【艦これ】駆逐戦隊!ショキカンジャー!!改 その2

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:36:25.72 ID:8GV7vgnz0
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497268381/

の二スレ目です。前のスレが埋まってからこっちに来ます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524666985
2 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:48:38.31 ID:8GV7vgnz0
叢雲「電のは『ごっつんこ』なんて可愛いものじゃないでしょ絶対……」

漣「『ぐちゃっ』だよね」

電「そんな音しないのです!?」

吹雪「五月雨ちゃん、どうして自分の名前入れたの?」

五月雨「え!?いやそういうつもりじゃなくて、五月雨突きとか五月雨撃ちみたいな感じで……」

叢雲「ダブルミーニングになってるわねこれ」
3 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:49:04.21 ID:8GV7vgnz0
吹雪「……で、どうしよう」

五月雨「さすがに全部このままってわけにもいかないし……」

電「……そういえば、武器の名前って誰がつけたんでしたっけ?」

漣「確か明石さんと夕張さんだね。武器もらうときに教えてもらった」

叢雲「そうね。安直だけど、割とすぐに定着して……」

五人「……」
4 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:49:31.51 ID:8GV7vgnz0
工廠


夕張「こんなのでどう?」


吹雪  『ブリッジバスター』

叢雲  『マストブレイク』

漣   『デッキシュート』

電   『アンカークラッシュ』

五月雨 『キールスラッシュ』


漣「うん、やっぱり戦隊の技名はわかりやすいのが一番ということだな」

叢雲「吹雪のはそのままなのね」

夕張「うん、これに統一しようと思ってね」
5 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:49:58.54 ID:8GV7vgnz0
吹雪「ありがとうございました……すみません、お忙しいのに」

夕張「あー気にしないで。ちょうどみんなに用事あったし」

五月雨「そうなんですか?」

夕張「ええ。多分明石がそろそろ来て……」

明石「ん?呼んだ?」ガラッ

電「あ、来たのです」
6 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:50:47.22 ID:8GV7vgnz0
明石「ああ、みんな来てたのね。じゃあちょうどよかった」ゴソゴソ

明石「ジャーン!ショキブレスに改二機能を追加したよ!」

吹雪「え!?もうできたんですか!」

夕張「もうほとんど大井の時にできてたしね。細かい調整をすればよかっただけだから」

明石「使い方は大井さんのとほぼ一緒。この『改装設計図』をショキブレスの横の溝にスラッシュするだけ」

五月雨「これも特殊能力と一緒で、戦隊パワーがある程度必要なんですよね?」

夕張「ええ。だから簡単には使えないかな」
7 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:51:13.90 ID:8GV7vgnz0
吹雪「……」

叢雲「……吹雪?」

吹雪「……あ、いや、なんでもない」

吹雪(……正直、今の状態でうまく使える気がしないなぁ……)

吹雪(まあ使わなくて済むに越したことはないけど……)

電「そういえば、改二の状態でも特殊能力は使えるのです?」

夕張「当然使えるわよ。より強力な効果を使えるはず」

五月雨「……吹雪ちゃんの特殊能力も、ですか?」
8 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:51:41.64 ID:8GV7vgnz0
明石「うーん、それなんだけど……」

明石「使えるには使えるはず。でも、正直おすすめはしないかな」

吹雪「え?どういうことですか?」

夕張「いくら調整したって言っても、改二を使うことでそれなりに身体に負担はかかるの」

夕張「そこで吹雪ちゃんの特殊能力使うと倍プッシュだからねぇ……」

電「身体のためにも、やらないほうがいいわけですね……」

漣「オデノカラダハボドボドダ!」

吹雪「……わかりました」

明石「でもそれは吹雪ちゃん以外にも言えることだよ。無茶するとすぐにエネルギー切れを起こしちゃうと思うから」

叢雲「状況やタイミングを考えて使わないとダメってことね……」
9 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:52:11.00 ID:8GV7vgnz0
叢雲「ショキブレスは戻ってきたわけだけど、どうする?」

電「一応、これからの方針を話し合う予定でしたけど……」

吹雪「ああ、うん。そうだったそうだった」

吹雪「もう一度、あそこを調べに行こうと思うんだけど」

五月雨「あそこって?」

吹雪「ほら、センスイとかコウワンとかハクチとかと戦ったところ」

漣「……ああ、例の採石場か」

吹雪「……まあ、そうだね」
10 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:52:37.12 ID:8GV7vgnz0
五月雨「確かに調べようとしたら、ハクチさんに襲われちゃったもんね」

叢雲「なんかいっつもこんな感じよね、私たち……」

漣「でもやっぱりあそこ、なんかありそうなんだよなぁ……」

吹雪「だよね?鎮守府襲撃の場所にも方角的には近いし……」

電「……もしかして、あそこにディープマリンのアジトがあるとか?」

四人「え?」
11 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:53:06.32 ID:8GV7vgnz0
五月雨「……まさか」

叢雲「さすがにそんなことは……」

電「い、電もないとは思いますが……」

漣「そんな近くの悪の組織のアジトがあるわけないっつーの!」

吹雪「な、ないよね?そんなこと……」

五人「……」
12 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:54:10.18 ID:8GV7vgnz0
例の採石場


吹雪「どう?敵影は……」

五月雨「……とりあえずないね」

電「今のところ異常はなさそうなのです」

叢雲「……どうする?また張り込みでもしてみる?」

漣「それは見当違いだった場合やばいことになるからやめとこう」

五月雨「そうだね……じゃあ隠れずに、色々調べてみようか」

吹雪「敵に見つかったときはもう仕方ない。その時に対処しよう」
13 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:54:44.25 ID:8GV7vgnz0
電「それにしても、先日の一件でここもひどいことになってるのです」

叢雲「そうね……。凸凹が激しいし、大きな壁だとか大砲だとかが転がってるわね」

漣「特にあのでっかいやつの残骸がやばいんだけど」

五月雨「これ、戦いが終わったら私たちがどうにかしないとダメかなぁ……」

吹雪「ダメだろうね……」

吹雪「……ん?」
14 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:55:11.40 ID:8GV7vgnz0
五月雨「どうかしたの?」

吹雪「いや……」

吹雪「あそこに洞窟みたいなのがあって」

叢雲「洞窟?」

吹雪「ほら、あそこ」


吹雪が指さした先には、確かに洞窟のような横穴があった
15 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:55:39.98 ID:8GV7vgnz0
電「え、あんなのあったのです?」

吹雪「うん。今まで気づかなかっただけか、この間の戦いでできたのかはわからないけど……」

叢雲「……気にはなるわね。とりあえず覗いてみましょうか」

漣「えー、変なのいたらどうすんの」

五月雨「変なのって?」

漣「イカーゲンとか」

叢雲「なんでそのチョイスなのよ……」

電「でも、実際敵がいる可能性があるのです。注意するに越したことはないのです」

五月雨「そうだね……とにかく近づいてみようよ」
16 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:56:05.07 ID:8GV7vgnz0
五人は横穴へと近づき、中を覗いてみた


漣「……なんか見える?」

電「真っ暗で奥の方は何も見えないのです……」

五月雨「少なくとも、それなりの深さはあるみたいだね」

吹雪「覗くだけじゃよくわからないし……入ってみようか」

叢雲「……誰から?」

五人「……」
17 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:56:34.29 ID:8GV7vgnz0
五月雨「……なんか、前もこんなことなかった?」

電「天井裏に入ろうとした時なのです」

漣「じゃああんときと同じで、吹雪ちゃん行ってこーい」

吹雪「何で!?全員で入ればいいでしょ、狭いわけじゃないんだから!」

叢雲「いやいや……ここはやっぱりリーダーが先に行くべきじゃない?」

吹雪「またこんな時だけリーダー扱いを……」

漣「叢雲ちゃん、そんなときは『お願い、お姉ちゃん(はぁと)」って言うもんですよ」

叢雲「え、絶対嫌」

吹雪「そしてお姉ちゃん呼びは拒否するの!?」
18 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:57:41.93 ID:8GV7vgnz0
五月雨「冗談はここまでにして、そろそろ行こうか」

吹雪「はぁ……敵との決戦が近いのに、こんな調子なんて……」

漣「別にいーじゃん。どんなテンションでも戦いは避けらんないし」

電「気を張りすぎてもよくないのです」

吹雪「そうだけど……」

叢雲「じゃあ、そろそろ中に行き……」スッ

叢雲「……っ!」ピタッ
19 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:58:13.37 ID:8GV7vgnz0
吹雪「……?どうしたの叢雲ちゃ……っ!」

叢雲「……みんな、気付いた?」

五月雨「……うん。誰かいる」

電「……やっぱり、ここで当たりなのです?」

漣「かもねぇ……」


「……フフフ」
20 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:58:39.68 ID:8GV7vgnz0
戦艦棲姫?「聞いていた以上に、面白そうな子たちね……」


洞窟の奥から、戦艦棲姫に似た人物が歩いてきた


電「戦艦棲姫、そっくりなのです……」

叢雲「ということは、もしかして……」

吹雪「……あなたが、センカンですか?」

センカン「……ええ、その通りよ。ショキカンジャー」
21 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:59:07.50 ID:8GV7vgnz0
センカン「私はセンカン。一応、ディープマリンのボスってことになってるわ」

叢雲「……じゃあ、あんたを倒せばそれで終わりってことね」

センカン「……まあ、そういうことになるのかしらね」

センカン「何?私と戦う気なの?」

漣「こうしてのこのこ出てきたってことは戦う気満々なんでしょ?」

センカン「フフフ……まあ、それもそうね」
22 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/25(水) 23:59:36.07 ID:8GV7vgnz0
センカン「私はね……あなたたちの『力』に興味があるの」

五月雨「私たちの、力……?」

センカン「そう……私たちに対抗できる、不安定だけど強力な力……」

センカン「その力のせいで、私たちはここまで追いつめられることになった」

センカン「あなたたちの力は、私たちの想像以上よ」

吹雪「……」
23 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:00:04.67 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「……だからその力」

センカン「……私にも、見せてもらおうかしら?」


シュンッ

センカンは、凄まじいスピードで五人に接近してきた!

五人「!!」

ズガァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!
24 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:00:46.75 ID:Cvyn+IyZ0
電「……う……」ヨロッ

叢雲「みんな……無事……?」

五月雨「な、なんとか……」

漣「吹っ飛ばされただけだから、ダメージはそんなにない……と思う」


センカン「……フフフ」

センカンは吹き飛ばされた五人へと近づいてきている


吹雪「……逃げられそうにもないね」

吹雪「みんな!こうなったら真っ向から戦うしかない!行くよ!」チャキッ

四人「了解!」チャキッ
25 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:01:17.52 ID:Cvyn+IyZ0
五人「抜錨!!」

カチッ

シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン……………………

五人の体に、スーツが装着されていく!


バァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!
26 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:01:50.68 ID:Cvyn+IyZ0
デデッデデー デデッデデーン

吹雪「吹雪レッド!」

叢雲「叢雲ブラック!」

漣「漣ピンク!」

電「電イエロー!」

五月雨「五月雨ブルー!」


吹雪「五人そろって!」

五人「駆逐戦隊!ショキカンジャー!!」

バァァァァァァァァァァァァァァン!!!
27 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:02:30.96 ID:Cvyn+IyZ0
叢雲「はぁっ!」ブォンッ

漣「ていっ!」バシュッ

センカン「……」

シュバッ

叢雲「っ!外したか……でもまだ!」シュバババッ

漣「こっちの攻撃は終わってない!」バシュバシュッ

センカン「……」


ババババッ!

センカンは二人の攻撃をたやすく避けている!


叢雲「なっ……!」
28 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:03:00.51 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「終わりかしら?」

センカン「だったら、次はこっちの番よ!」ブォンッ

叢雲「!!」


ガシッ!


叢雲(!……重い!!)

ググググ……


電「えーいっ!!」ブォンッ!

センカン「!!」シュバッ


電の攻撃を、センカンはギリギリでかわす!
29 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:03:30.19 ID:Cvyn+IyZ0
電「……っ」

センカン「ふぅ……危ない危ない」

吹雪「はぁっ!」ブォンッ!

五月雨「やぁーっ!」ブォンッ!

センカン「!!」


電の攻撃を避けたセンカンに、背後から二人が武器を振り下ろす!

ズガァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!
30 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:04:00.36 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪(よし、当たった……!)

五月雨(二人同時の攻撃……ただじゃすまないはず!)

センカン「……」

センカン「……痛いわね」


ブォンッ

吹雪・五月雨「!?」


センカンは二人に拳を叩きこみ、吹き飛ばした!

ズドォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!

二人「うわあああああああああっ!?」
31 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:04:47.01 ID:Cvyn+IyZ0
叢雲「吹雪、五月雨!……このっ!」ブォンッ!

電「今度は命中させるのです!」ブォンッ!

漣「くたばれこの野郎ーーっ!!」バシュバシュッ!


三人の攻撃が同時にセンカンに襲い掛かる!


センカン「……そうねぇ……」


ガシッ

センカンは叢雲の槍を掴んだ!

叢雲「!?」
32 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:05:14.35 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「そして……!」グイッ


ブォンッ!!

叢雲「んなっ!?」

電「えっ!?」

センカンはそのまま、槍ごと叢雲を電の方へ振り回した!


ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!


叢雲「ぐああああっ……!」

電「うぅっ……!」
33 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:05:55.32 ID:Cvyn+IyZ0
漣「む、叢雲ちゃん!電ちゃん!」

漣(なんてことを……!しかも叢雲ちゃんを振り回したときに漣の矢まで弾いた!)

センカン「さて……」クルッ

漣「!!」バシュッ!

センカン「遅い!」シュバッ


センカンは漣の矢を避け、一気に漣へと接近する!


ズドォォォォォォォォォン!!!


漣「うあああああ!!」ドサッ
34 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:06:28.36 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「ぐっ……みんな……」

吹雪「攻撃が……効いてない!?どうして!?」

五月雨「防御もされてない……もろに当たったはずなのに……!」

センカン「ええ、なかなかの攻撃だったわ。さすがに私も避けることはできなかった」

センカン「でもパワー不足よ。こんなものじゃ私を倒すことはできないわ」

吹雪「……っ」

吹雪(この人、これまでの幹部や怪人とは違う……特殊な力を使ってるわけでもないと思うのに……)

吹雪(強い……今まで戦った誰よりも……!)
35 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:06:55.90 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪(どうする……普通の攻撃じゃ、多分ほとんどダメージを与えられない)

吹雪(このまま戦っても、ジリ貧にしかならない……)

吹雪(だったら……)

センカン「強力な一撃を与えるしかない……って、思っているのかしら?」

吹雪「っ!?」

センカン「あなたたちが強力な技を持っていることは聞いているわ。合体技なんてものもあるらしいじゃないの」

センカン「強力ではあるけど……隙も大きいし、とどめくらいにしか使えないらしいわね」

センカン「残念だけど、それを食らってあげるほど私もお人好しじゃないの」

吹雪「……っ」
36 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:07:28.27 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「そうねぇ……今戦ってみて、あなたたちの力により興味がわいてきたところだけど……」

センカン「……やっぱり、五人同時に相手するのは面倒ね」

五月雨「……?」

叢雲「何よ……一騎打ちでもするつもり?」

センカン「一騎打ち……それも面白そうね」

漣「そんなの、するわけないけど!?」

センカン「フフフ……大丈夫よ。こっちもそんなことするつもりはないわ」

センカン「ちょっと一人、貸してもらうだけよ」
37 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:08:37.20 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……?どういうこと……?」




ドガッ


吹雪「ッ!?」


ドサッ


センカン「……こういうことよ、ショキカンレッド」
38 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:09:04.78 ID:Cvyn+IyZ0
──────────

──────

───


『ねえ、吹雪ちゃんはどうして戦うの?』


『え?どうしてって……』


『……そうだね、それはきっと……』


『……そっか』


『だったら、私も……』
39 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:09:31.43 ID:Cvyn+IyZ0
──────────

──────

───


吹雪「……」

吹雪「……う……」ヨロッ

吹雪「……ここは?」


吹雪が目を覚ますと、怪しげな機械が置かれた黒い部屋にいた

吹雪「確か私……センカンと戦ってて、それで……」

吹雪「……誰かに、後ろから殴られた……?」


「目が覚めたみたいね」

吹雪「!!」
40 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:10:03.59 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「センカン……!」

センカン「随分早かったわね。クウボが手加減したのかしら?」

吹雪「……っ!他のみんなは!?ここは一体!?何の目的で私を!?」

センカン「あらあら、元気ね」

吹雪「答えなさい!!」

センカン「そうね……いいわ、一つずつ答えてあげる」
41 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:10:48.92 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「まずここは私たちディープマリンのアジトの……まあ、ほぼ最深部ね」

センカン「ここへあなたを連れてきたのは、あなたの『力』を見せてもらうため」

吹雪「力……?さっきも言っていたけど」

吹雪「特別な力なんて何も……」

センカン「そうね……確かに特別ではないかもしれないわ」

センカン「それは、あなたたち艦娘は皆持っている力だから」
42 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:11:14.67 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「もしかして……戦隊パワーのこと?」

センカン「フフフ……あなたたちはそう呼んでるのね。恐らくそれよ」

センカン「艦娘には二つの特別なエネルギーがある。一つは、艤装を扱うために必要なエネルギー」

センカン「そしてもう一つは、精神状態……感情によって変化するエネルギー」

センカン「私が言っているのは後者のことよ。あなたたちは、このエネルギーで艤装での攻撃を強化することがあるらしいわね」

吹雪「そんなことが……」

センカン「確かに艦娘は皆持っているけれども、あなたたち……ショキカンジャーは別格よ」

センカン「一体どうしてそんなにも大きなエネルギーを持っているのか、気になるところではあるわね」
43 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:11:46.20 ID:Cvyn+IyZ0

センカン「もちろんただの偶然かもしれないけど、大きなエネルギーを持っているのは事実」

センカン「その強大な力に、私は興味を持ったのよ」

吹雪「……っ」

吹雪「でもいくら私たちが大きな力を持っていたとしても、あなたたちにはどうすることもできないでしょ!?」

センカン「いいえ、できるわ。それが私の力であり、使命だもの」
44 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:12:16.95 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「力であり、使命……?」

センカン「ええ。まず、私たちディープマリンは、簡単に言うと深海棲艦の仲間。亜種みたいなものよ」

吹雪「……やっぱり、深海棲艦と関係があったんですね」

センカン「そうよ……私たちは深海棲艦よりも後に生まれたの。突然変異のようにね」

センカン「私たちと深海棲艦には、色々と違いがあるけれど……その最たるものが使う『力』なのよ」

吹雪「……確かに、あなたたちは深海棲艦のように艦隊戦はしてきませんからね」

センカン「その通り。深海棲艦はその力で艦隊戦を行い、勢力を拡大していった」

センカン「……でも、そんな中であなたたち艦娘が邪魔をしてきたわけよ」
45 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:12:43.11 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「深海棲艦にしたら、艦娘は邪魔で仕方ない存在だわ。まあ、それは当然なんだけど……」

吹雪「……」

センカン「どうにかして艦娘を妨害したい、陥れたい……そう考えていた時」

吹雪「……あなたたち、ディープマリンの出番ってことですか」

センカン「そうよ。私たちは深海棲艦のような艦隊戦を行うことはできないけれど、別の『力』を持っていたからね」

吹雪「……それで、その力を駆使して、私たちの鎮守府や大井さんがいた鎮守府を襲って……」

吹雪「艦娘の妨害をしていた……っていうことですか……」

センカン「……フフフ」
46 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:13:14.57 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……っ!何がおかしいの……!?」

センカン「フフフ……いや、ごめんなさいね……」

センカン「……あなた、一つ勘違いをしているわ」

吹雪「勘違い……?」

センカン「……私たちの力は、センスイの透明化とか……コウワンの高速移動とか……」

センカン「そういった力のことじゃないの。それは後から私たちが身に着けた力なの」

吹雪「え……?」

センカン「私たち……いえ、さっきも言った通り、私の力と言った方が正しいわね」

センカン「私は……あなたたち艦娘や艤装のエネルギーを奪い、自らのものにすることができる能力を持っているの」
47 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:13:56.94 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「エネルギーを奪う……!?もしかして、さっき言ってた……!?」

センカン「ええ。と言っても、元々は艤装そのもののエネルギーしか奪えなかったんだけどね」

センカン「……私たちは、生まれた時にはまだ小さな力しかもっていなかったわ」

センカン「でも私は、艦娘の艤装の破片、資材、工具……そういったものから少しずつ艤装のエネルギーを奪っていったの」

センカン「本当は艤装そのものを盗むのがいいんだろうけど……なかなかうまくいかなくてね」

吹雪「もしかして、工具や資材を盗んでたのは、単なる妨害の為だけじゃなくて……」

センカン「ええ、あなたたちの力を奪わせてもらってたわ」

センカン「そして私は、奪ったエネルギーを他のディープマリンに分け与えることもできる。そうして私たちは力を増していったわ」
48 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:14:22.62 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……あなたたちに艤装の攻撃が効かないのは、力を増した結果ですか……?」

センカン「まあ、そうね。艤装そのもののエネルギーを取り込んだから、とも言えるかしら」

センカン「でも効率的にはかなり悪いのよ、そうやって艤装のエネルギーを取り込むのは」

センカン「だからリトウに大量の艦娘をとらえて貰おうとしてたんだけど……あなたたちに邪魔されちゃったわね」

吹雪「もしかして、あの装置はそのために……」

センカン「そう。あれがうまくいけば大量の艦娘を一時的に操り人形にできたんだけどね……残念」

センカン「でも、それももう必要なさそうね」
49 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:14:51.41 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……私のエネルギーを奪う気?」

センカン「ええ、そうよ。特にその……『戦隊パワー』だったかしら?」

センカン「あなたのその力を奪えば、私は強大な力を手に入れることができるわ」

吹雪「でも、戦隊パワーはあなたたちの弱点であるはず……それを奪うことなんてできるんですか!?」

センカン「……そうね。確かに、その力は私たちの弱点」

センカン「艤装に強くなった分、そっちに耐性がなくなったのかしらね」

センカン「でも……だからと言って奪えないわけじゃない。奪うのはエネルギーだけなんだもの」ジリッ

吹雪「ッ!」ジリッ
50 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:15:17.17 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「あら、そんなに構えなくてもいいのよ」

吹雪「近寄らないで……!そんなこと、絶対にさせない……!」

センカン「フフフ……まあ、そうなるわよね」

センカン「いいわ、少し遊びましょうか。あなたの力、もっと引き出せそうだしね」

吹雪「っ……」

吹雪(……でも、一人で戦って勝てるような相手じゃない……隙を見て逃げて、みんなとどうにか合流しないと……)
51 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:15:55.21 ID:Cvyn+IyZ0



センカン「あなたは他の子たちと違って、すぐに壊れないわよね?」



吹雪「……」

吹雪「……え?」
52 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:16:41.49 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「ど、どういうこと……?」

センカン「ああ、そういえば質問に一つ答えてなかったわね」

センカン「あなたが起きるまでに、他の子たちの力も見ておこうと思ったんだけど……」

センカン「思ったよりもろかったわね、あの子たち」

吹雪「……!?う、嘘だ!」

吹雪「みんなが……そんな簡単に負けるはずない!」
53 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:17:07.84 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「……ふぅん」

センカン「まあ、信じなくてもいいけどね……」ゴソゴソ

センカン「でも、これを見てもそんなこと言ってられる……?」ポイッ


カラン……

吹雪「……!!!」

そこには、破損したショキブレスが四つ投げ捨てられた……



センカン「……本当……惨めに消えていったわ」
54 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:17:33.98 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……るな」

センカン「ん?」

吹雪「……ふざけるな」


カチッ

シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン……………………

吹雪の体に、スーツが装着されていく!


吹雪「ふざけるなああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」
55 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:18:21.46 ID:Cvyn+IyZ0
シュンッ

センカン「っ!!」


ガキィンッ!!

センカンは吹雪の剣を拳で防ぐ!


センカン(速い……!さっきよりも……)

吹雪「よくも……よくもおおおおおおおおおおおおお!!!」


ガキィンッ!! ガキィンッ!!


センカン「くっ……」
56 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:19:03.99 ID:Cvyn+IyZ0
ガキィンッ!! グググ……


センカン(がむしゃらに攻めて来てるけど……パワーもスピードもさっきまでと違う……)

センカン(エネルギーが上昇している……!)

吹雪「許さない……絶対に……!!!!」グググ

センカン「っ……」


ドゴォッ!!


吹雪「!!」ズザッ
57 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:19:32.75 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「まだ……まだだぁああああああああ!!!」ブォンッ

センカン「ふんっ!」ガシッ

吹雪「!!」

センカン「はぁっ!」ドカッ!!

吹雪「ぐっ……!」ヨロッ

センカン「……」

センカン「少し驚いたけど……でも、さすがに一人で私を倒せるほどではないわね」
58 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:21:00.96 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……許さない」

センカン「……?」

吹雪「絶対に……許さないんだから……!!!」スッ


吹雪は改装設計図を取り出した!

センカン「!?」

センカン「な……何をする気!?」
59 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:21:32.22 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪は、ショキブレスの横の溝に、改装設計図をスラッシュした!


シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン…………

吹雪のスーツが変化し、より強化されていく!


バァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!
60 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:22:12.14 ID:Cvyn+IyZ0
センカン(姿が変わった……!?どういうこと……?)

センカン(……もしや、前の鎮守府でも見た『強化形態』……?)

センカン(まだ隠していた力があったなんて……想定外だわ)

吹雪「はああああぁっ!!」ブォンッ

センカン「!!」


ガキィンッ!!!


センカン(っ!!重い……!!)

吹雪「はあっ!!はああああああああっ!!」

ガキィンッ!! ガキィンッ!!
61 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:22:47.92 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「くっ……」ヨロッ

吹雪「はあああああああああああああああああああああっ!!!!」ブォンッ!

センカン「っ!!!」


ドゴォォォォォォォォォォォォォッ!!!


センカン「っ!!!!」ドザッ
62 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:23:27.67 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「……っ」

吹雪「はぁ……はぁ……」

センカン(少し状況が悪くなってきたわね……最悪エネルギーを奪わず殺す羽目になるかもしれないわ)

センカン(もしくは……)


「センカン様!!」

センカン「!!クウボ……!」

クウボ「すみません、待機するよう言われておりましたが……センカン様のお声が聞こえて」

センカン「いいえ、ちょうどいいところに来てくれたわ」
63 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:23:58.75 ID:Cvyn+IyZ0
クウボ「あれ……ショキカンレッド……ですよね?」

センカン「ええ、そうよ」

クウボ「……私が知ってるのとちょっと違うんですけど……」

センカン「どうやら、まだ隠してた力があったみたい。もしくは新しく手に入れたか……」

センカン「クウボ、足止めをお願い。その隙に私が……」

クウボ「っ!!センカン様!!ショキカンレッドが……!」

センカン「……?」
64 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:24:25.94 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……」スッ


吹雪はアンカーパーツをショキブレスから取り外した

吹雪「……」


明石『使えるには使えるはず。でも、正直おすすめはしないかな』

吹雪『え?どういうことですか?』

夕張『いくら調整したって言っても、改二を使うことでそれなりに身体に負担はかかるの』

夕張『そこで吹雪ちゃんの特殊能力使うと倍プッシュだからねぇ……』
65 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:25:04.05 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪(危険かもしれないけど……)

吹雪(もう……どうなってもいいや)

吹雪(あの人を倒せれば……もうそれでいい)

吹雪(……だから)


吹雪「私に……力を……!!!」


カチャッ

吹雪は、アンカーパーツを剣に取り付けた!
66 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:25:31.23 ID:Cvyn+IyZ0
ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!

アンカーパーツを取り付けた途端、吹雪の周りに炎が吹き上がる!


クウボ「何……?まだ何かあるの……!?」


ブォンッ

センカン「!!クウボ、伏せなさい!」

クウボ「っ!」サッ


ドカァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!

クウボが伏せた途端、クウボの頭上で爆発が起きた!!
67 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:25:59.35 ID:Cvyn+IyZ0
クウボ「なっ!?」

吹雪「はあああああああああああああ!!!」

ブォンッ

吹雪が剣を振り回すと、強烈な炎がクウボに向かっていく!

クウボ「!!」


ドカァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!


クウボ「ぐあああああああああああああっ!!!」
68 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:26:28.76 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「クウボ!」

クウボ「っ……だ、大丈夫です……直撃は免れました」

センカン「……少し下がってなさい。私が抑えておくわ」

クウボ「……申し訳ありません」

センカン(……明らかに最初と違う。また別の力を使ったみたいだけど……それだけじゃない)

センカン(精神エネルギーも高まっているわね……)

センカン(あえて怒らせて、エネルギーを高まらせるのはうまくいったけど……正直、想像以上だわ)
69 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:27:01.46 ID:Cvyn+IyZ0
シュンッ

センカン「!!」

吹雪「はああああああああああ!!」

センカン(突っ込んできた……!また受け止め……)


ブォンッ!

センカン「!!」


ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!
70 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:27:33.52 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……」

センカン「……っ」

センカン(ダメね……下手に受け止められないくらい危険な攻撃だわ)

センカン(でも、避けることは十分できる……だったら)

吹雪「……逃げるな!!」ブォンッ

センカン「っ!」シュバッ

センカン(隙をついて、一気に仕留める!!)



センカンは吹雪の横に回り、強烈な蹴りを叩きこんだ!

ズドォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!
71 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:28:04.18 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪「……っ!」ヨロッ

センカン「まだ終わりじゃないわよ!このまま一気に……」

ブォンッ!

センカン「!?」


吹雪はセンカンの攻撃に体勢を崩しながらも、剣を振り回す!!


ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!


センカン「ぐああああああああっ……!!」
72 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:28:48.85 ID:Cvyn+IyZ0
センカン(くっ……今の一撃、それなりに効いていたはず……)

センカン(それでも攻め切るなんて……なんて執念なの)

吹雪「はぁっ!!」ブォンッ

センカン「!!」シュバッ

吹雪「はぁっ!!はああああっ!!」


ブォンッ! ブォンッ!

吹雪はセンカンへと近づきながら、剣を連続して振るっている!
73 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:29:28.67 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「くっ……」シュバッ シュバッ

センカン(いつまでも避けてても駄目ね……早く打開策を……)


ドンッ


センカン「!!」

センカンは攻撃を避けていくうちに、壁際へと追い詰められていた!

センカン「しまっ……」
74 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:30:22.24 ID:Cvyn+IyZ0
ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!

センカン「!!」


吹雪「はああああああああああああああああああああ!!!!」


ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!

吹雪の剣から激しく炎が燃え上がり、振り下ろそうとしている!
75 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:30:49.17 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「……っ!」グッ

センカンは身構え、迎撃の態勢をとった!


吹雪「これで……終わりだあああああああああああああああああああああああああ!!!!」

ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!
76 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:31:16.37 ID:Cvyn+IyZ0









吹雪「……あ……」



ドサッ

シュゥゥゥゥゥゥゥゥ……
77 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:32:45.87 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「……」

クウボ「セ、センカン様!無事ですか!?」

センカン「……ええ。危なかったけどね」

センカン「あの一撃を食らっていたら、ただじゃ済まなかったでしょうね……」

クウボ「……一体、どうしたんでしょうか?」

センカン「まあ、体に負担がかかりすぎたってところかしら」

センカン「あれだけの力をいきなり引き出すんだもの……当然かなりのリスクがあるわ」
78 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:33:21.07 ID:Cvyn+IyZ0
センカン「……想像以上だったわ。この子の力」

クウボ「ええ。わざわざリトウに偽のブレスレットを作らせた甲斐がありましたね」

クウボ「偽物だとバレなくて良かったです」

センカン「さて……じゃあ今のうちにエネルギーを奪わせてもらうとしましょう」

センカン「高まっているうちに貰わないとね」スッ


センカンは倒れている吹雪に手をかざした

シュォォォォォォォォォォォォォォォ


センカン「……フフフ、ご馳走様」
79 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:34:02.63 ID:Cvyn+IyZ0
クウボ「……こいつ、どうしますか?」

センカン「そうね……もう戦う力は残ってないはずだから……」

センカン「クウボ。あなたの力で操り人形にしなさい。もしも他のショキカンジャーが攻めてきたとき、盾くらいにはなるはずよ」

クウボ「はい、了解しました」

クウボ「……しかし、ここまで攻めてくることなんてあるんでしょうか?」

クウボ「恐らく、コウワンたちが既に処理しているかと……」

センカン「フフフ……まあ、念には念を入れて、ね」
80 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:34:36.67 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪(……)

吹雪(……もう……駄目……)

吹雪(身体、全然動かないや……)

吹雪(叢雲ちゃん……)

吹雪(漣ちゃん……)

吹雪(電ちゃん……)

吹雪(五月雨ちゃん……)

吹雪(……ごめんね、みんな……)

吹雪(……ごめんね)
81 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:35:27.26 ID:Cvyn+IyZ0
吹雪(……)


『ねえ、吹雪ちゃんはどうして戦うの?』


吹雪(……)

吹雪(……どうして、だったかな)


第八話「燃える心」 艦
82 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:36:01.06 ID:Cvyn+IyZ0
次回予告!

電「た、大変なのです!吹雪さんが連れ去られちゃったのです!」

叢雲「あんのおばさんめ!絶対許さないんだから!」

漣「こりゃあアジトに乗り込むっきゃないけど……」

五月雨「……そう簡単には、行かせてくれないよね」

五月雨「でも、立ち止まるわけにはいかない。吹雪ちゃんを助けるために!」


次回、第九話「守りたいもの」
次回も見てくださいね!
83 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:36:29.42 ID:Cvyn+IyZ0
スペシャルコーナー『ショキカンジャーって?ああ!』
〜最終回〜


明石「はい、始まりました。『ショキカンジャーって?ああ!』のコーナー」

夕張「わー」パチパチ

明石「七回と長く続いたこのコーナーですが、なんと今回で最終回でーす」

夕張「えー、なんだってー」

明石「じゃあ気合、入れて!始めていきましょー」

夕張「……ちょっと待って」
84 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:37:17.13 ID:Cvyn+IyZ0
明石「え、何?」

夕張「何で私たちがこのコーナーやってんの?」

明石「いや、あの子たち今忙しいから」

夕張「んでもって最終回って……いいの?それ」

明石「いいのいいの。じゃあ始めるよー」
85 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:37:44.63 ID:Cvyn+IyZ0
明石「今回はお便りが来ています」

夕張「え、どこから?」

明石「えー、ペンネーム『黒幕鬼畜眼鏡』さんからです」

夕張「……ん?」

明石「『質問です。吹雪の特殊能力と改二って何が違うんですか?どっちもパワーアップじゃないですか』」

明石「『何か違いがあるなら教えてもらいたいです。よろしくお願いします』」
86 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:38:13.23 ID:Cvyn+IyZ0
夕張「確かにどっちもパワーアップよね。違いがわからない人もいるでしょうね」

明石「そうね。質問ありがとうございます」

明石「まず一番の違いは『安定して使える時間』です」

夕張「特殊能力の『全能力二倍』は、長い間は使えないわ。せいぜい3分ってところかしらね」

明石「無理して長時間使おうとすると、それだけ体に負担がかかるわけです」

明石「一方改二は、比較的安定して長時間使うことができます。30分くらいはまあ大丈夫かな」

夕張「でもその分能力の上昇率は特殊能力の方が改二より上。伸び率をとるか安定をとるか……そこが違いね」

明石「それと、改二はスーツも強化されるので、装甲も固くなります」
87 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:39:43.09 ID:Cvyn+IyZ0
明石「えー、続いてのお便り。ペンネーム『野良うーちゃん』さんからです」

夕張「隠す気ないじゃん」

明石「『武器名と必殺技の名前ダサくね?』」

夕張「ンだとコラ!?」

明石「でも否定はできないよね」

夕張「……まあ、そうね」

明石「でも戦隊モノの武器名とか必殺技の名前とか、そんなもんだと思うの。かっこいいのも多いけど」

夕張「天火星・稲妻炎上破とか好き」
88 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:40:36.15 ID:Cvyn+IyZ0
明石「最後のお便り。ペンネーム『通りすがりの仮面提督』さんからです」

夕張「え、あの人何してんの」

明石「『最近のスーパー戦隊どう思う?』」

夕張「何この答えづらい質問」

明石「ちょっとお答えできないので、別のお便り行きましょうか」

明石「ペンネーム『お前は誰だ』さんからです」

夕張「お前が誰だよ」

明石「『アマゾンズの映画楽しみだね』」

明石「そうですね」

夕張「何でライダーの話になってるの!?質問ですらないし!」
89 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:41:15.76 ID:Cvyn+IyZ0
明石「じゃあ今度こそ最後のお便り。ペンネーム『ピンク髪のピンク』さんからです」

夕張「ん?」

明石「『ショキカンジャーに何か一言オナシャス』」

夕張「……」

明石「……」

明石「敵を倒すまであと一歩!ピンチが何だ乗り越えて見せろ!」

夕張「頑張れ!負けるな!ショキカンジャー!!」


90 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/04/26(木) 00:42:55.26 ID:Cvyn+IyZ0
今日はここまで。続きはできるだけ早めに…
とりあえず完結できるように頑張ります。予定ではあと二話です
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/26(木) 09:35:26.99 ID:ig6+awR7O
続いてくれて嬉しいよう!
ラストに向けて頑張ってください
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/26(木) 14:11:45.71 ID:ItSCBaF50

力を奪うとか言ってたから次スレから始まる駆逐戦隊ショキカンジャーvs深海戦隊ディープマリンでグッと来てVSXな展開かと思ったら違った
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/04/28(土) 19:04:38.60 ID:HD+Ruie+0
乙です
94 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:44:23.38 ID:LfAj0wsk0
第九話「守りたいもの」


例の採石場


ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォッッ!!


叢雲「っ!!」ズザッ

電「あ、危なかったのです…」

漣「くっそー…うまく攻撃できねー…」


コウワン「そんなものかしら?ショキカンジャー」

ホッポ「…だったら、私たちの敵じゃないな」

リトウ「以前はしてやられたけど…」

センスイ「私たちが揃って相手をすれば、大したことないわね」


五月雨「…っ」
95 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:45:30.23 ID:LfAj0wsk0
十分程前────


吹雪「……?どういうこと……?」




ドガッ


吹雪「ッ!?」


ドサッ


センカン「……こういうことよ、ショキカンレッド」
96 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:46:32.50 ID:LfAj0wsk0
五月雨「吹雪ちゃん!?」

吹雪「……う……」

叢雲「あんた……クウボ!?いつの間に……!」


吹雪の背後にいたのは、クウボであった


クウボ「……安心なさい、少し眠ってもらっただけよ」

クウボ「それじゃあ、この子は借りていくわよ」グイッ


クウボは倒れている吹雪へと手を伸ばし、そのまま持ち上げた


電「待つのですっ!」ブォンッ!

クウボ「!」
97 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:47:02.12 ID:LfAj0wsk0
シュンッ

電「!?」スカッ

電がクウボに攻撃した瞬間、クウボと吹雪の姿が一瞬にして消えた!


漣「消えた……!?」

叢雲「な、何!?どこ行ったのよ!?」キョロキョロ


クウボ「ここよ、ここ」

四人「!」


クウボは吹雪を連れて、センカンの隣まで来ていた


センカン「よくやったわ、クウボ」

クウボ「光栄です、センカン様」
98 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:49:05.06 ID:LfAj0wsk0
電「動きが全く見えなかったのです……あんなに速く動けるのですか?」

五月雨「高速移動……って感じじゃなかった」

五月雨「工具の一件で逃げられたときに見せた、瞬間移動……かな」

クウボ「その通り。私は人を操るだけじゃなくて、もう一つの能力…瞬間移動もできるの」

クウボ「コウワンとは違う……本当の瞬間移動よ」

叢雲「何でもいいわ!吹雪を返しなさい!」

センカン「いいえ、この子はアジトに連れていくわ。その力を利用させてもらうためにね」

漣「利用……何をするつもり!?」

センカン「教える義理はないわ。クウボ、行くわよ」

クウボ「はい」
99 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:49:32.46 ID:LfAj0wsk0
叢雲「待ちなさい!このっ……!」ダダッ


「おっと、そうはいかないわ」

何者かが巨大な腕で叢雲に襲い掛かる!

叢雲「!?」


ズドォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!


叢雲「なっ……!」ヨロッ

電「叢雲さん!」ダッ


ヒュンヒュンッ!

敵艦載機に似た物が、電の前に飛んでくる!

電「!?」

「先へは行かせないぞ、イナズマ」

電「……っ!」
100 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:49:58.16 ID:LfAj0wsk0
漣「コウワンさんに、ホッポちゃん……!」

コウワン「残念だけど、ここであなたたちを倒させてもらうわ」

ホッポ「うん。私とお姉ちゃんに勝てるわけがない。大人しくやられろ」

叢雲「ぐっ……」


センスイ「コウワンとホッポだけじゃないわ。私たちもいるわよ」ザッ

リトウ「新しい武器を開発したの。あなたたちで試させてもらうわ」ザッ


五月雨「センスイさんに、リトウさん……」

漣「……幹部勢ぞろいってわけ?」
101 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:50:25.81 ID:LfAj0wsk0
リトウ「センカン様を追わせはしないわ。ここで私たちが全力で相手してあげる」

電「全力……」

センスイ「もう小細工はなしよ。あなたたちを本気で叩き潰す」

コウワン「ではセンカン様。今のうちに」

センカン「悪いわね。じゃあ後は頼んだわよ」


センカンとクウボは吹雪を連れて、洞窟へと入っていく
102 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:50:59.72 ID:LfAj0wsk0
漣「ふざけんな!吹雪ちゃんを返し……」

コウワン「行かせないって言ってるでしょう!!」ブォンッ!

漣「!!」シュバッ

漣「……くそぅ」

叢雲「クソっ……!吹雪!!」

電「吹雪さん!」

五月雨「吹雪ちゃん……!」
103 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:51:27.10 ID:LfAj0wsk0
──────────

──────

───


叢雲「いつまでもやられっぱなしじゃないわ……!電、行くわよ!」ダダッ

電「はいなのです!」ダダッ

センスイ「おっと」パチンッ


幹部たちの姿が透明になった!


電「……っ!また……!」

叢雲「くっ……」

叢雲(落ち着いて……足音と気配を探るのよ)
104 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:52:12.57 ID:LfAj0wsk0
ザッ

電(!!足音!かなり近い……!)

叢雲(そこか……っ!)



近くの足音を頼りに、叢雲と電は武器を振りかざす!

ブォンッ!


「「「ヒャッハァーーーーーー!!!」」」

ズドドドドドドドドドドドドドドド!!!


叢雲「がはっ!?」

しかしその瞬間、大量の何かが叢雲めがけてぶつかってきた!!
105 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:53:57.55 ID:LfAj0wsk0
電「叢雲さん!?」

叢雲(しまった、ホッポの艦載機か……!)ヨロッ

ホッポ「……今だ、お姉ちゃん」

コウワン「よくやったわ、ホッポ!」ブォンッ!

叢雲「!!」


コウワンはバランスを崩した叢雲の目の前で姿を現し、腕を振り下ろした!


ガキィンッ!!


叢雲「……っ!」

コウワン「……へぇ、なかなかのスピードね」


しかしその瞬間、五月雨が間に入り、コウワンの攻撃を刀で防いだ!


五月雨「ぐ……」ギリギリ
106 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:55:20.65 ID:LfAj0wsk0
五月雨「叢雲ちゃん、電ちゃん!今のうちに……!」

叢雲「了解よ!」ブォンッ!

電「なのです!」ブォンッ!

コウワン「おっと」シュバッ

叢雲「!!」スカッ


シュンッ


叢雲「……っ。また消えた……」
107 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:57:32.64 ID:LfAj0wsk0
キーたち「ヒャッハァーーーーーー!!!」「コッチヲミロォーーーーー!!!」ヒュンヒュンッ


電「ま、また来たのです!」

五月雨「漣ちゃん!」

漣「りょーかい!」カシャッ


漣はアンカーパーツを弓に取り付けた!


漣「とりあえず、お前らは打ち落として……」

ホッポ「!!お前ら、戻れ!」

キーたち「ワー!!」「ニゲロー!!」ワラワラ

漣「え、ちょ!?逃げんなコラー!!」
108 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:58:06.22 ID:LfAj0wsk0
リトウ「おっと、背中がガラ空きね」カチャッ

漣「!!」


弓を構えた漣の背後で、リトウが銃を突き付けていた!


漣「しまっ……」


バチバチバチバチィッ!!


漣「うああああああああああああっ!!」
109 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:58:34.73 ID:LfAj0wsk0
漣「……っ」ヨロッ

リトウ「どう?私が開発した電撃銃の味は」

リトウ「なかなかの威力でしょう?」

漣「……ふん!大したことないね!」

漣「電ちゃんの電気ショックに比べたら、こんなのクソザコじゃん!」

リトウ「ふっふっふ……でもあなたたち、もうわかってるんでしょ?」

リトウ「この電撃を食らうとどうなるか……」

漣「……!」
110 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 15:59:39.15 ID:LfAj0wsk0
叢雲「漣!この……っ!」ダダッ

リトウ「!!」


キーたち「「「ヒャッハァーーーーーー!!!」」」ヒュンヒュンッ


叢雲「うわ、また出た!」

ホッポ「センスイ、今のうちだ」

センスイ「ええ、リトウ!」パチンッ


シュンッ

リトウは再び姿を消した
111 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:00:05.05 ID:LfAj0wsk0
キーたち「「「ヨーシ、ニゲロー!!!」」」ワラワラ


叢雲「あーもう!何なのあいつら!」

電「完全に翻弄されてるのです……」

五月雨「漣ちゃん、大丈夫!?」

漣「あ、あんまし大丈夫じゃないかも……」

叢雲「っ!そうだ、あの電撃……」

漣「体が痺れてうまく動けない……」
112 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:00:38.83 ID:LfAj0wsk0
五月雨「……みんな、とりあえずここで固まろう」

叢雲「そうね。下手に離れるとタコ殴りにされて終わりだわ……」

電「漣さんから離れるわけにもいかないのです」

漣「うう、すまねぇ……」

五月雨(……さて)

叢雲(次はどこから来る……?)



シーン……

四人「……?」
113 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:01:11.91 ID:LfAj0wsk0
漣「攻撃してこない……?」

叢雲「……何か、企んでる……?」

五月雨「……あの人たち、能力の都合かわからないけど……攻撃の際には姿を見せる」

五月雨「だから攻撃しようとしてるなら、姿が見えて……」

電「!!」

電「み、皆さん!ここから離れるのです!!」

三人「!?」
114 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:01:37.25 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「……遅い」


遠く離れたところで、ホッポがキーたちを集めてビームの準備をしていた!

ヒュォォォォォォォ…………


叢雲「まずいわ……!漣、つかまりなさい!」

漣「うん……って、叢雲ちゃん後ろ!」

叢雲「!!」


コウワン「逃がさないわよ」

ドガッ!

叢雲「!!」ヨロッ

コウワンの攻撃により、叢雲はバランスを崩す!
115 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:02:20.25 ID:LfAj0wsk0
五月雨(まずい、このままだと二人が……!)

コウワン「あなたたちもよ」シュンッ

五月雨・電「!!」


ドガッ!

五月雨「うっ……」ドサッ

電「うあっ……」ドサッ
116 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:03:02.73 ID:LfAj0wsk0
コウワン「さあ、あとは四人仲良く消し飛ぶだけね」

コウワン「……さようなら、ショキカンジャー」



ホッポ「発射!!」


ビィィィィィィィィィィィィィィッ!!!!

集まったキーたちから、すさまじい威力のビームが発射された!


四人「!!」


ドォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!
117 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:03:35.17 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「……」

センスイ「よくやったわ、コウワン、ホッポ!」

コウワン「あら、特に何もしてないくせに偉そうなこと言うのね?」

センスイ「うっ……」

リトウ「まあまあ。センスイの能力のおかげでかなり翻弄できたじゃないの」

コウワン「……まあ、そうね。私たちが能力を使おうとすると、干渉し合って効かなくなるのが痛いけど」

センスイ「それは仕方ないじゃない……」
118 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:04:02.81 ID:LfAj0wsk0
リトウ「……ホッポ、どうしたの?さっきから黙ってるけど」

ホッポ「……」


ホッポ「……あいつら、まだ生きてる」

三人「!?」

コウワン「あ、あのビームを直撃して……!?」

ホッポ「うん。でも多分虫の息。さっさととどめを刺そう」

リトウ「そうか……じゃあ行きましょうか」

コウワン「……そうね」
119 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:04:34.16 ID:LfAj0wsk0
漣「……ぐ……」

叢雲「……漣、体動くようになった……?」

漣「だ、だいぶ治ったけど……別の要因で体動かなくなりそう……」

電「……かなり厳しい、戦いなのです……」

五月雨「……向こうは能力を使って翻弄しつつ攻撃して、隙をついて大技を繰り出す……」

五月雨「想像以上に連携が取れてるね」

五月雨「逆に、私たちは翻弄されすぎて、連携が取れてない」

五月雨「しかも、センスイやリトウはともかく、五人がかり……もしくは、大井さんに助けてもらって倒せたホッポちゃんやコウワンが相手……」

漣「要するに中ボスが同時に出現して、連携まで取ってきたらヤベーってことですな」

電「どうしたらいいのでしょうか……」

五月雨「……」
120 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:05:00.82 ID:LfAj0wsk0
ザッ

四人「!」

コウワン「……しぶといわね、まだ生きてるなんて」

叢雲「ふん……しぶといのはお互い様でしょ」

リトウ「でもやっぱり、見るからに限界って感じね」

センスイ「もう打つ手もないみたいだし……もうお終いよ」

電「……っ」

五月雨「……」
121 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:05:28.71 ID:LfAj0wsk0
漣「……かぁーっ!あいつら、うちらのことなめてますぜサブリーダー!やっちゃいましょうぜ!」

電「えぇ……」

叢雲「こんな時まであんたは……でもどうする、五月雨?」

五月雨「……当然、諦める気なんてないよ」

五月雨「まだ戦えるんだもん。いくら厳しくても、諦める理由にはならないよ」

叢雲「……まあ、あんたならそう言うと思ったわ」

漣「リーダーに聞いても、同じ答えが返って来ただろうねぇ……」

電「電たちも、諦める気はないのです……!」

叢雲「でもこのまま戦ってもジリ貧でやられるのが落ちよ……どうする気?」

五月雨「……これしかないね」スッ


五月雨は改装設計図を取り出した!
122 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:05:59.39 ID:LfAj0wsk0
叢雲「……やっぱりそれしかないかしら」

漣「でも戦隊パワー足りてるん?」

電「使ったうえで、体力ももつか心配なのです……」

五月雨「体力はわからないけど……戦隊パワーは十分だと思うよ」

五月雨「……みんな、『強い思い』は持ってるでしょ?」

三人「……!」

五月雨「それがあれば……きっと大丈夫。何とかなるよ」

三人「……」
123 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:06:45.13 ID:LfAj0wsk0
叢雲「確かにそうね……私は乗るわ、五月雨」スッ

電「電もやるのです!ここでやらない理由はないのです!」スッ

漣「ヨッシャー!一暴れしてやろうじゃないの!」スッ

五月雨「……よし!みんな、行くよ!」



四人「第二改装!!!!」

四人は、ショキブレスの横の溝に、改装設計図をスラッシュした!


シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン…………

四人のスーツが変化し、より強化されていく!


バァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!
124 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:07:14.98 ID:LfAj0wsk0
コウワン「!?な、何!?」

センスイ「姿が変わった……?」

リトウ「……前の鎮守府で、似たような物を見たわね」

リトウ「確か……『強化形態』だったかしら」

ホッポ「こいつらもそれを……?」

センスイ「何にしても、嫌な予感がする……一旦離れるわよ!」パチン


センスイたちは姿を消した!
125 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:07:50.86 ID:LfAj0wsk0
コウワン(よし……とりあえず距離は取ったわ。それで、奴らの動きは……)チラッ


叢雲「……」


コウワン(……?さっきの位置にいるのはブラックだけ?孤立してる……)

センスイ(懲りてないのかしら、あの子たち……まあいいわ。コウワンかホッポが攻め込むはず)

センスイ(私はタイミングを見て能力を使って援護を……)

コウワン(……罠?離れたところにいる他のメンバーを狙うべき?)

コウワン(……迷っていても仕方ない。とにかく近づくしかないか……)スッ


叢雲「……はぁぁぁっ!!!!」ブォンッ!

コウワン「!?」


叢雲は槍を思い切り地面に突き刺し、地面に衝撃波を走らせる!!

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォッ!!!!!
126 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:08:38.74 ID:LfAj0wsk0
センスイ「なっ……」ドテッ

コウワン「ぐあっ……!」グラッ


コウワンたちはバランスを崩し、その場に倒れこむ!


コウワン(しまった、こんな広範囲に攻撃してくるなんて……!)

コウワン(不用意に音も出してしまった……狙われる可能性が高い……)

叢雲「そこかっ!」ブォンッ!

コウワン「っ!!」


ガキィンッ!!

コウワンは姿を現し、巨大な腕で叢雲の槍を防ぐ!


叢雲「やっぱりそこにいたわね……さあ、どうしてくれようかしら?」

コウワン「くっ……」グググ
127 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:09:15.24 ID:LfAj0wsk0
コウワン(このままだと分が悪い……態勢を立て直さないと……!)

ホッポ「お姉ちゃん!お前ら、行けぇ!」ヒュンヒュンッ


ホッポは叢雲に向かってキーたちを飛ばす!


叢雲「!!」シュバッ

コウワン(……!今のうちに……!)


シュンッ

コウワンは隙を見て、高速移動でその場を離脱した!


叢雲「……逃がしたか……まあいいわ」
128 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:10:04.07 ID:LfAj0wsk0
コウワン(ふぅ……助かったわホッポ。とにかく、ブラックの近くにいるのはまずいわ)

コウワン(遠距離攻撃のできるホッポやリトウに任せて、私は他の子たちを───)



五月雨「───やぁっ!!」

コウワン「!?」

ズバァァァァァァァァァァァッ!!


コウワン「ぐああああああああっ!?」
129 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:10:33.75 ID:LfAj0wsk0
コウワン「ショキカンブルー……!?いつの間に……」

五月雨「油断しましたね……コウワン!」

コウワン「くっ……」


シュンッ

コウワンは再び、高速移動でその場を離れる


コウワン「くそっ……どうなってるのよ……!」シュンッ

コウワン(でも、今度こそ逃げきれて……)


五月雨「まだまだっ!!」シュンッ

コウワン「!?」

コウワン(速い……!?この子、こんな高速移動できたの!?)

コウワン(私と同じか、それ以上のスピード……!)
130 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:11:11.80 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「くそっ……お前ら!お姉ちゃんを助けに……」

電「えーいっ!!」ブォンッ!

ホッポ「!!」


ガキィンッ!!


ホッポ「イナズマ……!」グググ

電「……決着をつける時なのです、ホッポちゃん……!」グググ

ホッポ「……っ」
131 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:11:41.89 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「仕方ない……お前ら!イナズマを集中攻撃だ!」

キーたち「「「ヒャッハァーーーーーー!!!」」」ヒュンヒュンッ


大量のキーたちが電へと襲い掛かる!


電「……そこなのですっ!」ブォンッ!

ドゴォッ!!

キーA「グエッ!!」
132 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:12:09.76 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「その程度か!まだキーたちは大量にいるぞ!」

電「……まだ終わりじゃないのです!」


バチバチバチバチィッ!!

ホッポ「……!?」

電のハンマーから出た強力な電撃がキーたちに走る!

ドカァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!


キーたち「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」
133 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:12:36.52 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「なっ……カミナリ?」

ホッポ「あの量のキーたち全員に流れるほどのカミナリが使えたのか……!?」

電「……これが、改二の力なのです」

電「ホッポちゃん……電の本気を見るのです!!」

ホッポ「……っ」
134 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:13:37.01 ID:LfAj0wsk0
リトウ(ま、まずいわ……若干だけど、コウワンもホッポも押されてるわ……)

リトウ(ここは私がしっかりサポートしないとダメみたいね)

リトウ(やることはさっきまでと一緒。隙を見て電撃を……)


漣「おっと、そうはいかせないよ!」

リトウ「!!」

バシュッ!!

リトウ「ぐあっ……!」
135 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:14:09.37 ID:LfAj0wsk0
リトウ(なっ……!なぜ私の場所が……!?透明になっているはずなのに……!)

漣「勘だ!!」

リトウ(は!?)

リトウ(しかも何で心の声に反応してるのよこいつ!!)

漣「まーあんたの考えてることなんてお見通しってこった!」

リトウ(ふ、ふざけたことを……!)

漣「場所が分かったのは、単純に音だよ。戦闘やステルスに慣れてないあんたの足音が一番わかりやすかったからね」

漣「しかも今、声出しちゃったし……丸わかりなんだよねぇ」

リトウ「……っ」
136 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:15:34.82 ID:LfAj0wsk0
リトウ「……こうなったら仕方ないわね。もう一度電撃を食らわせてやるわ」シュンッ

漣「おーこわ!そら勘弁ですわ!」

漣「じゃあ、向こうでやってる電ちゃんたちの真似でもしてみるかね!」バシュバシュッ

リトウ「!!」

バチバチィッ!!

リトウ(よし……このくらいなら撃ち落とせる)

リトウ(隙を見て一撃でも与えられれば、どうにでも……!)
137 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:16:03.01 ID:LfAj0wsk0
漣「まだまだ!こんなもんじゃないよ!」バシュバシュッ!!

リトウ「っ!」バチバチィッ!!

漣「ほれほれ!」バシュバシュッ!!


漣は絶え間なく矢を放ち続けている!!


リトウ(か、数が多い……!捌き切れな……)

ザシュッ!

リトウ「ぐっ……!」

漣「まだまだ、徹底的にやっちまうのねっ!」
138 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:16:29.62 ID:LfAj0wsk0
センスイ(ま、不味いわ!連携が取れなくなってる!)

センスイ(一度体勢を立て直すために、全員に透明化をかけて離脱してもらうか?)

センスイ(いや、透明化のために手を止めた瞬間にやられる可能性がある……それは難しいか)

センスイ(くっ……どうしたら……)


ブォンッ ブォンッ

センスイ「……?」チラッ


叢雲「……遊びは終わりよ、センスイ」

センスイの近くで、叢雲が槍を頭上で回転させている!

ブォンッ ブォンッ

センスイ「なっ……!?」
139 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:17:28.81 ID:LfAj0wsk0
シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン……

回転させていくうちに、叢雲の槍が光を帯び始めた!


叢雲「確か、前にあんたに食らわせてやろうとしたときは失敗したわね……」

センスイ「そ、そうよ!その攻撃……あの時失敗したじゃないの!」

叢雲「……ええ、あの時はね」

ブォンッ ブォンッ

叢雲「でもあの時とは違う。私は強くなったのよ」

叢雲「単純な強さじゃない……強い『意志』があるのよ!」

シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン……

センスイ「や、やめ……」
140 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:17:55.50 ID:LfAj0wsk0
叢雲「吹雪を、返してもらうわよ!!」

ブォンッ!!!

叢雲「『マストブレイク』!!!!」



光を纏った叢雲の槍が、センスイを貫く!!

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!



叢雲「……ほらね。あの時とは違うでしょう?」
141 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:18:23.18 ID:LfAj0wsk0
リトウ「はぁ……はぁ……」

漣「どうしたどうしたー!そんなもんか悪の科学者ー!」バシュバシュッ

リトウ(まずい……このままだとジリ貧でやられるわ)

リトウ(正面から戦うのは危険すぎる……ここは離脱するわ!)カチッ


バシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!

漣「!?」

リトウの銃から煙幕が発射された!


モクモクモク……

漣「……」
142 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:18:59.22 ID:LfAj0wsk0
リトウ(……ふう、危なかった)

リトウ(矢が途切れたところを見ると……うまく逃げられたのかしらね)

リトウ(一度態勢を立て直せば、あとは何とか……)


モクモクモク……

リトウ(そろそろ煙が晴れるわね。さあ、もう一度近づいて……)


漣「……逃げられたと思った?」

漣が放った何本もの矢が、リトウを取り囲んでいた!


リトウ「!?」

漣「残念、逃げられないよ!漣はしつこいから!!」
143 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:19:51.52 ID:LfAj0wsk0
リトウ(う、撃ち落とし……)カチャッ

漣「遅い!これで終わりだよ!!」


漣「『デッキシュート』!!!!」



リトウを取り囲んでいた漣の矢が、一気にリトウに襲い掛かる!

ズドドドドドドドドドドドドドドド!!!!

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!



漣「ふふん。どう、凄いっしょ?」
144 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:20:21.74 ID:LfAj0wsk0
電「えーいっ!!」ブォンッ!!

ホッポ「ぐっ……」

ガキィンッ!!

キーA「ボ、ボス……」

キーB「ソロソロ、ゲンカイデス……」

ホッポ「お前ら頑張れ!ここで負けたら……!」

電「……」カチャッ


電はアンカーパーツをハンマーに取り付けた!
145 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:20:55.89 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「!あれは……まずい!」

ホッポ「お前ら!距離をとるぞ!」ザッ

キーたち「オーーー!!!」ワラワラ

電「……」

ホッポ「……イナズマ?」

ホッポ(動きがない……どういうことだ?)
146 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:21:21.70 ID:LfAj0wsk0
電「ホッポちゃん……もう、小細工はなしなのです」

ホッポ「……!」

電「……決着をつけましょう」

ホッポ「イナズマ……」

ホッポ(……あの時とは違うな)

ホッポ(戦うことに、迷いがない……)

ホッポ(それだけ、強い思いがあるってことか……)
147 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:22:12.45 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「……お前ら!集まれ!」

キーたち「ヒャッハァーーーーーー!!!」ワラワラ

ホッポ「エネルギー充填開始!」

シュゥゥゥゥゥゥゥ…………

電「……」グッ

ホッポ「エネルギー充填完了!発射準備!」


ヒュォォォォォォォ…………
148 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:22:45.32 ID:LfAj0wsk0
ホッポ「……発射!!」


ビィィィィィィィィィィィィィィッ!!!!

集まったキーたちから、すさまじい威力のビームが発射された!


電「えーーーーいっ!!!」ブォンッ!


電のハンマーと、ホッポのビームが激しく衝突する!!

ドォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!
149 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:23:30.69 ID:LfAj0wsk0
キーたち「グ……オォ……」

ホッポ「頑張れ、お前たち!!」

ググググ……


電「……」

電「……ホッポちゃん」

電「……これで、終わりなのです!!」


ホッポ「……!」


電「『アンカークラッシュ』!!!!」


電の強烈な一撃が、ホッポのビームを押し返す!!

バシィィィィィィィィィィィッ!!!

ズガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!
150 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:24:15.25 ID:LfAj0wsk0
電「……ホッポちゃん」

電「電と友達になってくれて……ありがとうなのです」

電「次に……もしも会えるなら……」

電「……平和な世界だといいのです」
151 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:24:42.25 ID:LfAj0wsk0
コウワン「ふんっ!」

五月雨「やぁっ!!」


ガキィンッ!!


コウワン「くっ……この……!」グググ

五月雨「……っ」グググ
152 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:25:09.18 ID:LfAj0wsk0
コウワン「本当、しぶといわね……あなたたち……!」

五月雨「諦めきれないのが……ヒーローですから……!」

コウワン「……」

コウワン「……どうしてなのよ?」

コウワン「さっきまで満身創痍だったじゃない……」

コウワン「なのにどうして……これほどの力が出せるのよ!?」

五月雨「……」
153 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:25:36.39 ID:LfAj0wsk0
五月雨「確かに、私たちの身体はボロボロでした……」

五月雨「こうして戦っているうちにも、限界が近づいているかもしれません」

コウワン「だったら何で……!」

五月雨「でも!」


ガキィンッ!!

五月雨はコウワンの腕を刀で払いのける!!


コウワン「!!」
154 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:26:37.43 ID:LfAj0wsk0
五月雨「だからって、立ち止まるわけにはいかないんです!」

五月雨「私たちには、やらないといけないことがあるから……!」

五月雨「『強い思い』があるから、いくら身体がボロボロでも力が湧いてくるんです!!」

コウワン「っ!!ふざけたことを……!」

コウワン「どうせそのうちに限界が来る!『強い思い』なんて、意味がないのよ!」

五月雨「いいえ、絶対にあります!」

五月雨「今……私たちにあるこの力が、確かな証拠だから!!」

コウワン「っ……!」
155 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:27:20.46 ID:LfAj0wsk0
五月雨「やらないといけないことが……守りたいものがあるから、だから!!」カチャッ


五月雨は刀にアンカーパーツを取り付けた!

コウワン「!!」

五月雨「そこを退いて下さい!!」


五月雨「私たちは吹雪ちゃんを……」

五月雨「絶対に、助けるんだ!!!!!」


五月雨「『キールスラッシュ!!!!』」


五月雨はコウワンに何度も高速で接近し、斬撃を浴びせていく!

ズババババババババババババババ!!!

ズガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!
156 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:31:46.94 ID:LfAj0wsk0
五月雨「……」

叢雲「……何とか、全員倒せたみたいね……」

漣「はー、手こずらせやがって……」

電「み、皆さん身体は大丈夫なのです?」

漣「よゆー」

叢雲「私は大丈夫よ。五月雨は?」

五月雨「私も大丈夫。まだ戦えるよ」

五月雨「……早く行こう。吹雪ちゃんを助けないと」

電「そうですね……行きましょう!」
157 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:32:12.21 ID:LfAj0wsk0
洞窟内


五月雨「……これは?」


洞窟の奥には、禍々しい光を放つ門があった


漣「何これ、ネザーゲート?」

叢雲「……まあ、ワープゲートみたいなものなのかしらね」

電「では、これがディープマリンのアジトに繋がってるのです?」

五月雨「そうだろうね……みんな、準備はいい?行くよ?」

漣「ヨッシャー!乗り込めー!!」
158 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/06/27(水) 16:34:05.16 ID:LfAj0wsk0
実はまだ9話は書き終わってないので、途中までの投稿となります…申し訳ありません
続きはでき次第更新します。
というか、一年以上やってるのにまだ終わってないとかスローペース過ぎない…?
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/27(水) 16:54:55.50 ID:4yFYSAdSO
4年やっても1スレ終わってないとこよりかは早い
160 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:25:05.69 ID:kNiVnV+e0
──────────

──────

───

吹雪「……」

吹雪「……う……」

クウボ「あら、気が付いた?」

吹雪「……クウボ……」

ジャラッ

吹雪「……!」

吹雪はセンカンと戦った部屋で、鎖で拘束されていた
161 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:25:39.89 ID:kNiVnV+e0
クウボ「今のあなたには何もできないでしょうけど……念のため、拘束させてもらったわ」

吹雪「何を……!」ガチャガチャ

クウボ「あなたはセンカン様にエネルギーを吸い取られたの。十分に戦うことはできないはずよ」

クウボ「それに、あなたの変身アイテムも取り上げさせてもらってるわ」

吹雪「……っ」

クウボ「それでも下手に暴れられたら困るし……だからこうして拘束させてもらってるわ」
162 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:26:09.97 ID:kNiVnV+e0
吹雪「……センカン……」

吹雪「そうだ……!センカンは……!?」

クウボ「ああ、センカン様?今、このアジトの外に向かっているわ」

吹雪「外に……?」

クウボ「あなたから吸い取ったエネルギーから、センカン様は素晴らしい力を手に入れなさったわ」

クウボ「私たちの目的のために、その力を振るおうとしていらっしゃるのよ」

吹雪「目的……外で……」

吹雪「……まさか!」

クウボ「ええ……」ニヤリ


クウボ「滅ぼしに行っているのよ。あなたたちの鎮守府をね」
163 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:26:46.57 ID:kNiVnV+e0
クウボ「あなたたちショキカンジャーがいなければ、鎮守府はセンカン様を止める術はないからねぇ……」

吹雪「……っ!ふざけないで!そんなことさせない!!」ガチャガチャ

クウボ「あら、でも今のあなたに何ができるっていうの?」

クウボ「仲間もいない、変身もできない、戦うための力も足りない……」

クウボ「仮にセンカン様を止めに行ったとしても、すぐにやられるでしょうね」

吹雪「……っ!」

クウボ「わかった?あなたの今の状況」

クウボ「今のあなたは……何の役にも立たないのよ」

吹雪「……」
164 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:27:31.15 ID:kNiVnV+e0
クウボ「でも、そんな役立たずなあなたにチャンスをあげる」

吹雪「……?」

クウボ「私たちディープマリンは、あなたたちのせいで結構な痛手を負ったわ」

クウボ「特に戦闘員……かなりの数がやられたわね」

クウボ「彼らはリトウに作られた存在だけど……作り直すにも時間がかかる」

クウボ「……その間、『誰か』が穴埋めをしないといけないと思わない?」

吹雪「……!まさか……!」

クウボ「ええ、そのまさかよ」

クウボは、敵艦載機の形をした石を取り出した
165 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:27:59.20 ID:kNiVnV+e0
吹雪「それで私を操る気ですか……!」

クウボ「そう。この能力についてはあなたもよくわかっているでしょう?」

クウボ「いくら今のあなたが役立たずでも……この能力であなたを操れば、きっと十分に役立ってくれるわ」

吹雪「くっ……」ガチャガチャ

クウボ「大丈夫よ。穴埋めとは言ったけど、十分な成果を上げればそのまま生きていられるはずよ」

クウボ「優秀な、ディープマリンの一員としてね」

吹雪「ふざけないで!誰がそんな……!」ガチャガチャ

吹雪「そんな……」

吹雪「……」
166 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:28:29.55 ID:kNiVnV+e0
クウボ「……あなただってわかってるはずよ。この状況、抵抗しても無駄でしょう?」

クウボ「装備は奪われ、抵抗する力もなく、助けに来る仲間もいない……」

クウボ「仮に拘束を抜けられたとしても、このアジトから脱出することも難しい……」

クウボ「……仮に全てがうまくいって、外に出られたとしても……」

クウボ「その目に映るのは、センカン様が滅ぼした鎮守府だけ」

クウボ「何も守れなかったという絶望感を得るだけよ」

吹雪「……」
167 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:28:57.45 ID:kNiVnV+e0
クウボ「そうでしょう?抵抗しても、より深く絶望するだけ」

クウボ「だからもう……大人しく私に操られなさいよ」

クウボ「私の操り人形として……ディープマリンとして、これから戦い続けるのよ」

吹雪「……」

クウボ「あら、大人しくなったわね。承諾ってことかしら?」

クウボ「じゃあ……」スッ

吹雪「……!」
168 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:29:33.01 ID:kNiVnV+e0



ズガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!


吹雪「!?」」

クウボ「な、何!?」

突如、部屋の壁の一部が崩れ落ちた!
169 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:30:05.93 ID:kNiVnV+e0
クウボ「!!あいつら……!?」


叢雲「ここ!?吹雪のいる部屋は!」

漣「ここかって聞いてんだよ!おら答えろ!!」ビシバシ

イー「イー……こ、ここのはずですイー……」ボロッ

電「!!ふ、吹雪さんがいたのです!」

五月雨「吹雪ちゃん!大丈夫!?」ダダッ


吹雪「み……みんな……?」
170 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:30:37.54 ID:kNiVnV+e0
クウボ「くっ……コウワンたちはしくじったのね」

叢雲「ええ、あとはあんたとセンカンだけよ」

漣「吹雪ちゃんを連れ去った罪は重いぜ!」

クウボ「っ……」


シュンッ


叢雲「!消えた……」

漣「瞬間移動した……?でも、この部屋の中じゃなさそう」

叢雲「……何かわからないけど、とりあえず今は吹雪ね」
171 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:31:11.19 ID:kNiVnV+e0
電「吹雪さん、無事なのです?」

吹雪「みんな……どうして……?」

五月雨「どうしてって……何が?」

吹雪「だってみんな……センカンたちにやられちゃったって……」

叢雲「はぁ?何言ってんのよあんた」

吹雪「ほら、そこにみんなの壊されたショキブレスが……」

電「……ただの偽物なのです」

漣「漣たちが簡単にやられると思われているとは、心外ですな」

吹雪「……」

吹雪「……よかったぁ……」ポロポロ

叢雲「泣いた!?」
172 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:31:37.59 ID:kNiVnV+e0
五月雨「な、泣くことないと思うよ!?」

吹雪「だってぇ……みんなともう会えないと思って……」

吹雪「安心したよ……よかったよぉ……」

叢雲「全く、吹雪は……勝手に騙されて、勝手に安心して泣いてるんだから……」

漣「愉快な人だ」

電「こっちも心配したのです!吹雪さんが無事でよかったのです!」

五月雨「そうだね……よし、拘束も外れた。これで大丈夫だよ」ガチャッ
173 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:32:08.46 ID:kNiVnV+e0
電「吹雪さん、ショキブレスはどうしたのです?」

吹雪「取り上げられちゃって……多分その辺に……」

五月雨「……あった!これだね」スッ

漣「ヨッシャー!これでまた五人で戦えるゾイ!」

吹雪「……」

叢雲「……吹雪?どうかしたの?」

吹雪「……実は」
174 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:32:40.23 ID:kNiVnV+e0
叢雲「はぁ!?戦えない!?」

電「センカンさんに、戦隊パワーを奪われてしまって……」

五月雨「そしてセンカンさんは、鎮守府を攻撃しに行っていると……」

漣「どういうことだってばよ……」

吹雪「全然戦えないわけじゃないけど……でも、私の戦隊パワーは確実に弱まってる」

吹雪「いくら精神に呼応して大きくなるって言っても、ほぼ0の状態から元に戻すのは難しいと思う……」

吹雪「今まで通りにはいかないよ……」
175 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:33:23.83 ID:kNiVnV+e0
電「でも、吹雪さん抜きで戦うなんて……」

叢雲「そうよ。あんたはショキカンジャーのリーダーなのよ?」

漣「ラスボス戦でリーダーが抜けるのはいただけないよー」

吹雪「……みんななら、大丈夫だよ」

吹雪「私がいなくても、四人で幹部たちを倒して……」

吹雪「ディープマリンのアジトに突入して、私を助けてくれた……」

吹雪「……私も、変身すれば戦闘員ぐらいは倒せるかもしれないけど、センカンには到底かなわない……」

吹雪「今の私が一緒に戦っても、足手まといになるだけだよ」

吹雪「……みんななら、四人だけでもやってくれるって、私信じてるから」

四人「……」
176 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:33:49.40 ID:kNiVnV+e0
五月雨「……嫌だ!」

吹雪「!?」

五月雨「吹雪ちゃん抜きで戦うなんて……絶対に嫌!」

吹雪「五月雨ちゃん……?」

叢雲「あんたねぇ……そんなんで私たちが納得すると思う?」

漣「さっきまで漣たちがやられてたと思ってたのに、信じてるとか言われてもねぇ……」

吹雪「で、でも……」

電「……電も、吹雪さんが一緒じゃないと嫌なのです……」

吹雪「……」
177 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:34:24.16 ID:kNiVnV+e0
五月雨「……吹雪ちゃん、覚えてる?」

五月雨「まだ私たちが鎮守府に着任して間もない頃に話したこと」

吹雪「……?」

五月雨「……吹雪ちゃんは、どうして戦うの?」

吹雪「どうしてって……」

吹雪「……!」
178 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:35:04.16 ID:kNiVnV+e0
──────────

──────

───

吹雪『みんな、今日もお疲れ様ー』

電『お疲れ様なのです』

漣『かーっ!疲れた体に染みるぜ!』プハーッ

叢雲『……何飲んでるの?』

漣『ん?ねるねるねるね』

五月雨『何で!?どうやって!?』
179 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:35:33.57 ID:kNiVnV+e0
叢雲『でも……こうも毎日出撃してると疲れるわね』

五月雨『まだこの鎮守府には私たちしかいないからね』

漣『ご主人様も人使いが荒いよー』

電『仕方ないことですが……やっぱり大変なのです』

吹雪『そうだね……』

吹雪『でも、私たちしかいないんだから、私たちが頑張らないといけないよ』
180 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:36:00.06 ID:kNiVnV+e0
雲『あら、ずいぶん気合入ってるのね。さすが旗艦』

吹雪『ちゃ、茶化さないでよ……』

漣『よっ、日本一!』

吹雪『……何が?』

電『でも、吹雪さんの言う通りなのです。電たちが頑張らないと……』

五月雨『……』
181 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:36:28.31 ID:kNiVnV+e0
五月雨『ねえ、吹雪ちゃんはどうして戦うの?』

吹雪『え?どうしてって……』

漣『え、何?哲学の時間?』

叢雲『哲学者五月雨?』

電『意外なのです』

五月雨『ち、違うよ!』

五月雨『ただ、何となく気になって……』

吹雪『うーん、戦う理由か……』
182 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:37:07.67 ID:kNiVnV+e0
吹雪『……そうだね、それはきっと……』

吹雪『守りたいものが、あるからかな』

五月雨『守りたいもの?』

吹雪『うん。海を守りたいのはもちろんだけど……』

吹雪『まだ着任してちょっとしか経ってないけど、この鎮守府も……』

吹雪『司令官や、みんなも大切に思ってて……』

吹雪『それを守りたいから、戦ってる……かな』

五月雨『……そっか』
183 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:37:34.28 ID:kNiVnV+e0
漣『……普通だな!』

吹雪『い、いいでしょ別に!普通で!』

叢雲『でも普通じゃない』

電『普通なのです』

吹雪『ええ!?』

五月雨『普通だね』

吹雪『五月雨ちゃんまで!?』
184 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:38:12.94 ID:kNiVnV+e0
吹雪『うう……質問に答えただけなのに……』

五月雨『あはは、ごめんね吹雪ちゃん』

五月雨『……でも、よくわかったよ。吹雪ちゃんが戦う理由』

吹雪『……じゃあ、みんなはどうして戦うの?』

叢雲『え?えーっと……』

漣『せ、世界征服のため?』

電『……漣さんは、深海棲艦のスパイなのです?』

漣『じょ、冗談です……はい』
185 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:39:06.29 ID:kNiVnV+e0
五月雨『……普通って言ってたってことはね』

五月雨『大体みんな、同じようなこと考えてたってことじゃないかな』

吹雪『え、そうなの?』

叢雲『……まあ、そうね。あんたほどはっきりとは言えないけど、大体そんな感じじゃないかしら』

電『そうですね……電も、同じように答えたと思うのです』

漣『いや、漣は違うぞ!艦娘メイド化計画のために……』

叢雲『うるさい』バシッ

漣『あふんっ!』
186 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:39:38.40 ID:kNiVnV+e0
吹雪『五月雨ちゃんも……?』

五月雨『……実は、自分の中で戦う理由がわかってなかったんだけど』

五月雨『吹雪ちゃんの答えを聞いて、納得しちゃった』

五月雨『だったら、私も……同じ理由かもしれないね』

吹雪『……そっか』

吹雪『じゃあ、これからも五人一緒に頑張っていこうよ』

吹雪『同じ理由で戦ってるんだから!』
187 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:40:45.89 ID:kNiVnV+e0
吹雪『五月雨ちゃんも……?』

五月雨『……実は、自分の中で戦う理由がわかってなかったんだけど』

五月雨『吹雪ちゃんの答えを聞いて、納得しちゃった』

五月雨『だったら、私も……同じ理由かもしれないね』

吹雪『……そっか』

吹雪『じゃあ、これからも五人一緒に頑張っていこうよ』

吹雪『同じ理由で戦ってるんだから!』
188 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:41:17.61 ID:kNiVnV+e0
──────────

──────

───


吹雪「……」

吹雪「……守りたいものが、あるから」

五月雨「……そうだよね」

五月雨「その気持ちは、私も……みんなも、変わってないはずだよ」

吹雪「……」
189 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:41:45.89 ID:kNiVnV+e0
五月雨「私たちは、ずっと守りたいもののために戦ってきた」

五月雨「きっと、前に言った『強さ』はそこから来てるんだと思う」

五月雨「『大切なものを守りたい』っていう思いが、私たちを強くしてくれたんだよ」

五月雨「そして……きっと、この五人でやって来たから、そう思えたんだよ」

吹雪「……」

電「……守りたいもののために一緒に戦うって、言ったじゃないですか」

漣「そうだよ。五人一緒でって言ったじゃん」

叢雲「五人そろってショキカンジャー、でしょ?」

吹雪「みんな……」
190 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:42:16.98 ID:kNiVnV+e0
五月雨「……吹雪ちゃんの中に、まだその思いがあるなら……きっと大丈夫」

五月雨「……一緒に戦おうよ」

五月雨「一緒に……守りたいものを守ろう」

吹雪「……」

吹雪「私は……」



「おっと、お喋りはそこまでよ」

五人「!!」
191 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:42:42.93 ID:kNiVnV+e0
吹雪「クウボ……!」

叢雲「戻ってきたのね……てっきり逃げたかと思ったわ」

クウボ「さすがに一人で相手するのは骨が折れるからね……」

クウボ「アジト内の戦闘員をかき集めてきたのよ」パチンッ


「イー!!」ワラワラ


漣「うわ、いっぱい入ってきた!」

電「部屋の外にまだいるみたいなのです……」

吹雪「……」
192 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:43:11.98 ID:kNiVnV+e0
クウボ「まあ、倒せなくても足止めができればいいわけだしね」

クウボ「あなたたちが戦闘員に手間取っている間に、センカン様が全て終わらせてくれるわ」

叢雲「……ふん。戦闘員ごときに手間取る私たちじゃないわ」

クウボ「あら、でもあなたたち……連戦でかなり疲れてるんじゃない?」

クウボ「それに……力が弱まっている子が一人いるでしょう?」

クウボ「そもそも戦えるのかしら?いえ……」

クウボ「戦う気が、あるのかしら?」

吹雪「……」
193 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:43:38.68 ID:kNiVnV+e0
吹雪「……みんな、ごめん」

四人「……」

クウボ「オーッホッホ!そうよね、いくら仲間がいても、今のあなたじゃ……」

吹雪「そうじゃない!」

クウボ「!?」

吹雪「ごめん……私が間違ってた」

吹雪「一緒に戦ってきたから……五人一緒だったから、ここまで来れたんだよね」

吹雪「……大切なこと、忘れかけてたよ」


吹雪「……一緒に戦おう、みんな!」
194 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:44:06.05 ID:kNiVnV+e0
叢雲「全く……世話の焼けるリーダーね」

吹雪「ご、ごめん……」

電「でも、吹雪さんならそう言ってくれるって思ってたのです」

漣「説得フェイズに時間取った分、キッチリ仕事してよね!」

五月雨「……吹雪ちゃん、これ」スッ


五月雨は吹雪のショキブレスを差し出した


吹雪「……ありがとう、五月雨ちゃん」

五月雨「……お礼を言われるようなことはしてないよ」

五月雨「それより、ここからが勝負だよ!一緒に頑張ろう!」

吹雪「……うん!」
195 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:44:34.66 ID:kNiVnV+e0
吹雪「抜錨!!」

カチッ

シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン…………………………………………

吹雪の体に、スーツが装着されていく!


バァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!
196 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:45:16.06 ID:kNiVnV+e0
デデッデデー デデッデデーン

吹雪「吹雪レッド!」

叢雲「叢雲ブラック!」

漣「漣ピンク!」

電「電イエロー!」

五月雨「五月雨ブルー!」


吹雪「五人そろって!!!」

五人「駆逐戦隊!ショキカンジャー!!」

バァァァァァァァァァァァァァァン!!!
197 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:45:42.90 ID:kNiVnV+e0
クウボ「くっ……まあいいわ」

クウボ「どうせ大した力も出せないんだもの!行きなさい、あなたたち!」

イーたち「イー!!」ワラワラ

吹雪「行くよ、みんな!!」チャキッ

四人「オー!!」
198 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:46:09.49 ID:kNiVnV+e0
吹雪「はぁっ!!」ズバッ!

イーA「イーッ!?」ドサッ

吹雪「まだまだ!」ズバズバッ!

イーB「ぐはっ!?」

イーC「ぐえっ!?」

ドサドサッ
199 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:46:44.12 ID:kNiVnV+e0
イーD「あ、あいつは今力が出せないはずだイー!なのに何であんなにやられちまってるイー!?」

イーE「こうなったら一斉攻撃だイー!!」

イーたち「イー!!」ワラワラ


イーたちは吹雪を取り囲み、一斉に襲い掛かった!


吹雪「はああああああああああっ!!」


吹雪は激しく炎を放出し、襲い掛かってきたイーたちを燃え上がらせた!

ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!


イーたち「イーーーーーッ!!!」

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!
200 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:47:27.85 ID:kNiVnV+e0
叢雲「その調子なら大丈夫そうね、吹雪……ふんっ!!」ドガッ

吹雪「まあね……はあっ!」ズバッ

クウボ「……っ」

クウボ(どういうこと……!?ショキカンレッド、あんなに力が出せるなんて……!)

クウボ(予想以上に速く戦闘員が倒されていってる……!これじゃまずいわ……)

クウボ(やはり、ここは……)
201 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:47:53.55 ID:kNiVnV+e0
電「えーい!!」ブォンッ


ドゴォォォォォォォォォォォォ!!!

イーたち「イーーーーーーッ!!!」


電「さあ次は……」


シュンッ


吹雪「!!電ちゃん、後ろ!!」

電「!!」

ドガッ!!
202 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:48:31.87 ID:kNiVnV+e0
電「っ!!」ヨロッ

クウボ「……少しよけられたか……あまりダメージはなさそうね」

電(瞬間移動して、電の後ろから……)

電「……えいっ!!」ブォンッ

クウボ「おっと」シュンッ

電「……!」スカッ
203 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:48:57.47 ID:kNiVnV+e0
電「皆さん、気を付けるのです!クウボさんが、瞬間移動して攻撃を……!」

吹雪「みんな、背後を警戒して!いつ攻撃してくるかわからない!」

漣「気を付けてって言っても……」

シュンッ

叢雲「っ!漣!」

漣「っ!」シュバッ

クウボ「あら、避けられちゃった」
204 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:49:47.41 ID:kNiVnV+e0
漣「この……!」バシュッ!

クウボ「っ!」シュンッ

漣「あーもう!これさっきも見たよ!この戦い方!」

叢雲「ディープマリンってこんなんばっかね……」


イーたち「イー!!」ワラワラ


五月雨「みんな、まだ戦闘員もいる!クウボさんにばっかり気を取られないで!」

電「そうは言っても……少しでも油断したらやられるのです!」
205 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:50:21.43 ID:kNiVnV+e0
叢雲「戦闘員を先に倒せればなんとかなるわ!さっさと倒して……」

シュンッ

叢雲「!!そこだっ!!」ブォンッ

ドガッ!!

クウボ「!!」

クウボ「……やるわね」シュンッ

叢雲「……浅かったか」

吹雪「……」
206 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:51:32.02 ID:kNiVnV+e0
吹雪(どうする?戦闘員はまだ大量にいる……先に倒してしまうのは難しい)

吹雪(どうにかして、クウボを倒すか……動きを封じるかしないといけない)

吹雪(クウボは瞬間移動して攻撃してくる。叢雲ちゃんくらい瞬発力があれば攻撃はできるけど……)

吹雪(パワーがないと決定打になりにくいし、すぐに対応できるようなスピードも必要……)

吹雪(……これしかない)
207 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:51:58.66 ID:kNiVnV+e0
吹雪「みんな!少しの間、戦闘員を引き付けておいて!」

五月雨「吹雪ちゃん!?」

吹雪「クウボは私が何とかする!その間、戦闘員を……!」

叢雲「何する気よ、吹雪!?」

漣「……アレ使う気?」

吹雪「うん……」

電「で、でも大丈夫なのです!?」

吹雪「うまくいくかはわからないけど……それでも!」

五月雨「……わかった!任せておいて!」
208 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:53:03.89 ID:kNiVnV+e0
吹雪「……」スッ


吹雪は、改装設計図を取り出した


吹雪(……きっと大丈夫。さっきまでの私とは違う)

吹雪(さっきまでの、『みんなを守れなかった思い』があった私じゃない)

吹雪(怒りや憎しみに任せて戦ってた私じゃない……)

吹雪(今の私なら、きっと…さっきよりもずっと強い力が出せる)


吹雪(私はこの力で……みんなを守るんだ!!)
209 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:53:29.23 ID:kNiVnV+e0
吹雪はショキブレスの横の溝に、改装設計図をスラッシュした!


吹雪「第二改装!!」

シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン……………………

吹雪のスーツが変化し、より強化されていく!


バァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!

吹雪「吹雪レッド、改二!!」
210 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:53:57.38 ID:kNiVnV+e0
吹雪「そして……!」カチャッ


吹雪は、アンカーパーツを剣に取り付けた!


ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!

アンカーパーツを取り付けた途端、吹雪の周りに炎が吹き上がる!


叢雲「あれは……!」

漣「キタコレ!能力使えるようになってるじゃん!」

電「これならきっと、大丈夫なのです!」

五月雨「吹雪ちゃん……任せたよ!」
211 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:54:23.35 ID:kNiVnV+e0
クウボ(またアレ……!?姿が変わって、炎が噴き出した……!)

クウボ(……あの状態のあの子には近づかない方がいいわね……)

クウボ(あの状態、強力だけど短時間で息切れするのはわかってる)

クウボ(ショキカンレッドは放っておいて、こうやって隠れつつ離れた子たちを攻撃すれば……)


五月雨「やぁーっ!!」ズバッ


クウボ(……ショキカンブルー、レッドから一番離れていて、攻撃に集中している……)

クウボ(狙い目、ね)
212 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:55:00.36 ID:kNiVnV+e0
五月雨「たぁーっ!!」ブンッ

クウボ(よし、今!!)


シュンッ

クウボは、戦闘員への攻撃に集中している五月雨の背後に瞬間移動した!


クウボ(隙だらけな背中ね……!一撃で仕留めてあげるわ!)
213 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:55:35.21 ID:kNiVnV+e0
ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!


クウボ(……?何、この熱気……?)


吹雪「はああああああああああああああああああああ!!!!」

ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!


吹雪は既にクウボに接近し、剣を振り下ろし始めていた!


クウボ「なっ!?」
214 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:56:01.13 ID:kNiVnV+e0
クウボ(あそこから瞬時に反応して、ここまで来て攻撃を!?)

クウボ(あり得ない……あり得ないわ!)


吹雪(……この人が、そう何度も隙を見せるとは思えない)

吹雪(私の子の力も、長くはもたない……)

吹雪(だったら……!)

吹雪「この一撃で……終わらせる!!」

クウボ「う、うわああああああああああああああ!!!!」




吹雪「『ブリッジバスター』!!!!!」


吹雪は炎を纏わせた剣を、思い切り振り下ろす!

ボォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!

ズガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!
215 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:56:35.67 ID:kNiVnV+e0
パラ……パラ……


吹雪「はあ……はあ……」

五月雨「吹雪ちゃん!大丈夫!?」

吹雪「私は大丈夫……それより、五月雨ちゃん巻き込まれなかった?」

五月雨「うん……何とか」

五月雨(びっくりしてころんじゃった事は黙っておこう……)

叢雲「……戦闘員、これで全部?」

電「そうみたいなのです」

漣「よーし、こっちも終わったよー!」
216 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:57:13.51 ID:kNiVnV+e0
吹雪「……残るは、センカンだけか……」

叢雲「急ぎましょう。鎮守府が襲われてるんでしょ?」

電「そうだったのです!急いでここから出ないと……!」

五月雨「みんな、連戦続きだけど……大丈夫?」

漣「まーなんとか。結構危ないけど、ここでやらないわけにはいかないっしょ」

吹雪「……そうだね」
217 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:57:39.94 ID:kNiVnV+e0
吹雪「……みんな」

四人「?」

吹雪「……ありがとう。助けに来てくれて」

四人「……」

叢雲「……別に、お礼を言われるようなことじゃないったら」

電「吹雪さんが無事で何より、なのです」

漣「やりたいようにやっただけだかんね!勘違いしないでよね!」

五月雨「……何が?」

吹雪「……ふふっ」


吹雪「よし、行こうみんな!」

四人「オー!!」


第九話「守りたいもの」 艦
218 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:58:09.92 ID:kNiVnV+e0
次回予告!

吹雪「いよいよ最終回!長かった戦いもこれで終わる!」

叢雲「結局勝つの?負けるの?」

電「それを言ったらダメなのです……」

五月雨「と、とにかく!みんな、頑張ろう!」

漣「ラスボスに勝ってもブラックは死ぬかもしれないけどね」

叢雲「え!?」

吹雪「こらぁ!漣ちゃん!」


次回、最終話「私たちは、ヒーローだ!」
最後までどうぞ、よろしくお願いします!
219 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/08/20(月) 00:59:30.97 ID:kNiVnV+e0
今日はここまで。次で終わりです。また分けることになるかもしれませんが……
出来れば9月中に終われるといいなぁ……
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/20(月) 01:12:07.94 ID:Vn7Yy3Qg0
おつ、待ってた
しかし>>218の漣の台詞はジェットマンを思い起こさせますな
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/20(月) 03:07:58.41 ID:FcDdGnIA0

>>193>>208辺りから挿入歌でも流れそうな
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/08/20(月) 14:49:17.57 ID:hr1PRtfN0
おつ
いくらでも待てますよ
223 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/10/16(火) 02:12:52.73 ID:p/DLaTF20
ss速報復活した!よかった……
でもやる気なくして結局書いてないので、しばしお待ちを……申し訳ありません
224 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:06:20.81 ID:T7paMVJ60
最終話「私たちは、ヒーローだ!」


鎮守府 執務室


提督「……」カリカリ

提督「……」


ズドォォォォォォォォォォン……


提督「!?」
225 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:07:31.59 ID:T7paMVJ60
提督「何だ今の音は……?地響き……?」

提督「前に聞いたのとは違う感じがしたが……」


ズドォォォォォォォォォォン……


提督「っ!またか……一体何なんだ?」


バンッ!

大淀「し、失礼します提督!」
226 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:08:37.97 ID:T7paMVJ60
提督「大淀?どうしたそんなに慌てて」

提督「ノックもせずに……お前らしくもない」

大淀「緊急事態です!外をご覧ください!」

提督「外……?」スッ

提督「……!!」


「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

鎮守府の外に、戦艦棲姫の艤装に似た巨大な生物が立っている!!
227 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:09:38.22 ID:T7paMVJ60
提督「何だあれは!?戦艦棲姫の艤装に似ているが……」

大淀「わかりません……先刻急に現れたようです」

大淀「それに…少しずつですが、こちらに向かってきています」

提督(あれは……あいつらが言うところの『例の採石場』がある方角だな……)

提督「とにかく放ってはおけないな……」

大淀「提督、ご指示を!」

提督「……明石を呼んでくれ」
228 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:10:08.98 ID:T7paMVJ60
明石「失礼します提督!」バンッ

提督「来たか明石。あれが何かわかるか?」

明石「さあ……詳しいことは何も」

明石「ただ、先日と同じように……ディープマリンの仕業だとは思われます」

提督「やはりか……だったらやることは一つだ」

提督「ショキカンジャーに迎撃させてくれ。例の巨大戦力を使用するんだ」

明石「……あー、提督、それが……」
229 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:11:08.29 ID:T7paMVJ60
提督「連絡が付かない!?」

明石「はい……本日、預かっていた装備を彼女たちに返したんですけど……」

明石「その後、彼女たちに連絡を取ろうとしても一切繋がりません」

明石「電波が通じない場所にいる可能性が高いですね……」

提督「……そうか」

大淀「提督、どうなさいますか?戦艦や空母なら迎撃できる可能性がまだあります」

提督「……いや、艤装での攻撃が焼け石に水なのはわかっていることだ……」

提督「全員避難しろ!艤装を付けて海上へ出るよう指示を出してくれ!」
230 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:11:40.21 ID:T7paMVJ60
工廠裏


『緊急、緊急!総員、速やかに海上へと避難せよ!!』


「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ズシーン……ズシーン……

巨大生物は、少しずつ鎮守府の方へと歩みを進めている


「……」

ザッ



夕張「どこ行くのよ、大井」

大井「っ!」ピタッ
231 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:12:06.35 ID:T7paMVJ60
夕張「さっき目覚めたばかりでしょ?病み上がりのあなたが何しようっていうのよ」

大井「……止めても無駄よ」

大井「……あの子たちは今いないんでしょ?」

大井「だったら戦えるのは私だけ……私一人でも戦わないといけないのよ」

夕張「ふーん……丸腰で?」

大井「……」

夕張「これが必要なんじゃないの?」ポイッ

大井「!」パシッ

大井「……ショキフォン……」
232 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:12:38.42 ID:T7paMVJ60
夕張「止める気なんてないわ。あなたの好きなようにしなさいよ」

大井「……」

夕張「ただ、無理はしないこと。もうぶっ倒れた大井の面倒見るの嫌なんだからね?」

大井「……悪かったわね」

夕張「そ、れ、と!」カチッ

大井「?何よ、そのボタン」

夕張「あれ、明らかに巨大ロボで戦うタイプの敵でしょ?等身大で戦うなんて無理があるじゃない」


ゴォォォォォォォォォォ……

大井「……!?」

ショキカンオーに似た白い巨大なロボットが海から飛んできた!
233 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:13:08.69 ID:T7paMVJ60
夕張「戦うならやっぱり……」


ズシィィィィィィィン……


夕張「二号ロボくらい用意しないとね?」

大井「……ふん」ニヤリ

大井「お礼は言わないわよ、夕張」

夕張「必要ないわ。その代わり、後で感想聞かせてね」
234 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:14:20.06 ID:T7paMVJ60
執務室


大淀「提督、艦娘の大方の避難、完了いたしました」

大淀「現在遠征中の艦隊にも、帰還せず指示を待つよう通信を行いました」

提督「よし……こっちも別の鎮守府に避難先になってくれるよう要請はした。遠征艦隊にも知らせて、そこへ避難するんだ」

提督「大淀、お前も早く艤装を付けて海上へ出ろ」

大淀「それよりも提督、あなたも避難を……」


「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ズドォォォォォォォォォォン!!


提督「!?」

大淀「ま、また近づいて来ている音でしょうか?」

提督「いや、違う……何かがぶつかったような……」スッ

提督「……!」
235 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:14:55.46 ID:T7paMVJ60
「グオオオオ……オオ……」

グググ……

大井の乗っている巨大ロボットが、巨大生物と組み合っている!


大井「ここから先へは……行かせないわ……!!」

グググ……

「グ……グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ドゴォォォォォォォォォォォォォッ!!


大井「!!!」グラッ
236 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:15:24.41 ID:T7paMVJ60
提督「あれは……?前に見たロボットとは違うようだが……」

明石「二号ロボットですよ」

提督「明石?まだ避難してなかったのかお前!」

明石「申し訳ないですけど、今逃げるわけにはいかなくなったんですよ」

明石「夕張ちゃんと一緒に、オペレーター兼メカニックとして色々やらないといけないので」

提督「……」
237 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:15:57.31 ID:T7paMVJ60
提督「……それで、あれは何だって?二号ロボ?」

明石「ええ。大井さん専用の二号ロボ。その名もショキカンジンです」

提督「大井?あいつ目を覚ましたのか」

明石「ついさっきみたいです。それであの生物に気が付いて向かっていったようで……病み上がりなのが心配ですが」

提督「……大井には悪いが、ここはあいつを頼るしかないか……」
238 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:16:22.87 ID:T7paMVJ60
「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ドゴォォォォォォォォォォォォォッ!!

大井「っ!このっ!!」

ドガッ!!

「グオオオオオオオオオオオ!!」

大井「……っ」
239 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:17:03.44 ID:T7paMVJ60
大淀「……大丈夫でしょうか、大井さん」

提督「……少し押されているように見えるな」

提督「明石。ショキカンジンの性能はどのくらいなんだ?」

明石「性能としてはショキカンオーより少し劣りますね。元々ショキカンオーのサポート用として作ったものですから……」

明石「それに、完成したのもつい先日です。細かい調整はできていないですし、大井さんの体調の面も考えると……」

提督「不利ってことか……」

明石「はい。それに、敵も以前戦ったものよりかなりタフみたいですね……」

提督(……今からでも退却させるか?)

提督(いや、向かい合った状態でそれはむしろ危険か……)

提督(それに、あいつらがまだ……)


ピピピピッ

三人「!!」
240 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:17:32.47 ID:T7paMVJ60
例の採石場


「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

大井「はぁ……はぁ……」

大井(手強いわね……全然倒れる気配がない)

大井(攻撃が全く効いていないわけじゃないとは思うけど……それでも、すぐに倒せるようには思えないわ……)


「…………フフフ」

大井「!!」
241 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:18:05.03 ID:T7paMVJ60
センカン「なかなか頑張ってるようだけど……その程度じゃこの子は倒せないわよ?」スッ

巨大生物の頭上にセンカンが現れた


大井「……あなたがセンカンね」

センカン「ええ。こうして会うのは初めてね、ショキカンホワイト」

大井「随分大袈裟なことしてくれたわね。こんなものまで出して」

センカン「フフフ……いいでしょう?この力。思った以上に暴れられて、いい気分だわ」

大井「……」

センカン「それで、どうする気?まだやる?」

大井「……当然よ!!」

ドゴォォォォッ!!
242 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:18:41.20 ID:T7paMVJ60
センカン「あらあら……私、そんなに暇じゃないんだけど……」

センカン「……まあ、もう少しだけ付き合ってあげるわ」

「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ドゴォォォォォォォォォォォォォッ!!

大井「ぐっ……!!」グラグラ

巨大生物の拳を受けて、ショキカンジンはよろめく!
243 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:19:10.54 ID:T7paMVJ60
大井「このっ!!」グイッ

ブォンッ!!

センカン「甘いわ!!」

ガッ!

大井「!!」

ショキカンジンは拳を振り下ろすが、巨大生物はそのまま受け止める!

大井「……っ」グググ

センカン「はぁっ!!」

グイッ

大井「!!」

ショキカンジンはそのまま投げ飛ばされてしまった!!

ズドォォォォォォォォォォン!!!
244 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:19:43.38 ID:T7paMVJ60
大井「……痛いわね」

センカン「もうわかってるでしょう?あなたと私では力の差がありすぎる」

センカン「このまま戦っても、私に勝てっこないわ」

大井「……まだよ!」グイッ

ショキカンジンは起き上がり、再び巨大生物へと向かっていく!

センカン「……しつこいわね」
245 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:20:13.50 ID:T7paMVJ60
ドガッ!ドガッ!

ショキカンジンは巨大生物に向けて拳を振るうが、怯む様子はない

センカン「……いい加減、諦めたらどうなの?」

大井「うるさいわね!」

センカン「全く……諦めが悪いことこの上ないわ」

センカン「これだけやってもわからないのかしら?勝てないってことが」

大井「……」

大井「……わかってるわよ、そんなこと」

センカン「……?」
246 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:20:42.92 ID:T7paMVJ60
センカン「どういうつもり?勝てないのに戦う……」

センカン「もしかして時間稼ぎのつもりかしら?他の艦娘や、あなたたちの提督を逃がすための時間稼ぎ……」

センカン「そのために犠牲になろうっていうの?ご苦労なことね」

大井「違う!」グイッ

ドガッ!

センカン「……っ」

大井「確かに、私がやっていることはただの時間稼ぎ……」

大井「私一人じゃ、あなたに勝てないことくらいわかってるわ」

大井「……一人じゃ、ね」
247 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:21:18.45 ID:T7paMVJ60
センカン「……まさか、あの子たち……ショキカンジャーを待つつもり?」

センカン「残念だけど、無駄なことよ。あの子たちは私の部下が相手をしている……」

センカン「仮に彼女たちに勝ててたとしても、もう戦えるような状態じゃないはず。ここに来ることなんてできないわ」

大井「……あなた、あの子たちのことがわかってないわね」

センカン「……?」

大井「『ヒーロー』っていうのはね……遅れてでも、待っている者のために必ず来てくれるのよ」

大井「あの子たちは立派な『ヒーロー』よ。私が、みんなが待っているこの場所に……」

大井「あの子たちが……ヒーローが来ないはずがないのよ!!」
248 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:21:54.45 ID:T7paMVJ60
センカン「……もういいわ」

「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ブォンッ!!

大井「!!」

ドゴォォォォォォォォォォォォォッ!!

巨大生物はショキカンジンの脚部に向けて腕を振るう!


ズドォォォォォォォォォォン!!!


大井「ぐっ!!!」グラグラ
249 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:22:21.40 ID:T7paMVJ60
センカン「……もう戯言は言わなくていい」

センカン「沈みなさい、ショキカンホワイト」

ブォンッ!!

大井「……っ!」



ゴォォォォォォォォォォ…………

センカン「……?何、この音?」

大井「……!」
250 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:22:56.57 ID:T7paMVJ60
ゴォォォォォォォォォォ…………

五隻の船が、巨大生物とショキカンジンのもとへと飛んできた!

センカン「……これは、まさか……!」

大井「……」


ピピピピッ


大井「!通信……?」ピッ

『大井さん!大丈夫ですか!?』

大井「……ええ、何とかね」

『遅れてすみません!今から加勢します!!』

大井「……ふんっ」

大井「全く……遅いのよ」
251 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:23:47.52 ID:T7paMVJ60
「みんな乗った!?いくよ!」

「了解!!」


「駆逐合体!!」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

ヒュォォォォォォォォォォ

五隻の船が空中で合体し、一つの巨大なロボットになる!!

ピキィィィィィン ガッシィィィィィン!!


「完成!ショキカンオー!!」

吹雪「勝負はこれからです、センカン!!」
252 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 02:24:17.61 ID:T7paMVJ60
センカン「ショキカンジャー……まさか来るなんてね」

センカン「特にレッド。力もないのに、よく来れたわね……」

吹雪「……そう思っていられるのも今の内です!」

五月雨「大井さん、まだ戦えますか?」

大井『ええ、少し損傷はしてるけど、まだ戦えるわ』

大井『とりあえず、敵はかなりタフよ。心してかかりなさい!」

電「了解なのです!」

叢雲「さあ、反撃開始よ!」
253 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:17:02.36 ID:T7paMVJ60
ガキィィィィィンッ!! ドゴォォォォォッ!!

ショキカンオーとショキカンジンが巨大生物に向け、それぞれ剣と拳を振り下ろす!


「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

ブォンッ!!


漣「うわっ危なっ!?」

電「ぜ、全然効いてる様子がないのです……!」

大井『いいえ、さっきより動きが鈍いわ。少しはダメージが通ってるはず』

吹雪「だったら攻撃を続けるしかない!」グイッ

ブンッ!

ガシィッ

叢雲「!まずい、掴まれたわ!」

「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

グイッ

ショキカンオーはそのまま投げ飛ばされてしまった!!

ズドォォォォォォォォォォン!!!

五人「うわあああああああああああああああ!!!」グラグラ
254 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:17:30.47 ID:T7paMVJ60
漣「あいたたた……こりゃ予想以上だね」

五月雨「少しはダメージが通るって言っても、これじゃジリ貧だよ!」

明石『そんな時のためにあるのが必殺技でしょ!』

吹雪「明石さん!?」

電「必殺技って……ギガデストロイキャノンなのです!?」

明石『それしかないでしょ!でっかい一撃を食らわせるのが一番!』

叢雲「流石にタダで食らってくれそうにはないんだけど……」
255 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:18:01.43 ID:T7paMVJ60
「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」ブォンッ!!

五人「!!」

ガシィッ

巨大生物が振り下ろした腕を、倒れた状態でショキカンオーは防ぐ!

グググ……

五月雨「お、重い……」

漣「相手の片腕を両腕で防ぐので精一杯なんだけど!」
256 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:18:29.09 ID:T7paMVJ60
センカン「この体勢で両腕が塞がっている……もう逃げようがないわね」

「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

巨大生物はもう片方の腕をショキカンオーに向けて振り下ろす!


五人「!!」

ズドォォォォォォォォォォン!!
257 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:18:56.09 ID:T7paMVJ60
漣「……ん、アレ?」

電「なんとも……ないのです?」

叢雲「……っ!」


大井「この……っ!」グググ……

振り下ろされた腕は、ショキカンジンが受け止めていた!

センカン「しぶといわね、本当に……!」
258 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:19:24.70 ID:T7paMVJ60
吹雪「大井さん……!」

大井『片腕は塞いだわ!今なら奴は動けない!』

明石『みんな、今がチャンスだよ!』

五月雨「チャンスって……ギガデストロイキャノンのですか!?」

漣「確かに今なら当てられるかもしんないけど……!」

明石『でも角度が悪い!もう少し体勢を起こして!』

叢雲「そう言われても、腕を塞ぐので精一杯よ!」

五月雨「下手に体勢を変えようとしたら、腕を振りほどかれそうですし……」

電「でも、チャンスは今しかないと思うのです……!」

吹雪「……」




『……れー……』

吹雪「……?」
259 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:19:52.43 ID:T7paMVJ60
『が……れー……』

五月雨「……声?」

叢雲「どこから……?」


明石『……ああ、聞こえる?』

明石『今、鎮守府の外から……港の方から通信してるんだけど』


『頑張れー!!!!ショキカンジャー!!!!』


明石『……みんな、応援してくれてるよ』
260 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:20:23.07 ID:T7paMVJ60
「負けるなー!!!行けー!!!」

「あとちょっと!!頑張ってー!!!!」

「みんなの鎮守府を守ってー!!!ショキカンジャー!!!」


吹雪「……」

電「皆さん……」

漣「メガレンジャーみたいなことしやがって……」

叢雲「全く……これじゃ下手なことできないじゃない」

五月雨「……吹雪ちゃん」

吹雪「うん……わかってる」


吹雪「みんなが見てるのに……ヒーローがここで負けるわけにはいかないよね!!」
261 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:21:00.75 ID:T7paMVJ60
グイッ

ググググ……

ショキカンオーが少しずつ体勢を起こしていく!

センカン「な!?まだこんな力が……!」


吹雪「大井さん!あと少しだけ、その手を放さないでください!」

大井『わかってるわ!その代わり、絶対に決めなさいよね!」

五月雨「はい!みんなにかっこ悪いところは見せられませんから!」


ググググ……

漣「……っ!角度はオッケー!いつでもいけるよ!」

吹雪「よーし!一気に決めるよ!!」
262 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:21:40.76 ID:T7paMVJ60
五人「アンカーパーツ、セット!」カチャッ


ウィィィィィィィィィィン ガッシィィィィィィィィィン!!

ショキカンオーの胸部から、巨大な砲身が現れる!


センカン「……!!!」


五人「ギガデストロイキャノン!!」


吹雪「ってえええええええええええええええええええええええ!!!!」


キュィィィィィィィィィィン……

ズドォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!


「グ……グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」


ドカァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!
263 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:22:13.02 ID:T7paMVJ60
──────────

──────

───


ショキカンジンコックピット


ピピッ


夕張『……大井!ちょっと大井!大丈夫!?」

大井「……まあ、一応ね」

夕張『良かった……ショキカンジンの脚が崩れちゃうからどうなったかと……』

大井「元々脚部に損傷受けてたからね……あれだけ無理すればこうなるわ」

大井「ただ……私もちょっと……無理しすぎたみたいね」

夕張『……そう』

大井「……悪いわね、また面倒見させて」

夕張『別に?無茶させたのは私だしね』

夕張『まあ、あとはあの子たちに任せて、あなたは休んでなさい。後で引っ張り出してあげるから』

大井「……そうね」


大井「……あとは、任せたわよ……」
264 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:23:03.29 ID:T7paMVJ60
──────────

──────

───

例の採石場


センカン「……ぐっ……まさか、ここまでやられるなんて……!」ヨロッ


ザッ

センカン「!!」

五人「……」

センカン「……ショキカンジャー」

吹雪「……決着をつける時です。センカン」
265 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:23:29.33 ID:T7paMVJ60
センカン「……どうして?」

センカン「どうして立ち向かってくるのよ?」

吹雪「……」

センカン「私に敗北して……幹部たちとも戦って……」

センカン「もう体力もないはず……ショキカンレッド、あなたからはエネルギーも奪った!」

センカン「それなのに……どうして戦えるのよ!?」
266 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:23:57.45 ID:T7paMVJ60
吹雪「……私たちが、ヒーローだから」

センカン「……?」

吹雪「私たちには、大切な何かを守りたいっていう強い思いがある」

吹雪「それさえあれば、必要なものは……『強さ』は湧いてくる」

叢雲「強い『意志』も……」

漣「『勇気』も」

電「『優しさ』も」

五月雨「『希望』も……!」

吹雪「それぞれの『強さ』が、戦うための力をくれる!」
267 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:24:28.53 ID:T7paMVJ60
叢雲「大切な人……大切な場所」

漣「それを守りたいって思いが、私たちを強くする!」

電「たとえ体がボロボロでも、力を奪われても!」

五月雨「私たちに守りたいものがある限り、私たちは戦う!」

吹雪「私たちは……!!」


五人「『ヒーロー』だ!!!」
268 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:24:56.97 ID:T7paMVJ60
デデッデデー デデッデデーン

吹雪「吹雪レッド!」

叢雲「叢雲ブラック!」

漣「漣ピンク!」

電「電イエロー!」

五月雨「五月雨ブルー!」


吹雪「五人そろって!!!」

五人「駆逐戦隊!ショキカンジャー!!」

バァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!!
269 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:25:23.35 ID:T7paMVJ60
吹雪「みんな、行くよ!」


五人「抜錨!!」

カチッ

シュィィィィィィィィィィィィィィィィィィィン…………

五人の体に、スーツが装着されていく!


バァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!
270 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:25:51.78 ID:T7paMVJ60
叢雲「ふんっ!!」ブォンッ

電「えいっ!!」ブォンッ

センカン「!!」ガキィンッ!!

叢雲と電の攻撃をセンカンは素手で防ぐ!

漣「そこだっ!!」

バシュッ!

センカン「っ!」
271 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:26:18.96 ID:T7paMVJ60
叢雲「怯んだわね!」ブォンッ!

センカン「っ!!」スッ

ザパァァァァァァ!!!

センカン「なっ!?」バシィッ!

五月雨の放った水が、ガードしようとしたセンカンの腕を弾いた!

五月雨「叢雲ちゃん、今!」

叢雲「わかってる、わ!!」ブォンッ!


ドゴォォォォォォォォォォォォ!!!

センカン「ぐああっ……!!」ズザッ
272 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:26:49.44 ID:T7paMVJ60
センカン(おかしい……ほんの数時間前に戦った時と動きもパワーも違う……!)

センカン(体力は限界なはずなのに……!)

吹雪「はぁっ!!」ブォンッ!

センカン「!!」ガキィッ!

吹雪「まだまだ!!」

ガキィッ! ガキィッ!

センカン「この……!」

ドガッ!!

吹雪「……っ!」ヨロッ
273 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:27:18.88 ID:T7paMVJ60
センカン(このまま追撃を……!)ブォンッ!

シュンッ

センカン「!?」

突如として吹雪がセンカンの目の前から消えた!

センカン(消えた……!?いや、違う!)

センカン(加速したブルーが離脱させて……)

シュンッ

五月雨「やあーっ!!」

五月雨が加速してセンカンに接近し、すれ違い様に斬りつける!

ズバァァァァァァァッ!!!

センカン「ぐああっ!!」
274 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:28:07.35 ID:T7paMVJ60
センカン「ぐっ……」

電「えいっ!!」ブォンッ

センカン「!!」シュバッ

センカン「そう何度も食らってばかりじゃ……」

シュバババババババッ!!

センカン「!?」

センカンに向けて、無数の矢が飛んでくる!
275 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:28:35.80 ID:T7paMVJ60
センカン(多い!でもこの程度なら……!)シュバッ

クイッ

センカン「!?」

矢は軌道を変え、センカンへと向かってくる!

漣「逃げられると思った?残念!」


ドガガガガガガガガガガガッ!!!

センカン「ぐあああああああああああっ!!!!」
276 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:29:03.07 ID:T7paMVJ60
センカン「はぁ……はぁ……」ヨロッ

吹雪「はぁっ!!」ブォンッ!

センカン「っ!」

ガキィンッ!!

センカン「くっ……」グググ

吹雪「……っ」グググ
277 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:29:32.86 ID:T7paMVJ60
センカン「何なの……何なのよ、あなたたち……!」

センカン「ここまで、戦えるなんて……!」

吹雪「……あなただって、消耗してるはず」

吹雪「私から得たエネルギーは、さっきの巨大生物でほとんど失くしたんじゃないですか?」

センカン「……!」

吹雪「確かに私たちも限界は近い……それでも、ここで立ち止まるわけにはいかない!」

吹雪「守りたいものを守るために……!」
278 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:30:04.07 ID:T7paMVJ60
センカン「守りたいものを守る!?くだらない!」

センカン「守りたい思いが強くするだなんて……そんなこと……!」

吹雪「あなただって言っていたはずです!私たちの力は、感情によって変わる力だと!」

吹雪「私たちの持つ一番強い感情……思いが、その守りたいっていう思いなんです!」

吹雪「この力は、大切なものを守るための力だって……仲間が教えてくれた!」

吹雪「ただのエネルギーとしてしか見ていないあなたには、わからないでしょう!?」

センカン「……っ!」

ガキィンッ!!
279 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:30:32.98 ID:T7paMVJ60
センカン「うるさい!さっきからゴチャゴチャと……!」

センカン「戯言は聞き飽きたのよ!いい加減……」ブォンッ

電「ええいっ!!」

センカン「!!」

ガシィッ!!

センカン「……惜しかったわね、あと少しで直撃だったのに」

電「……いいえ、これでいいのです!」

センカン「……!?」
280 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:30:57.24 ID:T7paMVJ60
ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

センカン「……!?」

センカン「身体が……重い!?」

電「これで、動きは封じたのです!」

漣「キタコレ!あとはとどめじゃー!!」

吹雪「よし……!みんな、行くよ!」

四人「オー!!」
281 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:31:25.26 ID:T7paMVJ60
電「アンカーハンマー!」ヒュンッ

漣「デッキチェリー!」ヒュンッ

叢雲「マストランス!」ヒュンッ

五月雨「キールブレード!」ヒュンッ

吹雪「ブリッジソード!」ヒュンッ


ピキィィィィィン ガッシィィィィィン!!!

五人が投げた武器が空中で合体し、バズーカとなった!


五人「デストロイキャノン!」
282 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:32:01.81 ID:T7paMVJ60
センカン「……グッ……く……」

センカン「ふざけ……るな……信じ……られるか……」

センカン「私の力が……そんなものに……負けるはずが……!」

吹雪「……確かに、この思いは簡単には信じられないものかもしれない」

吹雪「私だって、一時は忘れてしまっていた……」

吹雪「それでも、思い出させてくれた仲間が……そして共に戦ってくれる仲間がいるから!!」

吹雪「私は……艦娘として、ヒーローとして……この思いを信じていたい!!」


吹雪「これで終わりだ!センカン!!」
283 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:32:32.07 ID:T7paMVJ60
漣「目標捕捉!」

電「照準よし!」

叢雲「充填完了!」

五月雨「発射準備完了!」


吹雪「これが……私たちの力だ!!!!」


吹雪「ってえええええええええええええええええええええええ!!!!!!」


ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!
284 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:33:13.32 ID:T7paMVJ60
センカン「そんな……そんな……!」

センカン「私が……負けるなんて……!!!」


ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!

センカン「ぐああああああああああああああああああああ!!!!」


ドカァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!
285 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:34:59.91 ID:T7paMVJ60
──────────

──────

───

数日後 鎮守府


夕張「それにしても生きててよかったわねー、大井」

大井「……どういうことよ?」

夕張「いや、あの状況完全に力尽きて死ぬ前の状況でしょ?」

大井「んなわけないでしょ!大きな外傷なんてなかったもの!」

夕張「いや、でも『燃え尽きたぜ……』みたいなこともあるし」

大井「はぁ……全く」
286 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:35:30.96 ID:T7paMVJ60
夕張「それで、体調はどうなの?」

大井「まあ、もう大丈夫よ。体力も十分回復したし」

夕張「そう。なら良かったわ」

大井「……あの子たちは?」

夕張「ああ、明石に診てもらってたけど、異常はないみたい。出撃や遠征もできるくらいらしいわ」

大井「そうなの。でも、さすがに提督もしばらくは休ませてあげるんじゃないの?」

夕張「あー、それがね……」
287 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:35:59.74 ID:T7paMVJ60
執務室


提督「……出撃したい?」

吹雪「はい……」

提督「……確かに、お前たちの体調は異常なしと明石から聞いたが……」

提督「あれだけのことをしてくれたんだ。もうしばらく休んだって、誰も文句は言わんぞ?」

叢雲「だったら休まなくたって誰も文句は言わないでしょ?」

提督「まあ、そうかもしれんが……」
288 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:36:30.16 ID:T7paMVJ60
漣「いいじゃないですかご主人様ー。無理なお願いしてるわけじゃないしー」

提督「うーん……」

提督「……そもそも、どうしてそんなに出撃したいんだ?」

提督「それなりの理由があるんじゃないのか?」

電「理由、ですか……」

五月雨「確かに、あると言えばありますが……」

提督「……何だ?」

五人「……」
289 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:37:01.87 ID:T7paMVJ60
叢雲「……リーダー」

吹雪「……ん?」

電「代表して言って欲しいのです、リーダー」

吹雪「え、私!?また都合のいい時だけリーダーって言って!」

吹雪「そもそももうリーダーじゃないよ!?」

五月雨「吹雪ちゃんは私たちのリーダーみたいなものだし」

漣「ゆけ、−ダーリ!」

吹雪「なんて!?」
290 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:37:29.81 ID:T7paMVJ60
提督「……漫才を見せに来ただけか?」

吹雪「い、いえ、違うんです!」

提督「……変わらんな、お前たちは」

提督「……それで、理由は?」

吹雪「……」


吹雪「……守りたいものが、あるからです」
291 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:38:02.27 ID:T7paMVJ60
提督「……」

五人「……」

吹雪「ダメ、でしょうか……」

提督「……全く、本当に変わらないな。お前たちは」

提督「着任したころと言っていることが変わってない」

吹雪「……それしか、考えられないですから」

提督「……ふっ」ニヤリ
292 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:38:28.88 ID:T7paMVJ60
提督「そうだな……丁度哨戒任務が空いているな」

提督「お前たち、艤装の扱いは久しぶりだろう。近海だし、丁度いいはずだ」

提督「とりあえず、まずはリハビリだ。艤装の感覚を取り戻せ。いいな?」

五人「はいっ!」

提督「よし。旗艦は吹雪、お前だ。概要は後で伝える」

提督「総員、心して取り掛かるように」
293 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:38:55.69 ID:T7paMVJ60
吹雪(……変わらない、か)

吹雪(でも、これが一番大切なことだし、一番強い思いなんだ。変わらなくていいんだよね)

吹雪(そして、それはきっとこれからも私たちを強くしてくれる)

吹雪(それを忘れない限り……)


叢雲「遅いわよ、吹雪!」

電「もうみんな準備できてるのです!」

漣「早くしないと置いていくよー!」

五月雨「吹雪ちゃーん!早く早くー!」

吹雪「待ってよみんな!今行くからー!!」
294 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:39:25.41 ID:T7paMVJ60
吹雪(……いや、忘れることなんてない)

吹雪(この大切な……守りたい仲間が、いつも思い出させてくれるから)

吹雪(だから私は、みんなと一緒にどこまでも強くなれる!)

吹雪(もう私たちはショキカンジャーじゃないけど……)

吹雪(この思いがあれば、きっといつだって!)
295 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:39:54.56 ID:T7paMVJ60


「私たちは、ヒーローだ!」


駆逐戦隊!ショキカンジャー!!改 艦
296 : ◆BXyNb5hpYI [saga]:2018/12/16(日) 04:42:40.87 ID:T7paMVJ60
以上です。見てくださった方、ありがとうございました
正直リメイク前より面白くなったか自分でもわかりませんが、とにかく完結できて良かったです。
ちなみに、このssは何か特定の元ネタがあるわけではありません。
初期艦組が戦隊やってる漫画やイラスト、ss等が他にあっても、私はそれを参考にしたわけではないので、そこをご理解いただけるとありがたいです。
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 04:49:55.55 ID:9foD31MA0
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/12/16(日) 07:52:13.68 ID:7fxI8fQ50
スーパーショキカンオーとかショキカンオーツーフリートとかになるのかと思ったがそんな事はなかった
128.72 KB Speed:1.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)