【艦これ】吹雪「吹雪と吹雪」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/27(月) 01:38:07.88 ID:iHUuAjmu0

あの角には見憶えがある。あれは深海棲艦だ。そしてこの人は、深海棲艦の、私だ。

吹雪「この姿を見ても、マダそう言えるの?言えないよね。だってあなたは作り物の「吹雪」で、混濁した魂の塊だもん」

吹雪「....なにいってるの」

吹雪「そう、あなたはワタシ。でもあなたは「吹雪」じゃない。吹雪であっても「吹雪」じゃない」

わたしの質問をむしして、うたうようにまくしたてる。ことばであそんでいるみたいだ。

吹雪「だからワタシはアナタがうらめしいの。だってホンモノのワタシはココにトリノコサレテ、ホンモノの吹雪は沈むウンメイからのがれられない」

にくい。と、つぶやいて、わたしのほおに、さかなのおのようなてがふれた。

やけどするくらいにあつくていたくて、わたしはちいさく、ひきつったこえをだした。

フブキ「ネェ、ワタシト、カワッテヨ。アナタガワタシニナッテ、ワタシガ、アナタニナリタイノ。イイデショ?カンタンデショ?マザリキッタ、タマシイナラ、ヒトツイレカワッテモ、モンダイナイカラサ」

こわくなっタわたしは、メをつよくつぶっタ。するとわたしのテノかんかくに、いわかんがあらわれた。つめたい、ひふのかんかく。

フブキ「エ?」

吹雪「入れ替わった!!入れ替わった!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/27(月) 01:46:26.51 ID:iHUuAjmu0
少ないですけど今日はおしまいです。道草屋から始まり、とうとうサイトにクレカ登録した今日この頃。語感と言葉のリズムがとても勉強になります。身の上話ですみません。またがんばります。
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 07:18:05.52 ID:jf14SiGh0
いっそ吹雪と吹雪と深海吹雪で三体融合を……
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/27(月) 10:11:01.41 ID:uVeT84wRo
神通教官にBANされちゃうだけなんだよなぁ
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/12/02(土) 02:02:06.25 ID:B9E/YPkP0
>>1です。文章を書いていたアイフォンさんがお亡くなりになりました。データも吹っ飛んでしまったので次からはパソコンでやることにします。ワードエクセルがうちのパソコンにはないので今は文章を書くソフトを探して専ブラを捜してます。誰か使い勝手のいいのを教えて下さい.....。ほんとすみません!!色々探したんですけどどうしようもありません!
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/02(土) 02:16:15.56 ID:B9E/YPkP0
あとデータが飛んでも展開は覚えているので大丈夫です。続ける気は全然あります。書き上がり次第また更新します。ですが理由が理由なので当分は遅れるかもしれません...。
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/02(土) 03:00:58.24 ID:ZDihiEq7o
文章はメモ帳でもいいんじゃね
専ブラはJaneとかどーよ
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/04(月) 14:00:31.82 ID:BE9Zlo69o
とりま乙
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/15(金) 08:21:34.33 ID:auZKGRrZo
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/16(土) 23:29:46.62 ID:ZqeYPDTdo
TeraPadとかそういうメモ帳系のソフトでええんやで
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/12/28(木) 13:51:59.61 ID:cbq7GKDX0
オッオッ
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/09(火) 22:59:35.58 ID:mJJboe3f0

誰かが見えた。誰かは、わからないけど、記憶の片隅にあるその人は、めんどくさがりで喋り方も適当だから、最初は怖いと思った人だ。

でも、誰かを守るっていうことを、いつも真剣に考えている、本当は優しい人だった。

その人が必死そうに何かを言ってる。それすらも聞き取れない。

私は落ちた。意識の底へと誘われ、世界は暗く閉ざされる。

匂い。五感のうち、嗅覚だけが私の存在を保証する。

その匂いは湿っているけど、ずっと嗅いでられる、あの人の匂い。

道着はすぐに匂いが篭るし、汗で黴るからと言って毎日洗濯を欠かさない、あの人の匂いは洗剤と柔軟剤の香り。

替えの服を用意すればいいのに、と私が言っても、必要最低限に拘るあの面倒い人の匂いだ。

そして再び、世界は深く閉ざされた。
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/09(火) 23:01:09.06 ID:mJJboe3f0

今度は私じゃない誰かの記憶だ。火傷の跡だろう。赤色の斑点が広がるその手に、小さな私は乗っかっている。

私はその人の顔を見ようとした。でも靄がかかっていて、まるでわからない。だってこの記憶は、私じゃない記憶の断片だから。

でも頭に被っている帽子には見覚えがある。よく目立つ金色の錨に上に咲く、真っ白な桜花。そして金の桜葉と、まだ芽吹いてない桜の花蕾が施された紋章。

よくみるあの帽子だ。誰だろと、私がその顔に手を伸ばしたところで、ぷつりその映像は途切れた。

もっと底へ。もっと、もっと。

またあそこだ。真っ暗で、温かな水圧が私を覆い尽くし、ばらばらの私が何人も転がっている墓。

鉄底海峡に私は戻ってきている。でもだれの声もしない。みんな眠っているみたいだ。

私は、さっきの私を探すために、ばらばらの私に意識を繋げるように集中する。

でもできなかった。私は吹雪から独立しているからだった。思い出した。
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/09(火) 23:02:12.07 ID:mJJboe3f0

ふっと、足元の暗闇が光を帯びた。。カーテンに差し込む太陽の光みたいな一束が、突き上げるように上に向かっている。

どこまでも、どこまでも伸びてもその先は見えない。光線はもっと増える。果てしなく広がる。

ふと私は初めての夜勤でみた夜明けの水平線を思い出した。

あの時と似ていると思った頃には、光の壁は私の足元まで近づいてきていた。

足が光に飲み込まれた時、私の両頬に熱い感触が伝わった。冷え込んだ体が熱いお風呂に入ると痛む、体温を無理やり奪い尽くそうとする痛みと同じ。

私は深海棲艦の私に邂逅していると察した。憎悪、悲嘆、絶望、流れ込んでくる感情。寒い、冷たい。

だから私も深海棲艦の私に感情を流し込む。押し返すように。でも今の私が抱く感情は、憎しみに対をなす、幸せじゃない。

私はだれ。この吹雪の体を動かしているのは、私のなの、それとも、深海棲艦のあなた。

実は入れ替わったと思っているだけで、私は捨て艦の吹雪さんと入れ替わってなくて、本当の私なのかもしれない。たくさんいる私。

支離滅裂な疑問。感情とは名ばかりで、整理しきれてないから、たんなる問いかけに近い。
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/09(火) 23:03:20.78 ID:mJJboe3f0

教えて、教えてよ。そう何度も訴え続けると、流れ込む感情は途切れ途切れになり、ついには止んだ。

そして迫ってくる光が私の首元を覆い尽くしたところで、私に言葉が流れ込んできた。

私はいつでも吹雪を見ている。あなたでもあるし、あなたでもない、多くの吹雪を。でもそれは私だけじゃない。そしてあなただけの話でもない。よく覚えおいて。

痛みが離れていく。それは私の頬を包む手が離れていったということだ。目を瞑り、その時を待つ。光が私を完全に飲み込む。

首ががくりと落ちた。それに驚いた私の意識は一気に目覚めると、起きましたか、と私の左耳に小さく囁かれた。

それは午後の講習の最中に気持ちよく微睡んでいる私によくやってくる、あの人の起こし方だ。

吹雪「...ここは」

神通「どこだと思いますか?」

私は強く神通さんに引き寄せられた。お腹辺りに感じる温かみに誘われて、視点を移すと、私の小さい胸の下に神通さんの腕が巻きついていた。

そして私は自分が全裸なんだと知った。

急に恥ずかしくなってきた。そもそもどういう状況なんだろう。
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/09(火) 23:04:24.75 ID:mJJboe3f0

吹雪「あの!!はい大丈夫です!」

立ち上がろうとして、神通さんの腕を解こうとした。そして私は絶句する。

神通「動かないで。あなたの大丈夫は何も大丈夫じゃないのだから。大人しく入渠が終わるまでじっとしていなさい」

左の肘から先が無かった。先端は丸く、皮膚で覆われているから中は見えないけど、そんなことより、その光景に怖くなって傷跡を湯船に漬けると、うごめいてどんどん腕が伸びていっている。

それに再生していく腕の中で、骨が形成されている感覚がもっと怖かった。

そしてまた神通に引き寄せられた。力が入らない私は元の位置に戻る。

沈黙。長い、沈黙。ぎゅっと抱きしめられた私は、まだ状況が飲み込めていない。私は記憶を辿ろうと思った。

体に打ち付ける激しい雨と、麻痺した体に向けられた、殺意。

何も見えないし、聞こえないと感覚だけが研ぎ澄まされるから感じることができた。そしてぷつりと切り離されたんだ。

吹雪「どうして、私は生きているんですか」

鳴り響いた砲弾の爆音は、確かに響いた。そして私は、自分の墓場。鉄底海峡にもういちど戻り。

頭の中がぐちゃぐちゃになる。その先を考えることを拒否するように頭痛が遮った。
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/09(火) 23:05:04.58 ID:mJJboe3f0

神通「まるで自分は生きていてはいけないみたいな言い草ですね。まぁ、そんなことはどうでもいいです。ギリギリセーフ、と言ったことです」

吹雪「ギリギリセーフ?」

神通「ええ、ギリギリセーフです。金剛さん率いる艦隊が倒れているあなたを見つけた、ということです」

でもあの砲音は、と私が呟くと。

神通「言ったでしょう。ギリギリセーフと。....あなたは金剛さんに後でお礼を言いなさい。絶対にです。ここにいられるのは、金剛さんが決断したおかげなのだから。良いですね、絶対にです」

私はあの砲音は、金剛さんが放ったものだと察した。

一か八かだからだ。大井さんは私を撃とうとした。でも狙っていたのが艦娘じゃなくて、深海棲艦だったら。

もしそうだったら金剛さんは、他の鎮守府の艦娘に砲を向けたことになる。それがどれだけ問題になるかは、痛いほど私は実感している。

そんなリスクを背負って、しかも確証がないのに決断したと、神通さんは言っているんだ。





122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/09(火) 23:07:52.82 ID:mJJboe3f0
更新遅れて本当にすみません!バッテリー問題はなんとか解決したんですけど、それから先がてんやわんやで、書けれませんでした....。まだ続くのでまた頑張ります!
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/09(火) 23:26:05.73 ID:mJJboe3f0
そして関係ないんですが、年末年始に一人旅行で呉に行ってきました。その時に撮った加賀さんと、以前横須賀に珍しくいた加賀さんの写真を貼ります。あまり上手ではないですが、お納めください。

呉の加賀さん
https://i.imgur.com/HDmAMM8.jpg

横須賀の加賀さん
https://i.imgur.com/6ytqZZo.jpg
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 23:26:07.02 ID:TozEwfXV0
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/10(水) 10:49:57.38 ID:yhvpQ4JzO
乙〜
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 09:22:33.21 ID:VVs0lxfG0
ブッキーは助かった

助かった……

本当に助かった?
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/13(土) 09:53:15.10 ID:u7hjNyLao
おつ
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/24(水) 15:49:07.83 ID:LS/S0SFVo
んほほしゅ
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/26(金) 00:23:14.65 ID:02wfwE1c0

吹雪「.....わかりました」

神通「でも、まぁすぎた話ですから、大雑把な金剛さんはそんな小さなことは気にしないでしょうね」

そう言われて、頬を赤らめて適当にあしらおうとする金剛さんの姿が想像できた。

金剛さんは、褒められるのは苦手だから、そうなったらすぐにその場から逃げようとする。

そしてそれを面白がっていつも褒めちぎるのは摩耶さんだ。あの二人はいつもセットだから。

神通「それに、例え間違っていても大した問題にはなりませんからね。私たちは」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:24:06.29 ID:02wfwE1c0

それもそうだ。と思っていると、お腹辺りに伝わる力が強くなって、体がもっと神通さんに引き寄せられた。

背中に感じる神通さんの鼓動は、私よりもずっとゆっくりしていた。

そして私の後頭部に神通さんは顔を押し付けて、小さな声で、すり減らした心の破片を、私に向ける。

神通「なんで、あなたはいつもそうやって無謀を繰り返すんですか。あなたが繰り返す、その無謀は、身を滅ぼすことになる、自信しか与えないのに」

身を滅ぼすことになる、自信。曙ちゃんが死んじゃったのは、それが理由だった。

私はできる。期待以上の働きをして、認められよう必要とされよう、その誰だって抱く、当たり前の気持ちが、曙ちゃん自身を死に追いやった。
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:25:27.95 ID:02wfwE1c0

求めよ、さらば与えられん。なんて言うけど、私たちは艦娘だ。人間と同じで変わりようがない、ただの艦娘だ。

艦娘も人と同じで、何が何でも掴みたいものがある。

惨めでも、泥臭くても、周りに間違ってるって言われても、それでも掴みとりたかったものが、死んじゃった曙ちゃんにもあって、私にもある。

たぶん、私と曙ちゃんは、同じものを望んでいるはず。でも本質は違う。

私が望み、曙ちゃんが抱いていたそれは、強さ。

曙ちゃんは、たぶん認められたかったんだ。強さで、自分に存在理由を与えたかったんだ。

何者で、何物かわからない艦娘。そのあやふやが曙ちゃんは恐くて、たしかな、実態はないけど、空気のようにまとわりつく強さにすがることで、その怖さから逃げようとしていたんだ。
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:28:13.16 ID:02wfwE1c0

結果として、強さを得る過程で死んじゃった曙ちゃんだけど、曙ちゃんの求めていた答えは間違ってなんかない。

私たち艦娘は、強さでしか、自分に価値を与えられないから。

私だってそうだから、そう言える。みんなだってそうだから、強くやめてとは言えない。

強く言えないから、神通さんは恐れているんだ。私が曙ちゃんと同じ結末で終えてしまうことを。そして自分が苦しむことを。

神通さんは、曙ちゃんの介錯をした。

どうしても、連れて帰るにはリスクが高くて、途中で死んじゃうようなら、旗艦はその艦娘を楽にしないといけない。理由は他にもあるけど、それは私はまだ知らない。

それを神通さんはした。無理やり貼り付けた無表情と、あの目は忘れられない。

その時は、私は神通さんに対して、こう思ってしまった。仲間を殺す最低な人なんだって。

でもそれは正された。曙ちゃんの通夜の夜、私が一人海岸沿いの堤防で海を眺めていた時の話。
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:30:09.68 ID:02wfwE1c0

何も考えられなくて、何も考えたくない。私と一緒だった、大切な人が急にいなくなって、空いた心から、感情が吹き出してしまってた時、私を心配してやってきた、榛名さんがこう話してくれたからだ。

みんな死を恐れてる、恐くなんかない人や、艦娘はどこにもいない。

そして、神通さんは人一倍、死に敏感で怖がりなんだって。

コーヒーカップを両手で包み込み、私の知らない過去に想いを馳せていた、あの悲しみを帯びた目。

その榛名さんの姿を、私はどうしても忘れられない。もしかしたら、私が何も知らないだけで、もっと深い意味があるんだろう。

神通さんは、あれが初めての介錯ではないと、榛名さんは言った。

そして何度やっても慣れないし、慣れてはいけないと、神通さんは苦しんでいると話してくれた。
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:31:06.92 ID:02wfwE1c0

だから神通さんは、恐れてる。

私がもし、死にかけて、帰ることができなくなったら、またやりたくないことを、しなくちゃいけないから。

でも、私は。自分のやり方を変えることはできない。

私は、もう曙ちゃんのように、死んでいく艦娘を無視できない。したくなんかないんだ。そう決めたから。

吹雪「それでも、私は強くならないといけないんです。強くなる。誰よりも強くなるっていう目標が、私を今よりずっと強くできるはずですから」

神通「....そんなに、強くなることを焦らないでほしいのだけれど。死に急ぐと変わらないのだから」

吹雪「それでもです」

そう言うと、神通さんは小さく笑った。

笑いどころがわからない私は、馬鹿にされたのかな、たかが駆逐艦がそんな事考えるなんて、と思った。けど。
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:32:17.62 ID:02wfwE1c0

神通「....あなたと似たような事を、私に向けた人を知っています」

私の後頭部から神通さんは離れた。そして左肩に乗せ直し、頭をもたれる。

ずっと近くにきた神通さんに、私は質問する。

吹雪「それは誰、ですか?」

神通「さぁ、誰でしょうか。あなたの知っている人ですけど、その人について深くは知らない人です。いいえ、特定の人たちしか知らないですから、みんなもよくは知らないですね」

そう言ってはぐらかすと言葉を繋げる。

神通「あなたと似たような事を言った人は、結果として、大切なものをほとんど失いました。そして昔は誰よりも強かったのに、今では戦うことができなくなってしまいました」

私の知らない何かに、想いを馳せる。その懐かしみを帯びた声色は、やっぱり、悲しかった。
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:32:56.29 ID:02wfwE1c0

吹雪「じゃあ、その人は、今は不幸になったんですか....?」

誰よりも強くなる事を夢見た人が、今ではその末端すらも掴めなくなってしまっている、現状。

夢破れ、永遠に訪れることのない機会を、夢みるのだから、不幸になったはず。

神通「いいえ、その人は不幸じゃないですよ。今では違う幸せを見つけて過ごしてます」

もう一度、小さく笑った神通さん。

神通「それでも、その人は今でも悔やんでいるはずです。だから私には、あなたに死に急いで欲しくはないんです。今回のこともそうです。あなたがどんな意図を持って、入れ替わったかは、さっきの答えではっきりと解りました」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/26(金) 00:33:59.93 ID:02wfwE1c0

吹雪「.....すみませんでした」

神通「過ぎたことは、もうどうしようありません。次からは....。そういえば、次からは、って言うのは何度めですか。私は過去に何度も何度も言っているような気がしますね」

吹雪「すみませんでした....」

神通「それも聞き飽きました。何回謝ればいいと思っているんですか?だいたい、反省しているんですか?反省しているんだったら....」

神通さんが小言モードに入った。こうなってってしまったら、神通さんが収まるまで他のことを考えてやり過ごすしかない。

ふと、私は無くなった左腕を見た。

私は再生を続けるこの腕が、もしかした次に生えてくるのは、魚の尾ひれみたいなのじゃないかと、妙に不安になった。

なぜかは、理由は見当もつかない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/26(金) 00:39:51.18 ID:02wfwE1c0
残り二話くらいで終わりそうです。でも結構長めでキツめの話になると思います。それとここまでで暗めの話になのに見ている人が多いことに驚いてます。ありがとうございます!またがんばります!
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/26(金) 00:42:11.03 ID:U45BJbHOo
おつ
次も待ってるぞ
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/26(金) 01:07:44.59 ID:RdzK1XImo
おつおつ
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/26(金) 21:35:35.53 ID:4NDy+rcao
おっつおっつ
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/11(日) 22:50:23.09 ID:Y7sAYdAno
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:42:42.24 ID:U6I6PRTY0

私は洗面台の前で左手をあげる。頭より上に持ち上げ、握り、開いたり、閉じたりする。

ぎくしゃくとした違和感はなく、少し前までこの左手は無かった、というの過去は嘘のように感じた。

神通「吹雪さん。遊んでいる暇はありません。さっさと髪の毛を乾かし、服を着替えてください」

神通さんが鏡の中に現れると、私の肩を掴み無理やり椅子に座らせた。

そしてドライヤーを手に取ると、適当に髪の毛を乾かし始めた。

さっきまでの落ち着いた雰囲気はなくなって、少し緊張感が神通さんから漂っている。

私は神通さんにされるがままにすることにした。下手なことを言える雰囲気じゃないからだ。
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/15(木) 00:43:25.65 ID:U6I6PRTY0

髪の毛を乾かし終え、私は後ろ髪を一束に纏めて縛る。

その間に神通さんも髪の毛をさっさと乾かしブラッシングを終えていた。そしてお互い服を着る。

神通「戻りますよ」

脱衣所の暖簾をくぐり廊下に出る。ぱたぱたとスリッパの乾いた音が、私と神通さんしかいないこの廊下に寂しく響く。とっても寒い。

神通「.....これから、何が起こるかわかっていますか?」

私の前を歩く神通さんは、振り返らずにそう言った。

何が起こるか。わかっている。私はこれから自分のしたことを、問いただされるのだろう。

朝潮ちゃんが言っていた、他の鎮守府の艦娘と入れ替わったことの責任を。

吹雪「はい、わかってます」

神通「....ならいいです」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:46:42.76 ID:U6I6PRTY0

ですが、と付け加えた。そして立ち止まらず、顔だけを振り返り、同情するような眼差しを私に向ける。

神通「あなたが思っているよりも、この話は良い結果で終わることだけはない。それを知っていてください」

それから先。私と神通さんとに会話はなかった。黙りこくり、誰ともすれ違わない、廃墟のような静けさの中を歩いて行った。

変な気分だ。まるで、なんかじゃないけど、今から怒られると、知っていてそこに向かう時は、もやもやとした気持ちとはまた違う。

何か、言葉に表せないのは、きっと私が未熟だからだろう。

そして乾いた音は鳴り止んだ。今まで私の知らない道だったけど、ここだけはわかる。

そう、ここは私達が案内された、大部屋の前だ。一度しか見たことがない、この部屋への扉は、以前より重みを増して、私を受け入れようとして佇んでいるのだと感じ取ってしまう。

開きたくない、このまま全部終わってしまいたい、自暴自棄が私に棲みついた。
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:47:38.82 ID:U6I6PRTY0

神通「では私はここで」

神通さんは素っ気なく言うと、私に一礼した。思いもよらなかったその反応に、私は驚き、慌てて静止しようとする。

吹雪「え?神通さんは行かないんですか?」

私は神通さんと一緒に、この扉を開けて中に入るのだと思っていた。そうでもないと、私は拒んでしまうからだ。

嫌がらせか、と思ったけど、神通さんはそれを見透かしたように、私の肩に手を置いて、真剣な瞳が私を捉えた。

神通「吹雪さんの気持ちは理解できます。私も同じ状況に陥ったら、一人より二人で行った方が安心しますから」

ならどうして、と私は思うと、神通さんは言葉を繋げた。

神通「ですが、私にはやらなけらばならないことがあります」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:48:37.12 ID:U6I6PRTY0

吹雪「やらなければいけないこと?」

神通「私は提督と榛名さんに、やはり今回のことを報告しようと思っているんです」

朝潮ちゃんは言っていた。この問題が公になれば、かなり面倒な問題になると。だったら、黙って沈んでほしいと。

その避けてしまいたい結果を、あえて神通さんは選ぼうとしている。

でも私は、やめてほしい、とは言えない。そう言ってしまうのは、自分のエゴだからだ。

でも理由は気になる。これとエゴは全くの別問題だからだ。

吹雪「私からは、やめてって言えないですけど、神通さん。どうしてですか?」

神通「あの二人は、艦娘と人の死に敏感だからです。赤城さんが失敗するとは思えませんが、いずれ知ってしまうでしょう。そうなったら、なんで教えてくれなかった。と、むしろ激怒するはずです。だからです」
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:50:10.77 ID:U6I6PRTY0

そうして神通さんは私に一礼すると、静かに去っていった。

一人取り残された私は、一度深呼吸をする。そして息を止め、肺に空気を溜め込んで目を閉じた時、ふと思い出す。

こうして扉の前で緊張して深呼吸をしたのは、初めての鎮守府に配属され、提督に挨拶を伺ったときだったと。

なんだか、懐かしみに心を寄せてみると、少しだけ落ち着く。

大体、物事っていうのはうまく終わる。その時だって緊張で張り裂けそうだった。

これからの不安や、周りとの関係。全ての事柄が不安に感じた。でも、なんとかなった。なら、今回だってなんとかなる。そうに決まっている。

私は勇気を出して、ドアノブに手をかける。手汗でねっとりとした手のひらから、ドアノブの、金属の冷たさを感じる。

そして捻り、恐る恐る、ゆっくり、引いていく。
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:51:27.61 ID:U6I6PRTY0

入ってすぐに、私の胸の奥は張り裂けそうに鼓動を始めた。

私と最初に目があったのは私だ。私が部屋にいて、ぺたりと座り込み、怯えた瞳から感情が流れ込んでくる。

全て理解できる。不安だ。絶望だ。あの海岸沿いで倒れ込んでいたそのままの吹雪さんがいる。

場所が違うだけで、何も変わらない。死にかけた、幽霊みたいな表情で、そこに座っていた。

来ましたか。と声がした。無機質で機械的な冷たい声だ。私はその声を持っている人を、二人知っている。

一人は声色が持つ性質を、何も違えることなく純粋に、受け入れてしまった艦娘。

もう一人は、冷たさは表面上だけで、本心はどこまでも人情味に溢れた艦娘だ。

私はスリッパを脱ぎ捨て、急いで襖を超える。そして二人の声の主を見つけると、片方に息苦しさを感じたけど、もう一人が視界に映ると、安心して涙が出そうになった。

加賀「吹雪、こっちにきなさい」
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:52:21.09 ID:U6I6PRTY0

私のよく知る加賀さんが手招きしている。その隣には瑞鶴さんがいて、周りにはみんながいる。

私は嬉しくなって目元を拭いながら返事をして、瑞鶴さんの元に向かう。

そして瑞鶴さんの隣に行き、私はすぐに謝った。

吹雪「瑞鶴さん。すみませんでした」

頭を下げて謝る。私ができることは、これしかない。それに本当に申し訳ないと、しっかり反省している。

でもそんな私の気持ちとは裏腹に、瑞鶴さんは、こう言い放った。

瑞鶴「ごめん、今そんな気分じゃないから。早く頭上げて」

今まで聞いたことのない、瑞鶴さんの声に、私はどきりとする。

いつも笑って許してくれて、笑い転げてくれる瑞鶴さん。

私は言われたとおり、頭をあげる。目の前の瑞鶴さんは、苦虫を噛み潰したような表情で、私から目線をそらしていた。
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:53:13.93 ID:U6I6PRTY0

加賀「吹雪、神通はどうしたの?」

瑞鶴さんの隣のいる加賀さんは、私をちらりと見てそう言った。

吹雪「....神通さんは司令官と、榛名さんのところに」

加賀「....二度手間ですね」

二度手間、という加賀さんの一言に疑問を感じると、私達の後ろの方から声が聞こえた。

揃いましたか、と。椅子が軋み、誰かが立ち上がる音がした。

そして畳と踏みしめる音と共に現れた。その人は、神通さんが今さっきこの件を伝えようとした、一人だ。
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:54:26.78 ID:U6I6PRTY0

榛名「では始めましょうか」

榛名さんが、目を伏せている金剛さんの影から現れると、一本芯が通ったしなやかな背筋と、さらさらして光に靡く黒髪を讃えながら、私達の前に立つ。

その背中は、誰よりもずっと強く感じた、そして。

下を向き座り込んでいる吹雪さん。

棒立ちしていて、何を考えているのかわからない加賀さん。

爪いじりをして不機嫌そうな大井さん。

ポケットに手を入れて、その中で指をリズムよく動かしている北上さん。

床をじっと見つめる朝潮ちゃん。

あの艦隊の人たちに、榛名さんは対峙する。
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/15(木) 00:56:07.41 ID:U6I6PRTY0
今日はおしまいです。ここからは榛名さんの出番になります。またがんばります。
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/15(木) 00:59:51.49 ID:U6I6PRTY0
あと敷波さんのお話はやりすぎました。すみませんでした。でも敷波さんの一本筋が通った確かなものを掴んだので、また違ったお話を改めて書きたいと思ってます。あとハッピーバレンタインです。榛名さんからチョコをもらう夢を見ます。寝ます。
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/15(木) 08:15:37.44 ID:SFPPNynyo
おつー
つぎも待ってる
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/19(月) 02:40:20.75 ID:za4mLZ+Qo
おつ
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/21(水) 22:59:37.43 ID:ZDdsetqxo
ほほ
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/24(土) 01:49:56.67 ID:yDMFVqTE0

どうして榛名さんがここに。そう小さく呟いた独り言に。

赤城「失敗しちゃいました」

そう赤城さんの声が聞こえたから、後ろを振り返ると、戯けた雰囲気で、舌を出し、ウィンクをしている赤城さんの姿が見えた。

その隣で、霧島さんがこめかみを押さえて、呆れた顔をしている。

赤城さんを除いて、みんな渋い顔をしている。それでも私は、いまいちわからない。

無理やり、この疎外感を私は飲み込むことにした。
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:50:51.58 ID:yDMFVqTE0

榛名「まずこの件に関して、留萌鎮守府の提督は、黙殺すると決めており、公式に異議申し立てをしないことを先に述べておきます。そして滞りなく、明日の演習を行うつもりです」

それを聞いて、私は少し安心した。けど、誰も何も言われない、なんて都合のいい話は起きないとすぐに直感した。

そもそも、誰が悪いかなんてわかりきっている。勝手に入れ替わった私が悪い。

そしてその問題は、相手側にあるんじゃなくて、こっちにある。

相手に異議申し立てはしないと言っても、身内ならその配慮はいらないはずだ。

加賀「ええ、そうしてもらえると助かります。お互い、不利益になることは避けたいですからね」

榛名「はい、その通りです。今回の件は、何もなかった。そういうことにしましょう」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:51:52.31 ID:yDMFVqTE0

いとも簡単に話がついた。でも司令官がこの話を黙殺するなんて、想像できなかった。

それは私以外の人たちも同じで、みんな気がつかれないよう驚いた顔をしている。それほど意外な話なんだ。

司令官は、艦娘の処女航海の時にはお守りを渡す人だ。それも手作りで、一つ一つ自分で縫い、出撃の際手渡しをする。

それに異動してきてからの、最初の航海でも手渡しをするらしく、みんな司令官が作ったお守りを持っている。

それほど艦娘に対する思い入れが強い人だ。だから、下手をすればこの場に私はいなかったはずの問題を、何も言わないなんて、誰もが思ってもいなかった。

それに、留萌鎮守府創設初期からいる神通さんでさえ、司令官は激怒すると話していたのに、おかしい。

ずっと棒立ちしたままの、向こうの加賀さんは一礼した。そして立ち去ろうとした時だった。

顔を向こうに向けているから、表情が読み取れない榛名さんの声色が、冷たく、呼び止める。
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:53:05.75 ID:yDMFVqTE0

榛名「まだ話しは終わっていませんよ。勝手に立ち去ろうとされては困ります」

ぴたりと動きが止まった加賀さんは、目だけを動かして榛名さんを捉えると、遅れて体が動き始め、また対面する。もう終わったものだと思っていたんだろう。

加賀「....終わっていないとは?あなたは先ほど、今回の件は何もなかった、と締めくくったではないですか」

榛名「ええ確かにそうは言いました。ですから、これから先は、提督も留萌鎮守府も関係ない、たんなる私怨です」

そちらの艦娘は、私達の吹雪さんに一体何をしようとしたんですか。

あくまで静かに、そして丁寧に。だけど、あえて言葉に棘がある言い方を選んだ榛名さんは続けてこう言った。
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:53:37.04 ID:yDMFVqTE0

榛名「赤城さんから、吹雪さんがそちらの艦娘と入れ替わったとお話を伺った時には、まだ結果だけ明らかになっている状況で、ことの詳細は不明際でした。そしてもしもの事を考慮し、提督をこの件から引き剥がし、私に一任させるように仕向けたら、どういうことですか、これは。金剛お姉様からお話を聞くと、そこの艦娘は、倒れている吹雪さんに砲身を向けていた、と聞きました」

そこで加賀さんは、榛名さんから目線を外して初めて渋い顔をした。そしてその奥で大井さんは舌打ちを小さくつく。そして。

大井「見間違えじゃないですか?大雨ですし、仕方ないことですよね、北上さん?」

北上「ぅえ?....私にふるの....。うん、まぁー大雨だったし、ねぇ、見間違えることは、ありえるねー」

そう適当に流して、ことなきを得ようとした。

榛名「吹雪さん。それは、本当ですか」
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:54:32.55 ID:yDMFVqTE0

振り返った榛名に、私は怖くなった。初めて見る怒りを露わにしている榛名さんは、今までの誰よりも、恐ろしかった。

本当の機械のような加賀さんよりも、初めて深海棲艦と戦った時よりも、ずっと恐ろしい。

私を射抜く眼光に萎縮して、声が出せずじまいになってしまう。うまく口が動かせない。

すると私の手がぎゅっと握られた。その手は、瑞鶴さんだ。

瑞鶴「吹雪、大丈夫だから。答えなさい」

私は瑞鶴さんと目が合う。そしてこくりと頷いて、本当に大丈夫だから、と私に思いが伝わってきた。

瑞鶴さんは、加賀さんの一番弟子だ。どんな道筋があって、師弟関係を超えた関係になったかは知らないけど、艦種も違う二番弟子の私の面倒をいつも見てくれる。

そんな瑞鶴さんに後押しされて、私は榛名さんの問いに答える。

吹雪「私は、大井さんに砲を向けられました」

榛名「だ、そうです」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:55:11.69 ID:yDMFVqTE0

大井さんが私に向けて明確な殺意と、弔いの言葉。そして重く、鈍い砲弾が装填される音は、紛れもなく、私に向かっていた。

私を気怠げに見ていた大井さんは、みるみる顔色を変え、私を睨みつけてきた。

余計な事を言って、ふざけるな。それは態度だけに現れず、我慢ならないとばかりに、加賀さんを押しのけて、大井さんは前に出てきた。

大井「ええそうよ。私はそこの吹雪を撃とうとしたわよ。何か悪い?」

加賀「大井、あなた....」

大井「加賀さんは黙っててください。話せないなら、私が代わりに話します」

榛名「この後に及んで、開き直りですか?」

榛名さんの呆れた声色を押し返すように、大井さんは強くまくし立てる。
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:55:46.96 ID:yDMFVqTE0

大井「開き直り?違うわよ。そこの吹雪は進軍もままならないくらい、虫の息だったのよ。ねぇ知ってますか?旗艦は、死にかけの艦娘の介錯をしなくてはならないって決まりごと」

神通さんは、曙ちゃんの介錯をした。それは神通さんはその時旗艦で、大井さんが言うように旗艦は、死にかけた艦娘を楽にしなくてはいけないっていう決まりがあるからだ。

でも私にもわかる。大井さんの言っていることは、単なる言い逃れのことくらい。

急に私の手を握る瑞鶴さんの握力が強くなった。少し痛いくらいに。そして小さく、ふざけんな、と震える声で言う。

榛名「ええそうです。旗艦はその役割があります。ですが、私達の加賀さんが言うには、あなた達の旗艦は、そこの加賀さんでした。大井さん旗艦ではないあなたに、介錯をする権限はない。出すぎた行為です」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 01:56:42.30 ID:yDMFVqTE0

大井「だから?誰がやっても結果は変わらないのよ。私がやろうと加賀さんがやろうと、北上さんでも構わないわよ。それが出すぎた行為であっても、私達の鎮守府の方針は誰がやっても構わないの。それに関しては口出しは無縁よ。むしろそっちの方が、出すぎた行為だと私は思うわ」

榛名「そうですね。たしかに私は、あなた達の鎮守府の方針に口出しする資格はありません。どんな事をしていようとも、私達には関係がないことです。例え捨て艦をしていても。ですが今回は、こちらの吹雪さんが入れ替わってしまった。その場合、適用される規定がそちらであっても、吹雪さんの所属はこちらにあります。ですから、最終的な審査はこちらの規定に則り行われます。すなわち、あなた達のルールは吹雪さんには適応されません」

大井「笑えるわね」

大井さんは鼻で嘲笑う。そして腕を組み、芝居掛かった話し方を始めた。

大井「ねぇあなた達は、自分達の大切な吹雪を見分けられなかったじゃないの?そこに座ってる吹雪と入れ替わってても、全然気がつかなかったんでしょ?そうやって偽善者ぶって話してるけど、結局はそんなもんよ。証明できるカード一枚ないと、誰が誰だかわからない。表面上の薄っぺらい関係よ。そんな薄情な人たちに、とやかく言われたくないわ」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 02:08:53.63 ID:yDMFVqTE0

榛名「.....なんですって」

榛名さんの表面は見えない。だからお腹を抱えて笑い始めた大井さんに、榛名さんはどう映っているんだろう。

後ろ姿でも、威圧感を感じる榛名さんを前にして、どうしてそこまで余裕なんだ。

孤独で生きてきた人は、孤独を知らない。

不意に思い浮かんだ、矛盾したようで、まるでしていないこれに、私は哀しくなった。

この人たちは、孤独を知らないんだ。孤独だから、他人の痛みも、苦しみもわからない。

いいや、わからないはずはないんだ。もう、そんな感情は、この人たちには、残っていないんだ。

すり減って、壊して、最後に海に投げ捨てたんだ。そうすることで、この人たちは生きていられる。
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 02:09:40.42 ID:yDMFVqTE0

大井「そんなに大切だったら、ちゃんと管理しなさいよ。首輪で括り付けるなり、忘れないように烙印を押すなりして、ちゃんと目印をつけとけば、こうはならなかったんだから。もっとも、そうしたところで、一番仲のいいあなた達がわからないようじゃ、提督自身すらもわからないんでしょうけど」

この人たちもう、人の気持ちに共感する器官を、壊されている。

この鎮守府で、ここの司令官に。もう、どうやっても治らないんだ。

榛名「....その通りです」

感情で高ぶっていた声色は、急に温度を下げ、とても寂しげになった。

それには大井さんも少し驚いたみたいで、ぴたりと笑い声は止まった。

二、三秒間が空いた後、榛名さんは噛み締めるように繋げた。

榛名「私たち艦娘は、その艦娘が前世がどんな軍艦であったかを分かっても、現世で個人を特定することはできないんです。どれだけ仲が良くても、です。私たちは、ゲームの中で生きているわけじゃなく、現実に生きています。何かしら識別できるような手段を講じていても、気休め程度にしかならない。それは、大井さんでもわかっているはずです」

169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/24(土) 02:12:20.94 ID:yDMFVqTE0
今日はここまでです。台詞が長くてすみません。あと大井さん本当すみません。中々エグいこと言わせて。エクレアの大井さんは本当に素敵でした、本当に。また頑張ります。
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/02/25(日) 18:40:38.58 ID:/urrNlOO0

大井「....ええ、その通りよ。艦娘は、その艦娘に宿る魂が何かを判別できても、たくさんいる同じ魂を見分けることができないわ。だから、私はこう言わせてもらいます。私たちは悪くない。悪いのは、勝手に入れ替わって迷惑をかけた、この吹雪よ」

そう言いながら歩き始め、座り込み床に釘付けになっている吹雪さんの元へたどり着くと、膝小僧で一度小突いた。力なく吹雪さんは揺れ動く。

大井「あんたが悪いのよ。あんたがあっちの吹雪と入れ替わったせいで、こんなめんどくさいことになったの。大体、あんたなんで生きてるの?捨て艦なら、最初に役割を果たした夕立みたいに、さっさと沈んでくれればいいよかったのに」
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:41:43.37 ID:/urrNlOO0

私は名前が挙がった夕立ちゃんを、ふと見てしまった。

いつも明るくて、元気で、頼り甲斐がある、私の大切な友達は、真後ろで泣きはじめていた。

夕立ちゃんは、自分が泣いていることに気がついていないみたいで、頬を伝っていく大粒の涙は、ぽたぽたと床に誘われている。

沈んでいった、知らない自分に泣いているんだ。自分がそれだったら何を考えて、動かなくなった体に必死に動けと命令しても、反応しない絶望を共感している。

たぶん、きっとそうだ。そして夕立ちゃんの隣にいる比叡さんが、ポケットからハンカチを取り出して、静かに夕立ちゃんに握らせた。

そうして夕立ちゃんは、自分が泣いていることに気がついた。
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:42:34.52 ID:/urrNlOO0

瑞鶴さんが私の右手から手を離した。そして床を踏みつける音がした瞬間。

加賀「瑞鶴やめなさい」

と加賀さんが瑞鶴さんを腕で静止していた。

瑞鶴「何でですか。加賀さんの命令でも、私はもう我慢できません。一発ぶん殴らないと気が済みません。退いてください」

私を包み込んでいた瑞鶴さんの手は、強く握りしめられて、今にもあの大井さんに掴みかかると同時に、飛んでいきそうだった。力みすぎて震えている。

加賀「それでもダメです」

瑞鶴「どいて」

加賀「ダメなものはダメです。いいですか、よく聞きなさい。瑞鶴あなたには、しっかりと見てもらいたいんです。吹雪、あなたもです。あれが、壊れる寸前で救いの手を差し伸べられなかった、艦娘の末路です」
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:44:06.91 ID:/urrNlOO0

その時始めて加賀さんは目を伏せた。そして大きく鼻で息を吸い込み、吐き出す。

ゆっくりと閉じた瞼を開け、よく透き通った瞳の、私が大好きな茶色は、ひどく澱んでいた。

加賀「あれは、もう自問自答を終え、結論を出してしまっています。そしてその信念に従い、戦っている。たとえ今更救いの手を差し伸べても、必ず拒絶します」

あの大井さんだって、最初は私の知っている、本当は優しくて、つい小言を漏らしすぎる世話焼きな大井さんだったはずだ。それが、どうして、こうなってしまったんだろう。

大井「黙ってないで何とか言いなさい。そうやって黙ってればそのうち解放されると思ってるの?ふざけないで。誰のせいだと思ってるのよ」

174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:45:10.17 ID:/urrNlOO0

どんどん沈んでいく、かつての仲間達を見て、大井さんが行動しないわけがない。

絶対にここの司令官に直談判して、どんな手を使ってでもやめさせようとやけになったはずだ。

私の知っている大井さんはそうするはずだ。そして、昔のこの大井さんだって、そうしたはずだ。始まりは、同じだから。

大井「大体、入れ替わった理由はあんたにあるんでしょ。死にたくないから、上手な口実を並べて無理やり迫ったんでしょ」

吹雪「....違い、ます」

そうだ、大井さんは何も悪くないんだ。悪いのは、こうさせてしまった、司令官にある。

壊れてしまう使い方をした、司令官のせいだ。捨て艦なんてふざけた戦法をしたせいでこうなった。

175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:46:25.02 ID:/urrNlOO0

でも、と私に、もう一つ考えがよぎる。違う、司令官だって悪くないと。

捨て艦をしなくてはいけない、この状況がおかしいんだ。根っからの悪人はいないはず。

悪いのは、この戦争を引き起こしている元凶。

深海棲艦が、悪いんだ。

悪いのは、全部深海棲艦だ。こんなのがいなかったら、争う理由なんて何もないんだ。

私は、歩き出していた。

大井「何が違うのよ!好き好んで捨て艦と入れ替わるわけないじゃない!」

吹雪「違うんです...違うんです!」

大井「何が違うのよ、じゃあ言ってみなさい」

私の腕が掴まれる。誰だかはわからないけど、それを振りほどいて、私は歩き続けた。
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:46:57.97 ID:/urrNlOO0

吹雪「それは....」

大井「ほら言えないじゃない。やっぱりあんたが....」

私は吹雪さんと大井さんこ間に割って入る。そして。

吹雪「違います。私の意思で入れ替わりました。だから吹雪さんのことを悪く言うのはやめてください」

そう目の前の大井さんに言ってやる。にやにやとした笑顔の大井さんは、ふーんと言って。

大井「じゃああんた自殺志願者なのね。なら本当にこの吹雪と入れ替わったら?望み通りの結果になれるわよ。それにそこの吹雪も幸せになれて、願ったり叶ったりじゃない」

吹雪「それは...できません」

大井「ほらできないじゃない。自分が可愛いんでしょ。死にたくない死にたくないって。そうやって可愛い自分を守ってる」
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:47:58.62 ID:/urrNlOO0

確かに私は死にたくない。そして吹雪さんの代わりに私はなりたくない。

それは、大井さんの言うところの、偽善者、なんだろう。だから私は大井さんに、その偽善を突き立てる。

吹雪「大井さんはなんで偽善者になれないんですか?」

私たちは一度みんな死んでいる。それは前世の軍艦時代に、死を体験して、生き返っているからた。

そして、ここにいる誰にだってわかるはずなんだ。死の恐怖を、その先に待つ、意識を保ったまま暗闇で動くことができない、生に囚われた牢獄、生地獄を。

大井さんは面食らってたじろいだ。

大井「なんでって、それは...」

吹雪「恥ずかしいからですか。だからできないんですか?」

その死を知っているからこそ、私たちは優しくできるはずだ。

大井「....意味がないからよ。そんなことしたところで、何も変わらない、からよ。変わらないから、何したって無駄なのよ!」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:49:44.23 ID:/urrNlOO0

吹雪「そんなはずはないです。確かに大井さん一人じゃ何も変わらないかもしれません!でもみんななら!」

弱い者は強い者の犠牲になる。確かに、一人の力は権力を振りかざす、強い人に太刀打ちできない。

でも弱い人達が集まったら、形勢は逆転するはず。大は小を兼ねられても、大は大を束ねることはできない。

同じ力を持つことができるなら、その願いは叶うはずだ。

大井「みんなってだれよ。まさか加賀さんのこと?北上さん?朝潮?この鎮守府に勤めている艦娘のこと?理想を掲げるのは何も知らない子供だけよ。現実はね、不条理で満ちてる。そしてその不条理の中で、生きていくことを強いられてる私は、少しでもましな道を選んで生きていくって決めたのよ!!」

吹雪「どうして不条理の道から逃げようとしないんですか?どうして、そこからましな道を選ぼうとするんですか!?みんながみんな嫌なら、手を合わせて新しい道を造ることだってできるじゃないですか!」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:55:48.35 ID:/urrNlOO0

大井「うるさい!あんた達だって何も変わらないじゃない!!あんた達の集まりだって元を辿ればどうしようもない奴らの集まりなんだから!」

大井さんが私を真剣に捉えて右手を挙げた。私は突然のことで対処できず、そのゆっくりと振り下ろされていく残像を追う。そして私は突き飛ばされて尻餅をついた。

榛名「そこまでです」

その振り下ろされた手を、榛名さんが掴み取っていた。掴みとられた手はまだ叩くことを止めようとせず、榛名さんの力と拮抗していた。

榛名「それだけはさせません。私の目の前だけでも、艦娘が艦娘を傷つける行為は、絶対にさせません」

そして榛名さんに掴みとられたままの大井さんの腕は、ゆっくりと体に密着させようと移動を始めた。

でもそれは、大井さんの意思ではないように見える。目を見開いて歯を食い絞り、驚いた顔でその動きを追っているからだ。
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/02/25(日) 18:56:47.80 ID:/urrNlOO0

榛名「大井さん、落ち着いてください。私は吹雪さんの意見に対して、補足を述べるつもりはありません。そしてこれ以上あなた達への文句も失せました」

どうぞ、このままお引き取りください。その言葉の終わりと共に、大井さんの腕はあるべきところ戻る。そして榛名さんは握力を弱めて、離した。

大井さんは真っ赤に染まった手首を見つめると、摩って震えた声でこう言った。

大井「... バケモノね」

榛名「お好きにどうぞ」

そして大井さんは振り返ると、誰にも目をくれず、そのまま部屋を出ていった。

そして心配したかもしれない、後を追うように、北上さんも急いで出ていった。

ねぇ、と私の近くで、私の声がした。そのすぐ近くにいる私に、私は顔を動かす。
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:58:48.18 ID:/urrNlOO0

吹雪「....どうしたの?」

今にも泣きそうな、吹雪さんは、ごめんなさいと震える声で何度も言い始めた。何度も、何度も繰り返した。私は。

吹雪「いいんだよ、謝らなくて」

吹雪「だめ、なんです。謝らないと、だめ、なんです!だって私は!捨て艦だってのを隠して吹雪さんにその代わりに押し付けたんだから!」

吹雪「本当にいいの。吹雪さんだって、どうして私がそう言うのか、わかるはずでしょ」

この吹雪さんは、無力で誰の役にも立たなかった、昔の私だ。

吹雪「....わからないです。だって死にそうになったんですよ?それなのに、私を許せるわけがない」

そう、私と同じ吹雪さんだから、この気持ちは理解してくれるはずだ。壊れてしまった大井さんや加賀さんと違うから、同じ気持ち共有できる。

吹雪「だって、もしもあの時、倒れている吹雪さんが私で、あなたが私だったら、同じことするはずだもん。だから、私は怒ってないよ」

吹雪「そんな確証なんてないじゃないですか!」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 18:59:55.83 ID:/urrNlOO0

吹雪「絶対にそうするよ。だって、私だったらそう考えるから」

そして吹雪さんは泣き始めた。おんおんと大きな声をあげて。

私は吹雪さんを抱きしめて、背中をさすってあげる。吹雪さんの体を、真冬の風に晒されたみたいに、冷たかった。

私は想像する。吹き付ける冷たい風に、傷口を嬲られて、深く絶望している姿を。

なんて考えるか。そうだ、こうやって考える。この世界に生まれたことを恨んで、どうして私は生きてしまったんだろうと。

何度も問いかけて、絶望を凝縮させては、次は死ぬんだろうと、違う絶望を混ぜ合わせる。

そして、吹雪さんが私と入れ替わってくれたら、私はどう思う、こう思う。

帰って来なければいいのにと。このまま私が、留萌の吹雪になれば幸せになれる。あんな目にあうのはごめんだと、絶対にそう考える。

だから私は、吹雪さんを恨まない。

榛名「.....加賀さん、一つ、意見してもいいでしょうか」

加賀「ええどうぞ」

榛名「一度、そちらの提督に具申してはどうでしょうか。この吹雪さんの扱いについて」
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 19:00:49.78 ID:/urrNlOO0

加賀「....この吹雪だけですか?それは不公平です。この吹雪の他にも捨て艦はいます。それは一日に五体ほど使われます。それなのに特別になんておかしいではないでしょうか?」

榛名「ええ加賀さんのいうとおりです。ですが、最初の一歩を踏み出すことは、必要でしょう?」

加賀「....それも、そうですね」

それを聞いて私は驚いた。そして吹雪さんも驚いたみたいで、加賀さんの方を向いた。もしかしたら。

加賀「この鎮守府には、確かに問題があります、それを認めましょう。私なりに、最善の行動を尽くしてみます」

吹雪「だって!!吹雪さん!!」

呆けた表情で吹雪さんは口を半開きだ。それを私は揺さぶる。

力なく大きく揺れる吹雪さんは、徐々に明るさを取り戻していき、幽霊みたいな、あの顔がなくなっていく。
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 19:02:19.96 ID:/urrNlOO0

吹雪「....本当ですか?」

加賀「ええ。本当です」

私は嬉しくなってもう一度吹雪さんを強く抱きしめる。

さっきまで冷え切っていた体は、ほんの少し温かみを帯びていた。そして吹雪さんも私を強く抱きしめ返してくれる。

吹雪「吹雪さん、これから頑張ろう」

吹雪「はい!今は全然弱いですけど、いつか、吹雪さんみたいな強い艦娘に、絶対になります!」

私は吹雪さんから離れて、しっかりとその見知った顔を見つめて。

吹雪「いい!次に私にあう時までには、強くなっててよ!約束だよ」

小指を差し出す。それを見た吹雪さんは、こくりと頷くて、差し出した指に小指を絡めた。

吹雪「はい!絶対に強くなります!でも、次会った時に、私より弱いのはだけはやめてくださいね?」

冗談めかしてそう言うと、吹き出して笑った。それにつられて、私も笑ってしまう。
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 19:03:03.32 ID:/urrNlOO0

加賀「吹雪、提督の元へ向かうわよ」

と向こうの加賀さんの、吹雪さんを呼ぶ声がした。その声に吹雪さんは振り向いた。そして。

吹雪「それじゃあ、行かないと」

吹雪さんは立ち上がると、一度私に頭を下げてる。ありがとうございました、そう礼を告げると、加賀さん、朝潮ちゃんと共に部屋を出ていった。

私は吹雪さんを見送った後、急に力でなくなってよろけてしまう。

ふらついて、倒れそうになったところで、誰かに支えられる。

摩耶「よし、よくがんばったぞ。吹雪」

そしてそのまま床に私を座らせる。摩耶さんに、髪の毛をぐしゃぐしゃにかき混ぜられていても、抵抗する力が入らない。くたくただ。

瑞鶴「アホ吹雪、なんでこんなことしたのよ」

瑞鶴さんが、私の目の前に座り込む。すごく怒っているのが伝わってくる。でも、まぁいいかと言うと、笑って私を引き寄せた。
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 19:03:57.09 ID:/urrNlOO0

瑞鶴「おかえり。あと、さっきはかっこよかったわよ」

ぱん、と手を叩いた音がした。そして。

榛名「はい!みなさんこれで一件落着です!」

一気に緊張感漂う雰囲気が紐解かれ、解放される。

誰かは布団に飛び込み呻き声をあげるし、喜びの声をあげてある人もいる。

榛名「ですが吹雪さん」

そんな中、瑞鶴さんに強く抱きしめられたままの私に、榛名さんは近寄ってきた。

さっきまでの真剣さと違う、優しさに満ちた、いつもの榛名さんだ。

187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 19:05:04.73 ID:/urrNlOO0

榛名「提督にこっぴどく怒られると思うので、それだけは覚悟してくださいね」

怖いですからねと、笑顔で榛名さんは言った。そしてこう続ける。

榛名「人によって、正しさは違います。みんな自分の道が、疑心暗鬼でも正しいと思っています。そして、その正しさを他者に証明するには、その人の正しさに優っていないといけません」

明日からの演習で、私達の正しさを証明してくださいね。

そう言うと、榛名さんは部屋を出ていった。たぶん、司令官の元へ向かったんだろう。

川内「あー!よく寝た。.....なにこの状況」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/25(日) 19:07:24.76 ID:/urrNlOO0
今日ぶんはおしまいです。そして後一回の更新で終わります。たぶん来週あたりで終わらせます。またがんばります。
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/03/01(木) 18:07:48.23 ID:rwDpaGI+0

私はマイクロバスから流れる風景をぼんやりと眺める。

木々の間からは、見慣れた海原が広がっている。どこまでも続いているような、水平線。

それはいつか陸が遮ってしまって、どこまでも続く水平線、なんて嘘なんだと証明してしまう。

帰りの車内は、行きの活気付いてたのと違って、あんなり馬鹿騒ぎしていた金剛さんと摩耶さんでさえも、今は眠っている。

神通さんも、赤城さんも、司令官に榛名さん。それに夕立ちゃんも、みんな眠っている。

そんな中、私だけは、どうしても眠れない。
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:08:23.03 ID:rwDpaGI+0

演習の結果は、私たちが、相手を完膚なきまでに叩き潰した。

歴然とした結果だった。相手の艦隊は、私たちには手も足も出なく、私たちはというと、ほとんど無傷の状態で終わった。

その結果に呆然していた向こうの司令官の顔が、今でも忘れられない。

そして圧勝したということは、私たちの正しさが向こうより優れていた、ということだ。

そして、私は入れ替わった事件の後、すぐに司令官に怒られると思っていた。

けど、司令官は演習中、すごく不機嫌だった。そのせいか、まだ私は司令官に怒られてない。

そのことについて、秘書艦の榛名さんは私を呼び出して、こう言った。
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:09:22.13 ID:rwDpaGI+0

榛名「おそらく提督は吹雪さんを咎めません。ですが、二度と同じことをしないよう、肝に命じてください」

そして遠征が終わるや否や、私たちは挨拶する機会も与えられず、さっさと荷物を纏めて、こうして帰っている。それが原因で、みんな眠りこくっている。

相変わらず続く風景に飽きてしまった私は、加賀さんから貰った睡眠薬を五錠取り出して、飲み干す。

ついさっきも三錠飲んだのに、眠れない。本当にこれは睡眠薬なのかな、と思った私は一応確認するけど、やっぱり睡眠薬だ。もう一錠だけ飲んでおく。

不眠が続いている。原因は、眠りに落ちる寸前になると、一気に意識は呼び戻されるせいだからだ。理由は、もちろんわかっている。

私は鈍痛が響く頭を窓にもたれる。体が熱っぽいと、外の空気に冷やされた窓ガラスが、心地よく感じる。

私は目を瞑り、自然と意識が落ちてくれることに期待する。
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:10:33.71 ID:rwDpaGI+0

それは笑い声だ。その笑い声はすごく自虐的で、聞いているこっちまで、やりきれなくなってくる。

頭を抱えて泣いてしまった人もいるし、全てがぐちゃぐちゃだ。抑圧された感情が破裂してしまっている。

私は目を開く。やっぱり眠れない。暗闇は、すごく怖い。そのまま引き摺り込まれてしまって、戻れなくなりそうだからだ。

私は強く髪の毛を引っ張り、頭を叩いた。忘れろ、忘れろ。痛さが和らいで消えて無くなるように、この痛みを孕む記憶も、霧が空中でなくなるように、跡形もなく、どこかに行ってほしい。

でも私の願いとは裏腹に、走馬灯のように、記憶が脳裏を駆け巡る。

まだ太陽が顔を出して間もない時間。今日から演習が始まるっていうのに、早起きしてしまった私は、性懲りも無く、また外に出たいと思った。

こっぴどく怒られて、外に出るなって言われていたのに、私は準備を始めた。
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:11:57.13 ID:rwDpaGI+0

馬鹿だ。本当の馬鹿だ。ポケットに証明カードをしっかりと入れた私は、安心して外に出てしまった。

こう考えていたから、外に出てしまった。あの吹雪さんに会いに行こうと。探せば会えると思っちゃったんだ。

私は初めて吹雪さんと出会った場所に向かった。相変わらず風は私に突き刺さっていた。

昨日よりもずっと痛さは増していて、寒さで身を震わせながら、ゆっくりとむかって行ったんだ。

そのまま諦めて、まぁいいかで終わらせておけばよかった。

でも結局、遅かれ早かれわかってしまったことだ。だってそれを聞く機会は、ここにいる限りいつだってあるんだから。

例えば、この鎮守府の艦娘、人でもいい。誰かにすれ違ってしまえば、好奇心で私は尋ねてしまう。

例えば、演習が始まる間近。挨拶をする時に、当事者だった人に、私はなんとなく聞いてしまうはずだ。
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:12:36.99 ID:rwDpaGI+0

どうやっても、逃れられなかったんだ。

やっぱりその人達は、そこにいた。早朝の冷え込んだ空気に反して、その人達からは湯気がもくもくと上がっていた。

私は少し戸惑った。あんなに迷惑をかけたのに、のこのことまた近づこうとしているのだから。

どれだけ恥知らずなんだ、私だったらどう思う。嫌に決まってる、顔も見たくない。そうに決まっている。

そうして私がもじもじしていると、向こうの誰かが一人気がついたみたいで、私の方へ歩いてきた。

だれか、決まってる。そんな昨日の些細なことなんか気にしない、心が強い人だ。

大井「あなた所属は?任務時間外は外出は禁止なのは知ってるわよね」

大井さんは眉毛一つ動かさない無表情で、そう言った。胸のあたりが急に苦しくなった。それはもちろん、昨日のことがあったせいだから。
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:13:23.68 ID:rwDpaGI+0

私は何も答えず、ポケットに手入れて、カードを取り出そうとした、瞬間。

大井「別に出さなくていいわよ。わかってるから」

そう言われて白いため息を吐いた。そして汗が滲んだおでこを拭う。

吹雪「....わかってたんですか」

大井「私だって冗談の一つは言うのよ」

これがブラックジョークだと思った。そして、何の用。と大井さんは言葉を繋げた。私がそれに答えようとすると、なぜか、大井さんは私を制止する。

大井「わかったから、言わないでいいわよ。ついてきなさい」

そして後ろを振り返ると、元いた艦隊の方へ歩き出した。

私は黙ってついて行くことにした。こつこつ、こつこつと、コンクリートを踏みしめる音が、緊張で張り裂けそうな私を圧迫した。


196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:13:57.38 ID:rwDpaGI+0

そして、本当に昨日と同じメンバーがそこにはいた。加賀さん、北上さん、朝潮ちゃん。私は心から安心した。昨日起こった事件の内容とはかけ離れた感情が、今ではおかしい。

朝潮「本当に手の込んだ自殺をするんですね....」

私を見るやすぐに、朝潮ちゃんはそう言った。ひどく澱んで、昨日よりもました、無表情で。

そして、お疲れさまでした、と言うとすぐにこの場を立ち去って行く。一人いなくなった。

大井「どうしてって、顔してるわね」

その通りだ。私は、わからなかった。その声につられて大井さんを見た。相変わらず表情は冷たい。

大井「どうしてだと思う?聞いてみなさいよ、私じゃなくて、加賀さんに」
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:14:41.61 ID:rwDpaGI+0

そう言い放つと、朝潮ちゃんと同じようにここから去っていこうとした。慌てた北上さんも、大井さんについていこうとして、一旦止まる。

北上「....まぁ、どんまい」

そして後を追いかけて行った。二人を消えた。人で作られていた壁は、もうとっくに、なくなったも同然だ。

私は、その壁で遮られていると思っていた人を探した。でも、そこにはいない。一気に血の気が引いた。

私は、どうしようもなくなって、加賀さんを見る。

吹雪「ねぇ加賀さん、吹雪さんは、どうしたんですか......?」

ねぇ言ってましたよね、加賀さんは。それは嘘だったんですか。

私と、私に期待させた、あの思いは全部嘘だったんですか。

198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:16:05.46 ID:rwDpaGI+0

ここまできて、やっと睡眠薬の効果が効いたみたいだ。

再生された記憶は、無理やり電源を落とされて、意識が眠りへとやっと、向かって行く。

そう、あの人は表情一つ、眉毛の一本も動かさないでこう言ったんだ。

そしてフレーズが頭からくっついて離れない。忘れようとして頭をかきむしっても叩きつけてもどうやっても頭から離れてくれない。

まただそうやって、この記憶は私をどれだけ苦しめれば気がすむんだ。

できるなら、次に起きた頃には、綺麗さっぱり、この演習遠征の記憶がなくなっていてほしい。

そう願い、私はようやく眠ることができた。

加賀「あぁあの吹雪なら、もう」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:18:04.96 ID:rwDpaGI+0
おしまいです。おそらく気分を悪くした人もいると思います。特に大井さんにはひどいことを言わせましたので、本当にすみませんでした。
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/03/01(木) 18:20:55.37 ID:rwDpaGI+0
次は金剛さんと榛名のお話を考えてます。今回みたいなお話じゃないのを考えてますので、またみてもらえると嬉しいです。
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 03:57:12.66 ID:9SMJWxjco
おつー
つぎも待ってる
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/02(金) 21:38:50.29 ID:MnwoKg5L0
おつ
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/03(土) 09:43:38.47 ID:mnZzZpol0
乙です
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/03/05(月) 08:08:02.04 ID:w7JCTcQ6O
結局捨て艦されて吹雪亡くなったんか
137.47 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)