【けものフレンズ】助手「博士が餅を喉に詰まらせてしまったのです」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 17:59:30.04 ID:FEUDTA7ZO
助手「正月だからと言ってバクバクと食べるから…」

博士「ぅ……ぐ……苦し……です…」モガモガ

助手「まったく、博士はいやしんぼさんですねぇ」ニヤニヤ

博士「助……け…………」モガモガ

助手「ふむ、このままでは手遅れになってしまいますね」

助手「仕方ないのです。>>3でもして助けますか。私は賢いので」

博士「」ピクピク

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515401970
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2018/01/08(月) 18:02:36.52 ID:2Ij/L+In0
改造人間に生まれ変わると誓うなら助けてやっても良いよ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:02:39.76 ID:ouWxTwe+O
ヘラジカのパワーで腹パン
4 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 18:19:17.05 ID:FEUDTA7ZO
助手「そうですね…お腹に強い衝撃を与えれば餅が飛び出てくるかもしれないないですね…」

博士「」ピクピク

助手「………どうせならばより強い衝撃の方が良いかもしれないのです」



ヘラジカ「私に用ってなんだ?」

助手「ヘラジカ、アレを見るのです」クイッ

ヘラジカ「?」

博士「」ピクピク

ヘラジカ「ええ!?博士!」

助手「ご覧の通り博士は餅を喉に詰まらせてあの様なのです!」

ヘラジカ「くっ!大変だ!助けなきゃ!」

助手「そこでヘラジカにお願いがあるのです」

ヘラジカ「私にできる事なら何でも言ってくれ!」

助手「………では…」コホン

助手「博士に腹パンを一発お願いするのです」

ヘラジカ「!?」
5 : ◆uNTO5bOOc6 [sage]:2018/01/08(月) 18:24:15.97 ID:FEUDTA7ZO
ヘラジカ「で、でも……私のパワーで博士を腹パンなんて……」

助手「ヘラジカ……博士を…博士を助けて欲しいのです……」グスッ

ヘラジカ「!!」

博士「」ピクピク

ヘラジカ「………わかった…」スッ

助手「穴が空かない程度でお願いするのです」

ヘラジカ「………いくぞー!博士ー!!」ブンッ

博士「!!!?」バタバタ



ドカン


メキッ
6 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 18:28:10.09 ID:FEUDTA7ZO
博士「」チーン

ヘラジカ「せ、成功したのか……?」

助手「……………」

博士「」ジョロロロ

助手「………失敗ですね…口から餅が出てこない上に、違うクチから違うものが出てきてしまったのです」クッ

ヘラジカ「そうか、汚いな」

助手「……仕方ないのです…次の手を使うとしますか。私は賢いので」


次の手 >>8
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:32:57.56 ID:Yj1xlEZb0
ksk
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:35:15.78 ID:S++JllYt0
人命救助の基本はマウス・トゥ・マウスなのです。
なのでカピバラとプレーリー(ネズミ目)を呼ぶのです
9 : ◆uNTO5bOOc6 [sage]:2018/01/08(月) 18:46:18.42 ID:FEUDTA7ZO
助手「となると……ここはやはりあれしかないですね……」

ヘラジカ「あれ?」

助手「そうです。ヘラジカは帰っていいのですよ?ご苦労だったのです」

ヘラジカ「うーん……」

博士「」


プレーリー「助手!なんの用であらりますか!」ハッハッ

カピバラ「お風呂入ってたのにににに」

助手「あれを見るのです」クイッ

プレーリー、カピバラ「?」

博士「」

プレーリー「博士ー!」

カピバラ「あわわわわ」
10 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 18:49:53.80 ID:FEUDTA7ZO
助手「色々あって緊急事態なのです…そこで二人に協力してほしいのです!」

プレーリー「任せるであります!」

カピバラ「うん!」

助手「人命救助の基本はマウス・トゥ・マウス……そこで……」

プレーリー「わかったであります!カピバラ殿!」ガシッ

カピバラ「!」ドキン

プレーリー「チュッチュレロレロ」

カピバラ「/////」チュッチュ

博士「」ポツーン

助手「>>11
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:56:41.29 ID:ma28o02DO
帰って、どうぞ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 18:57:22.53 ID:Yj1xlEZb0
すごい絵面なのです…
13 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 19:25:14.86 ID:FEUDTA7ZO
助手「………帰ってどうぞ」

プレーリー「えぇ!?」チュポン

カピバラ「キュウ////」ホワーン

プレーリー「な、何故でありますか!?自分たちは助手がマウス・トゥ・マウスをやれというから……」

助手「……お前らには説明するだけ無駄なのです」

博士「」

プレーリー「で、ですが……」

カピバラ「/////」ギュッ

プレーリー「……しょうがないでありますね……カピバラ殿、ウチに寄ってくでありますか?」

カピバラ「////」コク




助手「まったく、どうしようもない奴らなのです!ね?博士?」プンプン

博士「」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 20:16:17.10 ID:Yj1xlEZb0
博士ェ…
15 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 20:18:26.40 ID:FEUDTA7ZO
博士「」

助手「………博士?」

博士「」シーン

助手「た、大変なのです!博士が動かなくなったのです!」

助手「こ、これは一刻を争うのです!これでは明日からは私が博士になってしまうのです!」

博士「」シーン

助手「………こうなったら奥の手を……>>15をするしかないですね!私は賢いので」
16 : ◆uNTO5bOOc6 [sage]:2018/01/08(月) 20:20:21.96 ID:FEUDTA7ZO
すみません。安価下で
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 20:29:21.24 ID:Yj1xlEZb0
ボスに知恵を借りる
18 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 20:45:20.38 ID:FEUDTA7ZO
ボス「ナニカヨウカイ?」

助手「実は博士の事なのですが」チラッ

博士「」

ボス「ドウシタノ?」

助手「いやしくも正月に餅をドカ食いして喉に詰まらせてしまったのです」

助手「博士のお口は上も下もだらしがないのです」

ボス「ソウダネ」

助手「………私も色々試したのですがダメだったのです……そこで……」

助手「ラッキービースト!知恵を借りたいのです!」

ボス「!」

助手「時は一刻を争うのです!どうか…」

助手「博士を助けてほしいのです!」

博士「」

ボス「……………」

ボス「わかったよ」

助手「ラッキービースト……」

ボス「………タダシジョウケンガアルヨ」

助手「………条件?」


ボスが知恵を貸すための条件 安価下
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 20:55:33.06 ID:tS6OLPnm0
ボスの下着おくれ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 20:56:15.41 ID:tS6OLPnm0
>>19博士のだわ
21 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 21:24:39.60 ID:FEUDTA7ZO
ボス「ハカセノオパンツヲオクレ」

助手「………?あんなものがほしいのですか?」

ボス「ハヤクハヤク!」ハァハァ

助手「………今ならもれなく博士のおし◯っこもついてきますが?」

ボス「サイコーダネ」

助手「変わってますねぇラッキービースト」

助手「ですがこれも博士を助けるため…仕方ないのです」スッ

ボス「ワーイ」

助手「……では、失礼して……」

博士「」
22 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 21:29:13.64 ID:FEUDTA7ZO
助手「ちょいちょいちょいちょい」ズババババ

博士「」ビリッ

助手「よっと…」クイッ

博士「」スルスルスル

助手「ふぅ…博士、正月太りしすぎなのです!脱がせるこちらの身にもなってほしいのです!」

博士「」

ボス「ツルッツル」

助手「さて」スッ

助手「うっ……博士のおパンツ…おし◯こ臭いのです…」プーン

ボス「ハヤクソレヲカブセテヨ!」

助手「>>23
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 21:58:07.47 ID:R1LFJmhT0
先にどうするのか教えるのです
24 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 22:08:16.82 ID:FEUDTA7ZO
助手「ちょっと待つのです」バッ

ボス「ナニスルノ!」

助手「先に博士を助ける方法を教えるのです!」

助手「このままでは手遅れになってしまうのです!」チラッ

博士「」

助手「それまで博士のおパンツは没収なのです」ゴソゴソ

ボス「ナンデポケットニシマッタノ」

助手「さぁ、早く教えるのです!食べてしまいますよ!じゅるり」

ボス「ワ、ワカッタヨ」

博士「」



ボスが博士を助ける為に考えた作戦
安価下
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 22:30:08.53 ID:BKB4Lka40
サンドスターを飲ませて押し流す
26 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 22:40:59.46 ID:FEUDTA7ZO
ボス「オシテダメナラヒイテミロ」

助手「え?」

ボス「ギャクニ……」スッ

ドサッ

助手「そ、それは……!サンドスター!?」

ボス「ヒイテダメナラオシテミロ」

ボス「コノサンドスターデギャクニオモチヲオシナガシチャエバイーンダヨ」

助手「成る程!ラッキービースト、賢いのです!」バッ

ボス「ア」

助手「さ、博士!おクチをあ〜んするのです」スッ

博士「」クパァ
27 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 22:47:03.18 ID:FEUDTA7ZO
助手「博士〜怖くないのですよぉ?」

サラサラサラ

博士「」ピクッ

助手「!」

博士「………ぐ…」

博士「……ぐぼぉぉぉ………!?」ビクビク

助手「博士!」ウルッ

サラサラサラ

博士「………ぐほぉ!?ぐぼぉ……!?」ガタガタガタ

プシュー

助手「博士……喉のお餅が上手く体内に流れ込んだのですね?良かったです」ウルウル

ボス「ハナカラサンドスターガフンカシチャッテルネ」

博士「………」

助手「……………?博士?」

博士「……………」ムクリ



博士はどうなったか 安価下
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 22:57:14.49 ID:lRlyoTWYo
代替わりして常にビクビクしてる感じに
29 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 23:08:56.33 ID:FEUDTA7ZO
博士「あばばばばば」ビクビク

助手「博士ー!」

ボス「ヨカッタネノドニツマッタオモチガナガレタヨ」

助手「全然良くないのです!博士はいったいどうなってしまったのですか!」

博士「あばばばばば」ビクビク

ボス「ソレハワカラナイヨ。キットタイリョウニサンドスターヲセッシュシタコウイショウダネ」

ボス「サ、ヤクソクハマモッタシハヤクパンツ……

グシャッ

助手「博士ー!」ダダダ

ボス「」ボロッ

博士「あばばばばば」ビクビク

助手「博士……何故このような事に…」ギュッ

博士「あばばばばば」ビクビク


「いったい何があったんですか?」

助手「!」ピクッ

助手「その声は………!!」
30 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 23:14:33.25 ID:FEUDTA7ZO
サーバル「うみゃー!」

バーン

助手「……………?」

助手「かばんは?今かばんの声が聞こえたはずなのです!」キョロキョロ

博士「あばばばばば」ビクビク

サーバル「えー?なにこれなにこれー?博士どうしたのー?」

助手「サーバル!」ガシッ

サーバル「うみゃ?」

助手「今かばんの声が聞こえたはずなのです!かばんは何処なのですか!?緊急事態なのです!」

サーバル「かばんちゃんはねー!いないよー!」

助手「は?」

サーバル「いったい何があったんですか?(かばんの声真似)」

サーバル「すっごいでしょー!かばんちゃんの声真似ー!マーゲイに教えてもらったのー!」

助手「>>32
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 23:19:31.10 ID:Yj1xlEZb0
そんなことしてないで早くかばんを呼んでくるのです!
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/08(月) 23:29:20.97 ID:S++JllYt0
他にどんな声真似ができるのですか?ワクワク
33 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/08(月) 23:59:49.84 ID:FEUDTA7ZO
助手「他には」ボソッ

サーバル「みゃ?」

助手「他にはどんな声真似ができるのですか?」ワクワク

サーバル「うーんとねー」

博士「あばばばばば」ビクビク

サーバル「助手ー博士がビクビクしてるけどさー?へーきかなー?」

助手「ふむ、フェネックですか」

博士「あば…………」

サーバル「大変なのだー!博士の危機なのだー!」

助手「アライグマですか、やりますねぇ」

博士「」

サーバル「博士がご臨終みたいだけど騒ぐ程の事でもないっか……」

助手「スナネコですか?サーバル、お前はすごいのです!」キラキラ

助手「博士!博士もサーバルの声真似を……」クルッ

博士「」

助手「………博士………?」ヨロッ

博士「」

助手「うわぁぁぁぁーん!博士ー!」ビエーン

サーバル「…………助手」ポンッ

助手「?」グスッ

サーバル「>>34
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 00:02:18.60 ID:ttguJDKF0
別の料理の匂いでも嗅がせたら復活するんじゃない?
35 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/09(火) 00:09:12.77 ID:KSX4FJjIO
サーバル「博士はくいしんぼーさんだからー」ゴソゴソ

助手「ふぇ?」グスッ

サーバル「はいっ!これ!」

助手「これは……かれー?」

サーバル「博士にこれの臭いを嗅がせたらきっと飛びおきるよー!」

助手「………サーバル…お前は我々を馬鹿にして………」プルプル

博士「! かれーの臭いなのです!」ガバッ

サーバル「ね?」

助手「」

博士「助手!かれーの臭いなのです!かれーは何処なのですか?」ユサユサ

助手「…………………」

助手「………あの博士……」

博士「………ん?」

助手「?」

博士「………何やらお股がスースーするようなのですが……」チラッ

博士「あ、あーっ!私のおパンツが無いのです!」

助手「……………」

博士「………さては助手……私にやらしー事を……」ジトー

助手「>>36
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 00:15:04.37 ID:vxccZDtM0
それならラッキービーストが…
37 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/09(火) 00:21:05.60 ID:KSX4FJjIO
助手「………それならばラッキービーストが……」

博士「な!?」

博士「ゆ、許せないのです!ラッキービースト!」プンプン

助手「安心するです博士」クイッ

博士「!」

ボス「」ボロッ

助手「私がきつくお仕置きしておいたのです」

博士「さすがは助手なのです!」

サーバル「いっけんらくちゃくだね!」



博士「さて、助手。かれーを食べますか。美味しいものを食べてこその人生なので」

助手「ですね博士。我々はグルメなので」

サーバル「わーい!いっただっきまーす♪」
38 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/09(火) 00:29:46.31 ID:KSX4FJjIO
サーバル「ガツガツガツガツ」

博士「ハムハムハムハム」

助手「博士、あまり急いで食べては」スッ

助手「お口の回りが」クスッ

フキフキ

博士「ありがとうなのです助………」

博士「!」

博士「ぶはっ!くさっ!」ケホッ

博士「な、なんなのですかその臭い布は!!」

助手「……あ…」シマッタ

博士「よ、良く見たら私のおパンツなのです!////」カーッ

助手「拾ったのです」

助手「いいではないですか。今さら黄色も茶色も関係ないのです」

博士「助手は変態さんなのです!」

助手「違うのです」

博士「助手のおパンツも寄越せです!」

助手「博士は変態さんなのです」ウワー


ギャー ギャー


サーバル「もぅー!お食事は楽しくしなきゃダメだよー!」スクッ

サーバル「………博士ー!」

博士「?」

サーバル「大好きーー!!(助手の声真似)」

博士「>>39
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 05:42:54.22 ID:FiKTNImoO
よくもこの状況で言うです!
40 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/09(火) 18:29:39.57 ID:ufV4xhQ6O
博士「助手……」

助手「………まったく、サーバルは……」

サーバル「えへへー」

博士「……………」

助手「………博士ぱ……」

博士「よくもこの状況で言えたものですね!」グググ

助手「いだっ!ほっぺたをつねるなです!」

博士「うるさいです変態!いつまで私のパンツを持ってるですか!」

助手「こ、こんなおし◯こ臭いパンツはいらないのです!」ポイッ

博士「あーっ!私のパンツ捨てるなです!」

助手「早くそれ履いてその汚いもの隠せです!」

博士「お、乙女の花園を汚いとは……!!」ワナワナ

博士「許さないのです!」バッ

助手「それはこっちのセリフです!」バッ


ドカバキ


サーバル「あれれー?」



その後二人はちょいちょいして仲直りした
41 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/09(火) 18:33:12.66 ID:ufV4xhQ6O
よくじつ

ジャー

博士「ふぅ、スッキリなのです!」ガチャッ

博士「助手ー!昨日のお餅を無事産み落としたのですよー!」


シーン


博士「…………助手?」ハテ


ウウウ……

博士「! この声………!」
42 : ◆uNTO5bOOc6 :2018/01/09(火) 18:43:55.45 ID:ufV4xhQ6O
助手「………………!!」バタバタ

博士「じょ、助手!どうしたのですか!何故苦しそうに……」チラッ

博士「…………! お餅が助手の側に転がって……?まさか!」

助手「…………!!」ジタバタ

博士「………賢い私にはわかったのです…!さては助手……お餅を喉に詰まらせたのですね?」

助手「ぅ……ぐ……苦し……です…」モガモガ

博士「まったく、助手はいやしんぼさんですねぇ」ニヤニヤ

助手「助……け…………」モガモガ

博士「ふむ、このままでは手遅れになってしまいますね」

助手「」ピクピク


ライオン「…………」スタスタ


博士「! 丁度よい所にライオンが!賢い私は閃いたのです!」ポンッ

助手「!?」ビクッ

博士「おいライオーン!ちょいっと協力してほしいのでーす!」タッタッタ

ライオン「え〜?な〜に?」

博士「ちょいっと助手に腹パンを……」

ライオン「え?」

助手「!!!!」ジタバタジタバタ






43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 19:16:43.53 ID:F+IyhghYo
おつおつー
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/09(火) 20:16:51.89 ID:4afyXj2Y0
乙!
17.69 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)