああ?

814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:26:44.71 ID:DBnbuXt2o
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:26:59.58 ID:fzNSEHRUo
、、
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:27:49.57 ID:LZMpPRQ3o
実際にムチ打ちされたら数発で死ぬんだよなあ……
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:27:54.33 ID:YiN1nkh8o
何だこのコンマの低迷は
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:28:51.78 ID:DBnbuXt2o
コンマ神「邪悪なものは許さない」
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:30:46.74 ID:eBl9Qp43o
イイハナシダッタナー
820 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:31:52.02 ID:TSbrT5/UO

*「――おい、お前っ!」

エル「…」ギロッ

*「騒ぎを起こすな」

エル「…知るか」

*「だったら、体に分からせてやる!」

 ピシィッ

エル「ぐっ――」

*「お前らは、底辺だ! 最底辺だ!」

 ピシィッ

*「底辺は底辺らしく…全員、平等に這いつくばっていろっ!」

 ピシィィィッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 完璧に目をつけられた。何をしても暴行を受ける…クソったれぇ…
 4〜6 ものすごく酷い環境で過酷な強制労働の日々…ある日、更生の一環で女神の教えを説きに町のシスターがやってきた。胸くそ悪くなった
 7〜9 ある日、強制労働を受けるようには見えない新入りがやってきた



821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:32:27.65 ID:LZMpPRQ3o
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:36:37.30 ID:jkmh86aAo
悪事には即罰を与えてくる善良なコンマ神
823 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:37:55.98 ID:7V5ElsHfO

シスター「――女神様は…」

エル「…」イライラ

労働者「そんなで腹が膨れりゃ苦労ねえぜ…」ボソ

エル「…」

シスター「……今、どなたか、何か仰りましたでしょうか…?」

労働者達『…』

シスター「………清貧、という言葉があります」

シスター「貧しくとも、良いのです。私欲を捨てて行いが正しいために、貧しく生活が質素であるのです」

シスター「必要はものは愛です。大きな愛に包まれていれば、つましく生きていても人は幸福になることができます」

シスター「お腹いっぱいに食べることだけが幸せではありません。愛を与え、与えられる…。そんな環境こそが、幸せなのです」

シスター「ですから、……」


 【安価下1】
 1 耳タコすぎて寝た
 2 じゃあお前は幸せなのか? 幸せなんだよな? 俺に殴られて、鼻が折れようが、足が動かなくなろうが、幸せなんだよなあ?
 3 その他、どうしてやろうか?

824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:41:27.43 ID:1iWNPJWvO
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:41:34.11 ID:jkmh86aAo
3 よくわかんなかった
826 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:45:19.63 ID:7V5ElsHfO

エル「Zzz…」

シスター「クドクド」

シスター「メガミサマノオシエニシタガエバキットコレカラヨイジンセイヲクレルカラミナサンイッショニガンバリマショウネ」

 ・
 ・
 ・

エル「ふわぁ…」

シスター「ご清聴、ありがとうございました。皆さんにも、女神様のご加護がありますよう」ペコリ


 【安価下1】
 このままじゃ話が進まん…!
 1 労働を一斉蜂起しようぜ、っていう労働者達の会話が耳に入ってきた。……便乗させてもらおう
 2 こんな場所に似つかないガキが新入りでやってきた
   A おとこ
   B おんな
 3 虐げられる日々で、とうとう怒りが爆発した。監視者をボッコボコにしてやる…

827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:45:43.80 ID:BmUSl2Lwo
2A
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:46:03.69 ID:fzNSEHRUo
3
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:46:36.33 ID:jkmh86aAo
2B
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:47:29.88 ID:LZMpPRQ3o
いっそのこと労働者達のトップに立つとか
831 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:48:57.34 ID:7V5ElsHfO

*「新入りぃっ! キリキリ働けぇっ!」

 ピシィィッ

新入り「痛っ…!?」バタッ

*「誰が倒れていいと言った!? 起きろ! 起きないとまたムチを見舞うぞ!?」

新入り「すっ…すみませ――」

*「さっさと立てぇっ!!」

 ピシィィッ

新入り「あがぁぁっ…!?」

エル「…」ズシズシ

 ・
 ・
 ・

新入り「…はぁ…痛っ…ふぅ…はぁ…」グッタリ

エル「…」

新入り「何で、僕が…こんな…グスッ…母様…父様…うぅっ…ヒック…」

エル「…」イラッ


 【安価下1】
 1 耳障りでうざいから、監視者に見つからないように痛めつけた
 2 どうにかこらえていたら話しかけられた
 3 その他、どうしてやろうか?

832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:50:21.20 ID:Ifv9O3G/O
1
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:50:34.74 ID:LZMpPRQ3o
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:50:51.31 ID:YiN1nkh8o
泣くなと優しく脅す
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:51:33.36 ID:jkmh86aAo
3 「メガミサマノオシエニシタガエバキットコレカラヨイジンセイヲクレルカラミナサンイッショニガンバリマショウネもやし(裏声)」
836 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:55:18.63 ID:7V5ElsHfO

エル「…」チラッ

<貴様ぁっ、何をしているっ!?

エル「……おい、ガキ」

新入り「っ…は、はい――?」

 ガッ

新入り「あがっ…が…ぁ…」

エル「耳障りだ、目障りだ。これ以上、何か喋ってみろ…」

エル「次は、首をくびって殺すぞ」ギロッ

新入り「は…ぃ…ぁ…」

 パッ

新入り「げほっ…ごほっ…」

エル「…それと」

新入り「…?」

エル「その面が気に食わない…」

 ガッ

新入り「げほっ…」

エル「静かに、していろっ…!」

 ドゴッ
 ドスッ

新入り「っ…ぐぇ…が、あっ…!」

エル「ふんっ…」

 ゲシッ

新入り「っ…じ…地獄だ…」ボソ


 【安価下1】
 新入りのお名前と、何歳かおなしゃす
 ※「ガキ」って言われて問題年齢の範囲内でおなしゃす

837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:55:44.87 ID:DBnbuXt2o
アポロ
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:56:09.42 ID:YiN1nkh8o
トレバー 10
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:56:19.33 ID:jkmh86aAo
オーメン 9歳
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:56:21.49 ID:LZMpPRQ3o
アポロ
9歳
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:58:10.63 ID:jkmh86aAo
ごめん、ガキって言われて問題年齢だった

オーメン 666歳
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 22:59:34.01 ID:LZMpPRQ3o
そういえば実年齢と精神年齢が違うとかもできるんだろうか
見た目ロリで中身お姉さんとか
843 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 22:59:54.38 ID:7V5ElsHfO

*「ブロックを指示通りに積み上げろ!」

*「ここにある、全てを積み上げるまでは休憩もなしで、夜になろうが休ませんぞ!」ピシィッ

労働者「む…無茶…だ…」ヒィヒィ

トレバー「っ…重…い…」

エル「はぁっ…はぁっ」グッ

 ドンッ…

エル「いつまで…こんな…」グッ

 ドンッ…

 ・
 ・
 ・

エル「っ…」グッ

 ドンッ…

エル(まだ…あんなに…)

トレバー「あ…あの…」

エル「…」ギロッ

トレバー「つ、詰み方がそれ…違ってます…。やり直しに、させられそう…で…」オドオド

エル「【安価下1】」


 1 じゃあお前がやれ
 2 …どうやればいいか分かりやすく言ってみろ
 3 その他、自由台詞

844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:00:26.71 ID:DBnbuXt2o
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:00:35.59 ID:LZMpPRQ3o
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:00:36.67 ID:jkmh86aAo
3 あえてね
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:01:39.58 ID:BmUSl2Lwo
3冷静を装い無言で積み直す
848 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 23:02:17.73 ID:7V5ElsHfO

エル「じゃあお前がやれ」フイッ

トレバー「そん、な…」

エル「…」グッ

トレバー「あ、だから…詰み方…」

エル「…」ギロッ

トレバー「っ…そ、それは…こっち、に…」

エル「…」

 ドンッ…

トレバー「こんなにズレちゃ…崩れちゃ――」

エル「指図をするな」

トレバー「っ…で、でも…見つかったら…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 案の定…
 4〜6 バレかかったけど、別の労働者のせいにした
 7〜9 バレかかったけどトレバーが機転を利かせてことなきをえた
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:05:17.02 ID:0wRyn8gp0
ひー
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:05:26.48 ID:jkmh86aAo
あれ、こいつヨダカじゃね
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:07:35.00 ID:1iWNPJWvO
どうにもこうにもキツいわぁ…
852 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/25(木) 23:10:44.85 ID:GZ5JsDSZO

*「そこぉっ!」ピシッ

トレバー「っ…」

エル「…」グイッ

*「貴様だ!! 何だ、この詰み方は!?」

*「あの説明でも分からなかったのか、このマヌケがぁっ!」

 ピシィッ

エル「がっ…」

 ドサァッ

トレバー「あっ…」

*「貴様も同罪だ!」

トレバー「そんなっ…」

*「口答えをするなぁっ!」

 ピシィィッ

トレバー「ああああっ…!?」

*「この、クソ以下の、クズどもめっ!」

 ピシィッ
 ピシィッ

*「一生ここで働きたいならっ、一生、そのまま無能でいるんだなぁっ!!」

 ピシィィッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 さんざんいたぶられた…
 4〜6 夜通し働かされた…
 7〜9 横暴な監視者を止める、女騎士


 ――個人情報――
 名前:エル 武器:短剣 職業:ー(強制労働者) 属性:水
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結 中〜小・氷柱
       水牢
 所持金:0G
 所持品:ー


―――――

 本日はここまでです
 どうもありがとうございました

 そして…どうにもなりそうにないこの閉塞感…
 頼むから、男前で人が好くてすぐ感動する、1スレから登場してない女騎士さんきて…

853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:11:26.75 ID:1iWNPJWvO
現状打破したい…
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:11:47.91 ID:jkmh86aAo
魔剣士廃業してて草
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:11:51.41 ID:YiN1nkh8o
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:12:04.21 ID:WMk8aROr0
うーん、この底コンマ群
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:14:38.24 ID:LZMpPRQ3o

現状打破の方法とかなさそうなんだよなあ……
悪方面に堕ちてもそれはそれで面白そうなんだがな、モニカは染まりきれずに死んだ感じ
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:14:57.23 ID:1iWNPJWvO
胸糞悪すぎて読んでてつらい…無理矢理でもいいから救いが欲しい…
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:15:17.67 ID:jkmh86aAo
こうして○年間の強制労働を終えたって地の文で書いても良いじゃん
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:16:16.59 ID:LZMpPRQ3o
コンマ神に頼んで安価を取れ
自分の思うような話にしたいならそうするしかないから
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/25(木) 23:20:42.69 ID:0wRyn8gp0
やさしくない世界
いんがおーほう……ではあるけど。
862 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 00:28:23.05 ID:ScrdLy9r0

王子「しょっぱなから…やさしくない世界が炸裂してるね…」

王子「コンマ神がかつて、ここまで厳しくしたキャラがいただろうか?」

王子「…………………………………………いたような、いなかったような…あれ…? いたんじゃね…?」

王子「…………………………………………………でもエルはさー、もう考え方が割と危ういからさー…」

王子「ひたすら落ちていくのも一興…悪い頭でどうにかこうにかするも一興…って感じかなあ…?」

王子「選択肢にはロクなのが基本的に出てこないからね…」

王子「ヨダカの時も対人関係では割かし良くなかったけど、エルは根本的な部分だからタチが悪いし、可愛気もないからね」

王子「それに21歳で、ちゃんと…はしてないけど大人にはなってるから、考え方もそうそう改まらないんだよねー…」

王子「これが若ければ改心も割かししやすいんだけど、21歳じゃあねー…。しかも境遇も悪いから…………あっ」

王子「あっ…あっ、今、今、すごいのに気づいちゃった…」

王子「ヨダカ編では設定した、境遇を…設定して、いない」

王子「……………………………」

王子「ごめんなさい」

王子「この具合だと、家柄が2の奴隷よりは上レベルで、境遇も2で悲惨なことを体験し続けてきた…って感じかな」

王子「…本当にごめんなさい、設定し忘れてて…」

 >>842

王子「要するに合法○○ってやつですよね? 非実在○○とかってやつですよね?」

王子「これはね、安価では設定できません。ただ、関わりをもっていく中で、そういう設定を持ってたり?」

王子「ビミョーなラインでどうにかなってたりしてたのが、コンマで決定されたり…っていうことで登場する可能性はあります」

王子「だから、子どもに該当するであろう年齢でお願いします、って安価を取る時は、ちゃんとそうしてみてくださいませ」

王子「……あと、10歳のコに鞭打ちとか…暗夜王国はほんと、深いとこは闇が深い…怖い…」

王子「鞭打ちとか数発で死ぬわ、っていうのもあったけど…まあ、あれさ、フィクションさ」

王子「それにあのー…あー…ジョークグッズ的な、威力おさえめのムチとかもあるんじゃないですか?」

王子「ジョークグッズを使ってるのかよ、ってわけでもなくて…あー…何?」

王子「一応は大切な労働者だから、死ぬほどじゃないけどすごく痛いのを味合わせる用、みたいな?」

王子「そんな感じじゃないのかなあ?」

王子「あと、今後についても、ちょろっとアドバイス!」

王子「きっとトレバーは、悪いことをしてないのに放り込まれてます! 言わば、不条理の真っ最中です!」

王子「どうにもならない、正しくない現実に打ちのめされている真っ最中です! 悪いことしてないのにぃ! って」

王子「トレバーはこの後、この不条理を憎んで呪って悪堕ちするか、踏みとどまって清い精神を保とうとするかします」

王子「この時のエルの関わり方で、エル自身にも何かしらの影響が与えられるものかと思われます」

王子「なので! その辺をさらっと考えながら接してみてくださいな。しかとしたり、無視してるとトレバーは死にかねないです」

王子「…死んでてもおかしくない状況です」

王子「エルは頑丈だけどね」

王子「今できるアドバイスはこんなもんです。ではでは、エル編を今後ともよろしくお願いします!」

王子「皆の王子様でした!」

863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 07:23:02.27 ID:ujlCh9i5O
おつ 何かつらいな今回
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 16:24:20.53 ID:8cRlAb1GO
積極的なのに登場しないサリー
不真面目なのにシリウス編以降働きまくってるヒヒイロ
865 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:06:40.75 ID:/y1UY1KEO

王子「そろそろやるよ?」

王子「準備はできていますでしょーか!?」

王子「できてないって言われても仕方がないんだけどもね」

王子「じゃ、もうちょっと待っててね」

866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:10:26.43 ID:We1LgOKOo
多分できてない
今日は闇に堕ちきるか光に向かって歩み始めるかのどちらかだな
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:11:50.50 ID:ib3APCIFo
悪の主人公もまた一興
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:14:20.55 ID:We1LgOKOo
完全悪な主人公って居ないからね
ベテル達の仲間に入るってのも……
869 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:15:32.55 ID:F+PpZTpRO

*「本日の作業は終了だ、貴様らはそのまま夜明けまで寝ていろ!」ピシィィッ

トレバー「はぁ…はぁ…」フラフラ

トレバー「あ――」

 ドサッ

トレバー(もうダメ…死ぬ…)

トレバー(きっと…今日にでも…)

労働者「邪魔だ、ガキぃっ!」ゲシッ

トレバー「っ…げほっ…」

労働者「けっ…」

エル「…」

エル(ここに連れて来られてから…何日だ…?)

エル(いつまで…こんなところに…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 真夜中に変な気配がして目を覚ました。ピンチ?
 4〜6 ぶちキレた労働者が逆らって、騒動の拍子に篝火が倒れて火事になった。逃げるチャンス?
 7〜9 町の方で何か大騒ぎが起きている。見張りの数がごっそり減った。逃げるチャンス?

870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:17:17.31 ID:ISvDQg9Do
脱走!
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:17:19.63 ID:We1LgOKOo
872 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:22:38.25 ID:F+PpZTpRO

 カサカサ…
 ガサガサガサ

<おい、起きろ…何だ、あれ?

<んぁ…何だよ…労働者だろ…?

<いや違うぞ、よく見ろ

エル「…ん…ぅ…?」パチッ

エル(暗い…)

エル(変な音がする…?)ムクッ

 キョロキョロ

エル「………何だ…?」

エル「向こうの方が何か…動いてる…?」

<キシャアアアアアッ!

<ま、魔物だっ…!

エル「魔物――!?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 見張りは次々と逃げ出した! 魔物の群れが肉を求めて労働者キャンプに襲いかかる!
 4〜6 見張りが労働者を起こして、戦えと強要してきた! 退けば後ろからムチを打たれるし、槍で突き殺される!
 7〜9 見張りが魔物に食い殺された! 見張りから枷のカギを奪えれば…逃げられるかも…?

873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:23:19.10 ID:ib3APCIFo
874 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:27:03.10 ID:F+PpZTpRO

 【0】
 【直下 コンマ判定】
 偶数 砂漠のド真ん中の、復興しないとやってられない不夜の町に左遷されていた女騎士が現れて食い止めている!!
 奇数 魔物の大進撃!! 次々と労働者も見張りも関係なしに食い殺されていく!!
 ※0は偶数扱いやで

875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:27:40.35 ID:ib3APCIFo
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:27:43.12 ID:q074pNXW0
877 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:36:45.26 ID:F+PpZTpRO

<うわぁあああああっ!!

<やめ、やめろぉっ、食うな、が、あああ、あああああああっ!!

エル「っ…クソ…!」

エル「こんな枷がなきゃ…!」

 グシャアッ
 ドスゥッ
 グジュッ…

 サソリ型の巨大な魔物――。
 砂漠に多く生息し、尻尾の針で獲物を刺して毒を注入して捕食する凶暴な魔物だった。
 鉄球のついた足枷のせいで逃げ遅れた労働者が尻尾に刺し貫かれる。瞬時に毒は体内を巡り、皮膚の内側の肉をどろりと溶かした。

トレバー「ぁ…ぁ…ぁ…」

 毒で肉が溶けた人間に魔物は噛みつき、じゅるじゅると音を立てながらすすっていく。
 皮と溶けきらなかった骨のみを残して人間は丸ごと革袋になり、絶命していく。

エル「このままじゃ…」

 阿鼻叫喚の中を、エルは駆け出す。
 枷のついた足首はすでに血塗れだった。重い足を引きずるようにしながら、たどたどしく走る。

魔物「キシャアアアアアッ!!」

 エルの後ろを魔物が追いかける。
 枷のついたエルとの距離は、すぐさま縮まっていた。

エル「この、魔物めっ…!」


 【安価下1】
 1 重い鉄球を持ち上げて、それを魔物の頭に落とす
 2 近くにいて腰を抜かしていた労働者をぶん投げて魔物がそれを食ってる間に離れる
 3 その他、どうしよう?

878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:37:50.51 ID:ib3APCIFo
879 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:41:12.18 ID:F+PpZTpRO

労働者「く、くるな、くるな、くるなくるなくるなぁぁっ…!」

エル「っ――いた…!」

 ガッ

労働者「!? つ、連れてってくれるのか――?」

 ブゥンッ

労働者「え――」

魔物「キシャアアアアッ!」

 ズドォォッ

労働者「あぶ、ぶ――」

 ドサァッ
 ジュルッ
 ジュジュルッ…

エル「それでも、食ってろ…!」


 【安価下1】
 1 死んでた見張りの持ってた剣で枷の破壊にとりかかる
 2 死んでた見張りの持ってた剣で応戦する
 3 とにかく逃げる。自分が生き延びるためなら、他人なんか知ったこっちゃないスタンスで
 4 その他、どうしよ?

880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:42:34.58 ID:q074pNXW0
1
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:42:38.96 ID:We1LgOKOo
882 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:46:40.12 ID:F+PpZTpRO

エル「これは…」

 チャキッ

エル「…こんなものさえ、壊せればっ!」

 ガィンッ

 落ちていた剣を拾って、エルが足枷の鎖に振り下ろす。
 だが、鈍い金属音とともに手がじんと痺れた。取り落としそうになったのを握り直す。

エル「壊れろ…壊れろぉっ…!」

 ガィンッ
 ギンッ
 ガインッ


 【直下 コンマ判定】(身体能力:+2)
 1〜3 さっぱり壊れそうにない(白目
 4〜6 剣が折れやがった…
 7〜9 剣も壊れたけど、足枷の鎖も壊せた!!

883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:49:03.01 ID:q074pNXW0
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:50:00.85 ID:ISvDQg9Do
絶対呪われてる
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:50:32.80 ID:q074pNXW0
呪われてるのか……?
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:52:37.55 ID:p7bf3TgcO
そろそろサリーさん出てもええやないの
887 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:52:59.85 ID:F+PpZTpRO

 ガィンッ…

エル「っ…」

 何度目とも分からず剣を振り下ろしたが、鎖はビクともしていなかった。
 手には痺れがこびりつき、そのままぽろりと剣がこぼれる。

エル「〜っ…」

魔物「キシャアアアアッ!!」

 ただ枷を壊すことに集中していた。
 魔物がすぐそこに迫り、人間の手ほどもありそうな大きな針がエルに向けられる――。


 【直下 コンマ判定】(身体能力:+2)
 1〜3 DEAD END
 4〜6 壊そうと試みていた枷の鎖で針を防いだ。でも壊れねえ
 7〜9 壊そうと試みていた枷の鎖で針を防いだ。そして壊れた。よし
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:53:32.68 ID:We1LgOKOo
無理
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:53:50.95 ID:4dI0zjCFO
おりゃあああ!!!
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:54:58.98 ID:p7bf3TgcO
>>1000でサリーさん登場とか救いの神がとか書けばワンチャンあるか…
891 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 18:57:22.98 ID:F+PpZTpRO

 ヒュバァァァッ

 鎌首をもたげたヘビのように狙いを定めていた尻尾が繰り出される。
 とっさにエルは枷のついた右足を上げていた。重い鉄球が持ち上がり、ピンと張った鎖に尻尾の針が激突する。

 ガキィィィンッ
 ガシャアアアンッ

エル「っし…!」

 鎖が弾け飛び、エルが目を大きくしながら口元に笑みを漏らす。
 弾けとんだ拍子に鉄球がどこか遠くに飛んでいく。

魔物「キシャアッ…!」

エル「調子に乗るな、魔物の分際でっ…!」


 【安価下1】
 1 徒手空拳の猛反撃でぶっ殺す
 2 剣を拾ってそれで反撃するんやで
 3 その他、どうするんやで?

892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 18:58:13.19 ID:ib3APCIFo
893 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:08:48.71 ID:t8pfRtV0O

魔物「キシャアアッ!」

 ヒュバァッ
 ガシィッ

 再び繰り出された尻尾を、エルは抱え込むようにして掴んだ。
 そのまま魔物を持ち上げて砂の上に叩きつけると、腹を見せた魔物に渾身の踵落としを叩き込む。

 ドゴォォッ
 グシャアアァァッ

魔物「」

エル「はぁっ…はぁっ…」

エル「ふっ…ざまあみろ」

<やだ、やだやだやだ、やだぁっ…!

エル「ん?」

エル「あのガキ、まだしぶとく生きてたのか…」

エル「でももう…あれは死ぬだけ――」


神父『命があって、本当に良かったです』

神父『酷いケガでしたが、目が覚めて本当に良かった。行き場所はありますか? …ならば、あなたは今日からここの一員ですね』


 不意に脳裏をよぎったのは、神父に救われた時のこと。
 人と人との争いに赴いては傷病者を救い続けた両親が殺され、巻き込まれるように死にかけたエルが、命を取り留めた日。

エル「っ――」

トレバー「助けて、助けてください、誰か、誰かぁっ! お願い、やだ、やだぁああああっ!」


 【多数決】↓1〜5の最多獲得選択肢を採用
 1 助ける
 2 見殺しにする

894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:10:12.41 ID:Zf8RKcgAO
2
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:10:19.97 ID:2gfz9QW30
1  助ける
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:10:26.13 ID:ib3APCIFo
トレバーも一緒に悪堕ちさせたいし
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:15:13.48 ID:q074pNXW0
1 恩着せてどうこう的な
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:16:15.50 ID:ue+39OqjO
二人とも救いたい1
899 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:24:04.13 ID:t8pfRtV0O

魔物「キシャアアアアッ!」

トレバー「やだ、やだぁああああっ!」

 ヒュバァァッ
 ギィィィィンッ

 鋭い尻尾が突き出され、トレバーは反射的に目をつむる。
 だが、甲高い金属音が鳴るだけだった。恐れていた衝撃がなく、薄く目を開けると魔物の尻尾を剣で防いで押さえるエルの姿。

トレバー「っ…」

エル「耳障りだ…黙っていろ!」

 エルが押し切り、尻尾を払いのけた。
 すかさず翻った刃が魔物の頭を串刺しにし、柄のところまで突き落とす。

 グシャアアアッ

 それでも尚、魔物はまだ生きていた。
 バタバタと無数の足を動かし、尻尾がめちゃくちゃに振り回される。
 頬を掠めそうになった尻尾を身を引いて避けると、エルは両手で尻尾を掴みにかかった。

 ブチッ
 ブチブチィィッ

魔物「キシッ、シャッ――」

 ブチブチブチィィィッ

 尻尾がちぎられる。
 紫色の体液が散らばり、乾き上がった砂に染みていく。

エル「ふぅー…ふぅー…」

トレバー「ぁ…ぅ…」

エル「【安価下1】」

 1 行くぞ
 2 …(無言
 3 その他、自由台詞

900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:26:13.25 ID:ue+39OqjO
901 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:31:43.57 ID:t8pfRtV0O

エル「行くぞ」

トレバー「…い…いくって…?」

エル「…」スタスタ

トレバー「ぁ…ま、待って…待ってください…」ヨロッ

 ドサッ

トレバー「っ…ふぅ…はぁ…」

トレバー(もう…歩けない…置いてかれる…ひとり…ひとりになる…)

トレバー(やだ…僕も…僕も一緒に…)

エル「…歩けないのか?」

トレバー「い…いく…から…待っ…」

 ガシッ

エル「引きずってやる。歩けない自分に文句は言え」

 ズル…
 ズルズル…


 【安価下1】
 1 逃げ出して出払った見張り達の小屋で、必要そうなものをぱくっていく
 2 不夜の町の町外れの貧乏人の家で略奪していく
 3 ほんの数人しかいない教会で略奪をしていく

902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:35:38.83 ID:Tv5gjflO0
1
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:36:37.79 ID:ue+39OqjO
ろくでもない選択肢の中ではマシかな
904 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:41:05.58 ID:t8pfRtV0O

 ガシャンッ
 ガシャァンッ…

エル「…ろくなものがない…」

エル「…酒、か」キュポンッ

 ゴクゴク

エル「ふぅ…お前も飲め」ポイッ

トレバー「で、でも…」

エル「飲め」ギロッ

トレバー「っ…」

 ゴクッ…

トレバー「〜っ…喉が、焼け…」

エル「酒はしょーどくになる…」

トレバー「しょーど、く…消毒…? それって…飲むんじゃなくて…患部にやったりするんじゃ…?」

トレバー「いや…確か騎士団はきつけでキツいお酒を…」ブツブツ

エル(ない…ない、ない、ない…)ゴソゴソ

エル(俺の荷物はどこだ…?)


 【安価下1】
 1 仕方ないから売って金になりそうなものだけ持ってく
 2 体ひとつ、武器ひとつで砂漠を渡ることになるのか…
 3 見張りの誰かのものらしい立派な服を見つけた。もしかして、この服を着ればあそこに…?

905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:42:39.02 ID:y0Kk0pnR0
3
906 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:45:52.97 ID:t8pfRtV0O

 パサッ…

エル「…?」ヒョイ

エル「何だ、この服…?」ゴソゴソ

エル「ポケットに何か入って…コイン…?」キラリン

トレバー「カジノの…コイン…?」

エル(かじの…? 金持ちのいくところか…)

エル(だったら…これを着ていけば…?)

エル「………よし」


 【安価下1】
 1 レッツ・カジノ!!
 2 これを着れば脱走者だとはバレまい。砂漠船に密航してさっさと脱出だ
 3 その他、自由行動

907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:48:02.20 ID:lZlXZiRfO
1レッツカジノ
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:49:15.89 ID:jC36O1cpo
2
909 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:52:30.26 ID:t8pfRtV0O

 ――暗夜王国・不夜の町・カジノ――

黒服「…どうぞ」

エル「…」スタスタ

黒服「失礼ですが、そちらの少年は…?」ジロッ

トレバー「っ…」ビクッ

エル「放り出せ」

黒服「はっ」

 スタスタ

エル「…」キョロキョロ

エル(………何をどうすればいいんだ…?)


 【安価下1】
 1 ルーレットやで
 2 ポーカーやで
 3 スロットやで
 4 コインをゴールドに換金
   ※レートはコイン1枚:500ゴールドです

 【採用安価のコンマ判定】
 1〜3 瞬時にコインは消えた → 0枚
 4〜6 コインの枚数が変動しない → 3枚
 7〜9 コインが増えた → 20枚
  0  コインがすごく増えた →100枚
 ※レートはコイン1枚:500ゴールドです

910 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:52:46.71 ID:ib3APCIFo
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:53:02.35 ID:jC36O1cpo
2
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:53:17.95 ID:ib3APCIFo
安価↓で
913 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:55:53.44 ID:t8pfRtV0O

 コイン:3枚

エル「…」

ディーラー「まだ勝負を続けられますか?」

エル(さっぱり何も分からない…。コインを出したら、また戻ってきた…)

エル(何がどうなってるんだ…?)


 【安価下1】
 1 換金して終わり
 2 続行
 3 仕方ないから、当初の予定通りに金持ちから金品をこっそり強奪するか

914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:56:22.06 ID:jC36O1cpo
915 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 19:58:13.58 ID:t8pfRtV0O

ディーラー「3枚でよろしいですね」

 シュッシュッシュッ…

エル(またカード…)

 ペラッ

エル(…?)

エル(周りはカードを交換していく…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 コインは消えた
 4〜6 コインの枚数変わらず
 7〜9 コインが増えた。10枚になった
 ※エルはポーカーのルールさえ知らないため、駆け引きもできていません

916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:58:43.02 ID:SHvUdbaU0
q
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 19:58:56.12 ID:ib3APCIFo
918 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:01:06.47 ID:t8pfRtV0O

ディーラー「勝負を続けるのであれば、ゴールドをコインに換金してまたお越し下さいませ」ペコリ

エル(消えた…)

エル(何がどうなっていたんだ…? 金持ちの考えることはさっぱり分からない…)

 スタスタ

エル(こうなれば…)


 【安価下1】
 1 当初の予定通り、金持ちから巻き上げる
 2 大人しく出てく
 3 ディーラーに掴みかかってコインを巻き上げる

919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:01:42.91 ID:oRrwbFaAO
920 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:06:56.65 ID:t8pfRtV0O

エル(金持ちから奪うだけだ…)チラッ

金持ち「はっはっはっ、またわしの勝ちだ」

 パチパチ…

エル「…あいつでいいな…」

金持ち「ふぅ…少し、休ませてもらおう。……あそこのバニーがいいな」ニヤァ

*「ではVIPルームにてお待ちくださいませ」

金持ち「うむ、2人きりにしてくれたまえよ?」

エル(VIPルーム…)


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 おたのしみ(意味深)のところを邪魔するつもりだったけど、SPに見つかっちゃった
 4〜6 おたのしみ(意味深)のところを邪魔して、きっちり逝かせてやって宝飾品をゲット
 7〜9 おたのしみ(意味深)のところを邪魔して、現金と宝飾品をゲットしたぜ

921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:07:27.42 ID:jC36O1cpo
おう
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:07:38.71 ID:ib3APCIFo
923 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:10:49.99 ID:t8pfRtV0O

バニー「どうも〜♪」

SP「…どうぞ」

 キィィッ
 バタムッ

エル(…みはり…)

エル(一撃で仕留めれば…!)ダッ

SP「?」クルッ

エル「っ――!」

 ドゴォォッ

SP「ぐはっ、貴様っ…!?」

エル「さっさと、死ね…!」

 グシャアッ

SP「」

エル「よし…これで――」

黒服「何をしている!?」

エル「っ…!」


 【安価下1】
 1 とりあえず金持ちから奪うものを奪ってから逃げねば
 2 諦めて逃げるか
 3 だったらここにいる全員ぶっ殺して、全部奪ってきゃあいいんだろ

924 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:12:15.13 ID:q074pNXW0
1 ちょっとだけでも
925 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:15:30.26 ID:t8pfRtV0O

黒服「待てっ…!」

エル「チッ…!」

 ガチャッ
 バンッ

金持ち「っ…な、何だ、貴様!?」

バニー「きゃあっ…!?」

エル「金を出せ、早くっ!」

金持ち「ふ、ふざけるな! 貴様なんかに――」

エル「だったら、こうだ」

 ゴッ

バニー「ぎゃぁっ…!?」バタッ

バニー「あ、あが…は、鼻…鼻…あたしの、鼻ぁっ…!!」ダラダラ

金持ち「ひ、ひいいっ…」

<ガンガンガンッ

<開けろ!!

エル「死にたいのか?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 扉を破られちった(白目 3階だったけど…窓から飛び降りて逃げた
 4〜6 現金5万ゴールド巻き上げたとこで扉が破られたので、飛び降りて逃げた
 7〜9 ごてごての装飾品と現金20万ゴールドを手に入れて、飛び降りて逃げた

926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:15:58.24 ID:ib3APCIFo
927 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:21:13.23 ID:t8pfRtV0O

金持ち「こ、これしか今は…!」

 バッ

エル「もっと出せ!」

金持ち「な、ないものは――」

<ドゴォォッ

黒服「そこまでだ!」

エル「クソが…!」ダッ

黒服「ここは3階だぞ…!?」

 バッ

黒服「飛び降り…!?」

 ドサァッ

トレバー「っ…な、何で上から…?」

エル「行くぞ」

黒服「待てっ…!」

 ダダダッ


 【安価下1】
 カジノ強盗で完全に顔が割れた…国中の金持ちが、自分惜しさに必ず強盗犯が二度と出ないように見せしめにしてやれ、っておこになってる
 1 そんな状況で、とりあえず民家に略奪に入って、待機中。これからどうすっか…。家の人間? ボコって縛って放置だよ
 2 そんな状況だから砂漠船ジャックだぜ! おら、動かせ!
 3 そんな状況なもんで、ろくな装備もないまま砂漠を徒歩だぜ

928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:22:21.23 ID:oRrwbFaAO
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:22:41.90 ID:ib3APCIFo
930 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:28:24.64 ID:t8pfRtV0O

 ――暗夜王国・不夜の町・民家――

住民「モゴモゴ」

エル「…ちっ」

トレバー「つ…捕まる…また、また捕まる…」

エル「…」モグモグ

トレバー「こ…これから、どうするんですか…?」

トレバー「カジノに強盗なんて…国中の大商人や貴族を敵に回すようなものなのに…」

トレバー「そんな、もの食べてる場合じゃ…それに、ひ…人のもの、なのに…」


 【安価下1】
 1 とりあえず物色。何かねえのか、この家に
 2 食えよ、って。人のもんだろうが何だろうが、食わないと倒れてそこで死ぬぞ、って
 3 その他、どうすっぺ


 ――個人情報――
 名前:エル 武器:短剣 職業:ー(強制労働者) 属性:水
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結 中〜小・氷柱
       水牢
 所持金:5万G
 所持品:十字架のネックレス 上等な服

 ――知人――
 トレバー:10歳少年 育ちが良さそう

931 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:29:25.13 ID:We1LgOKOo
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:30:44.14 ID:ib3APCIFo
とりあえず五万もあれば良さげな武器は買えそうだな
933 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:34:06.28 ID:a07x8tZAO

エル「…お前も、食え」モグモグ

トレバー「だ、ダメです…そんなの…」

エル「食わなきゃ死ぬぞ」

トレバー「でも…人から奪うなんて…」

エル「奪って食わずにどうやって食う」

エル「これしかないのにどうしろって言う」

トレバー「っ…」

エル「だったら食わずに死ね」

トレバー「や…やです…死ぬ、のは…やだ…怖い…」

エル「じゃあ食え…」

トレバー「……っ…」パクッ

トレバー「っ…ングッ…モグッ…」

 バクバク

エル「…」

エル(顔がバレてたら…ここから出られない…)


 【安価下1】
 1 とりあえず、夜明けまで休んだ
 2 火事でも起こして、どさくさに紛れて逃げるか
 3 その他、どうしよう?

 【直下 コンマ判定】
 トレバーくん…
 1〜3 犯罪行為へのためらいが少し薄れた
 4〜6 腹が満ちるまで食ってから、罪悪感
 7〜9 今だけは仕方がないことだから、って必死に自分に言い聞かせてる

934 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:35:01.87 ID:tz2RCV33O
2
935 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:40:05.64 ID:a07x8tZAO

エル「…火事にするか」ボソ

トレバー「ゴクンッ…か…火事…?」

エル「……火事を起こして逃げる」

トレバー「ほ、放火なんかしたら…この復興してる町が…」

エル「そのふっこーさぎょーをしたのは俺だ…俺が壊して、何の文句がある」

トレバー「っ…人がいっぱい、死ぬ…」

エル「俺が死ぬわけじゃない」

トレバー「でも…」

エル「嫌ならどこにでも行け」

エル「燃えそうなもの…」キョロキョロ

エル「……木は燃える、か…」スッ

トレバー「………か…火事は…家が密集してるところの方が…被害が大きくなります…」

エル「…どこだ?」

トレバー「く…来る時に見た感じだったら…3つ向こうの…居住区画…です…」


 【安価下1】
 火を放ったら…
 1 徒歩で砂漠へ
 2 砂漠船に紛れ込んで乗って逃げる
 3 火事場泥棒しなきゃ!(使命感

936 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:41:05.08 ID:ib3APCIFo
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:41:16.54 ID:y0Kk0pnR0
2
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:41:26.22 ID:q074pNXW0
2
939 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:45:09.61 ID:a07x8tZAO

<火事だー!

<早く消化しろ!

<おい、オアシスの水を勝手に使うな! 金を払え!

<それどころじゃないだろうが、ふざけてるのか!?

船員「ま、待ってください…こんなに大勢は、乗れません…!」

<ふざけるな!!

<だったらいくら出せばいいんだ!? 責任者を出せ!

船員「うわ、わっ…!?」

トレバー「……す…すごい、パニック…。でも、このままじゃ出航しないんじゃ…」

エル「しゅっこー、しない…?」


 【安価下1】
 1 じゃあ徒歩で砂漠へ出るしかないのか…
 2 だったら、人が減ればいいんだろ? 無理やり船に乗って、5、6人でも殺せばビビって降りるだろ。あとは船員脅して出航だ
 3 その他、どうしよ?

940 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:46:06.38 ID:y0Kk0pnR0
2
941 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:50:14.98 ID:a07x8tZAO

エル「人が多すぎか…」

トレバー「え…? は、はい…」

エル「だったら…こうすればいい」

 ガシッ

*「っ…な、何をする、貴様――」

エル「死んでおけ」

 ググッ

*「か、は、あっ…が、がが――」ブクブク

エル「次は誰だ…!」バッ

<うわぁあああああっ!?

<逃げろぉー!


 【直下 コンマ判定】(身体能力:+2)
 1〜3 砂漠でも船乗りは屈強だ! 戦闘です
 4〜6 勢い余って船員まで逃げちゃったよ…
 7〜9 成功! ちゃくちゃくと…全国指名手配犯としての犯罪レコードを記録していますな

942 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:52:21.64 ID:jC36O1cpo
さて
943 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:55:34.36 ID:ib3APCIFo
低コンマよりも4〜6の方が面倒くさいよね
944 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 20:56:07.65 ID:a07x8tZAO

 グシャアアッ

エル「…次――」バッ

トレバー「っ…」ビクッ

トレバー「ぜ…全員、もう…逃げて…船乗りまで…」

エル「…船は?」

トレバー「ふ、船乗りがいなきゃ、動くはず…」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 しかも、船の周りが取り囲まれて逃げるのもできなさそう…。強制労働より酷い罰って、何だ…? 死刑?
 4〜6 積み荷にラクダがいた。…これに乗って砂漠をいくか
 7〜9 トレバーくんって何者なんだろね?

945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:57:01.22 ID:07SjpTltO
南無
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 20:58:43.83 ID:lZlXZiRfO
うーん、ここにきてこの底コンマ
947 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:01:19.59 ID:a07x8tZAO

トレバー「ま…周りも、人がいっぱいいるし…」

エル「っ…」

トレバー「お、おしまいだ…もう…」ヘナヘナ

エル「船が動かない…周りは敵…外は砂漠…」

エル「…」

エル「何で…こうなる…!」ガンッ


 【安価下1】
 1 でも足掻く
 2 さーて…強制労働の次は何ざんしょ…?(白目

948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:02:59.11 ID:oRrwbFaAO
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:03:12.07 ID:q074pNXW0
1 助けてコンマ神
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:04:43.31 ID:ylOwi8X9O
6人目の主人公の用意をしておこう
951 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:12:10.32 ID:a07x8tZAO

 ガシャンッ…

*「強制労働の脱走、カジノ強盗、放火、砂漠船のジャック未遂、民家への侵入、強盗、暴行、殺害…」

*「もう二度と、太陽を拝めるとは思わないことだ」

エル「…」ギロッ

トレバー「っ…ぁ…ぼ、僕は…違う…!」

 ガシッ

*「お前もだ、小僧。強制労働の脱走、そしてこいつの犯罪幇助…」

トレバー「違う…違います、違うんです、僕は…何も…!」

*「脱獄不能の監獄で懺悔するんだな」


 【安価下1】
 暗夜王国の最低最悪の環境の牢獄…その名は!?
 ※こう…アズ○バンだとか、ブラック○ンタゴンだとか、そういうかっこよい感じに新たな舞台をお願いしますよ

 【採用安価のコンマ判定】
 1〜3 トレバーくん、堕ちたよ
 4〜6 因果応報だとしても、エルも相当に黒く染まってくさ…
 7〜9 脱獄不可能? それはフィクションにおいては、脱獄可能ということなのさ!!

952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:13:07.97 ID:We1LgOKOo
コキュウトス
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/06/26(金) 21:16:17.45 ID:dexMSzhf0
ナイスコンマ
954 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:23:28.50 ID:a07x8tZAO

 ――暗夜王国・内海・コキュウトス――

エル「…」ジャラッ

看守A「何だ、その目は?」

エル「…」

看守A「そこに立て。反抗的な目をする者には、罰を与える!」

 ドゴォォッッ
 ゴスゥッ
 ガンッ
 ズドッ

エル「…っ」グッタリ

看守A「ふんっ…」

看守B「よく疲れないなあ、お前…。そんなの、小便でもかけときゃいいだろ。手足の自由もないんだぜ?」

看守A「ああ、じゃあそうするか…」

 ジョボボボボ…

エル「〜っ…」ポタポタ

看守A「ふぅ…ああ、この方がいい…」

看守B「だろ? よくやってるから、直接殴るなんて俺はできなくなっちまったよ」

看守達『ぎゃはははははっ』


 【安価下1】
 1 脱獄決行の時はきた! 脱獄方法は…
   A 月に1度、物資が届けられる船を奪うこと!
   B 満月の夜、ひとりずつ、囚人が消えていく。エルに回ってきた番で、看守を殺して脱走する!
   C 囚人の一斉叛乱
 2 繋がれてるエルのとこに、一緒にぶち込まれてるトレバーがやってくるのは日課

955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:25:17.95 ID:iirUewUAO
1B
956 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:29:00.31 ID:a07x8tZAO

 カツカツカツ…

エル(俺の番が、来た…)

看守「…」ヂャラッ

 ガチャンッ
 ギィィィ…

看守「出ろ」

 ガチャンッ
 ガチャンッ
 ガチャンッ
 ガチャンッ

エル「っ…」ドサッ

看守「歩け」チャキッ

エル「ふぅー…」


 【安価下1】
 1 必殺・片手首締め。手足は拘束されてたけど、ずっとグーパーする筋トレで、この時を待ってたぜ
 2 まずは急所の金的に一撃。前屈みになった顔面に膝蹴り。これで殺る
 3 怒りの顔面パンチでぶっ飛ばせっ!!

957 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:30:23.95 ID:ISvDQg9Do
1
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:30:28.92 ID:q074pNXW0
1
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:30:41.63 ID:vHOlNVUA0
2
960 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:33:20.08 ID:a07x8tZAO

看守「さっさとし――」

 ガッ
 グググッ

看守「か、ぁ…!」バタバタ

エル「さっさと、死ね」

 ギュッ

看守「っ――」

 ドサァッ…

エル「…」

エル「……よし…」


 【安価下1】
 1 しばらく会ってないけどトレバーはどうなったかな? 拾ってやるか
 2 他人なんか知るか。脱獄開始だぜ

961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:34:09.87 ID:We1LgOKOo
962 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:39:18.41 ID:a07x8tZAO

 ヂャラッ…

エル「このカギがあれば…」

 タタタッ

エル(あのガキは…どうなった…?)

エル(ここに同じに連れてこられているはず…)


 【直下 コンマ判定】(超劣悪環境:−2)
 1〜3 夜になる度、一部の物好き看守に穢され続けたトレバーは、完全に悪い方面へ堕ちていました。目も心も死んでます
 4〜6 さんざんになぶられて、心身ともにぼろっぼろでしたが、エルを見た途端に表情が変わりました
 7〜9 目が死んだ状態ではあるけど、無事に収監されてました

963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:42:00.95 ID:6fqf2yVko
えい
964 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:47:27.76 ID:a07x8tZAO

<おらっ…

<はぁっ…ふぅ…

<今夜は、これくらいにしといてやる…

エル(…声…あそこから…か…)

 ギィィィィ…

エル(見つかる――いや、その前に、やる…!)

 タッ

クズ「何だ…?」

 ガッ

クズ「が――」

エル「死ね」

 グググッ
 バタバタ

クズ「ぁ…」

 ドサァッ

エル「…よし…」

エル「……おい、ガキ――」

トレバー「…」

エル「っ…」

エル(服もなしで…あの、感じ…)

トレバー「ぁ…お…お久しぶり…です…」

トレバー「…僕…のこと、また…連れ出し、て…くれるんですか…?」

トレバー「たす、けて…くれますか…?」

トレバー「こん、な…きたない、僕でも…連れてって…くれ、る…?」ヘラッ

エル「…」


 【安価下1】
 1 何も言わずに連れていく
 2 黙って、行く。ついてきたきゃこいよ、的なスタンスのつもり

965 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:48:13.91 ID:q074pNXW0
1
966 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:55:33.51 ID:a07x8tZAO

エル「…」スッ

トレバー「…」ビクッ

エル「…」

トレバー「…」

 ギュッ
 ガシッ

エル「…」

トレバー「い…いの…?」


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 さあ、ここからが脱獄の難関だ
 4〜6 ボートを奪っていくつもりが、最後の最後でミスった。2人で荒れ狂う海に飲み込まれたよ。死にはしないから安心してね
 7〜9 ずっと手を握られ続けたまま脱獄した。数ヶ月ぶりの朝日を浴びた。トレバーは見ている限り一滴も涙をこぼしていなかった


 ――個人情報――
 名前:エル 武器:短剣 職業:ー(強制労働者) 属性:水
 習得魔法:大〜小・濁流/凍結 中〜小・氷柱
      水牢
 所持金:5万G
 所持品:十字架のネックレス

 ――知人――
 トレバー:10歳少年 目と心は死亡


―――――

 ここまでっす
 1時間くらいしてから、再開できたらしようかなと考えてるけど…おつきあいしてくれる人います?

 とりあえずありがとうございました
 あと、すぐに次スレだけ立てておきますけど、もうちょいここ使いますね

967 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 21:57:53.50 ID:a07x8tZAO

 次スレです
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435323407/

 これはコンマ判定に数えないので、お願いします
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:59:21.93 ID:6fqf2yVko
ぽい
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 21:59:41.86 ID:lZlXZiRfO
おつ\ここにいるぞー/
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 22:00:36.80 ID:y0Kk0pnR0
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 22:10:51.09 ID:q074pNXW0
所持品 / 所持金は取り返せた感じなのかな
972 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 23:13:21.37 ID:ScrdLy9r0

王子「じゃあ、再開するよ!」

王子「5分くらい、誰も安価を取らなかったりしたら、前の安価を取った人でも取ってオーケーです」

王子「なので、ばんばんじゃんじゃん、安価を取りにいっちゃってください」

王子「それじゃあ、行くぜぃ!!」


 【直下 コンマ判定】
 脱獄の難関、それは…
 1〜3 吊り橋。荒れ狂う海の上に獄内の吊り橋は、特別なエサを撒いて超凶暴な海の魔物を夢中にさせている間に渡らないと食われる。エサはない
 4〜6 トラップの通路。収監時にしか解除されないトラップが張り巡らされた通路。あらゆる凶器が降るし、足元は剣山になってます
 7〜9 燭台さえもなくて、真っ暗なだけの通路。エルはひとりでここを通れる自信がなかった

973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:14:28.28 ID:y0Kk0pnR0
はい
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:14:48.27 ID:HSUw7rFfo
ぜろ
975 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 23:18:47.70 ID:ScrdLy9r0

エル「っ…」ピタッ

トレバー「どう…したんですか…?」

エル「…」

トレバー「…?」

エル「…」ゴクリ

トレバー「………何か…あるんですか…?」

エル「【安価下1】」

 1 さ…先に、行け…。手を放すな…
 2 …な、なななっ…何でも、ない…っ…ふぅー…ふぅー……………よ、よし…
 3 その他、自由台詞で強がりつつ突破を試みるためにトレバーに話しかけよう

976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:19:58.83 ID:ib3APCIFo
977 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 23:23:10.04 ID:ScrdLy9r0

エル「さ…先に、行け…。手を放すな…」

 ギュッ

トレバー「……?」

 スタスタ

エル「…」ブルブル

トレバー「…」

 スタスタ

エル「っ…」ブルッ


 【直下 コンマ判定】
 1〜3 もたもたしすぎて、脱獄に気づかれたぜ
 4〜6 途中で気づかれたものの外へ出られた。けど、荒れ狂う海のど真ん中だぜ…
 7〜9 ボートを奪って朝日の射し込む海へと漕ぎ出せた。ようやく自由にはなったぜ

978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:23:44.44 ID:6fqf2yVko
ぽい
979 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 23:28:51.28 ID:ScrdLy9r0

<カンカンカンカンカンカンッ

<脱獄者発生、脱獄者発生!

<囚人番号1434、並びに1435が脱獄している!

<脱獄者の殺害は許可されている! 脱獄者の殺害は許可されている!

<コキュウトスの脱獄者には死を!!

エル「気づかれた…」

トレバー「…でも…この、海…」

 ザザァァンッ…
 バシャアアッ

エル「っ…」

トレバー「小さい…ボートはあります…けども…」


 【安価下1】
 1 ボートで脱出するしかないよねー
 2 いっそのこと…泳ぐ?(肉体派な発想
 3 その他、どうしよ? もたもたしてると追いつかれるよ

980 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:29:46.24 ID:ib3APCIFo
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:30:28.81 ID:ib3APCIFo
あ、ごめん連取りした
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:30:34.73 ID:Tv5gjflO0
とレバーをボートでいかせて自分は泳ぐ(2手に分かれてあとで合流)
983 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 23:38:16.09 ID:ScrdLy9r0

エル「…お前はボートで行け」

トレバー「何で…あなた、は…?」

エル「泳ぐ」

トレバー「ば、バラバラになるの…? 何で…?」

エル「…? 後で一緒になればいい」

トレバー「こ、この海を渡らないと…陸地に行けないのに…?」

トレバー「大体…こんなボートでも、泳いでも…めちゃくちゃになって…前に進むどころじゃ…」

トレバー「合流なんて、だいたいどこで…そもそも、そこまでこの波で行けるはずも…」

トレバー「二手に別れる意味とか…あるんです…か?」


 【安価下1】
 1 ……ないよ?
   A じゃあ一緒にボートやな?
   B じゃあ一緒に泳ぐか
 2 ど、どんなメリットがあるんだろう…? あるなら教えてくだされ…


―――――

 安価を把握したら、次スレっす
 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435323407/

984 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:39:10.66 ID:ib3APCIFo
1Aで全力で漕ごう
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:39:46.52 ID:q074pNXW0
1A
986 :じん ◆XWVTnloNXc [saga]:2015/06/26(金) 23:41:40.14 ID:ScrdLy9r0

 安価把握です
 では次スレへレッツゴー!

 残りはいつものように質問コーナーっす
 王子くんに質問があれば投げてくだされ。アシさんの希望があれば下記から選んでくだされ〜
 特になければ王子くんがひとりで回しますぅー

 モニカ サリー マリリー リリ ヒヒイロ スピカ セーブル ヨダカ レイド
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:42:19.27 ID:ib3APCIFo
レイド
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:44:42.22 ID:We1LgOKOo
レイドはどういう経緯で小児性愛、もしくはペドフィリアになったのかな?
悲しい過去がある感じ?
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:02.71 ID:cVXpm8u6O
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:07.40 ID:mjoiUu2DO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:11.21 ID:WuNEyl8jO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:15.72 ID:eMJHbeXSO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:19.78 ID:hvsdej3KO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:23.84 ID:TJYtW8NGO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
995 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:28.10 ID:+OY+/HpQO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:32.15 ID:q/v26Ee+O
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:36.62 ID:nvFX4RMXO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:40.62 ID:BnUvG+tlO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:45.72 ID:KVNtXv0VO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/06/26(金) 23:51:49.92 ID:FeaKSZ6vO
こなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいいこなあああああああああああああああゆきいいいいいいいいいいいいいいいいい
1001 :1001 :Over 1000 Thread
           , -―  、
         /       丶
        /          ヽ      こんなにもスレ住民達がおじぎに飢えてるとは思わなかった
        i   _,,_ル,,rョュ 、 i
        |  ィ rっフ , 弋ミア |r,         わたしの愛を  全てのスレ住民に!!!
       _|  "''"~ ハ   ハ   .i;{ 
       } ;    / " '  ヽ   |j  _   \ニニニ ニニニ   
        λヽ    r―''"入  /イ/ハ:.:/{ ノ !:::::|    ___ノ^ヽニニニニニ
      /.:::::  i   廷廾ニツ, , -――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニニ
     /.:::::::::::::: i、  - / -―- 、⌒V::::::/ // j___ノ、  ヽニニニニニ
  /ニニ、`ヽ`ヾ;  ヘ.イ 、__(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニニ
 ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>彡>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニニ
 ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´         ニ}      \>''"´
 ニニニニニニニニ/     ∨ /               }八
 ニニニニニニニ./        }ニ{  >>1000 thread over    ノニヽ     ノ
 ニニニニニニニ/       }ニハ               /⌒ヽヽヽ ___彡
 ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー=彡'ニニニニ
 ニニニニニニニ}          ⌒`丶、     /⌒ヽ  ノ     ノ____
  / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _彡ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
           /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    / SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
        /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
         /    //     /         \__ノ
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
人生で一度は言ってみたい言葉 @ 2015/06/26(金) 23:48:20.36
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4vip/1435330100/

【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争V【募集系】5 二日目・朝〜 @ 2015/06/26(金) 23:48:04.39 ID:gvaG+XpIo
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435330074/

穂乃果「皆でスマブラやろうよ!」 @ 2015/06/26(金) 22:48:47.13 ID:K5wf21lT0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435326517/

エレン・イェーガー 〜土下座を極めし者〜 @ 2015/06/26(金) 22:32:16.00 ID:lCuZZgfR0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435325525/

金剛「カタナ?」 三日月宗近「戦艦?」【艦これ×刀剣乱舞】 @ 2015/06/26(金) 22:27:32.35 ID:Xcn9g1Hi0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435325242/

【安価】灼「SRW!」京太郎「医務室はだめだ」【Part6】 @ 2015/06/26(金) 22:23:13.68 ID:K8GprElm0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435324983/

【咲-saki-】京太郎「海だ…」【安価】 @ 2015/06/26(金) 22:21:34.74 ID:SdKZguZTO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435324894/

モバP「ちょっとぶっ壊れたトライアドプリムス」 @ 2015/06/26(金) 22:10:34.85 ID:gHw5k+7TO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435324234/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

485.82 KB   
VIP Service SS速報VIP 専用ブラウザ 検索 Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)