【安価】男「戦闘職使えないけど何でもする」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:10:50.89 ID:Hsn52rpt0
〜店〜

男「ふぅ」


彼は王様の力を借りて王都に店を開いた

店頭の看板には『お悩みや困難にぶつかった方を何でもして助けます』とある

彼は戦闘職を使えないのだが、それ以外の殆どを網羅している

一応本気を出せば戦闘出来る...らしい


男「誰か来ないかな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510049450
2 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:13:48.69 ID:Hsn52rpt0
下1>>お客
下2>>仕事内容
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:13:59.56 ID:Tf684RSkO
魔法職以外ならなんでも出来る魔女
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:14:40.75 ID:fV6fJm9D0
仕事がないから雇ってほしい
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:14:52.27 ID:iMaIuwSMO
魔法をなんとか覚えたい
6 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:19:02.88 ID:Hsn52rpt0
魔女「こんちはー!」


如何にも魔女という感じの帽子やローブを身に纏った女性だ


男「こんにちは。用件をどうぞ」

魔女「えっと...私って何に見えます?」

男「魔女。魔法使いって方が良いですかね?」

魔女「そう、魔女に見えますよね?」

男「ええ、まぁ」

魔女「魔法職使えません...」

男「ほほう」
7 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:25:33.96 ID:Hsn52rpt0
男「まぁ僕も戦闘職はからっきしですよ」

魔女「で、でも!それ以外なら何でも出来ます!」

男「何故その服装なのかという疑問が生まれましたが、この際どうでも良いです」

男「貴方、僕と同じですよ」

男「僕も戦闘職以外なら何でも出来るんですよ」

魔女「そうですか、雇ってくれません?」

男「緩やかな流れしてたと思ったら急に話が三角飛びしてきた」

魔女「こんなんじゃ雇って貰えないんですよー!」ダンッダンッ

男「地面をダンダンするな。まぁ雇ってあげますけど」
8 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:31:01.12 ID:Hsn52rpt0
男「とはいえ、今日開店したばっかで仕事は...客待ち?」

魔女「ベッド付いてますか」

男「付いてるよ」

魔女「え?」

男「疲れたら寝とけ。聞いてくるとは思ってなかった」

魔女「そうですか、ありがとうございます」

魔女(ホワイト!ホワイトだここ!)
9 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:32:06.35 ID:Hsn52rpt0
下1>>客
下2>>仕事内容
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:32:24.27 ID:iMaIuwSMO
喋る犬
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:33:03.15 ID:k/+0/KvQ0
正義の魔法少女
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:33:23.32 ID:nKSwD43Oo
飼い主探して
13 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:42:56.63 ID:Hsn52rpt0
ガンガンガン!!!


男「おおお...何の音だ!?」

「申し訳ない!開けてはくれないか!?」

男(両手が荷物で塞がっているのかな?)

男「はーい、今行きます」ガチャ

犬「いやぁ、助かった」

男「...え?」

犬「ははは、固まるのも無理はない」

男「依頼で?」

犬「ああ」
14 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:47:02.90 ID:Hsn52rpt0
犬「礼金もきちんとある」

男「犬から金とろうなんて思ってないよ」

犬「そうか」

男「ところで、どんな依頼だい?」

犬「飼い主を探して欲しいんだ」

男「成る程。では特徴を教えてくれ」

犬「そうだな...」
15 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:48:11.48 ID:Hsn52rpt0
下2>>飼い主の特徴
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:49:11.93 ID:fV6fJm9D0
金髪のボーイッシュな女の子
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:50:12.90 ID:3pvRzxsW0
イケメンサディスト
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 19:50:17.31 ID:zeWxoSbb0
身長の倍くらいの杖を担いだスレンダービューティー
19 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 19:59:44.35 ID:Hsn52rpt0
犬「いわゆるイケメン」

男「ほうほう、イケメン...」

魔女「イケメーン?」

犬「イケメーン」

犬「こほん、そしてサディストだ」

男「S...と」

男「よし、良いでしょう」
20 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 20:05:30.81 ID:Hsn52rpt0
男「どっこいしょ」ゴト


男は棚から水晶玉を取り出した


男「一応、『占い師』は出来るので」

男「...むむむ、見えるぞ」

男「都市の南部...白い橋のたもとに居る」

男「しかし、大変荒れているご様子。近づくと縛られそうですね」

男「そして、その物憂げな表情に見とれる女性が_____」

犬「あ、もういいです」

魔女「確かに見えすぎの喋り過ぎね」

犬「ありがとうございました!!」ズダダダ


犬は何処へともなく走り去った。

多分南部を目指しているのだろうが
21 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 20:06:55.31 ID:Hsn52rpt0
下1>>客
下2>>依頼内容
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 20:07:34.09 ID:fV6fJm9D0
女騎士
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 20:08:58.32 ID:Oa49o7+fo
くっころごっこにつきあって
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 20:09:00.77 ID:GJFDeBttO
オーク討伐の助太刀
25 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 21:05:28.92 ID:Hsn52rpt0
コンコン

男(ノックの必要などないのだが...)

女騎士「失礼する」

男「何かお困りで?」

魔女(うわっ、堅っ苦しいの来たよ...)

女騎士「うむ、実はな...」

男(何だろう。オーク退治とかか?)

女騎士「くっ殺ごっこに付き合って欲しいんだ」
26 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 21:09:07.42 ID:Hsn52rpt0
男「...え?」


男は困惑する。今この女、女騎士が吐き出した言葉をにわかには信じ難かったからだ


男(くっ殺ってあれだよな?)

魔女(何が女騎士だ!とんだ破廉恥女だ!)

女騎士「や、やはりこのような事...」

男「いや、やりますけども」

魔女(やるのか...)
27 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 21:15:53.89 ID:Hsn52rpt0
女騎士「くっ、殺せ!」

男「ふふふ...」

男(そういやこれこの後どうするんだ?)

女騎士「えーっと、説明し忘れてましたが、この後は適当に言葉責めして頂きながらですね」

女騎士「...その、ボディタッチを」

男「はぁ...分かりました」ジトッ

女騎士「ああ...その目が良いぃ...」ウットリ
28 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 21:18:41.32 ID:Hsn52rpt0
〜しばらくして〜

男「やっと帰りましたね」

男「一体何だったんでしょうか」

魔女「只の変態」

男「僕もそう思う」

魔女「あんなのばっかなのかな」

男「酷い言い様だが分からなくもないその気持ち!」
29 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/07(火) 21:19:34.00 ID:Hsn52rpt0
下1>>客
下2>>依頼内容
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 21:19:46.88 ID:3pvRzxsW0
一休さん
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 21:19:48.06 ID:fV6fJm9D0
戦闘職以外使えない(男の)ライバル
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/07(火) 21:26:51.54 ID:8VM21JVW0
住職の水飴を食べちゃったのでどうにかして欲しい
33 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 19:08:52.38 ID:2vfjabp30
一休「こんにちは」ペコリ

男「どうもこんにちは」

男(お坊さん...?しかし子供か)

男「ご依頼をどうぞ」

一休「はい。実は、住職の水飴を食べてしまったのです」

男「ほう。で、怒られないようにしたいと?」

一休「そうです」

男(うわ、東方の書物でこんな話読んだよ僕)

魔女「...何かどっちも悪いね」

男(ここはかの書物の様に解決すべきか?いや...)
34 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 19:14:20.07 ID:2vfjabp30
下1>>正史通りに動かす?
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 19:15:18.25 ID:b1ai5CPS0
胃の中からなんやかんやで水飴だけを取り出す
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 19:15:37.80 ID:DQbz1T040
違う方向で
37 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 19:36:12.56 ID:2vfjabp30
男「...?」

一休「どうかされましたか?」

男「ええ、胃を重そうにしているように見えてです」

一休「丸ごとぱくっといってしまったもので」

男「!!閃いた」

男「その飴、取り出して見せます」
38 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 19:49:41.84 ID:2vfjabp30
男「ふふ」ポンッ

魔女「私より魔女的なそれだ」


男は唐突に鍋で調合を始めた


男「出来た!」

男「では、飲んで下さい」スッ


調合された液体を差し出す


一休「は、はい」ゴクッ

魔女「...」ドキドキ

一休「うっ、おえっ」


嗚咽を漏らす

男「...」

魔女「!?」
39 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 19:53:38.90 ID:2vfjabp30
〜しばらくして〜

一休「はぁ、はぁ」

男「出ましたね」

魔女「気持ち悪くなってきた」


結論からいうと、吐き出させた。それだけである


男「薬師スキルは便利ですな...まぁ、さっきの苦しみは自分への罰とでも思って下さい」

男「ちょっと溶けてるが...まぁいいでしょう、これを」スッ


溶けかけた水飴を差し出し、腑に落ちない顔つきで一休が受けとる


一休「では」パタン
40 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 19:58:38.61 ID:2vfjabp30
魔女「そう言えば、ここって客にお茶出さないんですね」

男「んー...速攻で解決するからな」

魔女「いや、本当ですよ。少しは私に仕事振ろうとか思わないんですか?」

男「無理にでも働きたい?」

魔女「働きたくないでござる!」

男「ほれみろ」
41 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 20:02:13.61 ID:2vfjabp30
男「あ、もう店閉めるけど?」

魔女「ん、ああ、はい」

男「...そういや、魔女さんはどこで寝泊まりしてるんですか?」

魔女「え」

男「え、って何ですか」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 20:02:20.63 ID:eoeSfm1U0
戦闘職以外使えない男の知り合いの女
43 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 20:05:14.75 ID:2vfjabp30
下2>>魔女は何処で寝る?
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 20:14:36.71 ID:WJ4u0lGhO
男の家
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 20:15:19.34 ID:pU845u4u0
男と一緒の寝床
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 20:43:17.69 ID:urOfqMgIO
不法侵入か
47 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 21:13:12.82 ID:2vfjabp30
男「まさか...」

魔女「ふふ、秘密ですよ。女の子には必要な要素です」

男「確かに、他人の寝床を聞くなんて失礼でしたね」

魔女「そうですよ、品性ありそうに見えるんですけどね」

男「僕も聞かれたら困惑しますね」

魔女「何処で寝てるんですか?」

男「おい品性。この店舗の二階ですよ」

魔女「一応教えてくれるんですね」
48 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 21:19:51.58 ID:2vfjabp30
〜夜・男の家〜

男「...」スースー


男はぐっすり寝ている

一方、家の前では


魔女(魔法以外なら何でも出来るっ!)ガチ...ガチ...

魔女(つまりピッキングも余裕って事!)カチャ

魔女(侵入完了)
49 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 21:32:53.68 ID:2vfjabp30
〜朝〜

男「ん...く」ムクッ

男「...」

男「...僕はまだ寝惚けているようだな」

魔女「リアルです」

男「は?」

魔女「ちょ、そんな威圧しなくても良いじゃないですか」

男「そらビビるよ」

魔女「雰囲気ぶち壊しですよ」

男「お前に言われたくねぇよ」
50 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 21:36:30.35 ID:2vfjabp30
男「さて」

魔女「な、何でしょうか」

男「何故侵入した?」

魔女「えーっと...」

男「返答によっては...分かるな?」

魔女「ひ、ひぃぃ...」
51 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 21:37:37.68 ID:2vfjabp30
下2>>魔女が男の寝床に侵入して寝た理由
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 21:38:00.65 ID:b1ai5CPS0
人のぬくもりが恋しかったから
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/08(水) 21:38:34.92 ID:tazrRk5zO
特に理由はないけど朝飯全部作ったので許して
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/11/08(水) 21:40:30.66 ID:EyD8+2Np0
異性として貴方事が好きだから
55 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 22:00:15.80 ID:2vfjabp30
魔女「くっ...」

男「なんだ?何か後ろめたい理由があったのか?」

魔女「理由なんて無いです」

男「えっ」

魔女「で、でも、ほら見てください」


そこには、朝飯が作られてあった


魔女「どうかこれで許していただけませんか!」

男「...良いでしょう」

魔女「いぇーい!」
56 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 22:02:39.49 ID:2vfjabp30
〜店〜

男「魔女さん?」

魔女「はい」

男「朝飯、美味しかったですよ」

魔女「そ、そうですか」

男「何を動揺しているのか」

男「開店です」
57 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/08(水) 22:03:43.19 ID:2vfjabp30
下1>>客
下2>>依頼内容
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 22:04:10.42 ID:P5qIAjcz0
女王
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 22:04:39.22 ID:b1ai5CPS0
お前が欲しい
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 22:04:48.01 ID:tazrRk5zO
ドラゴンに城が襲われてるので倒して
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/08(水) 22:04:49.75 ID:eoeSfm1U0
私の娘の護衛
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/11/08(水) 22:04:49.94 ID:EyD8+2Np0
ゾンビ村のゾンビ達の討伐
63 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 19:20:57.25 ID:aPqG3g8E0
女王「こんにちは」

男「どうも...って、女王様じゃないですか!?」

女王「ええ、そりゃそうでしょう」

魔女「!?!!!?」

女王「フランクで良いですか」

男「お気になさらず」

女王「ありがと。あぁすっきりした」

魔女「!?」

女王「そこの目を白黒させている女性は?」

男「多分魔女です」

女王「ふーん。今日は個人的な相談で来たんだけど」

男「...」ジトッ
64 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 19:32:06.71 ID:aPqG3g8E0
女王「な、何よその目!?無礼よ!?」

男「またお忍びで来られたんですね?」

女王「な、何か悪い?」

男「同じ事を言うために、ですか?」

魔女「同じ事!?」


魔女が先程から全体的にパニックだが、それを見かねた男が補足する


男「女王様は一部の人間に対してフランクに接する事を好む」

男「そうだ、じゃあ言ってみて下さいよ。依頼」ズイッ
65 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 19:44:04.31 ID:aPqG3g8E0
女王「お前が欲しい」

男「この前と何も変わらないじゃないですか」

女王「うっ、うるさい!」

男「はぁ、僕みたいな平民よりもですね」

女王「そのセリフは嫌いじゃ!」

男「あっ、素が出た」

男「とりあえず帰って下さい。休暇にでも来て下さいよ」

女王「...休暇なら良いのか?」

男「まぁ、そうですね」

女王「しかと記憶した。さらば!」ズダダダ


女王は去って行った
66 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 19:49:28.00 ID:aPqG3g8E0
魔女「嵐の様な方でしたね」

男「ふー、ありゃ疲れる」

魔女「そういえば、何で女王様がここに?」

男「求婚」

魔女「ヒモになれよ」

男「嫌です」

男「実の所はな、王と女王は仲は良いんだがな、異性関係ではない」

男「先に結婚した方が権利を手にするんだけども」

男「そんな理由で求婚されても嬉しくないよなぁ」

男「...あ、これ国家機密」

魔女「ふざけてるんですか?」

男「ちょっとね」
67 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 19:51:35.73 ID:aPqG3g8E0
下1>>客
下2>>依頼内容
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 19:52:06.87 ID:xQ+pUtTI0
悪徳商人
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 19:53:41.36 ID:oJCggjJLO
足を洗いたい
70 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:04:46.37 ID:aPqG3g8E0
悪徳商人「どうも」

魔女「胡散臭い」

男「早えよ」

悪徳商人「あ、やっぱ分かるんですね」

男「ええ」

魔女「セールスかな」

男「その程度なら良いけどな」

悪徳商人「足を洗いたいんです!!」

男「ほう」
71 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:11:03.83 ID:aPqG3g8E0
男「どうぞご勝手にと言いたい所ですが、何らかの事情があるのでしょう?」

悪徳商人「はい...」

悪徳商人「うちの店は裏の人間から融資を受けて成り立っているんです」

悪徳商人「その代わりに悪どい事をしているんです」

男「つまり金欠だと」

悪徳商人「はい。なのでその裏の人間をどうにか_____」

男「いや、そんな発想だから駄目なんだよ」

男「取引先紹介してやっから。必要な資本揃えてとっとと夜逃げしろ」スッ


男は連絡先の書かれた紙を出す


悪徳商人「あ、ありがとうございます!」

悪徳商人「それでは!」ガチャン
72 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:14:48.71 ID:aPqG3g8E0
男「商人も出来るけどさ」

男「ダチの出来る職業じゃないよあれは」

魔女「当たり前」

男「薬師でもダチが出来るのにね」

魔女「えっ」

男「過去の文献探しの旅をしたんだ。その時にね」
73 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:15:45.59 ID:aPqG3g8E0
下1>>客
下2>>依頼内容
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:16:05.82 ID:LQduJ+D+0
男の知り合いの女さん
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:18:48.95 ID:Nf5/3r6Co
結婚して
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:18:51.13 ID:3F4XvkSG0
デートの誘い
77 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:24:01.72 ID:aPqG3g8E0
女「ども」

男「...あ、女か」

男「...」

女「無視すんなゴラー!」グラグラ

男「あぅあぅ、肩揺らすな」

男「一体何の用だ?」

女「結婚して!」

男「...なんで?」

女「それは野暮ってもんだー!」

男「えぇー...」
78 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:25:01.10 ID:aPqG3g8E0
下2>>次の男の発言
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:25:58.19 ID:LQduJ+D+0
いい加減俺以外の男を探せよ…
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:26:29.71 ID:ZhbWJbBeo
こういうとこでプロポーズされてもな
……するんだったら我が家でしてよ
81 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:32:46.76 ID:aPqG3g8E0
男「こういうとこでプロポーズされてもな」

女「えっ」

女(意外に好感触)

男「...するんだったら我が家でしてよ」

女「く...///」

男「もしかして駄目元で言ったの?」

女「そ、そんな事...そこそこ付き合いも長いし」

男「付き合いが長いなら家に入る事ぐらい何ともないだろう?」

女「うん。ありがとう」

魔女(甘い!この空間は甘過ぎる!)
82 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:39:59.89 ID:aPqG3g8E0
男「まだしばらく店は開けとくからな」

女「ちぇ」

女「また...来るね?」ガチャン


女はドアから出たあとすぐ走り去って行った


男「ふぅ」

魔女「何かおかしいと思ってたんですよ!」

魔女「普通に女の子と共同空間でリラックスしてるし!」

男「はぁ」

魔女「好意向けられまくりやがって」

男「いや、僕は誰にでもこんな感じだよ」

魔女「ふーん」
83 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/09(木) 21:40:51.91 ID:aPqG3g8E0
下1>>客
下2>>依頼内容
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:42:13.31 ID:LQduJ+D+0
(魔女の)幼馴染
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:42:50.19 ID:xQ+pUtTI0
この国で内乱を起こしたい
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 21:44:09.66 ID:P62WJu360
オークの巣に捕まっている女騎士の救出
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/09(木) 23:15:29.43 ID:EWHXuaz/O
なんつーかこの手のスレって恋愛ゴリ押し安価多いね
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 18:02:14.47 ID:loMp3viA0
愛に飢えてるんだろう、許してやれ
89 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 19:36:06.19 ID:NFKfUorw0
魔女幼「どうも...」ビクビク


中性的な見た目をしている。しかし、何よりとても怯えているように見える


男「どうしたのだ?妙に怯えているね」

魔女「!?魔女幼!」

魔女幼「魔女!?」

男「おや、知り合いかな。うちの従業員だ。労働してないが」

魔女「一言余計ですーっ!」

魔女幼(...魔女も巻き込んでしまうのか)
90 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 19:46:21.42 ID:NFKfUorw0
魔女幼「あの」

男「あ、依頼がまだだったね」

魔女幼「はい、実は...」

男「...」

魔女幼「この国で内乱を起こしたいんです」

男「やめとけ」

魔女幼「なんでですか」

男「この国に余程のご不満がおありのようで」

男「...ちょっと言ってみて下さい。変えたい所」
91 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 19:48:38.61 ID:NFKfUorw0
下2>>魔女の幼馴染が変えたい国のポイント
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 19:50:36.83 ID:cSBFcPsH0
重税
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 19:54:00.99 ID:HtkZZ2HdO
同性愛を認めて欲しい
94 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 20:04:08.68 ID:NFKfUorw0
魔女幼「同性愛を認めて欲しいの」

魔女「えっ」

男「成る程。まぁどうにかなるでしょう」

男「今度の休暇、ここに王女様が来ます」

男「僕の要求なら多分聞いてくれるので待ってて下さい」

魔女(こ、こいつ、人の恋心を利用して...)

魔女幼「そんな事が信じられるとでも?」

男「そうだな。魔女でも賭けるか?」

魔女幼「そこまで言い切るなら信じます」

魔女「!?」
95 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 20:10:15.69 ID:NFKfUorw0
その後、少し安心したような表情で魔女の幼馴染は帰って行った


男「...ふふふ」ニヤリ

魔女「訳が分からない!外道か!?」

男「いえいえ、きっと誰も苦しみません」

魔女「人を賭けに使うな!」

男「あの方なら絶対にそこで引くと読めていたので」

魔女「どういう事なの...」
96 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 20:11:20.34 ID:NFKfUorw0
下1>>客
下2>>依頼内容
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 20:11:35.01 ID:+qSmYcqm0
伯爵
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 20:12:01.64 ID:z2oRG3EG0
人魚
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/10(金) 20:12:02.12 ID:xbEbw5NWO
戦闘のエキスパートを借りたい
100 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 20:18:32.25 ID:NFKfUorw0
伯爵「こんにちは」

男「どうも、こんにちは」

伯爵「いきなり本題でよろしいか」

男「はい」

伯爵「戦闘のエキスパートを借りたい」

男「ふぅむ...」

伯爵「やはり難しいか」

男「いえ」
101 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 20:24:48.01 ID:NFKfUorw0
男「知り合いから借りても良いんだけどなー」チラッチラッ

魔女「私に出ろと?」

男「格闘技いける?」

魔女「余裕」

男「問題ないな」

伯爵「ふむ、そこのお嬢さんかな」

男「こう見えても魔法以外得意なんです」

男「因みに、どんな理由で戦闘のエキスパートを必要としているのですか?」
102 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 20:27:16.46 ID:NFKfUorw0
下2>>戦闘のエキスパートが必要な理由
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/10(金) 20:34:46.84 ID:+qSmYcqm0
護衛
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 20:36:51.02 ID:vzPBM7xq0
息子の教育係として
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 20:37:01.93 ID:IXW0WZgw0
男が戦闘力皆無だから
106 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 21:34:51.12 ID:NFKfUorw0
伯爵「私の息子の教育係としてだ」

魔女「プレッシャーを感じるね」

男「君なら大丈夫だよ。頑張って!」

伯爵「私からも、期待しているよ」

魔女「はい!頑張ります!」

伯爵「じゃあ、行こうか」


伯爵と魔女はそのまま出ていった
107 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 21:42:27.63 ID:NFKfUorw0
男「...あ、もうこんな時間」

男「早いとこ店閉めて寝よう」

男「長く仕事し過ぎた。明日は短く切り上げるかな」

男「何か忘れているような...」

男「ま、いっか」
108 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 21:48:06.95 ID:NFKfUorw0
〜男の家〜

男「眠い。寝よう」

女「寝かさねーよ?」

男「どっから侵入した?」

女「最近のレディはピッキングもたしなむの」

男「随分と物騒だしそれは犯罪だ」

男「...まぁ、今更逃げようなんて思わない。安心してくれて良い」

女「...いいの?」

男「...」

女「私と、結婚して下さいっ!」
109 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 21:52:26.57 ID:NFKfUorw0
男(ここまで来たら...!)

男(...ん?)

男(しまった、女王様に直談判しなけりゃならないのに、ここでプロポーズを受けては...)

男(契約不履行だけはあってはならない!)

男「...あ、ごめん。そのセリフ、もう少し先伸ばしでいいかな?」

女「はぁ!?」

男「やや、本当に申し訳ないよ。答えはYESと保証するから」

男「その代わりと言っては何だけど、一つお願いを聞いてあげよう」

男「個人的に...ね」
110 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/10(金) 21:55:18.06 ID:NFKfUorw0
下2>>女のお願い
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 21:56:42.80 ID:+qSmYcqm0
一緒に住もう
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/10(金) 21:57:02.36 ID:z2oRG3EG0
胸大きくして
113 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 13:32:46.29 ID:IYIQC+/A0
女(た、多分今なら本当に何でも良い筈...)

男「...?」

女「じゃあ...」

女「胸、大きくして貰える?」

男「良いですとも」

男「しかし、どうした物か」
114 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 13:54:40.26 ID:IYIQC+/A0
男(大きくする方法は色々あるが)

男(まだ育つなら放っておくのが一番)

男(意味無く他人を実験台にするような事はしない)

男「...とりあえず調べるか」


男は家の物置から水質玉を取り出した


男「げっ、汚れてやがる」フキフキ

男「よし、占うぞ」
115 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 13:57:40.10 ID:IYIQC+/A0
下2>>女の胸はどこまで育つ?
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 14:00:19.63 ID:c5FKdoxr0
平均値よりは若干上
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 14:01:22.11 ID:MpN5uI7v0
Eカップ
118 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 16:17:29.96 ID:IYIQC+/A0
>>114水質玉×水晶玉○


水晶玉にはふくよかな胸が映る


男(ほほう、でかいな)

男(さしずめEカップといった所か)

男「女ぁー?」

女「嫌、見たくない」

男「結構でかくなるよ」

女「えっ」

男「安心してよ」
119 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 16:27:44.19 ID:IYIQC+/A0
女「ど...どのくらい?」

男「Eカップ」

女「!!」

女「マジ!?」

男「うん」

女「しゃおらー!!」ゴロゴロ

男「止めろ床でローリングするな」

女「この嬉しさを分かち合える相手がいない!」

男「僕じゃ駄目なのね」
120 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 16:42:25.51 ID:IYIQC+/A0
男「ほら安心したろ。帰りなさい」

女「嫌だー!」

男「こんの我が儘娘が!」

女「男とイチャイチャしたいし、手料理食べたいし、一緒に風呂入りたいー!」

男「本当面倒臭いね!?後最後のは駄目だよ!?」

女「それ以外は許してくれるのが優しい」

男「そんな事は無い」
121 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 16:49:36.77 ID:IYIQC+/A0
女「飯作って」

男「はぁ。...何食いたい?」

女「ラーメン次郎の___」

男「無理に決まってるだろう」

女「冗談冗談。じゃあね...」
122 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 16:51:08.63 ID:IYIQC+/A0
下2>>作る料理
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 17:01:09.25 ID:bGcy+nyJ0
チャーハン
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 17:05:37.67 ID:IiUxkzOd0
激辛カレー
125 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 18:55:40.32 ID:IYIQC+/A0
女「カレー作って」

男「辛さは?」

女「激辛」

男「分かった。...あ、じゃああの調味料が必要だな」


男は戸棚から粉末を取り出した

実はこれ、調味料などでは無い。

体のバランスを整える効果のある薬である

しかし異様な程辛い為激辛カレーを作る時に用いているのだ


男「じゃあ少し待ってろよ」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 19:11:52.75 ID:Q+ZhrRxwO
魔女サイドも後で見たい
127 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 19:26:24.01 ID:IYIQC+/A0
〜食後〜

女「口の中がまだひりひりする」

男「何故頼んだ...」

女「男の料理を摂らないとバランスが崩れるのだ」

男「きちんと自己管理しといて下さい」

男「じゃあ、僕はもう寝ます」

女「ベッドは」

男「別です。廊下に滅茶苦茶高級そうなベッドがあったらそれです」

女「えぇー」

男「駄々こねないで下さいよ」パタン


男は自分の寝室に入って行った
128 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 19:30:32.75 ID:IYIQC+/A0
〜深夜〜

女「くくく...私が引き下がると思ったか男よ」

女「寝室に侵入してくれる」

〜寝室〜

女(寝てるな)

女(無防備な姿を晒して良いのかな?)

女(何しよう)
129 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 19:32:22.31 ID:IYIQC+/A0
下2>>女は寝ている男に何をするか


魔女サイドは男サイドで一日を終えたらにします
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/11(土) 19:32:47.87 ID:MwjwQdqe0
キスする
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 19:33:09.48 ID:MpN5uI7v0
ぱふぱふする
132 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 19:52:17.09 ID:IYIQC+/A0
男「...」スースー

女(...ぱふぱふ!!)


女の胸は、まだ平常サイズであり少々物足りない


女「まぁ、いいよね」パフパフ

女(ふふふ)
133 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 20:52:38.61 ID:IYIQC+/A0
〜魔女サイド・伯爵館〜


時は遡る


伯爵「いや、申し訳ない。もうこんな遅くになってしまって」

魔女「いえ、大丈夫です」

伯爵「流石に丈夫だね。待っていてくれ、今夕食の用意をさせる」

伯爵「因みに、私の息子も参加する。挨拶がてら顔を合わしてみるといい」

魔女(いい人だなぁ)
134 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 20:53:49.84 ID:IYIQC+/A0
下2>>伯爵の息子の性格
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 20:56:27.21 ID:MwjwQdqe0
わがまま
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 20:56:30.02 ID:Y5e/jXZ7O
惚れっぽい
プライドが高い
137 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 21:08:42.31 ID:IYIQC+/A0
〜食事〜

魔女「わぁ、豪華なディナー!」

伯爵「喜んで頂けたようで何よりだよ」

伯爵子「...」

魔女「?」

伯爵子「...」フイッ

伯爵「あの子はね、どうにもプライドが高いんだ」ヒソヒソ

伯爵「跡継ぎとして悪い事じゃ無いんだけどね」ヒソヒソ

伯爵「大方、君が女性だからだろう。私もこんなこと言いたくないのだがね」ヒソヒソ

伯爵「集中力のある子だし、君の事もすぐに気に入ってくれるだろう」ヒソヒソ

伯爵「さて、ディナーにしようか」

伯爵子「...はい」

魔女「はい!」
138 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 21:14:14.96 ID:IYIQC+/A0
〜食後・伯爵の息子の部屋〜

魔女「という訳で私が君に教えてあげる人間だよ。教師って程大層な物でもないけど」

伯爵子「一つ、良いですか?」

魔女「はい」

伯爵子「俺と手合わせして下さい」

伯爵子「そっちの方が手っ取り早く課題も見つかるでしょう」

魔女(挑戦って訳だ)

魔女「良いですよ」
139 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 21:21:54.83 ID:IYIQC+/A0
伯爵子「行きますよ!」ブンッ

魔女(そこそこパワーはあるみたいだね)ガシッ

伯爵子「ふんっ!」シュシュシュ

魔女(スピードタイプへのシフトチェンジか)スカッ

伯爵子「せいっ」ブオンッ


拳での連撃から一転、足払いだ


魔女「とっとと決めさせて貰います」ピョン


飛び上がり


魔女「ふっ!」シュイン


鞭の如く素早い蹴り
140 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 21:31:17.38 ID:IYIQC+/A0
〜戦闘後〜

伯爵子「...完敗ですね。素晴らしいです」

魔女「どこか痛む?」

伯爵子「いえ、そんな些細な事等どうでも良いです」

伯爵子「...俺に武術を教えて下さい」

魔女「任せて!」
141 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 21:37:48.08 ID:IYIQC+/A0
〜翌日・男サイド〜

男「こうしてボッチになる」

男「一人でいると落ち着くがね」

男「ふぅ。さて、じっくりと待ちますかね」
142 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/11(土) 21:38:53.08 ID:IYIQC+/A0
下1>>客
下2>>依頼内容
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 21:39:02.63 ID:i0AEl71H0
魔王
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 21:39:24.40 ID:gci2pbsKO
俺の息の根を止めて欲しい
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/11(土) 21:40:35.52 ID:MwjwQdqe0
戦闘職が使えないだけで徐霊系や封印系とか使えるんだろうか?
なら適えてやれそうだけど……
146 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 15:01:47.38 ID:BhsTCJs00
ゴゴゴゴ...


男「!?」


扉越しに異様なパワーが立ち込めている


男「...いらっしゃるなら入ってきて下さい」

魔王「うむ」ガチャ

男「な、何の用ですか?」

魔王「そう緊張せずとも良い」

男(気ぃ抜いたら気絶するわこんなん!)
147 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 15:06:26.19 ID:BhsTCJs00
魔王「我の息の根を止めて欲しいのだが」

男「え」

魔王「生きる事に意味を感じなくなってな。どうにか殺してくれないか?」

男「...良いでしょう。確実な方法があります」

男「魔法も攻撃もしませんがね...」


男は棚から邪悪なガラス瓶と飲み薬を取り出した


男「これの飲み薬は最強の回復・防衛アイテム。しかし、その逆にも出来る」

男「この瓶があればね」
148 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 15:09:49.95 ID:BhsTCJs00
男は瓶の蓋を開けた

冥界の霧が立ち込める


男「心地よいでしょう」

魔王「ああ」

男「これを飲んで下さい」スッ


飲み薬を渡す


魔王「うむ____」ゴクッ


魔王は霧散した



※冥界の霧は回復量=ダメージになる霧
149 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 15:16:39.79 ID:BhsTCJs00
〜魔女サイド・朝〜

魔女「はっ!!」ガバッ


魔女は覚えの無いベッドで目を覚ました

伯爵の使いが入室してくる


使い「お目覚めになられましたか。お二人共外で倒れていましたよ?」

魔女(そうだ、あの後外に出て修行していたから体力が...)

魔女「ごめん、心配をかけさせたみたいね」

魔女「因みに伯爵子君は何処に?」

使い「今起きたと報告が」

魔女「ありがと」
150 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 15:20:11.84 ID:BhsTCJs00
〜男サイド・昼〜

男「換気疲れた...」

男「これで魔王も物理的に千の風になってくれた事でしょう」

男「...これって、平和貢献?」

男「どうでもいいか」


どうでもいい自問自答を繰り返す
151 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 15:21:15.69 ID:BhsTCJs00
下1>>客
下2>>依頼内容
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 15:23:06.22 ID:jvitiyYt0
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 15:24:14.26 ID:CLwJ3LEWO
政略結婚の婚約者が嫌なので姫やめたい
154 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:21:07.06 ID:BhsTCJs00
姫「たのもー!」

男「姫!?」

姫「びっくりしたか?びっくりしたか?」

男「五月蝿いですね全く」


姫は女王と王とは違い、結婚に意欲が無い

しかし、王族の中でも先代王に気に入られている

その為結婚相手を紹介されるが、大抵は政略絡みのついで扱いである
155 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:24:26.37 ID:BhsTCJs00
姫「たのもー!」

男「姫!?」

姫「びっくりしたか?びっくりしたか?」

男「五月蝿いですね全く」


姫は女王と王とは違い、結婚に意欲が無い

しかし、王族の中でも先代王に気に入られている

その為結婚相手を紹介されるが、大抵は政略絡みのついで扱いである
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 17:25:27.57 ID:jvitiyYt0
同じ奴を投稿しているぞ
157 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:28:05.69 ID:BhsTCJs00
姫「客に出す茶も無いのか」

男「無い」

姫「どうなっておるのじゃ」

男「こっちのセリフだよ全く...」

男「で、依頼は何ですか?」

姫「政略結婚が___」

男「僕には止められないので自力でどうぞ」
158 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:32:40.94 ID:BhsTCJs00
しまった...連投すみません


姫「違う!そうではないのじゃ!」

男「ほう」

姫「だから妾は姫を辞めるのじゃ!」

男「そんな勝手な事相談しないで下さいよ」

姫「煩い!この職務放棄ヤロー!」

男「...」

男「まずですね、貴方が姫を辞めようとする事が間違いです」

男「それを理解させてあげましょう。...あ、説教する訳ではないのでご安心を」
159 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:41:19.82 ID:BhsTCJs00
男は床にある扉に手をかける


姫「そ、それは?」

男「これは床下収納ではありません。まさに『扉』です」

男「これは異世界に繋がっています」ギィ...


男は扉を開く


姫「異世界!?」ワクワク

男「ええ。ここには貴方を姫として扱ってくれる者は居ません」

姫「是非行かせてくれ!」

男「良いですよ。元よりそのつもりですしね。明日の朝ここに呼び戻します」ピンッ


姫の口の中にチップを入れる


姫「はぶっ!?何を入れた!?」

男「これを使って呼び戻すんですよ」

160 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:49:25.68 ID:BhsTCJs00
姫「達者でなー!」バタン


姫は勢い良く入って行った

入って暫くはダメージ軽減が付与されるので、まぁ痛くはないだろう


男「ふー...」

男「ま、死にはしないでしょう」
161 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:56:59.61 ID:BhsTCJs00
〜魔女サイド・昼〜

魔女(昼飯昼飯)モグモグ

伯爵「はは、流石にエネルギーを使ったか」

伯爵子「魔女さん」

魔女「はい」

伯爵子「午後の修行はどうしますか?」

魔女「うーん...夜までじっくり休もう。それからだね」

魔女「無理してまた倒れられてもね」

伯爵子「分かりました」
162 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 17:58:59.02 ID:BhsTCJs00
〜食後〜

魔女「ふぅ」

魔女(休むよう言ったけど、この館を探索してみようかな)

魔女「...」トコトコ

魔女「...あっ」
163 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 18:00:22.53 ID:BhsTCJs00
下2>>館で魔女が発見した物とは?
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 18:01:31.90 ID:jvitiyYt0
誰のものかわからないが伯爵子の成長記録
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 18:05:55.00 ID:y02K2HDi0
地下に沸いてる温泉
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 18:05:55.13 ID:tfkZvyVwo
普通の像に擬態しているガーゴイル(侵入者)
167 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 18:10:30.44 ID:BhsTCJs00
魔女「なんか気圧が変ね...」


魔女は不審に思い周りを探る


魔女「?」


魔女はカーペットに一ヶ所捲れる点があるのに気付いた

そしてそれを捲ると、地下へと続く梯子があった


魔女「梯子...?」
168 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 18:16:29.39 ID:BhsTCJs00
魔女が梯子を降りると


魔女「お、温泉!?」

魔女「温泉があるなんて...ここは一体どうなっているの?」

魔女「色々探索して見ましょう」カンカン


魔女は梯子を登り再び探索を始めた
169 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 18:17:45.11 ID:BhsTCJs00
下2>>館で次に見つける物
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 18:19:23.00 ID:jvitiyYt0
魔本
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 18:25:17.77 ID:tfkZvyVwo
>>166
172 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 19:32:38.94 ID:BhsTCJs00
魔女「...」


像が置いてある

しかし、どうにも不自然だ。単体でそこにある上に生きているような気がする


魔女「ねぇ」ガシッ

ガーゴイル「うわっ!」

魔女「やっぱり擬態だったのね。ここで何してんの?」
173 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 19:33:30.48 ID:BhsTCJs00
下1>>どうしてガーゴイルはここにいるのか
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 19:34:04.71 ID:y02K2HDi0
伯爵に妹を攫われたので潜入
175 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 19:54:40.86 ID:BhsTCJs00
ガーゴイル「実は伯爵に妹を拐われてな」

魔女「え!?」

ガーゴイル「いや、遊んでいたら像と間違えられた」

魔女「無駄に精巧ね...」

魔女「立場上助けてあげる事は出来ないけど見逃してあげるわ」
176 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 19:58:40.36 ID:BhsTCJs00
〜男サイド・夜〜

男「今日マシなのが来てないなぁ」

男「そろそろ閉めようかな」

男「むむっ、客の気配」ピクッ
177 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 19:59:47.72 ID:BhsTCJs00
下1>>客
下2>>依頼内容
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 20:00:01.71 ID:y02K2HDi0
リザードマンオス
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 20:00:14.92 ID:jvitiyYt0
幽霊
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 20:03:10.87 ID:tfkZvyVwo
嫁がフロッグマンと浮気をしている気がするので調査してほしい
181 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 21:33:04.07 ID:BhsTCJs00
リザードマン「どうも」

男「こんばんは」

男(人外でもまだまともな部類だな)

リザードマン「実は、浮気調査の依頼でやって来たのです」

男「ほほーう。それでそれで?」

リザードマン(何だか凄い喜ばれている気がする)

リザードマン「嫁がフロッグマンと浮気しているかどうか、です」

男「成る程。因みに嫁さんは家に?」

リザードマン「今日は居ますね。明日からの動きが重要です」
182 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 21:38:03.51 ID:BhsTCJs00
リザードマン「明日の昼から動きがあると思います」

男「何故ですか?」

リザードマン「一度盗聴器を仕掛けた事がありまして」

男「それは今ありますか?」

リザードマン「何だか悲しくなってデータを消してしまいました」

男「そう、てすか...」

リザードマン「こちらが住所です」スッ


住所の書かれた紙を受けとる
183 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 21:39:57.76 ID:BhsTCJs00
そしてリザードマンは家に帰った

その背中はどことなく寂しげだった


男「...クッソまともじゃないか」

男「寝よう」
184 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 21:44:45.88 ID:BhsTCJs00
〜魔女サイド・夜〜

魔女「やるね!」ギュウウウン

伯爵子「いえいえ」ギュウウウン


大気が振動する程大きな溜めから放たれる一撃をぶつける


ゴゴオオッ!!

魔女「うん。大体のコツは教えたよ」

伯爵子「はい」

魔女「体壊さない程度に鍛練してね」
185 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 21:47:59.81 ID:BhsTCJs00
〜男サイド・朝〜

男「よし」

男「とりあえず喚び戻すか」


男は召喚術式で姫を呼び出す


男(生きてれば良いが)
186 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/12(日) 21:49:27.59 ID:BhsTCJs00
下2>>異世界から帰って来た姫の状態
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 21:53:14.82 ID:tfkZvyVwo
踏み台
安価なら下
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/12(日) 21:53:19.73 ID:XEYTZQK50
なんかごついし覇気纏ってる
189 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/13(月) 21:22:47.48 ID:J6Wqq6IZ0
姫「...」バリバリ

男「!?」

男(明らかに強くなっている...覇気すら纏って...)

姫「ふふふ」

男(僕は精神と時の部屋を解放した覚えは無いぞ)

姫「妾は理解したぞ!溢れる力を!政敵など妾が破壊してくれる!」

男「そうですか...」ポカーン

姫「またの」ダダダダ


姫は帰って行った
190 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/13(月) 21:30:00.19 ID:J6Wqq6IZ0
〜市街地〜

男はリザードマンの家まで来た


男(あとはバレないよう張り込むだけだ...)

男(慎重に行こう)
191 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/13(月) 21:34:18.57 ID:J6Wqq6IZ0
下2>>何が分かった?
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 21:45:46.86 ID:2kzIyJ8Ko
リザードマンの家が誰かに監視されている
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/13(月) 21:48:42.04 ID:jVpLHyWh0
フロッグマンは♀でただの友達だった
194 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/14(火) 17:42:08.84 ID:aY+vuLs/0
フロッグマン?「...」トコトコ

男(!!)

男(ん?いや待て、あれは...)

男(め、メスだ!奴はフロッグマンじゃない...)

男(フロッグウーマンだ!!!)

男(ど、どういう事だ?まさか偽装結婚...?)


男は一旦その場を離れた
195 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/14(火) 17:47:39.30 ID:aY+vuLs/0
男「あーもしもし。リザードマンさんですか?」

リザードマン『!?ど、どこから...』

男「念話魔法です。聞こえていますか」

リザードマン『ああ、すまない私だ。何かあったのか』

男「一つお尋ねしてもよろしいですか?」

リザードマン『ええ』

男「子供を作る予定はありますか?」

リザードマン『あります』

男「そうですか、ありがとうございました」
196 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/14(火) 17:52:27.96 ID:aY+vuLs/0
男(これで偽装結婚の線も無くなったし...)

男「探偵はおしまいですね」

男「でも折角住宅地に来たんだし、どっか寄って行こうかな」

男「...と言っても何処にしよう」
197 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/14(火) 17:53:16.42 ID:aY+vuLs/0
下2>>何処に寄る?
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/14(火) 17:53:32.13 ID:eDe4QzRMO
風呂
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/11/14(火) 17:53:45.79 ID:FYUPyKk8O
伯爵邸
200 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/15(水) 19:53:20.85 ID:gL+FETF20
〜伯爵邸〜

伯爵「来客?」

使用人「はい」

伯爵「どんな奴だ?」

使用人「男性です」

伯爵「ははは、面白い洒落だな。...で?どうなんだ」

使用人「ええっと...」
201 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/15(水) 19:54:27.06 ID:gL+FETF20
下1、下2>>男の特徴
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 19:55:18.54 ID:at2gHdUe0
彫刻のような肉体
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 19:55:21.87 ID:3thNauj80
平凡。黒髪で顔は中の上くらい
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/15(水) 19:58:06.39 ID:3thNauj80
矛盾するなら>>203の「平凡」は無視していいです
205 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/15(水) 20:57:34.22 ID:gL+FETF20
使用人「肉体的には平凡」

伯爵「ふむ」

使用人「髪は黒髪」

伯爵「ほう」

使用人「顔は中の上です」

伯爵「通せ」

使用人「畏まりました」
206 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/15(水) 21:35:21.50 ID:gL+FETF20
因みに肉体的には平凡と使用人に言われましたが、ハイパー着痩せモードなので実際には>>202です
207 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/15(水) 21:51:32.92 ID:gL+FETF20
伯爵「何用ですかな」

男「近くまで来たものでして。立ち寄ったのです」

男「やはり大きな家をお持ちになられているようで」

伯爵「いえいえ、そんな...」

男「お高いんでしょうね」

伯爵「あ、そうです。魔女さんが今裏庭にいらっしゃいます」

男「見に行っても?」

伯爵「どうぞ」
208 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/16(木) 18:38:27.49 ID:qaXHX2bB0
魔女「良いね。この分だとそろそろ課程修了だよ」

伯爵子「ありがとうございます」

男「魔女さん。久し振りです」

魔女「そんな久し振りでもない気がするけど...」

伯爵子「貴方は一体?」

男「魔女さんの雇用主ですかね。大元の」

伯爵子「へぇ、強そうですね」

男「戦闘はあんま好きじゃないかな」
209 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/16(木) 19:34:40.10 ID:qaXHX2bB0
魔女「戦闘職使えないからね」

伯爵子「えっ」

男「それはちょっと違うね。戦闘専用では無いだけかな」

男「器用には戦えないけどね」

伯爵子「そうですか。何の用で来られたんですか?」

男「様子を見に来ただけさ。じゃあここら辺でお暇させて貰うよ」
210 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/16(木) 19:40:49.57 ID:qaXHX2bB0
〜店〜

男「ふぅ」

男「加圧魔法かけながら動くと良い運動ですよ本当」

男「...ん?」カサッ


ポストに何か紙が入っている


男「何が書いてあるんだコレ」
211 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/16(木) 19:41:31.11 ID:qaXHX2bB0
下2>>書いてある内容
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/16(木) 19:42:23.31 ID:U2xlXYpJ0
とある大会のお知らせ(武道大会ではない)
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 19:44:37.91 ID:DW6y8EpO0
隣に同業者ができた
214 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/16(木) 20:01:18.83 ID:qaXHX2bB0
男「ほほーん」


そこには、隣に同業者が出店する旨が記されていた


男「ま、明日にでも挨拶しに行きましょうかね」

男「どんな人だろう」
215 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/16(木) 20:35:25.66 ID:qaXHX2bB0
〜翌日〜

男「ふべっ」ガバ

男「しまった」


どうやら、疲れて寝てしまったようだ


男「体痛いわ...」

男「...ま、挨拶しに行くか」
216 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/16(木) 21:12:47.75 ID:qaXHX2bB0
下1>>隣の同業者の外見
下2>>隣の同業者の性格
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/16(木) 21:13:53.73 ID:U2xlXYpJ0
金髪の三つ編みの美少女
性格の安価だったら「世話好き」
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/16(木) 21:16:01.20 ID:r1Ug8XfQo
熱血の世話焼きさん
219 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 19:56:22.74 ID:AgjDgldp0
〜隣店〜

男「こんにちは」

金髪「あ、お客さんですか?」


その少女は金髪であり、なおかつ三つ編みであった


男「いえ、隣でやらせて貰ってる者です」

金髪「へぇ、貴方が...よろしくお願いします」グルグル


金髪の少女は、様々なアングルで男を見回す


金髪「うーん...」ジロジロ
220 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 20:01:54.03 ID:AgjDgldp0
男「一体何をされてるんでしょうか?」

金髪「く、くそぅ...」

金髪「何処からどう見ても悩みの原因ポイントが無い!!」

男「僕の生活は確かに充実していますね」

男「そちらこそ、何かお悩みでもあったら言って下さいね」

男「うちはお悩みというよりお願いの方が多いんですけどね。それでは」
221 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 20:07:52.69 ID:AgjDgldp0
〜店〜

男「良い人そうで良かったです」

男「そろそろ僕も職務に取りかからなくては」

男「...と言っても待ちが基本なんですけど」

男「受動的ですねぇ全く」
222 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 20:09:08.48 ID:AgjDgldp0
下1>>客
下2>>相談内容
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:09:25.66 ID:/htX4sdD0
超イケメン
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:10:05.90 ID:x+F1q9LFo
ストーカーをなんとかしてほしい
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:10:36.73 ID:vqkkkAMd0
みんな自分の顔ばかりを見て決めて、自分の中身を見ていない気がする。どうすればいい?
226 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 20:12:56.15 ID:AgjDgldp0
イケメン「やあ」

男「こんにちは」

イケメン「落ち着いた空間だね」

男「それはどうも」

男「さて、ご相談の方に移りましょうか」

イケメン「はい。実はですね...」

イケメン「ストーカーをなんとかしてほしいんです」
227 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 20:21:51.68 ID:AgjDgldp0
男「ほほう、ストーカーですか」

イケメン「ここ最近、誰かにつけられているんです」

男「分かりました」

男「今日の所はこれを身につけて下さい」カチャ


男は小さな服のボタンの様なものを取り出した


イケメン「これは一体?」

男「発信器であり、小型カメラです」

男「ボイスレコーダーもお貸ししましょうか?」

イケメン「ありがたいです。とりあえず今日はこれで十分だと思います」

男「あとこれも」ピラ

男「この番号にかけてくれれば出ますので」

イケメン「はい、ありがとうございました」
228 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 20:29:57.74 ID:AgjDgldp0
男「ま、あれ程のイケメンですとストーカーの一人や二人いそうですね」

男「彼は彼で難儀しているのでしょう」

男「少々贅沢な悩みに感じるやも知れませんがね」

男「しかしまともじゃないか。出だしは好調と言った所か」
229 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 20:31:24.29 ID:AgjDgldp0
下1>>客
下2>>依頼内容
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:32:37.61 ID:PzUKSs280
ゾンビ娘
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:32:40.58 ID:vqkkkAMd0
ライバル
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 20:38:13.22 ID:/htX4sdD0
生き返りたい
233 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 21:13:40.35 ID:AgjDgldp0
ゾンビ娘「うー...」

男「?」


全身をダークファッションに包んだ『誰か』がそこにいるように見える


男「一体誰なんですかね」

ゾンビ娘「ゾンビです」

男「成る程。だから体を隠したがるんですね」

ゾンビ娘「生き返らせて下さい」

男「...ま、良いでしょう」
234 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 21:17:55.30 ID:AgjDgldp0
男「...」ゴリゴリ

ゾンビ娘「何をされてるんですか...?」

男「世界樹の葉をすりつぶしてる」

ゾンビ娘「えっ」

男「そのまま与えたら強すぎる聖素で肉体が溶けるかもしれないからね」

男「んっ、そろそろ良いだろう」コポコポ

男「さ、飲んで下さい」コト


カップに入れて差し出す


ゾンビ娘「いただきます...」ゴクッ

ゾンビ娘「!!!」
235 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/17(金) 21:19:50.23 ID:AgjDgldp0
下2>>蘇生したらゾンビ娘はどうなった?
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 21:26:11.67 ID:4XrJNwFB0
別の人間の魂が憑依していた。
すぐ、それが落ちて元に戻った
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/17(金) 21:28:24.25 ID:oIaMW9kL0
止まっていた年齢分の成長をして、妙齢の女性になった
238 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/18(土) 13:24:10.55 ID:6AA9HtyS0
ゾンビ娘「おおお...」グググ

娘「や...やりましたよ」

男「お、おう?」


ゾンビ娘だった娘はゾンビだった分の年月を成長したように見える


男「けっこう成長しましたね」

娘「これで私も人間です」

男「ゾンビだったから、また人間に戻ったって事です」

娘「?」

男「貴方は人間です。元からそうなんですから、ゾンビの時の事なんて忘れませんか?」

娘「過去を切り捨てるのには時間がかかります」

男「ええ、応援していますよ」

娘「はい!」


娘は去って行った
239 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/18(土) 13:27:50.06 ID:6AA9HtyS0
男「僕も他人の過去に不用意に触れないようにしよう」

男「僕の周りには訳あり人間が多いですけど」

男「それを引き寄せているのは他でもない僕」

男「そんな人間の助けになろうじゃないか」
240 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/18(土) 13:34:32.40 ID:6AA9HtyS0
下1>>客
下2>>依頼内容
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 13:46:42.53 ID:cNfTIDcwo
痣だらけの5歳の女の子
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 13:46:49.39 ID:XnEjhOAco
隣の同業者
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 13:56:00.82 ID:8s6BxiEZ0
家がすっかり荒らされた。現場検証してほしい
244 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/18(土) 14:28:05.70 ID:6AA9HtyS0
女の子「あのー...」

男「えぇ...」

男「なんでしょうか」

女の子「今日は、お願いがあって来ました」ヨロ...

男「フラフラじゃないですか。とりあえず椅子に座って下さい」

女の子「あ、はい...」ポス

男「で、一体何のお願いかな?」

女の子「家を荒らされてしまって...」

男「ふむ、現場検証すれば良いのかな」

女の子「多分そうだと思います」
245 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/18(土) 14:33:07.28 ID:6AA9HtyS0
男「...ん?」

女の子「どうかされましたか...?」


良く見ると、全身に多くの痣が出来ていた


男「痣が出来ているじゃないですか」

男「さっきの余りは...あった!」

男「これを痣に塗って下さい」スッ

男「世界樹の葉のエキスです。余り物ですが効果はあります」

女の子「あ、ありがとうございま...す」

男「じゃあ行こうか」
246 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/18(土) 14:36:05.42 ID:6AA9HtyS0
〜女の子の家〜

男「うへぁー...」


思ったより荒らされている。色々見つかりそうではあるが

恐らくこの女の子一人で暮らしているのだろう


男「じゃあ探すかな」ギュン


男は手袋を着けて物色を始めた
247 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/18(土) 14:37:19.31 ID:6AA9HtyS0
下1、下2>>見つかった物
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/18(土) 14:38:04.20 ID:wBJyIKYI0
娘のブラジャー(Bカップ)
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/18(土) 14:55:48.50 ID:FABrFUNh0
伯爵家の使用人のハンカチ
250 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 19:25:44.62 ID:bbGl1OuF0
男「...ブラジャー?」スッ

男「ふむ、目利きしてみよう」

男(端から見れば只の変態だ)ジーッ

男「!?」

男(娘のか!)

男「なぜ娘が?そして何故ブラジャー?」

男「謎が増えたぞ...」
251 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 19:33:28.64 ID:bbGl1OuF0
男(しかしBカップか...)

男(胸の大きさ等気にはしないけど)

男「ん?これは...」

男「ハンカチか。異様に綺麗だ」

男(はて、何処かで見たような...)

男「分からないな。持ち帰って調べてみよう」
252 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 19:37:01.42 ID:bbGl1OuF0
男「これで大体調べ終わったかな」

女の子「犯人、分かりました?」

男「おおよそは...」

女の子「おおよそ?」

男「多分って事ですよ」

男「帰って調べものをします」

男「どれくらい進んだか知りたければまた来て下さい」

男「それではまた」
253 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 19:41:36.10 ID:bbGl1OuF0
〜店〜

男「参考書物は...」

コンコン


ドアをノックされた


男「はい。こんにちは___おや」

魔女「只今です」

男「お帰り。もう仕事は終わったのかい?」

魔女「無事終了&修了ですね」

男「そうですか」
254 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 19:44:54.14 ID:bbGl1OuF0
男「さて、仕事の続きをしよう」

魔女「あれ?」

男「どうされました」


汚れを付けないようショーケースに入れておいたハンカチを魔女が見ている


魔女「うん。このハンカチ、伯爵家の使用人の物だよ」

男「本当ですか!?」

魔女「間違いない!」
255 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 19:47:48.71 ID:bbGl1OuF0
男「いやぁ...これで安心して眠れます」

魔女「良かったです」

男「...んん?」

魔女「どうしたの?」

男「魔女さん今日どこで寝るの?」

魔女「え、えーっとですね。それは____」

男「秘密は無しだよ」

魔女「ふえっ!?」

男「で、どこで寝るの?」
256 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 19:48:51.32 ID:bbGl1OuF0
下2>>魔女はどこで寝るか
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 19:49:28.66 ID:T+59bweuo
男のベッド
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/19(日) 19:49:47.56 ID:T9+Q7Qoq0
近くのホテル
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 19:49:53.13 ID:wy/HjjhPo
そら男の腕の中よ
260 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 20:12:42.43 ID:bbGl1OuF0
魔女「近くのホテルで寝ますよ」プイッ

男「拗ねてる?」

魔女「煩い!」

男「えぇ...」

魔女「また明日」バタン!


魔女は力強くドアを閉めて去って行った


男「...魔女さん、寝るとこ無いのか?」
261 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 20:36:17.88 ID:bbGl1OuF0
〜翌日・店〜

男「あっ」

魔女「どうしたの?」

男「本日、定休日のようです」

男「そして、王女様が来ます」

魔女「へぇ」

男「折角なので、伯爵家を調べる許可も欲しいのです」

魔女「???」
262 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 20:42:24.73 ID:bbGl1OuF0
男「ど、どうしましたか?」

魔女「なんで許可を取る必要があるの?」

男「隠れて行動すれば良い、と?」

魔女「うん」

男「万一、捕まった時にどうにか出来るようにです」

魔女「それでも、人の心をそうやって...」

男「他人に尽くしてあげれば、その欲求は満たされます」

男「win-winの関係ですよ」

魔女「愛は無償だよ」

男「関係を保てますね」

魔女「...そういうんじゃ無いんだよねぇ...」
263 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 21:11:11.66 ID:bbGl1OuF0
王女「会いたかったよー!」バゴーン

男「うぇ」

王女「さあ、私と結婚を___」

男「ちょっと待って下さい。僕にもお願いがあります」

王女「言ってみてよ」

男「これは僕の願いではないのですが...同性愛を許して欲しいと」

王女「...んー、それ元々私達の結婚競争でズル出来ないように作ったルールなんだよねぇ」

男「...つまり?」

王女「私と結婚すれば良いのです」

男「お付き合いからでよろしいでしょうか」

王女「よっしゃああああ!!!」
264 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 21:22:50.70 ID:bbGl1OuF0
男「そしてもう一つお願いがあるのですが」

王女「はい」

男「伯爵という方をご存じでしょうか」

王女「まぁ、知っているぞ」

男「彼の家の調査をしたいのです」

男「お力添えは要りません。許可だけ欲しいのです」

王女「幾ら何でも無条件に、という訳にもいかん。何か理由はあるのか?」

男「荒らされた女の子の家から彼の家の使用人のハンカチを発見したのです」

王女「ま、どうにかなるかな...でも」

男「でも?」

王女「何かお願い聞いて欲しいなー...って」

男「どうぞ言ってみて下さい」
265 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 21:23:50.93 ID:bbGl1OuF0
下2>>王女のお願い
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 21:25:08.23 ID:kJQlUfGb0
ひっそりと、恋人の
家へ行けますように
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/19(日) 21:26:08.68 ID:4UZk/QQr0
ちゅーして
268 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 21:35:22.83 ID:bbGl1OuF0
王女「ちゅーして」

男「え、いや、その...」

王女「恋仲なのに出来ないと?」

男「まぁ、それもそうですね。では」チュ

王女「っ!!」

男「ふぅ、これで良いですか」

王女「ま、まぁええじゃろ///」

男「じゃあ行こうかな」
269 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/19(日) 21:39:17.47 ID:bbGl1OuF0
そのまま、王女は帰って行った


魔女「そんな簡単に付き合うなんて軽薄すぎます!」

男「だってもしかしたら僕の事を好きかも知れないけど所詮権力の為だからね」

男「愛とかとは違うように思えてきた」

魔女「なっ...」

魔女(気付いてないのかこいつ!?)
270 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 19:06:57.74 ID:xWhhjlOy0
男「そんな事より、今日は休日なんだ」

男「魔女さんは自由に休みを謳歌してね」

コンコン


ノックの音がする


イケメン「どうも」

魔女「...!?」

男「例の機械、返して下さい。データを見ます」

イケメン「これですね」プチッ

男「ええ。では、映像データを閲覧します」ピシュン


男が触れると、服のボタンのようなそれはメモリーカードになった

そして、それをモニタの脇にある穴に差し込む


男「何もないといいんですがね」
271 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 19:09:55.05 ID:xWhhjlOy0
下2>>イケメンのストーカーの招待(誰もいないも可)
272 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 19:11:25.27 ID:xWhhjlOy0
間違えました。再安価します

下2>>イケメンをストーカーしていた者の正体(誰もいないも可)
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 19:12:42.55 ID:DlC/6g2Io
踏み台
安価なら美少女の幽霊
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 19:12:56.09 ID:W60L8W2u0
喋る猫
275 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 19:49:33.82 ID:xWhhjlOy0
その映像には、付かず離れずの距離で着いてくる猫の姿が


魔女「猫?」

イケメン「なんだ猫ですか」ハハハ

男「...音声を拡大」

猫「ガガッ___カレヲ...ジジィッッ___カレヲヲ....」

イケメン「ひっ!?」

魔女「こ、これは...!」

男「言語能力を持っていると考えて問題ないでしょう」

男「これ程の頭脳がある猫。放置しておくと危険かも知れない」
276 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 19:57:46.16 ID:xWhhjlOy0
男「占い師するよ」ゴト


いつもの水晶玉だ


魔女「位置も占えるの?」

男「ええ...むむっ」

イケメン「出ましたか?」

男「...イケメンさんの家の近くの路地裏ですね」

魔女「行ってみましょう」
277 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 20:02:00.90 ID:xWhhjlOy0
〜路地裏〜

猫「...」

男「...只の猫のふりをするのはやめてくれ」

男「君は何故、ストーカーをした?」

男「答えて貰おう。逃がすつもりはないよ」
278 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 20:06:42.80 ID:xWhhjlOy0
下2>>猫は何と言うか
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 20:08:10.37 ID:g55MFUNlO
そうです。私は幽霊です。この子に取り付いたんです
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 20:20:47.22 ID:DlC/6g2Io
お腹の中にはイケメンの子供が居る
認知して飼ってもらいたい
281 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 21:36:14.60 ID:xWhhjlOy0
猫「私のお腹の中には、イケメンさんの子供が居るんです」

男「...え?」

イケメン「なっ...」

男「覚えはありますか?」

イケメン「...あります」

魔女「あるのか...」


魔女が困惑する


男「じゃあ、イケメンさんは猫を飼うという事で」

イケメン「ええ、そうせざるを得ないようです」
282 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 21:38:24.32 ID:xWhhjlOy0
〜店〜

男「よし、解散です」

魔女「上がりぃ!」

男(さて、何をしようかな)
283 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/20(月) 21:39:28.13 ID:xWhhjlOy0
下1>>魔女の予定
下2>>男の予定
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/20(月) 21:39:46.52 ID:Rbs/BrTY0
銭湯に行く
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/20(月) 21:40:23.13 ID:JrXp4WZU0
魔女と混浴銭湯に行く
286 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/21(火) 20:37:33.31 ID:hv3dkGXd0
魔女「銭湯銭湯」

男「...おや、銭湯に行かれるのですか?」

魔女「さっぱりしたいのですよ」

男「それならお勧めの銭湯がありますよ。行ってみませんか?」

魔女(き、気になる!)

魔女「じゃあ行きましょう」
287 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/21(火) 21:23:16.37 ID:hv3dkGXd0
〜湯〜

男「どうです?いい景色でしょう?」


そこは海を一望出来る位置にあり、潮風の匂いが心地良い


魔女「え、えぇ...」

魔女(確かに良い光景。でも...)

魔女(混浴だなんて聞いてないッ!)

男「...おや、もうのぼせましたか?」

魔女「いや?そうじゃないけど...」

男「やはり上司が着いてくると居心地の悪い物なんでしょうか?」

魔女「そんな事は...」
288 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/21(火) 21:36:22.12 ID:hv3dkGXd0
〜その後〜

男「ふーっ...もう夜ですね」

魔女「そうですね」

男「今日は何処で寝るんですか?」

魔女「っ...!」

男「正直な所を言って貰って結構です」

男「寝る場所は自由ですからね」

魔女「そう」
289 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/21(火) 21:37:26.42 ID:hv3dkGXd0
下2>>魔女は今日、何処で寝る?
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 21:37:51.01 ID:FTgkdiLK0
そりゃあ、男の腕よ
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 21:38:00.28 ID:TCsVNLM4O
鳥の巣
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/21(火) 21:38:09.25 ID:T+wuY4T90
畳に布団
293 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/22(水) 21:10:44.28 ID:n3kcTd6e0
魔女「鳥の巣」

男「ほほう」

男「しかし、そんな場所で寝れるのでしょうか?」

魔女「怪鳥の巣があるのよ」

男「結構野性的なんですね」

魔女「それは褒めてるの?」

男「ええ、褒めてますよ」

男「それでは、また」

男「...っと、そうだ。明日も休みです」

男「自由にお過ごし下さい」
294 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/22(水) 21:15:18.63 ID:n3kcTd6e0
〜家〜

男「怪鳥の巣というのも気になりますね」

男「今度場所を聞いてみましょう」

男「休みだけど夜更かしせずに寝るかな」

男「安定した生活は宝と等しいからね」
295 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/22(水) 21:16:58.62 ID:n3kcTd6e0
下2>>男が今夜見る夢
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 21:17:47.94 ID:j6DU2Njp0
なぜか魔女と結婚していて仲良く過ごしている夢
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/22(水) 21:17:51.45 ID:sy+lGgzU0
大金持ちになった夢
298 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 08:54:08.18 ID:tGQCUQdV0
〜夢〜

男「...」

男「ん?ここは...店ですか」

男「まぁ良いでしょう」

男「何だか急に体を動かしたくなってきました」

男「散歩に行きましょう」スック

299 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 08:58:06.61 ID:tGQCUQdV0
男「おや、何かありますね」


男が見ると、郵便受けパンパンに何かが詰まっていた


男「依頼でしょうか?いや、こんなには...」ガコッ


そこには、大量の万札が


男「...?鑑定してみよう」

男「これ全部本物っぽいですね」
300 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 09:03:22.86 ID:tGQCUQdV0
男「奥に何かありますね」ペラッ


手紙が一通だけ入っていた

『全世界からお主はただ一人儂の財産を継ぐことを許された。好きに使えよ』


男「...そうですか。何しましょう」
301 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 09:04:46.91 ID:tGQCUQdV0
下2>>男は何をしたい?
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 09:20:02.01 ID:CN4xB2flo
諸国漫遊
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 10:34:58.45 ID:uJK0w54gO
304 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 14:32:49.79 ID:tGQCUQdV0
男「ま、色んな国に行ってみるのも良いかもしれませんね」

『汝、諸国漫遊を望むか...?』

男「!?」

『ククク...これは儂の実験じゃ』

『まぁその金はやるでの。良い旅を』

男「な、なんなんだ...!?」
305 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 15:22:31.29 ID:tGQCUQdV0
〜リアル〜

男「む」ガバッ

男「夢かぁ」

男「...ま、いいか」

男「今日も休日か...」

男「何しよう」
306 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 15:25:12.98 ID:tGQCUQdV0
下1、2>>男の今日の予定
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:27:25.74 ID:d/HTsVSn0
お城に行く
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:29:41.51 ID:IcopbzhX0
教会に行く
309 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 15:33:19.42 ID:tGQCUQdV0
男「城にでも行くかな...」


〜城〜

男「さてと、徘徊しましょうかね?」

男「何か面白い物でもあると良いんだけどね」
310 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 15:38:12.06 ID:tGQCUQdV0
男(うーん、手入れが行き届いているね)スタスタ

男(天井のシャンデリアまでも)スタスタ


男は見回しながら城内を歩く

しかし、前方を良く見ていなかったのだ


ゴッ


誰かにぶつかってしまった


男「おー痛てて...すみません。ご無事ですか?」
311 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 15:40:10.39 ID:tGQCUQdV0
下2>>ぶつかった人
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:49:06.92 ID:d/HTsVSn0
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 15:56:11.20 ID:ScdQ66+LO
王女
314 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 16:02:56.98 ID:tGQCUQdV0
王女「くっ...」

男「ん?」

王女「あっ」

王女「男じゃーっ!」ガシィ

男「お、王女様!?」

王女「む」
315 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 16:08:19.77 ID:tGQCUQdV0
王女「今、妾の事を王女様と言ったね?」ズイッ

男「え、ええ」

王女「妾達の関係は?」

男「...恋人?」

王女「なんじゃそのクエスチョンマークは!妾とお主は恋人じゃ!」グワングワン

男「わ、分かりましたぁ!?」ガクガク

王女「分かったのなら呼び捨てにせい」

男「はい」
316 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 16:12:03.50 ID:tGQCUQdV0
男「そうです。何か新しいニュースありましたか?」

王女「無いぞ。じゃが...」

男「?」

王女「妾と二人でホットなニュースを___」

男「んぁ失礼しました!」


男は瞬間移動した
317 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 16:16:35.21 ID:tGQCUQdV0
男「ふぅ」

男(しかし、恋人とはいえステップが早すぎて怖い)

男(やっぱり、権力の為?)

男「そういえば、ここは一体?位置指定しなかったし...」

男「...成る程。教会ですか」

男「祈って行きますかね?」
318 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 16:17:37.58 ID:tGQCUQdV0
下2>>教会でのイベント
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:24:15.73 ID:CN4xB2flo
埋蔵金発見
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:35:34.72 ID:QfiED4J8o
謎の女神様からのお告げを受ける
321 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 16:49:28.02 ID:tGQCUQdV0
男は椅子に腰掛け、目を瞑る

すると、何処からか声が聞こえる


女神「聞こえてますか?」

男「え、あ、はい?」

女神「ここは貴方の心理世界です」

男「はぁ」

女神「面白そうなのでお告げをしにきました」

男「そうですか。お告げとは?」

女神「ええ、ではお告げです」
322 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 16:50:19.55 ID:tGQCUQdV0
下1>>お告げの内容
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/11/23(木) 16:52:07.65 ID:M6kQeadO0
呪怨の怨霊佐伯伽耶子を退治しに行きなさい
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:52:13.00 ID:iTsM3nXu0
きちんと自分の恋人を決めなければならない。そうでないと後で大変な事になる
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 16:53:13.45 ID:iTsM3nXu0
なんか花子ぽい安価だな…気のせいだと思うけど
326 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 17:48:33.30 ID:tGQCUQdV0
女神「貴方にはある怨霊を退治すべきです」

男「怨霊」

女神「はい」


〜説明〜


男「...無理ですね。僕には倒せません」

女神「無理にでも倒す必要があるとは言わないけれど...」

男「ん?倒さなくてもいいんですか?」

女神「この件を無しにすると?」

男「違います。倒さずにでもどうにかすればいいんですね」

女神「はぁ」

男「じゃあ大丈夫ですね」
327 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 17:50:52.55 ID:tGQCUQdV0
男「とりあえず、家の位置を教えて下さい」

女神「あいよ」ピロピロピロ


男の脳内に情報が送られる


男「よし。これでどうにかなります」

女神「あ、そう?じゃあね」
328 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 18:00:46.46 ID:tGQCUQdV0
〜リアル〜

男「むむむ...」

男「ふうううううん...」

男「くあぁっ!!」バリバリバリ

神父「な、何やってるんですか!?」

男「次元...隔絶...」

神父「はい!?」
329 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 18:06:05.76 ID:tGQCUQdV0
〜店前〜

男「凄い疲れた...」

男「あれ、何で僕ここに戻って来てるんだろう?」

男「癖だなぁ」


ここで男は閃く


男「あの人に依頼するか」
330 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 18:15:07.29 ID:tGQCUQdV0
〜隣店〜

男「こんにちは」

金髪「あっ、隣の...確か、男さんでしたっけ」

男「はい。依頼がありまして」

金髪「えっ」

男「とりあえず聞いて下さい」

金髪「はい」
331 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 18:29:55.22 ID:tGQCUQdV0
男「これは危険な任務です」

金髪「...」

男「王女が本当に僕の事が好きか調べて欲しいんです」

金髪「その程度自分で調べたらどうですか?」

男「本当か嘘か分からないんですよ」

金髪「だから私を頼ったと」

金髪「良いでしょう!やって見せます!」

男「感謝します」

男(帰って寝よう)
332 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 18:42:22.78 ID:tGQCUQdV0
〜翌日〜

男「本日は仕事だ」

魔女「結局どうするの?」

男「あの家から娘のブラジャーが見つかったから捕まえる」

男「そして話を聞く」

男「女の子も連れてきた」

女の子「こんにちは」

魔女「こんにちは」

男「さあ占うぞ」
333 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 18:49:28.76 ID:tGQCUQdV0
男「お」

魔女「出ました?」

男「町外れの方だな」


〜町外れ〜

男「娘さん。そこにいますね?」

娘「...っ」

男「あなた、ここの女の子の家に侵入しましたね?」

女の子「...」

娘「過去の事は____」

男「罪の精算はする必要がありますね」

娘「...」

男「さぁ、教えて下さい」
334 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 18:51:13.13 ID:tGQCUQdV0
下2>>娘が女の子の家に侵入し、荒らした理由
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 18:53:44.94 ID:iTsM3nXu0
娘が女の子のことが好きだから(つまり、レズストーカー)
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 18:53:55.00 ID:PpyqgghR0
かつて自分が住んでいた時に置いてきてしまった形見を取り戻すため
337 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 21:02:50.73 ID:tGQCUQdV0
娘「えっとね、そもそもあの家が誰が住んでたか知ってる?」

女の子「?」

男「まさか...」

娘「そう、元々あの家は私の家だったんだよ」

娘「そして、運の悪い事に私はあそこに忘れ物をしたんだ」

娘「それからというもの、私は君の家を監視した」

娘「捨てられたごみ袋だってチェックした」

娘「ある日、何者かがあの家に押し入った」

男「その隙に取り返したと」

娘「そういう事だよ。ほら」キラッ


娘はとても小さなペンダントを取り出した


男「成る程。確かに綺麗だね」
338 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 21:24:13.02 ID:tGQCUQdV0
〜店〜

男「娘は白って事だよね」

魔女「うーん...となるとやはり伯爵さんか」

男「行くしかないな...ステルス!」


三人は透明になった
339 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 21:27:49.51 ID:tGQCUQdV0
〜伯爵邸・書庫〜

男「潜入成功」

魔女「思ったより簡単」

女の子「怖い...」

男「?なんだこの本」


男が広い上げたのはこの家で起こった事の雑記のようだ

男は女の子の家が荒らされたとおぼしき日のページを開く
340 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/23(木) 21:28:36.58 ID:tGQCUQdV0
下2>>書いてあった内容
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 21:29:21.30 ID:iTsM3nXu0
私は二重人格だ
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/11/23(木) 21:29:46.14 ID:XrFwmXld0
悪魔の召喚方法
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 21:29:58.77 ID:d/HTsVSn0
民家で暗殺者と戦った
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/23(木) 21:30:42.17 ID:UJ6CeltX0
狩人がトラか何かを追いかけていた
345 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/24(金) 21:20:45.72 ID:UgO9bitG0
男「悪魔の召喚方法...?」

魔女「悪魔を?」

男「恐らく、ここで悪魔を呼ぼうとしている」

男「そして、その為にはあの家の何かが必要だった」

女の子「それって...」

魔女「とばっちりね」

男「魔力探知」ピピーッ

男「地下ですね。行きましょう!」
346 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/24(金) 21:25:57.13 ID:UgO9bitG0
〜伯爵邸・地下〜

男「やはり...!」

使用人「そこにいらっしゃるのは...」

男「問題はそんな所じゃない。貴方が成し遂げようとしている事についてですよ」

使用人「!」

男「この魔力は間違いなく悪魔のそれ。しかし、悪魔を喚んで何をするつもりなんですか?」

使用人「...」
347 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/24(金) 21:27:23.67 ID:UgO9bitG0
下2>>使用人は悪魔を喚んで何をするつもりなのか
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 21:28:04.20 ID:Hd5jXWLO0
死んだ娘を生き返らせる
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/24(金) 21:28:34.20 ID:AQU4Z4cso
時間を支配する
350 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 14:40:24.05 ID:NeabYp2l0
使用人「私は、何も持っていない」

男「?」

使用人「私は、伯爵様が好きだった」

使用人「しかしあの人は何処の誰とも知らぬ女性の子を持った」

使用人「その女はもういない。...いや、もしかしたら最初から居なかったのかも知れない」

使用人「もう、意味がない。私は人として抜け殻になってしまったんだ」

使用人「でもここには救いがある。悪魔だろうがなんだろうがそれは救いなんだ」

使用人「必ず過去に戻る!こんなタイムラインも全て消すんだ!」

使用人「...時間を支配して」

男「...」
351 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 14:47:03.19 ID:NeabYp2l0
男「これは、中々に厄介」

男「魔女さん。取り押さえて下さい」

魔女「承知」ガシ

使用人「くっ...悪魔よ!」

男「白々しいですね。貴方が悪魔です」

使用人「!?」

男「貴方は操られているのです。肉体はともかく、その心を」

男「解呪」

使用人「」クタッ

悪魔「オオオオッ...」
352 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 14:53:38.45 ID:NeabYp2l0
悪魔「ゆ、許さんぞ!時の狭間に消し去ってくれる!」

男「...あ、悪魔喚んだ後の事考えてなかった」

魔女「私が倒す!」ダッ

悪魔「ストップ」

魔女「うぇ」ピタ

男「魔法耐性も無いんですね...」

男「あ、逃げねば」ダッ

悪魔「逃がさん!」
353 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 14:58:36.03 ID:NeabYp2l0
〜伯爵邸・庭〜

男「くっ!」

悪魔「死ぬが良い!」

伯爵子「男さん!?」

男「あ、ステルス解けてたか。とにかく逃げて下さい!」

伯爵子「でもそれ、悪魔ですよね!?」

男「僕が倒す。君は安全な場所に」

伯爵子「...分かりました。お手並み拝見します」ズダダダ

悪魔「ふん。一人逃げたか...しかし無駄だ。皆殺してくれよう」
354 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 15:07:42.47 ID:NeabYp2l0
男「よし、ここなら...」

男「『占い師』『占星術』」

男「重力操作だ!」

ゴゴゴゴゴゴ...

悪魔「!?」


空から隕石が落ちてくる


悪魔「くそっ!逃げ____」

男「...マグネット」ブオオン

悪魔「く!吸い寄せられる!」


ズドオオオオオン!!!
355 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 15:13:38.36 ID:NeabYp2l0
〜店〜

男「...て訳だよ」

魔女「何で生きてんの?」

男「ちょっと殴って下さい」

魔女「せい」ゴンッ

魔女「痛った!この固さ...」

男「魔物職が使えないとは言ってません」

男「だから尻尾が生えても、鱗を纏っていても、メタルボディでも不思議じゃないです」

魔女「私も一応使えるのだけど...尻尾使いづらいし、メタル重すぎるのよ」

男「僕も尻尾はちょっとアレですかね」

コンコン

男「はい」
356 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 15:18:10.47 ID:NeabYp2l0
そこには、金髪と王女が


男「あ、金髪さん。結果はどうでしたか?」

金髪「それは彼女の口から言って貰う事になってる」

王女「男」

男「はい」

王女「これは真剣な事であり、真の愛を誓います」

男「...」

王女「私と結婚して下さい!」
357 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 15:19:08.94 ID:NeabYp2l0
下2>>男の返事
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2017/11/25(土) 15:34:14.35 ID:gbrg+ZP80
良いよ
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 15:43:28.19 ID:sgJayRcB0
じゃあまずスリーサイズ教えてくれ、ドレス作るから
360 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 18:30:10.07 ID:NeabYp2l0
男「そうですね。ではまずスリーサイズを教えて下さい」

魔女「!?」

金髪「!?」

男「...ドレスを作らなければならないのでね」クスッ

王女「良いんだよね...?」

男「勿論だよ。元々断る理由も無いしね」

王女「やったー!!!」
361 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 18:33:21.72 ID:NeabYp2l0
それからというもの、その国は国民を大切にする国になりました

彼らの息子は、修行として再び店を開く事になりましたが___

___それはまた別のお話


〜終わり〜
362 : ◆7M0syXftfg [saga]:2017/11/25(土) 18:37:30.76 ID:NeabYp2l0
それでは、安価に付き合って頂き、ありがとうございました
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2017/11/25(土) 18:49:58.79 ID:x1iEHeYZ0

女の扱いェ…
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2017/11/25(土) 19:51:16.78 ID:9Fjy4Wpmo
乙乙
面白かったよ
86.50 KB Speed:1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)