本田未央「プロデューサーとのごはん」 その2

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 21:58:21.13 ID:sqyhweI30
前スレ
本田未央「プロデューサーとのごはん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434980705/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449925100
2 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 21:59:19.28 ID:sqyhweI30
P「お疲れ、未央」

未央「やみのまー! いやー、今日も疲れましたよー!」

P「全然疲れてなさそうなんだが」

未央「いやいや、未央ちゃんはとっても頑張りましたよ? だから、ご褒美が欲しいなー?」

P「まあ、頑張ったのは事実だからな……何がいい?」

未央「んー……お腹が空いてるから、何か食べに行きたいかも。何でもいいから、ね」

P「……なんだか、こういった感じのやりとり、前にもやったような気がするな」

未央「そうだったっけ?」

P「そんな気がする」

未央「んー……そう言われてみればそんな感じもするような、しないような……」

P「まあ、だからなんだって話でもあるんだがな」

未央「プロデューサーから振っといてそれ言っちゃう? いや、そうなんだけどさー」

P「だろ? ……まあ、とにかく、行くか」

未央「そだね。行っちゃお行っちゃおー!」
3 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 22:07:50.18 ID:sqyhweI30

――店の前

未央「お、ここは……ラーメン屋さん? そう言えば、初めてプロデューサーに連れて行ってもらったところもラーメン屋さんだったね」

P「今日のところはラーメン屋というか、つけ麺屋みたいなところあるけどな。……そう言えば、そうだったな」

未央「うん? ラーメンもつけ麺も一緒じゃないの? というか、つけ麺がラーメンの一種みたいなものじゃないの?」

P「んー……どうなんだろうな。俺もよくわからんが、ここはつけ麺専門店……だったはずだ」

未央「へぇ……でも、つけ麺ってあんまり食べたことないかも。そもそもプロデューサーと一緒じゃないとラーメン屋さんになかなか来ないし?」

P「お、そうなのか。つまりここも来たことがない、と。チェーン店だし、結構色んなところにあるから知っていてもおかしくないとは思うが」

未央「見たことはあるかもしれないけど……覚えてないかなー。意識してなかったら覚えられなくない?」

P「確かにな。何度も通っている道にある店でもまったく知らなかったりするからな」

未央「そういうことそういうこと。……まあ、とりあえず入ろっか」

P「そうだな」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/12(土) 22:14:02.42 ID:GizIIXREo
待ってた
5 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 22:23:44.11 ID:sqyhweI30

――店内

未央「ほうほう……ここ、割りと社会人御用達のお店だったりするのかな?」

P「あー……そうかもな。ここはそういうところかもしれない」

未央「それって理由とかあるの?」

P「ある……が、まあ、先に何を頼むか決めるか。と言っても、つけ麺か辛つけ麺か、ってくらいだが。あと、量も決められるが……」

未央「量? そんなの決められるんだ」

P「ああ。まあ、つけ麺だからな。麺とスープ……というか、つけ汁と言った方がいいのか? とにかく、それが別々に出されるからな。麺の量も調節しやすいんじゃないのか?」

未央「あー、そういうことかー。それで、量ってどれくらいの区別があるの?」

P「並、中、大……これが全部同じ値段で、特大だけ100円プラスだな」

未央「えっ、同じ値段なの?」

P「ん? そうだが……いや、確かに初めてなら驚くか。理由は……まあ、サービスじゃないか?」

未央「へぇ……太っ腹だね?」

P「なんで疑問形なんだよ」

未央「いやあ、ただより高いものはないと言いますし?」
6 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 22:34:29.68 ID:sqyhweI30
P「使い方間違ってる……って、まあ、そんなことはどうでもいいか。量はどうするんだ?」

未央「ん? えーっと、そうだね……なになに? 並が200gで中が300gで大が400g……ん? これがぜんぶ同じ値段なの?」

P「そうなるな」

未央「おおー……それはなんだか、すごいね。でも、400g……ぜんぶ同じ値段ってなるといちばん多いのにしたくなるけど、さすがに無理だよね?」

P「なんで俺に聞くんだよ……」

未央「いや、400gが多いってことは感覚的にわかるんだけど、実際どれくらいの量なのかはわかりませんし?」

P「……まあ、そうか。とりあえず大は俺が腹いっぱいになるくらいだからやめといた方がいい。未央なら……並か中じゃないか? 並でちょうど。中で腹いっぱい、って感じだろ」

未央「さすがプロデューサー。私のことを私以上に知ってるね!」
7 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 22:41:28.79 ID:sqyhweI30
P「それ、今言う台詞か? ……で、どっちにするんだ?」

未央「んー……そうだね。せっかくだから中にしよっかなー。多過ぎたらプロデューサーが食べてくれるでしょ?」

P「まあ、そうだが……お前から言うことか?」

未央「えへへ……確かに今のは流石に図々しかったかも。ごめんね、プロデューサー」

P「べつに謝らなくてもいい。俺と未央の仲だし、遠慮する必要もないしな」

未央「え? プロデューサーと私の、仲、って……その」

P「あっ……い、いや、今のはそういう意味じゃなくてだな……」

未央「そっ、そうだよねー! ごめんごめん、ちょっと、勘違いしちゃったよー!」
8 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 22:47:31.04 ID:sqyhweI30
P「……その、べつに勘違いってわけでもないが……」

未央「えっ……」

P「……」

未央「……」

P「……あー! もう! なんでこんなところでこんな雰囲気になってるんだ。未央が中、俺が大で決まりでいいな? 注文するぞ?」

未央「う、うん」

P「よし。すみませーん!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/12(土) 22:49:20.77 ID:b2zyEB0Ho
やったぜ待ってた
10 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 22:53:24.37 ID:sqyhweI30

――

未央「おおー……これがつけ麺。割りと多い?」

P「どうだろうな。まあ、これまで俺と付き合ってきた未央なら食べ切れるだろ」

未央「それ、よろこぶべきかどうなのか迷っちゃうんだけど。でも、こういうのなんだ。このスープ、と言うか、つけ汁? この色は……何味?」

P「魚介系だな。濃厚魚介系のつけ麺、って言うと割りとスタンダードな感じがするな」

未央「そうなんだ。あと……麺、すっごく太いね。これを言ってもいいのかわかんないけど……うどんみたいな感じがするかも」

P「極太麺もここの店の特徴だな。いや、つけ麺は割りとこういう麺が多い印象もあるが……」

未央「そうなの?」

P「俺の知る限りは、な。やっぱりスープと絡ませることが重要だからなのかもな」
11 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 22:56:10.99 ID:sqyhweI30
未央「ほうほう……あと、この麺の太さを考えると、思ったよりも出てくるのが早かったね。ファストフード……ってほどじゃないかもしれないけど、それが社会人御用達の理由?」

P「まあ、そうだろうな。早く出てきて、腹いっぱい食べることができる。牛丼なんかと比べると値段はさすがに違うが……それでも、来るだけの価値はある」

未央「おっ、つまり、おいしいんだね? これは期待がもてますなあ」

P「魚介系は好みがわかれるところではあるが、な」

未央「好みがわかれるところではあるが、たぶん未央も好きな味、って?」

P「そういうことだな」

未央「やっぱり、プロデューサーは私よりも私のことを知ってるね。うんうん、これからも精進してくれたまえ?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/12(土) 22:56:26.55 ID:LY6mijIA0
おお…待望の新スレ!
13 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:01:51.53 ID:sqyhweI30
P「何様だよ」

未央「うーん……お星様?」

P「お前、星だったのか……」

未央「アイドルだしねー。ほら、私ってよく星に例えられるでしょ? パーフェクトスターですし?」

P「そうだな」

未央「むぅ……冷たくない?」

P「冷たいと言えば、早く食べなきゃ冷めるぞ」

未央「あ、そうだね。じゃあ、いただきまーす」

P「いただきます、と」
14 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:07:00.78 ID:sqyhweI30
未央(さてさて、つけ麺ですかー。スープに麺をつけて食べる……なんか、ざるそばを思い出すかも。というか、たぶん同じことなんだろうなー)

未央(濃厚魚介系のスープ……らしいけれど、どういうものなんだろう。さすがにスープは……うん、飲まないよね。濃そうだし。ざるそばのおつゆを飲まないのと同じで?)

未央(えーっと……ざるそばと同じ要領で、麺を持って、漬けて……おおう、これは見るからに濃いね。ドロドロっぽい。麺を漬けるとより鮮明、って感じ? これは確かによく絡みそう……というか、足りるのかな? さすがに足りるかな? どうだろ。なんだか心配になってきたかも……って、食べる前から何を心配してるんだ、私。取らぬ狸の皮算用、って?)

未央(とにかく、麺をスープによく絡めて……いただきます)ズルズル……
15 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:15:37.55 ID:sqyhweI30
未央「んっ……」

未央(おおー、これは濃いですなあ。前に……プロデューサーに初めて連れて行ってもらった『こってり』の店とはまた違うって感じ。これが魚介系……なかなかに癖が強いというか、何と言うか? あ、これが前の塩ラーメンのお店でプロデューサーが言ってた『雑味や生臭さ』みたいなものなのかな? でも、私はそこまで嫌いじゃないかも)

未央(あと、麺もなんだかいい感じかも。極太だからなのかな。この濃厚なスープに負けてないというか……麺も麺で楽しめるみたいな。どっちかが主張し過ぎているわけではなくて……いや、どっちも主張してきてるから、相対的に同じくらいに感じるのかも)

未央(シコシコというか、ゴワゴワというか、なかなかに食べごたえのある感じ。やっぱりうどんが思い浮かぶなー……いや、ちょっと違うんだけど)

未央(こういうの、食べるの初めてだなー。うん、おいしい! 濃厚なスープが極太麺に絡んで、それを一気に啜るのが気持ち良い。いくらでも食べられる……みたいな感じではないけれど、かなり良いね!)

未央(なんて言ったらいいのかなー……なんか、この感じをうまく表せる言葉があるような気がするんだけど……ジャンク? あ、ジャンク。ジャンクな感じ)

未央(なんだか褒め言葉なのかどうかわからない言葉になっちゃったけど、この早さで出てきて、この量が出てきて、この濃い味。ジャンク、って感じがするかも。そりゃおいしいよね! っていう)

未央(つけ麺……良いね! これは色んなお店のつけ麺を食べてみたくなっちゃいますなあ……)
16 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:16:17.67 ID:sqyhweI30
P「どうだ? 未央。つけ麺は」

未央「おいしいよ! すっごく太い麺とすっごく濃厚なスープが良い感じ!」

P「だよなー。この味がこの早さで出てくるチェーン店、それに量を調整できるなんて、そりゃ人気も出るだろ、って話だ」

未央「うん。人気も納得、って感じかも」

P「魚介系、ってことで割りと癖があるというか、臭みはあるんだが、そこまで嫌な臭みってわけでもないんだよな。むしろ魚のいいにおい、って感じか。そりゃ、苦手な人も居るんだろうけどな」

未央「私は好きだったなー。みくにゃんとかは苦手かも?」

P「あー……確かにみくは苦手そうだな。こういう臭みがないんだったら魚介系もいけるんだろうが……」

未央「だねー……って、でも、鰹節とかの出汁は大丈夫っぽいよね? ここのも割りと鰹っぽい感じじゃない?」

P「ん、確かにそうか……いや、そもそも鰹の出汁が大丈夫なのかどうかわからんが……どうなんだろうな。みくにはみくで基準があるんだろうが……」

未央「うーむ……みくにゃんがどこまで大丈夫なのか。これは結構な謎かもしれませんね、ワトスン君?」
17 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:18:31.27 ID:sqyhweI30
P「俺がワトスン役かよ……でも、そうだな。気になるな。……一回、試してみるか」

未央「試してみるか、って……なんだか悪い人の台詞みたいだよ、プロデューサー」

P「アイドルのプロデューサーなんて悪いもんだ。もちろん、本気で嫌ならやらないがな」

未央「まあ、プロデューサーならそうだろうけど……みくにゃんもみくにゃんで、嫌がりながらもやりそうなんだよねー」

P「あいつはそういう奴だからな。無理はさせないつもりだが」

未央「本当にねー。みくにゃん、プロ意識高いからたまに心配になるんだよねー」

P「プロ意識が高いことはいいことなんだが、な。まあ、俺を信じろ。誰にも無理なんてさせないよ。もちろん、未央。お前にもな」

未央「……うん。でも、プロデューサーにも、無理なんてさせないからね」

P「んっ……そうか」

未央「うん、そうだよ」

P「……さて、食べるか。冷めない内に、な」

未央「……うん」
18 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:20:25.97 ID:sqyhweI30

――店の外

未央「はー……お腹いっぱい。余は満足じゃー」

P「誰だよ……まあ、良かったよ。口に合ったみたいで」

未央「正直、プロデューサーが好きなものはだいたい私も好きなんだと思うよ? ほら、好きな人の好きなものは好きになるって言うでしょ?」

P「……それを言うのか」

未央「えへへ、言っちゃうー♪」

P「あんまりそういうことを言わないように、って約束じゃなかったか?」

未央「そうだったっけ? でも、その前から私ってこんな感じじゃなかった?」

P「……まあ、そうだが」
19 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:22:41.27 ID:sqyhweI30
未央「それなら問題ナッシング、ですよ。これからも積極的にいっちゃうからね」

P「……あんまり来られると、俺の方が我慢できなくなりそうなんだが」

未央「そう? ……私は、そうなってもいいんだけどね」

P「っ……お前、そういうの本当にやめろよな」

未央「破壊力高い?」

P「凶悪的だ」

未央「えへへ……ごめんね?」

P「謝るくらいならやるなよ……」

未央「善処しまーす」

P「善処、って……お前なあ」
20 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:24:15.52 ID:sqyhweI30
未央「だって、できる気がしないんだもん。……あ、話は変わるけどさ、そう言えば、プロデューサーに初めて連れて行ってもらった店ってラーメン屋さんだったでしょ?」

P「ん? ……まあ、そうか。そう言えばそうだな。いつのことだったか、って感じだが」

未央「いつ……いつだったっけ。かなり前だったような気がするし、最近だったような気もする。夏よりは前だったような気がするんだけれど……」

P「まあ、それくらいだな。で、それがどうしたんだ?」

未央「あ、そうそう。それでさ、今日もラーメン屋……じゃ、ないけど、そういう感じの店だったわけじゃん?」

P「そうだな。それが?」

未央「……プロデューサーとこういう関係になって初めての店がまたここ、って、なんだか、運命的なものを感じない?」

P「……まだそういう関係じゃないけどな」

未央「『まだ』、なんだ」

P「ああ」

未央「……こういう時は、照れ隠し、しないんだね」

P「して欲しいか?」

未央「ううん。今のままでいいよ。今のままが、好きだから」

P「……そうか」

未央「うん」
21 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:25:00.68 ID:sqyhweI30
未央「もう……それじゃあ、私もポエム返し、してあげるよ」

P「ポエムって……お前」

未央「いいからいいから、聞いて?」

P「……わかった」

未央「……プロデューサー。最初にラーメン屋さんに連れて行ってもらってから、私たちは色んなお店に行ったよね。それから、私たちの関係も変わっていって……実はね、プロデューサー。私、もうプロデューサーがこういうところに……ラーメン屋さんとか、そういう『普通は女の子を連れて行かないような場所』に……それだけじゃなくて、もう、一緒にごはんを食べにいけないんじゃないか、って……そんなことを、思ってたんだ」

P「……うん」

未央「でも……プロデューサーは、今日みたいに、連れて行ってくれたでしょ? それは……その、とっても、嬉しかったんだ。だから……これからもいっぱい、こういうところに連れて行ってね。お願い、できる?」

P「……言われるまでもない。頼まれなくても連れて行くさ」
22 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:26:12.36 ID:sqyhweI30
未央「……えへへ。なんだか、変な雰囲気になっちゃったね」

P「……そうかもな」

未央「……それじゃ、帰ろっか」

P「……そうだな」

未央「……ねえ、プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「これからも、よろしくね」

P「……こちらこそ、よろしくな」



23 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:30:49.80 ID:sqyhweI30
これにて今回は終了です。
この店は良い店だと思うんですよね。つけ麺界のファストフード店? いや、ファストフードってほどじゃないんですけど……前スレのうどん回の某うどん屋さんみたいな感じがします。つけ麺界のあのうどん屋さんみたいな? どっちも『製麺』って名前に入ってますし。

今回は前スレというか初回を意識した感じですね。でも初回と全然違うのはやっぱり色々と変わったということなのかもしれません。

このSSはこのように未央とごはんを食べたい妄想SSとなります。
不定期で続ける予定ですが、ひとまずは、ここまで読んで下さってありがとうございました。
24 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/12(土) 23:35:10.44 ID:sqyhweI30
あとSSとは関係ありませんが……って、前スレではなんだか恒例みたいになってたからこれも入れてましたが、これは本当に必要なのか? みたいなところありますね。完全に私事ですし。でもたまにSSと関係あることも話すから……うーん、どうなんでしょう。
とりあえず、昨日というか今日? の孤独のグルメがちょっと意味わからないくらいおいしそうで、おいしい洋食屋さんに行きたくなりました。(SSとは関係ない話)。でも今日これを書いてこの店に行きたくなりました。(SSと関係あるかもしれない話)。

改めてありがとうございました。
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/12(土) 23:56:33.99 ID:6+pNzU9qO
乙です
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/12(土) 23:58:57.83 ID:qneZqWHUo
おう乙
割と早めのリバイバルで嬉しい限り
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 01:37:56.03 ID:V3gumaT80
乙。待ってました。
前スレより甘々で良いね、楽しみにしてます。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 01:38:56.85 ID:TaKew9+a0
ひとまず乙です。
こんなに早く続きが読めるとは思ってなかった。
ここの未央ほんと好き
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 01:46:02.25 ID:7YGj5mTuo
>>26だけど落ち着いて考えてみたらリバイバルって表現違う気がしてきた
大人しくこんなに早く続きが読めて嬉しい、ってレスにすればよかった
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 09:02:19.95 ID:ahjguIU20
また読めるのは嬉しいわとりあえず乙

うちの系列店のような気がしてならない
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 11:58:27.60 ID:e60Se/+60
魚介系は苦手な人も多いよね
中和する為の?柑橘類加えてる店もあるけどアレ逆効果じゃないかなぁ
32 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/13(日) 13:09:56.03 ID:McEInKtJ0
あっすみませんちょっと抜けてました
33 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2015/12/13(日) 13:11:34.88 ID:McEInKtJ0
>>20>>21の間

P「……ラーメンからつけ麺に変わったように、俺たちの関係も変わったな」

未央「……んん?」

P「えっ、なんだその反応」

未央「いや……ちょっと、上手く言ったつもりだったのかもしれないけど、下手過ぎて」

P「……そこまでか?」

未央「うん。ちょっと引いたもん」

P「マジか……」

未央「うん。プロデューサーをやれてるのが心配なくらいセンスなかった」

P「そこまでか!? そこまで言われるほど悪かったか!?」

未央「いやあ……えへへ」

P「笑ってごまかすなよ……さすがに凹むんだが……」

未央「あ、プロデューサーの凹み芸だ」

P「芸って言うなよ……」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 13:27:20.66 ID:VeAGoz9w0
>>31
魚介系は当たり外れの差が激しいと思う
初めて行った魚介系のスープのラーメン屋が大外れでさ
魚特有の生臭さしかしなくて食えたもんじゃなかったわ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 14:13:41.94 ID:Fqis08wHo
おつ
いいなぁ…俺も未央ちゃんと一緒にご飯食べたい
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 15:06:41.95 ID:NjpD5R4Bo
>>35
???「課金し続ける事によってゲームの開発費が増え、いずれはそんな機能が実装されるかもしれませんよ、プロデューサーさん!」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 16:14:52.77 ID:BDyYU0Yv0
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/13(日) 16:40:30.40 ID:DaiWsBhpO
つけ麺チェーン店か、都内だとすると三田製麺所?

>>31
柚皮入れたりする店あるけど正直あれいらないよなあ
香りが強すぎるから味が変わってしまうし
>>36
そういうのはもう次の世紀にならないと無理じゃないですねえ…
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/14(月) 08:06:04.77 ID:Xr/cqo9b0
乙。前スレ好きだったから続編嬉しい。
相変わらずかわいいちゃんみお書きますなあ
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/14(月) 09:58:48.43 ID:heb8KayxO
乙です!
これ読んで行きたくなったから
最近前スレ>>497のラーメン屋行ってきたぜ!
美味しかった!
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/14(月) 22:39:48.32 ID:TQwCkQ5H0
続編来てるしちゃんみお可愛いし嬉しいぞ!これからも頑張って俺たちの腹を空かせてくれ>>1
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/16(水) 11:37:45.28 ID:77SEw/uso
つけ麺はつけ汁をたっぷり絡ませたい時は熱盛りで頼みたいな
麺は冷やした方がシコシコ感が強くなるんだけどつけ汁が冷めやすいから麺を少しだずつ取って軽くつけ汁に付けて食う
そうすると麺の味も楽しめるし冷めにくくなるんだよ
あとは具は最後まで残してスープ割にしてから食う
Pがスープで割らなかったのは意外だったかも
あー、美味いつけ麺食いたくなってきたわ!
43 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2015/12/20(日) 18:28:36.16 ID:7DFBPWe10
>>42
前回なんか物足りないなーと思っていた原因がわかりました。すっかり忘れてましたね。実際、そういう描写を入れていたら

P「そう言えば未央、スープ割り、するか?」

未央「スープ割り?」

P「ん、知らないか」

未央「うん。スープ割りってどういうの? 『割り』ってことは……『水割り』とか『ソーダ割り』とか、そういうのと同じ?」

P「それは違うと思うが……いや、同じと言えば同じか? まあ、説明すると――」

みたいな感じになっていたと思います。「ひやもり」「あつもり」に関しては認識していたんですが面倒だったので描写しませんでした。あれはどっちの方がいいのか未だに迷いますね。割りとお店側に任せているような気がします。あとは気分? Pはどっちかこだわりがあるような気もしますが未央はまだどっちかわからない段階だと思います。でも、どっちかが「ひやもり」でどっちかが「あつもり」にしても差別化できましたね。そう考えるとちゃんと書いた方が個人的な満足度が高かった気がします。次つけ麺のお店を書く時はそうすると……いや、覚えていれば、の話ですけど。
44 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 18:29:38.25 ID:7DFBPWe10

――事務所

未央「……」ポチポチ

P「……」カタカタ

未央「……」ポチポチ

P「……」カタカタ

未央「……ふわ」

P「ん、未央。眠いのか?」

未央「あ、ちょっと目が疲れただけだから。大丈夫だよ、ありがとね」
45 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 18:36:39.75 ID:7DFBPWe10
P「目が疲れるまで携帯を触るのはどうなんだ」

未央「目がしょぼしょぼになって肩も凝っちゃうくらいにパソコンを触ってるプロデューサーくんの言えることかな?」

P「まあ、俺は仕事だからな……」

未央「……むぅ」

P「なんだその顔。……心配するな。俺も適度に休みながらやってるからな。そうしないとちひろさんにも怒られる」

未央「そう? ……でも、うん、そっか。ちひろさんだもんね」

P「信頼できるだろ?」

未央「……ちょっと、妬けちゃうけどね」

P「……」
46 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 18:44:10.79 ID:7DFBPWe10
未央「……今の、反応ないの?」

P「……どう反応しろって言うんだよ」

未央「んー……わかんない」エヘヘ

P「わからないのか」

未央「でも、反応してほしかったの。これが乙女心というやつなのです」

P「面倒くさいな……」

未央「あー。乙女心を面倒くさいなんて言っちゃいけないんだー」

P「実際、面倒くさいからな……」

未央「そこまで言う? ちょっと凹むんだけど……」
47 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 18:52:54.47 ID:7DFBPWe10
P「あー……いや、まあ、面倒くさいんだが……面倒くさいところが、かわいくもありはするな」

未央「えっ……えへへ。もっと言ってー☆」

P「……こうなるから言いたくなかったんだよ」

未央「えー? こんな私もかわいいんじゃないの?」

P「……かわいいから問題なんだよ。仕事が手に付かなくなる」

未央「そう? あ、それじゃあちょっと休憩にしない? ずっと頑張ってたら疲れるでしょ?」

P「休憩って……でも、そうか。ちょうどいい時間だな。それじゃあ……うん、まあ、未央なら」

未央「ん? 私がどうかした?」

P「未央の言う通り休憩にしようと思ってな」

未央「本当? それじゃあ、肩でも揉んであげよっか?」

P「それは心惹かれる提案だが……それより、昼、食べに行かないか? もうそんな時間だろ」

未央「んー……そだね。じゃあ、行こっか」

P「ああ」
48 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 19:01:29.47 ID:7DFBPWe10

――電車

未央「今日はどこに行くの? どういうお店?」

P「俺も行ったことがないところだな」

未央「おっ、そうなんだ。前の……新宿のラーメン屋さんみたいな?」

P「ああ。別のプロダクションのプロデューサー……前の人とはまた違う人、だな」

未央「おおぅ、そこまで同じなんだ……」

P「未央が好きってことも同じだがな」

未央「そこまで!? というか、それ、結構複雑なんだけど……」

P「ファンが多いってことでもあるんだから嬉しいんじゃないのか?」

未央「いや、嬉しいんだけど……うん、嬉しい、でいいのかな?」

P「いいと思うぞ?」

未央「……そうだね。うん、そうだよね」
49 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 19:07:46.73 ID:7DFBPWe10
P「ああ。で、その店だが……確か、ハンバーグの店、って言ってたな」

未央「おお、ハンバーグ。ということはプロデューサー的にもかなり期待してる感じ? ハンバーグ、好きって言ってたよね」

P「そうだな。かなり期待してる。なんでも、ソースが最高にうまいらしくてな……」

未央「ほうほう、ソースが……どういうソースなの? デミグラスソース的なやつ?」

P「いや。確か……ガーリックバターソース? だったはずだ」

未央「ガーリックバターソース……? どんなのなんだろ。でも、おいしそうだね」

P「味は想像できそうで微妙にできない感じだよな。いや、想像通りなのかどうかはわからない、って感じか。ご飯が進む味、らしいが」

未央「ご飯が進むんだ。日本人に生まれてよかった、ってやつ?」

P「いや、それはわからんが……まあ、食べてみないとわからない、ってな」

未央「だね」
50 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 19:15:25.41 ID:7DFBPWe10

――店の前

未央「ほうほう……なんだか良い感じのお店だね!」

P「ああ。なんだか洒落てる。平仮名の店名が味を出してる、って感じだ。完全洋風、ってわけじゃなくて、なんだか日本的な要素もある……とでも言えばいいのか」

未央「確かにそんな感じだね。でも、なんだか外を見るだけでいいお店! って雰囲気でいいね!」

P「外見だけで判断してはいけないってのが飲食店の基本って感じではあるが、なんだか『いい店』って雰囲気がするよな。……とりあえず、入るか」

未央「おー♪」
51 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 19:22:57.61 ID:7DFBPWe10

――店内

未央「まさか地下があるとは……でも、この雰囲気、なんか良い感じかも」

P「地下は最近できたらしいな。なんでも、地下ができる前は行列も行列、って感じだったらしい」

未央「んー……確かに上だけだとちょっとキツいかもね。現時点で割りといっぱいですし?」

P「だな。あるいは俺らが並ばずに入れたのは幸運だった、って可能性もあるが」

未央「それはあるかも。実際、普段がどんなのかはわからないけど、ね」

P「まあ、まだこれが初めてだからな。普段がわからないのは当然だ……っと、それで、何にする?」

未央「ハンバーグじゃないの? ……って、メニュー、結構あるんだね」

52 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 19:35:19.85 ID:7DFBPWe10
P「俺はまあハンバーグにするつもりだが……確か、いちばん人気なのがこのチーズハンバーグってやつだったはずだ」

未央「あ、普通のハンバーグじゃないんだ。……うん、でも、私もそれにしよっかな」

P「グラム数は?」

未央「いちばん小さいのが200g……か。それじゃあそれで。プロデューサーは?」

P「まあ、300gだな」

未央「やっぱり。それじゃ、注文しよっか」

P「ああ。すみませーん」
53 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 19:48:43.04 ID:7DFBPWe10

――

未央「ライス大盛り無料だったんだね。あと、おかわりも無料って言ってたね」

P「だな。俺は大盛りにしたが……未央はしないでよかったのか?」

未央「しないよー。というか、プロデューサーこそ大盛りにしてよかったの? まずは普通のにして、それからおかわりすればよかったんじゃないの?」

P「ん、まあ、それはそうなんだが……いちいち注文するのってなんか申し訳なくないか?」

未央「あー……そっか。うん、まあ、そうかも。何度も店員さんを呼ぶのって、確かにちょっと申し訳ない感じあるよね」

P「お、未央もそう思ってるのか。未央らしいというか、未央らしくないというか……」

未央「えー。それ、どういう意味? 私もぐいぐい押しているだけの人間ではありませんよ?」
54 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 19:58:12.16 ID:7DFBPWe10
P「わかってるわかってる。ただ、未央ならどっちでも想像できただけだよ。店員さんを慮りそうではあるが、同時に店員さんを呼んだりすることに抵抗感がなさそうでもある、ってな」

未央「んん……? なんだかわかるような、わからないような……」

P「そうだな……つまり、未央を褒めてる」

未央「おっ、それならわかるよ。もっと褒めてくれてもいいんですよ?」

P「褒める理由がないだろ?」

未央「理由がないと人を褒めないというのはどうなのかな? 理由がなくても褒められたら嬉しいんだから、褒めてほしいなー」

P「理由がなくて人を褒めまくってるだけの奴って胡散臭いような気がするが――っと、そうこう言っている内に、来たぞ」
55 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 20:09:30.10 ID:7DFBPWe10
未央「えっ? あ、ほんとだ……サラダだね」

P「早かったな。これは……大根のサラダ、か」

未央「これ、今食べてもいいのかな?」

P「まあ、そうなんじゃないか?」

未央「それじゃ、とりあえず、いただきます?」

P「ん、そうだな。いただきます」

未央(ということでサラダ……だけど、さすがにこれがめちゃくちゃおいしいってことは……いや、でも、わからないなぁ……)

未央(とりあえず、食べてみなくちゃわからない、よね。ということで、いただきまーす)パクッ

未央「……うん」

未央(普通のサラダだね。いや、シャキシャキでおいしいんだけど……なんとなく、ここはそんなものじゃないって気がする。プロデューサーにいっぱいおいしいお店に連れて行ってもらって培われた『カン』みたいなものがそう言っているような気がする!)

未央(……そう言えば、このサラダ、残しておいた方がいいのかな。どうしよ。うーん、プロデューサーは……あ、食べてる。じゃあ食べちゃおー、っと)
56 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 20:20:05.14 ID:7DFBPWe10

――

未央「さて、ライスとハンバーグがきましたね、プロデューサー」

P「ん、そうだが……なんだそのノリ」

未央「え? いや、なんだかやりたくなっちゃって」

P「そうか。しかし……結構、ライスの量が多いな」

未央「そりゃ、プロデューサーは大盛りだもん。当然でしょ? いや、私のも割りと多いような気はするけど……」

P「まあ、ご飯に合うって話だし、問題ないだろ」
57 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 20:26:36.53 ID:7DFBPWe10
未央「かな? でも、これがガーリックバターソースなんだね。なんだか綺麗かも。黄金色? みたいな?」

P「チーズも結構なもんだな。というか、微妙にチーズかソースかわからないんだが……このハンバーグの上に乗ってるのがチーズだよな?」

未央「いや、明らかにそうだと思うけど……この付け合せにマッシュポテトとブロッコリー? これもこのソースに付けて食べるのかなー」

P「それは好みじゃないか? まあ、とりあえず、食べてみるか」

未央「うん、いただきます……って、さっきも言ったか」

P「べつに二回言ってもいいとは思うがな……いただきます」

未央「お、それじゃ、いただきまーす」

P「お前、それだと三回目になってるが……まあいいか」
58 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 20:38:42.79 ID:7DFBPWe10
未央(さてさて、ハンバーグ……ハンバーグですよ!)

未央(うーん、なんだかおいしそうなにおい……でも、そこまでにおいが強いというわけでもないかも。だから女の人が結構居るのかな。そうそう、ガーリックが入ってるソースで女の人がこんなにいっぱい、っていうのが意外だったんだよね。まあ、平日のランチだから、ってこともあるような気はするけど……それにしても、多いから)

未央(これは私も気にせず食べられる、ということかな? ブレスケアはきちんとするつもりだけど……って、そんなことはあとあと! 今は、これに向き合おー)

未央(まずはどこから手を付けようかなー。でもまあ、ハンバーグから? ということで……ちょっと切って、っと……)スッ

未央(おっ、すっと切れた。なかなかに柔らかいハンバーグなのかな? それで、これをガーリックバターソースに絡ませて……っと、思った以上にシャバシャバだなー。絡ませにくいかも。えっと、でも、なんとか絡ませて、っと)

未央(じゃあ、食べようかな。いただきまーす、っと)パクッ
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/20(日) 20:45:09.02 ID:pb91UjMIo
??「ハンバーグのお店に行くのに未央ちゃんと二人きりなのはズルいにゃ!」
60 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 20:51:09.87 ID:7DFBPWe10
未央「……!?」

未央(はー……こう来るかーこう来ますかーこう来ちゃいますかー! おいしい! いや、そこまで予想外の味、ってわけじゃないんだけど……いや、うん、ここまでのおいしさは予想外かも)

未央(ハンバーグは柔らかいことは柔らかいんだけど、ジューシーじゃないわけじゃなくて……なんて言えばいいんだろ。割っただけで肉汁が溢れ出す、みたいな感じじゃなくて、口の中に入れて噛むとじわーっと広がる、みたいな感じ? ふっくらジューシー、なんて言ったらいいのかな。もうこのハンバーグだけでおいしい気がする!)

未央(それから、このソース……このソース! このソースがもうすごい! というかヤバい! もうヤバいとしか言えなくなっちゃうくらいの味! ガツンとにんにくが来た後にバターのコクみたいな感じとかチーズのまろやかさというか甘みというかそんなのが来てとにかくおいしい! あー、もう! こんなのおいしいに決まってるよー!)

未央(あと、ライスに合うって言ってたよね。うん、そりゃもうライスに合うでしょうよ! こんなの合わないわけないもん! あ、でもでも、一緒に食べる前に単体で食べておこっかな。ライスははたしてどういうものか!)
61 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 20:55:24.42 ID:7DFBPWe10
未央(うんうん……なんだかぴかぴかでおいしそうな感じ! でも、ライスでそこまで食べ方を考えることはないよね。いただきます)パクッ

未央「……ほうほう」

未央(思ったよりおいしい。え? ご飯もおいしいんだけど。ちょっと硬めなのは『ライス』だから? いや、でも、このちょっと硬めなのがまた良いかも。うん、おいしい。ライスだけでもなんだかおいしい感じ……なんだけど! そんなことよりもハンバーグと一緒にこのライスを食べちゃいたい! ということで! ハンバーグを切って、ソースを出来る限り絡ませて……ライスに乗せて、食べる!)パクッ

未央「……んー!」

未央(うん! おいしい! わかってたけど! うん、うん! これは良いね! おいしい! ご飯が進んでもう最高!)

未央(このガーリックバターソースはなかなかに高カロリーって感じだけど……うん、でも、すごいなー。このソース、なんだかもう『ずるい』って感じ。食レポ的に言うと『旨味の暴力じゃー』みたいな? でも、そんな表現でも誇張表現じゃないような……とにかく、おいしい!)
62 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:00:40.00 ID:7DFBPWe10
未央(……そう言えば、このマッシュポテト、まだ食べてなかったなー……これをソースに、って……なんだか、想像するだけでおいしそうなんだけど! これは検証が必要だね! ということで、ソースをたっぷり付けて、っと……)パクッ

未央「……うん!」

未央(わかってた! わかってましたよおいしいってこと! というか、ポテトだからかハンバーグよりもソースが絡んできてるかも!)

未央(はー……もう、最高……こんなのを知っちゃったら、もう、ダメになっちゃうよ……)
63 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:04:46.85 ID:7DFBPWe10

――

未央「……それで、アイス、だね」

P「ああ。抹茶のアイス……うん、食べるか」

未央「うん」

未央(やっぱり、おいしいものを食べた直後だと、なんだか口数も少なくなっちゃう。というか、言葉なんていらない、って感じ。店の外に出るまでは、ただただこの余韻に浸っていたい、みたいな……って、まだアイスがあるんだけど)

未央(でも、このアイス……うん、なんとなくだけど、こういうお店のアイスはおいしいよね。ということで、っと)パクッ

未央「……ふぅ」

未央(もう、溜息が出ちゃう……抹茶のアイス。抹茶……抹茶のアイスなんだけど、良いな。おいしいな。ちょっとこってりしてた口の中がさっぱりするというか、癒やされたというか……)

未央(……めちゃくちゃおいしい抹茶アイス。もうこれだけでも満足できるくらいの味。でも、今までがあったからこそ、このおいしさが最大限に引き出されている気がする)

未央(なんだか、最高の終わり、って感じかも)

未央「……ごちそうさまでした」
64 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:11:47.99 ID:7DFBPWe10

――店の外

未央「……おいしかったね、プロデューサー」

P「うん、うまかったな」

未央「あのソース、いったいなんなんだろうね。本当、すごかった……」

P「ご飯が進む味だったよな。いや、聞いていた話の通りというか、話以上というか……とにかく、良かったよ」

未央「でも、ライスは思った以上に多かったかも。プロデューサーも多くなかった?」

P「まあ、結構な……それでも、あのソースがあったからな。腹はいっぱいだが……」
65 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:15:08.52 ID:7DFBPWe10
未央「私もお腹いっぱーい。おんぶしてくれる?」

P「今回は俺も辛いからダメだ。というか、お前も大して辛くはなさそうだしな」

未央「えへへ、バレた? まあ、満腹、って感じなだけだしね」

P「それならする必要はないだろ。というか、本来ならするべきではないからな」

未央「それはそうだけど……でも、こういう状況を利用してやりたい、って思っちゃうのは仕方ないじゃん?」

P「それ、言うか?」

未央「だって、本当のことなんだもん。……こういう理由がないと、恥ずかしくて、なかなか言えないし」

P「……それ、言ってて恥ずかしくないか?」

未央「……恥ずかしい、けど、でも、ホントのこと、だから」

P「……そうか」

未央「……うん」
66 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:18:18.85 ID:7DFBPWe10
P「……でも、本当においしかったな。他のメニューも気になるが……次に来たらなんだかんだであれを頼んでしまいそうだ」

未央「それは私もそうかも。本当においしかったもんね。……そう言えば、プロデューサー、前のラーメン屋さんみたいにならなかったね」

P「前? ……ああ、新宿の時の、か。あの時に『ゆっくり話したい』って言ったのは未央だろ?」

未央「……覚えててくれたんだ」

P「まあ、な」

未央「……えへへ。私はちょっと忘れてたんだけどね」

P「お前が覚えてなかったのかよ……」

未央「でも、思い出したよ。うん、そんな感じだったよね」

P「で、ゆっくり話した感想は?」

未央「んー……まだまだ話したい、かも」

P「そうか」

未央「そうそう」

P「……それじゃ、事務所までは、話すか」

未央「お仕事に戻るまでは、って?」
67 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:19:13.10 ID:7DFBPWe10
P「それは言うなよ……あ、そう言えば、未央、にんにくだったが大丈夫だったのか?」

未央「んっ……それ、言う? せっかく言ってなかったのに……すぐにブレスケアするから大丈夫だもん」

P「まあ、それならいいが……」

未央「……あ、プロデューサー。ちょっと顔、寄せてくれない?」

P「寄せる、って……なんかこれ、前にも何かなかったか?」

未央「あ、バレた? でも、さすがに今はあんなことできないかな」

P「ん? なんで……って、それ、つまり」

未央「……えへへ。さすがに恥ずかしいからね」

P「恥ずかしいなら言うなよ……」

未央「プロデューサーまで恥ずかしくなるって?」

P「……まあ、そうだが」

未央「それならセーフ! 私の狙い通りだね!」
68 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:24:22.81 ID:7DFBPWe10
P「狙い通りなのかよ……というか、今の関係の方が言いやすいんじゃないか? 俺が言うのもなんだが」

未央「んー……まあ、意識してるかどうかは、重要だからね」

P「お前の方はあの時だと意識してなかったのか」

未央「んん!? ……ね、ねえ、プロデューサー、今、自分が何言ったか、わかってる?」

P「ん? いや、べつに普通の……っ! 忘れろ! 今すぐ忘れろ! くそっ、俺はいったい何を……!」

未央「……プロデューサー、珍しく焦ってる? いや、焦る自体はそこまで珍しくないかな……大声で、って、ちょっと珍しいかも」

P「そりゃ……いや、本当に忘れてくれ。失言だった。……冬だってのに、顔が熱い」

未央「そう? ……それじゃあ」ペタッ

P「なっ……」

未央「ホントだ。熱いね、プロデューサー。顔も、ちょっと赤い?」

P「……お前の顔も、ちょっと、赤いぞ」

未央「……うん。わかってるよ。恥ずかしいもん。でも、それ以上に、幸せだから」

P「……そうか」

未央「うん! ……いつまでもこうしているのは、さすがにダメだよね」

P「まあ、な」
69 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:29:54.56 ID:7DFBPWe10
未央「……そう言えば、ハンバーグのお店だったのに私だけで良かったの? みくにゃんとからんらんとか……」

P「あー……それは、まあ、初めて行く店では、な。自分で行ったことがある店以外に連れて行くっていうのは、あんまり人を連れて行きにくいからな」

未央「私だけは特別、ってこと?」

P「……そうなるな」

未央「……そっか。そうなっちゃうかー」

P「……店の話からだいぶ離れたな」」

未央「そう言えばそうだね。まだまだ話したいことはいっぱいあるし……店の雰囲気とか、思った以上に良かったよね」

P「ああ。上と地下で結構感じも違ったしな。ああいうところだとデートにも適しているのかもな」

未央「そうだね。……いつか、また、来ようね」

P「……ああ」



70 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:40:59.68 ID:7DFBPWe10
これにて今回は終了です。
前スレで教えてもらった店ですね。教えてもらった時からどれだけ経っているのか……行ったの九月ですからね。約三ヶ月前ですね。もうあんまり覚えてないみたいなところありますね。記憶総動員みたいなところあります。でも割りと強烈な記憶だったので書けたことには書けました。

「ハンバーグ」の店ということでみくや蘭子を出すのかどうか結構迷っていたんですが、結局こうなりました。その理由はPが言いましたが、たぶんこのPは未央くらいの関係の人じゃないと自分の行ったことのない店にはなかなか行かないだろうなー、と思ったんですよね。まあ状況によるとは思いますが、とりあえず今回はこうなりました。
でもみくや蘭子も書きたいのでまた書くかもしれません。未定ですが。というかまた誰かと、ってなると誰がいいですかね。いや、書けるアイドルと書けないアイドルが居るので言われたところで書くというわけではないですが……書けたとしても書かなかったりするというかその方が多いのでこれ言っても意味ないような気はしますね。でも簡単に「あっ、それいいな……」ってなるので言われると割りと書きそうです。わからないですけど。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
71 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2015/12/20(日) 21:49:33.08 ID:7DFBPWe10
あとSSとは関係ありませんが孤独のグルメが終わってしまいましたね……いや本当に関係ないですね。ある意味では関係ありますけど私が好きでたぶん影響受けているってだけなので内容とはまあ関係ないですね。正月の特番楽しみです。
アニマス再放送が終わるのはかなりキツいですね。生きれるかな……まあ来年は来年で色々あると思うので、とりあえずは年末特番に期待しておきます。

改めてありがとうございました。
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/20(日) 21:50:53.38 ID:pb91UjMIo
おう乙
はんばーぐたべたい
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/20(日) 21:58:01.16 ID:zcFu5YW6O
乙です
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/21(月) 00:39:24.91 ID:zMQgTI1k0
乙です

>>1的に1番美味しかったお店ってどこなんやろ
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/21(月) 02:00:36.97 ID:JxHlLpIW0
乙です
相変わらず未央が美味そうに食べおる。深夜に開くんじゃなかったよ笑
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/21(月) 10:25:29.33 ID:JdCMXbB3o
>>74
それ地味に残酷な質問だな…
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/22(火) 21:34:35.57 ID:JFX4YNNPO
>>76
確かにそうだわ
すまん、忘れてください
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/26(土) 23:54:53.68 ID:p08WDb3Ro
乙乙
このスレのおかげで前に増して外食意欲が沸きまくって堪んないわww
でも食に意欲わくと生活全般が豊かになる感じがする
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/27(日) 11:38:19.95 ID:yLMVAwEGO
食べること好きになると人生楽しくなるよ(自分の脇腹から目を反らしながら)
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/12/27(日) 12:02:53.40 ID:ac8GTVwvo
美味しいから大丈夫
81 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/06(水) 19:00:47.63 ID:q3nyPOlq0
次はどんな店だろう
82 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします [sage]:2016/01/07(木) 08:29:03.30 ID:tOJtsMzK0
手製のおせちとかお雑煮とか粥とか食ってくれてもいいな
83 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 14:36:17.98 ID:NDH+VP0v0

――事務所

P「寿司が食いてぇ!」

みく「えっ? Pチャン、いきなりどうしたの? ちょっとこわいにゃ……」

未央「うん! そうだね、プロデューサー! 未央ちゃんもお寿司が食べたい気分ですよ!」

みく「未央チャンまで!? って、これ、なんかイヤな予感がするんだけど……」

P「ということで、みく! 一緒に食べに行かないか!?」

未央「行こう、みくにゃん! お寿司を食べに!」
84 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 14:40:04.32 ID:NDH+VP0v0
みく「えー……みく、お魚ダメって知ってるよね?」

P「いやいや、回転寿司ならいけるだろ? だから、な!?」

みく「確かに回転寿司なら食べられるものも多いけど……なんか、お魚も食べさせられそうな気がするもん……」

P「そんなことはない! なあ未央!」

未央「うんうん! もちろんですとも!」

みく「全然信じられないんだけど……とにかく、みくは行かないからね」

P「……そう、か。俺たちと一緒に食べるの、そんなに嫌、か」

未央「……私たち、みくにゃんに嫌われてるんだね」

みく「……」ムシ
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 14:43:52.77 ID:44LRaxCBo
ずっと待ってた
86 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 14:45:34.59 ID:NDH+VP0v0
P「……」ジー……

未央「……」ジー……

みく「……」ムシムシ

ガチャ

奈緒「おはようござ――って、何してんだ? Pさん、未央」

P「奈緒! 聞いてくれよ! みくがさぁ!」

みく「にゃあああああああもう! わかったよ! 行けばいいんでしょ! ただし! Pチャンと未央チャンだけじゃ心配だから奈緒チャンも一緒に、にゃ!」

未央「みくにゃん!」パァッ

P「みく! ありがとう! よし、というわけで、行くぞ、奈緒!」

奈緒「はぁ!? えっ、ちょ、どういうことか全然わからないんだけど!? 誰か説明してくれー!」
87 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 14:50:04.18 ID:NDH+VP0v0

――

みく「でも、どうしていきなりお寿司なの? ドッキリ……にしては、Pチャンがでしゃばりすぎだよね」

P「でしゃばりすぎって……いや、まあそうなんだが。いきなり寿司なんて言った理由は、まあ、食べたかったからだな」

みく「えぇー……思ったより適当な理由でちょっとショックにゃ……。というか、それじゃあ、みくが一緒に行かなくてもよかったんじゃない?」

未央「それはですね、みくにゃん。前に私、プロデューサーと一緒にハンバーグを食べに行ったんだけど、その時にみくにゃんは連れて行かなかったでしょ? ハンバーグと言えばみくにゃんとらんらん、みたいなところあるしね。それで、その埋め合わせ的な?」

みく「埋め合わせならハンバーグにしてほしかったにゃ……というか、それなら蘭子チャンはどうして連れて来てないの?」

P「蘭子はハンバーグが好きだからな。そっちに連れて行くつもりだ」

みく「じゃあみくもそっちに連れて行ってくれない!?」
88 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 14:59:00.50 ID:NDH+VP0v0
奈緒「……なんか、話を聞いている限りだと、あたし、完全に行く必要ないよな」

P「えっ……奈緒、回転寿司、嫌だったか?」

未央「『回る寿司なんかに連れて行かれるなんて屈辱だ』って……かみやん、すごいこと言うね……」

奈緒「そんなこと一言も言ってないだろ!? そういうことじゃなくてだな……」

P「いや、まあ、大した理由はないよ。みくが言ったからってだけじゃなく、ちょうど居たから……というか、あれで奈緒だけを連れて行かない方が不自然だろ?」

奈緒「……それもそうか。あれであたしだけ残されていたらさすがにちょっと……な」
89 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:00:12.43 ID:NDH+VP0v0
みく「そう言えば、奈緒チャン、何か用事なかったの? そこを無理やり、とかだったら申し訳ないにゃ……」

奈緒「んー……別に、大事な用はないよ。ちょっと勉強しようと思ってただけ。みくも結構そういう理由で来たりするだろ? いや、みくに教えたことはあんまりないけど……」

未央「みくにゃんは勉強家ですからなー。いやー、見習わなくてはいけませんねー」

みく「未央チャンが言うと嫌味に聞こえるにゃ……未央チャンのキャラで勉強ができるって、ちょっとずるいよね」

未央「いやいや、ずるくないですよ? 私もそこそこに勉強してますからね?」

奈緒「ろくに勉強してなくてそれだったら本当にやってられないけどな……そう言えば、Pさんは学生時代どうだったんだ? 勉強、してたの?」

P「ん? はっはっは……さて、そろそろ着くな」

みく「話の逸らし方強引過ぎじゃない? というか、Pチャン、みくたちには勉強しろって言うのに……」

P「いや、確かに人のことを言える身分じゃあないが……でも、勉強をして損をすることもないだろ? 学生の本文は〜、なんて言うつもりも言う権利もないが、勉強はやっておいた方がいいとは思うよ。芸能界でもそれを感じることはあるだろうし、な」
90 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:00:54.23 ID:NDH+VP0v0
未央「プロデューサーもそういうの感じたことあるの?」

P「たまには、な……こういう話は俺よりも詳しい人が居るだろうし、これくらいにしとくか。気になったら大人組に――頼りになりそうな大人組に聞け」

奈緒「その言い方、頼りにならない大人が居るみたいだな……」

P「いや、頼りにならないわけじゃないが、勉強とか、そういう方面じゃどうかわからないだろ? ……まあ、とにかく勉強しろってことだよ。そろそろ着く。この話はこれで終わりだ」

未央「はーい。ま、心配しなくてもちゃんと勉強しますよ。ね、みくにゃん、かみやん」

みく「まあね。みくもアイドルを言い訳にしたくないし」

奈緒「アイドルだからって勉強できないのも格好悪いし、な」

P「お前ら……なんか、お前らを見てると自分が情けなくなってくるよ。昔の俺は、どうして勉強しなかったんだろうな……」

未央「そっち!?」

みく「そこで自己嫌悪にいっちゃうんだ……」

奈緒「なんというか……Pさんらしいな」
91 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:06:06.21 ID:NDH+VP0v0

――店内

P「回転寿司……そういや、来るのは結構久しぶりかもしれないな」

未央「そうなの? プロデューサー、お寿司はあんまり好きじゃなかったり?」

P「いや、寿司は好きなんだが……一人で回転寿司ってのもなあ。一人なら他の店に行く時のが多い」

みく「Pチャンは一人回転寿司も一人焼肉も普通にやりそうだけど……」

P「んー……まあ、やらないこともないが、少なくとも回転寿司は一人でするメリットがあんまり感じられなくてな。何人かで来ても好き勝手に食べるだろ?」

奈緒「まあ、確かにそうかもな。回転寿司はみんなで来ても一人ひとりの好きなタイミングで好きなものを、みたいな気がする」

P「だから久々の回転寿司で、何を食べようか今から楽しみだ。あ、何かとってほしいものあれば言えよ。未央、奈緒」

未央「はーい。……そう言えば、みくにゃん、レーン側に座るのめちゃくちゃ早かったけど、それって」

みく「レーン側に座ったらお魚を食べさせられるかもしれないでしょ」

未央「ですよねー」
92 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:09:08.95 ID:NDH+VP0v0
P「だから、食べさせないって……あ、注文するけど、何か先に注文しておきたいものとかあるか?」

奈緒「まずは……そうだな、茶碗蒸しとかじゃないか?」

P「ん、茶碗蒸しか。そう言えば、みくは茶碗蒸しってどうなんだ?」

みく「お魚が入ってなければ大丈夫だけど……」

P「……ここの、入ってたか?」

未央「どうだったっけ? 覚えてないなー」

みく「んー……それじゃあ、いいにゃ。べつのものを食べることにする」

P「そうか? じゃあ……っと、茶碗蒸しは奈緒も未央も頼む、ってことでいいんだよな?」

奈緒「うん」

未央「いいよー」
93 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:11:00.45 ID:NDH+VP0v0
P「よし。それじゃあ注文、っと……しかし、時代も変わったよなあ。タッチパネルで注文できる時代になるなんて……」

みく「お寿司を素手で食べる人からすれば不衛生な気もするけどね」

P「あー……確かにな。毎回手を拭くって言っても、そうか。まあ、ここでは箸を使って食べてるが……」

未央「そう言えば、お寿司を素手で食べること……なんて、あんまりないかも。本当はそうするべきなんだっけ?」

奈緒「それは回らないところとかじゃないか? こういうとこではそこまで気にすることじゃないと思うが……」

P「回らない寿司屋でも絶対そうしろってわけじゃあないと思うけどな。周りの迷惑にならないのなら、自分の好きなように食べればいい」

みく「Pチャンがなんかいいこと言ってる……」

P「いいこと言ってるって思うんなら茶化すなよ……」
94 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:12:46.12 ID:NDH+VP0v0
未央「あ、えびアボカド。プロデューサー、とってとってー」

奈緒「あ、あたしもお願い」

P「お前ら……あー、どれがいい、とかは」

未央「べつにないよ」

奈緒「あたしも」

P「わかった。じゃあ、っと。はい」

未央「ありがと♪」

奈緒「ありがと、Pさん」

P「どういたしまして。……しかし、やっぱり女子っていうのはえびアボカドっていうのが好きなのか? みくは……まあ、エビフライが無理ならえびはキツいか」

みく「食べられない、ってわけじゃあないんだけどね。 苦手ってだけ」

未央「やっぱりみくにゃんの基準はわからないなー……結局、何が大丈夫で何がダメなの?」

みく「んー……難しいかも。たこ焼きのタコは大丈夫だけど、お寿司だとダメだし……」

奈緒「ずいぶん面倒くさいな……」

みく「それは言わないでほしいにゃ……。みくも自分で面倒くさいってわかってるもん」
95 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:13:50.97 ID:NDH+VP0v0
未央「というか、それだとお寿司で食べられるもの全然なくない? 連れて来て言うのもなんだけど……ダメ、だった?」

みく「連れて来たのに申し訳無さそうな顔をするのは卑怯じゃない? ……大丈夫だよ。たまになら、ね。あ、Pチャン。たまご、たまご欲しいにゃ」

P「ん、たまご、な……俺も注文しとくか」

未央「あ、それじゃあ私もー。かみやんは?」

奈緒「んー……今はいいかな。他のを注文するよ」

P「ん。それじゃあ、注文しとく。……そういや、えびアボカドってどうなんだ?」

未央「どうって? プロデューサー、実は食べたことなかったり?」

P「ないことはないが……あんまり食べないな」

奈緒「でも、『どう』って聞かれても答えにくいな……あたしは好きだけど」
96 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:15:14.81 ID:NDH+VP0v0
未央「あ、そう言えばかみやんはえびアボカドに醤油派? 甘ダレ派?」

みく「えっ……甘、ダレ?」

P「甘ダレなんてかけるのか……」

未央「マヨネーズ系のには甘ダレが意外と合うんですよ? かみやんはどうなの?」

奈緒「いや、かけたことないけど……」

未央「……つまり、甘ダレをかけるのは私だけ?」

P「みたいだな」

みく「みたいだね」

未央「えぇー、おいしいのにー……かみやんかみやん、一回付けてみてよー」

奈緒「えー……本当においしいのか?」

未央「ほんとほんと! 未央ちゃんを信じてよー!」

奈緒「未央だから信じられないんだが……」

未央「ひどくない!?」
97 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:21:17.69 ID:NDH+VP0v0
みく「まあ、未央チャンだしね……」

未央「みくにゃんまで!? ……うぅ、プロデューサー!」

P「いや、普段の行いが行いだからなぁ……でも、未央も実際にそう食べてるってことなら、おいしいんじゃないか?」

奈緒「ん……まあ、食べるだけ食べてみるけど……えっと、甘ダレを、どれくらいかけるんだ?」

未央「どれくらい? どれくらいって言われても難しいけど……そこそこ? 普通に? まあ、醤油の時と同じ感じで!」

奈緒「そんなに? ……うん、かけた、けど……」

P「うわぁ……」

みく「うわぁ……」

奈緒「その反応やめろよ! あたし、今から食べるんだぞ!?」

未央「いやいや、プロデューサーもこんな反応だけど、食べたら絶対……たぶん、えっと、おそらくおいしいって思うからね!」

P「なんだかどんどん信頼性が欠けていったな……不安になるんだが」

奈緒「今から食べるあたしの方が不安だよ……未央、本当に大丈夫なんだよな?」

未央「大丈夫って何回も言ってるじゃん。食べてみたらわかるって!」

奈緒「……それじゃあ、いただきます」

未央「召し上がれ☆」
98 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:26:16.57 ID:NDH+VP0v0
奈緒「……」パクッ

奈緒「……?」モグモグ

奈緒「……意外といける」

P「マジか!?」

みく「ホントに!?」

未央「ふっふーん、でしょでしょ? 未央ちゃんを信じてよかったでしょ?」

奈緒「うん……いや、本当、なんでだ? マヨネーズ、マヨネーズか? マヨネーズと甘ダレ、それからアボカドがなぜか合ってる……うん、これ、おいしいよ」

未央「でしょ!? いやー、さすがかみやん、違いのわかる女だねっ!」
99 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:29:04.22 ID:NDH+VP0v0
P「……奈緒、お前、嘘吐いてないよな? あと、醤油と甘ダレだったらどっちの方がいい?」

奈緒「嘘なんて吐いてないって。醤油か甘ダレか、は……人によるかもしれないけど、あたしは甘ダレの方が好き、かも」

みく「えぇー……」

P「奈緒……お前、そんな奴だったのか……」

奈緒「なんだよその言い草……Pさんも食べてみろって。本当に、意外といけるから」

未央「そうそう。食わず嫌いはダメですよ? 食べたこともないのにそんなことを言う資格はないのでは?」

P「……それじゃあ、えびアボカド、頼んでおくか」

奈緒「あ、あたしもお願い」

P「まだ食べるのか……?」

奈緒「……べつにいいだろ。本当においしかったんだから」7

未央「あ、注文するなら、プロデューサー、シーサラダもお願い。これもマヨネーズ系だから甘ダレが合ったりするんだよねー。海老アボカドほどじゃないかもだけど」

奈緒「……あたしもお願い」

P「奈緒……」

奈緒「だって、海老アボカドはおいしかったからさ。未央の言うものなら、信じていいかな、って……」

P「……まあ、それなら頼むよ。みくはどうする?」

みく「あ、それならチャーシューネギまみれをお願い」

P「ん、わかった。なら俺も……って、一回の注文は5皿まで、か。なら後でいいな。とりあえずこれで注文、っと」
100 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:30:51.23 ID:NDH+VP0v0
未央「チャーシューネギまみれ……私、食べたことないかも。おいしいの? みくにゃん」

みく「みくはここに来たらだいたいこれを頼む……というか、これがメインかな。それくらいにはおいしいよ」

奈緒「……飽きないか?」

みく「たまごとかも食べるし、みくは大丈夫だよ。でも、確かにちょっとこってりめだし、飽きる人は飽きるかも」

P「俺も好きだが、さすがにあればっかりってなると飽きるかもしれないな。でも、うまいことは確かだ。回転寿司に来たなら回転寿司でしか食べられないものを食べないと、って感じもするしな」

未央「へー……それじゃ、私も回ってきたら食べるか、プロデューサーが注文する時にでも一緒に注文してもらおっかなー」

奈緒「あたしも、そう言われると気になってきたな……その時はお願い」
101 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:31:51.03 ID:NDH+VP0v0
P「ん、わかった。……とか言ってると、たまごが来たな。注文したのは……」

未央「私と」

みく「みく」

P「で、俺か。……回転寿司に限らず、寿司屋に来たらたまごは絶対食べるんだよなー」

未央「そうなの? でも、私もそうかも。たまごでそこのお寿司屋さんの実力がわかるというものです……いや、知らないけど」

みく「実際、そういうことも言われているらしいけど……みくはそんなお寿司屋さんに行ったことないからわからないにゃ」

P「うーん……まあ、そう言われてはいるが、絶対の信頼性があるってわけでもないな。たまごがおいしかったら嬉しいってことは確かだが」

奈緒「そうなのか。でも、たまごってそこまで変わるか?」

P「かなり変わるな。うまいところは本当にうまい。と言っても、たまご焼きは人によって味の好みがかなり変わるからそれも人によるんだろうがな」
102 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:33:33.06 ID:NDH+VP0v0
みく「……そう言われると、そういうところにも行きたくなってくるにゃ」

P「お! 行くか? 仕事ならいつでもとるぞ?」

みく「お仕事では行きたくないにゃ! 絶対お魚食べさせられるもん!」

未央「まあ、仕事で行ってたまごだけって……そういう企画なら問題ないかもしれないけど、ちょっと、お店にも失礼だよね」

奈緒「その理屈だとプライベートで行ってもキツそうだけどな……」

P「んー……みくは結構範囲が広いからなぁ。ただ単に『生魚が苦手』ってだけの人ならうなぎやら穴子やら海老やら、そういった『だいたい生では出されないもの』を食べれば問題ないんだが、そうじゃないからな……」

みく「みくもそういうのだったらまだ食べれるけどね。生魚は本当にダメだけど、そういう生臭さが抜けたのだったら食べられなくはないし。好んで食べたいもの、ではないけどね」

未央「うーん……プロデューサー、回ってないお寿司屋さんって、みくにゃんでも食べれそうなの、他にないの?」

P「んー……そもそも、そういう寿司屋は寿司以外のメニューも豊富なところは多いな。だが、それも魚介系の料理ってのが多いから……なかなかに難しいかもしれないな。でも、不可能ってわけでもないとは思う。最近は創作寿司に精を出しているところもあるし……うん、探せばあると思うぞ」

みく「そうなんだ……それじゃあ、そこなら、行ってみたいかも」

P「そうだな。また探してみるよ」
103 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:44:50.56 ID:NDH+VP0v0
未央「……チラッ」

P「だから口で言うなって……その時はまた声をかけるよ。奈緒もな」

奈緒「んっ!? あ、あたしは何も言ってないけど!?」

P「行きたくないのか?」

奈緒「い、いや、その、行きたくないわけじゃないけど……」

P「なら行こう。まあ、いつになるかはわからないが」

奈緒「……ありがと、Pさん」

P「まだ感謝されるようなことはしていないから気にするな。というか、早く食べないと乾燥するな」

未央「あ、確かに。早く食べなきゃ」

みく「……うん、やっぱりたまごはおいしいにゃ」

P「いつの間にか食べてるし……いや、いいんだが」

未央「……ん、おいしい」

P「未央まで……まあ、俺も食べるか」
104 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:45:56.30 ID:NDH+VP0v0

――店外

P「ふー……結構食べたな」

未央「いや、それはプロデューサーだけだけどね」

みく「Pチャンはやっぱり食べる方だよね」

P「そうか? これでも学生の時よりは少なくなったと思うんだが……」

未央「学生の時にどれだけ食べてたの……?」

P「全盛期ならもう10皿は余裕だったな」

奈緒「それは『全盛期』なのか……?」

みく「ごはんは大事だけど、食べ過ぎでカラダを壊すのはやめてほしいにゃ」

P「問題ない。そこのところはちひろさんに色々言われてるからな!」

奈緒「ちひろさんなら問題ないか……でも、おいしかったな、回転寿司。最初は意味がわからなかったけど、うん、連れて来てくれてありがと」

みく「みくも……いや、まあ、できればお寿司屋さん以外が良かったけど、おいしかったよ。だから、ありがとにゃ」

P「そうか。なら良かった」
105 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:48:00.11 ID:NDH+VP0v0
未央「うんうん、良かった良かった。今度このメンバーで行くお高いお寿司屋さんが楽しみだね!」

P「ん゛っ……いや、うん、そうだな」

みく「今すっごい変な声出たけど……Pチャン、みくはハンバーグ屋さんで大丈夫だよ?」

奈緒「それみくの願望じゃないのか……? でも、本当、無理はしないでくれよな。あたしも……あたしたちも、Pさんが無理をするのは、嫌だから、さ」

P「あー……無理はしてない。大丈夫だ。そりゃ高いネタばっかり頼まれると困るが、俺もお前らのおかげで稼がせてもらってるからな」

未央「うわぁ……」

みく「ちょっと引くにゃ……」

P「んん!? その反応おかしくないか? 俺、お前らに気を遣って言ったつもりなんだが……」

奈緒「いや、それにしてもさっきのはちょっと……な」

P「……確かに言い方が悪かったかもしれないが、事実なんだから仕方ないだろ」

未央「あ、開き直った」

P「開き直った、ってなんだよ。……いや、そうなんだが」

みく「とにかく。みくたちは細かいことを気にするな、ってことでしょ? その心遣いだけは受け取っておくにゃ」

P「……奈緒ぉ。未央とみくがキツい……」

奈緒「情けない声出すなよ……もう。未央もみくも……その、あたしも、本当にそんなこと思ってるわけないだろ。Pさんには感謝してもしきれないくらい、だし」

P「奈緒……! やっぱり奈緒は優しいなぁ!」

奈緒「……うるさい」
106 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 15:49:14.92 ID:NDH+VP0v0
未央「……むぅ。かみやん、最後の最後でいいところだけをとるだなんて、いけませんなぁ」

みく「奈緒チャンも乗ってたくせに……卑怯にゃ」

奈緒「はぁ!? いや、未央とみくの引き際が遅いのが悪いんだろ! あたしは悪くねぇ!」

P「お、テイルズネタか。奈緒も知ってるんだなぁ。うんうん、色々言われてるけど、俺は結構好きだぞ、アビス」

奈緒「違う! 知ってるけど違う! というか、そんなこと言ってないで助けてよー!」

未央「ふっふっふ……逃がさないよ、かみやん」ガシッ

みく「裏切りの罪は重いんだからね、奈緒チャン」ガシッ

奈緒「な、なんだよその手……Pさん!」

P「……やっぱり女の子どうしのいちゃいちゃは良いな!」

奈緒「良くない! あー、もー! 誰か助けてくれー!」



107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 15:54:28.82 ID:ZhGTO+SAO
乙乙。良かった
つい先日他のSSでも回転寿司ネタがあったけど、最近はタッチパネルの店にしか馴染みがないからあんまりイメージしにくいんだよな
108 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 16:00:31.30 ID:NDH+VP0v0
これにて今回は終了です。
お久しぶりです。時間がかかってしまいました。「回転寿司」ということでどこからどこまで書いていいのかわからなかった、というところもありましたね。カットせずに書いていたらどれだけの長さになっていたのか……という感じです。DC版なんてないですが。
回転寿司も回転寿司で好きなんですよね。今回取り上げたのはごく一部ですが、他にも色んなものがありますよね。どこがいちばん好きか、となるとその時々によって変わりますが、今回はとりあえずこの店です。

今回は久しぶりだったにも関わらずこんな形式でした。次からはまた未央と二人のになると……次はどっちがいいですかね。クリスマス編と年越し編は書いている途中で止まっている(止めている)んですが、未央と二人きりではなく今回みたいなお騒ぎ形式なんですよね。クリスマス編がニュージェネ編で年越し編はポジパ編という予定でした。間に合わなかった……。
でも次は未央とPの二人でのものになるかなー、と思います。いや、わかりませんが。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 16:04:13.68 ID:/xC6f66p0
乙。スシロー行きたくなった

>>107
あの二人は注文の段階で苦戦するダメ大人だから仕方ない……
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 16:04:37.64 ID:44LRaxCBo
おつー
ス○ローの注文エビ天にぎり美味すぎて何個も食べてしまう
自分はどっちも好みだからそこは作者の気分で任せる
ただ無理はしちゃいかんよ
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 16:06:18.47 ID:wtA1EnrKo
今の回転寿司って色々あるよなメニューが
デザート系も昔は容器入ったままのプリンや紙パックのジュースとかその程度だったのに、
今はパフェやらパンケーキやハニトーとか普通にあるし
少しお高い回らないトコもいいけど、
回転寿司は回転寿司で良い所が多いと思う
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 16:12:17.69 ID:veJe9gV+o
シャリカレーという恐怖の物体があったり
普通にラーメンが置いてある回転寿司とかもあるよね
113 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 16:12:27.48 ID:NDH+VP0v0
あとSSとは関係ないですがなかなかに色んなことがありましたね。ありすぎて困ります。
とりあえずデレステデレパイベはびっくりしましたし未央がかわいかったですね。あと微妙に設定の齟齬が生じたような気がしますがそれは置いておくとして、かわいかったです。あとデレステの限定SSRは本当やめて……。
デレパと言えば未央→泰葉の呼び方が「やすやす」で「よし! 合ってた!」となんだか嬉しくなっていましたね。でもデレパが公式かと言うと微妙なのでそれが正解というわけでもないような気はします。

あ、今回はみくと奈緒でしたが、奈緒は書き始めた時には予定になかったりします。ずっと奈緒も出したいなーと思いながら「あともう一人誰か……」と思って結局書いてなかったんですが、今回みくを回転寿司に連れて行きたいということででももう一人ほしいなーということでちょうどハマった、という感じですね。やっぱりかわいい。そのかわいさを出せているかはわかりませんが……。

長くなってしまいました。次もまたいつになるかはわかりませんが、書きたいものはなかなかにあるので早く書きたいです。

改めてありがとうございました。
114 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/01/23(土) 16:23:32.04 ID:NDH+VP0v0
あ、あとみくの「大丈夫」基準はなかなかに適当……ではないですが、私の予想でしかありません。今までの情報から考えるとここらだと思うんですが……なかなかに難しいです。
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 18:03:17.15 ID:QmuS7XOlO
スシローには甘だれなんて物があるのか
もしそれが甘い醤油のことなら九州の刺身醤油は基本甘だれに近いものと思うわ
むしろもっと甘いかも
マジで甘いけど九州人はこれじゃないとダメって人も多いから一回味わってみてほしい
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 21:32:24.35 ID:ByE+prYqO
乙です
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 22:05:28.13 ID:s10wyiOc0
投下乙
無性に寿司食べたくなる内容でした
美登利寿司でこぼれイクラを頼んで呆然とするちゃんみお一行の様子が浮かんだ
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 22:31:52.66 ID:NONi6rO6o

スシ○ーの揚げ物ネタは頼めばあったかい内に来るから結構美味しいわね
そのかわり重いから何個も食えないけど…
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/23(土) 23:42:51.92 ID:ekY5/8xzo
乙乙
近所にはスシローもくら寿司も無くて悲しい
かっぱとはま寿司しかないんだよなぁ
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/24(日) 00:05:30.75 ID:B3VfoWUx0

明日の昼はスシローに行こうかな
このSS読んでると大抵次の日に同じもの食べてる気がする
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/24(日) 00:09:53.13 ID:brU+DdVC0
>>117
ちょうどそのネタ使ったモバマスSS見たよ
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/24(日) 00:34:21.86 ID:iIWgytUAO
他作品の話はよそうや
どっちにも良いこと無いよ
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/24(日) 00:54:16.34 ID:35NhpX8Y0
昨日の今日でほぼ同時に間も置かず、しかも割と有名なSS同士でネタが被っちゃったからある程度は仕方ない
まあ確かに他の作品の話題を出すのは良くないし、以後寿司の話でもしようか
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/01/24(日) 01:32:46.10 ID:0r3gconeo
乙乙
久々に回転寿司行きたくなった
でも年末ガチャ回したおかげで懐が極寒……
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/24(日) 01:47:24.00 ID:brU+DdVC0
まさかこんな否定的に言われるとは
ただたそのネタ使ったSSあったよってだけで
店は違うしネタが被ったわけでもないし
そもそも相手の名前出してないんだからそこまで言わなくても

本当にスレ汚し申し訳ない
ちょっとROMって来る
あと未央奈緒かわいい
みくにゃんももちろんかわいい
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/25(月) 13:27:32.20 ID:wEcn/SPw0
待ってたよー
回転寿司行きてえ、でもソロはきついなあ
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/25(月) 14:40:37.68 ID:p6KC9nQRO
>>126
元気寿司みたいにカウンター席がある店とかもあるんやで
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 23:54:33.43 ID:kXi6ZK6FO
スシロー近くにないから行ったこと無いんだよなー

かっぱ、くら、スシロー、はま寿司ならどれが一番美味しい?
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/26(火) 00:17:10.08 ID:BV+W3KKzo
メインの寿司ならスシロー、サイドメニューならくらって印象
まあ回転寿司の味なんて大して差ないけどね
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/29(金) 18:56:06.23 ID:mF3yNxSQo
かっぱは別格で不味いような…
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/29(金) 23:36:38.47 ID:Utp7oB/0o
店舗や従業員にもよるからなぁ……
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/31(日) 02:59:26.04 ID:54rDdYNMo
テレビか何かの特集でかっぱ寿司のおすすめランキングで、
サーモン以外全部サイドメニューがランクインしてたのには笑った。
最近は高級回転寿司店とかもあるからね、本当にピンキリ。
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/31(日) 06:43:43.00 ID:p2TQ7N9O0
第二シーズンに入っていたとは・・・前スレから読み直してこなきゃ
>>1応援してます
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/31(日) 14:44:45.15 ID:3WV16sYqO
かっぱは止めとけとかっぱでバイトしてた先輩言ってたの思い出した
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/31(日) 16:34:43.39 ID:DQ4ABPBEo
地下で働かされているカッパが可哀想だからな
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2016/02/05(金) 14:08:25.95 ID:ZbljD7uV0
かっぱ寿司の地下では、捕まった河童たちが
泣きながら寿司を作る仕事をさせられている。
河童たちの給料は1日1本のキュウリだけ。
ちひろは、河童たちが逃げたりサボったりしないよう
いつも監視している。恐怖心を植え付けるため、時々無意味に
電気ショックを与えたりする。
河童のほとんどは子供で、「お父さん、お母さんに会いたいよう」と
いつも泣いている。睡眠時間もほとんど与えられず、
逆らうとキュウリを減らされる。

こうして人件費を大幅に抑えることで、かっぱ寿司は
安くて美味しいお寿司をみなさんに提供できるのです。
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/05(金) 18:38:11.86 ID:W6cS8sgz0
なんでかっぱ寿司にちひろいるんだよww
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/05(金) 20:36:01.51 ID:YtBQTIx2O
ちひろ「私は何時でも何処でも、あなた方を見守っていますよ」フフフ



やち天
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/05(金) 21:05:15.61 ID:cz70y0qFo
Big Sister is watching P.
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/06(土) 03:17:51.53 ID:1wHsJB0eo
プロダクションの地下では、捕まったPたちが
泣きながらスタエナを作る仕事をさせられている。
Pたちの給料は1日1個の鍵クロだけ。
ちひろは、Pたちが逃げたりサボったりしないよう
いつも監視している。恐怖心を植え付けるため、時々無意味に
電気ショックを与えたりする。
Pのほとんどはロリコンで、「みりあちゃん、ちゃままに会いたいよう」と
いつも泣いている。睡眠時間もほとんど与えられず、
逆らうとキュウリを減らされる。

こうして人件費を大幅に抑えることで、かっぱ寿司は
安くて美味しいお寿司をみなさんに提供できるのです。
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/06(土) 22:17:25.75 ID:FDiaiU1oo
>>140
途中であきらめてんじょねーよ
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/06(土) 22:59:15.79 ID:T0qiO5ICO
コピペは最後改変しないのが粋らしいぬ
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/08(月) 14:38:56.27 ID:JaWfyIcFo
先の説明と結論のが違うことぐらいなんてことはないさ
144 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 11:59:58.65 ID:tSKMbjR30

――山

未央「あとどれくらい? プロデューサー」

P「二十分くらいだな。半分ってところか」

未央「一時間くらいで着くんだね。思ったよりも近い?」

P「それでも一時間だけどな。遠いと言えば遠い」

未央「でもでも、山の中の撮影って最初に聞いた時はびっくりしたものですよ? 登山しなくちゃいけないのかー! 頑張らないとなー! って意気込んだもん」

P「その場合は『登山』の方の撮影になるような気がするけどな……」

未央「言われてみればそうだね。でも、車に乗ってるだけで山の上に……なんて、便利な時代になったものだねぇ」

P「誰の台詞だよ。あと、運転してるのは俺だけどな」
145 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:04:18.27 ID:tSKMbjR30
未央「あ、そう言えばそれも気になってたんだよね。プロデューサーが運転して現場に……ってくらいならいつものことだけど、こういう場所だったら車が出るような気がするんだよねー」

P「まあそれが普通だな。今回は例外だ」

未央「そう言うってことは、理由、わかってるの?」

P「俺はわかっていて当然だろ?」

未央「え……あの、もしかして……」

P「お、気付いたか。まあそう怯えなくてもいい。ドッキリでもない」

未央「そ、それじゃあ、何なの? ちょっとこわいんだけど……」

P「こわがる必要は……微妙だな。わからん」

未央「わからないの!?」

P「たぶん、大丈夫なはずだが……まあ、未央はいつも通りにしてくれればいい。先方もそれを望んでいるからな」
146 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:08:40.87 ID:tSKMbjR30
未央「……よくわからないんだけど、とにかく、いつも通りにしておけばいいの?」

P「ああ。それなら問題ないだろ?」

未央「……うん。そうだね。問題ない! 任せてよ、プロデューサー」

P「ああ、任せる」

未央「えへへ……あ、何かお店だ」

P「店? ……蕎麦屋、か」

未央「こんなところ……って言うにはそこそこ家もあるし、そこまでおかしくもないのかな」

P「山奥の蕎麦屋、ってだけを考えるとなかなか心惹かれるけどな」

未央「確かに。風情がある、って感じだね」

P「んー……帰りはここに寄ってもいいかもな」

未央「お! ほんとに? それはそれはやる気も上がりますなー」

P「そうか? なら、決まりだな」

未央「決まり? やったー! それじゃあ、どうしよっかなー。蕎麦屋さんってあんまり行ったことないんだよねー」
147 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:11:14.57 ID:tSKMbjR30
P「蕎麦屋によく行く女子高生ってのも珍しいけどな」

未央「そう? 行ってそうな子も居るけどなー」

P「肇とか紗枝とか? 芳乃も行ってそうだが……女子中学生になら心当たりもあるけどな」

未央「お、だれだれ?」

P「765プロのエミリー・スチュアートさん、だな」

未央「そっち!? いや、確かにそうだけどさぁ……ちょっとずるくない?」

P「うどんなら最上さん、ラーメンなら四条さん……765プロは麺類に強いな」

未央「麺類に強い……褒め言葉なのかどうかわからないね」

P「褒めてるぞ? だって、そういう番組を持ちやすいってことだからな。実際、三人ともその系統の番組を持ってるし……スチュアートさんはちょっと違うが」
148 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:18:15.07 ID:tSKMbjR30
未央「まあ、そういう見方をするとそうなんだけど……プロデューサーって、やっぱり765さんのアイドルのこと、好きだよね」

P「ファンだからな。仕事上でも勉強になることは多い」

未央「その割には、ウチの事務所ってあんまり765さんのところと仕事してないよね?」

P「してないことはないだろ?」

未央「そうだけど……そこまで多くはなくない?」

P「まあ、そうか。またあそこのプロデューサーさんと会った時にでも話してみるよ。……ん、そろそろ着きそうだな。心の準備をしとけ、未央」

未央「心の準備って言われても、何が待っているのかわからないんだけど……」

P「いつもの未央でいい。いつも通り頑張ってくれ、パーフェクトスター」

未央「……うん! 未央ちゃんの輝き、見せちゃいますよー!」
149 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:23:49.48 ID:tSKMbjR30

――撮影後・車内

未央「……ふぅ。楽しかったー!」

P「さすがだな。……本当、あの人相手にそんな態度で接することができるなんてなかなか居ないぞ?」

未央「そう? でも、楽しかったのは本当だからさ」

P「……まあ、それでこそ未央か。頼もしいよ」

未央「えへへ、お褒めいただき光栄です♪ それで、これからあのお蕎麦屋さんに行くんだよね?」

P「もうその話かよ……」

未央「いいでしょ? お腹、減ってるもん」

P「……まあ、もうそんな時間か。と言っても、確かそこまで遠くじゃなかったよな」

未央「うん。……あ、あそこ、あそこじゃない?」

P「あそこ? ……ん、見えた。車は……うん、停められそうだな。それじゃ、行くか」

未央「はーい」
150 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:28:01.28 ID:tSKMbjR30

――店の前

未央「ほうほう……なんだか雰囲気ありますなぁ」

P「そうだな……俺もさすがにこういうところは来たことがないな」

未央「そうなんだ? でも、そっか。山奥に来ることなんてないもんね」

P「まあ、ここでも本当の『山奥』ってわけじゃないんだろうけどな。住宅なんかは普通にあるしな」

未央「そう言えばそうだね。でも、本当に周りに何もなかったらやっていけないんじゃない?」

P「それもそうか……旅館とかなら別なんだろうが、ここはそうでもないしな。本当に周りに何もなくてもやっていける店ってのもあるとは思うが」

未央「そういうところは他にお金を稼ぐアテがあるか、そんなところにあってもお客さんが来るほどの店、かな。ここもそうかも?」

P「どうだろうな。とりあえず、入るか」

未央「うん」
151 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:28:50.81 ID:tSKMbjR30

――店の中

P「……雰囲気良いな」

未央「うん。外の風景もいい感じ! 風情がある、っていうやつ?」

P「そうだな……うん、良さそうな店だ」

未央「だね! これは……そば茶、だったっけ?」

P「ああ。あったかくていい感じだ」

未央「お、それじゃあもらっちゃおうかなー……」ズズ……

未央「ん! おいしい! おそばの風味が良い感じ!」

P「うん。期待が持てるな」
152 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:29:18.35 ID:tSKMbjR30
未央「持てますなー。で、これがメニュー?」

P「みたいだな。……結構種類があるな」

未央「そうだね。うーん……どうしよ。プロデューサーは?」

P「俺か? 俺は……そうだな、とりあえずはざるそばで」

未央「ざるそば。その心は?」

P「心って……まあ、初めての店はいちばん普通のものを頼みたくないか?」

未央「確かに……それじゃあ、私もそうしよっかなー」

P「そうか? ……それ以外にも何か頼むか?」

未央「プロデューサーはいらないの?」

P「……欲しいな」
153 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:29:50.19 ID:tSKMbjR30
未央「じゃあ頼もうよ。えーっと……この、マツバの唐揚げって?」

P「マツバ……マツバか。鶏肉だな。鎖骨か何かの付け根の部分、だったか。俺もあんまり食べたことはないな。確か名前の通り『松の葉』のように見えることからそう呼ばれているらしい」

未央「ほうほう……おいしいの?」

P「うん。うまいな」

未央「じゃあ頼もー」

P「そうするか。……ってことは、ざるそばとマツバの唐揚げ、でいいか?」

未央「うん。お願い」

P「わかった。すみませーん」
154 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:35:40.59 ID:tSKMbjR30

――

P「ん、来たな」

未央「結構早かったね? これが……マツバの唐揚げ。確かに松の葉っぽい? わからないけど」

P「わからないのかよ……」

未央「えへへ。で、これは何も付けずに食べたらいいのかな?」

P「一応塩……ん、これ、わさび塩? へぇ……そういう感じか」

未央「プロデューサー? どうして自分で納得しているのかな?」

P「あ、すまんすまん。このわさび塩ってやつをちょっとかけてもいいかもな。でも、まずは何も付けずに食べたらいいんじゃないか?」

未央「ん、そうする。それじゃあ、いただきまーす」

P「いただきます」
155 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:38:21.29 ID:tSKMbjR30
未央(ということで、マツバの唐揚げ。マツバの唐揚げ……プロデューサーの言った通り、骨の付け根の部分、なのかな。松の葉のような形の骨に、お肉が付いている感じ?)

未央(お肉がいちばんおいしいところは骨の周りって言うこともあるし、おいしいのかなー。どうなのかなー。まだこのお店は雰囲気だけしかわからないんだけれど、それだけでも期待値が上がっているんだよねー)

未央(ちょっと食べにくそうだけど……うん、とにかく、食べてみよう)パクッ

未央「熱っ……ん!」

未央(おお! おいしい! 食べにくいけどおいしい! なんだろ。確かに鶏肉なんだけど……味とか食感が、なんかいい! 骨の周りにへばりついているお肉を削ぎ落とすような……って言うと変な言い方だけど、そんなイメージ? その削ぎ落としたお肉がとってもおいしくて、味もなんだかちょうどいい!)

未央(うんうん、骨の周りのお肉ってやっぱりおいしいよね。これはいいかも。食べにくいんだけど、食べにくいのもそれはそれでいいかも? 一気にじゃなくて、ゆっくり食べることができるというか。食べにくいからそうせざるを得ないんだけれど、じっくり味わって食べることができる。うん、いいね!)

未央(で、次は……プロデューサーの言ってた通り、このわさび塩? を付けてみようかな)

未央(どれくらい付けようかな……とりあえず、適当に?)

未央(それで……食べる)パクッ

未央「……お!」

未央(おいしい! これはこれでいいですなー! わさびと塩の感じがいい! そこまで辛くはないし……付けるか付けないかは好みかも。どっちでもおいしいし!)

未央(うーん……まだ本命の蕎麦は来ていないけど、今の時点で未央ちゃんの評価は高いですよー!)
156 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:41:57.47 ID:tSKMbjR30

――

未央「で、来ましたね、ざるそばさん」

P「ざるそば『さん』って……まあいいが。とりあえず、食べるか」

未央「薬味は最初から入れた方がいいのかな?」

P「俺は最初は入れないな。それからぜんぶ入れる」

未央「じゃあ私もそうしよー」

P「べつに真似しなくてもいいんだが……」

未央「未央ちゃんも乙女ですからねー。好きな人の真似はしたくなるものなのです」

P「気軽に言うな」

未央「えへへ、だって事実だもーん♪ それじゃあ、いただきまーす。って、もう言ってるけどね」

P「そうだな。でも、まあ、いただきます」
157 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:45:06.15 ID:tSKMbjR30
未央(ということで、プロデューサーの言う通り、まずは何も入れないで、おつゆにつけて……っと)

未央(では、いただきます)ズズズ……

未央「……ん!」

未央(おいしい! なんて言うんだろ。風味? 風味がいい感じ! あと食感が結構意外! 割りとかため? かためなんだけど、喉越しは良くてつるつるしていていい感じ! つるつるしこしこ? って言えばいいのかな? どうだろ。違うような気もする。でも、とにかくおいしい!)

未央(それじゃあ、お次は薬味を……わさびは、どうしよ。プロデューサーは……ぜんぶ入れてるっぽい。でも、私はどうかわからないからなー……とりあえず、わさびだけでちょびっとだけ)パクッ

未央(……ん! いける! 大丈夫! あんまり辛くない! 香り? 風味? それだけがふわっと抜けて、なんだか爽やかな感じ。つんとしなくて、いい風味だけが残っている感じ。おお、これはもしや、いいわさびというやつなのでは……?)

未央(これだったらぜんぶ入れてもいいかも。ということで、ぜんぶ入れて……っと、これで、蕎麦を食べる)ズズズ……

未央「……うん!」

未央(わかってた! おいしい! 薬味を入れた方がやっぱりなんだかいい感じかも! わさびの風味とか、うん、色々とがいいハーモニーを奏でてる……って、『ハーモニーを奏でてる』なんて言ってるくせにそれ以外の表現が我ながら適当過ぎる……)

未央(でも、そんなのはどうでもよくて、とにかくおいしい。これが本当のざるそばってやつなのかも。うん、本当においしい!)

P「未央、どうだ?」

未央「おいしい!」

P「だよな。……正直、思った以上に当たりの店だったな」

未央「ふっふっふ……このお店を見付けた未央ちゃんに感謝してほしいものですなー」

P「確かにな。ありがとう、未央」

未央「どういたしまして♪」
158 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:52:06.26 ID:tSKMbjR30

――

未央「そば湯……そば湯だ」

P「そば湯だな」

未央「……どうやって飲むの?」

P「どうやって……か。うーん、そば湯の飲み方は結構人によるんだよな……俺はつゆに入れて飲むな」

未央「それじゃあそうするね」

P「まあ、流れからするとそうだよな」

未央「そうですよ。未央ちゃんは流れを大切にしますからね……」

P「どの口が言うんだよ……いや、確かにそういうところもあるけどな」

未央「でしょ? まあ、とにかくそば湯をいただきましょー」

P「だな」
159 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 12:58:57.86 ID:tSKMbjR30
未央(えーっと、とりあえず、このそば湯をこのおつゆに入れて……)トクトク……

未央(それで、これを飲む、と。……うん、とりあえず、飲もう)ズズ……

未央「……あ」

未央(……なんだろ。とっても……とっても、いい感じ)

未央(ほっとするというか、安心するというか……そんな味。そんな、風味)

未央(なんだか、ぽかぽかする。そばつゆの味もちょっと効いてて、それもまた、良い感じ)

未央(……これが、そば湯なんだ)

未央(……うん。これを最後に、って言うのは、いいね。とってもいい気分で、落ち着いた気分で、終わることができる)

未央(……ごちそうさまでした)

未央(って、まだそば湯は残っているんだけど……うん、それでも)

未央(やっぱり、こう言いたくなる。……ごちそうさまでした、って)
160 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 13:13:02.34 ID:tSKMbjR30

――店の外

未央「はー……おいしかったー」

P「うん、うまかった。というか、全般的にいい店だったな。雰囲気も良かったし」

未央「うんうん。気軽に来れる場所じゃないけど、こういうお店のためだったら遠出してもいいって思わせてくれるようなお店だった!」

P「だからこういう店がこういうところにあるのかもな」

未央「かもね。……でも、今日はいい一日だったなー」

P「そうか。そう思ってくれたのなら何よりだな」

未央「うん! 今日のお仕事の出来上がりも楽しみだし……プロデューサーと、こうしてドライブデートもできたしね」

P「……ドライブデートではないけどな。というか、それなら俺は他のアイドルともドライブデートをしていることになるが」

未央「わかってるけど……思うだけなら、いいでしょ?」

P「……思うだけなら、な」

未央「えへへ。ということで、私はとっても幸せなんですよ」

P「幸せなら、うん、良かったな」
161 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 13:17:08.21 ID:tSKMbjR30
未央「む、なんだか他人事……プロデューサーは幸せじゃないの?」

P「俺か? ……うん、幸せだな。未央が幸せでいてくれるなら、俺は幸せだよ」

未央「……プロデューサーって、結構、そういうところあるよね」

P「は? 何がだよ」

未央「なんでもないでーす」

P「そう言う時って絶対何かあるだろ……」

未央「あるけど言いたくないってことだもーん。ほらほらプロデューサー。運転に集中しなくちゃいけませんよ?」

P「お前……まあ、そうだな」

未央「そうそう。ちゃんと私をお城まで送り届けて下さいね? 王子様♪」

P「俺は王子様って柄じゃないが……言われなくても、きちんと送り届けてあげますよ、お姫様」

未央「……えへへ。なんだか恥ずかしいかも」

P「お前から始めたくせに言うなよ……俺まで恥ずかしくなってくるだろ」

162 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 13:20:26.40 ID:tSKMbjR30
未央「そう? そっか。そうだよね。……ねぇ、プロデューサー」

P「ん?」

未央「プロデューサーの言う通り、プロデューサーは王子様じゃないかもしれないけど……魔法使いかもしれないけど……それでも、私の気持ちは、一緒だからね」

P「……わかってるよ。でも、こんなところでそういうことは言うな」

未央「こんなところで? ……今は、車の中で、密室で、誰も居ないけど?」

P「……だからだよ」

未央「だから? ……うん? どうして?」

P「……言わない」

未央「えー? どうしてどうして? 言ってよー」

P「……未央。俺の気持ちと、俺が男ってことをよく考えろ。……俺にそこまでの理性があるって思わないでくれ」

未央「理性? ……ぁ」

P「……わかったか? わかったら……その、これからは控えめに、な」

未央「……はい」
163 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 13:21:43.68 ID:tSKMbjR30
P「……」

未央「……」

P「……こういう雰囲気がダメなんだよ! くそっ、顔赤らめて小さくなりやがって……!」

未央「……す、するなら、優しくしてね?」

P「だからその台詞はやめろ! あー! もう! お前! 今のはわかって言っただろ! でも顔は赤らめやがって……! 恥ずかしいなら言うなよ!」

未央「えへへ……でも、半分は、冗談じゃないからさ」

P「だーかーらー! ……くそっ、今日は割りと落ち着いてたのにどうして最後でこんなに焦らされなきゃならないんだよ……!」

未央「そういうプロデューサーも魅力的だから大丈夫だよ」

P「今魅力的とか言うな! もっとバカみたいなこと言ってくれ!」


164 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 13:22:26.76 ID:tSKMbjR30
未央「バカ? ……そうかも。私、プロデューサーバカかもね」

P「そろそろやめ――あ、いや、もう大丈夫だ。一周回って引けてきた。未央がわかっててそれを言ってると考えたら冷めてきた。よし、帰ろう」

未央「えっ! ……そ、それはそれで傷付くんだけど」

P「大丈夫大丈夫。未央はかわいいよ。ただ、そのかわいいと思う感情がそういうものとは別のものになったってだけだ。……よーし、運転、頑張っちゃうぞー」

未央「ちょっ! プロデューサー! そういうものとは別って何? え? 私のこともうそういう目で見れなくなったってこと? ねぇ? ねぇってばー!」

P「みーつぼーし、ぱって、はーじけて、とーびのって、りゅーせー♪」

未央「ちょ、無視しないで! 無視しないでよー! 謝るからー!」



165 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 13:28:30.39 ID:tSKMbjR30
これにて今回は終了です。
なんだか久しぶりのような気がしますがそうでもないような気がします。でもこれ書き始めたの1月なんでなんだか久しぶりな感じがあります。
ざるそば。冬にざるそばというのはどうなんでしょうか。でも私は好きです。冬のざるそばも冬のざるそばでおいしいと思います。
このお店は偶然近くに行く機会があって、たまたま見付けて入ってみたらおいしかったお店です。次に行けるのはいつになるかはわかりませんがまた行きたいです。というか、色んなそばのお店に行きたくなってきましたね……一つおいしいお店を見付けると他のおいしいお店もどんなものかと気になっちゃいます。

今回は割りといちゃいちゃ編? どうでしょう。最後は割りといちゃいちゃしてたような気がしますがギャグ終わりなところもあるので……まあ、どっちもみたいな? とりあえず未央かわいいということで。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 13:32:00.81 ID:YZNKN9uUO

また日々の食費がかさむなぁ
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 13:38:49.61 ID:5OSEVl4so
もう色々と堪らん
乙!
168 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/12(金) 13:39:33.27 ID:tSKMbjR30
あとSSとは関係……あるかもしれない話なんですが、明日からちょっと東京に行くのでオススメのお店などがあれば教えていただけると幸いです。
前に教えてもらってまだ行ってないお店もあるんですが……どこに行けるかはまだわからないので。いやまあ、いつも通り教えてもらったところで行くかどうかはわからないんですけど、それでもよければ。

改めてありがとうございました。
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 13:41:07.85 ID:qTlPEGv3O
乙倉ちゃん
相変わらずの飯テロっぷり
蕎麦食いたくなってきたー!
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 13:43:11.04 ID:X9eUVvkbo
1行目で一瞬あの店かと思ったじゃないか
…ありすは通いつめてそうだな…
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 14:13:09.27 ID:ByG7+gJdo
前に鳥貴族でマツバとチューリップ食べたら案外旨かったな
ただあの店焼き鳥美味しいけど唐翌揚げがちょっと・・・
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 14:13:37.24 ID:FbpwghSe0

相変わらず未央がかわいいなあ
東京の店詳しくはないけど浅草で食った天丼は美味かった
店名は忘れてしまったスマヌ
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 14:35:29.72 ID:fGC9iPwlo
乙です
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 16:46:17.98 ID:ZMZ5EFovO

ちゃんみお(かわいい)

お腹すいてきたじゃないか!
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 20:25:30.83 ID:rHOVQdWmo
乙。昼にこんなん見たら夕飯は蕎麦になるじゃないか!

一人飯でがっつり食えるとこのがいいよね。なら新橋の豚大学はどうでしょ
タレで香ばしく焼いた豚バラ肉の花が咲きほこる豚丼は、特大サイズだとどんぶりからはみ出すほどのドカ盛りぶり
いい、B級感です…
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/02/12(金) 20:47:14.43 ID:+K211roOO
浅草の天ぷらと言えば『あかし』だな
あそこはほんと名店
ランチなら安いし
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 21:23:13.60 ID:eTQZpdpHo
最近ハマってるのは神保町のボーイズカレー
カレーって名前ついてるけどここは生姜焼きが美味い。美味すぎてそっちがメインと客に思われてる
まあ洋食屋なんで間違ってはいないんだけれども……。もちろんカレーも美味しいで!
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 21:42:11.45 ID:EzrZ95P40
乙です、この時期に蕎麦というと高尾山のとろろ蕎麦が恋しいな…
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 21:45:33.28 ID:8c04KkRYo
そばチェーンなら大正義草笛
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 22:38:43.44 ID:iyyx6D9Eo
エピソードがあるかは知らないけど、蕎麦好きそうなのはキャシーかなぁ。浅草は蕎麦や天ぷらの名店が多いし。
鴨南蛮の旨い並木藪蕎麦とか、天ぷらの旨い蕎麦屋の尾張屋とかがおすすめ。
個人的には、神谷バーで電氣ブラン引っかけてから町中歩くのが好きです。
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/12(金) 22:58:06.22 ID:oy7MCeoK0
相変わらず腹が減るSSだな
久しぶりに地元に帰って蕎麦が食べたい!
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/13(土) 00:21:58.91 ID:X1h0FIBxO
蕎麦の実の鮮度的にむしろ冬くらいまでが美味しい時期なんじゃなかったっけか
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/13(土) 00:49:49.92 ID:wErlOLkEo
乙!
俺も一行目で名古屋のあの店に登山しに行くのかと思ったww
二人の距離がじわじわと近付いてるのがたまりませんな

土日休みなんで平日限定だけど岩本町のおやじで中刺し頭でっかち酢飯オススメ
あとは今年で移転してしまう築地市場内のとんかつ八千代のチャーシューエッグ定食
これも火、木、土曜の限定メニューなので注意
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/13(土) 05:03:47.54 ID:s5lDwlCPO
マウンテンに登山しに行くなら覚悟決めてないとすぐ遭難するからな
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/13(土) 09:31:01.70 ID:p7dHDwAbO
登山・麺類と言われると例の店に行くのかと……
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 02:09:17.14 ID:uuTXyKkCo
お前らマウンテン好き過ぎでしょうwwww
かくいう自分も三回の登頂と二回の遭難を経験しておりましてね
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/14(日) 19:16:14.51 ID:X081RsgTo
師匠も連れて山に行こう(提案)
188 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:12:23.12 ID:j2O4VZ/b0
久しぶりなような気もする軽食編
189 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:12:50.85 ID:j2O4VZ/b0

――新宿駅

未央「うー、疲れたー……プロデューサー、未央ちゃん、ちょっと休みたい……」

P「あー……まあ、確かに疲れているだろうが、そこまでゆっくりできる時間はないな……」

未央「えー……でも、未央ちゃん、ちょっとお腹空いちゃってるんですけど……」

P「ちょっとお腹が、か……ここなら、うん、じゃあ、ちょっとだけ寄るか」

未央「どこかお店?」

P「ああ。そんなにゆっくりするつもりはないが、さっと入ってさっと出ることもできるような店だからな」

未央「ファーストフード……的な?」

P「ファーストフードと言えばファーストフード……か? そうかもしれない。とりあえず、行くか」

未央「はーい」
190 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:13:30.40 ID:j2O4VZ/b0

――店の前

P「ここだ」

未央「ここ? 近いね。あと、なんだかちょっと雰囲気あるかも」

P「入りにくいか?」

未央「どうだろ。プロデューサーと一緒だから入りにくいとは思わないけれど、一人なら……でも、昔ながらのお店、って感じがして、なんかいいかも」

P「そうか。女子高生はちょっと入りにくいかもしれないと思ったんだが」

未央「確かに女子高生はちょっとわからないなー……でも、しまむーもしぶりんも普通に入れそうな気はする」

P「あー……まあ、あいつらは大丈夫な気がするな。凛は意外と怯みそうでもあるが」

未央「それ、ちょっとわかるかも。まったく動じないところも想像できるんだけどね」

P「凛はなぁ……っと、そんな話をしている時間はないな。さっさと入るか」

未央「確かに。急いで食べるのも嫌だしね」
191 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:14:09.30 ID:j2O4VZ/b0

――店の中

P「ベルクドッグを二つ。あ、ケチャップとマスタードはなしで」

未央「……ベルクドッグ?」

P「名前はそこまで気にするな。ホットドッグだよ」

未央「ケチャップとマスタード、なしなんだね」

P「未央は初めてだろ? なら、とりあえず最初はなしで食べた方がいいと思ってな」

未央「最初はスタンダードなのから、って?」

P「そういうことだな」

未央「……あれ? でも、プロデューサーは初めてじゃないんだよね?」

P「ん? ああ、そうだな」

未央「じゃあ、プロデューサーは違うのにして、それで、それを私がちょっともらう、っていうのでもよかったんじゃ……」

P「……確かに」

未央「いや、べつにいいんだけどね? 私はもらう側なんだし」

P「……ま、まあ、気付いていたけどな? ほら、ホットドッグを食べ分けるっていうのは間接キスどころの話じゃないような気もするしな」

未央「それ、今更過ぎると思うんだけど……」

P「……とにかく、最初はプレーンでいいんだよ。気になったらまた来ればいいだけの話だ」

未央「あ、逃げた」

P「逃げてない。……さて、たぶんそろそろできる。無駄話も終わりにしよう」
192 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:14:46.09 ID:j2O4VZ/b0
未央「無駄話って……あ、ホントにきた。ありがとうございます」

P「ありがとうございます。……じゃ、まあそこらで立って食べるか」

未央「座る……のは、ちょっと席が埋まってるし、私たちはこれだけだもんね。そうしよっか」

P「ああ。……それじゃあ、まあ、いただきます」

未央「お、もう食べる?」

P「食べる。そこまで時間があるわけでもないし、冷めたら嫌だからな」

未央「もうちょっとこう、うんちくみたいなのないの?」

P「特にない。食べ方もそのままかぶりつくだけだ。ソーセージをパンで挟んだだけの料理だ。ケチャップやマスタードもないし、特に気をつけることもないだろう? だから、とにかく食べてみろ」

未央「んー……わかった。じゃあ、いただきます」

未央(……でも、本当にシンプルだなー。ケチャップもマスタードもなくて、本当にソーセージをパンで挟んだだけ。おいしいんだろうけれど……さてさて、いったいどれほどのものなのかなー)

未央(とりあえず、手で持って……お、この手触り、なんだかいいかも。あったかくて、ちょっとかたい? ううん、これは表面だけかな。ちょっと力を入れると中はやわらかいことはわかる。表面がパリッとしてる? カリッと? うーん、まあ、食べればわかることかな。では、いただきます、っと)パクッ
193 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:15:29.80 ID:j2O4VZ/b0
未央「んっ……ん!」

未央(おいしい! ケチャップとマスタードがないっていうのはちょっと物足りないかも……と思ってたけどそんなこと、全然なかった。このパンとソーセージだけで十分……ううん、十分過ぎるほどにおいしい)

未央(パリッと……パキッと? していて、ジューシーなソーセージは思っていた以上においしくて、ケチャップとマスタードがいらないってくらい、しっかりと味がついている。あと、このパンがまた良い感じ。表面はサクッとしていて、やわらかい。噛むと抵抗なくすっと切れて、口の中でダマみたいな感じになることもなく、ほどけるように溶けていく……うん、これはおいしい!)

未央(これこそが『シンプルイズベスト』ってことなのかも。うーん……これはいいですなぁ。素材の味が存分に活かされているというか? トッピングもなにのにこんなにおいしいと言うよりは、トッピングが必要ないくらいおいしいというか。でも、トッピングをするとそれはそれでおいしいんだろうなあ、とも思う)

未央(しかも、ここは他にも色んなメニューがあるみたいだし……今度来る時はホットドッグ以外にも何か頼みたいかも。これだけホットドッグがおいしいなら、他のものもおいしいと思うし)

P「未央、どうだ?」

未央「あ、プロデューサー……って、もうなくなってる」

P「ん? まあ、ホットドッグだからな。しかもここのはめちゃくちゃうまい。すぐになくなる」

未央「いや、確かにおいしいけど……プロデューサーって、食べるの早いよね」

P「未央に比べれば、な」

未央「私もそこまで遅いわけじゃないと思うけど……でも、うん、本当においしかったよ、プロデューサー。私、またここに来たいな」

P「そうか? それじゃあまた来るか。今度はゆっくり、な」

未央「うん。そうしたい。……じゃあ、ちょっと待っててね。私が食べ終わったら、もう行こっか」
194 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:15:59.22 ID:j2O4VZ/b0
P「そこまで急がなくてもいいぞ。余裕……はないが、そこまで急いでいるわけじゃないからな」

未央「余裕がないんだったらゆっくりもできないんじゃない? ……でも、うん、プロデューサーがそう言うなら、お言葉に甘えて、味わって食べさせてもらうね」

P「そうしてくれ」

未央「うん。……」パクッ

P「……」

未央「」モグモグ

P「……」

未央「」パクッ

P「……」ジー

未央「……」モグモグ

P「……」ジー……

未央「……」

P「……」ジー……
195 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:17:37.34 ID:j2O4VZ/b0
未央「……ねぇ、プロデューサー?」

P「ん?」

未央「どうしてそんなに見ているのかな?」

P「ダメか?」

未央「ダメ……ってわけじゃないけどさ。美少女がおいしそうに食べてる姿を見て興奮しちゃったのかなー? なんて思って」

P「……まあ、そうだな」

未央「えっ……こ、興奮する、って……プロデューサー、そういう趣味だったの?」

P「いや、そういう意味じゃないけどな。ただ……そうだな、ただ、幸せだな、って思っただけだよ。未央が隣で、おいしそうに、幸せそうにしている。それを見ることができるなんて、幸せだな、ってな」

未央「……それ、ちょっと恥ずかしくない?」

P「……ちょっとは、な」

未央「……私も、その、幸せだけど」

P「……そうか」

未央「……うん」

P「……」

未央「……」

P「……ホットドッグ、食べないのか?」

未央「え? ……ううん、食べる」

P「じゃあ、食べろよ。……見てるから」

未央「……うん」

未央「……」パクッ



196 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:26:47.68 ID:j2O4VZ/b0
これにて今回は終了です。
某何かに影響されて行ったお店。このプロデューサーも櫻井のお嬢様が食べているのを見て行き始めたのかもしれません。
いや、本当においしかった。「これがホットドッグか……」なんて思ったくらいおいしかったですね。他のメニューも気になりました。また行きたいです。でもホットドッグは絶対に頼んでしまうんだろうなぁ、とも思います。

今回は割りと久しぶりのはずの軽食編でした。急いでいる設定のはずが終わりはめちゃくちゃゆっくりしてる感じ。でも、こういう終わり方もいいですよね、と自画自賛。私の力不足により伝えられているかどうかは微妙なところですが。

そう言えばバレンタインデー終わっちゃいましたね。でもバレンタイン編はこのSSでどこまでどう書くかがちょっと迷いますね。普通にいちゃいちゃラブコメになりそうな予感がします。個人的にはそれはそれで大好物なんですが。さらに言えばそもそももう過ぎた時点で書かないような気もしますが。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 02:32:28.67 ID:Tui5zyfHo
時間的に完全に飯テロでお腹は空くし、いつものいちゃいちゃでニヤニヤするしやってられんな!いえ、もっとやってください
バレンタインデーだし自分は甘々なものを期待しています
乙!
198 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/02/17(水) 02:37:55.67 ID:j2O4VZ/b0
あと珍しくSSの話なんですが次回はまた東京編になるかなーと思います。教えてもらって行ったお店の話。前回のように間をあけすぎてもなんだかなーって感じなので。
まあ今の私がそのつもりというだけなのでどうなるかはわかりませんが……他にも色々なお店とかチェーン店とかコンビニとかP料理とか未央料理とか色々と書きたいものはまだまだあるんですが、そのすべてを一気に書けるわけではないのでもどかしいです。
とりあえず、これからも未央と一緒にごはんを食べるような話だということは変わらないと思います。

改めてありがとうございました。
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 03:11:18.19 ID:7v0iZdkOo
ニヨニヨ
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 08:31:17.63 ID:ReqkJCWPo
ぼくも幸せです
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 11:11:47.86 ID:wZM/uR9F0
読んでて幸せになるなあ
そういや前スレで出てきた鶏皮餃子ようやく巡り会えたよ
あれは美味いな。未央があまりに美味しそうに食っててハードル上がりまくってたが期待通りだったわ
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 11:38:19.52 ID:lXj3RgIGo
乙です
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 14:34:40.68 ID:dILslWIeo

ホットドックってたまにケチャップが酸っぱく感じて
これケチャップとマスタード要らなくね?って思うやつあるわ
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 19:31:25.48 ID:epDq9HDtO
乙乙
たまに東京に行く時、ここで出てきたり紹介されたりする店に行くのが楽しみ
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/17(水) 22:19:52.68 ID:10L1CM8BO
ケチャップも、マスタードも入ってないホットドッグ。いいなあ
食べてみたいものだ
店を調べてみるとルミネと揉めて大変だったみたいね
JRもこのネット社会じゃ言論封殺は大した効果がないと分かればいいんだけど
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/02/19(金) 10:42:08.50 ID:hFDkxY2go
新宿勤務で週3ベルクに通ってるからびびったわ
休みの日にベルクでソーセージとビールを昼間から飲むのが最高
欠点は席が少ないことなんだが、立ったまま食って飲むのもそんなに悪くないんだよなー
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/10(木) 23:38:02.43 ID:86Yq+2HGO
念のため1ヶ月用保守
208 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 17:48:57.42 ID:852c/r/D0
未央「なんか、ガッツリ食べたい気分!」

P「は? なんだ、いきなり」

未央「いきなり、って……いやいきなりだけど、もうお昼時でしょ? ごはん、なんだかガッツリしたものを食べたいなーって思って」

P「あー……まあ、確かにそろそろそういう時間か。でも、ガッツリしたもの……ちょっと迷うな」

未央「迷うの? プロデューサーならいっぱい知ってそうだけど……」

P「まあ知ってるんだが……ガッツリしたものってどういうのだ? 量が多いってことか、肉か、とか」

未央「うーん……お肉で!」

P「肉……肉、か。それなら、俺もちょっと行きたいところがあるんだが」

未央「行きたいところ? どこどこ?」

P「俺は行ったことがない店なんだが、話に聞いてな」

未央「お、この流れ、前にもあったような気がしますよ?」

P「……まあ、その通りだ。また別の人だが、教えてもらった」
209 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 17:53:45.56 ID:852c/r/D0
未央「ふんふむ……その『教えてもらった』系のお店は今まで大当たりも大当たりだったから楽しみかも。で、どういうお店なの?」

P「名前からすると……カレー屋?」

未央「カレー……ってことは、前の、大阪で食べたみたいな、お肉って感じのカレー?」

P「いや、俺が勧められたのは生姜焼きだな」

未央「……ん? 聞き間違いかな? も、もう一回言って」

P「生姜焼き」

未央「……で、その店は」

P「たぶんカレー屋」

未央「……カレーは?」

P「知らん。カレーもカレーでうまいみたいだが……なんでも、『生姜焼きがうますぎて生姜焼きがメインだと思われている』くらい生姜焼きがうまいらしい」

未央「……それはもう生姜焼き屋さんなのでは?」

P「それは違……どうなんだろうな。わからん」

未央「わからないんだ……」

P「とにかく、だ。『うますぎる』なんて言われたら行きたくなるだろ? ここからそこまで遠くないみたいだし……行かないか?」

未央「行く行くー。いったいどんなものなのか、私も気になりますし?」

P「決まりだな。じゃあ、行くか」

未央「はーい。レッツゴー」

210 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:03:57.30 ID:852c/r/D0

――店の前

未央「……確かに、カレーって書いてあるね」

P「……カレーだな」

未央「しかも、生姜焼きじゃなくて『ハンバーグ&カレー』って書いてあるよ、プロデューサー」

P「……うん、そうだな」

未央「……本当に、生姜焼きがメインなの?」

P「い、いや、店としてはカレーとハンバーグがメインなんじゃないのか? たぶん」

未央「たぶんなんだ……ん? あ、なんか貼ってあるよ」

P「ん? なになに……『日本一のしょうが焼きを探せ!』?」

未央「横綱……大関……小結……? これって……あ、これが生姜焼きの、ってこと?」

P「ってことは、やっぱり生姜焼きが有名な店……ってことか」

未央「みたいだね。入る?」

P「ん、そうだな。いつまでも店の前に居ると邪魔だし……入るか」
211 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:04:36.32 ID:852c/r/D0

――

未央「でも、結構他にもメニューあるね」

P「だな。ハンバーグにカレーにスパゲッティに……結構色々ある」

未央「『日本一のしょうが焼きの大関』っていうのがなんなのか、私にはよくわからないんだけど」

P「俺もわからん。でも、なんだかすごいってことなんじゃないのか?」

未央「かな。まあ、食べてみたらわかるってことで」

P「それもそうだな……っと、スープに、ナイフ、フォークか」

未央「……生姜焼き用?」

P「かもな。いかにも洋食屋って感じだし、それを使ってもいいってことじゃないのか?」

未央「……なんだか、こう置かれると使わなくちゃいけないような気がしない?」

P「ちょっとはするが、生姜焼きだしな……俺は箸でいいかな」

未央「……私もお箸かな」

P「結局そうなのか」

未央「だって……スープ、きたから飲も。冷めちゃうし」

P「そうだな。飲むか。いただきます」

未央「いただきます」
212 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:05:05.40 ID:852c/r/D0
(あ、ミスです)
213 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:05:38.18 ID:852c/r/D0
>>210>>211の間


――店内

未央(なんだか庶民派って感じのお店……って、なんかそういう感じのこと書いてある紙が貼ってある。自称・庶民派……なんて、さっちーに怒られちゃうか)

P「ん、カレー付けられるのか」

未央「え? ……あ、ホントだ。どうする?」

P「未央は?」

未央「私? プロデューサーのオススメ……とは、できないよね。私はいいかな。生姜焼きでごはんを食べ進めたいですし?」

P「ってことは、生姜焼きだけでいいか?」

未央「私はそれで」

P「じゃ、頼むか。すみませーん」
214 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:07:04.41 ID:852c/r/D0
>>211の続き

未央(スープ……これ、何味のスープだろ。コンソメ? オニオン? とりあえず、飲もう)ズズ……

未央「……ん」

未央(あ、おいしい。味は結構濃い感じかも。一口飲んだだけでしっかりと味がわかる。でも、濃すぎるってわけじゃなくて、ちゃんとおいしい。高級店って感じじゃなくて、確かに庶民派って感じかも。親しみやすい?)

未央(上品な感じじゃなくて、割りとガツンとくるようなスープだけど……うん、おいしい。疲れた時とかに飲むといいような気がする。こういうお店だからこそ、って感じがする。店の雰囲気に合ってる。悪い意味じゃなくて、いい意味で)

未央(うーん……これは、なかなかいいお店なのでは?)
215 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:13:21.65 ID:852c/r/D0

――

P「生姜焼きとライス、だな」

未央「だね。なんだか私の知ってる生姜焼きとちょっと違うかも」

P「確かに、ちょっとポークソテーみたいな感じだな。いや、ポークソテーかって言うと違うんだが」

未央「生姜焼きとナポリタンとキャベツが一つのお皿に、っていうのもなんだか良い感じかも」

P「……それを『良い感じ』って言うのは女子高生というか、アイドルとしてどうなんだ」

未央「えー。でも、プロデューサーはこういうのを見て『良い感じ』って言うでしょ?」

P「……言うけど」

未央「つまり、プロデューサーくんの影響なんですよ? 未央ちゃん、プロデューサーに色々と教えこまれちゃってるから……」

P「その言い方はやめろ」

未央「じゃあ、調教されちゃってるから」

P「もっとやめろ……ったく、食べるぞ。おいしそうで、腹が減った」

未央「それもそうだね。いただきまーす。……さっきも言ったけど」

P「……さっきも言ったけど、って言う必要あるか? まあ、俺も、いただきます、っと」
216 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:16:17.95 ID:852c/r/D0
未央(さてさて……どこから手を付けようかな)

未央(やっぱりまずは生姜焼き? それともナポリタン? それともキャベツ? うーん……こういうのは、いったいどういう順番で食べればいいのか。いや、正解なんてないんだろうけど、いつも迷う)

未央(とりあえず……生姜焼きから食べてみよう。二枚の、大ぶりの生姜焼き。結構厚くて、プロデューサーが言ったみたいにちょっとポークソテーみたいな感じかも。いや、ポークソテーではないんだけれど)

未央(なんだか見た目からしてごはんに合いそう。とりあえず、一口……)パクッ

未央「……ん!」

未央(おいしい! なんだろ、なんて表現すればいいんだろ。お肉が大ぶりで、しっかりとしていて、お肉って感じで、それが甘辛いタレで味付けされていて……とにかく、おいしい!)

未央(そんな、何か変な味がするとかじゃなくて、本当に『めちゃくちゃおいしい生姜焼き』って感じ。うーん、これは確かに『うますぎる』かも)

未央(これ、絶対にごはんと合うよね。早くごはんと食べたい……けど! とりあえず、先に、このナポリタンにちょっと手を付けてみよう)
217 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:18:16.02 ID:852c/r/D0
未央(ナポリタン……本当に、このナポリタンこそ『庶民的』って感じかも。生姜焼きも生姜焼きで『庶民的』な味を極めに極めたって感じだったけど、このナポリタンのヴィジュアルからして、もう『庶民』って感じ)

未央(このドーム状に盛られた、ケチャップたっぷりっぽいナポリタン。生姜焼きと接していて、下の方は生姜焼きのタレにつかっちゃってる。本当に、もう、『庶民』って感じ)

未央(こういうのを見るとなんだか『良いな』と思う。……正確には、思うようになった、かも。プロデューサーの影響で。私の中には、プロデューサーが今も生きているんだね……いや、死んでないし隣に居るけど)

未央(とりあえず、ナポリタンを食べよう。フォークもあるけど……ここは、庶民的にお箸のままで! さて、実食―!)パクッ

未央「……うん!」

未央(おいしい! ケチャップたっぷりで、庶民的って感じで、なんだか家でつくるみたいな味なんだけど……それがおいしい! なんだろ、このケチャップケチャップって感じがめちゃくちゃ良い。上品でもないし複雑な味でもなくて、『ケチャップ!』って感じなのに……なんでこんなにおいしいんだろう)

未央(確かに『付け合せ』っぽい味で、いい意味で『大雑把な味』とでも言えばいいのかな。繊細な味とかじゃなくて、もう『おいしかったらそれでいい』みたいな。それで実際、とってもおいいい)

未央(確かスパゲッティのメニューに『ナポリタン』ってあったよね。これ、いっぱい食べてもいいかも。こういう庶民的な、家庭的な、それでいてとってもおいしい味が楽しめる、って、結構貴重だと思うから)
218 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:19:29.88 ID:852c/r/D0
未央(……さて、それじゃあ、次は生姜焼きとライスを一緒に食べよう。絶対おいしいってわかってるけど、それでも楽しみ。それじゃ、いざ……)パクッ

未央「……んー!」

未央(やっぱりおいしい! グッド! グッド! グッドだよ! この濃い目の味付けがごはんに合う。かきこんじゃいたくなるし、もうかきこんじゃう。マナーとかそういうのは気にしない。ここはそういうの抜きで食べれるお店だと思うし!)

未央(洋食屋なんだけれど、『日本の洋食屋』って感じ。昔ながらの? みたいな? こうして生姜焼きと一緒にごはんを食べると、日本人として生まれてきて幸せだなーって思う。この、ちょっとジャンクとも言える感じ……最高)

未央(生姜焼きを食べて、ごはんを食べて、生姜焼きを食べて、ごはんを食べて……ナポリタンやキャベツも合わせて楽しんで、もう順番なんて気にせず、マナーなんて気にせず食べる。肩肘なんて張る必要はなくて、ただただ『食べる』ことに集中できる)

未央(はー……幸せ)
219 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:25:47.47 ID:852c/r/D0

――店の外

未央「おいしかったね、プロデューサー」

P「ああ、うまかった。『うますぎる』って言葉の意味もわかったよ。まあ、カレーもカレーで気になってきたけどな。ハンバーグも」

未央「それは確かに。あと、私はスパゲッティも気になったなー」

P「ナポリタン、うまかったからな……何に付けても気取ってないって感じで、それがまた良かった。まあ、女子高生が来るようなところじゃあないとは思うけどな」

未央「連れて来た人が言う? ……まあ、私も一人では来れないけどね」

P「また連れて来て欲しいってことか?」

未央「さすがはプロデューサー。私のことはわかってるね」

P「そこまで言われたら誰でもわかるだろ。……でも、そうだな。連れてくるよ。未央以外とは、さすがになかなか来にくいからな」

未央「それ、どういうこと? しぶりんもしまむーも……確かにちょっとダメそうだけど、あ、そうだ、あかねちんは? あかねちん、こういうの好きそうじゃない?」

P「お前は茜をどう思ってるんだよ……」

未央「明るく元気でとってもかわいい子?」

P「……まあ、その通りだな」

未央「でしょ? あと、実は結構女の子」

P「それもその通りだ。だから、あいつのことはめちゃくちゃ女の子扱いしたくもなるんだが……」
220 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:31:59.32 ID:852c/r/D0
未央「未央ちゃんは?」

P「してるつもりだが?」

未央「えー……全然足りませんよ? もっとお姫様みたいに扱ってくれても構いませんことよ?」

P「お姫様……?」

未央「ちょ、何その反応! さすがに失礼だと思うんですけど!」

P「あー、はいはい。お姫様、お姫様ね……未央、ちょっと止まれ」

未央「? なんで?」

P「お姫様扱いするから。……あと、ちょっと、目、つぶっとけ」

未央「えっ……ま、まさか、キス……?」

P「どうしてキスがお姫様扱いになるんだよ……違うから、安心して目をつぶれ」

未央「なーんだ。……はい、目、つぶったよ」
221 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:35:49.03 ID:852c/r/D0
P「ん、それじゃあ……っと」ヒョイ

未央「なっ……ぷ、プロデューサー? これは、いったい……」

P「お姫様扱いと言えば、お姫様抱っこだろ?」

未央「い、いや、だって、外で、ちょ、人通りが少ないとは言っても、これはちょっと恥ずかしいんだけど……」

P「はっはっは。たまにはお前も恥ずかしがれ。くるくるー」クルクルー

未央「ま、回さないで回さないで! なんかちょっとこわいから! あと、結構スピード早い! おーろーしーてー!」

P「はっはっは……あ、なんか腕が疲れてきた。未央、お前、結構重いな。もう下ろすわ」

未央「……いや」ギュー

P「……は?」

未央「重いって……重いって、さすがに失礼じゃない? プロデューサーくん、このまま事務所まで運ぶことを命令します」
222 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:41:57.69 ID:852c/r/D0
P「いや、お前がおろせって言ったんだろ。早く下りろよ」

未央「重いって言ったことを撤回するまで下りないもーん。このままいちゃいちゃ帰るんだもーん」スリスリ

P「ちょ、顔を擦り付けるな。というか、本当に腕が疲れてきたから……」

未央「頑張って、プロデューサー♪」

P「……重いって言ったことは撤回します。軽いです。だからおりて下さいお願いします」

未央「よろしい。でも、軽いのならもうちょっとくらい大丈夫だよね?」

P「はぁ!? 約束が違うぞ! 早くおり――」

未央「……プロデューサーは、そんなに早くおりてほしいの? 私は……もうちょっとだけ、こうしていたいな」

P「そっ……それは、ちょっと、ずるくないか?」

未央「ずるくてもいいもん。お姫様はわがままなものなんですよ?」

P「……まあ、あとちょっとだけ、な」

未央「……うん。あとちょっとだけ、ね」ギューッ
223 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:42:57.86 ID:852c/r/D0
P「……最後にお願いなんだが、胸を押し付けるのはやめてくれないか?」

未央「胸? ……プロデューサーのえっち」エヘヘ

P「……えっちでいいから、離れてくれ」

未央「エロデューサーさんの言うことなんて聞けませーん」

P「エロデュ……それはさすがになくないか? というか、いいから離れて……」

未央「やだもーんだ」

P「……はぁ。わかりましたよ、お姫様。あの交差点まで、な」

未央「……えへへ。ありがと、プロデューサー」

P「……どういたしまして」



224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/18(金) 18:47:36.01 ID:bl8CVvg7O
乙でした
今日の晩飯はしょうが焼きにしよう
225 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:48:48.22 ID:852c/r/D0
これにて今回は終了です。
割りと久しぶりなような気がします。前回書いた通り東京編。バレンタインデー編とホワイトデー編を書こうとしていたのにすっかり時間が経ってしまいました。忙しかったとかではないです。ここで言うのもなんですけどまったくべつの書いてました。それでこっちが遅くなるのはなんだかなーと自分で思います。

今回のお店、本当においしかったです。近くに欲しい。通いたい。通えませんが。他のもちょっと頼みたいんですがなんだかんだで次も生姜焼きを頼んでしまいそうです。私のストライクゾーンのどまんなかって感じの味だったからまた行きたい……。
ここの近くに割りと色んな店があって「あわわ」ってなりました。教えてもらった店がこんなにいっぱい……行ってみてわかったんですが一応秋葉原から徒歩圏内? あそこらへんはおいしいものがいっぱい集まるものなんですか? それとも東京だから? 東京はいいなぁ……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
226 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/03/18(金) 18:56:26.07 ID:852c/r/D0
あとSSとは関係ないですが今夜はSSA特番ですね。もう開場しましたね。なんだかSSとSSAって字面が似ているような気がします。どうでもいいですね。はい。
次はどうしましょう。今更バレンタインデー編? ホワイトデー編? それともまた別の何か? 割りと気分で決める気もします。バレンタインデー編は構想だけなら決まってるのでバレンタインデー編でもいいかもしれません。でもなんだか他のアイドルと一緒に、みたいなのも挟みたいところです。うーん、どうなるんでしょうか。未来の私に任せようと思います。
今月末に発売する色々が楽しみです。

改めてありがとうございました。

227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/18(金) 19:39:56.66 ID:py+Y8gUWO
乙!
次の休みは生姜焼きだな…
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/18(金) 20:38:45.83 ID:KeXroq20o
乙です
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/18(金) 20:51:12.91 ID:VtxZTe/6o

神保町はカレー屋とか洋食屋とか名店がひしめいているからな
あそこ通うだけで向こう数ヶ月は困らない
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/18(金) 21:14:09.38 ID:U+lImnboo
洋食屋もいいけど、とんかつ専門つかとんかつがメインの飯屋の生姜焼きも美味いよね
昔に中央線が事故で運転再開見込み未定みたいになって、
取り敢えず最寄り駅着いて時間潰しがてらに腹も減ったしで入った店の生姜焼き定食美味かったなあ〜
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/19(土) 02:53:47.78 ID:ZyNi4tB0O
こんな時間に読むんじゃなかった...明日しょうが焼き作るか...
それはさておき>>1改め未央とPに静岡の誇るハンバーグ店さ○やかに是非来て欲しいものだ(県民感)
舌の肥えてそうな未央とPの口に合うかはわからんがw
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/19(土) 11:27:31.79 ID:Gyh6nxVSO
あちこちのモバマスSSでそのハンバーグ店の名前見るけど
どんだけ好きなんだ……
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/19(土) 12:50:34.14 ID:MWkKIDvvo
なんつーか長年の刷り込みで静岡のハンバーグチェーンといえばさわ○かになってしもたんや…
味は特別美味いってわけでもないけど
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/20(日) 13:02:17.88 ID:T7oM5oCC0
今日の昼ご飯は生姜焼きに決定
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/03/22(火) 18:27:00.04 ID:Z9tm4Q8M0
未央が美味しそうに食べるからこっちも食べたくなる
今から生姜焼き用の肉買ってくるわ
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/03(日) 22:52:56.46 ID:tKlDD2pS0
向こう埋め荒らしにやられたな
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/04(月) 07:28:33.44 ID:zAD2P5PP0
おこちゃまの長期休みの時期の恒例みたいなもの
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/04(月) 07:46:21.05 ID:JuT+BHaY0
おこちゃま(大学生)
日本の未来は暗いな
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/17(日) 00:22:41.44 ID:OaC2prUj0
腹が減る
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/23(土) 19:48:02.71 ID:U0QHw2JAO
>>236
向こうって?
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/23(土) 21:59:57.75 ID:fBlTjuxU0
>>240
前スレ
242 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/08(日) 23:41:08.49 ID:qEagJTY+0
P「未央、ちょっと時間あるか?」

未央「ん? なになに? プロデューサー。あ、もしかしてデートのお誘いかな?」

P「デート……まあ、近いな」

未央「……え?」

P「で、どうなんだ?」

未央「えーと……その、はい。大丈夫です」

P「そうか。じゃあ、行くか」

未央「え、行く? 行くって、どこに?」

P「いつもと同じだよ」

未央「いつも? いつもって……あ」

P「ん、そうだ。ちょっと、飯を食べに、な」
243 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/08(日) 23:46:06.36 ID:qEagJTY+0

――

未央「もー……変なこと言わないでよ、プロデューサー。さっきの、かなり性格悪いよ?」

P「先に言ったやつはどっちだ?」

未央「う……ごめんなさい」

P「素直でよろしい」

未央「……プロデューサーは?」

P「は?」

未央「私が謝ったんだからプロデューサーもするべきことがあるんじゃないですかねぇ……」

P「お前……すまなかった。これでいいか?」

未央「うん、いいよ。許してあげる♪」

P「……せっかく今日は俺の調子だと思ったのに」

未央「プロデューサーくんが私に勝つのはまだまだ先ってわけだね」

P「……まあ、俺とお前の関係はこういうのがいちばんちょうどいいのかもしれないけどな」

未央「えー……これ以上進展させないの?」

P「……まださせない」

未央「……『まだ』?」

P「……行くぞ。そこまで時間があるわけじゃないんだからな」

未央「はーい」
244 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/08(日) 23:54:56.36 ID:qEagJTY+0

――

未央「そう言えば、今日はどこに行くの?」

P「ああ、言ってなかったか」

未央「うん、聞いてない」

P「今日行くのは……まあ、ラーメン屋だな」

未央「……プロデューサー、ラーメン、好きだよね」

P「お前は嫌いか?」

未央「ううん、好きだけど。正確にはプロデューサーの影響で好きになった、かも。私、プロデューサーの色に染められちゃった……」

P「その言い方はやめろ」

未央「でも、事実ですし?」

P「だから『言い方』って言ってるだろ……」

未央「えへへ……でも、ラーメン屋さんが好きなのって、結構乙女な理由もあるんだよ? プロデューサーとの思い出の場所だから……みたいな?」

P「ラーメン屋が思い出の場所ってのも変な話だな」

未央「かもね。こういうことはよくあることなのかもしれないけれど」

P「そうか?」

未央「女性経験の乏しいプロデューサーくんが言えることかな?」

P「お前は男性経験豊富なのかよ……」

未央「プロデューサーが初めてだよ?」

P「『初めて』とかそういう言い方するなよ……」

未央「んん? プロデューサーくんは『初めて』でどういうことを想像したのかなー?」

P「……お前、美嘉に毒されてるぞ」

未央「むしろ美嘉ねーはこういうことダメそうだけど?」

P「いや……あー、どうだろうな。あいつならそれくらいは言いそうだが……」
245 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:04:10.38 ID:OK+1k6K00
未央「……なんか、プロデューサー、美嘉ねーのこと『知ってる』って感じだね」

P「そりゃまあ、プロデューサーだからな」

未央「そういう意味じゃなくて」

P「は? どういう意味だよ」

未央「そういう意味」

P「どういう意味だよ……あー、そうだな、いちばん知ってるのはお前だけど、みたいなことか?」

未央「……そうだけど、言い方が悪いよ、プロデューサー」

P「もうちょっとキザに言えって?」

未央「それは気持ち悪い」

P「どうしろって言うんだよ……」

未央「どうしろって言うんだろうね」

P「お前がわからないのかよ」

未央「乙女心はフクザツなのです」

P「……本当にな」
246 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:15:47.12 ID:OK+1k6K00

――店の前

未央「ここが今日のラーメン屋さん……えーと、何が有名なお店?」

P「有名……ってわけじゃないな。うまい店ではあるが、特に有名ってわけでもないと思う」

未央「あれ? そういうお店ってなんだか珍しくない? プロデューサーってチェーン店とか有名なお店とかばっかり行くんだと思ってた」

P「誕生日に連れて行ったところとか違うだろ……」

未央「確かに。あのお店みたいなところ、また連れて行ってほしいなー♪」

P「そんな大事な日以外に連れて行っても変だろ」

未央「大事な日には連れて行ってくれるってこと?」

P「……入るぞ」

未央「あ、逃げた」
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/09(月) 00:17:33.34 ID:P+RznOvvo
待ってた
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/09(月) 00:18:33.96 ID:Hokj7fpAO
ラーメンといえば、塩ラーメンのお店美味かったぞぃ
>>1に多大なる感謝
249 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:22:09.00 ID:OK+1k6K00

――店の中

未央「ここはプロデューサーの行きつけのお店だったりするの?」

P「んー……まあ、割りと、だな」

未央「割りと、なんだ」

P「月に一回は絶対行くってくらいだな」

未央「割りと行きつけのお店だ……」

P「だから言ってるだろ? で、メニューだが……」

未央「……結構色々あるね。つけ麺とか、まぜそば? とか?」

P「油そばとも言うな。食べたことないか?」

未央「プロデューサーに連れて行ってもらう以外にあんまりラーメン屋さんに行くこともないしね。食べたことはないかも。どういうものか、は知ってるけどね。スープがないんだっけ?」

P「まあ、そんな感じだな。食べたことないなら……と思うが、いきなりまぜそばっていうのも……」

未央「プロデューサーのここのおすすめは違うの?」

P「まぜそばもうまいが、最初はとんこつを食べるのがいいとは思う」

未央「そっか……うーん、どうしよう。まぜそばっていうのもちょっと食べてみたいかも……」

P「そうだな……それじゃあ、お前はとんこつを頼め。俺がまぜそばを頼むから。それでちょっと食べ比べてみたらいいだろ」

未央「いいの? やったー」

P「いつも通りって感じだがな」

未央「それは言わないお約束、だよ?」

P「とりあえず、とんこつとまぜそば、だな。注文するか」

未央「うん。しよっ」

P「よし。すみませーん!」
250 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:29:10.49 ID:OK+1k6K00

――

未央「……と、いうわけできたね。とんこつと、まぜそば」

P「来たな。うん、今日もうまそうだ」

未央「それがまぜそば、なんだ……なんか、『ジャンク!』って感じだね」

P「だな。実際、味もそんな感じだ」

未央「かれんとか好きそう」

P「あー、言われてみれば……あんまり連れて来たくないけどな」

未央「『野菜が入ってるから大丈夫』とか言いそう」

P「ポテトも野菜だから大丈夫とか言い出しそうだなそいつ」

未央「実際言ったらどうする?」

P「呆れる」

未央「怒らないの?」

P「そこまで怒らないって。ただ、凛と奈緒とも協力してちょっと本気で食事を管理するが」

未央「怒るよりヤバい……」

P「そんなことはない。というか、早く食べないとのびるぞ。俺のはまぜそばだからのびるってわけでもないだろうが、そっちはのびるだろ」

未央「あ、確かに。じゃあいただきまーす」

P「……まあ、俺も食べるか。いただきます」
251 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:33:12.91 ID:OK+1k6K00
未央(ということで、そこそこ久しぶりのラーメンかな。久しぶり? どうだろ。久しぶりなような気もするし久しぶりじゃない気もする……)

未央(えーと、とんこつラーメン。普通の……かどうかはわからないけれど、野菜とかが乗ってるラーメン。前に生っすかのラーメン探訪で見たやつとはまた違うけど、ちょっと似てるかも?)

未央(さてさて、味はどんなのなんだろ。とんこつと言えば『こってり』ってイメージがなんだか付いちゃってるけど……とりあえず、スープを)ズズ……

未央「……ん」

未央(あ、こんなのなんだ……うん、おいしい。『こってり』って感じじゃないんだけど……プロデューサーが『行きつけ』って意味がわかるかも。何と言うか、優しい味。飲むとほっとするというか……うーん、ラーメンのスープで、しかもとんこつでこういうことを思う日が来るとは思わなかったかも)

未央(でも、おいしいなぁ……ラーメンって、本当に色んな種類があるよね。私がまだ見たことがないラーメンもまだまだいっぱいあるんだろうし……って、これはラーメンだけの話じゃないかな。プロデューサーが割りとラーメン屋さんに連れて行ってくれるからそう思うだけ、かも)

未央(さて、スープだけじゃなくて、麺や具も食べてみようかな。麺は……結構太いかも。つけ麺屋さん……と、そこまで変わらないかも? この太い麺がこのお店の売りだったりするのかな。具はもやしとかそういうの。あと、チャーシュー……なのかな。あんまり見たことがないタイプかも。おいしそうだけど)

未央(まあ、とりあえず麺から……)ズルズル

未央「……んっ」

未央(あ、これはおいしい。スープだとなんだ『ほっこり』感が強かったけど、麺を食べると『おいしい』っていうのが先にきた。なんでだろ、これ。わからないけど……割りと麺はガシガシしてる? コシがある……のかな。どうだろ。何と言うか、『啜ってる』って言うよりも『食べてる』って感じがする。うん、そう、『食べてる』。そういう麺)

未央(あ、プロデューサーが『行きつけ』っていうのはこういう理由もあるのかな。プロデューサーって割りと食べる方だし、こういうがっつり『食べてる』って感じがするのが好きなのかも)

未央(……なんだか、これがプロデューサーが好きな味、って考えると、ちょっと色々考えちゃうな。プロデューサーが関係してるのかな。プロデューサーがいなくても好きだったのかな。……プロデューサーがおいしいって言ってるものがおいしいって思えるのは、たぶん、幸せなことなんだろうな)

未央(――って、なんでちょっとしんみりしてるの私。ラーメン、ラーメンだよ。ラーメン食べててしんみりする……もしこれがドラマとかだったらお客さんから突っ込みが入っちゃうシーンだよ。とにかく、食べよう)ズルズル……
252 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:34:34.20 ID:OK+1k6K00
P「どうだ? 未央」

未央「おいしいよ? さすがはプロデューサーの行きつけのお店と言いますか?」

P「そうか……良かったよ、本当。もしこの店がそんなに合わなかったりしたら割りとへこんだ」

未央「へこむんだ」

P「へこむ。俺は割りとメンタル弱いからな……」

未央「そうだね……」

P「……今のを否定してくれないとそれでまたなんかへこむ」

未央「プロデューサー、面倒くさいんだけど……」

P「面倒くさいとか言われるとへこむ……」

未央「めんどくさい……」

P「まあ、それは置いといて、だ。未央、ちょっと、食べてみるか?」

未央「あ、それじゃあ食べようかな。いい?」

P「ああ。その代わり、俺もちょっとくれよな」

未央「うん。私のものを召し上がれ?」

P「……それはちょっと違わないか?」

未央「……違うかも」

P「……食べるか」

未央「……うん」

未央(……なんかちょっと調子悪いけど、それは置いといて、まぜそば。まぜそばですよ、まぜそば)

未央(もうプロデューサーが混ぜた後だから、さっきとかなりヴィジュアルが違う……何と言うか、さっきよりもさらに『ジャンク』って感じ)

未央(とにかく、ちょっと食べてみよう。いただきます、っと)ズルズル……

未央「……んっ!」

未央(おいしい! うん、これ、おいしい。濃いからかな、ガツンとくる。食べた瞬間に『おいしい!』って感じる。『ジャンク』って感じ)

未央(これはなかなかに危ない食べ物かも……この、おいしいんだけれど濃くてジャンクな感じ。実際どうなのかはわからないけど、なんか不健康そうな感じ。……それなのに、中毒性がある感じ)

未央(とんこつラーメンはあんなに優しい感じなのに、こっちはこんなにもジャンクな感じ……表の顔と裏の顔があるんだね、この店は)

未央(あの優しい感じだけじゃなくてこういう味も楽しめるって考えると、うん、ここは結構『行きつけ』にしやすいお店かも。どっちも楽しめるから、飽きがこなさそう。しかも、これ以外にもメニューはあって……うん、ここ、良いお店かも!)

未央(……もう一口、食べよ)ズルズル
253 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:36:09.87 ID:OK+1k6K00

――店の外

未央「んー、おいしかったー! 余は満足じゃー!」

P「何のキャラだよ……」

未央「未央ちゃん……かなっ」

P「……このやり取り何回かやった記憶があるんだが」

未央「確かに。でも、このお店みたいに飽きがこないんですよ」

P「うまいこと言ったつもりか。そもそもこのやり取りは本当に飽きがこないか?」

未央「……飽きるね!」

P「すぐ認めるのか……」

未央「実際飽きるからね。仕方ない」

P「そうか……でも、本当に良かったよ。お前がここを気に入ってくれて」

未央「いつもプロデューサーが連れて行ってくれるお店は気に入っているような気もするけどね」

P「そうだな。でも、ここはやっぱり割りと来ている店だからな。お前に好きって言ってもらえると、なんだか、嬉しいんだよ」

未央「そう? ……まあ、でも、そうなのかな。私も、プロデューサーが好きなお店が好きで、嬉しかったし」

P「そうか」

未央「実はそうなんです。これも乙女心、だね」
254 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:37:41.81 ID:OK+1k6K00
P「乙女心、か……なあ、未央」

未央「ん? なになに? プロデューサー」

P「……これからも、よろしくな」

未央「……いきなりどうしたの?」

P「いや、ちょっと、な……俺も、お前の乙女心をたまには満たしてやりたい、って思ってな」

未央「……そっか」

P「そうだ」

未央「……プロデューサー、乙女心をわかってないと思ってたけど、ちょっとはわかってるんだね」

P「それはつまり、満たされたってことか?」

未央「……撤回。やっぱり、わかってない」

P「は? おい、なんでだよ。今、いかにも良い感じだっただろ?」

未央「言葉にしなくちゃ伝わらないけど、言葉にしないからこそ、っていうのもあるの」

P「……やっぱり、乙女心ってやつは難しいな」

未央「まあ、私だって面倒くさいって思うけどね」

P「自分でも思うのかよ……」

未央「うん。ごめんね、プロデューサー」

P「いや、謝ることでもないが……あー、もう、とにかく、だ。……これからもよろしくな、未央」

未央「うん。……末永く、ね」

P「……それはちょっと違わないか?」

未央「これは違わないよ。……違わないで、いてほしいから」

P「……そうか」

未央「そうだよ」

P「……それじゃあ、末永く」

未央「……うん。末永く」



255 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:47:06.33 ID:OK+1k6K00
これにて今回は終了ですお久しぶりです。

選挙期間はもっと投稿するつもりだったんですが結局この一回だけ、みたいになってしまいました。
これに時間がかかった……かと言うとこれは23時あたりから書き始めたやつなのでまったくそんなことはないです。
忙しかったかと言うとそういうわけでもないです。
今書いてるもう一つのアナスタシアのやつ……はちょっと影響しているかもしれません。
まだまだ書きたいものはいっぱいあるので時間がある時はもっと書きたいです。

久しぶりのお店はラーメン屋さん。おいしいところですがそこまで有名っていうわけでもないお店。こういうお店、割りとどこにでもあるんじゃないかな、と思います。どこにでもあるようでどこにでもなくて、でも、誰もが一つは持っている……こともあるかもしれないようなそんなお店。
久しぶりで、しかも選挙期間の終わりということでどうしようか……と考えたんですが、特別なようで特別ではない、でも特別な意味のあるようなそんな感じにしてみたつもりです。いつものような感じで、でもいつもとはちょっと違う……って、できてなかったら仕方ないですが。

「またラーメン屋か」と思われたなら申し訳ないです。
正直ラーメン屋のストックだけなら両手両足の指で数え切れないどころかラーメン屋だけで一スレ消化できるくらいの量あるんですが、それ以外の店もかーなーりありますしそれ以外のお店で書きたいのもいっぱい残っているのでそこまでラーメン屋ばっかりになるってことはないと思います。
今回はまあ先述の「この時期の意味」ってことを考えるとここかなーっていうので特別扱いして下さい。
と言って、またすぐラーメン屋を書いたりしちゃうかもしれませんが。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
256 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:51:19.93 ID:OK+1k6K00
あとSSとは関係ないんですが、総選挙ですね。今回の総選挙に関しては色々と話せることはあるんですが、私の言いたいことは一つです。
本田未央をよろしくお願いします。
あなたの一票を彼女の輝きのために下さい。
お願いします。

改めてありがとうございました。
257 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:54:46.74 ID:OK+1k6K00
あ、次は卯月誕生日編(大遅刻)か年越し編(超遅刻)かそれとはまったく関係ないいつも通りのやつかのどれかになると思います。

それでは。
258 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/09(月) 00:55:31.98 ID:OK+1k6K00
(年越しじゃなくてクリスマス編でした……)
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/09(月) 01:01:43.26 ID:Xr3fStSGo
乙です
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/09(月) 01:04:13.75 ID:f5mn5MzL0
どこのラーメンだろ
お腹減ってきた
あと甘すぎてコーヒー欲しくなった
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/09(月) 02:48:13.94 ID:MQz3RXVAo
深夜に読むもんじゃねーな・・・!
行きつけの、ってほどじゃないけど近くに寄ると必ず食べたくなるお約束のラーメン屋は自分もあるなぁ
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/09(月) 11:54:18.12 ID:Gq5XsPe50
更新きてんじゃん!
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/09(月) 13:07:24.88 ID:Gytb6+2u0
ちょうど昨日新宿の塩ラーメンのやつ食べてきたけど美味しかったです〜
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/10(火) 03:37:14.20 ID:jzMzd8KA0
更新お疲れ様です
最近大阪近くに拠点移ったので以前出てたカレー食べてきたけどおいしかったです
相変わらず未央が美味しそうに食べるので今日ラーメン食った後に開いて良かった笑
担当は別なのでわずかですが票を投じましたよ
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/20(金) 11:50:38.17 ID:41Qnc6cXO
ラーメンは中華そばって感じのが好きだけどあんまり話題にならないから美味しい店探すのが大変なんだよなー
だからたまに良い店を見つけるとすごく嬉しい
266 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 03:52:04.48 ID:Y+/btJf60

――朝

未央「おはよっ、プロデューサー」

P「ん……おはよう」

未央「おっとぉ? プロデューサーくん、おねむかなー?」

P「『おねむ』って……まあ、眠いが」

未央「この時間にって言ったのはプロデューサーなのに?」

P「なのに、だ……と言うか、お前、よく起きれたな。昨日は女子寮で、だったんだろ? 女子寮ならお前は遅くまで起きていると思ったんだが……」

未央「さすがの未央ちゃんも明日が早いってわかっていればそこまで夜ふかしはしませんよ?」

P「……ちなみに、今日は何時まで起きてた?」

未央「朝日は見てないよ☆」

P「その言い方絶対夜ふかししてるだろ……やっぱり若さか?」

未央「……おじさん?」

P「それやめろ。傷付くから。……まあ、せっかくこんな早くに来てもらったんだ。早速、行くか」

未央「はーい。レッツゴー!」
267 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 03:53:19.94 ID:Y+/btJf60

――電車

未央「でも、こんな早くに行って、お店、開いてるの?」

P「ああ。あそこらへんの店はだいたい朝の五時くらいには開いてた……と思う。今日行く店は初めてだが」

未央「五時……早いね。教えてもらったお店、だっけ?」

P「そうだな。割りと並ぶだろうからこの時間、ってわけだな」

未央「この時間でも並ぶんだ……だから、こんな時間に来い、って言ったんだね」

P「未央には悪いが、な」

未央「ううん。昨日、『食べたい』って言ったのは私ですし?」

P「その言った理由も俺が見ていたページを盗み見したからだけどな」

未央「仕事中にそんなところを開いているプロデューサーが悪いんですよ? あんなおいしそうな写真を見ちゃったら食べたくなるに決まってるじゃん」

P「実際、俺も食べたくなったし……ちょうど、今日は午前中から予定もあったしな」
268 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 03:57:34.10 ID:Y+/btJf60

未央「と言うか、今日は割りとハードスケジュールだけどね……がっつり食べて、スタミナ付けなきゃ」

P「俺もそうしなきゃ、な……そう言えば、未央は初めてか?」

未央「初めてって? 今から行くお店なら初めてだけど」

P「そうじゃなくて……つまり、築地だな」

未央「名前は知ってるけど初めて、かな。どんなところなの?」

P「何と言うか、『市場』って感じだな」

未央「『市場』?」

P「あー……まあ、見た方が早いな」

未央「そっか。じゃあ、楽しみにしとくね」

P「楽しみにするほどかどうかはわからないが」

未央「えー……せっかく未央ちゃんが朝から気分を盛り上げようとしてるのにその言い草はないんじゃないかな?」

P「……すまん」

未央「素直でよろしい。……ねぇ、プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「眠い?」

P「……眠い」

未央「そっか。ちょっと寝る? 肩、貸すよ?」

P「……ん」

未央「っ……」

P「……」スゥ

未央「……」

未央(……本当に寝ちゃった。冗談半分だったんだけど、よっぽど眠たかったのかな)

未央「……いつもありがと、プロデューサー」

未央(肩くらいならいつでも貸すから、ゆっくり、ね)

未央(……まあ、朝が弱いだけ、なのかもしれないけど)
269 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:00:32.73 ID:Y+/btJf60

――築地

未央「ほうほう、これが築地ですか。……朝から結構人が居るね、プロデューサー」

P「観光地みたいなもんだからな。遠くからも人は来るし……店も多いしな」

未央「でも、この活気がある感じ……嫌いじゃないよ!」

P「未央はそうだろうな……こういう空気、好きそうだ」

未央「えー、何そのテンション。プロデューサーはそうじゃないの?」

P「嫌いじゃないが、特別好きでもない。さっさと向かおう。気をつけて、な」

未央「はーい」
270 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:03:58.01 ID:Y+/btJf60

――店の前

未央「……並んでるね」

P「並んでるな。まあ、隣の寿司屋の方が並んでるが」

未央「……これ、どれくらい待つの?」

P「隣のは……どれくらいだろうな。ライブが始まって終わるくらいは待つかもな」

未央「そんなに……ちなみにこっちは?」

P「さあ? 一時間かかるかどうかってところじゃないか? この時間ならまだ、な」

未央「……そう言えば、この時間でこんなに並んでるんだよね。その時点でこっちも、かー」

P「まあ、築地だからな。並ぶのは仕方ない。ゆっくり待とう」

未央「うん。ラジオのパーソナリティも務める未央ちゃんからすれば一時間くらいすぐですよ」

P「李衣菜は居ないし普段の二倍だけどな」

未央「それは言わないお約束! 今日のゲストはプロデューサーだから、しっかり付き合ってもらいますからね?」

P「まあ、俺も暇だからな。ただし、俺は喋りのプロってわけじゃないからな。素人相手でどれだけ面白くできるか、見せてもらおうか」

未央「ふっふっふ……リーナとのラジオで鍛えた私のトーク力、見せてあげるよ、プロデューサー!」
271 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:08:18.84 ID:Y+/btJf60

――

未央「――ということで、しぶりんとらんらんが二人で話しているのを眺めていたんだけど、それがまた……」

店員「二名様、どうぞー!」

P「ん、時間切れだ。続きは気になるが、また後で、な」

未央「はーい。でも、もうそんなに時間が経ったんだね。実はかなり早く列が進んでいたり?」

P「いや、そんなことはない。体感時間では俺もかなり短く感じたけどな」

未央「それはつまり、未央ちゃんのトークスキルがすごいということかな?」

P「あー……まあ、そうなんじゃないか」

未央「えー。ちょっと冷たーい。もっと乗ってよー」

P「後でな。とりあえずは席について注文してから、な」

未央「えー……でも、そうだね。入ろっか」
272 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:09:06.65 ID:Y+/btJf60

――店内

未央「ほうほう、こんな感じなんですね」

P「どんな感じだよ……」

未央「んー……こんな感じ?」

P「……まあ、そうだな。とにかく、注文するか。結局、未央はどうするんだ?」

未央「なんだか他のメニューもおいしそうなんだけど、プロデューサーは昨日見ていたアレ、だよね?」

P「ああ。そのつもりだ。もしかしたらもうなくなってるかもしれないからその時はまた別の、だが」

未央「それはそれでおいしそうだから問題なし! ということで、未央ちゃんもそれでお願いします」

P「ん、じゃあ頼むぞ。すみませーん!」
273 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:13:10.47 ID:Y+/btJf60

――

未央「ということで、やってきましたね、チャーシューエッグ定食」

P「やってきたな。残っていてよかったよ」

未央「うーむ……しかし、おいしそうですなぁ。朝からこんなものを食べるなんて……食べきれるかな?」

P「まあ、無理だったら俺が食べる……と言うか、本当に無理はするなよ? 予定もあるんだから」

未央「うん。きつくなってきたらすぐに言うね。まあ、朝じゃなかったらこれくらいは食べきれるし、大丈夫じゃないかなー」

P「まあ、食べきれたらそれがいちばんいいんだがな。ガッツリ食べて力を付けてもらわないと困るからな……っと、早く食べるか。いただきます」

未央「いただきまーす」
274 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:24:32.25 ID:Y+/btJf60
未央(さてさて……っと、でも、朝からこれはやっぱり重そうだよね。大ぶりのチャーシューと目玉焼き、そこにブラックペッパーがこれでもかってくらいにかけられて、横にはちょこんっとマスタード。チャーシューのタレはお皿の上で広がってサラダにまで付いちゃってる。それからお味噌汁とお漬物、そしてごはん。……朝からこれを食べたらそりゃあ元気がつくってなものですよ)

未央(さて、どこからどうやって手を付けるか……迷うけど、とりあえずはこのチャーシューから!)

未央(でも、この大きさはどうやって食べようか……切れるかな? ってことで、試しにお箸で……)ヒョイッ

未央(お! 崩れた! やわらかい! このチャーシュー、すごいやわらかい。触れただけですっと切れる……みたいな感じじゃないけど、お箸でもなんとか切り分けられそう。というか、一口サイズに崩せそう?)

未央(まあ、今のでちょうど一口サイズくらいには崩せたから、食べてみよう。いざ!)パクッ

未央「……おお」

未央(おいしい。何と言うか、思ったよりも『濃い』って感じはしない。いや、濃いんだけど……見た目だけだと、もっと『こってり』していて、それだけじゃ食べられない〜、ってくらいだと思ってたんだけど、これだけでも食べられるくらい。あっさり……とも違うんだけど、なんだろう。『朝』向けにこういう味だったりするのかな。でも、これが良い。おいしい)

未央(とろとろのチャーシューの……『タレ』の味というか、お肉の味というか? でも、それはタレがあるからで……うーん、どう説明すればいいんだろ。とにかく、おいしい)
275 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:26:20.75 ID:Y+/btJf60
未央(こんなの、絶対ごはんと一緒に食べたらおいしいよね。じゃあ次は、チャーシューとごはんを、一気に……あ、チャーシュー、結構とりすぎちゃったかも。でもいいか。このまま……)パクッ

未央「……ん」

未央(だよね! うん、思った通り、合う! 思ったより『濃い』って感じはしなくても、それは見た目にしてはってだけで濃いことには濃いんだよね。それがごはんに合うったら合う。ほろほろのチャーシューに白ごはん。こんなの、合わないわけがないですよ)

未央(次は……うん、この目玉焼きと、だよね。明らかに半熟で、とろとろそうな目玉焼き。これとさっきのチャーシューを一緒に食べたら……そんなの、もう、おいしくないわけがないよね!)

未央(チャーシューをごはんの上に乗せて、それから半熟の目玉焼きをさらにその上に。そして、黄身を割って……うわ! 良い感じにとろとろ……チャーシューの上だけじゃなくて、ごはんの上にまでいっちゃった)

未央(ビジュアル的にはちょっとお行儀が悪い? でも、そんなこと言われても、こんなおいしそうなものを目の前にすると吹き飛んじゃう。タレでほろほろになるまで煮こまれただろうおっきなチャーシューに、とろとろの半熟玉子が合わさって……もう、食べよう!)パクッ

未央「……〜!」

未央(おいっしい! うん、これはおいしい。すごくおいしい。さっきまでももちろんおいしかったけど、もう、これはもう……!)

未央(とろとろの半熟玉子とほろほろのチャーシューと白ごはん。そのぜんぶが一緒になって、もう、本当においしい。幸せ。もう幸せ。すごく幸せ。ハッピー。ガツンってきて、全身にパワー的なものがみなぎってくる感じ)

未央(……まだまだ食べたい。チャーシューと目玉焼きを一緒にして、絡めて絡めて、ごはんと一緒に一気にかきこんで……ああ、もう! おいしい!)

未央(朝から重いかもしれないけど、それでも、一気にスタミナ充填! って感じ! これから元気出して頑張るぞー! ってなる、みたいな?)

未央(……とにかく、食べよう。食べて、食べて、元気を出そー!)
276 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:30:00.43 ID:Y+/btJf60

――店の外

P「食べきれたな、未央」

未央「うん。いやー、朝からこんなにいっぱい、っていうのはなかなかないけど、こういうのもアリだね。朝から元気を出すためにはいちばん、って感じ」

P「スタミナ食って言うだけあったな。俺もなんか元気が出てきたような気がする」

未央「あ、そう言えばプロデューサーも初めてだったんだっけ。どうでした? お味は」

P「たぶん未央と同じ感想だと思うが……うん、うまかったよ。あのマスタードがまた良いアクセントだったな。付けなくてもうまかったからちょっと迷ったんだが、付けてよかった。チャーシューは脂身が多めでかなりこってりしていたが、あのこってりさもまた良かった。玉子と白ごはんと一緒に食べたらもう最高、って感じだな」

未央「チャーシューだけでもおいしいんだけど、ぜんぶが合わさってこそ、って感じだったよね。見た目にはちょっときたない感じにはなるけど、一度あの味を知っちゃうと……ね」

P「その言い方、なんか変な薬みたいだな……」

未央「……ハッ! ま、まさか、あの味を生み出しているのは、そういった薬があるからでは……?」

P「なんだよそのノリ……というか、そういうネタ、テレビとかでは絶対にするなよ? そういうのはシャレにならないからな」

未央「いやー、さすがの未央ちゃんもそれくらいはわきまえてますよ? それとも、プロデューサーくんは未央ちゃんが信じられないのかな?」

P「信じてるよ。というか、突っ込まなかったら突っ込まなかったで不満そうにするくせにそんなこと言うなよ」

未央「えへへ。でも、そんな私に付き合ってくれているから、プロデューサーはプロデューサーなんだよ」

P「それ、褒められているのかどうかわからないんだが」

未央「褒めてる褒めてる♪ 未央ちゃんのベストパートナーっていうことですから」

P「それがベストパートナーの条件って……本当、お前と付き合うのは疲れるよ」

未央「疲れるだけ?」

P「もちろん違う。……お前と付き合うのは、楽しいよ」

未央「……えへへ、なんか、面と向かってそう言われると恥ずかしいかも」

P「自分で言わせといて恥ずかしがるなよ。俺もちょっと恥ずかしくなってくるだろ」

未央「実はそれが狙いだったりして」

P「……お前、本当に面倒くさいな」

未央「俺以外には任せられない?」

P「……まあ、そうだな。俺以外には任せられないよ」

未央「うんうん、そうだよ。私のプロデューサーはプロデューサーだけなんだから……これからも苦労させるけど、それ以上に楽しませてあげるから、ちゃんと私と付き合ってね、プロデューサー♪」

P「言われなくてもそうするし、お前を苦労させて楽しませるのは俺の仕事でもある。覚悟しろよ?」

未央「それは今更じゃないですか? プロデューサー。……さて、それじゃあ、今日も頑張っていきましょうか」

P「……そうだな。今日も一日、頑張ろう。今日も、明日も……これから、ずっと」
277 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:30:38.46 ID:Y+/btJf60
未央「……なんだかポエミーだね、プロデューサー。あと、ずっと頑張ってたら疲れちゃうよ?」

P「……ほっとけ」



278 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:39:53.28 ID:Y+/btJf60
これにて今回は終了です。

選挙の結果発表とか色々ありましたね。4thライブのあれやこれやとかもありましたね。あと色々。
この店に行ったのは2月なんですが……築地の移転とかそういう話は結局どうなってるんですかね。次はフライの定食とかを食べに行きたいなーと思ったりします。フライもおいしそうなんですよね。でも築地だけでも他に行きたい店があったり……うーん、時間が足りない。

今回は割りとあっさりした感じだったような気がします。というか、卯月誕生日編になると思いますって言ってたのに違いますね。いや、卯月誕生日編も書くとは思うんですけど。今更かよって感じもありますが。
次は何のお店にしようかなー、とか。最近チェーン店とかを書いてないので久しぶりに書いてみたいかもしれません。でも、どこにしょうか……いっぱいあるんですが、いっぱいありすぎて迷うという。メニューが多いところはメニューが多いだけあって、というのもあったり……うーん、悩む。
つまり、次も未定です。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
279 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/05/27(金) 04:47:16.68 ID:Y+/btJf60
あとSSとは関係ないんですがデレステSSR未央をようやくお迎えできてもう最高に嬉しいです未央かわいい。
担当アイドルのSSRがいるデレステってこんなに楽しいんですね。「みんなこんなゲームやってたのかよ」って感じです。
未央SSRに合わせて遊園地デート的な……のも書きたいなーと思いながらでもそれはちょっとどうなのかとかそんな感じのことを考えていたりいなかったり。遊園地ならでばの食事もありますけど、そんなに行った経験があるかと言うとあんまりないので。そもそも「デート」をさせるわけにはちょっといかないのでは? みたいなこともあったり。もうデートしているようなもんって言われたらそれまでなんですけど、そこはその……まあ、自分なりに面倒くさいあれやこれやがあったりするんです。するんです!
まあ、どうなるかはその時次第ということで?

改めてありがとうございました。
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/27(金) 04:49:19.98 ID:OprU6V350
更新乙でした
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/27(金) 06:52:17.57 ID:K++K8/aOo
乙です
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/27(金) 13:18:19.18 ID:jBMS+rJoo

しかし腹が減る
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/27(金) 17:56:13.06 ID:qEh1VsPHO
朝早いで築地かなと思ったら築地だった
とはいえ築地とか卸売市場だとバラエティーでもグルメプ関連は、
大概海鮮系で来るのが多いから肉と卵は意外だった 乙
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/27(金) 21:25:44.35 ID:+3uvU/pnO

前に八千代勧めたの自分だけど、他には鳥藤なんかもオススメ
数量限定の鶏吸いや親子丼が美味しい
個人的には鳥めしやシャモ親子丼より、普通の親子丼のほうが美味しかった
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/28(土) 01:08:00.75 ID:zmCiTn3m0
これから読む支援
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/29(日) 19:19:37.61 ID:onkSvtRRO

そういや魚介系好きなのに築地は行ったことないな
こんど行ってみるか

チェーンだと居酒屋だけど虎連坊が最近のお気に入りだな
日本酒を種類置いてるのも良いけどそれ以上に料理が美味しい
新宿店なら雰囲気も落ち着いてて良いし(ランチ以外の値段は高めだけど)
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/05/30(月) 07:27:30.67 ID:J/emdaT90
そして乙
未央SSRおめでとう!やっぱ担当持ってるとモチベが段違いだよな
288 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:00:03.81 ID:yO1IwmdC0

――事務所

未央「おはようございまーす!」

ちひろ「あら、未央ちゃん。おはようござ……その荷物は?」

未央「え? んー……ちょっとね。あ、ちひろさん。この後、キッチンを使いたいんだけど……」

ちひろ「キッチン、ですか? はい、大丈夫ですが」

未央「やたっ。ありがと、ちひろさんっ♪」

ちひろ「どういたしまして……?」

未央「それじゃあ、私、キッチンに行ってくるね! あ、プロデューサーが帰ってきても、このことは内緒にしておいてね! 約束だよ!」

バタン

ちひろ「……なんだったのかしら?」

289 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:03:33.81 ID:yO1IwmdC0

――キッチン

未央「……さて、それじゃあ、作るとしますか!」

未央(まずはお米を……っと、せっかくだからバターライスにしようかなーっと)

未央(コンソメは……あったあった。これとバターを入れて……あと、ローリエも入れちゃおう)

未央(これであとはスイッチを押しておけば、あら不思議。作業が終わる頃にはバターライスが完成しちゃう。文明の利器サマサマだね)

未央(それじゃあ、調理といきましょう。最初は、まあ、玉ねぎかな。玉ねぎの微塵切りー)

未央(つんときちゃいそうだけど、我慢して、一気に……)トトトト

未央(よし、微塵切り終了! 次は……鶏肉を切っておこうかな。大きさは……割りと大きめでいいかな。ってことで、テキトーに、っと)グッグッ

未央(それじゃあ、今度は玉ねぎを炒めちゃおー! きつね色になるまでふんふんふーん……っと)

未央(それできつね色になったらスパイスを……ターメリックにクミンちゃんにガラムマサラさんに、あとはチリパウダーとかそういうのを入れてー)

未央(よし、これで一段落。次は鶏肉を投入――する前に、ちょっと準備を)

未央(鷹の爪やらブラックペッパーやらをべつで炒めて、ぽんぽんって弾ける音がしたらそこにさっきの玉ねぎと鶏肉を投入―。これをさっと炒めて)

未央(トマトピューレ! ヨーグルト! 赤ワインにマンゴーチャツネ! お水を投入ー!)

未央(それを煮込んで、お醤油お砂糖、チーズにチョコをひとかけら。ちょこっと塩としょうがを入れて)

未央(ぐつぐつ煮込んで……塩で味を調えて、さらに強火でぐつぐつ煮込む!)

未央(――ということで、未央ちゃん特製チキンカレーのできあがりー!)
290 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:09:53.48 ID:yO1IwmdC0

――

ガチャ

P「ただいま帰り――」

未央「おかえり! プロデューサー!」

P「うおっ……未央、いきなりどうした?」

未央「プロデューサーを待ってたの! あ、プロデューサー、まだごはんは食べてないよね?」

P「ん、まあ、食べてはいないが……」

未央「それじゃあ、ちょっと来て。ごはんにしよ?」

P「は? いや、俺は仕事が……」

ちひろ「いいですよ、プロデューサーさん。行ってきて下さい」

P「いや、でも……」

ちひろ「問題ありません。それに、今日は事務所で、ですから」

P「事務所で……? ということは、ちひろさんが何か作ったんですか?」

ちひろ「……違います。いいから、未央ちゃんと一緒に行ってきて下さい。私はあとでもらうので」

P「ちひろさんも一緒に食べればいいじゃないですか」

ちひろ「……未央ちゃん、苦労しますね」

未央「まあ、こういうところも含めてプロデューサーですし?」

ちひろ「……まあ、それもそうですね」

P「……あの、俺、悪口言われてます?」

ちひろ「言ってません。……とにかく、プロデューサーさんは未央ちゃんと一緒にごはんを食べてきて下さい」

P「……よくわかりませんが、わかりました」

291 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:14:05.61 ID:yO1IwmdC0

――

P「それで、ちひろさんじゃないってことは未央が作ったのか?」

未央「お、そこは気付くんだ」

P「さすがにな。というか、これで未央じゃないって方がおかしいだろ」

未央「私がプロデューサーを待っている時点で気付かないのもどうなんでしょうね?」

P「……だって、未央が作るとか、あんまりないだろ」

未央「まあ、ほとんどないね。前のおにぎりくらい?」

P「あー……そうだったな。あれはうまかった」

未央「お、また作って欲しい?」

P「……まあ、そうだな」

未央「どうしよっかなー?」

P「……それ、俺はどういう反応をすればいいんだ?」

未央「んー……『作って下さいお願いします』と言ってみる、とか?」

P「そこまでしなくちゃダメなのかよ」

未央「それだけでアイドルがつくったおにぎりが食べられるって考えるとお得じゃない?」

P「それは……まあ、そうなんだが」

未央「それなら、ほらほら、言ってみなよー」

P「……べつに言ってもいいんだが、そう言われると言いたくなくなる」

未央「えー……まあ、いいけどね。心配しなくても、また作ってあげるよ、プロデューサー」

P「……なんでお前が譲歩したような感じになってるんだ」

未央「はて、なんででしょう?」

P「なんでだろうな……」

292 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:17:20.88 ID:yO1IwmdC0

――

P「ん、このにおい……カレーか?」

未央「そうそう。カレーだよ。チキンカレー。未央ちゃんの得意料理。それじゃ、よそうからプロデューサーは座ってて」

P「ん……いや、俺も手伝えることがあれば手伝うよ。飲み物とか、食器とか、出しとく」

未央「あー……うん。それじゃ、お願いしようかな。ありがと、プロデューサー」

P「どういたしまして……って、礼を言われるほどのことじゃあないけどな」

未央「そうかな? でも、言った方も言われた方も気持ちいいからいいでしょ?」

P「……まあ、そうか」
293 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:21:29.32 ID:yO1IwmdC0

――

未央「さて、それじゃあ、食べましょうか!」

P「……思ったよりも本格的なんだが」

未央「未央ちゃん、頑張っちゃいました☆」

P「頑張っちゃいました……って、これ、本当に手間かかってるだろ。何と言うか、見た感じ」

未央「見ただけではそんなのわかる? というか、そこまで手間をかけているわけじゃないと思う。まあ、気合は入れて作ったつもりだけど」

P「それどこが違うのかよくわからないんだが……」

未央「まあまあ、とにかく、食べてみて」

P「……まあ、それじゃあ、もらうか。いただきます」

未央「召し上がれ♪」

294 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:24:39.01 ID:yO1IwmdC0
P「……」パクッ

P「……」モグモグ

未央(……なんか、緊張する)

P「……」ゴクンッ

P「……未央」

未央「は、はい」

P「……うまい!」

未央「本当!?」
295 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:27:27.95 ID:yO1IwmdC0
P「嘘吐いてどうするんだよ。本当にうまいよ。いや、マジで。店に出せるレベルじゃないかこれ」

未央「……そっか。うん、まあ、未央ちゃんの自信作ですからね」

P「いや、うん、本当に自信をもっていいと思う。うまい。いや、うん、うまい。……すごくうまい」

未央「プロデューサー、『うまい』しか言ってないよ?」

P「うまいからな。……未央、食べていいか?」

未央「え? あ、うん。どんどん食べて」

P「よし! ……」ガツガツ
296 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:32:46.18 ID:yO1IwmdC0
未央(おおぅ……プロデューサー、がっついてる)

未央(確かにおいしいと思うけど……そこまでかなあ)

未央「……えへへ」

未央(……あ、私、すごいにやけてる。自分でわかる。でも、とめられない。嬉しい)

未央(……なんか、こういうの、良いなぁ)

未央(将来も、こんな風に……って、何を妄想してるんだろう。それはちょっと気が早いぞ、私)

未央(……でも、うん、幸せ、だな)

未央(……本当に、良かった)
297 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:34:32.97 ID:yO1IwmdC0
P「……ん? 未央は食べないのか?」

未央「えっ!? ……あ、うん、食べる、食べるよ」

P「そうか。……なあ、未央。おかわりってもらってもいいか?」

未央「ん!? え、もう食べたの?」

P「……まあ、うまかったからな」

未央「……もう。でも、プロデューサーのことを考えて、いっぱい作ったから大丈夫だよ。あ、でも、ちひろさんの分は残しておいてね?」

P「……保証できないな」

未央「保証できないって、どんだけ食べるつもりなの?」

P「まあ、腹がいっぱいになるまで、かな」

未央「……じゃあ、たくさん召し上がれ、プロデューサー」

P「よしっ! それじゃあ、もらうな!」

未央「……プロデューサー、子どもみたい」

未央(でも、そんなプロデューサーも……って、なんか、私、すごいプロデューサーバカみたい)

未央(……間違っては、ないんだろうけど)
298 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:36:26.75 ID:yO1IwmdC0

――

P「……ふぅ。さすがにぜんぶは無理だったな」

未央「そりゃ無理だよ……でも、それにしても食べ過ぎだと思うけどね。この後の仕事、大丈夫なの?」

P「う……まあ、それは、たぶん、問題ない」

未央「ほんとにー? って、いっぱい食べさせた私が言うのもなんだけどね?」

P「それは本当にな。……というか、本当にうまかったよ、未央。うん、本当に」

未央「えへへ、ありがと♪ まあ、大好きなアイドルが大好きなプロデューサーへ作ったものだからここまでおいしかったのかもしれないけどねー。最高の調味料は愛情! っていう?」

P「……それは、まあ、そうかもな」

未央「んっ……そ、それは否定しないんだ」

P「いや、まあ……純粋にうまかった、って言うのもあるが、未央がつくったものだからこそ、ここまでうまく感じたっていうのは……確かに、あると思うからな」

未央「そ、そっか」

P「ああ」

未央「……プロデューサーって、たまにずるいよね」

P「ずるい……か?」

未央「ずるいよ。うん、ずるい」
299 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:38:25.70 ID:yO1IwmdC0
P「……よくわからんが、そう言えば、どうしていきなりカレーを作ったんだ?」

未央「どうして、って?」

P「いや、お前、今日オフだろ? それなのに、わざわざカレーを作るためだけに……って、その理由がわからなくてな」

未央「それは……ちょうど一年だから、かな」

P「……一年?」

未央「今日は、私にとっては特別な日なの。特別な日から、ちょうど一年。記念日、だから」

P「一年前に何かあった、ってことか? ……何かあったか?」

未央「うーん……秘密。プロデューサーには教えてあげない」

P「……そう言われると気になるんだが」
300 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:45:02.59 ID:yO1IwmdC0
未央「それじゃあ……ヒント。プロデューサーだから、特別な日なんだよ」

P「俺だから……?」

未央「わからない?」

P「……わからない」

未央「そっか。……えへへ」

P「……なんで笑ったんだよ」

未央「ん? ……ナイショ♪」

P「……まあ、俺はうまいチキンカレーを食べられたからいいんだが」

未央「うんうん。プロデューサーはそれでいいのです」

P「……ありがとな、未央」

未央「どういたしまして♪ ……私からも、ありがとね、プロデューサー」

P「……どうしてお前が礼を言うんだよ」

未央「それは……今日が、そういう日だから、かな」

P「なんだよそれ。……でも、まあ、どういたしまして」
301 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:47:55.75 ID:yO1IwmdC0
未央「……プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「これからも、一緒に色んなものを食べに行こうね」

P「……まあ、そうだな」

未央「とりあえずの目標は、今日のカレーを超えるもの、かな」

P「それは……一生かかっても難しそうだけどな」

未央「……プロデューサー、さすがにそれは褒め過ぎじゃない?」

P「俺にとってはそうなんだよ」

未央「……そっか」

P「ああ」

未央「……ありがと、プロデューサー」

P「どういたしまして」



302 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:50:21.45 ID:yO1IwmdC0
これにて今回は終了です。

何かからちょうど一年ということで、一周年記念的な? チキンカレーです。
未央のチキンカレー……どんな味なんですかね。愛情なしバージョンなら私も食べられるんですけどね。このプロデューサー羨ましいですね。くそっ……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
303 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/06/22(水) 19:56:01.55 ID:yO1IwmdC0
あとSSとは関係……あるんですけど、次は複数人のやつにしたいなーと思ってます。
自分の中でも候補はあるんですが、誰かこのアイドルとー、とか、こういうお店にー、とかあったら言ってもらえると嬉しいです。
例のごとく、言われたからと言って書くとは限らないんですが。
そもそも複数人のやつを書く前に卯月誕生日編とかクリスマス編とかが書き終わったらそっちを投下する気もしますが。
……でもなんか書き終わる気がしないのでやっぱり次は複数人で、ってやつだと思います。

改めてありがとうございました。
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/22(水) 20:02:20.71 ID:IM8e1Z9To
ちゃんみおのチキンカレー食べたい
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/22(水) 20:12:54.02 ID:NjiP8a1kO
おつ
相変わらずいいss
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/22(水) 20:25:57.37 ID:v/GFNV4Fo
乙です
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/22(水) 20:28:05.26 ID:oBRdyUuN0
更新乙です
今から読んできます
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/22(水) 22:52:52.25 ID:p1//e0YGo
一周年ってスレ建てて一周年か!
建った時からずっと追ってきたが早いもんだ...
更新本当に楽しみにしています
乙!
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/23(木) 17:07:08.48 ID:gt+4pC+U0
更新乙!読ませてもらうよ。
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/30(木) 10:00:59.56 ID:GXbUypty0
なんて腹の減るスレだ・・・
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/06/30(木) 20:24:56.58 ID:madsejwpo

たまには年少組とか142’sとか見たい
312 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 21:41:02.61 ID:XEYokMwx0

――事務所

ガチャ

P「ただいま――って、あれ? お前らだけか?」

未央「うん、お前らだけですよー」

梨沙「『お前ら』って言い方は気に入らないけどね」

舞「あはは……」

P「……なんだこの組み合わせ」

梨沙「『なんだ』って言われても、こっちこそ『なによ』って感じなんだけど」

P「梨沙俺に対して厳しすぎないか?」

梨沙「いつもこうでしょ」

P「確かに」
313 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 21:46:27.81 ID:XEYokMwx0
舞「えっと、私と梨沙ちゃんが勉強しているところに、未央さんが『教えてあげる』って」

梨沙「それでアタシたちが今やっている問題を見た未央が『んん……?』って頭を悩ませているところよ」

P「……未央、お前、勉強できる方だったよな? それもかなり。それなのにどうして……」

未央「んっ……そ、その、最近の小学生は難しいことやってるね☆」

P「……」

梨沙「……」

未央「ちょ、プロデューサーもりさりさもそんな目で見ないで……」

舞「だ、大丈夫ですよ、未央さん! 三年も経てば習ったことを忘れても仕方ないですよ!」

未央「うう……まいちーは優しいね……妹にしたい……」

舞「えっ」

P「どういうことだよ……」

梨沙「というか、三年前に習ったことでも義務教育で習ったことを忘れるってダメじゃない?」

未央「ぐっ……せ、正論を言われるとキツい……」

P「ぐっ……」

梨沙「なんでアンタまでダメージ受けてんのよ……」

P「小学生どころか中学高校大学で習ったことほとんど覚えてねぇ……」

梨沙「……学費がもったいないわね」

P「それ言われると本気でつらいからやめてくれ……」
314 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 21:49:38.69 ID:XEYokMwx0
舞「学校で習ったことを忘れているとしても、プロデューサーはプロデューサーだから大丈夫です!」

梨沙「舞、それたぶんフォローになってないわよ……」

P「そうか? 舞がそう言うなら大丈夫だな!」

梨沙「なんでなってるのよ」

舞「はいっ! 大丈夫です!」

P「大丈夫か!」

舞「大丈夫です!」

梨沙「これ、いつまで続けるの?」

未央「たぶんツッコミが入るまでだね」

梨沙「面倒なオトナね」

未央「まあ、そういうところも含めて『プロデューサー』ですし?」

梨沙「それは……褒め言葉かどうなのか、微妙なところね」

未央「お、『微妙』なんだ。『違う』んじゃなくて」

梨沙「……うるさい」

未央「お、照れちゃってー。りさりさはかわいいなぁ♪」

梨沙「そんなことを言うアンタはかわいくないわよ、未央」
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/17(日) 21:49:40.49 ID:aTFsmEQgO
おぉ、来た!
316 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 21:55:19.48 ID:XEYokMwx0
P「ん? 梨沙がかわいい話してる?」

舞「梨沙ちゃんはかわいいです!」

梨沙「アンタたちいつの間に……と言うか、Pはいつまでそんなところで突っ立ってるのよ」

P「ん、それもそうだな。と言うか、せっかく買ってきたんだからこれも早く……」

未央「あ、そうそう、それ気になってたんだよね。プロデューサー、その袋、何?」

P「コンビニの袋だな」

梨沙「そんなこと見ればわかるわよ」

舞「中身はなんなのか、って聞きたかったんだと思います」

未央「まいちーやさしい」

梨沙「舞。Pはそういう質問だってわかっていたくせにあんな返しをしたのよ。ホント、性格悪いわよね」

P「俺、そこまで言われることしたか……?」

梨沙「言われたくなかったんならそもそもしないでくれる?」

未央「おお、正論」

P「確かにな……ごめんな、舞」

舞「わ、私ですか……?」

梨沙「まあ、謝るなら舞よね」

未央「まいちーだよね」

P「舞だよな」

舞「えぇ……」
317 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 21:59:10.02 ID:XEYokMwx0
未央「と言うか、また脱線しちゃってたけど、プロデューサー、その袋の中身は結局なんなの?」

P「ん? ああ、これか? これの中身は……これだ」

梨沙「……たこ焼き?」

舞「冷凍の、たこ焼き?」

未央「冷凍かぁ……」

P「……べつにお前らに食わそうと思って買ってきたわけじゃないからな」

未央「えー」

P「お前いちばん残念そうな反応してたくせになんだよ」

未央「いやー、だってこの流れなら……ね?」

P「いや、まあ、わからんでもないが……これは俺とちひろさんが小腹が空いた時のために買ってきただけだ。今食べる用じゃない」

舞「……でも、なんだかたこ焼きが食べたくなってきたな」

未央「お?」

梨沙「……ねぇ、P? 舞がこう言っているけれど……アンタはどうするの?」

舞「え? え?」

P「……これは冷凍庫行きだが、そうだな、それじゃあ、行くか」

未央「お!」

梨沙「決まりね。それじゃあ、準備をするからPは待ってなさい。……舞? 何してるの? 早く行くわよ」

舞「え? え? ……ど、どういうこと、なの?」
318 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:01:53.70 ID:XEYokMwx0

――外

未央「しかし、プロデューサーもまいちーには弱いんだね?」

P「まあ、舞だからな」

梨沙「アンタは割りとアイドル全員に弱いでしょ」

P「……」

舞「否定しないんですね……」

未央「実際、プロデューサーは私たちのこと大好きだよねー」

梨沙「気持ち悪いくらいにね」

P「気持ち悪いって言われると傷付くんだが……でも、べつに悪いことじゃないだろ?」

梨沙「さあね。手を出したらダメだとは思うけど」チラッ

未央「……ど、どうして私のことを見るのかなー?」

梨沙「べつに?」

舞「……? プロデューサー、どういうことですか?」

P「あー……まあ、俺はお前らのことが大好きだってことかな」

舞「それならわかります! 私もプロデューサーのことは大好きですよっ!」

P「天使かよ」

舞「て、天使って……」

319 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:04:12.35 ID:XEYokMwx0
梨沙「P。舞はこの中で最年少なんだからあんまりからかうのはやめなさい」

P「からかってるつもりはないんだが……と言うか、梨沙が言えるか?」

梨沙「精神年齢ではいちばん上なんじゃないかしら?」

未央「おお、言うねぇ、りさりさ」

梨沙「だって、事実じゃない?」

P「……梨沙の精神年齢が高い、ねぇ」

梨沙「……なによ。文句あるの?」

P「いや?」

梨沙「……なんか、むかつく」

P「むかつかれたか」ハハハ

梨沙「……」ケリッ

P「痛っ。ちょ、蹴ることないだろ?」

梨沙「……アタシだって、こういうところが、ってことはわかってるわよ」

P「……そうか」

梨沙「そうよ」

P「……うん。なら、そうだな。梨沙の精神年齢は、俺の思ったよりは高いのかもな」

梨沙「そのにやけ顔はむかつくし気持ち悪いけど……ま、褒め言葉として受け取ってあげる」

P「……」

梨沙「……なによ。どうして何も――」
320 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:05:40.43 ID:XEYokMwx0
P「舞……今、俺、梨沙に気持ち悪いって言われた……」

梨沙「はぁ!?」

未央「そこでそういう反応になるんだね、プロデューサー……」

舞「あ、あの……プロデューサー? 梨沙ちゃんが今言ったのは、そういう意味じゃないって思うんですけど……」

P「でも、顔が気持ち悪いって……」

未央「うわぁ……」

梨沙「……P。10歳の女の子に泣きついているアンタは、正直、本ッ当に気持ち悪いわよ」
321 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:12:09.71 ID:XEYokMwx0

――

未央「それで、今から行くのはたこ焼き屋さん……で、いいんだよね?」

P「ああ」

梨沙「アンタ、立ち直るの早いわよね」

P「それ言われると思い出してまた落ち込みそうになるからやめてくれ」

梨沙「アンタ、落ち込むのも早いわよね……」

P「熱しやすく冷めやすいのが性分だからな。まあ、お前らへの思いだけは冷めないけどな!」ドヤァ

梨沙「キモッ」

P「……ごめんな、気持ち悪くて……」

梨沙「……アンタ、『気持ち悪い』って言葉に何かトラウマでもあるの……?」

未央「りさりさ、それは聞いちゃいけないよ」

P「ああ、触れないでくれ。これは俺の……そう、言ってみれば『心のささくれ』かな……」

梨沙「飛鳥の下手な真似みたいで気持ち悪い」

P「へこむ」
322 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:15:36.79 ID:XEYokMwx0
舞「あはは……それで、プロデューサー。今日行くたこ焼き屋さんって、どういうところなんですか?」

P「んー……みくに教えてもらった店だな」

舞「みくさんが……?」

梨沙「みく、タコは大丈夫なのね……」

未央「みくにゃんの大丈夫な基準はよくわからないからねー。でも、みくにゃんが、っていうならなんだか期待できるかも」

P「なんでも大阪組で『東京のおいしいたこ焼き屋を探そうツアー』をやったらしくてな。それで『ここはおいしい』ってなった店らしい。あと、その時にドーナツ屋も教えてもらった。なんでも、その時に一人だけドーナツ屋に行こうと提案したアイドルが居たらしくてな」

未央「誰なのか一瞬でわかった」

梨沙「アタシも」

舞「私もわかりました」

P「『たこ焼きだけじゃなくて甘いものもあった方がいいかなーと思って』とかいう理由みたいだから許してやってくれ」

梨沙「たこ焼き関係なくてもドーナツ屋に連れて行きそうなんだけど」

P「それは否定できないが」

舞「否定できないんですか……」

P「いや、だって……なぁ?」

未央「『なぁ?』って……いや、まあ、わかるけど」

P「まあ、今日はそのドーナツ屋には行かないが」

未央「話に出したのに?」

P「ここからなら確実に一時間以上時間かかるんだが」

梨沙「ならいいわ……」

舞「というか、そんなところに連れて行ったんですね……」

P「まあ、一日じゃ済まなかったらしいからな」

未央「えぇ……」

梨沙「どんだけたこ焼きに対して熱を持ってるのよ……」

P「正直みんな途中から『もういいんじゃないか』と思っていたらしいが一日かけたらもう引くに引けなくなったらしい」

舞「でも、その結果見付かったならいいじゃないですか!」

P「舞は良い子だな……」
323 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:16:22.85 ID:XEYokMwx0
未央「そう言えば、まいちーも関西出身……兵庫県出身だったっけ? それなら実は結構たこ焼きにこだわりがあったりして?」

舞「こだわり……ってほどはないですね。たぶん」

梨沙「『たぶん』っていうのがこわいわね」

未央「どうする? プロデューサー。まいちーが一口食べた瞬間『こんなのたこ焼きじゃない!』って怒り出したら」

P「泣く」

梨沙「泣くのね……」

舞「そ、そもそもそんなことしません!」

未央「お、まいちーが怒った」

P「怒る舞もかわいい……」

梨沙「そんなアンタは気持ち悪い……」

舞「……気持ち悪いです」

P「舞に言われると本気でキツい」

未央「プロデューサーが悪いから仕方ないよ☆」

梨沙「そうね。Pが悪いから仕方ないわ」

P「いや今の未央と梨沙が悪くないか?」

舞「……確かにそうですね」

未央「ンフッ……まいちー、わかってなかったんだ。つまり、プロデューサーは流れ弾に当たっちゃった、ってことだね」

梨沙「まあ、Pだからべつにいいんじゃない?」

P「やっぱり俺の扱い悪くない?」
324 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:21:02.88 ID:XEYokMwx0

――店の前

梨沙「ここが……」

P「ああ。横山奈緒ちゃんオススメのたこ焼き屋さんだ!」

未央「……ん?」

舞「……みくさんじゃなかったんですか?」

P「みく曰く、『結局ここがおいしかったにゃ』だそうだ。ちなみに大阪にも兵庫にもある」

舞「そう言えば、見たことあるような……」

未央「何日もかけて探した意味……!」

P「いや、他のところもおいしかったらしいんだけどな? いくつか店は教えてもらったんだけどな? でも、あの横山奈緒ちゃんオススメって聞いたら行きたくなるだろ?」

梨沙「……そう言えば、アンタ、765プロのファンだったわね」
325 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:22:49.43 ID:XEYokMwx0
P「お前らのことも大好きだから心配するなって」

梨沙「べつにヤキモチとかじゃないわよ……」

P「お? わざわざそう言うってことは実は……?」

梨沙「いや本当に違うから誤解しないで気持ち悪い……」

P「本気のトーンで言われると傷付く」

梨沙「アンタがうざいから悪いのよ」

未央「確かに」

P「未央まで……舞ぃ」

舞「……今のは正直、仕方なかったかな、って」

P「舞にまで突き放された……がーんだな……」

未央「その台詞パクリじゃない?」

P「お、未央も見たのか。まあ漫画もドラマも貸したからなぁ」

舞「なんの話ですか?」

P「ん? 俺の好きな漫画とドラマの話かな」

梨沙「どうして今そんな話をするのよ……」

P「そう言われたら返す言葉もないな」

未央「確かに。早く買って食べよっか」
326 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:24:25.56 ID:XEYokMwx0
P「ん。まあ、とりあえずたこ焼きでいいよな」

梨沙「たこ焼きを食べにきたわけだしね」

P「何個くらい食べる?」

未央「んー……一個の大きさにもよるかな」

P「そりゃそうか。それじゃあ……まあ、残ったら俺が食べるし多めに買っとくか!」

舞「結局そうなるんですね……」

P「というか店の人に四人ならどれくらいの量だと小腹が膨れるくらいか聞く」

未央「まあ、それがいちばん良さそうだね……」
327 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:26:48.93 ID:XEYokMwx0

――

P「ってことで、買ってきたぞ」

未央「お! やってきましたか、たこ焼きちゃん!」

梨沙「たこ焼き『ちゃん』って」

舞「なんだかかわいいですねっ」

P「かわいいか……?」

未央「かわいいかな……?」

舞「えっ」

梨沙「未央、裏切ったわね……」

P「裏切ったな……」

舞「裏切られました……」

未央「まいちーにそう言われると割りと傷付く」

梨沙「アンタが悪いから仕方ないわよ」

P「仕方ないな」
328 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:28:04.43 ID:XEYokMwx0
舞「あの……たこ焼きも冷めちゃいますし、早く食べませんか?」

P「言われてみればそうだな。絶対今熱々で食べられるもんじゃないと思うがそれを『熱っ熱っ』って口をはふはふさせながら食べるのが醍醐味みたいなところあるからな」

未央「そんなところある……?」

梨沙「なんで自分からそんな苦行を……」

舞「わかります!」

未央「わかるの!?」

P「だよな!」

梨沙「……意外な伏兵ね」

P「それじゃあ、早速食べるか」

未央「食べよー食べよー☆」
329 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:29:15.73 ID:XEYokMwx0
舞「それじゃあ、いただきますっ!」

梨沙「いただきます」

未央「いただきまーす」

P「いただきます、っと」

P「……熱ッ! 熱いッ! 無理だなこれ……なぁ、お前らも――」

未央「……」ハフハフ

梨沙「……」ハフハフ

舞「……」ハフハフ

P「……俺だけ、か」

未央「んっ……プロデューサー、確かに熱かったけど、そこまで……?」

P「いや、だって、熱いし……」

梨沙「それが醍醐味じゃなかったの……?」

P「醍醐味だけど熱いものは熱いからな」

舞「それは……確かに、そうですね」
330 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:30:36.65 ID:XEYokMwx0
未央「……ねぇねぇ、プロデューサー」

P「ん?」


未央「ふーふー、って、してあげよっか?」


P「んっ……!?」

梨沙「なっ」

舞「えっ」
331 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:32:16.19 ID:XEYokMwx0
未央「……あれ? 私、変なこと言った?」

梨沙「……未央。二人きりならよくやってることかもしれないけど、今日はアタシたちも居るのよ?」

未央「でも、プロデューサーが熱いって……」

梨沙「……なら、もう何も言わないからしなさいよ……」

未央「そう? じゃあ、プロデューサー……」フー…フー…

未央「はい、あーん」

舞「ひゃー……」

梨沙「……ハァ」

P「……あーん……」パクッ

P「……」モグモグ

P「……」ゴクン

未央「おいしい?」
332 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:33:32.74 ID:XEYokMwx0
P「……味なんてわかるか!」

未央「えっ」

梨沙「そりゃそうよ」

舞「そうですね」

未央「……なんで?」

P「……未央。お前、俺と二人の時だってこんなことしないだろ。それなのに、なんで今日は……」

未央「……?」

P「……なあ、未央。お前、今自分がやったことを冷静に思い出してみろ」

未央「私がやったことを……ふーふーって自分の息で熱々のたこ焼きを冷まして、それを『あーん』ってプロデューサーの口、に――って」
333 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:35:24.43 ID:XEYokMwx0
未央「……わ、私、なにやってるの……?」

P「……時間差で恥ずかしがるのは卑怯じゃないか?」

未央「え、いや、その……し、しかも、りさりさとまいちーの前で……うぅ」

P「……ま、まあ、たこ焼きの味はわからなかったが……未央の気持ちは嬉しかったよ。だから、その……ありがとな」

未央「……うん」
334 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:38:23.82 ID:XEYokMwx0
梨沙「……何と言うか、『お熱い』わね」

舞「熱々、ですね」

梨沙「……さ、たこ焼きも食べるわよ。そこのバカ二人も食べなさい。いちゃいちゃしながらでもいいけど、せっかくのおいしいたこ焼きをおいしい内に食べないなんて許さないんだから」

舞「でも、本当においしいですよね、このたこ焼き。ソースはちょっと甘めで、生地はふわふわで、とろとろで……熱いんですけど、おいしいです」

梨沙「まあ、そうね。……これが大阪のたこ焼き、なの?」

P「んー……まあ、ものによるな」

梨沙「あ、二人の世界から帰ってきたのね、バカの片割れ」

P「バカの片割れ、って……ひどいな」

梨沙「ひどくないわよ。あんな光景を10歳と12歳に見せる方がひどいと思うけど?」

P「それは……まあ、すまん」

梨沙「アタシよりも舞に言いなさい」

P「あー……舞、すまん。悪かった」

舞「だ、大丈夫です。私も、その……なんだか、大人って感じで、良かったです」
335 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:39:53.81 ID:XEYokMwx0
梨沙「大人というか子どもみたいな感じだったけどね」

P「子どもみたいな感じ、って……」

梨沙「事実でしょ。まあ、アタシたちの前で『オトナ』みたいなことを始めても軽蔑するけどね」

P「さすがにしないよ……したこともないしな」

梨沙「ふーん……」

P「な、なんだよ、その目は……」

梨沙「べつに? ただ、未央も苦労しそうだな、と思っただけよ」

P「……それ、他の人にも言われるんだが」

梨沙「それだけアンタが……ってことでしょ。まあ、そんなアンタだから、なんだろうけど」

P「褒め言葉か?」

梨沙「褒め言葉よ。一応ね」

P「……ありがたく受け取っておくよ、梨沙」

梨沙「ええ。ありがたく受け取っておきなさい」
336 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:41:44.70 ID:XEYokMwx0
未央「……んー! おいしい!」

舞「はいっ。おいしいですっ♪」

P「……なんか、いつの間にかたこ焼きがなくなってそうな予感がするんだが」

梨沙「と言うか、未央も舞もいつの間に……」

P「……梨沙、行かなくていいのか? 早く行かなきゃなくなるぞ」

梨沙「……べつに、そこまで食べたいわけじゃないし」

P「そうか。でも俺は食べたいから行くな。おーい、二人とも! 俺の分も残してくれー!」タッタッタッ…

梨沙「ちょっ!? P、アンタ……! 未央! 舞! そこのバカの分は残さなくてもいいわ! アタシの分を残しておきなさい! ……あー、もーっ!」タッタッタッ…



337 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:47:48.91 ID:XEYokMwx0
これにて今回は終了です。
書き終わって思ったんですがこれ的場梨沙回なのでは……?
でもたこ焼きのところは未央だったからセーフですね。セーフということにして下さい。セーフ。
このお店はおいしかったですね。たこ焼きだけじゃないような気もしますが今回はまあたこ焼き回ってことでたこ焼きでした。熱々でふわふわでとろとろのたこ焼きに甘めのソースがたっぷり付いたのをはふはふしながら食べる……幸せですよね。熱いってなっちゃいますけど、それも楽しかったり。まあやけどには気をつけないと、って感じですけど。

フェス限未央はダメでした。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
338 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/17(日) 22:51:45.71 ID:XEYokMwx0
あとSSとは関係ありませんがこの短い期間にも色々ありましたね。
ありましたが、落ちたりお迎えできなかったりした記憶が大半です。

改めてありがとうございました。
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/17(日) 22:59:07.05 ID:Idptx9y8o

俺のフェス限未央を譲ってやりたいくらいだ(3枚所持、なお凛卯月)
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/17(日) 23:35:28.93 ID:AU0onnF1o
無自覚でヤキモチを妬く未央可愛すぎませんか
乙!!
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/17(日) 23:50:45.49 ID:yr3/blPOo
乙です
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/18(月) 01:04:01.04 ID:5QBucLaLO

年少組出てきて嬉しい
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/18(月) 14:05:11.21 ID:On6r9xm8o
ナオ タコヤキニ クワシイ!
344 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:25:51.36 ID:AcHfen/q0
P「……お」

未央「? どうしたの? プロデューサー」

P「いや……何と言うか、もうそんな時期か、と思ってな」

凛「そんな時期、って……どういう意味?」

P「夏になったんだな、って」

文香「夏……ですか」

未央「スマホを見てそう言ったってことは……何かニュースとかあったの?」

P「ニュースというか、まあ、ちょっとある店で期間限定メニューがな……」
345 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:30:57.63 ID:AcHfen/q0
凛「……何と言うか、プロデューサーらしいね」

P「どういう意味だよ」

凛「そういう意味だけど?」

文香「……つまり、プロデューサーさんは食べるのが好き、ということでしょうか」

未央「そういうことだね」

P「……俺、そんなに食べるの好きか?」

凛「嫌いなの?」

P「……好きだけど」

未央「やっぱり好きなんじゃん」

P「べつにいいだろ? なあ、文香」

文香「私は……そう、ですね。食べることが好きなことというのは、良いことだと思います。食欲は人間の三大欲求の一つですが、そんな中で『好きだ』と言えるということは、素晴らしいことではないでしょうか」

未央「そんなふーみんはあんまり食べるの好きそうじゃないけどね」
346 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:33:53.93 ID:AcHfen/q0
文香「……好きじゃない、というわけではありませんが……確かに、自分から進んで何かを食べよう、といった欲求はあまり大きい方ではないかもしれません」

凛「そう言えば、文香が何かを食べるところってあんまり見ないかも。ちゃんと食べてる?」

文香「食べて……そうですね、『ちゃんと』と尋ねられると、少し、考えてしまいます。アイドルになってからは、食べる量も増やしてはいるつもりですが……」

P「……なんか今プロデューサーとして聞き捨てならないような言葉が聞こえた気がするんだが……文香、お前、本当にちゃんと食べろよ? 読書に夢中で食べるの忘れたー、みたいなこと、ないよな?」

文香「……プロデューサーさん。奏さん曰く、『謎が女の子を美しく――』」

P「あるのかよ」

文香「……はい」
347 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:39:28.67 ID:AcHfen/q0
凛「……文香、そういう冗談言うんだね」

未央「はやみんの影響かな?」

P「お前の影響じゃないのか?」

凛「周子とかかもよ?」

文香「プロデューサーさんの影響、かもしれません」

P「俺かー」

凛「ふふっ……プロデューサー? これは責任をとらないといけないね」

P「責任って何の責任だよ……」

文香「……プロデューサーさん、責任、とってくれますか?」

P「文香にそれ言われると破壊力ヤバいな……」

未央「私も恋に落ちるところだった……というか、もう落ちた! コホン……文香、私と結婚しよう」

文香「結婚……ですか。それは……悩みますね」

凛「悩むんだ」

文香「未央さんは、魅力的な人ですから」

未央「お、未央ちゃん褒められてる?」
348 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:44:34.82 ID:AcHfen/q0
P「というか、かなり脱線したが……文香。このまま流さないからな?」

文香「……奏さんや周子さんのように、うまくはいかないようですね」

P「奏と周子が相手でもこういうのは流さないがな」

文香「それは……予想外、ですね」

P「で、だ……文香。さっきのことは事務所に帰ったら本格的に話し合うことにしよう。トレーナーさんたちも合わせてな」

文香「……逃げては、いけないでしょうか」

P「ダメだ」

文香「……残念です」
349 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:48:57.34 ID:AcHfen/q0
未央「というか、そうだ、これから食べにいけばいいんじゃない?」

P「食べに?」

凛「ああ……さっきの、期間限定のメニュー、だっけ。それのことじゃない?」

P「あー……でも、うーん……未央だけなら迷わないんだが」

凛「……それ、ノロケ?」

文香「少し、羨ましいですね」

P「そういうことじゃなく店が店だから未央以外は連れて行きにくい」

未央「それ、どういうことかな?」

文香「どういった店なんですか?」

P「牛丼屋」

凛「……」

P「ほら、こんな目で見てくる」

文香「牛丼、ですか……そう言えば、あまり、食べたことはないかもしれません」

未央「あれ? ふーみんは結構好反応?」

P「文香、行くか?」

文香「……そう、ですね。行ってみたいかもしれません」

P「そうか。じゃあ行くか。凛はどうする?」

凛「……行くよ。私も」

P「じゃ、決まりだな」
350 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:55:03.90 ID:AcHfen/q0
未央「ふっふっふ……なんだかんだ言って、しぶりんも来るんですなぁ」

凛「悪い?」

未央「ううん、むしろ嬉しいよ♪」

凛「……そう」

未央「お、照れた? 照れちゃいました? いやー、照れたしぶりんもかわいいね!」

凛「……うるさい」

文香「かわいらしい、と思います」

凛「ちょ、文香まで……からかわないでよ、もう」

P「かわいかったぞ、凛」

凛「黙って」

P「俺に対してだけキツくないか?」

凛「未央に対してもこんなもんでしょ」

未央「ん? 流れ弾かな?」
351 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 00:59:13.21 ID:AcHfen/q0
文香「……信頼の表れ、ということでしょうか」

未央「そうなの?」

P「そうなのか?」

凛「……文香」

文香「……凛さんに睨まれると、少し、こわいですね」

未央「わかる」

凛「……この二人は」

P「でも、凛に睨まれるとちょっと興奮するよな!」

未央「……え?」

文香「……それは、わかりませんね」

凛「……プロデューサー」

P「あっごめんごめんそんな目で見ないでくれ三人ともごめんごめんごめんって冗談だから冗談冗談いやマジでマジでちょちょちょ距離とらないでくれ待っごめ待ってく――」
352 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:08:35.94 ID:AcHfen/q0

――店の前

文香「ここが牛丼のお店、ですか」

未央「前に行ったところとは違うね」

凛「行ったことあるんだね、未央は」

未央「しぶりん? 今の言葉、ちょっと棘がなかった?」

凛「ないよ。プロデューサーと未央は仲が良いんだなー、と思っただけ」

未央「やっぱり棘ない?」

P「と言うか、凛は連れて行こうとしたら絶対不機嫌になるだろ……」

文香「先程も、そういった反応をしていましたね」

凛「あれは……べつに、プロデューサーになら、誘われたら、私も行くよ」

P「そうなのか?」

凛「……たぶん」

文香「たぶん、なんですね」

凛「今は……って、ずっと店の前でこんなことを話していたら邪魔になるでしょ。早く入るよ」

P「ん、そうだな。入るか」
353 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:21:41.05 ID:AcHfen/q0
文香「はい。それでは、私たちも……未央さん、どうかしましたか?」

未央「え? ……私、どうかしてた?」

文香「はい、少し」

未央「……そっか」

文香「はい」

未央「……何と言うか、ちょっと、私、幸せなんだな、と思って」

文香「そう、ですか。それは、素晴らしいことですね」

未央「うん。だから、感謝しなくちゃな、と思って」

文香「……私には、未央さんがどういう意味でその言葉を言っているのか、よくわかりませんが……幸せなら、笑ってもいいと思います」

未央「……そうだね。うん、その通りだね! ありがと、ふーみん☆」

文香「はい。どういたしまして」

未央「……入ろっか。ふーみん。プロデューサーとしぶりんも、待っちゃってるかもだし」

文香「そう、ですね。……入りましょうか」
354 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:26:59.56 ID:AcHfen/q0

――店の中

P「……お前ら、何してたんだ?」

未央「それは乙女の秘密、だよっ」

文香「乙女の秘密、ですね」

P「……そうか」

凛「納得するんだ」

P「なんかもう面倒くさいし早く食べたくなってきたからな……」

凛「……まあ、それは同意する、かな」

未央「さすがのしぶりんも店の中に入ったらこの魔力には抗えないみたいだね」

文香「それで……どういう風に注文をすればいいのでしょうか」

P「普通に店員さんに言ったらいい。それで、何にする?」

未央「プロデューサーが言ってた期間限定のやつで!」

凛「私も」

文香「私も、それで」

P「なんで俺に被せてくるんだよ……」

未央「いや、だって、牛丼屋ってなんだか早く決めなきゃいけない気がするし、それならもうプロデューサーが言ってたのでいいかなー、と思って」

凛「右に同じ」

文香「私は……よくわからなかったので」

P「あー……それなら、サイズはどうする?」

未央「普通で」

凛「私も」

文香「私は……そうですね、私も、それでお願いします」

P「お、文香ならなんか『ミニ』とか言いそうな気がしたんだが」

文香「私はいったい、プロデューサーさんから、どういう風に思われているのでしょうか……」

P「ほっとくと簡単に食事を抜きそうで目が離せないアイドル、だな」

文香「……否定は、難しいですね」

未央「難しいんだ」

凛「それじゃあ、みんな決定だね。プロデューサー、注文、頼める?」

P「ん、任せろ。えーと、それじゃあ……ん、決めた。すみませーん!」
355 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:31:25.71 ID:AcHfen/q0

――

P「ってことで、来たな。ニンニクの芽牛丼」

文香「ニンニクの芽……ですか」

未央「ニンニクの芽……食べたことないかも」

凛「というか、プロデューサー……牛丼だけじゃなく、ニンニク、って」

P「いや、まあ……正直来るまで忘れてた。注文する前に言っておくべきだったな」

文香「いえ……私たちも、確認を怠っていました。店内を見れば、これが期間限定だということはすぐにわかったはずですし……だから、プロデューサーさんのせいというわけではないかと」

凛「……確かに、文香の言う通りだね。ごめんね、プロデューサー」

P「凛の謝ることじゃ……というか、もう、食べるぞ」

未央「うんうん。早く食べようよ、三人とも♪」

文香「しかし……何と言うか、辛そう、ですね」

P「ああ。だから、辛かったら一緒に注文しておいたたまごでもかけてくれ」

凛「そのために注文したんだ、たまご」

未央「でも、最初はかけないで食べてみたいよね」

P「んー……まあ、その気持ちはわかるな」

文香「それでは、いただきます」

未央「いただきまーす」

凛「いただきます」

P「ん、いただきます」
356 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:44:39.95 ID:AcHfen/q0
未央(それじゃあ、えーっと……とりあえず、食べよう)

未央(この、ニンニクの芽と一緒に……でも、これ、本当に辛そうだよね。それがおいしい、のかもしれないけど……っと)パクッ

未央「……ん」

未央(あー……こういうことか。なるほど。おいしい。ニンニクの芽が、シャキッとしていて……なんだか、楽しい感じ。思っていた通り辛いけど――って、なんだか辛さが増してきた。後からくる辛さかー……!)

未央(でも、そこまで強いわけじゃなくて……いや、でも、思ったより辛い……苦痛ってほどじゃないけど、結構辛い……でも、おいしい……! 食感が楽しくて、辛くて、でも、おいしくて……旨味とでも言えばいいのかな。そういうのが感じられて……とにかく、おいしい)

未央(この牛丼の味と一緒だからおいしいのか、ニンニクの芽自体がおいしいのか……よくわからないけど、でも、うん、本当においしいな、って思える。でも、やっぱりちょっと辛い)

未央(だから、たまご……なのかな? じゃあ、ちょっと入れてみて……)パカッ

未央(ちょっと混ぜて、それから……食べる)パクッ

未央「……お」

未央(こう変わるかー! うん……うん! 結構変わる、結構変わるね、これ。いや、まあ、当然なんだけど……どっちの方が好きか、とかは好みがわかれるかもしれないけど、私はこっちはこっちで好きかも。辛さがやわらいで、たまごのまろやかさ? みたいなのが合わさって……うん、おいしい)

未央(うーむ……前に連れて行ってもらった時にも思ったけど、やっぱり、牛丼ってすごいのかもしれない。というか、ちょっと見たメニューだと、ここのお店は前のお店よりもメニューが豊富……なのかな? 同じ牛丼屋さんでも、やっぱり、店によって違うところは違うんだね)

未央(まだ他にも行ったことのないところもあるし……また、行ってみたいかも)
357 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:50:40.22 ID:AcHfen/q0
文香「……おいしい、ですね」

P「お、文香、口に合ったか?」

文香「はい。ニンニクの芽の食感と旨味が、牛丼特有のものでしょうか、この牛肉の味にとてもよく合っていて……おいしいです。ニンニクの芽の、この辛味もいいですね。見た目通り、あるいは見た目以上の辛味が全体の味を引き締めているように思えます。食べ進めれば食べ進めるほどに、より食欲を刺激されてしまいますね。素直においしい、と思います」

未央「……ふーみん、食レポの仕事とかしない?」

文香「えっ……私が、ですか?」

凛「うん……私も、今のを聞いて、文香にはそういう仕事が合っていると思った」

文香「それは、その……プロデューサーさん」

P「茜と一緒に仕事とってもいいか?」

文香「えぇっ……私は、その……はい」

未央「いいんだ」

文香「……何事も挑戦ですし、食べることもいいものだな、と思えたので」

P「お、マジか。いい傾向だな」

凛「まさか、牛丼屋さんが文香の食生活を改善する一歩になるなんて、ね」

未央「そのままふーみんはごはんを食べることが大好きになり、そのナイスバディにさらなる磨きをかけるのであった……」

P「確かに、文香は腹よりも胸に肉がいきそうな……あ、ちょ、そんな目で見ないでくれ。謝るから」

凛「プロデューサー、今の、セクハラだよ?」

P「それを言うなら未央の時点でセクハラじゃないか……?」
358 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:55:07.80 ID:AcHfen/q0
文香「……プロデューサーさんは、胸の大きい女性の方が、好き、ですか?」

P「ブッ……文香、お前、いきなり何を」

凛「……どうなの? プロデューサー」

P「凛まで……」

未央「それで、どうなのかな? プロデューサーくん」

P「どうなのかな、って聞かれても……正直、女性の胸ならなんでも――って、おい、聞いといて嫌そうな顔するな。特に凛」

凛「だって……ね」

未央「うん……ね」

文香「……はい」

P「文香までそういう反応するのやめろよ……というか、こんな話してないで、さっさと食べろよ」

未央「はーい」

文香「はい……」

凛「……胸、か」

P「凛だけどうしてそんなに気にしてるんだよ……」

凛「気にしてない」

P「いや、明らかに気にして――ちょ、ちょ、ごめん、謝るから、謝るからその手を下ろし――」
359 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 01:58:34.24 ID:AcHfen/q0

――店の外

P「ふぅ……やっぱり、うまかったな」

未央「プロデューサーが言うだけはあったね。さすがプロデューサー」

文香「さすがです」

凛「さすがだね」

P「なんで俺なんだよ……というか、文香と凛まで乗るなよ」

未央「いや、実際、おいしかったですし? だって、あのふーみんが食レポに目覚めるくらいだよ?」

文香「……目覚めたわけでは、ないのですが」

P「まあ、文香がそういう仕事も、ってのは確かに大きな収穫だな」

凛「そう言えば、プロデューサー、どうしていきなり茜の名前が出たの?」

P「ちょうど茜と組ませる相手を探していたから、だな。茜が食べている姿を見ると元気になるし、もともとそういう方向で何か仕事を……と思ってたんだよ。そこで、ちょうどさっきの文香だ。茜と文香って組み合わせも良いと思うし……まあ、そういうことだな」

文香「私に、できるでしょうか」

P「できるよ。文香なら」

文香「……そう、ですか。なら、頑張ってみたい、と思います」

P「ああ。俺も、全力でそれを手伝うよ」

360 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 02:00:59.86 ID:AcHfen/q0
未央「……なんか、いい感じだね」

凛「だね」

P「……なら茶化すなよ」

未央「いや、だって……ねぇ?」

凛「ね」

P「何がだよ……」

文香「……未央さん、もしかして、妬いているのですか?」

未央「んん!?」

凛「プッ……文香、直球過ぎない?」

文香「直球……ということは、図星、ということでしょうか?」

未央「んぅっ……ふ、ふーみん?」

文香「私も、そういったことには疎い方だと自負していますが……さすがに、未央さんとプロデューサーさんの関係なら、わかります。ですから、そういうことなのかな、と思いまして」

凛「ふふっ……文香はこう言ってるけど、どうなの? 未央」

未央「そ、それは、えっと、その……ぷ、プロデューサー!」

P「……ノーコメント」

未央「えぇ!?」

凛「それはちょっとずるくない?」

文香「プロデューサーさん……」

P「いや、ちょ、そんな目で……というか、これ、文香が悪くないか?」

凛「いやいや、文香はただ疑問に思ったことを聞いただけだと思うよ? ね、文香」

文香「はい、凛さんの言う通りです」

P「お前ら……!」

未央「……み、未央ちゃん、ちょっと先に行ってるねー」

P「あっ、おい、ちょ、未央、逃げるな! 逃げるなって、おい――」



361 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 02:05:22.28 ID:AcHfen/q0
これにて今回は終了です。
いや、最近食べておいしかったので……書きたかったんです。仕方ないですね。あと、ちょっと忙しくなりそうなので今のうちに……と思ったというのもありますね。
今回のお店は今回のお店で好きですね。割りと牛丼屋さんによって色は違いますよね。どこがいちばん好きかと言ったら難しいですが、その時の気分によったり、その時にやっているものによったりするような気がします。今回のお店は夏にこれをやっていたら行っちゃうことも多いですね……好きなんですよね、ニンニクの芽牛丼。

次回は結構あくような気がしますが、あかないような気もします。忙しいと言ってもその忙しさの息抜きに書くことも十分に考えられるので……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。

362 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/07/19(火) 02:12:42.93 ID:AcHfen/q0
あとSSとは関係……あるんですが、今回文香だったのは最近文香を書いたりその直後にCoJ3ドラマを聴いたりしたからです。
凛はなんか相性良さそうだったから連れて来ました。あ、凛と未央が文香に本を借りたりしている設定を書きたかったのに書くの忘れてました。しまった。
あ、最近書いた文香のは文香に失恋する話です。

卯月誕生日編早く書きたい……。

改めてありがとうございました。
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/19(火) 06:37:16.45 ID:C5LfMKm/o
乙です
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/19(火) 07:14:57.42 ID:EQUSMr8ho
乙乙乙
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/19(火) 13:08:24.18 ID:glbcRgtuO
乙乙
続けて来るとは嬉しい誤算
誕生日編もだけど茜と文香の食レポも見てみたい
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/19(火) 21:47:09.89 ID:UuC1kFMio
おつおっつ
ニンニクの芽牛丼かー
近所にやってるとこあるから行くかな・・・

この手のお店の季節限定メニューだとすだちおろしうどんとかも好きだなぁ
こっちは近場に無いのがネックだけど
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/20(水) 09:53:23.80 ID:EJ0D/zDaO
あれ食べたけどめっちゃ辛かった
うまかったけど二回に一回でいやってなった
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/07/20(水) 09:53:54.57 ID:EJ0D/zDaO
>>367
いや→いいや
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/07(日) 23:38:47.82 ID:T4m799Yu0
ニンニクの芽ってサイドメニューにあるからそれを普通の牛丼に乗っければ期間限定じゃなくても食べれるんじゃないの?(それともサイドメニューのニンニクの芽も期間限定だった?)
まああの店はまぐろしか食べないけど
370 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 22:42:29.35 ID:N2tEcs8v0
P「――すまん。待ったか? 凛」

凛「ううん。私も、さっき来たところ」

P「そうか。なら良かった。……でも、せっかくの誕生日なのに、いいのか? あそこで」

凛「うん。あそこがいい。それに、私は私で、もう祝ってもらったから」

P「前の日曜日に……か」

凛「響子たちと一緒に、ね」

P「まあ、それはそうなんだが……せっかくの誕生日なんだし、何かプレゼントをねだっても……」

凛「プロデューサーを独占してるってだけで十分だよ。誰かさんには悪いけど、ね」

P「……」

凛「何も言わないんだ」

P「言わないというか、言えない、だな」

凛「ふふっ……確かに」

P「とりあえず、行くか」

凛「うん。行こうか」
371 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 22:49:35.64 ID:N2tEcs8v0

――カラオケ

凛「まずはドリンクバー……だよね」

P「そうだな」

凛「あ、プロデューサー。知ってるかもしれないけど、歌う前はウーロン茶とかは飲まない方がいいんだって。のどのあぶらをとりすぎちゃうから。泰葉が言ってた」

P「俺も教えなかったか?」

凛「そうだったっけ。……嘘だよ、プロデューサー。覚えてるって」

P「ほんとかよ……」

凛「ほんとほんと。ほら、機嫌なおして」

P「……なんか、そう言われると子供扱いされているように感じるな」

凛「してないよ」

P「なんかしてそうな答えだな……って、いつまでもここにいても邪魔か。さっさと飲み物でも入れて、歌うか」

凛「そうだね。歌おう」
372 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:02:40.02 ID:N2tEcs8v0

――

P「しかし、カラオケに来るのも久しぶりだな……」

凛「そうなの?」

P「ああ。まあ、たまに来ることもあるが……あんまりない。凛は……未央とかと一緒に、割りと来てるか」

凛「私は……その時による、かな。あんまり歌いすぎて、喉を痛めたくないし」

P「……やっぱり、凛は凛だよな」

凛「どういう意味?」

P「そのままの意味だよ」

凛「そのままって……まあ、いいけど。今日はプロデューサーもいるし、好きなように歌うから、覚悟してよね」

P「なんで俺がいたら好きなように歌うんだよ」

凛「プロデューサーを信じてるから。……プロデューサーは、私ののどの調子から、どこでやめればいいのか、わかるでしょ?」

P「それは……そうだな。好きに歌え、凛」

凛「うん。じゃあ、まずは……」ピッピッ

P「ん、いったい何を――って、おい、どうしていきなり部屋を暗くして……」

凛「――プラリネ」ボソッ

P「ブッ……おま、凛……いや、気持ちはわかるけどさぁ」

凛「……」(ギターを弾いているフリ)

P「そこまで再現するのか……というか、凛もそんなことやるんだな……まあ、凛の、なんて、なかなか聴けるもんじゃないし……じっくり、聴かせてもらうとするか」
373 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:09:35.24 ID:N2tEcs8v0

――

凛「――ふぅ。どうだった? プロデューサー」

P「最高だった……」

凛「ふふっ。ありがと」

P「でも、凛がああいうことやるって珍しいな。みんなとのカラオケとかではやってるのか?」

凛「いや……みんながやってるから、私もやりたくなって。プロデューサーとなら、やってもいいかな、って。プロデューサー、765プロのファンだし、伝わると思ったから」

P「あー……まあ、実際、ジュリアさんめちゃくちゃかっこいいからな。あれは真似したくなる」

凛「というか、プロデューサーは歌わないの?」

P「……俺?」

凛「うん」

P「……俺も、歌うの?」

凛「……歌わないの?」

P「今日は凛が好きに歌う、って」

凛「プロデューサーも歌うって前提で、のつもりだったんだけど」

P「……そうだったのか」

凛「うん。そうだった」

P「……まあ、それなら、俺も歌うか。凛、お前がプラリネで来たなら……俺は、これだ!」ピッピッ

凛「……え?」

P「凛、コール頼むな。……『その時空から、不思議な光が降りてきたのです』」

凛「ンフッ……あれは誰だ? 誰だ? 誰だ? 誰なんだー」

P「『それは……』――」
374 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:12:55.18 ID:N2tEcs8v0

――

P「ふぅ……やっぱり、メルヘンデビューは楽しいな!」

凛「ンッ……フ……フフッ……」プルプル

P「おいおい凛。いつまで笑ってるんだよ」

凛「いや……だって、プロデューサー、完璧過ぎ……」プルプル

P「凛もコール、完璧だったぞ!」グッ

凛「それは、まあ、何度も聞いてるし……でも、みんな、いつもこんなことやってたんだね。結構、疲れる」

P「ん? みんなと一緒に行った時とか、コール、やらないのか?」

凛「私は……あんまり、しないかな」

P「んー……まあ、凛はあんまりするイメージはないな。凛のコールしてる姿、かわいかったぞ」

凛「んっ……プロデューサーも、かわいかったよ」

P「そうか? アイドル、できそうか?」

凛「できないよ。ただのお世辞」

P「お世辞か。俺のはお世辞なんかじゃないけどな」

凛「……プロデューサー、未央がいるのにそんなこと言って……」

P「未央がいてもいなくても一緒だろ」

凛「……それ、未央には言わない方がいいよ」
375 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:16:56.64 ID:N2tEcs8v0
P「言うよ、凛。俺はプロデューサーで、凛も未央もアイドルだ。その関係は変わらない」

凛「……変わるよ。だって、未央と、プロデューサーは」

P「確かに、俺と未央の間にそういう感情があることは……プロデューサーとしてはどうかと思うが、否定できない。そう思わせているのは俺のせいだ。ごめんな」

凛「違っ……責めてるわけじゃ、ないから。むしろ、私は……」

P「……ありがとう、凛。やっぱり、凛は優しいな」

凛「優しく、ないよ」

P「優しいよ。……でもな、凛。だからと言って、変に気遣わなくてもいいんだ。未央に対する遠慮も、俺に対する遠慮もなくていい。凛は俺のアイドルで、俺は凛のプロデューサーだ。俺と未央の関係がどうであっても……それだけは、変わらない」

凛「……そっか」

P「ああ」

凛「……うん。ごめん。私も、なんか、気にし過ぎてたかも。未央とプロデューサーが……そういう関係で、だから、私はそこから一歩引いた……そんな立場に、勝手に、なってた」

P「ああ」

凛「だから……ううん、それなのに、二人きりでカラオケに、なんて、おかしいよね。でも、もしかしたら、それこそが……って、それは考えても仕方ないか。私はアイドルで、プロデューサーは、プロデューサー。今は、それだけでいいよね」

P「そうだな。……せっかくの誕生日でカラオケなのに、こんな雰囲気はダメだな。凛、何か歌うか?」

凛「……うん。歌うよ。私が曲を入れるから、プロデューサーも、一緒に」

P「ん、わかった。なんでもこい」

凛「なんでも……なら、これで」ピッピッ

P「ん、なになに――って、いやいやちょっと待て待て凛とこれとか無理だろ絶対無理だってというか凛お前もかなり765さんのファンじゃ」

凛「そんなこと話してる場合じゃないよ、プロデューサー。さあ、行くよ――【アライブファクター】!」
376 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:25:55.17 ID:N2tEcs8v0

――店の外

凛「ん……っと。思う存分歌ったね、プロデューサー」

P「……思う存分過ぎる」

凛「プロデューサー、遠慮しなくてもいいって言ったでしょ」

P「そういう意味じゃなかったんだが」

凛「じゃあ、どういう意味だったの?」

P「……もう、今日はそういう意味でいいよ。誕生日だしな。俺にできることなら、なんでも言うこと聞いてやるよ」

凛「なんでも……なら、三つ、お願いしたいかな」

P「……多くないか?」

凛「多くないよ。それじゃあ、まず、一つ目は――」
377 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:26:38.86 ID:N2tEcs8v0

――店の前

P「……ここか」

凛「うん。プロデューサーに教えてもらってから、何度か一人でも来てるけどね」

P「気に入ってくれたなら嬉しいよ。で、何を頼む?」

凛「んー……プロデューサー、私がこの90周年限定っていうのを頼むから、プロデューサーはこのマンゴーのを頼んでくれる?」

P「飲み分けるの前提かよ……」

凛「色んな味を楽しみたいから。限定のは限定の期間中しか飲めないし」

P「あー……まあ、それはそうだな。それじゃ、とりあえず頼むか」

凛「うん」
378 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:28:17.68 ID:N2tEcs8v0

――

P「こっちが『ホワイトチョコレート ラズベリー&ローズ』で、こっちが『ホワイトチョコレート マンゴーパッションフルーツ』だ」

凛「見ればわかるけどね」

P「そう言われると困る」

凛「困るんだ」

P「実際、見ればわかるからな……まあ、そんなことはどうでもいい。とりあえず、飲もうか」

凛「うん。それじゃ、もらうね。まずは、こっちの、ラズベリー&ローズから……」チュー

P「それじゃ、俺はマンゴーパッションフルーツとやらを……」チュー

凛「……ん、おいしい。プロデューサー、そっちは?」

P「おいしいよ。何と言うか……パッションって感じだ」

凛「なにそれ」クスクス

P「実際、そんな感じなんだよ。飲めばわかる。そっちはどうなんだ?」

凛「どう、って……プロデューサーがそんな感じだと、どう言うべきか、ちょっと迷うけど、おいしいことは確かだよ。ラズベリーの酸味とローズの風味、それにチョコレートが合わさって……私、これ、かなり好きだよ。爽やかで、上品な感じで……おいしいよ」

P「……なんか、そう聞くと飲みたくなってきたな。交換するか?」

凛「うん、する」

P「それじゃ……もらうな」

凛「うん」

P「……」チュー

凛「……」チュー

P「……んっ、こっちもうまいな。凛の言っていた通りだ。さすがは90周年限定、と言ったところか……」

凛「こっちもおいしいね、プロデューサー。マンゴーパッションフルーツ。こっちも爽やかな感じがするね。プロデューサーの言っていた『パッションって感じ』の意味もなんとなくわかるよ。……うん、こっちはこっちで、いいね」

P「まあ、夏だからな。爽やかなのはそれで、じゃないか?」

凛「そもそも、このショコリキサーからして冷たいから夏向きなような気がするけどね」

P「それは確かに。……そう言えば、凛」

凛「何?」
379 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:28:45.81 ID:N2tEcs8v0
P「三つ、ってことは、あと二つ、お願い、あるんだよな。それってなんなんだ?」

凛「……そう言えば、まだ言ってなかったね」

P「ああ。それで、なんなんだ?」

凛「一つは……来年のこと。今年、卯月はバースデーライブをしたよね。それと同じで、私も……響子も一緒に、バースデーライブをしたいと思って」

P「……今年できなかったのは申し訳ない。来年はするよ、必ず」

凛「必ず、とか言って大丈夫なの?」

P「……全力で努めさせていただきます」

凛「ふふっ。必ず、じゃないんだ」

P「いや、まあ、ここで『必ず』と言えたらカッコ良かったんだが……さすがに、できるかどうか確定もしてないことにそう言うのは、な。まあ、凛と響子のバースデーライブなんて、絶対に成功すると思うし……十中八九、通ると思う」

凛「……そっか」

P「ああ。で、最後の一つは? 今のが一年後ってことは……次は、十年後とかか?」

凛「……ある意味、そうかも」

P「んっ……マジか。冗談のつもりだったんだが。……いったい、なんなんだ?」

凛「プロデューサーがプロデューサーでいてくれること、かな」

P「……どういう意味だ?」
380 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:29:27.99 ID:N2tEcs8v0
凛「いつまでも私のプロデューサーでいて、ってこと。……これからも、私を見てて、プロデューサー」

P「……それは、言われるまでもないな」

凛「こっちは、必ず?」

P「ああ。必ず、だな」

凛「そっか」

P「ああ」

凛「……残り、飲もうか、プロデューサー」

P「そうだな。……でも、その前に、せっかくこんな雰囲気になったんだから、言っておくよ」

凛「『こんな雰囲気になった』なんて言ったら雰囲気ぶち壊しだけどね」

P「それは言うな。……凛、誕生日おめでとう。これからもよろしく」

凛「……これからも、私は全力で走り続けるよ。だから……プロデューサーも一緒に、ね」

P「……ああ。置いてかれないように、な」

凛「……ふふっ。私たち、店の中で何をやってるんだろうね」

P「確かにな。……早く飲むか」

凛「うん」



381 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:32:54.03 ID:N2tEcs8v0
これにて今回は終了です。
渋谷凛さん、誕生日おめでとうございます。これからもよろしく。

未央が出てないですね。スレタイはどこにいったのか。というか卯月の誕生日より先に凛の誕生日を書いてしまいましたね。う、卯月の話もできるだけ早く書くので……。

この店は前にも書きましたね。というかカラオケで何か食べればよかったですよね。でも私がカラオケであまり何かを食べた経験がないのでやめておきました。最近はカラオケのごはんもおいしいという話は聞くんですけど……また食べてみたいと思います。

というか誕生日とは言え、凛連続ですね。まあ、誕生日なので。

ここまで読んで下さってありがとうございました。

382 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/08/10(水) 23:36:10.91 ID:N2tEcs8v0
あとSSとは関係ないですがSNの未央めっちゃ良くなかったですか?????
もう好き。大好き。やっぱり未央って未央だわ、と思いました。本田未央ちゃん……好き……。
というかSNが最高の番組ですよね。定期的にやってほしい。これからもアイドルのラジオみたいなのやってほしい……。
久しぶりにまったく関係ない話になりましたね。すみません。でも言いたかったんです。今回未央出てないから未央の話したかった……。

改めてありがとうございました。
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/10(水) 23:45:52.56 ID:6GXTzli9o
乙です
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/11(木) 00:39:39.27 ID:OYW0fbCe0
乙です
読んでたら腹減ってきた
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/11(木) 01:01:58.88 ID:MIR8QwzJO
乙ダヨー

カラオケはポテト食べておけばいいんだよぉ!(加蓮感
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/11(木) 03:26:00.51 ID:Pf6XFbTb0
おつー
プラリネとかアライブファクターとかマジで凛好きそう
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/11(木) 12:40:23.95 ID:MIA/P+O5O
カラオケといえばJOYSOUND
JOYSOUNDといえば名古屋
名古屋飯食べにおいで……
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/11(木) 23:03:38.20 ID:Hkb0R7zF0
乙ー
まさかこのSSがリアルタイムで読めるとは…腹減ってきたよどうしようか
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/08/12(金) 16:18:02.86 ID:fd5pwta8o
>>385
病人は粥でも食ってろ!
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/09(金) 20:36:33.82 ID:ko2yZExNO
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/19(月) 17:47:39.69 ID:Ejdbkjj8O
更新来ないなぁ
もう満腹なんだろうか
392 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:01:03.15 ID:DMzpmect0

――事務所

ちひろ「プロデューサーさん、おでこ、かして下さい」

P「……いきなりどうしたんですか? ちひろさん。熱でもあるんですか?」

ちひろ「熱があるのは……とにかく、ほら」ピタッ

P「ん……ちひろさん、手、冷たくて気持ちいいですね」

ちひろ「私の手が冷たいんじゃなくてプロデューサーさんのおでこが熱いんです」
393 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:02:14.92 ID:DMzpmect0
P「そんなことはないと思いますが」

ちひろ「あります。……プロデューサーさん、今すぐ帰る準備をして下さい」

P「……絶対に、ですか?」

ちひろ「絶対に、です」

P「……わかりました。実際、体調が悪いのは事実ですからね。帰って寝ることにします」

ちひろ「その前に病院にも行って下さいね」

P「そこまですることじゃ――あ、はい、わかりました。だからこわい顔しないで下さい」

ちひろ「行くのならいいんです。それじゃ、病院に行ったら家に帰ってゆっくり休んで下さいね」

P「はい。でも、その前に色々引き継ぎを……っと」フラッ

ちひろ「っ……もう。そんなになるまで頑張らなくてもいいんですよ」

P「……すみません。ありがとうございます」
394 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:03:09.46 ID:DMzpmect0
ちひろ「……引き継ぎなんて後でもいいから早く帰って下さい、と言えないのが難しいところですね」

P「まあ、俺がいきなりぶっ倒れてもなんとかなるようにはしてますけどね。でも、引き継ぎの手続きをするかどうかで結構変わりますし……最低限だけは、やっておかないと」

ちひろ「……プロデューサーさんがいなくてもなんとかなる、とは言えません」

P「……?」

ちひろ「だから、休まなきゃいけない時は、ゆっくり休んで下さいね。その間は、私が……私たちが、なんとかしますから」

P「……ちひろさんが言うなら、心配ないですね。と言っても、たぶん、一日休めばなんとかなる気もしますけど」

ちひろ「……プロデューサーさん」

P「……そんな目で見ないで下さい。ゆっくり、ゆっくり休みますから」

ちひろ「約束ですよ? って、こんな話をいつまでも続けているわけにはいきませんね。それじゃ、プロデューサーさん、お願いします」

P「はい。まず、スケジュールはちひろさんと俺での共同管理ですけど――」
395 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:03:48.14 ID:DMzpmect0

――Pの家

P「……ただいま」

P(なんて言っても、誰もいないけど)

P(……べつに深刻な病気とかじゃなかったけど、数日はゆっくりしてろって言われたな)

P(まだまだやることは残っているのに……でも、そこまで心配かと言えば、まあ、ちひろさんもいるし、大丈夫だろうって思えるけど)

P(……全身がだるい。肌がなんだかぴりぴりとしているような感じ。寒気……も、するな)

P(頭痛はないし、喉も問題ない。熱はあるけど……それだけか)

P(……とりあえず、寝よう)

P(休んで、早く、なおさないと……)
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/29(木) 02:04:06.80 ID:7Ba4mPlqo
リアルタイム遭遇期待
397 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:05:31.04 ID:DMzpmect0
P(……ああ、くそっ。こんなこと、普段は思わないのに……)

P(どうしようもなく、寂しい)

P(元気じゃないと、人恋しくなる……な)

P(誰か……何か……あ)

P(こういう時に、何か、元気つけてくれるような……そういうの、あったら、いいかもな)

P(誰がいいだろう……ゆかり、とか? 茄子も良さそうだな。美優さんも……)

P(凛は……凛だからこそ、こういう時に優しくしてくれるようなのがあったら、良さそうだな)

P(茜は……元気、出そうだな。藍子も、良さそうだ。なんか、心が穏やかになりそうな……癒やされそうだ)

P(卯月も良さそうだな……。頑張ります、って、いや、さすがにそれはないか)

P(……ああ、でも、俺は、やっぱり……)
398 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:06:12.78 ID:DMzpmect0
P「……未央」

P(未央に、会いたいな)

P(今度は、どこに行こう。どこで、何を、食べよう)

P(未央と一緒に、どこかで……どこでも、未央となら……)

P「……未央」

P(未央に、会いたい)

P(苦しい。辛い。隣にいてほしい。隣にいてくれるだけで……)

P「……未、央……」
399 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:07:47.79 ID:DMzpmect0

――事務所

未央「プロデューサーが!?」

ちひろ「はい。プロデューサーさんが言うには『大丈夫』みたいですけどね」

未央「……プロデューサーの言うことだと、ちょっと信用できないね」

ちひろ「それは否定できませんね」クスクス

未央「ちひろさんの目から見て、どうだった?」

ちひろ「顔色を見て、帰らせた方がいいと思うくらいには辛そうでした」

未央「……そっか」
400 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:09:48.20 ID:DMzpmect0
ちひろ「……心配ですか?」

未央「心配……うん。心配だよ。私、こういう時には、何も……ちひろさん」

ちひろ「なんですか?」

未央「私、今日はこの後、何もないよね」

ちひろ「ありませんね」

未央「明日も、オフだったよね」

ちひろ「そうですね」

未央「……プロデューサーの看病、しに行っちゃ、ダメ、かな」

ちひろ「……本来なら、もちろん、ダメと言うところです」

未央「……本来なら、ね」

ちひろ「はい。どうやらうつるようなものでもないようですし、念のため、合鍵ももらっています。プロデューサーさんの了承も得ています。アイドルが来るとは、思っていないでしょうけど」

未央「それじゃあ……」

ちひろ「未央ちゃん。……プロデューサーさんのこと、お願いしますね」

未央「……うん!」
401 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:14:23.27 ID:DMzpmect0

――Pの家

未央「お邪魔しまーす……」

未央(……ここが、プロデューサーの家)

未央(さすがに来るのは初めてだから、ちょっと、緊張する)

未央(でも、看病しに来たんだもんね。そんな、変なことを考えちゃ――へ、変なことって、私、いったい、何を……!)

未央(うぅ……お、落ち着け、私。本田未央ちゃん。パーフェクトスター……しぶりんみたいな感じで、心にリーナ、心にリーナ……これしぶりんに『私みたいって何?』って怒られるかも。あと、落ち着くならリーナよりもあーちゃんの方が落ち着けるような気がする)

未央(……うん、でも、ちょっと、落ち着いてきた。とりあえず、部屋に上がらせてもらおう)
402 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:17:11.94 ID:DMzpmect0
未央「プロデューサー、入るよー……」

未央(寝てるかもしれないから、起こさないように……あ、ベッド。プロデューサー、寝てる……)

未央「プロデューサー。未央ちゃんが、来てあげましたよー……」

未央(なんて、聞こえてないだろうけど)

未央(……プロデューサー、ぐっすり寝てる)

未央(勝手に部屋のものに触るのはさすがにダメだけど、ちょっと、起きた時のために、何か、用意しておこうかな)

未央(えっと、この間取りだと、キッチンは、たぶん――)
403 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:19:26.41 ID:DMzpmect0


P「――未央」

404 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:20:07.96 ID:DMzpmect0
未央「ひゃっ! ぷ、プロデューサー、起きて――」

未央(……寝てる。ってことは、寝言? ……寝言!? え、寝言、寝言って、プロデューサー、いったい、どんな夢を……!)

P「……未、央……」

未央(……違う)

未央(プロデューサー、苦しそうに……辛そうに、してる)
405 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:21:03.90 ID:DMzpmect0
未央「……プロデューサー」ギュッ

未央「大丈夫だよ、プロデューサー。私は、ここにいるよ。ここにいるから、安心して、ゆっくり、休んで」

P「……未央?」

未央(っ……プロデューサー、目を、開けて……起こしちゃった? せっかく、寝ていたのに――)

P「……」ギュッ

未央「えっ――ちょ、ぷ、プロデューサー!?」

未央(え、あ、なに? どうして、今、抱きしめられて……べ、ベッドだし、あの、その、さすがに、心の準備が――)
406 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:21:34.92 ID:DMzpmect0
P「……ごめん、未央。でも、もう少し……もう少しだけ、このままで……」

未央(……プロデューサー)

未央「……うん。大丈夫。大丈夫だよ、プロデューサー。私は、どこにもいかないから。だから……今は、プロデューサーの、思うままにして?」

P「……ありがとう、未央」

未央「どういたしまして」
407 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:25:40.93 ID:DMzpmect0

――

P「すまなかった、未央。寝起きだったからって、あんなこと……」

未央「謝らないでよ、プロデューサー。病気で、弱ってたんだもん。仕方ないよ」

P「仕方ないなんてことは……」

未央「……もう」ギュッ

P「んっ――ちょ、未央、いきなり、何……」

未央「……病気の時くらい、甘えてよ、プロデューサー。甘えても、甘えてくれても、いいんだよ」

P「……ごめん」

未央「謝らないでも……もう。プロデューサーは、やっぱり、プロデューサーだね」

P「……ん」
408 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:27:37.65 ID:DMzpmect0
未央(……本当に、弱ってたんだね、プロデューサー)

未央(こんなプロデューサーを見て、ちょっと、かわいい、って……そんなことを思っちゃってる私は、悪い子かな。悪い子かも。……でも)

P「……未央」

未央「なあに? プロデューサー」

P「……ありがとう」

未央「……うん」

未央(プロデューサーが、安心したように見えるから。安らいでいるように見えるから)

未央(……まだ、もう少し、このままで……)
409 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:31:52.34 ID:DMzpmect0

――

未央「お腹空かない? プロデューサー」

P「お腹……ん、まあ、そこまで空いてはないが」

未央「でも、食べた方がいいよね。ってことで、おかゆでもつくるよ。私でもおかゆくらいならつくれるからね」

P「なんで空いたかどうか聞いたんだよ……でも、うん、そうだな。ありがとう」

未央「どういたしまして♪ お礼はデートで勘弁してあげましょう」
410 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:34:36.77 ID:DMzpmect0
P「デート、って……まあ、またどこかに連れて行くよ。約束する」

未央「えー。いつもの感じじゃなくてデートがいいなー」

P「だから、デートは……あー、もう。いいよ、わかった。デートじゃあないが……いつもとはまた別で、遊びに行くか」

未央「遊び……デートじゃないの?」

P「違う」

未央「そっか。……うん。じゃあ、楽しみにしてるね、プロデューサー☆」

P「……頑張る」

未央「……その言い方、なんだか、自信がないみたいだね」

P「うるさい。……ないんだよ」
411 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:35:33.39 ID:DMzpmect0
未央「……えへへ。それじゃあ、確かに、頑張るしかないね、プロデューサー」

P「……なんで嬉しそうなんだよ」

未央「それはナイショ♪ それじゃ、そろそろおかゆをつくりに行くとしますか。キッチン借りるね、プロデューサー」

P「ああ。頼む」

未央「うん。未央ちゃんに任せたまえー。そんなに時間はかからないと思うから、ここで待ってて。それじゃ――」

P「」ニギッ

未央「……へ?」

P「……ん?」
412 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:36:05.30 ID:DMzpmect0
未央「……」

P「……」

未央「……えっと、プロデューサー? 服の裾を握られてると、キッチンに、行けないんだけど……」

P「……あ」

未央「……もしかして、プロデューサー」
413 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:36:37.20 ID:DMzpmect0
P「いやっ……その、ちょっと、さびしかっただけでだな。ひとりの部屋に戻るのがまた嫌だったというか、って、俺、何を言って……その、未央が来てくれて嬉しかったから、まだ一緒にいてほしい、って、だから、そうじゃなくて、いや、まあ、そうなんだけど、未央と離れたくないというか、いや、違う、違わないけど、いやいや違う、違うんだ。その、つまり……あー! 何言ってんだ俺!」

未央(……プロデューサー、顔、真っ赤)

P「えっとだな……つまり、今のは、ちょっと、間違えただけだ。なんか、手が勝手に動いたというか、それだけだ。だから……あー、頭が混乱してるな。とにかく、未央は行ってくれ。俺は、ちょっと、頭を冷やしとくから」

未央(こんなプロデューサー、ちょっと、珍しいかも)

未央(……なんだか)

未央「かわいいね、プロデューサー」

P「……は!?」
414 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:37:08.84 ID:DMzpmect0
未央(あ、声に出しちゃった。……でも、いっか)

未央「一緒に行く? プロデューサーくん」

P「かわ……いや、だから、さっきのは……」

未央「……私は、一緒に行きたいよ? ほら、手、貸して」

P「……ん」ニギッ

未央「ん、よろしい♪ それじゃ、手をつないで……行こっか、プロデューサー」
415 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:37:40.26 ID:DMzpmect0
P「……なんか、今日、情けないところを見られてばっかりだな……」

未央「病人がそんなこと気にしない。それに、情けなくなんかないよ。私にとっては、プロデューサーは、いつも……今も、かっこいいよ」

P「……かっこよくは、ないだろ」

未央「そうかな? そうかも。でも、かっこいいの」

P「矛盾してないか?」

未央「矛盾してちゃダメ?」

P「……わからない」

未央「なら、いいってことで。とりあえず、行こ? プロデューサー」

P「……ああ。行こうか、未央」
416 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:38:14.38 ID:DMzpmect0
未央「って、キッチンに行くだけなんだけどね」

P「それは言うな」
417 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:42:41.15 ID:DMzpmect0

――

未央「なんやかんやで、おかゆ、完成!」

P「なんやかんやってなんだよ……」

未央「なんやかんやは……なんやかんやです!」

P「なんでお前がそのネタ知ってるんだよ……」

未央「見たことあるから?」

P「いや、だろうけど……まあいいや。とりあえず、いただくか」

未央「私もちょっともらうね。それじゃ、いただきまーす」

P「いただきます」

未央(とは言ったものの、先にプロデューサーが食べてから、かな)

未央(普通のおかゆ、って感じだけど……プロデューサーの舌に合うかな。どうだろ)

P「」パクッ

未央(あ、食べた。もぐもぐして……この反応は)
418 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:43:18.86 ID:DMzpmect0
未央「どう? プロデューサー」

P「ん。おいしいよ。ありがとう、未央」

未央「やたっ」

未央(良かった……)

P「なんというか、ちょうどいいな。おいしいよ。俺の舌に合ってる」

未央「まあ、プロデューサーとは何度もごはん行ってるからね。私からすれば、これくらい造作もないことですよ」

P「そうか。それなら、未央には毎日俺のごはんをつくってほしい……なんてな」

未央「んっ……ぷ、プロデューサー。それ、意味、わかってるのかな?」

P「ん? いや、今のはただの……あ」

未央「……」

P「いや、その、べつに、そういう意味じゃなくてだな。ただ、褒めようと思って言っただけで、変な意味は……」

未央「……ないの?」
419 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:44:21.78 ID:DMzpmect0
P「……ずるくないか?」

未央「プロデューサーが先に言ったんじゃん」

P「それは、まあ、そうだが……ないことは、ない、です」

未央「です、って」

P「うるさい。からかうな。あー、もう、今日は本当にダメだな……」

未央「私は楽しいよ☆」

P「うるさい」
420 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:44:56.68 ID:DMzpmect0

――

未央「りんごもあるんだけど、剥く?」

P「んー……うん。剥くか」

未央「あ、もちろん私が、だよ?」

P「……確かに素で俺が剥こうとしてたけどなんでバレた」

未央「プロデューサーだから?」

P「理由になってないと思うんだが」

未央「なんかそんな気がしたってだけだから気にしない気にしない。それじゃ、剥くね」

P「ん、頼む」

未央「頼まれましたー……っと」シュルシュル
421 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:45:48.20 ID:DMzpmect0
P「……なんか、未央、うまいな」

未央「未央ちゃんは器用ですからねー」シュルシュル

P「自分で言うか」

未央「言っちゃうー」シュルシュル

P「……」

未央「……」シュルシュル

P「……なんか、こういうの、良いな」

未央「? 何が良いの? プロデューサー」

P「あ、声に出てたか。どうでもいいから忘れてくれ」

未央「えー。気になるよー。教えて教えてー」
422 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:46:28.88 ID:DMzpmect0
P「……俺の家で未央がりんごを剥いていて、それを無言で見ることのできることが、って、なんか言ってて恥ずかしくなってきたな」

未央「……未央ちゃんがお嫁さんに来たみたい、って?」

P「んっ……そういう意味じゃなくて、ただ……でも、そうなのかもな」

未央「お、素直。なになに? 未央ちゃんがお嫁さんに欲しくなっちゃった?」

P「……答えにくいんだが」

未央「そう? ごめんね。……よし、剥けたよ、プロデューサー」

P「ん。早いな」

未央「早いよー。それじゃ、一口サイズに切っちゃって……はい、プロデューサー。あーん♪」

P「……あーん」

未央「お、ノリ良い」

P「言わないと食べさせないだろ」

未央「まあね。じゃ、改めて、あーん」

P「あーん」パクッ
423 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:46:55.10 ID:DMzpmect0
未央「……どう?」

P「……ん、うまい。シャリシャリしてて、甘い。おいしいよ。未央も食べるだろ?」

未央「お、いいの? それじゃあもらうね。……あ、プロデューサー」

P「ん?」

未央「あーん」

P「……自分で食べろよ」

未央「あーん」

P「……ったく。あーん」

未央「んっ♪」パクッ

未央「……ん、ほんとだ。おいしいね」

P「おいしいな」

未央「未央ちゃんが剥いたからかな?」

P「りんごが良いんだよ」

未央「えー。冷たーい。アイドルの剥いたりんごなのにー」
424 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:47:29.09 ID:DMzpmect0
P「……アイドルってことよりも、俺としては、未央が剥いたってことの方が大事だけどな」

未央「……それ、プロデューサーとしてはどうなのかな?」

P「ダメだな」

未央「だよね。……私は、嬉しいけど」

P「そうか」

未央「うん」

P「……」パクッ

未央「……」パクッ

P「……うまいな、りんご」

未央「……うん」
425 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:47:57.35 ID:DMzpmect0

――

P「ん、もうこんな時間か。未央。さすがにそろそろ帰らないとな」

未央「帰る……帰る、かー」

P「なんだその反応。何か不満でも?」

未央「いや、不満というか、何と言うか……プロデューサー、一人でも大丈夫かなー、って」

P「大丈夫かなー、って……俺をなんだと思ってるんだよ」

未央「とは、今日のことを考えると言えないよね?」

P「……まあ、そうだな」
426 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:48:36.11 ID:DMzpmect0
未央「……泊まってもいい?」

P「ダメだ」

未央「プロデューサーが自分を抑えられる気がしないって?」

P「そうじゃなくて、そんなことしたら、ちひろさんにどんだけ怒られるか……」

未央「……ちひろさんに怒られなかったら、いいんだ」

P「あ」

未央「……プロデューサーのえっち♪」

P「えっち、って……それを言うなら、先に泊まるとか言ったお前の方だろ」

未央「そうかな?」

P「そうだ」

未央「そうかー。まあ、セクシー担当だしね」

P「何のだよ……」

未央「ニュージェネとかポジパの? 美嘉ねーリスペクトー、みたいな」

P「……その二つのユニットなら、確かに、そうかもな」

未央「でしょ?」

P「まあ……って、何の話だよ」

未央「確かに、何の話だろ」
427 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:49:13.16 ID:DMzpmect0
P「……とりあえず、帰れ、未央。俺なら、大丈夫だから」

未央「……ほんとに、大丈夫?」

P「ああ。ありがとう、未央」

未央「……ん。それじゃあね、プロデューサー」

P「ああ。それじゃあな、未央」
428 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:49:44.89 ID:DMzpmect0

――

P「……ふう」

P(未央が帰った……か)

P(……大丈夫だとは言ったが、やっぱり、まだ寂しいな)

P「……ライブ映像でも、見るか」
429 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:50:29.40 ID:DMzpmect0
P(やっぱり、ウチのアイドルは最高のアイドルだな)

P(……あ、ヤバいな、眠くなってきた)

P(テレビ、消さないと……いや、もう、いいか)

P(今日は、このまま……寝てしまおう)

P(……)

P(……)

P(……)

プルルルル

P「……ん?」

P(電話? ちひろさんか? 何か、あったとか……って、未央?)
430 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:51:14.88 ID:DMzpmect0
P「もしもし。どうした? 未央」

未央『あ、プロデューサー。ごめん、もしかして、もう寝てた?』

P「まあ、寝てたな。でも気にするな。で、何の用だ?」

未央『いや……用というか、ちょっと、言い忘れていたことがありまして』

P「言い忘れていたこと……?」

未央『うん。プロデューサーに「おやすみ」って言ってなかったな、って』

P「……」

未央『まあ、もう寝ちゃっていたんだったら遅いし、むしろ起こしちゃっただけ悪いような気もするけどね』

P「いや、大丈夫だ。むしろ……」
431 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:51:41.40 ID:DMzpmect0
未央『? むしろ?』

P「なんでもない。……未央」

未央『なに?』

P「おやすみ」

未央『……うん。おやすみ、プロデューサー』

P「……それじゃ、切るな」

未央『うん。おやすみ――って、これ、さっきも言ったね。こういう時、電話を切る時のあいさつってどうするべきなんだろ』

P「べつに、おやすみ、でいいんじゃないか? 二回言っても、べつに、な」

未央『……そうだね。それじゃ、改めて』

P「ん。おやすみ、未央」

未央『おやすみ、プロデューサー』

ガチャ ツーツーツー
432 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:52:18.90 ID:DMzpmect0
P「……ありがとう、未央」

P(……寝よう)

P(ぐっすりと寝て、早く体調を戻して……そして、また)

P(未央を、みんなを……プロデュース、する、ために……)」



433 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 02:55:07.68 ID:DMzpmect0
これにて今回は終了です。
割りと久しぶりですね! あと今回あんまり「ごはん」って感じじゃないですね! 次回はそんなことないと思います!

今回こんな感じになったのはちょっと体調崩して弱ってた時に「こんな時に未央がそばにいてくれたらなあ」とめちゃくちゃ思ったからです。つまり個人的欲望の塊です。……いつも通りですね!

次回は割りとガッツリ食べたいかな……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/29(木) 02:58:57.74 ID:msq+CHAwo
最高だわ…
ずっと待っていた甲斐があった
乙です
435 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/09/29(木) 03:00:03.35 ID:DMzpmect0
あとSSとは関係ないですがフェス限未央……! あとデレステの次イベも未央……!
頑張ります! 頑張りたい。頑張ろう……。
はぁ……未央とただ寄り添っていたい……。

改めてありがとうございました。
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/29(木) 11:25:36.39 ID:D8i87csjo
乙です
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/29(木) 17:14:02.31 ID:iK2ST+RYO
おぉ、乙
心配してたけど来てくれたから良かった

未央のエネルギーを少しでもいいから貰いたいところ
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/29(木) 20:31:31.75 ID:QevCfxN4O
もしかして途中のは33分探偵?
あれもだいぶ前のドラマになっちゃったなあ
年月経過ってはやい

おっつおっつ
たまにはこういうのもアリ
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/09/30(金) 07:10:59.01 ID:qJMnEQNho
乙乙待ってたぞ
いい…
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [[sage]]:2016/10/03(月) 09:05:02.05 ID:GK1SrgyW0
行間を味わえる気がする文章で、すごく好き。 
もう一度言おう、このSSすごく好きだぜ。
441 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:26:26.02 ID:3MiJrL600
P「チャーハンが食べたい」

未央「えっ、いきなりどうしたの? プロデューサー」

P「いや、ちょっと知り合いがオススメしてた店があってさ。だから、行きたいな、って」

未央「それは未央ちゃんを誘っているということかな?」

P「まあ、そうだな。来るだろ?」

未央「えー。でも、私、アイドルだからなー。あんまり食べ過ぎるのもなー」

P「今まで食べまくってた奴がよく言う」

未央「それはプロデューサーのせい……だけじゃないけど、プロデューサーの責任もあるでしょ?」

P「それは……そうだな」

未央「そうそう。まったく、おかげで未央ちゃんのレッスンはハードなんですよ? 仕事もあるのに」
442 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:32:47.92 ID:3MiJrL600
P「……確かに、俺があんなに色んなところに連れて行ってるのに、未央はスタイル良いよな」

未央「ふふん、これも未央ちゃんの努力の賜物ですよ。美嘉ねーやくみねぇにも話聞いたりしてるけど」

P「あー……その二人なら問題ないな。で、結局どうするんだ?」

未央「どうするって、何が?」

P「チャーハン」

未央「行くよ?」

P「なんだその『当然じゃん』みたいな言い方」

未央「いや、だって……当然でしょ?」

P「さっき自分が言ったこともう忘れたのか?」

未央「それはまあ、いつものおふざけですし? プロデューサーもわかってたでしょ?」

P「そりゃ、まあな。でも、実際、アイドルをそんなに連れて行くのもな……」
443 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:36:16.26 ID:3MiJrL600
未央「そんなの、今更ですよ、今更。それに、未央ちゃんはプロデューサーとごはんを食べに行くために頑張ってるところもあるからね」

P「そのためかよ……」

未央「もちろん、そのためだけじゃないけど、そういうごほうびのためにも頑張ってるというところはあるというか? 頑張った後には、やっぱりおいしいものを食べたいですし。それが大好きな人となら最高でしょ?」

P「それはわかるが……いや、うん、そうだな。俺も同じ気持ちだから」

未央「私とごはんを食べるために頑張ってる?」

P「ってところも、まあ、あるな。正確には、それがあるって思えるから、より一層頑張れるというか」

未央「……なんか、スイーツを自分へのごほうびっていうOLさんみたいだね」

P「近いかもしれないな……」

未央「近いんだ……」

P「自分で言ってそういう反応するなよ……とにかく、行くか」

未央「おー」
444 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:36:46.54 ID:3MiJrL600

――

未央「それで、チャーハンってことは、今日は中華料理屋さん?」

P「中華……中華、なのか?」

未央「『なのか?』って言われても困るんだけど」

P「確かにな。でも、実際よくわからないんだよな」

未央「というと?」

P「チャーハン専門店みたいなところだから、だな」

未央「チャーハン専門店……あ、なんか聞いたことあるかも」

P「お、そうなのか。行ったことは?」

未央「ない、けど、たまにテレビとかで見るような……気がする」

P「俺もまあ存在だけは知ってたな、チャーハン専門店。それで、今日行くところがなかなかおいしいって話を聞いたから行きたいと思ったんだよ」

未央「ほうほう。チャーハン専門店のチャーハン……いったい、どんなものが出てくるのか。楽しみだね、プロデューサー♪」

P「そうだな。俺も、かなり楽しみだ」
445 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:37:13.03 ID:3MiJrL600

――店の前

未央「ここ?」

P「だな」

未央「……かにチャーハン?」

P「うん。……そのままの名前だよな、店名」

未央「わかりやすいけど……うん、わかりやすいけどね!」

P「とりあえず、入るか」

未央「うん……」
446 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:37:43.27 ID:3MiJrL600

――店の中

P「チャーハンだけ、って言っても、チャーハンにもそこそこ種類あるな。どうしようか」

未央「うーん……それじゃ、私はこの『かに海鮮五目チャーハン』っていうので」

P「む。俺もそれにしようとしてたんだが……まあ、一緒でもいいか。なんかセットにできるみたいだが、未央はどうする?」

未央「自家製かに焼売一個と肉汁餃子が二個のやつ!」

P「わかった。それじゃ、注文するか。すみませーん!」
447 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:38:11.02 ID:3MiJrL600

――

P「ん、まずは味噌汁か」

未央「味噌汁だね。かに味噌汁?」

P「らしいな。まあ、飲んでみるか」

未央「だね。それじゃ、いただきまーす」

P「いただきます」

未央(味噌汁……具は、これはネギ、かな? とりあえず、飲んでみよう)ズズ……

未央「ん!」

未央(わ! カニ! 結構カニだ! 一口飲むだけでカニってわかって、これは、なかなか……)

未央(ふぅ……。おいしくて、一気に飲んじゃ……あ! カニ! カニだ! 底の方にあって見えなかったけど、カニが入ってる! カニ身ってわけじゃないから、ちょっと、食べにくそうだけど……おおー、味だけじゃなくて、ちゃんとカニも入ってたんだ。なかなかびっくりかも)

未央(でも、味噌汁からおいしいなー。……チャーハン専門店で味噌汁がおいしいって、どうなんだろう。なんか、中華料理屋さんってスープのイメージが強いし……いや、おいしいんだけど。おいしいんだけどね? ……中華料理屋さんじゃなくてチャーハン専門店だから、かな)
448 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:39:05.06 ID:3MiJrL600
P「……お。カニも入ってるのか」

未央「そうそう。カニも入ってるんだよね。なかなかびっくり」

P「確かに、ちょっと驚いたな。味噌汁だけでもおいしかったから、これでカニ味噌汁なのかと思ったよ」

未央「私も私も。まあ、最初にお箸で中を突っついてみたりしたら気づいたのかもしれないけど、すぐ飲んじゃったから」

P「俺もそうだな。しかし、これでチャーハンはいったいどんな……って、そろそろ来そうだな」

未央「あ、ほんとに? ……あ、ほんとだ」
449 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:39:53.95 ID:3MiJrL600
P「で、来たな。かに海鮮五目チャーハン」

未央「カニと、いくら。あとは……イカ?」

P「だな。……うまそうだな」

未央「うん、おいしそう。いただこっか」

P「ああ」

未央(さてさて、かに海鮮五目チャーハン……どう食べようかな。とりあえず、まずはチャーハンだけで食べてみよう)

未央(わ。パラパラ。さすがはチャーハン専門店……スプーンですくっただけで実力を見せつけてくるとは! なんてやってないで、さっさと食べよー)パクッ

未央「……お」

未央(おおー……軽い。食感が軽い。すくっただけでパラパラだってことはわかってたけど、これは、思ったよりも……)

未央(なんか、全然べちゃってしてなくて、変に油っこくなくて……なんだか、いくらでも食べられそう、って感じ。チャーハンって油っこいイメージあったから、結構衝撃的かも)
450 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:40:25.12 ID:3MiJrL600
未央(……これを、カニと一緒に食べたら、どうなるんだろう)

未央(……いざ!)パクッ

未央「……ん」

未央(あー……おいしい。こんなのわかってたけど……わかってたけどさ!)

未央(あと、そう言えば、カニといくら、イカだけじゃなくて……じゃこ? も入ってる? のかな? 海鮮五目感あるね!)

未央(……イカも食べちゃお!)パクッ

未央「……うん」

未央(柔らかくて、いい味してる! それからそれから……カニといくらを、一緒に!)パクッ

未央「んー!」

未央(おいしい! 純粋にチャーハンとしてもおいしいけど、一緒に食べると、海鮮の味が口いっぱいに広がって……本当、幸せ)
451 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:41:04.00 ID:3MiJrL600
未央(あとは……そう言えば、餃子と焼売、食べてなかったな。食べちゃおー。まずは……餃子から!)パクッ

未央「……んっ」

未央(そ、そう言えば、名前、肉汁餃子だった……名前通り、すごい肉汁! おいしい……)

未央(……そのまま、焼売!)パクッ

未央「……はぁ」

未央(これもおいしい……なんか、もう、とにかく……おいしい)

未央(ぜんぶがぜんぶおいしくて……もう、最高ー!)
452 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:41:32.60 ID:3MiJrL600

――店の外

未央「おいしかったね、プロデューサー!」

P「ああ。チャーハン専門店だけあって、チャーハンもちゃんとおいしかったな。正直、カニを推してる店だと思ってたから……いや、まあ、推してるとは思うんだが」

未央「うんうん。チャーハンとしてもおいしかったよね。私、ここ好きかも。そんなに油っこくなくて、軽くて、食べやすいし」

P「あー……確かに、あんまり油っこくなかったな。味はしっかりしてたんだが、しつこくなかった。なんだか、いくらでも食べられそうな感じだ」

未央「そうそう。プロデューサーは油っこい方が好きだったりしなかった?」

P「それは体調とか気分にもよるな。それはそれ、これはこれで別物って感じでもあるしな」
453 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:42:10.53 ID:3MiJrL600
未央「そっかー……ふぇいふぇい、って、どうなんだろ?」

P「菲菲……どうだろうな。香港ってことは、広東料理が主流だから……こういうのも、割りと好きなんじゃないか?」

未央「プロデューサー、そういうのまでわかるの?」

P「いや、ただの予想だ。もしかしたら、油っこいのの方が好きなのかもしれない……」

未央「……どっちなの?」

P「菲菲に聞いてみないとわからないな。香港生まれって言っても、それでわかるのは傾向だけだからな。菲菲自身がどうかはわからない。菲菲は菲菲だからな」

未央「そうだね。私も私だし、プロデューサーもプロデューサーだもんね」

P「……『プロデューサーもプロデューサー』って、当然のこと言ってるな」

未央「じゃあ、PさんはPさんだから?」

P「……その呼び方やめろ」

未央「えー。なんでー? 呼んでる人いっぱいるのにー」
454 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:42:49.05 ID:3MiJrL600
P「今になって未央からそういう呼び方されると、何と言うか、変な感じするんだよ」

未央「それはそうだけどさー……いつかは、そう呼ぶ日も来るでしょ?」

P「……かもな」

未央「かも?」

P「……たぶん」

未央「絶対じゃなくて?」

P「……あー! もう! とにかく! その日が来るまではあんまりその呼び方はするな!」

未央「もー。照れ屋さんなんだから」
455 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:43:27.49 ID:3MiJrL600
P「照れ屋とかそういうのじゃ……帰るぞ、未央」

未央「はーい。……ね、プロデューサー。手、繋がない?」

P「……なんでだよ」

未央「ほら、ちょっと、夜は肌寒くなってきたからさ」

P「……ん」ギュッ

未央「……えへへ。ありがと、Pさん」

P「……その呼び方はやめろ」

未央「だね。でも、手、離さないんだね、プロデューサー」

P「未央が寒いって言ってるからな」

未央「そっか」

P「ああ」
456 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:44:11.56 ID:3MiJrL600
未央「……」

P「……」

未央「……プロデューサー、手、あんまりあったかくないね」

P「……未央は、あったかいな」

未央「あたたまる?」

P「ああ」

未央「そっか。……良かった」

P「……なんか、逆になってないか?」

未央「確かにね」

P「……手は、離さないんだな」

未央「うん。……プロデューサーの手はあたたかくないけど、私も、あたたまってるから」

P「……そうか」

未央「うん」

P「……」

未央「……」ギュッ

P「……」ギュッ



457 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:47:47.14 ID:3MiJrL600
これにて今回は終了です。
チャーハン。おいしかったです。他にも種類はあったのですが、まだ食べていないのでいつか食べたいところ……。

最近は肌寒いというか、ころころ気温が変わる印象です。上がったり下がったり。個人的にはもうちょっと落ち着いてほしいですね。

今回名前だけ出したアイドルはいつか出したいなぁ……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
458 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/10/18(火) 20:51:07.87 ID:3MiJrL600
あとSSとは関係ないですがライブがありましたね。「ステップ!」は良い曲……。
本当に「本田未央」って感じの曲ですよね。大好きです。「ミツボシ☆☆★」も「ステップ!」も大好きです! 

遅くてもこれくらいのペースでは書いていきたい……。

改めてありがとうございました。
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/10/18(火) 21:35:28.85 ID:0mTYTGYFo
乙です
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/10/18(火) 22:08:48.42 ID:qSCuMRU6o

ググったら本当にかにチャーハンの店なのねww>店名
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/10/18(火) 23:54:05.17 ID:CB2iwkPEO

チャーハンおいしそうだ…

ミツボシもステップもどっちも素晴らしいけど、
1回のライブで両方聞いたら元気が出すぎてしまう気がする
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/10/19(水) 00:15:51.57 ID:NXhS1Efao

あー未央と結婚してーわー
463 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:10:59.57 ID:fFdY/3LN0

 CM。

 遠くから一人の少女の姿が映る。制服にマフラーを付けた長髪の少女。

 その手に何かを持っている。しかしまだそれが何かはわからない。

 カットが変わり、少女の整った顔が映し出される。

 少女はどこかを見ている。そのまっすぐな目は視聴者の心を掴む。

 少女が一本のポッキーを口に運び、パキッ、と割って食べる。

「……おいしい」

 今まで凛とした表情を見せていた少女の微笑み。

 そこでロゴマーク。「あなたも、私も」という少女の落ち着いた声から、視聴者が慣れ親しんだ「ポッキー」という男性の声。

 そして、次のCMに――

464 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:11:57.04 ID:fFdY/3LN0

――事務所

未央「……しぶりん、本当にCMやってる」

P「まあな。しかし、今年もこんな大きな仕事が入ってよかったよ。さすがは凛、って感じだな」

未央「……実際、しぶりんのチョコレートへの愛は結構重いもんね」

P「でも、このCMでは『おいしい』っていうあの表情にすべてが込められているんだよな。いつもの凛を知ってる人からしても、このCMはかなり良いと思うんだよなー。あの渋谷凛が何かを食べてあんな風に微笑むとか、俺でも買いたくなるもんな」

未央「買わなくてもあるけどね。……いっぱい」

P「……本当に、いっぱい、な」

未央「……ポッキーゲーム、する?」

P「なんでそうなる」

未央「いやー、だってこんなにポッキーがあるんだよ? それに、今日はポッキーの日! これはもうポッキーゲームするしかないでしょ!」

P「そうはならないと思うが」

未央「えー。でもでも、ポッキーゲーム、したくない? アイドルとのポッキーゲームだよ? 貴重ですよ?」
465 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:12:44.06 ID:fFdY/3LN0
P「アイドルとのポッキーゲームだから、やらないんだよ。……これ、去年も同じようなやり取りしたような気がするんだが」

未央「そうだっけ? そうかも。でも、去年と今じゃ……ほら、私たちの関係も、違うでしょ?」

p「同じだ。アイドルとプロデューサー。それ以上でもそれ以下でもない」

未央「えっ」

P「……なんでこの流れで本気でショックを受けてるんだよ」

未央「……あっ。そ、そっか。そうだよね。そういう流れ、だったよね。……でも、そうだとしても、それは言ってほしくなかったかも」

P「……すまん」

未央「……それじゃあ、ポッキーゲーム、しよ?」

P「それはできない」

未央「えー! なんでー! 未央ちゃん傷ついてるのにー!」

P「傷ついてる奴の言い方じゃないだろ……」

未央「……本当に、割りと、傷ついてるんですよ?」
466 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:13:13.57 ID:fFdY/3LN0
P「っ……」

未央「……なんちゃってー! でもでも、傷ついてるのは本当だから、慰めて♪」

P「……未央」

未央「なにかな? プロデューサーくん」

P「……いや、なんでもない。お前は優しいよな」

未央「まあ、未央ちゃんは世界でも五指に入る優しさの持ち主ですからなぁ……」

P「そこまでは言ってないが」

未央「むぅ。そこは乗ってよ、プロデューサー」

P「悪い悪い。で、ポッキーゲーム、だったか?」

未央「……やってくれるの? アイドルとプロデューサー以上でも以下でもないのに?」

p「……お前、根に持ってるな」

未央「だって本当にショックだったんだもん。そんなこと言われたら、しぶりんやあーちゃんでも落ち込むと思うよ?」

P「……すまん」
467 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:13:51.82 ID:fFdY/3LN0
未央「反省しているなら許してあげましょう。で、ポッキーゲームだけど……どうしよっか?」

P「どうするって?」

未央「負けた方に罰ゲーム的なの、ほしいなーって」

P「罰ゲーム……あんまり気は進まないが、まあ、いいぞ」

未央「お、いいの? 罪悪感かな?」

P「そうだよ。続けろ」

未央「えへへ。ごめんごめん。さっきのはもういいよ♪ いつまでも引きずられていると、私も気まずいからさ」

P「それじゃあ、罰ゲームはなしで」

未央「それはダメ」

P「ダメなのか……」
468 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:14:19.91 ID:fFdY/3LN0
未央「ダメですとも。だって、そうしないとプロデューサー、わざと負けるでしょ?」

P「……」

未央「答えは沈黙」

P「当たり」

未央「当たりじゃないよ! 不正解だよ! だから、罰ゲームは……勝った方の言うことを一つ聞くこと!」

P「……それ、未央も聞くのか?」

未央「もちろんですとも。まあ、私は負けるつもりないけどね」

P「……そうか。うん、なら、俺も勝ちに行く」

未央「お? プロデューサー、そんなにしてまで未央ちゃんに聞いてほしいことがあるのかな?」

P「まあな。……さて、ちひろさんや他の誰かが帰ってくるまでには終わらせないとな」

未央「そだね。じゃあ、早速……あ、プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「……もしも、どっちも絶対に負けないつもりなら……ポッキーゲームって、どうなると思う?」

P「そりゃ……未央、お前」

未央「私は、負けるつもりないからね」

P「……」
469 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:15:18.95 ID:fFdY/3LN0
未央「それじゃ、しよっか、プロデューサー。ポッキーゲーム」

P「……わかった」

未央「じゃ、両端から食べていって、先に口を離した方が負け、ね? 私、チョコの部分もーらい♪」

P「……」

未央「ん。んー!」

P「……ん」パクッ

未央「んっふっふ……プロデューサー、未央ちゃんの顔が近くてドキドキしちゃう?」

P「……ノーコメント」

未央「ノーコメント、ね……えへへ。それじゃ、準備はいいかな? よーい……スタート!」
470 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:15:54.70 ID:fFdY/3LN0
未央(とは言ったものの……うーん、顔が近い)

未央(いきなり食べ進めた方がいいかな? たぶん、プロデューサーの方からは食べ進めてこないだろうし、ゆっくりでもいいと思うけど……どうしよっかなー)

未央(私としては、ずっとこのままでもいいんだけど……それはちょっと、未央ちゃんの心臓がもつかわからないからなー)

未央(……改めてプロデューサーの顔をこんな風に見ることって、そう言えば、あんまりなかったかも)

未央(うーん……こうして見ると、やっぱり、顔だけならもっとかっこいい人はいる……ハズ、なんだけどなぁ)

未央(……なんで、こんなにかっこよく見えるんだろ)

未央(客観的に見れば……うん、べつに、そこまでかっこよくはない……と思う。第一印象でも、べつに、かっこいいとは思わなかったし。だから、たぶん、そんなにかっこよくはないんだと思う)

未央(でも……それなのに、こんなに、こんな風に見えるのは)

未央(……たぶん、好きだから、なんだろうなあ)

未央(うーん……恋ってこわいものですね。さえないはずのプロデューサーが、こんなに魅力的に見えるだなんて……いや、まあ、あんまり知られてないだけで、プロデューサーはめちゃくちゃ魅力的なんだけどね。あんまり知られてないだけで。いや、知られても困るんだけど)

未央(って、私、誰に言ってるんだろ。……まあ、いいや。もうちょっとだけ、このまま――)
471 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:16:27.34 ID:fFdY/3LN0
P「未央」

未央「へ?」

P「そっちから来ないなら、こっちから行くぞ?」

未央「……え?」

未央(……いったい、プロデューサーは、何を……)

P「」サクッサクッサクッサクッサクッ

未央「……んぅ!?」

P「」サクサクサクサクサクサクサクサク

未央(え!? ちょ、プロデューサー、速くない? え? これ、今、何が、え? これは、ちょっと、予想外なんだけど!)

未央(わ、わ、わ。ぷ、プロデューサーの顔が近付いてくる。ちょ、ちょっと待って。こ、このペースじゃ、私が何もしなくても、プロデューサーの、唇が……)

未央(……ぷ、プロデューサー、私がさっき言った意味、わかってるよね? 覚悟、してるってことだよね? わ、私、離した方がいい? 離さなきゃ、でも、私……!)

未央(……ち、か……もう、鼻が、当たりそうで……唇も、もう、少しで……)
472 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:17:04.99 ID:fFdY/3LN0
未央「……」ギュッ

未央(……顔が熱い。手が震えてる。力が入らない。ただ、ぎゅーっと目をつぶっている)

未央(まだ? もうすぐ? どうなるんだろう。どうなるの? 私の初めて、ここで、なの?)

未央(心の準備が、まだ、できてない……けど、でも、プロデューサーとなら……プロデューサーが、して、くれるなら……)

未央(……心臓がドキドキしてる。顔が熱い。でも、ちょっと、楽になった)

未央(目を閉じていてもわかる。プロデューサーは、すぐそこにいる)

未央(吐息を感じるような距離。肌から熱を感じるような距離。もう、今にも触れてしまいそうなほど、近く)

未央(……うん。もう、大丈夫)

未央(心の準備も、一応、できた。だから、今はもう、プロデューサーに、すべてをあずけて――)
473 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:18:06.53 ID:fFdY/3LN0


パキッ


未央(……『パキッ』?)

P「……ふぅ。未央、顔、真っ赤だぞ?」

未央「……え?」

未央(……目を開けると、プロデューサー。唇に感触は……ない)

P「あんまり大人をからかうなよ? 俺だって、たまにはこれくらいするさ」

未央(……得意顔の、プロデューサー。にやけ顔の……!)
474 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:18:32.34 ID:fFdY/3LN0
未央「ぷ、ぷろ、プロデューサー……!」

P「なんだ? 未央。いつもお前がやっているようなことだろ? そのお返しだよ」

未央「……!」

P「でも、あんだけやったら未央の方から離すと思ったんだけどな。そこは負けたよ。まあ、試合に負けて勝負に勝った、って感じだけどな。さ、罰ゲームでもなんでもこい。今の俺は機嫌がいいから、割りとなんでも聞いてやるぞ?」

未央(……完全に、調子に乗ってる)

未央「……プロデューサー」

P「ん? 何――」グイッ
475 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:19:09.03 ID:fFdY/3LN0


チュッ


未央「――っぷは。……お返し、だよ」

P「……」

未央「次は、ちゃんと口にするから。……それが、お願い」

P「……未央、お前」

未央「プロデューサー」


未央「あんまり、女の子をからかっちゃダメだよ?」


未央「……それじゃ、私、そろそろ行くね。残りのポッキーはあげる。また明日、プロデューサー」

P「……ああ。また明日」


ガチャ


476 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:19:39.39 ID:fFdY/3LN0

――

ちひろ「ただいま戻りました……あら? プロデューサーさん、どうかしたんですか? あ、ポッキー。ポッキーの日、ですもんね。一本もらってもいいですか?」

P「……どうぞ」

ちひろ「ありがとうございます♪ ……あ、プロデューサーさん、ポッキーゲームでもします? なーんて、冗談です♪ ドキッとしちゃいました?」

P「……」

ちひろ「……プロデューサーさん? 本当に、どうかしましたか?」

P「……ちひろさん」

ちひろ「?」

P「……女の子って、すごいですね」

ちひろ「……?」



477 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:23:55.20 ID:fFdY/3LN0
これにて今回は終了です。
ポッキーの日……二回目! でも前とは割りと違う二回目! でも前と同じく食レポみたいなことはまったくやってないポッキーの日! いいのか……?

去年のポッキーの日は前スレの>>660くらいからのハズ。このSSでの凛はチョコレートが好きです。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
478 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/11(金) 23:25:37.94 ID:fFdY/3LN0
あとSSとは関係ないですがそろそろ総選挙CD発売ですね。楽しみです。

青空リレーションすき。

改めてありがとうございました。
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/11(金) 23:40:38.27 ID:dnkJ7ql+o
乙です
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/11(金) 23:49:42.61 ID:PEykukDDO
甘いわ…最高だわ…
前回のポッキーゲームと比べると更に良い
乙でした
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/12(土) 21:18:22.25 ID:BULzJ7KVo

未央とポッキーゲームする次元に生まれ変わりたい
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/13(日) 04:56:11.10 ID:2kP7FayL0
おお、続いていたか乙!
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/11/13(日) 10:39:31.29 ID:sD+eC88fO

もう何度か書いたけど、じわじわ縮まってる二人の距離感がたまらん!
484 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/30(水) 23:44:45.37 ID:Oz6oIwso0

 夜。

 未央は独り、事務所の屋上で夜空を見ていた。

「……」

 何も言わず、ただ独りで夜空を見る。

 普段の彼女からは考えられない、静かな表情。

 明日、12月1日は本田未央の誕生日である。

 そして、バースデーライブが開催される日でもある。

 こんな時間になっても未央が事務所にいるのはそういったことが関係していた。千葉から事務所までそう時間がかかるわけでもないが、今回はこっちに泊まると言っておいたのだ。

 こういったことは何も珍しいことではない。LIVEの前日、女子寮などに泊まるアイドルは少なくなく、未央もその一人というだけの話だった。

 ただ、明日は未央のバースデーライブである。ソロライブが初めてかと言えばそういうわけではない。小規模なものであれば、今までにも経験したことはある。だが……。

「……プロデューサーからの、バースデープレゼント、だもんね」

 そう思うとなんだか嬉しくて、だらしなくにやけてしまいそうになる。誰にも見られてはいないだろうが、すぐにハッとして、未央は自分の頬に手を添える。

「冷たっ」

 頬に当たった自分の手がおもったよりも冷たくて、未央はそんな声を上げてしまう。……そう言えば、私の誕生日ってことは、もう、そんな季節なんだよね。……ちょっと、寒いかも。
485 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/30(水) 23:48:06.90 ID:Oz6oIwso0
 ちょうどそう思った時、ぱさり、と未央の肩に何かが降ってきた。

「ひゃっ」

 いきなりのことに未央は肩を跳ねて驚いてしまう。いったい、何が……。そう思って、肩に落ちてきたものを見ると、そこには見慣れたコートがあった。それがどういうことを表しているのか、未央が思いつく前にくっくっと笑い声が聞こえていた。

「ひゃっ、って。そんなに驚くことでもないだろ」

 未央が目を向けると、そこにはプロデューサーが立っていた。彼はそのまま未央にマグカップを差し出した。

「……ありがと」

 驚かされたことに文句を言いたい気持ちもあったが、その好意は素直に嬉しかったので、感謝を言って受け取ることにした。湯気が立ち上る、温かいココアだ。飲もうとしたが飲めなかった。それほど熱かったのである。

「明日はライブだってのに、こんなところで何してるんだよ」

 呆れた様子でプロデューサーが言う。確かに、翌日にライブを控えたアイドルがこんな時間にこんなところで何をしているのか、と言う話だ。

「いやー……実は、緊張してまして」

 返す言葉もなかったので、とりあえずごまかすことにした。そんな未央にプロデューサーは「ふーん」と口にして、にっ、と笑った。

「あんなにやけ顔してたのに、か?」

「なっ」

 さっきの、見られてた!? いや、まあ、確かに、あのタイミングなら……。

 自分でもだらしない顔をしているだろうと思っていたが、まさかプロデューサーに見られていたなんて……。さっきまでは寒かったのに、急に暑くなってきた。少なくとも、顔は熱い。恥ずかしい。

「まあ、それはそれとして……早く、中に入ろう。ここは寒い。風邪をひくわけにはいかないだろ?」

「……うん」

 プロデューサーの言葉は正しい。未央はプロデューサーに続いて事務所の中に入った。
486 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/30(水) 23:51:31.87 ID:Oz6oIwso0
 事務所には既に未央とプロデューサー以外誰もいなかった。この時間だから当然……というわけでもないのだが、少なくとも今日はそうだった。

「誰もいないね」

「そうだな。ちひろさんも、さっき帰ったし……未央は、女子寮でいいんだよな?」

「うん。こんな時間になっちゃったけど、入れる……よね?」

「正面からは入れないが……大人組にはこれくらいの時間まで仕事してる人もいるし、これくらいの時間まで飲んでる人もいるからな」

「……これくらいの時間まで飲んでるのって、大人なら普通?」

「普通かもしれないが、アイドルなんだからあんまり……いや、まあ、控えてはほしいし、ある程度控えてくれてはいるんだけどな? でも……でもなぁ」

「心配、って?」

 こくり、とプロデューサーがうなずく。心配……心配、か。

「……私も20歳になったら、そんな風になるかもよ?」

「ならないでくれ」

 即答である。そんなプロデューサーに対して未央は笑って、

「それは未央ちゃんが心配だからかな?」

「そうだ」

 これも即答だった。これも即答されるとは思っておらず、未央は一瞬だけ固まる。

「……プロデューサーって、束縛、強い方?」

「束縛……」

 プロデューサーはそうつぶやいて、ハッとする。

「い、いや、そういうわけじゃないぞ? 確かに心配だからだが……束縛が強い方じゃ、ない、と、思う。たぶん」

「たぶん、って……私は、べつに、束縛強くてもいいんだけど」

「んっ!?」

 ごほっごほっとプロデューサーがむせる。いきなりむせ始めたプロデューサーの背中を未央はさする。

「お前、そういうこと、言うなよ」

「なんで? ……あ、もしかして、えっちなこと考えた、とか?」

「……お前、意味わかって言ってるか?」

 意味。もちろんそれはわかっている。束縛が強いというのを、えっちなことで考えると……ん!? もしかして、私、すごいこと言った!?

「わかったみたいだな」

 顔を赤くして照れる未央を見て、プロデューサーは溜息をつく。プロデューサーもプロデューサーで、耳を赤くしていたのだが。
487 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/30(水) 23:55:00.81 ID:Oz6oIwso0
「というか、ココア、まだ飲まないのか? 冷めるぞ」

「あ」

 すっかり忘れていたと言うように、未央は手元のマグカップを見る。

「……さ、さっきは熱くて飲めなかったから、わざと冷ましていたのですよ?」

 口調からして明らかにおかしかったが、熱くて飲めなかったというのに嘘はない。幸い、さっきからそれほど時間が経っているわけでもなく、マグカップからはまだ温かみを感じる。

「……まあ、まだ冷めてはいないだろ。飲んどけ」

 プロデューサーに言われた通り、未央はココアを飲むことにする。さすがにまだ大丈夫だろうとは思いながらも、さきほどの痛みを忘れられず、恐る恐る口をつける。

 上唇がぴちゃ、と付いた瞬間思わず離してしまうが、熱くはない。

 それに安心して、今度はゆっくりとココアを飲んで……。

「ん……」

 温かい。熱くはないけど、身体の芯から温まるようだった。

 優しい味だった。甘くて、でも、少しだけほろ苦くて……それが、とても心地良かった。

「おいしいよ。ありがとう、プロデューサー」

「どういたしまして。身体、ちょっとは温まったか?」

「うん。プロデューサーのおかげで、体調は万全だよっ」

「……それならそもそも外に出るなよ」

 もっともである。しかし、未央は「えへへ」と笑ってごまかす。プロデューサーもまた、呆れたように笑うだけでそれ以上のことは何もしない。
488 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/11/30(水) 23:58:00.74 ID:Oz6oIwso0
「……明日、バースデーライブなんだよね」

 ぽつり、とつぶやくように未央が言う。その突然の変化に驚くこともなく、プロデューサーは「そうだな」と返す。

「プロデューサーの、バースデープレゼント?」

「……バースデープレゼントが仕事でいいのか?」

 プロデューサーは真面目な調子で言った。……こんなところは鈍いよね。未央は笑いながら、「もちろん、くれるなら他にもほしいけどね」と言う。

「でも……うん。私にとっては、最高のプレゼントだよ」

「そうか」

「うん」

 それだけを言って、二人は黙った。

 プロデューサーは仕事が終わったのだろうか? 自分の席に戻る様子も見せず、ただ、そこに立っている。

 でも、だからと言って未央は「帰らないの?」なんて言ったりはしない。

 そもそも、こんな時間まで未央が事務所に残っている理由は一つなのだ。

 それは……そう言えば、今、何時だろう。

 たぶん、そろそろ――

 未央がそう思って時計を見ようとした、その時。

「未央」

 その声に、未央はプロデューサーの方を見る。見ようとしていた側の、反対側。

 時計の反対側。

 そして、プロデューサーが時計の反対側にいるということは、プロデューサーから見て、私は――
489 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 00:00:00.83 ID:2RSVv31G0


 カチッ、と時計の針の音がした。


490 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 00:00:27.19 ID:2RSVv31G0
「誕生日、おめでとう」

 そう言って、プロデューサーは微笑んだ。

「……ありがとう、プロデューサー」

 ……祝って、もらえた。

 去年もそうだったけれど……今日は、プロデューサーに、いちばんに言われた。

 それが、とても、とても嬉しくて……。

「本当に、ありがとう!」

 未央はプロデューサーに満面の笑みを向けた。まだ「おめでとう」と言われただけだ。でも、それだけで良かった。それだけで、こんなにも……こんなにも、嬉しい。

 それ以上、言葉はいらなかった。

 おめでとうと言って、ありがとうと返した。

 二人は黙って、互いを見つめる。

 何も言わずに、見つめ合う。

 そして……。
491 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 00:02:49.28 ID:2RSVv31G0


 ピロロン


 静かな事務所に、通知音が鳴り響いた。


 ピロロン ピロロン ピロロン ピロロン


 その音は鳴り止むことなく、ずっとずっと鳴り響く。

「……ぷっ」

「……ふふっ」

 二人は顔を見合わせて、こらえきれないと言った風に笑い出す。

「こんな時くらい、通知音、切っとけよ」

「こんなことになるなんて思わなかったんだもん。そりゃ、私がこんな時間までいたのはプロデューサーにいちばんに祝ってほしかったからだけどさー」

「それ、俺に言ってもいいのか?」

「べつにいいでしょ? こんな雰囲気だし。今さら隠しても……じゃない?」

「それもそうだな」

 そうやって笑いあった後、プロデューサーが「お祝いの言葉、見ないでいいのか?」と言ったので、未央はスマホに届いた自分へのお祝いの言葉に返信していった。
492 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 00:16:29.90 ID:2RSVv31G0
 そうして未央がすべての返信を終え、一息ついたところで。

「じゃ、帰るか」
 
 プロデューサーが言った。「へ?」と未央から声が漏れる。

「……プロデューサー、仕事、もうないの?」

「ん? まあ、そうだな」

「……じゃあ、どうして、こんな時間まで残ってたの?」

「それはまあ、未央の誕生日をいちばんにいわ――」

 プロデューサーが固まった。

 そんなプロデューサーを見て、未央は「あれあれ〜?」と意地悪な笑みを浮かべ始める。

「プロデューサーくん、それはいけないことじゃないのかなー? アイドルの誕生日をいちばんに祝いたいなんて理由で、アイドルをこんな時間まで事務所にいさせるなんて、ダメなことなんじゃないかなー?」

「……ついさっき、終わったところなんだよ」

「ほんとかなー?」

「……本当だ」

 もちろん、未央はプロデューサーを疑ってなんていなかった。ついさっきまで仕事をしていたのは本当だろう。ただ、あと少しで自分の誕生日だったから、それまでは……と思っただけで。

 それは未央にとってもありがたかったし、とてもとても嬉しいことだった。

 自分だけではなく、プロデューサーもそう思ってくれていた。

 それが嬉しくて嬉しくて……だからこそ、未央はプロデューサーのことをからかったのだ。
493 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 00:23:12.59 ID:2RSVv31G0
 しかし、からかい過ぎたのか、プロデューサーはとうとうむすっとしてしまった。

 そんなプロデューサーを見て申し訳なく思うのではなく、かわいいなぁ、なんて思ってしまう。

「プロデューサー、拗ねないで。からかい過ぎたのは謝るから〜」

「……とにかく、帰るぞ。女子寮までは送るから、早く準備しろ。明日はライブなんだからな」

 そんなプロデューサーに対して、未央は小声で「……それなのに遅くまで帰らさなかったのは誰かなー」なんて言う。プロデューサーがわかりやすく落ち込む。

「ごめんごめん、べつにせめてるわけじゃないよ。本当、嬉しかったもん。感動したよ!」

 その言葉は未央の本音だったが、今のプロデューサーからすれば慰めの言葉にしか聞こえない。

「ごめんな……自分勝手で……」

 プロデューサーの自己嫌悪モードである。こうなるとすごく面倒くさい。それを未央は知っている。

 うーん、どうするか……これはさすがに私が悪いし、でも、このまま落ち込まれても……。

 そう思った未央は、そうだ、とあることを思いつき、ととと、と事務所の冷蔵庫の方に走ってあるものを持って戻ってきた。

 そして。

「えいっ」

 ぐさっ、とプロデューサーの口にあるものが差し込まれた。

 ポッキーである。

 いきなり、何を……そう思ってプロデューサーは未央の方を見た。

 未央は言った。

「早く立ち直らないと、またポッキーゲーム、だからね」

 ポッキーゲーム。

 その言葉を聞いたプロデューサーの脳裏に浮かんだのは、つい最近、ポッキーの日にあった……!

「それはダメだ!」

 プロデューサーが叫ぶようにして言った。よし、作戦成功。未央はプロデューサーに見えないように小さくガッツポーズをつくった。

「うん、やらないよ。だから、早く帰ろう? 私をお城まで送って下さいませ、王子様」

 演技がかった調子で、まるでお姫様がドレスのスカートをつまんであいさつをする時のように、ミニスカートをつまんで礼をして、それからお姫様がエスコートをされる時のように未央は手を差し出した。

 そんな未央を見て、プロデューサーは今までのことは自分のためにやってくれたのだと悟る。ふっと微笑み、

「必ず無事に送り届けますよ、シンデレラ」

 なんて言って、未央の手を取り、歩き出す。

「……の前に、色々、戸締まりとか確認しないとな」

「……台無しだよ、プロデューサー」
494 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 00:26:59.59 ID:2RSVv31G0

――

 女子寮の前。

「それじゃ、未央。明日――じゃなかった。今日のライブに備えて、しっかり寝ろよ」

「うん。プロデューサーも、だよ?」

「わかってる。さすがにちゃんと寝るよ。……あと、未央」

「何?」

「明日、ライブの後……時間、あるか?」

「……ごはん?」

「察しがいいな。まあ、そういうことだ」

「んー……それって、予約とかしてる?」

「予約……は、してないが、まあ、心配しなくてもいい」

「……どういうこと?」

「さあ? どういうことだろうな」

 プロデューサーは明らかに何かを隠している様子だったが、問い詰めても何も出そうにない。

 ……まあ、いっか。プロデューサーとのごはんは、楽しみだし。

「とりあえず……おやすみ、未央」

「うん。おやすみおー」

「……おやすみお」

 お、乗っかってくれた。珍しい。

 そのまま未央は女子寮の中に入って、プロデューサーと別れた。

 ……今日はライブだ。

 緊張はあまりしていない。緊張で眠れない、なんてことはない。

 でも。

 ……めちゃくちゃ楽しみだから、それで眠れない、って可能性は、ちょっとあるかも。

 未央はそんなことを思った。



 ちなみに、それから30分もしない内に未央は寝た。


495 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 00:28:49.04 ID:2RSVv31G0
これにて今回は終了……ではありません!
続きます!
たぶん今夜20時くらい!

誕生日おめでとう、未央。

ありがとうございました。
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/01(木) 00:32:01.03 ID:nMXom57d0
乙ー
 
うん、今日未央の誕生日だから必ず来ると思ってたわ
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/01(木) 00:46:56.42 ID:ak2eE5eWo

誕生日おめでとう未央
未央と恋愛したいだけの人生だった…
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/01(木) 01:01:42.57 ID:lPxjDjPg0
乙! 未央誕生日おめでとう!
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/01(木) 01:30:09.92 ID:DOekaYrLo
乙です
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/01(木) 01:36:49.37 ID:RtPGCFQHo
誕生日おめでとう!!時間を合わせるところに愛を感じる
一旦乙です
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/01(木) 08:38:39.08 ID:lhK4MASto

未央おめでとう
502 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 20:00:18.88 ID:2RSVv31G0

――バースデーライブ終了後・控室

P「お疲れ、未央」

未央「お疲れー! すっごく、すっごく楽しかったよ、プロデューサー! みんなが私の誕生日を祝ってくれて……私、みんなにお返しできたかな?」

P「ああ。ファンも楽しそうだったし……それは近くで見ていた未央もわかっているだろう?」

未央「……うん。えへへ、ありがと、プロデューサー♪」

P「……それ、俺に言う言葉か?」

未央「ファンのみんなにはさっき言ったし……私もファンも、みんなでこんなに楽しいライブをできたのは、プロデューサーのおかげだからね」

P「スタッフさんがいたから、だけどな」

未央「それはプロデューサーも一緒に言ったし……もちろん、感謝してるけどね! あと、ごまかそうとしても無駄だよ? 私はプロデューサーにめちゃくちゃ感謝してるんだからね」エッヘン

P「偉そうに言うな」ペチン

未央「痛っ……むぅ。誕生日なんだから、もうちょっと優しくしてくれてもよくない?」

P「そんなに強く叩いてないだろ。優しくもしてる」

未央「えー。足りないよー」
503 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 20:08:27.47 ID:2RSVv31G0
P「足りない、って……何をすればいいんだよ」

未央「んー……あ! 今はたかれた頭が痛いから、さすってくれない?」

P「……女性の頭を撫でるのはデリカシーがないってならないか?」

未央「それは正しいけど、こういう状況ではむしろそうやって聞く方がダメだと思うよ?」

P「よくわからんな……」

未央「とにかく! 早く早く、撫でてみてよ!」

P「……」サスッサスッ

未央「……なんか、くすぐったい」

P「それは下手ってことか?」

未央「んー……どうなんだろう? 私も頭を撫でられることなんてないからなー……」

P「お兄さんとかには?」

未央「いや、兄妹でも撫でられるのとか嫌じゃない?」

P「……それ、お兄さんにはあんまり言わない方がいいぞ」

未央「? どうして?」

P「……まあ、いいか。で、俺はどうすればいい?」
504 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 20:15:23.29 ID:2RSVv31G0
未央「どうすれば……あ、それじゃあ、もうちょっと強く撫でてくれない?」

P「強く……って言うと、これくらいか?」ナデナデ

未央「おっ! お、おお……これは結構、いい感じかも……」

P「いい感じなのか……」

未央「なんか……髪を切る時とかに、シャンプーされるのが気持ちいい、みたいな……そんな感じ……」

P「あー……ってことは、もうちょっと力入れた方がいいか?」

未央「それは……どうだろ? ちょっと、やってみてくれる?」

P「ん」ガシガシ

未央「んっ!」

P「あ、さすがに強かったか」

未央「あ、でも、これはこれで気持ちいいかも……マッサージされてるみたい……」

P「……なんか、犬みたいだな」

未央「……それはさすがに失礼じゃない?」
505 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 20:23:37.74 ID:2RSVv31G0
P「いや、なんか、こうやってガシガシ撫でて気持ちよさそうにしてるのを見ると、かわいいな、と思ってな」

未央「かわいい……なら、よし」

P「誰だよ」

未央「にゃんみおー!」

P「なんで猫だよ。それなら『わんみお』じゃないか?」

未央「いやー、それはみくにゃんに悪いかなー、って。……しぶにゃんとか、また見たいなぁ」

P「頼んだら……無理か」

未央「あの時はやってくれたけど……うーん」

P「……あ」

未央「? どうしたの? プロデューサー」

P「……髪」

未央「……あ!」
506 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 20:37:43.23 ID:2RSVv31G0

――車の中

P「ごめんな、未央。髪、ぐちゃぐちゃにしちゃって」

未央「いいよ。そもそもは私から頼んだんだし。それで、どこ行くの?」

P「どこ、って?」

未央「ごはん、食べに行くんじゃないの? 未央ちゃん、それも楽しみにしてたんだけどなー」

P「あー……まあ、そうだな。そもそも、俺が言ったんだしな」

未央「そうだよー。もしかして忘れられてる? ってちょっと心配になっちゃったよ」

P「それは悪いな。本当に心配してたなら、だが」

未央「くっ! 本当はそこまで心配していなかったと見破られたか……! それで、どこに行くの?」

P「事務所だ」

未央「事務所……何か、用事?」

P「ああ。ちょっとな」

未央「ん、わかったよ、プロデューサー。それじゃあ、ごはん、楽しみにしてるね」

P「……まあ、楽しみにしてくれ」

507 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 20:43:00.24 ID:2RSVv31G0

――事務所

ガチャ

未央「ただいま――」


パンッ!


卯月「未央ちゃん!」

凛「誕生日」

「「「おめでとー!」」」


パンッ! パンッ! パンッ!


未央「……へ?」
508 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 20:51:32.96 ID:2RSVv31G0
藍子「その反応……サプライズ、成功したみたいですね」

茜「未央ちゃんになら絶対に気付かれると思っていましたが……プロデューサー! さすがです!」

P「はっはっは。そうだろ。褒めていいぞ」

茜「さすがです! すごいです! 神算鬼謀です!」

P「なんでいきなり難しい言葉……」

茜「以前の食レポ番組で文香ちゃんが言ってました!」

P「食レポ番組でそれ言う場面あるか!? ……いや、確かあったな……文香、混乱すると割りと変だからな……」

文香「……変、ですか?」

P「あっ、いたのか……」

文香「変……変、ですか……変……」

P「文香? ごめん、ごめんって。変じゃない。変じゃないぞー」
509 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:01:53.60 ID:2RSVv31G0
未央(……これ、って)

加蓮「未央、どうしたの? 早く来なよ」

美嘉「でも、未央が気付かないなんて意外だね。プロデューサーが未央を相手に隠しきれるなんて思わないんだけど……」

泰葉「そもそもそういう話題にならなかった、という可能性もありますけどね」

加蓮・美嘉「「あー……」」

泰葉「それで、未央ちゃん。どうかした?」

未央「……あ、やすやす。えっと、その、大丈夫だよ。ちょっと、びっくりしちゃって」

加蓮「……Pさんと二人きりでごはんだと思ってたのに残念、とか思ってたりして」

未央「そんなことないよ。いや、まあ、確かにプロデューサーと二人でごはんだとは思ってたけど……むしろ、みんなと一緒で嬉しいよ! 美嘉ねー、かれん、やすやす……大好きだー!」ダキッ

美嘉「ちょっ……もう。アタシたちも大好きだよ、未央」

未央「み、美嘉ねーからの告白……私、どう答えたらいいのかしら」

美嘉「そういう意味じゃないから! と言うか、先に言ったの未央でしょ!」

加蓮「美嘉ってば、こんなところで告白だなんて大胆だね」

泰葉「本当に……びっくりしてしまいました」

美嘉「泰葉ちゃんまで……なんでいきなりそんな流れになるのー!」
510 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:13:17.34 ID:2RSVv31G0
凛「未央、プロデューサーも、やること、あるんじゃないの?」

P「あ、そうだな。未央、あいさつあいさつ」

未央「あいさつ……コホン。皆の者、今日は未央ちゃんのために集まってくれてありがとう。それでは、これから未央ちゃんの生誕祭を開催する! 皆の者、盃を取れ! 乾杯!」

凛「何そのノリ」

卯月「かんぱーい!」

「「「かんぱーい!」」」

凛「乗るんだ……」

奈緒「まあ、せっかくの誕生日だし……未央だしな」

みく「未央チャンだからね」

李衣菜「未央ちゃんだしね」

凛「未央……」

未央「はっはっは。皆の者、そこまで褒めずともよいぞ」

凛「いつまでそのキャラ続けるの」

未央「んー……飽きるまでかな」

凛「もう飽きた?」

未央「うん。それじゃあ、しぶりん! 君には余興として、しぶにゃんをやってもらいましょう!」

凛「……は?」

みく「ネコミミはここにゃ」

凛「え、なんで持ってるの」

みく「それはもちろん、こんなこともあろうかと、と思ってにゃ」

凛「どんなことなの……」

未央「ほらほら、私もしまむーも付けるからー」

卯月「えっ」

凛「……まあ、卯月が付けるならいいかな」

みく「いいんだ……」

未央「というか、もうみんな付けちゃおー! みくにゃん、人数分のネコミミ、ある?」

みく「あるにゃ」

奈緒「あるのか……」

加蓮「んー? 奈緒、もしかして恥ずかしい? 恥じらいの太眉乙女だもんねー」

奈緒「ちーがーうー!」

凛「じゃあ恥ずかしくないの?」

奈緒「……正直、もう、色んな衣装着せられてきたしな……」

凛・加蓮「「ああ……」」
511 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:23:15.99 ID:2RSVv31G0
みく「はい、Pチャン。これで最後にゃ」

P「え、俺も付けるのか?」

未央「もちろん! ……気持ち悪くなかったら」

P「気持ち悪いって言われたら本気で落ち込むからやめてくれ」

みく「えー……」

P「なんでみくが残念そうなんだよ……」

未央「つまり! みくにゃんの誕生日に付ける、ということだね!」

P「なんでだよ」

みく「まあ、そういうことだよね」

P「なんでだよ!」

茜「プロデューサー! 未央ちゃん!」

P「はい!」

未央「何? あかねちん」

茜「早く食べないと! ごはんが! 冷めてしまうと思うのですが!」

P「あ、それもそうだな。食べるか」

未央「ごはん……こ、これは……! フライドチキンとか、ピザとか……あと、なんか色々ある!」

P「そうだな。じゃ、食べるか」

未央「プロデューサー、つーめーたーいー」

P「今のどう乗れって言うんだよ……」

未央「それは……謎だね」

P「謎なのか……」

未央「とにかく、みんな、食べよっ☆ 私が許す!」

凛「誰なの……」

未央「ホスト?」

卯月「間違ってるような、間違ってないような……」

未央「でも、ゲストじゃないでしょ? 私のためのパーティーなんだし!」

藍子「とりあえず、食べましょうか。いただきます」

未央「うん! いただきまーす!」

「「「いただきます」」」
512 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:32:29.95 ID:2RSVv31G0
未央(それじゃ、まずはこのポテトから……)パクッ

未央「……ん」

未央(いい感じにしょっぱくて……これはかれんが好きな感じかな? うん、おいしい)

未央(次はフライドチキンを……っと)パクッ

未央「……うん」

未央(おいしい。……うん、本当に、おいしい)

未央(どうして、こんなにおいしく感じるんだろう)

未央(はっきり言って、ちょっと冷めてるし……そう考えれば、そこまでおいしくはない、はず、なのに)

P「どうだ? 未央」

未央「……プロデューサー」

未央(……そっか)

未央「とっても……おいしいよ、プロデューサー。ほらほら、プロデューサーくんも食べたまえ〜」

未央(……そうだよね。こんなの、当然のことだった)

未央(ごはんの味は、それそのものだけで決まるものじゃない)

未央(今、この時……みんながいるから。プロデューサーたちみんながいるから、おいしいんだ)

未央(……なんか、そう考えると)

未央「プロデューサー」

P「ん?」

未央「私、実はプロデューサーと二人きりでごはんを食べるんだと思ってたんだ。それで、今日はどんなお店に連れて行ってもらえるのかなー、って期待していたりして」

P「……で、どうだ?」

未央「……とっても、とーっても、嬉しいよ、プロデューサー! ライブでもそうだったけど……みんなが楽しくしてると、私も楽しいから! こんな風に、みんなで食べるごはんは、とってもおいしいよ! だからありがと、プロデューサー♪」

P「どういたしまして」

未央「……えへへ。プロデューサー、大好きだよっ☆」

P「……さ、行ってこい。みんなで楽しく……だろ?」

未央「はーい。……でも、今日くらいは大好き、って言ってくれてもいいと思うよ?」

P「……大好きだよ、未央」

未央「……」

P「……なんだよ、その顔」

未央「……本当に言ってくれるとは、思わなかったから」

P「言わない方が良かったか?」

未央「ううん! 嬉しい! だから、ぎゅー♪」ギュー

P「ちょっ!」

未央「えへへ、スキあり〜」ギュー

P「……」ギュッ

未央「っ」ビクッ

P「……ほら、これでいいだろ。とっとと行ってこい」

未央「……うん」
513 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:38:07.97 ID:2RSVv31G0
P「……はぁ」

凛「プロデューサー」

P「わっ! ……なんだ、凛か」

凛「うん」

P「……見てたか?」

凛「そりゃあね。私だけじゃないけど」

P「……みんなに見られてた?」

凛「さあ?」

P「さあ、って……迂闊だったか」

凛「まあ、誕生日だからいいんじゃない?」

P「そうか……そうか?」

凛「ふふっ。プロデューサー、動揺してる?」

P「……少しは、な」

凛「……ライブ、良かったね」

P「最高のライブだったからな」

凛「それは否定しないけど、私も負けるつもりはないよ」

P「そこでそんなこと言うのか……」

凛「『最高』なんて言われたら、ね」

P「……俺にとっては、みんな最高のアイドルなんだけどな」

凛「まあ、プロデューサーはそうだよね。それでいいと思う。そんなプロデューサーだから……なんて、今言うことじゃないね」

P「確かにな」

凛「……ライブがあったし、パーティーもそんな長くやっちゃダメだよね」

P「今はまだ元気そうだが、さすがにな」

凛「……プロデューサーが送るの?」

P「まあな」

凛「狼にならないように気を付けてね」

P「ならないに決まってるだろ」

凛「……本当に?」

P「……本当に」

凛「信じてるよ、プロデューサー」

P「それ言うと信じてないみたいだからやめてくれないか?」
514 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:42:42.74 ID:2RSVv31G0

――車の中

未央「んー……さすがに疲れたかも……もちろん、楽しかったけど」

P「なら良かった」

未央「……プロデューサーも疲れてるのに、ごめんね」

P「俺と未央の仲だろ」

未央「それは言わない約束……って、まさかプロデューサーの方からそういうことを言ってくるとは……」

P「疲れてるなら寝てもいいぞ」

未央「んー……でも、今日プロデューサーを独り占めできるのは、この車の中だけだから」

P「……そうか」

未央「……えへへ。プロデューサー、おめでとう、って、言って?」

P「……おめでとう、未央」

未央「もっともっと」

P「誕生日おめでとう、未央。生まれてきてくれてありがとう」

未央「もっともっと、情熱的にー」

P「情熱的、って……何を言えばいいんだよ」

未央「『おお、愛する人よ。今日は我が最愛の人がこの世に生まれ落ちたことを天に感謝する日……』みたいな?」

515 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:44:18.12 ID:2RSVv31G0
P「それ、言われて嬉しいか?」

未央「あんまり嬉しくないかも」

P「ならダメだろ」

未央「確かに。……でも、今日はずっとプロデューサーと一緒だったね」

P「まあ、ライブがあったからな」

未央「だとしても、だよ。日付が変わった時も一緒だったし、朝起きてからも、ライブの前も、ライブの後も、パーティー中も……ずっと、ずっと、一緒だったよね」

P「そうだな」

未央「……今日はとっても幸せな日だったよ。それはたぶん、プロデューサーが一緒にいたから。プロデューサーがいたから、いつもよりも、もっと、もーっと、幸せな日になったんだよ」

P「……そうか」

未央「うん! だから……プロデューサー、プレゼントのリクエスト、してもいい?」

P「ライブもパーティーもやったのに……未央もなかなか、強欲だな」

未央「そうする、って決めたからね」

P「……それで、なんだ?」

未央「えっとね……来年も、再来年も、この先、ずっと……プロデューサーから、『おめでとう』って言ってほしい。それを、約束してほしいな♪」

P「……そんなことか」

未央「うん、そんなこと、だよ」

P「そうか。……約束するよ、未央。これから先も、ずっと、ずっと……この日は、未央に『おめでとう』って言う日にする」

未央「もし約束を破ったら、ネコミミを付けてもらうからね。それで気持ち悪かったら気持ち悪い、って言うからね」

P「それはキツい罰だな。絶対に破れない」

未央「でしょ? ……ふわ」

P「……やっぱり寝た方がいいんじゃないか?」

未央「……うん。約束、してくれたしね」

P「ああ。だから、心配せずに、ぐっすり寝てろ」

未央「……その前に、もう一度、おめでとう、って言ってほしいな」

P「……おめでとう、未央。短い時間だが、いい夢を」

未央「……うん、おやすみ、プロデューサー。……最高の一日を、ありがとう」



516 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:51:09.13 ID:2RSVv31G0
これにて今回は終了です。
「プロデューサーとのごはん」かどうかは微妙ですけど、こんな誕生日もいいよね! みたいな!

あと、このSSは基本的には現実と同じ日付みたいな設定ですけど、今回は休日設定です。
そこまで重要でもないかなーと思って書いてませんけど、未央なら誕生日当日ってことよりもたくさんの人が見に来れる日を希望すると思うんですよね。
あとさらに書いてもいない設定として結構大きい箱だったりもする設定もあります。「できるだけたくさんの人と」っていう未央の希望をプロデューサーが叶えた形ですね。……この設定は数日前に投稿できれば書いていたんですが、間に合いませんでしたね。
他にもSS内で書いてないだけの設定は割りとありますね。このSSにおける未央はこれで17歳になった、とか。

本田未央さん、誕生日おめでとうございます。いつまでもこの日はあなたの誕生日を祝わせて下さい。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
517 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2016/12/01(木) 21:53:50.09 ID:2RSVv31G0
あとこのSSについて。

今年も誕生日でスレ区切ろうかなーと思ってたんですが、1000までまだまだなのでこのスレで続けることにします。書きたいのはいっぱいあるので、またそこそこのペースで書いていきたいなー……とか。最近あんまり「ごはん」っていうの書いてないような気がしますし。……今回も。

……じ、次回はガッツリ食べます! たぶん!

改めてありがとうございました。
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/01(木) 22:54:02.21 ID:ak2eE5eWo
乙!
何度でも言いたい
誕生日おめでとう未央
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/01(木) 23:56:24.10 ID:DOekaYrLo
乙です
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/03(土) 03:35:39.29 ID:OokKViLY0
未央みたいな娘がご飯を美味しそうに食べてる姿を見るだけで幸せになれそう
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/03(土) 04:02:01.09 ID:E2vtSZ3/0
やはり女の子が笑顔で食べてる姿は美しいものだ
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/06(火) 19:23:08.24 ID:NecUhut+O
未央17歳になったのか
そうするとしまむーや茜ちんは19歳、あーちゃんは18歳で
しぶりん、菜々さんは17歳なんだなぁ
ふみふみに至っては21歳か…
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/11(日) 14:35:23.06 ID:T7+YZMJ80
>>522
一人おかしい人がいますね…
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/12/11(日) 16:48:23.88 ID:28DvBUAp0
あべななさんじゅうななさい
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/15(木) 23:11:22.08 ID:aDs2pNcZo
誕生日記念くらいは特別な内容でいいと思うし
何よりいっぱいアイドル登場する珍しいシーンで楽しかった!
次回以降は通常営業に戻る・・・かは分からないけど楽しみにしてますー
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/12/20(火) 02:22:03.47 ID:1n4SxxKCo
こんな17歳の彼女が欲しいです、サンタさん
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/14(土) 20:20:10.95 ID:bMW3IrQXO
保守
528 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 14:59:11.46 ID:d5BmJPn90

――事務所

未央「うー……外に出たくなーい」

P「何言ってるんだよ、未央。というか、今日事務所に来るまでで外に出てきただろ」

未央「そうだけど……一度この幸せを感じると、なかなか元には戻れないものなのですよ。ほら、いったん生活レベルを上げたら下げるのは難しいって言うでしょ?」

P「それはまあ、そうだが……いや、それとこれとは関係ないだろ」

未央「バレちゃったかー」

P「バレたな。……それで、未央。そろそろ出る時間だが」

未央「えー……まだもうちょっと時間あるでしょ?」

P「あるにはあるが……その前に、何か食べなきゃいけないだろ?」

未央「む。つまり、ごはんのお誘いかな?」

P「そんなところだな。で、どうする?」
529 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 14:59:42.91 ID:d5BmJPn90
未央「行きますとも! 準備するから、ちょっと待っててね」

P「寒くて外に出たくないんじゃなかったのか?」

未央「それはプロデューサーがあたためてくれればいいのです」

P「なんでだよ」

未央「アイドルが風邪をひいたら困るでしょ?」

P「カイロでも持っとけ」

未央「冷たーい。冬の寒さよりプロデューサーが冷たいよー」

P「先に出ていいか?」

未央「調子に乗りすぎました。ごめんなさい」

P「……早く準備しろ。余裕があるとは言っても、並んでたらどれくらい待つかわからないからな。早めに出ておきたい」

未央「はーい」
530 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:00:17.30 ID:d5BmJPn90

――電車

未央「で、今日はどこに行くの?」

P「四谷だな」

未央「ほう、四谷……いや、そういう意味じゃないんだけど」

P「ん、そうか。まあ、洋食屋……というか、かつれつの店、かな」

未央「へぇ……ということは、今日はとんかつとか、そういうの?」

P「いや、俺は違うのを頼むつもりだ」

未央「そうなの?」

P「ああ。もちろん、揚げ物もうまいんだけどな。今日はちょっと違うのにしよう、って気分なんだよ」

未央「へぇ……ということは、私もどうなるのかわからないってことかな」

P「だな。……特に、この時期だと」

未央「この時期だと?」

P「いや、いい。行ってみてのお楽しみ、ってことで」

未央「教えてくれてもよくない?」

P「べつにいいが、こういうのはやっぱり現地で見た方がいいだろ? まあ、予想するといいんじゃないか? この時期だと何か、ってな」

未央「……はーい」

未央(この時期……この時期って言うと、冬? それとも、一月……みたいなこと? 揚げ物だと……カキフライ、とか? あ、カキフライ! カキフライ、いいかも……。でも、プロデューサーの口ぶりだと、揚げ物ではないのかも……。うーむ、いったい、なんなんだろう。楽しみだなー)
531 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:01:08.61 ID:d5BmJPn90

――店の前

P「ん、並んでないな。珍しい」

未央「まあ、この寒さだからね……」

P「個人的にはこの店はこんな時期にこそ来たいんだけどな。季節限定メニューが好きなんだよ。今日頼むつもりはないが」

未央「季節限定……っていうことは、冬季限定?」

P「だな。で、メニューはここにも貼ってあるが……」

未央「あ、ほんとだ。カキフライに、ロースカツ。カレーもあるんだ……チキンサルサ? へぇ、こんなのも……あと、ポークジンジャーに、カキバター……カキバター!」

P「ん、それだな。個人的に、ここのカキフライとカキバターが好きでな……冬になったらできれば来たい店なんだよな」

未央「カキバター……カキバターかぁ……プロデューサーは、それなの?」

P「いや、今日はポークジンジャーにするつもりだ。これもまたうまいんだよなぁ……」

未央「……プロデューサー、もしかしてぜんぶおいしいって言うんじゃ」

P「可能性はあるな!」

未央「あるんだ……」

P「そんな目で見るな。未央もここの味を食べればわかるはずだ。で、未央は何にするのか決まったのか?」

未央「うーん……迷うところだけど、カキバターにしようかな。カキフライは食べたことあるけど、カキバターはないからね」

P「ここのカキフライは未央が今まで食べてきたカキフライとは別物だけどな……」

未央「ちょ! ここでそういうこと言う? うぅ……でも、カキバターにする! 決まり!」

P「わかった。それじゃ、入るか」

未央「うん! ……って、これ入ってから決めてもよかったんじゃ」

P「……確かに」
532 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:02:31.26 ID:d5BmJPn90

――店の中

未央「ということで! カキバターとポークジンジャーが来たね!」

P「来たな。……うん、もう匂いからして良いな!」

未央「もう見るからにおいしそうというか、すごい匂いしてるもんね……バターの匂いと、ベーコンの匂い……ん、ベーコン。これ、どうやって食べればいいんだろ?」

P「俺のオススメとしては、牡蠣をベーコンで巻いて食べる、牡蠣のベーコン巻きだな」

未央「うわ、なにそれ。絶対おいしい」

P「あと、俺のポークジンジャーもおいしそうだろ? ほらほら、後で食べさせてやるからな」

未央「くっ! 確かに、おいしそう……! ごはんと一緒に食べたい……!」

P「ふっふっふ……っと、まあ茶番はこれくらいにして、食べるか」

未央「うん。それでは、いただきまーす!」

P「いただきます」
533 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:03:17.24 ID:d5BmJPn90
未央(……でも、本当においしそうだなー。ぷっくりとした牡蠣。衣に焼き目がついてて、ひたひたのソースの上に並んでる。このソースはなんだろう。バターと……醤油、とか?) 

未央(他にも色々ありそうだけど……とりあえず、食べてみればわかるかな。ということで、まずは一口……)パクッ

未央「……ん〜!」

未央(おいしい! すごい……すごく、おいしい。すっごくジューシーで、牡蠣とソースがいっしょになって……もう、すごくおいしい。そう言えば、牡蠣ってカキフライくらいでしか食べたことがなかったような気がするけど、牡蠣って、こんな食べ方もできたんだ……)

未央(……今度は、ごはんも一緒に)パクッ

未央「……んー」

未央(おいしい。一口食べてわかってたけど、ごはんにも合うなー……。一緒にあるベーコンのうまみも牡蠣が吸っているような気がする。つまり、この牡蠣はソースとベーコンのうまみ、それから牡蠣そのものが持つうまみがすべて凝縮された、めちゃくちゃおいしい物体になっているのだー! 的な)

未央(でも、本当にそれくらいおいしいんだもんなー……このソースだけで付け合せのキャベツも進んじゃう)
534 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:03:47.99 ID:d5BmJPn90
P「未央、どうだ?」

未央「あ、プロデューサー。おいしいよ。すっごくおいしい。一粒ほしい?」

P「もらえるなら是非とも。代わりにポークジンジャーを進呈いたします」

未央「ほっほっほ。くるしゅうない」

P「誰だよ」

未央「プリンスミオ!」

P「プリンスっていうか、キングっぽかったけどな」

未央「かな? まあそれはそれとして、交換しよ、プロデューサー」

P「ん」

未央「えへへー……ありがと、プロデューサー」

P「どういたしまして。こちらこそありがとう、未央」

未央「どういたしまして♪」
535 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:04:13.18 ID:d5BmJPn90
未央(さてさて、それではこのポークジンジャーも……元は大きな一枚肉。それがこんなに小さくなっちゃって……いや、割りと大きく切り分けてくれたけど)

未央(このソースがまたおいしそうだなー……すりおろされたジンジャーに、たっぷりのソース。それが豚肉と一緒になって……うん、食べよう!)パクッ

未央「……!」

未央(これは……おいしい……! ソースが甘辛くて、ジンジャーが爽やかで、お肉が柔らかくてジューシーで……すごくおいしい!)

未央(ごはんとも合って……いくらでもごはんが食べられそうなくらい……これは、確かにおいしいや)

未央(というか、このお店、ソースがすごくおいしいような気がする。でも、それだけじゃなくて……とにかく! すごくおいしい!)

未央(……おいしかった。次に来ることがあったら、ポークジンジャーでもいいかも……でも、私はまだ、手を付けていないものがある。そう、ベーコンだ)

未央(このベーコンで、牡蠣を巻いて……それを、食べる!)パクッ

未央「……っ!」

未央(こんなの……おいしいに、決まってる!)

未央(くぅ……最、高……!)
536 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:05:24.40 ID:d5BmJPn90

――店の外

未央「はぁ……おいしかったね、プロデューサー」

P「ああ、うまかった。やっぱりこの店はいいな……」

未央「なんというか、他のものも頼んでみたいけど、今回のもめちゃくちゃおいしかったからどうなるかわからない……って感じ」

P「あー……わかる。俺もまだぜんぶ食べたわけじゃないしな……」

未央「でも、また来たいのは確かだね」

P「だな」

未央「……ん」ブルッ

P「ん、未央。寒いのか?」

未央「うん。ちょっとね。中は、あたたかかったから……」

P「……俺のコートは」

未央「いらないよ。プロデューサーも寒いでしょ?」

P「まあ、そうだが……未央」

未央「なに?」

P「手」

未央「手?」

P「……駅まで、繋いで歩かないか?」

未央「……いいの?」

P「ああ」

未央「……えへへ。それじゃ、お言葉に甘えて」ギュッ

P「……寒いな、未央」

未央「うん。……でも、今は、あたたかいよ」

P「そうか。……そうだな」



537 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:07:48.73 ID:d5BmJPn90
これにて今回は終了です。
カキバター! ポークジンジャー! こんなの絶対おいしいじゃん! みたいな今回。おいしかったです。
久しぶりに平常運転っぽいやつ。でもちょっと短め? いつもどれくらいの長さでしたっけ? 平常運転がどれくらいの長さなのか忘れてしまった……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
538 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/01/15(日) 15:09:56.74 ID:d5BmJPn90
あとSSとは関係ないですが今回の未央かわいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
月末未央。めっちゃかわいい。すごい。かわいい。演技も最高。原紗友里さんありがとうございます。
まあ私はフリトレですけどね! ……早く、エピソード、見たい……。

改めてありがとうございました。
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/15(日) 16:12:05.08 ID:F80AvxYso
ちょうど、昼に食べたメニューだ! 未央がいれば良いのに
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/15(日) 18:29:07.31 ID:pIlmPmyco
あったかいなあ
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/15(日) 19:17:37.07 ID:X0kpIETmO

相変わらず未央が可愛い

そういえばカキバターって知らなかったわ
結構いい歳なんだが…
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/15(日) 20:04:03.39 ID:DIMYcP4Bo
どんどんプロデューサーからも甘えるようになってきていちゃいちゃが更に加速している
いいぞもっとやってください
カキバターに醤油かけるのも美味しいんだよなあ…食べたくなってきた
今回も乙でした
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/15(日) 21:08:16.28 ID:F8JA5WFGo
自分がバカ舌なのか運が良いのか分からんけど不味い洋食屋って出会ったことないな
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/15(日) 21:13:36.86 ID:hfIL/nSZo
接客のマズい店ならいくらでもあるけどなw
そういう店には二度と行かない
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/15(日) 23:49:23.36 ID:GP7daq3Ao

このss見ると自分が美味しい店を知らないで人生損してるって気づかされる気がする
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/16(月) 09:17:09.75 ID:DMsaqCtYo
>>538
この店常連だけどホント美味いよね冬場限定のカキ系も夏場限定のビフカツも美味い

というか全部美味い
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/16(月) 21:56:55.85 ID:GEZpzuCqo
丁度夜会でやってた店か
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/17(火) 20:01:44.20 ID:DLfhT+7u0
更新きてた!お疲れ様です
相変わらず腹が減る・・・
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/01/22(日) 20:28:21.71 ID:kn6QbXkj0
やっぱこのSS最高だわ
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/02/21(火) 20:45:42.62 ID:/ymXPkNGO
551 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:34:51.83 ID:5ZX/JYty0

――事務所

P「んー……」

未央(あ、プロデューサー。なんかうなってる。……どうしたんだろ?)

未央(疲れてるのかな……伸びをして……あ、そうだ。こっそり近付いて……っと)コソコソ

未央「……えいっ」ギュッ

P「んっ!? は、ちょ、なんだ!? 誰だ? 離れて……!」

未央「だーれだ♪」

P「未央か!」

未央「む、即答……誰かの声真似した方がよかったかな?」

P「いや、そんなことどうでもいいから離れろ。当てたんだからもういいだろ?」
552 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:35:32.15 ID:5ZX/JYty0
未央「いやいや、当てたら離すとは言ってませんよ? プロデューサーくんが疲れているみたいだから、未央ちゃんが癒やしてあげようと思いまして」

P「……思いっきり頭に胸が当たってるんだが」

未央「癒されるでしょ?」

P「わざとか! お前、そういうこと軽々しくするなよな……」

未央「プロデューサーにだけだから大丈夫。ほらほら、未央ちゃんの胸をご堪能あれー」

P「っ……未央、お前、本当、早く離れてくれ」

未央「未央ちゃんのお胸では満足できない、と?」

P「そういう意味じゃなくてだな……」

未央「……えっちな気分になっちゃった?」

P「耳元でそういうこと囁くな!」

未央「……ふー」

P「っ! ……未央」

未央「怒らない怒らない。ほら、ぎゅー」ギュー

P「……あー、もう。これで癒やされてる自分の単純さが憎い」

未央「えへへ」
553 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:36:01.14 ID:5ZX/JYty0
P「……」

未央「……」

P「……未央」

未央「ん? なにかな? プロデューサー」

P「……心臓」

未央「聞こえちゃった?」

P「聞こえちゃった、って……なら、早く離れろよ」

未央「んー……だーめ」

P「なんでだよ」

未央「恥ずかしいけど……でも、こうしているの、幸せだし……私も、安心できるから」

P「……そうか」

未央「うん」
554 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:36:31.92 ID:5ZX/JYty0
P「……未央」

未央「うん?」

P「ありがとうな」

未央「どういたしまして。それでは、その代わりに……」

P「その代わりに?」

未央「仕事はいったんやめて、ごはん、行こ? ちょうどお昼だし、ね」

P「そうだな。それじゃあ、準備を……なあ、未央?」

未央「ん?」

P「離れてくれないと、準備ができないんだが」

未央「……もうちょっとだけ、こうしてちゃ、だめ?」

P「……ダメじゃない」

未央「……えへへ。デレデューサーだ」

P「……いつもデレてるだろ」

未央「えー。そうかなー?」

P「そうだよ」

未央「……うん。そうかも。未央ちゃんにはデレデレだもんね、プロデューサー」

P「語弊を招く言い方だな」

未央「でも、そうでしょ?」

P「……かもしれないが」

未央「……ぎゅー」ギュー

P「……ん」
555 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:36:58.68 ID:5ZX/JYty0

――外

未央「それで、今日はどこに行くの? プロデューサー」

P「何も考えてなかったな……何が食べたい?」

未央「んー……元気が出るようなのとか?」

P「元気……あ、カツ丼とかどうだ?」

未央「カツ丼! カツ丼かー……うん、なんだか、食べたくなってきたかも」

P「じゃ、決定ということで……まあ、カツ丼以外にもあるけどな」

未央「でも、カツ丼が有名なお店なんでしょ? それじゃ、たぶんカツ丼を頼むかなー」

P「そうか? まあ、いつもそんな感じだな。気に入ったなら、また来ればいいだけだしな」

未央「そうそう。それじゃ、行こー」
556 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:37:28.10 ID:5ZX/JYty0

――店の前

P「ってことで、ここだな」

未央「……喫茶店?」

P「だな。カツ丼の大盛りが有名……だと思う」

未央「ってことは、プロデューサーは大盛り?」

P「いや、ここの大盛りは本当に量が多いからな……大盛りにはしない」

未央「プロデューサーでもそうなんだ……」

P「俺はそこそこ食べる方かもしれないが、そこそこでしかないからな?」

未央「私からすればかなり食べる方だと思うんだけど……」

P「未央のお兄さんとか、俺より食べそうなんだが」

未央「それは……どうだろ? さすがに大盛りで有名―、みたいな店を一緒に行ったことはないから」

P「あー、それもそうか。そういうのは男友達とかと行くことが多いからな。それだと、家族だとしてもわかりにくいか」

未央「うん。でも、本当にカツ丼以外にも色々あるね……カツ丼以外のも、おいしいの?」

P「うまい。が、俺はカツ丼を頼むことが多いな」

未央「ということは、それだけカツ丼がおいしいということ?」

P「だな。少なくとも、俺は好きだ」

未央「ふむふむ……楽しみになってきた」

P「俺も話してたら楽しみになってきた……入るか」

未央「はーい」
557 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:37:55.35 ID:5ZX/JYty0

――店の中

P「お、来たな」

未央「来ましたかー! ……ほうほう」

未央(普通の大きさでも十分に大きい……これは確かに、大盛りだとすごい大きさになりそう)

未央(でも、それよりも……なんか、すごい、おいしそう! たまごはふわふわとろとろで、出汁はひたひた。つゆだく、って感じ)

未央(光り輝く黄金の丼……みたいな? 味が濃そうだけど……うん、おいしそう)

P「じゃ、食べるか」

未央「うん! いただきまーす!」

P「いただきます」
558 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:38:22.75 ID:5ZX/JYty0
未央(それじゃ、まずはカツとたまごをどかして……おお、ごはんもつゆにひたってる。これは予想よりも濃そうですなー)

未央(んー……カツは後で、最初はごはんとたまごから……っと)パクッ

未央「……んー!」

未央(おいしい! いつも食べているカツ丼とは全然違う。甘辛い出汁とふわふわとろとろのたまご、それから出汁の味がしっかりするごはんが口の中でほわっとほどけて……うん、おいしい!)

未央(これはこの出汁がおいしいのかなー……なんというか、全体的にレベルが高い。すごく、おいしい)

未央(えっと、それじゃあ、次はカツも一緒に……)パクッ

未央「……うん!」

未央(おいしい。衣がザクザクー、みたいな感じではないんだけど……カツ煮? みたいな? うーん、おいしい……)
559 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:38:53.54 ID:5ZX/JYty0
P「どうだ? 未央」

未央「おいしいよ。想像していたのとは違ったけど、うん、甘めの出汁? つゆ? がいい感じ!」

P「だよな。やっぱりここはうまいな……大盛りじゃなくても、量は十分なくらいあるしな!」

未央「うん、量あるよね。……食べ切れるかな?」

P「食べきれなかったら俺が食べるよ。やっぱり濃い目だし、ちょっと飽きてくるかもしれないからな。その時はその時で味を変えたりしてもいいかもしれないが」

未央「うん。その時はお願い……でも、おいしいから食べきりたい……」

P「わかるぞ、未央。俺も初めて来て大盛りを頼んだ時はそんな感じだった……」

未央「初めて来て大盛りを頼んだんだ……」

P「いや、なんか、有名だったから……『いけるだろ』って思ったんだが……」

未央「ダメだったの?」

P「ギリギリだった。ただ、おいしく食べきるなら並だな、とは思ったな……」

未央「あー……」

P「……まあ、話してないで、食べるか」

未央「うん」
560 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:39:37.66 ID:5ZX/JYty0

――店の外

未央「うおー……おいしかったけどお腹いっぱいだー……」

P「……ちょっと休めば良かったか?」

未央「いや、ちょっと……あそこに長時間いると……さらにお腹いっぱいになりそうで……」

P「あー……腹がいっぱいだと、料理を見ているだけでな……」

未央「うん……でも、ちょっと休みたいかも。プロデューサー、癒やして癒やしてー」

P「癒やすって……何をしろって言うんだよ」

未央「んー……私がした、逆?」

P「逆、って……つまり、こういうことか?」ギュッ

未央「そういうことそういうことー……頭をぎゅーってする代わりに、未央ちゃんの髪に頭を埋める権利をさしあげようー」

P「お前、俺をどういう人間だと思ってるんだよ……」
561 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:40:08.27 ID:5ZX/JYty0
未央「未央ちゃん大好きな人―。そして未央ちゃんはプロデューサー大好きな人なのだー」

P「お前、腹がいっぱいでおかしくなってないか?」

未央「なってないなってない。んー……プロデューサーのお胸に癒やされる……」

P「俺の胸の何に癒やされるんだよ……」

未央「胸筋?」

P「胸筋か……」

未央「あとは、ほら、心臓の音を聞くと安心する、っていうやつ? プロデューサー、どきどきしてくれてるもん」

P「……そういうこと言われると恥ずかしいんだが」

未央「お、鼓動が強くなった」

P「実況するな……!」

未央「えへへ。しーあーわーせー」グリグリ

P「頭を胸に押し付けるな……あー、もう。そろそろ離れるぞ」

未央「もうちょっといちゃいちゃしてたいなー」

P「……お前な」

未央「ほら、私、お腹いっぱい。仕方ないでしょ?」

P「なくない。ほら、離れろ」
562 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:40:36.34 ID:5ZX/JYty0
未央「ああー……まあ、いっか。十分癒やされましたし? プロデューサーも癒やされた?」

P「……まあ」

未央「なら良かった。それじゃあ、午後も元気に頑張ろー!」

P「……あ、未央。お前、そういや午後からレッスンじゃなかったか? そんな食べて良かったのか?」

未央「あ」

P「……未央?」

未央「……その、プロデューサーさん。ダンスレッスン以外には……なりません?」

P「ダンスレッスン以外でも動くだろ。まあ、その……頑張れ」

未央「……レッスンが終わったら、癒やしてほしいな」

P「……ああ」




563 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:43:26.88 ID:5ZX/JYty0
これにて今回は終了です。
これは大阪にあるお店です! でもSS内では東京にあるという設定。都合のいい感じでお願いします。

今回はなんか未央にめちゃくちゃ癒やされたかったんです。ぎゅー、ってされたいなー……っていう欲求ですね。はい。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
564 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/03/13(月) 21:46:10.84 ID:5ZX/JYty0
あとSSとは関係ないですが情熱ファンファンファーレ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
アレを絡めたネタとかにもしたかったんですが、まあ、またの機会に?
そして今年もバレンタインデーとかはスルーしてしまった……また書くかもしれないですけど、ちゃんとチョコは送ってる設定です。甘々な感じらしいです。はい。

改めてありがとうございました。
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/13(月) 22:58:22.35 ID:4N3lRbfKo
おなかすいたぞ乙
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/13(月) 22:58:36.03 ID:AssIBpBQO
ずっと待ってた
よかったらホワイトデー編書いてくださいお願いします
乙です
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/13(月) 23:26:46.00 ID:6zdCyLhno
乙です
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/14(火) 00:52:29.93 ID:syg0VjvvO
おー久しぶりだ

未央とのいちゃコラ分に心が満たされていく…
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/15(水) 23:04:13.78 ID:b8HYW1YrO


別にファンファンファーレのイベントが終わったからといって、
関連SS書いたらいけないわけではないんですよ?
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/03/22(水) 15:41:10.80 ID:FttuzevC0
いいっすね、ホント
571 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:49:44.77 ID:MQmdAlGl0

――事務所

P「……なんか、腹が減ったな」

未央「お?」

みく「どこか行くの?」

アナスタシア「ごはん、行きますか?」

P「食いつきがいいな……なんだ? どこか行きたいところでもあるのか?」
572 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:50:47.40 ID:MQmdAlGl0
未央「行きたいところ……行きたいとこ。私はないかなー。ちょうどお腹減ってたってだけ」

みく「みくもべつに……魚じゃなかったらいいにゃ」

P「そうか。アーニャは?」

アナスタシア「……なんでもいい、ですか?」

未央「いいよ! プロデューサーはいっぱいお店を知ってるからね!」

P「お前が言うのか……というか、俺はそこまで知ってるわけじゃないぞ?」

みく「でも、みくたちよりは知ってるでしょ?」

P「それは……まあ、そりゃあな」

未央「ってことで、アーニャ、何が食べたい?」

アナスタシア「ンー……食べたいのは、肉じゃが、ですね」

みく「そう言えば、アーニャンは肉じゃがが好きなんだったっけ」

アナスタシア「ダー。ロシア料理も好きですけど……どちらかと言えば、和食の方が好きかもしれません」
573 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:51:27.53 ID:MQmdAlGl0
未央「でも、肉じゃが……肉じゃがかー。お店で肉じゃが、ってあんまり見ないかも。プロデューサー、知ってる?」

P「ああ、一応。居酒屋みたいなもんだが……『お酒も出す店』って感じだから、ギリギリセーフか?」

みく「お酒が出る店でアウトならだいたいの店がダメになっちゃうし、セーフじゃない?」

P「まあ、そうか。……でも、絶対酒飲みたくなるんだよな、あそこ」

アナスタシア「プロデューサー、お酒、飲みますか?」

P「さすがに我慢するよ。アーニャがもうちょっと大きくなったら、一緒に飲もうか」

アナスタシア「ダー♪ ミオもみくも、一緒に飲みましょうね?」

未央「そうだね! 楽しみ……って、割りともうすぐ?」

みく「もうすぐ、って言っても、あと二年以上はかかるけどね」

P「……そう言えば、お前らもう高三か。時が過ぎるのも早いな」

未央「ちょっと大人になった未央ちゃんたちにドキドキしちゃう?」

みく「する?」

アナスタシア「しますか?」

574 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:51:58.32 ID:MQmdAlGl0
P「ああ。こいつら受験生になったけど大丈夫かなってドキドキする」

未央「それは今言わないで」

みく「やめて」

P「……自分で言っててなんだが、お前ら結構勉強できる方なんだから、そこまで心配いらないだろ? な、アーニャ」

アナスタシア「ダー。私、大学生になるのも楽しみですよ? 二人は違いますか?」

未央「いや、大学生になること自体は楽しみなんだけど……みんな、かなり忙しそうだったから……」

P「アイドル続けながらだもんな。というか、お前ら全員進学か? そりゃ、個人的には進学を進めてはいるが」

みく「それはやっぱり、つぶしがきくから?」

P「だな。それに、大学で何かやりたいことが見付かるかもしれない」

アナスタシア「私、星についてもっと知りたい、ですね」

P「アーニャもこう言ってるし……あ、そう言えばアーニャ。もう志望校とかは決めてるかもしれないが、一応、宇宙とか天文関係に強いところを調べておいたからまた資料を渡すよ。どこがどういう研究をしているのか、ってのもある程度まとめておいた。参考にしてくれ」

アナスタシア「スパシーバ、プロデューサー。ちゃんと確認しますね」
575 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:52:52.73 ID:MQmdAlGl0
未央「お、おお……み、みくにゃん、見た? なんか……受験生っぽいこと話してる……」

みく「みくたちも受験生だけどね。志望校、まだ決めてないからそろそろ決めなきゃいけないかな……」

P「やっぱり周りの子とかは決めてる子も多いのか?」

みく「はっきりと決めてるー……って子はそんなに多くないかな。『あそこに行きたい』って決めてる子も結構いるけど、ある程度のレベルを決めている、ってくらいの子が多いと思うにゃ」

P「そんなもんか。確かに、高三になる前に志望校、あるいはある程度のレベルを決めて、そこからクラス分け……みたいなものもするところもあるだろうしな」

未央「むぅ……この一年は頑張らないといけない、ってことかな」

みく「もっと前から頑張るべきだけどね」

未央「正論は耳に痛いからやめてほしい」

アナスタシア「でも、ミオは勉強、できますね?」

P「そうなんだよな。こいつ、これで勉強できるからな」

みく「ちょっとむかつくにゃ」

未央「ちょ、ひどくない? うう、アーニャー、なーぐーさーめーてー」ギュー

アナスタシア「ふふっ……いいこいいこ、ですね」ナデナデ

P「完全に子ども扱いなんだが……というか、さすがにそろそろ行くか。話はあとでもできるし、お前らも準備してこい。準備できたら行くぞ」

未央「はーい」

みく「うん」

アナスタシア「ダー♪」
576 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:55:26.66 ID:MQmdAlGl0

――店内

未央「ほうほう、こういう感じですか」

P「どういう感じだよ」

未央「なんか、ドラマで見るような感じ?」

みく「あー……ちょっとわかるかも」

P「わかるか?」

アナスタシア「いい雰囲気のお店、ですね、プロデューサー」

P「お、気に入ってくれたか、アーニャ。さてさて、早速何を頼むか考えていくか」

未央「メニューはある、けど……壁にも色々貼ってあるね」

P「メニューに載ってないのが壁にあったりするから注意だな。肉じゃがは確定として……」

みく「Pチャンはいつも何を頼むの?」

P「枝豆と唐揚げが確定で、揚げ出し豆腐とかも割りと頼むな。出し巻きたまごとかも個人的には好みだな。酒を飲む時じゃなかったら生姜焼きとかもいい。あと、カレーとかもある。これがまたうまくてな……」

未央「たくさんあるんだね」

アナスタシア「ンー……迷いますね」
577 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:56:37.52 ID:MQmdAlGl0
みく「あ、とん平焼き。とん平焼きなんてあるにゃ。Pチャン、みく、とん平焼きほしい」

P「さすがはみく。お目が高い。うまいんだよなーとん平焼き。って、ソースの味なら大阪出身だし、みくのが詳しいか?」

みく「どうだろ。わからないにゃ」

アナスタシア「あ、お刺身もありますね」

みく「……アーニャン? いや、頼んでもいいけどね。みくは食べないってだけで」

未央「ポテトサラダとかもあるんだ。おいしい?」

P「割りとなんでもうまいぞ、ここは。あー、ホタルイカの沖漬けとかもいいな……」

みく「そういうの頼んだらお酒欲しくなっちゃいそうだけど」

P「ぐ……わ、わかってるよ。こういう時はな、酒の代わりに白ご飯を食べるんだよ!」

アナスタシア「あんまり食べ過ぎちゃダメ、ですね? プロデューサー」

P「……気遣いありがとう、アーニャ」
578 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:57:16.50 ID:MQmdAlGl0
未央「餃子にハムエッグに野菜炒めに、焼きそばとかもあるんだ。お茶漬けに卵かけごはんにウィンナーに……おでんとか、筑前煮とかも? うーん……これだけあると、迷っちゃうなー」

みく「もう適当に頼んじゃう? もし余ったらPチャンが食べてくれそうにゃ」

P「そういう適当なのやめてくれ。……えーと、今のところ確定なのは、肉じゃがにとん平焼き、それから枝豆か」

みく「枝豆確定なんだ……」

アナスタシア「私、揚げ出し豆腐がほしいです」

P「お、それじゃあ揚げ出し豆腐も確定、っと。他は?」

未央「白ご飯……って、やっぱりいるかな?」

P「俺は欲しい。んー……白ご飯があるならそんなにいっぱい頼む必要もないか?」

みく「かもね。食べきれなかったら困るし……もしまだ何かいりそうだったら、あとで頼めばいいんじゃない?」

P「それもそうだな。じゃ、とりあえずこれで頼むか。いいか?」

アナスタシア「ダー」

みく「みくもいいよ」

未央「うん! ……あ、唐揚げやっぱりほしいかも」

P「了解。それじゃ頼むな。すみませーん!」
579 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:57:55.35 ID:MQmdAlGl0

――

P「まずは枝豆、だな」

未央「みんなで適当につまんでもいい?」

P「もちろん」

未央「それじゃ、いただきまーす。……ん、おいしい」

みく「粒がしっかりしてるね」

P「ここのはちょっとかためなんだよな。それで豆の味がしっかり感じられる。これがいいんだよなー」

アナスタシア「ん……おいしいですね。あと、ぽちぽち、楽しいです♪」

未央「枝豆って、こうやって食べるのがいいよねー。なんだか、ずっと手を動かしちゃう」

P「それも醍醐味だよなー。手が止まらなくて、いつの間にかなくなってる」
580 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:58:30.14 ID:MQmdAlGl0
みく「……Pチャン、ペースはやくない?」

P「それは謝る。でも、止まらないんだよ……クッ、静まれ、俺の右手……!」

アナスタシア「プロデューサー、どうかしましたか?」

P「……ふざけてただけだから、ちょっと本気目に心配されると困るな」

みく「アーニャンの前でやるからにゃ」

P「みくが冷たい……アーニャ、癒やしてくれ……」

アナスタシア「みく、プロデューサーをいじめちゃ、めっ、ですよ?」

みく「今のみくが悪いの!?」

未央「まあまあ、おふざけはそれくらいにして、そろそろ来そうですよ?」

みく「未央チャンに『おふざけはそれくらいにして』って言われるのは複雑だけど……そうみたいだね」
581 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:58:57.38 ID:MQmdAlGl0
P「ん……一気に来たな。どれから食べるか……」

未央「未央ちゃんは唐揚げから! んっ……熱々……でも、おいしい!」

みく「衣は結構薄めだね。噛んだだけでじゅわっと汁が溢れ出てくるにゃ」

アナスタシア「味もしっかり付いてますね? 味は濃いめ?」

P「だな。じゃあ俺は揚げ出し豆腐……あー、うまい。なんで揚げ出し豆腐ってうまいんだろうな……」

みく「みくはとん平焼きー。……うん、おいしいにゃ。たまごはとろとろで、ソースの味もしっかりしてて。みくはとん平焼きはソースが甘めなのが好みなんだよね」

未央「とん平焼きって、たまごと豚バラ肉……だったっけ? それにソースをかけたー、みたいな」

P「だな。って、関西には多いけど、こっちにはそこまで多くないか。未央とアーニャは初めてだったりしたか?」

未央「私は一応食べたことあるかな。アーニャは?」

アナスタシア「私は初めて、ですね。……んん、おいしいです!」
582 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 02:59:24.40 ID:MQmdAlGl0
P「こういうソースの味ってなんでこんなおいしいんだろうな。何と言うか、においだけで食欲が刺激される。あと、とん平焼きってすぐなくなるんだよなー」

みく「とん平焼きにも色々あるけど、具材としてはそこまで多くないからね。お好み焼きよりも『ファーストフード』って感じがあるにゃ」

P「いか焼きみたいなもんか?」

みく「そうかも」

アナスタシア「いか焼き、ですか?」

未央「屋台で売ってる感じの?」

P「あー、そうじゃなくてだな……なんて説明すればいいんだ。粉もんなんだが……」

みく「クレープみたいなのを想像すればいいかな。小麦粉の生地でイカの切り身を包んで、それにソースを塗るの。もちもちしてて、おいしいにゃ」

未央「ほうほう……大阪に行った時にでも食べたいですなー」

アナスタシア「おいしそう、ですね? アーニャ、もちもち、好きです」

P「じゃ、また大阪に行く時にでも食べに行くか。……んー、やっぱりうまいな、とん平焼き。白ご飯で食べるのもまた良い……」
583 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 03:00:09.32 ID:MQmdAlGl0
未央「それじゃ、そろそろ……今回の大本命、肉じゃがにとりかかりますかー!」

アナスタシア「ダー♪」

みく「牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、しらたき、人参……みくの家でつくるのとだいたい同じかも」

P「まあ、そこまで変わらないんじゃないか? しらたきとか人参とかは家によりそうだし、あと、絹さやとかも入れるとこは入れるか」

未央「まあ、それはいいとして……早速、食べてみましょうか!」

P「だな」

アナスタシア「……ンー、フクースナ♪ おいしいです!」

みく「あ、結構じゃがいもがゴロゴロしてるね。お店のって、ほくほくしてるイメージだったかも」

未央「確かに。でも、ゴロゴロしてるけど、味がしっかりと染み込んでて……これ、おいしいね!」

アナスタシア「なんだか、お家の味、みたいですね?」

みく「ん、そう言えば、そんな感じかも。みくの家とは味付けがちょっと違うはずなんだけど……懐かしい味がする」
584 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 03:00:37.42 ID:MQmdAlGl0
P「そうだな。確かに、家でつくるような肉じゃがだ。それがまた良いんだよ……」

未央「おふくろの味、ってやつ? プロデューサーも女の子の得意料理が肉じゃがだったりしたら嬉しい派?」

P「まあ、よく言うよな。女の子の得意料理が肉じゃがだったら嬉しい、って。個人的には肉じゃがにこだわらなくてもいいな。料理が得意なのもべつに必要ってわけじゃない。もちろん、得意だったら嬉しいが」

未央「ほうほう……つまり、プロデューサーくんは未央ちゃんにメロメロ、ってわけだね!」

P「お前料理そこそこって自分で言ってなかったか?」

未央「ふっふっふ……未央ちゃんも修行しているのですよ。今の私の料理を食べたら、プロデューサーはきっと漫画みたいなリアクションをするね」

P「そこまでか。それは楽しみだな。いつか食べたいところだ」

未央「お、それじゃあまた食べる? プロデューサーは何食べたい?」

P「んー、その時の気分にもよるからな……どうするか」

未央「また考えておいてね。私、頑張るから」

P「ああ。期待してる」

未央「うん。期待していてくれたまえ? プロデューサーくんっ♪」

みく「なんで二人はみくたちの前でいちゃいちゃしてるの?」

アナスタシア「私たちもいちゃいちゃ、しますか?」

みく「なんでそうなるにゃ」
585 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 03:01:07.96 ID:MQmdAlGl0
P「……さ! それじゃ、肉じゃがを食べ進めるか!」

未央「だね!」

みく「あ、流された。……まあ、いいけど」

アナスタシア「肉じゃがとごはん、合いますね?」

P「そうそう、肉じゃがの牛肉と玉ねぎを乗せて簡易牛丼、みたいにするのが良いんだよな」

未央「あ、それおいしそう。私もやろーっと」

みく「とん平焼き、最後の一切れだけどもらっていい?」

P「俺はいいぞ」

みく「ありがと。それじゃ、もらうね」

未央「私は唐揚げをまたもらおーっと。唐揚げとごはんも合うよね」

P「ごはんはなんにでも合うからな! 厚揚げ豆腐とごはんでもいける」
586 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 03:01:34.09 ID:MQmdAlGl0
アナスタシア「ンー……♪ ぜんぶ、おいしいです。幸せ、ですね?」

P「そうだな。幸せだ」

未央「こんな美少女たちと一緒にごはんが食べれて?」

P「……まあ、それもある」

未央「私たちも、プロデューサーと一緒にごはんが食べれて幸せだよ」

P「……そう言ってくれると、嬉しいよ」

みく「いい雰囲気のところ悪いけど、アーニャンが肉じゃがどんどん食べ進んじゃってるよ」

P「マジか! アーニャ、アーニャ、俺ちょっとしらたきほしい」

未央「私はお肉!」

アナスタシア「ダー♪ それじゃ、取り分けますね」
587 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 03:02:29.60 ID:MQmdAlGl0
みく「そう言えば、まだ何か頼むの?」

P「んー……俺はまだいけるが、お前らは?」

未央「まだちょっと入るかも?」

アナスタシア「私もです」

みく「みくも。……まあ、残ったらPチャンが食べるでしょ?」

P「……あんまりいっぱい頼むなよ?」

未央「私、ちょっとカレー食べたいかも!」

みく「あ、みくもちょっとほしいかも」

アナスタシア「私も少しほしいです」

P「また結構大きいのを……ああ、もう、俺も食べたくなってきた。ここのカレーは一日置いたカレーっぽくて、たまにめちゃくちゃ食べたくなるんだよな」

未央「そう言えば、出し巻きたまごもおいしかったんだっけ?」

みく「ちょっとほしいかも」

アナスタシア「ダー」

P「わかった! それも頼むか! ……というか、もう、好きなの頼むか! すみませーん!」





588 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 03:06:37.10 ID:MQmdAlGl0
これにて今回は終了です。
こういう店、好きなんですよねー。なんか、頼んだらなんでも出してくれそうなくらいなんでもある感じなのに、何を頼んでもおいしいっていう。ずるい。

今回はあんまりいちゃいちゃしてないですね。まあ複数人の時はだいたいこんな感じ? あと、食べているシーンで終わるっていうのは初めてかも。
孤独のグルメも始まって色々とごはんが食べたくなる季節ですね。スープカレーが食べたいです。でも今これ書いてて出てきたの食べたくなってきました。肉じゃがも、考えてみるとあんまり食べる機会ないなー……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
589 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/22(土) 03:11:10.06 ID:MQmdAlGl0
あとSSとは関係ないですが劇場アニメ始まりましたね。
いったいどの回がアニメ化するのか全然読めないです。未央はどの回かなー、とか考えてます。この三人の回とか個人的には好きです。

ちょっと話題が遅いですけど、最近はカーナビニュージェネちゃんと一緒にドライブするのが楽しいです。未央が結構喋ってくれる。未央の台詞に台詞を返してさらにこの台詞を言ったらたぶん未央はこう言うだろうなーとかどんどん考えていくのも楽しいです。

改めてありがとうございました。
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/22(土) 05:13:07.64 ID:ZEy/uVg3o
乙、今回も良い話だった
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/22(土) 08:56:13.05 ID:OcKXPpI/o
乙です
592 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:49:30.23 ID:ljJVn8eK0

――外

未央「甘いものが食べたい」

P「ん? なんだ、いきなり」

未央「未央ちゃんは仕事で疲れたのです……疲れた人には甘いものが必要なのです……そうは思いませんかね? プロデューサーくん」

P「ああ、お疲れ様。でも、いつもならもうちょっとガッツリしたものー、とか言わないか? 肉とか」

未央「確かにお肉も好きだけど、今日は甘いものを軽く食べたい気分なの! というか、自分でもそう思わせるような言動をしてきた自覚はあるけど、私も一人のかわいい女の子。そして女の子と言えば甘いもの、でしょ?」

P「自覚あるのかよ。……でも、そうだな、甘いもの、食べに行くか」

未央「お、いいの?」

P「いいよ。いつものことだろ?」
593 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:50:07.42 ID:ljJVn8eK0
未央「えへへ、それはそうだけど……改めて、未央ちゃんのわがままを聞いてくれるプロデューサーは優しいなーって」

P「これくらいのわがままならいくらでも。それで、どこか行きたいところはあるのか?」

未央「うーん……プロデューサーはオススメとか、ある?」

P「オススメ……いくつかは知ってるけど、こういうのは未央の方が知ってるだろ?」

未央「かもね。でも、今日はプロデューサーのオススメのお店に行きたいなー」

P「今日は、って言ってるけど、いつも、じゃないか?」

未央「そうとも言うー」

P「まったく……それじゃ、行くか。未央はもう知ってて、行ったこともあるかもしれないが、俺も食べたくなってきたからな」

未央「ほうほう、それはいったい?」

P「クレープだな。確か、前に美嘉とかがSNSに上げてたような……」

未央「美嘉ねー! それじゃ、私も知ってるかなー。行ったことあるかどうかはわからないけど!」

P「まあ、行ってみないとわからない、か」
594 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:50:37.53 ID:ljJVn8eK0
未央「だね。あ、そう言えば、美嘉ねーが食べた時って、プロデューサーも一緒だったりしたの?」

P「いや? その時は違うな」

未央「じゃあ、プロデューサーは一人で行ったってこと?」

P「一人で、ではないな。あの時は……凛と藍子が一緒だったか」

未央「しぶりんとあーちゃん? ってことは……カフェみたいな? あーちゃんのオススメ、とか?」

P「違う違う。藍子じゃなくて、凛の勧めで行ったんだよ」

未央「しぶりんが? ちょっと珍しいかも。チョコレートじゃないのに」

P「お前の中の凛、チョコレート好き過ぎだろ……凛も美嘉か誰かから聞いた、って口ぶりだったからな。それでちょうど話題に出たから、じゃあ行ってみるか、って流れでな」

未央「それでおいしかった、と」

P「そういうことだ」

未央「ほうほう……なんだか、期待できますなー」

P「期待させて食べたことあったら悪いけど、な。……とりあえず、行くか」

未央「おー♪」
595 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:51:14.29 ID:ljJVn8eK0

――店の前

未央「ここ?」

P「ああ。持ち帰り専門店、だな」

未央「ほうほう……なんだか、雰囲気もいい感じだね。おいしそう」

P「その反応だと、来たことはなかったか」

未央「うん。美嘉ねーが上げていたのを見た記憶はあるけど、それくらいかなー」

P「そうか。それで、未央は何にする?」

未央「んー……色々あるんだね。あと、思っていたよりも高級……」

P「それはそうだな。でも、せっかくだ。高いのでもいいぞ?」
596 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:51:49.51 ID:ljJVn8eK0
未央「高いの……いや、でも、こういうところって、高いのだからっておいしいってわけでもないでしょ? そもそも、いちばん安いのでも高いし……プロデューサーのオススメは?」

P「俺? 俺は……こう言うとなんだが、初めてならいちばんシンプルな、焼きメレンゲと生クリーム、ってやつだな」

未央「ほうほう……じゃあ、私はこれにするね」

P「いいのか? もっと高いのじゃなくても」

未央「ううん、私も、初めてならシンプルなのの方がいいかなー、って思うから。……それに、おいしかったら、また来ればいいでしょ?」

P「また連れてこい、って?」

未央「ダメ?」

P「……いいよ。それじゃ、俺もこれにするか。頼んでくる」

未央「はーい。待ってるね、プロデューサー」
597 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:52:19.50 ID:ljJVn8eK0

――

P「ん、これだ」

未央「ほうほう、これが……なんか、高級感漂う、って感じだね」

P「だな。……食べるか」

未央「うん! それじゃ、まずは一口……」カプッ

未央「……ん!?」

未央(うわっ! うわ、うわ〜っ! すごい、これ、おいしい!)

未央(生地は香ばしくて、でもしっとりとしていて、もう、生地からおいしいんだけど、生クリームもまた良くて、それから、焼きメレンゲ、焼きメレンゲがさくっとした食感で、口の中ですぐに崩れて……すっごくおいしい!)

未央(これ、ちょっと感動的かも……なんだか、昔想像していた『雲を食べてみたい』って夢が叶ったみたいな感じ……それくらい、おいしい)

未央(あー……美嘉ねー、しぶりん、あーちゃん……知っていたなら教えてよ……これ、もっと早く知りたかったかも……!)
598 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:52:46.35 ID:ljJVn8eK0
未央(あー、でも、もし先に知ってたら初めてがプロデューサーと一緒じゃなかったかもしれないわけで……いや、まあ、初めてがプロデューサーと一緒じゃないといけないってわけでもないんだけど、でも、うーん……もういいや! とにかく、もう一口)パクッ

未央「ん〜!」

未央(おいしい! 生地がちょっとカリッと香ばしいのと、焼きメレンゲのさくっとした食感。これがもう楽しくて、そこに生地のしっとりとしたのと生クリームが合わさって……なんだか、天国みたい。夢心地、って感じ)

未央(ここ、知っちゃいけない店だったかもしれない……結構なお値段するのに……か、通っちゃいそう……)

P「どうだ? 未央」

未央「すっごくおいしい! 知っちゃったのちょっと後悔するくらいおいしいし、知らなかったのを後悔するくらいおいしい!」

P「あー……その気持ち、わかるかもしれない。なんだろな、これ。本当にうまくて、すぐなくなる。他のも絶対おいしいんだろうが……」

未央「このシンプルなのがもうめちゃくちゃおいしいってわかってるもんね」

P「そうなんだよ。だから、なかなかなー……」
599 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:53:17.11 ID:ljJVn8eK0
未央「……それじゃあさ、プロデューサー」

P「ん?」

未央「次来る時は……どっちかがこれを頼んで、もう一つは、別のにしない? そうしたら、どっちも食べられる……でしょ?」

P「いいのか?」

未央「もちろん。いつものことでしょ?」

P「まあ、そうなんだが……なんか、一つ食べ切りたくなっちゃいそうなんだよな」

未央「……それはありえそうだけど、我慢してほしいな。ほら、大好きな未央ちゃんの間接キス付きだし?」

P「……それを言われると、素直にうなずけなくなるんだが」

未央「そう? ……でも、嬉しくない?」

P「黙秘する」

未央「あ、ずるーい」

P「大人はずるいもんなんだよ。……さて、もう結構な時間になってきたし、事務所に帰るか」

未央「ん、そうだね。暗くなる時間が遅くなってきたからあんまり感じなかったけど、もうこんな時間か」
600 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:53:49.42 ID:ljJVn8eK0
P「送るか?」

未央「んー……いいや。プロデューサーも、遅くなっちゃうし」

P「俺はべつにいいんだが」

未央「私がよくないの! それとも、私の家に泊まる? 私の部屋に入っちゃう?」

P「泊まらないし入らない。……というか、そんなこと、簡単に言うなよな」

未央「プロデューサーじゃないと言わないよ。信じてるから」

P「……そうか」

未央「……でも、たまにはもうちょっと強引になってくれてもいいんですよ?」

P「っ……そういうことは、言うな」

未央「むらむらしちゃうから?」

P「そういうことは言うな! ったく……」

未央「えへへ、ごめんね、プロデューサー。……でも、本心だから、ね」

P「……わかってる」
601 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:54:28.91 ID:ljJVn8eK0
未央「……えへへ」

P「なんだよ」

未央「なんでもなーい。プロデューサーもえっちだなーって思っただけ」

P「なっ……お前なあ、それを言うなら言わせてもらうけど、お前も結構えっちだからな?」

未央「えっ……そ、それを女の子に言うのはどうかと思うなー!」

P「お前から言っておいて何言ってんだよ。未央のえっち」

未央「だーかーらー! ……うう、これ、思ったより恥ずかしい……」

P「俺もいつもそう思っているんだから、お互い様だ」

未央「……プロデューサーは、私がえっちだったら、嫌?」

P「おっ……お前、ここでそれを言うか」

未央「……どうなの?」

P「……嫌じゃない、けど」

未央「そっか。そうなんだ。……ねぇ、プロデューサー」

P「……なんだ」

未央「……プロデューサーの、えっち」

P「ぐっ……否定できない……」
602 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:55:09.57 ID:ljJVn8eK0
未央「……こ、これでもうお互い様! 終わり! プロデューサー、早く帰ろっ!」

P「そ、そうだな! 帰るか!」

未央「え、えっと……きょ、競争! 駅まで競争しよう!」

P「そ、そうだな! 競争! 競争するか!」

未央「うん! えっと、その……よ、よーい、どん!」

P「あっ! ちょ、未央、そのタイミングずる……はやっ! ちょ、はやい! 未央! 未ー央ー! ちょっと、ちょっと待ってくれ。さすがに現役アイドルに本気出されると勝てないんだが――」




603 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 05:59:00.23 ID:ljJVn8eK0
これにて今回は終了です。
このお店は好きなんですよね! 個人的に初めて食べた時は感動するくらいでした。結構なお値段しますけど、それだけおいしいと思ってます!

今回は前回から割りと短いスパン。そのぶん長さも短い? かもです。いつもなら会話シーンも食事シーンももうちょっと長めかな?
次回も割りと早めに書けたらいいなーと思います。次はまた複数人……の予定ですが、未央と二人で今回よりも短いやつになる可能性もありますね。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
604 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 06:03:02.31 ID:ljJVn8eK0
あとSSとは関係ないですがまた東京のオススメのお店とかあったら教えてほしいです。いえ、前に教えてもらったのすら全然行けてないんですけれども。

そろそろまたチェーン店のとか書きたいなーと思いながらもどれを書こうか迷い中ー、みたいな状態です。次はチェーン店ではない……と思いますが。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
605 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/04/26(水) 06:03:29.23 ID:ljJVn8eK0
あ、改めてありがとうございました、でした。どうでもいいですけれども。
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/26(水) 06:29:25.42 ID:6hF9Up6Vo
乙、こいつらのイチャつき度が上がってる気がして最高だよ
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/26(水) 09:34:54.93 ID:BPrV5CNJo
乙です
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/04/26(水) 19:42:04.87 ID:gnERu92qo

中間3位おめでとう
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/01(月) 13:20:15.90 ID:I1WQVmW9O
ご飯というよりおやつだけど、広尾の散歩通りにある「AND THE FRIET」美味かったで
じゃがいもの品種やカット毎に色んな種類を選べて、それを自家製のディップにつけて食べる
ディップもたくさん味があるから何回通っても飽きがこないね
未央というより加蓮が好きそうなとこですがw
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/15(月) 02:24:32.70 ID:+MJ/oSBdo
未央総選挙2位おめでとうございます
やっぱり楓さんは別格で強かったけど…来年こそは!
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/15(月) 07:42:58.97 ID:xgtq4wnUO
ゆーて20万評差だし去年のしまむーほど高い壁でもない
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/05/22(月) 04:08:40.83 ID:n3zCZvH0O
クレープっていいよね
あまあまでラブラブって感じがあって
とりあえず乙です
613 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 00:57:37.21 ID:wYdz8+Er0
未央「むむ……」

P「どうした? 未央」

未央「あ、プロデューサー……プロデューサーなら、いいかな?」

P「いいかな? って言われてもな。何の話だ?」

未央「プロデューサーくんは、フライドチキンとピザが融合したものを食べたことはあるかな?」

P「フライドチキンとピザ……って、そういうことか。未央なら一人で行くかとも思ったんだが」

未央「いやー。さすがに未央ちゃんでもあれを一人で食べるのはちょっと厳しいと言いますか。女の子だけでー、って言うのも、ちょっと厳しそうだし」

P「まあ、付き合ってくれる子もそんなにいないか」
614 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 00:58:04.13 ID:wYdz8+Er0
未央「そゆことそゆこと。ってわけで、行かない? プロデューサー」

P「ん、行くか。俺も今回のはまだ行ってなかったからな」

未央「今回の……ってことは、前回のは行ったの?」

P「ああ。前のは、思っていたほどはこってりじゃなかった、って感じだったが……今回のは期待できそうだ」

未央「むぅ……私も好きなことは知ってるんだから、連れて行ってくれたらよかったのにー」

P「俺が行ったのは割りとギリギリだったからな。未央はもう行っていたのかと思っていたんだよ」

未央「まあ、今回連れて行ってくれるなら許してしんぜよう」

P「ありがたき幸せ。それじゃ、行くか」

未央「おー♪」
615 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 00:58:31.16 ID:wYdz8+Er0

――店の中

未央「まさか三ツ星フィレサンドなんてものがあるなんて……」

P「まあ、アレを二人でわけるならそれも食べてちょうど、ってなもんじゃないか?」

未央「プロデューサー基準で言わないで……もしお腹いっぱいになったら、またプロデューサーにおんぶでもしてもらおうかなー」

P「アレ、結構疲れるからできればやめてほしいな」

未央「アイドルをおんぶできるなんて、むしろ幸せじゃないかな?」

P「それとこれとはべつだ」

未央「えー……あ、来たよ」
616 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 00:59:28.91 ID:wYdz8+Er0
P「ん……それじゃ、どっちから食べる?」

未央「CHIZZAからで!」

P「そうか。……やっぱり、箱に入っている状態でもうインパクトあるな」

未央「開けよ開けよ」

P「わかった。それじゃ、オープン」

未央「おおー……思ったより、大きくない?」

P「どれくらいの大きさを想像してたんだよ……」

未央「宅配ピザ……みたいな?」

P「そんなもん食いきれるか」

未央「プロデューサーならいけるかなーって」

P「無理だよ……でも、今回のはチキンの上にビーフを乗せるとかいうバカみたいなことをしているからか、さらにインパクトが強いな」

未央「フライドチキンの上にチーズにプルコギ! ……大きさは思っていたほどじゃなかったけど、これはこれは、健康に悪そうな……」

P「でも、だからこそうまそうなんだよな……ザ・ジャンク! って感じで、最高だ」

未央「未央ちゃんもこういうのはこういうので大好きですよ。……とりあえず、一切れもらうね」

P「ああ。俺も一切れ……っと」
617 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 01:00:00.99 ID:wYdz8+Er0
未央(……あれ? 手で持つだけで油でべとべとになるかと思ったけど、それほどでもない……そう言えば、プロデューサー、前回のは思っていたほどこってりじゃなかった、って言ってたっけ)

未央(フライドチキンの部分は油でギトギトって感じじゃなくて、結構あっさりなお肉を使っているのかな? まあ、それでも十分こってりな気はするけど……)

未央(……まあ、食べてみないとわからないってことで、いただきまーす)パクッ

未央「……んー!」

未央(ジャンク! これぞジャンクフード、って感じだ! 一口食べただけでガツン! ってくる。前のはどうだったかわからないけど、これはこってりしてる……でも、それがいい!)

未央(この土台に使われているチキンは……フィレサンドのチキンっぽいかも? チキンだけなら割りとあっさりめだけど、チーズとマヨネーズ、それからプルコギでこってりがどどどーんと上乗せされて、一気に口の中がこってりになるような……なんか、うまい表現が見つからないけど、そんな感じ)

未央(……プルコギも甘辛い味付けでいい感じ。ピザ屋さんのプルコギみたいな……確か、ここのお店の系列にピザ屋さんもあったんだっけ? なら、それと同じか、それに近い感じだったりするのかも。割りとそんな感じするし!)

未央(肉々しくてジューシーで……これはなかなかすごいね。でも、量はさすがに食べられないかなー。手も、最初はあんまり汚れないかな、って思ったけど、気付けば油でギトギトになってるし)
618 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 01:00:30.56 ID:wYdz8+Er0
未央(んー……それじゃ、次は三ツ星フィレサンドにいってみよー。ミツボシと言えば未央ちゃんですからね。これはきちんと食べて確かめなければ!)

未央(えーっと……おお、バンズからちょっと違うんだね。さすが三ツ星。ベーコンと……これ、なんだっけ。ラタトゥイユ? が入ってる。あと、チーズも)

未央(バンズはふわふわ……もちもち? なんだか、このバンズだけでもおいしそうな感じ。さてさて、お味のほどは……)パクッ

未央「……ん!」

未央(あ! これおいしい! チキンフィレサンドは結構食べてるけど、これはこれでいいなー。チキンの旨味はいつも通りなんだけど、そこにベーコンとチーズが合わさって、さらに旨味が強力になっている……的な?)

未央(あと、ラタトゥイユもいい仕事してる気がする。これは……酸味? かな? バンズもいいなー……小麦味、って当然か)

未央(いつものはいつものでいいけど、贅沢なお味。うん、余は満足じゃー……なんちゃって)
619 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 01:00:59.42 ID:wYdz8+Er0

――店の外

P「うまかったな、未央」

未央「うん、おいしかったー……でも、あんまり食べ過ぎるのはダメだね」

P「それはまあ、なんでもな。しかし、個人的には前のよりもガツンと来て良かった。やっぱりこういうのは、やるならバカみたいにこってりしたものにしてほしいよな。何なら、さらにこってりと、油まみれになるみたいなのでも俺はよかったんだが……」

未央「それだと私はキツそうだからやめてほしいかも……私は今回くらいでいいかなー」

P「三ツ星フィレサンドもよかったな。さすが三ツ星」

未央「さすが私」

P「なんでだよ。……そう言えば、未央、大丈夫なのか?」

未央「うん? 何が?」

P「苦しくなってないか、って。おんぶが必要かどうか、だな」

未央「意外と大丈夫だったね。でも、おんぶしてくれるなら頼んじゃおっかなー?」

P「ならしない。自分で歩け」

未央「はーい。あ、ねぇねぇプロデューサー。今度の仕事のことなんだけど……」



620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 01:03:05.50 ID:3wU1/M7zo
乙、久々の更新嬉しい
621 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 01:04:55.97 ID:wYdz8+Er0
これにて今回は終了です。
前のCHIZZAの時書いてなかった……ですよね? なかったはず。書いてたら矛盾が生じちゃいますがスルーして下さい!

あと、そもそもCHIZZAも三ツ星フィレサンドももうやってないかもしれない……やってなかったら書くの遅すぎましたね。すみません。やっているならどっちもおいしかったのでオススメです! 

今回は間空いた割に短め! 書いてる途中のを抜かしてちょっと短めの書いたらささっとできたので、これくらいの長さのをぽんぽん書いた方がいいのかもしれない……。実際できるかどうかはわからないのですが!

ここまで読んで下さってありがとうございました。
622 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/06/22(木) 01:10:07.04 ID:wYdz8+Er0
あとSSとは関係ないですがしんげき! さんふらわー! めっちゃ良い……かわいい……。
しんげきいつまでも続いてほしい……さんふらわーCD発売楽しみ……メロディも歌詞も好き……色んな感情があふれる……。

次回は複数人……って前も言ってできなかったしさらにめちゃくちゃ間が空いたりとここに書いたことあんまり実行できてない感あるのでどうなるかわかりません! 早めに更新できたらいいな……とは思います。

改めてありがとうございました。
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 02:08:12.50 ID:KdNAsz6/o
おつおつ
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/06/22(木) 14:55:57.22 ID:OtAnKdsFo
乙です
625 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:27:23.24 ID:OOe6VR2K0

――事務所

P「中華を食べたい」

菲菲「ワタシ、作ろうカ?」

未央「お! ふぇいふぇいの中華? 久しぶりに食べたいかも!」

P「あー……そう言われると俺も食べたくなってきたが、そうじゃなく」

のあ「……外食?」

P「だな。……というか、のあ。いたのか」

のあ「……貴方が認識していなかっただけ。でも、そう言われるのは……なかなかに、新鮮ね」

P「確かに、俺ものあに気付かないなんて、自分でも驚いた。ごめんな」

のあ「いいえ……非難しているわけではないわ」

P「そうか?」

のあ「ええ……だから、続きを」

P「ん。まあ、のあの言う通り外食に行きたい……中華を食べに行きたいな、と思ったんだよ」

未央「ほうほう……つまり?」

P「……お前ら、一緒に行かないか?」

菲菲「行くヨー!」

のあ「行くわ」

未央「私はもちろん! それじゃ、行こー!」
626 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:28:55.97 ID:OOe6VR2K0

――外

未央「それで、どこの中華屋さんなの?」

P「んー……そんなに遠くない。歩いて行ける距離だな」

未央「ほうほう。近所の中華屋さん……なんだか、いい感じの響きですなぁ」

P「そうか? ……というか、菲菲にも来てもらったが、口に合うかな。菲菲は香港出身だから……広東料理?」

菲菲「うーん……たぶん、大丈夫ダヨ? 日本のお店は日本人の舌に合うようになっていることも多いし、別物だからネ」

P「まあ、だいたいそういう店だよな。一応、今回行くところは四川料理……と言っているが、まあ、それだけじゃないっぽいからな」

のあ「四川料理……香辛料による刺激……麻と辣ね」

未央「まーとらー?」

P「麻辣味。唐辛子の辛さと花椒の辛さだな。四川料理と言えばコレのイメージが強いな」

未央「ほあじゃお……聞いたことはあるね!」

P「花椒がそこまで使われている料理ってあんまり食べる機会はないからな。でも、言ったことなかったか?」

未央「あったっけ? うーむ……思い出せない」
627 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:29:35.50 ID:OOe6VR2K0
P「今回行くところは……確か、担々麺が人気だな」

菲菲「担々麺……香港にもあるケド」

P「香港式の担々麺は日本式に近いんだっけか。今回行くところは……どうなんだろうな。他のところで食べるのとは違うんだが、本場に行ったことがあるわけじゃないから、四川の感じかどうかはわからない」

のあ「……汁は、どれくらいあったのかしら?」

P「汁……それは、割りと普通だったかな」

のあ「それなら……貴方の言う本場……四川省で食べられているものとは違うかもしれないわ。本場では、汁なしが多いから……」

未央「汁なし担々麺?」

菲菲「コンビニで売られているのを見たことあるネ!」

のあ「そうね……私も、なかなか好きよ」

未央「あれはおいしいよね。……あ、そう言えば、あれに入ってるのって……花椒?」

P「だな。と言うか、未央はまだいいとして、菲菲とのあもコンビニに行ってそういうの買ったりするんだな……」

菲菲「便利だからネ!」

のあ「便利だから」

未央「……未央ちゃんが『まだいい』扱いされたのはちょっと思うところがあるけど、二人の口からそういう言葉を聞くと……なんか、イメージが……」

P「どうしてか、あんまりないよな。でも、よく考えればお前らもコンビニくらい行くよなぁ……」

のあ「……P」

P「ん? なんだ、のあ」

のあ「あそこにあるのが、今日行くところかしら」

P「んー……あ、そうだな。もしかして、行ったことあったか?」

のあ「いえ、ないわ。ただ、話から推測するとここと思ったのよ」

未央「へぇ……たかみー、すごいね。私、全然わからなかったよ」

菲菲「ふぇいふぇいもわからなかったヨ! すごいネ!」

のあ「……言われるほどではないわ」

P「まあ、『担々麺』って思いっきり書いてはあるからな……とりあえず、入るか?」

未央「うん! 入ろー!」
628 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:30:07.96 ID:OOe6VR2K0

――店の中

未央「ほうほう……なんだか、街の中華屋さんー、って雰囲気とはちょっと違うね」

P「かもな。で、何にする?」

菲菲「ワタシは担々麺!」

未央「私もー!」

のあ「私も」

P「俺もだな。あと、麻婆豆腐とか、餃子とかも頼みたいな。それでいいか?」

未央「うん!」

菲菲「麻婆豆腐に、餃子カー……うん、楽しみだネ!」

のあ「どれほどの刺激が得られるのか……期待しているわ」

P「それじゃ、頼むな。すみませーん」
629 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:30:43.64 ID:OOe6VR2K0

――

未央「まずは麻婆豆腐と餃子が来たね。」

菲菲「麻婆豆腐……辛そうダネ」

P「実際、結構辛い。まあ、適当に食べていくか」

のあ「……私は、麻婆豆腐からいただくわ」

未央「じゃあ、私は餃子から!」

菲菲「ふぇいふぇいも餃子からもらうヨ!」

P「ん。じゃ、俺は麻婆豆腐から……いただきます」

菲菲「いただきます」

のあ「いただきます」

未央「いただきまーす」
630 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:31:14.99 ID:OOe6VR2K0
未央(さてさて、この餃子だけど……焼餃子で、結構大きい。大ぶりの餃子だね)

未央(見ているだけじゃわからないし、それじゃあ早速……)パクッ

未央「……あふっ」

未央(んっ、熱っ、噛んだらなんか、すごい、肉汁が……ふぅ。ちょっと落ち着いた)

未央(これ、おいしいなぁ……噛んだ時に溢れ出してきた肉汁にはちょっとびっくりしたけど、お肉と野菜の旨味がいっぱい、って感じの餡に、カリッとした皮。なんだか、小籠包と餃子を組み合わせたみたいな感じ? なかなかに新感覚かも)

未央(うーん、おいしかった。じゃあ次は、麻婆豆腐を……の、前に)

未央「プロデューサープロデューサー」

P「ん、なんだ?」

未央「麻婆豆腐って……その、私が食べられるくらいの辛さ?」

P「うーん……どうだろうな。のあはどう思う?」

のあ「……私より、Pの方がわかっていると思うけれど」

P「それじゃあ、麻婆豆腐の感想で」

のあ「……この刺激は、なかなかのものね。花椒が効いている。ピリッと舌が痺れるような刺激……でも、同時に強烈な旨味もある。……私はこれにさらに山椒を入れるけれど、これなら、食べられるんじゃないかしら」

未央「ほほー……たかみー、ありがとう! 餃子はおいしかったけど、熱いから気を付けてね」

菲菲「本当に、おいしかったけど熱かったヨ……」

P「あ、そういや、注意してなかったな。忘れてた」

未央「もー……まあ、いいや。とりあえず、麻婆豆腐ももらうね」

菲菲「ふぇいふぇいももらうヨ」

P「ん。それじゃ、俺は餃子を……」
631 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:32:19.65 ID:OOe6VR2K0
未央(さてさて、それじゃあ、麻婆豆腐をもらおっかなー。えーと、これを使って食べればいいのかな? ちょっとすくって……)パクッ

未央「ん……? ……んっ」

未央(あっ、これ、結構辛い。ぴりぴりする。これにさらに山椒を入れるって、たかみー……でも、うん、おいしい。たかみーの言う通り、辛さの中にしっかりと旨味もあって、食べやすい)

未央(というか、この刺激が、さらなる一口を求めてしまう……! 花椒が効いていて、でも強すぎるわけじゃなくて……このバランスがそうさせているのかな。あー、もう一口!)パクッ

未央(辛い! でも、おいしい! ……ちょっと、ごはんが欲しくなるかも。って、食べてから考えても遅いんだけど。……次来る時は、ごはん、あったら頼もうかなー)

未央(あ、そう言えば、菲菲は――)

菲菲「……」

未央「……菲菲、辛い?」

菲菲「……ちょっと、辛いネ。でも、おいしいヨ」

のあ「そう。……食べられないのなら、私がもらったのだけれど」

菲菲「……あげないヨ?」

のあ「とらないわ」

未央「……みくにゃんとかにしてるのを見ると、あんまり信じられないんだけど」

のあ「みくはみくだから」

未央「答えになってないのに、なんか納得しちゃう……!」
632 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:32:54.63 ID:OOe6VR2K0
P「まあ、みくとのあのはじゃれ合いみたいなもんだからな。そう他の人には――ちょ、のあ! それ、俺の餃子……!」

のあ「……余計なことを言うから」

P「お前……あー、もう、いいや。担々麺もそろそろ来るみたいだし」

未央「……たかみーがそういうことするの、ちょっと意外かも」

菲菲「……意外ダネ」

P「そうか? ……いや、まあ、確かに、俺も最初はアンドロイドか何かかよってくらいに思ってたからなぁ……」

のあ「私は人間よ」

P「知ってるよ。今はもう」

のあ「……そう。それなら、いいわ」

未央「私たちはアンドロイドだと思っていたわけじゃないんだけど」

菲菲「勝手に巻き込まないでほしいネ」

P「はっはっは。……さて、担々麺が来たな」

未央「流した……」
633 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:33:31.42 ID:OOe6VR2K0
のあ「……ん。この香りは……」

菲菲「おいしそうだネ! 見た目だと……濃厚?」

P「割りと。と言っても、くどいほどじゃない……と思う。まあ、食べてみればわかる」

未央「だね。それじゃ、いただきまーす、っと」

未央(まずは……うん。スープを一口)ズズ……

未央「……ん」

未央(おお、やっぱり濃厚。クリーミーな感じ。辛さはそこまででもないけど、甘さもあって、ゴマの風味も結構あって……でも、うん、プロデューサーの言ってた通り、くどくない)

未央(それじゃ、次は具を混ぜて……あ、思ったよりも麺が多い。ということは、麺が売り、だったりするのかな? とりあえず、食べてみて……)ズズ……

未央「……ん!」

未央(あ! これ、いい! おいしい! 麺自体はつるつるしてるんだけど、スープがスープだから、絡みついてくる。そして、後味に辛さがぴりっと引き締めて……これ、ずるずるいけちゃう!)

未央(んー……おいしい。麺をずるずる啜るのが気持ちいいし、味もおいしい。何よりくどくないからいくらでもいけちゃいそうになる。濃厚なんだけど、ずるずるといっちゃって……)

未央(……ん。ちょっと、口の中が辛くなってきたかも。汗も出てきたし……でも、不快じゃない。むしろこれがいい。お箸が止まらない)

未央(担々麺って、そう言えば、そんなに食べたことなかったような気もするけど……おいしいな)

未央(……また、来たいかも)
634 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:35:55.82 ID:OOe6VR2K0

――店の外

未央「おいしかったね、みんな」

菲菲「お腹いっぱいだけどネ……」

P「麺にスープが絡むからなぁ……見た目より量があるよな」

のあ「……また、一人で来るかもしれないわ」

P「お、のあも気に入ってくれたか」

菲菲「その時はふぇいふぇいも行きたいネ。今日で味も量もわかったから、次は調整するヨ!」

未央「おっとぉ? 他のメニューは気にならないのかな〜?」

菲菲「あっ……確かに、他のメニューも気になるネ。その時は……」

未央「うん。分け合おうとも、ふぇいふぇい。たかみーも、いい?」

のあ「……ええ。その時は、一緒に行かせてもらいましょう」

P「いいのか?」

のあ「一人で来る時は勝手に来るから」

P「ああ、そういう……」

未央「せっかく近くにあるんだし、他の子も連れて来たいよね」

菲菲「そうダネ。確か、辛くないメニューもあったカラ……」

のあ「……私が誘うとしたら……」

P「あー……そろそろ帰るぞ。まだ余裕はあるが、一応な。お前らの予定は、確か……」



635 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:40:18.46 ID:OOe6VR2K0
これにて今回は終了です。
中華のおいしいところが近所にあると嬉しいですよね。いや、中華に限らずおいしいところが近所にあると嬉しいんですけれど。

担々麺ってそんなしょっちゅう食べはしないんですけど、おいしいところで食べると「おいしい……」ってなりますね。なりました。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
636 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/07/22(土) 01:44:20.03 ID:OOe6VR2K0
あとSSとは関係ないですが上位来たり色々ありましたね……。Mobage版にはフリトレがあるからやさしい。
作中でPがのあさんのことを「のあ」呼びにしているのはべつに複雑な設定とかはないです。そう言えば大人組ってあんまり出したことなかった? ような気もしますね。これからもちょくちょく出していきたいような? そもそももうちょっとペース早めたいような。

たぶん次回は結構いちゃいちゃしちゃうんじゃないかなーと思っています。予定ですが。

改めてありがとうございました。
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/22(土) 02:16:23.92 ID:oXOqOE6To
おつおつ
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/22(土) 02:31:57.40 ID:bd7nap0yO
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/07/30(日) 19:08:36.62 ID:Fu61FYVkO
乙乙
担々麺と言えば地獄の担々麺オススメ
トッピングでスープを使ってチーズリゾットにしてくれる
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/08/30(水) 16:37:42.08 ID:yU/xvVox0
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/11(月) 06:26:14.99 ID:L7YlF/dno
ほしゅ
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/09/24(日) 15:33:41.46 ID:NcKeEHn+O
ほす
643 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2017/10/01(日) 05:17:47.87 ID:xZ+QMvIV0
めちゃくちゃ遅くなりましたが今週中には投稿します。先に報告だけ。
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/01(日) 12:37:14.82 ID:45nTJ4KZo
期待
645 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:05:50.23 ID:siEDK2Vb0
未央「もう秋だね」

P「ちょっと肌寒くなってきたな。未央も、あんまり身体は冷やさないようにな」

未央「わかって……その、ちょっとお願いしたいことがあるのですが」

P「なんだ? 何かやましいことでもあるような言い方だが」

未央「や、やましいことってわけじゃ……身体を冷やさないように、って言葉とは反対になっちゃうんだけど」

P「反対……冷やすようなこと?」

未央「そう。それを、ちょっと、お願いしたいと言いますか」

P「……冷たいものでも食べたいのか?」

未央「お! それそれ! よくわかったねプロデューサー」

P「本当にそうだったのか……プールに行きたいとかじゃないだけ良かった、か?」

未央「プール……プールかー……プロデューサーが私の水着姿を見たいって言うなら、ついて行ってあげてもいいよ?」

P「行かない行かない。で、冷たいものって言うと、具体的にはどんな?」

未央「ふっふっふ……実はですね、今日は私の方がお店を探して来ているんですよ」

P「探して、か。行きたい店があっただけじゃなく?」

未央「うっ……ま、まあ、それはそれとして、とにかく! その店に行きたいわけなんですよ!」

P「ああ。べつにいいが……どういう店だ? アイス、とか?」

未央「アイス……とは、ちょっと違うかも。ヒントはそろそろ……もしかしたらもうやってないかもしれないってこと」

P「やってない? ってことは、夏だけ……。なんとなく、わかったような気もするな」

未央「そう? それで……いい?」

P「ああ、行こう。未央が連れて行ってくれる店ってのも楽しみだしな」

未央「楽しみにしてくれたまえー。それじゃ、行こっか、プロデューサー! 道は私が案内するから、付いてきて!」

P「ん、わかっ……引っ張るな引っ張るな。そんな急がなくても、店は逃げないって」
646 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:06:47.70 ID:siEDK2Vb0

――店の前

P「ここか」

未央「うん。……さすがにそこまで人は多くないけど、一応、まだ人はいるね」

P「結構待つのか?」

未央「みたい。一人にかかる時間が結構長いんだって」

P「そうなのか。じゃあ、待ってる間に未央は勉強か」

未央「……い、今は、その、そういう時間じゃないから」

P「隙間時間に勉強することが大切……って、誰か言ってなかったか」

未央「い、言ってたけど……やっぱり、しなきゃダメ?」

P「……くっ。ふっ、ふふっ」

未央「何いきなり笑いだして……プロデューサー?」

P「悪い悪い。未央がいつも頑張ってることは知ってるよ。今は息抜きの時間だもんな。そんな時くらい、勉強しなくてもいいよな。俺だって、『勉強しろ』って言えるほど勤勉な学生だったわけでもないし」

未央「もー……でも、プロデューサーの学生時代かー。気になるかも」

P「特に面白いことは何もなかったから気にするな」

未央「そうは言っても、気になっちゃうものは気になっちゃうわけですよ。卒業アルバムとかないの? 学生の頃の写真とか」

P「ぜんぶ実家に置いてあるからない」

未央「それじゃあ今度持ってきてくれない?」

P「断る」

未央「むぅ……これは美嘉ねーやかれんにも言って手伝ってもらうしか……」

P「やめろ。絶対面倒なことになるから」
647 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:07:19.29 ID:siEDK2Vb0
未央「だってプロデューサーは私の制服姿とか知ってるのに、私がプロデューサーの制服姿を知らないのって不公平でしょ?」

P「どこがだ。現役の学生とそれ以外じゃ別だろ。俺だって制服姿を知らない人も結構いるからな」

未央「ちひろさんとか?」

P「ちひろさんは前にコスプレで学生服着てるの見たな」

未央「……そう言えば、私も見たよ。でも、あれってちひろさんが通っていた学校の、なのかな? コスプレ用とかじゃなくて?」

P「どうなんだろうな。でも、学生時代の……って言うと、確かに見てみたいな」

未央「それと一緒で、私もプロデューサーの学生時代の姿を見てみたいわけですよ」

P「それは断るが」

未央「プロデューサーのケチ」

P「ケチ言うな」

未央「むぅ……いいもんいいもん。いつか絶対見せてもらうから」

P「はいはい。……ん、そろそろか。思っていたより早い、か?」

未央「だね。タイミングが良かったのかも」

P「と言っても、ここからまた待つ……ってこともあるんだが」

未央「その時はその時ってことで」

P「だな」
648 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:07:51.63 ID:siEDK2Vb0

――店の中

P「結局、あれからすぐ呼ばれたな」

未央「ちょうどいい時間、だったのかな? それでプロデューサー、何にする?」

P「オススメとかはあるのか?」

未央「うーん……私も、知ってただけで来たことはないから……一番人気なのは、確か、カラメルミルクだったはず」

P「カラメルミルク……未央はそれにするのか?」

未央「そのつもり。プロデューサーは?」

P「……せっかくだから、他のにしようかな。このカカオミルク? にするよ。どういうものが出てくるのか気になる」

未央「ほほー……二人とも定番からは外れたね」

P「そう言えばそうだな。どうする? 俺はべつに他のでもいいが」

未央「ううん。そのままで。ファーストインプレッションは大事にしなきゃダメだよ、プロデューサーくん」

P「なんで横文字……まあ、そう言ってくれるならそうするよ」

未央「そうしたまえ」

P「何キャラだよ」
649 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:08:29.30 ID:siEDK2Vb0

――

P「……来たな」

未央「来たね」

P「……これがかき氷。いや、かき氷なんだが……聞いた話以上だな」

未央「私も思ってた以上だよ。でも、おいしそう」

P「それはそうだな。とりあえず、食べて……なんか、崩れそうでこわいんだが」

未央「山みたい……というか、直方体みたい? だもんね。四角いかき氷」

P「まあ、注意して食べていくか」

未央「そうだね。それじゃ、いただきまーす」

P「いただきます」
650 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:09:15.29 ID:siEDK2Vb0
未央(でも、本当に崩れちゃわないか心配……とりあえず、そーっとスプーンを……お、お? これ、大丈夫そうかも。食べ進め方によってはどうかわからないけど……うん。意外と、いける)

未央(スプーンですくっただけでも、氷がふわふわなことがわかる。カラメルと練乳がたっぷりかかっていて、その重さは感じるけど)

未央(……とりあえず、一口、食べてみよう)パクッ

未央「……ん!」

未央(ミルク! 甘い! からのカラメルの甘さと苦さ……おいしい! 氷に冷やされてなのか、とろっとしているだけじゃなくて、ちょっと固まっている感じのミルクとカラメルがいい感じに口の中で合わさって……おいしい)

未央(かなり甘いんだけれど、それが嫌にならない感じ? カラメルでほのかに苦いのがいいのかなー)

未央(氷はふわふわで……薄い氷の層が、何枚も重なっているような……口の中にいれると、それがふわっとほどけるような? それがミルクとカラメルと一緒になって……新感覚だけど、かき氷というか。不思議な感じ)

未央(んー……おいしい。結構甘いけど、ぱくぱく食べられちゃう。しーあーわーせー……)
651 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:09:42.82 ID:siEDK2Vb0
P「そっちはどうだ? 未央」

未央「おいしいよ。プロデューサーの方は?」

P「おいしい。しかし、これがかき氷か。すごいな」

未央「それじゃ、ちょっとそっちも食べていい? 私のも食べていいから」

P「ああ。じゃあ、一口もらうな」

未央「うん。私もいただきまーす」パクッ

未央「……おー」

未央(チョコ! 思ったよりもチョコチョコしてる! ほうほうこれが……ティラミスっぽいような、違うような……チョコチョコしてるのにミルクの甘さがからまってきて……おいしい。アイスとはまた違うんだけど、アイスみたいな、かき氷みたいな……こっちも不思議な感じ。おいしいけど)

P「ん、こっちもうまいな」

未央「でしょ? プロデューサーのもおいしいね。食べてみたら、思ってたよりチョコチョコしてた」

P「ああ。かき氷に、ってどんなものかと思っていたが……合うな」

未央「合うね。……ね、プロデューサー。もう一口もらってもいい?」

P「ご自由に。その代わり、俺ももう一口こっちもらうな」

未央「どうぞどうぞ。……それじゃあ」パクッ

未央「……んー!」
652 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:10:10.25 ID:siEDK2Vb0

――店の外

未央「おいしかったー!」

P「量も多かったが、食べ切れたな。その代わり、結構腹に来てるが……」

未央「それはそうかも。でも、頭がキーンってならなかったなー……削り方の違い?」

P「なんかそんなことも聞くな。実際そうなのかっていうのは経験するまで知らなかったが。……未央、身体、冷えてないか?」

未央「ちょっとだけ。さすがにあの量の氷を食べるとねー」

P「ならこれでも着とけ。大事な時期に身体を壊しちゃいけないからな」

未央「それはプロデューサーもでしょ? でも、ありがと」

P「どういたしまして。それじゃ、帰るか」

未央「うん。……ね、プロデューサー」

P「ん?」

未央「手、握って? 身体が、あたたまるまで」

P「……ん」ギュッ

未央「……えへへ。なんか、もうあったかくなってきちゃった」

P「……そうか」

未央「……手、はなさないの?」

P「……俺はまだあたたまってないから、もう少し、このままで」

未央「そっか」

P「ああ」

未央「それなら、仕方ないね」

P「ああ」

未央「……」ニギニギ

P「……なんだ? 俺の手が、どうかしたか?」

未央「ううん。ただ、プロデューサーの手だー、って思って」

P「なんか、くすぐったいんだが」

未央「……こちょこちょ」

P「んっ! ちょ、やめろ」

未央「ほほー。プロデューサーの手は敏感ですなー。ほれほれ、こちょこちょー。こちょこちょー」

P「何して……ああ、もう! むずむずするから、やーめーろー!」




653 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:15:26.01 ID:siEDK2Vb0
これにて今回は終了です。
久しぶりの投稿になりました。特別忙しかったというわけでもなくただ遅れました。
私がこのかき氷を食べたのも夏からは少しずれて九月のことだったんですが、さすがに今だとやってないような気もします。でもやっているところはやっているような気もします。

おいしいかき氷ってどういうのだろうなーって思ってたんですけど、おいしいですね。おいしい。おいしいかき氷はおいしい。でも一人ではちょっと行きにくいかもしれない。

今回も結構短めだったような……次回は予定では複数人。長いかどうかはわかりませんができるだけ早めに……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
654 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/10/06(金) 00:20:43.68 ID:siEDK2Vb0
あとSSとは関係ないですがめっちゃ色々なことありました。直近だと限定卯月の背景とか。久しぶりの三人イラスト? それはともかくめっちゃかわいい。
あとイリュージョニスタとかも。この一年間たのしい……。これからも色々と新展開というか確定していることもありますし、楽しみです。
しんげき、あの劇場とかやってくれないかなー……。

改めてありがとうございました。
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/10/06(金) 06:11:14.58 ID:/qYIA/UAo
乙です
656 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:07:37.17 ID:BUv/Zjsp0

――事務所

P「……ソース味のものが食べたい」

ちひろ「ソース味、ですか?」

P「あ、すみません。声に出てましたか」

ちひろ「そうですね。少し、休憩にしますか?」

P「そう……ですね。ちょうど一段落したところだったので」

ちひろ「で、ソース味、でしたか」

P「はい。なんか、たまに食べたくなるんですよね。ソース味のもの」

ちひろ「わかります。……言われると、私もちょっと食べたくなってきちゃいました」

P「お、じゃあ行きます? 予定が合うようなら、誰か他の人も誘って……」

ちひろ「そうですね! でも、いつにしましょうか。もうソースの口になっちゃってるので、できれば早めの方がいいんですが……」

P「俺もそうですね。んー……どうするか……」
657 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:08:48.13 ID:BUv/Zjsp0

ガチャ

未央「プロデューサー! みなみんが、みなみんがー!」

美波「ちょ、ちょっと未央ちゃん? 私はべつに、何もしてないと思うんだけど……」

P「……どうしたんだ? 未央、美波」

ちひろ「確か、未央ちゃんの勉強を美波ちゃんが見てあげていた……んですよね? 未央ちゃんは成績も良かったはずですし、そんな助けを求めるようなことにはならない気が……?」

未央「うぅ。ちひろさんの言う通り、ただ勉強を見てもらっていただけなら、私もこんなこと言わないよ? でも……でも! みなみん、私には厳しいんだもん!」

美波「そ、そんなに厳しいことはないと思うんだけど……」

P「あー……美波? いったい、未央に何をやったんだ?」

美波「え? ……未央ちゃんが思った以上にできる子だったので、私にできることくらいならできるだろうと思って、その、色々と」

P「なんか目が泳いでるんだが」

ちひろ「なんだか、教育ママみたいな発想ですね……」

未央「そう! それ! みなみん、こんな調子じゃお母さんになった時に大変だよ!? いくら未央ちゃんが頭も良くて運動もできるパーフェクトな美少女アイドルだとは言っても、限度ってものがあるんだからね!」

P「自画自賛するな」

ちひろ「……それが間違ってないのがまた、複雑なところですね」

美波「で、でも、実際、未央ちゃんは要領も良いですし、志望校の入試問題の傾向から考えるとこの勉強は必要だと思うんです! だから、ね? 未央ちゃん、私と一緒にもっともっと頑張りましょう?」

未央「ちょ、みなみんこわい! 目がこわいって! 私にも、他の子にやるみたいに優しくしてよー!」

P「……美波も変わったなぁ」

ちひろ「ですねぇ」

未央「そこ! しみじみしてないで、たーすーけーてー!」
658 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:10:10.58 ID:BUv/Zjsp0

――

美波「ソース味ですか? ならお好み焼き――重ね焼きにしませんか?」

未央「重ね焼き?」

P「あー……と言うか、未央と美波も付いて来るってことでいいのか?」

未央「ダメ?」

美波「ダメですか?」

P「いや、問題ないが……ちひろさんもいいですよね?」

ちひろ「はい。それで、重ね焼き、でしたっけ?」

未央「そうそう。重ね焼きって……何?」

P「ああ、その話……大阪では、お好み焼きって混ぜてつくるだろ? 広島では混ぜずに重ねてつくる。だから重ね焼きとも呼ばれている、らしい」

未央「つまり、広島焼きのこと?」

P「……まあ、そうだな。あと、その呼び方は広島の人の中には怒る人もいるから注意な」

未央「え。……み、みなみんって、確か、広島出身じゃ」

美波「うん。私は広島出身だよ」

未央「……ご、ごめんなさい」

美波「大丈夫だよ、未央ちゃん。私も、広島の外ではそう呼ばれてるってことは知ってるし……ですから、Pさんも気にしないで下さいね?」

P「でも、気にする人がいるのは事実だしな……やっぱり、言うなら『広島風お好み焼き』か?」

美波「うーん……そうですね。そっちの方がいいと思います。『お好み焼き』というのが大事だと思うので」

未央「ふむふむ……アイドルになってからもう結構経つけど、こういう勉強も大事なんですなぁ」

美波「勉強……Pさん。私、全国のこういう話を集めて資料にして、事務所のみんなに注意をした方がいいんじゃないでしょうか」

P「やるなら俺とちひろさんの仕事だから美波はしなくていい。……いや、本当にやるなよ? 絶対だからな?」

美波「……たぶん、やりませんよ?」

P「目を逸らさないでほしいんだが」
659 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:10:48.60 ID:BUv/Zjsp0
美波「でも、Pさんやちひろさんの仕事を増やすのも申し訳ないですし……ただでさえ、二人とも仕事が多いのに。私だって、もう大人なんですから――」

P「成人してるって言っても、まだ学生なら子どもだよ。大学も暇じゃないだろうし、ただでさえ二足のわらじだ。本来なら、中高生の勉強も見る必要はないんだが……」

美波「それは仕事じゃなくて『友達』の勉強を見ているだけですから。……でも、わかりました。無理はしません」

P「ああ。そうしてくれ」

美波「……やりたくなっちゃったら、やっちゃうかもしれませんけど、それはもう趣味みたいなものなので見逃して下さいね?」

P「……まあ、そこまでは口を出せないが、本当に無理はしないでくれよ」

美波「はいっ。Pさんこそ、無理はしないで下さいね?」

P「……はい」

美波「ちひろさんも」

ちひろ「えっ。……私もですか?」

美波「もちろんです。ちひろさんも、Pさんに負けず劣らず頑張りすぎですから」

ちひろ「美波ちゃんに言われると複雑なんですが……わかりました」

未央「おおー、さっきまではみなみんが怒られてるっぽかったのに、いつの間にか逆転してる……これが、みなみんの力……!」

P「……はっ。確かに、いつの間にか、逆転してる……だと……?」

ちひろ「美波ちゃん……恐ろしい子……」

美波「ちゃ、茶化さないで下さい、もうっ。……ほら、未央ちゃん。休憩はこれくらいにして、勉強に戻りましょう」

未央「えっ」

美波「それじゃあ、Pさん、ちひろさん、ごはんに行く時間になったら呼んで下さいね」

P「ん」

ちひろ「はーい」

未央「えっ、ちょ、待って。今日はもう終わりじゃないの? ……あの、みなみん? プロデューサー? ちひろさん? え? え? えぇー!」
660 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:11:36.79 ID:BUv/Zjsp0

――事務所の外

未央「つーかーれーたー……おなかへった……ごーはーんー……」

ちひろ「そう言えば、お店は決まってるんですか?」

P「いや、まだですね。どこにするか……」

美波「あ、それなら知っているお店があるので、そこでもいいですか?」

未央「お、みなみんの? なんだか期待できそうですなぁ」

P「美波のオススメは確かに期待できるな。楽しみだ」

ちひろ「美波ちゃん、こういうのもしっかりしてそうですからね。楽しみです」

美波「はいっ。期待していて下さい。きっとお口に合うと思いますよ?」

未央「お、言いますなぁ。これは期待できるかも! それじゃ、みなみんのオススメのお店にレッツゴー!」
661 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:12:13.71 ID:BUv/Zjsp0

――店の前

P「ここか」

未央「結構外れたところにあるんだね。穴場……的な?」

美波「実は私も教えてもらったところなんです。地元の味が懐かしくなることもあったので……」

ちひろ「ということは、巴ちゃんか留美さんかしら? いえ、巴ちゃんはさすがに知らないでしょうし……留美さん? と言うか、美波ちゃんならアイドル以外にも知り合いは多そうだけど……」

美波「留美さんです。同郷ということで話をしたら、教えてくれて」

ちひろ「へぇ……そう言えば、一人ひとりのオススメのお店ってあんまり知らないかもしれません。みんなで行くお店はだいたい決まってますし……」

P「思っているよりも、みんなこういうお店を知っていたりするのかもしれませんね」

未央「私とかが行くようなお店をプロデューサーが知らないみたいに?」

P「女子高生が、ってなるとちょっと話は違うような気もするが……いや、同じか? どうだろう」

ちひろ「……とりあえず、もう入りませんか?」

未央「ん、そうだね」

P「ですね」

美波「それじゃあ、入りましょうか。満席じゃなかったらいいんですけど……」
662 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:13:06.36 ID:BUv/Zjsp0

――店の中

未央「んー……ソースのにおいと大きな鉄板を見ると、こういうお店に来たって感じするね」

P「だな。えーっと、メニューは……お好み焼きと焼きそばと、あとは鉄板焼きとかか」

ちひろ「やっぱりお好み焼きと……焼きそばは、どうしましょうか?」

未央「広島のはお好み焼きの中に焼きそばが入っているんだっけ? でも、ちょっと違う?」

美波「うん。種類として別物だと思うから……どっちも頼むってことはそこまで珍しくないかな」

P「お、そうなのか。じゃあ個人的にはお好み焼きと焼きそばはどっちも頼みたいな」

未央「鉄板焼きにはとん平焼きとかもあるんだ……前に食べたのおいしかったし、私、これもほしいなー」

ちひろ「あ、枝豆……海鮮ものもおいしそう。美波ちゃん、ここって、量はどれくらい?」

美波「結構多めですね。でも、Pさんにとっては……どうだろう?」

P「美波にとっては多めでも俺にとっては……ってことか。じゃあ、少し多めか、ってくらいは頼んでもいいんじゃないか? たぶん、俺は食べ切れるから」

ちひろ「それなら、海鮮焼きが欲しいですね。それくらい……ですか?」

未央「私はそれで大丈夫だよ」

俺「はい。大丈夫だと思います」

美波「それじゃあ、注文しちゃいますね? あの、すみません――」
663 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:13:39.42 ID:BUv/Zjsp0

――

未央「み、みなみんみなみん、あんなにキャベツを盛ってるけど、大丈夫なのかな?」

美波「ふふっ、大丈夫だよ。見ていると……ほら」

未央「わ。ほんとだ。みるみるうちに小さくなって……すごいね」

P「……確かにすごいな。何度か見たことはあるはずなんだが、今まで見た中でいちばんの圧縮率かもしれない」

ちひろ「うーん、できあがるのが楽しみですね。こんなの見せられると、どんどんお腹が減ってきちゃう……」

P「そういう狙いもあるのかもしれませんね……」
664 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:14:25.16 ID:BUv/Zjsp0

――

未央「来た来たー! もう、めちゃくちゃおいしそう……!」

ちひろ「ソースが弾けて、いいにおいがして……ヘラで食べるんでしたっけ?」

美波「一応そうですけど……食べやすい食べ方でいいと思いますよ?」

P「まあ、とにかく……いただきます」

未央「いただきまーす!」

未央(えーと、ヘラで切り分けて……っと。ん、こういう断面なんだ……そばとキャベツ? あと、他の具材とか。今回は……うん、ヘラを使って、そのまま食べようかな。熱そうだけど……いざ!)パクッ

未央「あふっ……ん、んんー!」

未央(やっぱり熱々だったけど、おいしい! キャベツは甘くて、このそばももちもちで……それにフルーティーなソースの味が加わって、すごくおいしい!)

未央(やっぱり、こうやってはふはふしながら食べるのはいいなぁ……ソースの味も、やっぱりおいしいし。フルーティーで、甘めな感じ? 表面はカリッとしていて、中はふんわりしていて……でも、キャベツとそばもべちゃっとなってたりしてなくて……うん、おいしい。なんだか、ちょっと衝撃的かも)

未央(これが広島のお好み焼きかぁ……こういうのが東京にいても食べられるっていうのはやっぱりいいなぁ。本当、ありがたいことだよねー)
665 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:14:59.88 ID:BUv/Zjsp0
ちひろ「はふっ……ん、おいしい!」

P「うん、うまいな、これ。何回か食べたことあるが、いちばんかもしれない」

美波「ふふっ、お口に合ったみたいで良かったです」

未央「本当においしいよ。こんなにおいしいところ、教えてくれてありがとう、みなみん!」

美波「どういたしまして、未央ちゃん。私も留美さんに教えてもらっただけだから、私が感謝されるのはちょっと違うかもしれないけど……」

P「それじゃ、留美さんにも美波にも感謝ってことで」

ちひろ「ですね」

美波「……ありがとうございます♪」

未央「それじゃ、ちょっと焼きそばとかももらっちゃおっかなー」

P「お、それじゃ俺も」

ちひろ「私は海鮮焼きをいただこうかしら」

美波「私もいただきます。……ふふっ、みんながよろこんでくれたみたいで、本当に良かったです」
666 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:16:38.08 ID:BUv/Zjsp0

――店の外

未央「ふぅ……お腹いっぱいだよー」

P「無理に食べなくても俺が食べたのに」

未央「だって、おいしかったんだもん。おいしいものはいっぱい食べたくなっちゃうでしょ?」

P「まあ、そうかもしれないが……」

ちひろ「でも、おいしかったですよね。こんなお店を紹介されちゃうと……そう言えば、もう美波ちゃんはお酒も飲めるのよね。あんまり一緒には行けてないけれど……」

美波「わ、私は学生ですから。そういうのは、卒業してから、ということで……」

P「あんまり気が乗らない様子だが、何かあったのか?」

ちひろ「あー……美波ちゃん、どちらかと言うと介抱する側ですから」

P「あー……」

未央「……お酒、かぁ。私が飲めるようになるのは、二年以上先だね。今日も、私が飲めたらみんな飲んでた?」

P「んー……俺もそこまで飲む方じゃないからなぁ。美波が酔うところはちょっと見てみたくもあるが」

ちひろ「そう言えば、私も見たことないかも……美波ちゃん、誰かの前で酔うほど飲んだこと、あります?」

美波「……あまり思い出したくありません」

未央「そういうこと言われると見たくなっちゃいますなぁ。でも、酔うってどんな感じなんだろ。一回体験してみたいかも――」

美波「未央ちゃん。お酒は飲んでも飲まれるな、よ」

未央「……何があったの? みなみん」

P「まあ、飲み過ぎはダメってことだな。未央はそういうことを考える前にまず受験な」

未央「うっ。……あ、アイドルもだし」

ちひろ「もちろん、それも頑張ってもらうことにはなると思いますけど……やっぱり、大事なことですからね」

美波「そうだよ? でも、大丈夫。私がしっかり教えてあげるから!」

未央「みなみんに教えられるのがこわいんだけど……いや、ありがたいんだけどね? できれば、もうちょっとハードルを下げてもらいたいなー……って」

美波「未央ちゃん。……一緒に、挑戦しましょう?」

未央「これダメなやつだー!」
667 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:17:12.51 ID:BUv/Zjsp0

P「……受験生、か」

ちひろ「どうしました? プロデューサーさん」

P「いや……初めて会った時は高一だったのに、もう受験生なんだなって思うと、ちょっと」

ちひろ「……そうですね。なんだか、変な感じです」

P「みんな、成長してますもんね……小学生の子が中学生になったり、中学生の子が高校生になったり、高校生の子が大学生になったり、学生だった子が、卒業したり……俺も、どんどんオッサンになってるんですかね」

ちひろ「私もおばさんに?」

P「ちひろさんはまだまだみんなのお姉さん、って感じですけどね。と言うか、自分で言いますか」

ちひろ「……実は、自分で言ってちょっと傷付いています」

P「えぇ……」

ちひろ「……時間の流れって、こわいですね」

P「……ここでその台詞を言われると、なんか違う意味に聞こえるんですが」




668 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:19:22.73 ID:BUv/Zjsp0
これにて今回は終了です。
お好み焼き。おいしいですよねー。大阪のも広島のもどっちも好きです。たまにむしょうに食べたくなるのはなんなんですかね。ソースの魔力?

ここまで読んで下さってありがとうございました。
669 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/11/05(日) 23:24:33.71 ID:BUv/Zjsp0
あとSSとは関係ないですが、内容も全然関係ないですが、おめでとうございます。
……というか、せっかくだからパーティーな回にすればよかったかも? もう遅くはありますが、またやりたいところ。
そう言えば、このSSの中ではもう李衣菜は高校生じゃない……? なんか、変な感じかも……。

改めてありがとうございました。
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/05(日) 23:55:57.18 ID:YgHKyG8Bo
乙です
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/01(金) 08:09:09.65 ID:UzHimr1u0
ちゃんみお誕生日おめでとう!!!!!
672 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2017/12/01(金) 18:58:56.49 ID:+h7s1ZHc0
P「誕生日おめでとう、未央」

未央「ありがと、プロデューサー。日付が変わった時にもメッセージをくれたから、今日二回目だね」

P「だな。去年や一昨年みたいに盛大に祝う時間はとれないからその代わりに……だと、さすがに小さすぎるか」

未央「うむ、それだと未央ちゃんは満足できませんなー。受験生とは言っても休息は必要なのです。他のみんなは予定があったりして無理だけど……今日一日、プロデューサーは未央ちゃんのもの、だよね?」

P「違うが」

未央「えー。誕生日プレゼント、『プロデューサーのこと一日好きにしていい券』じゃないのー?」

P「そんなことを言った覚えはないんだが……今日は誕生日とか関係なく仕事が入ってるからな。そんな時間はない」

未央「仕事が終わってからだったらいいでしょ? 今日の仕事は……撮影、だったよね?」

P「そうだ。もうちょっとゆっくりしてから行くか? それとも……」

未央「ん、大丈夫。プロデューサーが来るまでに他の子とはちょっと話したし、撮影前の準備もあるでしょ? あんまり早く着いても迷惑かもだけど」

P「わかった。なら行くか」

未央「うん。それじゃ、お仕事頑張ろー!」
673 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2017/12/01(金) 18:59:37.65 ID:+h7s1ZHc0

――

P「お疲れ、未央。良かったよ」

未央「えへへ。ありがと、プロデューサー。今日は未央ちゃんの新境地を見せられたんじゃないかな〜、なんて」

P「もちろん、それが狙いだったからな。とは言っても、俺も驚かされた一人ではあるんだが……」

未央「私もアイドルですからなー。プロデューサーの予想をも超えてゆく……そう、それはまるで、あの星のように……」

P「どの星だよ。あと予想と星関係なくないか?」

未央「それはまあ雰囲気ですよ雰囲気。それよりも、まだ時間、あるよね?」

P「撮影も早めに終わったからな。どこか行くか?」

未央「うん! 今日のプロデューサーは私のものだし?」

P「だからそんなこと一度も……まあ、わかったよ。それで、どこに行く? 誕生日だし、そこそこ高い店でもいいが……」

未央「えっとね。それは――」
674 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:01:00.65 ID:+h7s1ZHc0

――店の前

P「……本当によかったのか?」

未央「うん。遠慮とかしてるわけじゃないよ? 私、今更プロデューサーに遠慮とかしないもん」

P「それはわかってる」

未央「む。そこで『わかってる』って言われるのもなんか複雑な気が……まるで私がプロデューサーに対してわがままばっかり言っているみたい」

P「言ってない気か?」

未央「……言ってるかもしれなしい、言ってないかもしれない。難しい問題ですね」

P「誰だよ。まあ、確かに未央は変なところで遠慮することもあるけどな」

未央「んっ! ……それはあんまり言ってほしくないんだけど」

P「事実だろ? これでも長い付き合いだからな。今更そんなことで恥ずかしがるなって」

未央「……プロデューサーだって、変なところですぐ落ち込むし変なところで面倒くさかったりするし、あと――」

P「ごめんなさい」

未央「ふふん、よろしい。プロデューサーが私の弱みを知っているように私もプロデューサーの弱みを知っていることを忘れないように!」

P「肝に銘じます。……って、こんなことしてないで、さっさと入るか」

未央「そだね」
675 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:01:40.29 ID:+h7s1ZHc0

――店の中

未央「ふぅ……店の中に入るとやっぱりあったかいね」

P「ああ。でも、誕生日にラーメン屋か……」

未央「ラーメンが食べたい気分だったからねー。あと、ラーメン屋さんと言えばプロデューサーと色々と思い出もある場所だし?」

P「ここ連れてくるの初めてだけどな」

未央「ラーメン屋というジャンルの話だからいいのです。最近あんまりラーメン屋さんに連れて行ってもらってなかったし?」

P「確かに結構久しぶりか。未央と来るなら、って考えるとあんまり行ったことのない店に行こうと思うからな……」

未央「あー、やっぱり? それで、ここは何が有名なの?」

P「何が、って言うと難しいが……貝?」

未央「貝のラーメン……あんまり食べたことないかも?」

P「かもしれないな。そこまで珍しいってこともないが、そこそこ珍しいからな」

未央「やってるところはやってる、みたいな?」

P「そうだな。それくらいの表現がちょうどいい。で、注文は?」

未央「プロデューサーと一緒で!」

P「ん。それじゃ、ラーメンとチャーシュー丼だな。……いや、未央には多いか?」

未央「多いかな? でも、チャーシュー丼も気になるし……うん、一緒にする」

P「わかった。じゃ、それで頼むな」

未央「はーい」
676 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:02:48.32 ID:+h7s1ZHc0

――

P「で、来たな」

未央「ほほー……こういうビジュアルですか。なんだか綺麗に盛り付けられてるね」

P「見た目も味に影響するもんだしな。のびたらなんだし、さっさと食べるか」

未央「うん! それじゃ、いただきまーす」

P「いただきます」

未央(でも、本当に綺麗な盛り付けだなー……薄切りのチャーシューがスープを覆うように盛り付けられていて、スープがあんまり見えない。まずはこのチャーシューにどいてもらって……お、このチャーシュー、やわらかくて、しっとりした感じ。レアチャーシュー? って言うんだっけ。これはチャーシューを食べるのも楽しみ……だけど、まずはこの、黄金に輝く透き通ったスープから!)ズズ……

未央「……ん!」

未央(貝! 貝だ! もう、本当『貝―!』って感じ! 口に含んだ瞬間に口の中が海の……えっと、とにかく、貝でいっぱいって感じ! 味は醤油系? でも、醤油の味はそこまで強くないかな。強烈な貝の味と醤油の味、旨味と香りが口いっぱいに広がって……うん、本当に、『広がる』って感じ。余韻も貝〜って感じで……ほんの少し、貝独特の『えぐみ』みたいなものも感じる。でも、どうしてかそれが全然嫌じゃなくて……どうしてなんだろう。それもなんだか『おいしい』って感じる)

未央(……スープを飲んだだけでわかる。このラーメン、めちゃくちゃおいしい。なんでおいしいラーメンってこんなにおいしいんだろう……いや、ラーメンだけじゃないだろうけど)

未央(とりあえず、次は麺を食べよう。ラーメンと言えば麺だからね。それを食べないことにはまだ勝負はわかりませんよ。なんて、料理漫画とかだったら展開が読めるフラグを言っておいて……)ズズ……

未央「……ん」

未央(うん! わかってた! これはおいしい! やっぱりラーメンは麺とスープの相性が大事だよね! しっかりとスープの味が一緒になって、でも歯ごたえは結構しっかりして主張していて……うん、すするのが気持ちいい麺、って感じ。ずるずるすするのが気持ちいい。それが貝の旨味が凝縮された極上のスープと一緒になるんだからもう最高。うーん、これはすごい……)

未央(と、スープと麺を味わったところで、一回チャーシュー丼を食べてみましょう。細かく切り刻まれたチャーシューがいっぱい乗ってて半熟玉子まで付いてるチャーシュー丼。……これもこれでおいしそう。とりあえず、いただきます)パクッ

未央「……うん」

未央(おいしいよね! うん、これはおいしい! ラーメンとはちょっとベクトルの違う味。なんだか『おいしい』っていう直球で来た……みたいな? 肉の旨味で口の中を征服してやるぜー! みたいな。ラーメン屋さんのこういうちっちゃな丼ってなんだかすごくおいしかったりするのはなんでだろうなー)

未央(さてさて、またスープを飲みまして、っと……あー、やっぱりおいしい。麺もすすって、それから具に手を付けていきましょう)

未央(チャーシューとメンマと煮玉子と……チャーシュー丼とラーメンで玉子がかぶってしまったなー。いや、チャーシューもかぶってるんだけど、ラーメンの方はレアチャーシューだし? ちょっと違うってことで)

未央(とりあえず、メンマからー……んー……強烈な何かがあるってわけじゃないけど、落ち着く感じ……コリコリしてて、味もおいしくて……良い感じ……)

未央(それじゃ、次は……この大ぶりのチャーシューをいただきましょうか! 麺と一緒に食べるかどうかは迷うけど……まずは、これ単品で!)パクッ

未央「……んー」

未央(おーいーしーいー……厚みはそんなだけど、結構大ぶりだったから、一気に頬張るとぼりゅーみー……口の中がお肉でいっぱい。しっとり上品で口の中に旨味が広がる感じ……おーいーしーいー……)

未央(はぁー……なんだか気が抜けてしまった……ここは煮玉子パイセンに口の中をキリッとさせてもらいましょう。煮玉子パイセン、カモン!)パクッ

未央「んー……!」

未央(やっぱり煮玉子パイセンは偉大ッスー! とろとろ半熟濃厚煮玉子ー! やっぱりおいしい! そのままスープ! うん! おいしい! 麺! おいしい! しーあーわーせー!)
677 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:04:15.51 ID:+h7s1ZHc0

――

未央「ふぅ……結局スープぜんぶ飲み干しちゃった……」

P「ここのうまいからなー。俺もあんまり飲み干す方じゃないが、ここのは飲み干す。濃すぎることはないし、うますぎるから」

未央「ハッ! まさか、多すぎるんじゃないか、って言うのはこういうこと……?」

P「バレたか……いや、未央も飲み干しとは思ってなかったけどな」

未央「おいしかったからねー。アイドルもラーメンの汁を飲み干すことはあるのですよ」

P「あるか? ……いや、ありそうだな」

未央「あるある。まあ、さすがにちょっと気をつけないと、だけどね」

P「アイドルだもんな」

未央「プロデューサーもだよ? 大人なんだし、私よりも危ないかもよ〜?」

P「……善処します」

未央「それしないやつ。もう、健康診断とかはどうなの?」

P「今のところは大丈夫……の、はずだ」

未央「ハズじゃ安心できませんなー。プロデューサーの身体も大事なんだし、ちゃんと気を付けてよ?」

P「……まあ、うん。少なくとも病気にはならないようには気をつけたいと思います」

未央「よろしい。それじゃ……帰る前に、ちょっと、いい?」

P「ん? 構わないが……なんだ?」

未央「えへへ。ちょっとね。プロデューサーと、行きたい場所があって」

P「行きたい場所……?」

未央「あ、さすがの私でも一八歳になったからそういうところにー、とかじゃないよ? そこは心配しなくてもいいから」

P「最初からしてない。高校生だしアイドルだしな」

未央「でも私の友達に」

P「それは話すな! 女子高生への幻想が壊れる!」

未央「幻想ってわかってるんだ……」

P「夢でしかないとわかっていても夢を見ていたいものなんだよ。アイドルと同じで、な」

未央「アイドルと一緒にされたくないんだけど!?」

P「……そうだな。俺としたことが、取り乱してしまった」

未央「そんなに……? まあ、それはそれとして、連れて行ってくれる? プロデューサー。私が行きたい場所に」

P「……ああ。連れて行くよ。未央が言うならどこにでも、な」

未央「……そういうところでも?」

P「だからそういうことは言うな」
678 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:05:23.42 ID:+h7s1ZHc0

――

P「よ、っと……ここだな」

未央「うん。東京で星が見える場所。この時間なら、まだ行けるかなーって」

P「この時間なら、まだ、な。……でも、本当に見えるな。東京に、こんなに星が見える場所があったのか」

未央「アーニャに教えてもらってねー。私も、こんなに見えることは知らなかったけど」

P「星がよく見える場所で撮影、なんてこともあったが……いつでも行けるような場所でこんなに見えると、ちょっと、変な感じだな」

未央「だね。……プロデューサー、星、綺麗だね」

P「そうだな。……本当に、綺麗だ」

未央「私は?」

P「……言わされてるみたいで嫌なんだが」

未央「プロデューサーから言わないから悪いんだよ?」

P「言う暇ほとんどなかっただろ……でも、綺麗だよ、未央」

未央「綺麗だけかな?」

P「んー……こういうところで茶化すところは面倒くさくてかわいいよな」

未央「……それはあんまり言われたくなかったかも」

P「ははは。調子に乗るから悪い」

未央「むぅ。今日の私は『プロデューサー一日好きにしていい券』を持っているのに……」

P「渡してない渡してない。……誕生日プレゼントは、別にあるしな」

未央「え?」
679 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:06:25.85 ID:+h7s1ZHc0
P「誕生日おめでとう、未央。受け取ってくれ」

未央「う、うん。……開けても、いい?」

P「ああ。開けてくれ」

未央「それじゃあ……これは、ペン?」

P「ああ。普段使いできるものの方がいいかと思ってな。受験に使うには、遅かったかもしれないが」

未央「……ううん。ありがとう。大切に、使わせてもらうね」

P「……よろこんで、くれたか?」

未央「え? そりゃ、まあ、プロデューサーからのプレゼントだし、このペンも、なんだか良いペンっぽいし……授業とかではちょっと使いにくいかもだけど、プロデューサーも、勉強用に、って渡したわけじゃないでしょ?」

P「いや、使い方は自由にしてくれて構わないが……いざ渡す、ってなると本当にこれで良かったのかって考え出してな。結構、不安でいっぱいだった」

未央「……プロデューサーって、そういうとこあるよね。大丈夫だよ。確かに『指輪じゃないのかー』とは思ったけど」

P「指輪はない」

未央「ないかー。でも、いつかは欲しいなー……ちらっ」

P「……いつか、な。いつか」
680 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:07:11.58 ID:+h7s1ZHc0
未央「お! 言ったね? 言質とったから! 私、もう忘れないよ?」

P「そこはもうちょっとしおらしい反応じゃないのか?」

未央「ふっふっふ。未央ちゃんは力の入れどころを見誤らないのです。ここで言質をとっておかないと、プロデューサー、色々と言い訳とかしそうだし?」

P「さすがにしない。……と思う。たぶん」

未央「たぶん?」

P「……絶対」

未央「うむ。それでよいぞ、プロデューサー」

P「王さま?」

未央「みおおうさま」

P「なんかよくわからんな」

未央「みおおうさま、みおーうさま……未央サマー! ハッ! 夏は私の季節とは、つまり、未央ちゃんが王さまだということを表していたのかー!」

P「いや意味わからん。今冬だし。未央は王さまじゃないし」

未央「ちょっと意味わからないノリになっちゃってた?」

P「ちょっとというかだいぶな。だいぶ」

未央「そっかー。えへへ。プロデューサーからのプレゼントが嬉しくて、かも。なんちゃってー」

P「……照れ隠しでもそう言われると、なんか、嬉しいな」

未央「お、プロデューサーかわいい」

P「かわいい言うな。……と言うか、冬って思うとなんだか急に寒くなってきたな」
681 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:08:29.85 ID:+h7s1ZHc0
未央「そだね。……手、つなぐ?」

P「……ん」ギュッ

未央「……プロデューサーの手、あったかいね」

P「未央の手も、な」

未央「ということは……私たち、アツアツ?」

P「それ、違う意味に聞こえるからやめろ」

未央「でも、間違ってはない……でしょ?」

P「……かもな」

未央「……えへへ。プロデューサー、腕も腕も」

P「んっ……当たってるんだが」

未央「それは『あててんのよ』ってやつですよ。未央ちゃんのふにふに……いや、ブラ越しだからそこまでやわらかくはない? どう?」

P「感想を求めるな! ……やわらかいです」

未央「うん、正直者でよろしい。えっちなプロデューサーくん♪」

P「えっち言うな。エロい未央」

未央「エロっ……エロい未央は、ひどくない? どっちの意味にもとれるし……」

P「……どっちの意味でも合ってるだろ?」

未央「合ってませんー! どっちの意味でもエロくなんかありませんー」

P「いや、それはない」

未央「なんで!?」

P「だって……ああ、もう、暑くなってきた。そろそろ離れろ」

未央「ダメですー。でも……プロデューサーって、私のこと、そういう目で見てたんだ」

P「……そういう目だけじゃないぞ? というか、誕生日になんでこんな話をしてるんだよ……」

未央「プロデューサーがエロいとか言ったから?」

P「お前が胸を押し付けたからだろ……」

未央「そうかな? それじゃあとりあえずこれでこの話はおしまい、ってことで」
682 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:09:17.08 ID:+h7s1ZHc0
P「……それでも腕は組んだままなんだな」

未央「あ、おしまいって言ったのに続けてるー。というか、今までにも腕を組むことはいっぱいあったでしょ? 慣れないの?」

P「慣れな……いや、確かに、少しは慣れたかもしれないが、こう改めて考えるとだな……」

未央「そっか。うん、プロデューサーも、そう、だよね」

P「も?」

未央「なんでもありませーん。……プロデューサー、もうちょっと、このまま星を見ていてもいい?」

P「このままって……このままか?」

未央「うん。……ダメ?」

P「……いや、今日は未央の言うことを聞く日、らしいからな。それくらいなら、いくらでも」

未央「……ありがと、プロデューサー」

P「どういたしまして」

未央「……ね、もう一回、誕生日、祝ってくれない?」

P「ん? ……そうだな。誕生日おめでとう、未央。この一年もよろしく」

未央「こちらこそ、この一年もよろしく、プロデューサー。私のこと、もっともーっと輝かせてよね☆」



683 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:16:03.43 ID:+h7s1ZHc0
これにて今回は終了です。
割りと久しぶり? なラーメンです。でも「久しぶり」なんて言葉が出てくる時点でラーメンを何回も書いているということ……これはいったい……?

今年は更新頻度ぜんぜんでしたがこのSSでの未央が受験生だったからー……とかではなく普通にあんまり書けなかっただけです。これからもこれくらいの頻度かもしれませんが、そこそこの頻度で書いていきたいなー……と思います。

本田未央さん、誕生日おめでとうございます。この一年も、あなたが輝く一年でありますように。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
684 : ◆Tw7kfjMAJk [saga]:2017/12/01(金) 19:18:52.12 ID:+h7s1ZHc0
あとSSとは関係ないですが今回の未央ヤバいですねマジ美少女マジ美人マジかわいいマジ綺麗すごいヤバい。
総選挙CDもあるし楽しみだし……Tulipも……なんか発表されるまでは「まだかなー」って思ってたんですけど発表されてからがめちゃくちゃはやくかんじる……こころのじゅんびが……。

改めてありがとうございました。
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 05:32:36.75 ID:NvQLGfCmo

ほんま、貴方の書く未央は可愛い
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/31(日) 19:34:20.67 ID:I0Ii3/LJ0
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/01(木) 01:03:56.34 ID:52LBsNmp0
保守
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/01(木) 23:43:01.08 ID:Kiu9uTRd0
689 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 22:56:46.99 ID:nkn1mx640

――駅

P「未央」

未央「えっ、あ――プロデューサー? 迎えに来てくれた、んだ」

P「ちょうど近くまで来てたからな。それと、お疲れ様。一段落だな」

未央「うん。まだ終わったわけじゃないけど……たぶん、大丈夫。だと、思う」

P「それは良かった。しかし、べつにまだ休みでもよかったんだが」

未央「ううん。私も久しぶりにみんなの顔を見たかったしね。身体もなまっちゃいけないし? しぶりんとかもそうでしょ?」

P「まあ、そうなんだが……凛はもう身体を動かしたくてうずうずしてる、って感じだったからなぁ」

未央「しぶりんが? それは見たかったかも」

P「見るからに『動かしたいー!』って感じだったからな。正直かわいかった」

未央「私は?」

P「かわいいって言われたいのか?」

未央「そうそう。あと、頑張ったご褒美とか欲しいなー、って」

P「……寄り道、するか?」

未央「するするー! いやー、プロデューサーくんは未央ちゃんのことがわかってますなー」

P「そんだけわかりやすいアピールされたらな。で、どこに行く?」

未央「んー……さすがにそこまで時間はかけられないよね。なら、そんなに時間はかからないような……あ」

P「どうした?」

未央「あそこ、行かない?」

P「あそこ? って……ああ。確かに、ちょうどいいか。ご褒美には安いかもしれないが」

未央「そう思うなら、ご褒美は後で追加してくれても構いませんよ? 私としては大歓迎ー」

P「考えとくよ。とりあえず、入ろう」

未央「はーい」
690 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 22:57:15.02 ID:nkn1mx640

――店の中

未央「うーん……どうしよっかなー」

P「俺はここの飲茶とか結構好きなんだよな」

未央「お、そうするの? ドーナツじゃなく?」

P「でも、そんな時間もかけられないって言っててそれはな……」

未央「私はべつにいいよ? そもそも、ここにした時点で時間はあんまりかからない方だと思うし」

P「ただ、ドーナツが食べたいという気持ちもある」

未央「あー……じゃあ、どっちも、とか? 私も飲茶、ちょっと食べたいし」

P「なら、それでいくか」

未央「うん。けってーい。それで、ドーナツはどうするの?」

P「んー……チョコファッションで」

未央「それじゃ、私は……ゴールデンチョコレートで! なんか縁起良さそうだし!」

P「ゴールデンだから? ……飲茶は点心でいいか?」

未央「お、意外なところで来たね。もっとわけやすいので来ると思ってた。いや、三つに最初からわけられてるけど」

P「他のはさすがに重い気がしてな……あと純粋に食べたい気分だったから」

未央「食べたい気分なら仕方ないですなー」

P「うん。仕方ない。ってことで、注文しとくか。未央は席とっといてくれ」

未央「はーい。あ、飲み物はカフェオレでよろしく」

P「はいよ」
691 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 22:59:22.84 ID:nkn1mx640

――

未央「はい、おかえりー」

P「ただいま。って、なんか違わないか?」

未央「違わない違わない。それじゃ、早速ドーナツをいただこっかなー。あ、はんぶんこ、する?」

P「チョコファッション、めちゃくちゃ半分にしにくいんだが」

未央「チョコ部分とチョコじゃない部分で?」

P「それなら簡単だけど嫌だろ……まあ、一回割ってみるか」

未央「うんうん。やってみてやってみて」

P「ん……お、意外といけた」

未央「まあ、半分じゃなくて四等分だけど?」

P「そっちのが簡単だからな。それに、同じことだろ?」

未央「同じことだねー。それじゃ、私のゴールデンなチョコレートを半分差し上げましょー」

P「ありがたき幸せ。って言っても、まずは自分のから食べるんだが」

未央「私もー。いただきまーす」パクッ

P「いただきます」

未央「……うん。やっぱりおいしいね。ドーナツ。この黄色いのがおいしい。この……パフみたいな……なに?」

P「粒?」

未央「そのまんまだね」

P「でも、それ以外どう表現すればいいのかわからないからな。正式名称あるんだろうか」

未央「どうだろ? とにかく、この黄色いカリカリがおいしいんだよね」

P「甘くて楽しい食感だよな」

未央「そうそう。子どもの頃とか大好きだったなー……今でも好きだけど」

P「俺もそうだったな。なんか『ゴールデン』ってのに惹かれた想い出がある」

未央「その気持ちはわからないなー。男の子だからかな? ウチの兄弟もそうだったかも」

P「かもな。それと比べると、チョコファッションとか、オールドファッション系のは『オトナ』って印象があった」

未央「あー、ちょっとわかる。なんか、子どもの頃は手を出しにくかったかも」

P「やわらかくないし、甘そうでもないからな。今となってはどんな見方だよって思うが」

未央「子どもの頃の純粋さを失ってしまった、ってことだね……」

P「純粋さ関係あるか?」

未央「あるある。未央ちゃん調べ」

P「それは説得力あるな」

未央「でしょ? 他にプロデューサーくんは未央ちゃんにメロメロー、なんて調査結果もあったり」

P「はいはい。それで、未央は点心、どれが食べたい?」

未央「スルーされたー。エビでお願いします」

P「ん。じゃあ俺が小籠包もらって……肉まんなら半分に割れるか?」

未央「割れそうだね。不器用なプロデューサーくんには難しいかなー?」

P「……お願いします」

未央「うむ。器用な未央ちゃんが綺麗に割ってあげましょ……あ」

P「……」
692 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 23:01:46.58 ID:nkn1mx640
未央「ま、まあ、口に入れればいっしょ……だし?」

P「さすが器用な未央さま」

未央「むぅ。悪かったってー」

P「って言っても、俺がやったらもっとひどい結果になってたような気もするしな。ありがとう、未央」

未央「……どういたしまして」

P「それじゃあ、もらうな。……うん、やっぱりうまいな。こうやってほんの少し食べるのがいいんだよな」

未央「ちょうどいい量?」

P「食べてる間はもっと欲しくなるんだけど、それがまたちょうどいいんだよな」

未央「もっと食べたーいって思える間に終わるのがいちばん幸せって言うしねー。それじゃ、私もエビのを一口……うん、おいしい。ぷりぷりしてて、やっぱり好き」

P「……なんか、エビ食べたくなってきたな」

未央「食べに行く?」

P「諸々終わってから、予定が合えば。しかし、ピンポイントでエビって言うと……何がある?」

未央「んー……エビフライとか、エビチリとか?」

P「あとは……寿司とかでもあるか」

未央「ん! お寿司! 合格祝いに?」

P「……あんまり高くないところでお願いします」

未央「お、いいの? 言ってみただけだったんだけど」

P「問題、ない……と、思う。たぶん。街場寿司って感じのところなら、まあ……」

未央「回らないお寿司?」

P「とは言っても、回転寿司でもそこそこの値段する店も多いからな。金額的にはそう変わらないかもしれない」

未央「そうなんだ。なんか、回らないお寿司ってもっとお高い印象があったかも。でも、お寿司はもともと庶民のもの……だっけ?」

P「よく言われる話だな。とにかく、未央が金のことを心配する必要はないってことだ。それより心配することもあるだろうからな」

未央「うぐっ……わ、忘れたわけじゃありませんよ? 気が早いかもー、とは思ったけど、今から『合格祝い』って言ってた方が、なんか、気が楽じゃないですか」
693 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 23:03:04.91 ID:nkn1mx640
P「それはそうかもしれないが……まあ、俺もそこまで心配しているわけじゃないけどな。後期の方は前期の合格発表の後、だったか?」

未央「そうだね。たぶん、大丈夫だとは思うんだけど……何が起こるかわからないし、それまでは勉強しとかないとねー」

P「それはまあ、な。……この、発表までの間がいちばんキツいんだよな。合格すればいいとは言ってもまだ試験は残ってる。勉強はしなくちゃいけない。でも、合否がわからない状態だと勉強もなかなか手がつかない。しなくちゃいけないのに集中できない。……俺の時は、そんな感じだったよ」

未央「だからこそ、こうして気分転換に来ているわけですよ。誰かと話してると、安心するから」

P「役に立てているなら光栄です」

未央「うむ。そなたは非常に我が役に立っておるぞよ。……ほんとうに、ありがとね、プロデューサー」

P「まあ、話しているだけなんだけどな。他に何かしてほしいこととかあるか?」

未央「なんでもいいの?」

P「ものによる」

未央「えー」

P「えー、じゃない。……まあ、できることならな」
694 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 23:03:31.28 ID:nkn1mx640
未央「お、それじゃあ……そう言えば、まだ言ってもらってないことがあったね」

P「ん? なんか、あったか?」

未央「ほら。しぶりんの話、してるとき。私に言ってないこと、あったでしょ?」

P「凛の話? ……あー」

未央「わかった? それじゃあ、それを言ってほしいなー?」

P「……改めて言うってなると、なんか、アレだな。恥ずかしい」

未央「でも、できることでしょ? ほらほら。言ってくれたら、私、もっと頑張れると思うんだけどなー」

P「……わかった。言うよ。言いますよ」

未央「うん。言って言って?」

P「……かわいい」

未央「誰が?」

P「……未央が」

未央「じゃあ、続けて言って?」

P「……遊んでるだろ」

未央「もちろん。普段はさらっと言うこともあるのに、改めて言うとなると恥ずかしがってるプロデューサーくん」

P「説明するのやめてくれ」

未央「それで? まだ続けては聞いてないなー」

P「……未央は、かわいいよ」

未央「そう言うプロデューサーも、かわいいよ♪」

P「かわいいはやめてくれ」

未央「じゃあ、かっこいい?」

P「疑問形か」
695 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 23:04:03.61 ID:nkn1mx640
未央「んー……プロデューサーが言われたいって言うなら、言ってもいいけど?」

P「……」

未央「……えへへ。まったくもう、プロデューサーくんは素直じゃないですなー」

P「ノーコメントで」

未央「そっかー。そっかそっか。……ね、プロデューサー」

P「……なんだ?」

未央「……やっぱり、なんでもない」

P「そうか」

未央「うん」

P「それじゃ、そろそろ出るか。近いとは言っても、さすがにな」

未央「だね。事務所まで、手でも繋ぐ?」

P「遠慮しとく」

未央「そっか。……えへへ」

P「……どうして笑ってるのかわからないんだが」

未央「そう? ……ふーん」

P「……なんだよ」

未央「んー? ……なんでもなーい」

P「……そうか」

未央「うん。そうなのです」

P「……帰るか」

未央「うんっ。いっしょに、ね」



696 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 23:08:56.13 ID:nkn1mx640
これにて今回は終了です。
めちゃくちゃ久しぶりです。お久しぶりです。
「験担ぎ的な意味でカツとか……いや、でも、最近インフルエンザ流行ってるしな……それにカツとか重いもの食べさせるのも……あ、言ってる間にもう二月……バレンタインデーとか……いや、まさにって時期に人が多いところに行かせるのはどうなのか……あ、そうだ、それなら今まで書いてこなかったけど設定としてはある去年とか一昨年のバレンタインデーを書けば……あっ、バレンタインデー終わってしまった……それじゃあ……」
みたいな感じで迷いまくって全然書けませんでした。ちょこっと書いた状態で「時期的になー」と思って没になった残骸が結構あったりします。そんな言い訳とは関係なく純粋にめちゃくちゃ遅かったというだけではありますが。……すみません。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
697 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/03/06(火) 23:16:20.35 ID:nkn1mx640
あとSSとは関係あるかどうか微妙なんですけど今回の店の点心って最近あんまり見なくなったような気がしなくもないんですけど私が行っている店がたまたまそうってだけですかね? うーん……どうなんだろうか。
今回の店は書いたことあると思ってたんですがないっぽいので書きました。めちゃくちゃ頻繁に行っているってほどではないんですが、好きなんですよねー。個人的事務所設定ではなぜかこのお店のドーナツがよく事務所に置かれてあったりするらしいです。どうしてかなー。

改めてありがとうございました。
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/08(木) 21:39:00.65 ID:nG3xosW5O
乙です
例の店は最近だと点心置かなくなった店舗が増えた印象ですね
パン系やパスタなんかに力入れてるみたいですし

それにしてもドーナツ回なのにあのアイドルが出てこないのは意外でしたww
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/21(水) 12:46:05.81 ID:ZSJxctZ50
来てたー!
待ってたー!
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/21(土) 11:10:58.70 ID:dCe0s1yOO
701 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 20:57:28.85 ID:swKObOD40
未央「高校卒業アンド入試合格アンド大学入学祝い!」

凛「お寿司だっけ」

P「だな」

藍子「でも、良かったんですか? 回らないお寿司って、高いんじゃ……」

P「高級店ってわけじゃないから大丈夫だよ。ありがとう、藍子。気遣ってくれて」

未央「……あのー、未央ちゃんの声、聞こえてるかなー」

凛「聞こえてるよ」

P「聞こえてる」

未央「それだったらさっきのに何かしらの反応が欲しかったんですけど! にぎやかし的な!」

藍子「えっと……わ、わー?」

未央「うう……あーちゃん。やっぱりあーちゃんだけが私の味方だよ……」

P「未央まで藍子に気遣わせてるな……」

凛「と言うか、入学祝いだけでいいと思うんだけど。他の、いる?」

未央「いりますとも。その三つが合わさったからこそ、プロデューサーが回らないお寿司屋さんに連れて行ってくれるんだからね」
702 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 20:58:50.29 ID:swKObOD40
P「べつにそういうわけじゃないが……まあ、本当におめでとうな、三人とも。大学はもう始まって少し経つくらいだと思うが、どうだ?」

未央「楽しい!」

藍子「楽しいです」

凛「『こういうのなんだ』って感じかな」

P「んっ……り、凛さん? なんか、二人に比べて答えがずいぶん淡白なんですが」

凛「まだ入ったばっかりだしね。高校の時とは全然違って……自由? と言うか、放任? な感じだけど、それくらいじゃない?」

P「えぇ……いや、まあ、俺もそんな感じだったかもしれないが、もっとこう、他に……ないか?」

未央「んー……なんでも自由にできるぶん、『なんでもできるー!』みたいな感じがある、とか?」

P「お、それそれ。そういうのがやっぱり大学の――」

凛「私たちの場合、自由にできるぶんはだいたいアイドルの時間になるから」

P「……ごめんなさい」

藍子「あはは……まあ、忙しいことはいいことですから。いつもありがとうございます、プロデューサーさん」

P「あ、藍子……よーし! これからもばんばん仕事とって来てやるからな!」

藍子「はいっ」

P「凛も! 大学生活、充実させてやるからな! 覚悟しとけ!」

凛「うん。期待してるよ」
703 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 20:59:51.00 ID:swKObOD40
P「……それで、実際のところ、大学はどうなんだ?」

凛「まだ気にしてたの?」

P「そりゃ、まあ……気になるよ」

凛「……悪くないよ。未央や藍子ほどかはわからないけど、楽しんでる、と思う」

P「そうか。……良かったよ」

凛「……ふふっ」

P「なんで笑う?」

凛「いや……プロデューサーは、私のお父さんなの? と思って」

P「……そんな感じのこと言ってたか?」

凛「うん。言ってた」

P「そうか……まあ、凛のことを大切に思っている、ってことで」

凛「ふふっ。じゃあ、そうしとく」

未央「……お二人さん、私たちのことを忘れてはいませんかね?」

凛「忘れてないよ。ね、プロデューサー」

P「忘れてない忘れてない」

藍子「じゃあ、私たちは?」

P「……私たちは?」

未央「私たちのことは、どう思っているのかってことですよ。ね、あーちゃん」

藍子「そういうことです」

P「そりゃ、大切に思ってるよ。当然だろ?」

未央「本当に?」

藍子「凛ちゃんと同じくらい?」

P「藍子にそうやって詰められるの、なんか、変な感じなんだが……もちろん、二人とも、凛と同じくらい大切に思ってるよ」

未央「ふむふむ……それならよろしい」

藍子「いえ、よろしくありません。未央ちゃんと私たちじゃ、大切の種類が少し違うんじゃないですか?」

P「んっ!?」

未央「ちょ、あーちゃん!?」
704 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:00:45.49 ID:swKObOD40
凛「あ、それは私も気になるかも。どうなの? プロデューサー」

P「……凛、お前、いやらしい微笑み方覚えやがって」

凛「レッスンの成果じゃないかな」

藍子「それで、どうなんですか? プロデューサーさん、未央ちゃん。未央ちゃんが大学生になって、お二人の関係に進展はあったんですか?」

P「藍子も記者みたいな聞き方するな?」

藍子「レッスンの成果です」

P「くっ……こいつら、アイドルから色んなものを得てやがる……! それも、余計なものを……! ……と言うか、未央! こういう時は未央が助けてくれる流れじゃないのか!?」

未央「えーっと……私も、その件については詳しく聞きたいなー、って」

P「ちょっ……お前、また、かわいいこと言いやがって! でも今は助けてほしいんだが!」

凛「かわいいだって」ヒソヒソ

藍子「これはスクープが期待できますね」ヒソヒソ

P「聞こえるようにひそひそ話するな! 何もないからな? 本当に」

未央「……何も、ないの?」

P「あっ……いや、今のは、だな」

凛「これ、修羅場じゃない?」ヒソヒソ

藍子「修羅場ですね」ヒソヒソ

P「そこの二人、聞こえてるからな……! あと、未央。お前もわかってるだろ? さっきのは、そういう意味じゃなくてだな……」

未央「……じゃあ、どういう意味?」

P「それ、は……」

未央「……んふっ。あ、ごめ、でも、もう無理……あははっ」

P「は? ……あー」

凛「どうしたの? プロデューサー。そんな溜息ついて」

藍子「ふふっ、あ、すみません。……ふふっ」

P「……凛も藍子も、あんまりこういうことしない方だと思ってたんだが」

藍子「やってるうちに乗ってきちゃって」

凛「何のこと?」

P「凛は共犯者が自白してるのによくのうのうとそう言えるな?」

凛「私は関係ないから」

P「ノリノリだったやつの台詞じゃないんだが」

未央「まあまあ。それくらいにして、そろそろ行かない? 私、お腹空いてきちゃったなー?」

P「ん、そうか。そうだな。そろそろ行くか」

未央「それでは、回らないお寿司に……レッツ、ゴー!」

藍子「おー♪」

凛「おー」

P「……そんな高いところじゃないからな? マジで」
705 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:01:25.43 ID:swKObOD40

――店の前

未央「ほうほう……確かに、お寿司屋さん! って感じのお店だね」

凛「プロデューサーが言ってた通り、そんなに高級店って感じじゃなくて、街のお寿司屋さん……みたいな感じだね」

藍子「念のためにお金を用意しておいたんですけど……余計な心配だったみたいですね」

P「……藍子。心配してくれるのは嬉しいんだが、べつに高級店でも無理したら払えるからな? ちゃんと給料もらってるからな?」

藍子「ですよね。失礼なことだとはわかっていたんですけど……回らないお寿司って聞くと、なんだか必要以上に身構えちゃって」

P「その気持ちはわからないでもないが……大学生になったとは言っても、それでいきなり大人になるわけじゃない。気楽に構えて任せてくれ」

藍子「……はいっ」

P「それで、だ。……そこの二人は、何をそわそわしているんだ?」

未央「っ……と、ですね。べつに、なんでもない、デスヨ?」

凛「私は本当になんでもないよ。いっしょにしないで」

P「……未央?」

未央「……実は、私も結構お金を持ってきておりました」

P「……そうか」

未央「プロデューサーを信用してなかったわけじゃないんだよ? でも……万が一があったらことだな、と思いまして」

P「……そうか」

未央「……あの、プロデューサー?」

P「……俺、もうちょっと身なりとかに気を遣った方がいいのかな」

未央「わー! ごめん! ごめんって! 私たちが心配し過ぎただけだからー!」

藍子「そ、そうですよっ。大丈夫ですから。ね?」

凛「……お店の前で騒いでないで、もう入らない?」

P「はい」

未央「ごめんなさい」

藍子「えっと……じゃ、じゃあ、入りましょう」
706 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:02:34.17 ID:swKObOD40

――店の中

未央「ん、中は思ったよりも広い……かも?」

凛「カウンターだけじゃなくてテーブル席もあるんだね。思ってたよりも気楽そう」

藍子「内装も完全に和風、というわけではないんですね。雰囲気はちゃんとありますけど、そこまでぴりっとしていない、というか」

P「そんなもんだよ。まあ、俺も色んなところに行っているわけじゃないからわからないんだが」

未央「この店にはよく来るの?」

P「ちょくちょくな。月に一回来るかどうか……いや、何ヶ月かに一回くらいか」

凛「いつもは誰と来てるの?」

P「何人かで来る時もあるけど、結構ひとりでも来るからな?」

藍子「お寿司屋さん……ということは、どちらかと言うと日本酒が好きな人ですか?」

P「いや、鮨も最近は結構ワインとのマリアージュに凝ってるところもある……が、ここは確かに日本酒だな」

未央「へー……お寿司と言えば日本酒ってイメージがあったけど、それだけじゃないんだね」

凛「どっちにしても、私たちはまだ飲めないけどね」

P「まあ、それはまた飲めるようになった時にな。ただ、本当に飲み過ぎないように。この三人だと……たぶん、大丈夫だと思うが」

未央「意外とあーちゃんがすごい酒豪だったりして」

藍子「えっ」

凛「ちょっとわかるかも。飲むペースはゆっくりだけど、ずっと飲み続けている藍子。想像できるから」

藍子「わ、私、そんなイメージありますか?」

P「なくはないな。逆に、めちゃくちゃ弱かったりするかもしれないが」

未央「お酒に弱いあーちゃん……それはそれで、想像するだけでかわいいですなー」

凛「藍子はどういう酔い方するんだろうね。意外と、悪酔いするタイプだったりして」

未央「ちょっと子どもっぽくなんてなられたらもうイチコロだね。かわいすぎて心配」

P「その場合は禁酒だな。藍子には悪いが、大事なアイドルだからな。信用できる誰かがいない限りは禁酒だ、禁酒」

藍子「……まだお酒を飲める年齢になってもいないのに、禁酒令まで出されちゃうんですか」

未央「あはは。でもまあ、あーちゃんはゆるふわだけどしっかりしてるし、大丈夫だと思うけどね」

P「誰でもダメになる可能性があるから酒はこわいんだけどな……」

凛「実感こもってるね」

未央「とにかく、酒は飲んでも飲まれるな、ってことですよ。そもそも今日誰もお酒飲まないのに、どうしてお酒の話に……」

P「さて、じゃあ何を注文しようか。俺はいつもおまかせでいくつか握ってもらってからお好みで……って感じなんだが、どうする?」

凛「話の変え方、ちょっと強引過ぎない? 私はそれでいいよ」

藍子「私もです」

未央「私も」

P「それじゃ、それで頼むか。すみません」
707 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:03:24.10 ID:swKObOD40

――

未央「お、これは突き出しってやつですね?」

P「そうだな。イカの湯通し、か」

凛「シンプルだね」

P「この感じがいいんだよ。ぐにぐに噛んで酒を飲んで寿司を待つ……って、酒は飲まないんだが」

藍子「……飲みます?」

P「飲まない」

未央「とりあえず、一口もらうね。……ん、おいしい。そこまでかたいわけじゃなくて、でも、しっかりと弾力はあって……確かに『いい感じ』だね」

凛「ん……うん。そうだね。おいしい。こういうの、私は好きだな」

藍子「確かに、凛ちゃんはシンプルなものが好きそうなイメージがありますね」

未央「あ、わかる。しぶりんはそういうの好きそう。まっすぐだし」

凛「まっすぐだし、って……どういう意味?」

未央「なんか……寄り道せずに、まっすぐに、と言うか……無駄がない感じ?」

藍子「洗練されたイメージですかね」

未央「あ、それそれ。洗練された感じ」

凛「……よくわからないんだけど」

P「なんてそっけなく言いながらも、内心くすぐったい気持ちになっている凛ちゃんなのでした」

凛「いちばん高いのばっかり頼んでもいい?」

P「ごめんなさい調子に乗りましたさすがに勘弁して下さい」

未央「……プロデューサー、たまにそんな感じになるよね」

藍子「プロデューサーさんですから」

P「……藍子? それ、俺、褒められてる? それとも貶されてる?」
708 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:04:37.89 ID:swKObOD40
凛「ん、次の、来たね。……鰹?」

未央「ほうほう……これは、おいしそうだね」

P「ああ。大ぶりで、軽く炙られていて……絶対うまいな」

藍子「それじゃあ、もらいますね。……わ」

未央「……おお。これは、すごいね」

凛「香ばしさもあって、脂の甘みもあって……でもそれ以上に旨味があるね」

P「めちゃくちゃうまいな……めちゃくちゃうまい」

未央「プロデューサー、語彙力語彙力」

P「いや、だって、もう……めちゃくちゃうまい」

未央「わかるけど」

藍子「プロデューサーさんがそうなるんですね……」

P「俺は食レポの仕事とかしないからな」

凛「それ、関係ある? と言うか、プロデューサーなら私たちにアドバイスできるくらいの方がいいんじゃないの?」

P「アドバイスができるかと自分ができるかはまた別だから問題ない」

未央「それではプロデューサー、さっきの私たちの得点は?」

P「いい感じだったんじゃないか? 素の反応って感じで」

凛「素だし」

藍子「素ですからね」

未央「ふむふむ……つまり、ありのままの私たちを大事にしろ、ってことだね!」

P「なんかいい感じにまとめてくれたな」

凛「それで、実際はどうなの? プロデューサー」

藍子「そういうことなんですか?」

P「そりゃ大事にはした方がいいんじゃないか? どっちがどっちかわからなくなったら困るからな。考え過ぎても良くないとは思うが」

未央「……プロデューサー、やっぱり色々考えてくれてるんだね」

P「プロデューサーだからな。それなりには考えてるよ」

凛「身なりについても?」

P「……やっぱりそんなにダメか?」

未央「ちょ、しぶりん、ここで掘り返す? またプロデューサー面倒くさい状態に入っちゃうじゃん」

709 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:05:04.78 ID:swKObOD40
P「面倒くさい……身なりもしっかりしてなくてさらに面倒くさくてごめんな……」

藍子「お酒、飲んでませんよね?」

凛「本当に面倒くさいね」

未央「大丈夫だよ、プロデューサー。プロデューサーはかっこいい……プロデューサーはかっこいい……面倒くさいところもかわいい……面倒くさいところもかわいい……」

凛「催眠術?」

未央「むむむむ……むーんっ!」

藍子「超能力ですか?」

P「ハッ! ……お、俺は、かっこいい……そして、かわいい!」

凛「効いてるし」

未央「そう、そうだよ、プロデューサー……プロデューサーはかっこいい……そしてかわいい……」

藍子「これ、まだ続けるんですか……?」

P「かっこいい……そして、かわいい……そうか! 俺が……俺こそが、アイドル!」

凛「違うよ」

藍子「違います」

未央「ごめん、それは違うよ」

P「未央、ここで梯子を外すのはさすがにひどい」
710 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:05:43.88 ID:swKObOD40
未央「とかなんとかやってる間に、握りの時間だよ。まずは……イカ!」

藍子「突き出しでも出ましたけど、やっぱり全然違いますね」

凛「じゃあ、早速……ん。これ……すごくおいしい」

P「身は包丁が入れられてやわらかく、すっきりとした強い甘みが噛むごとに広がる。そんでまた、酢飯がうまいんだよな。うまいイカと喧嘩もせず、しっかりうまい」

未央「歯切れも良いね。でも同時に、ふわっと口の中で解けるみたいな感じもする。……うん、すごくおいしい」

藍子「次は……カスゴ? って」

P「春の子と書いてカスゴだな。鯛の幼魚だ」

未央「ほうほう、鯛の……ん! んんー! おいしい!」

藍子「やわらかくて……でも、旨味も強くて。それが口の中で酢飯と混ざって……おいしいです」

凛「次は鯖だね。……うん、おいしい。脂が舌の上を流れるみたいに溶けていくね」

未央「それから、しっかりとした旨味もあって……おいしいなぁ」

P「で、ヅケ。……ああ、うまいな。ちょうど良い。程よい酸味がまた良いな」

藍子「イクラ……おいしいです。イクラそのものの味、という感じで、どこかすっきりとした味わいで、とっても、おいしい」

凛「蛤、か……おいしいね。やわらかい。甘くてコクのある煮詰めと蛤の風味、そこに酢飯が絡み合って……うん、すごくおいしい」

未央「そして、海老! ……んー! めちゃくちゃおいしい! と言うか、甘いね! 肉厚で、何と言うか……幸せが凝縮されているみたい」

P「それから穴子。……溶けていく。ふわふわとして柔らかく、香り良く、酢飯と絡まり合って、口の中で解けて溶ける。……最高だな」

未央「……おまかせはこれで終わり?」

P「ああ。お好みでも食べたいと思ったんだが……どうする? まだ食べるか?」

未央「食べたい」

藍子「プロデューサーさんがよければ」

凛「私も」

P「よし。それじゃ、俺は小柱と平目と海胆と鰯と――」

未央「いきなり多い」

藍子「そんなに食べたいものがあったんですか……」

凛「……まだ食べてないのを目の前で食べられたら、食べたくなりそうだね」

未央「あ」

藍子「……プロデューサーさん、できればそんなには注文しないで下さいね」
711 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:06:48.99 ID:swKObOD40

――店の外

P「ふぅ……最高だった」

凛「それは否定しないけど」

藍子「……お腹、いっぱいですね」

P「俺に合わせなくても良かったのに」

未央「あんなおいしそうな顔して目の前で食べられて我慢できるわけないじゃん」

P「はっはっは。でも動けないってほどじゃないだろ? 俺もめちゃくちゃ満腹ってほどは食べてないし……そうじゃなくても、めちゃくちゃ満足感あるからな……」

未央「動けないほどじゃなくても、お腹いっぱいはお腹いっぱいなんだよ?」

藍子「でも、本当においしかったです……ありがとうございます、プロデューサーさん」

凛「うん。本当においしかった。ありがとう、プロデューサー」

未央「あ、その点は私も同じ。プロデューサー、ありがとね☆」

P「ふっ……お前らのその顔こそ、俺にとっては最高のお返しだよ」

凛「その台詞は気持ち悪いけど」

P「ひどいな?」

藍子「そう言えば、未央ちゃんは大学に入ってからはこっちに来たんだっけ」

未央「そうだね。だから、高校の時より帰るのが遅くなっても大丈夫なのです」

凛「らしいけど、プロデューサー?」

P「ダメです」

未央「えー」

P「いや、確かに高校の時よりは余裕あるだろうけどな? それはそれとして、だな。送迎が必要なら呼べよ?」

未央「そこまで心配しなくても大丈夫だと思うけど……」

凛「プロデューサーの方が危険って?」

P「なんでそうなる」

藍子「まったく危険はないんですか?」

未央「それがね……ないんだよね……」

P「いや、当然だろ……むしろ手を出したらダメだろ」

凛「それはそうだろうけど……ね」

藍子「まったく手を出されないのも複雑ですよね」

P「待て待て待て。なんで責められてるんだ? 俺。褒めてほしいくらいなんだが」

未央「乙女心は繊細で複雑ってことなのです」

P「自分で言うか?」

未央「言っちゃう。未央ちゃんですから」
712 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:07:39.06 ID:swKObOD40
P「……とにかく、帰るか。せっかく入ったのにこんな時期から……ってのはな」

藍子「こんな時期から……って、こんな時期じゃなければ、プロデューサーさんはどうだったんですか?」

P「……反面教師としては優秀な人材だったかな」

凛「そうなんだ。意外かも。あんまり遊び歩くようなイメージなかったけど」

P「……うん、まあ、遊び歩きはしなかったんだけどな……うん……遊び歩かなくても、ダメ人間は生まれてしまうって言うか、な……」

未央「……この話題、触れない方がいい?」

P「はい」

未央「……よ、よし! あーちゃん! ほら、月が綺麗だよ! 東京でも月ってこんなに綺麗に見えるんだね!」

藍子「そ、そうですねっ。月はどこでもこんな感じだと思いますけど、綺麗ですっ」

P「……ふっ、心遣いが苦しいぜ」

凛「下手な誤魔化しが、じゃなくて?」

P「……今の流れは、凛も二人に付き合う流れじゃないのか?」

凛「決まっているわけじゃないでしょ?」

P「まあ、そうだが……なんだか、今日の凛はぐいぐい来るな」

凛「私らしくない?」

P「……そうだな。決めつけるのもおかしい話だが」

凛「大丈夫。私もそう思ってるから」

P「そうか」

凛「うん」
713 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:08:24.40 ID:swKObOD40
P「……それで、凛は何を言いたいんだ?」

凛「べつに。ただ、無責任で……自分でも、言うべきじゃないと思うこと」

P「……そうか」

凛「私には、あんまりわからないけどさ。……わからないなら言うなって話だけど、それでも、わかることはある。プロデューサーが教えてくれたことが」

P「俺が? ……思い当たるものがないな」

凛「アイドルのことも?」

P「……それなら、確かにな」

凛「うん。……アイドルは、アイドルだよ。私も、藍子も……未央も。アイドルだけど、それはイコールで結ばれない。でしょ?」

P「凛の場合は、ほとんど結ばれているような気もするけどな」

凛「店の中で話してたことは? ……って言いたいところだけど、あんまり否定できないかな」

P「だろ?」

凛「でも、今は私の話じゃないから」

P「……だな」

凛「……関係ないのに、どうしてここまで口出ししてるんだろうね」

P「関係なくはないから、じゃないか」

凛「そうかな」

P「ああ」

凛「そっか。……ううん。でも、やっぱり私は関係ないよ。余計なことを言い過ぎたかも」

P「いや……ありがとう」

凛「……お礼を言われるようなことかな」

P「そんな気持ちになったんだよ。受け取ってくれ」

凛「……ん。どういたしまして」
714 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:09:12.54 ID:swKObOD40
P「……さて。いつまでも二人で話してないで、さっさと二人に追いつくか。さすがに二人だけにはしてられないからな」

凛「そうだね。でも、最後にひとつだけ」

P「ん?」

凛「未央ももう大学生になったんだし、好きにすれば?」

P「……」

凛「余計なお世話だと思うけど、これだけは言っておきたかったから」

P「いや……うん。肝に、銘じとく。……ありがとう、凛」

凛「……ん」





凛「……あと」

P「あと?」

凛「さらに余計なことを言ってもいいなら『傍から見るとずっといちゃいちゃしてるようにしか見えないんだから今更何をうじうじやっているのか理解できない』とかもあるけど」

P「いやあのそれはやめて下さい正直仰る通りだと思うところもありますけど!」




715 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:21:11.53 ID:swKObOD40
これにて今回は終了です。
今回は前回からの流れってことでお寿司でした。お寿司はおいしいですね。おいしいです。お高いお寿司食べたいです。今回のはそんなにお高くない設定ですが、実際のところおいくらだったんでしょうか。東京のお寿司食べたいです。
もうちょっと同じ年齢の子を出すかどうかも迷ったんですがやめておきました。みくとか、さすがに……ですからね。

藍子→プロデューサーの呼び方は確か以前書いた時は「Pさん」でしたが、今回は「プロデューサーさん」でした。表記に一貫性がなくてすみません。個人的なあれやこれやです。

このSSでの未央ももう大学生ですね。大学生になって何かあるんでしょうか。今回の最後はプロデューサーさんが凛に色々と言われておりましたがどうなんでしょうか。正直今までも十分いちゃいちゃしとったがなみたいな思いもあるのですがどうなるのでしょうか。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
716 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/04/22(日) 21:24:02.43 ID:swKObOD40
あとSSとは関係ないですが総選挙ですね。明日の中間発表、ドキドキです。
総選挙中はめちゃくちゃ更新したろ! ……みたいに思っていたのですが今日になるまで書けませんでした。次は……わかりません。

改めてありがとうございました。
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/25(水) 10:52:54.54 ID:T7fq628w0
おつおつ
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/05/25(金) 19:47:02.76 ID:OJ0zxfg70
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/25(月) 18:34:04.46 ID:EeX4lsZ+O
720 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:08:43.13 ID:XAvnLSvU0
P「寮での生活はどうだ?」

未央「問題ないよ。前からちょくちょく泊まったりもしてたしねー」

P「さびしかったりはしないか?」

未央「さびしくは……ないかな。みんなもいるし、そんなには、ね。私ももうちょっとさびしくなるものだとは思ってたんだけど……いつでも会いに行けるからかな?」

P「どうだろうな。今の時代、いつでも会いに行けないところのほうが少なそうだが。いつでも会いに行けるからこそ、なかなか会いに行かなかったりもするからな」

未央「それ、プロデューサーの話?」

P「でもある」

未央「そっか。……プロデューサーは、ひとり暮らしを始めてすぐの頃は、どうだった? さびしかったり、しなかった?」

P「そうだな……一日目は、さびしさを感じたような気もする。一日目の、夜だったかな。二日目からはそんなこともなかったんだが……一日目は、さびしかったな」

未央「ふーん……そうなんだ」

P「そうだよ。ひとりがさびしいなんて格好悪いか?」

未央「ううん。そんなことないよ。だって、ひとりってさびしいもん」

P「……そうだな。ひとりは、さびしいか」

未央「今は、本当にさびしくない?」

P「さびしくないよ。未央もいるし、それでさびしいなんて言ったら贅沢だろ?」
721 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:10:10.57 ID:XAvnLSvU0
未央「そっか。さびしいって言ってくれたら、夜も未央ちゃんがいっしょにいてあげたのになー?」

P「……大学生になってそういうこと言われると、余計に困るな」

未央「でしょ? ふふん」

P「わかってやってるのかよ」

未央「もちろん。好きな人を困らせたいのが乙女心というやつなのです」

P「好きな子に意地悪する小学生の男の子じゃなくてか?」

未央「む。そう言われると……確かに、ちょっと似てるかも? やめたほうがいい?」

P「やめられたらやめられたで調子が狂いそうだからそのままでいい。嫌ってわけでもないしな」

未央「小悪魔な未央ちゃんもかわいいってことかな?」

P「……どうだろうな」

未央「素直じゃないんだからー」

P「うるさい。……ごはんとかは、どうしてる? 寮でも出るだろうが、自分でつくったりはしてるか?」

未央「まあ、ぼちぼち? プロデューサーはどう?」

P「俺か? 俺は……学生の頃なら、つくったりもしてたか。何もやってなかったからな。時間が余りに余った結果、料理をすることもあった」

未央「へぇ……凝ったものとか、つくったの?」

P「そういう気分のときは、な。もう全然覚えてないが……カレーとかは、今でもつくるか」
722 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:10:57.65 ID:XAvnLSvU0
未央「ほう、カレー。未央ちゃんの得意料理でもありますね?」

P「あー……未央の、うまかったなぁ。また食べたい」

未央「……そういうこと言われると、うれしいね。もっと言ってね? いつでもつくってあげるから」

P「それじゃあ、おにぎりとかもまた食べたい」

未央「お、いきなり言うね? 実は前から思ってた?」

P「たまにな。手料理が食べたいような気分のときは、未央のを思い出してたな」

未央「……そう、です、かー。……か、カレー!」

P「カレー?」

未央「そう! カレーの話してたら、食べたくなってきちゃった! どこか、行かない?」

P「ん、まあ、べつにいいが……そうだな、カレーか。なら、ちょうど行きたいところがあってな」

未央「行きたいところ? また、誰かに教えてもらったの? それとも、有名なところとか?」

P「有名なところだな。というか、チェーン店だしな。俺はあまり行ったことないんだが……未央はどうだろうな」

未央「カレーでチェーン店……この時点で、結構しぼられるね」

P「だろうな。それでいいか?」

未央「うん。考えている中のどこでもいいし……もし考えているのじゃなかったとしたら、それはそれで気になるし?」

P「じゃあ決定だな。えーっと、確か、ここらへんだと……」
723 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:11:28.24 ID:XAvnLSvU0

――店の前

未央「あ、ここかー」

P「ここだな。未央は、来たことあるか?」

未央「よく見るけど、実はなかったり。それでも、このゴリラはインパクトあるし、知ってたけどね」

P「だよな。来たことがないって言うのは……まあ、未央はあんまり来そうではないな」

未央「実家暮らしのときは、カレーと言えばお家カレーだったしねー。でも、金沢カレー? だったよね? 食べたことないな。どういうの?」

P「どういうの、って言われると……濃い? あと、キャベツの千切りがいっしょに出てくる」

未央「キャベツ? カレーに、キャベツの千切り……ちょっと想像しにくいかも」

P「あと……って、ちょうどここに書いてあるな。えーっと……ステンレスの皿に盛られていて、フォークか先割れスプーンで食べる。あと、ルーの上にはカツが載っていて、ソースもかかっている、か」

未央「カツカレーが普通ってこと?」

P「みたいだな。確か、俺が昔に食べたときもそうだった」

未央「でも……フォークでって、食べにくくない? カレーだよ?」

P「まあ、ここに書いてある通りドロッとしてるしな。キャベツの千切りもいっしょに載ってるわけだし、ただのスプーンじゃ食べにくいのかもな」

未央「なるほど。と言うか、プロデューサーは食べたことあるんだもんね」

P「ああ。そのときもべつに食べにくいとは感じなかったな。……とにかく、入るか」

未央「ん。りょーかーい」
724 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:13:38.46 ID:XAvnLSvU0

――店の中

未央「ん、食券制なんだ」

P「そう言えばそうだったな。これなら、入る前に何にするか決めておくべきだったか……」

未央「まあまあ、落ち込まない落ち込まない。それで、プロデューサーのおすすめは?」

P「おすすめって言っても、あんまり覚えてないからなぁ……未央はどうする?」

未央「お、今回は私から? それじゃあ……ん、チキンカツカレーにする。サイズは……どれくらいがいいかな?」

P「まあ、普通のサイズ……エコノミー? に、すればいいんじゃないか?」

未央「じゃあそうするね。プロデューサーは、いちばん多いファーストかな?」

P「いや、その間のビジネスで。トッピングとかはしないのか?」

未央「初めてだしねー。最初はスタンダードなのからいこうと思いまして」

P「そうか。なら、俺は……ロースカツカレーのビジネスで」

未央「このメジャーカレーっていうのじゃなくていいの?」

P「ちょっと量が多そうだからな。食べられないってことはないだろうが、あんまり量を食べたい気分でもない」

未央「そっか。それじゃ、早速食券を買って……適当に座ればいいのかな?」

P「たぶんな」

未央「で、食券を店員さんに渡して、待つと。……そう言えば、プロデューサー」

P「ん?」

未央「ちょうど行きたいところだった、って言ってたけど、どうしてなの?」

P「ああ、それか。いや、最近見たアニメで金沢カレーが出てきてな……」

未央「あー……そう言えば、プロデューサーってアニメ見るタイプだったね。私もプロデューサーの影響で見るようになったけど……最近は、見れてないかも」

P「お、それなら最近のオススメを教えようかな。まず、女子高生がキャンプをする漫画が原作のアニメがあるんだが……」
725 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:16:17.75 ID:XAvnLSvU0

――

P「来たな」

未央「来たね。ふむふむ、これが金沢カレー……確かに見るからに濃そうだね。あと、香りが結構強い? これは……ソースのにおいも混ざってる? かな?」

P「そうだな。カレーなんだが、あんまりカレーっぽくない。ちょっと独特な感じがするよな」

未央「うん。このドロッと感は……一晩置いたカレーっぽい?」

P「確かに、そうだな。……とりあえず、冷めないうちに食べるか」

未央「だね。いただきまーす」

P「いただきます」

未央(さてさて、それじゃあ早速……って、そうだったそうだった。フォークで食べるんだよね。カレーにフォーク……最初に聞いたときは食べにくそうって思ったけど、これだけ濃厚なら)

未央(ん、すくえた。けど……ソースとカレーって、混ぜたほうがいいのかな? そこらへんはどれくらいのバランスがいいのかなー。まあ、最初の一口は混ぜずにいこう。それじゃあ、いただきます、っと)パクッ

未央「……ん」

未央(おお、濃い。確かに濃いね! あと、そこそこ辛い! でも、そんなに嫌な辛さじゃないかも。濃厚で、ドロドロで……そこにスパイスがピリッと効いて。それに辛いだけじゃなくて、甘みと塩味も効いていて、ドロドロのソースみたいなルーがそれを丸く包みこんでいる感じ?)

未央(でも、これだけじゃ濃すぎて口の中がドロドロになっちゃいそ……って、だから、キャベツの千切りがあるのかな。それじゃあ今度はキャベツの千切りをいただきます)パクッ

未央「……うん」

未央(やっぱり! キャベツの千切りで口をさっぱりさせるのが良いね。カレーだけだと濃いから途中で飽きちゃうかもしれないけど、キャベツが良い……清涼剤? になってる。カレー、キャベツ、カレー、キャベツ……って、そうそうチキンカツ)

未央(もうこのカレーがソースかってくらいドロドロで濃い感じだし、カツに合いそう。えっと……あ、フォークだし、カツも食べやすいかも。これで、カツとカレーとごはんをいっしょに口に入れて……)パクッ

未央「……うんっ」

未央(おいしい! やっぱりお肉はいいね。いい。サクサクしてて、カレーがドロドロな中でこの食感は楽しい。鶏肉のあっさりした脂が濃いカレールーと口の中で合わさってるのもいい感じ。ソースの味も舌の上を乗って、ふんわりフルーティーな香りが抜けてくる)

未央(そして、ここにまたキャベツの千切りを入れて、っと)モキュモキュ

未央(……うん。金沢カレー……いいね!)
726 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:17:36.17 ID:XAvnLSvU0

――店の外

未央「おいしかったね、プロデューサー!」

P「ああ、うまかった。しかし、マヨネーズもあるんだったか……今度はかけてみるかな」

未央「お、また来るつもり? そのときは私もマヨネーズをかけようかなー」

P「なんでいっしょに来る前提なんだよ……」

未央「そりゃ、私とプロデューサーの仲ですし?」

P「どんな仲だよ――って、これ聞いたらどんな答えか返ってくるか予想できるな」

未央「アイドルとプロデューサーじゃなくて?」

P「そう言うつもりだったのか?」

未央「さて、どうでしょう。少なくとも今は、アイドルとプロデューサーだもん」

P「今は、か」

未央「うん。将来的には……どうなるかな? 私がずっとアイドルを続けるなら、ずっとアイドルとプロデューサーなのかもしれないけど……」

P「どうだろうな。未央が高校生から大学生になったように、俺も何かが変わるかもしれない」

未央「出世して、現場からは離れちゃうかも?」

P「そうなるかもな。……そのとき、未央はどうしてるかな」

未央「どうだろうね。アイドルのままか……それとも、女優さんになってたり?」

P「女優か。アイドルとしての未央も良いが……女優として活躍する未央も、見てみたいな」

未央「そう? なら……そのときも、プロデューサーはいっしょにいてくれる?」

P「いっしょに? ……そんなの、言うまでもない」

未央「……えへへ。そっか。うん。……うん。……でも、言ってみて?」

P「……言うとなると、恥ずかしいんだが」

未央「それでも。プロデューサーが恥ずかしがるところも見たいしねー」

P「変な趣味してるな」

未央「いい趣味じゃなくて?」

P「良くはないだろ」

未央「そうかな? と言うか、話、そらさないで。ほらほら、ね?」

P「……わかったよ。それじゃ、言うぞ?」

未央「うん。言って?」

P「……アイドルのままでも、女優になっても。たとえ、そのどちらでもなかったとしても。できれば、俺は、ずっと未央と――」



727 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:23:08.57 ID:XAvnLSvU0
これにて今回は終了です。
久しぶり! めっちゃ久しぶりですね! もっと早く更新するつもりだったので話題もそんな感じですね。はい。

今回のお店は金沢カレーのお店です。気になりながらも行ったことなかったんですけど、あんな感じなんですねー。プロデューサーさんが言ってたアニメで見た……のほうのモデルは今回のお店じゃないっぽいですが、プロデューサーさんはそういうことまでは知らなかったみたいですね。まあ私もそっちの店行ったことないんですけど。そっちのお店も行ってみたい……。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
728 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/07/12(木) 20:25:35.17 ID:XAvnLSvU0
あとSSとは関係ないですが「Stage bye Stage」良い曲ですね。CD発売が楽しみです。
CG STAR LIVEも行きたいなぁ……。

改めてありがとうございました。
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/12(木) 20:27:46.86 ID:3lZaFv8qo
乙乙
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/12(木) 23:41:02.92 ID:W9c9bzQh0
更新来てた!乙!
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/13(金) 20:07:42.66 ID:1MR2BcXt0
おおう、3更新も見逃してた・・・乙ですー
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/07/20(金) 06:06:05.68 ID:kNZjM9RP0
乙です!しかし長編シリーズだなぁ。素晴らしい
733 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/08/20(月) 23:36:06.33 ID:1QUlsanb0
P「うどんを食べに行こう」

未央「え? ……いきなりどうしたの? またうどん探訪?」

P「いや、そうじゃなくてな……ちょっと、近所にうまいうどん屋ができたって聞いてな」

未央「それで、行ってみたくなった、と?」

P「そういうことだな」

未央「……普段のプロデューサーだったら、こういうとき、私に何も言わずにひとりで行かない? 男の人ひとりだとー、って店だとまだわかるけど、うどん屋さんでしょ? いや、プロデューサーは男の人ひとりだとちょっとって店でも割とひとりで行く印象あるけど」

P「そう言えばそうだな。最近はあんまり新しい店を開拓したりしてなかったが……いつもなら、未央を誘う前にひとりで行ってみることが多かったか」

未央「そうそう。今までもないことはなかったけど、珍しいなーと思って。どうしたの?」

P「どうした、って言われても……なんとなく、初めて行く場所だし未央も誘うか、って思っただけでな。特別な理由はない」

未央「……特別な理由はない、ですか」

P「ああ。……あ、ここはそれっぽい理由をでっち上げる場面だったか? デリカシー? 的に」

未央「そういうことを聞くほうがデリカシーないと思うんですけど? でも……うん。特別な理由がない、っていうのは高得点かな。未央ちゃん的に」

P「そう……なのか?」

未央「そうそう。それで、もう行く? 私は今すぐでも大丈夫だけど」

P「ああ。未央がいいなら、すぐに行こう。近くだし、サクッと行ってサクッと食べよう」

未央「ん。それじゃ、しゅっぱつしんこー」
734 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/08/20(月) 23:36:46.52 ID:1QUlsanb0

――店の前

未央「おお、ほんとにすぐだね、プロデューサー。しかし、ここは……なんだか、思ってたよりもオシャレな雰囲気?」

P「だな。店の前にメニューが置いてなかったら素通りするところだった。あんまりうどん屋っぽくないが……メニューも、ちょっと凝ってるのも置いてあるな」

未央「ん、確かに。定番どころだけじゃなくて結構色んなのがある……かな? これは……ニュージェネレーションうどん?」

P「無理やり結び付けなくていいから。店の前でずっと立ってるのもなんだし、さっさと入るか」

未央「はーい。二名様、ご来店でーす」

P「お前はどの立場なんだよ」
735 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/08/20(月) 23:38:38.09 ID:1QUlsanb0

――店の中

未央「お、店の中もオシャレな雰囲気だけど……立ち食いなんだ。ちょっと意外」

P「そんなに広くないからかな。ビジネス街ってのも関係しているかもしれない。昼休みなんかにサッと入ってサッと出る、みたいな人が多いんじゃないか?」

未央「あー、そういう。えっと……あそこで注文する感じかな? うどんを注文している間に並べられている天ぷらなんかを選んでお会計するタイプ……うどん屋さんって、こういうの多い?」

P「んー……どうだろうな。俺もそんなにうどん屋に行ってるわけじゃないからなぁ……讃岐うどんはこういうスタイルの店が多いのかもしれない」

未央「ほうほう? それで、プロデューサーは何のうどんを注文するのかな?」

P「俺は……そうだな。冷かけで」

未央「冷かけ? って……かけうどんの、冷たいやつ?」

P「まんまだな。そうなんだが」

未央「『通』な食べ方ってやつ?」

P「いや、単に暑いからシンプルで冷たいのを一気に喉に流したかったってだけだな」

未央「おおう、そういう理由ですか……まあ、前にうどん屋さんに行ったときに変な食べ方してたもんね。そんなこと考えてないか」

P「ん? バカにしてるか?」

未央「してないしてないしてないヨー。それじゃ、私も同じので。注文しよしよ」

P「なんか釈然としないが、わかった。……すみません。冷かけの大盛りと並を一つずつ、お願いします」

未央「で、出来上がるのを待ってる間に天ぷらを?」

P「べつに取らなくてもいいんだろうけどな。このシステムだと……ついつい、取っちゃうよなぁ」

未央「だね。えっと……私は定番の鶏天かな。あ、かやくご飯もある。うどんと同じ出汁で……だって。そんなに量もないし、これも食べよ」

P「俺もまあ、似たような構成だな……それじゃ、俺は会計しとくから、適当に場所とっといてくれ。うどんは店員さんが出来上がり次第持ってきてくれるらしいから」

未央「ん。旦那さまの帰ってくる場所を守っておくのが妻の務めですからねー」

P「誰が旦那さまで誰が妻だよ……」

未央「それはもちろん、プロデューサーが旦那さまで、私が」

P「それ以上言わなくていい」
736 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/08/20(月) 23:40:22.83 ID:1QUlsanb0

――

P「ん、来たな」

未央「……こうやって見ると、なんだか綺麗だね。うどんと出汁だけって、どんな感じになるのかなーって思ったけど……シンプルなこの二つだけだからこそー、っていう。侘び寂び? みたいな?」

P「侘び寂びか? でも、シンプルだからこその美しさっていうのはわかる気がするな。引き算の……だったか。必要最小限のものだけだからこそ研ぎ澄まされた美しさを感じるのかもしれない」

未央「そう本田未央のプロデューサーは熱く語った。冷かけの美しさを語る彼の姿は、私には少し眩しく見えた――」

P「恥ずかしくなるからやめてくれないか? 侘び寂びとか言い出したの未央のくせに」

未央「いやー、冷静になるとうどんを前に何言ってるんだろって思ってね。確かに綺麗ではあるけど、食べ物なんだし、まずは食べなきゃ」

P「それはそうだが……まあいい。いただきます」

未央「いただきまーす」


未央(さてさて、ラーメンだったらここでまずスープから、という感じだけど……うどんは、どうだろ?)

未央(いつもだったら麺をずるずるとすすっていくところだけど……冷かけ? だし、出汁の塩梅を確認しておきましょうか)ズズ…

未央「……お」

未央(おおー……おいしい。いい感じに冷えてるし、香りも旨味もしっかり感じる。ぬるくはないけど冷たすぎもしないのがポイントだね。あんまりにもキンキンに冷えてると味がわからなくなっちゃうし。そう考えると、これくらいの冷たさはベストかも。ちょうど夏だし、あっさりしてるから、ゴクゴク飲めちゃう)

未央(っと、ゴクゴク飲んじゃダメなんだった。うどんだよ、うどん。出汁をゴクゴク飲むのはせめてうどんを食べてからでしょう)

未央(それで、うどんは……うん、やっぱり綺麗に感じる。店の照明のせいかな? それとも、この黄金色の出汁とあいまって? まあ、とにかく、食べてみなくちゃわからないってなもんでしょう)ズズー…

未央「……」

未央「……」ズズー……

未央(……ハッ! おいしくて、ついずるずると食べ進めてしまった)

未央(うーん……おいしい。おいしいね、これは。いい感じの弾力で、かたすぎもせず、やわらかすぎもしない。これぞ讃岐うどん、って感じ。詳しいわけじゃないんだけど)

未央(どこかしなやかで、するすると食べ進められてしまう。あっさりとしながらもしっかりとした旨味を持つ出汁が絡んで、ズルズルと啜っていくのが気持ちいい)

未央(ずずーっと啜って、はぁーっと一息。そしてまたずずーっと啜って、はぁーっと一息。このサイクルがたまらない。麺類のものを思い切り啜るのって、上品とは言えないんだろうけど、やっぱり、すごく気持ちいい)

未央(ここらで鶏天とかやくご飯もいただきましょう。……んん、これもこれで良い感じ。揚げたて熱々ってわけじゃなくて、むしろもうちょっと冷めちゃってるけど、これはこれでおいしいなぁ。こういう、ちょっと冷めた感じのもののおいしさって、どう表現すればいいんだろう。衣もサクサクじゃなくなっちゃってるんだけど、それが良い、みたいな……難しい)

未央(かやくご飯も同じで、ちょっと冷めてしまっている。でも、それが良い。少し冷めることで味がしみたりしているのだろうか。なんか、落ち着いていながらもしっかりとした味合いを感じて……そう言えば、うどんと同じ出汁を使ってるんだっけ。食べていると、どこか安心したような気分になる。家庭的……とは、ちょっと違うけど、どうしてか少し懐かしい。そんな感じだ)

未央(そうして、またうどんをずずーっと啜って、出汁をごくごく飲んで、はぁーっと一息ついて……ぱくっと鶏天やかやくご飯にお箸をつけて)

未央(んん……このサイクル、止められないっ!)
737 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/08/20(月) 23:43:38.75 ID:1QUlsanb0

――店の外

未央「はー……結局、お出汁、ぜんぶ飲んじゃったよー」

P「俺もそうだな。思ったよりも腹が膨れたんじゃないか?」

未央「うん。動けないーってほどじゃないけど、思ったよりは、ね。でも、あっさりしてたし、食べやすくて……たぶん、大盛りでもいけちゃったね。頼まなくてよかったけど」

P「そうだな。もうそろそろ夏も終わるが、あんまり食欲がないときなんかには重宝しそうだ」

未央「それは確かに……って、そう言えば、もうそんな時期かー。高校の頃だと……そろそろ夏休みが終わる頃だね。宿題に追われる時期だ」

P「去年なんて、確か、ちょっと早くに夏休みが終わって、もうそろそろ始まる頃だったんじゃないか?」

未央「んー……そうだったような気もするし、そうじゃなかったような気もする……去年は忙しかったからあんまり覚えてないね。学校でも学校じゃなくても、勉強してた気がするし」

P「受験生だったもんな。大学は九月の半ばか終わりくらいまで休み、だったか」

未央「だね。そのあたりはプロデューサーのほうが詳しいかも」

P「なんでだよ。確かに未央のスケジュールはだいたい頭に入ってるが」

未央「私よりも私のこと知ってるかも?」

P「そんなことはないと思うが……」

未央「でも、大学が休みでも、あんまり休みだーって感じはしないかも。プロデューサーがいっぱい仕事をくれるからねー」

P「ああ。高校の頃に比べて仕事を入れやすくてありがたい」

未央「私も仕事がいっぱいでありがたい……けど、お休みもほしいなー? なんて」

P「心配するな。身体は壊さないように気をつけてる」

未央「身体が壊れなかったらいいってものじゃないですよ?」

P「ははは」

未央「笑い事じゃないんですけど!?」

P「……まあ、ちゃんと考えてるよ。大学生とは言っても、だしな。昔に比べると、さすがに頑張りすぎたりはしないようになってるが」

未央「……そう言われたらそう言われたで、なんか、調子狂うね」

P「どうしろって言うんだよ。……とにかく、また休みは入れておくよ。遊びすぎて遊び疲れられても困るが……そういう日も、あったほうがいいかもしれないからな」

未央「……プロデューサーは?」

P「俺?」

未央「身体は壊さないように気をつけてるかもしれないけど……たまには遊ぶのも、大事だよ」

P「……そうだな。俺も、ちゃんと休んで、ちゃんと遊ぶよ。それでいいか?」

未央「んー……あんまり信じられませんなぁ」

P「そんなに信頼できないか? 俺」

未央「プロデューサーは私に頑張りすぎないようにって言うくせに、自分は頑張りすぎちゃったりしますからなぁ。休日はしっかり休んでるんだろうけど……遊ぶのは、信頼できない、から」

P「から?」

未央「私もプロデューサーもオフのときに、さ。……いっしょに遊んだり、しませんか?」

P「……」

未央「……む、無言は、ちょっと、悲しいんですけど?」

P「……あ、いや、悪い。……うん。そうだな。未央がいいなら、そう、するか」

未央「ほんとに? ほんとに、いいの?」

P「いいよ。むしろ、こっちからお願いしたいくらいだよ。未央は俺よりずっと遊び方を知ってるだろうし……未央となら、俺も、しっかり遊べそうだからな」

未央「……そ、っか。そっか。そう、ですか。……よーし! それじゃ、未央ちゃんがプロデューサーのことをヘトヘトになるまで遊び疲れさせちゃうからね! 覚悟しておくよーに!」

P「いや、ヘトヘトにされたら困るんだが……おい、聞いてるか? 未央? おーい」



738 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/08/20(月) 23:49:14.36 ID:1QUlsanb0
これにて今回は終了です。
夏だしさっぱりしたものをー、って思いましたがちょっと涼しくなってきちゃいましたね。いや、涼しくなってきたこと自体は嬉しいんですが、また書くのがちょっと遅れちゃったかー、って感じです。

今回はうどんですね。讃岐うどん。ひやかけ、おいしいですよね。ごまかしがきかないとは言いますが、こんな季節にはおいしいお店でひやかけをぐいぐいするのが気持ちいいように思います。苦味がえぐみがなく、しかししっかりとした旨味を感じる出汁でいただく冷たいおうどんを一気にすする……気持ちいいです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
739 : ◆Tw7kfjMAJk [sage saga]:2018/08/20(月) 23:52:10.10 ID:1QUlsanb0
あとSSには関係ないですがスターライトステージのMVで未央に踊ってもらってカシャカシャするの楽しいです。未央やっぱりかわいいです。美人さんです。
スターライトステージと言えば、でれぽでかき氷キーンってなってたし、かき氷を書いてもよかったなぁ……と思いました。書くかもしれません。

改めてありがとうございました。
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/30(木) 20:39:24.31 ID:u7rIIPcn0
487.94 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)