【安価・コンマ】提督「……腹減ったな。なんか作るか」秘書艦「提督の手料理……?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/26(金) 23:04:25.08 ID:rDOuWAHOO
浜風も浦風も95はあるかもな(意味深)
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/26(金) 23:49:53.93 ID:aY0urVSb0
今日実際にアヒージョ作ってみたわ
残ったオイルはパスタに絡めてみたけど簡単でうまかった
一緒に食ったの全員男だったけど
202 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 18:23:08.41 ID:4aXQ35kA0
※今日は来ました
浜風&浦風編投下するよー

>>201
おお、作ってみた報告はテンション上がります
一緒に「男を」食ったのかと一瞬ビビったのは秘密
203 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 18:31:07.26 ID:4aXQ35kA0

浜風「作戦終了。ただ今戻りました」ドサッ

浦風「いや〜、ぶち疲れたわ」ドサッ

提督「お疲れ。……なんだ、凄い荷物だな」

浜風「哨戒任務の際にイ級に襲われている漁船を救助しまして……牡蠣の養殖場の漁師さんからお礼にと、大量の牡蠣を」

浦風「こっちは近所の農家のお婆ちゃんから、虫食いでスーパーに引き取って貰えなかった処分品じゃけぇ、って、キャベツを大量に。腐らせるのも勿体ないけぇ、是非提督さんや艦娘の皆さんに、って言われちゃあ、断り切れんかったんよ」

提督「厳密に言えば、そういうのを受け取るのは規則違反なんだがな……」

浜風「……あの……まずかったでしょうか……」

提督「……世の中には、非常にいい言葉があってだな」

浜風「?」

提督「……『バレなきゃ問題ない』」

浜風「あの、それは、『いい言葉』ではなく『都合のいい言葉』と言うのでは……」

浦風「提督さん、悪い人じゃねぇ」クスクス

提督「まあ、それは冗談。なに、近隣住民との交流や良好な関係作りも俺たちの大事な仕事だ。後で正式な寄付として感謝状を送ることにして、有り難く戴いとこう」

浜風「大部分は、間宮食堂と鳳翔さんのところにお渡し済みです」

浦風「こっちも同じじゃ。あ、あと、これは鳳翔さんから提督さんに持ってけって言われたんじゃけど」

提督「おっ、食用菊か、珍しいな」

浜風「食べられるんですか?」

提督「刺身の上にタンポポみたいなの載ってるの見たことあるだろ?あれも食用菊だ。これはまた種類が違うけどな。……にしても、キャベツは結構量があるな」

浦風「大丈夫じゃ、キャベツの使い道なら、うちに任しとき!」

提督「おっ、浦風でキャベツと言えば……やっぱりあれか?」

浦風「そうじゃ、キャベツと言えば、広島風お好み焼きじゃろ?……まさか提督さん、関西風が好みとか言わんじゃろうな?」

提督「その辺の話題は、きのこたけのこ並みに戦争になるからパス。みんな違ってみんな良い、ってことで。まあ、今日の晩飯は、せっかくだから広島風で『かきおこ』といこうか」

浜風「お手伝いします」

提督「んじゃ、浜風は牡蠣の身を殻から外して、塩をまぶしてくれ。柔らかく揉んでると黒っぽい汚れが出てくるから、水で洗い流してな」

浦風「じゃあ、その間に、うちはキャベツ刻んどくけぇ。あ〜、楽しみじゃ!」

204 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 18:45:45.07 ID:4aXQ35kA0


―――


食用菊は花びらの部分を使う。沸騰した湯に花びらが色抜けしないように酢を加えたものに、花びらを入れて、軽くゆがく。30秒くらいしたら湯からあげ、氷水に入れて完全に熱を取る。軽く絞って水気を切って、麺つゆをかければ、菊のおひたし完成。

浜風「綺麗なものですね」

提督「ザクザクした食感に、ほんのり甘い香りと苦みが効いて美味いぞ。……さて、お次はお好み焼きだな」

まずは小麦粉と、同量の水、半量の牛乳を混ぜて生地を作る。

浦風「……うんうん、提督さん、よぉ知っとるねえ。牛乳がポイントなんよねぇ」

浜風「牛乳、ですか?」

浦風「広島風の生地は最初にクレープみたいに薄く広げるのが肝心なんじゃが……水だけの生地だと、すぐ固まって薄く広がらんのんよ。かと言って、水を多くするとムラだらけですぐ破れたりして、しっかりした生地にならんけぇね」

油を引いたホットプレートを170度に温めて、流し込んだ生地をおたまの裏を使って円状に広げていく。

提督「牛乳を生地に混ぜると、小麦粉のグルテンを全体に広げてくれるから、勝手に固まらず、均等に薄い生地が焼けるんだよ。牛乳なしでも、3時間くらい寝かせれば何とかなるが」

浜風「なるほど」

ホットプレートの半面で牡蛎を焼く。後で熱を入れ直すので表面を焼く程度でもOK。

生地の上にもやし、鰹節粉、天かす、キャベツを乗せる。キャベツは山盛り。

浜風「こ、こんなに山盛りでいいんですか?」

浦風「キャベツはドカ盛りするんが広島風じゃけぇ。お好みは、粉を食うんじゃのぉて、野菜を美味しゅう食うもんなんよ♪」

キャベツの上に表面を焼いた牡蛎を載せ、全体を覆うように豚バラスライスを載せていく。最後につなぎとして、生地を回しかける。

下の生地がパリッとしてきたら、いよいよ全体をひっくり返す番だ。

提督「この瞬間がお好み焼き最大の見せ場だが……ここは本職に譲るか」

浦風「任しとき!うちの、プロのコテさばき、見せちゃるけえ!」

浜風「……? 本職? プロ? 浦風の本職も、私と同じ艦娘ではないのですか?」

提督「……おい浦風、こいつ天然ピュアっ娘だぞ」ヒソヒソ

浦風「……ぶち可愛ええじゃろ?」ヒソヒソ

提督「……うん」ヒソヒソ

浜風(何でしょう……二人の視線から、とても生暖かいものを感じます……)
205 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 18:52:47.22 ID:4aXQ35kA0


生地は大胆かつ豪快に、一気にひっくり返す。

浦風「いやあっ!……ありゃあ、ちぃと失敗……!」

多少散らばった野菜も、生地の下に押し込んで整えれば問題なし。

鉄板の温度をここで220度に上げる。

浜風「待ちきれないです! 早く焼きましょう!」

浦風「こら! 何触っとるんじゃ!?」クワッ

浜風「!?」ビクッ

提督「お好み焼きで上から押さえるのはダメ、ゼッタイ。上下の生地の間で自身の水分で蒸される事で、キャベツが一気に甘くなるからな。押さえつけて、蒸気を抜いたら台無しだ」

206 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 19:01:13.13 ID:4aXQ35kA0

お好み焼きの位置をずらして、空いたスペースで焼きそばを焼いて、お好み焼きの大きさに広げる。

8分たったら焼きそばの上にお好み焼きをスライドさせ、今度は空いたスペースに卵を割って、黄身を崩して焼き広げる。

浜風「スペースを流れ作業みたいに無駄なく使ってて、見てて楽しいです!」キラキラ

提督「浜風、よだれよだれ」

浦風「あぁもぉ、子供みたいじゃねぇ。ほら浜風、こっち向きんさいや」フキフキ

提督(……尊い)

卵の上にお好み焼きを乗せて、すぐに返したら出来上がり。

ソースは当然おたふくソース。

浦風「うちはマヨネーズ抜きで、鰹節たっぷり」

浜風「あ、私はマヨネーズもお願いします」

提督「了解。まずは二人で半分こして先に食っててくれ。俺はもう一品作ってくるわ」

浦風「じゃあ、その間に、うちが提督さんのぶん、焼いといちゃろうかねぇ♪」

浜風「いえ、それは私が」

浦風「ほぉ……うちと張り合おうっちゅうん? 怒らんけぇ言うてみ? ん? んー?」ヒソヒソ

浜風「どうしてもと主張するなら、代わりに浜風は、提督に『あーん』する権利を要求します」ヒソヒソ

浦風「おどりゃぁ……。……なら、交代で、っちゅうんはどうじゃ?」ヒソヒソ

浜風「……」

浦風「……」

浜風・浦風「♪」ガシッ

提督(……何であいつら握手してんだろ?)



「ぶちうまぁ!」とか「キャベツが甘いです!」とか騒いでる二人の声を背中で聞きながら、蓋付き鍋に牡蠣と少量の酒を入れて、強火で2分、弱火で5分。最後に強火で余分な水分を飛ばしたら、フードプロセッサーでペースト状に潰す。

鍋にだし汁と白味噌で具無しの味噌汁を作り、そこに牡蠣ペーストを溶かせば完成である。

「ほれ、出来たぞ、牡蠣のすり流し汁だ。ほんとは、すり鉢で潰した方が粒が不揃いになって味の面白さが出るんだがな」

浦風「(…ズズ)うまっ!」

浜風「(…ズズ)お椀の中が、まるごと牡蠣です!」

提督「そうだろそうだろ」

浦風「……んじゃ提督さん、うちが丹精こめたお好みも、食べてみてや。ほれ、早よぉ」ニコ

浜風「その次は私です」キリッ

提督「……お、おう(食いきれるかな……)」



※なお、提督と浦風が満腹になった後も、浜風は「あの…あの、次のお好み焼きはまだですか?」と食べ続け、二人を戦慄させた模様


つづく
207 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 19:05:32.00 ID:4aXQ35kA0
※今回はちょっとしたおまけあり
安価とってから投下する
※次の秘書艦娘安価:下1〜2(重巡・航巡よりコンマ高い方で)
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:06:13.76 ID:sX32HiqxO
最上
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:06:14.44 ID:HukseP18o
利根
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:06:22.18 ID:zbSLQVng0
足柄
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:09:29.62 ID:EX8L+zUSO
>>202
マンイーターかな?
212 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 19:10:47.70 ID:4aXQ35kA0
※食材安価:下1〜5
(ごく普通の家庭の冷蔵庫に入ってるもので。あまりにも不適当そうなものは下にずらします)
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:11:33.48 ID:zbSLQVng0
きくらげ
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:11:38.55 ID:LWvfiCDTO
ヨモギ
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:11:40.97 ID:AqzUj0Vbo
豚コマ
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:11:45.81 ID:fBC+NNuIO
たらの芽
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:12:09.91 ID:GoqeJqjyo
218 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 19:14:55.15 ID:4aXQ35kA0
※もがみん&食材把握

おまけも投下するねー
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:15:11.70 ID:EX8L+zUSO
しらす
220 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/27(土) 19:17:35.22 ID:4aXQ35kA0

※おまけ※


提督「……浜風、こたつに潜り込んで寝ちまったな」

浦風「……ほんまこの子は……。しっかりしとるようで、子供なんじゃけぇ」

提督「疲れたんだろ、寝かしとけ寝かしとけ。……にしても、浦風はお姉ちゃんしてるな」

浦風「当然じゃろ? 浜風は大事な妹じゃけぇ。提督さんも、あんま浜風のことエッチぃ目で見たらいけんよ?」

提督「こら、からかうんじゃない」

浦風「まあ、提督さんも男の子じゃけぇね。おっぱい好きなんはしょうがないか」ニコニコ

提督(……否定できない)

浦風「……にしても、今日はお腹いっぱい食べたけぇ苦しいわ」ノビー

提督(……胸を反らすな、目の毒過ぎる)

浦風「……あっ、それとも、今日食べたお好みのせいで、胸がキツぅなったんじゃろか?……ほら、牡蠣とかキャベツとか牛乳とか、おっぱい大きゅうなるって言うし」ニヤニヤ

提督「だから、からかうなっての……。さっき食った飯でいきなり育つわけねーだろが」

浦風「そうじゃねぇ、そうじゃねぇ」クスクス

提督(……くそ、駆逐艦なのに、どうもいいようにあしらわれるな)

浦風「……まあ、艦娘のおっぱいは、鎮守府の戦力と同じじゃけえね」

提督「……その心は?」

浦風「……耳貸して、提督さん」チョイチョイ

提督(……うわ、髪の毛頬に触れる腕に胸が当たってるめっちゃいい匂いするやめて耳元に息吹きかけないで)

浦風「……『艦娘のおっぱい』も、『鎮守府の戦力』も……。どっちも、『すったもんだで、大きゅうなる』んよ♪」

提督(ダメ―! これ以上ムリ―! 起きて―! 浜風起きて―! ヘループ! ヘループ!)

浦風(……提督さん、ぶち可愛ええなぁ♪)クスクス



おまけ
『からかい上手の浦風さん』
おしまい

221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/27(土) 19:25:09.14 ID:f587ZuW30
すったりもんだりされてないのに俺の愚息も大きくなった
浦風に座布団1枚
乙です
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 19:25:44.37 ID:sX32HiqxO
良い…
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 20:27:29.84 ID:eVUFatEgO
尊い…乙やで
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 23:38:03.31 ID:RTBtDzgp0
料理安価のさばき方も毎回感心するが、何気にストーリー自体も良品多いんだよなあ
尻上がりに好みの話増えていってるわ
乙です
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/27(土) 23:43:50.27 ID:j7mR2f+BO
浦浜可愛すぎ問題
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/01/28(日) 00:55:16.71 ID:bNXJGPWB0
追いついた
これは良スレ
227 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/29(月) 20:30:27.04 ID:miMmLHmA0
※最上編は今夜仕事終わってから書く
更新は今夜遅くか明日に
228 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/29(月) 22:59:14.70 ID:miMmLHmA0
※最上編投下、はっじまっるよー
229 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/29(月) 23:04:11.22 ID:miMmLHmA0


最上「今戻ったよ、提督!」

提督「おう、お帰り最上。わざわざありがとうな」

最上「まったくもう! 提督ってば、鳳翔さんのところに帽子忘れちゃうなんて、うっかりさんだよね!」

提督「すまんすまん(後で自分で取りに行くって言ったんだがな……)」

最上「おかげでボク、朝ごはんも食べ損ねちゃったし…ぷんぷん!」

提督「(うっかりさんとかぷんぷんって、きょうび聞かねえな……。まあ、可愛いからいいけど)……いやだから、後で自分で行くからいいって言ったろ?」

最上「そうはいかないよ! ほら、提督、ちょっと屈んで?」

提督「お、おう」

最上「提督、ちょっと動かないでね……」

提督(今まであんまり意識してなかったけど……。近くで見ると唇つやつやで柔らかそう……実はさり気なく、リップとか使ってんだろか……。うおっ、うなじ細っせえ……。やだこの子、無防備なくせに、ところどころ妙にエロいわ)


最上「……ほら、帽子はこうした方がかっこいいよ!」ニコッ

提督「お、おう、ありがとな」

最上「? どうかした?」

提督「い、いや、なんでも……いやー、それにしても、ずいぶん温かくなってきたな」

最上「そうだね! 鎮守府の脇の出撃桜も綺麗だった!……あっ、そういえば提督、鳳翔さんからこれ! 朝堀りの山菜だって」

提督「おっ、たらの芽にヨモギに……生のきくらげか、珍しいな」

最上「へえ、ボク、きのこの旬って秋かと思ってたよ!」

提督「きくらげは春から夏にかけてが旬なんだ。食べ方はいろいろあるが、そうだな、まずは……」



提督「……こうやって、沸かしたお湯によく洗って石突きを取ったきくらげを入れて、30秒くらいしたら引き上げる。水にさらし、ざるで水気を切る」

最上「これだけ?」

提督「そう、これだけで熱処理完了だ。これを色んな料理に使うんだが……取りあえずそぎ切りにして、わさび醤油を用意して、と。……ほれ」

最上「ん……(モグモグ)何これ、美味しい!」

提督「きくらげの刺身だ。味は大して無いが、微かな香りと、貝とかそれこそクラゲみたいな、独特の食感が面白いだろ?」

最上「うう、美味しいけど、なんだか余計にお腹空いてきちゃったじゃないか! もぉ、提督! お昼、いっぱいごちそうしてもらうからね!」

提督「ははは、わかったわかった、ちょっと待ってろ」

230 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/29(月) 23:09:22.21 ID:miMmLHmA0


―――



水に鶏ガラスープの素(味覇)を溶かし、醤油、酒、みりんを加えて煮汁を作る。

豚こまはおろし生姜と一緒にごま油で軽く炒めておく。

椎茸はあらかじめ水で戻しておいて、きくらげと一緒に粗めのみじん切りに。

にんじんとヨモギ、生姜を細く刻んでおく。

米と米の半分の量のもち米に、先ほどの煮汁と椎茸の戻し汁を注いで、よく混ぜる。

椎茸、きくらげ、豚こま炒め、にんじんとヨモギと生姜、それに缶詰めのひじきを米の上に平らに敷く。

ヨモギは生のままのものを、少し取り分けておき、あとは普通に炊き込みご飯の要領で炊き上げる。
炊き上がったら生のヨモギを散らし、米や具材を潰さないよう良く混ぜれば出来上がり。


卵は以前瑞鳳からレシピを教えてもらった紅生姜入りの玉子焼きに。

きくらげ、椎茸、ヨモギの残りは天ぷらに。ヨモギはそのまま、椎茸ときくらげはひと口大に切り、きくらげは醤油に浸した後、紅生姜と一緒にかきあげ風に仕上げる。

あとは大根おろし入りの麺つゆと、抹茶塩を添えれば準備完了だ。


提督「できたぞ、さあ、飯にしよう!」

231 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/29(月) 23:15:54.46 ID:miMmLHmA0


最上「いただきまーす!……へえ、いい香り……! うん、ちょっと苦みがあるけど、それがまた風味になってて。春を食べてる感じがする! 美味しいけど、炊き込みご飯にヨモギって珍しいね?」

提督「そこは敢えて、炊き込みご飯じゃなくジューシーと呼ばせてもらいたい」

最上「ジューシー?」

提督「沖縄風炊き込みご飯だ。向こうじゃヨモギの事をフーチバーって言ってな。割と普通に使われる食材なんだ」

最上「提督って、沖縄でも勤務してたんだ」

提督「ああ、若い時はかなりやんちゃでな。あちこち飛ばされた」

最上「何やったのさ……」

提督「秘密だ」

最上「ふうん、そうなのか……。あ、玉子焼き美味しい」

提督「安定の瑞鳳レシピだからな。……まあ、あっちでは下茹でした豚バラのブロックを賽の目切りにして入れてたがな。今回は豚こまで代用だ」

最上「天ぷらサクサクで美味しいね!」

提督「きくらげと紅生姜のかき揚げ、ちょっとチャレンジしてみたけどいけるな」

最上「……ねえ、提督。沖縄でも、やっぱり仲良くなった艦娘とかいたの?」

提督「ああ、いたぞ。中にはいまだに時々手紙送ってくる奴もいる」

最上「ふうん……。そういう時ってさ、懐かしいとか思ったりするの?」

提督「そりゃ、まあな」

最上「……戻りたいとかって、思ったりする?」

提督「しないよ」

最上「……ほんとに?」

提督「ああ、無い。懐かしいとは思っても、戻りたいとは思わない。……お前たちのいるこの場所が、俺の居場所で、帰る場所だ」

最上「ふ、ふーん、そっか。……そっかあ……えへへ」

提督「……やれやれ、全く最上は、寂しがり屋の甘えん坊さんだなあ」

最上「なっ、何でさっ!? そんな事ないよ! さみしがりやの甘えん坊さんは提督の方だもん!」

提督「……ああ、そうだな。その通り。だから、俺はずっとここに居るよ。だからさ。……お前らも、沈んだりせずに、いつでもちゃんと帰って来いよ?……お前らが傍に居てくれないと、寂しいからさ」

最上「……うん」




最上(……「お前ら」かぁ……。うーん、提督の言葉は嬉しかったけど……ちょっぴり残念に思っちゃったのは……)


最上(……「そう」なんだろなぁ……)


最上(……寂しがり屋で甘えん坊なのは……)


最上(……やっぱり、ボクの方かも知んないや)




つづく
232 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/29(月) 23:19:03.50 ID:miMmLHmA0
※季節は今後前後することあるかもだが気にするな
安価は家に日付変わる頃、着いてからにする
また後ほど
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/29(月) 23:32:33.87 ID:Js8oXcx9o
おつおつ
きくらげ紅生姜かき揚げええな
234 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/29(月) 23:53:12.62 ID:miMmLHmA0
※次の秘書艦娘安価
(下1〜4、水母・軽空母・補給艦より2名。「隼鷹&飛鷹」みたいに2名のペアで募集、コンマ高い方採用)
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/29(月) 23:53:56.99 ID:HqT0A0Ac0
秋津洲とコマちゃん
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/29(月) 23:54:51.53 ID:uqiuLVnzO
もうきまったようなもんだけど
一応ちとちよ
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/29(月) 23:55:06.98 ID:cP+6gb/lo
瑞穂 龍鳳
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/29(月) 23:58:11.35 ID:g21y0ok+O
速吸
秋津洲
239 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/30(火) 00:01:01.59 ID:/WLpNHVA0
※確定かと思いきやあわやの大接戦でワロタ
秋津州&コマちゃん把握

食材安価:下1〜5
(ごく普通の家庭の冷蔵庫に入ってるもので。あまりにも不適当そうなものは下にずらします)
※安価だけ取っていったん中断します。

更新は今週末……かも?かも?
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:01:08.84 ID:1orq+ENmo
ボージョレ・ヌーボー
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:01:16.55 ID:7GYMU7AGo
オキアミ
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:01:35.99 ID:gooEoGyA0
豚バラブロック
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:01:44.55 ID:IJ5dXCJSO
青梅
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:01:53.11 ID:e1/AoME/0
ラム肉
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:02:55.08 ID:4lJuseuAO
>>241は大丈夫なのか?

牛ヒレ肉
246 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/30(火) 00:06:31.31 ID:/WLpNHVA0
※食材把握
オキアミも採用な
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:10:12.92 ID:4lJuseuAO
>>246
おつ。オキアミで何を作るのか……
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:11:11.85 ID:1orq+ENmo
おつ
オキアミ捌けるのか……
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:19:14.36 ID:VD2sbu620
オキアミキメるSSあった事を思い出した
250 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/01/30(火) 00:23:09.53 ID:/WLpNHVA0
※余談だが>>1は実際に那覇勤務経験あり
ぶっちゃけ沖縄料理は観光客向けの店よりそこらの定食屋の方が美味いし量があった
県庁前のワンコインで昼飯食える定食屋まだ健在だろか
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/30(火) 00:32:28.93 ID:HOS4i8LCo

もがみんが可愛すぎて鼻血出た、訴訟
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/01/30(火) 18:10:29.55 ID:fzZbo70f0
素晴らしい……
はっちゃん、うらはま、もがみん編特に好き
>>1の過去作みたところ奇麗なエロもいけるみたいだし、このスレ完結したら是非、それぞれの艦娘で後日談的なものも見てみたい
253 : ◆axPwtNeSoU :2018/01/31(水) 14:55:03.81 ID:ClXRTnFA0
※コマちゃんのキャラ掴むのが難しくてなかなか話が降りてこない……更新は週末超えるかも
気長にお待ちくだされ

※あと、おそらくここから仕事&プライベートがばたばたしてくるのであと1〜2回でいったんこのスレ閉じると思う
機会があればまたやるとは思うが

>>252
酉検索か何かで見たのかな?
評価してもらえて有り難いが、エロは表現の幅がそれほど広くないのでおそらく無理じゃ、すまんの
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/01/31(水) 18:15:00.94 ID:WLVDDyg50
終わっちゃうのか……残念
俺も温泉のやつ見たけど良かったよ
乙おつ
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 12:46:11.44 ID:QpnBGc3VO
あー、あの北上温泉の人か!
艦これ系エロでは出色の出来でしたな。
256 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 16:51:07.68 ID:43xwY71A0
秋津州&コマちゃん編、投下していくかも
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 16:54:39.12 ID:Kz8dPk1h0
>>254-255
春からは「温泉むすめ」の深夜アニメが
始まって、スマホゲームも登場するので
……そちらをネタとするようになるかも(^^)
258 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 16:55:02.47 ID:43xwY71A0



コンコン




提督(……誰だ、こんな時間に私室に訪ねてくるなんて?)

提督(那智や隼鷹が飲みに誘いに来たくらいなら、一杯つきあってもいいが……)

提督(……金剛や足柄辺りなら……貞操を守りきるために銃を用意しとくべきか……? こんな豆鉄砲、気休めにもならんが)チャキ

提督「……開いてるから、勝手に入っていいぞー」ゴクリ

カチャ

秋津州「失礼するかも……」

提督「なんだ、秋津州か。……こんな時間にどうした? 秘書艦勤務は明日の朝からだろ?」

秋津州「実は……明日のコマちゃんとの勤務の前に、提督に相談したいことがあるかも!」

提督「なんだ突然……。まあ、入れよ」




提督「……テストと、もっと仲良くなりたい?」

秋津州「あのクレーンには、親近感を感じるかも! コマちゃんとなら、千年不敗の秋津州流戦闘航海術の歴史に、新たな1ページを刻むことができるかも!」

提督「どこの圓明流だよ……。だいいち、秋津州流戦闘航海術って、それただの回避技じゃねーか」

秋津州「ううう、うるさいかも! 細かいことはいいかも!……けど、コマちゃん、うちに来て結構経つけど、ご飯一緒に食べようって誘っても、断られちゃうことが多いかも……」

提督「……あれ? あいつ、前に、お前に食わせてもらったロールキャベツ、絶賛してたぞ?」

秋津州「うん、その時は、美味しい美味しいって言ってくれてたかも。……けど、それから後は、うどんとかそばとか、鳳翔さんのお店とか誘っても、やんわり断られちゃって……悲しいかも」

提督(言われてみれば……。確かにあいつ、間宮の洋食は喜んでたけど、それ以外は自炊してること多い気がするな……。あ、多分、これは……)

秋津州「ひょっとしたら……。コマちゃんは、あたしと違って戦闘でもちゃんと役に立てる子だから……。あたしなんかと仲良くなってもしょうがないって思われちゃったのかも……」

提督「……秋津州」ニコリ

秋津州「……?」

提督「鉄拳制裁!」ゴッツン☆

秋津州「あいたぁっ!…… な、何するかも!」

提督「何するかも、じゃねえんだよ、コラ。――俺の大事な艦娘を、2人も侮辱しやがって」

秋津州「……え?」

提督「1人は当然、テストのことだ。あいつはそんな事で誰かを差別するような奴じゃない」

秋津州「う……」

259 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 16:59:58.79 ID:43xwY71A0


提督「それとも、何か? お前には、テストが本気でそんな事思うような奴に見えたのか?」

秋津州「ち、ちが! かもじゃなくて、違います! あ、でも……あれ? 2人、って……?」

提督「もう1人はな――お前自身だよ、秋津州」

秋津州「え……」

提督「艤装の性能の違いが戦力の決定的差ではないってことくらい、赤い人に教えてもらうまでもなく知ってるわ、舐めんなコラ」

秋津州「……提督」

提督「……お前は、秋津州『なんか』じゃない。秋津州だ。他の誰にも替わりなんか効かない、たった1人の、俺の大事な艦娘だ。そのお前を侮辱する奴は、絶対に許さん。――それがたとえ、お前自身だったとしてもな」

秋津州「で……でいどぐぅ……」ウルウル

提督「……ただし、だ」ニヤリ

提督「俺の大事な艦娘を侮辱したからには……まさかゲンコツ1発くらいで済まされるとは、思っとらんよなぁ?」

秋津州「て、提督?」

提督「はっはっは。……おいおい、まさかこのまま帰れるとでも?……甘いなぁ、秋津州くぅん?」ギロリ

秋津州「……ヒッ」


提督「オラァ、正座だ正座! ちゃっちゃか動けや、この萌えるゴミがぁ! こっから2時間説教コースだ、ひくつしまァ!! その腐った根性、叩き直したらぁ!」

秋津州「ひ〜ん! 助けて〜、二式大挺ちゃ〜ん!!」




※2時間後



提督「……とまあ、説教はここまでだ。……骨身にしみたか?」

秋津州「……あい、ずびばぜんでじだ」

秋津州(……あれから2時間、ほんとにみっちり罵倒され続けたかも……。この人絶対、本性はドSかも……)グッタリ

提督「……よし、なら、明日は楽しみにしとけ」

秋津州「え、まだお説教の続きがあるかも……?」ビクビク

提督「? バーカ、何言ってんだお前。……テストと仲良くなりたいって言ってたの、お前だろ?」

秋津州「……え?」

提督「明日、テストと一緒に、昼飯食おうぜ。俺と、お前と、3人でな」

秋津州「……え?」

提督「大丈夫、断られたりしねーよ。俺の想像が正しけりゃな」

秋津州「……え?」

提督「そん時に、お前の勘違いも正してやる」

秋津州「……え?」

提督「後はそうだな……。てるてる坊主でも作って、明日晴れることを祈っとくのがいいんじゃないか?」

秋津州「……え?」



秋津州「……え?」

260 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 17:03:43.47 ID:43xwY71A0


―――


まずは自家製のカリカリ梅と梅の甘露煮を用意する。

作り方は、どちらも時間はかかるが作業自体は単純。

ひと晩水に浸けてあく抜きした後、爪楊枝でへたを取り、水気を拭き取った梅のうち、小粒のものはカリカリ梅に使う。

薄口醤油に漬け込んで、時々ひっくり返したりしながら冷蔵庫で一週間。これだけで青梅のカリカリ醤油漬けのできあがりだ。

同様に、あく抜きしてへたをとったもののうち、大粒のものは、爪楊枝で表面に穴を開け、ジップロックで冷凍庫に入れて凍らせる。

小鍋で水と砂糖を火にかけて熱いシロップを作り、凍ったままの青梅を炊飯器に入れて熱いシロップをひたひたに注ぐ。

あとは炊飯器を12時間保温にして、時々中身をかき混ぜるだけ。

あら熱をとった後、ガラス容器に入れて冷蔵庫で数日保管すれば、酸味の角が取れ、青梅の甘露煮が完成する。

カリカリ梅は荒く刻み、梅の甘露煮は種を抜いておく。

提督「ワインは……そういや、ボジョレーがあったっけ」

赤ワインに甘露煮のシロップを注ぎ、沸かしたお湯にゼラチンを溶かしたものとよく混ぜる。容器に注ぎ、種を抜いた梅の甘露煮を沈める。

提督「あとは冷蔵庫で冷やせば、梅のワインゼリーの出来上がり、っと。見栄え的には種入りの方がいいんだろうが……まあ、食べやすさ優先ってことで」

豚バラは表面に塩胡椒をすり込んだ後、キャベツを底に敷いた圧力鍋に入れて酒を振りかけてから加熱して、蒸し豚に。

ラム肉は薄切りにして、すりおろした玉ねぎとおろし生姜、おろしニンニクと醤油を混ぜ合わせた漬けダレに1時間程漬け込んだ後、フライパンで焼く。

蒸し豚はサイコロ状に切り、ラムの焼き肉も小さく刻む。

干しオキアミは細かく刻んだ塩昆布と一緒にフライパンで炒る。

パチパチ音がしてきたら酒と醤油、みりん、砂糖、鰹節、白ごまを加え、パラパラになるまで炒めれば、ぱっと見高級っぽい、エビ風味(エビじゃないけど)のふりかけが完成だ。

提督「さてと、もうひと頑張り。俺の考えが間違ってなければ……後はあいつら次第、だな」

261 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 17:07:11.12 ID:43xwY71A0


テスト「お昼ご飯……ですか? でしたらMamiyaにでも……」

提督「いや、今日は天気がいいからな。秋津州と一緒に、出撃桜のところの芝生で、花見と洒落込もうぜ。実は弁当も三人ぶん作っちまったんだ」

テスト「Oui(ウィ)……でスが、ワタクシは……」

秋津州(……コマちゃん、やっぱり表情が暗いかも……無理に誘うんじゃなかったかも……)

提督「何、心配するな。お前……なんだろ?」ヒソヒソ

テスト「Pourqui(プルコワ)!?……なぜ、ご存知なのでスか?」

秋津州(……え? よく聞こえなかったかも……今、提督、何て?)

提督「ま、それは置いとくとして、だ。……ほら、これなら大丈夫だろ?」パカッ

テスト「Tres bien(トレ・ビヤン)! これ、素晴らしいです! ワタクシ、是非、アキツシマと一緒にお食事したいでス!!」パァァァ

秋津州「え? え? え?(急にコマちゃんの顔が明るく……ど、どんな豪華なお弁当だったんだろ?)」




提督「……よし、そんじゃあ、ボナペティ、アンド召し上がれ、ってことで」

秋津州「……おにぎり?」

提督「昨日は誰かさんのせいで夜遅かったんでなぁ。……不満なら食わなくてもいいぞ?」

秋津州「たっ、食べるかも!(……パク)あ、振りかけご飯の中に入ってるの……お肉? 濃いめの味つけがご飯にもしみこんでて、美味しいかも!」

テスト「(モグモグ)こちらのporc(ポーク)は味付け自体はあっさりしていて……でも、お米の中に混ぜられたprune(プリュネ)のピクルスの酸味と、コリコリした食感が味を引き立てていて……実にTres bienでス!」

提督「食い終わったら、クーラーボックスの中にデザートのゼリーもあるからな―(ほんとは酒が欲しいところだが……)」

テスト「今日は綺麗な桜を見ながらアキツシマと一緒にお食事ができて、ワタクシ、本当に嬉しいです。……Merci(メルシー)、提督」

提督「おう」

秋津州「……あ、あの、なんで? なんでコマちゃん、いつもは嫌がってたのに、今日は一緒にご飯……」

テスト「Oui? 私、嫌がったりなんて……あっ」

提督「ああ、それな。テストの奴、実はな」

テスト「Non(ノン)! ダメです、提督、その先は……!!」

262 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 17:10:47.28 ID:43xwY71A0


秋津州「……お箸、が、苦手?」

テスト「Oui.……お恥ずかしい話でスが……ワタクシ、いまだに、おハシの使い方が苦手で……。アキツシマや皆さんに、みっともないところを見せて、嫌われたくないと……」

秋津州「え、じゃあ、あたし、嫌われてた訳じゃなかったんだ……」

テスト「Non! この艦隊は、素敵な方が多くって、嬉しいでス!」

秋津州「あは、あはは、なんだ、そうだったんだぁ……」

提督「やれやれだよな、全く。……お前ら、充分似たもの同士のいいコンビだっての。……テスト、お前もせっかくだ、この機会に、ちゃんと箸の使い方、練習しとけよ?」

テスト「Oui.申し訳ありません……」

秋津州「じゃあさ、コマちゃん、あたしがお箸の使い方、教えてあげるかも!」

テスト「本当ですか?」

秋津州「もちろんかも! お箸の使い方上手になったら、一緒に牛丼食べに行こ! いい店知ってるかも!」

提督(……なか○か。な○卯だな)

テスト「Gyu-don、ですか……。とても楽しみです。頑張って上達しますから、少しだけ待ってて下さいね!」

秋津州「うん!」






※なお、その数ヶ月後、演習にて


テスト「――アキツシマ流戦闘航海術、三の型 『MidareZakura』!!」ズドドドド

瑞穂「……なっ!? クレーンを鎖鎌のように振り回すことで、艦載機の攻撃を全て防ぎきるだなんて!?」

日向「……瑞雲もなしに、あんな防御を!?」

テスト「……アキツシマの薫陶によって、飛んでいる蝿でさえお箸で捕まえられるようになった今のワタクシに――もはや、その程度の攻撃は通じません!!」



提督「お箸凄ぇええええええ!!」

秋津州「秋津州流戦闘航海術凄ぇええええええええええええ!!!!」




つづく

263 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 17:18:16.33 ID:43xwY71A0
※最初酔っ払った挙げ句にメモしてたネタは、

秋津州「モカカカカ―ッ! 料理は勝負! 秋津州の料理は、魔法だ! かも!」

テスト「おフランス仕込みのワタクシのヌーベルキュイジーヌ……見せてやるザマス!」

とかいうものだったが、次の朝見てあまりの酷さと提督が完全に空気だったことから全ボツにしたのは内緒


次回安価は夜にとりにきます
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 17:43:22.77 ID:ByLDywLLo
おつ
皆良い娘……と思ったらボツネタで草生え散らかした
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 17:44:44.30 ID:SJ3zY6TX0
>>262秋津州「秋津州流戦闘航海術凄ぇええええええええええええ!!!!」
なんでお前が驚いてんだww
面白かった

266 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 20:18:14.42 ID:43xwY71A0
最終回安価、はっじまっるよー

今回はちょっと変則
艦娘は自由(これまでに1度安価で取られてる子もOK)
下1〜5の中から、メインの艦娘は>>1が独断で選ぶ

最終艦娘候補は?↓下1〜5
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:18:22.75 ID:SJ3zY6TX0
鳳翔さん
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:18:51.36 ID:gqWsRrvjo
もがみん
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:19:06.46 ID:rDMvOIvOO
龍田
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:19:48.27 ID:ZjWO+P0Ho
叢雲
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:19:48.34 ID:hwbMZpUso
足柄さん
272 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 20:26:21.94 ID:43xwY71A0
※艦娘把握
>>267
8秒って……予測変換に入ってたにしても速すぎないか? 怖えよw


食材安価:下1〜5
(ごく普通の家庭の冷蔵庫に入ってるもので。あまりにも不適当そうなものは下にずらします)
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:26:36.08 ID:AVjKFb7UO
ブルーチーズ
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:26:54.53 ID:X8w1s+sGo
納豆
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:26:59.79 ID:96LmrX5Ho
ボラ
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:27:19.95 ID:IqFYfzryO
アケビ
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:27:42.57 ID:oSrqCWKDO
ちくわ
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:28:00.74 ID:SGNPRnKc0
梅干し
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:28:15.27 ID:6oqDr8T8o
280 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/03(土) 20:34:22.14 ID:43xwY71A0
※食材把握

候補の艦娘がどれも惹かれる点あって迷う……

更新は気長に待っててねー
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/03(土) 20:40:58.14 ID:5opPF4Yb0
みんな速杉内俊哉
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/04(日) 13:26:37.99 ID:jm3qCzjI0
>>280
全員書いてもいいのよ?
283 : ◆axPwtNeSoU [saga saga]:2018/02/09(金) 19:20:23.01 ID:q6a+2iyA0
※ちょいと経過報告
最終メイン決めて書き始めたところ思ったより筆が乗って、かなりの文量になりそう
とりあえず最終回は数回に分けて投下することになるかと
次回更新は早ければ明日に
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/10(土) 00:34:57.98 ID:Nmf+tYEp0
報告おつ
285 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 20:11:38.77 ID:BhUq2epA0
今日はきました
ちょこちょこ修正しながらなので投下速度一定しないかも
ツッコミ、雑談ご自由にどうぞ
286 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 20:15:24.99 ID:BhUq2epA0

(※暗闇の中、響くナレーション)



『【人】を【良】くする、と書いて【食】――――』


『――古来より、人はこの世で、生きるために喰らい、喰らうためにまたこの世に生まれ落ちてきました――――』


『――喰らうことは生きること。よく喰らうことはすなわちよく生きること――――ならば、そこより導き出される真理はひとつ――――』




『強くなりたくば、食らえ!!!』


『朝も昼もなく喰らえッッッッ! 食前食後にさらにその飯を喰らえッッ! 飽くまで喰らえッッ! 飽き果てるまで喰らえッッ! 喰らって喰らって喰らい尽くせッッ!』


『飽き果てるまで喰らいつつも――――なお【足りぬ】戦士であれ!!!』


『戦士たちよ――――お前たちの飢えを満たす【食】は――ここにあるッッ!!!』


カッ!(全照明点灯)


観客席「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおォォッッ!!!」

287 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 20:22:56.50 ID:BhUq2epA0


青葉『観客席の諸君! 腹は、減ってるか――っ!』
\ウオオオオォォォォォォォォォォォォォォ/


青葉『体重計は、怖くないか――っ!』
\ウオオオオォォォォイヤーッ ヤメテーッ/


青葉『天高く、馬も人も艦娘も肥ゆる秋! 鎮守府体育館に設けられた特設ステージの観客席には、熱気と食欲に溢れた大勢の人が詰めかけております!』

青葉『今年の鎮守府祭の目玉イベント、【〜愛の烹炊所〜食戟の鉄人決定戦・鳳翔VS提督】いよいよ開幕! 司会はわたくし、清く正しい青葉がつとめさせていただきます!』


青葉『ではさっそく、選手入場と参りましょう! まずは青龍の方角!』


青葉『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花! 良妻賢母ここにあり! 皆さんご存知、鎮守府のお艦! 【居酒屋鳳翔】若女将、鳳翔選手の入場だァ――ッッ!! 一礼してから壇上に向かう割烹着姿は、まさに大和撫子! 日本女性の鑑! 実際奥ゆかしい!』


鳳翔(……は……恥ずかしい……! 青葉ちゃん、もうやめてェ……!///)
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/10(土) 20:23:51.83 ID:8eRJOrf/0
なんか始まったww
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/10(土) 20:30:58.09 ID:QefzcypVO
お前は某烏天狗か青葉w
290 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 20:36:26.42 ID:BhUq2epA0


青葉『皆さん、盛大な拍手と声援、ありがとうございました!』


『……続きましては、白虎の方角! 当鎮守府を率いて深海棲艦との飽くなき闘争に挑み、暁の水平線に数々の奇跡とさえ言える勝利を刻みつけた、我らが司令官! 深海棲艦の天敵にして、人界の守護者――提督選手の入場です!』

青葉『日本各地の鎮守府を渡り歩いて幾歳月! 殴った上司とついた異名は数知れず! 【横須賀の凶人】【呉の人虎】【佐世保の壊し屋】【舞鶴の人間棲鬼】【パラオの夜叉】【鹿屋の悪魔】【慶良間のマジムン】【泊地喰い】……』

提督「……ちょっと待てや、コラ青葉ァ! 途中からなんか紹介の仕方がおかし過ぎんだろがァ!? だいたい何だ、その物騒な仇名の数々!? 俺自身、聞いたことねえぞ!?」

青葉『そりゃ、各地の皆さん面と向かっては呼べないですからね―。部屋の隅でガタガタ震えながら、こっそり呼んでただけだそうです』

提督「だったらそのまま部屋の隅っこに留めとけよ! 何こんな舞台で大っぴらにしてんの? んな事実、一生知らないままでいれた方が幸せだったわ!」

青葉『情報提供して下さった各鎮守府・泊地の皆さんより伝言です――【今後のご活躍とご健康、ご多幸を心よりお祈りしています――ただし遠くからに限る】』


提督「そんな最悪のお祈りメール要るかァ! お前ほんと、何してくれてんの?」

青葉『大丈夫、周囲が何と言おうとも――――青葉は、提督の味方ですから』

提督「この仕打ちの後でキメ顔で言われても信じられねェよ!!」

青葉『……っと、恐縮です、司令官! 時間がおしてますんで、ちゃっちゃと所定の位置に着いてくださーい』

提督「……お前絶対、あとで泣かすからな、覚えとけよ」

291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/10(土) 20:40:27.31 ID:8eRJOrf/0
背中から刺していくスタイル
292 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 20:43:03.26 ID:BhUq2epA0


青葉『さてさて、両選手が揃ったところで、続きましては、厳正なるジャッジを下す、審査員の紹介と参りましょう!』


青葉『まずは初期艦にしてツンデレ代表、駆逐艦・叢雲審査員! 歯に衣着せぬ辛口の評価が期待できそうです!』


叢雲「誰がツンデレよ! ぶっ飛ばすわよアンタ!」


青葉『おおっと、さっそくのご褒美、恐縮です! 続きましては、綺麗な花には毒の棘! とろける口調と氷の微笑がたまらないと評判! 軽巡洋艦・龍田審査員!』


龍田「あらあら〜、随分な言われようだわ〜。その舌……落ちても知らないですよ〜? うふふ♪」


青葉『あっ……ちょ、ちょおっと深入りしすぎたようです! 続いては審査員の癒やし枠! 貴重なボクっ娘! 少年と少女が同居する危うい魅力にハマる女性ファン多し! 航空巡洋艦・もがみん審査員!』


最上「ちょっと青葉! 少年って何さ! ボク、ちゃんとした女の子なのに!」


青葉『なお、女性ファンの比率としては、【お姉さま・お兄さまとしてめちゃくちゃに敬いたい派】より【妹・弟としてぐちゃめちゃに堕とし……ゲフンゲフン、愛でたい派】が圧倒的な模様!』


最上「だから、お兄さまとか弟とかって何なんだよ、もぉ! ……じゃなくて、ちょ、青葉! 今なんか、さらっと、凄く怖いこと言わなかった!?」


青葉『そしてラストは鎮守府の飢えた狼、重巡洋艦・足柄審査員! 今回は意外にも高いその女子力ではなく、飢えた野獣のごときその食欲と、ベテランガヤ芸人にも匹敵する賑やかし枠としての実力を買われての起用です!』


足柄「へえ……そう……。どうやら私の能力を本当にちゃんと引き出せるのは……あなたが……そう、あなたが二番目になりそうね……!」ジャキッ

青葉『い、以上、審査員の皆さんのご紹介でしたー!』

293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2018/02/10(土) 20:56:45.95 ID:eGkDvvvo0
後先考えずに煽っていくスタイルwww
294 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 20:56:53.48 ID:BhUq2epA0

青葉『ではいよいよ皆さまお待ちかねの、食戟本番に移りましょう!』


青葉『ルールは単純、決められたテーマ食材を使った料理をそれぞれの選手が作り、それを実食の上審査するのみです!』


青葉『あらかじめ観客の皆さんからは、使用するテーマ食材を募集させていただきました!』


青葉『厳正なる抽選の結果、今回テーマ食材として選ばれたのは……【ブルーチーズ】【納豆】【ボラ】【あけび】【ちくわ】の5品!』


青葉『匂いの強いブルーチーズや納豆はもちろんですが……。穫れる場所にもよりますがやはり臭みのあることで知られるボラ……。料理にも使えるものの、皮に苦みがあり扱いの難しいあけび……』


青葉『はっきり言って観客の皆さん、ドSにもほどがあるでしょう! ちくわの存在に安心感より違和感を覚えるって、どんな状況ですかこれ!?』
\ワハハハハハハハハハハハハ/


青葉『ただ、食材に関しては両選手の手腕に期待するとして、ここでひとつ問題が』


青葉『本来ならば調理も含めてこの場で全て行われるべき食戟なのですが……それをやるとあまりにも時間がかかりすぎる上に、衛生面でも問題が生じる可能性があると、保健所からのご指摘がありました』

青葉『そのため、今回はあらかじめテーマ食材を用いた料理を鳳翔・提督両選手に別の厨房で作っていただき、それをこの場に持ち込んで実食・審査する方式に変更させていただいております!』

龍田「あら〜、じゃあ料理自体はこの時点で既に出来上がってるって事ぉ? でもぉ、それじゃあ、料理なんて、とっくに冷めちゃってるんじゃないの〜?」


青葉『問題ありません! 作った料理は、妖精さんの謎技術によって、完成した瞬間の状態のまま時間を停止されているため、味の劣化や腐敗の心配は一切ありません! ご安心下さい!』

審査員・観客一堂(……大丈夫なのかそれ?)


青葉『さあ、果たして、鳳翔・提督の両選手は、いかにこの難題に応え、いかなる料理を創り上げたのでしょうか!? 青葉、楽しみでたまりません!』

295 :ちなみに>>286のナレーションは那珂ちゃんの低温ボイス ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 21:00:38.32 ID:BhUq2epA0
※いったんここまで
という訳で、最終話のメインヒロインは鳳翔さんです
なぜかここまでは青葉無双だけど

切りのいいとこまで仕上がったらまた来ます
296 : ◆axPwtNeSoU [saga]:2018/02/10(土) 21:01:57.44 ID:BhUq2epA0
※ちくしょう、噛んだ
低温じゃねえ、低音だよ……
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/10(土) 21:02:58.97 ID:8eRJOrf/0
wwwwww
これは期待
楽しみに待ってる
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/10(土) 21:26:29.16 ID:b7+9H8Tr0
妖精さんの謎技術とか提督の異名とかツッコミどころが多すぎるなww
「呉の人虎」と「舞鶴の人間棲鬼」はセンスを感じる
俺も妹キャラもがみんをぐちゃめちゃに堕としたい
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/02/11(日) 01:13:41.89 ID:33IKofLn0
改めて食材見ると確かにちくわに違和感が
155.88 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)