【つうかあSS】ゆり「コーチに・・・」めぐみ「フラれた・・・」みんな「えっ?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/04/07(土) 04:50:29.52 ID:taFhtwyq0
みんな『・・・・・・。』

みつわ旅館にて、ゆりとめぐみの言葉に沈黙する一同・・・。

たまえ「えっ・・・?えっ?」

なぎさ「あ・・・あの・・・」

みさき「聞き間違いかもしれないけど・・・」

めぐみ「聞き間違いじゃないよ」

みさき「・・・うん」

かなえ「ホンマ・・・ってわけか」

ゆり「うん、ホンマだよ」

ありす「同時に告白はしたんどすな?」

ゆり「うん」

ありす「で、振られた?」

めぐみ「うん」

ありす「ほう・・・」

そして2人は立ち上がり・・・。

みんな「ん?」

めぐみ「アホくさいから寝るわ」

ゆり「私も家(うち)戻って寝るわ」

自身の部屋へと戻って行った。

むつき「あっ、おやすみなさい・・・」

ゆり「おやすみ」

めぐみ「おやすみ」

横入りしたむつきは12個分の麦茶を持って来た。

むつき「どうぞ」

かなえ「おう、ありがとさん・・・」

たまえ「なぁなぁ、むつきちゃん」

むつき「はい?」

たまえ「あの2人、棚橋コーチに振られたってホンマ?」

むつき「はい、それでお2人とも、あんな感じで・・・」

たまえ「マジか・・・」

そしてみんなは一斉に麦茶を飲む。

まお「何というか・・・なあ・・・」

ひとみ「ええ・・・とても慰められないわ・・・」

ちゆき「特に目が・・・死んでたわ・・・」

そう、みんながさっき見たゆりとめぐみの目は絶望、または死んでいるかのようにかーなーり、色が黒だった。

たまえ「どうしたらいいのやらなぁ・・・」

いずみ「えぇ、何か解決策があるといいけど・・・」

みんな『うん・・・』

そして、みんなは2人を元気にする解決策を考え始めてる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523044229
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/07(土) 09:59:28.17 ID:rC4tG8SQ0
期待
3 :マモン [sage]:2018/04/17(火) 10:31:25.37 ID:XbIUmG6SO
楽しみ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2018/10/28(日) 03:34:02.86 ID:dv+Ubggm0
一方、まりあとゆりあの宍戸姉妹は・・・。

まりあ&ゆりあ「「・・・・・・」」

みんながいた所の隣に隠れて見ていた。

まりあ「どうしよう・・・」

ゆりあ「あの2人、多分、明日も明後日もあんな感じになるかも・・・」

まりあ「何せ棚橋コーチは2人が自ら尊敬していた人だったからね・・・」

ゆりあ「うん、まさか、その尊敬していた人に・・・」

まりあ&ゆりあ「「・・・・・・」」

すると、2人の近くの襖が開いた。

まりあ&ゆりあ「「うわっ!」」

いずみ「貴方達はなぜそこにいるのかが全く理解できないんだけど」

かなえ「確かにあの2人があんな発言した時から隠れてたよな、こいつら」

まりあ「いや、これはその・・・」

ゆりあ「色々、準備が出来たりしてて・・・」

みさき「準備って・・・。ああ〜・・・」

宍戸姉妹の後ろには『告白おめでとう!』と描いてある絵が置かれていた。

たまえ「いつの間にこんなん完成したん?」

まりあ「あの2人のどっちかが告白成功用にここで作ってみたんです。しかもこれも」

『ゆりちゃん』『めぐみちゃん』の2つの絵も描いていた。

まお「中々いい出来じゃないか」

ひとみ「えぇ、とっても上手」

まりあ&ゆりあ「「あっ、ありがとうございます」」

なぎさ「でも、振られたって聞いちゃったら・・・」

ありす「さすがにそれを出したら・・・」

ちゆき「ですよね・・・」

みんな『うん・・・』

むつき「皆さん、本当にすみません。だから2人を何とか元気にしようと思って皆さんを呼び戻したんですけど・・・」

かなえ「むつきちゃんが謝る事ちゃうやろ」

たまえ「そうや、そんなに自分を責めたりしたらアカンで」

ちゆき「私達で何とか解決します。ねぇ、みさき?」

みさき「あぁ、ほっとくわけにはいかないからね、あの2人の事も。」

いずみ「そのために私達を呼んだんでしょ?」

なぎさ「私達だってゆりさんとめぐみさんを元気付けたいです!」

なお「あぁ、皆で力を合わせて、」

ひとみ「ゆりちゃんとめぐみちゃんを元気にして見せましょう」

ありす「例え高校は違うてもウチ等は、」

くろす「仲間どすえ」

まりあ&ゆりあ「「うん!」」

そう聞いてむつきは感謝をする。

むつき「ありがとうございます、皆さん!」

かなえ「よし、そうと決まれば、皆で作戦でも考えるで!」

まりあ「あっ、私、今思いついた事があるんだけど・・・。」

みんなが一斉にゆりとめぐみのために作戦会議をし始めた。
4.57 KB Speed:0   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)