冷泉麻子「安価とコンマで魔界に連れ去られたおばあを救出する」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 04:08:02.95 ID:l/dSElom0
ある日の午後

ピーンポーン

おばあ「麻子や ちょっと出ておくれ」

麻子「わかった」ガチャ

宅配員「君が冷泉麻子だね!これ届けたから!」

小包を手に入れた

麻子「とっとと行ってしまったが受け取りのサインはいいのだろうか...」

ピーンポーン

麻子「またか....」ガチャ

プチフロスト「その小包をこちらに渡すんだホー」

麻子「ゆ、雪だるまが喋った...」

おばあ「なんだい騒がしいね」

プチフロストb「ホーこの人は確か大魔王様が捕まえるように行ってた人だホー 連れて行くホー」

おばあ「ちょっとなにするんだい!?」

麻子「やめろ!おばあを離せ!」

プチフロストa「ここは僕に任せて早くその人を連れて行くホー」

プチフロストb「わかったホー」

麻子「どけ!」

プチフロストa「ブフ!」

麻子「う、腕が凍って....」

プチフロストb「それじゃあいくホー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528830482
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 04:27:26.36 ID:l/dSElom0
麻子「さ、寒い...」

プチフロスト「さっさと小包をもって帰るホー」

突然小包が燃え上がり中から拳銃とパソコンと鍵のような物が出てきた

麻子「氷がとけて....」

謎の声「コールと叫びながらその銃...デビライザーの引き金を引くんだ!」

麻子「コール!!」

クール「俺はデビライザーに封印されし魔界の番犬ケルベロスのクール...契約に従いおまえのパートナーになろう」

麻子「犬が喋った...」

クール「俺は犬じゃねぇ!!とりあえず話はこのプチフロストを倒してからだ まぁ俺の火の魔法アギで一撃だがな」

チュートリアル戦闘

クール HP76 プチフロストHP30
クールの攻撃
コンマ 50以下 通常攻撃30ダメージ
50〜98 アギ 40ダメージ
99 ファイヤーブレス 60ダメージ
下1
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 04:30:52.57 ID:CeMvlZ+DO
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 04:39:15.44 ID:l/dSElom0
クール「アギ!!」

プチフロストに40のダメージ

戦闘に勝利して麻子のレベルが2になりました

麻子のレベル+5までの悪魔が使役できます

クール「やったな」

麻子「えっと....クールだったか? これはどういうことなんだ!? 雪だるまの化け物が襲ってくるし!犬が喋るし!」

クール「だから犬じゃねぇっ!! 俺は誇り高きケルベロスだ!」

クール「そんなことより今は状況の整理だ」

クール「多分お前のおばあちゃんは魔界に連れ去られたはずだ」

麻子「魔界....?」

クール「ああ、こことは別の悪魔が住む世界 それが魔界だ」

麻子「なんでおばあが....」

クール「わからないだが...デビライザーに封印された俺がここに送られてきたのもなにかの縁だ おばあを取り戻すのに手を貸すぜマスター」

麻子「.....わかった クールよろしく頼む」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 04:48:17.85 ID:l/dSElom0
クール「これから悪魔との戦いが増えるだろうから一応デビライザーとヴィネコンの説明をしておくぞ」

麻子「この拳銃がデビライザーでこのパソコンがヴィネコンか」

クール「ああ まずデビライザーは契約し仲魔にした悪魔をコールする つまり呼び出すことができるんだ さっきの俺みたいにな」

麻子「なるほど...」

クール「そしてこのヴィネコンに契約した仲魔を登録することによってデビライザーでコールすることできるようになる」

クール「あとデビルのステータスとかも見られるぞ ポ◯モン図鑑みたいなもんだ」

麻子「すごくわかりやすい例えだ....」

麻子「この鍵みたいなのはなんだ?」

クール「それは俺にもわからないが...とりあえずもっておいた方がいいと思うぞ」

クール「とりあえず今は魔界に行く方法を探そう」

道ですれ違ったキャラ>>7
ここで登場するキャラはライバルです 共闘したり時には戦ったりします
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 04:59:50.90 ID:Ld/Yto8r0
ローズヒップ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 05:16:31.09 ID:WzzFFWEQO
ミカ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 12:12:00.88 ID:l/dSElom0
ミカ「やぁ」

麻子「貴女は継続の」

クール「急がなくていいのか?」

麻子「わかってる すまないまたこんどな」

ミカ「うん 私も急ぐからお互い頑張ろう」

・・・・・・

クール「おい...麻子こいつ魔界の匂いがする」

麻子「>>10じゃないか」

>>10は冒険を助けてくれる人物ですが なにか裏がありそうです
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 12:16:18.10 ID:lqT+N7gYO
河西忍
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 12:32:55.55 ID:l/dSElom0
忍「流石魔界の番犬 鼻が効くみたいですね」

麻子「河西さんが魔界の人...」

忍「秘密ですよ? 魔界におばあさんを助けに行きたいんですよね」

麻子「ああ...行き方を教えてほしい」

忍「じゃあまずメシアの角を出してください」

麻子「そんなものもってないぞ」

忍「ほら鍵みたいなの奴ですよ」

麻子「これか!」

忍「それを天に向けて」

忍「メシアの角よ....世界を繋げる穴をここに!!」

忍「さぁこのゲートをくぐれば魔界にいけますよ」

クール「さぉ麻子魔界へ突入だ!」

麻子「わかった...待っててくれおばあ..」

忍「また魔界のどこかで会いましょう...先輩」

魔界中央 セントラルランド 宿屋

麻子「ん....んん」

クール「やっと目を覚ましたか ここはセントラルランド 魔界の中央だ」

麻子「おばあを連れ去った大魔王はどこにいるんだ?」

クール「セントラルランドの奥のダークパレスだ」

麻子「すぐに行くぞ」

クール「オーケーだ!マスター」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 12:44:08.01 ID:l/dSElom0
ダークパレス

麻子「ここにおばあが...」

クール「ああ...気合い入れていこうぜ」

コアクマ×100「デビルチルドレンだ! 捕まえろ!!」

麻子「おいクール...すごい数のデビルが...」

クール「これは流石に無理かもな....」

コアクマ「捕まえろー!!」

・・・・・・・

コアクマ「大魔王さま!デビルチルドレンを捕らえて牢屋に入れておきました」

大魔王「そうか....デビルチルドレンは私の計画の邪魔になる とっとと処刑しろ」

氷の魔界 アイスランド 牢屋

麻子「くっそ....おばあ...」

クール「悔やんでも仕方がない 仲魔を増やしてもう一度行こう」

麻子「でもメシアの角も取られてるぞ...」

クール「きっとセントラルランドに行く方法は他にもあるさ! 今は牢屋から脱出する方法を考えよう」

メッチー「メチ?」

麻子「この黄色い可愛いのはなんだ?」

クール「こいつはメッチーっていう悪魔で...そうだこいつを仲魔にしてみたらどうだ?」

麻子「なるほど...仲魔になってくれるか?」

メッチー「メッチ!メッチ!」

クール「なってくれるみたいだぜ さぁメッチーにデビライザーをむけて引鉄を引け!」

麻子「わかった!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 13:07:31.95 ID:l/dSElom0
クール「ヴィネコンにメッチーを登録完了だ」

メッチー lv5 HP70
技 ジオ ジオンガ

まんまるな体とつぶらな目が超可愛いと魔界で大ブレイク中のペットデビル でも怒ると周りに電気を放つ (cv釘宮理恵)

クール「おい この壁は俺とメッチーの同時攻撃で壊せそうだぞ」

麻子「やってみてくれ もしかしたら脱出できるかも」

メッチー「メッチィィィィ!!」

クール「ファイヤーブレス!!」

麻子「洞窟になってるみたいだな」

クール「外に繋がってるかもしれない行ってみよう」

氷の抜け道

ガルム「おい!待て!」

麻子「なんだ お前」

ガルム「俺は賞金稼ぎのガルム お前デビルチルドレンだろ?
懸賞金がかかって指名手配されてんだぜ?」

クール「もう逃げたのがバレたのか!?」

麻子「魔王軍の仕事の早さに脱帽だ」

ガルム「というわけで俺に倒されてもらうぜ」

ガルムが現れた ガルムHP120

クールの攻撃
50以下 攻撃 30ダメージ
50〜90 アギ 40ダメージ
99 00 ファイヤーブレス 60ダメージ
下1

メッチーの攻撃
50以下 攻撃 30ダメージ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 13:09:02.97 ID:l/dSElom0
メッチーの攻撃
50以下 攻撃 30
50〜98 ジオ 40
99 00 ジオンガ 50

クール 下1 メッチー下2
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 13:39:22.99 ID:468CGEqY0
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 13:49:12.37 ID:CeMvlZ+DO
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 14:04:23.68 ID:l/dSElom0
クール「ファイヤーブレス!!」

メッチー「メッチー!!」

ガルムに90のダメージ

ガルムの攻撃 火の魔法 アギ

ガルム「これでもくらえ!!」

クールに40のダメージ クールHP30 メッチーHP70

クールの攻撃
50以下 攻撃 30ダメージ
50〜90 アギ 40ダメージ
99 00 ファイヤーブレス 60ダメージ
下1
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 15:58:47.64 ID:GNoqZ3wBo
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 16:55:33.46 ID:l/dSElom0
クール「アギ!!」

ガルムを倒した 麻子のレベルが4にあがった

lv9までのデビルが使役できるようになった

ガルム「へへ...これからもっといろんなデビルがお前を襲うんだぜ....」バタッ

麻子「・・・・・・」

クール「大丈夫だ...俺とメッチーがお前を守る」

メッチー「メッチー!!」

麻子「ありがとう...二人とも」

ゲートタウン

麻子「やっと街にたどり着いた」

クール「じゃあ街で出来ることを説明しておくぜ」

合体 合体して仲間を強化 いまは仲間がすくないからできない
特訓 街の周りでレベルをあげたり仲魔を増やしたりする
ゲート 別の魔界に行くことができる メシアの角があれば 今はない
イベント その街で発生するイベント 次の目的地や新たな仲魔が増えたりする

街での行動>>19
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 17:01:33.11 ID:idaJzqQ80
イベント
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 18:09:09.71 ID:JkMIH5PRO
忍「先輩待ってましたよ」

麻子「河西さん どうしたんだ?」

忍「先輩が大魔王に捕まるわ メシアの角取られるわ 牢屋に入れられるはって大変な目にあってるって聞いたんで」

忍「それで次の魔界マーブルランドにいくメシアの角の在処を教えにきたんです」

麻子「一気にセントラルランドへは戻れないのか?」

忍「また捕まるだけだとおもいますよ?」

クール「まぁそうだろうな」

忍「だから魔界を巡りつつ仲間を集めるのがベストかと」

麻子「でもそんなことしてる間におばあが...」

忍「大丈夫です おばあさんは大魔王にとってなにか必要みたいで殺されることはないと思います」

麻子「なぜそう言い切れる?」

忍「大魔王ともなんどか話したことはあるんで」

クール「お前が大魔王の仲間ってことか...」

忍「それはないです あの人のことは嫌いなんで」

麻子「それでメシアの角はどこにある?」

忍「この街を出て氷の洞窟を超えた先にある フロストタウンの城にいる氷の魔王ヘルがもっています もし行くならもう少し強い仲魔を集めた方がいいでしょう」

麻子「わかった」

忍「そうだ 先輩にこれを渡しておきます」

麻子「ケータイ?」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 18:14:38.84 ID:l/dSElom0
忍「これはデビホンっていって魔界のケータイ電話です」

忍「私の番号も登録してあるのでなにかあったら電話ください」

麻子「普通のケータイじゃダメなのか?」

忍「残念ながら魔界では使えないんですよ」

忍「それじゃあ失礼しますね」

デビホンと忍の番号を手に入れた

合体 合体して仲間を強化 いまは仲間がすくないからできない
特訓 街の周りでレベルをあげたり仲魔を増やしたりする
ゲート 別の魔界に行くことができる メシアの角があれば 今はない
ダンジョン 氷の洞窟へ

街での行動>>22
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 19:29:19.39 ID:6tfl2GqdO
特訓
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/13(水) 22:42:25.51 ID:l/dSElom0
特訓

ゲートタウン近くの雪原で戦い続けた

麻子のレベルが6に上がった

ネクベト ヴェーダラ ネコマタが仲魔になった

ネクベト lv4 HP60
ハゲワシの姿になって人々の前に現れる女神
王様にふさわしい人をいつも見守っている
技メディア 味方全体30回復
必殺技 ザン 風の魔法 40ダメージ

ヴェーダラ lv4 HP60
死んだ人に乗り移ってその体を勝手に操る幽霊
技 マグナ 岩の魔法40ダメージ
必殺技 体当たり 50ダメージ

ネコマタ lv5 HP70
とても長生きして妖力をみにつけたネコ
技 ザン 40ダメージ
必殺技 どくひっかき 50ダメージ(まれに毒)

クール「だいぶ仲間も増えたな これで悪魔合体ができるぞ」

現在の仲間
クール
メッチー
ネクベト
ヴェーダラ
ネコマタ

街での行動>>26
合体 合体して仲間を強化
特訓 街の周りでレベルをあげたり仲魔を増やしたりする
ゲート 別の魔界に行くことができる メシアの角があれば 今はない
ダンジョン 氷の洞窟へ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/13(水) 23:57:50.54 ID:CeMvlZ+DO
合体
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/14(木) 01:45:03.99 ID:0zopP6Nk0
あげ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/14(木) 02:21:48.69 ID:edYrpg1DO
合体
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/14(木) 02:55:37.34 ID:0zopP6Nk0
怪しい館

クール「ここが怪しい館だ」

麻子「そのままのネーミングセンスだな」ガチャ

ドアを開けると>>28が立っていた

怪しい館のバイトをしているキャラ今後ともなにかと登場するかも
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/14(木) 03:52:48.17 ID:eppP1eoF0
田尻
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/15(金) 02:11:57.26 ID:GlGCq79J0
ダージリン「邪教の館へようこそ」

麻子「・・・・・」

ダージリン「あなたは大洗の冷泉さんだったかしら?」

麻子「ああ...ていうかなんで魔界にいるんだ!!」

ダージリン「紅茶を飲んでいるところをデビルに拉致されて魔界に連れてこられたの」

ダージリン「拉致したデビルはしばいたのだけど 帰る方法がわからないからここでバイトしながらデビルと紅茶を融合させ新たな紅茶を作り出す実験をしているわ」

クール「こいつとんでもないな...」

麻子「帰りたくはないのか?」

ダージリン「最強の紅茶を見つけるまで帰るつもりは無いわ!」

ダージリン「それより合体をしにきたんじゃなくって?」

麻子「そうだ >>30>>31を合体させてください」

クール「ちなみに俺は大人の事情で合体できないぞ」

仲魔
メッチー
ネクベト
ネコマタ
ヴェーダラ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/15(金) 02:28:29.22 ID:YcoRTljDO
ヴェーダラ
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/16(土) 00:48:48.77 ID:/tM3GH/DO
ネクベト
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2018/06/16(土) 01:22:06.73 ID:pO2SY8T0O
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528712430/
15.34 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)